債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増"

Transcription

1 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管 課 において 改 善 を 図 る 必 要 が あります 目 次 1 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 1 2 介 護 保 険 料 3 3 生 活 保 護 法 返 還 金 徴 収 金 5 4 民 間 保 育 所 徴 収 金 8 5 母 子 父 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 金 10 6 名 古 屋 市 入 学 準 備 金 12

2 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 え 納 付 指 導 につながるなど 債 権 管 理 回 収 上 の 意 義 があることから 係 全 体 で 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 事 務 に 対 応 することで 回 収 率 の 上 昇 につなげている 区 がある 一 方 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 事 務 が 煩 雑 であることを 理 由 に 消 極 的 な 区 も 見 受 けられ 平 成 27 年 度 は 1 滞 納 の 期 が3 月 以 上 かつ 2 滞 納 額 が4 万 円 以 上 である 場 合 は 原 則 短 期 証 とする 取 り 扱 いを 実 施 8 月 時 点 での 短 期 証 交 付 者 が452 人 ( 最 少 区 4 人 ) 551 人 ( 最 少 区 14 人 )に 増 加 してい 全 区 で 上 記 の 要 件 で 短 期 証 が 交 付 されてい 短 期 証 を 交 付 した 後 効 果 的 に 納 付 相 談 の 機 会 が 確 保 されているか 活 用 方 法 を 検 証 し 効 果 を 高 めていく 必 要 があ 課 題 は 概 ね 改 善 されつつあるため 今 後 は 短 期 証 交 付 による 効 果 検 証 や 交 付 対 象 者 を 検 討 し ていく 必 要 があ 課 題 (2) 滞 納 金 額 を 一 括 納 付 できない 場 合 は 納 付 相 談 を 行 っているが 滞 納 者 の 生 活 状 況 を 聴 取 した り 資 料 提 出 等 を 求 めたりすることなく 滞 納 者 から 申 し 出 のあった 少 額 の 分 割 納 付 計 画 を そ のまま 受 け 付 けている 事 例 が 見 受 けられ また 納 付 の 不 履 行 が 続 いたにもかかわらず 繰 り 返 し 分 割 納 付 計 画 を 受 け 付 けている 事 例 も 見 受 けられ 分 割 納 付 計 画 について 局 で 示 しているマニュアルでは 分 割 納 付 計 画 は 年 度 内 の 完 納 を 原 則 とすること 生 活 状 況 確 認 書 に 基 づき 収 支 状 況 の 聴 取 を 行 うとともに 預 金 通 帳 等 の 資 料 の 提 出 を 求 めるよう 定 め ているところであ そのため 区 に 訪 問 した 際 には 着 実 な 納 付 相 談 の 実 施 を 特 に 年 金 収 入 がある 滞 納 者 につ いては 不 履 行 時 に 滞 納 処 分 へ 移 行 することを 合 わせて 指 導 したところであ( 訪 問 実 施 区 : 千 種 区 北 区 中 村 区 中 区 瑞 穂 区 中 川 区 ) 訪 問 指 導 を 実 施 していない 区 では 未 だ 生 活 状 況 に 応 じた 分 割 納 付 計 画 を 受 けていない 状 況 もあることから 区 への 訪 問 や 課 長 会 係 長 会 でマニュアルを 周 知 徹 底 するよう 指 導 していく 必 要 があ 納 付 計 画 が 不 履 行 である 場 合 は 資 力 があれば 滞 納 処 分 に 移 行 することも 含 めて マニュア ルのとおりに 実 施 するよう 訪 問 の 際 に 実 情 を 把 握 のうえ 指 導 していく 必 要 があ また 限 られた 人 員 の 中 で 納 付 折 衝 を 効 率 よく 実 施 していくための 方 法 を 検 討 する 必 要 が あ 課 題 は 改 善 されつつあるため まだ 訪 問 指 導 を 実 施 していない 区 への 訪 問 や 課 長 会 係 長 会 や 研 修 などマニュアルを 周 知 徹 底 していく 必 要 があ

