第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切"

Transcription

1 平 成 28 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 第 7 問 問 2 3 問 ( 万 円 ) 第 2 問 問 22 1,082( 万 円 ) 問 3 2 問 23 1 問 4 (ア)2 (イ)4 (ウ)8 第 8 問 問 5 3 問 ,000( 円 ) 問 6 2 問 25 18,046,000( 円 ) 第 3 問 問 26 1,800,000( 円 ) 問 7 (ア) (イ) (ウ) (エ) 第 9 問 問 8 3 問 27 1,980( 万 円 ) 問 9 3 問 28 2 第 4 問 問 29 2 問 10 (ア)110( 万 円 ) (イ)14( 万 円 ) 問 30 (ア)700( 万 円 ) (イ)110( 万 円 ) (ウ)151( 万 円 ) (ウ)2,500( 万 円 ) 問 11 (ア) (イ) (ウ) 問 31 1 問 12 (ア)6 (イ)3 (ウ)7 問 32 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 13 1 問 33 (ア) (イ) (ウ) 第 5 問 第 10 問 問 14 (ア) (イ) (ウ) 問 34 8,400 ( 万 円 ) 問 15 4 問 35 2 問 16 1 問 ( 万 円 ) 問 17 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 37 (ア)4,640( 万 円 ) (イ)1,140( 万 円 ) 第 6 問 問 38 3 問 18 (ア)5 (イ)4 (ウ)2 問 39 4 問 19 2,400( 万 円 ) 問

2 第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 社 会 保 険 労 務 士 資 格 を 有 していないFPが 顧 客 が 持 参 した ねんきん 定 期 便 を 基 に 公 的 年 金 の 受 給 見 込 み 額 を 計 算 することは 問 題 がない (ウ) 適 切 公 正 証 書 遺 言 の 証 人 になるには 弁 護 士 等 の 資 格 を 有 していなくてもよいの で 弁 護 士 資 格 を 有 していないFP( 遺 言 者 や 公 証 人 と 利 害 関 係 はない)が 顧 客 か ら 依 頼 されて 公 正 証 書 遺 言 の 証 人 となることはできる (エ) 適 切 保 険 募 集 人 の 登 録 をしていないFPは 保 険 の 募 集 を 行 うことはできないが 変 額 個 人 年 金 保 険 の 商 品 概 要 について 説 明 を 行 うことは 問 題 がない 問 2 正 解 3 難 易 度 A 1. 適 切 消 費 者 契 約 法 は 消 費 者 と 事 業 者 の 情 報 力 交 渉 力 の 格 差 を 前 提 とし 消 費 者 の 利 益 擁 護 を 図 ることを 目 的 としているが 消 費 者 とは 個 人 ( 事 業 として 又 は 事 業 のために 契 約 の 当 事 者 となる 場 合 におけるものを 除 く)をいう 法 人 は 対 象 外 であ る 2. 適 切 消 費 者 契 約 法 では 金 融 商 品 販 売 業 者 が 不 適 切 な 説 明 を 行 ったことにより 消 費 者 が 誤 認 して 契 約 をした 場 合 その 契 約 は 取 り 消 すことができると 定 められてい る 3. 不 適 切 消 費 者 契 約 法 では 事 業 者 の 債 務 不 履 行 によって 消 費 者 に 損 害 が 発 生 した 場 合 に その 損 害 を 賠 償 する 責 任 の 全 部 を 免 除 するといった 契 約 の 条 項 は 無 効 となる 4. 適 切 金 融 商 品 販 売 を 行 う 事 業 者 が 将 来 の 受 取 額 が 不 確 実 な 商 品 について 必 ず 儲 か る と 断 言 し 消 費 者 がそれを 信 じて 結 んだ 契 約 は 取 り 消 すことができる 問 3 正 解 2 難 易 度 A (ア) 配 当 利 回 り=1 株 当 たり 年 配 当 金 株 価 円 2,400 円 100=1.67%( 小 数 点 第 3 位 を 四 捨 五 入 ) (イ)PER( 株 価 収 益 率 )= 株 価 1 株 当 たり 利 益 RA 社 :2,400 円 80 円 =30 倍 RB 社 :4,000 円 200 円 =20 倍 したがって RB 社 の 方 が 割 安 といえる 問 4 正 解 (ア)2 (イ)4 (ウ)8 難 易 度 A 正 解 の 通 り 2

3 対 象 となる 金 融 商 品 上 場 株 式 株 式 投 資 信 託 J-REIT( 不 動 産 投 資 信 託 ) 等 口 座 開 設 原 則 1 人 1 口 座 金 融 機 関 の 変 更 1 年 単 位 で 可 能 非 課 税 枠 の 未 使 用 分 翌 年 以 降 に 繰 り 越 せない 問 5 正 解 3 難 易 度 B 3.が 正 しい < 資 料 > 上 段 左 から2 番 目 の 枠 の 株 式 のすぐ 下 に 単 位 100 株 と 書 いてあること から この 企 業 の1 単 元 の 株 式 数 は 100 株 であることが 分 かる 次 に < 資 料 > 上 段 左 の 資 本 移 動 のところを 見 ると 2014 年 7 月 に 株 式 を 購 入 し 2015 年 4 月 に 売 却 した 場 合 は この 間 に 株 式 分 割 がなかったことが 分 かるので 1 単 元 100 株 を 購 入 した 場 合 保 有 株 数 は 100 株 のままで 変 化 がなかったことが 理 解 できる 一 方 < 資 料 > 下 段 真 ん 中 の 配 当 欄 に 記 載 されている 金 額 が 各 決 算 期 における1 株 当 たり 配 当 金 の 推 移 である 2014 年 7 月 に 株 式 を 購 入 し 2015 年 4 月 に 売 却 した 場 合 受 け 取 れた 配 当 金 は 2014 年 9 月 中 間 決 算 に 基 づく 配 当 金 ( 資 料 より1 株 当 たり 30 円 )と 2015 年 3 月 本 決 算 に 基 づく 配 当 金 ( 資 料 より1 株 当 たり 40 円 )である したがって 所 有 期 間 に 係 る 配 当 金 の 受 取 総 額 ( 税 引 前 )は 100 株 30 円 +100 株 40 円 =7,000 円 となる 問 6 正 解 2 難 易 度 B 2.が 正 しい (ア)< 資 料 >より 新 規 募 集 時 の 申 込 価 格 は1 口 当 たり1 円 購 入 時 手 数 料 ( 税 込 み) は 1,000 万 口 以 上 の 場 合 は 1.08%なので 1,000 万 口 購 入 した 際 の 購 入 時 手 数 料 は 1,000 万 口 1 円 1 口 1.08%=108,000 円 である (イ)< 資 料 >をみると 収 益 分 配 前 の 個 別 元 本 が 10,000 円 で 収 益 分 配 前 の 基 準 価 額 が 9,000 円 なので 決 算 時 点 で 1 万 口 につき 1,000 円 の 評 価 損 を 被 っていたことになる したがって 支 払 われた 500 円 の 収 益 分 配 金 は 全 て 元 本 の 払 い 戻 しに 相 当 する 元 本 払 戻 金 ( 特 別 分 配 金 )となる 第 3 問 問 7 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 B (ア) 正 しい 不 動 産 の 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 では 徒 歩 による 所 要 時 間 は 道 路 距 離 80m を 1 分 間 として 表 示 し 1 分 未 満 の 端 数 は 切 り 上 げることとしている 設 問 の 広 告 では 線 駅 から 物 件 までは 徒 歩 8 分 と 表 示 しているので 道 路 距 離 は 80m 7 分 =560m 超 80m 8 分 =640m 以 下 である (イ) 誤 り 建 築 物 の 敷 地 が 2 つの 用 途 地 域 にまたがる 場 合 過 半 の 属 する 用 途 地 域 の 規 3

