<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63>"

Transcription

1 中 小 企 業 の 人 材 育 成 1. 調 査 の 背 景 目 的 中 小 企 業 にとって 人 材 確 保 のチャンスが 到 来 している リクルートワークス 研 究 所 の 大 卒 求 人 倍 率 調 査 によれば 2009 年 3 月 卒 の 中 小 企 業 の 就 職 希 望 者 数 は 173 千 人 であった が 2012 年 卒 では 219 千 人 にまで 増 加 し 求 人 倍 率 も 4.26 から 1.86 に 改 善 した しかし 多 くの 中 小 企 業 においては 人 材 育 成 のために 時 間 やコストを 多 く 割 くことができないだ けでなく 新 卒 者 の 育 成 に 関 するノウハウの 蓄 積 が 十 分 ではないという 問 題 があることが 想 定 される 人 材 の 育 成 をめぐっては 何 らかの 問 題 を 抱 えている 中 小 企 業 は 多 い 中 小 企 業 白 書 2007 年 版 の 若 手 人 材 の 育 成 状 況 に 関 するアンケートでは 人 材 育 成 は 不 十 分 だが 進 んでい る (58.4%) 人 材 育 成 は 進 んでいない (30.4%)という 回 答 が 多 い この 要 因 に 関 する アンケートでは 指 導 できる 社 員 職 員 がいない (40.1%) 教 育 にコストをかけられな い (23.9%)という 回 答 が 多 くなっており 中 小 企 業 は 体 系 立 てて 若 手 人 材 を 育 成 できな い 状 況 にあることが 要 因 と 言 える これに 加 えて 新 人 がすぐに 退 職 してしまう (23.9%) 育 成 しても 他 社 へ 転 職 してしまう (16.1%)という 回 答 が 多 いことから 中 小 企 業 では 体 系 的 な 人 材 育 成 ができていないため 若 手 を 採 用 しても 離 職 率 が 高 いことが 推 察 される このような 問 題 意 識 のもと 人 材 育 成 において 困 難 に 直 面 している 中 小 企 業 の 参 考 に 資 するため 中 小 企 業 の 人 材 育 成 への 取 組 状 況 について 調 査 研 究 を 行 った 2. 調 査 方 法 (1) 文 献 資 料 調 査 既 存 の 統 計 や 分 析 を 利 用 して 中 小 企 業 の 採 用 や 人 材 育 成 の 状 況 を 概 観 した (2)アンケート 調 査 中 小 企 業 3,000 社 を 対 象 に 人 材 育 成 の 取 組 状 況 や 成 功 のポイント 問 題 点 等 に 関 するア ンケート 調 査 を 実 施 した (3)インタビュー 調 査 アンケート 回 答 企 業 の 中 から 人 材 育 成 に 力 を 入 れている 企 業 に 対 してインタビューを 実 施 した 1

2 3. 調 査 結 果 (1) 中 小 企 業 の 人 材 育 成 を 取 り 巻 く 環 境 1 人 材 の 採 用 活 用 定 着 の 状 況 中 小 企 業 における 雇 用 の 過 不 足 DI は 2011 年 第 3 四 半 期 以 降 不 足 が 過 剰 を 上 回 っている 中 小 企 業 では 人 材 不 足 を 主 に 経 験 者 の 中 途 採 用 で 補 っているが 近 年 では 中 小 企 業 を 志 望 する 大 卒 者 が 増 えていることから 中 小 企 業 においても 新 卒 の 若 手 を 採 用 する 機 会 が 拡 大 しているといえる 中 小 企 業 では 多 様 な 人 材 の 活 用 が 進 んでいる 女 性 と 高 齢 者 については 従 業 員 規 模 が 小 さい 企 業 ほど 雇 用 比 率 が 高 くなっている 外 国 人 労 働 者 については 従 業 員 規 模 の 大 きな 事 業 所 に 比 べて 従 業 員 規 模 100 名 未 満 の 事 業 所 において 活 用 する 事 業 所 数 が 増 加 傾 向 にある 一 方 離 職 率 は 従 業 員 規 模 が 小 さいほど 高 い また 若 年 正 社 員 の 定 着 率 1は 従 業 員 規 模 が 小 さいほど 低 くなっていることから 中 小 企 業 では 不 足 している 労 働 力 を 若 手 で 補 うことが 容 易 ではないのが 現 状 と 考 えられる 2 人 材 育 成 の 状 況 中 小 企 業 の 人 材 育 成 は OJT が 中 心 である 一 方 で 計 画 的 中 長 期 的 な 人 材 育 成 活 用 の 難 しさと 低 い 定 着 率 が 要 因 となって 技 術 承 継 が 進 まないことが 問 題 として 認 識 されて いる 中 小 企 業 における 人 材 育 成 に 関 する 既 往 の 文 献 を 整 理 すると 教 育 体 系 配 置 計 画 キャリアプラン 評 価 体 系 の 四 つの 要 素 が 人 材 育 成 の 成 功 のポイントとして 重 要 で あるといえる (2) 中 小 企 業 における 人 材 育 成 の 実 態 企 業 情 報 データベースより 無 作 為 に 抽 出 した 中 小 企 業 を 対 象 としたアンケート 調 査 結 果 を 中 心 に 人 材 育 成 の 取 組 みとその 効 果 との 関 係 や 人 材 育 成 を 起 点 とした 企 業 の 成 長 実 現 に 有 効 となる 施 策 について 分 析 を 行 った( 有 効 回 収 数 403 件 ) 1 人 材 育 成 の 四 つの 要 素 とその 効 果 アンケート 調 査 結 果 からは 人 材 育 成 の 四 つの 要 素 を 整 備 することは 定 性 ( 従 業 員 の 質 向 上 等 ) 定 量 ( 売 上 増 加 等 ) 両 面 での 効 果 につながるという 関 係 が 見 られた なかでも キャリアプラン 配 置 計 画 の 整 備 は 定 量 的 な 効 果 につながりやすいことがわかっ た 1 ここでいう 定 着 率 は 企 業 が 直 近 10 年 間 で 正 社 員 として 採 用 した 新 卒 者 が 現 在 まで 働 いている 割 合 である 2

3 a)キャリアプラン ~ 仕 事 の 引 き 合 い 増 加 業 績 向 上 キャリアプラン の 整 備 を 行 うことで 昇 進 昇 格 基 準 が 従 業 員 にとって 理 解 しやす くなることに 加 え 各 従 業 員 に 求 められる 能 力 やスキルが 明 確 となることから 従 業 員 に 業 務 遂 行 の 達 成 感 をもたらす 方 向 に 働 く このため 従 業 員 のモチベーションが 向 上 し それが 当 該 企 業 の 顧 客 にも 作 用 して 仕 事 の 引 き 合 いの 増 加 ひいては 業 績 向 上 に つながると 考 えられる b) 配 置 計 画 ~ 従 業 員 の 増 加 配 置 計 画 を 実 施 している 企 業 は 従 業 員 規 模 が 大 きく 業 務 内 容 が 比 較 的 豊 富 な 企 業 であるといえる 配 置 計 画 を 実 施 している 企 業 では 様 々な 経 験 を 積 むことが 可 能 であ ることから 就 職 希 望 者 に 対 する 企 業 の 魅 力 度 が 高 まると 考 えられる また 従 業 員 が 幅 広 い 業 務 経 験 を 積 み 幅 広 い 知 識 を 獲 得 できるため 質 の 高 い 従 業 員 の 確 保 につながる と 考 えられる 分 析 結 果 からは ジョブローテーションにより 質 の 高 い 従 業 員 を 育 成 する 取 組 が 企 業 の 魅 力 度 を 向 上 させ 従 業 員 の 増 加 にもつながっていると 考 えられる c) 教 育 体 系 評 価 体 系 ~ 人 材 育 成 のベースとして 必 要 教 育 体 系 評 価 体 系 の 整 備 は 効 果 において 特 徴 的 な 点 はないことから 人 材 育 成 の 四 つの 要 素 のなかでは 基 盤 としての 働 きを 持 つものと 考 えられる 教 育 体 系 ( 教 育 計 画 ) については インタビューでは 経 営 のための 基 盤 として 策 定 したという 意 見 があった また 評 価 体 系 ( 評 価 基 準 ) については インタビューでは 評 価 体 系 は 人 材 育 成 の 基 盤 であり 従 業 員 への 結 果 のフィードバックで 効 果 が 得 られるという 指 摘 が 見 られた 図 表 1 人 材 育 成 の 各 要 素 と 人 材 育 成 の 効 果 との 関 連 性 人 材 育 成 の 要 素 考 えられる 作 用 具 体 的 な 効 果 キャリアプラン (キャリアパス) 従 業 員 のモチベー ション 向 上 < 定 量 的 効 果 > 仕 事 の 引 き 合 い 増 加 業 績 向 上 配 置 計 画 (ジョブローテーション) = 幅 広 い 業 務 知 識 の 取 得 < 定 量 的 効 果 > 従 業 員 の 増 加 評 価 体 系 ( 評 価 基 準 ) 教 育 体 系 ( 教 育 計 画 ) = 人 材 育 成 のベースとして 必 要 な 要 素 注 ) ( ) 内 の 文 言 は アンケートの 設 問 分 析 に 使 用 したもの 3

