<4D F736F F D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E C90C595D2817A E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>"

Transcription

1 リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内 容... 2 Q4 リース 税 制 の 適 用 時 期 と 既 契 約 の 取 扱 い 対 象 となるリース 取 引... 5 Q5 リース 取 引 の 分 類... 5 Q6 リース 取 引 の 定 義... 6 Q7 フルペイアウトの 判 定 基 準... 8 Q8 第 三 者 保 証 が 付 されたリース 取 引 の 取 扱 い... 9 Q9 所 有 権 移 転 リース 取 引 Q10 所 有 権 移 転 リース 取 引 に 準 ずるもの Q11 リース 期 間 が 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 いリース 取 引 Q12 耐 用 年 数 の 短 縮 申 請 Q13 転 リース 会 社 の 処 理 Q14 セール アンド リースバック 取 引 の 取 扱 い Q15 土 地 の 賃 貸 借 取 引 賃 借 人 の 取 扱 い Q16 賃 借 人 の 税 務 処 理 の 基 本 Q17 リース 資 産 の 取 得 価 額 Q18 リース 資 産 の 減 価 償 却 Q19 残 価 保 証 額 が 設 定 されたリース 資 産 等 の 減 価 償 却 Q20 少 額 リース 資 産 の 損 金 算 入 の 取 扱 い Q21 リース 資 産 の 償 却 限 度 額 計 算 に 用 いる 月 数 Q22 賃 借 人 の 減 価 償 却 に 関 する 明 細 書 Q23 利 息 相 当 額 の 取 扱 い Q24 負 債 の 利 子 Q25 賃 貸 借 処 理 した 場 合 の 支 払 リース 料 の 取 扱 い i

2 Q26 年 払 い 等 リース 料 の 取 扱 い Q27 賃 借 人 がリース 資 産 を 事 業 の 用 に 供 するために 支 出 する 付 随 費 用 Q28 賃 借 人 が 残 価 保 証 しているようなリース 取 引 等 のリース 期 間 終 了 時 に 賃 借 人 がリース 資 産 を 購 入 した 場 合 の 減 価 償 却 Q29 地 位 の 承 継 が 行 われた 場 合 の 取 扱 い 賃 貸 人 の 取 扱 い Q30 延 払 基 準 の 方 法 による 処 理 Q31 リース 会 計 基 準 により 会 計 処 理 を 行 う 場 合 の 延 払 基 準 の 適 用 Q32 リース 譲 渡 の 収 益 及 び 費 用 の 額 の 計 算 の 特 例 Q33 リース 譲 渡 の 収 益 及 び 費 用 の 額 の 計 算 の 特 例 ( 見 積 残 存 価 額 がある 場 合 ).. 44 Q34 リース 取 引 を 主 たる 事 業 としていない 賃 貸 人 の 取 扱 い Q35 賃 貸 人 の 賃 貸 借 処 理 Q36 リース 資 産 が 返 還 された 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いについて Q37 賃 貸 人 の 再 リース 処 理 Q38 中 途 解 約 時 の 処 理 Q39 貸 倒 引 当 金 経 過 措 置 等 Q40 賃 借 人 における 会 計 処 理 と 税 務 取 扱 いの 適 用 時 期 の 差 異 Q41 賃 貸 人 における 既 契 約 の 会 計 処 理 と 税 務 上 の 取 扱 いの 差 異 Q42 平 成 20 年 4 月 1 日 前 のリース 取 引 を 売 買 処 理 に 変 更 した 場 合 の 特 別 損 益 Q43 再 リース 資 産 の 取 扱 い(リース 賃 貸 資 産 の 償 却 方 法 の 特 例 適 用 の 可 否 ) Q44 リース 賃 貸 資 産 の 届 出 書 の 提 出 期 限 Q45 租 税 特 別 措 置 法 の 適 用 参 考 資 料 1 Q22 関 係 (リース 期 間 定 額 法 の 明 細 書 の 記 載 例 ) 参 考 資 料 2 Q28 関 係 賃 借 人 がリース 資 産 を 購 入 した 場 合 の 明 細 書 の 記 載 例 参 考 資 料 3 Q32 関 係 (リース 譲 渡 に 係 る 収 益 及 び 費 用 の 益 金 及 び 損 金 算 入 に 関 す る 明 細 書 ) ま え が き 本 Q&Aは リース 会 計 基 準 及 びリース 取 引 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 の 会 計 処 理 に 基 づく 税 務 上 の 疑 問 点 について 国 税 庁 に 確 認 した 項 目 も 含 め Q&A 形 式 にまとめたも のです 不 明 な 点 につきましては ( 社 )リース 事 業 協 会 までお 問 い 合 わせ 下 さい ii

3 1. 税 制 改 正 の 概 要 Q1 税 制 改 正 の 背 景 リース 取 引 の 税 制 が 改 正 された 背 景 には どのようなことがあるのでしょうか 企 業 会 計 基 準 委 員 会 によるリース 取 引 に 係 る 会 計 基 準 の 見 直 しを 契 機 として リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いも 会 計 基 準 にあわせた 改 正 が 行 われることとなり 平 成 19 年 度 税 制 改 正 において 法 人 税 法 及 び 法 人 税 法 施 行 令 所 得 税 法 及 び 所 得 税 法 施 行 令 に リース 取 引 を 行 った 場 合 に 売 買 があったものとして 所 得 金 額 を 計 算 する 等 の 規 定 が 盛 り 込 まれました 企 業 会 計 基 準 委 員 会 から リース 取 引 に 関 する 会 計 基 準 ( 企 業 会 計 基 準 第 13 号 ( 平 成 5 年 6 月 17 日 ( 企 業 会 計 審 議 会 第 一 部 会 ) 平 成 19 年 3 月 30 日 改 正 ))( 以 下 リース 会 計 基 準 という ) 及 び リース 取 引 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 ( 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 16 号 ( 平 成 6 年 1 月 18 日 ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 ) 平 成 19 年 3 月 30 日 改 正 ))( 以 下 リース 適 用 指 針 という )が 公 表 されました 改 正 前 リース 会 計 基 準 のもとでは 借 手 貸 手 は 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リー ス 取 引 について 賃 貸 借 処 理 を 行 うことができました また 税 務 上 も 改 正 前 リース 会 計 基 準 における 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 を 賃 貸 借 取 引 として 取 り 扱 ってい たため 実 務 では 会 計 と 税 務 が 賃 貸 借 処 理 で 一 致 していました しかしながら リース 会 計 基 準 の 見 直 しにおいて 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 の 賃 貸 借 処 理 が 廃 止 ( 売 買 処 理 に 一 本 化 )されることを 踏 まえて 平 成 19 年 度 税 制 改 正 大 綱 でリース 取 引 に 係 る 税 法 上 の 取 り 扱 いを 整 備 することが 決 定 し 平 成 19 年 度 税 制 改 正 において 法 人 税 法 等 の 関 係 法 令 にリース 取 引 を 資 産 の 売 買 取 引 として 取 り 扱 う 等 の 規 定 が 盛 り 込 まれました Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令 平 成 19 年 度 税 制 改 正 において どのような 法 令 にリース 取 引 が 規 定 されたのでしょうか 平 成 19 年 度 税 制 改 正 において 次 に 掲 げる 法 令 にリース 取 引 に 関 する 規 定 が 盛 り 込 ま れました また 平 成 19 年 12 月 には 法 人 税 基 本 通 達 所 得 税 基 本 通 達 の 改 正 も 行 われ ました( 以 下 これら 改 正 されたリース 関 係 法 令 を 総 称 して リース 税 制 という ) 1 法 人 税 法 及 び 法 人 税 法 施 行 令 所 得 税 法 及 び 所 得 税 法 施 行 令 1

4 2 消 費 税 法 施 行 令 3 地 方 税 法 施 行 令 4 租 税 特 別 措 置 法 平 成 19 年 度 税 制 改 正 において 各 法 令 に 盛 り 込 まれたリース 取 引 に 関 する 主 要 な 規 定 は 次 のとおりです( 所 得 税 法 所 得 税 法 施 行 令 租 税 特 別 措 置 法 は 省 略 ) 1 法 人 税 リース 取 引 を 資 産 の 売 買 取 引 とする 取 扱 い 及 び 売 買 取 引 として 取 り 扱 うリース 取 引 の 定 義 ( 法 人 税 法 第 64 条 の 2 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の 2) リース 取 引 を 長 期 割 賦 販 売 等 の 範 囲 に 含 めるとともに 延 払 基 準 の 方 法 による 経 理 を 行 った 場 合 の 取 扱 い( 法 人 税 法 第 63 条 法 人 税 法 施 行 令 第 124 条 ) 賃 借 人 による 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 に 係 るリース 資 産 の 減 価 償 却 方 法 (リース 期 間 定 額 法 )( 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2) 賃 貸 借 として 取 り 扱 われるリース 取 引 の 範 囲 ( 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の 2) 2 消 費 税 リース 取 引 について 延 払 基 準 の 方 法 により 経 理 を 行 った 場 合 の 消 費 税 の 取 扱 い ( 消 費 税 法 施 行 令 第 32 条 の 2 第 36 条 の 2) 3 地 方 税 少 額 リース 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 の 非 課 税 扱 い( 地 方 税 法 施 行 令 第 49 条 ) 法 人 税 法 第 63 条 第 64 条 の 2 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 124 条 第 131 条 の 2 消 費 税 法 施 行 令 第 32 条 の 2 第 36 条 の 2 地 方 税 法 施 行 令 第 49 条 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内 容 リース 税 制 の 主 な 改 正 内 容 について 教 えて 下 さい リース 取 引 を 行 った 場 合 リース 資 産 の 賃 貸 人 から 賃 借 人 への 引 渡 しの 時 に 当 該 リー ス 資 産 の 売 買 があったものとして 各 事 業 年 度 の 所 得 金 額 を 計 算 することとされました すなわち 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 についても 売 買 があったものとさ れる 取 引 に 追 加 されました このため 賃 借 人 は 減 価 償 却 資 産 を 計 上 し 減 価 償 却 をす ることになります 賃 貸 人 も 資 産 の 売 買 を 行 ったものとして 所 得 計 算 を 行 いますが 収 2

5 益 費 用 の 計 上 方 法 について 延 払 基 準 を 適 用 することができます また 法 人 が 譲 受 人 から 譲 渡 人 に 対 する 賃 貸 (リース 取 引 に 該 当 するものに 限 りま す )を 条 件 に 資 産 の 売 買 を 行 った 場 合 において その 資 産 の 種 類 その 売 買 及 び 賃 貸 に 至 るまでの 事 情 その 他 の 状 況 に 照 らし これら 一 連 の 取 引 が 実 質 的 に 金 銭 の 貸 借 であ ると 認 められるときは その 資 産 の 売 買 はなかったものとし かつ 譲 受 人 から 譲 渡 人 に 対 する 金 銭 の 貸 付 けがあったものとして 譲 受 人 又 は 譲 渡 人 である 法 人 の 各 事 業 年 度 の 所 得 の 金 額 を 計 算 することとされました このセール アンド リースバック 取 引 に 関 する 取 扱 いについては 従 前 と 変 更 はあ りません (1) 賃 借 人 1 リース 資 産 の 減 価 償 却 賃 借 人 がリース 資 産 を 取 得 したものとして 減 価 償 却 を 行 います 所 有 権 移 転 外 リ ース 取 引 に 係 るリース 資 産 については リース 期 間 定 額 法 により 減 価 償 却 を 行 い( 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 1 項 第 6 号 ) 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 に 該 当 しないリ ース 取 引 ( 以 下 所 有 権 移 転 リース 取 引 という )に 係 るリース 資 産 については 自 己 所 有 資 産 と 同 様 の 方 法 で 減 価 償 却 を 行 います 2 賃 貸 借 処 理 した 場 合 の 取 扱 い 賃 借 人 が 賃 貸 借 処 理 をした 場 合 には リース 料 として 損 金 経 理 した 金 額 は 償 却 費 として 損 金 経 理 をした 金 額 に 含 まれるとされていますが( 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の2 第 3 項 ) 減 価 償 却 に 関 する 明 細 書 の 添 付 は 不 要 とされています( 法 人 税 法 施 行 令 第 63 条 第 1 項 ) (2) 賃 貸 人 1 長 期 割 賦 販 売 等 賃 貸 人 は リース 取 引 の 分 類 にかかわらず リース 資 産 の 引 渡 し(リース 譲 渡 )が 長 期 割 賦 販 売 等 に 含 まれることとなり 収 益 費 用 の 計 上 方 法 について 延 払 基 準 を 適 用 することができます( 法 人 税 法 第 63 条 第 1 項 または 法 人 税 法 第 63 条 第 2 項 ) 2 リース 資 産 の 返 還 リース 期 間 の 終 了 に 伴 い 賃 借 人 からリース 資 産 の 返 還 を 受 けた 場 合 ( 再 リースす る 場 合 も 含 まれます ) 賃 貸 人 はリース 資 産 を 取 得 したものとされます( 法 人 税 基 本 通 達 7-6 の の 2-12) 法 人 税 法 第 63 条 第 64 条 の 2 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 63 条 第 131 条 の 2 法 人 税 基 本 通 達 7-6 の の