4 制 が 適 用 される (ウ) 誤 り バルコニーはマンションの 共 用 部 分 となるので 専 有 面 積 にバルコニー 面 積 は 含 まない (エ) 誤 り マンションの 広 告 では 物 件 の 専 有 面 積 は 壁 芯 面 積 ( 柱 や 壁 の 厚 みの 中 心 線 か ら 測 られた 床 面 積 )で 記 載 されているが 登 記 簿 上 の 面 積 は 内 法 (うちのり) 面 積 ( 壁 で 囲 まれた 内 側 だけの 床 面 積 )で 記 載 される 壁 芯 面 積 と 内 法 面 積 では 内 法 面 積 の ほうが 面 積 が 小 さい 例 えば 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 の 適 用 要 件 の 一 つとして 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であることが 必 要 であるが マンションのパンフレットに 50 m2を 少 し 超 えた 床 面 積 ( 壁 芯 面 積 )が 記 載 されていても 実 際 の 登 記 記 録 ( 内 法 面 積 )で は 50 m2 未 満 となり 適 用 を 受 けられないこともあり 得 るので 留 意 が 必 要 である なお 一 戸 建 ての 住 宅 では マンションと 異 なり 壁 芯 面 積 が 登 記 簿 上 の 面 積 となる 問 8 正 解 3 難 易 度 B 建 築 面 積 ( 厳 密 ではないが 建 物 の 1 階 部 分 の 面 積 )の 最 高 限 度 は 地 積 建 ぺい 率 で 算 出 される 設 問 の 場 合 甲 地 は 192 m2(12m 16m)とあるが 建 築 基 準 法 42 条 2 項 に 該 当 する 道 路 に 接 しているため セットバックを 要 するとある 建 築 基 準 法 上 建 築 物 を 建 てること ができる 敷 地 は 建 築 基 準 法 上 の 道 路 に 2m 以 上 接 していなければならない 建 築 基 準 法 上 の 道 路 とは 原 則 として 4m 以 上 の 道 路 を 言 うが 建 築 基 準 法 が 施 行 された 当 時 すでに 存 し ていた 幅 員 4m 未 満 の 道 路 も 道 路 とみなすことにして 建 築 物 の 建 築 を 可 能 としたが その 場 合 道 路 中 心 線 から 2m の 線 が 道 路 境 界 線 とされ 敷 地 をその 分 後 退 しなければならない これをいわゆるセットバックといい 建 築 基 準 法 42 条 2 項 に 規 定 されている 甲 土 地 乙 土 地 において それぞれセットバックすれば 接 する 道 路 は 4m 道 路 となる 一 方 建 築 面 積 や 延 べ 床 面 積 の 最 高 限 度 はセットバックした 敷 地 を 基 にしてが 決 められ る 甲 土 地 の 場 合 0.5m セットバックするので 敷 地 面 積 は 11.5m 16m=184 m2となり 建 築 面 積 の 最 高 限 度 は 184 m2 6/10( 建 ぺい 率 )=110.4 m2となる 問 9 正 解 3 難 易 度 A 不 動 産 の 譲 渡 所 得 の 場 合 課 税 譲 渡 所 得 金 額 は 次 のようにして 計 算 される 売 却 金 額 -( 取 得 費 ( 注 1)+ 譲 渡 費 用 )- 特 別 控 除 額 ( 注 2)= 課 税 譲 渡 所 得 金 額 ( 注 1) 取 得 費 が 不 明 のときや 実 際 の 取 得 費 が 少 額 のときは 売 却 金 額 の 5%を 概 算 取 得 費 とすることができる ( 注 2) 居 住 用 財 産 を 譲 渡 した 場 合 所 有 期 間 の 長 短 にかかわらず 居 住 用 財 産 を 譲 渡 した 場 合 の 3,000 万 円 の 特 別 控 除 の 特 例 を 利 用 することができる 設 問 のケースの 場 合 居 住 用 財 産 を 譲 渡 した 場 合 の 3,000 万 円 の 特 別 控 除 の 特 例 を 適 用 するので 課 税 長 期 譲 渡 所 得 金 額 は 次 のようになる 4

5 取 得 費 ( 概 算 取 得 費 ):8,500 万 円 ( 売 却 価 格 ) 5%=425 万 円 課 税 長 期 譲 渡 所 得 金 額 譲 渡 価 額 概 算 取 得 費 譲 渡 費 用 特 別 控 除 額 課 税 譲 渡 所 得 金 額 8,500 万 円 -(425 万 円 +300 万 円 )- 3,000 万 円 = 4,775 万 円 < 参 考 > 税 額 の 計 算 税 額 は 課 税 譲 渡 所 得 金 額 税 率 で 算 出 されるが 不 動 産 の 譲 渡 所 得 の 場 合 譲 渡 の 年 の 1 月 1 日 現 在 において 所 有 期 間 が 5 年 以 下 なら 短 期 譲 渡 5 年 超 なら 長 期 譲 渡 とな り 居 住 用 財 産 で 10 年 超 なら 居 住 用 財 産 を 譲 渡 した 場 合 の 長 期 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 ( 軽 減 税 率 の 特 例 ) を 受 けることができる それぞれの 税 率 は 次 の 通 り 課 税 譲 渡 所 得 金 額 所 得 税 住 民 税 短 期 譲 渡 - 30%(30.63%) 9% 長 期 譲 渡 - 15%(15.315%) 5% 10 年 超 所 有 の 居 住 用 財 産 の 譲 渡 ( 軽 減 税 率 ) 6,000 万 円 以 下 の 部 分 6,000 万 円 超 の 部 分 10%(10.21%) 15%(15.315%) 4% 5% ( 注 )カッコ 内 は 復 興 特 別 所 得 税 ( 基 準 所 得 税 額 2.1%)を 加 算 した 税 率 第 4 問 問 10 正 解 (ア)110( 万 円 ) (イ)14( 万 円 ) (ウ)151( 万 円 ) 難 易 度 A 井 川 祐 子 さんが 加 入 している 生 命 保 険 の 保 障 内 容 は 以 下 の 通 りである 資 料 / 保 険 証 券 1 医 療 保 険 1 疾 病 入 院 給 付 金 病 気 での 入 院 1 日 につき 日 額 5,000 円 ( 入 院 1 日 目 から 保 障 ) 2 災 害 入 院 給 付 金 ケガでの 入 院 1 日 につき 日 額 5,000 円 ( 入 院 1 日 目 から 保 障 ) 3 手 術 給 付 金 約 款 所 定 の 手 術 を 受 けたとき 1 回 につき 10 万 円 4 通 院 給 付 金 退 院 後 の 通 院 1 日 につき 日 額 3,000 円 5 死 亡 給 付 金 死 亡 したとき 100 万 円 資 料 / 保 険 証 券 2 終 身 ガン 保 険 6 ガン 診 断 給 付 金 初 めてガンと 診 断 されたとき 100 万 円 7 ガン 入 院 給 付 金 ガン 治 療 目 的 の 入 院 1 日 につき 日 額 1 万 円 ( 入 院 1 日 目 から 保 障 ) 8 ガン 手 術 給 付 金 ガン 治 療 目 的 の 約 款 所 定 の 手 術 を 受 けたとき 1 回 につき 20 万 円 9 死 亡 給 付 金 ガンによる 死 亡 20 万 円 10 死 亡 給 付 金 ガン 以 外 による 死 亡 10 万 円 (ア)110( 万 円 ) 保 険 証 券 1 の5より 100 万 円 保 険 証 券 2 の10より 10 万 円 5

6 100 万 円 +10 万 円 =110 万 円 (イ)14( 万 円 ) 保 険 証 券 1 1 日 額 5,000 円 8 日 =4 万 円 310 万 円 4 万 円 +10 万 円 =14 万 円 保 険 証 券 2 からの 給 付 なし (ウ)151( 万 円 ) 保 険 証 券 1 1 日 額 5,000 円 12 日 =6 万 円 310 万 円 4 日 額 3,000 円 10 日 =3 万 円 1+3+4=6 万 円 +10 万 円 +3 万 円 =19 万 円 保 険 証 券 万 円 7 日 額 1 万 円 12 日 =12 万 円 820 万 円 6+7+8=100 万 円 +12 万 円 +20 万 円 =132 万 円 保 険 証 券 1 + 保 険 証 券 2 =19 万 円 +132 万 円 =151 万 円 問 11 (ア) (イ) (ウ) 難 易 度 A (ア) 正 しい 五 十 嵐 幸 彦 さんの 個 人 年 金 保 険 契 約 の 月 払 い 保 険 料 は 10,400 円 である 年 間 支 払 保 険 料 の 合 計 は 124,800 円 となり 80,000 円 超 であるため 控 除 額 は 40,000 円 で ある (イ) 誤 り 契 約 は 銀 行 の 窓 口 で 行 っても 個 人 年 金 保 険 は 保 険 会 社 の 商 品 である 保 険 会 社 が 破 たんした 際 には 預 金 保 険 機 構 ではなく 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 による 保 護 の 対 象 となる (ウ) 正 しい 幸 彦 さんが 毎 年 受 け 取 る 年 金 は 雑 所 得 として 所 得 税 の 課 税 対 象 となる 雑 所 得 の 金 額 の 計 算 は 以 下 のようにして 行 う 雑 所 得 の 金 額 =1 総 収 入 金 額 ( 公 的 年 金 等 を 除 く)-2 必 要 経 費 1 総 収 入 金 額 = 基 本 年 金 額 + 増 額 年 金 額 + 増 加 年 金 額 払 込 保 険 料 等 の 総 額 2 必 要 経 費 =その 年 に 支 給 される 年 金 の 額 年 金 支 給 総 額 ( 見 込 額 ) 6

