< DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>"

Transcription

1 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学

2 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表 と 損 益 計 算 書 の 関 係 キャッシュ フロー 計 算 書 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 財 務 諸 表 の 関 連 図 本 内 容 については 下 記 図 書 から 引 用 及 び 参 考 とし 作 成 したものです よくわかる 国 立 大 学 法 人 会 計 基 準 第 3 版 新 日 本 監 査 法 人 編 国 立 大 学 法 人 の 会 計 と 実 務 ポイント100 新 日 本 監 査 法 人 編

3 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 国 立 大 学 法 人 には 国 民 が 納 めた 税 金 が 投 入 されています このため その 税 金 を 何 の 目 的 で どのように 使 っているかを 国 民 や 社 会 に 対 して 説 明 する 責 任 があります また 運 営 費 交 付 金 等 を 目 的 どおりに 効 率 よく 使 用 したかどうかを 報 告 し チェックを 受 け 業 績 の 評 価 を 受 けることにより 事 業 の 効 率 化 を 図 っていま す 財 務 諸 表 は 国 民 その 他 の 利 害 関 係 者 に 対 し 財 政 状 態 や 運 営 状 況 に 関 する 説 明 責 任 を 果 たし 自 己 の 状 況 を 客 観 的 に 把 握 するために 作 成 するものです 財 務 諸 表 の 体 系 国 立 大 学 法 人 の 財 務 諸 表 の 体 系 は 1. 貸 借 対 照 表 2. 損 益 計 算 書 3.キャッ シュ フロー 計 算 書 4. 利 益 の 処 分 又 は 損 失 の 処 理 に 関 する 書 類 5. 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 6. 附 属 明 細 書 となっています 1

4 貸 借 対 照 表 貸 借 対 照 表 ( 平 成 22 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 Ⅰ 固 定 負 債 1 有 形 固 定 資 産 資 産 見 返 負 債 土 地 52,110,223,057 資 産 見 返 運 営 費 交 付 金 等 2,469,353,506 有 形 固 定 資 産 建 物 61,275,312,599 資 産 見 返 補 助 金 等 1,656,185,586 固 定 負 債 P4 減 価 償 却 累 計 額 14,357,374,438 資 産 見 返 寄 附 金 1,969,799,549 P7 減 損 損 失 累 計 額 108,932,727 46,809,005,434 資 産 見 返 物 品 受 贈 額 7,571,868,783 構 築 物 3,249,224,901 建 設 仮 勘 定 等 見 返 運 営 費 交 付 金 等 12,759,512 減 価 償 却 累 計 額 1,251,451,416 1,997,773,485 建 設 仮 勘 定 等 見 返 施 設 費 247,065,000 機 械 装 置 26,408,125 建 設 仮 勘 定 等 見 返 寄 附 金 9,752,937 13,936,784,873 減 価 償 却 累 計 額 9,027,401 17,380,724 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 債 務 負 担 金 13,127,674,655 工 具 器 具 備 品 26,789,288,809 長 期 借 入 金 12,662,207,000 減 価 償 却 累 計 額 14,578,158,159 12,211,130,650 退 職 給 付 引 当 金 124,665,113 図 書 7,967,352,615 長 期 未 払 金 1,949,992,356 美 術 品 収 蔵 品 94,385,558 固 定 負 債 合 計 41,801,323,997 船 舶 55,048,184 減 価 償 却 累 計 額 25,556,315 29,491,869 Ⅱ 流 動 負 債 車 両 運 搬 具 78,253,759 寄 附 金 債 務 3,449,743,683 減 価 償 却 累 計 額 64,782,983 13,470,776 前 受 受 託 研 究 費 等 313,239,335 建 設 仮 勘 定 366,462,600 前 受 受 託 事 業 費 等 541,200 有 形 固 定 資 産 合 計 121,616,676,768 預 り 金 350,578,501 2 無 形 固 定 資 産 一 年 以 内 返 済 予 定 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 債 務 負 担 金 1,377,937,539 無 形 固 定 資 産 特 許 権 22,378,478 一 年 以 内 返 済 予 定 長 期 借 入 金 563,153,000 流 動 負 債 P5 電 話 加 入 権 1,182,720 未 払 金 6,167,470,581 P8 ソフトウェア 72,293,982 前 受 収 益 748,782 特 許 権 仮 勘 定 340,781,516 未 払 費 用 43,476,283 その 他 45,554,570 未 払 消 費 税 等 8,464,500 無 形 固 定 資 産 合 計 482,191,266 賞 与 引 当 金 215,274,310 3 投 資 その 他 の 資 産 流 動 負 債 合 計 12,490,627, 投 資 有 価 証 券 50,000,276 投 資 その 他 の 長 期 貸 付 金 33,900,000 負 債 合 計 54,291,951,711 資 産 P5 長 期 延 滞 債 権 143,323,567 純 資 産 の 部 徴 収 不 能 引 当 金 127,407,502 15,916,065 Ⅰ 資 本 金 資 本 金 投 資 その 他 の 資 産 合 計 99,816,341 政 府 出 資 金 69,833,864,061 P9 固 定 資 産 合 計 122,198,684,375 資 本 金 合 計 69,833,864,061 Ⅱ 資 本 剰 余 金 Ⅱ 流 動 資 産 資 本 剰 余 金 19,769,467,335 資 本 剰 余 金 現 金 及 び 預 金 10,885,023,858 損 益 外 減 価 償 却 累 計 額 (-) 11,535,121,907 P9 未 収 学 生 納 付 金 収 入 56,526,900 損 益 外 減 損 損 失 累 計 額 (-) 107,890,684 未 収 附 属 病 院 収 入 4,018,732,290 資 本 剰 余 金 合 計 8,126,454,744 徴 収 不 能 引 当 金 10,658,458 4,008,073,832 Ⅲ 利 益 剰 余 金 流 動 資 産 未 収 入 金 194,729,166 教 育 研 究 診 療 環 境 整 備 積 立 金 133,064,664 利 益 剰 余 金 P6 短 期 貸 付 金 3,900,000 積 立 金 2,914,504,442 P10 有 価 証 券 24,979,816 当 期 未 処 分 利 益 2,339,562,760 たな 卸 資 産 5,995,502 (うち 当 期 総 利 益 ) (2,339,562,760) 医 薬 品 及 び 診 療 材 料 249,484,251 利 益 剰 余 金 合 計 5,387,131,866 前 払 金 0 前 払 費 用 4,578,564 未 収 収 益 593,609 その 他 6,832,509 流 動 資 産 合 計 15,440,718,007 純 資 産 合 計 83,347,450,671 資 産 合 計 137,639,402,382 負 債 純 資 産 合 計 137,639,402,382 2

5 貸 借 対 照 表 貸 借 対 照 表 ( 平 成 年 3 月 31 日 ) 資 産 負 債 貸 借 対 照 表 は 国 立 大 学 法 人 の 期 末 日 における 財 政 状 態 を 明 らかにするために 作 成 されます 純 資 産 資 金 の 運 用 形 態 資 金 の 調 達 源 泉 貸 借 対 照 表 ( 平 成 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 Ⅰ 固 定 負 債 1 有 形 固 定 資 産 Ⅱ 流 動 負 債 2 無 形 固 定 資 産 負 債 合 計 3 投 資 その 他 の 資 産 Ⅱ 流 動 資 産 純 資 産 の 部 Ⅰ 資 本 金 Ⅱ 資 本 剰 余 金 Ⅲ 利 益 剰 余 金 純 資 産 合 計 資 産 合 計 負 債 純 資 産 合 計 配 列 資 産 や 負 債 の 配 列 には 流 動 資 産 ( 負 債 ) 固 定 資 産 ( 負 債 )の 順 に 配 列 する 流 動 性 配 列 法 と 固 定 流 動 の 順 に 配 列 する 固 定 性 配 列 法 の2 種 類 があります 企 業 会 計 においては 一 般 的 には 流 動 性 配 列 法 が 採 用 さ れていますが 国 立 大 学 法 人 は 主 要 な 財 産 が 建 物 土 地 等 の 固 定 資 産 から 構 成 されており 基 本 的 な 財 産 として 重 要 性 が 高 いため 固 定 性 配 列 法 を 採 用 しています 流 動 固 定 分 類 の 基 準 基 準 1 通 常 業 務 基 準 国 立 大 学 法 人 の 通 常 業 務 の 取 引 より 発 生 するものは 原 則 として 流 動 項 目 に 属 するものとする 現 金 たな 卸 資 産 未 収 入 金 ( 破 産 債 権 等 を 除 く) 未 払 金 前 受 金 基 準 2 基 準 1 以 外 のもの 一 年 基 準 貸 借 対 照 表 日 の 翌 日 から 起 算 して 入 金 又 は 支 払 の 期 限 が 一 年 以 内 に 到 来 するものは 流 動 項 目 それ 以 外 は 固 定 項 目 に 属 するものとする 注 意 1 預 金 については 一 年 基 準 により 分 類 する 2 固 定 資 産 は 残 存 耐 用 年 数 が1 年 以 下 になった としても 固 定 資 産 に 分 類 する なお 貸 借 対 照 表 の 標 準 様 式 は 国 立 大 学 法 人 会 計 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 という )により 定 められています * 標 準 様 式 は 上 から 下 へと 書 き 並 べる 報 告 式 ですが 本 学 は 平 面 をT 字 の 形 に 二 分 し 左 側 を 借 方 右 側 を 貸 方 として それぞれの 勘 定 科 目 を 対 象 表 示 させる 勘 定 式 を 採 用 しています 3

