防災マニュアル 分割1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "防災マニュアル 分割1"

Transcription

1 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 防 災 マニュアル - 平 成 4 度 版 - 愛 媛 県 立 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 愛 媛 県 新 居 浜 市 本 郷 丁 目 番 5 号 Tel Fax

2 目 次 南 海 大 地 震 の 災 害 の 特 性 と 被 害 の 想 定 地 震 発 生 時 の 基 本 的 対 応 地 震 防 災 の 対 応 表 6 4 児 童 生 徒 及 び 教 職 員 の 基 本 的 対 応 () 授 業 中 7 () 休 憩 時 間 等 8 () 校 外 活 動 中 9 (4) 登 下 校 中 0 (5)スクールバス (6) 管 理 外 5 液 状 化 現 象 豪 雨 災 害 時 の 基 本 対 応 校 内 6 引 渡 しの 判 断 と 手 順 4 7 児 童 生 徒 の 心 のケア6 8 避 難 者 支 援 と 基 本 的 対 応 8 9 災 害 発 生 から 学 校 再 開 までの 手 順 9 0 緊 急 時 引 き 渡 しカード0 準 備 物 備 蓄 品 一 覧 表

3 南 海 大 地 震 の 災 害 の 特 性 と 被 害 の 想 定 () 南 海 地 震 の 特 性 南 海 地 震 の 揺 れの 特 徴 としては 最 初 に コトコト と 小 さな 揺 れが 数 秒 ~ 数 十 秒 程 度 続 き その 後 に 本 格 的 な 揺 れが00 秒 以 上 続 くと 想 定 されている 愛 媛 県 内 の 予 想 最 大 震 度 は 新 居 浜 市 四 国 中 央 市 西 条 市 宇 和 島 市 大 洲 市 西 予 市 東 温 市 の7 市 が 震 度 7 その 他 の 地 域 で 震 度 6 強 程 度 となっている 新 居 浜 市 の 津 波 到 達 時 間 は 地 震 発 生 の 時 間 後 高 さは4mと 想 定 されており 数 時 間 に 渡 って 何 回 も 続 くとされている () 愛 媛 県 内 の 被 害 の 想 定 内 閣 府 が 平 成 4 8 月 9 日 に 発 表 した 資 料 によると 南 海 トラフ 付 近 で 地 震 が 発 生 した 場 合 愛 媛 県 では 最 大 で 死 傷 者 数 約 60,000 人 (うち 想 定 死 者 約,000 人 ) 全 壊 建 物 約 9,000 棟 (うち 揺 れにより7,000 棟 - - 火 災 で5,000 棟 が 倒 壊 ) 想 定 死 者 数 のうち 7,400 人 が 建 物 倒 壊 700 人 が 火 災 によると 想 定 () 本 校 の 現 状 ( 平 成 4 度 ) ア イ ウ エ 所 在 地 と 周 辺 の 概 要 愛 媛 県 新 居 浜 市 本 郷 丁 目 番 5 号 学 校 は 海 抜 約 40mにあり 西 約 50mに 東 川 が 流 れている 南 側 には 県 立 新 居 浜 病 院 があり 隣 接 して 国 道 号 線 本 校 北 側 には 国 道 号 線 バ イパス 東 側 には 県 道 新 居 浜 港 線 と 交 通 量 の 多 い 道 路 が 走 っている 児 童 生 徒 教 職 員 数 全 校 児 童 生 徒 45 名 ( 小 学 部 59 名 中 学 部 6 名 高 等 部 50 名 ) 教 職 員 数 児 童 生 徒 の 通 学 方 法 90 名 スクールバス(74 名 ) 保 護 者 送 迎 (5 名 ) 単 独 通 学 生 ( 0 名 内 訳 : 公 共 交 通 機 関 名 自 転 車 4 名 徒 歩 5 名 ) 校 舎 について 本 館 ( 階 建 平 成 4 竣 工 ) 作 業 棟 ( 平 屋 平 成 4 竣 工 ) 体 育 館 ( 一 部 階 建 平 成 竣 工 ) 4 仮 設 校 舎 (プレハブ 造 平 屋 平 成 4 設 置 平 成 5 月 撤 去 予 定 ) (4) 本 校 における 被 害 の 想 定 本 校 は 標 高 約 40mにあり 被 害 想 定 は 必 要 ない 校 舎 は 新 耐 震 基 準 の 建 物 であり 耐 震 性 は 確 保 されているが 棚 や 机 等 の 転 倒 と 非 構 造 物 の 落 下 窓 ガラスの 破 損 によ る 被 害 が 予 想 される 他 の 災 害 は 液 状 化 現 象 による 地 盤 沈 下 や 集 中 豪 雨 による 東 川 の 氾 濫 等 と 県 病 院 へ の 来 訪 者 や 交 通 規 制 等 による 渋 滞 とその 混 乱 に 巻 き 込 まれることが 予 想 される また 本 校 の 児 童 生 徒 は 新 居 浜 市 四 国 中 央 市 西 条 市 と 多 方 面 から 通 学 している ため 児 童 生 徒 の 居 住 地 域 の 被 災 状 況 把 握 とそれを 考 慮 した 安 全 管 理 が 必 要 である 学 校 には 日 分 の 非 常 時 用 食 料 と 飲 料 水 使 い 捨 てトイレ 処 理 セットを 準 備 してお り 災 害 発 生 時 に 保 護 者 が 引 き 取 りに 来 るまで 児 童 生 徒 が 過 ごすことが 可 能 である 想 定 外 の 災 害 発 生 時 には 児 童 生 徒 の 安 全 を 第 一 に 考 えた 上 でその 場 の 状 況 を 整 理 把 握 し 学 校 災 害 対 策 本 部 を 中 心 に 全 教 職 員 で 臨 機 応 変 に 対 処 する