6 Q4 リース 税 制 の 適 用 時 期 と 既 契 約 の 取 扱 い リース 税 制 の 適 用 時 期 を 教 えてください また リース 税 制 適 用 前 のリース 契 約 について はどのように 取 り 扱 われるのでしょうか 法 人 税 法 のリース 取 引 に 関 する 規 定 は 平 成 20 年 4 月 1 日 以 後 に 契 約 するリース 取 引 について 適 用 されます 平 成 20 年 4 月 1 日 前 に 契 約 したリース 取 引 については 改 正 前 法 人 税 法 施 行 令 第 136 条 の 3 の 規 定 に 従 うこととなります 消 費 税 については 法 人 税 の 取 扱 いに 合 わせた 課 税 関 係 となります 地 方 税 法 に 関 する 規 定 は 平 成 21 年 度 以 後 の 年 度 分 の 固 定 資 産 税 について 適 用 され 平 成 20 年 度 分 までの 固 定 資 産 税 については 従 前 どおりの 取 扱 いとなります 1 法 人 税 改 正 後 の 法 人 税 法 のリース 取 引 に 関 する 規 定 は 平 成 20 年 4 月 1 日 以 後 に 契 約 するリ ース 取 引 について 適 用 され 平 成 20 年 4 月 1 日 前 に 契 約 したリース 取 引 については 改 正 前 法 人 税 法 施 行 令 第 136 条 の 3 の 規 定 に 従 うこととなります( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 附 則 第 44 条 法 人 税 法 施 行 令 附 則 第 21 条 ) すなわち 平 成 20 年 4 月 1 日 以 後 に 契 約 する 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 については 売 買 処 理 平 成 20 年 4 月 1 日 前 に 契 約 した 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 については 従 前 どおり 賃 貸 借 処 理 を 行 います 2 消 費 税 改 正 後 の 法 人 税 法 の 規 定 が 平 成 20 年 4 月 1 日 以 後 に 契 約 するリース 取 引 から 適 用 され るため 消 費 税 についても 平 成 20 年 4 月 1 日 以 後 の 契 約 のリース 取 引 から 資 産 の 譲 渡 として 課 税 されることとなります また 平 成 20 年 4 月 1 日 前 に 契 約 するリース 取 引 については 平 成 20 年 4 月 1 日 以 後 も 賃 貸 借 処 理 を 行 うため 消 費 税 は 従 前 どおり 資 産 の 貸 付 けとして 課 税 されることとなります なお 消 費 税 法 施 行 令 のリースに 関 係 する 規 定 は 平 成 20 年 4 月 1 日 から 施 行 されます( 消 費 税 法 施 行 令 附 則 第 1 条 ) 3 地 方 税 改 正 後 の 地 方 税 法 施 行 令 のリースに 関 係 する 規 定 は 平 成 21 年 度 以 後 の 年 度 分 の 固 定 資 産 税 について 適 用 され 平 成 20 年 度 分 までの 固 定 資 産 税 については 従 前 どおりの 取 り 扱 いとなります( 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 7 条 ) 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 附 則 ( 平 成 19 年 3 月 30 日 法 律 第 6 号 ) 第 44 条 法 人 税 法 施 行 令 附 則 ( 平 成 19 年 3 月 30 日 政 令 第 83 号 ) 第 21 条 消 費 税 法 施 行 令 附 則 ( 平 成 19 年 3 月 30 日 政 令 第 87 号 ) 第 1 条 4

7 地 方 税 法 施 行 令 附 則 ( 平 成 19 年 3 月 30 日 政 令 第 79 号 ) 第 7 条 2. 対 象 となるリース 取 引 Q5 リース 取 引 の 分 類 税 務 上 リース 取 引 はどのように 分 類 されていますか 税 務 上 賃 貸 借 取 引 のうち 一 定 の 要 件 を 満 たす 取 引 をリース 取 引 と 定 義 (Q6 参 照 ) し さらに リース 取 引 を 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 と 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 以 外 のリース 取 引 に 分 類 しています 税 務 上 のリース 取 引 の 分 類 賃 貸 借 取 引 リース 取 引 所 有 権 移 転 リース 取 引 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 リース 取 引 以 外 の 賃 貸 借 取 引 リース 会 計 基 準 では リース 取 引 をファイナンス リース 取 引 とオペレーティング リース 取 引 に 区 分 し さらにファイナンス リース 取 引 を 所 有 権 移 転 ファイナンス リース 取 引 と 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 に 分 類 しています リース 会 計 基 準 におけるリース 取 引 の 分 類 リース 取 引 ファイナンス リース 取 引 オペレーティング リース 取 引 所 有 権 移 転 ファイナンス リース 取 引 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 リース 会 計 基 準 において リース 取 引 とは 特 定 の 物 件 の 所 有 者 たる 貸 手 が 当 該 物 件 の 借 手 に 対 し 合 意 された 期 間 にわたりこれを 使 用 収 益 する 権 利 を 与 え 借 手 は 合 意 された 使 用 料 を 貸 手 に 支 払 う 取 引 とされ(リース 会 計 基 準 第 4 項 ) また リース 適 用 指 針 では リース 会 計 基 準 におけるリース 取 引 の 定 義 を 満 たすものについては リ ース 契 約 レンタル 契 約 賃 貸 借 契 約 などの 名 称 に 関 わらず リース 適 用 指 針 を 適 用 す る 上 で リース 取 引 として 取 り 扱 われることに 留 意 するとされています(リース 適 用 指 針 第 91 項 ) 法 人 税 法 第 64 条 の 2 5

8 Q6 リース 取 引 の 定 義 税 務 上 リース 取 引 は どのように 定 義 されていますか 税 務 上 リース 取 引 とは 資 産 の 賃 貸 借 ( 所 有 権 が 移 転 しない 土 地 の 賃 貸 借 その 他 の 政 令 で 定 めるものを 除 く )で 次 に 掲 げる 要 件 に 該 当 するものをいう と 定 義 されて います( 法 人 税 法 第 64 条 の 2 第 3 項 ) 1 当 該 賃 貸 借 に 係 る 契 約 が 賃 貸 借 期 間 の 中 途 においてその 解 除 をすることができ ないものであること 又 はこれに 準 ずるものであること( 中 途 解 約 禁 止 ) 2 当 該 賃 貸 借 に 係 る 賃 借 人 が 当 該 賃 貸 借 に 係 る 資 産 からもたらされる 経 済 的 な 利 益 を 実 質 的 に 享 受 することができ かつ 当 該 資 産 の 使 用 に 伴 って 生 ずる 費 用 を 実 質 的 に 負 担 すべきこととされているものであること(フルペイアウト) この 定 義 は リース 会 計 基 準 に 規 定 する ファイナンス リース 取 引 の 定 義 と 同 じです 税 務 上 ファイナンス リース という 用 語 は 使 用 されていませんが 税 務 上 の リ ース 取 引 とは リース 会 計 基 準 でいう ファイナンス リース 取 引 ( 解 約 不 能 でフル ペイアウトのリース 取 引 )を 意 味 することとなります なお この 定 義 は 改 正 前 法 人 税 法 施 行 令 第 136 条 の 3 第 3 項 に 規 定 されていた 定 義 が 変 更 されたものではありません (1) 中 途 解 約 禁 止 中 途 解 約 禁 止 の 要 件 としては 賃 貸 借 に 係 る 契 約 が 賃 貸 借 期 間 の 中 途 においてそ の 解 除 をすることができないものであること 又 はこれに 準 ずるものであること ( 法 人 税 法 第 64 条 の 2 第 3 項 第 1 号 )とされていますが 解 除 をすることができないものに 準 ずるものとして 例 えば 次 に 掲 げるものが 該 当 します( 法 人 税 基 本 通 達 12 の ) 1 資 産 の 賃 貸 借 に 係 る 契 約 に 解 約 禁 止 条 項 がない 場 合 であって 賃 借 人 が 契 約 違 反 をした 場 合 又 は 解 約 をする 場 合 において 賃 借 人 が 当 該 賃 貸 借 に 係 る 賃 貸 借 期 間 のうちの 未 経 過 期 間 に 対 応 するリース 料 の 額 の 合 計 額 のおおむね 全 部 ( 原 則 として 100 分 の 90 以 上 )を 支 払 うこととされているもの 2 資 産 の 賃 貸 借 に 係 る 契 約 において 当 該 賃 貸 借 期 間 中 に 解 約 をする 場 合 の 条 項 と して 次 のような 条 件 が 付 されているもの イ 賃 貸 借 資 産 を 更 新 するための 解 約 で その 解 約 に 伴 いより 性 能 の 高 い 機 種 又 はおおむね 同 一 の 機 種 を 同 一 の 賃 貸 人 から 賃 貸 を 受 ける 場 合 は 解 約 金 の 支 払 を 要 しないこと 6

9 ロ イ 以 外 の 場 合 には 未 経 過 期 間 に 対 応 するリース 料 の 額 の 合 計 額 ( 賃 貸 借 資 産 を 処 分 することができたときは その 処 分 価 額 の 全 部 又 は 一 部 を 控 除 し た 額 )を 解 約 金 とすること (2) フルペイアウト フルペイアウトの 要 件 としては 当 該 賃 貸 借 に 係 る 賃 借 人 が 当 該 賃 貸 借 に 係 る 資 産 からもたらされる 経 済 的 な 利 益 を 実 質 的 に 享 受 することができ かつ 当 該 資 産 の 使 用 に 伴 って 生 ずる 費 用 を 実 質 的 に 負 担 すべきこととされているものであること ( 法 人 税 法 第 64 条 の 2 第 3 項 第 2 号 )とされていますが 賃 借 人 が 支 払 う 賃 借 料 の 金 額 の 合 計 額 がその 資 産 の 取 得 のために 通 常 要 する 価 額 のおおむね 100 分 の 90 に 相 当 する 金 額 の 場 合 は 資 産 の 使 用 に 伴 って 生 ずる 費 用 を 実 質 的 に 負 担 すべきこととされてい るものに 該 当 します( 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の 2 第 2 項 ) また 100 分 の 90 の 判 定 に 当 たっては 購 入 選 択 権 が 付 された 場 合 で 当 該 権 利 の 行 使 が 確 実 であると 認 められる 場 合 には その 購 入 価 額 をリース 料 に 加 算 することな どが 明 らかにされています( 法 人 税 基 本 通 達 12 の 5-1-2⑴) (3) 所 有 権 が 移 転 しない 土 地 の 賃 貸 借 その 他 の 政 令 で 定 めるもの 土 地 の 賃 貸 借 取 引 のうち 法 人 税 法 施 行 令 第 138 条 ( 借 地 権 の 設 定 等 により 地 価 が 著 しく 低 下 する 場 合 の 土 地 等 の 帳 簿 価 額 の 一 部 の 損 金 算 入 )の 規 定 の 適 用 のあるもの 及 び 次 の 要 件 (これらに 準 ずるものを 含 む )のいずれにも 該 当 しないものについては リース 取 引 から 除 外 されています( 法 人 税 法 第 64 条 の 2 第 3 項 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の2 第 1 項 ) 1 譲 渡 条 件 付 の 土 地 の 賃 貸 借 取 引 土 地 の 賃 貸 借 期 間 の 終 了 時 又 は 賃 貸 借 期 間 の 中 途 において 土 地 が 無 償 又 は 名 目 的 な 対 価 の 額 で 賃 借 人 に 譲 渡 されるものであること 2 割 安 購 入 選 択 権 付 の 土 地 の 賃 貸 借 取 引 賃 借 人 に 対 し 賃 貸 借 期 間 の 終 了 時 又 は 賃 貸 借 期 間 の 中 途 において 土 地 を 著 しく 有 利 な 価 額 で 買 い 取 る 権 利 が 与 えられているものであること 法 人 税 法 第 64 条 の 2 第 3 項 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の 2 第 1 項 第 2 項 法 人 税 基 本 通 達 12 の の 5-1-2(1) 7

10 Q7 フルペイアウトの 判 定 基 準 リース 会 計 基 準 には ファイナンス リース 取 引 におけるフルペイアウトの 判 定 基 準 とし て 現 在 価 値 基 準 及 び 経 済 的 耐 用 年 数 基 準 がありますが 税 務 上 はどのような 判 定 基 準 が 示 されているのでしょうか 税 務 上 のフルペイアウトの 要 件 は 賃 借 人 の 支 払 うリース 料 総 額 がリース 資 産 の 取 得 の ために 通 常 要 する 価 額 のおおむね 100 分 の 90 を 超 える 場 合 となっています この 判 定 基 準 については 改 正 前 リース 税 制 と 変 更 はありません (1) リース 会 計 基 準 の 判 定 基 準 リース 会 計 基 準 においては 解 約 不 能 のリース 取 引 とフルペイアウトのリース 取 引 の 要 件 を 満 たすリース 取 引 がファイナンス リース 取 引 として 判 定 されますが(リース 会 計 基 準 第 5 項 ) 具 体 的 な 要 件 として 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 にはファイナンス リー ス 取 引 として 判 定 されます(リース 適 用 指 針 第 9 項 ) 1 現 在 価 値 基 準 ( 解 約 不 能 のリース 期 間 中 のリース 料 総 額 の 現 在 価 値 が 見 積 現 金 購 入 価 額 の 概 ね 90% 以 上 ) 2 経 済 的 耐 用 年 数 基 準 ( 解 約 不 能 のリース 期 間 が 当 該 リース 物 件 の 経 済 的 耐 用 年 数 の 概 ね 75% 以 上 ) (2) 税 務 上 の 判 定 基 準 税 務 上 のフルペイアウトの 判 断 基 準 については 賃 借 人 が 支 払 う 賃 借 料 の 金 額 の 合 計 額 がその 資 産 の 取 得 のために 通 常 要 する 価 額 ( 当 該 資 産 を 事 業 の 用 に 供 するために 要 す る 費 用 の 額 を 含 む )のおおむね 100 分 の 90 に 相 当 する 金 額 を 超 える 場 合 ( 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の 2 第 2 項 )と 定 められています 事 業 の 用 に 供 するために 要 する 費 用 として リース 取 引 に 関 連 して 賃 貸 人 が 支 出 する 付 随 費 用 ( 賃 貸 資 産 の 取 得 に 要 する 資 金 の 利 子 固 定 資 産 税 保 険 料 等 )が 該 当 し ます また 賃 借 人 にリース 期 間 終 了 の 時 またはリース 期 間 の 中 途 においてリース 資 産 を 買 い 取 る 権 利 ( 以 下 購 入 選 択 権 という )が 与 えられているリース 取 引 については 購 入 選 択 権 の 行 使 が 確 実 であると 認 められる 場 合 は 当 該 購 入 選 択 権 行 使 価 額 を 加 算 して フルペイアウトの 判 定 を 行 うことが 明 らかにされています( 法 人 税 基 本 通 達 12 の 5-1-2(1)) なお 税 務 上 は リース 会 計 基 準 でいう 経 済 的 耐 用 年 数 基 準 (リース 期 間 がリース 物 件 の 経 済 的 耐 用 年 数 の 概 ね 75% 以 上 )はありません 8

