私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要"

Transcription

1 熊 本 森 林 管 理 署 の 国 有 林 のあらまし 平 成 27 年 度 版 九 州 森 林 管 理 局 熊 本 森 林 管 理 署

2 私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要 な 森 林 や 多 様 性 に 富 み 豊 かな 生 物 の 遺 伝 資 源 の 保 存 を 図 るための 九 州 中 央 山 地 森 林 生 物 遺 伝 資 源 保 存 林 など 貴 重 な 自 然 環 境 及 び 金 峰 山 菊 池 渓 谷 などレクリエーションエリアがあります また 地 球 温 暖 化 の 防 止 や 生 物 多 様 性 の 保 全 をはじめとする 多 くの 方 の ニーズに 応 えた 管 理 経 営 に 取 り 組 んでいます 管 内 図 1

3 管 内 国 有 林 所 在 市 町 村 図 国 有 林 野 等 所 在 市 町 村 その 他 の 管 内 市 町 村 国 有 林 の 市 町 村 別 分 布 面 積 計 24,897ha 管 内 面 積 内 訳 天 草 市 3% 国 有 林 面 積 24,897ha(5%) 上 天 草 市 0% 熊 本 市 7% 山 鹿 市 7% 玉 名 市 0% 国 有 林 人 工 林 62% 国 有 林 天 然 林 38% 山 都 町 41% 御 船 町 2% 益 城 町 1% 面 積 24,897ha 美 里 町 8% 宇 城 市 1% 菊 池 市 10% 阿 蘇 市 6% 玉 東 町 0% 大 津 町 1% 小 国 町 2% 南 小 国 町 1% 高 森 町 3% 南 阿 蘇 村 2% 西 原 村 2% 宇 土 市 2% 2 その 他 面 積 47% 管 内 総 面 積 472,360ha 民 有 林 面 積 48%

4 白 川 菊 池 川 流 域 白 川 菊 池 川 流 域 は 熊 本 県 の 北 部 から 北 東 部 に 位 置 し 熊 本 市 荒 尾 市 玉 名 市 菊 池 市 山 鹿 市 阿 蘇 市 合 志 市 と 玉 名 郡 菊 池 郡 阿 蘇 郡 の 7 市 3 郡 (9 町 3 村 )からなり 区 域 面 積 は 265,630ha 県 総 面 積 の 36%を 占 めています 流 域 の 森 林 総 面 積 は 126,373ha そのうち 国 有 林 面 積 は 10,477ha で スギ ヒ ノキの 人 工 林 が 主 体 となっています 阿 蘇 菊 池 地 域 は 阿 蘇 くじゅう 国 立 公 園 に 指 定 され また 特 に 景 観 の 優 れた 森 林 等 については レクリェーションの 森 くまもと 自 然 休 養 林 ( 金 峰 山 地 区 菊 池 水 源 地 区 ) 等 を 設 定 し 多 くの 人 たちに 親 しまれていることから 木 材 生 産 と 併 せて 優 れた 自 然 環 境 を 有 する 森 林 の 保 全 など 公 益 的 機 能 の 発 揮 が 求 められています 阿 蘇 山 3

5 緑 川 流 域 緑 川 流 域 は 熊 本 県 のほぼ 中 央 部 を 東 西 に 横 断 する 形 で 位 置 する 宇 城 市 宇 土 市 山 都 町 益 城 町 御 船 町 嘉 島 町 美 里 町 甲 佐 町 の2 市 6 町 からなり 区 域 面 積 は 119,084ha 県 総 面 積 の 16%を 占 めて います 流 域 の 森 林 総 面 積 は 68,448ha そのうち 国 有 林 面 積 は 13,581ha でスギ ヒノキの 人 工 林 が 主 体 とな っています 九 州 中 央 山 地 の 稜 線 部 は 九 州 中 央 山 地 森 林 生 物 遺 伝 資 源 保 護 林 に 設 定 し また 内 大 臣 川 周 辺 は 指 定 国 内 希 少 野 生 動 植 物 種 であるゴイシツバメシジミの 保 護 を 図 るため 特 定 動 物 生 息 地 保 護 林 を 設 定 しています 渓 谷 をはじめ 優 れた 森 林 景 観 など 豊 富 な 観 光 資 源 に 恵 まれ 登 山 等 森 林 レクや 保 健 休 養 水 源 かん 養 などの 保 安 林 機 能 等 の 公 益 的 機 能 発 揮 が 求 められています 通 潤 橋 4

6 天 草 流 域 天 草 流 域 は 熊 本 県 の 西 部 に 位 置 する 天 草 諸 島 を 包 括 する 地 域 からなり 天 草 市 上 天 草 市 苓 北 町 の2 市 1 町 からなり 区 域 面 積 は 87,646ha 県 総 面 積 の 12%を 占 めています 流 域 の 森 林 総 面 積 は 58,265ha そ のうち 国 有 林 面 積 は 839ha となっています 上 島 下 島 とそれに 付 属 する 島 々からなっており 河 川 は 小 流 域 の 単 独 河 川 であり 水 源 かん 養 山 地 災 害 防 止 等 の 公 益 的 機 能 の 発 揮 が 求 められています 天 草 五 橋 (4 号 橋 ) 5

7 国 有 林 の 管 理 経 営 重 視 すべき 機 能 に 応 じた 管 理 経 営 平 成 25 年 度 より 国 有 林 野 を 重 視 すべき 機 能 に 応 じ 山 地 災 害 防 止 タイプ 自 然 維 持 タイプ 森 林 空 間 利 用 タイプ 快 適 環 境 形 成 タイプ 水 源 かん 養 タイプの5タイプに 区 分 し これら 機 能 類 型 区 分 毎 の 管 理 経 営 の 考 え 方 に 即 し 公 益 林 として 適 切 な 施 業 を 推 進 します 山 地 災 害 防 止 タイプ 3,806ha(15.3 %) 九 州 局 の 割 合 :111 千 ha(20%) 考 え 方 山 地 災 害 の 防 止 及 び 土 壌 保 全 機 能 の 発 揮 を 重 視 目 指 すべき 森 林 の 姿 根 や 表 土 の 保 全 下 層 植 生 の 発 達 した 森 林 自 然 維 持 タイプ 2,978ha(12.0%) 九 州 局 の 割 合 :77 千 ha(14%) 考 え 方 原 生 的 な 森 林 生 態 系 や 希 少 な 生 物 の 生 育 生 息 する 森 林 など 属 地 的 な 生 物 多 様 性 保 全 機 能 の 発 揮 を 重 視 目 指 すべき 森 林 の 姿 良 好 な 自 然 環 境 を 保 持 する 森 林 希 少 な 生 物 の 生 育 生 息 に 適 した 森 林 森 林 空 間 総 合 利 用 タイプ 2,534ha(10.2%) 九 州 局 の 割 合 :17 万 ha(3%) 考 え 方 保 健 レクリエーション 文 化 機 能 の 発 揮 を 重 視 目 指 すべき 森 林 の 姿 保 健 文 化 教 育 的 利 用 の 形 態 に 応 じた 多 様 な 森 林 快 適 環 境 形 成 タイプ 63ha(0.3%) 九 州 局 の 割 合 :0.1 千 ha(0.0002%) 考 え 方 快 適 な 環 境 の 形 成 機 能 の 発 揮 を 重 視 目 指 すべき 森 林 の 姿 騒 音 の 低 減 や 大 気 の 浄 化 など 人 の 居 住 環 境 を 良 好 な 状 態 に 保 全 する 役 割 を 持 つ 森 林 水 源 かん 養 タイプ 15,489ha(62.3 %) 九 州 局 の 割 合 :320 千 ha(59%) 考 え 方 水 源 のかん 養 機 能 の 発 揮 を 重 視 目 指 すべき 森 林 の 姿 人 工 林 の 間 伐 や 伐 期 の 長 期 化 広 葉 樹 の 導 入 による 育 成 複 層 林 への 誘 導 を 図 る 森 林 木 材 等 生 産 機 能 については 区 分 に 応 じた 適 切 な 施 業 の 結 果 得 られる 木 材 を 計 画 的 に 供 給 することにより 発 揮 します 6 6

