ÅuÇ¢ÇÃÇøÇÃì`è≥Å[ócéôã≥àÁÇÃç™ä≤DžǬǢǃÅ[Åv

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ÅuÇ¢ÇÃÇøÇÃì`è≥Å[ócéôã≥àÁÇÃç™ä≤DžǬǢǃÅ[Åv"

Transcription

1 歎 異 抄 の 世 界 と 現 代 (2) - 第 1 章 弥 陀 の 誓 願 松 田 正 典 2011 年 9 月 20 日 TSS 文 化 大 学 で 講 演 する 筆 者 原 文 弥 陀 の 誓 願 不 思 議 にたすけられまいらせて 往 生 をばとぐるなりと 信 じて 念 仏 もうさんとお もいたつこころのおこるときすなわち 摂 取 不 捨 の 利 益 にあづけしめたまうなり ( 第 1 段 ) 弥 陀 の 本 願 には 老 少 善 悪 の 人 をえらばれず ただ 信 心 を 要 とすと 知 るべし ( 第 2 段 ) その 故 は 罪 悪 深 重 煩 悩 熾 盛 の 衆 生 をたすけんがための 願 にまします ( 第 3 段 ) しかれば 本 願 を 信 ぜんには 他 の 善 も 要 にあらず 念 仏 にまさるべき 善 なき 故 に 悪 をもおそるべ からず 弥 陀 の 本 願 をさまたぐるほどの 悪 なき 故 にと 云 々 ( 第 4 段 ) 第 1 段 弥 陀 の 誓 願 不 思 議 にたすけられまいらせて 往 生 をばとぐるなりと 信 じて 念 仏 もうさんとおも いたつこころのおこるときすなわち 摂 取 不 捨 の 利 益 にあづけしめたまうなり 語 彙 弥 陀 阿 弥 陀 仏 梵 語 amita mita は 量 る a はその 否 定 amita は 無 量 の 義 仏 は 梵 語 buddha の 音 訳 自 覚 と 覚 他 の 覚 行 が 成 就 した 存 在 誓 願 大 無 量 寿 経 の 四 十 八 の 誓 願 一 々の 願 に 若 不 1

2 生 者 不 取 正 覚 の 誓 いの 言 があるので 誓 願 と 呼 ばれる 第 十 八 願 は 至 心 信 楽 の 願 とも 念 仏 往 生 の 願 ともよばれ この 願 を 特 に 弥 陀 の 本 願 弥 陀 の 誓 願 とよぶ 不 思 議 五 種 の 不 思 議 (1) 衆 生 多 少 不 思 議 衆 多 の 生 命 の 不 思 議 (2) 業 力 不 思 議 生 命 の 働 きの 不 思 議 (3) 龍 力 不 思 議 大 自 然 のいとなみの 不 思 議 (4) 禅 定 力 不 思 議 人 間 の 精 神 のはたらきの 不 思 議 (5) 仏 法 力 不 思 議 仏 法 の 働 きの 不 思 議 摂 取 不 捨 の 利 益 一 切 の 衆 生 を 救 う 法 蔵 菩 薩 のはたらき 1. 大 いなる 願 い 浄 土 三 部 経 の 一 つ 大 無 量 寿 経 ( 以 下 大 経 )は 伽 話 の 形 式 で 顕 されている 一 人 の 国 王 が 世 自 在 王 如 来 という 名 の 仏 の 御 許 において 説 法 を 聞 いて 無 上 の 正 真 道 意 をおこし 国 をすて 王 位 をすて 一 人 の 沙 門 となり 法 蔵 と 名 のった そして 速 やかに 正 覚 を 成 じ もろもろの 生 死 の 苦 の 本 を 抜 かん と の 願 をおこし 五 劫 を 具 足 して 荘 厳 仏 国 清 浄 の 行 を 思 惟 し 摂 取 し 四 十 八 の 誓 願 を 立 て 成 道 して 無 量 寿 仏 ( 阿 弥 陀 仏 )と 名 のった 劫 とは 梵 語 のカルパの 音 訳 の 劫 波 の 略 語 きわめて 永 い 時 を 表 す 法 蔵 菩 薩 の 四 十 八 の 誓 願 は 三 つの 願 群 から 成 り 立 つ ( 児 玉 暁 洋 氏 紀 要 論 文 による) (1) 人 間 生 成 の 願 群 ( 第 一 願 から 第 十 一 願 ) (2) 仏 道 成 就 の 願 群 ( 第 十 一 願 から 第 二 十 二 願 ) (3) 菩 薩 道 展 開 の 願 群 ( 第 二 十 二 願 から 第 四 十 八 願 ) ここで 分 水 嶺 となる 願 の 名 を 挙 げておこう 第 一 願 無 三 悪 趣 の 願 地 獄 餓 鬼 畜 生 を 三 悪 趣 と いう 建 立 した 国 土 に 三 悪 趣 の 無 いことを 誓 う 願 である 三 悪 趣 については 後 に 解 説 する 第 十 一 願 必 至 滅 度 の 願 衆 生 が 生 老 病 死 の 苦 海 を 虚 しく 流 転 することなく 必 ず 煩 悩 滅 却 の 涅 槃 に 至 る( 真 の 人 間 形 成 )を 誓 う 願 である 第 二 十 二 願 一 生 補 処 の 願 世 界 に 一 つでも 生 死 の 苦 海 を 流 転 するいのちが あるならば 建 立 した 国 土 の 主 となることやめて 苦 海 に 留 まり 済 度 に 働 くことを 誓 う 願 これを 古 来 普 賢 菩 薩 の 大 徳 という 第 四 十 八 願 聞 名 得 忍 不 退 転 の 願 阿 弥 陀 仏 の 名 を 聞 いて 深 甚 の 世 界 を 認 識 し 不 退 転 に 生 きる 菩 薩 行 を 誓 う 願 である 2. 大 いなるはたらき 念 仏 申 す とは 南 無 阿 弥 陀 仏 と 口 称 することであるが なぜ 念 仏 申 さんとおもいたつ 心 のおこる とき に 摂 取 不 捨 の 利 益 が 成 就 するのか 人 は 五 欲 煩 悩 に 迷 惑 し 愛 別 離 苦 に 懊 悩 し 生 死 の 苦 海 を 虚 しく 流 転 する 存 在 大 経 は 浄 土 の 功 徳 によって 生 死 の 苦 海 そのものを 功 徳 の 宝 海 となそうとい う 法 蔵 菩 薩 の 誓 願 を 説 く 法 蔵 菩 薩 の 仏 道 成 就 の 願 群 の 中 阿 弥 陀 仏 の 名 に 法 蔵 菩 薩 の 兆 才 永 劫 の 願 行 の 功 徳 を 集 約 し 名 を 聞 く 者 の 全 てを 救 うと 第 十 八 願 に 誓 われた これを 本 願 という 歎 異 抄 第 1 章 の 弥 陀 の 誓 願 とはこの 本 願 をさす 大 乗 仏 教 の 祖 龍 樹 大 士 は 阿 弥 陀 仏 の 誓 願 を 生 死 の 苦 海 に 浮 かぶ 弘 誓 の 船 と 讃 えられる 弘 誓 とは 大 いなる 願 いとそのはたらきを 意 味 する 親 鸞 聖 人 は 次 のように 詠 われる 生 死 の 苦 海 ほとりなし ひさしくしずめるわれらをば 弥 陀 弘 誓 のふねのみぞ のせて 必 ずわたしける ( 高 僧 和 讃 龍 樹 章 ) 晩 年 の 親 鸞 聖 人 のことば 五 劫 思 惟 の 願 をよくよく 案 ずれば 親 鸞 一 人 がためなりけり さればそく ばくの 業 を 身 にてありけるをたすけんと 思 しめし 発 ちける 本 願 のかたじけなさよ 歎 異 抄 後 序 3. 救 済 と 自 覚 釈 迦 は 人 の 上 に 常 楽 我 浄 は 無 いとご 覧 になる そして 常 楽 我 浄 無 きに 常 楽 我 浄 有 ると 思 うを 四 顛 倒 四 つの 顛 倒 (てんどう)の 妄 想 と 教 えられた 常 とは 永 遠 性 楽 とはユートピア 2

