平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について"

Transcription

1 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調 査 結 果 の 要 旨 暴 力 行 為... 5 (1) 暴 力 行 為 の 発 生 状 況 合... 5 < 参 考 1> 学 校 内 外 における 暴 力 行 為 発 生 件 数 の 推 移... 6 < 参 考 2> 学 校 内 外 における 暴 力 行 為 発 生 率 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 暴 力 行 為 発 生 件 数 )... 6 < 参 考 3> 学 校 内 における 暴 力 行 為 発 生 件 数 の 推 移... 7 < 参 考 4> 学 校 内 における 暴 力 行 為 発 生 率 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 暴 力 行 為 発 生 件 数 )... 7 < 参 考 5> 学 校 外 における 暴 力 行 為 発 生 件 数 の 推 移... 8 < 参 考 6> 学 校 外 における 暴 力 行 為 発 生 率 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 暴 力 行 為 発 生 件 数 ) 対 教 師 暴 力 生 徒 間 暴 力 対 人 暴 力 器 物 損 壊 (2) 学 年 別 男 女 別 加 害 児 童 生 徒 数 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 < 参 考 7> 学 年 別 加 害 児 童 生 徒 数 のグラフ (3) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 措 置 状 況 < 参 考 8> 平 成 26 年 度 までの 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 措 置 状 況 の 推 移 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 (4) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 関 係 機 関 の 措 置 状 況 < 参 考 9> 平 成 26 年 度 までの 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 関 係 機 関 の 措 置 状 況 の 推 移 小 学 校... 16

2 2 中 学 校 高 等 学 校 (5) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 対 応 < 参 考 10> 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 対 応 の 推 移 ( 国 公 私 立 ) (6) 都 道 府 県 別 暴 力 行 為 の 発 生 件 数 ( 国 公 私 立 小 中 高 等 学 校 ) 都 道 府 県 別 1,000 人 当 たりの 発 生 件 数 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 出 席 停 止 (1) 出 席 停 止 の 件 数 < 参 考 1> 平 成 8 年 度 までの 出 席 停 止 の 件 数 ( 中 学 校 ) (2) 出 席 停 止 の 学 年 別 男 女 別 件 数 学 年 別 件 数 男 女 別 件 数 < 参 考 2> 平 成 8 年 度 までの 出 席 停 止 の 学 年 別 件 数 ( 中 学 校 ) < 参 考 3> 平 成 8 年 度 までの 出 席 停 止 の 男 女 別 件 数 ( 中 学 校 ) (3) 出 席 停 止 の 期 間 別 件 数 < 参 考 4> 平 成 8 年 度 までの 出 席 停 止 の 期 間 別 件 数 ( 中 学 校 ) (4) 出 席 停 止 の 理 由 別 件 数 < 参 考 5> 平 成 8 年 度 までの 主 たる 理 由 別 件 数 ( 中 学 校 ) 小 中 学 校 の 不 登 校 (1) 不 登 校 児 童 生 徒 数 < 参 考 1> 不 登 校 児 童 生 徒 数 の 推 移 < 参 考 2> 不 登 校 児 童 生 徒 の 割 合 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 不 登 校 児 童 生 徒 数 ) (2) 不 登 校 児 童 生 徒 の 在 籍 学 校 数 (3) 学 年 別 不 登 校 児 童 生 徒 数 小 学 校 中 学 校 < 参 考 3> 学 年 別 不 登 校 児 童 生 徒 数 のグラフ (4) 不 登 校 になったきっかけと 考 えられる 状 況 (5) 不 登 校 児 童 生 徒 への 指 導 結 果 状 況 (6) 指 導 の 結 果 登 校 する 又 はできるようになった 児 童 生 徒 に 特 に 効 果 のあった 学 校 の 措 置.. 29 (7) 相 談 指 導 等 を 受 けた 学 校 内 外 の 機 関 等 及 び 指 導 要 録 上 出 席 扱 いとした 児 童 生 徒 数 通 学 定 期 乗 車 券 制 度 の 適 用 を 受 けた 児 童 生 徒 数 小 中 学 校 合 (8) 学 校 外 の 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 け 指 導 要 録 上 出 席 扱 いとした 児 童 生 徒 数 (9) 自 宅 におけるIT 等 を 活 用 した 学 習 活 動 を 指 導 要 録 上 出 席 扱 いとした 児 童 生 徒 数 (10) 不 登 校 の 状 態 が 前 年 度 から 継 続 している 児 童 生 徒 数 小 学 校... 33

3 2 中 学 校 (11) 教 育 委 員 会 が 設 置 する 教 育 支 援 センター( 適 応 指 導 教 室 ) の 状 況 (12) 都 道 府 県 別 不 登 校 児 童 生 徒 数 ( 国 公 私 立 ) (13) 都 道 府 県 別 教 育 委 員 会 が 設 置 する 教 育 支 援 センター( 適 応 指 導 教 室 ) の 状 況 高 等 学 校 の 不 登 校 (1) 高 等 学 校 における 理 由 別 長 期 欠 席 者 数 < 参 考 1> 高 等 学 校 における 理 由 別 長 期 欠 席 者 数 の 推 移 ( 国 公 私 立 ) < 参 考 2> 不 登 校 生 徒 数 の 推 移 (2) 不 登 校 生 徒 の 在 籍 学 校 数 (3) 課 程 学 年 別 不 登 校 生 徒 数 国 立 公 立 私 立 合 < 参 考 3> 学 年 別 不 登 校 生 徒 数 のグラフ (4) 不 登 校 生 徒 のうち 中 途 退 学 原 級 留 置 になった 生 徒 数 (5) 不 登 校 状 態 が 前 年 度 から 継 続 している 生 徒 数 国 立 公 立 私 立 合 (6) 不 登 校 になったきっかけと 考 えられる 状 況 (7) 不 登 校 生 徒 への 指 導 結 果 状 況 全 日 制 定 時 制 合 (8) 指 導 の 結 果 登 校 する 又 はできるようになった 生 徒 に 特 に 効 果 のあった 学 校 の 措 置 全 日 制 定 時 制 合 (9) 相 談 指 導 等 を 受 けた 学 校 内 外 の 機 関 等 及 び 指 導 要 録 上 出 席 扱 いとした 生 徒 数 通 学 定 期 乗 車 券 制 度 の 適 用 を 受 けた 生 徒 数 全 日 制 定 時 制 別 合 (10) 都 道 府 県 別 不 登 校 生 徒 数 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) 1,000 人 当 たりの 不 登 校 生 徒 数 高 等 学 校 中 途 退 学 等 (1) 中 途 退 学 者 数 及 び 中 途 退 学 率 の 推 移 (2) 事 由 別 中 途 退 学 者 数 ( 国 公 私 別 ) (3) 経 済 的 理 由 の 具 体 的 な 状 況 (4) 事 由 別 中 途 退 学 者 数 ( 課 程 別 )... 52

4 < 参 考 1> 平 成 26 年 度 までの 事 由 別 中 途 退 学 者 数 の 構 成 比 の 推 移 (5) 課 程 学 科 学 年 別 中 途 退 学 者 数 国 立 公 立 私 立 合 < 参 考 2> 学 年 別 中 途 退 学 者 数 のグラフ < 参 考 3> 平 成 26 年 度 までの 課 程 学 科 別 中 途 退 学 者 数 の 推 移 < 参 考 4> 平 成 26 年 度 までの 学 年 別 中 途 退 学 者 数 の 推 移 (6) 課 程 学 科 学 年 別 懲 戒 による 退 学 者 数 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) (7) 課 程 学 科 学 年 別 原 級 留 置 者 数 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) (8) 課 程 学 科 学 年 別 再 入 学 者 数 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) (9) 編 入 学 者 数 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) (10) 都 道 府 県 別 中 途 退 学 者 数 及 び 中 途 退 学 率 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) (11) 都 道 府 県 別 中 途 退 学 理 由 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) 自 殺 ( 学 校 から 報 告 のあったもの) (1) 児 童 生 徒 の 自 殺 の 状 況 (2) 自 殺 した 児 童 生 徒 の 学 年 別 男 女 別 内 訳 ( 国 公 私 立 ) (3) 自 殺 した 児 童 生 徒 が 置 かれていた 状 況 ( 国 公 私 立 ) 教 育 相 談 (1) 都 道 府 県 指 定 都 市 における 教 育 相 談 機 関 及 び 教 育 相 談 員 数 (2) 都 道 府 県 指 定 都 市 における 相 談 形 態 別 教 育 相 談 件 数 (3) 都 道 府 県 指 定 都 市 における 小 学 生 中 学 生 及 び 高 校 生 に 関 する 教 育 相 談 件 数 (4) 市 町 村 における 教 育 相 談 機 関 及 び 教 育 相 談 員 数 教 育 相 談 機 関 数 機 関 相 談 員 数 (5) 市 町 村 における 相 談 形 態 別 教 育 相 談 件 数 (6) 都 道 府 県 別 都 道 府 県 指 定 都 市 における 教 育 相 談 機 関 数 及 び 教 育 相 談 員 数... 64

