第 1 章 経 験 者 採 用 試 験 の 概 要 1 経 験 者 採 用 とは 広 い 視 野 や 優 れたコスト 意 識 など, 民 間 企 業 等 で 培 ったその 知 識 と 経 験 を 行 政 に 活 かしていくことを 目 的 とする 採 用 試 験 である 採 用 後 すぐ, 中 堅 職

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第 1 章 経 験 者 採 用 試 験 の 概 要 1 経 験 者 採 用 とは 広 い 視 野 や 優 れたコスト 意 識 など, 民 間 企 業 等 で 培 ったその 知 識 と 経 験 を 行 政 に 活 かしていくことを 目 的 とする 採 用 試 験 である 採 用 後 すぐ, 中 堅 職"

Transcription

1 講 座 名 転 職 するなら 公 務 員! 試 験 種 地 上 国 家 一 般 職 編 回 数 1 回 講 師 名 丸 尾 旭 科 目 テープ C 講 師 配 布 / 回 収 物 品 目 コード 名 称 配 布 クラス 数 1 40C 板 書 ( 本 紙 ) 全 クラス 共 通 1 回 収 進 行 予 定 種 別 実 施 時 間 収 録 講 義 1:26 最 新 情 報 はLECホームページでご 案 内 しています 受 講 相 談 も 受 け 付 けています 2012 TOKYO LEGAL MIND K.K., Printed in Japan 40C 全 10 頁

2 第 1 章 経 験 者 採 用 試 験 の 概 要 1 経 験 者 採 用 とは 広 い 視 野 や 優 れたコスト 意 識 など, 民 間 企 業 等 で 培 ったその 知 識 と 経 験 を 行 政 に 活 かしていくことを 目 的 とする 採 用 試 験 である 採 用 後 すぐ, 中 堅 職 員 として 活 躍 し, 各 種 施 策 の 企 画 立 案, 予 算 経 理, 都 道 府 県 税 の 賦 課 徴 収, 許 認 可 事 務, 国 市 町 村 との 連 絡 調 整 折 衝 など 幅 広 い 分 野 の 業 務 に 従 事 し, 行 政 発 展 のための 政 策 づく りや 組 織 の 活 性 化 に 重 要 な 役 割 を 果 たすことが 求 められている 採 用 後 には, 本 庁 ( 各 部 各 課 )や 支 庁 ( 各 部 各 課 出 先 機 関 )に 配 属 される 2 受 験 資 格 年 齢 資 格 については,28 歳 ~35 歳 の 枠 内 に 含 まれる 自 治 体 が 多 い さらに, 民 間 企 業 などでの 職 務 経 験 が5 年 以 上 であることを 条 件 とする 自 治 体 が 大 多 数 である ただし 職 務 経 験 に, 公 務 員 はもちろん, 公 社 公 団 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 での 勤 務,アルバイト パートタイマーとしての 勤 務 期 間 は 含 まないとする 自 治 体 も 多 い また, 職 務 経 験 として 認 める 期 間 を,1 企 業 における 継 続 勤 務 が6ヶ 月 以 上 とする 自 治 体 や1 年 以 上 とするところなど, 細 かい 部 分 での 条 件 は 各 自 治 体 で 異 なってくる よって, 各 自, 志 望 する 自 治 体 の 条 件 はしっかりと 調 べておく 必 要 がある - 2 -

3 3 試 験 区 分 一 般 事 務 の 募 集 のみの 自 治 体 もあるが, 中 には, 土 木 職 農 業 職 建 築 職 電 気 職 情 報 (IT)とい った 専 門 職 の 募 集 を 行 っている 自 治 体 も 多 い さらに, 政 策 企 画 福 祉 政 策 物 産 振 興 などの 区 分 もある なお, 専 門 職 については 一 定 の 資 格 を 有 していることが 条 件 となることが 多 い 以 下, 各 区 分 について 活 かせる 知 識 や 経 験 必 要 となる 条 件 を 掲 載 する もちろん,すべての 自 治 体 で 以 上 の 条 件 を 必 須 とするものではない しかし, 自 治 体 がどのような 人 材 を 必 要 としているかの 目 安 にはなるだろう 一 般 事 務 : 金 融, 資 産 運 用, 財 務 分 析, 財 務 指 導,コンサルティング,マーケティング, 国 際 経 済 交 流, 新 産 業 創 出, 産 業 技 術 振 興,リスク 管 理, 顧 客 満 足 ( 経 営 品 質 ), 環 境 分 野 など 土 木 職 : 一 級 または 二 級 土 木 施 工 管 理 技 士,また, 土 地 区 画 整 理 士 の 資 格 を 有 していること 建 築 職 : 一 級 建 築 士 の 資 格 を 有 していること 電 気 技 術 : 第 3 種 電 気 主 任 技 術 者 の 資 格 を 有 していること 機 械 職 : 第 1 種 ボイラータービン 技 術 者, 第 2 種 ボイラータービン 技 術 者 の 資 格 を 有 するもの ボイラー, 蒸 気 タービン,ガスタービン, 燃 料 電 池 設 備 工 事 維 持 運 用 に 従 事 した 期 間 が2 年 以 上 化 学 ( 環 境 ): 環 境 コンサルタントの 業 務 に 携 わった 経 験,ISOの 実 践 実 績, 廃 棄 物 の 処 理 技 や 処 理 施 設 に 関 する 知 識 など 情 報 : コンピューターネットワーク デジタルコンテンツ などの 分 野 に 関 する 研 究 やこれらの 技 術 に 基 づく 商 品 開 発 設 計 制 作 評 価 メディア 表 現 などの 実 務 に 従 事 した 期 間 が5 年 以 上 国 際 交 流 : 韓 国 ( 朝 鮮 ) 語 または 中 国 語 に 堪 能 な 人 材 を 求 めている 自 治 体 が 多 い 障 害 福 祉 業 務 : 精 神 病 に 関 わる 医 療 機 関 や 精 神 障 害 者 社 会 復 帰 施 設 での 実 務 経 験 が5 年 以 上 精 神 保 健 福 祉 士, 手 話 通 訳 士, 介 護 支 援 専 門 員 の 資 格 を 有 することを 条 件 とする 自 治 体 も ある 児 童 福 祉 : 児 童 福 祉 士 の 資 格 を 有 する 者 - 3 -

