150305_京宅広報03.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "150305_京宅広報03.indd"

Transcription

1 京宅広報 OUR INFORMATION VOL 531号 平成27年3月 平成27年2月12日に開催された宅地建物取引主任者法定講習会 目 次 業協会理事会 保証協会幹事会を開催 2 お知らせ 3 会長の時事コラム VOL.4 4 住宅瑕疵担保履行法届出義務 4 住教育セミナー かしこい不動産の買い方 を開催 5 人権コラム VOL.4 5 協会の主な動き ダイジェスト 6 空家等対策の推進に関する特別措置法 の概要 8 宅地建物取引士 講習会のご案内 9 法律相談シリーズ VOL ワンステート全額キャッシュバックモニターキャンペーンのご案内 12 公社 近畿圏不動産流通機構からのお知らせ 13 近畿圏レインズニュース 物件登録状況 14 入退会 支部移動等のお知らせ 16 美観地区等における完了届提出に関するお知らせ/訃報 18 全宅住宅ローン フラット35 制度拡充のご案内 19 本部年間行事予定 19 全支部青年部合同研修会の開催 ウラ表紙 女性部会からのお知らせ ウラ表紙 全宅管理キャンペーン終了のお知らせと入会のご案内 ウラ表紙 発 行 所 公社 京都府宅地建物取引業協会 公社 全国宅地建物取引業保証協会京都本部 京都市上京区中立売通新町西入三丁町453 3 京都府不動産会館 TEL 代 ハトマークサイト 京都 検 索

2 会 長 挨 拶 (1) 平 成 27 年 新 春 賀 詞 交 歓 会 について (2) 全 宅 連 ハトマークサイトのリニューアル について (3) 平 成 27 年 度 税 制 改 正 について 他 審 議 事 項 1. 業 協 会 : 平 成 27 年 度 重 点 事 業 計 画 ( 案 )に ついて 平 成 27 年 度 定 時 総 会 に 報 告 される 重 点 事 業 計 画 ( 案 )が 次 のとおり 承 認 されました 公 益 目 的 事 業 1. 不 動 産 に 関 する 調 査 研 究 情 報 提 供 事 業 < 公 益 目 的 事 業 1> (1) 不 動 産 に 関 する 調 査 研 究 政 策 提 言 事 業 (2) 不 動 産 に 関 する 情 報 提 供 事 業 ( 新.ハト マークサイトのPR) 2. 不 動 産 取 引 に 係 る 教 育 研 修 人 材 育 成 事 業 < 公 益 目 的 事 業 2> (1) 宅 建 業 者 を 対 象 とした 教 育 研 修 人 材 育 成 事 業 ( 研 修 会 の 実 施 等 ) (2) 従 業 者 教 育 研 修 制 度 (キャリアパーソ ン)の 宅 建 業 従 事 者 への 周 知 (3) 宅 地 建 物 取 引 士 等 を 対 象 とした 教 育 研 修 人 材 育 成 事 業 ( 宅 地 建 物 取 引 士 法 定 講 習 試 験 等 ) 3. 不 動 産 取 引 等 啓 発 事 業 < 公 益 目 的 事 業 3> (1) 一 般 消 費 者 への 啓 発 事 業 (2) 社 会 貢 献 事 業 共 益 事 業 1. 会 員 業 務 支 援 事 業 ( 賃 貸 管 理 業 務 全 宅 住 宅 ローン 事 業 総 代 理 店 制 度 等 の 周 知 研 修 業 務 会 員 サポートセンター 設 立 の 検 討 ) 2. 会 員 親 睦 福 利 厚 生 事 業 ( 各 種 会 員 親 睦 大 会 の 開 催 等 ) 3. 他 団 体 交 流 事 業 ( 京 都 青 年 中 央 会 等 他 団 体 との 交 流 ) 法 人 管 理 会 計 ( 法 人 管 理 事 務 ) 1. 法 人 の 管 理 運 営 業 務 ( 会 員 増 強 入 会 促 進 入 会 審 査 新 入 会 員 等 義 務 研 修 会 員 情 報 管 理 免 許 更 新 指 導 定 款 等 諸 規 程 等 整 備 総 会 及 び 理 事 会 等 開 催 業 務 等 ) 2. 財 務 処 理 業 務 ( 監 査 業 務 含 む) 3. 協 会 組 織 ( 事 務 局 体 制 含 む)の 整 備 及 び 事 業 の 検 討 業 務 4. 本 部 支 部 連 絡 調 整 業 務 5. 協 会 ハトマークPR 業 務 2. 保 証 協 会 : 平 成 27 年 度 事 業 計 画 ( 案 ) 及 び 予 算 ( 案 )について 平 成 27 年 度 定 時 総 会 に 報 告 される 事 業 計 画 ( 案 )( 下 記 ) 及 び 予 算 ( 案 )が 承 認 されました 1. 保 証 協 会 中 央 本 部 事 業 への 協 力 (1) 苦 情 相 談 解 決 事 業 消 費 者 からの 宅 地 建 物 取 引 に 関 する 苦 情 相 談 への 適 切 な 助 言 及 び 苦 情 申 出 に 対 する 迅 速 適 切 な 解 決 (2) 研 修 事 業 宅 建 業 法 64 条 の6に 基 づく 宅 建 業 者 に 対 する 研 修 会 の 実 施 (3) 弁 済 事 業 等 1 宅 建 業 法 64 条 の8に 基 づく 弁 済 業 務 の 適 正 な 実 施 2 求 償 対 象 者 に 対 する 求 償 債 権 の 回 収 3 手 付 金 等 保 管 制 度 及 び 手 付 金 保 証 制 度 の 実 施 ( 業 協 会 と 合 同 ) 2. 京 都 本 部 としての 事 業 (1) 資 格 審 査 ( 入 会 及 び 更 新 )と 義 務 研 修 の 実 施 ( 業 協 会 と 合 同 ) (2) 業 協 会 会 員 権 との 一 体 性 の 確 保 と 会 費 徴 収 の 円 滑 な 推 進 (3) 会 員 の 入 退 会 における 適 正 な 事 務 処 理 の 推 進 並 びに 会 員 管 理 の 徹 底 (4) 委 員 研 修 の 徹 底 2