6 資 産 の 部 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 固 定 資 産 は その 業 務 目 的 を 達 成 するために 所 有 し かつ 加 工 若 しくは 売 却 を 予 定 し ない 財 貨 で 耐 用 年 数 が1 年 以 上 の 財 貨 と 定 義 されますが そのうち 具 体 的 な 形 態 をもつ 固 定 資 産 が 有 形 固 定 資 産 です Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 52,110,223,057 建 物 減 価 償 却 累 計 額 減 損 損 失 累 計 額 61,275,312,599 14,357,374, ,932,727 46,809,005,434 構 築 物 1 3,249,224,901 減 価 償 却 累 計 額 2 1,251,451, ,997,773,485 3=1-2 : : : : : : 建 設 仮 勘 定 366,462,600 有 形 固 定 資 産 合 計 121,616,676,768 貸 借 対 照 表 に 記 載 する 資 産 の 価 額 は 原 則 として 当 該 資 産 の 取 得 原 価 によることとされ ています ( 取 得 原 価 主 義 ) 有 形 固 定 資 産 の 多 くは 比 較 的 長 期 にわたって 利 用 することを 前 提 として 保 有 しています が 時 の 経 過 使 用 によって 徐 々にその 本 体 及 び 機 能 を 消 耗 していきます その 実 態 を 会 計 に 反 映 させるために 資 産 の 評 価 額 を 時 の 経 過 とともに 減 少 させる 必 要 があります このよ うな 価 値 の 減 少 を 会 計 上 認 識 するのが 減 価 償 却 という 概 念 です 減 価 償 却 とは 固 定 資 産 の 取 得 原 価 を 使 用 できる 各 期 間 ( 耐 用 年 数 )に 規 則 的 に 費 用 と して 配 分 するとともに その 額 だけ 資 産 の 額 を 減 じていくという 会 計 上 の 手 続 きです 国 立 大 学 法 人 の 減 価 償 却 の 方 法 は 有 形 固 定 資 産 及 び 無 形 固 定 資 産 のいずれについても 定 額 法 (*)によるものとされています 上 記 の 表 で1は 構 築 物 の 取 得 原 価 の 総 計 で 2はその 構 築 物 の 減 価 償 却 累 計 額 です した がって その 差 引 き 後 の 価 額 3が 貸 借 対 照 表 日 の 構 築 物 の 価 額 となります 1 年 目 の 価 値 減 少 分 耐 用 年 数 5 年 の 資 産 2 年 目 の 価 値 減 少 分 3 年 目 の 価 値 減 少 分 1~5 年 目 の 価 値 減 少 分 取 得 価 額 4 年 目 の 価 値 減 少 分 減 価 償 却 累 計 額 2 1 取 得 時 1 年 後 2 年 後 5 年 目 の 価 値 減 少 分 3 年 後 4 年 後 5 年 後 残 存 価 額 備 忘 価 額 備 忘 価 額 上 記 で5 年 目 の 価 値 減 少 分 を20とすると 残 存 価 額 は0 円 となります しかし 0 円 にしてしまうと 簿 外 となり 資 産 の 存 在 が 不 明 となるので 忘 れないようにと 帳 簿 上 に1 円 ( 備 忘 価 額 )を 残 します * 減 価 償 却 計 算 の 方 法 には 定 額 法 定 率 法 等 があります 定 額 法 とは 毎 期 の 減 価 償 却 額 が 一 定 となる 減 価 償 却 方 法 です 定 率 法 とは 未 償 却 になっている 残 高 に 毎 期 一 定 の 償 却 率 をかけて 減 価 償 却 費 を 算 定 する 方 法 で 減 価 償 却 費 の 額 が 前 の 年 度 ほど 多 く 年 度 が 経 過 するにつれ 減 少 する 方 法 です 有 形 固 定 資 産 のそれぞれの 内 容 は 名 称 からほぼ 想 定 されますが そのうち 建 設 仮 勘 定 について 説 明 します 建 設 仮 勘 定 とは 建 設 中 の 有 形 固 定 資 産 のことで 建 設 のために 支 出 した 前 渡 金 ( 建 築 代 金 の 一 部 )などが 計 上 されます 建 設 が 完 成 し 当 該 建 設 の 原 価 が 確 定 したときは これを 適 切 な 有 形 固 定 資 産 の 勘 定 科 目 に 振 り 替 えます 例 : 建 物 // 建 設 仮 勘 定 4

7 2 無 形 固 定 資 産 無 形 固 定 資 産 とは 会 計 基 準 によると 特 許 権 借 地 権 地 上 権 商 標 権 実 用 新 案 権 意 匠 権 鉱 業 権 漁 業 権 ソフトウェア その 他 これらに 準 ずる 資 産 とされています 建 物 や 土 地 など 目 に 見 えるものではなく 物 理 的 実 体 を 持 たない 固 定 資 産 です 本 学 の 無 形 固 定 資 産 は 21 年 度 決 算 では 特 許 権 電 話 加 入 権 ソフトウェア 特 許 権 仮 勘 定 その 他 ( 電 気 供 給 施 設 利 用 権 等 )が 計 上 されています 2 無 形 固 定 資 産 特 許 権 電 話 加 入 権 ソフトウェア 特 許 権 仮 勘 定 その 他 22,378,478 1,182,720 72,293, ,781,516 45,554,570 無 形 固 定 資 産 の 貸 借 対 照 表 価 額 は 有 形 固 定 資 産 と 同 様 に 取 得 原 価 に 基 づいて 行 われます 特 許 権 仮 勘 定 とは 現 在 特 許 を 出 願 中 のものに 要 した 額 を 表 しています ( 将 来 特 許 を 取 得 できれば 取 得 原 価 となり 取 得 できなければ 費 用 に 振 り 替 え ます ) 3 投 資 その 他 の 資 産 投 資 その 他 の 資 産 とは 流 動 資 産 有 形 固 定 資 産 又 は 無 形 固 定 資 産 に 属 するもの 以 外 の 長 期 資 産 とされています 本 学 の 投 資 その 他 の 資 産 は 21 年 度 決 算 では 投 資 有 価 証 券 長 期 貸 付 金 長 期 延 滞 債 権 ( 徴 収 不 能 引 当 金 )が 計 上 されています 3 投 資 その 他 の 資 産 投 資 有 価 証 券 長 期 貸 付 金 長 期 延 滞 債 権 徴 収 不 能 引 当 金 143,323, ,407,502 50,000,276 33,900,000 15,916,065 投 資 有 価 証 券 は 学 内 余 裕 金 を 国 債 で 運 用 しているもので 21 年 度 は 約 800 万 円 の 運 用 益 が ありました 長 期 貸 付 金 は 法 務 研 究 科 の 学 生 に 貸 与 している 奨 学 金 を 計 上 しています 長 期 延 滞 債 権 は 附 属 病 院 の 患 者 未 収 金 のうち 前 年 度 以 前 (21 年 度 決 算 においては20 年 度 以 前 )に 発 生 したものを 計 上 しており そのうち 将 来 において 回 収 の 見 込 めない 金 額 ( 回 収 不 能 額 )についての 見 積 金 額 を 徴 収 不 能 引 当 金 として 計 上 しています * 引 当 金 は 実 際 の 金 銭 の 支 出 あるいは 財 貨 の 消 費 は 次 期 以 降 に 行 われるものであって も その 発 生 が 当 期 以 前 の 事 象 に 基 づいて 既 に 生 じている 場 合 は これを 見 越 して 計 上 さ れる 当 期 の 費 用 または 損 失 に 見 合 って 貸 方 に 計 上 されるもので 次 の4つの 要 件 を 満 たす 場 合 に 計 上 する 必 要 があります 1 将 来 の 支 出 の 増 加 又 は 将 来 の 収 入 の 減 少 2その 発 生 が 当 期 以 前 の 事 象 に 起 因 している 3 発 生 の 可 能 性 が 高 い 4 金 額 を 合 理 的 に 見 積 もることができる 5

8 流 動 資 産 流 動 資 産 とは 通 常 業 務 の 取 引 により 発 生 した 資 産 またはそれ 以 外 の 資 産 の 中 で 貸 借 対 照 表 日 の 翌 日 から 起 算 して 入 金 の 期 限 が 一 年 以 内 に 到 来 するもの 等 です 本 学 の 流 動 資 産 は 21 年 度 決 算 では 現 金 及 び 預 金 未 収 学 生 納 付 金 収 入 未 収 附 属 病 院 収 入 ( 徴 収 不 能 引 当 金 ) 未 収 入 金 短 期 貸 付 金 有 価 証 券 たな 卸 資 産 医 薬 品 及 び 診 療 材 料 前 払 費 用 未 収 収 益 その 他 が 計 上 されています Ⅱ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 未 収 学 生 納 付 金 収 入 未 収 附 属 病 院 収 入 徴 収 不 能 引 当 金 未 収 入 金 短 期 貸 付 金 有 価 証 券 たな 卸 資 産 医 薬 品 及 び 診 療 材 料 前 払 費 用 未 収 収 益 その 他 10,885,023,858 56,526,900 4,018,732,290 10,658,458 4,008,073, ,729,166 3,900,000 24,979,816 5,995, ,484,251 4,578, ,609 6,832,509 未 収 学 生 納 付 金 収 入 は 翌 年 度 入 学 者 (21 年 度 決 算 では22 年 度 入 学 者 )で 入 学 料 免 除 申 請 者 に 係 る 未 収 分 を 計 上 しています 未 収 附 属 病 院 収 入 は 当 該 年 度 の2 3 月 診 療 分 の 保 険 請 求 分 等 を 計 上 しており そのうち 将 来 において 回 収 の 見 込 めない 金 額 ( 回 収 不 能 額 )についての 見 積 金 額 を 徴 収 不 能 引 当 金 として 計 上 しています 未 収 入 金 は 受 託 研 究 受 託 事 業 補 助 金 等 の 未 収 入 額 等 です 短 期 貸 付 金 は 法 務 研 究 科 の 学 生 に 貸 与 している 奨 学 金 のうち 22 年 度 の 返 還 予 定 額 を 計 上 しています 有 価 証 券 は 学 内 余 裕 金 を 国 債 で 運 用 しているもののうち 1 年 以 内 に 満 期 が 到 来 するもので す 前 払 費 用 は 施 設 使 用 料 や 保 守 費 等 です 未 収 収 益 は 預 金 利 息 や 有 価 証 券 利 息 の 未 収 分 です その 他 は 電 力 料 等 の 立 替 金 や 旅 費 の 仮 払 金 等 です * 前 渡 金 前 払 金 前 払 費 用 前 渡 金 商 品 原 材 料 等 を 購 入 するための 前 渡 金 前 払 金 商 品 原 材 料 以 外 のもの( 例 えば 機 械 等 の 固 定 資 産 )を 購 入 するため の 前 渡 金 前 払 費 用 一 定 の 契 約 に 従 い 継 続 して 役 務 の 提 供 を 受 ける 場 合 まだ 提 供 され ていない 役 務 に 対 して 支 払 われた 対 価 ( 例 えば 保 険 料 家 賃 リース 料 ) 6

9 負 債 の 部 固 定 負 債 負 債 とは 会 計 基 準 によると 1. 過 去 の 取 引 又 は 事 象 に 起 因 する 現 在 の 義 務 であっ て その 履 行 が 将 来 教 育 研 究 の 実 施 又 は 経 済 的 便 益 の 減 少 を 生 じさせるもの 2. 負 債 は 法 律 上 の 債 務 に 限 定 されるものではない とあります 国 から 交 付 された 運 営 費 交 付 金 や 企 業 からの 寄 附 金 あるいは 受 託 研 究 費 等 は 金 銭 の 受 領 時 にその 金 銭 を 使 用 して 教 育 研 究 等 を 行 わなければならないという 義 務 が 生 じます そ の 義 務 を 負 債 と 認 識 することが 国 立 大 学 法 人 会 計 の 特 徴 です 本 学 の 固 定 負 債 は 平 成 21 年 度 決 算 では 資 産 見 返 負 債 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 債 務 負 担 金 長 期 借 入 金 退 職 給 付 引 当 金 長 期 未 払 金 が 計 上 されています Ⅰ 固 定 負 債 資 産 見 返 負 債 資 産 見 返 運 営 費 交 付 金 等 資 産 見 返 補 助 金 等 資 産 見 返 寄 附 金 資 産 見 返 物 品 受 贈 額 建 設 仮 勘 定 等 見 返 運 営 費 交 付 金 等 建 設 仮 勘 定 等 見 返 施 設 費 建 設 仮 勘 定 等 見 返 寄 附 金 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 債 務 負 担 金 長 期 借 入 金 退 職 給 付 引 当 金 長 期 未 払 金 2,469,353,506 1,656,185,586 1,969,799,549 7,571,868,783 12,759, ,065,000 9,752,937 13,936,784,873 13,127,674,655 12,662,207, ,665,113 1,949,992,356 資 産 見 返 負 債 は 中 期 計 画 の 想 定 の 範 囲 内 で 運 営 費 交 付 金 等 により 取 得 した 償 却 資 産 の 見 合 いで 負 債 に 計 上 され 固 定 資 産 の 減 価 償 却 に 伴 って 資 産 見 返 負 債 戻 入 という 収 益 に 振 替 えられるもので 資 産 負 債 費 用 収 益 を 均 衡 させるために 必 要 なものです (P15 参 照 ) 償 却 資 産 をどのような 経 費 で 取 得 したかにより 資 産 見 返 となります 例 えば1 千 万 円 の 研 究 用 機 器 ( 工 具 器 具 備 品 )を 運 営 費 交 付 金 で 購 入 した 場 合 は 貸 借 対 照 表 上 では 次 のようになります 資 産 の 部 負 債 の 部 Ⅰ 有 形 固 定 資 産 Ⅰ 固 定 負 債 工 具 器 具 備 品 10,000,000 資 産 見 返 負 債 資 産 見 返 運 営 費 交 付 金 等 Ⅱ 流 動 資 産 Ⅱ 流 動 負 債 現 金 及 び 預 金 10,000,000 運 営 費 交 付 金 債 務 10,000,000 10,000,000 建 設 仮 勘 定 ( 等 ) 見 返 は 資 産 の 部 の 建 設 仮 勘 定 に 計 上 されたもののうち どのような 経 費 で 支 出 したかを 表 しています 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 債 務 負 担 金 は 法 人 化 前 に 国 が 財 政 投 融 資 資 金 から 借 り 入 れた 本 学 附 属 病 院 に 係 る 債 務 を 本 学 が 承 継 したもので 決 算 年 度 の 翌 々 年 度 以 降 に 返 済 の 義 務 を 負 っている 額 を 計 上 しています ( 翌 年 度 の 返 済 分 は 流 動 負 債 へ 計 上 してい ます ) 長 期 借 入 金 ( 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 借 入 金 )は 法 人 化 後 に 本 学 が 国 立 大 学 財 務 経 営 センターから 借 り 入 れた 附 属 病 院 に 係 る 債 務 で 決 算 年 度 の 翌 々 年 度 以 降 に 返 済 の 義 務 を 負 っている 額 を 計 上 しています ( 翌 年 度 の 返 済 分 は 流 動 負 債 へ 計 上 していま す ) 7

