問1.xls

Size: px
Start display at page:

Download "問1.xls"

Transcription

1 平 成 18 年 度 社 会 福 祉 施 設 事 業 所 における 雇 用 等 の 現 状 に 関 する 調 査 アンケート 調 査 依 頼 施 設 数 1,8 有 効 回 答 施 設 数 613 未 回 答 無 効 施 設 数 871 職 員 の 状 況 について 問 1 平 成 19 年 3 月 31 日 現 在 の 職 員 数 は 何 名 ですか? 施 設 長 / 副 施 設 長 事 務 長 / 事 務 員 指 導 員 / 支 援 員 児 童 知 的 等 関 係 生 活 相 談 指 導 員 介 護 職 員 (ケアワーカー) ホームヘルパー 訪 問 介 護 事 業 所 等 介 護 支 援 専 門 員 保 育 士 栄 養 士 管 理 栄 養 士 調 理 員 准 看 護 師 ( 保 健 師 ) 理 学 作 業 言 語 療 法 士 運 転 業 務 その 他 の 職 種 計 合 計 職 員 構 成 比 常 勤 職 員 非 常 勤 職 員 パート 職 員 計 職 員 構 成 比 男 性 女 性 男 性 女 性 男 性 女 性 男 性 女 性 男 性 女 性 , , , , , , % % 2.1% 52.5% % 2.7% 57.% % 2.1% % % 1.3% 3, % 792 2, % 25.1% 1, % 85 1,36.7% 9.% % % 2.% 2, % 58 2,72.5% 17.9% % % 1.%.% %.3% % % 6.5% % % 6.% 73.6% %.% % %.2% % % 2.% 11,5 1.% 2,339 9,25 2.3% 79.7% 7,85 2,338 1,1 16.1% 51.5% 3.% 17.2% 1.2% 11.% 67.6% 2.3% 12.1% 全 体 職 員 数 11,5 名 のうち 常 勤 職 員 は 7,85 名 (67.6%) 非 常 勤 職 員 2,338 名 (2.3%) パート 職 員 は1,1 名 (12.1%) 職 員 の 全 体 を 占 めるのは 圧 倒 的 に 女 性 であり9,25 名 (79.7%) 男 性 は2,339 名 (2.3%) 特 に 女 性 が 占 める 職 種 は 介 護 職 員 (ケアワーカー)2,892 名 (25.1%) 次 いで 保 育 士 2,72 名 (17.9%) 訪 問 介 護 員 1,36 名 (9.%)の 順 男 性 は 介 護 職 員 (ケアワーカー)792 名 (6.9%) 施 設 長 副 施 設 長 37 名 (2.7%) 次 いで 指 導 員 支 援 員 の269 名 (2.3%) 運 動 業 務 91 名 (.8%)の 順 1

2 職 員 の 採 用 について 問 2. 平 成 18 年 度 の 職 員 採 用 について 新 規 採 用 人 数 採 用 人 数 件 数 % 名 % 1 名 % 2 名 5 8.2% 3 名 26.2% 名 12 2.% 5 名 ~ % 未 記 入 % 計 % 新 卒 の 採 用 について 採 用 した 183 件 (29.9%) 採 用 しなかった 353 件 (57.6%) 未 記 入 77 件 (12.6%) 18 年 度 において 新 卒 採 用 状 況 は 採 用 しなかったが57.6%で 全 体 の 約 6 割 の 施 設 事 業 所 は 新 卒 採 用 が されなかった 採 用 したと 回 答 した183 件 のうち 多 かったのは1 名 採 用 であった 5 名 以 上 の 採 用 も17 件 あっ た 中 途 採 用 採 用 人 数 件 数 % した % しなかった % 未 記 入 % 計 % 中 途 採 用 について 採 用 した 376 件 (61.3%) 採 用 しなかった 18 件 (29.%) 未 記 入 57 件 (9.3%) 上 記 新 卒 の 採 用 において 採 用 したと 回 答 した29.9%に 対 して 中 途 採 用 で 職 員 採 用 したのは61.3%と 回 答 施 設 事 業 所 の 半 数 以 上 が 年 度 内 に 中 途 採 用 したと 回 答 している 2

3 問 3. 問 2.で 中 途 採 用 したと 答 えた 方 の 採 用 人 数 ( 年 齢 別 雇 用 形 態 別 ) 雇 用 形 態 常 勤 職 員 非 常 勤 年 齢 層 18~2 歳 ( 正 規 ) 31 職 員 23 21~3 歳 ~ 歳 ~5 歳 ~55 歳 ~6 歳 ~65 歳 歳 ~ 1 計 % 39.5% 33.6% パート 職 員 計 % 3 57.% % % % % % % 3 8.6% 36 1,28 1.% 26.9% 1.% ( 件 数 ) 常 勤 職 員 ( 正 規 ) 非 常 勤 職 員 パート 職 員 18~2 歳 21~3 歳 31~ 歳 1~5 歳 51~55 歳 56~6 歳 61~65 歳 66 歳 ~ 18 年 度 において 中 途 採 用 した 人 数 は1,28 名 正 規 職 員 57 名 (39.5%) 非 常 勤 職 員 31 名 (33.6%) パート 職 員 36 名 (26.9%) 中 途 採 用 の 雇 用 形 態 別 では 正 規 職 員 の39.5%に 対 し 非 常 勤 職 員 パート 職 員 6.5%を 採 用 をしている 中 途 採 用 の 年 齢 別 は 正 規 職 員 非 常 勤 職 員 とも 年 齢 層 の 順 位 は121-3 歳 231- 歳 31-5 歳 であった パート 職 員 については 11-5 歳 231- 歳 歳 と 順 位 が 逆 転 した 問. 職 員 募 集 ( 新 規 採 用 中 途 採 用 ) 方 法 欠 員 が 生 じた 時 に 随 時 募 集 している 採 用 計 画 のとおり 毎 年 度 決 まった 時 期 に 定 期 募 集 している 採 用 計 画 で 募 集 しているが 欠 員 が 生 じた 時 は 随 時 募 集 もする 本 部 で 採 用 中 途 採 用 は 特 別 な 資 格 以 外 は 臨 時 採 用 その その 他 後 新 年 度 採 用 者 とともに 試 験 をする 法 人 内 より 未 記 入 計 613 その 他 採 用 計 画 で 募 集 し 1.8% ているが 欠 員 が 生 じた 時 は 随 時 募 集 もする 22.8% 採 用 計 画 のとお り 毎 年 度 決 まっ た 時 期 に 定 期 募 集 している.5% 未 記 入 2.9% 欠 員 が 生 じた 時 に 随 時 募 集 して いる 71.9% 欠 員 が 生 じた 時 点 で 募 集 する 施 設 事 業 所 が71.9%と 多 く 採 用 計 画 により 募 集 するのは22.8%であるが 採 用 計 画 により 毎 年 度 決 まった 時 期 に 募 集 する 施 設 事 業 所 は1%にも 満 たしていない 3

4 問 5. 新 規 採 用 ( 新 卒 ) 募 集 の 場 合 の 募 集 時 期 ( 複 数 可 ) 採 用 人 数 1 月 2 月 3 月 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 未 記 入 件 数 月 2 月 3 月 で 募 集 すると 回 答 した 施 設 事 業 所 が 多 い 但 し 計 画 的 な 採 用 計 画 がある 施 設 事 業 所 は 7 月 頃 から 募 集 を 出 し 始 める 12 月 頃 から 高 くなり2 月 1 月 が ピークである 問 6. 新 規 採 用 中 途 採 用 の 選 考 方 法 新 規 採 用 選 考 方 法 件 数 面 接 8 学 校 の 成 績 履 歴 書 等 書 類 選 考 29 作 文 小 論 文 218 筆 記 試 験 173 実 技 試 験 9 適 性 検 査 72 その 他 1 未 記 入 中 途 採 用 選 考 方 法 件 数 面 接 578 学 校 の 成 績 履 歴 書 等 書 類 選 考 25 作 文 小 論 文 77 筆 記 試 験 56 適 性 検 査 3 実 技 試 験 36 その 他 19 未 記 入 新 規 ( 新 卒 ) 採 用 中 途 採 用 ともに 順 位 は 同 じ1 面 接 2 学 校 の 成 績 履 歴 書 の 書 類 選 考 3 作 文 小 論 文 筆 記 試 験 の 組 み 合 わせが 多 く 実 技 試 験 や 適 性 検 査 の 実 施 で 選 考 をおこなっている 施 設 事 業 所 も 見 られ る