4 2 評 価 処 遇 とその 効 果 評 価 処 遇 の 方 法 と 人 材 育 成 の 効 果 の 関 連 性 を 見 ると 評 価 項 目 の 設 定 方 法 処 遇 へ の 反 映 度 合 い により 効 果 に 違 いがあることがわかった a) 評 価 項 目 の 設 定 方 法 と 効 果 a-1) 細 かく 設 定 ~ 業 績 向 上 ( 定 量 的 効 果 ) 評 価 項 目 を 細 かく 設 定 している 場 合 には 定 量 的 な 効 果 に 結 びつく 傾 向 にある 従 業 員 を 細 かく 評 価 することで やるべき 業 務 内 容 遂 行 方 法 が 明 確 になり 目 標 が 具 体 的 かつ 明 確 に 意 識 されるため 企 業 の 業 績 面 によりつながるように 従 業 員 の 行 動 を 変 革 する ことが 可 能 になると 考 えられる a-2) 大 まかに 設 定 ~ 従 業 員 の 質 の 向 上 ( 定 性 的 効 果 ) 評 価 項 目 を 大 まかに 設 定 することは 幅 広 い 観 点 から 従 業 員 の 能 力 業 務 状 況 を 評 価 することであり 従 業 員 の 質 的 な 面 での 向 上 に 結 びつく 傾 向 にあるといえる b) 処 遇 の 方 法 と 効 果 b-1) 大 きな 差 をつける ~ 仕 事 の 引 き 合 い 増 加 入 社 希 望 者 増 加 ( 定 量 的 効 果 ) 処 遇 に 大 きな 差 をつける ことをうまく 従 業 員 の 動 機 づけにつなげると 社 内 が 活 性 化 し よりよいサービスや 商 品 の 提 供 につながり 仕 事 の 引 き 合 い 増 加 につながると 考 え られる また 社 内 が 活 性 化 していることや よりよいサービスや 商 品 を 提 供 しているこ とは 企 業 の 魅 力 度 向 上 につながり 入 社 希 望 者 の 増 加 にもつながっていると 考 えられる b-2) 若 干 の 差 をつける ~ 社 内 環 境 等 の 改 善 ( 定 性 的 効 果 ) 処 遇 に 若 干 の 差 をつける ことが 互 いに 協 力 し 合 う 風 土 づくりにつながることで 社 内 の 雰 囲 気 の 向 上 = 社 内 環 境 の 向 上 の 効 果 を 生 み 出 す 効 果 があると 考 えられる 4

5 評 価 処 遇 の 方 法 図 表 2 評 価 処 遇 の 方 法 と 人 材 育 成 の 効 果 考 えられる 作 用 具 体 的 な 効 果 評 価 項 目 細 かく 設 定 目 標 の 明 確 化 大 まかに 設 定 従 業 員 の 質 を 評 価 < 定 量 的 効 果 > 業 績 向 上 < 定 性 的 効 果 > 従 業 員 の 質 が 向 上 処 遇 大 きな 差 を つける 社 内 の 活 性 化 企 業 の 魅 力 度 向 上 若 干 の 差 を つける 協 力 する 風 土 づくり < 定 量 的 効 果 > 入 社 希 望 者 増 加 仕 事 の 引 き 合 い 増 加 < 定 性 的 効 果 > 社 内 環 境 等 の 改 善 3 人 材 育 成 を 起 点 とした 企 業 の 成 長 実 現 に 有 効 となる 施 策 人 材 育 成 の 目 的 は 採 用 教 育 従 業 員 の 質 の 向 上 を 通 じて 企 業 が 競 争 力 を 獲 得 し 企 業 の 業 績 の 向 上 の 実 現 につなげることである この 人 材 育 成 を 起 点 とし た 企 業 の 成 長 を 実 現 するために 有 効 な 施 策 を 各 段 階 において 整 理 した a) 採 用 ~ 処 遇 面 での 大 きな 差 採 用 段 階 では 求 職 者 に 対 する 魅 力 度 をアップさせる 施 策 が 必 要 である 先 に 見 た ように 処 遇 面 での 大 きな 差 をつけ 従 業 員 に 動 機 を 与 え 企 業 内 部 を 活 性 化 させること よりよいサービス 商 品 の 提 供 につなげることにより 企 業 の 魅 力 度 を 向 上 させることが 入 社 希 望 者 の 増 加 にとって 効 果 的 な 取 組 であると 考 えられる b) 教 育 ~ 評 価 方 法 の 検 討 モチベーション 向 上 施 策 新 人 教 育 を 含 めた 従 業 員 の 教 育 の 段 階 では 従 業 員 の 質 を 高 めることが 当 然 重 要 で ある この 点 から 評 価 をどのように 行 うかが 大 きな 検 討 ポイントとなる 各 従 業 員 の 教 育 ステップに 応 じて 大 まかな 評 価 項 目 設 定 により 幅 広 い 観 点 から 従 業 員 の 能 力 を 引 き 出 すことに 重 きを 置 くのか よりアウトプットを 意 識 した 細 かな 評 価 項 目 の 設 定 により 従 業 員 の 行 動 と 企 業 の 業 績 向 上 のリンクを 意 識 したものとするのかを 検 討 する 必 要 がある また 評 価 と 並 行 して 従 業 員 のモチベーション 向 上 施 策 の 実 行 が 重 要 である キ ャリアプランの 整 備 を 行 うことで 必 要 となる 能 力 スキルを 明 確 化 して 従 業 員 のやる 気 を 引 き 出 す 取 組 が 重 要 となるほか 評 価 結 果 をもとにした 処 遇 の 差 のつけ 方 につい ては 各 従 業 員 の 教 育 状 況 に 応 じて 目 標 設 定 と 合 わせて 検 討 することが 必 要 である 5

6 c) 従 業 員 の 質 の 向 上 企 業 業 績 のアップ ~ 採 用 教 育 の 施 策 取 組 のバランスの 良 い 実 施 採 用 教 育 の 施 策 取 組 をバランス 良 く 実 行 することが 原 動 力 となり 従 業 員 の 質 の 向 上 ひいては 企 業 の 業 績 の 向 上 につながり 人 材 を 起 点 とした 企 業 の 成 長 を 実 現 するこ とにつながると 考 えられる 図 表 3 人 材 育 成 を 起 点 とした 企 業 の 成 長 実 現 のための 人 材 育 成 上 有 効 な 施 策 採 用 教 育 従 業 員 の 質 の 向 上 企 業 の 業 績 の 向 上 求 職 者 への 魅 力 度 向 上 処 遇 の 差 評 価 方 法 の 検 討 モチベーション 向 上 施 策 教 育 ステップに 応 じた 評 価 項 目 設 定 キャリアプランの 整 備 目 標 設 定 処 遇 の 差 のつけ 方 検 討 6