7 年 金 支 給 総 額 は 年 金 の 種 類 により それぞれ 次 のように 計 算 する 確 定 年 金 : 年 金 支 給 総 額 = 年 金 年 額 支 給 期 間 有 期 年 金 : 年 金 支 給 総 額 ( 見 込 額 )= 年 金 年 額 支 給 期 間 の 年 数 と 年 金 支 払 開 始 日 における 被 保 険 者 の 余 命 年 数 ( )のどちらか 短 いほうの 年 数 終 身 年 金 : 年 金 支 給 総 額 ( 見 込 額 )= 年 金 年 額 年 金 支 払 開 始 日 における 被 保 険 者 の 余 命 年 数 ( ) 保 証 期 間 付 終 身 年 金 : 年 金 支 給 総 額 ( 見 込 額 )= 年 金 年 額 保 証 期 間 の 年 数 と 年 金 支 払 開 始 日 における 被 保 険 者 の 余 命 年 数 ( )のどちらか 長 いほ うの 年 数 ( ) 所 得 税 法 施 行 令 第 82 条 の 3 の 別 表 による 問 12 正 解 (ア)6 (イ)3 (ウ)7 難 易 度 B 正 解 の 通 りである 問 13 正 解 1 難 易 度 A 1. 不 適 切 普 通 傷 害 保 険 は 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 ( 身 体 の 外 からの 作 用 )の 事 故 によっ て 身 体 に 被 った 傷 害 に 対 して 支 払 われる 保 険 である ジョギング 中 に 心 臓 発 作 を 起 こ して 入 院 した 場 合 普 通 傷 害 保 険 の 保 険 金 の 支 払 い 対 象 にはならない 2. 適 切 仕 事 中 の 事 故 で 負 傷 し 数 ヵ 月 間 入 院 治 療 のため 就 業 することがまったくでき なかった 場 合 所 得 補 償 保 険 の 保 険 金 の 支 払 い 対 象 となる 3. 適 切 普 通 傷 害 保 険 の 場 合 は 細 菌 性 食 中 毒 は 保 険 金 支 払 いの 対 象 にならないが 海 外 旅 行 傷 害 保 険 や 国 内 旅 行 傷 害 保 険 では 支 払 い 対 象 となる 4. 適 切 飼 い 犬 が 近 所 の 子 どもにかみついてケガをさせた 場 合 個 人 賠 償 責 任 保 険 の 保 険 金 の 支 払 い 対 象 となる 第 5 問 問 14 正 解 (ア) (イ) (ウ) 難 易 度 A (ア) 正 しい 土 地 や 上 場 株 式 の 譲 渡 所 得 については 分 離 課 税 制 度 が 採 用 されている (イ) 誤 り 土 地 の 譲 渡 所 得 金 額 を 計 算 する 際 は 譲 渡 した 年 の1 月 1 日 において 所 有 期 間 が 5 年 を 超 えるときは 長 期 譲 渡 所 得 5 年 以 下 のときは 短 期 譲 渡 所 得 となる (ウ) 誤 り 上 場 株 式 の 譲 渡 所 得 金 額 を 計 算 する 場 合 土 地 の 場 合 と 異 なり 長 期 譲 渡 所 得 短 期 譲 渡 所 得 という 区 分 はない なお 土 地 建 物 や 株 式 等 を 売 った 場 合 を 除 き 資 産 を 売 ったときの 譲 渡 所 得 は 給 与 所 得 などと 合 算 する 総 合 課 税 の 対 象 となる この 総 合 課 税 の 譲 渡 所 得 は 取 得 したと きから 売 ったときまでの 所 有 期 間 が 5 年 を 超 えるときは 長 期 譲 渡 所 得 5 年 以 下 のとき は 短 期 譲 渡 所 得 となる 短 期 譲 渡 所 得 は 全 額 が 総 合 課 税 の 対 象 になるが 長 期 譲 渡 所 7

8 得 はその 2 分 の 1 が 総 合 課 税 の 対 象 になる 問 15 正 解 4 難 易 度 A 1. 正 しい 退 職 所 得 の 金 額 は ( 収 入 金 額 - 退 職 所 得 控 除 額 ) 1/2 で 計 算 され 退 職 所 得 控 除 額 は 勤 続 年 数 により 次 のように 算 出 される 勤 続 年 数 退 職 所 得 控 除 額 20 年 以 下 40 万 円 勤 続 年 数 (80 万 円 に 満 たない 場 合 は 80 万 円 ) 20 年 超 800 万 円 +70 万 円 ( 勤 続 年 数 -20 年 ) 2. 正 しい 上 記 の 退 職 所 得 控 除 の 額 を 計 算 する 際 の 勤 続 年 数 に1 年 未 満 の 端 数 があると きには 端 数 が1 日 でも1 年 に 切 り 上 げる 3. 正 しい 退 職 所 得 の 金 額 は 退 職 一 時 金 の 額 から 退 職 所 得 控 除 の 額 を 控 除 した 残 額 の 2 分 の1に 相 当 する 額 となる 4. 誤 り 退 職 一 時 金 を 受 け 取 る 際 退 職 所 得 の 受 給 に 関 する 申 告 書 をその 退 職 一 時 金 の 支 払 者 に 提 出 していれば 勤 続 年 数 に 応 じた 退 職 所 得 控 除 をもとにした 源 泉 徴 収 が 行 われるので 確 定 申 告 は 行 わなくてもよい ただし 医 療 費 控 除 などの 適 用 を 受 ける 場 合 などは 確 定 申 告 を 行 う 問 16 正 解 1 難 易 度 A 設 問 の 老 齢 年 金 は 雑 所 得 養 老 保 険 の 満 期 保 険 金 は 一 時 所 得 となる 雑 所 得 の 金 額 老 齢 厚 生 年 金 および 企 業 年 金 の 老 齢 年 金 は 公 的 年 金 等 控 除 の 適 用 がある 雑 所 得 となり 所 得 金 額 は 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 - 公 的 年 金 等 控 除 額 で 算 出 される 柴 田 さん(67 歳 )の 場 合 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 は 310 万 円 で 公 的 年 金 等 控 除 額 は(65 歳 以 上 で 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 が 330 万 円 未 満 なので)120 万 円 である したがって 雑 所 得 の 金 額 は 310 万 円 -120 万 円 =190 万 円 となる 一 時 所 得 の 金 額 240 万 円 -150 万 円 ( 既 払 込 保 険 料 )-50 万 円 ( 特 別 控 除 )=40 万 円 総 所 得 の 金 額 一 時 所 得 の 金 額 は その 2 分 の 1 が 他 の 所 得 は 合 算 される 190 万 円 +40 万 円 1/2=210 万 円 問 17 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 B (ア) 誤 り 医 療 費 控 除 における 交 通 費 等 の 取 り 扱 いについては 診 療 等 を 受 けるための 公 共 交 通 機 関 ( 電 車 バス 等 )による 通 院 費 は 医 療 費 控 除 の 対 象 となる タクシー 代 については 一 般 的 にはその 全 ての 金 額 が 医 療 費 控 除 の 対 象 となるわけではないが 病 状 からみて 急 を 要 する 場 合 や 電 車 バス 等 の 利 用 ができない 場 合 には 医 療 費 控 8

9 除 の 対 象 となる しかし 自 家 用 車 で 病 院 へ 通 院 する 場 合 のガソリン 代 や 駐 車 場 代 は 医 療 費 控 除 の 対 象 とならない (イ) 正 しい 一 般 的 な 近 視 を 矯 正 するために 眼 鏡 を 購 入 した 費 用 は 医 療 費 控 除 の 対 象 とならない (ウ) 誤 り 美 容 のために 歯 科 矯 正 を 行 った 場 合 の 費 用 は 医 療 費 控 除 の 対 象 とならない (エ) 誤 り 足 を 骨 折 し 歩 行 が 困 難 であったためタクシーで 接 骨 院 へ 移 動 した 場 合 のタ クシー 代 金 は 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 上 記 (ア) 参 照 第 6 問 問 18 正 解 (ア)5 (イ)4 (ウ)2 難 易 度 A 和 美 さんは 父 親 からの 贈 与 について 平 成 26 年 から 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 適 用 を 受 け ている 相 続 時 精 算 課 税 の 適 用 を 受 ける 贈 与 財 産 については その 選 択 をした 年 以 後 相 続 時 精 算 課 税 に 係 る 贈 与 者 以 外 の 者 からの 贈 与 財 産 と 区 分 して 1 年 間 に 贈 与 を 受 けた 財 産 の 価 額 の 合 計 額 から 複 数 年 にわたり 利 用 できる 特 別 控 除 額 ( 限 度 額 :2,500 万 円 ただし 前 年 以 前 に 特 別 控 除 額 を 控 除 している 場 合 は 残 額 が 限 度 額 )を 控 除 した 後 の 金 額 に 一 律 20%の 税 率 を 乗 じて 算 出 する 平 成 26 年 に 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 適 用 を 受 けて 贈 与 された 財 産 が 2,000 万 円 であるので 特 別 控 除 額 の 残 額 は 2,500 万 円 -2,000 万 円 =500 万 円 (ア)である 平 成 27 年 に 父 親 から 1,000 万 円 の 贈 与 を 受 けたので 父 親 からの 贈 与 に 係 る 贈 与 税 額 は (1,000 万 円 -500 万 円 ) 20%=100 万 円 (イ)となる 祖 母 からの 贈 与 は 暦 年 贈 与 の 取 り 扱 いとなる 暦 年 贈 与 の 場 合 は 1 年 間 に 贈 与 を 受 け た 財 産 の 価 額 の 合 計 額 から 基 礎 控 除 額 (110 万 円 )を 控 除 した 後 の 金 額 に 贈 与 税 の 税 率 を 乗 じて 算 出 する( 贈 与 税 の 速 算 表 を 使 用 して 計 算 する) 贈 与 税 の 税 率 ( 速 算 表 )は (a) 20 歳 以 上 の 者 が 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 財 産 の 場 合 と (b) 上 記 (a) 以 外 の 場 合 で 異 なるが( 下 記 参 照 ) 和 美 さん(44 歳 )が 祖 母 から 受 けた 贈 与 については (a)の 贈 与 税 の 速 算 表 を 使 用 する (450 万 円 -110 万 円 ) 15%-10 万 円 =41 万 円 (ウ) 和 美 さんの 平 成 27 年 分 の 贈 与 税 額 は 100 万 円 +41 万 円 =141 万 円 となる < 参 考 > 贈 与 税 の 税 率 ( 暦 年 贈 与 ) 贈 与 税 の 税 率 は 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 贈 与 から 誰 から 誰 に 贈 与 されたかにより 適 用 される 税 率 が(a) 特 例 税 率 と(b) 一 般 税 率 の 2 種 類 になった (a) 特 例 税 率 は 直 系 尊 属 ( 祖 父 母 や 父 母 など)から 贈 与 を 受 けた 年 の 1 月 1 日 現 在 で 20 歳 以 上 の 子 孫 などへの 贈 与 ( 特 例 贈 与 財 産 )の 場 合 に 使 用 直 系 尊 属 についての 年 齢 要 件 はない 9

