PowerPoint Presentation

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "PowerPoint Presentation"

Transcription

1 アウトカム 基 盤 型 教 育 (Outcome-based Education) - 千 葉 大 学 医 学 部 の 取 組 み- 背 景 OBEについて OBEの 導 入 OBEの 検 証 改 善 1

2 学 士 課 程 教 育 の 構 築 に 向 けて( 答 申 ) 基 本 的 な 認 識 1. 学 士 レベルの 資 質 能 力 を 備 える 人 材 養 成 中 央 教 育 審 議 会 学 位 の 水 準 が 曖 昧 になったり 国 際 的 通 用 性 が 失 われたりしてはな らない 教 育 の 質 保 証 3. 各 大 学 の 自 主 的 な 改 革 を 通 じ 学 士 課 程 教 育 における3つの 方 針 の 明 確 化 等 を 進 める 必 要 がある 3つの 方 針 1. 学 位 授 与 の 方 針 (ディプロマ ポリシー) 卒 業 に 当 たっての 学 位 授 与 の 方 針 ( 学 士 力 )の 具 体 化 明 確 化 2. 教 育 課 程 編 成 実 施 の 方 針 (カリキュラム ポリシー) 順 次 性 のある 体 系 的 なカリキュラムを 編 成 3. 入 学 者 受 入 れの 方 針 (アドミッション ポリシー) 受 験 生 と 大 学 のマッチング 2

3 OBEについて 学 習 者 のコンピテンス 設 定 と 教 育 改 革 ーGelula 教 授 の 提 言 2005ー 1. 卒 業 時 のコンピテンス( 学 習 アウトカム 成 果 ) の 設 定 2. 学 年 科 目 ごとのコンピテンスの 設 定 3. コンピテンス 修 得 のための 学 習 方 略 の 見 直 し 4. コンピテンスの 適 切 な 評 価 法 の 導 入 Competency-based Education Outcome-based Education 3

4 知 識 技 能 態 度 を 包 含 する 包 括 的 な 実 践 力 コンピテンスとは? Grussing 1984 Carraccio 2002 ten Cate 2007 Frank 2010 The ability to do something successfully 特 定 の 教 育 環 境 で 個 人 が 獲 得 する 能 力 知 識 の 応 用 や 実 践 力 のレベルに 応 じて 観 察 可 能 な 能 力 ( 計 測 評 価 可 能 ) コンピテンシー(Competency) 到 達 目 標 ( 医 学 教 育 モデル コア カリキュラム 平 成 22 年 度 改 訂 版 ) 4

5 アウトカム 基 盤 型 教 育 教 育 環 境 教 員 学 習 目 標 学 生 学 生 支 援 学 習 方 略 学 習 アウトカム (コンピテンス) 評 価 Harden1999 我 が 国 の 伝 統 的 医 学 教 育 (プロセス 基 盤 型 教 育 ) ユニットA GIO( 一 般 教 育 目 標 ) SBOs( 個 別 行 動 目 標 ) ユニットB GIO SBOs その 他 のユニット GIO SBOs 科 目 A GIO 科 目 B GIO その 他 の 科 目 GIO 機 関 GIO Bloom1956 医 学 教 育 マニュアル1978

6 アウトカム 基 盤 型 教 育 の 主 な 利 点 Harden 医 学 教 育 の 質 を 保 証 2. 順 次 性 のある 一 貫 カリキュラムの 作 成 3. 学 習 項 目 の 重 複 欠 落 をなくす 4. 学 生 教 員 双 方 にわかりやすい 5. 評 価 がしやすい 6. 教 育 の 継 続 性 を 担 保 6

7 OBEの 導 入 アウトカム 基 盤 型 教 育 の 段 階 的 導 入 Carraccio 2002 Step 1 コンピテンス( 学 習 アウトカム)の 作 成 Step 2 コンピテンスの 構 成 要 素 と 順 次 性 のある 年 次 科 目 ごとのパフォーマンス レベルの 設 定 Step 3 構 成 要 素 パフォーマンス レベルに 応 じた 学 習 方 略 と 評 価 法 の 作 成 Step 4 全 教 育 課 程 (Outcome-based education)の 検 証 修 正 7

8 アウトカム 基 盤 型 教 育 の 段 階 的 導 入 教 育 環 境 教 員 Step4 学 習 目 標 Step2 学 生 Step4 学 生 支 援 学 習 方 略 Step3 学 習 アウトカム (コンピテンス) Step1 評 価 Step3

9 Step1: コンピテンスの 作 成 Dunn,Hamilton and Harden 1985 タスク 分 析 調 査 者 が1 週 間 程 度 医 師 の 後 について 行 動 を 記 録 Delphi 法 20 名 程 度 の 各 領 域 の 専 門 家 による 医 療 を 成 功 裡 に 実 践 する のに 必 要 な 知 識 や 技 能 に 関 する 意 見 行 動 結 果 インタビュー 15から20 名 の 優 秀 な 医 師 から 様 々な 経 験 や 良 医 になるため に 具 有 すべき 特 性 を 聞 く 研 修 医 インタビュー 文 献 検 索 研 修 のスタート 時 と1 年 後 に 困 難 と 感 じた 業 務 を 聞 く 9

10 千 葉 大 学 医 学 部 のコンピテンス 作 成 とOBE 導 入 -Step1- OBE 構 想 卒 業 目 標 作 成 承 認 卒 業 目 標 作 成 WG 発 足 2006 年 5 月 15 日 ( 医 学 教 育 委 員 会 ) 千 葉 大 学 の 理 念 医 学 部 のミッション 学 生 社 会 のニーズ 医 学 教 育 のグローバル スタンダード( 文 献 検 索 ) 7 月 11 日 ( 作 成 WG) 卒 業 目 標 (ドラフト) 作 成 終 了 卒 業 目 標 のブラッシュアップ 提 示 OBE 導 入 卒 業 目 標 の 承 認 10 月 末 (WG サブWG) 12 月 ~2007 年 6 月 ( 医 学 教 育 委 員 会 パブコメ) 7 月 9 日 ( 教 授 会 ) 1 年 次 へのOBEの 導 入 2008 年 4 月 1 日 ( 医 学 部 ) 医 学 教 育 リトリートの 開 催 8 月 30 日 ( 医 学 部 ) 10