4 4 実 施 状 況 試 験 の 実 施 時 期 は, 大 きく3つに 区 分 でき,(1)6 月 第 4 日 曜 日,(2)9 月 の 日 曜 日,(3)10 月 第 3 日 曜 日 のいずれかで 実 施 する 自 治 体 がほとんどである また, 募 集 人 数 は2~5 名 程 度 が 多 いが, 中 には 10 人 以 上 採 用 する 自 治 体 もある ( 京 都 府 川 崎 市 東 京 都 土 木, 北 九 州 市 ),26 人 ( 東 京 都 一 般 ) とはいえ,そのようなところは 受 験 者 数 も 多 いため, 倍 率 の 高 い 試 験 であることに 変 わりはない 東 京 都 特 別 区 2 級 職 140 名 程 度 3 級 職 40 名 程 度 5 合 格 から 採 用 まで 最 終 合 格 者 は, 試 験 区 分 ごとに 作 成 する 採 用 候 補 者 名 簿 に 得 点 順 に 記 載 される それに 基 づき, 人 事 委 員 会 が 任 命 権 者 ( 知 事, 企 業 庁 長, 病 院 事 業 庁 長 等 )からの 請 求 に 応 じて 名 簿 から 得 点 順 に 提 示 し, その 中 から 採 用 者 を 決 定 することとなる 名 簿 の 有 効 期 間 は 原 則 として1 年 間 である - 4 -

5 第 2 章 試 験 科 目 大 卒 などの 行 政 職 と 同 様, 経 験 者 採 用 試 験 においても1 次 試 験,2 次 試 験 が 課 せられる (3 次 試 験 まで 行 う 自 治 体 もある) 大 半 の 自 治 体 における1 次 試 験,2 次 試 験 の 科 目 は 以 下 のとおりである 1 次 試 験 : 教 養 択 一 試 験, 経 験 小 論 文, 一 般 論 文 2 次 試 験 : 面 接, 適 性 試 験 (クレペリン 検 査, 性 格 検 査 など), 体 力 検 査 ( 体 力 試 験 を 兼 ねる 場 合 も ある) 中 には,2 次 試 験 において 集 団 討 論 ( 受 験 者 6~8 人 が1つのテーマについて 討 論 するというもの)を 課 す, 出 願 時 に 自 己 PR 書 (エントリーシート)の 提 出 を 求 める 自 治 体 もある 以 下, 教 養 択 一 試 験, 経 験 小 論 文, 一 般 論 文, 自 己 PR 書, 面 接 の 内 容 について, 本 試 験 問 題 も 掲 載 し つつ 説 明 していく 1 教 養 択 一 試 験 おおむね,40~50 問, 試 験 時 間 :120~150 分 の 自 治 体 がほとんどである 出 題 科 目 は 一 般 知 能 分 野 と 一 般 知 識 分 野 とに 分 類 される 一 般 知 能 分 野 文 章 理 解 ( 現 代 文 英 文 ), 数 的 処 理 ( 数 的 推 理 判 断 推 理 資 料 解 釈 ) 一 般 知 識 分 野 社 会 科 学 ( 政 治 経 済 法 律 ) 人 文 科 学 ( 世 界 史 日 本 史 地 理 文 芸 思 想 ) 自 然 科 学 ( 数 学 物 理 化 学 生 物 地 学 ) 全 問 必 答 とする 自 治 体 が 多 いが, 中 には 選 択 解 答 制 をとっている 自 治 体 もある 教 養 択 一 試 験 の 難 易 度 は, 地 方 上 級 の 本 試 験 とほぼ 同 等 レベルと 捉 えてよい なお, 教 養 試 験 の 得 点 が 一 定 の 基 準 以 下 の 場 合 に 論 文 を 採 点 しないことを 明 らかにしている 自 治 体 も 多 いので, 注 意 が 必 要 である 以 下, 参 考 までに 東 京 都 特 別 区 の 経 験 者 採 用 試 験 のプロットを 一 部 抜 粋 して 掲 載 しておく (なお, 1~30 が 必 答, 31~45 については 15 題 中 5 題 を 解 答 する 選 択 解 答 方 式 である) - 5 -

6 1 文 章 理 解 ( 現 代 文 ) 主 旨 把 握 2 文 章 理 解 ( 現 代 文 ) 主 旨 把 握 3 文 章 理 解 ( 現 代 文 ) 文 章 整 序 4 文 章 理 解 ( 現 代 文 ) 空 欄 補 充 5 文 章 理 解 ( 英 文 ) 内 容 把 握 6 文 章 理 解 ( 英 文 ) 内 容 把 握 7 文 章 理 解 ( 英 文 ) 空 欄 補 充 8 文 章 理 解 ( 英 文 ) ことわざ 慣 用 句 9 数 的 処 理 ( 判 断 推 理 ) 試 合 10 数 的 処 理 ( 判 断 推 理 ) 推 理 11 数 的 処 理 ( 判 断 推 理 ) 位 置 関 係 12 数 的 処 理 ( 数 的 推 理 ) 場 合 の 数 13 数 的 処 理 ( 数 的 推 理 ) 面 積 図 14 数 的 処 理 ( 数 的 推 理 ) 確 率 15 数 的 処 理 ( 数 的 処 理 ) 仕 事 算 16 数 的 処 理 ( 数 的 処 理 ) てんびん 図 17 数 的 処 理 ( 資 料 解 釈 ) グラフの 読 み 取 り 18 数 的 処 理 ( 資 料 解 釈 ) グラフの 読 み 取 り 19 数 的 処 理 ( 資 料 解 釈 ) グラフの 読 み 取 り 20 数 的 処 理 ( 資 料 解 釈 ) グラフの 読 み 取 り 21 数 的 処 理 ( 数 的 処 理 ) 図 形 22 数 的 処 理 ( 数 的 処 理 ) 図 形 23 数 的 処 理 ( 数 的 処 理 ) 図 形 24 数 的 処 理 ( 数 的 処 理 ) 図 形 25 社 会 科 学 核 安 全 サミット 26 社 会 科 学 菅 首 相 所 信 表 明 演 説 27 社 会 科 学 ワシントン 条 約 締 約 会 議 28 社 会 科 学 アイスランドの 火 山 噴 火 29 社 会 科 学 小 惑 星 探 査 機 はやぶさ 30 社 会 科 学 冬 季 五 輪 バンクーバー 大 会 - 6 -

