○○科 教科経営案

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "○○科 教科経営案"

Transcription

1 第 2 学 年 英 語 科 年 間 指 導 計 画 ( 全 140 時 間 ) Ⅰ.コミュニケーションへの 関 心 意 欲 態 度 Ⅱ. 外 国 語 表 現 の 能 力 Ⅲ. 外 国 語 理 解 の 能 力 Ⅳ. 言 語 や 文 化 についての 知 識 理 解 単 元 題 材 小 学 校 外 国 語 活 動 との 関 連 時 間 学 習 目 標 指 導 上 のポイント 学 習 指 導 要 領 との 関 連 道 徳 の 内 容 評 価 規 準 1 学 期 オリエンテ ーション Unit 0 My Spring Vacation Unit 1 A Friend in a Sister School 1 中 学 校 卒 業 時 にどうな っていたいか 今 後 2 年 間 の 目 標 とイメージを 持 つ 間 違 いを 恐 れず 英 語 で 簡 単 な 挨 拶 をす 2 これまでに 学 んだことを 使 って 具 体 的 なものを 紹 介 しながら 体 験 した ことについてたずねたり 伝 えたりす 11 過 去 の 状 態 や 過 去 の ある 時 点 の 動 作 につい て 述 べ 人 やものの 外 見 について 述 べ 自 分 や 友 達 について 以 前 との 違 いを 説 明 す ルールなどを 確 認 し 授 業 を 受 ける 心 構 えをさ せ 友 達 と 簡 単 な 挨 拶 をさ せ 既 習 事 項 を 使 ったスピ ーチを 聞 いたり 自 分 の 力 で 表 現 したりさせ be 動 詞 の 過 去 形, 過 去 進 行 形,look+ 形 容 詞 の 文 構 造 を 使 い 自 分 の 昨 日 の 様 子 を 書 き それを 用 いて 仲 間 の 様 子 を 尋 ね る 活 動 を 取 り 入 れ ビデオを 利 用 して 過 去 進 行 形 の 意 味 を 説 明 す 間 違 いを 恐 れず 挨 拶 や 簡 単 な 会 話 をしてい (Ⅰ) 教 師 の 自 己 紹 介 や 春 休 み の 出 来 事 を 聞 き 取 ること ができる(Ⅲ) 春 休 みの 思 い 出 について 聞 き 手 に 伝 えようと 工 夫 をして 発 表 したり, 友 達 の 発 表 内 容 について 質 問 したりしてい(I) 春 休 みの 思 い 出 について 書 いて, 写 真 などを 見 せ ながら 発 表 することがで き(Ⅱ) 春 休 みの 思 い 出 について のスピーチを 聞 いて, 概 要 を 理 解 することができ (Ⅲ) 情 報 を 聞 き 取 ろうとし て 積 極 的 にインタビュ ーしてい 情 報 を 求 めてインタビュ ーし そのけっかをまと めることができ 休 暇 の 思 い 出 についての スピーチを 聞 いて 概 要 を 聞 き 取 ることができ インターネット 上 の 掲 示 板 に 描 かれたメッセージ などを 読 んで 日 米 の 学 校 の 違 いに 関 する 内 容 を 理 解 す Be 動 詞 の 過 去 形 過 去 進 行 形 look + 形 容 詞 の 文 の 形 意 味 用 法 に 関 する 知 識 を 身 につけて い

2 1 日 記 5 日 記 を 書 くときの 文 章 構 成 を 知 り,4 文 以 上 の 英 語 で 日 記 を 書 く 過 去 形 の 文 を 自 由 に 使 って 自 分 の 一 日 の 様 子 をある 話 題 にしぼって 書 くように 指 導 す 英 語 で 具 体 的 に 日 記 を 書 こうとしてい(Ⅰ) 日 記 を 4 文 以 上 で 書 くこ とができ(Ⅱ) 日 記 の 構 成 に 関 する 知 識 を 身 につけてい(Ⅲ) Unit 2 A Trip to the U.K. 2 ていねいにお 願 い 11 自 分 の 予 定 について 述 べ 人 に 何 かを すると 述 べ 人 を 何 と 呼 ぶかを 述 べ 休 暇 や 週 末 の 予 定 につ いて たずねたり 伝 えた りす 2 場 面 や 相 手 に 応 じて,て いねいに 許 可 を 求 めた り, 依 頼 したりす be going to, S V O O S V O C 等 の 文 構 造 の 語 順 を 理 解 させ 相 手 の 予 定 を 尋 ねる 表 現 活 動 や 自 分 の 旅 行 の 予 定 表 を 作 る 活 動 を 通 して 指 導 す 1 年 生 の 時 に 学 習 した 親 しい 間 柄 で 使 われる 表 現 を 復 習 してから ペ アになり 丁 寧 に 許 可 を 求 める 依 頼 する 言 い 方 をロールプレーす Tool Box などの 表 現 を 活 用 して 自 分 の 旅 行 の 予 定 表 を 具 体 的 に 書 いてい 自 分 の 旅 行 の 予 定 表 を 書 いたり 入 国 審 査 の 場 面 などで 自 分 の 予 定 を 述 べ たりすることができ 登 場 案 内 や 機 内 放 送 を 聞 いて 必 要 な 情 報 を 聞 き 取 ることができ 観 光 地 について 書 かれた 紹 介 文 を 読 んで その 内 容 を 理 解 することができ 未 来 を 表 す be going to の 文 SVOO と SVOC(= 名 詞 )の 文 構 造 の 形 意 味 用 法 に 関 する 知 識 を 身 に つけてい ア. 相 手 に 応 じて 適 切 な 依 頼 表 現 を 使 おうとして い イ. 場 面 や 相 手 に 応 じて, ていねいに 許 可 を 求 めた り, 依 頼 したりすること ができ(S) ウ. 相 手 から 許 可 を 求 め られたり, 依 頼 されたり したときに,その 内 容 を 理 解 することができ (L) エ.May I...? や Could you...? の 使 い 方 に 関 する 知 識 を 身 につけてい

3 まとめと 練 習 1 be 動 詞 のいろ いろな 働 き 1 be 動 詞 の 過 去 形 と, 予 定 や 未 来 のことを 表 す be going to の 形 意 味 用 法 について 復 習 し, 理 解 を 確 かめ be going to+ 動 詞 の 原 形 was, were, weren t の 文 構 造 を 主 語 によっ て 形 が 変 わるところに 注 意 するよう 指 導 す be 動 詞 の 過 去 形 と 未 来 を 表 す be going to の 文 の 形 意 味 用 法 に 関 する 知 識 を 身 につけてい 学 び 方 コーナ ー1 辞 書 の 使 い 方 Unit 3 Career Day 1 辞 書 の 使 い 方 について 理 解 を 深 め 11 何 かをする 目 的 を 述 べ 夢 や 希 望 などについ て 述 べ 情 報 を 付 け 足 して 説 明 す 自 分 の 行 きたい 場 所 や したいことなどについ て たずねたり 伝 えたり することができ クロスワードパズルを しながら 辞 書 の 使 い 方 を 指 導 す 不 定 詞 ( 目 的 を 表 す 副 詞 的 用 法 名 詞 的 用 法 )を 使 用 し 将 来 就 きたい 職 業 や 将 来 したいことに ついて インターネット で 調 べて8 文 作 成 し 小 グループの 仲 間 やALTに 対 して 発 表 できるよう にす 辞 書 を 活 用 しようとして い 辞 書 の 構 成 についての 知 識 を 身 につけてい 友 達 の 将 来 の 夢 について 関 心 を 持 ち 積 極 的 に 対 話 をしてい 将 来 就 きたい 職 業 など 将 来 したいことについて 話 したり 書 いたりするこ とができ 仕 事 についてのインタビ ューを 読 んで 概 要 を 聞 き 取 ることができ 職 業 体 験 のレポートを 読 んで その 内 容 を 理 解 す ることができ 不 定 詞 の 目 的 を 表 わす 副 詞 的 用 法 名 詞 的 用 法 形 容 詞 的 用 法 に 関 する 知 識 を 身 につけてい 3 メール まとめと 練 習 2 不 定 詞 5 日 常 生 活 での 出 来 事 につ いて, 友 達 に 4 文 以 上 の 英 語 でメールを 書 く 1 不 定 詞 の 形 意 味 用 法 について 復 習 し, 理 解 を 確 かめ ALT や 以 前 勤 務 した ALT に 対 してグループや 個 人 で 日 常 生 活 での 出 来 事 等 のメールを 作 成 さ せ 不 定 詞 の 各 用 法 を 復 習 し 定 着 させ 自 分 の 気 持 ちが 伝 わるよ うにメールを 書 いてい 日 常 生 活 での 出 来 事 につ いて, 友 達 に 4 文 以 上 で メールを 書 くことができ メールを 読 んで,その 内 容 を 理 解 することができ メールの 構 成 に 関 する 知 識 を 身 につけてい 不 定 詞 の 形 意 味 用 法 に 関 する 知 識 を 身 につけ てい

4 2 学 期 Presentation 1 将 来 の 夢 Let s Read 1 The Carpenter s Gift Unit 4 Homestay in the United States 4 電 話 の 会 話 6 Unit 3 までに 学 んだ 表 現 を 使 って, 自 分 の 将 来 の 夢 について 4 文 以 上 の 英 文 を 書 いて 発 表 したり, 友 達 の 発 表 を 聞 いて 質 問 し 合 ったりす 5 物 語 を 読 んで, 場 面 の 変 化 や 主 な 内 容 を 理 解 した り, 登 場 人 物 の 心 情 に 合 わせて 気 持 ちを 込 めて 音 読 したりす 11 人 にアドバイスす 自 分 の 意 思 を 述 べたり これからのことを 予 測 し たりすることができ 決 まりごとについてた ずねたり 伝 えたりするこ とができ 2 電 話 での 応 答 で, さ んをお 願 いします と 取 り 次 ぎをたのむ これまでに 学 習 した 表 現 を 使 って 将 来 の 夢 に ついて 紹 介 するスピー チを 作 成 させ グループや 個 人 読 みで 場 面 の 変 化 や 登 場 人 物 の 心 情 を 読 み 取 ること ができるように 指 導 す have to, do not have to, will, must, must not 等 の 表 現 を 身 につけさ せ,それらを 運 用 し 小 グループでALTへのイン フォメーションガイド を 作 るよう 指 導 す 1 年 生 の 時 に 学 習 した 話 したい 相 手 が 電 話 に 出 る 場 合 を 復 習 して から 話 したい 相 手 に 取 り 次 いでもらう 電 話 聞 き 手 にわかりやすいよ うに 発 表 したり, 発 表 を 聞 いて 積 極 的 に 質 問 した り 意 見 を 述 べたりしてい 自 分 の 将 来 の 夢 について 4 文 以 上 で 書 いて 発 表 す ることができ 将 来 の 夢 についての 友 達 の 発 表 を 聞 いて, 内 容 を 聞 き 取 ることができ 将 来 の 夢 を 紹 介 するスピ ーチの 構 成 に 関 する 知 識 を 身 につけてい 理 解 できないところがあ っても, 挿 絵 を 参 考 にし ながら 読 み 続 けてい 登 場 人 物 の 心 情 に 合 わせ て, 気 持 ちを 込 めて 音 読 することができ 台 本 形 式 の 物 語 を 読 ん で, 場 面 の 変 化 や 登 場 人 物 の 心 情 などを 理 解 する ことができ ホームステイでのコミュ ニケーションの 取 り 方 に ついて 理 解 しようとして い 家 での 決 まりごとについ てインタビューし その 結 果 をまとめて 発 表 する ことができ 天 気 予 報 を 聞 いて 必 要 な 情 報 を 聞 き 取 ることが でき ホームステイでの 相 談 と その 回 答 を 読 んで 内 容 を 理 解 することができ have to 助 動 詞 will must must の 否 定 形 の 形 意 味 用 法 に 関 する 知 識 を 身 につけてい 取 り 次 ぎや 伝 言 をたのむ など, 電 話 の 場 面 での 会 話 に 積 極 的 に 取 り 組 んで い 電 話 での 応 答 で, さん