11 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の 2 第 2 項 法 人 税 基 本 通 達 12 の の 2-9 Q8 第 三 者 保 証 が 付 されたリース 取 引 の 取 扱 い 第 三 者 保 証 が 付 されたリース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いについて 教 えてください 1 賃 借 人 税 務 上 リース 取 引 以 外 の 賃 貸 借 取 引 に 該 当 する 場 合 は 賃 借 人 が 賃 貸 人 に 支 払 う リース 料 の 全 額 の 損 金 算 入 が 認 められます また 消 費 税 法 上 資 産 の 貸 付 けとして 取 り 扱 われるため 月 額 リース 料 を 対 価 の 額 として 課 税 期 間 に 支 払 ったリース 料 に 係 る 消 費 税 の 仕 入 税 額 控 除 を 行 います 2 賃 貸 人 賃 貸 人 がリース 会 計 基 準 に 従 って ファイナンス リース 取 引 として 会 計 処 理 する 場 合 税 務 上 リース 取 引 として 延 払 基 準 の 方 法 により 経 理 したものとして 法 人 税 法 第 63 条 第 1 項 の 適 用 を 受 けられます また 消 費 税 法 上 延 払 基 準 の 方 法 により 経 理 した 場 合 の 長 期 割 賦 販 売 等 に 係 る 資 産 の 譲 渡 等 の 時 期 の 特 例 が 適 用 できます (1) 第 三 者 保 証 リース 取 引 を 行 うに 際 して 賃 貸 人 がリース 資 産 のリース 期 間 満 了 時 の 処 分 価 額 を 見 積 り 当 該 処 分 価 額 を 基 礎 として 残 存 価 額 を 設 定 することがあります 賃 貸 人 は 当 該 残 存 価 額 の 未 回 収 リスクを 回 避 するため 賃 借 人 以 外 の 第 三 者 ( 賃 借 人 と 支 配 従 属 関 係 にない)との 間 で 当 該 残 存 価 額 を 売 買 価 額 とする 契 約 を 別 途 締 結 します 上 記 のように 第 三 者 が 保 証 する 残 存 価 額 ( 以 下 第 三 者 保 証 という )が 設 定 された リース 取 引 の 対 象 物 件 は 中 古 市 場 が 整 備 されている 自 動 車 や 建 設 機 械 などがあります なお 賃 借 人 にリース 資 産 の 所 有 権 は 移 転 しません (2) 会 計 上 の 取 扱 い リース 契 約 上 に 残 価 保 証 の 取 決 めがある 場 合 は 当 該 保 証 額 をリース 料 総 額 に 含 めま すが 賃 貸 人 においては 賃 借 人 以 外 の 第 三 者 による 保 証 がなされた 場 合 も 当 該 保 証 額 をリース 料 総 額 に 含 めます(リース 適 用 指 針 第 15 項 ) このことから 第 三 者 保 証 が 設 定 されたリース 取 引 については 賃 借 人 においては 当 該 保 証 額 をリース 料 総 額 に 含 まず 賃 貸 人 においては 当 該 保 証 額 をリース 料 総 額 に 含 む ことになりますが 当 該 保 証 額 によっては リース 取 引 の 判 定 結 果 が 賃 借 人 は オペレ ーティング リース 取 引 賃 貸 人 は ファイナンス リース 取 引 に 分 類 されることも 9

12 あります (3) 税 務 上 の 取 扱 い 1 賃 借 人 リース 取 引 の 判 定 に 際 して リース 契 約 上 に 残 価 保 証 の 取 決 めがある 場 合 は 当 該 残 価 保 証 が 賃 借 人 によって 行 われているときは 当 該 残 価 保 証 額 は 賃 借 期 間 において 賃 借 人 が 支 払 う 賃 借 料 の 金 額 の 合 計 額 に 含 まれると 解 されます 一 方 第 三 者 によって 残 価 保 証 が 行 われているときは 当 該 残 価 保 証 額 は 賃 借 期 間 において 賃 借 人 が 支 払 う 賃 借 料 の 金 額 の 合 計 額 に 含 まないと 解 されます これにより 当 該 保 証 額 によっては 当 該 リース 取 引 は 税 務 上 のリース 取 引 の 判 定 の 結 果 リース 取 引 以 外 の 賃 貸 借 取 引 に 該 当 する 場 合 があります この 場 合 において 賃 借 人 が 賃 貸 人 に 支 払 うリース 料 の 全 額 の 損 金 算 入 が 認 められ ます また 当 該 賃 貸 借 取 引 は 消 費 税 法 上 資 産 の 貸 付 けとして 取 り 扱 われるため 月 額 リース 料 を 対 価 の 額 として 課 税 期 間 に 支 払 ったリース 料 に 係 る 消 費 税 の 仕 入 税 額 控 除 を 行 います 2 賃 貸 人 賃 貸 人 がリース 会 計 基 準 に 従 って ファイナンス リース 取 引 として 会 計 処 理 する 場 合 延 払 基 準 の 方 法 により 経 理 したものとして 法 人 税 法 第 63 条 第 1 項 の 適 用 を 受 け られます また 消 費 税 法 上 延 払 基 準 の 方 法 により 経 理 した 場 合 の 長 期 割 賦 販 売 等 に 係 る 資 産 の 譲 渡 等 の 時 期 の 特 例 が 適 用 できます( 消 費 税 法 第 16 条 ) < 設 例 > 前 提 条 件 (1) 所 有 権 移 転 条 項 なし (2) 割 安 購 入 選 択 権 なし (3) リース 物 件 は 特 別 仕 様 ではない (4) 賃 貸 人 と 第 三 者 との 間 で 第 三 者 が 残 存 価 額 (10,000 千 円 )を 保 証 する 契 約 が 締 結 されている (5) 借 手 の 見 積 現 金 購 入 価 額 48,000 千 円 (6) リース 料 月 額 800 千 円 リース 料 総 額 48,000 千 円 (7) 解 約 不 能 のリース 期 間 5 年 (8) リース 物 件 の 経 済 的 耐 用 年 数 ( 法 定 耐 用 年 数 ) 8 年 (9) 当 該 リース 物 件 の 取 得 のために 通 常 要 する 価 額 60,000 千 円 賃 借 人 におけるリース 取 引 の 判 定 ( 会 計 上 ) a. 現 在 価 値 基 準 =39,455 千 円 ( /12) ( /12) 2 ( /12) 60 10

13 現 在 価 値 39,455 千 円 見 積 現 金 購 入 価 額 48,000 千 円 = 82.2% < 90% b. 経 済 的 耐 用 年 数 基 準 解 約 不 能 リース 期 間 5 年 経 済 的 耐 用 年 数 8 年 = 62.5% < 75% 本 取 引 はオペレーティング リース 取 引 に 該 当 する ( 税 務 上 ) リース 料 総 額 48,000 千 円 取 得 のために 通 常 要 する 価 額 60,000 千 円 =80% < 90% 90%を 下 回 るため 本 取 引 はリース 取 引 以 外 の 賃 貸 借 取 引 に 該 当 する 賃 貸 人 におけるリース 取 引 の 判 定 賃 貸 人 の 計 算 利 子 率 の 算 出 ,000 * (1+r 1/12) + (1+r 1/12) (1+r 1/12) 60 =48,000 千 円 * 第 三 者 の 残 価 保 証 額 をリース 料 総 額 に 含 める(リース 適 用 指 針 第 15 項 ) r=6.6% 現 在 価 値 48,000 千 円 現 金 購 入 価 額 48,000 千 円 = 100.0% > 90% 本 取 引 はファイナンス リース 取 引 に 該 当 する ( 賃 貸 人 の 元 利 展 開 表 ) リース 物 件 価 額 4,800,000 リース 料 総 額 5,800,000 各 月 リース 料 80,000 リース 期 間 ( 月 ) 60 IRR 6.6% -4,800,000 月 数 リース 料 収 入 元 本 残 高 元 本 利 息 1 80,000 4,746,355 53,645 26, ,000 4,692,415 53,940 26, ,000 4,638,179 54,236 25, ,000 4,583,646 54,534 25, ,000 4,528,813 54,833 25, ,000 4,473,679 55,134 24, ,000 4,418,242 55,437 24, ,000 4,362,501 55,741 24, ,000 4,306,454 56,047 23, ,000 4,250,099 56,355 23, ,000 4,193,434 56,664 23, ,000 4,136,459 56,976 23, ,000 4,079,170 57,288 22, ,000 4,021,568 57,603 22, ,000 3,963,648 57,919 22, ,000 3,905,411 58,237 21, ,000 3,846,854 58,557 21, ,000 3,787,976 58,878 21, ,000 3,728,774 59,202 20, ,000 3,669,247 59,527 20, ,000 3,609,394 59,854 20, ,000 3,549,212 60,182 19, ,000 3,488,699 60,513 19, ,000 3,427,854 60,845 19, ,000 3,366,675 61,179 18, ,000 3,305,160 61,515 18, ,000 3,243,307 61,853 18, ,000 3,181,115 62,192 17, ,000 3,118,581 62,534 17, ,000 3,055,704 62,877 17, ,000 2,992,482 63,222 16, ,000 2,928,913 63,569 16, ,000 2,864,994 63,918 16, ,000 2,800,725 64,269 15, ,000 2,736,102 64,622 15, ,000 2,671,125 64,977 15, ,000 2,605,791 65,334 14, ,000 2,540,099 65,693 14, ,000 2,474,045 66,053 13, ,000 2,407,629 66,416 13, ,000 2,340,849 66,781 13, ,000 2,273,701 67,147 12, ,000 2,206,185 67,516 12, ,000 2,138,299 67,887 12, ,000 2,070,039 68,259 11, ,000 2,001,405 68,634 11, ,000 1,932,394 69,011 10, ,000 1,863,004 69,390 10, ,000 1,793,233 69,771 10, ,000 1,723,079 70,154 9, ,000 1,652,540 70,539 9, ,000 1,581,613 70,927 9, ,000 1,510,297 71,316 8, ,000 1,438,589 71,708 8, ,000 1,366,488 72,101 7, ,000 1,293,991 72,497 7, ,000 1,221,096 72,895 7, ,000 1,147,800 73,295 6, ,000 1,074,103 73,698 6, ,080, ,074,103 5,897 合 計 5,800,000 4,800,000 1,000,000 11

14 (リース 会 計 基 準 による 会 計 処 理 第 2 法 ) ( 単 位 : 千 円 ) 1 年 目 2 年 目 3 年 目 4 年 目 5 年 目 合 計 リース 料 収 入 9,600 9,600 9,600 9,600 9,600 48,000 うち 利 息 相 当 額 2,965 2,514 2,033 1, ,000 ( 注 )リース 料 収 入 から 利 息 相 当 額 を 差 し 引 いた 額 はリース 物 件 の 売 上 原 価 として 会 計 処 理 している 延 払 基 準 の 方 法 により 経 理 したものとして 法 人 税 法 第 63 条 第 1 項 の 適 用 を 受 けられる 法 人 税 法 第 63 条 第 1 項 消 費 税 法 第 16 条 Q9 所 有 権 移 転 リース 取 引 税 務 上 所 有 権 移 転 リース 取 引 には どのような 取 引 が 該 当 するのでしょうか 税 務 上 所 有 権 移 転 リース 取 引 とは リース 取 引 のうち 次 のいずれかに 該 当 するもの をいいます 1 譲 渡 条 件 付 リース 取 引 2 割 安 購 入 選 択 権 付 リース 取 引 3 専 属 使 用 資 産 のリース 取 引 または 識 別 困 難 な 資 産 のリース 取 引 4 リース 期 間 が 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 いリース 取 引 リース 会 計 基 準 では ファイナンス リース 取 引 を 所 有 権 移 転 ファイナンス リー ス 取 引 と 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 に 分 類 しています 税 務 上 リース 取 引 は 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 と 所 有 権 移 転 リース 取 引 に 分 類 され 次 のいずれかに 該 当 するもの(これらに 準 ずるものを 含 みます ) 以 外 のも のを 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 としています( 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 5 項 第 5 号 ) < 所 有 権 移 転 リース 取 引 > 1 譲 渡 条 件 付 リース 取 引 リース 期 間 終 了 時 またはリース 期 間 の 中 途 において リース 資 産 が 無 償 または 名 目 的 な 対 価 の 額 で 賃 借 人 に 譲 渡 されるものであること 12

