Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx"

Transcription

1 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の 急 激 な 悪 化 と その 後 の 回 復 過 程 において 国 内 の 賃 金 や 雇 用 がどのような 影 響 を 受 けているのかを 分 析 し 国 内 の 消 費 につながる 雇 用 及 び 所 得 が 依 然 として 厳 しい 状 況 にあることを 示 す (1) 製 造 業 で 急 速 に 悪 化 する 企 業 収 益 我 が 国 では 昨 年 秋 のリーマンショック 以 降 の 急 速 な 景 気 悪 化 による 売 上 高 の 急 減 を 受 注 けて 製 造 業 を 中 心 に 収 益 が 大 幅 に 悪 化 している 大 企 業 製 造 業 ) では 昨 年 秋 から21 年 1~3 月 期 までの 大 幅 な 売 上 高 の 落 ち 込 みに 人 件 費 等 固 定 費 の 削 減 が 追 いつかなか ったため( 損 益 分 岐 点 の 下 落 が 売 上 高 の 下 落 に 追 いつかず) 2 年 1~12 月 期 以 降 損 益 分 岐 点 売 上 高 比 率 は 1%を 超 え 企 業 収 益 は 赤 字 となった 同 様 に 中 小 製 造 業 に おいても 昨 年 秋 以 降 の 売 上 高 の 急 激 な 減 少 と 同 時 に 損 益 分 岐 点 を 引 き 下 げたものの 売 上 高 の 減 少 ペースがあまりにも 急 激 だったため 21 年 1~3 月 期 には 損 益 分 岐 点 売 上 高 比 率 は 1%を 超 え 企 業 収 益 は 赤 字 となっている( 第 Ⅱ-1-13 図 ) 足 下 の21 年 4~6 月 期 は 大 企 業 及 び 中 小 企 業 ともに 売 上 高 が 回 復 に 転 じる 兆 しを 見 せているが 売 上 高 の 回 復 が 低 い 水 準 にとどまっているため 損 益 分 岐 点 売 上 高 比 率 は 依 然 として 1% 前 後 の 高 い 水 準 にあり 企 業 収 益 は 極 めて 厳 しい 状 況 が 続 いている 他 方 非 製 造 業 は 製 造 業 とは 大 きく 異 なった 状 況 にある 景 気 悪 化 の 影 響 を 受 けて 昨 年 秋 以 降 非 製 造 業 においても 大 企 業 を 中 心 に 売 上 高 の 急 激 な 落 ち 込 みがみられるが 損 益 分 岐 点 を 引 き 下 げることによって 収 益 の 確 保 が 図 られており 大 企 業 及 び 中 小 企 業 と もに 損 益 分 岐 点 売 上 高 比 率 は 目 立 った 上 昇 を 見 せていない こうした 製 造 業 及 び 非 製 造 業 の 間 で 収 益 状 況 が 大 きく 異 なる 背 景 には 今 回 の 景 気 悪 化 が 主 に 輸 出 数 量 の 急 激 な 後 退 を 直 接 の 要 因 とするものであったことが 挙 げられる 注 ) ここではデータの 制 約 から 製 造 業 非 製 造 業 ともに 大 企 業 は 資 本 金 1 億 円 以 上 中 小 企 業 は 資 本 金 1 億 円 未 満 の 企 業 としている - 4 -

2 第 Ⅱ-1-13 図 産 業 別 企 業 規 模 別 にみた 損 益 分 岐 点 売 上 高 比 率 の 推 移 ( 季 調 済 兆 円 ) 大 企 業 ( 季 調 済 %) 9 製 造 業 14 ( 季 調 済 兆 円 ) 大 企 業 ( 季 調 済 %) 145 非 製 造 業 損 益 分 岐 点 売 上 高 比 率 ( 目 盛 り 右 ) 売 上 高 損 益 分 岐 点 年 年 7 ( 季 調 済 兆 円 ) 35 中 小 企 業 製 造 業 ( 季 調 済 %) 14 ( 季 調 済 兆 円 ) 中 小 企 業 ( 季 調 済 %) 16 非 製 造 業 年 ( 注 ) 1. 損 益 分 岐 点 = 固 定 費 / 限 界 利 益 率 固 定 費 = 人 件 費 + 減 価 償 却 費 + 純 営 業 外 費 用 + 販 管 費.7 限 界 利 益 率 =1- 変 動 費 比 率 =1-( 売 上 高 固 定 費 - 経 常 利 益 )/ 売 上 高 2. 製 造 業 非 製 造 業 とも 大 企 業 は 資 本 金 1 億 円 以 上 中 小 企 業 は 資 本 金 1 億 円 未 満 とした 資 料 : 法 人 企 業 統 計 ( 財 務 省 ) 年 7 (2) 製 造 業 で 急 上 昇 する 単 位 労 働 コスト 売 上 高 の 急 速 な 減 少 に 対 応 して 多 くの 製 造 業 では 給 与 カットや 人 員 削 減 等 のコスト 削 減 努 力 が 行 われているが 急 速 な 売 上 高 の 減 少 にこれらコスト 削 減 が 追 いつけない 結 果 2 年 1~12 月 期 以 降 製 造 業 の 単 位 労 働 コストは 大 幅 な 上 昇 を 続 けている( 第 Ⅱ-1-14 図 ) 単 位 労 働 コストとは 物 やサービスを1 単 位 生 み 出 すのに 必 要 な 労 働 費 用 であり 人 件 費 ( 名 目 雇 用 者 報 酬 )を 実 質 付 加 価 値 額 で 除 すことで 得 られる 単 位 労 働 コストが 上 昇 するとき 一 般 に 企 業 はそれを 販 売 価 格 に 転 嫁 しないと 収 益 が 悪 化 してしまう

3 また 単 位 労 働 コスト( 人 件 費 / 実 質 付 加 価 値 額 )の 分 子 と 分 母 を 雇 用 者 数 で 除 せば 賃 金 と 労 働 生 産 性 の 比 率 となり 単 位 労 働 コストの 変 動 が 賃 金 上 昇 率 と 生 産 性 上 昇 率 の 差 で 説 明 できることがわかる( 付 注 1 参 照 ) 製 造 業 の 単 位 労 働 コストは 21 年 1~3 月 期 には 前 年 比 34.8%という 記 録 的 な 上 昇 を 示 し た 足 下 の21 年 4~6 月 期 には 前 年 比 26.4%とやや 上 昇 率 は 鈍 化 したものの 引 き 続 き 高 い 伸 びが 続 いている 他 方 非 製 造 業 をみると 製 造 業 とは 対 照 的 に 単 位 労 働 コストの 上 昇 は21 年 1~3 月 期 が 前 年 比.8% 4~6 月 期 が 同 4.1%とわずかなものにとどまっている ( 前 年 比 %) 4 第 Ⅱ-1-14 図 単 位 労 働 コストの 動 向 ( 製 造 業 非 製 造 業 ) 3 製 造 業 非 製 造 業 元 年 ( 注 ) 単 位 労 働 コスト= 人 件 費 / ただし 基 準 年 の 品 目 ウェイトの 算 定 に 使 用 する 付 加 価 値 額 について 鉱 工 業 指 数 は 減 価 償 却 費 を 除 いた 付 加 価 値 額 を 第 3 次 産 業 活 動 指 数 では 減 価 償 却 費 を 含 めた 粗 付 加 価 値 額 を 使 用 していることに 留 意 資 料 : 法 人 企 業 統 計 ( 財 務 省 ) 鉱 工 業 指 数 第 3 次 産 業 活 動 指 数 実 際 単 位 労 働 コストの 変 動 ( 前 年 比 )を 賃 金 上 昇 率 と 労 働 生 産 性 上 昇 率 に 分 解 してみる と 製 造 業 では2 年 後 半 以 降 売 上 の 急 減 を 受 けて 賃 金 の 削 減 が 行 われているものの 労 働 生 産 性 が 賃 金 減 少 率 を 上 回 って 大 幅 に 低 下 していることから 単 位 労 働 コストの 急 上 昇 を 招 いていることがわかる( 第 Ⅱ-1-15 図 ) 他 方 非 製 造 業 では 賃 金 は 同 様 に 下 落 して いるものの 労 働 生 産 性 の 低 下 がそれほど 大 きくなかったことから 単 位 労 働 コストの 上 昇 が 製 造 業 に 比 べ 低 く 抑 えられていることがわかる( 第 Ⅱ-1-16 図 )

