Maximo_PDF_Final_ pdf

Size: px
Start display at page:

Download "Maximo_PDF_Final_070927.pdf"

Transcription

1 Special Interview IBM

2 Special Interview IBM Maximo Asset Management 1

3 Special Interview AM PM PM LM CM IBM Maximo Asset Management 2

4 Special Interview IBM Maximo Asset Management 3

5 Special Interview LCMにはユーザーズ マネジメント UM プロジェクト マネジメント 対して二酸化炭素発生量を減らすような削減努力計画を作り 達成 PM デザイン マネジメント DM コンストラクション マネジメン できなかった場合は公表するという枠組みを作ろうとしています ト LCCM リノベーション マネジメント RM メンテナンス マネジ そういったこともありますので ビルがブランド イメージを保つ メント MM の6つの手法があり それぞれが企画段階から解体再利用段 ためには やはり環境問題への積極的な取り組みが重要になってき 階までのどこか あるいはすべてに関わっています 図5 ます 環境問題への取り組みは コストとして考えるよりは 投資 としてとらえたほうがいいと思います 規模の大きな企業はいいの 段階 手法 U 企画段階 設計段階 建設段階 運営管理段階 解体再利用段階 P LCP ですが 小さいところはなかなかそこまでお金が回らないというよ うなこともあるでしょう できれば 国から助成金のようなものが 出ればいいなと思っています むしろ そういった小さな規模の企 業が積極的に対応しないと 全体としての二酸化炭素排出量削減の ような目標は達成できないでしょう D LCD 前半でもお話ししたことですが ビル管理ではマネジメントがより LCC R 高度化しています テナントからもそういう要求は出てくるでしょ うから それに応えていくことは必要です そのためには旧来型の FMではなく 高度化されたPMの手法が必要なってくるでしょう 日本でもPMを専門に行うような企業も出てきていますので 自分で できないようであれば オーナー代行のような形でそういった企業 図5 LCMの6つの手法と各段階の関連 にアウトソーシングすることもできます アウトソーシングは LCMの手法は建築物だけでなく 自動車などいろいろなものに応用 PMから あるいは作業の部分だけといったように 自社の事情に できそうですが 残念ながら現在LCMが用いられているのは建築物 合わせて選択が可能ですから LCMなどの手法を取り入れてきちん だけです しかし 建築物の世界では オフィス 住宅 学校 とデータ管理を行った上で 戦略的にパートナーシップを結ぶこと というように適用範囲が広がってきています ができるでしょう 今後考えていかなければならない重要なこと 本日はありがとうございました 環境問題など 今後ビル管理をする上で考えなくてはならない ことは多いように思うのですが その点はいかがでしょうか 石塚 まず 耐震性の問題がありますね 公共施設の耐震化率でい うと 静岡県はまずまず高いのですが東京都では70 強 埼玉県と 千葉県は50 程度と公共施設でさえ対応が遅れているのが現状です 1981年施行の新耐震基準の要件を満たしていないような建築物は なんらかの対処をする必要があると思います 石塚 義高氏 明海大学 不動産学部教授 プロフィール 東京工業大学理工学部卒 明海大学不動産学部教授 工学博士 建築経済学 不動 産管理工学 都市防災工学 サスティナブル都市学といった 不動産に関わる幅広 い分野を研究 主著に 建築経済学とLCC 2006年 経済調査会 地球よ永遠なれ 持続可能な開発のための7章 第二巻 2006年 近代文藝社 建築 都市の環境管理 それから 環境問題への対応も重要です 現在東京都では ビルに IBM Maximo Asset Management 辞典 共著 2006年 理工図書 をはじめ 学術論文 新聞掲載論文なども多数 4

6 IBM IBM Maximo Asset Management 5

7 IBM IBM Maximo Asset Management 6

8

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 24 11 10 24 12 10 30 1 0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 23% 29% 71% 67% 6% 4% n=1525 n=1137 6% +6% -4% -2% 21% 30% 5% 35% 6% 6% 11% 40% 37% 36 172 166 371 213 226 177 54 382 704 216

More information

10 117 5 1 121841 4 15 12 7 27 12 6 31856 8 21 1983-2 - 321899 12 21656 2 45 9 2 131816 4 91812 11 20 1887 461971 11 3 2 161703 11 13 98 3 16201700-3 - 2 35 6 7 8 9 12 13 12 481973 12 2 571982 161703 11

