<4D F736F F D E362E E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>"

Transcription

1 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月 31 日 同 第 1416 号 同 48 年 6 月 25 日 同 第 1455 号 同 49 年 2 月 28 日 同 第 766 号 同 56 年 3 月 31 日 同 第 2124 号 同 59 年 3 月 26 日 同 第 1022 号 平 成 元 年 3 月 22 日 同 第 1188 号 同 元 年 4 月 1 日 同 第 1668 号 同 5 年 3 月 19 日 同 第 989 号 同 6 年 9 月 30 日 同 第 3886 号 同 8 年 4 月 1 日 同 第 1238 号 同 11 年 3 月 31 日 同 第 1425 号 同 12 年 12 月 26 日 同 第 4612 号 同 13 年 4 月 16 日 財 理 第 1494 号 同 13 年 12 月 7 日 同 第 4455 号 同 14 年 6 月 25 日 同 第 2265 号 同 15 年 3 月 31 日 同 第 1293 号 同 16 年 4 月 16 日 同 第 1510 号 同 16 年 6 月 22 日 同 第 2363 号 同 17 年 9 月 20 日 同 第 3510 号 同 19 年 1 月 22 日 同 第 243 号 同 20 年 6 月 10 日 同 第 2439 号 同 21 年 12 月 22 日 同 第 5538 号 同 24 年 3 月 28 日 同 第 1491 号 同 25 年 4 月 1 日 同 第 1627 号 同 27 年 1 月 16 日 同 第 172 号 同 28 年 3 月 29 日 同 第 1095 号 同 28 年 6 月 23 日 同 第 2094 号 大 蔵 省 管 財 局 長 から 各 財 務 局 長 宛 標 記 のことについて 別 紙 のように 各 省 各 庁 官 房 会 計 課 長 あて 通 達 したから 通 知 する - 1 -

2 別 紙 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 大 蔵 省 管 財 局 長 から 各 省 ( 庁 ) 大 臣 官 房 会 計 課 長 宛 標 記 のことについて 別 紙 のとおり 定 められたから 命 により 通 知 する - 2 -

3 別 紙 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 目 次 第 1 節 共 通 事 項 第 1 使 用 収 益 させる 場 合 の 判 断 基 準 第 2 使 用 収 益 とみなさない 場 合 第 3 使 用 収 益 させる 場 合 の 留 意 事 項 第 4 使 用 収 益 上 の 制 限 第 2 節 貸 付 け 第 1 貸 付 けができる 場 合 第 2 貸 付 契 約 の 方 式 及 び 貸 付 期 間 第 3 貸 付 契 約 の 更 新 等 第 4 貸 付 相 手 方 の 選 定 第 5 担 保 第 6 貸 付 申 請 第 7 転 貸 及 び 賃 借 権 の 譲 渡 等 の 取 扱 い 第 8 貸 付 契 約 の 違 反 に 対 する 措 置 第 3 節 使 用 許 可 第 1 使 用 許 可 ができる 場 合 第 2 相 手 方 の 選 定 第 3 手 続 等 第 4 使 用 許 可 期 間 及 び 使 用 許 可 の 更 新 第 4 節 貸 付 料 等 第 1 貸 付 料 第 2 使 用 料 第 3 延 滞 金 第 4 貸 付 料 等 の 減 免 措 置 第 5 節 一 時 金 第 1 権 利 金 第 2 名 義 書 換 承 諾 料 第 3 増 改 築 承 諾 料 - 3 -

4 第 6 節 使 用 収 益 の 終 了 第 1 使 用 収 益 の 取 消 し 等 第 2 原 状 回 復 等 第 7 節 財 務 大 臣 への 協 議 第 8 節 その 他 の 事 項 第 1 個 別 協 議 第 2 経 過 措 置 別 紙 様 式 1 行 政 財 産 貸 付 申 請 書 別 紙 様 式 2 行 政 財 産 の 転 貸 承 認 申 請 書 別 紙 様 式 3 行 政 財 産 の 賃 借 権 の 譲 渡 承 認 申 請 書 別 紙 様 式 4 建 物 の 賃 貸 承 認 申 請 書 別 紙 様 式 5 行 政 財 産 の 増 改 築 等 承 認 申 請 書 別 紙 様 式 6 国 有 財 産 有 償 貸 付 合 意 書 例 ( 事 業 用 借 地 ) 別 紙 様 式 7 国 有 財 産 有 償 貸 付 契 約 書 例 ( 一 般 定 期 借 地 ) 別 紙 様 式 8 国 有 財 産 有 償 貸 付 契 約 書 例 ( 普 通 借 地 ) 別 紙 様 式 9 国 有 財 産 有 償 貸 付 契 約 書 例 ( 定 期 建 物 賃 貸 借 ) 別 紙 様 式 10 国 有 財 産 使 用 許 可 申 請 書 別 紙 様 式 11 国 有 財 産 使 用 許 可 書 別 紙 様 式 12 国 有 財 産 貸 付 料 等 の 改 定 について 別 紙 様 式 13 行 政 財 産 の 使 用 許 可 調 書 別 紙 様 式 14 行 政 財 産 の 貸 付 調 書 別 紙 様 式 15 誓 約 書 別 紙 様 式 16 役 員 名 簿 別 紙 様 式 17 照 会 書 別 添 1 別 添 2 別 添 3 使 用 許 可 ができる 場 合 公 募 になじまないと 判 断 される 場 合 貸 付 料 予 定 価 格 等 の 算 定 基 準 - 4 -

5 第 1 節 共 通 事 項 第 1 使 用 収 益 させる 場 合 の 判 断 基 準 国 有 財 産 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 73 号 以 下 法 という ) 第 18 条 第 2 項 及 び 第 6 項 に 規 定 する その 用 途 又 は 目 的 を 妨 げない 限 度 とは 以 下 の 各 項 のいず れにも 該 当 しないことを 指 し これらに 該 当 しない 場 合 には 使 用 又 は 収 益 ( 以 下 使 用 収 益 という )させることができる 1 国 の 事 務 事 業 の 遂 行 に 支 障 の 生 じるおそれがあること 2 行 政 財 産 の 管 理 上 支 障 が 生 じるおそれがあること 3 行 政 財 産 の 公 共 性 公 益 性 に 反 する 以 下 の 事 項 ⑴ 公 序 良 俗 に 反 し 社 会 通 念 上 不 適 当 であること ⑵ 特 定 の 個 人 団 体 企 業 の 活 動 を 行 政 の 中 立 性 を 阻 害 して 支 援 することとなる こと ⑶ 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 暴 対 法 という ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 の 事 務 所 その 他 これに 類 するものの 用 に 供 しようとすること ⑷ 上 記 のほか 使 用 収 益 により 公 共 性 公 益 性 を 損 なうおそれがあること 4 その 他 行 政 財 産 の 用 途 又 は 目 的 を 妨 げるおそれがあること 第 2 使 用 収 益 とみなさない 場 合 次 の 施 設 は 国 の 事 務 事 業 の 遂 行 のため 国 が 当 該 施 設 を 提 供 するものであるか ら この 基 準 における 使 用 収 益 とはみなさないことができる 1 日 本 銀 行 国 庫 金 取 扱 規 程 ( 昭 和 22 年 大 蔵 省 令 第 93 号 ) 第 2 条 の2に 規 定 する 日 本 銀 行 代 理 店 のための 事 務 室 (ただし 代 理 店 業 務 に 必 要 な 範 囲 に 限 る ) 2 新 聞 記 者 室 3 司 法 官 署 における 弁 護 士 等 の 待 合 室 又 は 地 方 警 察 職 員 の 控 室 4 病 院 における 患 者 への 給 食 基 準 寝 具 の 提 供 等 国 が 行 うべき 業 務 を 国 以 外 の 者 に 委 託 した 場 合 等 において それらの 業 務 を 行 うため 必 要 な 厨 房 施 設 寝 具 格 納 施 設 等 (ただし 契 約 書 等 に 当 該 施 設 を 提 供 することが 明 記 されている 場 合 に 限 る ) 5 病 院 経 営 の 委 託 のように 国 の 事 務 事 業 の 一 部 を 国 以 外 の 者 に 委 託 した 場 合 にお いて それらの 事 務 事 業 を 行 うため 必 要 な 施 設 (ただし 国 の 施 設 を 使 用 させる ことが 契 約 書 に 明 記 されており かつ 当 該 業 務 以 外 に 国 の 施 設 を 使 用 しない 場 合 に 限 る ) 6 清 掃 警 備 運 送 等 の 役 務 を 国 以 外 の 者 に 委 託 した 場 合 において それらの 役 務 の 提 供 に 必 要 な 施 設 (ただし 当 該 役 務 の 提 供 に 必 要 な 施 設 を 委 託 者 において 提 供 することが 慣 習 として 一 般 化 しており かつ 契 約 書 に 施 設 を 提 供 することが 明 記 されている 場 合 に 限 る ) - 5 -

6 第 3 使 用 収 益 させる 場 合 の 留 意 事 項 1 建 物 の 所 有 を 目 的 として 土 地 を 使 用 収 益 させる 場 合 又 は 独 立 した 施 設 若 しくは 分 離 独 立 させることができる 施 設 の 全 部 又 は 大 部 分 を 使 用 収 益 させる 場 合 においては この 使 用 収 益 の 態 様 により 普 通 財 産 として 処 理 することを 適 当 と 認 める 状 態 に 至 ることが 予 想 されるので その 取 扱 いに 当 たっては 特 に 慎 重 を 期 すこととする 2 無 償 又 は 減 額 により 使 用 収 益 させるに 当 たっては 無 償 又 は 減 額 使 用 の 根 拠 とな る 法 律 の 趣 旨 に 照 らして 無 償 又 は 減 額 使 用 の 必 要 性 を 十 分 検 討 することとする 例 えば 福 利 厚 生 事 業 の 実 施 目 的 であることのみをもって 国 家 公 務 員 共 済 組 合 に 無 償 使 用 とするのではなく 有 償 による 使 用 収 益 により その 目 的 を 達 すること ができないかの 検 討 が 不 可 欠 である 3 行 政 財 産 の 一 部 について 使 用 収 益 させる 場 合 においては 国 が 使 用 する 部 分 と 使 用 収 益 をさせる 部 分 の 動 線 を 分 離 する 等 庁 舎 の 性 格 に 応 じたセキュリティーに も 配 慮 すること 第 4 使 用 収 益 上 の 制 限 1 用 途 指 定 用 途 の 指 定 は 貸 付 申 請 書 又 は 使 用 許 可 申 請 書 に 添 付 された 利 用 計 画 書 及 び 事 業 計 画 書 等 に 基 づき 指 定 するものとする なお やむを 得 ない 事 由 によって 変 更 しようとするときは 事 前 に 変 更 申 請 書 を 提 出 させ 当 該 行 政 財 産 の 用 途 又 は 目 的 を 妨 げないと 認 められるときに 限 って こ れを 認 めることができる ただし 第 2 節 の 第 1の2の⑴の 貸 付 け( 地 方 公 共 団 体 等 との 合 築 に 係 る 土 地 の 貸 付 け)している 場 合 にあっては 第 2 節 の 第 1の2の⑴の1の 貸 付 けできる 用 途 に 該 当 するときに 限 るものとする 2 損 害 保 険 の 付 保 ⑴ 独 立 した 一 棟 の 建 物 の 全 部 又 はその 大 部 分 を 貸 し 付 ける 又 は 使 用 収 益 を 許 可 ( 以 下 使 用 許 可 という )する 場 合 においては 必 要 に 応 じて 相 手 方 に 国 の 指 定 する 金 額 を 保 険 金 額 とし 国 を 被 保 険 者 とする 損 害 保 険 契 約 を 締 結 させるもの とする ⑵ 建 物 その 他 の 工 作 物 を 無 償 で 貸 し 付 ける 場 合 は 原 則 として 相 手 方 に 国 の 指 定 する 金 額 を 保 険 金 額 とし 国 を 被 保 険 者 とする 損 害 保 険 契 約 を 締 結 させるもの とする ⑶ 保 険 契 約 書 は 部 局 長 が 保 管 するものとする 第 2 節 貸 付 け 第 1 貸 付 けができる 場 合 現 下 の 極 めて 厳 しい 財 政 事 情 を 踏 まえると 国 有 財 産 の 有 効 活 用 が 重 要 な 課 題 であ - 6 -

