改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を"

Transcription

1 別 記 8 (その4) 非 木 造 建 物 Ⅰ 移 転 料 積 算 基 準 ( 通 則 ) 第 1 本 基 準 は 非 木 造 建 物 Ⅰ ( 以 下 非 木 造 建 物 という )の 移 転 料 を 積 算 するための 方 法 を 示 すものである なお 非 木 造 建 物 Ⅱ の 移 転 料 積 算 についても これを 準 用 するものとする ( 移 転 料 ) 第 2 非 木 造 建 物 の 移 転 料 は 次 式 により 算 出 するものとする なお 移 転 料 の 計 算 については 仕 様 書 様 式 第 24 号 によるものとする 1 再 築 工 法 による 場 合 (イ) 構 外 再 築 構 内 再 築 ( 従 前 建 物 と 同 種 同 等 )の 場 合 再 築 工 事 費 + 取 りこわし 工 事 費 整 地 費 を 含 む + 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 - 発 生 材 価 額 再 築 工 事 費 : 建 物 の 推 定 再 建 築 費 再 築 補 償 率 (ロ) 構 内 再 築 ( 照 応 建 物 )の 場 合 ( 照 応 建 物 の 推 定 再 建 築 費 - 従 前 建 物 の 推 定 再 建 築 費 ) + 従 前 建 物 の 再 築 工 事 費 + 取 りこわし 工 事 費 整 地 費 を 含 む + 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 - 発 生 材 価 額 従 前 建 物 の 再 築 工 事 費 : 従 前 建 物 の 推 定 再 建 築 費 再 築 補 償 率 (ロ) 1 照 応 建 物 の 推 定 再 建 築 費 が 従 前 建 物 の 推 定 再 建 築 費 を 下 回 る 場 合 従 前 建 物 の 現 在 価 額 +( 照 応 建 物 の 推 定 再 建 築 費 - 従 前 建 物 の 現 在 価 額 ) 運 用 益 損 失 額 率 + 取 りこわし 工 事 費 整 地 費 を 含 む + 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 - 発 生 材 価 額 従 前 建 物 の 現 在 価 額 : 従 前 建 物 の 推 定 再 建 築 費 現 価 率 運 用 益 損 失 額 率 :1-1 (n: 従 前 建 物 の 残 耐 用 年 数 r: 年 利 率 ) (1 + r) n (ロ) 2 照 応 建 物 の 推 定 再 建 築 費 が 従 前 建 物 の 推 定 再 建 築 費 を 下 回 り かつ 従 前 建 物 の 現 在 価 額 をも 下 回 る 場 合 従 前 建 物 の 現 在 価 額 + 取 りこわし 工 事 費 整 地 費 を 含 む + 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 - 発 生 材 価 額 従 前 建 物 の 現 在 価 額 : 従 前 建 物 の 推 定 再 建 築 費 現 価 率 (ハ) 一 部 改 造 の 場 合 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 再 築 工 事 費 1 + 切 取 工 事 費 整 地 費 を 含 む + 改 造 費 の 一 部 + 法 令 改 造 費 の 運 用 益 損 失 額 - 発 生 材 価 額 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 再 築 工 事 費 : 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 再 築 補 償 率 Ⅱ 8 141

2 改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 をいう ( 必 要 に 応 じて 行 う 残 地 側 切 取 部 分 も 含 む ) 2 改 造 のために 新 たに 増 改 築 する 部 分 をいう 2 曳 家 工 法 による 場 合 曳 家 工 事 費 整 地 費 を 含 む + 補 修 等 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 ただし 次 の 要 件 に 該 当 する 鉄 骨 造 建 物 及 び 鉄 筋 コンクリート 造 建 物 の 場 合 別 紙 1の 算 定 式 による ことができる (イ) 鉄 骨 増 建 物 軸 部 鋼 材 の 肉 厚 が9mm 未 満 の 建 物 で 階 数 が 三 階 建 以 下 各 階 の 高 さが 4.5m 未 満 又 はスパン 10m 未 満 ( 無 柱 )の 建 物 (ロ) 鉄 筋 コンクリート 造 建 物 四 階 建 以 下 で 地 階 及 び 搬 送 設 備 (エレベーター エスカレーター 等 )のない 建 物 3 改 造 工 法 による 場 合 切 取 工 事 費 整 地 費 を 含 む + 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む + 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 - 発 生 材 価 額 4 除 却 工 法 による 場 合 (イ) 建 物 の 一 部 を 切 取 る 場 合 切 取 部 分 の 現 在 価 額 + 切 取 工 事 費 整 地 費 を 含 む + 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 - 発 生 材 価 額 切 取 部 分 の 現 在 価 額 : 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 現 価 率 (ロ) 建 物 を 再 現 する 必 要 がない 場 合 建 物 の 現 在 価 額 + 取 りこわし 工 事 費 整 地 費 を 含 む - 発 生 材 価 額 建 物 の 現 在 価 額 : 従 前 建 物 の 推 定 再 建 築 費 現 価 率 5 復 元 工 法 による 場 合 解 体 工 事 費 整 地 費 を 含 む + 運 搬 費 + 復 元 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む - 発 生 材 価 額 ( 再 築 補 償 率 等 ) 第 3 再 築 補 償 率 経 過 年 数 標 準 耐 用 年 数 実 耐 用 年 数 及 び 現 価 率 については 次 によるものとする 1 再 築 補 償 率 は 次 式 により 算 出 するものとする ただし 実 耐 用 年 数 が 標 準 耐 用 年 数 と 異 なる 場 合 は 式 中 の 標 準 耐 用 年 数 を 実 耐 用 年 数 に 置 き 換 えるものとする なお 次 式 による 再 築 補 償 率 表 は 別 紙 2による Ⅱ 8 142

3 再 築 補 償 率 n n ) (0.8 ) (1 N N (1 r) ( N n N: 標 準 耐 用 年 数 n: 経 過 年 数 r: 年 利 率 (%) ) 2 経 過 年 数 は 当 該 建 物 の 建 築 年 度 からの 経 過 年 度 数 とする 3 標 準 耐 用 年 数 は 次 によるものとする ただし 当 該 建 物 が 標 準 耐 用 年 数 と 異 なる 場 合 は 実 耐 用 年 数 を 把 握 するものとする 建 物 の 構 造 建 物 の 用 途 工 場 及 び 倉 庫 ( 塩 素 塩 酸 硝 酸 等 の 腐 食 性 を 有 する 液 体 又 は 気 体 を 使 用 しているもの) 工 場 及 び 倉 庫 ( 一 般 的 なもの) 市 場 その 他 これら に 類 するもの 旅 館 ホテル 百 貨 店 劇 場 飲 食 店 その 他 こ れに 類 するもの 事 務 所 住 宅 アパート 店 舗 病 院 学 校 そ の 他 これに 類 するもの 鉄 筋 コンクリート れんが 造 コンク 鉄 骨 ( 肉 厚 9 mm 以 鉄 骨 造 ( 肉 厚 4 mm 鉄 骨 造 ( 肉 厚 9 mm 造 鉄 骨 鉄 筋 コン リートブロック 造 上 主 としてH 型 以 下 軽 量 鉄 骨 ~4 mm) クリート 造 石 造 構 造 ) 造 ) 40 年 35 年 40 年 35 年 30 年 65 年 55 年 60 年 50 年 45 年 80 年 65 年 70 年 60 年 50 年 90 年 70 年 80 年 60 年 55 年 4 実 耐 用 年 数 は 次 式 による なお 残 耐 用 年 数 については 専 門 家 の 意 見 等 により 把 握 するものとする 実 耐 用 年 数 = 経 過 年 数 + 残 耐 用 年 数 5 現 価 率 は 次 式 により 算 出 するものとする ( 小 数 点 第 4 位 四 捨 五 入 )ただし 実 耐 用 年 数 が 標 準 耐 用 年 数 と 異 なる 場 合 は 式 中 の 標 準 耐 用 年 数 を 実 耐 用 年 数 に 置 換 えるものとする なお 現 価 率 表 は 別 紙 3による 現 価 率 = 経 過 年 数 標 準 耐 用 年 数 ( 取 りこわし 工 事 費 ) 第 4 取 りこわし 工 事 費 は 次 式 により 算 出 するものとする 取 りこわし 工 事 費 = 直 接 工 事 費 ( 解 体 工 事 費 )+ 共 通 仮 設 費 + 運 搬 費 + 諸 経 費 + 廃 材 処 分 費 取 りこわし 工 事 費 取 りこわし 純 工 事 費 直 接 工 事 費 解 体 工 事 費 共 通 仮 設 費 運 搬 費 諸 経 費 廃 材 処 分 費 Ⅱ 8 143