5 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象 1 暴 力 行 為 ( 国 公 私 立 小 中 高 等 学 校 ) 2 いじめ ( 国 公 私 立 小 中 高 特 別 支 援 学 校 都 道 府 県 教 育 委 員 会, 市 町 村 教 育 委 員 会 ) 3 出 席 停 止 ( 市 町 村 教 育 委 員 会 ) 4 小 中 学 校 の 不 登 校 ( 国 公 私 立 小 中 学 校, 都 道 府 県 教 育 委 員 会, 市 町 村 教 育 委 員 会 ) 5 高 等 学 校 の 不 登 校 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) 6 高 等 学 校 中 途 退 学 等 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) 7 自 殺 ( 国 公 私 立 小 中 高 等 学 校 ) 8 教 育 相 談 ( 都 道 府 県 指 定 都 市 市 町 村 教 育 委 員 会 ) いじめ の 調 査 については 見 直 しを 行 っているところであり 10 月 下 旬 の 公 表 を 予 定 している (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴 1) 小 中 高 等 学 校 における 暴 力 行 為 の 発 生 件 数 は54,242 件 ( 前 年 度 5 9,345 件 )であり 児 童 生 徒 1 千 人 当 たりの 発 生 件 数 は4.0 件 (4.3) 件 である 2) 小 中 学 校 における 不 登 校 児 童 生 徒 数 は122,902 人 ( 前 年 度 119, 617 人 )であり 不 登 校 児 童 生 徒 の 割 合 は1.21%( 前 年 度 1.17%)で ある 3) 高 等 学 校 における 不 登 校 生 徒 数 は53,154 人 ( 前 年 度 55,655 人 ) であり 不 登 校 生 徒 の 割 合 は1.59%( 前 年 度 1.67%)である 4) 高 等 学 校 における 中 途 退 学 者 数 は53,403 人 ( 前 年 度 59,923 人 ) であり 中 途 退 学 者 の 割 合 は1.5%( 前 年 1.7%)である 5) 小 中 高 等 学 校 から 報 告 のあった 自 殺 した 児 童 生 徒 数 は230 人 ( 前 年 度 2 40 人 )である - 1 -

6 (3) 調 査 結 果 の 要 旨 1. 暴 力 行 為 の 状 況 (P.5~) 小 中 高 等 学 校 における 暴 力 行 為 の 発 生 件 数 は54,242 件 であり 児 童 生 徒 1 千 人 当 たり の 発 生 件 数 は4.0 件 である 1 暴 力 行 為 の 発 生 件 数 は 小 学 校 11,468 件 ( 前 年 度 10,896 件 ) 中 学 校 35,683 件 ( 前 年 度 40,246 件 ) 高 等 学 校 7,091 件 ( 前 年 度 8,203 件 )の 合 54,242 件 ( 前 年 度 59,345 件 ) 対 教 師 暴 力 は 8,835 件 ( 前 年 度 9,743 件 ) 生 徒 間 暴 力 は 32,423 件 ( 前 年 度 34,557 件 ) 対 人 暴 力 は 1,452 件 ( 前 年 度 1,581 件 ) 器 物 損 壊 は 11,532 件 ( 前 年 度 13,464 件 ) 2 暴 力 行 為 の 発 生 件 数 のうち 当 該 暴 力 行 為 により 被 害 者 が 病 院 で 治 療 した 場 合 の 件 数 は 対 教 師 暴 力 で 1,681 件 ( 発 生 件 数 に 対 する 割 合 は 19.0% 前 年 度 2,036 件 ) 生 徒 間 暴 力 で 6,751 件 ( 発 生 件 数 に 対 する 割 合 は 20.8% 前 年 度 7,857 件 ) 対 人 暴 力 で 399 件 ( 発 生 件 数 に 対 する 割 合 は 27.5% 前 年 度 412 件 )の 合 8,831 件 ( 発 生 件 数 に 対 する 割 合 は 20.7% 前 年 度 10,305 件 ) 3 暴 力 行 為 が 発 生 した 学 校 数 について 暴 力 行 為 が 学 校 内 で 発 生 した 学 校 数 は 9,343 校 ( 前 年 度 9,700 校 ) 全 学 校 数 に 占 める 割 合 は 25.5%( 前 年 度 26.3%) 学 校 外 で 暴 力 行 為 を 起 こした 児 童 生 徒 が 在 籍 する 学 校 数 は 2,654 校 ( 前 年 度 3,114 校 ) 全 学 校 数 に 占 める 割 合 は 7.3%( 前 年 度 8.4%) 4 加 害 児 童 生 徒 数 は 小 学 校 で 10,808 人 ( 前 年 度 10,356 人 ) 中 学 校 で 35,623 人 ( 前 年 度 39,366 人 ) 高 等 学 校 で 8,485 人 ( 前 年 度 10,110 人 )の 合 54,916 人 ( 前 年 度 59,832 人 ) 加 害 児 童 生 徒 のうち 学 校 が 何 らかの 措 置 をとった 児 童 生 徒 は 小 学 校 で 108 人 ( 前 年 度 99 人 ) 中 学 校 で 838 人 ( 前 年 度 1,250 人 ) 高 等 学 校 で 6,430 人 ( 前 年 度 7,929 人 ) 加 害 児 童 生 徒 のうち 関 係 機 関 により 何 らかの 措 置 がとられた 児 童 生 徒 は 小 学 校 で 149 人 ( 前 年 度 227 人 ) 中 学 校 で 2,926 人 ( 前 年 度 3,623 人 ) 高 等 学 校 で 365 人 ( 前 年 度 474 人 ) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 対 応 における 連 携 した 機 関 等 は 警 察 等 の 刑 事 司 法 機 関 等 と 連 携 した 対 応 ( サポートチーム の 取 組 など)が 最 も 多 く 小 学 校 では 369 人 ( 前 年 度 284 人 ) 中 学 校 で 3,659 人 ( 前 年 度 4,440 人 ) 高 等 学 校 で 424 人 ( 前 年 度 491 人 ) 2. 出 席 停 止 の 状 況 (P.21~) 出 席 停 止 の 措 置 件 数 は25 件 ( 前 年 度 47 件 )である 1 出 席 停 止 の 措 置 件 数 は 小 学 校 0 件 ( 前 年 度 0 件 ) 中 学 校 25 件 ( 前 年 度 47 件 )の 合 25 件 ( 前 年 度 47 件 ) 2 理 由 別 の 内 訳 は 授 業 妨 害 14 件 対 教 師 暴 力 11 件 器 物 損 壊 6 件 など 3. 小 中 学 校 の 不 登 校 の 状 況 (P.24~) 小 中 学 校 における 不 登 校 児 童 生 徒 数 は122,902 人 ( 前 年 度 119,617 人 )であり 不 登 校 児 童 生 徒 の 割 合 は1.21%( 前 年 度 1.17%)である - 2 -

7 1 小 中 学 校 における 不 登 校 児 童 生 徒 数 は 小 学 校 25,866 人 ( 前 年 度 24,175 人 ) 中 学 校 97,036 人 ( 前 年 度 95,442 人 )の 合 122,902 人 ( 前 年 度 119,617 人 )で 在 籍 者 数 に 占 める 割 合 は 小 学 校 0.39%( 前 年 度 0.36%) 中 学 校 2.76%( 前 年 度 2.69%)の 合 1.21%( 前 年 度 1.17%) 2 不 登 校 になったきっかけと 考 えられる 状 況 は 不 安 など 情 緒 的 混 乱 29.8% 無 気 力 25.9% いじめを 除 く 友 人 関 係 をめぐる 問 題 14.5%など 3 学 校 内 外 の 施 設 や 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 けた 不 登 校 児 童 生 徒 のうち 学 校 外 の 施 設 や 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 けた 児 童 生 徒 数 は 38,059 人 ( 前 年 度 36,400 人 )で 不 登 校 児 童 生 徒 に 占 める 割 合 は 31.0%( 前 年 度 30.4%) 学 校 内 の 施 設 や 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 けた 児 童 生 徒 数 は 59,916 人 ( 前 年 度 58,924 人 )で 不 登 校 児 童 生 徒 に 占 める 割 合 は 48.8%( 前 年 度 49.3%) 4. 高 等 学 校 の 不 登 校 の 状 況 (P.37~) 高 等 学 校 における 不 登 校 生 徒 数 は53,154 人 ( 前 年 度 55,655 人 )であり 不 登 校 生 徒 の 割 合 は1.59%( 前 年 度 1.67%)である 1 高 等 学 校 における 不 登 校 生 徒 数 は 53,154 人 ( 前 年 度 55,655 人 )で 在 籍 者 数 に 占 める 割 合 は 1.59%( 前 年 度 1.67%) 不 登 校 生 徒 のうち 中 途 退 学 に 至 った 者 は 15,058 人 ( 前 年 度 16,454 人 ) 不 登 校 生 徒 のうち 原 級 留 置 となった 者 は 4,494 人 ( 前 年 度 4,779 人 ) 2 不 登 校 になったきっかけと 考 えられる 状 況 は 無 気 力 30.8% 不 安 など 情 緒 的 混 乱 18.0% あそび 非 行 10.4%など 3 学 校 内 外 の 施 設 や 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 けた 不 登 校 生 徒 のうち 学 校 外 の 施 設 や 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 けた 生 徒 数 は 7,416 人 ( 前 年 度 7,581 人 )で 不 登 校 生 徒 に 占 める 割 合 は 14.0%( 前 年 度 13.6%) 学 校 内 の 施 設 や 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 けた 生 徒 数 は 19,279 人 ( 前 年 度 19,411 人 )で 不 登 校 生 徒 に 占 める 割 合 は 36.3%( 前 年 度 34.9%) 5. 高 等 学 校 中 途 退 学 等 の 状 況 (P.50~) 高 等 学 校 における 中 途 退 学 者 数 は53,403 人 であり 中 途 退 学 者 の 割 合 は1.5%である 1 中 途 退 学 者 数 は 53,403 人 ( 前 年 度 59,923 人 )で 在 籍 者 数 に 占 める 割 合 は 1.5%( 前 年 度 1.7%) 学 校 生 活 学 業 不 適 応 を 事 由 とした 中 途 退 学 者 の 割 合 は 34.9%( 前 年 度 36.3%) 進 路 変 更 を 事 由 とした 中 途 退 学 者 の 割 合 は 34.8%( 前 年 度 32.9%) 経 済 的 理 由 を 事 由 とした 中 途 退 学 者 の 割 合 は 2.3%( 前 年 度 2.2%) 2 懲 戒 による 退 学 原 級 留 置 再 入 学 編 入 学 について 退 学 者 は 430 人 ( 前 年 度 426 人 ) 原 級 留 置 者 は 17,067 人 ( 前 年 度 17,914 人 ) 平 成 26 年 度 以 前 に 中 途 退 学 した 者 のうち 再 入 学 した 者 は 1,185 人 ( 前 年 度 1,383 人 ) 平 成 26 年 度 以 前 に 中 途 退 学 した 者 のうち 編 入 学 した 者 は 8,038 人 ( 前 年 度 8,525 人 ) - 3 -