11 卒 業 時 コンピテンスの 領 域 Ⅰ 倫 理 観 とプロフェッショナリズム(15 項 目 ) Ⅱ 医 学 とそれに 関 連 する 領 域 の 知 識 (8 項 目 ) Ⅲ 医 療 の 実 践 (14 項 目 ) Ⅳ コミュニケーション 技 能 (4 項 目 ) Ⅴ 医 学 医 療 保 健 社 会 への 貢 献 (7 項 目 ) Ⅵ 科 学 的 探 究 (5 項 目 ) 11

12 Ⅲ 医 療 の 実 践 (14 項 目 ) 卒 業 時 コンピテンシー 千 葉 大 学 医 学 部 学 生 は 卒 業 時 に 患 者 に 対 して 思 いやりと 敬 意 を 示 し 患 者 個 人 を 尊 重 し た 適 切 で 効 果 的 な 医 療 と 健 康 増 進 を 実 施 できる 医 学 とそれに 関 連 する 領 域 の 知 識 を 統 合 して 急 性 あるいは 慢 性 の 頻 度 の 高 い 健 康 問 題 の 診 断 と 治 療 を 原 則 に 従 って 計 画 できる 卒 業 生 は 以 下 ができなければならない 1. 心 理 社 会 的 背 景 を 含 む 患 者 の 主 要 な 病 歴 を 正 確 に 聴 取 できる 2. 成 人 及 び 小 児 の 身 体 診 察 と 基 本 的 臨 床 手 技 を 適 切 に 実 施 できる 3. 鑑 別 診 断 プロブレムリスト 診 療 録 を 作 成 できる 4. 頻 度 の 高 い 疾 患 の 診 断 と 治 療 に 必 要 な 臨 床 検 査 検 体 検 査 画 像 診 断 病 理 診 断 を 選 択 し 結 果 を 解 釈 できる 5. 頻 度 の 高 い 疾 患 の 診 断 と 治 療 計 画 を 患 者 の 心 理 社 会 的 因 子 文 化 的 背 景 疫 学 EBMを 考 慮 して 立 てられる 12 6.

13 OBEによる 順 次 性 のあるラセン 型 カリキュラム Year7,8 卒 後 研 修 Harden 1999 学 習 アウトカム(コンピテンシー) Entrustable Professional activity(epa): 業 務 を 任 せられる( 巣 立 ち) 卒 業 医 師 国 家 試 験 Years 5,6 Years 2~4の 学 習 結 果 を 応 用 する 臨 床 実 習 Years3,4 異 常 機 能 構 造 行 動 Year2,3 正 常 機 能 構 造 行 動 知 識 医 師 態 度 技 能 Harden1999 ten Cate 2007 特 徴 同 じテーマで 繰 り 返 し 学 習 する テーマに 沿 って 段 階 的 に 高 度 応 用 できる 能 力 が 修 得 できるよ うに 科 目 を 設 定 する 科 目 学 年 ごとに 修 得 する 内 容 が 増 加 して 卒 業 時 のコンピテ ンシーに 繋 がる 13

14 パフォーマンス レベルの 設 定 -Step2- Does 行 動 Shows how 表 現 力 Knows how 応 用 力 Knows 知 識 Advanced: 診 療 の 実 践 Applied: 模 擬 診 療 Basic: 基 盤 となる 知 識 ( 技 能 態 度 ) Miller の 臨 床 能 力 評 価 ピラミッド 14

15 コンピテンシーの 構 成 要 素 と 達 成 へのロードマップ -Step2- Ⅲ 2 成 人 及 び 小 児 の 身 体 診 察 と 基 本 的 臨 床 手 技 を 適 切 に 実 施 できる 腹 部 診 察 を 適 切 に 実 施 できる ( 卒 業 時 ) 患 者 診 療 腹 部 異 常 所 見 を 患 者 に 配 慮 して 検 知 できる 5,6 年 次 Advanced 医 療 面 接 腹 部 診 察 を 模 擬 的 に 実 施 できる 腹 部 疾 患 症 候 を 理 解 し その 診 察 法 を 述 べることができる 4 年 次 4 年 次 プロフェッショナリズム コミュニケーション 能 力 1~3 年 次 1~3 年 次 Applied Basic 腹 部 臓 器 組 織 の 正 常 構 造 と 機 能 を 述 べる ことができる 2~3 年 次 情 報 リテラシー 教 養 1,2 年 15

16 臨 床 能 力 レベルに 応 じた 学 習 方 略 の 作 成 -Step3- 自 ら 実 施 できる( 任 せられる,EPA): 卒 後 研 修 Does 行 動 Shows how 表 現 力 Knows how 応 用 力 Knows 知 識 Miller の 臨 床 能 力 評 価 ピラミッド 監 視 下 で 実 施 できる: 臨 床 実 習 参 加 手 伝 いができる: 臨 床 実 習 模 擬 的 に 実 施 できる: 実 習 解 決 できる: 講 義 実 習 少 人 数 演 習 知 っている: 講 義 16

17 臨 床 能 力 レベルに 応 じた 評 価 法 の 作 成 -Step3- Mini CEX CPX ポートフォリオ OSCE MEQs Key Features MCQs Does 行 動 Shows how 表 現 力 Knows how 理 解 力 Knows 知 識 自 ら 実 施 できる(EPA): 卒 後 研 修 監 視 下 で 実 施 できる: 臨 床 実 習 参 加 手 伝 いができる: 臨 床 実 習 模 擬 的 に 実 施 できる: 実 習 解 決 できる: 講 義 実 習 少 人 数 演 習 知 っている: 講 義 Miller の 臨 床 能 力 評 価 ピラミッド 17

18 コンピテンシー 達 成 へ 向 けた 評 価 法 の 設 定 -Step3- 経 験 する 機 会 がある 単 位 認 定 なし 基 盤 となる 知 識 修 得 単 位 認 定 基 盤 となる 態 度 スキル 修 得 単 位 認 定 模 擬 診 療 を 実 施 できる 単 位 認 定 診 療 の 一 部 と して 実 践 できる 単 位 認 定 観 察 評 価 MCQ MCQ 観 察 評 価 OSCE CPX (clinical performance examination), mini- CEX (clinical evaluation exercise) 6 年 一 貫 ポートフォリオ 18