7 (3) 人 材 育 成 に 力 を 入 れている 企 業 の 事 例 人 材 育 成 に 力 を 入 れている 企 業 9 社 に 対 してインタビュー 調 査 を 実 施 した 以 下 イン タビュー 調 査 でみられた 各 社 の 特 徴 的 な 取 組 みをまとめた 図 表 4 インタビュー 対 象 企 業 の 人 材 育 成 における 特 徴 的 な 取 組 み 株 式 会 社 小 川 の 庄 創 業 理 念 を 大 切 にして 幅 広 い 年 齢 層 の 従 業 員 の 融 和 を 図 る 当 社 は 地 域 の 発 展 を 目 標 に 手 作 りおやきの 製 造 販 売 等 を 行 っている 教 育 計 画 や 評 価 基 準 キャリアパスは 大 まかに 策 定 している 高 齢 者 の 従 業 員 が 多 いこともあり 高 齢 者 の 働 きやすい 風 土 職 場 環 境 を 整 えるようにしている 若 手 高 齢 者 の 区 別 なく 海 外 へ 派 遣 し 地 域 外 から 地 域 を 見 直 すことによってモチベーション 向 上 につなげている A 社 親 睦 会 や 社 員 旅 行 で 仲 間 意 識 を 醸 成 し 離 職 率 を 低 く 抑 える 当 社 は 汎 用 ロボット 向 けの 光 学 部 品 を 製 造 しており シェアは 6 割 に 上 る 教 育 は ISO9001 の 規 定 に 基 づいて 実 施 マネージャー 営 業 担 当 者 の 教 育 には 経 営 者 が 積 極 的 に 関 与 している 技 能 は 細 かく 勤 務 態 度 等 な 大 まかに 設 定 した 項 目 に 基 づいて 評 価 を 実 施 親 睦 会 や 社 員 旅 行 を 積 極 的 に 実 施 し 離 職 率 低 下 につなげている 株 式 会 社 三 協 医 科 機 械 経 営 者 自 らが 経 営 理 念 や 経 営 哲 学 等 を 記 載 した 冊 子 を 作 成 し 時 間 をかけて 説 明 を 行 う 当 社 は 医 療 器 械 の 販 売 や 介 護 施 設 事 業 フィットネスの 運 営 等 を 行 っている 医 療 器 械 事 業 では 新 人 営 業 担 当 者 のジョブローテーションを 実 施 し 社 外 研 修 にも 積 極 的 に 派 遣 している 介 護 事 業 ではキャリアパス 制 度 の 導 入 で 正 規 社 員 登 用 時 の 研 修 充 実 を 計 画 している 社 員 のベクトル 一 致 させるため 経 営 者 自 ら 経 営 理 念 や 経 営 哲 学 等 を 記 載 した 冊 子 を 作 成 し 時 間 をかけて 従 業 員 に 説 明 を 実 施 成 功 のポイントは キャリアパス 策 定 と 評 価 結 果 のフィードバックである 株 式 会 社 シガウッド 考 え 方 共 有 のための 取 組 を 特 に 重 視 して 人 材 育 成 を 進 める 当 社 は 2 4 住 宅 パネルの 製 造 を 主 な 事 業 としており 生 産 出 荷 量 は 東 海 3 県 京 滋 北 陸 地 区 でトップである 人 材 育 成 の 成 功 のポイントは 経 営 理 念 ビジョンや 考 え 方 の 共 有 経 営 者 が 本 気 で 取 り 組 むこと 従 業 員 へ の 動 機 づけ 社 内 外 の 研 修 のバランスと 教 育 の 継 続 である 考 え 方 共 有 のための 取 組 を 特 に 重 視 している B 社 人 材 育 成 の 基 盤 として 能 力 開 発 システムを 策 定 し イントラネットで 共 有 しながら 育 成 を 進 める 当 社 は 計 測 制 御 情 報 を 柱 にトータル システム インテグレーションを 提 供 する 事 業 を 行 っている 全 社 員 を 対 象 とした 能 力 開 発 システムを 策 定 し 社 内 のイントラネットで 教 育 計 画 の 内 容 や 教 育 の 進 捗 状 況 資 格 の 取 得 状 況 等 を 全 社 員 が 共 有 している 言 葉 や 経 営 理 念 考 え 方 等 の 共 通 化 のため 教 育 内 容 の 共 通 化 や 全 社 員 が 参 加 する 会 議 や 講 演 会 を 実 施 株 式 会 社 ステッド 従 業 員 全 員 での 成 長 を 目 指 して 従 業 員 に 教 育 を 担 当 させる 当 社 は システムインテグレーション 関 連 の 業 務 を 行 う NEC の 販 売 代 理 店 である 従 業 員 全 員 での 成 長 を 目 指 し 教 育 は 従 業 員 に 担 当 させている 採 用 時 に 企 業 と 学 生 の 相 互 理 解 を 深 めること 採 用 後 は 社 長 と 従 業 員 の 間 のコミュニケーションを 促 進 することが 離 職 率 低 下 のポイント スパークジャパン 株 式 会 社 教 育 ガイドラインを 策 定 して 教 育 を 実 施 1997 年 に 創 業 した Web ソリューション 関 連 事 業 やネットワーク 構 築 メディア 配 信 サービス 等 の IT 関 連 事 業 を 行 う 企 業 である 教 育 は 教 育 ガイドラインに 沿 って 実 施 している 評 価 基 準 は 会 社 と 従 業 員 の 方 向 性 をすり 合 わせるため キャリアパスは 将 来 ビジョンを 描 いてもらい 従 業 員 に 困 難 を 乗 り 越 える 力 を 与 えるために 重 要 である 従 業 員 の 能 力 を 総 合 的 に 引 き 上 げようとすると 効 果 が 表 れにくいため 職 種 別 に 人 材 育 成 を 行 うことが 成 功 のポ イントである 7

