資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを"

Transcription

1 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を 営 業 活 動 に 要 する 費 用 と 他 の 関 連 する 費 用 で 除 して 求 められるものであり この 比 率 が100%を 切 る 企 業 は 収 益 的 収 支 が 均 衡 しておらず 赤 字 の 状 態 となっている 公 営 企 業 は 独 立 採 算 を 前 提 としているため この 比 率 が100% 以 上 となるよう 収 益 と 費 用 の 内 容 分 析 を 行 い 赤 字 原 因 を 控 除 する 必 要 がある 収 益 的 収 支 比 率 (%) ( 法 非 適 用 企 業 ) 総 収 益 総 費 用 + 地 方 債 償 還 金 法 適 用 企 業 における 経 常 収 支 比 率 にほぼ 準 じた 指 標 である 経 常 損 失 比 率 (%) 経 常 損 失 営 業 収 益 - 受 託 工 事 収 益 経 常 損 失 が 営 業 収 益 ( 受 託 工 事 収 益 を 除 く )に 占 める 割 合 を 示 すものである 累 積 欠 損 金 比 率 (%) 累 積 欠 損 金 営 業 収 益 - 受 託 工 事 収 益 累 積 欠 損 金 とは 各 事 業 年 度 において 発 生 した 損 失 ( 赤 字 ) 額 を 未 処 理 欠 損 金 として 振 り 替 えたも ののうち 繰 越 利 益 剰 余 金 等 で 補 てんできなかったものの 累 積 された 赤 字 である したがって 累 積 欠 損 金 比 率 が 高 いほど その 企 業 の 単 年 度 の 営 業 収 益 に 比 べて 累 積 欠 損 金 が 多 い ということになる 不 良 債 務 比 率 (%) 不 良 債 務 額 営 業 収 益 - 受 託 工 事 収 益 不 良 債 務 とは 貸 借 対 照 表 で 表 示 された 流 動 負 債 の 額 が 流 動 資 産 の 額 を 超 えた 額 をいい 具 体 的 に は 次 の 算 式 によって 求 められる 不 良 債 務 = 流 動 負 債 -( 流 動 資 産 - 翌 年 度 繰 越 財 源 ) 5

2 資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 示 すもので 1 地 方 財 政 法 によるもの 2 地 方 財 政 健 全 化 法 に よるものの2 種 類 がある 1 地 方 財 政 法 によるもの 資 金 の 不 足 額 ( 流 動 負 債 + 建 設 改 良 費 等 以 外 の 経 費 の 財 源 に 充 てるために 起 こした 地 方 債 の 現 在 高 - 流 動 資 産 )を 事 業 規 模 ( 営 業 収 益 - 受 託 工 事 収 益 )で 除 する 10% 以 上 の 公 営 企 業 は 起 債 に 当 たって 許 可 制 に 移 行 する 2 地 方 財 政 健 全 化 法 によるもの 資 金 の 不 足 額 は 1から 解 消 可 能 資 金 不 足 額 ( 事 業 の 性 質 上 事 業 開 始 後 一 定 期 間 に 構 造 的 に 資 金 の 不 足 額 が 生 じる 等 の 事 情 がある 場 合 において 控 除 する 一 定 の 額 )を 控 除 できる 宅 地 造 成 事 業 は 流 動 資 産 の 算 定 及 び 事 業 の 規 模 等 について 特 例 あり 20% 以 上 の 公 営 企 業 は 経 営 健 全 化 計 画 の 策 定 が 義 務 付 けられる 企 業 債 元 金 償 還 金 対 料 金 収 入 比 率 (%) 建 設 改 良 のための 企 業 債 元 金 償 還 金 料 金 収 入 企 業 債 元 金 償 還 金 対 料 金 収 入 比 率 は 企 業 債 元 金 償 還 金 の 料 金 収 入 に 対 する 割 合 を 示 すものであ る 地 方 公 営 企 業 の 場 合 建 設 投 資 の 財 源 が 企 業 債 に 依 存 している 関 係 上 この 比 率 が 高 くなる 建 設 改 良 のための 企 業 債 元 利 金 償 還 金 企 業 債 元 利 償 還 金 対 料 金 収 入 比 率 (%) 及 び 料 金 収 入 企 業 債 利 息 企 業 債 利 息 対 料 金 収 入 比 率 (%) も 同 様 である 料 金 収 入 職 員 給 与 費 対 料 金 収 入 比 率 (%) 職 員 給 与 費 料 金 収 入 職 員 給 与 費 対 料 金 収 入 比 率 は 職 員 給 与 費 の 分 析 の 上 で 企 業 でもっともよく 用 いられる 指 標 の 一 つである この 比 率 が 高 いほど 固 定 費 の 割 合 が 高 くなり 財 政 硬 直 化 の 原 因 となっている 企 業 債 元 金 償 還 金 対 減 価 償 却 費 比 率 (%) 建 設 改 良 のための 企 業 債 元 金 償 還 金 減 価 償 却 費 地 方 公 営 企 業 については 基 本 的 にはその 施 設 の 建 設 改 良 費 は 企 業 債 を 財 源 とし 施 設 の 減 価 償 却 費 を 財 源 として 企 業 債 を 償 還 する 方 法 がとられている 従 って この 比 率 が100% 以 下 であれば 100%を 下 回 る 額 だけ 内 部 資 金 が 留 保 できるが 100%を 超 えると この 超 過 額 だけ 資 金 不 足 となり 不 足 分 を 補 てんする 財 源 手 当 が 必 要 な 状 態 で ある 6

3 自 己 資 本 回 転 率 (%) 営 業 収 益 - 受 託 工 事 収 益 ( 期 首 自 己 資 本 + 期 末 自 己 資 本 ) 1/2 自 己 資 本 回 転 率 は 自 己 資 本 (= 自 己 資 本 金 + 剰 余 金 )に 対 する 営 業 収 益 (ただし 受 託 工 事 収 益 を 除 く )の 割 合 であり 期 間 中 に 自 己 資 本 の 何 倍 の 営 業 収 益 があがったかを 示 すものである 一 般 的 に この 回 転 率 が 低 くなれば 自 己 資 本 の 収 益 性 が 低 いといえる 固 定 資 産 回 転 率 (%) 営 業 収 益 - 受 託 工 事 収 益 ( 期 首 固 定 資 産 + 期 末 固 定 資 産 ) 1/2 固 定 資 産 回 転 率 は 固 定 資 産 がどの 程 度 経 営 活 動 に 利 用 されているか( 稼 働 状 況 )を 示 すものであ る 従 って この 回 転 率 が 高 いほど 企 業 は 安 定 的 であるといえるし 逆 に 低 いことは 固 定 資 産 が 営 業 収 益 に 比 べて 過 大 であること すなわち 固 定 資 産 への 過 大 投 資 を 意 味 するものである 固 定 資 産 に 対 する 過 大 投 資 は 設 備 の 遊 休 をもたらし 減 価 償 却 費 や 維 持 費 等 の 固 定 費 用 を 増 大 し ひいては 運 転 資 金 の 欠 乏 を 招 き 企 業 破 綻 の 一 因 となる 危 険 性 があるので 常 に 固 定 資 産 回 転 率 と 固 定 固 定 資 産 比 率 (%) とに 注 意 し これらの 比 率 が 著 しく 悪 化 することのな 自 己 資 本 金 + 剰 余 金 いよう 注 意 しなければならない また これらの 比 率 が 悪 化 したときは その 企 業 設 備 の 利 用 方 法 に ついて 検 討 する 必 要 がある なお この 比 率 も 業 種 により 数 値 が 大 きく 異 なる 指 標 である 流 動 資 産 回 転 率 (%) 営 業 収 益 - 受 託 工 事 収 益 ( 期 首 流 動 資 産 + 期 末 流 動 資 産 ) 1/2 流 動 資 産 回 転 率 は 流 動 資 産 が 収 益 によって 何 回 転 しているかを 示 す 指 標 であり この 指 標 が 高 い ほど 企 業 の 流 動 資 産 が 有 効 に 稼 働 していることを 意 味 する 未 収 金 回 転 率 (%) 営 業 収 益 - 受 託 工 事 収 益 ( 期 首 未 収 金 + 期 末 未 収 金 ) 1/2 未 収 金 回 転 率 は 民 間 企 業 における 受 取 勘 定 回 転 率 であり 未 収 金 に 対 する 営 業 収 益 の 割 合 を 示 す 一 般 的 には 回 転 率 が 高 いほど 未 収 期 間 が 短 く 早 く 回 収 されることを 表 し 回 転 率 が 低 い 場 合 はい わゆるこげ 付 き 等 の 不 良 債 権 があることを 意 味 する 流 動 比 率 (%) 流 動 資 産 流 動 負 債 流 動 比 率 は 流 動 負 債 に 対 して これに 見 合 う 流 動 資 産 をどれだけ 有 しているか つまり 短 期 債 務 に 対 する 支 払 能 力 を 示 すものである したがって この 比 率 は 高 いことが 望 ましく 100%を 下 回 っていれば 不 良 債 務 が 発 生 していることになる また 流 動 比 率 の 高 い 団 体 において 流 動 資 産 に 占 める 現 金 の 比 率 が 高 く 年 間 を 通 じてその 傾 向 が 強 い 場 合 は 資 金 の 効 率 的 な 運 用 を 図 ることを 検 討 する 必 要 がある 7