3 (5) 京 都 本 部 諸 規 則 の 整 備 (6) 地 方 本 部 経 理 処 理 規 則 に 基 づく 経 理 の 適 正 な 処 理 体 制 の 推 進 (7) 中 央 本 部 との 緊 密 な 連 携 による 各 事 業 の 円 滑 な 推 進 平 成 27 年 度 予 算 額 ( 前 期 繰 越 収 支 差 額 予 想 値 での 予 算 額 )は 下 記 のとおりです 38,339,451 円 ( 平 成 26 年 度 39,268,630 円 ) ハトマークサイトのリニューアルについて 3. 協 会 資 産 の 運 用 について 標 記 資 産 運 用 に 伴 い 金 融 機 関 の 普 通 預 金 の 一 部 を 定 期 預 金 へ 切 り 替 えすることが 承 認 さ れました 4. 委 員 の 変 更 について 標 記 役 員 ( 第 五 支 部 選 出 )の 変 更 が 承 認 され ました 社 会 貢 献 委 員 会 不 動 産 相 談 委 員 中 井 邦 路 ( 第 五 支 部 )( 旧 役 員 は 略 ) 報 告 事 項 1. 新 入 会 員 の 報 告 について( 平 成 26 年 12 月 ~ 平 成 27 年 1 月 度 入 会 者 ) 次 のとおり 新 入 会 員 が 報 告 されました 業 協 会 正 会 員 13 件 準 会 員 2 件 保 証 協 会 正 会 員 13 件 準 会 員 2 件 2. 宅 地 建 物 取 引 士 への 移 行 に 伴 う 対 応 につい て 本 年 4 月 より 施 行 される 宅 地 建 物 取 引 士 へ の 移 行 に 伴 い 講 習 会 の 実 施 要 領 等 の 変 更 が 報 告 されました ( 本 誌 9 頁 参 照 ) 3. 一 般 消 費 者 対 象 の 住 教 育 セミナー かしこ い 不 動 産 の 買 い 方 の 開 催 について 一 般 消 費 者 対 象 の 標 記 セミナーを2 月 14 日 ( 土 )に 本 会 にて 開 催 する 旨 が 報 告 されまし た ( 本 誌 5 頁 参 照 ) 4. 不 動 産 開 業 支 援 セミナーについて 昨 年 12 月 17 日 ( 水 )に 開 催 された 標 記 セミナ ーの 概 要 について 報 告 されました ( 詳 細 に ついては 前 号 裏 表 紙 参 照 ) 5. 評 議 員 の 変 更 について 標 記 役 員 ( 第 五 支 部 ) 変 更 ( 辞 任 )が 報 告 され ました ( 補 充 なし) 6. 平 成 27 年 度 定 時 総 会 までの 日 程 について 標 記 総 会 までの 主 な 諸 会 議 等 が 報 告 されま した 7.ハトマーク クレジットカードについて 協 会 へのメリットもあるため 標 記 カードの 加 入 促 進 を 図 る 旨 報 告 されました 8. 全 宅 連 ハトマークサイトのリニューアルと 利 用 促 進 について 標 記 リニューアルと 利 用 促 進 について 報 告 されました 1. 宅 地 建 物 取 引 業 者 票 の 字 句 変 更 シールにつ いて 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 から 宅 地 建 物 取 引 士 へ の 名 称 変 更 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 )に 伴 い 専 任 の 取 引 主 任 者 氏 名 欄 の 字 句 変 更 シールを 作 成 しましたので 会 員 の 皆 様 に 配 付 させてい ただきます ( 本 誌 と 同 封 しています ) 2. 新 入 会 員 シールについて 平 成 年 度 会 員 名 簿 貼 付 用 の 標 記 シ ール( 平 成 27 年 1 2 月 度 新 入 会 員 )を 作 成 しま したので 会 員 の 皆 様 に 配 付 させていただき ます ( 本 誌 と 同 封 しています ) 3. 本 誌 次 号 の 発 行 について 本 誌 次 号 は 5 月 中 旬 頃 に 発 行 いたします 3

4 4

5 部 落 差 別 は 血 筋 にもとづく 差 別 だといわれま す でも 本 当 にそうでしょうか 学 生 に 自 分 の 曾 祖 父 母 の 名 前 を 知 っているかと 尋 ねると ほとんどの 学 生 がまったく 知 らないと 答 えま す 自 分 の 三 代 前 がよくわからない そういう 時 代 なのです たとえば AさんがBさんを 部 落 民 とみなし 差 別 的 な 言 動 を 行 ったとします では AさんはどうしてBさんを 部 落 民 とみな したのか Bさんの 祖 先 をたどり Bさんの 四 代 前 五 代 前 が 江 戸 時 代 の 賤 民 身 分 であったこ とを 確 かめたうえで Bさんを 部 落 民 とみなす のでしょうか 自 分 自 身 の 三 代 前 もよくわから ないのに 赤 の 他 人 の 五 代 前 など わかるはず はありません 結 局 Bさんは 部 落 といわれる 所 に 住 んでいる 住 んでいた 住 んでいたかも 知 れないということで Bさんを 部 落 民 とみな しているにすぎないのです 1990 年 にある 自 治 体 が 実 施 した 調 査 では 同 和 地 区 に 居 住 する 世 帯 のうち 自 分 たちは 同 和 地 区 に 流 入 してきた 世 帯 で 部 落 の 出 身 ではな いと 回 答 した 世 帯 が9,885 世 帯 把 握 されまし た これらの 世 帯 の 世 帯 主 に 部 落 差 別 を 受 けた ことがあるかと 聞 いたところ 13.8%があると 回 答 しています 自 分 は 部 落 民 ではないと 思 っ ていても 部 落 に 住 んでいるということだけで 部 落 民 とみなされ 差 別 を 受 けるのです した がって 部 落 民 とみなされた 人 が 部 落 民 だ と しかいえないのです 現 在 の 日 本 では 自 分 が 生 まれた 場 所 に 住 み 続 け そこで 一 生 を 終 えるという 人 は 少 なくな ってきています 部 落 でも 同 様 で 人 口 の 流 出 入 が 続 いており この 傾 向 は 年 々 強 まって きています したがって 部 落 は 江 戸 時 代 の 賤 民 身 分 の 人 たちの 子 孫 が 代 々 住 み 続 けている 閉 鎖 的 なコミュニティであるとする 見 方 は 現 実 からかけ 離 れているといえます 私 たちは 偏 見 や 誤 解 にとらわれず 現 実 の 部 落 の 実 態 を 知 る 必 要 があります ( 京 都 府 人 権 口 コミ 講 座 7 より 転 載 ) 5