8 タマテクノシステム 株 式 会 社 取 引 先 への 業 務 支 援 と 社 内 外 研 修 で 幅 広 い 業 務 知 識 を 持 った 人 材 を 育 成 当 社 は 情 報 ネットワークシステム 構 築 運 用 保 守 や 情 報 処 理 機 器 設 計 据 付 を 行 っている 根 気 強 く 育 成 することで 一 人 前 になると 考 えている 資 格 取 得 支 援 を 行 った 結 果 公 的 資 格 取 得 者 が 増 加 し 取 引 先 の 拡 大 につながった 三 隅 海 陸 株 式 会 社 コミュニケーションを 重 視 し 労 働 意 欲 を 引 き 出 す 当 社 は 地 元 の 人 材 を 採 用 するため 地 元 商 工 会 を 中 心 に 創 業 された 企 業 であり 三 隅 発 電 所 内 で 石 炭 の 荷 揚 げ や 関 連 業 務 を 行 っている 人 材 育 成 に 当 たっては コミュニケーションを 図 りながら 労 働 意 欲 を 引 き 出 すことがカギであると 考 えている 採 用 では 業 務 の 大 変 さや 厳 しさを 説 明 し 理 解 してもらえる 人 材 を 採 用 している 責 任 者 に 人 材 育 成 意 識 を 持 たせることが 人 材 育 成 を 成 功 させるポイントである (4)まとめ 1 成 功 のためのポイント a) 採 用 ミスマッチの 抑 制 既 存 文 献 などでも 多 数 指 摘 されていることだが 採 用 のミスマッチを 抑 制 することが 従 業 員 の 定 着 率 を 高 め 人 材 育 成 をスムーズに 進 めるために 非 常 に 重 要 である まず 多 くの 中 小 企 業 においては 入 社 希 望 者 側 が 事 前 に 収 集 することのできる 情 報 が 大 企 業 と 比 べて 限 られているため 入 社 前 にイメージしていた 業 務 内 容 と 実 際 にイメージ していた 業 務 が 異 なるといった 情 報 の 非 対 称 性 が 問 題 である こうしたことは 従 業 員 の やる 気 の 問 題 にもつながってくる 入 社 希 望 者 の 志 望 動 機 の 多 くはその 企 業 の 業 務 内 容 であり 業 務 内 容 に 関 する 理 解 が 相 違 したまま 入 社 してしまうと 入 社 後 に 従 業 員 のや る 気 の 減 退 につながる 可 能 性 が 大 きい したがって 採 用 を 行 う 際 には 入 社 希 望 者 側 の 自 社 に 対 する 理 解 が 不 十 分 であること を 念 頭 に 採 用 に 不 利 と 考 えられる 面 を 含 めて できるだけ 実 態 をありのままに 伝 え 相 互 理 解 を 深 めておくことが 必 要 である b) 根 気 強 い 育 成 への 取 組 人 材 育 成 においては すぐ 結 果 を 求 めるのではなく 腰 を 据 えて 息 の 長 い 育 成 を 行 うと いう 姿 勢 が 不 可 欠 である 採 用 活 動 では 必 ずしも 企 業 の 狙 いにマッチした 人 材 を 確 保 す ることができるわけではない 一 旦 確 保 した 人 材 の 戦 力 化 を 行 う 必 要 があることから 中 小 企 業 では 経 営 者 がいかに 本 気 になって 根 気 強 く 人 材 育 成 を 行 うかがポイントである c) 評 価 の 納 得 度 を 高 める 工 夫 従 業 員 の 定 着 率 を 向 上 させ 人 材 育 成 につなげていくためには 評 価 の 不 透 明 性 を 排 除 し 評 価 の 納 得 度 を 高 めていくための 工 夫 が 必 要 である そのための 取 組 として 評 価 者 研 修 フィードバック コミュニケーションの 実 施 が 必 要 である d) 内 外 リソースの 活 用 8

9 社 内 のリソースが 限 られている 中 小 企 業 では 外 部 のリソースを 活 用 しながら 効 率 的 に 人 材 育 成 を 行 うことが 重 要 である インタビューでは 多 くの 企 業 が 社 内 教 育 と 社 外 教 育 をうまく 組 み 合 わせながら 人 材 育 成 を 進 めていた e) 社 内 の 意 識 統 一 社 内 のリソースを 活 用 して 人 材 育 成 を 進 めていくためには 全 社 的 に 人 材 育 成 について 意 識 を 統 一 しておくことが 重 要 である 人 材 育 成 の 意 識 統 一 にあたっては まず 全 従 業 員 に 経 営 理 念 や 方 向 性 を 伝 え 共 有 することが 必 要 である その 上 で 重 要 な 点 は 必 要 なス キルや 資 格 の 明 確 化 を 行 い 現 場 レベルで 共 通 の 理 解 が 図 られていることである 日 ごろ の 社 内 のコミュニケーションが 円 滑 に 行 われている 場 合 は 社 内 の 意 識 統 一 もスムーズに 行 うことが 可 能 であり 必 ずしもシステム 化 見 える 化 は 重 要 ではないといえる 2 中 小 企 業 の 今 後 の 人 材 育 成 に 向 けて 人 材 育 成 の 成 功 のポイントは 前 述 のとおりであるが 本 調 査 研 究 を 締 めくくりとして 今 後 の 人 材 育 成 において 留 意 しておくべき 点 を 3 点 指 摘 したい 一 つ 目 は 各 企 業 の 現 状 を 踏 まえて 人 材 育 成 に 取 組 むことである インタビューでは 人 材 育 成 に 成 功 している 企 業 でも 現 場 レベルでの 意 識 の 共 有 やいわゆる あうんの 呼 吸 で 共 通 理 解 となっている 企 業 が 多 く 見 られた 自 社 の 実 情 をしっかり 見 据 えたうえで 人 材 育 成 に 取 組 むことが 重 要 であろう 二 つ 目 は 教 育 責 任 を 担 うマネージャー 幹 部 の 育 成 である マネージャー 幹 部 の 育 成 は 先 に 指 摘 した 人 材 育 成 における 全 社 的 な 意 識 統 一 において 必 要 であるほか 評 価 者 教 育 という 観 点 からも 必 要 である 三 つ 目 は 経 営 理 念 の 共 有 である 人 材 育 成 では 教 育 による 知 識 や 技 能 の 向 上 もさる ことながら 企 業 の 目 指 すべき 方 向 性 を 共 有 しておくことが 全 社 共 通 の 意 識 として 必 要 である 戦 力 が 限 られている 中 小 企 業 であるからこそ 全 員 で 一 つの 目 標 に 進 んでいく 体 制 を 構 築 することが 重 要 であるといえよう 中 小 企 業 は 大 企 業 と 比 較 すると 経 営 資 源 が 限 られており また 各 社 の 置 かれている 環 境 も 異 なることから 簡 単 には 人 材 育 成 に 取 り 組 めないという 企 業 もあろう しかし 規 模 が 小 さいゆえに 経 営 理 念 を 共 有 して 自 社 の 進 む 方 向 性 を 明 確 にすることは 比 較 的 容 易 であり マネージャー 幹 部 の 育 成 を 通 して 全 社 で 人 材 育 成 を 行 う 風 土 を 作 っていくこと で 効 率 的 で 効 果 的 な 人 材 育 成 が 可 能 となろう 以 上 9

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ 資 料 提 供 平 成 26 年 9 月 29 日 ( 公 財 ) 介 護 労 働 安 定 センター 業 務 部 雇 用 管 理 課 あまがい 雨 谷 横 田 佐 藤 TEL:03-5901-3041( 代 表 ) 050-3535-9460 9463 9426( 直 通 ) 平 成 25 年 度 介 護 労 働 実 態 調 査 結 果 ( 特 別 調 査 )について ~ 新 たな 知 見 人 材

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF)

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF) 個 人 マーケット わが 国 における 相 続 贈 与 税 一 体 化 の 影 響 平 成 15 年 度 税 制 改 正 において 贈 与 税 の 相 続 時 精 算 課 税 制 度 が 創 設 された これにより 相 続 税 と 贈 与 税 の 一 体 化 が 可 能 となり 高 齢 者 世 帯 に 偏 っている 個 人 金 融 資 産 の 次 世 代 へ の 移 転 が 図 られていくことが 期

More information

若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports about the Faculty Development for j

若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports about the Faculty Development for j The practice of various supports about the Faculty Development for junior nursing faculty 若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports

More information

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画 日 光 市 人 材 育 成 基 本 方 針 実 行 計 画 ( 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) ~ 市 民 と 共 に 考 え 行 動 する 職 員 を 目 指 して~ 平 成 24 年 3 月 日 光 市 実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計

More information

- 56 -

- 56 - 第 3 章 結 果 の 考 察 - 55 - - 56 - 企 画 政 策 部 企 画 政 策 課 今 回 のアンケートでは 移 転 ( 転 入 出 )のきっかけ 移 転 先 の 決 定 に 重 視 したこと 実 際 に 移 転 先 を 決 定 した 理 由 情 報 源 本 市 に 対 する 印 象 の 変 化 などについて 伺 いました ここでは 本 市 の 人 口 動 態 が 近 年 転 出 者

More information

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル (3) ステップ3: 職 場 マネジメントとしての 策 定 制 度 対 象 者 の 希 望 を 踏 まえ 円 滑 な 復 帰 を 支 援 するために そして 制 度 対 象 者 の 業 務 の 状 況 を 確 認 しましょう 状 況 次 第 では 産 休 育 休 までの 期 間 に 何 らかの 取 組 を 行 う 必 要 があります また 作 成 するプランを 確 実 に 運 用 していくためにも

