目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の"

Transcription

1 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市

2 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 基 準 日 4 基 礎 数 値 のデータ 5 有 形 固 定 資 産 の 減 価 償 却 6 売 却 可 能 資 産 の 計 上 7 債 権 の 回 収 不 能 見 込 額 の 算 出 について Ⅲ 財 務 書 類 の 概 要 5 1 貸 借 対 照 表 2 行 政 コスト 計 算 書 3 純 資 産 変 動 計 算 書 4 資 金 収 支 計 算 書 Ⅳ 財 務 書 類 を 活 用 した 分 析 13 1 社 会 資 本 形 成 の 世 代 間 負 担 比 率 2 有 形 固 定 資 産 の 行 政 目 的 別 割 合 3 純 資 産 比 率 4 資 産 老 朽 化 比 率 5 受 益 者 負 担 比 率 6 行 政 コスト 対 税 収 等 比 率 Ⅴ 資 料 19 1 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 2 普 通 会 計 附 属 明 細 書 3 行 田 市 全 体 の 財 務 書 類 4 表 4 連 結 財 務 書 類 4 表 5 連 結 明 細

3 はじめに 地 方 公 共 団 体 の 会 計 は 予 算 に 基 づき 単 年 度 の 現 金 の 流 れについて 管 理 し その 結 果 を 決 算 として 報 告 しています しかし それだけでは 過 去 の 支 出 によりどれくらいの 資 産 が 形 成 されているのか あ るいは 将 来 に 渡 ってどの 程 度 の 負 債 があるのかなどのストックに 関 する 情 報 が 把 握 しにく いことから 本 市 では 国 の 示 したモデル( )に 基 づき 普 通 会 計 だけでなく 特 別 会 計 を 含 めた 行 田 市 全 体 及 び 一 部 事 務 組 合 や 出 資 法 人 等 を 含 めた 連 結 による 財 務 書 類 4 表 を 作 成 しています 国 の 作 成 モデル 平 成 19 年 10 月 に 総 務 省 が 公 表 した 新 地 方 公 会 計 制 度 実 務 研 究 会 報 告 書 によ り 2 つの 作 成 モデルが 示 されています 基 準 モデル 全 ての 資 産 を 公 正 価 値 評 価 した 固 定 資 産 台 帳 等 に 基 づき 開 始 貸 借 対 照 表 を 作 成 し たうえで 個 々の 取 引 ( 歳 入 歳 出 )を 発 生 主 義 により 複 式 記 帳 して 財 務 書 類 を 作 成 することを 前 提 としたより 企 業 会 計 に 近 いモデルです 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 多 くの 地 方 公 共 団 体 が 採 用 してきた 旧 総 務 省 モデル を 発 展 させたもので 既 存 の 決 算 統 計 情 報 の 活 用 を 基 本 とし 売 却 可 能 資 産 を 優 先 した 公 正 価 値 評 価 や 未 収 金 貸 付 金 等 の 回 収 可 能 性 評 価 など 資 産 情 報 の 充 実 が 図 られたモデルです -1-

4 Ⅰ 財 務 書 類 について 1 財 務 書 類 4 表 とは (1) 貸 借 対 照 表 (バランスシート) 市 が 行 政 サービスを 提 供 するために 保 有 する 財 産 ( 資 産 )と その 財 産 がどのよ うな 財 源 ( 負 債 純 資 産 )を 使 って 形 成 されてきたかを 表 します 表 の 左 側 ( 借 方 )には 取 得 した 土 地 や 建 物 現 金 預 金 貸 付 金 や 未 収 金 など の 資 産 が 右 側 ( 貸 方 )には 資 産 の 取 得 のために 生 じた 将 来 世 代 の 負 担 であ る 負 債 と これまでの 世 代 や 国 県 が 負 担 した 純 資 産 が 計 上 されています (2) 行 政 コスト 計 算 書 当 年 度 中 に 資 産 形 成 を 伴 わない 行 政 サービスに 要 する 経 費 が 人 物 補 助 給 付 などの 移 転 支 出 などの 性 質 による 区 分 と 教 育 福 祉 や 環 境 衛 生 といった 目 的 別 の 区 分 ごとに 歳 出 として また その 財 源 として 収 入 された 使 用 料 手 数 料 や 分 担 金 負 担 金 寄 附 金 などの 受 益 者 負 担 が 歳 入 に 計 上 され その 差 額 がサービス 提 供 のためのコストとして 示 されています (3) 純 資 産 変 動 計 算 書 貸 借 対 照 表 に 示 された これまでの 世 代 や 国 県 が 負 担 したものである 純 資 産 の 内 容 が 前 年 度 から 1 年 間 でどのように 変 化 したかを 表 しています 行 政 コストや 税 収 や 国 県 からの 補 助 金 受 入 などによる 純 資 産 そのものの 増 加 のほか 資 産 整 備 のための 支 出 や 借 金 の 返 済 などにより 純 資 産 の 内 訳 がどのように 変 化 したかが 分 かります (4) 資 金 収 支 計 算 書 (キャッシュフロー 計 算 書 ) 現 金 の 流 れを 1 経 常 的 収 支 2 公 共 資 産 整 備 収 支 3 投 資 財 務 的 収 支 という 3 つの 性 質 に 区 分 して 表 しています これにより 市 がどのような 活 動 に 資 金 を 必 要 としているのかが 分 かり また その 結 果 として 歳 計 現 金 ( 剰 余 金 )の 前 年 度 からの 増 減 が 明 らかとなります 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 貸 借 対 照 表 行 政 コスト 計 算 書 資 産 負 債 経 常 行 政 コスト - 経 常 収 益 歳 計 現 金 純 資 産 = 純 経 常 行 政 コスト 資 金 収 支 計 算 書 期 首 現 金 残 高 + 当 年 度 歳 計 現 金 増 減 額 = 期 末 歳 計 現 金 残 高 純 資 産 変 動 計 算 書 期 首 純 資 産 残 高 - 純 経 常 行 政 コスト + 一 般 財 源 補 助 金 等 受 入 + 臨 時 損 益 ほか = 期 末 純 資 産 残 高 -2-

5 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 1 作 成 方 法 国 から 示 されたモデルのうち 他 団 体 との 比 較 という 点 に 重 点 を 置 き 多 くの 団 体 が 採 用 することとしている 総 務 省 方 式 改 訂 モデル を 用 いて 作 成 しました 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 連 結 行 田 市 全 体 普 通 会 計 一 般 会 計 公 営 事 業 会 計 公 営 企 業 会 計 水 道 事 業 会 計 その 他 特 別 会 計 簡 易 水 道 事 業 下 水 道 事 業 交 通 災 害 共 済 事 業 国 民 健 康 保 険 事 業 老 人 保 健 事 業 介 護 保 険 事 業 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 事 業 一 部 事 務 組 合 広 域 連 合 彩 北 広 域 清 掃 組 合 妻 沼 南 河 原 環 境 施 設 組 合 荒 川 北 縁 水 防 事 務 組 合 彩 の 国 さいたま 人 づくり 広 域 連 合 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 地 方 三 公 社 行 田 市 土 地 開 発 公 社 第 3セクター 等 ( 財 ) 行 田 市 中 小 企 業 退 職 金 共 済 会 ( 財 ) 行 田 市 産 業 文 化 スポーツ いきいき 財 団 ( 社 福 ) 行 田 市 社 会 福 祉 協 議 会 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 基 準 日 対 象 年 度 は 平 成 22 年 度 とし 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 22 年 度 末 )を 基 準 日 と しています なお 出 納 整 理 期 間 ( 翌 4 月 1 日 から 5 月 31 日 まで)を 有 する 会 計 については その 間 における 出 納 は 基 準 日 までに 終 了 したものとして 処 理 してい ますが 出 納 整 理 期 間 のない 会 計 についても 会 計 間 の 内 部 取 引 において 相 殺 消 去 等 を 行 う 際 に 必 要 となる 場 合 には 同 様 に 処 理 しています 4 基 礎 数 値 のデータ 市 の 会 計 については 総 務 省 が 毎 年 度 行 っている 決 算 統 計 ( 地 方 財 政 状 況 調 査 公 営 企 業 決 算 状 況 調 査 )の 昭 和 44 年 度 以 降 のデータを 用 いています なお 本 市 は 平 成 18 年 1 月 1 日 に 合 併 していますが それ 以 前 についても 旧 行 田 市 と 旧 南 河 原 村 のデータを 合 算 したものを 用 いています また 連 結 対 象 団 体 については 各 団 体 の 会 計 基 準 により 財 務 書 類 が 作 成 されて いる 場 合 には 原 則 としてその 数 値 を 用 い 相 殺 消 去 等 の 調 整 が 必 要 な 場 合 に 一 部 数 値 を 修 正 しています -3-

