Microsoft Word - global02.docx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - global02.docx"

Transcription

1 平 成 25 年 度 大 学 連 携 による 新 たな 教 育 プログラム 開 発 実 施 事 業 ( 広 島 県 補 助 事 業 ) 国 際 経 営 を 理 解 する 人 材 の 育 成 と 備 後 企 業 の 取 り 組 み 10 月 19 日 から 11 月 2 日 までに 第 3 回 から 第 8 回 までの 講 義 を 実 施 してまいりました その 内 容 についてご 報 告 致 します 第 3 回 は 国 際 経 営 の 組 織 というテーマで 梅 野 巨 利 兵 庫 県 立 大 学 教 授 から 国 際 経 営 の 組 織 の 基 礎 知 識 国 際 化 と 組 織 構 造 の 変 化 組 織 文 化 の 浸 透 と 変 革 について 説 明 が 行 わ れました グローバル 経 営 と 組 織 文 化 に 関 しては 各 国 の 分 散 経 営 を 取 りまとめる 精 神 的 支 柱 となっているため 世 界 的 な 多 国 籍 企 業 は みな 強 い 組 織 文 化 企 業 理 念 をもち 浸 透 を 図 っていること また 企 業 理 念 にコミットすることでトラブル 発 生 時 に 被 害 拡 大 防 止 が 可 能 であった 企 業 例 に 関 する 説 明 が 行 われました 国 際 経 営 の 組 織 について 説 明 される 梅 野 巨 利 兵 庫 県 立 大 学 教 授 第 4 回 は( 株 )シギヤ 精 機 製 作 所 の 高 橋 宗 信 次 長 より 企 業 説 明 ならびに SHIGIYA のも のづくり に 関 する 説 明 が 行 われました 同 社 が 海 外 では 生 産 をしていないことの 理 由 として 現 地 の 素 材 が 良 くないこと また 技 術 の 流 出 を 懸 念 しているからという 説 明 が 行 われました 同 社 の 製 品 が 1/1000 の 精 度 で 円 筒 を 研 削 する 研 削 機 であること 円 建 て なので 為 替 レート 変 化 を 受 けないこと タイでは 日 本 人 1 名 に 対 して 現 地 雇 用 4 名 のル ールがあるので 現 在 日 本 人 2 名 タイ 人 8 名 合 計 10 名 で 営 業 していること またタ 1 / 7

2 イでは 資 本 規 制 があるから シギヤ 49% タイ 51%の 合 弁 企 業 であること その 他 に 中 国 での 商 習 慣 についての 説 明 も 行 われました グローバル 人 材 対 策 として 海 外 出 張 社 内 英 会 話 留 学 生 受 け 入 れ 積 極 的 最 後 まで 自 分 で 判 断 指 示 できる 人 材 を 育 成 している 日 本 製 品 は 高 価 格 高 品 質 であるが ボリュームゾーンをターゲットとして 安 くて 良 いものを 製 造 することが 目 標 である ( 株 )シギヤ 精 機 製 作 所 高 橋 宗 信 次 長 第 5 回 は グローバルマーケティング 新 興 国 市 場 を 開 拓 し グローバル 競 争 に 勝 ち 抜 くための 戦 略 とマーケティング というテーマで 神 戸 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 の 黄 磷 (コ ウリン) 教 授 による 講 義 がありました 講 義 は 日 本 企 業 の 戦 略 とビジネスシステム 日 本 企 業 韓 国 企 業 中 国 企 業 の 比 較 と 国 際 化 プロセスとグローバル 競 争 力 について 日 本 企 業 がいかに 世 界 で 競 争 力 を 維 持 向 上 させるのか 中 小 企 業 の 国 際 化 が 成 功 するため にはという 内 容 でした 多 岐 にわたる 内 容 のポイントは 韓 国 のサムソン 収 益 率 は 30% 対 する 日 本 の 家 電 メーカーは 1% 未 満 であること これに 対 する 理 論 的 説 明 がスマイル 曲 線 の 概 念 を 使 っ て 行 われました 東 レのように 炭 素 繊 維 素 材 のような 部 品 等 の 上 流 やユニクロのようなブ ランド 力 をもつ 下 流 は 高 い 利 益 率 であるが 組 み 立 てなどの 中 流 では 利 益 率 が 低 くなって いるということでした また 日 中 韓 の 企 業 の 意 思 決 定 の 違 いが 何 に 由 来 するのか 文 化 等 の 比 較 論 による 説 明 がありました 2 / 7

3 神 戸 大 学 経 営 学 部 黄 磷 教 授 第 6 回 は ハヤカワイースタンラバーとタイ 市 場 というテーマで 早 川 ゴム 株 式 会 社 の 井 垣 正 則 部 長 の 講 義 が 行 われました 生 産 品 の 説 明 防 震 防 音 素 材 等 を 生 産 する 早 川 ゴム 株 式 会 社 の 概 要 早 川 イースタンラバー 株 式 会 社 の 概 要 タイの 現 状 とアセアンでの タイの 位 置 づけ タイのダイナミックな 国 土 整 備 網 の 進 展 状 況 タイ 経 済 の 概 略 賃 金 と 購 買 力 為 替 の 関 係 耐 久 消 費 財 の 普 及 率 自 動 車 市 場 家 電 市 場 住 宅 市 場 の 動 向 タ イのゴム 生 産 状 況 についての 説 明 が 行 われました 最 後 に 同 社 では 福 山 大 学 卒 のタイ 人 女 性 が 活 躍 されていることの 紹 介 がされました 早 川 ゴム( 株 ) 伊 垣 正 則 部 長 3 / 7

