会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対"

Transcription

1 第 70 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 先 月 19 日 深 夜 から20 日 未 明 にかけて 広 島 市 を 襲 った 局 地 的 な 豪 雨 は 広 範 囲 にわたり 大 規 模 な 土 石 流 が 発 生 するなど 死 者 行 方 不 明 者 あわせて70 名 以 上 という 甚 大 な 被 害 をもたらしまし た お 亡 くなりになられた 方 々に 哀 悼 の 意 を 表 しますとともに 被 災 された 皆 様 に 心 からお 見 舞 い 申 し 上 げます 安 来 市 といたしましては 島 根 県 知 事 からの 緊 急 消 防 援 助 隊 の 出 動 要 請 に 応 じ 先 月 25 日 から30 日 までの6 日 間 10 名 の 消 防 職 員 を 被 災 地 に 派 遣 いたしました また 義 援 金 につきましても 26 日 から 安 来 庁 舎 の 総 合 案 内 と 広 瀬 伯 太 の 各 地 域 センターで 受 付 を 開 始 したところであります 今 後 も 状 況 を 見 ながら 安 来 市 として 協 力 できることがあれば 迅 速 に 対 応 してまいりたいと 考 えております 次 に 国 政 についてであります 国 は 6 月 に 閣 議 決 定 した 骨 太 の 方 針 において 50 年 後 に1 億 人 程 度 の 安 定 した 人 口 構 造 を 保 持 することを 目 指 す と 目 標 値 を 掲 げました また 今 月 には 人 口 減 少 問 題 や 地 域 経 済 の 活 性 化 に 取 り 組 むため まち ひと しごと 創 生 本 部 と 担 当 大 臣 を 設 置 することと しております また 島 根 県 も 人 口 対 策 本 部 を 立 ち 上 げ 7 月 30 日 に 第 1 回 の 1

2 会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対 策 本 部 を 設 置 し 第 1 回 の 会 議 を 開 催 したところであります また 27 日 に 開 催 されました 島 根 県 知 事 と 県 の 市 長 会 との 意 見 交 換 会 において 私 も 知 事 に 意 見 提 案 を 行 ったところでございます 今 後 は 部 局 間 の 横 断 的 な 連 携 を 強 化 し 人 口 問 題 に 関 する 情 報 を 共 有 しながら より 実 効 性 のある 具 体 的 な 取 り 組 みを 検 討 してまいり ます 次 に 主 要 事 業 についてであります 新 安 来 庁 舎 建 設 事 業 につきましては 現 在 基 本 設 計 を 進 めている ところであり 11 月 からは 実 施 設 計 に 移 行 する 計 画 であります 平 成 28 年 度 中 の 竣 工 を 目 指 し スピード 感 を 持 って 事 業 を 進 めてまい ります 市 民 会 館 ( 仮 称 )と 給 食 センターの 建 設 につきましては 引 き 続 き 詳 細 設 計 を 行 うとともに 今 月 から 造 成 工 事 に 着 工 いたします 市 民 会 館 では 管 理 運 営 基 本 計 画 の 策 定 に 向 け 6 月 26 日 に 管 理 運 営 計 画 検 討 委 員 会 を 立 ち 上 げ 現 在 までに3 回 の 委 員 会 を 開 催 し 先 進 地 視 察 を 行 いながら 様 々なテーマについてご 議 論 いただいてお ります また 給 食 センターでは 管 理 運 営 に 関 する 具 体 的 事 項 の 協 議 を 進 2

3 めるとともに センターから 給 食 を 受 け 入 れる 学 校 についても 施 設 改 修 の 実 施 設 計 を 行 っており 来 年 度 の 夏 季 休 業 期 間 中 の 改 修 に 向 け て 準 備 を 進 めているところです 今 月 からは 給 食 センター 開 設 準 備 室 を 設 置 し 体 制 を 強 化 した 上 で 着 実 に 準 備 を 進 めながら 早 い 段 階 で 建 設 工 事 に 着 手 してまいり たいと 考 えております 今 後 も 供 用 開 始 に 向 けて 鋭 意 取 り 組 んでまいります 次 に 中 海 ふれあい 公 園 ( 仮 称 )についてであります 中 海 ふれあい 公 園 ( 仮 称 )につきましては 当 初 県 が 中 海 干 拓 工 ていでい 区 の 底 泥 処 理 地 であった 区 域 を 県 立 河 川 公 園 として 整 備 する 予 定 で ありましたが 平 成 18 年 3 月 に 県 と 市 で 締 結 した 覚 書 により 県 が 造 成 した 用 地 を 市 が 購 入 し 公 園 として 整 備 することとなっておりま した 土 砂 の 搬 入 が 完 了 して 数 年 が 経 過 し 地 盤 も 安 定 するなど 公 園 の 整 備 環 境 が 整 ってきたことなどから 先 月 22 日 県 知 事 に 対 し 県 から 公 園 用 地 を 取 得 し 市 で 造 成 と 公 園 整 備 を 一 体 的 に 行 う 旨 の 申 し 入 れを 行 いました 今 後 は 一 日 も 早 く 事 業 に 着 手 できるよう 県 と 具 体 的 に 協 議 を 進 め 平 常 時 の 気 軽 な 利 用 も 視 野 にいれつつ 各 種 イベントやスポーツ 大 会 大 規 模 防 災 訓 練 の 会 場 など 地 の 利 を 生 かした 広 域 交 流 の 場 として 市 内 外 の 多 くの 方 に 利 用 していただけるような 公 園 を 整 備 し てまいりたいと 考 えております 3

4 次 に 正 調 安 来 節 についてであります 7 月 14 日 正 調 安 来 節 を 安 来 市 無 形 民 俗 文 化 財 に 指 定 いたしま した 民 謡 を 市 の 文 化 財 として 指 定 するのは 県 内 で 初 めてのことで あります 安 来 節 は 北 前 船 流 通 圏 の 中 で 民 衆 の 歌 がどのように 伝 播 し どう 発 展 していったかを 示 す 歴 史 的 文 化 的 に 貴 重 な 無 形 遺 産 で 安 来 節 保 存 会 によって100 年 にわたり 正 しく 保 存 継 承 されて おります 先 月 15 日 から17 日 までの3 日 間 は 安 来 節 全 国 優 勝 大 会 が 開 催 され 全 国 の 予 選 会 を 勝 ち 抜 いた6 歳 から83 歳 までの844 名 が 出 場 し 熱 演 されたところであります 今 後 は 正 調 安 来 節 を 市 の 指 定 文 化 財 として 市 民 への 周 知 普 及 を 図 ると 共 に 文 化 的 価 値 を 更 に 高 めるための 支 援 に 努 めてまいりま す 次 に 安 来 の 祭 りについてであります 先 月 14 日 から17 日 までの4 日 間 やすぎ 月 の 輪 まつり を 開 催 じ ん じ し 月 の 輪 神 事 や 様 々な 催 しが 行 われました 14 日 には 市 内 の 小 学 生 を 対 象 とした 花 火 デザインコンテスト の 優 秀 作 品 7 発 の 打 ち 上 げをはじめ 5,000 発 の 迫 力 満 点 の 花 火 が 中 海 に 上 がり 市 内 外 からお 出 かけいただいた 約 45,000 人 の 来 場 者 を 魅 了 しました 16 日 には 伝 統 的 な 正 調 安 来 節 踊 りや 華 やかに 仮 装 した 仁 輪 加 パ レードに 約 400 名 という 多 くの 方 にご 参 加 いただきました 4

