PowerPoint プレゼンテーション

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "PowerPoint プレゼンテーション"

Transcription

1 キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 老 朽 化 省 エネ 耐 震 対 策 平 成 27 年 10 月 制 定 盤 標 準 化 協 議 会 キュービクル 技 術 部 会

2

3 <は じ め に> 近 年 生 産 設 備 や 情 報 機 器 の 高 度 化 に 伴 い 受 配 電 設 備 への 信 頼 性 の 要 求 は 益 々 高 まってきており 事 故 による 停 電 はもとより 瞬 時 の 電 圧 低 下 すら 許 されない 状 況 となっております また 地 球 温 暖 化 防 止 のため 温 室 効 果 ガスの 大 部 分 を 占 めるエネルギー 起 源 である 二 酸 化 炭 素 排 出 削 減 の 一 環 として 電 気 を 有 効 活 用 し 無 駄 なエネル ギー 消 費 を 無 くす 省 エネルギー 性 能 の 必 要 性 が 一 層 高 まっています 電 気 の 安 定 供 給 と 省 エネは 社 会 活 動 の 中 で 必 要 不 可 欠 なものとなっており 主 要 な 供 給 設 備 である 高 圧 受 電 設 備 にはより 高 い 信 頼 性 とより 高 いエネル ギー 効 率 性 が 求 められています そうした 状 況 の 中 で キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 ( 以 下 キュービクルと 称 す)はその 利 便 性 から 広 く 使 用 されております そのため 老 朽 化 省 エネ 耐 震 等 に 対 する 高 い 信 頼 性 を 確 保 する 必 要 性 が 求 められています こうした 現 状 を 踏 まえ 盤 標 準 化 協 議 会 では 長 期 間 安 定 して 受 電 していただくための 老 朽 化 対 策 トップランナー 変 圧 器 を 始 めとする 省 エネ 機 器 などを 用 いた 省 エネ 対 策 地 震 による 損 傷 を 防 ぎ 電 気 を 安 全 に 供 給 し 続 けるための 耐 震 対 策 についての 具 体 例 をまとめ より 安 全 にお 使 い 頂 けるためのご 提 案 として 本 技 術 資 料 を 作 成 いたしました キュービクル 所 有 者 におかれましては 長 期 間 安 定 して 受 電 して 頂 くため 定 期 的 な 機 器 の 更 新 を 含 めた 適 切 な 点 検 効 率 の 良 いエネルギー 管 理 地 震 に 備 えた 適 切 な 施 工 や 構 造 についてご 確 認 いただきますようお 願 い 申 しあげま す なお 先 に 出 版 いたしました キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 Q&A キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 トラブル 対 応 事 例 キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 設 置 上 の 注 意 事 項 キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 被 災 時 における 対 応 事 例 トップランナー 変 圧 器 2014 対 応 キュービクルQ&A と 併 せて 参 考 にして 頂 けましたら キュービクルに 対 する 知 識 技 術 がより 充 実 するかと 存 じます 上 記 出 版 物 については 盤 標 準 化 協 議 会 ホームページ をご 覧 下 さい

4 目 次 1. 老 朽 化 対 策 1 1)キュービクルの 主 要 構 成 機 器 (1) 2 2)キュービクルの 主 要 構 成 機 器 (2) 3 3) 事 故 故 障 設 備 の 老 朽 化 事 例 の 要 因 4 4) 機 器 の 劣 化 故 障 パターン 5 5)VCBの 焼 損 6 6) 配 線 用 遮 断 器 (MCCB)の 焼 損 7 7) 変 圧 器 の 放 熱 板 からの 漏 油 8 8) 電 線 の 焼 損 9 9) 更 新 推 奨 時 期 の 判 定 10~17 2. 省 エネ 対 策 18 1) 変 圧 器 損 失 の 改 善 19 2) 変 圧 器 負 荷 の 統 合 20 3) 力 率 改 善 その1 21 4) 力 率 改 善 その2 22 5) 進 相 コンデンサ 設 備 の 更 新 23 6) デマンド 監 視 耐 震 対 策 25 1) 適 切 な 施 工 ~アンカーボルト 26 2) 適 切 な 施 工 ~ 変 圧 器 の 据 付 27 3) 適 切 な 施 工 ~ 変 圧 器 防 振 ゴム 28 4) 適 切 な 施 工 ~ 配 線 の 余 長 29 5) 適 切 な 施 工 ~ 変 圧 器 の 振 れ 幅 30

5 1. 老 朽 化 対 策 電 気 の 安 定 供 給 は 社 会 活 動 の 中 で 必 要 不 可 欠 なものとなっており そ の 供 給 電 路 に 幅 広 く 使 用 されるキュービクルには 高 い 信 頼 性 が 求 めら れています しかしながらキュービクルの 老 朽 化 に 起 因 した 停 電 短 絡 事 故 などのト ラブルを 引 き 起 こすケースも 少 なくありません このような 現 状 を 踏 まえ 事 故 防 止 を 目 的 にキュービクルにおける 事 故 要 因 箇 所 や 更 新 推 奨 時 期 をまとめ 安 全 にご 使 用 いただくためのご 提 案 として 本 資 料 を 作 成 いたしました 1

6 老 朽 化 対 策 1 キュービクルの 主 要 構 成 機 器 (1) キュービクルを 構 成 する 機 器 には 様 々な ものがあります 2

7 老 朽 化 対 策 2 キュービクルの 主 要 構 成 機 器 (2) 3 ( 一 財 ) 関 東 電 気 保 安 協 会 電 気 設 備 の 更 新 抜 粋

8 老 朽 化 対 策 3 事 故 故 障 設 備 の 老 朽 化 事 例 の 要 因 電 気 設 備 の 事 故 故 障 事 例 の 要 因 この 表 は 事 故 故 障 の 要 因 と 割 合 ですが 設 備 の 老 朽 化 は 全 体 の 32.7%と 高 い 割 合 を 占 めています 設 備 の 老 朽 化 による 事 故 故 障 の 発 生 箇 所 部 位 この 表 は 事 故 故 障 の 発 生 箇 所 部 位 と 割 合 ですが 特 に 開 閉 機 器 変 圧 器 ケーブル 継 電 器 類 の 割 合 が 高 いこ とが 分 かります 設 備 の 老 朽 化 による 事 故 故 障 内 容 この 表 は 老 朽 化 の 結 果 として 起 こる 事 故 故 障 内 容 ですが 破 損 焼 損 地 絡 漏 電 制 御 不 良 短 絡 の 割 合 が 高 いことが 分 かります ( 一 社 ) 日 本 電 機 工 業 会 何 故 産 業 事 故 は 起 きてい るのでしょうか? 抜 粋 4

9 老 朽 化 対 策 4 機 器 の 劣 化 故 障 パターン 機 器 の 劣 化 故 障 パターン 更 新 推 奨 時 期 ( 一 社 ) 日 本 電 機 工 業 会 汎 用 高 圧 機 器 の 更 新 のおすすめ 抜 粋 5 ( 一 社 ) 日 本 電 機 工 業 会 高 低 圧 電 気 機 器 保 守 点 検 のおすすめ 抜 粋

10 老 朽 化 対 策 5 VCBの 焼 損 状 況 高 圧 真 空 遮 断 器 (VCB)がひどく 焼 損 し 周 囲 の 機 器 も 焼 損 して いる 1990 年 製 造 のキュービクルであり 15 年 経 過 による 経 年 劣 化 と 5 年 間 清 掃 等 のメンテナンスがされていなかった 原 因 VCBなどの 機 器 端 子 部 に 多 量 の 埃 が 積 もり 結 露 湿 気 の 複 合 要 因 が 重 なって 絶 縁 劣 化 (トラッキング 発 生 )が 促 進 され VCB の 焼 損 周 辺 機 器 の 焼 損 に 至 ったと 考 えられる 防 止 対 策 各 機 器 の 更 新 推 奨 時 期 が 過 ぎたものは 早 めに 交 換 を 行 う 適 正 な 時 期 にメンテナンスをしっかり 行 うようお 願 いした 不 具 合 状 況 VCB 背 面 側 焼 損 VCB 周 辺 部 焼 損 6