3 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 課 題 (3) 課 題 (4) C 現 年 度 滞 納 分 の 催 告 について 区 における 債 権 回 収 体 制 について 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 平 成 25 年 度 決 算 時 における 現 年 度 滞 納 分 の 回 収 率 は99.5%と 高 い 水 準 を 維 持 しているが 調 定 額 が 伸 びており 未 収 金 額 も 増 加 してい このような 状 況 の 中 現 年 度 滞 納 分 については 電 話 による 自 主 納 付 の 呼 びかけ 業 務 の 民 間 委 託 と 文 書 による 催 告 が 行 われてい 文 書 による 催 告 は 回 数 が 多 くなるほど 定 型 の 文 面 では 催 告 の 効 果 が 薄 くなる 傾 向 がある が 回 数 に 応 じた 異 なる 文 面 での 文 書 電 話 や 訪 問 による 催 告 は 計 画 されていない 平 成 26 年 度 は 現 年 度 分 保 険 料 では 口 座 振 替 の 促 進 や 初 期 未 納 対 策 として 区 独 自 の 文 書 また は 電 話 催 告 も 行 われ 調 定 額 は14 億 円 超 の 伸 びがある 中 730 万 円 程 度 の 減 少 となった すべての 区 において バッチ 処 理 の 催 告 書 以 外 に 独 自 に 文 書 又 は 電 話 催 告 を 実 施 してい 今 年 度 から 毎 月 提 供 している 滞 納 者 リストに 所 得 電 話 番 号 の 情 報 を 新 たに 追 加 して 資 力 がある 人 又 は 電 話 番 号 が 判 明 している 滞 納 者 を 重 点 的 に 催 告 するよう 指 示 してい すべての 区 で 独 自 の 取 り 組 みが 実 施 されているものの 区 ごとで 取 組 状 況 に 差 があ 先 進 事 例 効 果 的 な 事 例 を 課 長 会 係 長 会 で 紹 介 することで 各 区 のバラつきを 減 らしていく 必 要 があ また 所 得 電 話 番 号 の 情 報 を 追 加 した 滞 納 者 リストを 各 区 が 活 用 し 催 告 を 実 施 できてい るか その 効 果 検 証 を 行 っていく 必 要 があ 催 告 文 面 の 変 更 や 電 話 催 告 の 実 施 など 課 題 の 改 善 は 見 られるが そのような 催 告 を 年 間 スケ ジュールに 組 み 込 んで 実 施 していく 必 要 があ 債 権 管 理 回 収 に 関 しては 多 くの 区 で 収 納 担 当 者 のみが 行 っており 係 全 体 では 行 われて いない 状 況 が 見 受 けられ 高 額 滞 納 者 に 係 る 整 理 方 針 については 医 療 福 祉 課 から 提 供 される 高 額 滞 納 者 リストを 利 用 して 収 納 担 当 者 と 管 理 監 督 者 が 協 議 しているが それ 以 外 の 滞 納 者 については 収 納 担 当 者 に 一 任 されており 管 理 監 督 者 による 進 行 管 理 ができていない 状 況 が 見 受 けられ 職 員 数 が 多 い 区 では 係 全 体 で 収 納 事 務 に 対 応 する 体 制 が 整 ってきているものの 職 員 数 が 少 ない 区 では 担 当 のみで 収 納 事 務 を 行 わざるを 得 ない 現 状 であ 少 額 滞 納 者 への 対 応 についても 同 様 で 職 員 数 が 多 い 区 では 電 話 催 告 や 文 書 催 告 を 計 画 的 に 実 施 できてきているものの 職 員 数 が 少 ない 区 では 課 長 係 長 も 窓 口 に 出 ざるを 得 ず 収 納 の 進 捗 管 理 まで 手 が 回 っていない 収 納 担 当 のみが 事 務 を 行 っている 区 については 工 夫 して 複 数 担 当 や 係 全 体 での 対 応 ができ るよう 課 長 会 係 長 会 で 指 導 していく 必 要 があ 少 額 滞 納 者 についても 滞 納 期 間 等 に 応 じた 優 先 順 位 を 付 け 計 画 的 な 催 告 が 実 施 できるよ うに 管 理 監 督 者 が 進 捗 管 理 を 行 う 必 要 があ

