第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き"

Transcription

1 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー ( )Q&A - 改 正 労 働 契 約 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) ( 文 責 : 連 合 雇 用 法 制 対 策 局 ) 1

2 第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き すべての 労 働 契 約 に 適 用 される したがって 設 問 のように 障 害 者 就 労 施 設 で 雇 用 されているケースにおいても 第 18 条 の 無 期 転 換 ルールが 適 用 されることとなる ( 注 )1 国 家 公 務 員 地 方 公 務 員 2 使 用 者 が 同 居 の 親 族 のみを 使 用 する 場 合 この 質 問 は 事 業 を 対 象 とする 労 働 基 準 法 が 株 式 会 社 等 の 営 利 法 人 をおもな 適 用 対 象 としていることが 念 頭 にあって ( 非 営 利 法 人 であることが 多 い) 障 害 者 就 労 施 設 への 労 働 契 約 法 の 適 用 如 何 が 気 になったものかもしれない しかし 労 働 契 約 法 は 前 述 の 適 用 除 外 に 該 当 しなければ 必 ずしも 営 利 を 目 的 としていない 事 業 における 労 働 契 約 で あっても 適 用 対 象 としている 点 をご 理 解 いただきたい 労 働 契 約 法 第 22 条 ( 適 用 除 外 ) この 法 律 は 国 家 公 務 員 及 び 地 方 公 務 員 については 適 用 しない 2 この 法 律 は 使 用 者 が 同 居 の 親 族 のみを 使 用 する 場 合 の 労 働 契 約 については 適 用 しない 2

3 Q2. 今 会 社 で 会 社 分 割 の 話 が 進 んでいる 第 18 条 の 通 算 契 約 期 間 は 同 一 の 使 用 者 ごとに 計 算 するということだが 法 施 行 後 に 会 社 分 割 があった 場 合 はどうなるか A2. 法 施 行 後 に 会 社 分 割 があった 場 合 たとえば 甲 社 から 分 割 された 乙 社 に 移 籍 した 労 働 者 について 第 18 条 の 通 算 契 約 期 間 がその 時 点 で 切 断 されてしまうのかといった 問 題 が 生 じる 会 社 の 組 織 再 編 のあり 方 としては 会 社 分 割 だけでなく 事 業 譲 渡 という 手 続 き もある それぞれに 対 応 が 異 なることから 以 下 で 解 説 する 会 社 分 割 である 場 合 : 包 括 承 継 会 社 分 割 法 制 ( 会 社 法 労 働 契 約 承 継 法 )によれば 会 社 分 割 は 合 併 と 同 じであり 包 括 承 継 とされている 会 社 分 割 では すべての 債 権 債 務 が 包 括 的 に 譲 渡 されるので 労 働 契 約 においても 分 割 前 の 甲 社 と 分 割 後 の 乙 社 は 同 一 の 使 用 者 となる したが って 労 働 契 約 承 継 法 にもとづき 労 働 契 約 が 承 継 された 場 合 には それ 以 前 の 労 働 契 約 もそのまま 承 継 されることになるため( 包 括 承 継 ) 無 期 転 換 ルールにおける 通 算 契 約 期 間 も 継 続 してカウントされることとなる なお 照 明 器 具 部 門 だけを 別 会 社 に 会 社 分 割 する 場 合 など 甲 社 の 一 部 が 乙 社 に 会 社 分 割 された 場 合 も 部 分 的 包 括 承 継 とされ 後 述 する 事 業 譲 渡 とは 異 なる 事 業 譲 渡 である 場 合 : 特 定 承 継 甲 社 の 照 明 器 具 部 門 などの 事 業 部 門 だけを 乙 社 に 移 す 場 合 包 括 承 継 である 会 社 分 割 ではなく 事 業 譲 渡 として 個 別 に 譲 渡 を 行 う 方 法 もある ここで 個 別 の 譲 渡 とは 照 明 器 具 部 門 に 属 するA 工 場 の 土 地 建 物 動 産 類 を 個 別 の 売 買 契 約 によって 譲 渡 する とともに 関 連 する 債 権 についても 個 別 に 債 権 譲 渡 を 行 うというものである 労 働 契 約 についても 個 別 に 譲 渡 契 約 を 結 ぶこととなる こうした 事 業 譲 渡 の 場 合 労 働 契 約 の 譲 渡 の 方 法 については 以 下 のように さまざ まなケースがある もっとも 安 易 な 方 法 としては 労 働 者 が 甲 社 をいったん 退 職 して 退 職 金 等 も 精 算 し そのうえで 乙 社 が 新 たに 採 用 するという 方 法 がある このように いったん 退 職 して 新 しく 会 社 に 採 用 されるという 方 法 を 取 った 場 合 には 甲 社 と 乙 社 は 同 一 の 使 用 者 とは 言 えないので 第 18 条 の 通 算 契 約 期 間 はそこで 切 断 されることとなる (なお こうした 場 合 に 問 題 が 生 じるのは 甲 社 を 退 職 した 労 働 者 が 乙 社 に 採 用 されないケー スである 乙 社 にも 採 用 の 自 由 があることから これを 行 使 して 労 働 者 を 選 別 した 結 3

4 果 労 働 者 との 間 でトラブルとなり 裁 判 になるケースも 多 い ) その 他 では 民 法 第 625 条 1 項 にもとづき 労 働 者 の 承 諾 のもとで 使 用 者 の 地 位 を 甲 社 乙 社 間 で 移 転 するという 方 法 もある この 場 合 は 労 働 契 約 はそのまま 引 き 継 がれ るため 甲 社 と 乙 社 は 同 一 の 使 用 者 となり 第 18 条 の 通 算 契 約 期 間 も 引 き 継 がれ ることとなる また 労 働 者 が 乙 社 への 移 籍 を 希 望 しない 場 合 には 労 使 で 協 議 を 行 い 甲 社 から 乙 社 への 出 向 とする 例 も 珍 しくない この 場 合 は 甲 社 に 籍 を 置 いたまま 乙 社 に 出 向 す る 以 上 使 用 者 はひきつづき 甲 社 のままである 当 然 に 通 算 契 約 期 間 も 継 続 してカ ウントされることとなる 民 法 625 条 ( 使 用 者 の 権 利 の 譲 渡 の 制 限 等 ) 使 用 者 は 労 働 者 の 承 諾 を 得 なければ その 権 利 を 第 三 者 に 譲 り 渡 すことができない 会 社 法 2 条 ( 定 義 ) この 法 律 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところによる 29 吸 収 分 割 株 式 会 社 又 は 合 同 会 社 がその 事 業 に 関 して 有 する 権 利 義 務 の 全 部 又 は 一 部 を 分 割 後 他 の 会 社 に 承 継 させることをいう 30 新 設 分 割 一 又 は 二 以 上 の 株 式 会 社 又 は 合 同 会 社 がその 事 業 に 関 して 有 する 権 利 義 務 の 全 部 又 は 一 部 を 分 割 により 設 立 する 会 社 に 承 継 させることをいう 労 働 契 約 承 継 法 3 条 ( 承 継 される 事 業 に 主 として 従 事 する 労 働 者 に 係 る 労 働 契 約 の 承 継 ) 前 条 第 一 項 第 一 号 に 掲 げる 労 働 者 が 分 割 会 社 との 間 で 締 結 している 労 働 契 約 であって 分 割 契 約 等 に 承 継 会 社 等 が 承 継 する 旨 の 定 めがあるものは 当 該 分 割 契 約 等 に 係 る 分 割 の 効 力 が 生 じた 日 に 当 該 承 継 会 社 等 に 承 継 されるものとする 4

