Size: px
Start display at page:

Download "1"

Transcription

1 1.は じ め に 広 島 大 学 では 経 済 的 な 理 由 などにより 授 業 料 を 納 入 することが 困 難 な 人 に 対 して 授 業 料 の 全 額 または 半 額 を 免 除 する 制 度 を 設 けています 免 除 者 の 選 考 は 一 定 の 学 力 基 準 を 満 たしている 人 について 予 算 の 範 囲 内 で 家 庭 の 経 済 状 況 等 に より 困 窮 度 の 高 い 人 から 全 額 免 除 半 額 免 除 不 許 可 の 順 に 行 います なお 免 除 申 請 にあたっては 経 済 状 況 等 を 正 確 に 把 握 するために 様 々な 証 明 書 等 の 提 出 が 必 要 で す 必 要 書 類 が 揃 わない 場 合 は 申 請 を 受 け 付 けません 免 除 申 請 をされる 人 は この しおり をよく 読 んで 必 要 書 類 を 整 え 必 ず 受 付 期 間 内 に 不 備 不 足 書 類 等 のないよう 申 請 してください また 申 請 にあたって 提 出 していただく 個 人 情 報 は 免 除 者 の 選 考 および 申 請 者 数 等 の 統 計 資 料 と してのみ 使 用 し 他 の 目 的 での 使 用 または 第 三 者 に 提 供 を 行 うことはありません 特 に 注 意 する 点 免 除 申 請 は 前 期 後 期 ごとにそれぞれ 行 う 必 要 があります 免 除 申 請 の 日 程 等 については P5に 掲 載 していますので 事 前 に 確 認 の 上 必 ず 受 付 期 間 内 に 不 備 不 足 書 類 のないよう 申 請 を 行 ってください 提 出 期 限 を 過 ぎた 申 請 や 代 理 申 請 郵 送 による 申 請 は 一 切 認 めません 追 加 で 書 類 の 提 出 を 求 める 場 合 は 担 当 者 が 申 請 者 本 人 の 携 帯 電 話 番 号 に 連 絡 します 音 信 不 通 や 指 定 期 日 までに 書 類 を 提 出 しない 場 合 は 選 考 の 対 象 から 外 します 必 ず 連 絡 がとれる 状 態 にしておいて ください なお 携 帯 電 話 番 号 に 変 更 があった 場 合 は 速 やかに 申 し 出 てください 申 請 書 類 に 事 実 と 異 なる 記 載 をした 場 合 や 実 際 にあった 収 入 を 申 告 していないことが 判 明 した 場 合 は 在 学 中 の 授 業 料 免 除 申 請 を 一 切 認 めません また 許 可 された 免 除 を 取 り 消 すことがあります 申 請 から 決 定 までの 流 れ 申 請 の 資 格 を 確 認 する 必 要 な 書 類 をそろえる 免 除 申 請 ができる 人 (P2~3) (1) 申 請 資 格 (2) 学 力 基 準 (3) 家 計 基 準 提 出 書 類 等 (P6~11) 期 日 厳 守 の 上 大 学 へ 提 出 受 付 期 間 および 受 付 場 所 (P4~) 在 学 生 申 請 受 付 期 間 (P5) 選 考 決 定 免 除 申 請 後 は 選 考 結 果 の 通 知 があるまで 授 業 料 を 納 入 しないこと 申 請 者 に 選 考 結 果 を 通 知 結 果 通 知 時 期 通 知 方 法 等 (P4) 学 生 情 報 の 森 もみじ の Myもみじ にて 通 知 全 額 免 除 者 半 額 免 除 者 不 許 可 者 授 業 料 を 納 入

2 2. 授 業 料 免 除 に つ い て (1) 申 請 資 格 以 下 の1ま た は 2に 該 当 する 人 が 対 象 となります 1 経 済 的 理 由 により 授 業 料 を 納 入 することが 困 難 で かつ 一 定 の 学 力 基 準 ( 詳 細 は 次 頁 )を 満 たしている 人 2 授 業 料 納 入 月 前 6 か 月 以 内 ( 新 入 学 生 は 入 学 年 度 の 最 初 の 学 期 に 限 り 入 学 前 1 年 以 内 ) に 以 下 のいずれかの 事 由 が 発 生 し 授 業 料 の 納 入 が 困 難 になった 人 ( 納 入 月 前 6 か 月 以 内 とは 後 期 申 請 では 平 成 28 年 4 月 1 日 以 降 を 指 します また 以 下 でい う 学 資 負 担 者 とは 各 事 由 が 発 生 する 直 前 まで 家 族 で 最 も 所 得 の 多 かった 人 を 指 します ) 1) 学 資 負 担 者 が 死 亡 した 場 合 2) 本 人 または 学 資 負 担 者 が 風 水 害 等 の 災 害 を 受 けた 場 合 ( 熊 本 地 震 等 ) 3) 学 資 負 担 者 が 失 職 (パート 派 遣 社 員 は 除 く)し 申 請 時 現 在 未 就 職 の 場 合 ( 失 職 とは 会 社 倒 産 解 雇 等 により 職 を 失 った 場 合 であり 定 年 退 職 勧 奨 退 職 自 己 都 合 による 退 職 や 廃 業 等 は 含 みません ) 4) 学 資 負 担 者 が 申 請 時 現 在 長 期 療 養 中 の 場 合 ( 長 期 療 養 中 とは 見 込 みも 含 めて 6 か 月 以 上 の 療 養 が 必 要 で 就 業 不 能 の 状 態 にある 場 合 をいいます ) 注 意 次 のいずれかに 該 当 する 人 は 申 請 できません 国 費 留 学 生 政 府 や 会 社 等 から 授 業 料 の 支 給 がある 場 合 ( 日 本 学 生 支 援 機 構 等 の 奨 学 金 を 除 く) 免 除 の 対 象 となる 学 期 に 在 学 していない 人 学 期 途 中 に 休 学 または 修 了 退 学 を 予 定 している 場 合 も 免 除 申 請 はできません ( 当 該 学 期 間 は 在 学 していることが 前 提 です) 標 準 修 業 年 限 ( 休 学 期 間 を 除 く)を 超 えている 人 標 準 修 業 年 限 学 部 は 4 年 ( 医 学 部 医 学 科 歯 学 部 歯 学 科 薬 学 部 薬 学 科 は 6 年 ) 博 士 課 程 前 期 修 士 課 程 は 2 年 博 士 課 程 後 期 は 3 年 ( 医 歯 薬 保 健 学 研 究 科 博 士 課 程 は 4 年 ) 法 務 研 究 科 は 2 年 または 3 年 専 攻 科 は 1 年 大 学 院 生 については 論 文 作 成 のために 標 準 修 業 年 限 を 超 える 場 合 最 初 の 半 期 のみ 申 請 を 認 めることがあります 指 導 教 員 意 見 書 ( 様 式 12)が 必 要 です

3 (2) 学 力 基 準 免 除 申 請 を 希 望 する 人 は 以 下 の1および2の 学 力 基 準 をいずれも 満 たす 必 要 があります 1 入 学 後 の 修 得 単 位 ( 前 期 申 請 は 前 年 度 後 期 分 まで 後 期 申 請 は 当 年 度 前 期 分 まで)が 本 人 が 所 属 する 学 部 研 究 科 等 の 標 準 修 得 単 位 数 に 達 している 標 準 修 得 単 位 数 = 卒 業 ( 修 了 ) 要 件 単 位 数 ( 在 学 セメスター 数 / 卒 業 ( 修 了 )までのセメスター 数 ) 入 学 後 の 修 得 単 位 ( 前 期 申 請 は 前 年 度 後 期 分 まで 後 期 申 請 は 当 年 度 前 期 分 まで)の 平 均 評 価 点 が 63 点 以 上 である 平 均 評 価 点 = ( 秀 + 優 )の 単 位 数 3 + 良 の 単 位 数 2 + 可 の 単 位 数 ( 修 得 単 位 数 3) 100 学 部 新 入 学 生 の 入 学 日 の 属 する 学 期 分 (4 月 入 学 者 : 平 成 28 年 度 前 期 分 10 月 入 学 者 : 平 成 28 年 度 後 期 分 )の 申 請 については 出 身 高 等 学 校 の 調 査 書 評 定 の 平 均 および 入 学 試 験 の 成 績 等 により 学 力 を 判 定 します 大 学 院 および 専 攻 科 新 入 学 生 の 入 学 日 の 属 する 学 期 分 の 申 請 については 出 身 大 学 における 修 得 単 位 の 平 均 評 価 点 および 入 学 試 験 の 成 績 等 により 学 力 を 判 定 します 大 学 院 博 士 課 程 後 期 医 歯 博 士 課 程 法 務 研 究 科 の 学 生 の 申 請 については 成 績 および 研 究 業 績 等 により 研 究 科 長 が 学 業 優 秀 と 判 定 した 場 合 に 学 力 基 準 を 満 たすものとします (3) 家 計 基 準 免 除 を 受 けることができる 所 得 の 目 安 を 以 下 に 示 します なお この 金 額 は 申 請 者 数 等 によ り 変 動 しますので 基 準 内 の 人 が 必 ず 免 除 になるということではありません また 奨 学 金 の 年 間 受 給 額 を 所 得 金 額 に 加 算 して 計 算 する 場 合 があります 家 族 3 人 ( 父 ( 収 入 あり) 母 ( 収 入 なし) 本 人 ( 自 宅 外 ))の 場 合 所 得 者 の 区 分 ( 父 のみ) 給 与 所 得 者 事 業 所 得 者 申 請 者 の 学 生 区 分 ( 税 込 収 入 金 額 ) ( 商 工 農 水 産 その 他 ) 学 部 422 万 円 以 下 234 万 円 以 下 博 士 課 程 前 期 修 士 課 程 特 別 支 援 教 育 特 別 専 攻 科 444 万 円 以 下 249 万 円 以 下 博 士 課 程 後 期 医 歯 博 士 課 程 専 門 職 学 位 課 程 ( 法 務 研 究 科 ) 541 万 円 以 下 317 万 円 以 下 家 族 4 人 ( 父 ( 収 入 あり) 母 ( 収 入 なし) 本 人 ( 自 宅 外 ) 弟 ( 私 立 高 校 自 宅 ))の 場 合 学 部 500 万 円 以 下 288 万 円 以 下 博 士 課 程 前 期 修 士 課 程 特 別 支 援 教 育 特 別 専 攻 科 524 万 円 以 下 305 万 円 以 下 博 士 課 程 後 期 医 歯 博 士 課 程 専 門 職 学 位 課 程 ( 法 務 研 究 科 ) 630 万 円 以 下 379 万 円 以 下 家 族 5 人 ( 父 ( 収 入 あり) 母 ( 収 入 なし) 本 人 ( 自 宅 外 ) 妹 ( 私 立 大 学 自 宅 ) 弟 ( 公 立 高 校 自 宅 ))の 場 合 学 部 645 万 円 以 下 390 万 円 以 下 博 士 課 程 前 期 修 士 課 程 特 別 支 援 教 育 特 別 専 攻 科 667 万 円 以 下 409 万 円 以 下 博 士 課 程 後 期 医 歯 博 士 課 程 専 門 職 学 位 課 程 ( 法 務 研 究 科 ) 747 万 円 以 下 489 万 円 以 下