10 退 職 給 付 引 当 金 は 国 立 大 学 法 人 に 移 行 する 際 国 から 本 学 に 承 継 された 職 員 ( 定 員 ) 以 外 の 教 職 員 に 係 るもので 退 職 時 に 国 から 退 職 手 当 財 源 が 措 置 されないため 国 立 大 学 法 人 自 らが 退 職 給 付 引 当 金 を 計 上 するものです 本 学 の 場 合 特 別 契 約 職 員 の 看 護 師 に 係 るもので 年 度 末 における 自 己 都 合 要 支 給 額 に 比 較 指 数 を 乗 じた 金 額 により 計 上 して います 長 期 未 払 金 は リース 割 賦 資 産 のリース 割 賦 料 債 務 で 決 算 年 度 の 翌 々 年 度 以 降 に 支 払 の 義 務 を 負 っている 額 を 計 上 しています ( 翌 年 度 の 支 払 分 は 流 動 負 債 へ 計 上 し ています ) 流 動 負 債 本 学 の 流 動 負 債 は 21 年 度 決 算 では 寄 附 金 債 務 前 受 受 託 研 究 費 等 前 受 受 託 事 業 費 等 預 り 金 一 年 以 内 返 済 予 定 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 債 務 負 担 金 一 年 以 内 返 済 予 定 長 期 借 入 金 未 払 金 前 受 収 益 未 払 費 用 未 払 消 費 税 等 賞 与 引 当 金 が 計 上 されてい ます Ⅱ 流 動 負 債 寄 附 金 債 務 前 受 受 託 研 究 費 等 前 受 受 託 事 業 費 等 預 り 金 一 年 以 内 返 済 予 定 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 債 務 負 担 金 一 年 以 内 返 済 予 定 長 期 借 入 金 未 払 金 前 受 収 益 未 払 費 用 未 払 消 費 税 等 賞 与 引 当 金 3,449,743, ,239, , ,578,501 1,377,937, ,153,000 6,167,470, ,782 43,476,283 8,464, ,274,310 寄 附 金 債 務 は 寄 附 金 の 期 末 における 執 行 残 額 です 前 受 受 託 研 究 費 等 は 受 託 研 究 共 同 研 究 の 期 末 における 執 行 残 額 です 前 受 受 託 事 業 費 等 は 受 託 事 業 の 期 末 における 執 行 残 額 です 預 り 金 は 住 民 税 共 済 貸 付 返 済 金 源 泉 所 得 税 科 学 研 究 費 補 助 金 等 の 預 り 金 です 一 年 以 内 返 済 予 定 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 債 務 負 担 金 及 び 一 年 以 内 返 済 予 定 長 期 借 入 金 は 国 立 大 学 財 務 経 営 センターに 対 する 翌 年 度 返 済 予 定 額 です 未 払 金 は 当 該 年 度 に 係 る 債 務 の 未 払 金 です 前 受 収 益 は 保 育 所 実 習 の 給 食 料 に 係 るものです 未 払 費 用 は 国 立 大 学 財 務 経 営 センターに 対 する 未 払 利 息 です 賞 与 引 当 金 は 承 継 職 員 以 外 の 教 職 員 ( 特 別 契 約 職 員 非 常 勤 職 員 )に 係 るもので12 月 ~3 月 までの4か 月 分 を 計 上 しています * 預 り 金 前 受 金 未 払 金 未 払 費 用 預 り 金 現 金 を 支 払 うことで 解 消 されるもの 前 受 金 将 来 役 務 の 提 供 によって 解 消 されるもの 前 受 収 益 未 払 費 用 継 続 的 な 契 約 の 場 合 に 計 上 されるもの 前 受 金 未 払 金 一 時 的 な 契 約 の 場 合 に 計 上 されるもの 8

11 純 資 産 の 部 資 本 金 純 資 産 とは 国 立 大 学 法 人 の 業 務 を 確 実 に 実 施 するために 国 から 与 えられた 財 産 的 基 礎 及 びその 業 務 に 関 連 して 発 生 した 剰 余 金 から 構 成 されるものです 資 本 金 とは 国 立 大 学 法 人 に 対 する 出 資 を 財 源 とする 払 込 資 本 のことで 現 金 の 払 い 込 みによる 金 銭 出 資 金 銭 以 外 の 財 産 による 出 資 である 現 物 出 資 の 形 態 があります Ⅰ 資 本 金 政 府 出 資 金 69,833,864,061 資 本 剰 余 金 資 本 剰 余 金 とは 資 本 金 及 び 利 益 剰 余 金 以 外 の 資 本 であって 贈 与 資 本 及 び 評 価 替 資 本 が 含 まれます 取 得 原 資 拠 出 者 の 意 図 や 取 得 資 産 の 内 容 等 を 勘 案 し 法 人 の 財 産 的 基 礎 を 構 成 すると 認 められる 場 合 には 相 当 額 を 資 本 剰 余 金 として 計 上 します 資 本 剰 余 金 資 本 取 引 ( 資 本 それ 自 体 を 増 加 させたり 減 少 させたり 移 転 させたりす る 取 引 )から 生 ずる 剰 余 金 利 益 剰 余 金 損 益 取 引 ( 資 本 を 運 用 した 結 果 利 益 が 増 加 減 少 するような 取 引 )から 生 ずる 剰 余 金 贈 与 資 本 贈 与 者 が 国 立 大 学 法 人 の 財 産 的 基 礎 とすることを 目 的 として 財 産 を 無 償 で 提 供 した 場 合 の 贈 与 額 評 価 替 剰 余 金 大 幅 な 価 値 変 動 にともなって 財 産 の 評 価 替 えを 必 要 とし これを 直 接 資 本 修 正 とする 取 扱 がなされる 場 合 に 発 生 する 差 額 Ⅱ 資 本 剰 余 金 資 本 剰 余 金 損 益 外 減 価 償 却 累 計 額 ( 一 ) 損 益 外 減 損 損 失 累 計 額 ( 一 ) 19,769,467,335 11,535,121, ,890,684 損 益 外 減 価 償 却 累 計 額 は 会 計 基 準 第 83により その 減 価 に 対 応 すべき 収 益 の 獲 得 が 予 定 されないものとして 特 定 された 資 産 の 減 価 償 却 コストを 計 上 しています (P16 参 照 ) 損 益 外 減 損 損 失 累 計 額 は 減 損 を 認 識 した 固 定 資 産 ( 焼 却 炉 無 機 廃 液 処 理 設 備 附 属 中 学 校 校 舎 等 )の 減 損 額 を 計 上 しています 減 損 は 固 定 資 産 に 現 在 期 待 されるサービス 提 供 能 力 が 当 該 資 産 の 取 得 時 に 想 定 され たサービス 提 供 能 力 に 比 べ 著 しく 減 少 し 将 来 にわたりその 回 復 が 見 込 めない 状 態 又 は 固 定 資 産 の 将 来 の 経 済 的 便 益 が 著 しく 減 少 した 状 態 をいいます 固 定 資 産 のサービス 提 供 能 力 とは 固 定 資 産 を 使 用 してどのような 業 務 が 行 えるか ではなく 固 定 資 産 をどの 程 度 使 用 する 予 定 であるかをいいます 経 済 的 便 益 とは 売 却 等 によって 収 入 を 得 られる 資 産 の 価 値 をいいます 9

12 利 益 剰 余 金 利 益 剰 余 金 とは 国 立 大 学 法 人 の 運 営 によって 生 み 出 された 成 果 としての 利 益 をいい 国 立 大 学 法 人 の 運 営 上 行 われる 損 益 取 引 によって 生 ずる 剰 余 金 であるため 国 立 大 学 法 人 の 活 動 の 基 礎 としての 資 本 取 引 によって 生 ずる 資 本 剰 余 金 とは 明 確 に 区 別 されます また 利 益 剰 余 金 は 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 によりその 処 分 の 方 法 を 明 らかにしてい ます 利 益 剰 余 金 には 積 立 金 国 立 大 学 法 人 法 において 定 められている 前 中 期 目 標 期 間 繰 越 積 立 金 目 的 積 立 金 当 期 未 処 分 利 益 の 種 類 がありますが 本 学 では 次 の3 種 類 について 財 務 諸 表 に 計 上 しています 積 立 金 目 的 積 立 金 として 処 分 してもまだ 残 余 がある 場 合 に 利 益 処 分 によって 当 期 未 処 分 利 益 から 積 み 立 てられるもの 目 的 積 立 金 ( 本 学 のB/S 上 教 育 研 究 診 療 環 境 整 備 積 立 金 と 記 載 ) 文 部 科 学 大 臣 の 承 認 を 受 けた 額 について 中 期 計 画 によって 定 める 剰 余 金 の 使 途 に 充 てるために 積 立 てられたもの 当 期 未 処 分 利 益 当 期 総 利 益 から 前 期 の 繰 越 欠 損 金 を 差 し 引 いた 額 Ⅲ 利 益 剰 余 金 教 育 研 究 診 療 環 境 整 備 積 立 金 積 立 金 当 期 未 処 分 利 益 (うち 当 期 総 利 益 ) 133,064,664 2,914,504,442 2,339,562,760 (2,339,562,760) 前 期 までに 積 み 立 てた 目 的 積 立 金 から 当 期 の 目 的 積 立 金 の 取 崩 額 を 差 し 引 いた 額 前 期 までに 積 み 立 てた 積 立 金 損 益 計 算 書 の 当 期 総 利 益 (P20 参 照 ) 平 成 21 年 度 は 第 1 期 中 期 目 標 期 間 の 最 終 年 度 であるため 当 期 未 処 分 利 益 に 精 算 運 営 費 交 付 金 収 益 及 び 精 算 承 継 剰 余 金 債 務 戻 入 が 含 まれています 10