6 5 有 形 固 定 資 産 の 減 価 償 却 土 地 を 除 く 有 形 固 定 資 産 については 決 算 統 計 データによる 取 得 価 格 ( 建 設 事 業 費 )を 基 準 として 減 価 償 却 を 行 っています そのため 貸 借 対 照 表 の 有 形 固 定 資 産 は 過 去 の 減 価 償 却 累 計 額 を 控 除 した 金 額 となっており 同 時 に 当 年 度 に 新 たに 生 じ た 減 価 償 却 費 は 行 政 コスト 計 算 書 に 計 上 されています なお 施 設 の 区 分 ごとの 耐 用 年 数 は 次 の 表 のとおりであり 残 存 価 格 なしの 定 額 法 で 減 価 償 却 を 行 っています 施 設 の 区 分 耐 用 年 数 施 設 の 区 分 耐 用 年 数 インフラ 整 備 国 土 保 全 環 境 衛 生 25 道 路 48 産 業 振 興 橋 りょう 60 労 働 25 河 川 49 農 林 水 産 業 都 市 計 画 農 業 農 村 整 備 20 街 路 48 その 他 25 都 市 下 水 路 20 商 工 25 区 画 整 理 40 消 防 公 園 40 庁 舎 50 その 他 25 その 他 10 住 宅 40 総 務 その 他 25 庁 舎 等 50 教 育 50 その 他 25 福 祉 保 育 所 30 その 他 25 本 市 に 該 当 のない 施 設 については 記 載 を 省 略 しています 6 売 却 可 能 資 産 の 計 上 売 却 可 能 資 産 としては 普 通 財 産 の 土 地 を 対 象 として 路 線 価 を 基 準 とした 公 正 価 値 評 価 を 行 っています そのため 路 線 価 の 変 化 に 応 じて 一 筆 ずつ 毎 年 度 末 に 評 価 替 えをしています また 売 却 による 減 少 についても 売 却 可 能 資 産 の 額 に 反 映 させています これらの 増 減 については 純 資 産 変 動 計 算 書 の 公 共 資 産 除 売 却 損 益 や 資 産 評 価 替 えによる 変 動 額 に 表 れています 7 債 権 の 回 収 不 能 見 込 額 の 算 出 について 貸 借 対 照 表 に 計 上 する 債 権 のうち 将 来 回 収 することができないものは 回 収 不 能 見 込 額 として 資 産 の 計 上 から 除 いています その 計 算 方 法 は 市 税 については 滞 納 処 分 の 執 行 停 止 額 の 全 額 と 過 去 5 年 間 の 不 納 欠 損 処 分 の 実 績 による 割 合 の 合 計 で 算 出 しています また それ 以 外 の 貸 付 金 や 分 担 金 負 担 金 使 用 料 手 数 料 諸 収 入 などは 債 権 ごとの 過 去 5 年 間 の 不 納 欠 損 額 による 回 収 不 能 見 込 率 を 把 握 して 算 出 しています -4-

7 Ⅲ 財 務 書 類 の 概 要 1 貸 借 対 照 表 概 要 版 単 位 : 千 円 普 通 会 計 連 結 H21 H22 増 減 H21 H22 増 減 1 公 共 資 産 101,126, ,190, , ,177, ,603,165 1,574,339 (1) 有 形 固 定 資 産 99,441,505 98,552, , ,492, ,964,486 1,527,690 (2) 売 却 可 能 資 産 ほか 1,684,840 1,638,287 46,553 1,685,328 1,638,679 46,649 2 投 資 等 4,448,346 4,538,146 89,800 5,705,464 5,590, ,727 (1) 投 資 及 び 出 資 金 261, ,998 3, , ,064 3,256 (2) 貸 付 金 166, ,667 26, , ,285 28,895 (3) 基 金 等 3,126,973 3,451, ,872 3,827,903 4,106, ,460 (4) 長 期 延 滞 債 権 その 他 1,239,546 1,090, ,658 2,418,332 2,149, ,294 (5) 回 収 不 能 見 込 額 346, ,252 56, ,271 1,003,013 91,742 3 流 動 資 産 2,633,865 3,237, ,049 5,352,236 5,878, ,443 (1) 現 金 預 金 2,513,683 3,194, ,134 4,985,757 5,629, ,080 (2) 未 収 金 191,913 74, , , , ,895 (3) 販 売 用 不 動 産 その 他 7,941 11,003 3,062 (4) 回 収 不 能 見 込 額 71,731 31,514 40, ,242 58,046 59,196 資 産 ( 貸 方 ) 合 計 108,208, ,966, , ,235, ,072,581 1,162,623 1 固 定 負 債 26,652,958 26,713,759 60,801 48,582,687 47,885, ,191 (1) 地 方 債 22,096,226 22,460, ,219 42,766,193 42,357, ,348 (2) 退 職 手 当 引 当 金 4,556,732 4,253, ,418 4,836,069 4,534, ,196 (3) 損 失 補 償 等 引 当 金 980, ,778 12,353 2 流 動 負 債 2,940,050 2,974,628 34,578 4,682,175 4,563, ,761 (1) 翌 年 度 償 還 予 定 地 方 債 2,279,972 2,285,796 5,824 3,595,006 3,558,595 36,411 (2) 未 払 金 375, ,769 86,339 (3) 翌 年 度 支 払 予 定 退 職 手 当 417, ,066 35, , ,066 35,562 (4) 賞 与 引 当 金 242, ,766 6, , ,665 7,843 (5)その 他 32,049 8,319 23,730 負 債 合 計 29,593,008 29,688,387 95,379 53,264,862 52,448, ,952 純 資 産 (1) 公 共 施 設 整 備 国 県 補 助 金 10,107,113 9,906, ,641 18,866,759 18,499, ,137 (2) 公 共 資 産 整 備 一 般 財 源 79,809,950 79,913, ,458 93,623,445 94,015, ,275 (3)その 他 一 般 財 源 12,878,717 13,093, ,010 11,097,064 11,443, ,523 (4) 資 産 評 価 差 額 1,577,202 1,551,916 25,286 1,577,202 1,551,916 25,286 純 資 産 合 計 78,615,548 78,278, , ,970, ,623, ,671 負 債 純 資 産 ( 借 方 ) 合 計 108,208, ,966, , ,235, ,072,581 1,162,623-5-

8 < 貸 借 対 照 表 から 分 かること> (1) 資 産 資 産 は 過 去 の 行 政 の 活 動 により 蓄 積 された 財 産 であり 将 来 にわたり 行 政 サービ スを 提 供 するために 使 用 するものです 資 産 の 合 計 は 1,079 億 円 であり 前 年 からは 2 億 4 千 万 円 の 減 となりました 公 共 資 産 は 普 通 会 計 で 1,002 億 円 資 産 総 額 の 92.8%を 占 めています 前 年 度 末 から 9 億 4 千 万 円 減 少 していますが 有 形 固 定 資 産 で 新 たな 公 共 投 資 を 減 価 償 却 が 上 回 ったことが 主 な 要 因 であり 売 却 可 能 資 産 では 対 象 資 産 の 売 却 に 加 え 路 線 価 の 下 落 を 評 価 額 に 反 映 させたことにより 同 様 に 減 少 しています 投 資 等 は 出 資 金 や 貸 付 金 のほか 特 定 の 目 的 以 外 に 使 用 できない 基 金 及 び 1 年 を 超 えて 未 収 となっている 債 権 など すぐには 現 金 化 できない 資 産 です 普 通 会 計 で 約 45 億 円 資 産 総 額 の 4.2%を 占 めています 前 年 比 で 約 9 千 万 円 増 加 しているのは 貸 付 や 長 期 債 権 が 減 った 一 方 地 域 振 興 基 金 の 積 立 により 基 金 残 高 が 増 加 したことに よるものです なお 投 資 及 び 出 資 金 で 普 通 会 計 より 連 結 のほうが 額 が 少 ないのは 連 結 対 象 団 体 への 出 資 を 相 殺 消 去 しているためです 流 動 資 産 は 現 金 預 金 のほか 納 期 限 から 1 年 以 内 の 債 権 など すぐに 現 金 化 が 見 込 める 資 産 です 普 通 会 計 で 32 億 円 資 産 総 額 の 3.0%を 占 めています 前 年 度 比 6 億 円 の 増 は 主 に 決 算 剰 余 による 現 金 預 金 の 増 加 によるものです 債 権 に 対 する 回 収 不 能 見 込 額 は 投 資 等 流 動 資 産 それぞれにおいて 計 上 し 資 産 から 控 除 しています 合 計 では 前 年 度 末 の 4 億 2 千 万 円 から 4 億 3 千 万 円 と 1 千 万 円 増 加 していますが これは 主 に 市 税 で 1 年 以 内 の 未 納 は 減 少 しているものの 長 期 延 滞 債 権 について 未 収 額 が 増 え それに 伴 い 財 産 調 査 などによる 執 行 停 止 処 分 も 増 加 したため 回 収 不 能 と 見 込 んだ 割 合 が 増 えたことによるものです (2) 負 債 負 債 は 文 字 通 り 将 来 負 担 すべき 債 務 を 意 味 しており 地 方 債 など 将 来 の 世 代 が 負 担 することになる 固 定 負 債 と 1 年 以 内 に 支 払 期 限 が 到 達 する 流 動 負 債 に 分 けられま す 総 額 では 297 億 円 と 前 年 度 から 1 億 円 近 く 減 少 しました 固 定 負 債 と 流 動 負 債 に 計 上 された 地 方 債 の 総 額 は 普 通 会 計 で 247 億 円 負 債 総 額 の 83.4%を 占 めています ただし そのうち 162 億 円 については 返 済 する 年 度 に 地 方 交 付 税 の 算 定 基 礎 に 含 まれることとなっており 残 高 の 6 割 以 上 が 収 入 される 見 込 となっています( 資 料 として 掲 載 の 本 表 の 注 記 参 照 ) また 前 年 度 と 比 較 すると 総 額 で 3 億 7 千 万 円 増 加 していますが これは 新 規 借 入 を 抑 制 して 残 高 を 削 減 する 取 組 みを 継 続 しているものの 国 の 財 源 不 足 による 特 例 地 方 債 の 発 行 が 大 幅 に 増 えて いるためです なお 連 結 については 特 例 地 方 債 がないことから 建 設 事 業 の 抑 制 による 新 規 借 入 れの 減 の 効 果 が 残 高 の 減 少 に 顕 著 に 表 れています 退 職 手 当 引 当 金 は 財 政 健 全 化 法 における 支 給 予 定 額 ( 年 度 末 で 全 職 員 が 退 職 した 場 合 の 総 額 )により 計 上 してあり 固 定 流 動 負 債 の 合 計 では 前 年 度 から 約 2 億 7 千 万 円 の 減 少 となっています -6-