3 我 とは 揺 るぎない 自 己 浄 とは 汚 れのない 世 界 人 は 常 楽 我 浄 を 求 めてやまない 真 の 救 済 は 必 ず 自 覚 を 伴 う 自 覚 とは 大 いなる 智 慧 に 照 らされた 自 己 へのめざめであり( 全 否 定 ) あるがままの 自 己 を 自 己 として 肯 く 身 となること( 全 肯 定 )である それは 大 いなる 智 慧 ( 仏 智 )への 目 覚 めであり 翻 って 現 実 への 確 かな 目 覚 めである 4. 往 生 をとぐる( 救 済 の 道 理 ) (1) 岩 波 仏 教 辞 典 の 往 生 の 解 説 1この 世 の 命 が 終 わって 他 の 世 界 に 生 まれることをいうが 浄 土 思 想 の 発 展 によって この 穢 土 を 離 れ てかの 浄 土 に 往 き 生 まれることをいうようになった 2 往 生 思 想 は 生 天 思 想 にその 源 流 をみることができる しかし 両 者 の 間 には 決 定 的 な 違 いがある 生 天 は 輪 廻 の 世 界 を 超 えるものでない 往 生 浄 土 は 輪 廻 を 脱 して 仏 の 世 界 に 到 るという 意 味 を 持 つ 3 浄 土 真 宗 では 真 実 報 土 に 往 生 する 化 生 と 方 便 化 土 に 往 生 する 胎 生 を 説 く またこの 世 で 往 生 が 定 ま ることを 即 得 往 生 浄 土 に 生 まれることを 難 思 議 往 生 という (2) 生 天 思 想 のもつ 迷 妄 性 生 きているときに 善 行 を 積 んでその 善 因 によって 天 界 に 生 まれることを 説 く 生 天 思 想 は 洋 の 東 西 を 問 わず 素 朴 に 求 められ 続 けている 民 間 信 仰 である それは 霊 魂 の 輪 廻 思 想 に 根 ざしており 釈 尊 以 前 の バラモン 教 の 中 に 既 にあった ( 霊 魂 の 六 道 輪 廻 )その 迷 妄 性 は 現 実 卑 下 と 現 実 からの 逃 走 にある 釈 尊 は 霊 魂 の 輪 廻 思 想 を いのちの 尊 厳 を 損 なう 迷 妄 とし 縁 起 の 法 としての 業 の 六 道 輪 廻 を 説 きになった 人 間 の 行 為 ( 業 )が 地 獄 ( 際 限 のない 苦 の 世 界 ) 餓 鬼 ( 際 限 のない 餓 えの 世 界 ) 畜 生 ( 際 限 のない 囚 われの 世 界 ) 修 羅 ( 際 限 のない 闘 争 の 世 界 ) 人 間 天 上 と 経 巡 る 人 間 性 ( 間 柄 的 存 在 求 道 的 存 在 )を 回 復 し 業 の 輪 廻 を 横 に 超 出 して 仏 に 等 しい 正 覚 を 開 く 道 であるが 故 に 大 経 に 説 かれる 仏 道 ( 浄 土 教 )は 横 超 の 直 道 といわれる 浄 土 教 は 生 天 思 想 ( 魔 界 外 道 )ではないが 長 い 歴 史 においては 生 天 思 想 に 転 落 した 事 実 もあった この 世 の 辛 苦 があの 世 で 報 われるという 思 想 は 個 としての 尊 厳 の 自 覚 を 伴 わず 民 衆 を 眠 らせる 封 建 統 治 に 荷 担 したとの 批 判 もある 第 2 段 弥 陀 の 本 願 には 老 少 善 悪 の 人 をえらばれず ただ 信 心 を 要 とすと 知 るべし 1. 真 の 人 間 形 成 としての 成 仏 道 Self-Identity 大 経 に 説 かれる 法 蔵 菩 薩 は 生 死 の 苦 海 を 流 転 する 衆 生 の 救 済 のために 四 十 八 の 願 を 立 て 浄 土 を 建 立 し 一 切 の 衆 生 の 往 生 浄 土 の 願 成 就 の 暁 に 阿 弥 陀 仏 となりたもうた それ 故 先 の 仏 道 成 就 の 願 群 は 国 土 成 就 の 願 群 ともいう 仏 ( 浄 土 の 主 体 )の 成 就 によって 国 土 ( 浄 土 )が 成 就 する こ の 国 土 の 功 徳 によって 穢 土 ( 生 死 の 苦 海 )の 主 体 ( 衆 生 )が 化 身 土 ( 浄 土 に 生 まれる 道 往 き)の 主 体 と なるところに 真 の 人 間 形 成 ( 成 仏 道 ) がある 自 灯 明 (Self-Identity)は 法 灯 明 (Dharma-Identity) によって 成 就 するのである 2. 救 済 の 根 本 弥 陀 の 本 願 ( 大 悲 の 願 ) 仏 道 成 就 の 願 群 の 中 迷 い 深 い 身 に 目 覚 めて わが 名 を 呼 べ わが 名 を 口 称 する 者 は 悉 く 必 ず 往 生 浄 土 において 不 退 転 となす ( 善 導 大 師 と 法 然 聖 人 の 釈 )と 誓 われる 第 十 八 願 を 阿 弥 陀 仏 の 本 願 ( 弥 陀 の 本 願 )とされたのであった 三 木 清 の 言 葉 を 借 りれば 絶 対 なるものの 自 己 限 定 なのである ここに 救 済 の 根 本 がある 3

4 第 3 段 その 故 は 罪 悪 深 重 煩 悩 熾 盛 の 衆 生 をたすけんがための 願 にまします バラモンの 説 く 地 獄 と 餓 鬼 は 死 後 の 世 界 であったが 仏 説 においては いずれもわれら 情 有 るものの 現 前 の 事 実 である 中 村 元 著 古 典 を 読 む 往 生 要 集 ( 岩 波 書 店 )によると 地 獄 の 哲 学 的 意 義 は シ ナの 天 台 大 師 によって 特 に 深 められた 地 獄 はわれわれを 離 れたところにあるのではなくて われわれ 自 身 のすがた なのである 法 蔵 菩 薩 は 生 死 の 苦 海 を 流 転 する 衆 生 を 本 願 酬 報 の 国 土 である 浄 土 に 往 生 せしめ その 国 土 の 功 徳 に 依 って 煩 悩 具 足 の 身 でありながら 大 涅 槃 を 証 す 身 となす(ここに 救 済 の 本 質 がある)ことを 誓 わ れた この 法 蔵 のはたらきを 天 親 菩 薩 は 仏 土 の 功 徳 仏 の 功 徳 菩 薩 の 功 徳 の 三 種 の 功 徳 荘 厳 をも って 讃 嘆 なさった 親 鸞 聖 人 は これを 次 のように 讃 ぜられる 本 願 力 にあいぬれば むなしくすぐるひとぞなき 功 徳 の 宝 海 みちみちて 煩 悩 の 濁 水 へだてなし ( 高 僧 和 讃 天 親 菩 薩 ) 第 4 段 しかれば 本 願 を 信 ぜんには 他 の 善 も 要 にあらず 念 仏 にまさるべき 善 なき 故 に 悪 をもおそるべ からず 弥 陀 の 本 願 をさまたぐるほどの 悪 なき 故 にと 云 々 1. 善 悪 とは 何 か 善 悪 とは 社 会 規 範 であり 社 会 的 に 規 定 されたルールを 守 るのが 善 ルール 違 反 が 悪 と 考 える 私 ど もは 社 会 規 範 のお 陰 で 今 日 の 安 全 な 生 活 が 提 供 されている 事 実 も 忘 れてはならない しかし 深 い 精 神 文 化 が 伝 承 されているところに 社 会 規 範 が 保 たれる 本 当 の 基 盤 がある 深 い 精 神 文 化 の 伝 承 が 失 わ れる 時 国 家 全 体 が 荒 廃 に 向 かうこと 必 定 である 精 神 の 深 さは 善 悪 をどう 見 るかにある ブッダ 釈 尊 は 善 悪 を 社 会 規 範 とはご 覧 にならない 悪 とは 地 獄 餓 鬼 畜 生 の 三 悪 趣 の 世 界 とご 覧 になる すなわち いのちの 尊 厳 を 損 なう 行 為 もしくは 尊 厳 が 損 なわれた 世 界 を 悪 という したがっ て 善 とは 三 悪 道 を 出 ずる 行 為 人 間 性 を 回 復 する 行 為 人 間 性 を 保 持 する 行 為 人 間 の 子 を 人 間 と 成 す 行 為 である 2. 深 い 悲 しみと 大 いなる 歓 び 三 悪 道 を 出 ずる 行 為 としての 善 行 を 修 善 (しゅぜん) という 観 無 量 寿 経 ( 以 下 観 経 )には 修 善 として 心 の 行 定 善 (じょうぜん) 十 三 観 と 身 の 行 散 善 (さんぜん) 三 観 とが 説 かれる 定 善 散 善 の 修 行 を 旨 として 仏 道 を 歩 む 機 類 を 定 散 (じょうさ ん)の 諸 機 という ( 善 導 観 経 四 帖 疏 : 真 宗 聖 教 全 書 編 纂 所 編 真 宗 聖 教 全 書 第 1 巻 に 収 録 ) 増 谷 文 雄 師 は 対 他 的 に 人 間 関 係 の 問 題 として 人 はなにをなすべきか なにをしてはならぬか という 問 いに 答 えるのが 倫 理 学 の 課 題 であり 対 自 的 に 自 己 の 人 間 形 成 の 問 題 として 業 を 問 う のが 仏 教 独 自 のアプローチだとし 仏 教 の 業 を 説 くことは はなはだ 広 く 深 く かつ 精 細 であって その 業 説 はまさに 仏 教 独 特 のものであるというに 相 応 しい 思 うにそれはブッダ ゴータマの 正 覚 によ ってなれる 縁 起 無 常 無 我 ないし 因 果 などの 思 想 的 基 盤 があって はじめて かくも 広 く 深 く か つ 精 細 な 業 思 想 の 展 開 を 可 能 ならしめたものと 考 えられる といっておられる 業 は 身 口 意 の 三 業 として 説 かれる 増 谷 師 は 釈 尊 は 意 業 に 最 も 重 きをおかれることを 注 意 され 釈 尊 の 説 かれる 人 間 形 成 は1 父 母 所 成 2 飲 食 所 成 3 意 識 所 成 であるとし 意 識 所 成 とは 意 識 が 人 間 を 形 成 する こ とであり ここに 人 間 のみの 持 つ 自 由 意 志 の 参 加 があるとなさる ( 増 谷 文 雄 業 と 宿 業 講 談 社 ) 人 の 子 が 人 間 となる 行 為 が 善 であるということは 人 間 には 自 己 の 存 在 を 賭 しての 善 への 深 い 執 着 が あるといわねばならない それが 悪 を 恐 れる 心 の 根 底 にある 4

