人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動"

Transcription

1 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 発 生 件 数 を 全 国 滋 賀 県 と 比 較 すると 滋 賀 県 の 発 生 件 数 が 最 も 多 く 甲 賀 市 は 最 も 低 い 傾 向 にありましたが 全 国 滋 賀 県 の 件 数 が 着 実 に 減 少 しているのに 対 し 甲 賀 市 の 件 数 は 年 によって 増 減 を 繰 り 返 している 現 状 です 19

2 人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 件 数 と 救 急 搬 送 人 員 を 全 国 滋 賀 県 と 比 較 すると 甲 賀 市 は 救 急 出 動 件 数 が 少 ない 割 に 救 急 搬 送 人 員 が 多 く 救 急 出 動 1 件 あた りの 搬 送 人 員 が 全 国 滋 賀 県 より 多 い 傾 向 にあります 20

3 < 交 通 事 故 発 生 時 の 状 況 > 交 通 事 故 発 生 時 の 状 況 をみると 負 傷 者 数 が 最 も 多 いのは 自 動 車 運 転 中 の 事 故 であり その 負 傷 者 数 は 全 体 の 半 分 以 上 を 占 めます しかし 死 者 数 を 比 較 すると 歩 行 中 の 事 故 の 死 者 数 は 自 動 車 運 転 中 の 事 故 の 死 者 数 を 上 回 ります 交 通 事 故 発 生 の 概 況 ( 発 生 件 数 死 者 数 負 傷 者 数 ) 出 典 : 警 察 統 計 事 故 の 種 類 2005 年 2006 年 2007 年 2008 年 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 平 均 発 生 件 数 561 件 534 件 553 件 442 件 489 件 512 件 507 件 481 件 件 交 通 事 故 全 体 死 者 数 6 人 11 人 8 人 6 人 5 人 5 人 6 人 1 人 6.0 人 負 傷 者 数 704 人 701 人 716 人 587 人 638 人 668 人 651 人 609 人 人 交 通 手 段 乗 り 物 別 の 統 計 事 故 の 種 類 2005 年 2006 年 2007 年 2008 年 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 平 均 発 生 件 数 38 件 36 件 37 件 31 件 44 件 41 件 35 件 36 件 37.3 件 歩 行 者 事 故 自 動 二 輪 車 事 故 自 転 車 事 故 原 付 の 事 故 死 者 数 1 人 4 人 3 人 3 人 0 人 2 人 4 人 1 人 2.3 人 負 傷 者 数 42 人 35 人 40 人 28 人 44 人 39 人 31 人 35 人 36.8 人 発 生 件 数 46 件 66 件 74 件 49 件 60 件 78 件 48 件 61 件 60.3 件 死 者 数 0 人 2 人 2 人 1 人 0 人 1 人 1 人 0 人 0.9 人 負 傷 者 数 43 人 63 人 71 人 48 人 53 人 75 人 46 人 60 人 57.4 人 発 生 件 数 64 件 63 件 69 件 60 件 68 件 70 件 66 件 64 件 65.5 件 死 者 数 0 人 1 人 0 人 0 人 1 人 1 人 0 人 0 人 0.4 人 負 傷 者 数 66 人 66 人 69 人 61 人 65 人 69 人 67 人 64 人 65.9 人 発 生 件 数 25 件 38 件 40 件 29 件 34 件 47 件 25 件 31 件 33.6 件 死 者 数 0 人 0 人 1 人 0 人 0 人 0 人 0 人 0 人 0.1 人 負 傷 者 数 23 人 37 人 40 人 28 人 29 人 44 人 24 人 30 人 31.9 人 21

4 < 交 通 事 故 の 当 事 者 > 交 通 事 故 の 第 一 当 事 者 ( 事 故 が 発 生 した 場 合 に 過 失 が 重 い 人 同 程 度 の 過 失 であれば 人 身 傷 害 の 程 度 が 軽 い 人 )の 年 代 をみると 20 歳 から 24 歳 までの 年 代 が 最 も 多 く 交 通 事 故 を 起 こしていることがわかります セーフコミュニティ アンケートで 主 な 交 通 手 段 をたずねたところ 20 歳 以 上 の 全 て の 年 代 で 自 動 車 が5 割 以 上 を 占 めました しかし 高 齢 になるにつれ 電 車 バス タ クシー 徒 歩 の 割 合 が 高 くなっています 22

5 警 察 統 計 の 当 事 者 別 の 統 計 をみると 高 齢 者 の 事 故 が 多 く 発 生 しています 当 事 者 別 の 統 計 事 故 の 種 類 2005 年 2006 年 2007 年 2008 年 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 平 均 発 生 件 数 26 件 26 件 26 件 32 件 33 件 42 件 31 件 22 件 29.8 件 子 どもの 事 故 死 者 数 0 人 0 人 0 人 0 人 0 人 1 人 0 人 0 人 0.1 人 負 傷 者 数 61 人 53 人 51 人 55 人 66 人 71 人 57 人 40 人 56.8 人 発 生 件 数 17 件 20 件 13 件 14 件 22 件 21 件 21 件 21 件 18.6 件 高 校 生 の 事 故 死 者 数 0 人 0 人 0 人 0 人 0 人 0 人 0 人 0 人 0.0 人 負 傷 者 数 20 人 28 人 19 人 16 人 23 人 26 人 23 人 27 人 22.8 人 発 生 件 数 130 件 105 件 138 件 101 件 105 件 130 件 129 件 111 件 件 高 齢 者 の 事 故 死 者 数 0 人 4 人 5 人 3 人 3 人 3 人 3 人 1 人 2.8 人 負 傷 者 数 76 人 67 人 102 人 63 人 76 人 98 人 105 人 88 人 84.4 人 発 生 件 数 89 件 101 件 88 件 73 件 99 件 97 件 84 件 86 件 89.6 件 若 年 ドライバーの 事 故 死 者 数 1 人 3 人 0 人 0 人 1 人 0 人 2 人 1 人 1.0 人 負 傷 者 数 119 人 135 人 131 人 110 人 139 人 126 人 107 人 107 人 人 発 生 件 数 175 件 163 件 174 件 135 件 164 件 183 件 156 件 150 件 件 女 性 ドライバーの 事 故 死 者 数 0 人 2 人 2 人 0 人 1 人 1 人 2 人 0 人 1.0 人 負 傷 者 数 224 人 214 人 220 人 173 人 229 人 241 人 203 人 193 人 人 発 生 件 数 85 件 59 件 78 件 64 件 58 件 77 件 72 件 58 件 68.9 件 高 齢 ドライバーの 事 故 死 者 数 0 人 4 人 2 人 2 人 3 人 0 人 0 人 1.6 人 負 傷 者 数 109 人 80 人 100 人 86 人 70 人 96 人 97 人 70 人 88.5 人 発 生 件 数 103 件 84 件 66 件 59 件 78.0 件 県 外 ドライバーの 事 故 死 者 数 1 人 3 人 0 人 0 人 1.0 人 負 傷 者 数 138 人 120 人 91 人 87 人 人 年 次 によって 統 計 の 項 目 が 異 なるため 県 外 ドライバーの 事 故 は データが 無 い 年 次 があります 交 通 事 故 の 違 反 別 の 統 計 では 脇 見 一 時 不 停 止 に 分 類 されるものが 多 く 発 生 して います 23

6 警 察 統 計 から 交 通 事 故 死 傷 者 を 年 代 別 にみると 負 傷 者 が 最 も 多 い 年 代 は 20 歳 から 24 歳 までの 年 代 であり 次 いで 35 歳 から 39 歳 までの 年 代 中 学 生 以 下 に 多 く 発 生 していま す 死 者 数 が 多 いのは 75 歳 以 上 です 救 急 搬 送 事 例 から 交 通 事 故 死 傷 者 を 年 代 別 にみると 負 傷 者 数 が 最 も 多 いのは 20 歳 から 29 歳 までの 年 代 ですが いずれの 年 代 でも 重 症 中 等 症 をあわせた 数 には 大 差 がないため 高 齢 になるにつれ 重 症 中 等 症 の 事 故 の 割 合 が 高 くなっています 24

