弁護士報酬規定(抜粋)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "弁護士報酬規定(抜粋)"

Transcription

1 はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手 数 料 D 民 事 訴 訟 事 件 E 契 約 締 結 交 渉 事 件 F 離 婚 事 件 G 遺 産 分 割 調 停 H 事 業 者 ( 法 人 等 )の 倒 産 整 理 事 件 I 非 事 業 者 ( 個 人 )の 倒 産 整 理 事 件 J 事 業 者 ( 法 人 等 )の 民 事 再 生 事 件 K 非 事 業 者 ( 個 人 )の 民 事 再 生 事 件 L 事 業 者 ( 法 人 等 )の 任 意 整 理 事 件 M 非 事 業 者 ( 個 人 )の 任 意 整 理 事 件 N 倒 産 処 理 事 件 にともなう 訴 訟 O 刑 事 事 件 P 少 年 事 件

2 A 法 律 相 談 料 30 分 あたり 金 5400 円 以 上 金 1 万 6200 円 以 下 B 顧 問 料 事 業 者 ( 法 人 等 ):1ヶ 月 あたり 金 5 万 4000 円 以 上 非 事 業 者 ( 個 人 ):1ヶ 月 あたり 金 3 万 2400 円 以 上 C 手 数 料 ( 内 容 証 明 郵 便 作 成 ) 基 本 :3 万 2400 円 以 上 5 万 4000 円 以 下 ( 遺 言 書 作 成 ) 定 型 :10 万 8000 円 以 上 21 万 6000 円 以 下 非 定 型 : 相 続 財 産 の 額 に 応 じて 算 定 * 公 正 証 書 遺 言 の 場 合 3 万 2400 円 を 加 算 ( 契 約 書 作 成 ) 定 型 : 経 済 的 利 益 の 額 に 応 じて 算 定 最 低 額 10 万 8000 円 D 民 事 訴 訟 事 件 1 訴 訟 事 件 非 訟 事 件 家 事 審 判 事 件 行 政 審 判 事 件 及 び 仲 裁 事 件 の 着 手 金 及 び 報 酬 金 は 原 則 として 経 済 的 利 益 の 額 を 基 準 として それぞれ 以 下 のとおり 算 定 します た だし 同 一 弁 護 士 が 引 き 続 き 上 訴 事 件 を 受 任 するときは 上 訴 事 件 の 着 手 金 を 適 正 妥 当 な 範 囲 内 で 減 額 することができます 経 済 的 利 益 着 手 金 報 酬 金 万 円 以 下 の 場 合 88%% 1166%% 万 円 を 超 え33,, 万 円 以 下 の 場 合 55%%+99 万 円 1100%%+1188 万 円 33,, 万 円 を 超 え33 億 円 以 下 の 場 合 33%%+6699 万 円 66%% 万 円 33 億 円 を 超 える 場 合 22%% 万 円 44%% 万 円 2 前 項 の 額 は 事 件 の 内 容 により 特 に 事 情 がある 場 合 は 依 頼 者 と 協 議 の 上 50%の 範 囲 内 で 増 減 額 することができます 3 不 動 産 の 明 け 渡 しに 関 する 事 件 や 労 働 事 件 においては 賃 料 又 は 給 料 相 当 額 を 基 準 と して 着 手 金 及 び 報 酬 金 を 決 定 することができることとします 4 着 手 金 の 最 低 額 は 前 1 項 の 定 めに 拘 わらず 金 10 万 8000 円 とします 5 民 事 保 全 事 件 民 事 執 行 事 件 の 着 手 金 及 び 報 酬 金 は 民 事 訴 訟 事 件 のそれとは 別 に 申 し 受 けることができます