19 Assessment Toolboxを 用 いた 評 価 法 の 選 択 -Step3- 〇 :the most desirable, :the next best method

20 OBEの 検 証 改 善 全 教 育 課 程 の 検 証 と 改 善 -Step4- OBEに 沿 ったカリキュラムになっているか? 医 学 教 育 リトリート( 毎 年 ) コンピテンシーごとの6 年 一 貫 プログラム 見 直 し( 科 目 の 目 標 方 略 評 価 のチェック 見 直 し 改 善 ) OBEについての 情 報 共 有 と 理 解 教 員 学 生 担 当 職 員 医 学 教 育 リトリート( 毎 年 ) 教 員 学 生 担 当 職 員 がOBEについての 情 報 を 共 有 し 理 解 を 深 める 学 生 Tomorrow s Doctorワークショップ(1 年 次 導 入 チュートリアル) 卒 業 時 コンピテンスを 考 察 学 生 ガイダンス( 年 度 初 めに 全 学 年 が 対 象 ) 前 年 度 の 振 り 返 りとOBEに 基 づく 各 学 年 の 達 成 レベルの 説 明 20

21 まとめ 医 学 教 育 の 質 保 証 の 観 点 からアウトカムを 重 視 した 医 学 教 育 が 求 められている グローバル スタンダードな 視 点 から 医 学 教 育 の 第 三 者 評 価 を 受 け 卒 業 生 のコンピテンス 設 定 の 必 要 性 が 指 摘 された 設 定 されたコンピテンスを 確 実 に 達 成 するためにアウトカム 基 盤 型 教 育 (Outcome-based Education OBE)を 導 入 した OBEの 検 証 と 修 正 を 毎 年 実 施 することで 学 生 教 員 への 周 知 と 理 解 を 深 め 医 学 教 育 の 改 善 と 質 保 証 を 図 る 21

22 平 成 24 年 度 特 別 経 費 : 高 度 な 専 門 職 業 人 の 養 成 や 専 門 教 育 機 能 の 充 実 The ToKYoToC Doctorプロジェクト - 大 学 間 連 携 による 社 会 的 ニーズに 応 えられる 医 師 育 成 とその 有 用 性 の 検 証 - 東 京 大 慶 応 大 横 市 大 東 医 歯 大 千 葉 大 が 協 働 でアウトカム 基 盤 型 教 育 を 導 入 する(2012~2014) 協 働 でコア コンピテンスを 作 成 する 各 大 学 の 教 育 リソースを 共 用 共 同 開 発 する 教 育 の 外 部 相 互 評 価 により 質 向 上 を 図 る 教 育 アウトカムの 長 期 継 続 調 査 により 本 プロジェクトの 有 用 性 を 検 証 する 22

目 次 PBL IPE

目 次 PBL IPE 目 次 PBL IPE コンピテンシー 達 成 レベル 表 レベル( 達 成 度 ) Advanced Applied Basic Ⅰ. 倫 理 観 とプロフェッショナリズム 千 葉 大 学 医 学 部 学 生 は 卒 業 時 に A B D E F 患 者 とその 関 係 者 医 療 チームの 診 療 の 場 で 医 師 としての 基 盤 となる 態 基 盤 となる 知 経 験 する 機 経 験

More information

4 他 の 診 療 科 や 医 療 職 種 と 連 携 協 力 し 良 好 なコミュニケーションのもとで 診 療 を 進 めることができ 5 必 要 に 応 じて 病 院 前 診 療 を 行 え 6 病 院 前 救 護 のメディカルコントロールが 行 え 7 災 害 医 療 において 指 導 的 立

4 他 の 診 療 科 や 医 療 職 種 と 連 携 協 力 し 良 好 なコミュニケーションのもとで 診 療 を 進 めることができ 5 必 要 に 応 じて 病 院 前 診 療 を 行 え 6 病 院 前 救 護 のメディカルコントロールが 行 え 7 災 害 医 療 において 指 導 的 立 救 急 科 専 攻 医 指 導 者 マニュアル はじめに 救 急 医 療 では 医 学 的 緊 急 性 への 対 応 が 重 要 ですが 救 急 患 者 が 医 療 にアクセスした 段 階 では 緊 急 性 や 罹 患 臓 器 も 不 明 なため どのような 緊 急 性 にも 対 応 できる 専 門 医 が 必 要 となります そのためには 救 急 搬 送 患 者 を 中 心 に 診 療 し 急 病

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478> 総 合 診 療 専 門 プログラムについて 北 海 道 第 2 回 新 専 門 医 制 度 説 明 会 北 海 道 家 庭 医 療 学 センター 草 場 鉄 周 ( 日 本 専 門 医 機 構 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループ メンバー) 総 合 診 療 専 門 医 養 成 の 背 景 ( 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 より) 1. 特

More information

平成25年度実施大学機関別認証評価評価報告書(奈良県立医科大学)

平成25年度実施大学機関別認証評価評価報告書(奈良県立医科大学) 平 成 25 年 度 実 施 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 奈 良 県 立 医 科 大 学 平 成 26 年 3 月 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 目 次 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 が 実 施 した 大 学 機 関 別 認 証 評 価 について 1 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 5 Ⅱ 基 準 ごとの

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

??P019?098

??P019?098 英 語 教 育 分 野 第 1 節 英 語 教 育 における 学 士 力 の 考 察 今 日 の 国 際 社 会 は 国 境 や 言 語 の 枠 組 みを 越 えてあらゆる 活 動 が 進 展 し 地 球 規 模 での 情 報 交 流 が 日 常 化 しており 世 界 共 通 言 語 としての 英 語 の 活 用 力 なくしては 文 化 的 経 済 的 に 豊 かな 生 活 を 送 る ことが 困

More information

program_0410.docx

program_0410.docx 太 田 総 合 病 院 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 特 徴 3. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 目 標 4. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 方 法 5. 専 門 研 修 の 評 価 について 6. 研 修