4 3. 申 請 方 法 等 授 業 料 免 除 申 請 は 学 生 本 人 が 申 請 に 必 要 な 書 類 (7. 提 出 書 類 等 を 参 照 )を 整 えて 指 定 され た 日 時 と 場 所 (6. 受 付 期 間 および 受 付 場 所 を 参 照 )に 持 参 して 行 います 指 定 日 時 場 所 以 外 での 申 請 や 代 理 申 請 郵 送 による 申 請 は 一 切 受 け 付 けません 申 請 は 面 談 形 式 により 行 いますので 学 生 本 人 が 家 庭 の 状 況 や 提 出 書 類 の 内 容 をよく 把 握 し 質 問 に 答 えられるようにしておいてください また 留 学 生 等 で 日 本 語 を 十 分 理 解 できない 人 は 指 導 教 員 またはサポーターなどの 日 本 語 が 理 解 できる 人 とともに 申 請 を 行 ってください Those applicants who do not understand Japanese sufficiently are asked to come with someone who sufficiently understands Japanese, such as their supervisor or supporter. 4. 結 果 通 知 ま で の 留 意 事 項 授 業 料 免 除 申 請 をした 人 は 結 果 通 知 があるまで 授 業 料 を 納 入 しないでください ( 授 業 料 の 納 入 が 猶 予 されます ) 一 度 納 入 した 授 業 料 は 返 還 できません 結 果 が 出 るまでに 授 業 料 を 納 入 した 場 合 は 免 除 申 請 を 取 り 下 げていただくこととなりますので 注 意 してください 注 意 免 除 申 請 を 行 い 結 果 通 知 があるまでの 間 に 申 請 書 類 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 や 学 籍 の 異 動 ( 卒 業 修 了 退 学 休 学 等 ) 海 外 渡 航 等 により 連 絡 が 取 れなくなる 場 合 は 必 ず 学 生 生 活 支 援 グループへ 申 し 出 てください 5. 結 果 通 知 時 期 通 知 方 法 等 (1) 通 知 時 期 後 期 申 請 : 12 月 下 旬 ( 予 定 ) (2) 通 知 方 法 等 免 除 申 請 の 結 果 は 学 生 情 報 の 森 もみじ の Myもみじ に 掲 示 して 学 生 個 人 に 通 知 します 半 額 免 除 または 不 許 可 となった 人 は 結 果 通 知 で 指 定 された 期 限 までに 該 当 す る 授 業 料 を 納 入 してください 6. 受 付 期 間 お よ び 受 付 場 所 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 後 期 申 請 の 受 付 期 間 と 受 付 場 所 は 次 ページのとおりです 各 キャンパスにおいて 対 象 学 部 研 究 科 等 欄 に 該 当 する 人 の 申 請 のみ 受 け 付 けます なお 学 内 行 事 等 により 受 付 時 間 等 を 変 更 する 場 合 がありますので ご 了 承 ください 変 更 がある 場 合 は 学 生 情 報 の 森 もみじ でお 知 らせします 注 意 留 学 や 入 院 等 やむを 得 ない 事 情 により 受 付 期 間 に 申 請 手 続 ができない 場 合 は 必 ず 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 )までに 学 生 生 活 支 援 グループへ 連 絡 してください

5 ( 在 学 生 ) ( 継 続 用 ) 後 期 分 申 請 受 付 期 間 ( 受 付 日 は 土 曜 日 日 曜 日 および 祝 休 日 を 除 きます ) 注 意 毎 年 受 付 終 了 日 前 の 一 週 間 は 大 変 混 雑 し 4~5 時 間 の 受 付 待 ちとなって います 最 終 日 近 くに 急 用 が 発 生 することも 想 定 して 余 裕 をもって 早 期 の 申 請 を お 願 いします また 受 付 期 間 終 了 後 は いかなる 理 由 であっても 受 け 付 けません 東 広 島 キ ャ ン パ ス 対 象 学 部 研 究 科 等 全 学 部 全 研 究 科 専 攻 科 ( 霞 東 千 田 地 区 生 も 受 付 可 能 ) 受 付 日 受 付 時 間 受 付 場 所 8 月 1 日 ( 月 )~8 月 5 日 ( 金 ) 8 月 24 日 ( 水 )~9 月 9 日 ( 金 ) 9:00 ~ 11:00 および 13:00 ~ 16:00 但 し 9/8 9/9 は,9:00~11:30( 午 前 中 で 受 付 終 了 ) 学 生 プラザ 1 階 受 付 場 所 を 学 生 プラザ 3 階 等 に 変 更 する 場 合 があります 霞 キ ャ ン パ ス 対 象 学 部 研 究 科 等 医 学 部 歯 学 部 薬 学 部 医 歯 薬 学 総 合 研 究 科 保 健 学 研 究 科 医 歯 薬 保 健 学 研 究 科 受 付 日 9 月 30 日 ( 金 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 6 日 ( 木 ) 受 付 時 間 10:30 ~ 14:00 受 付 場 所 広 仁 会 館 中 会 議 室 東 千 田 キ ャ ン パ ス 対 象 学 部 研 究 科 等 法 学 部 ( 夜 間 主 コース) 経 済 学 部 ( 夜 間 主 コース) 法 務 研 究 科 社 会 科 学 研 究 科 (マネジメント 専 攻 およびファイナンスプログラム) 受 付 日 9 月 30 日 ( 金 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 6 日 ( 木 ) 受 付 時 間 受 付 場 所 16:30~18:30 東 千 田 キャンパス 内 (お 知 らせ) 平 成 29 年 度 前 期 授 業 料 免 除 申 請 受 付 について 平 成 29 年 度 前 期 授 業 料 免 除 申 請 から, 申 請 受 付 については,インターネット 予 約 を 利 用 した 受 付 予 約 システムの 導 入 を 予 定 しています 12 月 末 頃 に 予 約 受 付 時 期 についてお 知 らせします

6 7. 提 出 書 類 等 授 業 料 免 除 申 請 に 必 要 な 提 出 書 類 は P7~P12 のとおりです 書 類 の 記 入 にあたっては 記 入 例 を 参 考 にして 記 入 漏 れや 間 違 いがないようにしてください 各 様 式 を 消 去 可 能 な 筆 記 用 具 ( 鉛 筆 消 せるボールペン 等 )で 記 入 しないでください また 訂 正 す る 場 合 は 修 正 液 等 を 使 用 せず 末 梢 線 で 訂 正 してください なお 家 族 の 状 況 等 については 後 期 申 請 は 平 成 28 年 10 月 現 在 の 状 況 ( 見 込 みを 含 む )を 記 入 し てください また 一 度 提 出 した 書 類 は 返 還 や 閲 覧 ができません 原 本 の 提 出 を 指 定 するもの ( 免 除 申 請 所 定 の 様 式 や 所 得 証 明 書 医 師 の 診 断 書 戸 籍 謄 本 住 民 票 等 ) 以 外 は コピーを 提 出 してください ( 次 回 申 請 時 に 提 出 が 必 要 な 場 合 があります ) Q & A よくある 質 問 Q1 平 成 28 年 4 月 以 降 に 転 業 開 業 した 家 族 がいます A1 申 告 書 ( 様 式 8) に 1 会 社 名 称 2 所 在 地 3 開 業 年 月 日 4 業 務 内 容 5 代 表 者 役 員 およ び 従 業 員 名 ( 専 従 者 も 明 記 )を 記 入 の 上 6 開 業 以 降 の 毎 月 の 収 入 金 額 必 要 経 費 金 額 所 得 金 額 を 記 載 して 提 出 してください なお 金 額 は 確 定 申 告 書 帳 簿 通 帳 等 と 照 らし 合 わせ 正 確 に 記 入 してく ださい 申 告 内 容 に 誤 りがある 書 類 は 受 け 付 けることができません Q2 申 請 時 現 在 未 定 ですが 間 もなく 就 職 先 ( 入 学 先 )が 確 定 する 家 族 がいます A2 申 請 時 には 収 入 状 況 等 申 告 書 ( 様 式 3) および 申 告 書 ( 様 式 8) にその 旨 を 記 載 し 就 職 先 入 学 先 が 決 定 次 第 その 家 族 に 該 当 する 必 要 書 類 を 提 出 してください また 申 請 後 に 申 請 内 容 の 変 更 ( 家 族 の 結 婚 就 退 職 等 )があった 場 合 は 速 やかに 学 生 生 活 支 援 グループへ 申 し 出 てください Q3 年 金 は 公 的 年 金 以 外 の 個 人 年 金 等 は 申 告 する 必 要 がありますか A3 全 ての 収 入 を 申 告 してください 授 業 料 免 除 申 請 では 課 税 対 象 であるか 否 かにかかわらず 家 族 の 収 入 全 ての 申 告 が 必 要 です 申 請 書 類 に 事 実 と 異 なる 記 載 をした 場 合 や 実 際 にあった 収 入 を 申 告 して いないことが 判 明 した 場 合 は 在 学 中 の 授 業 料 免 除 申 請 を 一 切 認 めませんので ご 注 意 ください Q 年 4 月 入 学 の 私 費 外 国 人 留 学 生 です 2016 年 3 月 に 来 日 しましたが 市 役 所 で 所 得 証 明 書 を 発 行 してもらえませんでした A4 所 得 証 明 書 は 後 期 申 請 は 2016 年 1 月 1 日 に 日 本 に 在 住 していない 場 合 は 発 行 されないため 提 出 不 要 です Q5 独 立 生 計 者 ( 私 費 外 国 人 留 学 生 )は 世 帯 が 保 有 する 通 帳 を 提 出 することとなっていますが イン ターネット 上 の 銀 行 口 座 も 必 要 ですか A5 インターネット 上 の 銀 行 口 座 も 含 みます この 場 合 は 通 帳 がありませんので 取 引 明 細 記 録 がわか るものを 提 出 してください

7 1 全 員 が 必 ず 提 出 する 書 類 ( 継 続 用 ) 注 意 次 に 該 当 する 人 は 家 族 とみなし 収 入 の 申 告 や 所 定 の 書 類 の 提 出 が 必 要 です 申 請 者 または 家 計 支 持 者 と 同 居 している 人 ( 世 帯 分 離 していても 住 所 が 同 じ 人 は 同 居 とみなします ) 申 請 者 または 家 計 支 持 者 と 同 居 していなくても 扶 養 関 係 にある 人 及 びその 同 居 者 その 他 生 計 を 一 にする 人 ( 対 象 範 囲 はP11 を 参 考 にしてください ) 1 平 成 28 年 度 (2016 年 度 ) 後 期 分 授 業 料 免 除 申 請 提 出 時 の 確 認 表 受 付 時, 確 認 表 がないと 受 付 できません 必 ず 用 意 してください 2 授 業 料 免 除 申 請 書 様 式 誓 約 書 ( 大 学 用 学 生 用 ) 様 式 家 庭 調 書 様 式 2 5 収 入 状 況 等 申 告 書 様 式 3- 継 続 用 申 請 者 ( 学 生 ) 本 人 および 家 族 ( 注 意 参 照 ) 全 員 の 収 入 を 記 入 してください 6 授 業 料 免 除 申 請 受 付 票 ( 大 学 控 学 生 控 ) 様 式 5 7 不 足 書 類 チェックシート( 大 学 控 学 生 控 ) 様 式 健 康 保 険 証 ( 写 ) 申 請 者 ( 学 生 ) 本 人 および 主 たる 家 計 支 持 者 無 職 無 収 入 者 ( 予 備 校 生 を 含 む)のもの を 提 出 してください 独 立 生 計 者 および 私 費 外 国 人 留 学 生 は 同 一 生 計 者 全 員 分 を 提 出 してください 9 住 民 票 (コピー 不 可 * )( 続 柄 世 帯 主 名 筆 頭 者 名 が 記 載 されているもの 省 略 のあるものは 受 付 できません ただし 個 人 番 号 は 省 略 してください ) 申 請 者 ( 学 生 ) 本 人 を 含 め て 家 族 ( 注 意 参 照 ) 全 員 分 が 必 要 です 別 居 している 就 学 者 も 必 要 です 世 帯 全 員 の 住 民 票 と 記 載 された 申 請 前 3 か 月 以 内 に 発 行 されたものを 提 出 してください 留 学 生 は 在 留 資 格 在 留 期 間 在 留 期 間 の 満 了 日 が 記 載 されているものを 提 出 してください ただし 親 族 が 広 島 大 学 に 在 籍 し 免 除 申 請 を 行 う 場 合 1 人 のみが 本 紙 を 提 出 し そ の 他 の 者 は 重 複 する 住 民 票 をコピーで 提 出 することを 認 めます 10 所 得 証 明 書 ( 市 県 民 税 所 得 課 税 証 明 書 等 )(コピー 不 可 * ) 申 請 者 ( 学 生 ) 本 人 を 含 め て 家 族 ( 注 意 参 照 ) 全 員 分 が 必 要 です ( 所 得 のない 人 も 含 む ただし 兄 弟 姉 妹 のうち 学 校 に 在 学 中 の 人 は 除 く ) 家 計 支 持 者 と 同 居 していなくても 扶 養 関 係 にある 家 族 がいる 場 合 は( 例 : 祖 父 母 等 ) その 人 の 分 も 併 せて 提 出 してください( 対 象 範 囲 はP12 を 参 照 してください) 所 得 証 明 書 は 申 請 前 3 か 月 以 内 に 市 区 町 村 役 場 等 で 発 行 され 給 与 給 与 以 外 の 所 得 別 の 収 入 金 額 が 記 載 されたものを 提 出 してください 所 得 証 明 書 は 源 泉 徴 収 票 や 確 定 申 告 書 ( 控 ) 等 の 写 しとは 別 に 必 要 です *ただし 親 族 が 広 島 大 学 に 在 籍 し 免 除 申 請 を 行 う 場 合 1 人 のみが 本 紙 を 提 出 し その 他 の 者 は 重 複 する 所 得 証 明 書 をコピーで 提 出 することを 認 めます 所 得 証 明 書 は 市 区 町 村 役 場 等 で 発 行 される 最 新 のものを 提 出 してください 後 期 申 請 時 平 成 28 年 度 証 明 書 ( 証 明 の 内 容 は 平 成 27 年 分 所 得 になります)