5 問 7. 貴 施 設 で 採 用 面 接 時 に 特 に 評 価 する 上 でのチェックポイント 採 否 の 決 定 的 なキーポイント 等 を 教 えてく ださい ( 自 由 明 記 ) A 新 卒 の 面 接 時 件 数 人 間 性 性 格 人 柄 表 情 明 朗 162 意 欲 熱 意 姿 勢 131 あいさつ 礼 儀 態 度 マナー 71 言 葉 使 い 受 答 え 話 し 方 会 話 力 69 学 校 生 活 (サークル 部 活 出 席 友 人 等 ) 6 職 業 観 考 え 方 意 見 目 標 倫 理 観 信 念 39 健 康 36 資 格 免 許 学 歴 33 協 調 性 人 間 関 係 29 誠 実 素 直 27 服 装 身 だしなみ 清 潔 さ 25 積 極 性 行 動 的 活 発 元 気 19 技 術 能 力 即 戦 力 専 門 性 18 理 解 関 心 ( 福 祉 職 場 業 務 等 ) 1 常 識 基 礎 学 力 適 性 検 査 成 績 13 適 性 適 応 11 向 上 心 9 特 技 個 性 9 志 望 動 機 9 子 ども 好 き 7 家 庭 状 況 家 庭 環 境 6 責 任 感 まじめ 5 経 験 前 職 務 内 容 職 歴 ( 履 歴 書 ) 5 印 象 謙 虚 さ 3 体 力 3 ボランティア 3 おもいやり 2 採 用 条 件 方 針 に 合 うか( 勤 務 時 間 夜 勤 等 ) 2 自 宅 から 通 える 距 離 2 忍 耐 力 根 性 根 気 2 プラス 思 考 1 信 頼 性 1 几 帳 面 丁 寧 1 気 づき 1 その 他 新 卒 の 面 接 時 の 視 点 1 人 間 性 性 格 人 柄 表 情 明 朗 2 意 欲 熱 意 姿 勢 3あいさつ 礼 儀 態 度 マナー 言 葉 使 い 受 答 え 話 し 方 会 話 力 5

6 B 中 途 採 用 者 の 面 接 件 数 人 間 性 性 格 人 柄 表 情 明 朗 172 経 験 前 職 務 内 容 職 歴 ( 履 歴 書 ) 99 意 欲 熱 意 姿 勢 95 あいさつ 礼 儀 態 度 マナー 8 言 葉 使 い 受 答 え 話 し 方 会 話 力 71 資 格 免 許 学 歴 6 健 康 1 積 極 性 行 動 的 活 発 元 気 37 職 業 観 考 え 方 意 見 目 標 倫 理 観 信 念 36 協 調 性 人 間 関 係 3 服 装 身 だしなみ 清 潔 さ 29 前 職 退 職 理 由 前 職 仕 事 の 反 省 27 技 術 能 力 即 戦 力 専 門 性 22 誠 実 素 直 21 理 解 関 心 ( 福 祉 職 場 業 務 等 ) 21 採 用 条 件 方 針 に 合 うか( 勤 務 時 間 夜 勤 等 ) 18 適 性 適 応 16 常 識 基 礎 学 力 適 性 検 査 成 績 15 志 望 動 機 13 体 力 8 子 ども 好 き 8 家 庭 状 況 家 庭 環 境 7 向 上 心 6 特 技 個 性 5 責 任 感 まじめ 印 象 忍 耐 力 根 性 根 気 3 年 齢 3 柔 軟 性 2 自 宅 から 通 える 距 離 1 信 頼 性 1 几 帳 面 丁 寧 1 気 づき 1 その 他 1 未 記 入 中 途 採 用 者 の 面 接 時 の 視 点 1 人 間 性 性 格 人 柄 表 情 明 朗 2 経 験 前 職 務 内 容 職 歴 3 意 欲 熱 意 姿 勢 あいさつ 礼 儀 態 度 マナー 新 卒 中 途 採 用 での 面 接 で 重 視 しているのは 人 間 性 や 性 格 人 柄 意 欲 礼 儀 等 であるが 中 途 採 用 者 につ いては 経 験 や 職 歴 についても 重 視 されている 6

7 問 8. 採 用 に 関 する 課 題 新 規 採 用 の 場 合 件 数 % 応 募 者 の 絶 対 数 が 少 ない % 必 要 な 時 期 に 職 員 採 用 できない % 特 に 課 題 はない % 採 用 基 準 に 合 う 応 募 者 が 少 ない 87 8.% 必 要 な 資 格 を 保 有 する 応 募 者 が 少 ない 87 8.% 意 欲 のある 応 募 者 が 少 ない % 狭 い 範 囲 からしか 応 募 者 がこない % 採 用 したものの 職 員 の 定 着 率 がよくない 59 5.% 広 く 多 様 な 人 材 の 応 募 が 少 ない 58 5.% 給 与 休 日 等 の 応 募 条 件 が 求 職 者 の 希 望 水 準 と 合 わない % 福 祉 について 理 解 のある 応 募 者 が 少 ない 3 3.1% 採 用 計 画 システムや 体 制 が 不 十 分 である 26 2.% 求 職 者 の 情 報 が 少 ない % 有 効 な 採 用 選 考 方 法 がわからない % 縁 故 や 知 人 の 紹 介 で 公 正 に 選 考 できない 15 1.% 採 用 のための 事 務 経 費 等 の 費 用 が 十 分 でない 5.5% 内 定 しても 家 族 等 から 反 対 がある 1.1% ( 新 卒 者 中 途 採 用 者 の) 採 用 方 法 がわからない.% 公 募 による 求 人 方 法 がわからない.% 未 記 入 % 計 1,8 1.% 新 規 採 用 については 新 卒 者 の 応 募 者 が 少 ないことと 必 要 時 に 職 員 採 用 が 難 しいことがあげられ ている 7

8 中 途 採 用 の 場 合 件 数 % 応 募 者 の 絶 対 数 が 少 ない % 採 用 基 準 に 合 う 応 募 者 が 少 ない % 必 要 な 資 格 を 保 有 する 応 募 者 が 少 ない 1 1.5% 必 要 な 時 期 に 職 員 採 用 できない % 意 欲 のある 応 募 者 が 少 ない % 採 用 したものの 職 員 の 定 着 率 がよくない % 福 祉 について 理 解 のある 応 募 者 が 少 ない 82 6.% 特 に 課 題 はない % 給 与 休 日 等 の 応 募 条 件 が 求 職 者 の 希 望 水 準 と 合 わない 6.6% 狭 い 範 囲 からしか 応 募 者 がこない 57.1% 広 く 多 様 な 人 材 の 応 募 が 少 ない 55.% 求 職 者 の 情 報 が 少 ない % 縁 故 や 知 人 の 紹 介 で 公 正 に 選 考 できない 19 1.% 有 効 な 採 用 選 考 方 法 がわからない % 採 用 計 画 システムや 体 制 が 不 十 分 である 1 1.% 内 定 しても 家 族 等 から 反 対 がある 7.5% 採 用 のための 事 務 経 費 等 の 費 用 が 十 分 でない.3% ( 新 卒 者 中 途 採 用 者 の) 採 用 方 法 がわからない.% 公 募 による 求 人 方 法 がわからない.% 未 記 入 61.% 計 1,377 1.% 中 途 採 用 者 にあたっても 応 募 者 の 絶 対 数 が 少 ない 採 用 基 準 に 合 う 応 募 者 が 少 ないなどが 上 位 で あげられており その 他 採 用 したものの 職 員 の 定 着 率 が 良 くない や 福 祉 についての 理 解 のある 応 募 者 が 少 ない という 課 題 も 多 くあがっている 採 用 したものの 職 員 の 定 着 率 が 良 くない に 回 答 した 施 設 事 業 所 へ 本 人 の 退 職 理 由 についての 問 いたところ116 件 の 回 答 があり 大 分 すると3つに 分 類 できる 1. 勤 務 条 件 等 に 関 する 退 職 理 由 が 29 件 人 間 関 係 8 件 給 与 が 低 い 7 件 時 間 が 不 規 則 6 件 勤 務 条 件 が 悪 い 件 夜 勤 が 多 い 件 2. 本 人 理 由 の 退 職 として 69 件 体 力 体 調 不 良 2 件 家 庭 の 事 情 12 件 理 想 と 現 実 が 違 った 11 件 仕 事 が 合 わない 11 件 一 身 上 の 都 合 件 仕 事 についていけない 3 件 転 職 する 8 件 3. 施 設 事 業 所 の 意 見 としての 退 職 理 由 18 件 適 性 に 欠 ける 7 件 仕 事 に 対 する 真 剣 さ まじめさ プロ 意 識 の 欠 如 5 件 労 働 意 欲 がない 5 件 採 用 担 当 者 の 人 選 ミス 1 件 8