More information

文明の構造と権力

文明の構造と権力 FDの 新 局 面 大 学 の 情 報 公 表 義 務 化 と 三 つの 方 針 の 確 立 を 軸 として 東 海 大 学 観 光 学 部 FD 研 修 会 2012 年 1 月 10 日 東 海 大 学 観 光 学 部 長 ( 日 本 私 立 大 学 連 盟 教 育 研 究 委 員 長 ) 松 本 亮 三 Ⅰ 問 題 の 根 幹 : 学 士 課 程 の 意 味 1. 学 士 と 学 士 課 程

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

平 成 28 年 度 カリキュラム 概 要 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 は 医 師 及 び 医 学 研 究 者 としての 幅 広 い 教 養 柔 軟 な 思 考 力 と 創 造 性 豊 かな 人 間 性 高 邁 な 倫 理 観 を 涵 養 し 基 礎 および 臨 床 医 学 における 高 度

平 成 28 年 度 カリキュラム 概 要 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 は 医 師 及 び 医 学 研 究 者 としての 幅 広 い 教 養 柔 軟 な 思 考 力 と 創 造 性 豊 かな 人 間 性 高 邁 な 倫 理 観 を 涵 養 し 基 礎 および 臨 床 医 学 における 高 度 本 学 の 教 育 理 念 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 は 医 学 及 び 保 健 看 護 学 に 関 する 基 礎 的 総 合 的 な 知 識 と 高 度 で 専 門 的 な 学 術 を 教 授 研 究 するとともに 豊 かな 人 間 性 と 高 邁 な 倫 理 観 に 富 む 資 質 の 高 い 人 材 を 育 成 することにより 和 歌 山 県 の 医 療 保 健 の 充 実 を 図

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 学 手 続 等 8 12 ホームページ 10 13 問 い 合 わせ 先 10 願 書 等 の 記 入

More information

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 後 の 成 果 3. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラムの 目 標 と 特 徴 4. 研 修 方 法 4.1 基 本 方 針 4.2 研 修 計 画 専 門 知 識 の 習 得 計 画 専 門

More information

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎 日 本 赤 十 字 九 州 国 際 看 護 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する 認 定 の 期 間 は2023( 平 成 35) 年 3 月 31 日 までとする Ⅱ 総 評 貴 大 学 は 学 校 法 人 日 本 赤 十 字 学 園 のうち

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

<819C819B30338BB388E78EBA208140323681A68169834C8383838A83418E78898747816A2E786C73>

<819C819B30338BB388E78EBA208140323681A68169834C8383838A83418E78898747816A2E786C73> 管 理 一 般 総 括 行 事 儀 式 アクセシビリティリーダーキャンプ 室 企 画 グループ 2009 年 度 5 年 2010 年 4 月 1 日 2015 年 3 月 31 日 紙 事 務 室 国 際 室 支 援 グループ 廃 棄 08-0001358 管 理 一 般 総 括 行 事 儀 式 第 4 回 全 国 生 物 学 コンテスト 生 物 チャレンジ2011 第 2 次 試 験 室 企 画

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

B-表4.1.ai

B-表4.1.ai 大 項 目 考 え 方 中 項 目 考 え 方 や る べ き 最 低 限 の こ と Ⅰ Ⅱ 自 主 規 律 品 質 の 向 上 自 主 規 律 品 質 の 向 上 は 喫 緊 の 課 題 であり 意 識 認 識 や 覚 悟 のレベルの 話 である ルールや 規 則 への 遵 守 意 識 を 高 め 違 反 には 断 固 と した 姿 勢 で 臨 む 規 則 の 制 定 と 実 行 が 必 要 である

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874295BD90AC82518253944E937881408EA98CC8935F8C9F8145955D89BF82CC93E09765816B48508C668DDA5665722E816C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874295BD90AC82518253944E937881408EA98CC8935F8C9F8145955D89BF82CC93E09765816B48508C668DDA5665722E816C2E646F6378> 平 成 4 年 度 自 己 点 検 評 価 大 学 名 研 究 科 専 攻 名 入 学 定 員 徳 島 大 学 大 学 院 薬 科 学 教 育 部 薬 学 専 攻 4 名 理 念 とミッション 教 育 研 究 上 の 理 念 4 年 制 大 学 院 では 医 薬 品 をどう 使 い, 及 びどの 点 を 改 良 することで, 薬 を 通 じた 医 療 の 質 の 向 上 に 寄 与 し 国 民 の

More information

公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準

公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準 2016 年 度 認 定 看 護 師 教 育 課 程 募 集 要 項 認 知 症 看 護 慢 性 心 不 全 看 護 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

program_0160.docx

program_0160.docx 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 後 の 成 果 3. 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラムの 目 標 と 特 徴 4. 研 修

More information

保険薬局におけるハイリスク薬取り扱い時の注意点

保険薬局におけるハイリスク薬取り扱い時の注意点 薬 剤 師 の 病 棟 業 務 の 進 め 方 (Ver.1.2) 一 般 社 団 法 人 日 本 病 院 薬 剤 師 会 平 成 28 年 6 月 4 日 1.はじめに 長 寿 社 会 の 到 来 疾 病 構 造 の 変 化 や 意 識 の 変 化 に 伴 い 国 民 の 医 療 ニーズは 多 様 化 している また 科 学 技 術 の 進 歩 により 医 療 技 術 も 高 度 化 し 専 門

More information

<4D F736F F D208AEE967B8C7689E68C8892E894C DC48D5C90AC816A2E646F63>

<4D F736F F D208AEE967B8C7689E68C8892E894C DC48D5C90AC816A2E646F63> アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 ( 案 ) 平 成 28 年 2 月 はじめに 〇 我 が 国 における 状 況 〇 WHOの 動 向 〇 アルコール 健 康 障 害 対 策 基 本 法 (Ⅰ)アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 について 1.アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 位 置 付 け 2. 第 1 期 アルコール

More information

第 96 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 議 事 次 第 平 成 28 年 7 月 14 日 ( 木 ) 16 時 00 分 ~18 時 00 分 場 所 :ベ ル サ ー ル 半 蔵 門 ( 議 題 ) 1. 骨 太 2016 規 制 改 革 実 施 計 画 等 の 報 告 について 2. 骨 太 2016 経 済 財 政 再 生 計 画 改 革 工 程 表 の 指 摘 事

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information

目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際

目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際 平 成 20 事 業 年 度 事 業 報 告 書 日 本 中 央 競 馬 会 目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際 化 への 取 組 み 21