5 まとめと 練 習 3 助 動 詞 学 び 方 コーナ ー2 文 の 読 み 方 Unit 5 Universal Design 5 道 案 内 Unit 6 Rakugo English in 1 助 動 詞 の 形 意 味 用 法 について 復 習 し, 理 解 を 確 かめ 1 文 を 意 味 のまとまりによ って 区 切 りながら 読 む 11 ある 条 件 で 何 をするか を 述 べ 自 分 の 考 えと その 理 由 を 述 べどん な 時 に 何 をするか 述 べ 身 近 な 話 題 について 自 分 の 意 見 を 述 べ その 理 由 を 述 べ 2 乗 り 物 での 行 き 方 をたず ねたり, 教 えたりす 11 何 があるかを 述 べ 自 分 の 趣 味 や 特 技 につい て 述 べ 何 があるかをたずねた り 伝 えたりすることが でき の 表 現 を 使 って,グルー プ 内 やALTと 会 話 をする よう 指 導 す can, will, must などの 否 定 文 と 疑 問 文 の 意 味 と 語 順 に 注 意 するよう 指 導 す 英 語 の 文 を 読 むときは かたまりで 読 むよう 指 導 す if 節 that 節 ( 目 的 ) when 節 because 節 の 文 構 造 を 理 解 し 感 想 賛 否 やその 理 由 を 表 現 す ることができるように 指 導 す 地 図 を 用 いて バスでの 行 き 方 をたずねる 教 え る 道 案 内 をグループ 内 やALTとの 間 で 積 極 的 に 行 うよう 指 導 す 教 科 書 の 地 図 を 用 いて 話 し 手 に 聞 き 返 したり つなぎ 言 葉 を 用 いなが ら 来 年 行 く 予 定 の 修 学 旅 行 の 土 地 の 地 図 をイ ンターネットで 調 べた りして 活 動 させ There is,there are の 文 構 造 を 使 って 自 分 の 部 屋 の 様 子 を 仲 間 に 伝 え る 活 動 をすることで 理 解 させ をお 願 いします と 取 り 次 ぎをたのむことができ 電 話 の 会 話 で, 用 件 を 理 解 することができ May I speak to...? の 使 い 方 に 関 する 知 識 を 身 につけてい 助 動 詞 の 形 意 味 用 法 に 関 する 知 識 を 身 につけ てい 英 語 の 語 順 や 文 の 読 み 方 に 関 する 知 識 を 身 につけ てい 身 近 な 話 題 について 積 極 的 に 自 分 の 意 見 を 述 べ てい 身 近 な 話 題 について 自 分 の 意 見 とその 理 由 を 述 べることができ ニュースを 聞 いて 概 要 や 要 点 を 聞 き 取 ることが でき スピーチを 読 んで 話 者 の 感 想 や 主 張 とその 理 由 を 理 解 することができ 乗 り 物 での 行 き 方 をたず ねたり 教 えたりする 道 案 内 の 場 面 での 会 話 に 積 極 的 に 取 り 組 んでい 乗 り 物 での 行 き 方 をたず ねたり, 教 えたりするこ とができ 道 案 内 の 場 面 で, 教 えら れた 行 き 方 がわか 乗 り 物 での 行 き 方 をたず ねる 表 現 の 使 い 方 に 関 す る 知 識 を 身 につけてい 積 極 的 に 相 手 に 質 問 した り 答 えたりしてい 自 分 の 近 くの 施 設 や 部 屋 にあるものについて たずねたり 伝 えたりする ことができ 落 語 についての 説 明 や

6 6 詩 Presentation 2 町 紹 介 4 決 められたルールの 中 で, 英 語 で 詩 を 書 く 6 Unit 6 までに 学 んだ 表 現 を 使 って, 自 分 の 町 につ いて 4 文 以 上 の 英 文 を 書 いて 発 表 したり, 友 達 の 発 表 を 聞 いて 質 問 し 合 っ たりす 気 持 ちを 短 いことばで 書 けるよう 教 科 書 や 英 語 の 歌 を 参 考 にして 作 成 するよう 指 導 す 1 年 生 で 学 習 した 内 容 に 加 え Unit6 までに 学 ん だ 表 現 を 使 って 町 を 紹 介 するよう 指 導 す 英 語 落 語 家 へのインタビ ューを 聞 き 概 要 や 要 点 を 聞 き 取 ることができ 落 語 の 公 演 パンフレット や 英 語 落 語 の 小 話 を 読 ん で その 内 容 を 理 解 する ことができ There is (are) の 文 や 動 名 詞 の 形 意 味 用 法 に 関 する 知 識 を 身 につけ てい 自 分 の 気 持 ちを 伝 えよう として 詩 を 書 いてい 決 められたルールに 従 っ て 英 語 で 詩 を 書 くことが でき 詩 を 読 んで,その 内 容 を 理 解 することができ 5 行 詩 の 構 成 に 関 する 知 識 を 身 につけてい 聞 き 手 にわかりやすいよ うに 発 表 したり, 発 表 を 聞 いて 積 極 的 に 質 問 した り 意 見 を 述 べたりしてい 自 分 の 町 について 4 文 以 上 で 書 いて 発 表 すること ができ 友 達 の 発 表 を 聞 いて, 町 の 様 子 について 理 解 する ことができ スピーチ 原 稿 を 読 んで, 世 界 の 友 達 の 町 や 住 居 に ついて 理 解 することがで き 町 を 紹 介 するスピーチの 構 成 に 関 する 知 識 を 身 に つけてい

7 3 学 期 Let s Read 2 Try to Be the Only One 4 伝 記 を 読 んで, 場 面 の 変 化 や 人 物 の 心 の 動 きを 理 解 したり,ピクチャーカード などを 使 って,あらすじを 英 語 で 発 表 したりす 新 垣 勉 さんの CD を 聞 か せ DVD も 視 聴 すモ ットーである Try to be the only one,not just number one. の 意 味 は 何 か 考 えさせ 特 にセリフの 部 分 に 注 意 しながら 心 情 にせま る 読 み 方 をするよう 指 導 す 理 解 できないところがあ っても 推 測 しながら 読 み 続 けてい 登 場 人 物 の 心 情 に 合 わせ て, 気 持 ちを 込 めて 音 読 することができ 物 語 を 読 んで, 場 面 の 変 化 や 登 場 人 物 の 心 情 など を 理 解 することができ Unit 7 The Movie Dolphin Tale 7 買 い 物 まとめと 練 習 4 比 較 表 現 学 び 方 コー ナー3 意 見 の 述 べ 方 11 人 やものについて 比 べて 説 明 す あるテーマについて 資 料 などを 用 いて 比 較 し ながら 説 明 することがで き 2 自 分 の 好 みや 要 望 を 伝 え ながら 買 い 物 をす 1 比 較 表 現 の 形 意 味 用 法 について 復 習 し, 理 解 を 確 かめ 1 賛 成 反 対 や 自 分 の 意 見 を 述 べる 表 現 を 理 解 し, 適 切 に 表 現 す 比 較 表 現 ( er. the est) 比 較 表 現 (more, the most) 比 較 表 現 (better, the best) as... as ~ 等 の 表 現 を 定 着 させた 上 で,その 表 現 を 用 いて 英 語 でディ スカッションさせ Shall I...? 等 の 表 現 を 用 い, 実 際 に 買 い 物 に 関 する 英 会 話 ができるよ うに 場 面 設 定 を 行 う 比 較 の 各 表 現 を 再 度 確 認 す 小 グループで 比 較 表 現 を 用 いた 言 語 活 動 を 行 うように 指 導 す 者 を 比 べて 分 かりやすく 説 明 しようとしてい ある 商 品 について 資 料 などを 用 いて 比 較 しなが ら 説 明 することができ 映 画 のヒットチャートの ランキングを 聞 き 概 要 や 要 点 を 聞 き 取 ることが でき 映 画 のあらすじを 読 ん で その 内 容 を 理 解 する ことができ 比 較 級 最 上 級 同 等 比 較 の 形 意 味 用 法 に 関 する 知 識 を 身 につけてい 自 分 の 要 望 をわかりやす く 伝 えながら, 買 い 物 の 場 面 での 会 話 に 取 り 組 も うとしてい 自 分 の 好 みや 要 望 を 伝 え ながら 買 い 物 をすること ができ 買 い 物 の 場 面 で, 買 い 手 の 要 望 がわか 申 し 出 の 表 現 Shall I...? の 使 い 方 に 関 す る 知 識 を 身 につけてい 比 較 表 現 の 形 意 味 用 法 に 関 する 知 識 を 身 につ けてい 相 手 の 意 見 に 賛 成 したり 反 対 したりする 表 現 の 使 い 方 に 関 する 知 識 を 身 に つけてい Presentation 6 Unit 7 までに 学 んだ 表 スピーチがスムーズに 聞 き 手 にわかりやすいよ