5 Q3. 第 18 条 の 施 行 にあたり 就 業 規 則 を 変 更 して 有 期 労 働 契 約 の 更 新 限 度 を 通 算 で 最 長 5 年 まで(1 年 契 約 の 更 新 は 4 回 まで 等 ) とすることは 適 法 か A3. この 就 業 規 則 が 適 法 かどうかは 労 働 者 を 法 的 に 拘 束 するかという 問 題 となる 場 合 を わけて 説 明 することとする 第 1は 今 有 期 労 働 契 約 を 締 結 して 働 いている 有 期 契 約 労 働 者 がいる 場 合 このよう な 更 新 の 限 度 を 設 けた 就 業 規 則 を 定 める 場 合 には その 労 働 者 に 対 しては 違 法 となり 法 的 拘 束 力 は 生 じない なぜなら 従 前 の 就 業 規 則 には 更 新 の 限 度 がなかったにもかかわらず 新 たに 就 業 規 則 を 設 けて 更 新 限 度 を 設 けるのだから 労 働 条 件 の 不 利 益 変 更 にあたる このような 不 利 益 変 更 は 労 働 契 約 法 10 条 の 合 理 性 の 要 件 ( 労 働 条 件 の 受 ける 不 利 益 の 程 度 労 働 条 件 の 変 更 の 必 要 性 変 更 後 の 就 業 規 則 の 内 容 の 相 当 性 労 働 組 合 の 交 渉 の 状 況 その 他 の 就 業 規 則 の 変 更 に 係 る 事 情 に 照 らして 合 理 性 があるとき)がある 場 合 にのみ 有 効 となる 使 用 者 が 労 契 法 18 条 の 無 期 転 換 ルールを 回 避 するために このような 規 定 を 新 たに 設 けることは 法 の 趣 旨 に 反 して 合 理 性 がなく 違 法 無 効 となる したがって 有 期 契 約 労 働 者 がいる 会 社 では このような 就 業 規 則 を 定 めることは 労 働 条 件 の 不 利 益 変 更 となり 労 契 法 10 条 及 び18 条 の 趣 旨 に 違 反 するといえる 第 2に 今 まで 有 期 契 約 労 働 者 がいない 会 社 が 新 たに 有 期 契 約 労 働 者 と 契 約 締 結 す る 際 に このような 就 業 規 則 を 定 めた 場 合 である(もっとも このような 会 社 はほとん どない) この 場 合 には 有 期 契 約 労 働 者 がいなかったので 不 利 益 変 更 とは 言 えない したがって 直 ちに 上 記 就 業 規 則 が 労 働 契 約 法 10 条 18 条 に 違 反 するとはいえない なぜなら 今 回 の 改 正 では 有 期 労 働 契 約 の 締 結 事 由 を 合 理 的 な 理 由 がある 場 合 に 限 定 する 入 口 規 制 を 導 入 しなかった そのため 遺 憾 ながら 有 期 労 働 契 約 を 締 結 することは 契 約 の 自 由 として 許 容 されており 有 期 契 約 期 間 の 更 新 限 度 についても 同 じく 契 約 自 由 の 原 則 から 許 容 されていると 解 さざるを 得 ない しかし 更 新 限 度 の 合 意 がなされた 場 合 について 雇 止 め 法 理 ( 第 19 条 )の 適 用 が 一 切 ないといった 解 釈 をすべきではない 設 問 のように 契 約 締 結 当 初 から 更 新 限 度 が 明 確 に 就 業 規 則 に 定 められている 場 合 であっても 他 の 有 期 契 約 労 働 者 のなかには 更 新 限 度 を 超 えて 雇 用 継 続 されている 者 がいる とか 雇 用 継 続 を 期 待 させるような 使 用 者 の 言 動 があった といった 実 態 があれば 有 期 契 約 労 働 者 に 対 して 雇 用 継 続 に 対 する 合 理 的 期 待 の 発 生 を 認 めることができる 5

6 Q4. 第 18 条 の 施 行 にあたり 会 社 が 有 期 労 働 契 約 で 働 いている 人 たちの 雇 用 形 態 を 請 負 契 約 や 委 託 契 約 に 切 り 替 えている このような 行 為 は 適 法 か A4. 第 18 条 の 無 期 転 換 ルールが 適 用 されるのは 同 一 の 使 用 者 との 間 で 有 期 労 働 契 約 が 通 算 5 年 を 超 えて 繰 り 返 し 更 新 された 場 合 である したがって これまで 直 接 に 雇 用 してい た 労 働 者 の 雇 用 形 態 を 請 負 契 約 や 委 託 契 約 に 切 り 替 えた 場 合 同 一 の 使 用 者 という 要 件 を 満 たさないこととなって 通 算 契 約 期 間 が 切 断 されてしまうのか といった 問 題 が 生 じうる ( 一 方 で 同 一 企 業 内 で 勤 務 先 がA 工 場 からB 工 場 に 移 ったような 場 合 は 同 一 の 使 用 者 であることに 変 わりはない 以 上 通 算 契 約 期 間 が 切 断 されないのは 当 然 である ) 上 記 のように 雇 用 形 態 が 請 負 契 約 や 委 託 契 約 に 切 り 替 えられた 場 合 について 厚 生 労 働 省 の 施 行 通 達 では 就 業 実 態 が 変 わらないにもかかわらず 第 18 条 の 無 期 転 換 申 込 権 の 発 生 を 免 れる 意 図 をもって 派 遣 形 態 や 請 負 形 態 を 偽 装 し 労 働 契 約 の 当 事 者 を 形 式 的 に 他 の 使 用 者 に 切 り 替 えたに 過 ぎないものであれば 法 を 潜 脱 するものとして 通 算 契 約 期 間 の 計 算 上 は 同 一 の 使 用 者 として 通 算 される としている( 厚 生 労 働 省 施 行 通 達 4(2)イ) したがって 設 問 のケースにおいては 当 該 請 負 契 約 等 への 切 り 替 えが 切 り 替 え 前 後 での 就 業 実 態 や 切 り 替 えの 意 図 に 照 らして 法 を 潜 脱 するものと 言 えるか 否 かにより 無 期 転 換 ルールの 適 用 のあり 方 も 変 わってくると 思 われる ただし 請 負 契 約 等 への 切 り 替 えが 行 われた 場 合 使 用 者 が 無 期 転 換 申 込 権 の 発 生 を 免 れる 意 図 を 明 らかにして 行 うことは 想 定 しにくいため こうした 主 観 的 な 意 図 の 存 在 を 証 明 することは 大 変 に 困 難 と 言 える 免 れる 意 図 については 請 負 契 約 等 への 切 り 替 えがその 使 用 者 において 職 種 ぐるみ 事 業 ぐるみで 行 われているといった 客 観 的 な 状 況 から 推 認 していくしかないだろう この 問 題 については 労 働 組 合 がこのような 偽 装 を 許 さないという 観 点 から 現 場 レベ ルでの 点 検 を 徹 底 していくことが 重 要 である 6

7 参 考 厚 労 省 施 行 通 達 27 頁 4. 有 期 労 働 契 約 の 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 への 転 換 ( 法 第 18 条 関 係 )(2)イ 法 第 18 条 第 1 項 の 同 一 の 使 用 者 は 労 働 契 約 を 締 結 する 法 律 上 の 主 体 が 同 一 であ ることをいうものであり したがって 事 業 場 単 位 ではなく 労 働 契 約 締 結 の 法 律 上 の 主 体 が 法 人 であれば 法 人 単 位 で 個 人 事 業 主 であれば 当 該 個 人 事 業 主 単 位 で 判 断 されるもの であること ただし 使 用 者 が 就 業 実 態 が 変 わらないにもかかわらず 法 第 18 条 第 1 項 に 基 づき 有 期 契 約 労 働 者 が 無 期 労 働 契 約 への 転 換 を 申 し 込 むことができる 権 利 ( 以 下 無 期 転 換 申 込 権 という )の 発 生 を 免 れる 意 図 をもって 派 遣 形 態 や 請 負 形 態 を 偽 装 して 労 働 契 約 の 当 事 者 を 形 式 的 に 他 の 使 用 者 に 切 り 替 えた 場 合 は 法 を 潜 脱 するものと して 同 項 の 通 算 契 約 期 間 の 計 算 上 同 一 の 使 用 者 との 労 働 契 約 が 継 続 していると 解 さ れるものであること 7

8 Q5. 無 期 転 換 権 の 申 込 み 権 を 行 使 せずに 下 記 図 1の1の 申 込 み 期 間 を 過 ぎてしまって 契 約 が 更 新 されなかった 場 合 でも 無 期 転 換 権 は 行 使 できるのか A5. 無 期 転 換 申 込 権 は 通 算 契 約 期 間 が5 年 を 超 える 場 合 にその 有 期 労 働 契 約 期 間 の 初 日 から 末 日 までの 間 行 使 することができる したがって 設 問 のように 当 該 契 約 期 間 の 末 日 を 過 ぎてしまい その 後 の 契 約 更 新 もなされなければ 無 期 転 換 申 込 権 は 消 滅 して 権 利 行 使 もできないこととなる (ただし 契 約 更 新 がなされたり クーリング 期 間 ( 下 記 図 2)を 置 くことなく 改 めて 同 一 の 使 用 者 との 間 で 有 期 労 働 契 約 が 締 結 された 場 合 には 新 たな 無 期 転 換 申 込 権 が 発 生 するため この 権 利 を 行 使 することはできる ) 労 働 組 合 としては 有 期 契 約 労 働 者 に 対 して 無 期 転 換 申 込 権 の 行 使 期 間 を 周 知 する 取 り 組 みを 徹 底 することが 重 要 である 図 1 図 2 出 所 : 厚 生 労 働 省 パンフレット 労 働 契 約 法 改 正 のあらまし 4 頁 8