More information

2

2 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 2 Ⅱ 当 事 者 訴 訟 の 利 用 可 能 性 に 関 する 理 論 構 成 3 4 Ⅲ 道 路 台 帳 等 の 整 備 と 建 築 基 準 法 施 行 規 則 の 改 正 5 6 7 Ⅳ 2 項 道 路 と 信 義 則 に 関 する 2 つの 判 例 (1) 平 成 18 年 最 高 裁 判 所 判 決 X 8 Y Y X Y X 9 (2) 平 成 19 年 東

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 Ⅰ 教 育 学 研 究 科 の 教 育 目 的 と 特 徴 1. 教 育 理 念 と 目 標 東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 は 教 育 に 関 する 理 論 的 基 礎 に 支 えられた 高 度 な 専 門 的 知 識 と 技

東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 Ⅰ 教 育 学 研 究 科 の 教 育 目 的 と 特 徴 1. 教 育 理 念 と 目 標 東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 は 教 育 に 関 する 理 論 的 基 礎 に 支 えられた 高 度 な 専 門 的 知 識 と 技 東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 4. 教 育 学 研 究 科 Ⅰ 教 育 学 研 究 科 の 教 育 目 的 と 特 徴 4-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 4-3 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 4-3 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 4-5 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 4-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 4-10 分

More information

2 教 育 研 究 組 織 貴 大 学 は 自 然 生 命 人 間 という 建 学 の 精 神 に 基 づいて 4つの 学 部 3つ の 研 究 科 を 擁 し 高 等 教 育 機 関 にふさわしい 教 育 研 究 組 織 を 有 している また 競 争 的 研 究 資 金 の 獲 得 や 外 部

2 教 育 研 究 組 織 貴 大 学 は 自 然 生 命 人 間 という 建 学 の 精 神 に 基 づいて 4つの 学 部 3つ の 研 究 科 を 擁 し 高 等 教 育 機 関 にふさわしい 教 育 研 究 組 織 を 有 している また 競 争 的 研 究 資 金 の 獲 得 や 外 部 東 邦 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する 認 定 の 期 間 は2020( 平 成 32) 年 3 月 31 日 までとする Ⅱ 総 評 貴 大 学 は 日 本 の 女 子 医 学 教 育 の 実 現 を 目 的 として 1925( 大 正

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2096F28E9690528DB882CC915391CC919C205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2096F28E9690528DB882CC915391CC919C205B8CDD8AB78382815B83685D> 医 療 機 器 薬 事 申 請 のために 本 間 一 弘 医 療 機 器 に 対 する 承 認 申 請 のプロセス 医 療 機 器 に 該 当? 製 造 業 製 造 販 売 業 は 取 得 ずみ? 徳 島 県 健 康 福 祉 部 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 医 薬 食 品 局 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 ( 独 ) 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構

More information

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc 各 種 資 料 請 求 方 法 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 請 求 方 法 (6 月 中 旬 より 発 送 開 始 ) 封 筒 の 表 に 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 大 学 案 内 医 学 部 案 内 請 求 と 朱 書 きし 返 信 用 封 筒 角 形 2 号 (24.0 cm 33.3 cm)に 郵 便 番 号 住 所 氏 名 を 明 記 し 390

More information

参考資料2 産学官連携関連資料_2

参考資料2 産学官連携関連資料_2 (3)リサーチ アドミニストレーターを 育 成 確 保 する システムの 整 備 リサーチ アドミニストレーター(URA) 大 学 等 において 研 究 資 金 の 調 達 管 理 知 財 の 管 理 活 用 等 を 総 合 的 にマネジメント できる 研 究 開 発 に 知 見 のある 人 材 を 育 成 確 保 する 全 国 的 なシステムを 整 備 する とともに 専 門 性 の 高 い 職

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

自己評価書作成に当たっての留意点について

自己評価書作成に当たっての留意点について 10 自 己 評 価 書 作 成 に 当 たっての 留 意 点 について 平 成 28 年 5 月 大 学 改 革 支 援 学 位 授 与 機 構 自 己 評 価 担 当 者 研 修 会 1 一 般 的 留 意 事 項 ( 認 証 / 選 択 評 価 共 通 ) ( 資 料 1) 大 学 機 関 別 認 証 評 価 : 自 己 評 価 実 施 要 項 ( 資 料 2) 大 学 機 関 別 選 択 評

More information

25年度 全国アンケート結果

25年度 全国アンケート結果 在 宅 医 療 推 進 会 議 日 本 薬 剤 師 会 の 取 り 組 みについて 平 成 28 年 2 月 4 日 公 益 社 団 法 人 日 本 薬 剤 師 会 常 務 理 事 有 澤 賢 二 在 宅 医 療 に 関 する 日 本 薬 剤 師 会 の 取 り 組 み 薬 剤 師 の 関 与 を 必 要 とする 在 宅 患 者 に 過 不 足 なく 訪 問 薬 剤 管 理 指 導 を 提 供 できる

More information

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 部 開 設 科 目 に 係 る 欠 席 取 扱 い 申 合 せ GPAによる 成 績 評 価 について

More information

資料3-1「教育実施状況調査」の分析結果について―臨床教育の事例を中心に―

資料3-1「教育実施状況調査」の分析結果について―臨床教育の事例を中心に― 資 料 3-1 獣 医 学 教 育 の 改 善 充 実 に 関 する 調 査 研 究 協 力 者 会 議 ( 第 8 回 )H25.1.16 教 育 実 施 状 況 調 査 の 分 析 結 果 について 臨 床 教 育 の 事 例 を 中 心 に 1. 臨 床 系 の 教 育 内 容 について A.カリキュラムについて 臨 床 系 科 目 全 般 の 傾 向 1) 現 行 カリキュラムについて 単

More information

沖縄キリスト教短期大学学則(新)

沖縄キリスト教短期大学学則(新) 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 学 則 第 1 章 総 則 ( 的 ) 第 1 条 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 ( 以 下 本 短 大 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 に 従 い キリスト 教 精 神 に 基 づいた 学 校 教 育 を 施 し 人 格 の 完 成 をめざし 社 会 に 有 用 なる 人 材 を 育 成 することを 的 とする ( 自 己