8 3 好 きなこと もの Let s Read 3 Cooking with the Sun 現 を 使 って, 自 分 の 好 き なこと ものについて 4 文 以 上 の 英 文 を 書 いて 発 表 したり, 友 達 の 発 表 を 聞 いて 質 問 し 合 ったりす 4 説 明 文 を 読 んで, 紹 介 さ れているものの 特 徴 や 利 点, 筆 者 の 主 張 などを 理 解 したり, 各 段 落 のキー ワードを 見 つけ, 本 文 の 要 約 をしたりす できるように, 例 文 を 提 示 し ディスカッション するよう 指 導 す ソーラークッカーの 紹 介 を 通 して 世 界 的 な 環 境 問 題 とその 解 決 策 に ついて 考 えさせ うに 発 表 したり, 発 表 を 聞 いて 積 極 的 に 質 問 した り 意 見 を 述 べたりしてい 自 分 の 好 きなこと もの について 4 文 以 上 で 書 い て 発 表 することができ 好 きなこと ものについ ての 友 達 の 発 表 を 聞 い て, 概 要 を 聞 き 取 ること ができ(L) スピーチ 原 稿 を 読 んで, 世 界 の 友 達 の 好 きなこと について 理 解 することが でき 好 きなこと ものを 紹 介 するスピーチの 構 成 に 関 する 知 識 を 身 につけてい 理 解 できないところがあ っても 推 測 しながら 読 み 続 けてい 説 明 文 を 読 んで, 紹 介 さ れているものの 特 徴 や 利 点 について 理 解 し, 筆 者 の 主 張 などを 読 み 取 るこ とができ

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画 平 成 7 年 度 英 語 科 年 年 間 指 導 計 画 評 価 計 画 教 科 の 目 標 外 国 語 を 通 じて 言 語 や 文 化 に 対 する 理 解 を 深 め 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 の 育 成 を 図 り 聞 くこと 話 すこと 読 むこと 書 くことなどのコミュニケーション 能 力 の 基 礎 を 養 う 各 学 年 各 分 野

More information

ート名Book 月(3 学期制)月(ペ2 学ー期単元と目標制)く0 0 時数パパジ元ート文法事項 表現 聞く話す読書む 言語の使用場面 学習指導要領の例示との対応単 Unit ブラジルから来たサッカーコーチ Daily Scene 3 グリーティングカード Unit 8 イギリスの本

ート名Book 月(3 学期制)月(ペ2 学ー期単元と目標制)く0 0 時数パパジ元ート文法事項 表現 聞く話す読書む 言語の使用場面 学習指導要領の例示との対応単 Unit ブラジルから来たサッカーコーチ Daily Scene 3 グリーティングカード Unit 8 イギリスの本 平成 28 教内容解説資料 2 A42 月(3 学期制)月(ペ2 学ー期単元と目標制)く4 4 5 5 9 0 9 0 Hi, English! 時数パパージト元ート名 4-0 3 Unit 0 アルファベット 2-3 文法事項 表現 聞く話す読む書 言語の使用場面 2 2 3 I like... / I can... 2 3 8-9 Unit はじめまして 22-2 2 28-29 Unit 2

More information

Microsoft Word - 09-  研究計画 シラバス 英語科

Microsoft Word - 09-  研究計画  シラバス 英語科 英 語 科 研 究 計 画 平 成 25 年 度 研 究 主 題 基 礎 基 本 の 定 着 と 習 習 慣 を 身 に 付 けさせるための 指 導 法 の 工 夫 (1) 研 究 テーマ 基 礎 基 本 を 身 につけ, 言 語 活 動 を 通 して 表 現 力 を 高 める 指 導 法 の 工 夫 (2) 研 究 テーマ 設 定 の 理 由 生 徒 に 基 礎 基 本 を 確 実 に 身 につけさせたいと

More information

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画 平 成 27 年 度 英 語 科 第 1 学 年 年 間 指 導 計 画 評 価 計 画 教 科 の 目 標 外 国 語 を 通 じて 言 語 や 文 化 に 対 する 理 解 を 深 め 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 の 育 成 を 図 り 聞 くこと 話 すこと 読 むこと 書 くことなどのコミュニケーション 能 力 の 基 礎 を 養 う 各 学

More information

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画 平 成 25 年 度 英 語 科 3 年 年 間 指 導 計 画 評 価 計 画 教 科 の 目 標 外 国 語 を 通 じて 言 語 や 文 化 に 対 する 理 解 を 深 め 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 の 育 成 を 図 り 聞 くこと 話 すこと 読 むこと 書 くことなどのコミュニケーション 能 力 の 基 礎 を 養 う 各 学 年 各

More information

外国語

外国語 外 国 語 科 英 語 表 現 Ⅰ 1. 習 の 到 達 目 標 習 の 到 達 目 標 単 位 数 2 単 位 科 普 通 科 年 級 1 年 特 別 進 コース 1. 英 語 を 通 じて, 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 を 育 成 す 2. 英 語 を 通 じて, 事 実 や 意 見 などを 多 様 な 観 点 から 察 し, 論 理 の 展 開 や 表 現 の

More information

○○科 教科経営案

○○科 教科経営案 第 3 年 英 語 科 年 間 指 導 計 画 ( 全 142 時 間 ) Ⅰ.コミュニケーションへの 関 心 意 欲 態 度 Ⅱ. 外 国 語 表 現 の 能 力 Ⅲ. 外 国 語 理 解 の 能 力 Ⅳ. 言 語 や 文 化 についての 知 識 理 解 単 元 題 材 小 校 外 国 語 活 動 との 関 連 時 間 習 目 標 指 導 上 のポイント 習 指 導 要 領 との 関 連 道 徳

More information

英語科学習指導案

英語科学習指導案 英 語 科 学 習 指 導 案 綾 部 市 立 綾 部 中 学 校 指 導 者 高 橋 友 紀 1 対 象 第 1 学 年 1 組 31 名 2 日 時 平 成 27 年 11 月 12 日 ( 木 ) 第 5 校 時 3 場 所 第 1 学 年 1 組 教 室 4 単 元 Unit 7 サンフランシスコの 学 校 ( New Horizon English Course 1 ) 5 単 元 について

More information

4 コミュニケーション 活動 ❶ ❷ ❸ ❹ Unit ❺ Daily Scene ❻ Presentation ❼ ❶ 2 3 ❷ Presentation 3 ❸ Presentation 2 ❹ 45Listening Activity 1CM 76Activi

4 コミュニケーション 活動 ❶ ❷ ❸ ❹ Unit ❺ Daily Scene ❻ Presentation ❼ ❶ 2 3 ❷ Presentation 3 ❸ Presentation 2 ❹ 45Listening Activity 1CM 76Activi 28 平成 28 年度 1 教育基本法の 遵守 ❶ ❷2020 ❶ ❷ 18 21Presentation 1 4 5 20 21 2 学習指導要領の 遵守 ❶ ❷ ❸ ❹Unit Daily Scene Presentation ❺ ❶ 94 105 100 121 6 21 Listen Speak Read Write Listen Speak Read Write ❷ 46 49Presentation

More information

Microsoft Word - nenkei.doc

Microsoft Word - nenkei.doc コミュニケーション 英 語 Ⅰ Revised ENGLISH NOW English CommunicationⅠ 習 指 導 計 画 案. 到 達 目 標. 英 語 を 聞 いたり 読 んだりすることにより, 生 徒 にとって 身 近 な 話 題 や 生 徒 の 教 養 を 高 める 分 野 に 関 する 情 報 を 得 たり, 相 手 が 何 を えているのかを 理 解 したりする 力 をつけさせ.

More information

(2) 評 価 基 準 と 評 価 方 法 評 価 の 観 点 及 び 内 容 評 価 方 法 1 コミュニケー ションへの 関 心 意 欲 態 度 コミュニケーションに 関 心 を 持 ち 積 極 的 に 言 語 活 動 を 行 い コミュニケーション を 図 ろうとする 授 業 態 度 2 英

(2) 評 価 基 準 と 評 価 方 法 評 価 の 観 点 及 び 内 容 評 価 方 法 1 コミュニケー ションへの 関 心 意 欲 態 度 コミュニケーションに 関 心 を 持 ち 積 極 的 に 言 語 活 動 を 行 い コミュニケーション を 図 ろうとする 授 業 態 度 2 英 様 式 4 外 国 語 科 コミュニケーション 英 語 Ⅰ シラバス 平 成 28 年 度 シラバス 単 位 数 前 単 位 後 1 単 位 学 科 年 次 ビジネス 創 造 科 1 年 次 1 学 習 の 到 達 目 標 学 習 の 到 達 目 標 英 語 を 通 じて 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 を 育 成 するとともに 情 報 や 考 えなどを 的 確 に 理

More information

【資料2-1】島根県の中学校拠点校における「CAN-DO リスト」の形での学習到達目標作成資料

【資料2-1】島根県の中学校拠点校における「CAN-DO リスト」の形での学習到達目標作成資料 平 成 25 年 度 英 語 によるコミュニケーション 能 力 論 理 的 思 考 力 を 強 化 する 指 導 改 善 の 取 組 島 根 県 の 中 学 校 拠 点 校 における CAN-DO リスト の 形 での 学 習 到 達 目 標 作 成 資 料 作 業 1 各 単 元 の 目 標 をピックアップする 作 業 1 第 1 学 年 単 元 単 元 目 標 ( ~する 形 の 語 尾 で 記

More information

(3) 指 導 観 文 法 事 項 の 導 入 段 階 では, 実 物,ピクチャーカード,ジェスチャーなどを 使 用 し, 生 徒 の 視 覚 に 訴 えながら 興 味 関 心 を 引 き 付 ける 工 夫 をしていきたい 文 法 事 項 の 導 入 後 にペアによるコミュニケーション 活 動 を

(3) 指 導 観 文 法 事 項 の 導 入 段 階 では, 実 物,ピクチャーカード,ジェスチャーなどを 使 用 し, 生 徒 の 視 覚 に 訴 えながら 興 味 関 心 を 引 き 付 ける 工 夫 をしていきたい 文 法 事 項 の 導 入 後 にペアによるコミュニケーション 活 動 を 第 1 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 Unit 8 ナンシーに 会 いに (New Horizon English Course Ⅰ) 平 成 24 年 11 月 22 日 ( 木 )5 校 時 指 導 学 級 1 年 5 組 指 導 者 JTE 小 松 加 代 子 ALT Willem De Jager 場 所 1 年 5 組 教 室 2 単 元 の 目 標 自 分 の

More information

一 日 の 生 活 一 日 の 生 活 Unit 10 Unit 10 can( 肯 定 文 否 定 文 ) can( 肯 定 文 否 定 文 ) can( 疑 問 文 ) can( 疑 問 文 ) When ~? When ~? ちょっとお 願 い ちょっとお 願 い Unit 11 Unit 1

一 日 の 生 活 一 日 の 生 活 Unit 10 Unit 10 can( 肯 定 文 否 定 文 ) can( 肯 定 文 否 定 文 ) can( 疑 問 文 ) can( 疑 問 文 ) When ~? When ~? ちょっとお 願 い ちょっとお 願 い Unit 11 Unit 1 教 科 学 年 単 元 小 単 元 年 間 指 導 計 画 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 英 語 中 学 1 年 Warm-up Warm-up アルファベット アルファベット 単 語 の 書 き 方 単 語 の 書 き 方 予 想 される 学 校 進 度 数 字 数 字 週 週 月 日 月 日 色 色 名 前 名 前 Unit 1 Unit 1 I am ~. I am ~.