4 地 震 発 生 時 の 基 本 的 対 応 () 地 震 発 生 時 の 対 応 の 流 れ 愛 媛 県 立 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 地 震 の 発 生 Jアラート( 緊 急 地 震 速 報 ) 校 内 放 送 ( 安 全 確 保 ) 避 難 レベルの 決 定 ( 校 長 教 頭 事 務 長 ) * 放 送 ハンドマイク 校 内 放 送 ( 避 難 方 法 等 の 指 示 ) 第 一 次 避 難 本 館 前 駐 車 場 第 二 次 避 難 運 動 場 被 災 の 状 況 により 柔 軟 に 対 応 () 基 本 行 動 ( 教 職 員 ) ( 基 本 行 動 ) ( 児 童 生 徒 ) 机 の 下 に 潜 らせる 身 体 保 護 身 を 隠 す 頭 を 覆 う 第 一 動 作 ドアを 開 ける 出 口 確 保 ガス 等 の 消 火 危 険 物 の 除 去 火 災 予 防 第 二 動 4 安 全 な 場 所 に 誘 導 4 避 難 4 頭 にカバンをのせ 上 履 きのまま 外 に 出 る 作 5 安 否 確 認 5 人 員 確 保 5 学 級 ごとに 整 列 し 点 呼 各 部 主 事 へ 報 告 安 全 確 認 を 受 ける ドアを 開 け 避 難 路 を 確 保 する ロッカーなど 倒 れてくる 物 や 窓 ガラスから 離 れ 机 の 下 に 入 るなどして 頭 を 守 る 揺 れが 収 まり 次 第 校 舎 から 出 て 本 館 前 駐 車 場 に 集 合 する - -

5 () 基 本 的 な 対 応 指 導 内 容 避 難 順 序 や 経 路 については 被 災 状 況 により 臨 機 応 変 の 適 切 な 処 置 をとる ア 地 震 発 生 時 における 第 一 動 作 ( 発 災 ~ 身 体 の 保 護 ) 教 職 員 の 対 処 指 導 児 童 生 徒 の 行 動 机 等 を 利 用 して 落 下 物 から 体 を 保 護 させる 机 の 下 に 潜 り 落 下 物 から 体 を 児 童 生 徒 に 動 揺 を 与 えないよう 発 言 する 保 護 する 大 丈 夫 だ 落 ちついて 近 くに 机 等 がないときは 落 ち 机 の 下 に 潜 る 頭 を 保 護 して てこない 倒 れてこない 場 所 に ドアや 窓 を 開 け 脱 出 口 の 確 保 をする 身 を 寄 せる 本 震 の 揺 れがおさまったら 避 難 の 指 示 をする 校 舎 外 にいる 場 合 は 校 舎 か らできるだけ 離 れる イ 地 震 時 の 第 二 動 作 ( 避 難 行 動 ~ 人 員 確 認 ) 教 職 員 の 対 処 指 導 児 童 生 徒 の 行 動 出 席 簿 を 持 ち 歩 行 困 難 者 にも 配 慮 し 誘 導 措 置 を 座 布 団 やかばんなどで 頭 部 を 施 す 歩 く 一 緒 に 静 かに と 指 示 する 保 護 しながら 避 難 する 避 難 場 所 に 整 列 させ 人 員 点 呼 を 行 うとともに 負 傷 歩 く 一 緒 に 静 かに 者 健 康 状 況 を 確 認 し 各 部 主 事 に 連 絡 主 事 は 安 否 確 認 班 長 に 連 絡 する 避 難 場 所 では 予 め 指 示 され 避 難 誘 導 責 任 者 た 隊 形 に 素 早 く 整 列 する 授 業 中 は 授 業 実 施 中 の 教 員 清 掃 中 休 憩 中 放 課 後 は 原 則 として 学 級 担 任 落 ち 着 いて 指 示 を 聞 く みん 及 び 最 も 身 近 な 教 職 員 なと 一 緒 に 避 難 するといった 避 慌 てて 出 入 口 等 に 殺 到 し 将 棋 倒 しになる 等 の 事 難 行 動 に 対 して 見 通 しを 持 っ 故 にならないよう 指 示 する て 対 応 する ウ 避 難 後 の 指 導 注 意 教 職 員 の 対 処 指 導 児 童 生 徒 の 行 動 地 震 に 対 する 恐 怖 心 やデマに 惑 わされて 自 己 中 心 的 集 団 隊 列 から 離 れない 持 ち な 行 動 等 を 起 こさないよう 指 導 する ラジオ テレビ 消 防 等 から 刻 々 発 表 される 情 報 の 物 等 を 取 りに 教 室 にもどらない 入 手 に 努 める 教 職 員 の 話 を 聞 き 静 かに 待 つ 報 道 機 関 も 活 用 し 保 護 者 への 連 絡 に 努 める 児 童 生 徒 を 帰 宅 させる 場 合 引 き 渡 しカード 等 によ 保 護 者 が 来 るまで 避 難 場 所 で 落 り 記 録 し 直 接 保 護 者 に 引 き 渡 す 引 き 渡 し 方 法 について 事 前 に 家 庭 へ 知 らせておく ち 着 いて 待 機 する 地 震 が 発 生 した 場 合 の 学 校 の 処 置 けがをしたり 気 分 が 悪 くなった 児 童 生 徒 の 避 難 場 所 及 び 経 路 りしたときには 近 くにいる 教 師 児 童 生 徒 の 家 庭 への 引 き 渡 し 方 に 伝 える - -