9 Q6. 私 の 会 社 の 就 業 規 則 に 無 期 転 換 権 の 申 込 み 権 が 行 使 できる 期 間 を 契 約 終 了 の 1 ヶ 月 前 までとする 手 続 規 定 が 盛 り 込 まれた 無 期 転 換 権 の 申 込 みが 契 約 終 了 の 1 週 間 前 になってしまった 場 合 の 効 力 はどうなるか A6. 第 18 条 の 無 期 転 換 申 込 権 を 行 使 するにあたって 申 込 みの 方 式 については 何 ら 法 律 上 の 制 限 は 設 けられていない 申 込 みの 方 式 について 法 律 で 何 も 限 定 していない 以 上 使 用 者 が 就 業 規 則 や 個 別 の 労 働 契 約 等 において 契 約 期 間 満 了 の1カ 月 前 までに 行 使 しなければならない とか 書 面 で 申 し 込 まない 場 合 には 受 け 付 けをしない といった 限 定 を 設 けた 場 合 であっても 労 働 者 がそれに 従 うことなく 口 頭 で 行 った 申 込 み 自 体 が 無 効 とされてしまう 訳 ではない ( 無 期 転 換 申 込 権 は 労 働 者 保 護 のために 認 められた 権 利 であるから 第 18 条 は 当 事 者 間 の 契 約 によってもその 保 護 を 後 退 させるような 合 意 の 効 力 を 許 さない 強 行 規 定 であ ると 解 される ) ただし 契 約 期 間 の 末 日 直 前 に 無 期 転 換 の 申 込 みをされた 場 合 には 要 員 計 画 等 の 観 点 か ら 業 務 運 営 に 支 障 を 来 すことがある といった 使 用 者 側 の 事 情 についても 一 概 に 否 定 することはできない したがって 無 期 転 換 申 込 権 は 可 能 な 限 り 契 約 末 日 の1ヶ 月 前 までに 行 使 するように 努 めてほしい といった 使 用 者 側 の 希 望 をアナウンスするこ とまで 禁 止 されている 訳 ではない 使 用 者 がこうしたアナウンスを 行 う 場 合 には 権 利 行 使 を 抑 制 するものとならないよう 労 使 間 であらかじめ 十 分 な 話 し 合 いを 行 ってほし い 9

10 Q7. 今 回 の 法 改 正 にあたり 作 成 された 就 業 規 則 に 無 期 転 換 後 の 労 働 条 件 について 雇 用 が 不 安 定 な 有 期 であるために 加 算 していた 賃 金 の 上 乗 せ 分 ( 有 期 プレミアム 分 ) を 雇 用 が 安 定 した 無 期 になるので 減 額 する 旨 を 記 載 しようとしている 有 期 の 時 よ りも 無 期 転 換 後 の 賃 金 が 下 げることも 許 されるのか A7. 無 期 転 換 後 の 労 働 条 件 を 就 業 規 則 によって 不 利 益 に 変 更 しようとする 場 合 契 約 期 間 中 における 不 利 益 変 更 と 言 えるから その 変 更 内 容 の 合 理 性 の 判 断 は 新 たに 雇 用 される 労 働 者 との 関 係 で 就 業 規 則 に 合 理 性 を 求 めている 第 7 条 ではなく より 厳 格 な 合 理 性 の 要 件 ( 業 務 の 必 要 性 労 使 交 渉 の 状 況 等 )を 求 めている 不 利 益 変 更 を 規 定 する 第 10 条 にもとづいて 行 われる 必 要 がある( 下 図 参 照 ) したがって 設 問 のような 有 期 プレミアム 分 の 削 減 については 実 際 に 減 額 される 部 分 が 有 期 契 約 であることを 理 由 として 加 算 されていた 上 乗 せ 分 ( 有 期 プレミアム 分 )に 相 当 していると 言 えるのか その 合 理 性 を 慎 重 にチェックする 必 要 がある 出 所 : 厚 生 労 働 省 パンフレット 労 働 契 約 法 改 正 のあらまし 15 頁 10

11 Q8. 今 回 の 法 改 正 にあたり 作 成 された 就 業 規 則 に 無 期 転 換 後 の 労 働 条 件 について 広 域 配 転 条 項 や 労 働 時 間 の 大 幅 変 更 などの 条 項 が 盛 り 込 まれています このような 無 期 転 換 権 を 事 実 上 抑 制 するような 条 項 が 盛 り 込 まれることも 許 されるのでしょうか A8. 無 期 転 換 後 の 労 働 条 件 は 有 期 労 働 契 約 の 労 働 条 件 と 同 一 の 労 働 条 件 となることが 原 則 とされている ただし 別 段 の 定 め により 無 期 転 換 後 の 労 働 条 件 を 変 更 することも できるため 別 段 の 定 め の 内 容 に 応 じて 無 期 転 換 後 の 労 働 条 件 は 有 期 労 働 契 約 の 労 働 条 件 に 比 して 上 がることも 下 がることもある ( 別 段 の 定 め には 1 個 別 合 意 2 就 業 規 則 3 労 働 協 約 が 該 当 する ) このように 別 段 の 定 め によって 労 働 条 件 を 変 更 する 場 合 には 不 利 益 変 更 となると きに 変 更 内 容 の 合 理 性 如 何 が 問 題 となりうる また 無 期 転 換 申 込 権 の 行 使 を 事 実 上 抑 制 するような 条 項 (たとえば 広 域 配 転 条 項 や 労 働 時 間 の 大 幅 変 更 条 項 等 )が 盛 り 込 まれる 場 合 も 有 期 契 約 労 働 者 の 無 期 転 換 申 込 権 の 行 使 の 自 由 を 侵 害 するという 点 が 問 題 となりうる 無 期 転 換 後 の 労 働 条 件 の 不 利 益 変 更 について 上 記 1の 個 別 合 意 によって 使 用 者 が 不 利 益 な 労 働 条 件 の 提 示 をして 同 意 を 求 めた 場 合 最 終 的 には 裁 判 例 の 蓄 積 を 待 つこととなるが 労 働 者 はこの 合 意 を 拒 むことができ ま た 使 用 者 は 合 意 を 拒 んだことを 理 由 として 無 期 転 換 申 込 みを 拒 絶 することはできない と 考 えられる ここで 注 意 する 必 要 があるのは 設 問 のような 労 働 条 件 の 変 更 を 使 用 者 が 個 別 合 意 で 求 めてきた 場 合 についてどう 見 るのか ということである たとえば 現 在 より 低 い 労 働 条 件 のもと 無 期 労 働 契 約 で 就 労 するか 又 は 現 在 の 労 働 条 件 のまま 引 き 続 き 有 期 労 働 契 約 で 就 労 するか といった 選 択 を 使 用 者 から 個 別 合 意 の 形 で 求 められた 場 合 立 場 の 弱 い 労 働 者 としては 不 本 意 ながらも 有 期 労 働 契 約 での 就 労 を 選 択 したり 無 期 転 換 申 込 権 の 行 使 を 躊 躇 したりするなど 結 果 的 に 無 期 転 換 申 込 権 の 行 使 に 対 する 使 用 者 側 の 不 当 な 抑 制 があったという 評 価 をすることができる 場 合 が 起 こりうるのである こ うした 場 合 には 法 の 趣 旨 に 反 するものとして 違 法 とされる 余 地 がある 上 記 2の 就 業 規 則 によって 使 用 者 が 労 働 条 件 の 不 利 益 変 更 を 行 った 場 合 その 変 更 が 合 理 的 であるとされるためには 労 働 契 約 法 第 10 条 で 求 められる 厳 格 な 合 理 性 の 要 件 ( 業 務 の 必 要 性 労 使 交 渉 の 状 況 等 )を 満 たすことが 必 要 である(Q8の 図 表 を 参 照 ) 11