8 2 申 請 者 家 族 の 状 況 に 応 じて 提 出 する 書 類 ( 次 ページも 確 認 すること) 後 期 申 請 の 状 況 に 応 じて 提 出 する 書 類 については 平 成 28 年 前 期 の 申 請 を 行 い かつ 申 請 内 容 に 変 更 がない 場 合 は 前 期 に 提 出 された 書 類 で 審 査 を 行 うこととしました よって 家 庭 状 況 について, 下 記 に 該 当 する 内 容 がある 場 合 P8 の 1 全 員 が 必 ず 提 出 する 書 類 と 下 記 必 要 書 類 を 併 せて 提 出 してください 収 入 に 関 する 証 明 書 類 ( 収 入 が 複 数 ある 場 合 は それぞれ 該 当 の 書 類 が 必 要 です ) 収 入 は 全 てを 正 しく 申 告 してください 正 しく 申 告 されていないことが 判 明 した 場 合 は 免 除 を 取 り 消 し 在 学 中 の 授 業 料 免 除 申 請 を 一 切 認 めませんのでご 注 意 ください 対 象 者 必 要 書 類 依 頼 先 給 与 収 入 (パ ー ト ア ル バ イ ト を 含 む 平 成 27 年 1 月 以 降 に 就 職 転 職 し た 場 合 平 成 28 年 4 月 以 降 に 退 職 し 無 職 の 場 合 給 与 支 払 ( 見 込 ) 証 明 書 ( 様 式 9)( 申 請 者 ( 本 人 )のアルバイトは 不 要 ) 退 職 ( 予 定 ) 証 明 書 ( 様 式 10)または 退 職 金 の 受 給 金 額 と 受 給 年 月 日 が 分 かる 証 明 書 ( 写 )も 併 せて 提 出 すること 勤 務 先 ) 平 成 27 年 10 月 以 降 に 雇 用 保 険 受 給 資 格 者 証 を 取 得 や 受 給 を した 人 ( 待 機 期 間 も 含 みます ) 年 金 恩 給 等 受 給 者 雇 用 保 険 受 給 資 格 者 証 ( 全 ページ)( 写 ) 最 新 の 振 込 金 額 のわかる 通 知 書 ( 写 ) ( 最 新 の 年 金 額 改 定 通 知 書 または 年 金 振 込 通 知 書 等 ) 公 的 年 金 ( 老 齢 年 金 遺 族 年 金 障 害 年 金 ) 私 的 年 金 企 業 年 金 恩 給 等 課 税 対 象 であるか 否 かに 関 わらず 全 て 申 告 すること ハローワー ク 保 管 中 のも の 諸 手 当 給 付 金 等 受 給 者 ( 傷 病 手 当 金 給 付 金 等 ) 支 給 通 知 書 ( 写 ) または 受 給 金 額 がわかる 証 明 書 ( 写 ) ( 傷 病 手 当 金 振 込 通 知 書 ( 受 給 分 すべて) 等 ) 傷 病 手 当 金 労 災 保 険 給 付 金 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 住 居 手 当 被 爆 者 諸 手 当 等 課 税 対 象 であるか 否 かに 関 わらず 全 て 申 告 すること 保 管 中 のも の 生 活 保 護 費 等 受 給 者 保 護 決 定 ( 変 更 ) 通 知 書 ( 写 )( 平 成 28 年 4 月 以 降 通 知 されたもの) ただし, 受 給 期 間 が1 年 に 満 たない 場 合 は 受 給 分 全 てを 提 出 するこ と 保 管 中 のも の 臨 時 収 入 受 給 者 ( 保 険 金 退 職 金 資 産 譲 渡 山 林 収 入 等 ) 受 給 金 額 と 受 給 年 月 日 がわかる 通 知 書 支 給 明 細 書 ( 写 ) 平 成 28 年 1 月 以 降 に 受 給 したものが 対 象 貯 蓄 性 のある 保 険 ( 学 資 保 険 養 老 保 険 等 )を 満 期 で 受 給 した 場 合 も 申 告 すること 保 管 中 のも の 本 人 が 該 当 する 場 合 の 証 明 書 等 対 象 者 必 要 書 類 依 頼 先 ひとり 親 家 庭 の 場 合 ひとり 親 家 庭 申 告 書 ( 様 式 11) 前 期 申 請 時 に 提 出 している 場 合 は, 必 要 ありません 様 式 は 本 人 記 入 学 術 振 興 会 特 別 研 究 員 の 場 合 学 術 振 興 会 特 別 研 究 員 採 用 通 知 書 ( 写 ) 前 期 申 請 時 に 提 出 している 場 合 は, 必 要 ありません 保 管 中 の もの 標 準 修 業 年 限 を 超 えて 申 請 する 場 合 指 導 教 員 意 見 書 ( 様 式 12) 様 式 は 指 導 教 員 記 入

9 その 他 該 当 者 がいる 場 合 の 証 明 書 等 対 象 者 必 要 書 類 依 頼 先 兄 弟 等 で, 平 成 28 年 4 月 以 降 に 別 居 独 立 した 人 がいる 場 合 健 康 保 険 証 ( 写 ) 住 民 票 (コピー 不 可 ) 世 帯 全 員 の 住 民 票 と 記 載 された 申 請 前 3 か 月 以 内 に 発 行 されたものを 提 出 してください 既 に 前 期 申 請 時 に 書 類 を 提 出 している 場 合 は, 申 告 書 ( 様 式 8) にその 旨 を 記 入 して 提 出 してください ( 上 記 2 つの 書 類 の 提 出 は 不 要 です ) 最 新 のもの 市 区 町 村 役 場 独 立 生 計 者 私 費 外 国 人 留 学 生 2015 年 9 月 以 降 に 生 活 状 況 に 変 更 がない 学 生 独 立 生 計 者 私 費 外 国 人 留 学 生 家 計 状 況 申 告 書 ( 継 続 用 )( 様 式 7- 継 続 用 ) 2015 年 1 年 間 の 収 入 支 出 を 記 入 指 導 教 員 の 氏 名 押 印 が 必 要 私 費 外 国 人 留 学 生 世 帯 全 員 の 在 留 カード( 表 裏 の 写 ) または 外 国 人 登 録 証 明 書 申 請 者 本 人 が 作 成 ( 注 意!!) 2015 年 9 月 以 降 に 日 本 に 来 た 留 学 生 および 生 活 状 況 に 変 更 があった 学 生 ( 学 振 結 婚 家 族 来 日 等 )は 下 記 の 書 類 が 必 要 になります 対 象 者 必 要 書 類 依 頼 先 独 立 生 計 者 の 場 合 原 則 として 大 学 院 生 専 攻 科 生 が 対 象 父 母 およびそれに 代 わる 扶 養 者 ( 配 偶 者 を 除 く) 家 計 状 況 申 告 書 ( 様 式 7-1( 収 入 等 ) 7-2( 支 出 等 )) がいない 場 合 や 次 の 1~3 の 条 件 全 てに 該 当 す 記 入 期 間 について 不 明 な 点 があれば お 問 い 合 わせください る 場 合 は 独 立 生 計 者 として 申 請 世 帯 全 員 の 健 康 保 険 証 ( 写 ) 預 金 通 帳 ( 名 義 および 預 払 内 容 のページ( 写 )) 1. 本 人 または 配 偶 者 に 生 計 が 維 持 できるだけの 恒 常 的 な 収 入 があり その 収 入 について 所 得 申 告 がなされ 所 得 証 明 書 により 確 認 できる 2. 父 母 等 と 別 居 し 支 援 等 を 一 切 受 けることが できない 3. 父 母 等 ( 配 偶 者 を 除 く)の 社 会 保 険 上 の 被 扶 養 者 所 得 税 法 上 の 扶 養 親 族 になっていない 昨 年 から 申 請 時 まで 独 立 生 計 の 実 績 がない 場 合 や 独 立 生 計 を 営 むに 足 る 収 入 予 定 がない 場 合 は 独 立 生 計 者 とは 認 めません( 新 たに 定 職 に 就 いた 場 合 を 除 く) 原 則 として 世 帯 が 保 有 する 通 帳 全 ての2015 年 9 月 以 降, 申 請 時 現 在 まで のページを 提 出 預 金 通 帳 提 出 要 領 を 参 考 に 注 釈 を 記 入 家 計 状 況 申 告 書 ( 支 出 等 )に 記 載 した 学 費 住 居 費 について 通 帳 で 支 払 いが 確 認 できない 場 合 は 領 収 書 等 ( 写 )を 提 出 所 得 税 法 上 父 母 等 ( 配 偶 者 を 除 く)の 扶 養 親 族 でないことが 確 認 できるもの( 父 母 等 の 源 泉 徴 収 票 または 確 定 申 告 書 ( 写 ) 等 ) 様 式 は 本 人 指 導 教 員 記 入 所 得 証 明 書 は 市 区 町 村 役 場 その 他 の 書 類 は 保 管 中 のも の 私 費 外 国 人 留 学 生 の 場 合 家 計 状 況 申 告 書 ( 様 式 7-1( 収 入 等 ) 7-2( 支 出 等 )) 世 帯 全 員 の 在 留 カード または 外 国 人 登 録 証 明 書 ( 表 裏 の 写 ) 世 帯 全 員 の 健 康 保 険 証 ( 写 ) 預 金 通 帳 ( 名 義 および 預 払 内 容 のページ( 写 )) 原 則 として 世 帯 が 保 有 する 通 帳 全 ての2015 年 9 月 以 降, 申 請 時 現 在 まで のページを 提 出 預 金 通 帳 提 出 要 領 を 参 考 に 注 釈 を 記 入 家 計 状 況 申 告 書 ( 支 出 等 )に 記 載 した 学 費 住 居 費 について 通 帳 で 支 払 いが 確 認 できない 場 合 は 領 収 書 等 ( 写 )を 提 出 様 式 は 本 人 指 導 教 員 記 入 所 得 証 明 書 は 市 区 町 村 役 場 その 他 の 書 類 は 保 管 中 のもの

10 3 特 別 な 事 由 が 発 生 した 場 合 の 証 明 書 類 P7 の 1 全 員 が 必 ず 提 出 する 書 類 とP9 P10 の 書 類 の 他 に 提 出 する 書 類 1) 学 資 負 担 者 が 死 亡 した 場 合 死 亡 した 日 を 確 認 できる 書 類 ( 死 亡 診 断 書 ( 写 ) 等 ) 2) 本 人 または 学 資 負 担 者 が 風 水 害 等 の 災 害 を 受 けた 場 合 ( 熊 本 地 震 等 ) 罹 災 証 明 書 熊 本 地 震 の 罹 災 証 明 を 前 期 申 請 時 ( 熊 本 地 震 特 別 申 請 も 含 む)に 提 出 さ れた 人 は 不 要 です 罹 災 証 明 書 は 市 区 町 村 役 場 等 で 発 行 されたものを 提 出 してください 確 定 申 告 書 ( 雑 損 控 除 したもの)( 写 ) 3) 学 資 負 担 者 が 失 職 し 申 請 時 現 在 未 就 職 の 場 合 雇 用 保 険 受 給 資 格 者 証 ( 全 ページ)( 写 ) 雇 用 保 険 受 給 資 格 者 証 ( 写 )は ハローワークで 交 付 されたものを 提 出 してください 4) 学 資 負 担 者 が 申 請 時 現 在 6 か 月 以 上 療 養 中 または 6 か 月 以 上 療 養 を 必 要 とする 見 込 みで 就 業 不 能 の 場 合 診 断 書 (コピー 不 可 ) 診 断 書 に 病 名 診 療 開 始 日 および 申 請 時 現 在 6 か 月 以 上 療 養 中 (または 6 か 月 以 上 療 養 を 必 要 とする 見 込 み)であり 就 業 不 能 であることが 記 載 されていること 4 提 出 する 書 類 について 注 意 事 項 コピーを 提 出 する 場 合 は A4 用 紙 に 印 刷 してください A4より 小 さな 用 紙 で 印 刷 もし くは 切 り 抜 いた 場 合 は 証 明 書 類 貼 付 用 紙 ( 様 式 4) に 貼 付 してください 申 請 者 家 族 の 状 況 によっては 提 出 する 書 類 として 挙 げられていない 書 類 の 提 出 を 求 める 場 合 があります 読 み 取 れない 部 分 のある 書 類 ( 残 高 が 黒 く 塗 り 潰 された 通 帳 ( 写 )など)は 受 け 付 けること ができません 書 類 は 記 載 内 容 全 てを 読 み 取 ることができるようにしてください 本 学 が 提 出 を 求 める 書 類 等 は 審 査 に 必 要 であるためです 提 出 拒 否 又 は 不 提 出 とした 場 合 は 書 類 不 備 として 扱 います