7 < 交 通 事 故 の 種 類 > 警 察 統 計 により 交 通 事 故 を 種 類 別 にみると 交 差 点 事 故 出 合 頭 事 故 夜 間 の 事 故 が 多 く 発 生 しています 事 故 の 種 類 別 の 統 計 事 故 の 種 類 2005 年 2006 年 2007 年 2008 年 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 平 均 出 合 頭 事 故 正 面 衝 突 事 故 単 独 事 故 夜 間 の 事 故 交 差 点 事 故 ( 付 近 を 除 く) 飲 酒 運 転 による 事 故 信 号 無 視 による 事 故 最 高 速 度 違 反 による 事 故 発 生 件 数 152 件 155 件 171 件 118 件 139 件 161 件 153 件 136 件 件 死 者 数 0 人 2 人 1 人 1 人 1 人 1 人 0 人 0 人 0.8 人 負 傷 者 数 190 人 198 人 227 人 166 人 185 人 228 人 195 人 160 人 人 発 生 件 数 25 件 41 件 24 件 34 件 22 件 21 件 31 件 27 件 28.1 件 死 者 数 3 人 2 人 2 人 1 人 2 人 1 人 0 人 0 人 1.4 人 負 傷 者 数 43 人 58 人 28 人 56 人 30 人 26 人 47 人 39 人 40.9 人 発 生 件 数 44 件 31 件 39 件 37 件 38 件 44 件 43 件 38 件 39.3 件 死 者 数 2 人 1 人 2 人 1 人 1 人 0 人 1 人 0 人 1.0 人 負 傷 者 数 49 人 38 人 46 人 40 人 41 人 47 人 46 人 38 人 43.1 人 発 生 件 数 134 件 141 件 139 件 138 件 件 死 者 数 3 人 3 人 5 人 1 人 3.0 人 負 傷 者 数 177 人 201 人 178 人 172 人 人 発 生 件 数 205 件 205 件 199 件 164 件 180 件 186 件 191 件 166 件 件 死 者 数 0 人 4 人 2 人 1 人 1 人 2 人 0 人 1 人 1.4 人 負 傷 者 数 252 人 256 人 265 人 220 人 237 人 262 人 240 人 195 人 人 発 生 件 数 6 件 5 件 7 件 7 件 5 件 5 件 7 件 7 件 6.1 件 死 者 数 2 人 0 人 1 人 1 人 1 人 0 人 1 人 0 人 0.8 人 負 傷 者 数 7 人 7 人 12 人 10 人 4 人 6 人 8 人 12 人 8.3 人 発 生 件 数 19 件 14 件 9 件 19 件 15.3 件 死 者 数 0 人 1 人 0 人 0 人 0.3 人 負 傷 者 数 29 人 18 人 13 人 25 人 21.3 人 発 生 件 数 2 件 1 件 4 件 6 件 1 件 0 件 2.3 件 死 者 数 0 人 1 人 1 人 0 人 0 人 0 人 0.3 人 負 傷 者 数 3 人 0 人 5 人 8 人 2 人 0 人 3.0 人 年 次 によって 統 計 の 項 目 が 異 なるため 夜 間 の 事 故 信 号 無 視 による 事 故 最 高 速 度 違 反 による 事 故 は データが 無 い 年 次 があります 25

8 < 交 通 事 故 発 生 場 所 > 警 察 統 計 により 交 通 事 故 の 発 生 場 所 をみると 道 路 の 中 では 市 道 県 道 で 多 く 発 生 して います 道 路 形 状 別 にみると 単 路 その 他 ( 直 線 区 間 でカーブ 等 の 変 形 トンネル 橋 等 の 構 造 物 がない 場 所 )や 信 号 の 無 い 交 差 点 で 多 く 発 生 しています 26

9 交 通 事 故 を 月 別 にみると 秋 から 年 末 にかけて 増 加 する 傾 向 にあります また 特 に 多 いのは 10 月 と 12 月 です 交 通 事 故 を 曜 日 別 にみると 金 曜 日 と 月 曜 日 に 多 く 発 生 しています 27

10 交 通 事 故 を 時 刻 別 にみると 8 時 前 後 17 時 前 後 に 多 く 発 生 しています セーフコミュニティ アンケートにおいて 事 故 犯 罪 災 害 への 不 安 をたずねたとこ ろ 不 安 を 感 じる 人 が 最 も 多 かった 項 目 は 交 通 事 故 でした( 4. 安 全 についての 市 民 の 意 識 参 照 ) 年 代 別 に 交 通 事 故 を 選 択 した 人 の 割 合 をみると 20 歳 から 29 歳 50 歳 から 59 歳 の 年 代 で 割 合 が 高 い 傾 向 にあります 28

11 自 殺 自 損 行 為 の 実 態 と 特 徴 自 殺 の 死 亡 者 数 について 人 口 10 万 人 あたりの 発 生 率 を 全 国 滋 賀 県 と 比 較 すると 若 干 多 い 傾 向 にあります 救 急 搬 送 事 例 における 自 損 行 為 ( 死 亡 に 至 らないものも 含 みます)の 受 傷 者 について 人 口 10 万 人 あたりの 発 生 率 を 全 国 滋 賀 県 と 比 較 すると 甲 賀 市 は 少 ない 傾 向 にあります 29

12 自 殺 の 発 生 状 況 を 年 齢 階 層 別 にみると 60 歳 ~64 歳 で 最 も 多 く 発 生 しています また 男 性 の 死 亡 は 女 性 の 死 亡 の 約 2 倍 に 上 ります また 女 性 に 比 べ 男 性 の 自 殺 は 年 代 ごとに 大 きな 増 減 があり 50 歳 から 69 歳 にかけて 特 に 多 いことがわかります 救 急 搬 送 事 例 における 自 損 行 為 の 受 傷 者 数 を 男 女 で 比 較 すると 全 体 としてほぼ 同 数 で すが 死 亡 重 症 に 至 るケースは 男 性 が 多 く 軽 症 のケースでは 女 性 が 多 い 傾 向 にありま す 30

13 救 急 搬 送 事 例 における 自 損 行 為 の 受 傷 者 を 年 代 別 にみると 20 歳 から 49 歳 までの 年 代 に 多 く 50 歳 以 降 では 減 少 しています しかし 20 歳 から 49 歳 までの 年 代 では 軽 症 の 割 合 が 高 く 死 亡 に 至 るケースは 50 歳 から 69 歳 までの 年 代 に 多 いことがわかります 救 急 搬 送 事 例 における 自 損 行 為 の 受 傷 者 を 月 別 にみると 1 月 3 月 4 月 以 外 の 時 期 に 多 く 発 生 しています 31

14 救 急 搬 送 事 例 における 自 損 行 為 の 受 傷 者 を 時 刻 別 にみると 9 時 11 時 17 時 18 時 代 に 多 く 発 生 しています 32

15 犯 罪 加 害 の 実 態 と 特 徴 < 犯 罪 > 甲 賀 市 の 刑 法 犯 認 知 件 数 は 年 々 減 少 傾 向 にあります 2012 年 には 2005 年 の 約 3 分 の2 に 減 少 しています 刑 法 犯 認 知 件 数 は 全 国 滋 賀 県 でも 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの 件 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 は 全 国 滋 賀 県 よりも 低 い 傾 向 にあります 33

16 窃 盗 犯 認 知 件 数 について 人 口 10 万 人 あたりの 件 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 は 全 国 滋 賀 県 よりも 低 い 傾 向 にあります 凶 悪 犯 粗 暴 犯 の 認 知 件 数 は 2007 年 2009 年 には 減 少 していましたが 2009 年 以 降 増 加 しています 34