4 1 解 体 工 事 費 建 物 の 解 体 は 次 式 による なお 内 部 造 作 等 ( 造 作 小 屋 組 外 壁 等 )の 解 体 には 廃 材 の 積 込 み 費 が 含 まれないため 別 途 加 算 するものとする 解 体 工 事 費 = 仮 設 工 事 + 直 接 解 体 (く 体 基 礎 内 部 造 作 等 建 築 設 備 等 )+ 積 込 み 費 注 1: 基 礎 の 解 体 は 地 中 部 分 までの 解 体 を 含 む 基 礎 撤 去 の 義 務 を 課 さない 場 合 は この 項 目 を 計 上 しない 注 2: 建 築 設 備 のうち 業 務 用 エアコン 冷 蔵 冷 凍 庫 が 解 体 の 対 象 となる 場 合 は フロン 回 収 破 壊 法 ( 特 定 製 品 に 係 るフロン 類 の 回 収 及 び 破 壊 の 実 施 の 確 保 等 に 関 する 法 律 )に 基 づき それ らの 機 器 の 廃 棄 に 際 してフロン 類 を 回 収 業 者 に 引 き 渡 すことが 義 務 付 けられていることか ら 別 途 フロン 回 収 工 事 費 を 計 上 するものとする 2 建 物 解 体 等 に 伴 う 廃 材 量 (イ) 建 物 解 体 等 に 伴 う 廃 材 量 建 物 解 体 等 に 伴 う 廃 材 量 の 認 定 は 次 式 による なお 建 物 解 体 に 伴 い 工 作 物 の 移 転 や 撤 去 が 発 生 する 場 合 には 工 作 物 からの 廃 材 量 についても 建 物 の 解 体 に 含 めるものとする 廃 材 量 = ( 用 途 規 模 毎 の 廃 材 組 成 率 建 物 延 床 面 積 )( 注 1) + 工 作 物 からの 廃 材 量 ( 注 1):ただし がれき 類 及 び 金 属 くず 並 びに 有 価 材 については 以 下 の 式 による ( 用 途 規 模 毎 の 統 計 数 量 を 基 に 算 定 した 組 成 量 廃 材 組 成 率 ) 非 木 造 建 物 Ⅰ の 解 体 工 事 に 伴 い 排 出 される 廃 棄 物 組 成 率 及 び 廃 材 量 は 次 式 を 標 準 とする 鉄 骨 造 単 位 :m3/m2( 有 価 材 のみ:t/m2) 用 途 延 面 積 50m2 以 上 100m2 以 上 200m2 以 上 300m2 以 上 500m2 以 上 1000m2 以 上. 3000m2 以 上 組 成 名 50m2 未 満 100m2 未 満 200m2 未 満 300m2 未 満 500m2 未 満 1000m2 未 満 2000m2 未 満 3000m2 未 満 住 宅 木 くず 鉄 骨 造 単 位 :m3/m2( 有 価 材 のみ:t/m2) 用 途 延 面 積 50m2 以 上 100m2 以 上 200m2 以 上 300m2 以 上 500m2 以 上 1000m2 以 上 2000m2 以 上 3000m2 以 上 組 成 名 50m2 未 満 100m2 未 満 200m2 未 満 300m2 未 満 500m2 未 満 1000m2 未 満 2000m2 未 満 3000m2 未 満 店 舗 木 くず 事 務 所 がれき 類 (コンクリート) 金 属 くず 廃 フ ラスチック 石 膏 ホ ート カ ラスくず 混 合 廃 棄 物 床 仕 上 材 (たたみ) 有 価 材 ( 鉄 骨 ) がれき 類 (コンクリート) 金 属 くず 廃 フ ラスチック 石 膏 ホ ート カ ラスくず 混 合 廃 棄 物 床 仕 上 材 (たたみ) 有 価 材 ( 鉄 骨 ) 統 計 数 量 値 (コンクリート) 3.73 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t ) 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t ) 0.88 統 計 数 量 値 (コンクリート) 4.16 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t ) 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t ) 鉄 骨 造 Ⅱ 単 位 :m3/m2( 有 価 材 のみ:t/m2) 用 途 延 面 積 50m2 以 上 100m2 以 上 200m2 以 上 300m2 以 上 500m2 以 上 1000m2 以 上 2000m2 以 上 3000m2 以 上 組 成 名 50m2 未 満 100m2 未 満 200m2 未 満 300m2 未 満 500m2 未 満 1000m2 未 満 2000m2 未 満 3000m2 未 満 工 場 木 くず 倉 庫 がれき 類 (コンクリート) 金 属 くず 廃 フ ラスチック 石 膏 ホ ート カ ラスくず 有 価 材 ( 鉄 骨 ) 統 計 数 量 値 (コンクリート) 4.54 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t ) 混 合 廃 棄 物 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t )

5 鉄 筋 コンクリート 造 単 位 :m3/m2 用 途 延 面 積 100m2 以 上 200m2 以 上 300m2 以 上 500m2 以 上 1000m2 以 上 2000m2 以 上 3000m2 以 上 組 成 名 100m2 未 満 200m2 未 満 300m2 未 満 500m2 未 満 1000m2 未 満 2000m2 未 満 3000m2 未 満 住 宅 木 くず がれき 類 (コンクリート) 金 属 くず 廃 フ ラスチック 石 膏 ホ ート カ ラスくず 混 合 廃 棄 物 床 仕 上 材 (たたみ) 統 計 数 量 値 (コンクリート) 2.54 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t ) 鉄 筋 コンクリート 造 単 位 :m3/m2 用 途 延 面 積 100m2 以 上 200m2 以 上 300m2 以 上 500m2 以 上 1000m2 以 上 2000m2 以 上 3000m2 以 上 組 成 名 100m2 未 満 200m2 未 満 300m2 未 満 500m2 未 満 1000m2 未 満 2000m2 未 満 3000m2 未 満 店 舗 木 くず 事 務 所 がれき 類 (コンクリート) 金 属 くず 廃 フ ラスチック 石 膏 ホ ート カ ラスくず 混 合 廃 棄 物 床 仕 上 材 (たたみ) 統 計 数 量 値 (コンクリート) 2.54 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t ) 軽 量 鉄 骨 造 単 位 :m3/m2( 有 価 材 のみ:t/m2) 用 途 延 面 積 50m2 以 上 100m2 以 上 200m2 以 上 300m2 以 上 500m2 以 上 1000m2 以 上 組 成 名 50m2 未 満 100m2 未 満 200m2 未 満 300m2 未 満 500m2 未 満 1000m2 未 満 住 宅 木 くず 軽 量 鉄 骨 造 がれき 類 (コンクリート) 金 属 くず 廃 フ ラスチック 石 膏 ホ ート カ ラスくず 混 合 廃 棄 物 床 仕 上 材 (たたみ) 有 価 材 ( 鉄 骨 ) 統 計 数 量 値 (コンクリート) 2.94 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t ) 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t ) 単 位 :m3/m2( 有 価 材 のみ:t/m2) 用 途 延 面 積 50m2 以 上 100m2 以 上 200m2 以 上 300m2 以 上 500m2 以 上 1000m2 以 上 組 成 名 50m2 未 満 100m2 未 満 200m2 未 満 300m2 未 満 500m2 未 満 1000m2 未 満 店 舗 木 くず 事 務 所 軽 量 鉄 骨 造 がれき 類 (コンクリート) 金 属 くず 廃 フ ラスチック 石 膏 ホ ート カ ラスくず 混 合 廃 棄 物 有 価 材 ( 鉄 骨 ) 統 計 数 量 値 (コンクリート) 4.98 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t ) 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t ) 単 位 :m3/m2( 有 価 材 のみ:t/m2) 用 途 延 面 積 50m2 以 上 100m2 以 上 200m2 以 上 300m2 以 上 500m2 以 上 1000m2 以 上 組 成 名 50m2 未 満 100m2 未 満 200m2 未 満 300m2 未 満 500m2 未 満 1000m2 未 満 工 場 木 くず 倉 庫 がれき 類 (コンクリート) 金 属 くず 廃 フ ラスチック 石 膏 ホ ート カ ラスくず 混 合 廃 棄 物 有 価 材 ( 鉄 骨 ) 統 計 数 量 値 (コンクリート) 5.55 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t ) 統 計 数 量 値 ( 鉄 骨 t ) 0.88 備 考 1. 本 表 は 非 木 造 建 物 一 棟 毎 に 適 用 する 2. 本 表 に 記 載 している 統 計 数 量 値 は 仕 様 書 ( 別 記 8(その2) 非 木 造 建 物 Ⅰ 数 量 計 測 基 準 )による 統 計 数 量 を 基 に 算 定 した 数 値 のことである Ⅱ 8 145

