平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

Size: px
Start display at page:

Download "平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について"

Transcription

1 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調 査 結 果 の 要 旨 暴 力 行 為... 5 (1) 暴 力 行 為 の 発 生 状 況 合... 5 < 参 考 1> 学 校 内 外 における 暴 力 行 為 発 生 件 数 の 推 移... 6 < 参 考 2> 学 校 内 外 における 暴 力 行 為 発 生 率 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 暴 力 行 為 発 生 件 数 )... 6 < 参 考 3> 学 校 内 における 暴 力 行 為 発 生 件 数 の 推 移... 7 < 参 考 4> 学 校 内 における 暴 力 行 為 発 生 率 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 暴 力 行 為 発 生 件 数 )... 7 < 参 考 5> 学 校 外 における 暴 力 行 為 発 生 件 数 の 推 移... 8 < 参 考 6> 学 校 外 における 暴 力 行 為 発 生 率 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 暴 力 行 為 発 生 件 数 ) 対 教 師 暴 力 生 徒 間 暴 力 対 人 暴 力 器 物 損 壊 (2) 学 年 別 男 女 別 加 害 児 童 生 徒 数 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 < 参 考 7> 学 年 別 加 害 児 童 生 徒 数 のグラフ (3) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 措 置 状 況 < 参 考 8> 平 成 26 年 度 までの 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 措 置 状 況 の 推 移 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 (4) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 関 係 機 関 の 措 置 状 況 < 参 考 9> 平 成 26 年 度 までの 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 関 係 機 関 の 措 置 状 況 の 推 移 小 学 校... 16

2 2 中 学 校 高 等 学 校 (5) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 対 応 < 参 考 10> 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 対 応 の 推 移 ( 国 公 私 立 ) (6) 都 道 府 県 別 暴 力 行 為 の 発 生 件 数 ( 国 公 私 立 小 中 高 等 学 校 ) 都 道 府 県 別 1,000 人 当 たりの 発 生 件 数 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 出 席 停 止 (1) 出 席 停 止 の 件 数 < 参 考 1> 平 成 8 年 度 までの 出 席 停 止 の 件 数 ( 中 学 校 ) (2) 出 席 停 止 の 学 年 別 男 女 別 件 数 学 年 別 件 数 男 女 別 件 数 < 参 考 2> 平 成 8 年 度 までの 出 席 停 止 の 学 年 別 件 数 ( 中 学 校 ) < 参 考 3> 平 成 8 年 度 までの 出 席 停 止 の 男 女 別 件 数 ( 中 学 校 ) (3) 出 席 停 止 の 期 間 別 件 数 < 参 考 4> 平 成 8 年 度 までの 出 席 停 止 の 期 間 別 件 数 ( 中 学 校 ) (4) 出 席 停 止 の 理 由 別 件 数 < 参 考 5> 平 成 8 年 度 までの 主 たる 理 由 別 件 数 ( 中 学 校 ) 小 中 学 校 の 不 登 校 (1) 不 登 校 児 童 生 徒 数 < 参 考 1> 不 登 校 児 童 生 徒 数 の 推 移 < 参 考 2> 不 登 校 児 童 生 徒 の 割 合 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 不 登 校 児 童 生 徒 数 ) (2) 不 登 校 児 童 生 徒 の 在 籍 学 校 数 (3) 学 年 別 不 登 校 児 童 生 徒 数 小 学 校 中 学 校 < 参 考 3> 学 年 別 不 登 校 児 童 生 徒 数 のグラフ (4) 不 登 校 になったきっかけと 考 えられる 状 況 (5) 不 登 校 児 童 生 徒 への 指 導 結 果 状 況 (6) 指 導 の 結 果 登 校 する 又 はできるようになった 児 童 生 徒 に 特 に 効 果 のあった 学 校 の 措 置.. 29 (7) 相 談 指 導 等 を 受 けた 学 校 内 外 の 機 関 等 及 び 指 導 要 録 上 出 席 扱 いとした 児 童 生 徒 数 通 学 定 期 乗 車 券 制 度 の 適 用 を 受 けた 児 童 生 徒 数 小 中 学 校 合 (8) 学 校 外 の 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 け 指 導 要 録 上 出 席 扱 いとした 児 童 生 徒 数 (9) 自 宅 におけるIT 等 を 活 用 した 学 習 活 動 を 指 導 要 録 上 出 席 扱 いとした 児 童 生 徒 数 (10) 不 登 校 の 状 態 が 前 年 度 から 継 続 している 児 童 生 徒 数 小 学 校... 33

3 2 中 学 校 (11) 教 育 委 員 会 が 設 置 する 教 育 支 援 センター( 適 応 指 導 教 室 ) の 状 況 (12) 都 道 府 県 別 不 登 校 児 童 生 徒 数 ( 国 公 私 立 ) (13) 都 道 府 県 別 教 育 委 員 会 が 設 置 する 教 育 支 援 センター( 適 応 指 導 教 室 ) の 状 況 高 等 学 校 の 不 登 校 (1) 高 等 学 校 における 理 由 別 長 期 欠 席 者 数 < 参 考 1> 高 等 学 校 における 理 由 別 長 期 欠 席 者 数 の 推 移 ( 国 公 私 立 ) < 参 考 2> 不 登 校 生 徒 数 の 推 移 (2) 不 登 校 生 徒 の 在 籍 学 校 数 (3) 課 程 学 年 別 不 登 校 生 徒 数 国 立 公 立 私 立 合 < 参 考 3> 学 年 別 不 登 校 生 徒 数 のグラフ (4) 不 登 校 生 徒 のうち 中 途 退 学 原 級 留 置 になった 生 徒 数 (5) 不 登 校 状 態 が 前 年 度 から 継 続 している 生 徒 数 国 立 公 立 私 立 合 (6) 不 登 校 になったきっかけと 考 えられる 状 況 (7) 不 登 校 生 徒 への 指 導 結 果 状 況 全 日 制 定 時 制 合 (8) 指 導 の 結 果 登 校 する 又 はできるようになった 生 徒 に 特 に 効 果 のあった 学 校 の 措 置 全 日 制 定 時 制 合 (9) 相 談 指 導 等 を 受 けた 学 校 内 外 の 機 関 等 及 び 指 導 要 録 上 出 席 扱 いとした 生 徒 数 通 学 定 期 乗 車 券 制 度 の 適 用 を 受 けた 生 徒 数 全 日 制 定 時 制 別 合 (10) 都 道 府 県 別 不 登 校 生 徒 数 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) 1,000 人 当 たりの 不 登 校 生 徒 数 高 等 学 校 中 途 退 学 等 (1) 中 途 退 学 者 数 及 び 中 途 退 学 率 の 推 移 (2) 事 由 別 中 途 退 学 者 数 ( 国 公 私 別 ) (3) 経 済 的 理 由 の 具 体 的 な 状 況 (4) 事 由 別 中 途 退 学 者 数 ( 課 程 別 )... 52

4 < 参 考 1> 平 成 26 年 度 までの 事 由 別 中 途 退 学 者 数 の 構 成 比 の 推 移 (5) 課 程 学 科 学 年 別 中 途 退 学 者 数 国 立 公 立 私 立 合 < 参 考 2> 学 年 別 中 途 退 学 者 数 のグラフ < 参 考 3> 平 成 26 年 度 までの 課 程 学 科 別 中 途 退 学 者 数 の 推 移 < 参 考 4> 平 成 26 年 度 までの 学 年 別 中 途 退 学 者 数 の 推 移 (6) 課 程 学 科 学 年 別 懲 戒 による 退 学 者 数 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) (7) 課 程 学 科 学 年 別 原 級 留 置 者 数 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) (8) 課 程 学 科 学 年 別 再 入 学 者 数 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) (9) 編 入 学 者 数 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) (10) 都 道 府 県 別 中 途 退 学 者 数 及 び 中 途 退 学 率 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) (11) 都 道 府 県 別 中 途 退 学 理 由 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) 自 殺 ( 学 校 から 報 告 のあったもの) (1) 児 童 生 徒 の 自 殺 の 状 況 (2) 自 殺 した 児 童 生 徒 の 学 年 別 男 女 別 内 訳 ( 国 公 私 立 ) (3) 自 殺 した 児 童 生 徒 が 置 かれていた 状 況 ( 国 公 私 立 ) 教 育 相 談 (1) 都 道 府 県 指 定 都 市 における 教 育 相 談 機 関 及 び 教 育 相 談 員 数 (2) 都 道 府 県 指 定 都 市 における 相 談 形 態 別 教 育 相 談 件 数 (3) 都 道 府 県 指 定 都 市 における 小 学 生 中 学 生 及 び 高 校 生 に 関 する 教 育 相 談 件 数 (4) 市 町 村 における 教 育 相 談 機 関 及 び 教 育 相 談 員 数 教 育 相 談 機 関 数 機 関 相 談 員 数 (5) 市 町 村 における 相 談 形 態 別 教 育 相 談 件 数 (6) 都 道 府 県 別 都 道 府 県 指 定 都 市 における 教 育 相 談 機 関 数 及 び 教 育 相 談 員 数... 64

5 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象 1 暴 力 行 為 ( 国 公 私 立 小 中 高 等 学 校 ) 2 いじめ ( 国 公 私 立 小 中 高 特 別 支 援 学 校 都 道 府 県 教 育 委 員 会, 市 町 村 教 育 委 員 会 ) 3 出 席 停 止 ( 市 町 村 教 育 委 員 会 ) 4 小 中 学 校 の 不 登 校 ( 国 公 私 立 小 中 学 校, 都 道 府 県 教 育 委 員 会, 市 町 村 教 育 委 員 会 ) 5 高 等 学 校 の 不 登 校 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) 6 高 等 学 校 中 途 退 学 等 ( 国 公 私 立 高 等 学 校 ) 7 自 殺 ( 国 公 私 立 小 中 高 等 学 校 ) 8 教 育 相 談 ( 都 道 府 県 指 定 都 市 市 町 村 教 育 委 員 会 ) いじめ の 調 査 については 見 直 しを 行 っているところであり 10 月 下 旬 の 公 表 を 予 定 している (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴 1) 小 中 高 等 学 校 における 暴 力 行 為 の 発 生 件 数 は54,242 件 ( 前 年 度 5 9,345 件 )であり 児 童 生 徒 1 千 人 当 たりの 発 生 件 数 は4.0 件 (4.3) 件 である 2) 小 中 学 校 における 不 登 校 児 童 生 徒 数 は122,902 人 ( 前 年 度 119, 617 人 )であり 不 登 校 児 童 生 徒 の 割 合 は1.21%( 前 年 度 1.17%)で ある 3) 高 等 学 校 における 不 登 校 生 徒 数 は53,154 人 ( 前 年 度 55,655 人 ) であり 不 登 校 生 徒 の 割 合 は1.59%( 前 年 度 1.67%)である 4) 高 等 学 校 における 中 途 退 学 者 数 は53,403 人 ( 前 年 度 59,923 人 ) であり 中 途 退 学 者 の 割 合 は1.5%( 前 年 1.7%)である 5) 小 中 高 等 学 校 から 報 告 のあった 自 殺 した 児 童 生 徒 数 は230 人 ( 前 年 度 2 40 人 )である - 1 -