More information

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73>

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73> 中 期 目 標 中 期 目 標 中 期 計 画 一 覧 表 ( 法 人 番 号 21 ) ( 大 学 名 ) 千 葉 大 学 中 期 計 画 ( 前 文 ) 大 学 の 基 本 的 な 目 標 千 葉 大 学 は 千 葉 大 学 憲 章 に 掲 げた 理 念 を 具 現 化 し 使 命 を 達 成 するため に 基 本 的 な 目 標 を 以 下 のとおり 定 める 人 類 の 文 化 の 継 承

More information

資料3-1 中学校における英語調査に関する「論点整理」

資料3-1 中学校における英語調査に関する「論点整理」 資 料 3-1 中 学 校 における 英 語 調 査 に 関 する 論 点 整 理 全 国 的 な 学 力 調 査 に 関 する 専 門 家 会 議 中 学 校 における 英 語 調 査 については 制 約 条 件 を 踏 まえつつ 目 的 を 明 確 にしながら 全 国 的 な 調 査 が 可 能 となる 方 向 で 事 項 を 絞 って 具 体 的 な 検 討 を 行 うこととする 中 央 教

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

1 < 目 次 > 第 1 部 中 国 進 出 ( 進 出 方 式 の 選 定 現 地 法 人 駐 在 員 事 務 所 の 開 設 ) 4 Ⅰ. 中 国 進 出 に 際 しての 組 織 選 定 4 1. 進 出 形 態 ( 駐 在 員 事 務 所 現 地 法 人 支 店 ) 2. 各 種 形 態 の

1 < 目 次 > 第 1 部 中 国 進 出 ( 進 出 方 式 の 選 定 現 地 法 人 駐 在 員 事 務 所 の 開 設 ) 4 Ⅰ. 中 国 進 出 に 際 しての 組 織 選 定 4 1. 進 出 形 態 ( 駐 在 員 事 務 所 現 地 法 人 支 店 ) 2. 各 種 形 態 の 中 国 進 出 撤 退 組 織 変 更 完 全 マニュアル (2013 年 改 訂 版 ) ~ 組 織 再 編 から 見 えてくる もうひとつの 中 国 市 場 攻 略 法 ~ Mizuno Consultancy Holdings Ltd. 代 表 取 締 役 社 長 水 野 真 澄 1 < 目 次 > 第 1 部 中 国 進 出 ( 進 出 方 式 の 選 定 現 地 法 人 駐 在 員 事 務

More information

博士論文(心理博甲12号) 論文要旨および審査結果の要旨

博士論文(心理博甲12号) 論文要旨および審査結果の要旨 博 士 学 位 論 文 論 文 要 旨 および 審 査 結 果 の 要 旨 博 甲 第 12 号 2016 年 3 月 目 白 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 はしがき この 冊 子 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として, 平 成 28 年 3 月 に 本 学 において 授 与 した 博 士 ( 心 理

More information

大学年報_16号.indd

大学年報_16号.indd はじめに 椙 山 女 学 園 大 学 学 長 森 棟 公 夫 2014( 平 成 26) 年 3 月 公 益 財 団 法 人 大 学 基 準 協 会 による 相 互 評 価 の 結 果 本 学 は 大 学 基 準 に 適 合 して いるとの 認 定 を 受 けました この 年 報 は 認 証 評 価 に 係 る 大 学 基 準 協 会 への 提 出 物 ( 点 検 評 価 報 告 書 根 拠 資 料

More information

TOHOKU FUKUSHI UNIVERSITY 28 度 東 北 福 祉 大 学 大 学 院 入 学 試 験 要 項 総 合 福 祉 学 研 究 科 東 北 福 祉 大 学 目 次 Ⅰ 1 Ⅱ 5 Ⅲ 9 Ⅳ 13 Ⅴ 17 Ⅵ 21 Ⅶ 23 Ⅷ 25 Ⅸ 27 Ⅹ 30 Ⅺ 30 Ⅻ 31 Ⅻ 39 1 3 3 5 6 10 13 16 16 17 1 5 9 28 度 東 北 福 祉

More information

Microsoft Word - 20160808【2017年度版】(20160808追加修正版)山形県立中央病院 救急科専門研修プログラム.docx

Microsoft Word - 20160808【2017年度版】(20160808追加修正版)山形県立中央病院 救急科専門研修プログラム.docx 山 形 県 立 中 央 病 院 救 急 科 専 門 研 修 プログラム 0 山 形 県 立 中 央 病 院 救 急 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 山 形 県 立 中 央 病 院 救 急 科 専 門 研 修 プログラムについて 2. 救 急 科 専 門 研 修 の 方 法 3. 救 急 科 専 門 研 修 の 実 際 4. 専 攻 医 の 到 達 目 標 ( 修 得 すべき 知 識 技

More information

MEMORANDUM of UNDERSTANDING

MEMORANDUM of UNDERSTANDING 文 部 科 学 省 大 学 改 革 推 進 室 松 坂 浩 史 Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) 神 戸 大 学 評 価 IR シンポジウム 大 学 に 求 められる IR 機 能 の 実 現 に 向 けて 平 成 25 年 (2013 年 )8 月 22 日 ( 木 ) 14:50-15:50

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

[000]目次等.indd

[000]目次等.indd 時 間 割 ( 平 成 27 年 度 ) 1 年 次 前 学 期 前 半 平 成 27 年 4 月 6 日 ( 月 )~6 月 14 日 ( 日 ) 時 限 月 火 水 木 金 土 日 1 8:40~10:10 2 10:20~11:50 3 12:40~14:10 4 14:20~15:50 5 16:00~17:30 包 括 的 保 健 看 護 演 習 実 践 島 嶼 特 論 Ⅴ 6 17:40~19:10

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

東 北 厚 生 局 の 業 務 概 要 ( 平 成 23 年 度 ) 厚 生 労 働 省 東 北 厚 生 局 平 成 23 年 度 の 業 務 報 告 に 当 たって ~ 東 北 の 復 興 を 全 国 の 福 幸 に~ 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 により 人 々の 生 活 や 人 生 は 一 瞬 のうちに 激 変 しました 食 事 も 寝 る 所