5 祭 りの 開 催 にご 尽 力 いただきました 関 係 者 をはじめ ボランティア スタッフや 参 加 された 多 くの 市 民 の 皆 様 に 心 よりお 礼 申 し 上 げます また その 他 市 内 各 地 で 祭 りが 開 催 され 大 いに 賑 わいました 地 域 の 伝 統 行 事 を 引 き 継 ぐとともに 地 域 の 特 色 を 生 かし 趣 向 を 凝 ら した 催 しが 各 地 で 繰 り 広 げられることが 地 域 の 発 展 につながるものと 今 後 も 市 民 の 皆 様 の 活 躍 に 大 いに 期 待 しております 次 に 島 根 県 への 重 点 要 望 についてであります 先 月 22 日 地 元 選 出 の 嘉 本 県 議 会 議 員 市 議 会 からは 金 山 市 議 会 議 長 田 中 副 議 長 に 同 行 していただき 島 根 県 知 事 に 対 し 12 項 目 の 要 望 活 動 を 行 ってまいりました 原 子 力 発 電 所 周 辺 自 治 体 の 安 全 確 保 対 策 をはじめ 地 域 振 興 分 野 では 定 住 支 援 体 制 強 化 交 付 金 の 継 続 に ついてなど3 項 目 健 康 福 祉 分 野 では 乳 幼 児 等 医 療 費 の 助 成 拡 充 など 2 項 目 基 盤 整 備 分 野 では 中 海 架 橋 の 建 設 促 進 など3 項 目 教 育 分 野 では 史 跡 富 田 城 跡 整 備 の 支 援 など2 項 目 そのほか 木 材 の 搬 出 助 成 制 度 の 拡 充 について 強 く 要 望 してまいりました 次 に 第 2 次 総 合 計 画 策 定 についてであります 安 来 市 総 合 計 画 につきましては 合 併 後 に 策 定 した 現 在 の 計 画 が 平 成 27 年 度 末 で 終 期 を 迎 えるため 今 年 度 から2か 年 をかけて 次 期 総 合 計 画 を 策 定 することとしております 総 合 計 画 は 安 来 市 の 最 上 位 計 画 として 安 来 市 のまちづくりを 推 進 するための 総 合 的 かつ 計 画 的 な 指 針 を 示 すもので 先 月 26 日 に 5

6 各 種 団 体 の 代 表 者 や 一 般 公 募 で 選 ばれた 市 民 の 方 などで 構 成 する 第 1 回 安 来 市 総 合 計 画 審 議 会 を 開 催 し 策 定 を 進 めているところです 今 年 度 は 市 民 アンケートやワークショップなどを 行 い 市 民 の 皆 様 の 意 見 を 伺 いながら 基 本 構 想 案 をまとめていきたいと 考 えておりま す 次 に 新 安 来 市 発 足 10 周 年 記 念 事 業 及 び 記 念 式 典 についてであり ます 先 月 11 日 に 十 神 小 学 校 で 開 催 した ラジオ 体 操 みんなの 体 操 会 は 台 風 11 号 の 接 近 で 開 催 が 危 ぶまれたところですが 700 名 を 超 える 多 くの 市 民 の 皆 様 にお 出 かけいただき 盛 大 に 開 催 することがで きました 各 種 記 念 事 業 も 後 半 に 入 り 今 月 28 日 に 予 定 されている 伝 統 行 事 幸 盛 祭 には 大 河 ドラマで 山 中 鹿 介 役 を 演 じられた 別 所 哲 也 さん をお 迎 えして 月 山 を 巡 る 鹿 介 ウォーク や 幸 盛 マラソン ト ークショーなどを 行 うこととしております また 今 月 から 来 月 にかけて 近 代 日 本 の 彫 刻 界 を 代 表 する 安 来 市 出 身 の 彫 刻 家 米 原 雲 海 を 顕 彰 し 和 鋼 博 物 館 など 市 内 3 会 場 で 展 覧 会 や 講 演 会 まちあるきツアーなども 開 催 いたします このほか 記 念 式 典 で 講 演 をいただく 戦 場 カメラマン 渡 部 陽 一 さんの 写 真 展 を 和 鋼 博 物 館 で 約 2 週 間 開 催 する 予 定 であります 10 月 4 日 の 記 念 式 典 では 自 治 功 労 者 表 彰 や 市 の 歌 市 民 憲 章 非 核 平 和 都 市 宣 言 の 各 制 定 と 記 念 講 演 など 盛 りだくさんの 内 容 を 考 え 6

7 ており 現 在 準 備 を 進 めているところであります 市 議 会 議 員 並 びに 市 民 の 皆 様 に 多 数 ご 出 席 いただき 盛 大 に 新 安 来 市 発 足 10 周 年 を 祝 したいと 考 えておりますので お 力 添 えを 賜 りますようお 願 い 申 し 上 げます 次 に ハーモニータウン 汐 彩 住 宅 祭 についてであります 汐 彩 住 宅 団 地 分 譲 促 進 につきましては 平 成 25 年 4 月 から 30% の 値 下 げをし 分 譲 を 進 めてまいりました 来 たる10 月 10 日 から 19 日 までの10 日 間 汐 彩 住 宅 団 地 におきまして ハーモニータウ ン 汐 彩 住 宅 祭 2014 を 開 催 いたします 市 内 外 から11 社 の 出 展 をいただき 工 夫 を 凝 らした 特 色 ある 住 宅 のPRを 行 うほか 住 宅 関 連 の 様 々な 情 報 を 提 供 することとしております 多 くの 方 にお 出 かけいただき 汐 彩 住 宅 団 地 の 一 層 のPRと 分 譲 促 進 を 図 ってまいります 次 に 財 政 状 況 についてであります 先 般 平 成 26 年 度 の 普 通 交 付 税 の 算 定 が 行 われ 交 付 額 が81 億 8,000 万 円 余 と 決 定 しましたのでご 報 告 いたします また 平 成 25 年 度 決 算 における 健 全 化 判 断 比 率 及 び 資 金 不 足 比 率 については いずれの 指 標 も 早 期 健 全 化 基 準 を 下 回 りました この 後 平 成 25 年 度 の 決 算 認 定 に 併 せてご 報 告 することとしております 7

8 今 回 提 案 しました 案 件 は 議 決 案 件 21 件 認 定 案 件 11 件 報 告 案 件 6 件 諮 問 案 件 1 件 であります 議 第 71 号 の 平 成 26 年 度 安 来 市 一 般 会 計 補 正 予 算 ( 第 2 号 )につ きましては 総 額 7 億 4,000 万 円 を 計 上 し 補 正 後 の 予 算 規 模 は 252 億 4,500 万 円 となっております 主 な 内 容 といたしましては 給 食 センター 建 設 事 業 5 億 8,800 万 円 保 育 士 等 処 遇 改 善 臨 時 特 例 事 業 1,400 万 円 水 痘 予 防 接 種 事 業 及 び 肺 炎 球 菌 予 防 接 種 事 業 1,800 万 円 土 地 改 良 事 業 1,2 00 万 円 ふるさと 寄 附 事 業 840 万 円 将 棋 王 将 戦 招 致 事 業 380 万 円 などをそれぞれ 計 上 しております 以 上 諸 般 の 報 告 今 回 提 案 いたします 議 案 の 大 要 について 申 し 上 げましたが 詳 細 につきましてはそれぞれ 担 当 職 員 に 説 明 させること としております 何 とぞよろしくご 審 議 をお 願 い 申 し 上 げます 8

所信表明に先立ちまして、一言申し述べさせていただきます

所信表明に先立ちまして、一言申し述べさせていただきます 第 84 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 8 月 31 日 の 高 潮 についてであります 行 政 告 知 放 送 な どによります 市 民 への 周 知 を 行 うとともに 早 い 段 階 でのポンプによ る 排 水 の 準 備 土 のうの 設 置 を 行

More information

本 市 も7 月 1 日 より 臨 時 福 祉 給 付 金 を 8 月 1 日 からは 子 育 て 世 帯 臨 時 特 例 給 付 金 の 申 請 受 付 を 開 始 する 予 定 であります 今 後 も 国 政 や 景 気 の 動 向 を 注 視 しながら 市 政 運 営 を 行 ってまいります

本 市 も7 月 1 日 より 臨 時 福 祉 給 付 金 を 8 月 1 日 からは 子 育 て 世 帯 臨 時 特 例 給 付 金 の 申 請 受 付 を 開 始 する 予 定 であります 今 後 も 国 政 や 景 気 の 動 向 を 注 視 しながら 市 政 運 営 を 行 ってまいります 第 68 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 去 る4 月 23 日 に 安 来 市 立 中 学 校 教 員 が 懲 戒 免 職 処 分 を 受 けたことに 関 しましては 教 育 公 務 員 の 信 用 を 著 しく 損 なうもので あり 関 係 者 の 方

More information

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後)

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後) 平 成 27 年 12 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 それでは 12 月 定 例 会 の 開 催 に 当 たり 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べるとともに 今 議 会 に 提 案 いたしました 議 案 の 大 要 につきまして 御 説 明 申 し 上 げます 今 年 も 早 いもので 残 すところ1か 月 となりましたが この1 年 を 通 して 岡 崎 を 内 外 に 積 極 的

More information

Microsoft Word - 提案理由説明_配布用_ver2.0

Microsoft Word - 提案理由説明_配布用_ver2.0 平 成 28 年 2 月 29 日 第 3 回 倉 吉 市 議 会 定 例 会 議 案 提 案 理 由 説 明 倉 吉 市 長 議 案 の 説 明 に 先 立 ちまして 一 言 所 見 を 述 べさせていただきます 我 が 国 の 状 況 を 見 ますと 中 国 の 景 気 減 速 原 油 安 などの 影 響 で 国 内 でも 年 明 けから 円 高 や 株 安 が 続 き 日 本 銀 行 が 初