11 老 朽 化 対 策 6 配 線 用 遮 断 器 (MCCB)の 焼 損 状 況 原 因 店 舗 従 業 員 が 出 社 したときに 停 電 が 生 じていた 停 電 は 主 開 閉 器 LBSによる 遮 断 動 作 (PF 溶 断 )によるもので 主 任 技 術 者 の 調 査 の 結 果 MCCB 電 源 側 で 激 しい 焼 損 が 生 じた 痕 跡 及 び 母 線 分 岐 用 銅 バーが 溶 断 し 周 囲 も 焼 損 していた 本 キュービクルは 製 造 から20 年 が 経 過 しており MCCBも 製 造 当 時 のままであった MCCB 電 源 端 子 と 取 付 けアングルとでトラッキングが 生 じ 低 圧 地 絡 から 線 間 短 絡 に 至 り アークガスが 一 瞬 で 爆 発 的 に 発 生 し 周 囲 で 線 間 短 絡 から 溶 断 焼 損 に 至 ったと 判 断 した トラッキングの 発 生 は MCCB 電 源 側 端 子 部 に 堆 積 した 粉 塵 や 埃 などが 結 露 や 湿 気 などを 吸 湿 し 経 年 劣 化 と 相 まって 絶 縁 劣 化 が 生 じたことに 起 因 したと 判 断 した 防 止 対 策 適 切 な 清 掃 メンテナンスの 重 要 性 の 説 明 励 行 とあわせ 交 換 推 奨 年 を 目 安 にした 早 目 の 更 新 を 啓 蒙 した 不 具 合 状 況 MCCB 拡 大 焼 損 MCCB 周 辺 電 源 側 端 子 部 拡 大 7

12 老 朽 化 対 策 7 変 圧 器 の 放 熱 板 からの 漏 油 状 況 変 圧 器 の 放 熱 板 ( 本 件 はパネルタイプ)の 底 部 溶 接 部 から 漏 油 していた 漏 油 部 周 辺 は かなり 錆 が 進 行 していた 本 変 圧 器 は 製 造 より27 年 が 経 過 していた 原 因 設 置 環 境 は 屋 内 の 電 気 室 ではあったが 多 湿 な 状 況 であった ことから 経 年 劣 化 による 錆 の 進 行 が 相 まった 漏 油 であると 判 断 した 防 止 対 策 交 換 推 奨 年 を 目 安 にした 早 目 の 設 備 更 新 をお 願 いした 加 えて 定 期 検 査 時 などのメンテナンスの 一 環 として 初 期 段 階 での 錆 の 補 修 実 施 を 啓 蒙 した 不 具 合 状 況 当 該 変 圧 器 放 熱 板 底 部 漏 油 箇 所 拡 大 8

13 老 朽 化 対 策 8 電 線 の 焼 損 状 況 ケーブル 終 端 接 続 部 が 焼 損 していた 原 因 ケーブル 終 端 接 続 部 に 埃 が 積 もり 長 年 の 結 露 湿 気 の 複 合 要 因 が 重 なって 絶 縁 劣 化 (トラッキング 発 生 )が 促 進 され 焼 損 に 至 った と 考 えられる 不 具 合 状 況 ケーブル 終 端 接 続 部 焼 損 ( 一 社 ) 日 本 電 力 ケーブル 接 続 技 術 協 会 配 電 用 接 続 部 の 基 礎 知 識 2014 年 改 訂 版 抜 粋 9

14 老 朽 化 対 策 9 更 新 推 奨 時 期 の 判 定 以 下 の 診 断 による 判 定 結 果 より 不 良 箇 所 のみ 更 新 する か 受 電 設 備 全 体 を 更 新 する を 判 断 する 方 法 もあります 10

15 更 新 推 奨 時 期 の 判 定 ( 一 社 ) 日 本 配 電 制 御 システム 工 業 会 JSIA-T2001 配 電 盤 の 更 新 推 奨 時 期 判 定 の 手 引 抜 粋 11

16 更 新 推 奨 時 期 の 判 定 ( 別 表 1: 判 定 シート) 12

17 13 ( 一 社 ) 日 本 配 電 制 御 システム 工 業 会 JSIA-T2001 配 電 盤 の 更 新 推 奨 時 期 判 定 の 手 引 抜 粋

18 更 新 推 奨 時 期 の 判 定 ( 別 表 2:チェックシート) 14

19 15 ( 一 社 ) 日 本 配 電 制 御 システム 工 業 会 JSIA-T2001 配 電 盤 の 更 新 推 奨 時 期 判 定 の 手 引 抜 粋

20 更 新 推 奨 時 期 の 判 定 ( 別 表 2:チェックシート) 16

21 17 ( 一 社 ) 日 本 配 電 制 御 システム 工 業 会 JSIA-T2001 配 電 盤 の 更 新 推 奨 時 期 判 定 の 手 引 抜 粋

22 2. 省 エネ 対 策 地 球 環 境 保 護 温 暖 化 防 止 への 関 心 の 高 まりから 環 境 に 優 しい 電 気 設 備 の 設 置 が 求 められております 多 数 の 機 器 類 を 搭 載 したキュービクルにおきましても 省 エネ 性 能 の 向 上 が 期 待 されております こうした 背 景 を 受 け キュービクルにおける 省 エネ 対 策 の 事 例 をご 紹 介 するため ご 提 案 として 本 資 料 を 作 成 いたしました 18

23 省 エネ 対 策 1 変 圧 器 損 失 の 改 善 内 容 効 果 長 年 使 用 した 変 圧 器 をトップランナー 変 圧 器 2014に 更 新 する と 大 きな 省 エネ 効 果 が 期 待 できます トップランナー 変 圧 器 20 14は 基 準 負 荷 率 ( 以 下 % 超 過 %)で 従 来 品 ( : 年 )に 比 べエネルギー 消 費 効 率 が % ~ % 改 善 されています 現 在 使 用 されている 大 多 数 の 変 圧 器 ( : 年 )の 平 均 実 績 に 対 して 改 善 率 で 約 %が 見 込 まれることから 極 めて 大 きな 省 エネ 効 果 を 得 ることが 出 来 ます 下 図 は 変 圧 器 容 量 ごとの 省 エネ 効 果 を 電 気 料 金 および 削 減 量 で 表 したものです 参 考 油 入 変 圧 器 で 年 間 電 気 料 金 削 減 効 果 は 千 円 ( 注 ) 上 記 はあくまで 参 考 値 を 表 します 電 力 会 社 ならびに 契 約 内 容 に よってはこの 限 りでありません

24 省 エネ 対 策 2 変 圧 器 負 荷 の 統 合 内 容 受 電 用 変 圧 器 は 最 高 効 率 となる 負 荷 率 で 運 転 することが 省 エネにつながります 例 えば 最 高 効 率 となる 負 荷 率 が 40%の 変 圧 器 2 台 を 負 荷 率 20%で 運 転 している 場 合 は 1 台 に 負 荷 をまとめることにより 省 エネが 図 れます ( 注 ) 2 系 統 の 電 源 を 使 用 し バックアップとして2 台 の 受 電 用 変 圧 器 を 設 置 している 場 合 1 台 の 変 圧 器 に 負 荷 を 集 約 すると 省 エネにはなりますがバックアップ 機 能 はなく なりますので 実 施 に 当 たっては 電 気 技 術 者 等 に 相 談 してください 効 果 既 設 変 圧 器 2 台 を1 台 に 集 約 すると 約 0.4%の 省 エネが 期 待 で きます < 節 電 効 果 > 300kVA 2 台 ( 負 荷 率 20%) 1 台 ( 負 荷 率 40%) 300 kva 負 荷 率 40% 0.4% = 0.48kW ( 一 社 ) 日 本 電 機 工 業 会 産 業 用 電 気 機 器 の 賢 い 節 電 方 法 抜 粋 20