11 参 考 家 庭 状 況 と 提 出 書 類 の 事 例 次 に 該 当 する 人 は 家 族 とみなし 収 入 の 申 告 や 所 定 の 書 類 の 提 出 が 必 要 です 申 請 者 または 家 計 支 持 者 と 同 居 している 人 ( 世 帯 分 離 していても 住 所 が 同 じ 人 は 同 居 とみなします ) 家 計 支 持 者 と 同 居 していなくても 扶 養 関 係 にある 人 及 びその 同 居 者 その 他 生 計 を 一 にする 人 免 除 申 請 上 の 家 族 の 考 え 方 < 例 > ( 本 人 からみて) 父 離 婚 のため 生 別 母 本 人 妹 および 母 方 の 祖 父 母 を 扶 養 母 方 の 祖 父 母 ( 母 と 別 居 ) 年 金 生 活 者 兄 ( 母 と 別 居 ) 就 職 後 結 婚 子 ども1 人 本 人 ( 母 と 別 居 ) 大 学 生 妹 ( 母 と 別 居 ) 大 学 生 弟 ( 母 と 同 居 ) 会 社 員 義 姉 この 場 合 母 妹 弟 母 方 の 祖 父 母 について 本 人 の 家 族 として 収 入 の 申 告 や 所 定 の 書 類 の 提 出 が 必 要 です 姪 祖 父 祖 母 祖 父 祖 母 兄 父 母 母 と 弟 は 同 居 本 人 妹 弟 家 族 とみなす

1 1.は じ め に 広 島 大 学 では 経 済 的 な 理 由 などにより 授 業 料 を 納 入 することが 困 難 な 人 に 対 して 授 業 料 全 額 または 半 額 を 免 除 する 制 度 を 設 けています 免 除 者 選 考 は 一 定 学 力 基 準 を 満 たしている 人 について 予 算 範 囲 内 で 家 庭 経 済 状 況 等 に より 困 窮 度 高 い 人 から 全

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269> 平 成 25 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 下 記 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申 請 資 格 の1つに 該 当 し, 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) が 必 要 と 認 め

〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 下 記 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申 請 資 格 の1つに 該 当 し, 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) が 必 要 と 認 め 北 海 道 大 学 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 のしおり ( 平 成 24 年 度 版 ) 目 次 〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申 請 資 格 学 力 基 準 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申

More information

授業料免除申請のしおり

授業料免除申請のしおり 北 海 道 大 学 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 のしおり ( 平 成 25 年 度 版 ) 目 次 〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 における 注 意 事 項 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申

More information

目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9

目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 記 載 例 10~16 学 業 成 績 の 基 準 ( 参 考 資 料 1) 17 標 準 修 得

More information

<4D F736F F D EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC2E646F6378>

<4D F736F F D EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC2E646F6378> 平 成 27 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を 平 成 27 度 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 要 領 1. 提 出 書 類 平 成 27 度 免 除 ( 猶 予 ) 申 請 書 類 確 認 票 の1~25 項 目 中 の1~6 項 目 は 必 ず 提 出 し,7~25 項 目 は 該 当 する 全 ての 書 類 を 提 出 してください 2. 提 出 期 限 授 業 料 免 除, 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 の

More information

〇 授 業 料 免 除 の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 授 業 料 免 除 について 本 学 では, 授 業 料 免 除 の 区 分 を 全 額 免 除, 半 額 免 除,1/4 免 除 の3 区 分 で 実 施 して おり, 本 学 の 授 業 料 免 除 予 算 額 の 範 囲

〇 授 業 料 免 除 の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 授 業 料 免 除 について 本 学 では, 授 業 料 免 除 の 区 分 を 全 額 免 除, 半 額 免 除,1/4 免 除 の3 区 分 で 実 施 して おり, 本 学 の 授 業 料 免 除 予 算 額 の 範 囲 北 海 道 大 学 授 業 料 免 除 申 請 のしおり ( 平 成 24 年 度 版 ) 目 次 〇 授 業 料 免 除 の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 授 業 料 免 除 について 授 業 料 免 除 の 申 請 資 格 学 力 基 準 留 年 者, 修 業 年 限 超 過 者 の 申 請 について 〇 提 出 書 類 申 請 書 類 の 記 入 等 について 3 提 出

More information

1. 平 成 26 年 度 授 業 料 免 除 の 取 扱 いについて 今 年 度 の 主 な 変 更 点 1. 博 士 枠 の 設 置 について 現 行 の 免 除 選 考 枠 を 留 学 生 枠 留 学 生 以 外 枠 から 学 群 博 士 前 期 課 程 相 当 ( 留 学 生 ) 枠 学 群

1. 平 成 26 年 度 授 業 料 免 除 の 取 扱 いについて 今 年 度 の 主 な 変 更 点 1. 博 士 枠 の 設 置 について 現 行 の 免 除 選 考 枠 を 留 学 生 枠 留 学 生 以 外 枠 から 学 群 博 士 前 期 課 程 相 当 ( 留 学 生 ) 枠 学 群 平 成 26 年 度 版 授 業 料 免 除 申 請 書 類 学 群 大 学 院 共 通 申 請 期 限 : 第 1 期 分 平 成 26 年 5 月 30 日 ( 金 )( 厳 守 ) 第 2 期 分 掲 示 及 び 本 学 ホームページにてお 知 らせします (8 月 上 旬 頃 ) 申 請 場 所 : 対 応 支 援 室 学 生 支 援 教 務 へ 持 参 してください 1 平 成 26 年

More information

平成28年度後期分授業料免除申請の注意事項(博士前期課程留学生用)

平成28年度後期分授業料免除申請の注意事項(博士前期課程留学生用) 平 成 28 年 度 後 期 分 授 業 料 免 除, 徴 収 猶 予 及 び 月 割 分 納 申 請 の 注 意 事 項 授 業 料 免 除 及 び 徴 収 猶 予 ( 月 割 分 納 含 む)は, 下 記 Ⅰ,Ⅱに 該 当 する 者 を 対 象 に, 経 済 状 況 及 び 業 成 績 を 一 律 の 基 準 で 審 査 し,どちらも 基 準 を 満 たしている 者 が 選 考 の 対 象 となります

More information

平 成 27 年 度 版 ( 第 1 期 分 ( 春 学 期 )) 授 業 料 免 除 申 請 書 類 学 群 大 学 院 共 通 申 請 期 限 : 第 1 期 分 平 成 27 年 5 月 26 日 ( 火 )( 厳 守 ) 5 月 19 日 ( 火 )までに 申 請 書 類 の 確 認 を 受 けてください 第 2 期 分 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 )( 厳 守 ) 掲 示

More information

<32303136944E937893FC8A778ED291CE8FDB8140937E95E58F5795E58F5797768D802E786477>

<32303136944E937893FC8A778ED291CE8FDB8140937E95E58F5795E58F5797768D802E786477> 2016 度 学 者 対 象 命 館 学 学 院 学 内 進 学 予 約 採 型 奨 学 冬 募 集 募 集 要 項 願 などの 出 願 に 必 要 な 類 は 学 オフィスで 配 布 しています 出 願 締 切 1 8 ( )17:00 * 締 切 後 は いかなる 理 由 でも 出 願 は 受 け 付 けません * 本 による 提 出 を 原 則 とします < 個 情 報 の 取 り 扱 いについて>

More information

§5 被扶養者の認定及び取消し

§5 被扶養者の認定及び取消し 7 被 扶 養 者 の 認 定 及 び 取 消 し( 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 施 行 令 第 条, 運 用 方 針 第 2 条 関 係, 法 第 55 条, 施 行 規 程 第 94 条 ) 共 済 組 合 の 被 扶 養 者 主 として 組 合 員 の 収 入 により 生 計 を 維 持 し, 組 合 員 と 一 定 の 身 分 関 係 にある 人 は, 被 扶 養 者 とし て

More information

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま 授 業 料 免 除 制 度 の 改 定 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありますが その 審 査 基 準 等 を 改 定 しますので お 知 らせします 平 成 25

More information

留 意 事 項 1. 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されま す したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください 前 期 は4 月 24 日 後 期 は10 月 24 日 ( 銀

留 意 事 項 1. 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されま す したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください 前 期 は4 月 24 日 後 期 は10 月 24 日 ( 銀 平 成 27 年 度 ( 後 期 ) 小 樽 商 科 大 学 授 業 料 免 除 徴 収 猶 予 申 請 のしおり 目 次 Ⅰ 授 業 料 免 除 の 対 象 者 2 Ⅱ 提 出 書 類 3 Ⅲ 授 業 料 免 除 願 の 記 入 要 領 5 Ⅳ 家 庭 調 書 の 記 入 要 領 5 Ⅴ 授 業 料 免 除 が 許 可 されなかった 場 合 及 び 半 額 免 除 となった 場 合 6 Ⅵ 授 業

More information

平成28年度後期分授業料免除申請の注意事項(博士後期課程留学生用)

平成28年度後期分授業料免除申請の注意事項(博士後期課程留学生用) 博 士 後 期 課 程 留 生 用 平 成 28 年 度 後 期 分 授 業 料 免 除, 徴 収 猶 予 及 び 月 割 分 納 申 請 の 注 意 事 項 本 では, 博 士 後 期 課 程 生 に 対 し, 経 済 状 況 及 び 業 成 績 による 授 業 料 免 除 の 他 に 本 独 自 の 授 業 料 免 除 を 実 施 して おります 免 除 については, 経 済 状 況 及 び 業

More information

入 学 料 免 除 制 度 とは 入 学 料 免 除 は 下 記 のいずれかに 該 当 している 場 合 を 対 象 として 選 考 のうえ 入 学 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 する 制 度 です なお 本 制 度 の 基 準 に 該 当 している 場 合 後 述 の 入 学 料 徴

入 学 料 免 除 制 度 とは 入 学 料 免 除 は 下 記 のいずれかに 該 当 している 場 合 を 対 象 として 選 考 のうえ 入 学 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 する 制 度 です なお 本 制 度 の 基 準 に 該 当 している 場 合 後 述 の 入 学 料 徴 平 成 26 年 度 入 学 料 免 除 および 入 学 料 徴 収 猶 予 の 申 請 について 入 学 料 の 免 除 を 希 望 する 場 合 入 学 料 免 除 制 度 があります 入 学 料 の 納 入 の 延 期 を 希 望 する 場 合 入 学 料 徴 収 猶 予 制 度 があります 後 述 する 申 請 条 件 に 該 当 する 方 が 対 象 者 となります( 学 部 および 別

More information

授業料免除 申請手続きについて(後期)  H11.7

授業料免除 申請手続きについて(後期)  H11.7 平 成 20 年 7 月 申 請 希 望 者 へ 生 支 援 課 平 成 20 年 度 後 期 分 授 業 料 免 除 の 申 請 手 続 きについて 授 業 料 免 除 は 経 済 的 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 著 しく 困 難 であると 認 められる 者 に 対 し 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 する 制 度 です 審 査 は 各 期 ごとに