4 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 課 題 (1) 介 護 保 険 制 度 の 周 知 について 介 護 保 険 料 健 康 福 祉 局 介 護 保 険 課 滞 納 者 の 中 には 介 護 保 険 制 度 に 対 する 不 満 があるほか 介 護 保 険 制 度 を 民 間 の 保 険 と 同 様 のものと 誤 解 し 介 護 サービスは 受 けないので 介 護 保 険 料 を 支 払 わない 等 の 主 張 をするなど 介 護 保 険 制 度 に 係 る 納 付 義 務 が 十 分 に 理 解 されていない 状 況 が 見 受 けられ 制 度 理 解 不 十 分 な 滞 納 者 に 対 し 区 の 職 員 が 電 話 催 告 の 際 に 制 度 についての 説 明 を 行 ってい また コールセンターから 必 要 に 応 じて 新 規 未 納 者 に 対 して 制 度 の 説 明 を 行 ってい 特 別 対 策 月 間 (8 月 12 月 2 月 )に 送 付 する 未 納 催 告 書 に 制 度 の 説 明 を 記 載 したチラシを 同 封 してい 制 度 理 解 不 十 分 な 滞 納 者 はまだ 多 いので 平 成 27 年 10 月 の 介 護 保 険 システムの 滞 納 整 理 機 能 改 修 により 作 成 できるようになった 独 自 催 告 文 書 を 活 用 し 文 書 催 告 書 に 納 付 義 務 に 関 する 説 明 を 記 載 するようにす 制 度 説 明 のチラシについて 被 保 険 者 の 年 齢 層 に 合 わせたものが 作 成 されてい 独 自 催 告 文 書 に 記 載 する 納 付 義 務 に 関 する 説 明 の 雛 形 について 現 在 のところ 作 成 されてい ないため 債 権 所 管 課 が 検 討 する 必 要 があ 課 題 (2) 区 においては 滞 納 者 との 交 渉 経 過 等 を 記 録 しておく 相 談 記 録 票 を 被 保 険 者 番 号 順 等 で 保 管 しているが 活 用 していない 区 が 見 受 けられ また 滞 納 者 との 交 渉 経 過 を 相 談 記 録 票 ではなく 電 算 システム 上 に 記 録 していたり 財 産 調 査 等 の 資 料 を 相 談 記 録 票 とは 別 に 保 管 していたりするなど 二 重 管 理 している 区 が 見 受 けられ 平 成 27 年 10 月 から11 月 に 実 施 した 区 巡 回 相 談 指 導 の 際 に 相 談 記 録 票 の 作 成 状 況 を 確 認 し 適 切 に 作 成 していない 区 に 対 して 早 急 に 作 成 するように 指 導 した また 相 談 記 録 票 に 催 告 等 の 記 録 をしていなかったり 財 産 調 査 等 の 資 料 を 相 談 記 録 票 とは 別 で 保 管 している 区 に 対 して 改 善 するよう 指 導 した 相 談 記 録 票 について 相 談 記 録 票 を 適 切 に 作 成 していない 区 はまだあるため 区 巡 回 相 談 指 導 のときだけではな く 毎 月 相 談 記 録 票 の 作 成 状 況 を 介 護 保 険 システムで 確 認 し 作 成 が 遅 れている 区 に 対 して 指 導 すまた 相 談 記 録 票 や 財 産 調 査 等 の 資 料 の 保 管 方 法 についてルールの 作 成 を 検 討 す 記 載 のとおり 相 談 記 録 票 の 作 成 が 遅 れている 区 に 対 する 指 導 を 行 っている 他 会 議 等 で 前 述 の 指 導 に 係 る 経 緯 について 各 区 課 長 に 対 し 周 知 してい 継 続 的 な 区 に 対 する 指 導 の 実 施 とともに 資 料 保 管 方 法 のルールについて 早 期 の 作 成 を 求 め

5 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 課 題 (3) 分 割 納 付 について 介 護 保 険 料 健 康 福 祉 局 介 護 保 険 課 介 護 保 険 課 は 滞 納 者 に 納 付 困 難 な 事 情 があれば 家 族 構 成 収 支 負 債 状 況 等 の 生 活 状 況 を 確 認 した 上 で 納 付 資 力 に 応 じた 分 割 納 付 計 画 を 決 定 し あわせて 納 付 誓 約 書 を 徴 取 するよ う 区 に 指 導 してい しかし 滞 納 者 の 生 活 状 況 を 確 認 することなく 少 額 での 分 割 納 付 計 画 を 受 け 付 けている 