4 酸 性 試 験 比 率 (%) ( 当 座 比 率 ) 現 金 預 金 + 未 収 金 流 動 負 債 酸 性 試 験 比 率 は 流 動 比 率 の 補 助 比 率 である 流 動 負 債 に 対 する 支 払 手 段 として 流 動 資 産 のうち 現 金 預 金 換 金 性 の 高 い 未 収 金 をどれだけ 有 しているか( 支 払 能 力 )を 示 すものであり 100% 以 上 であることが 必 要 である 固 定 比 率 (%) 固 定 資 産 自 己 資 本 金 + 剰 余 金 固 定 比 率 は 固 定 資 産 のうち 自 己 資 本 (= 自 己 資 本 金 + 剰 余 金 )で 調 達 されている 部 分 がどれだ けあるかを 示 すものである 自 己 資 本 を 分 母 としているため この 比 率 は100% 以 下 であることが 望 ましい この 比 率 が 高 い 場 合 には それだけ 他 人 資 本 ( 借 入 資 本 金 負 債 )によって 調 達 されている 部 分 が 多 いことを 示 す 固 定 資 産 対 長 期 資 本 比 率 (%) 固 定 資 産 固 定 負 債 + 資 本 金 + 剰 余 金 固 定 資 産 のうち 自 己 資 本 ( 自 己 資 本 金 + 剰 余 金 )と 長 期 借 入 金 ( 借 入 資 本 金 + 固 定 負 債 )によっ て 調 達 されている 部 分 がどれだけあるか( 財 務 的 安 全 性 )を 示 すものである この 比 率 は 常 に100% 以 下 であること かつ 低 いことが 望 ましい 100%を 上 回 っている 場 合 には 固 定 資 産 の 一 部 が 一 時 借 入 金 等 の 流 動 負 債 によって 調 達 されており 不 良 債 務 が 発 生 していることを 示 す 自 己 資 本 構 成 比 率 (%) 自 己 資 本 + 剰 余 金 負 債 資 本 合 計 自 己 資 本 構 成 比 率 は 公 営 企 業 の 場 合 負 債 資 本 合 計 に 占 める 自 己 資 本 金 の 割 合 ( 自 己 資 本 調 達 度 ) を 示 すものである 企 業 経 営 上 は この 比 率 が 高 いほど 良 いが 通 常 公 営 企 業 はサービス 提 供 に 必 要 な 施 設 については 企 業 債 で 建 設 することが 多 いので 全 般 的 に 低 率 となっている 固 定 資 産 構 成 比 率 (%) 固 定 資 産 固 定 資 産 + 流 動 資 産 + 繰 延 勘 定 一 般 にこの 比 率 は 低 い 方 が 機 動 的 な 経 営 が 可 能 であるが 施 設 型 の 企 業 にあっては 減 価 償 却 費 に 近 い 額 が 固 定 資 産 取 得 のために 借 り 入 れた 企 業 債 の 償 還 に 充 てられることにより 内 部 留 保 資 金 と して 流 動 資 産 に 振 り 替 わる 率 も 少 ないので この 固 定 資 産 構 成 比 率 は 高 くなる 傾 向 にある 8

5 固 定 負 債 構 成 比 率 (%) 固 定 負 債 + 借 入 資 本 金 負 債 資 本 合 計 固 定 負 債 構 成 比 率 は 資 産 の 調 達 源 泉 である 負 債 資 本 合 計 のうち 他 人 資 本 ( 借 入 資 本 金 + 固 定 負 債 )がどのくらいの 割 合 を 占 めているかを 示 すものであり 自 己 資 本 構 成 比 率 と 逆 の 概 念 である 自 己 資 本 構 成 比 率 が 低 く 固 定 負 債 構 成 比 率 が 高 ければ その 企 業 は 常 に 負 債 の 返 済 に 追 われ 企 業 経 営 が 悪 化 していると 言 える 減 価 償 却 率 (%) 減 価 償 却 費 有 形 固 定 資 産 + 無 形 固 定 資 産 - 土 地 - 建 設 仮 勘 定 + 減 価 償 却 費 減 価 償 却 率 は 償 却 資 産 である 固 定 資 産 のうち 当 該 年 度 に 減 価 償 却 される 割 合 を 表 すものである これは 減 価 償 却 費 が 適 当 か 否 か 及 び 統 一 的 な 償 却 方 法 がとられているか 否 かを 示 す 指 標 であり 年 度 によって 極 端 に 変 動 していれば 検 討 を 要 する 利 子 負 担 率 (%) 支 払 利 息 + 企 業 債 取 扱 諸 費 企 業 債 + 他 会 計 借 入 金 + 一 時 借 入 金 利 子 負 担 率 は すべての 負 債 における 利 子 負 担 の 割 合 を 示 すものである この 比 率 が 高 いほど 高 利 の 借 入 を 行 っていることになり 利 子 払 いが 企 業 経 営 を 圧 迫 しているといえる 9

6 2 上 水 道 事 業 用 語 算 出 方 法 解 説 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 行 政 区 域 内 人 口 に 占 める 現 在 給 水 人 口 の 割 合 を 示 すものである 有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 総 配 水 量 のうち 料 金 収 入 として 還 元 される 水 量 の 割 合 を 示 すものである 有 収 率 が 低 いということは 無 収 水 量 が 多 いことを 示 している 施 設 利 用 率 が 高 くても 有 収 率 が 悪 ければ 施 設 の 効 率 的 使 用 が 図 られているとはいえない 無 収 水 量 の 多 くは 1 配 給 水 管 の 漏 水 2 量 水 器 の 性 能 の 劣 悪 化 3 消 防 用 水 等 公 共 栓 に 対 する 無 料 給 水 等 の 原 因 が 考 えられるが その 大 部 分 は1と2によるものである 従 って これに 対 しては 早 急 に 施 設 の 点 検 を 行 い 配 給 水 管 の 整 備 による 漏 水 防 止 の 徹 底 不 感 メーターの 取 替 等 必 要 な 対 策 を 行 う ことが 必 要 である 配 水 管 使 用 効 率 (m3/m) 年 間 総 配 水 量 導 送 配 水 管 延 長 配 水 管 使 用 効 率 は 一 般 に 地 理 的 な 布 設 条 件 としての 人 家 の 密 集 度 をみるものである 従 って 都 市 部 では 高 いが 農 山 漁 村 部 では 低 い 固 定 資 産 使 用 効 率 (m3/ 万 円 ) 年 間 総 配 水 量 有 形 固 定 資 産 固 定 資 産 使 用 効 率 は 有 形 固 定 資 産 に 対 する 年 間 総 配 水 量 の 割 合 である 固 定 資 産 使 用 効 率 が 低 いということは 原 因 として 地 理 的 条 件 により 配 水 管 使 用 効 率 が 低 いこと 等 が 考 えられる 1 戸 当 たり 導 送 配 水 管 延 長 (m) 導 送 配 水 管 延 長 給 水 戸 数 1 戸 当 たりの 導 配 水 管 延 長 を 示 すものであり 施 設 の 利 用 状 況 をみるものである 10