7 31 社 会 科 学 日 本 国 憲 法 前 文 32 社 会 科 学 利 益 団 体 33 社 会 科 学 寡 占 市 場 34 社 会 科 学 国 際 経 済 協 力 体 制 35 社 会 科 学 資 源 エネルギー 問 題 36 国 語 ことばの 用 法 37 人 文 科 学 江 戸 幕 府 38 人 文 科 学 アフリカの 出 来 事 39 人 文 科 学 世 界 の 気 候 区 40 人 文 科 学 音 楽 41 自 然 科 学 物 理 42 自 然 科 学 物 理 43 自 然 科 学 化 学 44 自 然 科 学 生 物 45 自 然 科 学 地 学 - 7 -

8 2 経 験 小 論 文 民 間 企 業 における 職 務 経 験, 職 務 を 通 じて 培 った 知 識 能 力 について 問 う 記 述 試 験 である ほとんどの 自 治 体 が, 時 間 :60~120 分, 字 数 :600~1500 字 の 枠 内 で 実 施 している 民 間 企 業 などにおける 困 難 な 事 柄 創 意 工 夫 をこらした 経 験 培 った 能 力,さらに,それを 活 かす 自 治 体 職 員 としての 取 り 組 みを 問 う 出 題 が 多 い また, 自 治 体 が 抱 える 行 政 課 題 と 絡 めて, 自 らの 職 務 経 験 や 能 力 を 自 治 体 職 員 としてどう 活 かすかと いう 観 点 からの 出 題 も 増 えている あなたの 職 務 経 験 に 関 して 次 の(1) (2)に 分 けて 述 べてください (1) あなたがこれまで 民 間 企 業 等 で 携 わった 職 務 内 容 や 職 務 経 験 について 簡 潔 に 述 べてください (300~400 字 程 度 ) (2) (1)で 述 べた 職 務 において どのような 問 題 意 識 を 持 っていたかを 述 べ 特 別 区 の 職 員 とな ったとき その 職 務 経 験 を 職 場 や 区 民 とのかかわりにおいて どのように 活 用 できるのか 今 ま での 成 果 と 失 敗 を 踏 まえ 具 体 的 に 述 べてください (900~1100 字 程 度 ) (H22 東 京 都 特 別 区 2 級 職 ) あなたの 職 務 経 験 に 関 して 次 の(1) (2)に 分 けて 述 べてください (1)あなたがこれまで 民 間 企 業 等 で 携 わった 職 務 内 容 や 職 務 経 験 について 簡 潔 に 述 べてくださ い (300~400 字 程 度 ) (2) 職 務 において どのような 問 題 意 識 を 持 っていたかを 述 べ その 問 題 を 解 決 するために あ なたはどのような 点 に 留 意 して 関 係 者 の 話 し 合 いを 進 めたか その 過 程 を 成 果 も 含 めて 具 体 的 に 述 べてください (900~1100 字 程 度 ) (H21 東 京 都 特 別 区 2 級 職 ) あなたの 職 務 経 験 に 関 して 次 の(1) (2)に 分 けて 述 べてください (1) あなたがこれまで 民 間 企 業 等 で 携 わった 職 務 内 容 や 職 務 経 験 について 簡 潔 に 述 べてください (300~400 字 程 度 ) (2) (1)で 述 べた 職 務 において どのような 問 題 意 識 を 持 っていたかを 述 べ その 中 で 最 も 大 変 だったと 思 える 解 決 事 例 とその 成 果 さらにあなた 自 身 の 評 価 を 述 べるとともに その 経 験 を 特 別 区 職 員 として どのように 活 用 していきたいと 考 えているか 具 体 的 に 述 べてください (900~ 1100 字 程 度 ) (H20 東 京 都 特 別 区 2 級 職 ) - 8 -