15 2 割 安 購 入 選 択 権 付 リース 取 引 賃 借 人 に 対 し リース 期 間 終 了 時 またはリース 期 間 の 中 途 において リース 資 産 を 著 しく 有 利 な 価 額 で 買 い 取 る 権 利 が 与 えられているものであること 3 専 属 使 用 資 産 のリース 取 引 または 識 別 困 難 な 資 産 のリース 取 引 リース 資 産 の 種 類 用 途 設 置 の 状 況 等 に 照 らし 当 該 リース 資 産 が その 使 用 可 能 期 間 中 賃 借 人 によってのみ 使 用 されると 見 込 まれるものであることまたは 当 該 リース 資 産 の 識 別 が 困 難 であると 認 められるものであること 4 リース 期 間 が 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 いリース 取 引 リース 期 間 がリース 資 産 の( 法 定 ) 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 いもの( 賃 借 人 の 法 人 税 の 負 担 を 著 しく 軽 減 することになると 認 められるものに 限 る )であること これらのうち1~3は リース 会 計 基 準 の 所 有 権 移 転 ファイナンス リース 取 引 の 判 定 基 準 と 基 本 的 に 同 じです 4については 税 務 固 有 の 規 定 であり リース 会 計 基 準 において 所 有 権 移 転 外 ファイ ナンス リース 取 引 と 判 定 された 場 合 であっても 耐 用 年 数 よりも 相 当 短 いリース 期 間 を 設 定 したリース 取 引 は 税 務 上 所 有 権 移 転 リース 取 引 に 該 当 することとなりま す なお 改 正 前 法 人 税 法 施 行 令 第 136 条 の 3 第 1 項 第 4 号 では リース 期 間 が 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 の 差 異 があるもの と 規 定 し 改 正 前 法 人 税 基 本 通 達 において リース 期 間 が 耐 用 年 数 の 100 分 の 120 に 相 当 する 年 数 を 上 回 る 期 間 であるもの もこれに 該 当 するとしていましたが 4のとおり 改 正 後 は リース 期 間 が 耐 用 年 数 よりも 長 い 場 合 の 規 定 が 削 除 されています 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 5 項 第 5 号 Q10 所 有 権 移 転 リース 取 引 に 準 ずるもの 税 務 上 所 有 権 移 転 リース 取 引 に 準 ずるものとして どのようなリース 取 引 が 該 当 する のか 教 えてください 税 務 上 所 有 権 移 転 リース 取 引 に 準 ずるものとしては 無 償 と 変 わらない 名 目 的 な 再 リース 料 によって 再 リースをすることがリース 契 約 において 定 められているもの また は ディフィーザンス( 債 務 引 き 受 け)が 組 み 込 まれたリース 取 引 が 該 当 します 法 人 税 基 本 通 達 では 所 有 権 移 転 リース 取 引 に 準 ずるものとして 次 のリース 取 引 を 例 示 しています( 法 人 税 基 本 通 達 7-6 の 2-1) 13

16 1 無 償 と 変 わらない 名 目 的 な 再 リース 料 による 再 リース リース 期 間 終 了 後 無 償 と 変 わらない 名 目 的 な 再 リース 料 によって 再 リースをす ることがリース 契 約 において 定 められているリース 取 引 は 所 有 権 移 転 リース 取 引 に 準 ずるものとして 取 り 扱 われます そのことがリース 契 約 書 上 明 示 されていないリース 取 引 であって 事 実 上 当 事 者 間 においてそのことが 予 定 されていると 認 められるものも 含 まれます また 無 償 と 変 わらない 名 目 的 な 再 リース 料 の 判 定 に 際 しては 改 正 前 リース 税 制 と 同 様 年 間 再 リース 料 を 基 本 リース 期 間 に 係 る 年 間 リース 料 の 12 分 の 1 程 度 としている 場 合 には 無 償 と 変 わらない 名 目 的 な 再 リース 料 には 該 当 しません 2 ディフィーザンスが 組 み 込 まれたリース 取 引 ディフィーザンスを 利 用 したリース 取 引 では 金 融 機 関 等 が 賃 借 人 から 資 金 を 受 け 入 れてリース 料 債 務 を 引 き 受 けるとともに 金 融 機 関 等 はその 資 金 をもって 賃 貸 人 にリース 資 産 の 購 入 資 金 を 貸 し 付 けるという 仕 組 みになっていることから 賃 貸 人 はリース 資 産 の 所 有 者 としてのリスクを 負 っているとは 認 められず 実 質 的 には 賃 借 人 が 自 己 資 金 でリース 資 産 を 購 入 しているのと 同 様 の 状 況 にあることから 改 正 前 法 人 税 基 本 通 達 では 売 買 取 引 に 準 ずるものとされていましたが リース 税 制 にお いても 所 有 権 移 転 リース 取 引 として 取 り 扱 われることが 明 らかにされています なお この 所 有 権 移 転 リース 取 引 に 準 ずるもの については 改 正 前 リース 税 制 に おいて 売 買 とされる 取 引 に 準 ずるもの として 定 められていたものが 相 当 しますが 改 正 後 は 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 についても 賃 借 人 がリース 資 産 の 減 価 償 却 を 行 う こととなったため 専 ら 賃 貸 人 の 損 失 計 上 を 目 的 としていると 認 められるもの ( 改 正 前 法 人 税 基 本 通 達 12 の 5-2-1(3))の 規 定 は 法 人 税 基 本 通 達 から 削 除 されています 法 人 税 基 本 通 達 7-6 の 2-1 Q11 リース 期 間 が 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 いリース 取 引 リース 期 間 が 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 いリース 取 引 は 税 務 上 どのように 取 り 扱 わ れるか 教 えて 下 さい リース 期 間 が 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 い 場 合 ( 賃 借 人 の 法 人 税 の 負 担 を 著 しく 軽 減 する ことになると 認 められるものに 限 ります )には 所 有 権 移 転 リース 取 引 に 該 当 します 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 い の 判 定 基 準 については 改 正 前 リース 税 制 と 同 じく 耐 用 年 数 の 70%( 耐 用 年 数 が 10 年 以 上 のリース 資 産 については 60%)に 相 当 する 年 数 を 下 回 る 期 間 とされています なお 改 正 前 リース 税 制 では リース 期 間 が 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 い 場 合 には リー 14

17 ス 料 の 一 部 を 賃 借 人 が 前 払 費 用 として 処 理 することで 賃 貸 借 取 引 としての 処 理 が 認 めら れていましたが 改 正 後 は リース 資 産 の 売 買 があったものとして 取 り 扱 われることとな り 費 用 処 理 という 概 念 がなくなったため リース 料 の 前 払 費 用 処 理 をしても 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 としての 処 理 は 認 められません (1) 税 務 上 の 取 扱 い リース 期 間 がリース 資 産 の 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 いリース 取 引 ( 賃 借 人 の 法 人 税 の 負 担 を 著 しく 軽 減 することになると 認 められるものに 限 る 以 下 同 じ )については 所 有 権 移 転 リース 取 引 に 該 当 します( 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 5 項 第 5 号 ニ) 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 い の 判 定 基 準 については 改 正 前 リース 税 制 と 同 じく 耐 用 年 数 の 70%( 耐 用 年 数 が 10 年 以 上 のリース 資 産 については 60%)に 相 当 する 年 数 (1 年 未 満 の 端 数 がある 場 合 には その 端 数 を 切 り 捨 てる )を 下 回 る 期 間 とされています( 法 人 税 基 本 通 達 7-6 の 2-7) また 耐 用 年 数 の 異 なる 数 種 の 資 産 を 一 のリース 取 引 の 対 象 としている 場 合 において その 数 種 の 資 産 について 同 一 のリース 期 間 を 設 定 しているときには それぞれの 資 産 につ き 耐 用 年 数 を 加 重 平 均 した 年 数 ( 賃 借 人 における 取 得 価 額 をそれぞれの 資 産 ごとに 区 分 し た 上 で その 金 額 ウェイトを 計 算 の 基 礎 として 算 定 した 年 数 をいう )により 相 当 短 い か 否 かの 判 定 を 行 うことが 認 められます( 法 人 税 基 本 通 達 7-6 の 2-7 ( 注 )1) < 加 重 平 均 設 例 > リース 期 間 4 年 でリースする 場 合 リース 資 産 リース 料 の 総 額 ( 千 円 ) 1 耐 用 年 数 2 1 年 当 たりのリース 料 の 額 ( 千 円 ) (1 2) A 13, 年 1,350 B 4,000 8 年 500 C 14,000 7 年 2,000 合 計 31,500 3,850 ( 計 算 式 ) 31,500 千 円 3,850 千 円 =8.18 年 8 年 ( 端 数 切 捨 て)< 10 年 8 年 70/100 =5.6 年 5 年 ( 端 数 切 捨 て) 設 例 の 場 合 リース 期 間 (4 年 )が 5 年 を 下 回 ることから このリース 取 引 は 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 いもの に 該 当 します (2) 法 人 税 の 負 担 を 著 しく 軽 減 することになると 認 められないもの 賃 借 人 の 法 人 税 の 負 担 を 著 しく 軽 減 することになると 認 められないものとして 賃 借 人 におけるそのリース 資 産 と 同 一 種 類 のリース 資 産 に 係 る 既 往 のリース 取 引 の 状 況 当 該 リース 資 産 の 性 質 その 他 の 状 況 からみて リース 期 間 終 了 後 に 当 該 リース 資 産 が 賃 貸 人 に 15

18 返 還 されることが 明 らかなリース 取 引 が 該 当 します( 法 人 税 基 本 通 達 7-6 の 2-8) なお 改 正 前 リース 税 制 で 定 められていた 前 払 費 用 処 理 ( 改 正 前 法 人 税 基 本 通 達 12 の 5-2-8(1)イ)は 法 人 税 基 本 通 達 では 削 除 されました これは リース 取 引 を 行 った 場 合 リース 資 産 の 賃 貸 人 から 賃 借 人 への 引 渡 しの 時 に 当 該 リース 資 産 の 売 買 があったものと して 取 り 扱 われることとなり 費 用 処 理 という 概 念 がなくなったためです (3) 賃 借 人 の 処 理 リース 期 間 がリース 資 産 の 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 いリース 取 引 は 所 有 権 移 転 リース 取 引 に 該 当 し 賃 借 人 は 自 己 所 有 資 産 と 同 様 に 耐 用 年 数 に 従 って 減 価 償 却 を 行 います (4) 賃 貸 人 の 処 理 賃 貸 人 については 所 有 権 移 転 リース 取 引 及 び 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 のいずれもリー ス 譲 渡 として 取 り 扱 われ 延 払 基 準 の 方 法 ( 法 人 税 法 第 63 条 第 1 項 )またはリース 譲 渡 の 収 益 及 び 費 用 の 計 上 方 法 の 特 例 ( 法 人 税 法 第 63 条 第 2 項 )により 所 得 金 額 の 計 算 を 行 います 法 人 税 法 第 63 条 第 1 項 第 2 項 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 5 項 第 5 号 ニ 法 人 税 基 本 通 達 7-6 の の 2-8 Q12 耐 用 年 数 の 短 縮 申 請 耐 用 年 数 の 短 縮 申 請 について 平 成 20 年 4 月 1 日 以 後 に 契 約 する 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 に 係 るリース 資 産 は 賃 借 人 賃 貸 人 のいずれが 行 うことになるのか 教 えてください 税 務 上 の 取 扱 いにおいて 減 価 償 却 資 産 を 有 することとされる 賃 借 人 が 短 縮 申 請 を 行 い ます 耐 用 年 数 の 短 縮 制 度 とは 法 人 の 有 する 減 価 償 却 資 産 について 法 令 で 定 められた 短 縮 事 由 のいずれかの 事 由 によって その 資 産 の 実 際 の 使 用 可 能 期 間 がその 資 産 の 法 定 耐 用 年 数 に 比 べて 著 しく 短 くなる 場 合 (おおむね 10% 以 上 短 くなる 場 合 をいいます )に あら かじめ 納 税 地 を 所 轄 する 国 税 局 長 の 承 認 を 受 けることにより その 資 産 の 使 用 可 能 期 間 を 耐 用 年 数 として 早 期 に 償 却 することができるという 制 度 です 改 正 前 リース 税 制 においては 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 に 係 る 賃 貸 人 が 減 価 償 却 資 産 を 有 することとされていましたので 賃 貸 人 が 法 人 税 法 施 行 令 第 57 条 ( 耐 用 年 数 の 短 縮 ) の 規 定 に 基 づき 耐 用 年 数 の 短 縮 申 請 を 行 い 承 認 後 の 耐 用 年 数 に 基 づいてリース 期 間 が 耐 用 年 数 に 比 して 相 当 短 いリース 取 引 に 該 当 するかどうかを 判 定 していました 16

19 平 成 20 年 4 月 1 日 以 後 に 契 約 するリース 取 引 は リース 資 産 の 賃 貸 人 から 賃 借 人 への 引 渡 しの 時 に 当 該 リース 資 産 の 売 買 があったものとされているため 減 価 償 却 資 産 は 賃 借 人 が 有 することになります 法 人 税 法 施 行 令 第 57 条 の 規 定 は その 有 する 減 価 償 却 資 産 について 承 認 を 得 ることとされていますので 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 に 該 当 するも のも 含 め リース 取 引 に 係 る 資 産 の 耐 用 年 数 の 短 縮 申 請 は 賃 借 人 が 行 うことになります なお リース 取 引 以 外 の 賃 貸 借 取 引 については 賃 貸 人 が 減 価 償 却 資 産 を 有 することに なりますので 従 来 どおり 賃 貸 人 が 耐 用 年 数 の 短 縮 申 請 を 行 うことになります 法 人 税 法 施 行 令 第 57 条 Q13 転 リース 会 社 の 処 理 転 リース 会 社 の 税 務 処 理 を 教 えてください 転 リース 会 社 において 借 手 としてのリース 取 引 及 び 貸 手 としてのリース 取 引 の 双 方 が 税 務 上 のリース 取 引 に 該 当 する 場 合 には 元 受 会 社 から 借 り 受 けるリース 取 引 については 元 受 会 社 からリース 物 件 を 購 入 したものとして また 同 一 物 件 をエンドユーザーに 対 し て 貸 し 付 けるリース 取 引 については 当 該 物 件 をエンドユーザーに 売 却 したものとして 所 得 計 算 を 行 うことになります また 法 人 税 法 第 63 条 第 1 項 を 適 用 する 場 合 において その 所 得 計 算 の 結 果 とリース 会 計 基 準 の 処 理 によって 計 算 される 転 リース 差 益 の 金 額 に 差 異 がないと 認 められるときには リース 会 計 基 準 の 処 理 により 延 払 基 準 の 方 法 により 経 理 したものとして 取 り 扱 って 差 し 支 えありません (1) 転 リース 取 引 転 リース 取 引 とは リース 物 件 の 所 有 者 ( 以 下 元 受 会 社 という )から 当 該 物 件 の リースを 受 けた 会 社 ( 以 下 転 リース 会 社 という )が 元 受 会 社 とのリース 取 引 と 概 ね 同 一 の 条 件 で さらに 同 一 物 件 を 第 三 者 (リース 物 件 の 使 用 者 以 下 エンドユーザー という )にリースする 取 引 をいいます (2) リース 会 計 基 準 の 取 扱 い 転 リース 会 社 の 会 計 処 理 について リース 会 計 基 準 では 借 手 としてのリース 取 引 及 び 貸 手 としてのリース 取 引 の 双 方 がファイナンス リース 取 引 に 該 当 する 場 合 において 貸 借 対 照 表 上 にエンドユーザーとのリース 取 引 に 係 るリース 債 権 またはリース 投 資 資 産 を 計 上 するとともに 元 受 会 社 とのリース 取 引 に 係 るリース 債 務 を 計 上 しますが 支 払 利 息 売 上 高 売 上 原 価 等 は 計 上 せずに エンドユーザーからの 受 取 リース 料 総 額 と 元 受 会 社 に 17

