(<例1>政府税制調査会:3月)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(<例1>政府税制調査会:3月)"

Transcription

1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会

2

3 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球 温 暖 化 対 策 に 係 る 税 財 源 の 確 保 充 実 6 6 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 7 7 社 会 保 障 税 番 号 制 度 導 入 への 対 応 9 8 還 付 加 算 金 の 割 合 の 引 下 げ 10 9 個 人 住 民 税 の 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 制 度 について (1) 市 外 転 出 者 等 に 係 る 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 継 続 について 11 (2) 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 対 象 とならない 年 金 受 給 者 の 給 与 からの 特 別 徴 収 の 実 施 について 12 (3) 特 別 徴 収 対 象 者 通 知 の 早 期 送 信 等 について 13 (4) 仮 特 別 徴 収 制 度 の 見 直 しについて 固 定 資 産 税 等 の 優 先 徴 収 制 度 の 創 設 税 制 改 正 に 伴 う 地 方 税 法 の 改 正 時 期 地 方 税 制 に 関 する 指 定 都 市 の 意 見 の 反 映 20

4 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 国 地 方 間 の 税 源 配 分 の 是 正 を 図 る 中 で 税 収 が 安 定 した 市 町 村 の 基 幹 税 目 である 個 人 住 民 税 の 一 層 の 充 実 を 図 ること 2 個 人 住 民 税 の 応 益 的 な 性 格 等 を 踏 まえ 政 策 誘 導 的 な 控 除 について 見 直 しを 行 うなど 課 税 ベースの 拡 大 を 図 ること 3 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 に 当 たって 利 子 配 当 など 資 産 性 所 得 に 係 る 個 人 住 民 税 の 税 率 を 見 直 す 際 には 給 与 所 得 等 に 係 る 税 率 と 同 水 準 と し その 配 分 割 合 を 拡 充 すること 4 個 人 住 民 税 均 等 割 の 税 率 については 個 人 の 税 負 担 の 動 向 等 にも 十 分 考 慮 を 払 いつつ 適 切 な 見 直 しを 行 うこと 1 個 人 住 民 税 は 地 域 社 会 の 費 用 を 広 く 分 担 する 税 であり 基 礎 的 行 政 サ ービスの 提 供 を 安 定 的 に 支 えていく 上 で 極 めて 重 要 な 税 源 である 平 成 19 年 度 に 所 得 税 から 個 人 住 民 税 への3 兆 円 規 模 の 税 源 移 譲 が 実 現 したものの 個 人 住 民 税 は 税 収 が 安 定 した 市 町 村 の 基 幹 税 目 であることを 考 慮 し 引 き 続 き 国 地 方 間 の 税 源 配 分 の 是 正 を 図 る 中 で より 一 層 の 充 実 を 図 る 必 要 がある 2 少 子 高 齢 化 の 進 展 雇 用 形 態 や 就 業 構 造 の 変 化 に 対 応 し 個 々 人 や 社 会 全 体 の 活 力 を 引 き 出 す 観 点 から 個 人 の 経 済 社 会 活 動 の 多 様 な 選 択 につ いて 税 制 がこれをできる 限 り 阻 害 しないよう 中 立 的 な 仕 組 みとしていく ことが 重 要 である さらに 国 民 にとって 分 かりやすい 簡 素 な 仕 組 みとなるよう 複 雑 化 した 制 度 の 整 理 合 理 化 を 図 ることも 課 題 となる このような 考 え 方 や 個 人 住 民 税 の 応 益 的 な 性 格 を 踏 まえ 低 所 得 者 への 影 響 にも 留 意 しつつ 政 策 誘 導 的 な 控 除 について 見 直 しを 行 うなど 課 税 ベース の 拡 大 を 図 ることが 必 要 である 3 現 在 利 子 配 当 株 式 土 地 等 の 譲 渡 益 といった 資 産 性 所 得 において は 一 部 を 除 き 給 与 所 得 等 に 係 る 税 率 10%よりも 低 い 税 率 となってい る 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 に 当 たっては 当 面 資 産 性 所 得 に 係 る 税 率 を 給 与 所 得 等 に 係 る 税 率 と 同 水 準 とし 資 産 性 所 得 課 税 に 係 る 個 人 住 民 税 の 配 分 割 合 を 拡 充 することが 必 要 である 4 個 人 住 民 税 均 等 割 の 標 準 税 率 については 1 人 当 たりの 国 民 所 得 や 地 方 歳 出 等 の 伸 びを 勘 案 すると なお 低 い 水 準 にとどまっていることから 個 人 の 税 負 担 の 動 向 等 にも 十 分 考 慮 を 払 いつつ 適 切 な 見 直 しがされる 必 要 がある - 1 -

5 利 子 配 当 株 式 土 地 等 の 譲 渡 益 等 に 係 る 個 人 住 民 税 所 得 税 の 税 率 給 与 所 得 等 その 他 の 所 得 ( 総 合 課 税 ) 預 貯 金 公 社 債 等 の 利 子 等 税 率 個 人 住 民 税 所 得 税 10% 最 低 5% 最 高 40% 5% 15% 配 当 等 株 式 等 譲 渡 所 得 土 地 等 譲 渡 所 得 上 場 株 式 等 5%(~H25:3%) 15%(~H25:7%) 上 場 株 式 等 以 外 ( 総 合 課 税 ) 10% 最 低 5% 最 高 40% 上 場 株 式 等 5%(~H25:3%) 15%(~H25:7%) 上 場 株 式 等 以 外 5% 15% 長 期 保 有 一 般 5% 15% 長 期 保 有 優 良 宅 地 等 ~2,000 万 円 :4% 2,000 万 円 :5% ~2,000 万 円 :10% 2,000 万 円 :15% 短 期 保 有 9% 30% 先 物 取 引 5% 15% 総 合 課 税 の 税 率 (10%)よりも 低 い! 個 人 市 民 税 均 等 割 の 税 率 等 の 推 移 ( 昭 和 30 年 度 =100) 昭 和 30 年 度 平 成 22 年 度 税 率 人 当 たりの 国 民 所 得 100 3,542 1 人 当 たりの 国 民 所 得 等 と 比 べると 伸 びが 非 常 に 低 い! 1 人 当 たりの 地 方 歳 出 額 1 人 当 たりの 消 費 支 出 100 5, ,