6 (3) 調 査 結 果 の 要 旨 1. 暴 力 行 為 の 状 況 (P.5~) 小 中 高 等 学 校 における 暴 力 行 為 の 発 生 件 数 は54,242 件 であり 児 童 生 徒 1 千 人 当 たり の 発 生 件 数 は4.0 件 である 1 暴 力 行 為 の 発 生 件 数 は 小 学 校 11,468 件 ( 前 年 度 10,896 件 ) 中 学 校 35,683 件 ( 前 年 度 40,246 件 ) 高 等 学 校 7,091 件 ( 前 年 度 8,203 件 )の 合 54,242 件 ( 前 年 度 59,345 件 ) 対 教 師 暴 力 は 8,835 件 ( 前 年 度 9,743 件 ) 生 徒 間 暴 力 は 32,423 件 ( 前 年 度 34,557 件 ) 対 人 暴 力 は 1,452 件 ( 前 年 度 1,581 件 ) 器 物 損 壊 は 11,532 件 ( 前 年 度 13,464 件 ) 2 暴 力 行 為 の 発 生 件 数 のうち 当 該 暴 力 行 為 により 被 害 者 が 病 院 で 治 療 した 場 合 の 件 数 は 対 教 師 暴 力 で 1,681 件 ( 発 生 件 数 に 対 する 割 合 は 19.0% 前 年 度 2,036 件 ) 生 徒 間 暴 力 で 6,751 件 ( 発 生 件 数 に 対 する 割 合 は 20.8% 前 年 度 7,857 件 ) 対 人 暴 力 で 399 件 ( 発 生 件 数 に 対 する 割 合 は 27.5% 前 年 度 412 件 )の 合 8,831 件 ( 発 生 件 数 に 対 する 割 合 は 20.7% 前 年 度 10,305 件 ) 3 暴 力 行 為 が 発 生 した 学 校 数 について 暴 力 行 為 が 学 校 内 で 発 生 した 学 校 数 は 9,343 校 ( 前 年 度 9,700 校 ) 全 学 校 数 に 占 める 割 合 は 25.5%( 前 年 度 26.3%) 学 校 外 で 暴 力 行 為 を 起 こした 児 童 生 徒 が 在 籍 する 学 校 数 は 2,654 校 ( 前 年 度 3,114 校 ) 全 学 校 数 に 占 める 割 合 は 7.3%( 前 年 度 8.4%) 4 加 害 児 童 生 徒 数 は 小 学 校 で 10,808 人 ( 前 年 度 10,356 人 ) 中 学 校 で 35,623 人 ( 前 年 度 39,366 人 ) 高 等 学 校 で 8,485 人 ( 前 年 度 10,110 人 )の 合 54,916 人 ( 前 年 度 59,832 人 ) 加 害 児 童 生 徒 のうち 学 校 が 何 らかの 措 置 をとった 児 童 生 徒 は 小 学 校 で 108 人 ( 前 年 度 99 人 ) 中 学 校 で 838 人 ( 前 年 度 1,250 人 ) 高 等 学 校 で 6,430 人 ( 前 年 度 7,929 人 ) 加 害 児 童 生 徒 のうち 関 係 機 関 により 何 らかの 措 置 がとられた 児 童 生 徒 は 小 学 校 で 149 人 ( 前 年 度 227 人 ) 中 学 校 で 2,926 人 ( 前 年 度 3,623 人 ) 高 等 学 校 で 365 人 ( 前 年 度 474 人 ) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 対 応 における 連 携 した 機 関 等 は 警 察 等 の 刑 事 司 法 機 関 等 と 連 携 した 対 応 ( サポートチーム の 取 組 など)が 最 も 多 く 小 学 校 では 369 人 ( 前 年 度 284 人 ) 中 学 校 で 3,659 人 ( 前 年 度 4,440 人 ) 高 等 学 校 で 424 人 ( 前 年 度 491 人 ) 2. 出 席 停 止 の 状 況 (P.21~) 出 席 停 止 の 措 置 件 数 は25 件 ( 前 年 度 47 件 )である 1 出 席 停 止 の 措 置 件 数 は 小 学 校 0 件 ( 前 年 度 0 件 ) 中 学 校 25 件 ( 前 年 度 47 件 )の 合 25 件 ( 前 年 度 47 件 ) 2 理 由 別 の 内 訳 は 授 業 妨 害 14 件 対 教 師 暴 力 11 件 器 物 損 壊 6 件 など 3. 小 中 学 校 の 不 登 校 の 状 況 (P.24~) 小 中 学 校 における 不 登 校 児 童 生 徒 数 は122,902 人 ( 前 年 度 119,617 人 )であり 不 登 校 児 童 生 徒 の 割 合 は1.21%( 前 年 度 1.17%)である - 2 -

7 1 小 中 学 校 における 不 登 校 児 童 生 徒 数 は 小 学 校 25,866 人 ( 前 年 度 24,175 人 ) 中 学 校 97,036 人 ( 前 年 度 95,442 人 )の 合 122,902 人 ( 前 年 度 119,617 人 )で 在 籍 者 数 に 占 める 割 合 は 小 学 校 0.39%( 前 年 度 0.36%) 中 学 校 2.76%( 前 年 度 2.69%)の 合 1.21%( 前 年 度 1.17%) 2 不 登 校 になったきっかけと 考 えられる 状 況 は 不 安 など 情 緒 的 混 乱 29.8% 無 気 力 25.9% いじめを 除 く 友 人 関 係 をめぐる 問 題 14.5%など 3 学 校 内 外 の 施 設 や 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 けた 不 登 校 児 童 生 徒 のうち 学 校 外 の 施 設 や 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 けた 児 童 生 徒 数 は 38,059 人 ( 前 年 度 36,400 人 )で 不 登 校 児 童 生 徒 に 占 める 割 合 は 31.0%( 前 年 度 30.4%) 学 校 内 の 施 設 や 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 けた 児 童 生 徒 数 は 59,916 人 ( 前 年 度 58,924 人 )で 不 登 校 児 童 生 徒 に 占 める 割 合 は 48.8%( 前 年 度 49.3%) 4. 高 等 学 校 の 不 登 校 の 状 況 (P.37~) 高 等 学 校 における 不 登 校 生 徒 数 は53,154 人 ( 前 年 度 55,655 人 )であり 不 登 校 生 徒 の 割 合 は1.59%( 前 年 度 1.67%)である 1 高 等 学 校 における 不 登 校 生 徒 数 は 53,154 人 ( 前 年 度 55,655 人 )で 在 籍 者 数 に 占 める 割 合 は 1.59%( 前 年 度 1.67%) 不 登 校 生 徒 のうち 中 途 退 学 に 至 った 者 は 15,058 人 ( 前 年 度 16,454 人 ) 不 登 校 生 徒 のうち 原 級 留 置 となった 者 は 4,494 人 ( 前 年 度 4,779 人 ) 2 不 登 校 になったきっかけと 考 えられる 状 況 は 無 気 力 30.8% 不 安 など 情 緒 的 混 乱 18.0% あそび 非 行 10.4%など 3 学 校 内 外 の 施 設 や 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 けた 不 登 校 生 徒 のうち 学 校 外 の 施 設 や 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 けた 生 徒 数 は 7,416 人 ( 前 年 度 7,581 人 )で 不 登 校 生 徒 に 占 める 割 合 は 14.0%( 前 年 度 13.6%) 学 校 内 の 施 設 や 機 関 等 で 相 談 指 導 等 を 受 けた 生 徒 数 は 19,279 人 ( 前 年 度 19,411 人 )で 不 登 校 生 徒 に 占 める 割 合 は 36.3%( 前 年 度 34.9%) 5. 高 等 学 校 中 途 退 学 等 の 状 況 (P.50~) 高 等 学 校 における 中 途 退 学 者 数 は53,403 人 であり 中 途 退 学 者 の 割 合 は1.5%である 1 中 途 退 学 者 数 は 53,403 人 ( 前 年 度 59,923 人 )で 在 籍 者 数 に 占 める 割 合 は 1.5%( 前 年 度 1.7%) 学 校 生 活 学 業 不 適 応 を 事 由 とした 中 途 退 学 者 の 割 合 は 34.9%( 前 年 度 36.3%) 進 路 変 更 を 事 由 とした 中 途 退 学 者 の 割 合 は 34.8%( 前 年 度 32.9%) 経 済 的 理 由 を 事 由 とした 中 途 退 学 者 の 割 合 は 2.3%( 前 年 度 2.2%) 2 懲 戒 による 退 学 原 級 留 置 再 入 学 編 入 学 について 退 学 者 は 430 人 ( 前 年 度 426 人 ) 原 級 留 置 者 は 17,067 人 ( 前 年 度 17,914 人 ) 平 成 26 年 度 以 前 に 中 途 退 学 した 者 のうち 再 入 学 した 者 は 1,185 人 ( 前 年 度 1,383 人 ) 平 成 26 年 度 以 前 に 中 途 退 学 した 者 のうち 編 入 学 した 者 は 8,038 人 ( 前 年 度 8,525 人 ) - 3 -