10 (b) 一 般 税 率 は 特 例 贈 与 財 産 用 に 該 当 しない 場 合 の 贈 与 税 の 計 算 に 使 用 ( 例 ) 兄 弟 間 の 贈 与 夫 婦 間 の 贈 与 親 から 子 への 贈 与 で 子 が 未 成 年 者 の 場 合 など 贈 与 税 の 税 額 速 算 表 (A) (B)-(C) 基 礎 控 除 後 の 課 税 価 格 (A) (a) 特 例 税 率 ( 特 例 贈 与 財 産 ) (b) 一 般 税 率 ( 一 般 財 産 用 ) 税 率 (B) 控 除 額 (C) 税 率 (B) 控 除 額 (C) ~ 200 万 円 以 下 10% - 10% 万 円 超 ~300 万 円 以 下 15% 10 万 円 15% 10 万 円 300 万 円 超 ~400 万 円 以 下 20% 25 万 円 400 万 円 超 ~600 万 円 以 下 20% 30 万 円 30% 65 万 円 600 万 円 超 ~1,000 万 円 以 下 30% 90 万 円 40% 125 万 円 1,000 万 円 超 ~1,500 万 円 以 下 40% 190 万 円 45% 175 万 円 1,500 万 円 超 ~3,000 万 円 以 下 45% 265 万 円 50% 250 万 円 3,000 万 円 超 ~4,500 万 円 以 下 50% 415 万 円 4,500 万 円 超 ~ 55% 640 万 円 55% 400 万 円 < 贈 与 税 の 計 算 例 ~ 特 例 税 率 と 一 般 税 率 の 両 方 の 適 用 がある 場 合 ~> <ケース>Aさんは 平 成 28 年 中 に 父 から 400 万 円 の 贈 与 夫 から 100 万 円 の 贈 与 を 受 けた 贈 与 税 額 は? * 特 例 税 率 が 適 用 される 特 例 贈 与 財 産 (A)と 一 般 税 率 が 適 用 される 一 般 贈 与 財 産 (B) との 両 方 の 計 算 が 必 要 な 場 合 次 のように 計 算 する (a) (A+B)を 特 例 税 率 で 計 算 した 税 額 A/(A+B) (b) (A+B)を 一 般 税 率 で 計 算 した 税 額 B/(A+B) 贈 与 税 額 =(イ)+(ロ) *ケースの 場 合 の 贈 与 税 額 (a) 父 からの 贈 与 (400 万 円 +100 万 円 )-110 万 円 ( 基 礎 控 除 )=390 万 円 390 万 円 15%-10 万 円 =48.5 万 円 48.5 万 円 400 万 円 /(100 万 円 +400 万 円 )=38.8 万 円 (b) 夫 からの 贈 与 (400 万 円 +100 万 円 )-110 万 円 ( 基 礎 控 除 )=390 万 円 390 万 円 20%-25 万 円 =53 万 円 53 万 円 100 万 円 /(100 万 円 +400 万 円 )=10.6 万 円 * (a) 38.8 万 円 +(b) 10.6 万 円 =49.4 万 円 10

11 問 19 正 解 2,400( 万 円 ) 難 易 度 A 路 線 価 方 式 による 宅 地 評 価 では 1 つの 道 路 に 接 する 宅 地 は 通 常 次 のように 計 算 する 路 線 価 奥 行 価 格 補 正 率 地 積 = 自 用 地 評 価 額 資 料 の 路 線 価 図 の 200C は 1 m2 当 たりの 路 線 価 が 200 千 円 ( 千 円 単 位 で 表 示 )で Cは 借 地 権 割 合 (Cは 70%)を 表 す したがって 設 問 の 土 地 の 評 価 額 は 次 のように して 計 算 される 20 万 円 m2=2,400 万 円 問 20 正 解 2 難 易 度 A * 相 続 税 の 課 税 価 格 の 合 計 額 1,200 万 円 ( 土 地 小 規 模 宅 地 等 の 評 価 減 特 例 適 用 後 )+1,000 万 円 ( 建 物 )+3,000 万 円 ( 現 預 金 )+100 万 円 ( 注 )-400 万 円 ( 債 務 葬 式 費 用 )=4,900 万 円 ( 注 )3 年 以 内 贈 与 財 産 の 取 り 扱 い 相 続 開 始 前 3 年 以 内 に 贈 与 を 受 けた 財 産 は 原 則 として 相 続 税 の 課 税 価 格 に 加 算 されるので 二 女 が 被 相 続 人 より 平 成 27 年 2 月 に 贈 与 を 受 けた 100 万 円 は 加 算 される ただし 配 偶 者 控 除 の 適 用 を 受 けた 贈 与 財 産 や 設 例 のような 直 系 尊 属 から 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 非 課 税 ( 問 30 参 照 )などの 適 用 を 受 けた 贈 与 財 産 は 相 続 税 の 課 税 価 格 に 加 算 されない 第 7 問 問 21 正 解 155( 万 円 ) 難 易 度 A 将 来 の 基 本 生 活 費 は 下 記 の 計 算 式 で 求 めることができる 経 過 年 数 将 来 の 金 額 = 現 在 の 金 額 (1+ 変 動 率 ) 倉 田 家 の 2015 年 の 基 本 生 活 費 が 年 間 146 万 円 変 動 率 が 2%とあるので 3 年 後 の 2018 年 の 基 本 生 活 費 は 146 万 円 (1+0.02) 3 = 万 円 155 万 円 ( 万 円 未 満 四 捨 五 入 ) なお この 場 合 は で 簡 単 に 計 算 できるが 累 乗 計 算 で 指 数 が 大 きくなった 場 合 電 卓 で 次 のように 操 作 すると 簡 便 に 計 算 できる(CASIO 製 の 場 合 ) 1.02 n = = = を 2 回 押 し = を(n-1) 回 押 す(3 乗 であれば 2 回 ) 問 22 正 解 1,082( 万 円 ) 難 易 度 A 当 年 の 金 融 資 産 残 高 は 前 年 の 金 融 資 産 残 高 を 基 にして 次 の 計 算 式 で 求 めることがで きる 当 年 の 金 融 資 産 残 高 = 前 年 の 金 融 資 産 残 高 (1+ 運 用 利 率 )± 当 年 の 年 間 収 支 11

12 倉 田 家 の 2015 年 現 在 の 金 融 資 産 残 高 が 982 万 円 変 動 率 ( 運 用 利 率 )が 1% 2016 年 の 年 間 収 支 が 90 万 円 とあるので 2016 年 の 金 融 資 産 残 高 は 982 万 円 (1+0.01)+90 万 円 =1, 万 円 1,082 万 円 ( 万 円 未 満 四 捨 五 入 ) 問 23 正 解 1 難 易 度 A 1. 適 切 変 動 金 利 型 の 適 用 金 利 は 一 般 的 に 半 年 ごとに 見 直 される 2. 不 適 切 変 動 金 利 型 の 適 用 金 利 は 1.のように 通 常 年 2 回 金 利 が 見 直 されるが 返 済 額 は 5 年 間 は 変 えずに 5 年 置 きに 見 直 しする なお 5 年 ごとの 返 済 額 の 見 直 しの 際 金 利 上 昇 によって 返 済 額 が 大 きく 上 昇 することになっても これまでの 返 済 額 の 1.25 倍 が 上 限 になる 3. 不 適 切 固 定 金 利 型 の 総 返 済 額 は 借 入 額 返 済 期 間 および 金 利 が 同 じである 場 合 元 利 均 等 返 済 のほうが 元 金 均 等 返 済 よりも 多 くなる 4. 不 適 切 固 定 金 利 型 の 元 利 均 等 返 済 の 場 合 毎 月 返 済 額 は 同 じであるが その 元 金 と 利 息 の 内 訳 金 額 は 毎 月 変 わる( 当 初 は 元 金 部 分 の 割 合 が 低 く 利 息 部 分 の 割 合 が 高 いが 返 済 が 進 むに 従 って 元 金 部 分 の 割 合 が 高 くなっていく) 第 8 問 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複 利 計 算 で 行 う 場 合 計 算 は 複 雑 になるが 各 種 係 数 を 利 用 すると 簡 単 に 計 算 することができる 各 種 係 数 終 価 係 数 現 価 係 数 減 債 基 金 係 数 資 本 回 収 係 数 年 金 終 価 係 数 年 金 現 価 係 数 どんなときに 使 うか? 手 持 ちの 資 金 を 複 利 運 用 すると 将 来 いくらになるかを 求 める 場 合 に 使 用 複 利 運 用 して 目 標 額 とするためには 今 いくらの 元 金 が 必 要 かを 求 める 場 合 に 使 用 将 来 の 貯 蓄 目 標 額 を 達 成 するには 毎 年 いくらずつ 積 み 立 てればよいかを 求 める 場 合 に 使 用 手 持 ちの 資 産 を 複 利 運 用 しながら 毎 年 均 等 に 年 金 として 受 け 取 れる 金 額 や ローン( 元 利 均 等 返 済 )の 年 間 返 済 額 を 求 める 場 合 に 使 用 毎 年 一 定 額 を 積 み 立 てると 将 来 いくらの 元 利 合 計 になるかを 求 める 場 合 に 使 用 希 望 する 年 金 額 を 受 け 取 るためには 今 いくら 元 金 があればよいかを 求 め る 場 合 やローン( 元 利 均 等 返 済 )の 借 入 可 能 額 を 求 める 場 合 に 使 用 12

