において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると"

Transcription

1 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業 この 組 合 は 第 1 条 の 目 的 を 達 成 するため 次 の 事 業 を 行 う (1) 組 合 員 の 生 活 に 必 要 な 物 資 を 購 入 し これに 加 工 し 又 は 生 産 して 組 合 員 に 供 給 する 事 業 (2) 組 合 員 の 生 活 に 有 用 な 協 同 施 設 を 設 置 し 組 合 員 に 利 用 させる 事 業 (3) 組 合 員 の 生 活 の 改 善 及 び 文 化 の 向 上 を 図 る 事 業 (4) 組 合 員 の 生 活 の 共 済 を 図 る 事 業 (5) 組 合 員 及 び 組 合 従 業 員 の 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 向 上 を 図 る 事 業 (6) 組 合 員 のための 旅 行 業 法 に 基 づく 旅 行 業 に 関 する 事 業 (7) 組 合 員 のための 宅 地 建 物 取 引 業 法 に 基 づく 宅 地 建 物 取 引 業 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 4 条 区 域 この 組 合 の 区 域 は 千 葉 大 学 の 職 域 とする 第 5 条 事 務 所 の 所 在 地 この 組 合 は 事 務 所 を 千 葉 県 千 葉 市 に 置 く 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 第 6 条 組 合 員 の 資 格 この 組 合 の 区 域 内 に 通 学 又 は 勤 務 する 者 は この 組 合 の 組 合 員 となることができる 2 この 組 合 の 区 域 の 付 近 に 住 所 を 有 する 者 又 は 区 域 内 に 勤 務 していた 者 でこの 組 合 の 事 業 を 利 用 すること を 適 当 とするものは この 組 合 の 承 認 を 受 けて この 組 合 の 組 合 員 となることができる 第 7 条 加 入 の 申 込 み 前 条 第 1 項 に 規 定 する 者 は 組 合 員 となろうとするときは この 組 合 の 定 める 加 入 申 込 書 に 引 き 受 けようとする 出 資 口 数 に 相 当 する 出 資 金 額 を 添 え これをこの 組 合 に 提 出 しなければならない 2 この 組 合 は 前 項 の 申 込 みを 拒 んではならない ただし 前 項 の 申 込 みを 拒 むことにつき 理 事 会 におい て 正 当 な 理 由 があると 議 決 した 場 合 は この 限 りでない 3 この 組 合 は 前 条 第 1 項 に 規 定 する 者 の 加 入 について 現 在 の 組 合 員 が 加 入 の 際 に 付 されたよりも 困 難 な 条 件 を 付 さないものとする 4 第 1 項 の 申 込 みをした 者 は 第 2 項 ただし 書 の 規 定 により その 申 込 みを 拒 まれた 場 合 を 除 き この 組 合 が 第 1 項 の 申 込 みを 受 理 したときに 組 合 員 となる 5 この 組 合 は 組 合 員 となった 者 について 組 合 員 証 を 作 成 し その 組 合 員 に 交 付 するものとする 第 8 条 加 入 承 認 の 申 請 第 6 条 第 2 項 に 規 定 する 者 は 組 合 員 となろうとするときは 引 き 受 けようとする 出 資 口 数 を 明 らかにして この 組 合 の 定 める 加 入 承 認 申 請 書 をこの 組 合 に 提 出 しなければならない 2 この 組 合 は 理 事 会 において 前 項 の 申 請 を 承 認 したときは その 旨 を 同 項 の 申 請 をした 者 に 通 知 するもの とする 3 前 項 の 通 知 を 受 けた 者 は 速 やかに 出 資 金 の 払 込 みをしなければならない 4 第 1 項 の 申 請 をした 者 は 前 項 の 規 定 により 出 資 金 の 払 込 みをしたときに 組 合 員 となる 5 この 組 合 は 組 合 員 となった 者 について 組 合 員 証 を 作 成 し その 組 合 員 に 交 付 するものとする 第 9 条 届 出 の 義 務 組 合 員 は 組 合 員 たる 資 格 を 喪 失 したとき 又 はその 氏 名 若 しくは 住 所 を 変 更 したときは 速 やかにその 旨 をこの 組 合 に 届 け 出 なければならない 第 10 条 自 由 脱 退 組 合 員 は 事 業 年 度 の 末 日 の90 日 前 までにこの 組 合 に 予 告 し 当 該 事 業 年 度 の 終 わり - 2 -

2 において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは 総 代 会 の 議 決 によって 除 名 することができる (1) 1 年 間 この 組 合 の 事 業 を 利 用 しないとき (2) 供 給 物 資 の 代 金 又 は 利 用 料 の 支 払 を 怠 り 催 告 を 受 けてもその 義 務 を 履 行 しないとき (3) この 組 合 の 事 業 を 妨 げ 又 は 信 用 を 失 わせる 行 為 をしたとき 2 前 項 の 場 合 において この 組 合 は 総 代 会 の 会 日 の5 日 前 までに 除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するものとする 第 13 条 脱 退 組 合 員 の 払 戻 し 請 求 権 脱 退 した 組 合 員 は 次 の 各 号 に 定 めるところにより その 払 込 済 出 資 額 の 払 戻 しをこの 組 合 に 請 求 することができる (1) 第 10 条 の 規 定 による 脱 退 又 は 第 11 条 第 1 号 若 しくは 第 2 号 の 事 由 による 脱 退 の 場 合 は その 払 込 済 出 資 額 に 相 当 する 額 (2) 第 11 条 第 3 号 の 事 由 による 脱 退 の 場 合 は その 払 込 済 出 資 額 の2 分 の1に 相 当 する 額 2 この 組 合 は 脱 退 した 組 合 員 がこの 組 合 に 対 する 債 務 を 完 済 するまでは 前 項 の 規 定 による 払 戻 しを 停 止 することができる 3 この 組 合 は 事 業 年 度 の 終 わりに 当 たり この 組 合 の 財 産 をもってその 債 務 を 完 済 するに 足 らないときは 第 1 項 の 払 戻 しを 行 わない 第 14 条 出 資 組 合 員 は 出 資 1 口 以 上 を 有 しなければならない 2 1 組 合 員 の 有 することのできる 出 資 口 数 の 限 度 は 組 合 員 の 総 出 資 口 数 の4 分 の1とする 3 組 合 員 は 出 資 金 額 の 払 込 みについて 相 殺 をもってこの 組 合 に 対 抗 することができない 4 組 合 員 の 責 任 は その 出 資 金 額 を 限 度 とする 第 15 条 出 資 1 口 の 金 額 及 びその 払 込 み 方 法 出 資 1 口 の 金 額 は 1000 円 とし 全 額 一 時 払 込 みとする 第 16 条 出 資 口 数 の 増 加 組 合 員 は この 組 合 の 定 める 方 法 により その 出 資 口 数 を 増 加 することができる 第 17 条 出 資 口 数 の 減 少 組 合 員 は やむを 得 ない 理 由 があるときは 事 業 年 度 の 末 日 の90 日 前 までに 減 少 しようとする 出 資 口 数 をこの 組 合 に 予 告 し 当 該 事 業 年 度 の 終 わりにおいて 出 資 口 数 を 減 少 することができ る 2 組 合 員 は その 出 資 口 数 が 組 合 員 の 総 出 資 口 数 の4 分 の1を 超 えたときは 4 分 の1 以 下 に 達 するまでそ の 出 資 口 数 を 減 少 しなければならない 3 出 資 口 数 を 減 少 した 組 合 員 は 減 少 した 出 資 口 数 に 応 ずる 払 込 済 出 資 額 の 払 戻 しをこの 組 合 に 請 求 する ことができる 4 第 13 条 第 3 項 の 規 定 は 出 資 口 数 を 減 少 する 場 合 について 準 用 する 第 18 条 役 員 この 組 合 に 次 の 役 員 を 置 く (1) 理 事 25 人 以 上 30 人 以 内 (2) 監 事 2 人 以 上 5 人 以 内 第 3 章 役 職 員 第 19 条 役 員 の 選 挙 役 員 は 役 員 選 挙 規 約 の 定 めるところにより 総 代 会 において 選 挙 する - 3 -