9 3 一 般 論 文 新 聞 やニュースに 採 り 上 げられるような 社 会 時 事 的 な 問 題 について, 受 験 生 が 社 会 的 問 題 に 対 する 関 心 や 問 題 意 識 などを 有 しているかを 問 う 記 述 試 験 である 字 数 :600~1500 字, 時 間 :90~120 分 の 枠 内 で 実 施 する 自 治 体 が 多 い 課 題 内 容 は 大 卒 の 行 政 職 とほぼ 共 通 する ただし, 経 験 者 採 用 においては 地 方 自 治 ( 行 財 政 運 営 )に 関 する 課 題 が 多 く 見 られるのが1つの 特 色 である (1) 都 市 づくり まちづくり 北 海 道 の 中 で 札 幌 市 が 果 たすべき 役 割 について,あなたの 考 えを 述 べなさい (H15 札 幌 市 ) 望 ましい 秋 田 の 姿 について,あなたの 考 えを 述 べなさい (H15 秋 田 県 ) 東 京 の 魅 力 を 活 かした 行 政 運 営 (H15 東 京 都 主 任 一 般 (2 題 中 1 題 選 択 )) (2) 地 方 自 治 に 関 する 課 題 2 題 中 1 題 を 選 択 すること (H22 東 京 都 特 別 区 2 級 職 3 級 職 ) 1 公 務 員 としての 倫 理 について 2 行 政 における 危 機 管 理 について 2 題 中 1 題 を 選 択 すること (H21 東 京 都 特 別 区 2 級 職 ) 1 行 政 に 問 われる 説 明 責 任 について 2 技 術 の 継 承 について 2 題 中 1 題 を 選 択 すること (H20 東 京 都 特 別 区 2 級 職 ) 1 効 率 的 な 行 政 運 営 について 2 特 別 区 における 環 境 負 荷 の 軽 減 について (3) 社 会 時 事 に 関 する 課 題 その 他 わが 国 の 人 口 は 2006 年 の1 億 2774 万 人 をピークに 2050 年 を 過 ぎると1 億 人 の 大 台 を 割 ると 予 想 される 人 口 減 少 社 会 の 到 来 における 課 題 とその 対 策 について,あなたの 考 えを 述 べなさい (H15 埼 玉 県 ) 民 間 企 業 における 人 事 管 理 ( 処 遇 給 与 などの 考 え 方 が, 年 功 序 列 から 実 績 能 力 重 視 へと 変 化 して きているが,そのメリット デメリットについてあなたの 考 えを 述 べよ また, 公 務 員 の 人 事 管 理 へ の 能 力 実 績 主 義 の 導 入 についてあなたの 考 えを 述 べよ (2 時 間 2000 字 )(H16 広 島 市 ) - 9 -

10 4 自 己 PR 書 (エントリーシート) 自 己 PR 書 は, 書 類 選 考 における 重 要 な 資 料 となる 経 験 小 論 文 と 同 様, 自 己 PR 書 でも 民 間 企 業 な どで 培 ってきた 経 験 を 自 治 体 職 員 としてどう 活 かそうと 考 えているかをアピールすることが 重 要 とな る また, 面 接 はこの 自 己 PR 書 に 記 載 されている 内 容 に 基 づいて 行 われるため, 自 己 PR 書 の 内 容 と 面 接 時 の 応 答 とは 整 合 性 を 持 たせるように 努 める 必 要 がある H16 神 戸 市 (1) あなたが 神 戸 市 職 員 を 目 指 そうと 思 ったのは 何 故 ですか 具 体 的 に 記 入 してください (300 字 以 内 ) (2) あなたが 特 にPRしたい 能 力 を 箇 条 書 きで3つあげ,その 内 容 を 具 体 的 に 記 入 してください (それぞれ 100 字 以 内 ) (3) 今 までの 職 務 経 験 の 中 で 最 も 成 果 をあげた 事 例 を 記 入 し,なぜ 成 果 を 挙 げることができたか についても 説 明 してください ( 例 目 標 を 持 って 懸 命 に 取 り 組 み, 成 し 遂 げた 事 例,あなたの 発 案 に より 従 来 のやりかたを 変 えて 成 功 した 事 例, 困 難 な 状 況 を 打 開 した 事 例 など) できるだけ 具 体 的 に 説 明 してください (300 字 以 内 ) 5 個 人 面 接 時 間 は 30 分 程 度 で 行 う 自 治 体 がほとんどである 人 柄 や 性 格 を 見 るために 行 う 人 物 に 関 する 面 接,ならびに 職 務 経 験 に 関 する 面 接 の 双 方 が 行 われる 場 合 が 多 い 以 下 は, 経 験 者 採 用 においてよく 質 問 される 項 目 である これらについては, 最 低 限,ポイントを 絞 って 明 快 に 必 要 な 事 柄 を 伝 えられる 準 備 をしておきたい 志 望 動 機 職 務 経 験 を 自 治 体 職 員 としてどう 役 立 てるか 自 治 体 職 員 となってできること 仕 事 は 今 までと 全 然 違 うが 本 当 に 大 丈 夫 か 今 まででの 職 務 経 験 の 中 で 誇 れること 県 の 事 業 に 対 する 意 見 公 務 員 として 大 切 なことは 何 か プレゼンテーションを 含 む 職 務 に 関 連 する 知 識 及 び 人 物 についての 個 別 面 接 を 課 す 自 治 体 も ( 東 京 都 庁 ) L.P.

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

公 務 員 って 何!? 大 野 講 師 0 001112 132085 KL13208 公 務 員 って 何? LEC 東 京 リーガルマインド 専 任 講 師 : 大 野 純 一 まず 注 意 したいこと かつては 官 と 民 は 仕 事 の 上 でも 資 質 でも 大 きな 差 があった 今 はNPM( 新 しい 公 共 管 理 )やCSR( 企 業 の 社 会 的 責 任 )などで 両 者

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取 諮 問 庁 : 公 正 取 引 委 員 会 委 員 長 諮 問 日 : 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 平 成 28 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 136 号 ) 答 申 日 : 平 成 28 年 7 月 7 日 ( 平 成 28 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 183 号 ) 事 件 名 : 平 成 27 年 度 総 合 職 官 庁 訪 問 での 対 応 依 頼 等 の 一 部 開

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

以 下 は 例 示 です 公 募 提 案 型 の 応 募 のため このとおり 記 載 しても 採 択 するものではありません ( 様 式 2) (1) 応 募 者 の 概 要 等 事 業 計 画 書 ( 連 携 体 で 申 請 を 行 う 場 合 は 以 下 の 頁 を 複 製 して 全 ての 応