6 1)コンクリートの 廃 材 量 の 基 礎 数 量 である 統 計 数 量 を 基 に 算 定 した 数 値 とは 鉄 骨 造 及 び 軽 量 鉄 骨 造 では 土 工 ( 基 礎 ) 関 係 統 計 数 量 表 の 工 種 基 礎 コンクリート 鉄 筋 コン クリート 造 では く 体 コンクリート 量 等 関 係 統 計 数 量 表 の 種 別 コンクリート を 基 に 算 定 した 数 値 である 2) 金 属 くずの 廃 材 量 の 基 礎 数 量 である 統 計 数 量 を 基 に 算 定 した 数 値 とは 鉄 骨 造 及 び 軽 量 鉄 骨 造 では く 体 鉄 骨 量 関 係 統 計 数 量 表 の 鉄 骨 量 鉄 筋 コンクリート 造 では く 体 コンクリート 量 等 関 係 統 計 数 量 表 の 種 別 鉄 筋 を 基 にした 数 値 である 3) 有 価 材 ( 鉄 骨 )の 廃 材 量 の 基 礎 数 量 である 統 計 数 量 を 基 に 算 定 した 数 値 とは 鉄 骨 造 及 び 軽 量 鉄 骨 造 の く 体 鉄 骨 量 関 係 統 計 数 量 表 の 鉄 骨 量 を 基 にした 数 値 である 3. 金 属 くずには 有 価 材 ( 鉄 骨 )を 除 く 鉄 骨 アルミを 含 む 有 価 材 を 除 く 鉄 骨 とは 非 木 造 建 物 を 構 成 する 鉄 骨 総 量 の20%をいう 鉄 骨 総 量 とは 統 計 数 量 に 含 まれないデッキプレート 材 料 製 品 工 具 等 の 収 納 棚 歩 行 ( 点 検 ) 路 等 の 造 作 及 び 仕 上 に 係 る 鉄 骨 等 を 加 算 したものである 4.コンクリートには 統 計 数 量 に 含 まれない 土 間 コンクリート 仕 上 に 係 るコンクリート 等 を 加 算 したものである 5. 明 らかに 存 在 しない 組 成 ( 例 :たたみ)は 計 上 しないものとする 6. 複 合 用 途 の 非 木 造 建 物 の 場 合 は 原 則 として 最 も 床 面 積 の 多 い 用 途 を 本 表 において 適 用 するものとする 7. 本 表 は 非 木 造 建 物 の 地 中 部 分 ( 基 礎 部 分 )を 含 むものであり 基 礎 撤 去 の 有 無 等 により 地 中 部 分 と 地 表 部 分 とを 分 別 する 必 要 がある 場 合 は (ロ) 基 礎 解 体 (コンクリート 並 びに 金 属 くず) によるものとする 8. 本 表 になじまない 非 木 造 建 物 は 別 途 算 定 するものとする 9. 有 価 材 ( 鉄 骨 )は 鉄 骨 総 量 の80%を 計 上 しているが 有 価 材 を 発 生 材 とするか 否 かは 個 別 に 判 断 するものとする 10. 本 表 で 算 出 された 廃 材 量 は 建 物 解 体 工 事 による 空 隙 を 含 むみかけの 容 積 ( 有 価 材 鉄 骨 は 除 く)である (ロ) 基 礎 解 体 (コンクリート 並 びに 金 属 くず) 上 記 (イ)の 表 は 地 中 部 分 も 含 むすべての 廃 材 量 である (ただし 栗 石 地 階 は 除 く ) したがって 補 償 金 積 算 上 地 中 部 分 と 地 上 部 分 とに 分 別 する 必 要 がある 場 合 は 地 中 部 分 の 廃 材 量 を 以 下 の 統 計 数 量 値 により 算 定 するものとする この 場 合 の 数 量 は 空 隙 を 含 むものとし 設 計 数 量 にコンク リートは 空 隙 率 を 乗 じた 数 量 金 属 くずは 重 量 換 算 値 を 乗 じた 数 量 とする また 建 物 敷 地 に 残 地 が 生 じる 場 合 は 基 礎 数 量 算 定 対 象 の 床 面 積 で 按 分 し 算 定 する なお 地 中 部 分 の 廃 材 量 について 実 数 量 の 把 握 が 可 能 な 場 合 は その 実 数 量 ( 空 隙 を 含 む)を 計 上 す るものとする i. 鉄 骨 造 及 び 軽 量 鉄 骨 造 1) コンクリート 数 量 (m3)=( 基 礎 コンクリート+ 捨 てコンクリート) 2.02( 空 隙 率 ) 2) 金 属 くず 数 量 (m3) =( 基 礎 コンクリートの 鉄 筋 数 量 t ) 3.45( 重 量 換 算 値 ) ii. 鉄 筋 コンクリート 造 1)コンクリート 数 量 (m3)=( 基 礎 コンクリート+ 捨 てコンクリート) 2.02( 空 隙 率 ) 2) 金 属 くず 数 量 (m3) =( 基 礎 コンクリートの 鉄 筋 数 量 t ) 3.45( 重 量 換 算 値 ) iii. 土 間 コンクリート 等 の 統 計 数 量 に 含 まれないもので 移 転 義 務 を 課 さない 場 合 は これらの 実 数 値 に 工 作 物 移 転 料 積 算 基 準 第 5 2の 空 隙 率 を 乗 じた 数 量 とする Ⅱ 8 146

7 (ハ) 廃 材 量 の 算 定 方 法 廃 材 量 の 算 定 は 次 式 によるものとする なお 端 数 処 理 は 計 算 結 果 の 小 数 点 以 下 第 三 位 を 四 捨 五 入 するものとする 地 中 部 分 を 含 む( 地 階 等 を 除 く) 廃 材 量 (m3)=(イ) 建 物 解 体 等 に 伴 う 廃 材 量 地 中 部 分 を 除 く 廃 材 量 (m3)=(イ) 建 物 解 体 等 に 伴 う 廃 材 量 - (ロ) 基 礎 解 体 3 運 搬 費 運 搬 費 の 算 定 は 木 造 建 物 Ⅰ 移 転 料 積 算 基 準 第 43に 準 じて 算 定 する 4 廃 材 処 分 費 廃 材 処 分 費 の 算 定 は 廃 棄 物 の 組 成 毎 に 次 式 による 廃 材 処 分 費 = 廃 材 量 単 価 : 廃 材 処 分 単 価 について 地 域 の 実 情 にそぐわない 場 合 は 別 途 認 定 するものとする 廃 材 量 は 解 体 工 事 による 空 隙 を 含 むみかけの 容 積 である 廃 材 処 分 単 価 が がれき 類 金 属 くずなど 重 量 あたり 単 価 となっている 場 合 は 次 表 の 換 算 率 をもって 廃 材 量 を 換 算 のうえ 算 定 するものとする みかけの 容 積 (m3) みかけの 容 積 (m3)とは 実 数 値 (m3) 空 隙 率 ただし 金 属 くずは 実 数 値 (t) 重 量 換 算 値 である 木 造 建 物 Ⅰ 移 転 料 積 算 基 準 第 4 2 (イ) 表 非 木 造 建 物 Ⅰ 第 4 2 (イ) 表 はすべてみかけの 容 量 (m3)である ただし 有 価 材 は 除 く 非 木 造 建 物 の 空 隙 率 及 び 重 量 換 算 値 は 次 表 のとおりである 重 量 換 算 単 位 :m3/t 組 成 名 木 く ず が れ き 類 金 属 く ず 屋 根 葺 材 ガ ラ ス く ず 廃 プ ラ 混 合 廃 棄 物 石 膏 ボ ー ド 床 仕 上 材 摘 要 換 算 値 空 隙 率 ( 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 ) 第 5 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 は 既 存 不 適 各 物 件 ( 法 令 違 反 が 明 らかな 違 法 建 築 物 を 除 く)を 対 象 に 次 式 により 算 出 するものとする 1 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 S 1 (1 r) ( n S: 既 設 の 施 設 を 法 令 の 規 定 に 適 合 させるために 必 要 となる 最 低 限 の 改 善 費 用 (イ) 既 設 の 施 設 の 構 造 変 更 を 伴 う 場 合 Ⅱ )

8 既 設 の 施 設 と 同 等 の 機 能 を 有 する 施 設 ( 照 応 建 物 )の 推 定 再 建 築 費 - 既 設 の 施 設 の 推 定 再 建 築 費 (ロ) 設 備 の 新 増 設 を 伴 う 場 合 新 増 設 する 設 備 の 推 定 設 置 費 - 既 設 の 設 備 の 推 定 設 置 費 (ハ) 設 定 の 面 積 が 増 加 する 場 合 ( 既 設 の 施 設 の 推 定 再 建 築 費 既 設 の 施 設 面 積 ) 増 加 面 積 r: 年 利 率 (%) n: 施 設 の 移 転 の 時 から 法 令 の 規 定 に 基 づき 改 善 を 必 要 とする 時 期 までの 期 間 ( 年 ) 上 記 (n)の 取 り 扱 いについては 次 のとおりとする (イ) 建 物 については 残 耐 用 年 数 とする また 建 築 設 備 建 物 附 随 工 作 物 についても 建 物 の 残 耐 用 年 数 とする ただし 建 築 設 備 建 物 附 随 工 作 物 が 単 独 で 支 障 となる 場 合 で 補 償 上 減 耗 を 考 慮 しない 物 件 は 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 を 補 償 しない (ロ) 工 作 物 については 機 械 工 作 物 等 で 減 耗 を 考 慮 して 補 償 する 物 件 については 財 務 省 令 等 による 耐 用 年 数 を 基 準 とした 残 耐 用 年 数 とする ただし 補 償 上 減 耗 を 考 慮 しない 場 合 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 を 補 償 しない 法 令 等 による 改 善 規 制 の 例 建 築 基 準 法 による 防 火 規 制 防 火 区 域 準 防 火 区 域 の 建 築 物 構 造 制 限 主 要 構 造 部 ( 壁 柱 床 梁 屋 根 階 段 )の 耐 火 構 造 もしくは 準 耐 火 構 造 への 変 更 防 火 戸 等 の 設 置 参 考 現 在 の 建 物 が 防 火 準 防 火 区 域 にある 場 合 の 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 の 補 償 の 可 否 従 前 地 三 者 契 約 の 場 合 任 意 契 約 の 場 合 防 火 準 防 火 地 域 防 火 準 防 火 地 域 防 火 準 防 火 地 域 非 防 火 非 準 防 火 地 域 非 防 火 非 準 防 火 地 域 防 火 準 防 火 地 域 非 防 火 非 準 防 火 地 域 非 防 火 非 準 防 火 地 域 防 火 区 域 内 の 建 物 を 構 内 再 築 工 法 で 認 定 した 場 合 の 計 算 例 (A) (B) (C) 従 前 建 物 (A)100 照 応 建 物 (B)120 補 償 額 = 従 前 建 物 の 再 築 補 償 額 1 + 改 造 に 伴 う 費 用 の 補 償 2 + (B)を 法 令 改 善 した 建 物 (C)135 法 令 改 善 費 用 の 運 用 益 損 失 額 の 補 償 3 = (A) 再 築 補 償 率 1 + (B) - (A) 2 + {(C) - (B)} n {1-1/(1+r) } 3 = 100 再 築 補 償 率 { } {1-1/(1+r) } n ( 発 生 材 価 額 ) 第 6 発 生 材 価 額 は 建 物 調 査 等 により 発 生 材 として 計 上 する 必 要 があると 判 断 されるものについて 個 別 に 積 算 するものとする Ⅱ 8 148