8 多 様 なニーズに 応 じた 森 林 づくり 安 全 安 心 快 適 な 国 民 生 活 の 基 盤 を 整 備 広 葉 樹 林 や 広 葉 樹 と 針 葉 樹 の 混 交 した 森 林 への 誘 導 など 多 様 な 森 林 づくり 適 切 な 治 山 事 業 を 積 極 的 に 行 い 良 質 な 水 の 供 給 や 木 材 の 供 給 のほか 地 球 温 暖 化 防 止 や 生 物 多 様 性 の 保 全 など 皆 さんの 安 全 安 心 快 適 な 生 活 を 支 えています 地 球 温 暖 化 防 止 への 貢 献 今 人 工 林 は 着 実 に 資 源 が 充 実 し 利 用 期 を 迎 えています このため 再 生 可 能 な 資 源 である 木 材 を 循 環 的 に 利 用 するため 引 き 続 き 間 伐 を 推 進 するとともに 公 益 重 視 に 配 慮 し 将 来 的 な 齢 級 構 成 の 平 準 化 も 考 慮 しつつ 主 伐 とその 後 の 再 造 林 を 計 画 的 に 行 っています これにより 二 酸 化 炭 素 吸 収 源 としての 機 能 の 維 持 向 上 が 図 られるとともに 生 産 される 木 材 は 住 宅 などに 利 用 することで 地 球 温 暖 化 の 原 因 となる CO2 を 長 期 間 貯 蔵 することができます また バイオマスとしてさまざまな 形 で 利 用 することにより 石 油 石 炭 等 の 使 用 を 減 らすことができ 地 球 温 暖 化 の 防 止 に 大 きく 貢 献 します 京 都 議 定 書 第 2 約 束 期 間 であることも 踏 まえ 間 伐 などの 森 林 整 備 等 を 進 めるとともに 保 安 林 などの 適 切 な 保 全 管 理 に 取 り 組 んでいます ヲダラ 国 有 林 1135 林 班 7 吉 無 田 国 有 林 1150 林 班

9 優 れた 自 然 環 境 を 有 する 森 林 の 保 全 保 護 林 の 保 全 管 理 国 有 林 では 貴 重 な 野 生 動 植 物 が 生 息 生 育 する 森 林 などを 保 護 林 に 設 定 し その 保 護 保 全 に 努 めて きました 熊 本 森 林 管 理 署 が 管 理 する 国 有 林 野 には 九 州 中 央 山 地 森 林 生 物 遺 伝 資 源 保 存 林 (1,810ha)をはじ め 植 物 群 落 保 護 林 (127ha) 内 大 臣 特 定 動 物 生 息 地 保 護 林 (97ha) 北 向 山 林 木 遺 伝 資 源 保 存 林 (78ha)を 設 定 し その 保 護 保 全 を 図 っています 植 物 群 落 保 護 林 ( 菊 池 水 源 ) 旧 藩 時 代 のスキ ヒノキ 老 齢 林 内 大 臣 植 物 群 落 保 存 林 (モミ,ツカ, カシ,ケヤキ 等 ) 生 物 多 様 性 の 保 全 内 大 臣 川 流 域 では 国 内 希 少 野 生 生 物 のゴイシツバメシジミなどの 生 息 環 境 の 維 持 保 全 を 図 るための 巡 視 等 を 積 極 的 に 行 い 生 物 多 様 性 の 保 全 に 努 めています ゴイシツバメシジミ( 山 都 町 ) 環 境 省 レッドリスト 絶 滅 危 惧 ⅠA 類 ゴイシツバメシジミ 食 草 のシシンラン 増 殖 育 成 8

10 地 域 の 暮 らしを 守 る 治 山 事 業 治 山 事 業 保 安 林 の 整 備 豪 雨 などによる 災 害 が 発 生 した 場 所 で 治 山 事 業 を 実 施 して 森 林 の 早 期 復 元 適 切 な 維 持 管 理 を 図 る ことにより 地 域 の 安 全 安 心 の 確 保 に 努 めており 水 源 のかん 養 や 土 砂 崩 壊 の 防 備 等 が 特 に 求 められる 森 林 は 保 安 林 に 指 定 し 適 切 な 森 林 の 整 備 に 努 めています なお 熊 本 森 林 管 理 署 が 管 理 する 国 有 林 野 の 93%を 保 安 林 に 指 定 し これらの 保 安 林 では その 機 能 の 維 持 造 成 及 び 災 害 を 防 止 するための 渓 間 工 等 を 実 施 するなど 崩 壊 地 を 森 林 に 復 旧 する 治 山 事 業 を 推 進 しています 特 に 平 成 24 年 7 月 に 九 州 北 部 豪 雨 により 甚 大 な 被 害 を 受 けた 阿 蘇 を 中 心 とする 地 域 では 民 有 林 と 国 有 林 が 一 体 となって 特 定 流 域 総 合 治 山 事 業 による 防 災 対 策 を 講 じています また 治 山 事 業 の 実 施 に 際 しては 木 材 を 積 極 的 に 利 用 するなど 環 境 に 配 慮 した 工 法 の 採 用 にも 努 めて います 九 州 北 部 豪 雨 災 ( 高 森 町 上 色 見 ( 猫 岳 )) 復 旧 前 復 旧 後 ( 木 製 土 留 工 木 柵 工 の 採 用 ) (よかよか 金 峰 の 森 ) 国 有 林 特 定 流 域 総 合 治 山 事 業 区 域 区 域 面 積 : 2,195ha 内 訳 : 国 有 林 791ha 民 有 林 1,404ha 特 定 流 域 総 合 治 山 事 業 区 域 ( 阿 蘇 猫 岳 ) 9