区 や 納 付 誓 約 書 を 徴 取 していない 区 が 見 受 けられ 6 月 と9 月 に 実 施 した 研 修 及 び10 月 ~11 月 に 実 施 した 区 巡 回 相 談 指 導 を 通 して 分 割 納 付 を 受 ける 際 には 実 態 調 査 書 を 活 用 し 収 支 状 況 がわかる 資 料 とあわせて 生 活 状 況 を 聴 取 し 生 活 状 況 に 見 合 った 金 額 を 設 定 するよう 指 導 した やむを 得 ず 少 額 分 納 を 受 けた 場 合 には 一 定 期 間 後 に 分 割 納 付 金 額 の 見 直 しを 行 うよう 指 導 した また 分 割 納 付 を 受 け 付 けた 場 合 は 納 付 誓 約 書 を 徴 取 するよう 指 導 した 結 果 納 付 誓 約 者 の 人 数 は 前 年 11 月 と 比 較 して59 人 (49 人 108 人 ) 増 加 した 生 活 状 況 を 聴 取 することなく 少 額 分 納 を 認 めている 件 数 はまだ 多 いので 収 支 状 況 の 資 料 の 提 出 と 生 活 状 況 の 聴 取 を 徹 底 させ 研 修 や 巡 回 指 導 等 で 区 に 対 する 指 導 を 行 っている 他 課 長 級 会 議 等 で 前 述 の 指 導 内 容 につい て 説 明 し 意 識 の 共 有 を 図 ってい 生 活 状 況 を 把 握 した 上 での 納 付 資 力 に 応 じた 納 付 計 画 の 設 定 や 納 付 誓 約 書 の 徴 取 について は 今 後 も 継 続 してその 効 果 と 必 要 性 について 区 に 周 知 した 上 で 実 施 を 求 めていく 必 要 があ 課 題 (4) 区 における 債 権 回 収 体 制 について 要 支 援 要 介 護 認 定 等 に 係 る 事 務 を 優 先 した 事 務 分 担 となっていることから 係 全 体 で 回 収 事 務 に 取 り 組 む 体 制 となっておらず 回 収 率 の 高 い 区 や 事 務 処 理 が 進 んでいる 区 においても 回 収 事 務 の 担 当 者 以 外 にノウハウが 共 有 されていない 状 況 が 見 受 けられ 区 巡 回 相 談 指 導 の 際 に 回 収 事 務 の 担 当 が1 人 の 区 など 担 当 者 以 外 にノウハウが 共 有 されて いない 区 に 対 して 複 数 担 当 制 や 事 務 分 担 変 更 などにより ノウハウが 共 有 されるよう 係 長 に 伝 えた 結 果 2 区 において 複 数 担 当 制 や 事 務 分 担 変 更 が 実 施 された A 複 数 担 当 制 や 事 務 分 担 変 更 が 実 施 された2 区 以 外 の 区 においては 回 収 事 務 担 当 者 が1 人 では あるものの 定 期 的 に 事 務 分 担 変 更 が 行 われ 一 定 のノウハウの 共 有 がされているとの 説 明 が あった 徴 収 のノウハウを 引 き 継 ぐ 体 制 を 構 築 するため 複 数 の 職 員 で 回 収 事 務 を 担 当 することや 定 期 的 な 事 務 分 担 変 更 の 際 に 確 実 にノウハウの 引 き 継 ぎが 行 われる 様 研 修 やマニュアル 等 の 充 実 が 求 められ

6 各 区 に 1 人 ずつ 配 置 されている 年 金 の 調 査 及 び 請 求 手 続 の 補 助 業 務 に 従 事 する 嘱 託 員 は 年 金 受 給 権 の 有 無 を 調 査 し その 結 果 を 保 護 係 職 員 及 び 管 理 監 督 者 に 報 告 しているが 一 部 の 区 では 管 理 監 督 者 が 年 金 受 給 権 のある 被 保 護 者 における 請 求 手 続 等 の 進 捗 状 況 を 把 握 してお らず 保 護 係 職 員 に 対 する 指 導 等 が 徹 底 されていない 状 況 が 見 受 けられ 年 金 等 調 査 員 が 年 金 支 給 要 件 について 事 前 に 調 査 を 行 い 地 区 担 当 員 に 情 報 を 提 供 の 上 本 人 による 裁 定 請 求 が 迅 速 に 行 われるよう 指 導 を 行 ってい また 年 金 等 調 査 員 は 毎 月 調 査 状 況 を 査 察 指 導 員 ( 管 理 監 督 者 )に 報 告 してい 査 察 指 導 員 は その 調 査 結 果 をもとに 年 金 が 受 給 できるケースについては 裁 定 請 求 が 迅 速 に 行 わ れるよう 地 区 担 当 員 に 指 示 し その 