More information

1. 補 正 予 算 規 模 議 案 番 号 会 計 補 正 前 予 算 額 補 正 予 算 額 ( 単 位 : 千 円 ) 補 正 後 予 算 額 29 一 般 会 計 ( 第 6 号 ) 61,573,579 241,319 61,332,260 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 特 30 2

1. 補 正 予 算 規 模 議 案 番 号 会 計 補 正 前 予 算 額 補 正 予 算 額 ( 単 位 : 千 円 ) 補 正 後 予 算 額 29 一 般 会 計 ( 第 6 号 ) 61,573,579 241,319 61,332,260 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 特 30 2 平 成 26 年 度 宇 治 市 3 月 補 正 予 算 の 概 要 今 回 の 補 正 予 算 は 国 補 正 予 算 による 交 付 金 などを 活 用 し 平 成 27 年 度 予 算 の 先 行 実 施 に 伴 う 宇 治 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 に 関 する 事 業 やプレミアム 付 商 品 券 の 発 行 保 育 所 幼 稚 園 における 第 三 子 以 降 の

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

[№1708]

[№1708] 週 間 情 報 2517 発 行 日 平 成 25 年 4 月 30 日 発 行 所 全 国 消 防 長 会 一 般 財 団 法 人 全 国 消 防 協 会 担 当 企 画 課 03(3234)1321 両 会 の 動 き 第 65 回 全 国 消 防 長 会 総 会 等 の 開 催 日 程 標 記 について 次 のとおりお 知 らせします 全 国 消 防 長 会 一 般 財 団 法 人 全 国 消

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

平成26年度7月定例記者会見 会見録

平成26年度7月定例記者会見 会見録 平 成 26 年 度 7 月 定 例 記 者 会 見 会 見 録 日 時 平 成 26 年 7 月 31 日 ( 木 ) 午 後 2 時 30 分 ~3 時 場 所 市 役 所 2 階 第 1 特 別 会 議 室 はじめに 夏 の 高 校 野 球 についてでございます 昨 日 神 奈 川 大 会 決 勝 戦 が 行 わ れ 本 市 の 東 海 大 相 模 高 校 が 見 事 優 勝 を 果 たしまして

More information

総 務 課 長 補 佐 ( 外 川 吉 彦 ) 定 刻 前 ではございますが 皆 様 お 揃 いですので 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 を 始 めさせていただきます 開 会 にあたり 葛 西 市 長 よりご 挨 拶 申 し 上 げます 市 長 ( 葛 西

総 務 課 長 補 佐 ( 外 川 吉 彦 ) 定 刻 前 ではございますが 皆 様 お 揃 いですので 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 を 始 めさせていただきます 開 会 にあたり 葛 西 市 長 よりご 挨 拶 申 し 上 げます 市 長 ( 葛 西 < 名 称 > < 日 時 > 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 ) 午 後 4 時 30 分 から < 場 所 > 弘 前 市 立 病 院 別 館 2 階 指 導 室 1 2 < 次 第 > 1 開 会 2 市 長 挨 拶 3 諮 問 書 交 付 4 会 議 録 署 名 者 指 名 5 案 件 諮 問 第 1 号

More information

務 局 職 員 務 局 長 宅 道 務 局 長 岡 田 主 任 藤 井 隆 史. 傍 聴 者 議 員 河 謙 治 坊 公 治 簀 戸 利 昭 藤 豊 井 口 勇 藤 原 清 和 森 夫 一 般 報 道. 発 言 概 要 委 員 長 西 田 久 志 君 皆 う い 皆 い い い 総 務 文 教 委

務 局 職 員 務 局 長 宅 道 務 局 長 岡 田 主 任 藤 井 隆 史. 傍 聴 者 議 員 河 謙 治 坊 公 治 簀 戸 利 昭 藤 豊 井 口 勇 藤 原 清 和 森 夫 一 般 報 道. 発 言 概 要 委 員 長 西 田 久 志 君 皆 う い 皆 い い い 総 務 文 教 委 総 務 文 教 委 員 会 会 議 録. 開 催 日 日 開 会 時 閉 会 時. 開 催 場 所 委 員 会. 出 席 委 員 西 田 久 志 大 鳴 郎 西 慎 郎 宅 文 藤 原 浩 宮 地 俊 則 森 金. 席 委 員. 会 議 出 席 者 副 議 長 是 明 員 副 市 長 宅 生 一 総 務 部 長 長 隆 総 務 部 長 川 田 純 士 会 計 管 理 者 笹 井 洋 監 査 委 員

More information

1つ 目 ですが 総 務 省 では 平 成 27 年 の 国 勢 調 査 の 結 果 について 最 も 早 いものは 平 成 28 年 2 月 に 総 人 口 と 世 帯 数 に 関 する 人 口 速 報 集 計 を 公 表 するとのことであります 人 口 は 市 勢 の 一 つの 重 要 な 判

1つ 目 ですが 総 務 省 では 平 成 27 年 の 国 勢 調 査 の 結 果 について 最 も 早 いものは 平 成 28 年 2 月 に 総 人 口 と 世 帯 数 に 関 する 人 口 速 報 集 計 を 公 表 するとのことであります 人 口 は 市 勢 の 一 つの 重 要 な 判 渡 辺 大 喜 議 員 第 1 標 題 人 口 減 少 対 策 について 1 回 目 の 質 問 平 成 27 年 12 月 定 例 会 におきまして 一 般 質 問 をさせていただきます また 私 ごとになりますが 先 の 統 一 地 方 選 挙 において 地 元 の 皆 様 をはじめ 私 を 支 援 していただいた 市 民 の 皆 様 により 初 当 選 を 果 たすことができました 富 士 吉

More information

○かんなべ議案1号事業計画.xls

○かんなべ議案1号事業計画.xls 2015 年 度 ( 平 成 27 年 度 ) 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 事 業 計 画 について < 運 営 方 針 > 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 は, 地 域 の 芸 術 文 化 の 振 興 と 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とし, 指 定 管 理 者 として, 次 の 重

More information

< 事 業 の 概 要 等 > 続 いて, 鹿 嶋 市 のまちづくりの 実 績 並 びに 概 要 についてご 説 明 申 し 上 げます (スポーツ 先 進 のまち) 先 ず,スポーツ 先 進 のまちづくりについてであります 今 年 度 も, 市 内 のスポーツ 界 は 元 気 いっぱいであります

< 事 業 の 概 要 等 > 続 いて, 鹿 嶋 市 のまちづくりの 実 績 並 びに 概 要 についてご 説 明 申 し 上 げます (スポーツ 先 進 のまち) 先 ず,スポーツ 先 進 のまちづくりについてであります 今 年 度 も, 市 内 のスポーツ 界 は 元 気 いっぱいであります 市 長 提 案 説 明 要 旨 平 成 22 年 6 月 10 日 平 成 22 年 第 2 回 鹿 嶋 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり, 当 面 の 事 業 概 要 及 び 提 出 いたしました 議 案 等 の 説 明 を 申 し 上 げます ( 日 本 の 政 治 経 済 情 勢 ) 国 民 の 大 きな 期 待 を 受 けて 誕 生 した 鳩 山 内 閣 が 退 陣

More information

澤 田 教 育 長 職 務 代 理 者 柴 委 員 わかりました (3) 教 育 長 報 告 それでは 教 育 長 報 告 に 移 ります ( 別 紙 のとおり ) 教 育 長 報 告 について ご 質 問 などございませんか ( 委 員 より 質 問 なし ) 和 田 委 員 長 ないようでしたら

澤 田 教 育 長 職 務 代 理 者 柴 委 員 わかりました (3) 教 育 長 報 告 それでは 教 育 長 報 告 に 移 ります ( 別 紙 のとおり ) 教 育 長 報 告 について ご 質 問 などございませんか ( 委 員 より 質 問 なし ) 和 田 委 員 長 ないようでしたら 平 成 27 年 7 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 1. 日 時 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 ) 午 後 2 時 30 分 ~ 午 後 4 時 40 分 2. 場 所 河 内 長 野 市 役 所 7 階 行 政 委 員 会 室 3. 出 席 委 員 澤 田 教 育 長 職 務 代 理 者 柴 委 員 嘉 名 委 員 4. 会 議 録 署 名 委 員 澤 田 教 育 長 職