17 凶 悪 犯 粗 暴 犯 の 認 知 件 数 について 人 口 10 万 人 あたりの 件 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 は 全 国 滋 賀 県 よりも 低 い 傾 向 にありますが 全 国 滋 賀 県 が 減 少 傾 向 にあるのに 対 し 甲 賀 市 は 増 減 を 繰 り 返 しています また 2009 年 以 降 は 増 加 傾 向 にあります 35

18 子 ども 女 性 を 対 象 とした 痴 漢 声 かけ 等 の 発 生 状 況 については 滋 賀 県 全 体 の 件 数 は 2010 年 から 2012 年 にかけて 増 加 しています このうち 甲 賀 市 の 分 は 年 によって 増 減 が ありますが 2010 年 と 2012 年 を 比 較 すると 増 加 がみられます 内 訳 をみると 痴 漢 の 占 める 割 合 が 最 も 高 い 傾 向 にあります 滋 賀 県 全 体 では 痴 漢 の 割 合 が 年 々 下 がり その 他 の 項 目 の 割 合 が 増 加 しています 甲 賀 市 では 年 によって 増 減 がありますが 痴 漢 の 占 める 割 合 はほぼ 半 数 です 36

19 子 ども 女 性 を 対 象 とした 痴 漢 声 かけ 等 の 発 生 状 況 について 2010 年 から 2012 年 ま での 過 去 3 年 間 の 内 容 について 滋 賀 県 全 体 と 甲 賀 市 の 分 を 比 較 すると 甲 賀 市 は 痴 漢 声 かけの 占 める 割 合 は 滋 賀 県 全 体 に 比 べて 低 く つきまといや 不 審 者 の 割 合 が 高 い 傾 向 にあります 甲 賀 市 での 発 生 場 所 は 路 上 が 最 も 多 く 次 いで 量 販 店 内 で 多 い 傾 向 にあります 路 上 量 販 店 内 駐 車 場 その 他 合 計 痴 漢 27 件 5 件 3 件 4 件 39 件 声 かけ 5 件 1 件 0 件 1 件 7 件 のぞき 0 件 1 件 0 件 0 件 1 件 つきまとい 9 件 2 件 0 件 1 件 12 件 不 審 者 12 件 2 件 0 件 3 件 17 件 合 計 53 件 11 件 3 件 9 件 76 件 上 記 は 2010 年 ~2012 年 の 合 計 件 数 甲 賀 市 での 発 生 場 所 を 地 域 別 にみると 水 口 が 大 半 を 占 めています 水 口 土 山 甲 賀 甲 南 信 楽 合 計 痴 漢 26 件 5 件 1 件 7 件 0 件 39 件 声 かけ 5 件 0 件 0 件 1 件 1 件 7 件 のぞき 1 件 0 件 0 件 0 件 0 件 1 件 つきまとい 7 件 0 件 1 件 2 件 2 件 12 件 不 審 者 10 件 1 件 1 件 3 件 2 件 17 件 合 計 49 件 6 件 3 件 13 件 5 件 76 件 上 記 は 2010 年 ~2012 年 の 合 計 件 数 37

20 生 徒 児 童 の 保 護 者 等 を 対 象 として 危 険 事 案 等 の 情 報 を 配 信 する かふかメール につ いて 過 去 3 年 間 の 案 件 をみると 年 によって 増 減 がありますが 不 審 電 話 や 声 かけが 多 く 発 生 しています かふかメール の 配 信 案 件 について 発 生 地 域 をみると 水 口 が 最 も 多 く 次 いで 甲 南 甲 賀 で 多 く 発 生 しています 38

21 セーフコミュニティ アンケートにおいて 事 故 犯 罪 災 害 への 不 安 をたずね 不 安 を 感 じる 人 が 多 かった 項 目 を 順 位 付 けすると 犯 罪 に 巻 き 込 まれること は 12 項 目 中 4 番 目 でした( 4. 安 全 についての 市 民 の 意 識 参 照 ) また 犯 罪 に 巻 き 込 まれること を 選 択 した 人 の 割 合 を 年 代 別 にみると 30 歳 から 39 歳 までの 年 代 で 割 合 が 高 い 傾 向 にありますが 高 齢 になると 割 合 が 下 がっています セーフコミュニティ アンケートにおいて 過 去 1 年 間 の 犯 罪 被 害 の 経 験 について あ る と 回 答 した 人 は 6.1%でした 39

22 セーフコミュニティ アンケートにおいて 報 告 のあった 犯 罪 被 害 の 内 容 は 自 転 車 の 盗 難 が 最 も 多 くありました セーフコミュニティ アンケートにおいて 犯 罪 対 策 として 最 も 多 いのは 外 出 時 就 寝 時 の 戸 締 りで 9 割 近 くの 家 庭 で 実 施 されています 市 の 安 全 メール 等 に 加 入 している 人 や 地 域 パトロール 活 動 に 参 加 している 人 は 少 数 です 40

23 < 加 害 > 加 害 の 救 急 搬 送 人 員 を 人 口 10 万 人 あたりで 比 較 すると 甲 賀 市 は 全 国 滋 賀 県 より 少 な い 傾 向 にありましたが 2009 年 から 2011 年 にかけて 増 加 し 滋 賀 県 より 多 くなっていま す 加 害 の 救 急 搬 送 事 例 について 程 度 別 発 生 状 況 をみると 軽 症 がほとんどです 受 傷 者 の 性 別 としては 男 性 が 女 性 の2 倍 あります 41

24 加 害 の 救 急 搬 送 事 例 について 年 代 別 にみると 30 歳 から 39 歳 に 最 も 多 く 高 齢 になるに つれ 減 少 しますが 70 歳 から 79 歳 においても 受 傷 者 がいます 救 急 搬 送 事 例 から 加 害 の 発 生 時 刻 をみると 19 時 以 降 から 明 け 方 にかけて 多 いことがわ かります 42

25 子 どもの 安 全 にかかる 実 態 と 特 徴 < 学 校 等 での 受 傷 > 学 校 等 における 子 どもの 外 傷 状 況 を 保 険 請 求 データでみると 受 傷 者 が 在 籍 者 に 占 める 割 合 は 保 育 園 幼 稚 園 では 3% 以 下 小 学 校 では 7~9% 中 学 校 では 9~11%であり 年 代 が 上 がるにつれ 受 傷 割 合 が 高 くなる 傾 向 にあります 総 在 籍 者 数 と 保 険 請 求 件 数 出 典 : 学 校 保 険 請 求 データ 保 育 所 保 険 請 求 データ 2008 年 度 2009 年 度 2010 年 度 2011 年 度 2012 年 度 在 籍 者 数 1,666 人 1,571 人 1,524 人 1,568 人 1,362 人 保 育 園 保 険 請 求 件 数 32 件 22 件 39 件 35 件 25 件 在 籍 者 に 占 める 割 合 1.9% 1.4% 2.6% 2.2% 1.8% 在 籍 者 数 371 人 397 人 381 人 388 人 270 人 幼 稚 園 保 険 請 求 件 数 8 件 7 件 9 件 3 件 5 件 在 籍 者 に 占 める 割 合 2.2% 1.8% 2.4% 0.8% 1.9% 在 籍 者 数 5,859 人 5,831 人 5,769 人 5,644 人 5,478 人 小 学 校 保 険 請 求 件 数 526 件 454 件 476 件 434 件 390 件 在 籍 者 に 占 める 割 合 9.0% 7.8% 8.3% 7.7% 7.1% 在 籍 者 数 3,165 人 2,928 人 2,802 人 2,820 人 2,864 人 中 学 校 保 険 請 求 件 数 301 件 277 件 286 件 322 件 331 件 在 籍 者 に 占 める 割 合 9.5% 9.5% 10.2% 11.4% 11.6% 43