6 (4) 職 員 組 織 第 一 次 避 難 ( 児 童 生 徒 の 避 難 誘 導 安 全 確 保 救 命 救 出 ) 学 校 災 害 対 策 本 部 避 難 誘 導 児 童 生 徒 教 職 員 の 安 否 確 認 と 報 告 校 長 教 頭 上 田 教 頭 部 主 事 登 下 校 時 の 通 学 路 点 検 と 保 護 事 務 長 教 務 課 長 永 井 久 保 スクールバスとの 連 絡 調 整 避 難 指 部 主 事 各 授 業 者 示 避 難 場 所 の 安 全 確 連 安 全 確 認 逃 げ 遅 れた 児 童 生 徒 及 び 教 職 員 の 検 保 と 避 難 状 況 の 把 絡 星 川 高 橋 一 索 と 救 命 救 出 握 連 玉 置 吉 岡 上 岡 負 傷 者 や 危 険 箇 所 の 把 握 と 通 報 非 常 持 出 し 書 類 の 携 浅 野 応 急 手 当 用 備 品 の 搬 出 搬 出 保 管 救 急 医 療 応 急 手 当 備 品 保 健 調 査 票 等 の 搬 出 状 況 によって 二 次 岡 田 保 健 体 育 課 負 傷 者 の 応 急 手 当 と 安 全 確 保 避 難 を 決 定 ( 運 動 研 修 課 病 院 への 搬 送 準 備 場 場 合 によって 引 渡 しカードへの 記 入 は 屋 内 ) 第 二 次 避 難 保 護 者 への 連 絡 児 童 生 徒 の 管 理 学 校 災 害 対 策 本 部 部 主 事 学 級 担 任 児 童 生 徒 の 状 況 引 き 渡 し 場 所 ( 運 テレビ ラジオ 指 示 動 場 )の 連 絡 ( 地 区 連 絡 網 の 活 用 等 ) 防 災 無 線 等 を 活 用 保 護 者 の 身 元 確 認 と 安 全 下 校 指 導 した 情 報 収 集 引 渡 しカードへの 記 入 と 確 認 部 主 事 を 通 して 学 報 告 避 難 先 の 住 所 連 絡 先 を 確 認 級 担 任 に 保 護 者 へ 負 傷 者 の 治 療 状 況 搬 送 先 を 伝 達 の 連 絡 を 指 示 連 絡 が 取 れない 児 童 生 徒 の 保 護 児 童 生 徒 下 校 児 童 生 徒 が 下 校 し 手 が 空 いた 者 から 各 班 に 加 わり 活 動 学 校 災 害 対 策 本 部 安 全 点 検 校 舎 内 の 被 害 状 況 調 査 報 告 各 班 への 出 動 依 頼 星 川 森 総 務 課 電 気 ガス 水 道 電 話 等 の 被 害 確 認 と 連 絡 調 整 生 徒 指 導 課 事 務 近 隣 の 被 災 状 況 確 認 施 設 の 被 害 状 況 の 危 険 箇 所 の 表 示 把 握 定 期 的 な 安 全 点 検 巡 視 外 部 からの 問 い 合 応 急 復 旧 応 急 復 旧 に 必 要 な 機 材 の 調 達 と 管 理 連 わせに 対 応 (PT 絡 山 本 真 鍋 小 原 水 資 源 の 確 保 A 報 道 関 係 ボ 菅 特 別 活 動 課 教 職 員 の 参 集 場 所 の 確 保 ランティア 等 ) 連 図 書 情 報 課 避 難 場 所 の 安 全 確 認 管 理 ( トイレ 携 災 害 伝 言 ダイヤル 研 修 課 ごみ 等 ) を 通 しての 情 報 発 避 難 者 支 援 避 難 場 所 の 設 置 代 表 者 との 調 整 信 と 情 報 収 集 伊 勢 元 玉 置 避 難 者 の 対 応 県 教 育 委 員 会 新 坂 上 大 原 上 岡 避 難 者 名 簿 の 作 成 と 管 理 居 浜 市 災 害 対 策 本 浅 野 支 援 相 談 課 情 報 収 集 と 伝 達 部 への 報 告 連 携 進 路 課 教 務 課 市 各 避 難 所 との 連 絡 調 整 中 萩 校 区 避 難 所 保 健 体 育 課 物 資 受 け 入 れと 管 理 ( 中 萩 小 中 公 そのときの 状 況 により 分 担 を 変 更 する 新 たに 班 を 設 置 する 民 館 )との 連 携 等 本 部 と 連 絡 を 取 り 合 いながら 臨 機 応 変 に 対 応 する その 他 各 関 係 機 学 校 災 害 対 策 本 部 は 校 長 室 に 設 置 する ただし 倒 壊 状 況 によ 関 への 連 絡 連 携 っては 別 室 も 検 討 する - 4 -

7 - 5 - (5) 避 難 場 所 の 集 合 隊 形 ア 第 一 次 避 難 場 所 イ 第 二 次 避 難 場 所 保 護 者 が 来 るまでの 児 童 生 徒 の 待 機 場 所 は 運 動 場 とするが 状 況 によっては 校 内 の 安 全 な 場 所 に 変 更 することもある (6) 災 害 伝 言 ダイヤル 震 度 6 以 上 の 地 震 発 生 後 NTTが 災 害 伝 言 ダイヤルを 設 置 します 学 校 が 録 音 した 児 童 生 徒 の 安 否 情 報 を 確 認 することができます なお この 伝 言 は 登 録 が0 件 を 超 えると 古 いものから 順 に 上 書 きされます 相 互 に 確 認 できあえるまで 何 度 か 繰 り 返 して 下 さい NTT 災 害 伝 言 ダイヤル 7 ( 伝 言 0 秒 以 内 0 件 まで 携 帯 の 番 号 は 不 可 ) 録 音 するとき 7----( 固 定 式 電 話 のみ 利 用 可 ) 再 生 するとき 7----( 固 定 式 携 帯 で 利 用 可 ) 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 へ 児 童 生 徒 の 安 否 を 尋 ねる 場 合 ス ス バ バ フ ェ ン ス 本 部 高 等 部 中 学 部 小 学 部 プ レ ハ ブ 体 倉 育 庫 本 部 高 等 部 中 学 部 小 学 部 新 校 舎 工 事 現 場 体 育 館

8 液状化現象による地盤沈下や集中豪雨による洪水 土砂災害時には 二次災害の発生として捉え その対応に準じて行動する - 6 -

9 4 児 童 生 徒 及 び 教 職 員 の 基 本 的 対 応 () 授 業 中 災 害 発 生 と 基 本 的 対 応 教 職 員 の 対 応 児 童 生 徒 の 対 応 地 震 発 生 安 全 確 保 その 場 で 物 が 落 ちてこない 倒 れてこない 場 机 椅 子 の 脚 を 固 定 し 所 に 避 難 誘 導 する 頭 部 を 保 護 する 出 入 口 の 確 保 と 火 災 などの 二 次 災 害 近 くに 机 等 がないとき の 防 止 教 職 員 自 身 の 身 の 安 全 確 保 児 童 生 徒 への 的 確 な 判 断 と 指 示 不 安 にならないよう 励 ます は 物 が 落 ちてこない 倒 れてこない 場 所 に 身 を 寄 せる 励 ましを 受 けて 耐 える 揺 れ が 収 ま る 避 難 誘 導 建 物 や 運 動 場 の 倒 壊 状 況 や 火 災 発 生 教 職 員 の 指 示 に 従 って の 有 無 等 の 情 報 収 集 駐 車 場 等 の 安 全 な 場 所 全 校 避 難 の 指 示 を 出 す へ 避 難 する 一 次 避 難 避 難 指 示 を 聞 いて 児 童 生 徒 への 的 確 座 布 団 やかばんなどで 本 館 前 駐 車 場 な 指 示 避 難 誘 導 をする 頭 部 を 保 護 しながら 避 安 全 確 認 避 難 誘 導 人 数 安 否 確 認 難 する 配 慮 を 要 する 児 童 生 徒 への 対 応 煙 が 発 生 しているとき 火 災 発 生 時 には 初 期 消 火 消 防 へ にはハンカチ 等 で 鼻 の 通 報 等 行 う 口 元 を 覆 う 児 童 生 徒 の 捜 索 非 常 持 出 しの 確 認 学 級 ごとに 整 列 する 二 次 避 難 二 次 避 難 の 準 備 落 ち 着 いて 指 示 を 聞 く 運 動 場 二 次 避 難 場 所 への 避 難 誘 導 みんなと 一 緒 に 避 難 す 人 数 安 否 確 認 るといった 避 難 行 動 に 安 全 確 認 救 出 救 命 活 動 と 応 急 手 当 対 して 見 通 しを 持 っ 児 童 生 徒 の 不 安 の 緩 和 て 対 応 する 学 校 災 害 対 策 本 部 被 害 状 況 把 握 保 護 者 や 各 関 係 機 関 への 連 絡 連 携 保 護 者 への 引 き 渡 し 安 全 点 検 備 品 搬 出 初 期 消 火 等 の 保 護 者 が 来 るまで 避 難 実 施 場 所 で 落 ち 着 いて 待 機 通 信 手 段 電 気 ガス 水 道 等 の 確 保 する 保 護 者 への 安 否 連 絡 と 引 き 取 り 要 請 けがをしたり 気 分 が 悪 被 害 状 況 の 把 握 と 関 係 機 関 への 連 絡 くなったりしたときに 避 難 場 所 の 安 全 確 認 と 応 急 復 旧 に 必 は 近 くにいる 教 師 に 要 な 備 品 の 調 達 と 管 理 伝 える 保 護 者 の 身 元 確 認 等 の 対 応 と 安 全 下 保 護 者 とともに 帰 宅 す 校 指 導 る 避 難 者 支 援 班 の 設 置 と 新 居 浜 市 災 害 保 護 者 と 連 絡 がつかな 対 策 本 部 との 連 携 いときは 学 校 で 待 機 避 難 者 支 援 学 校 再 開 へ の 準 備 - 7 -