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

Microsoft Word - 20151204定例会(初日).doc

Microsoft Word - 20151204定例会(初日).doc 平 成 27 年 松 茂 町 議 会 第 4 回 定 例 会 会 議 録 第 1 日 目 (12 月 4 日 ) 出 席 議 員 1 番 鎌 田 寛 司 2 番 川 田 修 3 番 板 東 絹 代 4 番 立 井 武 雄 5 番 佐 藤 禎 宏 6 番 森 谷 靖 7 番 原 田 幹 夫 8 番 一 森 敬 司 9 番 藤 枝 善 則 10 番 佐 藤 富 男 11 番 佐 藤 道 昭 12 番 春

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

鹿 角 市 その 他 社 会 力 スキルアップ 事 業 ( 家 庭 教 育 事 業 ) 就 学 前 児 童 を 持 つ 保 護 者 を 対 象 に 子 育 て 講 座 を 開 催 小 坂 町 結 婚 しやすい 環 境 づくり 出 会 いイベント 支 援 事 業 出 会 いイベント 等 開 催 に 対

鹿 角 市 その 他 社 会 力 スキルアップ 事 業 ( 家 庭 教 育 事 業 ) 就 学 前 児 童 を 持 つ 保 護 者 を 対 象 に 子 育 て 講 座 を 開 催 小 坂 町 結 婚 しやすい 環 境 づくり 出 会 いイベント 支 援 事 業 出 会 いイベント 等 開 催 に 対 平 成 25 年 度 市 町 村 少 子 化 対 策 事 業 一 覧 ( 平 成 25 年 12 月 16 日 現 在 ) 市 町 村 名 分 類 事 業 名 内 容 鹿 角 市 妊 娠 出 産 等 に 関 する 取 組 こんにちは 赤 ちゃん 事 業 育 児 不 安 を 解 消 するため 生 後 4か 月 までの 乳 児 がいる 家 庭 の 訪 問 相 談 鹿 角 市 妊 娠 出 産 等 に 関

More information

第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 次 第 1 開 会 2 開 会 あいさつ 横 浜 市 副 市 長 渡 辺 巧 教 3 委 員 紹 介

第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 次 第 1 開 会 2 開 会 あいさつ 横 浜 市 副 市 長 渡 辺 巧 教 3 委 員 紹 介 第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 会 議 録 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 )14 時 ~15 時 40 分 開 催 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 出 席 者 窪 田 吉 信 委 員 長 並 木 裕 之 副 委 員 長 新 井 鷗 子 委 員 稲 田 奈 緒 美 委 員 逢 坂 恵 理 子 委 員 佐 々 木 謙 二

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

環 境 政 策 課 ( 佐 久 間 西 川 ) 電 話 076-220-2301 東 日 本 大 震 災 災 害 廃 棄 物 受 入 れ 終 了 について 東 日 本 大 震 災 により 生 じた 災 害 廃 棄 物 の 広 域 処 理 について 10 月 31 日 をもって 戸 室 新 保 埋 立

環 境 政 策 課 ( 佐 久 間 西 川 ) 電 話 076-220-2301 東 日 本 大 震 災 災 害 廃 棄 物 受 入 れ 終 了 について 東 日 本 大 震 災 により 生 じた 災 害 廃 棄 物 の 広 域 処 理 について 10 月 31 日 をもって 戸 室 新 保 埋 立 平 成 25(2013) 年 11 月 18 日 定 例 記 者 会 見 資 料 生 活 支 援 課 ( 担 当 : 豊 秋 ) 電 話 220-2292 ハローワーク 常 設 窓 口 の 開 設 について 生 活 保 護 受 給 者 等 の 就 労 支 援 をより 効 果 的 かつ 効 率 的 に 実 施 するため 石 川 労 働 局 の 要 請 を 受 けて 市 役 所 本 庁 舎 にハローワーク

More information

週間情報(2644号)

週間情報(2644号) 週 間 情 報 2644 発 行 日 平 成 26 年 11 月 11 日 発 行 所 全 国 消 防 長 会 一 般 財 団 法 人 全 国 消 防 協 会 担 当 企 画 部 企 画 課 電 話 03(3234)1321 両 会 の 動 き 平 成 26 年 度 秋 季 全 国 消 防 長 会 救 急 委 員 会 常 任 委 員 会 の 開 催 全 国 消 防 長 会 救 急 委 員 会 平 成

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

大 正 15 年 8 月 1926 北 海 道 鉄 道 株 式 会 社 の 苗 穂 東 札 幌, 沼 の 端 間 ( 札 幌 線 )の 鉄 道 開 業 に 伴 い 北 広 島 駅 が 開 設 された 昭 和 2 年 4 月 1927 広 島 処 女 会 改 め 広 島 女 子 青 年 団 結 成 3

大 正 15 年 8 月 1926 北 海 道 鉄 道 株 式 会 社 の 苗 穂 東 札 幌, 沼 の 端 間 ( 札 幌 線 )の 鉄 道 開 業 に 伴 い 北 広 島 駅 が 開 設 された 昭 和 2 年 4 月 1927 広 島 処 女 会 改 め 広 島 女 子 青 年 団 結 成 3 明 治 6 年 1873 中 山 久 蔵 が 札 幌 郡 月 寒 村 島 松 ( 現 島 松 18 番 地 -1)に 水 田 10アールを 開 墾 こ こで 水 稲 ( 赤 毛 種 )の 栽 培 に 成 功 この 年 千 歳 郡 島 松 村 から 同 地 に 移 る 6 月 札 幌 ~ 室 蘭 間 の 道 路 ( 札 幌 本 道 )が 開 通 した 10 年 4 月 1877 札 幌 農 学 校 教

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

議案第4号

議案第4号 7 議 事 それでは 会 議 に 入 ります 前 に 事 務 局 に 人 事 異 動 がありましたので 所 長 の 中 村 から お 知 らせいたします ( 事 務 局 中 村 所 長 ) 4 月 1 日 付 で 職 員 に 人 事 異 動 がございましたので 紹 介 をさせていただきます 建 設 局 長 の 片 山 が 異 動 になり 後 任 として 配 属 されました 舟 久 保 でございます

More information

議案第  号 専決処分事項(鹿島市税条例の一部を改正する条例)の承認について申し上げます

議案第  号 専決処分事項(鹿島市税条例の一部を改正する条例)の承認について申し上げます 本 日 ここに 鹿 島 市 議 会 平 成 2 4 年 1 2 月 定 例 会 を 招 集 し 諸 案 件 につ きましてご 審 議 を お 願 い するものでございますが 議 案 の 提 案 に 先 立 ちまし て 鹿 島 市 を 取 り 巻 く 最 近 の 情 勢 や 今 後 の 主 要 な 施 策 について 申 し 上 げます 本 年 を 振 り 返 っ て 私 が 市 長 に 就 任 い た

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

議 事 内 容 : 菅 国 務 大 臣 :ただ 今 から, 閣 議 を 開 催 いたします まず, 閣 議 案 件 について, 世 耕 副 長 官 から 御 説 明 申 し 上 げます 世 耕 内 閣 官 房 副 長 官 : 一 般 案 件 等 について, 申 し 上 げます まず, 都 市 再 生

議 事 内 容 : 菅 国 務 大 臣 :ただ 今 から, 閣 議 を 開 催 いたします まず, 閣 議 案 件 について, 世 耕 副 長 官 から 御 説 明 申 し 上 げます 世 耕 内 閣 官 房 副 長 官 : 一 般 案 件 等 について, 申 し 上 げます まず, 都 市 再 生 閣 議 及 び 閣 僚 懇 談 会 議 事 録 開 催 日 時 : 平 成 26 年 9 月 30 日 ( 火 ) 10:05~10:15 開 催 場 所 : 総 理 大 臣 官 邸 閣 議 室 出 席 者 : 安 倍 晋 三 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 国 務 大 臣 ( 副 総 理, 財 務 大 臣, 内 閣 府 特 命 担 当 大 臣 ) 高 市 早 苗 国 務 大 臣 ( 総 務

More information

<30308A7795F1955C8E86202E6169>

<30308A7795F1955C8E86202E6169> 弘 前 大 学 学 報 リンゴとチューリップのフェスティバル 第 98 号 平 成 24 年 5 月 号 目 次 学 内 ニュース 医 用 システム 開 発 マイスター 養 成 塾 成 果 発 表 会 を 開 催 1 2012 年 度 留 学 説 明 会 を 開 催 2 リンゴとチューリップのフェスティバル を 開 催 3 世 の 中 講 座 in 弘 前 大 学 を 開 催 4 文 部 科 学 省

More information

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展 成 度 主 な 事 業 行 事 市 立 図 書 館 同 事 業 業 称 期 日 容 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 書 間 行 特 別 展 示 優 秀 作 品 展 調 学 習 ン 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 作 品 募 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 表 彰 式 図 書 館 芥 川 龍 之 介 賞 賞 谷 希 子 特 別 展 傘 ~ 里 10~11 傘 /1 里 /1~