4 第 Ⅱ-1-15 図 単 位 労 働 コストの 変 動 要 因 分 解 ( 製 造 業 ) ( 前 年 比 % %ポイント) 賃 金 上 昇 率 労 働 生 産 性 上 昇 率 ( 逆 符 号 ) 単 位 労 働 コスト 元 年 ( 注 ) 単 位 労 働 コストの 分 解 については 付 注 1を 参 照 資 料 : 法 人 企 業 統 計 ( 財 務 省 ) 労 働 力 調 査 ( 総 務 省 ) 鉱 工 業 指 数

5 ( 前 年 比 % %ポイント) 4 第 Ⅱ-1-16 図 単 位 労 働 コストの 変 動 要 因 分 解 ( 非 製 造 業 ) 賃 金 上 昇 率 労 働 生 産 性 上 昇 率 ( 逆 符 号 ) 単 位 労 働 コスト 元 年 ( 注 ) 単 位 労 働 コストの 分 解 については 付 注 1を 参 照 資 料 : 法 人 企 業 統 計 ( 財 務 省 ) 労 働 力 調 査 ( 総 務 省 ) 第 3 次 産 業 活 動 指 数 なお 売 上 高 の 増 減 は 稼 働 率 の 増 減 を 通 じて 産 業 の 労 働 生 産 性 に 大 きな 影 響 を 与 え る( 付 注 2 参 照 ) 第 Ⅱ-1-17 図 は 製 造 業 及 び 非 製 造 業 について 稼 働 率 と 労 働 生 産 性 の 関 係 を 示 したものであるが これをみると 両 者 は 極 めて 相 似 した 動 きを 示 しており 短 期 的 な 労 働 生 産 性 の 変 動 がおもに 稼 働 率 の 変 動 によるものであることがわかる そのうえで 過 去 からの 稼 働 率 の 変 動 幅 をみると 製 造 業 では 毎 期 の 変 動 が 大 きい 一 方 非 製 造 業 では 変 動 は 相 対 的 に 小 さいことがみてとれる このようなことから 非 製 造 業 は 製 造 業 に 比 べ 景 気 循 環 に 対 する 感 応 度 が 低 いと 言 える

6 第 Ⅱ-1-17 図 労 働 生 産 性 と 稼 働 率 ( 前 年 比 %) 2 製 造 工 業 ( 前 年 比 % ) 2 非 製 造 業 労 働 生 産 性 3 労 働 生 産 性 稼 働 率 指 数 3 稼 働 率 指 数 年 ( 注 ) 製 造 工 業 の 稼 働 率 は 鉱 工 業 生 産 指 数 の 稼 働 率 指 数 ( 原 指 数 )を 使 用 した 非 製 造 業 の 稼 働 率 は 第 3 次 産 業 活 動 指 数 ( 原 指 数 )を 非 製 造 業 の 資 本 ストック( 取 付 けベース)で 除 したものから 下 方 トレンドを 除 いたものを 使 用 した 資 料 : 資 本 ストック 統 計 ( 内 閣 府 ) 鉱 工 業 指 数 第 3 次 産 業 活 動 指 数 年 生 産 のグローバル 化 によって 耐 久 消 費 財 を 中 心 に 販 売 価 格 の 急 速 な 下 落 が 中 長 期 的 に 持 続 するなかで( 第 Ⅱ-1-18 図 ) 足 下 での 世 界 的 な 消 費 需 要 の 落 ち 込 みは 我 が 国 製 造 業 の 国 内 での 価 格 転 嫁 を 一 層 困 難 なものとしている 第 Ⅱ-1-18 図 消 費 者 物 価 指 数 の 推 移 ( 平 成 17 年 =1) 総 合 サービス 耐 久 消 費 財 年 資 料 : 消 費 者 物 価 指 数 ( 総 務 省 )

7 第 Ⅱ-1-19 図 及 び 第 Ⅱ-1-2 図 は 企 業 の 価 格 転 嫁 の 動 向 をみるために 製 造 業 並 びに 非 製 造 業 について 単 位 販 売 価 格 の 変 動 を 単 位 労 働 コスト 単 位 非 労 働 コスト(= 資 本 コス ト) 及 び 単 位 利 益 に 分 解 したものである 単 位 販 売 価 格 ( 名 目 粗 付 加 価 値 額 / )とは 実 質 付 加 価 値 1 単 位 あたり の 採 算 で 産 出 価 格 とも 呼 ばれる 名 目 粗 付 加 価 値 額 は 人 件 費 減 価 償 却 費 支 払 利 息 等 及 び 税 引 前 利 益 の 合 計 であるから 単 位 販 売 価 格 は 単 位 労 働 コスト( 人 件 費 / 実 質 粗 付 加 価 値 額 ) 単 位 非 労 働 コスト( 資 本 コスト/ ) 及 び 単 位 利 益 ( 税 引 前 利 益 / 実 質 粗 付 加 価 値 額 )の3つに 分 解 できる すなわち 単 位 販 売 価 格 = 単 位 労 働 コスト+ 単 位 非 労 働 コスト( 資 本 コスト)+ 単 位 利 益 となる( 付 注 3 参 照 ) コスト( 単 位 労 働 コスト 及 び 単 位 非 労 働 コスト)の 上 昇 局 面 であっても コストの 増 加 分 を 価 格 に 転 嫁 することができれば 単 位 利 益 はプラスを 維 持 することができるが コスト 上 昇 分 を 価 格 に 転 嫁 できない 場 合 単 位 利 益 はマイナスとなる 実 際 製 造 業 の 単 位 利 益 の 動 きをみると 単 位 販 売 価 格 が 大 きく 低 下 した19 年 から2 年 ま での 間 は 単 位 利 益 を 大 幅 に 減 少 させることで 対 応 していたことがみてとれる 21 年 以 降 は 単 位 販 売 価 格 は 改 善 に 転 じたものの 単 位 労 働 コスト 及 び 単 位 非 労 働 コストが 急 増 した 結 果 単 位 利 益 は 引 き 続 き 大 きく 減 少 している 販 売 価 格 の 下 落 やコストの 上 昇 に 対 して 価 格 転 嫁 ではなく 利 益 の 圧 縮 削 減 で 対 応 しなければならない 我 が 国 製 造 業 の 苦 しい 立 場 がみてとれ る 他 方 非 製 造 業 についてみてみると 製 造 業 と 同 様 19 年 以 降 単 位 販 売 価 格 が 下 落 する なか 単 位 利 益 は 減 少 しているが 減 少 幅 は 製 造 業 に 比 べ 小 幅 にとどまっており 足 下 での 価 格 転 嫁 は 製 造 業 ほど 困 難 ではないことがみてとれる 非 製 造 業 のこうした 動 きの 背 景 には サービス では 1 供 給 (サービスの 提 供 )と 消 費 (サ ービスの 受 け 取 り)が 同 時 かつ 相 対 で 行 われる 必 要 があることから 製 造 業 とは 異 なり グ ローバル 化 の 影 響 を 受 けにくいこと 2 家 計 支 出 の 中 で 家 賃 や 電 力 ガス 水 道 など 人 件 費 と は 関 係 なく 価 格 が 決 定 されている 費 目 が 比 較 的 大 きなウェイトを 占 めていること などといった 非 製 造 業 としての 特 徴 が 挙 げられる 注 ) 注 ) 実 際 の 計 算 にあたっては データの 制 約 から 資 本 コストには 減 価 償 却 費 及 び 支 払 利 息 等 の 合 計 税 引 前 利 益 には 経 常 利 益 を 使 用 した