8 6. 自 殺 の 状 況 (P.59~) 小 中 高 等 学 校 から 報 告 のあった 自 殺 した 児 童 生 徒 数 は230 人 である 1 自 殺 した 児 童 生 徒 数 は 小 学 校 7 人 ( 前 年 度 4 人 ) 中 学 校 54 人 ( 前 年 度 63 人 ) 高 等 学 校 169 人 ( 前 年 度 173 人 )の 合 230 人 ( 前 年 度 240 人 ) 2 自 殺 した 児 童 生 徒 が 置 かれていた 状 況 として いじめの 問 題 があった 生 徒 は5 人 ( 前 年 度 9 人 ) 7. 教 育 相 談 の 状 況 (P.61~) 都 道 府 県 指 定 都 市 教 育 委 員 会 が 所 管 する 教 育 相 談 機 関 数 は168ヵ 所 市 町 村 教 育 委 員 会 が 所 管 する 教 育 相 談 機 関 数 は1,515ヵ 所 である 1 都 道 府 県 指 定 都 市 教 育 委 員 会 が 所 管 する 教 育 相 談 機 関 は 168 ヵ 所 ( 前 年 度 173 ヵ 所 ) 相 談 員 は 1,773 人 ( 前 年 度 1,702 人 ) 教 育 相 談 件 数 は 183,752 件 ( 前 年 度 181,749 件 ) 2 市 町 村 ( 指 定 都 市 を 除 く) 教 育 委 員 会 が 所 管 する 教 育 相 談 機 関 は 1,515 ヵ 所 ( 前 年 度 1,537 ヵ 所 ) 相 談 員 は 5,097 人 ( 前 年 度 5,241 人 ) 教 育 相 談 件 数 は 809,497 件 ( 前 年 度 845,004 件 ) - 4 -

9 2. 暴 力 行 為 (2-1) 暴 力 行 為 の 発 生 状 況 1 合 学 校 内 学 校 外 合 区 分 学 校 総 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 発 生 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 発 生 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 発 生 件 数 ( 件 ) 1,000 人 当 たり の 発 生 件 数 国 立 公 立 20,558 2, ,423 8, ,094 11, 小 学 校 私 立 ,852 2, ,605 8, ,099 11, 国 立 公 立 9,737 4, ,033 27,417 1, ,671 3,217 34, 中 学 校 私 立 ,608 4, ,986 28,474 1, ,697 3,257 35, 国 立 公 立 3,666 1, ,431 5, , 高 等 学 校 私 立 1, ,929 2, , ,112 2, ,392 7, , 国 立 公 立 33,961 8, ,887 40,736 2, ,040 5,013 50, 私 立 2, ,928 3, , 合 36,572 9, ,983 44,161 2, ,259 5,286 54, け が 暴 力 行 為 を 自 校 の 児 童 生 徒 が 故 意 に 有 形 力 ( 目 に 見 える 物 理 的 な 力 )を 加 える 行 為 として 調 査 なお 本 調 査 においては 当 該 暴 力 行 為 によって 怪 我 や 外 傷 があるかないかと ( 注 1) け が いったことや 怪 我 による 病 院 の 診 断 書 被 害 者 による 警 察 への 被 害 届 の 有 無 などにかかわらず 暴 力 行 為 に 該 当 するものを 全 て 対 象 とすることとしている ( 注 2) 調 査 対 象 : 国 公 私 立 小 中 高 等 学 校 ( 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 高 等 学 校 には 中 等 教 育 学 校 後 期 課 程 を 含 む 以 下 同 じ ) ( 注 3) ( 注 4) 合 欄 の 発 生 学 校 数 は 学 校 内 学 校 外 の 区 分 ごとに 実 数 ( 注 5) 発 生 件 数 は 延 べ 数 発 生 件 数 のうち の 欄 は 調 査 時 点 で 学 校 が 把 握 している 情 報 に 基 づき 当 該 暴 力 行 為 により 被 害 者 が 病 院 で 治 療 した 場 合 の 件 数 を 発 生 件 数 の 内 数 として 上 合 欄 の 加 害 児 童 生 徒 数 は 学 校 内 学 校 外 の 区 分 ごとに 1 人 の 加 害 児 童 生 徒 が 複 数 の 形 態 の 加 害 児 童 生 徒 として 上 されている 場 合 実 数 (1 人 )として 扱 っているため (2-2) 学 年 別 男 女 別 加 害 児 童 生 徒 数 の 数 値 と 一 致 しない - 5 -

10 < 参 考 1> 学 校 内 外 における 暴 力 行 為 発 生 件 数 の 推 移 50,000 45,000 40,000 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 学 校 35,000 30,000 25,000 20,000 15,000 10,000 高 等 学 校 5, 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 小 学 校 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 小 学 校 1,432 1,706 1,668 1,483 1,630 1,393 1,777 2,100 2,176 3,803 5,214 6,484 7,115 7,092 7,175 8,296 10,896 11,468 中 学 校 21,585 26,783 28,077 31,285 29,388 26,295 27,414 25,984 25,796 30,564 36,803 42,754 43,715 42,987 39,251 38,218 40,246 35,683 高 等 学 校 5,509 6,743 6,833 7,606 7,213 6,077 6,201 5,938 6,046 10,254 10,739 10,380 10,085 10,226 9,431 9,322 8,203 7,091 合 28,526 35,232 36,578 40,374 38,231 33,765 35,392 34,022 34,018 44,621 52,756 59,618 60,915 60,305 55,857 55,836 59,345 54,242 ( 注 1) 平 成 9 年 度 からは 公 立 小 中 高 等 学 校 を 対 象 として 学 校 外 の 暴 力 行 為 についても 調 査 ( 注 2) 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 また 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 を 含 める ( 注 3) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める < 参 考 2> 学 校 内 外 における 暴 力 行 為 発 生 率 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 暴 力 行 為 発 生 件 数 ) 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 学 校 高 等 学 校 2.0 小 学 校 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 合 ( 注 1) 平 成 9 年 度 からは 公 立 小 中 高 等 学 校 を 対 象 として 学 校 外 の 暴 力 行 為 についても 調 査 ( 注 2) 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 また 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 を 含 める ( 注 3) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める - 6 -

11 < 参 考 3> 学 校 内 における 暴 力 行 為 発 生 件 数 の 推 移 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 学 校 高 等 学 校 S58 S59 S60 S61 S62 S63 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 小 学 校 58 年 度 59 年 度 60 年 度 61 年 度 62 年 度 63 年 度 元 年 度 2 年 度 3 年 度 4 年 度 5 年 度 6 年 度 7 年 度 8 年 度 小 学 校 中 学 校 3,547 2,518 2,441 2,148 2,297 2,858 3,222 3,090 3,217 3,666 3,820 4,693 5,954 8,169 高 等 学 校 ,055 1,194 1,419 1,673 1,594 1,725 1,791 2,077 2,406 合 4,315 3,165 3,083 2,801 3,071 3,913 4,416 4,509 4,890 5,260 5,545 6,484 8,031 10,575 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 小 学 校 1,304 1,528 1,509 1,331 1,465 1,253 1,600 1,890 2,018 中 学 校 18,209 22,991 24,246 27,293 25,769 23,199 24,463 23,110 23,115 高 等 学 校 4,108 5,152 5,300 5,971 5,896 5,002 5,215 5,022 5,150 合 23,621 29,671 31,055 34,595 33,130 29,454 31,278 30,022 30, 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 小 学 校 3,494 4,807 5,996 6,600 6,579 6,646 7,542 中 学 校 27,540 33,525 39,161 39,382 38,705 35,411 34,528 高 等 学 校 8,985 9,603 9,221 8,926 9,010 8,312 8,195 合 40,019 47,935 54,378 54,908 54,294 50,369 50, 年 度 26 年 度 小 学 校 10,078 10,605 ( 注 1) 平 成 8 年 度 までは 公 立 中 高 等 学 校 を 対 象 として 校 内 暴 力 の 状 況 について 調 査 している 中 学 校 36,869 32,986 ( 注 2) 平 成 9 年 度 からは 調 査 方 法 等 を 改 めている 高 等 学 校 7,280 6,392 ( 注 3) 平 成 9 年 度 からは 公 立 小 学 校 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 また 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 を 含 める 合 54,227 49,983 ( 注 4) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める < 参 考 4> 学 校 内 における 暴 力 行 為 発 生 率 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 暴 力 行 為 発 生 件 数 ) 12.0 小 学 校 中 学 校 中 等 教 育 中 学 校 高 等 学 校 中 等 教 育 < 発 生 件 数 > 学 校 内 6.0 学 校 外 4.0 高 等 学 校 内 外 合 2.0 小 学 校 0.0 S58 S59 S60 S61 S62 S63 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 58 年 度 59 年 度 60 年 度 61 年 度 62 年 度 63 年 度 元 年 度 2 年 度 3 年 度 4 年 度 5 年 度 6 年 度 7 年 度 8 年 度 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 合 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 合 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 合 年 度 26 年 度 小 学 校 ( 注 1) 平 成 8 年 度 までは 公 立 中 高 等 学 校 を 対 象 として 校 内 暴 力 の 状 況 について 調 査 している 中 学 校 ( 注 2) 平 成 9 年 度 からは 調 査 方 法 等 を 改 めている 高 等 学 校 ( 注 3) 平 成 9 年 度 からは 公 立 小 学 校 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 また 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 を 含 める 合 ( 注 4) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める - 7 -