11 国 民 参 加 の 開 かれた 管 理 経 営 国 民 参 加 の 森 林 づくり 特 に 景 観 の 優 れた 森 林 や 自 然 観 察 などの 野 外 活 動 に 適 した 森 林 を 国 民 の 皆 さんが 森 林 とふれあえる レ クリェーションの 森 に 設 定 し 四 季 折 々の 自 然 の 美 しさを 楽 しむことができる 自 然 休 養 林 風 景 林 として 多 くの 人 たちに 親 しまれています また 森 林 環 境 教 育 や 森 林 づくり 活 動 に 参 加 したいという 国 民 の 皆 さんの 要 望 に 応 え ふれあいの 森 や 遊 々の 森 法 人 の 森 林 など 国 民 参 加 の 森 林 づくりのフィールドを 提 供 しています ライオンズの 森 保 育 作 業 ( 上 威 国 有 林 42 林 班 ) 体 験 林 業 枝 打 ち 作 業 ( 吉 無 田 国 有 林 1134 林 班 ) 自 然 休 養 林 ( 金 峰 山 ) 自 然 休 養 林 ( 菊 池 渓 谷 ) 10

12 森 林 林 業 再 生 に 向 けた 取 組 林 業 の 低 コスト 化 と 木 材 の 安 定 供 給 林 業 のトータルコストの 縮 減 を 図 るため 路 網 整 備 と 高 性 能 林 業 機 械 による 間 伐 の 低 コスト 化 を 推 進 しています また 更 新 が 必 要 な 主 伐 箇 所 においては 時 期 を 問 わず 植 栽 可 能 なコンテナ 苗 を 用 いた 伐 採 から 植 栽 の 一 貫 作 業 により 地 拵 えを 簡 略 化 した 作 業 システムを 推 進 するとともに 需 要 が 増 加 している 苗 木 の 生 産 支 援 策 として さし 木 用 穂 木 の 供 給 を 行 っています 木 材 ( 素 材 )の 販 売 に 際 しては 定 時 定 量 定 価 格 で 木 材 を 安 定 的 に 供 給 するシステム 販 売 を 進 めているところ であり 主 伐 林 分 の 立 木 販 売 についても 一 部 複 数 年 契 約 によるシステム 販 売 を 導 入 しています 低 コスト 作 業 システムによる 間 伐 材 の 搬 出 キャビティーコンテナ 苗 の 育 成 状 況 A 民 国 連 携 に よ る 森 林 整 備 民 有 林 と 国 有 林 が 一 体 となった 森 林 整 備 を 進 めるため 民 国 が 連 携 して 森 林 整 備 を 行 う 森 林 共 同 施 業 団 地 を 設 定 し 効 率 的 な 路 網 開 設 や 間 伐 等 を 推 進 していくことを 目 的 とする 森 林 整 備 推 進 協 定 の 締 結 を 進 めています 森 林 整 備 推 進 協 定 の 調 印 式 熊 本 市 西 部 地 域 ( 金 峰 山 ) 路 網 連 結 間 伐 計 画 箇 所 11

13 流 域 を 単 位 とした 民 有 林 との 連 携 地 域 における 適 切 な 森 林 整 備 や 林 業 木 材 産 業 の 活 性 化 を 図 るために 流 域 を 単 位 として 民 有 林 と 国 有 林 が 協 調 しながら 計 画 的 に 事 業 を 進 めることが 重 要 です このため 民 有 林 行 政 を 担 当 する 県 や 市 町 村 と 連 携 して 流 域 の 課 題 やニ-ズの 的 確 な 把 握 森 林 計 画 等 の 策 定 のための 意 見 調 整 などを 進 めています また 流 域 ごとに 流 域 森 林 林 業 活 性 化 協 議 会 を 設 け 県 市 町 村 森 林 管 理 署 をはじめ 多 くの 関 係 者 が 参 画 して 取 組 を 進 めています 民 有 林 関 係 者 との 打 合 せ 民 有 林 関 係 者 との 現 地 検 討 会 人 材 育 成 に 向 けた 取 組 民 有 林 の 関 係 機 関 等 が 開 催 する 現 地 研 修 の 場 として 積 極 的 に 国 有 林 のフィールドを 提 供 しています ま た 林 業 事 業 体 を 含 む 民 有 林 関 係 機 関 等 が 開 催 する 研 修 等 への 講 師 派 遣 や 低 コスト 林 業 に 係 る 現 地 研 修 情 報 提 供 共 有 を 行 うとともに 県 内 の 森 林 管 理 署 が 合 同 で 民 国 連 携 等 に 必 要 な 民 有 林 施 策 等 の 勉 強 会 を 開 催 するなど 森 林 林 業 の 再 生 に 必 要 な 人 材 の 育 成 に 努 めています 作 業 路 作 設 研 修 会 合 同 勉 強 会 ( 熊 本 南 部 森 林 管 理 署 ) 12

14 低 コスト 作 業 システム シカ 被 害 対 策 に 向 けた 取 組 地 域 と 連 携 した 取 組 近 年 のシカ 生 息 域 拡 大 増 加 により 農 林 業 への 被 害 が 年 々 増 加 しており また 森 林 生 態 系 への 影 響 も 深 刻 になってきています このため 熊 本 森 林 管 理 署 では 職 員 によるシカ 捕 獲 に 加 え 地 域 と 連 携 したシカ 被 害 対 策 への 取 組 を 進 めています 山 都 町 山 都 町 内 の 猟 友 会 各 支 部 及 び 高 森 町 南 阿 蘇 村 南 阿 蘇 猟 友 会 支 部 熊 本 森 林 管 理 署 が 連 携 して 町 村 内 の 国 有 林 隣 接 する 民 有 林 及 び 農 地 におけるシカ 被 害 軽 減 を 図 ることを 目 的 とした 協 定 を 締 結 しました 協 定 では シカ 被 害 対 策 を 推 進 し 農 林 業 被 害 及 び 森 林 生 態 系 への 影 響 を 軽 減 するため 協 力 体 制 の 構 築 くくりわな の 貸 与 等 を 行 っています 誘 引 捕 獲 事 業 等 の 実 施 今 後 のシカ 被 害 対 策 に 資 するため 被 害 状 況 や 生 息 頭 数 移 動 状 況 等 の 把 握 分 析 等 のための 生 息 環 境 等 整 備 事 業 を 実 施 するとともに 平 成 26 年 度 から 九 州 中 央 山 地 においてニホンジ カの 順 応 的 な 管 理 のための 個 体 数 調 整 を 目 的 とした 外 部 委 託 による 誘 引 捕 獲 事 業 を 行 ってい ます シカ 被 害 対 策 協 定 締 結 ( 熊 本 森 林 管 理 署 高 森 町 南 阿 蘇 村 猟 友 会 ) 山 都 町 駆 除 班 長 会 議 で 協 定 の 説 明 ( 山 都 町 ) 職 員 によるシカ 捕 獲 ( 阿 蘇 深 葉 国 有 林 くくりわな) シカの 剥 被 害 山 都 町 内 シカの 生 息 地 13