20 対 する 支 払 リース 料 総 額 の 差 額 を 手 数 料 収 入 として 各 期 に 配 分 し 転 リース 料 差 益 等 の 名 称 で 損 益 計 算 書 に 計 上 するとしています(リース 適 用 指 針 第 47 項 ) (3) 税 務 上 の 取 扱 い 転 リース 会 社 において 借 手 としてのリース 取 引 及 び 貸 手 としてのリース 取 引 の 双 方 が 税 務 上 のリース 取 引 に 該 当 する 場 合 には 元 受 会 社 から 借 り 受 けるリース 取 引 については 元 受 会 社 からリース 物 件 を 購 入 したものとして また 同 一 物 件 をエンドユーザーに 対 し て 貸 し 付 けるリース 取 引 については 当 該 物 件 をエンドユーザーに 売 却 したものとして 所 得 計 算 を 行 います なお 法 人 税 法 第 63 条 第 1 項 の 適 用 に 際 しては エンドユーザーか らリース 期 間 中 に 収 受 するリース 料 の 合 計 額 を 長 期 割 賦 販 売 等 の 対 価 の 額 として 元 受 会 社 に 支 払 うリース 料 の 合 計 額 を 長 期 割 賦 販 売 等 の 原 価 の 額 と 取 り 扱 って 差 し 支 えありま せん また この 場 合 において 下 表 のようにその 所 得 計 算 の 結 果 とリース 会 計 基 準 によ る 処 理 に 差 異 がないと 認 められるときには リース 会 計 基 準 の 処 理 を 延 払 基 準 の 方 法 によ り 経 理 したものとして 取 り 扱 って 差 し 支 えありません 借 手 としてのリース 取 引 及 び 貸 手 としてのリース 取 引 の 双 方 が 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 に 該 当 する 場 合 の 処 理 例 前 提 条 件 B 社 ( 転 リース 会 社 )は A 社 ( 元 受 会 社 )からリース 物 件 ( 機 械 装 置 )を 賃 借 し 同 時 に C 社 (エンドユーザー)に 転 貸 する 転 リース 取 引 を 実 施 している (1) A 社 からの 賃 借 1 所 有 権 移 転 条 項 なし 2 割 安 購 入 選 択 権 なし3 リース 物 件 は 特 別 仕 様 ではない 4 解 約 不 能 のリース 期 間 5 年 5 B 社 の 見 積 現 金 購 入 価 額 48,000 千 円 (A 社 のリース 物 件 の 購 入 価 額 はこれと 等 しいが B 社 において 当 該 価 額 は 明 らかではない ) 6 リース 料 月 額 1,000 千 円 支 払 は 毎 月 末 リース 料 総 額 60,000 千 円 7 リース 物 件 ( 機 械 装 置 )の 耐 用 年 数 8 年 8 減 価 償 却 方 法 定 額 法 9 B 社 の 追 加 借 入 利 子 率 年 8%(ただし B 社 は A 社 の 計 算 利 子 率 を 知 り 得 ない ) (2) C 社 への 転 貸 1 所 有 権 移 転 条 項 なし 2 割 安 購 入 選 択 権 なし3 リース 物 件 は 特 別 仕 様 ではない 4 解 約 不 能 のリース 期 間 5 年 5 リース 料 月 額 1,005 千 円 支 払 は 毎 月 末 リース 料 総 額 60,300 千 円 貸 手 側 と 借 手 側 のリース 料 の 差 額 300 千 円 が B 社 の 手 数 料 となる 6 貸 手 の 見 積 残 存 価 額 はゼロである (3) その 他 1 本 転 リース 取 引 における 利 息 相 当 額 の 各 期 への 配 分 は 利 息 法 によっている 2 リース 取 引 開 始 日 X1 年 4 月 1 日 決 算 日 3 月 31 日 リース 適 用 指 針 設 例 6 を 参 考 として 作 成 18

21 (リース 会 計 基 準 の 処 理 ) ( 単 位 : 千 円 ) 1 年 目 2 年 目 3 年 目 4 年 目 5 年 目 合 計 回 収 合 計 ( 貸 手 ) 12,060 12,060 12,060 12,060 12,060 60,300 手 数 料 収 入 ( 貸 手 ) (60) (60) (60) (60) (60) (300) 返 済 合 計 ( 借 手 ) 12,000 12,000 12,000 12,000 12,000 60,000 転 リース 差 益 仕 訳 例 X1 年 4 月 1 日 (リース 取 引 開 始 日 ) ( 借 )リース 投 資 資 産 (*1)48,000 ( 貸 )リース 債 務 (*1) 48,000 (*1)ここでは 利 息 相 当 額 控 除 後 の 金 額 で 計 上 している X1 年 4 月 30 日 ( 第 1 回 回 収 日 ) ( 借 ) 現 金 預 金 (*2) 1,005 ( 貸 )リース 投 資 資 産 (*3) 634 預 り 金 (*4) 366 転 リース 差 益 (*5) 5 (*2)C 社 からの 回 収 額 (*3)リース 投 資 資 産 の 減 少 額 はリース 適 用 指 針 の 設 例 6( 表 6) 参 照 (*4)この 転 リース 取 引 において 手 数 料 収 入 以 外 の 利 益 は 生 じないため 利 息 相 当 額 については 預 り 金 として 処 理 している (*5) 貸 手 としてのリース 料 総 額 60,300 千 円 と 借 手 としてのリース 料 総 額 60,000 千 円 との 差 額 300 千 円 を 毎 月 定 額 (5 千 円 )で 手 数 料 として 配 分 する X1 年 4 月 30 日 ( 第 1 回 支 払 日 ) ( 借 )リース 債 務 (*7) 634 ( 貸 ) 現 金 預 金 (*6) 1,000 預 り 金 366 (*6)A 社 への 返 済 額 (*7)リース 債 務 の 減 少 額 ( 税 務 上 の 取 扱 い) 法 第 63 条 第 1 項 を 適 用 した 場 合 のX1 年 度 の 所 得 金 額 長 期 割 賦 販 売 等 の 対 価 60,300 千 円 賦 払 金 割 合 12/60 = 12,060 千 円 長 期 割 賦 販 売 等 の 原 価 60,000 千 円 賦 払 金 割 合 12/60 = 12,000 千 円 所 得 金 額 60 千 円 法 人 税 法 第 63 条 法 人 税 法 第 64 条 の2 19

22 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の2 Q14 セール アンド リースバック 取 引 の 取 扱 い 賃 借 人 が 所 有 する 資 産 について セール アンド リースバック 取 引 を 行 い 当 該 取 引 が 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 に 該 当 する 場 合 の 賃 借 人 と 賃 貸 人 の 税 務 上 の 取 扱 いについて 教 えてください (1) 賃 借 人 の 処 理 1 金 融 扱 いとなる 場 合 資 産 の 売 買 により 譲 渡 人 が 譲 受 人 から 受 け 入 れた 金 額 は 借 入 金 の 額 として 取 り 扱 います リース 資 産 について 会 計 上 の 減 価 償 却 費 と 税 務 上 の 償 却 限 度 額 に 差 異 が 生 じる 場 合 は 申 告 調 整 が 必 要 となります リース 物 件 の 売 却 に 伴 う 損 益 の 繰 延 処 理 につ いては 税 務 上 会 計 上 の 処 理 が 認 められます 消 費 税 の 取 扱 いに 関 しては 元 本 返 済 額 部 分 は 課 税 対 象 とはならず それ 以 外 の 金 額 の 部 分 ( 利 息 相 当 額 )は 非 課 税 となります また 賃 貸 借 処 理 をしている 場 合 のリース 料 は 償 却 費 として 損 金 経 理 をした 金 額 に 含 まれます 2 リース 資 産 の 譲 渡 があったものとして 取 り 扱 う 場 合 通 常 のリース 取 引 と 同 様 の 会 計 税 務 処 理 を 行 いますが 会 計 上 の 減 価 償 却 費 と 税 務 上 の 償 却 限 度 額 に 差 異 が 生 じる 場 合 は 申 告 調 整 が 必 要 となります また リース 物 件 の 売 却 に 伴 う 損 益 については リース 取 引 を 開 始 する 事 業 年 度 に おける 益 金 又 は 損 金 の 額 に 算 入 することができます (2) 賃 貸 人 の 処 理 1 金 融 扱 いとなる 場 合 資 産 の 売 買 により 譲 受 人 が 譲 渡 人 に 支 払 う 金 額 は 貸 付 金 の 額 として 取 り 扱 います この 場 合 において 賃 貸 人 が 各 事 業 年 度 に 収 受 するリース 料 の 額 に 係 る 貸 付 金 の 返 済 を 受 けたものとされる 金 額 とそれ 以 外 の 金 額 との 区 分 は 通 常 の 金 融 取 引 における 元 本 と 利 息 の 区 分 計 算 の 方 法 に 準 じて 合 理 的 にこれを 行 います 2 リース 資 産 の 譲 渡 があったものとして 取 り 扱 う 場 合 通 常 のリース 取 引 と 同 様 の 会 計 税 務 処 理 を 行 います (1) リース 会 計 基 準 の 取 扱 い 所 有 する 物 件 を 貸 手 に 売 却 し 貸 手 から 当 該 物 件 のリースを 受 ける 取 引 をセール ア ンド リースバック 取 引 といいます セール アンド リースバック 取 引 がファイナンス 20

23 リース 取 引 に 該 当 するかどうかの 判 定 は 通 常 のリース 取 引 と 同 様 にリース 適 用 指 針 に 従 います ただし この 判 定 において 経 済 的 耐 用 年 数 については リースバック 時 に おけるリース 物 件 の 性 能 規 格 陳 腐 化 の 状 況 等 を 考 慮 して 見 積 った 経 済 的 使 用 可 能 予 測 期 間 を 用 いるとともに 当 該 リース 物 件 の 見 積 現 金 購 入 価 額 については 実 際 売 却 価 額 を 用 いることとされています(リース 適 用 指 針 第 48 項 第 69 項 設 例 7) リース 物 件 の 売 却 に 伴 う 損 益 については 長 期 前 払 費 用 又 は 長 期 前 受 収 益 等 として 繰 延 処 理 し リース 資 産 の 減 価 償 却 費 の 割 合 に 応 じ 減 価 償 却 費 に 加 減 して 損 益 に 計 上 しま すが 当 該 物 件 の 売 却 損 失 が 当 該 物 件 の 合 理 的 な 見 積 市 場 価 額 が 帳 簿 価 額 を 下 回 るこ とにより 生 じたものであることが 明 らかな 場 合 は 売 却 損 を 繰 延 処 理 せずに 売 却 時 の 損 失 として 計 上 します(リース 適 用 指 針 第 49 項 ) また 会 計 処 理 については 借 手 の 売 却 損 益 に 係 る 処 理 を 除 き 通 常 のファイナンス リース 取 引 と 同 様 に 行 います(リース 適 用 指 針 第 50 項 第 70 項 ) (2) 税 務 上 の 取 扱 い セール アンド リースバック 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いについて セール アンド リ ースバック 取 引 の 対 象 となる 資 産 の 種 類 取 引 の 事 情 その 他 の 状 況 に 照 らし 実 質 的 に 金 銭 の 貸 借 であると 認 められるときは 資 産 の 売 買 はなかったものとし かつ 譲 受 人 から 譲 渡 人 に 対 する 金 銭 の 貸 付 があったものとして 譲 渡 人 ( 賃 借 人 ) 又 は 譲 受 人 ( 賃 貸 人 )の 所 得 の 金 額 を 計 算 します( 法 人 税 法 第 64 条 の 2 第 2 項 ) また 実 質 的 に 金 銭 の 貸 借 であると 認 められるとき に 該 当 するかどうかは セール アンド リースバック 取 引 の 当 事 者 の 意 図 取 引 の 対 象 となる 資 産 の 内 容 等 から 当 該 資 産 を 担 保 とする 金 融 取 引 を 行 うことを 目 的 とするものであるかどうかにより 判 定 され ますが 次 に 掲 げるようなものは これに 該 当 しません( 法 人 税 基 本 通 達 12 の 5-2-1) (1) 譲 渡 人 が 資 産 を 購 入 し 当 該 資 産 をリース 契 約 により 賃 借 するために 譲 受 人 に 譲 渡 する 場 合 において 譲 渡 人 が 譲 受 人 に 代 わり 資 産 を 購 入 することに 次 に 掲 げるよ うな 相 当 な 理 由 があり かつ 当 該 資 産 につき 立 替 金 仮 払 金 等 の 仮 勘 定 で 経 理 し 譲 渡 人 の 購 入 価 額 により 譲 受 人 に 譲 渡 するもの イ 多 種 類 の 資 産 を 導 入 する 必 要 があるため 譲 渡 人 において 当 該 資 産 を 購 入 し た 方 が 事 務 の 効 率 化 が 図 られること ロ 輸 入 機 器 のように 通 関 事 務 等 に 専 門 的 知 識 が 必 要 とされること ハ 既 往 の 取 引 状 況 に 照 らし 譲 渡 人 が 資 産 を 購 入 した 方 が 安 く 購 入 できること (2) 法 人 が 事 業 の 用 に 供 している 資 産 について 当 該 資 産 の 管 理 事 務 の 省 力 化 等 のた めに 行 われるもの (3) 賃 借 人 の 処 理 賃 借 人 が 所 有 する 資 産 について セール アンド リースバック 取 引 を 行 い 当 該 取 引 が 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 に 該 当 する 場 合 税 務 上 の 取 扱 いによって 次 の 処 理 を 行 います 21