More information

住まい・まちづくり活動事例集

住まい・まちづくり活動事例集 3 H15 1982 1988 5 H16.31 1 1 1 246 26 3 2003 11 21,417/ 65 17.91% 16.62%1.29 246 2 1 12 1246 5008026 30080 3 200803 120060 2 20013 1 1 21 11 19821988 199112003 13 1988 1 1991 28 3 1991 1993 1992 1 1995

More information

untitled

untitled 1 2011 CONTENTS 2 3 Special Issue 4 5 6 武蔵野市の市有施設計画的整備の進め方 1999年 2012年 松成 JFMA賞を受賞された以降 取り組もうとされ ていること それぞれの自治体におけるFMの方 向性 具体的な活動予定をお聞きします 青森 県の場合は 次のステップとして取り組まれて いることは どんなことでしょうか 駒井 現在注力しているのは 今後の県有施設全体の

More information

ESG PRI ESG NGO NGO Sumitomo Trust and Banking 2010 Corporate Social Responsibility Report 21

ESG PRI ESG NGO NGO Sumitomo Trust and Banking 2010 Corporate Social Responsibility Report 21 ステークホルダー ダイアログ 日本におけるESGの普及について 金井 司 司会 企画部 CSR担当部長 社会活動統括室長 小森 博司 証券代行部 IRグループ長 川添 誠司 受託資産企画部 審議役 伊藤 雅人 不動産営業開発部 CSR担当次長 兼環境不動産推進課長 今回のステークホルダー ダイアログは BSR*のアジア統括責任者であるジェレミー プ レプサスさんとBSR北京事務所のシン チュオさんをお招きしました

More information

clover-375.pdf

clover-375.pdf 8:4511:00 9:0012:30 9:0016:3003-5986-3188 AM PM AM PM AM PM AM PM AM PM AM PM - - - - - - 1 2 3 5 6 7 8:4515:00 9:0016:30 AM PM AM PM AM PM AM PM AM PM AM PM - - - - - - - - - () - - - - - - - 8 10 12

More information

untitled

untitled -1- -2- -3- AED -4- 2-5- -6- -7- -8-6-1-28 048-833-1231 2-1-1 048-261-3119 4389-1 048-556-3005 1-13-11 04-2924-1311 2097-1 048-738-3111 1172 04-2953-7111 990-1 048-565-1919 537 048-775-1311 2-2-2 048-924-2111

More information

km2 km2 km2 km2 km2 22 4 H20 H20 H21 H20 (H22) (H22) (H22) L=600m L=430m 1 H14.04.12 () 1.6km 2 H.14.05.31 () 3km 3 4 5 H.15.03.18 () 3km H.15.06.20 () 1.1km H.15.06.30 () 800m 6 H.15.07.18

More information

平成22年度 環境報告 優良事例集

平成22年度 環境報告 優良事例集 28 29 基本的事項 基本的事項 マテリアルフロー 環境取組一覧 電気 ガス等供給業他 / 水道業 建設業 / 総合工事業 職別工事業 設備工事業 東京都水道局 大成建設株式会社 東京都水道局環境報告書 2010 大成建設グループ CSR 報告書 2010 おり とてもわかりやすい 特に環境分野については より詳し 取水から給水 工事 オフィス 車の利用まで 水道事業に関 された取り組み分野ごとの

More information

音声読み上げブラウザの読み上げかた

音声読み上げブラウザの読み上げかた IBM 3.01, 1,234 1 HTML 2 1+1 1+1= 1 1 1 1= 1 1 1 1= 1X1 3 2004 11 14 10 2004 11 14 2004-11-14 2004/11/14 11/14 10:00 10:00am am pm a.m.p.m. 4 10 5 1 1 1 10 1 100 10 1 10 10 113 10 1 5 6 23 5372 0859 23

More information

1 1 1.1 1 1.2 1 1.3 1 2 3 2.1 3 2.1.1 4 2.1.2 4 2.1.3 5 2.2 6 2.3 7 3 8 3.1 8 3.2 9 3.2.1 9 3.2.2 10 3.3 11 3.4 12 3.5 13 4 14 4.1 14 4.2 14 4.3 15 1 1.1 20 17 30 1.2 2734 27 7 1.3 1 2 2 2.1 26 3 270 3.26