More information

平成21年度予算の概要

平成21年度予算の概要 白 馬 村 キャラクター ヴィクトワール シュヴァルブラン 村 男 Ⅲ 世 表 紙 の 裏 表 紙 裏 白 馬 村 一 般 会 計 平 成 27 年 予 算 の 概 要 はじめに 平 成 26 年 11 月 22 日 に 発 生 しました 長 野 県 神 城 断 層 地 震 により 被 災 された 皆 様 におかれましては 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 村 といたしましては 関 係 機

More information

目 次 背 景 とねらい 1 中 心 市 街 地 区 域 にある 公 共 施 設 商 業 施 設 1 2 実 験 運 行 から 本 格 運 行 までのルート 経 過 2 3 基 本 データ( 定 期 券 1 日 乗 車 券 ) 3 4 ルート 変 更 の 経 過 (お 堀 端 聖 神 社 ) 3 5

目 次 背 景 とねらい 1 中 心 市 街 地 区 域 にある 公 共 施 設 商 業 施 設 1 2 実 験 運 行 から 本 格 運 行 までのルート 経 過 2 3 基 本 データ( 定 期 券 1 日 乗 車 券 ) 3 4 ルート 変 更 の 経 過 (お 堀 端 聖 神 社 ) 3 5 資 料 6 鳥 取 市 100 円 循 環 バス くる 梨 路 線 再 編 計 画 ( 案 ) 平 成 24 年 8 月 鳥 取 市 目 次 背 景 とねらい 1 中 心 市 街 地 区 域 にある 公 共 施 設 商 業 施 設 1 2 実 験 運 行 から 本 格 運 行 までのルート 経 過 2 3 基 本 データ( 定 期 券 1 日 乗 車 券 ) 3 4 ルート 変 更 の 経 過 (お

More information

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録 副 本 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 28 年 7 月 28 日 ( 木 ) 吉 川 市 教 委 告 示 第 7 号 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 を 次 のとおり 招 集 する 平 成 28 年 7 月 25 日 吉 川 市 教 育 委 員 会 教 育 長 染 谷 行 宏 1 日 時 平 成 28 年 7

More information

Microsoft PowerPoint - 新市のくらし.ppt

Microsoft PowerPoint - 新市のくらし.ppt 目 次 町 名 字 名 組 織 窓 口 受 付 地 方 税 上 下 水 道 料 金 保 育 主 な 使 用 料 手 数 料 公 営 住 宅 国 民 健 康 保 険 介 護 保 険 児 童 福 祉 乳 幼 児 医 療 高 齢 者 福 祉 障 害 者 福 祉 保 健 衛 生 病 院 P2 P2 P2 P3 P3 P3 P4 P4 P4 P4 P5 P5 P5 P6 P6 交 通 防 犯 P6 広 報 及

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

平成22年第4回臨時会

平成22年第4回臨時会 平 成 26 年 第 2 回 臨 時 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 期 日 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 ) 場 所 : 大 曲 庁 舎 第 1 委 員 会 室 大 仙 市 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 曜 日 ) 午 前 10 時 24 分 ~ 午 前 11 時 09 分 会

More information

   教育委員会定例会(平成23年8月)会議録   

   教育委員会定例会(平成23年8月)会議録    教 育 委 員 会 定 例 会 ( 平 成 24 年 6 月 ) 会 議 録 1. 日 時 平 成 24 年 6 月 7 日 ( 木 )15:00~15:55 2. 場 所 新 居 浜 市 庁 舎 3 階 応 接 会 議 室 3. 出 席 者 委 員 長 三 木 由 紀 子 委 員 伊 藤 嘉 秀 宮 内 文 久 長 野 美 和 子 教 育 長 阿 部 義 澄 事 務 局 長 寺 田 政 則 総 括

More information

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関 参 考 資 料 -1 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 昭 和 38 年 6 月 25 日 条 例 第 6 号 改 正 昭 和 53 年 3 月 11 日 条 例 第 12 号 平 成 3 年 9 月 27 日 条 例 第 18 号 昭 和 55 年 7 月 2 日 条 例 第 21 号 平 成 12 年 3 月 30 日 条 例 第 20 号 昭 和 56 年

More information

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交 平 成 22 年 度 寒 河 江 市 一 般 会 計 当 初 予 算 ( 案 )の 概 要 予 算 規 模 (22 年 2 月 19 日 現 在 ) 一 般 会 計 当 初 予 算 額 対 前 年 度 比 147 億 6 千 万 円 7 億 円 5.0% 増 (3 年 連 続 で 増 ) 平 成 22 年 度 予 算 のポイント 予 算 編 成 上 の 重 点 テーマ 緊 急 雇 用 創 出 事 業

More information

<95CA8DFB825795C52E656337>

<95CA8DFB825795C52E656337> 1 各 会 当 初 予 算 の 概 要 町 には 一 般 会 のほか 3つの 特 別 会 2つの 企 業 会 があり 平 成 26 年 度 において は 3 月 6 日 開 会 の 第 1 回 定 例 町 議 会 に 提 案 され 3 月 13 日 に 可 決 成 立 しましたので そ の 内 容 をお 知 らせします はじめに 一 般 会 やそれぞれの 会 の 内 容 について 説 明 します 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D82D382E982B382C6945B90C595D682E8766F6C2E322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D82D382E982B382C6945B90C595D682E8766F6C2E322E646F63> ふるさと 納 税 便 り vol.2 H23.5 発 行 佐 賀 市 役 所 ふるさと 応 援 寄 附 金 (ふるさと 納 税 )をいただいた 皆 様 へ 新 緑 の 候 皆 様 におかれましてはますますご 清 祥 のこととお 喜 び 申 し 上 げます 皆 様 には 寄 附 金 として 本 市 に 対 して 大 変 温 かいご 支 援 をいただき 誠 にありがとうございまし た このたび ふるさと

More information

寄 附 申 込 書 平 成 年 月 日 一 般 社 団 法 人 滋 賀 県 発 明 協 会 会 長 清 水 貴 之 様 ご 住 所 ご 芳 名 ( 会 社 名 ) 印 下 記 により 貴 協 会 に 寄 附 を 申 し 込 みます 記 1. 寄 附 金 額 金 円 也 1. 寄 付 金 の 種 類

寄 附 申 込 書 平 成 年 月 日 一 般 社 団 法 人 滋 賀 県 発 明 協 会 会 長 清 水 貴 之 様 ご 住 所 ご 芳 名 ( 会 社 名 ) 印 下 記 により 貴 協 会 に 寄 附 を 申 し 込 みます 記 1. 寄 附 金 額 金 円 也 1. 寄 付 金 の 種 類 寄 附 金 受 付 滋 賀 県 発 明 協 会 は 発 明 奨 励 事 業 等 を 推 進 することにより 科 学 技 術 の 発 展 と 地 域 経 済 の 活 性 化 に 寄 与 してい ます 中 でも 青 少 年 が 創 造 性 豊 かな 人 間 形 成 を 図 ることにより 明 るい 未 来 豊 かな 社 会 を 将 来 世 代 にも 継 続 しようとしています 皆 様 のご 支 援 をお

More information

全員協議会(平成16年9月13日)

全員協議会(平成16年9月13日) 平 成 27 年 1 月 15 日 ( 木 ) 出 席 議 員 (18 名 ) 議 長 道 下 政 博 副 議 長 多 賀 吉 一 1 番 八 十 嶋 孝 司 2 番 西 村 稔 3 番 黒 田 英 世 4 番 荒 井 克 5 番 中 村 一 子 6 番 森 山 時 夫 7 番 角 井 外 喜 雄 8 番 酒 井 義 光 9 番 塩 谷 道 子 11 番 向 正 則 13 番 南 田 孝 是 14

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 の 皆 様 への 生 活 支 援 平 成 28 年 4 月 22 日 平 成 28 年 熊 本 地 震 で 被 災 された 皆 様 には 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 熊 本 行 政 評 価 事 務 所 では 今 回 の 震 災 に 関 して いろいろなお 問 合 せや 相 談 を 受 け 付 けております また 支 援 措 置 を 講 じている

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

平成16年雲南市議会

平成16年雲南市議会 平 成 26 年 雲 南 市 議 会 9 月 定 例 会 市 長 施 政 方 針 ( 概 要 ) 平 成 26 年 雲 南 市 議 会 9 月 定 例 会 の 開 会 にあたり 市 政 における 私 の 基 本 的 な 考 え 方 を 申 し 上 げたいと 存 じます はじめに スポーツにおける 市 内 の 子 どもたちの 目 覚 ましい 活 躍 についてでありま す 8 月 に 開 催 された 市