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

Microsoft Word - h26_syokugyou_sagyou.doc

Microsoft Word - h26_syokugyou_sagyou.doc ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 あいち 福 祉 医 療 専 門 平 成 4 年 3 月 9 日 熊 崎 正 実 456-000 校 名 古 屋 市 熱 田 区 金 山 町 一 丁 目 7 番 3 号 ( 電 話 )05-678-80 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表

More information

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A 平 成 27 年 10 月 ( 第 3 版 ) 兵 庫 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 食 料 環 境 系 高 度 専 門 実 践 技 術 者 養 成 (スペシャリスト ゼネラリスト 融 合 型 人 材 育 成 HiSuper プログラム) HiSuper (Hiroshima Step Up Program by Educational Record) 教 育 記 録 システムについて 広 島 大 学 大 学 院 生 物 圏 科 学 研 究 科 古 澤 修 一 入 学 者 の 構 成

More information

2 立 候 補 するには 次 に 掲 げる 条 件 を 満 たしていることとする (1) 理 事 又 は 評 議 員 2 名 以 上 の 推 薦 があること (2) 連 続 5 年 以 上 本 学 会 の 正 会 員 で 会 費 を 完 納 していること (3) 選 考 が 行 われる 前 年 の1

2 立 候 補 するには 次 に 掲 げる 条 件 を 満 たしていることとする (1) 理 事 又 は 評 議 員 2 名 以 上 の 推 薦 があること (2) 連 続 5 年 以 上 本 学 会 の 正 会 員 で 会 費 を 完 納 していること (3) 選 考 が 行 われる 前 年 の1 一 般 社 団 法 人 日 本 潰 瘍 学 会 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 選 挙 規 程 は 一 般 社 団 法 人 日 本 潰 瘍 学 会 ( 以 下 当 法 人 という )の 次 に 掲 げる 選 挙 規 定 について 定 める (1) 評 議 員 を 選 任 するための 選 挙 (2) 理 事 及 び 監 事 を 選 任 するための 選 挙 ( 決

More information

リテラシー 科 目 > スポーツと 健 康 在 学 中 および 卒 業 後 の 豊 かなライフスタイルを 形 成 できる 心 身 の 基 盤 を 養 う 人 間 力 の 育 成 として, 身 体 体 力 面 ( 自 己 コントロール, 適 応 力, 耐 性, 自 律 性, 達 成 感 など)とともに

リテラシー 科 目 > スポーツと 健 康 在 学 中 および 卒 業 後 の 豊 かなライフスタイルを 形 成 できる 心 身 の 基 盤 を 養 う 人 間 力 の 育 成 として, 身 体 体 力 面 ( 自 己 コントロール, 適 応 力, 耐 性, 自 律 性, 達 成 感 など)とともに 基 盤 教 育 科 目 初 期 導 入 科 目 > 新 入 生 セミナー 大 学 生 活 を 送 るうえで 必 要 とされる, 自 主 的 かつ 自 律 的 な 態 度 および 学 習 の 進 め 方 を 学 ぶことができるように 企 画 された 科 目 である 高 校 とは, 様 々な 点 で 異 なる 大 学 において 有 意 義 な 学 生 生 活 を 送 ることができるよう, 次 に 掲 げる

More information

博物館実習ガイドライン

博物館実習ガイドライン 目 次 はじめに 1 ねらい 3 1. 学 内 実 習 4 (1) 見 学 実 習 5 (2) 実 務 実 習 6 (3) 事 前 事 後 指 導 7 2. 館 園 実 習 8 3. 留 意 事 項 10 ( 参 考 ) 館 園 実 習 実 施 計 画 例 13 はじめに 博 物 館 実 習 は 博 物 館 法 施 行 規 則 第 1 条 に 基 づき 大 学 において 修 得 すべき 博 物 館

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131303331358ED093E091CE8DF488CF88F589EF92868AD495F18D905F8F4390B394C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131303331358ED093E091CE8DF488CF88F589EF92868AD495F18D905F8F4390B394C55F2E646F63> 各 位 平 成 23 年 3 月 15 日 会 社 名 ス リ ー プ ロ グ ル ー プ 株 式 会 社 本 社 所 在 地 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 七 丁 目 21 番 3 号 代 表 者 代 表 取 締 役 水 口 雄 (コード 番 号 2375 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 取 締 役 常 務 執 行 役 員 山 崎 晋 一 ( T E L 0 3-6 8 3 2-3 2

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造-

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造- 活 力 ある 健 康 長 寿 社 会 の 実 現 - 新 たな 政 策 パッケージの 創 造 - 自 民 党 国 際 保 健 医 療 戦 略 特 命 委 員 会 委 員 長 参 議 院 議 員 武 見 敬 三 これまでの 教 訓 医 療 政 策 は 経 済 政 策 労 働 政 策 社 会 福 祉 政 策 など 包 括 的 な 国 家 運 営 の 中 で 計 画 実 施 される 必 要 がある また

More information

「実践型工学技術者育成における教育成果の評価のあり方に関する調査研究」5

「実践型工学技術者育成における教育成果の評価のあり方に関する調査研究」5 2.3 中 央 大 学 理 工 学 部 情 報 工 学 科 2.3.1 調 査 団 および 調 査 日 程 ( 調 査 団 ) 芝 浦 工 業 大 学 村 上 雅 人 ( 副 学 長 ) 工 藤 一 彦 ( 学 長 室 教 授 ) 室 越 昌 美 ( 企 画 室 課 長 ) 小 玉 嘉 洋 ( 企 画 室 ) 東 京 電 機 大 学 藤 本 明 ( 副 学 長 ) 高 田 茂 ( 学 長 室 補 佐

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価 平 成 19 年 度 県 公 立 小 中 事 務 研 究 会 事 務 研 修 会 資 料 H.19.10.17 ユラックス 熱 海 経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 した の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 県 教 育 センター 研 究 調 査 チーム 主 任 指 導 主 事 鈴 木 久 米 男 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役

More information

(Microsoft Word - \221\345\212w\211\210\212v\202\306\227\235\224O2011.doc)