15 組 織 図 及 び 森 林 事 務 所 別 管 轄 面 積 等 組 織 図 林 野 庁 九 州 森 林 管 理 局 熊 本 森 林 管 理 署 森 森 林 事 務 所 別 管 轄 面 積 等 単 位 ha 森 林 事 務 所 国 有 林 野 面 積 官 行 造 林 面 積 国 有 林 野 等 所 在 市 町 村 菊 池 ( 首 席 ) 3, 菊 池 市 阿 蘇 市 大 津 町 南 小 国 町 小 国 町 内 田 ( 首 席 ) 3, 菊 池 市 山 鹿 市 熊 本 1,586 熊 本 市 玉 名 市 玉 東 町 南 阿 蘇 ( 首 席 ) 3, 大 津 町 山 都 町 高 森 町 南 阿 蘇 村 西 原 村 益 城 町 御 船 町 天 草 1, 宇 土 市 宇 城 市 上 天 草 市 天 草 市 苓 北 町 矢 部 内 大 臣 ( 地 域 統 括 ) 6,325 山 都 町 美 里 町 甲 佐 町 熊 本 市 宇 土 市 大 矢 ( 首 席 ) 5, 山 都 町 14

16 熊 本 森 林 管 理 署 の 歩 み 明 治 19 年 明 治 21 年 大 小 林 区 署 官 制 公 布 熊 本 大 林 区 署 設 置 明 治 23 年 菊 池 小 林 区 署 金 峰 山 小 林 区 署 設 置 大 正 13 年 営 林 局 署 官 制 公 布 により 熊 本 営 林 局 熊 本 営 林 署 菊 池 営 林 署 浜 町 営 林 署 に 改 称 昭 和 32 年 浜 町 営 林 署 を 矢 部 営 林 署 に 改 称 昭 和 63 年 組 織 の 再 編 により 菊 池 営 林 署 を 熊 本 営 林 署 に 統 合, 熊 本 営 林 署 となる 平 成 11 年 組 織 の 再 編 により 熊 本 営 林 署 と 矢 部 営 林 署 を 統 合 改 組 し 熊 本 森 林 管 理 署 と 矢 部 事 務 所 となる 平 成 16 年 組 織 の 再 編 により 矢 部 事 務 所 を 廃 止 して 熊 本 森 林 管 理 署 に 統 合 し 熊 本 森 林 管 理 署 となる 国 見 山 山 開 き( 山 鹿 市 ) 龍 門 ダムフェスタ 木 工 教 室 開 催 ( 菊 池 市 ) 15 クリーン 活 動 ( 菊 池 水 源 一 帯 )

17 署 等 の 所 在 地 森 林 管 理 署 等 郵 便 番 号 所 在 地 電 話 F A X 九 州 森 林 管 理 局 熊 本 市 西 区 京 町 本 丁 2 番 7 号 熊 本 森 林 管 理 署 菊 池 市 隈 府 菊 池 森 林 事 務 所 菊 池 市 重 味 同 左 内 田 森 林 事 務 所 山 鹿 市 菊 鹿 町 池 永 同 左 熊 本 森 林 事 務 所 熊 本 市 河 内 町 岳 同 左 南 阿 蘇 森 林 事 務 所 阿 蘇 郡 南 阿 蘇 村 大 字 河 陰 同 左 天 草 森 林 事 務 所 天 草 市 瀬 戸 町 50-6 当 面 の 間 矢 部 内 大 臣 森 林 事 務 所 で 事 務 を 取 り 扱 う 矢 部 内 大 臣 森 林 事 務 所 上 益 城 郡 山 都 町 千 滝 大 矢 森 林 事 務 所 上 益 城 郡 山 都 町 千 滝 九 州 森 林 管 理 局 ホームページ ( 森 林 管 理 署 等 のホームページは 九 州 森 林 管 理 局 のホームページからご 覧 いただけます ) 熊 本 森 林 管 理 署 庁 舎 16

【太田川】 管理経営計画 ダイジェスト版

【太田川】 管理経営計画 ダイジェスト版 太田川森林計画区 国有林野の管理経営 恐羅漢細見峡自然休養林 細見谷国有林(廿日市市) 第4次 地 域 管 理 経 営 計 画 第4次 地 域 管 理 経 営 計 画 計画期間 平成26年4月1日 平成31年3月31日 近畿国森林管理局 1 はじめに 国 有 林 野 事 業 では 全 国 に158ある 毎 に 地 域 管 理 経 営 計 画 と 国 有 林 野 施 業 実 施 計 画 を 策 定 しています

More information

目 次 1.はじめに 1 2. 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 方 針 (1) 花 粉 発 生 源 対 策 の 現 状 と 課 題 2 (2) 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 6 3. 花 粉 発 生 源 対 策 区 域 (1) 花 粉 症 対

目 次 1.はじめに 1 2. 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 方 針 (1) 花 粉 発 生 源 対 策 の 現 状 と 課 題 2 (2) 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 6 3. 花 粉 発 生 源 対 策 区 域 (1) 花 粉 症 対 山 梨 県 スギ 花 粉 発 生 源 対 策 推 進 プラン 平 成 20 年 12 月 策 定 ( 至 平 成 30 年 3 月 31 日 ) 山 梨 県 森 林 環 境 部 目 次 1.はじめに 1 2. 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 方 針 (1) 花 粉 発 生 源 対 策 の 現 状 と 課 題 2 (2) 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考

More information

北海道の森林・林業・木材産業の 現状と課題

北海道の森林・林業・木材産業の  現状と課題 参 考 資 料 北 海 道 の 森 林 林 業 木 材 産 業 の 主 なデータ 214 年 7 月 北 海 道 水 産 林 務 部 目 次 1 森 林 資 源 等. (1) 森 林 資 源 の 状 況 2p (2) 森 林 に 期 待 する 役 割.. 4p 2 林 業 及 び 木 材 産 業. (1) 森 林 所 有 者 の 状 況 ( 林 業 経 営 の 状 況 ) 5p (2) 林 業 労

More information

庄 内 国 有 林 の 地 域 別 の 森 林 計 画 書 ( 案 ) ( 庄 内 森 林 計 画 区 ) 計 画 期 間 自 至 平 成 25 年 4 月 1 日 平 成 35 年 3 月 31 日 東 北 森 林 管 理 局 目 次 Ⅰ 計 画 の 大 綱 1 森 林 計 画 区 の 概 況 1 2 前 期 計 画 の 実 行 結 果 の 概 要 及 びその 評 価 4 3 計 画 樹 立 に

More information

(別記様式第1号)

(別記様式第1号) ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 計 画 作 成 年 度 平 成 26 年 度 計 画 主 体 北 九 州 市 水 巻 町 北 九 州 市 水 巻 町 広 域 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 < 代 表 連 絡 先 ( 事 務 局 )> 担 当 部 署 名 北 九 州 市 産 業 経 済 局 農 林 水 産 部 鳥 獣 被 害 対 策 課 所 在 地 北 九 州 市 小 倉 北 区 城 内 1 番

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

香川県公共建築物等における県産木材の利用の促進に関する方針

香川県公共建築物等における県産木材の利用の促進に関する方針 香 川 県 公 共 建 築 物 等 における 県 産 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 方 針 平 成 24 年 3 月 香 川 県 香 川 県 公 共 建 築 物 等 における 県 産 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 方 針 この 方 針 は 公 共 建 築 物 等 における 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 22 年 法 律 第 36