7 る 平 成 18 年 の 法 改 正 では 行 政 財 産 の 有 効 活 用 を 推 進 することが ひいては 財 政 収 入 の 確 保 にも 資 するとの 基 本 的 な 考 え 方 に 基 づき 行 政 財 産 について 民 間 の 円 滑 な 利 用 を 推 進 するため 貸 付 対 象 を 拡 大 したところである こうした 考 え 方 に 基 づき 以 下 の 各 項 に 掲 げる 場 合 は 原 則 貸 付 けによることと し 行 政 財 産 の 使 用 収 益 を 行 う 者 に 長 期 安 定 的 な 利 用 を 認 めることとする また 既 に 使 用 許 可 している 事 案 についても 以 下 の 各 項 に 掲 げる 場 合 には 許 可 期 間 の 終 了 時 などに 貸 付 けへの 切 替 えを 推 進 するものとする なお 法 第 18 条 第 2 項 第 1 号 第 3 号 及 び 第 4 号 並 びに 同 条 第 3 項 に 規 定 する 各 省 各 庁 の 長 が 当 該 行 政 財 産 の 適 正 な 方 法 による 管 理 を 行 う 上 で 適 当 と 認 める 者 とは 貸 付 期 間 を 通 じて 契 約 に 基 づき 貸 付 財 産 ( 下 記 の1から3の 各 項 により 貸 付 けの 対 象 となる 行 政 財 産 をいう 以 下 同 じ )の 使 用 方 法 及 び 貸 付 料 の 支 払 い 等 の 貸 付 条 件 を 適 切 に 履 行 すると 認 められる 者 であることに 留 意 する 1 堅 固 な 建 物 その 他 の 土 地 に 定 着 する 工 作 物 を 所 有 し 又 は 所 有 しようとする 場 合 の 貸 付 け( 法 第 18 条 第 2 項 第 1 号 ) 国 有 財 産 法 施 行 令 ( 昭 和 23 年 政 令 第 246 号 以 下 令 という ) 第 12 条 の2に 定 める 堅 固 な 建 物 その 他 の 土 地 に 定 着 する 工 作 物 の 所 有 を 目 的 とするもので あって かつ 以 下 に 例 示 するように 土 地 の 供 用 の 目 的 を 効 果 的 に 達 成 することに 資 すると 認 められるものを 所 有 し 又 は 所 有 しようとするときに 貸 付 けすることが できる ⑴ 空 港 ターミナルビル ⑵ 国 立 公 園 内 の 集 団 施 設 地 区 の 宿 泊 施 設 ⑶ 堅 固 な 電 気 施 設 ( 配 電 塔 や 地 中 埋 設 管 )など ( 注 ) 以 下 の 工 作 物 については これらに 類 する 構 造 の 土 地 に 定 着 する 工 作 物 ( 令 第 12 条 の2)として 取 り 扱 って 差 し 支 えない 1 外 形 上 は 木 造 であっても 基 礎 又 は 主 要 構 造 物 に 鉄 骨 や 鉄 筋 コンクリートを 使 用 している 場 合 など 2 コンクリート 敷 アスファルト 敷 レンガ 敷 又 はこれに 準 ずる 舗 床 2 合 築 ( 一 棟 の 建 物 を 国 と 国 以 外 の 者 が 区 分 して 所 有 するための 建 築 )に 係 る 土 地 の 貸 付 け( 法 第 18 条 第 2 項 第 2 号 及 び 第 3 号 ) 国 民 利 便 や 国 有 財 産 の 有 効 活 用 の 観 点 から 必 要 に 応 じて 地 方 公 共 団 体 等 ( 地 方 公 共 団 体 又 は 令 第 12 条 の3 各 号 に 掲 げる 法 人 をいう 以 下 ⑴ 及 び 第 7( 転 貸 及 び 賃 借 権 の 譲 渡 等 の 取 扱 い)において 同 じ )との 合 築 又 は 国 有 地 の 隣 接 地 を 活 用 した 合 築 を 推 進 する その 際 には 国 が 単 独 で 建 物 を 所 有 する 場 合 に 比 べて 国 の 負 担 が 増 加 しないよう 留 意 するとともに 特 に 隣 接 地 を 活 用 した 合 築 については 容 積 率 の 割 増 特 例 の 適 用 など 国 有 財 産 の 有 効 活 用 に 資 する 場 合 に 貸 付 けを 認 めることとする - 7 -

8 合 築 に 係 る 土 地 の 貸 付 けの 取 扱 いは 以 下 の 各 号 による ⑴ 地 方 公 共 団 体 等 との 合 築 に 係 る 土 地 の 貸 付 け( 法 第 18 条 第 2 項 第 2 号 ) 以 下 のいずれにも 該 当 する 場 合 に 貸 付 けすることができる 1 行 政 財 産 の 貸 付 けの 相 手 方 ( 以 下 貸 付 相 手 方 という )が 地 方 公 共 団 体 等 であって 当 該 相 手 方 が 事 務 所 展 示 館 物 産 館 公 民 館 給 与 住 宅 等 公 共 用 公 用 その 他 国 有 財 産 を 活 用 するにふさわしいものの 用 に 供 する 建 物 の 敷 地 として 使 用 するとき ( 注 ) 各 省 各 庁 の 国 有 財 産 部 局 長 ( 以 下 部 局 長 という )は 法 第 14 条 第 7 号 に 基 づく 協 議 に 先 立 ち 当 該 土 地 の 貸 付 けに 関 する 内 容 について 財 務 局 長 等 ( 福 岡 財 務 支 局 及 び 沖 縄 総 合 事 務 局 長 を 含 む 以 下 同 じ )と 調 整 を 行 うこと 2 区 分 して 所 有 する 建 物 の 全 体 床 面 積 に 対 する 国 の 使 用 床 面 積 の 割 合 が25% を 超 えるとき ⑵ 国 有 地 の 隣 接 地 を 活 用 した 合 築 に 係 る 土 地 の 貸 付 け( 法 第 18 条 第 2 項 第 3 号 ) 以 下 のいずれにも 該 当 する 場 合 に 貸 付 けすることができる 1 合 築 により 建 設 される 建 物 の 敷 地 となる 国 有 地 の 隣 接 地 及 び 隣 接 地 上 の 建 物 の 権 利 者 全 員 の 同 意 があるとき 2 区 分 して 所 有 する 建 物 の 全 体 床 面 積 に 対 する 国 の 使 用 床 面 積 の 割 合 が25% を 超 えるとき 3 建 物 完 成 後 の 維 持 管 理 などを 円 滑 に 行 うため PFI 事 業 と 一 体 的 に 実 施 す るものであるとき 3 庁 舎 等 の 余 裕 床 等 の 貸 付 け( 法 第 18 条 第 2 項 第 4 号 ) 国 の 庁 舎 等 の 使 用 調 整 等 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 115 号 以 下 庁 舎 法 という ) 第 4 条 第 6 項 の 使 用 調 整 又 は 法 第 10 条 に 基 づく 調 整 により 庁 舎 等 ( 庁 舎 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 庁 舎 等 をいう 以 下 同 じ )の 床 面 積 又 は 敷 地 に 余 裕 が 生 ずると 認 められた 場 合 のほか 各 省 各 庁 の 長 が 庁 舎 等 の 床 面 積 又 は 敷 地 に 余 裕 が 生 じると 認 める 場 合 に 貸 付 けすることができる 第 2 貸 付 契 約 の 方 式 及 び 貸 付 期 間 貸 付 契 約 の 方 式 及 び 貸 付 期 間 は 第 1の1から3の 区 分 に 応 じて 以 下 のとおりとする 1 第 1の1に 掲 げる 貸 付 け( 堅 固 な 建 物 その 他 の 土 地 に 定 着 する 工 作 物 を 所 有 し 又 は 所 有 しようとする 場 合 の 貸 付 け) 行 政 財 産 の 貸 付 けの 相 手 方 ( 以 下 貸 付 相 手 方 という )が 国 有 地 上 に 所 有 す る 工 作 物 の 種 類 に 応 じて 借 地 契 約 又 は 借 地 借 家 法 ( 平 成 3 年 法 律 第 90 号 )の 適 用 のない 賃 貸 借 契 約 ( 以 下 賃 貸 借 契 約 という )によるものとする ただし 当 該 貸 付 けが 建 物 の 所 有 を 目 的 とする 場 合 においては 当 該 土 地 が 行 政 財 産 であり 将 来 国 等 が 公 用 目 的 などのため 直 接 使 用 する 可 能 性 があることなど - 8 -

9 を 考 慮 して 原 則 借 地 借 家 法 第 23 条 に 基 づき 事 業 用 定 期 借 地 権 の 設 定 契 約 ( 以 下 事 業 用 定 期 借 地 契 約 という )によるものとする 貸 付 期 間 は 事 業 用 定 期 借 地 契 約 を 締 結 する 場 合 は10 年 以 上 30 年 以 下 賃 貸 借 契 約 を 締 結 する 場 合 は20 年 以 下 その 他 の 場 合 は 法 令 の 定 める 期 間 内 で 当 該 土 地 の 将 来 における 使 用 見 込 み 当 該 建 物 の 構 造 使 用 期 間 等 を 勘 案 して 個 々の 事 案 に 即 して 個 別 に 判 断 するものとする なお 事 業 用 定 期 借 地 契 約 は 公 正 証 書 によらなければならないことに 留 意 する 2 第 1の2に 掲 げる 貸 付 け( 合 築 に 係 る 土 地 の 貸 付 け) ⑴ 合 築 に 係 る 土 地 が 行 政 財 産 であり 将 来 国 等 が 公 用 目 的 などのため 直 接 使 用 する 可 能 性 があることなどを 考 慮 して 原 則 借 地 借 家 法 第 22 条 に 基 づき 定 期 借 地 権 の 設 定 契 約 ( 以 下 定 期 借 地 契 約 という )によるものとする ⑵ ただし 将 来 に 渡 って 当 該 行 政 財 産 の 用 途 又 は 目 的 を 妨 げるおそれがなく 国 が 不 利 となるおそれがない 場 合 には 普 通 借 地 権 の 設 定 契 約 ( 以 下 普 通 借 地 契 約 という )に 法 定 更 新 権 等 があることに 留 意 の 上 同 契 約 によることができる ものとする ⑶ 貸 付 期 間 は 定 期 借 地 契 約 を 締 結 する 場 合 は50 年 以 上 普 通 借 地 契 約 を 締 結 する 場 合 は30 年 その 他 の 場 合 は30 年 以 内 で 当 該 土 地 の 将 来 における 使 用 見 込 み 当 該 建 物 の 構 造 使 用 期 間 等 を 勘 案 して 個 々の 事 案 に 即 して 個 別 に 判 断 するものとする ⑷ 貸 付 けの 対 象 となる 土 地 の 面 積 は 当 該 建 物 を 建 設 するため 必 要 な 面 積 のうち 貸 付 相 手 方 の 建 物 の 持 分 割 合 に 相 当 する 面 積 とする ( 注 ) 建 物 の 持 分 割 合 とは 建 物 の 全 体 床 面 積 に 対 する 貸 付 相 手 方 の 使 用 床 面 積 ( 共 用 部 分 も 分 割 して 加 算 する )の 割 合 をいう 3 第 1の3に 掲 げる 貸 付 け( 庁 舎 等 の 余 裕 床 等 の 貸 付 け) ⑴ 庁 舎 等 の 余 裕 床 の 貸 付 け 原 則 借 地 借 家 法 第 38 条 に 基 づき 定 期 建 物 賃 貸 借 契 約 によるものとする 貸 付 期 間 は 当 該 庁 舎 等 の 将 来 における 使 用 見 込 み 等 を 勘 案 して 民 間 の 賃 貸 借 事 例 を 参 考 に 法 令 の 規 定 に 基 づき 個 々の 事 案 に 即 して 個 別 に 判 断 するものとす る ⑵ 庁 舎 等 の 余 裕 敷 地 の 貸 付 け 庁 舎 等 の 将 来 的 な 利 用 などの 支 障 とならないよう 駐 車 場 利 用 などの 賃 貸 借 契 約 を 原 則 とし 借 地 借 家 法 第 25 条 に 定 める 一 時 使 用 目 的 の 借 地 権 を 除 き 借 地 権 の 設 定 は 認 めないこととする 貸 付 期 間 は 当 該 庁 舎 等 の 将 来 における 使 用 見 込 み 等 を 勘 案 して 法 令 の 規 定 に 基 づき 個 々の 事 案 に 即 して 個 別 に 判 断 するもの とする 第 3 貸 付 契 約 の 更 新 等 貸 付 契 約 の 更 新 は 法 令 の 規 定 に 基 づき 行 うこととし 定 期 借 地 契 約 事 業 用 定 期 - 9 -

10 借 地 契 約 定 期 建 物 賃 貸 借 契 約 には 更 新 制 度 はなく 引 き 続 き 貸 付 けを 行 う 場 合 に は 再 契 約 となることに 留 意 する なお 貸 付 契 約 では 登 記 は 認 めないこととし 賃 貸 借 契 約 では 民 法 ( 明 治 29 年 法 律 第 89 号 ) 第 618 条 の 解 除 権 を 留 保 するものとする 第 4 貸 付 相 手 方 の 選 定 1 貸 付 相 手 方 は 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 及 び 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 以 下 予 決 令 という )の 定 めるところにより 原 則 として 一 般 競 争 入 札 により 選 定 する 2 貸 付 財 産 の 性 質 等 から 貸 付 料 のみで 貸 付 相 手 方 を 選 定 すると 行 政 財 産 の 用 途 又 は 目 的 を 妨 げるおそれが 生 じる 場 合 には 例 えば 庁 舎 等 のセキュリティー 方 式 利 用 用 途 等 を 含 めて 貸 付 相 手 方 を 選 定 するため 法 令 に 基 づき 総 合 評 価 方 式 や 企 画 競 争 によることができる このほか 法 令 に 基 づき 一 定 の 場 合 には 随 意 契 約 が 認 められている ( 例 ) 随 意 契 約 が 認 められている 場 合 予 定 価 格 ( 予 定 貸 付 料 の 年 額 又 は 総 額 )が 少 額 (30 万 円 を 超 えない)な 場 合 ( 予 決 令 第 99 条 第 6 号 ) 公 共 用 公 用 又 は 公 益 事 業 の 用 に 供 するため 地 方 公 共 団 体 又 は 事 業 者 に 貸 し 付 けるとき( 予 決 令 第 99 条 第 21 号 ) 特 別 の 縁 故 がある 者 に 貸 し 付 けるとき( 予 決 令 第 99 条 第 22 号 ) 3 貸 付 相 手 方 を 入 札 により 選 定 する 際 は 入 札 公 告 の 参 加 資 格 として 次 に 掲 げる 要 件 を 明 記 すること ⑴ 法 人 等 ( 個 人 法 人 又 は 団 体 をいう )の 役 員 等 ( 個 人 である 場 合 はその 者 法 人 である 場 合 は 役 員 又 は 支 店 若 しくは 営 業 所 の 代 表 者 団 体 である 場 合 は 代 表 者 理 事 等 その 他 経 営 に 実 質 的 に 関 与 している 者 をいう 以 下 同 じ )が 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 暴 力 団 員 ( 同 法 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 をいう 以 下 同 じ )ではないこと ⑵ 役 員 等 が 自 己 自 社 若 しくは 第 三 者 の 不 正 の 利 益 を 図 る 目 的 又 は 第 三 者 に 損 害 を 加 える 目 的 をもって 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 を 利 用 するなどしている 者 では ないこと ⑶ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 に 対 して 資 金 等 を 供 給 し 又 は 便 宜 を 供 与 す るなど 直 接 的 あるいは 積 極 的 に 暴 力 団 の 維 持 運 営 に 協 力 し 若 しくは 関 与 して いる 者 ではないこと ⑷ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 であることを 知 りながらこれを 不 当 に 利 用 する などしている 者 ではないこと ⑸ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 している 者 ではないこと