9 ( 単 価 等 ) 第 7 補 償 金 の 積 算 に 用 いる 単 価 等 は 次 によるものとする なお 各 種 単 価 は 消 費 税 抜 きの 単 価 である しかし 消 費 税 込 みで 単 価 形 成 されている 場 合 は 消 費 税 込 みの 単 価 に 108 分 の 100 を 乗 じた 額 を 消 費 税 抜 きの 単 価 とする 1 労 務 単 価 資 材 単 価 及 び 複 合 単 価 は 原 則 として 損 失 補 償 算 定 標 準 書 によるものとする 2 1により 難 い 場 合 またはこれに 掲 載 されていない 場 合 は 次 によるものとする (イ) 労 務 単 価 は 建 設 物 価 ( 財 ) 建 設 物 価 調 査 会 に 掲 載 されている 単 価 とする (ロ) 資 材 単 価 及 び 複 合 単 価 は 建 設 物 価 ( 財 ) 建 設 物 価 調 査 会 積 算 資 料 ( 財 ) 経 済 調 査 会 積 算 ポケット 手 帳 ( 株 ) 建 築 資 料 研 究 社 及 びこれらと 同 等 であると 認 められる 公 刊 物 に 記 載 されて いる 単 価 ( 以 下 単 価 資 料 という)とする ただし これにより 難 い 場 合 は 専 門 業 者 の 資 料 価 格 及 び 専 門 業 者 の 見 積 価 格 による 単 価 とする なお 複 合 単 価 及 び 合 成 単 価 の 端 数 処 理 は 次 に よるものとする 単 価 端 数 処 理 の 方 法 100 円 未 満 1 円 未 満 切 り 捨 て 100 円 以 上 10,000 円 未 満 10 円 未 満 切 り 捨 て 10,000 円 以 上 100 円 未 満 切 り 捨 て 3 2(ロ)の 単 価 資 料 における 価 格 の 適 用 については 積 算 対 象 物 件 ( 工 事 が 同 時 に 同 一 業 者 に 発 注 される 複 数 の 物 件 がある 場 合 は その 全 部 の 物 件 とする )の 当 該 資 材 の 使 用 料 または 施 工 量 を 単 価 資 料 に 記 載 されている 取 引 数 量 または 施 工 条 件 と 比 較 し 次 の 区 分 に 従 って 行 うものとする (イ) 積 算 対 象 物 件 が 当 該 資 材 の 使 用 量 または 施 工 量 の 単 価 資 料 に 記 載 されている 条 件 に 満 たない 場 合 i 小 口 単 位 または 公 表 価 格 に 記 載 があるものは その 価 格 を 適 用 する ii i の 記 載 の 無 いものについて 小 口 割 増 の 条 件 が 記 載 されている 場 合 は その 条 件 に 従 って 割 増 した 価 格 を 適 用 する iii ⅰ 及 びⅱ 以 外 の 掲 載 価 格 について 小 口 割 増 が 必 要 と 認 められた 場 合 は 専 門 業 者 の 資 料 等 によ り 適 正 な 割 増 率 を 求 めて 補 正 した 価 格 を 適 用 する (ロ) 積 算 対 象 物 件 の 当 該 資 材 の 使 用 料 または 施 工 量 が 単 価 資 料 に 記 載 されている 条 件 よりも 同 等 以 上 の 場 合 ⅰ 大 口 価 格 又 は 当 該 資 材 の 使 用 量 もしくは 施 工 量 に 該 当 する 価 格 欄 の 価 格 を 適 用 する ii 公 表 価 格 の 記 載 の 有 るもので その 価 格 について 割 引 が 必 要 と 認 められる 場 合 は 専 門 業 者 の 資 料 等 により 適 正 な 割 引 率 を 求 めて 補 正 した 価 格 を 適 用 する 4 2(ロ)の 専 門 業 者 の 資 料 価 格 の 適 用 において その 価 格 に 割 引 が 必 要 と 認 められる 場 合 は 専 門 業 者 の 資 料 等 により 適 正 な 割 引 率 を 求 めて 補 正 した 価 格 を 適 用 する ただし 割 引 率 の 把 握 が 困 難 な 場 合 は 資 料 価 格 の 80%を 標 準 とする 5 2(ロ)の 専 門 業 者 の 見 積 価 格 の 適 用 においては 原 則 として 専 門 業 者 2 社 以 上 から 見 積 書 を 徴 集 し 安 価 な 方 を 適 用 する 6 発 生 材 単 価 は 鉄 鋼 類 鋼 線 類 等 については2(ロ)の 単 価 資 料 によるスクラップ 単 価 を その 他 単 価 資 料 に 無 いものについては 専 門 業 者 の 資 料 価 格 等 によるものとする Ⅱ 8 149

10 ( 共 通 費 ) 第 8 移 転 料 の 積 算 に 係 る 共 通 費 ( 共 通 仮 設 費 及 び 諸 経 費 以 下 同 じ)は 別 紙 4 非 木 造 建 物 補 償 諸 率 表 のほ か 次 によるものとする 1 共 通 費 は 工 事 費 ( 直 接 工 事 費 又 は 純 工 事 費 以 下 同 じ)を 実 工 事 費 と 推 定 工 事 費 に 区 分 し それぞれ の 合 計 額 に 定 率 を 乗 じて 得 た 額 の 範 囲 内 とする ただし 工 事 の 発 注 が 工 法 別 等 に 行 われる 場 合 は 各 工 法 別 等 の 工 事 費 の 合 計 額 に 定 率 を 乗 じて 得 た 額 の 範 囲 内 とする (イ) 実 工 事 費 実 工 事 費 とは 再 築 工 法 の 場 合 は 推 定 再 建 築 費 及 び 取 りこわし 工 事 費 曳 家 工 法 の 場 合 は 曳 家 工 事 費 及 び 補 修 工 事 費 改 造 工 法 の 場 合 は 切 取 工 事 費 切 取 面 補 修 工 事 費 及 び 増 改 築 工 事 費 除 却 工 法 の 場 合 は 切 取 工 事 費 切 取 面 補 修 工 事 費 及 び 取 りこわし 工 事 費 復 元 工 法 の 場 合 は 解 体 工 事 費 復 元 工 事 費 及 び 運 搬 費 をいう (ロ) 推 定 工 事 費 推 定 工 事 費 とは 除 却 工 法 における 建 物 現 在 価 額 算 出 のための 推 定 再 建 築 費 をいう 2 共 通 費 が 含 まれる 見 積 書 及 び 建 設 物 価 等 に 記 載 されている 元 請 施 工 単 価 に 対 する 共 通 費 の 率 は 零 とする 3 共 通 仮 設 費 の 取 扱 い 共 通 仮 設 費 は 別 紙 4 非 木 造 建 物 補 償 諸 率 表 のⅠ 共 通 仮 設 費 率 表 により 次 式 のとおり 算 出 する なお 同 一 所 有 者 の 建 物 が2 棟 以 上 ある 場 合 は 各 々の 建 物 の 直 接 工 事 費 を 合 算 した 額 に 対 応 する 共 通 仮 設 費 率 を 適 用 する また 木 造 建 物 と 併 存 する 場 合 は 木 造 非 木 造 建 物 各 々の 直 接 工 事 費 を 対 象 と し その 工 事 費 対 応 する 各 々の 共 通 仮 設 費 率 を 適 用 するものとする 直 接 工 事 費 共 通 仮 設 費 率 ( 別 紙 4 非 木 造 建 物 補 償 諸 率 表 による) : 直 接 工 事 費 については 建 築 工 事 ( 諸 経 費 を 含 む 建 築 設 備 工 事 費 を 除 く)と 取 りこわし 工 事 ( 運 搬 費 及 び 廃 材 処 分 費 を 除 く)の 合 算 額 とする 注 意 : 建 物 を 構 内 に 機 能 集 約 する 場 合 は 建 築 工 事 の 共 通 仮 設 費 を 取 りこわし 工 事 でも 供 用 できる ため 取 りこわし 工 事 には 原 則 的 に 共 通 仮 設 費 は 計 上 しないものとする 4 諸 経 費 の 取 扱 い 諸 経 費 は 別 紙 4 非 木 造 建 物 補 償 諸 率 表 のⅡ 諸 経 費 率 表 により 次 式 のとおり 算 出 する なお 諸 経 費 率 表 により 算 出 される 額 が 各 々の 欄 の 前 欄 において 算 出 される 額 の 最 高 額 に 達 しない 場 合 は その 最 高 額 まで 増 額 することができるものとする また 同 一 所 有 者 の 建 物 が2 棟 以 上 ある 場 合 は 各 々 の 建 物 の 純 工 事 費 を 合 算 した 額 に 対 応 する 諸 経 費 率 を 適 用 する 純 工 事 費 諸 経 費 率 ( 別 紙 4 非 木 造 建 物 補 償 諸 率 表 による) : 純 工 事 費 については 建 築 純 工 事 費 ( 諸 経 費 を 含 む 建 築 設 備 工 事 費 を 除 く)と 取 りこわし 純 工 事 費 ( 廃 材 処 分 費 を 除 く)の 合 算 額 とする Ⅱ 8 150