8 6. 自 殺 の 状 況 (P.59~) 小 中 高 等 学 校 から 報 告 のあった 自 殺 した 児 童 生 徒 数 は230 人 である 1 自 殺 した 児 童 生 徒 数 は 小 学 校 7 人 ( 前 年 度 4 人 ) 中 学 校 54 人 ( 前 年 度 63 人 ) 高 等 学 校 169 人 ( 前 年 度 173 人 )の 合 230 人 ( 前 年 度 240 人 ) 2 自 殺 した 児 童 生 徒 が 置 かれていた 状 況 として いじめの 問 題 があった 生 徒 は5 人 ( 前 年 度 9 人 ) 7. 教 育 相 談 の 状 況 (P.61~) 都 道 府 県 指 定 都 市 教 育 委 員 会 が 所 管 する 教 育 相 談 機 関 数 は168ヵ 所 市 町 村 教 育 委 員 会 が 所 管 する 教 育 相 談 機 関 数 は1,515ヵ 所 である 1 都 道 府 県 指 定 都 市 教 育 委 員 会 が 所 管 する 教 育 相 談 機 関 は 168 ヵ 所 ( 前 年 度 173 ヵ 所 ) 相 談 員 は 1,773 人 ( 前 年 度 1,702 人 ) 教 育 相 談 件 数 は 183,752 件 ( 前 年 度 181,749 件 ) 2 市 町 村 ( 指 定 都 市 を 除 く) 教 育 委 員 会 が 所 管 する 教 育 相 談 機 関 は 1,515 ヵ 所 ( 前 年 度 1,537 ヵ 所 ) 相 談 員 は 5,097 人 ( 前 年 度 5,241 人 ) 教 育 相 談 件 数 は 809,497 件 ( 前 年 度 845,004 件 ) - 4 -

9 2. 暴 力 行 為 (2-1) 暴 力 行 為 の 発 生 状 況 1 合 学 校 内 学 校 外 合 区 分 学 校 総 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 発 生 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 発 生 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 発 生 件 数 ( 件 ) 1,000 人 当 たり の 発 生 件 数 国 立 公 立 20,558 2, ,423 8, ,094 11, 小 学 校 私 立 ,852 2, ,605 8, ,099 11, 国 立 公 立 9,737 4, ,033 27,417 1, ,671 3,217 34, 中 学 校 私 立 ,608 4, ,986 28,474 1, ,697 3,257 35, 国 立 公 立 3,666 1, ,431 5, , 高 等 学 校 私 立 1, ,929 2, , ,112 2, ,392 7, , 国 立 公 立 33,961 8, ,887 40,736 2, ,040 5,013 50, 私 立 2, ,928 3, , 合 36,572 9, ,983 44,161 2, ,259 5,286 54, け が 暴 力 行 為 を 自 校 の 児 童 生 徒 が 故 意 に 有 形 力 ( 目 に 見 える 物 理 的 な 力 )を 加 える 行 為 として 調 査 なお 本 調 査 においては 当 該 暴 力 行 為 によって 怪 我 や 外 傷 があるかないかと ( 注 1) け が いったことや 怪 我 による 病 院 の 診 断 書 被 害 者 による 警 察 への 被 害 届 の 有 無 などにかかわらず 暴 力 行 為 に 該 当 するものを 全 て 対 象 とすることとしている ( 注 2) 調 査 対 象 : 国 公 私 立 小 中 高 等 学 校 ( 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 高 等 学 校 には 中 等 教 育 学 校 後 期 課 程 を 含 む 以 下 同 じ ) ( 注 3) ( 注 4) 合 欄 の 発 生 学 校 数 は 学 校 内 学 校 外 の 区 分 ごとに 実 数 ( 注 5) 発 生 件 数 は 延 べ 数 発 生 件 数 のうち の 欄 は 調 査 時 点 で 学 校 が 把 握 している 情 報 に 基 づき 当 該 暴 力 行 為 により 被 害 者 が 病 院 で 治 療 した 場 合 の 件 数 を 発 生 件 数 の 内 数 として 上 合 欄 の 加 害 児 童 生 徒 数 は 学 校 内 学 校 外 の 区 分 ごとに 1 人 の 加 害 児 童 生 徒 が 複 数 の 形 態 の 加 害 児 童 生 徒 として 上 されている 場 合 実 数 (1 人 )として 扱 っているため (2-2) 学 年 別 男 女 別 加 害 児 童 生 徒 数 の 数 値 と 一 致 しない - 5 -

10 < 参 考 1> 学 校 内 外 における 暴 力 行 為 発 生 件 数 の 推 移 50,000 45,000 40,000 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 学 校 35,000 30,000 25,000 20,000 15,000 10,000 高 等 学 校 5, 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 小 学 校 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 小 学 校 1,432 1,706 1,668 1,483 1,630 1,393 1,777 2,100 2,176 3,803 5,214 6,484 7,115 7,092 7,175 8,296 10,896 11,468 中 学 校 21,585 26,783 28,077 31,285 29,388 26,295 27,414 25,984 25,796 30,564 36,803 42,754 43,715 42,987 39,251 38,218 40,246 35,683 高 等 学 校 5,509 6,743 6,833 7,606 7,213 6,077 6,201 5,938 6,046 10,254 10,739 10,380 10,085 10,226 9,431 9,322 8,203 7,091 合 28,526 35,232 36,578 40,374 38,231 33,765 35,392 34,022 34,018 44,621 52,756 59,618 60,915 60,305 55,857 55,836 59,345 54,242 ( 注 1) 平 成 9 年 度 からは 公 立 小 中 高 等 学 校 を 対 象 として 学 校 外 の 暴 力 行 為 についても 調 査 ( 注 2) 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 また 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 を 含 める ( 注 3) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める < 参 考 2> 学 校 内 外 における 暴 力 行 為 発 生 率 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 暴 力 行 為 発 生 件 数 ) 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 学 校 高 等 学 校 2.0 小 学 校 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 合 ( 注 1) 平 成 9 年 度 からは 公 立 小 中 高 等 学 校 を 対 象 として 学 校 外 の 暴 力 行 為 についても 調 査 ( 注 2) 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 また 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 を 含 める ( 注 3) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める - 6 -

11 < 参 考 3> 学 校 内 における 暴 力 行 為 発 生 件 数 の 推 移 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 学 校 高 等 学 校 S58 S59 S60 S61 S62 S63 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 小 学 校 58 年 度 59 年 度 60 年 度 61 年 度 62 年 度 63 年 度 元 年 度 2 年 度 3 年 度 4 年 度 5 年 度 6 年 度 7 年 度 8 年 度 小 学 校 中 学 校 3,547 2,518 2,441 2,148 2,297 2,858 3,222 3,090 3,217 3,666 3,820 4,693 5,954 8,169 高 等 学 校 ,055 1,194 1,419 1,673 1,594 1,725 1,791 2,077 2,406 合 4,315 3,165 3,083 2,801 3,071 3,913 4,416 4,509 4,890 5,260 5,545 6,484 8,031 10,575 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 小 学 校 1,304 1,528 1,509 1,331 1,465 1,253 1,600 1,890 2,018 中 学 校 18,209 22,991 24,246 27,293 25,769 23,199 24,463 23,110 23,115 高 等 学 校 4,108 5,152 5,300 5,971 5,896 5,002 5,215 5,022 5,150 合 23,621 29,671 31,055 34,595 33,130 29,454 31,278 30,022 30, 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 小 学 校 3,494 4,807 5,996 6,600 6,579 6,646 7,542 中 学 校 27,540 33,525 39,161 39,382 38,705 35,411 34,528 高 等 学 校 8,985 9,603 9,221 8,926 9,010 8,312 8,195 合 40,019 47,935 54,378 54,908 54,294 50,369 50, 年 度 26 年 度 小 学 校 10,078 10,605 ( 注 1) 平 成 8 年 度 までは 公 立 中 高 等 学 校 を 対 象 として 校 内 暴 力 の 状 況 について 調 査 している 中 学 校 36,869 32,986 ( 注 2) 平 成 9 年 度 からは 調 査 方 法 等 を 改 めている 高 等 学 校 7,280 6,392 ( 注 3) 平 成 9 年 度 からは 公 立 小 学 校 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 また 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 を 含 める 合 54,227 49,983 ( 注 4) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める < 参 考 4> 学 校 内 における 暴 力 行 為 発 生 率 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 暴 力 行 為 発 生 件 数 ) 12.0 小 学 校 中 学 校 中 等 教 育 中 学 校 高 等 学 校 中 等 教 育 < 発 生 件 数 > 学 校 内 6.0 学 校 外 4.0 高 等 学 校 内 外 合 2.0 小 学 校 0.0 S58 S59 S60 S61 S62 S63 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 58 年 度 59 年 度 60 年 度 61 年 度 62 年 度 63 年 度 元 年 度 2 年 度 3 年 度 4 年 度 5 年 度 6 年 度 7 年 度 8 年 度 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 合 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 合 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 合 年 度 26 年 度 小 学 校 ( 注 1) 平 成 8 年 度 までは 公 立 中 高 等 学 校 を 対 象 として 校 内 暴 力 の 状 況 について 調 査 している 中 学 校 ( 注 2) 平 成 9 年 度 からは 調 査 方 法 等 を 改 めている 高 等 学 校 ( 注 3) 平 成 9 年 度 からは 公 立 小 学 校 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 また 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 を 含 める 合 ( 注 4) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める - 7 -

12 < 参 考 5> 学 校 外 における 暴 力 行 為 発 生 件 数 の 推 移 5,000 4,500 4,000 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 学 校 3,500 3,000 2,500 2,000 1,500 高 等 学 校 1, 小 学 校 0 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 小 学 校 中 学 校 3,376 3,792 3,831 3,992 3,619 3,096 2,951 2,874 2,681 3,024 3,278 3,593 4,333 4,282 3,840 3,690 3,377 2,697 高 等 学 校 1,401 1,591 1,533 1,635 1,317 1, ,269 1,136 1,159 1,159 1,216 1,119 1, 合 4,905 5,561 5,523 5,779 5,101 4,311 4,114 4,000 3,735 4,602 4,821 5,240 6,007 6,011 5,488 5,571 5,118 4,259 ( 注 1) 公 立 小 中 高 等 学 校 を 対 象 として 学 校 外 の 暴 力 行 為 についても 調 査 ( 注 2) 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 また 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 を 含 める ( 注 3) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める < 参 考 6> 学 校 外 における 暴 力 行 為 発 生 率 の 推 移 (1,000 人 当 たりの 暴 力 行 為 発 生 件 数 ) 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 学 校 高 等 学 校 0.2 小 学 校 0.0 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 合 ( 注 1) 公 立 小 中 高 等 学 校 を 対 象 として 学 校 外 の 暴 力 行 為 についても 調 査 ( 注 2) 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 また 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 を 含 める ( 注 3) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める - 8 -