5 いのちの 尊 厳 の 成 就 を 志 求 する 心 菩 提 を 求 める 心 であった 筈 の 定 善 散 善 を 大 事 に 思 う 心 そのもの が 自 らのいのちの 尊 厳 を 損 なうという 事 実 親 鸞 はこれを 定 散 心 と 名 づけて 萬 行 諸 善 の 仮 門 ( 第 十 九 願 )と 善 本 徳 本 の 真 門 ( 第 二 十 願 )として 教 示 し この 門 を 開 き 如 来 選 択 の 願 海 ( 第 十 八 願 )に 転 入 せしむことこそ 釈 尊 の 隠 密 の 意 であることを 明 らかにした 喩 えれば 定 善 散 善 は 卵 のいのちにとっての 殻 殻 は 卵 のいのちを 守 ってきたものであるとともに ひよことなることの 障 りであり 障 りが 障 りと 自 覚 させることが 親 鳥 のはたらき 定 善 は 親 の 心 に 触 れ る 縁 散 善 は 親 のはたらきに 遇 う 縁 となる 観 経 に 伝 えられる 五 逆 の 人 アジャセも 謗 法 の 人 ダイバダッタも 元 はといえば 定 散 心 なのである 海 に 浮 かぶ 一 個 の 青 石 これを 十 悪 という 石 を 除 こうとして 見 ると 水 面 下 に もっと 大 きな 青 石 が 拡 がっている これを 五 逆 謗 法 という さらに 定 散 心 という 大 石 になって 地 球 の 芯 まで 繋 がっていたと この 深 い 悲 しみに 目 覚 める 者 にのみ 大 いなる 歓 びが 知 られてくる 悪 をも 恐 るべからず 弥 陀 の 本 願 をさまたぐるほどの 悪 なき 故 に とは 自 らの 定 散 心 に 傷 つく 者 に かけられた 大 慈 悲 仏 心 である 観 経 には 仏 心 とは 大 慈 悲 これなり とある 3. 善 導 の 教 えと 才 市 の 歌 善 導 大 師 の 二 種 の 深 信 ( 善 導 観 経 四 帖 疏 親 鸞 教 行 証 文 類 信 巻 引 用 ) 一 には 決 定 して 深 く 自 身 は 現 にこれ 罪 悪 生 死 の 凡 夫 曠 劫 よりこのかた 常 に 没 し 常 に 流 転 して 出 離 の 縁 あることなしと 信 ず ( 古 来 機 の 深 信 と 呼 ばれる ) 二 には 決 定 して 深 く かの 阿 弥 陀 仏 の 四 十 八 願 は 衆 生 を 摂 受 したまうこと 疑 なく 慮 りなく かの 願 力 に 乗 じて 定 めて 往 生 を 得 と 信 ず ( 古 来 法 の 深 信 と 呼 ばれる ) 才 市 ( )の 歌 慚 愧 歓 喜 は 法 の 宝 で 世 界 国 土 がみな 慚 愧 世 界 国 土 がみな 歓 喜 慚 愧 歓 喜 のなむあみだぶつ ( 藤 秀 璻 宗 教 詩 人 才 市 鈴 木 大 拙 妙 好 人 共 に 法 蔵 館 ) ここに 西 田 幾 多 郎 の 絶 対 矛 盾 的 自 己 同 一 ( 西 田 幾 多 郎 全 集 第 9 巻 )と 場 所 的 論 理 と 宗 教 的 世 界 観 ( 同 第 11 巻 )のルーツがある ( 本 稿 は 平 成 23 年 9 月 20 日 に TSS 文 化 大 学 で 行 った 講 演 の 概 要 である ) 5

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

2 期 持 総 持 浄 義 信 挟 ん? 律 律 亮 間 置 将 務 続 2 降 嫡 歴 沢 3 祖 祖 如 来 数 太 夫 夫 又 釈 迦 ず 朔 円 於 濯 悉 瀉 瓶 此 外 無 歟 權 亮 猶 池 宝 濯 ず 肥 閣 ず 随 濯 寂 於 濯 将 又 濯 舎 就 又 南 随 濯

2 期 持 総 持 浄 義 信 挟 ん? 律 律 亮 間 置 将 務 続 2 降 嫡 歴 沢 3 祖 祖 如 来 数 太 夫 夫 又 釈 迦 ず 朔 円 於 濯 悉 瀉 瓶 此 外 無 歟 權 亮 猶 池 宝 濯 ず 肥 閣 ず 随 濯 寂 於 濯 将 又 濯 舎 就 又 南 随 濯 1 苫 米 地 誠 じ 創 鳥 羽 や 美 得 帰 依 的 地 占 祖 広 沢 随 就 善 巧 頭 密 浄 嫡 釈 迦 嫡 異 密 頭 乗 繋 多 嫡 1 期 嫡 数 繋 今 彼 等 述 べ み 2 期 持 総 持 浄 義 信 挟 ん? 律 律 亮 間 置 将 務 続 2 降 嫡 歴 沢 3 祖 祖 如 来 数 太 夫 夫 又 釈 迦 ず 朔 円 於 濯 悉 瀉 瓶 此 外 無 歟 權 亮 猶 池

More information

不 動 明 王 像 降 三 世 明 王 像 軍 荼 利 明 王 像 江 戸 時 代 慶 長 13 年 (1608)/ 34 重 文 五 大 明 王 像 ( 五 大 堂 安 置 ) 5 軀 木 造 彩 色 金 剛 夜 叉 明 王 像 頭 部 鎌 倉 時 代 (14 世 紀 ) 体 部 江 戸 時 代

不 動 明 王 像 降 三 世 明 王 像 軍 荼 利 明 王 像 江 戸 時 代 慶 長 13 年 (1608)/ 34 重 文 五 大 明 王 像 ( 五 大 堂 安 置 ) 5 軀 木 造 彩 色 金 剛 夜 叉 明 王 像 頭 部 鎌 倉 時 代 (14 世 紀 ) 体 部 江 戸 時 代 第 1 章 醍 醐 寺 のなりたち - 理 源 大 師 聖 宝 - 1 重 文 理 源 大 師 坐 像 1 軀 木 造 彩 色 鎌 倉 時 代 13 世 紀 京 都 醍 醐 寺 2 理 源 大 師 像 1 幅 絹 本 著 色 室 町 時 代 14~15 世 紀 京 都 醍 醐 寺 3 重 文 醍 醐 根 本 僧 正 略 伝 1 巻 紙 本 墨 書 平 安 時 代 10 世 紀 京 都 醍 醐 寺 4

More information

1 3 17 彩 メ モ ア 普 段 比 べ ゃ 初 要 何 ぱ 初 要 頃 講 檀 家 称 開 練 習 残 季 節 ぜ 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 夜 等 道 観 想 観 基 づ 真 沈 太 陽 浮 べ 両 祝 コ 般 的 民 祝 関 律 然 物 慈 敬 亡 偲 ぶ 昔 然 羽 ン ビ ュ 計

1 3 17 彩 メ モ ア 普 段 比 べ ゃ 初 要 何 ぱ 初 要 頃 講 檀 家 称 開 練 習 残 季 節 ぜ 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 夜 等 道 観 想 観 基 づ 真 沈 太 陽 浮 べ 両 祝 コ 般 的 民 祝 関 律 然 物 慈 敬 亡 偲 ぶ 昔 然 羽 ン ビ ュ 計 羽 義 昭 ン ビ ュ シ ズ 1 室 談 悪 発 数 3 千 2013 年 3 第 12 号 年 4 回 発 号 解 Saiganji Sainomiyako Memorial Park News 然 上 1 3 17 彩 メ モ ア 普 段 比 べ ゃ 初 要 何 ぱ 初 要 頃 講 檀 家 称 開 練 習 残 季 節 ぜ 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 夜 等 道 観 想 観 基 づ 真 沈

More information

Taro-第十二回 聲明(入れ替)

Taro-第十二回 聲明(入れ替) - 安 政 本 聲 明 品 について- 西 本 願 寺 の 法 要 儀 式 に 用 いる 聲 明 は 京 都 大 原 に 位 置 する 天 台 宗 の 魚 山 に 伝 え られた 魚 山 聲 明 を 源 流 とする 本 願 寺 の 法 要 儀 式 は 幾 多 の 変 遷 を 経 ているが 現 在 見 られる 形 式 の 原 形 は 本 願 寺 第 14 代 寂 如 上 人 (1651-1725)の

More information

彙報.indd

彙報.indd 七 年 度 卒 業 並 び 科 指 導 民 米 雄 活 言 影 響 力 千 琢 我 無 我 転 泰 キ ス ト 較 近 悦 常 活 よ 批 判 政 看 話 黙 徴 治 習 合 探 っ 斎 淳 宏 智 韓 交 流 治 期 運 動 哉 古 住 雀 邊 惇 諒 布 矢 巌 量 機 宏 妖 怪 侑 紀 森 浩 輔 随 聞 豊 哲 愛 捶 摂 竹 育 園 編 纂 敬 乘 通 こ こ ろ え 陽 両 祖 鳥 順

More information

ジャナ No. 既 ふ 気 暑 寒 照 零 球 呑 気 空 気 凄 温 差 宇 宙 温 暑 寒 球 条 件 命 眺 評 価 造 満 爾 = 衆 迷 宇 宙 負 迷 ね 話 既 満 足 周 嫌 敵 切 皆 苦 釈 迦 観 凡 夫 悪 罪 悪 深 重 煩 悩 就 煩 悩 具 足 煩 悩 就 煩 悩 感