9 今 後 の 人 材 確 保 等 について 問 9. 年 度 途 中 正 規 職 員 に 欠 員 が 生 じた 場 合 (1) 現 在 の 状 況 今 後 の 検 討 新 たに 職 員 募 集 して 正 規 職 員 採 用 をする 既 存 の 非 常 勤 職 員 を 正 規 職 員 に 登 用 している 新 たに 非 常 勤 職 員 を 採 用 し 補 充 とする ( 件 数 ) 現 在 の 状 況 現 在 の 状 況 現 在 の 状 況 今 後 の 検 討 今 後 の 検 討 今 後 の 検 討 新 たに 職 員 募 集 して 正 規 職 員 採 用 をする 既 存 の 非 常 勤 職 員 を 正 規 職 員 に 登 用 している 新 たに 非 常 勤 職 員 を 採 用 し 補 充 とする 現 在 今 後 の 欠 員 対 応 についても 順 位 は 同 じく 正 規 職 員 の 欠 員 が 生 じた 場 合 は 新 たに 非 常 勤 職 員 を 採 用 していくとの 回 答 が 多 かった しかし 今 後 の 検 討 について 新 たに 職 員 募 集 して 正 規 職 員 採 用 をする と 新 たに 非 常 勤 職 員 を 採 用 し 補 充 する の 回 答 が 現 在 状 況 の 回 答 より 若 干 さがっており 今 後 の 職 員 採 用 については 慎 重 になっているのがうかがえる 既 存 の 非 常 勤 職 員 を 正 規 職 員 に 登 用 している と 回 答 した 事 業 所 についてあてはまる 採 用 方 法 は 件 数 試 験 を 実 施 する 16 年 功 序 列 で 6 施 設 長 の 判 断 93 人 事 考 課 等 で 明 確 に 判 断 78 その 他 37 未 記 入 61 その 他 内 訳 施 設 長 も 含 め 理 事 会 において 本 人 の 実 績 勤 務 態 度 など 施 設 長 及 び 主 任 保 育 士 と 相 談 本 人 の 希 望 勤 務 成 績 所 属 長 の 推 薦 3 施 設 長 及 び 現 場 職 員 の 判 断 2 本 人 の 希 望 と 勤 務 成 績 理 事 との 相 談 資 格 取 得 担 当 課 長 の 面 接 面 接 と 勤 務 状 況 ( 件 数 ) 試 験 を 実 施 する 年 功 序 列 で 施 設 長 の 判 断 人 事 考 課 等 で 明 確 に 判 断 その 他 未 記 入 1 位 施 設 長 の 判 断 2 位 人 事 考 課 で 明 確 に 判 断 3 位 その 他 となっており その 他 の 意 見 としては ( 資 格 取 得 した 非 常 勤 職 員 を 登 用 する 理 事 会 にかけて 検 討 する 本 人 の 実 績 勤 務 成 績 の 評 価 し 選 考 する)となっている 9

10 (2) 今 後 の 中 途 職 員 採 用 1 中 高 年 齢 求 職 者 の 採 用 考 慮 する 歳 代 5 歳 代 6 歳 代 前 65 歳 ~ 未 記 入 考 慮 しな い 未 記 入 未 記 入 22.% 考 慮 し ない 15.7% 考 慮 す る 62.3% 今 後 の 中 途 採 用 において 中 高 年 齢 の 求 職 者 を 考 慮 する 回 答 は62.3%であり 考 慮 する と 回 答 した 最 大 年 齢 は5 歳 代 歳 代 6 歳 代 前 半 65 歳 以 上 の 順 である 2 無 資 格 者 の 採 用 件 数 % 採 用 していく % 採 用 しない % 未 記 入 % 計 % 未 記 入 38.8% 採 用 して いく 29.2% 中 途 採 用 においても 無 資 格 の 職 員 を 採 用 しない32.%と 採 用 していくと 回 答 した 29.2%を 上 まった 採 用 しな い 32.% (3) 福 祉 分 野 の 人 手 不 足 時 代 の 対 応 考 えられる 考 えにくい 無 資 格 者 で 採 用 して 資 格 を 取 得 させる % % 年 齢 が 高 くても 資 格 があれば 採 用 する % % 臨 時 職 員 等 を 希 望 により 正 規 職 員 に 昇 格 させる % % 定 年 後 の 職 員 を 暫 定 期 間 そのまま 雇 用 する % % 外 国 人 の 受 け 入 れも 考 えている % % ( 件 数 ) し 無 て 資 資 格 さ 格 者 せ を で る 取 採 得 用 資 年 格 齢 が が 用 あ 高 す れ く る ば て 採 も 員 望 臨 に に 時 昇 よ 職 格 り 員 さ 正 等 せ 規 を る 職 希 暫 定 ま 定 年 雇 期 後 間 の 用 そ 職 す の 員 る ま を れ 外 も 国 考 人 え の て 受 い け る 入 考 えられる 対 応 として 年 齢 が 高 くても 資 格 があれば 採 用 す る6.9% 次 いで 定 年 後 の 職 員 を 暫 定 的 に 期 間 そのまま 雇 用 す る62.6% 臨 時 職 員 等 を 希 望 に より 正 規 職 員 に 昇 格 させる 56.1%の 順 考 えにくい 対 応 として 外 国 人 の 受 け 入 れも 考 えている 68.% 無 資 格 者 で 採 用 して 資 格 を 取 得 させる38.3%の 順 考 えられる 考 えにくい 1

11 問 1. 職 員 募 集 方 法 (あてはまる 番 号 すべて) 件 数 % 公 共 職 業 安 定 所 に 求 人 依 頼 % 介 護 福 祉 士 養 成 校 ( 短 大 専 門 学 校 へ 求 人 依 頼 ) % 福 祉 人 材 センター バンクへ 依 頼 % 福 祉 系 大 学 への 求 人 依 頼 19 9.% 縁 故 知 人 友 人 などの 紹 介 % 保 育 士 養 成 校 ( 短 大 専 門 学 校 への 求 人 依 頼 ) 13 6.% 実 習 生 ボランティアからの 登 用 % 医 療 系 短 大 専 門 学 校 への 求 人 依 頼 % 福 祉 系 高 校 への 求 人 依 頼 18 5.% 一 般 高 校 への 求 人 依 頼 8 3.9% ナースバンクへ 依 頼 8 3.7% 就 職 情 報 誌 広 告 新 聞 掲 載 募 集 65 3.% その 他 一 般 短 大 専 門 学 校 への 求 人 依 頼 % その 他 一 般 大 学 への 求 人 依 頼 % 関 係 大 学 短 大 等 の 教 員 に 個 別 に 推 薦 % その 他 求 人 チラシ 新 聞 チラシ 町 発 行 の 広 報 法 人 内 の 適 任 者 町 民 へ 回 覧 社 協 広 報 誌 21 1.% 未 記 入 % 計 2,159 1.% 全 体 回 答 数 の22.9%が 公 共 職 業 安 定 所 へ 求 人 依 頼 続 いて 介 護 福 祉 士 等 の 養 成 校 へ 求 人 依 頼 1.6% 福 祉 人 材 センター バンクへ 依 頼 は 1.1%と 上 位 3 位 までの 回 答 であった 学 校 等 への 求 人 募 集 を 除 くと 縁 故 知 人 友 人 などの 紹 介 7.8% 実 習 生 ボランティアからの 登 用 5.7%の 職 員 募 集 を 行 っている その 他 の 募 集 方 法 として 新 聞 チラシ 町 発 行 の 広 報 社 協 広 報 誌 等 で 募 集 を 募 っている 11

12 人 材 の 育 成 支 援 について 問 11. 職 員 の 人 材 育 成 について 今 施 設 ( 法 人 として)で 実 施 している 取 り 組 みと 今 後 必 要 と 考 えている もの(あてはまるものすべて) 実 施 している 件 数 % 施 設 外 研 修 への 派 遣 ( 職 場 外 の 集 合 研 修 へ 参 加 させているか) % 職 能 別 の 集 合 研 修 ( 職 場 内 研 修 ) % 階 層 別 ( 新 任 中 堅 管 理 職 等 )の 集 合 研 修 ( 職 場 内 研 修 ) % 上 司 から 部 下 へ 先 輩 から 後 輩 へのOJT 37 1.% 法 人 内 での 人 事 交 流 ( 育 成 教 育 の 視 点 での) % 施 設 内 教 育 の 制 度 化 % 自 己 啓 発 への 支 援 (SDS 関 係 の 支 援 ) % その 他 法 人 職 員 全 体 研 修 外 部 ( 福 祉 系 大 学 教 授 による) 講 義 演 習 6.3% 計 2,138 1.% 今 後 必 要 と 考 えている 施 設 内 教 育 の 制 度 化 % 自 己 啓 発 への 支 援 (SDS 関 係 の 支 援 ) % 階 層 別 ( 新 任 中 堅 管 理 職 等 )の 集 合 研 修 ( 職 場 内 研 修 ) % 職 能 別 の 集 合 研 修 ( 職 場 内 研 修 ) % 上 司 から 部 下 へ 先 輩 から 後 輩 へのOJT % 法 人 内 での 人 事 交 流 ( 育 成 教 育 の 視 点 での) % 施 設 外 研 修 への 派 遣 ( 職 場 外 の 集 合 研 修 へ 参 加 させているか) 99 9.% その 他 法 人 職 員 全 体 研 修 外 部 ( 福 祉 系 大 学 教 授 による) 講 義 演 習 2.2% 計 1,12 1.% 特 に 実 施 していない 特 に 実 施 していない 職 階 等 層 ( 件 数 ) 別 ) の ( 集 新 研 合 任 修 研 修 ) 中 堅 ( 職 場 内 管 理 職 ( 能 職 別 場 内 研 の 修 集 合 研 修 ) 施 設 内 教 育 の 制 度 化 ( 職 場 施 さ 外 設 外 せ 研 の て 修 集 い 合 る 研 か 修 へ の 派 ) へ遣 参 加 ( S D S 自 己 啓 発 関 係 へ の の 支 支 援 援 ) ( 育 成 法 人 内 教 育 で の の 人 視 事 点 交 流 で の ) 先 輩 上 か 司 ら 後 か 輩 ら 部 へ下 の O へ J T そ の 他 現 在 実 施 している 人 材 育 成 は 施 設 外 研 修 への 派 遣 ( 職 場 外 の 集 合 研 修 へ 参 加 させてい る)が 全 体 の2.2% 職 能 別 の 集 合 研 修 ( 職 場 内 研 修 )16.6% 階 層 別 ( 新 任 中 堅 管 理 職 等 ) の 集 合 研 修 ( 職 場 内 研 修 ) 15.% 上 司 から 部 下 への 先 輩 から 後 輩 へのOJT1.%の 順 今 後 必 要 と 考 えることは 施 設 内 教 育 の 制 度 化 を 図 る19.1% 自 己 啓 発 への 支 援 (SDS 関 係 の 支 援 )18.2% 階 層 別 ( 新 任 中 堅 管 理 職 等 )の 集 合 研 修 ( 職 場 内 研 修 )16.1%の 順 実 施 している 今 後 必 要 と 考 える 12