12 < 参 考 5> 学 校 外 における 暴 力 行 為 発 生 件 数 の 推 移 5,000 4,500 4,000 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 学 校 3,500 3,000 2,500 2,000 1,500 高 等 学 校 1, 小 学 校 0 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 小 学 校 中 学 校 3,376 3,792 3,831 3,992 3,619 3,096 2,951 2,874 2,681 3,024 3,278 3,593 4,333 4,282 3,840 3,690 3,377 2,697 高 等 学 校 1,401 1,591 1,533 1,635 1,317 1, ,269 1,136 1,159 1,159 1,216 1,119 1, 合 4,905 5,561 5,523 5,779 5,101 4,311 4,114 4,000 3,735 4,602 4,821 5,240 6,007 6,011 5,488 5,571 5,118 4,259 ( 注 1) 公 立 小 中 高 等 学 校 を 対 象 として 学 校 外 の 暴 力 行 為 についても 調 査 ( 注 2) 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 また 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 を 含 める ( 注 3) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める < 参 考 6> 学 校 外 における 暴 力 行 為 発 生 率 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 暴 力 行 為 発 生 件 数 ) 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 学 校 高 等 学 校 0.2 小 学 校 0.0 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 合 ( 注 1) 公 立 小 中 高 等 学 校 を 対 象 として 学 校 外 の 暴 力 行 為 についても 調 査 ( 注 2) 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 また 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 を 含 める ( 注 3) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める - 8 -

13 2 対 教 師 暴 力 学 校 内 学 校 外 合 区 分 学 校 総 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 発 生 件 数 ( 件 ) うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 被 害 教 師 数 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 発 生 件 数 ( 件 ) うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 被 害 教 師 数 発 生 件 数 ( 件 ) うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 1,000 人 当 たり の 発 生 件 数 国 立 小 学 校 公 立 20, , ,192 1, , 私 立 , , ,204 1, , 国 立 中 学 校 公 立 9,737 1, ,982 1,338 4,529 5, ,058 1, 私 立 ,608 1, ,010 1,342 4,556 5, ,086 1, 国 立 高 等 学 校 公 立 3, 私 立 1, , 国 立 公 立 33,961 2, ,540 1,632 6,177 7, ,641 1, 私 立 2, ,572 3, ,732 1,655 6,375 7, ,835 1, 生 徒 間 暴 力 学 校 内 学 校 外 合 区 分 学 校 総 数 発 生 学 校 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 数 ( 校 ) 発 生 件 数 ( 件 ) うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 被 害 児 童 生 徒 数 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 発 生 件 数 ( 件 ) うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 被 害 児 童 生 徒 数 発 生 件 数 ( 件 ) うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 1,000 人 当 たり の 発 生 件 数 国 立 小 学 校 公 立 20,558 1, , ,138 6, ,971 1, 私 立 ,852 1, , ,260 6, ,113 1, 国 立 中 学 校 公 立 9,737 3, ,858 3,958 18,738 17,410 1, , ,497 2,025 19,744 4, 私 立 ,608 3, ,566 4,087 19,543 18,135 1, , ,524 2,040 20,467 4, 国 立 高 等 学 校 公 立 3,666 1, , ,737 3, , 私 立 1, , ,688 1, , ,112 1, , ,437 4, , 国 立 公 立 33,961 6, ,083 5,448 28,613 26,799 1, , ,016 3,214 30,069 6, 私 立 2, , ,525 2, , ,572 7, ,307 5,836 31,240 29,052 1, , ,199 3,346 32,423 6,

14 4 対 人 暴 力 学 校 内 学 校 外 合 発 生 件 数 ( 件 ) 発 生 件 数 ( 件 ) 発 生 件 数 ( 件 ) 区 分 学 校 総 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 被 害 者 数 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 被 害 者 数 うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 1,000 人 当 たり の 発 生 件 数 国 立 小 学 校 公 立 20, 私 立 , 国 立 中 学 校 公 立 9, 私 立 , 国 立 高 等 学 校 公 立 3, 私 立 1, , 国 立 公 立 33, ,139 1,011 1, 私 立 2, , , ,234 1,091 1, 器 物 損 壊 区 分 学 校 総 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 発 生 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 1,000 人 当 たりの 発 生 件 数 国 立 小 学 校 公 立 20, ,972 2, 私 立 , ,997 2, 国 立 中 学 校 公 立 9,737 2, ,984 7, 私 立 ,608 2, ,181 7, 国 立 高 等 学 校 公 立 3, , 私 立 1, , ,354 1, 国 立 公 立 33,961 3, ,920 10, 私 立 2, 合 36,572 3, ,532 11, ( 注 1) け が 暴 力 行 為 を 自 校 の 児 童 生 徒 が 故 意 に 有 形 力 ( 目 に 見 える 物 理 的 な 力 )を 加 える 行 為 として 調 査 なお 本 調 査 においては 当 該 暴 力 行 為 によって 怪 我 や 外 傷 があるかな け が いかといったことや 怪 我 による 病 院 の 診 断 書 被 害 者 による 警 察 への 被 害 届 の 有 無 などにかかわらず 暴 力 行 為 に 該 当 するものを 全 て 対 象 とすることとしている ( 注 2) 調 査 対 象 : 国 公 私 立 小 中 高 等 学 校 ( 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 高 等 学 校 には 中 等 教 育 学 校 後 期 課 程 を 含 む 以 下 同 じ ) 発 生 件 数 は 延 べ 数 発 生 件 数 のうち の 欄 は 調 査 時 点 で 学 校 が 把 握 している 情 報 に 基 づき 当 該 暴 力 行 為 により 被 害 者 が 病 院 で 治 療 した 場 合 の 件 数 を 発 生 件 数 の 内 数 と ( 注 3) して 上 ( 注 4) 対 教 師 暴 力 生 徒 間 暴 力 対 人 暴 力 及 び 器 物 損 壊 欄 の 加 害 児 童 生 徒 数 は 学 校 内 学 校 外 の 区 分 ごとに 実 数

15 (2-2) 学 年 別 男 女 別 加 害 児 童 生 徒 数 1 小 学 校 区 分 1 年 生 2 年 生 3 年 生 4 年 生 5 年 生 6 年 生 国 立 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 公 立 , , , , ,650 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 私 立 , , , , , ( 男 子 ) ( 女 子 ) , , , , , ,808 ( 男 子 ) ( 女 子 ) , , , , , 中 学 校 区 分 1 年 生 2 年 生 3 年 生 国 立 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 公 立 , , , ,502 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 私 立 10, , , ,278 2, ( 男 子 ) ( 女 子 ) , , , ,623 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 10, , , ,346 2,277 3 高 等 学 校 区 分 1 年 生 2 年 生 3 年 生 4 年 生 国 立 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 公 立 7 0 2, , , ,934 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 私 立 2, ,131 1, , ,533 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 1, , , , , ,485 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 3, , , , ( 注 ) の 欄 は 対 教 師 暴 力 の 状 況 生 徒 間 暴 力 の 状 況 対 人 暴 力 の 状 況 及 び 器 物 損 壊 の 状 況 に 上 された 加 害 児 童 生 徒 数 の 数 値 を 合 したものと 一 致 している < 参 考 7> 学 年 別 加 害 児 童 生 徒 数 のグラフ 20,000 15,000 11,388 10,000 13,091 11,144 5, ,017 1,316 1,988 2,649 3,217 4,134 2,775 1,518 小 1 小 2 小 3 小 4 小 5 小 6 中 1 中 2 中 3 高 1 高 2 高 3 高 4 国 公 私 立

16 (2-3) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 措 置 状 況 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 区 分 国 立 公 立 私 立 国 立 公 立 私 立 国 立 公 立 私 立 学 校 内 退 学 転 学 懲 戒 退 学 その 他 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 ,716 停 学 学 校 外 小 ,926 学 校 内 出 席 停 止 学 校 外 小 学 校 内 , ,071 自 宅 学 習 自 宅 謹 慎 学 校 外 小 , ,391 学 校 内 訓 告 学 校 外 小 学 校 内 ,797 1,913 5,719 学 校 外 小 ,306 2,115 6,430 学 校 内 6 9, , , , ,228 2,296 7,542 加 害 児 童 生 徒 数 学 校 外 0 1, , , , 小 6 10, , , , ,934 2,533 8,485 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 学 校 内 学 校 外 小 ( 注 1) 退 学 転 学 中 の その 他 とは 勧 奨 申 出 による 退 学 及 び 転 学 である ( 注 2) ( 注 3) 訓 告 とは 校 長 が 学 校 教 育 法 施 行 規 則 第 26 条 に 定 める 懲 戒 処 分 としての 訓 告 であることを 明 示 して 行 ったものをいう 事 実 上 の 懲 戒 として 行 われる 単 なる 叱 責 等 はこれに 含 まれない 加 害 児 童 生 徒 数 の 欄 は 対 教 師 暴 力 の 状 況 生 徒 間 暴 力 の 状 況 対 人 暴 力 の 状 況 及 び 器 物 損 壊 の 状 況 に 上 された 加 害 児 童 生 徒 数 の 数 値 を 合 したものと 一 致 している