13 問 24 正 解 186,000( 円 ) 難 易 度 A 将 来 の 目 標 額 を 達 成 するための 毎 年 の 積 立 額 を 求 める 場 合 には 減 債 基 金 係 数 を 使 用 す る 300 万 円 0.062( 年 利 1% 期 間 15 年 の 減 債 基 金 係 数 )=186,000 円 問 25 正 解 18,046,000( 円 ) 難 易 度 A 希 望 する 年 金 額 を 受 け 取 るためには 今 いくら 元 金 があればよいかを 求 める 場 合 には 年 金 現 価 係 数 を 使 用 する 100 万 円 ( 年 利 1% 期 間 20 年 の 年 金 現 価 係 数 )=18,046,000 円 問 26 正 解 1,800,000( 円 ) 難 易 度 A 住 宅 ローン( 元 利 均 等 返 済 )の 毎 年 の 返 済 額 を 求 める 場 合 には 資 本 回 収 係 数 を 使 用 す る 4,000 万 円 0.045( 年 利 1% 期 間 25 年 の 資 本 回 収 係 数 )=1,800,000 円 第 9 問 問 27 正 解 1,980( 万 円 ) 難 易 度 B 土 地 の 譲 渡 は 消 費 税 の 非 課 税 取 引 である したがって 設 例 のマンションの 販 売 価 格 のうち 120 万 円 の 消 費 税 は 建 物 部 分 に 対 する 消 費 税 である 建 物 の 価 格 :120 万 円 8%=1,500 万 円 土 地 の 価 格 :3,600 万 円 (マンションの 販 売 価 格 )-1,500 万 円 ( 建 物 の 価 格 )-120 万 円 ( 消 費 税 )=1,980 万 円 問 28 正 解 2 難 易 度 B 1. 適 切 財 形 住 宅 貯 蓄 ( 金 銭 信 託 や 預 貯 金 型 の 場 合 )の 非 課 税 限 度 額 は 財 形 年 金 貯 蓄 と 合 わせて 元 利 合 計 で 550 万 円 までである 2. 不 適 切 財 形 住 宅 貯 蓄 ( 保 険 型 )の 非 課 税 限 度 額 は 財 形 年 金 貯 蓄 と 合 わせて 払 込 保 険 料 累 計 額 で 550 万 円 までである なお 財 形 年 金 貯 蓄 ( 保 険 型 )だけの 場 合 の 非 課 税 限 度 額 は 385 万 円 である 3. 適 切 財 形 住 宅 貯 蓄 を 非 課 税 で 適 格 に 払 い 出 すには 購 入 等 を 行 う 住 宅 や 払 い 出 し 方 法 などが 法 令 等 で 定 められた 要 件 を 満 たす 必 要 がある 適 格 払 い 出 しの 要 件 を 満 た さない 場 合 には 利 子 等 に 対 して 課 税 されるとともに 5 年 間 さかのぼって 利 子 等 が 課 税 扱 いとなる 設 問 にあるように 購 入 する 住 宅 の 床 面 積 についての 適 格 払 い 出 し 要 件 は 50 m2 以 上 である 4. 適 切 財 形 住 宅 融 資 を 受 ける 場 合 一 定 の 要 件 を 満 たしていれば 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 および 財 形 年 金 貯 蓄 の 合 計 残 高 の 10 倍 ( 最 高 4,000 万 円 )の 範 囲 内 で 融 資 13

14 を 受 けることができる 問 29 正 解 2 難 易 度 A 1. 定 額 個 人 年 金 保 険 のイメージ 図 2. 定 期 保 険 のイメージ 図 3. 養 老 保 険 のイメージ 図 4. 終 身 保 険 のイメージ 図 問 30 正 解 (ア)700( 万 円 ) (イ)110( 万 円 ) (ウ)2,500( 万 円 ) 難 易 度 B 正 解 の 通 りである 問 31 正 解 1 難 易 度 B 1. が 正 しい 空 欄 を 埋 めると 次 のようになる 育 児 介 護 休 業 法 による 育 児 休 業 等 期 間 について 事 業 主 が 申 出 をしたときは 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 および 厚 生 年 金 保 険 )の 保 険 料 は 被 保 険 者 負 担 分 事 業 主 負 担 分 とも 徴 収 されない 健 康 保 険 の 保 険 給 付 は 社 会 保 険 料 が 徴 収 されていなくても 従 来 どおり 受 けることができる また 厚 生 年 金 保 険 の 保 険 給 付 の 額 等 の 計 算 に 当 たっては この 場 合 における 保 険 料 免 除 期 間 は 保 険 料 を 納 めた 期 間 と 同 様 に 取 り 扱 われる 問 32 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 B (ア) 不 適 切 空 欄 (a)には 任 意 継 続 被 保 険 者 になることができる 被 保 険 者 期 間 が 入 るが あてはまる 語 句 は 継 続 した 2 ヵ 月 以 上 である (イ) 不 適 切 空 欄 (b)には 資 格 喪 失 日 から 申 請 までの 申 し 出 期 間 が 入 るが あては まる 語 句 は 20 日 間 である (ウ) 不 適 切 空 欄 (c)には 任 意 継 続 できる 期 間 が 入 るが あてはまる 語 句 は 2 年 間 である (エ) 適 切 空 欄 (d)には 保 険 料 の 負 担 についての 語 句 が 入 るが あてはまる 語 句 は 全 額 自 己 負 担 である 問 33 正 解 (ア) (イ) (ウ) 難 易 度 B (ア) 不 適 切 直 樹 さんのような 厚 生 年 金 被 保 険 者 が 被 保 険 者 期 間 中 に 死 亡 した 場 合 遺 族 ( 設 例 の 場 合 妻 真 紀 さん)には 遺 族 基 礎 年 金 と 遺 族 厚 生 年 金 が 支 給 される 遺 族 基 礎 年 金 は 18 歳 到 達 年 度 の 年 度 末 までの 子 がいる 場 合 に 支 給 されるので 設 例 の 場 合 長 男 雄 哉 さんが 18 歳 到 達 年 度 の 年 度 末 ( 一 般 的 には 高 校 卒 業 )まで 支 給 され る なお 遺 族 基 礎 年 金 の 年 金 額 は 基 本 額 ( 満 額 の 老 齢 基 礎 年 金 と 同 額 )に 子 の 加 算 額 14

15 を 加 算 した 額 である < 参 考 > 遺 族 基 礎 年 金 額 ( 平 成 28 年 度 価 額 ) 基 本 額 780,100 円 子 の 加 算 額 2 人 目 まで 1 人 につき 224,500 円 3 人 目 以 降 は 1 人 につき 74,800 円 (イ) 適 切 遺 族 厚 生 年 金 の 額 ( 中 高 齢 寡 婦 加 算 額 は 除 く)は 直 樹 さんの 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 期 間 ( 短 期 要 件 に 該 当 するため 300 月 とみなして 計 算 される)に 基 づく 報 酬 比 例 部 分 の 年 金 額 の 4 分 の 3 に 相 当 する 額 である (ウ) 不 適 切 中 高 齢 寡 婦 加 算 とは 次 の1か2のいずれかに 該 当 する 妻 が 受 ける 遺 族 厚 生 年 金 に 65 歳 になるまで 加 算 されるもので 加 算 額 は 585,100 円 ( 平 成 28 年 度 価 額 ) である 1 夫 が 亡 くなったとき 40 歳 以 上 65 歳 未 満 で 生 計 を 同 じくしている 子 がいない 妻 2 遺 族 厚 生 年 金 と 遺 族 基 礎 年 金 を 受 けていた 子 のある 妻 (40 歳 に 達 した 当 時 子 がい るため 遺 族 基 礎 年 金 を 受 けていた 妻 に 限 る)が 子 が 18 歳 到 達 年 度 の 末 日 に 達 した ため 遺 族 基 礎 年 金 を 受 給 できなくなったとき したがって 長 男 雄 哉 さんが 18 歳 到 達 年 度 の 年 度 末 になって 遺 族 基 礎 年 金 が 支 給 さ れなくなったときから 真 紀 さんが 65 歳 になるまで 遺 族 厚 生 年 金 に 中 高 齢 寡 婦 加 算 額 が 加 算 される 第 10 問 問 34 正 解 8,400( 万 円 ) 難 易 度 A * 個 人 バランスシートにおいて 資 産 合 計 = 負 債 純 資 産 合 計 であるので 純 資 産 は 資 産 合 計 - 負 債 合 計 で 算 出 することができる < 資 産 合 計 > 金 融 資 産 :1,660 万 円 ( 正 夫 預 貯 金 等 )+280 万 円 ( 正 夫 株 式 )+1,120 万 円 ( 芳 恵 預 貯 金 等 )=3,060 万 円 (1) 生 命 保 険 ( 解 約 返 戻 金 相 当 額 ):200 万 円 ( 定 期 保 険 特 約 付 終 身 保 険 B)+450 万 円 ( 養 老 保 険 D)+200 万 円 ( 終 身 保 険 E)+470 万 円 ( 終 身 保 険 F)+270 万 円 ( 終 身 保 険 G)=1,590 万 円 (2) 事 業 用 資 産 :290 万 円 ( 棚 卸 資 産 )+910 万 円 ( 固 定 資 産 )=1,200 万 円 (3) 不 動 産 ( 自 宅 敷 地 建 物 ):2,400 万 円 +600 万 円 =3,000 万 円 (4) その 他 ( 動 産 等 ):320 万 円 ( 正 夫 )+50 万 円 ( 芳 恵 )=370 万 円 (5) * 資 産 合 計 = =9,220 万 円 < 負 債 合 計 > 600 万 円 ( 事 業 用 借 入 )+220 万 円 ( 自 動 車 ローン)=820 万 円 < 純 資 産 > 9,220 万 円 ( 資 産 合 計 )-820 万 円 ( 負 債 合 計 )=8,400 万 円 15