11 ⑹ 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 及 び(2)から(5)までに 定 める 者 の 依 頼 を 受 けて 公 募 に 参 加 しようとする 者 でないこと 4 公 募 に 参 加 させる 際 は 前 項 の 要 件 を 満 たすこと 及 び 将 来 的 に 当 該 要 件 に 反 する ことはない 旨 を 誓 約 させ 使 用 許 可 後 に 誓 約 が 虚 偽 であることが 判 明 し 又 は 前 項 の 要 件 に 反 することとなった 場 合 当 該 使 用 許 可 の 取 消 をされても 異 議 を 申 し 立 て ない 旨 を 明 記 した 別 添 様 式 15の 誓 約 書 を 提 出 させること 5 随 意 契 約 等 によろうとする 場 合 においては 予 決 令 第 102 条 の4 等 の 規 定 によ り あらかじめ 財 務 大 臣 への 協 議 を 要 するものがあることに 留 意 する 第 5 担 保 貸 付 料 の 不 払 い 原 状 回 復 不 履 行 などに 備 えて 国 の 債 権 の 管 理 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 114 号 )に 基 づき 原 則 次 のとおり 担 保 を 徴 する 1 被 担 保 債 権 の 範 囲 貸 付 契 約 から 生 じる 一 切 の 債 権 ( 貸 付 料 損 害 賠 償 金 などを 含 む )とする 2 担 保 価 額 近 傍 での 民 間 取 引 慣 行 に 準 じた 担 保 価 額 とする なお 事 業 用 定 期 借 地 契 約 及 び 定 期 建 物 賃 貸 借 契 約 では 賃 料 の12 月 相 当 額 を 原 則 とする 3 担 保 の 種 類 担 保 の 種 類 は 原 則 換 価 処 分 が 容 易 でかつ 担 保 価 値 の 変 動 が 比 較 的 少 ない 国 債 とする 4 担 保 の 徴 求 手 続 等 国 債 を 担 保 として 提 供 させる 場 合 には 債 権 管 理 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 31 年 大 蔵 省 令 第 86 号 ) 第 26 条 に 定 めるところにより 手 続 するものとする 5 増 担 保 及 び 担 保 の 解 除 提 出 された 担 保 が 上 記 2の 担 保 価 額 を 担 保 するのに 十 分 であると 認 められない ときは 増 担 保 を 提 供 させるものとする また 貸 付 期 間 が 満 了 し 原 状 回 復 を 済 ませたときは 遅 滞 なく 担 保 解 除 の 手 続 を とるものとする 第 6 貸 付 申 請 の 手 続 き 等 貸 付 けを 行 う 場 合 には 上 記 第 4により 選 定 した 貸 付 相 手 方 から 別 紙 様 式 1の 行 政 財 産 貸 付 申 請 書 に 次 の 各 号 に 掲 げる 書 類 のうちそれぞれ 必 要 なものを 添 付 して 提 出 させ 貸 付 相 手 方 が 別 紙 様 式 15の 誓 約 書 の1に 掲 げるもの( 以 下 排 除 対 象 者 という )に 該 当 するか 否 か 確 認 する 必 要 があるときは 承 認 前 に 別 紙 様 式 17 にて 対 象 財 産 の 所 在 地 を 管 轄 する 警 視 庁 又 は 道 府 県 警 察 本 部 の 暴 力 団 排 除 対 策 を 主 管 する 課 の 長 ( 以 下 警 察 本 部 暴 力 団 対 策 主 管 課 長 という )に 照 会 するものとし 照 会 の 結 果 貸 付 相 手 方 が 排 除 対 象 者 に 該 当 する 場 合 には 貸 付 けしないものとする

12 なお 貸 付 承 認 後 において 貸 付 相 手 方 が 排 除 対 象 者 に 該 当 するか 否 か 確 認 する 必 要 があるときは 別 紙 様 式 17にて 警 察 本 部 暴 力 団 対 策 主 管 課 長 に 照 会 し 排 除 対 象 者 に 該 当 する 場 合 には 契 約 の 解 除 等 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない 1 申 請 物 件 の 利 用 計 画 書 ( 利 用 計 画 図 添 付 ) 2 事 業 計 画 書 3 申 請 者 が 地 方 公 共 団 体 であって 貸 付 申 請 が 当 該 地 方 公 共 団 体 の 議 決 機 関 の 決 議 を 要 するものである 場 合 は その 議 決 書 の 写 し 執 行 機 関 の 専 決 処 分 に 属 するもので あるときは その 根 拠 となる 条 例 の 条 項 また 予 算 措 置 を 要 するものであるとき は 当 該 経 費 の 支 出 を 明 らかにした 予 算 書 4 申 請 者 が 法 人 ( 地 方 公 共 団 体 を 除 く )である 場 合 は 当 該 法 人 の 名 称 住 所 及 び 代 表 者 等 を 記 載 した 現 在 事 項 全 部 証 明 書 定 款 並 びに 最 近 の 損 益 計 算 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 及 び 事 業 ( 決 算 ) 報 告 書 5 申 請 者 が 法 人 ( 地 方 公 共 団 体 を 除 く )であって 当 該 施 設 の 取 得 に 当 たり 予 算 措 置 を 要 するものであるときは 当 該 経 費 の 支 出 を 明 らかにした 書 類 6 申 請 者 が 個 人 である 場 合 は 住 民 票 の 写 し 又 は 住 居 証 明 書 7 監 督 官 庁 の 許 可 又 は 認 可 を 要 するものである 場 合 は その 許 可 書 認 可 書 ( 内 認 可 書 を 含 む ) 若 しくはその 謄 本 又 は 許 可 若 しくは 認 可 があった 旨 の 証 明 書 8 上 記 第 1の2の⑵による 貸 付 け( 国 有 地 の 隣 接 地 を 活 用 した 合 築 に 係 る 土 地 の 貸 付 け)を 行 う 場 合 合 築 により 建 設 される 建 物 の 敷 地 となる 国 有 地 の 隣 接 地 の 権 利 者 ( 隣 接 地 の 所 有 者 借 地 権 者 隣 接 地 上 の 建 物 の 所 有 者 及 び 借 家 権 者 等 ) 全 員 の 同 意 書 9 無 償 貸 付 の 申 請 にあっては その 根 拠 となる 法 令 の 条 項 に 該 当 することを 証 する 書 類 10 暴 対 法 第 2 条 に 規 定 する 暴 力 団 を 排 除 する 取 組 として 別 紙 様 式 15の 誓 約 書 (ただし 入 札 参 加 の 際 に 別 紙 様 式 15の 誓 約 書 を 提 出 している 場 合 又 は 相 手 方 が 地 方 公 共 団 体 若 しくは 独 立 行 政 法 人 の 場 合 は 除 く ) 11 暴 対 法 第 2 条 に 規 定 する 暴 力 団 を 排 除 する 取 組 として 別 紙 様 式 16の 役 員 名 簿 (ただし 相 手 方 が 地 方 公 共 団 体 若 しくは 独 立 行 政 法 人 の 場 合 は 除 く ) 12 その 他 貸 付 け 申 請 に 当 たり 必 要 と 認 めるもの 第 7 転 貸 及 び 賃 借 権 の 譲 渡 等 の 取 扱 い 1 転 貸 ⑴ 転 貸 について 承 認 申 請 があった 場 合 には 行 政 財 産 の 用 途 又 は 目 的 を 妨 げること にならないことのほか 次 の 事 項 に 留 意 して 審 査 の 上 やむを 得 ないと 認 められる 場 合 に 限 り 承 認 することができる 1 転 貸 を 必 要 とする 事 情 2 転 借 人 の 利 用 用 途 が 用 途 指 定 に 反 しないこと 3 貸 付 けの 残 存 期 間

13 ⑵ 転 貸 承 認 申 請 書 は 別 紙 様 式 2によるものとする なお 申 請 については 上 記 第 6( 貸 付 申 請 )に 準 じて 必 要 な 書 類 を 添 付 して 提 出 させるものとする ⑶ 転 貸 の 承 認 に 当 たっては 別 紙 様 式 15の 誓 約 書 及 び 別 紙 様 式 16の 役 員 名 簿 を 転 借 人 から 提 出 させ 転 借 人 が 排 除 対 象 者 に 該 当 するか 否 か 確 認 する 必 要 があると きは 承 認 前 に 別 紙 様 式 17にて 警 察 本 部 暴 力 団 対 策 主 管 課 長 に 照 会 するものとし 照 会 の 結 果 転 借 人 が 排 除 対 象 者 に 該 当 する 場 合 には 承 認 しないものとする なお 転 貸 承 認 後 において 転 借 人 である 貸 付 相 手 方 が 排 除 対 象 者 に 該 当 するか 否 か 確 認 する 必 要 があるときは 別 紙 様 式 17にて 警 察 本 部 暴 力 団 対 策 主 管 課 長 に 照 会 し 排 除 対 象 者 に 該 当 する 場 合 には 契 約 の 解 除 等 必 要 な 措 置 を 講 じなければ ならない 2 賃 借 権 の 譲 渡 ⑴ 賃 借 権 の 譲 渡 について 承 認 申 請 があった 場 合 には 行 政 財 産 の 用 途 又 は 目 的 を 妨 げないと 認 められ かつ 各 省 各 庁 の 長 が 当 該 行 政 財 産 の 適 正 な 方 法 による 管 理 を 行 う 上 で 適 当 と 認 める 者 が 譲 受 人 であることのほか 国 が 不 利 となるおそれがなく やむを 得 ないと 認 められる 場 合 に 限 り 承 認 することができる( 各 省 各 庁 の 長 が 当 該 行 政 財 産 の 適 正 な 方 法 による 管 理 を 行 う 上 で 適 当 と 認 める 者 については 上 記 第 1のなお 書 きを 参 照 ) なお 国 が 不 利 となるおそれがある 場 合 としては 例 えば 以 下 のような 場 合 があ る 1 譲 受 人 の 貸 付 料 支 払 能 力 に 不 安 がある 場 合 2 普 通 借 地 契 約 における 借 地 権 の 残 存 期 間 が 短 い 場 合 3 借 地 権 等 の 譲 渡 により 貸 付 土 地 が 細 分 化 され 貸 付 土 地 の 全 体 的 利 用 効 率 的 利 用 に 著 しい 支 障 をきたし 価 格 の 低 下 利 用 価 値 の 減 少 等 が 生 じる 場 合 4 借 地 権 等 の 譲 受 人 に 人 的 信 頼 関 係 がない 場 合 ⑵ 賃 借 権 の 譲 渡 承 認 申 請 書 は 別 紙 様 式 3によるものとする なお 申 請 については 上 記 第 6( 貸 付 申 請 )に 準 じて 必 要 な 書 類 を 添 付 して 提 出 させるものとする ⑶ 賃 借 権 の 譲 渡 の 承 認 に 当 たっては 別 紙 様 式 15の 誓 約 書 及 び 別 紙 様 式 16の 役 員 名 簿 を 譲 受 人 から 提 出 させ 譲 受 人 が 排 除 対 象 者 に 該 当 するか 否 か 確 認 する 必 要 があるときは 承 認 前 に 別 紙 様 式 17にて 警 察 本 部 暴 力 団 対 策 主 管 課 長 に 照 会 する ものとし 照 会 の 結 果 譲 受 人 が 排 除 対 象 者 に 該 当 する 場 合 には 承 認 しないものと する なお 賃 借 権 の 譲 渡 承 認 後 において 譲 受 人 である 貸 付 相 手 方 が 排 除 対 象 者 に 該 当 するか 否 か 確 認 する 必 要 があるときは 別 紙 様 式 17にて 警 察 本 部 暴 力 団 対 策 主 管 課 長 に 照 会 し 排 除 対 象 者 に 該 当 する 場 合 には 契 約 の 解 除 等 必 要 な 措 置 を 講 じ なければならない ⑷ 賃 借 権 の 譲 受 人 と 貸 付 契 約 を 締 結 する 場 合 には 賃 借 権 の 譲 受 人 は 国 と 賃 借 権 の

14 譲 渡 人 との 間 の 契 約 ( 以 下 原 契 約 という )における 借 受 人 の 地 位 を 承 継 する ものとして 取 り 扱 い 貸 付 期 間 は 原 契 約 における 残 期 間 貸 付 料 は 原 契 約 におけ る 金 額 とする ⑸ 賃 借 権 の 譲 渡 を 承 認 しようとする 場 合 は 承 認 に 先 だって 財 務 大 臣 に 対 し 法 第 1 4 条 第 7 号 による 協 議 を 要 することに 留 意 する 3 貸 付 相 手 方 所 有 建 物 の 第 三 者 に 対 する 貸 付 け ⑴ 貸 付 相 手 方 が 貸 付 地 上 の 自 己 所 有 建 物 を 第 三 者 に 貸 し 付 けることについて 承 認 申 請 があった 場 合 には 行 政 財 産 の 用 途 又 は 目 的 を 妨 げるおそれがないと 認 められる 場 合 のみ 事 前 に 建 物 の 賃 貸 承 認 申 請 書 を 提 出 させ 承 認 することができる ただし 貸 付 相 手 方 の 事 務 所 等 において 主 に 当 該 事 務 所 等 の 従 業 員 の 福 利 厚 生 施 設 として 必 要 な 食 堂 及 び 売 店 等 として 申 請 があった 場 合 には 国 の 庁 舎 等 の 場 合 に 準 じてこれを 認 めて 差 し 支 えないものとする なお 上 記 第 1の2の⑴による 貸 付 け( 地 方 公 共 団 体 等 との 合 築 に 係 る 土 地 の 貸 付 け)にあっては 行 政 財 産 の 用 途 又 は 目 的 を 妨 げるおそれがないことのほか 原 則 として 次 の 要 件 に 該 当 する 場 合 に 限 り 承 認 することができる 1 貸 付 相 手 方 の 条 例 法 律 寄 付 行 為 及 び 定 款 等 に 定 める 業 務 の 範 囲 のうち 賃 貸 住 宅 を 除 く 用 途 に 供 するものとして 貸 し 付 けるとき 2 貸 付 相 手 方 の 建 物 を 借 り 受 ける 者 が 第 1の2の⑴の1の 貸 付 相 手 方 又 は 公 共 的 法 人 ( 注 ) 及 び 地 方 公 共 団 体 が 資 本 金 基 本 金 その 他 これに 準 ずるものの2 5% 以 上 を 出 資 している 商 法 法 人 であって 第 1の2の⑴の1に 定 める 用 途 (た だし 商 法 法 人 に 対 する 貸 付 けにあっては 当 該 法 人 が 自 ら 使 用 する 事 務 所 に 限 る )に 使 用 するとき ( 注 ) 公 共 的 法 人 とは 公 共 的 な 活 動 を 行 う 団 体 であって 法 人 格 を 有 する 次 の ような 団 体 をいう 民 法 第 34 条 に 基 づく 社 団 法 人 及 び 財 団 法 人 特 別 法 に 基 づき 設 立 された 各 種 法 人 組 合 等 イ 社 会 福 祉 法 による 社 会 福 祉 法 人 及 び 職 業 能 力 開 発 促 進 法 による 職 業 訓 練 法 人 等 の 各 種 法 人 ロ 商 工 会 議 所 法 による 商 工 会 議 所 及 び 商 工 会 の 組 織 等 に 関 する 法 律 による 商 工 会 等 ハ 行 政 書 士 法 による 行 政 書 士 会 及 び 司 法 書 士 法 による 司 法 書 士 会 等 ニ 消 費 生 活 協 同 組 合 法 による 消 費 生 活 協 同 組 合 及 び 農 業 協 同 組 合 法 による 農 業 協 同 組 合 等 ⑵ 建 物 の 賃 貸 承 認 申 請 書 は 別 紙 様 式 4によるものとする なお 申 請 については 上 記 第 6( 貸 付 申 請 )に 準 じて 必 要 な 書 類 を 添 付 して 提 出 させるものとする ⑶ 建 物 の 賃 貸 の 承 認 に 当 たっては 別 紙 様 式 15の 誓 約 書 及 び 別 紙 様 式 16の 役 員 名 簿 を 貸 付 相 手 方 の 建 物 を 借 り 受 ける 者 から 提 出 させ 貸 付 相 手 方 の 建 物 を 借 り 受