13 2 対 教 師 暴 力 学 校 内 学 校 外 合 区 分 学 校 総 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 発 生 件 数 ( 件 ) うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 被 害 教 師 数 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 発 生 件 数 ( 件 ) うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 被 害 教 師 数 発 生 件 数 ( 件 ) うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 1,000 人 当 たり の 発 生 件 数 国 立 小 学 校 公 立 20, , ,192 1, , 私 立 , , ,204 1, , 国 立 中 学 校 公 立 9,737 1, ,982 1,338 4,529 5, ,058 1, 私 立 ,608 1, ,010 1,342 4,556 5, ,086 1, 国 立 高 等 学 校 公 立 3, 私 立 1, , 国 立 公 立 33,961 2, ,540 1,632 6,177 7, ,641 1, 私 立 2, ,572 3, ,732 1,655 6,375 7, ,835 1, 生 徒 間 暴 力 学 校 内 学 校 外 合 区 分 学 校 総 数 発 生 学 校 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 数 ( 校 ) 発 生 件 数 ( 件 ) うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 被 害 児 童 生 徒 数 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 発 生 件 数 ( 件 ) うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 被 害 児 童 生 徒 数 発 生 件 数 ( 件 ) うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 1,000 人 当 たり の 発 生 件 数 国 立 小 学 校 公 立 20,558 1, , ,138 6, ,971 1, 私 立 ,852 1, , ,260 6, ,113 1, 国 立 中 学 校 公 立 9,737 3, ,858 3,958 18,738 17,410 1, , ,497 2,025 19,744 4, 私 立 ,608 3, ,566 4,087 19,543 18,135 1, , ,524 2,040 20,467 4, 国 立 高 等 学 校 公 立 3,666 1, , ,737 3, , 私 立 1, , ,688 1, , ,112 1, , ,437 4, , 国 立 公 立 33,961 6, ,083 5,448 28,613 26,799 1, , ,016 3,214 30,069 6, 私 立 2, , ,525 2, , ,572 7, ,307 5,836 31,240 29,052 1, , ,199 3,346 32,423 6,

14 4 対 人 暴 力 学 校 内 学 校 外 合 発 生 件 数 ( 件 ) 発 生 件 数 ( 件 ) 発 生 件 数 ( 件 ) 区 分 学 校 総 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 被 害 者 数 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 被 害 者 数 うち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 ( 件 ) 1,000 人 当 たり の 発 生 件 数 国 立 小 学 校 公 立 20, 私 立 , 国 立 中 学 校 公 立 9, 私 立 , 国 立 高 等 学 校 公 立 3, 私 立 1, , 国 立 公 立 33, ,139 1,011 1, 私 立 2, , , ,234 1,091 1, 器 物 損 壊 区 分 学 校 総 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 ( 校 ) 発 生 学 校 数 の 割 合 発 生 件 数 ( 件 ) 加 害 児 童 生 徒 数 1,000 人 当 たりの 発 生 件 数 国 立 小 学 校 公 立 20, ,972 2, 私 立 , ,997 2, 国 立 中 学 校 公 立 9,737 2, ,984 7, 私 立 ,608 2, ,181 7, 国 立 高 等 学 校 公 立 3, , 私 立 1, , ,354 1, 国 立 公 立 33,961 3, ,920 10, 私 立 2, 合 36,572 3, ,532 11, ( 注 1) け が 暴 力 行 為 を 自 校 の 児 童 生 徒 が 故 意 に 有 形 力 ( 目 に 見 える 物 理 的 な 力 )を 加 える 行 為 として 調 査 なお 本 調 査 においては 当 該 暴 力 行 為 によって 怪 我 や 外 傷 があるかな け が いかといったことや 怪 我 による 病 院 の 診 断 書 被 害 者 による 警 察 への 被 害 届 の 有 無 などにかかわらず 暴 力 行 為 に 該 当 するものを 全 て 対 象 とすることとしている ( 注 2) 調 査 対 象 : 国 公 私 立 小 中 高 等 学 校 ( 中 学 校 には 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 高 等 学 校 には 中 等 教 育 学 校 後 期 課 程 を 含 む 以 下 同 じ ) 発 生 件 数 は 延 べ 数 発 生 件 数 のうち の 欄 は 調 査 時 点 で 学 校 が 把 握 している 情 報 に 基 づき 当 該 暴 力 行 為 により 被 害 者 が 病 院 で 治 療 した 場 合 の 件 数 を 発 生 件 数 の 内 数 と ( 注 3) して 上 ( 注 4) 対 教 師 暴 力 生 徒 間 暴 力 対 人 暴 力 及 び 器 物 損 壊 欄 の 加 害 児 童 生 徒 数 は 学 校 内 学 校 外 の 区 分 ごとに 実 数

15 (2-2) 学 年 別 男 女 別 加 害 児 童 生 徒 数 1 小 学 校 区 分 1 年 生 2 年 生 3 年 生 4 年 生 5 年 生 6 年 生 国 立 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 公 立 , , , , ,650 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 私 立 , , , , , ( 男 子 ) ( 女 子 ) , , , , , ,808 ( 男 子 ) ( 女 子 ) , , , , , 中 学 校 区 分 1 年 生 2 年 生 3 年 生 国 立 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 公 立 , , , ,502 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 私 立 10, , , ,278 2, ( 男 子 ) ( 女 子 ) , , , ,623 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 10, , , ,346 2,277 3 高 等 学 校 区 分 1 年 生 2 年 生 3 年 生 4 年 生 国 立 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 公 立 7 0 2, , , ,934 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 私 立 2, ,131 1, , ,533 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 1, , , , , ,485 ( 男 子 ) ( 女 子 ) 3, , , , ( 注 ) の 欄 は 対 教 師 暴 力 の 状 況 生 徒 間 暴 力 の 状 況 対 人 暴 力 の 状 況 及 び 器 物 損 壊 の 状 況 に 上 された 加 害 児 童 生 徒 数 の 数 値 を 合 したものと 一 致 している < 参 考 7> 学 年 別 加 害 児 童 生 徒 数 のグラフ 20,000 15,000 11,388 10,000 13,091 11,144 5, ,017 1,316 1,988 2,649 3,217 4,134 2,775 1,518 小 1 小 2 小 3 小 4 小 5 小 6 中 1 中 2 中 3 高 1 高 2 高 3 高 4 国 公 私 立

16 (2-3) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 措 置 状 況 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 区 分 国 立 公 立 私 立 国 立 公 立 私 立 国 立 公 立 私 立 学 校 内 退 学 転 学 懲 戒 退 学 その 他 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 ,716 停 学 学 校 外 小 ,926 学 校 内 出 席 停 止 学 校 外 小 学 校 内 , ,071 自 宅 学 習 自 宅 謹 慎 学 校 外 小 , ,391 学 校 内 訓 告 学 校 外 小 学 校 内 ,797 1,913 5,719 学 校 外 小 ,306 2,115 6,430 学 校 内 6 9, , , , ,228 2,296 7,542 加 害 児 童 生 徒 数 学 校 外 0 1, , , , 小 6 10, , , , ,934 2,533 8,485 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 学 校 内 学 校 外 小 ( 注 1) 退 学 転 学 中 の その 他 とは 勧 奨 申 出 による 退 学 及 び 転 学 である ( 注 2) ( 注 3) 訓 告 とは 校 長 が 学 校 教 育 法 施 行 規 則 第 26 条 に 定 める 懲 戒 処 分 としての 訓 告 であることを 明 示 して 行 ったものをいう 事 実 上 の 懲 戒 として 行 われる 単 なる 叱 責 等 はこれに 含 まれない 加 害 児 童 生 徒 数 の 欄 は 対 教 師 暴 力 の 状 況 生 徒 間 暴 力 の 状 況 対 人 暴 力 の 状 況 及 び 器 物 損 壊 の 状 況 に 上 された 加 害 児 童 生 徒 数 の 数 値 を 合 したものと 一 致 している

17 < 参 考 8> 平 成 26 年 度 までの 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 措 置 状 況 の 推 移 1 小 学 校 退 学 転 学 停 学 自 宅 学 習 自 宅 謹 慎 等 訓 告 区 分 懲 戒 退 学 その 他 出 席 停 止 加 害 児 童 生 徒 数 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 1,434 1,604 1,588 1,377 1,326 1,211 1,558 1,864 1,919 3,302 4,495 5,389 6,021 5,902 6,084 7,260 9,215 9,649 学 校 外 ,096 1,141 1,159 小 1,631 1,829 1,792 1,580 1,568 1,443 1,836 2,166 2,195 3,795 5,111 6,063 6,814 6,631 6,799 8,356 10,356 10,808 学 校 内 学 校 外 小 中 学 校 退 学 転 学 停 学 区 分 懲 戒 退 学 その 他 出 席 停 止 自 宅 学 習 自 宅 謹 慎 等 訓 告 加 害 児 童 生 徒 数 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 ,041 1,194 1,252 1, 学 校 外 小 ,191 1,397 1,397 1, ,085 1, 学 校 内 ,143 1,368 1,381 1, ,064 1, 学 校 外 小 348 1, ,347 1,612 1,561 1, ,083 1,237 1, 学 校 内 19,961 23,724 25,290 27,543 25,311 22,444 24,289 22,893 22,926 27,123 32,983 37,086 38,020 36,638 34,300 34,191 34,882 32,177 学 校 外 6,918 7,034 7,372 7,602 6,613 5,358 4,876 4,490 4,229 4,612 5,040 5,468 6,546 6,123 5,519 5,086 4,484 3,446 小 26,879 30,758 32,662 35,145 31,924 27,802 29,165 27,383 27,155 31,735 38,023 42,554 44,566 42,761 39,819 39,277 39,366 35,623 学 校 内 学 校 外 小