9 賞 与 引 当 金 は 翌 年 度 に 支 払 の 予 定 されている 賞 与 のうち 6 月 支 給 分 の 支 払 原 因 が 12 月 から 5 月 の 勤 務 であると 考 えられるため すでに 当 年 度 中 に 4 か 月 分 は 発 生 したと 捉 えて 算 出 しており 給 与 改 定 により 前 年 度 より 若 干 の 減 となっています (3) 純 資 産 純 資 産 は 負 債 に 計 上 した 地 方 債 を 除 き 資 産 形 成 の 財 源 となった 公 共 資 産 等 整 備 国 県 補 助 金 等 公 共 資 産 等 整 備 一 般 財 源 売 却 可 能 資 産 を 計 上 したことによる 資 産 評 価 差 額 と 翌 年 度 以 降 に 自 由 に 使 用 できるその 他 一 般 財 源 等 に 分 けられます 総 額 で は 783 億 円 と 前 年 度 からは 資 産 の 減 少 と 負 債 の 増 加 により 3 億 3 千 万 円 もの 減 と なっています 公 共 資 産 と 投 資 等 の 合 計 1,047 億 円 が 普 通 会 計 の 公 共 資 産 等 であると 仮 定 ( 実 際 に は 投 資 等 には 公 共 資 産 整 備 につながらない 退 職 手 当 基 金 などがあり 控 除 する 必 要 が ありますが ここでは 便 宜 的 に 含 むものとします)して これが どのような 財 源 に よって 形 成 されてきたか 示 しています 上 記 公 共 資 産 の 財 源 としては 公 共 資 産 整 備 等 国 県 補 助 金 等 が 99 億 円 で 割 合 と しては 9.5% 前 年 度 から 2 億 円 の 減 となっており これは 資 産 整 備 に 対 して 新 た に 交 付 された 国 県 からの 補 助 金 より 過 去 に 補 助 金 を 活 用 して 整 備 された 資 産 の 減 価 償 却 が 多 かったことによるものです 一 方 公 共 施 設 等 整 備 一 般 財 源 は 799 億 円 で 76.3%と 前 年 度 から 約 1 億 円 増 加 し ています その 他 の 財 源 である 地 方 債 や 国 県 補 助 金 などが 減 少 した 影 響 で 一 般 財 源 に 振 り 替 えられたことが 分 かります 資 産 評 価 差 額 は 平 成 20 年 度 から 売 却 可 能 資 産 を 計 上 したことにより 生 じたもの ですが 本 年 度 は 15 億 5 千 万 円 1.5%で 資 産 の 評 価 替 えや 売 却 により 若 干 の 減 額 となっています その 他 一 般 財 源 等 については 普 通 会 計 で 約 131 億 円 のマイナスとなっており 前 年 度 から 2 億 円 以 上 マイナスが 増 加 しています 翌 年 度 以 降 に 自 由 に 使 える 財 源 がマ イナスということは 具 体 的 には 退 職 手 当 引 当 金 や 公 共 施 設 整 備 以 外 の 地 方 債 ( 臨 時 財 政 対 策 債 などの 特 例 地 方 債 )のために すでに 使 途 が 決 まってしまっていること によるものです ただし 地 方 債 について (2) 負 債 の 項 で 説 明 したとおり 地 方 交 付 税 の 算 定 基 礎 となるために 収 入 が 見 込 める 部 分 があり これが 前 年 度 から 13 億 円 も 増 加 していることから 地 方 債 残 高 3 億 7 千 万 円 の 増 加 分 を 差 し 引 いても 実 質 的 には 財 政 状 況 は 改 善 していると 言 えます -7-

10 2 行 政 コスト 計 算 書 概 要 版 ( 性 質 別 ) 単 位 : 千 円 区 分 普 通 会 計 連 結 H21 H22 増 減 H21 H22 増 減 1 人 にかかるコスト 4,574,260 4,552,554 21,706 5,199,147 5,142,991 56,156 (1) 人 件 費 3,885,952 3,853,272 32,680 4,466,763 4,396,953 69,810 (2) 退 職 手 当 引 当 金 繰 入 等 445, ,516 17, , ,373 21,497 (3) 賞 与 引 当 金 繰 入 額 242, ,766 6, , ,665 7,843 2 物 にかかるコスト 7,305,053 7,380,996 75,943 10,180,280 10,217,948 37,668 (1) 物 件 費 4,127,256 4,166,631 39,375 5,320,186 5,314,569 5,617 (2) 維 持 補 修 費 208, ,818 21, , ,485 35,609 (3) 減 価 償 却 費 2,968,845 2,983,547 14,702 4,474,218 4,481,894 7,676 3 移 転 支 出 的 なコスト 10,846,115 10,110, ,729 24,201,056 24,430, ,945 (1) 社 会 保 障 給 付 費 4,311,845 5,417,810 1,105,965 18,719,528 20,584,838 1,865,310 (2) 補 助 金 等 2,770,540 1,363,451 1,407,089 5,242,059 3,604,789 1,637,270 (3) 他 会 計 等 への 支 出 3,565,306 3,140, ,780 (4) 公 共 資 産 整 備 補 助 金 等 198, ,599 9, , , その 他 のコスト 581, ,223 31,877 1,412,332 1,566, ,407 (1) 支 払 利 息 399, ,149 25, , ,293 74,431 (2) 回 収 不 能 見 込 額 計 上 額 181, ,074 6, , ,834 89,303 (3)その 他 行 政 コスト 61, , ,535 経 常 行 政 コスト a 23,306,528 22,593, ,369 40,992,815 41,357, ,864 1 使 用 料 手 数 料 321, ,732 5, , ,436 91,073 2 分 担 金 負 担 金 寄 附 金 303, ,339 2,971 6,464,159 6,806, ,267 3 保 険 料 3,708,234 3,535, ,490 4 事 業 収 益 2,084,564 2,332, ,926 5 その 他 行 政 サービス 収 入 197, ,138 81,738 経 常 収 益 b 624, ,071 2,253 12,936,342 13,181, ,892 純 経 常 行 政 コスト a-b 22,681,710 21,966, ,622 28,056,473 28,176, ,972 < 行 政 コスト 計 算 書 から 分 かること> ここでは 性 質 別 の 行 政 コストの 総 額 を 掲 載 しています 性 質 別 のコストは さら に 目 的 別 のコストに 区 分 できますが そちらは 資 料 として 掲 載 の 本 表 をご 覧 ください (1) 経 常 行 政 コスト 経 常 行 政 コストは 普 通 会 計 で 総 額 226 億 円 です 前 年 度 と 比 較 すると 7 億 円 の 減 少 となっています 内 訳 は 移 転 支 出 的 なコストが 101 億 円 と 最 も 多 く 次 いで 物 にかかるコストが 73 億 8 千 万 円 人 にかかるコストが 45 億 5 千 万 円 その 他 のコ ストで 5 億 5 千 万 円 の 順 となっています 人 にかかるコストでは 翌 年 度 の 定 年 退 職 予 定 者 が 多 く 引 当 相 当 額 として 増 加 し ていますが それ 以 外 の 項 目 では 前 年 度 から 減 少 しています -8-

11 物 にかかるコストでは 普 通 会 計 で 全 ての 項 目 が 増 加 となっていますが 平 成 22 年 度 は 住 民 情 報 システムの 全 面 更 新 に 伴 う 経 費 が 生 じたことや 施 設 老 朽 化 に 伴 う 修 繕 などが 増 加 したことによるものです 移 転 支 出 的 なコストでは 生 活 保 護 費 や 高 齢 者 障 害 者 への 援 護 措 置 などである 社 会 保 障 給 付 費 が 最 も 多 く 子 ども 手 当 制 度 の 開 始 などもあり 前 年 度 からは 普 通 会 計 で 11 億 円 連 結 では 18 億 円 以 上 の 大 幅 な 増 加 となっています 補 助 費 等 について は 前 年 度 から 大 幅 な 減 額 となっていますが これは 平 成 21 年 度 に 国 の 経 済 政 策 として 実 施 された 定 額 給 付 金 の 給 付 事 業 があったことによるものです その 他 のコストについては 支 払 利 息 が 普 通 会 計 で 2 千 5 百 万 円 連 結 では 7 千 4 百 万 円 の 減 となっており 地 方 債 の 残 高 削 減 の 効 果 により 年 間 の 利 子 の 支 払 も 減 っ ていることが 分 かります また 回 収 不 能 見 込 額 計 上 額 では 普 通 会 計 で 減 少 してい ます 貸 借 対 照 表 に 計 上 した 見 込 額 は 増 加 していますが 前 年 度 計 上 額 のうち 不 納 欠 損 処 分 をした 額 が 減 少 したため コストとしては 減 少 となったものです 一 方 で 連 結 の 増 加 については 国 民 健 康 保 険 会 計 で 不 納 欠 損 処 分 を 行 った 額 が 増 えたことに よるコスト 増 です また 連 結 のその 他 行 政 コストが 大 幅 に 増 えているのは 国 民 健 康 保 険 及 び 介 護 保 険 特 別 会 計 において 国 庫 支 出 金 の 返 還 があったことによるものです (2) 経 常 収 益 行 政 コスト 計 算 書 に 計 上 される 経 常 収 益 とは 施 設 の 使 用 料 や 事 務 手 数 料 さらに は 負 担 金 分 担 金 など 行 政 サービスの 受 け 手 が 支 払 う 受 益 者 負 担 金 です 普 通 会 計 で 6 億 円 とほぼ 前 年 度 と 同 様 の 規 模 となっており 経 常 行 政 コストに 対 する 割 合 は 2.8%となっています 連 結 では 前 年 度 に 比 べ 2 億 4 千 万 円 の 増 となっております が 下 水 道 会 計 での 不 正 使 用 分 の 収 入 増 を 経 常 収 益 に 含 めて 計 上 していることなどに よるものです 詳 しくは 財 務 書 類 を 活 用 した 分 析 の 5 受 益 者 負 担 比 率 で 解 説 しています (3) 純 経 常 行 政 コスト 純 経 常 行 政 コストとは 経 常 行 政 コストから 経 常 収 益 を 差 し 引 いた 残 りの 額 であり 受 益 者 負 担 金 以 外 に 税 収 や 地 方 交 付 税 など 一 般 財 源 が どの 程 度 行 政 サービスの 提 供 に 必 要 となるのかを 示 しています ただし 行 政 コスト 計 算 書 には 経 常 的 なコストだけでなく 国 の 政 策 による 一 時 的 な 事 業 など 補 助 金 を 財 源 とする 経 費 も 便 宜 的 に 計 上 することとなっており 次 の 純 資 産 変 動 計 算 書 を 見 ると 一 般 財 源 だけでは 賄 えていない 計 算 になっています -9-