7 施 設 利 用 率 (%) 1 日 平 均 配 水 量 1 日 配 水 能 力 施 設 利 用 率 は 配 水 能 力 に 対 する1 日 平 均 配 水 量 の 割 合 を 示 すものであり 施 設 の 利 用 状 況 の 良 否 の 判 断 として 最 もよく 用 いられる 指 標 の 一 つである この 比 率 が 高 ければ 施 設 の 効 率 的 な 利 用 を 意 味 し 低 ければそれだけ 施 設 が 遊 休 していることと なる さらに この 比 率 は 負 荷 率 と 最 大 稼 働 率 とに 分 けられる 施 設 利 用 率 = 負 荷 率 最 大 稼 働 率 ( 1 日 平 均 配 水 量 )=( 1 日 平 均 配 水 量 ) ( 1 日 最 大 配 水 量 ) 配 水 能 力 1 日 最 大 配 水 量 配 水 能 力 上 記 の 算 式 からわかるとおり 負 荷 率 が 大 であっても 最 大 稼 働 率 が 大 であっても 施 設 利 用 率 は 大 きくなる したがって 施 設 利 用 率 については 負 荷 率 と 最 大 稼 働 率 の 両 方 で 判 断 することが 必 要 と なる 施 設 利 用 率 の 向 上 原 因 が 負 荷 率 の 向 上 による 場 合 には 施 設 の 効 率 的 な 利 用 と 判 断 することがで きるが 最 大 稼 働 率 の 向 上 による 場 合 は 能 力 が 限 界 まで 達 している 場 合 もあり 注 意 を 要 する 最 大 稼 働 率 (%) 1 日 最 大 配 水 量 1 日 配 水 能 力 最 大 稼 働 率 は 配 水 能 力 に 対 する1 日 最 大 配 水 量 の 割 合 を 示 すものであり 現 有 施 設 の 配 水 能 力 が 過 大 投 資 なのか 逆 に 現 有 施 設 が 将 来 にわたり 適 正 な 配 水 施 設 なのかを 判 断 するためのものである したがって この 比 率 が 低 ければ 過 剰 配 水 能 力 を 有 していることになり 先 行 投 資 として 計 画 的 に 施 設 の 拡 充 を 行 い 将 来 に 配 水 量 の 増 加 を 確 実 に 望 める 場 合 以 外 は 普 及 率 等 の 向 上 をさせるような 経 営 努 力 を 必 要 とする そうでないと 現 有 施 設 の 一 部 が 長 期 にわたり 遊 休 することとなる 負 荷 率 (%) 1 日 平 均 配 水 量 1 日 最 大 配 水 量 負 荷 率 は 1 日 最 大 配 水 量 に 対 する1 日 平 均 配 水 量 の 割 合 を 示 し この 比 率 が 高 いほど 施 設 の 利 用 効 率 が 良 いといえる 都 市 部 においては 年 間 を 通 して 平 均 的 に 水 利 用 が 行 われているため 平 均 配 水 量 とピーク 時 の 配 水 量 との 差 が 小 さくなり 負 荷 率 が 高 いと 考 えられる 職 員 1 人 当 たり 給 水 人 口 ( 人 ) 給 水 人 口 損 益 勘 定 所 属 職 員 数 職 員 1 人 当 たり 給 水 量 ( 千 m3/ 人 ) 年 間 総 有 収 水 量 損 益 勘 定 所 属 職 員 数 職 員 1 人 当 たり 営 業 収 益 ( 千 円 / 人 ) 営 業 収 益 損 益 勘 定 職 員 数 11

8 職 員 1 人 当 たり 有 形 固 定 資 産 ( 千 円 / 人 ) 期 末 有 形 固 定 資 産 損 益 勘 定 職 員 数 これらは 職 員 の 労 働 生 産 性 をみるものであり 言 い 換 えれば 職 員 数 が 適 正 な 規 模 になっている かどうかを 示 すものである これらの 数 値 は 給 水 人 口 の 分 布 施 設 の 効 率 化 等 にも 左 右 されるものである 供 給 単 価 ( 円 /m3) 給 水 収 益 年 間 総 有 収 水 量 供 給 単 価 は 水 1m3の 販 売 単 価 がいくらかをみる 指 標 である 当 初 計 画 どおりの 有 収 水 量 があり なおかつ 所 要 の 供 給 単 価 より 低 くなる 場 合 には 使 用 水 量 群 別 供 給 単 価 の 見 直 しが 必 要 となろう 給 水 原 価 ( 円 /m3) 経 常 費 用 -( 受 託 工 事 費 + 附 帯 事 業 費 + 材 料 及 び 不 用 品 売 却 原 価 ) 年 間 総 有 収 水 量 給 水 原 価 は 水 1m3を 販 売 するのに いくらの 費 用 を 要 するかをみる 指 標 である 有 収 水 量 1m3 当 たりの 資 本 費 ( 円 /m3) 減 価 償 却 費 + 企 業 債 利 息 + 受 水 費 中 の 資 本 費 相 当 額 年 間 総 有 収 水 量 これは 水 1m3を 販 売 するのに いくらの 資 本 費 を 要 するかをみる 指 標 である 12

9 3 交 通 事 業 用 語 算 出 方 法 解 説 車 両 稼 働 率 (%) 年 間 延 使 用 車 両 数 年 間 延 在 籍 車 両 数 年 間 延 使 用 車 両 数 を 年 間 延 在 籍 車 両 数 で 除 したもので 車 両 の 使 用 効 率 をみるものである 実 働 1 日 1 車 当 たり 走 行 キロ(km) 年 間 走 行 キロ 年 間 延 使 用 車 両 数 実 働 1 日 1 車 当 たり 輸 送 人 員 ( 人 ) 年 間 輸 送 人 員 年 間 延 使 用 車 両 数 実 働 1 日 1 車 当 たり 運 輸 収 益 ( 円 ) 年 間 運 輸 収 益 年 間 延 使 用 車 両 数 使 用 車 両 の 使 用 効 率 をみる 指 標 であり 実 働 1 日 1 車 当 たりの 1 走 行 キロ 2 輸 送 人 員 3 運 輸 収 益 をみる 乗 車 効 率 (%) 1 人 平 均 乗 車 キロ 年 間 輸 送 人 員 平 均 定 員 年 間 走 行 キロ 乗 車 効 率 = 乗 車 密 度 平 均 定 員 ( 乗 車 密 度 = 年 間 延 人 キロ 年 間 走 行 キロ) 乗 車 密 度 を 平 均 定 員 で 除 することによって どの 程 度 定 員 当 たり 乗 車 しているかを 示 すものである 1 人 当 たり 年 間 走 行 キロ(km) 年 間 走 行 キロ 年 度 末 職 員 数 職 員 1 人 当 たりの 労 働 生 産 性 を 示 すものである 1 車 当 たりの 職 員 数 ( 人 ) 年 度 末 職 員 数 年 度 末 在 籍 車 両 数 1 車 当 たりの 職 員 数 を 示 すものである 職 員 1 人 当 たりの 年 間 輸 送 人 員 ( 人 ) 年 間 輸 送 人 員 年 度 末 全 職 員 数 年 間 輸 送 人 員 を 年 度 末 全 職 員 数 で 除 したもので 労 働 生 産 性 をみるものである 13