24 1 金 融 扱 いとなる 場 合 資 産 の 売 買 により 譲 渡 人 が 譲 受 人 から 受 け 入 れた 金 額 は 借 入 金 の 額 として 取 り 扱 い リース 料 総 額 のうち 借 入 金 の 額 に 相 当 する 金 額 については 元 本 返 済 額 として 取 り 扱 います この 場 合 において 賃 借 人 が 各 事 業 年 度 に 支 払 うリース 料 の 額 に 係 る 元 本 返 済 額 とそれ 以 外 の 金 額 との 区 分 は 通 常 の 金 融 取 引 における 元 本 と 利 息 の 区 分 計 算 の 方 法 に 準 じて 合 理 的 にこれを 行 います( 法 人 税 基 本 通 達 12 の 5-2-2) リース 資 産 については 会 計 上 リースバック 時 以 後 のリース 期 間 を 耐 用 年 数 とし て 減 価 償 却 することになりますが 税 務 上 は 資 産 の 売 買 はなかったものとして 取 り 扱 われるため 引 き 続 き 当 初 取 得 時 の 耐 用 年 数 に 従 い 減 価 償 却 を 行 います これに より 会 計 上 の 減 価 償 却 費 と 税 務 上 の 償 却 限 度 額 に 差 異 が 生 じる 場 合 は 申 告 調 整 が 必 要 となります リース 物 件 の 売 却 に 伴 う 損 益 については 会 計 上 長 期 前 払 費 用 又 は 長 期 前 受 収 益 等 として 繰 延 処 理 することになりますが 税 務 上 当 該 処 理 による 所 得 計 算 が 認 めら れます この 場 合 において 譲 渡 損 失 は リース 料 の 額 に 加 算 し 償 却 費 として 損 金 経 理 した 金 額 に 含 めることができます また 消 費 税 の 取 扱 いに 関 しては セール アンド リースバック 取 引 の 目 的 とな る 資 産 に 係 る 譲 渡 代 金 の 支 払 の 時 に 金 銭 の 貸 付 けがあったこととなるため 元 本 返 済 額 部 分 は 課 税 対 象 とはならず それ 以 外 の 金 額 の 部 分 ( 利 息 相 当 額 )は 非 課 税 となり ます( 消 費 税 法 基 本 通 達 5-1-9) 賃 貸 借 処 理 をしている 場 合 のリース 料 は 償 却 費 として 損 金 経 理 をした 金 額 に 含 ま れます( 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の 2 第 3 項 ) この 場 合 の 消 費 税 の 課 税 関 係 は 前 述 と 同 様 になります 2 リース 資 産 の 譲 渡 があったものとして 取 り 扱 う 場 合 通 常 のリース 取 引 と 同 様 の 会 計 税 務 処 理 を 行 います この 場 合 会 計 上 リース バック 時 以 後 のリース 期 間 を 耐 用 年 数 として 減 価 償 却 を 行 うことになりますが 税 務 上 リース 期 間 を 耐 用 年 数 とするリース 期 間 定 額 法 で 減 価 償 却 を 行 うため 会 計 上 の 償 却 方 法 として 定 額 法 を 採 用 すれば 申 告 調 整 が 不 要 となります また リース 物 件 の 売 却 に 伴 う 損 益 については リース 取 引 を 開 始 する 事 業 年 度 に おける 益 金 又 は 損 金 の 額 に 算 入 することができます (4) 賃 貸 人 の 処 理 1 金 融 扱 いとなる 場 合 資 産 の 売 買 により 譲 受 人 が 譲 渡 人 に 支 払 う 金 額 は 貸 付 金 の 額 として 取 り 扱 い リ ース 料 総 額 のうち 貸 付 金 の 額 に 相 当 する 金 額 については 貸 付 金 の 返 済 を 受 けた 金 額 として 取 り 扱 います この 場 合 において 賃 貸 人 が 各 事 業 年 度 に 収 受 するリース 料 の 額 に 係 る 貸 付 金 の 返 済 を 受 けたものとされる 金 額 とそれ 以 外 の 金 額 との 区 分 は 通 常 の 金 融 取 引 における 元 本 と 利 息 の 区 分 計 算 の 方 法 に 準 じて 合 理 的 にこれを 行 います 22

25 ( 法 人 税 基 本 通 達 12 の 5-2-3) 2 リース 資 産 の 譲 渡 があったものとして 取 り 扱 う 場 合 通 常 のリース 取 引 と 同 様 の 会 計 税 務 処 理 を 行 います 法 人 税 法 第 64 条 の 2 第 2 項 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の 2 第 3 項 法 人 税 基 本 通 達 12 の の の 消 費 税 法 基 本 通 達 Q15 土 地 の 賃 貸 借 取 引 土 地 の 賃 貸 借 取 引 は 税 務 上 の リース 取 引 に 該 当 しないのでしょうか 譲 渡 条 件 又 は 割 安 購 入 選 択 権 が 付 されていない 土 地 の 賃 貸 借 取 引 など 所 有 権 移 転 フ ァイナンス リース 取 引 に 該 当 しない 土 地 の 賃 貸 借 取 引 については 税 務 上 のリース 取 引 に 該 当 しません 土 地 の 賃 貸 借 取 引 のうち 法 人 税 法 施 行 令 第 138 条 ( 借 地 権 の 設 定 等 により 地 価 が 著 しく 低 下 する 場 合 の 土 地 等 の 帳 簿 価 額 の 一 部 の 損 金 算 入 )の 規 定 の 適 用 のあるもの 及 び 次 の 要 件 (これらに 準 ずるものを 含 む )のいずれにも 該 当 しない 土 地 の 賃 貸 借 取 引 につ いては 税 務 上 リース 取 引 に 該 当 しません( 法 人 税 法 第 64 条 の 2 第 3 項 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の 2 第 1 項 ) 1 譲 渡 条 件 付 の 土 地 の 賃 貸 借 取 引 土 地 の 賃 貸 借 期 間 の 終 了 時 または 賃 貸 借 期 間 の 中 途 において 土 地 が 無 償 または 名 目 的 な 対 価 の 額 で 賃 借 人 に 譲 渡 されるものであること 2 割 安 購 入 選 択 権 付 の 土 地 の 賃 貸 借 取 引 賃 借 人 に 対 し 賃 貸 借 期 間 の 終 了 時 または 賃 貸 借 期 間 の 中 途 において 土 地 を 著 し く 有 利 な 価 額 で 買 い 取 る 権 利 が 与 えられているものであること したがって 1 2のいずれかに 該 当 する 土 地 の 賃 貸 借 取 引 で 中 途 解 約 禁 止 及 びフ ルペイアウトの 要 件 に 該 当 するものは 税 務 上 リース 取 引 ( 所 有 権 移 転 リース 取 引 ) となります また 法 人 税 基 本 通 達 においては 賃 貸 借 期 間 の 終 了 後 無 償 と 変 わらない 名 目 的 な 賃 料 によって 更 新 することが 賃 貸 借 契 約 において 定 められている 土 地 の 賃 貸 借 等 について は 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の 2 第 1 項 に 規 定 する これらに 準 ずるもの に 該 当 すること 23

26 が 明 らかにされています( 法 人 税 基 本 通 達 12 の 5-1-3) 法 人 税 法 第 64 条 の 2 第 3 項 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の 2 第 1 項 法 人 税 基 本 通 達 12 の 賃 借 人 の 取 扱 い Q16 賃 借 人 の 税 務 処 理 の 基 本 賃 借 人 は リース 取 引 をどのように 税 務 処 理 するのでしょうか 賃 借 人 は リース 取 引 を 行 った 場 合 リース 資 産 の 賃 貸 人 から 賃 借 人 への 引 渡 しの 時 に 当 該 リース 資 産 の 取 得 をしたものとして 各 事 業 年 度 の 所 得 金 額 を 計 算 します 賃 借 人 は 原 則 として リース 会 計 基 準 に 基 づいて 行 った 会 計 処 理 (リース 資 産 の 減 価 償 却 支 払 リース 料 の 処 理 )に 基 づき 税 務 上 の 処 理 をすることになります (1)リース 会 計 基 準 の 取 扱 い 借 手 は ファイナンス リース 取 引 についてリース 資 産 を 取 得 したものとして 処 理 を 行 い リース 物 件 を リース 資 産 に それに 係 る 債 務 を リース 債 務 として 貸 借 対 照 表 に 計 上 します(リース 会 計 基 準 第 9 項 第 10 項 ) 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 に 係 るリース 資 産 の 減 価 償 却 費 は リース 期 間 を 耐 用 年 数 とし 償 却 方 法 は 定 額 法 級 数 法 生 産 高 比 例 法 等 の 中 から 企 業 の 実 態 に 応 じたものを 選 択 適 用 して 算 定 します(リース 会 計 基 準 第 12 項 リース 適 用 指 針 第 28 項 第 29 項 ) 所 有 権 移 転 ファイナンス リース 取 引 に 係 るリース 資 産 の 減 価 償 却 費 は 自 己 所 有 の 固 定 資 産 に 適 用 する 減 価 償 却 方 法 と 同 一 の 方 法 により 算 定 します(リース 会 計 基 準 第 12 項 リース 適 用 指 針 第 42 項 ) リース 債 務 は リース 料 の 支 払 いにより 返 済 が 行 われたものとして 処 理 をします(リ ース 適 用 指 針 第 23 項 ) なお 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 については リース 契 約 1 件 当 たりの リース 料 総 額 が 300 万 円 以 下 のリース 取 引 など 個 々のリース 資 産 に 重 要 性 が 乏 しいと 認 められる 場 合 には 賃 貸 借 処 理 することができます(リース 適 用 指 針 第 34 項 第 35 項 ) (2) 税 務 上 の 取 扱 い リース 資 産 の 賃 貸 人 から 賃 借 人 への 引 渡 しの 時 に 当 該 リース 資 産 の 売 買 があったも 24

27 のとして 賃 貸 人 または 賃 借 人 は 各 事 業 年 度 の 所 得 金 額 を 計 算 します( 法 人 税 法 第 64 条 の2 第 1 項 ) このため 一 般 的 には リース 会 計 基 準 に 基 づいて 行 った 会 計 処 理 (リース 資 産 の 減 価 償 却 支 払 リース 料 の 処 理 )と 税 務 上 の 処 理 が 一 致 します ただし 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 のリース 資 産 の 減 価 償 却 方 法 について 法 人 税 法 では リース 期 間 定 額 法 ( 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 1 項 第 6 号 )とされており リース 会 計 基 準 で 認 めている 定 額 法 以 外 の 減 価 償 却 の 方 法 は 認 められませんので 留 意 する 必 要 があります 法 人 税 法 第 64 条 の 2 第 1 項 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 1 項 第 6 号 Q17 リース 資 産 の 取 得 価 額 リース 取 引 に 係 るリース 資 産 の 税 務 上 の 取 得 価 額 について 教 えてください リース 取 引 に 係 るリース 資 産 の 取 得 価 額 については 税 務 上 原 則 として リース 料 総 額 となりますが リース 料 総 額 から 利 息 相 当 額 を 合 理 的 に 区 分 できる 場 合 にはリース 料 総 額 から 利 息 相 当 額 を 控 除 した 金 額 も 認 められます (1) リース 会 計 基 準 の 取 扱 い リース 会 計 基 準 においては 所 有 権 移 転 ファイナンス リース 取 引 及 び 所 有 権 移 転 外 フ ァイナンス リース 取 引 のリース 資 産 の 計 上 価 額 ( 取 得 価 額 )は 以 下 のとおりとされてい ます(リース 適 用 指 針 第 22 項 第 37 項 ) 1 借 手 において 当 該 リース 物 件 の 貸 手 の 購 入 価 額 等 が 明 らかな 場 合 は リース 料 総 額 の 現 在 価 値 と 貸 手 の 購 入 価 額 等 のいずれか 低 い 額 ( 所 有 権 移 転 ファイナンス リース 取 引 の 場 合 は 貸 手 の 購 入 価 額 ) 2 貸 手 の 購 入 価 額 等 が 明 らかでない 場 合 は リース 料 総 額 の 現 在 価 値 と 見 積 現 金 購 入 価 額 とのいずれか 低 い 額 また リース 料 総 額 とリース 資 産 計 上 価 額 との 差 額 は 利 息 相 当 額 とされます(リース 適 用 指 針 23 項 38 項 ) なお 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 について リース 資 産 総 額 に 重 要 性 が 乏 しいと 認 められる 場 合 には リース 料 総 額 をリース 資 産 に 計 上 することが 認 められていま す(リース 適 用 指 針 第 31 項 ) 25