12 上 記 3の 労 働 協 約 によって 労 働 条 件 の 不 利 益 変 更 を 行 う 場 合 有 期 契 約 労 働 者 も 含 めて 組 織 する 労 働 組 合 が 締 結 した 労 働 協 約 であれば 別 段 の 合 意 として 無 期 転 換 した 労 働 者 を 拘 束 することになる 一 方 で 有 期 契 約 労 働 者 を 組 織 していない 組 合 が 締 結 した 労 働 協 約 であれば 非 組 合 員 である 有 期 契 約 労 働 者 を 拘 束 することはない なお 無 期 転 換 後 の 労 働 条 件 については 正 社 員 と 同 じ 労 働 条 件 とされる 訳 ではなく そこが 今 回 の 改 正 法 の 限 界 である 今 後 は 無 期 転 換 にあたって 労 働 条 件 の 不 利 益 変 更 が 行 われないように 使 用 者 との 間 で 粘 り 強 い 交 渉 を 行 っていくことも 労 働 組 合 にとっ ての 重 要 な 課 題 である 広 域 配 転 条 項 について 有 期 労 働 契 約 には 含 まれていなかった 配 転 条 項 が 無 期 転 換 後 に 適 用 される 就 業 規 則 に おいて 定 められた 場 合 それへの 拘 束 如 何 は 次 のように 整 理 される (1) 従 前 の 有 期 労 働 契 約 に 勤 務 地 限 定 の 特 約 があったと 認 められる 場 合 であれば 労 働 者 の 個 別 合 意 がない 限 り 就 業 規 則 の 配 転 条 項 には 拘 束 されない (2) 従 前 の 有 期 労 働 契 約 に 勤 務 地 限 定 の 特 約 がなかったと 認 められる 場 合 であれば 就 業 規 則 における 配 転 条 項 の 挿 入 は 労 働 条 件 の 不 利 益 変 更 に 該 当 する したがっ て 当 該 不 利 益 変 更 には 第 10 条 で 求 められる 厳 格 な 合 理 性 の 要 件 ( 業 務 の 必 要 性 労 使 交 渉 の 状 況 等 を 満 たすことが 必 要 である(Q8の 図 表 を 参 照 ) たとえば 勤 務 地 限 定 特 約 が 含 まれていない 有 期 労 働 契 約 にもとづき 新 宿 店 で 勤 務 して いる 労 働 者 を 対 象 に 東 京 駅 店 への 配 転 を 想 定 した 条 項 を 新 規 に 設 ける 場 合 と 群 馬 店 への 配 転 を 想 定 した 条 項 を 新 規 に 設 ける 場 合 とでは 配 転 条 項 のもつ 拘 束 力 の 解 釈 にも 相 違 が 生 じうる すなわち 東 京 駅 店 への 異 動 は 比 較 的 近 隣 であって 通 勤 にも 特 段 の 支 障 はないであろうから 一 概 には 配 転 条 項 の 効 力 は 否 定 されない 一 方 で 群 馬 店 への 異 動 は 長 距 離 通 勤 や 転 居 を 伴 わざるを 得 ないものと 考 えられるため 無 制 限 に 広 域 配 転 条 項 を 入 れる 場 合 については 無 期 転 換 申 込 権 の 行 使 の 抑 制 が 目 的 であると 解 釈 されて しまう 余 地 があり その 場 合 には 当 該 条 項 には 拘 束 されないということとなる なお 広 域 配 転 条 項 の 当 否 は 個 別 具 体 的 に 判 断 されるため どのような 就 業 規 則 にして いくかということについて 労 働 組 合 が 役 割 を 発 揮 していくことが 非 常 に 重 要 である 12

13 労 働 契 約 法 18 条 ( 有 期 労 働 契 約 の 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 への 転 換 ) 1 同 一 の 使 用 者 との 間 で 締 結 された 二 以 上 の 有 期 労 働 契 約 ( 契 約 期 間 の 始 期 の 到 来 前 のも のを 除 く 以 下 この 条 において 同 じ )の 契 約 期 間 を 通 算 した 期 間 ( 次 項 において 通 算 契 約 期 間 という )が 五 年 を 超 える 労 働 者 が 当 該 使 用 者 に 対 し 現 に 締 結 している 有 期 労 働 契 約 の 契 約 期 間 が 満 了 する 日 までの 間 に 当 該 満 了 する 日 の 翌 日 から 労 務 が 提 供 される 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 の 締 結 の 申 込 みをしたときは 使 用 者 は 当 該 申 込 みを 承 諾 したもの とみなす この 場 合 において 当 該 申 込 みに 係 る 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 の 内 容 である 労 働 条 件 は 現 に 締 結 している 有 期 労 働 契 約 の 内 容 である 労 働 条 件 ( 契 約 期 間 を 除 く )と 同 一 の 労 働 条 件 ( 当 該 労 働 条 件 ( 契 約 期 間 を 除 く )について 別 段 の 定 めがある 部 分 を 除 く ) とする 13

14 Q9. 労 働 基 準 法 第 15 条 1 項 は 労 働 条 件 の 明 示 について 規 定 しているが 無 期 転 換 権 を 行 使 した 場 合 無 期 転 換 後 の 労 働 条 件 については いつ 教 えてもらえるのか A9. 労 働 基 準 法 第 15 条 1 項 は 労 働 契 約 の 締 結 時 に 労 働 条 件 を 明 示 することを 義 務 づけてい る したがって 使 用 者 は 無 期 労 働 契 約 が 締 結 される 時 に すなわち 有 期 契 約 労 働 者 が 無 期 転 換 申 込 権 を 行 使 する 時 に 無 期 転 換 後 の 労 働 条 件 を 明 示 しなければならない 就 業 規 則 により 無 期 転 換 後 の 労 働 条 件 を 変 更 しようとする 場 合 には 就 業 規 則 はあらか じめ 労 働 者 に 周 知 されなければならないという 原 則 ( 労 働 契 約 法 第 7 条 )もあるため 使 用 者 は 無 期 転 換 後 に 適 用 される 就 業 規 則 の 内 容 について 無 期 転 換 されるまでに 有 期 契 約 労 働 者 に 対 して 周 知 しておかなければならない(Q8の 図 表 を 参 照 のこと) 上 記 のように 就 業 規 則 で 無 期 転 換 後 の 労 働 条 件 を 定 める 場 合 就 業 規 則 の 作 成 変 更 に かかる 労 働 基 準 法 の 定 めがあることにも 留 意 する 必 要 がある 使 用 者 は 過 半 数 労 働 組 合 代 表 との 協 議 や 労 働 基 準 監 督 署 への 届 出 のために 要 する 期 間 も 考 慮 に 入 れ 時 間 的 余 裕 をもって 就 業 規 則 の 整 備 を 行 うようにしなければならない 出 所 : 厚 生 労 働 省 パンフレット 労 働 契 約 法 改 正 のあらまし 13 頁 14

15 労 働 基 準 法 15 条 1 項 ( 労 働 条 件 の 明 示 ) 使 用 者 は 労 働 契 約 の 締 結 に 際 し 労 働 者 に 対 して 賃 金 労 働 時 間 その 他 の 労 働 条 件 を 明 示 し なければならない この 場 合 において 賃 金 及 び 労 働 時 間 に 関 する 事 項 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 事 項 については 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 方 法 により 明 示 しなければならない 労 働 基 準 法 90 条 ( 就 業 規 則 作 成 の 手 続 ) 使 用 者 は 就 業 規 則 の 作 成 又 は 変 更 について 当 該 事 業 場 に 労 働 者 の 過 半 数 で 組 織 する 労 働 組 合 がある 場 合 においてはその 労 働 組 合 労 働 者 の 過 半 数 で 組 織 する 労 働 組 合 がない 場 合 におい ては 労 働 者 の 過 半 数 を 代 表 する 者 の 意 見 を 聴 かなければならない 2 使 用 者 は 前 条 の 規 定 により 届 出 をなすについて 前 項 の 意 見 を 記 した 書 面 を 添 付 しなけれ ばならない 15

16 第 19 条 < 雇 止 め 法 理 > Q10. 第 19 条 は これまでの 判 例 法 理 を 足 しも 引 きもせずに 法 文 化 されたと 聞 いている が 労 働 者 による 満 了 後 遅 滞 のない 更 新 申 込 み 締 結 申 込 み が 条 文 に 規 定 さ れている 労 働 者 が 第 19 条 による 主 張 をする 場 合 には 満 了 後 いつまでに どの ような 方 法 での 申 込 みを 行 ったら 良 いのか A10. 第 19 条 は 従 来 確 立 されていた 雇 止 め 法 理 をそのまま 法 定 化 したものとされているが 条 文 をみると 有 期 労 働 契 約 の 更 新 締 結 の 申 込 み のように 雇 止 め 法 理 にはなかっ た 要 件 が 加 えられている そこで 雇 止 め 法 理 の 後 退 を 許 さないためにも 条 文 を 当 該 法 理 の 趣 旨 にそって 解 釈 することが 必 要 である 要 件 の1つとされた 有 期 労 働 契 約 の 更 新 締 結 の 申 込 み については 従 来 の 雇 止 め 法 理 にはなかったものであるが 要 式 行 為 ではないとされている そのため 申 込 みは 口 頭 によっても 黙 示 のものでも 足 りるとされ また 使 用 者 の 雇 止 めの 意 思 表 示 に 対 して 納 得 できない といった 異 議 や 不 満 を 述 べることでも 足 りるとされている( 施 行 通 達 33 頁 5(2)エ) 有 期 労 働 契 約 が 満 了 した 後 であっても 遅 滞 なく 有 期 労 働 契 約 の 申 込 みをすれば 第 19 条 の 適 用 があるとされている この 遅 滞 なく の 具 体 的 内 容 については 労 働 者 の 属 性 や 地 域 性 などを 踏 まえて 個 別 に 判 断 されることとなる そうした 個 別 判 断 の 結 果 正 当 な 又 は 合 理 的 な 理 由 による 申 込 みの 遅 滞 であるとされる 場 合 は 許 容 されることとな る( 施 行 通 達 33 頁 5(2)オ) なお 労 働 組 合 や 労 働 者 が 第 19 条 により 雇 止 めの 無 効 を 主 張 する 場 合 には 有 期 労 働 契 約 が 満 了 する 前 に 契 約 更 新 の 申 込 みを 明 示 的 に 行 うようにすることが 法 の 趣 旨 に 合 致 していると 思 われる したがって 労 働 組 合 が 労 働 者 から 相 談 を 受 けたような 場 合 には 雇 い 止 めに 異 議 を 申 し 立 てる といった 内 容 のFAXやメールを 直 ちに 使 用 者 に 対 し て 送 信 し その 記 録 を 残 しておくことが 必 要 である (こうした 申 込 みは 要 式 行 為 では ないため 口 頭 で 行 ってもよい 旨 を 前 述 したが 労 働 組 合 が 申 込 みに 関 わる 場 合 には 証 拠 に 残 る 方 法 として 必 ず 書 面 で 行 うべきである ) 16