11 ( 消 費 税 等 相 当 額 ) 第 9 消 費 税 等 相 当 額 を 考 慮 して 補 償 額 を 算 定 する 必 要 がある 場 合 には 各 移 転 工 法 による 建 物 移 転 料 の 合 計 額 ( 第 2 移 転 料 に 記 載 された 各 移 転 工 法 による 移 転 料 計 算 式 の で 括 られた 部 分 )に 消 費 税 率 を 乗 じるものとする ただし 発 生 材 及 び 除 却 工 法 における 建 物 現 在 価 額 については 消 費 税 等 相 当 額 を 考 慮 する 必 要 はない (その 他 ) 第 10 借 家 人 が 設 置 した 建 築 設 備 もしくは 建 物 附 随 工 作 物 で エアコン ガス 湯 沸 器 等 借 家 人 が 移 転 するの が 妥 当 と 認 められるものについては 別 途 動 産 として 必 要 な 費 用 を 見 積 等 により 補 償 するものとする Ⅱ 8 151

12 別 紙 1 基 準 第 22ただし 書 きの 要 件 に 該 当 する 建 物 の 移 転 料 算 定 は 次 によるものとする 1 鉄 骨 造 建 物 工 法 は 浮 揚 工 法 を 基 本 とし 次 式 による F =[{ C (1 + Ⅴ + W + Ⅹ + Y1 + Y2 + Y3 + Z) E + (A + B1 + B2 + B3 + B4 + T1 + T2 + T3)+ B5 + B6} (1+h1)+ P] (1+R) + B7 + P3 + H C =1m2 当 たり 更 家 基 本 工 事 費 Ⅴ = 規 模 による 加 減 率 適 用 区 分 加 減 率 小 規 模 な 建 物 (66 m2 以 下 ) 二 階 建 以 上 の 建 物 大 規 模 (165 m2 以 上 ) 又 は 物 置 等 簡 易 な 建 物 ( 注 )2 項 目 以 上 に 該 当 する 場 合 は 合 計 した 率 とする W = 建 物 平 面 形 状 による 加 算 率 隅 画 数 ( 出 隅 入 隅 の 総 画 数 ) 8 角 以 下 9 角 ~16 角 17 角 以 上 加 算 率 Ⅹ = 曳 距 離 及 び 工 程 による 加 算 率 距 離 工 程 30m 以 内 45m 以 内 60m 以 内 75m 以 内 90m 以 内 ( 注 ) 工 程 数 の 認 定 は 次 による 1. 曳 家 は 1 工 程 で 曳 方 向 を 変 えるごとに 1 工 程 増 す 2. 曳 方 向 が 壁 対 線 と 斜 になる 曳 家 は 原 則 として 行 わない ただし やむを 得 ず 行 う 場 合 は 曳 き 方 向 と 壁 対 線 が 平 行 になるよう 現 位 置 で 回 転 させ 曳 くものとする 3. 高 低 差 及 び 回 転 は 工 程 数 に 加 えない Y1 = 回 転 による 加 算 率 角 度 0 30 以 内 60 以 内 90 以 内 120 以 内 150 以 内 180 以 内 加 算 率 Ⅱ 8 152

13 Y2 = 高 低 差 による 加 算 率 高 低 差 0.5m 以 下 1.0m 以 下 1.5m 以 下 2.0m 以 下 2.5m 以 下 3.0m 以 下 加 算 率 ( 注 ) 基 礎 が 重 なる 場 合 の 揚 家 降 家 については 本 表 を 適 用 しない Y3 = 基 礎 が 重 なる 場 合 の 加 減 率 高 低 差 区 分 揚 家 の 場 合 0.5m 以 下 1.0m 以 下 1.5m 以 下 2.0m 以 下 2.5m 以 下 3.0m 以 下 適 用 区 分 同 一 平 面 位 置 で の 揚 家 の 場 合 隣 地 に 注 2の 空 地 がある 場 合 降 家 の 場 合 基 礎 が 重 なる 場 合 ( 注 )1. 土 工 事 は 別 途 積 算 する 0.11 同 一 地 盤 で 基 礎 が 重 なる 場 合 2. 隣 地 に 空 地 がある 場 合 の 揚 家 降 家 の 空 地 条 件 は 下 表 を 適 用 する 3. 区 分 は 重 複 して 適 用 しない 隣 地 に 空 地 がある 場 合 の 揚 家 降 家 の 空 地 条 件 高 低 差 0.5m 以 下 1.0m 以 下 1.5m 以 下 2.0m 以 下 2.5m 以 下 3.0m 以 下 空 地 条 件 A+3.9m A+4.8m A+5.7m A+6.6m A+7.5m A+8.4m ( 注 )A= 曳 移 動 方 向 の 建 物 の 長 さ 隣 地 に 空 地 がある 場 合 の 降 家 工 法 参 考 図 1 L= 曳 距 離 A 1.5m B 1.5m l=1 工 程 分 距 離 移 動 前 建 物 A= 建 物 長 さ 1 工 程 B= 法 面 水 平 距 離 (1.8H) 仮 定 着 建 物 H= 高 低 差 現 GL H GL 仮 定 着 L=21 新 GL l=a+1.5m+b+1.5m 移 動 完 了 建 物 2 工 程 備 考 隣 地 に 空 地 がある 場 合 の 揚 家 は 上 図 の 逆 工 法 となる Ⅱ 8 153

14 Z = 障 害 要 因 による 加 算 率 障 害 区 分 率 適 用 区 分 道 路 を 横 断 する 場 合 0.1 以 内 夜 間 工 事 の 場 合 軟 弱 地 盤 を 通 過 する 場 合 0.2 以 内 移 動 地 盤 の 補 強 が 必 要 な 場 合 E = 延 床 面 積 A = 基 礎 工 事 費 A= 非 木 造 建 物 の 推 定 再 建 築 費 を 求 めるための 計 算 書 ( 以 下 推 建 費 計 算 書 という )で 求 めた 基 礎 工 事 費 ただし 揚 家 の 場 合 で 新 設 基 礎 の 形 状 寸 法 が 現 状 と 異 なる 場 合 は 別 途 積 算 するものとする B1 = 仮 設 工 事 費 B1=1 階 床 面 積 相 当 分 の 直 接 仮 設 工 事 費 B2 = 新 設 すべき 外 壁 工 事 費 B2= 推 建 費 計 算 書 で 求 めた 外 壁 工 事 費 のうち 曳 家 工 事 において 取 りこわしが 必 要 なため 新 設 する 必 要 がある 工 事 費 B3 = 新 設 すべき 内 壁 工 事 費 B3= 推 建 費 計 算 書 で 求 めた 内 壁 工 事 費 のうち 曳 家 工 事 において 取 りこわしが 必 要 なため 新 設 する 必 要 がある 工 事 費 B4 = 新 設 すべき 床 工 事 費 B4= 推 建 費 計 算 書 で 求 めた 床 工 事 費 のうち 移 設 不 可 能 なため 新 設 する 必 要 がある 工 事 費 T1 = 外 壁 補 修 工 事 費 T1=( 推 建 費 計 算 書 で 求 めた 外 壁 工 事 費 - B2) 外 壁 補 修 率 建 物 の 構 造 平 屋 建 二 階 建 三 階 建 四 階 建 補 修 率 T2 = 内 壁 補 修 工 事 費 T2=( 推 建 費 計 算 書 で 求 めた 内 壁 工 事 費 - B3) 内 壁 補 修 率 建 物 の 構 造 平 屋 建 二 階 建 三 階 建 四 階 建 補 修 率 Ⅱ 8 154

15 T3 =1 階 床 補 修 工 事 費 T3=( 推 建 費 計 算 書 求 めた 床 工 事 費 のうち 1 階 部 分 の 工 事 費 -B4) 0.40 B5 = 新 設 すべき 建 設 設 備 工 事 費 ( 諸 経 費 を 含 まない) B5= 推 建 費 計 算 書 で 求 めた 建 築 設 備 工 事 費 のうち 移 設 不 可 能 なため 新 設 する 必 要 がある 工 事 費 B6 = 新 設 すべき 建 物 附 随 工 作 物 工 事 費 B6= 推 建 費 計 算 書 で 求 めた 建 物 附 随 工 作 物 工 事 費 のうち 移 設 不 可 能 なため 新 設 する 必 要 がある 工 事 費 h1 = 曳 家 工 事 費 に 対 する 共 通 仮 設 費 率 ( 別 紙 4 非 木 造 建 物 補 償 諸 率 表 のⅠ 共 通 仮 設 費 率 表 による ) P = 取 りこわし 工 事 費 曳 家 工 事 において 撤 去 が 必 要 となる 基 礎 等 の 取 りこわし 工 事 費 で 積 算 基 準 第 4により 積 算 する P=(P1 + P2) (1 + h2) P1: 解 体 工 事 費 P2: 運 搬 費 h2: 取 りこわし 工 事 費 に 対 する 共 通 仮 設 費 率 ( 別 紙 4 非 木 造 建 物 補 償 諸 率 表 のⅠ 共 通 仮 設 費 率 表 による ) 取 りこわしの 共 通 仮 設 費 は 必 要 な 場 合 のみ 計 上 する R = 諸 経 費 率 ( 別 紙 4 非 木 造 建 物 補 償 諸 率 表 のⅡ 諸 経 費 率 表 による ) B7 = 新 設 すべき 建 築 設 備 工 事 費 ( 諸 経 費 を 含 む) B7= 推 建 費 計 算 書 で 求 めた 建 築 設 備 工 事 費 のうち 移 設 不 可 能 なため 新 設 する 必 要 がある 工 事 費 P3 = 廃 材 処 分 費 P3= 取 りこわし 工 事 に 伴 う 廃 材 処 分 費 H = 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 ( 積 算 基 準 第 5により 積 算 する ) Ⅱ 8 155