3 2 理 事 は 組 合 員 でなければならない ただし 特 別 の 理 由 があるときは 理 事 の 定 数 の3 分 の1 以 内 のものを 組 合 員 以 外 の 者 のうちから 選 挙 することができる 3 役 員 の 選 挙 は 無 記 名 投 票 によって 行 い 投 票 は 総 代 1 人 につき1 票 とする 第 20 条 役 員 の 補 充 理 事 又 は 監 事 のうち その 定 数 の5 分 の1を 超 える 者 が 欠 けたときは 役 員 選 挙 規 約 の 定 めるところにより 3 箇 月 以 内 に 補 充 しなければならない 第 21 条 役 員 の 任 期 理 事 の 任 期 は1 年 監 事 の 任 期 は1 年 とし 前 任 者 の 任 期 満 了 のときから 起 算 する た だし 再 選 を 妨 げない 2 補 欠 役 員 の 任 期 は 前 項 の 規 定 にかかわらず 補 充 した 総 代 会 の 日 において 現 に 在 任 する 役 員 の 任 期 が 終 了 するときまでとする 3 役 員 の 任 期 は その 満 了 のときがそのときの 属 する 事 業 年 度 の 通 常 総 代 会 の 終 了 のときと 異 なるときは 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 にかかわらず その 総 代 会 の 終 了 のときまでとする 4 役 員 が 任 期 の 満 了 又 は 辞 任 によって 退 任 した 場 合 において 役 員 の 数 がその 定 数 を 欠 くに 至 ったときは その 役 員 は 後 任 者 が 就 任 するまでの 間 は なお 役 員 としての 権 利 義 務 を 有 するものとする 第 22 条 役 員 の 兼 職 禁 止 監 事 は 次 の 者 と 兼 ねてはならない (1) この 組 合 の 理 事 又 は 使 用 人 (2) この 組 合 の 子 会 社 等 ( 子 会 社 子 法 人 等 及 び 関 連 法 人 等 )の 取 締 役 又 は 使 用 人 第 23 条 役 員 の 責 任 役 員 は 法 令 法 令 に 基 づいてする 行 政 庁 の 処 分 定 款 及 び 規 約 並 びに 総 代 会 の 決 議 を 遵 守 し この 組 合 のため 忠 実 にその 職 務 を 遂 行 しなければならない 2 役 員 は その 任 務 を 怠 ったときは この 組 合 に 対 し これによって 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 う 3 前 項 の 任 務 を 怠 ってされた 行 為 が 理 事 会 の 決 議 に 基 づき 行 われたときは その 決 議 に 賛 成 した 理 事 は その 行 為 をしたものとみなす 4 第 2 項 の 責 任 は 総 組 合 員 の 同 意 がなければ 免 除 することができない 5 前 項 の 規 定 にかかわらず 第 2 項 の 責 任 は 当 該 役 員 が 職 務 を 行 うにつき 善 意 でかつ 重 大 な 過 失 がない ときは 法 令 の 定 める 額 を 限 度 として 総 代 会 の 決 議 によって 免 除 することができる 6 前 項 の 場 合 には 理 事 は 同 項 の 総 代 会 において 次 に 掲 げる 事 項 を 開 示 しなければならない (1) 責 任 の 原 因 となった 事 実 及 び 賠 償 の 責 任 を 負 う 額 (2) 前 項 の 規 定 により 免 除 することができる 額 の 限 度 及 びその 算 定 の 根 拠 (3) 責 任 を 免 除 すべき 理 由 及 び 免 除 額 7 理 事 は 第 2 項 による 理 事 の 責 任 の 免 除 に 関 する 議 案 を 総 代 会 に 提 出 するときは 各 監 事 の 同 意 を 得 な ければならない 8 第 5 項 の 決 議 があった 場 合 において 当 該 決 議 後 に 同 項 の 役 員 に 対 し 退 職 慰 労 金 ( 当 該 役 員 が 使 用 人 を 兼 ねていた 期 間 の 使 用 人 としての 退 職 手 当 を 含 む )を 支 給 するときは 総 代 会 の 承 認 を 受 けなければなら ない 9 役 員 がその 職 務 を 行 うについて 悪 意 又 は 重 大 な 過 失 があったときは 当 該 役 員 は これによって 第 三 者 に 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 う 10 次 の 各 号 に 掲 げる 者 が 当 該 各 号 に 定 める 行 為 をしたときも 前 項 と 同 様 の 取 扱 いとする ただし その 者 が 当 該 行 為 をすることについて 注 意 を 怠 らなかったことを 証 明 したときは この 限 りでない (1) 理 事 次 に 掲 げる 行 為 イ 法 第 31 条 の7 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 により 作 成 すべきものに 記 載 し 又 は 記 録 すべき 重 要 な 事 項 に ついての 虚 偽 の 記 載 又 は 記 録 ロ 虚 偽 の 登 記 ハ 虚 偽 の 公 告 (2) 監 事 監 査 報 告 に 記 載 し 又 は 記 録 すべき 重 要 な 事 項 についての 虚 偽 の 記 載 又 は 記 録 11 役 員 が 組 合 又 は 第 三 者 に 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 う 場 合 において 他 の 役 員 も 当 該 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 うときは これらのものは 連 帯 債 務 者 とする 第 24 条 理 事 の 自 己 契 約 等 理 事 は 次 に 掲 げる 場 合 には 理 事 会 において 当 該 取 引 につき 重 要 な 事 実 を 開 示 し その 承 認 を 受 けなければならない (1) 理 事 が 自 己 又 は 第 三 者 のためにこの 組 合 と 取 引 をしようとするとき - 4 -

4 (2) この 組 合 が 理 事 の 債 務 を 保 証 することその 他 理 事 以 外 の 者 との 間 においてこの 組 合 と 当 該 理 事 との 利 益 が 相 反 する 取 引 をしようとするとき (3) 理 事 が 自 己 又 は 第 三 者 のためにこの 組 合 の 事 業 の 部 類 に 属 する 取 引 をしようとするとき 2 第 1 項 各 号 の 取 引 を 行 った 理 事 は 当 該 取 引 後 遅 滞 なく 当 該 取 引 についての 重 要 な 事 実 を 理 事 会 に 報 告 しなければならない 第 25 条 役 員 の 解 任 総 代 は 総 総 代 の5 分 の1 以 上 の 連 署 をもって 役 員 の 解 任 を 請 求 することができるもの とし その 請 求 につき 総 代 会 において 出 席 者 の 過 半 数 の 同 意 があったときは その 請 求 に 係 る 役 員 は そ の 職 を 失 う 2 前 項 の 規 定 による 請 求 は 解 任 の 理 由 を 記 載 した 書 面 をこの 組 合 に 提 出 してしなければならない 3 理 事 長 は 前 項 の 規 定 による 書 面 の 提 出 があったときは その 請 求 を 総 代 会 の 議 に 付 し かつ 総 代 会 の 会 日 の10 日 前 までにその 役 員 にその 書 面 を 送 付 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければ ならない 4 第 1 項 の 請 求 があった 場 合 は 理 事 会 は その 請 求 があった 日 から20 日 以 内 に 臨 時 総 代 会 を 招 集 すべき ことを 決 しなければならない なお 理 事 の 職 務 を 行 う 者 がないとき 又 理 事 が 正 当 な 理 由 がないのに 総 代 会 招 集 の 手 続 きをしないときは 監 事 は 総 代 会 を 招 集 しなければならない 第 26 条 役 員 の 報 酬 理 事 及 び 監 事 に 対 する 報 酬 は 総 代 会 の 議 決 をもって 定 める この 場 合 において 総 代 会 に 提 出 する 議 案 は 理 事 に 対 する 報 酬 と 監 事 に 対 する 報 酬 を 区 分 して 表 示 しなければならない 2 監 事 は 総 代 会 において 監 事 の 報 酬 について 意 見 を 述 べることができる 3 第 1 項 の 報 酬 の 算 定 方 法 については 規 則 をもって 定 める 第 27 条 代 表 理 事 理 事 会 は 理 事 の 中 からこの 組 合 を 代 表 する 理 事 ( 以 下 代 表 理 事 という )を 選 定 しなけ ればならない 2 代 表 理 事 は この 組 合 の 業 務 に 関 する 一 切 の 裁 判 上 又 は 裁 判 外 の 行 為 をする 権 限 を 有 する 第 28 条 理 事 長 専 務 理 事 及 び 常 務 理 事 理 事 は 理 事 長 1 人 専 務 理 事 1 人 及 び 常 務 理 事 2 人 以 上 7 人 以 内 を 理 事 会 において 互 選 する 2 理 事 長 は 理 事 会 の 決 定 に 従 ってこの 組 合 の 業 務 を 統 括 する 3 専 務 理 事 は 理 事 長 を 補 佐 してこの 組 合 の 業 務 を 執 行 し 理 事 長 に 事 故 あるときは その 職 務 を 代 行 す る 4 常 務 理 事 は 理 事 長 及 び 専 務 理 事 を 補 佐 してこの 組 合 の 業 務 の 執 行 を 分 担 し 理 事 長 及 び 専 務 理 事 に 事 故 があるときは あらかじめ 理 事 会 の 定 めた 順 序 に 従 ってその 職 務 を 代 行 する 5 理 事 は 理 事 長 専 務 理 事 及 び 常 務 理 事 に 事 故 があるときは あらかじめ 理 事 会 において 定 めた 順 序 に 従 ってその 職 務 を 代 行 する 第 29 条 理 事 会 理 事 会 は 理 事 をもって 組 織 する 2 理 事 会 は この 組 合 の 業 務 執 行 を 決 し 理 事 の 職 務 の 執 行 を 監 督 する 3 理 事 会 は 理 事 長 が 招 集 する 4 理 事 長 以 外 の 理 事 は 理 事 長 に 対 し 理 事 会 の 目 的 である 事 項 を 示 して 理 事 会 の 招 集 を 請 求 すること ができる 5 前 項 の 請 求 のあった 日 から5 日 以 内 に その 請 求 があった 日 から2 週 間 以 内 の 日 を 理 事 会 の 日 とする 理 事 会 の 招 集 の 通 知 が 発 せられない 場 合 には その 請 求 をした 理 事 は 理 事 会 を 招 集 することができる 6 理 事 は3 月 に1 回 以 上 業 務 の 執 行 の 状 況 を 理 事 会 に 報 告 しなければならない 7 その 他 理 事 会 の 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 は 規 則 で 定 める 第 30 条 理 事 会 招 集 手 続 理 事 会 の 招 集 は その 理 事 会 の 日 の1 週 間 前 までに 各 理 事 及 び 監 事 に 対 してそ の 通 知 ( 電 磁 的 方 法 を 含 む)を 発 してしなければならない ただし 緊 急 の 必 要 がある 場 合 には この 期 間 を 短 縮 することができる 2 理 事 会 は 理 事 及 び 監 事 の 全 員 の 同 意 があるときは 招 集 の 手 続 を 経 ないで 開 くことができる 第 31 条 理 事 会 の 議 決 事 項 この 定 款 に 特 別 の 定 めがあるもののほか 次 の 事 項 は 理 事 会 の 議 決 を 経 なけ - 5 -