More information

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒 別 記 参 考 様 式 第 号 計 画 の 名 称 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 ( 期 ) 計 画 策 定 主 体 対 象 市 村 計 画 の 期 間 計 画 の 目 標 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 八 代 市 人 吉 市 荒 尾 市 水 俣 市 玉 名 市 天 草 市 山 鹿 市 菊 池 市 宇 土 市 上 天 草 市 宇 城 市 阿 蘇 市 合 志 市 美 里 玉 東 南

More information

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育 作 成 年 月 日 平 成 22 年 6 月 28 日 作 成 部 局 企 画 県 民 部 政 策 室 課 室 名 地 域 振 興 課 [ 兵 庫 県 地 域 再 生 構 造 改 革 特 区 推 進 会 議 ( 平 成 22 年 度 第 1 回 )] 構 造 改 革 特 区 ( 第 18 次 ) 及 び 地 域 再 生 ( 第 8 次 )の 提 案 標 記 の 提 案 については 6 月 7 日 から

More information

目 次 まえがき 1 Ⅰ 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 その 他 森 林 の 整 備 及 び 保 全 に 関 する 基 本 的 な 事 項 1 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 4 Ⅱ 森 林

目 次 まえがき 1 Ⅰ 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 その 他 森 林 の 整 備 及 び 保 全 に 関 する 基 本 的 な 事 項 1 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 4 Ⅱ 森 林 全 国 森 林 計 画 平 成 25 年 10 月 4 日 閣 議 決 定 農 林 水 産 省 目 次 まえがき 1 Ⅰ 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 その 他 森 林 の 整 備 及 び 保 全 に 関 する 基 本 的 な 事 項 1 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 4 Ⅱ 森 林 の

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information

<5461726F2D89D495B291CE8DF4826F827382DC82C682DF8169967B91CC816A>

<5461726F2D89D495B291CE8DF4826F827382DC82C682DF8169967B91CC816A> 今 後 の 花 粉 発 生 源 対 策 の 推 進 方 策 について ~ 花 粉 発 生 源 対 策 プロジェクトチーム 検 討 報 告 ~ 1 プロジェクトチームの 設 置 と 任 務 我 が 国 のスギ 人 工 林 は 約 452 万 haで 森 林 面 積 の2 割 を 占 め これらの 森 林 は 木 材 供 給 はもとより 国 土 の 保 全 水 源 のかん 養 地 球 温 暖 化 の 防

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 の 皆 様 への 生 活 支 援 平 成 28 年 4 月 22 日 平 成 28 年 熊 本 地 震 で 被 災 された 皆 様 には 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 熊 本 行 政 評 価 事 務 所 では 今 回 の 震 災 に 関 して いろいろなお 問 合 せや 相 談 を 受 け 付 けております また 支 援 措 置 を 講 じている

More information

苗木財産区1年間の取組み

苗木財産区1年間の取組み SGEC 森 林 管 理 認 証 審 査 調 書 - 富 士 宮 市 白 糸 財 産 区 - (FERI-003) 審 査 審 査 期 間 審 査 の 種 類 報 告 書 の 種 類 平 成 24 第 二 期 新 規 審 査 / 定 期 審 査 / 更 新 審 査 / 追 加 審 査 現 地 審 査 / 最 終 版 / 概 要 版 ( 財 ) 林 業 経 済 研 究 所 1 1. 事 業 体 名 称

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

目 次 1 趣 旨 1 2 現 状 1 (1) 少 花 粉 スギ 2 ア 発 根 率 改 善 等 イ 民 間 苗 木 生 産 者 の 採 穂 園 整 備 ウ 民 間 苗 木 生 産 者 による 苗 木 の 生 産 (2) 少 花 粉 ヒノキ 4 ア 採 種 園 の 改 良 等 イ 挿 し 木 試 験

目 次 1 趣 旨 1 2 現 状 1 (1) 少 花 粉 スギ 2 ア 発 根 率 改 善 等 イ 民 間 苗 木 生 産 者 の 採 穂 園 整 備 ウ 民 間 苗 木 生 産 者 による 苗 木 の 生 産 (2) 少 花 粉 ヒノキ 4 ア 採 種 園 の 改 良 等 イ 挿 し 木 試 験 岡 山 県 少 花 粉 スギ ヒノキ 普 及 推 進 計 画 平 成 27 年 3 月 岡 山 県 目 次 1 趣 旨 1 2 現 状 1 (1) 少 花 粉 スギ 2 ア 発 根 率 改 善 等 イ 民 間 苗 木 生 産 者 の 採 穂 園 整 備 ウ 民 間 苗 木 生 産 者 による 苗 木 の 生 産 (2) 少 花 粉 ヒノキ 4 ア 採 種 園 の 改 良 等 イ 挿 し 木 試 験

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

4 平 成 27 年 度 評 価 替 えにおける 基 準 宅 地 価 格 の 考 え 方 1 固 定 資 産 税 における 土 地 の 評 価 は 総 務 大 臣 が 定 める 固 定 資 産 評 価 基 準 に 基 2 3 づき 各 市 町 村 長 が 行 います なお 宅 地 については 平 成

4 平 成 27 年 度 評 価 替 えにおける 基 準 宅 地 価 格 の 考 え 方 1 固 定 資 産 税 における 土 地 の 評 価 は 総 務 大 臣 が 定 める 固 定 資 産 評 価 基 準 に 基 2 3 づき 各 市 町 村 長 が 行 います なお 宅 地 については 平 成 報 道 資 料 平 成 26 年 11 月 19 日 平 成 27 年 度 固 定 資 産 ( 土 地 ) 評 価 替 えにおける 基 準 地 価 格 について 本 日 県 は 熊 本 県 固 定 資 産 評 価 審 議 会 に 対 して 平 成 27 年 度 固 定 資 産 ( 土 地 ) 評 価 替 えに 必 要 となる 基 準 地 価 格 について 諮 問 し 原 案 のとおり 了 承 されましたので

More information

目 次 1 対 象 鳥 獣 の 種 類 被 害 防 止 計 画 の 期 間 及 び 対 象 地 域 1 2 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 に 係 る 被 害 の 防 止 に 関 する 基 本 的 な 方 針 1 (1) 被 害 の 現 状 ( 平 成 26 年 度 実 績 ) 1 (2) 被

目 次 1 対 象 鳥 獣 の 種 類 被 害 防 止 計 画 の 期 間 及 び 対 象 地 域 1 2 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 に 係 る 被 害 の 防 止 に 関 する 基 本 的 な 方 針 1 (1) 被 害 の 現 状 ( 平 成 26 年 度 実 績 ) 1 (2) 被 ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 計 画 作 成 年 度 平 成 27 年 度 計 画 主 体 相 生 市 相 生 市 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 < 連 絡 先 > 担 当 部 署 名 相 生 市 建 設 農 林 部 農 林 水 産 課 所 在 地 相 生 市 旭 一 丁 目 1 番 3 号 電 話 番 号 0791(23)7156 F A X 番 号 0791(23)7160 メールアドレス