25 省 エネ 対 策 3 力 率 改 善 その1 内 容 力 率 を100%に 近 い 状 態 で 使 用 することは 電 力 損 失 を 低 減 し 電 気 を 有 効 に 利 用 することになります また 電 力 会 社 の 電 気 料 金 は 力 率 85%を 基 準 にして これより 上 回 る 場 合 は 基 本 料 金 が 割 引 されます ( 力 率 が85%を 下 回 る 場 合 は, 基 本 料 金 を 割 増 ) このように 力 率 を 管 理 することで 電 気 料 金 が 安 くなると 共 に 電 気 を 有 効 利 用 することによって 地 球 温 暖 化 防 止 にも 貢 献 する ことになります 社 団 法 人 日 本 配 電 盤 工 業 会 発 行 受 配 電 制 御 システムハンドブック 抜 粋 効 果 一 般 的 な 力 率 改 善 の 方 法 と 効 果 は 次 のとおりです 高 圧 進 相 コンデンサ 高 圧 の 受 電 設 備 では 高 圧 側 の 母 線 に 進 相 コンデンサを 設 置 することで 力 率 の 改 善 を 図 り 基 本 料 金 の 割 引 が 得 られます この 場 合 変 圧 器 損 失 や 電 路 損 失 の 低 減 には 効 果 がありま せ んが 大 容 量 一 括 設 置 となる 場 合 が 多 いため 設 備 コスト 及 び メンテナンス 面 で 有 利 となります < 参 考 > 基 本 料 金 = 基 本 料 金 単 価 契 約 電 力 (185 力 率 )/100 ( 注 ) 上 式 は 東 京 電 力 の 高 圧 契 約 の 場 合 を 表 します 契 約 内 容 によっては この 式 に 当 てはまらないものもあります ( 一 財 ) 関 東 電 気 保 安 協 会 電 気 de 省 エネ 工 場 編 抜 粋 21

26 省 エネ 対 策 4 力 率 改 善 その2 効 果 自 動 力 率 調 整 器 自 動 力 率 調 整 器 は 負 荷 の 変 動 による 総 合 力 率 の 変 動 を 複 数 の コンデンサ 回 路 を 開 閉 することで 自 動 的 に 改 善 する 装 置 です これにより 回 路 電 圧 の 安 定 化 設 備 容 量 の 実 質 的 利 用 率 の 増 加 電 圧 変 動 高 調 波 等 による 機 器 へのダメージの 低 減 効 果 が 期 待 できます 自 動 力 率 調 整 器 < 受 電 設 備 の 自 動 力 率 調 整 器 回 路 例 > コンデンサ 設 備 低 圧 進 相 コンデンサ 高 圧 側 設 置 と 比 較 した 場 合 変 圧 器 や 電 路 の 損 失 低 減 に 効 果 があります 低 圧 負 荷 の 多 い 設 備 では 低 圧 側 に 進 相 コンデ ンサを 設 置 し 力 率 改 善 を 行 うことで 電 路 損 失 低 減 の 効 果 が 図 れます ( 一 財 ) 関 東 電 気 保 安 協 会 電 気 de 省 エネ 工 場 編 抜 粋 22

27 省 エネ 対 策 5 進 相 コンデンサ 設 備 の 更 新 内 容 現 在 使 用 されている 進 相 コンデンサ 設 備 の 中 には10 数 年 ~20 数 年 を 経 過 したものがあり 使 用 環 境 開 閉 頻 度 などにより 異 な りますがある 年 限 を 越 えますと 信 頼 度 の 減 少 傾 向 が 顕 著 になり ます こうした 進 相 コンデンサ 設 備 を 更 新 することで 高 信 頼 を 維 持 で きると 共 に 省 エネ 効 果 が 見 込 めます 効 果 < 電 力 損 失 の 低 減 による 省 エネ 効 果 例 > 70 年 代 のコンデンサ 損 失 :1W/kvar 現 行 品 のコンデンサ 損 失 :0.25W/kvar 設 備 容 量 1000kvarのコンデンサを 現 行 品 に 更 新 及 び 直 列 リアクトル を 低 損 失 タイプに 更 新 すると 更 新 前 ] コンデンサ 現 行 品 : 損 失 1kW 24h 365 日 =8,760kWh リアクトル 標 準 品 : 損 失 1.125kW 24h 365 日 =9,855kWh 計 18,615kWh 更 新 後 コンデンサ 現 行 品 : 損 失 0.25kW 24h 365 日 =2,190kWh リアクトル 低 損 失 タイプ: 損 失 0.7kW 24h 365 日 =6,132kWh 計 8,322kWh 年 間 電 力 損 失 低 減 量 =10,293kWh 現 行 品 コンデンサ 旧 式 コンデンサ(70 年 代 ) 損 失 比 較 旧 品 低 損 失 直 列 リアクトル 標 準 品 直 列 リアクトル 損 失 比 較 標 準 品 現 行 品 低 損 失 タイプ ( 株 ) 指 月 電 機 製 作 所 進 相 コンデンサ 設 備 の 更 新 の 御 奨 め 抜 粋 23

28 省 エネ 対 策 6 内 容 デマンド 監 視 基 本 料 金 は 契 約 電 力 によって 決 まりますが この 契 約 電 力 は デマンド 値 を 基 準 にしています 電 力 会 社 は 基 本 料 金 を 決 めるために 30 分 ごとに 平 均 使 用 電 力 を 計 っています この 値 が デマンド 値 です ( 図 1) この デマンド 値 が 一 番 大 きいときの 値 を 契 約 電 力 としてます ( 図 2) 従 って 最 大 デマンド 値 を 抑 えることができれば 基 本 料 金 その ものを 低 くすることができます デマンド 監 視 するにはデマンド 監 視 装 置 を 使 用 します デマンド 監 視 装 置 は 電 気 の 使 用 量 を 常 時 監 視 し 管 理 目 標 として 設 定 された 値 を 超 過 しないように 警 報 や 画 面 表 示 で 管 理 する 装 置 で す 電 力 使 用 量 が 見 える 化 され 電 気 料 金 が 削 減 できるだけ でなくCO2 削 減 により 地 球 温 暖 化 対 策 にも 貢 献 します ( 図 1) ( 図 2) ( 一 財 ) 関 東 電 気 保 安 協 会 電 気 de 省 エネ 工 場 編 抜 粋 効 果 デマンド 監 視 装 置 の 導 入 による 効 果 は 次 のとおりです 契 約 電 力 値 を 超 過 しない 管 理 により 契 約 超 過 金 の 節 約 契 約 電 力 値 の 下 方 修 正 更 改 により 基 本 料 金 の 節 約 契 約 電 力 値 や 設 備 容 量 を 据 え 置 いたままで ある 範 囲 の 負 荷 の 増 設 が 可 能 増 設 に 関 わる 諸 費 用 と 基 本 料 金 の 節 約 管 理 レベルの 抑 制 による 使 用 電 力 量 の 低 減 による 省 エネ 化 電 力 の 使 用 状 況 が 正 確 に 把 握 できることで 継 続 的 な 改 善 に 有 効 社 団 法 人 日 本 配 電 盤 工 業 会 発 行 受 配 電 制 御 システムハンドブック 抜 粋 24

29 3. 耐 震 対 策 震 災 に 伴 う 被 害 状 況 を 受 けて キュービクルの 耐 震 性 能 向 上 が 求 め られております こうした 背 景 を 受 け 長 期 間 安 定 してより 安 全 にご 使 用 いただくため に 機 器 の 更 新 を 含 めた 適 切 な 設 計 施 工 保 持 点 検 及 び 耐 震 性 能 を ご 確 認 いただくためのご 提 案 として 本 資 料 を 作 成 いたしました 25

30 耐 震 対 策 1 内 容 適 切 な 施 工 ~アンカーボルト 過 去 に 設 置 されたキュービクルで アンカーボルトによる 施 工 がされていない もしくは 簡 易 的 な 基 礎 やアンカーボルト による 施 工 のものは 地 震 の 大 きな 揺 れによりキュービクル の 破 損 につながります 基 礎 の 変 形 基 礎 の 破 損 (- 社 ) 日 本 電 気 協 会 関 東 支 部 発 行 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 による 自 家 用 電 気 工 作 物 の 被 害 状 況 及 び 対 策 方 針 抜 粋 対 策 適 切 な 強 度 を 有 した 基 礎 に アンカーボルト 等 で 堅 固 に 取 り 付 ける 必 要 があります 26