(Microsoft Word - \221\345\212w\211\210\212v\202\306\227\235\224O2011.doc) 高 野 山 大 学 沿 革 史 高 野 山 大 学 は 初 め 古 義 大 学 林 と 称 し 明 治 19 年 ( 西 暦 1886)5 月 1 日 開 講 した これよりさき 明 治 の 初 期 有 志 相 謀 って 紀 州 高 野 山 京 都 智 積 院 大 和 長 谷 寺 の 三 山 に 学 林 を 設 置 して 学 徒 を 教 養 したがこれ 等 は 何 れも 学 生 少 なく その 制

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

計 推 測 統 計 多 変 量 解 析 法 までの 内 容 をカバーしている 表 1 e-learning で 展 開 されている 統 計 科 目 の 概 要 (2012 年 度 ) 科 目 名 講 義 の 概 要 社 会 調 査 士 資 格 科 目 開 講 時 期 受 講 定 員 社 会 調 査

計 推 測 統 計 多 変 量 解 析 法 までの 内 容 をカバーしている 表 1 e-learning で 展 開 されている 統 計 科 目 の 概 要 (2012 年 度 ) 科 目 名 講 義 の 概 要 社 会 調 査 士 資 格 科 目 開 講 時 期 受 講 定 員 社 会 調 査 全 カリオンデマンド 授 業 における e-learning をもちいた 統 計 教 育 立 教 大 学 社 会 情 報 教 育 研 究 センター 金 澤 悠 介 1.はじめに 立 教 大 学 は 2010 年 3 月 1 日 に 社 会 情 報 教 育 研 究 センター(Center for Statistics and Informartion: CSI)を 設 立 した このセンターは 社 会

More information

5) 修 了 要 件 19 6)ディプロマ ポリシー 19 7) 学 位 記 の 授 与 19 7. 施 設 設 備 等 の 整 備 計 画 20 1) 校 舎 等 施 設 の 整 備 計 画 20 2) 図 書 等 の 整 備 計 画 20 8. 既 設 の 学 部 との 関 係 20 9. 入

5) 修 了 要 件 19 6)ディプロマ ポリシー 19 7) 学 位 記 の 授 与 19 7. 施 設 設 備 等 の 整 備 計 画 20 1) 校 舎 等 施 設 の 整 備 計 画 20 2) 図 書 等 の 整 備 計 画 20 8. 既 設 の 学 部 との 関 係 20 9. 入 設 置 の 趣 旨 等 を 記 載 した 書 類 目 次 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 1 1) 本 学 園 横 浜 創 英 大 学 の 沿 革 1 2) 本 学 園 における 看 護 系 短 期 大 学 大 学 の 設 置 の 状 況 1 3) 大 学 院 看 護 学 研 究 科 設 置 の 必 要 性 2 (1) 設 置 の 社 会 的 背 景 2 (2) 地 域 から 見 た

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

り 変 更 する 平 成 28 年 7 月 に 着 工 予 定 東 京 都 市 計 画 都 市 再 生 特 別 地 区 ( 大 手 町 一 丁 目 2 地 区 ) 別 紙 5 4 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 が 東 京 メトロ 日 比 谷 線 神 谷 町 駅 から 霞 ヶ 関 駅

り 変 更 する 平 成 28 年 7 月 に 着 工 予 定 東 京 都 市 計 画 都 市 再 生 特 別 地 区 ( 大 手 町 一 丁 目 2 地 区 ) 別 紙 5 4 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 が 東 京 メトロ 日 比 谷 線 神 谷 町 駅 から 霞 ヶ 関 駅 東 京 圏 国 家 戦 略 特 別 区 域 区 域 計 画 1 国 家 戦 略 特 別 区 域 の 名 称 東 京 圏 国 家 戦 略 特 別 区 域 2 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 事 業 の 名 称 及 び 内 容 (1) 名 称 : 国 家 戦 略 民 間 都 市 再 生 事 業 内 容 : 民 間 都 市 再 生 事 業 計 画 の 認 定 に 係 る 都 市 再

More information

平成24年度

平成24年度 平 成 28 年 度 星 薬 科 大 学 大 学 院 薬 学 研 究 科 博 士 課 程 社 会 人 特 別 選 抜 学 生 募 集 について 生 涯 学 習 や 社 会 人 教 育 の 必 要 性 が 求 められている 中 本 大 学 院 薬 学 研 究 科 博 士 課 程 では 先 端 科 学 技 術 を 習 得 できる 場 を 提 供 し 最 先 端 医 療 に 対 応 可 能 な 知 識 や

More information

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科 学 校 法 人 東 海 大 学 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 平 成 22 年 3 月 18 日 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力 平 成 25 年 12 月 佐 賀 県 が 進 める 先 進 的 ICT 利 活 用 教 育 推 進 事 業 の 取 組 状 況 と 学 習 用 パソコン 導 入 の 背 景 (VOL.3) 佐 賀 県 教 育 委 員 会 1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の

More information

Microsoft PowerPoint - 2015.1001_関東農政局(森岡)

Microsoft PowerPoint - 2015.1001_関東農政局(森岡) 宮 崎 県 内 の と 畜 場 における HACCP 導 入 の 概 要 宮 崎 県 衛 生 管 理 指 導 主 幹 都 城 食 肉 衛 生 検 査 所 黒 木 伸 二 高 崎 食 肉 衛 生 検 査 所 長 倉 祐 一 小 林 食 肉 衛 生 検 査 所 岩 切 章 都 農 食 肉 衛 生 検 査 所 森 岡 浩 文 日 向 食 肉 衛 生 検 査 所 三 重 野 由 子 宮 崎 県 のと 畜 頭

More information

第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続

第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続 コーポレートガバナンスガイドライン 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 1 第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続 的 に 発 展 できるよう

More information

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン という )は 株 式 会 社 三 井 住 友 フィナンシャルグループ( 以 下 当 社 と いう )が 実 効 的 なコーポレートガバナンスの 実 現 を 通 じて 不 祥 事 や 企 業 としての 不 健 全 な 事 態 の 発 生

More information

2014 14 12

2014 14 12 2014 26 2014 14 12 Ⅰ. 医 療 保 健 学 部 授 業 一 覧 (カリキュラム 表 ) (1)-1 看 護 学 授 業 (2009 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 2 (1)-2 看 護 学 授 業 (2012 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 4 (1)-3 看 護 学 ( 編 入 学 生 ) 授 業 (2014 度 以 降 に 入 学 した 学 生

More information