ジャナ No. 既 ふ 気 暑 寒 照 零 球 呑 気 空 気 凄 温 差 宇 宙 温 暑 寒 球 条 件 命 眺 評 価 造 満 爾 = 衆 迷 宇 宙 負 迷 ね 話 既 満 足 周 嫌 敵 切 皆 苦 釈 迦 観 凡 夫 悪 罪 悪 深 重 煩 悩 就 煩 悩 具 足 煩 悩 就 煩 悩 感 紙 写 祖 遠 庭 様 描 絵 推 岩 瀬 庫 蔵 之 図 抜 粋 信 憑 江 戸 達 祖 徳 謝 勢 ぶ 資 料 楽 僧 遠 供 舞 夢 精 進 努 北 震 描 想 泡 未 未 練 ぎ 凡 愚 鈍 恥 共 支 援 精 杯 裂 細 胞 織 破 壊 築 家 族 夫 婦 絆 破 壊 末 訪 福 N o. 8 紹 介 財 コ ミ 仕 飲 込 果 未 誌 面 面 竹 橋 太 氏 描 遠 絵 飢 饉 苦 民

More information

かんぷー 通 信 もうすぐお 盆 その 由 来 はいったい!? 秋 田 県 の 夏 の 風 物 詩 竿 灯 も 終 わり 秋 が 駆 け 足 でやってこようとしています さて 今 回 は あと 数 日 で 迎 える お 盆 についてお 話 したいと 思 います そもそも お 盆 って えっ! 逆 さ

かんぷー 通 信 もうすぐお 盆 その 由 来 はいったい!? 秋 田 県 の 夏 の 風 物 詩 竿 灯 も 終 わり 秋 が 駆 け 足 でやってこようとしています さて 今 回 は あと 数 日 で 迎 える お 盆 についてお 話 したいと 思 います そもそも お 盆 って えっ! 逆 さ 墓 石 仏 壇 の かんぷー がお 届 けする 手 作 り 新 聞 かんぷー 通 信 トピック もうすぐお 盆 その 由 来 はいったい!? 盆 提 灯 と 霊 前 灯 お 客 様 からの 声 ~お 墓 づくり お 仏 壇 を 私 達 に 托 して 頂 いた 方 ~ 法 事 法 要 四 十 九 日 がよくわかる かんぷー 通 信 もうすぐお 盆 その 由 来 はいったい!? 秋 田 県 の 夏 の

More information

石碑・石仏の基礎知識 仏の世界を理解する

石碑・石仏の基礎知識 仏の世界を理解する 石 碑 石 仏 の 基 礎 知 識 仏 の 世 界 を 理 解 する 平 成 26 年 2 月 20 日 勉 強 会 資 料 うすい 石 碑 しらべ 隊 本 勉 強 会 の 主 要 な 項 目 1. 石 造 物 石 仏 石 碑 石 神 (ことばの 違 い) 2. お 堂 の 中 の 仏 像 石 仏 石 神 ( 儀 軌 と 民 間 信 仰 ) 3. 仏 の 世 界 ( 三 界 六 道 如 来 菩 薩

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 心 と 脳 の 関 係 : 包 括 的 一 元 論 の 構 築 脳 科 学 現 象 学 唯 識 教 義 の 三 者 における 共 通 点 を 見 出 すことにより 脳 ( 物 )と 心 を 隔 てる 歴 史 的 文 化 的 科 学 的 な 障 壁 を 乗 り 越 えることを 目 指 す 内 省 心 理 学 唯 識 科 学 脳 科 学 現 象 学 哲 学 2014 11 22 研 究 会 資 料 1

More information

<5461726F2D8E9197BF8254817C82508740814091E592C38E7393C195CA95DB>

<5461726F2D8E9197BF8254817C82508740814091E592C38E7393C195CA95DB> 資 料 5-1 大 津 市 における 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 の 都 市 計 画 決 定 について 目 次 1. 大 津 市 の 古 都 指 定 に 関 する 歴 史 的 風 土 部 会 での 審 議 経 緯 1 2. 大 津 市 の 古 都 指 定 についての 理 由 等 2 3. 大 津 市 の 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 の 都 市 計 画 決 定 の 考

More information

重 要 文 化 財 三 明 寺 防 雷 工 事 愛 知 県 重 要 文 化 財 性 海 寺 多 宝 塔 防 雷 工 事 愛 知 県 重 要 文 化 財 太 山 寺 防 雷 工 事 兵 庫 県 重 要 文 化 財 瑠 璃 光 寺 五 重 塔 防 雷 工 事 山 口 県 浄 国 寺 防 雷 工 事 千

重 要 文 化 財 三 明 寺 防 雷 工 事 愛 知 県 重 要 文 化 財 性 海 寺 多 宝 塔 防 雷 工 事 愛 知 県 重 要 文 化 財 太 山 寺 防 雷 工 事 兵 庫 県 重 要 文 化 財 瑠 璃 光 寺 五 重 塔 防 雷 工 事 山 口 県 浄 国 寺 防 雷 工 事 千 国 宝 法 隆 寺 西 室 三 経 院 避 雷 針 工 事 奈 良 市 国 宝 法 隆 寺 東 大 門 避 雷 針 工 事 奈 良 市 国 宝 法 隆 寺 大 講 堂 避 雷 針 工 事 奈 良 市 国 宝 法 隆 寺 夢 殿 外 院 避 雷 針 工 事 奈 良 市 金 峰 山 寺 蔵 王 堂 避 雷 針 工 事 奈 良 県 国 宝 東 大 寺 南 大 門 避 雷 針 工 事 奈 良 市 国 宝 東

More information

2 孤 独 感 寂 しさは 最 大 の 苦 しみの 一 つ なお この 孤 独 感 寂 しさというのは ある 意 味 で 現 代 人 にとって 最 大 の 苦 しみか もしれません 自 殺 に 至 るケースも 自 分 の 悩 みを 打 ち 明 ける 相 談 相 手 がいないケース 孤 立 したケース

2 孤 独 感 寂 しさは 最 大 の 苦 しみの 一 つ なお この 孤 独 感 寂 しさというのは ある 意 味 で 現 代 人 にとって 最 大 の 苦 しみか もしれません 自 殺 に 至 るケースも 自 分 の 悩 みを 打 ち 明 ける 相 談 相 手 がいないケース 孤 立 したケース 第 3 章 孤 独 寂 しさを 越 える 1 孤 独 寂 しさの 苦 しみ 本 章 では 孤 独 寂 しさの 苦 しみを 乗 り 越 えることについてお 話 ししたいと 思 います これについても 私 がお 話 しするのが 適 任 かはわかりません というのは 私 は ご 存 じ のとおり 今 現 在 比 較 的 多 くの 人 と 関 係 しながら 生 きているからです しかし 私 は 4 年 間

More information

岐阜市の概要

岐阜市の概要 ( 参 考 資 料 ) 岐 阜 市 の 指 定 等 文 化 財 一 覧 国 指 定 文 化 財 種 別 名 称 時 代 員 数 所 在 地 所 有 者 管 理 者 ( 絵 画 ) 絹 本 著 色 斎 藤 道 三 像 室 町 1 梶 川 町 9 常 在 寺 絹 本 著 色 斎 藤 義 龍 像 室 町 1 梶 川 町 9 常 在 寺 ( 彫 刻 ) 木 造 薬 師 如 来 立 像 平 安 1 岩 井 2-1-25

More information

水 野 弘 元 釈 尊 の 生 涯 ~ pp.77-89, 同 ゴータマ ブッダ~ 山 口 益 横 超 慧 日 安 藤 俊 雄 舟 橋 一 哉 仏 教 学 序 説 ~

水 野 弘 元 釈 尊 の 生 涯 ~ pp.77-89, 同 ゴータマ ブッダ~ 山 口 益 横 超 慧 日 安 藤 俊 雄 舟 橋 一 哉 仏 教 学 序 説 ~ 水 野 弘 元 釈 尊 の 生 涯 ~ pp.77-89, 同 ゴータマ ブッダ~ 山 口 益 横 超 慧 日 安 藤 俊 雄 舟 橋 一 哉 仏 教 学 序 説 ~ ~ (W 俳 所 行 讃 ~)の 記 述 も 出 家 前 と 見 倣 せるが, 時 期 は 限 定 できない E. a, 原 実 訳 ブッダ チャリタ~ ~ラーフラの 母 が 男 の 子 をお 生 みになりました ということを

More information

1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋 づ 秋 春 秋 春 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 長 ほ ぼ 同 交 供 養 丹 羽 タ ビ ュ

1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋 づ 秋 春 秋 春 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 長 ほ ぼ 同 交 供 養 丹 羽 タ ビ ュ 解 説 Saiganji Sainomiyako Memorial Park News 2015 9 月 第 22 4 回 発 秋 発 部 数 3 千 部 内 陣 天 蓋 / / 丹 羽 義 昭 タビュ シズ / ツ 辿 Ⅰ 実 践 室 / 1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋

More information

Taro-『光と風と音の世界』阿字観

Taro-『光と風と音の世界』阿字観 - 1/5 - 光 と 風 と 音 の 世 界 ー 阿 字 観 実 修 についての 報 告 書 ー 平 成 4 年 4 月 教 学 部 提 出 教 化 研 究 員 川 上 修 詮 はじめに 仏 さまの 教 えは 人 生 は 苦 である というところから 始 まりました どう すればその 苦 しみから 逃 れられるのでしょうか それを 解 決 することが 一 生 を 安 楽 に 過 ごし 成 仏 するための

More information

(2) 元 本 宗 源 1 元 本 宗 源 とは ( 唯 一 名 法 要 集 ) 元 とは 陰 陽 不 測 の 元 々を 明 かす 本 とは 故 に 頌 に 曰 く 元 を 元 として 元 初 に 入 り 本 を 本 として 本 心 に 任 す 宗 とは 一 気 未 分 の 元 神 を 明 かす 故