15 ける 者 が 排 除 対 象 者 に 該 当 するか 否 か 確 認 する 必 要 があるときは 承 認 前 に 別 紙 様 式 17にて 警 察 本 部 暴 力 団 対 策 主 管 課 長 に 照 会 するものとし 照 会 の 結 果 貸 付 相 手 方 の 建 物 を 借 り 受 ける 者 が 排 除 対 象 者 に 該 当 するこ 場 合 には 承 認 しないものとす る なお 建 物 の 賃 貸 承 認 後 において 貸 付 相 手 方 の 建 物 を 借 り 受 けた 者 が 排 除 対 象 者 に 該 当 するか 否 か 確 認 する 必 要 があるときは 別 紙 様 式 17にて 警 察 本 部 暴 力 団 対 策 主 管 課 長 に 照 会 し 排 除 対 象 者 に 該 当 する 場 合 には 契 約 の 解 除 等 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない 4 増 改 築 等 ⑴ 増 改 築 等 による 現 状 の 変 更 ( 軽 微 な 変 更 は 除 く )について 承 認 申 請 があった 場 合 には 行 政 財 産 の 用 途 又 は 目 的 を 妨 げるおそれがないと 認 められることのほか 次 の 事 項 に 留 意 して 審 査 の 上 やむを 得 ないと 認 められる 場 合 に 限 り 承 認 すること ができる 1 増 改 築 を 必 要 とする 事 情 2 建 物 の 朽 廃 状 態 3 貸 付 けの 残 存 期 間 4 建 築 基 準 法 都 市 計 画 法 等 による 諸 規 制 との 整 合 性 5 貸 付 料 の 納 付 状 況 6 建 物 の 種 類 構 造 等 の 変 更 を 行 う 場 合 には 1~5のほか 当 該 財 産 周 辺 の 防 火 地 域 の 指 定 の 有 無 付 近 の 土 地 の 利 用 状 況 借 地 契 約 締 結 後 の 事 情 の 変 化 の 有 無 ⑵ 増 改 築 等 承 認 申 請 書 は 別 紙 様 式 5によるものとする なお 申 請 については 上 記 第 6( 貸 付 申 請 )に 準 じて 必 要 な 書 類 を 添 付 して 提 出 させるものとする 第 8 貸 付 契 約 の 違 反 に 対 する 措 置 貸 付 契 約 書 で 定 めた 履 行 義 務 について 当 該 履 行 義 務 に 違 反 した 場 合 における 措 置 内 容 を 次 に 掲 げるとおり 契 約 書 に 定 め 違 反 を 確 認 した 場 合 は 次 に 掲 げる 区 分 に 応 じ 速 やかに 措 置 するものとする 1 無 断 で 転 貸 等 をしたとき 無 断 で 転 貸 賃 借 権 の 譲 渡 又 は 建 物 等 を 第 三 者 に 貸 付 けしたときは 専 門 家 等 ( 法 務 局 又 は 弁 護 士 等 をいう 以 下 同 じ )の 意 見 を 徴 し 貸 付 料 年 額 ( 当 該 貸 付 料 が 一 万 円 未 満 の 場 合 には 一 万 円 とする 2 3 4において 同 じ )の3 倍 の 額 の 違 約 金 を 徴 収 した 上 で 契 約 を 解 除 し 貸 付 財 産 の 明 渡 しを 求 めるものとする ただし 特 段 の 事 情 がある 場 合 には 専 門 家 等 の 意 見 を 徴 し 第 7の1⑴ 2⑵ 3⑴の 承 認 申 請 に 準 じて 審 査 の 上 違 約 金 ( 賃 借 権 の 譲 渡 に 当 たっては 第 5 節 第 2の 名 義 書 換 承 諾 料 を 含 む )を 徴 収 し これを 追 認 することができる 2 増 改 築 等 の 現 状 変 更 の 制 限 に 違 反 したとき 増 改 築 等 の 現 状 変 更 の 制 限 に 違 反 したときは 専 門 家 等 の 意 見 を 徴 し 貸 付 料 年

16 額 と 同 額 の 違 約 金 を 徴 収 した 上 で 契 約 を 解 除 し 貸 付 財 産 の 明 渡 しを 求 めるもの とする ただし 特 段 の 事 情 がある 場 合 には 専 門 家 等 の 意 見 を 徴 し 違 約 金 及 び 第 5 節 第 3の 増 改 築 承 諾 料 を 徴 収 した 上 で 第 7の4⑴の 承 認 申 請 に 準 じて 審 査 の 上 こ れを 追 認 することができる 3 用 途 指 定 に 違 反 したとき ⑴ 指 定 用 途 以 外 の 用 途 に 供 したときは 相 当 の 期 間 を 定 めて 指 定 用 途 に 供 すべき ことを 求 め 当 該 期 間 内 に 履 行 しないときは 貸 付 料 年 額 の3 倍 の 額 の 違 約 金 の 徴 収 及 び 契 約 を 解 除 する 旨 を 相 手 方 に 通 知 するものとする ⑵ ⑴に 規 定 する 期 間 内 に 指 定 用 途 に 供 しない 場 合 は 専 門 家 等 の 意 見 を 徴 した 上 で 違 約 金 を 徴 収 するとともに 契 約 を 解 除 し 貸 付 財 産 の 明 渡 しを 求 めるもの とする 4 その 他 契 約 書 に 定 める 義 務 等 に 違 反 したとき ⑴ 直 ちに 是 正 を 求 め 是 正 に 応 じない 場 合 には 貸 付 料 年 額 と 同 額 の 違 約 金 を 徴 収 する 旨 を 相 手 方 に 通 知 するものとする ⑵ ⑴の 是 正 に 応 じない 場 合 は 専 門 家 等 の 意 見 を 徴 した 上 で 違 約 金 を 徴 収 する とともに 契 約 を 解 除 し 貸 付 財 産 の 明 渡 しを 求 めるものとする 第 3 節 使 用 許 可 第 1 使 用 許 可 ができる 場 合 その 用 途 又 は 目 的 を 妨 げない 限 度 において 少 なくとも 使 用 許 可 できる 場 合 を 類 型 的 に 示 せば 別 添 1のとおりである また これらに 限 らず その 用 途 又 は 目 的 を 妨 げない 限 度 において 使 用 許 可 をすることができる なお 使 用 許 可 するに 当 たっては 必 要 最 小 限 度 にとどめ かつ 現 状 のまま 使 用 収 益 させることとし 将 来 国 の 必 要 に 応 じてその 使 用 収 益 を 終 了 させた 場 合 に 容 易 に 原 状 回 復 ができる 状 態 におくことを 原 則 とする ( 注 ) 貸 付 けができる 場 合 であっても 長 期 安 定 的 な 使 用 を 認 める 必 要 がないと 考 え られるものや 貸 付 けに 係 る 費 用 が 収 入 を 上 回 ると 考 えられるものについては 原 則 使 用 許 可 によるものとする 第 2 相 手 方 の 選 定 透 明 性 公 平 性 を 確 保 するとともに 資 力 信 用 技 能 等 を 十 分 調 査 した 上 で 公 募 になじまないと 判 断 される 場 合 を 除 き 公 募 により 選 定 するものとする 2 使 用 許 可 の 相 手 方 を 公 募 により 選 定 する 際 は 公 募 公 告 の 参 加 資 格 として 次 に 掲 げる 要 件 を 明 記 すること ⑴ 法 人 等 ( 個 人 法 人 又 は 団 体 をいう )の 役 員 等 ( 個 人 である 場 合 はその 者 法

17 人 である 場 合 は 役 員 又 は 支 店 若 しくは 営 業 所 の 代 表 者 団 体 である 場 合 は 代 表 者 理 事 等 その 他 経 営 に 実 質 的 に 関 与 している 者 をいう 以 下 同 じ )が 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 暴 力 団 員 ( 同 法 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 をいう 以 下 同 じ )ではないこと ⑵ 役 員 等 が 自 己 自 社 若 しくは 第 三 者 の 不 正 の 利 益 を 図 る 目 的 又 は 第 三 者 に 損 害 を 加 える 目 的 をもって 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 を 利 用 するなどしている 者 では ないこと ⑶ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 に 対 して 資 金 等 を 供 給 し 又 は 便 宜 を 供 与 す るなど 直 接 的 あるいは 積 極 的 に 暴 力 団 の 維 持 運 営 に 協 力 し 若 しくは 関 与 して いる 者 ではないこと ⑷ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 であることを 知 りながらこれを 不 当 に 利 用 する などしている 者 ではないこと ⑸ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 している 者 ではないこと ⑹ 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 及 び⑵から⑸までに 定 める 者 の 依 頼 を 受 けて 公 募 に 参 加 し ようとする 者 でないこと 3 公 募 に 参 加 させる 際 は 前 項 の 要 件 を 満 たすこと 及 び 将 来 的 に 当 該 要 件 に 反 する ことはない 旨 を 誓 約 させ 使 用 許 可 後 に 誓 約 が 虚 偽 であることが 判 明 し 又 は 前 項 の 要 件 に 反 することとなった 場 合 当 該 使 用 許 可 の 取 消 をされても 異 議 を 申 し 立 て ない 旨 を 明 記 した 別 添 様 式 15の 誓 約 書 を 提 出 させること 4 自 動 販 売 機 の 設 置 に 使 用 させる 行 政 財 産 の 使 用 許 可 に 係 る 公 募 ( 他 の 施 設 の 用 に 使 用 させる 行 政 財 産 を 含 めて 一 体 的 に 使 用 許 可 をする 場 合 の 公 募 を 除 く )にあっ ては 応 募 者 より 提 案 された 使 用 料 の 額 ( 別 添 3 第 2 節 使 用 料 算 定 基 準 により 算 定 した 額 以 上 の 額 に 限 る )により 競 争 を 行 い 又 は 当 該 使 用 料 の 額 を 選 定 の 基 準 の 一 つとする 方 法 により 選 定 を 行 うものとする 当 該 公 募 以 外 の 公 募 についても 部 局 長 が 適 当 と 認 める 場 合 には 当 該 方 法 を 適 用 することができる 5 公 募 になじまないと 判 断 される 場 合 を 例 示 すれば 別 添 2のとおりである 第 3 手 続 き 等 使 用 許 可 を 受 けようとする 者 には 別 紙 様 式 10により 申 請 を 行 わせるとともに 使 用 許 可 するに 当 たっては 必 要 な 条 件 を 付 するものとする なお 申 請 に 当 たっては 第 2 節 第 6( 貸 付 申 請 )に 準 じて 必 要 な 書 類 を 添 付 し て 提 出 させ 使 用 許 可 を 受 けようとする 者 が 排 除 対 象 者 に 該 当 するか 否 か 確 認 する 必 要 があるときは 許 可 前 に 別 紙 様 式 17にて 警 察 本 部 暴 力 団 対 策 主 管 課 長 に 照 会 する ものとし 照 会 の 結 果 使 用 許 可 を 受 けようとする 者 が 排 除 対 象 者 に 該 当 する 場 合 に は 許 可 しないものとする なお 使 用 許 可 後 において 使 用 許 可 の 相 手 方 が 排 除 対 象 者 に 該 当 するか 否 か 確 認

18 する 必 要 があるときは 別 紙 様 式 17にて 警 察 本 部 暴 力 団 対 策 主 管 課 長 に 照 会 し 排 除 対 象 者 に 該 当 する 場 合 には 使 用 許 可 の 取 消 等 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない 第 4 使 用 許 可 期 間 及 び 使 用 許 可 の 更 新 1 使 用 許 可 期 間 は 1 年 以 内 とする ただし 法 第 18 条 第 2 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づき 地 上 権 を 設 定 することができる 場 合 については30 年 ( 法 令 の 規 定 に 基 づく 無 償 使 用 である 場 合 を 除 く ) 法 令 の 規 定 に 基 づく 無 償 使 用 である 場 合 については5 年 とすることができるほか 使 用 許 可 期 間 を1 年 以 内 とすることが 著 しく 実 情 にそ ぐわない 場 合 は 法 第 21 条 又 は 他 の 法 律 の 定 める 期 間 内 において その 必 要 の 程 度 に 応 じて 定 めるものとする 2 使 用 許 可 は 必 要 に 応 じて 更 新 することができるが 上 記 第 2に 規 定 する 公 募 に なじまないと 判 断 される 場 合 以 外 の 使 用 許 可 については 使 用 許 可 の 始 期 から5 年 を 超 えて 更 新 を 行 うことはできない ただし 更 新 を 認 めないことにより 国 の 事 務 事 業 の 円 滑 な 遂 行 に 著 しい 支 障 を 及 ぼすこととなる 場 合 は この 限 りではない 第 4 節 貸 付 料 等 貸 付 料 及 び 使 用 料 ( 以 下 貸 付 料 等 という )の 算 定 は それぞれ 以 下 の 各 号 に 掲 げる 基 準 による 第 1 貸 付 料 1 貸 付 料 予 定 価 格 算 定 基 準 行 政 財 産 の 貸 付 けをする 場 合 の 貸 付 料 予 定 価 格 は 別 添 3 第 1 節 貸 付 料 予 定 価 格 算 定 基 準 により 算 定 した 額 とする 2 貸 付 料 の 適 用 期 間 貸 付 料 の 適 用 期 間 は 原 則 として3 年 間 とし 3 年 分 を 一 括 して 算 定 するものと し 当 該 貸 付 料 に 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 相 当 額 を 加 えた 額 を 貸 付 相 手 方 に 通 知 す るものとする 3 貸 付 料 の 改 定 貸 付 料 の 適 用 期 間 の 満 了 貸 付 期 間 の 更 新 又 はその 他 の 事 由 により 貸 付 料 の 改 定 を 行 う 場 合 には 別 紙 様 式 12により 改 定 後 の 貸 付 料 年 額 納 付 期 限 及 び 違 約 金 ( 当 該 改 定 貸 付 料 の 算 定 期 間 に 係 る 分 )の 額 を 改 定 後 の 貸 付 料 適 用 開 始 日 の10 日 前 までに 到 着 するよう 相 手 方 に 通 知 するものとする なお 増 改 築 等 による 現 状 変 更 等 があった 場 合 の 貸 付 料 の 改 定 は 次 による ⑴ 承 認 申 請 があった 場 合 増 改 築 等 により 現 状 を 変 更 するため 承 認 申 請 があった 場 合 は 当 該 現 状 変 更 を 承 認 する 時 点 をもって 貸 付 料 の 改 定 を 行 うものとする ⑵ 無 断 で 現 状 変 更 を 行 った 場 合 無 断 で 増 改 築 等 を 行 い 現 状 の 変 更 を 行 っている 事 実 が 判 明 した 場 合 には 次 の