More information

Microsoft PowerPoint - 広島大学講演(MRI山野)_v13.ppt

Microsoft PowerPoint - 広島大学講演(MRI山野)_v13.ppt 理 数 系 のキャリアパス ~ 高 校 大 学 そして 社 会 へ~ 科 学 安 全 政 策 研 究 本 部 科 学 技 術 研 究 グループ 研 究 員 山 野 宏 太 郎 2009 年 12 月 7 日 目 次 人 材 育 成 に 関 わる 政 策 動 向 注 目 される 多 様 な 人 材 像 理 数 教 育 に 対 する 提 言 大 学 大 学 院 進 学 の 現 状 大 学 入 学 者 の

More information

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 アクションプラン 全 体 計 画 ( 平 成 23~27 年 ) H25 推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 当 取 組 年 H23 ~

More information

ントロールが 難 しく 政 策 的 機 動 的 に 人 材 を 確 保 したいという 場 面 では 足 枷 となる ( 情 報 が 伝 播 しない) 東 京 五 輪 の 二 大 人 材 ニーズ 産 業 は 建 設 業 とサービス 業 ( 観 光 飲 食 )である この 両 産 業 は 東 京 五 輪

ントロールが 難 しく 政 策 的 機 動 的 に 人 材 を 確 保 したいという 場 面 では 足 枷 となる ( 情 報 が 伝 播 しない) 東 京 五 輪 の 二 大 人 材 ニーズ 産 業 は 建 設 業 とサービス 業 ( 観 光 飲 食 )である この 両 産 業 は 東 京 五 輪 国 土 交 通 政 策 研 究 所 第 173 回 政 策 課 題 勉 強 会 概 要 日 時 : 平 成 27 年 3 月 18 日 ( 水 )12 時 30 分 ~14 時 00 分 講 師 : リクルートワークス 研 究 所 主 任 研 究 員 中 村 天 江 氏 テーマ : これからの 労 働 市 場 と 建 設 人 材 の 獲 得 (1) 建 設 人 材 不 足 の 背 景 東 日 本 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

1 平 成 25 年 度 女 性 社 員 の 活 躍 促 進 に 関 する 調 査 結 果 ~ 積 極 的 に 取 組 みしている 企 業 は 17.3% ~ ~ 優 秀 な 人 材 確 保 や 勤 労 意 欲 向 上 にメリット ~ ~ 一 層 の 活 躍 促 進 には 社 内 ( 事 業 所 )の 意 識 改 革 がポイント ~ < 調 査 結 果 のポイント> 女 性 社 員 活 躍 促 進 への

More information

特定事業主行動計画(案)

特定事業主行動計画(案) 職 員 も 職 員 も ともに いきいきと 活 躍 できる 県 庁 を 目 指 して 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 方 針 ( の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 滋 賀 県 知 事 滋 賀 県 議 会 議 長 滋 賀 県 代 表 監 査 委 員 滋 賀 県 人 事 委

More information

平 成 21 年 度 サービス 産 業 生 産 性 向 上 支 援 調 査 事 業 (サービス 産 業 の 統 計 整 備 実 態 把 握 に 関 する 調 査 ) 結 婚 相 談 結 婚 情 報 サービス 業 界 統 計 報 告 書 平 成 22 年 2 月 目 次 I. 調 査 実 施 概 要 -----------------------------------------------------------------------------

More information

(記載例2)仕事太郎(評価シート入)

(記載例2)仕事太郎(評価シート入) 記 載 例 (2 回 目 ) ジョブ カード 様 式 1 履 歴 シート 1 E-mail アドレス 昭 和 平 成 57 年 10 月 15 日 生 ( 27 歳 ) 男 女 現 住 所 職 務 経 歴 とうきょうとちよだくかすみがせき 100-8916 - 同 上 ( 電 話 ) 印 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1-2-2 ( 電 話 ) しごと たろう 氏 名 仕 事 太 郎 連

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042435083828366838B834B834383688169926D8E968F4390B394C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042435083828366838B834B834383688169926D8E968F4390B394C5816A2E646F63> 経 営 者 のための 事 業 継 続 計 画 (BCP) ガイド 企 業 経 営 で 守 るべきものは 顧 客 の 信 頼 です 必 要 なときに 必 要 なサービス サービス 商 品 を いかなる 災 害 や 有 事 にも 届 けられますか? これから 事 業 継 続 計 画 (BCP)を 作 成 したいとお 考 えの 皆 様 へ 経 営 者 であるあなたはどうしますか? 火 災 に 見 舞 われて

More information

(1)

(1) 2012 年 度 工 学 マネジメント 研 究 科 外 部 点 検 評 価 委 員 会 審 査 議 事 録 日 時 : 2013 年 3 月 19 日 ( 火 )14:00~16:30 場 所 : 豊 洲 校 舎 研 究 棟 5 階 大 会 議 室 出 席 者 : 外 部 点 検 評 価 委 員 側 委 員 長 野 間 口 有 ( 独 ) 産 業 技 術 総 合 研 究 所 理 事 長 委 員 酒

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

Taro-H19退職金(修正版).jtd

Taro-H19退職金(修正版).jtd 調 査 結 果 の 概 要 1 退 職 金 制 度 (1) 採 用 状 況 ( 表 1) 集 計 第 1 表 第 2 表 退 職 金 制 度 の 採 用 状 況 をみると 退 職 一 時 金 制 度 のみ 14 社 ( 退 職 金 制 度 採 用 企 業 246 社 の5.7 %) 退 職 年 金 制 度 のみ 27 社 ( 同 11.0%) 退 職 一 時 金 制 度 と 退 職 年 金 制 度

More information

目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機 関 3 保 証 会 社 (2) 建 物

目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機 関 3 保 証 会 社 (2) 建 物 リフォーム 市 場 活 性 化 のための 金 融 機 関 と 住 宅 関 連 事 業 者 の 連 携 に 向 けて 平 成 27 年 4 月 目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464>

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464> 労 働 時 間 等 見 直 しガイドライン ( 労 働 時 間 等 設 定 改 善 指 針 ) 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 108 号 目 次 前 文 1 1 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 に 関 する 基 本 的 考 え 方 2 (1) 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 を 図 る 趣 旨 2 (2) 労 働 時 間 の 短 縮 の 推 進 3 (3)

More information

女 性 が 活 躍 する 未 来 に 向 けてスピードアップ! ~ 地 域 をけん 引 する 指 定 都 市 の 提 言 ~ 平 成 26 年 11 月 指 定 都 市 市 長 会 提 言 の 趣 旨 人 口 急 減 超 高 齢 化 への 対 応 が 国 を 挙 げての 喫 緊 の 課 題 となる 中 社 会 の 活 力 を 維 持 していくためには あらゆる 人 が 意 欲 を 持 ち 活 動

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

表 1. 技 術 と 技 能 特 性 技 術 技 能 依 存 性 習 熟 性 スキル 性 格 知 識 依 存 性 強 弱 五 感 依 存 性 弱 強 習 熟 体 制 組 織 中 心 個 人 中 心 習 熟 方 法 経 験 中 心 頭 で 覚 える 体 験 中 心 体 で 覚 える 所 要 期 間 中

表 1. 技 術 と 技 能 特 性 技 術 技 能 依 存 性 習 熟 性 スキル 性 格 知 識 依 存 性 強 弱 五 感 依 存 性 弱 強 習 熟 体 制 組 織 中 心 個 人 中 心 習 熟 方 法 経 験 中 心 頭 で 覚 える 体 験 中 心 体 で 覚 える 所 要 期 間 中 化 学 装 置 2008 年 1 月 号 掲 載 プラントエンジニアリング 産 業 の 技 術 伝 承 (その 1) (はじめに) 環 境 企 画 松 村 眞 昭 和 22 年 から 昭 和 24 年 生 まれの 団 塊 世 代 が 60 歳 で 定 年 退 職 を 迎 える 時 期 になっ た 2007 年 から 3 年 間 は 退 職 者 の 大 量 発 生 により 三 つの 社 会 現 象 が