More information

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ ISO 9001:2008 と ISO 9001:2015 との相関表 この文書は ISO 9001:2008 から ISO 9001:2015 及び ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表を示す この文書は 変更されていない箇条がどこかということに加えて 新たな箇条 改訂された箇条及び削除された箇条がどこにあるかを明らかにするために用いることができる ISO 9001:2015

More information

DOBOKU 技士会 東京 57号12月号.indb

DOBOKU 技士会 東京 57号12月号.indb 2020年の東京オリンピック パラリンピックとインフラ整備 岸井 隆幸 日本大学理工学部 土木工学科 教授 2020年 東京オリンピック パラリンピックの開催が決定した 都市の中心で開催されるオ リンピックとして コンパクトで集中した会場配置計画を掲げている 晴海に整備される選手 村から 8 キロ圏内に 85%の競技会場が配置され さらに 公共交通機関等の移動手段により 最短の移動時間を実現するとしている

More information

*p145-174_Œâ‡í‡ê‡é

*p145-174_Œâ‡í‡ê‡é *p145-174_ 問 われる 09.1.16 10:34 PM ページ145 2007 200708 146 147 a s 148 a s d f g 153 a s d 158 a s d f g h j 166 a s d f 171 2009 145 *p145-174_ 問 われる 09.1.16 10:34 PM ページ146 45 2007 2008 146 *p145-174_

More information

2 of 46 07.2.10 4:30 PM

2 of 46 07.2.10 4:30 PM 1 of 46 07.2.10 4:30 PM 2 of 46 07.2.10 4:30 PM 3 of 46 07.2.10 4:30 PM 4 of 46 07.2.10 4:30 PM 5 of 46 07.2.10 4:30 PM 6 of 46 07.2.10 4:30 PM 7 of 46 07.2.10 4:30 PM 8 of 46 07.2.10 4:30 PM 9 of 46 07.2.10

More information

56cm 1 15 1960 2 8 2 2 1 2008 1992 2 1992 2 3562mm 3773mm 2 1980 1991 2008 2007 2003 5 2 3 2003 2005 2008 2010 2005 2008 2012 2010 2012 4 7 4 5 2 1975 1994 8 2008 NPO 2 2010 3 2013 2016 3 2008 2009 14

More information

A4パンフ

A4パンフ Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

Microsoft Word - 埋浚協/横田氏/基調講演_修正_写真有 (1)HP最終版.docx

Microsoft Word - 埋浚協/横田氏/基調講演_修正_写真有 (1)HP最終版.docx 2013 3 12 LCM LCM 2 ASR 50 100 LCM LCM LCM 50 100 4 55% 7cm 50% 7cm 1 2.0kg 1.2kg 3 3 2.0kg/m 3 1.2kg/m 3 1.2kg/m 3 2.0kg/m 3 2.0kg/m 3 6kg/m 3 10kg/m 3 2 1 P Level I Level A Level NG a b c d a b 2007

More information

H1,H4.QXP

H1,H4.QXP 38 39 C o r p o r a t e B a n k i n g U n i t 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 T r e a s u r y U n i t 50 51 52 I n v e s t m e n t B a n k i n g U n i t 53 54 55 56 57 Securities & Asset Management Unit

More information

濱名氏基調講演0204

濱名氏基調講演0204 文部科学省GPシンポジウム 大学教育の質保証に向けた 1 2 年次教育のあり方 基調講演 ユニバーサル高等教育と質保証 初年次教育から学士課程教育への組織的展開 関西国際大学 学長 濱名 篤 はまな あつし 1 大学全入時代における すと 皆さんの思い描いているインプリケーション 高等教育の今日的課題 感覚であって 同じことを論じているとは限りませ ん まず 大学全入時代における高等教育の今日 多様化の内容を箇条書きにしますと

More information

UAEL 5 No. 2011.5 都市アメニティの輪を広げる ニュースレター第 5 号 2 3 4 5 6 7 8 本荘さくらまつり 鶴舞温泉の桜が見ごろでした 撮影 小川 宏樹 秋田県立大学 建築環境システム学科 計画学講座 都市アメニティ工学研究室 ここで 修論 卒論 卒計を代表して小熊さん 金子さんの論文と菅原さんの卒業設計を紹介します 菅原功子 子育て講座 子育て料理教室 子育て相談室

