自動車用過給機のワイドレンジ遠心圧縮機の開発,三菱重工技報 Vol.49 No.1(2012)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "自動車用過給機のワイドレンジ遠心圧縮機の開発,三菱重工技報 Vol.49 No.1(2012)"

Transcription

1 新 製 品 新 技 術 特 集 技 術 論 文 69 自 動 車 用 過 給 機 のワイドレンジ 遠 心 圧 縮 機 の 開 発 Development of a Wide Operating Range Centrifugal Compressor for Automotive Turbochargers *1 茨 木 誠 一 *2 冨 田 勲 Seiichi Ibaraki Isao Tomita *3 惠 比 寿 幹 *4 白 石 隆 Motoki Ebisu Takashi Shiraishi 地 球 環 境 保 全 のため 自 動 車 の 排 気 ガス, 燃 費 規 制 が 強 化 され,エンジンのダウンサイジングを 目 的 として 過 給 機 の 適 用 が 増 加 している. 特 に 近 年 では 可 変 容 量 過 給 機 が 普 及 しており,これに 対 応 して 広 範 囲 で 安 定 して 作 動 する 過 給 機 用 遠 心 圧 縮 機 が 求 められている. 遠 心 圧 縮 機 の 内 部 流 動 は 複 雑 な 三 次 元 非 定 常 流 れであり, 流 動 現 象 の 把 握 と 作 動 レンジ 拡 大 は 困 難 であった. そこで, 当 社 では 実 験 技 術 と 数 値 解 析 技 術 を 適 用 して 複 雑 な 流 動 現 象 を 解 明 し, 羽 根 車 の 翼 端 漏 れ 流 れを 制 御 することで 従 来 より 広 い 作 動 レンジを 有 する 遠 心 圧 縮 機 を 開 発 した. 1. はじめに 地 球 環 境 保 全 の 世 界 的 な 取 組 みが 進 み, 自 動 車 の 排 気 ガスと 燃 費 に 関 する 規 制 は 強 化 の 一 途 にある.これに 対 し, 過 給 機 は 圧 縮 空 気 をエンジンに 送 ることで 自 然 給 気 に 比 べてエンジン 排 気 量 を 低 減 でき, 軽 量 化 及 び 機 械 損 失 の 低 減 などによる 燃 費 改 善 と CO 2 削 減 に 有 効 である.こ のため, 近 年 エンジンの 作 動 状 態 に 合 わせて 過 給 圧 を 制 御 する 可 変 容 量 過 給 機 が 普 及 してお り,これに 対 応 して 広 範 囲 の 作 動 条 件 で 安 定 して 作 動 できる 過 給 機 用 遠 心 圧 縮 機 が 求 められて いる. 乗 用 車 用 過 給 機 は 図 1に 示 すような 構 造 となっており,タービンがエンジンの 排 気 ガスで 回 転 することで, 同 軸 上 の 圧 縮 機 羽 根 車 を 駆 動 する. 羽 根 車 で 圧 縮 され 増 速 した 空 気 はディフューザ で 減 速 することで 昇 圧 し,スクロールを 経 てエンジンに 供 給 される. 図 1 乗 用 車 用 過 給 機 *1 技 術 統 括 本 部 長 崎 研 究 所 室 長 工 博 技 術 士 ( 機 械 部 門 ) *2 技 術 統 括 本 部 長 崎 研 究 所 *3 汎 用 機 特 車 事 業 本 部 ターボ 事 業 部 ターボ 技 術 部 課 長 *4 汎 用 機 特 車 事 業 本 部 ターボ 事 業 部 ターボ 技 術 部

2 70 この 遠 心 圧 縮 機 は, 流 量 が 減 少 すると 系 全 体 の 脈 動 であるサージング 現 象 が 発 生 し, 作 動 限 界 となる. 遠 心 圧 縮 機 の 作 動 レンジを 拡 大 するには,サージングが 発 生 する 限 界 流 量 を 低 減 する 必 要 があるが,サージング 付 近 の 流 動 現 象 は 複 雑 かつ 非 定 常 であり, 内 部 の 詳 細 な 流 動 構 造 は 不 明 であった (1). 本 報 では, 圧 力 変 動 計 測 と 非 定 常 数 値 解 析 を 用 いたサージング 付 近 の 非 定 常 (2)(3) 流 動 現 象 の 解 明 と,それに 基 づいて 開 発 したワイドレンジ 遠 心 圧 縮 機 について 紹 介 する. 2. 実 験 及 び 流 動 解 析 手 法 2.1 研 究 対 象 表 1に 従 来 形 と 新 形 圧 縮 機 の 羽 根 車 及 び 主 要 諸 元 を 示 す.これらは 乗 用 車 用 過 給 機 に 用 いら れる 圧 縮 機 で, 羽 根 車 は 翼 出 口 が 回 転 方 向 に 逆 向 きに 傾 斜 した 後 方 湾 曲 オープン 形 となってい る. 従 来 形 羽 根 車 では, 長 翼 5 枚 に 加 え 圧 力 比 向 上 のため 同 数 の 短 翼 を 配 置 している.これに 対 し 新 形 羽 根 車 は, 長 翼, 短 翼 ともに4 枚 である. 図 2に 示 す 性 能 特 性 図 は 回 転 数 ごとに 流 量 と 圧 力 比 の 関 係 を 示 しており, 遠 心 圧 縮 機 の 作 動 レンジはチョーキングによる 大 流 量 限 界 とサージン グによる 小 流 量 限 界 で 規 定 される. 横 軸 は rpm のチョーク 流 量 で 無 次 元 化 しており, 等 高 線 で 示 す 効 率 は 従 来 形 圧 縮 機 の 最 高 効 率 で 無 次 元 化 している. 従 来 形 圧 縮 機 は 圧 力 比 2.2 以 上 でサージ 流 量 が 増 加 して 作 動 レンジが 縮 小 するが, 新 形 圧 縮 機 は 圧 力 比 2.2 以 上 でも 広 い 作 動 レンジを 維 持 できていることがわかる. 従 来 形 圧 縮 機 の rpm の 圧 力 流 量 特 性 において, 小 流 量 側 で 非 定 常 現 象 が 発 生 する 右 上 がり 勾 配 の 領 域 が 存 在 するが, 新 形 圧 縮 機 では 全 領 域 で 圧 力 流 量 特 性 が 安 定 した 右 下 がり 特 性 になり, 圧 力 比 2.5 の 作 動 レンジが 130% 拡 大 した. 本 報 では, 従 来 形 圧 縮 機 と 新 形 圧 縮 機 で 特 性 の 違 いが 顕 著 な rpm での 現 象 について 述 べ る. 表 1 主 要 諸 元 従 来 形 新 形 長 翼 5 4 短 翼 5 4 入 口 外 径 39.5mm 37.1mm 出 口 外 径 50.0mm 49.6mm ディフューザ 外 径 71.5mm 71.5mm 図 2 遠 心 圧 縮 機 の 性 能 特 性 2.2 圧 力 変 動 計 測 手 法 非 定 常 現 象 を 把 握 するため, 図 3に 示 すように 高 応 答 圧 力 センサを 羽 根 車 の 上 流 3mm とディ フューザ 内 ( 羽 根 車 外 径 D 2 の 1.1 倍 の 位 置 )に 設 置 した. 圧 力 センサはそれぞれ 周 方 向 に2 点 設 置 し, 圧 縮 機 内 に 発 生 した 擾 乱 を 感 知 する 時 間 差 から 擾 乱 の 非 定 常 挙 動 を 分 析 した. 長 翼 及 び 短 翼 通 過 による 圧 力 変 動 周 波 数 (BPF:Blade Passing Frequency, 回 転 数 N 翼 枚 数 Z(Hz))は 従 来 形 圧 縮 機 で 26.7kHz, 新 形 圧 縮 機 で 21.3kHz であることから, 圧 力 変 動 計 測 のサンプリング 周 波 数 は1MHz とし, 長 翼 と 短 翼 間 を 35 点 以 上 計 測 した.サージング 付 近 では 流 動 現 象 が 不 安 定 になり, 剥 離 領 域 が 羽 根 車 よりも 遅 い 速 度 で 回 転 する 旋 回 失 速 現 象 が 発 生 することが 知 られてい る.そこで, 旋 回 失 速 現 象 をとらえるためローパスフィルタを 用 いて3N(Hz) 以 下 の 周 波 数 変 動 も 抽 出 した.