8 ( 前 年 比 % %ポイント) 4 第 Ⅱ-1-19 図 単 位 販 売 価 格 の 変 動 要 因 分 解 ( 製 造 業 ) 3 2 単 位 利 益 単 位 非 労 働 コスト 単 位 労 働 コスト 単 位 販 売 価 格 元 年 ( 注 ) 単 位 販 売 価 格 の 分 解 については 付 注 1 及 び3を 参 照 資 料 : 鉱 工 業 指 数 法 人 企 業 統 計 ( 財 務 省 ) 労 働 力 調 査 ( 総 務 省 ) ( 前 年 比 % %ポイント) 4 第 Ⅱ-1-2 図 単 位 販 売 価 格 の 変 動 要 因 分 解 ( 非 製 造 業 ) 3 2 単 位 利 益 単 位 非 労 働 コスト 単 位 労 働 コスト 単 位 販 売 価 格 年 ( 注 ) 単 位 販 売 価 格 の 分 解 については 付 注 1 及 び3を 参 照 資 料 : 法 人 企 業 統 計 ( 財 務 省 ) 労 働 力 調 査 ( 総 務 省 ) 第 3 次 産 業 活 動 指 数

9 (3) 雇 用 賃 金 の 動 向 すでにみたように 製 造 業 における 単 位 労 働 コストは21 年 1~3 月 期 にいったん 大 幅 に 上 昇 した 後 4~6 月 期 には 大 きく 伸 びを 鈍 化 させている こうした 製 造 業 の 動 きを 受 けて 全 産 業 ベースでみた 単 位 労 働 コストも4~6 月 期 には 上 昇 率 が 大 きく 鈍 化 しているが 失 業 率 ( 完 全 失 業 率 ) 及 び 賃 金 ( 名 目 雇 用 者 報 酬 )の 悪 化 には 依 然 として 歯 止 めがかかっていない( 第 Ⅱ 図 ) 単 位 労 働 コストの 上 昇 分 を 価 格 転 嫁 などによって 吸 収 することができずに 収 益 の 急 速 な 悪 化 に 直 面 した 企 業 は 人 件 費 等 コストの 削 減 によって 対 応 せざるを 得 ず その 場 合 には 雇 用 賃 金 情 勢 の 一 段 の 悪 化 は 避 けられなくなる 実 際 単 位 労 働 コストの 水 準 が 足 下 でも 引 き 続 き 高 水 準 にあることに 鑑 みれば 改 善 に 転 じた 企 業 収 益 とは 対 照 的 に 雇 用 や 賃 金 の 厳 しさは 今 後 もしばらくの 間 続 くことが 予 想 される 第 Ⅱ-1-21 図 単 位 労 働 コストと 雇 用 者 報 酬 失 業 率 (σ) 月 期 3.7σ 3 2 名 目 雇 用 者 報 酬 ( 前 年 比 ) 単 位 労 働 コスト( 前 年 比 ) 完 全 失 業 率 ( 前 年 差 ) 年 ( 注 ) 各 データは 平 均 値 と 標 準 偏 差 を 用 いて 正 規 化 してある 資 料 : 労 働 力 調 査 ( 総 務 省 ) 国 民 経 済 計 算 ( 内 閣 府 ) 以 下 では 製 造 業 を 中 心 に 厳 しい 雇 用 環 境 が 続 くなか リーマンショックの 前 後 で 非 製 造 業 を 含 めた 我 が 国 全 体 の 雇 用 環 境 がどのように 変 化 しているのかをみてみる 第 Ⅱ-1-22 図 は リーマンショックの2 年 9 月 以 降 21 年 8 月 までの 間 の 農 林 業 を 除 く 産 業 別 雇 用 者 数 の 増 減 をみたものであるが この 間 製 造 業 が 93 万 人 減 少 した 一 方 で 非 製 造 業 における 雇 用 者 増 加 数 は 医 療 福 祉 サービスを 中 心 に 計 21 万 人 にとどまっている

10 これは 非 製 造 業 では 医 療 福 祉 サービスなどで 雇 用 が 大 幅 に 増 加 する 一 方 で 卸 小 売 業 ( 13 万 人 )や 職 業 紹 介 労 働 者 派 遣 業 ( 13 万 人 ) 他 に 分 類 されないサービス 業 ( 1 9 万 人 )などで 雇 用 が 大 きく 減 少 しているためである こうして 短 期 的 には 製 造 業 での 急 激 な 雇 用 喪 失 が 非 製 造 業 での 雇 用 創 出 を 大 きく 上 回 っていることがわかる しかしながら リーマンショック 以 前 の19 年 1 月 から21 年 8 月 までのより 長 期 間 での 産 業 別 雇 用 者 数 ( 農 林 業 を 除 く)の 増 減 をみると( 第 Ⅱ-1-23 図 ) 製 造 業 ( 15 万 人 ) 及 び 建 設 業 ( 22 万 人 )が 雇 用 を 計 127 万 人 減 少 させた 一 方 で 非 製 造 業 における 雇 用 者 数 は 医 療 注 福 祉 サービスや 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 を 中 心 に 計 133 万 人 も 増 加 している ) 第 Ⅱ-1-22 図 産 業 別 業 種 別 雇 用 者 数 増 減 (2 年 9 月 21 年 8 月 ) ( 万 人 2 年 9 月 21 年 8 月 の 増 減 ) 8 4 鉱 業, 採 石 業, 砂 利 採 取 業 3 建 設 業 2 非 製 造 業 21 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 8 運 輸 業, 郵 便 業 13 金 融 業, 保 険 業 3 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 5 宿 泊 業, 飲 食 サービス 業 4 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 4 医 療, 福 祉 42 機 械 等 修 理 業 非 農 林 業 8 漁 業 2 製 造 業 93 情 報 通 信 業 6 卸 売 業, 小 売 業 13 不 動 産 業, 物 品 賃 貸 業 3 教 育, 学 習 支 援 業 6 郵 便 局 協 同 組 合 1 サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) -19 廃 棄 物 処 理 業 3 職 業 紹 介 労 働 者 派 遣 業 13 その 他 の 事 業 サービス 業 4 公 務 1 資 料 : 労 働 力 調 査 ( 総 務 省 ) 注 ) 同 図 では この 間 郵 便 局 協 同 組 合 の 雇 用 が 19 万 人 減 少 する 一 方 で 運 輸 業 郵 便 業 における 雇 用 が 同 数 増 加 しているが これは 日 本 郵 政 公 社 が19 年 1 月 1 日 に 民 営 分 社 化 されたことに 伴 い 産 業 分 類 間 の 移 動 が 行 われたためであることに 留 意