16 問 35 正 解 2 難 易 度 A キャッシュフロー=4,500 万 円 ( 売 上 金 額 )-2,240 万 円 ( 売 上 原 価 )-1,020 万 円 ( 必 要 経 費 の 合 計 額 )+70 万 円 ( 減 価 償 却 費 必 要 経 費 のうち 現 金 支 出 を 伴 わない 経 費 の 額 )-100 万 円 ( 借 入 金 の 元 本 返 済 額 必 要 経 費 に 含 まれていない 現 金 支 出 の 額 )=1,210 万 円 問 36 正 解 138 ( 万 円 ) 難 易 度 A 一 時 所 得 の 金 額 :726 万 円 ( 年 金 原 資 の 一 括 受 取 額 )-400 万 円 ( 一 時 払 い 保 険 料 )-50 万 ( 特 別 控 除 )=276 万 円 総 所 得 金 額 に 算 入 される 額 :276 万 円 1/2=138 万 円 問 37 正 解 (ア)4,640( 万 円 ) (イ)1,140( 万 円 ) 難 易 度 A (ア) 平 成 34 年 3 月 に 正 夫 さんが 交 通 事 故 等 の 不 慮 の 事 故 で 死 亡 すると 仮 定 した 場 合 に 支 払 われる 生 命 保 険 の 保 険 金 の 合 計 ( 正 夫 さんが 被 保 険 者 の 保 険 ) 1,000 万 円 ( 定 期 保 険 A 死 亡 保 険 金 )+500 万 円 ( 定 期 保 険 A 傷 害 特 約 )+1,800 万 円 ( 定 期 保 険 特 約 付 終 身 保 険 Bの 終 身 保 険 部 分 定 期 保 険 部 分 )+500 万 円 ( 養 老 保 険 D)+840 万 円 ( 終 身 保 険 E G)=4,640 万 円 (イ) 平 成 38 年 3 月 に 正 夫 さんが 交 通 事 故 等 の 不 慮 の 事 故 で 死 亡 すると 仮 定 した 場 合 支 払 われる 生 命 保 険 の 保 険 金 の 合 計 ( 正 夫 さんが 被 保 険 者 の 保 険 ) 300 万 円 ( 定 期 保 険 特 約 付 終 身 保 険 Bの 終 身 保 険 部 分 )+840 万 円 ( 終 身 保 険 E G)=1,140 万 円 問 38 正 解 3 難 易 度 A (ア) 麻 里 さんは 特 定 受 給 資 格 者 に 該 当 し 被 保 険 者 期 間 は 5 年 以 上 10 年 未 満 年 齢 45 歳 以 上 60 歳 未 満 なので 基 本 手 当 の 所 定 給 付 日 数 は 240 日 である (イ) 基 本 手 当 を 受 けられる 期 間 は 原 則 として 離 職 日 の 翌 日 から 1 年 である (ウ) 麻 里 さんは 特 定 受 給 資 格 者 に 該 当 するので 基 本 手 当 は 求 職 の 申 込 みをした 日 ( 受 給 資 格 決 定 日 ) 以 後 待 期 期 間 (7 日 間 )を 経 て 支 給 が 開 始 される なお 一 般 の 受 給 資 格 者 の 場 合 は 待 期 期 間 (7 日 間 )および 給 付 制 限 期 間 (3 ヵ 月 間 )を 経 て 支 給 が 開 始 される 問 39 正 解 4 難 易 度 A 1. 誤 り 確 定 拠 出 年 金 の 場 合 将 来 の 給 付 額 は 運 用 実 績 に 応 じて 変 動 する 2. 誤 り 確 定 拠 出 年 金 の 掛 金 は 所 得 税 の 計 算 上 その 全 額 が 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 の 対 象 となる 16

17 3. 誤 り 老 齢 給 付 金 を 一 時 金 として 受 け 取 る 場 合 所 得 金 額 の 計 算 においては 退 職 所 得 となり 退 職 所 得 控 除 を 差 し 引 くことができる 年 金 として 受 け 取 る 場 合 には 雑 所 得 となり 公 的 年 金 等 控 除 額 を 差 し 引 くことができる 4. 正 しい 積 み 立 てた 資 産 は 原 則 として 60 歳 に 達 するまで 任 意 に 引 き 出 すことはで きない 問 40 正 解 2 難 易 度 B 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 は 基 本 的 には 次 のように 計 算 される( 平 成 28 年 度 価 額 ) 保 険 料 納 付 済 月 数 780,100 円 480 月 老 齢 基 礎 年 金 を 65 歳 前 に 支 給 繰 上 げの 請 求 をすると 繰 り 上 げた 月 数 に 応 じて 1 ヵ 月 当 たり 0.5%が 減 額 される 資 料 にも 記 載 されているが 62 歳 に 達 した 月 に 繰 上 げ 請 求 する と(3 年 =36 月 繰 り 上 げ) 0.5% 36 月 =18% 減 額 されるので 支 給 率 は 82.0%となる したがって 年 金 額 は 次 のようになる 444 月 (ア) 780,100 円 ( 老 齢 基 礎 年 金 満 額 ) 82.0%(ウ)=591,706 円 480 月 (イ) 17

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 27 年 9 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 21 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 2 4 第 7 問 第 2 問 問 22 194( 万 円 ) 問 3 2 問 23 395( 万 円 ) 問 4 1.632(%) 問

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

-1,244= 618 となる 3. 適 切 当 年 の 金 融 資 産 残 高 は 前 年 の 金 融 資 産 残 高 (1+ 運 用 利 率 )± 当 年 の 年 間 収 支 で 求 めることができる 2015 年 の 金 融 資 産 残 高 は 126( 万 円 ) 運 用 利 率 は 1%

-1,244= 618 となる 3. 適 切 当 年 の 金 融 資 産 残 高 は 前 年 の 金 融 資 産 残 高 (1+ 運 用 利 率 )± 当 年 の 年 間 収 支 で 求 めることができる 2015 年 の 金 融 資 産 残 高 は 126( 万 円 ) 運 用 利 率 は 1% 平 成 27 年 9 月 3 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 3 3 1 2 2 1 3 3 1 1 問 11 問 12 問 13 問 14 問 15 問 16 問 17 問 18 問 19 問 20 2 2 3 2 1 3 2

More information

国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます

国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます 平 成 27 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 問 1 判 定 問 2 記 号 ロ ホ チ 問 3 11.0510 22,733( 万 円 ) 30.0554 4151( 万 円 ) 第 2 問 問 4 問 5 問 6 5.32(%) 第 3 問 問 7 記 号 ロ ホ ト 問 8 720( 万 円

More information

本 書 の 特 徴 本 書 はFP 技 能 士 2 級 AFP 実 技 ( 資 産 設 計 提 案 業 務 ) 試 験 合 格 を 支 援 します FP2 級 技 能 士 2 級 AFP 実 技 ( 資 産 ) 試 験 の 特 徴 は 1 実 技 というものの 出 題 形 式 はテーマが 与 えられ

本 書 の 特 徴 本 書 はFP 技 能 士 2 級 AFP 実 技 ( 資 産 設 計 提 案 業 務 ) 試 験 合 格 を 支 援 します FP2 級 技 能 士 2 級 AFP 実 技 ( 資 産 ) 試 験 の 特 徴 は 1 実 技 というものの 出 題 形 式 はテーマが 与 えられ ファイナンシャル プランニング 技 能 士 2 級 AFP 実 技 ( 資 産 ) 予 想 問 題 ( 日 本 FP 協 会 試 験 ) 2016 年 9 月 11 日 試 験 対 応 (2016 年 4 月 1 日 法 令 準 拠 ) 本 書 の 特 徴 本 書 は 2016 年 9 月 の 試 験 に 確 実 に 短 時 間 で 合 格 するための 電 子 書 籍 です 実 技 試 験 合 格

More information

問 題 1 ファイナンシャル プランナーの 顧 客 に 対 する 行 為 に 関 する 次 の 記 述 のうち 職 業 倫 理 や 関 連 法 規 に 照 らし 最 も 不 適 切 なものはどれか 1. 投 資 信 託 の 購 入 について 相 談 を 受 けたファイナンシャル プランナーのAさんは

問 題 1 ファイナンシャル プランナーの 顧 客 に 対 する 行 為 に 関 する 次 の 記 述 のうち 職 業 倫 理 や 関 連 法 規 に 照 らし 最 も 不 適 切 なものはどれか 1. 投 資 信 託 の 購 入 について 相 談 を 受 けたファイナンシャル プランナーのAさんは 学 科 学 科 試 験 解 答 に 当 たっての 注 意 事 項 試 験 問 題 については 特 に 指 示 のない 限 り 平 成 27 年 10 月 1 日 現 在 施 行 の 法 令 等 に 基 づいて 解 答 してください なお 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 対 する 各 種 特 例 については 考 慮 しないものとします 次 の 各 問 について 答 えを1つ 選 び その

More information

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複 平 成 28 年 5 月 3 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 番 号 問 1 問 2 問 3 正 解 3 2 2 < 問 1> 正 解 3 3)の 語 句 の 組 み 合 わせが 適 切 長 女 Cさんは 大 学 生 であるが 大 学 生 であっても 20 歳 に 達 した 日 から 国 民 年 金 に 第 1 号

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250> 税 理 士 試 験 相 続 税 法 の 計 算 は 相 続 税 全 般 に 関 する 理 解 度 を 測 定 するため 個 別 の 財 産 評 価 課 税 価 格 の 算 定 相 続 税 の 総 額 及 び 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 税 額 までの 算 出 を 求 め る 総 合 問 題 となっています 限 られた 制 限 時 間 の 中 で 合 格 点 をとるためには 総 合 問 題

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A>

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A> ライフプラン 関 係 1. 児 童 手 当 の 改 正 ( 平 成 19 年 4 月 実 施 ) 下 記 のように 3 歳 未 満 の 子 は 一 律 10,000 円 に 引 上 げられる 0 歳 ~3 歳 未 満 3 歳 以 上 小 学 校 修 了 前 まで 改 正 後 一 人 につき 10,000 円 第 一 子 第 二 子 は 一 人 につき 5,000 円 第 三 子 以 降 は 一 人