13 損 益 計 算 書 損 益 計 算 書 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 ~ 平 成 22 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 円 ) 科 目 金 額 経 常 費 用 業 務 費 教 育 経 費 2,690,237,602 研 究 経 費 3,844,508,456 診 療 経 費 材 料 費 9,454,957,008 経 常 費 用 委 託 費 1,749,498,706 P12 設 備 関 係 費 3,596,828,291 研 修 費 2,599,927 経 費 1,096,377,075 15,900,261,007 教 育 研 究 支 援 経 費 783,160,804 受 託 研 究 費 1,320,361,809 受 託 事 業 費 273,281,717 役 員 人 件 費 131,178,096 教 員 人 件 費 常 勤 教 員 給 与 14,758,195,255 非 常 勤 教 員 給 与 1,663,379,168 16,421,574,423 職 員 人 件 費 常 勤 職 員 給 与 11,340,991,618 非 常 勤 職 員 給 与 1,092,293,632 12,433,285,250 53,797,849,164 一 般 管 理 費 1,552,184,687 財 務 費 用 支 払 利 息 583,324,150 雑 損 29,204,197 経 常 費 用 合 計 55,962,562,198 経 常 収 益 運 営 費 交 付 金 収 益 17,584,963,489 授 業 料 収 益 7,179,563,761 入 学 金 収 益 979,145,200 検 定 料 収 益 180,865,100 附 属 病 院 収 益 24,074,625,714 受 託 研 究 等 収 益 国 又 は 地 方 公 共 団 体 からの 受 託 289,142,344 経 常 収 益 他 の 主 体 からの 受 託 1,036,565,011 1,325,707,355 P13 受 託 事 業 等 収 益 国 又 は 地 方 公 共 団 体 からの 受 託 113,910,074 他 の 主 体 からの 受 託 207,773, ,683,412 施 設 費 収 益 207,716,014 補 助 金 等 収 益 1,092,962,687 寄 附 金 収 益 1,404,453,328 財 務 収 益 受 取 利 息 31,479,952 有 価 証 券 利 息 18,277,632 為 替 差 益 2,100,919 51,858,503 雑 益 財 産 貸 付 料 収 入 147,060,018 手 数 料 収 入 14,041,103 物 品 等 売 払 収 入 49,955,790 受 託 研 究 等 収 入 317,857,833 研 究 関 連 収 入 745,096,030 その 他 163,250,438 1,437,261,212 資 産 見 返 負 債 戻 入 資 産 見 返 運 営 費 交 付 金 等 戻 入 419,162,813 資 産 見 返 補 助 金 等 戻 入 114,002,079 資 産 見 返 寄 附 金 戻 入 555,092,866 資 産 見 返 物 品 受 贈 額 戻 入 124,876,031 建 設 仮 勘 定 等 見 返 運 営 費 交 付 金 等 戻 入 488,603 建 設 仮 勘 定 等 見 返 施 設 費 戻 入 3,104,546 建 設 仮 勘 定 等 見 返 寄 附 金 戻 入 475,000 1,217,201,938 経 常 収 益 合 計 57,058,007,713 経 常 利 益 1,095,445,515 臨 時 損 失 固 定 資 産 除 却 損 130,196,658 臨 時 損 益 等 承 継 剰 余 金 費 用 15,000,000 P14 その 他 11,066, ,263,155 臨 時 利 益 承 継 剰 余 金 債 務 戻 入 15,000,000 精 算 運 営 費 交 付 金 収 益 1,172,692,335 精 算 承 継 剰 余 金 債 務 戻 入 71,979,200 1,259,671,535 当 期 純 利 益 2,198,853,895 目 的 積 立 金 取 崩 額 140,708,865 当 期 総 利 益 2,339,562,760 11

14 損 益 計 算 書 損 益 計 算 書 ( 平 成 年 4 月 1 日 ~ 平 成 年 3 月 31 日 ) 経 常 費 用 臨 時 損 失 当 期 総 利 益 経 常 収 益 臨 時 利 益 目 的 積 立 金 取 崩 額 損 益 計 算 書 は 国 立 大 学 法 人 の 一 会 計 期 間 の 運 営 状 況 を 明 らかにするために 作 成 されます 国 立 大 学 法 人 会 計 では 国 立 大 学 法 人 が 中 期 計 画 に 沿 って 通 常 の 運 営 を 行 った 場 合 損 益 が 均 衡 するよう に 損 益 計 算 の 仕 組 みが 構 築 されています そのため 国 立 大 学 法 人 独 自 の 判 断 では 意 思 決 定 が 完 結 しないような 行 為 に 起 因 する 支 出 など 国 立 大 学 法 人 の 業 績 を 評 価 する 手 段 として 損 益 計 算 に 含 めることが 合 理 的 でない 支 出 は 損 益 計 算 には 含 まれないことになっています 国 立 大 学 法 人 の 損 益 計 算 書 は 費 用 を 先 に 収 益 を 後 に 表 示 します 企 業 は 収 益 という 成 果 を 挙 げることが 企 業 活 動 の 最 も 基 本 ですが 国 立 大 学 法 人 は 業 務 運 営 のために 犠 牲 ( 費 用 )を 払 うことが 国 立 大 学 法 人 活 動 の 基 本 であり この 犠 牲 ( 費 用 )をどのような 財 源 で 賄 ったのかを 示 すことが 重 要 となるため 費 用 収 益 の 順 に 表 示 します 経 常 費 用 経 常 費 用 業 務 費 教 育 経 費 研 究 経 費 診 療 経 費 教 育 研 究 支 援 経 費 受 託 研 究 費 受 託 事 業 費 役 員 人 件 費 教 員 人 件 費 常 勤 教 員 給 与 非 常 勤 教 員 給 与 職 員 人 件 費 常 勤 職 員 給 与 非 常 勤 職 員 給 与 一 般 管 理 費 財 務 費 用 支 払 利 息 雑 損 2,690,237,602 3,844,508,456 15,900,261, ,160,804 1,320,361, ,281, ,178,096 14,758,195,255 1,663,379,168 16,421,574,423 11,340,991,618 1,092,293,632 12,433,285,250 53,797,849,164 1,552,184, ,324,150 29,204,197 国 立 大 学 法 人 の 費 用 とは 教 育 研 究 の 実 施 財 貨 の 引 渡 又 は 生 産 その 他 の 国 立 大 学 法 人 の 業 務 に 関 連 し その 資 産 の 減 少 又 は 負 債 の 増 加 ( 又 は 両 者 の 組 合 せ)をもたらす 経 済 的 便 益 の 減 少 をいいます 損 益 計 算 書 における 費 用 の 表 示 方 法 について 一 覧 性 の 観 点 から 目 的 別 分 類 ( 教 育 経 費 研 究 経 費 等 )により 費 用 を 表 示 し 附 属 明 細 書 ( 業 務 費 及 び 一 般 管 理 費 の 明 細 )において 形 態 別 ( 消 耗 品 費 備 品 費 等 )の 内 訳 を 開 示 しなければなりません 業 務 費 及 び 一 般 管 理 費 を 区 分 する 基 準 については 会 計 基 準 及 び 国 立 大 学 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する 実 務 指 針 のQ62-2に 記 載 されています また 本 学 の 定 めた 業 務 費 及 び 一 般 管 理 費 の 目 的 区 分 別 計 上 基 準 を 参 考 にしてください 12

15 経 常 収 益 経 常 収 益 運 営 費 交 付 金 収 益 授 業 料 収 益 入 学 金 収 益 検 定 料 収 益 附 属 病 院 収 益 受 託 研 究 等 収 益 国 又 は 地 方 公 共 団 体 からの 受 託 他 の 主 体 からの 受 託 受 託 事 業 等 収 益 国 又 は 地 方 公 共 団 体 からの 受 託 他 の 主 体 からの 受 託 施 設 費 収 益 補 助 金 等 収 益 寄 附 金 収 益 財 務 収 益 雑 益 財 産 貸 付 料 収 入 手 数 料 収 入 物 品 等 売 払 収 入 受 託 研 究 等 収 入 研 究 関 連 収 入 その 他 資 産 見 返 負 債 戻 入 資 産 見 返 運 営 費 交 付 金 等 戻 入 資 産 見 返 補 助 金 等 戻 入 資 産 見 返 寄 附 金 戻 入 資 産 見 返 物 品 受 贈 額 戻 入 建 設 仮 勘 定 等 見 返 運 営 費 交 付 金 等 戻 入 建 設 仮 勘 定 等 見 返 施 設 費 戻 入 建 設 仮 勘 定 等 見 返 寄 附 金 戻 入 289,142,344 1,036,565, ,910, ,773, ,683, ,716,014 1,092,962,687 1,404,453,328 51,858, ,060,018 14,041,103 49,955, ,857, ,096, ,250, ,162, ,002, ,092, ,876, ,603 3,104, ,000 17,584,963,489 7,179,563, ,145, ,865,100 24,074,625,714 1,325,707,355 1,437,261,212 1,217,201,938 国 立 大 学 法 人 の 収 益 とは 教 育 研 究 の 実 施 財 貨 の 引 渡 又 は 生 産 その 他 の 国 立 大 学 法 人 の 業 務 に 関 連 し その 資 産 の 増 加 又 は 負 債 の 減 少 ( 又 は 両 者 の 組 合 せ)をもたらす 経 済 的 便 益 の 増 加 をいいます 会 計 基 準 には 費 用 及 び 収 益 は その 発 生 源 泉 に 従 って 明 瞭 に 分 類 し 各 費 用 項 目 と それに 関 連 する 収 益 項 目 とを 損 益 計 算 書 に 対 応 表 示 しなければならない とあり 費 用 と 収 益 を 対 応 表 示 することが 規 定 されています ある 費 用 が 運 営 費 交 付 金 を 財 源 として 支 出 されているならば この 費 用 に 対 応 する 金 額 を 運 営 費 交 付 金 債 務 から 運 営 費 交 付 金 収 益 に 振 り 替 えて 各 々 経 常 費 用 と 経 常 収 益 として 対 応 させて 表 示 しなければなりません 国 立 大 学 法 人 は 運 営 費 交 付 金 や 授 業 料 寄 附 金 等 を 受 領 することにより 教 育 研 究 等 業 務 を 行 う 義 務 を 負 うため 一 旦 負 債 に 計 上 し 期 間 の 経 過 や 業 務 のための 支 出 額 等 に 応 じて 義 務 が 解 消 されたものとして 収 益 化 を 行 います 期 間 進 行 基 準 : 一 定 の 期 間 の 経 過 を 業 務 の 進 行 とみなして 収 益 化 する 方 法 運 営 費 交 付 金 債 務 ( 原 則 ) 授 業 料 債 務 業 務 達 成 基 準 : 業 務 等 の 達 成 度 に 応 じて 収 益 化 する 方 法 運 営 費 交 付 金 債 務 費 用 進 行 基 準 : 業 務 のための 支 出 額 を 限 度 として 収 益 化 する 方 法 運 営 費 交 付 金 債 務 寄 附 金 債 務 前 受 受 託 研 究 費 等 附 属 病 院 収 益 は 保 険 請 求 分 も 診 療 行 為 を 行 ったときに 認 識 しているため 3 月 の 保 険 請 求 分 も3 月 の 収 益 として 認 識 しています 翌 年 度 社 会 保 険 診 療 報 酬 基 金 等 からの 減 額 査 定 があった 場 合 は 減 額 査 定 の 通 知 を 受 けたとき 収 益 の 減 少 となるおそれがあるこ とに 注 意 が 必 要 となります 13