11 第 Ⅱ-1-23 図 産 業 別 業 種 別 雇 用 者 数 増 減 (19 年 1 月 21 年 8 月 ) ( 万 人 19 年 1 月 21 年 8 月 の 増 減 ) 非 農 林 業 5 漁 業 3 鉱 業, 採 石 業, 砂 利 採 取 業 2 非 製 造 業 133 情 報 通 信 業 2 運 輸 業, 郵 便 業 19 卸 売 業, 小 売 業 9 金 融 業, 保 険 業 1 不 動 産 業, 物 品 賃 貸 業 3 宿 泊 業, 飲 食 サービス 業 29 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 13 医 療, 福 祉 72 サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 2 機 械 等 修 理 業 8 その 他 の 事 業 サービス 業 建 設 業 22 製 造 業 15 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 3 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 3 教 育, 学 習 支 援 業 13 郵 便 局 協 同 組 合 19 廃 棄 物 処 理 業 1 職 業 紹 介 労 働 者 派 遣 業 4 公 務 6 資 料 : 労 働 力 調 査 ( 総 務 省 ) さらに 第 Ⅱ-1-24 図 は2 年 1 月 以 降 の 産 業 別 の 雇 用 者 数 の 増 減 ( 前 年 同 月 差 )を 示 したものであるが これをみると 低 迷 を 続 けていた 製 造 業 雇 用 者 数 の 伸 びが21 年 3 月 以 降 大 幅 な 減 少 に 転 じている 反 面 非 製 造 業 の 雇 用 はほぼ 一 貫 して 増 加 を 続 けている そして 21 年 3 月 以 降 製 造 業 の 雇 用 が 大 幅 な 減 少 に 転 じた 後 は 逆 に 非 製 造 業 は 増 加 幅 を 拡 大 さ せており 製 造 業 で 失 業 した 雇 用 者 の 一 部 が 非 製 造 業 によって 吸 収 されている 実 態 がうかが える - 5 -

12 第 Ⅱ-1-24 図 産 業 別 雇 用 者 数 増 減 ( 前 年 同 月 差 万 人 ) 非 製 造 業 建 設 業 年 資 料 : 労 働 力 調 査 ( 総 務 省 ) 年 非 農 林 業 83 製 造 業 その 一 方 で 完 全 失 業 者 から 非 労 働 力 (15 歳 以 上 人 口 から 就 業 者 及 び 完 全 失 業 者 を 除 いたもの)に 移 動 した 者 の 数 はリーマンショックの2 年 秋 以 降 急 増 している( 第 Ⅱ-1-25 図 ) 一 般 に 景 気 後 退 期 における 失 業 者 から 非 労 働 力 への 移 動 は なかなか 就 職 先 が 見 つか らないことによる 就 業 意 欲 の 低 下 を 反 映 したものとされるが 実 際 に 非 労 働 力 となった 原 因 を 把 握 するためには ストックとしての 失 業 者 数 の 増 加 による 効 果 と 就 業 状 態 間 のフローの 注 変 化 による 効 果 ( 推 移 確 率 という この 場 合 は 完 全 失 業 者 が 非 労 働 力 に 移 動 する 確 率 ) ) の2 つに 分 解 してみることが 必 要 である 注 ) 就 業 状 態 間 のフローとは 15 歳 以 上 人 口 のうち 就 業 している 者 ( 就 業 者 ) 失 業 している 者 ( 完 全 失 業 者 ) 及 び それらのいずれにも 属 さない 者 ( 非 労 働 力 )の 3 つの 状 態 間 の 人 の 移 動 を 指 す また 推 移 確 率 とは ある 状 態 の 者 が 別 の 状 態 に 移 動 する 確 率 をいう ここでは 前 月 に 完 全 失 業 者 で 当 月 非 労 働 力 となった 者 の 数 を 前 月 の 完 全 失 業 者 数 で 割 ったものを 使 用 した この 数 値 が 上 昇 していれば 何 らかの 理 由 によって 就 業 意 欲 が 低 下 していることが 疑 われる

13 第 Ⅱ-1-25 図 就 業 状 態 間 のフロー( 全 産 業 ベース) ( 万 人 ) 完 全 失 業 者 非 労 働 力 年 19 年 2 年 21 年 ( 注 ) 中 心 化 12か 月 移 動 平 均 資 料 : 労 働 力 調 査 ( 総 務 省 ) そこで 完 全 失 業 者 が 非 労 働 力 に 移 動 する 確 率 ( 推 移 確 率 )をみてみると( 第 Ⅱ-1-26 図 ) リーマンショックの2 年 秋 までは 推 移 確 率 の 変 動 が 完 全 失 業 者 から 非 労 働 力 に 移 動 した 者 の 数 の 変 動 と 極 めて 近 い 動 きを 示 している これは 完 全 失 業 者 の 数 が 低 位 で 推 移 す るなか 推 移 確 率 の 変 動 が そのまま 完 全 失 業 者 から 非 労 働 力 に 移 動 する 者 の 数 の 変 動 に 表 れていることを 示 している 他 方 2 年 秋 以 降 は 推 移 確 率 が 低 下 を 続 ける 中 で 完 全 失 業 者 から 非 労 働 力 に 移 動 する 者 の 数 が 反 転 上 昇 しており 両 者 の 相 関 は 完 全 に 失 われている 推 移 確 率 が 低 下 しているにもかかわらず 非 労 働 力 に 移 動 する 者 の 数 が2 年 秋 以 降 増 加 に 転 じているのは 推 移 確 率 の 低 下 傾 向 を 上 回 って 新 たに 失 業 者 となる 者 の 数 が 急 増 してい るからにほかならない こうしたことから 完 全 失 業 者 から 非 労 働 力 に 移 動 した 者 の 数 が 増 加 に 転 じた 理 由 は 完 全 失 業 者 が 非 労 働 力 に 移 動 する 確 率 ( 割 合 )が 高 まったのではなく 完 全 失 業 者 の 数 自 体 が 急 増 したことによるものであることがわかる そして 完 全 失 業 者 が 非 労 働 力 に 移 動 する 確 率 が 低 下 していることは 雇 用 環 境 が 厳 しさ を 増 すなか 人 々の 求 職 意 欲 がますます 高 まっていることを 表 している