3 三菱重工技報 Vol.49 No.1 (2012) 数値解析手法 非定常現象を再現するため 数値流体力学 CFD Computational Fluid Dynamics を用いて解 析を行った 羽根車 ディフューザ スクロールを含む圧縮機全体を解析対象とし 図4に示すよ うに羽根車に 247 万セル ディフューザに 41 万セル スクロールに 25 万セルの合計 313 万セル の計算格子を使用した 数値流動解析は汎用の三次元粘性流動解析コード ANSYS CFX を使用 し 乱流モデルは k-εモデルとした 図3 圧力変動計測位置 図4 解析格子 3. 失速現象の解明と改良 3.1 圧力変動計測結果 図5に従来形圧縮機での圧力変動計測結果を示す 図5(a)はピーク圧力点での結果であり 羽根車の圧力変動波形はおよそ羽根車の 0.7 回転分の時間に相当する 0.25ms 間を示す 翼通 過による圧力変動波形が明確に捕らえられており 各翼の圧力波形は同等である ローパスフィ ルタ波形は羽根車の 13 回転分の時間に相当する5ms 間を示している この作動点では 旋回失 速などの低周波数の現象は発生していないことがわかる ディフューザでの圧力変動波形でも長 翼と短翼通過による変動以外に目立った現象は確認できない 図5(b)には小流量作動点での圧 力変動波形を示す 羽根車のローパスフィルタ波形において 低周波数の不安定現象が発生し ていることがわかる また ディフューザの圧力変動においても羽根車の翼通過に相当する圧力 変動が判別しづらくなっており 不安定現象がディフューザに及んでいると考えられる 図5 圧力変動計測結果 従来形 小流量作動点での羽根車のローパスフィルタ波形を詳細に分析した結果を図6に示す 圧力 センサ1とセンサ2は 30 離して設置しており センサ1で低周波数の擾乱を検知してからセン サ2で擾乱をとらえるまでの所要時間は 0.05ms である この擾乱が 360 移動するには 0.05ms

4 /30 =0.60ms 必 要 となり, 実 際 に 0.60ms 後 に 同 様 の 擾 乱 がセンサ1で 捕 らえられた. 羽 根 車 が1 回 転 するまでの 所 要 時 間 は 0.375ms であり,この 擾 乱 は 羽 根 車 の 回 転 速 度 の 約 63%で 回 転 していることがわかった.さらに,この 擾 乱 が 同 時 に3つ 存 在 していることも 確 認 した.これは 翼 面 で 剥 離 した 領 域 が 羽 根 車 内 を 移 動 する 旋 回 失 速 と 同 様 の 現 象 であり,この 擾 乱 は 旋 回 失 速 セルであると 推 定 できる.しかし, 一 般 的 な 旋 回 失 速 とは 異 なり, 旋 回 失 速 セルの 数 が 時 間 的 に 2~4つに 変 動 するなど, 非 常 に 不 安 定 な 挙 動 を 示 すことも 判 明 した. 次 に 新 形 圧 縮 機 での 圧 力 変 動 計 測 結 果 を 図 7に 示 す. 図 7(a)のピーク 効 率 点 では 従 来 形 圧 縮 機 と 同 様 に 低 周 波 数 の 変 動 は 起 こっていない. 図 7(b)の 小 流 量 作 動 点 では,ローパスフィルタ 波 形 においてわずかな 低 周 波 数 変 動 が 見 られるものの,その 変 動 は 数 回 転 の 範 囲 で 収 まってお り, 顕 著 な 現 象 は 見 られない.また,ディフューザにおいて, 長 翼 と 短 翼 の 通 過 が 容 易 に 判 別 で き, 羽 根 車 の 翼 ごとの 流 動 現 象 に 違 いがないことが 推 定 される. 図 6 旋 回 失 速 の 構 造 ( 従 来 形 ) 図 7 圧 力 変 動 計 測 結 果 ( 新 形 圧 縮 機 ) 3.2 非 定 常 流 動 解 析 結 果 圧 力 変 動 計 測 と 同 じ 作 動 条 件 で 非 定 常 流 動 解 析 を 行 った. 図 8に, 圧 力 比 の 計 算 結 果 を 実 験 値 と 比 較 して 示 す. 絶 対 値 に 若 干 の 差 異 はあるものの, 従 来 形, 新 形 圧 縮 機 それぞれの 圧 力 流 量 特 性 を 良 好 に 捕 らえており, 実 際 の 流 動 を 再 現 していると 考 えられる. 図 9に, 従 来 形 圧 縮 機 に おける 小 流 量 作 動 点 での 羽 根 車 内 部 の 三 次 元 渦 構 造 と 翼 面 近 傍 の 流 線 を 示 す. 渦 中 心 は 無 次 元 ヘリシティ( 速 度 ベクトルと 渦 度 ベクトルの 余 弦 値 )で 色 付 けしており,+1は 時 計 回 り,-1は 反 時 計 回 りの 縦 渦 を 示 す.これより, 従 来 形 圧 縮 機 では 翼 面 に 竜 巻 状 の 渦 が 発 生 し, 次 のように 翼 間 を 移 動 していることがわかった.すなわち,t=0ms では 主 流 が 短 翼 負 圧 面 上 の 竜 巻 状 の 渦 を 避 けて 流 れることで, 隣 の 長 翼 における 迎 え 角 ( 流 入 角 度 と 羽 根 角 度 の 差 )が 大 きくなり,t=0.049ms

5 において 隣 の 翼 での 剥 離 を 確 認 できる. 剥 離 した 流 れが t=0.090ms において 竜 巻 状 の 渦 となって 立 ち 上 がる.このようにして 竜 巻 状 の 渦 が 羽 根 車 内 を 移 動 し,その 数 は 実 験 結 果 と 同 様 に 時 間 的 に 変 動 する.この 渦 が 旋 回 失 速 セルを 生 成 する 主 要 因 であり,この 旋 回 失 速 セルが 流 量 の 減 少 と ともに 周 方 向 に 拡 大 することでサージングが 誘 引 されると 考 えられる. 73 図 8 数 値 解 析 結 果 の 検 証 ( 圧 力 比 ) 図 9 内 部 流 動 構 造 ( 従 来 形 圧 縮 機, 小 流 量 作 動 点 ) 一 方, 新 形 圧 縮 機 の 内 部 流 動 構 造 を 図 10に 示 す. 新 形 圧 縮 機 では 翼 端 と 翼 を 覆 うケーシング との 隙 間 から 漏 れる 流 れによって 漏 れ 渦 が 形 成 されている.この 漏 れ 渦 は 自 らの 回 転 と 羽 根 車 内 の 逆 圧 力 勾 配 のため 縦 渦 を 保 てなくなり, 蛇 行 しながら 流 れていくスパイラル 形 と 呼 ばれる 渦 崩 壊 が 発 生 している. 崩 壊 した 漏 れ 渦 は 翼 先 端 側 で 周 方 向 に 均 一 な 失 速 領 域 を 形 成 する. 図 11 に 小 流 量 作 動 点 の 流 動 構 造 のイメージ 図 を 示 す. 従 来 形 圧 縮 機 には 竜 巻 状 の 渦 とそれに 伴 う 失 速 領 域 により 旋 回 失 速 セルが 形 成 されるが, 新 形 圧 縮 機 では 局 所 的 に 漏 れ 渦 を 制 御 して 均 一 に 薄 い 失 速 領 域 を 翼 端 部 に 形 成 することで 流 動 を 安 定 化 させた. 崩 壊 した 漏 れ 流 れによる 失 速 領 域 は 流 量 の 減 少 に 伴 って 均 一 に 厚 くなり,サージング 付 近 でも 流 動 安 定 化 に 寄 与 している. 一 方, 大 流 量 作 動 点 は 失 速 領 域 がなくなり, 効 率 の 低 下 を 抑 制 できる. 図 10 内 部 流 動 構 造 ( 新 形 圧 縮 機, 小 流 量 作 動 点 ) 図 11 流 動 構 造 のイメージ 図