16 雑 益 中 の 受 託 研 究 等 収 入 とは 受 託 研 究 共 同 研 究 受 託 事 業 等 の 間 接 経 費 で 研 究 関 連 収 入 とは 科 学 研 究 費 補 助 金 等 の 間 接 経 費 です 資 産 見 返 負 債 戻 入 とは 償 却 資 産 の 減 価 償 却 費 相 当 額 を 資 産 見 返 負 債 から 振 替 えたもの や 償 却 資 産 を 売 却 交 換 除 却 した 時 にその 資 産 見 返 負 債 の 残 額 を 振 替 えたものです 臨 時 損 益 等 臨 時 損 失 固 定 資 産 除 却 損 承 継 剰 余 金 費 用 その 他 臨 時 利 益 承 継 剰 余 金 債 務 戻 入 精 算 運 営 費 交 付 金 収 益 精 算 承 継 剰 余 金 債 務 戻 入 目 的 積 立 金 取 崩 額 130,196,658 15,000,000 11,066, ,263,155 15,000,000 1,172,692,335 71,979,200 1,259,671, ,708,865 臨 時 損 失 ( 利 益 )とは 国 立 大 学 法 人 の 業 務 活 動 により 経 常 的 に 生 じる 費 用 及 び 収 益 以 外 のもので 固 定 資 産 売 却 損 益 固 定 資 産 除 却 損 災 害 損 失 等 があります ただし 臨 時 損 益 に 属 する 項 目 であっても 金 額 の 僅 少 なもの 又 は 毎 期 経 常 的 に 発 生 するものは 経 常 損 益 計 算 に 含 めることができます 目 的 積 立 金 取 崩 額 とは 目 的 積 立 金 による 事 業 の 費 用 計 上 額 と 同 額 を 取 崩 額 として 計 上 しています 費 用 の 計 上 額 と 同 額 ですので 目 的 積 立 金 により 資 産 を 購 入 した 場 合 は 費 用 ではなく 資 本 剰 余 金 に 計 上 されるため 取 崩 額 として 計 上 されません (P9 参 照 ) 固 定 資 産 除 却 損 とは 除 却 された 資 産 の 未 償 却 残 高 ( 帳 簿 価 額 )のことです 14

17 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表 と 損 益 計 算 書 の 関 係 運 営 費 交 付 金 で4 月 に 研 究 機 器 を60 万 円 ( 耐 用 年 数 6 年 1 年 間 の 減 価 償 却 費 10 万 円 )で 購 入 ( 研 究 経 費 ) 寄 附 金 で 消 耗 品 を70 万 円 購 入 ( 教 育 経 費 )した 場 合 貸 借 対 照 表 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 Ⅰ 固 定 負 債 1 有 形 固 定 資 産 資 産 見 返 負 債 工 具 器 具 備 品 600,000 資 産 見 返 運 営 費 交 付 金 等 500,000 減 価 償 却 累 計 額 100, ,000 固 定 負 債 合 計 500,000 Ⅱ 流 動 負 債 運 営 費 交 付 金 債 務 600,000 寄 附 金 債 務 700,000 Ⅱ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 資 産 合 計 負 債 合 計 800,000 純 資 産 の 部 1,300,000 Ⅲ 利 益 剰 余 金 当 期 未 処 分 利 益 0 純 資 産 合 計 0 800,000 負 債 純 資 産 合 計 800,000 資 産 見 返 負 債 - 減 価 償 却 額 600, ,000=500,000 損 益 計 算 書 科 目 金 額 経 常 費 用 業 務 費 教 育 経 費 700,000 研 究 経 費 100,000 経 常 費 用 合 計 経 常 収 益 寄 附 金 収 益 700,000 資 産 見 返 負 債 戻 入 資 産 見 返 運 営 費 交 付 金 等 戻 入 100, ,000 経 常 収 益 合 計 当 期 総 利 益 800, ,000 0 国 から 交 付 された 運 営 費 交 付 金 や 企 業 からの 寄 附 金 等 は 金 銭 の 受 領 時 にその 金 銭 を 使 用 して 教 育 研 究 等 を 行 わなければならないという 義 務 が 生 じることは 先 に 説 明 しました 上 記 のように 運 営 費 交 付 金 で 資 産 を 購 入 した 場 合 は 現 金 という 流 動 資 産 が 工 具 器 具 備 品 という 固 定 資 産 に 運 営 費 交 付 金 債 務 が 資 産 見 返 運 営 費 交 付 金 等 という 固 定 負 債 に 変 わります 資 産 を 購 入 した 時 点 で 義 務 は 果 たしたことになりますが 資 産 の 取 得 原 価 は 費 用 配 分 の 原 則 により 各 事 業 年 度 に 配 分 するため 固 定 負 債 として 管 理 します 購 入 資 産 の 価 値 減 少 分 である 決 算 日 までの 減 価 償 却 額 を 貸 借 対 照 表 の 減 価 償 却 累 計 額 欄 に 計 上 するとと もに 資 産 見 返 負 債 から 減 額 します また 同 時 に 減 価 償 却 費 という 費 用 を 計 上 するとともに 資 産 見 返 負 債 戻 入 益 に 振 り 替 え 費 用 と 収 益 を 対 応 させます 費 用 と 収 益 が 同 額 で 損 益 計 算 書 に 計 上 され 損 益 が 均 衡 し ます 15

18 前 ページでは 購 入 した 資 産 に 対 し 資 産 見 返 負 債 が 計 上 され その 減 価 償 却 相 当 額 を 費 用 計 上 する 例 を 記 載 しましたが 同 じように 償 却 資 産 を 購 入 した 場 合 でも 会 計 処 理 が 大 きく 異 なるものがありま す それは 会 計 基 準 第 83に 示 されています 会 計 基 準 第 83 特 定 の 償 却 資 産 の 減 価 に 係 る 会 計 処 理 国 立 大 学 法 人 等 が 保 有 する 償 却 資 産 のうち その 減 価 に 対 応 すべき 収 益 の 獲 得 が 予 定 されないものと して 特 定 された 資 産 については 当 該 資 産 の 減 価 償 却 相 当 額 は 損 益 計 算 上 の 費 用 には 計 上 せず 資 本 剰 余 金 を 減 額 することとする 施 設 費 現 物 出 資 目 的 積 立 金 を 財 源 として 固 定 資 産 を 取 得 する 場 合 の 多 くは 減 価 に 対 応 する 収 益 の 獲 得 が 予 定 されていないため 会 計 基 準 第 83を 適 用 することになると 思 われます 減 価 償 却 計 算 は するものの その 減 価 相 当 額 を 減 価 償 却 費 として 損 益 計 算 書 に 計 上 することはせず 資 本 剰 余 金 から 控 除 して 資 本 の 価 値 の 減 少 として 取 り 扱 います( 損 益 外 減 価 償 却 累 計 額 ( 一 )) これも 費 用 に 対 応 する 収 益 がないので 費 用 も 計 上 しないという 損 益 均 衡 の 考 え 方 によるものです また 附 属 病 院 における 一 定 の 償 却 資 産 に 係 る 減 価 償 却 については 当 該 減 価 に 対 応 すべき 附 属 病 院 収 入 の 獲 得 が 予 定 されていると 考 えられるため 当 該 収 入 をもって 充 当 することが 適 当 と 考 えられま す したがって 自 己 収 入 ( 附 属 病 院 収 入 等 )で 購 入 した 資 産 の 減 価 償 却 相 当 額 は 損 益 計 算 上 の 費 用 に 計 上 します 施 設 費 で 建 物 を 建 築 3 億 円 で 契 約 し 1 年 目 に9 千 万 円 を 前 金 払 い 2 年 目 竣 工 後 に2 億 1 千 万 円 を 支 払 った 場 合 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 流 動 負 債 預 り 施 設 費 については 省 略 貸 借 対 照 表 (1 年 目 ) Ⅰ 固 定 資 産 Ⅰ 固 定 負 債 1 有 形 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 建 設 仮 勘 定 90,000,000 建 設 仮 勘 定 見 返 施 設 費 90,000,000 貸 借 対 照 表 (2 年 目 ) ( 耐 用 年 数 30 年 1 年 間 の 減 価 償 却 額 1 千 万 円 10 月 竣 工 ) Ⅰ 固 定 資 産 Ⅰ 固 定 負 債 1 有 形 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 建 物 300,000,000 建 設 仮 勘 定 見 返 施 設 費 90,000,000 減 価 償 却 累 計 額 建 設 仮 勘 定 5,000,000 90,000,000 Ⅱ 資 本 剰 余 金 資 本 剰 余 金 損 益 外 減 価 償 却 累 計 額 ( 一 ) 300,000,000 5,000,000 固 定 資 産 - 建 物 及 び 減 価 償 却 累 計 額 資 本 剰 余 金 - 資 本 剰 余 金 及 び 損 益 外 減 価 償 却 累 計 額 ( 一 ) に 計 上 現 物 出 資 の 減 価 償 却 貸 借 対 照 表 Ⅰ 資 本 金 政 府 出 資 金 Ⅱ 資 本 剰 余 金 資 本 剰 余 金 損 益 外 減 価 償 却 累 計 額 ( 一 ) ,000,000 資 本 剰 余 金 - 損 益 外 減 価 償 却 累 計 額 ( 一 )に 計 上 16

19 目 的 積 立 金 で 研 究 用 機 器 を 購 入 した 場 合 購 入 価 格 720 万 円 ( 耐 用 年 数 6 年 1 年 間 の 減 価 償 却 額 120 万 円 2 月 納 入 ) 貸 借 対 照 表 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 Ⅱ 資 本 剰 余 金 工 具 器 具 備 品 7,200,000 資 本 剰 余 金 減 価 償 却 累 計 額 200,000 損 益 外 減 価 償 却 累 計 額 ( 一 ) 7,200, ,000 Ⅱ 流 動 資 産 Ⅲ 利 益 剰 余 金 現 金 及 び 預 金 7,200,000 教 育 研 究 診 療 環 境 整 備 積 立 金 7,200,000 固 定 資 産 - 工 具 器 具 備 品 及 び 減 価 償 却 累 計 額 資 本 剰 余 金 - 資 本 剰 余 金 及 び 損 益 外 減 価 償 却 累 計 額 ( 一 )に 計 上 附 属 病 院 収 入 で 診 療 用 機 器 を 購 入 した 場 合 購 入 価 格 720 万 円 ( 耐 用 年 数 6 年 1 年 間 の 減 価 償 却 額 120 万 円 4 月 納 入 ) 損 益 計 算 書 Ⅰ 固 定 資 産 経 常 費 用 1 有 形 固 定 資 産 業 務 費 工 具 器 具 備 品 7,200,000 診 療 経 費 減 価 償 却 累 計 額 1,200,000 設 備 関 係 費 1,200,000 費 用 Ⅱ 流 動 資 産 経 常 収 益 現 金 及 び 預 金 7,200,000 附 属 病 院 収 益 1,200,000 = 収 益 固 定 資 産 - 工 具 器 具 備 品 及 び 減 価 償 却 累 計 額 に 計 上 減 価 償 却 相 当 額 の 収 益 があがるものと 考 えられる 経 常 費 用 - 診 療 経 費 ( 設 備 関 係 費 )に 計 上 減 価 に 対 応 する 収 益 の 獲 得 が 予 定 されているとは 購 入 価 格 720 万 円 ( 耐 用 年 数 6 年 1 年 間 の 減 価 償 却 額 120 万 円 )の 診 療 機 器 を 購 入 した 場 合 その 機 器 を 用 いて 診 療 を 行 うことにより 診 療 報 酬 ( 附 属 病 院 収 入 )を 得 ることができ ます 診 療 用 機 器 を 購 入 した 時 点 で 現 金 は720 万 円 支 出 されますが 費 用 として 計 上 される のは1 年 間 の 減 価 償 却 費 120 万 円 です 一 方 会 計 基 準 では その 機 器 を 用 いて 得 られる1 年 間 の 収 益 額 を 減 価 償 却 費 と 同 額 の120 万 円 と 考 えます (これは 損 益 を 均 衡 させるとい う 会 計 基 準 の 考 えによるものです )このように その 機 器 を 用 いることにより 収 益 の 獲 得 が 予 定 されている( 見 込 める)ものには 会 計 基 準 第 83は 適 用 されません 固 定 資 産 の 取 得 財 源 により 会 計 処 理 が 異 なります その 関 係 は 次 の 表 のとおりです 取 得 財 源 政 府 出 資 ( 現 物 出 資 含 む) 施 設 費 非 償 却 資 産 資 本 金 資 本 剰 余 金 貸 方 科 目 償 却 資 産 資 本 金 資 本 剰 余 金 ( 基 準 第 83 適 用 の 場 合 ) 目 的 積 立 金 資 本 剰 余 金 資 本 剰 余 金 運 営 費 交 付 金 資 本 剰 余 金 資 産 見 返 授 業 料 等 ( 中 期 計 画 の 想 定 の 範 囲 内 ) 補 助 金 等 資 本 剰 余 金 資 産 見 返 国 からの 譲 与 資 本 剰 余 金 資 産 見 返 使 途 特 定 寄 附 金 使 途 不 特 定 寄 附 金 使 途 不 特 定 寄 附 財 産 自 己 収 入 資 本 剰 余 金 ( 中 期 計 画 の 想 定 の 範 囲 内 ) 受 入 時 に 収 益 計 上 資 産 見 返 使 途 特 定 寄 附 財 産 資 本 剰 余 金 資 産 見 返 17