14 第 Ⅱ-1-26 図 就 業 状 態 間 のフローと 推 移 確 率 ( 全 産 業 ベース) ( 万 人 ) 完 全 失 業 者 非 労 働 力 31 2 年 9 月 12% % 28 1% 前 月 完 全 失 業 者 で 当 月 非 労 働 力 となった 者 の 数 推 移 確 率 ( 目 盛 り 右 ) 18 年 19 年 2 年 21 年 9% ( 注 )1.t 期 に 完 全 失 業 者 であった 者 の 数 を U t 非 労 働 力 であった 者 の 数 を N t 前 月 の 状 態 X から 当 月 の 状 態 Y へ 移 動 した 者 の 数 をXY t とすれば t-1 期 に 完 全 失 業 者 であった 者 がt 期 に 非 労 働 力 になる 確 率 ( 推 移 確 率 )un t は un t =UN t /U t-1 と 表 される 2. 前 月 完 全 失 業 者 で 当 月 非 労 働 力 となった 者 の 数 は 中 心 化 12か 月 移 動 平 均 を 施 している 資 料 : 労 働 力 調 査 ( 総 務 省 ) (5) まとめ 以 上 のように 個 人 消 費 を 取 り 巻 く 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 厳 しい 状 況 にある 輸 出 の 回 復 や 政 府 の 景 気 対 策 等 を 背 景 に 企 業 収 益 は 底 打 ちから 回 復 に 向 かっているが 生 産 活 動 は 依 然 として 極 めて 低 い 水 準 にある こうしたことから 企 業 は 引 き 続 き 人 件 費 等 のコスト 削 減 を 進 めている 賃 金 や 雇 用 の 先 行 き 不 安 が 広 がるなか 国 内 の 消 費 にとっては 依 然 厳 しい 環 境 が 続 いている

15 付 注 1 単 位 労 働 コスト 単 位 非 労 働 コスト 及 び 単 位 利 益 単 位 労 働 コスト ULC 人 件 費 人 件 費 雇 用 者 数 雇 用 者 数 賃 金 労 働 生 産 性..(1) 単 位 非 労 働 コスト UNLC 資 本 コスト 減 価 償 却 費 支 払 利 息 等..(2) 単 位 利 益 UP 経 常 利 益..(3) 付 注 2 売 上 高 稼 働 率 及 び 生 産 性 の 関 係 売 上 高 と 付 加 価 値 (Y )は 異 なる 概 念 であり 両 者 は 明 確 に 区 別 して 考 える 必 要 がある 売 上 高 と 付 加 価 値 は 必 ずしも 比 例 関 係 にはない( 売 上 高 が 増 えても それを 上 回 って 労 働 投 入 等 生 産 要 素 の 投 入 量 が 増 加 してしまえば 付 加 価 値 は 逆 に 減 少 し てしまう) 売 上 高 の 増 加 が 労 働 生 産 性 の 上 昇 をもたらすのは 短 期 的 には 稼 働 率 の 上 昇 を 通 じてのみである 以 下 はその 過 程 の 概 略 である 1) 売 上 高 稼 働 率 の 関 係 企 業 が 稼 働 率 Z を 上 げるのは 売 上 ( 出 荷 及 び 在 庫 )を 増 加 させるために 生 産 を 拡 大 するときである そして 生 産 を 拡 大 させるとき 企 業 は まず 既 存 設 備 の 稼 働 率 Z を 上 げる ことで 対 応 する 逆 に 売 上 高 の 減 少 を 受 けて 生 産 を 縮 小 させるとき 企 業 は まず 稼 働 率 を 下 げることによって 対 応 する よって 売 上 高 稼 働 率 の 関 係 が 成 立 する 2) 稼 働 率 労 働 生 産 性 の 関 係 一 般 的 なコブ ダグラス 型 の 生 産 関 数 に 明 示 的 に 稼 働 率 Z を 組 み 込 んだ 生 産 関 数 を 以 下 のように 定 義 する

16 Y = A (ZK ) α L (1-α ), <α<1 ただし Y A L Z K α : 実 質 付 加 価 値 : 全 要 素 生 産 性 : 労 働 投 入 : 稼 働 率 : 資 本 ストック 残 高 : 資 本 分 配 率 Y は 一 次 同 次 であるから Y /L = A (1/L ZK ) α (1/L L ) (1-α ) = A ( ZK/L ) α が 成 立 する 左 辺 の Y /L は 労 働 生 産 性 右 辺 の ZK /L は 資 本 装 備 率 を 示 す すなわち 労 働 生 産 性 Y /L は 全 要 素 生 産 性 A 稼 働 率 Z 及 び 資 本 ストッ ク K に 比 例 し 労 働 投 入 L に 反 比 例 する ここで A K 及 び L が 一 定 とすると 稼 働 率 Z の 上 昇 ( 低 下 )は 左 辺 の 増 大 ( 減 少 ) すなわち 労 働 生 産 性 の 上 昇 ( 低 下 )をもたらす 3) 結 論 以 上 から 売 上 高 の 増 加 ( 減 少 ) 稼 働 率 の 上 昇 ( 低 下 ) 労 働 生 産 性 上 昇 ( 低 下 ) という 関 係 が 成 立 する 付 注 3 単 位 販 売 価 格 の 変 動 要 因 分 解 単 位 販 売 価 格 名 目 粗 付 加 価 値 額..(1) 人 件 費 減 価 償 却 費 支 払 利 息 等 経 常 利 益..(2) 単 位 労 働 コスト 単 位 非 労 働 コスト 単 位 利 益..(3)

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

Microsoft Word レポート(最終)

Microsoft Word レポート(最終) 景 気 動 向 指 数 からみる 消 費 税 増 税 後 の 県 内 景 気 < はじめに > 26 4 月 に 消 費 税 が5%から8%へと 引 き 上 げられた 本 県 経 済 は 増 税 直 後 か ら 一 部 で 増 税 に 伴 う 駆 け 込 み 需 要 の 反 動 減 がみられるなど 全 体 として 弱 い 動 きが 続 き 増 税 から2 近 くたった 現 在 においても 直 接 的

More information

<34323192AC96AF8F8A93BE90848C762E786C73>

<34323192AC96AF8F8A93BE90848C762E786C73> 平 成 21 年 度 和 泊 町 民 所 得 推 計 報 告 書 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 大 島 郡 和 泊 町 は し が き ここに 平 成 21 年 度 町 民 所 得 推 計 結 果 を 公 表 します 御 承 知 の 通 り, 町 民 所 得 推 計 は, 町 民 の1 年 間 の 経 済 活 動 によって 生 み 出 された 所 得 を 総 合 的 に 把 握 して,

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx 平 成 21 間 回 顧 住 宅 投 資 の 動 向 について 以 降 建 設 投 資 は 低 迷 しており その 中 で 住 宅 投 資 の 下 落 は 顕 著 である 21 12 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 前 同 月 比.7% 減 の 6.9 万 戸 と 前 比 マイナス は13カ 月 続 いており 21 では 前 比 27.9%の 78 万 841 戸 であった 8 万 戸

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 原 油 2ドル/バレルの 衝 撃 発 表 日 :8 年 5 月 23 日 ( 金 ) ~ 今 年 度 1ドル=1 円 想 定 で 家 計 負 担 増 74,756 円 / 年 経 常 利 益 13.3% 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