(2) 元 本 宗 源 1 元 本 宗 源 とは ( 唯 一 名 法 要 集 ) 元 とは 陰 陽 不 測 の 元 々を 明 かす 本 とは 故 に 頌 に 曰 く 元 を 元 として 元 初 に 入 り 本 を 本 として 本 心 に 任 す 宗 とは 一 気 未 分 の 元 神 を 明 かす 故 吉 田 (1) 吉 田 兼 倶 のプロフィール 1 人 物 像 : 室 町 時 代 中 期 の 人 (1435~1511)で 吉 田 の 大 成 者 最 終 冠 位 従 二 位 神 祇 権 大 副 ( 吉 田 家 では 異 例 の 出 世 ) 2 家 柄 : 神 祇 氏 族 といわれ 神 祇 を 以 って 代 々 大 和 朝 廷 に 仕 えた 家 柄 3 神 祇 氏 族 の 系 統 天 児 屋 根

More information

哲学研究-よこ.indb

哲学研究-よこ.indb 研 究 ノート 今 昔 物 語 集 天 竺 部 にかかわる 内 容 構 成 表 柏 木 寧 子 はじめに 今 昔 物 語 集 天 竺 部 五 巻 は 巻 第 一 から 第 三 において 釈 迦 の 一 代 記 巻 第 四 第 五 においてそれぞれ 釈 迦 入 滅 後 および 出 世 前 にかかわる 諸 説 話 を 語 る 全 百 八 十 七 の 説 話 群 は 古 代 天 竺 にかつて 現 れ 過

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

r-bark-kh_2012_018.pdf

r-bark-kh_2012_018.pdf 制 作 されるが ほどなくクシャーン 朝 時 代 (1 世 紀 中 頃 ~3 世 紀 中 頃 )には 菩 薩 の 彫 像 も 造 られるように 見 て 2~3 世 紀 に 遡 るものもあるが 特 にガンダーラ 美 術 の 後 期 3~4 世 紀 頃 に 流 行 したことが 窺 われ ( ~ 過 去 現 在 因 果 経 ~)と 記 している (~ 法 華 経 ~I 普 門 品 J ) と 讃 えられる

More information

⑦第6章伊勢原市の関連文化財群_最終

⑦第6章伊勢原市の関連文化財群_最終 第 6 章 1. 関 連 文 化 財 群 の 設 定 これまで 見 落 とされがちであった 市 域 にある 多 種 多 様 な 文 化 財 等 について そ れらの 魅 力 を 高 め あらためてその 価 値 を 捉 え 直 すために 有 形 無 形 指 定 や 登 録 未 指 定 を 問 わず 地 域 の 文 化 財 や 歴 史 をパッケージとして 捉 え ストーリ ー 化 する 関 連 文 化

More information

界 に 生 きる すべてのいのちが 阿 弥 陀 如 来 のはたらきによって 救 われていくことが 釈 尊 のお 言 葉 として 経 典 の 上 に 示 されている 生 きとし 生 けるものをいつくしむ 大 慈 悲 が 阿 弥 陀 如 来 の 救 いのはたらきである 私 たちは この 救 いの 平 等

界 に 生 きる すべてのいのちが 阿 弥 陀 如 来 のはたらきによって 救 われていくことが 釈 尊 のお 言 葉 として 経 典 の 上 に 示 されている 生 きとし 生 けるものをいつくしむ 大 慈 悲 が 阿 弥 陀 如 来 の 救 いのはたらきである 私 たちは この 救 いの 平 等 御 同 朋 の 社 会 をめざす 運 動 中 央 委 員 会 御 中 2016( 平 成 28) 年 1 月 22 日 福 岡 教 区 教 務 所 長 菊 池 慈 峰 御 同 朋 の 社 会 をめざす 運 動 ( 実 践 運 動 ) 推 進 についての 意 見 具 申 今 般 御 同 朋 の 社 会 をめざす 運 動 の 実 践 に 関 する 宗 則 第 十 二 条 第 一 項 第 五 号 により

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

20131123報恩講法話原稿_docx

20131123報恩講法話原稿_docx 20131123 正 信 寺 報 恩 講 法 話 原 稿 しょうしんげ ぼんのうしょうげんすい ふ 正 信 偈 の 言 葉 より 煩 悩 障 眼 雖 不 けん 見 だ い ひ む け ん じょうしょう が 大 悲 無 倦 常 照 我 昨 年 の 報 恩 講 でも この 言 葉 については 少 し 触 れたのですが 今 回 はもう 少 し 詳 しくお 話 したいと 思 いま す しょうしんげ ごくじゅうあくにんゆいしょうぶ

More information

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73>

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73> 北 畠 顕 家 年 譜 和 暦 西 暦 月 日 出 来 事 史 料 文 保 2 年 1318 北 畠 親 房 の 子 として 誕 生 元 応 3 年 1321 1 月 1 日 顕 家 従 五 位 下 となる 正 中 2 年 1325 12 月 30 日 顕 家 侍 従 となる 嘉 暦 3 年 1328 3 月 16 日 顕 家 少 納 言 となる 嘉 暦 3 年 1328 4 月 19 日 顕 家

More information

Taro-葬儀式典礼Ver.7.2

Taro-葬儀式典礼Ver.7.2 Ver.7.2 2013.08.01 更 新 心 得 真 宗 大 谷 派 東 本 願 寺 の 儀 式 作 法 は 五 百 余 年 にわたる 伝 統 仏 事 です よって それに 携 わる 人 は 以 下 のことを 心 得 て 下 さい 1 私 を 入 れない 自 分 流 や 好 みを 入 れたり ショーアップしないこと 2 勝 手 な 判 断 をしない 独 断 で 作 法 を 曲 げないこと 不 明

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

ロマ 書 3 章 21-26 節 の 恵 心 流 注 釈 善 導 大 師 は 大 無 量 寿 経 を 注 釈 なさるのに 本 文 では 36 文 字 ある 仏 の 本 願 を 48 文 字 に 訳 しました そして 本 文 には 信 じて 称 うる 者 は 救 われる とあるのを 善 導 は 信 じ

ロマ 書 3 章 21-26 節 の 恵 心 流 注 釈 善 導 大 師 は 大 無 量 寿 経 を 注 釈 なさるのに 本 文 では 36 文 字 ある 仏 の 本 願 を 48 文 字 に 訳 しました そして 本 文 には 信 じて 称 うる 者 は 救 われる とあるのを 善 導 は 信 じ エンカウンター(ENCOUNTER) 第 129 号 平 成 25 年 1 月 20 日 編 集 発 行 人 224-0015 横 浜 市 都 筑 区 牛 久 保 西 2-14-28 山 口 周 三 電 話 080-1232 -0905 http://encounter.agape.gr.jp/ 小 西 芳 之 助 ローマ 人 への 手 紙 講 解 説 教 より(8) 第 22 講 法 然 上 人

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

すべ すべ では 苦 を 免 れる 術 があるのだろうか 人 類 の 歴 史 は その 術 を 求 め 続 けた 歴 史 でもあ る 文 明 の 発 達 は 相 対 的 に 苦 を 免 れるということには 寄 与 してきた それは 生 活 を 快 適 にし 利 便 性 を 増 大 させ 病 気 を

すべ すべ では 苦 を 免 れる 術 があるのだろうか 人 類 の 歴 史 は その 術 を 求 め 続 けた 歴 史 でもあ る 文 明 の 発 達 は 相 対 的 に 苦 を 免 れるということには 寄 与 してきた それは 生 活 を 快 適 にし 利 便 性 を 増 大 させ 病 気 を 苦 とともに 生 きる - 人 生 の New vision をもとめて- 関 西 学 院 大 学 大 学 院 総 合 政 策 研 究 科 大 学 院 研 究 員 山 本 龍 彦 はじめに 喜 びは 常 にはかなく 消 え 去 る だが 苦 はいつも 新 しい 日 々 新 たな 苦 が 待 ち 受 けてい るのが 我 々の 一 生 である 人 生 の 本 質 を 苦 であると 見 た 仏 陀 の 教

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖 吉 崎 復 興 計 画 策 定 と 具 体 化 の 方 途 1 はじめに 昨 年 11 月 19 日 に 本 堂 緊 急 営 繕 工 事 完 了 御 本 尊 御 移 し 法 要 を 執 行 以 来 5 月 の 御 忌 法 要 までに 数 千 人 規 模 のご 参 詣 をお 迎 えできたことは 吉 崎 復 興 のスタートを 切 るに 相 応 しい 環 境 確 保 のための 柱 の 一 つを 立 て ることができたと

More information

Taro-r61.jtd

Taro-r61.jtd -1- 吉 栄 郎 那 賀 草 牟 婁 せ 環 受 賤 視 1 対 追 々 討 取 げ 述 比 較 豊 富 蓄 積 2 批 証 整 序 行 み 巻 南 町 許 勢 界 慶 加 勢 対 勢 沿 接 勢 呼 至 勢 向 主 宇 智 縁 沿 最 端 最 端 位 置 県 問 題 セン -2- 最 示 被 賤 視 先 駆 広 代 献 即 佐 藤 及 び 陳 状 慶 目 録 改 称 述 べ 3 身 別 a 京

More information

Taro-寿量品第十六HP用.jtd

Taro-寿量品第十六HP用.jtd み よ う ほ う れ ん げ き よ う に よ ら い じ ゆ り よ う ほ ん だ い じ ゆ う ろ く 妙 法 蓮 華 経 如 来 寿 量 品 第 十 六 し や か む に ぶ つ 釈 迦 牟 尼 仏 の 真 理 と 正 しい 教 えを 白 蓮 華 に 譬 えたお 経 く お ん 第 十 六 章 釈 迦 牟 尼 仏 の 久 遠 の 寿 命 を 解 き 明 かした 章 じ が と く ぶ