6 1 月 13 日 ( 火 ) 業 協 会 正 副 会 長 会 保 証 協 会 正 副 本 部 長 会 合 同 会 議 平 成 27 年 度 重 点 事 業 計 画 につ 14 日 ( 水 ) 取 引 主 任 者 講 習 会 82 名 が 受 講 15 日 ( 木 ) 組 織 運 営 委 員 会 ( 財 務 部 門 ) 会 費 未 納 会 員 につ 苦 情 解 決 研 修 業 務 委 員 会 組 織 運 営 委 員 会 ( 総 務 財 務 部 門 ) 土 曜 日 曜 祝 日 等 の 支 部 連 絡 網 につい て 他 組 織 運 営 委 員 会 ( 入 会 審 査 ) 入 会 申 込 者 等 の 審 議 他 業 協 会 正 会 員 4 件 準 会 員 1 件 保 証 協 会 正 会 員 4 件 情 報 提 供 委 員 会 ( 広 報 流 通 担 当 理 事 会 ) 委 員 会 ( 広 報 流 通 )の 運 営 について 情 報 提 供 委 員 会 ( 広 報 流 通 ) 全 宅 連 ハトマークサイトのリニューアル と 利 用 促 進 につ 16 日 ( 金 ) 第 七 支 部 執 行 部 役 員 との 懇 談 会 ( 北 部 ) 支 部 執 行 部 から 本 部 執 行 部 への 要 望 事 項 等 につ 新 入 会 員 等 義 務 研 修 会 15 名 が 受 講 19 日 ( 月 ) 第 一 支 部 執 行 部 役 員 との 懇 談 会 支 部 執 行 部 から 本 部 執 行 部 への 要 望 事 項 等 につ 22 日 ( 木 ) 業 協 会 正 副 会 長 会 保 証 協 会 正 副 本 部 長 会 合 同 会 議 二 団 体 常 務 理 事 会 常 任 幹 事 会 合 同 会 議 / 理 事 会 幹 事 会 合 同 会 議 の 対 応 につ 業 協 会 常 務 理 事 会 保 証 協 会 常 任 幹 事 会 合 同 会 議 平 成 27 年 度 重 点 事 業 計 画 につ 業 協 会 理 事 会 保 証 協 会 幹 事 会 合 同 会 議 ( 本 誌 2 頁 をご 参 照 ください ) 苦 情 解 決 研 修 業 務 委 員 会 弁 済 認 証 申 出 案 件 の 審 議 23 日 ( 金 ) 第 二 支 部 執 行 部 役 員 との 懇 談 会 支 部 執 行 部 から 本 部 執 行 部 への 要 望 事 項 等 につ 業 務 サポート 担 当 理 事 会 執 行 部 への 上 申 書 ( 案 )につ 青 年 部 会 支 部 青 年 部 員 ( 代 表 者 従 業 員 ) 対 象 の 懇 談 会 交 流 会 の 計 画 につ 26 日 ( 月 ) 流 通 センター 研 修 会 レインズIP 型 システムについて (7 名 受 講 ) 27 日 ( 火 ) 女 性 部 会 セミナーにつ 29 日 ( 木 ) 取 引 主 任 者 講 習 会 52 名 が 受 講 社 会 貢 献 委 員 会 ( 地 域 活 性 ) 一 般 消 費 者 対 象 セミナー かしこい 不 動 産 の 買 い 方 の 運 営 につ 全 日 京 都 役 員 との 情 報 交 換 会 ( 全 日 京 都 ) 相 談 業 務 苦 情 解 決 業 務 につ 2 月 5 日 ( 木 ) 全 支 部 青 年 部 合 同 研 修 会 ( 京 都 ロイヤル ホテル&スパ) ( 本 誌 ウラ 表 紙 をご 参 照 ください ) 6 日 ( 金 ) 情 報 提 供 担 当 理 事 会 9 日 ( 月 ) 組 織 運 営 委 員 会 ( 入 会 審 査 ) 入 会 申 込 者 等 の 審 議 他 業 協 会 正 会 員 4 件 保 証 協 会 正 会 員 4 件 業 協 会 正 副 会 長 会 保 証 協 会 正 副 本 部 長 会 合 同 会 議 平 成 26 年 度 予 算 執 行 状 況 等 につ 6

7 二 団 体 中 間 監 査 会 10 日 ( 火 ) 新 入 会 員 等 義 務 研 修 会 13 名 が 受 講 第 六 支 部 流 通 センター 研 修 会 ( 京 田 辺 市 商 工 会 館 ) ハトマークサイト 京 都 につ (8 名 受 講 ) 12 日 ( 木 ) 取 引 主 任 者 講 習 会 61 名 が 受 講 13 日 ( 金 ) 業 務 サポート 委 員 会 ( 会 員 周 知 ) 京 宅 広 報 (3 月 発 行 )の 編 集 につ 第 七 支 部 流 通 センター 研 修 会 ( 北 部 ) ハトマークサイト 京 都 につ (10 名 受 講 ) 人 材 育 成 担 当 理 事 会 人 材 育 成 委 員 会 取 引 主 任 者 法 定 講 習 意 見 交 換 会 取 引 主 任 者 法 定 講 習 における 講 師 との 意 見 交 換 14 日 ( 土 ) 住 教 育 セミナー かしこい 不 動 産 の 買 い 方 ( 本 誌 5 頁 をご 参 照 ください ) 16 日 ( 月 ) 情 報 提 供 委 員 会 17 日 ( 火 ) 業 協 会 正 副 会 長 会 保 証 協 会 正 副 本 部 長 会 合 同 会 議 二 団 体 常 務 理 事 会 常 任 幹 事 会 合 同 会 議 の 対 応 につ 業 協 会 常 務 理 事 会 保 証 協 会 常 任 幹 事 会 合 同 会 議 倫 理 規 程 の 制 定 につ 組 織 運 営 委 員 会 ( 財 務 部 門 担 当 理 事 会 ) 組 織 運 営 委 員 会 ( 総 務 部 門 ) 組 織 運 営 委 員 会 ( 財 務 部 門 ) 19 日 ( 木 ) 滋 賀 宅 建 協 会 役 員 との 意 見 交 換 会 ( 滋 賀 宅 建 ) サポートセンターの 設 立 につ 20 日 ( 金 ) 三 級 建 物 アドバイザー 研 修 会 23 日 ( 月 ) 社 会 貢 献 委 員 会 ( 不 動 産 相 談 担 当 理 事 会 ) 社 会 貢 献 ( 不 動 産 相 談 ) 苦 情 解 決 研 修 業 務 委 員 会 役 員 合 同 研 修 会 設 問 のグループディスカッション 発 表 に 対 する 回 答 及 び 解 説 と 題 し 鴨 川 法 律 事 務 所 の 山 㟢 浩 一 弁 護 士 を 講 師 に 迎 えて 開 催 社 会 貢 献 委 員 会 ( 不 動 産 相 談 ) 24 日 ( 火 ) 業 務 サポート 担 当 理 事 会 流 通 センター 研 修 会 ハトマークサイト 京 都 につ (13 名 受 講 ) 業 務 サポート 委 員 会 25 日 ( 水 ) 取 引 主 任 者 講 習 会 61 名 が 受 講 26 日 ( 木 ) 京 都 地 方 法 務 局 担 当 官 との 意 見 交 換 会 ( 京 都 地 方 法 務 局 ) 職 権 による 公 図 訂 正 並 びに 筆 界 特 定 制 度 等 の 法 務 行 政 について 業 協 会 正 副 会 長 会 保 証 協 会 正 副 本 部 長 会 合 同 会 議 27 日 ( 金 ) 業 務 サポート 担 当 理 事 会 実 務 セミナーの 運 営 について 会 員 実 務 セミナー どうなる!? 日 本 経 済 の 行 方 アベノミ クスと 日 本 経 済 復 活 の 行 方 と 題 し 京 都 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 の 藤 井 聡 教 授 を 講 師 に 迎 えて 開 催 京 宅 諮 問 会 議 ( 開 発 道 路 等 に 係 る 諸 課 題 担 当 チーム) 提 言 内 容 の 検 討 につ 7