4 第 7 回 は ものづくりの 国 際 経 営 戦 略 新 興 国 市 場 開 拓 の 戦 略 と 課 題 というテーマで 東 京 大 学 経 済 学 部 研 究 科 ものづくり 経 営 研 究 センターの 新 宅 純 二 郎 教 授 が 講 義 をされまし た 内 容 は 新 興 国 市 場 の 発 展 海 外 生 産 における 日 本 企 業 のコスト 構 造 深 層 の 現 地 化 新 興 国 市 場 向 け 製 品 戦 略 です 深 層 の 現 地 化 について 説 明 されている 東 京 大 学 新 宅 純 二 郎 教 授 自 動 車 産 業 を 中 心 として 動 向 を 整 理 検 討 した 報 告 内 容 をしていただきました 中 国 が 経 済 発 展 をすると 鉄 の 需 要 が 増 大 それには 水 が 大 量 に 必 要 となるが 中 国 は 水 不 足 なので 不 可 能 であるが 指 摘 されました そこで 将 来 的 にはブラジルで 鉄 生 産 の 可 能 性 があること 自 動 車 産 業 がバブル 崩 壊 後 に 成 長 できたのは 海 外 販 売 を 伸 ばしたからであるという 説 明 に 続 いて 新 興 国 における 日 本 車 シェアについて インドネシアは 90% タイ 70% 中 国 20% インド 50%と 高 いこと これに 対 して 家 電 業 界 では 特 に 液 晶 テレビは 買 い 替 え 需 要 が 地 デジとエコポイントで 発 生 し 2010 年 に 終 了 したが これはバブル 崩 壊 と 同 じ 現 象 であるという 説 明 がありました 企 業 の 海 外 進 出 二 大 要 因 は コスト 競 争 力 ( 生 産 性 + 賃 金 )と 為 替 レート 円 高 であるこ と 海 外 生 産 における 部 品 調 達 は 現 地 調 達 と 海 外 調 達 であるが 前 者 の 現 地 調 達 に 実 は 日 本 からの 部 品 供 給 部 分 が 相 当 にあること これを 深 層 の 現 地 化 と 呼 ぶこと 深 層 の 現 地 化 により 日 本 付 加 価 値 率 は 低 下 するが 販 売 量 増 加 により 販 売 額 は 低 下 しない 4 / 7

5 こと 深 層 の 現 地 化 は 日 本 に 残 る 少 数 の 事 業 と 新 たな 海 外 進 出 が 必 要 な 大 多 数 の 事 業 を ふるいにかける 作 用 を 促 すこと 海 外 展 開 は 直 接 効 果 と 間 接 効 果 があるから 積 極 的 に 海 外 展 開 を 志 向 すべきであることが 説 明 された 第 8 回 は ( 株 ) 北 川 鉄 工 所 の 海 外 展 開 について というテーマで ( 株 ) 北 川 鉄 工 所 の 石 橋 正 文 次 長 が 講 義 をされました ( 株 ) 北 川 鉄 工 所 石 橋 正 文 次 長 タイに 進 出 した 理 由 は 第 一 に 親 日 的 であること 例 えば 大 震 災 時 に 翌 日 募 金 活 動 が 行 われていた 第 二 に 仏 教 国 であり 価 値 観 共 有 が 可 能 であること 第 三 に インフラ 整 備 が 良 い 点 特 に 電 気 が 同 社 生 産 にとって 必 需 であること また 工 業 水 が 必 須 である 第 四 に 流 通 面 が 整 備 されていること 港 と 道 路 が 整 備 されている 第 五 に タイは 王 国 で 政 変 リスクが 少 ないこと 過 去 の 政 治 混 乱 は 国 王 が 収 拾 してきたこと 最 近 の 赤 シャツ と 黄 シャツの 政 治 対 立 があり 戒 厳 令 も 実 施 されたがそれほど 影 響 はなかった 労 務 費 に 関 しては 2003 年 には 日 本 との 格 差 が 1/ 年 には 1/15 まで 縮 小 してい る マツダには 扇 動 者 が 外 部 から 侵 入 してロックアウトに 至 り 賃 上 げ 要 求 が 2 か 月 続 い た 労 働 組 合 は 労 使 間 の 仲 裁 者 機 能 と 労 働 者 権 利 擁 護 機 能 の 二 面 性 を 持 つが 最 初 から 日 本 式 の 親 企 業 的 労 組 にしておくべきで 従 業 員 のことを 考 えたやり 方 が 必 要 だった 原 材 料 は 日 本 からの 輸 入 であるがこれは タイでの 非 生 産 品 には 関 税 ゼロのルールを 利 用 している タイの 自 動 車 状 況 の 劇 的 変 化 について 以 前 は 中 古 のトラックしかなかった が 最 近 ではトヨタの 牙 城 でハイブリッド 車 が 走 っている 5 / 7

6 インタビュー 社 会 人 社 会 人 栗 濱 さん 海 外 事 業 を 展 開 してきた 会 社 を 退 職 し 今 まで 培 ってきたノウハウや 自 分 の 経 験 を 整 理 し たどってきた 道 を 確 認 するという 意 味 も 踏 まえて これまでを 振 り 返 ってみたくなり 参 加 しました そういう 面 で 自 分 は 他 の 受 講 生 の 皆 さんとは 少 し 違 ったスタンスで 受 講 し ていると 思 います 大 学 教 授 や 他 の 企 業 の 方 のお 話 学 生 や 社 会 人 の 意 見 をお 聞 きして 自 分 の 意 見 や 考 えと 照 らし 合 わせてみたりしています 個 人 の 意 見 としては また 別 の 機 会 に 希 望 者 のみ 集 めて ワークショップ 形 式 で 話 し 合 いの 場 を 設 ければ より 深 く 意 見 交 換 ができるのではないかと 思 いました 6 / 7