31 耐 震 対 策 2 内 容 適 切 な 施 工 ~ 変 圧 器 の 据 付 重 量 物 の 変 圧 器 等 を 固 定 するベースは 十 分 な 強 度 を 有 する 必 要 があります 十 分 な 強 度 を 有 していないと 地 震 の 過 大 な 荷 重 によるベース 部 の 破 損 等 が 起 こり 重 量 機 器 の 移 動 転 倒 等 による 電 線 破 断 事 故 の 発 生 原 因 となります ベースの 変 形 (- 社 ) 日 本 電 気 協 会 関 東 支 部 発 行 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 による 自 家 用 電 気 工 作 物 の 被 害 状 況 及 び 対 策 方 針 抜 粋 対 策 一 例 として 変 圧 器 の 固 定 をC 形 金 具 等 の 機 材 にて 行 う 場 合 金 具 固 定 用 ボルトに 曲 げ 応 力 がかからないように ボ ルトは 固 定 される 側 と 密 着 させるのが 望 ましい 27

32 耐 震 対 策 3 内 容 適 切 な 施 工 ~ 変 圧 器 防 振 ゴム 変 圧 器 に 防 振 ゴムを 設 ける 場 合 地 震 による 過 大 な 変 位 を 抑 制 するストッパ 機 能 を 有 していないと ゴム 部 の 破 損 や 変 圧 器 の 揺 れ 過 ぎにより 配 線 が 破 断 してしまう 可 能 性 が 高 くな ります 防 振 ゴムの 破 損 (- 社 ) 日 本 電 気 協 会 関 東 支 部 発 行 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 による 自 家 用 電 気 工 作 物 の 被 害 状 況 及 び 対 策 方 針 抜 粋 対 策 防 振 による 衝 撃 に 十 分 耐 えうる 強 度 を 有 する 耐 震 ストッパー 付 の 防 振 ゴムを 変 圧 器 と 堅 固 に 取 り 付 けることで 防 振 ゴム の 破 損 をより 軽 減 できます 防 振 ゴム 28

33 耐 震 対 策 4 内 容 適 切 な 施 工 ~ 配 線 の 余 長 変 圧 器 の 配 線 に 十 分 な 余 長 が 設 けられていないことで 地 震 による 過 大 な 変 位 により 電 線 の 破 断 や 機 器 端 子 部 が 変 形 破 損 する 事 象 が 見 られました 端 子 台 の 破 損 電 線 圧 着 端 子 部 の 変 形 対 策 JEM-TR252 配 電 用 変 圧 器 の 変 位 量 抑 制 指 針 に 定 めら れた 変 圧 器 の 振 れ 幅 を 満 足 する 十 分 な 余 長 を 設 けたり 変 圧 器 の 振 れを 抑 制 する 構 造 を 設 けることで 電 線 の 破 断 や 端 子 部 の 変 形 等 をより 軽 減 することができます 余 長 を 設 けた 配 線 ( 一 社 ) 日 本 配 電 制 御 システム 工 業 会 発 行 JSIA-T1018 配 電 盤 類 の 耐 震 設 計 マニュアル 抜 粋 29

34 耐 震 対 策 5 内 容 適 切 な 施 工 ~ 変 圧 器 の 振 れ 幅 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 において 地 震 の 大 きな 揺 れにより 筐 体 と 変 圧 器 とが 接 触 してしまい 筐 体 が 破 損 する 事 象 が 見 られました 対 策 筐 体 の 破 損 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 被 害 状 況 を 受 け 変 圧 器 本 体 の 強 化 と 変 圧 器 の 振 れ 幅 に 関 する 基 準 を 設 けたJEM-TR252 配 電 用 変 圧 器 の 変 位 量 抑 制 指 針 が 発 行 されました これより 地 震 による 変 圧 器 の 振 れ 幅 等 を 考 慮 した 構 造 設 計 の 見 直 しや 筐 体 と 変 圧 器 との 相 対 変 位 量 を 抑 制 する 構 造 等 を 設 けることで 耐 震 性 能 の 向 上 を 図 ることができます 振 れ 止 め 構 造 一 例 ( 一 社 ) 日 本 電 機 工 業 会 JEM- TR252 配 電 用 変 圧 器 の 変 位 量 抑 制 指 針 抜 粋 30

35

36 参 考 文 献 日 本 工 業 標 準 調 査 会 審 議 ( 日 本 規 格 協 会 発 行 ) JIS C 4620 キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 2004 年 版 一 般 財 団 法 人 関 東 電 気 保 安 協 会 発 行 電 気 設 備 の 更 新 電 気 de 省 エネ 工 場 編 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 発 行 何 故 産 業 事 故 は 起 きているのでしょうか? 汎 用 高 圧 機 器 の 更 新 のおすすめ 高 低 圧 電 気 機 器 保 守 点 検 のおすすめ 産 業 用 電 気 機 器 の 賢 い 節 電 方 法 JEM-TR 252 配 電 用 変 圧 器 の 変 位 量 抑 制 指 針 一 般 社 団 法 人 日 本 配 電 制 御 システム 工 業 会 発 行 JSIA-T2001 配 電 盤 の 更 新 推 奨 時 期 判 定 の 手 引 JSIA-T1018 配 電 盤 類 の 耐 震 設 計 マニュアル 受 配 電 制 御 システムハンドブック 一 般 社 団 法 人 日 本 電 力 ケーブル 接 続 技 術 協 会 発 行 配 電 用 接 続 部 の 基 礎 知 識 2014 年 改 訂 版 株 式 会 社 指 月 電 機 製 作 所 発 行 進 相 コンデンサ 設 備 の 更 新 の 御 奨 め 一 般 社 団 法 人 日 本 電 気 協 会 関 東 支 部 発 行 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 による 自 家 用 電 気 工 作 物 の 被 害 状 況 及 び 対 策 方 針 この 技 術 資 料 の 作 成 に 関 与 された 委 員 事 務 局 の 氏 名 は 次 の 通 りである( 敬 称 略 ) キュービクル 技 術 部 会 主 査 大 竹 幸 光 日 東 工 業 ( 株 ) 委 員 外 川 祥 彦 河 村 電 器 産 業 ( 株 ) 委 員 久 野 誠 二 日 東 工 業 ( 株 ) 委 員 山 田 真 義 河 村 電 器 産 業 ( 株 ) 委 員 林 卓 也 内 外 電 機 ( 株 ) 委 員 槙 田 英 範 テンパール 工 業 ( 株 ) 事 務 局 近 藤 正 盤 標 準 化 協 議 会 盤 標 準 化 協 議 会 発 行 所 キュービクル 技 術 部 会 名 古 屋 市 中 区 新 栄 二 丁 目 2 番 1 号 イノフィスビル 9 階 一 般 社 団 法 人 日 本 配 電 制 御 システム 工 業 会 中 部 支 部 内 U R L :

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 日 立 受 配 電 機 器 リニューアルの ご 提 案 アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 熱 劣 化 により 電 磁 機 械 力 に

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機 照 明 から 始 めるECO 改 革 省 エネLED 照 明 環 境 を 守 るため 未 来 を 照 らすクリーンな 照 明 です Miyu 株 式 会 社 ミュウテック 1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の

More information

Ⅰ 第 6 章 公 共 施 等 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1. 公 共 施 公 共 施 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 管 理 は, 図 表 6-1 に 示 す 通 り, 概 ね4つの 段 階 で 構 成 され, 中 長 期 保 全 計 画 を 策 定 実 行 することにあります まず, 実 態 把 握 として, 構 造 躯 体 の 健 全 性 を 把 握 することで

More information

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再 5.6 築 地 市 場 を 中 心 としたエネルギー 供 給 システムの 提 案 5.6.1 築 地 市 場 をめぐる 動 向 (1) 現 状 の 築 地 市 場 の 問 題 点 東 京 都 築 地 市 場 の 現 状 の 問 題 点 としては 1 施 設 の 老 朽 化 ( 開 設 以 来 60 年 ) 2 市 場 内 の 交 通 の 混 雑 があげられる これらの 問 題 は 再 整 備 により

More information

青少年教育施設の施設管理者点検マニュアル 25ページ~32ページ

青少年教育施設の施設管理者点検マニュアル 25ページ~32ページ 外 部 建 具 1 窓 開 閉 動 作 は 良 好 か 雨 水 の 浸 入 や 結 露 水 があふれた 痕 はないか 方 法 頻 度 の 種 類 目 視 触 診 日 常 事 後 保 全 劣 化 スチー 製 又 は 木 製 のサッシに 著 しい 腐 食 開 閉 不 良 がないか 確 認 する 窓 の 下 部 に 雨 水 の 侵 入 や 結 露 水 が 室 内 にあふれた 等 の 痕 跡 がないか 確