10 実 働 1 時 間 当 たり 職 員 給 与 費 ( 円 ) 年 間 職 員 給 与 費 - 退 職 給 与 金 年 間 延 実 働 時 間 給 与 費 を 実 働 時 間 で 除 したもので 実 働 1 時 間 当 たりの 費 用 をみるものである 職 員 給 与 費 対 営 業 収 益 (%) 年 間 職 員 給 与 費 年 間 営 業 収 益 職 員 給 与 費 対 経 常 費 用 (%) 年 間 職 員 給 与 費 年 間 経 常 費 用 職 員 給 与 費 の 営 業 収 益 経 常 費 用 に 占 める 割 合 を 示 すものである 労 働 集 約 産 業 であるバス 事 業 においては 職 員 給 与 費 のウエイトは 高 く 営 業 収 益 経 常 費 用 に 対 する 割 合 も 高 くなっている 仕 業 数 ( 乗 合 ) 当 たり 使 用 車 両 ( 両 ) 年 間 延 使 用 車 両 数 年 間 仕 業 数 仕 業 数 ( 乗 合 ) 当 たり 走 行 キロ(km) 年 間 走 行 キロ 年 間 仕 業 数 仕 業 数 ( 乗 合 ) 当 たり 輸 送 人 員 ( 人 ) 年 間 輸 送 人 員 年 間 仕 業 数 仕 業 数 ( 乗 合 ) 当 たり 運 輸 収 益 ( 円 ) 年 間 運 輸 収 益 年 間 仕 業 数 仕 業 数 ( 乗 合 ) 当 たり 実 働 時 間 ( 時 間 ) 年 間 延 実 働 時 間 年 間 仕 業 数 仕 業 数 当 たりの 1 使 用 車 両 2 走 行 キロ 3 輸 送 人 員 4 運 輸 収 益 5 実 働 時 間 を 示 すもので 労 働 生 産 性 をみる 指 標 である 対 キロ 当 たり 総 収 益 ( 円 ) 経 常 収 益 ( 円 ) (A) 運 輸 収 益 ( 円 ) 総 費 用 ( 円 ) 経 常 費 用 ( 円 ) (B) 職 員 給 与 費 用 ( 円 ) 経 常 収 支 (A-B) 総 収 益 他 年 間 走 行 キロ 年 間 走 行 キロ1キロ 当 たりの 1 総 収 益 2 経 常 収 益 3 運 輸 収 益 4 総 費 用 5 経 常 費 用 6 職 員 給 与 費 を 示 すもので 労 働 生 産 性 をみる 指 標 である 14

11 4 病 院 事 業 用 語 算 出 方 法 解 説 病 院 診 療 所 病 院 とは 医 師 又 は 歯 科 医 師 が 公 衆 又 は 特 定 多 数 人 のため 医 業 又 は 歯 科 医 業 を 行 う 場 所 であ って 患 者 20 人 以 上 の 収 容 施 設 を 有 するものをいう 診 療 所 とは 医 師 又 は 歯 科 医 師 が 公 衆 又 は 特 定 多 数 人 のため 医 業 又 は 歯 科 医 業 を 行 う 場 所 であ って 患 者 の 収 容 施 設 を 有 しないもの 又 は 患 者 19 人 以 下 の 収 容 施 設 を 有 するものをいう 救 急 告 示 病 院 救 急 病 院 等 を 定 める 省 令 ( 厚 生 省 令 第 8 号 昭 )に 基 づき 都 道 府 県 知 事 により 告 示 さ れた 病 院 をいう 不 採 算 地 区 病 院 次 の 要 件 に 該 当 する 一 般 病 院 をいう 病 床 数 が 150 床 未 満 であり 直 近 の 一 般 病 院 までの 移 動 距 離 が15キロメートル 以 上 となる 位 置 に 所 在 している 一 般 病 院 であること ( 第 1 種 該 当 ) 病 床 数 が 150 床 未 満 であり 人 口 集 中 地 区 以 外 の 区 域 に 所 在 している 一 般 病 院 であること ( 第 2 種 該 当 ) 医 業 収 支 比 率 (%) 医 業 収 益 - 受 託 工 事 収 益 医 業 費 用 - 受 託 工 事 費 用 医 業 収 支 比 率 は 病 院 の 収 益 性 をみる 際 経 常 収 支 比 率 とともに 代 表 的 指 標 として 用 いられる 医 業 収 支 比 率 は 医 業 費 用 が 医 業 収 益 で 賄 われるか また どの 程 度 の 収 益 率 をあげているかをみるもの で これが 100% 未 満 の 病 院 は 医 業 費 用 を 医 業 収 益 で 賄 えないことになり 経 営 は 健 全 でないことにな る 15

12 病 床 利 用 率 (%) 年 延 入 院 患 者 数 年 延 許 可 病 床 数 病 床 利 用 率 は 病 床 という 施 設 に 対 し 利 用 者 である 入 院 患 者 がどの 程 度 利 用 したかを 示 すもので あり 収 益 に 関 する 分 析 の 上 で きわめて 重 要 な 指 標 である 平 均 在 院 日 数 ( 日 ) 年 延 在 院 患 者 数 ( 年 度 中 の 新 入 院 患 者 数 + 退 院 患 者 数 ) 1/2 これは 一 定 期 間 内 において 入 院 していた 患 者 の 延 数 を 求 め これを 同 期 間 に 入 退 院 した 患 者 数 で 除 して 求 めた 比 率 である 総 務 省 厚 生 労 働 省 の 統 計 では 分 子 を 夜 間 12 時 現 在 の 在 院 患 者 の 年 ( 月 ) 合 計 としたものを 用 いている 分 母 は 新 入 院 患 者 数 と 退 院 患 者 数 との 差 があまりない 場 合 は どちらかをとってもよいが 大 き な 差 があると 困 るので 平 均 値 をとるのが 一 般 的 である この 値 は 在 院 期 間 の 短 い 一 般 病 床 の 場 合 と 長 い 結 核 や 精 神 病 床 とでは 極 端 に 違 うので 別 々に 計 算 しなければならない 平 均 在 院 日 数 に 関 して 判 断 を 誤 らないために 次 の 点 に 注 意 しなければならない a 平 均 在 院 日 数 は 結 核 病 床 精 神 病 床 と 一 般 病 床 とは 区 分 して 算 出 すること 一 般 病 床 でも 産 科 入 院 が 多 ければ これを 分 離 した 方 がよい また 人 間 ドックの 患 者 も 除 いた 方 がよい b 在 院 患 者 について 在 院 期 間 別 統 計 をとること つまり 在 院 中 の 全 入 院 患 者 について 入 院 期 間 の 長 さ 別 に 度 数 分 布 をつくり これを 前 年 あるいは 前 々 年 の 同 期 の 場 合 と 対 比 するものである もちろん 病 床 種 別 及 び 診 療 科 別 に 分 類 して 観 察 する この 結 果 長 期 入 院 患 者 の 増 減 とその 性 格 が 明 らかになり 患 者 の 滞 溜 を 発 見 することができる c 他 の 病 院 との 比 較 においては 退 院 患 者 の 病 類 別 あるいは 特 定 疾 患 をとりあげて 分 析 するのが 適 切 である 入 院 年 延 入 院 患 者 数 入 院 診 療 日 数 1 日 平 均 患 者 数 ( 人 ) 外 来 年 延 外 来 患 者 数 外 来 診 療 日 数 16