8 8

9 9

10 不 動 産 媒 介 報 酬 に つ い て (1)について 原 則 として 媒 介 報 酬 の 請 求 はできません が 例 外 的 に 請 求 ができる 場 合 があります 不 動 産 媒 介 契 約 は 当 事 者 双 方 どちらからで も 特 別 の 理 由 なしに 原 則 としていつでも 解 約 で きますし また 媒 介 が 成 功 し 契 約 が 成 立 しな い 限 り 報 酬 請 求 権 が 発 生 しないのが 原 則 です 但 し 1 依 頼 者 と 媒 介 業 者 との 間 に あらか じめ 中 途 では 解 約 しない 旨 の 特 約 がある 場 合 は 特 にやむを 得 ない 事 由 がないかぎり 解 約 す ることができませんし 2 媒 介 業 者 が 依 頼 者 に 貸 金 債 権 を 有 し 依 頼 者 が 媒 介 報 酬 でそれを 支 払 うという 約 束 をしているなど 媒 介 業 者 の 特 別 の 利 益 と 結 びついている 場 合 にも 解 約 はでき ません さらに 3 一 般 に 委 任 については 途 中 で 委 任 を 解 約 した 時 期 が 委 任 事 務 の 処 理 との 関 係 で 相 手 方 に 不 利 な 時 期 であれば 損 害 賠 償 をしなければならないので( 民 法 651 条 2 項 ) 不 動 産 媒 介 契 約 においても 解 約 の 時 期 が 問 題 となることがあります 例 えば 借 家 人 に 対 する 明 渡 訴 訟 中 の 家 屋 について 家 主 から 売 却 を 委 任 された 媒 介 業 者 が 明 渡 訴 訟 に 協 力 して 売 却 が 可 能 になる 時 期 を 待 っていたところ 訴 訟 が 和 解 によって 終 了 して 借 家 人 の 立 退 きが 明 ら かになった 時 期 に 媒 介 契 約 を 家 主 が 解 約 した 場 合 などがそれに 当 ります 10

11 (2)について 報 酬 逃 れ 目 的 の 直 接 取 引 の 場 合 は 媒 介 報 酬 の 請 求 が 認 められます 全 額 が 認 められる 場 合 もありますが 多 くの 場 合 諸 般 の 事 情 を 考 慮 して 相 当 額 の 報 酬 請 求 が 認 められます 依 頼 者 が 媒 介 業 者 から 売 買 の 相 手 を 紹 介 され た 後 に 報 酬 の 支 払 を 免 れるために 依 頼 を 取 消 し 紹 介 された 相 手 と 直 接 取 引 をするのをその まま 認 めるのでは 媒 介 業 者 の 保 護 に 欠 けます し 反 面 不 誠 実 な 依 頼 者 を 不 当 に 保 護 するこ とになります そこで 判 例 は このような 場 合 に 媒 介 報 酬 の 請 求 を 認 めていますが その 法 律 構 成 として は 民 法 130 条 を 根 拠 にするものと 商 法 51 2 条 を 根 拠 にするものがあります 前 者 は 条 件 成 就 を 故 意 に 妨 げられた 者 は 条 件 成 就 とみなすことができるという 民 法 130 条 の 規 定 を 適 用 して 報 酬 逃 れ 目 的 の 直 接 取 引 は 売 買 契 約 成 立 という 報 酬 請 求 権 発 生 の 条 件 の 成 就 を 故 意 に 妨 げるものだとして 報 酬 請 求 を 認 めるものです 後 者 は 商 人 が 他 人 のために 行 為 をしたとき は 相 当 報 酬 を 請 求 できるという 商 法 512 条 を 適 用 して 商 人 である 不 動 産 媒 介 業 者 が 売 主 又 は 買 主 のために 行 った 行 為 に 関 わる 諸 事 情 す なわち 依 頼 したときの 事 情 目 的 不 動 産 の 発 見 の 難 易 仲 介 に 尽 力 した 期 間 その 間 の 労 力 の 程 度 これによる 依 頼 者 の 利 益 その 他 の 諸 事 情 を 斟 酌 し 取 引 上 の 信 義 則 に 照 らして 相 当 額 の 報 酬 を 認 めるものです この 規 定 によるときは 報 酬 逃 れ 目 的 ではなくやむをえない 理 由 による 契 約 の 断 念 であっても その 後 に 成 立 した 契 約 への 寄 与 度 に 応 じて 業 者 が 報 酬 を 請 求 できると いうメリットがあります 近 年 は 事 案 にもよ りますが 民 法 130 条 によるものよりも 商 法 512 条 により 相 当 報 酬 を 認 める 判 例 の 方 が 多 くなっています なお 標 準 媒 介 契 約 約 款 は 依 頼 者 が 媒 介 契 約 の 有 効 期 間 満 了 後 2 年 以 内 に 業 者 の 紹 介 によ り 知 った 相 手 方 との 間 で 業 者 を 排 除 して 契 約 を 締 結 したときは 業 者 が 契 約 の 成 立 に 寄 与 した 割 合 に 応 じた 報 酬 を 請 求 できることを 明 記 して います (3)について 媒 介 によって 売 買 契 約 が 成 立 した 以 上 そ の 後 に 手 付 の 放 棄 又 は 倍 返 しによって 売 買 契 約 が 解 除 されても 報 酬 請 求 は 可 能 です 但 し 約 定 報 酬 の 全 額 を 請 求 することまではできな いとする 判 例 があります 不 動 産 売 買 の 媒 介 契 約 における 報 酬 請 求 権 は 原 則 として 売 買 契 約 の 成 立 によって 発 生 し ますから 売 買 契 約 が 成 立 した 以 上 報 酬 請 求 権 は 発 生 しており その 後 本 件 売 買 契 約 が 手 付 解 除 ( 合 意 解 除 の 一 種 )されたからといって 当 然 にその 請 求 権 が 消 滅 するものではありません しかし 売 買 契 約 が 成 立 しても その 履 行 がさ れず 当 事 者 は 契 約 の 目 的 を 達 しなかったのです から 特 段 の 事 情 のない 限 り 売 買 契 約 が 成 立 し たという 一 事 をもって 約 定 報 酬 額 全 額 の 請 求 を 認 めることは 相 当 ではないと 考 えられます( 東 京 地 判 平 成 21 年 2 月 26 日 など) 実 務 的 には 媒 介 契 約 書 に 特 約 として 手 付 解 除 の 場 合 の 媒 介 報 酬 について 定 めておくことが 望 ましいでし ょう 11