More information

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金 豊 岡 市 行 政 改 革 取 組 み 結 果 報 告 書 平 成 18 年 度 ~ 平 成 21 年 度 平 成 22 年 12 月 豊 岡 市 目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の

More information

平成13年

平成13年 平 成 26 年 12 月 16 日 志 賀 町 役 場 議 場 において 本 会 議 を 再 開 した ( 午 後 2 時 5 分 開 議 ) ( 出 席 議 員 16 名 ) 1 番 福 田 晃 悦 2 番 稲 岡 健 太 郎 3 番 南 正 紀 4 番 寺 井 強 5 番 堂 下 健 一 6 番 南 政 夫 7 番 下 池 外 巳 造 8 番 須 磨 隆 正 9 番 越 後 敏 明 10 番

More information

ごあいさつ 平 素 より 奈 良 県 立 医 科 大 学 の 教 育 研 究 診 療 活 動 へご 理 解 とご 支 援 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 本 学 は 昭 和 20 年 設 立 の 奈 良 県 立 医 学 専 門 学 校 を 前 身 に 昭 和 23 年 に 旧 制 医

ごあいさつ 平 素 より 奈 良 県 立 医 科 大 学 の 教 育 研 究 診 療 活 動 へご 理 解 とご 支 援 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 本 学 は 昭 和 20 年 設 立 の 奈 良 県 立 医 学 専 門 学 校 を 前 身 に 昭 和 23 年 に 旧 制 医 Nara Medical University fund prospectus 公 立 大 学 法 人 未 来 への 飛 躍 基 金 ご 寄 附 のお 願 い ごあいさつ 平 素 より 奈 良 県 立 医 科 大 学 の 教 育 研 究 診 療 活 動 へご 理 解 とご 支 援 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 本 学 は 昭 和 20 年 設 立 の 奈 良 県 立 医 学 専 門

More information

週間情報(2717号)

週間情報(2717号) 週 間 情 報 2717 発 行 日 平 成 27 年 4 月 28 日 発 行 所 全 国 消 防 長 会 一 般 財 団 法 人 全 国 消 防 協 会 担 当 企 画 部 企 画 課 電 話 03(3234)1321 行 事 消 防 本 部 の 動 き 新 入 社 員 防 火 教 室 を 実 施 堺 市 消 防 局 ( 大 阪 ) 堺 市 消 防 局 では 平 成 27 年 4 月 23 日

More information

テーマを 決 定 し これに 沿 って 様 々な 盛 り 沢 山 の 内 容 を 持 つ 大 会 といたしました 大 会 にご 参 加 いただいた 皆 さんからは 概 ね 高 いご 評 価 をいただいており 本 当 にこれを 新 たな 発 展 へのスタートにしなければなりません 2 大 会 プログラ

テーマを 決 定 し これに 沿 って 様 々な 盛 り 沢 山 の 内 容 を 持 つ 大 会 といたしました 大 会 にご 参 加 いただいた 皆 さんからは 概 ね 高 いご 評 価 をいただいており 本 当 にこれを 新 たな 発 展 へのスタートにしなければなりません 2 大 会 プログラ 消 防 団 120 年 自 治 体 消 防 65 周 年 記 念 大 会 について 財 団 法 人 日 本 消 防 協 会 1 記 念 大 会 の 開 催 趣 旨 平 成 25 年 11 月 25 日 日 本 消 防 協 会 と 全 国 消 防 長 会 の 共 催 により 東 京 ドームに 天 皇 皇 后 両 陛 下 をお 迎 えし 消 防 団 120 年 自 治 体 消 防 65 周 年 記 念

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

員 及 び 消 団 員 )の 出 動 状 況 をみると 火 等 ( 火 救 助 活 動 風 水 害 等 の 害 捜 索 誤 報 等 及 び その 他 をいう )への 出 動 回 数 は106 万 8,127 回 で 出 動 延 人 員 は 781 万 8,611 人 である また 1 日 平 均 に

員 及 び 消 団 員 )の 出 動 状 況 をみると 火 等 ( 火 救 助 活 動 風 水 害 等 の 害 捜 索 誤 報 等 及 び その 他 をいう )への 出 動 回 数 は106 万 8,127 回 で 出 動 延 人 員 は 781 万 8,611 人 である また 1 日 平 均 に 第 2 章 消 の 組 織 と 活 動 第 2 節 消 職 団 員 の 活 動 第 1 活 動 状 況 (1) 消 団 員 の 活 動 状 況 東 日 本 大 震 における 被 地 消 団 の 活 動 をはじ め 平 成 25 年 台 風 第 26 号 における 住 民 の 避 難 誘 導 等 の 消 団 員 の 献 身 的 な 活 動 は 地 域 に 大 きく 貢 献 している このように 全 国

More information

第 6 条 この 法 人 の 会 員 は 次 の2 種 とし 正 会 員 を 持 って 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 以 下 法 と 言 う) 上 の 社 員 とする (1) 正 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 個 人 及 び 団 体 (2) 賛 助 会

第 6 条 この 法 人 の 会 員 は 次 の2 種 とし 正 会 員 を 持 って 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 以 下 法 と 言 う) 上 の 社 員 とする (1) 正 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 個 人 及 び 団 体 (2) 賛 助 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 セラピュ-ティック ティック ケア 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 セラピュ-ティック ケア 協 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 太 宰 府 市 五 条 2 丁 目 6 番 1 号 におく 第 2

More information

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 一 般 会 計 歳 入 予 算 説 明 書 - 1 - 1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 の 伸 びや 均 等 割 が3,000 円 から3,500

More information

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 都 市 間 交 流 を 軸 とした Local o Localの t 観 光 誘 客 九 州 戦 略 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 松 本 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 松 本 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 松 本 市 は 400

More information

優 秀 賞 城 生 野 自 治 会 築 館 地 区 の 北 部 に 位 置 し 世 帯 数 155 世 帯 人 口 493 人 の 自 治 会 です 活 動 事 例 1 城 生 野 大 文 化 祭 お 互 いの 趣 味 や 特 技 を 知 り 合 い 語 り 合 える 文 化 祭 です 地 区 民

優 秀 賞 城 生 野 自 治 会 築 館 地 区 の 北 部 に 位 置 し 世 帯 数 155 世 帯 人 口 493 人 の 自 治 会 です 活 動 事 例 1 城 生 野 大 文 化 祭 お 互 いの 趣 味 や 特 技 を 知 り 合 い 語 り 合 える 文 化 祭 です 地 区 民 自 治 会 事 例 発 表 会 発 表 自 治 会 の 紹 介 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 住 基 人 口 ) グランプリ 西 町 自 治 会 ( 築 館 地 区 ) 築 館 地 区 の 西 部 に 位 置 し 世 帯 数 494 世 帯 人 口 1,213 人 の 自 治 会 です 活 動 事 例 1 西 町 夏 まつり 事 業 流 しそうめん 太 鼓 盆 踊 り お 楽 しみ

More information

Microsoft Word - 鷹山.doc

Microsoft Word - 鷹山.doc 平 成 24 年 度 まちづくりミーティングの 質 問 と 回 答 の 要 旨 鷹 山 地 区 :7 月 2 日 ( 月 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 参 加 者 数 62 人 < 質 問 > Q 文 書 配 布 の 量 をなるべく 減 らそうという 傾 向 があるが 町 報 だけでは 紙 面 が 少 なすぎるのではない か 学 校 だより 等 が 配 布 になるため 情 報 が 得 られる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179312E31358F4390B3817A89C193FC91A39069836E8393836883758362834E8169967B95B6816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179312E31358F4390B3817A89C193FC91A39069836E8393836883758362834E8169967B95B6816A> 目 次 1 自 治 会 町 内 会 はどうして 必 要 なの? (1) 自 治 会 町 内 会 の 役 割 1 (2) 自 治 会 町 内 会 の 主 な 活 動 2 2 自 治 会 町 内 会 をとりまく 状 況 は? (1) 加 入 率 の 推 移 3 (2) 世 帯 構 成 の 変 化 4 (3) 加 入 率 低 下 及 び 高 齢 化 社 会 の 影 響 4 3 加 入 の 呼 びかけをしよう!