6 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 1 都 市 的 税 目 である 法 人 住 民 税 について 大 都 市 特 有 の 財 政 需 要 に 対 応 するため 国 地 方 間 の 税 源 配 分 の 是 正 を 図 る 中 で 配 分 割 合 の 拡 充 を 図 ること 2 法 人 住 民 税 について 受 益 と 負 担 の 関 係 に 反 する 単 なる 地 方 間 の 税 収 の 再 配 分 となるような 制 度 の 見 直 しは 行 わないこと 1 法 人 住 民 税 は 地 域 の 構 成 員 である 法 人 が 市 町 村 から 産 業 集 積 に 伴 う 社 会 資 本 整 備 などの 行 政 サービスの 提 供 を 受 けていることに 対 する 負 担 で あり 市 町 村 の 基 幹 税 目 として 重 要 な 役 割 を 果 たしている 加 えて 指 定 都 市 には 圏 域 の 中 枢 都 市 としての 役 割 や 人 口 の 集 中 産 業 の 集 積 に 伴 う 都 市 的 課 題 から 生 じる 大 都 市 特 有 の 財 政 需 要 があり 法 人 住 民 税 は 重 要 な 税 源 である しかしながら 法 人 所 得 課 税 の 市 町 村 への 配 分 割 合 が 7.9%と 極 めて 低 く 大 都 市 特 有 の 財 政 需 要 に 対 応 した 税 収 が 確 保 できない 仕 組 みになって いる 現 状 を 踏 まえると 法 人 住 民 税 については 国 地 方 間 の 税 源 配 分 の 是 正 を 図 る 中 で その 配 分 割 合 の 拡 充 を 図 る 必 要 がある 2 地 方 法 人 課 税 のあり 方 を 見 直 す 場 合 に 法 人 住 民 税 について 地 域 間 の 財 政 力 格 差 の 是 正 を 名 目 として 地 方 間 の 税 収 の 再 配 分 を 行 うような 制 度 の 見 直 しを 行 うのであれば 受 益 と 負 担 の 関 係 に 反 するものであり 到 底 容 認 できるものではない 法 人 所 得 課 税 の 配 分 割 合 ( 実 効 税 率 ) 道 府 県 税 10.5% 市 町 村 税 7.9% 国 税 81.6% 市 町 村 税 の 配 分 割 合 が 極 めて 低 い! 注 1 実 効 税 率 は 法 人 事 業 税 及 び 地 方 法 人 特 別 税 が 損 金 算 入 されることを 調 整 した 後 の 税 率 である 2 資 本 金 が1 億 円 を 超 える 法 人 を 対 象 とした 場 合 である 3 復 興 特 別 法 人 税 を 加 味 した 数 値 である - 3 -

7 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 地 方 消 費 税 は 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 した 地 方 の 重 要 な 財 源 であり 地 方 税 にふさわしく また 税 率 引 上 げ 分 以 外 のいわゆる 現 行 分 の 地 方 消 費 税 については 都 市 における 消 費 流 通 活 動 に 伴 って 必 要 となる 都 市 インフラの 整 備 等 の 財 政 需 要 を 賄 うにふさわしい 都 市 税 源 で あり 国 地 方 の 税 源 配 分 の 是 正 を 図 る 中 で より 一 層 の 充 実 を 図 ること 地 方 消 費 税 は 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 した 地 方 の 重 要 な 財 源 であ り 地 方 税 にふさわしく また 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 税 制 の 抜 本 的 な 改 革 を 行 うための 地 方 税 法 及 び 地 方 交 付 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 で 改 められる 地 方 税 法 第 72 条 の116に 規 定 する 地 方 消 費 税 収 の 使 途 ( 改 正 後 の 消 費 税 法 第 1 条 第 2 項 に 規 定 する 社 会 保 障 4 経 費 その 他 社 会 保 障 施 策 に 要 する 経 費 )に 充 てることとされていない いわゆる 現 行 分 の 地 方 消 費 税 に ついては 都 市 における 消 費 流 通 活 動 に 伴 って 必 要 となる 都 市 インフラの 整 備 等 の 財 政 需 要 を 賄 うにふさわしい 都 市 税 源 であり 国 地 方 の 税 源 配 分 の 是 正 を 図 る 中 で より 一 層 の 充 実 が 必 要 である - 4 -

8 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 につい て 1 地 方 税 に 係 る 税 制 抜 本 改 革 法 において 税 率 引 上 げ 分 の 地 方 消 費 税 収 については その 使 途 を 社 会 保 障 経 費 として 明 確 化 するとされている が 使 途 として 対 象 とする 社 会 保 障 経 費 の 範 囲 を 国 が 一 方 的 に 判 断 す るのではなく 地 方 公 共 団 体 の 実 情 に 応 じて 柔 軟 に 定 めることができる よう 地 方 公 共 団 体 の 意 見 を 十 分 に 反 映 させること 2 納 税 相 談 を 伴 う 申 告 書 の 収 受 等 消 費 税 地 方 消 費 税 の 賦 課 徴 収 に 係 る 地 方 の 役 割 拡 大 については 実 務 上 の 問 題 点 を 整 理 し 検 討 するに 当 たっては 指 定 都 市 を 含 めた 地 方 公 共 団 体 の 意 見 を 十 分 に 反 映 させるこ と 1 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 税 制 の 抜 本 的 な 改 革 を 行 うための 地 方 税 法 及 び 地 方 交 付 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 地 方 税 に 係 る 税 制 抜 本 改 革 法 )において 税 率 引 上 げ 分 の 地 方 消 費 税 収 については その 使 途 を 明 確 化 ( 社 会 保 障 4 経 費 及 びその 他 社 会 保 障 施 策 に 要 する 経 費 )するとされて おり 平 成 21 年 度 税 制 改 正 法 附 則 第 104 条 においても 地 方 分 権 の 推 進 及 び 国 と 地 方 を 通 じた 社 会 保 障 制 度 の 安 定 財 源 の 確 保 の 観 点 から 地 方 消 費 税 の 充 実 を 検 討 する とされている こうしたことから 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 構 築 に 当 たっては 社 会 保 障 サービスが 国 と 地 方 で 一 体 的 に 提 供 されていることや 国 庫 補 助 事 業 を 補 完 する 地 方 単 独 事 業 の 役 割 を 十 分 に 理 解 する 必 要 がある したがって 税 率 引 上 げ 分 の 地 方 消 費 税 収 の 使 途 については 国 が 一 方 的 に 判 断 するのではなく 地 方 単 独 事 業 を 含 めた 地 方 の 社 会 保 障 に 要 する 費 用 に 幅 広 く 充 てられるようにすべきであり 各 地 方 公 共 団 体 の 判 断 により 柔 軟 に 定 めることができるよう 地 方 公 共 団 体 の 意 見 を 十 分 に 反 映 させる 必 要 がある 2 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 税 制 の 抜 本 的 な 改 革 を 行 うための 消 費 税 法 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 第 7 条 第 1 号 リにおいて 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 を 拡 大 するため 当 面 現 行 の 制 度 の 下 でも 可 能 な 納 税 に 関 する 相 談 を 伴 う 収 受 等 の 取 組 を 進 めた 上 で 地 方 公 共 団 体 における 体 制 の 整 備 状 況 等 を 見 極 めつつ 消 費 税 を 含 む 税 制 の 抜 本 的 な 改 革 を 行 う 時 期 を 目 途 に 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 を 地 方 公 共 団 体 に 対 して 行 うことを 可 能 とする 制 度 の 導 入 等 について 実 務 上 の 問 題 点 を 十 分 に 整 理 して 検 討 する とされたが 当 面 の 収 受 等 の 取 組 を 進 めるに 当 たり 国 は 十 分 な 支 援 等 を 行 うこと また 制 度 の 導 入 等 の 検 討 に 当 たっては 指 定 都 市 を 含 めた 地 方 公 共 団 体 の 意 見 を 十 分 に 反 映 させる 必 要 がある - 5 -