12 12

13 13

14 1. 新 規 登 録 物 件 在 庫 物 件 登 録 概 要 ( )の 数 字 は 京 都 宅 建 会 員 分 1 月 売 物 件 賃 貸 物 件 合 計 前 月 比 前 年 同 月 登 録 件 数 前 年 同 月 比 新 規 登 録 物 件 数 19,303 件 43,199 件 62,502 件 +28.3% 59,193 件 + 5.6% (1,009 件 ) (2,467 件 ) (3,476 件 )(+53.0%) (3,348 件 ) (+ 3.8%) 在 庫 物 件 数 54,971 件 96,292 件 151,263 件 + 3.7% 142,152 件 + 6.4% (3,789 件 ) (5,865 件 ) (9,654 件 )(+ 7.5%) (9,310 件 ) (+ 3.7%) 2. 成 約 報 告 概 要 1 月 売 物 件 賃 貸 物 件 合 計 前 月 比 前 年 同 月 成 約 件 数 前 年 同 月 比 2,525 件 6,688 件 9,213 件 2.7% 8,122 件 +13.4% 月 間 成 約 報 告 数 ( 174 件 ) ( 482 件 ) ( 656 件 ) ( 13.8%) ( 539 件 ) (+21.7%) 1 月 売 物 件 賃 貸 物 件 合 計 成 約 報 告 率 13.1% (17.2%) 15.5% (19.5%) 14.7% (18.9%) 1 月 末 成 約 事 例 在 庫 数 547,595 件 3.アクセス 状 況 等 1 月 総 検 索 回 数 1 日 平 均 前 月 比 前 年 同 月 総 検 索 回 数 前 年 同 月 比 総 検 索 回 数 1,687,535 回 64,905 回 +26.3% 1,491,299 回 +13.2% 4.その 他 新 規 登 録 物 件 の 図 面 登 録 率 は88.2% 図 面 要 求 件 数 は1 社 (IP 型 ) 当 たり 回 となっている また マッチング 登 録 件 数 は 1 月 末 現 在 15,294 件 となっている 5.お 知 らせ (1) 月 末 の 休 止 日 平 成 27 年 3 月 31 日 ( 火 ) 平 成 27 年 4 月 30 日 ( 木 ) 月 末 の 定 例 休 止 日 は IP 型 業 務 のうち 登 録 系 業 務 を 除 く 物 件 検 索 会 員 検 索 日 報 検 索 マッチング 検 索 自 社 物 件 一 覧 並 びに メ ール 送 信 状 況 利 用 状 況 の 確 認 業 務 支 援 アプリのダウンロード の みご 利 用 いただけます ( 公 社 ) 近 畿 圏 不 動 産 流 通 機 構 大 阪 市 中 央 区 北 久 宝 寺 町 飛 栄 創 建 ビル9 階 TEL:

15 15

16 新 入 会 ( 正 会 員 )(4 件 ) 平 成 27 年 1 月 31 日 現 在 支 部 商 号 及 び 免 許 番 号 代 表 者 氏 名 専 取 主 任 者 氏 名 事 務 所 所 在 地 電 話 番 号 第 三 第 三 第 三 第 四 新 入 会 ( 準 会 員 )(1 件 ) 平 成 27 年 1 月 31 日 現 在 支 部 商 号 及 び 免 許 番 号 代 表 者 氏 名 専 取 主 任 者 氏 名 事 務 所 所 在 地 電 話 番 号 第 二 支 部 移 動 ( 正 会 員 )(2 件 ) 旧 支 部 新 支 部 商 号 及 び 免 許 番 号 代 表 者 氏 名 新 事 務 所 所 在 地 電 話 番 号 本 部 受 付 日 第 三 第 一 タ カ オ 京 都 店 大 臣 (5) 5166 会 員 権 承 継 (1 件 ) 第 四 第 三 アーキスプランニング (7) 8121 協 成 (2)12880 平 光 一 裕 平 光 一 裕 中 京 区 河 原 町 通 二 条 下 る2 丁 目 下 丸 屋 町 403 番 地 滝 西 泰 勲 南 区 西 九 条 東 島 町 17 番 地 11 寺 島 弘 子 北 区 紫 野 下 若 草 町 7 番 地 5 平 成 26 年 12 月 31 日 現 在 平 成 26 年 12 月 31 日 現 在 支 部 商 号 及 び 免 許 番 号 代 表 者 氏 名 専 取 主 任 者 氏 名 事 務 所 所 在 地 電 話 番 号 承 継 理 由 第 四 巖 本 金 属 商 事 大 臣 (1) 8680 会 員 権 承 継 (2 件 ) 巖 本 賢 池 田 有 穂 清 見 容 三 南 区 西 九 条 川 原 城 町 105 番 地 免 許 換 え 平 成 27 年 1 月 31 日 現 在 支 部 商 号 及 び 免 許 番 号 代 表 者 氏 名 専 取 主 任 者 氏 名 事 務 所 所 在 地 電 話 番 号 承 継 理 由 第 四 第 四 ニ シ ケ ン ハ ウ ス (1)13527 A V A C (1)13536 スマート ホーム (1)13539 H A N N A R I (1)13535 新 入 会 ( 正 会 員 )(4 件 ) オ ー ワ ン ホ ー ム 知 事 (1)13544 ア ー ル ラ イ フ 大 臣 (1) 8729 大 内 政 幸 小 田 和 司 伏 見 区 久 我 東 町 1 番 地 122 皇 甫 支 部 移 動 ( 正 会 員 )(2 件 ) 尾 保 彦 舛 屋 宏 樹 右 京 区 梅 津 東 構 口 町 28 番 地 の2 影 山 辰 也 日 下 部 修 司 北 区 大 宮 西 小 野 堀 町 54 番 地 1 グランフィールド 大 宮 1F 小 林 悟 小 林 悟 北 区 小 山 西 大 野 町 84 番 地 芦 谷 佐 保 実 芦 谷 佐 保 実 南 区 東 九 条 西 河 辺 町 41 番 地 3 コープ 野 村 京 都 南 1007 号 樹 余 頃 千 惠 伏 見 区 竹 田 桶 ノ 井 町 150 番 地 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 支 部 商 号 及 び 免 許 番 号 代 表 者 氏 名 専 取 主 任 者 氏 名 事 務 所 所 在 地 電 話 番 号 第 二 絆 杉 岡 孝 司 杉 岡 年 下 京 区 夷 馬 場 町 35 番 地 (1) 第 二 第 二 第 六 個 人 法 人 免 許 換 え 26/12/09 26/12/10 平 成 27 年 1 月 31 日 現 在 旧 支 部 新 支 部 商 号 及 び 免 許 番 号 代 表 者 氏 名 新 事 務 所 所 在 地 電 話 番 号 本 部 受 付 日 第 一 第 三 内 藤 不 動 産 (1)13540 レ ビ ジ ョ ン (1)13541 バ リ ュ ー ア ッ ド (1)13546 第 二 第 一 ビ ジ ョ ン (1)13438 イチロー プランニング (2)12515 内 藤 光 佑 内 藤 光 佑 宮 本 隆 明 中 京 区 東 洞 院 通 錦 小 路 下 る 阪 東 屋 町 664 番 地 7 野 村 哲 也 野 村 哲 也 中 京 区 蛸 薬 師 通 高 倉 西 入 泉 正 寺 町 334 戸 田 孝 行 戸 田 孝 行 宇 治 市 宇 治 妙 楽 182 番 13 中 京 区 西 ノ 京 北 壺 井 町 88 番 地 1 二 条 プラザ101 号 北 原 一 郎 左 京 区 下 鴨 膳 部 町 106 番 地 /01/23 27/01/27 16