More information

OFFICE CASE 1 CASE 2 CASE 3 2社間の壁を越え 合併 集約の効果を最大化 合併により誕生した製薬会社A社は グローバル企業として 医療ニーズにあった高質な医薬品 を患者のもとにはやく届けることを目指している そのためには 合併前の仕事の進め方や文化 の違いによる壁を解消し 相互の強みを活かした研究開発を行う必要がある より良い製品をよ りはやく生み出す グローバルレベルの研究所

More information

@前記事11月号.indb

@前記事11月号.indb 06 page 2014.11 建 設 資 材 情 報 2014.11 建 設 資 材 情 報 07 page 08 page 2014.11 建 設 資 材 情 報 2014.11 建 設 資 材 情 報 page 09 10 page 2014.11 建 設 資 材 情 報 国土強靭化を支える技術 建築構造物 長 寿 命 化 改 良 事 業 として認 題 事例紹介などによって理解 命化改修に取り組んで欲しい

More information

北アルプス_燕岳~穂高_-2.doc

北アルプス_燕岳~穂高_-2.doc 1 ( )22 2001 2226 30 1300m 27kg 2 JR 1000 22 10 3 500-400 au 300 N 2763m 4 N N 10 N 500m PM9:00 5 ( 2 ) 7 23 2001 2226 10 N N 40 10 30 6 5m N N N 12 3 49 30 20 2922m 7 K ( ) U S N ( ) 50 15 N 35 (2758m)

More information

201501

201501 www.tokui-sh.com 2 250 200 150 100 50 0 2013.1Q 2013.2Q 2013.3Q 2013.4Q 2014.1Q 2014.2Q 2014.3Q 13000 9750 600 450 6500 300 3250 150 0 0 3 200 150 100 50 0 2500 2375 2250 2125 2000 4 70000 52500 35000

More information

Data RC 環境の時代

Data RC 環境の時代 Data 1 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 22 24 26 28 30 32 34 36 38 39 12 6RC 環境の時代 木造で建築してみよう PP 用途別紹介 事務所 27 21 13m9m 3,000m 2 13m9m 12 129 23 3 1 3m 200m 2 0 2 30 1,000m 2 1,000m 2 26 112 1 1 30 m m m m,000m,000m

More information

BM 07GDP PM NLI Research Institute 2

BM 07GDP PM NLI Research Institute 2 20071127 BM 07GDP PM NLI Research Institute 2 NLI Research Institute 3 NLI Research Institute 4 NLI Research Institute 5 NLI Research Institute 6 NLI Research Institute 7 NLI Research Institute 8 NLI Research

More information

FineSteel2011-winter.indd

FineSteel2011-winter.indd Winter 2011 CONTENTS 01 03 05 09 11 13 FineSteel 01 FineSteel 02 特集2 環境に対応した種々の工法 屋上緑化 編 都市 地球の温暖化を防ぐ環境保護と 先端技術の融合 屋上緑化は 身近な生活空間の快適性を進め さまざまな経済 的効果をもたらし ひいては都市全体の環境改善に寄与して環 境共生型の都市づくり実現のための重要な役割を果たします

More information

pdf用.indd

pdf用.indd M a n a g e m e n t & E n v i r o n m e n t R e p o r t 2006 Management & Environment Report 1897 1912 1917 1935 1937 1939 1955 1958 1961 1967 1968 1969 1972 1973 1976 1977 1979 1983 1987 1993 1995 1997

More information

< E968BC695F18D908F E696E6464>

< E968BC695F18D908F E696E6464> 2011 年度 事業報告書 学校法人 明海大学 日本語学科 明海大学 外国語学部 英米語学科 中国語学科 経済学部 経済学科 不動産学部 不動産学科 不動産研究センター ホスピタリティ ツーリズム学部 ホスピタリティ ツーリズム学科 基礎教育部門 浦安キャンパス総合教育センター 人間力形成教育部門 歯学部 歯学科 キャリア教育部門 明海大学 PDI 埼玉歯科診療所 付属明海大学病院 PDI