19 貸 付 料 の 改 定 期 を 待 たずに⑴の 取 扱 いを 考 慮 して 違 約 金 を 徴 した 上 で 速 やかに 改 定 等 の 措 置 を 講 ずるものとする 4 貸 付 料 の 納 付 原 則 として 年 1 回 の 納 付 又 は 年 4 回 の 均 等 分 割 により 前 納 させるものとする なお 貸 付 相 手 方 と 協 議 の 上 特 段 の 事 情 が 認 められる 場 合 には 月 賦 により 前 納 させることもできる ただし 1 回 の 納 付 額 は 千 円 以 上 とする 5 消 費 税 の 取 扱 い 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 については 平 成 元 年 3 月 2 日 付 蔵 理 第 727 号 普 通 財 産 の 管 理 処 分 における 消 費 税 の 取 扱 いについて 通 達 に 準 じて 取 り 扱 うものとする 第 2 使 用 料 1 使 用 料 算 定 基 準 行 政 財 産 の 使 用 許 可 をする 場 合 の 使 用 料 は 別 添 3 第 2 節 使 用 料 算 定 基 準 に より 算 定 した 額 ( 第 3 節 第 2の4の 方 法 により 選 定 を 行 う 場 合 には 選 定 された 者 に 係 る 同 4の 使 用 料 の 額 )とするものとし 当 該 使 用 料 に 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 相 当 額 を 加 えた 額 を 一 括 して 相 手 方 に 通 知 するものとする 2 使 用 料 の 納 付 原 則 として 年 1 回 の 納 付 とする 3 消 費 税 の 取 扱 い 第 1の5と 同 様 に 取 り 扱 う 第 3 延 滞 金 延 滞 金 の 利 率 は 普 通 財 産 の 貸 付 けにおける 取 扱 いに 準 じて 国 の 債 権 の 管 理 等 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 337 号 ) 第 29 条 本 文 に 定 める 率 とする 第 4 貸 付 料 等 の 減 免 措 置 使 用 収 益 中 の 財 産 が 風 水 害 その 他 借 受 人 等 の 責 に 帰 することができない 事 由 によ り 被 害 を 受 けた 場 合 には 次 により 処 理 することができる ⑴ 冠 水 等 のため 財 産 利 用 不 可 能 と 認 められる 期 間 が 生 じた 場 合 には 当 該 期 間 を 貸 付 料 等 算 定 期 間 に 含 めないことができる ⑵ 被 害 により 一 部 滅 失 又 はき 損 した 場 合 には 当 該 滅 失 又 はき 損 した 割 合 ( 以 下 損 害 率 という )に 応 じ 原 状 回 復 するまでの 間 貸 付 料 等 を 減 免 することが できる なお 損 害 率 の 算 定 に 当 たっては 相 手 方 からの 事 情 聴 取 現 地 調 査 を 行 う 等 実 情 を 十 分 斟 酌 すること ⑶ 以 上 の 措 置 は 原 則 として 相 手 方 の 申 請 に 基 づき 行 うものとし ⑴の 不 算 入 期 間 又 は⑵の 損 害 率 の 算 定 に 当 たっては 相 手 方 から 被 害 状 況 が 判 明 する 資 料 等 を 提 出 させ 又 は 必 要 に 応 じて 実 地 調 査 を 行 う 等 実 情 を 踏 まえ 慎 重 に 処 理 するも

20 のとする ⑷ ⑴ 又 は⑵の 措 置 を 講 ずる 場 合 において 被 害 時 以 後 の 期 間 に 係 る 貸 付 料 等 が 既 に 納 付 済 であるときは 以 降 の 支 払 期 において 充 当 又 は 還 付 するものとする 第 5 節 一 時 金 第 1 権 利 金 1 権 利 金 の 徴 収 貸 付 財 産 について 新 たに 土 地 建 物 の 貸 付 契 約 を 締 結 するに 当 たっては 権 利 金 を 徴 するものとする ただし 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 を 除 く ⑴ 貸 付 財 産 が 権 利 金 の 授 受 の 慣 行 のない 地 域 に 所 在 する 場 合 ただし 当 該 慣 行 の 有 無 が 明 確 でない 場 合 には 民 間 精 通 者 に 照 会 する 等 によ り 当 該 慣 行 の 有 無 を 確 認 するものとする ⑵ その 他 の 事 情 により 権 利 金 を 徴 しないことが 真 にやむを 得 ないものとして 部 局 長 が 認 めた 場 合 2 権 利 金 の 算 定 権 利 金 の 算 定 は 別 添 3 第 3 節 一 時 金 等 算 定 基 準 によるものとする 第 2 名 義 書 換 承 諾 料 1 名 義 書 換 承 諾 料 の 徴 収 賃 借 権 の 譲 渡 を 承 認 する 場 合 には 賃 借 権 の 譲 渡 人 から 名 義 書 換 承 諾 料 を 徴 する ものとする ただし 次 の 各 号 に 該 当 する 場 合 を 除 く ⑴ 貸 付 財 産 が 名 義 書 換 承 諾 料 の 授 受 の 慣 行 がない 地 域 に 所 在 する 場 合 ただし 当 該 慣 行 の 有 無 が 明 確 でない 場 合 には 民 間 精 通 者 に 照 会 すること 等 により 当 該 慣 行 の 有 無 を 確 認 するものとする ⑵ 無 償 で 賃 借 権 の 譲 渡 が 行 われる 場 合 において その 譲 渡 が 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 ) 第 40 条 第 1 項 ( 国 等 に 対 して 財 産 を 寄 附 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 非 課 税 )に 該 当 するものである 場 合 ただし 同 法 第 40 条 第 2 項 により 国 税 庁 長 官 の 承 認 が 取 り 消 されたときは その 承 認 が 取 り 消 された 時 点 で 新 たな 賃 借 権 譲 渡 があったものとみなす ⑶ 相 続 ( 遺 贈 を 含 む ) 又 は 将 来 相 続 人 となる 者 への 生 前 の 贈 与 であるとき ⑷ その 他 の 事 情 により 名 義 書 換 承 諾 料 を 徴 しないことが 真 にやむを 得 ないもの として 部 局 長 が 認 めた 場 合 2 名 義 書 換 承 諾 料 の 算 定 名 義 書 換 承 諾 料 の 算 定 は 別 添 3 第 3 節 一 時 金 等 算 定 基 準 によるものとする 第 3 増 改 築 承 諾 料 1 増 改 築 承 諾 料 の 徴 収

21 増 改 築 等 を 承 認 する 場 合 には 増 改 築 承 諾 料 を 徴 するものとする ただし 次 の 各 号 に 該 当 する 場 合 を 除 く ⑴ 貸 付 財 産 が 増 改 築 承 諾 料 の 授 受 の 慣 行 のない 地 域 に 所 在 する 場 合 ただし 当 該 慣 行 の 有 無 が 明 確 でない 場 合 には 民 間 精 通 者 に 照 会 する 等 により 当 該 慣 行 の 有 無 を 確 認 するものとする ⑵ 火 災 その 他 の 災 害 により 建 物 の 一 部 又 は 全 部 が 滅 失 し 規 模 構 造 及 び 数 量 がおおむね 従 前 の 建 物 と 同 程 度 と 認 められるものに 復 旧 するものである 場 合 ⑶ 都 市 計 画 事 業 等 の 施 行 に 伴 い 増 改 築 せざるを 得 ない 場 合 で 規 模 構 造 及 び 数 量 がおおむね 従 前 の 建 物 と 同 程 度 と 認 められるものに 復 旧 するものである 場 合 2 増 改 築 承 諾 料 の 算 定 増 改 築 承 諾 料 の 算 定 は 別 添 3 第 3 節 一 時 金 等 算 定 基 準 によるものとする 第 6 節 使 用 収 益 の 終 了 第 1 使 用 収 益 の 取 消 し 等 1 契 約 の 解 除 又 は 使 用 許 可 の 取 消 し 使 用 収 益 期 間 中 に 当 該 使 用 収 益 の 対 象 となっている 財 産 の 一 部 又 は 全 部 について 国 又 は 地 方 公 共 団 体 において 公 共 用 公 用 又 は 公 益 事 業 の 用 に 供 する 必 要 が 生 じた ときは 貸 付 契 約 の 解 除 又 は 使 用 許 可 の 取 消 しをすることができる 2 使 用 許 可 の 取 消 し 等 の 通 知 使 用 許 可 を 取 り 消 し 又 は 更 新 しないときは 使 用 許 可 を 取 り 消 し 又 は 使 用 許 可 の 期 間 が 満 了 する3 月 以 前 に 相 手 方 に 通 知 するよう 努 めなければならない ただ し 緊 急 を 要 する 場 合 その 他 特 別 の 事 情 がある 場 合 には この 限 りでない また 貸 付 契 約 を 解 除 する 場 合 にも 使 用 許 可 の 取 消 しの 通 知 に 準 じて 取 り 扱 う このほか 貸 付 契 約 では 借 地 借 家 法 等 に 基 づく 通 知 が 必 要 となることに 留 意 す る 第 2 原 状 回 復 等 使 用 収 益 させる 期 間 が 満 了 したとき 又 は 貸 付 契 約 が 解 除 されたとき 又 は 使 用 許 可 が 取 消 されたときは 必 ず 指 定 した 期 日 までに 原 状 回 復 の 上 当 該 財 産 の 明 け 渡 し をさせなければならない ただし 更 新 をする 場 合 又 は 貸 付 契 約 条 件 又 は 使 用 許 可 条 件 で 別 の 定 めをした 場 合 においては この 限 りでない 第 7 節 財 務 大 臣 への 協 議 1 様 式 法 第 14 条 第 7 号 に 基 づく 財 務 大 臣 への 協 議 を 行 う 場 合 又 は 令 第 14 条 に 基 づく 財 務 大 臣 への 通 知 を 行 う 場 合 には 別 紙 様 式 13 又 は14により 作 成 した 調 書 を 添

22 付 して 行 うものとする 2 添 付 書 類 貸 付 けの 場 合 は 令 第 10 条 の3に 掲 げるもののほか 国 有 財 産 有 償 貸 付 契 約 書 案 又 は 合 意 書 案 ( 別 紙 様 式 6~9に 準 じて 作 成 )を 協 議 書 に 添 付 するものとする 第 8 節 その 他 の 事 項 第 1 個 別 協 議 この 基 準 によることが 著 しく 不 適 当 又 は 困 難 と 認 められる 特 別 の 事 情 があるとき は 財 務 省 理 財 局 長 に 協 議 して 特 別 の 定 めをすることができる 第 2 経 過 措 置 1 平 成 16 年 6 月 22 日 において 現 に 使 用 許 可 を 行 っているものについては 第 3 節 の 第 4の2の 規 定 により5 年 を 超 えて 更 新 することができるものを 除 き 当 該 許 可 期 間 にかかわらず 遅 くとも 平 成 21 年 3 月 31 日 までに 使 用 収 益 の 許 可 を 終 了 させ その 後 は 第 3 節 の 第 2 及 び 第 3 節 の 第 4の2の 規 定 を 適 用 するものとする 2 第 3 節 第 2の4の 方 法 による 相 手 方 選 定 は 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 公 募 公 告 を 行 うものから 適 用 し 同 日 前 のものについては なお 従 前 の 例 によるものとする

23 別 紙 様 式 1 平 成 年 月 日 部 局 長 殿 申 請 者 住 所 名 称 氏 名 ( 代 表 者 ) 印 行 政 財 産 貸 付 申 請 書 下 記 のとおり 行 政 財 産 の 貸 付 けを 受 けたく 関 係 書 類 を 添 えて 申 請 します 記 所 在 地 区 分 数 量 使 用 目 的

24 別 紙 様 式 2 平 成 年 月 日 部 局 長 殿 申 請 者 住 所 名 称 氏 名 ( 代 表 者 ) 印 行 政 財 産 の 転 貸 承 認 申 請 書 下 記 のとおり 行 政 財 産 の 転 貸 の 承 認 を 受 けたいので 関 係 書 類 を 添 えて 申 請 します 記 1 転 貸 の 財 産 等 所 在 地 区 分 数 量 備 考 2 転 借 人 の 住 所 及 び 氏 名 3 転 借 人 の 利 用 用 途 等

25 別 紙 様 式 3 平 成 年 月 日 部 局 長 殿 申 請 者 住 所 名 称 氏 名 ( 代 表 者 ) 印 行 政 財 産 の 賃 借 権 の 譲 渡 承 認 申 請 書 下 記 のとおり 行 政 財 産 の 賃 借 権 の 譲 渡 の 承 認 を 受 けたいので 関 係 書 類 を 添 えて 申 請 し ます 記 1 物 件 の 表 示 所 在 地 種 目 数 量 2 譲 受 人 の 住 所 氏 名 3 利 用 目 的 4 譲 渡 予 定 年 月 日 5 譲 渡 を 必 要 とする 理 由 6 譲 渡 契 約 書 ( 案 )