9 5 地 球 温 暖 化 対 策 に 係 る 税 財 源 の 確 保 充 実 地 方 公 共 団 体 が 地 球 温 暖 化 対 策 に 果 たす 役 割 と 責 任 などを 踏 まえ 地 球 温 暖 化 対 策 に 係 る 諸 施 策 を 地 域 において 総 合 的 に 進 めるための 市 町 村 の 税 財 源 を 確 保 充 実 する 制 度 を 早 急 に 創 設 すること 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 においては 地 球 温 暖 化 対 策 に 関 する 国 と 地 方 の 役 割 分 担 を 踏 まえ 地 方 財 源 を 確 保 充 実 する 仕 組 みについて 平 成 25 年 度 実 施 に 向 けた 成 案 を 得 るべく 更 に 検 討 を 進 める こととされたが その 具 体 的 内 容 は 明 らかにされていない 地 方 公 共 団 体 は 従 来 から 地 球 温 暖 化 対 策 について 様 々な 分 野 で 多 くの 事 業 を 実 施 してきているとともに 地 球 温 暖 化 対 策 に 果 たす 大 きな 役 割 と 責 任 を 担 っている このことを 踏 まえ エネルギー 起 源 CO 2 排 出 抑 制 策 森 林 吸 収 源 対 策 などの 地 球 温 暖 化 対 策 に 係 る 諸 施 策 を 地 域 において 総 合 的 に 進 め るための 市 町 村 の 税 財 源 を 確 保 充 実 する 制 度 を 早 急 に 創 設 する 必 要 がある 地 方 公 共 団 体 の 地 球 温 暖 化 対 策 ( 平 成 22 年 度 予 算 ) これに 加 え その 他 の 環 境 対 策 ( 大 気 汚 染 騒 音 振 動 水 質 汚 濁 等 )の 取 組 として 指 定 都 市 では 約 5,300 億 円 を 予 算 措 置 ( 単 位 : 億 円 %) 地 球 温 暖 化 対 策 取 組 例 都 道 府 県 市 町 村 事 業 費 事 業 費 うち 指 定 都 市 事 業 費 指 定 都 市 / 市 町 村 エネルギー 起 源 のCO2 関 連 市 バス 等 のサービス 利 便 性 向 上 を 通 じた 公 共 交 通 機 関 の 利 用 促 進 都 市 公 園 街 路 等 の 緑 化 や 官 公 庁 の 屋 上 等 の 緑 化 太 陽 光 発 電 設 備 の 導 入 促 進 非 エネルギー 起 源 のCO2 関 連 CO2 メタン 一 酸 化 生 ごみ 処 理 機 購 入 費 用 の 助 成 二 窒 素 代 替 フロン 等 に 関 する 対 策 家 庭 用 廃 食 油 の 資 源 化 の 促 進 メタン 一 酸 化 二 窒 素 関 連 焼 却 灰 処 理 エコセメント 化 の 促 約 5,600 億 円 約 5,800 億 円 約 1,510 億 円 26% 進 ( 焼 却 灰 の 有 効 利 用 ) 下 水 汚 泥 処 理 施 設 ごみ 焼 却 処 理 施 設 の 高 度 化 代 替 フロン 等 関 連 代 替 製 品 (ノンフロン 製 品 )の 調 達 温 室 効 果 ガス 吸 収 源 対 策 その 他 の 対 策 森 林 整 備 事 業 森 林 害 虫 病 ( 松 くい 虫 )の 防 除 横 断 的 施 策 温 暖 化 対 策 地 域 推 進 計 画 の 策 定 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 調 査 公 表 その 他 の 温 暖 化 対 策 地 球 温 暖 化 対 策 アドバイザーの 派 遣 エコサインガイドラインの 策 定 約 3,400 億 円 約 200 億 円 約 1,200 億 円 約 100 億 円 約 340 億 円 約 30 億 円 28% 30% 合 計 約 9,200 億 円 約 7,200 億 円 約 1,880 億 円 26% 注 平 成 22 年 6 月 1 日 付 け 総 務 省 から 都 道 府 県 及 び 市 町 村 への 環 境 対 策 に 係 る 調 査 に 基 づき 作 成 - 6 -

10 6 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 車 体 課 税 の 見 直 しに 当 たっては 自 動 車 取 得 税 及 び 自 動 車 重 量 税 が 都 市 基 盤 整 備 などの 貴 重 な 安 定 財 源 となっていることを 踏 まえ 市 町 村 に 対 する 確 実 な 代 替 税 財 源 を 確 保 すること また 軽 自 動 車 と 小 型 普 通 自 動 車 に 係 る 税 率 の 格 差 について 一 定 程 度 の 縮 小 を 図 るとともに 原 動 機 付 自 転 車 についても 徴 税 効 率 が 極 めて 低 水 準 にとどまっていることから 課 税 制 度 の 見 直 しを 行 うこと 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 において 自 動 車 取 得 税 及 び 自 動 車 重 量 税 につ いては 国 地 方 を 通 じた 関 連 税 制 のあり 方 の 見 直 しを 行 い 安 定 的 な 財 源 を 確 保 した 上 で 地 方 財 政 にも 配 慮 しつつ 簡 素 化 負 担 の 軽 減 グリーン 化 の 観 点 から 見 直 しを 行 う こととされた これにより 環 境 自 動 車 税 ( 仮 称 ) 構 想 をはじめとした 車 体 課 税 全 般 の 見 直 しを 進 める 場 合 には 自 動 車 取 得 税 及 び 自 動 車 重 量 税 の 一 定 額 が 市 町 村 へ 交 付 譲 与 されており 都 市 基 盤 整 備 などのための 市 町 村 に 対 する 貴 重 な 安 定 財 源 となっていることを 踏 ま え 市 町 村 に 対 する 確 実 な 代 替 税 財 源 を 確 保 する 必 要 がある また 軽 自 動 車 (4 輪 自 家 用 )の 税 率 は 車 体 の 大 きさや 価 格 等 に 差 が 少 ない 小 型 の 普 通 自 動 車 ( 総 排 気 量 1.0リットル 以 下 )の 税 率 との 格 差 が 大 きいことから 車 体 課 税 の 見 直 しに 併 せて この 税 率 の 格 差 について 一 定 程 度 の 縮 小 を 図 るべきである さらに 原 動 機 付 自 転 車 は 税 収 に 比 べ 徴 収 コストが 高 いため 車 体 課 税 が 抜 本 的 に 見 直 される 機 会 に 課 税 のあり 方 標 準 税 率 及 び 課 税 方 法 等 の 見 直 しを 行 う 必 要 がある 1 総 排 気 量 が1.0L 以 下 の 普 通 自 動 車 と 軽 自 動 車 (4 輪 )の 比 較 区 分 普 通 自 動 車 (4 車 種 平 均 )1 1 軽 自 動 車 (4 車 種 平 均 )2 2 比 較 % (2/1) 100 全 長 3,703mm 3,395mm 91.7 全 幅 1,683mm 1,475mm 87.6 全 高 1,499mm 1,611mm 排 気 量 996cc 658cc 66.1 燃 費 20.8km/l 21.8km/l 車 両 重 量 940kg 823kg 87.5 価 格 万 円 万 円 84.0 税 率 ( 乗 用 自 家 用 ) 29,500 円 7,200 円 24.4 注 1 4 車 種 平 均 の 車 種 は IQ VITZ PASSO BELTA 2 4 車 種 平 均 の 車 種 は LIFE OTTI TANTO ALTO 3 平 成 24 年 6 月 5 日 時 点 の 各 社 HP による 車 体 規 格 及 び 価 格 は 大 差 なく 道 路 損 傷 負 担 金 財 産 課 税 いずれの 面 からも 現 在 の 税 率 格 差 を 説 明 で きない また 税 制 のグリーン 化 の 観 点 からも 燃 費 についても 大 差 がない これらの 状 況 にもかかわ らず 税 負 担 に 大 きな 格 差 が 生 じている - 7 -