17 参 考 厚 生 労 働 省 施 行 通 達 33 頁 5 有 期 労 働 契 約 の 更 新 等 ( 法 第 19 条 関 係 )(2) 内 容 エ 法 第 19 条 の 更 新 の 申 込 み 及 び 締 結 の 申 込 み は 要 式 行 為 ではなく 使 用 者 による 雇 止 めの 意 思 表 示 に 対 して 労 働 者 による 何 らかの 反 対 の 意 思 表 示 が 使 用 者 に 伝 わるものでもよ いこと また 雇 止 めの 効 力 について 紛 争 となった 場 合 における 法 第 19 条 の 更 新 の 申 込 み 又 は 締 結 の 申 込 み をしたことの 主 張 立 証 については 労 働 者 が 雇 止 めに 異 議 があることが 例 えば 訴 訟 の 提 起 紛 争 調 整 機 関 への 申 立 て 団 体 交 渉 等 によって 使 用 者 に 直 接 又 は 間 接 に 伝 えられたことを 概 括 的 に 主 張 立 証 すればよいと 解 されるものであること オ 法 第 19 条 の 遅 滞 なく は 有 期 労 働 契 約 の 契 約 期 間 の 満 了 後 であっても 正 当 な 又 は 合 理 的 な 理 由 による 申 込 みの 遅 滞 は 許 容 される 意 味 であること 17

18 Q11. 私 の 勤 務 する 会 社 では 有 期 労 働 契 約 の 締 結 にあたり 1 年 更 新 とし 更 新 も 最 長 3 年 で 打 ち 切 る との 不 更 新 条 項 が 付 されているが 実 態 上 は 更 新 限 度 を 超 えて 更 新 されている 人 が 複 数 いる この 場 合 第 19 条 2 号 の 合 理 的 期 待 の 扱 いはどうなるか A11. 設 問 のような 不 更 新 条 項 それ 自 体 は 有 効 とされている したがって 不 更 新 条 項 を 盛 り 込 んだ 有 期 労 働 契 約 を 新 たに 締 結 する 場 合 契 約 当 初 から 更 新 限 度 の 到 来 によって 雇 止 めとなることが 明 らかであるような 実 態 があれば 一 般 的 には 第 19 条 2 号 における 雇 用 継 続 への 合 理 的 期 待 の 発 生 は 問 題 とならないであろう ただし その 後 に 契 約 更 新 を 重 ねていく 過 程 で 更 新 限 度 を 超 えて 更 新 されている 人 が 複 数 いる あるいは 雇 用 継 続 を 期 待 させる 使 用 者 の 言 動 があった 等 の 実 態 があった 場 合 には たとえ 契 約 当 初 から 不 更 新 条 項 が 盛 り 込 まれていたとしても そうした 実 態 に 照 らして 労 働 者 に 雇 用 継 続 についての 合 理 的 期 待 が 生 じたと 言 えるときがありうる そうしたときには 第 19 条 2 号 が 適 用 されることになる 参 考 不 更 新 条 項 に 関 しては 新 たに 雇 用 契 約 を 締 結 する 有 期 契 約 労 働 者 との 関 係 だけでなく 既 に 雇 用 契 約 を 締 結 更 新 している 有 期 契 約 労 働 者 との 関 係 において 当 該 条 項 が 新 設 さ れた 場 合 も その 効 力 如 何 が 問 題 となりうる 具 体 的 には (ア) 就 業 規 則 を 変 更 して 不 更 新 条 項 を 設 けるケース (イ) 契 約 書 中 に 不 更 新 条 項 を 挿 入 して 有 期 契 約 労 働 者 に 対 して 合 意 を 求 めるケース で 不 更 新 条 項 や 合 意 の 有 効 無 効 が 争 われることがある これについては 以 下 のように 考 えることができる (ア) 就 業 規 則 を 変 更 して 不 更 新 条 項 を 設 けるケース: このケースでは 就 業 規 則 による 労 働 条 件 の 不 利 益 変 更 が 問 題 となる 就 業 規 則 の 不 利 益 変 更 を 行 う 際 にはその 内 容 の 合 理 性 が 求 められるが 5 年 を 超 えて 同 一 の 使 用 者 のもとで 就 労 していた 有 期 契 約 労 働 者 が 無 期 転 換 後 も 従 前 と 同 様 に 就 労 を 続 けるという 実 質 に 鑑 みれば 当 該 不 利 益 変 更 には 第 7 条 で 就 業 規 則 に 求 めら れる 合 理 性 ではなく 第 10 条 における 厳 格 な 合 理 性 の 要 件 ( 業 務 の 必 要 性 労 使 交 渉 の 状 況 等 )を 満 たすことが 必 要 であろう なお 無 期 転 換 により 有 期 契 約 労 働 者 の 雇 用 の 安 定 化 をはかろうとする 第 18 条 の 立 法 趣 旨 に 照 らせば 第 10 条 にもとづく 合 理 性 の 判 断 はより 厳 格 になされるべき である したがって 無 期 転 換 の 発 生 を 避 けるために 行 われる 就 業 規 則 の 変 更 ( 不 更 新 条 項 の 新 設 )の 多 くは その 変 更 に 合 理 性 が 認 められないものとして 無 効 と 解 すべきであろう 18

19 (イ) 契 約 書 中 に 不 更 新 条 項 を 挿 入 して 有 期 契 約 労 働 者 に 対 して 合 意 を 求 めるケース: 従 来 の 判 例 の 多 くは 有 期 契 約 労 働 者 が 行 った 合 意 にかかる 意 思 表 示 が 真 意 にもと づくものか 否 かについて 合 意 の 有 効 性 を 否 定 する 法 律 要 件 の 有 無 ( 錯 誤 詐 欺 不 当 な 圧 力 等 )にもとづき 判 断 したうえで それが 真 意 によるとされた 場 合 には 雇 用 継 続 についての 合 理 的 期 待 の 発 生 を 認 めず 雇 止 め 法 理 も 適 用 の 余 地 はない と してきた( 近 畿 コカ コーラボトリング 事 件 大 阪 地 判 平 労 判 893 号 本 田 技 研 事 件 東 京 高 判 平 ) しかし 多 くの 有 期 契 約 労 働 者 は 現 実 には 使 用 者 が 求 める 不 更 新 条 項 を 拒 絶 す れば 雇 止 めをされてしまうのではないかという 不 安 の 中 で 不 本 意 ながらも 不 更 新 についての 合 意 に 応 じたに 過 ぎない 単 に 合 意 が 存 在 することをもって 真 意 に よる 合 意 である 以 上 雇 止 め 法 理 の 適 用 はない といった 解 釈 をすべきではない さらに 第 18 条 による 無 期 転 換 を 免 れる 目 的 や 第 19 条 の 雇 止 め 法 理 の 適 用 を 避 ける 目 的 で 行 われる 雇 止 めであれば 法 の 趣 旨 に 反 するものであり そこに 客 観 的 合 理 性 や 社 会 的 相 当 性 が 認 められないことは 明 確 である したがって 不 更 新 の 合 意 にもとづく 雇 止 めについては 労 働 者 側 が 自 ら 進 んでそ の 合 意 を 行 ったといえる 客 観 的 状 況 が 認 められない 限 り 労 働 者 にいったん 生 じた 雇 用 継 続 についての 合 理 的 な 期 待 はいまだ 失 われておらず 雇 止 め 法 理 が 適 用 される 余 地 がある と 解 すべきである(なお 明 石 書 店 事 件 東 京 地 決 平 労 判 1014 号 は 解 雇 権 濫 用 の 一 つの 事 情 として 判 断 するとしている) 19