More information

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島 民 放 連 放 送 基 準 条 文 対 照 表 現 新 第 10 章 犯 罪 表 現 第 10 章 犯 罪 表 現 (70) 鉄 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注 意 する (70) 銃 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3532938A8D658140938C966B8F4281458F429373817595BD90F2817688C481408DC58F4994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3532938A8D658140938C966B8F4281458F429373817595BD90F2817688C481408DC58F4994C52E646F63> 21 世 紀 の 日 本 のかたち(52) 東 北 州 州 都 平 泉 案 戸 沼 幸 市 < ( 財 ) 日 本 開 発 構 想 研 究 所 理 事 長 > 1. 世 界 遺 産 平 泉 の 春 4 月 21 日 ( 土 )22 日 ( 日 ) 桜 が 咲 き 始 め た 東 北 の 春 の 日 世 界 遺 産 となった 平 泉 を 訪 ねました 五 月 雨 の 降 り 残 してや 光 堂 は 芭

More information

※平成20年11月08日(土)眉山の麓、徳島の町を歩く

※平成20年11月08日(土)眉山の麓、徳島の町を歩く 連 載 = 四 国 八 十 八 ヵ 所 めぐり 歩 き 遍 路 の 旅 4 日 本 先 史 古 代 研 究 会 会 員 樋 口 俊 介 発 心 の 道 場 ( 阿 波 の 国 ) その 4 1 番 ( 霊 山 寺 )~23 番 ( 薬 王 寺 ) 合 計 23ヶ 寺 ( 徳 島 県 ) 発 心 (ほっしん)とは 四 国 霊 場 巡 拝 を 志 すこと はるか 彼 方 に 向 かって 1200Km あまりの

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24 奥 会 津 博 物 館 TEL 0241-66 66-3077 3077 奥 会 津 博 物 館 は 私 たちの 祖 先 が 何 百 年 もの 間 使 用 してきた 民 具 や 道 具 約 15,000 点 を 収 蔵 し ています これらの 中 には 昭 和 57 年 と 平 成 2 年 に 国 の 重 要 民 俗 奥 会 津 の 山 村 生 産 用 具 に 指 定 された 5,058 点 の 資

More information

減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する 救 済 措 置 である 一 方 資 産 の 使 用 目 的 及 び 状 況

減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する 救 済 措 置 である 一 方 資 産 の 使 用 目 的 及 び 状 況 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 ( 最 終 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 ) 帯 広 市 税 条 例 による 減 免 措 置 減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

大 神 山 神 社 籠 神 社 春 日 大 社 伊 勢 神 宮 高 野 山 海 神 神 社 宇 佐 神 宮 小 豆 島 も 線 上 に あ る 石 鎚 山 も 山 岳 修 行 の 場 で 共 に 空 海 が 修 行 し た と い う 伝 説 の あ る 山 - 2 -

大 神 山 神 社 籠 神 社 春 日 大 社 伊 勢 神 宮 高 野 山 海 神 神 社 宇 佐 神 宮 小 豆 島 も 線 上 に あ る 石 鎚 山 も 山 岳 修 行 の 場 で 共 に 空 海 が 修 行 し た と い う 伝 説 の あ る 山 - 2 - 地 図 を 物 差 し で 測 る と 福 井 須 波 阿 須 疑 神 社 か ら 諏 訪 大 社 8 7 ミ リ 福 井 須 波 阿 須 疑 神 社 か ら 伊 勢 神 宮 8 7 ミ リ 伊 勢 神 宮 か ら 淡 路 島 伊 弉 諾 神 宮 8 7 ミ リ で す が 伊 弉 諾 神 宮 か ら 大 神 山 神 社 は 8 3 ミ リ で す 8 7 ミ リ と 8 3 ミ リ 距 離 は 正

More information

報告書

報告書 H22 631 50 631 A C 17.1-1 3 A 354 凡 例 孤 立 可 能 性 のある 集 落 斜 面 の 時 危 険 度 ランク 355 図 17.1-1 孤 立 可 能 性 のある 集 落 と の 場 合 における 斜 面 の 時 危 険 度 ランクの 分 布 凡 例 孤 立 可 能 性 のある 集 落 斜 面 の 時 危 険 度 ランク 356 図 17.1-2 孤 立 可 能

More information

69 短 板 仮 設 安 頼 源 氏 物 最 巻 名 辺 若 早 成 長 早 遅 反 対 淡 測 残 庭 通 主 多 以 外 修 飾 部 下 部 枕 際 注 づ 来 来 天 具 霞 万 主 容 幹 因 理 由 尾 未 打 ぽ ぽ 落 様 子 現 言 称 頭 廷 殿 已 確 言 省 略 考 ぜ 疑 問

69 短 板 仮 設 安 頼 源 氏 物 最 巻 名 辺 若 早 成 長 早 遅 反 対 淡 測 残 庭 通 主 多 以 外 修 飾 部 下 部 枕 際 注 づ 来 来 天 具 霞 万 主 容 幹 因 理 由 尾 未 打 ぽ ぽ 落 様 子 現 言 称 頭 廷 殿 已 確 言 省 略 考 ぜ 疑 問 68 鳥 羽 ゃ 皇 来 天 具 ぐ 霞 来 天 具 霞 ゃ ゅ 式 ょ 子 内 親 王 戸 鳥 羽 皇 来 枝 折 戸 落 詩 作 郷 ゃ 望 鳥 羽 皇 無 瀬 川 廷 漢 詩 作 郷 望 無 瀬 川 流 守 ゅ 覚 親 王 ぢ 横 守 覚 親 王 短 横 宮 内 辺 若 辺 若 遅 早 千 番 俊 ゅ 成 ぜ 寝 覚 枕 千 番 庭 通 目 覚 枕 ⑴ LS9HR0BZ 0 6 69 短 板

More information

20060530171048.XLS

20060530171048.XLS 種 別 名 称 員 数 時 代 指 定 年 月 日 所 在 地 国 特 史 安 土 城 跡 安 土 桃 山 昭 和 27 年 3 月 29 日 南 須 田 きぬがさ 押 立 神 社 本 殿 附 棟 札 二 枚 各 応 安 六 年 (1368) 卯 月 二 廿 八 日 の 記 がある 一 棟 南 北 朝 ( 応 安 6 年 1368) 明 治 35 年 4 月 17 日 北 菩 提 寺 町 356 押

More information

エフエム長崎放送番組基準

エフエム長崎放送番組基準 エフエム 長 崎 放 送 番 組 基 準 株 式 会 社 エフエム 長 崎 は 放 送 事 業 を 通 じて 平 和 な 社 会 の 実 現 と 公 共 の 福 祉 文 化 の 向 上 に 寄 与 し 産 業 と 経 済 の 繁 栄 に 貢 献 する この 自 覚 に 基 づき 民 主 主 義 の 精 神 に 従 い 基 本 的 人 権 と 世 論 を 尊 重 し 言 論 と 表 現 の 自 由 を

More information

本 を 立 て 一 間 の 息 災 を 祈 る 願 文 が 書 かれていま 月 日 : 願 文 の 最 後 に 月 日 の 記 載 があり 吊 るされたのが 元 徳 三 (1331) 正 月 八 日 あることがわかりま 鎌 倉 時 代 終 末 南 北 朝 時 代 となりま 用 途 : 本 巻 数 板

本 を 立 て 一 間 の 息 災 を 祈 る 願 文 が 書 かれていま 月 日 : 願 文 の 最 後 に 月 日 の 記 載 があり 吊 るされたのが 元 徳 三 (1331) 正 月 八 日 あることがわかりま 鎌 倉 時 代 終 末 南 北 朝 時 代 となりま 用 途 : 本 巻 数 板 かんじょういた 平 成 26 度 松 原 内 湖 遺 跡 から 出 土 した 鎌 倉 時 代 末 期 の 巻 数 板 ( 勧 請 板 )について 公 益 財 団 法 人 滋 賀 県 文 化 財 保 護 協 会 は 国 土 交 通 省 滋 賀 国 道 事 務 所 および 滋 賀 県 教 育 委 員 会 からの 依 頼 により 国 道 8 号 米 原 バイパス 事 業 に 伴 う 松 原 内 湖 遺 跡

More information

そもそもパワースポットという 表 現 は 清 田 益 章 氏 による 和 製 英 語 です 英 語 圏 でも 実 際 に 使 われてい るようですが 近 年 の 日 本 のパワースポットブームの 影 響 によるものだと 思 われます では 何 故 日 本 人 はパワースポットが 好 きなのか? 日

そもそもパワースポットという 表 現 は 清 田 益 章 氏 による 和 製 英 語 です 英 語 圏 でも 実 際 に 使 われてい るようですが 近 年 の 日 本 のパワースポットブームの 影 響 によるものだと 思 われます では 何 故 日 本 人 はパワースポットが 好 きなのか? 日 前 書 き 今 回 は 米 沢 で 生 活 する 学 生 の 皆 さんをバックアップする 為 に 学 園 都 市 推 進 協 議 会 が 発 行 しているコミュ ニティ 紙 ザワワ さんとコラボレーションし 仲 良 し 3 人 組 の 学 生 さんと 一 緒 に 置 賜 の 縁 結 び に 良 い とされている パワースポット を 巡 りました ナビゲーター 今 回 一 緒 に 縁 結 びパワースポット

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

2 5 3 1827 10 40 16

2 5 3 1827 10 40 16 1895 1827 1 1 2 1823 3 4 1 1 70 15 2 5 3 1827 10 40 16 2 2 6 17 7 4 8 9 18 1916 1917 1921 1924 1922 10 註 1 1955 1925 1955 2012 2001 8 2 45 1990 11 3 1988 6 4 1 2 5 6 1933 3 175 176 7 19 164 8 2007 911