17 退 会 ( 正 会 員 )(3 件 ) 会 員 名 簿 より 削 除 してください 平 成 26 年 12 月 31 日 現 在 支 部 免 許 番 号 商 号 又 は 名 称 代 表 者 氏 名 退 会 日 退 会 理 由 第 三 ( 右 京 区 ) (1)12906 ナ チ ュ ラ ル エ ア 岡 本 浩 市 郎 26/12/14 期 間 満 了 第 四 ( 伏 見 区 ) (4)10895 オ ク テ ィ 田 義 和 26/12/03 廃 業 第 七 ( 舞 鶴 市 ) (2)12189 近 藤 不 動 産 近 藤 茂 26/11/28 廃 業 退 会 ( 正 会 員 )(5 件 ) 会 員 名 簿 より 削 除 してください 平 成 27 年 1 月 31 日 現 在 支 部 免 許 番 号 商 号 又 は 名 称 代 表 者 氏 名 退 会 日 退 会 理 由 第 一 ( 左 京 区 ) (13) 2280 京 土 開 発 宮 㟢 平 八 27/01/30 廃 業 第 三 ( 右 京 区 ) (10) 5987 な が と み 不 動 産 永 富 尚 信 26/11/09 死 亡 第 三 ( 北 区 ) (11) 4754 タ カ ヤ マ 商 事 高 山 芳 郎 26/12/25 廃 業 第 四 ( 伏 見 区 ) (3)11918 新 田 不 動 産 新 田 守 27/01/08 廃 業 第 五 ( 南 丹 市 ) (3)11184 中 川 住 託 中 川 和 仁 26/10/06 期 間 満 了 退 会 ( 正 会 員 )(4 件 ) 会 員 名 簿 より 削 除 してください 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 支 部 免 許 番 号 商 号 又 は 名 称 代 表 者 氏 名 退 会 日 退 会 理 由 第 二 ( 下 京 区 ) (12) 3029 三 笠 商 会 丸 山 孝 平 27/02/25 廃 業 第 三 ( 右 京 区 ) (3)11634 煌 美 中 村 恵 治 27/02/17 廃 業 第 五 ( 西 京 区 ) (2)12632 宅 都 プ ラ ス 太 田 卓 利 26/12/15 廃 業 第 五 ( 亀 岡 市 ) (2)12379 マ ー ク ス 内 藤 一 徳 27/01/30 廃 業 退 会 ( 準 会 員 )(1 件 ) 会 員 名 簿 より 削 除 してください 平 成 27 年 1 月 31 日 現 在 支 部 免 許 番 号 商 号 又 は 名 称 代 表 者 氏 名 退 会 日 退 会 理 由 第 五 ( 向 日 市 ) (4)10749 グッドハウジング 東 向 日 駅 前 店 皆 光 茜 26/12/31 事 務 所 廃 止 退 会 ( 準 会 員 )(4 件 ) 会 員 名 簿 より 削 除 してください 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 支 部 免 許 番 号 商 号 又 は 名 称 代 表 者 氏 名 退 会 日 退 会 理 由 第 一 ( 左 京 区 ) (2)12632 宅 都 プ ラ ス 出 町 柳 店 佐 々 木 真 也 26/12/15 廃 業 第 一 ( 上 京 区 ) (2)12632 宅 都 プ ラ ス 今 出 川 店 福 井 眞 治 26/12/15 廃 業 第 三 ( 右 京 区 ) (2)12632 宅 都 プ ラ ス 西 院 店 田 口 潤 26/12/15 廃 業 第 七 ( 福 知 山 市 ) (1)13063 広 瀬 小 谷 リフォームセンター 田 邉 治 之 27/01/16 事 務 所 廃 止 会 員 数 報 告 書 平 成 26 年 12 月 31 日 現 在 支 部 正 会 員 準 会 員 計 支 部 正 会 員 準 会 員 計 支 部 正 会 員 準 会 員 計 支 部 正 会 員 準 会 員 計 第 一 第 二 353 (+1) 395 (+3) (+1) 440 (+3) 第 第 ( ) 内 は 会 員 数 前 月 比 増 減 三 四 (+2) (+2) 第 五 第 六 (+1) (+1) (+2) 第 七 合 計 217 2,415 (+6) (+1) 230 2,629 (+7) 17

18 会 員 数 報 告 書 平 成 27 年 1 月 31 日 現 在 支 部 正 会 員 準 会 員 計 支 部 正 会 員 準 会 員 計 支 部 正 会 員 準 会 員 計 支 部 正 会 員 準 会 員 計 第 一 第 三 第 五 (-2) 第 七 第 二 396 (+1) 46 (+1) 442 (+2) 第 四 第 六 ( ) 内 は 会 員 数 前 月 比 増 減 合 計 2, ,628 会 員 数 報 告 書 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 支 部 正 会 員 準 会 員 計 支 部 正 会 員 準 会 員 計 支 部 正 会 員 準 会 員 計 支 部 正 会 員 準 会 員 計 第 一 (-2) 391 (-2) 第 三 (-2) 第 五 304 (-2) (-2) 第 七 第 二 398 (+2) (+2) 第 四 第 六 332 (+1) (+1) ( ) 内 は 会 員 数 前 月 比 増 減 合 計 2, (-4) 2,624 (-4) 18

19 本 部 年 間 行 事 予 定 平 成 27 年 3 月 27 日 ( 金 ) 5 月 26 日 ( 火 ) 流 通 センター 研 修 会 於 : 協 会 本 部 ( 本 誌 と 同 封 の 開 催 案 内 参 照 ) 平 成 27 年 度 二 団 体 定 時 総 会 於 :KBSホール 昨 年 と 会 場 が 変 わりました 京 都 市 上 京 区 ( 京 都 御 所 蛤 御 門 前 ) 19

20

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

2 基 本 財 産 は 評 議 員 会 において 別 に 定 めるところにより この 法 人 の 目 的 を 達 成 するために 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければならず 基 本 財 産 の 一 部 を 処 分 しようとするとき 及 び 基 本 財 産 から 除 外 し

2 基 本 財 産 は 評 議 員 会 において 別 に 定 めるところにより この 法 人 の 目 的 を 達 成 するために 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければならず 基 本 財 産 の 一 部 を 処 分 しようとするとき 及 び 基 本 財 産 から 除 外 し 一 般 財 団 法 人 東 京 六 大 学 野 球 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 東 京 六 大 学 野 球 連 盟 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 組 合 員 の 権 利 義 務 等 は 定 款 に よ っ て 定 め ら れ て い る が 定 款 の 第 6 条 の 規 定 に よ り 定 款 に 記 載 さ れ な い 必 要 事 項

J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 組 合 員 の 権 利 義 務 等 は 定 款 に よ っ て 定 め ら れ て い る が 定 款 の 第 6 条 の 規 定 に よ り 定 款 に 記 載 さ れ な い 必 要 事 項 J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 H23/4/25 に 第 9 回 通 常 総 会 理 事 会 で 採 択 済 H23/12 月 現 在 J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 組 合 員 の 権 利 義 務 等 は 定 款 に

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの)

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの) 平 成 24 年 度 開 設 予 定 大 学 院 等 一 覧 ( 判 定 を 不 可 とするもの) 1 研 究 科 を 設 置 するもの 1 校 平 成 23 年 12 月 区 分 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 入 学 定 員 位 置 設 置 者 理 由 備 考 人 私 立 東 京 福 祉 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 群 馬 県 伊 勢 崎 市 学 校 法 人 ( 別

More information

会 議 次 第 1 挨 拶 2 議 事 諮 問 第 1 号 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 施 行 に 伴 う 通 知 カード 及 び 個 人 番 号 カ ードの 再 交 付 に 係 る 手 数 料 の 制 定 等 について 資 料 1 別 紙 1~6-1 -