進 捗 状 況 を 査 察 指 導 管 理 台 帳 を 活 用 して 進 行 管 理 してい しかしながら 地 区 担 当 員 及 び 査 察 指 導 員 が 不 足 しているため 本 人 に 対 する 裁 定 請 求 の 手 続 指 導 に 手 が 回 らず 処 理 が 遅 れる 場 合 があるほか 裁 定 請 求 を 行 ったもののその 後 年 金 が 遡 って 支 払 われるようになっても 返 還 指 導 に 従 わず 費 消 されてしまう 場 合 があ 査 察 指 導 員 が 年 金 の 裁 定 請 求 に 係 る 進 捗 状 況 を 管 理 するためのツール( 査 察 指 導 管 理 台 帳 )の 活 用 を 徹 底 し 定 着 させてきた 点 は でき 今 後 は 裁 定 請 求 の 手 続 指 導 が 効 率 的 になさ れるよう 係 内 におけるノウハウの 共 有 や 年 金 委 任 状 の 活 用 等 を 検 討 することが 望 ましい 稼 働 収 入 の 無 申 告 過 少 申 告 を 原 因 とした 不 正 受 給 の 多 くは 収 入 申 告 と 課 税 状 況 の 照 合 調 査 により 発 覚 す 照 合 調 査 の 結 果 被 保 護 者 の 収 入 申 告 が 不 適 正 であった 場 合 は 保 護 費 を 変 更 しなければな らないが 原 則 として 保 護 費 の 変 更 は 被 保 護 者 の 収 入 申 告 に 基 づかなければならないとこ ろ 被 保 護 者 が 収 入 申 告 を 行 わないことなどの 理 由 により 保 護 課 の 定 める 期 限 までにこの 処 理 が 行 われていない 事 案 が 見 受 けられ 課 税 調 査 において 照 合 結 果 が 不 適 正 であった 者 について 現 在 も 継 続 的 に 収 入 がある 場 合 は 8 月 までの 保 護 費 に 反 映 されるよう 地 区 担 当 員 に 査 察 指 導 を 行 ってい なお 保 護 費 への 反 映 の 進 捗 状 況 については 平 成 23 年 度 から 施 行 している 収 入 申 告 と 課 税 状 況 の 照 合 調 査 事 業 要 領 に 基 づき 各 区 から 中 間 報 告 により 報 告 を 受 けてい 報 告 の 結 果 8 月 までに 就 労 収 入 が 保 護 費 に 反 映 できていない 事 案 については 早 急 に 処 理 が 行 われるよう 査 察 指 導 員 ( 管 理 監 督 者 )による 進 捗 状 況 の 管 理 を 行 ってい また 債 権 発 生 を 未 然 に 防 ぐため 高 校 生 のアルバイト 収 入 の 収 入 申 告 を 促 すためのパンフレットを 新 たに 作 成 し 中 学 3 年 生 がいる 世 帯 に 対 して 配 布 することで 周 知 を 行 った 不 正 受 給 が 発 覚 した 案 件 については 組 織 として 優 先 順 位 を 決 めて 取 り 組 むことが 必 要 であることを 研 修 等 で 周 知 しているものの 地 区 担 当 員 及 び 査 察 指 導 員 が 不 足 しているため 効 率 的 に 処 理 が 行 えない 状 況 となって い C 処 理 の 優 先 順 位 を 決 めて 取 り 組 むよう 周 知 したことや 高 校 生 に 対 してアルバイト 収 入 の 申 課 題 (1) 課 題 (2) 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 年 金 給 付 に 係 る 無 申 告 による 不 正 受 給 について 稼 働 収 入 の 無 申 告 等 による 不 正 受 給 について 生 活 保 護 法 返 還 金 徴 収 金 健 康 福 祉 局 保 護 課 告 を 促 す 取 組 みを 行 ったことについては 債 権 発 生 の 未 然 防 止 の 観 点 から 有 効 であ しかし 就 労 を 継 続 している 者 について 8 月 までに 保 護 費 への 反 映 が 確 実 になされるよ う 稼 働 収 入 のあった 者 に 対 して 家 庭 訪 問 や 在 籍 確 認 などを 行 い 就 労 を 継 続 している 者 を 把 握 した 上 で 処 理 の 優 先 順 位 を 決 める 等 早 期 の 進 捗 管 理 を 徹 底 する 必 要 があ