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

Microsoft Word - 平成28年度 施政方針【確定版】

Microsoft Word - 平成28年度 施政方針【確定版】 平 成 28 年 度 施 政 方 針 本 日 ここに 平 成 28 年 長 生 村 議 会 定 例 会 3 月 会 議 の 開 会 をお 願 い しましたところ 議 員 の 皆 様 には 大 変 ご 多 用 にもかかわらずご 参 集 を 賜 り 誠 にありがとうございます 常 日 頃 議 員 各 位 並 びに 住 民 の 皆 様 方 には 村 政 運 営 にあたり 温 か いご 支 援 とご 協 力

More information

3. 歌 謡 音 楽 を 通 じての 国 際 交 流 (1) 中 日 互 恵 信 頼 構 築 シンポジウム 昨 年 度 の 日 本 でのシンポジウムに 引 続 き 中 日 両 国 の 音 楽 著 作 権 に 関 する 諸 問 題 につ いて 意 見 や 情 報 を 交 換 し 両 国 の 今 後 の

3. 歌 謡 音 楽 を 通 じての 国 際 交 流 (1) 中 日 互 恵 信 頼 構 築 シンポジウム 昨 年 度 の 日 本 でのシンポジウムに 引 続 き 中 日 両 国 の 音 楽 著 作 権 に 関 する 諸 問 題 につ いて 意 見 や 情 報 を 交 換 し 両 国 の 今 後 の 平 成 27 年 度 事 業 報 告 1. 歌 謡 音 楽 の 振 興 及 び 普 及 講 演 会 等 での 歌 謡 音 楽 の 啓 蒙 普 及 活 動 の 実 施 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 ) 全 国 で 別 紙 の 活 動 を 実 施 した 今 年 度 より 遠 藤 実 メロディー 継 承 を 目 的 とした 遠 藤 実 大 賞 によって 大 衆 音 楽 の 持 つ 魅 力

More information

学生確保の見通し2

学生確保の見通し2 ( 資 料 22) ジオパーク 数 の 変 遷 ジオツーリズムは 貴 重 なあるいは 重 要 な 地 質 地 形 学 的 景 観 を 保 全 して いる 地 域 における その 景 観 や 環 境 を 損 なうことのない 持 続 可 能 な 観 光 であ り 子 どもの 教 育 や 大 人 の 生 涯 学 習 に 資 する 観 光 でもある さらにその 観 光 を 通 じて 地 域 経 済 の 発

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

第2回前橋市・富士見村合併協議会会議録

第2回前橋市・富士見村合併協議会会議録 前 橋 市 富 士 見 村 合 併 協 定 調 印 式 録 1 日 時 平 成 20 年 8 月 7 日 ( 木 ) 15:00から 2 場 所 前 橋 テルサ けやきの 間 (8 階 ) 3 出 席 者 別 紙 受 付 簿 のとおり 4 式 事 開 会 司 会 者 本 日 は 公 私 ともにお 忙 しいところ お 集 まりいただきまして 大 変 ありがとうございます 定 刻 となりましたので ただいまから

More information

目 次 1 予 算 規 模 等 1 (1) 一 般 会 計 1 (2) 特 別 会 計 1 (3) 企 業 会 計 1 2 会 計 別 予 算 概 要 2 (1) 一 般 会 計 2 1 款 別 予 算 額 2 2 性 質 別 予 算 額 4 3 事 業 等 別 予 算 額 5 4 繰 越 明 許

目 次 1 予 算 規 模 等 1 (1) 一 般 会 計 1 (2) 特 別 会 計 1 (3) 企 業 会 計 1 2 会 計 別 予 算 概 要 2 (1) 一 般 会 計 2 1 款 別 予 算 額 2 2 性 質 別 予 算 額 4 3 事 業 等 別 予 算 額 5 4 繰 越 明 許 平 成 27 年 度 3 月 補 正 予 算 概 要 常 滑 市 目 次 1 予 算 規 模 等 1 (1) 一 般 会 計 1 (2) 特 別 会 計 1 (3) 企 業 会 計 1 2 会 計 別 予 算 概 要 2 (1) 一 般 会 計 2 1 款 別 予 算 額 2 2 性 質 別 予 算 額 4 3 事 業 等 別 予 算 額 5 4 繰 越 明 許 費 9 5 各 事 業 概 要 10

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

市 章 ( 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 ) 石 岡 (いしおか)の 頭 文 字 い を 図 案 化 したもので, 外 郭 の 円 に 囲 まれた い の 字 で 円 く 治 まるという 円 満 な 市 政 とその 発 展 を 表 象 したものです 市 の 木 市 の 花 市 の 鳥 市 の 木 し い ( 平 成 17 年 10 月 制 定 ) 市 の 花 ゆ り ( 平 成 17

More information

県租推協インフォメーション

県租推協インフォメーション 和 歌 山 租 推 協 だより 平 成 25 年 2 月 発 行 ~ 第 91 号 ~ 発 行 和 歌 山 市 租 税 教 育 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 ) 和 歌 山 税 務 署 総 務 課 内 073(424)2131 ~ は じ め に ~ 関 係 各 位 におかれましては 平 素 から 当 協 議 会 の 運 営 とりわけ 児 童 生 徒 等 に 対 する 租 税 教 育 の 推

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

<5461726F2D82518256817C82508B63895E8E9197BF825181698FF097E18141>

<5461726F2D82518256817C82508B63895E8E9197BF825181698FF097E18141> 議 案 第 4 号 船 岡 財 産 区 管 理 会 財 産 区 管 理 委 員 の 選 任 について 協 同 船 和 岡 町 財 ( 産 荒 区 川 管 理 峰 会 吉 財 川 産 区 船 管 岡 理 委 淀 員 川 の ) 豊 財 嶋 産 孝 区 良 管 氏 理 の 会 後 条 任 例 として 第 3 条 第 豊 2 島 項 繁 の 實 規 氏 定 を により 選 任 するため 議 会 の 豊 意

More information

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被 火 災 で 被 災 さ れ た か た へ の 各 種 手 続 き 支 援 の ご 案 内 火 災 の 被 害 に 遭 われました 皆 様 に 対 しまし て 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 被 災 後 の 手 続 きや 受 けられる 支 援 等 につ いてまとめましたので ご 利 用 ください この 冊 子 は 被 災 後 の 手 続 き 支 援 のすべてを 網 羅 して いるものではありませんのでご

More information

亀 山 市 の 沿 革 亀 山 市 の 歴 史 は 古 く 鈴 鹿 の 関 は 越 前 の 愛 発 美 濃 の 不 破 とともに 日 本 三 関 と 呼 ばれ 都 と 東 国 を 結 ぶ 交 通 の 要 衝 として 栄 え 江 戸 時 代 には 亀 山 宿 関 宿 坂 下 宿 が 東 海 道 の 宿

亀 山 市 の 沿 革 亀 山 市 の 歴 史 は 古 く 鈴 鹿 の 関 は 越 前 の 愛 発 美 濃 の 不 破 とともに 日 本 三 関 と 呼 ばれ 都 と 東 国 を 結 ぶ 交 通 の 要 衝 として 栄 え 江 戸 時 代 には 亀 山 宿 関 宿 坂 下 宿 が 東 海 道 の 宿 亀 山 市 の 沿 革 亀 山 市 の 歴 史 は 古 く 鈴 鹿 の 関 は 越 前 の 愛 発 美 濃 の 不 破 とともに 日 本 三 関 と 呼 ばれ 都 と 東 国 を 結 ぶ 交 通 の 要 衝 として 栄 え 江 戸 時 代 には 亀 山 宿 関 宿 坂 下 宿 が 東 海 道 の 宿 場 町 としてにぎわい とりわけ 関 宿 は 西 の 追 分 で 鈴 鹿 峠 越 えの 東 海 道

More information

水 野 総 務 部 長 には これから 市 長 選 参 院 選 などで 選 挙 長 職 務 代 理 者 開 票 管 理 者 職 務 代 理 者 を 務 めていただくことになりますが これまでの 多 く 職 場 で 培 った 経 験 を 活 かし 選 挙 事 務 でもご 活 躍 いた だきますよう お

水 野 総 務 部 長 には これから 市 長 選 参 院 選 などで 選 挙 長 職 務 代 理 者 開 票 管 理 者 職 務 代 理 者 を 務 めていただくことになりますが これまでの 多 く 職 場 で 培 った 経 験 を 活 かし 選 挙 事 務 でもご 活 躍 いた だきますよう お 定 例 選 挙 管 理 委 員 会 議 事 録 下 記 のとおり 選 挙 管 理 委 員 会 を 開 催 したので 議 事 の 要 旨 について 記 録 する 1. 日 時 平 成 25 年 4 月 8 日 ( 月 ) 午 後 4 時 55 分 ~ 午 後 5 時 35 分 2. 出 席 者 ( ) 服 部 裕 子 ( 委 員 ) 尾 前 宣 男 村 山 義 信 前 田 早 苗 ( ) 山 本 書