13 問 12. 貴 会 職 場 内 の 資 質 向 上 のため 研 修 の 取 り 組 みが 必 要 と 思 われる 職 員 階 層 は( 該 当 するもの1つ) 中 堅 職 員 Ⅰ( 在 職 年 数 2 年 ~5 年 未 満 ) 新 任 職 員 ( 在 職 年 数 2 年 未 満 ) 中 堅 職 員 Ⅱ( 在 職 年 数 5 年 ~1 年 未 満 ) 指 導 職 員 ( 主 任 係 長 または 在 職 年 数 1 年 以 上 ) 運 営 管 理 職 ( 課 長 部 長 局 長 事 務 長 施 設 長 ) 未 記 入 計 件 数 % 26.6% 26.% 16.% 1.3% 2.8% 17.9% 1.% 中 堅 職 員 Ⅰ( 在 職 年 数 2 年 ~5 年 未 満 )26.6% 新 任 職 員 ( 在 職 年 数 2 年 未 満 )26.% 中 堅 職 員 Ⅱ( 在 職 年 数 5 年 ~1 年 未 満 )16.%の 順 特 に 新 任 職 員 中 堅 職 員 への 研 修 取 り 組 みが 必 要 だと 考 えている 問 13. 貴 会 職 場 内 の 資 質 向 上 のために さらに 研 修 の 取 り 組 みが 必 要 と 思 われる 職 種 (3つまで) 件 数 % 介 護 職 員 (ケアワーカー) % 保 育 士 % 介 護 支 援 専 門 員 % 生 活 相 談 員 % 施 設 長 % ホームヘルパー % 調 理 員 9 7.1% 准 看 護 師 ( 保 健 ) 81 6.% 指 導 員 支 援 員 % 事 務 員 55.3% 栄 養 士 2 3.3% 管 理 栄 養 士 5.% 理 学 作 業 言 語 療 法 士 3.2% その 他 11.9% 未 記 入 3.5% 計 1,266 1.% 介 護 職 員 2 保 育 士 3ケアマネージャー 生 活 相 談 員 5 施 設 長 の 順 13

14 問 1. 職 員 の 資 格 取 得 について 現 在 どのような 支 援 を 行 っているか(あてはまるものすべて) 件 数 % 業 務 の 軽 減 勤 務 (シフト)の 調 整 % 受 講 料 等 の 負 担 ( 一 部 全 額 ) % 資 格 取 得 者 への 手 当 加 給 昇 給 % 業 務 での 出 張 扱 い( 勤 務 免 除 扱 い) % 特 になし % 上 記 すべてを 考 慮 している % 未 記 入 7.6% 計 1,27 1.% その 他 勉 強 会 を 実 施 している 5 件 資 格 取 得 のため 有 休 使 用 施 設 内 で 資 格 取 得 に 向 けて 研 修 を 行 う 資 格 取 得 することは 自 己 啓 発 と 捉 え 人 事 考 課 に 反 映 されている 施 設 事 業 所 の 支 援 として 業 務 軽 減 や 勤 務 の 調 整 受 講 料 等 の 一 部 負 担 を 行 っている 所 が 多 い 更 には 資 格 取 得 者 へ 手 当 を 加 給 するなどを 講 じている 1

目次

目次 巻 末 資 料 *アンケート 調 査 票 中 堅 中 小 企 業 の 人 財 の 確 保 育 成 に 関 するアンケート No. 会 社 概 要 について *2011 年 7 月 現 在 のデータでお 答 えください 業 種 a. 建 設 業 b. 製 造 業 c. 卸 小 売 業 d. 飲 食 業 e. サービス 業 f. 運 輸 通 信 業 g. その 他 ( ) 社 員 数 ( 含 むパート

More information

社会福祉施設における『採用と定着』に関する実態調査結果(概要)

社会福祉施設における『採用と定着』に関する実態調査結果(概要) 社 会 福 祉 における 採 用 と 定 着 に 関 する 実 態 調 査 Ⅰ 実 概 要 調 査 目 的 福 祉 における 人 材 確 保 が 困 難 とる 中 事 業 所 における 効 果 的 採 用 と 定 着 に 寄 与 することを 目 的 とする 2 実 主 体 社 会 福 祉 法 人 東 京 都 社 会 福 祉 協 議 会 東 京 都 福 祉 人 材 センター 3 実 時 期 平 成 月

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

平成21年度

平成21年度 Ⅰ-3. オフィス 情 報 学 科 優 秀 な 若 手 社 員 像 に 関 するアンケート 調 査 結 果 1. 調 査 の 趣 旨 (1) 調 査 の 目 的 企 業 が 求 める 人 材 像 とはどのような 人 材 なのか 職 種 別 に 求 める 資 質 スキルがどのよ うに 異 なるのかを 把 握 することを 目 的 とする また 企 業 が 新 規 学 卒 者 の 採 用 時 に 求 める

More information

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工 平 成 29 年 度 教 員 採 用 選 考 の 概 要 義 務 教 育 課 高 校 教 育 課 特 別 支 援 教 育 課 1 求 める 教 師 像 (1) 長 野 県 の 教 員 の 使 命 任 務 子 どもの 命 と 安 全 を 守 り 夢 や 可 能 性 を 育 む 専 門 性 を 磨 き 人 間 力 を 高 めるために 学 び 続 ける (2)こんな 人 を 求 めています 1 教 育 者

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

(1) 基 本 属 性 年 齢 20 歳 代 14% 30 歳 代 35% 40 歳 代 28% 50 歳 代 以 上 13% 国 籍 ブラジル 国 籍 97% 配 偶 者 の 日 本 国 籍 4% 日 系 1 世 6% 2 世 41% 日 系 3 世 31% 非 日 系 18% 在 留 資 格 永

(1) 基 本 属 性 年 齢 20 歳 代 14% 30 歳 代 35% 40 歳 代 28% 50 歳 代 以 上 13% 国 籍 ブラジル 国 籍 97% 配 偶 者 の 日 本 国 籍 4% 日 系 1 世 6% 2 世 41% 日 系 3 世 31% 非 日 系 18% 在 留 資 格 永 静 岡 県 外 国 人 労 働 実 態 調 査 の 調 査 結 果 ( 概 要 ) H20.9 月 静 岡 県 は 平 成 19 年 度 に 静 岡 文 化 芸 術 大 学 に 委 託 して 静 岡 県 外 国 人 労 働 実 態 調 査 を 実 施 した 以 下 は である 構 成 は Ⅰ 外 国 人 調 査 Ⅱ 事 業 所 調 査 ( 派 遣 元 受 託 事 業 所 ) Ⅲ 事 業 所 調 査

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

しおり及び様式類

しおり及び様式類 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 申 請 のしおり 前 後 期 申 請 者 用 ( 学 部 大 学 院 専 攻 科 共 通 ) 1 2 3 4 5 6 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控

More information

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 冠 奨 学 金 事 業 2016 年 度 JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) 募 集 推 薦 要 項 公 益 財 団 法 人 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 ( 以 下 本 協 会 という )では 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 のご 支 援 により JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) ( 以 下 本

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 区 分 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 412,128 412,194 66 0.02 ( 注

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 区 分 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 412,128 412,194 66 0.02 ( 注 2 職 員 の 給 与 の 状 況 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 937,146 367,677,948 1,140,255 59,319,473 16.13 15.93 (

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 平 成 21 年 3 月 島 田 市 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 1. 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 島 田 市 の 人 口 規 模 は 平 成 17 年 5 月 の 旧 島 田 市 と 旧 金 谷 町 との 合 併 及 び 平 成 20 年 4 月 の 旧 川 根 町 との 合 併 により 人 口 10 万 を 超 える 人