6 74 4. 課 題 と 今 後 の 展 望 羽 根 車 の 翼 端 漏 れ 渦 を 制 御 することで, 圧 縮 機 の 作 動 レンジを 拡 大 できることがわかった.し かしながら, 遠 心 圧 縮 機 の 内 部 流 れは 非 常 に 複 雑 であり,サージングの 発 生 要 因 の 解 明 やその 定 量 予 測 には 依 然 として 課 題 が 多 い. 今 後 は 非 定 常 数 値 解 析 を 検 証 する 非 定 常 実 験 データの 補 完 による 解 析 精 度 の 向 上 が 必 要 である.また,ケーシングトリートメントなどの 作 動 レンジ 拡 大 デ バイスの 最 適 化 や 圧 縮 機 の 可 変 化 などさらなる 高 性 能 化 を 推 進 したい. 5. まとめ 排 気 ガス, 燃 費 規 制 が 強 化 される 中, 過 給 機 の 作 動 レンジを 拡 大 するため 圧 力 変 動 計 測 技 術 及 び 非 定 常 数 値 解 析 技 術 を 適 用 して,ワイドレンジ 遠 心 圧 縮 機 を 開 発 した. 本 圧 縮 機 により,エ ンジン 加 速 時 の 小 流 量 作 動 点 でも 過 給 圧 を 増 大 し,エンジンのトルク 向 上 に 寄 与 できるものと 考 (4) (5)(6) えられる. 現 在, 二 段 過 給 機 や 電 動 過 給 機 など 新 しい 過 給 機 が 実 用 化 又 は 開 発 が 進 められ ているが, 基 本 要 素 である 圧 縮 機 の 性 能 向 上 は,これら 全 ての 機 種 の 性 能 向 上 に 効 果 がある. 今 後 も, 過 給 機 の 性 能 向 上 を 通 して 環 境 保 全 とドライバビリティ 向 上 に 貢 献 していきたい. 参 考 文 献 (1) 茨 木 誠 一, 遠 心 圧 縮 機 の 非 定 常 流 動 に 関 する 研 究 動 向, 日 本 ガスタービン 学 会 誌, Vol.39, No.2(2011) (2) Tomita, I. et al., Feature of Internal Flow Phenomena of Centrifugal Compressor for Turbocharger with Wide Operating Range, Gas Turbine Congress, (3) Yamada, K. et al., The Role of Tip Leakage Vortex Breakdown in Flow Fields and Aerodynamic Characteristics of Transonic Centrifugal Compressor Impellers, ASME Paper, GT (4) 安 秉 一 ほか, 乗 用 ディーゼルエンジン 用 可 変 2ステージターボの 開 発, 三 菱 重 工 技 報, Vol.47, No.4(2010) (5) 茨 木 誠 一 ほか, 電 動 アシストターボチャージャ ハイブリッドターボ の 開 発, 三 菱 重 工 技 報, Vol.43, No.3(2006) (6) 山 下 幸 生 ほか, 自 動 車 用 エンジンのダウンサイジングに 貢 献 する 電 動 スーパーチャージャの 開 発, 三 菱 重 工 技 報, Vol.47, No.4 (2010)

2. 実 験 方 法 第 1 表 N 55 400 min 1 Ns 0.15 Ns = N / 60 Q 1/2 /Had 3/4 Q ( m 3 /s ) Had ( J/kg ) 第 1 図 VLD 5 mm 2 R 2 R 2 VLD 1.38 R 2 1.60 R 2 10 mm 1.14

2. 実 験 方 法 第 1 表 N 55 400 min 1 Ns 0.15 Ns = N / 60 Q 1/2 /Had 3/4 Q ( m 3 /s ) Had ( J/kg ) 第 1 図 VLD 5 mm 2 R 2 R 2 VLD 1.38 R 2 1.60 R 2 10 mm 1.14 Study on Flow Fields in Centrifugal Compressor with Unpinched Vaneless Diffuser CFD ( Computational Fluid Dynamics ) CFD CFD The performance of centrifugal compressors strongly depends on their internal

More information

世界初の1600℃級J形ガスタービンの実証発電設備における検証試験結果,三菱重工技報 Vol.49 No.1(2012)

世界初の1600℃級J形ガスタービンの実証発電設備における検証試験結果,三菱重工技報 Vol.49 No.1(2012) 新 製 品 新 技 術 特 集 技 術 論 文 19 世 界 初 の 1600 級 M501J ガスタービンの 実 証 発 電 設 備 における 検 証 試 験 結 果 Verification Results of World First 1600 J Class Gas Turbine *1 羽 田 哲 *2 塚 越 敬 三 Satoshi Hada Keizo Tsukagoshi *3 正

More information

しかし 蒸 気 機 関 は 蒸 気 の 持 つ 熱 エネルギーをピストンの 往 復 運 動 によって 機 械 エネルギーに 変 換 していたため 効 率 も 低 く 大 容 量 化 は 困 難 であった しかし 1880 年 代 の 初 頭 に 相 次 いで 実 用 化 された 蒸 気 タービンは

しかし 蒸 気 機 関 は 蒸 気 の 持 つ 熱 エネルギーをピストンの 往 復 運 動 によって 機 械 エネルギーに 変 換 していたため 効 率 も 低 く 大 容 量 化 は 困 難 であった しかし 1880 年 代 の 初 頭 に 相 次 いで 実 用 化 された 蒸 気 タービンは 2001 年 8 月 例 会 資 料 火 力 発 電 の 変 遷 - 大 容 量 化 と 高 効 率 化 への 挑 戦 - Keywords 蒸 気 タービン ガスタービン 発 電 機 ボイラ 複 合 サイクル 大 地 昭 生 1. はじめに 火 力 発 電 は19 世 紀 末 に 出 現 し 100 年 以 上 の 歴 史 を 持 つ 効 率 的 な 電 力 供 給 方 式 としてそ の 後 の

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

2005研究報告様式

2005研究報告様式 岐 阜 県 機 械 材 料 研 究 所 研 究 報 告 No.4 ( ) 精 密 切 削 加 工 の 高 効 率 化 に 関 する 研 究 ( 第 報 ) 振 動 型 3 次 元 接 触 センサの 開 発 西 嶋 隆 Study on a technology to enlarge the efficiency of precision machining processes ( nd report)

More information

Microsoft Word - 答申本文.doc

Microsoft Word - 答申本文.doc 第 3 章 窒 素 酸 化 物 対 策 の 環 境 改 善 効 果 予 測 1 対 策 効 果 予 測 について 第 2 章 で 検 討 した 更 なる 対 策 について 対 策 の 実 施 による 将 来 の NOx 排 出 量 や 環 境 濃 度 の 低 減 効 果 等 を 把 握 することは 対 策 を 進 めていく 上 で 重 要 な 根 拠 となる そのため 第 1 章 -3で 設 定 した