16 2 鉄 筋 コンクリート 造 建 物 工 法 は 無 浮 揚 工 法 ( 総 堀 工 法 )を 基 本 とし 次 式 による なお 曳 き 家 基 本 工 事 費 には 床 コンクリート 類 の 床 受 工 事 費 も 含 むため 仮 住 居 補 償 営 業 補 償 は 原 則 計 上 しないものとする F2 =[{ C (1 + X + Y1 + Y2) E +(I1 + I2 + N + A + B1 + B2) + B3 + B4} (1 + h1)+ P ] ( 1 + R )+ B5 + P3 + H C =1 m2 当 たり 曳 家 基 本 工 事 費 X = 曳 距 離 及 び 工 程 による 加 算 率 Y1 = 回 転 による 加 算 率 Y2 = 高 低 差 による 加 算 率 別 表 (RC)1 別 表 (RC)2 別 表 (RC)3 別 表 (RC)4 E = 延 床 面 積 I1 = 掘 削 埋 戻 費 ( 手 堀 部 分 ) 別 表 (RC)5 I1= 掘 削 埋 戻 単 価 ( 手 堀 部 分 ) 掘 削 埋 戻 面 積 ( 手 堀 部 分 ) I2 = 掘 削 埋 戻 費 ( 機 械 堀 部 分 ) 別 表 (RC)5 I2= 掘 削 埋 戻 単 価 ( 機 械 堀 部 分 ) (1+ 地 番 軟 弱 による 加 算 率 ( 別 表 (RC)6)) 掘 削 埋 戻 面 積 ( 機 械 堀 部 分 ) ( 掘 削 参 考 図 ) 1.5m 曳 距 離 1.5m 従 前 建 物 移 転 後 建 物 C 掘 削 埋 戻 ( 手 械 堀 部 分 ) 掘 削 埋 戻 ( 機 械 堀 部 分 ) A 掘 削 埋 戻 面 積 ( 手 堀 部 分 )= A C 掘 削 埋 戻 面 積 ( 機 械 堀 部 分 )= A C B Ⅱ 8 156

17 N =その 他 特 殊 工 事 費 N = 特 定 仮 設 工 事 単 掛 延 長 + 別 途 加 算 工 事 費 ( 注 )1: 掛 延 長 は 掘 削 埋 戻 部 分 で 必 要 と 認 められる 延 長 を 算 出 する ( 注 )2: 別 途 加 算 工 事 費 は 水 替 工 事 費 及 びその 他 必 要 と 認 められる 工 事 費 を 算 出 した 合 計 額 とする A = 基 礎 工 事 費 A = 非 木 造 建 物 の 推 定 再 建 築 費 を 求 めるため 計 算 書 ( 以 下 推 建 費 計 算 書 という )で 求 めた 基 礎 工 事 費 のうち 基 礎 杭 工 事 費 (1 + 基 礎 が 重 なる 場 合 の 加 算 率 ( 別 表 (RC)8)) B1 = 直 接 仮 設 工 事 費 B1= 直 接 仮 設 工 事 費 のうち 水 盛 遣 方 費 B2 = 新 設 すべき 床 工 事 費 ( 注 意 ) 曳 家 基 本 工 事 費 に 床 コンクリート 類 の 床 受 工 事 費 を 含 むため 新 設 すべき 床 工 事 費 は 原 則 計 上 し ない ただし コンクリート 叩 がない 土 間 に 砂 利 敷 がある 場 合 等 は 計 上 する B3 = 新 設 すべき 建 築 設 備 工 事 費 ( 諸 経 費 を 含 まない) B3= 推 建 費 計 算 書 で 求 めた 建 築 設 備 工 事 費 のうち 移 設 不 可 能 なため 新 設 する 必 要 がある 工 事 費 B4 = 新 設 すべき 建 物 附 随 工 作 物 工 事 費 B4= 推 建 費 計 算 書 で 求 めた 建 物 附 随 工 作 物 工 事 費 のうち 移 設 不 可 能 なため 新 設 する 必 要 がある 工 事 費 h1 = 曳 家 工 事 費 に 対 する 共 通 仮 設 費 率 ( 別 紙 4 非 木 造 建 物 補 償 諸 率 表 のⅠ 共 通 仮 設 費 率 表 による ) P = 取 りこわし 工 事 費 曳 家 工 事 において 撤 去 が 必 要 となる 基 礎 等 の 取 りこわし 工 事 費 で 積 算 基 準 第 4により 積 算 する P =(P1 + P2) ( 1 + h2) P1: 解 体 工 事 費 P2: 運 搬 費 h2: 取 りこわし 工 事 費 に 対 する 共 通 仮 設 費 率 ( 別 紙 4 非 木 造 建 物 補 償 諸 率 表 のⅠ 共 通 仮 設 費 率 表 による ) 取 りこわしの 共 通 仮 設 費 は 必 要 な 場 合 のみ 計 上 する R = 諸 経 費 率 ( 別 紙 4 非 木 造 建 物 補 償 諸 率 表 のⅡ 諸 経 費 率 表 による ) B5 = 新 設 すべき 建 築 設 備 工 事 費 ( 諸 経 費 を 含 む) B5= 推 建 費 計 算 書 で 求 めた 建 築 設 備 工 事 費 のうち 移 設 不 可 能 なため 新 設 する 必 要 がある 工 事 費 Ⅱ 8 157

18 P3 = 廃 材 処 分 費 P3= 取 りこわし 工 事 に 伴 う 廃 材 処 分 費 H = 法 令 改 善 費 の 運 用 益 損 失 額 ( 積 算 基 準 第 5により 積 算 する ) 別 表 (RC)1 曳 家 基 本 工 事 費 ( 延 べm2 当 たり) 構 造 階 数 平 成 年 度 1 円 ラーメン 構 造 ( 専 用 共 同 併 用 ) 壁 構 造 ( 専 用 共 同 併 用 ) 別 表 (RC)2 曳 距 離 及 び 工 程 による 加 算 率 構 造 曳 距 離 工 程 10m 未 満 10m 20m 未 満 20m 30m 未 満 1 工 程 ラーメン 壁 構 造 2 工 程 工 程 別 表 (RC)3 回 転 による 加 算 率 構 造 30 未 満 60 未 満 90 未 満 120 未 満 ラ ー メ ン 壁 Ⅱ 8 158

19 別 表 (RC)4 高 低 差 による 加 算 率 イ. 同 位 置 の 上 げ 下 げによる 場 合 構 造 0.3m 未 満 0.6m 未 満 1.0m 未 満 1.0m 以 上 ラーメン 壁 ロ. 移 動 後 の 上 げ 下 げによる 場 合 構 造 0.3m 未 満 0.6m 未 満 1.0m 未 満 1.0m 以 上 ラーメン 壁 別 表 (RC)5 イ. 手 掘 部 分 土 ( 掘 削 埋 戻 ) 工 事 費 ( 平 成 年 度 ) 構 造 用 途 階 数 専 用 住 宅 共 同 住 宅 併 用 住 宅 (m2 当 たり) 1F 2F 3F 1F 2F 3F 1F 2F 3F ラーメン 壁 ロ. 機 械 堀 部 分 構 造 用 途 階 数 専 用 住 宅 共 同 住 宅 併 用 住 宅 (m2 当 たり) 1F 2F 3F 1F 2F 3F 1F 2F 3F ラーメン 壁 別 表 (RC)6 軟 弱 地 盤 による 加 算 率 地 盤 状 態 軟 弱 地 盤 加 算 率 1.00 ( 注 ) 掘 削 埋 め 戻 し 工 事 費 に 対 する 加 算 率 で 機 械 掘 部 分 のみを 対 象 とする Ⅱ 8 159

20 別 表 (RC)7 その 他 特 殊 工 事 費 1. 特 定 仮 設 ( 土 留 ) 工 事 ( 掛 延 べ 長 m 当 たり) 平 成 年 度 鋼 矢 板 打 込 円 /m ( 注 ) 場 所 地 盤 等 必 要 と 判 断 されるときに 計 上 する 2. 水 替 工 事 別 途 加 算 (ウェルポイント 工 法 水 中 ポンプ 等 ) ( 注 ) 特 に 必 要 と 判 断 されるときに 計 上 する 別 表 (RC)8 基 礎 が 重 なる 場 合 の 加 算 率 加 算 率 2.00 ( 重 複 部 分 面 積 /1 階 床 面 積 ) ( 注 ) 基 礎 が 重 なる 場 合 の 加 算 率 で 既 設 の 基 礎 がある 場 合 に 適 用 するものとする Ⅱ 8 160

21 注 : 当 該 表 は 公 共 用 地 の 取 得 に 伴 う 損 失 補 償 基 準 細 則 第 42 定 める 年 利 率 が 3.0%の 場 合 のものである 別 紙 2 経 過 年 数 標 準 耐 用 年 数 再 築 補 償 率 表 ( 非 木 造 建 物 ) 30 年 35 年 40 年 45 年 50 年 55 年 60 年 65 年 r= 3.0% ( 単 位 :%) 70 年 80 年 90 年 * 補 償 率 : 小 数 点 第 4 位 四 捨 五 入 して 百 分 率 にて 表 示 Ⅱ

22 注 : 当 該 表 は 公 共 用 地 の 取 得 に 伴 う 損 失 補 償 基 準 細 則 第 42 定 める 年 利 率 が 3.0%の 場 合 のものである 別 紙 2 経 過 年 数 標 準 耐 用 年 数 再 築 補 償 率 表 ( 非 木 造 建 物 ) 30 年 35 年 40 年 45 年 50 年 55 年 60 年 65 年 r= 3.0% ( 単 位 :%) 70 年 80 年 90 年 * 補 償 率 : 小 数 点 第 4 位 四 捨 五 入 して 百 分 率 にて 表 示 Ⅱ