26 別 紙 様 式 4 平 成 年 月 日 部 局 長 殿 申 請 者 住 所 名 称 氏 名 ( 代 表 者 ) 印 建 物 の 賃 貸 承 認 申 請 書 下 記 のとおり 申 請 者 において 賃 貸 することについて 承 認 を 受 けたいので 関 係 書 類 を 添 えて 申 請 します 記 1 所 有 建 物 の 表 示 所 在 地 種 目 数 量 2 賃 貸 しようとする 建 物 の 表 示 種 目 数 量 3 賃 貸 人 の 住 所 氏 名 4 利 用 目 的 5 予 定 年 月 日 6 賃 貸 を 必 要 とする 理 由 7 借 家 契 約 書 ( 案 ) 8 関 係 図 面

27 別 紙 様 式 5 平 成 年 月 日 部 局 長 殿 申 請 者 住 所 名 称 氏 名 ( 代 表 者 ) 印 行 政 財 産 の 増 改 築 等 承 認 申 請 書 下 記 のとおり 行 政 財 産 の 増 改 築 等 の 承 認 を 受 けたいので 関 係 書 類 を 添 えて 申 請 します 記 1 物 件 の 表 示 所 在 地 種 目 数 量 2 増 改 築 等 しようとする 建 物 の 表 示 種 目 数 量 3 利 用 目 的 4 増 改 築 等 の 工 事 予 定 年 月 日 及 び 工 事 完 了 予 定 日 5 増 改 築 等 を 必 要 とする 理 由 6 その 他 参 考 資 料

28 別 紙 様 式 6( 事 業 用 定 期 借 地 ) 国 有 財 産 有 償 貸 付 合 意 書 例 貸 付 人 国 ( 以 下 甲 という )と 借 受 人 ( 以 下 乙 という )とは 国 有 財 産 に ついて 借 地 借 家 法 ( 平 成 3 年 法 律 第 90 号 以 下 法 という ) 第 23 条 の 規 定 に 基 づく 事 業 用 定 期 借 地 権 の 設 定 を 目 的 として 次 の 条 項 を 内 容 とする 借 地 契 約 を 平 成 年 月 日 までに 公 正 証 書 により 締 結 する ( 貸 付 物 件 ) 第 1 条 貸 付 物 件 は 次 のとおり 所 在 地 区 分 数 量 (m2) 備 考 土 地 詳 細 は 別 紙 1のとおり ( 指 定 用 途 等 ) 第 2 条 乙 は 貸 付 物 件 を 次 の 事 業 の 用 に 供 する 建 物 を 所 有 するため 貸 付 申 請 書 に 記 載 又 は 添 付 した 使 用 目 的 利 用 計 画 ( 建 物 及 び 工 作 物 の 配 置 計 画 を 含 む ) 及 び 事 業 計 画 のとおりの 用 途 に 自 ら 使 用 し 甲 の 承 認 を 得 ないで 変 更 してはならない 事 業 内 容 2 乙 は 貸 付 物 件 を 次 の 各 号 に 掲 げる 用 に 使 用 してはならない ⑴ 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 122 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 風 俗 営 業 同 条 第 5 項 に 規 定 する 性 風 俗 関 連 特 殊 営 業 又 は 同 条 第 11 項 に 規 定 する 特 定 遊 興 飲 食 店 営 業 その 他 これらに 類 する 営 業 その 他 これらに 類 する 業 の 用 ⑵ 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 ( 以 下 暴 力 団 という ) 若 しくは 法 律 の 規 定 に 基 づき 公 の 秩 序 を 害 するおそれのある 団 体 等 であることが 指 定 されている 者 の 事 務 所 又 はこれ に 類 する 施 設 の 用 ⑶ 公 の 秩 序 又 は 善 良 の 風 俗 に 反 する 目 的 の 用 その 他 近 隣 住 民 の 迷 惑 となる 目 的 の 用 3 貸 付 物 件 上 に 乙 が 所 有 する 建 物 の 種 類 構 造 及 び 規 模 は 別 紙 2のとおりとする ( 事 業 内 容 の 変 更 ) 第 3 条 乙 は 前 条 に 定 める 事 業 内 容 を 変 更 しようとするときは 事 前 の 変 更 内 容 を 書 面 により 申 請 し 甲 の 承 認 を 受 けなければならない 2 前 項 に 基 づく 甲 の 承 認 は 書 面 によるものとする ( 貸 付 期 間 ) 第 4 条 貸 付 期 間 は 平 成 年 月 日 から 平 成 年 月 日 までの 年 間 とする ( 契 約 更 新 等 ) 第 5 条 本 契 約 は 法 第 23 条 の 規 定 に 基 づくものであるから 法 第 4 条 ないし 第 8 条 及 び 第 18 条 並 びに 民 法 ( 明 治 29 年 法 律 第 89 号 ) 第 619 条 の 規 定 は 適 用 されないの で 契 約 更 新 に 係 る 権 利 は 一 切 発 生 せず 前 条 の 期 間 満 了 時 において 本 契 約 の 更 新 ( 更 新 の 請 求 及 び 土 地 の 使 用 の 継 続 によるものを 含 む )は 行 われず 建 物 の 築 造 による 貸 付 期 間 の 延 長 も 行 われないものとする ( 貸 付 料 ) 第 6 条 貸 付 料 は 平 成 年 月 日 から 平 成 年 月 日 までの 期 間 については 次 に 掲 げるとおりとする 年 次 期 間 貸 付 料 年 額 備 考 第 一 年 次 自 平 成 年 月 日 至 平 成 年 月 日 円

29 第 二 年 次 自 平 成 年 月 日 至 平 成 年 月 日 円 第 三 年 次 自 平 成 年 月 日 至 平 成 年 月 日 円 2 前 項 に 規 定 する 期 間 が 満 了 した 後 の 期 間 に 係 る 貸 付 料 については 改 めて 甲 から 通 知 する なお 貸 付 料 は3 年 毎 に 改 定 するものとし 改 定 の 都 度 3 年 間 に 係 る 貸 付 料 を 甲 から 通 知 する ( 貸 付 料 の 納 付 ) 第 7 条 前 条 に 定 める 貸 付 料 は 次 に 定 めるところにより 甲 の 発 行 する 納 入 告 知 書 によ り 納 付 しなければならない 年 次 回 数 納 付 金 額 納 付 期 限 備 考 第 1 回 円 平 成 年 月 日 第 2 回 円 平 成 年 月 日 第 一 年 次 第 3 回 円 平 成 年 月 日 第 4 回 円 平 成 年 月 日 計 円 第 1 回 円 平 成 年 月 日 第 2 回 円 平 成 年 月 日 第 二 年 次 第 3 回 円 平 成 年 月 日 第 4 回 円 平 成 年 月 日 計 円 第 1 回 円 平 成 年 月 日 第 2 回 円 平 成 年 月 日 第 三 年 次 第 3 回 円 平 成 年 月 日 第 4 回 円 平 成 年 月 日 計 円 ( 担 保 の 提 供 等 ) 第 8 条 乙 は 本 契 約 から 生 じる 債 務 の 担 保 として 本 契 約 締 結 と 同 時 に 国 の 債 権 の 管 理 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 114 号 )に 基 づき 甲 の 指 示 するところにより 第 6 条 に 定 める 貸 付 料 年 額 に 相 当 する 額 以 上 の 担 保 を 提 供 しなければならない 2 甲 が 担 保 価 値 が 減 少 したと 認 めて 乙 に 対 して 増 担 保 又 は 代 わりの 担 保 の 提 供 を 請 求 したときは 乙 は 遅 滞 なく 増 担 保 又 は 代 わりの 担 保 を 提 供 しなければならない 3 甲 は 乙 が 本 契 約 から 生 じる 全 ての 債 務 を 完 済 したとき 又 は 担 保 処 分 により 残 額 が 生 じたときは 遅 滞 なく 担 保 を 返 還 する ( 延 滞 金 ) 第 9 条 乙 は 第 7 条 に 基 づき 甲 が 定 める 納 付 期 限 までに 貸 付 料 を 納 付 しない 場 合 には 納 付 期 限 の 翌 日 から 納 付 した 日 までの 期 間 について 年 %の 割 合 により 算 定 した 延 滞 金 を 甲 に 支 払 わなければならない ( 充 当 の 順 序 ) 第 10 条 乙 が 貸 付 料 及 び 延 滞 金 を 納 付 すべき 場 合 において 納 付 された 金 額 が 貸 付 料 及 び 延 滞 金 の 合 計 額 に 満 たないときは 先 ず 延 滞 金 から 充 当 する ( 使 用 上 の 制 限 ) 第 11 条 乙 は 貸 付 物 件 について 第 2 条 に 規 定 する 使 用 目 的 利 用 計 画 及 び 事 業 計 画 の 変 更 若 しくは 貸 付 物 件 及 び 当 該 物 件 上 に 所 在 する 自 己 所 有 の 建 物 その 他 の 工 作 物 等 につ

30 いて 増 改 築 等 により 現 状 を 変 更 ( 軽 微 な 変 更 を 除 く )しようとするときは 事 前 に 変 更 しようとする 理 由 及 び 変 更 後 の 使 用 目 的 等 を 記 載 した 書 面 によって 甲 に 申 請 し その 承 認 を 受 けなければならない 2 前 項 に 基 づく 甲 の 承 認 は 書 面 によるものとする ( 権 利 譲 渡 等 ) 第 12 条 乙 は 乙 が 建 設 した 建 物 の 余 裕 部 分 を 第 三 者 に 貸 付 け 若 しくは 使 用 収 益 を 目 的 とする 権 利 を 設 定 し 又 は 転 貸 若 しくは 賃 借 権 を 譲 渡 し 並 びに 抵 当 権 若 しくは 質 権 の 設 定 をしようとする 場 合 には 事 前 にその 理 由 を 記 載 した 書 面 によって 甲 に 申 請 し その 承 認 を 受 けなければならない 2 前 項 に 基 づく 甲 の 承 認 は 書 面 によるものとする ( 建 物 の 賃 貸 借 等 に 関 する 措 置 ) 第 13 条 甲 の 承 認 を 得 て 乙 が 建 設 した 建 物 の 余 裕 部 分 を 第 三 者 に 貸 付 け 又 は 乙 が 建 設 した 建 物 その 他 の 工 作 物 に 賃 借 権 その 他 の 使 用 収 益 を 目 的 とする 権 利 を 設 定 する 場 合 に は 当 該 第 三 者 との 間 で 締 結 する 契 約 において 建 物 の 敷 地 が 法 第 23 条 に 規 定 する 事 業 用 定 期 借 地 権 に 基 づくものであり 第 4 条 に 定 める 貸 付 期 間 の 満 了 により 借 地 権 が 消 滅 し 建 物 を 取 り 壊 すことを 明 示 しなければならない ( 物 件 保 全 義 務 ) 第 14 条 乙 は 善 良 な 管 理 者 としての 注 意 をもって 貸 付 物 件 の 維 持 保 全 に 努 めなければ ならない ( 実 地 調 査 等 ) 第 15 条 甲 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 事 由 が 生 じたときは 乙 に 対 しその 業 務 又 は 資 産 の 状 況 に 関 して 質 問 し 実 地 に 調 査 し 又 は 参 考 となるべき 資 料 その 他 の 報 告 を 求 める ことができる この 場 合 において 乙 は 調 査 等 を 拒 み 妨 げ 又 は 怠 ってはならない ⑴ 第 2 条 第 2 項 に 定 める 使 用 してはならない 用 途 等 に 関 して 甲 が 必 要 と 認 めるとき ⑵ 第 7 条 に 定 める 貸 付 料 の 納 付 がないとき ⑶ 第 11 条 に 定 める 甲 の 承 認 を 受 けなかったとき ⑷ 第 12 条 に 定 める 甲 の 承 認 を 受 けなかったとき ⑸ 本 契 約 に 定 める 義 務 に 違 反 したとき ( 違 約 金 ) 第 16 条 乙 は 第 6 条 第 1 項 に 定 める 期 間 中 に 次 の 各 号 に 定 める 事 由 が 生 じたときは それぞれ 当 該 各 号 に 定 める 金 額 を 違 約 金 として 甲 に 支 払 わなければならない ⑴ 第 11 条 第 1 項 の 増 改 築 に 係 る 事 前 承 認 を 受 ける 義 務 又 は 前 条 に 定 める 義 務 に 違 反 した 場 合 金 ( 貸 付 料 年 額 ) 円 ⑵ 第 2 条 第 1 項 同 条 第 2 項 第 3 条 第 1 項 又 は 第 12 条 第 1 項 に 定 める 義 務 に 違 反 した 場 合 金 ( 貸 付 料 年 額 の3 倍 ) 円 2 乙 は 第 6 条 第 1 項 に 規 定 する 期 間 を 経 過 した 後 において 本 契 約 に 違 反 した 場 合 の 違 約 金 は 第 6 条 第 2 項 の 期 間 について 甲 の 定 める 基 準 により 算 定 した 金 額 によることに 同 意 する なお 金 額 については 甲 から 通 知 する 3 前 2 項 に 定 める 違 約 金 は 第 20 条 に 定 める 損 害 賠 償 額 の 予 定 又 はその 一 部 と 解 釈 し ない ( 契 約 の 解 除 ) 第 17 条 甲 は 乙 が 本 契 約 に 定 める 義 務 に 違 反 した 場 合 又 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 してい ると 認 められるときは 本 契 約 を 解 除 することができる ⑴ 法 人 等 ( 個 人 法 人 又 は 団 体 をいう )の 役 員 等 ( 個 人 である 場 合 はその 者 法 人 である 場 合 は 役 員 又 は 支 店 若 しくは 営 業 所 の 代 表 者 団 体 である 場 合 は 代 表 者 理 事 等 その 他 経 営 に 実 質 的 に 関 与 している 者 をいう 以 下 同 じ )が 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 暴 力 団 員 ( 同 法 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 をいう 以 下 同 じ )であるとき ⑵ 役 員 等 が 自 己 自 社 若 しくは 第 三 者 の 不 正 の 利 益 を 図 る 目 的 又 は 第 三 者 に 損 害