3 E 契 約 締 結 交 渉 事 件 1 示 談 交 渉 事 件 を 除 く 契 約 締 結 交 渉 の 着 手 金 及 び 報 酬 金 は 経 済 的 利 益 の 額 を 基 準 とし て 次 表 のとおり 算 定 します 経 済 的 利 益 の 額 着 手 金 報 酬 金 300 万 円 以 下 の 場 合 2% 4% 300 万 円 を 超 え3,000 万 円 以 下 の 場 合 1%+3 万 円 2%+6 万 円 3,000 万 円 を 超 え3 億 円 以 下 の 場 合 0. 5%+18 万 円 1%+36 万 円 3 億 円 を 超 える 場 合 0. 3%+78 万 円 0. 6%+156 万 円 2 前 項 の 着 手 金 は 10 万 8000 円 を 最 低 額 とします 3 前 1 項 の 着 手 金 及 び 報 酬 金 は 事 案 の 内 容 により 特 に 事 情 のある 時 は 依 頼 者 と 協 議 の 上 50%の 範 囲 内 で 増 減 額 することができます 4 契 約 締 結 に 至 り 報 酬 金 を 受 けたときは 別 途 合 意 した 場 合 を 除 き 契 約 書 その 他 の 文 書 を 作 成 する 場 合 でも その 作 成 にかかる 手 数 料 は 報 酬 金 に 含 まれるものとします F 離 婚 事 件 1 離 婚 事 件 の 着 手 金 及 び 報 酬 金 は 次 表 のとおりとします ( 離 婚 のみを 請 求 する/ 請 求 されている 場 合 ) 離 婚 事 件 の 内 容 着 手 金 及 び 報 酬 金 離 婚 調 停 事 件 離 婚 仲 裁 センター 事 件 又 は 離 婚 交 渉 事 件 それぞれ32 万 8000 円 以 上 54 万 円 以 下 それぞれ43 万 2000 円 以 上 離 婚 訴 訟 事 件 64 万 8000 円 以 下 ( 財 産 分 与 慰 謝 料 など 財 産 給 付 を 伴 う 場 合 ) 上 記 表 に 基 づいた 金 額 とは 別 に 財 産 給 付 の 実 質 的 な 経 済 的 利 益 の 額 を 基 準 として 民 事 訴 訟 事 件 に 関 する 規 定 により 算 定 された 着 手 金 及 び 報 酬 金 の 額 以 下 の 適 正 妥 当 な 額 を 加 算 して 請 求 することができることとします 2 離 婚 交 渉 事 件 から 引 き 続 き 離 婚 調 停 事 件 又 は 離 婚 仲 裁 センター 事 件 を 受 任 するときの 着 手 金 は 前 項 の 規 定 による 離 婚 調 停 事 件 の 着 手 金 の 額 の2 分 の1とします 3 離 婚 調 停 事 件 から 引 き 続 き 離 婚 訴 訟 事 件 を 受 任 するときの 着 手 金 は 第 1 項 の 規 定 よ る 離 婚 訴 訟 事 件 の 着 手 金 の 額 の2 分 の1まで 減 額 することができます G 遺 産 分 割 調 停 1 遺 産 分 割 調 停 事 件 の 着 手 金 及 び 報 酬 金 は 契 約 に 特 に 定 めのない 限 り 民 事 訴 訟 事 件 に 関 する 規 定 を 準 用 して 算 定 します ただし 事 案 によっては その 額 の3 分 の2まで 減 額 することができます