5 ればならない (1) この 組 合 の 財 産 及 び 業 務 の 執 行 に 関 する 重 要 な 事 項 (2) 総 会 及 び 総 代 会 の 招 集 並 びに 総 会 及 び 総 代 会 に 付 議 すべき 事 項 (3) この 組 合 の 財 産 及 び 業 務 の 執 行 のための 手 続 その 他 この 組 合 の 財 産 及 び 業 務 の 執 行 について 必 要 な 事 項 を 定 める 規 則 の 設 定 変 更 及 び 廃 止 (4) 取 引 金 融 機 関 の 決 定 (5) 前 各 号 のほか 理 事 会 において 必 要 と 認 めた 事 項 第 32 条 理 事 会 の 議 決 方 法 理 事 会 の 決 議 は 議 決 に 加 わることができる 理 事 の 過 半 数 が 出 席 し その 過 半 数 をもって 行 う 2 前 項 の 決 議 について 特 別 の 利 害 関 係 を 有 する 理 事 は その 議 決 に 加 わる 権 利 を 有 しない 3 理 事 が 理 事 会 の 決 議 の 目 的 である 事 項 について 提 案 した 場 合 において 当 該 提 案 につき 議 決 に 加 わる ことができる 理 事 全 員 が 書 面 又 は 電 磁 的 記 録 により 同 意 の 意 思 表 示 をしたとき( 監 事 が 当 該 提 案 について 異 議 を 述 べたときは 除 く )は 当 該 提 案 を 可 決 する 旨 の 理 事 会 の 決 議 があったものとみなす 4 理 事 又 は 監 事 が 理 事 及 び 監 事 の 全 員 に 対 して 理 事 会 に 報 告 すべき 事 項 を 通 知 したときは 当 該 事 項 を 理 事 会 へ 報 告 することを 要 しない 第 33 条 理 事 会 の 議 事 録 理 事 会 の 議 事 については 法 令 の 定 める 事 項 を 記 載 した 議 事 録 を 作 成 し 出 席 し た 理 事 及 び 監 事 はこれに 署 名 し 又 は 記 名 押 印 しなければならない 2 前 項 の 議 事 録 を 電 磁 的 記 録 をもって 作 成 した 場 合 には 出 席 した 理 事 及 び 監 事 はこれに 電 子 署 名 をしな ければならない 第 34 条 定 款 等 の 備 置 この 組 合 は 法 令 に 基 づき 以 下 に 掲 げる 書 類 を 各 事 務 所 に 備 え 置 かなければなら ない (1) 定 款 (2) 規 約 (3) 理 事 会 の 議 事 録 (4) 総 代 会 の 議 事 録 (5) 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 剰 余 金 処 分 案 又 は 損 失 処 理 案 ( 以 下 決 算 関 係 書 類 という ) 及 び 事 業 報 告 書 並 びにこれらの 附 属 明 細 書 ( 監 査 報 告 を 含 む ) 2 この 組 合 は 法 令 の 定 める 事 項 を 記 載 した 組 合 員 名 簿 を 作 成 し 主 たる 事 務 所 に 備 え 置 かなければなら ない 3 この 組 合 は 組 合 員 又 はこの 組 合 の 債 権 者 ( 理 事 会 の 議 事 録 については 裁 判 所 の 許 可 を 得 たこの 組 合 の 債 権 者 )から 法 令 に 基 づき 業 務 取 扱 時 間 内 において 当 該 書 面 の 閲 覧 又 は 謄 写 の 請 求 等 があったと きは 正 当 な 理 由 がないのにこれを 拒 んではならない 第 35 条 監 事 の 職 務 及 び 権 限 監 事 は 理 事 の 職 務 の 執 行 を 監 査 する この 場 合 において 法 令 で 定 めると ころにより 監 査 報 告 を 作 成 しなければならない 2 監 事 は いつでも 理 事 及 びこの 組 合 の 使 用 人 に 対 して 事 業 に 関 する 報 告 を 求 め 又 はこの 組 合 の 業 務 及 び 財 産 の 状 況 の 調 査 をすることができる 3 監 事 は その 職 務 を 行 うため 必 要 があるときは この 組 合 の 子 会 社 に 対 して 事 業 の 報 告 を 求 め 又 はその 子 会 社 の 業 務 及 び 財 産 の 状 況 の 調 査 をすることができる 4 前 項 の 子 会 社 は 正 当 な 理 由 があるときは 同 項 の 報 告 又 は 調 査 を 拒 むことができる 5 監 事 は 理 事 会 に 出 席 し 必 要 があると 認 めるときは 意 見 を 述 べなければならない 6 監 事 は 理 事 が 不 正 の 行 為 をし 若 しくは 当 該 行 為 をするおそれがあると 認 めるとき 又 は 法 令 若 しくは 定 款 に 違 反 する 事 実 若 しくは 著 しく 不 当 な 事 実 があると 認 めるときは 遅 滞 なく その 旨 を 理 事 会 に 報 告 しな ければならない 7 監 事 は 前 項 の 場 合 において 必 要 があると 認 めるときは 理 事 に 対 し 理 事 会 の 招 集 を 請 求 することが できる 8 第 29 条 第 5 項 の 規 定 は 前 項 の 請 求 をした 監 事 についてこれを 準 用 する 9 監 事 は 総 代 会 において 監 事 の 解 任 又 は 辞 任 ( 選 任 若 しくは 解 任 又 は 辞 任 )について 意 見 を 述 べること ができる - 6 -