13 外 来 入 院 患 者 比 率 (%) 年 延 外 来 患 者 数 年 延 入 院 患 者 数 外 来 入 院 患 者 比 率 は 職 員 規 模 をみる 場 合 の 補 助 比 率 であり 病 院 の 性 格 立 地 条 件 医 療 需 要 診 療 体 制 等 の 状 況 観 察 に 利 用 される 指 標 である 一 般 病 院 でも 小 規 模 病 院 では 地 域 需 要 から 外 来 患 者 受 診 割 合 が 高 いのでこの 比 率 も 高 くなっている この 比 率 が 高 いほど 入 院 患 者 は 多 く 得 られることになるので 病 床 利 用 率 を 高 め また 入 院 患 者 の 選 択 による 高 次 診 療 が 可 能 になる 利 点 がある 逆 に 比 率 が 小 さいと 空 床 が 多 くなり 長 期 慢 性 患 者 がたまりがちになるという 傾 向 が 生 ずる なお 入 院 待 機 患 者 病 床 利 用 率 の 状 況 平 均 在 院 日 数 の 変 動 と 合 わせて 判 定 することが 肝 要 であ る 入 院 患 者 1 人 1 日 当 たり 診 療 収 入 ( 円 ) 入 院 収 益 年 延 入 院 患 者 数 外 来 患 者 1 人 1 日 当 たり 診 療 収 入 ( 円 ) 外 来 収 益 年 延 外 来 患 者 数 患 者 1 人 1 日 当 たりの 診 療 収 入 は 患 者 1 人 1 日 当 たり 診 療 回 数 診 療 単 価 によって 計 算 される こ の 患 者 1 人 1 日 当 たり 診 療 収 入 の 額 はその 病 院 の 医 療 機 能 レベルを 端 的 に 表 現 するもので 合 わせて 受 診 患 者 の 疾 病 程 度 を 示 す 数 値 として 利 用 されている この 診 療 収 入 額 は 診 療 科 の 構 成 によっても 異 なるので 診 療 料 別 の 実 態 をみることも 必 要 である 病 院 集 団 における 平 均 額 は 一 応 の 水 準 をみるため に 役 立 つが 同 規 模 同 レベルの 病 院 の 実 態 を 把 握 するのに 適 している 医 師 1 人 1 日 当 たり 診 療 収 入 ( 千 円 ) 入 院 収 益 + 外 来 収 益 年 延 医 師 数 看 護 部 門 1 人 1 日 当 たり 診 療 収 入 ( 千 円 ) 入 院 収 益 + 外 来 収 益 年 延 看 護 部 門 職 員 数 薬 品 使 用 効 率 (%) 薬 品 収 入 薬 品 払 出 原 価 薬 品 の 購 入 及 び 使 用 に 伴 う 収 支 の 状 況 を 示 す 数 値 として 薬 品 使 用 効 率 がある 薬 剤 収 益 薬 価 基 準 原 価 薬 剤 収 益 ( 薬 価 + 技 術 料 ) 薬 品 使 用 効 率 = = 薬 品 購 入 原 価 薬 品 購 入 原 価 薬 品 基 準 価 格 ( 購 入 差 益 率 ) 技 術 料 収 益 率 - 薬 品 損 耗 率 ( 破 損 請 求 モレ ミス) この 比 率 は 高 いほど 良 い 算 式 における 前 者 の 購 入 差 益 率 は 購 入 方 法 の 適 正 度 を 示 し 如 何 に 安 く 購 入 しているかという 努 力 度 も 含 まれる 後 者 は 使 用 管 理 上 の 適 正 度 と 保 険 請 求 事 務 技 術 の 精 度 を 示 す 比 率 となる この 薬 品 使 用 効 率 を 活 用 するためには 各 部 門 別 使 用 効 率 を 把 握 し 部 門 別 単 位 に 適 用 することが 必 要 であるが 本 指 標 を 得 るには 部 門 別 原 価 計 算 は 不 可 欠 な 調 査 となる 17

14 医 師 1 人 1 日 当 たり 患 者 数 ( 人 ) 入 院 患 者 数 +( 外 来 患 者 数 0.4) 年 延 医 師 数 看 護 師 1 人 1 日 当 たり 患 者 数 ( 人 ) ( 基 準 看 護 実 施 非 実 施 別 ) 入 院 患 者 数 +( 外 来 患 者 数 0.4) 年 延 看 護 部 門 職 員 数 職 員 1 人 1 日 当 たり 患 者 数 は 職 員 の 労 働 生 産 性 を 示 す 指 標 である 病 床 100 床 当 たり 職 員 数 ( 人 ) 年 度 末 ( 各 種 ) 職 員 数 年 度 末 病 床 数 平 均 年 齢 ( 歳 ) 年 度 末 職 員 延 年 齢 年 度 末 職 員 数 検 査 技 師 年 間 1 人 当 たり 検 査 収 入 ( 千 円 ) 検 査 収 入 年 度 末 検 査 技 師 数 放 射 線 技 師 年 間 1 人 当 たり 検 査 収 入 ( 千 円 ) 放 射 線 検 査 収 入 年 度 末 放 射 線 技 師 数 18

15 5 下 水 道 事 業 用 語 算 出 方 法 解 説 普 及 率 (%) 行 政 区 域 内 人 口 市 街 地 人 口 行 政 区 域 面 積 市 街 地 面 積 現 在 処 理 区 域 内 人 口 行 政 区 域 内 人 口 現 在 処 理 区 域 内 人 口 市 街 地 人 口 現 在 処 理 区 域 面 積 行 政 区 域 面 積 現 在 処 理 区 域 面 積 市 街 地 面 積 これらは 下 水 道 の 整 備 状 況 を 示 す 指 標 である 通 常 普 及 率 といえば 現 在 処 理 区 域 内 人 口 の 行 政 区 域 内 人 口 に 対 する 割 合 を 指 す 水 洗 化 率 (%) 水 洗 便 所 設 置 済 人 口 現 在 処 理 区 域 内 人 口 現 在 処 理 区 域 内 人 口 のうち 水 洗 便 所 を 設 置 し それを 使 用 している 人 口 の 割 合 である 水 洗 化 率 は 下 水 道 事 業 の 独 立 採 算 制 を 支 える 重 要 な 要 素 であるが 通 常 これは 供 用 開 始 後 の 経 過 年 数 に 伴 い 上 昇 することとなる 整 備 済 の 施 設 をフルに 活 用 することにより 投 下 資 本 の 早 期 回 収 及 び 企 業 経 営 の 健 全 化 を 図 るとい う 観 点 から 早 期 に 100%に 近 づける 企 業 努 力 が 必 要 である 管 渠 供 用 率 (%) 供 用 済 延 長 布 設 済 延 長 布 設 済 管 渠 の 延 長 に 占 める 供 用 済 管 渠 の 延 長 の 割 合 を 示 すものである 管 渠 使 用 効 率 (m3/m) 年 間 総 処 理 水 量 供 用 済 延 長 管 渠 1m 当 たりの 処 理 水 量 を 示 すもので 管 渠 の 使 用 効 率 をみる 処 理 場 晴 天 時 平 均 利 用 率 (%) 1 日 平 均 晴 天 時 処 理 量 1 日 晴 天 時 処 理 能 力 水 道 事 業 の 施 設 利 用 率 と 同 様 に 処 理 能 力 に 対 する1 日 平 均 処 理 量 の 割 合 を 示 すものであり 処 理 場 の 利 用 状 況 の 良 否 を 判 断 する 指 標 である 19