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

は 住 宅 ローンを 組 む 場 合 購 入 物 件 の80%が 融 資 限 度 であることが 多 いためである また これ 以 外 にも 購 入 ( 取 得 ) 時 の 諸 経 費 がかかるため できれば30% 程 度 を 自 己 資 金 で 準 備 できるのが 理 想 である 2 住 宅 ローン

は 住 宅 ローンを 組 む 場 合 購 入 物 件 の80%が 融 資 限 度 であることが 多 いためである また これ 以 外 にも 購 入 ( 取 得 ) 時 の 諸 経 費 がかかるため できれば30% 程 度 を 自 己 資 金 で 準 備 できるのが 理 想 である 2 住 宅 ローン FP3 級 試 験 のポイント 1. FP と 倫 理 1 コンプライアンスとは ( 法 令 等 の) 遵 守 を 意 味 する 言 葉 であり 特 に FP には 社 会 的 に 重 要 な 専 門 的 職 業 としてコンプライアンスを 意 識 した 行 動 が 不 可 欠 である 2 FP は 常 に 顧 客 へのプランニングの 提 案 など プロとしての

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 14-15 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2014 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 生 保 顧 客 資 産 相 談 業 務 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 1ハ 2ニ 3ト 国 民 年 金 の 毎 月 の 保

More information

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 第 1 共 済 年 金 について 1 公 的 年 金 制 度 (1) 公 的 年 金 制 度 の 概 要 わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 全 国 民 は 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) の 加 入 が 義 務 づけられ 国 民 は 共 通 の 基 礎 年 金 を 受 けられる 制 度 になりました それにより

More information

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ 問 1 次 の 設 例 に 基 づき 相 続 の 概 要 に 関 する 以 下 の 設 問 A~Jについて それぞれの 答 えを1~4の 中 か ら1つ 選 んでください < 設 例 > 東 京 都 内 で 飲 食 店 を 営 んでいる 杉 野 和 弘 さん( 以 下 杉 野 さん という)は 将 来 の 相 続 対 策 につ いて 検 討 している 平 成 26 年 6 月 末 の 杉 野 さんの

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正)

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正) 難 易 度 B 平 成 24 年 1 月 実 施 過 去 問 ( 学 科 ) 1.ライフプランニングと 資 金 計 画 問 題 6 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 の 国 民 年 金 からの 遺 族 給 付 に 関 する 次 の 記 述 のうち 最 も 不 適 切 なものはどれか なお 遺 族 には 国 民 年 金 法 の 障 害 等 級 に 該 当 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

配 当 所 得 は 他 の 所 得 と 総 合 し 累 進 税 率 を 適 用 して 税 額 を 計 算 し ますが 一 定 の 上 場 株 式 等 の 配 当 等 については 他 の 所 得 と 分 離 して 税 額 を 計 算 する 申 告 分 離 課 税 を 選 択 することができます ただし

配 当 所 得 は 他 の 所 得 と 総 合 し 累 進 税 率 を 適 用 して 税 額 を 計 算 し ますが 一 定 の 上 場 株 式 等 の 配 当 等 については 他 の 所 得 と 分 離 して 税 額 を 計 算 する 申 告 分 離 課 税 を 選 択 することができます ただし 各 所 得 の 内 容 と 計 算 P26~P55 10 種 類 に 区 分 される 所 得 がどのようなものか また 所 得 金 額 はどのよ うにして 計 算 されるのかを 簡 単 にみてみましょう 1 利 子 所 得 P27 利 子 所 得 とは 預 貯 金 や 公 社 債 の 利 子 合 同 運 用 信 託 公 社 債 投 資 信 託 及 び 公 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準 公 益 財 団 法 人 伊 勢 丹 奨 学 会 大 学 奨 学 生 推 薦 選 考 基 準 [1] 奨 学 生 の 資 格 1. 人 物 学 習 活 動 その 他 生 活 の 全 般 を 通 じて 態 度 行 動 が 学 生 にふさわしく 将 来 良 識 ある 社 会 人 として 活 動 できる 見 込 みがあり かつ 東 京 大 学 一 橋 大 学 横 浜 国 立 大 学 慶 應 義 塾 大 学

More information

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか,

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか, 個 人 再 生 手 続 申 立 てチェックリスト ver4,0 このチェックリストは, 申 立 書 の 作 成 にあたり, 各 項 目 をチェック( 確 認 調 査 検 討 )していくことにより, 申 立 書 を 正 確 に 作 成 するためのものです 各 チェック 項 目 は, 添 付 書 類 一 覧 表 で 提 出 すべき 資 料 としているにもかかわらず, これまで 提 出 忘 れが 多 かったものや,

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926D82C182C493BE82B782E9837D8343837A815B838090DF90C58F7032303133303631368D5D8CCB90EC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926D82C182C493BE82B782E9837D8343837A815B838090DF90C58F7032303133303631368D5D8CCB90EC2E646F63> 税 理 士 が 教 える 知 って 得 するマイホーム 節 税 術 2013 年 度 税 制 改 正 の 概 要 とスケジュール- 家 計 相 続 税 基 礎 控 除 を4 割 圧 縮 相 続 税 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 要 件 緩 和 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 1,500 万 円 まで 非 課 税 (~15 年 12 月 末 ) リフォーム 減 税 の 拡 充 延 長 (~17

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

<874D8265826F82518B898365834C835883678782322D3181A1838983438374>

<874D8265826F82518B898365834C835883678782322D3181A1838983438374> 第 1 節 FPとライフプランニング 1 FPとは (1) ライフプランと 資 金 ニーズ ライフプランとは 自 分 の 夢 や 生 き 甲 斐 を 基 にした 人 生 設 計 のことをいう 就 職 結 婚 子 供 の 誕 生 住 宅 取 得 子 供 の 進 学 子 供 の 独 立 夫 婦 の 老 後 生 活 というように 人 生 はさまざまな 出 来 事 (ライフイベント)の 繰 り 返 しである

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 自 営 業 ( 個 人 事 業 者 ) 決 算 説 明 会 はじめて 決 算 書 を 作 成 される 方 ( 不 動 産 所 得 編 ) 平 成 27 年 1 月 31 日 横 浜 中 青 色 申 告 会 (ご 案 内 ) 税 理 士 飯 田 真 之 自 営 業 者 ( 個 人 事 業 者 ) 決 算 説 明 会 ( 不 動 産 所 得 編 ) 目 次 1.はじめに 確 定 申 告 書 と 決 算

More information

ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 (2) 国 民 年 金 (3) 厚 生 年 金 保 険 (4) 共 済 年 金 (5) 老 齢 給 付 (6) 障 害 給 付 (7) 遺 族 給 付 (8) 併 給 調 整 (9) 離 婚 時 年 金 分 割 (10) 請 求 手 続 6. 企 業

ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 (2) 国 民 年 金 (3) 厚 生 年 金 保 険 (4) 共 済 年 金 (5) 老 齢 給 付 (6) 障 害 給 付 (7) 遺 族 給 付 (8) 併 給 調 整 (9) 離 婚 時 年 金 分 割 (10) 請 求 手 続 6. 企 業 ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 ファイナンシャル プランニング3 級 学 科 試 験 A ライフプランニングと 資 金 計 画 1. ファイナンシャル プランニングと 倫 理 2. ファイナンシャル プランニングと 関 連 法 規 3. ライフプランニングの 考 え 方 手 法 ファイナンシャル プランニングと 倫 理 に 関 し 次 に 掲 げる 事 項 について 詳 細 な 知

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2-

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2- 平 成 18 年 度 CFP 受 験 対 策 ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング サンプル 版 ~ 途 中 でページが 省 略 されている 部 分 があります 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ CFP 試 験 頻 出 ポイント 集 株 式 会 社 住 まいと 保 険 と 資 産 管 理 http://www.fpcom.net http://www.mylifenavi.net

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

第 6 章 控 除 (1) 控 除 1 控 除 の 概 要 控 除 は 各 種 の の 計 算 の 段 階 で 考 慮 されなかった 損 失 や 支 出 について 税 負 担 面 での 調 整 を 行 う 趣 旨 から 設 けられているものである 雑 損 控 除 医 療 費 控 除 社 会 保 険 料 控 除 控 除 の 種 類 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 控 除 趣 旨 担 税 力 の 低

More information

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係 Ⅴ 長 期 給 付 事 業 1 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 は 都 道 府 県 や 市 町 村 の 区 分 や 職 種 の 相 違 によって 適 用 される 制 度 が 異 なっていたものが 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 全 ての 公 務 員 に 通 ずる 統 一 的 な 制

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 贈 与 税 の 概 要 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 税 の 非 課 税 特 例 相 続 時 精 算 課 税 制 度 http://www.up-firm.com 1 贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

平 成 27 年 度 第 2 回 問 2 CFP 認 定 者 にとって ライフプランニングに 関 する 最 新 の 情 報 などに 関 心 をもち 情 報 収 集 して おくことは 大 切 です 以 下 の 設 問 A Bについて それぞれの 答 えを1~4の 中 から1つ 選 んでくださ い (