26 受 傷 者 の 性 別 は どの 年 代 においても 男 子 の 割 合 が 高 い 傾 向 にあります 受 傷 部 位 は 保 育 園 幼 稚 園 では 頭 部 顔 部 への 受 傷 が 多 く 年 代 が 上 がるにつれ 上 肢 部 下 肢 部 への 受 傷 が 多 くなっています 44

27 < 児 童 虐 待 > 児 童 虐 待 の 相 談 件 数 は 年 々 増 加 しています 人 口 10 万 人 あたりの 相 談 件 数 を 比 較 すると 滋 賀 県 の 数 値 よりは 低 いながらも 全 国 の 数 値 の2 倍 以 上 あります なお 年 齢 階 層 別 人 口 構 成 比 は 本 市 滋 賀 県 全 国 で 顕 著 な 違 いはありません ( 1. 甲 賀 市 の 概 況 参 照 ) ただし 虐 待 相 談 の 発 生 率 が 大 きく 異 なる 背 景 として 虐 待 相 談 に 関 する 統 計 の 方 法 や 対 象 が 一 致 していないこと 相 談 の 環 境 が 整 うにつれ 相 談 件 数 は 増 加 することなどが 考 え られるため この 比 較 だけで 判 断 するのは 適 当 ではありません 45

28 虐 待 相 談 における 被 虐 待 者 の 年 代 は 小 学 生 が 最 も 多 く 約 4 割 以 上 を 占 めます 虐 待 相 談 における 被 児 童 者 の 性 別 は 男 子 の 方 が 女 子 より 多 い 傾 向 にあります 46

29 虐 待 相 談 における 虐 待 者 は 実 母 が 約 7 割 を 占 めています 虐 待 相 談 における 虐 待 種 別 は 2007 年 から 2010 年 にかけて 保 護 の 怠 慢 拒 否 が8 割 以 上 を 占 めていましたが 身 体 的 虐 待 や 心 理 的 虐 待 も 増 加 しています 47

30 市 への 相 談 経 路 を5 年 平 均 で 集 計 すると 市 町 村 関 係 機 関 学 校 等 から 寄 せられるもの が 多 い 傾 向 にあります 48

31 高 齢 者 の 安 全 にかかる 実 態 と 特 徴 外 傷 による 死 亡 を 年 代 別 にみると 外 傷 による 死 亡 のうち 最 も 多 い 要 因 である 自 殺 は 高 齢 になるにつれ 減 少 する 傾 向 にあります 不 慮 の 窒 息 による 死 亡 は 80 歳 から 89 歳 で 多 く 転 倒 転 落 による 死 亡 は 75 歳 から 94 歳 で 多 く 不 慮 の 溺 死 溺 水 は 70 歳 から 79 歳 に 多 く 発 生 しています 49

32 50

33 65 歳 以 上 の 高 齢 者 にかかる 事 故 やけがの 救 急 搬 送 で 最 も 多 いのは 一 般 負 傷 です 一 般 負 傷 には 不 慮 の 窒 息 転 倒 転 落 溺 死 溺 水 等 が 含 まれるため これらの 実 態 や 原 因 を 分 析 するには 救 急 搬 送 データをさらに 詳 細 に 分 類 分 析 していくことが 必 要 です セーフコミュニティ アンケートにより 報 告 のあった 事 故 けがの 種 類 として 65 歳 以 上 で 最 も 多 かったのは 転 倒 転 落 でした 51

34 介 護 保 険 の 第 1 号 被 保 険 者 (65 歳 以 上 の 人 )に 対 する 要 支 援 要 介 護 認 定 者 の 割 合 を 比 較 すると 甲 賀 市 は 全 国 滋 賀 県 よりも 低 い 傾 向 に ありますが 伸 び 率 が 大 きいため 滋 賀 県 の 割 合 に 近 づきつつあります 2006 年 度 2007 年 度 2008 年 度 2009 年 度 2010 年 度 甲 賀 市 滋 賀 県 全 国 第 1 号 被 保 険 者 数 19,344 19,738 20,106 20,328 20,367 うち 要 支 援 要 介 護 認 定 者 2,703 2,819 2,947 3,111 3,274 第 1 号 被 保 険 者 数 261, , , , ,098 うち 要 支 援 要 介 護 認 定 者 40,502 42,048 43,621 45,432 47,652 第 1 号 被 保 険 者 数 26,763,282 27,511,881 28,317,370 28,917,121 29,098,466 うち 要 支 援 要 介 護 認 定 者 4,401,363 4,528,944 4,672,688 4,845,942 5,062,234 市 が 把 握 する 高 齢 者 虐 待 の 相 談 件 数 は 2006 年 度 から 2011 年 度 にかけて2 倍 以 上 になっ ており 実 際 に 虐 待 と 認 められる 件 数 も 増 加 しています 52

35 労 働 の 安 全 にかかる 実 態 と 特 徴 労 働 災 害 について 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 搬 送 人 員 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 発 生 率 は 全 国 滋 賀 県 より 高 い 傾 向 にあります 事 故 の 型 として 多 いのは 転 倒 はさまれ 巻 き 込 まれ 墜 落 転 落 等 です 53

36 業 種 別 にみると 製 造 業 での 事 故 が 約 4 割 を 占 めます 産 業 別 死 傷 災 害 発 生 状 況 ( 休 業 4 日 以 上 ) 出 典 : 滋 賀 労 働 局 資 料 2007 年 2008 年 2009 年 2010 年 2011 年 合 計 5 年 間 の 割 合 製 造 業 % 鉱 業 % 建 設 業 % 運 輸 交 通 業 % 貨 物 取 扱 業 % 林 業 % 畜 産 業 % 商 業 % 通 信 業 % 教 育 研 究 業 % 病 院 社 会 福 祉 施 設 % 飲 食 業 サービス 業 % 清 掃 業 % その 他 % 合 計 % 製 造 業 で 最 も 多 い 事 故 の 型 は はさまれ 巻 き 込 まれ であり 次 いで 転 倒 動 作 の 反 動 無 理 な 動 作 が 多 く 発 生 しています 54

37 甲 賀 市 内 では 従 業 者 約 49,000 人 のうち 製 造 業 従 事 者 が 約 3 分 の1を 占 めます 産 業 ( 大 分 類 ) 別 民 営 事 業 所 数 従 業 者 数 出 典 : 平 成 24 年 度 甲 賀 市 統 計 ( 平 成 21 年 経 済 センサス- 基 礎 調 査 ) ( 単 位 : 事 業 所 人 ) 産 業 大 分 類 事 業 所 数 割 合 従 業 者 数 割 合 全 産 業 4,706 49,144 A~B 農 林 漁 業 % % C 鉱 業 砕 石 業 砂 利 採 取 業 % % D 建 設 業 % 2, % E 製 造 業 % 16, % F 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 5 0.1% % G 情 報 通 信 業 % % H 運 輸 業 郵 便 業 % 1, % I 卸 売 業 小 売 業 1, % 8, % J 金 融 業 保 険 業 % % K 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 % % L 学 術 研 究 専 門 技 術 サービス 業 % % M 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 % 2, % N 生 活 関 連 サービス 娯 楽 業 % 2, % O 教 育 学 習 支 援 業 % 1, % P 医 療 福 祉 % 4, % Q 複 合 サービス 業 % % R サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) % 2, % S 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く) % % 事 業 所 数 は 事 業 内 容 が 不 詳 の 事 業 所 を 除 く 死 亡 重 症 の 事 故 は 労 働 災 害 の 救 急 搬 送 でみると5 年 間 で 30 件 以 上 発 生 しています 受 傷 者 の 多 くは 男 性 です 55