4 2 この 場 合 の 経 済 的 利 益 とは (1) 対 象 となる 相 続 分 の 時 価 相 当 額 (2) 分 割 の 対 象 となる 財 産 の 範 囲 及 び 相 続 分 について 争 いのない 部 分 については その 相 続 分 の 時 価 相 当 額 の3 分 の1の 額 を 指 します 3 着 手 金 は 10 万 8000 円 を 最 低 額 とします H 事 業 者 ( 法 人 等 )の 倒 産 整 理 事 件 1 事 業 者 の 破 産 会 社 整 理 特 別 清 算 及 び 会 社 更 生 の 各 事 件 の 着 手 金 は 資 本 金 資 産 及 び 負 債 の 額 関 係 人 の 数 等 事 件 の 規 模 並 びに 事 件 処 理 に 要 する 執 務 量 に 応 じて 定 め それぞれ 次 の 額 とします ただし 右 各 事 件 に 関 する 保 全 事 件 の 弁 護 士 報 酬 は 右 着 手 金 に 含 まれます ((1)) 事 業 者 の 自 己 破 産 事 件 54 万 円 以 上 通 常 管 財 事 件 の 場 合 裁 判 所 に 納 める 予 納 金 の 額 を 一 応 の 目 安 とします ((2)) 自 己 破 産 以 外 の 破 産 事 件 54 万 円 以 上 ((3)) 会 社 整 理 事 件 108 万 円 以 上 ((4)) 特 別 清 算 事 件 108 万 円 以 上 ((5)) 会 社 更 生 事 件 216 万 円 以 上 2 前 項 の 各 事 件 の 報 酬 金 は 民 事 訴 訟 事 件 に 関 する 規 定 を 準 用 します この 場 合 の 経 済 的 利 益 の 額 は 配 当 額 配 当 資 産 免 除 債 権 額 延 払 いによる 利 益 及 び 企 業 継 続 による 利 益 等 を 考 慮 して 算 定 します I 非 事 業 者 ( 個 人 )の 倒 産 整 理 事 件 1 非 事 業 者 の 自 己 破 産 の 着 手 金 及 び 報 酬 金 は 次 の 額 とします ただし 債 権 者 数 が5 0 社 を 超 える 場 合 には H( 事 業 者 の 倒 産 整 理 事 件 )1 項 1 号 の 規 定 を 準 用 することが できます ((1)) 債 務 金 額 が1,,000 万 円 以 下 の 場 合 債 権 者 数 に 応 じて 次 の 金 額 とします 10 社 以 下 21 万 6000 円 以 内 11 社 から15 社 まで 27 万 円 以 内 16 社 以 上 32 万 4000 円 以 内 ((2)) 債 務 金 額 が1,,000 万 円 を 超 える 場 合 債 権 者 数 にかかわらず43 万 2000 円 以 内 ((3)) 夫 と 妻 親 と 子 等 関 係 ある 複 数 人 からの 受 任 で 同 一 裁 判 所 での 同 時 進 行 手 続 の 場 合 1 人 当 たりの 金 額 は ((1))については 5 万 4000 円 を ((2))については10 万 8000 円 を 各 々 減 額 した 金 額 以 内 とします 会 社 と 代 表 者 個 人 の 双 方 から 受 任 する 場 合 の 代 表 者 個 人 についても 同 様 とします

5 2 非 事 業 者 の 自 己 破 産 の 報 酬 金 は 上 記 着 手 金 基 準 を 上 限 として 受 領 できます ただし 債 権 者 数 が50 社 を 超 える 場 合 には H( 事 業 者 の 倒 産 整 理 事 件 )2 項 の 規 定 を 準 用 す ることができます 3 任 意 整 理 から 自 己 破 産 へ 移 行 した 場 合 ((1)) 任 意 整 理 案 の 提 示 前 に 自 己 破 産 に 移 行 せざるを 得 なくなったときは 自 己 破 産 の 着 手 金 のみ 受 領 できるものとし 任 意 整 理 の 着 手 金 との 過 不 足 を 清 算 します ((2)) 任 意 整 理 案 の 提 示 後 任 意 整 理 完 了 前 に 自 己 破 産 に 移 行 せざるを 得 なくなった ときは 任 意 整 理 の 着 手 金 及 び 報 酬 金 と 別 途 に 自 己 破 産 の 着 手 金 を 受 領 できるもの とします ただし 自 己 破 産 に 移 行 せざるを 得 なくなった 事 情 に 応 じて 着 手 金 の 相 当 額 を 減 額 することができます J 事 業 者 ( 法 人 等 )の 民 事 再 生 事 件 1 事 業 者 の 民 事 再 生 事 件 の 着 手 金 は 資 本 金 資 産 及 び 負 債 の 額 関 係 人 の 数 等 事 件 の 規 模 並 びに 事 件 処 理 に 要 する 執 務 量 に 応 じて 定 め 108 万 円 以 上 とします ただし 民 事 再 生 事 件 に 関 する 保 全 事 件 の 弁 護 士 報 酬 は 右 着 手 金 に 含 まれます 2 依 頼 者 が 再 生 手 続 開 始 決 定 を 受 けた 後 民 事 再 生 手 続 が 終 了 するまでの 執 務 の 対 価 とし て 依 頼 者 との 協 議 により 執 務 量 及 び 既 に 受 けている 着 手 金 又 は 報 酬 金 の 額 を 考 慮 し た 上 で 月 額 で 定 める 弁 護 士 報 酬 を 受 けることができます 3 民 事 再 生 事 件 の 報 酬 金 は D( 民 事 訴 訟 事 件 )の 規 定 を 準 用 します この 場 合 の 経 済 的 利 益 の 額 は 弁 済 額 免 除 債 権 額 延 払 いによる 利 益 及 び 企 業 継 続 による 利 益 等 を 考 慮 して 算 定 し 報 酬 金 の 具 体 的 な 算 定 にあたっては 既 に 受 領 している 前 項 の 月 額 で 定 める 弁 護 士 報 酬 の 額 を 考 慮 します K 非 事 業 者 ( 個 人 )の 民 事 再 生 事 件 1 非 事 業 者 の 民 事 再 生 事 件 ( 小 規 模 個 人 再 生 事 件 及 び 給 与 所 得 者 等 再 生 事 件 を 含 む )の 着 手 金 及 び 報 酬 金 は 資 産 及 び 負 債 の 額 関 係 人 の 数 等 事 件 の 規 模 並 びに 事 件 処 理 に 要 する 執 務 量 に 応 じて 定 め 次 のとおりとします ただし 債 権 者 数 が50 名 を 超 える 場 合 又 は 居 住 用 不 動 産 を 除 く 総 財 産 の 価 額 が3,,000 万 円 を 超 える 場 合 には J( 事 業 者 の 民 事 再 生 事 件 )の 規 定 を 準 用 することができます ((1)) 着 手 金 住 宅 資 金 特 別 条 項 を 提 出 しない 場 合 32 万 4000 円 以 内 住 宅 資 金 特 別 条 項 を 提 出 する 場 合 43 万 2000 円 以 内 ((2)) 報 酬 金 債 権 者 数 が15 社 までで 事 案 簡 明 な 場 合 21 万 6000 円 以 内 債 権 者 数 が15 社 までの 場 合 32 万 4000 円 以 内 債 権 者 数 が16 社 30 社 の 場 合 43 万 2000 円 以 内