17 < 参 考 8> 平 成 26 年 度 までの 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 措 置 状 況 の 推 移 1 小 学 校 退 学 転 学 停 学 自 宅 学 習 自 宅 謹 慎 等 訓 告 区 分 懲 戒 退 学 その 他 出 席 停 止 加 害 児 童 生 徒 数 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 1,434 1,604 1,588 1,377 1,326 1,211 1,558 1,864 1,919 3,302 4,495 5,389 6,021 5,902 6,084 7,260 9,215 9,649 学 校 外 ,096 1,141 1,159 小 1,631 1,829 1,792 1,580 1,568 1,443 1,836 2,166 2,195 3,795 5,111 6,063 6,814 6,631 6,799 8,356 10,356 10,808 学 校 内 学 校 外 小 中 学 校 退 学 転 学 停 学 区 分 懲 戒 退 学 その 他 出 席 停 止 自 宅 学 習 自 宅 謹 慎 等 訓 告 加 害 児 童 生 徒 数 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 ,041 1,194 1,252 1, 学 校 外 小 ,191 1,397 1,397 1, ,085 1, 学 校 内 ,143 1,368 1,381 1, ,064 1, 学 校 外 小 348 1, ,347 1,612 1,561 1, ,083 1,237 1, 学 校 内 19,961 23,724 25,290 27,543 25,311 22,444 24,289 22,893 22,926 27,123 32,983 37,086 38,020 36,638 34,300 34,191 34,882 32,177 学 校 外 6,918 7,034 7,372 7,602 6,613 5,358 4,876 4,490 4,229 4,612 5,040 5,468 6,546 6,123 5,519 5,086 4,484 3,446 小 26,879 30,758 32,662 35,145 31,924 27,802 29,165 27,383 27,155 31,735 38,023 42,554 44,566 42,761 39,819 39,277 39,366 35,623 学 校 内 学 校 外 小

18 3 高 等 学 校 退 学 転 学 停 学 懲 戒 退 学 その 他 出 席 停 止 区 分 自 宅 学 習 自 宅 謹 慎 等 訓 告 加 害 児 童 生 徒 数 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 1,242 1,163 1,275 1,227 1,188 1,196 1,219 1,131 1,109 2,473 2,818 2,391 2,415 2,758 2,469 2,466 2,214 1,716 学 校 外 小 1,764 1,626 1,792 1,760 1,647 1,554 1,553 1,490 1,386 2,937 3,222 2,742 2,830 3,122 2,846 2,800 2,464 1,926 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 3,295 4,099 4,245 4,297 3,776 3,393 3,287 3,160 3,547 4,558 4,663 4,966 4,772 4,686 4,145 4,172 3,564 3,071 学 校 外 1,478 1,587 1,439 1,548 1, 小 4,773 5,686 5,684 5,845 4,852 4,303 4,103 3,829 4,307 5,283 5,424 5,702 5,462 5,316 4,765 4,770 4,017 3,391 学 校 内 ,109 1,296 1,174 1, 学 校 外 小 ,198 1,387 1,276 1, 学 校 内 5,274 6,187 6,317 6,588 5,911 5,400 5,382 5,221 5,445 8,674 9,433 9,122 8,853 8,958 8,065 7,989 6,913 5,719 学 校 外 2,484 2,581 2,488 2,679 2,037 1,665 1,502 1,394 1,335 1,621 1,542 1,453 1,456 1,375 1,323 1,310 1, 小 7,758 8,768 8,805 9,267 7,948 7,065 6,884 6,615 6,780 10,295 10,975 10,575 10,309 10,333 9,388 9,299 7,929 6,430 学 校 内 5,627 6,965 6,985 7,765 7,188 6,433 6,294 6,176 6,344 10,455 11,559 11,114 10,861 11,056 10,312 10,029 8,884 7,542 学 校 外 2,715 2,800 2,713 2,951 2,261 1,878 1,695 1,518 1,492 1,806 1,731 1,622 1,670 1,652 1,608 1,630 1, 小 8,342 9,765 9,698 10,716 9,449 8,311 7,989 7,694 7,836 12,261 13,290 12,736 12,531 12,708 11,920 11,659 10,110 8,485 学 校 内 学 校 外 小 ( 注 1) 退 学 転 学 中 の その 他 とは 勧 奨 申 出 による 退 学 及 び 転 学 である ( 注 2) 訓 告 とは 校 長 が 学 校 教 育 法 施 行 規 則 第 26 条 に 定 める 懲 戒 処 分 としての 訓 告 であることを 明 示 して 行 った ものであり 事 実 上 の 懲 戒 として 行 われる 単 なる 叱 責 等 はこれに 含 まれない ( 注 3) 平 成 17 年 度 までは 公 立 小 中 高 等 学 校 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 ( 注 4) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める

19 (2-4) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 関 係 機 関 の 措 置 状 況 区 分 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 国 立 公 立 私 立 国 立 公 立 私 立 国 立 公 立 私 立 学 校 内 警 察 の 補 導 学 校 外 小 , , 家 庭 裁 判 所 の 保 護 的 措 置 少 年 刑 務 所 への 入 所 少 年 院 への 入 院 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 保 護 観 察 学 校 外 児 童 自 立 支 援 施 設 への 入 所 小 学 校 内 学 校 外 小 児 童 相 談 所 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 , , 学 校 外 小 , , 加 害 児 童 生 徒 数 学 校 内 6 9, , , , ,228 2,296 7,542 学 校 外 0 1, , , , 小 6 10, , , , ,934 2,533 8,485 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 学 校 内 学 校 外 小 ( 注 1) 最 終 的 な 措 置 が 確 定 している 場 合 は 該 当 する 措 置 を 最 終 的 な 措 置 が 確 定 していない 場 合 は 年 度 末 現 在 の 状 況 を 上 ( 注 2) 家 庭 裁 判 所 の 保 護 的 措 置 には 審 判 不 開 始 不 処 分 のほか 調 査 中 審 判 中 のものが 含 まれる

20 < 参 考 9> 平 成 26 年 度 までの 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 関 係 機 関 の 措 置 状 況 の 推 移 1 小 学 校 区 分 警 察 の 補 導 家 庭 裁 判 所 の 保 護 的 措 置 少 年 刑 務 所 へ の 入 所 少 年 院 への 入 院 保 護 観 察 児 童 自 立 支 援 施 設 への 入 所 児 童 相 談 所 加 害 児 童 生 徒 数 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 1,434 1,604 1,588 1,377 1,326 1,211 1,558 1,864 1,919 3,302 4,495 5,389 6,021 5,902 6,084 7,260 9,215 9,649 学 校 外 ,096 1,141 1,159 小 1,631 1,829 1,792 1,580 1,568 1,443 1,836 2,166 2,195 3,795 5,111 6,063 6,814 6,631 6,799 8,356 10,356 10,808 学 校 内 学 校 外 小 中 学 校 区 分 警 察 の 補 導 家 庭 裁 判 所 の 保 護 的 措 置 少 年 刑 務 所 へ の 入 所 少 年 院 への 入 院 保 護 観 察 児 童 自 立 支 援 施 設 への 入 所 児 童 相 談 所 加 害 児 童 生 徒 数 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 学 校 内 898 1, , , 学 校 外 1,004 1,043 1,093 1, 小 1,902 2,058 1,993 2,004 1,725 1,455 1,254 1,108 1,192 1,325 1,597 1,631 1,874 1,827 1,573 1,517 1,508 1,237 学 校 内 学 校 外 小 1,160 1,274 1,185 1,412 1, , ,025 1, ,046 1, 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 1,932 2,140 2,145 2,521 2,062 1,714 1,847 1,707 1,853 2,089 2,320 2,487 2,465 2,676 2,266 2,292 2,461 1,932 学 校 外 1,976 2,068 2,131 2,314 2,043 1,713 1,624 1,335 1,449 1,478 1,552 1,402 1,871 1,857 1,695 1,419 1, 小 3,908 4,208 4,276 4,835 4,105 3,427 3,471 3,042 3,302 3,567 3,872 3,889 4,336 4,533 3,961 3,711 3,623 2,926 学 校 内 19,961 23,724 25,290 27,543 25,311 22,444 24,289 22,893 22,926 27,123 32,983 37,086 38,020 36,638 34,300 34,191 34,882 32,177 学 校 外 6,918 7,034 7,372 7,602 6,613 5,358 4,876 4,490 4,229 4,612 5,040 5,468 6,546 6,123 5,519 5,086 4,484 3,446 小 26,879 30,758 32,662 35,145 31,924 27,802 29,165 27,383 27,155 31,735 38,023 42,554 44,566 42,761 39,819 39,277 39,366 35,623 学 校 内 学 校 外 小

21 3 高 等 学 校 区 分 警 察 の 補 導 家 庭 裁 判 所 の 保 護 的 措 置 少 年 刑 務 所 へ の 入 所 少 年 院 への 入 院 保 護 観 察 児 童 自 立 支 援 施 設 への 入 所 児 童 相 談 所 加 害 児 童 生 徒 数 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 , 小 920 1, , 学 校 内 5,627 6,965 6,985 7,765 7,188 6,433 6,294 6,176 6,344 10,455 11,559 11,114 10,861 11,056 10,312 10,029 8,884 7,542 学 校 外 2,715 2,800 2,713 2,951 2,261 1,878 1,695 1,518 1,492 1,806 1,731 1,622 1,670 1,652 1,608 1,630 1, 小 8,342 9,765 9,698 10,716 9,449 8,311 7,989 7,694 7,836 12,261 13,290 12,736 12,531 12,708 11,920 11,659 10,110 8,485 学 校 内 学 校 外 小 ( 注 1) 最 終 的 な 措 置 が 確 定 している 場 合 は 該 当 する 措 置 を 最 終 的 な 措 置 が 確 定 していない 場 合 は 各 年 度 末 現 在 の 状 況 を 上 ( 注 2) 家 庭 裁 判 所 の 保 護 的 措 置 には 審 判 不 開 始 不 処 分 のほか 調 査 中 審 判 中 のものが 含 まれる ( 注 3) 教 護 院 については 平 成 10 年 4 月 から 児 童 自 立 支 援 施 設 に 名 称 変 更 ( 注 4) 平 成 17 年 度 までは 公 立 小 中 高 等 学 校 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 ( 注 5) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める