18 3 高 等 学 校 退 学 転 学 停 学 懲 戒 退 学 その 他 出 席 停 止 区 分 自 宅 学 習 自 宅 謹 慎 等 訓 告 加 害 児 童 生 徒 数 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 1,242 1,163 1,275 1,227 1,188 1,196 1,219 1,131 1,109 2,473 2,818 2,391 2,415 2,758 2,469 2,466 2,214 1,716 学 校 外 小 1,764 1,626 1,792 1,760 1,647 1,554 1,553 1,490 1,386 2,937 3,222 2,742 2,830 3,122 2,846 2,800 2,464 1,926 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 3,295 4,099 4,245 4,297 3,776 3,393 3,287 3,160 3,547 4,558 4,663 4,966 4,772 4,686 4,145 4,172 3,564 3,071 学 校 外 1,478 1,587 1,439 1,548 1, 小 4,773 5,686 5,684 5,845 4,852 4,303 4,103 3,829 4,307 5,283 5,424 5,702 5,462 5,316 4,765 4,770 4,017 3,391 学 校 内 ,109 1,296 1,174 1, 学 校 外 小 ,198 1,387 1,276 1, 学 校 内 5,274 6,187 6,317 6,588 5,911 5,400 5,382 5,221 5,445 8,674 9,433 9,122 8,853 8,958 8,065 7,989 6,913 5,719 学 校 外 2,484 2,581 2,488 2,679 2,037 1,665 1,502 1,394 1,335 1,621 1,542 1,453 1,456 1,375 1,323 1,310 1, 小 7,758 8,768 8,805 9,267 7,948 7,065 6,884 6,615 6,780 10,295 10,975 10,575 10,309 10,333 9,388 9,299 7,929 6,430 学 校 内 5,627 6,965 6,985 7,765 7,188 6,433 6,294 6,176 6,344 10,455 11,559 11,114 10,861 11,056 10,312 10,029 8,884 7,542 学 校 外 2,715 2,800 2,713 2,951 2,261 1,878 1,695 1,518 1,492 1,806 1,731 1,622 1,670 1,652 1,608 1,630 1, 小 8,342 9,765 9,698 10,716 9,449 8,311 7,989 7,694 7,836 12,261 13,290 12,736 12,531 12,708 11,920 11,659 10,110 8,485 学 校 内 学 校 外 小 ( 注 1) 退 学 転 学 中 の その 他 とは 勧 奨 申 出 による 退 学 及 び 転 学 である ( 注 2) 訓 告 とは 校 長 が 学 校 教 育 法 施 行 規 則 第 26 条 に 定 める 懲 戒 処 分 としての 訓 告 であることを 明 示 して 行 った ものであり 事 実 上 の 懲 戒 として 行 われる 単 なる 叱 責 等 はこれに 含 まれない ( 注 3) 平 成 17 年 度 までは 公 立 小 中 高 等 学 校 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 ( 注 4) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める

19 (2-4) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 関 係 機 関 の 措 置 状 況 区 分 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 国 立 公 立 私 立 国 立 公 立 私 立 国 立 公 立 私 立 学 校 内 警 察 の 補 導 学 校 外 小 , , 家 庭 裁 判 所 の 保 護 的 措 置 少 年 刑 務 所 への 入 所 少 年 院 への 入 院 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 保 護 観 察 学 校 外 児 童 自 立 支 援 施 設 への 入 所 小 学 校 内 学 校 外 小 児 童 相 談 所 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 , , 学 校 外 小 , , 加 害 児 童 生 徒 数 学 校 内 6 9, , , , ,228 2,296 7,542 学 校 外 0 1, , , , 小 6 10, , , , ,934 2,533 8,485 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 学 校 内 学 校 外 小 ( 注 1) 最 終 的 な 措 置 が 確 定 している 場 合 は 該 当 する 措 置 を 最 終 的 な 措 置 が 確 定 していない 場 合 は 年 度 末 現 在 の 状 況 を 上 ( 注 2) 家 庭 裁 判 所 の 保 護 的 措 置 には 審 判 不 開 始 不 処 分 のほか 調 査 中 審 判 中 のものが 含 まれる

20 < 参 考 9> 平 成 26 年 度 までの 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 関 係 機 関 の 措 置 状 況 の 推 移 1 小 学 校 区 分 警 察 の 補 導 家 庭 裁 判 所 の 保 護 的 措 置 少 年 刑 務 所 へ の 入 所 少 年 院 への 入 院 保 護 観 察 児 童 自 立 支 援 施 設 への 入 所 児 童 相 談 所 加 害 児 童 生 徒 数 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 1,434 1,604 1,588 1,377 1,326 1,211 1,558 1,864 1,919 3,302 4,495 5,389 6,021 5,902 6,084 7,260 9,215 9,649 学 校 外 ,096 1,141 1,159 小 1,631 1,829 1,792 1,580 1,568 1,443 1,836 2,166 2,195 3,795 5,111 6,063 6,814 6,631 6,799 8,356 10,356 10,808 学 校 内 学 校 外 小 中 学 校 区 分 警 察 の 補 導 家 庭 裁 判 所 の 保 護 的 措 置 少 年 刑 務 所 へ の 入 所 少 年 院 への 入 院 保 護 観 察 児 童 自 立 支 援 施 設 への 入 所 児 童 相 談 所 加 害 児 童 生 徒 数 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 学 校 内 898 1, , , 学 校 外 1,004 1,043 1,093 1, 小 1,902 2,058 1,993 2,004 1,725 1,455 1,254 1,108 1,192 1,325 1,597 1,631 1,874 1,827 1,573 1,517 1,508 1,237 学 校 内 学 校 外 小 1,160 1,274 1,185 1,412 1, , ,025 1, ,046 1, 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 1,932 2,140 2,145 2,521 2,062 1,714 1,847 1,707 1,853 2,089 2,320 2,487 2,465 2,676 2,266 2,292 2,461 1,932 学 校 外 1,976 2,068 2,131 2,314 2,043 1,713 1,624 1,335 1,449 1,478 1,552 1,402 1,871 1,857 1,695 1,419 1, 小 3,908 4,208 4,276 4,835 4,105 3,427 3,471 3,042 3,302 3,567 3,872 3,889 4,336 4,533 3,961 3,711 3,623 2,926 学 校 内 19,961 23,724 25,290 27,543 25,311 22,444 24,289 22,893 22,926 27,123 32,983 37,086 38,020 36,638 34,300 34,191 34,882 32,177 学 校 外 6,918 7,034 7,372 7,602 6,613 5,358 4,876 4,490 4,229 4,612 5,040 5,468 6,546 6,123 5,519 5,086 4,484 3,446 小 26,879 30,758 32,662 35,145 31,924 27,802 29,165 27,383 27,155 31,735 38,023 42,554 44,566 42,761 39,819 39,277 39,366 35,623 学 校 内 学 校 外 小

21 3 高 等 学 校 区 分 警 察 の 補 導 家 庭 裁 判 所 の 保 護 的 措 置 少 年 刑 務 所 へ の 入 所 少 年 院 への 入 院 保 護 観 察 児 童 自 立 支 援 施 設 への 入 所 児 童 相 談 所 加 害 児 童 生 徒 数 加 害 児 童 生 徒 全 体 に 占 める 割 合 9 年 度 10 年 度 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 , 小 920 1, , 学 校 内 5,627 6,965 6,985 7,765 7,188 6,433 6,294 6,176 6,344 10,455 11,559 11,114 10,861 11,056 10,312 10,029 8,884 7,542 学 校 外 2,715 2,800 2,713 2,951 2,261 1,878 1,695 1,518 1,492 1,806 1,731 1,622 1,670 1,652 1,608 1,630 1, 小 8,342 9,765 9,698 10,716 9,449 8,311 7,989 7,694 7,836 12,261 13,290 12,736 12,531 12,708 11,920 11,659 10,110 8,485 学 校 内 学 校 外 小 ( 注 1) 最 終 的 な 措 置 が 確 定 している 場 合 は 該 当 する 措 置 を 最 終 的 な 措 置 が 確 定 していない 場 合 は 各 年 度 末 現 在 の 状 況 を 上 ( 注 2) 家 庭 裁 判 所 の 保 護 的 措 置 には 審 判 不 開 始 不 処 分 のほか 調 査 中 審 判 中 のものが 含 まれる ( 注 3) 教 護 院 については 平 成 10 年 4 月 から 児 童 自 立 支 援 施 設 に 名 称 変 更 ( 注 4) 平 成 17 年 度 までは 公 立 小 中 高 等 学 校 平 成 18 年 度 からは 国 私 立 学 校 も 調 査 ( 注 5) 平 成 25 年 度 からは 高 等 学 校 に 通 信 制 課 程 を 含 める

22 (2-5) 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 対 応 指 導 し た 者 連 携 し た 機 関 等 指 導 等 の 内 容 区 分 学 級 担 任 や 他 の 教 職 員 が 指 導 養 護 教 諭 が 指 導 校 長 教 頭 が 指 導 スクールカウンセラー 等 の 相 談 員 がカウン セリング その 他 の 者 が 指 導 警 察 等 の 刑 事 司 法 機 関 等 と 連 携 した 対 応 児 童 相 談 所 等 の 福 祉 機 関 等 と 連 携 した 対 応 病 院 等 の 医 療 機 関 等 と 連 携 した 対 応 その 他 の 専 門 的 な 関 係 機 関 等 と 連 携 した 対 応 地 域 の 人 材 や 団 体 等 と 連 携 した 対 応 被 害 者 等 ( 被 害 者 の 関 係 者 も 含 む)に 対 す る 謝 罪 指 導 友 人 関 係 を 改 善 する ための 指 導 ルールの 徹 底 や 規 範 意 識 を 醸 成 するため の 指 導 個 別 に 学 習 支 援 当 該 児 童 生 徒 が 意 欲 を 持 って 活 動 できる 場 を 用 意 教 職 員 との 関 係 改 善 保 護 者 の 協 力 を 求 め て 家 族 関 係 等 の 改 善 調 整 その 他 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 国 立 公 立 私 立 国 立 公 立 私 立 国 立 公 立 私 立 学 校 内 6 8, , , , ,826 1,969 6,813 学 校 外 0 1, , , , 小 6 9, , , , ,466 2,161 7,645 学 校 内 0 1, , , , 学 校 外 小 0 1, , , , 学 校 内 4 3, , , , ,123 1,216 5,347 学 校 外 小 4 4, , , , ,678 1,371 6,057 学 校 内 , , 学 校 外 小 , , 学 校 内 , , 学 校 外 小 , , 学 校 内 , , 学 校 外 , , 小 , , 学 校 内 , , 学 校 外 小 , , 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 学 校 外 小 学 校 内 1 6, , , , ,836 1,507 5,359 学 校 外 , , 小 1 7, , , , ,321 1,670 6,007 学 校 内 1 5, , , , ,208 1,206 4,421 学 校 外 , , 小 1 5, , , , ,627 1,318 4,952 学 校 内 6 6, , , , ,295 1,561 5,864 学 校 外 , , 小 6 7, , , , ,872 1,710 6,590 学 校 内 , , , ,628 学 校 外 小 1 1, , , , , ,977 学 校 内 4 1, , , , , ,351 学 校 外 小 4 2, , , , , ,536 学 校 内 1 1, , , , ,034 学 校 外 小 1 1, , , , ,128 学 校 内 2 3, , , , , ,674 学 校 外 , , 小 2 3, , , , , ,049 学 校 内 学 校 外 小 ( 注 1) 複 数 選 択 可 ( 注 2) 警 察 等 の 刑 事 司 法 機 関 等 と 連 携 した 対 応 における サポートチーム の 取 組 のように 連 携 した 機 関 等 には 当 該 機 関 の 関 係 団 体 や 関 係 者 も 含 む