平 成 27 年 度 第 2 回 問 2 CFP 認 定 者 にとって ライフプランニングに 関 する 最 新 の 情 報 などに 関 心 をもち 情 報 収 集 して おくことは 大 切 です 以 下 の 設 問 A Bについて それぞれの 答 えを1~4の 中 から1つ 選 んでくださ い ( 平 成 27 年 度 第 2 回 問 1 CFP 認 定 者 にとって 業 務 を 行 ううえで 留 意 しなければならないのが 倫 理 観 や 関 連 業 法 の 順 守 で す 以 下 の 設 問 A Bについて それぞれの 答 えを1~4の 中 から1つ 選 んでください ( 問 題 1) ( 設 問 A) 日 本 FP 協 会 が 定 める CFP 認 定 者 の 行 動 規 範 に 関 する

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

あぐり1月号

あぐり1月号 VOL.30 2008/1/1 今 月 号 の 掲 載 内 容 医 療 費 控 除 Q&A 1P~ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 5P~ 今 月 のトピック 確 定 申 告 7P~ 2008 年 税 務 カレンダー 9P あけましておめでとうございます 今 年 もよろしくお 願 い 致 します 清 田 会 計 事 務 所 は 電 子 申 告 を 推 進 しています 当 事 務 所 ホームページも

More information

1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財

1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財 相 続 税 ハンドブック 読 んでトクする 相 続 の 基 本 と 相 続 税 の 話 ご 相 談 は 下 記 電 話 番 号 までご 連 絡 ください 初 回 の 相 談 は 無 料 とさせて 頂 きます TEL 03-5217-2288 FAX 03-5217-2289 千 代 田 税 理 士 法 人 1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 平 成 28 年 度 の 市 民 税 県 民 税 は 前 年 中 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ら 12 月 31 日 まで)の 所 得 を 基 に 計 算 されます この 手 引 きは 市 民 税 県 民 税 申 告 に 関 する 概 略 を 載 せています 手 引 きを 参 考 に 前 年 中 の 所 得 について 期

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j)

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j) 日 経 相 続 フェア(2015.2.27) 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 公 認 会 計 税 理 所 佐 々 木 秀 一 http://www.tokyosogo.jp TEL 03-5299-6181 相 続 税 担 当 事 業 承 継 担 当 清 税 理 有 光 公 認 会 計 士 目 次 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 税 理 法 人 東 京 総 合 会

More information

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定 申 告 書 の 書 き 方 申 告 書 の 各 項 目 に 記 入 してください 給 与 公 的 年 等 の 収 入 があった 人 事 業 や 不 動 産 による 収 入 があった 人 平 成 27 年 中 に 収 入 がなかった 人 申 告 書 表 面 カキ 67 10~21 申 告 書 表 面 アイウ 123 10~21 申 告 書 裏 面 (1)(2)(3) 申 告 書 表 面 16~21 申

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た 3 市 民 税 県 民 税 市 民 税 は 一 般 に 県 民 税 と 合 わせて 住 民 税 ( 市 民 税 県 民 税 )と 呼 ばれ 地 域 社 会 会 費 として 住 民 がそ 能 力 に 応 じて 広 く 負 担 を 分 かち 合 うという 性 格 を 有 する 税 です 市 民 税 には 個 人 が 負 担 する 個 人 市 民 税 と 会 社 などが 負 担 する 法 人 市 民 税

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

目 次 1 相 続 事 業 承 継... 3 (1) 1 贈 与 と 法 律 贈 与 と 税 金 相 続 と 法 律 相 続 と 税 金 相 続 財 産 の 評 価 ( 不 動 産 以 外 )

目 次 1 相 続 事 業 承 継... 3 (1) 1 贈 与 と 法 律 贈 与 と 税 金 相 続 と 法 律 相 続 と 税 金 相 続 財 産 の 評 価 ( 不 動 産 以 外 ) 2 級 FP 技 能 検 定 過 去 問 題 & 解 説 集 著 者 杉 山 明 目 次 1 相 続 事 業 承 継... 3 (1) 1 贈 与 と 法 律... 3 1.2 2 贈 与 と 税 金... 3 1.3 2 相 続 と 法 律... 8 1.4 4 相 続 と 税 金... 11 1.5 2 相 続 財 産 の 評 価 ( 不 動 産 以 外 )... 22 1.6 1 相 続 財

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

の 土 地 の 取 引 価 格 の 指 標 となり 公 共 事 業 用 地 の 取 得 価 格 算 定 の 基 準 ともなる 12 基 準 地 標 準 価 格 は 都 道 府 県 が 毎 年 7 月 1 日 を 基 準 日 として9 月 下 旬 頃 に 発 表 する 公 示 価 格 の 補 完 とな

の 土 地 の 取 引 価 格 の 指 標 となり 公 共 事 業 用 地 の 取 得 価 格 算 定 の 基 準 ともなる 12 基 準 地 標 準 価 格 は 都 道 府 県 が 毎 年 7 月 1 日 を 基 準 日 として9 月 下 旬 頃 に 発 表 する 公 示 価 格 の 補 完 とな FP3 級 試 験 対 策 とポイント < 不 動 産 > 1. 不 動 産 の 見 方 1 更 地 とは 建 物 等 が 建 っておらず 所 有 者 が 自 由 に 使 用 できる 未 利 用 の 状 態 の 土 地 の ことである 2 建 付 地 とは 建 物 等 の 敷 地 になっている 土 地 で 建 物 等 とその 敷 地 の 所 有 者 が 同 じで かつその 所 有 者 により 使 用

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

修 繕 基 本 融 資 額 補 修 資 金 引 方 移 転 資 金 整 地 資 金 730 万 円 440 万 円 440 万 円 引 方 移 転 資 金 と 整 地 資 金 の 両 方 を 利 用 する 場 合 は 合 計 で 440 万 円 が 限 度 となる 引 方 移 転 資 金 および 整

修 繕 基 本 融 資 額 補 修 資 金 引 方 移 転 資 金 整 地 資 金 730 万 円 440 万 円 440 万 円 引 方 移 転 資 金 と 整 地 資 金 の 両 方 を 利 用 する 場 合 は 合 計 で 440 万 円 が 限 度 となる 引 方 移 転 資 金 および 整 三 訂 版 住 宅 ローン 相 談 マニュアル 補 遺 1 平 成 28 年 6 月 ビジネス 教 育 出 版 社 三 訂 版 住 宅 ローン 相 談 マニュアル をご 購 入 いただきありがとうございます 住 宅 ローンに 関 する 改 正 情 報 等 を 下 記 のとおりお 知 らせさせていただきます 記 1.マイナンバー 制 度 ( 関 連 ページ 5 6 10 31 ページ) (1) 平 成

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算 7. 損 益 通 算 繰 越 控 除 損 益 通 算 の 対 象 となる 損 失 原 則 不 動 産 所 得 事 業 所 得 山 林 所 得 譲 渡 所 得 に 生 じた 損 失 ( 赤 字 ) 一 定 の 順 序 によって 他 の 黒 字 の 所 得 から 控 除 して 相 殺 できる これら4つ 以 外 の 所 得 は 赤 字 でも 控 除 できない 例 外 損 益 通 算 できる 所 得 の

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

Microsoft Word - ☆f.doc

Microsoft Word - ☆f.doc 第 1 問 問 1 正 解 2 6,000 千 円 給 与 所 得 の 金 額 は 次 の 式 より 求 める 給 与 所 得 の 金 額 = 収 入 金 額 - 給 与 所 得 控 除 額 まず 給 与 所 得 控 除 額 を 設 例 の 中 の 速 算 表 から 求 め 次 に 上 記 計 算 式 より 給 与 所 得 控 除 後 の 金 額 を 求 めることになる 給 与 所 得 控 除 額

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378> 平 成 21 年 9 月 27 日 社 会 保 険 労 務 士 栗 原 勝 遺 族 の 年 金 について 遺 族 給 付 の 種 類 給 付 の 種 類 死 亡 した 人 の 要 件 遺 族 の 範 囲 遺 族 基 礎 年 金 11 被 保 険 者 の 死 亡 12 被 保 険 者 であった 方 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 の 死 亡 3

More information

一 部 が 含 まれていても 他 の 要 件 を 満 たせば 当 該 他 人 の 土 地 の 一 部 の 所 有 権 を 時 効 によって 取 得 することができる ( ) 3 時 効 期 間 は 時 効 の 基 礎 たる 事 実 が 開 始 された 時 を 起 算 点 としなければなら ず 時 効

一 部 が 含 まれていても 他 の 要 件 を 満 たせば 当 該 他 人 の 土 地 の 一 部 の 所 有 権 を 時 効 によって 取 得 することができる ( ) 3 時 効 期 間 は 時 効 の 基 礎 たる 事 実 が 開 始 された 時 を 起 算 点 としなければなら ず 時 効 2010 年 度 [ 問 1] 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 し いものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していな い 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同 意 は 必 要 な い ( ) 2 成 年

More information

Microsoft PowerPoint - tap2014_03

Microsoft PowerPoint - tap2014_03 用 語 説 明 2014 年 度 3 学 期 専 門 科 目 タックス プランニング Ⅲ 納 税 義 務 者 利 子 ~ 配 当 所 得 村 上 裕 太 郎 控 除 : 収 入 あるいは 所 得 から 引 くこと 源 泉 徴 収 : 受 取 前 に 税 金 を 前 もって 引 かれること 総 合 課 税 :あとで 他 の 所 得 と 合 算 される 分 離 課 税 : 他 の 所 得 とは 合 算

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F> 退 職 後 の 年 金 手 続 きガイド ~ 年 金 加 入 や 年 金 受 取 りのために~ 退 職 後 の 年 金 加 入 1 退 職 後 の 年 金 の 受 取 り 6 年 金 相 談 サービス 10 ( 参 考 1) 退 職 後 の 医 療 保 険 12 ( 参 考 2) 退 職 と 年 金 健 康 保 険 の 手 続 き 15 http://www.nenkin.go.jp/ 日 本 年

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information