More information

2015.10 10 11 12 13 14 15 更新スケジュール 特集ラインナップ 2015 年 1 0 1 1 1 2 月 関東ブロック 東京 神奈川 千葉 埼玉 埼玉北 商品の詳細 料金などについてはメディアガイド本編をご覧ください その他ご不明な点に関しては営業担当までお問い合わせください 関西ブロック 大阪 京都 滋賀 奈良 兵庫 和歌山 毎週月 木曜日更新 特集の表示期間は掲載開始から

More information

第18回海岸シンポジウム報告書

第18回海岸シンポジウム報告書 2011.6.25 2011.6.26 L1 2011.6.27 L2 2011.7.6 2011.12.7 2011.10-12 2011.9-10 2012.3.9 23 2012.4, 2013.8.30 2012.6.13 2013.9 2011.7-2011.12-2012.4 2011.12.27 2013.9 1m30 1 2 3 4 5 6 m 5.0m 2.0m -5.0m 1.0m

More information

000-.\..

000-.\.. 1 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 e e 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 10mm 150mm 60mm 25mm 40mm 30mm 25 26 27 1 28 29 30 31 32 e e e e e e 33 e 34 35 35 e e e e 36 37 38 38 e e 39 e 1 40 e 41 e 42 43

More information

1 1 36 223 42 14 92 4 3 2 1 4 3 4 3429 13536 5 6 7 8 9 2.4m/ (M) (M) (M) (M) (M) 6.67.3 6.57.2 6.97.6 7.27.8 8.4 5 6 5 6 5 5 74 1,239 0 30 21 ( ) 1,639 3,898 0 1,084 887 2 5 0 2 2 4 22 1 3 1 ( :) 426 1500

More information

1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C

1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C 1 e N >. C 40 41 2 >. C 3 >.. C 26 >.. C .mm 4 C 106 e A 107 1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124

More information

1 2 http://www.japan-shop.jp/ 3 4 http://www.japan-shop.jp/ 5 6 http://www.japan-shop.jp/ 7 2,930mm 2,700 mm 2,950mm 2,930mm 2,950mm 2,700mm 2,930mm 2,950mm 2,700mm 8 http://www.japan-shop.jp/ 9 10 http://www.japan-shop.jp/

More information

1 911 34/ 22 1012 2/ 20 69 3/ 22 69 1/ 22 69 3/ 22 69 1/ 22 68 3/ 22 68 1/ 3 8 D 0.0900.129mm 0.1300.179mm 0.1800.199mm 0.1000.139mm 0.1400.409mm 0.4101.199mm 0.0900.139mm 0.1400.269mm 0.2700.289mm

More information

液晶ディスプレイ取説TD-E432/TD-E502/TD-E552/TD-E652/TD-E432D/TD-E502D

液晶ディスプレイ取説TD-E432/TD-E502/TD-E552/TD-E652/TD-E432D/TD-E502D 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7 2 2 2 1 1 2 9 10 11 12 13 14 15 16 17 1 8 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 9 11 12 13 13 14 15 16 17 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

More information

04-03

04-03 現在はまだ試行錯誤の段階ですが 国際共同研究センター 教育研究環境と生活空間一体型の メリットを存分に発揮 では このキャンパスを研究活動 研究セミナー シンポジ ウム 出版などに活用することが期待されています 既に① ミクロ データを用いた高度実証分析②アジア経済の新動向 国内外の研究者や学生の知的資源を活用した国際的研究拠 ③東アジアの融合と共生④中国人留学生のための日本語教育 点というのが 小平国際キャンパスの位置づけです

More information

co.1950 co.1943 co.1927 co.1929 co.1935

co.1950 co.1943 co.1927 co.1929 co.1935 25 co.1950 co.1943 co.1927 co.1929 co.1935 co.2023 co.2022 co.4335 co.4331 313 co.307001 co.2053 co.2054 co.2055 co.2096 co.4342 co.4345 co.1952 co.5125 co.317001 315 316 co.307005 319 320 co.307004 co.2302