10 () 休 憩 時 間 等 災 害 発 生 と 基 本 的 対 応 教 職 員 の 対 応 児 童 生 徒 の 対 応 地 震 発 生 安 全 確 保 その 場 で 教 室 体 育 館 作 業 棟 廊 下 階 段 トイレ 校 庭 運 動 場 等 教 室 体 育 館 作 業 棟 近 くにいる 児 童 生 徒 に 対 して 落 ち 机 椅 子 の 下 に 隠 れて てこない 倒 れてこない 場 所 に 避 難 頭 部 を 保 護 する 誘 導 する 近 くに 机 等 がないとき 出 入 口 の 確 保 と 火 災 などの 二 次 災 害 は 物 が 落 ちてこない の 防 止 倒 れてこない 場 所 に 身 近 くに 児 童 生 徒 がいないときは で を 寄 せる きるだけ 早 く 所 定 の 教 室 に 直 行 し 棚 や 窓 等 のそばから 離 児 童 生 徒 の 安 全 を 確 保 する れ 頭 部 を 保 護 してし 他 学 級 他 学 の 児 童 生 徒 は 避 難 場 ゃがむ 所 において 担 任 等 に 引 き 渡 す 廊 下 ロッカー 戸 棚 類 や 下 駄 箱 窓 ガラ ロッカー 戸 棚 類 や 下 ス 等 のそばから 離 れるよう 指 示 する 駄 箱 窓 ガラス 等 のそ 被 害 状 況 を 確 認 し 安 全 な 避 難 経 路 ばから 離 れて 頭 部 を 保 を 指 示 する 護 する 階 段 階 段 の 手 すりにつかまり その 場 に 手 すりや 壁 等 で 体 を 支 座 るよう 促 す えながらその 場 に 座 る できるようであれば 階 上 階 下 の 教 職 員 の 指 示 に 従 って 近 い 方 に 児 童 生 徒 を 誘 導 する 安 全 に 移 動 する ト イ レ トイレ 内 に 児 童 生 徒 がいないか 確 認 個 室 にいるときは 急 する いで 戸 を 開 け 落 下 物 に 注 意 しながら 頭 部 を 保 護 する 運 動 場 駐 車 場 近 くにいる 教 師 が 運 動 場 等 に 出 て 校 内 放 送 や 近 くにいる その 場 の 中 央 に 誘 導 する 教 職 員 の 指 示 に 従 って 状 況 に 応 じて 安 全 な 場 所 に 避 難 誘 導 その 場 の 中 央 等 の 安 全 する な 場 所 へ 避 難 する 揺 れ が 収 ま る 避 難 誘 導 安 全 確 認 - 8 -

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc)

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc) Ⅱ チェックシート 1 平 常 時 のチェックシート 地 震 風 水 害 等 に 対 する 備 えが 十 分 かどうかを 定 期 的 に 少 なくとも 防 災 訓 練 時 にチェックして 万 全 の 体 制 を 整 える (その1) 立 地 条 件 と 災 害 予 測 地 盤 地 形 などの 立 地 環 境 と 起 こりうる 災 害 予 測 の 確 認 1 1 1 情 報 伝 達 強 化 館 内 一

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 相 模 湖 公 園 の 震 災 時 対 応 の 考 え 方 参 考 資 料 1 - 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 における

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

簡 易 受 付 簿 様 式 1 ( 避 難 所 名 : ) ( 枚 目 ) 平 成 年 No 氏 名 性 別 お 住 まい 備 考 例 目 黒 太 郎 男 女 ( 中 目 黒 1 丁 目 1 ) 区 外 右 足 切 り 傷 1 男 女 ( 丁 目 ) 区 外 2 男 女 ( 丁 目 ) 区 外 3

簡 易 受 付 簿 様 式 1 ( 避 難 所 名 : ) ( 枚 目 ) 平 成 年 No 氏 名 性 別 お 住 まい 備 考 例 目 黒 太 郎 男 女 ( 中 目 黒 1 丁 目 1 ) 区 外 右 足 切 り 傷 1 男 女 ( 丁 目 ) 区 外 2 男 女 ( 丁 目 ) 区 外 3 Ver.2.01 2015.01.19 様 式 編 様 式 編 では 災 害 時 に 利 用 する 書 式 を 載 せてありま す 平 常 時 から 訓 練 等 でどのように 利 用 するか 検 証 し ましよう 簡 易 受 付 簿 様 式 1 ( 避 難 所 名 : ) ( 枚 目 ) 平 成 年 No 氏 名 性 別 お 住 まい 備 考 例 目 黒 太 郎 男 女 ( 中 目 黒 1 丁 目