7 インタビュー 学 生 そうしんよう 福 山 大 学 経 済 学 部 国 際 経 済 学 科 宋 晨 陽 さん( 中 国 出 身 の 留 学 生 ) パンフレットにある 講 義 と 企 業 について 興 味 が 湧 きましたので 参 加 しました 実 際 に 授 業 に 出 てみると 講 義 は 説 明 が 分 かりやすく 面 白 いと 思 います 企 業 がなぜ 海 外 へ 進 出 す るか どのようにして 海 外 事 業 を 立 ち 上 げたかについてもっと 学 びたいです 私 の 将 来 の 夢 は 日 本 企 業 で 仕 事 をして 中 国 へ 出 張 するなどして 働 くことです 講 義 の テーマがグローバル 人 材 育 成 ということですから 質 問 の 時 間 には 積 極 的 に 手 をあげて 参 加 するようにしています 7 / 7

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089EF8ED090E096BE89EF8E9197BF938A8E9189C68CFC82AF32>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089EF8ED090E096BE89EF8E9197BF938A8E9189C68CFC82AF32> 株 式 会 社 飯 田 産 業 ( 平 成 22 年 4 月 期 ) 帰 りたい いい いい 家 があります メニュー 第 1 部 業 界 と 事 業 の 現 状 経 済 環 境 住 宅 産 業 経 営 方 針 他 社 差 別 化 第 2 部 今 後 の 事 業 展 開 等 3ヵ 年 経 営 計 画 計 画 達 成 に 向 けて4つのポイント 今 後 のリスクへの 対 応 利 益 配 分 に 関 する

More information

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態 建 設 分 野 における 競 合 国 に 関 する 調 査 研 究 概 要 (1) 調 査 研 究 の 目 的 技 術 力 等 の 強 みを 活 かした 海 外 展 開 の 取 組 が 進 められているところ 日 本 の 技 術 力 品 質 信 頼 等 に 関 する 定 評 に 拘 わらず 受 注 に 結 びつかない 状 況 が 生 じている また 人 口 減 少 に 伴 う 日 本 国 内 市 場

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

3.2.2 テレビ (バンコク) 3 万 9,371~4 万 2,600 円 (1 万 3,990~1 万 5,000バーツ) 流 行 お 洒 落 デザイン 高 級 感 がある バンコク 3 万 9,371~4 万 8,251 円 (1 万 3,990~1 万 6,990バーツ) 流 行 丈 夫 音

3.2.2 テレビ (バンコク) 3 万 9,371~4 万 2,600 円 (1 万 3,990~1 万 5,000バーツ) 流 行 お 洒 落 デザイン 高 級 感 がある バンコク 3 万 9,371~4 万 8,251 円 (1 万 3,990~1 万 6,990バーツ) 流 行 丈 夫 音 3.2.1 テレビ 各 国 売 れ 筋 商 品 各 都 市 でブラウン 管 から 液 晶 テレビへの 移 行 がみられる 売 れ 筋 は32インチ が 競 合 北 京 では 中 国 が 優 位 北 京 46 型 25 万 液 晶 2,520 円 中 国 クアラルンプール ニューデリー 42 型 液 晶 4 万 9,735 円 液 晶 4 万 428 円 伝 統 的 市 場 バンコク マニラ 液 晶

More information

アベノミクスに対する群馬県内企業の意識調査

アベノミクスに対する群馬県内企業の意識調査 特 別 企 画 : アベノミクスに 対 する 群 馬 県 内 企 業 の 意 識 調 査 県 内 企 業 の 39.4%がアベノミクスで 国 内 景 気 を 押 し 上 げと 実 感 ~ 一 方 自 社 業 績 にプラス 影 響 は 21.1% 政 府 には 財 政 の 健 全 化 を 求 める ~ はじめに 2012 年 12 月 に 発 足 した 安 倍 政 権 は 大 胆 な 金 融 政 策

More information

(2) 事 業 内 容 ( 枠 に 収 まらない 場 合 は 適 宜 広 げてください 複 数 ページになっても 結 構 です ) 1. 事 業 計 画 名 (30 字 程 度 ) 産 業 機 械 用 機 関 系 部 品 における 鋳 造 による 一 体 成 形 品 の 試 作 開 発 事 業 目

(2) 事 業 内 容 ( 枠 に 収 まらない 場 合 は 適 宜 広 げてください 複 数 ページになっても 結 構 です ) 1. 事 業 計 画 名 (30 字 程 度 ) 産 業 機 械 用 機 関 系 部 品 における 鋳 造 による 一 体 成 形 品 の 試 作 開 発 事 業 目 ( 様 式 2) 平 成 24 年 度 補 正 ものづくり 中 小 企 業 試 作 開 発 等 支 援 補 助 金 の 事 業 に 取 り 組 んでいる 方 は 以 下 に 受 付 番 号 を 記 入 してください 受 付 番 号 :123456789 事 業 計 画 書 (2 次 公 募 ) 該 当 する 項 目 に を 付 してください 1 次 公 募

More information

スライド 1

スライド 1 2014 年 7 月 8 日 2014 年 度 APIR GRIPS 共 催 セミナー 資 料 ものづくり 中 小 企 業 の 海 外 進 出 と 地 方 自 治 体 の 役 割 APIR 研 究 事 業 中 小 企 業 の 東 南 アジア 進 出 に 関 する 比 較 研 究 リサーチャー 大 阪 府 商 工 労 働 部 中 小 企 業 支 援 室 ものづくり 支 援 課 領 家 誠 ものづくり