More information

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について 報 道 発 表 資 料 平 成 25 年 9 月 2 7 日 文 部 科 学 省 経 済 産 業 省 気 象 庁 環 境 省 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 5 次 評 価 報 告 書 第 1 作 業 部 会 報 告 書 ( 自 然 科 学 的 根 拠 )の 公 表 について 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 36 回 総 会 及 び

More information

消 防 庁 危 険 物 保 安 室 殿 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 対 流 シミュレーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 2013 年 1 月 アドバンスソフト 株 式 会 社

消 防 庁 危 険 物 保 安 室 殿 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 対 流 シミュレーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 2013 年 1 月 アドバンスソフト 株 式 会 社 参 考 資 料 4 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 滞 留 シミュレ ーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 殿 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 対 流 シミュレーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 2013 年 1 月 アドバンスソフト 株 式 会 社 目 次 1.はじめに... 2 2 ドラム 缶 によるガソリン 及 び

More information

582038DB06E8F35C49256ACA001C237

582038DB06E8F35C49256ACA001C237 平 成 一 一 年 (ワ) 第 二 四 九 八 〇 号 不 正 競 争 行 為 差 止 請 求 事 件 ( 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 一 二 年 一 〇 月 一 七 日 ) 判 決 原 告 株 式 会 社 富 士 計 器 A 右 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 山 口 紀 洋 同 鶴 見 俊 男 被 告 株 式 会 社 総 通 B 被 告 有 限 会 社 ウイズダム C 被 告 有 限 会

More information

省エネ・環境負荷低減に貢献する噛合ゴム混練機,三菱重工技報 Vol.49 No.4(2012)

省エネ・環境負荷低減に貢献する噛合ゴム混練機,三菱重工技報 Vol.49 No.4(2012) 三 菱 重 工 の 総 合 力 特 集 技 術 論 文 47 省 エネ 環 境 負 荷 低 減 に 貢 献 する 噛 合 式 ゴム 混 練 機 Advanced Intermeshing Mixers for Reduction of Environmental Impact 森 部 高 司 *1 Takashi Moribe 近 年, 低 燃 費 タイヤをはじめ, 各 種 ゴム 製 品 分 野 において,

More information

土木計画学研究・論文集審査用論文の書き方に関する研究*

土木計画学研究・論文集審査用論文の書き方に関する研究* 都 市 間 交 通 利 便 性 から 見 た 広 島 の 競 争 力 所 属 名 : 広 島 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 発 表 者 氏 名 : 塚 井 誠 人.はじめに~ 交 通 利 便 性 指 標 としての 日 帰 り 交 通 圏 ~ 国 土 形 成 計 画 法 では, 地 域 間 の 交 通 網 整 備 のアウト プット 指 標 として, 国 内 の 各 地 域 ブロックにおいて

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

1. はじめに 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 (CO 2 )などの 温 室 効 果 ガスの 排 出 量 は 増 加 する 傾 向 にあるが, 削 減 方 法 については, 家 庭 での 省 エ ネルギーから 産 業 界 の 削 減 に 関 わる 取 組 みまで 多 くの 提 案 がなされており

1. はじめに 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 (CO 2 )などの 温 室 効 果 ガスの 排 出 量 は 増 加 する 傾 向 にあるが, 削 減 方 法 については, 家 庭 での 省 エ ネルギーから 産 業 界 の 削 減 に 関 わる 取 組 みまで 多 くの 提 案 がなされており 37-13 CO2 貯 留 サイト 上 における 壌 並 びに 表 層 CO2ガスのモニタリン グとバンダリーダムCCSプロジェクト Monitering Method of Soil and Surface CO2 Gas-Flux for the Boundary Dam CCS Project 佐 々 木 久 郎 ( 九 州 大 学 ) 実 講 演 者 菅 井 裕 一 ( 九 州 大 学 )

More information

世界最大級高効率2軸型ガスタービン(H-100),三菱重工技報 Vol.52 No.2(2015)

世界最大級高効率2軸型ガスタービン(H-100),三菱重工技報 Vol.52 No.2(2015) 三 菱 日 立 パワーシステムズ 特 集 製 品 紹 介 10 世 界 最 大 級 高 効 率 2 軸 型 ガスタービン(H-100) World's Largest Class High-Efficiency Dual-Shaft H-100 Gas Turbine 三 菱 日 立 パワーシステムズ( 株 ) エンジニアリング 本 部 電 力 計 画 部 ガスタービン 技 術 本 部 日 立 ガスタービン

More information

日本伝熱学会関西支部

日本伝熱学会関西支部 日 本 伝 熱 学 会 関 西 支 部 第 17 期 (H22) 定 時 総 会 日 時 : 平 成 23 年 5 月 7 日 ( 土 )13:00~13:30 会 場 : 神 戸 大 学 工 学 部 C4-402C3-302 議 案 : 1. 平 成 22 年 度 事 業 報 告 2. 平 成 22 年 度 収 支 決 算 報 告 3. 平 成 23 年 度 事 業 計 画 案 4. 平 成 23

More information

多翼ファンの空力特性と騒音に関する実験的研究(シュラウドの影響)

多翼ファンの空力特性と騒音に関する実験的研究(シュラウドの影響) NAOSITE: Nagasaki University's Ac Title Author(s) 多翼ファンの空力特性と騒音に関する実験的研究 ( シュラウドの影響 ) 佐々木, 壮一 ; 黒田, 晃伸 ; 林, 秀千人 Citation 長崎大学大学院工学研究科研究報告, 41(77), pp.6-1; Issue Date 11-7 URL http://hdl.handle.net/169/5354

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目 9 大 規 模 特 殊 災 害 時 における 広 域 航 空 消 防 応 援 実 施 細 目 昭 和 61 年 5 月 30 日 消 防 救 第 61 号 改 正 平 成 4 年 3 月 23 日 消 防 救 第 39 号 改 正 平 成 5 年 3 月 26 日 消 防 救 第 36 号 改 正 平 成 5 年 5 月 14 日 消 防 救 第 66 号 改 正 平 成 6 年 4 月 1 日 消

More information

ON)を9 程 度 に 調 製 した 製 油 所 基 材 シリーズ(RG1~RG3)および 試 薬 混 合 シリーズ(BASEシリーズ)の 合 計 12 種 類 のほかオクタン 価 測 定 用 標 準 燃 料 を 用 いた 表 2.1 1に 供 試 燃 料 の 性 状 を 示 す 試 験 項 目 市

ON)を9 程 度 に 調 製 した 製 油 所 基 材 シリーズ(RG1~RG3)および 試 薬 混 合 シリーズ(BASEシリーズ)の 合 計 12 種 類 のほかオクタン 価 測 定 用 標 準 燃 料 を 用 いた 表 2.1 1に 供 試 燃 料 の 性 状 を 示 す 試 験 項 目 市 [P4.1.3] 先 端 技 術 搭 載 ガソリンエンジンに 対 する 最 適 アンチノ ック 性 指 標 の 研 究 開 発 (アンチノック 評 価 グループ) 新 曽 南 第 52 研 究 室 鈴 木 昭 雄 鈴 木 善 克 村 瀬 真 人 1. 研 究 開 発 の 目 的 21 年 における 日 本 のガソリン 車 の 燃 費 規 制 値 は1995 年 比 で 平 均 2 2.8%の 燃 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F375F95978BB58ACF91AA82C982A882AF82E9959791AC91AA92E895FB964082CC94E48A722E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F375F95978BB58ACF91AA82C982A882AF82E9959791AC91AA92E895FB964082CC94E48A722E646F63> 報 告 風 況 観 測 における 風 速 測 定 方 法 の 比 較 * 早 田 大 希 ** 木 場 和 義 *** 幽 谷 栄 二 郎 風 況 観 測 は, 風 力 発 電 の 事 業 性 を 判 断 するための 事 前 調 査 で 実 施 される 主 要 な 業 務 の 一 つで ある これまでに 日 本 の 各 地 で 実 施 されてきた 風 力 発 電 のための 風 況 観 測 では, 風