11 2 原 動 機 付 自 転 車 (50cc 以 下 )に 係 る 軽 自 動 車 税 の 徴 税 費 ( 平 成 20 年 度 決 算 ベース) 政 令 市 等 (40 団 体 ) コスト 割 れ 団 体 :18 団 体 (45.0%) 959 標 準 税 率 (=1,000 円 ) 県 庁 所 在 市 (32 団 体 ) コスト 割 れ 団 体 :2 団 体 (6.3%) 524 税 収 に 比 べ 高 い 徴 収 コスト! 小 規 模 都 市 (39 団 体 ) コスト 割 れ 団 体 :6 団 体 (15.4%) 703 町 村 (46 団 体 ) コスト 割 れ 団 体 :26 団 体 (56.5%) 1254 平 均 (157 団 体 ) コスト 割 れ 団 体 :52 団 体 (33.1%) 860 ( 円 ) 出 典 : 自 動 車 関 係 税 制 に 関 する 研 究 会 報 告 書 ( 平 成 22 年 9 月 参 考 資 料 P19) - 8 -

12 7 社 会 保 障 税 番 号 制 度 導 入 への 対 応 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 導 入 に 際 しては 運 用 面 について 指 定 都 市 を 含 めた 地 方 団 体 と 十 分 協 議 し 地 方 団 体 の 意 見 を 反 映 させること また 地 方 団 体 に 新 たな 経 費 負 担 が 生 じることのないよう 国 が 責 任 を 持 って 財 政 措 置 を 講 じるとともに 迅 速 かつ 詳 細 な 情 報 提 供 を 行 い シス テムの 構 築 など 地 方 団 体 が 制 度 導 入 に 対 応 するために 必 要 な 期 間 を 確 保 すること 国 においては 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 導 入 に 当 たって 社 会 保 障 税 番 号 大 綱 ( 平 成 23 年 6 月 30 日 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 決 定 )が 策 定 され 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 案 ( 平 成 24 年 2 月 14 日 閣 議 決 定 以 下 マイナンバー 法 案 という ) 等 が 国 会 に 提 出 された マイナンバー 法 案 によれば 市 町 村 長 は 法 定 受 託 事 務 として 住 民 票 コード を 変 換 して 得 られる 個 人 番 号 ( 以 下 マイナンバー という )を 定 め 本 人 に 通 知 し 法 人 番 号 については 国 税 庁 長 官 が 法 人 等 に 通 知 するとされている ま た マイナンバーの 利 用 範 囲 を 法 律 に 規 定 するとされ 平 成 27 年 1 月 以 降 社 会 保 障 税 防 災 等 の 各 分 野 のうち 可 能 な 範 囲 でマイナンバーの 利 用 を 開 始 することとされている しかしながら 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 具 体 的 な 運 用 面 や 導 入 に 当 たり 必 要 となるシステムの 構 築 インフラの 整 備 経 費 負 担 等 の 諸 課 題 については 現 時 点 で 未 定 の 部 分 が 多 い 状 況 である 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 目 的 を 達 成 するためには 具 体 的 な 運 用 手 続 の 制 度 設 計 や 制 度 導 入 に 伴 うシステムの 構 築 等 を 行 う 際 に 実 務 を 担 う 指 定 都 市 を 含 めた 地 方 団 体 と 十 分 協 議 を 行 い 地 方 団 体 の 意 見 を 反 映 させることが 必 要 となる また 地 方 団 体 に 新 たな 経 費 負 担 が 生 じることのないよう 国 が 責 任 を 持 っ て 財 政 措 置 を 講 じるとともに 迅 速 かつ 詳 細 な 情 報 提 供 を 行 い システムの 構 築 など 地 方 団 体 が 制 度 導 入 に 対 応 するために 必 要 な 期 間 を 確 保 することが 必 要 である - 9 -

13 8 還 付 加 算 金 の 割 合 の 引 下 げ 還 付 加 算 金 の 割 合 について 社 会 経 済 情 勢 を 反 映 した 割 合 に 引 き 下 げ ること 還 付 加 算 金 の 割 合 については 社 会 経 済 情 勢 の 大 きな 変 化 にもかかわらず 昭 和 38 年 以 降 地 方 税 法 の 本 則 は7.3%に 据 え 置 かれたままであり 平 成 12 年 から 当 分 の 間 の 特 例 措 置 として 本 則 に 代 えて 適 用 されている 特 例 基 準 割 合 も 4%を 超 える 高 い 水 準 に 設 定 されている このため 厳 しい 財 政 状 況 の 中 還 付 加 算 金 の 支 出 額 は 地 方 の 財 政 運 営 に 大 きな 負 担 となっていることから 市 中 金 利 も 考 慮 した 還 付 加 算 金 の 割 合 の 引 下 げが 必 要 である 還 付 加 算 金 の 割 合 と 市 中 金 利 の 比 較 市 中 金 利 と 大 きな 乖 離! 注 日 本 銀 行 統 計 資 料 に 基 づく 指 定 都 市 における 還 付 加 算 金 の 支 出 状 況 百 万 円 2,500 2,000 もともと 大 きな 負 担 となって いる 中 景 気 低 迷 により 法 人 市 民 税 中 間 納 付 額 の 還 付 が 増 え ると さらに 負 担 は 増 大! 1,500 1, , ,619 2,203 1,115 0 H18 H19 H20 H21 H22 注 決 算 額 による 数 値 であり 平 成 18 年 度 以 降 に 指 定 都 市 となった 市 の 支 出 額 を 含 む 年 度