4-1_H25riyousyanotameni

4-1_H25riyousyanotameni 1 市 町 村 民 所 得 の 目 的 と 利 用 について 市 町 村 民 所 得 は 市 町 村 の 経 済 実 態 を 包 括 的 に 明 らかにし 併 せて 県 民 経 済 における 市 町 村 経 済 の 位 置 を 明 らかにします また 市 町 村 経 済 相 互 間 の 比 較 をすることにより 県 民 経 済 の 地 域 的 分 析 と 地 域 開 発 施 策 の 基 礎 資 料

More information

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい Research Report 2015 年 8 月 7 日 経 営 サポートセンター リサーチグループ 主 査 浅 野 俊 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について( 平 成 20 年 度 - 平 成 25 年 度 ) 福 祉 医 療 機 構 のデータに 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までにわたる 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 経 年 分 析 を

More information

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島 経 営 発 達 支 援 画 策 定 推 進 事 業 鶴 ヶ 島 市 地 域 経 済 状 況 調 査 分 析 事 業 平 成 27 年 4 月 30 日 鶴 ヶ 島 市 商 工 会 株 式 会 社 ぶぎん 地 域 経 済 研 究 所 目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全 はははは 平 成 25 年 12 月 3 日 平 成 26 年 2 月 26 日 改 訂 統 計 トピックスNo.75 経 済 センサスでみる12 大 都 市 の 産 業 特 性 と 主 要 産 業 - 平 成 24 年 経 済 センサス 活 動 調 査 の 分 析 事 例 2 地 域 分 析 - 経 済 センサスは 我 が 国 の 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 状 態 を 全

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え 215 年 1 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 中 国 支 店 株 式 会 社 日 本 経 済 研 究 所 総 務 本 部 経 営 企 画 部 人 口 減 少 時 代 における 広 島 都 市 圏 の 現 状 と 女 性 の 就 業 状 況 < 要 旨 > - 国 勢 調 査 にみる 人 口 動 向 を 中 心 に- 広 島 都 市 圏 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口

More information

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する 平 成 27 年 (215 年 )6 月 3 日 NO.215-6 成 長 力 の 底 上 げに 向 け 前 向 きな 変 化 が 現 れてきた 企 業 行 動 要 旨 企 業 行 動 の 前 向 きな 変 化 の 背 景 には 経 常 利 益 が 過 去 最 高 を 更 新 するなど 円 安 基 調 の 定 着 を 受 けた 収 益 環 境 の 全 般 的 な 改 善 がある 円 安 基 調 の

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として

ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として みずほインサイト 日 本 経 済 216 年 1 月 4 日 今 後 の 住 宅 市 場 をどうみるか?1 住 宅 着 工 は22 年 代 に 6 万 戸 台 へ 経 済 調 査 部 エコノミスト 多 田 出 健 太 3-3591-1283 kenta.tadaide@mizuho-ri.co.jp 世 帯 数 建 替 え ミスマッチの3 要 因 から 住 宅 着 工 戸 数 の 長 期 予 測 を

More information

Z eimu information 平 成 24 年 度 税 制 改 正 案 ~ 給 与 所 得 控 除 の 上 限 設 定 ~ 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 され 各 税 目 の 改 正 案 がそろい ました これらの 項 目 には 平 成 23 年 度 税

Z eimu information 平 成 24 年 度 税 制 改 正 案 ~ 給 与 所 得 控 除 の 上 限 設 定 ~ 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 され 各 税 目 の 改 正 案 がそろい ました これらの 項 目 には 平 成 23 年 度 税 32012 今 年 も 年 度 末 を 迎 えます 会 社 では 異 動 など 動 きの 多 い 時 期 ですが 皆 様 然 るべき 手 続 き はお 済 みでしょうか? 掲 載 内 容 に 関 してご 不 明 点 等 あれば お 気 軽 に 当 事 務 所 までお 問 い 合 わせください 平 成 24 年 度 税 制 改 正 案 ~ 給 与 所 得 控 除 の 上 限 設 定 ~ 申 告 する

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478> 今 月 のトピックス No.251-1(216 年 3 月 17 日 ) (21 年 =1) 95Q2 98Q2 14 実 質 実 効 為 替 レート( 右 目 盛 ) 12 1 8 製 造 業 の 海 外 生 産 シフトと 輸 出 の 高 付 加 価 値 化 1.リーマンショック 以 降 の 日 本 の 輸 出 の 弱 さの 背 景 には 構 造 的 要 因 日 本 の 輸 出 を 数 量 ベースでみると

More information

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc)

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc) 南 丹 市 建 設 業 新 分 野 進 出 支 援 事 業 補 助 金 申 請 用 紙 記 入 説 明 書 様 式 第 1 号 ( 第 7 条 関 係 )の 記 入 方 法 南 丹 市 長 様 市 長 名 を 記 入 元 号 年 月 日 を 記 入 平 成 年 月 日 申 請 者 情 報 を 記 入 ( 代 表 企 業 ) ( 申 請 者 ) 所 在 地 南 丹 市 園 部 町 小 桜 町 47 番

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc 所 得 階 級 別 にみる 消 費 の 変 化 について 家 計 の 所 得 を 勤 労 者 の 現 金 給 与 総 額 でみると 9 年 月 期 をピクに 減 少 に 転 じ た 後 年 79 月 期 を 底 にやや 持 ち 直 していたが 8 年 になって 伸 び 悩 みがみられ る 同 様 に 家 計 の 最 終 消 費 支 出 は 概 ね 右 肩 上 がりの 増 加 が 続 いていたが 8

More information

Microsoft Word - 2(2)個人消費改

Microsoft Word - 2(2)個人消費改 (2) 個 人 消 費 の 動 向 ( 大 型 小 売 店 販 売 額 は2 ぶりに 減 少 ) 24 の 個 人 消 費 を 大 型 小 売 店 販 売 額 ( 既 存 店 ベース)の 動 きからみると 前 比.5% 減 となり2 ぶりに 前 を 下 回 った 前 の 23 は 東 日 本 大 震 災 直 後 に 自 粛 ムードの 広 がりや 消 費 マインドの 低 下 により 消 費 が 減 少

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

横 須 賀 市 中 小 企 業 振 興 プラン ( 横 須 賀 市 中 小 企 業 振 興 基 本 条 例 に 基 づく 実 行 計 画 ) 平 成 25 年 (2013 年 )2 月 策 定 の 趣 旨 総 務 省 平 成 21 年 経 済 センサス- 基 礎 調 査 の 結 果 では 本 市 の 民 営 事 業 所 数 ( 非 農 林 漁 業 )は 14,593 従 業 者 100 人 未 満

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

Microsoft Word - 文書 3

Microsoft Word - 文書 3 2 事 業 所 調 査 (1) 教 育 訓 練 の 実 施 状 況 1OFF-JTの 実 施 状 況 ( 図 11) 平 成 17 年 度 に 正 社 員 に 対 して OFF-JTを 実 施 した 事 業 所 は72.2%であった 業 種 別 にみると 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 89.4% 医 療, 福 祉 84.9% 金 融 保 険 業 84.4%が 高 い 一 方 教 育, 学 習

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 はじめに 1 凡 例 2 第 1 章 労 働 経 済 推 移