23 別 紙 3 経 過 年 数 標 準 耐 用 年 数 30 年 35 年 40 年 現 価 率 表 ( 非 木 造 建 物 ) 45 年 50 年 55 年 60 年 65 年 ( 単 位 :%) * 現 価 率 =(1-0.8 経 過 年 数 / 標 準 耐 用 年 数 ) 小 数 点 第 4 位 四 捨 五 入 して 百 分 率 にて 表 示 Ⅱ 年 80 年 90 年

24 別 紙 3 経 過 年 数 標 準 耐 用 年 数 現 価 率 表 ( 非 木 造 建 物 ) 30 年 35 年 40 年 45 年 50 年 55 年 60 年 65 年 70 年 80 年 ( 単 位 :%) 年 * 現 価 率 =(1-0.8 経 過 年 数 / 標 準 耐 用 年 数 ) 小 数 点 第 4 位 四 捨 五 入 して 百 分 率 にて 表 示 Ⅱ

25 別 紙 4 非 木 造 建 物 補 償 諸 率 表 Ⅰ 共 通 仮 設 費 率 表 直 接 工 事 費 ( 百 万 円 ) 共 通 仮 設 費 率 (%) 直 接 工 事 費 ( 百 万 円 ) 共 通 仮 設 費 率 (%) 10 以 下 をこえ 700 以 下 をこえ , ,000 1, ,500 2, ,000 2, ,500 3, ,000 4, ,000をこえるもの Ⅱ

26 Ⅱ 諸 経 費 率 表 純 工 事 費 ( 百 万 円 ) 諸 経 費 率 (%) 純 工 事 費 ( 百 万 円 ) 諸 経 費 率 (%) 10 以 下 を 超 え 60 以 下 を 超 え を 超 えるもの 13.3 ( 注 ) 1. 本 表 の 諸 経 費 率 によって 算 出 された 額 が それぞれの 欄 の 前 欄 において 算 出 される 額 の 最 高 額 に 達 しないときは その 最 高 額 まで 増 額 することができる 2. 本 表 の 諸 経 費 率 を 適 用 する 純 工 事 費 は 一 発 注 ( 建 築 + 解 体 )を 単 位 として 算 定 された 額 とする 3. 住 宅 瑕 疵 担 保 履 行 法 に 基 づく 資 力 確 保 費 用 の 対 応 については 別 途 考 慮 する Ⅱ

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

1_2013BS(0414)

1_2013BS(0414) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 三 井 住 友 金 属 鉱 山 伸 銅 株 式 会 社 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 25,869,002 流 動 負 債 9,707,274 現 金 及 び 預 金 987,167 買 掛 金 3,612,919 受 取 手 形 1,225,710 短 期 借

More information

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 固 定 資 産 税 本 解 答 は 平 成 28 年 8 月 12 日 16 時 に 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 に 作 成 したもので 予 告 なしに 内 容 を 変 更 する 場 合 が あります また 本 解 答 は 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 の 見 解 で 作 成 / 提 供 しており 試 験 機 関 による

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc 3 目 標 使 用 年 数 の 設 定 3-1. 耐 用 年 数 と 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 1. 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 (1) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) における 使 用 年 数 ( 更 新 周 期 ) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) においては 国 が 示 す 試 算 基 準 ( 地 方 公 共

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

ト ン ネ ル ご 施 工 計 画 施 工 設 備 及 び 積 算 建 設 環 境 上 水 道 及 び 工 業 用 水 道 技 術 部 門 上 下 水 道 部 門 に 該 当 する 下 水 道 資 農 業 土 木 技 術 部 門 農 業 部 門 に 該 当 する 資 と の RCCM の 資 森 林

ト ン ネ ル ご 施 工 計 画 施 工 設 備 及 び 積 算 建 設 環 境 上 水 道 及 び 工 業 用 水 道 技 術 部 門 上 下 水 道 部 門 に 該 当 する 下 水 道 資 農 業 土 木 技 術 部 門 農 業 部 門 に 該 当 する 資 と の RCCM の 資 森 林 管 理 技 術 者 及 び 照 査 技 術 者 の 選 任 及 び 資 要 件 等 の 運 用 について 平 成 12 年 4 月 1 日 制 定 平 成 17 年 4 月 26 日 改 正 平 成 19 年 12 月 14 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 1 管 理 技 術 者 及 び 照 査

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378> さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 平 成 25 年 4 月 さいたま 市 さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 目 次 第 章 総 則 () 目 的 第 2 章 内 訳 書 の 作 成 () 一 般 事 項 (2) 内 訳 書 の 構 成 第 3 章 内 訳 書 の 内 容 () 種 目 別 内 訳 書 (2) 科 目 別 内 訳 書 (3)

More information

単品スライド条項運用改正140701.xdw

単品スライド条項運用改正140701.xdw 愛 知 県 公 共 工 事 請 負 契 約 約 款 第 26 条 第 5 項 ( 単 品 スライド 条 項 )の 運 用 について 1. 対 象 工 事 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たした 工 事 を 単 品 スライド 条 項 の 適 用 対 象 工 事 とする (1) 現 在 継 続 中 の 工 事 及 び 今 後 の 新 規 契 約 工 事 (2) 対 象 材 料 の 価 格 が 対 象

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

下水道工事標準仕様書

下水道工事標準仕様書 () 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 63 64 65 66 67 68 69 70 71

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所 第 64 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 免 税 点 及 び 固 定 資 産 課 税 台 帳 からの 出 題 であった 問 1の 免 税 点 については 判 断 に 迷 う 点 もないことから 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった 問 の 固 定 資 産 課 税 台 帳 については 事 例 部 分 の 解 答 方 法 に 迷 う 問

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施 行 する 草

草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施 行 する 草 草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 草 加 市 草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E8632312D303181408DC490B68E918CB997989770816991A39069816A8C7689E68F918B7982D18EC08E7B8F9182C68145814581452E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E8632312D303181408DC490B68E918CB997989770816991A39069816A8C7689E68F918B7982D18EC08E7B8F9182C68145814581452E646F63> 再 生 資 源 利 用 ( 促 進 ) 計 画 書 及 び 実 施 書 と 再 資 源 化 等 関 係 書 類 の 作 成 について 請 負 金 額 書 類 の 名 称 提 出 時 期 留 意 事 項 100 万 円 再 生 資 源 利 用 計 画 書 ( 様 式 1 イ) 施 工 計 画 書 に 再 生 資 材 の 利 用 及 び 副 以 上 ( 対 (クレダスにより 作 成 ) 含 めて 提 出

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当 平 成 20 年 度 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 報 告 書 金 融 資 産 負 債 台 帳 の 作 成 手 引 き 平 成 20 年 6 月 30 日 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表

More information

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4 資 料 1 土 地 区 画 整 理 事 業 画 書 ( 案 ) ( 仮 称 ) 箕 面 市 船 場 東 地 区 土 地 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63> 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 平 成 27 年 4 月 静 岡 県 経 営 管 理 部 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 1 総 則 この 基 準 は 県 が 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業 務 ( 以 下 設 計 等 の 業 務 という )を 委 託 に 付

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516 第 16 節 廃 棄 物 等 161 予 測 及 び 評 価 の 結 果 1. 工 事 中 における 発 生 土 量 建 設 廃 棄 物 伐 採 木 による 影 響 1) 予 測 結 果 工 事 に 伴 う 建 設 発 生 土 量 場 内 再 利 用 量 及 び 場 外 搬 出 量 を 表 5161 に 示 す 建 設 発 生 土 については 工 事 計 画 において 盛 土 作 業 と 掘 削 作

More information

<重要な会計方針及び注記>

<重要な会計方針及び注記> 個 別 注 記 表 自 平 成 23 年 1 月 1 日 至 平 成 23 年 12 月 31 日 1. 重 要 な 会 計 方 針 に 係 る 事 項 に 関 する 注 記 1 棚 卸 資 産 の 評 価 基 準 及 び 評 価 方 法 商 品 先 入 先 出 法 による 原 価 法 ( 収 益 性 の 低 下 による 簿 価 切 下 げの 方 法 )によっております 2 固 定 資 産 の 減

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 貸 借 対 照 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 当 年 度 前 年 度 ( 注 ) 増 減 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 286,929,827 217,799,894 69,129,933 未 収 金 24,691,586 24,68,834 82,752 前 払 金 2,857,973 2,75,243

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

32 農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正)

32  農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正) 一 定 農 事 組 合 法 人 に 係 る 法 人 事 業 税 課 税 標 準 算 定 方 法 等 について(お 知 らせ) 平 成 23 年 4 月 大 分 県 地 方 税 法 第 72 条 4 第 3 項 規 定 により 一 定 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされていますが 大 分 県 では そ 具 体 的 な 取 扱 いについて 以

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093CD8F6F82AA954B977682C88C9A95A882CC94BB926682CC9867916782DD5F48508C668DDA977032303131313232302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093CD8F6F82AA954B977682C88C9A95A882CC94BB926682CC9867916782DD5F48508C668DDA977032303131313232302E646F63> 建 築 物 ( 非 住 宅 )の 省 エネルギー 措 置 の 届 出 の 概 要 ( 財 ) 建 築 環 境 省 エネルギー 機 構 建 築 研 究 部 (2012 年 1 月 13 日 版 ) これまでは 床 面 積 の 合 計 が2,000m 2 以 の 建 築 物 の 新 築 増 築 改 築 修 繕 等 を 行 う 場 合 に 省 エネ ルギー 措 置 の 所 管 行 政 庁 への 届 出 が