6 10 監 事 を 辞 任 した 者 は 辞 任 後 最 初 に 招 集 される 総 代 会 に 出 席 して 辞 任 した 旨 及 びその 理 由 を 述 べるこ とができる 11 理 事 長 は 前 項 の 者 に 対 し 同 項 の 総 代 会 を 招 集 する 旨 並 びに 総 代 会 の 日 時 及 び 場 所 を 通 知 しなけれ ばならない 12 監 査 についての 規 則 の 設 定 変 更 及 び 廃 止 は 監 事 が 行 い 総 代 会 の 承 認 を 受 けるものとする 第 37 条 監 事 による 理 事 の 不 正 行 為 等 の 差 止 め 監 事 は 理 事 が 組 合 の 目 的 の 範 囲 外 の 行 為 その 他 法 令 若 しくは 定 款 に 違 反 する 行 為 をし 又 はこれらの 行 為 をするおそれがある 場 合 において 当 該 行 為 によって 組 合 に 著 しい 損 害 が 生 ずるおそれがあるときは 当 該 理 事 に 対 し 当 該 行 為 をやめることを 請 求 することが できる 2 前 項 の 場 合 において 裁 判 所 が 仮 処 分 をもって 同 項 の 理 事 に 対 し その 行 為 をやめることを 命 ずるときは 担 保 を 立 てさせないものとする 第 38 条 監 事 の 代 表 権 第 27 条 第 2 項 の 規 定 にかかわらず 次 の 場 合 には 監 事 がこの 組 合 を 代 表 する (1) この 組 合 が 理 事 又 は 理 事 であった 者 ( 以 下 この 条 において 理 事 等 という )に 対 し 又 理 事 等 が 組 合 に 対 して 訴 えを 提 起 する 場 合 (2) この 組 合 が 6 箇 月 前 から 引 き 続 き 加 入 する 組 合 員 から 理 事 等 の 責 任 を 追 及 する 訴 えの 提 起 の 請 求 を 受 ける 場 合 (3) この 組 合 が 6 箇 月 前 から 引 き 続 き 加 入 する 組 合 員 から 理 事 等 の 責 任 を 追 及 する 訴 えに 係 る 訴 訟 告 知 を 受 ける 場 合 (4) この 組 合 が 裁 判 所 から 6 箇 月 前 から 引 き 続 き 加 入 する 組 合 員 による 理 事 等 の 責 任 を 追 及 する 訴 え について 和 解 の 内 容 の 通 知 及 び 異 議 の 催 告 を 受 ける 場 合 第 39 条 組 合 員 による 理 事 の 不 正 行 為 等 の 差 止 め 6 箇 月 前 から 引 き 続 き 加 入 する 組 合 員 は 理 事 が 組 合 の 目 的 の 範 囲 外 の 行 為 その 他 法 令 若 しくは 定 款 に 違 反 する 行 為 をし 又 はこれらの 行 為 をするおそれがある 場 合 において 当 該 行 為 によって 組 合 に 回 復 することができない 損 害 が 生 ずるおそれがあるときは 当 該 理 事 に 対 し 当 該 行 為 をやめることを 請 求 することができる 第 40 条 組 合 員 の 調 査 請 求 組 合 員 は 総 組 合 員 の100 分 の3 以 上 の 同 意 を 得 て 監 事 に 対 し この 組 合 の 業 務 及 び 財 産 の 状 況 の 調 査 を 請 求 することができる 2 監 事 は 前 項 の 請 求 があったときは 必 要 な 調 査 を 行 わなければならない 第 41 条 顧 問 この 組 合 に 顧 問 を 置 くことができる 2 顧 問 は 学 識 経 験 のある 者 のうちから 理 事 会 において 選 任 する 3 顧 問 は この 組 合 の 業 務 の 執 行 に 関 し 理 事 長 の 諮 問 に 応 ずるものとする 第 42 条 職 員 この 組 合 の 職 員 は 理 事 長 が 任 免 する 2 職 員 の 定 数 服 務 給 与 その 他 職 員 に 関 し 必 要 な 事 項 は 規 則 で 定 める 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 第 43 条 総 代 会 の 設 置 この 組 合 に 総 会 に 代 るべき 総 代 会 を 設 ける 第 44 条 総 代 の 定 数 総 代 の 定 数 は 150 人 以 上 200 人 以 内 において 総 代 選 挙 規 約 で 定 める 第 45 条 総 代 の 選 挙 総 代 は 総 代 選 挙 規 約 の 定 めるところにより 組 合 員 のうちから 選 挙 する 第 46 条 総 代 の 補 充 総 代 が 欠 けた 場 合 におけるその 補 充 については 総 代 選 挙 規 約 の 定 めるところによる 第 47 条 総 代 の 職 務 執 行 総 代 は 組 合 員 の 代 表 として 組 合 員 の 意 思 を 踏 まえ 誠 実 にその 職 務 を 行 わな ければならない - 7 -

7 第 48 条 総 代 の 任 期 総 代 の 任 期 は1 年 とする ただし 再 選 を 妨 げない 2 補 欠 総 代 の 任 期 は 前 項 の 規 定 にかかわらず 前 任 者 の 残 任 期 間 とする 3 総 代 は 任 期 満 了 後 であっても 後 任 者 の 就 任 するまでの 間 は その 職 務 を 行 うものとする 第 49 条 総 代 名 簿 理 事 は 総 代 の 氏 名 及 びその 選 挙 区 を 記 載 した 総 代 名 簿 を 作 成 し 組 合 員 に 周 知 しなけ ればならない 第 50 条 通 常 総 代 会 の 招 集 通 常 総 代 会 は 毎 事 業 年 度 終 了 の 日 から3 箇 月 以 内 に 招 集 しなければならな い 第 51 条 臨 時 総 代 会 の 招 集 臨 時 総 代 会 は 必 要 があるときはいつでも 理 事 会 の 議 決 を 経 て 招 集 できる た だし 総 代 がその5 分 の1 以 上 の 同 意 を 得 て 会 議 の 目 的 である 事 項 及 び 招 集 の 理 由 を 記 載 した 書 面 を 提 出 して 総 代 会 の 招 集 を 請 求 したときは 理 事 会 は その 請 求 のあった 日 から20 日 以 内 に 臨 時 総 代 会 を 招 集 すべきことを 決 しなければならない 第 52 条 総 代 会 の 招 集 者 総 代 会 は 理 事 会 の 議 決 を 経 て 理 事 長 が 招 集 する 2 理 事 長 及 びその 職 務 を 代 行 する 理 事 がいないとき 又 は 前 条 の 請 求 があった 場 合 において 理 事 が 正 当 な 理 由 がないのに 総 代 会 招 集 の 手 続 をしないときは 監 事 は 総 代 会 を 招 集 しなければならない 第 53 条 総 代 会 の 招 集 手 続 総 代 会 の 招 集 者 が 総 代 会 を 招 集 する 場 合 には 総 代 会 の 日 時 及 び 場 所 その 他 の 法 令 で 定 める 事 項 を 定 めなければならない 2 前 項 の 事 項 の 決 定 は 次 項 の 定 める 場 合 を 除 き 理 事 会 の 決 議 によらなければならない 3 前 条 第 2 項 の 規 定 により 監 事 が 総 代 会 を 招 集 する 場 合 には 第 1 項 の 事 項 の 決 定 は 監 事 の 全 員 の 合 議 によらなければならない 4 総 代 会 を 招 集 するには 総 代 会 の 招 集 者 は その 総 代 会 の 会 日 の10 日 前 までに 総 代 に 対 して 第 1 項 の 事 項 を 記 載 した 書 面 をもって その 通 知 を 発 しなければならない 5 通 常 総 代 会 の 招 集 の 通 知 に 際 しては 法 令 で 定 めるところにより 総 代 に 対 し 理 事 会 の 承 認 を 受 けた 決 算 関 係 書 類 及 び 事 業 報 告 書 ( 監 査 報 告 を 含 む)を 提 供 しなければならない 第 54 条 総 代 会 提 出 議 案 書 類 の 調 査 監 事 は 理 事 が 総 代 会 に 提 出 しようとする 議 案 書 類 その 他 法 令 で 定 めるものを 調 査 しなければならない この 場 合 において 法 令 若 しくは 定 款 に 違 反 し 又 は 著 しく 不 当 な 事 項 があると 認 めるときは その 調 査 の 結 果 を 総 代 会 に 報 告 しなければならない 第 55 条 延 期 又 は 続 行 の 決 議 総 代 会 の 会 日 は 総 代 会 の 議 決 により 続 行 し 又 は 延 期 することができる この 場 合 においては 第 53 条 の 規 定 は 適 用 しない 第 56 条 総 代 会 の 議 決 事 項 この 定 款 に 特 別 の 定 めがあるもののほか 次 の 事 項 は 総 代 会 の 議 決 を 経 なけれ ばならない (1) 定 款 の 変 更 (2) 規 約 の 設 定 変 更 及 び 廃 止 (3) 解 散 及 び 合 併 (4) 毎 事 業 年 度 の 予 算 及 び 事 業 計 画 の 設 定 及 び 変 更 (5) 出 資 一 口 の 金 額 の 減 少 (6) 貸 借 対 照 表 及 び 決 算 関 係 書 類 (7) 連 合 会 及 び 他 の 団 体 への 加 入 又 は 脱 退 2 この 組 合 は 第 3 条 各 号 に 掲 げる 事 業 を 行 うため 必 要 と 認 められる 他 の 団 体 への 加 入 又 は 脱 退 であって 多 額 の 出 資 若 しくは 加 入 金 又 は 会 費 を 要 しないものについては 前 項 の 規 定 にかかわらず 総 代 会 の 議 決 によりその 範 囲 を 定 め 理 事 会 の 議 決 事 項 とすることができる 3 総 代 会 においては 第 53 条 第 4 項 の 規 定 により あらかじめ 通 知 した 事 項 についてのみ 議 決 をするものと する ただし この 定 款 により 総 代 会 の 議 決 事 項 とされているものを 除 く 事 項 であって 軽 微 かつ 緊 急 を 要 す るものについては この 限 りでない - 8 -