More information

書 類 の 説 明 1 最 新 の 所 得 証 明 書 ( 課 税 証 明 書 ) 原 本 を 提 出 してください 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について 提 出 してください 住 民 票 を 置 いている 市 区 町 村 役 場 に 申 請 してください ( 税 務 署 で 発 行 さ

書 類 の 説 明 1 最 新 の 所 得 証 明 書 ( 課 税 証 明 書 ) 原 本 を 提 出 してください 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について 提 出 してください 住 民 票 を 置 いている 市 区 町 村 役 場 に 申 請 してください ( 税 務 署 で 発 行 さ 収 入 に 関 する 書 類 について 家 計 審 査 表 とあわせて 以 下 の 表 に 記 載 の 収 入 に 関 する 書 類 をすべて 提 出 してください は 必 ず 必 要 な 書 類 です は ある 場 合 のみ あるいは 該 当 する 場 合 のみ 提 出 してください 収 入 に 関 する 書 類 についての 注 意 事 項 1. 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について

More information

Taro-2. 27 後期・申請案内

Taro-2. 27 後期・申請案内 平 成 28 年 度 授 業 料 免 除 ( 後 期 ) 申 請 について 1. 授 業 料 免 除 制 度 について 経 済 的 理 由 により 授 業 料 の 納 入 が 困 難 であり,かつ, 学 業 優 秀 と 認 められる 者 又 は 次 の 特 別 な 事 情 により 授 業 料 の 納 入 が 著 しく 困 難 な 者 について, 本 人 の 申 請 に 基 づき 審 査 選 考 の

More information

<5461726F2D81698DDD8A7790B6816A96C68F9C905C90BF2E6A7464>

<5461726F2D81698DDD8A7790B6816A96C68F9C905C90BF2E6A7464> 授 業 料 免 除 の 申 請 を 希 望 する 場 合 は, 下 記 書 類 を, 教 育 学 生 支 援 室 学 生 生 活 支 援 グループまで, 期 限 厳 守 の 上, 提 出 してください 提 出 書 類 1 確 認 票 A( 大 学 控 ), 確 認 票 B( 本 人 控 ) 2 申 請 書 3 家 庭 調 書 4 市 区 町 村 発 行 の 平 成

More information

平 成 26 年 度 熊 本 県 育 英 資 金 育 英 奨 学 生 募 集 のしおり ( 修 学 貸 与 ) 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 ( 後 期 課 程 ) 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ので 期 限 どおりに 返 還 していただく 必 要 が あ り ま す!! 育 英 資 金 の 返 還 金 は 後 輩 の 将 来 の 奨 学 金 として 再 び 活 用 されてい ます!!

More information

001平成28年度後期授業料免除について

001平成28年度後期授業料免除について 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 について * 授 業 料 免 除 申 請 と 同 時 に 受 付 ける 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度 ( 在 学 生 のみ)もあります * 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 入 学 料 免 除 入 学 料 徴 収 猶 予 及 び 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度

More information

日本育英会奨学金2次募集について

日本育英会奨学金2次募集について 2010 年 度 立 教 大 学 課 外 活 動 奨 励 奨 学 金 募 集 要 項 学 部 学 生 対 象 対 象 この 奨 学 金 は 経 済 的 に 困 窮 しながらも 学 業 及 び 本 学 公 認 の 課 外 活 動 (クラブ サークル 活 動 ) に 対 する 強 い 意 欲 を 持 つ 学 部 1 年 次 ~ 3 年 次 生 ( 出 願 資 格 および 下 図 参 照 )を 対 象 とする

More information

1) 父 母 は 別 居 離 別 死 別 等 を 問 わず 記 入 してください 2) 祖 父 母 兄 弟 姉 妹 は 同 居 別 居 を 問 わず 記 入 してください ただし 経 済 的 に 独 立 している 場 合 は 記 入 の 必 要 はありません 家 族 欄 の 年 収 : 平 成 27

1) 父 母 は 別 居 離 別 死 別 等 を 問 わず 記 入 してください 2) 祖 父 母 兄 弟 姉 妹 は 同 居 別 居 を 問 わず 記 入 してください ただし 経 済 的 に 独 立 している 場 合 は 記 入 の 必 要 はありません 家 族 欄 の 年 収 : 平 成 27 2016 年 度 上 智 大 学 大 学 院 新 入 生 奨 学 金 出 願 要 項 上 智 大 学 大 学 院 新 入 生 奨 学 金 は 本 学 大 学 院 への 入 学 を 第 一 志 望 とする 者 で 経 済 的 理 由 により 入 学 が 困 難 かつ 大 学 の 成 績 が 優 秀 な 者 に 対 して 学 資 金 の 給 付 を 行 い 人 材 の 育 成 に 資 することを 目 的

More information

<50362D3820835F8343838C834E836793C78D9E2E706466>

<50362D3820835F8343838C834E836793C78D9E2E706466> 目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 27 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 記 載 例 10~16 学 業 成 績 の 基 準 ( 参 考 資 料 1) 17 標 準 修 得

More information

しおり及び様式類

しおり及び様式類 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 申 請 のしおり 前 後 期 申 請 者 用 ( 学 部 大 学 院 専 攻 科 共 通 ) 1 2 3 4 5 6 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控

More information

< 別 表 1> 家 庭 状 況 により 提 出 する 書 類 申 請 時 に 提 出 するもの 区 分 自 宅 外 通 学 者 同 一 生 計 となる 家 族 に 障 がい 者 がいる 世 帯 同 一 生 計 となる 家 族 に 長 期 療 養 者 がいる 世 帯 (6 ヶ 月 以 上 の 期 間

< 別 表 1> 家 庭 状 況 により 提 出 する 書 類 申 請 時 に 提 出 するもの 区 分 自 宅 外 通 学 者 同 一 生 計 となる 家 族 に 障 がい 者 がいる 世 帯 同 一 生 計 となる 家 族 に 長 期 療 養 者 がいる 世 帯 (6 ヶ 月 以 上 の 期 間 提 出 書 類 申 請 書 類 の 記 入 について 2016 年 度 JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) 提 出 書 類 について 提 出 書 類 を 必 ず 事 前 に 確 認 のうえ 不 備 のないように 申 請 してください < 必 ず 提 出 が 必 要 なもの> 1) 願 書 2) 応 募 者 の 顔 写 真 ( 最 近 6 カ 月 以 内 に 撮 影 したもの 4.0cm

More information

留 意 事 項 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されます したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください ( 10 月 初 旬 に 財 務 課 経 理 係 か ら 送 付 さ れ

留 意 事 項 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されます したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください ( 10 月 初 旬 に 財 務 課 経 理 係 か ら 送 付 さ れ 平 成 25 年 度 ( 後 期 ) 小 樽 商 科 大 学 授 業 料 免 除 徴 収 猶 予 申 請 のしおり 目 次 Ⅰ 授 業 料 免 除 の 対 象 者 2 Ⅱ 提 出 書 類 3 Ⅲ 授 業 料 免 除 願 の 記 入 要 領 5 Ⅳ 家 庭 調 書 の 記 入 要 領 5 Ⅴ 所 得 の 区 分 算 定 方 法 6 Ⅵ 授 業 料 免 除 が 許 可 されなかった 場 合 及 び 半

More information

Q 証 明 書 類 は 原 本 でないといけませんか? A 基 本 的 に 写 しで 構 いません 但 し 発 行 日 等 に 条 件 がありますので 下 記 を 参 照 願 います 前 期 後 期 市 町 村 民 税 県 民 税 課 税 証 明 書 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分

Q 証 明 書 類 は 原 本 でないといけませんか? A 基 本 的 に 写 しで 構 いません 但 し 発 行 日 等 に 条 件 がありますので 下 記 を 参 照 願 います 前 期 後 期 市 町 村 民 税 県 民 税 課 税 証 明 書 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分 千 葉 大 学 授 業 料 免 除 Q&A( 平 成 28 年 度 版 ) 周 知 方 法 Q 授 業 料 免 除 及 び 納 入 猶 予 の 実 施 に 伴 う 周 知 はどのようにされるのでしょうか? A 原 則 として 掲 示 や 千 葉 大 学 HP 及 び 千 葉 大 学 一 斉 メールにより 行 いますので 見 落 としのないよう に 各 自 が 注 意 をしていてください 主 な 掲

More information

Microsoft PowerPoint - H25給付生奨学金(後期)要項

Microsoft PowerPoint - H25給付生奨学金(後期)要項 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 明 星 大 学 給 付 生 奨 学 金 ( 後 期 ) 募 集 要 項 学 生 サポートセンター( 日 野 校 ) 青 梅 事 務 室 ( 青 梅 校 ) 出 願 の 注 意 出 願 の 申 し 込 みは 自 分 で 行 いましょう 願 書 書 類 一 式 を 保 護 者 に 預 け 各 種 問 合 せ 書 類 の 手 配 を 任 せてしまう 等 出 願

More information

筑 波 大 学 平 成 28 年 度 第 1 期 ( 春 学 期 ) 授 業 料 免 除 申 請 のしおり 留 学 生 以 外 用 ~ 新 入 生 版 ~ 申 請 期 間 平 成 28 年 度 新 入 生 平 成 28 年 4 月 7 日 ( 木 )~ 平 成 28 年 4 月 18 日 ( 月 )( 厳 守 ) 4 月 13 日 ( 水 )までに 対 応 支 援 室 にて 申 請 書 類 の 確

More information

名 部 分 に 張 り 付 けてください ( 入 学 試 験 の 出 願 用 封 筒 は 使 用 しないでく ださい ) 2 出 願 期 間 : 平 成 28(2016) 年 11 月 7 日 ( 月 ) 11 月 25 日 ( 金 ) 最 終 日 消 印 有 効 3 出 願 先 : 605-850

名 部 分 に 張 り 付 けてください ( 入 学 試 験 の 出 願 用 封 筒 は 使 用 しないでく ださい ) 2 出 願 期 間 : 平 成 28(2016) 年 11 月 7 日 ( 月 ) 11 月 25 日 ( 金 ) 最 終 日 消 印 有 効 3 出 願 先 : 605-850 平 成 29(2017) 年 度 京 都 女 子 大 学 入 学 前 予 約 採 用 型 奨 学 金 募 集 要 項 本 奨 学 金 は 平 成 29(2017) 年 4 月 に 京 都 女 子 大 学 への 入 学 を 第 一 志 望 とし 本 学 の 一 般 入 学 試 験 前 期 (A 方 式 B 方 式 または C 方 式 )を 受 験 する 者 のうち 経 済 的 理 由 で 本 学 入

More information

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 冠 奨 学 金 事 業 2016 年 度 JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) 募 集 推 薦 要 項 公 益 財 団 法 人 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 ( 以 下 本 協 会 という )では 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 のご 支 援 により JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) ( 以 下 本

More information

しおり(新規用)

しおり(新規用) 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 申 請 のしおり 新 規 申 請 者 用 ( 学 部 大 学 院 専 攻 科 共 通 ) 1 2 3 4 5 6 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

4_入学料免除願・家庭調書・記入要領(H28.10入学)

4_入学料免除願・家庭調書・記入要領(H28.10入学) ( 様 式 1) 入 学 料 免 除 徴 収 猶 予 願 及 び( 様 式 2) 家 庭 調 書 記 入 要 領 Ⅰ 記 入 全 般 についての 注 意 事 項 1.( 様 式 1) 入 学 料 免 除 徴 収 猶 予 願 及 び( 様 式 2) 家 庭 調 書 は, 選 考 上 大 切 な 資 料 なので, 以 下 の 注 意 事 項 を 熟 読 して, 平 成 28 年 10 月 1 日 現 在

More information

簡易保育所通園児の保護者の皆様へ

簡易保育所通園児の保護者の皆様へ 平 成 28 年 度 船 橋 市 認 可 外 保 育 施 設 通 園 児 補 助 金 申 請 の 手 引 き 事 業 の 概 要 保 護 者 の 経 済 的 負 担 を 軽 減 することを 目 的 として 認 可 外 保 育 施 設 を 利 用 している 乳 幼 児 の 保 護 者 に 補 助 金 を 交 付 します 認 可 外 保 育 施 設 とは 保 育 を 行 うことを 目 的 とする 施 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378> 平 成 26 年 度 保 育 所 入 所 のご 案 内 目 次 1 保 育 所 とは P1 2 申 込 みができる 方 は P1 3 申 込 受 付 の 時 期 P2 4 市 内 保 育 所 及 び 申 込 み 可 能 児 童 一 覧 P3 5 入 所 までの 流 れ P4 6 保 育 時 間 について P5 7 申 込 みに 必 要 な 書 類 P6 8 申 込 み 時 の 注 意 P7~P8 9