12 3 純 資 産 変 動 計 算 書 概 要 版 単 位 : 千 円 区 分 普 通 会 計 連 結 H21 H22 増 減 H21 H22 増 減 期 首 純 資 産 残 高 78,661,644 78,615,548 46, ,580, ,970, ,813 純 経 常 行 政 コスト 22,681,710 21,966, ,622 28,056,473 28,176, ,972 財 源 調 達 一 般 財 源 17,198,228 17,060, ,511 17,235,456 17,048, ,741 地 方 税 11,061,647 10,621, ,629 11,061,647 10,621, ,629 地 方 交 付 税 4,003,050 4,527, ,402 4,003,050 4,527, ,402 その 他 一 般 財 源 2,133,531 1,912, ,284 2,170,759 1,900, ,514 補 助 金 等 受 入 5,256,631 4,591, ,013 11,358,812 10,817, ,230 臨 時 損 益 91 1,560 1,469 4,723 8,491 3,768 資 産 評 価 替 え 等 92,766 25,286 67, ,259 25, ,973 無 償 受 贈 財 産 受 入 273, ,430 その 他 ( 負 担 割 合 差 額 ) 0 2,746 2,746 期 末 純 資 産 残 高 78,615,548 78,278, , ,970, ,623, ,671 < 純 資 産 変 動 計 算 書 から 分 かること> 純 資 産 変 動 計 算 書 は 貸 借 対 照 表 に 計 上 された 純 資 産 の 前 年 度 からの 変 動 の 原 因 を 示 すもので 行 政 コストと 財 源 の 過 不 足 の 状 況 が 分 かります 普 通 会 計 の 純 資 産 は 平 成 22 年 度 1 年 間 で 3 億 4 千 万 円 減 少 していますが そのうち 3 億 1 千 万 円 がコストと 財 源 の 差 であり 財 源 不 足 が 生 じていることが 分 かります 財 源 についてもう 少 し 詳 しく 見 ますと 普 通 会 計 の 純 経 常 行 政 コスト 220 億 円 に 対 す る 一 般 財 源 は 170 億 円 公 共 資 産 整 備 にかかる 国 県 補 助 金 ( 約 2 億 円 )を 除 くと 補 助 金 等 受 入 が 44 億 円 であり 6 億 円 のコスト 超 過 になっています ただし 一 般 財 源 の うち 本 来 地 方 交 付 税 として 収 入 されるべきものが 国 の 財 源 不 足 により 地 方 が 借 入 を 行 って 補 填 する 特 例 地 方 債 として 平 成 22 年 度 は 19 億 円 以 上 が 収 入 されていますので これを 加 えると 経 常 的 なコストを 上 回 る 財 源 は 確 保 できていることになります 前 年 度 との 比 較 では 一 般 財 源 では 地 方 税 が 大 幅 に 減 少 し それを 補 う 以 上 に 地 方 交 付 税 が 増 加 していますが その 他 一 般 財 源 で エコカー 減 税 による 自 動 車 取 得 税 の 減 などもあり 総 額 では 1 億 3 千 万 円 程 度 の 減 となっています また 補 助 金 等 受 入 では 行 政 コスト 計 算 書 のところで 記 載 したように 子 ども 手 当 制 度 による 増 加 要 因 はあるも のの 国 の 経 済 政 策 による 定 額 給 付 金 に 対 する 補 助 金 がなくなった 影 響 で 6 億 円 を 越 える 減 少 となっています なお 連 結 において その 他 の 項 目 に 計 上 されているのは 一 部 事 務 組 合 に 関 して 複 数 の 市 町 村 で 按 分 する 割 合 が 毎 年 度 異 なるため 純 資 産 残 高 を 調 整 するための 金 額 で す -10-

13 4 資 金 収 支 計 算 書 概 要 版 単 位 : 千 円 区 分 普 通 会 計 連 結 H21 H22 増 減 H21 H22 増 減 1 経 常 的 収 支 5,493,320 5,612, ,492 6,314,971 6,304,815 10,156 (1) 支 出 18,638,731 18,449, ,010 35,770,529 36,351, ,585 うち 支 払 利 息 399, ,149 25, , ,483 73,241 (2) 収 入 24,132,051 24,062,533 69,518 42,085,500 42,655, ,429 うち 地 方 債 発 行 額 1,298,719 1,954, ,863 1,298,719 1,954, ,863 うち 基 金 取 崩 額 106,960 7,579 99, , ,249 41,805 2 公 共 資 産 整 備 収 支 1,685,366 1,749,617 64,251 1,832,288 2,112, ,757 (1) 支 出 2,475,821 2,361, ,390 3,437,291 3,418,666 18,625 (2) 収 入 790, , ,641 1,605,003 1,306, ,382 うち 地 方 債 発 行 額 619, , ,400 1,158, , ,600 3 投 資 的 財 務 的 収 支 3,708,953 3,223, ,359 3,950,025 3,589, ,801 (1) 支 出 4,080,675 3,608, ,323 5,217,537 4,117,626 1,099,911 うち 地 方 債 償 還 額 2,441,766 2,279, ,792 4,588,223 3,595, ,204 うち 基 金 積 立 額 340, ,554 5, , ,155 2,717 (2) 収 入 371, ,758 13,036 1,267, , ,110 うち 地 方 債 発 行 額 312, , , , ,500 うち 基 金 取 崩 額 37,553 47,580 10,027 当 年 度 歳 計 現 金 増 減 額 99, , , , ,546 70,888 期 首 歳 計 現 金 残 高 964,825 1,063,826 99,001 3,003,242 3,535, ,658 その 他 ( 負 担 割 合 差 額 ) 期 末 歳 計 現 金 残 高 1,063,826 1,703, ,601 3,535,900 4,138, ,577 < 資 金 収 支 計 算 書 から 分 かること> 資 金 収 支 計 算 書 は 歳 計 現 金 の 出 入 の 情 報 を 性 質 の 異 なる 3 つの 活 動 に 区 分 して 表 したもので 基 本 的 には 地 方 公 共 団 体 の 決 算 書 とほぼ 同 一 の 数 値 が 計 上 されます (1) 経 常 的 収 支 支 出 については 行 政 コスト 計 算 書 の 経 常 行 政 コストに 対 応 するものですが 引 当 金 や 減 価 償 却 など 現 金 の 動 きがないものが 除 かれています また 収 入 は やはり 行 政 コスト 計 算 書 の 受 益 者 負 担 金 のほか 税 収 や 地 方 交 付 税 などが 計 上 されており 日 常 の 行 政 活 動 に 伴 う 資 金 収 支 の 状 況 が 表 示 されています 経 常 的 収 支 は 56 億 円 の 黒 字 となっており 前 年 度 より 黒 字 幅 が 1 億 2 千 万 円 増 加 しています 社 会 保 障 給 付 費 の 大 幅 な 伸 びがあるものの 定 額 給 付 金 や 他 会 計 への 繰 出 金 の 減 により 支 出 で 1 億 9 千 万 円 減 った 一 方 収 入 では 市 税 や 国 県 補 助 金 が 大 幅 に 減 少 しているものの 地 方 交 付 税 や 特 例 地 方 債 の 借 入 が 増 加 したことにより 収 入 -11-