6 債 権 者 数 が31 社 以 上 の 場 合 54 万 円 以 内 債 権 者 数 が31 社 以 上 で 事 案 複 雑 な 場 合 64 万 8000 円 以 内 ただし 月 額 報 酬 を 受 領 した 場 合 は 上 記 の 報 酬 金 額 から 月 額 報 酬 を 控 除 した 残 額 のみを 報 酬 金 とします ((3)) 分 割 弁 済 金 代 理 送 金 手 数 料 金 融 機 関 の 送 金 手 数 料 を 含 め 1 件 1 回 1,,080 円 を 上 限 とします 2 民 事 再 生 法 第 235 条 に 基 づく 免 責 申 立 事 件 ( 免 責 異 議 申 立 事 件 )の 着 手 金 は 第 1 項 第 2 号 及 び 第 3 号 の 規 定 により 算 定 された 額 の2 分 の1とします この 場 合 の 報 酬 金 は 前 項 の 規 定 を 準 用 します L 事 業 者 ( 法 人 等 )の 任 意 整 理 事 件 1 事 業 者 の 任 意 整 理 事 件 の 着 手 金 は 資 本 金 試 算 及 び 負 債 の 額 並 びに 関 係 人 の 数 等 事 件 の 規 模 に 応 じて 54 万 円 以 上 とします 2 前 項 の 事 件 が 清 算 により 終 了 したときの 報 酬 金 は 債 務 の 弁 済 に 供 すべき 金 員 又 は 代 物 弁 済 に 供 すべき 資 産 の 価 額 ( 以 下 配 当 源 資 額 という )を 基 準 として 次 の 各 号 の 表 のとおり 算 定 します ((1)) 弁 護 士 が 債 権 取 立 資 産 売 却 等 により 集 めた 配 当 源 資 額 につき 500 万 円 以 下 の 部 分 15% 500 万 円 を 超 え1,,000 万 円 以 下 の 部 分 10% 1,,000 万 円 を 超 え5,,000 万 円 以 下 の 部 分 8% 5,,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 の 部 分 6% 1 億 円 を 超 える 部 分 5% ((2)) 依 頼 者 及 び 依 頼 者 に 準 ずる 者 から 任 意 提 供 を 受 けた 配 当 源 資 額 につき 5,,000 万 円 以 下 の 部 分 3% 5,,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 の 部 分 2% 1 億 円 を 超 える 部 分 1% 3 第 1 項 の 事 件 が 債 務 の 減 免 履 行 期 限 の 猶 予 又 は 企 業 継 続 等 により 終 了 したときの 報 酬 金 は 前 条 第 2 項 の 規 定 を 準 用 します 4 第 1 項 の 事 件 の 処 理 について 裁 判 上 の 手 続 を 要 したときは 前 二 項 に 定 めるほか 本 節 の 規 定 により 算 定 された 報 酬 金 を 受 けることができます M 非 事 業 者 ( 個 人 )の 任 意 整 理 事 件 1 非 事 業 者 の 任 意 整 理 事 件 の 着 手 金 及 び 報 酬 金 は 以 下 のとおりとします ただし 債 権 者 数 が50 名 以 上 の 場 合 には 事 業 者 の 場 合 の 規 定 を 準 用 することができます ((1)) 着 手 金 2 万 1600 円 債 権 者 数 最 低 5 万 4000 円 ただし 同 一 債 権 者 でも 別 支 店 の 場 合 は 別 債 権 者 とします