以 下 は 例 示 です 公 募 提 案 型 の 応 募 のため このとおり 記 載 しても 採 択 するものではありません ( 様 式 2) (1) 応 募 者 の 概 要 等 事 業 計 画 書 ( 連 携 体 で 申 請 を 行 う 場 合 は 以 下 の 頁 を 複 製 して 全 ての 応 ( 様 式 1) 本 社 の 所 在 地 を 記 載 してください ただし 本 社 の 所 在 地 と 補 助 事 業 の 主 たる 実 施 場 所 が 異 なる 場 合 は2 段 書 で 両 方 の 所 在 地 を 記 載 してください 連 携 体 で 申 請 する 場 合 は 各 申 請 者 名 を 併 記 してくださ い また 主 連 絡 先 ( 幹 事 企 業 を 一 番 上 に 記 載 してください

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

21消費者研究会事例4-1

21消費者研究会事例4-1 高 等 学 校 における 実 践 消 費 者 教 育 クレジットカードを 利 用 して 一 人 暮 らしための 家 財 道 具 購 入 をシュミレーションしよう Ⅰ 実 践 の 目 指 しているもの 卒 業 後 の 生 活 を 考 えると 進 学 や 就 職 により 親 元 を 離 れて 一 人 暮 らしを 始 める 生 徒 が 増 加 する 可 能 性 が 高 いの が 高 等 学 校 の 特 徴

More information

CFP 資 格 説 明 会 LEC CFP 講 座 使 用 テキスト 抜 粋 集 LECのCFPインプット 講 座 ( 一 部 講 座 を 除 く)では LECオ リジナルの 要 点 テキスト を 使 用 して 講 義 をしております この レジュメは 要 点 テキスト から 各 科 目 2ページずつ 抜 粋 して 掲 載 したものです 1. 金 融 資 産 運 用 設 計

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

市 長 からのメッセージ 私 は 市 民 一 人 一 人 が 洲 本 に 住 むことに 誇 りと 愛 着 をもてるまち づくりをめざしています まちづくりの 原 点 は 人 であり 人 がいて 地 域 ができ まちが 生 ま れるとの 考 えの 下 に 対 話 とつながりを 大 切 にした まちづく

市 長 からのメッセージ 私 は 市 民 一 人 一 人 が 洲 本 に 住 むことに 誇 りと 愛 着 をもてるまち づくりをめざしています まちづくりの 原 点 は 人 であり 人 がいて 地 域 ができ まちが 生 ま れるとの 考 えの 下 に 対 話 とつながりを 大 切 にした まちづく 市 長 からのメッセージ 私 は 市 民 一 人 一 人 が 洲 本 に 住 むことに 誇 りと 愛 着 をもてるまち づくりをめざしています まちづくりの 原 点 は 人 であり 人 がいて 地 域 ができ まちが 生 ま れるとの 考 えの 下 に 対 話 とつながりを 大 切 にした まちづくり を 進 めてきました 私 と 一 緒 に 汗 を 流 し 情 熱 をもってまちづくりに 取 り 組

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 27 年 度 横 浜 市 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 ( 高 校 卒 程 度 免 許 資 格 職 など) 平 成 27 年 6 月 横 浜 市 人 事 委 員 会 募 集 職 種 事 務 土 木 機 械 電 気 保 育 士 司 書 学 校 栄 養 職 員 ( 救 急 救 命 士 ) 第 一 次 試 験 日 平 成 27 年 9 月 27 日 ( 日 ) 24 時 間 申 込 可

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5> 平 成 25 度 第 1 回 移 動 教 育 委 員 会 懇 談 会 発 言 要 旨 開 催 日 平 成 25 年 5 月 22 日 ( 水 ) 会 場 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 教 職 員 との 懇 談 会 14:40~15:30 参 加 者 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 班 長 主 幹 主 査 担 当 職 員 静 岡 県 教 育 委 員 会 教 育 委 員 会 教 育 委 員 長

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改 平 成 2 9 年 度 ( 学 生 募 集 要 項 ) 畜 産 経 営 学 科 畑 作 園 芸 経 営 学 科 農 業 経 営 研 究 科 稲 作 経 営 専 攻 コ ー ス 本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大

More information

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~ 高 齢 者 雇 用 の 現 状 と 対 策 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 開 発 部 高 齢 者 雇 用 対 策 課 山 下 禎 博 1 日 本 の 人 口 の 推 移 日 本 の 人 口 は 近 年 横 ばいであり 人 口 減 少 局 面 を 迎 えている 2060 年 には 総 人 口 が9000 万 人 を 割 り 込 み 高 齢 化 率 は40% 近 い 水 準 になると

More information

80 鹿児島大学

80 鹿児島大学 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 鹿 児 島 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

1 の 方 法 種 目 方 法 内 容 配 点 時 間 1 2 基 教 礎 養 自 己 P R シート 論 人 文 物 択 一 式 知 識 分 野 20 問 必 須 解 答 知 能 分 野 20 問 必 須 解 答 記 述 式 記 述 式 1 題 必 須 解 答 1,2 0 字 程 度 ( 1 日

1 の 方 法 種 目 方 法 内 容 配 点 時 間 1 2 基 教 礎 養 自 己 P R シート 論 人 文 物 択 一 式 知 識 分 野 20 問 必 須 解 答 知 能 分 野 20 問 必 須 解 答 記 述 式 記 述 式 1 題 必 須 解 答 1,2 0 字 程 度 ( 1 日 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 神 奈 川 チャレンジ 早 期 枠 のお 知 らせ 神 奈 川 県 職 員 採 用 Ⅰ 種 行 政 ( 神 奈 川 チャレンジ 早 期 枠 ) 民 間 企 業 志 望 だけど 公 務 員 にも 興 味 がある そんな 方 にもチャレンジしていただきたい です 専 門 はありません 自 己 PRシートやプレゼンテーションで 意 欲 向 上 心 行 動 力

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478> 総 合 診 療 専 門 プログラムについて 北 海 道 第 2 回 新 専 門 医 制 度 説 明 会 北 海 道 家 庭 医 療 学 センター 草 場 鉄 周 ( 日 本 専 門 医 機 構 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループ メンバー) 総 合 診 療 専 門 医 養 成 の 背 景 ( 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 より) 1. 特