16 処 理 場 晴 天 時 最 大 稼 動 率 (%) 1 日 平 均 晴 天 時 処 理 量 1 日 晴 天 時 処 理 能 力 処 理 場 雨 天 時 最 大 稼 動 率 (%) 1 日 平 均 雨 天 時 処 理 量 1 日 雨 天 時 処 理 能 力 処 理 能 力 に 対 する1 日 最 大 処 理 量 の 割 合 を 示 すものであり 現 有 施 設 の 処 理 能 力 が 過 大 投 資 でない のか また 逆 に 現 有 施 設 が 将 来 にわたり 適 正 な 処 理 能 力 を 有 するのかを 判 断 するためのものである 有 収 率 (%) 年 間 有 収 水 量 年 間 総 汚 水 処 理 水 量 総 汚 水 処 理 量 ( 千 m 3 )のうち 使 用 料 収 入 として 還 元 される 水 量 の 割 合 を 示 すものである 職 員 1 人 当 り 処 理 人 口 ( 人 ) 現 在 処 理 区 域 内 人 口 損 益 勘 定 職 員 数 職 員 1 人 当 り 総 処 理 水 量 ( 千 m3) 年 間 総 処 理 水 量 損 益 勘 定 職 員 数 職 員 1 人 当 り 汚 水 処 理 水 量 ( 千 m3) 年 間 総 汚 水 処 理 水 量 損 益 勘 定 職 員 数 職 員 1 人 当 り 営 業 収 益 ( 千 円 ) 営 業 収 益 損 益 勘 定 職 員 数 これらは 職 員 1 人 当 たりの 労 働 生 産 性 を 示 すものである 1 日 汚 水 1 万 m3 当 たり 職 員 数 ( 人 ) 損 益 勘 定 職 員 数 10 ( 年 間 汚 水 処 理 水 量 /365) 1 日 に 汚 水 1 万 m3を 処 理 するのに 要 する 職 員 数 を 示 すものであり 職 員 の 配 置 状 況 を 比 べる 指 標 で ある 補 対 率 (%) 補 助 対 象 事 業 費 総 事 業 費 総 事 業 費 のうち 補 助 対 象 事 業 費 の 割 合 を 示 すものである 使 用 料 単 価 ( 円 /m3) 使 用 料 収 入 年 間 有 収 水 量 使 用 料 単 価 は 汚 水 1m3を 引 取 る 際 に いくらの 使 用 料 を 徴 収 しているかをみる 指 標 である 20

17 汚 水 処 理 原 価 ( 円 /m3) 汚 水 処 理 費 年 間 有 収 水 量 汚 水 処 理 原 価 は 汚 水 1m3を 処 理 するのに いくらの 費 用 を 要 するかをみる 指 標 である 処 理 原 価 が 使 用 料 単 価 を 上 回 っている 状 態 では 汚 水 を 処 理 するごとに 赤 字 が 生 じることになるの で 使 用 料 の 適 正 化 を 図 る 必 要 がある うち 維 持 管 理 費 ( 円 /m3) 維 持 管 理 費 年 間 有 収 水 量 汚 水 処 理 原 価 のうち 維 持 管 理 費 用 としていくら 要 するかをみる 指 標 である 下 記 のうち 資 本 費 ( 円 /m3)との 合 計 が 上 記 の 汚 水 処 理 原 価 となる うち 資 本 費 ( 円 /m3) 資 本 費 有 収 水 量 汚 水 処 理 原 価 のうち 資 本 費 としていくら 要 するかをみる 指 標 である なお 資 本 費 とは 法 適 用 企 業 の 場 合 は 地 方 債 利 息 + 減 価 償 却 費 であり 法 非 適 用 企 業 の 場 合 は 地 方 債 元 利 償 還 金 である 使 用 料 充 足 率 (%) 使 用 料 単 価 汚 水 処 理 原 価 使 用 料 充 足 率 は 使 用 料 で 賄 うべき 経 費 である 汚 水 処 理 費 が 使 用 料 でどの 程 度 回 収 されているか を 示 す 重 要 な 指 標 である この 数 値 が 低 い 場 合 には 下 水 道 事 業 の 経 営 健 全 化 のため 使 用 料 水 準 の 適 正 化 を 図 ることが 重 要 な 課 題 となる 維 持 管 理 費 回 収 率 (%) 使 用 料 収 入 維 持 管 理 費 使 用 料 で 維 持 管 理 費 をどの 程 度 賄 えるかを 示 す 指 標 である 21

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

水 道 事 業 1. 経 営 の 健 全 性 効 率 性 1 経 常 収 支 比 率 (%): 経 常 収 益 経 常 費 用 当 該 年 度 において 給 水 収 益 や 一 般 会 計 からの 繰 入 金 等 の 収 益 で 維 持 管 理 費 や 支 払 利 息 等 の 費 用 をどの 程 度

水 道 事 業 1. 経 営 の 健 全 性 効 率 性 1 経 常 収 支 比 率 (%): 経 常 収 益 経 常 費 用 当 該 年 度 において 給 水 収 益 や 一 般 会 計 からの 繰 入 金 等 の 収 益 で 維 持 管 理 費 や 支 払 利 息 等 の 費 用 をどの 程 度 表 頭 部 分 の 説 明 : 水 道 下 水 道 共 通 掲 載 項 目 類 似 団 体 区 分 資 金 不 足 比 率 (%) 説 明 < 別 紙 3>のとおり 地 方 公 共 団 体 の 財 政 の 健 全 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 94 号 ) 第 22 条 第 2 項 に 規 定 する 資 金 不 足 比 率 自 己 資 本 構 成 比 率 (%) 普 及

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

<5461726F31312D3039944E8DE096B1825089F196DA8365834C835883672E6A>

<5461726F31312D3039944E8DE096B1825089F196DA8365834C835883672E6A> < 第 10 の 目 的 章 > 経 営 比 率 分 析 分 もに 整 析 理 本 といわれることもあり この 章 経 比 では 営 較 管 理 検 討 に することによって 役 比 立 率 つ 分 資 析 料 について を 得 経 ることを 営 企 学 分 業 習 析 の する は 状 目 態 的 企 を として 次 業 知 章 の り その 経 損 営 主 益 活 として 分 動 将 岐 来 や

More information

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 し 概 要 について 約 半 世 紀 ぶりに 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 が 改 正 されました この 会 計 制 度 は 全 国 約 3,000の 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 適 用 企 業 の 経 営 管 理 ツールの 一 つです 新 制 度 への 移 行 により 貸 借 対 照 表 や 損 益 計 算 書 など 予 算

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73>

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73> 学 校 法 人 会 計 基 準 について ( 平 成 27 年 度 以 降 ) 予 算 と 決 算 の 両 方 を 満 たす 計 算 体 系 の 説 明 学 校 法 人 の 概 要 学 校 法 人 とは 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 の 定 めるところにより 私 立 学 校 の 設 置 を 目 的 に 設 立 された 法 人 です 私 立 学 校 は この 学 校 法 人 によって 設 置

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

Microsoft Word - 001 運営方針(本編)

Microsoft Word - 001 運営方針(本編) 第 2 事 業 の 現 状 把 握 1 経 営 分 析 経 営 指 標 等 を 用 い 工 業 用 水 道 事 業 の 経 営 分 析 を 行 った なお 経 営 分 析 を 行 うに 当 たり 埼 玉 県 と 施 設 規 模 ( 現 在 配 水 能 力 等 )が 同 程 度 である 群 馬 県 及 び 徳 島 県 との 比 較 を 行 った (1) 給 水 収 益 と 契 約 水 量 契 約 水

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73>

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73> 平 成 23 年 度 決 算 の 概 要 学 校 法 人 京 都 成 安 学 園 はじめに 1 金 額 は 千 円 未 満 の 端 数 については 四 捨 五 入 し 全 て 千 円 単 位 で 表 記 しているため この 資 料 内 の 表 の 合 計 欄 の 金 額 や この 資 料 と 計 算 書 類 の 金 額 が 一 致 しない 場 合 があります 2 この 資 料 でいう 予 算 額 とは

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

平 成 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 監 査 委 員 目 次 第 1 審 査 の 対 象 1 第 2 審 査 の 期 間 1 第 3 審 査 の 方 法 1 第 4 審 査 の 結 果 1 第 5 審 査 の 概 要 2 1 決 算 の 総 括