More information

-Š³‡Ì”q‚æ06“ƒ_Ł\”ƒfiÁ’Fid6.indd

-Š³‡Ì”q‚æ06“ƒ_Ł\”ƒfiÁ’Fid6.indd 6 Jul 2010 Contents P.2 P.3 P.4 P.6 P.11 P.12 P.14 P.15 P.16 2 3 4 5 6 7 8 9 10 奨学生からのメッセージ 平成22年度竜の子奨学生 将来への夢をご紹介します 第4回奨学金贈呈式 第3回卒業式 祝賀会を通じて 他の奨学生とも交流を深めることができたと同時に 先輩方 の熱意に感化されたことでやる気を更に増やすことができました

More information

設計 工事スケジュール 2009年11月 実施設計開始 2011年3月 準備工事開始 2011年3月 東日本大震災 2011年4月 着工 2011年6月 BCP対応方針検討 工事中断 2011年8月 変更基本設計開始 2011年11月 変更実施設計開始 2012年5月 ホテル レジデンス棟再着工 2

設計 工事スケジュール 2009年11月 実施設計開始 2011年3月 準備工事開始 2011年3月 東日本大震災 2011年4月 着工 2011年6月 BCP対応方針検討 工事中断 2011年8月 変更基本設計開始 2011年11月 変更実施設計開始 2012年5月 ホテル レジデンス棟再着工 2 特集 KASHIWA-NO-HA SMART CITY GATE SQUARE 柏の葉スマートシティ ゲートスクエア 柏の葉ゲートスクエアは つくばエク 機能の高度化と環境共生を図ること また 東日本大震災 スプレス 柏の葉キャンパス 駅前に面 スマートシティのマネジメント機能を集 柏の葉ゲートスクエアは 3.11東日 し先進的で多彩な都市機能を集積させた 約させ 先進的で安心 安全な街づくり 本大震災前は環境共生

More information

大京グループレポート2016

大京グループレポート2016 Ready to Rise Above 2016 01 01 02 04 06 08 10 12 22 24 36 38 39 44 51 52 53 530,095 455,023 6,000 53 9,500 379 47 3 30 2,000 1,400 5,000 60.5 0.23 BBB A 02 5,256 6 105 70 112 30 11,496 26 5,285 03 1.

More information

180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3)

180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3) 12 12 72 (1) (2) (3) 12 (1) (2) (3) (1) (2) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (1) (2) 180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3) 30 16 (1) 31 (2) 31 (3) (1) (2) (3) (4) 30

More information

untitled

untitled 1....1 2....2 2.1...2 2.2...2 3....14 3.1...14 3.2...14 4....15 4.1...15 4.2...18 4.3...21 4.4...23 4.5...26 5....27 5.1...27 5.2...35 5.3...54 5.4...64 5.5...75 6....79 6.1...79 6.2...85 6.3...94 6.4...

More information

113 120cm 1120cm 3 10cm 900 500+240 10 1 2 3 5 4 5 3 8 6 3 8 6 7 6 8 4 4 4 4 23 23 5 5 7

More information

untitled

untitled 21 14 487 2,322 2 7 48 4 15 ( 27) 14 3(1867) 3 () 1 2 3 ( 901923 ) 5 (1536) 3 4 5 6 7 8 ( ) () () 9 10 21 11 12 13 14 16 17 18 20 1 19 20 21 22 23 21 22 24 25 26 27 28 22 5 29 30cm 7.5m 1865 3 1820 5

More information

1948 1907 4024 1925 14 19281929 30 111931 4 3 15 4 16 3 15 4 161933 813 1935 12 17 11 17 1938 1945 2010 14 221 1945 10 1946 11 1947 1048 1947 1949 24

1948 1907 4024 1925 14 19281929 30 111931 4 3 15 4 16 3 15 4 161933 813 1935 12 17 11 17 1938 1945 2010 14 221 1945 10 1946 11 1947 1048 1947 1949 24 15 4 16 1988 63 28 19314 29 3 15 4 16 19283 15294 16 1930 113132 3 15 4 16 33 13 35 12 3 15 4 16 1945 10 10 10 10 40 1948 1907 4024 1925 14 19281929 30 111931 4 3 15 4 16 3 15 4 161933 813 1935 12 17 11

More information

裁定審議会における裁定の概要 (平成23年度)

裁定審議会における裁定の概要 (平成23年度) 23 23 23 4 24 3 10 11 12 13 14 () 1 23 7 21 23 12 14 (19 ) 30 1.876% 60 8 24 19 78 27 1 (10) 37 (3) 2 22 9 21 23 5 9 21 12 1 22 2 27 89 10 11 6 A B 3 21 12 1 12 10 10 12 5 1 9 1 2 61 ( 21 10 1 11 30 )