会 議 次 第 1 挨 拶 2 議 事 諮 問 第 1 号 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 施 行 に 伴 う 通 知 カード 及 び 個 人 番 号 カ ードの 再 交 付 に 係 る 手 数 料 の 制 定 等 について 資 料 1 別 紙 1~6-1 - 平 成 27 年 度 第 1 回 音 更 町 使 用 料 等 審 議 会 議 案 日 時 平 成 27 年 8 月 11 日 ( 火 ) 午 前 10 時 から 場 所 音 更 町 役 場 庁 舎 4 階 401 402 会 議 室 会 議 次 第 1 挨 拶 2 議 事 諮 問 第 1 号 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 施 行 に 伴 う 通 知 カード 及 び 個 人 番 号 カ ードの

More information

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領 石 巻 市 立 病 院 クレジットカード 納 付 導 入 に 伴 う 指 定 代 理 納 付 者 選 定 に 係 る プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 実 施 要 領 は 石 巻 市 立 病 院 におけるクレジットカード 納 付 導 入 に 関 し 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 231 条 の2 第 6 項 に 規 定 する 指 定 代 理 納

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

そ の 他 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 広 島 市 城 山 北 城 南 域 包 括 支 援 センター 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 5-6-0 B0 平 成 8 年 4 月 日 必 要 な 者

そ の 他 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 広 島 市 城 山 北 城 南 域 包 括 支 援 センター 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 5-6-0 B0 平 成 8 年 4 月 日 必 要 な 者 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 祉 法 人 楽 友 会 非 73-00 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 一 丁 目 番 9 号 電 話 番 号 08-83 - 4 FAX 番 号 08-876 - 非 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 http://kawauchinosato.net kawauchinosato@deluxe.ocn.ne.jp

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 祉 法 人 氏 名 人 見 君 子 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 番 の 電 話 番 号 075-77 - 388 FAX 番

More information

改 訂 来 歴 改 訂 番 号 発 行 日 改 訂 内 容 承 認 照 査 作 成 0 03-2-20 新 規 発 行 ( 認 証 ロゴマークは 別 途 ) 熊 野 03-2-20 熊 野 03-2-20 関 谷 03-2-20 改 訂 番 号 1~13 の 改 訂 内 容 は 旧 版 PCG-00

改 訂 来 歴 改 訂 番 号 発 行 日 改 訂 内 容 承 認 照 査 作 成 0 03-2-20 新 規 発 行 ( 認 証 ロゴマークは 別 途 ) 熊 野 03-2-20 熊 野 03-2-20 関 谷 03-2-20 改 訂 番 号 1~13 の 改 訂 内 容 は 旧 版 PCG-00 製 品 認 証 に 係 わる 手 引 き 非 管 理 版 一 般 財 団 法 人 発 電 設 備 技 術 検 査 協 会 認 証 セ ン タ ー JAPEIC-MS&PCC A 1/8 改 訂 来 歴 改 訂 番 号 発 行 日 改 訂 内 容 承 認 照 査 作 成 0 03-2-20 新 規 発 行 ( 認 証 ロゴマークは 別 途 ) 熊 野 03-2-20 熊 野 03-2-20 関 谷 03-2-20

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 氏 名 人 見 君 子 市 祉 法 人 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 7 年 4 月 1 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 1 番 の1 電 話 番 号 075-771 - 388

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc 資 料 基 本 条 例 P36 規 則 P38 委 員 名 簿 P39 基 本 計 画 の 策 定 に 係 る 経 過 P40-35 - 基 本 条 例 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 交 野 の 自 然 環 境 歴 史 文 化 市 民 力 等 の 地 域 資 源 を 有 効 活 用 した 地 域 産 業 の 振 興 についての 基 本 となる 事 項 を 定 め 市 事 業 者 及

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案)

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案) 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 事 務 所 を 福 岡 市 東 区 松 香 台 1 丁 目 10 番 1 号 におく 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

区議会月報 平成19年4-5月

区議会月報 平成19年4-5月 し ぶ や 区 議 月 報 平 成 19 年 4~5 月 499~500 * 目 次 1 4 月 の 議 一 覧 1 2 4 月 の 委 員 活 動 のあらまし 等 (1) 議 運 営 委 員 2 (2) の 議 2 3 5 月 の 議 一 覧 3 4 平 成 19 年 第 1 回 臨 時 のあらまし (1) 概 要 4 (2) 議 決 等 件 数 4 (3) 議 決 等 の 内 容 5 5 5 月

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 ADインベストメント マネジメント 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

財団法人市川市清掃公社寄附行為

財団法人市川市清掃公社寄附行為 公 益 財 団 法 人 市 川 市 清 掃 公 社 定 款 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 6 月 20 日 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 市 川 市 清 掃 公 社 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 千 葉 県 市

More information

福山市立駅家南中学校P T A 規約

福山市立駅家南中学校P T A 規約 福 山 市 立 駅 家 南 中 学 校 PTA 規 約 第 1 章 名 称 第 1 条 本 会 は 福 山 市 立 駅 家 南 中 学 校 PTAという 第 2 章 事 務 局 第 2 条 本 会 の 事 務 局 を 駅 家 南 中 学 校 におく 第 3 章 目 的 及 び 事 業 第 3 条 本 会 は 本 校 生 徒 の 健 全 な 成 長 と 福 祉 の 増 進 を 図 り,あわせて, 教

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 アドバンス レジデンス 投 資 法 人 ( 以 下 本 投 資 法 人 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答 別 紙 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議 第 千 二 百 六 十 七 号 等 を 踏 まえ 我 が 国 が 実 施 す る 国 際 テ ロリ スト の 財 産 の 凍 結 等 に 関 す る 特 別 措 置 法 施 行 令 案 等 に 対 す る 御 意 見 御 質 問 に 対 する 警 察 庁 の 考 え 方 について 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

平 成 22 年 12 月 第 5 回 定 例 会 (11 月 26 日 招 集 ) 会 期 日 程 表

平 成 22 年 12 月 第 5 回 定 例 会 (11 月 26 日 招 集 ) 会 期 日 程 表 平 成 22 年 12 月 第 5 回 定 例 会 (11 月 26 日 招 集 ) 会 期 日 程 表 平 成 22 年 12 月 第 5 回 水 俣 市 議 会 定 例 会 会 議 録 目 次 平 成 22 年 11 月 26 日 ( 金 ) 1 日 目 ⑴ 平 成 22 年 12 月 7 日 ( 火 ) 2 日 目 平 成 22 年 12 月 8 日 ( 水 ) 3 日 目 平 成 22

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

企 画 課 企 画 部 満 了 2 55 総 務 部 企 画 室 設 置 認 可 学 部 佐 賀 大 学 附 属 図 書 館 医 学 分 館 設 置 申 請 書 企 画 室 企 画 調 査 係 2004/4/1 30 年 2005/4/1 2035/3/31 ファイル 事 務 室 企 画 部 企 画

企 画 課 企 画 部 満 了 2 55 総 務 部 企 画 室 設 置 認 可 学 部 佐 賀 大 学 附 属 図 書 館 医 学 分 館 設 置 申 請 書 企 画 室 企 画 調 査 係 2004/4/1 30 年 2005/4/1 2035/3/31 ファイル 事 務 室 企 画 部 企 画 企 画 課 企 画 部 満 了 2 1 総 務 部 企 画 室 会 議 学 外 会 議 平 成 12 年 度 佐 賀 大 学 運 営 諮 問 会 議 企 画 室 企 画 調 査 係 2000 年 度 30 年 2001/4/1 2030 年 度 末 紙 事 務 室 総 務 部 企 画 室 廃 棄 2 2 総 務 部 企 画 室 設 置 認 可 学 部 佐 賀 大 学 文 化 教 育 学 部 設 置