More information

まちづくりビジョン 進 捗 状 況 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 達 成 状 況 : 完 了 : 取 組 中 : 一 部 または 準 備 中 : 中 : 中 止 施 策 事 業 名 等 の 太 字 斜 体 は 規 事 業 斜 体 は 一 部 規 ( 充 ) 事 業 政 策 の 柱 1

まちづくりビジョン 進 捗 状 況 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 達 成 状 況 : 完 了 : 取 組 中 : 一 部 または 準 備 中 : 中 : 中 止 施 策 事 業 名 等 の 太 字 斜 体 は 規 事 業 斜 体 は 一 部 規 ( 充 ) 事 業 政 策 の 柱 1 まちづくりビジョン 進 捗 状 況 の 見 方 1 2 3 4 5 6 組 織 機 構 の 見 直 し 部 局 制 度 から 簡 素 な 課 制 度 へ(H24~) 1 規 事 業 林 市 長 就 任 後 に 始 めた 規 事 業 の 場 合 は 達 成 状 況 左 に と 記 載 施 策 事 業 名 等 が 太 字 斜 体 になっています また 施 策 事 業 の 一 部 が 規 事 業 ( 充

More information

桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 南 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 北 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあい

桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 南 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 北 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあい 平 成 27 年 度 桑 名 市 一 般 会 計 当 初 予 算 補 助 金 交 付 金 一 覧 ( 単 位 : 円 ) 補 助 金 名 称 27 年 度 補 助 予 定 額 交 付 先 名 称 所 管 課 議 会 費 政 務 活 動 費 15,600,000 会 派 及 び 議 員 議 会 事 務 局 総 務 費 桑 名 市 友 好 都 市 推 進 事 業 助 成 金 300,000 桑 名 市

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

●議案用2016かんなべ事業計画(2016に使用すること).xls

●議案用2016かんなべ事業計画(2016に使用すること).xls 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 について < 運 営 方 針 > 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 は, 地 域 の 芸 術 文 化 の 振 興 と 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とし, 指 定 管 理 者 として, 次 の 重

More information

説明会各局通知13

説明会各局通知13 平 成 20 年 11 月 14 日 大 阪 市 政 策 企 画 室 担 当 : 政 策 企 画 担 当 課 長 稲 垣 電 話 :06-6208-9710 あなたも 大 阪 サポーター ふるさと 納 税 制 度 を 身 近 なものに ~ 文 化 の 振 興 緑 化 の 推 進 動 物 園 の 充 実 に 役 立 てます~ 大 阪 市 では ふるさと 納 税 制 度 の 実 施 に 伴 い 平 成

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

資 料 No.8 百 年 の 縁 を 100 年 続 く 絆 に 永 遠 の 日 本 のふるさと 遠 野 遠 野 市 記 者 発 表 資 料 平 成 26 年 5 月 27 日 市 民 センター 生 涯 学 習 スポーツ 課 国 際 化 推 進 ビジョン の 策 定 について 発 表 の 要 旨 生

資 料 No.8 百 年 の 縁 を 100 年 続 く 絆 に 永 遠 の 日 本 のふるさと 遠 野 遠 野 市 記 者 発 表 資 料 平 成 26 年 5 月 27 日 市 民 センター 生 涯 学 習 スポーツ 課 国 際 化 推 進 ビジョン の 策 定 について 発 表 の 要 旨 生 資 料 No.7 百 年 の 縁 を 100 年 続 く 絆 に 永 遠 の 日 本 のふるさと 遠 野 遠 野 市 記 者 発 表 資 料 平 成 26 年 5 月 27 日 市 民 センター 生 涯 学 習 スポーツ 課 遠 野 市 サレルノ 市 姉 妹 都 市 締 結 30 周 年 記 念 事 業 イタリア サレルノ 訪 問 ツアー について 発 表 の 要 旨 姉 妹 都 市 締 結 30

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

さらに 復 旧 復 興 に 際 しては 長 期 的 な 視 野 に 立 脚 した 整 備 方 針 を 示 し 将 来 への 道 筋 を 定 めていくことが 最 重 要 の 課 題 となる 本 指 針 については 村 民 と 国 県 村 が 一 体 となり 共 通 認 識 をもち 単 に 旧 に 復

さらに 復 旧 復 興 に 際 しては 長 期 的 な 視 野 に 立 脚 した 整 備 方 針 を 示 し 将 来 への 道 筋 を 定 めていくことが 最 重 要 の 課 題 となる 本 指 針 については 村 民 と 国 県 村 が 一 体 となり 共 通 認 識 をもち 単 に 旧 に 復 平 成 年 月 日 南 阿 蘇 村 平 成 年 熊 本 地 震 復 旧 復 興 指 針 南 阿 蘇 村 長 長 野 敏 也 平 成 年 月 日 午 前 時 分 熊 本 地 震 本 震 が 発 生 した 未 明 に 起 きた 震 災 に 村 民 皆 が 不 安 な 一 夜 を 過 ごし 明 け 方 から 次 々と 被 災 の 状 況 が 明 らかになっていった 多 くの 尊 い 人 命 が 犠 牲 となり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E518D6C8E9197BF8251817A8179835A8362836794C5816991CE8A4F94E9816A817A959C8BBB9084906989EF8B63816991E6313589F1816A8CB48E7197CD8DD08A5191CE8DF4967B959489EF8B63816991E6333989F1816A8D8793AF89EF8D878B638E969

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E518D6C8E9197BF8251817A8179835A8362836794C5816991CE8A4F94E9816A817A959C8BBB9084906989EF8B63816991E6313589F1816A8CB48E7197CD8DD08A5191CE8DF4967B959489EF8B63816991E6333989F1816A8D8793AF89EF8D878B638E969 復 興 推 進 会 議 ( 第 15 回 ) 原 子 力 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 39 回 ) 合 同 会 合 議 事 録 1 日 時 : 平 成 28 年 3 月 10 日 17:28~17:45 2 場 所 : 官 邸 2 階 小 ホール 3 出 席 者 : 議 長 安 倍 晋 三 内 閣 総 理 大 臣 副 議 長 髙 木 毅 復 興 大 臣 < 進 行 > 議 員 麻 生 太

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

平 成 7 年 度 から 廃 止 または 予 定 の 補 助 負 担 等 一 覧 部 局 所 管 課 補 助 負 担 等 の 名 称 平 成 6 年 度 廃 止 理 由 または 内 容 平 成 7 年 度 ( 単 位 : 千 円 ) - 政 策 企 画 課 民 間 国 際 交 流 団 体 事 業 補

平 成 7 年 度 から 廃 止 または 予 定 の 補 助 負 担 等 一 覧 部 局 所 管 課 補 助 負 担 等 の 名 称 平 成 6 年 度 廃 止 理 由 または 内 容 平 成 7 年 度 ( 単 位 : 千 円 ) - 政 策 企 画 課 民 間 国 際 交 流 団 体 事 業 補 補 助 負 担 等 の について. 大 綱 及 び 実 施 計 画 に 定 める 行 政 関 与 の 必 要 性 があるか 市 の 重 点 施 策 に 沿 ったものであるか あるいは 市 民 生 活 に 欠 かせない 真 に 必 要 なものであるか 等 について 個 別 に 検 討 し 優 先 度 を 勘 案 しながら を 行 う () 行 政 が 関 与 する 補 助 等 のあり 方 及 び 交

More information

島 県 いわき 市 にて 開 催 される U-15 軟 式 野 球 世 界 大 会 へ 人 員 等 の 支 援 を 行 うため 本 年 度 の 本 交 流 大 会 へ 協 力 することが 難 しい 旨 の 申 し 出 があったことから 野 球 教 室 につい ては 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟

島 県 いわき 市 にて 開 催 される U-15 軟 式 野 球 世 界 大 会 へ 人 員 等 の 支 援 を 行 うため 本 年 度 の 本 交 流 大 会 へ 協 力 することが 難 しい 旨 の 申 し 出 があったことから 野 球 教 室 につい ては 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 資 料 No. 6 平 成 28 年 度 第 1 回 日 本 スポーツ 少 年 団 常 任 委 員 会 議 事 録 日 場 時 : 平 成 28 年 4 月 18 日 ( 月 ) 14 時 00 分 ~14 時 54 分 所 : 岸 記 念 体 育 会 館 2 階 理 事 監 事 室 出 席 者 : 坂 本 本 部 長 山 井 井 上 三 屋 の 各 副 本 部 長 佐 藤 星 髙 山 緒 方 白

More information