More information

Microsoft Word - 2013政経済史学会 共通論題報告 学会HP用(大場).doc

Microsoft Word - 2013政経済史学会 共通論題報告 学会HP用(大場).doc 2013 年 度 政 治 経 済 学 経 済 史 学 会 秋 季 学 術 大 会 共 通 論 題 報 告 2 札 幌 学 院 大 学 経 済 学 部 大 場 隆 広 養 成 工 と 高 校 卒 ブルーカラーの 代 替 と 補 完 戦 後 日 本 の 高 度 成 長 期 を 中 心 に 発 表 内 容 : 1. 問 題 関 心 2. 高 度 成 長 期 の 新 規 学 卒 の 労 働 市 場 (1)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478> マーケットフォーカス(アジア 市 場 ) 15 年 月 号 各 国 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 前 年 同 期 比 )の 推 移 経 済 各 国 の 消 費 者 物 価 指 数 上 昇 率 ( 前 年 同 月 比 )の 推 移 各 国 の 政 策 金 利 の 推 移 ご 参 考 資 料 15 年 月 1 日 1 (11 年 1 1 月 期 ~1 年 1 1 月 期 四 半 期 ) インドネシア

More information

住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 とは 債 券 発 行 によって 資 金 を 調 達 する 市 場 公 募 地 方 債 の 一 類 型 購 入 者 を 当 該 債 券 の 発 行 団 体 内 に 居 住 する 個 人 法 人 に 限 定 する 銘 柄 が 多 い 点 が 特 徴 第 1

住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 とは 債 券 発 行 によって 資 金 を 調 達 する 市 場 公 募 地 方 債 の 一 類 型 購 入 者 を 当 該 債 券 の 発 行 団 体 内 に 居 住 する 個 人 法 人 に 限 定 する 銘 柄 が 多 い 点 が 特 徴 第 1 住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 について ~ 商 品 性 市 場 動 向 今 後 の 課 題 ~ 平 成 28 年 8 月 総 務 省 自 治 財 政 局 地 方 債 課 住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 とは 債 券 発 行 によって 資 金 を 調 達 する 市 場 公 募 地 方 債 の 一 類 型 購 入 者 を 当 該 債 券 の 発 行 団 体 内 に 居

More information

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は 教 員 の 資 質 向 上 に 関 す る 国 際 動 向 中 国 に お け る 教 員 の 現 状 と 課 題 張 揚 ( 北 海 道 大 学 ) 1 はじめに 1980 年 代 に 入 っ て 以 降 中 国 政 府 は 教 育 の 拡 充 発 展 に 努 め た が 教 育 水 準 は 低 迷 し 続 けた 1983 年 教 育 部 は 小 中 高 等 学 校 教 員 陣 の 調 整 整 理

More information

資料3 家電エコポイント制度の政策効果等について

資料3      家電エコポイント制度の政策効果等について 家 電 エコポイント 制 度 の 政 策 効 果 等 について 資 料 3 政 策 効 果 環 境 省 経 済 産 業 省 総 務 省 地 上 デジタル 放 送 対 応 テレビを 中 心 に 対 象 家 電 3 品 目 の 販 売 を 押 し 上 げるとともに 省 エネ 性 能 の 高 い 製 品 への 買 い 換 えに 大 きく 貢 献 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 の 観 点 統 一

More information

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条 平 成 25 年 6 月 定 例 市 議 会 提 出 議 案 概 要 書 総 務 部 法 務 課 総 務 部 総 務 課 財 務 部 財 政 課 議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数

More information

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版)

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版) 産 物 部 経 営 ビジョン 横 浜 化 の 丁 番 地 へ < 概 要 版 > 平 成 27 年 5 横 浜 市 中 央 卸 売 市 場 本 場 産 物 部 次 ページ はじめに 2 Ⅰ 基 本 理 念 6 Ⅰ-1. 経 営 理 念 7 Ⅰ-2. 行 動 規 範 8 Ⅰ-3.スローガン 9 Ⅱ 内 外 部 環 境 概 要 10 Ⅱ-1. 外 部 環 境 概 要 11 Ⅱ-2. 内 部 環 境 概

More information

Panasonic IR Day 2012 エナジー社 事業戦略

Panasonic IR Day 2012 エナジー社 事業戦略 Panasonic IR Day 2012 エナジー 社 事 業 戦 略 2012 年 5 月 23 日 パナソニック 株 式 会 社 エナジー 社 社 長 伊 藤 正 人 目 次 2 1.ドメイン 概 要 2. 事 業 方 針 成 長 戦 略 3.まとめ 1 目 次 3 1.ドメイン 概 要 2. 事 業 方 針 成 長 戦 略 3.まとめ エナジー 社 概 要 4 名 称 責 任 者 設 立 事

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カンボジア 投 資 セミナー( 日 本 アセアンセンター 駐 日 カンボジア 王 国 大 使 館 主 催 ) カンボジアでのビジネスの 可 能 性 ~カンボジアへの 投 資 促 進 に 関 する 調 査 結 果 を 踏 まえて~ 2006 年 11 月 15 日 : 名 古 屋 11 月 17 日 : 東 京 JICAカンボジア 国 経 済 政 策 支 援 調 査 団 1 目 次 1. 調 査 の

More information

不動産コンサルティング業務委託契約書(案)

不動産コンサルティング業務委託契約書(案) Ⅰ. 学 習 にあたって この 学 習 にあたって は 不 動 産 コンサルティング 技 能 試 験 の 受 験 のために 学 習 すべき 範 囲 なら びに 学 習 上 の 留 意 点 を 示 したものです 以 下 各 科 目 別 に 説 明 します なお 試 験 問 題 の 主 な 出 題 範 囲 については Ⅱ.に 記 載 していますので 参 照 してください 1. 事 業 実 務 不 動 産