8 第 57 条 総 代 会 の 成 立 要 件 総 代 会 は 総 代 の 半 数 が 出 席 しなければ 議 事 を 開 き 議 決 をすることができな い 2 前 項 に 規 定 する 数 の 総 代 の 出 席 がないときは 理 事 会 は その 総 代 会 の 会 日 から20 日 以 内 にさらに 総 代 会 を 招 集 することを 決 しなければならない この 場 合 には 前 項 の 規 定 は 適 用 しない 第 58 条 役 員 の 説 明 義 務 役 員 は 総 代 会 において 総 代 から 特 定 の 事 項 について 説 明 を 求 められた 場 合 に は 当 該 事 項 について 必 要 な 説 明 をしなければならない ただし 次 に 掲 げる 場 合 は この 限 りではない (1) 総 代 が 説 明 を 求 めた 事 項 が 総 代 会 の 目 的 である 事 項 に 関 しないものである 場 合 (2) その 説 明 をすることにより 組 合 員 の 共 同 の 利 益 を 著 しく 害 する 場 合 (3) 総 代 が 説 明 を 求 めた 事 項 について 説 明 をするために 調 査 をすることが 必 要 である 場 合 ただし 当 該 総 代 が 総 代 会 の 日 より 相 当 の 期 間 前 に 当 該 事 項 をこの 組 合 に 対 して 通 知 した 場 合 又 は 当 該 事 項 について 説 明 をするために 必 要 な 調 査 が 著 しく 容 易 である 場 合 はこの 限 りでない (4) 総 代 が 説 明 を 求 めた 事 項 について 説 明 をすることによりこの 組 合 その 他 の 者 ( 当 該 総 代 を 除 く )の 権 利 を 侵 害 することとなる 場 合 (5) 総 代 が 当 該 総 代 会 において 実 質 的 に 同 一 の 事 項 について 繰 り 返 して 説 明 を 求 める 場 合 (6) 前 各 号 に 掲 げる 場 合 のほか 総 代 が 説 明 を 求 めた 事 項 について 説 明 をしないことにつき 正 当 な 理 由 が ある 場 合 第 59 条 議 決 権 及 び 選 挙 権 総 代 は その 出 資 口 数 の 多 少 にかかわらず 各 1 個 の 議 決 権 及 び 選 挙 権 を 有 する 第 60 条 総 代 会 の 議 決 方 法 総 代 会 の 議 事 は 出 席 した 総 代 の 過 半 数 で 決 し 可 否 同 数 のときは 議 長 の 決 するところによる 2 総 代 会 の 議 長 は 総 代 会 において 出 席 した 総 代 のうちから その 都 度 選 任 する 3 議 長 は 総 代 として 総 代 会 の 議 決 に 加 わる 権 利 を 有 しない 4 総 代 会 において 議 決 をする 場 合 には 議 長 は その 議 決 に 関 して 出 席 した 総 代 の 数 に 算 入 しない 第 61 条 総 代 会 の 特 別 議 決 方 法 次 の 事 項 は 総 代 の 半 数 以 上 が 出 席 し その 議 決 権 の3 分 の2 以 上 の 多 数 で 決 しなければならない (1) 定 款 の 変 更 (2) 解 散 及 び 合 併 (3) 組 合 員 の 除 名 (4) 事 業 の 全 部 の 譲 渡 (5) 第 23 条 第 5 項 の 規 定 による 役 員 の 責 任 の 免 除 第 62 条 議 決 権 及 び 選 挙 権 の 書 面 又 は 代 理 人 による 行 使 総 代 は 第 53 条 第 4 項 の 規 定 によりあらかじめ 通 知 のあった 事 項 について 書 面 又 は 代 理 人 をもって 議 決 権 又 は 選 挙 権 を 行 うことができる ただし 組 合 員 でなければ 代 理 人 となることができない 2 前 項 の 規 定 により 議 決 権 又 は 選 挙 権 を 行 う 者 は 出 席 者 とみなす 3 第 1 項 の 規 定 により 書 面 をもって 議 決 権 又 は 選 挙 権 を 行 う 者 は 第 53 条 第 4 項 の 規 定 によりあらかじめ 通 知 のあった 事 項 について その 賛 否 又 は 選 挙 しようとする 役 員 の 氏 名 を 書 面 に 明 示 して 第 66 条 又 は 第 1 9 条 第 1 項 の 規 定 による 規 約 の 定 めるところにより この 組 合 に 提 出 しなければならない 4 代 理 人 は 3 人 以 上 の 総 代 を 代 理 することができない 5 代 理 人 は 代 理 権 を 証 する 書 面 をこの 組 合 に 提 出 しなければならない 第 63 条 組 合 員 の 発 言 権 組 合 員 は 総 代 会 に 出 席 し 議 長 の 許 可 を 得 て 発 言 することができる ただし 総 代 の 代 理 人 として 総 代 会 に 出 席 する 場 合 を 除 き 議 決 権 及 び 選 挙 権 を 有 しない 第 64 総 代 会 の 議 事 録 総 代 会 の 議 事 については 法 令 で 定 める 事 項 を 記 載 した 議 事 録 を 作 成 し 作 成 した 理 事 及 び 議 長 がこれに 署 名 又 は 記 名 押 印 するものとする 第 65 条 解 散 又 は 合 併 の 議 決 総 代 会 において 組 合 の 解 散 又 は 合 併 の 議 決 があったときは 代 表 理 事 は 当 - 9 -

9 該 議 決 の 日 から10 日 以 内 に 組 合 員 に 当 該 議 決 の 内 容 を 通 知 しなければならない 2 前 項 の 議 決 があった 場 合 において 組 合 員 が 総 組 合 員 の5 分 の1 以 上 の 同 意 を 得 て 会 議 の 目 的 である 事 項 及 び 招 集 の 理 由 を 記 載 した 書 面 を 理 事 会 に 提 出 して 総 会 の 招 集 を 請 求 したときは 理 事 会 は その 請 求 のあった 日 から3 週 間 以 内 に 総 会 を 招 集 すべきことを 決 しなければならない この 場 合 において 書 面 の 提 出 は 前 項 の 通 知 に 係 る 事 項 についての 総 代 会 の 議 決 の 日 から1 月 以 内 にしなければならない 3 前 項 の 請 求 の 日 から2 週 間 以 内 に 理 事 が 正 当 な 理 由 がないのに 総 会 招 集 の 手 続 をしないときは 監 事 は 総 会 を 招 集 しなければならない 4 前 2 項 の 総 会 において 第 1 項 の 通 知 に 係 る 事 項 を 承 認 しなかった 場 合 には 当 該 事 項 についての 総 代 会 の 議 決 は その 効 力 を 失 う 第 66 条 総 会 及 び 総 代 会 運 営 規 約 この 定 款 に 定 めるもののほか 総 会 及 び 総 代 会 の 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 は 総 会 及 び 総 代 会 運 営 規 約 で 定 める 第 5 章 事 業 の 執 行 第 67 条 事 業 の 利 用 組 合 員 と 同 一 の 世 帯 に 属 する 者 は この 組 合 の 事 業 の 利 用 については 組 合 員 とみな す 第 68 条 事 業 の 品 目 等 第 3 条 第 1 号 に 規 定 する 生 活 に 必 要 な 物 資 の 品 目 は 書 籍 教 育 機 器 学 用 品 文 房 具 電 気 製 品 家 具 衣 料 品 皮 革 製 品 化 粧 品 日 用 雑 貨 品 運 動 用 具 品 楽 器 写 真 用 品 写 真 処 理 サービス コピー 時 計 飲 料 食 料 品 葉 書 切 手 類 煙 草 酒 プレイガイド 斡 旋 物 資 その 他 の 組 合 員 の 日 常 生 活 に 必 要 な 物 資 とする 2 第 3 条 第 2 号 に 規 定 する 生 活 に 有 用 な 協 同 施 設 の 種 類 は 食 堂 及 び 喫 茶 その 他 生 活 に 必 要 な 協 同 施 設 とする 3 第 3 条 第 4 号 に 規 定 する 生 活 の 共 済 を 図 る 事 業 は 全 国 大 学 生 協 共 済 生 活 協 同 組 合 連 合 会 が 行 う 生 命 共 済 事 業 及 び 火 災 共 済 事 業 の 業 務 の 一 部 を 受 託 する 受 託 共 済 事 業 とする 4 第 3 条 第 8 号 に 規 定 する 組 合 員 のための 宅 地 建 物 取 引 業 法 にもとづく 事 業 とは 不 動 産 及 び 下 宿 の 賃 貸 斡 旋 及 び 管 理 とする 第 6 章 会 計 第 69 条 事 業 年 度 この 組 合 の 事 業 年 度 は 毎 年 3 月 1 日 から 翌 年 2 月 末 日 までとする 第 70 条 財 務 処 理 この 組 合 は 法 令 及 びこの 組 合 の 経 理 に 関 する 規 則 の 定 めるところにより この 組 合 の 財 務 の 処 理 を 行 い 決 算 関 係 書 類 及 びその 附 属 明 細 書 を 作 成 するものとする 第 71 条 収 支 の 明 示 この 組 合 は この 組 合 が 行 う 事 業 の 種 類 ごとに 収 支 を 明 らかにするものとする 第 72 条 法 定 準 備 金 この 組 合 は 出 資 総 額 の2 分 の1に 相 当 する 額 に 達 するまで 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 の1 0 分 の1に 相 当 する 額 以 上 の 金 額 を 法 定 準 備 金 として 積 み 立 てるものとする ただし この 場 合 において 繰 越 欠 損 金 があるときには 積 み 立 てるべき 準 備 金 の 額 の 計 算 は 当 該 事 業 年 度 の 剰 余 金 からその 欠 損 金 のてん 補 に 充 てるべき 金 額 を 控 除 した 額 について 行 うものとする 2 前 項 の 規 定 による 法 定 準 備 金 は 欠 損 金 のてん 補 に 充 てる 場 合 を 除 き 取 り 崩 すことができない 第 73 条 教 育 事 業 等 繰 越 金 この 組 合 は 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 の20 分 の1に 相 当 する 額 以 上 の 金 額 を 教 育 事 業 等 繰 越 金 として 翌 事 業 年 度 に 繰 り 越 し 繰 り 越 された 事 業 年 度 の 第 3 条 第 5 号 に 定 める 事 業 の 費 用 に 充 てるために 支 出 するものとする なお 全 部 又 は 一 部 を 組 合 員 の 相 互 の 協 力 の 下 に 地 域 ( 及 びこの 組 合 の 区 域 )において 行 う 福 祉 の 向 上 に 資 する 活 動 を 助 成 する 事 業 に 充 てることができる 2 前 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 は 前 項 の 規 定 による 繰 越 金 の 額 の 計 算 について 準 用 する 第 74 条 剰 余 金 の 割 戻 し この 組 合 は 剰 余 金 について 組 合 員 の 組 合 事 業 の 利 用 分 量 又 は 払 込 んだ 出 資 額 に 応 じて 組 合 員 に 割 り 戻 すことができる