More information

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費

More information

世界測地系対応 全国メッシュ地図

世界測地系対応 全国メッシュ地図 Census Japan 2010 < 2010 年 国 勢 調 査 統 計 地 図 データ( 町 丁 字 等 ) > Version 2012.12 USER GUIDE データの 内 容 Census Japan 2010 は 政 府 統 計 の 総 合 窓 口 (e-stat)にて 公 開 されている 平 成 22 年 国 勢 調 査 ( 小 地 域 統 計 )の 基 本 的 な 統 計 指

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

「消費落ち込み『想定内』」がもたらすもの

「消費落ち込み『想定内』」がもたらすもの 2014 年 5 月 7 日 片 岡 剛 士 コラム 消 費 落 ち 込 み 想 定 内 がもたらすもの 経 済 社 会 政 策 部 主 任 研 究 員 片 岡 剛 士 今 年 の 4 月 1 日 から 消 費 税 が 8%に 引 き 上 げられて 1 カ 月 が 経 過 した 4 月 第 1 週 時 点 の 企 業 の 反 応 についての 報 道 を 見 ると ファミリーマート 1 やローソン 2

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート 2014 年 度 新 車 販 売 の 行 方 発 表 日 :2014 年 1 月 24 日 ( 金 ) ~ 車 体 課 税 の 見 直 しの 効 果 はいかに?~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 エコノミスト 大 塚 崇 広 TEL:03-5221-4525 昨 年 12 月 に 平 成

More information

経済分析第170号

経済分析第170号 内 閣 府 経 済 社 会 総 合 研 究 所 経 済 分 析 170 号 2003 年 第 6 章 TFP の 計 測 とその 要 因 分 析 河 井 啓 希 乾 友 彦 1 産 業 別 TFP の 計 測 と 数 量 変 化 ならびに 価 格 変 化 の 要 因 分 析 1.1 分 析 手 法 われわれの 分 析 方 法 は 生 産 者 行 動 の 理 論 を 前 提 にしている いま 一 国

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果 茅 ヶ 崎 市 景 気 動 向 調 査 (3 月 ) 結 果 1. 調 査 期 間 平 成 27 年 3 月 現 在 2. 調 査 対 象 茅 ヶ 崎 商 工 会 議 所 会 員 より 無 作 為 抽 出 大 型 店 については 茅 ヶ 崎 市 大 型 店 連 絡 協 議 会 加 盟 店 舗 調 査 用 紙 を 郵 送 しファックスで 回 収 3. 回 収 状 況 業 種 調 査 対 象 数 回 答

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 から 見 た 食 品 値 上 げの 影 響 発 表 日 :7 年 月 6 日 ( 火 ) ~ 家 計 負 担 増 +6,79 円 / 年 や 輸 入 増 を 通 じて 名 目 GDP 9,55 億 円 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 永 濱 利 廣 (3-5-453)

More information

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63>

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63> 22 年 度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書 23 年 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 本 報 告 書 についての 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 経 済 班 TEL 03-5253-8111( 代 表 ) 内 線 39-234 目 次 1. 調 査 の 目 的... 1 2. 調 査 の 内 容... 2 2.1 対 象 とする 市 場...

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

2.サービス 関 連 産 業 の 動 向 本 レポートで 取 り 上 げるサービス 関 連 産 業 大 分 類 5 産 業 と 各 産 業 の 中 分 類 までの 事 業 所 数 や 従 業 者 数 ならびに 売 上 収 入 をみたものが 下 図 表 2 である なお 事 業 所 単 位 で 売 上

2.サービス 関 連 産 業 の 動 向 本 レポートで 取 り 上 げるサービス 関 連 産 業 大 分 類 5 産 業 と 各 産 業 の 中 分 類 までの 事 業 所 数 や 従 業 者 数 ならびに 売 上 収 入 をみたものが 下 図 表 2 である なお 事 業 所 単 位 で 売 上 2014 年 9 月 公 益 財 団 法 人 地 方 経 済 総 合 研 究 所 熊 本 のサービス 関 連 産 業 の 特 徴 と 主 要 産 業 の 動 向 ~ 経 済 センサス 活 動 調 査 産 業 別 集 計 より ~ はじめに 本 年 7 月 2 回 目 の 経 済 センサス 基 礎 調 査 が 実 施 された その 調 査 結 果 は 来 年 6 月 末 までに 速 報 が 11 月

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き 経 済 分 析 レポート 215 年 8 月 11 日 全 7 頁 企 業 の 利 益 分 配 から 見 た 賃 金 設 備 投 資 の 先 行 き が 設 備 投 資 のけん 引 役 に 小 林 俊 介 久 後 翔 太 郎 橋 本 政 彦 [ 要 約 ] 足 下 の 日 本 経 済 はこれまでの 拡 大 傾 向 が 一 服 しているが 企 業 収 益 は 極 めて 高 い 水 準 で の 推 移

More information

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73>

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73> 標 準 報 酬 月 額 等 級 表 ( 厚 生 年 金 ) 標 準 報 酬 報 酬 月 額 厚 生 年 金 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 率 14.642% ( 平 成 18 年 9 月 ~ 平 成 19 年 8 月 ) 等 級 月 額 全 額 ( 円 ) 折 半 額 ( 円 ) 円 以 上 円 未 満 1 98,000 ~ 101,000 14,349.16 7,174.58 2 104,000

More information

1. 売 上 高 と 利 益 の 状 況 (つづき) 売 上 高 営 業 利 益 率 は1.9%( 前 年 度 差.2%ポイント 上 昇 ) 売 上 高 経 常 利 益 率 は2.6%( 同.3% ポイント 上 昇 ) 売 上 高 当 期 純 利 益 率 は1.%( 同 1.%ポイント 上 昇 )

1. 売 上 高 と 利 益 の 状 況 (つづき) 売 上 高 営 業 利 益 率 は1.9%( 前 年 度 差.2%ポイント 上 昇 ) 売 上 高 経 常 利 益 率 は2.6%( 同.3% ポイント 上 昇 ) 売 上 高 当 期 純 利 益 率 は1.%( 同 1.%ポイント 上 昇 ) 第 2 章 企 業 の 収 益 構 造 1. 売 上 高 と 利 益 の 状 況 1 企 業 当 たりの 売 上 高 は212.6 億 円 ( 前 年 度 比 12.7% 減 )で2 年 連 続 の 減 少 一 方 営 業 利 益 は4.1 億 円 ( 同 2.3% 増 ) 経 常 利 益 は5.5 億 円 ( 同.1% 増 ) 当 期 純 利 益 は2. 億 円 ( 同 1,6 47.% 増 )となり

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209379926E8BE689E690AE979D8E968BC691B98EB895E28F9E8AEE8F808DD791A52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209379926E8BE689E690AE979D8E968BC691B98EB895E28F9E8AEE8F808DD791A52E646F63> 土 地 区 画 整 理 事 業 損 失 補 償 基 準 細 則 細 則 第 1 基 準 第 6 条 関 係 ( 損 失 補 償 金 の 支 払 い 時 期 等 ) 損 失 補 償 金 の 前 払 いは 移 転 等 の 工 事 着 手 時 に 補 償 金 の70%を 限 度 に 支 払 うものとし 残 額 については 移 転 等 の 工 事 完 了 後 に 支 払 うものとする 細 則 第 2 基 準