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

【様式1】

【様式1】 様 式 1 避 難 施 設 運 営 組 織 ( 事 前 対 策 ) < 運 営 管 理 責 任 者 > 氏 名 所 属 又 は 住 所 TEL 備 考 会 長 副 会 長 避 難 施 設 従 事 職 員 ( 市 職 員 ) 施 設 管 理 者 < 避 難 施 設 運 営 班 > ( 印 : 班 長 印 : 副 班 長 ) 氏 名 自 治 会 名 住 所 TEL 備 考 総 務 班 名 簿 班 食 料

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

1 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 計 画 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 は 教 育 課 程 の 中 に 位 置 付 け 計 画 的 に 実 施 しなければならない 実 施 に 当 たっては 地 域 の 実 状 に 応 じて 災 害 対 応 マニュアルに 基 づく 訓 練 を 実 施 し い

1 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 計 画 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 は 教 育 課 程 の 中 に 位 置 付 け 計 画 的 に 実 施 しなければならない 実 施 に 当 たっては 地 域 の 実 状 に 応 じて 災 害 対 応 マニュアルに 基 づく 訓 練 を 実 施 し い 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 充 実 1 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 計 画 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 は 教 育 課 程 の 中 に 位 置 付 け 計 画 的 に 実 施 しなければならない 実 施 に 当 たっては 地 域 の 実 状 に 応 じて 災 害 対 応 マニュアルに 基 づく 訓 練 を 実 施 し い かなる 災 害 に 遭 遇 した 場 合 でも 安 全 に

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 四 国 地 方 整 備 局 徳 島 県 目 次 徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 1. 被 災 想 定 1 2. 参 集 体 制 設 置 7 3. 被 災 施 設 応 急 復 旧 活 動 13 4. 救 援 物 資 輸 送 活 動 43 5. 人

More information

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 について 作 成 例 は 統 括 防 火 管 理 義 務 対 象 物 における 基 本 的 な 全 体 についての 防 火 管 理 に 係 る 消 防 計 画 の 作 成 例 であ ることから 次 の 点 に 留 意 する 1 統 括 防 火 管 理 者 が 作 成 する 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 は 当 該 防 火 対 象 物 の 各

More information

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477>

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477> 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 編 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 推 進 計 画 の 目 的 1 第 2 防 災 関 係 機 関 が 地 震 発 生 時 の 災 害 応 急 対 策 として 行 う の 大 綱 1 第 2 章 関 係 者 との 連 携 協 力 の 確 保 11 第 1 資 機 材 人 員 等 の 配 備 手 配 11 第 2 他 機 関 に 対 する

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について【第2報】

熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について【第2報】 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 に 係 る 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 4 月 15 日 18 時 0 0 分 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1 地 震 の 概 要 ( 気 象 庁 情 報 ) (1) 発 生 日 時 平

More information

別 表 1 緊 急 事 態 発 生 時 の 対 処 救 急 及 び 緊 急 連 絡 体 制 事 件 事 故 発 生 大 切 なポイント 1. 子 どもの 安 全 確 保 生 命 維 持 最 優 先 2. 冷 静 で 的 確 な 判 断 と 指 示 3. 適 切 な 対 処 と 迅 速 正 確 な 連

別 表 1 緊 急 事 態 発 生 時 の 対 処 救 急 及 び 緊 急 連 絡 体 制 事 件 事 故 発 生 大 切 なポイント 1. 子 どもの 安 全 確 保 生 命 維 持 最 優 先 2. 冷 静 で 的 確 な 判 断 と 指 示 3. 適 切 な 対 処 と 迅 速 正 確 な 連 防 災 マニュアル 別 表 一 覧 緊 急 事 態 発 生 時 の 対 処 救 急 及 び 緊 急 連 絡 体 制 ( 別 表 1) 災 害 時 の 役 割 分 担 表 ( 別 表 2) 職 員 緊 急 連 絡 体 制 ( 別 表 3) 緊 急 連 絡 先 一 覧 表 ( 別 表 4) 職 員 召 集 参 集 基 準 ( 別 表 5) 園 児 情 報 一 覧 表 ( 別 表 6) 避 難 経 路 図

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版 添 付 資 料 東 京 事 務 所 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し これを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 非 常 時 事 前 の 備 え(

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

Microsoft Word - 2012年度地震・防災訓練総括.doc

Microsoft Word - 2012年度地震・防災訓練総括.doc 2012 年 度 愛 知 大 学 全 学 地 震 防 災 訓 練 総 括 1. 目 的 と 概 要 2012 年 度 の 地 震 防 災 訓 練 は 東 日 本 大 震 災 を 教 訓 とし 名 古 屋 校 舎 は 授 業 中 の 大 規 模 地 震 及 び それに 伴 う 津 波 発 生 を 想 定 した また 車 道 校 舎 及 び 豊 橋 校 舎 は 授 業 中 の 大 規 模 地 震 及 びそれ

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

地 震 災 害 対 策 編 第 1 編 地 震 災 害 予 防 計 画 地 震 災 害 対 策 編 第 1 編 地 震 災 害 予 防 計 画 第 1 章 防 災 思 想 知 識 普 及 計 画 総 務 課 学 校 教 育 課 福 祉 課 町 及 び 関 係 機 関 は 各 所 属 職 員 はじめ 住 民 等 に 対 し 自 主 防 災 思 想 の 普 及 徹 底 を 図 るとと もに 地 震

More information

目  次

目  次 11. 震 災 害 シナリオの 作 成 11.1 シナリオ 作 成 の 目 的 震 被 害 結 果 に 基 づき 内 市 町 村 におけ 災 害 応 急 の 内 容 あ いは 量 的 な 備 えが 十 分 であかどうかを 検 討 すための 資 料 として 今 回 の3つの 震 が 発 生 した 場 合 に そぞの 被 害 応 状 況 がどのように 推 移 していく かという 震 災 害 シナリオ を

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

保 護 者 有 志 で 夕 食 ( お に ぎ り ゆ で 卵 ) を 炊 き 出 し, 食 し, 夜 は, そ れ ぞ れ の 自 家 用 車 の 中 で 過 ご し た 幸 い に し て 保 護 者 が 迎 え に 来 て い な い 児 童 は な く, 自 家 用 車 の な い 保 護

保 護 者 有 志 で 夕 食 ( お に ぎ り ゆ で 卵 ) を 炊 き 出 し, 食 し, 夜 は, そ れ ぞ れ の 自 家 用 車 の 中 で 過 ご し た 幸 い に し て 保 護 者 が 迎 え に 来 て い な い 児 童 は な く, 自 家 用 車 の な い 保 護 大 震 災 か ら 学 校 再 開, そ し て 正 常 化 に 向 け た 小 原 木 小 学 校 の 取 組 1,はじめに 3 月 1 1 日 の 東 日 本 大 震 災 に よ り, 本 小 学 校 区 内 の 大 沢 舘 只 越 の 3 地 区 の う ち, 大 沢 と 只 越 地 区 が 壊 滅 状 態 と な っ た 全 校 6 7 名 の う ち 家 屋 全 壊 の 家 庭 が 2 1