14 9 個 人 住 民 税 の 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 制 度 について (1) 市 外 転 出 者 等 に 係 る 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 継 続 について 市 外 転 出 者 介 護 保 険 料 が 減 免 減 額 となった 者 及 び 税 額 変 更 が 生 じた 者 について 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 が 停 止 とならないよう 改 正 を 行 うこと 公 的 年 金 から 特 別 徴 収 されている 者 が 市 外 転 出 した 場 合 介 護 保 険 料 はそ の 転 出 月 の 前 月 分 までの 保 険 料 を 転 出 前 の 市 区 町 村 へ 転 出 月 以 降 の 保 険 料 を 転 出 先 の 市 区 町 村 へ 納 めることとなっているのに 対 して 個 人 住 民 税 は 年 税 額 の 全 額 を 賦 課 期 日 に 住 所 のある 市 区 町 村 へ 納 めることになっている 制 度 を 簡 明 とするため 現 行 制 度 における 個 人 住 民 税 の 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 対 象 者 は 介 護 保 険 料 の 特 別 徴 収 の 対 象 となっていることが 条 件 となって おり 年 度 途 中 の 市 外 転 出 者 及 び 介 護 保 険 料 が 減 免 減 額 となった 者 につい ては 介 護 保 険 に 準 じて 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 が 中 止 され 普 通 徴 収 へ 切 り 替 わる また 公 的 年 金 に 係 る 個 人 住 民 税 額 に 変 更 が 生 じた 場 合 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 税 額 に 変 更 が 生 じることとなり 特 別 徴 収 を 継 続 すること はできないため 徴 収 方 法 が 特 別 徴 収 から 普 通 徴 収 へ 切 り 替 わる 個 人 住 民 税 においては 市 外 転 出 者 や 介 護 保 険 料 が 減 免 減 額 となった 者 を 普 通 徴 収 へ 切 り 替 える 理 由 はなく また 税 額 変 更 が 生 じても 普 通 徴 収 税 額 の 増 減 で 対 応 できる 場 合 は 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 税 額 に 変 更 が 生 じな いため 普 通 徴 収 へ 切 り 替 える 必 要 はない このような 場 合 にも 公 的 年 金 か らの 特 別 徴 収 を 継 続 できれば 納 税 義 務 者 の 納 付 の 手 間 を 減 らすことができ る 現 行 の 取 扱 いは 納 税 義 務 者 の 納 税 の 利 便 性 の 向 上 及 び 市 区 町 村 の 事 務 の 効 率 化 という 制 度 導 入 の 目 的 から 大 きくかけ 離 れている 現 行 介 護 保 険 料 の 徴 収 中 止 事 由 が 発 生 した 場 合 市 外 転 出 者 介 護 保 険 料 が 減 免 減 額 となった 者 税 額 変 更 が 生 じた 場 合 個 人 住 民 税 における 徴 収 を 中 止 しなくてはな らない 特 別 徴 収 税 額 に 変 更 がない 場 合 特 別 徴 収 を 継 続 できるよう 改 正 した 場 合 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 税 額 に 変 更 がないため 継 続 可 能 な 場 合 市 外 転 出 者 介 護 保 険 料 が 減 免 減 額 となった 者 普 通 徴 収 税 額 の 増 減 で 対 応 することにより 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 税 額 に 変 更 がないため 継 続 可 能 な 場 合 税 額 変 更 が 生 じた 者 納 税 義 務 者 の 納 税 の 利 便 性 の 向 上 市 区 町 村 の 事 務 の 効 率 化

15 (2) 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 対 象 とならない 年 金 受 給 者 の 給 与 か らの 特 別 徴 収 の 実 施 について 給 与 からの 特 別 徴 収 の 対 象 者 で かつ 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 対 象 とならない 年 金 受 給 者 について 公 的 年 金 の 所 得 に 係 る 税 額 につ いても 給 与 から 特 別 徴 収 できるようにすること 給 与 からの 特 別 徴 収 の 対 象 者 で かつ 市 外 転 出 者 や 介 護 保 険 料 において 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 対 象 となっていない 等 の 理 由 によって 公 的 年 金 か らの 特 別 徴 収 の 対 象 とならない 納 税 義 務 者 については 公 的 年 金 の 所 得 に 係 る 税 額 を 普 通 徴 収 で 納 税 することになり 利 便 性 が 低 下 する また 65 歳 未 満 で 給 与 からの 特 別 徴 収 の 対 象 者 については 公 的 年 金 の 所 得 を 有 する 納 税 義 務 者 であっても 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 対 象 者 とな らず 公 的 年 金 の 所 得 に 係 る 税 額 についても 給 与 から 特 別 徴 収 することがで きる 他 方 65 歳 以 上 の 納 税 義 務 者 については 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 対 象 者 とならない 場 合 でも 公 的 年 金 の 所 得 に 係 る 税 額 を 給 与 から 特 別 徴 収 することができないため 公 平 な 制 度 となっていない 給 与 からの 特 別 徴 収 対 象 者 で かつ 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 対 象 となってい ない 者 公 的 年 金 の 所 得 に 係 る 税 額 を 給 与 から 特 別 徴 収 することができない 市 外 転 出 者 や 介 護 保 険 料 において 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 対 象 となっていない 者 等 については 普 通 徴 収 で 納 税 することになり 利 便 性 が 低 下 する 上 記 の 状 況 を 改 善 し 納 税 義 務 者 からの 要 望 に 応 えるため 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 対 象 とならない 年 金 受 給 者 について 公 的 年 金 の 所 得 に 係 る 税 額 を 給 与 からの 特 別 徴 収 の 対 象 とすること

16 (3) 特 別 徴 収 対 象 者 通 知 の 早 期 送 信 等 について 1 年 金 保 険 者 から 送 信 される 特 別 徴 収 対 象 者 通 知 を 遅 くとも5 月 10 日 までに 送 信 すること 2 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 停 止 の 通 知 を 送 信 してから 停 止 反 映 ま で2 箇 月 程 度 の 期 間 を 要 しているが 1 箇 月 程 度 で 反 映 すること 3 納 税 義 務 者 の 死 亡 後 に 特 別 徴 収 されたことによって 生 じる 過 誤 納 金 について ア 返 納 ( 返 納 不 要 ) 情 報 について 全 ての 年 金 保 険 者 から 迅 速 に データを 提 供 すること イ 納 税 義 務 者 の 死 亡 後 に 特 別 徴 収 されたことによる 過 誤 納 金 で 1 年 以 上 経 過 してもなお 返 納 が 確 定 しないものについては いっ たん 全 て 年 金 保 険 者 へ 還 付 又 は 全 て 遺 族 へ 還 付 することとし そ の 後 の 手 続 は 遺 族 と 年 金 保 険 者 の 間 で 行 うこと 1 特 別 徴 収 対 象 者 通 知 は 地 方 税 法 で5 月 25 日 までに 市 区 町 村 に 通 知 し なければならないと 規 定 されているが 地 方 税 法 に 定 める 期 日 では 納 税 通 知 書 ( 兼 税 額 決 定 通 知 書 )は6 月 中 旬 までに 発 送 しなくてはならないため 電 算 処 理 発 送 準 備 等 の 日 程 が 極 めて 厳 しい 状 況 にある 2 特 別 徴 収 停 止 の 通 知 は 送 信 した 月 の 翌 々 月 以 降 に 支 給 される 公 的 年 金 から 反 映 される そのため 本 来 徴 収 すべきでない 税 額 が 徴 収 され 納 税 義 務 者 又 は 年 金 保 険 者 に 対 して 多 くの 還 付 が 生 じるとともに 還 付 額 を 含 む 税 額 を 普 通 徴 収 により 徴 収 することとなり 納 税 の 利 便 性 が 損 なわれ 納 税 義 務 者 の 理 解 を 得 られにくい 状 況 が 生 じている 3ア 納 税 義 務 者 の 死 亡 後 に 特 別 徴 収 されたことによって 生 じた 過 誤 納 金 に ついては その 年 金 が 過 払 年 金 か 未 支 給 年 金 かによって 返 納 又 は 返 納 不 要 となるが 返 納 及 び 返 納 不 要 情 報 提 供 方 法 について 次 の 問 題 が 生 じて いる (ア) 日 本 年 金 機 構 からは 返 納 ( 返 納 不 要 ) 情 報 が 紙 媒 体 のみで 提 供 される ため システム 反 映 に 伴 うデータ 化 の 費 用 が 発 生 し 年 々 増 加 している (イ) 一 部 の 共 済 組 合 からは 返 納 不 要 情 報 は 提 供 されず 市 区 町 村 が 共 済 組 合 に 対 して 照 会 を 行 わなければならない 納 税 義 務 者 の 遺 族 へ 迅 速 に 還 付 手 続 を 行 うためにも 全 ての 年 金 保 険 者 から 返 納 及 び 返 納 不 要 情 報 をいただきたい また 情 報 提 供 は 年 間 ス ケジュールに 基 づき 統 一 様 式 のデータでお 願 いしたい