More information

Microsoft Word - 入居のしおり.doc

Microsoft Word - 入居のしおり.doc 1 1 2 2 2 3 2 4 3 5 3 6 3 7 3 8 4 1 7 2 7 3 7 4 8 5 9 6 9 7 10 8 10 9 11 10 11 11 11 12 12 13 13 1 14 2 17 3 18 4 19 5 20 6 22 (1) 24 (2) 24 (3) 24 (4) 24 (5) 24 (6) 25 (7) 25 (8) 25 (9) 25 1 29 (1) 29

More information

和県監査H15港湾.PDF

和県監査H15港湾.PDF ...1...1...1...1...1...1...1...1...2...2...2...3...3...3...5...5...10...11...12...13...13...13...14...14...14...14...14...14...15...15...15...15...15 ...16...17 14...17...18...18...19...21...23 2...25...27...27...28...28...28

More information

( )

( ) ( ) () () 3 cm cm cm cm cm cm 1000 1500 50 500 1000 1000 1500 1000 10 50 300 1000 2000 1000 1500 50 10 1000 2000 300 50 1000 2000 1000 1500 50 10 1000 2000 300 30 10 300 1000 2000 1000 1500 1000

More information

-26-

-26- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38- cm -39- -40- 1 2 3 4 4 3 2 1 5 5-41- -42- -43- -44- -45- -46- -47- -48- -49- -50- cm -51- -52- -53- -54- -55- -56- -57- -58- -59- -60-

More information

... 6

... 6 ... 6 1) 2) No. 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 No. 1 2 2 3 3cm 4

More information

2002 (1) (2) (3) (4) (5) (1) (2) (3) (4) (5) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (1) (2) (3) (4) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) No 2,500 3 200 200 200 200 200 50 200 No, 3 1 2 00 No 2,500 200 7 2,000 7

More information

1

1 1 2 3 6.5 3.2 0.6 0.6 89.0 4 1 2 3 1 2 5 6 7 20101 21 8 9 1 2 10 11 2010/6 7000 12 6 12 13 Ⅱ. 当社の強み 2. 一貫システム② 戸建事業の一貫システム 企画 設計 施工管理 建築 土地の形状 立地条件 地域環境に合わせた 基本プラン を整備 図面作成 確認申請までの期間短縮 コスト削減を実現 施工管理 建築において各営業所が職人

More information

ii 21 Sustainability

ii 21 Sustainability まえがき 21 10 20 1970 10 1980 1990 10 2011 3 11 1 100 1 ii 21 Sustainability 2014 1 目 次 第 1 章 成熟時代を迎える都市地域 1 1-1 21 1 1-1-1 1 1-1-2 2 1-1-3 3 1-1-4 4 1-1-5 6 1-2 7 1-2-1 7 1-2-2 8 1-2-3 12 1-3 14 1-3-1 21

More information

大京グループレポート(CSR抜粋版)

大京グループレポート(CSR抜粋版) 2016 (CSR 抜粋版 ) 3. 1. 4. 2. 2016/3 2015/3 827 1,236 2014/3 1,056 1. 防災意識の啓蒙 バケーションレンタル ( 空室の有効活用 ) 大京グループでは 40 年以上住まいを提供してきた企業として大規模災害時には これまでの経験を活かし グループ全体で復旧支援に努めました その経験から お住まいの方々が安心して暮らせる環境をサポートするために

More information

A4“û”q

A4“û”q Contents 02 Q Q Q Q 04 Interview A A A A Q Q Q Q 05 Interview A A A A Q Q Q Q Interview A A A A 06 1 2 08 09 3 10 4 11 12 5 6 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 14 15 2 16 2

More information

untitled

untitled 1 2 3 LCC LCC LCC 1 (1) (2)LCM (3) (4) (5) (6)LCC (7) 2 - - - - 3 1. 1 2. 4 2.1 4 2.2 5 2.3 6 3. 8 3.1 8 3.2 9 4. LCM 11 4.1 LCM 11 4.2 LCM 12 4.3 15 4.4 23 4.5 43 5. LCM 50 5.1 50 5.2 LCM 50 5.3 LCC

More information