22 (2-5) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 対 応 指 導 し た 者 連 携 し た 機 関 等 指 導 等 の 内 容 区 分 学 級 担 任 や 他 の 教 職 員 が 指 導 養 護 教 諭 が 指 導 校 長 教 頭 が 指 導 スクールカウンセラー 等 の 相 談 員 がカウン セリング その 他 の 者 が 指 導 警 察 等 の 刑 事 司 法 機 関 等 と 連 携 した 対 応 児 童 相 談 所 等 の 福 祉 機 関 等 と 連 携 した 対 応 病 院 等 の 医 療 機 関 等 と 連 携 した 対 応 その 他 の 専 門 的 な 関 係 機 関 等 と 連 携 した 対 応 地 域 の 人 材 や 団 体 等 と 連 携 した 対 応 被 害 者 等 ( 被 害 者 の 関 係 者 も 含 む)に 対 す る 謝 罪 指 導 友 人 関 係 を 改 善 する ための 指 導 ルールの 徹 底 や 規 範 意 識 を 醸 成 するため の 指 導 個 別 に 学 習 支 援 当 該 児 童 生 徒 が 意 欲 を 持 って 活 動 できる 場 を 用 意 教 職 員 との 関 係 改 善 保 護 者 の 協 力 を 求 め て 家 族 関 係 等 の 改 善 調 整 その 他 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 国 立 公 立 私 立 国 立 公 立 私 立 国 立 公 立 私 立 学 校 内 6 8, , , , ,826 1,969 6,813 学 校 外 0 1, , , , 小 6 9, , , , ,466 2,161 7,645 学 校 内 0 1, , , , 学 校 外 小 0 1, , , , 学 校 内 4 3, , , , ,123 1,216 5,347 学 校 外 小 4 4, , , , ,678 1,371 6,057 学 校 内 , , 学 校 外 小 , , 学 校 内 , , 学 校 外 小 , , 学 校 内 , , 学 校 外 , , 小 , , 学 校 内 , , 学 校 外 小 , , 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 1 6, , , , ,836 1,507 5,359 学 校 外 , , 小 1 7, , , , ,321 1,670 6,007 学 校 内 1 5, , , , ,208 1,206 4,421 学 校 外 , , 小 1 5, , , , ,627 1,318 4,952 学 校 内 6 6, , , , ,295 1,561 5,864 学 校 外 , , 小 6 7, , , , ,872 1,710 6,590 学 校 内 , , , ,628 学 校 外 小 1 1, , , , , ,977 学 校 内 4 1, , , , , ,351 学 校 外 小 4 2, , , , , ,536 学 校 内 1 1, , , , ,034 学 校 外 小 1 1, , , , ,128 学 校 内 2 3, , , , , ,674 学 校 外 , , 小 2 3, , , , , ,049 学 校 内 学 校 外 小 ( 注 1) 複 数 選 択 可 ( 注 2) 警 察 等 の 刑 事 司 法 機 関 等 と 連 携 した 対 応 における サポートチーム の 取 組 のように 連 携 した 機 関 等 には 当 該 機 関 の 関 係 団 体 や 関 係 者 も 含 む

23 < 参 考 10> 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 対 応 の 推 移 ( 国 公 私 立 ) 指 導 し た 者 連 携 し た 機 関 等 指 導 等 の 内 容 区 分 学 級 担 任 や 他 の 教 職 員 が 指 導 養 護 教 諭 が 指 導 校 長 教 頭 が 指 導 スクールカウンセラー 等 の 相 談 員 がカウンセリング その 他 の 者 が 指 導 警 察 等 の 刑 事 司 法 機 関 等 と 連 携 した 対 応 児 童 相 談 所 等 の 福 祉 機 関 等 と 連 携 した 対 応 病 院 等 の 医 療 機 関 等 と 連 携 し た 対 応 その 他 の 専 門 的 な 関 係 機 関 等 と 連 携 した 対 応 地 域 の 人 材 や 団 体 等 と 連 携 し た 対 応 被 害 者 等 ( 被 害 者 の 関 係 者 も 含 む)に 対 する 謝 罪 指 導 友 人 関 係 を 改 善 するための 指 導 ルールの 徹 底 や 規 範 意 識 を 醸 成 するための 指 導 個 別 に 学 習 支 援 当 該 児 童 生 徒 が 意 欲 を 持 って 活 動 できる 場 を 用 意 教 職 員 との 関 係 改 善 保 護 者 の 協 力 を 求 めて 家 族 関 係 等 の 改 善 調 整 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 学 校 内 学 校 外 学 校 内 学 校 外 学 校 内 学 校 外 25 年 度 7, ,744 30,791 3,612 34,403 7,598 1,036 8, 年 度 8,505 1,051 9,556 29,443 3,007 32,450 6, , 年 度 1, ,193 2, , 年 度 1, ,141 1, , 年 度 3, ,059 8,821 1,102 9,923 5, , 年 度 3, ,208 7, ,491 5, , 年 度 , , 年 度 , , 年 度 , , 年 度 , , 年 度 ,102 1,338 4, 年 度 ,534 1,125 3, 年 度 , , 年 度 , , 年 度 , 年 度 年 度 年 度 年 度 年 度 年 度 6, ,257 26,355 2,687 29,042 5, , 年 度 6, ,738 24,521 2,201 26,722 5, , 年 度 4, ,280 15,120 1,543 16,663 4, , 年 度 5, ,850 14,909 1,206 16,115 4, , 年 度 5, ,703 23,013 2,650 25,663 6, , 年 度 6, ,379 21,548 2,138 23,686 5, , 年 度 1, ,155 2, ,883 2, , 年 度 ,058 2, ,793 2, , 年 度 1, ,067 3, ,348 1, , 年 度 1, ,073 4, ,742 1, , 年 度 1, ,489 5, ,353 1, , 年 度 1, ,330 4, ,137 1, , 年 度 3, ,844 11,267 1,608 12,875 3, , 年 度 3, ,802 11,069 1,325 12,394 2, , 年 度 その 他 26 年 度 ( 注 1) 複 数 選 択 可 ( 注 2) 警 察 等 の 刑 事 司 法 機 関 等 と 連 携 した 対 応 における サポートチーム の 取 組 のように 連 携 した 機 関 等 には 当 該 機 関 の 関 係 団 体 や 関 係 者 も 含 む

24 (2-6) 都 道 府 県 別 暴 力 行 為 の 発 生 件 数 ( 国 公 私 立 小 中 高 等 学 校 ) 都 道 府 県 別 1,000 人 当 たりの 発 生 件 数 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 1 北 海 道 , 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 , 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 182 1, , 千 葉 県 484 2, , 東 京 都 308 1, , 神 奈 川 県 830 4, ,494 6, 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 , 静 岡 県 286 1, , 愛 知 県 314 1, , 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 334 1, , 大 阪 府 2,057 5, ,257 10, , 兵 庫 県 395 1, , 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 , 広 島 県 294 1, , 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 , 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 合 都 道 府 県 対 教 師 暴 力 ( ) 生 徒 間 暴 力 ( ) 対 人 暴 力 ( ) 器 物 損 壊 合 1,000 人 当 たり の 発 生 件 数 のうち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 (A) の 合 に 対 する(A) の 割 合 8,835 32,423 1,452 11,532 54, , 平 成 25 年 度 9,743 34,557 1,581 13,464 59, ,

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 9 月 3 日 照 会 先 保 険 局 調 査 課 課 長 秋 田 倫 秀 ( 内 線 3291) 数 理 企 画 官 鎌 田 真 隆 ( 内 線 3293) 担 当 係 医 療 機 関 医 療 費 係 ( 内 線 3298) 電 話 : 03(5253)1111 ( 代 表 ) 03(3595)2579 ( 直 通 ) 平

More information

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子 9 体 操 競 技 1 期 日 競 技 平 成 28 年 10 月 2 日 ( 日 )から 10 月 5 日 ( 水 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 日 ) 10 月 3 日 ( 月 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 5 日 ( 水 ) 成 年 男 子 自 由 ( 決 勝 ) 成 年 女 子 自 由 ( 決 勝 ) 少 年 男 子 自 由 ( 予 選 ) 自 由 (

More information

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴 第 27 回 日 本 エイズ 学 会 学 術 集 会 2013 年 11 月 22 日 熊 本 シンポジウム 7 臨 床 ) なかなか 減 少 しないHIV 感 染 妊 娠 いまだ 散 発 発 生 するHIV 母 子 感 染 H25 年 わが 国 における HIV 感 染 妊 娠 の 動 向 と 近 年 の 特 徴 喜 21 多 恒 和 1,2 吉 野 直 人 2 外 川 正 生 2 稲 葉 憲 之

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返 ニュースリリース 平 成 2 8 年 2 月 23 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 高 校 入 学 から 大 学 卒 業 までに 必 要 な 教 育 費 は 約 9 万 円 に ~ 教 育 費 の 増 加 や 仕 送 り 額 の 減 少 を 奨 学 金 子 供 のアルバイト 収 入 等 により 捻 出 ~ - 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 平 成 )-

More information

‚æ39›ñ‚“›ï„‹™è‘W/P1~2 ‡à‡Ł‡¶†E…V…“

‚æ39›ñ‚“›ï„‹™è‘W/P1~2 ‡à‡Ł‡¶†E…V…“ 運 動 方 針 Do action! Green Hospital Activities of Daily Living Instrumental ADL Nutrition Support Team InfectionControl Team Emargency Room 1996 年 1998 年 2000 年