7 ((2)) 報 酬 金 1 債 権 者 について 2 万 1600 円 に 下 記 金 額 を 加 算 した 金 額 を 上 限 と します ただし 個 々の 債 権 者 と 和 解 が 成 立 する 都 度 当 該 債 権 者 に 対 する 報 酬 金 を 請 求 することができます 当 該 債 権 者 主 張 の 元 金 と 和 解 金 額 との 差 額 の10% 相 当 額 交 渉 によって 過 払 い 金 の 返 還 を 受 けたときは 当 該 債 権 者 主 張 の 元 金 の10% 相 当 額 と 過 払 い 金 の20% 相 当 額 の 合 計 額 ((3)) 分 割 弁 済 金 代 理 送 金 手 数 料 金 融 機 関 の 送 金 手 数 料 を 含 め 1 件 1 回 1080 円 を 上 限 とします ((4)) 任 意 整 理 が 終 了 した 後 再 度 支 払 条 件 等 の 変 更 につき 各 債 権 者 と 交 渉 せざるを 得 なくなったときは 当 初 の 委 任 契 約 と 別 契 約 とします ((5)) 前 各 号 にかかわらず 債 権 者 の 中 に 商 工 ローン 業 者 ( 中 小 事 業 者 に 対 して 比 較 的 多 額 の 高 金 利 貸 付 を 主 要 な 業 務 内 容 とする 貸 金 業 者 )が 含 まれる 任 意 整 理 については 商 工 ローン 業 者 1 社 について5 万 4000 円 として(1) 及 び(2)の 着 手 金 報 酬 金 を 算 定 し かつ 着 手 金 の 最 低 額 は10 万 8000 円 とします N 倒 産 処 理 事 件 にともなう 訴 訟 倒 産 処 理 事 件 ( 任 意 整 理 事 件 を 含 む)に 関 して 債 務 者 その 他 の 者 に 対 し 訴 訟 民 事 保 全 民 事 執 行 事 件 の 申 立 をする 必 要 がある 場 合 当 該 申 立 に 関 しては 別 途 通 常 の 報 酬 基 準 に 基 づく 報 酬 を 請 求 することができます O 刑 事 事 件 1 刑 事 事 件 の 着 手 金 は 原 則 として 以 下 のとおりとなります 標 準 事 案 簡 明 な 事 件 起 訴 前 終 了 起 訴 後 ( 第 一 審 及 び 上 訴 審 ) 終 了 3322 万 円 以 上 再 審 請 求 事 件 5544 万 円 以 下 公 判 前 手 続 を 要 する 事 件 8866 万 円 以 上 2 刑 事 事 件 の 報 酬 金 は 原 則 として 以 下 のとおりとなります 刑 事 事 件 の 内 容 結 果 報 酬 金 事 案 簡 明 な 事 件 起 訴 前 不 起 訴 3322 万 円 以 上 5544 万 円 以 下 求 略 式 命 令 前 段 の 額 を 超 えない 額 起 訴 後 刑 の 執 行 猶 予 求 刑 された 刑 が 軽 減 さ れた 場 合 3322 万 円 以 上 5544 万 円 以 下 前 段 の 額 を 超 えない 額