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478> 名 古 屋 大 学 エネルギーマネジメント 研 究 検 討 会 平 成 27 年 度 エネルギーに 関 する 文 理 融 合 研 究 合 同 成 果 報 告 会 第 11 回 名 大 発 - 省 エネ 推 進 と 地 球 温 暖 化 防 止 省 エネ 法 等 に 係 る 最 近 の 動 向 平 成 28 年 3 月 16 日 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 文 教 施 設 企 画 部 参 事 官

More information

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する 資 料 4-4 ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 定 める 際 の 留 意 点 1. 総 論 平 成 28 年 5 月 経 済 産 業 省 ガス 安 全 室 モデル 保 安 業 務 規 程 は ガス 事 業 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 51 号 ) 第 160 条 第 1 項 の 規 定 により ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 作 成 するに

More information

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9 製 品 仕 様 書 PLS (Plasma Lighting System) 投 光 灯 (PSF1871A) 2015. 4 目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx)

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx) 会 社 説 明 会 資 料 2013 年 3 月 1 日 地 域 とともに 地 域 のために 証 券 コード 9511 沖 縄 電 力 の 概 要 当 社 の 特 徴 広 大 な 海 域 に 点 在 する 沖 縄 本 島 および37 37の の 島 々に 電 力 を 供 給 沖 縄 県 の 発 展 とともに 今 後 も 成 長 本 土 と 送 電 線 が 繋 がっていない 単 独 系 統 のため ため

More information

鋼 橋 の 損 傷 1 腐 食 2 疲 労 2

鋼 橋 の 損 傷 1 腐 食 2 疲 労 2 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 道 路 の 老 朽 化 対 策 に 関 する 講 演 会 道 路 橋 の 劣 化 損 傷 と 対 策 - 既 設 橋 の 主 な 損 傷 と 対 応 の 考 え 方 - 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 構 造 物 メンテナンス 研 究 センター(CAESAR) 鋼 橋 の 損 傷 1 腐 食 2 疲 労 2 鋼 橋 の 損 傷 ~1

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用] 特 定 建 築 物 における 加 湿 について 東 京 都 特 別 区 第 4ブロック 平 成 19 年 度 ビル 衛 生 管 理 講 習 会 平 成 20 年 1 月 31 日 本 日 の 内 容 1 加 湿 の 必 要 性 2 湿 度 不 足 の 原 因 対 応 3 加 湿 器 の 維 持 管 理 4 加 湿 器 リニューアル 事 例 空 気 調 和 と 加 湿 器 空 気 調 和 とは 温 度

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

Microsoft PowerPoint - 技術発表会2009保全?ver0825

Microsoft PowerPoint - 技術発表会2009保全?ver0825 鋼 橋 の 維 持 管 理 に 配 慮 した 設 計 施 工 の 留 意 点 ~ 過 去 の 補 修 補 強 事 例 からのフィードバック ~ 日 本 橋 梁 建 設 協 会 保 全 委 員 会 保 全 技 術 小 委 員 会 1 目 次 (1/2) 弱 点 を 知 って 設 計 施 工 に 留 意 しよう! 最 も 損 傷 事 例 が 多 いのはここだ! 昔 の 橋 はこんなところに 注 意! 今

More information

エコアクション21

エコアクション21 エコアクション 21 - 環 境 活 動 レポート - 平 成 25 年 版 ( 第 五 号 ) ( 平 成 25 年 5 月 ~ 平 成 26 年 4 月 ) 平 成 26 年 5 月 26 日 認 証 登 録 番 号 0005547 株 式 会 社 トップ 1 / 12 事 業 の 概 要 事 業 所 名 及 び 代 表 者 氏 名 株 式 会 社 トップ 代 表 取 締 役 髙 安 紀 足 所

More information

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成 合 同 宿 舎 の 維 持 整 備 について 昭 和 44 年 2 月 24 日 蔵 理 第 643 号 改 正 昭 和 46 年 10 月 20 日 蔵 理 第 4554 号 同 52 年 6 月 10 日 同 第 2513 号 同 56 年 6 月 24 日 同 第 2538 号 平 成 元 年 4 月 1 日 同 第 1668 号 同 4 年 6 月 19 日 同 第 2379 号 同 26

More information

スライド 1

スライド 1 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 総 合 部 会 第 1 回 会 合 参 考 資 料 1-4 我 が 国 のエネルギー 情 勢 4 < 消 費 > 平 成 25 年 3 月 15 日 資 源 エネルギー 庁 目 次 < 最 近 の 環 境 変 化 > 1. 東 日 本 大 震 災 と 東 電 福 島 原 発 事 故 2. 国 際 情 勢 の 変 化 3. 安 定 供 給 不 安 4. エネルギーコストの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8251817C8252817A32303135944E82CC93738E73834B83588E968CCC82C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8251817C8252817A32303135944E82CC93738E73834B83588E968CCC82C982C282A282C42E646F63> 2015 年 の 都 市 ガス について 資 料 2-3 平 成 28 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 ガ ス 安 全 室 ガス 事 業 法 第 46 条 の 規 定 に 基 づき 都 市 ガス 事 業 者 ( 一 般 ガス 事 業 者 及 び 簡 易 ガス 事 業 者 )が 各 産 業 保 安 監 督 部 に 対 して 行 った 2015 年 の 報 告 を 集 計 し 要 因 分 析

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

1041297.xls

1041297.xls 地 球 温 暖 化 対 策 計 画 書 ( 提 出 先 ) 横 浜 市 長 平 成 年 1 月 1 日 住 所 東 京 都 中 央 区 銀 座 六 丁 目 17 番 1 号 株 式 会 社 読 売 新 聞 東 京 本 社 氏 名 代 表 取 締 役 社 長 老 川 祥 一 ( 法 人 の 場 合 は 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) 横 浜 市 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

Microsoft PowerPoint - JSIA講習会スイッチギヤ2011-07-19.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - JSIA講習会スイッチギヤ2011-07-19.ppt [互換モード] 社 団 法 人 日 本 配 電 制 御 システム 工 業 会 / 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 技 術 交 流 会 JEM 1425 ( 金 属 閉 鎖 形 スイッチギヤ 及 びコントロールギヤ ) 第 4 回 (2011 年 版 ) 改 正 のポイント 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 スイッチギヤ 技 術 専 門 委 員 会 東 京 ( 蜂 須 賀 清 )

More information

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ 1-7483-21 Instruction Manual ELECTRIC ASPIRATOR アスピレータ GAS-1 取 扱 説 明 書 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました

More information

目 次 Ⅰ.すべての 機 器 ユーザーの 皆 様 へ 1. 背 景 2 2. 簡 易 点 検 について 2 3. 手 引 きの 内 容 3 4.ビル 用 マルチエアコン 店 舗 用 パッケージエアコン 例 4 Ⅱ. 簡 易 点 検 ( 漏 えいチェック)の 方 法 1.ビル 用 マルチエアコン 5

目 次 Ⅰ.すべての 機 器 ユーザーの 皆 様 へ 1. 背 景 2 2. 簡 易 点 検 について 2 3. 手 引 きの 内 容 3 4.ビル 用 マルチエアコン 店 舗 用 パッケージエアコン 例 4 Ⅱ. 簡 易 点 検 ( 漏 えいチェック)の 方 法 1.ビル 用 マルチエアコン 5 業 務 用 冷 凍 空 調 機 器 ユーザーによる 簡 易 点 検 の 手 引 き 改 正 フロン 法 対 応 (フロン 類 の 漏 えい 点 検 ) 業 務 用 エアコン 編 目 次 Ⅰ.すべての 機 器 ユーザーの 皆 様 へ 1. 背 景 2 2. 簡 易 点 検 について 2 3. 手 引 きの 内 容 3 4.ビル 用 マルチエアコン 店 舗 用 パッケージエアコン 例 4 Ⅱ. 簡 易

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63>

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63> 静 岡 県 土 木 施 設 長 寿 命 化 計 画 下 水 道 管 路 ガイドライン 平 成 21 年 3 月 建 設 部 都 市 局 生 活 排 水 室 はじめに 本 ガイドラインは 静 岡 県 土 木 部 ( 当 時 )が 平 成 15 年 度 にとりまとめた 土 木 施 設 長 寿 命 化 行 動 方 針 ( 案 ) を 受 け 県 が 管 理 している 流 域 下 水 道 幹 線 をはじめとする