20 キャッシュ フロー 計 算 書 損 益 計 算 書 の 収 益 費 用 の 概 念 と 異 なり 現 金 の 収 支 を 表 すもので 損 益 計 算 書 の 金 額 と 異 なります 資 金 の 収 支 の 流 れがどのよ うになっているのかを 表 示 どのような 活 動 から 資 金 を 調 達 し どの 程 度 業 務 や 設 備 投 資 を 行 っているかを 表 示 キャッシュ フロー 計 算 書 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 ~ 平 成 22 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 円 ) Ⅰ 業 務 活 動 によるキャッシュ フロー 原 材 料, 商 品 又 はサービスの 購 入 による 支 出 19,775,610,673 人 件 費 支 出 29,503,517,908 その 他 の 業 務 支 出 1,505,050,570 運 営 費 交 付 金 収 入 18,104,862,000 授 業 料 収 入 6,627,986,915 入 学 金 収 入 969,134,200 検 定 料 収 入 180,865,100 附 属 病 院 収 入 23,854,167,588 受 託 研 究 等 収 入 1,314,074,548 受 託 事 業 等 収 入 336,002,804 補 助 金 等 収 入 2,604,947,280 寄 附 金 収 入 1,648,921,073 科 学 研 究 費 補 助 金 等 預 り 金 純 増 減 29,797,573 奨 学 金 貸 付 金 純 増 減 6,300,000 その 他 1,372,400,885 業 務 活 動 によるキャッシュ フロー 6,193,085,669 Ⅱ 投 資 活 動 によるキャッシュ フロー 有 価 証 券 の 償 還 による 収 入 1,025,000,000 有 形 固 定 資 産 及 び 無 形 固 定 資 産 の 取 得 による 支 出 8,341,678,019 有 形 固 定 資 産 及 び 無 形 固 定 資 産 の 売 却 による 収 入 706,040 施 設 費 による 収 入 2,794,592,350 小 計 4,521,379,629 利 息 及 び 配 当 金 の 受 取 額 50,616,952 投 資 活 動 によるキャッシュ フロー 4,470,762,677 Ⅲ 財 務 活 動 によるキャッシュ フロー 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 債 務 負 担 金 の 返 済 による 支 出 1,506,141,079 長 期 借 入 れによる 収 入 398,896,000 長 期 借 入 金 の 返 済 による 支 出 419,828,000 リース 債 務 の 返 済 による 支 出 645,386,142 小 計 2,172,459,221 利 息 の 支 払 額 587,688,206 財 務 活 動 によるキャッシュ フロー 2,760,147,427 Ⅳ 資 金 に 係 る 換 算 差 額 141,509 Ⅴ 資 金 増 減 額 1,037,682,926 Ⅵ 資 金 期 首 残 高 11,922,706,784 Ⅶ 資 金 期 末 残 高 10,885,023,858 18

21 キャッシュ フロー 計 算 書 キャッシュ フロー 計 算 書 は 一 会 計 期 間 におけるキャッシュ(お 金 ) フロー( 流 れ)の 状 況 を 一 定 の 活 動 区 分 別 に 表 示 するものです キャッシュ フロー 計 算 書 は 業 務 活 動 投 資 活 動 財 務 活 動 の3つの 区 分 を 設 けており 業 務 活 動 においてキャッシュがどのように 使 用 され どのようなキャッシュが 入 ってきたか 投 資 活 動 においてキャッシュがどのように 使 用 された か 財 務 活 動 においてキャッシュがどのように( 借 入 や 金 銭 出 資 の 受 入 れ 等 ) 調 達 されたか と いった 法 人 の 資 金 状 況 が 把 握 できます 運 営 費 交 付 金 により 固 定 資 産 を 購 入 した 場 合 運 営 費 交 付 金 収 入 は 業 務 活 動 によるキャッシュ フローに 区 分 されますが 固 定 資 産 の 取 得 額 は 投 資 活 動 によるキャッシュ フローに 区 分 されます したがって 業 務 活 動 によるキャッ シュ フローはプラスの 影 響 が 投 資 活 動 によるキャッシュ フローはマイナスの 影 響 がでま す 国 立 大 学 財 務 経 営 センターからの 借 入 金 により 附 属 病 院 の 建 物 を 建 設 した 場 合 国 立 大 学 財 務 経 営 センターからの 借 入 金 収 入 は 財 務 活 動 によるキャッシュ フローに 区 分 さ れますが 建 物 の 建 設 費 は 投 資 活 動 によるキャッシュ フローに 区 分 されます したがって 財 務 活 動 によるキャッシュ フローはプラスの 影 響 が 投 資 活 動 によるキャッシュ フローはマイ ナスの 影 響 がでます このように キャッシュ フロー 計 算 書 は 各 区 分 内 で 資 金 の 収 支 を 均 衡 させるものではあり ません 投 資 活 動 によるキャッシュ フローはマイナス 業 務 活 動 財 務 活 動 によるキャッ シュ フローはプラスになる 傾 向 があります 21 年 度 決 算 では 国 立 大 学 財 務 経 営 センターからの 借 入 金 による 収 入 より 返 済 による 支 出 のほうが 多 かったため 財 務 活 動 によるキャッシュ フローはマイナスとなっています 19

22 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 ( 単 位 : 円 ) Ⅰ 当 期 未 処 分 利 益 2,339,562,760 当 期 総 利 益 2,339,562,760 Ⅱ 積 立 金 振 替 額 133,064,664 教 育 研 究 診 療 環 境 整 備 積 立 金 133,064,664 Ⅱ 利 益 処 分 額 積 立 金 2,472,627,424 当 期 未 処 分 利 益 は 当 期 総 利 益 から 前 期 の 繰 越 欠 損 金 を 差 し 引 いた 額 です 本 学 は 前 期 までの 繰 越 欠 損 金 がないため 当 期 総 利 益 = 当 期 未 処 分 利 益 となります 当 期 総 利 益 は 損 益 計 算 書 の 当 期 総 利 益 と 同 額 です 平 成 21 年 度 は 中 期 目 標 期 間 の 最 終 年 度 であるため 教 育 研 究 診 療 環 境 整 備 積 立 金 ( 目 的 積 立 金 )の 残 額 を 一 旦 積 立 金 として 申 請 し 次 期 中 期 目 標 期 間 へ 繰 り 越 す 手 続 きを 行 っています 20

23 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 Ⅰ 業 務 費 用 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 ~ 平 成 22 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 円 ) (1) 損 益 計 算 書 上 の 費 用 業 務 費 53,797,849,164 一 般 管 理 費 1,552,184,687 財 務 費 用 583,324,150 雑 損 29,204,197 臨 時 損 失 156,263,155 56,118,825,353 損 益 計 算 書 上 の 費 用 の 額 の うち 国 民 の 負 担 額 がどれ くらいあるかを 表 示 (2) ( 控 除 ) 自 己 収 入 等 授 業 料 収 益 7,179,563,761 入 学 金 収 益 979,145,200 検 定 料 収 益 180,865,100 附 属 病 院 収 益 24,074,625,714 受 託 研 究 等 収 益 1,325,707,355 受 託 事 業 等 収 益 321,683,412 寄 附 金 収 益 1,404,453,328 財 務 収 益 51,858,503 雑 益 ( 研 究 関 連 収 入 を 除 く) 692,165,182 資 産 見 返 寄 附 金 戻 入 555,092,866 建 設 仮 勘 定 等 見 返 寄 附 金 戻 入 475,000 36,765,635,421 業 務 費 用 合 計 19,353,189,932 Ⅱ 損 益 外 減 価 償 却 等 相 当 額 損 益 計 算 書 には 反 映 されな いが 国 立 大 学 法 人 の 業 務 運 営 にかかった 費 用 であ り 最 終 的 に 国 民 負 担 とな るコストを 表 示 損 益 外 減 価 償 却 相 当 額 2,236,964,503 損 益 外 固 定 資 産 除 売 却 相 当 額 113,530,380 2,350,494,883 Ⅲ 損 益 外 減 損 損 失 相 当 額 28,567,144 Ⅳ 引 当 外 賞 与 増 加 見 積 額 23,921,406 Ⅴ 引 当 外 退 職 給 付 増 加 見 積 額 147,703,575 国 立 大 学 法 人 であることで 無 償 減 額 されたものにつ いて 得 られなかった 金 額 を 仮 定 計 算 して 表 示 Ⅵ 機 会 費 用 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 財 産 の 無 償 又 は 減 額 された 使 用 料 による 貸 借 取 引 の 機 会 費 用 139,466,985 政 府 出 資 の 機 会 費 用 1,065,554,349 1,205,021,334 Ⅶ ( 控 除 ) 国 庫 納 付 額 0 7 項 目 の 合 計 を 国 立 大 学 法 人 の 行 政 コスト( 国 民 の 負 担 額 )として 表 示 Ⅷ 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 22,765,648,312 21