More information

毎 週 土 曜 門 和 尚 声 聞 平 成 月 始 土 曜 余 名 布 五 雨 雪 三 休 む 続 集 上 小 歩 果 実 花 咲 多 声 聞 欲 冊 発 小 皆 届 派 宗 務 総 高 井 正 俊

毎 週 土 曜 門 和 尚 声 聞 平 成 月 始 土 曜 余 名 布 五 雨 雪 三 休 む 続 集 上 小 歩 果 実 花 咲 多 声 聞 欲 冊 発 小 皆 届 派 宗 務 総 高 井 正 俊 第 回 5 五 回 平 成 六 六 月 3 月 語 布 文 集 2 刊 派 布 毎 週 土 曜 門 和 尚 声 聞 平 成 月 始 土 曜 余 名 布 五 雨 雪 三 休 む 続 集 上 小 歩 果 実 花 咲 多 声 聞 欲 冊 発 小 皆 届 派 宗 務 総 高 井 正 俊 次 宗 務 総 報 国 傍 贋 済 渡 遜 宗 東 際 平 祥 啓 向 上 庵 三 ツ 井 司 証 拠 広 済 吉 川 征

More information

Taro-4-1.jtd

Taro-4-1.jtd -1- 郊 吉 栄 郎 領 提 色 細 帳 享 藩 庁 編 纂 藩 州 河 州 領 鑑 鑑 1 項 軒 拾 軒 姓 軒 水 呑 軒 拾 男 女 拾 男 拾 女 箇 筆 注 : 貢 尺 寸 尺 境 壱 反 畝 分 壱 半 略 軒 貢 敷 軒 小 Regional 4 -2- 享 替 丘 陵 2 字 谷 描 画 ほ ぼ 鑑 替 通 現 指 違 種 録 領 端 担 散 3 役 割 果 倶 具 交 4 読

More information

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_04堕胎罪・遺棄罪.docx

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_04堕胎罪・遺棄罪.docx 各 論 の 基 礎 10 個 人 的 法 益 に 対 する 罪 人 の 生 命 に 対 する 罪 ( 危 険 犯 ) 04 堕 胎 罪 遺 棄 罪 ( 遺 棄 罪 の 類 型 と 遺 棄 概 念 ) 到 達 目 標 人 の 始 期 ( 出 生 の 意 義 )との 関 係 に 留 意 しつつ 堕 胎 の 意 義 を 明 らかにせよ 遺 棄 罪 の 保 護 法 益 と 法 的 性 質 をどのように 理

More information

第8回ジュニア文学賞.indd

第8回ジュニア文学賞.indd -22- 涙 嫌 柴 折 連 老 躯 僧 頼 僧 渡 老 夫 婦 降 募 跡 原 泣 供 掌 抱 連 育 想 淋 近 在 等 遊 似 多 由 貴 族 嫡 男 第 疎 着 事 欠 洛 西 形 抜 勇 力 軼 少 壮 頃 相 撲 名 些 細 髻 押 公 卿 離 師 端 編 或 冬 夜 霏 降 影 指 急 編 笠 む 翁 媼 沓 踏 抜 歩 影 遅 勝 冷 跡 摺 筋 続 灯 寂 所 住 暖 囲 炉 端

More information

51連結.ren

51連結.ren 1 中 山 和 久 は じ め に 日 本 では 一 定 の 地 域 内 にある 複 数 の 聖 地 を 繋 ぎ 合 わせて 次 々と 礼 拝 して 廻 る 巡 礼 が 古 くから 盛 んに 行 なわれて 来 てい る その 巡 るべき 聖 地 の 数 が 三 三 ヶ 所 や 八 八 ヶ 所 など 非 常 に 多 く なおかつ それらに 巡 る 順 番 を 付 して 巡 礼 する 方 式 が 普 及

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

14_彙報.indd

14_彙報.indd 十 年 度 卒 並 び 科 雷 圭 霊 連 嶋 遥 知 事 規 規 律 利 彰 精 統 諒 脳 係 さ 岳 杜 祭 宇 父 母 恩 重 室 臨 済 録 寒 吾 也 麦 脱 條 典 座 役 割 純 毅 映 画 ク 出 家 強 虐 待 雅 服 樹 廃 毀 髙 秀 沖 縄 畑 ポ ツ 陶 宣 志 南 タ イ カ 眞 提 薩 埵 摂 全 巧 荻 喬 社 会 鈴 千 吹 直 也 森 敦 字 米 衣 鉢 笠 安

More information

< F31322D8CBE D F7582CC905F82C689A42E6A7464>

< F31322D8CBE D F7582CC905F82C689A42E6A7464> 古 代 文 字 資 料 館 発 行 KOTONOHA 11 号 ( 2003 年 10 月 ) 武 丁 時 代 甲 骨 文 にみる 神 と 王 吉 池 孝 一 一 今 から 三 千 数 百 年 前 亀 の 甲 羅 や 牛 の 肩 胛 骨 などに 文 字 が 刻 み 込 まれた 古 代 殷 王 朝 の 甲 骨 文 字 史 料 です 王 もしくはそれに 準 ずる 人 が 農 業 耕 作 や 戦 争 の

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴ 概 病 院 医 師 手 術 中 医 療 器 操 患 死 亡 逮 捕 毛 静 岡 秋 魁 以 際 元 医 師 低 死 亡 故 翌 医 療 諸 故 器 操 ミ 器 良 旨 書 所 無 1 医 師 低 請 訴 訟 起 女 子 医 病 院 英 郎 研 究 日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

Taro-001-017皆川.jtd

Taro-001-017皆川.jtd 度 彙 報 七 度 専 門 必 序 角 泰 倶 舍 練 摩 訶 止 魯 参 景 徳 灯 情 報 処 華 疏 壽 夫 慈 恩 等 Itivuttaka 統 バ ラ モ 篤 初 期 涅 槃 林 礼 菩 薩 悲 智 慈 狂 雲 聞 離 戒 必 歴 奥 龍 チ ベ 朝 鮮 公 裴 拾 遺 宋 用 統 復 夫 練 歴 念 処 華 魯 参 切 紙 料 篤 袴 憲 用 練 篤 前 亨 洋 友 壽 始 浄 土 憲

More information

目次

目次 目 次 会 長 あい.2P What is TRPG~TRPG あ?~..3~4P TRPG 紹 記...4~12P 現 代 術 RPG 神 4P ョ RPG...5P RPG 6P ワ 2.0 8P SW SW2.0 方 法...10P 永 い 日 談...11P 編 記...13P 1 会 長 あい 文 書 電 気 通 信 大 学 非 電 源 研 究 会 会 長 S 最 物 私 書 3 間 前

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

5 4 プグ プ グ 分 部 慢 怒 学 I Q 偏 差 値 低 柄 男 男 理 由 柄 男 づ 果 上 げ 上 司 君 柄 通 働 当 時 傷 笑 ヤ 続 耐 性 身 3 歳 過 ぎ 少 ピ チ 遭 遇 得 幸 恵 繰 返 長 徐 々 再 現 書 法 則 流 乗 夢 バ バ

5 4 プグ プ グ 分 部 慢 怒 学 I Q 偏 差 値 低 柄 男 男 理 由 柄 男 づ 果 上 げ 上 司 君 柄 通 働 当 時 傷 笑 ヤ 続 耐 性 身 3 歳 過 ぎ 少 ピ チ 遭 遇 得 幸 恵 繰 返 長 徐 々 再 現 書 法 則 流 乗 夢 バ バ 3 紹 介 流 乗 法 奇 跡 引 寄 35 歳 同 突 手 外 資 系 企 業 就 職 美 彼 女 3 代 男 性 東 京 都 5 万 海 外 移 住 決 4 代 男 性 愛 県 フ ォ 焦 年 婚 活 婚 活 休 瞬 彼 氏 結 婚 目 前 3 代 女 性 阪 府 婚 活 げ 女 参 加 ぜ 男 性 投 合 翌 年 結 婚 3 代 女 性 広 島 県 万 3 代 男 性 沖 縄 県 欲 金 額

More information

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者 太 陽 + ハ ロ ー ハ ロ ー ご ざ テ ョ 乱 舞 未 プ 民 前 別 別 意 地 根 性 喋 色 々 考 結 果 素 直 悩 過 ぎ 欝 病 発 症 系 苦 解 決 策 与 改 め 直 メ ー ジ 遠 知 ぁ 国 ゴ メ ナ サ 国 育 卉 農 家 皆 ゴ メ ナ サ 咲 ホ 季 節 表 ホ 万 歳 太 陽 + 茎 訊 名 前 輪 草 ゅ 名 知 度 私 漢 判 易 輪 草 草 紛 意 味

More information

r-barc-zkpr_2012_01_015.pdf

r-barc-zkpr_2012_01_015.pdf である 起 信 論 はキリスト 教 の 教 えと 一 致 するというわけです ~ 起 信 論 の 重 要 な 概 もあるため ごく 簡 単 に 触 れさせていただきます ~ 起 信 論 については この 10 年 くら 起 信 論 の 教 理 の 研 究 も 進 んでいます ~ 起 信 論 は これまで 地 論 宗 南 道 関 係 がないらしいことが 明 らかになってきています ~ 起 信 論 は

More information

Microsoft Word - bunkenitiran.doc

Microsoft Word - bunkenitiran.doc 授 業 を 進 めるにあたって 必 要 な 辞 書 事 典 類 参 考 文 献 位 参 考 邦 文 生 献 ( 宮 貞 看 成 聞 の 日 文 記 学 関 清 係 文 ) 看 堂 聞 1991.2 日 記 ゼミ 加 聖 藤 母 次 郎 院 短 伏 期 見 大 学 桃 伏 山 見 の 学 文 研 化 究 史 会 編 私 伏 家 見 版 学 1953 女 学 院 歴 短 史 期 大 文 学 化 伏 見