More information

2 政 策 目 的 達 成 時 期 我 が 国 皮 革 産 業 及 び 革 靴 産 業 が 構 造 改 善 を 行 い アジア 諸 国 からの 低 価 格 品 及 び 欧 州 からの 高 価 格 品 と 対 抗 しうる 国 際 競 争 力 が 備 わるまで 本 制 度 を 維 持 する 必 要 があ

2 政 策 目 的 達 成 時 期 我 が 国 皮 革 産 業 及 び 革 靴 産 業 が 構 造 改 善 を 行 い アジア 諸 国 からの 低 価 格 品 及 び 欧 州 からの 高 価 格 品 と 対 抗 しうる 国 際 競 争 力 が 備 わるまで 本 制 度 を 維 持 する 必 要 があ 整 理 番 号 : 経 済 産 業 省 7 平 成 28 年 度 関 税 率 関 税 制 度 改 正 要 望 事 項 調 査 票 ( 延 長 ) 要 望 元 : 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 紙 業 服 飾 品 課 品 名 ( 関 税 率 関 係 ) 又 は 皮 革 革 靴 の 関 税 割 当 制 度 制 度 名 ( 関 税 制 度 関 係 ) 改 正 要 望 の 内 容 改 正 を 要

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

目 的 状 況 予 資 金 流 れ 途 費 目 使 活 動 実 績 成 果 実 績 事 業 所 管 部 局 による 点 検 評 価 項 目 評 価 に 関 する 説 明 広 く 国 民 ニーズがあり 優 先 度 が 高 い 事 業 であるか 憲 法 で 保 障 されている 国 民 基 本 的 人 権

目 的 状 況 予 資 金 流 れ 途 費 目 使 活 動 実 績 成 果 実 績 事 業 所 管 部 局 による 点 検 評 価 項 目 評 価 に 関 する 説 明 広 く 国 民 ニーズがあり 優 先 度 が 高 い 事 業 であるか 憲 法 で 保 障 されている 国 民 基 本 的 人 権 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 人 権 擁 護 委 員 法 法 務 省 設 置 法 第 4 条 第 8 号 事 業 番 号 009 平 成 4 年 行 政 事 業 レビューシート ( 法 務 省 ) 事 業 名 人 権 擁 護 委 員 活 動 実 施 担 当 部 局 庁 人 権 擁 護 局 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 昭 和 3 年 度 担 当 課 室

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203130944E318C8E8AFA81408C888E5A925A904D95E291AB90E096BE8E9197BF81798DC58F4994C5817A8F4390B3>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203130944E318C8E8AFA81408C888E5A925A904D95E291AB90E096BE8E9197BF81798DC58F4994C5817A8F4390B3> 第 48 期 ( 10 年 1 月 期 ) 決 算 短 信 ( 非 連 結 ) 補 足 説 明 資 料 2010 年 3 月 12 日 Listed Company 2163 目 次 Ⅰ 第 48 期 ( 10 年 1 月 期 ) 決 算 概 要 Ⅱ 第 49 期 ( 11 年 1 月 期 ) 業 績 予 想 Ⅲ 今 後 の 成 長 の 為 の 骨 格 Ⅳ 参 考 資 料 -2- Copyright(C)

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

要 望 事 項

要 望 事 項 平 成 28 年 度 自 動 車 関 係 諸 税 に 関 する 要 望 書 平 成 2 7 年 7 月 自 動 車 総 連 ( 全 日 本 自 動 車 産 業 労 働 組 合 総 連 合 会 ) 会 長 相 原 康 伸 目 次 < 要 望 事 項 > 1. 車 体 課 税 を 抜 本 的 に 見 直 し 簡 素 化 負 担 の 軽 減 を 図 る 1) 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 する 2)

More information

スライド 1

スライド 1 官 : 国 家 戦 略 としての 宇 宙 和 歌 山 大 学 宇 宙 教 育 研 究 所 所 長 / 特 任 教 授 秋 山 演 亮 我 が 国 の 現 状 1 失 われた10 年 失 われた20 年 失 われた30 年 2 経 産 省 産 業 競 争 力 部 会 日 本 経 済 の 行 き 詰 まりは 深 刻 この 行 き 詰 まりは 一 過 性 のものではなく 3つの 構 造 的 問 題 が 存

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 平 成 28 年 7 月 26 日 一 般 社 団 法 人 プレハブ 建 築 協 会 会 長 樋 口 武 男 平 成 28 年 度 補 正 予 算 並 びに 平 成 29 年 度 住 宅 関 連 税 制 及 び 予 算 制 度 改 正 要 望 昨 年 政 府 は 新 三 本 の 矢 として 希 望 を 生 み 出 す 経 済 夢 をつなぐ 子 育 て 支

More information

untitled

untitled 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 下 記 の 理 由 で 事 務 椅 子 代 の 按 分 50%の20,400 円 の 返 還 を 求 める 大 泉 議 員 は 平 成 23 年 度 11 月 16 日 に 液 晶 テレビ31,800 円 を 按 分 なしで さらに 翌 年 3 月 20 日 に 事 務 椅 子 7,980 円 を 按 分 なしで 購

More information

改正耐震改修促進法について

改正耐震改修促進法について 事 務 所 ビルの 耐 震 化 を 巡 る 課 題 と 取 組 ( 一 社 ) 日 本 ビルヂング 協 会 連 合 会 常 務 理 事 小 川 富 由 平 成 25 年 11 月 1 本 日 のお 話 震 災 での 建 築 物 の 被 害 と 耐 震 改 修 東 日 本 大 震 災 阪 神 大 震 災 での 被 害 耐 震 改 修 促 進 法 の 仕 組 み 平 成 25 年 耐 震 改 修 促 進