24 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 業 務 実 施 コスト 計 算 書 は 納 税 者 である 国 民 の 国 立 大 学 法 人 の 業 務 に 対 する 評 価 判 断 に 資 す るため 一 会 計 期 間 に 属 する 国 立 大 学 法 人 の 業 務 運 営 に 関 し 国 民 の 負 担 に 帰 せられるコストに 係 る 情 報 を 一 元 的 に 集 約 して 表 示 する 書 類 とされています 損 益 計 算 書 は 法 人 の 運 営 状 況 を 表 示 する 書 類 であり ここに 計 上 される 損 益 は 法 人 の 業 績 を 示 す 損 益 であって 必 ずしも 納 税 者 にとっての 負 担 とは 一 致 しません 例 えば 運 営 費 交 付 金 収 益 が 増 えると 国 立 大 学 法 人 の 損 益 にはプラスにはたらきますが 納 税 者 の 負 担 は 逆 に 増 加 しま す これに 対 し 業 務 実 施 コスト 計 算 書 は 国 立 大 学 法 人 を 運 営 する 上 で 納 税 者 たる 国 民 が 負 担 して いるコスト 情 報 を 表 示 するものであり 当 該 国 立 大 学 法 人 が 将 来 的 にも 業 務 を 実 施 する 主 体 とし てふさわしいかを 評 価 する 上 で 最 も 有 用 であると 位 置 付 けられています 損 益 計 算 書 と 業 務 実 施 コスト 計 算 書 財 務 諸 表 作 成 目 的 業 績 評 価 との 関 係 損 益 計 算 書 業 務 実 施 コスト 計 算 書 国 立 大 学 法 人 の 運 営 状 況 を 明 ら かにする( 業 績 評 価 ) 納 税 者 である 国 民 が 負 担 してい るコスト 情 報 を 表 示 ( 説 明 責 任 ) 利 益 処 分 により 経 営 努 力 の 認 定 が 行 われる 運 営 についての 業 績 評 価 が 行 われる 将 来 的 にも 業 務 を 実 施 する 主 体 としてふさわ しいかを 評 価 される 業 務 費 用 国 立 大 学 法 人 の 損 益 計 算 書 の 費 用 から 自 己 収 入 額 を 差 引 きして 国 民 負 担 ( 税 金 )で 賄 われて いる 費 用 を 計 算 します 損 益 外 減 価 償 却 等 相 当 額 損 益 外 減 損 損 失 相 当 額 会 計 基 準 第 83 特 定 を 受 けた 資 産 は 損 益 計 算 書 には 費 用 として 反 映 されませんが 国 立 大 学 法 人 の 業 務 運 営 にかかった 費 用 であり 最 終 的 に 国 民 の 負 担 となるので これを 開 示 しようとす るものです 引 当 外 賞 与 増 加 見 積 額 引 当 外 退 職 給 付 増 加 見 積 額 損 益 計 算 に 含 まれなかった 賞 与 引 当 金 及 び 退 職 給 付 引 当 金 に 関 する 項 目 です 運 営 費 交 付 金 で 財 源 措 置 される 賞 与 退 職 給 付 増 加 見 積 額 については 損 益 計 算 書 には 反 映 されませんが 国 立 大 学 法 人 の 業 務 運 営 にかかった 費 用 であり 最 終 的 に 国 民 の 負 担 となるので これを 開 示 しよう とするものです 損 益 外 減 価 償 却 等 相 当 額 は 国 立 大 学 法 人 の 裁 量 や 経 営 努 力 の 反 映 の 余 地 がない( 国 立 大 学 法 人 の 意 思 決 定 とは 無 関 係 )コストです 次 に 述 べる 機 会 費 用 も 含 めて 損 益 計 算 書 には 計 上 されませんが 広 い 意 味 で 最 終 的 に 国 民 の 負 担 に 帰 すべきコストであるため 業 務 実 施 コスト 計 算 書 に 計 上 します 施 設 費 の 支 出 は 国 に 対 して 申 請 し 国 から 採 択 され 施 設 費 補 助 金 の 交 付 を 受 けなけれ ばならず また 国 が 特 定 した 使 途 に 限 って 支 出 されます この 施 設 費 の 支 出 のように 国 立 大 学 法 人 以 外 の 判 断 による 場 合 が 国 立 大 学 法 人 の 独 自 判 断 では 意 思 決 定 が 完 結 しないような 行 為 に 起 因 する 支 出 に 該 当 します 機 会 費 用 機 会 費 用 とは 犠 牲 にされる 経 済 的 資 源 を 他 の 代 替 的 用 途 に 振 り 向 けた 場 合 得 られるはずの 逸 失 利 益 のことであり 得 られたはずの 利 益 の 喪 失 という 意 味 のコストです 分 かり 易 く 言 え ば 国 立 大 学 法 人 が 故 に 免 除 軽 減 されているコストのことです これら 免 除 軽 減 されている コストは 国 民 にとっては 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 財 産 を 利 用 することによって 得 られるはずの 利 益 ( 賃 料 や 利 息 )を 失 っていると 考 えられるからです 22

25 財 務 諸 表 の 関 連 図 財 務 諸 表 の 関 連 図 ( 単 位 : 百 万 円 ) 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 期 末 日 の 財 政 状 態 会 計 期 間 の 運 営 状 況 国 民 負 担 に 帰 せられるコスト 自 己 収 入 等 に 基 づく 収 益 資 産 負 債 ( 内 数 ) 137,639 54,292 経 常 費 用 36,766 費 用 36,766 55,963 56,119 経 常 収 益 57,058 自 己 収 入 等 に 基 づく 収 益 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 22,766 純 資 産 83,347 臨 時 損 失 156 臨 時 利 益 当 期 総 利 益 1,260 3,413 2, 現 金 及 び 預 金 目 的 積 立 金 取 崩 ( 内 数 ) 未 処 分 利 益 ( 内 数 ) 10,885 2,340 損 益 外 減 価 償 却 等 相 当 額 損 益 外 減 損 損 失 相 当 額 引 当 外 賞 与 増 加 見 積 額 引 当 外 退 職 給 付 増 加 見 積 額 機 会 費 用 キャッシュ フロー 計 算 書 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 会 計 期 間 の 活 動 区 分 別 資 金 の 流 れ 未 処 分 利 益 の 処 分 内 容 利 益 処 分 額 2,473 支 出 収 入 ( 内 訳 ) 62,320 73,205 積 立 金 2,340 積 立 金 ( 教 育 133 研 究 診 療 環 境 整 備 積 立 金 ) ( 注 ) 積 立 金 のうち 退 職 手 当 額 等 約 1,245 百 万 円 は 国 庫 納 付 し 期 末 残 高 目 的 積 立 金 相 当 額 等 約 1,095 百 万 円 は 翌 事 業 年 度 に 繰 越 承 認 さ 10,885 れている 積 立 金 ( 教 育 研 究 診 療 環 境 整 備 積 立 金 )のうち 約 2.5 百 万 円 は 国 庫 納 付 約 百 万 円 は 翌 事 業 年 度 に 繰 越 承 認 されている 23

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

Microsoft PowerPoint - 財務レポート(平成26事業年度)

Microsoft PowerPoint - 財務レポート(平成26事業年度) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 平 成 26 事 業 年 度 目 次 1.ごあいさつ 1 2. 熊 本 大 学 の 財 政 状 態 2 3. 熊 本 大 学 の 運 営 状 況 4 4. 附 属 病 院 の 運 営 状 況 7 5. 熊 本 大 学 の 財 務 諸 表 9 6. 国 立 大 学 法 人 の 会 計 処 理 16 7. 用 語 解 説 19 熊 本 大 学 を 支 えてくださる

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 し 概 要 について 約 半 世 紀 ぶりに 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 が 改 正 されました この 会 計 制 度 は 全 国 約 3,000の 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 適 用 企 業 の 経 営 管 理 ツールの 一 つです 新 制 度 への 移 行 により 貸 借 対 照 表 や 損 益 計 算 書 など 予 算

More information

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378>

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378> 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 財 務 レポート ( 平 成 27 年 10 月 ) 事 業 年 度 2014 年 4 月 1 日 ー2015 年 3 月 31 日 は じ め に 平 成 26 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 について 平 成 27 年 8 月 31 日 付 で 東 京 都 知 事 の 承 認 を 受 けましたので ここに 公 表 します 加 えて 今 回 発

More information

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法 改 正 後 全 文 医 政 指 発 第 0330003 号 平 成 1 9 年 3 月 30 日 最 終 改 正 医 政 指 発 0809 第 3 号 平 成 25 年 8 月 9 日 各 都 道 府 県 医 政 主 管 部 ( 局 ) 長 各 地 方 厚 生 局 健 康 福 祉 部 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 指 導 課 長 医 療 法 人 における 事 業 報 告 書 等 の 様 式

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

<8E9197BF DE096B18F94955C2E786C73>

<8E9197BF DE096B18F94955C2E786C73> 平 成 19 年 度 財 務 諸 表 第 1 期 事 業 年 度 自 平 成 19 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 3 月 31 日 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 134 貸 借 対 照 表 ) 567 損 益 計 算 書 キャッシュ フロー 計 算 書 損 失 の 処 理 に 関 する 書 類 ( 案 行 政 サービス 実 施 コスト 計 算 書 注 記 11

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73>

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73> [ 経 常 費 用 ] 業 務 費 教 育 研 究 経 費 消 耗 品 費 備 品 費 印 刷 製 本 費 水 道 光 熱 費 機 構 の 業 務 として 学 生 等 に 対 し 行 われる 教 育 に 要 する 経 費 及 び 教 員 等 の 研 究 に 要 する 経 費 を 対 象 とする ただし, 教 育 研 究 支 援 経 費, 受 託 研 究 費, 受 託 事 業 費, 教 員, 職 員,

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表 資 料 4 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 する Q& と ( 案 )の 新 旧 対 照 表 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 1. 有 形 固 定 資 産 の 譲 渡 取 引 に 係 る 会 計 処 理 の 見 直 し Q31 5 有 形 固 定 資 産

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73>

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73> 山 形 県 公 営 企 業 資 産 運 用 事 業 会 決 算 書 目 次 1 決 算 書 1 決 算 報 告 書 1 2 損 益 算 書 5 3 剰 余 金 算 書 8 4 剰 余 金 処 分 算 書 ( 案 ) 9 5 貸 借 対 照 表 11 2 事 業 報 告 書 1 概 況 13 2 業 務 13 3 会 14 3 決 算 附 属 書 1 収 益 費 用 明 細 書 15 2 固 定 資

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 連 結 財 務

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 連 結 財 務 平 成 19 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 19 年 5 月 23 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 コ ー ド 番 号 1 8 1 0 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

目 次 < 計 算 書 類 > 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 個 別 注 記 表

目 次 < 計 算 書 類 > 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 個 別 注 記 表 計 算 書 類 ( 第 36 期 ) 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 株 式 会 社 NHK 文 化 センター 目 次 < 計 算 書 類 > 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 個 別 注 記 表 貸 借 対 照 表 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ( 単 位 : 円 ) 科 目 金 額 科 目

More information

の 処 理 であり 費 用 計 上 の 際 に 現 金 の 支 出 は 伴 いません 資 本 的 収 入 支 出 資 本 的 収 支 とは 公 営 企 業 の 将 来 の 経 営 活 動 に 備 えて 行 う 建 設 改 良 費 や 建 設 改 良 に 係 る 企 業 債 償 還 金 などの 投 資

の 処 理 であり 費 用 計 上 の 際 に 現 金 の 支 出 は 伴 いません 資 本 的 収 入 支 出 資 本 的 収 支 とは 公 営 企 業 の 将 来 の 経 営 活 動 に 備 えて 行 う 建 設 改 良 費 や 建 設 改 良 に 係 る 企 業 債 償 還 金 などの 投 資 公 営 企 業 会 計 関 連 資 金 不 足 比 率 公 営 企 業 の 資 金 不 足 の 状 況 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 況 の 悪 化 の 度 合 いを 示 すものです 公 営 企 業 の 経 営 状 況 を 公 営 企 業 の 料 金 収 入 に 対 する 資 金 不 足 の 規 模 で 表

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73>

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73> 学 校 法 人 会 計 基 準 について ( 平 成 27 年 度 以 降 ) 予 算 と 決 算 の 両 方 を 満 たす 計 算 体 系 の 説 明 学 校 法 人 の 概 要 学 校 法 人 とは 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 の 定 めるところにより 私 立 学 校 の 設 置 を 目 的 に 設 立 された 法 人 です 私 立 学 校 は この 学 校 法 人 によって 設 置