17 イ 納 税 義 務 者 の 死 亡 後 に 特 別 徴 収 されたことによって 生 じた 過 誤 納 金 に ついては 年 金 保 険 者 からの 返 納 又 は 返 納 不 要 情 報 を 待 って 還 付 及 び 返 納 の 手 続 を 行 っているが 返 納 等 の 状 況 が 不 明 で 還 付 保 留 となっている ものが 多 数 存 在 する これらの 過 誤 納 金 を 未 還 付 のまま 放 置 すると 還 付 できないまま 時 効 を 迎 えてしまう 可 能 性 があり 市 税 還 付 事 務 の 上 でも 好 ましくない また 年 金 保 険 者 において 納 税 義 務 者 の 死 亡 が 事 後 確 認 されることな どにより 返 納 対 象 となった 場 合 は 年 金 保 険 者 から 納 税 義 務 者 の 遺 族 へ 返 納 請 求 していただきたい

18 (4) 仮 特 別 徴 収 制 度 の 見 直 しについて 特 別 徴 収 税 額 の 増 減 に 伴 って 生 じる 仮 徴 収 税 額 と 本 徴 収 税 額 との 乖 離 を 平 準 化 できるよう 仮 特 別 徴 収 制 度 の 見 直 しを 行 うこと 現 行 の 仮 特 別 徴 収 制 度 は 前 年 度 2 月 分 の 税 額 を 仮 徴 収 税 額 としているた め 公 的 年 金 等 に 係 る 所 得 金 額 や 所 得 控 除 額 の 変 動 などにより ある 年 度 の 特 別 徴 収 税 額 が 大 きく 増 減 した 場 合 に 仮 徴 収 税 額 と 本 徴 収 税 額 が 乖 離 する 状 態 が 生 じ その 乖 離 は 翌 年 度 以 降 も 継 続 してしまうこととなる こうした 制 度 上 の 問 題 から 納 税 者 に 無 用 の 負 担 や 苦 情 が 生 じている 現 行 仮 徴 収 税 額 (4 月 6 月 8 月 )= 前 年 度 2 月 分 の 税 額 ( 単 位 : 円 ) 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 27 年 度 28 年 度 特 別 徴 収 税 額 60,300 42,000 60,300 60,300 60,300 60,300 4 月 10,000 10,100 3,900 16,200 3,900 16,200 仮 徴 収 6 月 10,000 10,100 3,900 16,200 3,900 16,200 8 月 10,000 10,100 3,900 16,200 3,900 16, 月 10,100 3,900 16,200 3,900 16,200 3,900 本 徴 収 12 月 10,100 3,900 16,200 3,900 16,200 3,900 翌 2 月 10,100 3,900 16,200 3,900 16,200 3,900 ( 乖 離 額 ) (6,200) (12,300) (12,300) (12,300) (12,300) 特 別 徴 収 税 額 が 大 きく 変 動 した 24 年 度 に 仮 徴 収 税 額 と 本 徴 収 税 額 の 乖 離 が 生 じ ( 特 別 徴 収 税 額 が 元 に 戻 った 場 合 ) 翌 年 度 には 乖 離 が 拡 大 する この 乖 離 は 26 年 度 以 降 も 繰 り 返 し 継 続 してしまう このため 仮 徴 収 税 額 と 本 徴 収 税 額 との 乖 離 が 生 じた 場 合 に これを 長 期 に 継 続 させずに 平 準 化 させるための 制 度 変 更 が 急 務 である 具 体 的 には 仮 徴 収 税 額 を 決 定 する 方 法 について 以 下 に 例 示 する 見 直 し 案 のとおり 前 年 度 の 特 別 徴 収 税 額 ( 年 額 )を 算 定 の 基 礎 とする ことで 税 額 の 平 準 化 に 大 きな 効 果 が 期 待 できる 将 来 的 には 仮 特 別 徴 収 制 度 に 係 る 問 題 の 抜 本 的 な 解 決 を 目 指 しつつ 当 面 は 納 税 者 の 理 解 を 得 やすい 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 制 度 とするため こ うした 見 直 しを 行 うこととし 市 町 村 や 年 金 保 険 者 の 事 務 コスト 等 にも 配 慮 しつつ 早 期 に 協 議 調 整 の 上 仮 特 別 徴 収 制 度 の 改 善 に 努 めていただきた い

19 見 直 し 案 仮 徴 収 税 額 は 前 年 度 特 別 徴 収 税 額 ( 年 額 )を 基 礎 として 決 定 する < 具 体 例 > 仮 徴 収 税 額 (4 月 6 月 8 月 ) = 前 年 度 特 別 徴 収 税 額 ( 年 額 )の6 分 の1 ( 単 位 : 円 ) 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 27 年 度 28 年 度 特 別 徴 収 税 額 60,300 42,000 60,300 60,300 60,300 60,300 仮 徴 収 本 徴 収 4 月 10,000 10,000 7,000 10,000 10,000 10,000 6 月 10,000 10,000 7,000 10,000 10,000 10,000 8 月 10,000 10,000 7,000 10,000 10,000 10, 月 10,100 4,000 13,100 10,100 10,100 10, 月 10,100 4,000 13,100 10,100 10,100 10,100 翌 2 月 10,100 4,000 13,100 10,100 10,100 10,100 乖 離 額 (6,000) 平 準 化 前 年 度 特 別 徴 収 税 額 ( 年 額 ) とは 便 宜 上 前 年 度 分 の 年 金 所 得 に 係 る 特 別 徴 収 税 額 ( 仮 徴 収 税 額 + 本 徴 収 税 額 ) としているが 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 が 開 始 する 初 年 度 は 仮 徴 収 税 額 がないため 適 用 に 当 たっては 公 的 年 金 等 に 係 る 所 得 に 係 る 所 得 割 額 及 び 均 等 割 額 の 合 算 額 をいうものとする