23 < 参 考 10> 加 害 児 童 生 徒 に 対 する 学 校 の 対 応 の 推 移 ( 国 公 私 立 ) 指 導 し た 者 連 携 し た 機 関 等 指 導 等 の 内 容 区 分 学 級 担 任 や 他 の 教 職 員 が 指 導 養 護 教 諭 が 指 導 校 長 教 頭 が 指 導 スクールカウンセラー 等 の 相 談 員 がカウンセリング その 他 の 者 が 指 導 警 察 等 の 刑 事 司 法 機 関 等 と 連 携 した 対 応 児 童 相 談 所 等 の 福 祉 機 関 等 と 連 携 した 対 応 病 院 等 の 医 療 機 関 等 と 連 携 し た 対 応 その 他 の 専 門 的 な 関 係 機 関 等 と 連 携 した 対 応 地 域 の 人 材 や 団 体 等 と 連 携 し た 対 応 被 害 者 等 ( 被 害 者 の 関 係 者 も 含 む)に 対 する 謝 罪 指 導 友 人 関 係 を 改 善 するための 指 導 ルールの 徹 底 や 規 範 意 識 を 醸 成 するための 指 導 個 別 に 学 習 支 援 当 該 児 童 生 徒 が 意 欲 を 持 って 活 動 できる 場 を 用 意 教 職 員 との 関 係 改 善 保 護 者 の 協 力 を 求 めて 家 族 関 係 等 の 改 善 調 整 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 学 校 内 学 校 外 学 校 内 学 校 外 学 校 内 学 校 外 25 年 度 7, ,744 30,791 3,612 34,403 7,598 1,036 8, 年 度 8,505 1,051 9,556 29,443 3,007 32,450 6, , 年 度 1, ,193 2, , 年 度 1, ,141 1, , 年 度 3, ,059 8,821 1,102 9,923 5, , 年 度 3, ,208 7, ,491 5, , 年 度 , , 年 度 , , 年 度 , , 年 度 , , 年 度 ,102 1,338 4, 年 度 ,534 1,125 3, 年 度 , , 年 度 , , 年 度 , 年 度 年 度 年 度 年 度 年 度 年 度 6, ,257 26,355 2,687 29,042 5, , 年 度 6, ,738 24,521 2,201 26,722 5, , 年 度 4, ,280 15,120 1,543 16,663 4, , 年 度 5, ,850 14,909 1,206 16,115 4, , 年 度 5, ,703 23,013 2,650 25,663 6, , 年 度 6, ,379 21,548 2,138 23,686 5, , 年 度 1, ,155 2, ,883 2, , 年 度 ,058 2, ,793 2, , 年 度 1, ,067 3, ,348 1, , 年 度 1, ,073 4, ,742 1, , 年 度 1, ,489 5, ,353 1, , 年 度 1, ,330 4, ,137 1, , 年 度 3, ,844 11,267 1,608 12,875 3, , 年 度 3, ,802 11,069 1,325 12,394 2, , 年 度 その 他 26 年 度 ( 注 1) 複 数 選 択 可 ( 注 2) 警 察 等 の 刑 事 司 法 機 関 等 と 連 携 した 対 応 における サポートチーム の 取 組 のように 連 携 した 機 関 等 には 当 該 機 関 の 関 係 団 体 や 関 係 者 も 含 む

24 (2-6) 都 道 府 県 別 暴 力 行 為 の 発 生 件 数 ( 国 公 私 立 小 中 高 等 学 校 ) 都 道 府 県 別 1,000 人 当 たりの 発 生 件 数 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 1 北 海 道 , 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 , 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 182 1, , 千 葉 県 484 2, , 東 京 都 308 1, , 神 奈 川 県 830 4, ,494 6, 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 , 静 岡 県 286 1, , 愛 知 県 314 1, , 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 334 1, , 大 阪 府 2,057 5, ,257 10, , 兵 庫 県 395 1, , 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 , 広 島 県 294 1, , 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 , 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 合 都 道 府 県 対 教 師 暴 力 ( ) 生 徒 間 暴 力 ( ) 対 人 暴 力 ( ) 器 物 損 壊 合 1,000 人 当 たり の 発 生 件 数 のうち 被 害 者 が 病 院 で 治 療 を 受 けた 場 合 の 件 数 (A) の 合 に 対 する(A) の 割 合 8,835 32,423 1,452 11,532 54, , 平 成 25 年 度 9,743 34,557 1,581 13,464 59, ,

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌 80 平 均 寿 命 男 単 位 : 年 全 国 79.59 長 野 県 80.88 1 滋 賀 県 80.58 2 福 井 県 80.47 3 熊 本 県 80.29 4 神 奈 川 県 80.25 5 三 重 県 79.68 21 長 崎 県 78.88 43 福 島 県 78.84 44 岩 手 県 78.53 45 秋 田 県 78.22 46 青 森 県 77.28 47 平 均 寿 命

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

1, 1

1, 1 0 1, 1 ( 人 ) 40,000 35,000 30,000 移 民 取 扱 人 による 者 移 民 取 扱 人 によらない 者 合 計 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1899 年 1900 年 1901 年 1902 年 1903 年 1904 年 1905 年 1906 年 1907 年 1908 年 1909 年 1910 年 1911 年 1912

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分 平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 平 成 27 年 中 の 火 災 の 状 況 について 1 月 から 12 月 までの 確 定 値 を 取 りまとめ ましたので その 概 要 を 公 表 します 前 年 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 火 災 による 死 者 数 ともに 減 少 しています 1 総 出 火

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅 平 成 26 7 月 23 日 消 防 庁 平 成 25 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 が 増 加 する 一 方 で 火 災 による 死 者 数 は 減 少 しています 1 総 出 火 件 数 は 48,095 件 前 より 3,906 件 の 増 加 総 出 火 件 数 は 48,095 件 で 前 より 3,906

More information

スポーツ振興くじ(2015年度販売・投票概況集計(第755回~第832回))

スポーツ振興くじ(2015年度販売・投票概況集計(第755回~第832回)) 資 料 スポーツ 振 興 くじ 2015 年 度 販 売 投 票 概 況 集 計 ( 第 755 回 ~ 第 832 回 ) 2016 年 4 月 目 次 2015 年 度 のまとめ 1 1.2015 年 度 売 上 の 推 移 2~3 2.2015 年 度 売 上 当 せん 結 果 の 推 移 2-1 toto 4 2-2 mini toto-a 組 5 2-3 mini toto-b 組 6 2-4

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

報道資料

報道資料 平 成 24 7 月 5 日 消 防 庁 平 成 23 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 総 火 災 件 数 は 50,006 件 で おおよそ 1 日 あたり 137 件 11 分 に 1 件 の 火 災 が 発 生 したことになります また 東 日 本 大 震 災 による 火 災 は 330 件 でした 1 総 出 火 件 数 は 50,006 件 でした

More information

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 9 月 3 日 照 会 先 保 険 局 調 査 課 課 長 秋 田 倫 秀 ( 内 線 3291) 数 理 企 画 官 鎌 田 真 隆 ( 内 線 3293) 担 当 係 医 療 機 関 医 療 費 係 ( 内 線 3298) 電 話 : 03(5253)1111 ( 代 表 ) 03(3595)2579 ( 直 通 ) 平

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73>

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73> 備 考 欄 に 記 載 のお 願 い 従 前 と 改 定 後 に2 等 級 以 上 の 差 がある 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 がない 場 合 月 額 変 更 に 該 当 しません 非 固 定 的 賃 金 ( 残 業 等 )のみが 変 動 した 方 につきましては 必 ず 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 固 定 給 の 変 動 なし と ください 固 定 的 賃 金 の 変 動

More information

機 11. 心 神 喪 失 者 等 医 療 観 察 法 指 定 医 療 機 関 の 整 備 等 について 医 療 観 察 法 ( 以 下 法 という ) は 平 成 15 年 7 月 に 公 布 平 成 17 年 7 月 に 施 行 され 心 神 喪 失 者 等 の 状 態 で 重 大 な 他 害 行 為 を 行 った 法 対 象 者 に 対 して 適 切 な 医 療 を 提 供 し 社 会 復 帰 の

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷 平 成 24 年 (1 月 ~12 月 ) における 火 災 の 概 要 ( 概 数 ) 消 防 庁 防 災 情 報 室 目 次 1 全 国 の 概 況 ------------------------------------------------------ 1 (1) 火 災 件 数 ------------------------------------------------------

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

報道資料

報道資料 平 成 27 7 月 16 日 消 防 庁 平 成 26 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 は 減 少 していますが 火 災 による 死 者 数 は 増 加 しています 1 総 出 火 件 数 は 43,741 件 前 より 4,354 件 の 減 少 総 出 火 件 数 は 43,741 件 で 前 より 4,354

More information

Microsoft Word - プレスリリース

Microsoft Word - プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 7 年 9 月 4 日 照 会 先 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 雇 用 均 等 政 策 課 課 長 小 林 洋 子 均 等 業 務 指 導 室 長 高 橋 弘 子 均 等 業 務 指 導 室 長 補 佐 中 込 左 和 ( 代 表 電 話 ) 03(553)( 内 線 784) ( 夜 間 直 通 ) 03(3595)37 男

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返 ニュースリリース 平 成 2 8 年 2 月 23 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 高 校 入 学 から 大 学 卒 業 までに 必 要 な 教 育 費 は 約 9 万 円 に ~ 教 育 費 の 増 加 や 仕 送 り 額 の 減 少 を 奨 学 金 子 供 のアルバイト 収 入 等 により 捻 出 ~ - 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 平 成 )-

More information

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン 総 務 省 行 政 管 理 局 行 政 手 続 室 御 中 平 成 25 年 3 月 22 日 行 政 不 服 審 査 制 度 の 見 直 しに 係 るヒアリング 行 政 救 済 制 度 の 改 革 について( 資 料 ) 日 本 司 法 書 士 会 連 合 会 第 1 第 2 第 3 第 4 司 法 書 士 の 活 動 領 域 について 現 在 の 司 法 書 士 制 度 の 概 要 行 政 救

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子 9 体 操 競 技 1 期 日 競 技 平 成 28 年 10 月 2 日 ( 日 )から 10 月 5 日 ( 水 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 日 ) 10 月 3 日 ( 月 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 5 日 ( 水 ) 成 年 男 子 自 由 ( 決 勝 ) 成 年 女 子 自 由 ( 決 勝 ) 少 年 男 子 自 由 ( 予 選 ) 自 由 (