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825481408BF392B282CC8FC88347836C82C982C282A282C481698A6D92E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825481408BF392B282CC8FC88347836C82C982C282A282C481698A6D92E8816A2E646F63> 資 料 5 空 調 の 省 エネについて 1 課 題 店 舗 の 空 調 は 設 備 のエネルギー 消 費 割 合 が 高 く 快 適 な 空 間 を 提 供 するこ とを 目 的 とするため その 調 整 は 消 費 者 従 業 員 にとって 影 響 が 大 きい 分 野 である そのため 東 京 都 にも 意 見 が 寄 せられている 都 民 の 声 ( 再 掲 ) 1 開 口 部 について 1

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

< E9197BF CF68BA48C9A927A95A892B78EF596BD89BB82C98CFC82AF82BD8EC08E7B95FB906A2E786477>

< E9197BF CF68BA48C9A927A95A892B78EF596BD89BB82C98CFC82AF82BD8EC08E7B95FB906A2E786477> 資 料 1 公 共 建 築 物 長 寿 命 化 に 向 けた 実 施 方 針 2013( 平 成 25) 年 3 月 財 政 局 資 産 運 用 課 目 次 第 1 章 長 寿 命 化 の 目 的 と 方 向 性 1 背 景...3 2 長 寿 命 化 の 必 要 性...4 3 実 施 方 針 の 対 象...7 4 長 寿 命 化 の 方 向 性...8 5 目 標 耐 用 年 数...8 6

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 7- ガススマートメーターへの 取 組 み 平 成 24 3 月 2 日 一 般 社 団 法 人 日 本 ガス 協 会 ガス 業 界 全 体 としてのこれまでの 取 り 組 み マイコンメーターの 開 発 ~ 普 及 通 信 機 能 付 き 膜 式 メーターの 導 入 新 型 メーターの 仕 様 統 一 等 ガス 業 界 においては これまで 様 々な 取 組 みを 業 界 全 体 として

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

環 境 目 標 成 に 努 め 廃 棄 物 の 再 資 源 化 グリーン 調 達 環 境 関 連 法 規 の 環 境 会 計 スト 回 収 商 品 処 分 などの 上 下 流 コストに20% 使 用 し てい 遵 守 などの 目 標 は 達 成 しました 今 後 は 中 期 目 標 を 2010 年

環 境 目 標 成 に 努 め 廃 棄 物 の 再 資 源 化 グリーン 調 達 環 境 関 連 法 規 の 環 境 会 計 スト 回 収 商 品 処 分 などの 上 下 流 コストに20% 使 用 し てい 遵 守 などの 目 標 は 達 成 しました 今 後 は 中 期 目 標 を 2010 年 環 境 理 念 環 境 方 針 私 たちは お 客 様 第 一 主 義 の 経 営 理 念 のもと 経 皮 吸 収 型 貼 付 剤 を 中 心 とした 医 薬 品 の 提 供 を 通 じて 貼 って 手 当 てすることの 良 さ を 伝 えながら 世 界 中 の 人 々の 健 康 づくりに 積 極 的 に 取 り 組 んできました 地 球 環 境 の 保 全 に 貢 献 することは 当 社 の 経

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

1. 地 震 に 伴 う 電 気 火 災 発 生 等 の 状 況 (1) (1) 電 気 火 災 の 発 生 状 況 と 想 定 等 阪 神 淡 路 大 震 災 において85 件 の 電 気 火 災 が 報 告 されているが その 内 電 気 用 品 ( 移 動 可 能 な 電 熱 器 ( 電 気

1. 地 震 に 伴 う 電 気 火 災 発 生 等 の 状 況 (1) (1) 電 気 火 災 の 発 生 状 況 と 想 定 等 阪 神 淡 路 大 震 災 において85 件 の 電 気 火 災 が 報 告 されているが その 内 電 気 用 品 ( 移 動 可 能 な 電 熱 器 ( 電 気 資 料 1 自 然 災 害 ( 地 震 ) 時 における 電 気 火 災 防 止 への 対 応 について 平 成 26 年 5 月 14 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 1. 地 震 に 伴 う 電 気 火 災 発 生 等 の 状 況 (1) (1) 電 気 火 災 の 発 生 状 況 と 想 定 等 阪 神 淡 路 大 震 災 において85 件 の 電 気 火 災 が 報

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

第 4 小 水 力 等 発 電 導 入 について 1 県 全 体 の 発 電 導 入 の 取 組 の 考 え 方 (1) 導 入 可 能 性 調 査 県 は 農 業 水 利 施 設 管 理 者 である 土 地 改 良 区 等 ( 以 下 施 設 管 理 者 という ) から 発 電 設 備 導 入

第 4 小 水 力 等 発 電 導 入 について 1 県 全 体 の 発 電 導 入 の 取 組 の 考 え 方 (1) 導 入 可 能 性 調 査 県 は 農 業 水 利 施 設 管 理 者 である 土 地 改 良 区 等 ( 以 下 施 設 管 理 者 という ) から 発 電 設 備 導 入 秋 田 県 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 マスタープラン 第 1 策 定 の 趣 旨 このマスタープランは 秋 田 県 における 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 設 備 の 計 画 的 な 設 置 を 推 進 するため 発 電 設 備 の 導 入 可 能 性 が 高 い 農 業 水 利 施 設 への 設 備 設 置 に 必 要 な

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

youshiki a(茨城県)_20140708

youshiki a(茨城県)_20140708 申 請 資 料 (1/5) 表 紙 ( 概 要 ) 登 録 No. a-14047 A-1 の 区 分 名 称 キャッチコヒ ー 1. 工 法 2. 機 械 3. 材 料 4. 製 品 5.その 他 1 現 場 仮 設 ソーラーシステムハウス( 災 害 対 応 型 ) 電 気 工 事 が 不 要 で 設 置 後 すぐに 使 用 可 能 安 全 迅 速 のシンプルハウス エコ&クリーンシステムで 環

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc 第 3 種 電 力 第 2 回 A 問 題 ( 配 点 は1 問 題 当 たり5 点 ) 問 1 最 大 使 用 水 量 20[m 3 /s], 総 落 差 110[m], 損 失 落 差 10[m]の 水 力 発 電 所 がある. 年 平 均 使 用 水 量 を 最 大 使 用 水 量 の65[%]とするとき,この 発 電 所 の 年 間 発 電 電 力 量 [GWh]の 値 として, 最 も 近

More information

目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化 の 内 訳 P8 3.

目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化 の 内 訳 P8 3. 資 料 4 託 送 供 給 等 約 款 申 請 の 概 要 平 成 2 7 年 9 月 4 日 北 陸 電 力 株 式 会 社 目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化

More information

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文)

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文) 2014 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 に 関 する 機 関 投 資 家 アナリスト 向 け 説 明 会 ご 説 明 内 容 開 催 日 :2013 年 10 月 31 日 スピーカー: 常 務 執 行 役 村 松 衛 はじめに 当 社 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 2 年 7 ヵ 月 余 りが 経 過 いたしましたが 汚 染 水 問 題 をはじめ 今 なお 発 電 所 周

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

琵琶湖流域下水道

琵琶湖流域下水道 琵 琶 湖 流 域 下 水 道 ストックマネジメントガイドライン 概 要 版 平 成 21 年 7 月 滋 賀 県 琵 琶 湖 環 境 部 下 水 道 課 はじめに 我 が 国 のインフラの 多 くは 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 期 に 整 備 され 現 在 では 膨 大 なストックを 有 するに 至 っている それらのストックは 年 々 劣 化 し 修 繕 や 改 築 のコストの 増 大

More information

「指定管理者制度運用ガイドライン(素案)」についての意見

「指定管理者制度運用ガイドライン(素案)」についての意見 維 持 保 全 の 手 引 平 成 25 年 3 月 建 築 局 保 全 推 進 課 財 政 局 公 共 施 設 事 業 調 整 課 目 次 1 はじめに 1 2 維 持 保 全 業 務 の 基 本 方 針 1 3 施 設 関 係 者 の 役 割 2 4 維 持 保 全 の 実 施 (1) 維 持 保 全 とは 2 (2) 維 持 保 全 の 内 容 把 握 の 重 要 性 2 (3) 維 持 保