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 のあらまし 平 成 27 年 6 月 農 林 水 産 省 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

<5461726F2D95F18D908F9181698DC58F498A6D92E881A888F38DFC82D6816A>

<5461726F2D95F18D908F9181698DC58F498A6D92E881A888F38DFC82D6816A> 参 考 資 料 参 考 資 料 目 次 国 家 公 務 員 採 用 試 験 一 覧 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 の 申 込 者 数 の 推 移 2 国 家 公 務 員 の 採 用 の 状 況 ( 平 成 19 年 度 新 規 採 用 者 ) 3 多 様 で 有 為 な 人 材 の 確 保 に 向 けた 取 組 み 4 国 家 公 務 員 制 度 改 革 基 本 法 ( 抄 ) 5 国 家

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー 新 しい 公 共 支 援 事 業 NPO 新 時 代 を 拓 く 組 織 運 営 の 力 量 アップ 支 援 事 業 1から 学 ぶ NPO 法 人 会 計 基 準 対 応 事 業 報 告 書 & 計 算 書 類 作 成 セミナー( 名 古 屋 会 場 ) 中 尾 さゆり( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ボランタリーネイバーズ 相 談 事 業 部 長 ) 1. NPO 法 改 正 の 概 要

More information

報 告 書 要 約 第 1 章 : 新 卒 の 採 用 就 職 就 職 先 検 討 時 に 最 重 視 しているポイントを 企 業 は 自 分 のやりたいことができるか と 想 像 してい るが 実 際 には 若 者 は 業 種 勤 務 地 を 最 重 視 している 企 業 が 採 用 時 に 最

報 告 書 要 約 第 1 章 : 新 卒 の 採 用 就 職 就 職 先 検 討 時 に 最 重 視 しているポイントを 企 業 は 自 分 のやりたいことができるか と 想 像 してい るが 実 際 には 若 者 は 業 種 勤 務 地 を 最 重 視 している 企 業 が 採 用 時 に 最 平 成 25 年 12 月 26 日 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ニッセイ 福 利 厚 生 アンケート 調 査 報 告 書 ~ 企 業 における 若 者 活 用 戦 略 と 若 者 の 就 業 意 識 ~の 発 行 について 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 : 筒 井 義 信 )は 従 業 員 規 模 1,000 人 以 上 の 企 業 や 官 公 庁 を 対 象 とする

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F8B5A945C8FB38C7092B28DB895F18D908F9181798E9197BF95D2817A8169303192F18F6F94C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F8B5A945C8FB38C7092B28DB895F18D908F9181798E9197BF95D2817A8169303192F18F6F94C5816A2E646F63> 建 設 産 業 における 技 能 承 継 に 関 する 調 査 報 告 書 ( 資 料 編 ) 平 成 18 年 3 月 社 団 法 人 建 設 産 業 専 門 団 体 連 合 会 資 料 編 目 次 1.アンケート 調 査 の 内 容...1 (1) 調 査 方 法...1 (2) 調 査 項 目...1 (3) 調 査 票 の 配 付 回 収...1 2.アンケート 調 査 票...3 3. 報

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

2

2 1 2 自 転 車 は 免 許 を 持 たずに 誰 でも 乗 れる 便 利 な 乗 り 物 です それゆ え 交 通 ルールを 知 らない あるいは 知 っていても 守 らない 利 用 者 も 多 くいるのが 実 態 です 本 区 では 自 転 車 交 通 量 の 増 加 に 伴 い 自 転 車 利 用 者 のマナー 改 善 や 自 転 車 通 行 空 間 の 整 備 を 求 める 声 も 多 く

More information

「英語村(仮称)」事業様式集

「英語村(仮称)」事業様式集 別 添 3 英 語 村 ( 仮 称 ) 事 業 様 式 集 < 提 案 書 等 作 成 に 当 たっての 注 意 点 > 1 事 業 応 募 者 は 応 募 希 望 表 明 書 を 提 出 した 際 東 京 都 教 育 委 員 会 から 指 定 されたアル ファベット( 以 下 指 定 アルファベット といいます )を 各 様 式 の 右 上 に 記 載 してく ださい 2 提 案 書 等 ( 様

More information

平成19年度 主な組織改正と人事配置について

平成19年度 主な組織改正と人事配置について 平 成 26 年 度 新 た な 組 織 体 制 と 人 事 配 置 に つ い て 暮 らしやすさ 日 本 一 の 県 づくり に 向 けて 山 梨 を 元 気 にする 4つのアクションや 当 面 する 重 要 課 題 へ 的 確 な 対 応 を 行 うとともに 第 二 期 チャレンジ 山 梨 行 動 計 画 に 基 づく 施 策 を 着 実 に 推 進 するため 簡 素 で 効 率 的 な 組

More information

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 本 計 画 は, 公 共 建 築 物 の 現 状 と 維 持 保 全 の 課 題 を 踏 まえ, 公 共 建 築 物 の 長 寿 命 化 や ライフサイクルコストの 縮 減 を 基 本 に, 安 全 かつ 良 好 な 状 態 で 維 持 保 全

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

●H25様式(つくば市版).xls

●H25様式(つくば市版).xls つくば 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 (4 年 度 末 ) A 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 年 度 の 人 件 費 率 4 年 度 人 千 千 千 % % 16,064 66,71,881,, 1,18,91.0. ()

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

(H25.3HP\214\366\225\\.xls)

(H25.3HP\214\366\225\\.xls) 総 括 の 給 与 定 員 管 理 等 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 年 度 23 20,405 6,70,284 79,68 2,422,689 4.5 5.6 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 安 城 市 4.9 歳 32,51 369,93 36,251 愛 知 県 42.4 歳 332,11 432,53 3,945 2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 安 城 市 4.9 歳 32,51 369,93 36,251 愛 知 県 42.4 歳 332,11 432,53 3,945 2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) A 給 料 安 城 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 千 千 千 12,913 56,333,396 A 3,141,519,52,332