More information

Microsoft Word - No.10 西村.doc

Microsoft Word - No.10 西村.doc [ 論 文 No.10] 名 古 屋 港 西 五 区 耐 震 強 化 岸 壁 (-14m) 築 造 工 事 における 桟 橋 杭 の 根 入 れ 長 の 変 更 ( 独 ) 港 湾 空 港 技 術 研 究 所 菊 池 喜 昭 ( 株 ) 地 盤 試 験 所 西 村 真 二 1. 事 例 の 概 要 名 古 屋 港 の 西 五 区 に-14mコンテナ 船 用 の 桟 橋 式 の 耐 震 強 化 岸 壁

More information

1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可 変 することで 検 体 サイズによらず 精 度 を 確 保 できる 点 が 特 徴 1

1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可 変 することで 検 体 サイズによらず 精 度 を 確 保 できる 点 が 特 徴 1 開 放 特 許 有 効 活 融 機 関 向 けセミナー 技 術 のご 紹 介 2016 年 8 月 26 日 富 士 通 株 式 会 社 法 務 コンプライアンス 知 的 財 産 本 部 知 的 財 産 イノベーション 統 括 部 ビジネス 開 発 部 1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

3分の1ビル破壊031203

3分の1ビル破壊031203 大 規 模 空 間 に 設 置 された 耐 震 吊 り 天 井 の 耐 震 余 裕 度 検 証 実 験 結 果 速 報 1.はじめに 2011 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 で 発 生 した 吊 り 天 井 の 脱 落 被 害 を 受 け 関 係 各 機 関 では 各 種 法 規 の 整 備 や 既 存 施 設 の 早 急 な 点 検 対 策 の 推 進 などの 対 応 が 進 められています

More information

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 文 京 シビックセンター 改 修 方 針 平 成 26 年 3 月 はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 災 害 時 に お け る 防 災

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CA48B8690AC89CA81418B67936390E690B62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CA48B8690AC89CA81418B67936390E690B62E646F63> 研 究 内 容 の 詳 細 は それぞれの 下 記 報 告 書 等 にまとめている 排 気 管 等 の 高 温 熱 面 に 飛 散 した 油 類 の 発 火 に 関 する 基 礎 研 究 報 告 書 高 温 熱 面 に 滴 下 した 油 類 の 発 火 特 性 に 関 する 研 究 ( 特 別 研 究 報 告 会 発 表 要 旨 および PPT) スクラップ 火 災 原 因 のひとつとしてのリチウム

More information

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循 能 代 山 本 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 平 成 22 年 11 月 9 日 平 成 24 年 1 月 1 日 変 更 報 告 平 成 25 年 1 月 7 日 変 更 報 告 平 成 26 年 1 月 8 日 変 更 報 告 能 代 山 本 広 域 市 町 村 圏 組 合 能 代 市 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カム リンク 機 構 の 設 計 2010/02/02 テクファ ジャパン( 株 ) 香 取 英 男 カム 機 構 は 半 導 体 や 電 子 部 品 などを 高 速 かつ 多 量 に 製 造 する 機 械 に 数 多 く 用 いられている 重 要 な 機 構 の 一 つである カム 機 構 の 設 計 製 作 を 正 しく 行 えば 長 期 間 にわたって 信 頼 性 の 高 い 性 能 を 発

More information

鍛造解析に用いられる

鍛造解析に用いられる 1. はじめに 鍛 造 解 析 におけるメッシュ 生 成 法 に 関 する いくつかの 考 察 Some investigations of mesh generation scheme used in forging analysis 岡 田 達 夫 * * 理 化 学 研 究 所 VCADシステム 研 究 プログラム 加 工 成 形 シミュレーションチーム t-okada@riken.jp 任

More information

2 大 崎 工 場 時 代 の 前 期 は, 土 地 改 良 耕 地 整 理 事 業 の 興 隆 により 大 容 量 低 揚 程 の 渦 巻 ポンプが 要 求 されたが, 当 時 の 二 次 元 曲 面 羽 根 車 では 要 求 を 十 分 に 満 たすことが 不 可 能 であった 当 社 はいち

2 大 崎 工 場 時 代 の 前 期 は, 土 地 改 良 耕 地 整 理 事 業 の 興 隆 により 大 容 量 低 揚 程 の 渦 巻 ポンプが 要 求 されたが, 当 時 の 二 次 元 曲 面 羽 根 車 では 要 求 を 十 分 に 満 たすことが 不 可 能 であった 当 社 はいち 100 創 業 から 1976 年 まで エハラ 時 報 100 号 記 念 特 集 号 (1977-04) 荏 原 製 作 所 技 術 概 史 抜 粋 1 1912 年 11 月, ゐのくち 式 機 械 事 務 所 は 主 幹 に 井 口 在 屋 先 生 を 迎 え, 畠 山 所 長 の 個 人 経 営 で, 初 めは 生 産 工 場 ももたない 単 なる 機 械 設 計 事 務 所 として 出

More information

の 概 要 P1-2 の 条 件 等 P3 保 険 金 の お 支 払 いについて P4-5 契 約 概 要 等 の ご 説 明 P6-7 の 概 要 土 木 オールイン は 土 木 工 事 中 に 生 じた 不 測 かつ 突 発 的 な 事 故 によ 土 木 工 事 業 者 の 皆 さまの 保 険

の 概 要 P1-2 の 条 件 等 P3 保 険 金 の お 支 払 いについて P4-5 契 約 概 要 等 の ご 説 明 P6-7 の 概 要 土 木 オールイン は 土 木 工 事 中 に 生 じた 不 測 かつ 突 発 的 な 事 故 によ 土 木 工 事 業 者 の 皆 さまの 保 険 2015 年 10 月 1 日 以 降 始 期 契 約 用 包 括 契 約 方 式 土 木 工 事 保 険 土 木 工 事 を これひとつで!! の 概 要 P1-2 の 条 件 等 P3 保 険 金 の お 支 払 いについて P4-5 契 約 概 要 等 の ご 説 明 P6-7 の 概 要 土 木 オールイン は 土 木 工 事 中 に 生 じた 不 測 かつ 突 発 的 な 事 故 によ 土

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

02 基本事項の検討

02 基本事項の検討 駒 ヶ 根 市 中 田 切 地 区 の 小 水 力 発 電 概 略 検 討 長 野 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 目 次 第 1 章 調 査 の 概 要... 1-1 1.1 調 査 目 的... 1-1 1.2 工 期... 1-1 1.3 調 査 位 置... 1-1 1.4 調 査 内 容... 1-1 1.5 報 告 書 の 作 成... 1-2 第 2 章 発 電 計 画

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

Microsoft Word - ②茨城県沖の水温環境と犬吠埼沖の黒潮位置との関係について_高島さん修正).docx

Microsoft Word - ②茨城県沖の水温環境と犬吠埼沖の黒潮位置との関係について_高島さん修正).docx 茨 城 水 試 研 報 41,7~17(2010) 茨 城 県 近 海 の 黒 潮 位 置 と 変 動 並 びに 水 温 環 境 との 関 係 について 7 茨 城 県 近 海 の 黒 潮 の 位 置 と 変 動 並 びに 水 温 環 境 との 関 係 について 小 日 向 寿 夫 Position and change of the Kuroshio,and their relationship