More information

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc)

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc) 中 津 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 大 分 県 中 津 市 ( 平 成 27 年 3 月 ) 目 次 第 1 章 総 則 1. 目 的 2. 位 置 付 け 3. 計 画 期 間 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の 現 状 3. 耐 震 改 修 等 の 目 標

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション マンションの 安 全 と 維 持 管 理 ~ 定 期 報 告 を 活 用 しよう~ 株 式 会 社 柴 田 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 柴 田 成 文 マンションの 安 全 と 維 持 管 理 1. 定 期 報 告 の 目 的 概 要 2. 主 な 点 検 項 目 ( 指 摘 事 項 )と 改 善 方 法 の 紹 介 3. 長 期 修 繕 計 画 等 への 反 映 1. 定 期

More information

P1表紙

P1表紙 Produced by 株 式 会 社 エムズアソシエイツ 工 務 店 R 自 然 素 材 のシンプルデザイン + 次 世 代 省 エネ 基 準 を 大 幅 に 上 回 る 高 性 能 今 の 住 まいに 求 められるものを 全 て 妥 協 なく 実 現 しました < 健 康 素 材 デザイン 省 エネ 性 能 耐 震 性 能 適 正 価 格 保 証 > こみこみ 引 き 渡 し 価 格 (ECO)

More information

P1表紙

P1表紙 Produced by 株 式 会 社 エムズアソシエイツ 工 務 店 R 自 然 素 材 の シンプルデザイン 本 当 によいデザインとは デコレーションの 引 き 算 だと 思 います シンプルを 極 めながら 素 材 のもつテクスチャーや 機 能 を 最 大 限 に 引 き 出 し 住 宅 の 使 命 である 家 族 の 健 康 と 笑 顔 を 守 る ことをちゃんと 考 えた 住 宅 です

More information

●14_b02_KC堺サイトレポート●(141001) (2)1017-0127改.xls

●14_b02_KC堺サイトレポート●(141001) (2)1017-0127改.xls 1. 事 業 概 要 住 所 5928332 堺 市 西 区 石 津 西 町 142 従 業 員 数 ( 協 力 会 社 ) 168(9) 名 (H26(2014).4.1 現 在 ) 敷 地 面 積 事 業 内 容 27600m2 堺 工 場 ( 開 発 部 品 質 保 証 部 生 産 技 術 部 管 更 生 事 業 ユニット 含 む) 塩 ビ 管 継 手 ポリエチレン 管 継 手 の 製 造 主

More information

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 資 料 2 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) と 原 子 力 発 電 について 平 成 26 年 10 月 資 源 エネルギー 庁 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 電 力 システム 改 革 の 目 的 2 1. 安 定 供 給 を 確 保 する 震 災 以 降 多 様 な 電 源 の 活 用 が 不 可 避 な 中 で 送 配 電 部 門 の 中 立 化

More information

本文.indd

本文.indd 環 境 基 本 計 画 では 区 地 域 特 性 や 環 境 課 題 等 を 踏 まえ 計 画 目 標 を 達 成 するうえで 的 かつ 計 画 的 な 展 開 を 図 っていく 必 要 ある 主 要 なテーマを として 推 進 して います ここでは つ 状 況 について 報 告 します 地 勢 視 1 区 民 や 事 業 者 と 協 働 に より 推 進 すべきも 設 定 つ 視 視 2 先 導

More information

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊 地 域 の 環 境 保 全 と 循 環 型 社 会 づくり に 貢 献 します!! NEDO 新 エネルギーフィールドテスト 事 業 浮 遊 外 熱 式 高 カロリーガス 化 システム 設 置 風 景 2009 年 3 月 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929の2 ( 有 ) 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター TEL 0942-83-4069 ( 代 表 ) ホームページアドレス http://www.tosukan.co.jp

More information

平成23年度事業計画書(案)

平成23年度事業計画書(案) 平 成 26 年 度 書 1. 各 WG における について さいたま 市 地 球 温 暖 化 対 策 地 域 協 議 会 において 平 成 26 年 度 に 実 施 予 定 の は さいたま 市 地 球 温 暖 化 対 策 実 行 計 画 ( 区 域 施 策 編 ) に 位 置 づけられている の 体 系 に 基 づき 各 ワーキンググループ( 以 下 WG とする )が 次 のような を 企 画

More information

堆堆堆

堆堆堆 メリット-1 についての 解 説 エアコン 内 部 に 堆 積 した 汚 れは 熱 交 換 効 率 を 下 げ それを 補 うためにエアコンは 長 時 間 運 転 を 続 けてし まいます そのため 必 要 以 上 に 電 気 を 使 ってしまうのです エアコン 洗 浄 による 省 エネ 効 果 の 実 証 例 実 施 施 設 : 都 内 某 居 酒 屋 のエアコン 2 系 統 各 4 台 計 8

More information

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設 建 設 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 この 仕 様 書 は 新 居 浜 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 発 注 する 下 記 の 業 務 に 関 して 受 注 者 が 当 該 業 務 を 履 行 するために 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 1 業 務 概 要 1.1 委 託 業 務 名 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

表 2 河 川 管 理 施 設 の 種 類 及 び 設 置 数 ( 単 位 : 施 設 ) 区 分 種 類 設 置 数 堰 103 ゲート 施 設 水 門 309 地 方 整 備 局 等 樋 門 樋 管 等 8,993 ポンプ 施 設 排 水 機 場 425 揚 水 機 場 浄 化 機 場 等 78

表 2 河 川 管 理 施 設 の 種 類 及 び 設 置 数 ( 単 位 : 施 設 ) 区 分 種 類 設 置 数 堰 103 ゲート 施 設 水 門 309 地 方 整 備 局 等 樋 門 樋 管 等 8,993 ポンプ 施 設 排 水 機 場 425 揚 水 機 場 浄 化 機 場 等 78 (5) 河 川 管 理 施 設 ア 河 川 管 理 施 設 の 現 状 現 状 (ア) 河 川 管 理 施 設 の 種 類 設 置 数 等 河 川 は 河 川 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 167 号 ) 第 3 条 第 1 項 に 基 づき 一 級 河 川 ( 指 定 区 間 指 定 区 間 外 ) 及 び 二 級 河 川 に 区 分 され 河 川 管 理 施 設 を 含 むも のとされている

More information

Microsoft Word - 答申本文.doc

Microsoft Word - 答申本文.doc 第 3 章 窒 素 酸 化 物 対 策 の 環 境 改 善 効 果 予 測 1 対 策 効 果 予 測 について 第 2 章 で 検 討 した 更 なる 対 策 について 対 策 の 実 施 による 将 来 の NOx 排 出 量 や 環 境 濃 度 の 低 減 効 果 等 を 把 握 することは 対 策 を 進 めていく 上 で 重 要 な 根 拠 となる そのため 第 1 章 -3で 設 定 した

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日 2014 年 度 環 境 活 動 レポート 2014 年 3 月 ~2015 年 2 月 株 式 会 社 三 松 製 作 所 認 証 登 録 番 号 0006406 作 成 日 2016 年 5 月 17 日 承 認 日 2016 年 5 月 18 日 作 成 者 環 境 管 理 責 任 者 高 橋 毅 承 認 者 代 表 取 締 役 高 橋 慎 一 1 / 6 1. 組 織 の 概 要 2. 対

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

Microsoft Word 秋田報告書3章

Microsoft Word 秋田報告書3章 第 3 章 学 校 施 設 の 老 朽 化 状 況 の 把 握 1. 構 造 躯 体 の 健 全 性 の 把 握 29 第 3 章 学 校 施 設 の 老 朽 化 状 況 の 把 握 1. 構 造 躯 体 の 健 全 性 の 把 握 老 朽 化 状 況 の 把 握 フロー 老 朽 化 状 況 は 1 躯 体 の 健 全 性 調 査 と2 躯 体 以 外 の 劣 化 状 況 調 査 の2つに 分 けて

More information

Microsoft Word - 事業所モニター公募要綱120711(最終)