More information

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地 平 成 24 年 度 損 保 1 1 損 保 1( 問 題 ) 第 Ⅰ 部 問 題 1. 次 の(1)~(5)の 各 問 に 解 答 しなさい 解 答 は 解 答 用 紙 の 所 定 の 欄 に 記 入 すること 各 5 点 (1) 傷 害 保 険 において 1 被 保 険 者 の 職 業 職 種 2 被 保 険 者 の 年 齢 および3 担 保 危 険 の 時 間 的 制 限 の 各 要 素 が

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生 職 人 生 と 労 働 時 間 をめぐる 諸 課 題 はじめに 井 戸 和 男 いわゆるバブル 経 済 が 崩 壊 し 極 めて 厳 しいグローバルな 競 争 下 において 企 は 生 き 残 りをかけて リ ストラクチャリングを 行 ってきた その 主 な 方 法 の 一 つが 人 件 費 の 抜 本 的 削 減 であった これまで 日 本 型 経 営 といわれた 経 営 のあり 方 を 根 本

More information

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378>

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378> # Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 #REF! 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること(

More information

<4D F736F F D A8890AB89BB838F815B834C83938A8893AE95F18D A C58F4390B E646F63>

<4D F736F F D A8890AB89BB838F815B834C83938A8893AE95F18D A C58F4390B E646F63> 神 戸 市 08.05.21 はじめに 神 戸 市 では, 様 々な 組 織 マネジメントや 人 材 育 成 を 図 ってきたが, 職 員 は, 厳 しい 財 政 状 況 をはじ め 他 の 様 々な 要 因 により 硬 直 感 閉 塞 感 を 抱 いており, 職 員 相 互 の 議 論 や 組 織 内 の 連 携 も 希 薄 であ ると 感 じていることが 伺 われる( H15 行 財 政 改 善

More information

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上 市 街 地 再 開 発 事 業 の 今 後 の 展 開 に 関 する 検 討 会 ワーキンググループにおける 検 討 概 要 目 的 再 開 発 ビルの 再 生 ( 建 替 え リニューアル 等 )について 具 体 地 区 における 課 題 を 洗 い 出 し 必 要 な 方 策 等 について 検 討 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて 国 に 制 度 提 案 等 を 行 う 検 討 地 区

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

スライド 1

スライド 1 報 道 関 係 者 各 位 介 護 レポート かいごのホンネ Vol.3 介 護 レポート かいごのホンネ Vol.3 初 秋 の 候 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます さて 株 式 会 社 エス エム エス( 本 社 所 在 地 : 東 京 都 港 区 代 表 取 締 役 社 長 : 諸 藤 周 平 以 下 当 社 )は 高 齢 社 会 に 適 した 情 報 インフラを

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

はじめに ドラッカーがまた 注 目 されています ドラッカーと 言 えばオーストリアが 生 んだ 経 営 の 神 様 現 代 社 会 最 高 の 哲 人 であり 経 営 学 の 大 家 です マネジメント スキルの 多 くを 産 み 育 てた 功 績 から マネジメントの 父 とも 称 されています

はじめに ドラッカーがまた 注 目 されています ドラッカーと 言 えばオーストリアが 生 んだ 経 営 の 神 様 現 代 社 会 最 高 の 哲 人 であり 経 営 学 の 大 家 です マネジメント スキルの 多 くを 産 み 育 てた 功 績 から マネジメントの 父 とも 称 されています チーム マネジメント 研 修 もしドラ を 読 んでチームを 動 かすには ( もし 高 校 野 球 の 女 子 マネージャーがドラッカーの マネジメント を 読 んだら ) 公 益 財 団 法 人 日 本 生 産 性 本 部 はじめに ドラッカーがまた 注 目 されています ドラッカーと 言 えばオーストリアが 生 んだ 経 営 の 神 様 現 代 社 会 最 高 の 哲 人 であり 経 営 学

More information

個人住民税特別徴収適正実施推進プラン.xdw

個人住民税特別徴収適正実施推進プラン.xdw 個 人 住 民 税 特 別 徴 収 適 正 実 施 推 進 プラン 平 成 24 年 11 月 ( 大 分 県 内 全 市 町 村 大 分 県 ) [ 目 次 ] はじめに 1 個 人 住 民 税 特 別 徴 収 について (1) 特 別 徴 収 制 度 (2) 大 分 県 内 の 現 状 1 給 与 所 得 者 のうち 特 別 徴 収 されている 者 の 割 合 2 給 与 支 払 報 告 者 のうち

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別 第 9 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 平 成 2 0 年 6 月 1 9 日 資 料 1-8 高 齢 者 雇 用 と 整 合 的 な 仕 組 み( 在 職 老 齢 年 金 等 )について 現 行 制 度 の 仕 組 み 趣 旨 在 職 老 齢 年 金 制 度 厚 生 年 金 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する70 歳 未 満 の 者 は 被 保 険 者 として 適 用 され

More information

第2回 「仕事に対する満足度」調査

第2回 「仕事に対する満足度」調査 第 2 回 仕 事 会 社 に 対 する 満 足 度 調 査 2015 年 2 月 http://www.riskmonster.co.jp 1 調 査 の 概 要 1. 調 査 名 称 第 2 回 仕 事 会 社 に 対 する 満 足 度 調 査 2. 調 査 方 法 インターネット 調 査 3. 調 査 エリア 全 国 4. 期 間 2014 年 12 月 20 日 ( 土 )~12 月 21

More information

3 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 紀 要 108 号 Ⅳ 学 校 組 織 マネジメントグループ 組 織 力 を 高 める 学 校 体 制 づくり - 組 織 的 な 学 校 間 連 携 首 席 と 学 校 組 織 マネジメント- 学 校 組 織 マネジメントグループ < 研 究 員 > 千 里 第 二 小 学 校 副 主 査 角 本 一 省 千 里 第 三 小 学 校 主 事 西 村 留

More information

事 例 4 1 受 講 生 の 就 職 支 援 ニーズの 把 握 受 講 生 の 人 物 像 ( 特 徴 や 特 性 ) 就 職 支 援 のニーズを 把 握 し 効 果 的 な 就 職 支 援 の 働 きかけを 実 施 す 入 校 時 に 受 講 生 のプロフィール 訓 練 就 職 に 対 する 希

事 例 4 1 受 講 生 の 就 職 支 援 ニーズの 把 握 受 講 生 の 人 物 像 ( 特 徴 や 特 性 ) 就 職 支 援 のニーズを 把 握 し 効 果 的 な 就 職 支 援 の 働 きかけを 実 施 す 入 校 時 に 受 講 生 のプロフィール 訓 練 就 職 に 対 する 希 ~ 就 職 率 アップを 目 指 して~ 就 職 支 援 取 組 事 例 集 平 成 27 年 3 月 本 事 例 集 には 様 々な 民 間 委 託 訓 練 機 関 において 実 際 に 取 り 組 まれ 成 果 の 上 がった 就 職 支 援 の 事 例 を 掲 載 しています 職 業 訓 練 サービスの 質 向 上 のため 就 職 支 援 カリキュラムを 作 成 する 際 等 の 一 助 としてご

More information

現行データ体系と新データ体系のマッピング

現行データ体系と新データ体系のマッピング 運 送 事 業 者 の 皆 様 へ 人 材 の 確 保 育 成 定 着 への 取 組 を 応 援 します!! 運 送 事 業 者 の 皆 様 に 特 にトラックドライバーの 確 保 定 着 に 向 けて 活 用 が 見 込 まれる 助 成 金 をご 案 内 しています この 冊 子 にご 紹 介 したもののほかにも 多 くの 雇 用 関 係 助 成 金 がありますので 平 成 27 年 度 雇 用