8 前 段 以 外 の 事 件 起 訴 前 不 起 訴 求 略 式 命 令 無 罪 5544 万 以 上 6644 万 円 以 上 起 訴 後 ( 再 審 事 件 を 含 む ) 刑 の 執 行 猶 予 求 刑 された 刑 が 軽 減 さ れた 場 合 検 察 官 上 訴 が 棄 却 され た 場 合 無 罪 軽 減 の 程 度 による 相 当 な 額 万 円 以 上 再 審 請 求 起 訴 後 ( 公 判 前 刑 の 執 行 猶 予 万 円 以 上 手 続 を 要 する 事 求 刑 された 刑 が 軽 減 さ 件 ) れた 場 合 軽 減 の 程 度 による 相 当 な 額 検 察 官 上 訴 が 棄 却 され た 場 合 万 円 以 上 3 前 項 の 事 案 簡 明 な 事 件 とは 前 条 の 事 案 簡 明 な 事 件 と 見 込 まれ かつ 結 果 において 予 想 された 委 任 事 務 処 理 量 で 結 論 を 得 た 事 件 をいう 4 起 訴 前 に 受 任 した 事 件 が 起 訴 ( 求 略 式 命 令 を 除 く)され 引 き 続 き 同 じ 弁 護 士 が 起 訴 後 の 事 件 を 受 任 するときは 別 途 前 1 条 に 定 める 着 手 金 の 支 払 いを 受 けることができ ます 但 し 事 案 簡 明 な 事 件 については 起 訴 前 の 事 件 の 着 手 金 の2 分 の1まで 減 額 す ることができることとします 5 刑 事 事 件 について 同 じ 弁 護 士 が 引 き 続 き 上 訴 事 件 を 受 任 するときは 前 1 項 2 項 にか かわらず 着 手 金 及 び 報 酬 金 を 適 正 妥 当 な 範 囲 で 減 額 することができます P 少 年 事 件 1 少 年 事 件 ( 少 年 を 被 疑 者 とする 捜 査 中 の 事 件 も 含 む 以 下 同 じ)の 着 手 金 は 以 下 の とおりとします 内 容 家 裁 送 致 前 及 び 送 致 後 抗 告 再 抗 告 及 び 保 護 処 分 の 取 消 2 少 年 事 件 の 報 酬 金 は 以 下 のとおりとします 結 果 非 行 事 実 なしに 基 づく 審 判 不 開 始 又 は 不 処 分 その 他 着 手 金 額 それぞれ3322 万 円 以 上 6644 万 円 以 下 それぞれ3322 万 円 以 上 6644 万 円 以 下 報 酬 金 額 3322 万 円 以 上 6644 万 円 以 下

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

Taro-弁護士報酬の目安暫定例 (

Taro-弁護士報酬の目安暫定例 ( 法 律 相 談 (1) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 40 分 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 5,400 円 法 律 相 談 (2) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 1 時 間 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 10,800 円 契 約 書 作 成 製 造 メーカーとして 卸 業 者

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Microsoft Word - 150910Q&A(150910東京海上確認済)

Microsoft Word - 150910Q&A(150910東京海上確認済) 建 設 系 公 務 員 賠 償 責 任 保 険 制 度 Q&A H28.1.26 更 新 1. 公 務 員 と 訴 訟 について Q1-1. 公 務 員 が 損 害 賠 償 請 求 を 提 起 されることがあるのか? - 公 務 員 としての 職 務 につき 行 った 行 為 に 起 因 する 請 求 としては 次 の2 点 が 考 えられます 民 事 訴 訟 ( 国 家 賠 償 法 に 基 づき

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

【個人情報の取扱い】

【個人情報の取扱い】 リース 契 約 条 項 第 1 条 東 洋 自 動 車 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)は 契 約 書 (1) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 自 動 車 という)をお 客 様 ( 以 下 甲 という)に リースし 甲 はこれを 借 受 けます 第 2 条 リース 期 間 はリース 契 約 書 (2) 記 載 の 期 間 とします 甲 は 契 約 締 結 の 日 からリース 期 間 が