More information

8 月 に 実 施 した 意 識 調 査 によると 英 語 学 習 に 対 して あまり 好 きではない または 好 きではない と 回 答 した 生 徒 が 全 体 の 約 66%であった その 理 由 としては 単 語 が 覚 えられないから 構 文 や 文 法 事 項 がたくさんあり 難 しい

8 月 に 実 施 した 意 識 調 査 によると 英 語 学 習 に 対 して あまり 好 きではない または 好 きではない と 回 答 した 生 徒 が 全 体 の 約 66%であった その 理 由 としては 単 語 が 覚 えられないから 構 文 や 文 法 事 項 がたくさんあり 難 しい 高 等 学 校 第 2 学 年 外 国 語 科 ( 英 語 ) 学 習 指 導 案 期 日 平 成 24 年 11 月 9 日 ( 金 ) 第 5 校 時 場 所 県 立 鹿 本 高 等 学 校 2 年 7 組 教 室 指 導 者 教 諭 内 田 貴 久 美 ALT Rochelle Odon 1 単 元 名 Lesson7 A Book That Changed Our Thinking (MAINSTREAM

More information

6 言 語 材 料 Sentences Words How are you? I m ~. Good. / Me,too. / Are you OK? fine happy hungry sleepy tired sad 7 CAN-DO リスト の 位 置 づけ 本 時 の 学 習 は, 以 下

6 言 語 材 料 Sentences Words How are you? I m ~. Good. / Me,too. / Are you OK? fine happy hungry sleepy tired sad 7 CAN-DO リスト の 位 置 づけ 本 時 の 学 習 は, 以 下 外 国 語 活 動 学 習 指 導 案 指 導 者 森 川 修 平 (HRT) Shane Tummon(ALT) 1 日 時 平 成 27 年 6 月 4 日 ( 木 ) 5 校 時 2 場 所 English room 3 学 年 第 3 学 年 2 組 31 名 ( 男 子 13 名, 女 子 18 名 ) 4 単 元 名 調 子 はどう? 5 単 元 について 単 元 の 目 標 コミュニケーションへの

More information

徳島県鳴門市林崎小学校 学習指導案

徳島県鳴門市林崎小学校 学習指導案 外 国 語 活 動 指 導 案 鳴 門 市 林 崎 小 学 校 教 諭 中 妻 佳 代 1 日 時 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 月 )~6 月 29 日 ( 金 ) 2 学 級 第 6 学 年 2 組 (37 名 ) 3 学 級 観 児 童 は, 今 年 度 8 時 間 の 外 国 語 活 動 を 経 験 し,5 月 実 施 の 外 国 語 活 動 の 授 業 等 に 関 するアン ケート

More information

Microsoft Word - 【熊野町】熊野町立熊野東中学校 英語 「大使になって熊野町をPRしよう!」(2年)

Microsoft Word - 【熊野町】熊野町立熊野東中学校 英語 「大使になって熊野町をPRしよう!」(2年) 英 語 第 2 学 年 熊 野 町 立 熊 野 東 中 学 校 単 元 名 大 使 になって 熊 野 町 を PR しよう! 指 導 者 安 村 由 美 子 篠 原 真 由 美 Jovine nikkol Antonio 本 単 元 で 育 成 する 資 質 能 力 先 を 見 通 す 力,,チャレンジ 精 神, 粘 り 強 さ, 単 元 について 本 単 元 は, 熊 野 町 の 研 究 テーマ

More information

Microsoft Word - 卒研 稲田和奈.docx

Microsoft Word - 卒研 稲田和奈.docx ネイティブが 使 う 英 語 表 現 3 年 A 組 23 番 稲 田 和 奈 目 次 1. 研 究 の 動 機 2. 研 究 方 法 3. 研 究 結 果 4. 考 察 5. 感 想 6. 参 考 文 献 I have been interested in English when I talked with Taiwanese and Chinese students. But I couldn

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8D918CEA89C881698E528DAA82DD82B382AB816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8D918CEA89C881698E528DAA82DD82B382AB816A2E646F6378> のcanと のwhenを 1 授 業 者 廿 日 市 市 立 大 野 東 中 校 2 日 学 時 年 平 第 成 1 学 28 年 31 組 月 14 ( 日 ( 木 ) 教 諭 山 崎 学 肖 外 男 国 子 15 語 名 科, 女 学 子 習 18 指 名, 導 計 案 34 場 所 名 廿 日 市 市 立 大 野 東 中 学 校 1 学 3 組 教 室 33 名 ) 5 単 元 観 について

More information

山鹿市立山鹿中学校 第2学年 英語科 学習指導案

山鹿市立山鹿中学校 第2学年 英語科 学習指導案 中 学 校 第 2 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 期 日 平 成 24 年 10 月 26 日 ( 金 ) 第 5 校 時 場 所 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 2 年 1 組 教 室 指 導 者 教 諭 田 﨑 英 明 ALT Huy Tran 1 単 元 名 Program 6 A Work Experience Program (SUNSHINE ENGLISH COURSE

More information

- - Warm Up

- - Warm Up - - ALT - - Warm Up - - - - - - Writing Unit He likes tennis does p p Listening Plus Unit Homestay in the United States have to don't have to Starting Out Dialog will mustmust not Reading for Communication

More information

3, 年 間 学 習 内 容 (ど の よ うな こ と を 学 ぶ ので し ょ う ) 月 単 元 名 主 な 学 習 内 容 ど の よ う な 力 を 身 に つ け る の か 4 Hello, English! あ い さ つ 英 語 の 指 示 身 の ま わ り の 英 語 ア ル

3, 年 間 学 習 内 容 (ど の よ うな こ と を 学 ぶ ので し ょ う ) 月 単 元 名 主 な 学 習 内 容 ど の よ う な 力 を 身 に つ け る の か 4 Hello, English! あ い さ つ 英 語 の 指 示 身 の ま わ り の 英 語 ア ル 第 1 学 年 英 語 科 学 習 シ ラ バ ス 教 科 担 当 園 田 浩 一 朗 教 材 教 科 書 教 科 書 N E W H O R I Z O N English Course 1( 東 京 書 籍 ) 副 教 材 英 語 の 学 習 ( ワ ー ク ) ペ ン マ ン シ ッ プ ワ ー ク ノ ー ト ( 前 期 後 期 ) 周 西 中 学 校 の 英 語 学 習 を 1 学 年 で

More information

2年C組英語科学習指導案

2年C組英語科学習指導案 第 2 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 Lesson 職 業 体 験 Career Experience 学 習 指 導 要 領 との 関 連 2 内 容 (1) 言 語 活 動 ア 聞 くことの(イ) 自 然 な 口 調 で 話 されたり 読 まれたりする 英 語 を 聞 いて 情 報 を 正 確 に 聞 き 取 ること 及 びエ 書 くこと(イ) 語 と 語 のつながりなど

More information

Taro-指導案(修正版)

Taro-指導案(修正版) 小 学 校 第 3 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 26 年 6 月 24 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 育 センター 所 員 吉 田 奈 美 1 単 元 名 調 べたことをほうこくする 文 章 を 書 こう 2 参 考 教 材 名 気 になる 記 号 ( 光 村 図 書 3 年 上 ) 調 べたことを 整 理 して 書 こう ( 東 京 書 籍 3 年 下 )

More information

問題解決能力等の調査(小学校)

問題解決能力等の調査(小学校) 平 成 24 年 度 授 業 改 善 推 進 プラン 国 語 板 橋 区 立 若 木 小 学 校 相 手 を 意 識 して 伝 え 合 う ことを 大 切 にする 意 識 が 高 まってきた 文 章 を 読 み 取 る 力 文 章 を 書 く 力 を 向 上 させたい 自 分 の 考 えを 分 かりやすく 伝 えようとする 意 欲 が 高 まったが 友 達 の 考 えを 聞 いて 深 める 態 度

More information

12月サポートたより

12月サポートたより 平 成 27 年 度 新 潟 県 学 向 上 サポートたより No.4( 通 算 第 29 号 ) H27 第 2 回 を 配 信 しました 12 月 1 日 ( 火 ) に, 今 年 度 第 2 回 の を 配 信 し ま し た す で に 御 案 内 の よ う に, 今 年 度 か ら 新 潟 県 小 学 校 教 育 研 究 会, 新 潟 県 中 学 校 教 育 研 究 会 と の 連 携

More information

のままリピートする 日 本 語 の 意 味 を 聞 いて 英 語 を 言 う 英 語 を 言 ってもらい 日 本 語 の 意 味 を 言 う といった 活 動 を 自 分 で 選 択 してから 行 う 3 人 組 で 取 り 組 むことで 一 人 は 友 達 のペア 活 動 を 聞 く 機 会 を

のままリピートする 日 本 語 の 意 味 を 聞 いて 英 語 を 言 う 英 語 を 言 ってもらい 日 本 語 の 意 味 を 言 う といった 活 動 を 自 分 で 選 択 してから 行 う 3 人 組 で 取 り 組 むことで 一 人 は 友 達 のペア 活 動 を 聞 く 機 会 を 群 教 セ G09-02 平 26.254 集 英 語 - 中 聞 いたり 読 んだりして 得 た 情 報 に 対 して 質 問 や 応 答 ができる 生 徒 の 育 成 複 数 の 技 能 を 結 び 付 けた 指 導 を 通 して 特 別 研 修 員 福 田 守 宏 Ⅰ 研 究 テーマ 設 定 の 理 由 現 行 の 中 学 校 学 習 指 導 要 領 外 国 語 の 改 訂 の 趣 旨 に 聞