38 労 働 災 害 の 発 生 状 況 を 年 代 別 にみると 30 歳 から 39 歳 の 年 代 で 最 も 多 い 傾 向 にあります しかし 軽 症 の 事 故 は 年 代 によって 発 生 件 数 が 異 なりますが 重 症 中 等 症 の 事 故 は 20 歳 から 69 歳 までの 間 で 大 きな 差 がない 状 況 です 労 働 災 害 の 救 急 搬 送 事 例 は 月 別 では 夏 期 に 多 く 時 刻 別 では9 時 前 後 に 多 い 傾 向 にあ ります 56

39 災 害 の 防 止 にかかる 実 態 と 特 徴 セーフコミュニティ アンケートにより 過 去 の 災 害 の 経 験 をたずねたところ 経 験 が あると 回 答 した 人 は 全 回 答 者 中 の 約 2 割 でした 上 記 のアンケートで 報 告 のあった 災 害 は 風 水 害 が 約 7 割 を 占 めます 57

40 セーフコミュニティ アンケートにおいて 事 故 や 犯 罪 災 害 に 対 する 不 安 をたずね 不 安 に 感 じる 人 が 多 い 項 目 を 順 位 付 けすると 自 然 災 害 が2 番 目 火 災 が3 番 目 で した( 4. 安 全 についての 市 民 の 意 識 参 照 ) 年 代 別 に 自 然 災 害 を 選 択 した 人 の 割 合 をみると 60 歳 から 79 歳 の 年 代 で 割 合 が 高 い 傾 向 にあります また 20 歳 から 49 歳 までの 年 代 でも 自 然 災 害 を 不 安 に 感 じる 人 の 割 合 は 高 いと 言 えます 火 災 を 選 択 した 人 の 割 合 をみると 50 歳 から 74 歳 までの 年 代 で 割 合 が 高 い 傾 向 にあ りますが 20 歳 から 39 歳 までの 年 代 での 割 合 は 低 くなっています セーフコミュニティ アンケートにより 家 庭 で 実 施 している 災 害 対 策 をたずねたとこ ろ 最 も 多 かったのは 住 宅 用 火 災 警 報 器 の 設 置 です しかし 住 宅 用 火 災 警 報 器 につ いて 全 ての 家 庭 への 設 置 が 義 務 付 けられている 中 で 設 置 率 が7 割 に 満 たない 現 状 から 防 災 の 意 識 が 行 動 や 対 策 に 反 映 されていない 実 態 が 推 察 されます 58

参考資料 地域診断データ集.xls

参考資料 地域診断データ集.xls Ver1.1 H27.4.13 更 新 郡 山 市 セーフコミュニティ 地 域 診 断 市 民 安 全 課 セーフコミュニティ 推 進 室 地 域 診 断 データ 一 覧 1 福 島 県 警 察 本 部 郡 山 警 察 署 郡 山 北 警 察 署 平 成 22~25 年 交 通 白 書 平 成 26 年 分 は 各 Webサイトより 2 郡 山 警 察 署 郡 山 北 警 察 署 平 成 22~25

More information

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179>

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179> 平 成 23 年 岩 手 県 の 治 安 情 勢 平 成 24 年 1 月 岩 手 県 警 察 本 部 1 刑 法 犯 認 知 検 挙 ( 値 は 暫 定 値 です ) これまでの 推 移 刑 法 犯 認 知 は 平 成 13 年 の15,125 をピークに 概 ね 減 少 傾 向 平 成 23 年 は 平 成 22 年 の 戦 後 最 小 記 録 (7,4 )を 下 回 り 6,353 前 年 比

More information

Untitled

Untitled 滋 刑 企 甲 発 第 S0 号 平 成 年 (0)0 月 日 滋 賀 県 警 察 本 部 刑 事 部 刑 事 企 画 課 刑 法 犯 特 別 法 犯 暴 力 団 犯 罪 来 日 外 国 人 犯 罪 凡 例 滋 賀 の 犯 罪 ( 平 成 年 ) 目 次 平 成 年 中 の 主 な 出 来 事 < 解 説 > 平 成 年 の 犯 罪 概 要 < 全 国 統 計 表 > < 本 県 統 計 表 >

More information

表紙オモテ・ウラ

表紙オモテ・ウラ 1 刑 法 犯 と は (1) 凶 悪 犯 と は (2) 粗 暴 犯 と は (3) 窃 盗 犯 と は (4) 知 能 犯 と は 2 少 年 犯 罪 とは (1) 犯 罪 少 年 とは (2) 触 法 少 年 とは (3) 刑 法 犯 少 年 とは (4)ぐ 犯 少 年 とは (5) 非 行 少 年 とは (6) 不 良 行 為 少 年 とは 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

More information

第 1 章 犯 罪 被 害 の 実 情 と 暗 数 1. 犯 罪 被 害 の 経 験 自 分 や 同 居 の 家 族 の 中 で この 1 年 間 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 から 平 成 16 年 9 月 30 日 まで)に 犯 罪 の 被 害 にあったことがあるかを 尋 ねたところ

第 1 章 犯 罪 被 害 の 実 情 と 暗 数 1. 犯 罪 被 害 の 経 験 自 分 や 同 居 の 家 族 の 中 で この 1 年 間 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 から 平 成 16 年 9 月 30 日 まで)に 犯 罪 の 被 害 にあったことがあるかを 尋 ねたところ 第 Ⅲ 部 結 果 の 分 析 第 Ⅲ 部 は 第 1 章 から 第 9 章 までの9つの 章 によって 構 成 されている 各 章 は 署 名 入 りの 論 述 であり 第 Ⅱ 部 での 設 問 項 目 と 重 複 するものの それとは 異 なる 独 自 の 分 析 となっている 第 1 章 犯 罪 被 害 の 実 情 と 暗 数 1. 犯 罪 被 害 の 経 験 自 分 や 同 居 の 家 族

More information

○○○市・町セーフコミュニティ ○○○対策委員会

○○○市・町セーフコミュニティ ○○○対策委員会 犯 罪 の 防 止 対 策 委 員 会 活 動 報 告 松 原 市 セーフコミュニティ 犯 罪 の 防 止 対 策 委 員 会 報 告 者 : 犯 罪 の 防 止 対 策 委 員 会 委 員 長 山 本 剛 所 属 : 松 原 事 業 場 防 犯 協 会 会 長 1 背 景 : 全 国 と 比 較 して 犯 罪 認 知 件 数 が 多 い ( 件 /10 万 人 ) 3,500 10 万 人 あたりの

More information

<96DA8E9F2E786477>

<96DA8E9F2E786477> 総 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 Ⅱ 統 計 表 編 1 27 土 地 気 象 28 人 口 35 行 政 財 政 産 業 経 済 60 72 建 設 106 民 生 労 働 保 健 衛 生 教 育 文 化 電 気 ガス 上 下 水 道 運 輸 通 信 公 安 司 法 116 138 150 174 183 197 公 害 214 市 民 生 活 220 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 富 士 市

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

署協議会議事録

署協議会議事録 平 成 28 年 第 1 回 仙 台 南 警 察 署 協 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 13:30~15:00 場 所 : 仙 台 南 警 察 署 3 階 大 会 議 室 1 会 長 挨 拶 本 協 議 会 は 年 間 4 回 開 催 される 予 定 で その 都 度 治 安 情 勢 や 懸 案 事 項 等 につい て 審 議 し 地 域 の 安 心

More information

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63> 214 松 浦 市 市 勢 要 覧 資 料 編 チ カ ラ を つ く り 続 け る CONTENTS 位 置 地 勢 2 人 口 3 産 業 4 生 活 環 境 6 行 政 議 会 7 沿 革 8 市 章 松 浦 市 の 頭 文 字 であるアルファベット 大 文 字 の M をモチーフに 産 業 創 造 の 未 来 へ 躍 進 する 都 市 の 姿 をダイナミックに 図 案 化 し ハートの 形