20 第 20 条 不 合 理 な 労 働 条 件 の 禁 止 Q12. 労 使 間 には 情 報 力 の 格 差 があると 思 うが そうした 中 で 第 20 条 の 不 合 理 性 を 主 張 しようとする 場 合 有 期 契 約 労 働 者 は 何 を 主 張 すれば 良 いか A12. 第 20 条 における 不 合 理 性 の 有 無 について 争 う 場 合 有 期 労 働 者 は 無 期 契 約 労 働 者 との 労 働 条 件 の 相 違 及 びその 相 違 が 有 期 契 約 であることを 理 由 とする 不 合 理 なもので あることを 基 礎 づける 事 情 を 主 張 立 証 すればよい 一 方 で 使 用 者 は 当 該 労 働 条 件 の 相 違 が 合 理 的 なものであることを 基 礎 づける 事 実 を 主 張 立 証 することとなる なお 主 張 立 証 の 負 担 が 有 期 契 約 労 働 者 側 に 一 方 的 に 負 わされるものではないことに ついて 以 下 のとおりの 行 政 通 達 が 発 出 されている( 施 行 通 達 33 頁 6(2)キ) 参 考 厚 生 労 働 省 施 行 通 達 35 頁 6 期 間 の 定 めがあることによる 不 合 理 な 労 働 条 件 の 禁 止 ( 法 第 20 条 関 係 )(2) キ 法 第 20 条 に 基 づき 民 事 訴 訟 が 提 起 された 場 合 の 裁 判 上 の 主 張 立 証 については 有 期 契 約 労 働 者 が 労 働 条 件 が 期 間 の 定 めを 理 由 とする 不 合 理 なものであることを 基 礎 づける 事 実 を 主 張 立 証 し 他 方 で 使 用 者 が 当 該 労 働 条 件 が 期 間 の 定 めを 理 由 とする 合 理 的 なものである ことを 基 礎 づける 事 実 の 主 張 立 証 を 行 うという 形 でなされ 同 条 の 司 法 上 の 判 断 は 有 期 契 約 労 働 者 及 び 使 用 者 双 方 が 主 張 立 証 を 尽 くした 結 果 が 総 体 としてなされるものであり 立 証 の 負 担 が 有 期 契 約 労 働 者 側 に 一 方 的 に 負 わされることにはならないと 解 されるものである こと 20

21 Q13. 労 働 条 件 の 相 違 が 20 条 にもとづき 不 合 理 と 認 められるか 否 かの 判 断 方 法 と 労 働 組 合 が 取 り 組 むべきポイントについて 教 えてほしい A13. 第 20 条 の 不 合 理 性 の 判 断 にあたって 労 働 組 合 は 職 場 の 有 期 契 約 労 働 者 と 無 期 契 約 労 働 者 ( 正 社 員 等 )との 間 における 賃 金 手 当 類 をはじめとする 労 働 条 件 について まず は 相 違 の 有 無 を 一 つ 一 つチェックする 必 要 がある 次 いで そうした 相 違 があれば そ の 相 違 に 合 理 的 理 由 があるのか 否 かを 使 用 者 との 団 体 交 渉 等 で 明 らかにしていく 必 要 がある その 際 安 全 管 理 や 食 堂 利 用 などについて 格 差 を 設 けるなど 明 らかに 合 理 性 が 認 められないような 場 合 には 労 働 組 合 は 使 用 者 に 対 して 相 違 の 是 正 に 向 けた 取 り 組 みを 行 うことが 重 要 である 労 働 条 件 の 相 違 が 不 合 理 と 認 められるか 否 かの 判 断 について パート 法 第 8 条 とは 異 なり 正 社 員 と 同 一 の 職 務 内 容 であることや 同 一 の 人 事 運 用 の 仕 組 みであることは 要 件 とは されていない 対 象 となる 労 働 条 件 ごとに 下 記 (1)~(3)の 判 断 要 素 について 総 合 的 に 考 慮 したうえで 合 理 性 の 有 無 を 判 断 することとされているため( 施 行 通 達 34 頁 オ) 不 合 理 性 の 有 無 について 柔 軟 な 解 釈 ができることになる なお 対 象 となる 労 働 条 件 ごと に 合 理 性 が 判 断 されることから たとえば 基 本 給 の 格 差 が 問 題 となるケースと 食 事 手 当 食 堂 利 用 の 格 差 が 問 題 となるケースとでは 合 理 性 に 求 められる 内 容 は 異 なるものと なる 第 20 条 の 判 断 要 素 (1) 業 務 の 内 容 及 び 当 該 業 務 に 伴 う 責 任 の 程 度 ( 職 務 の 内 容 ) 業 務 の 内 容 では 労 働 者 の 担 当 する 業 務 それ 自 体 が 比 較 される また 当 該 業 務 に 伴 う 責 任 の 程 度 としては 例 えば 残 業 に 応 じる 責 任 などが 想 定 されている (2) 当 該 職 務 の 内 容 及 び 配 置 の 変 更 の 範 囲 人 事 配 置 の 変 更 の 範 囲 としては 職 務 の 配 置 変 更 職 場 の 配 置 変 更 昇 進 昇 格 等 が 想 定 されている パート 法 のように 正 社 員 と 同 一 であることは 要 件 となっていない この 判 断 要 素 に 関 しては 使 用 者 側 から 無 期 契 約 労 働 者 ( 正 社 員 )は 様 々な 部 署 を 経 験 し 配 転 し 昇 進 するといった 長 期 的 な 人 材 活 用 を 前 提 として 労 働 条 件 が 決 まっ ている といった 主 張 がなされることが 考 えられる しかし 正 社 員 に 配 転 が 予 定 さ れている 就 業 規 則 があったとしても 実 際 にはほとんど 配 転 がない 職 場 も 多 いことに 注 意 が 必 要 であり その 実 態 を 見 て 不 合 理 か 否 かの 判 断 を 行 うべきである (3) その 他 の 事 情 その 他 の 事 情 としては 採 用 手 続 採 用 募 集 方 法 勤 続 年 数 労 使 慣 行 など 様 々な 事 情 が 含 まれることになろう 21

22 労 働 契 約 法 20 条 ( 期 間 の 定 めがあることによる 不 合 理 な 労 働 条 件 の 禁 止 ) 有 期 労 働 契 約 を 締 結 している 労 働 者 の 労 働 契 約 の 内 容 である 労 働 条 件 が 期 間 の 定 めが あることにより 同 一 の 使 用 者 と 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 を 締 結 している 労 働 者 の 労 働 契 約 の 内 容 である 労 働 条 件 と 相 違 する 場 合 においては 当 該 労 働 条 件 の 相 違 は 労 働 者 の 業 務 の 内 容 及 び 当 該 業 務 に 伴 う 責 任 の 程 度 ( 以 下 この 条 において 職 務 の 内 容 という ) 当 該 職 務 の 内 容 及 び 配 置 の 変 更 の 範 囲 その 他 の 事 情 を 考 慮 して 不 合 理 と 認 められるもの であってはならない 22

23 Q14. 第 20 条 が 禁 止 する 不 合 理 な 労 働 条 件 は 一 切 の 待 遇 を 含 むと 聞 いたが ユニオン ショップ 協 定 やチェックオフ 協 定 などの 労 働 協 約 上 の 組 合 員 資 格 についても ここで の 労 働 条 件 に 含 まれるのか 会 社 が 協 定 締 結 を 拒 否 している A14. 第 20 条 の 労 働 条 件 には 労 働 契 約 の 内 容 となっている 一 切 の 労 働 条 件 が 含 まれるが 労 働 協 約 上 の 組 合 員 資 格 については ここでの 労 働 条 件 には 含 まれないものと 考 え られる なぜなら 労 働 協 約 上 の 組 合 員 資 格 は 労 働 組 合 が 自 主 的 に 決 めるべきものであるから 仮 に 使 用 者 との 労 働 協 約 において 無 期 契 約 労 働 者 である 正 社 員 に 限 るといった 規 定 が 設 けられていたとしても 有 期 契 約 労 働 者 との 関 係 において 不 合 理 な 相 違 があるとして 第 20 条 が 介 入 することは 労 働 組 合 の 自 主 権 を 縛 ることとなり 許 されないからである 23