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 8 章 現 在 進 行 形 1. 現 在 進 行 形 中 英 1-8-1(1) 今 ~ しています ~ しているところです < 現 在 形 > < 現 在 進 行 形 > I study English every day. I am studying English now. 私 は 毎 日 英 語 を 勉 強 します 私 は 今 英 語 を 勉 強 しています 今 ~ しています と 現 在 進

More information

指導案の形式について       2010

指導案の形式について       2010 Hi, friends! Lesson2 I m happy. ジェスチャーをつけてあいさつしよう 単 元 の 考 え 方 本 単 元 の 構 成 は, 音 声 を 聞 いて 誰 の 様 子 を 表 しているか 線 で 結 んだり,ジェスチャーについてどんなことを 表 しているかを 予 想 したり,ジェスチャーをつけてあいさつをするゲームを 経 験 させることを 通 して, 表 情 やジェ スチャーをつけて

More information

大 高 月 月 日 行 行 行 立 大 高 行 長 西 大 子 心 高 生 行 月 日 水 高 氏 日 立 高 氏 身 生 見 人 用 力 高 氏 生 生 月 生 見 月 日 日 月 日 日 目 力 行 目 西 子 大 足 手 一 目 長 行 行 生 月 日 日 文 青 大 行 月 一 生 長 長 力 生 心 大 大 見 大 行 行 大 高 足 大 自 自 己 力 大 高 足 月 日 金 生 西 長

More information

Taro-研究構想.jtd

Taro-研究構想.jtd 読 解 力 を 高 める 国 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~ 言 語 活 動 Ⅰ,Ⅱを 関 連 づけた 授 業 づくりを 通 して~ 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 社 会 の 要 請 や 教 育 の 動 向 から 平 成 15 年 に 実 施 された 国 際 学 力 調 査 (PISA)では, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 問 う 読 解 力 や 記 述 式 問

More information

1. もう 少 し 大 きな 声 で(ゆっくり) 読 んで 下 さい Could you speak more loudly/ slowly, please? 2. これでいいですか Is this all right? 3. ( 出 席 の 返 事 )はい Here! 4. (プリントなど) 足

1. もう 少 し 大 きな 声 で(ゆっくり) 読 んで 下 さい Could you speak more loudly/ slowly, please? 2. これでいいですか Is this all right? 3. ( 出 席 の 返 事 )はい Here! 4. (プリントなど) 足 はじめに: My Learning Mateの 使 い 方 あなたにとって 英 語 学 習 の 目 的 は 何 ですか 定 期 試 験 で 良 い 成 績 を 取 ることでしょうか それとも 将 来 の 仕 事 のため 海 外 旅 行 がしたいなど さまざま 理 由 があると 思 います My Learning Mateは 自 分 自 身 の 目 的 に 適 した 英 語 学 習 の 方 法 を 確

More information

目次 1. レッスンで使える表現 レッスンでお困りの際に使えるフレーズからレッスンの中でよく使われるフレーズまで 便利な表現をご紹介させていただきます ご活用方法として 講師に伝えたいことが伝わらない場合に下記の通りご利用ください 1 該当の表現を直接講師に伝える 2 該当の英語表現を Skype

目次 1. レッスンで使える表現 レッスンでお困りの際に使えるフレーズからレッスンの中でよく使われるフレーズまで 便利な表現をご紹介させていただきます ご活用方法として 講師に伝えたいことが伝わらない場合に下記の通りご利用ください 1 該当の表現を直接講師に伝える 2 該当の英語表現を Skype レッスンで使える 表現集 - レアジョブ補助教材 - 目次 1. レッスンで使える表現 レッスンでお困りの際に使えるフレーズからレッスンの中でよく使われるフレーズまで 便利な表現をご紹介させていただきます ご活用方法として 講師に伝えたいことが伝わらない場合に下記の通りご利用ください 1 該当の表現を直接講師に伝える 2 該当の英語表現を Skype のチャットボックスに貼りつけ 講師に伝える 1-1.

More information

Microsoft Word - 報告書 36 田邊.docx

Microsoft Word - 報告書 36 田邊.docx 群 教 セ G09-02 平 27.257 集 英 語 - 中 自 分 の 考 えや 気 持 ちをまとまりのある 英 文 で 表 現 できる 生 徒 の 育 成 伝 えたい! と 思 える 表 現 活 動 を 通 して 特 別 研 修 員 田 邊 陽 子 Ⅰ 研 究 テーマ 設 定 の 理 由 はばたく 群 馬 の 指 導 プラン の 中 で 示 されている 外 国 語 の 課 題 として 動 詞

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

コ1 344 Revised COMET English Communication 1

コ1 344 Revised COMET English Communication 1 10-1 編 修 趣 意 書 ( 教 育 基 本 法 との 対 照 表 ) 受 理 番 号 学 校 教 科 種 目 学 年 26-144 高 等 学 校 外 国 語 発 行 者 の 番 号 略 称 教 科 書 の 記 号 番 号 コミュニケー ション 英 語 Ⅰ 教 科 書 名 104 数 研 コⅠ 344 Revised COMET English Communication I 1. 編 修 の

More information

Microsoft Word - H27_Horizon(調査報告書).docx

Microsoft Word - H27_Horizon(調査報告書).docx New Horizon Unit Unit Unit Unit Daily Scene < 基 礎 的 基 本 的 な 知 識 技 能 を 習 得 させる 工 夫 > Unit Daily Scene < 思 考 力, 判 断 力, 現 力 等 を 育 成 する 工 夫 > Presentation Unit < 主 体 的 に 学 習 に 取 り 組 む 態 度 を 養 う 工 夫 > Unit

More information

1年 program10 2/7

1年 program10 2/7 1 学 年 2 組 英 語 科 学 習 指 導 案 日 平 成 27 年 1 月 20 日 ( 火 ) 5 校 在 籍 数 男 子 18 名 女 子 22 名 計 40 名 場 所 総 合 室 1 指 導 者 教 諭 吉 田 由 紀 恵 指 導 補 助 員 飯 川 由 梨 1 単 元 名 Program 10 Mike's Visit to Washington, D.C. (SUNSHINE ENGLISH

More information

2

2 2011 8 6 2011 5 7 [1] 1 2 i ii iii i 3 [2] 4 5 ii 6 7 iii 8 [3] 9 10 11 cf. Abstracts in English In terms of democracy, the patience and the kindness Tohoku people have shown will be dealt with as an exception.

More information

発 表 会 < 4 人 > <25 人 > 3 外 国 語 活 動 は 得 意 ですか 得 意 5 人 少 し 得 意 15 人 少 し 苦 手 13 人 苦 手 5 人 4 もっと 友 達 のことを 知 りた いですか はい 28 人 いいえ10 人 意 識 調 査 の 結 果 から 大 半 の

発 表 会 < 4 人 > <25 人 > 3 外 国 語 活 動 は 得 意 ですか 得 意 5 人 少 し 得 意 15 人 少 し 苦 手 13 人 苦 手 5 人 4 もっと 友 達 のことを 知 りた いですか はい 28 人 いいえ10 人 意 識 調 査 の 結 果 から 大 半 の 第 6 学 年 1 組 外 国 語 活 動 指 導 案 授 業 者 T1 教 諭 門 田 洋 之 T2 教 諭 大 内 純 子 児 童 数 男 22 名 女 16 名 計 38 名 1 単 元 名 一 日 の 生 活 を 紹 介 しよう~What time do you get up?~ ( Hi,friends!2 Lesson 6 2 単 元 について (1) 単 元 について 多 くの 児 童

More information

3re-0010_an

3re-0010_an 2 年 生 までに 習 った の 形 疑 問 文 否 定 文 のつくりかた - その1: 疑 問 文 練 習 問 題 (1 難 易 度 / イチから( 初 級 次 の を 疑 問 文 に 直 し できた を 和 訳 しなさい (1 It is sunny today. Is it sunny today? 今 日 は 晴 れですか? (2 Yumi plays the guitar. Does Yumi

More information

ン 群 教 セ F12-01 平 25.251 集 小 外 国 語 積 極 的 にコミュニケーション 活 動 を 行 う 小 学 校 英 語 科 指 導 の 工 夫 ICTの 主 体 的 個 別 活 用 を 通 して 特 別 研 修 員 木 暮 理 人 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 本 校 は 伊 勢 崎 市 の 指 定 により 小 学 校 英 語 科 の 指 導 に 取 り 組 んでいる 児 童 は

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089708CEA8D758DC0814091E396BC8E8C8145914F92758E8C81458C6097658E8C81458F9593AE8E8C>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089708CEA8D758DC0814091E396BC8E8C8145914F92758E8C81458C6097658E8C81458F9593AE8E8C> 英 語 特 別 講 座 代 名 詞 前 置 詞 形 容 詞 助 動 詞 #1 英 語 特 別 講 座 2010 代 名 詞 前 置 詞 形 容 詞 助 動 詞 英 語 特 別 講 座 代 名 詞 前 置 詞 形 容 詞 助 動 詞 #2 代 名 詞 日 本 語 私 あなた 彼 のうしろに は の を に のもの をつけて 使 う どこに 置 くかは 比 較 的 自 由 私 はジャスコに 行 った ジャスコに

More information

2015-s6-4g-pocket-guidebook_H1-4.indd

2015-s6-4g-pocket-guidebook_H1-4.indd 56C504-01 2 47 47 32 3435 35 2124 26 26 26 424343 434446 4646 12 14 16 18 20 4 28 30 31 36 37 38 42 47 48 49 4 4 4 3 4 5 16 16 6 6 18 18 32 32 30 30 7 20 20 8 9 28 31 10 Do you have a? 36 Do you have

More information

Ⅰ 学級概要

Ⅰ 学級概要 平 成 28 年 度 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 学 級 案 内 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 足 立 区 谷 中 5-12-1 電 話 03(3629)2421 学 級 電 話 03(3629)2413 Ⅰ 学 級 概 要 1 学 校 名 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 2 所 在 地 120 0006 東 京 都 足 立 区 谷 中 5-12-1

More information

untitled

untitled ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 20 60 40 80 5-5 5-5 30 30 ALT Michael Brown Hello, everyone. My name is Michael Brown. Please call me Mike. I m twenty-five years old. I m from Ottawa in Canada. Do you know Ottawa?