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094468FD8905C90BF8F9181408F9197DE8261323031363032313981698D6289EA8E73816A93FA967B8CEA94C52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094468FD8905C90BF8F9181408F9197DE8261323031363032313981698D6289EA8E73816A93FA967B8CEA94C52E646F6378> 滋 賀 県 甲 賀 市 甲 賀 市 セーフコミュニティプログラムに 関 する 報 告 コミュニティ 名 : 甲 賀 市 国 : 日 本 国 コミュニティの 人 口 :92,410 人 (2015 年 9 月 30 日 現 在 ) セーフコミュニティプログラムを 開 始 した 年 :2012 年 国 際 SCN メンバーシップ: 認 証 年 :2016 年 プログラムに 関 する 情 報 が 得 られるウェブサイトの

More information

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費

More information

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 について... 2 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 設 計... 2 (4) 回 収 結 果... 3 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2. 回 答 者 の 属 性... 4 (1) 一 般 市 民 調 査... 4 (2) 企 業 調 査... 11 Ⅱ. 調 査 結 果 ( 一

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

第 1 章 <目的>

第 1 章 <目的> 市 民 の 安 全 のための 指 針 ( 平 成 24 年 3 月 ) 東 大 和 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 < 目 的 > 2 第 2 章 < 犯 罪 の 起 きにくいまちづくり> 2 第 3 章 < 児 童 等 の 安 全 確 保 > 4 第 4 章 < 民 間 事 業 者 によるまちの 安 全 確 保 > 6 第 5 章 < 高 齢 者 障 がい 者 女 性 の 安 全 確 保 >

More information

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え 215 年 1 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 中 国 支 店 株 式 会 社 日 本 経 済 研 究 所 総 務 本 部 経 営 企 画 部 人 口 減 少 時 代 における 広 島 都 市 圏 の 現 状 と 女 性 の 就 業 状 況 < 要 旨 > - 国 勢 調 査 にみる 人 口 動 向 を 中 心 に- 広 島 都 市 圏 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口

More information

三条市安全・安心な

三条市安全・安心な 三 条 市 安 全 安 心 な まちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) 三 条 市 1 目 次 第 1 章 計 画 の 基 礎 事 項 1 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 1 第 3 節 計 画 期 間 1 第 4 節 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 犯 罪 の 状 況 2 第 1 節 刑 法 犯 発 生 状 況 2 (1) 刑 法 犯 認

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63> 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 ( 素 案 ) 資 料 編 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 久 留 米 市 目 次 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 1 犯 罪 の 現 状 P1 2 暴 力 団 の 情 勢 P10 3 少 年 非 行 の 現 状 P12 4 市 民 の 防 犯 意 識 P15 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

Taro-弁護士報酬の目安暫定例 (

Taro-弁護士報酬の目安暫定例 ( 法 律 相 談 (1) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 40 分 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 5,400 円 法 律 相 談 (2) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 1 時 間 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 10,800 円 契 約 書 作 成 製 造 メーカーとして 卸 業 者

More information

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

ランキング(2月数値訂正済み)

ランキング(2月数値訂正済み) [ 参 考 資 料 ] 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 ( 確 報 ) 結 果 産 業 小 分 類 都 道 府 県 市 町 村 のランキング 産 業 小 分 類 1 事 業 所 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 2 2 従 業 者 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 4 都 道 府 県 3 事 業 所 数 産 業 大 分 類 都 道 府

More information

Taro-6【セット版】事業評価書(子供女性安全対策班)

Taro-6【セット版】事業評価書(子供女性安全対策班) 事 業 評 価 書 子 供 女 性 安 全 対 策 班 の 設 置 平 成 2 7 年 3 月 国 家 公 安 委 員 会 警 察 庁 子 供 女 性 安 全 対 策 班 の 設 置 1 評 価 の 対 象 とした 政 策 (1) 政 策 の 背 景 目 的 及 び 内 容 子 供 や 女 性 を 対 象 とする 性 犯 罪 等 ( 子 供 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 犯 罪 及 び

More information

Microsoft Word - 資料2 新旧対照表.doc

Microsoft Word - 資料2 新旧対照表.doc 21.11.25 資 料 2 頁 旧 新 見 直 し 理 由 等 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 犯 罪 の 未 然 防 止 を 図 り, 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 犯 罪 を 未 然 に 防 止 し, P1 P2 市 では,この 活 動 の 拠 りどころとして, 新 潟 市 犯 市 では, 新 潟 市 犯 罪 のない 安 心 安 全 なまちづくり 罪 のない 安 心 安 全

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

1リスクへの備え

1リスクへの備え リスクへの 備 え 福 祉 施 設 運 営 は 様 々なリスク 対 応 を 覚 悟 しなければならない 業 務 中 に 負 った 賠 償 責 任 入 所 児 童 が 他 人 に 損 害 を 負 わせた 場 合 施 設 管 理 者 は 損 害 賠 償 金 や 訴 訟 費 用 等 を 法 律 上 負 うべき 事 態 に 見 舞 われる また 財 産 の 損 害 が 生 じる 事 態 もある これらの 事

More information

04 資料目次

04 資料目次 参 考 資 料 1 調 査 に 当 たった 委 員 48 2 活 動 経 過 49 3 包 括 罪 種 別 の 刑 法 犯 認 知 件 数 の 推 移 50 4 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 に 基 づく 広 報 啓 発 等 について 51 5 電 子 マニフェストを 利 用 した 解 体 自 動 車 等 の 不 適 正 輸 出 対 策 54 6 市 町 村 における 児 童 虐 待 の

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 一 宮 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 00 分 までの 間 一 宮 警 察 署 講 堂 1 委 員 高 間 正 道 会 長 杉 本 昇 副 会 長 岩 田 武 志 委 員 小 川 典 子 委 員 大 塚 良 雄 委 員 川

More information

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録 平 成 25 年 度 第 1 回 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 25 年 6 月 28 日 ( 金 )10:30~11:30 開 催 場 所 恵 庭 市 役 所 3 階 第 2 第 3 委 員 会 室 出 席 者 ( 敬 称 略 順 不 同 ) 会 長 原 田 裕 ( 恵 庭 市 長 ) 副 会 長 鏡 貢 ( 恵 庭 市 交

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

標準テンプレート

標準テンプレート 資 料 鎌 倉 市 地 方 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 概 要 目 次 0. 要 約 II. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) a. 属 性 I. 市 民 対 象 調 査 a. 属 性 b. 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 c. 希 望 の 子 どもの 数 d. 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 e. 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる

More information

平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 横 浜 市 の 児 童 相 談 所 において 平 成 22 年 度 新 たに 把 握 した 児 童 虐 待 件 数 は 626 件 でした また 虐 待 対 応 件 数 は 平 成 21 年 度 以 前

平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 横 浜 市 の 児 童 相 談 所 において 平 成 22 年 度 新 たに 把 握 した 児 童 虐 待 件 数 は 626 件 でした また 虐 待 対 応 件 数 は 平 成 21 年 度 以 前 平 成 23 年 5 月 26 日 こども 青 少 年 教 育 委 員 会 資 料 こ ど も 青 少 年 局 児 童 虐 待 等 への 対 応 状 況 について 1 平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 1 2 平 成 22 年 12 月 14 日 に 他 都 市 より 電 話 で 引 き 継 いだケースについて 3 3 最 近 の 事

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

Microsoft Word - 1表紙2

Microsoft Word - 1表紙2 2015 とうけい 見 附 市 平 成 26 年 版 は し が き 平 成 26 年 版 見 附 市 統 計 書 をここに 発 行 いたします この 統 計 書 は 見 附 市 の 推 移 と 現 況 を 明 らかにし 市 勢 のようすを 正 しく 認 識 し ていただくため 編 さんしています 編 さんにあたっては 資 料 の 収 集 など 内 容 の 整 備 改 善 につとめていますが な