31 を 加 える 目 的 をもって 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 を 利 用 するなどしているとき ⑶ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 に 対 して 資 金 等 を 供 給 し 又 は 便 宜 を 供 与 するな ど 直 接 的 あるいは 積 極 的 に 暴 力 団 の 維 持 運 営 に 協 力 し 若 しくは 関 与 しているとき ⑷ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 であることを 知 りながらこれを 不 当 に 利 用 するなど しているとき ⑸ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 しているとき 2 甲 は 貸 付 物 件 を 国 又 は 公 共 団 体 において 公 共 用 公 用 又 は 公 益 事 業 の 用 に 供 するた め 必 要 が 生 じたときは 国 有 財 産 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 73 号 ) 第 24 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 本 契 約 を 解 除 することができる 3 甲 は 第 1 項 の 規 定 により 本 契 約 を 解 除 した 場 合 は これにより 乙 に 生 じた 損 害 につ いて 何 らの 賠 償 ないし 補 償 を 要 しない 4 乙 は 甲 が 第 1 項 の 規 定 により 本 契 約 を 解 除 した 場 合 において 甲 に 損 害 が 生 じたと きは その 損 害 を 賠 償 するものとする ( 原 状 回 復 等 ) 第 18 条 乙 は 第 4 条 に 定 める 貸 付 期 間 が 満 了 したとき 又 は 前 条 の 規 定 により 本 契 約 が 解 除 されたときは 甲 の 指 定 する 期 日 までに 甲 の 指 示 により 自 己 の 責 任 と 負 担 におい て 貸 付 物 件 上 の 建 物 その 他 工 作 物 を 除 去 し 貸 付 物 件 を 原 状 に 回 復 して 甲 に 更 地 で 返 還 しなければならない ただし 再 契 約 のほか 甲 が 指 示 した 場 合 にはこの 限 りでな い 2 乙 は 甲 に 対 し 第 4 条 に 定 める 貸 付 期 間 が 満 了 する 日 の1 年 前 までに 建 物 の 取 壊 し 及 び 建 物 賃 借 人 の 明 渡 し 等 貸 付 物 件 の 返 還 に 必 要 な 事 項 を 書 面 により 報 告 しなければな らない 3 乙 は 第 6 条 第 1 項 に 定 める 期 間 中 に 第 1 項 に 定 める 義 務 に 違 反 した 場 合 には 金 ( 貸 付 料 年 額 )を 違 約 金 として 甲 に 支 払 わなければならない 4 乙 は 第 6 条 第 1 項 に 規 定 する 期 間 を 経 過 した 後 において 本 契 約 に 違 反 した 場 合 の 違 約 金 は 甲 の 定 める 基 準 により 算 定 した 金 額 によることに 同 意 する なお 金 額 につい ては 甲 が 乙 に 対 し 通 知 する 5 前 2 項 に 定 める 違 約 金 は 第 20 条 に 定 める 損 害 賠 償 額 の 予 定 又 はその 一 部 と 解 釈 し ない 6 本 契 約 は 法 第 23 条 の 規 定 に 基 づくものであり 法 第 13 条 の 規 定 にかかわらず 第 4 条 に 定 める 貸 付 期 間 が 満 了 したとき 又 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 本 契 約 が 解 除 され たときに 乙 は 甲 に 対 し 建 物 を 買 い 取 るべきことを 請 求 することはできず 民 法 第 6 08 条 に 基 づく 費 用 の 償 還 その 他 いかなる 名 目 においても 財 産 上 の 請 求 を 一 切 行 う ことができない ( 貸 付 料 の 精 算 ) 第 19 条 甲 は 本 契 約 が 解 除 された 場 合 には 未 経 過 期 間 に 係 る 貸 付 料 を 返 還 する た だし その 額 が 千 円 未 満 の 場 合 には この 限 りでない ( 損 害 賠 償 ) 第 20 条 乙 は 本 契 約 に 定 める 義 務 を 履 行 しないため 甲 に 損 害 を 与 えたときは その 損 害 を 賠 償 しなければならない ( 信 義 誠 実 等 の 義 務 疑 義 の 決 定 ) 第 21 条 甲 及 び 乙 は 信 義 を 重 んじ 誠 実 に 本 契 約 を 履 行 しなければならない 2 乙 は 貸 付 物 件 が 国 有 財 産 であることを 常 に 考 慮 し 適 正 に 使 用 するように 留 意 しな ければならない 3 本 契 約 に 関 して 疑 義 があるときは 甲 乙 協 議 の 上 決 定 する ( 裁 判 管 轄 ) 第 22 条 本 契 約 に 関 する 訴 えの 管 轄 は 部 局 所 在 地 を 管 轄 区 域 とする 地 方 裁 判 所 とする 上 記 の 合 意 を 証 するため 本 合 意 書 2 通 を 作 成 し 両 者 記 名 押 印 の 上 各 自 その1 通 を 保

32 有 する 平 成 年 月 日 貸 付 人 国 契 約 担 当 官 部 局 長 借 受 人 住 所 ( 所 在 地 ) 氏 名 ( 名 称 ) 代 表 者 印

33 別 紙 1 ( 貸 付 財 産 及 び 付 属 施 設 の 内 訳 ) 区 分 種 目 構 造 数 量 備 考 記 載 要 領 1 本 表 には 貸 付 財 産 及 び 付 属 する 工 作 物 並 びに 立 木 竹 の 詳 細 を 記 載 し 原 状 回 復 の 際 の 紛 争 を 防 止 できるようにしておくこと 2 土 地 については 地 番 を 備 考 欄 に 記 載 すること 別 紙 2 ( 建 物 の 表 示 ) 種 類 構 造 規 模

34 別 紙 様 式 7( 定 期 借 地 )( 合 築 用 ) 収 入 印 紙 国 有 財 産 有 償 貸 付 契 約 書 例 貸 付 人 国 ( 以 下 甲 という )と 借 受 人 ( 以 下 乙 という )とは 次 の 条 項 に より 国 有 財 産 について 借 地 借 家 法 ( 平 成 3 年 法 律 第 90 号 以 下 法 という ) 第 22 条 の 規 定 に 基 づく 定 期 借 地 権 の 設 定 を 目 的 とした 賃 貸 借 を 内 容 とする 借 地 契 約 を 締 結 する ( 貸 付 物 件 ) 第 1 条 貸 付 物 件 は 次 のとおり 所 在 地 区 分 数 量 (m2) 備 考 土 地 詳 細 は 別 紙 のとおり ( 指 定 用 途 等 ) 第 2 条 乙 は 貸 付 物 件 を 貸 付 申 請 書 に 記 載 又 は 添 付 した 使 用 目 的 利 用 計 画 ( 建 物 及 び 工 作 物 の 配 置 計 画 を 含 む ) 及 び 事 業 計 画 どおりの 用 途 に 自 ら 使 用 し 甲 の 承 認 を 得 な いで 変 更 してはならない 2 乙 は 貸 付 物 件 を 次 の 各 号 に 掲 げる 用 に 使 用 してはならない ⑴ 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 122 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 風 俗 営 業 同 条 第 5 項 に 規 定 する 性 風 俗 関 連 特 殊 営 業 又 は 同 条 第 11 項 に 規 定 する 特 定 遊 興 飲 食 店 営 業 その 他 これらに 類 する 営 業 その 他 これらに 類 する 業 の 用 ⑵ 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 ( 以 下 暴 力 団 という ) 若 しくは 法 律 の 規 定 に 基 づき 公 の 秩 序 を 害 するおそれのある 団 体 等 であることが 指 定 されている 者 の 事 務 所 又 はこれ に 類 する 施 設 の 用 ⑶ 公 の 秩 序 又 は 善 良 の 風 俗 に 反 する 目 的 の 用 その 他 近 隣 住 民 の 迷 惑 となる 目 的 の 用 ( 貸 付 期 間 ) 第 3 条 貸 付 期 間 は 平 成 年 月 日 から 平 成 年 月 日 までの 年 間 とする ( 契 約 更 新 等 ) 第 4 条 本 契 約 は 法 第 22 条 の 規 定 に 基 づくものであるから 法 第 4 条 ないし 第 8 条 及 び 第 18 条 並 びに 民 法 ( 明 治 29 年 法 律 第 89 号 ) 第 619 条 の 規 定 は 適 用 されないの で 契 約 更 新 に 係 る 権 利 は 一 切 発 生 せず 前 条 第 1 項 の 期 間 満 了 時 において 本 契 約 の 更 新 ( 更 新 の 請 求 及 び 土 地 の 使 用 の 継 続 によるものを 含 む)は 行 われず 建 物 の 築 造 によ る 貸 付 期 間 の 延 長 も 行 われないものとする ( 貸 付 料 ) 第 5 条 貸 付 料 は 平 成 年 月 日 から 平 成 年 月 日 までの 期 間 については 次 に 掲 げるとおりとする 年 次 期 間 貸 付 料 年 額 備 考 第 一 年 次 自 平 成 年 月 日 至 平 成 年 月 日 円 第 二 年 次 自 平 成 年 月 日 至 平 成 年 月 日 円 第 三 年 次 自 平 成 年 月 日 至 平 成 年 月 日 円

35 2 前 項 に 規 定 する 期 間 が 満 了 した 後 の 期 間 に 係 る 貸 付 料 については 改 めて 甲 から 通 知 する なお 貸 付 料 は3 年 間 毎 に 改 定 するものとし 改 定 の 都 度 3 年 間 に 係 る 貸 付 料 を 甲 から 通 知 する ( 貸 付 料 の 納 付 ) 第 6 条 前 条 に 定 める 貸 付 料 は 次 に 定 めるところにより 甲 の 発 行 する 納 入 告 知 書 によ り 納 付 しなければならない 年 次 回 数 納 付 金 額 納 付 期 限 備 考 第 1 回 円 平 成 年 月 日 第 2 回 円 平 成 年 月 日 第 一 年 次 第 3 回 円 平 成 年 月 日 第 4 回 円 平 成 年 月 日 計 円 第 1 回 円 平 成 年 月 日 第 2 回 円 平 成 年 月 日 第 二 年 次 第 3 回 円 平 成 年 月 日 第 4 回 円 平 成 年 月 日 計 円 第 1 回 円 平 成 年 月 日 第 2 回 円 平 成 年 月 日 第 三 年 次 第 3 回 円 平 成 年 月 日 第 4 回 円 平 成 年 月 日 計 円 ( 担 保 の 提 供 等 ) 第 7 条 乙 は 本 契 約 から 生 じる 債 務 の 担 保 として 本 契 約 締 結 と 同 時 に 国 の 債 権 の 管 理 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 114 号 )に 基 づき 甲 の 指 示 するところにより 第 5 条 に 定 める 貸 付 料 年 額 に 相 当 する 額 以 上 の 担 保 を 提 供 しなければならない 2 甲 が 担 保 価 値 が 減 少 したと 認 めて 乙 に 対 して 増 担 保 又 は 代 わりの 担 保 の 提 供 を 請 求 したときは 乙 は 遅 滞 なく 増 担 保 又 は 代 わりの 担 保 を 提 供 しなければならない 3 甲 は 乙 が 本 契 約 から 生 じる 全 ての 債 務 を 完 済 したとき 又 は 担 保 処 分 により 残 額 が 生 じたときは 遅 滞 なく 担 保 を 返 還 する ( 延 滞 金 ) 第 8 条 乙 は 第 6 条 に 基 づき 甲 が 定 める 納 付 期 限 までに 貸 付 料 を 納 付 しない 場 合 には 納 付 期 限 の 翌 日 から 納 付 した 日 までの 期 間 について 年 %の 割 合 により 算 定 した 延 滞 金 を 甲 に 支 払 わなければならない ( 充 当 の 順 序 ) 第 9 条 乙 が 貸 付 料 及 び 延 滞 金 を 納 付 すべき 場 合 において 納 付 された 金 額 が 貸 付 料 及 び 延 滞 金 の 合 計 額 に 満 たないときは まず 延 滞 金 から 充 当 する ( 使 用 上 の 制 限 ) 第 10 条 乙 は 貸 付 物 件 について 第 2 条 に 規 定 する 使 用 目 的 利 用 計 画 及 び 事 業 計 画 の 変 更 若 しくは 貸 付 物 件 及 び 当 該 物 件 上 に 所 在 する 自 己 所 有 の 建 物 その 他 の 工 作 物 等 につ いて 増 改 築 等 により 現 状 を 変 更 ( 軽 微 な 変 更 を 除 く )しようとするときは 事 前 に 変 更 しようとする 理 由 及 び 変 更 後 の 使 用 目 的 等 を 記 載 した 書 面 によって 甲 に 申 請 し その