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

<92E88ABC2E786477>

<92E88ABC2E786477> 定 款 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 江 戸 川 区 に 置 く 2.この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる 事 務 所 を 必 要 な 地 に 置 くことができる

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

定款の一部変更、全部取得条項付普通株式の取得及び減資に関するお知らせ

定款の一部変更、全部取得条項付普通株式の取得及び減資に関するお知らせ 平 成 23 年 10 月 26 日 各 位 会 社 名 サイレックス テクノロジー 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 兼 代 表 執 行 役 社 長 河 野 剛 士 (コード 番 号 6679) 問 合 せ 先 執 行 役 経 営 管 理 本 部 長 情 報 開 示 担 当 鈴 木 祐 二 (TEL 0774-98-3781) 定 款 の 一 部 変 更 全 部 取 得 条 項 付 普

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

(\210\250\227F\210\244\211\357genkyouhoukokusyoyousiki.xls)

(\210\250\227F\210\244\211\357genkyouhoukokusyoyousiki.xls) Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 社 会 福 祉 法 人 66-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 番 地 の 電 話 番 号 75-77 - 388 FAX 番 号 75-76 - 非 公 表 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 http://wwwa.biglobe.ne.jp/aoiyuaikai/

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9 茅 野 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 人 % % 55,760 22,775,329 804,761 3,955,168

More information

(7) 公 共 施 設 における 建 築 物 (1 敷 地 における 延 床 面 積 の 合 計 が 5,000 m2 以 上 )の 劣 化 につ いての 調 査 ( 劣 化 度 調 査 健 全 度 調 査 等 )の 実 績 があること (8) 公 共 施 設 における 建 築 物 (1 敷 地 に

(7) 公 共 施 設 における 建 築 物 (1 敷 地 における 延 床 面 積 の 合 計 が 5,000 m2 以 上 )の 劣 化 につ いての 調 査 ( 劣 化 度 調 査 健 全 度 調 査 等 )の 実 績 があること (8) 公 共 施 設 における 建 築 物 (1 敷 地 に 西 宮 市 告 示 甲 第 号 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 により 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 09 月 30 日 西 宮 市 長 今 村 岳 司 1 入 札 に 付 する 事 項 (1) 件 名 西 宮 市 役 所 本 庁 舎 保 全 計 画

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご 平 成 27 年 度 固 定 資 産 ( 土 地 ) 評 価 替 えについて - 県 内 市 町 の 基 準 宅 地 の 評 価 額 - 市 町 名 区 分 所 在 地 ( 参 考 ) 27 年 度 27 年 度 24 年 度 修 正 率 評 価 額 評 価 額 評 価 額 変 動 率 H26.1.1~ H26.1.1 基 準 H26.7.1 修 正 H23.7.1 修 正 B/C-1 H26.7.1

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 24 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 事 業 完 了 後 の 各 種 報 告 書 作 成 に 関 する 手 順 書 事 業 化 等 状 況 報 告 書 事 業 化 状 況 報 告 書 補 助 ツール の 記 入 ポイント 取 得 財 産 等 処 分 承 認 申 請 書 登 録 変 更 届 など 当 資 料 は 福 岡 事 務 局 採 択 者 の 方 向 けに 作 成 しております

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル は じ め に 合 格 (うかる) 勉 強 とは 1 試 験 に 合 格 するのに 絶 対 的 に 必 要 なことは 問 いに 正 しく 答 えることである このあたりまえのことを 考 えたこと 有 りますか 2 試 験 問 題 の 出 題 (= 作 問 )の 仕 方 から 勉 強 方 法 を 考 える 択 一 試 験 では 必 ず 正 誤 が 問 われるのでついつい 思 考 が 二 者 択 一 的

More information

平 成 25 年 1 月 目 次 ( Q1 後 見 人 の 仕 事 と 証 明 方 法 1 Q2 家 庭 裁 判 所 との 関 係 2 Q3 後 見 人 の 責 任 3 Q4 後 見 人 の 最 初 の 仕 事 4 Q5 被 後 見 人 の 収 入 支 出 の 計 画 5 Q6 被 後 見 人 の 収 入 支 出 の 管 理 6 i Q7 預 貯 金 の 管 理 の 仕 方 7 Q8 被 後 見

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

Taro-入札説明書(真空巻締め)

Taro-入札説明書(真空巻締め) 入 札 説 明 書 宮 崎 県 水 産 試 験 場 が 行 う 真 空 巻 締 め 機 の 賃 貸 借 に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 一 般 競 争 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 入 札 に 参 加 する 者 は 下 記 事 項 を 熟 知 の 上 で 入 札 しなけれこの 場 合 におい て 当 該 説 明 書

More information

円 定 期 の 優 遇 金 利 期 間 中 に 中 途 解 約 す る と 優 遇 金 利 は 適 用 さ れ ず お 預 け 入 れ 日 か ら 解 約 日 ま で の 所 定 の 期 限 前 解 約 利 率 が 適 用 さ れ ま す 投 資 信 託 ( 金 融 商 品 仲 介 で 取 り 扱

円 定 期 の 優 遇 金 利 期 間 中 に 中 途 解 約 す る と 優 遇 金 利 は 適 用 さ れ ず お 預 け 入 れ 日 か ら 解 約 日 ま で の 所 定 の 期 限 前 解 約 利 率 が 適 用 さ れ ま す 投 資 信 託 ( 金 融 商 品 仲 介 で 取 り 扱 平 成 28 年 3 月 17 日 株 式 会 社 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 退 職 金 限 定 円 定 期 金 利 優 遇 の 取 扱 停 止 および ウェルカム セレクション の 取 扱 条 件 変 更 のお 知 らせ 退 職 金 限 定 円 定 期 金 利 優 遇 退 職 金 限 定 円 定 期 金 利 優 遇 の お 取 り 扱 い を 誠 に 勝 手 な が ら 平 成 28 年 3

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

Microsoft Word - 定款一般財団法人青梅マラソン財団最終

Microsoft Word - 定款一般財団法人青梅マラソン財団最終 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 定 款 平 成 23 年 3 月 18 日 作 成 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 ( 英 文 名 ;Ohme Marathon Foundation)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

Microsoft Word - 00表紙(管理・運営編).doc

Microsoft Word - 00表紙(管理・運営編).doc 第 1 章 手 続 きの 概 要 1 手 続 きの 概 要 (1) 手 続 きの 種 類 NPO 法 人 を 運 営 する 上 では,さまざまな 手 続 きが 発 生 します 所 轄 庁 ( 福 岡 市 )への 手 続 き, 法 務 局 への 登 記 手 続 き, 県 税 事 務 所 あるいは 市 役 所 への 税 金 関 係 の 手 続 きのほか, 収 益 事 業 を 行 う 場 合 の 税 務

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information