14 全 体 では 7 千 万 円 の 減 少 にとどまったことによるものです (2) 公 共 資 産 整 備 収 支 自 団 体 で 行 う 公 共 資 産 整 備 事 業 費 や 他 団 体 での 公 共 施 設 整 備 に 対 する 補 助 負 担 金 などが 支 出 に 計 上 され 収 入 には その 財 源 となった 国 県 補 助 金 や 建 設 事 業 債 などが 計 上 されています 公 共 資 産 整 備 収 支 は 普 通 会 計 では 17 億 5 千 万 円 の 赤 字 で 前 年 度 と 比 較 すると 赤 字 幅 が 6 千 万 円 ほど 拡 大 しています 補 助 対 象 とならない 市 の 単 独 事 業 について 特 に 建 設 事 業 全 体 を 抑 制 した 結 果 支 出 が 減 となった 一 方 で 新 たな 地 方 債 の 借 入 を 極 力 行 わなかったことにより 収 入 がそれ 以 上 に 減 となったものです なお 収 支 の 不 足 分 は 経 常 的 収 支 に 計 上 された 収 入 の 黒 字 分 で 賄 われています (3) 投 資 財 務 的 収 支 支 出 では 出 資 金 や 貸 付 金 基 金 の 積 立 て 地 方 債 の 返 済 のほか 普 通 会 計 におい ては 特 別 会 計 の 借 金 返 済 の 財 源 となる 繰 出 金 も 計 上 されています 一 方 収 入 には こうした 支 出 の 財 源 となる 補 助 金 や 新 たな 地 方 債 の 借 入 れ あるいは 貸 付 金 の 回 収 な どが 計 上 されています 投 資 財 務 的 収 支 については 普 通 会 計 で 32 億 円 連 結 で 36 億 円 の 赤 字 ですが いずれも 前 年 度 に 比 べて 収 支 は 改 善 しています これは 地 方 債 の 発 行 残 高 を 削 減 し てきた 効 果 により 返 済 額 が 少 なくなっているものであり 連 結 では 利 率 を 下 げる ための 下 水 道 事 業 の 借 換 分 6 億 円 を 含 んでいるため 支 出 だけでなく 収 入 も 減 少 して いますが 増 減 額 の 差 額 がその 効 果 を 表 しています この 収 支 の 赤 字 についても 公 共 施 設 整 備 収 支 と 同 様 に 経 常 的 収 支 の 黒 字 から 補 填 された 形 となっています 公 共 施 設 整 備 収 支 及 び 投 資 財 務 的 収 支 の 赤 字 額 の 合 計 を 経 常 的 収 支 の 黒 字 額 が 上 回 っています これは 平 成 22 年 度 単 年 度 でみた 場 合 に 収 支 が 黒 字 となったこと を 示 しており そのため 歳 計 現 金 残 高 の 期 首 期 末 の 比 較 で 増 加 として 表 れています 上 記 の 表 では 各 区 分 のうち 資 産 債 務 の 変 動 に 直 接 影 響 のある 地 方 債 と 基 金 につ いて 記 載 しています 地 方 債 では 新 規 借 入 と 元 金 償 還 の 差 が 基 金 では 積 立 てと 取 崩 しの 差 が それぞれ 貸 借 対 照 表 の 残 高 の 増 減 として 表 れます なお 連 結 について 本 年 度 の 期 末 歳 計 現 金 残 高 を 算 定 するに 当 たって その 他 の 項 目 を 計 上 しているのは 純 資 産 変 動 計 算 書 の 記 載 と 同 様 に 一 部 事 務 組 合 の 構 成 市 町 村 間 で 按 分 する 割 合 が 毎 年 度 異 なることにより 前 年 度 の 期 末 歳 計 現 金 残 高 に 異 動 が 生 じるため これを 調 整 するためのものです -12-

15 Ⅳ 財 務 書 類 を 活 用 した 分 析 1 社 会 資 本 形 成 の 世 代 間 負 担 比 率 ( 貸 借 対 照 表 ) 社 会 資 本 の 整 備 に 当 たって これまでの 世 代 や 国 県 補 助 金 が 負 担 したものであ る 純 資 産 と 将 来 世 代 が 負 担 する 地 方 債 を 公 共 資 産 の 財 源 として 着 目 し それぞれに 依 存 している 割 合 をみることで 世 代 間 の 負 担 比 率 が 分 かります 将 来 世 代 への 負 担 を 考 えた 場 合 には 過 去 及 び 現 世 代 負 担 比 率 の 数 値 が 高 い ことが 財 政 の 安 全 性 という 観 点 から 望 まれます しかしながら 公 共 資 産 は 長 期 間 にわたって 利 用 されるものですから 負 担 の 公 平 性 という 観 点 からは 必 ずしも 将 来 世 代 の 負 担 割 合 が 低 いほど 良 いというわけではありません なお 普 通 会 計 の 地 方 債 については 財 源 補 填 的 に 借 り 入 れたもの( 特 例 地 方 債 など)が 含 まれますが 公 共 資 産 整 備 に 充 てることが 禁 じられているものでは なく いくら 充 てたかは 不 明 であるため 将 来 世 代 負 担 率 の 算 出 する 際 には 便 宜 上 地 方 債 残 高 の 全 額 で 計 算 しています (これを 考 慮 すると 実 際 の 将 来 世 代 負 担 率 は 下 記 の 数 値 より 低 くなります ) 地 方 公 共 団 体 では 一 般 的 に 過 去 及 び 現 世 代 負 担 比 率 で 50~90% 将 来 世 代 負 担 比 率 で 15~40%が 標 準 と 言 われていますので 普 通 会 計 や 水 道 会 計 では 標 準 的 な 水 準 にありますが 簡 易 水 道 や 下 水 道 会 計 では 施 設 整 備 の 費 用 の 大 部 分 を 地 方 債 の 発 行 で 賄 うことができるため 将 来 世 代 の 負 担 つまり 借 金 への 依 存 度 が 高 くなっていることが 分 かります 前 年 度 と 比 較 すると 概 ね 過 去 及 び 現 役 世 代 負 担 比 率 が 上 がり 将 来 世 代 負 担 率 が 下 がっており 新 たな 借 入 が 少 なく 借 金 の 返 済 が 進 んでいることが 分 かりま す なお 普 通 会 計 の 将 来 負 担 比 率 が 上 昇 しているのは 地 方 債 合 計 の 中 に 公 共 資 産 の 整 備 に 関 係 のない 特 例 地 方 債 を 含 んでいるためです また 簡 易 水 道 は いず れの 数 値 も 下 がっていますが これは 返 済 より 施 設 の 減 価 償 却 額 が 大 きく 会 計 の 資 産 規 模 そのものが 縮 小 していることによるものです 単 位 : 千 円 項 目 普 通 会 計 水 道 簡 易 水 道 下 水 道 公 共 資 産 合 計 (a) 100,190,396 16,433,310 1,792,829 24,514,334 純 資 産 合 計 (b) 78,278,069 11,646, ,611 9,714,056 地 方 債 合 計 (c) 24,746,241 5,756,003 1,215,085 14,928,643 過 去 及 び 現 世 代 負 担 比 率 (b/a) 78.1% 70.9% 38.6% 39.6% 将 来 世 代 負 担 率 (c/a) 24.7% 35.0% 67.8% 60.9% H21 H20 過 去 及 び 現 世 代 負 担 比 率 77.7% 69.6% 39.2% 38.4% 将 来 世 代 負 担 率 24.1% 35.6% 68.8% 62.2% 過 去 及 び 現 世 代 負 担 比 率 77.3% 68.3% 39.6% 37.0% 将 来 世 代 負 担 率 24.1% 36.2% 69.5% 63.5% -13-

16 2 有 形 固 定 資 産 の 行 政 目 的 別 割 合 ( 貸 借 対 照 表 ) 有 形 固 定 資 産 の 行 政 目 的 別 での 割 合 をみることで どの 行 政 分 野 の 公 共 資 産 形 成 に 比 重 が 置 かれているか 把 握 することができます 本 市 では 道 路 水 路 や 公 園 な どの 生 活 インフラ 国 土 保 全 学 校 や 公 民 館 などの 教 育 が 大 きい 割 合 を 占 めていま す 通 常 はこのような 傾 向 を 示 し 大 きな 変 動 はありませんが 本 年 度 は 消 防 施 設 以 外 は 全 て 資 産 総 額 が 減 少 し 新 たな 整 備 より 減 価 償 却 が 上 回 ったことが 分 か ります また 連 結 の 場 合 には 生 活 インフラ 等 に 下 水 道 環 境 衛 生 に 組 合 で 実 施 してい る 廃 棄 物 し 尿 処 理 施 設 などが 加 わることで 普 通 会 計 単 体 に 比 べて 他 の 項 目 に 対 する 割 合 が 高 くなっています 単 位 : 千 円 項 目 普 通 会 計 H20 H21 H22 生 活 インフラ 等 57.5% 57,605, % 57,688, % 57,371,073 教 育 31.4% 31,451, % 30,955, % 30,646,814 福 祉 2.6% 2,620, % 2,469, % 2,323,061 環 境 衛 生 1.6% 1,618, % 1,515, % 1,472,826 産 業 振 興 3.2% 3,241, % 3,170, % 3,108,025 消 防 1.1% 1,127, % 1,169, % 1,192,806 総 務 2.5% 2,544, % 2,473, % 2,437,504 合 計 100.0% 100,211, % 99,441, % 98,552,109 項 目 連 H20 H21 H22 結 生 活 インフラ 等 57.4% 83,142, % 82,747, % 81,885,407 教 育 21.7% 31,451, % 30,955, % 30,646,814 福 祉 1.8% 2,620, % 2,469, % 2,323,061 環 境 衛 生 14.3% 20,731, % 20,489, % 20,354,032 産 業 振 興 2.2% 3,241, % 3,170, % 3,108,025 消 防 0.8% 1,134, % 1,176, % 1,199,512 総 務 1.8% 2,544, % 2,473, % 2,437,530 その 他 0.0% 7, % 9, % 10,105 合 計 100.0% 144,873, % 143,492, % 141,964,