More information

機 11. 心 神 喪 失 者 等 医 療 観 察 法 指 定 医 療 機 関 の 整 備 等 について 医 療 観 察 法 ( 以 下 法 という ) は 平 成 15 年 7 月 に 公 布 平 成 17 年 7 月 に 施 行 され 心 神 喪 失 者 等 の 状 態 で 重 大 な 他 害 行 為 を 行 った 法 対 象 者 に 対 して 適 切 な 医 療 を 提 供 し 社 会 復 帰 の

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

スポーツ振興くじ(2015年度販売・投票概況集計(第755回~第832回))

スポーツ振興くじ(2015年度販売・投票概況集計(第755回~第832回)) 資 料 スポーツ 振 興 くじ 2015 年 度 販 売 投 票 概 況 集 計 ( 第 755 回 ~ 第 832 回 ) 2016 年 4 月 目 次 2015 年 度 のまとめ 1 1.2015 年 度 売 上 の 推 移 2~3 2.2015 年 度 売 上 当 せん 結 果 の 推 移 2-1 toto 4 2-2 mini toto-a 組 5 2-3 mini toto-b 組 6 2-4

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

1, 1

1, 1 0 1, 1 ( 人 ) 40,000 35,000 30,000 移 民 取 扱 人 による 者 移 民 取 扱 人 によらない 者 合 計 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1899 年 1900 年 1901 年 1902 年 1903 年 1904 年 1905 年 1906 年 1907 年 1908 年 1909 年 1910 年 1911 年 1912

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌 80 平 均 寿 命 男 単 位 : 年 全 国 79.59 長 野 県 80.88 1 滋 賀 県 80.58 2 福 井 県 80.47 3 熊 本 県 80.29 4 神 奈 川 県 80.25 5 三 重 県 79.68 21 長 崎 県 78.88 43 福 島 県 78.84 44 岩 手 県 78.53 45 秋 田 県 78.22 46 青 森 県 77.28 47 平 均 寿 命

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷 平 成 24 年 (1 月 ~12 月 ) における 火 災 の 概 要 ( 概 数 ) 消 防 庁 防 災 情 報 室 目 次 1 全 国 の 概 況 ------------------------------------------------------ 1 (1) 火 災 件 数 ------------------------------------------------------

More information

第1回未決拘禁者の処遇等に関する有識者会議配布資料

第1回未決拘禁者の処遇等に関する有識者会議配布資料 資 料 4 裁 判 所 刑 事 施 設 警 察 留 置 場 の 所 在 地 図 未 決 拘 禁 施 設 の 数 ( 全 国 ) 刑 事 施 設 154 警 察 留 置 場 1286 ( 注 1) 平 成 17 年 4 月 現 在 の 数 である ( 注 2) 刑 事 施 設 の 数 は, 刑 事 施 設 の 本 所 及 び 支 所 の 総 数 (187 庁 )から, 業 務 停 止 中 の4 庁 (

More information

1.H26年エイズ発生動向年報ー概要

1.H26年エイズ発生動向年報ー概要 Ⅰ. 平 成 26(2014) 年 エイズ 発 生 動 向 概 要 厚 生 労 働 省 エイズ 動 向 委 員 会 エイズ 動 向 委 員 会 は 3 ヶ 月 ごとに 委 員 会 を 開 催 し 都 道 府 県 等 からの 報 告 に 基 づき 日 本 国 内 の 患 者 発 生 動 向 を 把 握 し 公 表 している 本 稿 では 平 成 26(2014) 年 1 年 間 の 発 生 動 向 の

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国 2 次 2 次 2 次 2 次 81 東 京 学 芸 ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 東 京 学 芸 ( 教 育 - 初 等 - 英 語 ) 62.5 79 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 英 語 教 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 60.0 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 英 語 ) 62.5 都 留 文 科 ( 文 - 初

More information

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73>

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73> 備 考 欄 に 記 載 のお 願 い 従 前 と 改 定 後 に2 等 級 以 上 の 差 がある 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 がない 場 合 月 額 変 更 に 該 当 しません 非 固 定 的 賃 金 ( 残 業 等 )のみが 変 動 した 方 につきましては 必 ず 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 固 定 給 の 変 動 なし と ください 固 定 的 賃 金 の 変 動

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

設 問 一 覧 全 員 にお 聞 きします 103 万 円 の 壁 130 万 円 の 壁 について 知 っていますか?...(SA) あなたの 年 収 を 教 えてください...(SA) 年 収 が 103 万 円 以 下 103 万 円 超 130 万 円 以 下 と 答 えた 人 あなたは 年

設 問 一 覧 全 員 にお 聞 きします 103 万 円 の 壁 130 万 円 の 壁 について 知 っていますか?...(SA) あなたの 年 収 を 教 えてください...(SA) 年 収 が 103 万 円 以 下 103 万 円 超 130 万 円 以 下 と 答 えた 人 あなたは 年 まとめ 全 国 の 主 婦 736 人 (うち 専 業 主 婦 53.5% フルタイム18.2% パート アルバイト/ が28.3%)に 最 近 見 直 しの 議 論 が 始 まった 配 偶 者 控 除 について 聞 いた まず 年 収 103 万 円 を 超 えると 世 帯 の 所 得 税 負 担 が 増 加 する 103 万 円 の 壁 年 収 130 万 円 を 超 えると 配 偶 者 の 社

More information

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強 平 成 25 年 5 月 日 :00 以 降 に 報 道 願 います 裁 判 員 裁 判 の 概 況 平 成 25 年 5 月 日 最 高 検 察 庁 公 判 1 裁 判 員 裁 判 対 象 事 件 起 訴 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30 日 現 在 ) 6,025 名 ( 起 訴 件 数 :6,800 件 ) 2 裁 判 員 裁 判 判 決 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

個人住民税徴収対策会議

個人住民税徴収対策会議 個 人 住 民 税 徴 収 対 策 会 議 平 成 26 年 8 月 7 日 税 収 に 占 める 個 人 住 民 税 の 割 合 個 人 住 民 税 は 県 市 町 村 いずれも 税 収 の 約 3 割 を 占 めており 重 要 な 財 源 となっている 岡 山 県 現 年 繰 越 合 計 市 町 村 その 他 18.5% 自 動 車 税 13.1% 個 人 県 民 税 29.6% その 他 15.0%

More information

(1) 人口規模別市区町村数平成 17(2005) 年 ( 市区町村数 ) 人口規模 ( 人 ) 都道府県 5 千未満 5 千 ~ 1 万 1~ 2 万 2~ 3 万 3~ 5 万 5~ 10 万 10~ 20 万 20~ 30 万 30~ 50 万 50~ 100 万 100 万以上 北 海 道

(1) 人口規模別市区町村数平成 17(2005) 年 ( 市区町村数 ) 人口規模 ( 人 ) 都道府県 5 千未満 5 千 ~ 1 万 1~ 2 万 2~ 3 万 3~ 5 万 5~ 10 万 10~ 20 万 20~ 30 万 30~ 50 万 50~ 100 万 100 万以上 北 海 道 (1) 人口規模別市区町村数平成 17(2005) 年 138 (2) 人口規模別市区町村数平成 32(2020) 年 139 (3) 人口規模別市区町村数平成 47(2035) 年 140 (4) 人口減少市区町村数 141 (5) 人口指数別市区町村数平成 32(2020) 年 142 ( 平成 17 年 =100 とした場合 ) (6) 人口指数別市区町村数平成 47(2035) 年 143

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医 指 定 大 学 院 (コース) 一 覧 第 1 種 指 定 大 学 院 (155 校 / 修 了 後 直 近 の 審 査 の 受 験 可 ) 所 在 県 名 種 別 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 領 域 (コース) 名 1 北 海 道 国 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 院 教 育 学 専 攻 臨 床 心 理 学 講 座 2 北 海 道 私 札 幌 学 院 大 学 大 学

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73>

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73> 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 資 料 6 保 護 観 察 新 規 受 理 人 員 の 推 移 資 料 7 ( 千 人 ) ( 昭 和 24 年 ~ 平 成 17 年 ) 80 70 60 保 護 観 察 処 分 少 年 50 40 30 20 10 保 護 観 察 付 執 行 猶 予 者 仮 釈 放 者 0 少 年 院 仮 退 院 者 24 年 30 35 40 45

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

1.3 1.4 58.9 CASE 1 CASE 2 CASE 3 更 新 スケジュール ラインナップ 2013 年 7 8 9 月 関 東 ブロック 東 京 神 奈 川 千 葉 埼 玉 商 品 の 詳 細 料 金 などについてはメディアガイ ド 本 編 をご 覧 ください その 他 ご 不 明 な 点 に 関 しては 営 業 担 当 までお 問 い 合 わせください 関 西 ブロック

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC97CD837D836A83858341838B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC97CD837D836A83858341838B> 海 浜 等 清 掃 活 動 実 施 状 況 調 査 入 力 集 計 用 マニュアル (Ver.3.0 用 ) ( 公 財 ) 海 と 渚 環 境 美 化 油 濁 対 策 機 構 目 次 1. 入 力 用 ファイルを 開 く... 1 ファイルを 開 くときの 注 意... 2 2. メインメニュー... 3 Excel 2007 をご 使 用 の 方 への 注 意... 4 ファイルを 閉 じるときの

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分 平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 平 成 27 年 中 の 火 災 の 状 況 について 1 月 から 12 月 までの 確 定 値 を 取 りまとめ ましたので その 概 要 を 公 表 します 前 年 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 火 災 による 死 者 数 ともに 減 少 しています 1 総 出 火

More information

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅 平 成 26 7 月 23 日 消 防 庁 平 成 25 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 が 増 加 する 一 方 で 火 災 による 死 者 数 は 減 少 しています 1 総 出 火 件 数 は 48,095 件 前 より 3,906 件 の 増 加 総 出 火 件 数 は 48,095 件 で 前 より 3,906