More information

Microsoft Word - 13-品詞(be動詞)edited(11-07-09 桐生了承).doc

Microsoft Word - 13-品詞(be動詞)edited(11-07-09 桐生了承).doc be 動 詞 / きるべきか 死 ぬべきかそれが 問 題 だ To be or not to be, that is the question. 基 本 的 な 動 詞 ですが be 動 詞 はいろいろな 使 い をするのでしっかりと 理 解 しておきましょう be 動 詞 は 格 変 化 をします つまり 主 語 の 格 や 時 制 によって 形 が 変 化 するのです そのため 変 化 形 を

More information

1 研 究 主 題 今 後 の 国 際 社 会 を 生 きる 児 童 生 徒 のための 英 語 教 育 の 在 り 方 ~ 英 語 を 生 活 化 させ 豊 かに 伝 え 合 う 児 童 の 育 成 ~ 2 授 業 観 察 の 視 点 留 学 生 が 遊 びを 紹 介 するために 使 用 した 英

1 研 究 主 題 今 後 の 国 際 社 会 を 生 きる 児 童 生 徒 のための 英 語 教 育 の 在 り 方 ~ 英 語 を 生 活 化 させ 豊 かに 伝 え 合 う 児 童 の 育 成 ~ 2 授 業 観 察 の 視 点 留 学 生 が 遊 びを 紹 介 するために 使 用 した 英 高 学 年 部 会 学 習 指 導 案 第 5 学 年 英 語 科 留 学 生 に 日 本 の 遊 び を 紹 介 し よ う Hello. My name is Taro. I ll introduce DARUMASANGA KORONDA. It s a kind of playing tag. We need more than five members. It s fun and exciting.

More information

指 導 案 [ 単 元 案 ] 単 元 の 関 心 意 欲 態 度 外 国 語 表 現 の 能 力 1 間 違 うことを 恐 れずに 積 極 的 に 書 いている 3 受 け 身 の 文 を 使 って 事 実 を 聞 き 手 に 正 しく 伝 える 2 間 違 うことを 恐 れずに 積 極 的 に

指 導 案 [ 単 元 案 ] 単 元 の 関 心 意 欲 態 度 外 国 語 表 現 の 能 力 1 間 違 うことを 恐 れずに 積 極 的 に 書 いている 3 受 け 身 の 文 を 使 って 事 実 を 聞 き 手 に 正 しく 伝 える 2 間 違 うことを 恐 れずに 積 極 的 に 指 導 案 [ 単 元 案 ] 目 標 ( 身 につけ させたい 力 ) 愛 川 東 中 学 校 3 学 年 英 語 科 指 導 計 画 (5 月 1 週 ~ 3 時 間 ) 指 導 者 まとまりのある 英 語 を 聞 いて, 概 要 や 要 点 を 適 切 に 聞 き 取 ること ア-(オ) 必 要 な 情 報 を 相 手 に 正 しく 伝 えること イ-(イ) 学 習 内 容 受 け 身 の 文

More information

Columbus_Writing

Columbus_Writing Practice Unit 2-Part1 How Do They See Japan? (1) 過 去 が 現 在 まで 続 いている 状 態 を 言 う: (ずっと)~しています 学 習 日 / / HOP 1 -は(ずっと)~している を 何 度 も 言 おう 2 期 間 を 表 す 語 句 を 言 おう (1) I have lived here 私 はここにずっと 住 んでいる (1) for

More information

Public relations brochure of Higashikawa 4 2016 April No.750 CONTENTS 3 13 15 16 20 22 23 24 25 26 28 36 37 38 2

Public relations brochure of Higashikawa 4 2016 April No.750 CONTENTS 3 13 15 16 20 22 23 24 25 26 28 36 37 38 2 4 2016 April No.750 Public relations brochure of Higashikawa 4 2016 April No.750 CONTENTS 3 13 15 16 20 22 23 24 25 26 28 36 37 38 2 3 5 4 7 6 9 8 11 10 12 13 14 キトウシ 森 林 公 園 シーズン イン HIGASHIKAWA TOWN NEWS

More information

CONTENTS Public relations brochure of Higashikawa November No.745 Higashikawa 215 November 2

CONTENTS Public relations brochure of Higashikawa November No.745 Higashikawa 215 November 2 11 215 November No.745 CONTENTS 2 6 12 17 17 18 2 21 22 23 24 28 3 31 32 Public relations brochure of Higashikawa 11 215 November No.745 Higashikawa 215 November 2 816,18 832,686 8,326,862 196,93 43,573

More information

hiroto.aoyama

hiroto.aoyama 期 ほ ぴ 葉 前 二 迎 入 式 別 新 常 交 錯 決 寂 ぜ 仲 過 目 閉 ぶ 裏 仲 笑 顔 浮 び 遼 文 也 崇 真 司 慶 乃 開 果 鈴 泰 樹 健 児 泉 和 威 瑞 萌 絆 確 結 絆 SJIS 様 通 深 ポ ツ デ 何 残 パ マ 応 援 戦 小 頃 憧 パ マ 実 際 難 苦 戦 演 技 後 達 忘 白 務 輩 姿 動 初 赤 声 全 体 責 任 重 焦 覚 結 果 的

More information

Microsoft Word - 第6学年外国語活動指導案 公開

Microsoft Word - 第6学年外国語活動指導案 公開 第 6 学 年 外 国 語 活 動 指 導 案 場 所 すずかけホール 児 童 6 年 2 組 35 名 ( 男 子 17 名 女 子 18 名 ) 指 導 者 T1 福 井 千 佳 子 T2 田 淵 由 紀 1 単 元 名 Let s go to Italy. 友 だちを 旅 行 に 誘 おう (Hi, friends! 2 Lesson5) 2 単 元 について (1) 教 材 について 世 界

More information

アドバイザー派遣事業実施レポート(改訂)

アドバイザー派遣事業実施レポート(改訂) アドバイザー 派 遣 事 業 実 施 レポート 研 究 団 体 : 鳥 取 県 東 部 中 学 校 英 語 研 究 会 実 施 期 日 : 平 成 27 年 7 月 7 日 及 び 平 成 27 年 11 月 13 日 実 施 場 所 : 八 頭 中 学 校 (7 月 ) 国 府 中 学 校 (11 月 ) アドバイザーの 所 属 氏 名 : 立 命 館 大 学 山 岡 憲 史 教 授 指 導 案

More information

/ 5 ページ 身 近 な 普 通 名 詞 を 覚 えさせ 絵 カードや 言 葉 絵 本 などを 使 い 身 近 な 生 活 に 関 わる 固 有 名 詞 をマッチングさせ 集 合 名 詞 の 概 念 を 身 に 付 けさせ 普 通 名 詞 の 絵 カードや 字 単 語 カードを 見 本 に 従 っ

/ 5 ページ 身 近 な 普 通 名 詞 を 覚 えさせ 絵 カードや 言 葉 絵 本 などを 使 い 身 近 な 生 活 に 関 わる 固 有 名 詞 をマッチングさせ 集 合 名 詞 の 概 念 を 身 に 付 けさせ 普 通 名 詞 の 絵 カードや 字 単 語 カードを 見 本 に 従 っ / 5 ページ 写 真 マークへの 興 味 を 持 たせ コミュニケーションの 補 助 手 段 として 日 課 生 活 習 慣 を 示 す 日 々の 活 動 カードなど を 見 せ 絵 写 真 を 用 いたコミュニケーションをはか 絵 本 の 絵 や 過 去 の 体 験 の 写 真 によってコミュニケーションを 楽 しませ カードによる 字 指 字 に 気 づかせ カードに 単 語 で 字 を 併

More information

Microsoft Word - h24-nenkei2(hyouka)-2.doc

Microsoft Word - h24-nenkei2(hyouka)-2.doc 平 成 47 年 度 用 中 学 校 外 国 語 科 英 語 SUNSHINE ENGLISH COURSE 年 間 指 導 計 画 ( 例 ) 評 価 規 準 作 成 資 料 付 き 第 学 年 開 隆 堂 第 学 年 年 間 指 導 計 画 ( 例 ) 評 価 規 準 作 成 資 料 付 き 1= 各 の 中 のセクション 番 号 PU=POWER-UP / L=Listening / S=Speaking

More information

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現 5 教 科 CAN-DO リスト< 各 教 科 別 > 平 成 26 年 度 以 降 入 学 特 進 及 び 一 貫 平 成 26 年 度 以 降 入 学 グレス アス アスリート 国 語 科 中 1 1. 論 説 文 段 落 ごとの 要 約 とつながりを 中 心 にした 読 解 ができる 2. 小 説 きっかけ 心 情 行 動 という 読 解 パターンが 理 解 できる 3. 作 文 映 像 と

More information

以 上 のような 視 点 から, 事 例 では, 単 元 において 生 徒 に 付 けさせたい 力 は 何 か,そのために 必 要 な 言 語 材 料 や 練 習 はどんなことか,と 逆 算 的 に 単 元 の 流 れを 構 成 していくことで, 生 徒 が 思 考 判 断 表 現 する 場 面 へ

以 上 のような 視 点 から, 事 例 では, 単 元 において 生 徒 に 付 けさせたい 力 は 何 か,そのために 必 要 な 言 語 材 料 や 練 習 はどんなことか,と 逆 算 的 に 単 元 の 流 れを 構 成 していくことで, 生 徒 が 思 考 判 断 表 現 する 場 面 へ 外 国 語 ( 英 語 ) Ⅰ 言 語 活 動 の 充 実 を 通 して 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 育 むポイント 1 教 科 における 言 語 活 動 学 習 指 導 要 領 外 国 語 科 解 説 では, 言 語 活 動 の 取 扱 い の 中 で,3 年 間 を 通 した 全 体 的 な 配 慮 事 項 として, 次 のように 記 述 してい (ア) 実 際 に 言 語 を

More information

109 Kaminishi Toshio /...... 7 10................13 Part I...... 18? 22 25............. 28............. 30............. 34 Part II................................. 42.................................