17 3 純 資 産 比 率 ( 貸 借 対 照 表 ) 資 産 のうち どの 程 度 が 返 済 義 務 を 負 わない つまり 市 民 のものになっているか を 示 す 指 標 が 純 資 産 比 率 です これは 企 業 会 計 における 自 己 資 本 比 率 にあたるも ので 数 値 が 高 いほど 財 政 状 況 が 健 全 であるといえます また 反 対 に どの 程 度 借 金 に 依 存 しているか あるいは 未 払 金 が 残 っているかを 示 すのが 負 債 比 率 です 中 小 企 業 退 職 金 共 済 会 は 退 職 金 給 付 金 にほとんどの 資 産 が 当 てられることとな るため 純 資 産 比 率 がゼロに 近 くなっています また 表 にはない 福 祉 系 特 別 会 計 などについては 地 方 債 などの 負 債 がほとんど ないため 純 資 産 比 率 が 100% 近 く 反 対 に 負 債 比 率 はほぼゼロになっています 前 年 度 との 比 較 では 多 くの 会 計 で 純 資 産 比 率 が 増 加 し 自 己 資 本 比 率 が 高 まっ たことが 分 かります 地 方 債 の 返 済 額 の 割 合 が 大 きい 妻 沼 南 河 原 環 境 施 設 組 合 や 市 の 委 託 業 務 の 返 還 金 の 計 上 方 法 を 変 更 した 社 会 福 祉 協 議 会 では 負 債 比 率 が 大 き く 下 がっています 一 方 いきいき 財 団 については 負 債 のうち 退 職 手 当 引 当 金 が 増 加 したことにより 純 資 産 比 率 が 低 下 しています 単 位 : 千 円 項 目 普 通 会 計 水 道 簡 易 水 道 下 水 道 資 産 合 計 (a) 107,966,456 18,140,653 1,907,990 24,647,860 純 資 産 合 計 (b) 78,278,069 11,646, ,611 9,714,056 負 債 合 計 (c) 29,688,387 6,494,465 1,215,379 14,933,804 純 資 産 比 率 (b/a) 72.5% 64.2% 36.3% 39.4% 負 債 比 率 (c/a) 27.5% 35.8% 63.7% 60.6% H21 H20 純 資 産 比 率 72.7% 63.1% 36.3% 38.2% 負 債 比 率 27.3% 36.9% 63.7% 61.8% 純 資 産 比 率 72.5% 62.3% 36.3% 36.8% 負 債 比 率 27.5% 37.7% 63.7% 63.2% 彩 北 広 域 妻 沼 南 河 原 中 小 企 業 退 いきいき 社 会 福 祉 清 掃 組 合 環 境 施 設 組 合 職 金 共 済 会 財 団 協 議 会 622, , , , , ,221 79,585 1, , ,881 29,376 35, ,589 74,605 60, % 69.4% 0.2% 77.2% 79.4% 4.7% 30.6% 99.8% 22.8% 20.6% 95.7% 61.8% 0.1% 81.3% 67.5% 4.3% 38.2% 99.9% 18.7% 32.5% 92.6% 54.1% 0.1% 81.4% 66.2% 7.4% 45.9% 99.9% 18.6% 33.8% -15-

18 4 資 産 老 朽 化 比 率 ( 貸 借 対 照 表 ) 有 形 固 定 資 産 のうち 減 価 償 却 の 対 象 となる 土 地 以 外 の 資 産 について 取 得 価 格 に 対 する 減 価 償 却 累 計 額 の 割 合 をみることで 資 産 の 取 得 からどの 程 度 経 過 してい るのかを 全 体 の 金 額 の 比 率 としてですが 把 握 することができます 平 均 的 な 数 値 は 35~50%とされていますが 本 市 の 普 通 会 計 では 全 体 で 47.2%と 半 分 近 くが 耐 用 年 数 を 経 過 していることになります 前 年 度 との 比 較 では 表 に 記 載 した 会 計 では 全 て 比 率 が 上 昇 しており 新 たな 整 備 による 資 産 の 増 加 分 より 減 価 償 却 が 上 回 っていることを 意 味 しています なお 普 通 会 計 における 設 置 目 的 別 の 施 設 老 朽 化 比 率 は 附 属 明 細 書 の 有 形 固 定 資 産 明 細 表 に 記 載 してありますが 毎 年 度 一 定 規 模 で 整 備 改 修 を 行 っている 道 路 や 水 路 教 育 施 設 などは 老 朽 化 比 率 が 低 くなっています 一 方 で 保 育 所 や 廃 棄 物 処 理 施 設 などの 老 朽 化 が 目 立 っており 今 後 施 設 の 更 新 が 課 題 になること が 見 込 まれます 単 位 : 千 円 項 目 普 通 会 計 水 道 簡 易 水 道 下 水 道 減 価 償 却 累 計 額 (a) 64,885,842 9,210, ,413 15,849,171 有 形 固 定 資 産 合 計 (b) 98,552,109 16,433,280 1,792,829 24,514,334 土 地 (c) 26,202, ,476 22,402 91,765 資 産 老 朽 化 比 率 (a)/(b-c+a) 47.2% 37.0% 34.3% 39.4% H21 資 産 老 朽 化 比 率 45.7% 35.7% 31.9% 37.7% H20 資 産 老 朽 化 比 率 44.1% 34.3% 29.4% 35.9% 5 受 益 者 負 担 比 率 ( 行 政 コスト 計 算 書 ) 経 常 的 な 支 出 の 財 源 として 使 用 料 や 負 担 金 などの 受 益 者 負 担 金 がどの 程 度 収 入 され 経 費 を 賄 うことができているかが 把 握 できます 一 般 的 に 公 共 団 体 は 利 益 をあげることが 目 的 ではないため 受 益 者 負 比 率 は 低 く 2~8%が 標 準 的 な 数 値 とされていますが 独 立 採 算 が 基 本 である 公 営 企 業 会 計 などは 100%を 超 えることが 望 ましいとされています しかし 実 際 には 受 益 者 負 担 だけでは 運 営 できないため 制 度 上 普 通 会 計 からの 繰 出 金 で 賄 うことになって いる 会 計 もあり 参 考 として 市 補 助 金 等 を 除 いた 比 率 も 掲 載 しました また 福 祉 系 特 別 会 計 のうち 国 民 健 康 保 険 事 業 及 び 介 護 保 険 事 業 では 純 資 産 変 動 計 算 書 に 計 上 される 国 県 補 助 金 を 含 めると 概 ね 100%になります( 次 の 6 行 政 コスト 対 税 収 等 比 率 参 照 ) 同 様 に 後 期 高 齢 者 広 域 連 合 においても 制 度 上 国 県 の 財 源 が 投 入 されています 簡 易 水 道 については 市 補 助 金 を 加 えてもなお 比 率 が 低 く 基 金 を 取 り 崩 して 財 源 を 確 保 していますが 収 益 に 対 する 施 設 の 減 価 償 却 が 過 大 となっています なお 普 通 会 計 について 行 政 目 的 別 に 区 分 した 場 合 が(2)の 表 ですが 標 準 的 な 負 担 率 である 2%を 下 回 っている 区 分 が 多 く 今 後 数 値 の 経 年 変 化 の 状 況 な ども 把 握 しながら 受 益 者 負 担 の 適 正 化 に 取 り 組 む 際 の 判 断 材 料 にもなります -16-

19 (1) 会 計 別 単 位 : 千 円 区 分 普 通 会 計 水 道 簡 易 水 道 下 水 道 交 通 災 害 経 常 行 政 コスト (a) 22,593,159 1,379, ,974 1,752,363 21,640 経 常 収 益 (b) 627,071 1,520,695 97,842 1,795,876 23,380 受 益 者 負 担 比 率 (b)/(a) 2.8% 110.2% 75.3% 102.5% 108.0% H21 受 益 者 負 担 比 率 2.7% 108.2% 73.5% 103.6% 124.5% H20 受 益 者 負 担 比 率 2.9% 110.9% 73.3% 103.8% 116.7% (b)のうち 市 補 助 金 等 (c) - 12,000 35,000 1,110, (c)を 除 く 比 率 (b-c)/(a) % 48.3% 39.1% 106.6% H21 市 補 助 を 除 く 比 率 % 46.6% 31.5% 123.1% H20 市 補 助 を 除 く 比 率 % 47.5% 29.0% 115.5% 国 保 老 人 保 健 介 護 保 険 後 期 医 療 彩 北 広 域 妻 沼 南 河 原 荒 川 北 縁 清 掃 組 合 環 境 施 設 組 合 水 防 組 合 8,765, ,456, , ,158 32, ,036, ,817, , ,373 34, % 17.7% 63.2% 98.6% 92.6% 106.6% 97.7% 72.7% 10.1% 65.4% 101.4% 90.9% 119.4% 106.6% 71.6% 52.5% 61.8% 102.6% 84.9% 111.4% 96.7% 671, , , ,047 34, % 17.7% 49.4% 77.5% 13.4% 1.2% 0.0% 63.2% 10.1% 50.3% 78.1% 13.5% 1.5% 0.0% 63.4% 48.5% 48.2% 80.0% 11.2% 1.4% 0.0% 人 づくり 広 域 連 合 後 期 高 齢 者 広 域 連 合 土 地 開 発 公 社 中 小 企 業 退 職 金 共 済 会 いきいき 財 団 社 会 福 祉 協 議 会 3,161 5,212,224 8,242 81, , , ,167,853 8,148 81, , , % 60.8% 98.9% 100.5% 99.3% 109.3% 0.0% 61.9% 98.3% 100.2% 104.4% 100.8% 0.0% 64.9% 285.6% 99.5% 93.8% 103.1% 0 542, ,000 34,067 70, % 50.4% 96.6% 74.7% 93.5% 89.0% 0.0% 51.1% 95.5% 87.8% 98.2% 80.5% 0.0% 53.9% 164.7% 82.8% 88.6% 75.7% -17-