More information

4 申 請 書 類 提 出 方 法 原 則 として, 担 当 窓 口 まで 学 生 本 人 が 直 接 持 参 してください 学 生 本 人 と 面 談 うえ, 世 帯 構 成 や 家 計 状 況 を 確 認 します 指 定 された 提 出 期 間 に 持 参 できない 場 合 は, 事 前 に 持

4 申 請 書 類 提 出 方 法 原 則 として, 担 当 窓 口 まで 学 生 本 人 が 直 接 持 参 してください 学 生 本 人 と 面 談 うえ, 世 帯 構 成 や 家 計 状 況 を 確 認 します 指 定 された 提 出 期 間 に 持 参 できない 場 合 は, 事 前 に 持 平 成 28 度 岡 山 大 学 後 半 期 分 授 業 料 免 除 申 請 要 領 次 1 免 除 対 象 者 に 該 当 すると 認 められる 方 に 対 しては, 本 人 申 請 に 基 づき, 選 考 上, 予 算 範 囲 内 で 授 業 料 全 額 又 は 半 額 を 免 除 する 制 度 がありますで, 希 望 者 はこ 要 領 により 申 請 してください 授 業 料 免 除 申 請

More information

原発避難者に対する支援の方法等の検討

原発避難者に対する支援の方法等の検討 大 学 用 平 成 27 年 度 東 北 文 化 学 園 大 学 授 業 料 減 免 制 度 について 学 校 法 人 東 北 文 化 学 園 大 学 が 設 置 する 東 北 文 化 学 園 大 学 では 学 業 優 秀 で 特 別 な 事 情 ( 天 災 失 業 など)により 経 済 的 に 困 窮 し 授 業 料 等 の 納 付 が 極 めて 困 難 な 学 生 に 対 して 学 生 本 人

More information

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必 平 成 27 年 度 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 とは 保 護 者 が 働 いていたり 病 気 の 状 態 にあるなどの 理 由 により 保 育 が 必 要 な 乳 幼 児 を 家 庭 の 保 護 者 に 代 わって 保 育 することを 目 的 とする 児 童 福 祉 施 設 です 保 育 所 の 利 用 を 希 望 する 場 合 には 保 護 者 が 法 律 に 定 める 要 件 に

More information

日本育英会奨学金2次募集について

日本育英会奨学金2次募集について 2011 年 度 立 教 大 学 課 外 活 動 奨 励 奨 学 金 募 集 要 項 学 部 学 生 対 象 対 象 この 奨 学 金 は 経 済 的 に 困 窮 しながらも 学 業 及 び 本 学 公 認 の 課 外 活 動 (クラブサークル 活 動 ) に 対 する 強 い 意 欲 を 持 つ 学 部 1 年 次 ~ 3 年 次 生 ( 出 願 資 格 および 下 図 参 照 )を 対 象 とする

More information

2 申 請 (1) 申 請 書 類 3~4ページを 参 照 (2) 申 請 方 法 学 生 本 人 ( 保 護 の 付 添 い 可 )が 受 付 場 所 へ 直 接 持 参 又 は 郵 送 により 申 請 してください なお 郵 送 申 請 の 場 合 は 配 達 の 記 録 が 残 る 手 段 (

2 申 請 (1) 申 請 書 類 3~4ページを 参 照 (2) 申 請 方 法 学 生 本 人 ( 保 護 の 付 添 い 可 )が 受 付 場 所 へ 直 接 持 参 又 は 郵 送 により 申 請 してください なお 郵 送 申 請 の 場 合 は 配 達 の 記 録 が 残 る 手 段 ( 東 日 本 大 震 災 被 災 対 象 平 成 27 年 度 前 期 後 期 分 授 業 料 免 除 申 請 について 東 日 本 大 震 災 で 被 災 された 方 で 授 業 料 の 納 付 が 困 難 である 場 合 は 授 業 料 の 免 除 が 許 可 され ることがあります 授 業 料 の 免 除 を 希 望 する 場 合 は 下 記 により 申 請 書 類 を 提 出 してください 1

More information

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所 年 金 の し お り ( 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 ) 日 本 金 属 プレス 工 業 厚 生 年 金 基 金 130 8554 東 京 都 墨 田 区 両 国 4 丁 目 30 番 7 号 金 属 プレス 会 館 8 階 03(5638)7811 FAX03(5638)7815 目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年

More information

<5461726F2D8EF696C693FC8A7790B6905C90BF82C982C282A282C4288ED0>

<5461726F2D8EF696C693FC8A7790B6905C90BF82C982C282A282C4288ED0> ( 新 入 生 :8 月 11 月 選 抜 大 学 院 ) 平 成 28 年 度 社 会 人 教 育 支 援 授 業 料 免 除 ( 前 期 分 )の 申 請 について 下 記 の 申 請 資 格 に 該 当 する 場 合, 申 請 に 基 づき, 選 考 の 上, 授 業 料 の 全 額 又 は 一 部 を 免 除 し ます 授 業 料 免 除 の 申 請 受 付 は, 前 期 と 後 期 に 区

More information

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希 平 成 27 年 度 入 所 用 生 駒 市 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 ( 保 育 園 )とは 保 育 所 ( 保 育 園 )は 保 護 者 が 働 いたり 病 気 の 状 態 にあったりして 家 庭 において 十 分 保 育 することができない 児 童 を 保 護 者 にかわって 保 育 することを 目 的 とした 児 童 福 祉 施 設 です 保 護 者 が 希 望 する 保 育

More information

採 用 までのスケジュール 平 成 27 年 度 奨 学 金 案 内 ( 赤 い 冊 子 ) 第 1 部 を 読 む 奨 学 金 貸 与 返 還 シミュレーション で 返 還 額 を 試 算 する 第 二 種 奨 学 金 希 望 者 は 返 還 額 ( 利 息 込 み)を 必 ず 確 認 すること

採 用 までのスケジュール 平 成 27 年 度 奨 学 金 案 内 ( 赤 い 冊 子 ) 第 1 部 を 読 む 奨 学 金 貸 与 返 還 シミュレーション で 返 還 額 を 試 算 する 第 二 種 奨 学 金 希 望 者 は 返 還 額 ( 利 息 込 み)を 必 ず 確 認 すること ( 提 出 書 類 についての 注 意 事 項 )に 沿 って 提 出 書 類 を 準 備 してください ) 平 成 27 年 度 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 ( 学 部 在 学 採 用 )の 申 込 みについて 配 布 書 類 平 成 27 年 度 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 ( 学 部 在 学 採 用 )の 申 込 みについて 本 用 紙 平 成 27 年 度 奨

More information

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未 被 扶 養 認 定 に 必 要 な 提 出 書 類 申 請 書 全 員 対 象 該 当 する 場 合 必 要 健 康 保 険 被 扶 養 ( 新 規 異 動 ) 届 被 扶 養 ( 子 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 供 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 外 ) 現 況 届 全 員 及 び15 歳 上 ( 中 学 除 く)の 子 供 ( が 扶 養 家 族 で 無 い 全 年 齢 の) 子 供

More information

申 請 書 の 受 付 ( 申 請 書 は 下 記 の 期 間 に 提 出 してください 時 間 厳 守 ) 申 請 者 は A 票 7 頁 から M 票 27 頁 までのフォーマットを 下 記 の 日 程 により 提 出 してください 申 請 書 の 用 紙 節 約 について 申 請 書 は 全

申 請 書 の 受 付 ( 申 請 書 は 下 記 の 期 間 に 提 出 してください 時 間 厳 守 ) 申 請 者 は A 票 7 頁 から M 票 27 頁 までのフォーマットを 下 記 の 日 程 により 提 出 してください 申 請 書 の 用 紙 節 約 について 申 請 書 は 全 授 業 料 免 除 および 授 業 料 徴 収 猶 予 平 成 28 年 度 前 期 分 の 申 請 について 授 業 料 免 除 を 希 望 する 場 合 授 業 料 免 除 制 度 があります 授 業 料 納 入 の 延 期 を 希 望 する 場 合 授 業 料 徴 収 猶 予 制 度 があります 後 述 する 申 請 条 件 に 該 当 する 方 が 対 象 者 となります 明 らかに 申 請

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E FEE95F18CF68A4A A91E581458FA78A778BE0816A2E646F6378>

<4D F736F F D2095BD90AC E FEE95F18CF68A4A A91E581458FA78A778BE0816A2E646F6378> 奨 学 金 について 本 学 に 募 集 がある 奨 学 制 度 は 日 本 学 生 支 援 機 構 山 口 県 ひとづくり 財 団 宮 崎 県 育 英 資 金 交 通 遺 児 育 英 会 あしなが 育 英 会 ( 病 気 災 害 遺 児 ) 等 です 多 数 の 学 生 が 採 用 されている 奨 学 制 度 は 日 本 学 生 支 援 機 構 の 奨 学 制 度 ですが 大 学 への 内 示 人

More information

年 間 収 入 とは 扶 養 者 の 収 入 調 査 ( 検 認 ) 時 の 収 入 は 1 月 1 日 ~12 月 31 日 の1 年 間 分 とし 調 査 時 の 前 年 収 入 額 とする 年 度 の 途 中 からの 扶 養 認 定 申 請 の 際 は 今 後 1 年 間 の 収 入 を 概

年 間 収 入 とは 扶 養 者 の 収 入 調 査 ( 検 認 ) 時 の 収 入 は 1 月 1 日 ~12 月 31 日 の1 年 間 分 とし 調 査 時 の 前 年 収 入 額 とする 年 度 の 途 中 からの 扶 養 認 定 申 請 の 際 は 今 後 1 年 間 の 収 入 を 概 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 になるための 条 件 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 になるためには 世 帯 関 係 や 収 入 基 準 および 髙 島 屋 健 康 保 険 組 合 の 被 扶 養 者 認 定 基 準 等 の 条 件 を 満 たす 必 要 があります 認 定 申 請 をする 前 に 必 ず 内 容 をご 確 認 ください 虚 偽 の 申 請 又 は 故 意 による 届 出 をしなかった

More information

14.申請書類について(共通)中途

14.申請書類について(共通)中途 申 請 書 類 について(お 茶 大 SCC 除 く) 申 請 書 類 一 式 1 入 寮 願 ( 別 添 ) 2 入 寮 選 考 調 書 1 2( 別 添 ) 3 所 得 証 明 書 ( 市 区 町 村 役 場 発 行 のもの( 名 称 が 異 なる 場 合 あり)) 4 源 泉 徴 収 票 及 び 確 定 申 告 書 等 所 得 に 関 する 証 明 書 ( 写 しでも 可 ) 5 家 計 控

More information

Microsoft Word - 平成28年度 こどもの国学童保育室入室申請要領

Microsoft Word - 平成28年度 こどもの国学童保育室入室申請要領 平 成 28 年 度 こどもの 国 学 童 保 育 室 学 遊 館 入 室 申 請 要 領 こどもの 国 学 童 保 育 室 学 遊 館 335-0023 埼 玉 県 戸 田 市 本 町 1-17-7 担 当 和 栗 松 永 Tel 048-443-2387 Fax 048-431-3871 1 入 室 資 格 戸 田 市 立 戸 田 南 小 学 校 及 び 戸 田 第 一 小 学 校 に 通 学

More information

日本育英会

日本育英会 2016 年 度 奨 学 金 ガイドブック 目 次 学 内 奨 学 金 P. 1 ( 上 野 奨 学 金 富 士 通 育 英 基 金 奨 学 金 立 石 信 雄 外 国 人 留 学 生 奨 学 金 奨 学 留 学 制 度 後 援 会 奨 学 金 ) 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 P. 4 地 方 公 共 団 体 民 間 団 体 等 の 奨 学 金 P. 7 掲 示 連 絡 について 学

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E FEE95F18CF68A4A816991E58A FA78A778BE0816A2E646F6378>