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3

目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 久 留 米 市 目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3 章 防 犯 まちづくり

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 26 年 2 月 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 はじめに この 報 告 書 は 公 益 社 団 法 人 中 央 畜 産 会 に 委 託 して 実 施 した 平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 の 成 果 を 取 りまとめたものである

More information

平 成 24 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 25 年 6 月 警 察 庁

平 成 24 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 25 年 6 月 警 察 庁 本 資 料 内 に 掲 載 されている 平 成 20 年 から 平 成 24 年 までの 犯 罪 統 計 について は 数 値 の 一 部 に 修 正 が 生 じていますので 修 正 後 の 数 値 は 平 成 26 27 年 の 犯 罪 情 勢 等 をご 確 認 ください 平 成 24 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 25 年 6 月 警 察 庁 凡 例 1 本 資 料 における 用 語 等 の

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

1. 売 上 高 と 利 益 の 状 況 (つづき) 売 上 高 営 業 利 益 率 は1.9%( 前 年 度 差.2%ポイント 上 昇 ) 売 上 高 経 常 利 益 率 は2.6%( 同.3% ポイント 上 昇 ) 売 上 高 当 期 純 利 益 率 は1.%( 同 1.%ポイント 上 昇 )

1. 売 上 高 と 利 益 の 状 況 (つづき) 売 上 高 営 業 利 益 率 は1.9%( 前 年 度 差.2%ポイント 上 昇 ) 売 上 高 経 常 利 益 率 は2.6%( 同.3% ポイント 上 昇 ) 売 上 高 当 期 純 利 益 率 は1.%( 同 1.%ポイント 上 昇 ) 第 2 章 企 業 の 収 益 構 造 1. 売 上 高 と 利 益 の 状 況 1 企 業 当 たりの 売 上 高 は212.6 億 円 ( 前 年 度 比 12.7% 減 )で2 年 連 続 の 減 少 一 方 営 業 利 益 は4.1 億 円 ( 同 2.3% 増 ) 経 常 利 益 は5.5 億 円 ( 同.1% 増 ) 当 期 純 利 益 は2. 億 円 ( 同 1,6 47.% 増 )となり

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

<5461726F2D8341834E83568387839383768389839381698CF6955C94C5816A>

<5461726F2D8341834E83568387839383768389839381698CF6955C94C5816A> 犯 罪 防 御 京 都 ア ク シ ョ ン プ ラ ン ~ アンダー3 万 件 新 予 防 システム ~ 担 当 部 課 府 民 生 活 部 安 心 安 全 まちづくり 推 進 課 警 察 本 部 現 状 と 課 題 刑 法 犯 の 認 知 件 数 は 地 域 防 犯 活 動 の 活 性 化 と 警 察 力 の 強 化 により 平 成 14 年 (65,082 件 )をピークとして 減 少 傾 向

More information

は じ め に

は じ め に 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては

More information

懲戒処分の指針

懲戒処分の指針 懲 戒 処 分 の 指 針 第 1 基 本 事 項 本 指 針 は 代 表 的 な 事 例 を 選 び それぞれにおける 標 準 的 な 処 分 量 定 を 掲 げたものであ 具 体 的 な 処 分 量 定 の 決 定 にあたっては (1) 非 違 行 為 の 動 機 態 様 及 び 結 果 はどのようなものであったか (2) 故 意 又 は 過 失 の 度 合 はどの 程 度 であったか (3)

More information

平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 資 料 日 時 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 曜 日 ) 場 所 東 京 都 庁 第 一 本 庁 舎 5 階 大 会 議 場 東 京 都 福 祉 保 健 局 指 導 監 査 部 指 導 第 二 課 保 育 施 設 検 査 担 当 平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 次 第 1 日 時 平 成 28 年 7 月 1

More information

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力 平 成 28 2 月 少 非 行 情 勢 ( 平 成 27 1~12 月 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 少 課 凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル

More information

Microsoft Word - 【参考資料】トラック輸送状況の実態調査結果概要

Microsoft Word - 【参考資料】トラック輸送状況の実態調査結果概要 トラック 輸 送 状 況 の 実 態 調 査 ( 版 ) 結 果 概 要 参 考 資 料 平 成 28 年 2 月 1 日 版 調 査 概 要 有 効 回 答 数 運 送 事 業 者 1,252 社 ドライバー5,029 名 (うち 女 性 62 名 ) 調 査 期 間 平 成 27 年 9 月 14 日 ( 月 )~20 日 ( 日 )の 7 日 間 1. 回 答 ドライバーの 概 要 3ページ

More information

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399,

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399, の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 715,637 268,79,786 4,138,833 47,61,99 17.5 16.5 (48,651,395)

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

 

  資 料 3 論 点 4 26 条 防 犯 に 関 する 施 策 に 関 する 委 員 意 見 浅 倉 むつ 子 委 員 防 犯 に 関 し 収 集 すべきデータ 等 について 犯 罪 被 害 の 認 知 件 数 及 び 被 害 発 生 率 については 平 成 23 年 版 犯 罪 白 書 に 記 載 があり 男 女 別 の 被 害 発 生 率 も 示 されている しかし 障 害 者 がどの ような

More information

Microsoft Word - 3_懲戒処分の指針(H28.4

Microsoft Word - 3_懲戒処分の指針(H28.4 平 成 15 年 4 月 16 日 施 行 平 成 19 年 12 月 16 日 改 正 平 成 20 年 5 月 28 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 懲 戒 処 分 の 指 針 第 1 目 的 この 指 針 は 職 員 が 地 方 公 務 員 として 遵 守 すべき 義 務 に 違 反 した 場 合 の 責 任 を 明 確 にするとともに

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 はじめに 1 凡 例 2 第 1 章 労 働 経 済 推 移

More information

常 勤 職 員 の 育 児 休 業 の 取 得 率 をみると 5.5% 99.3%となっており 前 年 度 に 比 べ は0.9ポイント は1.2ポイントの 増 加 ( 前 年 度 4.6% 98.1%)となっています 取 得 率 (%) 育 児 休 業 取 得 率 ( 常 勤 職 員 ) 取 得

常 勤 職 員 の 育 児 休 業 の 取 得 率 をみると 5.5% 99.3%となっており 前 年 度 に 比 べ は0.9ポイント は1.2ポイントの 増 加 ( 前 年 度 4.6% 98.1%)となっています 取 得 率 (%) 育 児 休 業 取 得 率 ( 常 勤 職 員 ) 取 得 Ⅰ 育 児 休 業 等 実 態 調 査 の 結 果 1 育 児 休 業 の 取 得 状 況 ⑴ 新 規 取 得 者 数 及 び 取 得 率 平 成 26 年 度 に 新 たに 育 児 休 業 をした 一 般 職 の 常 勤 の 国 家 公 務 員 ( 常 勤 職 員 という )は 2,489 人 ( 392 人 2,097 人 )となっており 前 年 度 に 比 べ 総 数 では1,733 人 減

More information

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所,

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所, 大 分 類 S- 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く) 総 説 この 大 分 類 には, 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 機 関 のうち, 国 会, 裁 判 所, 中 央 官 庁 及 びその 地 方 支 分 部 局, 都 道 府 県 庁, 市 区 役 所, 町 村 役 場 など 本 来 の 立 法 事 務, 司 法 事 務 及 び 行 政 事 務 を 行 う 官 公 署 が 分

More information

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に 第 7 章 薬 物 乱 用 犯 罪 被 害 等 1. 薬 物 乱 用 の 実 態 (1) 薬 物 乱 用 とその 影 響 薬 物 乱 用 とは 医 薬 品 を 医 療 以 外 の 目 的 で 使 用 すること 医 療 目 的 ではない 化 学 物 質 を 不 正 に 使 用 することである 乱 用 される 薬 物 には 前 者 の 例 として 睡 眠 薬 や 鎮 痛 剤 のような 向 精 神 薬 があり