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について 江 戸 川 区 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 単 位 = 千 円 ( 参 考 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 (A) 実 質 収 支 人 件 費 (B) 24 年 度 の ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) (B/A) 人 件 費 率 26 年 度 680,262 人 234,193,267

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱 平 成 28 年 度 兵 庫 県 公 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 要 綱 兵 庫 県 教 育 委 員 会 目 次 第 1 入 学 者 選 抜 の 対 象 となる 学 校 等 p 1 第 2 入 学 者 選 抜 の 基 本 方 針 p 1 第 3 調 査 書 学 年 学 習 評 定 一 覧 表 等 p 3 第 4 学 力 検 査 実 施 要 領 ( 多 部 制 については 第 7による)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82502D82508EC091D492B28DB88C8B89CA95F18D908F9181402E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82502D82508EC091D492B28DB88C8B89CA95F18D908F9181402E646F6378> 女 性 建 設 技 術 者 を 取 り 巻 く 環 境 の 実 態 調 査 調 査 結 果 報 告 書 青 森 県 県 土 整 備 部 監 理 課 目 次 1. 調 査 概 要 1 2. 回 答 企 業 の 概 要 2 3. 集 計 結 果 3 参 考 調 査 票 22 1. 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 建 設 産 業 では 担 い 手 不 足 が 課 題 となっており その 解 決 策

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 市 職 員 の 給 与 や 勤 務 条 件 研 修 や 福 利 厚 生 等 について 主 に 平 成 24 年 度 の 状 況 を 公 表 します 1 任 免 および 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 試 験 の 状 況 ( 平 成

More information

女性の年金

女性の年金 日 本 年 金 学 会 シンポジウム 2013 年 11 月 9 日 ( 土 ) 働 く 女 性 のライフコースと 年 金 支 給 開 始 年 齢 ~ 働 く 女 性 のライフコースから 考 える 年 金 支 給 開 始 年 齢 ( 株 )TIMコンサルティング 取 締 役 原 佳 奈 子 論 点 提 示 2 働 く 女 性 に 関 する 制 度 関 連 とライフコースへの 影 響 等 ( 沿 革

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億 池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 目 次 1 総 括 1 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 3 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 職 員 の 手 当 の 状 況 56 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 6 職 員 数 採 用 試 験 の 状 況 811 7 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条

More information

1 生 徒 の 成 績 評 価 等 に 関 する 規 程 第 1 章 考 査 ( 考 査 の 種 類 ) 第 1 条 考 査 は 定 期 考 査 実 力 考 査 追 認 考 査 繰 り 上 げ 考 査 及 び 随 時 考 査 とする ( 考 査 の 計 画 ) 第 2 条 定 期 考 査 は 学 校

1 生 徒 の 成 績 評 価 等 に 関 する 規 程 第 1 章 考 査 ( 考 査 の 種 類 ) 第 1 条 考 査 は 定 期 考 査 実 力 考 査 追 認 考 査 繰 り 上 げ 考 査 及 び 随 時 考 査 とする ( 考 査 の 計 画 ) 第 2 条 定 期 考 査 は 学 校 Ⅳ 生 徒 の 管 理 指 導 - 35 - 1 生 徒 の 成 績 評 価 等 に 関 する 規 程 第 1 章 考 査 ( 考 査 の 種 類 ) 第 1 条 考 査 は 定 期 考 査 実 力 考 査 追 認 考 査 繰 り 上 げ 考 査 及 び 随 時 考 査 とする ( 考 査 の 計 画 ) 第 2 条 定 期 考 査 は 学 校 の 年 間 計 画 に 従 い 各 学 期 毎 に 中

More information

「地域の福祉活動に関する市民意識調査」調査票

「地域の福祉活動に関する市民意識調査」調査票 地 域 の 福 祉 活 動 に 関 する 市 民 意 識 調 査 平 成 22 年 9 月 札 幌 市 日 ごろから 札 幌 市 の 福 祉 行 政 にご 協 力 をいただき ありがとうございます 札 幌 市 では 多 くの 市 民 が 参 加 し 市 民 事 業 者 ( 会 社 など) 行 政 ( 市 役 所 区 役 所 など)が 一 体 となり 安 心 して 暮 らせるぬくもりのある 地 域 福

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C48323330343037816982BB82CC91BC82CC8B4C8F7194B282AB816A968795FB8E7382D082C682E8906589C692EB93998EA997A791A390698C7689E68DF492E882CC82BD82DF82CC834183938350815B83678C8B89CA95F18D908F91816988C4816A2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C48323330343037816982BB82CC91BC82CC8B4C8F7194B282AB816A968795FB8E7382D082C682E8906589C692EB93998EA997A791A390698C7689E68DF492E882CC82BD82DF82CC834183938350815B83678C8B89CA95F18D908F91816988C4816A2E646F6 第 2 次 枚 方 市 ひとり 親 家 庭 等 自 立 促 進 計 画 策 定 のための アンケート 結 果 報 告 書 平 成 23 年 3 月 目 次 1. 実 施 概 要 1 2. 実 施 結 果 3 2-1. 母 子 世 帯 3 2-2. 父 子 世 帯 18 2-3. 寡 婦 32 2-4.アンケートの 自 由 記 述 ( 抜 粋 ) 40 参 考 資 料 (アンケート 調 査 票 )

More information

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc 平 成 22 年 3 月 18 日 三 田 市 議 会 議 長 檜 田 充 様 予 算 特 別 委 員 会 委 員 長 厚 地 弘 行 予 算 特 別 委 員 会 審 査 報 告 書 本 委 員 会 は 平 成 22 年 3 月 4 日 に 付 託 された 議 案 を 審 査 の 結 果 下 記 のとおり 決 定 した ので 会 議 規 則 第 77 条 の 規 定 により 報 告 します 記 議

More information

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領 宮 古 島 市 ふるさと 納 税 寄 附 金 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1. 趣 旨 宮 古 島 市 ( 以 下 本 市 という )では ふるさと 納 税 制 度 を 活 用 し ふるさと 宮 古 島 市 の 役 に 立 ちたい 宮 古 島 市 に 関 心 があり 応 援 したい と 考 えてくださる 方 々 に 対 し 本 市 の PRやふるさと 納 税 寄 附 金

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

問 5 貴 社 における 経 営 事 業 展 開 の 動 向 は 次 のそれぞれについて いずれにあてはまりますか (a ~e のそれぞれについて あてはまるもの1つに ) a 3 年 前 と 比 べた 売 上 高 の 増 減 1. 増 加 している 2.あまり 変 わらない 3. 減 少 している

問 5 貴 社 における 経 営 事 業 展 開 の 動 向 は 次 のそれぞれについて いずれにあてはまりますか (a ~e のそれぞれについて あてはまるもの1つに ) a 3 年 前 と 比 べた 売 上 高 の 増 減 1. 増 加 している 2.あまり 変 わらない 3. 減 少 している 資 料 企 業 アンケート 調 査 票 人 材 の 確 保 と 離 職 防 止 に 関 するアンケート 調 査 ご 回 答 にあたって 1. 本 調 査 は 商 用 データベースを 用 い 無 作 為 に 企 業 の 総 務 人 事 ご 担 当 者 様 にご 送 付 しています 貴 社 の 人 材 確 保 施 策 に 関 してお 答 え 下 さい 2. 本 調 査 の 数 値 の 記 入 は 特 に

More information

(3) 職 員 の 昇 任 及 び 降 任 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 2 日 ~ 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 昇 任 部 長 級 課 長 級 主 幹 級 係 長 級 主 任 級 降 任 1 人 3 人 6 人 5 人 5 人 - (4) 職 員 数 の 状 況 職 種 別

(3) 職 員 の 昇 任 及 び 降 任 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 2 日 ~ 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 昇 任 部 長 級 課 長 級 主 幹 級 係 長 級 主 任 級 降 任 1 人 3 人 6 人 5 人 5 人 - (4) 職 員 数 の 状 況 職 種 別 岩 倉 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 岩 倉 市 の 人 事 行 政 を 運 営 していく 上 で より 公 正 で 透 明 性 を 高 めていくために 岩 倉 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 平 成 23 年 度 の 職 員 の 任 用 給 与 勤 務 時 間 そ の 他 の 勤 務 条 件 などについてお

More information

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職 第 2 章 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の 状 況 地 方 公 務 員 の 給 与 は 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 民 間 企 業 の 従 業 員 の 給 与 等 を 考 慮 して 定 めることになっています 市 には 公 平 中 立 な 機 関 である 事 委 員 会 が 設 置 されており 事 委 員 会 は 毎 年 市 内 民 間

More information

PTA組織運営

PTA組織運営 PTAのしおり 大 田 区 立 雪 谷 小 学 校 PTA 目 次 はじめに 1 雪 谷 小 学 校 PTAとは 1 雪 谷 小 PTA 組 織 図 2 PTA 組 織 運 営 3 1. 会 3 1.1. 会 費 3 1.2.PTA 総 合 補 償 制 度 3 2. 総 会 3 3. 役 会 3 4. 会 計 監 査 4 5. 運 営 会 4 6. 各 種 会 4 6.1. 文 化 厚 会 4 6.2.