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

の 処 理 であり 費 用 計 上 の 際 に 現 金 の 支 出 は 伴 いません 資 本 的 収 入 支 出 資 本 的 収 支 とは 公 営 企 業 の 将 来 の 経 営 活 動 に 備 えて 行 う 建 設 改 良 費 や 建 設 改 良 に 係 る 企 業 債 償 還 金 などの 投 資

の 処 理 であり 費 用 計 上 の 際 に 現 金 の 支 出 は 伴 いません 資 本 的 収 入 支 出 資 本 的 収 支 とは 公 営 企 業 の 将 来 の 経 営 活 動 に 備 えて 行 う 建 設 改 良 費 や 建 設 改 良 に 係 る 企 業 債 償 還 金 などの 投 資 公 営 企 業 会 計 関 連 資 金 不 足 比 率 公 営 企 業 の 資 金 不 足 の 状 況 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 況 の 悪 化 の 度 合 いを 示 すものです 公 営 企 業 の 経 営 状 況 を 公 営 企 業 の 料 金 収 入 に 対 する 資 金 不 足 の 規 模 で 表

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度 今 年 の 経 営 リポート は 平 成 23 年 度 の 決 算 今 年 度 の 決 算 結 果 のお 知 らせ 企 業 会 計 のお 財 布 はいくら? 企 業 の 姿 を 見 てみよう 経 営 指 標 で 企 業 を 見 る 今 年 度 の 工 事 のお 知 らせ の6 項 目 についてお 知 らせします どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

Taro-i04.jtd

Taro-i04.jtd 別 記 9 営 業 調 査 及 び 補 償 金 額 算 定 要 領 Ⅰ 営 業 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 集 を 行 う ものとする ( 法 人 の 場 合 ) イ ) 営 業 所 の 所 在 営 業 所 の 所 在 地 社 名 代 表 者 名 業 種 及 び 開 設 年 月 日 地

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

営 業 調 査 算 定 要 領 1 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 ( 法 人 の 場 合 ) 集 を 行 うものとする イ) 営 業 所 の 所 在 地 営 業 所 の 所 在 地 社

営 業 調 査 算 定 要 領 1 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 ( 法 人 の 場 合 ) 集 を 行 うものとする イ) 営 業 所 の 所 在 地 営 業 所 の 所 在 地 社 別 記 11 営 業 調 査 算 定 要 領 ( 第 114 条 ) 営 業 調 査 算 定 要 領 1 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 ( 法 人 の 場 合 ) 集 を 行 うものとする イ) 営 業 所 の 所 在 地 営 業 所 の 所 在 地 社 名 代 表 者 名 業 種 及

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析 企 業 経 営 情 報 レ ポ ー ト 会 社 の 現 状 を 数 字 で 把 握 中 小 企 業 で 活 用 する 経 営 分 析 Contents 1 財 務 分 析 の 体 系 を 理 解 する 2 実 数 分 析 の 手 法 を 理 解 する 3 比 率 分 析 の 流 れと 体 系 を 理 解 する 4 利 益 を 生 み 出 す 力 収 益 性 を 見 る 5 経 営 資 源 の 効 率

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法 改 正 後 全 文 医 政 指 発 第 0330003 号 平 成 1 9 年 3 月 30 日 最 終 改 正 医 政 指 発 0809 第 3 号 平 成 25 年 8 月 9 日 各 都 道 府 県 医 政 主 管 部 ( 局 ) 長 各 地 方 厚 生 局 健 康 福 祉 部 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 指 導 課 長 医 療 法 人 における 事 業 報 告 書 等 の 様 式

More information

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定 348 第 Ⅱ 部 医 療 法 人 の 税 務 第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 第 1 節 法 人 税 法 上 の 法 人 の 種 類 1 法 人 税 法 上 の 種 類 法 人 税 法 上 の 法 人 は 普 通 法 人 公 共 法 人 公 益 法 人 等 及 び 協 同 組 合 等 に 区 分 され( 法 法 2 五 六 七 九 ) それぞれにおいて 異 なる 課 税 関 係 が 定

More information

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73>

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73> 山 形 県 公 営 企 業 資 産 運 用 事 業 会 決 算 書 目 次 1 決 算 書 1 決 算 報 告 書 1 2 損 益 算 書 5 3 剰 余 金 算 書 8 4 剰 余 金 処 分 算 書 ( 案 ) 9 5 貸 借 対 照 表 11 2 事 業 報 告 書 1 概 況 13 2 業 務 13 3 会 14 3 決 算 附 属 書 1 収 益 費 用 明 細 書 15 2 固 定 資

More information

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7 平 成 22 年 度 高 山 市 貸 借 対 照 表 ( 連 結 ) 行 政 コスト 計 算 書 ( 連 結 ) 純 資 産 変 動 計 算 書 ( 連 結 ) 資 金 収 支 計 算 書 ( 連 結 ) 平 成 24 年 3 月 岐 阜 県 高 山 市 目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資

More information

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8%

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8% 認 可 保 育 所 経 営 析 参 考 指 標 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 1. 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) (1) 機 能 性 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 有 効 集 対 象 3,086 施 設 機 能 性 状 況 は 次 とおりです 1 平 均 認 可 定 員 数 は108.5 人 で 利 用 率 は110.0%でした 2 在 所 児 1 人

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成 基 準 2 4 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 3 Ⅱ. 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 1 貸 借 対

目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成 基 準 2 4 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 3 Ⅱ. 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 1 貸 借 対 久 喜 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル ( 貸 借 対 照 表 行 政 コスト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 ) 平 成 25 年 度 久 喜 市 目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 2 2 年 度 新 地 方 公 会 計 制 度 基 準 モデル による 佐 呂 間 町 の 財 務 書 類 北 海 道 佐 呂 間 町 ( 企 画 財 政 課 ) 目 次 Ⅰ 新 しい 地 方 公 会 計 制 度 の 概 要 Ⅱ 平 成 22 年 度 佐 呂 間 町 財 務 書 類 Ⅰ 新 しい 地 方 公 会 計 制 度 の 概 要 市 町 村 など 地 方 公 共 団 体 の 財 務 情

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

企 業 会 計 手 法 から 見 た 西 原 町 の 財 政 状 況 (バランスシートと 行 政 コスト 計 算 書 の 活 用 ) 1. 企 業 会 計 手 法 の 導 入 町 の 会 計 は 一 年 間 にどのような 収 入 があり 何 にいくら 支 出 したのかを 単 純 に 分 けた 会 計

企 業 会 計 手 法 から 見 た 西 原 町 の 財 政 状 況 (バランスシートと 行 政 コスト 計 算 書 の 活 用 ) 1. 企 業 会 計 手 法 の 導 入 町 の 会 計 は 一 年 間 にどのような 収 入 があり 何 にいくら 支 出 したのかを 単 純 に 分 けた 会 計 平 成 20 年 度 バランスシート 行 政 コスト 計 算 書 目 次 1. 企 業 会 計 手 法 の 導 入 11 2.バランスシート バランスシート( 貸 借 対 照 表 ) 2 2 平 成 20 年 度 バランスシート 33 バランスシートの 内 容 4 4 平 成 20 年 度 バランスシートの 概 要 55 町 民 一 人 当 たりのバランスシート 6 6 バランスシートによる 財 務

More information

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが II 病 院 経 営 管 理 指 標 に 関 する 調 査 研 究 結 果 1. 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 概 要 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 詳 細 については 後 述 の 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 に 示 し 以 下 ではその 概 況 を 述 べる 注 有 効 回 答 数 が 5 以 下 の 項 目 には

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63> 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 京 都 府 監 査 委 員 20 監 第 202 号 平 成 20 年 9 月 2 日 京 都 府 知 事 山 田 啓 二 様 京 都 府 監 査 委 員 田 坂 幾 太 同 小 巻 實 司 同 道 林 邦 彦 同 村 山 佳 也 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 の 決 算 審 査 について