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

Taro 公表用表紙・トビラ

Taro 公表用表紙・トビラ 平 成 2 4 年 度 公 共 工 事 設 計 資 材 単 価 表 ( H 2 4. 4 月 定 期 改 訂 ) 島 根 県 農 林 水 産 部 土 木 部 公 共 工 事 設 計 資 材 単 価 表 に つ い て 1. こ の 設 計 資 材 単 価 表 は 島 根 県 農 林 水 産 部 及 び 土 木 部 が 発 注 す る 土 木 工 事 に 係 る 設 計 資 材 単 価 の う ち 県

More information

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月 豪 雨 による 奄 美 肝 付 町 道 路 被 災 箇 所 調 査 工 学 部 北 村 良 介 酒 匂 一 成 1.はじめに 奄 美 大 島 加 計 呂 麻 島 では,21 年,212 年, 肝 付 町 では 212 年 に 豪 雨 に 伴 う 斜 面 崩 壊 によ り 多 くの 道 路 が 被 災 している 著 者 らは, 奄 美 での 21 年 1 月 2 日,212 年 6 月 1 日 に 発

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

工作機械事業本部 事業説明会

工作機械事業本部 事業説明会 工 作 機 械 事 業 本 部 事 業 説 明 会 工 作 機 械 事 業 本 部 長 樹 神 幸 夫 2012.6.11 1 2012 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. All Rights Reserved. 工 作 機 械 事 業 本 部 と 事 業 ドメインとの 関 係 事 業 ドメイン 顧 客 市 場 船 舶 海 洋 セグメント 原 動 機 機 械 鉄 構

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車 平 成 20 年 門 審 第 9 号 旅 客 船 おおいた 防 波 堤 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 20 年 6 月 27 日 審 判 庁 門 司 地 方 海 難 審 判 庁 ( 井 上 卓, 伊 東 由 人, 蓮 池 力 ) 理 事 官 中 井 勤 受 審 人 A 職 名 おおいた 船 長 海 技 免 許 三 級 海 技 士 ( 航 海 ) 受 審 人 B 職 名 おおいた 機 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358837383938368838B918D8D87838A815B8374838C8362836720323030384F63742E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358837383938368838B918D8D87838A815B8374838C8362836720323030384F63742E646F63> SKF スピンドルユニット 高 性 能 で 自 由 度 の 高 い 工 作 機 械 用 スピンドル The Power of Knowledge Engineering SKF プレシジョンサービスセンター 国 内 拠 点 SKF プレシジョンサービスセンター(PSC)は 長 野 県 茅 野 市 に 位 置 する 研 究 開 発 製 造 拠 点 で 1990 年 に 設 立 されました PSC では

More information

<819D967B95D25F91E D25F8CF08DB7935F82CC90DD8C762E786477>

<819D967B95D25F91E D25F8CF08DB7935F82CC90DD8C762E786477> 第 3 編 第 3 編 交 差 点 の 設 計 交 差 点 の 設 計 63 64 第 3 編 交 差 点 の 設 計 目 次 1. 適 用... 3-1 2. 交 差 点 の 計 画 基 準... 3-2 2.1 計 画 基 準... 3-2 3. 平 面 交 差 点 の 計 画 と 設 計 手 順... 3-3 3.1 計 画 と 設 計 の 手 順... 3-3 3.2 計 画 交 差 点 の

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

原料ガスを高効率でダイヤモンドに変換する新合成技術

原料ガスを高効率でダイヤモンドに変換する新合成技術 同 時 発 表 : 筑 波 研 究 学 園 都 市 記 者 会 ( 資 料 配 布 ) 文 部 科 学 記 者 会 ( 資 料 配 布 ) 科 学 記 者 会 ( 資 料 配 布 ) 原 料 ガスを 高 効 率 でダイヤモンドに 変 換 する 新 合 成 技 術 -ダイヤモンドバルク 結 晶 の 炭 素 同 位 体 比 で 世 界 最 高 - 平 成 25 年 5 月 7 日 独 立 行 政 法 人

More information

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再 5.6 築 地 市 場 を 中 心 としたエネルギー 供 給 システムの 提 案 5.6.1 築 地 市 場 をめぐる 動 向 (1) 現 状 の 築 地 市 場 の 問 題 点 東 京 都 築 地 市 場 の 現 状 の 問 題 点 としては 1 施 設 の 老 朽 化 ( 開 設 以 来 60 年 ) 2 市 場 内 の 交 通 の 混 雑 があげられる これらの 問 題 は 再 整 備 により

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

春大会論文

春大会論文 心 拍 変 動 を 用 いた 自 転 車 利 用 者 の 幹 線 街 路 評 価 に 関 する 分 析 今 井 克 寿 1 鈴 木 弘 司 藤 田 素 弘 3 1 学 生 会 員 名 古 屋 工 業 大 学 大 学 院 博 士 前 期 課 程 学 生 ( -8555 愛 知 県 名 古 屋 市 昭 和 区 御 器 所 町 ) E-mail: cjk1358@stn.nitech.ac.jp 正 会

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

平成19年度・地球工学研究所の知的財産に関する報告会 - 資料集

平成19年度・地球工学研究所の知的財産に関する報告会 - 資料集 原 位 置 岩 盤 三 軸 試 験 法 バックエンド 研 究 センター 岡 田 哲 実 Central Research Institute of Electric Power Industry 1 目 次 1. 試 験 方 法 の 概 要 開 発 の 歴 史, 背 景 試 験 の 手 順 装 置 の 仕 様 装 置 の 特 徴 2. 試 験 結 果 の 一 例 3. 本 試 験 法 の 成 果 4.

More information

本 日 の 内 容 イントロ : CAES( 圧 縮 空 気 貯 蔵 ) 発 電 とは? 水 封 式 CAES 技 術 のご 紹 介 : 電 中 研 で2002 年 までに 実 施 してきた 研 究 成 果 の 概 要 電 力 貯 蔵 技 術 への 応 用 ( 展 望 ) 2

本 日 の 内 容 イントロ : CAES( 圧 縮 空 気 貯 蔵 ) 発 電 とは? 水 封 式 CAES 技 術 のご 紹 介 : 電 中 研 で2002 年 までに 実 施 してきた 研 究 成 果 の 概 要 電 力 貯 蔵 技 術 への 応 用 ( 展 望 ) 2 水 封 式 圧 縮 空 気 貯 蔵 (CAES) 技 術 と 電 力 貯 蔵 への 応 用 の 展 望 2011/12/10 電 力 中 央 研 究 所 末 永 弘 1 本 日 の 内 容 イントロ : CAES( 圧 縮 空 気 貯 蔵 ) 発 電 とは? 水 封 式 CAES 技 術 のご 紹 介 : 電 中 研 で2002 年 までに 実 施 してきた 研 究 成 果 の 概 要 電 力 貯

More information

Microsoft Word - 27大阪府_2007.doc

Microsoft Word - 27大阪府_2007.doc における 光 化 学 オキシダント 及 び 浮 遊 粒 子 状 物 質 濃 度 1.はじめに は 西 面 に 大 阪 湾 北 面 東 面 南 面 の 各 境 界 に 沿 って 北 摂 山 地 生 駒 金 剛 山 地 和 泉 山 地 が 取 り 囲 んでおり 南 北 に 細 長 い 形 をしているため 関 東 平 野 に 比 べて 狭 い 平 野 構 造 となっている 中 北 部 には 淀 川 中 央