More information

Microsoft Word - ③24年度震災対策編第3章(P401~P432).doc

Microsoft Word - ③24年度震災対策編第3章(P401~P432).doc 第 3 章 地 震 防 災 応 急 対 策 第 3 章 地 震 防 災 応 急 対 策 第 1 節 総 則 第 1 項 地 震 防 災 応 急 対 策 の 目 的 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 昭 和 53 年 法 律 第 73 号 以 下 大 震 法 という)は 大 規 模 地 震 発 生 前 の 事 前 措 置 を 行 って 地 震 災 害 を 防 止 軽 減 することを

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

第 5 編 東 海 地 震 に 関 する 事 前 対 策 / 第 1 章 対 策 の 意 義 2 警 戒 宣 言 発 令 までの 流 れ 気 象 庁 異 常 現 象 地 震 活 動 等 総 合 監 視 シ ス テ ム 気 象 庁 長 官 地 震 予 知 情 報 の 報 告 内 閣 総 理 大 臣 警

第 5 編 東 海 地 震 に 関 する 事 前 対 策 / 第 1 章 対 策 の 意 義 2 警 戒 宣 言 発 令 までの 流 れ 気 象 庁 異 常 現 象 地 震 活 動 等 総 合 監 視 シ ス テ ム 気 象 庁 長 官 地 震 予 知 情 報 の 報 告 内 閣 総 理 大 臣 警 第 5 編 東 海 地 震 に 関 する 事 前 対 策 / 第 1 章 対 策 の 意 義 第 5 編 東 海 地 震 に 関 する 事 前 対 策 第 1 章 対 策 の 意 義 第 1 節 東 海 地 震 に 関 する 事 前 対 策 の 意 義 東 海 地 震 の 発 生 が 予 知 され 東 海 地 震 に 関 する 警 戒 宣 言 が 発 せられた 場 合 に 地 震 発 生 に 備 えて

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030378EC08E7B967B95948BC696B1837D836A83858341838B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030378EC08E7B967B95948BC696B1837D836A83858341838B> 実 施 本 部 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 実 施 本 部 業 務 の 作 成 につ いて 具 体 的 に

More information

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台)

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台) 資 料 4 平 成 26 年 度 福 井 県 原 子 力 防 災 総 合 訓 練 実 施 結 果 1 目 的 福 井 県 原 子 力 防 災 計 画 および 福 井 県 広 域 避 難 計 画 要 綱 に 基 づき 国 県 関 係 市 町 防 災 関 係 機 関 および 地 域 住 民 が 一 体 となった 原 子 力 防 災 訓 練 を 実 施 し 緊 急 時 における 通 信 連 絡 体 制 と

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

H26改訂案【西諸県】応急業務(BCP推進会議資料)

H26改訂案【西諸県】応急業務(BCP推進会議資料) 添 付 資 料 西 諸 県 地 域 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し こ れを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 責 任 所 属 非 常 時

More information

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

第1章 総  則

第1章 総  則 千 葉 市 地 域 防 災 計 画 災 害 応 急 対 策 編 第 1 章 地 震 対 策 計 画 平 成 27 年 3 月 修 正 千 葉 市 防 災 会 議 第 1 章 地 震 対 策 計 画 修 正 年 月 平 成 27 年 3 月 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 ) 目 次 [ 災 害 応 急 対 策 編 ] 第 1 章 地 震 対 策 計 画 第 1 節 応 急 活 動 体

More information

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 入 居 案 内 11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 点 から 日 本 人 学 生 及 び 外

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

消 防 計 画

消 防 計 画 サンプラザ 熊 野 店 消 防 計 画 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 消 防 計 画 は 消 防 法 第 8 条 第 1 項 及 び 消 防 法 第 8 条 の2 第 1 項 に 基 づき サンプラ ザ 熊 野 店 の 防 火 管 理 についての 必 要 事 項 を 定 め 火 災 地 震 その 他 の 災 害 の 予 防 と 人 命 の 安 全 被 害 のならびに 災 害

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx 防 災 気 象 講 習 会 1 平 成 25 年 2 月 25 日 の 栃 木 県 北 部 で 発 生 した 地 震 とその 後 の 状 況 について 2 緊 急 地 震 速 報 を 活 用 した 避 難 訓 練 について 平 成 25 年 5 月 31 日 宇 都 宮 地 方 気 象 台 防 災 業 務 課 藤 崎 発 生 時 刻 平 成 25 年 2 月 25 日 16 時 23 分 震 源 栃

More information

<5461726F2D955C8E86814590DD92E82E6A7464>

<5461726F2D955C8E86814590DD92E82E6A7464> 本 校 の 危 機 管 理 マニュアル 平 成 22 年 4 月 時 点 小 学 校 ** 小 学 校 の 設 定 ** 教 職 員 数 22 名 校 長 1 名 教 頭 1 名 教 諭 講 師 16 名 養 護 教 諭 1 名 事 務 職 員 1 名 栄 養 教 諭 1 名 管 理 用 務 員 1 名 児 童 数 400 名 各 学 年 2 学 級 特 別 支 援 学 級 1 学 級 計 13 学

More information

<81A18E518D6C395F8E518D6C8E9197BF81698EE582C891CE8DF497E182CC8EE5977682C88EC08E7B8EE591CC816A2E786C73>

<81A18E518D6C395F8E518D6C8E9197BF81698EE582C891CE8DF497E182CC8EE5977682C88EC08E7B8EE591CC816A2E786C73> 主 な 対 策 例 主 要 な 実 施 主 体 は 報 告 書 中 に 記 載 された 主 な 対 策 一 次 的 な 実 施 主 体 を 示 す 行 政 から 働 きかけを 受 けて 住 民 や 企 業 が 直 接 的 な 行 動 をとるといった ように 対 策 最 終 的 な 実 施 主 体 が 別 場 合 がある 例 えば 住 宅 建 築 物 等 耐 震 化 不 燃 化 等 推 進 場 合 一

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A> 西 原 市 の 防 災 体 制 現 況 体 制 施 設 設 備 市 役 所 は 市 中 央 部 の 市 街 地 にある 庁 舎 は 東 棟 ( 昭 和 54 年 建 築 のRC5 階 建 ) と 西 棟 ( 平 成 10 年 建 築 のRC7 階 建 )に 分 かれてる 災 害 対 策 本 部 は 西 棟 2 階 の 共 用 会 議 室 に 設 置 される 職 員 数 :600 名 (うち 消 防