More information

苫小牧市総合防犯計画(仮称)の基本構成

苫小牧市総合防犯計画(仮称)の基本構成 苫 小 牧 市 総 合 防 犯 計 画 ( 案 ) 苫 小 牧 市 目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 経 緯 1 2 計 画 の 目 的 1 3 計 画 の 対 象 範 囲 1 4 計 画 の 期 間 1 第 2 章 犯 罪 の 現 状 と 課 題 2 1 安 全 安 心 に 関 する 市 民 意 識 2 (1) 地 域 の 安 全 についての

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

愛知県公安委員会活動概要

愛知県公安委員会活動概要 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 11 日 9 時 00 分 ~12 時 35 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 本 部 長 年 末 における 特 別

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc 蕨 市 配 偶 者 等 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 支 援 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 2 次 ) 策 定 に 向 けての 提 言 平 成 27 年 10 月 26 日 蕨 市 男 女 共 同 参 画 推 進 委 員 会 蕨 市 における 配 偶 者 間 の 暴 力 防 止 および 被 害 者 支 援 の 方 向 性 について 趣 旨 配 偶 者 等 からの 暴 力

More information

第二弾【cloudpack】第4稿_セキュリティ調査リリース.pptx

第二弾【cloudpack】第4稿_セキュリティ調査リリース.pptx 報 道 関 係 各 位 2015 年 5 月 29 日 国 内 クラウド 市 場 セキュリティに 関 する 意 識 調 査 vol.2 ~セキュリティ 製 品 サービス 選 択 に 関 する 意 識 調 査 ~ 調 査 結 果 概 要 ~パブリック クラウドのセキュリティに 関 する 意 識 調 査 ~ クラウド 総 研 (アイレット 株 式 会 社 cloudpack 事 業 部 内 ) cloudpack(

More information

自 転 車 盗 難 被 害 の 防 止 街 頭 犯 罪 の6 割 程 度 を 占 める 自 転 車 盗 は 駅 付 近 や 遊 技 施 設 大 型 スーパー 周 辺 で 多 く 被 害 が 発 生 しています 盗 難 被 害 を 未 然 に 防 止 するため 自 転 車 の 盗 難 防 止 対 策

自 転 車 盗 難 被 害 の 防 止 街 頭 犯 罪 の6 割 程 度 を 占 める 自 転 車 盗 は 駅 付 近 や 遊 技 施 設 大 型 スーパー 周 辺 で 多 く 被 害 が 発 生 しています 盗 難 被 害 を 未 然 に 防 止 するため 自 転 車 の 盗 難 防 止 対 策 第 2 次 朝 霞 市 防 犯 推 進 計 画 ( 案 )のコンセプト 本 市 では 平 成 18 年 5 月 に 朝 霞 市 防 犯 推 進 計 画 ( 現 計 画 )を 策 定 し 市 市 民 事 業 者 土 地 建 物 所 有 者 等 及 びその 他 関 係 団 体 が 一 体 となり さまざまな 防 犯 施 策 を 実 施 してきました また 朝 霞 警 察 署 においても この 間 犯 罪

More information

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台)

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台) 資 料 4 平 成 26 年 度 福 井 県 原 子 力 防 災 総 合 訓 練 実 施 結 果 1 目 的 福 井 県 原 子 力 防 災 計 画 および 福 井 県 広 域 避 難 計 画 要 綱 に 基 づき 国 県 関 係 市 町 防 災 関 係 機 関 および 地 域 住 民 が 一 体 となった 原 子 力 防 災 訓 練 を 実 施 し 緊 急 時 における 通 信 連 絡 体 制 と

More information

2011 とうけい 見 附 市 凡 例 1. 本 書 は 見 附 市 に 関 する 市 勢 の 全 般 にわたり 基 礎 的 な 統 計 資 料 を 収 録 し たものである 2. 本 書 は 平 成 22 年 中 または 平 成 21 年 度 中 の 資 料 を 中 心 に 収 録 し さら に 利 用 者 の 便 宜 を 図 るため おおよそ 過 去 5 年 までさかのぼって 収 録 した 3.

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全 はははは 平 成 25 年 12 月 3 日 平 成 26 年 2 月 26 日 改 訂 統 計 トピックスNo.75 経 済 センサスでみる12 大 都 市 の 産 業 特 性 と 主 要 産 業 - 平 成 24 年 経 済 センサス 活 動 調 査 の 分 析 事 例 2 地 域 分 析 - 経 済 センサスは 我 が 国 の 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 状 態 を 全

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積 第 2 章 佐 賀 市 の 住 宅 の 現 状 と 課 題 1. 住 宅 住 環 境 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 と 住 宅 事 情 1 本 市 の 人 口 は 7 年 の 246,674 人 をピークに 減 尐 に 転 じており 15 年 間 で 約 9,000 人 減 尐 しています 今 後 も 減 尐 傾 向 と 推 計 されています また 本 市 の 世 帯 数 は 27 年 まで

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

報道資料

報道資料 平 成 24 7 月 5 日 消 防 庁 平 成 23 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 総 火 災 件 数 は 50,006 件 で おおよそ 1 日 あたり 137 件 11 分 に 1 件 の 火 災 が 発 生 したことになります また 東 日 本 大 震 災 による 火 災 は 330 件 でした 1 総 出 火 件 数 は 50,006 件 でした

More information

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1 平 成 27 年 12 月 16 日 ( 水 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 ( 理 事 長 菅 野 和 夫 ) 経 済 社 会 と 労 働 部 門 副 主 任 研 究 員 中 野 諭 ( 電 話 )03-5903-6223 URL:http://www.jil.go.jp/ 平 成 27 年 労 働 力 需 給 の 推 計 新 たな 全 国 推 計 を 踏 まえた

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

H22年度年報(データ)訂正press.xls

H22年度年報(データ)訂正press.xls インターネットでの 情 報 提 供 情 報 提 供 日 6 月 11 日 平 成 2 3 年 6 月 1 日 県 政 記 者 ク ラ ブ 資 料 配 付 所 属 担 当 者 担 当 連 絡 先 県 民 生 活 相 談 セ ン タ ー 朝 倉 純 子 58-277 -13 平 成 22 年 度 岐 阜 県 の 消 費 生 活 相 談 窓 口 における 相 談 状 況 岐 阜 県 の 消 費 生 活 相

More information

平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁

平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁 本 資 料 内 に 掲 載 されている 平 成 20 年 から 平 成 25 年 までの 犯 罪 統 計 について は 数 値 の 一 部 に 修 正 が 生 じていますので 修 正 後 の 数 値 は 平 成 26 27 年 の 犯 罪 情 勢 等 をご 確 認 ください 平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁 凡 例 1 本 資 料 における 用 語 等 の

More information

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73>

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73> 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 資 料 6 保 護 観 察 新 規 受 理 人 員 の 推 移 資 料 7 ( 千 人 ) ( 昭 和 24 年 ~ 平 成 17 年 ) 80 70 60 保 護 観 察 処 分 少 年 50 40 30 20 10 保 護 観 察 付 執 行 猶 予 者 仮 釈 放 者 0 少 年 院 仮 退 院 者 24 年 30 35 40 45

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

高校生のための金融教育.indd

高校生のための金融教育.indd 47311 425 89616 83 65 219 176 124 312958 267331 57696 37 73 963 561 261 178 51117 342 166 473 32527 1 1 49 日 本 の 経 済 活 動 のしくみ 高 校 生 のための 金 融 消 費 者 教 育 ❶ 経 済 の3 主 体 1 家 計 消 費 の 主 体, 生 産 への 労 働 力 の 提 供,

More information