<4D F736F F D2095BD90AC E FEE95F18CF68A4A816991E58A FA78A778BE0816A2E646F6378> 奨 学 金 について 本 学 に 募 集 がある 奨 学 制 度 は 日 本 学 生 支 援 機 構 山 口 県 ひとづくり 財 団 宮 崎 県 育 英 資 金 交 通 遺 児 育 英 会 あしなが 育 英 会 ( 病 気 災 害 遺 児 ) 等 です 多 数 の 学 生 が 採 用 されている 奨 学 制 度 は 日 本 学 生 支 援 機 構 の 奨 学 制 度 ですが 大 学 への 内 示 人

More information

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される 年 金 の し お り 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 このしおりの 最 後 に 届 出 用 紙 ( 住 所 受 取 方 法 変 更 届 氏 名 変 更 届 )がありますの で 住 所 受 取 方 法 氏 名 の 変 更 があった 場 合 に 切 取 ってお 使 いください なお 用 紙 がなくなったときは 基 金 に 請 求 してください 各 種 届 出 用 紙 はホームページからのダウンロードもできます

More information

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明 < 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 旧 日 本 育 英 会 ) 奨 学 金 > 日 本 学 生 支 援 機 構 への 奨 学 金 事 業 の 引 継 ぎについてのおしらせ 日 本 育 英 会 は 平 成 16 年 3 月 31 日 をもって 廃 止 され 奨 学 金 事 業 は4 月 1 日 から 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 に 移 管 されることになりました 奨 学

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958395EA8BB389C68C768B7D95CF5F95E58F5797768D803230313630392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958395EA8BB389C68C768B7D95CF5F95E58F5797768D803230313630392E646F63> 立 命 館 大 学 父 母 教 育 後 援 会 家 計 急 変 奨 学 金 募 集 要 項 出 願 問 い 合 せ 先 < 衣 笠 キャンパス> 衣 笠 学 生 オフィス 奨 学 金 係 ( 研 心 館 2 階 ) 法 産 業 社 会 国 際 関 係 文 映 像 学 部 603-8577 京 都 府 京 都 市 北 区 等 持 院 北 町 56-1 TEL:075-465-8168 FAX:075-465-8169

More information

被扶養者の資格確認を行います

被扶養者の資格確認を行います H28.8.16 改 訂 重 要 被 扶 養 者 認 定 に 係 る 添 付 書 類 について 被 保 険 者 と 同 じように 保 険 給 付 を 受 けられる 被 扶 養 者 は 健 康 保 険 法 等 によ って 定 められた 家 族 が 対 象 で 被 扶 養 者 として 認 定 されるには 主 として 被 保 険 者 の 収 入 により 生 計 維 持 されていることが 必 要 です この

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB488C481798C8892E8817A95BD90AC3236944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E05F348C8E88C88D7E5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB488C481798C8892E8817A95BD90AC3236944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E05F348C8E88C88D7E5F2E646F63> 場 転 所 ( 入 所 後 別 の 保 育 園 への 入 所 希 望 )については 入 所 と 同 じ 取 扱 いとなります に 合 入 市 に 所 立 できるものではなく 保 保 育 護 所 者 に 認 代 可 わってその 保 育 園 は 日 保 児 頃 護 童 者 の 保 が 保 育 仕 育 する 事 を または 行 集 人 うための 団 のいない 生 活 病 に 気 慣 等 児 れさせるためといった

More information

『東京都育英資金』申込みのしおり

『東京都育英資金』申込みのしおり 平 成 27 年 度 東 京 都 育 英 資 金 申 込 みのしおり 東 京 都 育 英 資 金 は 勉 学 意 欲 のある 生 徒 や 学 生 に 勉 学 に 必 要 な 資 金 の 一 部 をお 貸 しする 奨 学 金 制 度 です( 保 護 者 にお 貸 しするものではありません ) 奨 学 金 を 借 り 受 けた 生 徒 学 生 本 人 が 将 来 は 返 還 しなければなりませんので 計

More information

Microsoft Word - Q&A案20150630(最終版).docx

Microsoft Word - Q&A案20150630(最終版).docx 金 沢 大 学 授 業 料 免 除 Q&A 提 出 期 限 について Q1. 申 請 書 類 の 提 出 期 限 を 延 長 してもらうことは 可 能 ですか? A1. 提 出 期 限 の 延 長 はできません 例 年, 期 限 までに 必 要 書 類 を 揃 えられずに, 申 請 を 却 下 されるケースが 多 発 しています 家 庭 状 況 によ っては 追 加 書 類 を 求 める 場 合 がありますので,

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 名 2 期 7 名 6 名 6 名 6 名 6 名 20 名 一 般 入 試 1 期 17 名 10

More information

1 平 成 28 年 度 保 育 所 等 入 所 案 内 このしおりには, 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度, 石 岡 市 保 育 所 等 の 入 所 申 込 みに 関 する 手 続 きや 必 要 書 類 などについて, 重 要 なことを 記 載 しています 内 容 をご 確 認 のうえ,お 申 し 込 みください 平 成 28 年 4 月 1 日 ( 当 初 ) 入 所 の 申 し 込 み 受

More information

1) 保 育 所 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 とは 保 育 所 共 働 きなど 家 庭 で 保 育 ができない 保 護 者 に 代 わって 保 育 を 行 なう 児 童 福 祉 施 設 * 利 用 時 間 : 朝 ~ 夕 (0 歳 ~ 満 3 歳 未 満 ) 3 号 認 定 が 必 要

1) 保 育 所 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 とは 保 育 所 共 働 きなど 家 庭 で 保 育 ができない 保 護 者 に 代 わって 保 育 を 行 なう 児 童 福 祉 施 設 * 利 用 時 間 : 朝 ~ 夕 (0 歳 ~ 満 3 歳 未 満 ) 3 号 認 定 が 必 要 ~ 保 育 所 認 定 こども 園 (2 3 号 認 定 子 ども) 地 域 型 保 育 の 入 園 向 け~ 平 成 28 年 度 保 育 利 用 のご 案 内 利 根 町 役 場 子 育 て 支 援 課 子 ども 福 祉 係 新 制 度 では 幼 稚 園 や 認 定 こども 園 保 育 所 等 を 利 用 するために 子 どものための 教 育 保 育 給 付 にかかる 認 定 を 受 けていただく

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

000

000 4 退 会 の 手 続 き (1) 作 成 書 類 退 会 理 由 により 必 要 な 書 類 が 異 なります 今 回 の 退 会 が 以 下 1~3のいずれに 該 当 するか 確 認 の 上 手 続 きを 進 めてください 1 退 職 や 身 分 切 り 替 え/ 法 人 の 解 散 や 施 設 団 体 の 廃 止 による 退 会 従 事 者 共 済 会 加 入 期 間 1 年 以 上 の 場

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

返 還 卒 業 後 に 返 還 月 賦 返 還 と 月 賦 半 年 賦 併 用 返 還 の 2 種 類 があります 第 一 種 奨 学 金 月 賦 返 還 の 例 ( 貸 与 期 間 :48 ヵ 月 ) 通 学 形 態 貸 与 月 額 返 還 総 額 返 還 月 賦 額 返 還 回 数 ( 期 間

返 還 卒 業 後 に 返 還 月 賦 返 還 と 月 賦 半 年 賦 併 用 返 還 の 2 種 類 があります 第 一 種 奨 学 金 月 賦 返 還 の 例 ( 貸 与 期 間 :48 ヵ 月 ) 通 学 形 態 貸 与 月 額 返 還 総 額 返 還 月 賦 額 返 還 回 数 ( 期 間 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 奨 学 金 概 要 この 奨 学 金 は 経 済 的 理 由 により 修 学 に 困 難 がある 優 れた 学 生 に 奨 学 金 を 貸 与 することにより 教 育 の 機 会 均 等 に 寄 与 することを 目 的 としています 貸 与 型 奨 学 金 のため 返 還 の 義 務 があり 卒 業 後 に 必 ず 返 還 しなくてはなりません

More information

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料 平 成 26 年 度 亀 山 市 保 育 ご 案 内 亀 山 市 健 康 福 祉 部 子 ども 総 合 センター 子 ども 家 庭 室 ( 亀 山 市 総 合 保 健 福 祉 センター あいあい 内 ) TEL 0595-84-3315 FAX 0595-82-8180 保 育 手 続 きやそ 他 詳 しいことについては こちらへお 問 い 合 わせください H26.2.20 版 目 次 1. 保

More information

目 次 出 願 受 付 日 時 場 所 表 紙 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 について 1. 概 要 2 2. 出 願 から 採 用 まで 3 3. 推 薦 基 準 3 4. 所 得 連 動 返 還 型 無 利 子 奨 学 金 について 4 5. 第 二 種 奨

目 次 出 願 受 付 日 時 場 所 表 紙 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 について 1. 概 要 2 2. 出 願 から 採 用 まで 3 3. 推 薦 基 準 3 4. 所 得 連 動 返 還 型 無 利 子 奨 学 金 について 4 5. 第 二 種 奨 2016 年 度 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 出 願 のしおり 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 の 出 願 は 下 表 の 受 付 期 間 内 に 出 願 した 後 インターネット(ス カラネット) 入 力 をしてはじめて 完 了 となります 出 願 書 類 を 提 出 していても スカラネット 入 力 を 行 っていない 場 合 は 受 付 が 完 了 して いないため

More information

平成20年度 健康保険被扶養者資格確認(検認) 実施要綱

平成20年度 健康保険被扶養者資格確認(検認) 実施要綱 平 成 28 年 6 月 平 成 28 年 度 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 確 認 調 査 実 施 要 領 目 次 1. 実 施 概 要 (1) 実 施 目 的 1 (2) 調 査 対 象 者 1 (3) 実 施 手 順 (スケジュール) 1 (4) 送 付 物 1 (5) 調 書 への 住 所 印 字 について 2 (6) 調 書 の 提 出 について 2 (7) 留 意 点 等 3

More information

第1号様式

第1号様式 平 成 26 年 度 保 育 所 入 所 の し お り お 子 さんの 保 育 所 への 入 所 を 希 望 される 方 は 市 役 所 保 育 課 保 育 係 に 申 込 書 を 提 出 してください 保 育 所 への 入 所 決 定 は 福 祉 事 務 所 が 行 います 保 育 所 とは? 保 護 者 や 同 居 の 親 族 が 就 労 病 気 などで 昼 間 にお 子 さんを 保 育 できない

More information

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206)

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206) 校 担 当 者 用 平 成 28 年 度 高 等 校 等 奨 金 抜 粋 異 動 補 導 事 務 の て び き この 冊 子 には 奨 生 採 用 後 の 奨 金 の 交 付 奨 生 の 異 動 及 び 補 導 に 係 る 事 項 につい て 校 における 事 務 及 び 留 意 事 項 について 説 明 したものです あわせて 終 了 時 及 び 終 了 後 の 手 きの 概 要 についても 記

More information

3 申 請 方 法 受 付 期 間 提 出 先 申 請 方 法 下 記 の 受 付 期 間 内 に 4 申 請 書 類 に 記 載 の 書 類 を 簡 易 書 留 にて 郵 送 してください 受 付 期 間 06..7( 月 )~.30( 水 )< 最 終 日 消 印 有 効 > 提 出 先 564

3 申 請 方 法 受 付 期 間 提 出 先 申 請 方 法 下 記 の 受 付 期 間 内 に 4 申 請 書 類 に 記 載 の 書 類 を 簡 易 書 留 にて 郵 送 してください 受 付 期 間 06..7( 月 )~.30( 水 )< 最 終 日 消 印 有 効 > 提 出 先 564 0 7 度 入 試 受 験 予 定 者 対 象 関 西 大 学 学 の 実 化 (がくのじつげ) 入 学 前 予 約 採 用 型 給 付 奨 学 金 募 集 要 項 関 西 大 学 学 の 実 化 (がくのじつげ) 入 学 前 予 約 採 用 型 給 付 奨 学 金 は 有 為 な 人 材 の 育 成 と 経 済 支 援 を 目 的 に 関 西 大 学 への 入 学 を 強 く 希 望 する 全 国

More information

<< 応 募 資 格 についての 補 足 説 明 >> 1 秋 田 県 出 身 者 の 定 義 について 秋 田 県 出 身 者 とは 1 2のいずれかにあてはまる 方 を 指 します 1. 出 願 時 において 秋 田 県 内 に 生 活 の 根 拠 を 有 する( 住 民 票 がある) 方 の