24 Q15. 通 勤 手 当 が 無 期 契 約 労 働 者 であれば 満 額 有 期 契 約 労 働 者 であれば 月 の 上 限 額 が 5000 円 となっている この 差 異 が 不 合 理 とされた 場 合 これまでの 差 額 分 についての 支 給 や 今 後 の 通 勤 手 当 の 取 扱 いはどうなるのか また 当 社 は 正 社 員 には 新 幹 線 通 勤 が 制 度 化 されているが 有 期 には 適 用 されない( 東 京 - 静 岡 間 の 新 幹 線 通 勤 定 期 代 は 1 ヶ 月 130,140 円 ) この 場 合 の 差 異 については どのように 考 えるか A15. 通 勤 手 当 は 職 務 に 直 接 に 関 連 しているものではないため こうした 性 格 をもっている 通 勤 手 当 を 有 期 契 約 労 働 者 と 無 期 契 約 労 働 者 との 間 で 相 違 させることは 原 則 として 不 合 理 であると 解 される (なお 施 行 通 達 においても 同 旨 の 記 述 がなされている ) しかし 使 用 者 側 からは 有 期 契 約 労 働 者 は 通 勤 手 当 を 出 す 必 要 のない 近 場 の 人 を 集 め たのだから 通 勤 手 当 を 出 さないことには 合 理 的 な 理 由 がある といった 反 論 なされる であろう しかし 正 社 員 と 有 期 契 約 労 働 者 の 分 布 から 最 近 の 実 態 を 見 ると 正 社 員 で あったとしても 居 住 地 から 勤 務 する 職 場 までの 距 離 については 有 期 契 約 労 働 者 のそ れとあまり 違 いはないとも 言 えるから こうした 実 態 を 踏 まえれば 基 本 的 には 通 勤 手 当 を 相 違 させることには 問 題 があろう 設 問 のケースでは 有 期 契 約 労 働 者 に 対 しても 通 勤 手 当 を 上 限 5,000 円 として 支 払 ってい ることから 使 用 者 側 からは 5,000 円 の 範 囲 で 通 勤 できる 有 期 契 約 労 働 者 に 限 って 採 用 しているので 通 勤 交 通 費 を 相 違 させたとしても 合 理 性 がある といった 主 張 がなさ れることも 予 想 される こうした 点 からも 通 勤 手 当 の 問 題 は その 実 態 に 応 じて 考 え ていくべきことになる なお 新 幹 線 通 勤 については まずは 新 幹 線 通 勤 制 度 を 導 入 した 理 由 を 確 認 することか ら 始 めなければならない たとえば 新 幹 線 による 通 勤 が 可 能 である 範 囲 内 での 広 域 配 転 を 無 期 契 約 労 働 者 については 実 施 する 一 方 有 期 契 約 労 働 者 ではそのような 配 転 は 行 わないという 前 提 のもとで 設 問 のように 無 期 契 約 労 働 者 に 限 った 新 幹 線 通 勤 制 度 が 導 入 されているのだとすれば 一 定 の 合 理 性 があるといえる 職 場 実 態 や 新 幹 線 通 勤 を 制 度 化 した 理 由 等 を 踏 まえて 個 別 具 体 的 に 合 理 性 の 有 無 を 判 断 していくべきであろう なお 不 合 理 な 労 働 条 件 の 相 違 であると 判 断 された 場 合 の 効 果 については 下 記 の 通 り 厚 生 労 働 省 から 行 政 通 達 が 発 出 されている( 施 行 通 達 35 頁 6(2)カ) 24

25 参 考 厚 生 労 働 省 施 行 通 達 35 頁 6 期 間 の 定 めがあることによる 不 合 理 な 労 働 条 件 の 禁 止 ( 法 第 20 条 関 係 )(2) カ 法 第 20 条 は 民 事 的 効 力 のある 規 定 であること 法 第 20 条 により 不 合 理 とされた 労 働 条 件 の 定 めは 無 効 となり 故 意 過 失 による 権 利 侵 害 すなわち 不 法 行 為 として 損 害 賠 償 が 認 められ 得 ると 解 されるものであること また 法 第 20 条 により 無 効 とされた 労 働 条 件 については 基 本 的 には 無 期 契 約 労 働 者 と 同 じ 労 働 条 件 が 認 められると 解 されるものであ ること 25

26 Q16. 私 の 会 社 の 就 業 規 則 では 通 常 支 給 される 住 宅 手 当 が 有 期 契 約 労 働 者 には 支 給 されないこととなっている このような 相 違 は 合 理 的 であると 言 えるか A16. 使 用 者 側 からは 住 宅 手 当 は 長 期 雇 用 であることを 前 提 として 配 転 も 多 々 行 われる 正 社 員 に 対 する 援 助 である 有 期 契 約 労 働 者 は 長 期 雇 用 も 配 転 も 予 定 していない 以 上 住 宅 手 当 を 支 払 わないことには 合 理 的 な 理 由 がある といった 主 張 がなされるであろう しかし たとえば 15 年 前 から 正 社 員 を 一 切 雇 わなくなった 会 社 において 1 年 契 約 の 更 新 を 重 ね 勤 続 10 年 に 達 するような 有 期 契 約 労 働 者 であっても 有 期 契 約 労 働 者 である ことを 理 由 として 正 社 員 には2 万 円 支 払 っている 住 居 手 当 が 全 く 払 われないといった 事 例 を 想 定 すれば 両 者 における 職 務 内 容 の 同 一 性 が 認 められるときなどは その 格 差 に 合 理 性 があるとは 言 い 難 いであろう 使 用 者 は 当 該 職 務 の 内 容 及 び 配 置 の 変 更 の 範 囲 すなわち 人 材 活 用 の 仕 組 みに 違 いがあることを 理 由 として 労 働 条 件 の 差 異 は 合 理 的 であると 力 説 しがちである そこ で 労 働 組 合 としては 当 該 労 働 条 件 は 真 に 長 期 雇 用 を 前 提 としていると 言 えるのか その 実 態 をしっかりとチェックしていく 必 要 がある 26

27 Q17. 私 の 会 社 の 就 業 規 則 では 1 年 更 新 の 再 雇 用 者 は 社 宅 の 利 用 が 出 来 ないこととな っているが 適 法 か(なお 60 歳 未 満 の 正 規 雇 用 者 及 び 60 歳 未 満 の 期 間 工 については 社 宅 利 用 可 ) A 歳 以 上 の 再 雇 用 者 にも 有 期 労 働 契 約 であれば 第 20 条 は 適 用 されるから(Q1 参 照 ) 無 期 契 約 労 働 者 ( 正 社 員 )と 有 期 契 約 労 働 者 との 間 で 不 合 理 な 労 働 条 件 の 相 違 があって はならない ただし 60 歳 未 満 の 労 働 者 に 対 する 社 宅 を 十 分 に 確 保 するために60 歳 以 上 の 社 宅 利 用 を 認 めていないということであれば 一 般 的 にはその 相 違 にも 合 理 性 が 認 められることに なろう 参 考 設 問 のケースにおいて 60 歳 未 満 の 正 規 雇 用 者 には 社 宅 利 用 を 認 める 一 方 で60 歳 未 満 の 期 間 工 についてはその 利 用 を 認 めていないといったような 場 合 には これをどう 考 える かは 大 変 に 難 しい 使 用 者 側 からは 社 宅 制 度 は 広 域 配 転 等 が 予 定 されている 正 社 員 を 対 象 として そう した 広 域 配 転 に 伴 う 住 宅 にかかる 不 利 益 を 緩 和 する 目 的 のもと 実 施 している したがっ て 広 域 配 転 が 予 定 されていない 有 期 契 約 労 働 者 に 対 して 社 宅 利 用 を 認 めなくとも 合 理 的 であると 言 える といった 主 張 がなされるであろう しかし 有 期 契 約 労 働 者 に 対 し ては 一 律 に 社 宅 を 与 えないといったことが 不 合 理 なものとして 違 法 になるか 否 かは そ の 企 業 規 模 や 配 転 社 宅 利 用 の 実 態 などに 応 じて 異 なってくるものと 考 えられる 27

28 Q18. 私 の 会 社 では 正 社 員 と 有 期 契 約 労 働 者 との 間 で 時 間 外 労 働 割 増 率 ( 法 定 内 ) について 差 異 が 設 けられている このような 差 を 設 けることは 適 法 か A18. 最 終 的 には 同 じ 内 容 の 仕 事 か 近 い 内 容 の 仕 事 をしている 正 社 員 と 有 期 契 約 労 働 者 と の 間 で 時 間 外 労 働 割 増 率 ( 法 定 内 )の 比 較 をすることとなる 基 本 的 には 同 じ 内 容 の 仕 事 をしているのであれば 両 者 の 間 で 時 間 外 労 働 割 増 率 ( 法 定 内 )に 差 異 を 設 けることは 不 合 理 とされる 余 地 が 大 きい と 思 われる 以 上 28

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 改 正 法 案 は 2012 年 3 月 9 日 に 国 会 に 提 出 され 一 部 修 正 の 上 同 年 8 月 29

More information

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 助 成 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における 改 善 見

More information

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型 一 問 題 状 況 1) 平 成 24 年 度 労 働 契 約 法 改 正 (18~20 条 の 新 設 ) 5 年 ルール( 無 期 転 換 ルール)の 導 入 判 例 による 雇 止 め 規 制 の 立 法 化 有 期 契 約 の 差 別 禁 止 規 定 の 新 設 2) 関 連 法 令 の 改 正 (5 年 ルール 関 係 ) 任 期 法 の 改 正 特 例 についての 法 律 案 3) 有

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx 保 険 業 法 施 行 規 則 第 234 条 第 1 項 第 4 号 四 保 険 契 約 者 若 しくは 被 保 険 者 又 は 不 特 定 の 者 に 対 して 保 険 契 約 等 に 関 する 事 項 であってその 判 断 に 影 響 を 及 ぼすこととなる 重 要 なものにつき 誤 解 させるおそれのあることを 告 げ 又 は 表 示 する 行 為 Ⅰ 趣 旨 本 号 は 保 険 契 約 等

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

司 法 書 士 2016 年 はどうなる? 改 正 が 司 法 書 士 試 験 にもたらす 影 響 会 社 商 登 の 出 題 傾 向 と 民 法 大 改 正 のゆくえ 0 001921 157422 SU15742 2016 司 法 書 士 試 験 中 上 級 ガイダンス 2016 年 はどうなる? 改 正 が 司 法 書 士 試 験 にもたらす 影 響 司 法 書 士 講 師 根 本 正 次