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

<4D F736F F D2091E682518FCD81408C698ACF8C6090AC82CC8E968CE3955D89BF82C98C5782E990D882E88CFB82CC90AE979D2E646F63>

<4D F736F F D2091E682518FCD81408C698ACF8C6090AC82CC8E968CE3955D89BF82C98C5782E990D882E88CFB82CC90AE979D2E646F63> 第 2 章 景 観 形 成 の 事 後 評 価 に 係 る 切 り 口 の 整 理 本 章 では 既 存 の 景 観 形 成 に 関 する 事 業 や 事 後 評 価 の 取 組 み 例 などを 参 照 して 景 観 形 成 の 事 後 評 価 に 関 する 切 り 口 の 整 理 を 行 った 2.1 これまでの 景 観 施 策 と 事 後 評 価 の 位 置 づけ (1) 景 観 施 策 の 全

More information

研 修 風 景 堆 肥 の 作 り 方 を 学 びました 機 械 の 適 切 な 使 用 法 を 教 わりました 安 定 雇 用 への 取 組 み 自 社 で4 名 の 継 続 雇 用 を 行 った 途 中 退 職 した2 名 についても 同 業 界 で 従 事 できる 基 礎 体 力 をつ けさせ

研 修 風 景 堆 肥 の 作 り 方 を 学 びました 機 械 の 適 切 な 使 用 法 を 教 わりました 安 定 雇 用 への 取 組 み 自 社 で4 名 の 継 続 雇 用 を 行 った 途 中 退 職 した2 名 についても 同 業 界 で 従 事 できる 基 礎 体 力 をつ けさせ 農 林 漁 業 分 野 事 業 概 要 農 業 人 材 育 成 事 業 大 阪 府 箕 面 市 箕 面 市 では 緑 豊 かな 住 環 境 を 保 全 するため 遊 休 農 地 の 再 生 と 農 業 の 担 い 手 育 成 に 取 り 組 んでいるが 農 業 従 事 者 の 減 少 や 高 齢 化 が 課 題 となっている その ため 就 農 を 目 指 す 失 業 者 を 雇 用 し 遊 休 農

More information

1. 分 析 結 果 と 今 後 の 展 望 の 全 体 構 造 Ⅲ. 今 後 の 企 業 と 連 携 した 啓 発 活 動 の 課 題 と 展 望 内 閣 府 は 北 方 領 土 問 題 に 関 する 理 解 と 関 心 の 浸 透 を 図 ることを 目 指 し 民 間 企 業 の 社 会 貢 献

1. 分 析 結 果 と 今 後 の 展 望 の 全 体 構 造 Ⅲ. 今 後 の 企 業 と 連 携 した 啓 発 活 動 の 課 題 と 展 望 内 閣 府 は 北 方 領 土 問 題 に 関 する 理 解 と 関 心 の 浸 透 を 図 ることを 目 指 し 民 間 企 業 の 社 会 貢 献 Ⅲ. 今 後 の 企 業 と 連 携 した 啓 発 活 動 の 課 題 と 展 望 114 1. 分 析 結 果 と 今 後 の 展 望 の 全 体 構 造 Ⅲ. 今 後 の 企 業 と 連 携 した 啓 発 活 動 の 課 題 と 展 望 内 閣 府 は 北 方 領 土 問 題 に 関 する 理 解 と 関 心 の 浸 透 を 図 ることを 目 指 し 民 間 企 業 の 社 会 貢 献 部 門

More information

『教育』をとりまく現状と課題について

『教育』をとりまく現状と課題について 資 料 3 教 育 をとりまく 現 状 と 課 題 1.アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 2. 方 向 性 参 考 61 人 の 声 産 業 構 造 審 議 会 基 本 政 策 部 会 2006 年 11 月 17 日 木 幡 美 子 1 アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 アンケート 実 施 期 間 2006 年 10 月 13 日 ~31 日

More information

修繕積立金及び長期修繕計画に関する

修繕積立金及び長期修繕計画に関する マンションの 修 繕 積 立 金 に 関 するガイドライン 平 成 23 年 4 月 国 土 交 通 省 はじめに マンションのストック 総 数 は 約 562 万 戸 ( 平 成 21 年 末 現 在 ) 約 1400 万 人 が 居 住 する 我 が 国 における 重 要 な 居 住 形 態 のひとつとなっており その 数 は 着 実 に 増 加 しています マンションの 良 好 な 居 住 環

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな 平 成 26 年 3 月 31 日 経 営 改 善 に 向 けた 取 組 みについて 1 策 定 の 背 景 及 び 目 的 機 構 の 改 革 については これまで 数 次 の 見 直 しが 行 われてきたが その 集 大 成 として 行 政 改 革 推 進 会 議 独 立 行 政 法 人 改 革 等 に 関 する 分 科 会 第 4ワーキン ググループ 報 告 書 ( 平 成 25 年 12 月

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378> マニフェストをどう 読 むべきか - 国 民 の 問 いかける 力 こそが 政 策 をつくる- はじめに 東 京 財 団 研 究 員 政 策 プロデューサー 亀 井 善 太 郎 / 佐 藤 孝 弘 / 冨 田 清 行 本 提 言 は 眼 前 に 迫 る 国 政 選 挙 を 迎 えるにあたって 日 本 国 民 一 人 一 人 がマニフェストを 読 む 際 念 頭 におくべき 考 え 方 をまとめたものである

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

ワイズシステムの 未 来 予 測 分 析 知 財 コンサル システム 開 発 のすべてのノウハウを 活 かした 利 益 をあげるための 未 来 予 測 特 許 情 報 を さまざまなビッグデータとともに 分 析 することで データ が 意 味 のある 情 報 になります 特 許 戦 略 技 術 開

ワイズシステムの 未 来 予 測 分 析 知 財 コンサル システム 開 発 のすべてのノウハウを 活 かした 利 益 をあげるための 未 来 予 測 特 許 情 報 を さまざまなビッグデータとともに 分 析 することで データ が 意 味 のある 情 報 になります 特 許 戦 略 技 術 開 これからの 貴 社 に 必 要 なのは 現 在 過 去 そして 未 来 予 測 です 特 許 情 報 と 実 績 ソーシャル 情 報 を 融 合 した 分 析 解 析 業 務 のご 案 内 C 2014 株 式 会 社 ワイズシステム ワイズシステムの 未 来 予 測 分 析 知 財 コンサル システム 開 発 のすべてのノウハウを 活 かした 利 益 をあげるための 未 来 予 測 特 許 情 報

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

具 体 的 内 容 佐 賀 県 のコンピンテンシー 評 価 は まずコンピテンシーモデルに 記 載 された 具 体 的 な 行 動 例 に 照 らし 合 わせて 自 分 がそのような 行 動 をとっているかどうかをチェックして 自 己 評 価 を 行 う その 後 自 己 評 価 を 提 出 し 上

具 体 的 内 容 佐 賀 県 のコンピンテンシー 評 価 は まずコンピテンシーモデルに 記 載 された 具 体 的 な 行 動 例 に 照 らし 合 わせて 自 分 がそのような 行 動 をとっているかどうかをチェックして 自 己 評 価 を 行 う その 後 自 己 評 価 を 提 出 し 上 職 員 能 力 開 発 モデルによる 取 組 佐 賀 県 人 口 :864,738 人 面 積 :2,439.58km2 担 当 部 署 : 職 員 課 概 要 求 められる 人 物 像 を コンピテンシーモデル として 公 開 し これを 評 価 に 活 用 して 職 員 の 能 力 開 発 を 促 進 するとともに コンピテンシーモデル を 軸 に 採 用 から 退 職 までの 総 合 的 な