More information

平成28年熊本地震被災者の皆様へ〈平成28年4月21日〉

平成28年熊本地震被災者の皆様へ〈平成28年4月21日〉 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 の 皆 様 への 生 活 支 援 平 成 28 年 4 月 21 日 平 成 28 年 熊 本 地 震 で 被 災 された 皆 様 には 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 熊 本 行 政 評 価 事 務 所 では 今 回 の 震 災 に 関 して いろいろなお 問 合 せや 相 談 を 受 け 付 けております また 支 援 措 置 を 講 じている

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

再 生 可 能 エネルギーの 導 入 促 進 新 再 生 可 能 エネルギー 推 進 指 針 策 定 事 業 環 境 政 策 課 4,800 千 円 自 立 分 散 型 で 災 害 に 強 く CO 2 排 出 量 の 少 ない 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 を 促 進 するため 山 口 県

再 生 可 能 エネルギーの 導 入 促 進 新 再 生 可 能 エネルギー 推 進 指 針 策 定 事 業 環 境 政 策 課 4,800 千 円 自 立 分 散 型 で 災 害 に 強 く CO 2 排 出 量 の 少 ない 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 を 促 進 するため 山 口 県 Ⅱ 緊 急 課 題 等 への 対 応 1 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 促 進 東 日 本 大 震 災 後 国 民 の 間 に 拡 がった 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 に 対 する 機 運 の 高 まりを 契 機 とし 国 は 今 夏 に 新 しい エネルギー 基 本 計 画 を 策 定 するとともに 固 定 価 格 買 取 制 度 の 開 始 などにより その 導 入 を 進 めることとしています

More information

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378> CO2の 吸 収 率 からみた 日 本 の 山 林 の 現 状 青 木 一 郎 Ⅰ 森 林 に 関 する 京 都 議 定 書 の 内 容 1. 平 成 9 年 (1997 年 )に 京 都 で 気 候 変 動 枠 条 約 第 3 回 締 結 国 会 議 (COP 3)が 開 催 され 京 都 議 定 書 が 全 会 一 致 で 採 択 された 京 都 議 定 書 は 平 成 20 年 (2008 年

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

Microsoft Word - 発表資料(環境先導社会)15.02.04【提出版】EVアイランド修正後

Microsoft Word - 発表資料(環境先導社会)15.02.04【提出版】EVアイランド修正後 作 成 年 月 日 作 成 課 室 名 平 成 27 年 2 月 9 日 農 政 環 境 部 環 境 創 造 局 環 境 政 策 課 環 境 先 導 社 会 の 推 進 第 4 次 兵 庫 県 環 境 基 本 計 画 に 掲 げる 環 境 先 導 社 会 豊 かで 美 しいひょうご の 実 現 を 目 指 すため 低 炭 素 自 然 共 生 循 環 安 全 快 適 地 域 力 の 各 分 野 において

More information

(別記様式第1号)

(別記様式第1号) ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 計 画 作 成 年 度 平 成 23 年 度 計 画 変 更 年 度 平 成 25 年 度 計 画 主 体 熊 本 県 南 阿 蘇 村 南 阿 蘇 村 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 < 連 絡 先 > 担 当 部 署 名 南 阿 蘇 村 農 政 課 林 務 整 備 係 所 在 地 熊 本 県 阿 蘇 郡 南 阿 蘇 村 大 字 河 陰 145-3 電 話 番 号

More information

50伊予01

50伊予01 番 町 記 者 クラブ 各 位 平 成 27 年 2 月 6 日 No.15-024 株 式 会 社 伊 予 銀 行 株 式 会 社 伊 予 銀 行 ( 頭 取 大 塚 岩 男 )は 大 洲 市 阿 蔵 において エバーグリーンの 森 づくり 活 動 を 実 施 いたしますので 下 記 のとおりお 知 らせいたします この 活 動 は 愛 媛 県 の 企 業 の 森 制 度 に 則 して 平 成 20

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 書 (たたき 台 ) 平 成 28 年 7 月 熊 本 連 携 中 枢 都 市 圏 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 この 度 の 熊 本 地 震 の 発 生 以 降 被 災 者 の 救 助 活 動 避 難 者 への 生 活 支 援 激 甚 災 害 の 指 定 補 正 予 算 編 成 など 国 の 機 動 的 かつ 迅

More information

市 制 発 足 当 時 の 社 会 情 勢 と 不 安 定 な 経 済 事 情 の 中 で 市 政 の 安 定 的 な 事 業 の 遂 行 を 図 るために 税 収 の 早 期 確 保 と 自 主 納 税 意 欲 の 向 上 を 図 ることを 目 的 に 創 設 されました 現 在 市 民 税 (

市 制 発 足 当 時 の 社 会 情 勢 と 不 安 定 な 経 済 事 情 の 中 で 市 政 の 安 定 的 な 事 業 の 遂 行 を 図 るために 税 収 の 早 期 確 保 と 自 主 納 税 意 欲 の 向 上 を 図 ることを 目 的 に 創 設 されました 現 在 市 民 税 ( 仕 分 け 作 業 1 班 1 番 目 の 市 役 所 の 仕 事 の 説 明 です 防 犯 灯 整 備 事 業 補 助 金 自 治 会 で 実 施 する 防 犯 灯 の 設 置 及 び 器 具 の 取 替 等 にかかる 経 費 の 一 部 を 負 担 することにより 住 民 自 らが 考 える 地 域 の 安 全 対 策 を 効 率 的 かつ 効 果 的 に 対 応 するため 助 成 しています

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

90 1979 1999 1981 1999 1990 1990 1987 197382 198186 80 70 60 50 40 30 20 10 0 160,000 1.40 140,000 1.20 120,000 1.00 100,000 0.80 80,000 0.60 60,000 0.40 40,000 0.20 20,000 0 0.00 1970 1980 1990 2000

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

資料13_平成26年度の森林環境基金事業概要について

資料13_平成26年度の森林環境基金事業概要について 資 料 13 平 成 25 年 度 第 4 回 森 林 の 未 来 を 考 える 懇 談 会 資 料 平 成 26 年 度 の 森 林 環 境 基 金 事 業 概 要 について 平 成 26 年 度 森 林 環 境 基 金 事 業 の 枠 組 ( 当 初 予 算 ) 平 成 26 年 度 ( 当 初 予 算 ) 森 林 環 境 基 金 業 一 覧 表 平 成 26 年 度 森 林 環 境 基 金 事

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 資 料 編 110 重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 々 島 川 合 志 市 野 々 島 辻 ~ (C ランク 県 知 事 管 理 区

More information

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5>

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5> 0 序 章 計 画 基 本 的 事 項 1. 計 画 目 的 基 本 計 画 は 都 地 法 第 4 条 に 町 村 地 適 正 な 保 全 及 び 化 推 進 に 関 する 基 本 計 画 として 規 定 されており とオープンスペースに 関 する 総 合 的 な 計 画 です 戸 田 では 地 もつ 様 々な 機 能 を 踏 まえつつ 確 保 整 備 や 化 民 間 参 加 協 力 等 促 進