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

任意整理について | 多重債務Q&A | 公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会

任意整理について | 多重債務Q&A | 公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会 第 5 章 任 意 整 理 について Q25 任 意 整 理 のポイント 任 意 整 理 とはどういうことですか そのポイントを 教 えてください 1. 任 意 整 理 とは 任 意 整 理 とは 支 払 能 力 を 超 える 債 務 を 負 っている 債 務 者 について 支 払 能 力 に 応 じた 返 済 計 画 を 立 て その 返 済 計 画 にしたがって 個 々の 債 権 者 との 間

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

キャッシュワン会員規約

キャッシュワン会員規約 キャッシュワン 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 のうえ 株 式 会 社 じぶん 銀 行 ( 以 下 当 行 という )に 当 行 所 定 の 申 込 書 によりキャッ シュワンカードの 入 会 申 込 をされ 当 行 が 審 査 のうえ 入 会 を 認 めた 方 をいいます 第 2 条 (カードの 貸 与 有 効 期 限 等 ) 1. 本 規 約 に

More information

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1 第 5 章 第 1 意 義 滞 納 処 分 事 務 第 1 節 通 則 滞 納 処 分 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 ( 納 入 )が 遅 滞 した 場 合 において 原 則 として 督 促 を 前 提 条 件 とし て 徴 税 吏 員 が 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 さえ その 換 価 代 金 等 を 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 充 てる 行 政 処 分 をいい

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融 NC 第 一 信 販 VISAカード 会 員 規 約 会 員 規 約 を よ く お 読 み く だ さ い 第 Ⅰ 章 一 般 条 項 第 1 条 ( 本 会 員 家 族 会 員 )(1) ) 本 規 約 を 承 認 のうえ 第 一 信 販 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)に 入 会 の 申 込 みをし 当 社 が 適 格 と 認 めた 方 を 本 会 員 とします (2) 本 会 員

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

<5461726F2D323030346B61696B693031328EF68BC697BF82BB82CC91BC94EF>

<5461726F2D323030346B61696B693031328EF68BC697BF82BB82CC91BC94EF> 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 における 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 16 年 度 九 大 会 規 第 12 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 28 年 3 月 31 日 ( 平 成 27 年 度 九 大 会 規 第 14 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 ( 以 下 本

More information

Microsoft Word - ②募集要項.doc

Microsoft Word - ②募集要項.doc 県 営 住 宅 滞 納 家 賃 回 収 弁 護 士 業 務 委 託 提 案 募 集 要 項 静 岡 県 県 営 住 宅 の 退 去 者 の 滞 納 家 賃 回 収 に 係 る 弁 護 士 業 務 委 託 に 関 する 提 案 募 集 について は 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 募 集 要 項 によるものとする 1 業 務 概 要 (1) 目 的 静 岡 県 が 管 理 する 県 営

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正)

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正) 難 易 度 B 平 成 24 年 1 月 実 施 過 去 問 ( 学 科 ) 1.ライフプランニングと 資 金 計 画 問 題 6 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 の 国 民 年 金 からの 遺 族 給 付 に 関 する 次 の 記 述 のうち 最 も 不 適 切 なものはどれか なお 遺 族 には 国 民 年 金 法 の 障 害 等 級 に 該 当 する

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

世 帯 預 貯 金 総 額 そ 他 資 産 ( 具 体 的 に) 負 債 負 債 総 額 毎 月 返 済 額 備 考 ( 滞 納 猶 予 減 免 有 無 等 ) 資 産 負 債 1 住 宅 ローン 2 公 的 融 資 ( 生 活 福 祉 資 金 以 外 ) 3 消 費 者 ローン カードローン 等

世 帯 預 貯 金 総 額 そ 他 資 産 ( 具 体 的 に) 負 債 負 債 総 額 毎 月 返 済 額 備 考 ( 滞 納 猶 予 減 免 有 無 等 ) 資 産 負 債 1 住 宅 ローン 2 公 的 融 資 ( 生 活 福 祉 資 金 以 外 ) 3 消 費 者 ローン カードローン 等 生 活 復 興 支 援 資 金 ( 東 日 本 大 震 災 特 例 ) 借 入 申 込 書 借 申 込 入 者 氏 名 男 女 生 年 月 日 市 区 町 村 社 協 受 付 福 島 県 社 協 受 付 民 児 協 コード 決 定 日 昭 和 平 成 年 西 暦 西 暦 貸 付 送 金 日 月 日 生 歳 世 帯 及 び 被 災 現 在 住 所 / 居 所 - 現 在 連 絡 先 電 話 番 号 固