28 (2) 税 務 上 の 取 扱 い リース 資 産 の 取 得 価 額 については 法 人 税 基 本 通 達 において 原 則 としてリース 料 総 額 とされ リース 料 総 額 から 利 息 相 当 額 を 合 理 的 に 区 分 することができる 場 合 には リース 料 総 額 から 利 息 相 当 額 を 控 除 した 金 額 を 取 得 価 額 とすることができることが 明 らかにさ れています( 法 人 税 基 本 通 達 7-6 の 2-9) したがって リース 会 計 基 準 に 従 って リース 資 産 を 計 上 している 場 合 には 税 務 上 も その 計 上 額 がリース 資 産 の 取 得 価 額 と 取 り 扱 われます 法 人 税 基 本 通 達 7-6 の 2-9 Q18 リース 資 産 の 減 価 償 却 賃 借 人 はどのような 方 法 でリース 資 産 の 減 価 償 却 を 行 うのでしょうか 1 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 のリース 資 産 の 減 価 償 却 方 法 は リース 期 間 定 額 法 とされてい ます 2 所 有 権 移 転 リース 取 引 所 有 権 移 転 リース 取 引 の 目 的 となる 資 産 は 税 務 上 のリース 資 産 に 該 当 しないので 自 己 所 有 の 固 定 資 産 に 適 用 する 減 価 償 却 方 法 と 同 一 の 方 法 により 減 価 償 却 を 行 います (1) 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 税 務 上 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 のリース 資 産 の 減 価 償 却 方 法 は リース 期 間 定 額 法 を 採 用 します リース 期 間 定 額 法 とは リース 資 産 の 取 得 価 額 ( 取 得 価 額 に 残 価 保 証 額 が 含 まれ ている 場 合 には 残 価 保 証 額 を 控 除 した 金 額 )をリース 資 産 のリース 期 間 の 月 数 で 除 して 計 算 した 金 額 に 当 該 事 業 年 度 におけるリース 期 間 の 月 数 を 乗 じて 計 算 した 金 額 を 各 事 業 年 度 の 償 却 限 度 額 として 償 却 する 方 法 をいいます( 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 1 項 第 6 号 ) リース 期 間 定 額 法 の 各 事 業 年 度 の 償 却 限 度 額 当 該 事 業 年 度 におけるリース 期 間 の 月 数 (リース 資 産 の 取 得 価 額 - 賃 借 人 の 残 価 保 証 額 ) リース 期 間 の 月 数 なお リース 会 計 基 準 では 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 のリース 資 産 の 減 価 償 却 方 法 について 企 業 の 実 態 に 応 じたものを 選 択 適 用 するとされていますが 法 人 26

29 税 法 で 定 める リース 期 間 定 額 法 による 償 却 限 度 額 を 超 える 金 額 は 損 金 として 認 めら れないことに 留 意 する 必 要 があります したがって 当 該 リース 資 産 について リース 期 間 定 額 法 以 外 の 方 法 により 減 価 償 却 を 行 った 場 合 には リース 期 間 定 額 法 の 償 却 限 度 額 との 差 額 ( 償 却 過 不 足 )を 申 告 調 整 する 場 合 もあります (2) 所 有 権 移 転 リース 取 引 税 務 上 所 有 権 移 転 リース 取 引 の 目 的 となる 資 産 の 減 価 償 却 方 法 として リース 期 間 定 額 法 を 適 用 することはできず 賃 借 人 は 自 己 所 有 資 産 に 適 用 する 減 価 償 却 方 法 と 同 一 の 方 法 により 減 価 償 却 を 行 います なお リース 会 計 基 準 では 所 有 権 移 転 ファイナンス リース 取 引 のリース 資 産 の 減 価 償 却 方 法 について 自 己 所 有 の 固 定 資 産 に 適 用 する 減 価 償 却 方 法 と 同 一 の 方 法 により 減 価 償 却 費 を 算 定 することとされ 耐 用 年 数 は 経 済 的 使 用 可 能 予 測 期 間 とされています(リー ス 適 用 指 針 第 42 項 ) 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 1 項 第 6 号 Q19 残 価 保 証 額 が 設 定 されたリース 資 産 等 の 減 価 償 却 次 の 場 合 において リース 資 産 の 減 価 償 却 はどのように 行 いますか 1 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 において 賃 借 人 が 残 価 保 証 をしている 場 合 2 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 において 購 入 選 択 権 ( 割 安 ではないもの)が 付 与 されて いる 場 合 3 所 有 権 移 転 リース 取 引 において 割 安 購 入 選 択 権 が 付 与 されている 場 合 1 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 において 賃 借 人 が 残 価 保 証 をしている 場 合 賃 借 人 が 残 価 保 証 をしている 場 合 は 取 得 価 額 ( 取 得 価 額 をリース 料 総 額 とする 場 合 に はリース 料 総 額 以 下 本 問 において 同 じ )から 当 該 残 価 保 証 額 を 控 除 した 金 額 をリー ス 期 間 定 額 法 により 減 価 償 却 します 2 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 において 購 入 選 択 権 ( 割 安 ではないもの)が 付 与 されてい る 場 合 購 入 選 択 権 行 使 価 額 が 割 安 でない 場 合 その 価 額 は 取 得 価 額 に 含 まれませんので その 取 得 価 額 をリース 期 間 定 額 法 により 減 価 償 却 します 3 所 有 権 移 転 リース 取 引 において 割 安 購 入 選 択 権 が 付 与 されている 場 合 割 安 購 入 選 択 権 行 使 価 額 を 含 めた 価 額 を 取 得 価 額 として 自 己 所 有 資 産 と 同 一 の 減 価 償 却 方 法 で 償 却 します 27

30 (1) 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 において 賃 借 人 が 残 価 保 証 をしている 場 合 残 価 保 証 とは リース 期 間 終 了 時 に リース 物 件 の 処 分 価 額 が 契 約 上 取 り 決 めた 保 証 額 に 満 たない 場 合 は 借 手 に 対 して その 不 足 額 を 貸 手 に 支 払 う 義 務 が 課 される 条 件 の ことで 当 該 条 件 により 借 手 が 貸 手 に 支 払 うこととされている 額 を 残 価 保 証 額 といいま す(リース 適 用 指 針 第 15 項 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 1 項 第 6 号 ) リース 会 計 基 準 では リース 契 約 上 に 残 価 保 証 の 取 決 めがある 場 合 借 手 は リース 料 総 額 に 残 価 保 証 額 を 含 め その 含 めた 金 額 を 基 にリース 資 産 を 計 上 することとされて います(リース 適 用 指 針 第 22 項 ) また リース 資 産 の 償 却 に 当 たっては 原 則 として 当 該 残 価 保 証 額 を 残 存 価 額 とすることとされています(リース 適 用 指 針 第 27 項 ) 税 務 上 は 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 について 賃 借 人 が 残 価 保 証 をしている 場 合 におい て 当 該 残 価 保 証 額 がリース 資 産 の 取 得 価 額 に 含 まれているときは 取 得 価 額 から 当 該 残 価 保 証 額 を 控 除 した 金 額 をリース 期 間 定 額 法 により 減 価 償 却 します( 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の2 第 1 項 第 6 号 ) (2) 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 において 購 入 選 択 権 ( 割 安 ではないもの)が 付 与 されてい る 場 合 購 入 選 択 権 行 使 価 額 が 割 安 でない 場 合 その 購 入 選 択 権 の 行 使 が 確 実 でないことからそ の 価 額 は 取 得 価 額 に 含 まれません したがって その 取 得 価 額 をリース 期 間 定 額 法 により 減 価 償 却 します (3) 所 有 権 移 転 リース 取 引 において 割 安 購 入 選 択 権 が 付 与 されている 場 合 所 有 権 移 転 ファイナンス リース 取 引 については 割 安 購 入 選 択 権 行 使 価 額 を 含 めた 価 額 を 取 得 価 額 として 自 己 所 有 資 産 と 同 一 の 減 価 償 却 方 法 で 償 却 します 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 1 項 第 6 号 Q20 少 額 リース 資 産 の 損 金 算 入 の 取 扱 い 賃 借 人 は リース 資 産 について 少 額 減 価 償 却 資 産 の 損 金 算 入 または 一 括 償 却 資 産 の 均 等 償 却 の 規 定 を 適 用 できますか 賃 借 人 は 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 のリース 資 産 については 少 額 減 価 償 却 資 産 の 損 金 算 入 または 一 括 償 却 資 産 の 均 等 償 却 の 規 定 を 適 用 できません なお 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 損 金 算 入 の 特 例 については 一 定 の 要 件 を 満 たせば 適 用 することができます 28

31 自 己 所 有 の 減 価 償 却 資 産 のうち 取 得 価 額 10 万 円 未 満 の 少 額 減 価 償 却 資 産 は 取 得 時 に 損 金 算 入 することができ( 法 人 税 法 施 行 令 第 133 条 ) また 取 得 価 額 20 万 円 未 満 の 減 価 償 却 資 産 については 一 括 して 3 年 間 で 均 等 償 却 することができます( 法 人 税 法 施 行 令 第 133 条 の 2) しかし 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 に 係 るリース 資 産 については 法 人 税 法 施 行 令 第 133 条 及 び 第 133 条 の 2 の 規 定 中 リース 資 産 の 適 用 が 除 かれる 旨 が 規 定 されていますので 少 額 減 価 償 却 資 産 または 一 括 償 却 資 産 の 損 金 算 入 の 規 定 の 適 用 を 受 けることができず リ ース 期 間 定 額 法 で 減 価 償 却 することになります なお 租 税 特 別 措 置 法 第 42 条 の 4 第 6 項 に 定 める 中 小 企 業 者 又 は 農 業 協 同 組 合 等 で 青 色 申 告 書 を 提 出 するものは 平 成 22 年 3 月 31 日 ( 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 24 年 3 月 31 日 まで 延 長 予 定 )までの 間 に 取 得 価 額 が 10 万 円 以 上 30 万 円 未 満 であるなどの 一 定 の 要 件 を 満 たす 減 価 償 却 資 産 の 取 得 等 をし かつ 事 業 の 用 に 供 した 場 合 に その 事 業 の 用 に 供 した 日 を 含 む 事 業 年 度 において 損 金 経 理 を 要 件 にその 取 得 価 額 の 全 額 を 損 金 算 入 で きますが( 租 税 特 別 措 置 法 第 67 条 の 5 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 損 金 算 入 の 特 例 ) 税 務 上 売 買 があったものとされるリース 資 産 は 賃 借 人 において 取 得 した ものとなるため 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 に 係 るリース 資 産 についても 上 記 の 要 件 を 満 たせばこの 特 例 を 適 用 することができます 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 1 項 第 6 号 第 133 条 第 133 条 の 2 租 税 特 別 措 置 法 第 42 条 の 4 第 6 項 第 67 条 の 5 Q21 リース 資 産 の 償 却 限 度 額 計 算 に 用 いる 月 数 リース 期 間 定 額 法 による 償 却 限 度 額 計 算 における 月 数 の 数 え 方 を 教 えてください リース 資 産 の 償 却 限 度 額 計 算 に 用 いる 月 数 は リース 契 約 に 定 めるリース 期 間 の 月 数 となります (1) 法 人 税 法 の 規 定 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 にかかるリース 資 産 の 減 価 償 却 方 法 はリース 期 間 定 額 法 とさ れています リース 期 間 定 額 法 による 償 却 限 度 額 は 次 の 算 式 により 計 算 します リース 期 間 定 額 法 の 各 事 業 年 度 の 償 却 限 度 額 当 該 事 業 年 度 におけるリース 期 間 の 月 数 (リース 資 産 の 取 得 価 額 - 賃 借 人 の 残 価 保 証 額 ) リース 期 間 の 月 数 29

32 上 記 算 式 中 リース 期 間 とは リース 取 引 に 係 る 契 約 において 定 められているリー ス 資 産 の 賃 貸 借 の 期 間 をいいます また 償 却 限 度 額 計 算 の 際 に 用 いる 月 数 については 暦 に 従 って 計 算 し 一 月 に 満 たない 端 数 を 生 じたときは これを 一 月 とする ( 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 6 項 ) とされています (2) リース 期 間 の 月 数 通 常 リース 契 約 は リース 取 引 開 始 の 日 から 月 を 単 位 としてリース 期 間 が 設 定 さ れており リース 取 引 開 始 日 の 応 答 日 の 前 日 にリース 契 約 が 終 了 することとされています このため 通 常 のリース 契 約 において 上 記 算 式 中 分 母 の リース 期 間 の 月 数 に 一 月 に 満 たない 端 数 は 生 じません < 設 例 1> 契 約 条 件 リース 期 間 60ヵ 月 リース 取 引 開 始 日 ( 借 受 日 ) X1 年 4 月 1 日 この 場 合 リース 期 間 は X1 年 4 月 1 日 から X6 年 3 月 31 日 までとなります この ため 償 却 限 度 額 の 計 算 に 使 用 する リース 期 間 の 月 数 は60ヵ 月 となります < 設 例 2> 契 約 条 件 リース 期 間 60ヵ 月 リース 取 引 開 始 日 ( 借 受 日 ) X1 年 4 月 10 日 この 場 合 リース 期 間 は X1 年 4 月 10 日 から X6 年 4 月 9 日 までとなります こ の 場 合 でも リース 月 数 は 月 を 単 位 として 契 約 されているため 償 却 限 度 額 の 計 算 に 使 用 する リース 期 間 の 月 数 は60ヵ 月 となります リース 料 総 額 60,000 千 円 とすると 1 年 目 償 却 額 60,000 千 円 12 月 /60 月 =12,000 千 円 期 末 簿 価 48,000 千 円 2 年 目 償 却 額 60,000 千 円 12 月 /60 月 =12,000 千 円 期 末 簿 価 36,000 千 円 3 年 目 償 却 額 60,000 千 円 12 月 /60 月 =12,000 千 円 期 末 簿 価 24,000 千 円 4 年 目 償 却 額 60,000 千 円 12 月 /60 月 =12,000 千 円 期 末 簿 価 12,000 千 円 5 年 目 償 却 額 60,000 千 円 12 月 /60 月 =12,000 千 円 期 末 簿 価 0 千 円 6 年 目 ( 期 末 簿 価 0 千 円 のため 償 却 費 として 費 用 処 理 する 金 額 はない ) < 設 例 3> 契 約 条 件 リース 期 間 X1 年 4 月 10 日 から X6 年 4 月 末 日 この 場 合 には リース 期 間 は 60 ヵ 月 と 20 日 間 になります このため 一 月 に 満 た ない 端 数 が 生 じているため 償 却 限 度 額 の 計 算 に 使 用 する リース 期 間 の 月 数 は 61ヵ 月 となります 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 1 項 第 6 号 同 条 第 6 項 30