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 27 年 度 いじめ 不 登 校 対 応 研 修 学 校 におけるいじめの 現 状 と その 対 応 の 在 り 方 大 分 教 育 庁 生 徒 指 導 推 進 室 1 本 日 の 内 容 1. いじめ の 理 解 2. 大 分 内 の 状 況 について 3.いじめの 対 応 について 4.おわりに 2 1. いじめ の 理 解 3 いじめはどの 子 どもにも 起 こりうる 出 典 : 国

More information

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴 第 27 回 日 本 エイズ 学 会 学 術 集 会 2013 年 11 月 22 日 熊 本 シンポジウム 7 臨 床 ) なかなか 減 少 しないHIV 感 染 妊 娠 いまだ 散 発 発 生 するHIV 母 子 感 染 H25 年 わが 国 における HIV 感 染 妊 娠 の 動 向 と 近 年 の 特 徴 喜 21 多 恒 和 1,2 吉 野 直 人 2 外 川 正 生 2 稲 葉 憲 之

More information

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ローン ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 ご 返 済 期 間 金 利 ( 平 成 27 年 2 月 20 日 現 在 ) お 使 いみち お 子 さま 1 人 につき 350 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ローン ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 ご 返 済 期 間 金 利 ( 平 成 27 年 2 月 20 日 現 在 ) お 使 いみち お 子 さま 1 人 につき 350 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 平 成 2 7 年 2 月 20 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 重 い 教 育 費 負 担 ~ 年 収 400 万 円 未 満 の 世 帯 では 負 担 割 合 が 4 割 に~ - 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 平 成 26 年 度 )- < 調 査 結 果 のポイント> 1 自 宅 外 通 学 の 場 合 高 校 ~ 大 学 卒 業 までに 必 要 な

More information

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229> 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建

More information

試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 勤 務 地 試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 採 用 時 の 勤 務 地 刑 務 A 北 海 道 約 3 0 名 刑 務 B 北 海 道 約 2 5 名 北 海 道 刑 務 A( 社 会 人 ) 北 海 道 刑 務 B( 社 会 人 ) 北 海 道 刑

試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 勤 務 地 試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 採 用 時 の 勤 務 地 刑 務 A 北 海 道 約 3 0 名 刑 務 B 北 海 道 約 2 5 名 北 海 道 刑 務 A( 社 会 人 ) 北 海 道 刑 務 B( 社 会 人 ) 北 海 道 刑 平 成 28 年 度 国 家 公 務 員 刑 務 官 採 用 試 験 - 高 等 学 校 卒 業 程 度 - 受 験 資 格 受 験 案 内 人 事 院 法 務 省 刑 務 官 は 刑 務 所 少 年 刑 務 所 又 は 拘 置 所 に 勤 務 し 被 収 容 者 に 対 し 日 常 生 活 の 指 導 職 業 訓 練 指 導 悩 みごとに 対 する 指 導 などを 行 うとともに 刑 務 所 等

More information

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73>

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73> 5 職 の の 状 況 (1) 期 末 勤 勉 宮 城 県 1 人 当 たり 平 均 支 給 額 (22 年 度 ) - 1,691 千 (22 年 度 支 給 割 合 ) (22 年 度 支 給 割 合 ) 期 末 勤 勉 期 末 勤 勉 2.60 月 分 1.35 月 分 2.60 月 分 1.35 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65 ) 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65

More information

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中 法 人 番 号 の 通 知 公 表 開 始 スケジュ-ルについて 国 税 庁 は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 上 法 人 番 号 の 付 番 機 関 とされており 平 成 27 年 10 月 5 日 ( 月 )の 同 法 施 行 を 迎 え 法 人 番 号 の 通 知 公 表 等 について 具 体 的 なスケジュ-ルを

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国 2 次 2 次 2 次 2 次 81 東 京 学 芸 ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 東 京 学 芸 ( 教 育 - 初 等 - 英 語 ) 62.5 79 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 英 語 教 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 60.0 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 英 語 ) 62.5 都 留 文 科 ( 文 - 初

More information

アンケート 全 省 庁 統 一 資 格 あり なし 不 明 自 治 体 の 資 格 あり なし 不 明 資 格 名 ( あり の 場 合 ) 入 札 経 験 あり なし 不 明 落 札 経 験 あり なし 不 明 ご 意 見 ご 質 問 等 ござい ましたらご 記 入 ください

アンケート 全 省 庁 統 一 資 格 あり なし 不 明 自 治 体 の 資 格 あり なし 不 明 資 格 名 ( あり の 場 合 ) 入 札 経 験 あり なし 不 明 落 札 経 験 あり なし 不 明 ご 意 見 ご 質 問 等 ござい ましたらご 記 入 ください 入 札 なう ご 利 用 申 込 書 お 申 込 み 日 : 年 月 日 * 必 須 項 目 代 理 店 ID 会 社 名 * 会 社 名 かな* 印 支 店 名 郵 便 番 号 * 住 所 * 電 話 番 号 * 携 帯 電 話 番 号 部 署 名 FAX 番 号 役 職 名 ご 契 約 担 当 者 名 * 姓 名 ご 契 約 担 当 者 名 かな* 姓 名 メールアドレス* 入 札 なうメルマガを

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

27.2 確定版.xlsx

27.2 確定版.xlsx Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 03-6892-0752) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理

More information

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1 基 礎 資 料 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 配 備 状 況 1 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 配 備 状 況 76 機 (45 都 道 府 県 55 団 体 ) (1) 消 防 庁 ヘリコプター 5 機 ( 東 京 消 防 庁 京 都 市 消 防 局 埼 玉 県 宮 城 県 高 知 県 に 無 償 使 用 ) (2) 消 防 機 関 ヘリコプター 31 機 ( 東 京 消 防 庁

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

‚æ39›ñ‚“›ï„‹™è‘W/P1~2 ‡à‡Ł‡¶†E…V…“

‚æ39›ñ‚“›ï„‹™è‘W/P1~2 ‡à‡Ł‡¶†E…V…“ 運 動 方 針 Do action! Green Hospital Activities of Daily Living Instrumental ADL Nutrition Support Team InfectionControl Team Emargency Room 1996 年 1998 年 2000 年

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 詳 細 は 別 紙 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 事 後 審 査 ) 東 日 本 本 部 一 般 土 木 工 事 建 築 工 事 共 通 を 参 照 すること 1 公 告 日 平 成 28 年 09 月 26 日 ( 月 ) 2 契 約 職 東 日 本 本 部 長 松 浦 將 行 3 工 事 概 要

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 防 府 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 資 料 総 務 部 職 員 課 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 給 第 104 号

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

ハローワーク特区(*)について、埼玉県及び佐賀県からの提案(別添資料)があり、平成24年5月7日、地域主権戦略会議の下のハローワークチーム(厚生労働省では津田厚生労働大臣政務官がメンバー)において提案のとおりハローワーク特区の枠組みが合意された。  また、同日のハローワークチームでは、次の合意がなされた。   ・ この特区の枠組みに沿って厚生労働省は所要の措置を講じること。    ・ 特区の対象となるハローワークは、ハローワーク浦和とハローワーク佐賀であること。   ・ それぞれの特区における具体的な取組みの内容について、厚生労働省は埼玉県及び佐賀県     とよく詰めること。   ・ ハローワーク特区の事業開始は、平成24年10月を目途とすること。   * 平成23年12月26日の地域主権戦略会議(議長・内閣総理大臣)で了承された「出先機関の原則廃止に向けた今後の  取組方針《で「特区制度を活用して、試行的に、東西1か所ずつハローワークが移管されているのと実質的に同じ状況を作  り、移管可能性の検証を行う(仮称 ハローワーク特区)《とされていた。

ハローワーク特区(*)について、埼玉県及び佐賀県からの提案(別添資料)があり、平成24年5月7日、地域主権戦略会議の下のハローワークチーム(厚生労働省では津田厚生労働大臣政務官がメンバー)において提案のとおりハローワーク特区の枠組みが合意された。  また、同日のハローワークチームでは、次の合意がなされた。    ・ この特区の枠組みに沿って厚生労働省は所要の措置を講じること。    ・ 特区の対象となるハローワークは、ハローワーク浦和とハローワーク佐賀であること。   ・ それぞれの特区における具体的な取組みの内容について、厚生労働省は埼玉県及び佐賀県     とよく詰めること。   ・ ハローワーク特区の事業開始は、平成24年10月を目途とすること。   * 平成23年12月26日の地域主権戦略会議(議長・内閣総理大臣)で了承された「出先機関の原則廃止に向けた今後の  取組方針《で「特区制度を活用して、試行的に、東西1か所ずつハローワークが移管されているのと実質的に同じ状況を作  り、移管可能性の検証を行う(仮称 ハローワーク特区)《とされていた。 参 考 資 料 1 アクション プラン~ 出 先 機 関 の 原 則 廃 止 に 向 けて~ ( 平 成 22 年 12 月 28 日 閣 議 決 定 ) 国 のかたちを 変 えて 住 民 に 身 近 な 行 政 はできる 限 り 地 方 自 治 体 に 委 ね 地 域 における 行 政 を 地 方 自 治 体 が 自 主 的 かつより 総 合 的 に 実 施 できるよう 出 先 機 関 の 事 務

More information

Untitled

Untitled 滋 刑 企 甲 発 第 S0 号 平 成 年 (0)0 月 日 滋 賀 県 警 察 本 部 刑 事 部 刑 事 企 画 課 刑 法 犯 特 別 法 犯 暴 力 団 犯 罪 来 日 外 国 人 犯 罪 凡 例 滋 賀 の 犯 罪 ( 平 成 年 ) 目 次 平 成 年 中 の 主 な 出 来 事 < 解 説 > 平 成 年 の 犯 罪 概 要 < 全 国 統 計 表 > < 本 県 統 計 表 >

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

0520表紙.pdf

0520表紙.pdf - 197 - 平 成 24 年 度 精 神 保 健 福 祉 資 料 調 査 作 業 要 領 1. 調 査 の 目 的 この 調 査 は 精 神 科 病 院 及 び 精 神 科 診 療 所 等 を 利 用 する 患 者 の 実 態 等 を 把 握 し 精 神 保 健 福 祉 施 策 推 進 のための 資 料 を 得 ることを 目 的 とし 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1 平 成 27 年 12 月 16 日 ( 水 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 ( 理 事 長 菅 野 和 夫 ) 経 済 社 会 と 労 働 部 門 副 主 任 研 究 員 中 野 諭 ( 電 話 )03-5903-6223 URL:http://www.jil.go.jp/ 平 成 27 年 労 働 力 需 給 の 推 計 新 たな 全 国 推 計 を 踏 まえた