Microsoft Word - 事業所モニター公募要綱120711(最終) 宮 古 島 市 全 島 エネルギーマネジメントシステム(EMS) 実 証 事 業 ~ すまエコ プロジェクト~ 事 業 所 モニター 募 集 要 綱 平 成 24 年 7 月 宮 古 島 市 役 所 エコアイランド 推 進 課 目 次 1. 経 緯 1 2. 事 業 所 モニターの 皆 様 方 に 取 って 頂 きたいアクションとメリット 2 1)アクション 2)メリット 3. 応 募 条 件 について

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72 3 第 章 この 章 の 要 点 施 設 の 改 築 改 修 経 費 1 平 成 22 年 ごろから 建 築 後 5 年 の 耐 用 年 数 を 迎 える 施 設 が 増 えてきます 2 小 中 学 校 の 耐 震 改 修 工 事 は 改 築 対 象 になったもの 以 外 は 平 成 24 年 度 に 完 了 する 予 定 です 3 小 中 学 校 の 改 築 経 費 を 想 定 すると 平 成 21

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被

目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 岡 山 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 1 月 岡 山 県 目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 の 状 況 4

More information

untitled

untitled . 低 コスト 木 造 化 のためのチェックポイントと 解 説 1 建 設 費 以 外 のコスト 評 価 ここでは 建 設 費 以 外 のコスト 評 価 におけるチェックポイントを5つ 挙 げ 解 説 します 1) 県 産 材 利 用 の 助 成 制 度 1. 教 育 福 祉 関 連 施 設 建 設 費 の 補 助 を 利 用 岐 阜 県 の 木 の 香 る 快 適 な 教 育 施 設 等 整 備

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24 平 成 24 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 の 概 要 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) Ⅰ. 暮 らしの 安 全 安 心 確 保 関 連 税 制 1. 住 まいの 質 の 向 上 無 理 のない 負 担 での 住 宅 の 確 保 等 1 新 築 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 ( 戸 建 て3 年 間 マンション5 年 間 1/2)を2 年 間 延 長 2

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

打 てなくなり 血 液 を 送 り 出 す 心 室 が 細 動 を 起 こし 極 めて 危 険 な 状 態 となり 死 亡 することが 多 い このときの 電 流 を 特 に 心 室 細 動 電 流 と 呼 ぶ 表 2.1 通 電 電 流 の 周 波 数 電 流 値 と 症 状 の 関 係 電 流

打 てなくなり 血 液 を 送 り 出 す 心 室 が 細 動 を 起 こし 極 めて 危 険 な 状 態 となり 死 亡 することが 多 い このときの 電 流 を 特 に 心 室 細 動 電 流 と 呼 ぶ 表 2.1 通 電 電 流 の 周 波 数 電 流 値 と 症 状 の 関 係 電 流 第 2 章 電 気 の 取 扱 いについて 電 気 は 我 々の 生 活 と 密 接 なかかわりを 持 ち 重 要 なライフラインの 一 つになっている しかしながら 身 近 でありながら 目 に 見 えない 存 在 であるため 安 全 への 配 慮 が 忘 れがち となり ちょっとした 油 断 が 感 電 事 故 や 電 気 火 災 を 引 き 起 こすことになる この 章 では 感 電 死 傷

More information

環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の 事 業 活 動 の 中 で 環 境 保 全 を 重 要 課 題 として 再 認 識 し10 年,50 年,100 年 後 も 自 然 と 共 存 できる 企 業 体 制 を 構 築

環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の 事 業 活 動 の 中 で 環 境 保 全 を 重 要 課 題 として 再 認 識 し10 年,50 年,100 年 後 も 自 然 と 共 存 できる 企 業 体 制 を 構 築 2013 年 度 環 境 活 動 レポート (2013 年 4 月 ~2014 年 3 月 ) 認 証 登 録 番 号 0004215 (2009 年 10 月 2 日 登 録 ) (2013 年 10 月 2 日 更 新 ) 作 成 : 改 訂 : 2014 年 3 月 31 日 環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の

More information

< 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家 用 乗 用 車 については 税 率 を 1.5 倍 に 引 き 上 げ それ 以 外 ( 貨 物 用 営

< 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家 用 乗 用 車 については 税 率 を 1.5 倍 に 引 き 上 げ それ 以 外 ( 貨 物 用 営 軽 自 動 車 税 における 税 制 改 正 ( 平 成 26 年 度 27 年 度 改 正 関 係 ) に 係 るQ&A 集 平 成 28 年 2 月 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 < 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家

More information

1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組 み 8 環 境 関 連 の 法 規 状 況 の 確 認 及 び 評 価 並 びに 違 反

1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組 み 8 環 境 関 連 の 法 規 状 況 の 確 認 及 び 評 価 並 びに 違 反 髙 木 工 業 所 対 象 期 間 : 2015 年 1 月 1 日 ~2015 年 12 月 31 日 発 行 日 2016 年 3 月 4 日 改 定 日 2016 年 3 月 29 日 1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組

More information

「設備機器の保守・点検のポイント」

「設備機器の保守・点検のポイント」 施 設 管 理 に 役 立 つ 点 検 のポイント ( 公 社 ) 全 国 ビルメンテナンス 協 会 建 築 物 の 機 能 や 性 能 を 良 好 な 状 態 に 保 ち 利 用 者 に 安 全 で 衛 生 的 な 環 境 を 提 供 し 更 に 建 物 の 長 寿 命 化 を 図 るためには 適 切 な 維 持 保 全 が 重 要 である 建 築 設 備 の 維 持 保 全 は 日 常 の 点

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

Microsoft Word - chojumyou.doc

Microsoft Word - chojumyou.doc 香 川 県 県 有 建 物 長 寿 命 化 指 針 月 香 川 県 目 次 はじめに 長 寿 命 化 指 針 策 定 の 背 景 () 県 有 建 物 の 建 築 経 過 数 等 の 現 状 () 県 有 建 物 の 改 修 修 繕 の 現 状 長 寿 命 化 の 必 要 性 () 基 本 的 な 考 え 方 () 長 寿 命 化 に 伴 う 効 果 予 測 長 寿 命 化 指 針 の 策 定 目

More information

1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 )

1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 ) 人 件 費 平 成 25 年 4 月 16 日 東 北 電 力 1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 ) 1 今 回 (H25~27 平 均 )

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの 電 力 システム 革 について - 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 は 電 力 システム 革 の 一 部 と して 位 置 づけられています ここでは 自 由 化 の 背 景 としての 電 力 システム 革 について 概 要 をご 説 明 します 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

< F2D81A FC92F E FC90B3>

< F2D81A FC92F E FC90B3> 公 共 施 設 長 寿 命 化 指 針 月 茅 ヶ 崎 市 公 共 施 設 長 寿 命 化 指 針 ( ) ( ) ( ) 月 発 行 月 改 訂 月 改 訂 発 行 茅 ヶ 崎 市 編 集 企 画 部 施 設 再 編 整 備 課 施 設 再 編 整 備 担 当 神 奈 川 県 茅 ヶ 崎 市 茅 ヶ 崎 一 丁 目 番 号 電 話 ( 代 表 ) 内 線 FAX URL http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/

More information

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循 能 代 山 本 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 平 成 22 年 11 月 9 日 平 成 24 年 1 月 1 日 変 更 報 告 平 成 25 年 1 月 7 日 変 更 報 告 平 成 26 年 1 月 8 日 変 更 報 告 能 代 山 本 広 域 市 町 村 圏 組 合 能 代 市 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン 滋 賀 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 ガイドライン 平 成 27 年 1 月 滋 賀 県 目 次 1. 本 ガイドラインについて 1 (1) 本 ガイドラインの 位 置 づけ 基 本 的 な 考 え 方 (2) 本 ガイドラインの 目 的 (3) 本 ガイドラインの 対 象 施 設 (4) 本 ガイドラインの 適 用 2. 具 体 的 な 取 組 2 (1) 長 寿 命 化 対 象 施 設 (2)

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5>

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5> 付 録 1 損 傷 評 価 基 準 目 次 1 1 腐 食...1 2 2 亀 裂...3 3 3ゆるみ 脱 落...8 4 4 破 断... 10 5 5ひび 割 れ 漏 水 遊 離 石 灰... 11 6 6 剥 離 鉄 筋 露 出... 15 7 7 床 版 ひび 割 れ 遊 離 石 灰... 16 8 8 床 版 抜 け 落 ち... 18 9 9コンクリート 補 強 材 の 損 傷...

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information