20 (2) 行 政 目 的 別 ( 普 通 会 計 ) 単 位 : 千 円 区 分 受 益 者 経 常 行 政 経 常 収 益 H21 H20 負 担 比 率 コスト (a) (b) 比 率 比 率 (b)/(a) 生 活 インフラ 等 3,557,752 96, % 2.1% 2.0% 教 育 3,361,968 17, % 0.5% 0.3% 福 祉 8,828, , % 4.5% 4.6% 環 境 衛 生 1,653,613 24, % 1.5% 1.8% 産 業 振 興 902, % 0.1% 0.1% 消 防 1,036, % 0.0% 0.0% 総 務 2,433,313 37, % 1.0% 1.8% 議 会 269, % 0.0% 0.0% その 他 549, , 普 通 会 計 全 体 22,593, , % 2.7% 2.9% 6 行 政 コスト 対 税 収 等 比 率 ( 行 政 コスト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 ) 経 常 行 政 コストから( 経 常 収 益 ) 受 益 者 負 担 金 を 除 いた 純 経 常 行 政 コストに 対 す る 一 般 財 源 等 の 割 合 をみることによって 当 年 度 の 負 担 でどの 程 度 の 行 政 サービス が 提 供 できたかが 分 かります 比 率 が 100%を 下 回 る 場 合 には 当 年 度 の 収 入 の 範 囲 で 賄 えた つまり 翌 年 度 に 引 き 継 ぐ 資 産 が 蓄 積 された あるいは 負 債 が 軽 減 されたことになり 反 対 に 100% を 上 回 る 場 合 には 資 産 を 取 り 崩 したり 負 債 が 増 加 したことを 示 します 平 均 的 な 数 値 は 90~110%とされていますが 市 の 会 計 のうち 比 率 の 算 定 され る 会 計 のうち 国 民 健 康 保 険 事 業 及 び 介 護 保 険 事 業 では 100%を 下 回 っており 資 金 収 支 計 算 書 において 歳 計 現 金 が 増 加 していることからも 平 成 22 年 度 につい ては 当 年 度 の 収 入 の 範 囲 ではコストが 賄 えたことが 分 かります 一 方 で 普 通 会 計 では 100%を 上 回 っていますが 地 方 交 付 税 に 対 する 国 の 財 源 不 足 のために 借 り 入 れた 特 例 地 方 債 19 億 円 について 一 般 財 源 には 含 めていませんので それを 加 えると 100%を 下 回 り 資 金 収 支 計 算 書 でも 歳 計 現 金 は 増 加 しています 単 位 : 千 円 区 分 普 通 会 計 国 保 介 護 保 険 純 経 常 行 政 コスト (a) 21,966,088 2,729,283 1,638,939 一 般 財 源 (b) 17,060, 補 助 金 等 受 入 (c) 4,591,618 2,567,620 1,582,488 行 政 コスト 対 税 収 等 比 率 (a)/(b+c) 101.4% 94.1% 96.6% H21 行 政 コスト 対 税 収 等 比 率 97.9% 93.3% 95.5% H20 行 政 コスト 対 税 収 等 比 率 102.4% 103.7% 103.1% 純 経 常 行 政 コストがマイナス 及 び 一 般 財 源 等 がゼロの 会 計 等 は 表 示 していません -18-

21 Ⅴ 資 料 1 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 19 2 普 通 会 計 財 務 書 類 の 付 属 明 細 書 24 有 形 固 定 資 産 明 細 表 主 な 施 設 の 状 況 売 却 可 能 資 産 明 細 表 投 資 及 び 出 資 金 明 細 表 貸 付 金 長 期 延 滞 債 権 未 収 金 明 細 表 基 金 等 明 細 表 退 職 手 当 引 当 金 計 算 表 債 務 負 担 行 為 明 細 表 3 行 田 市 全 体 の 財 務 書 類 4 表 32 4 連 結 財 務 書 類 4 表 36 5 連 結 明 細 40 連 結 対 象 法 人 等 明 細 表 連 結 内 訳 表 相 殺 消 去 等 に 含 めた 重 要 な 修 正 組 替 等 の 状 況 地 方 債 等 明 細 表 退 職 手 当 等 引 当 金 明 細 表

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成 基 準 2 4 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 3 Ⅱ. 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 1 貸 借 対

目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成 基 準 2 4 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 3 Ⅱ. 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 1 貸 借 対 久 喜 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル ( 貸 借 対 照 表 行 政 コスト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 ) 平 成 25 年 度 久 喜 市 目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7 平 成 22 年 度 高 山 市 貸 借 対 照 表 ( 連 結 ) 行 政 コスト 計 算 書 ( 連 結 ) 純 資 産 変 動 計 算 書 ( 連 結 ) 資 金 収 支 計 算 書 ( 連 結 ) 平 成 24 年 3 月 岐 阜 県 高 山 市 目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資

More information

= 目 次 = 1 はじめに...2 2 普 通 会 計 財 務 書 類 の 作 成 方 法 等...3 3 普 通 会 計 財 務 書 類...7 4 連 結 財 務 書 類... 13 5 財 務 書 類 に 基 づく 財 務 分 析... 18 資 料 編 平 成 22 年 度 決 算 状 況

= 目 次 = 1 はじめに...2 2 普 通 会 計 財 務 書 類 の 作 成 方 法 等...3 3 普 通 会 計 財 務 書 類...7 4 連 結 財 務 書 類... 13 5 財 務 書 類 に 基 づく 財 務 分 析... 18 資 料 編 平 成 22 年 度 決 算 状 況 平 成 22 年 度 多 久 市 財 務 書 類 報 告 書 平 成 23 年 12 月 = 目 次 = 1 はじめに...2 2 普 通 会 計 財 務 書 類 の 作 成 方 法 等...3 3 普 通 会 計 財 務 書 類...7 4 連 結 財 務 書 類... 13 5 財 務 書 類 に 基 づく 財 務 分 析... 18 資 料 編 平 成 22 年 度 決 算 状 況 ( 普 通

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

企 業 会 計 手 法 から 見 た 西 原 町 の 財 政 状 況 (バランスシートと 行 政 コスト 計 算 書 の 活 用 ) 1. 企 業 会 計 手 法 の 導 入 町 の 会 計 は 一 年 間 にどのような 収 入 があり 何 にいくら 支 出 したのかを 単 純 に 分 けた 会 計

企 業 会 計 手 法 から 見 た 西 原 町 の 財 政 状 況 (バランスシートと 行 政 コスト 計 算 書 の 活 用 ) 1. 企 業 会 計 手 法 の 導 入 町 の 会 計 は 一 年 間 にどのような 収 入 があり 何 にいくら 支 出 したのかを 単 純 に 分 けた 会 計 平 成 20 年 度 バランスシート 行 政 コスト 計 算 書 目 次 1. 企 業 会 計 手 法 の 導 入 11 2.バランスシート バランスシート( 貸 借 対 照 表 ) 2 2 平 成 20 年 度 バランスシート 33 バランスシートの 内 容 4 4 平 成 20 年 度 バランスシートの 概 要 55 町 民 一 人 当 たりのバランスシート 6 6 バランスシートによる 財 務

More information

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73>

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73> 学 校 法 人 会 計 基 準 について ( 平 成 27 年 度 以 降 ) 予 算 と 決 算 の 両 方 を 満 たす 計 算 体 系 の 説 明 学 校 法 人 の 概 要 学 校 法 人 とは 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 の 定 めるところにより 私 立 学 校 の 設 置 を 目 的 に 設 立 された 法 人 です 私 立 学 校 は この 学 校 法 人 によって 設 置

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 2 2 年 度 新 地 方 公 会 計 制 度 基 準 モデル による 佐 呂 間 町 の 財 務 書 類 北 海 道 佐 呂 間 町 ( 企 画 財 政 課 ) 目 次 Ⅰ 新 しい 地 方 公 会 計 制 度 の 概 要 Ⅱ 平 成 22 年 度 佐 呂 間 町 財 務 書 類 Ⅰ 新 しい 地 方 公 会 計 制 度 の 概 要 市 町 村 など 地 方 公 共 団 体 の 財 務 情

More information

財務書類の記載要領

財務書類の記載要領 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 財 務 書 類 の 記 載 要 領 ( 改 訂 版 ) 平 成 22 年 3 月 はじめに 現 在 各 地 方 公 共 団 体 において 地 方 公 会 計 整 備 の 取 組 が 進 められているところですが 総 務 省 方 式 改 訂 モデル( 以 下 改 訂 モデル という )による 財 務 書 類 の 整 備 については 特 に 中 小 団 体 における

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73>

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73> 山 形 県 公 営 企 業 資 産 運 用 事 業 会 決 算 書 目 次 1 決 算 書 1 決 算 報 告 書 1 2 損 益 算 書 5 3 剰 余 金 算 書 8 4 剰 余 金 処 分 算 書 ( 案 ) 9 5 貸 借 対 照 表 11 2 事 業 報 告 書 1 概 況 13 2 業 務 13 3 会 14 3 決 算 附 属 書 1 収 益 費 用 明 細 書 15 2 固 定 資

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 し 概 要 について 約 半 世 紀 ぶりに 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 が 改 正 されました この 会 計 制 度 は 全 国 約 3,000の 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 適 用 企 業 の 経 営 管 理 ツールの 一 つです 新 制 度 への 移 行 により 貸 借 対 照 表 や 損 益 計 算 書 など 予 算

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成 第 1 章 作 成 の 経 緯 と 視 点 1. 作 成 の 経 緯 本 市 では 新 市 建 設 計 画 に 基 づき 公 共 施 設 等 の 整 備 を 進 めてきた 一 方 で 公 共 施 設 の 適 正 配 置 等 に 関 する 基 本 計 画 を 策 定 し 公 共 施 設 の 適 正 配 置 有 効 活 用 に 取 り 組 んできました また 国 から 各 地 方 公 共 団 体 に 対

More information

水 道 事 業 1. 経 営 の 健 全 性 効 率 性 1 経 常 収 支 比 率 (%): 経 常 収 益 経 常 費 用 当 該 年 度 において 給 水 収 益 や 一 般 会 計 からの 繰 入 金 等 の 収 益 で 維 持 管 理 費 や 支 払 利 息 等 の 費 用 をどの 程 度

水 道 事 業 1. 経 営 の 健 全 性 効 率 性 1 経 常 収 支 比 率 (%): 経 常 収 益 経 常 費 用 当 該 年 度 において 給 水 収 益 や 一 般 会 計 からの 繰 入 金 等 の 収 益 で 維 持 管 理 費 や 支 払 利 息 等 の 費 用 をどの 程 度 表 頭 部 分 の 説 明 : 水 道 下 水 道 共 通 掲 載 項 目 類 似 団 体 区 分 資 金 不 足 比 率 (%) 説 明 < 別 紙 3>のとおり 地 方 公 共 団 体 の 財 政 の 健 全 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 94 号 ) 第 22 条 第 2 項 に 規 定 する 資 金 不 足 比 率 自 己 資 本 構 成 比 率 (%) 普 及