More information

L3 Japanese (90570) 2008

L3 Japanese (90570) 2008 90570-CDT-08-L3Japanese page 1 of 15 NCEA LEVEL 3: Japanese CD TRANSCRIPT 2008 90570: Listen to and understand complex spoken Japanese in less familiar contexts New Zealand Qualifications Authority: NCEA

More information

学 習 内 容 および 評 価 について 学 習 計 画 評 価 にあたって 学 期 月 単 元 計 画 試 験 評 価 観 点 評 価 の 場 面 方 法 4 LET'S START 英 語 であいさつしてみ 関 英 語 のコミュニケーション 英 語 の 練 習 活 動 よう 英 語 を 聞 いて

学 習 内 容 および 評 価 について 学 習 計 画 評 価 にあたって 学 期 月 単 元 計 画 試 験 評 価 観 点 評 価 の 場 面 方 法 4 LET'S START 英 語 であいさつしてみ 関 英 語 のコミュニケーション 英 語 の 練 習 活 動 よう 英 語 を 聞 いて 英 語 の 学 習 で めざす こと Let's Enjoy English. ( 第 1 学 年 英 語 ) 積 極 的 に 英 語 を 理 解 し Listening( 聞 くこと) Reading( 読 むこと) 用 いてコミュニケーション 初 歩 的 な 英 語 を 聞 いて 正 しく 基 本 的 な 英 文 を 正 しく 読 むこ をもつようになろう 聞 きとることができる とができる 基

More information

資料3-1 中学校における英語調査に関する「論点整理」

資料3-1 中学校における英語調査に関する「論点整理」 資 料 3-1 中 学 校 における 英 語 調 査 に 関 する 論 点 整 理 全 国 的 な 学 力 調 査 に 関 する 専 門 家 会 議 中 学 校 における 英 語 調 査 については 制 約 条 件 を 踏 まえつつ 目 的 を 明 確 にしながら 全 国 的 な 調 査 が 可 能 となる 方 向 で 事 項 を 絞 って 具 体 的 な 検 討 を 行 うこととする 中 央 教

More information

動 作 動 詞 の have 食 べる 受 ける なら 現 在 進 行 形 になれる d We are having lunch in the classroom. [ 和 訳 ]( 私 たちは 今 教 室 で 昼 食 を 食 べている[ところだ]) e He is having the math

動 作 動 詞 の have 食 べる 受 ける なら 現 在 進 行 形 になれる d We are having lunch in the classroom. [ 和 訳 ]( 私 たちは 今 教 室 で 昼 食 を 食 べている[ところだ]) e He is having the math 1-25 現 在 進 行 形 (1) ~しているところだ が 現 在 進 行 形 be 動 詞 am, are, is と 現 在 分 詞 のセット 現 在 進 行 形 は 主 語 に 合 った 現 在 形 の be 動 詞 (am are is)と 現 在 分 詞 (ing 形 )をセットで 使 う 和 訳 は 現 在 進 行 形 なら ~している ~しているところだ ~しつつある にし 動 かす

More information

に, 具 体 的 操 作 と 図, 式, 言 葉 を 関 連 付 けことで, 思 考 力, 判 断 力, 表 現 力 を 高 めことがで きと 考 え 児 童 観 本 学 級 は, 聴 覚 障 害 のみの 単 一 障 害 のあ 男 子 3 名, 女 子 1 名 の3 名 で 編 制 されてい 算 数

に, 具 体 的 操 作 と 図, 式, 言 葉 を 関 連 付 けことで, 思 考 力, 判 断 力, 表 現 力 を 高 めことがで きと 考 え 児 童 観 本 学 級 は, 聴 覚 障 害 のみの 単 一 障 害 のあ 男 子 3 名, 女 子 1 名 の3 名 で 編 制 されてい 算 数 小 学 部 算 数 科 学 習 指 導 案 1 日 時 平 成 28 年 6 月 20 日 ( 月 ) 第 5 校 時 13:30~14:15 2 学 級 小 学 部 第 3 学 年 2 組 ( 男 子 2 名, 女 子 1 名 ) ( 習 熟 度 別 クラス) 3 場 所 小 学 部 3 年 2 組 教 室 (324 教 室 ) 4 単 元 名 わり 算 を 考 えよう ( 新 編 新 しい 算

More information

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A>

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A> 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消

More information

Microsoft Word - 実践記録

Microsoft Word - 実践記録 平 成 26 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 グループ ディスカッションによる 思 考 の 深 化 を 目 指 して ~ 小 説 羅 生 門 の 指 導 から~ 新 潟 県 立 柏 崎 工 業 高 等 学 校 授 業 者 教 諭 阪 本 寛 子 1 日 時 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 第 5 校 時 13:45~14:40 2

More information

第1学年C組 英語科学習指導案

第1学年C組 英語科学習指導案 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 2 学 年 外 国 語 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 職 氏 名 西 条 市 立 西 条 南 中 学 校 教 諭 武 田 志 津 1 日 時 場 所 平 成 22 年 10 月 19 日 ( 火 ) 第 5 校 時 (13:40~14:30) 自 教 室 2 単 元 名 Unit5 A Park or a Parking Area? NEW

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

通知表サンプル

通知表サンプル 通 知 表 (Excel 形 式 版 ) 作 成 タイプとサンプル サンプル1 サンプル サンプル サンプル4 サンプル5 サンプル6 全 学 期 表 示 学 習 のようす 行 動 のようすの 評 価 を 記 号 で 表 示 学 期 別 表 示 学 習 のようす 行 動 のようすの 評 価 を 項 目 につけで 表 示 学 期 別 表 示 学 習 のようす 行 動 のようすの 評 価 を 項 目 につけで

More information

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 貝 塚 市 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 解 消 するための 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 障 害

More information

H27 英語コミュニケーションⅠ(1年)シラバス

H27 英語コミュニケーションⅠ(1年)シラバス 科 目 名 コミュケーション 英 語 Ⅰ 単 位 数 3 対 象 学 年 学 科 1 年 生 全 クラス 使 用 教 科 書 Comet English Communication Ⅰ ( 数 研 出 版 ) 副 教 材 等 同 教 科 書 準 拠 ワークブック 学 習 の 到 達 目 標 日 常 的 な 話 題 について, 聞 いたことや 読 んだことを 理 解 し, 情 報 や 考 えなどを 英

More information

(3) 平 成 27 年 度 の 全 奨 学 生 の 状 況 上 記 (1)の 新 規 採 択 奨 学 生 13 名 と(2)の 継 続 奨 学 生 12 名 を 合 わせ 平 成 27 年 度 の 奨 学 生 総 数 は 25 名 となった その 内 訳 ( 新 規 継 続 別 国 籍 別 大 学

(3) 平 成 27 年 度 の 全 奨 学 生 の 状 況 上 記 (1)の 新 規 採 択 奨 学 生 13 名 と(2)の 継 続 奨 学 生 12 名 を 合 わせ 平 成 27 年 度 の 奨 学 生 総 数 は 25 名 となった その 内 訳 ( 新 規 継 続 別 国 籍 別 大 学 平 成 27 年 度 事 業 報 告 書 Ⅰ. 事 業 の 状 況 1. 奨 学 金 支 給 事 業 (1) 平 成 27 年 度 新 規 奨 学 生 の 選 考 採 択 1) 12 の 大 学 ( 国 立 7 私 立 5)に 依 頼 し 27 名 の 候 補 者 ( 男 性 13 女 性 14)の 推 薦 をいただいた 2) 平 成 27 年 3 月 28 日 開 催 の 選 考 委 員 会 にて

More information

本 時 の 学 習 指 導 案 教 科 商 業 科 目 ビジネス 基 礎 担 当 教 諭 単 位 数 3 単 位 実 施 学 級 1 年 組 名 使 用 教 科 書 及 び 副 教 材 ( 男 子 : 名 女 子 : 名 ) 学 習 指 導 案 1 北 海 道 小 樽 商 業 高 等 学 校 教 諭

本 時 の 学 習 指 導 案 教 科 商 業 科 目 ビジネス 基 礎 担 当 教 諭 単 位 数 3 単 位 実 施 学 級 1 年 組 名 使 用 教 科 書 及 び 副 教 材 ( 男 子 : 名 女 子 : 名 ) 学 習 指 導 案 1 北 海 道 小 樽 商 業 高 等 学 校 教 諭 平 成 26~27 年 度 国 立 教 育 政 策 研 究 所 教 育 課 程 研 究 センター 関 係 指 定 事 業 (5) 企 業 活 動 の 基 礎 ウ 雇 用 配 布 資 料 : 教 師 用 1 学 習 指 導 案 1~4 2 2 指 導 と 評 価 の 計 画 6 3 観 察 シート 10 4 ティーチングノート 11 北 海 道 小 樽 商 業 高 等 学 校 (5)- ウ - 教 -

More information

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc Ⅰ Ⅱ 研 究 主 題 主 題 設 定 理 由 1 社 会 要 請 教 育 的 課 題 から 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 ~ 言 語 力 を 高 める 指 導 実 践 を 通 して~ 21 世 紀 は 新 しい 知 識 情 報 技 術 が 政 治 経 済 文 化 をはじめ 社 会 あらゆる 領 域 で 活 動 基 盤 として 飛 躍 的 に 重 要 性 を 増 す

More information

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc)

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc) 研 究 主 題 対 話 的 コミュニケーション 能 力 を 育 む 教 育 活 動 - 聴 く 力 を 高 める 手 だての 工 夫 を 通 して- 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 現 代 教 育 の 動 向 から 国 際 化 情 報 化 科 学 技 術 の 進 展 環 境 問 題 等 めまぐるしく 変 化 し 先 行 き 不 透 明 な 時 代 が 到 来 しており その 流 れは 今 後

More information

untitled

untitled -1- -2- -3- -4- -5- OPERATION 44.4% 20.4% 14.8% 20.4% RECEIVING OPERATION CALLING OTHERS -6- (Evaluation) (Synthesis) (Analysis) (Application) (Comprehension) (Knowledge) -7- Level 3 Level 2 Level 1 Level

More information

CONTENTS 3 5 6 8 9 10 11 12 18 19 20 Public relations brochure of Higashikawa 3 2016 March No.749 2

CONTENTS 3 5 6 8 9 10 11 12 18 19 20 Public relations brochure of Higashikawa 3 2016 March No.749 2 3 2016 March No.749 CONTENTS 3 5 6 8 9 10 11 12 18 19 20 Public relations brochure of Higashikawa 3 2016 March No.749 2 HIGASHIKAWA TOWN NEWS 3 HIGASHIKAWA TOWN NEWS 4 5 93 93 7 6 DVD 8 Nature Column N

More information

勉 強 のときも デバイス 片 手 に が 普 通 に 5. の 4 割 が 勉 強 中 にもメールやチャット 友 だちへの 質 問 に 使 う 割 合 も 5 割 近 くいる メールやチャット(LINE など)を 書 きながら( 返 事 を 出 す 場 合 も 含 む) 勉 強 することがある 比

勉 強 のときも デバイス 片 手 に が 普 通 に 5. の 4 割 が 勉 強 中 にもメールやチャット 友 だちへの 質 問 に 使 う 割 合 も 5 割 近 くいる メールやチャット(LINE など)を 書 きながら( 返 事 を 出 す 場 合 も 含 む) 勉 強 することがある 比 報 道 関 係 各 位 2014 年 12 月 9 日 株 式 会 社 ベネッセホールディングス 代 表 取 締 役 会 長 兼 社 長 原 田 泳 幸 中 学 1 年 ~ 高 校 2 年 生 9,468 人 の 中 高 生 対 象 ICT 利 用 実 態 調 査 の 4 割 が メールや LINE を 書 きながら 勉 強 コミュニケーションに 趣 味 に 情 報 入 手 に 勉 強 に ICT

More information

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」 第 6 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 表 現 を 味 わい, 豊 かに 想 像 しよう( 教 材 やまなし イーハトーヴの 夢 ) 2 目 標 場 面 の 情 景 や 独 特 の 表 現 に 興 味 をもち, 想 像 豊 かに 読 もうとしたり, 宮 沢 賢 治 の 作 品 や 生 き 方 を 知 ろうと したりす ( 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ) 情 景 を

More information

番 号 名 学 年 コース 単 位 数 2-2 現 代 文 B 2 P 4 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小

番 号 名 学 年 コース 単 位 数 2-2 現 代 文 B 2 P 4 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小 番 号 2-1 名 現 代 文 B 学 年 コース 単 位 数 2 S A 3 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小 説 や 詩 歌 を 交 互 に 学 習 する 鑑 賞 文 や 意 見 文 の 作 成 要 約 課

More information

\615L\625\761\621\745\615\750\617\743\623\6075\614\616\615\606.PS

\615L\625\761\621\745\615\750\617\743\623\6075\614\616\615\606.PS osakikamijima HIGH SCHOOL REPORT Hello everyone! I hope you are enjoying spring and all of the fun activities that come with warmer weather! Similar to Judy, my time here on Osakikamijima is

More information

Taro-B-SLIMの活用_高等学校 3.