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 3 月 山 形 県 企 業 局 第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

. 負 担 調 整 措 置 8 (1) 宅 地 等 調 整 固 定 資 産 税 額 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 額 は 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 額 が 前 年 度 課 税 標 準 額 又 は 比 準 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 分 の 価 格 ( 住 宅

. 負 担 調 整 措 置 8 (1) 宅 地 等 調 整 固 定 資 産 税 額 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 額 は 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 額 が 前 年 度 課 税 標 準 額 又 は 比 準 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 分 の 価 格 ( 住 宅 035-8900-1095-15 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 負 担 調 整 措 置 及 び 情 報 開 示 並 びに 不 服 救 済 制 度 からの 出 題 であった 問 1の 負 担 調 整 措 置 については 解 答 しづらい 部 分 はあったが それ 以 外 の 部 分 は 解 答 しやすい 問 題 であ った

More information

第316回取締役会議案

第316回取締役会議案 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 30,235,443 流 動 負 債 25,122,730 現 金 及 び 預 金 501,956 支 払 手 形 2,652,233 受 取 手 形 839,303 買 掛 金 20,067,598 売 掛 金 20,810,262

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63> 土 木 部 建 築 設 計 及 び 工 事 監 理 等 委 託 業 務 成 績 評 定 要 領 の 運 用 ( 建 築 設 計 等 委 託 業 務 編 ) ( 評 定 の 方 法 ) 第 1 評 定 者 は 評 定 を 行 おうとする 業 務 ( 以 下 対 象 業 務 という )について 別 添 の 採 点 表 により 評 定 を 行 うものとし 評 価 項 目 評 価 の 視 点 及 び 評 価

More information

配 し 国 道 及 び 市 道 から 直 接 来 客 者 が 駐 車 場 へ 乗 り 入 れできるようになっていまた 店 舗 北 側 は 従 業 員 用 駐 車 場 と 仕 入 れた 食 材 等 の 業 務 車 両 搬 入 路 積 み 降 ろしの 際 の 作 業 スペースとして 利 用 されてい 今

配 し 国 道 及 び 市 道 から 直 接 来 客 者 が 駐 車 場 へ 乗 り 入 れできるようになっていまた 店 舗 北 側 は 従 業 員 用 駐 車 場 と 仕 入 れた 食 材 等 の 業 務 車 両 搬 入 路 積 み 降 ろしの 際 の 作 業 スペースとして 利 用 されてい 今 自 動 車 の 保 管 場 所 の 補 償 について 田 中 和 広 1 高 田 河 川 国 道 事 務 所 用 地 第 二 課 ( 943-0847 上 越 市 南 新 町 3 番 56 号 ) 国 道 事 業 の 用 地 取 得 において 食 堂 の 駐 車 場 が 支 障 となり 駐 車 場 の 減 少 に 伴 い 営 業 に 影 響 が 生 じるのか また 残 地 内 での 営 業 継 続

More information

Taro13-01_表紙目次.jtd

Taro13-01_表紙目次.jtd 209 210 1 2 4 3 ab c a 211 b c 212 1 3 50,000 30,000 20,000 2 10 100,000 1 10,000 10 =100,000 3 10 1,000,000 1 100,000 10 =1,000,000 23 1,200,000 1 40,000 5 400,000 2 10 5 10,000 3 1 500,000 1 100,000

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63> 平 成 18 年 7 月 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 国 立 大 学 法 人 等 による 国 立 大 学 財 務 経 営 センターへの 土 地 譲 渡 収 入 の 一 部 納 付 の 仕 組 みについて 国 立 大 学 法 人 等 が 国 から 出 資 された 土 地 を 譲 渡 した 場 合 文 部 科 学 大 臣 が 定 める 基 準 に より 算 定 した

More information

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却 Q65 平 成 7 年 月 に 平 成 8 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されました 税 制 改 正 の 概 要 を 教 えてください A: 各 税 目 別 のトピックは 以 下 のとおりです 所 得 税 健 康 診 断 等 をきちんと 受 けている 人 専 用 の 医 療 費 控 除 が 創 設 されます 法 人 税 法 人 税 率 が 現 行 の.9%から 段 階 的 に.4%.%へ

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制 テ ィスクローシ ャー 誌 の 記 載 項 目 について このディスクロージャー 資 料 は 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 並 びに 金 融 庁 告 示 農 林 水 産 省 告 示 の 規 定 に 基 づいて 作 成 しています なお 同 規 則 告 示 に 規 定 する 開 示 項 目 は 次 のとおりです 単 体 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 第 204 条 第 1

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

(2) 共 通 費 について 第 2 編 共 通 費 2 12 共 通 費 算 定 に 関 する 数 値 の 取 り 扱 い (1) 積 み 上 げによる 算 定 積 み 上 げによる 算 定 は 第 3 編 18に 準 ずる (2) 率 による 算 定 公 共 建 築 工 事 共 通 費 積 算

(2) 共 通 費 について 第 2 編 共 通 費 2 12 共 通 費 算 定 に 関 する 数 値 の 取 り 扱 い (1) 積 み 上 げによる 算 定 積 み 上 げによる 算 定 は 第 3 編 18に 準 ずる (2) 率 による 算 定 公 共 建 築 工 事 共 通 費 積 算 公 共 建 築 工 事 積 算 基 準 等 資 料 工 事 費 積 算 における 数 値 の 取 扱 い( 例 ) 1. はじめに 工 事 費 積 算 における 単 価 採 用 や 単 価 算 定 等 に 係 る 数 値 の 取 扱 いについては 公 共 建 築 工 事 積 算 基 準 等 資 料 ( 以 下 積 算 基 準 資 料 という )にその 運 用 等 が 定 められて いる 本 資 料

More information

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 に 準 じた 手 続 による 手 続 開 始 掲 示 次 とおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 選 定 手 続 を 開 始 します 平 成 23 年 6 月 1 日 中 根 金 田 台 開 発 事 務 所 長 関 根 宣 由 1 務 概 要 (1) 務 名 中 根 金 田 台 地 区 平 成 23 年 度 補 償 説 明 務 (2) 務 内 容 研

More information

(3) 評 価 替 え 土 地 と 家 屋 については, 原 則 として, 基 準 年 度 (3 年 ごと)に 評 価 替 えを 行 い, 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 現 在 の 価 格 を 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 します 第 2 年 度 と 第 3 年 度 は, 新

(3) 評 価 替 え 土 地 と 家 屋 については, 原 則 として, 基 準 年 度 (3 年 ごと)に 評 価 替 えを 行 い, 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 現 在 の 価 格 を 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 します 第 2 年 度 と 第 3 年 度 は, 新 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は, 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 という )に 土 地, 家 屋, 償 却 資 産 (これらを 総 称 して 固 定 資 産 という )の 所 有 者 がその 固 定 資 産 の 価 格 をも とに 算 定 される 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 区 町 村 に 納 める 税 金 です 1. 課 税 の 対 象 となる 資

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

工 事 設 計 書 施 行 年 度 平 成 26 年 度 契 約 番 号 4261000060 工 事 名 平 成 26 年 度 水 道 広 域 化 促 進 事 業 舗 装 復 旧 工 事 ( 佐 那 具 工 業 団 地 工 区 ) 施 工 場 所 千 歳 地 内 課 長 係 長 工 種 開 削 工 事 及 び 小 口 径 推 進 工 事 積 算 者 検 算 者 設 計 金 額 円 内 消 費 税

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 消 防 予 第 192 号 平 成 9 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 予 防 課 長 消 防 用 設 備 等 に 係 る 届 出 等 に 関 する 運 用 について( 通 知 ) 消 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 17 条 14 規 定 に 基 づく 消 防 用 設 備 等 着 工 届 法 第 17 条 32 規 定 に 基 づく 消 防

More information

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理 第 一 号 様 式 ( 第 一 条 又 は 第 二 条 関 係 )(A4) 届 出 書 ( 第 一 面 ) エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 75 条 第 1 項 前 段 又 は 法 第 75 条 の2 第 1 項 前 段 の 規 定 による 届 出 をします この 届 出 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありません

More information

(1)1オールゼロ 記 録 ケース 厚 生 年 金 期 間 A B 及 びCに 係 る 旧 厚 生 年 金 保 険 法 の 老 齢 年 金 ( 以 下 旧 厚 老 という )の 受 給 者 に 時 効 特 例 法 施 行 後 厚 生 年 金 期 間 Dが 判 明 した Bは 事 業 所 記 号 が

(1)1オールゼロ 記 録 ケース 厚 生 年 金 期 間 A B 及 びCに 係 る 旧 厚 生 年 金 保 険 法 の 老 齢 年 金 ( 以 下 旧 厚 老 という )の 受 給 者 に 時 効 特 例 法 施 行 後 厚 生 年 金 期 間 Dが 判 明 した Bは 事 業 所 記 号 が 参 考 資 料 2 時 効 特 例 給 付 の 業 務 実 態 等 に 関 す る 調 査 結 果 に つ い て ( 報 告 書 で 取 り 上 げられた 10 ケースに 該 当 する 事 例 の 具 体 的 イメージ) (1)1オールゼロ 記 録 ケース 厚 生 年 金 期 間 A B 及 びCに 係 る 旧 厚 生 年 金 保 険 法 の 老 齢 年 金 ( 以 下 旧 厚 老 という )の

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

公共建築工事共通費積算基準 平成26年版

公共建築工事共通費積算基準 平成26年版 公 共 建 築 工 事 共 通 費 積 算 基 準 平 成 26 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 最 終 改 定 平 成 26 年 3 月 20 日 国 営 計 第 138-1 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定

More information

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 12 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 という )

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information