More information

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医 指 定 大 学 院 (コース) 一 覧 第 1 種 指 定 大 学 院 (155 校 / 修 了 後 直 近 の 審 査 の 受 験 可 ) 所 在 県 名 種 別 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 領 域 (コース) 名 1 北 海 道 国 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 院 教 育 学 専 攻 臨 床 心 理 学 講 座 2 北 海 道 私 札 幌 学 院 大 学 大 学

More information

諸規則集

諸規則集 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 定 款 施 行 細 則 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 ( 以 下 当 法 人 という) 定 款 に 基 づき 次 の 通 り 施 行 細 則 を 定 める 定 款 第 5 条 に 基 づき 入 会 について 定 める 入 会 に 関 する 細 則 第 1 条 当 法 人 に 入 会 を 希 望 する 者 は 次 の 手 続 きをしなければならない

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86> 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 村 上 修 司 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 24 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

00表紙

00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 近 藤 敬 太 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx 資 料 2 最 近 の 住 宅 着 工 動 向 等 に 関 する 資 料 平 成 27 年 12 月 ( 独 ) 住 宅 金 融 支 援 機 構 調 査 部 新 設 住 宅 着 工 戸 数 (2015 年 10 月 )は 8か 月 ぶりにマイナス 2015 年 10 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は77,153 戸 前 年 同 月 比 伸 び 率 は 2.5%で 8か 月 ぶりにマイナスに

More information

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会 日 本 小 児 アレルギー 学 会 会 則 第 一 章 総 則 本 会 は 日 本 小 児 アレルギー 学 会 (Japanese Society of Pediatric Allergy and Clinical Immunology )と 称 す る 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 台 東 区 上 野 1-13-3MYビル4 階 におく 第 二 章 目 的 および 事 業 本

More information

(2) ブロック 大 会 ア 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 の 各 ブロック 支 部 連 合 会 が 細 目 を 定 めて 実 施 する イ ブロック 大 会 区 分 及 び 選 出 チーム 数 は 次 表 のとおりとする フ ロック 名 都 道 府 県 名 成 年 男

(2) ブロック 大 会 ア 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 の 各 ブロック 支 部 連 合 会 が 細 目 を 定 めて 実 施 する イ ブロック 大 会 区 分 及 び 選 出 チーム 数 は 次 表 のとおりとする フ ロック 名 都 道 府 県 名 成 年 男 18 軟 式 野 球 競 技 1 期 日 平 成 27 年 10 月 2 日 ( 金 )から 10 月 5 日 ( 月 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 金 ) 10 月 3 日 ( 土 ) 10 月 4 日 ( 日 ) 10 月 5 日 ( 月 ) 2 回 戦 5~8 位 決 定 戦 3 4 位 決 定 戦 成 年 男 子 1 回 戦 準 々 決 勝 準 決 勝 決 勝 2 会

More information

平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 消 防 団 員 数 について< 確 定 値 > 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 は 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 < 防 災 課 消 防 団 係 > 1 消 防 団 消 防 団 員 の 現 況 1 消 防 団 数 :2,263 団 ( 全

平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 消 防 団 員 数 について< 確 定 値 > 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 は 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 < 防 災 課 消 防 団 係 > 1 消 防 団 消 防 団 員 の 現 況 1 消 防 団 数 :2,263 団 ( 全 論 点 Ⅰ 関 連 資 料 (その1 消 防 団 員 の 処 遇 装 備 等 ) 1 消 防 団 員 数 の 推 移 等 2 報 酬 手 当 等 について 3 広 域 応 援 について 4 装 備 について 5 教 育 訓 練 について 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 消 防 団 員 数 について< 確 定 値 > 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 は 平 成 22 年 4 月 1

More information

債務整理をするとうたった電話勧誘に注意!

債務整理をするとうたった電話勧誘に注意! 報 道 発 表 資 料 平 成 21 年 12 月 2 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 債 務 整 理 をするとうたった 電 話 勧 誘 に 注 意! 多 重 債 務 に 関 する 相 談 は 年 々 増 え 続 け 2008 年 度 には 9 万 件 を 超 える 相 談 が 全 国 の 消 費 生 活 センターに 寄 せられている そのような 中 ここ 数 年 弁 護 士

More information

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成 草 津 市 議 員 報 酬 および 特 別 職 給 料 審 ( 平 成 26 年 度 ) 資 料 < 改 定 状 況 > 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ < 類 団 比 較 > 2 類 似 都 市 および 県 内 市 一 覧 3 類 似 都 市 および 県 内 各 市 の 概 要 4 報 酬 等 の 現 状 5 期 末 手 当 支 給 率 一 覧

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強 平 成 25 年 5 月 日 :00 以 降 に 報 道 願 います 裁 判 員 裁 判 の 概 況 平 成 25 年 5 月 日 最 高 検 察 庁 公 判 1 裁 判 員 裁 判 対 象 事 件 起 訴 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30 日 現 在 ) 6,025 名 ( 起 訴 件 数 :6,800 件 ) 2 裁 判 員 裁 判 判 決 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

untitled

untitled 資 料 年 度 別 表 彰 分 野 受 賞 者 数 の 実 績 年 / 回 1 回 2 回 3 回 4 回 5 回 6 回 7 回 8 回 9 回 10 回 分 野 昭 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 小 計 人 命 救 助 等 93 203 156 157 213 197 235 255 230 183 1922 国 際 社 会 への 貢 献 0 青 少 年 育 成 スポーツの

More information

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件 育 児 休 業 や 介 護 休 業 経 済 的 に 支 援 をする 方 を します このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 までお 尋 ねください ご 存

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

平成13年度

平成13年度 平 成 28 年 度 福 井 県 職 員 採 用 Ⅰ 種 試 験 案 内 ( 行 政 ( 移 住 定 住 促 進 枠 )) 福 井 県 人 事 委 員 会 90-8580 福 井 市 大 手 3 丁 目 7 番 号 0 7 7 6 ( 20) 0 5 9 3 ( 直 通 ) http://info.pref.fukui.jp /jinji-i/ 受 付 期 間 平 成 28 年 8 月 5 日 (

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082D382E982B382C6945B90C582CC8CBB8FF32E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082D382E982B382C6945B90C582CC8CBB8FF32E70707478> ふるさと納税制度の現状 富大学 経済学部 経済学科 田 潤 ゼミ② 塩谷 嶋田 定司 2 目 次 1.イントロダクション 2. 先 行 研 究 3. 調 査 概 要 調 査 の 基 礎 統 計 4. 分 析 方 法 5. 都 道 府 の 分 析 6. 自 治 体 の 分 析 7. 分 析 結 果 8.まとめ 9. 参 考 3 1-1 動 機 目 的 1-2 ふるさと 納 税 制 度 とは 1-3 控

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 目 的 畜 産 物 流 通 調 査 は 畜 産 物 の 取 引 数 量 価 格 等 を 把 握 し 畜 産 物 に 関 する 生 産 出 荷 の 調 整 価 格 安 定 等 各 種 施 策 の 資 料 を 提 供 することを 目 的 とする 2 調 査 の 根 拠 と 畜 場 統 計 調 査 鶏 卵 流 通 統 計 調 査 及 び 食 鳥 流 通 統 計

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

第1回未決拘禁者の処遇等に関する有識者会議配布資料

第1回未決拘禁者の処遇等に関する有識者会議配布資料 資 料 4 裁 判 所 刑 事 施 設 警 察 留 置 場 の 所 在 地 図 未 決 拘 禁 施 設 の 数 ( 全 国 ) 刑 事 施 設 154 警 察 留 置 場 1286 ( 注 1) 平 成 17 年 4 月 現 在 の 数 である ( 注 2) 刑 事 施 設 の 数 は, 刑 事 施 設 の 本 所 及 び 支 所 の 総 数 (187 庁 )から, 業 務 停 止 中 の4 庁 (

More information

ホテル 火 災 対 策 検 討 部 会 報 告 書 平 成 25 年 7 月 予 防 行 政 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ホテル 火 災 対 策 検 討 部 会 ( 事 務 局 消 防 庁 予 防 課 ) 目 次 1 検 討 部 会 の 目 的 委 員 構 成 開 催 スケジュール P1 (1) 検 討 部 会 の 目 的 (2) 検 討 体 制 (3) 検 討 部 会 の 開 催 状

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑 裁 判 員 裁 判 の 概 況 本 日 中 不 公 表,5 月 21 日 解 禁 でお 願 いします 第 1 これまでの 裁 判 員 裁 判 の 概 要 平 成 22 年 5 月 20 日 最 高 検 察 庁 1 起 訴 件 数 合 計 1, 881 件 ( 平 成 22 年 5 月 20 日 現 在 ) 別 添 資 料 1のとおり 2 判 決 結 果 判 決 言 渡 人 員 合 計 530 人 (

More information

1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について 1 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 明 細 書 は 厚 生 労 働 省 から 示 された 様 式 を 使 用 してください 記 載 方 法 については 3ページをご 覧 ください 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 請

1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について 1 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 明 細 書 は 厚 生 労 働 省 から 示 された 様 式 を 使 用 してください 記 載 方 法 については 3ページをご 覧 ください 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 請 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 請 求 の 手 引 き ( 国 民 健 康 保 険 及 び 後 期 高 齢 者 医 療 ) 0 目 次 1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について.1. 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 の 記 載 方 法 について.3 3. 東 日 本 大 震 災 に 係 る 一 部 負 担 金 免 除 明 細 書 の 記 載 方 法 について.6

More information

中央教育審議会 スポーツ・青少年分科会(第46回)議事要旨・配付資料 [資料7]

中央教育審議会 スポーツ・青少年分科会(第46回)議事要旨・配付資料 [資料7] スポーツ 青 少 年 局 関 係 データ 集 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 目 次 スポーツ 関 係 我 が 国 のスポーツ 関 係 予 算 の 推 移 1 週 1 回 以 上 運 動 スポーツを 行 う 者 の 割 合 の 推 移 2 総 合 型 地 域 スポーツクラブの 育 成 状 況 3 子 どもの 体 力 運 動 能 力 の 年 次 推 移 4 親 の 世 代 と 子 の 世

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0 0 平 成 28 年 度 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース 募 集 説 明 会 2015.11 文 部 科 学 省 官 民 協 働 海 外 留 学 創 出 プロジェクト 日 本 全 国 の 高 校 生 留 学 について 現 状 ~ 平 成 25 年 度 高 等 学 校 等 における 国 際 交 流 等 の

More information