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

公立学校教職員の総勤務時間の縮減に向けた取組事例

公立学校教職員の総勤務時間の縮減に向けた取組事例 公 立 学 校 教 職 員 の 総 勤 務 時 間 の 縮 減 に 向 けた 学 校 における 取 組 事 例 集 目 次 平 成 27 年 3 月 17 日 三 重 県 教 育 委 員 会 はじめに 2ページ 1 時 間 外 労 働 時 間 の 削 減 に 係 る 意 識 の 啓 発 3ページ (1) 管 理 職 による 退 校 の 声 かけ (2) 管 理 職 による 過 重 労 働 に 対 する

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

税制改革について

税制改革について 税 制 改 革 について 平 成 20 年 5 月 20 日 伊 藤 隆 敏 丹 羽 宇 一 郎 御 手 洗 冨 士 夫 八 代 尚 宏 税 制 は 国 民 生 活 や 経 済 社 会 にとって 極 めて 重 要 な 制 度 インフラであ り 21 世 紀 の 我 が 国 にふさわしい 税 体 系 の 再 構 築 は 喫 緊 の 課 題 となっ ている 国 民 の 視 点 に 立 った 分 かりやすい

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63> Ⅰ 人 事 制 度 の 整 備 は 現 状 把 握 から 1. 人 事 制 度 の 類 型 を 理 解 する 2. 人 事 制 度 は5つの 項 目 で 分 析 3. 人 件 費 が 経 営 に 与 える 影 響 4. 個 別 賃 金 の 分 析 を 行 う Ⅲ 基 準 定 義 の 明 確 化 で 社 員 のモチベーションが 向 上 1. 職 能 資 格 職 務 役 割 等 級 フレーム 例 2.

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

中小企業魅力発信レポート

中小企業魅力発信レポート 中 小 企 業 魅 力 発 信 レポート DAISEKI 株 式 会 社 ダイセキ 2010 年 版 は じ め に 当 社 は 機 械 設 計 開 発 の 技 術 者 集 団 です 設 計 技 術 者 の 人 材 力 こそ 当 社 の 魅 力 強 みの 源 泉 です お 客 様 の 多 様 なニーズや 時 代 の 変 化 への 柔 軟 な 対 応 力 がお 客 様 からの 信 頼 を 得 ています

More information

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 延 岡 市 メディカルタウン 構 想 平 成 23 年 2 月 21 日 宮 崎 県 延 岡 市 目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 場

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc)

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc) 宝 監 第 104 号 平 成 22 年 2 月 17 日 請 求 人 様 宝 塚 市 監 査 委 員 同 同 村 野 一 郎 井 上 芳 治 伊 福 義 治 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について 平 成 21 年 12 月 25 日 付 けで 提 出 のありました 住 民 監 査 請 求 について 地 方 自 治 法 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査

More information

20141113(滋賀県)都道府県計画

20141113(滋賀県)都道府県計画 医 療 保 促 進 法 に 基 づく 滋 賀 県 計 画 平 成 26 年 10 月 滋 賀 県 - 2 - 1. 計 画 の 基 本 的 事 項 (1) 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 本 県 の 人 口 は 現 在 約 141 万 人 であり 全 国 でも 数 少 ない 人 口 増 加 県 であるが 平 成 27 年 (2015 年 )をピークとして 減 少 に 転 じると 見 込 まれている

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

スライド 1

スライド 1 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 開 催 に 伴 う 我 が 国 への 経 済 波 及 効 果 2014 年 1 月 森 記 念 財 団 都 市 戦 略 研 究 所 試 算 結 果 の 要 旨 1. 我 が 国 全 体 で 約 20 兆 円 の 経 済 波 及 効 果 東 京 オリンピック パラリンピック( 以 下 東 京 オリンピック )の 開 催 に 伴 う 経 済 波 及 効

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F30365F834F838B815B837693A28B638C8B89CA8169837C8358835E815B94B282AB816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F30365F834F838B815B837693A28B638C8B89CA8169837C8358835E815B94B282AB816A2E646F6378> 大 学 評 価 担 当 者 集 会 2013 第 一 分 科 会 評 価 と IR: 活 用 編 計 画 2-2: 習 熟 度 別 学 習 を 充 実 させて 英 語 コミュニケーション 力 を 向 上 させる 一 方 で 本 学 では グローバル 化 を 踏 まえ 平 成 20 年 度 に 学 長 が 英 語 でのコミュニケーション 能 力 の 涵 養 を 重 視 する 方 針 を 打 ち 出 した

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の2の 規 定 に 基 づく 報 告 書 米 の 生 産 調 整 対 策 の 実 施 状 況 等 について 平 成 2 8 年 7 月 会 計 検 査 院 農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行

More information

域 主 権 社 会 への 移 行 も 踏 まえて オール 京 都 で 共 有 できる 都 市 ビジョン 作 りに 積 極 的 に 参 加 して 明 日 の 魅 力 ある 京 都 作 りに 貢 献 したい 臨 時 議 員 総 会 では 会 頭 に 選 任 いただけるよう これまでの 成 果 と 今 後

域 主 権 社 会 への 移 行 も 踏 まえて オール 京 都 で 共 有 できる 都 市 ビジョン 作 りに 積 極 的 に 参 加 して 明 日 の 魅 力 ある 京 都 作 りに 貢 献 したい 臨 時 議 員 総 会 では 会 頭 に 選 任 いただけるよう これまでの 成 果 と 今 後 平 成 22 年 10 月 26 日 会 頭 記 者 会 見 発 言 要 旨 本 所 の 動 きについて 中 国 上 海 万 博 視 察 団 の 派 遣 報 告 10 月 16 日 から 20 日 までの 日 程 で 上 海 万 博 視 察 団 を 派 遣 し 万 博 や 現 地 に 進 出 している 京 都 企 業 などを 視 察 した まさに 反 日 デモが 発 生 したタイミングとなったが 上

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場 立 川 市 第 3 次 職 員 人 材 育 成 計 画 平 成 27(2015) 年 5 月 立 川 市 目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職

More information

る 可 能 性 があることから 早 期 の 導 入 を 見 合 わせたい との 声 も 聞 かれる とはいえ 公 的 年 金 の 行 方 を 考 えると 自 助 努 力 による 早 い 段 階 からの 老 後 資 産 を 準 備 する 必 要 性 は(とくに 公 的 年 金 に 対 する 信 頼 感

る 可 能 性 があることから 早 期 の 導 入 を 見 合 わせたい との 声 も 聞 かれる とはいえ 公 的 年 金 の 行 方 を 考 えると 自 助 努 力 による 早 い 段 階 からの 老 後 資 産 を 準 備 する 必 要 性 は(とくに 公 的 年 金 に 対 する 信 頼 感 ディスカッションペーパー マッチング 拠 出 ( 従 業 員 拠 出 )の 影 響 と 対 応 佐 々 木 哲 夫 NPODC 総 研 常 務 理 事 1.はじめに 確 定 拠 出 年 金 制 度 は スタートしてから 今 年 で 満 11 年 を 経 過 した 企 業 型 確 定 拠 出 年 金 制 度 の 承 認 規 約 数 は 2013 年 1 月 末 現 在 で4,192 件 加 入 者 数

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

Imaginative Power ~ 豊 かな 発 想 がビジネスの 未 来 を 切 り 開 く ~ はじめに About Systems engineer 1 会 社 案 内 About Us 2 アプローチ システムズの 将 来 Our Future 3 求 める 人 材 像 Our Need

Imaginative Power ~ 豊 かな 発 想 がビジネスの 未 来 を 切 り 開 く ~ はじめに About Systems engineer 1 会 社 案 内 About Us 2 アプローチ システムズの 将 来 Our Future 3 求 める 人 材 像 Our Need Imaginative Power ~ 豊 かな 発 想 がビジネスの 未 来 を 切 り 開 く ~ 株 式 会 社 アプローチ システムズ 会 社 紹 介 2015 年 度 Imaginative Power ~ 豊 かな 発 想 がビジネスの 未 来 を 切 り 開 く ~ はじめに About Systems engineer 1 会 社 案 内 About Us 2 アプローチ システムズの

More information