More information

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 本 約 款 は お 客 様 と SBI FX トレード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます)との 間 で 行 なう 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ( 以 下 本 取 引 といいます)に 関 する 権 利 義 務 関 係 等 を 明 確 にするための 取 り 決 めで ( 定 義 ) 第 2 条 本

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定 フリーローン TOHOスマートネクスト 規 定 (WEB 契 約 用 ) 私 はエム ユー 信 用 保 証 株 式 会 社 ( 以 下 保 証 会 社 といいます )の 保 証 に 基 づく 株 式 会 社 東 邦 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 金 銭 消 費 貸 借 契 約 ( 以 下 この 契 約 といいます )について 別 に 定 める 個 人 情 報 の 取 扱 い に 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下 JU 奈 良 AA)と 称 す 第 2 条 目 的 本 規 約 は JU 奈

第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下 JU 奈 良 AA)と 称 す 第 2 条 目 的 本 規 約 は JU 奈 オートオークション 規 約 2008 年 8 月 2008 年 9 月 2010 年 12 月 2012 年 4 月 一 部 改 定 実 施 一 部 改 定 一 部 改 定 P1 第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

職員退職手当規則【 】

職員退職手当規則【 】 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 100 号 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 広 島 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 4 条 及 び 広 島 大 学 船 員 就 業 規

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

別紙特約(138)

別紙特約(138) 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 長 期 契 約 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 に 発 生 した 下 表 に 掲 げる 偶 然 な 事 故 のいずれかによる 他 人 の 身 体 の 障 害 (*1)または 他 人 の 財 物 の 損 壊 (*2)もしくは 紛 失 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

終身保険(無選択型)普通保険約款

終身保険(無選択型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 削 減 支 払 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 第 6 条 保 険 料 の 払 込 第 7 条 保 険 料 の 払 込

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25 目 マンションの 滞 納 管 理 費 等 回 収 実 務 ハンドブック 目 第 1 章 総 論 管 理 費 修 繕 積 立 金 の 重 要 性 と 徴 収 の 論 理 Ⅰ マンション 管 理 組 合 管 理 費 等 2 1 マンションとは 2 2 管 理 組 合 とは 2 3 管 理 費 等 とは 3 Ⅱ 管 理 費 修 繕 積 立 金 徴 収 の 論 理 とその 重 要 性 4 図 表 1 管 理

More information

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の 滞 納 管 理 費 等 回 収 のための 管 理 組 合 による 措 置 に 係 るフローチャート( 解 説 ) フローチャートにおける 各 手 順 の 概 要 は つぎのとおりである (1) 督 促 管 理 組 合 は 滞 納 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 の 督 促 とともに 今 後 も 滞 納 が 継 続 する 場 合 には その 状 況 に 応 じてさらなる 措 置

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

Microsoft PowerPoint - 【EMG】レジュメ_100512final.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 【EMG】レジュメ_100512final.ppt [互換モード] EMGマンション 管 理 セミナー マンションの ンの 登 日 時 : 平 成 22 年 5 月 21 日 ( 金 ) 18:30 場 所 : 東 京 国 際 フォーラム6 階 G607 講 師 : 木 藤 正 義 ( 司 法 書 士 木 藤 事 務 所 代 表 ) 目 次 1. 登 とは? 1-1. 登 をするとはどういうことか? 1-2. 登 されていることは 全 て 真 実 か? 1-3. 登

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378> 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 本 要 領 は 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 に 係 る 契 約 の 相 手 方 となる 事 業 者 の 選 定 にあたり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 める 2 業 務 名 高 島 市 民 病

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 4 号 [ 平 成 17 年 4 月 改 訂 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 分 配 の 実 務 基 準 [ 内 容 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 基 金 解 散 時 の 分 配 < 参 考 資 料 > 解 散 実 務 の 流 れ( 例 ) [ 留 意 事 項 ] 解 散 時 の 最

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information