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,805,239 融 資 収 益 3,334,100 受 託 収 益 1,049,043 キャッシュプリカ 収 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,805,239 融 資 収 益 3,334,100 受 託 収 益 1,049,043 キャッシュプリカ 収 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 153,178,424 流 動 負 債 123,325,404 現 金 及 び 預 金 1,672,110 買 掛 金 65,401,410 割 賦 売 掛 金 134,705,965 短 期 借 入 金 27,000,000 リース 投 資 資 産

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 中 間 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 中 間

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 中 間 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 中 間 平 成 20 年 3 月 期 中 間 決 算 短 信 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 平 成 19 年 11 月 14 日 コ ー ド 番 号 1 8 1 0 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

連 結 損 益 計 算 書 売 上 高 及 びその 他 の 営 業 収 入 営 業 費 用 売 上 原 価 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 研 究 開 発 費 営 業 費 用 合 計 営 業 利 益 営 業 外 収 益 ( 費 用 ) 受 取 利 息 支 払 利 息 営 業 外 収 益 (

連 結 損 益 計 算 書 売 上 高 及 びその 他 の 営 業 収 入 営 業 費 用 売 上 原 価 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 研 究 開 発 費 営 業 費 用 合 計 営 業 利 益 営 業 外 収 益 ( 費 用 ) 受 取 利 息 支 払 利 息 営 業 外 収 益 ( 任 意 適 用 に 伴 う 連 結 財 務 諸 表 の 変 化 点 国 際 財 務 報 告 基 準 () 任 意 適 用 に 伴 い 2015 年 4 月 下 旬 に 発 表 を 予 定 しております 2016 年 3 月 期 連 結 業 績 予 想 につきましてはで 開 示 いたします 2016 年 3 月 期 連 結 業 績 予 想 の 米 国 会 計 基 準 との 数 値 の 差 異 につきましては

More information

実務指針

実務指針 国 立 大 学 法 人 会 計 基 準 及 び 国 立 大 学 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する 実 務 指 針 平 成 15 年 7 月 10 日 ( 平 成 23 年 2 月 15 日 最 終 改 訂 ) 文 部 科 学 省 日 本 公 認 会 計 士 協 会 1. 本 実 務 指 針 は 国 立 大 学 法 人 会 計 基 準 等 検 討 会 議 が 平 成 15 年 3 月 5

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

 

  新 公 益 法 人 制 度 新 制 度 のポイント 総 論 1- 制 度 のポイント 2- 移 行 申 請 の 検 討 のポイント 移 行 認 定 編 (1) 基 礎 編 - 事 業 と 財 務 の 分 析 (2) 実 践 編 1- 事 業 の 公 益 性 2- 別 表 Gの 作 成 3- 収 支 相 償 公 益 目 的 事 業 比 率 4- 別 表 C(2)の 作 成 控 除 対 象 財 産 5-その

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30322D32342091E63130308AFA2098418C8B928D8B4C955CA58CC295CA928D8B4C955C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30322D32342091E63130308AFA2098418C8B928D8B4C955CA58CC295CA928D8B4C955C> 第 100 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての 法 令 および 定 款 に 基 づくインターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 から 平 成 27 年 12 月 31 日 まで) 東 洋 ゴム 工 業 株 式 会 社 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記

More information

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc 計 算 書 類 第 1 期 平 成 24 年 7 月 31 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 1. 貸 借 対 照 表 2. 損 益 計 算 書 3. 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 4. 個 別 注 記 表 株 式 会 社 あきんどスシロー 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

財務書類の記載要領

財務書類の記載要領 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 財 務 書 類 の 記 載 要 領 ( 改 訂 版 ) 平 成 22 年 3 月 はじめに 現 在 各 地 方 公 共 団 体 において 地 方 公 会 計 整 備 の 取 組 が 進 められているところですが 総 務 省 方 式 改 訂 モデル( 以 下 改 訂 モデル という )による 財 務 書 類 の 整 備 については 特 に 中 小 団 体 における

More information

 

  四 半 期 報 告 書 ( 第 34 期 第 1 四 半 期 ) 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 6 月 30 日 パラマウントベッドホールディングス 株 式 会 社 目 次 表 紙 頁 第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 1 2 事 業 の 内 容 1 第 2 事 業 の 状 況 1 事 業 等 のリスク

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 22 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 22 年 5 月 14 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ 第 42 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 第 42 期 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 はるやま 商 事 株 式 会 社 本 内 容 は 法 令 及 び 当 社 定 款 第 17 条 の

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 子 会 社 22 社 は 全 て 連 結 しております なお 当 連 結 会 計 年 度 より 新 たに 山 形 ア

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 子 会 社 22 社 は 全 て 連 結 しております なお 当 連 結 会 計 年 度 より 新 たに 山 形 ア 連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 子 会 社 22 社 は 全 て 連 結 しております なお 当 連 結 会 計 年 度 より 新 たに 山 形 アキレスエアロン 株 式 会 社 を 設 立 したことにより 連 結 の 範 囲 に 含 めております

More information

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73>

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73> 平 成 23 年 度 決 算 の 概 要 学 校 法 人 京 都 成 安 学 園 はじめに 1 金 額 は 千 円 未 満 の 端 数 については 四 捨 五 入 し 全 て 千 円 単 位 で 表 記 しているため この 資 料 内 の 表 の 合 計 欄 の 金 額 や この 資 料 と 計 算 書 類 の 金 額 が 一 致 しない 場 合 があります 2 この 資 料 でいう 予 算 額 とは

More information

Taro-class2F(A).jtd

Taro-class2F(A).jtd 第 8 章 その 他 の 論 点 1. 銀 行 勘 定 調 整 表 企 業 では 決 算 期 末 に 自 己 の 預 金 残 高 を 銀 行 に 問 い 合 わせて 残 高 証 明 書 を 発 行 してもらいま す そして この 残 高 証 明 書 と 帳 簿 上 の 預 金 残 高 とに 差 異 があれば 銀 行 勘 定 調 整 表 を 作 成 し 必 要 に 応 じて 決 算 整 理 仕 訳 を

More information

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに 生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 損 益 計 算 書 は 事 業 年 度 経 営 成 績 を 表 すもです こ 章 では まず 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 説 明 し さらに 主 な 項 目 について どように 損 益 を 計 算 しているかを 解 説 していきます 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 知 る 生 命 保 険 会 社 損 益

More information

目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成 基 準 2 4 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 3 Ⅱ. 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 1 貸 借 対

目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成 基 準 2 4 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 3 Ⅱ. 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 1 貸 借 対 久 喜 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル ( 貸 借 対 照 表 行 政 コスト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 ) 平 成 25 年 度 久 喜 市 目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成

More information

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )-

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- テキスト 6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- 権 利 の 確 定 - 4. 権 利 行 使 ( 新 株 の 発 行 ) 5. 権 利 行

More information

1_2013BS(0414)

1_2013BS(0414) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 三 井 住 友 金 属 鉱 山 伸 銅 株 式 会 社 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 25,869,002 流 動 負 債 9,707,274 現 金 及 び 預 金 987,167 買 掛 金 3,612,919 受 取 手 形 1,225,710 短 期 借

More information

= 目 次 = 1 はじめに...2 2 普 通 会 計 財 務 書 類 の 作 成 方 法 等...3 3 普 通 会 計 財 務 書 類...7 4 連 結 財 務 書 類... 13 5 財 務 書 類 に 基 づく 財 務 分 析... 18 資 料 編 平 成 22 年 度 決 算 状 況

= 目 次 = 1 はじめに...2 2 普 通 会 計 財 務 書 類 の 作 成 方 法 等...3 3 普 通 会 計 財 務 書 類...7 4 連 結 財 務 書 類... 13 5 財 務 書 類 に 基 づく 財 務 分 析... 18 資 料 編 平 成 22 年 度 決 算 状 況 平 成 22 年 度 多 久 市 財 務 書 類 報 告 書 平 成 23 年 12 月 = 目 次 = 1 はじめに...2 2 普 通 会 計 財 務 書 類 の 作 成 方 法 等...3 3 普 通 会 計 財 務 書 類...7 4 連 結 財 務 書 類... 13 5 財 務 書 類 に 基 づく 財 務 分 析... 18 資 料 編 平 成 22 年 度 決 算 状 況 ( 普 通

More information

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73>

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 181,154,164 流 動 負 債 158,796,609 現 金 及 び 預 金 1,266,240 買 掛 金 88,750,649 割 賦 売 掛 金 157,726,828 短 期 借 入 金 31,500,000 営 業 貸 付 金 20,381

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,068,775 融 資 収 益 3,687,647 受 託 収 益 1,203,223 キャッシュプリカ 収 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,068,775 融 資 収 益 3,687,647 受 託 収 益 1,203,223 キャッシュプリカ 収 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 160,714,729 流 動 負 債 141,541,788 現 金 及 び 預 金 2,059,886 買 掛 金 78,123,590 割 賦 売 掛 金 138,651,962 短 期 借 入 金 27,000,000 営 業 貸 付 金 16,098

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp 平 成 21 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 21 年 5 月 15 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 貸 借 対 照 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 当 年 度 前 年 度 ( 注 ) 増 減 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 286,929,827 217,799,894 69,129,933 未 収 金 24,691,586 24,68,834 82,752 前 払 金 2,857,973 2,75,243

More information

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイTOPIXインデックスファンド 投 資 信 託 説 明 書 ( 請 求 目 論 見 書 ) < 訂 正 事 項 分 > 2016.01.26 ニッセイアセットマネジメント 株 式 会 社 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 詳 細 情 報 を 記

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

注 記 1. 各 運 用 状 況 に 係 る 対 象 期 間 は 旧 NMF: 平 成 27 年 9 月 1 日 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 の 1 ヶ 月 間 NOF: 平 成 27 年 5 月 1 日 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 の 5 ヶ 月 間 NRF: 平 成 27

注 記 1. 各 運 用 状 況 に 係 る 対 象 期 間 は 旧 NMF: 平 成 27 年 9 月 1 日 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 の 1 ヶ 月 間 NOF: 平 成 27 年 5 月 1 日 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 の 5 ヶ 月 間 NRF: 平 成 27 平 成 27 年 11 月 16 日 各 位 不 動 産 投 資 信 託 証 券 発 行 者 名 野 村 不 動 産 マスターファンド 投 資 法 人 代 表 者 名 執 行 役 員 栁 田 聡 (コード 番 号 :3462) 資 産 運 用 会 社 名 野 村 不 動 産 投 資 顧 問 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 安 部 憲 生 問 合 せ 先 NMF 運 用 グループ

More information

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ 1 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 注 記 表 個 別 注 記 表 第 146 期 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 につきましては 法 令 および 当 社 定 款 第 15 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上 の 当 社 ホームページ (http://www.nipponseika.co.jp/)に

More information

Microsoft Word - 06-00表紙.doc

Microsoft Word - 06-00表紙.doc 外 形 標 準 課 税 Q&A 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 23 年 4 月 埼 玉 県 では 納 税 者 から 寄 せられた 質 問 や 実 地 調 査 から 収 集 した 事 例 を 中 心 に 外 形 標 準 課 税 Q&A を 作 成 しました 外 形 標 準 課 税 に 係 る 申 告 業 務 にお 役 立 てくだ さい < 目 次 > 付 加 価 値 額 総 論 番 号 質

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information