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

第3編 震災対策

第3編  震災対策 嬉 野 市 地 域 防 災 計 画 5 編 佐 賀 県 嬉 野 市 平 成 28 年 2 月 第 5 編 その 他 の 災 害 対 策... 1 第 1 章 総 則... 1 第 2 章 大 規 模 火 事 災 害 対 策... 2 第 1 節 災 害 予 防 対 策 計 画... 2 第 2 節 災 害 応 急 対 策 計 画... 10 第 3 節 災 害 復 旧 復 興 計 画... 27 第

More information

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する 第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 )の 適 用 申 請 及 び 救 助 等 の 実 施 を 適 切 に 行 うことを 目 的 とする 第 2 節 災 害 救 助 法 の 適 用 県 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090568A838CA79286897A926E906B8DD08A518FF38BB595FA91978C8083568369838A83498A818BE0874020323031303231322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090568A838CA79286897A926E906B8DD08A518FF38BB595FA91978C8083568369838A83498A818BE0874020323031303231322E646F63> 越 放 送 劇 編 1 二 〇 〇 九 年 〇 月 八 曜 午 七 源 越 規 模 グ ニ ュ 八 度 強 最 セ 温 約 度 課 直 内 可 秋 休 午 八 ご 岡 市 直 下 型 度 強 宅 奥 居 娘 ベ 担 達 協 力 乗 切 第 1 登 物 メ 立 父 娘 妻 炊 ツ 足 不 由 寝 主 最 高 責 任 A 第 B C 暮 老 斎 藤 解 説 毎 共 独 立 政 法 科 技 術 研 究 主

More information

第 2 次 態 勢 12 名 部 上 下 水 道 部 消 防 本 部 のうち 管 理 職 4 名 を 輪 番 制 で 指 定 ) 2 次 当 番 者 ( 消 防 本 部 を 除 く 庁 内 各 部 の 主 査 職 6 名 を 輪 番 制 で 指 定 ) ( 注 ) 通 信 指 令 室 職 員 は 通

第 2 次 態 勢 12 名 部 上 下 水 道 部 消 防 本 部 のうち 管 理 職 4 名 を 輪 番 制 で 指 定 ) 2 次 当 番 者 ( 消 防 本 部 を 除 く 庁 内 各 部 の 主 査 職 6 名 を 輪 番 制 で 指 定 ) ( 注 ) 通 信 指 令 室 職 員 は 通 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 応 急 活 動 組 織 第 1 節 活 動 組 織 の 設 置 各 部 各 施 設 市 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがある 場 合 において 災 害 応 急 対 策 を 行 うため 次 の 組 織 を 設 置 する 1 市 における 防 災 組 織 体 制 (1) 災 害 警 戒 本 部 ( 災 害 対 策

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 共 通 編 第 1 章 災 害 予 防 対 策 1 第 1 節 自 発 的 な 防 災 活 動 の 促 進 1 第 1 項 防 災 思 想 の 普 及 1 第 2 項 自 主 防 災 組 織 の 強 化 育 成 4 第 3 項 ボランティア 活 動 の 環 境 整 備 8 第 4 項 防 災 協 働 社 会 の 形 成 推 進 10 第

More information

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 仕 様 書 1 趣 旨 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 を よ り 効 率 的 効 果 的 に 遂 行 す る た め 業 務 の 一 部 を 委 託 する 2 業 務 委 託 の 内 容 (1) 業 務 名 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 (2) 委 託 期 間 平 成 29 年 2 月 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031388ED089EF959F8E838E7B90DD8B7982D19561894082C982A882AF82E996E98AD482CC966889CE8AC7979D91CC90A78E7793B1837D836A83858341838B82CC895E977082C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031388ED089EF959F8E838E7B90DD8B7982D19561894082C982A882AF82E996E98AD482CC966889CE8AC7979D91CC90A78E7793B1837D836A83858341838B82CC895E977082C982C282A282C42E646F63> 別 表 1 出 火 区 画 の 限 界 時 間 ( T f ) 出 火 区 画 の 限 界 時 間 は, 当 該 建 築 物 の 条 件 により, 下 表 のとおりとす 条 出 火 区 画 の 基 準 時 間 (Tf1) 件 内 装 制 限 がなされている 場 合 ( 注 1) 内 装 制 限 がなされていない 場 合 スプリンクラー 設 備 設 置 の 場 合 9 分 スプリンクラー 設 備 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839394C596688DD0837D836A83858341838B90978C5E816991E6825094C52D32816A32303130313132332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839394C596688DD0837D836A83858341838B90978C5E816991E6825094C52D32816A32303130313132332E646F63> < 居 住 者 配 布 用 > 首 都 直 下 型 地 震 に 備 えて XXXXXXマンション 管 理 組 合 防 災 委 員 会 目 次 Ⅰ. 解 説 編 1. 防 災 マニュアルの 目 的 2. 前 提 としている 大 地 震 の 被 害 想 定 ( 大 田 区 地 域 防 災 計 画 より) 3. 地 域 防 災 計 画 からみる 避 難 所 の 実 態 ( 大 田 区 地 域 防 災 計

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B>

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B> 判 定 調 整 員 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 判 定 調 整 員 が 行 うべきこ とについて 具 体

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 平 成 26 年 度 修 正 宇 和 島 市 防 災 会 議 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 ) 目 次 第 1 章 災 害 予 防 計 画... 1 第 1 節 気 象 予 警 報 等 の 伝 達 1 第 1 主 旨... 1 第 2 警 報 等 の 定 義...