20 10 固 定 資 産 税 等 の 優 先 徴 収 制 度 の 創 設 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 の 安 定 確 保 及 び 税 負 担 の 公 平 の 観 点 から 課 税 対 象 不 動 産 について 滞 納 処 分 による 差 押 えや 競 売 等 の 手 続 が 開 始 され た 場 合 に 手 続 開 始 後 に 納 期 限 が 到 来 する 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 をそ の 換 価 代 金 から 優 先 的 に 徴 収 する 制 度 を 創 設 すること 固 定 資 産 の 所 有 者 に 課 税 される 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 は ほとんどの 場 合 課 税 対 象 不 動 産 について 不 動 産 の 価 格 を 上 回 る 抵 当 権 等 が 設 定 され 納 税 よりも 抵 当 権 者 等 への 返 済 が 優 先 される 事 態 が 生 じている その 結 果 毎 年 課 税 される 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 の 滞 納 が 累 増 している これは 抵 当 権 等 が 設 定 された 後 に 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 が 新 たに 毎 年 課 税 されるためで 現 行 制 度 では 常 に 課 税 対 象 不 動 産 に 設 定 された 抵 当 権 等 に 劣 後 することから 当 該 不 動 産 について 滞 納 処 分 を 進 めることができず また 競 売 等 の 強 制 換 価 手 続 からも 徴 収 することができない 適 法 に 課 税 された 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 が 制 度 上 徴 収 できないことは 市 町 村 の 基 幹 税 目 である 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 の 安 定 確 保 や 税 負 担 の 公 平 の 観 点 から 著 しく 不 合 理 で 大 きな 損 失 である そこで 上 のとおり 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 の 徴 収 制 度 の 改 善 を 要 望 する

21 固 定 資 産 税 等 の 徴 収 に 関 する 現 状 適 法 に 課 税 された 固 定 資 産 税 等 が 徴 収 できないことは 制 度 上 の 問 題 点 1 指 定 都 市 の 市 税 未 収 額 に 占 める 固 定 資 産 税 等 の 割 合 が 大 幅 に 増 加 している 平 成 3 年 度 1,446 億 円 平 成 22 年 度 2,320 億 円 2 現 行 制 度 では 新 たに 課 税 される 固 定 資 産 税 等 は 常 に 抵 当 権 等 に 劣 後 する ため 徴 収 が 確 保 できない その 他 1,018 億 円 固 定 資 産 税 等 428 億 円 (29.6%) その 他 1,378 億 円 固 定 資 産 税 等 942 億 円 (40.6%) 徴 収 確 保 が 見 込 まれるもの 29.6% 現 行 法 上 抵 当 権 等 に 劣 後 し 徴 収 が 確 保 できないもの 70.4% ( 注 ) 不 動 産 を 差 し 押 さえた100 万 円 以 上 の 滞 納 物 件 による ( 平 成 22 年 度 実 績 を 基 に 集 計 )

22 11 税 制 改 正 に 伴 う 地 方 税 法 の 改 正 時 期 税 条 例 の 改 正 に 係 る 地 方 議 会 での 審 議 時 間 が 十 分 確 保 されるよう ま た 住 民 への 周 知 期 間 が 十 分 確 保 できるよう 地 方 税 法 の 改 正 時 期 につ いて 配 慮 すること 地 方 税 法 の 改 正 に 伴 う 税 条 例 の 改 正 は 住 民 の 生 活 に 多 大 な 影 響 を 与 える ものであることから 住 民 の 意 思 を 代 表 する 地 方 議 会 での 十 分 な 審 議 を 得 た 上 で 議 決 により 行 われることに 加 え 住 民 への 周 知 期 間 が 十 分 確 保 されるこ とが 適 切 である 地 方 税 法 の 改 正 時 期 等 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ( 法 律 第 4 号 ) ( 法 律 第 21 号 ) ( 法 律 第 9 号 ) ( 法 律 第 4 号 ) ( 法 律 第 83 号 ) ( 法 律 第 17 号 ) 可 決 日 3 月 23 日 4 月 30 日 3 月 27 日 3 月 24 日 6 月 22 日 3 月 30 日 公 布 日 3 月 30 日 4 月 30 日 3 月 31 日 3 月 31 日 6 月 30 日 3 月 31 日 施 行 日 4 月 1 日 4 月 30 日 4 月 1 日 4 月 1 日 6 月 30 日 4 月 1 日 注 施 行 日 については 改 正 条 項 のうち 施 行 が 最 も 早 いものに 係 る 日 を 掲 載 している 可 決 日 から 施 行 日 までの 期 間 が 短 すぎるので 地 方 議 会 での 審 議 時 間 と 住 民 への 周 知 期 間 が 十 分 確 保 できない!

23 12 地 方 税 制 に 関 する 指 定 都 市 の 意 見 の 反 映 指 定 都 市 の 代 表 者 を 国 と 地 方 の 協 議 の 場 の 構 成 員 とし 地 方 税 制 に 関 して 大 都 市 という 観 点 を 踏 まえた 指 定 都 市 の 意 見 を 反 映 させること 国 と 地 方 の 協 議 の 場 が 法 制 化 され 関 係 大 臣 と 地 方 六 団 体 の 代 表 者 による 協 議 が 行 われているが 指 定 都 市 の 代 表 者 は 国 と 地 方 の 協 議 の 場 に 参 加 を 認 められていない しかしながら 地 方 税 制 に 関 する 地 方 の 声 を 十 分 に 反 映 していくためには 大 都 市 という 観 点 も 含 めた 多 様 な 地 域 の 意 見 を 直 接 聴 取 すべきであると 考 え る ついては 社 会 経 済 の 変 化 に 対 応 し 地 方 の 実 態 に 即 した 地 方 税 制 を 確 立 するために 最 も 自 立 した 基 礎 自 治 体 であり また 大 都 市 特 有 の 役 割 と 財 政 需 要 をもつ 指 定 都 市 の 代 表 者 を 国 と 地 方 の 協 議 の 場 の 構 成 員 に 加 え 地 方 税 制 に 関 して 直 接 意 見 を 聴 取 し その 意 見 を 十 分 反 映 させることが 必 要 であ る 国 と 地 方 の 協 議 の 場 に 関 する 法 律 ( 抄 ) ( 構 成 及 び 運 営 ) 第 2 条 協 議 の 場 は 次 に 掲 げる 者 をもって 構 成 する 一 内 閣 官 房 長 官 二 内 閣 府 設 置 法 第 九 条 第 一 項 の 規 定 により 置 かれた 特 命 担 当 大 臣 のう ち 同 法 第 四 条 第 一 項 第 三 号 の 二 の 改 革 に 関 する 事 務 を 掌 理 する 職 にあ る 者 三 総 務 大 臣 四 財 務 大 臣 五 前 各 号 に 掲 げる 者 のほか 国 務 大 臣 のうちから 内 閣 総 理 大 臣 が 指 定 す る 者 六 都 道 府 県 知 事 の 全 国 的 連 合 組 織 ( 地 方 自 治 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 六 十 七 号 ) 第 二 百 六 十 三 条 の 三 第 一 項 に 規 定 する 全 国 的 連 合 組 織 で 同 項 の 規 定 による 届 出 をしたものをいう 以 下 同 じ )を 代 表 する 者 一 人 七 都 道 府 県 議 会 の 議 長 の 全 国 的 連 合 組 織 を 代 表 する 者 一 人 八 市 長 の 全 国 的 連 合 組 織 を 代 表 する 者 一 人 九 市 議 会 の 議 長 の 全 国 的 連 合 組 織 を 代 表 する 者 一 人 十 町 村 長 の 全 国 的 連 合 組 織 を 代 表 する 者 一 人 十 一 町 村 議 会 の 議 長 の 全 国 的 連 合 組 織 を 代 表 する 者 一 人 2-10 省 略