More information

11 12 13 JVの 場 合 の 請 負 金 額 及 びその 確 認 方 法 につい て 教 えてください 確 認 書 類 として 注 文 書 請 書 のどちらか 一 方 しか ないときの 取 扱 いについて 教 えてください 確 認 書 類 として 注 文 書 請 書 を 電 子 データでやり

11 12 13 JVの 場 合 の 請 負 金 額 及 びその 確 認 方 法 につい て 教 えてください 確 認 書 類 として 注 文 書 請 書 のどちらか 一 方 しか ないときの 取 扱 いについて 教 えてください 確 認 書 類 として 注 文 書 請 書 を 電 子 データでやり 1 全 般 経 営 事 項 審 査 の 有 効 期 間 について 教 えてくださ い 公 共 工 事 の 請 負 契 約 を 締 結 する 日 の1 年 7 月 前 の 日 の 直 後 の 事 業 年 度 終 了 の 日 以 降 に 経 営 事 項 審 査 を 受 けていなければならないことになって いま つまり 毎 決 算 期 後 7ヶ 月 の 間 に 受 審 しておかなければ いわゆる 経 審

More information

定例市長記者会見資料

定例市長記者会見資料 平 成 26 年 度 第 18 回 定 例 市 長 記 者 会 見 資 料 ( 平 成 27 年 3 月 12 日 ) 札 幌 市 温 暖 化 対 策 推 進 計 画 の 完 成 について 持 続 可 能 な 低 炭 素 社 会 の 実 現 に 向 けた 温 暖 化 対 策 を 推 進 するための 計 画 である 札 幌 市 温 暖 化 対 策 推 進 計 画 が パブリックコメントを 経 て 完

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 説 明 会 用 - 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 - 経 営 力 向 上 計 画 策 定 活 用 の 手 引 き 案 目 次 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 経 営 力 向 上 計 画 の 概 要 (1) 制 度 の 概 要 2 (2) 制 度 利 用 のポイント 2 (3) 中 小 企 業 中 小 企 業 者 等 の 範 囲 3 (4) 制 度 活

More information

申 告 書 の 書 き 方 1 収 入 金 額 等 欄 所 得 の 種 類 ごとに 前 年 中 の 収 入 金 額 を 記 入 します 収 入 金 額 とは 収 入 する 権 利 が 確 定 した 金 額 のことで 未 収 入 金 や 自 家 消 費 分 も 含 まれます なお 給 与 事 業 専

申 告 書 の 書 き 方 1 収 入 金 額 等 欄 所 得 の 種 類 ごとに 前 年 中 の 収 入 金 額 を 記 入 します 収 入 金 額 とは 収 入 する 権 利 が 確 定 した 金 額 のことで 未 収 入 金 や 自 家 消 費 分 も 含 まれます なお 給 与 事 業 専 平 成 27 年 度 の 申 告 の 手 引 き 申 告 の 必 要 がある 方 平 成 27 年 度 1 月 1 日 現 在 において 市 内 に 住 所 がある 方 は 次 の(1)から(3)に 該 当 する 方 を 除 き 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分 ) 申 告 書 を 市 役 所 に 提 出 していただく 必 要 があります (1) の 確 定 申 告 書 を 提 出 した

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

福 祉 貸 付 に 係 る 融 資 相 談 から 事 業 完 了 までのポイント(ガイドライン) 事 務 手 続 きの 流 れ 当 機 構 が 実 施 する 主 な 具 体 的 確 認 事 項 確 認 のポイント Ⅰ 福 祉 審 査 課 所 掌 事 務 計 画 ~ 借 入 申 込 1. 融 資 相 談 (1) 電 話 相 談 右 欄 に 記 載 する 事 項 のうち 電 話 に より 把 握 可 能

More information

Microsoft Word - QA01-12 品質マニュアル12版.doc

Microsoft Word - QA01-12 品質マニュアル12版.doc 文 書 番 号 QA01-12 1 品 質 マニュアル [ISO 9001:2008(JIS Q 9001:2008)] 第 12 版 制 定 日 H14 年 10 月 30 日 改 訂 日 H26 年 11 月 1 日 承 認 作 成 社 長 管 理 責 任 者 H26.11.1 H26.11.1 長 野 県 佐 久 市 望 月 30-1 TEL:0267-53-2345 品 質 マニュアル 番

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464>

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464> 徳 島 県 情 報 公 開 審 査 会 答 申 第 37 号 第 1 審 査 会 の 結 論 実 施 機 関 が 産 業 廃 棄 物 処 理 業 の 事 業 範 囲 変 更 許 可 申 請 書 ( 平 成 11 年 2 月 10 日 付 け) 平 成 11 年 度 分 のダイオキシン 類 測 定 結 果 報 告 書 平 成 11 年 度 分 の 産 業 廃 棄 物 の 処 分 実 績 報 告 書 に

More information

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人 平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 入 学 試 験 要 項 社 会 人 入 試 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 アドミッションポリシー 21 世 紀 の 知 識 基 盤 社 会 において 大 学 院 における 高 い 専 門 的 知 識 能 力 をもつ 高 度 専 門 職 業 人 の 養 成 や 産 業

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再 5.6 築 地 市 場 を 中 心 としたエネルギー 供 給 システムの 提 案 5.6.1 築 地 市 場 をめぐる 動 向 (1) 現 状 の 築 地 市 場 の 問 題 点 東 京 都 築 地 市 場 の 現 状 の 問 題 点 としては 1 施 設 の 老 朽 化 ( 開 設 以 来 60 年 ) 2 市 場 内 の 交 通 の 混 雑 があげられる これらの 問 題 は 再 整 備 により