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

工作機械事業本部 事業説明会

工作機械事業本部 事業説明会 工 作 機 械 事 業 本 部 事 業 説 明 会 工 作 機 械 事 業 本 部 長 樹 神 幸 夫 2012.6.11 1 2012 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. All Rights Reserved. 工 作 機 械 事 業 本 部 と 事 業 ドメインとの 関 係 事 業 ドメイン 顧 客 市 場 船 舶 海 洋 セグメント 原 動 機 機 械 鉄 構

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63> 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随

More information

地 域 産 品 輸 出 商 談 会 ( 瀬 戸 内 産 品 輸 出 商 談 会 in 香 港 ) 1. 日 時 : 12 月 27 日 ( 金 )14:00-18:30 2. 場 所 : 香 港 日 本 人 倶 楽 部 3. 概 要 参 加 企 業 数 : 14 社 来 場 者 : 29 社 (46

地 域 産 品 輸 出 商 談 会 ( 瀬 戸 内 産 品 輸 出 商 談 会 in 香 港 ) 1. 日 時 : 12 月 27 日 ( 金 )14:00-18:30 2. 場 所 : 香 港 日 本 人 倶 楽 部 3. 概 要 参 加 企 業 数 : 14 社 来 場 者 : 29 社 (46 今 月 のトピックス 香 港 における 日 本 食 品 関 連 市 場 調 査 産 業 部 国 際 課 TEL 082-224-5659 日 本 食 への 関 心 が 高 まっている 香 港 において 自 治 体 JETRO 等 との 連 携 による 地 域 産 品 の 輸 出 商 談 会 物 産 展 が 開 催 されました 中 国 経 済 産 業 局 では 中 国 地 域 産 の 加 工 食 品

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

◎基調講演講師紹介

◎基調講演講師紹介 厚 生 労 働 省 受 託 事 業 平 成 25 年 度 大 阪 府 職 業 能 力 開 発 異 業 種 交 流 シンポジウム 開 催 案 内 1 開 催 テ ー マ 若 年 雇 用 と 人 材 育 成 我 が 国 の 人 口 は 今 後 減 少 していくことが 予 想 されており 現 在 の 若 者 (15~39 歳 ) は 少 子 高 齢 化 が 急 速 に 進 む 社 会 で 成 長 し これからは

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095BD90AC3232944E937894AD928D95FB8EAE93998EE688F88FF08C8F82C98AD682B782E992B28DB8955B816990658E968BC68ED28CFC82AF816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095BD90AC3232944E937894AD928D95FB8EAE93998EE688F88FF08C8F82C98AD682B782E992B28DB8955B816990658E968BC68ED28CFC82AF816A> 各 位 平 成 23 年 1 月 吉 日 平 成 22 年 度 発 注 方 式 等 取 引 条 件 改 善 調 査 ( 親 事 業 者 向 け) ご 協 力 のお 願 い 我 が 国 の 景 気 は このところ 足 踏 み 状 況 にあり 海 外 景 気 の 下 振 れ 懸 念 や 為 替 レート 株 価 の 変 動 などに より 厳 しい 状 況 に 置 かれています そうした 中 で 中 小 小

More information

Microsoft Word NO0082

Microsoft Word NO0082 2014.11.28 No.0082 発 行 / 毎 週 金 曜 日 一 般 社 団 法 人 全 国 住 宅 産 業 協 会 102-0083 東 京 都 千 代 田 区 麹 町 5-3 TEL03-3511-0611 FAX03-3511-0616 全 住 協 HP http://www.zenjukyo.jp/ 創 エネ 住 宅 は 太 陽 光 発 電 駆 込 需 要 等 で 累 計 200 万

More information

<32348AFA837D8393835683878393838C837C815B836728323031332E31302D323031342E39292E786C73>

<32348AFA837D8393835683878393838C837C815B836728323031332E31302D323031342E39292E786C73> News Release 平 成 26 年 11 月 06 日 株 式 会 社 日 本 財 託 賃 貸 管 理 会 社 の 日 本 財 託 が 賃 貸 実 績 レポートを 発 行 全 国 で 空 き 家 が 拡 大 するなか 23 区 のワンルームマンションの 空 室 期 間 は2 年 連 続 短 縮 東 京 23 区 投 資 用 マンション 販 売 賃 貸 管 理 を 行 う 株 式 会 社 日

More information

Microsoft PowerPoint - 中期経営計画 確定版.ppt

Microsoft PowerPoint - 中期経営計画 確定版.ppt バンテックグループ 中 期 経 営 計 画 (2008-2010) BASIC & INNOVATIVE 基 本 に 立 ち 帰 り グローバル 新 時 代 を 切 り 拓 く 2008 年 5 月 16 日 株 式 会 社 バンテック グループ ホールディングス お 問 合 せ 先 経 理 財 務 部 IRグループ 045-410-0325 目 次 1. 中 期 計 画 の 位 置 づけ 基 本

More information

Microsoft PowerPoint - 2015.11

Microsoft PowerPoint - 2015.11 企 業 が 有 効 活 用 できる HIDAの 主 な 事 業 紹 介 一 般 財 団 法 人 海 外 産 業 人 材 育 成 協 会 2015 年 11 月 JASAグローバルフォーラム 1 1. HIDA(ハイタ )とは The Overseas Human Resources and Industry Development Association 一 般 財 団 法 人 海 外 産 業 人

More information

区 長 新 年 挨 拶

区 長 新 年 挨 拶 山 本 議 員 の ご 質 問 に お 答 え い た し ま す 最 初 に 行 財 政 改 革 と 財 政 状 況 に 関 す る ご 質 問 に お 答 え し ま す まず 予 算 編 成 の 考 え 方 と 財 政 見 通 し に ついてのお 尋 ね で す が 財 政 見 通 し に つ い て は 復 興 需 要 等 を 背 景 として 国 内 景 気 の 緩 やかな 回 復 が 見