10 第 75 条 利 用 分 量 に 応 ずる 割 戻 し 組 合 事 業 の 利 用 分 量 に 応 ずる 剰 余 金 の 割 戻 し( 以 下 利 用 分 量 割 戻 し と いう )は 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 について 繰 越 欠 損 金 をてん 補 し 第 72 条 第 1 項 の 規 定 による 法 定 準 備 金 として 積 み 立 てる 金 額 及 び 第 73 条 第 1 項 の 規 定 による 教 育 事 業 等 繰 越 金 として 繰 り 越 す 金 額 ( 以 下 法 定 準 備 金 等 の 金 額 という )を 控 除 した 後 に なお 残 余 があるときに 行 うことができる 2 利 用 分 量 割 戻 しは 各 事 業 年 度 における 組 合 員 の 組 合 事 業 の 利 用 分 量 に 応 じて 行 う 3 この 組 合 は 組 合 事 業 を 利 用 する 組 合 員 に 対 し 組 合 事 業 の 利 用 の 都 度 利 用 した 事 業 の 分 量 を 証 する 領 収 書 ( 利 用 高 券 レシート 等 )を 交 付 するものとする 4 この 組 合 は 組 合 員 が 利 用 した 組 合 事 業 の 利 用 分 量 の 総 額 がこの 組 合 の 事 業 総 額 の5 割 以 上 であると 確 認 した 場 合 でなければ 利 用 分 量 割 戻 しを 行 わない 5 この 組 合 は 利 用 分 量 割 戻 しを 行 うこと 及 び 利 用 分 量 割 戻 金 の 額 について 総 代 会 の 議 決 があったときは 速 やかに 利 用 分 量 割 戻 金 の 利 用 分 量 に 対 する 割 合 及 び 利 用 分 量 割 戻 金 の 請 求 方 法 を 組 合 員 に 公 告 す る ものとする 6 この 組 合 は 利 用 分 量 割 戻 しを 行 うときは その 割 り 戻 すべき 金 額 に 相 当 する 額 を 利 用 分 量 割 戻 金 として 積 み 立 てるものとする 7 組 合 員 は 第 5 項 の 公 告 に 基 づき 利 用 分 量 割 戻 金 をこの 組 合 に 請 求 しようとするときは 利 用 分 量 割 戻 し を 行 うことについての 議 決 が 行 われた 総 代 会 の 終 了 の 日 から6 箇 月 を 経 過 する 日 までに 第 3 項 の 規 定 に より 交 付 を 受 けた 領 収 書 ( 利 用 高 券 レシート 等 )を 提 出 してこれをしなければならない 8 この 組 合 は 前 項 の 請 求 があったときは 第 6 項 の 規 定 による 利 用 分 量 割 戻 金 の 積 立 てを 行 った 事 業 年 度 の 翌 々 事 業 年 度 の 末 日 までに その 利 用 分 量 割 戻 金 を 取 り 崩 して 組 合 員 ごとに 前 項 の 規 定 により 提 出 さ れた 領 収 書 ( 利 用 高 券 レシート 等 )によって 確 認 した 事 業 の 利 用 分 量 に 応 じ 利 用 分 量 割 戻 金 を 支 払 うも のとする 9 この 組 合 は 各 組 合 員 ごとの 利 用 分 量 があらかじめ 明 らかである 場 合 には 第 7 項 の 規 定 にかかわらず 組 合 員 からの 利 用 分 量 割 戻 金 の 請 求 があったものとみなして 前 項 の 支 払 を 行 うことができる 10 この 組 合 が 前 2 項 の 規 定 により 利 用 分 量 割 戻 しを 行 おうとする 場 合 において この 組 合 の 責 めに 帰 す べき 事 由 以 外 の 事 由 により 第 8 項 に 定 める 期 間 内 に 支 払 を 行 うことができなかったときは 当 該 組 合 員 は 当 該 期 間 の 末 日 をもって 利 用 分 量 割 戻 金 の 請 求 権 を 放 棄 したものとみなす 11 この 組 合 は 各 事 業 年 度 の 利 用 分 量 割 戻 金 のうち 第 8 項 に 定 める 期 間 内 に 割 戻 しを 行 うことができなか った 額 は 当 該 事 業 年 度 の 翌 々 事 業 年 度 における 事 業 の 剰 余 金 に 算 入 するものとする 第 76 条 出 資 額 に 応 ずる 割 戻 し 払 い 込 んだ 出 資 額 に 応 ずる 剰 余 金 の 割 戻 し( 以 下 出 資 配 当 という )は 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 から 法 定 準 備 金 等 の 金 額 を 控 除 した 額 又 は 当 該 事 業 年 度 の 欠 損 金 に 繰 越 剰 余 金 又 は 繰 越 欠 損 金 を 加 減 し さらに 任 意 積 立 金 取 崩 額 を 加 算 した 額 について 行 うことができる 2 出 資 配 当 は 各 事 業 年 度 の 終 わりにおける 組 合 員 の 払 込 済 出 資 額 に 応 じて 行 う 3 出 資 配 当 金 の 額 は 払 込 済 出 資 額 につき 年 1 割 以 内 の 額 とする 4 この 組 合 は 出 資 配 当 を 行 うこと 及 び 出 資 配 当 金 の 額 について 総 代 会 の 議 決 があったときは 速 やかに 出 資 配 当 金 の 払 込 済 出 資 額 に 対 する 割 合 及 び 出 資 配 当 金 の 請 求 方 法 を 組 合 員 に 公 告 するものとする 5 組 合 員 は 前 項 の 公 告 に 基 づき 出 資 配 当 金 をこの 組 合 に 請 求 しようとするときは 出 資 配 当 を 行 うことにつ いての 議 決 が 行 われた 総 代 会 の 終 了 の 日 から6 箇 月 を 経 過 する 日 までにこれをしなければならない 6 この 組 合 は 前 項 の 請 求 があったときは 遅 滞 なく 出 資 配 当 金 を 支 払 うものとする 7 この 組 合 は あらかじめ 支 払 方 法 を 明 確 に 定 めている 場 合 には 第 5 項 の 規 定 にかかわらず 組 合 員 から の 出 資 配 当 金 の 請 求 があったものとみなして 前 項 の 支 払 を 行 うことができる 8 この 組 合 が 前 2 項 の 規 定 により 出 資 配 当 金 の 支 払 を 行 おうとする 場 合 において この 組 合 の 責 めに 帰 す べき 事 由 以 外 の 事 由 により 支 払 を 行 えなかったときは 第 4 項 に 定 める 総 代 会 の 終 了 の 日 から2 年 を 経 過 する 日 までの 間 に 請 求 を 行 った 場 合 を 除 き 当 該 組 合 員 は 出 資 配 当 金 の 請 求 権 を 放 棄 したものとみな す 第 77 条 端 数 処 理 前 2 条 の 規 定 による 割 戻 金 の 額 を 計 算 する 場 合 において 組 合 員 ごとの 割 戻 金 の 額 に10 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てるものとする 第 78 条 その 他 の 剰 余 金 処 分 この 組 合 は 剰 余 金 について 第 74 条 の 規 定 により 組 合 員 への 割 戻 しを 行 っ た 後 になお 残 余 があるときは その 残 余 を 任 意 に 積 み 立 て 又 は 翌 事 業 年 度 に 繰 り 越 すものとする