More information

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 寓 禅 略 縁 起 由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 群 銘 木 由 縁 略 記 禅 利 閉 愛 知 県 ノ 宮 萩 原 主 歳 入 子 息 父 殺 嵯 峨 第 子 河 原 院 源 融 胤 閉 創 愛 知 県 ノ 宮 妙 興 永 徳 示 寂 寿

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

№ 1

№ 1 干 支 九 星 による 今 年 ( 甲 午 年 )の 運 勢 平 成 26 年 2 月 4 日 ~ 平 成 27 年 2 月 4 日 暗 剣 殺 壬 寅 三 碧 辛 丑 二 黒 丁 酉 七 赤 戊 戌 八 白 甲 午 四 緑 己 亥 九 紫 歳 破 庚 子 一 白 丙 申 六 白 乙 未 五 黄 1 月 1 日 ~2 月 3 日 ( 節 分 )までに 生 まれた 方 は 前 年 の 九 星 十 二

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

Microsoft Word - 白糖06.doc

Microsoft Word - 白糖06.doc 1 続 づ 役 職 差 障 明 気 悪 名 名 乗 訛 隠 我 咎 追 鹿 児 聞 身 構 持 脱 身 妻 伴 追 手 怖 急 甦 随 過 去 警 戒 少 戻 身 緊 張 走 誤 解 膝 進 奴 捕 帰 手 助 体 罪 犯 持 出 固 物 持 出 物 尋 事 関 見 濁 相 手 探 笑 顔 凍 見 逃 目 鋭 注 視 何 食 顔 装 話 続 づ 隈 奄 美 豪 族 男 当 盛 喜 名 改 関 良 助

More information

187 家 族 249 家 族 がすべて 315 自 分 の 健 康 家 族 の 健 康 188 平 和 安 定 した 生 活 250 自 分 にかかわる 人 達 316 仕 事 お 金 友 人 189 家 族 251 友 人 両 親 317 家 族 190 自 分 と 家 族 の 命 と 幸 福

187 家 族 249 家 族 がすべて 315 自 分 の 健 康 家 族 の 健 康 188 平 和 安 定 した 生 活 250 自 分 にかかわる 人 達 316 仕 事 お 金 友 人 189 家 族 251 友 人 両 親 317 家 族 190 自 分 と 家 族 の 命 と 幸 福 問 49 あなたにとって 一 番 大 切 と 思 うものは 何 ですか (サンプルNo., 回 答 ) 1 自 分 63 家 族 125 2 家 族 64 命 126 3 両 親 65 家 族 127 身 内 4 家 族 66 命 128 家 族 5 家 族 67 家 族 129 命 6 自 分 の 心 68お 金 130 命 7 家 族 69 健 康 131 環 境 8ペット( 猫 ) 70 健

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E693F1959481409056944E93C195CA8D75898989EF2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E693F1959481409056944E93C195CA8D75898989EF2E646F6378> 第 二 部 新 年 特 別 講 演 会 藤 末 鎌 初 に 活 躍 した 仏 師 運 慶 快 慶 横 浜 歴 史 研 究 会 齋 木 敏 夫 1はじめに 昨 年 11 月 サントリー 美 術 館 で 高 野 山 展 が 開 かれ 運 慶 作 の 八 大 童 子 像 ( 現 存 六 体 国 宝 )が 出 展 されました 東 京 国 立 博 物 館 では 国 宝 展 が 開 かれ 安 倍 文 殊 院 快

More information

人生の暗号と運命

人生の暗号と運命 寅 暗 号 運 命 導 聖 愛 ょ 父 子 聖 霊 行 お 永 遠 導 続 ( エ ド ガ ケ イ リ デ グ ) 4 目 次 プ グ 雑 還 暦 過 ぎ 頃 四 家 系 探 五 太 陽 系 今 六 術 残 死 七 犬 八 娘 九 娘 旅 行 〇 墓 姓 父 太 郎 共 通 点 義 兄 金 造 道 悦 5 妻 周 四 悦 子 五 寅 六 新 社 倒 産 七 父 死 十 字 架 八 北 へ 帰 別

More information

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実 2009 第 一 事 件 2006 年 (ワ) 第 6484 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 王 子 雄 ほか39 名 被 告 日 本 国 第 二 事 件 2008 年 (ワ) 第 18382 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 事 件 原 告 呉 及 義 ほか21 名 被 告 日 本 国 意 見 陳 述 書 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 13 部 御 中 原

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 8 12 続 書 籍 版 楽 下 コミッガイア 連 載 時 編 付 後 アップシド 総 集 編 士 郎 正 宗 ハ イパ 掲 載 士 郎 正 宗 自 身 よ 設 定 紹 介 んち 集 文 中 連 載 時

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

自衛隊の礼式に関する訓令

自衛隊の礼式に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 11 条 第 12 条 第 2 項 及 び 第 13 条 から 第 15 条 まで の 規 定 に 基 づき 自 衛 隊 の 礼 式 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 39 年 5 月 8 日 防 衛 庁 長 官 福 田 篤 泰 自 衛 隊 の 礼 式

More information

エコポイント制度 概要と問題点

エコポイント制度 概要と問題点 1/5 2009 年 5 月 25 日 全 5 頁 エコポイント 制 度 概 要 と 問 題 点 情 報 技 術 研 究 所 荻 原 充 彦 概 要 2009 年 5 月 15 日 からエコポイント 制 度 が 開 始 された 特 定 の 家 電 製 品 を 購 入 すると 様 々な 商 品 サービスと 交 換 可 能 なポイントが 付 与 される 制 度 である 地 球 温 暖 化 対 策 の 推

More information

1 安 全 報 告 書 2010 年 熊 本 電 気 鉄 道 株 式 会 社 1. 利 用 者 はじめ 地 元 の 皆 様 へ 弊 社 の 鉄 道 事 業 に 対 して 日 頃 よりご 利 用 並 びにご 理 解 を 頂 きまして 厚 く 御 礼 申 し 上 げ ます 弊 社 は 鉄 道 を 基 軸 とする 交 通 事 業 の 展 開 が 基 本 方 針 でありますが 平 成 20 年 度 から 7 年

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

毎 週 土 曜 三 門 声 平 二 月 始 土 曜 三 補 主 五 雨 雪 続 集 小 歩 果 産 多 声 欲 冊 発 小 届 務 総 V i 別 龍 峰 賓 積 玉 泉 如 東 全 東 際 崇 i 庵 黄 紫 瑞 臆 節 候 終 康 済 報 国 能 満 報 国 泰 吉 祥 満 願 ~ ~ ~ ~

毎 週 土 曜 三 門 声 平 二 月 始 土 曜 三 補 主 五 雨 雪 続 集 小 歩 果 産 多 声 欲 冊 発 小 届 務 総 V i 別 龍 峰 賓 積 玉 泉 如 東 全 東 際 崇 i 庵 黄 紫 瑞 臆 節 候 終 康 済 報 国 能 満 報 国 泰 吉 祥 満 願 ~ ~ ~ ~ 第 二 回 平 二 五 六 月 四 五, 珊 語 文 集 刊 毎 週 土 曜 三 門 声 平 二 月 始 土 曜 三 補 主 五 雨 雪 続 集 小 歩 果 産 多 声 欲 冊 発 小 届 務 総 V i 別 龍 峰 賓 積 玉 泉 如 東 全 東 際 崇 i 庵 黄 紫 瑞 臆 節 候 終 康 済 報 国 能 満 報 国 泰 吉 祥 満 願 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 高 俊 西 龍 彦

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

大阪府医師国民健康保険組合規約

大阪府医師国民健康保険組合規約 大 阪 府 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 192 号 以 下 法 という )に 基 づき この 組 合 の 組 合 員 及 び 組 合 員 の 世 帯 に 属 する 被 保 険 者 並 びに 准 組 合 員 及 び 准 組 合 員 の 世 帯 に 属 する 被

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

品 主 要 品 立 紀 違 部 品 醍 醐 天 皇 倒 運 動 部 第 部 類 般 楠 木 譚 早 城 除 群 魅 構 造 挙 譚 味 違 写 論 特 断 用 潮 古 典 流 布 沿 綸 旨 賜 塔 宮 護 良 親 王 綸 旨 賜 病 称 帰 還 松 円 河 蜂 起 波 羅 側 敗 強 再 洛 資

品 主 要 品 立 紀 違 部 品 醍 醐 天 皇 倒 運 動 部 第 部 類 般 楠 木 譚 早 城 除 群 魅 構 造 挙 譚 味 違 写 論 特 断 用 潮 古 典 流 布 沿 綸 旨 賜 塔 宮 護 良 親 王 綸 旨 賜 病 称 帰 還 松 円 河 蜂 起 波 羅 側 敗 強 再 洛 資 Title 構 造 Authors 石 井, 由 紀 夫 Citation 学 学, 53: 0 Issue Date 04 URL http://sir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspac Rights Hokkaido University of Education 品 主 要 品 立 紀 違 部 品 醍 醐 天 皇 倒 運 動 部 第 部 類 般 楠 木 譚 早 城 除 群 魅

More information

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874>

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874> 信 託 編 第 1 信 託 の 意 味 を 理 解 してしまおう 1 信 託 の 思 想 を 理 解 するところからはじまります 2 登 場 人 物 を 理 解 してください 3 委 任 と 信 託 の 違 い 4 信 託 の 成 立 原 因 5 受 託 種 には 誰 がなれるのだろうか 第 2 信 託 の 課 税 の 原 則 第 3 受 益 者 等 課 税 信 託 の 基 本 的 な 課 税 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information