More information

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激 アベノミクスと 雇 用 改 革 竹 田 茂 夫 法 政 大 学 経 済 学 部 2013 11.16 アベノミクス 雇 用 改 革 背 景 政 策 理 念 背 景 労 働 法 制 をめぐる 対 立 1 アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義

More information

既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 2 論 点 1 : 制 度 フレーム 1 性 能 向 上 / 長 期 優 良 化 リフォームについ て 市 場 が 現 実 的 に 動 く 仕 組 みとすること に 配

既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 2 論 点 1 : 制 度 フレーム 1 性 能 向 上 / 長 期 優 良 化 リフォームについ て 市 場 が 現 実 的 に 動 く 仕 組 みとすること に 配 既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 1 既 存 住 宅 に 対 する 既 成 概 念 や 評 価 を 変 える 既 存 住 宅 の 性 能 を 評 価 する ( 優 良 なものとそうでないものが 明 らかになる) 既 存 住 宅 は 新 築 住 宅 より 劣 る というイメージを 払 拭 する 1 性 能

More information

スライド 1

スライド 1 タイ 投 資 セミナー in 仙 台 札 幌 最 近 の 日 本 企 業 の 進 出 動 向 とタイの 魅 力 目 次 1. タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 2. タイのビジネス 環 境 上 の 優 位 点 ~ 生 産 拠 点 として 消 費 市 場 として~ 3. の 課 題 4.まとめ 2 1.タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 3 ASEANでは 日 本 企 業 はタイに

More information

講 演 1 等 の 一 部 を 改 正 する 律 ( 関 係 ) 講 師 : 総 務 省 情 報 通 信 国 際 戦 略 局 情 報 通 信 政 策 課 課 長 補 佐 影 井 敬 義 様

講 演 1 等 の 一 部 を 改 正 する 律 ( 関 係 ) 講 師 : 総 務 省 情 報 通 信 国 際 戦 略 局 情 報 通 信 政 策 課 課 長 補 佐 影 井 敬 義 様 第 80 回 電 波 利 用 懇 話 会 等 の 律 改 正 について 日 時 : 2011 年 1 月 31 日 ( 月 ) 午 後 2 時 ~3 時 30 分 場 所 : 社 団 人 電 波 産 業 会 会 議 室 ( 日 土 地 ビル 11 階 ) 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1-4-1 TEL: 03-5510-8592 主 催 社 団 人 電 波 産 業 会 講 演 1 等 の

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 7 月 名 古 屋 商 工 会 議 所 我 が 国 の 経 済 情 勢 は 安 倍 政 権 下 での 金 融 財 政 政 策 が 功 を 奏 し 極 端 な 円 高 水 準 の 是 正 や 株 価 の 上 昇 とともに 本 年 4 月 以 降 の 消 費 増 税 の 影 響 を 吸 収 しつ つ 経 済 再 生 とデフレ

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

平成○年○月期  決算短信(連結)      平成  年  月  日

平成○年○月期  決算短信(連結)      平成  年  月  日 平 成 20 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 20 年 5 月 12 日 上 場 会 社 名 古 河 スカイ 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 コード 番 号 :5741 URL http://www.furukawa-sky.co.jp/ 代 表 者 代 表 取 締 役 社 長 氏 名 原 正 照 問 合 せ 先 責 任 者 経 理 部 長 氏 名 要 隆 明 TEL:(03)5295-3800(

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

本 日 の 話 題 住 宅 政 策 と 中 古 住 宅 市 場 整 備 空 き 家 対 策 耐 震 化 の 現 状 中 古 住 宅 市 場 の 現 状 と 課 題 基 本 的 な 考 え 方 と 展 望 2

本 日 の 話 題 住 宅 政 策 と 中 古 住 宅 市 場 整 備 空 き 家 対 策 耐 震 化 の 現 状 中 古 住 宅 市 場 の 現 状 と 課 題 基 本 的 な 考 え 方 と 展 望 2 住 宅 長 期 保 証 支 援 センター 2015 年 度 総 会 基 調 講 演 な ぜ 今 更 中 古 住 宅 市 場 の 活 性 化 を 唱 え る の か - 空 き 家 対 策 耐 震 化 推 進 へのひとつの 回 答 - 大 阪 商 業 大 学 経 済 学 部 大 学 院 地 域 政 策 学 研 究 科 西 嶋 淳 本 日 の 話 題 住 宅 政 策 と 中 古 住 宅 市 場 整 備

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提 第 3 章 外 国 人 の 住 まいに 関 する 情 報 提 供 事 例 等 1. 各 団 体 における 情 報 提 供 事 例 等 (1) 埼 玉 県 ( 彩 の 国 外 国 人 住 居 アドバイザー 制 度 ) 不 動 産 業 者 団 体 からの 推 薦 で 埼 玉 県 及 び( 財 ) 埼 玉 県 国 際 交 流 協 会 から 委 嘱 された 住 居 アドバイザーが ボランティアで 住 まいについて

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

「中期経営計画」

「中期経営計画」 各 位 ( 財 ) 財 務 会 計 基 準 機 構 会 員 2014 年 3 月 4 日 会 社 名 日 華 化 学 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 江 守 康 昌 コード 番 号 4463 名 証 第 2 部 問 合 せ 先 執 行 役 員 管 理 部 門 副 部 門 長 澤 崎 祥 也 TEL (0776)24-0213 NICCA 中 期 経 営 計 画 について