More information

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい Research Report 2015 年 8 月 7 日 経 営 サポートセンター リサーチグループ 主 査 浅 野 俊 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について( 平 成 20 年 度 - 平 成 25 年 度 ) 福 祉 医 療 機 構 のデータに 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までにわたる 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 経 年 分 析 を

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお Ⅵ 監 査 の 結 果 1. 指 定 管 理 者 制 度 等 (2) 宇 都 宮 市 への 報 告 宇 都 宮 市 に 提 出 された, 事 業 報 告 書 を 閲 覧 したところ, 記 載 の 誤 りが あった 適 正 な 事 業 報 告 書 を 作 成 して 報 告 すべきである (5) 宇 都 宮 市 老 人 福 祉 センター バス 運 行 業 務 は, 契 約 開 始 年 度 に 指 名 競

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378>

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378> 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 財 務 レポート ( 平 成 27 年 10 月 ) 事 業 年 度 2014 年 4 月 1 日 ー2015 年 3 月 31 日 は じ め に 平 成 26 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 について 平 成 27 年 8 月 31 日 付 で 東 京 都 知 事 の 承 認 を 受 けましたので ここに 公 表 します 加 えて 今 回 発

More information

<4D F736F F D B D815B CC8A548ACF82C CC8AD392E8955D89BF205F4E58506F C F2E646F63>

<4D F736F F D B D815B CC8A548ACF82C CC8AD392E8955D89BF205F4E58506F C F2E646F63> ヘルスケアマーケットの 概 観 と 病 院 の 鑑 定 評 価 立 地 評 価 研 究 所 大 阪 本 社 不 動 産 鑑 定 士 芳 賀 美 紀 子 0.はじめに 1. 病 院 についての 基 礎 的 事 項 2. 医 療 業 界 の 動 向 3. 医 療 機 関 に 関 する 法 制 度 の 制 約 4. 医 療 機 関 のマーケティング 5. 病 院 の 評 価 はじめに 2007 年 夏 頃

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表 資 料 4 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 する Q& と ( 案 )の 新 旧 対 照 表 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 1. 有 形 固 定 資 産 の 譲 渡 取 引 に 係 る 会 計 処 理 の 見 直 し Q31 5 有 形 固 定 資 産

More information

4-1_H25riyousyanotameni

4-1_H25riyousyanotameni 1 市 町 村 民 所 得 の 目 的 と 利 用 について 市 町 村 民 所 得 は 市 町 村 の 経 済 実 態 を 包 括 的 に 明 らかにし 併 せて 県 民 経 済 における 市 町 村 経 済 の 位 置 を 明 らかにします また 市 町 村 経 済 相 互 間 の 比 較 をすることにより 県 民 経 済 の 地 域 的 分 析 と 地 域 開 発 施 策 の 基 礎 資 料

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

Microsoft PowerPoint - 財務レポート(平成26事業年度)

Microsoft PowerPoint - 財務レポート(平成26事業年度) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 平 成 26 事 業 年 度 目 次 1.ごあいさつ 1 2. 熊 本 大 学 の 財 政 状 態 2 3. 熊 本 大 学 の 運 営 状 況 4 4. 附 属 病 院 の 運 営 状 況 7 5. 熊 本 大 学 の 財 務 諸 表 9 6. 国 立 大 学 法 人 の 会 計 処 理 16 7. 用 語 解 説 19 熊 本 大 学 を 支 えてくださる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま

株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま 証 券 会 社 が 破 たんした 場 合 のセーフティネット 投 資 者 の 保 護 について 証 券 会 社 が 破 たんしたら 株 式 や 債 券 はどうなるのですか? 破 たんした 証 券 会 社 の 発 行 した 株 式 や 社 債 に 投 資 した 場 合 で なければ 資 産 は 返 還 されます 2009 年 1 月 5 日 から 上 場 会 社 の 株 券 電 子 化 が スタートしました

More information

第 6 章 控 除 (1) 控 除 1 控 除 の 概 要 控 除 は 各 種 の の 計 算 の 段 階 で 考 慮 されなかった 損 失 や 支 出 について 税 負 担 面 での 調 整 を 行 う 趣 旨 から 設 けられているものである 雑 損 控 除 医 療 費 控 除 社 会 保 険 料 控 除 控 除 の 種 類 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 控 除 趣 旨 担 税 力 の 低

More information

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )-

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- テキスト 6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- 権 利 の 確 定 - 4. 権 利 行 使 ( 新 株 の 発 行 ) 5. 権 利 行

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

= 目 次 = 1 はじめに...2 2 普 通 会 計 財 務 書 類 の 作 成 方 法 等...3 3 普 通 会 計 財 務 書 類...7 4 連 結 財 務 書 類... 13 5 財 務 書 類 に 基 づく 財 務 分 析... 18 資 料 編 平 成 22 年 度 決 算 状 況

= 目 次 = 1 はじめに...2 2 普 通 会 計 財 務 書 類 の 作 成 方 法 等...3 3 普 通 会 計 財 務 書 類...7 4 連 結 財 務 書 類... 13 5 財 務 書 類 に 基 づく 財 務 分 析... 18 資 料 編 平 成 22 年 度 決 算 状 況 平 成 22 年 度 多 久 市 財 務 書 類 報 告 書 平 成 23 年 12 月 = 目 次 = 1 はじめに...2 2 普 通 会 計 財 務 書 類 の 作 成 方 法 等...3 3 普 通 会 計 財 務 書 類...7 4 連 結 財 務 書 類... 13 5 財 務 書 類 に 基 づく 財 務 分 析... 18 資 料 編 平 成 22 年 度 決 算 状 況 ( 普 通

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 28 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 第 7 問 問 2 3 問 21 155( 万 円 ) 第 2 問 問 22 1,082( 万 円 ) 問 3 2 問 23 1 問 4 (ア)2 (イ)4 (ウ)8 第 8 問 問

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

⑨持分法基準

⑨持分法基準 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 - 1 - 平 成 20 年 3 月 10 日 改 正 平 成 20 年 12 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 会 計 処 理 6 持 分 法 の 適 用 範 囲 6 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 8 持 分 法

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の 企 業 会 計 基 準 第 1 号 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 平 成 14 年 2 月 21 日 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 18 年 8 月 11 日 最 終 改 正 平 成 2 7 年 3 月 2 6 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089FC82575F976E82AF8D9E82DD5F814030393035313520836083468362834E837C83438393836781698E518D6C8E8E88C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089FC82575F976E82AF8D9E82DD5F814030393035313520836083468362834E837C83438393836781698E518D6C8E8E88C4816A2E646F63> 地 方 公 共 団 体 財 政 健 全 化 法 における 健 全 化 判 断 比 率 及 び 資 金 不 足 比 率 に 関 するチェックポイント( 参 考 試 案 ) 目 次 総 括 表 1 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 P. 2 総 括 表 2 連 結 実 質 赤 字 比 率 等 の 状 況 P. 5 総 括 表 3 実 質 公 債 費 比 率 の 状 況 P. 7 総 括 表 4 将

More information

財務書類の記載要領

財務書類の記載要領 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 財 務 書 類 の 記 載 要 領 ( 改 訂 版 ) 平 成 22 年 3 月 はじめに 現 在 各 地 方 公 共 団 体 において 地 方 公 会 計 整 備 の 取 組 が 進 められているところですが 総 務 省 方 式 改 訂 モデル( 以 下 改 訂 モデル という )による 財 務 書 類 の 整 備 については 特 に 中 小 団 体 における

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

添 付 資 料 の 目 次 1.サマリー 情 報 (その 他 )に 関 する 事 項... 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動... 2 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用.

添 付 資 料 の 目 次 1.サマリー 情 報 (その 他 )に 関 する 事 項... 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動... 2 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用. 平 成 26 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 会 社 名 SMBC 日 興 証 券 株 式 会 社 (URL http://www.smbcnikko.co.jp/ ) 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 久 保 哲 也 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 経 理 部

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information