11 第 79 条 欠 損 金 のてん 補 この 組 合 は 欠 損 金 が 生 じたときは 繰 越 剰 余 金 前 条 の 規 定 により 積 み 立 てた 積 立 金 法 定 準 備 金 の 順 に 取 り 崩 してそのてん 補 に 充 てるものとする 第 80 条 投 機 取 引 等 の 禁 止 この 組 合 は いかなる 名 義 をもってするを 問 わず この 組 合 の 資 産 について 投 機 的 運 用 及 び 投 機 取 引 を 行 ってはならない 第 81 条 組 合 員 に 対 する 情 報 開 示 この 組 合 は この 組 合 が 定 める 規 則 により 組 合 員 に 対 して 事 業 及 び 財 務 の 状 況 に 関 する 情 報 を 開 示 するものとする 第 7 章 解 散 第 82 条 解 散 この 組 合 は 総 代 会 の 議 決 による 場 合 のほか 次 の 事 由 によって 解 散 する (1) 目 的 たる 事 業 の 成 功 の 不 能 (2) 合 併 (3) 破 産 手 続 開 始 の 決 定 (4) 行 政 庁 の 解 散 命 令 2 この 組 合 は 前 項 の 事 由 によるほか 組 合 員 ( 第 6 条 第 2 項 の 規 定 による 組 合 員 及 び 第 6 条 第 1 項 の 規 定 に よる 通 学 する 者 を 除 く )が20 人 未 満 になったときは 解 散 する 3 理 事 は この 組 合 が 解 散 ( 破 産 による 場 合 を 除 く )したときは 遅 滞 なく 組 合 員 に 対 してその 旨 を 通 知 し かつ 公 告 しなければならない 第 83 条 残 余 財 産 の 処 分 この 組 合 が 解 散 ( 合 併 又 は 破 産 による 場 合 を 除 く )した 場 合 の 残 余 財 産 ( 解 散 の ときにおけるこの 組 合 の 財 産 から その 債 務 を 完 済 した 後 における 残 余 の 財 産 をいう )は 払 込 済 出 資 額 に 応 じて 組 合 員 に 配 分 する ただし 残 余 財 産 の 処 分 につき 総 代 会 において 別 段 の 議 決 をしたときは その 議 決 によるものとする 第 8 章 雑 則 第 84 条 公 告 の 方 法 この 組 合 の 公 告 は この 組 合 の 事 務 所 の 店 頭 に 掲 示 する 方 法 により 行 う 2 法 令 により 官 報 に 掲 載 する 方 法 により 公 告 しなければならないとされている 事 項 に 係 る 公 告 については 官 報 に 掲 載 するほか 前 項 に 規 定 する 方 法 により 行 うものとする 第 85 条 組 合 の 組 合 員 に 対 する 通 知 及 び 催 告 この 組 合 が 組 合 員 に 対 してする 通 知 及 び 催 告 は 組 合 員 名 簿 に 記 載 し 又 は 記 録 したその 者 の 住 所 に その 者 が 別 に 通 知 又 は 催 告 を 受 ける 場 所 又 は 連 絡 先 をこ の 組 合 に 通 知 したときは その 場 所 又 は 連 絡 先 にあてて 行 う 2 この 組 合 は 前 項 の 規 定 により 通 知 及 び 催 告 を 行 った 場 合 において 通 常 組 合 員 に 到 達 すべきときに 組 合 員 に 到 達 したものとみなす 第 86 条 実 施 規 則 この 定 款 及 び 規 約 に 定 めるもののほか この 組 合 の 財 産 及 び 業 務 の 執 行 のための 手 続 その 他 この 組 合 の 財 産 及 び 業 務 の 執 行 について 必 要 な 事 項 は 規 則 で 定 める 附 則 施 行 期 日 1 この 定 款 は この 組 合 成 立 の 日 から 施 行 する 1975 年 5 月 一 部 改 定 1988 年 5 月 一 部 改 定 1997 年 5 月 一 部 改 定 2002 年 5 月 一 部 改 定 2008 年 5 月 一 部 改 定 2011 年 5 月 一 部 改 訂 2 この 定 款 変 更 は 2011 年 7 月 1 日 から 施 行 する

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

特定非営利活動法人 定款例

特定非営利活動法人 定款例 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys 定 款 平 成 26 年 3 月 13 日 変 更 平 成 25 年 5 月 15 日 変 更 平 成 23 年 6 月 29 日 変 更 平 成 22 年 12 月 12 日 作 成 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 ( 英 語 名 :The Japan Association of College English Teachers 略 称 JACET )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案)

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案) 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 事 務 所 を 福 岡 市 東 区 松 香 台 1 丁 目 10 番 1 号 におく 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc) 福 岡 県 運 輸 事 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 会 は 地 区 内 において 主 として 貨 物 自 動 車 運 送 業 を 営 むものの 中 小 企 業 等 組 合 法 に 依 る 協 同 組 合 の 事 業 および 経 営 の 指 導 を 為 し そ の 健 全 な 発 達 をはかるために 必 要 な 事 業 を 行 うことを

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73>

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73> 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 定 款 平 成 21 年 6 月 11 日 認 可 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 103-0024 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 舟 町 15 番 17 号 日 本 橋 協 栄 ビル6 階 TEL FAX 03-3661-3834 03-3661-3849 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は フラットヤーン(ポリプロピレン

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

8月9月幹事会検討内容

8月9月幹事会検討内容 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 法 人 は 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 ( 略 称 社 団 法 人 電 管 協 )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 法 人 は 事 務 所 を 東 京 都 千 代 田 区 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 法

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

<92E88ABC2E786477>

<92E88ABC2E786477> 定 款 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 江 戸 川 区 に 置 く 2.この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる 事 務 所 を 必 要 な 地 に 置 くことができる

More information

飯塚毅育英会第2号

飯塚毅育英会第2号 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 栃 木 県 宇 都 宮 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 学 業 が 優 れ

More information

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込 広 島 魚 商 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

Microsoft Word - 定款一般財団法人青梅マラソン財団最終

Microsoft Word - 定款一般財団法人青梅マラソン財団最終 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 定 款 平 成 23 年 3 月 18 日 作 成 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 ( 英 文 名 ;Ohme Marathon Foundation)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

大阪府理容環境衛生同業組合支部規程要項

大阪府理容環境衛生同業組合支部規程要項 大 阪 府 理 容 生 活 衛 生 同 業 組 合 吹 田 支 部 規 程 要 項 21 ( 目 的 ) 箏 1 条 吹 田 支 部 は 大 阪 府 理 容 生 活 衛 生 同 業 組 合 の 定 款 で 定 める 目 的 を 達 するために 必 要 な 連 絡 と 事 業 指 導 を 行 うことを 目 的 とする ( 事 業 ) 第 2 条 大 阪 府 理 容 生 活 衛 生 同 業 組 合 吹

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

社会福祉法人 吉寿会定款

社会福祉法人 吉寿会定款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 し つつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを

More information

定 款

定 款 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は, 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき, 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い, もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を

More information

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 こ の 法 人 は 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 (Izumo Junior Chamber Inc. 以 下 本 会 議 所 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 議 所 は 主 たる 事 務 所 を 島 根 県 出 雲 市 に 置 く ( 目

More information

第 2 章 費 用 の 分 担 ( 収 入 金 ) 第 6 条 この 組 合 の 事 業 に 要 する 費 用 は 次 の 各 号 に 掲 げる 収 入 金 をもってこれに 充 てる 一 補 助 金 及 び 助 成 金 二 賦 課 金 三 保 留 地 の 処 分 金 四 法 120 条 第 1 項

第 2 章 費 用 の 分 担 ( 収 入 金 ) 第 6 条 この 組 合 の 事 業 に 要 する 費 用 は 次 の 各 号 に 掲 げる 収 入 金 をもってこれに 充 てる 一 補 助 金 及 び 助 成 金 二 賦 課 金 三 保 留 地 の 処 分 金 四 法 120 条 第 1 項 富 士 見 市 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 費 用 の 分 担 第 3 章 役 員 第 4 章 総 会 の 会 議 及 び 議 事 第 5 章 総 代 及 び 総 代 会 第 6 章 会 計 第 7 章 評 価 第 8 章 従 前 の 宅 地 の 地 積 の 決 定 第 8 章 の2 共 同 住 宅 区 集 合 農 地 区 第 9 章 換

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

2 基 本 財 産 は 評 議 員 会 において 別 に 定 めるところにより この 法 人 の 目 的 を 達 成 するために 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければならず 基 本 財 産 の 一 部 を 処 分 しようとするとき 及 び 基 本 財 産 から 除 外 し