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円 平 成 26 年 2 月 19 日 政 策 総 務 財 政 委 員 会 配 付 資 料 財 政 局 平 成 26 年 度 制 改 正 ( 地 方 )の 概 要 について 平 成 26 年 度 制 改 正 のうち に 関 係 する 主 な 改 正 事 項 は 次 のとおりです なお これらの 事 項 について 地 方 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 が 可 決 された 場 合 には

More information

消 費 ~ 軽 減 率 消 費 の 軽 減 率 制 度 が 消 費 率 10% 時 に 導 入 することとされています 平 成 26 年 4 月 1 日 平 成 27 年 10 月 1 日 ( 予 定 ) 消 費 率 5% 消 費 率 8% 消 費 率 10% 軽 減 率 の 導 入 平 成 26

消 費 ~ 軽 減 率 消 費 の 軽 減 率 制 度 が 消 費 率 10% 時 に 導 入 することとされています 平 成 26 年 4 月 1 日 平 成 27 年 10 月 1 日 ( 予 定 ) 消 費 率 5% 消 費 率 8% 消 費 率 10% 軽 減 率 の 導 入 平 成 26 消 費 ~ 簡 易 課 制 度 のみなし 仕 入 率 の 見 直 し 簡 易 課 制 度 におけるみなし 仕 入 率 が 以 下 のとおり 見 直 されます 該 当 する 区 分 改 正 前 みなし 仕 入 率 みなし 仕 入 率 改 正 後 区 分 卸 売 業 小 売 業 製 造 業 等 金 融 業 その 他 の サービス 及 び 業 等 保 険 業 不 動 産 業 第 1 種 第 2 種 第 3

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 金 融 資 産 性 所 得 に 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 時 期 と 課 税 団 体 について 目 次 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 のあり 方 について 2 配 当 割 株 式 等 譲 渡 所 得 割 のあり 方 について 1 13 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc)

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc) 国 から 地 方 への 税 源 移 譲 による 税 率 構 造 の 改 正 平 成 18 年 度 税 制 改 正 で 所 得 税 から 個 人 住 民 税 への3 兆 円 規 模 の 本 格 的 な 税 源 移 譲 が 実 施 されます この 税 源 移 譲 にあたっては 所 得 税 及 び 個 人 住 民 税 の 役 割 分 担 を 明 確 化 する とともに 全 ての 納 税 者 の 負 担 が

More information

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63> 平 成 18 年 7 月 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 国 立 大 学 法 人 等 による 国 立 大 学 財 務 経 営 センターへの 土 地 譲 渡 収 入 の 一 部 納 付 の 仕 組 みについて 国 立 大 学 法 人 等 が 国 から 出 資 された 土 地 を 譲 渡 した 場 合 文 部 科 学 大 臣 が 定 める 基 準 に より 算 定 した

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

< 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家 用 乗 用 車 については 税 率 を 1.5 倍 に 引 き 上 げ それ 以 外 ( 貨 物 用 営

< 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家 用 乗 用 車 については 税 率 を 1.5 倍 に 引 き 上 げ それ 以 外 ( 貨 物 用 営 軽 自 動 車 税 における 税 制 改 正 ( 平 成 26 年 度 27 年 度 改 正 関 係 ) に 係 るQ&A 集 平 成 28 年 2 月 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 < 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申 資 料 3-1 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 進 捗 状 況 平 成 28 年 7 月 1 日 資 源 エネルギー 庁 小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 Up Newsletter 養 老 保 険 の 減 額 逓 増 定 期 保 険 の 取 扱 い 変 更 介 護 費 用 保 険 の 導 入 企 業 の 保 険 のポイント http://www.up-firm.com 1 養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者

More information

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 (

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 ( 第 3 回 南 相 馬 市 議 会 臨 時 会 市 長 提 出 議 案 の 要 旨 平 成 27 年 5 月 12 日 提 出 1. 件 数 8 件 内 訳 議 案 8 件 ( 専 決 処 分 の 報 告 及 びその 承 認 ( 条 例 関 係 ) 3 件 一 般 会 計 補 正 予 算 1 件 工 事 請 負 契 約 の 締 結 1 件 財 産 の 取 得 1 件 専 決 処 分 の 報 告 及

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備*

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備* 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 公 営 住 宅 法 施 行 令 例 規 整 備 * 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 例 規 整 備 平 成 22 年 12 月 21 日 登 録 同 年 12 月 28 日 更 新 ( 主 な 変 更 箇 所 はアミカケとしています ) 公 布 年 月 日 番 号 平 成 22 年 12 月

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所 第 64 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 免 税 点 及 び 固 定 資 産 課 税 台 帳 からの 出 題 であった 問 1の 免 税 点 については 判 断 に 迷 う 点 もないことから 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった 問 の 固 定 資 産 課 税 台 帳 については 事 例 部 分 の 解 答 方 法 に 迷 う 問

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

財政再計算結果_色変更.indd

財政再計算結果_色変更.indd 私 たちの 共 済 年 金 財 政 再 計 算 結 果 と 新 保 険 料 率 について 組 合 員 の 皆 さまに これまでリーフレットなどでお 知 らせしてきましたように 本 年 は 組 合 員 の 皆 さまが 加 入 している 共 済 年 金 で5 年 に 一 度 の 財 政 再 計 算 を 行 う 年 になっています 去 る5 月 27 日 に 財 務 省 から 財 政 再 計 算 に 関

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

スライド 1

スライド 1 総 則 関 係 説 明 資 料 自 治 税 務 局 企 画 課 平 成 27 年 4 月 10 日 ( 金 ) 平 成 26 年 度 税 制 改 正 における 猶 予 制 度 の 見 直 し 平 成 26 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 25 年 12 月 12 日 自 由 民 主 党 公 明 党 )( 抄 ) 4 円 滑 適 正 な 納 税 のための 環 境 整 備 納 税 者

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information