More information

平 成 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 監 査 委 員 目 次 第 1 審 査 の 対 象 1 第 2 審 査 の 期 間 1 第 3 審 査 の 方 法 1 第 4 審 査 の 結 果 1 第 5 審 査 の 概 要 2 1 決 算 の 総 括

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

<82678251824F8144825082518DE090AD8FF38BB58CF6955C2E786477>

<82678251824F8144825082518DE090AD8FF38BB58CF6955C2E786477> 目 次 Ⅰ 決 算 の 概 要 1 Ⅱ 一 般 会 計 決 算 の 状 況 2 1 決 算 規 模 と 決 算 収 支 2 2 歳 入 決 算 の 状 況 3 (1) 総 括 3 (2) 財 源 の 性 質 別 分 類 4 (3) 市 税 の 状 況 5 (4) 地 方 交 付 税 の 状 況 5 (5) 市 債 の 状 況 6 3 歳 出 決 算 の 状 況 7 (1) 総 括 7 (2) 歳 出

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378>

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378> 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 財 務 レポート ( 平 成 27 年 10 月 ) 事 業 年 度 2014 年 4 月 1 日 ー2015 年 3 月 31 日 は じ め に 平 成 26 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 について 平 成 27 年 8 月 31 日 付 で 東 京 都 知 事 の 承 認 を 受 けましたので ここに 公 表 します 加 えて 今 回 発

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表 資 料 4 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 する Q& と ( 案 )の 新 旧 対 照 表 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 1. 有 形 固 定 資 産 の 譲 渡 取 引 に 係 る 会 計 処 理 の 見 直 し Q31 5 有 形 固 定 資 産

More information

行 政 コスト 計 算 書 経 常 行 政 コストは 6,32 億 円 で 人 件 費 などの 人 にかかるコスト が 36.% 減 価 償 却 費 などの 物 にかかるコスト が 22.8%を 占 めています 行 政 目 的 別 で 最 も 大 きな 割 合 を 占 めるのが 教 育 で 全 体

行 政 コスト 計 算 書 経 常 行 政 コストは 6,32 億 円 で 人 件 費 などの 人 にかかるコスト が 36.% 減 価 償 却 費 などの 物 にかかるコスト が 22.8%を 占 めています 行 政 目 的 別 で 最 も 大 きな 割 合 を 占 めるのが 教 育 で 全 体 新 地 方 公 会 計 モデルに 基 づく 財 務 諸 表 ( 平 成 25 年 度 決 算 )について 長 野 県 では 財 政 状 況 をよりわかりやすく 県 民 の 皆 様 にご 理 解 いただけるよう 平 成 11 年 度 から 総 務 省 の 作 成 基 準 に 基 づき 県 が 保 有 する 資 産 や 負 債 などのストック 情 報 を 提 供 するバランスシート( 貸 借 対 照 表

More information

の 処 理 であり 費 用 計 上 の 際 に 現 金 の 支 出 は 伴 いません 資 本 的 収 入 支 出 資 本 的 収 支 とは 公 営 企 業 の 将 来 の 経 営 活 動 に 備 えて 行 う 建 設 改 良 費 や 建 設 改 良 に 係 る 企 業 債 償 還 金 などの 投 資

の 処 理 であり 費 用 計 上 の 際 に 現 金 の 支 出 は 伴 いません 資 本 的 収 入 支 出 資 本 的 収 支 とは 公 営 企 業 の 将 来 の 経 営 活 動 に 備 えて 行 う 建 設 改 良 費 や 建 設 改 良 に 係 る 企 業 債 償 還 金 などの 投 資 公 営 企 業 会 計 関 連 資 金 不 足 比 率 公 営 企 業 の 資 金 不 足 の 状 況 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 況 の 悪 化 の 度 合 いを 示 すものです 公 営 企 業 の 経 営 状 況 を 公 営 企 業 の 料 金 収 入 に 対 する 資 金 不 足 の 規 模 で 表

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親 第 265 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (3) 2013 年 5 月 29 日 プロジェクト 項 目 企 業 結 合 (ステップ2) 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 I. 検 討 の 経 緯 1. 平 成 25 年 1 月 に 企 業 会 計 基 準 公 開 草 案 第 49 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 (

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

<8AC48DB88C8B89CA82C98AEE82C382AD915B92758169955C8E8682C696DA8E9F2832362E313129816A>

<8AC48DB88C8B89CA82C98AEE82C382AD915B92758169955C8E8682C696DA8E9F2832362E313129816A> 平 成 26 年 度 監 査 結 果 に 基 づく 措 置 監 査 結 果 に 基 づく 措 置 について 監 査 結 果 に 基 づく 措 置 が 次 のとおり 講 じられましたので 地 方 自 治 法 第 199 条 第 12 項 の 規 定 により 公 表 します 浜 松 市 監 査 委 員 [ 監 査 結 果 に 基 づく 措 置 ] 産 業 部 産 業 総 務 課 1 産 業 振 興 課

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

Taro-class2F(A).jtd

Taro-class2F(A).jtd 第 8 章 その 他 の 論 点 1. 銀 行 勘 定 調 整 表 企 業 では 決 算 期 末 に 自 己 の 預 金 残 高 を 銀 行 に 問 い 合 わせて 残 高 証 明 書 を 発 行 してもらいま す そして この 残 高 証 明 書 と 帳 簿 上 の 預 金 残 高 とに 差 異 があれば 銀 行 勘 定 調 整 表 を 作 成 し 必 要 に 応 じて 決 算 整 理 仕 訳 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法 改 正 後 全 文 医 政 指 発 第 0330003 号 平 成 1 9 年 3 月 30 日 最 終 改 正 医 政 指 発 0809 第 3 号 平 成 25 年 8 月 9 日 各 都 道 府 県 医 政 主 管 部 ( 局 ) 長 各 地 方 厚 生 局 健 康 福 祉 部 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 指 導 課 長 医 療 法 人 における 事 業 報 告 書 等 の 様 式

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )-

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- テキスト 6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- 権 利 の 確 定 - 4. 権 利 行 使 ( 新 株 の 発 行 ) 5. 権 利 行

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

Microsoft PowerPoint - 2010a1.ppt

Microsoft PowerPoint - 2010a1.ppt 21 年 度 秋 学 期 金 曜 4 限 財 政 学 2 個 人 所 得 課 第 2 回 担 当 : 石 川 達 哉 当 講 義 用 ホームページはhttp://www1.meijigakuin.ac.jp/~ishikawa 2-1. 家 計 の 経 済 的 選 択 行 動 と 課 の 全 体 像 公 共 サービス の 享 受 ( 譲 渡 所 得 課 ) 効 用 ( 経 済 的 な 充 足 ) 消

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 契 約 の 状 況 等 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

Microsoft PowerPoint - 財務レポート(平成26事業年度)

Microsoft PowerPoint - 財務レポート(平成26事業年度) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 平 成 26 事 業 年 度 目 次 1.ごあいさつ 1 2. 熊 本 大 学 の 財 政 状 態 2 3. 熊 本 大 学 の 運 営 状 況 4 4. 附 属 病 院 の 運 営 状 況 7 5. 熊 本 大 学 の 財 務 諸 表 9 6. 国 立 大 学 法 人 の 会 計 処 理 16 7. 用 語 解 説 19 熊 本 大 学 を 支 えてくださる

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状 志 木 市 公 共 施 設 等 マネジメント 戦 略 ( 志 木 市 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 ) 平 成 27 年 8 月 志 木 市 目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市

More information

Microsoft PowerPoint - tap2014_03

Microsoft PowerPoint - tap2014_03 用 語 説 明 2014 年 度 3 学 期 専 門 科 目 タックス プランニング Ⅲ 納 税 義 務 者 利 子 ~ 配 当 所 得 村 上 裕 太 郎 控 除 : 収 入 あるいは 所 得 から 引 くこと 源 泉 徴 収 : 受 取 前 に 税 金 を 前 もって 引 かれること 総 合 課 税 :あとで 他 の 所 得 と 合 算 される 分 離 課 税 : 他 の 所 得 とは 合 算

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお Ⅵ 監 査 の 結 果 1. 指 定 管 理 者 制 度 等 (2) 宇 都 宮 市 への 報 告 宇 都 宮 市 に 提 出 された, 事 業 報 告 書 を 閲 覧 したところ, 記 載 の 誤 りが あった 適 正 な 事 業 報 告 書 を 作 成 して 報 告 すべきである (5) 宇 都 宮 市 老 人 福 祉 センター バス 運 行 業 務 は, 契 約 開 始 年 度 に 指 名 競

More information

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378>

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378> 平 成 19 年 度 決 算 の 概 要 長 期 経 理 長 期 経 理 は 地 方 公 共 団 体 及 び 組 合 員 から 徴 した 負 担 金 及 び 掛 金 等 を 財 源 に 退 職 共 済 年 金 等 の 長 期 給 付 並 びに 資 産 の 運 用 を 行 う 経 理 である 前 年 度 繰 越 長 期 給 付 積 立 金 9,954,376,826 流 動 資 産 481,436,803

More information

平 成 25 年 度 豊 島 区 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 豊 島 区 健 全 化 判 断 比 率 審 査 意 見 書 平 成 26 年 9 月 豊 島 区 監 査 委 員 平 成 25 年 度 豊 島 区 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 平 成 26 年 9 月 豊 島 区 監 査 委 員 目 次 各 会 計 決 算 審 査 意 見 第 1 審 査 の 対 象 1 頁 第

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 中 間 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 中 間

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 中 間 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 中 間 平 成 20 年 3 月 期 中 間 決 算 短 信 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 平 成 19 年 11 月 14 日 コ ー ド 番 号 1 8 1 0 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information