2 基 本 財 産 は 評 議 員 会 において 別 に 定 めるところにより この 法 人 の 目 的 を 達 成 するために 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければならず 基 本 財 産 の 一 部 を 処 分 しようとするとき 及 び 基 本 財 産 から 除 外 し 一 般 財 団 法 人 東 京 六 大 学 野 球 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 東 京 六 大 学 野 球 連 盟 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

2. 第 1 項 の 会 員 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 6 条 この 法 人 に 入 会 しようとする 者 は 加 入 金 を 支 払 い 理 事 会 の 定 めるところに より 書 面 をもってその

2. 第 1 項 の 会 員 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 6 条 この 法 人 に 入 会 しようとする 者 は 加 入 金 を 支 払 い 理 事 会 の 定 めるところに より 書 面 をもってその 公 益 社 団 法 人 和 歌 山 県 トラック 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 和 歌 山 県 トラック 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 和 歌 山 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 貨 物 自

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ 東 村 山 交 響 楽 団 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 団 は 東 村 山 交 響 楽 団 と 称 する ( 所 在 地 ) 第 2 条 本 団 の 所 在 地 を 次 のとおりとする 東 京 都 東 村 山 市 秋 津 町 4 丁 目 41 番 地 4 ( 目 的 ) 第 3 条 本 団 は 音 楽 愛 好 家 による 演 奏 活 動 を 行 うこと 並 びにその

More information

第 6 条 この 法 人 の 会 員 は 次 の2 種 とし 正 会 員 を 持 って 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 以 下 法 と 言 う) 上 の 社 員 とする (1) 正 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 個 人 及 び 団 体 (2) 賛 助 会

第 6 条 この 法 人 の 会 員 は 次 の2 種 とし 正 会 員 を 持 って 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 以 下 法 と 言 う) 上 の 社 員 とする (1) 正 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 個 人 及 び 団 体 (2) 賛 助 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 セラピュ-ティック ティック ケア 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 セラピュ-ティック ケア 協 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 太 宰 府 市 五 条 2 丁 目 6 番 1 号 におく 第 2

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

Microsoft Word - 00定款.doc

Microsoft Word - 00定款.doc 定 款 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

財団法人市川市清掃公社寄附行為

財団法人市川市清掃公社寄附行為 公 益 財 団 法 人 市 川 市 清 掃 公 社 定 款 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 6 月 20 日 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 市 川 市 清 掃 公 社 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 千 葉 県 市

More information

社会福祉法人 慶寿会 定款

社会福祉法人 慶寿会 定款 社 会 福 祉 法 人 慶 寿 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスが その 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 するこ とにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274.docx)

(Microsoft Word - \222\350\212\274.docx) 公 益 財 団 法 人 風 戸 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 風 戸 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 昭 島 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 電 子 顕 微

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

(2/10) 第 2 章 会 員 ( 種 別 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 は 次 の2 種 類 とする 一 正 会 員 1 本 会 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 以 下 の 漕 艇 グループの 代 表 者 イ 東 京 都 内 に 所 在 する 大 学 専 門 学 校 高 等 学

(2/10) 第 2 章 会 員 ( 種 別 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 は 次 の2 種 類 とする 一 正 会 員 1 本 会 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 以 下 の 漕 艇 グループの 代 表 者 イ 東 京 都 内 に 所 在 する 大 学 専 門 学 校 高 等 学 (1/10) 平 成 6 年 2 月 2 6 日 制 定 平 成 27 年 2 月 25 日 一 部 改 正 一 般 社 団 法 人 東 京 都 ボート 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 東 京 都 ボート 協 会 と 称 し( 以 下 本 会 という ) 英 文 では Tokyo Amateur Rowing Association(

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 本 規 約 の 目 的 ) 第 1 条 エヌ ティ ティ コミュニケーションズ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は この おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 ( 料 金 表 を 含 みます 以 下 本 規 約 といいます )を 定 め おまかせ!ホームページ 制 作

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

第 1 章 総 則 ( 商 号 ) 第 1 条 当 会 社 は 丸 善 CHI ホールディングス 株 式 会 社 と 称 し 英 文 では Maruzen CHI Holdings Co., Ltd.と 表 示 する ( 目 的 ) 第 2 条 当 会 社 は 次 の 事 業 を 営 む 会 社 及

第 1 章 総 則 ( 商 号 ) 第 1 条 当 会 社 は 丸 善 CHI ホールディングス 株 式 会 社 と 称 し 英 文 では Maruzen CHI Holdings Co., Ltd.と 表 示 する ( 目 的 ) 第 2 条 当 会 社 は 次 の 事 業 を 営 む 会 社 及 丸 善 CHIホールディングス 株 式 会 社 定 款 平 成 28 年 4 月 27 日 改 定 第 1 章 総 則 ( 商 号 ) 第 1 条 当 会 社 は 丸 善 CHI ホールディングス 株 式 会 社 と 称 し 英 文 では Maruzen CHI Holdings Co., Ltd.と 表 示 する ( 目 的 ) 第 2 条 当 会 社 は 次 の 事 業 を 営 む 会 社 及

More information

一般財団法人 日本環境教育機構 定款

一般財団法人 日本環境教育機構 定款 一 般 財 団 法 人 白 神 山 地 財 団 定 款 ( 名 称 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 白 神 山 地 財 団 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 弘 前 市 大 字 百 石 町 38 番 地 1 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要 の

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

択一式総合①

択一式総合① MEMO - 1 - ガイダンス 第 1 問 発 起 設 立 アレンジ 度 会 社 法 1 素 材 とした 過 去 問 平 成 21 年 第 27 問 A,B 及 びCが 発 起 設 立 の 方 法 によってD 株 式 会 社 ( 以 下 D 社 という )の 設 立 を 企 図 している 場 合 に 関 する 次 のアからオまでの 記 述 のうち, 誤 っているものの 組 合 せは, 後 記 1

More information

委員会規程

委員会規程 役 員 候 補 者 選 出 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 日 本 三 曲 協 会 ( 以 下 協 会 という) 定 款 第 25 条 に 基 づ く 役 員 の 選 任 に 先 立 ち その 候 補 者 を 選 出 するための 選 挙 ( 以 下 選 挙 という)に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 選 挙

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 京 都 市 防 犯 カメラ 設 置 促 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 地 域 団 体 又 は 事 業 者 等 が 犯 罪 の 抑 止 を 目 的 として 防 犯 カメ ラを 設 置 する 事 業 に 対 する 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 し, 京 都 市 補 助 金 等 の 交 付 等 に 関 する 条

More information

し 入 会 したものをもって 会 員 とし 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 法 人 法 という ) 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 必 要 な 書 類

し 入 会 したものをもって 会 員 とし 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 法 人 法 という ) 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 必 要 な 書 類 一 般 社 団 法 人 東 広 島 薬 剤 師 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 会 は 一 般 社 団 法 人 東 広 島 薬 剤 師 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 広 島 県 東 広 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 薬 剤 師 の 倫 理 の 向 上 及 び 学 術 の 振 興 を

More information

<4D F736F F D208AC48DB CF88F589EF90DD927589EF8ED082D682CC88DA8D738B7982D192E88ABC82CC88EA959495CF8D5882C98AD682B782E982A8926D82E782B D31302D33816A>

<4D F736F F D208AC48DB CF88F589EF90DD927589EF8ED082D682CC88DA8D738B7982D192E88ABC82CC88EA959495CF8D5882C98AD682B782E982A8926D82E782B D31302D33816A> 各 位 平 成 28 年 10 月 3 日 会 社 名 ケイティケイ 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 土 岐 勝 司 (コード:3035 東 証 JASDAQ スタンダード) 問 合 せ 先 取 締 役 管 理 本 部 長 赤 羽 聡 (TEL 052-931-1881) 監 査 等 委 員 会 設 置 会 社 への 移 行 及 び 定 款 一 部 変 更 に 関 するお

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

10 機 関 紙 の 発 行 等 を 通 じたプロバスケットボールに 関 する 広 報 普 及 11 その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 (2) 前 項 各 号 の 事 業 は 本 邦 および 海 外 において 行 うものとする 第 3 章 会 員 第 5 条 法 人 の

10 機 関 紙 の 発 行 等 を 通 じたプロバスケットボールに 関 する 広 報 普 及 11 その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 (2) 前 項 各 号 の 事 業 は 本 邦 および 海 外 において 行 うものとする 第 3 章 会 員 第 5 条 法 人 の 公 益 社 団 法 人 ジャパン プロフェッショナル バスケットボールリーグ 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 シ ャハ ン フ ロフェッショナル ハ スケットホ ールリーク ( 略 称 B リーグ)といい 英 文 で は Japan Professional Basketball League( 略 称 B.LEAGUE)と 表 示 する 第

More information