More information

Taro-1資料表紙(25.1.30).jtd

Taro-1資料表紙(25.1.30).jtd 国 有 林 の 地 域 別 の 森 林 計 画 等 検 討 会 伊 那 谷 木 曽 川 東 三 河 森 林 計 画 区 ほか 平 成 25 年 2 月 13 日 中 部 森 林 管 理 局 国 有 林 の 地 域 別 の 森 林 計 画 等 検 討 会 < 次 第 > 日 時 : 平 成 25 年 2 月 13 日 ( 水 ) 13:30~ 場 所 : 中 部 森 林 管 理 局 大 会 議 室 (3

More information

(4)2003.xls

(4)2003.xls 別 紙 様 式 4 公 共 調 達 の 適 正 化 について( 財 計 第 2017 号 )に 基 づく 競 争 入 札 に 係 る 情 報 の 公 表 ( 物 品 役 務 等 ) 物 品 役 務 等 の 名 称 及 び 数 量 契 約 担 当 官 等 の 氏 名 並 びにその 所 属 する 部 局 の 名 称 及 び 所 在 地 契 約 を 締 結 した 日 契 約 の 相 手 方 の 商 号 又

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 のあらまし 平 成 27 年 6 月 農 林 水 産 省 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

区 分 事 業 区 分 事 業 量 事 業 費 円 新 植 改 植 12.15 ha 35,862,170 鹿 児 保 育 風 倒 木 処 理 等 6.30 ha 5,200,326 島 除 伐 12.13 ha 会 除 間 伐 間 伐 660.95 ha 291,568,279 計 林 業 専 用

区 分 事 業 区 分 事 業 量 事 業 費 円 新 植 改 植 12.15 ha 35,862,170 鹿 児 保 育 風 倒 木 処 理 等 6.30 ha 5,200,326 島 除 伐 12.13 ha 会 除 間 伐 間 伐 660.95 ha 291,568,279 計 林 業 専 用 平 成 27 年 度 事 業 報 告 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 1 事 業 実 施 状 況 (1) 総 括 平 成 27 年 度 は, 新 設 住 宅 着 工 や 中 国 等 への 丸 太 輸 出 等 が 概 して 好 調 であったことから, 木 材 の 需 要 や 価 格 については, 堅 調 に 推 移 した また, 大 量 の 間 伐 材

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43> 久 礼 川 水 系 河 川 整 備 計 画 平 成 24 年 2 月 高 知 県 目 次 1. 流 域 および 河 川 の 概 要 1 2. 久 礼 川 の 現 状 と 課 題 3 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 3 2.2 河 川 の 適 正 な 利 用 及 び 流 水 の 正 常 な 機 能 の 現 状 と 課 題 6 2.3 河 川 環 境 の 現 状 と 課 題 7 3. 河 川 整

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 質 問 通 告 書 平 成 28 年 6 月 定 例 会 1 番 松 尾 数 則 議 員 1 山 陽 小 野 田 市 病 院 事 業 改 革 プランについて (1) 市 民 病 院 の 果 たすべき 役 割 を 聞 く (2) 医 療 水 準 の 向 上 について 聞 く (3) 救 急 医 療 について 聞 く (4) 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 について 聞 く (5) 経

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水

More information

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx)

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx) 会 社 説 明 会 資 料 2013 年 3 月 1 日 地 域 とともに 地 域 のために 証 券 コード 9511 沖 縄 電 力 の 概 要 当 社 の 特 徴 広 大 な 海 域 に 点 在 する 沖 縄 本 島 および37 37の の 島 々に 電 力 を 供 給 沖 縄 県 の 発 展 とともに 今 後 も 成 長 本 土 と 送 電 線 が 繋 がっていない 単 独 系 統 のため ため

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染 ビッグプロジェクト イノベーション コースト 構 想 / 国 県 等 共 同 研 究 施 設 と 一 体 化 した 無 人 航 空 陸 上 ロボットのテストフィールド 施 設 案 ロボット 実 証 拠 点 の 整 備 案 示 す 共 同 研 究 施 設 地 下 1 階 地 上 3 階 1 万 m2 想 定 イノベーション コースト 構 想 に 関 して 政 府 が 設 置 した1ロボット 研 究 実

More information

28)_

28)_ 計 画 策 定 年 度 計 画 主 体 平 成 26 年 度 八 幡 蒲 生 郡 日 野 蒲 生 郡 竜 王 地 域 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 連 絡 先 担 当 部 署 名 所 在 地 電 話 番 号 FAX 番 号 メールアドレス 八 幡 都 産 業 部 農 業 振 興 課 滋 賀 県 八 幡 桜 宮 236 番 地 0748-36-5514 0748-32-5032 0011002@city.omihachiman.lg.jp

More information

局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納 材 報 奨 営 居 宅 以 下 供 賃 割 引 供 応 最 拡 増 勤 労 宅 資 貸 医 療 無 9 期 開 政 7 報 告 増

局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納 材 報 奨 営 居 宅 以 下 供 賃 割 引 供 応 最 拡 増 勤 労 宅 資 貸 医 療 無 9 期 開 政 7 報 告 増 む 坂登穏穀豊穣 ノ宮 伊勢 撮影フォカ友笠智宏 2 歯科腔健 副選 優逝去哀悼 91 傍聴 593 午9 編集 運 営 7 9 郡字99 埼郡 察9 77 77 http://www.town.kamikawa.saitama.jp 局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納

More information

<6F6B95BD90AC E E8AD48D488E9694AD928D975C92E88CA992CA82B AA DB817A2D332E786477>

<6F6B95BD90AC E E8AD48D488E9694AD928D975C92E88CA992CA82B AA DB817A2D332E786477> 平 成 28 年 度 年 間 発 注 の 見 通 し 件 名 種 別 場 所 工 期 概 要 入 予 定 時 期 入 方 法 契 約 方 法 1 仮 称 北 区 役 所 新 別 館 新 築 建 築 北 区 王 子 本 町 1-11-9 平 成 29 年 5 月 S 造 2 階 建 庁 舎 ( 約 820m2)の 新 築 2 仮 称 北 区 役 所 新 別 館 新 築 電 気 設 備 電 気 北 区

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

目次

目次 第 四 次 中 城 村 国 土 利 用 計 画 平 成 24 年 4 月 中 城 村 目 次 計 画 の 目 的 と 前 提 第 1 章 村 土 利 用 に 関 する 基 本 構 想 1. 村 土 利 用 の 基 本 方 針 1 (1) 土 地 利 用 の 基 本 的 な 考 え 方 1 (2) 地 域 特 性 1 (3) 土 地 利 用 の 状 況 4 (4) 土 地 利 用 の 基 本 的 方

More information

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び 平 成 27 年 度 業 務 概 要 県 北 広 域 振 興 局 土 木 部 二 戸 土 木 センター 二 戸 市 浄 法 寺 町 天 台 寺 軽 米 町 フォリストパーク 二 戸 市 馬 仙 峡 九 戸 村 折 爪 五 滝 一 戸 町 御 所 野 縄 文 公 園 管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共 H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 1/22 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 照 会 依 頼 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 広 報 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (23) 牛 久 市 暮 らしの 便 利 帳 共 通