More information

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1 平 成 27 年 12 月 16 日 ( 水 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 ( 理 事 長 菅 野 和 夫 ) 経 済 社 会 と 労 働 部 門 副 主 任 研 究 員 中 野 諭 ( 電 話 )03-5903-6223 URL:http://www.jil.go.jp/ 平 成 27 年 労 働 力 需 給 の 推 計 新 たな 全 国 推 計 を 踏 まえた

More information

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件 育 児 休 業 や 介 護 休 業 経 済 的 に 支 援 をする 方 を します このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 までお 尋 ねください ご 存

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

untitled

untitled 資 料 年 度 別 表 彰 分 野 受 賞 者 数 の 実 績 年 / 回 1 回 2 回 3 回 4 回 5 回 6 回 7 回 8 回 9 回 10 回 分 野 昭 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 小 計 人 命 救 助 等 93 203 156 157 213 197 235 255 230 183 1922 国 際 社 会 への 貢 献 0 青 少 年 育 成 スポーツの

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

報道資料

報道資料 平 成 27 7 月 16 日 消 防 庁 平 成 26 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 は 減 少 していますが 火 災 による 死 者 数 は 増 加 しています 1 総 出 火 件 数 は 43,741 件 前 より 4,354 件 の 減 少 総 出 火 件 数 は 43,741 件 で 前 より 4,354

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの)

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの) 平 成 24 年 度 開 設 予 定 大 学 院 等 一 覧 ( 判 定 を 不 可 とするもの) 1 研 究 科 を 設 置 するもの 1 校 平 成 23 年 12 月 区 分 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 入 学 定 員 位 置 設 置 者 理 由 備 考 人 私 立 東 京 福 祉 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 群 馬 県 伊 勢 崎 市 学 校 法 人 ( 別

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

慶應義塾利益相反対処規程

慶應義塾利益相反対処規程 慶 應 義 塾 利 益 相 反 マネジメント 内 規 平 成 17 年 12 月 6 日 制 定 平 成 23 年 4 月 1 日 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 10 月 30 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 慶 應 義 塾 利 益 相 反 マネジメント 内 規 ( 以 下 本 内 規 という )は, 慶 應 義 塾 利 益 相 反 マネジメント ポリシー(

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

1 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 ( 一 般 事 務 職 )とは 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 とは 一 般 の 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 した 際 に 代 替 職 員 とし て 勤 務 する 職 員 です 一 般 事 務 職 については 候 補 者 として

1 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 ( 一 般 事 務 職 )とは 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 とは 一 般 の 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 した 際 に 代 替 職 員 とし て 勤 務 する 職 員 です 一 般 事 務 職 については 候 補 者 として 川 崎 市 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 一 般 事 務 職 の 候 補 者 登 録 案 内 川 崎 市 総 務 企 画 局 人 事 部 人 事 課 概 要 登 録 選 考 ( 教 養 考 査 及 び 作 文 考 査 )を 実 施 し ます 登 録 選 考 実 施 日 平 成 2 8 年 7 月 31 日 ( 日 ) 受 付 期 間 平 成 28 年 6 月 1 日 ( 水 ) ~ 平

More information

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女 報 道 資 料 平 成 27 年 12 月 1 日 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 及 び 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 状 況 の フォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 各 府 省 等 は 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 )に 定 める 目

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63> 資 料 第 1196 号 平 成 21 全 国 消 費 実 態 調 査 調 査 結 果 貯 蓄 負 債 編 広 島 県 統 計 課 目 次 用 語 の 解 説 1 貯 蓄 負 債 の 範 囲 と 内 容 3 結 果 の 概 要 貯 蓄 現 在 高 の 時 系 列 推 移 5 貯 蓄 現 在 高 の 種 類 別 保 有 率 の 推 移 7 負 債 現 在 高 の 時 系 列 推 移 1 住 宅 土 地

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

ただし 平 成 26 年 1 月 から3 月 までの 間 に 失 職 し 平 成 26 年 4 月 以 降 も 引 き 続 き 失 職 している 場 合 ( 平 成 26 年 度 に 新 入 学 ( 編 転 入 学 を 含 む )をした 者 であって 平 成 25 年 度 に 私 立 高 校 等 に

ただし 平 成 26 年 1 月 から3 月 までの 間 に 失 職 し 平 成 26 年 4 月 以 降 も 引 き 続 き 失 職 している 場 合 ( 平 成 26 年 度 に 新 入 学 ( 編 転 入 学 を 含 む )をした 者 であって 平 成 25 年 度 に 私 立 高 校 等 に 平 成 26 年 度 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 減 免 事 業 補 助 金 事 務 処 理 要 領 1 趣 旨 この 要 領 は 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 減 免 事 業 補 助 金 の 事 務 処 理 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 補 助 事 業 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 は 大 阪 府 京

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083528373815B208160208375838D8362834E90E096BE89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083528373815B208160208375838D8362834E90E096BE89EF8E9197BF2E70707478> 住 民 基 本 台 帳 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 < 改 正 概 要 > ( 平 成 21 年 7 月 15 日 公 布 ) 1 外 国 人 住 民 の 利 便 の 増 進 及 び 市 町 村 等 の 行 政 の 合 理 化 を 目 的 として 外 国 人 住 民 を 住 民 基 本 台 帳 法 の 適 用 対 象 に 加 える ( 施 行 期 日 : 入 管 法 等 改

More information

- もくじ - Ver4.4.0.0 の 変 更 点 P.3 1 障 害 者 総 合 支 援 法 概 要 P.4 2 平 成 25 年 度 以 降 地 域 区 分 対 応 P.5 2-1 地 域 区 分 設 定 方 法 P.5 2-2 地 域 区 分 について P.7 2-3 地 域 単 価 の 確

- もくじ - Ver4.4.0.0 の 変 更 点 P.3 1 障 害 者 総 合 支 援 法 概 要 P.4 2 平 成 25 年 度 以 降 地 域 区 分 対 応 P.5 2-1 地 域 区 分 設 定 方 法 P.5 2-2 地 域 区 分 について P.7 2-3 地 域 単 価 の 確 介 五 郎 総 合 支 援 版 差 分 マニュアル Ver.4.4.0.0 株 式 会 社 インフォ テック - もくじ - Ver4.4.0.0 の 変 更 点 P.3 1 障 害 者 総 合 支 援 法 概 要 P.4 2 平 成 25 年 度 以 降 地 域 区 分 対 応 P.5 2-1 地 域 区 分 設 定 方 法 P.5 2-2 地 域 区 分 について P.7 2-3 地 域 単 価

More information

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中 法 人 番 号 の 通 知 公 表 開 始 スケジュ-ルについて 国 税 庁 は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 上 法 人 番 号 の 付 番 機 関 とされており 平 成 27 年 10 月 5 日 ( 月 )の 同 法 施 行 を 迎 え 法 人 番 号 の 通 知 公 表 等 について 具 体 的 なスケジュ-ルを

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

資料2-2 定時制課程・通信制課程高等学校の現状

資料2-2 定時制課程・通信制課程高等学校の現状 資 料 2-2 定 時 制 課 程 通 信 制 課 程 高 等 学 校 の 現 状 1 学 校 の 設 置 形 態 及 び 規 模 組 織 形 態 等 1-1 高 等 学 校 の 学 校 数 ( 校 ) 6,000 5,000 4,856 4,812 4,960 5,222 5,466 5,518 5,506 5,507 5,476 5,517 5,505 5,488 5,477 5,452 5,383

More information

(2) ブロック 大 会 ア 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 の 各 ブロック 支 部 連 合 会 が 細 目 を 定 めて 実 施 する イ ブロック 大 会 区 分 及 び 選 出 チーム 数 は 次 表 のとおりとする フ ロック 名 都 道 府 県 名 成 年 男

(2) ブロック 大 会 ア 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 の 各 ブロック 支 部 連 合 会 が 細 目 を 定 めて 実 施 する イ ブロック 大 会 区 分 及 び 選 出 チーム 数 は 次 表 のとおりとする フ ロック 名 都 道 府 県 名 成 年 男 18 軟 式 野 球 競 技 1 期 日 平 成 27 年 10 月 2 日 ( 金 )から 10 月 5 日 ( 月 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 金 ) 10 月 3 日 ( 土 ) 10 月 4 日 ( 日 ) 10 月 5 日 ( 月 ) 2 回 戦 5~8 位 決 定 戦 3 4 位 決 定 戦 成 年 男 子 1 回 戦 準 々 決 勝 準 決 勝 決 勝 2 会

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人 佐 野 市 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 する 条 例 ( 案 ) の 概 要 について 1 条 例 制 定 の 背 景 目 的 平 成 25 年 5 月 31 日 に 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に

More information

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1 基 礎 資 料 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 配 備 状 況 1 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 配 備 状 況 76 機 (45 都 道 府 県 55 団 体 ) (1) 消 防 庁 ヘリコプター 5 機 ( 東 京 消 防 庁 京 都 市 消 防 局 埼 玉 県 宮 城 県 高 知 県 に 無 償 使 用 ) (2) 消 防 機 関 ヘリコプター 31 機 ( 東 京 消 防 庁

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (21 年 度 末 ) A B B/A 2 年 度 の 件 費 率 21 年 度 61,319 27,554,966 1,5,665 4,594,2 % 16.7 % 19.6 (2) 職 員 給

More information

住宅改修の手引き(初版)

住宅改修の手引き(初版) 目 次 1. 介 護 保 険 制 度 における 住 宅 改 修 費 支 給 制 度 について 1 2. 対 象 要 件 2 3. 支 給 限 度 基 準 額 3 4. 支 払 方 法 5. 手 続 きの 流 れ 6 7 6. 住 宅 改 修 の 種 類 13 7. 住 宅 改 修 費 が 支 給 できない 場 合 16 8. 現 地 確 認 について 16 参 考 資 料 住 宅 改 修 費 の 支

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information