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する 平 成 27 年 (215 年 )6 月 3 日 NO.215-6 成 長 力 の 底 上 げに 向 け 前 向 きな 変 化 が 現 れてきた 企 業 行 動 要 旨 企 業 行 動 の 前 向 きな 変 化 の 背 景 には 経 常 利 益 が 過 去 最 高 を 更 新 するなど 円 安 基 調 の 定 着 を 受 けた 収 益 環 境 の 全 般 的 な 改 善 がある 円 安 基 調 の

More information

鉛フリーはんだ実用化ロードマップ

鉛フリーはんだ実用化ロードマップ ヒューズの 安 全 な 使 い 方 ~ヒューズ 選 定 と チップヒューズの 端 子 部 温 度 による ディレーティング 提 案 ~ 部 品 安 全 専 門 委 員 会 ヒューズアプリケーションガイド 改 訂 TF 有 賀 善 紀 (KOA 株 式 会 社 ) 014.10.0 大 手 センタービル 1 目 次 1.ヒューズの 安 全 な 使 い 方 電 気 電 子 機 器 用 電 流 ヒューズの

More information

5.4.2 調 査 対 象 市 場 と 年 間 電 力 消 費 量 東 京 都 中 央 卸 売 市 場 11 市 場 のうち 食 肉 市 場 と 多 摩 市 場 を 除 く 9 市 場 から 有 効 データを 得 たので それらの 市 場 を 調 査 対 象 市 場 とする 図 5-17 に 198

5.4.2 調 査 対 象 市 場 と 年 間 電 力 消 費 量 東 京 都 中 央 卸 売 市 場 11 市 場 のうち 食 肉 市 場 と 多 摩 市 場 を 除 く 9 市 場 から 有 効 データを 得 たので それらの 市 場 を 調 査 対 象 市 場 とする 図 5-17 に 198 5.4 中 央 卸 売 市 場 のエネルギー 消 費 量 の 実 態 調 査 5.4.1 中 央 卸 売 市 場 の 用 途 構 成 図 5-15 に 生 鮮 食 品 等 の 流 通 のしくみを 示 す 各 取 扱 品 目 の 卸 売 業 者 と 仲 卸 業 者 が 生 産 者 や 出 荷 団 体 等 の 出 荷 者 と 小 売 業 者 や 飲 食 業 者 等 の 買 出 人 の 仲 介 を 行 い

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

25630375 研究成果報告書(基金分)

25630375 研究成果報告書(基金分) 様 式 C-19 F-19 Z-19( 共 通 ) 1. 研 究 開 始 当 初 の 背 景 光 を 効 率 よく 伝 搬 するものに 光 ファイバ がある 光 ファイバをセンサに 用 いる 研 究 は いくつか 知 られており ひずみセンサや 切 断 面 に 金 などを 蒸 着 したSPR 様 センサなど が 挙 げられるが 入 射 光 と 反 射 光 が 混 在 した 状 態 で 情 報 取 得

More information

2. 届 出 規 制 対 象 地 域 内 において 工 場 又 は 事 業 場 に 新 たに 規 制 対 象 施 設 を 設 置 しようとするなど 下 表 の 事 由 が 生 じた 場 合 には 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 又 は 県 民 の 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する

2. 届 出 規 制 対 象 地 域 内 において 工 場 又 は 事 業 場 に 新 たに 規 制 対 象 施 設 を 設 置 しようとするなど 下 表 の 事 由 が 生 じた 場 合 には 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 又 は 県 民 の 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 工 場 等 騒 音 振 動 の 規 制 のあらまし 生 活 環 境 を 保 全 し 人 の 健 康 の 保 護 に 資 することを 目 的 として 著 しい 騒 音 振 動 を 発 生 す る 施 設 を 設 置 する 工 場 又 は 事 業 場 ( 以 下 特 定 工 場 等 という )から 発 生 する 騒 音 振 動 につ いては 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 県 民 の 生 活 環

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8251817C8252817A32303135944E82CC93738E73834B83588E968CCC82C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8251817C8252817A32303135944E82CC93738E73834B83588E968CCC82C982C282A282C42E646F63> 2015 年 の 都 市 ガス について 資 料 2-3 平 成 28 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 ガ ス 安 全 室 ガス 事 業 法 第 46 条 の 規 定 に 基 づき 都 市 ガス 事 業 者 ( 一 般 ガス 事 業 者 及 び 簡 易 ガス 事 業 者 )が 各 産 業 保 安 監 督 部 に 対 して 行 った 2015 年 の 報 告 を 集 計 し 要 因 分 析

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

登 録 事 業 所 の 概 要 (1) 事 業 者 及 び 代 表 者 名 事 業 所 名 代 表 者 名 株 式 会 社 エイコーサービス 代 表 取 締 役 社 長 福 原 庸 介 (2) 所 在 地 本 社 鈴 鹿 出 張 所 茨 木 出 張 所 三 田 出 張 所 名 古 屋 連 絡 所 大

登 録 事 業 所 の 概 要 (1) 事 業 者 及 び 代 表 者 名 事 業 所 名 代 表 者 名 株 式 会 社 エイコーサービス 代 表 取 締 役 社 長 福 原 庸 介 (2) 所 在 地 本 社 鈴 鹿 出 張 所 茨 木 出 張 所 三 田 出 張 所 名 古 屋 連 絡 所 大 2014 環 境 活 動 レポート 期 間 2014 1 月 ~12 月 目 次 登 録 事 業 所 の 概 要 環 境 方 針 環 境 目 標 と 実 績 環 境 活 動 計 画 の 内 容 環 境 活 動 取 組 結 果 の 評 価 ビル 管 理 法 関 連 の 有 資 格 者 環 境 関 連 法 規 への 違 反 訴 訟 等 の 有 無 株 式 会 社 エイコーサービス 2015 2 月 28

More information

平成○○年度(第○次補正予算)地域新生コンソーシアム研究開発事業

平成○○年度(第○次補正予算)地域新生コンソーシアム研究開発事業 公 開 版 平 成 25 年 度 戦 略 的 基 盤 技 術 高 度 化 支 援 事 業 リアルタイム 自 己 校 正 型 ロータリーエンコーダ 研 究 開 発 成 果 等 報 告 書 平 成 26 年 3 月 委 託 者 東 北 経 済 産 業 局 委 託 先 公 益 財 団 法 人 福 島 県 産 業 振 興 センター 1 目 次 第 1 章 研 究 開 発 の 概 要 1-1 研 究 開 発

More information

『法務局電子データの課税システム連携(A-TAXソリューション)』 開発の経過と期待される効果

『法務局電子データの課税システム連携(A-TAXソリューション)』 開発の経過と期待される効果 固 定 資 産 税 課 税 システムと 法 務 局 電 子 データとの 連 携 ~システム 化 により 期 待 される 効 果 ~ 平 成 27 年 8 月 28 日 京 都 府 八 幡 市 市 民 部 課 税 課 山 本 篤 志 京 都 府 八 幡 市 の 紹 介 木 津 川 宇 治 川 桂 川 の 三 川 合 流 松 花 堂 弁 当 石 清 水 八 幡 宮 通 称 流 れ 橋 八 幡 市 は 京

More information

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中 11. 阿 蘇 カルデラ 斜 面 における 斜 面 崩 壊 土 石 流 の 発 生 頻 度 Frequency of occurrence of slope failure and debris flow at the caldera wall slopes of Aso volcano, Central Kyushu 西 山 賢 一 ( 徳 島 大 学 ) 鳥 井 真 之 ( 熊 本 大 学 )

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

職務発明等の申請に関する手続要領について(通達)

職務発明等の申請に関する手続要領について(通達) 装 技 振 第 31 号 27.10.1 防 衛 大 学 校 教 務 部 長 防 衛 医 科 大 学 校 教 務 部 長 防 衛 研 究 所 企 画 部 長 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 長 陸 上 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 海 上 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 航 空 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 情 報 本 部 総 務 部 長 防 衛 装 備 庁 長 官