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る被害状況等について

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る被害状況等について 6 月 20 日 からの 梅 雨 前 線 に 伴 う 大 雨 に 係 る 被 害 状 況 等 について これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 6 月 21 日 10 時 1 5 分 現 在 内 閣 府 1 気 象 状 況 ( 気 象 庁 調 べ:6 月 21 日 8:00 現 在 ) (1) 概 況 低 気 圧 と 梅 雨 前 線 に 向 かって

More information

国営農地開発事業の概要

国営農地開発事業の概要 Ⅲ 大 邑 地 区 の 概 要 1 地 区 の 概 要 本 地 区 は 島 根 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 する 大 田 市 及 び 邑 智 郡 美 郷 町 にあり 東 には 標 高 1,126m の 三 瓶 山 西 に 808m の 大 江 高 山 があって これを 主 峰 とする 連 山 に 囲 まれていることから 平 担 地 に 乏 しく 全 体 の 80%が 山 林 原 野 で 耕

More information

神 戸 開 港 と 都 市 化 1867 年 : 神 戸 港 が 開 港 居 留 地 が 置 かれる 当 時 の 人 口 は2 万 数 千 人 1889 年 : 人 口 は13 万 4 千 人 (22 年 間 で6 倍 ) 飲 料 水 は 扇 状 地 伏 流 水 の 井 戸 水 であったが 生 活

神 戸 開 港 と 都 市 化 1867 年 : 神 戸 港 が 開 港 居 留 地 が 置 かれる 当 時 の 人 口 は2 万 数 千 人 1889 年 : 人 口 は13 万 4 千 人 (22 年 間 で6 倍 ) 飲 料 水 は 扇 状 地 伏 流 水 の 井 戸 水 であったが 生 活 西 宮 市 平 成 26 年 度 環 境 まちづくりフォーラム 2015.2.21 六 甲 山 とは ~ 環 境 と 防 災 の 切 っても 切 れない 関 係 ~ 六 甲 山 の 成 り 立 ちと 土 砂 災 害 の 危 険 性 について 規 模 : 北 東 ~ 南 西 約 30km 北 西 ~ 南 東 約 7km 歴 史 : 今 から150~200 万 年 前 から 隆 起 活 動 多 くの 断

More information

資料5-1

資料5-1 資 料 - 平 成 年 熊 本 地 震 による 自 然 環 境 等 へ 影 響 把 握 調 査 実 施 状 況 自 然 景 観 維 持 土 砂 崩 壊 調 査 これまでに 実 施 された 影 響 把 握 調 査 断 層 による 亀 裂 調 査 国 土 地 理 院 中 央 火 口 丘 エ リアなし) 国 土 地 理 院 火 口 周 辺 と 草 原 土 砂 崩 壊 調 査 環 境 省 が 実 施 する

More information

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る関係省庁災害対策会議の会議資料

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る関係省庁災害対策会議の会議資料 6 月 20 日 からの 梅 雨 前 線 に 伴 う 大 雨 に 係 る 被 害 状 況 等 について これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 6 月 21 日 10 時 1 5 分 現 在 内 閣 府 1 気 象 状 況 ( 気 象 庁 調 べ:6 月 21 日 8:00 現 在 ) (1) 概 況 低 気 圧 と 梅 雨 前 線 に 向 かって

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

コヒ?ーoujyukai.xlsx

コヒ?ーoujyukai.xlsx 1 熊 本 防 衛 支 局 北 熊 本 庁 舎 (27) 新 設 等 建 築 設 計 庁 舎 RC 6F 13,788m2 2 合 志 市 庁 舎 増 築 設 計 庁 舎 S 2F 2,942m2 平 3 西 合 志 南 小 学 校 普 通 教 室 増 築 工 事 監 理 小 学 校 RC 2F 974m2 成 4 玉 東 町 学 校 給 食 共 同 調 理 場 新 築 設 計 監 理 給 食 センター

More information

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復 資 料 2 平 成 25 年 2 月 17 日 復 興 庁 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 主 な 予 算 について ( 平 成 24 年 度 補 正 予 算 平 成 25 年 度 予 算 案 ) 復 興 庁 が 司 令 塔 となって 原 子 力 災 害 からの 福 島 の 復 興 及 び 再 生 を 加 速 的 に 推 進 する さらに 福 島 の 深 刻 な 諸 問 題 に 対 応 できるよう

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農 第 6 次 総 合 計 実 施 計 施 策 シト(~) ( 様 式 ) 政 策 名 第 7 章 地 域 の 活 力 をつくりだす 産 業 経 済 の 振 興 施 策 名 第 節 農 水 産 業 の 振 興 施 策 の 目 標 良 質 な 農 水 産 物 の 提 供 と 農 水 産 業 の 持 続 的 発 展 を 図 る 事 業 費 ( : 千 円 ) 事 業 数 細 事 業 数 予 算 額 合 計

More information

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 施 策 を 実 施 するための 基 本 的 な 指 針 最 終 改 正 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 254 号 平 成 27 年 5 月 29 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 1396 号 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 施 行 ) 一 被 害 防 止

More information

市街化調整区域の保全と活用の方針

市街化調整区域の保全と活用の方針 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 ( 平 成 18 年 3 月 29 日 市 長 決 裁 ) ( 平 成 22 年 11 月 22 日 最 終 改 正 ) Ⅰ 方 針 策 定 にあたって 2 1 方 針 策 定 の 背 景 2 2 目 的 と 位 置 づけ 4 Ⅱ 札 幌 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 基 本 方 針 5 1 市 街 地 の 範 囲 5 2

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 の 皆 様 への 生 活 支 援 平 成 28 年 7 月 8 日 平 成 28 年 熊 本 地 震 で 被 災 された 皆 様 には 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 熊 本 行 政 評 価 事 務 所 九 州 管 区 行 政 評 価 局 では 今 回 の 震 災 に 関 して いろ いろなお 問 合 せや 相 談 を 受 け 付 けております

More information

古座川議会.indd

古座川議会.indd 号 平 平 質 疑 応 平 ペジ ペジ 般 質 ペジ 誌 ペジ 評 試 経 終 処 遇 反 映 係 般 試 評 再 コ 縮 図 舗 装 単 契 約 舗 装 舗 装 亀 裂 模 修 繕 守 社 デ 更 調 査 登 録 同 護 各 力 デ 都 修 社 ヘ パ 不 足 ヘ パ 名 U I 相 談 窓 近 隣 べ 起 音 相 談 窓 ふ 相 談 政 針 質 疑 平 初 鳥 獣 食 肉 処 加 催 執 部 初

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

付 属 資 料 1. 事 業 事 前 評 価 表 ( 開 発 調 査 ) 2. 実 施 細 則 (S/W)( 和 文 中 文 ) 付 属 資 料 1 事 業 事 前 評 価 表 ( 開 発 調 査 ) 1. 案 件 名 首 都 周 辺 風 砂 被 害 地 域 植 生 回 復 モデル 計 画 調 査 2. 協 力 概 要 (1) 事 業 の 目 的 本 事 業 の 目 的 は 北 京 や 天 津 周

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information