More information

(2) 特 別 選 考 種 別 資 格 備 考 小 学 校 大 学 推 薦 特 別 選 考 ( 以 下 大 学 推 薦 特 別 という ) 経 者 特 別 選 考 ( 以 下 経 特 別 という ) 臨 任 教 員 勤 務 実 績 特 別 選 考 ( 以 下 臨 任 特 別 という ) 小 学 校

(2) 特 別 選 考 種 別 資 格 備 考 小 学 校 大 学 推 薦 特 別 選 考 ( 以 下 大 学 推 薦 特 別 という ) 経 者 特 別 選 考 ( 以 下 経 特 別 という ) 臨 任 教 員 勤 務 実 績 特 別 選 考 ( 以 下 臨 任 特 別 という ) 小 学 校 平 成 2 9 年 度 さいたま 市 立 小 中 学 校 等 教 員 採 用 選 考 試 実 施 要 項 第 1 次 試 実 施 日 : 平 成 2 8 年 7 月 1 0 日 ( 日 ) さ い た ま 市 教 育 委 員 会 ゆめをもち 未 来 を 切 り 拓 く さいたま 市 の 子 ども の 実 現 を 目 指 して さ い た ま 市 が 求 め る 教 師 像 豊 かな 人 間 性 と

More information

岐阜市

岐阜市 資 料 3 岐 阜 市 少 子 化 対 策 に 関 するアンケート 調 査 調 査 ご 協 力 のお 願 い 皆 様 には 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をたまわり 誠 にありがとうございます この 調 査 は これからの 岐 阜 市 における 少 子 化 対 策 への 取 り 組 みや 次 世 代 育 成 支 援 対 策 行 動 計 画 の 策 定 を 進 めるうえでの 参 考

More information

Microsoft Word - H24事業報告

Microsoft Word - H24事業報告 平 成 24 年 度 事 業 報 告 書 社 会 福 祉 法 人 広 島 県 同 胞 援 護 財 団 平 成 24 年 度 の 事 業 計 画 に 基 づき 高 い 公 共 性 と 公 益 性 を 維 持 しつつ 安 全 で 快 適 な 質 の 高 い サービスを 提 供 するとともに 安 定 した 事 業 の 継 続 をお 客 様 と 地 域 社 会 に 約 束 することを 目 標 として 事 業

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082A88B7182B382DC834183938350815B83678C8B89CA816948509770816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082A88B7182B382DC834183938350815B83678C8B89CA816948509770816A2E707074> お 客 さまアンケートの 結 果 について ( 平 成 20 年 4 月 実 施 ) お 客 さまアンケート 結 果 概 要 実 施 時 期 実 施 方 法 対 象 者 回 収 状 況 質 問 内 容 結 果 平 成 20 年 3 月 31 日 ~4 月 18 日 郵 送 によるアンケート 方 式 北 陸 3 県 において 当 行 とお 取 引 をいただいているお 客 さま より 無 作 為 に 選

More information

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準 公 益 財 団 法 人 伊 勢 丹 奨 学 会 大 学 奨 学 生 推 薦 選 考 基 準 [1] 奨 学 生 の 資 格 1. 人 物 学 習 活 動 その 他 生 活 の 全 般 を 通 じて 態 度 行 動 が 学 生 にふさわしく 将 来 良 識 ある 社 会 人 として 活 動 できる 見 込 みがあり かつ 東 京 大 学 一 橋 大 学 横 浜 国 立 大 学 慶 應 義 塾 大 学

More information

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット)

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット) 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 あなたが 和 歌 山 の 未 来 を 創 る! 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 人 事 委 員 会 事 務 局 和 歌 山 県 PRキャラクター きいちゃん 配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ)

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

Microsoft Word - 25DC募集要項(表紙)

Microsoft Word - 25DC募集要項(表紙) 平 成 24 年 10 月 入 学 平 成 25 年 4 月 入 学 宇 都 宮 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 後 期 課 程 学 生 募 集 要 項 一 般 選 抜 推 薦 特 別 選 抜 社 会 人 特 別 選 抜 外 国 人 留 学 生 特 別 選 抜 宇 都 宮 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 321-8585 宇 都 宮 市 陽 東 7-1-2 電 話 028-689-6003

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

(3) 調 査 結 果 と 分 析 ア 全 日 制 課 程 の 概 要 について 三 課 程 併 置 校 をA 校,B 校, 二 課 程 併 置 校 をC 校,D 校 とした 項 目 学 校 名 本 校 A 校 B 校 C 校 D 校 併 置 する 課 程 全, 定, 通 全, 定, 通 全, 定,

(3) 調 査 結 果 と 分 析 ア 全 日 制 課 程 の 概 要 について 三 課 程 併 置 校 をA 校,B 校, 二 課 程 併 置 校 をC 校,D 校 とした 項 目 学 校 名 本 校 A 校 B 校 C 校 D 校 併 置 する 課 程 全, 定, 通 全, 定, 通 全, 定, 全 日 制 単 位 制 高 校 のあり 方 と 他 課 程 併 置 の 現 状 総 括 教 頭 黑 木 加 代 子 1 はじめに 単 位 制 高 校 は, 学 校 教 育 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 によって 学 年 による 教 育 課 程 の 区 分 を 設 けない 高 校 として 昭 和 63 年 に 定 時 制 と 通 信 制 で 導 入 され, 平 成 5 年 から 全 日 制

More information

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378>

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378> 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 のQ&A 目 次 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 P イ 地 域 協 議 会 P () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3)その 他 P P 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 P 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 () 税 制 上

More information

2. 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 23 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 一 般 職 員 に 支 給 される 給 与 と 市 長 や 議 員 など 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 手 当 の 他 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 の 事 業 主 負 担

2. 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 23 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 一 般 職 員 に 支 給 される 給 与 と 市 長 や 議 員 など 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 手 当 の 他 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 の 事 業 主 負 担 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1. 職 員 の 構 成 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 に 在 職 する 職 員 は 3,290 人 で 市 民 生 活 にかかわるさまざまな 仕 事 に 携 わっています 市 行 政 の 部 門 別 職 員 構 成 はグラフ1 職 種 別 の 職 員 構 成 はグラフ2のとおりです 部 門 別 職 員 構 成 3,290 3,421 3,374

More information

景況調査集計結果の概要

景況調査集計結果の概要 Ⅰ. 調 査 の 概 要 1. 調 査 の 目 的 平 成 27 年 度 第 4 四 半 期 ( 平 成 28 年 月 期 ) 長 岡 市 景 況 調 査 報 告 書 ( 概 要 版 ) 平 成 28 年 4 月 長 岡 市 長 岡 商 工 会 議 所 ( 調 査 機 関 ) ホクギン 経 済 研 究 所 長 岡 市 と 長 岡 商 工 会 議 所 が 共 同 で 四 半 期 ごとの 長 岡 市 内

More information

(2) 応 募 書 類 応 募 書 類 1. 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 申 請 書 2. 申 請 者 (および 配 偶 者 )の 所 得 証 明 書 市 区 町 村 役 場 発 行 のものに 限 る 父 母 のものは 必 要 ありません 本

(2) 応 募 書 類 応 募 書 類 1. 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 申 請 書 2. 申 請 者 (および 配 偶 者 )の 所 得 証 明 書 市 区 町 村 役 場 発 行 のものに 限 る 父 母 のものは 必 要 ありません 本 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 募 集 要 項 1. 概 要 (1) ICU 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 とは ICU では 修 学 意 欲 が 充 分 にありながら 経 済 的 な 援 助 が 必 要 な 大 学 院 博 士 前 期 課 程 の 学 生 に 対 して 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金

More information

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc 各 種 資 料 請 求 方 法 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 請 求 方 法 (6 月 中 旬 より 発 送 開 始 ) 封 筒 の 表 に 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 大 学 案 内 医 学 部 案 内 請 求 と 朱 書 きし 返 信 用 封 筒 角 形 2 号 (24.0 cm 33.3 cm)に 郵 便 番 号 住 所 氏 名 を 明 記 し 390

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま 授 業 料 免 除 制 度 の 改 定 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありますが その 審 査 基 準 等 を 改 定 しますので お 知 らせします 平 成 25

More information

沖縄キリスト教短期大学学則(新)

沖縄キリスト教短期大学学則(新) 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 学 則 第 1 章 総 則 ( 的 ) 第 1 条 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 ( 以 下 本 短 大 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 に 従 い キリスト 教 精 神 に 基 づいた 学 校 教 育 を 施 し 人 格 の 完 成 をめざし 社 会 に 有 用 なる 人 材 を 育 成 することを 的 とする ( 自 己

More information

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ 平 成 26 年 度 公 表 分 留 萌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 25 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 2 3, 4 4 0 1