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E5959D82C889FC915082AA8CA98D9E82DC82EA82E98CD9977095DB8CAF8DE090AD8169936EE7B28C5B8B50816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E5959D82C889FC915082AA8CA98D9E82DC82EA82E98CD9977095DB8CAF8DE090AD8169936EE7B28C5B8B50816A2E646F63> 大 幅 な 改 善 が 見 込 まれる 雇 用 保 険 財 政 ~ 弾 力 条 項 発 動 による 保 険 料 率 引 下 げの 可 能 性 ~ 予 算 委 員 会 調 査 室 渡 邊 啓 輝 1.はじめに 現 在 第 14 循 環 の 景 気 拡 張 局 面 は4 年 を 経 過 し 平 成 景 気 ( 谷 : 昭 和 61 年 11 月 山 : 平 成 3 年 2 月 )を 超 える 息 の 長

More information

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1 平 成 27 年 12 月 16 日 ( 水 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 ( 理 事 長 菅 野 和 夫 ) 経 済 社 会 と 労 働 部 門 副 主 任 研 究 員 中 野 諭 ( 電 話 )03-5903-6223 URL:http://www.jil.go.jp/ 平 成 27 年 労 働 力 需 給 の 推 計 新 たな 全 国 推 計 を 踏 まえた

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

平成21年度版 よくわかる青森県

平成21年度版 よくわかる青森県 平 成 21 年 度 版 よくわかる 青 森 県 現 在 の 姿 と 未 来 への 挑 戦 青 森 県 企 画 政 策 部 は じ め に 平 成 21 年 度 版 よくわかる 青 森 県 を 刊 行 いたしました よくわかる 青 森 県 は 昭 和 41 年 度 から 平 成 15 年 度 にわたって 刊 行 されていた 経 済 開 発 要 覧 をベースにグレードアップし 平 成 19 年 度 に

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

講 義 のあらまし 1 兵 庫 県 統 計 課 の 情 報 提 供 の 現 状 2 統 計 データのとらえ 方 3 統 計 データの 加 工 分 析 の 方 法 4 標 本 調 査 と 標 本 誤 差 5 統 計 分 析 レポートの 作 成 の 方 法 6 標 本 調 査 に 関 する 例 題 2

講 義 のあらまし 1 兵 庫 県 統 計 課 の 情 報 提 供 の 現 状 2 統 計 データのとらえ 方 3 統 計 データの 加 工 分 析 の 方 法 4 標 本 調 査 と 標 本 誤 差 5 統 計 分 析 レポートの 作 成 の 方 法 6 標 本 調 査 に 関 する 例 題 2 3 地 域 統 計 の 加 工 分 析 の 方 法 兵 庫 県 企 画 県 民 部 ( 統 計 課 ビジョン 課 ) 芦 谷 恒 憲 2015/4/20 講 義 のあらまし 1 兵 庫 県 統 計 課 の 情 報 提 供 の 現 状 2 統 計 データのとらえ 方 3 統 計 データの 加 工 分 析 の 方 法 4 標 本 調 査 と 標 本 誤 差 5 統 計 分 析 レポートの 作 成 の 方

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

Q4. 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 に 関 する 問 い 合 わせ 先 はどこですか? A4. 経 済 産 業 省 に 設 けられた 生 産 性 税 制 電 話 相 談 窓 口 にお 尋 ね 下 さい 電 話 番 号 :03-3501-1565 対 応 時 間 : 平 日 9

Q4. 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 に 関 する 問 い 合 わせ 先 はどこですか? A4. 経 済 産 業 省 に 設 けられた 生 産 性 税 制 電 話 相 談 窓 口 にお 尋 ね 下 さい 電 話 番 号 :03-3501-1565 対 応 時 間 : 平 日 9 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 に 係 る 証 明 書 発 行 に 関 するQ&A 1. 税 制 全 体 に 関 する 件 Q1. 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 の 目 的 は 何 ですか? A1. 産 業 競 争 力 強 化 法 の 施 行 に 伴 い 質 の 高 い 設 備 投 資 の 促 進 を 行 うことによって 事 業 者 の 生 産 性 向 上

More information

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 率 に 関 する 一 考 察 三 井 住 友 信 託 銀 行 ペンション リサーチ センター 研 究 理 事 杉 田 健 要 旨 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 は 将 来 部 分 の 均 衡 のみによって 計 算 されており 予 定 利 率 の 引 下 げ 等 の 後 発 債 務 の 償 却 を 反 映 していないが 本 稿 では 後

More information

平成○年○月期  決算短信(連結)      平成  年  月  日

平成○年○月期  決算短信(連結)      平成  年  月  日 平 成 20 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 20 年 5 月 12 日 上 場 会 社 名 古 河 スカイ 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 コード 番 号 :5741 URL http://www.furukawa-sky.co.jp/ 代 表 者 代 表 取 締 役 社 長 氏 名 原 正 照 問 合 せ 先 責 任 者 経 理 部 長 氏 名 要 隆 明 TEL:(03)5295-3800(

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

Microsoft Word - N-20081110容積率.doc

Microsoft Word - N-20081110容積率.doc Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 容 積 率 緩 和 が 住 宅 投 資 に 及 ぼす 影 響 発 表 日 :08 年 11 月 12 日 ( 水 ) ~20%の 緩 和 で 名 目 GDP1.3 兆 円 分 の 潜 在 需 要 創 出 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (03-5221-4531)

More information

片岡氏提出資料

片岡氏提出資料 第 4 回 今 後 の 経 済 財 政 動 向 等 についての 集 中 点 検 会 合 ( 於 : 総 理 大 臣 官 邸 4 階 大 会 議 室 ) 消 費 税 再 増 税 と 日 本 経 済 2014 年 11 月 17 日 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 経 済 社 会 政 策 部 主 任 研 究 員 片 岡 剛 士 1 2013 年 以 降 の 日 本 経 済 の

More information

Microsoft Word - energize letter_201208

Microsoft Word - energize letter_201208 ENERGIZE LETTER 2012 年 8 月 号 今 月 のトピック 税 務 労 務 会 計 平 成 23 年 度 の 消 費 税 の 税 制 改 正 益 税 メリットの 減 少 採 用 時 の 履 歴 書 に 偽 りが 入 社 後 に 判 明 した 場 合 の 企 業 対 応 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 その4 税 務 : 平 成 23 年 度 の 消 費 税

More information

スライド 1

スライド 1 Research Report http://www.jri.co.jp 新 しい 成 長 戦 略 シリーズ6 持 続 的 賃 金 引 上 げへの 戦 略 賃 金 下 落 のメカニズムと デフレ 低 成 長 脱 却 への 処 方 箋 調 査 部 チーフエコノミスト 山 田 久 213 年 3 月 12 日 No.212-17 要 点 1: 賃 金 下 落 のメカニズム わが 国 の 賃 金 は1997

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

Taro-i04.jtd

Taro-i04.jtd 別 記 9 営 業 調 査 及 び 補 償 金 額 算 定 要 領 Ⅰ 営 業 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 集 を 行 う ものとする ( 法 人 の 場 合 ) イ ) 営 業 所 の 所 在 営 業 所 の 所 在 地 社 名 代 表 者 名 業 種 及 び 開 設 年 月 日 地

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information