More information

スライド 1

スライド 1 買 い 物 困 難 対 策 の 方 向 性 と 進 め 方 ( 農 林 水 産 省 平 成 26 年 度 食 料 品 アクセス 改 善 対 策 事 業 実 施 報 告 書 ) 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 流 通 経 済 研 究 所 102-0074 東 京 都 千 代 田 区 九 段 南 4-8-21 山 脇 ビル10 階 :03-5213-4532 Fax:03-5276-5457

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

苗木財産区1年間の取組み

苗木財産区1年間の取組み SGEC 森 林 管 理 認 証 審 査 調 書 - 富 士 宮 市 白 糸 財 産 区 - (FERI-003) 審 査 審 査 期 間 審 査 の 種 類 報 告 書 の 種 類 平 成 24 第 二 期 新 規 審 査 / 定 期 審 査 / 更 新 審 査 / 追 加 審 査 現 地 審 査 / 最 終 版 / 概 要 版 ( 財 ) 林 業 経 済 研 究 所 1 1. 事 業 体 名 称

More information

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加 北 海 道 の 景 気 動 向 ( 平 成 28 年 7 月 の 経 済 指 標 を 中 心 として) 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 ) P 個 人 消 費 ( 百 貨 店 スーハ ー 販 売 額 コンヒ ニエンスストア 販 売 額 新 車 登 録 台 数 ) 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる P 2 住 宅 建 設 ( 新 設 住 宅 着 工 戸

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE3905F8D8291AC8B5A8CA48A948EAE89EF8ED0208BC696B18BA492CA8E64976C8F91816995BD90AC3237944E378C8E89FC92F994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE3905F8D8291AC8B5A8CA48A948EAE89EF8ED0208BC696B18BA492CA8E64976C8F91816995BD90AC3237944E378C8E89FC92F994C5816A> 第 1 編 共 通 業 務 共 通 仕 様 書 平 成 27 年 7 月 第 1 章 一 般 1.1 目 的 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 技 研 仕 様 書 という )は 阪 神 高 速 技 研 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )が 発 注 する 調 査 検 討 資 料 作 成 設 計 補 助 測 量 作 業 その 他 こ れらに 類 する 業 務 に 係 る 業 務 請 負

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 及 び 平 均 給 与 の 状 況 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 埼 玉 県 43.3 類 似 団 体 平 均 年 齢 44. 43.5 42.

2 職 員 の 平 均 給 与 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 及 び 平 均 給 与 の 状 況 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 埼 玉 県 43.3 類 似 団 体 平 均 年 齢 44. 43.5 42. の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 出 額 件 費 件 費 率 実 質 収 支 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 26 年 度 千 千 千 57,249 18,943,425 843,562 2,87,314 14.8 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

 

  新 公 益 法 人 制 度 新 制 度 のポイント 総 論 1- 制 度 のポイント 2- 移 行 申 請 の 検 討 のポイント 移 行 認 定 編 (1) 基 礎 編 - 事 業 と 財 務 の 分 析 (2) 実 践 編 1- 事 業 の 公 益 性 2- 別 表 Gの 作 成 3- 収 支 相 償 公 益 目 的 事 業 比 率 4- 別 表 C(2)の 作 成 控 除 対 象 財 産 5-その

More information

1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより

1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより 資 料 5 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 について 平 成 28 年 6 月 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより 相 対 的 により

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

日本学生支援機構入札説明会資料

日本学生支援機構入札説明会資料 日 本 学 生 支 援 機 構 について 平 成 28 年 3 月 概 要 政 策 上 の 重 要 性 国 との 関 係 事 業 の 概 況 極 めて 高 い 社 会 的 意 義 政 策 的 重 要 性 日 本 国 憲 法 や 教 育 基 本 法 に 定 められた 教 育 の 機 会 均 等 を 制 度 的 に 支 える 教 育 の セーフティネット と 位 置 づけられる 役 割 国 の 強 い

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

10 プロポーザル実施要領(H28-1)

10 プロポーザル実施要領(H28-1) 平 成 28 年 度 第 1 号 中 山 間 地 域 現 状 調 査 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 1. 目 的 この 要 領 は 平 成 28 年 度 第 1 号 中 山 間 地 域 現 状 調 査 業 務 の 委 託 事 業 者 を 公 募 型 プロポー ザル 方 式 により 選 定 するために 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 2. 業 務 の 概 要

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80>

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80> 平 成 26 年 度 山 形 大 学 大 学 院 入 学 者 選 抜 概 要 社 会 文 化 システム 研 究 科 地 域 教 育 文 化 研 究 科 理 工 学 研 究 科 ( 理 学 系 工 学 系 ) 農 学 研 究 科 教 育 実 践 研 究 科 平 成 25 年 8 月 社 会 の 高 度 化 複 雑 化 に 応 える5つの 研 究 科 と1つの 専 門 職 大 学 院 社 会 文 化 システム

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

(2) 事 業 内 容 ( 枠 に 収 まらない 場 合 は 適 宜 広 げてください 複 数 ページになっても 結 構 です ) 1. 事 業 計 画 名 (30 字 程 度 ) 産 業 機 械 用 機 関 系 部 品 における 鋳 造 による 一 体 成 形 品 の 試 作 開 発 事 業 目

(2) 事 業 内 容 ( 枠 に 収 まらない 場 合 は 適 宜 広 げてください 複 数 ページになっても 結 構 です ) 1. 事 業 計 画 名 (30 字 程 度 ) 産 業 機 械 用 機 関 系 部 品 における 鋳 造 による 一 体 成 形 品 の 試 作 開 発 事 業 目 ( 様 式 2) 平 成 24 年 度 補 正 ものづくり 中 小 企 業 試 作 開 発 等 支 援 補 助 金 の 事 業 に 取 り 組 んでいる 方 は 以 下 に 受 付 番 号 を 記 入 してください 受 付 番 号 :123456789 事 業 計 画 書 (2 次 公 募 ) 該 当 する 項 目 に を 付 してください 1 次 公 募

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information