33 Q22 賃 借 人 の 減 価 償 却 に 関 する 明 細 書 賃 借 人 は 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 について リース 会 計 基 準 に 従 い 売 買 取 引 に 準 じた 処 理 を 採 用 し 減 価 償 却 しています 当 該 リース 資 産 の 減 価 償 却 費 について 明 細 書 を 確 定 申 告 書 に 添 付 する 必 要 がありますか 賃 借 人 は 当 該 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 に 係 るリース 資 産 の 減 価 償 却 費 について 明 細 書 を 確 定 申 告 書 に 添 付 する 必 要 があります (1) 明 細 書 の 添 付 減 価 償 却 資 産 につき 償 却 費 として 損 金 経 理 をした 金 額 がある 場 合 には 当 該 資 産 の 事 業 年 度 における 償 却 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 を 確 定 申 告 書 に 添 付 する 必 要 があります ( 法 人 税 法 施 行 令 第 63 条 第 1 項 ) (2) 明 細 書 の 記 載 方 法 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 に 係 るリース 資 産 は 耐 用 年 数 省 令 に 規 定 する 耐 用 年 数 を 適 用 する 資 産 ( 法 人 税 法 施 行 規 則 第 19 条 )に 該 当 しないため 資 産 の 種 類 の 区 分 ごとにま とめて 償 却 限 度 額 計 算 を 行 わず 基 本 的 には リース 資 産 ごとに 償 却 限 度 額 計 算 を 行 いま す 明 細 書 については 別 表 16(4) 旧 国 外 リース 期 間 定 額 法 若 しくは 旧 リース 期 間 定 額 法 またはリース 期 間 定 額 法 による 償 却 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 を 使 用 します この 際 明 細 書 の 種 類 構 造 細 目 欄 はリース 資 産 の 内 容 に 応 じて 記 載 します また 法 人 税 の 申 告 に 際 して リース 資 産 が 多 数 あるなどの 場 合 には 個 別 のリース 資 産 が 記 載 された 明 細 書 の 添 付 に 代 えて 当 該 明 細 書 を 保 存 している 場 合 に 限 り リース 資 産 の 種 類 ごとに 区 分 し その 区 分 ごとの 合 計 額 を 記 載 した 書 類 の 添 付 も 認 められます( 法 人 税 法 施 行 令 第 63 条 第 2 項 ) < 設 例 > 参 考 資 料 1 参 照 法 人 税 法 施 行 令 第 63 条 法 人 税 法 施 行 規 則 第 19 条 31

34 Q23 利 息 相 当 額 の 取 扱 い 賃 借 人 が リース 会 計 基 準 に 基 づいて 区 分 したファイナンス リース 取 引 に 係 る 利 息 相 当 額 は 税 務 上 損 金 算 入 が 認 められるのでしょうか リース 会 計 基 準 に 基 づいて 区 分 したファイナンス リース 取 引 に 係 る 利 息 相 当 額 は 税 務 上 合 理 的 に 区 分 したものとして 損 金 算 入 が 認 められます リース 会 計 基 準 では 借 手 は 原 則 として リース 料 総 額 を 利 息 相 当 額 部 分 と 元 本 返 済 額 部 分 に 区 分 し リース 取 引 開 始 時 にリース 料 総 額 のうち 元 本 返 済 額 部 分 の 金 額 をリ ース 資 産 として 資 産 計 上 し 同 額 をリース 債 務 として 負 債 計 上 することとされています そして リース 料 の 支 払 時 にリース 料 のうち 元 本 返 済 額 部 分 の 金 額 をリース 債 務 勘 定 から 減 額 し 利 息 相 当 額 部 分 は 支 払 利 息 として 費 用 計 上 することとされています なお リース 期 間 中 の 利 息 相 当 額 部 分 の 金 額 の 配 分 は 原 則 として 利 息 法 により 配 分 した 金 額 によることとされていますが リース 資 産 総 額 に 重 要 性 が 乏 しいと 認 められる 場 合 には 定 額 法 を 採 用 することができることとされています(リース 適 用 指 針 第 21 項 ~ 第 24 項 第 31 項 第 36 項 ~ 第 39 項 ) 税 務 上 支 払 利 息 相 当 額 については リース 会 計 基 準 による 処 理 にあわせて リース 期 間 の 経 過 に 応 じて 利 息 法 または 定 額 法 により 損 金 算 入 します( 法 人 税 基 本 通 達 7-6 の 2-9( 注 3)) 法 人 税 法 施 行 令 第 48 条 の 2 第 1 項 第 6 号 法 人 税 基 本 通 達 7-6 の 2-9 Q24 負 債 の 利 子 賃 借 人 が リース 料 総 額 から 利 息 相 当 額 を 区 分 している 場 合 において 支 払 リース 料 のう ち 支 払 利 息 として 計 上 した 額 は 法 人 税 法 第 23 条 第 4 項 ( 負 債 利 子 の 控 除 )に 規 定 する 支 払 う 負 債 の 利 子 に 該 当 しますか リース 会 計 基 準 に 基 づき 支 払 利 息 を 区 分 して 経 理 した 場 合 には 支 払 う 負 債 の 利 子 に 該 当 します 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 制 度 における 負 債 利 子 の 控 除 の 計 算 に 際 して リース 料 の 額 の 32

35 合 計 額 のうち 利 息 相 当 額 を 取 得 価 額 に 含 めずに 区 分 して 経 理 している 場 合 の 当 該 利 息 相 当 額 については 法 人 税 法 第 23 条 第 4 項 に 規 定 する 支 払 う 負 債 の 利 子 に 該 当 します ( 法 人 税 基 本 通 達 3-2-3) なお リース 料 総 額 から 利 息 相 当 額 を 区 分 していない 場 合 や そのリース 取 引 を 賃 貸 借 処 理 した 場 合 には 会 計 処 理 において 支 払 利 息 が 計 上 されていませんので 支 払 う 負 債 の 利 子 はないことになります 法 人 税 法 第 23 条 第 4 項 法 人 税 基 本 通 達 Q25 賃 貸 借 処 理 した 場 合 の 支 払 リース 料 の 取 扱 い 賃 借 人 が 所 有 権 移 転 外 リース 取 引 について 賃 貸 借 処 理 した 場 合 税 務 上 はどのような 取 扱 いになるのでしょうか 賃 借 人 が 賃 借 料 として 処 理 した 金 額 は 償 却 費 として 損 金 経 理 をした 金 額 に 含 まれます また 賃 貸 借 処 理 をした 場 合 には 減 価 償 却 に 関 する 明 細 書 の 添 付 は 不 要 とされています ただし 償 却 限 度 額 と 年 間 リース 料 が 異 なるような 場 合 には 申 告 調 整 が 必 要 となり 明 細 書 の 添 付 が 必 要 となります (1) リース 会 計 基 準 の 取 扱 い 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 については リース 契 約 1 件 当 たりのリース 料 総 額 が 300 万 円 以 下 のリース 取 引 など 個 々のリース 資 産 に 重 要 性 が 乏 しいと 認 められる 場 合 は 賃 貸 借 処 理 を 行 うことができます(リース 適 用 指 針 第 34 項 ) また 中 小 企 業 に 関 しては 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 以 下 中 小 企 業 会 計 指 針 という )により 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 の 賃 貸 借 処 理 が 認 められていま す( 中 小 企 業 会 計 指 針 74-3 項 ) (2) 税 務 上 の 取 扱 い リース 取 引 を 賃 貸 借 処 理 した 場 合 には 支 払 リース 料 は 減 価 償 却 費 として 損 金 経 理 した 金 額 に 含 まれるものとされ( 法 人 税 法 施 行 令 第 131 条 の 2 第 3 項 ) 原 則 として 減 価 償 却 に 関 する 明 細 書 の 添 付 は 不 要 となります( 法 人 税 法 施 行 令 第 63 条 第 1 項 ) 通 常 リース 料 が 月 払 いであれば 当 該 事 業 年 度 のリース 料 の 額 の 合 計 額 と 償 却 限 度 額 は 同 じであるため 償 却 過 不 足 は 生 じません しかしながら リース 料 を 年 払 い 等 とするよ うな 場 合 には リース 開 始 日 によっては 初 年 度 または 終 了 年 度 の 償 却 限 度 額 と 年 払 い 等 のリース 料 に 差 異 が 生 じ 償 却 過 不 足 の 申 告 調 整 が 必 要 な 場 合 があります( 法 人 税 基 本 通 33

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 に 基 づく 固 定 資 産 税 特 例 措 置 の 手 引 き < 第 1 版 > この 手 引 きは 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 認 定 経 営 力 向 上 計 画 に 基 づき 中 小 事 業 者 等 がファイナンス リース 取 引 により 設 備 を 導 入 した 場 合 に 適 用 が 受 けられる 固 定 資 産 税 特 例 措 置

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準)

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準) 医 政 発 0319 第 7 号 平 成 26 年 3 月 19 日 各 都 道 府 県 知 事 各 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 医 療 法 人 会 計 基 準 について 医 療 法 人 の 会 計 処 理 については これまで 病 院 会 計 準 則 の 改 正 について ( 平 成 16 年 8 月 19 日 医 政 発 0819001 号 厚 生

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

国立大学法人会計基準等検討会議(第2回)議事録・配付資料 [資料3(後半)]

国立大学法人会計基準等検討会議(第2回)議事録・配付資料 [資料3(後半)] 2. 実 務 上 の 観 点 から 要 請 された 項 目 第 24 行 政 サービス 実 施 コスト 第 24 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 独 法 基 準 の 改 訂 内 容 を 踏 まえ 語 句 訂 正 の 上 同 様 の 修 正 を 次 に 掲 げるコストは 行 政 サービス 実 施 コストに 次 に 掲 げるコストは 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コ 行

More information

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表 資 料 4 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 する Q& と ( 案 )の 新 旧 対 照 表 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 1. 有 形 固 定 資 産 の 譲 渡 取 引 に 係 る 会 計 処 理 の 見 直 し Q31 5 有 形 固 定 資 産

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 22 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 22 年 5 月 14 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

関税評価

関税評価 平 成 28 年 度 評 価 研 修 平 成 28 年 4 月 14.15 日 名 古 屋 税 関 業 務 部 関 税 評 価 部 門 1 税 関 における 租 税 収 入 額 について 税 関 約 8.9 兆 円 ( 関 税 輸 入 消 費 税 等 ) 事 後 調 査 における 徴 収 額 等 租 税 収 入 約 58 兆 円 ( 平 成 26 年 度 ) 種 別 申 告 漏 れ 課 税 価 格

More information

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63>

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63> 3 日 本 の 居 住 者 が 国 際 投 資 を 行 う 場 合 の 税 務 に 関 する 基 礎 知 識 (1) 居 住 者 と 非 居 住 者 の 区 分 の 重 要 性 個 人 が 国 際 取 引 を 行 った 場 合 海 外 と 国 内 の 課 税 を 考 える 上 で その 個 人 がわが 国 の 居 住 者 に 該 当 するのか あるいは 非 居 住 者 に 該 当 するのか 又 は

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 計 算 書 記 載 の 手 引 1 この 計 算 書 の 用 途 等 (1) 医 療 法 人 の 課 税 標 準 の 算 定 については 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 1 項 において 社 会 保 険 診 療 につき 支 払 を 受 けた 金 額 は 益 金 の 額 に 算 入 せず また 当 該 社 会 保 険 診 療 に 係 る 経 費 は 損

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp 平 成 21 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 21 年 5 月 15 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477>

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477> 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 手 引 きQ&A 163 164 第 1 章 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 概 要 第 2 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 問 2) 認 定 等 を 受 けたいと 考 えていますが どこに 相 談 すればよいでしょうか

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

Microsoft Word - 06-00表紙.doc

Microsoft Word - 06-00表紙.doc 外 形 標 準 課 税 Q&A 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 23 年 4 月 埼 玉 県 では 納 税 者 から 寄 せられた 質 問 や 実 地 調 査 から 収 集 した 事 例 を 中 心 に 外 形 標 準 課 税 Q&A を 作 成 しました 外 形 標 準 課 税 に 係 る 申 告 業 務 にお 役 立 てくだ さい < 目 次 > 付 加 価 値 額 総 論 番 号 質

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 について 平 成 27 年 3 月 経 済 産 業 省 目 次 1. 概 要 3ページ 2. 対 象 設 備 4ページ 3. 対 象 者 7ページ 4.A 類 型 ( 先 端 設 備 ) 8ページ 5.B 類 型 ( 生 産 ラインやオペレーションの 改 善 に 資 する 設 備 ) 11ページ 6. 中 小 企 業 者 等 の 上 乗 せ 措 置

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc 計 算 書 類 第 1 期 平 成 24 年 7 月 31 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 1. 貸 借 対 照 表 2. 損 益 計 算 書 3. 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 4. 個 別 注 記 表 株 式 会 社 あきんどスシロー 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板 疑 義 照 会 ( ) その 他 3 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 資 格 取 得 日 に 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 に 申 請 日 の 受 理 日 より 以 前 の 日 に 遡 及 することの 可 否 をご 教 示 願 います 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 には 厚 生 年 金 保 険 法 第 10 条 第 1 項

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

損 益 計 算 書 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 鉄 道 事 業 営 業 収 益 99,036 営 業 費 75,997 営 業 利 益 23,039 そ の 他 の 事 業 営 業 収 益 7

損 益 計 算 書 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 鉄 道 事 業 営 業 収 益 99,036 営 業 費 75,997 営 業 利 益 23,039 そ の 他 の 事 業 営 業 収 益 7 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 69,417 流 動 負 債 91,626 現 金 及 び 預 金 1,528 短 期 借 入 金 33,638 未 収 運 賃 4,523 リ ー ス 債 務 471 未 収 金 13,533 未 払

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information