<< 応 募 資 格 についての 補 足 説 明 >> 1 秋 田 県 出 身 者 の 定 義 について 秋 田 県 出 身 者 とは 1 2のいずれかにあてはまる 方 を 指 します 1. 出 願 時 において 秋 田 県 内 に 生 活 の 根 拠 を 有 する( 住 民 票 がある) 方 の 平 成 27 年 度 大 学 月 奨 学 応 募 に 関 する 補 足 説 明 必 ずお 読 みください 目 次 1. 応 募 資 格 1 秋 田 県 出 身 者 の 定 義 について P1 2 所 得 の 算 出 方 法 について P1~3 2. 提 出 書 類 1 奨 学 貸 与 申 込 書 について 2 住 民 票 在 学 証 明 書 について P3 P4 3 収 入 関 係 書 類 について

More information

( 受 付 場 所 及 び 問 い 合 わせ 先 )Where to Submit Applications and Inquiries 平 成 27 年 度 (2015)まで 入 学 者 Students staring in the Academic Year of 2015 and befor

( 受 付 場 所 及 び 問 い 合 わせ 先 )Where to Submit Applications and Inquiries 平 成 27 年 度 (2015)まで 入 学 者 Students staring in the Academic Year of 2015 and befor 学 部 学 士 大 学 院 平 成 28 年 度 授 業 料 免 除 申 請 書 類 ( 在 学 生 用 ) ( 受 付 期 間 ) 前 期 分 後 期 分 学 部 3 月 1 日 ( 火 ) 3 月 2 日 ( 水 ) 大 学 院 3 月 3 日 ( 木 ) 3 月 4 日 ( 金 ) 学 部 学 士 9 月 1 日 ( 木 ) 9 月 2 日 ( 金 ) 9 月 5 日 ( 月 ) 大 学 院

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874095BD90AC3235944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E08169318C8E88C88D7E816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874095BD90AC3235944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E08169318C8E88C88D7E816A2E646F63> に きるものではなく 市 保 保 立 育 平 護 保 所 者 育 ( に 所 園 成 代 )への わってその 認 可 保 25 日 入 育 頃 所 園 年 児 は 保 童 育 保 度 の する 護 保 者 育 人 が を のいない 仕 行 事 または 病 気 等 のため 家 庭 で 児 童 を 十 分 に 保 育 することができない 場 合 保 うための 育 児 童 所 児 が 童 福 入 祉 所

More information

も く じ 1. 保 育 園 とは P 2 2. 保 育 園 を 利 用 できる 条 件 P 2~ 3 3. 保 育 認 定 について P 4 4. 入 園 までの 流 れについて P 5~ 7 5. 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 )について P 8~11 6.その 他 保 育 サービス P1

も く じ 1. 保 育 園 とは P 2 2. 保 育 園 を 利 用 できる 条 件 P 2~ 3 3. 保 育 認 定 について P 4 4. 入 園 までの 流 れについて P 5~ 7 5. 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 )について P 8~11 6.その 他 保 育 サービス P1 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 保 育 園 に 関 す る ご 案 内 安 曇 野 市 子 ど も 支 援 課 ( 本 庁 舎 1 階 16 番 窓 口 ) 399-8281 安 曇 野 市 豊 科 6000 番 地 T E L:0263-71-2256( 直 通 ) FAX:0263-72-2065 1 も く じ 1. 保 育 園 とは P 2 2. 保 育 園 を 利 用 できる 条 件

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08EF38B8B8CA08ED282CC82B582A882E8816990E096BE95B6816A4831382E342E32382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08EF38B8B8CA08ED282CC82B582A882E8816990E096BE95B6816A4831382E342E32382E646F63> 基 金 型 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 年 金 受 給 権 者 のしおり 大 日 本 印 刷 企 業 年 金 基 金 ( 平 成 18 年 4 月 改 定 ) < 目 次 > はじめに 1ページ 1. 年 金 証 書 について 2ページ 2. 年 金 の 支 払 われ 方 3ページ 3. 給 付 金 の 税 務 4ページ 4. 年 金 受 給 中 に 必 要 な 手 続 き 5ページ (1)

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

Q6. 入 所 後 に 仕 事 を 辞 めたのですが 何 か 届 出 が 必 要 ですか? A6. 必 要 です 仕 事 を 辞 めた 時 点 で 保 育 所 に 入 所 する 理 由 がなくなってしまいますので 入 所 を 継 続 したい 場 合 は 求 職 中 である 旨 を 書 いた 申 立

Q6. 入 所 後 に 仕 事 を 辞 めたのですが 何 か 届 出 が 必 要 ですか? A6. 必 要 です 仕 事 を 辞 めた 時 点 で 保 育 所 に 入 所 する 理 由 がなくなってしまいますので 入 所 を 継 続 したい 場 合 は 求 職 中 である 旨 を 書 いた 申 立 保 育 所 についてのQ&A < 入 所 について> Q1. 現 在 求 職 中 ですが 入 所 することはできますか? A1. 入 所 できます 但 し 入 所 から3ヶ 月 以 内 に 就 労 することが 絶 対 条 件 となります 3ヶ 月 経 過 後 も 就 労 できない 場 合 は 原 則 として 退 所 となります Q2. 就 労 時 間 や 就 労 日 数 の 条 件 は 何 かありますか?

More information

1. 入 試 概 要 募 集 人 員 高 松 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 4 年 高 松 短 期 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 2 年 高 松 大 学 入 試 区 分 発 達 科 学 部 子 ども 発 達 学 科 経 営 学 部 経 営 学 科 保 育 学 科 高 松

1. 入 試 概 要 募 集 人 員 高 松 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 4 年 高 松 短 期 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 2 年 高 松 大 学 入 試 区 分 発 達 科 学 部 子 ども 発 達 学 科 経 営 学 部 経 営 学 科 保 育 学 科 高 松 社 会 人 入 学 について( 授 業 時 間 9:00~17:50) 高 松 大 学 発 達 科 学 部 子 ども 発 達 学 科 学 校 を 卒 業 して 社 会 人 として 仕 事 をしている 方 で もう 一 度 大 学 生 となって 勉 強 したいという 方 々のために 社 会 人 入 試 を 実 施 しています 近 年 少 子 化 が 進 んでいますが 子 育 て 支 援 の 方 策 も

More information

授業料免除申請のしおり

授業料免除申請のしおり 北 海 道 大 学 授 業 料 免 除 申 請 のしおり ( 平 成 25 年 度 版 ) 目 次 〇 授 業 料 免 除 の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 授 業 料 免 除 について 授 業 料 免 除 の 申 請 について 授 業 料 免 除 の 申 請 資 格 学 力 基 準 留 年 者, 修 業 年 限 超 過 者 の 申 請 について 〇 提 出 書 類 申 請 書

More information

申 告 書 類 作 成 記 入 要 領 1. 平 成 28 年 分 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 これは 平 成 28 年 1 月 以 降 各 月 の 研 究 奨 励 金 に 課 される 所 得 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 書 類 です あな

申 告 書 類 作 成 記 入 要 領 1. 平 成 28 年 分 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 これは 平 成 28 年 1 月 以 降 各 月 の 研 究 奨 励 金 に 課 される 所 得 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 書 類 です あな 特 別 研 究 員 の 皆 様 へ 平 成 27 年 10 月 9 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 人 材 育 成 事 業 部 研 究 者 養 成 課 年 末 調 整 に 必 要 な 申 告 書 類 提 出 のお 願 い 標 題 の 件 について 平 成 27 年 分 の 年 末 調 整 に 必 要 な 書 類 を 送 付 いたしますので 申 告 書 類 作 成 記 入 要

More information

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx 阪 府 私 等 学 校 等 授 業 料 援 補 助 事 務 の 引 き 私 等 学 校 等 [ 全 日 制 課 程 ] 私 専 修 学 校 高 等 課 程 平 成 23 年 度 以 降 入 学 生 用 平 成 25 年 7 月 阪 府 府 化 部 私 学 学 課 559-8555 大 阪 市 住 之 江 区 南 港 北 1-14-16 大 阪 府 咲 洲 庁 舎 38 階 TEL (06)6941-0351(

More information

事 例 3 Q: 父 母 を 被 扶 養 者 として 認 定 できますか?( 父 母 とも 国 民 健 康 保 険 加 入 ) A: 父 母 又 はそのどちらかを 申 請 する 場 合 は 夫 婦 相 互 扶 助 義 務 に 基 づき 父 母 の 収 入 合 算 額 が それぞれに 適 用 される

事 例 3 Q: 父 母 を 被 扶 養 者 として 認 定 できますか?( 父 母 とも 国 民 健 康 保 険 加 入 ) A: 父 母 又 はそのどちらかを 申 請 する 場 合 は 夫 婦 相 互 扶 助 義 務 に 基 づき 父 母 の 収 入 合 算 額 が それぞれに 適 用 される 被 扶 養 者 認 定 事 例 集 私 学 事 業 団 に 照 会 の 多 い 事 例 を 掲 載 しました 参 考 にしてください 事 例 1 Q: 今 月 結 婚 しましたが 妻 はパートで 働 いています 被 扶 養 者 として 認 定 できますか? 必 要 な は 何 ですか? A: 社 会 保 険 未 加 入 で 認 定 要 件 内 の 収 入 であれば 被 扶 養 者 として 認 定 できます

More information

申 込 みに 必 要 な 書 類 入 園 申 込 は 児 童 1 人 につき 第 2 希 望 園 までです 重 複 して 入 園 申 込 を 提 出 することはできません 申 込 みには 次 の1 3の 書 類 が 必 要 です 兄 弟 姉 妹 で 申 込 む 場 合 は それぞれの 申 込 書 に

申 込 みに 必 要 な 書 類 入 園 申 込 は 児 童 1 人 につき 第 2 希 望 園 までです 重 複 して 入 園 申 込 を 提 出 することはできません 申 込 みには 次 の1 3の 書 類 が 必 要 です 兄 弟 姉 妹 で 申 込 む 場 合 は それぞれの 申 込 書 に 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 11 月 発 行 ) 入 園 基 準 保 育 園 入 園 申 込 案 内 保 育 園 とは 保 育 園 とは 保 護 者 が 働 いていたり 病 気 にかかっていたり またはその 他 の 理 由 で 家 庭 にお いて 児 童 を 保 育 することができない 場 合 に その 児 童 を 保 護 者 に 代 わって 保 育 するところです 受 付 期 間

More information

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選 年 金 一 時 金 請 求 に 関 する 手 続 き 電 機 年 金 基 金 では 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 裁 定 を 行 い 年 金 一 時 金 をお 支 払 いします 電 機 年 金 基 金 が 支 払 う 年 金 または 一 時 金 は 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 電 機 年 金 基 金 が 裁 定 し 受 給 権 者 が 指 定 した 金 融 機

More information

平成21年度 保育所入所案内

平成21年度 保育所入所案内 保 育 等 とは この 入 案 内 での 保 育 等 とは 浦 添 市 内 の 認 可 保 育 小 規 模 保 育 事 業 内 保 育 のことです 保 育 等 では 保 護 者 が 働 いている または 疾 病 などのために 家 庭 において 十 分 保 育 することができない 児 童 を 家 庭 の 保 護 者 にかわって 保 育 することを 目 的 とした 児 童 福 祉 施 設 です したがって

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼 磐 梯 町 保 育 所 入 所 ガイド 平 成 28 年 度 版 目 次 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには P1 保 育 の 必 要 時 間 について P1 入 所 できる 年 齢 P2 保 育 実 施 日 P2 〇 開 所 時 間 P2 入 所 までの 流 れ P2 〇 保 育 認 定 ( 入 所 申 込 み)に 必 要 な 書 類 P3 〇 保 育 料 算 定 に

More information

住宅貸付

住宅貸付 住 宅 貸 付 ~ 住 宅 購 入 リフォームの 工 事 費 用 に~ 1. 申 し 込 み 事 由 (1) 加 入 者 が 自 己 の 用 に 供 する 住 宅 の 新 築 増 築 改 築 移 築 修 理 購 入 借 り 入 れ 及 びその 敷 地 の 購 入 借 り 入 れのため 資 金 を 必 要 とするときに 住 宅 貸 付 を 利 用 することが できます 自 己 の 用 に 供 する とは

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information