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

平 成 25 年 度 入 学 者 生 徒 募 集 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 単 願 併 願 計 科 コ ー ス 志 願 者 入 学 者 志 願 者 入 学 者 志 願 者 入 学 者 普 通 科 特 進 コース Ⅰ 類 特 進 コース Ⅱ 類 35 34 223 17 258 51

平 成 25 年 度 入 学 者 生 徒 募 集 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 単 願 併 願 計 科 コ ー ス 志 願 者 入 学 者 志 願 者 入 学 者 志 願 者 入 学 者 普 通 科 特 進 コース Ⅰ 類 特 進 コース Ⅱ 類 35 34 223 17 258 51 1 法 人 の 概 要 (1) 設 置 す る 学 校 静 岡 県 富 士 見 高 等 学 校 昭 和 2 年 4 月 1 日 静 岡 県 富 士 見 女 学 校 として 開 設 教 育 方 針 建 学 の 精 神 礼 節 を 尊 び 地 域 に 貢 献 できる 有 為 な 人 材 の 育 成 に 基 づき 校 訓 至 誠 創 造 の 趣 旨 を 体 して 心 身 ともに 健 全 で 心 豊 かな

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

< 別 表 1> 家 庭 状 況 により 提 出 する 書 類 申 請 時 に 提 出 するもの 区 分 自 宅 外 通 学 者 同 一 生 計 となる 家 族 に 障 がい 者 がいる 世 帯 同 一 生 計 となる 家 族 に 長 期 療 養 者 がいる 世 帯 (6 ヶ 月 以 上 の 期 間

< 別 表 1> 家 庭 状 況 により 提 出 する 書 類 申 請 時 に 提 出 するもの 区 分 自 宅 外 通 学 者 同 一 生 計 となる 家 族 に 障 がい 者 がいる 世 帯 同 一 生 計 となる 家 族 に 長 期 療 養 者 がいる 世 帯 (6 ヶ 月 以 上 の 期 間 提 出 書 類 申 請 書 類 の 記 入 について 2016 年 度 JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) 提 出 書 類 について 提 出 書 類 を 必 ず 事 前 に 確 認 のうえ 不 備 のないように 申 請 してください < 必 ず 提 出 が 必 要 なもの> 1) 願 書 2) 応 募 者 の 顔 写 真 ( 最 近 6 カ 月 以 内 に 撮 影 したもの 4.0cm

More information

第 3 条 初 任 給 決 定 に 係 る 前 歴 の 換 算 は 次 表 の 前 歴 経 験 年 数 毎 の 割 合 でそれぞれ 算 定 した 月 数 の 合 計 とする この 場 合 週 30 時 間 未 満 の 就 労 については 在 家 庭 とみなす 区 分 3 年 まで 3 年 超 え10

第 3 条 初 任 給 決 定 に 係 る 前 歴 の 換 算 は 次 表 の 前 歴 経 験 年 数 毎 の 割 合 でそれぞれ 算 定 した 月 数 の 合 計 とする この 場 合 週 30 時 間 未 満 の 就 労 については 在 家 庭 とみなす 区 分 3 年 まで 3 年 超 え10 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 給 与 取 扱 規 程 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 の 給 与 の 決 定 及 び 昇 給 並 びに 給 与 の 申 請 手 続 き 等 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 初 任 給 決 定 の 基 準 ) 第 2 条 初 任 給 決 定 の 基 準 は 次 のとおりとする 児 童 指 導 員 中 学 高 校 准 看 養

More information

平成26年度渋谷区の給与・定員管理等について

平成26年度渋谷区の給与・定員管理等について の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (26 年 1 月 1 日 ) 214,665 歳 出 額 A 千 72,276,923 実 質 収 支 千 8,3,724 件 費 B 千 18,568,667 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 24 年 度 の 件 費 率 25.7 27.

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

②(とけこみ)260930 キャリア形成促進助成金Q&A

②(とけこみ)260930 キャリア形成促進助成金Q&A キャリア 形 成 促 進 助 成 金 の Q&A 目 次 1 全 般 ( 概 要 ) Q1 Q2 キャリア 形 成 促 進 助 成 金 は どのような 事 業 主 が 対 象 ですか キャリア 形 成 促 進 助 成 金 の 申 請 手 続 きは 法 人 単 位 ですか 事 業 所 単 位 で すか Q3 Q4 キャリア 形 成 促 進 助 成 金 は どのような 助 成 が 受 けられるのですか

More information

( 締 切 支 払 ) 第 4 条 給 与 は 基 準 内 給 与 は 当 月 の 初 日 から 末 日 の 分 を 基 準 外 給 与 は 前 月 末 日 まで の 分 を 当 月 25 日 に 支 払 う 但 し 支 払 日 が 休 日 もしくは 金 融 機 関 等 が 休 業 の 場 合 は

( 締 切 支 払 ) 第 4 条 給 与 は 基 準 内 給 与 は 当 月 の 初 日 から 末 日 の 分 を 基 準 外 給 与 は 前 月 末 日 まで の 分 を 当 月 25 日 に 支 払 う 但 し 支 払 日 が 休 日 もしくは 金 融 機 関 等 が 休 業 の 場 合 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 G(グローバル) 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 就 業 規 則 第 5 条 第 1 項 により 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 に 勤 務 するG 職 員 ( 以 降 職 員 と 言 う)に 対 する 給 与 及 び 賞 与 等 に 関 す る 事 項

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

別 紙 A インターンシップ 事 前 計 画 書 項 目 期 日 指 導 内 容 備 考 担 当 者 履 歴 書 日 下 書 き 正 書 自 己 分 析 シート 日 下 書 き 正 書 アルバイトとインタ ーンシップの 違 い 日 アルバイトとは 何 か インターンシップの 意 義 と 内 容 科

別 紙 A インターンシップ 事 前 計 画 書 項 目 期 日 指 導 内 容 備 考 担 当 者 履 歴 書 日 下 書 き 正 書 自 己 分 析 シート 日 下 書 き 正 書 アルバイトとインタ ーンシップの 違 い 日 アルバイトとは 何 か インターンシップの 意 義 と 内 容 科 4キャリア 教 育 実 践 的 職 業 教 育 キャリア 教 育 就 職 支 援 等 への 取 組 状 況 特 別 講 義 としてキャリア 講 座 を 開 講 し 自 己 分 析 履 歴 書 エントリーシートの 書 き 方 から 面 接 指 導 まで 行 う さらにマナー 講 座 会 社 説 明 会 会 社 訪 問 等 のマナー 作 文 一 般 常 識 試 験 S PI 等 の 対 策 内 定 後

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教 1. 教 員 養 成 の 理 念 仏 教 精 神 に 基 づく 女 子 教 育 という 本 学 園 創 設 の 教 育 理 念 を 踏 まえ 建 学 の 精 神 である 真 実 心 ( 浄 土 真 宗 の 開 祖 親 鸞 聖 人 1173-1262 の 言 葉 )に 基 づき 社 会 に 有 為 なる 女 性 の 育 成 をめざす 特 に 教 員 養 成 については 1 主 体 的 な 人 間 すなわち

More information

Q1 4 助 成 率 について 教 えてください 助 成 対 象 経 費 の3 分 の2 以 内 です 例 えば150 万 円 の 経 費 を 要 する 助 成 事 業 では 助 成 金 交 付 申 請 額 は100 万 円 となります 助 成 対 象 経 費 の 詳 細 については 募 集 要 項

Q1 4 助 成 率 について 教 えてください 助 成 対 象 経 費 の3 分 の2 以 内 です 例 えば150 万 円 の 経 費 を 要 する 助 成 事 業 では 助 成 金 交 付 申 請 額 は100 万 円 となります 助 成 対 象 経 費 の 詳 細 については 募 集 要 項 平 成 27 年 度 第 2 回 創 業 助 成 事 業 Q&A 1 事 業 目 的 事 業 内 容 助 成 対 象 事 業 について ( 募 集 要 項 1 2 3) Q1 1 本 助 成 事 業 の 事 業 目 的 は 何 ですか 本 事 業 は 創 業 予 定 者 又 は 創 業 から 間 もない 中 小 企 業 者 に 対 して 創 業 期 に 必 要 な 経 費 の 一 部 を 助 成 することで

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 人 事 行 政 のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 は 特 別 区 の 権 限 に 属 する 事 務 の 一 部 を 共 同 して 処 理 するため 地 方 自 治 法 の 規 定 により 設 立 された 特 別 地 方 公 共 団 体 ( 一 部 事 務 組 合 )です 本 組 合 に 勤 務 する 職 員 の 任 用 給 与 及 び

More information

鳥 取 国 民 年 金 事 案 177 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 昭 和 37 年 6 月 から 38 年 3 月 までの 国 民 年 金 保 険 料 については 納 付 していたものと 認 められることから 納 付 記 録 を 訂 正 することが 必 要 である 第 2 申