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

24-1-本文-中表紙.indd

24-1-本文-中表紙.indd 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 論 説 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 岩 﨑 政 明 Ⅰ はじめに 本 稿 は 弁 護 士 法 23 条 の 2 に 定 める いわゆる 弁 護 士 会 照 会 に 対 して 顧 客 情 報 について 守 秘 義 務 を 負 う 税 理 士 等 の 専 門 家 がその

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権 民 法 改 正 論 点 の 検 討 ~ 消 滅 時 効 制 度 その1~ 平 成 27 年 10 月 26 日 弁 護 士 法 人 ほくと 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 平 岡 弘 次 弁 護 士 井 田 大 輔 第 1 はじめに 平 成 27 年 2 月 10 日 開 催 の 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 第 99 回 会 議 において 民 法 ( 債 権 関 係 ) の 改

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主 平 成 11 年 11 月 24 日 判 例 集 未 掲 載 大 阪 地 判 管 理 費 等 の 徴 収 中 間 取 得 者 の 支 払 義 務 1 特 別 修 繕 費 の 未 納 者 から 区 分 所 有 建 物 を 競 売 により 取 得 し さらに 第 三 者 にこれを 売 却 した 中 間 取 得 者 も 特 定 承 継 人 として 特 別 修 繕 費 等 の 支 払 義 務 を 負 うとした

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63> 盛 岡 市 立 病 院 医 業 末 収 金 管 理 回 収 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 平 成 21 年 8 月 3 日 盛 岡 市 立 病 院 1. 目 的 医 業 未 収 金 については 全 国 的 に 医 療 機 関 の 運 営 に 支 障 を 及 ぼす 大 きな 問 題 となっ ており 未 収 金 対 策 の 充 実 強 化 は 喫 緊 の 課 題 となっている 盛 岡

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

1 対 象 となるクレジット 取 引 の 全 体 像 国 際 ブランド Ⅰ 割 販 法 において 自 らを 含 む 用 語 が 存 在 する 事 業 者 の 範 囲 マンスリークリア 方 式 によるクレジット 事 業 者 は 二 月 払 購 入 あっ せんを 業 とする 者 イシュア アクワイアラ

1 対 象 となるクレジット 取 引 の 全 体 像 国 際 ブランド Ⅰ 割 販 法 において 自 らを 含 む 用 語 が 存 在 する 事 業 者 の 範 囲 マンスリークリア 方 式 によるクレジット 事 業 者 は 二 月 払 購 入 あっ せんを 業 とする 者 イシュア アクワイアラ 資 料 1-1 クレジットカード 取 引 における 消 費 者 被 害 の 防 止 のために 今 後 求 められる 方 策 について 2014 年 7 月 29 日 日 本 司 法 書 士 会 連 合 会 消 費 者 問 題 対 策 委 員 会 委 員 山 田 茂 樹 ( 司 法 書 士 ) なお, 本 報 告 はすべて 報 告 者 の 個 人 としての 意 見 見 解 であり, 所 属 団 体 としてのものではない

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用 シリーズ インドの 投 資 関 連 法 制 1 インドの 法 制 度 の 概 要 /インド 企 業 と 契 約 する 場 合 の 留 意 点 琴 浦 諒 * 1.はじめに 近 時 成 長 市 場 としての 将 来 性 を 見 込 んで ま た 中 国 に 次 ぐ 戦 略 的 な 進 出 先 として インドに 投 資 進 出 する 日 本 企 業 が 増 加 してい インドに 投 資 進 出 するに

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Microsoft Word - ②募集要項.doc

Microsoft Word - ②募集要項.doc 県 営 住 宅 滞 納 家 賃 回 収 弁 護 士 業 務 委 託 提 案 募 集 要 項 静 岡 県 県 営 住 宅 の 退 去 者 の 滞 納 家 賃 回 収 に 係 る 弁 護 士 業 務 委 託 に 関 する 提 案 募 集 について は 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 募 集 要 項 によるものとする 1 業 務 概 要 (1) 目 的 静 岡 県 が 管 理 する 県 営

More information

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節 関 係 ) 公 序 良 俗 ( 民 法 第 90 条 関

民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節 関 係 ) 公 序 良 俗 ( 民 法 第 90 条 関 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 平 成 25 年 6 月 17 日 東 京 弁 護 士 会 倒 産 法 部 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則... 1 1 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節

More information

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378>

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378> 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 のQ&A 目 次 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 P イ 地 域 協 議 会 P () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3)その 他 P P 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 P 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 () 税 制 上

More information

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1 訴 状 2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 7 日 佐 賀 地 方 裁 判 所 御 中 原 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 東 島 浩 幸 同 桑 原 健 同 梶 原 恒 夫 同 八 木 大 和 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 の 通 り 退 職 金 請 求 事 件 訴 訟 物 の 価 額 金 364 万 0745 円 貼 用 印 紙 額 金 2 万

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど 平 成 24 年 6 月 13 日 東 京 弁 護 士 会 平 成 24 年 度 春 季 労 働 法 専 門 講 座 労 働 事 件 解 決 の 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 はどうなるのか 場 所 ; 弁 護 士 会 館 3 階 301 会 議 室 時 間 ;18:00~20:00 講 師 鳥 井 玲 子 ( 特 定 社 会 保 険 労 務 士 ) 1 はじめに 労 働 事 件 特

More information

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ

More information

今 回 は まず 前 回 の 続 きで 意 思 表 示 2 に 関 して 勘 違 いをして 契 約 を 締 結 した 場 合 の ように 契 約 の 成 立 に 問 題 があった 場 合 の 契 約 の 取 扱 いを 勉 強 します 次 に 未 成 年 者 の ように 保 護 が 必 要 な 人 を

今 回 は まず 前 回 の 続 きで 意 思 表 示 2 に 関 して 勘 違 いをして 契 約 を 締 結 した 場 合 の ように 契 約 の 成 立 に 問 題 があった 場 合 の 契 約 の 取 扱 いを 勉 強 します 次 に 未 成 年 者 の ように 保 護 が 必 要 な 人 を 09 宅 建 スーパー 合 格 講 座 権 利 関 係 目 次 第 1 回 今 回 は 最 初 の 講 義 ですので まず 権 利 関 係 のガイダンスとしてこの 科 目 の 出 題 内 容 傾 向 勉 強 方 法 等 について 説 明 します そして 1 契 約 は どのように 成 立 するのか,2 契 約 の 内 容 が 反 社 会 的 な 場 合 ( 例 えば 殺 人 の 契 約 )はどのように

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

Microsoft Word - HP掲載用概要(26(不)8事件).docx

Microsoft Word - HP掲載用概要(26(不)8事件).docx 愛 労 委 平 成 26 年 ( 不 ) 第 8 号 事 件 (7 条 1 号 2 号 3 号 ) 1 事 案 の 概 要 本 件 は 被 申 立 人 会 社 が 申 立 人 組 合 の 分 会 の 組 合 員 に 対 し 1 組 合 の 誹 謗 中 傷 等 を したことが 労 組 法 7 条 3 号 に 23 名 の 異 動 辞 令 を 発 したことが 同 条 1 号 にそれぞれ 該 当 する 不

More information

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6 主 文 一 被 告 栃 木 県 宇 都 宮 県 税 事 務 所 長 が 原 告 に 対 し 別 紙 目 録 記 載 の 建 物 につき 昭 和 五 一 年 一 二 月 一 〇 日 付 けでした 課 税 標 準 を 金 三 億 一 五 六 一 万 九 〇 〇 〇 円 税 額 を 金 九 四 六 万 八 五 七 〇 円 とする 不 動 産 取 得 税 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 二 被 告 栃

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

はじめに 1 本 書 面 の 目 的 本 書 面 は, 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 的 な 論 点 整 理 ( 以 下 中 間 論 点 整 理 という )について, 仙 台 弁 護 士 会 ( 以 下 当 会 という )とし ての 意 見 を 述 べるものである

はじめに 1 本 書 面 の 目 的 本 書 面 は, 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 的 な 論 点 整 理 ( 以 下 中 間 論 点 整 理 という )について, 仙 台 弁 護 士 会 ( 以 下 当 会 という )とし ての 意 見 を 述 べるものである 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 的 な 論 点 整 理 に 対 する 意 見 書 平 成 23 年 10 月 20 日 仙 台 弁 護 士 会 i はじめに 1 本 書 面 の 目 的 本 書 面 は, 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 的 な 論 点 整 理 ( 以 下 中 間 論 点 整 理 という )について, 仙 台 弁 護 士

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63> マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 の 改 正 ポイント 平 成 22 年 7 月 1 マンションの 管 理 業 務 の 委 託 マンションの 管 理 組 合 の 管 理 業 務 には 管 理 費 等 の 収 支 の 調 定 出 納 建 物 設 備 の 維 持 又 は 修 繕 に 関 する 企 画 又 は 実 施 等 標 準 的 にはマンション 標 準 管 理 規 約 ( 単 棟 型 )(

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63> 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information