36 承 認 を 受 けなければならない 2 前 項 に 基 づく 甲 の 承 認 は 書 面 によるものとする ( 権 利 譲 渡 等 ) 第 11 条 乙 は 乙 が 建 設 した 建 物 の 余 裕 部 分 を 第 三 者 に 貸 付 け 若 しくは 使 用 収 益 を 目 的 とする 権 利 を 設 定 し 又 は 転 貸 若 しくは 賃 借 権 を 譲 渡 し 並 びに 抵 当 権 若 しくは 質 権 の 設 定 をしようとする 場 合 には 事 前 にその 理 由 を 記 載 した 書 面 によって 甲 に 申 請 し その 承 認 を 受 けなければならない 2 前 項 に 基 づく 甲 の 承 認 は 書 面 によるものとする ( 建 物 の 賃 貸 借 等 に 関 する 措 置 ) 第 12 条 甲 の 承 認 を 得 て 乙 が 建 設 した 建 物 の 余 裕 部 分 を 第 三 者 に 貸 付 け 又 は 乙 が 建 設 した 建 物 その 他 の 工 作 物 に 賃 借 権 その 他 の 使 用 収 益 を 目 的 とする 権 利 を 設 定 する 場 合 に は 当 該 第 三 者 との 間 で 締 結 する 契 約 において 建 物 の 敷 地 が 法 第 22 条 に 規 定 する 定 期 借 地 権 に 基 づくものであり 第 3 条 に 定 める 貸 付 期 間 の 満 了 により 借 地 権 が 消 滅 し 建 物 を 取 り 壊 すことを 明 示 しなければならない ( 物 件 保 全 義 務 ) 第 13 条 乙 は 善 良 な 管 理 者 としての 注 意 をもって 貸 付 物 件 の 維 持 保 全 に 努 めなければ ならない ( 実 地 調 査 等 ) 第 14 条 甲 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 事 由 が 生 じたときは 乙 に 対 しその 業 務 又 は 資 産 の 状 況 に 関 して 質 問 し 実 地 に 調 査 し 又 は 参 考 となるべき 資 料 その 他 の 報 告 を 求 める ことができる この 場 合 において 乙 は 調 査 等 を 拒 み 妨 げ 又 は 怠 ってはならない ⑴ 第 2 条 第 2 項 に 定 める 使 用 してはならない 用 途 等 に 関 して 甲 が 必 要 と 認 めるとき ⑵ 第 6 条 に 定 める 貸 付 料 の 納 付 がないとき ⑶ 第 10 条 に 定 める 甲 の 承 認 を 受 けなかったとき ⑷ 第 11 条 に 定 める 甲 の 承 認 を 受 けなかったとき ⑸ 本 契 約 に 定 める 義 務 に 違 反 したとき ( 違 約 金 ) 第 15 条 乙 は 第 5 条 第 1 項 に 定 める 期 間 中 に 次 の 各 号 に 定 める 事 由 が 生 じたときは それぞれ 当 該 各 号 に 定 める 金 額 を 違 約 金 として 甲 に 支 払 わなければならない ⑴ 第 10 条 第 1 項 の 増 改 築 に 係 る 事 前 承 認 を 受 ける 義 務 又 は 前 条 に 定 める 義 務 に 違 反 した 場 合 金 ( 貸 付 料 年 額 ) 円 ⑵ 第 2 条 第 1 項 同 条 第 2 項 又 は 第 11 条 第 1 項 に 定 める 義 務 に 違 反 した 場 合 金 ( 貸 付 料 年 額 の3 倍 ) 円 2 乙 は 第 5 条 第 1 項 に 規 定 する 期 間 を 経 過 した 後 において 本 契 約 に 違 反 した 場 合 の 違 約 金 は 第 5 条 第 2 項 の 期 間 について 甲 の 定 める 基 準 により 算 定 した 金 額 によることに 同 意 する なお 金 額 については 甲 から 通 知 する 3 前 2 項 に 定 める 違 約 金 は 第 19 条 に 定 める 損 害 賠 償 額 の 予 定 又 はその 一 部 と 解 釈 し ない ( 契 約 の 解 除 ) 第 16 条 甲 は 乙 が 本 契 約 に 定 める 義 務 に 違 反 した 場 合 又 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 してい ると 認 められるときは 本 契 約 を 解 除 することができる ⑴ 法 人 等 ( 個 人 法 人 又 は 団 体 をいう )の 役 員 等 ( 個 人 である 場 合 はその 者 法 人 である 場 合 は 役 員 又 は 支 店 若 しくは 営 業 所 の 代 表 者 団 体 である 場 合 は 代 表 者 理 事 等 その 他 経 営 に 実 質 的 に 関 与 している 者 をいう 以 下 同 じ )が 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 暴 力 団 員 ( 同 法 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 をいう 以 下 同 じ )であるとき ⑵ 役 員 等 が 自 己 自 社 若 しくは 第 三 者 の 不 正 の 利 益 を 図 る 目 的 又 は 第 三 者 に 損 害 を 加 える 目 的 をもって 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 を 利 用 するなどしているとき ⑶ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 に 対 して 資 金 等 を 供 給 し 又 は 便 宜 を 供 与 するな

37 ど 直 接 的 あるいは 積 極 的 に 暴 力 団 の 維 持 運 営 に 協 力 し 若 しくは 関 与 しているとき ⑷ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 であることを 知 りながらこれを 不 当 に 利 用 するなど しているとき ⑸ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 しているとき 2 甲 は 貸 付 物 件 を 国 又 は 公 共 団 体 において 公 共 用 公 用 又 は 公 益 事 業 の 用 に 供 するた め 必 要 が 生 じたときは 国 有 財 産 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 73 号 ) 第 24 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 本 契 約 を 解 除 することができる 3 甲 は 第 1 項 の 規 定 により 本 契 約 を 解 除 した 場 合 は これにより 乙 に 生 じた 損 害 につ いて 何 らの 賠 償 ないし 補 償 を 要 しない 4 乙 は 甲 が 第 1 項 の 規 定 により 本 契 約 を 解 除 した 場 合 において 甲 に 損 害 が 生 じたと きは その 損 害 を 賠 償 するものとする ( 原 状 回 復 等 ) 第 17 条 乙 は 第 3 条 に 定 める 貸 付 期 間 が 満 了 したとき 又 は 前 条 の 規 定 により 本 契 約 が 解 除 されたときは 甲 の 指 定 する 期 日 までに 甲 の 指 示 により 自 己 の 責 任 と 負 担 におい て 貸 付 物 件 上 の 建 物 その 他 工 作 物 を 除 去 し 貸 付 物 件 を 原 状 に 回 復 して 甲 に 更 地 で 返 還 しなければならない ただし 再 契 約 のほか 甲 が 指 示 した 場 合 にはこの 限 りでな い 2 乙 は 甲 に 対 し 第 3 条 に 定 める 貸 付 期 間 が 満 了 する 日 の1 年 前 までに 建 物 の 取 壊 し 及 び 建 物 賃 借 人 の 明 渡 し 等 貸 付 物 件 の 返 還 に 必 要 な 事 項 を 書 面 により 報 告 しなければな らない 3 乙 は 第 5 条 第 1 項 に 定 める 期 間 中 に 第 1 項 に 定 める 義 務 に 違 反 した 場 合 には 金 ( 貸 付 料 年 額 )を 違 約 金 として 甲 に 支 払 わなければならない 4 乙 は 第 5 条 第 1 項 に 規 定 する 期 間 を 経 過 した 後 において 本 契 約 に 違 反 した 場 合 の 違 約 金 は 甲 の 定 める 基 準 により 算 定 した 金 額 によることに 同 意 する なお 金 額 につい ては 甲 から 通 知 する 5 前 2 項 に 定 める 違 約 金 は 第 19 条 に 定 める 損 害 賠 償 額 の 予 定 又 はその 一 部 と 解 釈 し ない 6 本 契 約 は 法 第 22 条 の 規 定 に 基 づくものであることから 法 第 13 条 の 規 定 にかか わらず 第 3 条 に 定 める 貸 付 期 間 が 満 了 したとき 又 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 本 契 約 が 解 除 されたときに 乙 は 甲 に 対 し 建 物 を 買 い 取 るべきことを 請 求 することはできず 民 法 第 608 条 に 基 づく 費 用 の 償 還 その 他 いかなる 名 目 においても 財 産 上 の 請 求 を 一 切 行 うことができない ( 貸 付 料 の 精 算 ) 第 18 条 甲 は 本 契 約 が 解 除 された 場 合 には 未 経 過 期 間 に 係 る 貸 付 料 を 返 還 する た だし その 額 が 千 円 未 満 の 場 合 には この 限 りでない ( 損 害 賠 償 ) 第 19 条 乙 は 本 契 約 に 定 める 義 務 を 履 行 しないため 甲 に 損 害 を 与 えたときは その 損 害 を 賠 償 しなければならない ( 信 義 誠 実 等 の 義 務 疑 義 の 決 定 ) 第 20 条 甲 及 び 乙 は 信 義 を 重 んじ 誠 実 に 本 契 約 を 履 行 しなければならない 2 乙 は 貸 付 物 件 が 国 有 財 産 であることを 常 に 考 慮 し 適 正 に 使 用 するように 留 意 しな ければならない 3 本 契 約 に 関 して 疑 義 があるときは 甲 乙 協 議 の 上 決 定 する ( 裁 判 管 轄 ) 第 21 条 本 契 約 に 関 する 訴 えの 管 轄 は 部 局 所 在 地 を 管 轄 区 域 とする 地 方 裁 判 所 とする 上 記 の 契 約 の 締 結 を 証 するため 本 契 約 書 2 通 を 作 成 し 両 者 記 名 押 印 の 上 各 自 その1 通 を 保 有 する

38 平 成 年 月 日 貸 付 人 国 契 約 担 当 官 部 局 長 借 受 人 住 所 ( 所 在 地 ) 氏 名 ( 名 称 )( 代 表 者 ) 印

39 別 紙 ( 貸 付 財 産 及 び 付 属 施 設 の 内 訳 ) 区 分 種 目 構 造 数 量 備 考 共 有 持 分 / 別 添 図 面 表 示 のとおり 記 載 要 領 1 本 表 には 貸 付 財 産 及 び 付 属 する 工 作 物 並 びに 立 木 竹 の 詳 細 を 記 載 し 原 状 回 復 の 際 の 紛 争 を 防 止 できるようにしておくこと 2 土 地 については 地 番 を 備 考 欄 に 記 載 すること

40 別 紙 様 式 8( 普 通 借 地 )( 合 築 用 ) 収 入 印 紙 国 有 財 産 有 償 貸 付 契 約 書 例 貸 付 人 国 ( 以 下 甲 という )と 借 受 人 ( 以 下 乙 という )とは 次 の 条 項 により 国 有 財 産 について 賃 貸 借 を 内 容 とする 借 地 契 約 を 締 結 する ( 貸 付 物 件 ) 第 1 条 貸 付 物 件 は 次 のとおり 所 在 区 分 数 量 (m2) 備 考 詳 細 は 別 紙 のとおり ( 指 定 用 途 ) 第 2 条 乙 は 貸 付 物 件 を 貸 付 申 請 書 に 記 載 又 は 添 付 した 使 用 目 的 利 用 計 画 ( 建 物 及 び 工 作 物 の 配 置 計 画 を 含 む ) 及 び 事 業 計 画 どおりの 用 途 に 自 ら 使 用 し 甲 の 承 認 を 得 な いで 変 更 してはならない 2 乙 は 貸 付 物 件 を 次 の 各 号 に 掲 げる 用 に 使 用 してはならない ⑴ 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 122 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 風 俗 営 業 同 条 第 5 項 に 規 定 する 性 風 俗 関 連 特 殊 営 業 又 は 同 条 第 11 項 に 規 定 する 特 定 遊 興 飲 食 店 営 業 その 他 これらに 類 する 営 業 その 他 これらに 類 する 業 の 用 ⑵ 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 ( 以 下 暴 力 団 という ) 若 しくは 法 律 の 規 定 に 基 づ き 公 の 秩 序 を 害 するおそれのある 団 体 等 であることが 指 定 されている 者 の 事 務 所 又 はこれに 類 する 施 設 の 用 ⑶ 公 の 秩 序 又 は 善 良 の 風 俗 に 反 する 目 的 の 用 その 他 近 隣 住 民 の 迷 惑 となる 目 的 の 用 ( 貸 付 期 間 ) 第 3 条 貸 付 期 間 は 平 成 年 月 日 から 平 成 年 月 日 までの 年 間 とする ( 貸 付 料 ) 第 4 条 貸 付 料 は 平 成 年 月 日 から 平 成 年 月 日 までの 期 間 については 次 に 掲 げるとおりとする 年 次 期 間 貸 付 料 年 額 備 考 第 1 年 次 自 平 成 年 月 日 至 平 成 年 月 日 円 第 2 年 次 自 平 成 年 月 日 至 平 成 年 月 日 円 第 3 年 次 自 平 成 年 月 日 至 平 成 年 月 日 円

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

京都市危険物事務処理規程

京都市危険物事務処理規程 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 昭 和 63 年 4 月 1 日 京 都 市 消 防 局 訓 令 甲 第 2 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 を 次 のように 定 める 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 訓 令 は, 消 防 法, 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令,

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80>

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80> 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 調 理 室 改 修 設 計 施 工 プロポーザル( 公 募 型 ) 実 施 要 項 平 成 23 年 8 月 飛 騨 市 -1- 1 目 的 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 は 平 成 24 年 度 より 指 定 管 理 者 制 度 を 導 入 する 予 定 です 給 食 については 現 在 3 歳 未 満 児 ( 以 下 未 満 児 という )を 含 め 外

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 秋 田 河 川 国 道 事 務 所 長 渡 邊 政 義 1. 業 務 概 要

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

Microsoft Word - 06(公示文)プロポ公募_160609.doc

Microsoft Word - 06(公示文)プロポ公募_160609.doc 簡 易 公 募 型 プロポーザル 方 式 に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 技 術 提 案 書 の 提 出 を 招 請 します 平 成 28 年 9 月 16 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 国 営 海 の 中 道 海 浜 公 園 事 務 所 長 辻 野 恒 一 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 : 海 の 中 道 海 浜 公

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸 大 阪 府 道 高 速 大 阪 池 田 線 等 に 関 する 協 定 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )と 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 高 速 道 路 株 式 会 社 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 99 号 以 下 道 路 会 社 法 という ) 第 6 条 第 1 項

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

< F2D CF68D FC8E4490E096BE8F C>

< F2D CF68D FC8E4490E096BE8F C> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 申 請 等 の 受 付 は 土 曜 日 日 曜 日 及 び 祝 日 等 ( 行 政 機 関 の 休 日 に 関 する 法 律 第 1 条 に 規 定 する 行 政 機 関 の 休 日 )を 除 く 午 前 9 時 から 午 後 6 時 ( 電 子 入 札 の 場 合 ) 又 は 午 前 8 時 30 分 から

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

ろによる ⑴ 子 世 帯 満 12 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 末 日 までの 間 にある 者 及 びそ の 親 を 世 帯 構 成 員 ( 当 該 世 帯 を 構 成 する 世 帯 員 ( 世 帯 主 を 含 む )をいう 以 下 同 じ )に 含 む 世 帯 又 は 出

ろによる ⑴ 子 世 帯 満 12 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 末 日 までの 間 にある 者 及 びそ の 親 を 世 帯 構 成 員 ( 当 該 世 帯 を 構 成 する 世 帯 員 ( 世 帯 主 を 含 む )をいう 以 下 同 じ )に 含 む 世 帯 又 は 出 大 分 市 三 世 代 近 居 同 居 ハッピーライフ 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 め る 平 成 28 年 5 月 11 日 大 分 市 長 佐 藤 樹 一 郎 大 分 市 三 世 代 近 居 同 居 ハッピーライフ 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 新 築 等 住 宅 事

More information

所沢市告示第   号

所沢市告示第   号 所 沢 市 告 示 第 282 号 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 5 月 13 日 所 沢 市 長 藤 本 正 人 1 入 札 対 象 工 事 ⑴ 工 事 名 所 沢 市 立 美 原 中 学 校 トイレ 改 修 工

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information