鳥 取 国 民 年 金 事 案 177 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 昭 和 37 年 6 月 から 38 年 3 月 までの 国 民 年 金 保 険 料 については 納 付 していたものと 認 められることから 納 付 記 録 を 訂 正 することが 必 要 である 第 2 申 ( 平 成 21 年 6 月 17 日 報 道 資 料 抜 粋 ) 年 金 記 録 に 係 る 苦 情 のあっせん 等 について 年 金 記 録 確 認 鳥 取 地 方 第 三 者 委 員 会 分 1. 今 回 のあっせん 等 の 概 要 (1) 年 金 記 録 の 訂 正 の 必 要 があるとのあっせんを 実 施 するもの 1 件 国 民 年 金 関 係 1 件 (2) 年 金 記 録 の 訂 正

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 21 年 度 末 ) 海 南 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 56,936 歳 出 額 A 人 件 費 人 件 費 率 21 年 度 人 24,714,658 実 質 収 支 B B/A ( 参 考 ) 平 成 20 年 度 の 人 件 費 率 210,690

More information

2/9 ( 増 額 )ができるようになる 遺 族 厚 生 年 金 の 給 付 受 給 要 件 の 変 更 1 子 ども(18 歳 未 満 )のいない 30 歳 未 満 の 妻 に 対 する 遺 族 年 金 を 5 年 間 で 打 ち 切 る 遺 族 厚 生 年 金 の 受 給 権 の 一 部 変 更

2/9 ( 増 額 )ができるようになる 遺 族 厚 生 年 金 の 給 付 受 給 要 件 の 変 更 1 子 ども(18 歳 未 満 )のいない 30 歳 未 満 の 妻 に 対 する 遺 族 年 金 を 5 年 間 で 打 ち 切 る 遺 族 厚 生 年 金 の 受 給 権 の 一 部 変 更 1/9 2007 年 4 月 と 10 月 に 変 更 になった 主 な 事 柄 を 確 認 する ( :2013 年 1 月 23 日 掲 載 ) (1)2007 年 4 月 から 変 更 になった 事 柄 項 目 1 年 金 国 民 年 金 保 険 料 の 引 き 上 げ 厚 生 年 金 保 険 料 率 の 引 き 上 げ 基 礎 年 金 の 国 庫 負 担 金 割 合 の 引 き 上 げ 離

More information

2014

2014 (1) () (2) 240 332 (3) 432-8561 0534781010 2014 e-learning 静 岡 大 学 のビジョン 自 由 啓 発 未 来 創 成 静 岡 大 学 は 質 の 高 い 教 育 と 創 造 的 な 研 究 を 推 進 し, 社 会 と 連 携 し,ともに 歩 む 存 在 感 のある 大 学 を 目 指 します ( 詳 しくは http://www.shizuoka.ac.jp/outline/vision/mission/index.html

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73>

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73> 函 館 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (25 年 12 月 31 日 ) 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B/A 人 274,485 135,133,615 1,560,497 17,631,082 B 人 件 費 率 13.1 ( 参 考 ) 24

More information

平成27年度日本赤十字北海道看護大学 学生募集要項

平成27年度日本赤十字北海道看護大学 学生募集要項 目 次 はじめに/アドミッションポリシー/ 特 待 生 制 度 1 平 成 27 年 度 入 学 試 験 の 概 要 2 推 薦 入 学 試 験 4 一 般 入 学 試 験 ( 前 期 ) 6 一 般 入 学 試 験 ( 後 期 ) 8 大 学 入 試 センター 試 験 利 用 入 学 試 験 10 社 会 人 入 学 試 験 12 授 業 料 等 の 納 付 金 14 奨 学 金 15 注 意 事

More information

岩手県立大学学則

岩手県立大学学則 公 立 大 学 法 人 岩 手 県 立 大 学 の 授 業 料 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 12 月 19 日 規 程 第 97 号 改 正 平 成 19 年 1 月 17 日 規 則 第 1 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 則 第 5 号 平 成 23 年 2 月 16 日 規 則 第 2 号 平 成 23 年 5 月 9 日 規 則 第 4 号 平 成 24 年 3

More information

第2章 社会人

第2章 社会人 第 2 章 社 会 人 として 1 もつべき 常 識 とは (1) 時 間 を 守 る 8 時 15 分 から 勤 務 時 間 だから 8 時 15 分 に 職 員 室 に 入 ればいい こんな 気 持 ちでいませんか 時 間 を 守 ることは 社 会 人 の 基 本 ですが 時 間 ぎりぎりではスムースなスタートがきれません 注 意 すべき 点 をあげておき ます 1 余 裕 をもって 出 勤 する

More information

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2 人 間 環 境 大 学 学 費 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 人 間 環 境 大 学 学 則 第 55 条 から 第 60 条 人 間 環 境 大 学 大 学 院 学 則 第 54 条 か ら 第 59 条 に 基 づき 学 費 及 びその 他 の 納 付 金 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 学 費 ) 第 2 条 学 費 とは 入 学 金 授 業

More information

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ 適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き える 雇 見 込 みが 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの 雇 保 険 労 災 保 険 諸 手 当 年 次 有 給 休 暇 その 他 休 暇 1 週 間 の 所 定 時 間 が20 時 間 以 上 か つ31 日 以 上 の 雇 見 込 みがあるこ と 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 (= 現 業

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 1 給 料 表 の 見 直 し [ 実 施 ] 実 施 内 容 ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 内 容 ) 行 政 職 給 料 表 について 国 の 見 直 し 内

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 1 給 料 表 の 見 直 し [ 実 施 ] 実 施 内 容 ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 内 容 ) 行 政 職 給 料 表 について 国 の 見 直 し 内 千 歳 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) 25 年 度 人 95,459 43,717,187 実 質 収 支 A 418,757 人 件 費 B 6,088,907 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 24 年 度 の 人

More information

平成18年度学校経営計画(案)

平成18年度学校経営計画(案) 平 成 27 年 度 東 京 都 立 松 が 谷 高 等 学 校 学 校 経 営 報 告 28 松 が 谷 高 第 1352 号 平 成 28 年 3 月 31 日 校 長 平 野 篤 士 1 今 年 度 の 取 組 目 標 と 自 己 評 価 (1) 学 力 を 充 実 させ 生 徒 一 人 ひとりの 希 望 進 路 の 実 現 を 図 れる 学 校 学 校 経 営 計 画 に 基 づき 以 下

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

2. 推 薦 入 学 試 験 ( 自 己 ) 出 願 資 格 平 成 27 年 3 月 中 学 校 卒 業 見 込 みの 者 で 中 学 校 において 不 登 校 傾 向 ( 何 れかの 学 年 において 30 日 以 上 の 欠 席 がある 者 ) 又 は 別 室 登 校 であった 者 出 願 期

2. 推 薦 入 学 試 験 ( 自 己 ) 出 願 資 格 平 成 27 年 3 月 中 学 校 卒 業 見 込 みの 者 で 中 学 校 において 不 登 校 傾 向 ( 何 れかの 学 年 において 30 日 以 上 の 欠 席 がある 者 ) 又 は 別 室 登 校 であった 者 出 願 期 平 成 27 年 度 生 徒 募 集 要 項 1. 推 薦 入 学 試 験 ( 学 業 奨 学 生 スポーツ 奨 学 生 一 般 ) 出 願 資 格 平 成 27 年 3 月 中 学 校 卒 業 見 込 みの 者 出 願 期 間 平 成 27 年 1 月 ₈ 日 ( 木 ) ₉ 日 ( 金 ) 受 付 時 間 午 前 9 時 ~ 午 後 4 時 郵 送 の 場 合 は 必 着 試 験 日 平 成 27

More information

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14 2011 年 度 定 住 外 国 人 の 子 どもの 就 学 支 援 事 業 新 規 公 募 / 継 続 審 査 申 請 のガイドライン 2010 年 12 月 目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 平 成 25-26 年 度 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 介 護 雇 用 プログラム 委 託 業 務 ( 平 成 25 年 度 募 集 分 )Q&A ( 別 紙 4) ( 平 成 25.12) 番 号 質 問 回 答 1 応 募 資 格 について 1-1 応 募 は 法 人 名 と 施 設 名 どちらで 行 えばいいですか 県 内 に 複 数 施 設 を 有 している 場 合

More information

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (4 年 4 月 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 級 級 級 4 級 5 級 号 給 の 給 料 月 額 5, 85,,9,9 89, 最 高 号 給 の 給 料 月 額 4,7 7,8 54,7 88, 4, ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (4 年 4 月 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 級 級 級 4 級 5 級 号 給 の 給 料 月 額 5, 85,,9,9 89, 最 高 号 給 の 給 料 月 額 4,7 7,8 54,7 88, 4, ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について の 職 員 は 平 成 4 年 4 月 日 現 在 で7 ( 特 別 職 を 含 む)です 皆 さんの 生 活 に 密 接 にかかわる 福 祉 医 療 教 育 土 木 産 業 観 光 消 防 などさまざま な 野 で 働 いています 村 職 員 の 給 与 は 村 議 会 の 議 決 を 経 て 定 められた 給 与 条 例 により 支 給 されています その

More information