Taro-B-SLIMの活用_高等学校 3. B-SLIMを 活 用 した 授 業 実 践 例 高 等 学 校 外 国 語 科 本 事 例 では 生 徒 が 教 科 書 本 文 で 学 習 する 言 語 材 料 を 生 かしたピクチャーカードを 基 に 物 語 の 構 成 を 考 え 英 語 で 発 表 する 活 動 を 位 置 付 けていま 本 時 は 2 時 間 を1まとまりで 構 成 し 生 徒 が 物 語 を 英 語 で 考 える 時

More information

2011 年 度 関 西 支 部 理 事 会 報 告 6 月 25 日 11 時 から エル おおさか において 2011 年 度 総 会 に 先 立 ち 理 事 会 が 開 かれました 竹 川 常 任 理 事 の 司 会 で 午 後 からの 総 会 を 前 に 各 議 題 の 報 告 及 び 審

2011 年 度 関 西 支 部 理 事 会 報 告 6 月 25 日 11 時 から エル おおさか において 2011 年 度 総 会 に 先 立 ち 理 事 会 が 開 かれました 竹 川 常 任 理 事 の 司 会 で 午 後 からの 総 会 を 前 に 各 議 題 の 報 告 及 び 審 ******************************************************************************************************** 第 2 6 6 号 2011 年 10 月 12 日 日 本 気 象 学 会 関 西 支 部 ニ ュ ー ス 関 西 支 部 第 29 期 役 員 の 補 充 交 代 2011 年 度 関 西

More information

POINT 2 フォーマルな 場 面 で メールで 連 絡 をするとき どう 書 きますか POINT 2 のねらいは 適 切 なメールの 書 き 方 ( 件 名 書 き 出 し 構 成 終 わりの 挨 拶 など) について 学 習 することです 1 メールの 件 名 はどう 書 きますか 1)a

POINT 2 フォーマルな 場 面 で メールで 連 絡 をするとき どう 書 きますか POINT 2 のねらいは 適 切 なメールの 書 き 方 ( 件 名 書 き 出 し 構 成 終 わりの 挨 拶 など) について 学 習 することです 1 メールの 件 名 はどう 書 きますか 1)a 2 メールで 連 絡 をする POINT 1 日 本 では どんなときにどんな 方 法 で 連 絡 をしますか いい 人 間 関 係 をつくるために 適 切 に 連 絡 をすることが 求 められます POINT 1 のねらい は どんなときにどんな 方 法 で 連 絡 をすることが 大 切 かということを 理 解 してもらうこと です 1 次 のとき あなたは 連 絡 をしますか まず p. 29

More information

せ,そめに 説 得 力 文 章 を かなくてはならないという 目 的 意 識 をもって 学 習 に 取 り 組 むようにす ま, 単 元 導 入 部 分 で 並 行 読 を 促, 中 で 紹 介 でき 本 を 蓄 積 できようにす ⑵ 子 ども 話 合 い 活 動 を 支 えめ 工 夫 1 個 発

せ,そめに 説 得 力 文 章 を かなくてはならないという 目 的 意 識 をもって 学 習 に 取 り 組 むようにす ま, 単 元 導 入 部 分 で 並 行 読 を 促, 中 で 紹 介 でき 本 を 蓄 積 できようにす ⑵ 子 ども 話 合 い 活 動 を 支 えめ 工 夫 1 個 発 第 5 学 年 1 組 国 語 科 学 習 指 導 指 導 者 磯 﨑 順 子 1 単 元 名 みんなアイディアで 楽 い 図 館 に 2 教 材 名 わち 図 館 改 造 3 指 導 観 本 学 級 児 童 ( 男 子 19 名 女 子 7 名 )は,ほとんど 児 童 が 読 をすことが 好 きだと 言 って い 確 かに 図 館 に 行 くと,それぞれが 好 きな 本 を 選 んで, 本 世 界

More information

国際恋愛で避けるべき7つの失敗と解決策

国際恋愛で避けるべき7つの失敗と解決策 7 http://lovecoachirene.com 1 7! 7! 1 NOT KNOWING WHAT YOU WANT 2 BEING A SUBMISSIVE WOMAN 3 NOT ALLOWING THE MAN TO BE YOUR HERO 4 WAITING FOR HIM TO LEAD 5 NOT SPEAKING YOUR MIND 6 PUTTING HIM ON A PEDESTAL

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

2010EIGOKYOIKU.indd

2010EIGOKYOIKU.indd 1. 1990 2. 1970 1980 1990 2000 6 19 1993 1 2 35 英 語 と 英 語 教 育 の 眺 望 120 15~40 90 2009:280 1970 36 実 用 英 語 教 育 偏 向 への 批 判 的 考 察 3.? 10 3.1.? TOEIC 37 英 語 と 英 語 教 育 の 眺 望 ENGLISH JOURNAL CNN ENGLISH EXPRESS

More information

Microsoft Word - 2 小学校英語活動スピーキング0903171025

Microsoft Word - 2 小学校英語活動スピーキング0903171025 2 スピーキングに 関 する 調 査 研 究 (1) スピーキング 調 査 実 施 に 当 たって スピーキング 調 査 (スピーキング クイズ) は, 英 語 で 発 せられた 質 に 対 し, 児 童 がど の 程 度 適 切 に 返 答 できるかを 把 握 するために 行 われたものである 英 語 活 動 を 実 践 する 中 で, 児 童 が 副 次 的 に 身 に 付 けていく 英 語 スピーキング

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

プディスカッション の 演 習 を 行 う 学 生 に 就 職 活 動 の 実 感 がもてるよう,カリキュラムの 後 半 は 外 部 講 師 を 多 く 活 用 した 9. 職 業 講 話 や 10. 学 内 会 社 説 明 会 では, 人 事 担 当 者 やOBから 事 業 内 容 や 採 用 職

プディスカッション の 演 習 を 行 う 学 生 に 就 職 活 動 の 実 感 がもてるよう,カリキュラムの 後 半 は 外 部 講 師 を 多 く 活 用 した 9. 職 業 講 話 や 10. 学 内 会 社 説 明 会 では, 人 事 担 当 者 やOBから 事 業 内 容 や 採 用 職 職 業 能 力 開 発 総 合 大 学 校 ( 旧 東 京 校 )における 就 職 支 援 授 業 の 実 践 報 告 職 業 能 力 開 発 総 合 大 学 校 ( 旧 東 京 校 ) 電 子 情 報 系 元 学 務 課 元 電 子 情 報 系 伊 東 久 美 子 鈴 木 寧 々 福 良 博 史 職 業 能 力 開 発 総 合 大 学 校 ( 旧 東 京 校 )では, 就 職 支 援 の 授 業

More information

ない これに 当 たり 役 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 監 督 者 の 責 務 ) 第 4 条 役 職 員 のうち 役 員 及 び 職 員 を 監 督 する 地 位 にある 者 ( 以 下 総 称 して 監 督 者 という )は 障 害 を 理

ない これに 当 たり 役 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 監 督 者 の 責 務 ) 第 4 条 役 職 員 のうち 役 員 及 び 職 員 を 監 督 する 地 位 にある 者 ( 以 下 総 称 して 監 督 者 という )は 障 害 を 理 2015 情 総 第 176 号 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 2 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 基 本

More information

平 成 24 年 11 月 1 日 開 催 地 域 協 議 会 会 長 会 議 出 席 者 名 簿 地 域 協 議 会 氏 名 役 職 備 考 高 田 区 地 域 協 議 会 西 山 要 耕 会 長 新 道 区 地 域 協 議 会 岡 田 竹 一 会 長 金 谷 区 地 域 協 議 会 田 村 恒

平 成 24 年 11 月 1 日 開 催 地 域 協 議 会 会 長 会 議 出 席 者 名 簿 地 域 協 議 会 氏 名 役 職 備 考 高 田 区 地 域 協 議 会 西 山 要 耕 会 長 新 道 区 地 域 協 議 会 岡 田 竹 一 会 長 金 谷 区 地 域 協 議 会 田 村 恒 地 域 協 議 会 会 長 会 議 次 第 と き 平 成 24 年 11 月 1 日 ( 木 ) 午 後 3 時 30 分 ~ ところ 上 越 市 春 日 謙 信 交 流 館 集 会 室 1 あいさつ 2 議 題 (1) 地 域 活 動 支 援 事 業 について 資 料 1~3 参 照 (2) 副 市 長 との 意 見 交 換 について [ 資 料 ] 次 第 出 席 者 名 簿 資 料 1 平

More information

○○科 教科経営案

○○科 教科経営案 平 成 26 年 度 音 楽 科 教 科 経 営 案 1 教 科 の 目 標 表 現 及 び 鑑 賞 の 幅 広 い 活 動 を 通 して 音 楽 を 愛 好 する 心 情 を 育 てるとともに 音 楽 に 対 する 感 性 を 豊 かにし 音 楽 活 動 の 基 礎 的 な 能 力 を 伸 ばし 音 楽 文 化 についての 理 解 を 深 め 豊 かな 情 操 を 養 う 2 経 営 方 針 多

More information