More information

株 主 の 皆 様 へ 総 合 物 流 企 業 としてのワイドな 取 り 組 み 東 部 ネットワーク の 多 彩 な 事 業 フィールド 東 部 ネットワーク が 展 開 するビジネス 領 域 は 現 在 4 事 業 5 部 門 広 い 視 野 で 積 極 的 にビジネスを 開 拓 しながら 同

株 主 の 皆 様 へ 総 合 物 流 企 業 としてのワイドな 取 り 組 み 東 部 ネットワーク の 多 彩 な 事 業 フィールド 東 部 ネットワーク が 展 開 するビジネス 領 域 は 現 在 4 事 業 5 部 門 広 い 視 野 で 積 極 的 にビジネスを 開 拓 しながら 同 http://www.tohbu.jp 株 主 メ モ 事 業 年 度 毎 年 4 月 1 日 から 翌 年 3 月 31 日 まで 定 時 株 主 総 会 毎 年 6 月 開 催 基 準 日 定 時 株 主 総 会 毎 年 3 月 31 日 期 末 配 当 金 毎 年 3 月 31 日 中 間 配 当 金 毎 年 9 月 30 日 ( 中 間 配 当 をする 場 合 ) その 他 必 要 ある 場

More information

<4D F736F F D F91E D CE97AC814597AC96D891CE8DF48C7689E62E646F63>

<4D F736F F D F91E D CE97AC814597AC96D891CE8DF48C7689E62E646F63> 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画 目 次 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画...Ⅱ-1-1 第 1 章 土 石 流 流 木 対 策 計 画 の 基 本 事 項... Ⅱ-1-1 第 1 節 計 画 策 定 の 基 本 方 針...Ⅱ-1-1 第 2 節 保 全 対 象...Ⅱ-1-2 第 3 節 計 画 規 模...Ⅱ-1-2

More information

主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策

主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策 北 京 市 における 都 市 冠 水 の 現 状 及 び 防 止 対 策 2012.7.24 北 京 市 市 政 工 程 設 計 研 究 総 院 張 韵 主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策 都 市 化 の 進 展 に 伴 い 千 年 の 古 都 は グローバル 都 市 へと

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 8 保 安 第 12 号 消 防 特 第 39 号 平 成 8 年 3 月 29 日 関 係 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 通 商 産 業 省 環 境 立 地 局 保 安 課 長 自 治 省 消 防 庁 特 殊 災 害 室 長 新 設 等 の 計 画 の 届 出 に 係 る 審 査 事 務 の 簡 素 合 理 化 に ついて( 通 知 ) 改 正 平 成 10 年 1 月 19

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E58A778BA493AF979897708B408AD69640906C8EA9915289C88A778B408D5C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E58A778BA493AF979897708B408AD69640906C8EA9915289C88A778B408D5C2E646F6378> 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 自 然 科 学 機 構 国 立 天 文 台 殿 超 広 視 野 初 期 宇 宙 探 査 ミッション (WISH) フリップ 式 フィルター 交 換 機 構 設 計 設 計 検 討 書 及 び 図 面 有 限 会 社 オービタルエンジニアリング 1. 設 計 の 目 的 国 立 天 文 台 ハワイ 観 測 所 では JAXA 宇 宙 科 学 研 究 本 部 の

More information

パイプの溶接(その3)

パイプの溶接(その3) パイプの 溶 接 (その3) JFE エンジニアリング 株 式 会 社 勝 木 誠 7. 配 管 導 管 溶 接 特 有 の 周 辺 技 術 配 管 導 管 溶 接 の 現 場 では パイプ 特 有 の 周 辺 技 術 が 多 々 使 用 されている その 中 のいくつかの 技 術 を 以 下 に 紹 介 する 7-1. 開 先 加 工 パイプは 通 常 メーカーからベベル 角 度 30 程 度 に

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

機構改革および人事異動

機構改革および人事異動 2015 年 3 月 2 日 発 行 第 5624 号 担 当 : 松 原 小 野 田 機 構 改 革 および 人 事 異 動 機 構 改 革 (4 月 1 日 ) 1. 長 崎 研 究 所 高 砂 研 究 所 広 島 研 究 所 横 浜 研 究 所 および 名 古 屋 研 究 所 を 統 合 し 総 合 研 究 所 を 新 設 する 2. 研 究 管 理 部 を 総 合 研 究 所 に 移 管 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

Microsoft Word - 土木報告No.3頁.doc

Microsoft Word - 土木報告No.3頁.doc 研 究 報 告 平 成 26 年 度 土 木 分 野 No.3 シート 状 セラミックヒーターを 用 いた 鋼 橋 の 補 修 溶 接 援 用 システムの 構 築 Development of assist system using sheet ceramic heater for repair welding of steel bridges 名 古 屋 大 学 助 教 廣 畑 幹 人 ( 研 究

More information

Microsoft Word - 09弾性03塑性力学.doc

Microsoft Word - 09弾性03塑性力学.doc 第 章 金 属 の 塑 性 力 学. 塑 性 変 形 とひずみ 増 分 弾 性 範 囲 内 では 外 力 に 伴 う 変 形 は 外 力 値 だけに 依 存 し 載 荷 の 履 歴 には 無 関 係 であるが 降 伏 応 力 と 呼 ば れる 応 力 を 越 えて 載 荷 すると 非 可 逆 的 な 永 久 変 形 と して 塑 性 変 形 が 残 る 材 料 の 塑 性 挙 動 を 調 べるに は

More information

工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 の 費 用 対 効 果 の 算 定 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 における 費 用 対 効 果 を 工 業 用 水 道 事 業 に 係 る 政 策 評 価 実 施 要 領 ( 経 済 産 業 省 ) 及 び 費 用 対 効 果 分 析

工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 の 費 用 対 効 果 の 算 定 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 における 費 用 対 効 果 を 工 業 用 水 道 事 業 に 係 る 政 策 評 価 実 施 要 領 ( 経 済 産 業 省 ) 及 び 費 用 対 効 果 分 析 資 料 6-2 大 阪 広 域 水 道 企 業 団 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 費 用 対 効 果 の 算 定 ( 事 前 評 価 ) 平 成 25 年 8 月 29 日 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 の 費 用 対 効 果 の 算 定 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 における 費 用 対 効 果 を 工 業 用 水 道 事 業 に 係 る 政

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

業界トップのCOP4

業界トップのCOP4 空 冷 ヒ ー ト ポ ン プ 式 熱 源 機 ユ ニ バ ー サ ル ス マ ー ト エックス X の 開 発 販 売 に つ い て ~ C O P 6. 3 0 と い う 高 効 率 を 達 成 す る と と も に お 客 さ ま の 様 々 な ニ ー ズ に ス マ ー ト に フ ィ ッ ト ~ 平 成 22 年 7 月 14 日 東 芝 キヤリア 株 式 会 社 東 京 電 力

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

目次

目次 4. 災 害 時 のサイト 構 造 分 類 あらかじめ 災 害 情 報 を 分 類 し 整 理 しておくことは 実 際 に 災 害 が 起 こった 際 に 円 滑 に 情 報 発 信 を 行 うことにつながる 本 章 では 災 害 時 に 必 要 な 情 報 について 分 類 を 試 みた またそれらの 分 類 を 元 に 災 害 情 報 の 提 示 を 行 うサイトについてワイヤーフレーム 27

More information

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総 高 性 能 床 版 防 水 に 適 合 した 新 たな 橋 梁 レベリング 層 用 アスファルト 混 合 物 設 計 施 工 暫 定 要 領 平 成 26 年 12 月 東 日 本 高 速 道 路 1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前

More information