More information

* 災_害_対_応_組_織_の_概_要__

* 災_害_対_応_組_織_の_概_要__ 制 作 の 目 的 と 改 訂 ポイント (1) 制 作 の 目 的 1 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 校 舎 設 備 への 被 害 は 少 なかったものの 電 車 運 休 による 多 数 の 帰 宅 困 難 者 の 発 生 教 職 員 及 び 基 金 訓 練 生 等 の 当 日 学 内 宿 泊 広 範 囲 の 計 画 停 電 と 迂 回 出 勤

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

(3) 事 前 対 策 リスト( 自 助 ) 家 の 中 の 安 全 避 難 救 水 や 食 料 避 難 生 活 用 品 家 具 が 転 倒 しないように 固 定 する 耐 震 診 断 耐 震 補 強 をする 寝 室 には 家 具 を 置 かないか 寝 床 に 向 かって 転 倒 しないようにする

(3) 事 前 対 策 リスト( 自 助 ) 家 の 中 の 安 全 避 難 救 水 や 食 料 避 難 生 活 用 品 家 具 が 転 倒 しないように 固 定 する 耐 震 診 断 耐 震 補 強 をする 寝 室 には 家 具 を 置 かないか 寝 床 に 向 かって 転 倒 しないようにする 6. 事 前 対 策 リスト 災 害 時 の 応 急 対 応 を 効 果 的 に 行 えるよう 1 事 前 対 策 リスト( 自 助 )と 2 事 前 対 策 リスト( 共 助 )を 考 えましょう 2 事 前 対 策 リスト( 共 助 )は 第 3 回 ワークショップの 議 論 をもとに 災 害 対 応 の 特 に 優 先 度 の 高 い 活 動 とそのための 事 前 対 策 をテーマ 毎 に 検

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

に 受 信 機 などのスイッチ 類 についても 確 実 に 元 の 状 態 に 復 旧 すること キ 訓 練 の 終 了 後 は 安 全 管 理 面 から 気 付 いた 点 を 記 録 し その 後 の 訓 練 に 反 映 さ せること 3 対 応 事 項 訓 練 において 職 員 等 がとるべき

に 受 信 機 などのスイッチ 類 についても 確 実 に 元 の 状 態 に 復 旧 すること キ 訓 練 の 終 了 後 は 安 全 管 理 面 から 気 付 いた 点 を 記 録 し その 後 の 訓 練 に 反 映 さ せること 3 対 応 事 項 訓 練 において 職 員 等 がとるべき 小 規 模 社 会 福 祉 施 設 における 防 火 管 理 体 制 指 導 マニュアル 1 目 的 火 災 発 生 時 に 火 災 対 応 を 行 う 職 員 その 他 の 避 難 介 助 者 ( 近 隣 事 業 所 等 の 応 援 者 を 含 む 以 下 職 員 等 という )がとるべき 基 本 的 な 対 応 事 項 を 示 し 設 定 した 避 難 目 標 時 間 内 に 完 了 させることを

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

Microsoft Word - (印刷用)市川町地域防災計画本編第3篇

Microsoft Word - (印刷用)市川町地域防災計画本編第3篇 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 基 本 方 針 第 1 章 基 本 方 針 災 害 応 急 対 策 計 画 は 次 の 考 え 方 のもとに 作 成 する 第 1 迅 速 な 災 害 応 急 活 動 体 制 の 確 立 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 に 展 開 するため 県 町 及 びその 他 の 防 災 関 係 機 関 の

More information

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73>

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73> 資 料 2-5 岩 手 県 地 域 防 災 対 策 見 直 し 素 案 に 係 るパブリック コメント 意 見 件 数 及 び 対 応 状 況 1 意 見 件 数 受 付 方 法 人 数 ( 人 機 ) 意 見 件 数 ( 件 ) 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 郵 便 ( 持 参 を 含 む) 0 0 ファクシミリ 1 2 2 5 1 4 2 7 電

More information

職場における災害対策マニュアル

職場における災害対策マニュアル 職 場 における 災 害 対 策 マニュアル ( 会 社 名 ) 本 マニュアルの 提 供 はPDF ファイルのみとさせていただき ますので ご 了 承 ください 作 成 日 : 年 月 日 最 終 更 新 日 : 年 月 日 1 目 次 Ⅰ 初 めに... 3 Ⅱ 平 常 時 の 災 害 対 策... 3 1. 役 割 分 担 の 確 認 < 別 紙 1>... 3 2. 緊 急 連 絡 網 の

More information

◇◆県営住宅◇◆

◇◆県営住宅◇◆ 知 っておきたい!! 住 宅 制 度 ~ 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 貸 したい 方 へ~ ~ 融 資 を 受 けたい 方 へ~ ~ 建 物 の 改 造 改 築 を 考 えている 方 へ~ 新 座 市 都 市 整 備 部 まちづくり 計 画 課 住 宅 制 度 のご 案 内 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 方 貸 したい 方 県 営 住 宅 1 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 3 UR

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱

目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 平 成 27 年 度 版 目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 い(1) 7 6. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 い(2) 8 7.

More information

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外 ( 別 紙 4) 消 防 用 設 備 の 点 検 等 及 び 保 守 業 務 1 機 器 一 覧 (1) 自 動 火 災 報 知 設 備 一 式 1 受 信 機 R 型 250 回 線 1 台 2 表 示 機 2 台 3 中 継 器 10 個 4 煙 感 知 器 (アナログ 式 ) 148 個 5 熱 感 知 機 (アナログ 式 ) 72 個 6 スポット 型 感 知 器 ( 差 動 式 補 償 式

More information

ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり 地 方 防 災 行 政 の 現 況 として 刊 行 することになりました この 調

ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり 地 方 防 災 行 政 の 現 況 として 刊 行 することになりました この 調 地 方 防 災 行 政 の 現 況 ( 付 平 成 25 年 災 害 年 報 ) 平 成 27 年 1 月 消 防 庁 防 災 課 地 域 防 災 室 応 急 対 策 室 防 災 情 報 室 ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり

More information

第3編 地震災害応急対策

第3編 地震災害応急対策 第 3 編 災 害 応 急 対 策 地 震 災 害 は 他 の 災 害 と 異 なり 事 前 予 知 が 困 難 であり 大 規 模 地 震 の 発 生 時 には 広 範 囲 に 甚 大 な 被 害 が 及 ぶことから その 応 急 対 策 の 基 本 方 針 を 次 のとおり 定 める 第 1 章 防 災 関 係 機 関 の 活 動 防 災 危 機 管 理 課 県 内 に 大 規 模 な 地 震

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

久留米市地域防災計画

久留米市地域防災計画 久 留 米 市 地 域 防 災 計 画 ( 地 震 対 策 編 ) 平 成 26 年 8 月 久 留 米 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 節 災 害 体 制 の 確 立 第 1 体 制 の 設 置 配 備 動 員 1 第 2 災 害 警 戒 本 部 3 第 3 災 害 対 策 本 部 4 第 2 節 情 報 の 収 集 関 係 機 関 等 への 伝 達

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務)

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務) 資 料 2 28.6.16 防 衛 省 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 における 施 設 管 理 業 務 の 実 施 状 況 について ( 平 成 26 年 度 及 び27 年 度 ) Ⅰ 事 業 の 概 要 1. 委 託 業 務 内 容 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 の 施 設 管 理 業 務 建 築 設 備 点 検 保 守 業 務 電 気 設 備 点 検

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information