More information

<5461726F2D837083758352838188D38CA989F1939A2E6A7464>

<5461726F2D837083758352838188D38CA989F1939A2E6A7464> 総 合 物 流 施 策 大 綱 (2013-2017) 案 に 関 する パブリックコメントの 募 集 結 果 について 平 成 25 年 6 月 25 日 国 土 交 通 省 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 経 済 産 業 省 では 総 合 物 流 施 策 大 綱 (2013-2017) 案 について ホー ムページを 通 じてご 意 見 を 募 集 したところ 7 名 の 方 から22

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 (

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 ( 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネシ メント 計 画 2015( 平 成 27) 年 4 月 坂 戸 市 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 )

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc 所 得 階 級 別 にみる 消 費 の 変 化 について 家 計 の 所 得 を 勤 労 者 の 現 金 給 与 総 額 でみると 9 年 月 期 をピクに 減 少 に 転 じ た 後 年 79 月 期 を 底 にやや 持 ち 直 していたが 8 年 になって 伸 び 悩 みがみられ る 同 様 に 家 計 の 最 終 消 費 支 出 は 概 ね 右 肩 上 がりの 増 加 が 続 いていたが 8

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし EV PHV 普 及 に 向 けた 経 済 産 業 省 の 取 組 について 2015 年 6 月 8 日 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 電 池 次 世 代 技 術 ITS 推 進 室 長 吉 田 健 一 郎 化 石 燃 料 への 依 存 とCO2 排 出 化 石 燃 料 への 依 存 度 95% 以 上 運 輸 部 門 からのCO2 排 出 量 は 日 本 全 体 の 排

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

資料2-2-2 第10回科学技術予測調査 国際的視点からのシナリオプランニング【科学技術・学術政策研究所】1/2

資料2-2-2 第10回科学技術予測調査 国際的視点からのシナリオプランニング【科学技術・学術政策研究所】1/2 資 料 2-2-2 科 学 技 術 学 術 審 議 会 総 会 ( 第 52 回 ) H27.9.9 第 10 回 科 学 技 術 予 測 調 査 国 際 的 視 点 からの シナリオプランニング 科 学 技 術 学 術 審 議 会 資 料 2015 年 9 月 9 日 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 第 10 回 科 学 技 術 予 測 調 査 の 概 要 概 要

More information

また 長 らく0 災 を 続 けて 参 りましたが 41 期 は4 件 の 労 災 事 故 が 発 生 致 し ました 幸 い 不 休 災 害 でありましたが 安 全 衛 生 委 員 会 による 安 全 に 関 わる 定 期 的 なパトロールや 設 備 の 点 検 朝 礼 毎 の 安 全 コールだけ

また 長 らく0 災 を 続 けて 参 りましたが 41 期 は4 件 の 労 災 事 故 が 発 生 致 し ました 幸 い 不 休 災 害 でありましたが 安 全 衛 生 委 員 会 による 安 全 に 関 わる 定 期 的 なパトロールや 設 備 の 点 検 朝 礼 毎 の 安 全 コールだけ 41 期 (2015 年 度 )の 振 り 返 りと42 期 (2016 年 度 )の 展 望 はじめに 2015 年 度 は アベノミクスの 円 安 株 高 施 策 をうけて 日 経 平 均 株 価 は2 万 円 の 大 台 を15 年 ぶりに 回 復 し 円 相 場 は125 円 台 を13 年 ぶりに 付 けるなど 経 済 にも 大 きな 変 化 があったものの 中 国 経 済 の 減 速 や

More information

Microsoft Word - 20120524_ 体裁微修正 中国セミナー第7回講演録ウェブ掲載用(0420).doc

Microsoft Word - 20120524_ 体裁微修正 中国セミナー第7回講演録ウェブ掲載用(0420).doc フォーラム 中 国 ビジネスを 理 解 する シリーズ 第 7 回 (4 月 20 日 ) 講 演 録 第 7 回 中 国 経 済 の 実 情 日 時 :2012 年 4 月 20 日 ( 金 ) 場 所 : 早 稲 田 大 学 日 本 橋 キャンパス ホール 報 告 急 成 長 を 遂 げてきた 中 国 経 済 が 失 速 しつつある 中 国 政 府 は 悪 化 する 財 政 を 立 て 直 すため

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財 様 式 1) 計 画 書 目 次 [ 経 済 局 ] 5 款 1 項 2 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 28 年 度 27 年 度 増 減 28-27) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 企 誘 致 促 進 3,174,89 3,173,552 3,158,145 3,157,191 15,944

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

窓口支援担当者募集要項

窓口支援担当者募集要項 平 成 27 年 2 月 窓 口 相 談 支 援 事 業 における 窓 口 支 援 担 当 者 募 集 要 項 一 般 社 団 法 人 発 明 推 進 協 会 次 により 全 国 各 地 域 の 知 財 総 合 支 援 窓 口 において 中 小 企 業 等 における 知 的 財 産 の 活 用 事 業 化 促 進 のための 支 援 を 行 う 窓 口 支 援 担 当 者 を 募 集 します 1. 事

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

「リース手法を活用した先端設備等導入促進補償制度推進事業」事務局

「リース手法を活用した先端設備等導入促進補償制度推進事業」事務局 ( 様 式 第 1) 平 成 年 月 日 先 端 設 備 等 導 入 支 援 契 約 締 結 申 込 書 一 般 社 団 法 人 低 炭 素 投 資 促 進 機 構 理 事 長 殿 日 付 を 忘 れずに 記 入 すること 申 請 者 住 所 氏 名 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 印 社 印 押 印 必 須 リース 手 法 を 活 用 した 先 端 設 備 等 導 入 促 進 補 償

More information