7 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 課 題 (3) C 債 権 管 理 台 帳 の 整 備 及 び 交 渉 経 過 の 記 載 について 生 活 保 護 法 返 還 金 徴 収 金 健 康 福 祉 局 保 護 課 債 権 管 理 台 帳 に 記 載 すべき 項 目 は 原 則 として 電 算 システムで 管 理 しており 滞 納 者 との 交 渉 経 過 については 紙 台 帳 で 管 理 することとしてい 多 くの 区 では 交 渉 経 過 を 記 載 しておらず また 一 部 の 区 では 電 算 システムで 管 理 され ている 事 項 について エクセルデータや 紙 媒 体 で 重 複 した 管 理 を 行 うため その 入 力 作 業 等 に 多 くの 時 間 を 割 いている 状 況 が 見 受 けられ 現 状 としては 監 査 の 指 摘 の 際 に 交 渉 記 録 等 をケース 台 帳 等 に 書 くよう 指 導 してい また システム 内 で 債 権 に 係 る 交 渉 等 の 情 報 を 記 録 することができるよう 現 在 システム 改 修 に 向 けて 業 者 と 打 ち 合 わせを 行 っており 今 年 度 内 の 実 施 を 検 討 してい 区 役 所 の 地 区 担 当 が 債 権 の 交 渉 記 録 等 を 入 力 する 頻 度 が 多 くないため 交 渉 を 行 った 際 に 記 入 を 忘 れないような 運 用 が 必 要 だと 考 えてい 債 権 管 理 を 効 率 的 に 行 えるよう 継 続 してシステム 改 修 を 図 っていかなければならない 交 渉 経 過 の 記 載 について 監 査 において 指 摘 指 導 するだけでなく 指 摘 後 の 処 理 状 況 の 把 握 をした 上 で 課 長 会 や 係 長 会 などを 活 用 した 全 市 的 な 周 知 や 研 修 の 実 施 を 行 い これが 徹 底 されるような 取 組 みが 必 要 であまた 債 権 管 理 を 効 率 的 に 行 えるよう 交 渉 経 過 のみな らず その 他 の 仕 様 についても エクセルデータや 紙 媒 体 で 重 複 管 理 する 必 要 性 がなくなるよ う 電 算 システムの 継 続 的 な 改 修 が 必 要 であ 課 題 (4) 催 告 の 実 施 について 保 護 課 は 年 2 回 以 上 催 告 書 を 送 付 することとしているが 区 によっては 年 1 回 のみ 催 告 書 を 送 付 していたり 保 護 が 廃 止 となった 滞 納 者 には 催 告 書 を 送 付 していなかったりする 状 況 が 見 受 けられ なお 電 話 や 訪 問 による 催 告 は 計 画 されていない 催 告 書 の 発 行 は 年 2 回 としており 監 査 において 適 切 に 発 行 されているかの 確 認 を 行 ってい また 監 査 の 際 には2 年 以 上 未 納 のものについては 納 付 指 導 を 行 うよう 指 摘 しており それ らについて 催 告 を 行 った ( 平 成 27 年 11 月 末 時 点 での 催 告 実 施 状 況 : 訪 問 催 告 52 件 電 話 催 告 13 件 文 書 催 告 34 件 ) 催 告 書 を 送 付 しているかの 報 告 をさせる 必 要 があると 考 えてい 送 付 した 催 告 書 が 居 所 不 明 等 によって 返 送 された 場 合 経 験 及 び 人 員 不 足 等 により 居 所 を 把 握 することが 困 難 な 状 況 にあ C 監 査 による 催 告 の 実 施 状 況 の 確 認 指 導 のみならず 各 区 において 電 話 催 告 や 訪 問 催 告 も 盛 り 込 んだ 計 画 的 な 催 告 が 実 施 されるよう 取 組 みや 体 制 を 検 討 する 必 要 があ

8 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 課 題 (5) 債 権 放 棄 について 生 活 保 護 法 返 還 金 徴 収 金 健 康 福 祉 局 保 護 課 破 産 による 免 責 決 定 及 び 相 続 人 全 員 の 相 続 放 棄 等 を 要 件 とした 債 権 放 棄 は 実 施 されている が 無 資 力 を 要 件 とした 債 権 放 棄 は 一 切 行 われていない 状 況 が 見 受 けられ 既 に 生 活 保 護 受 給 者 は 無 資 力 者 な 状 態 となっているが 生 活 保 護 法 の 趣 旨 から 鑑 みるに 生 活 保 護 受 給 者 からの 徴 収 を 想 定 しており 生 活 保 護 債 権 について 無 資 力 を 理 由 とした 債 権 放 棄 は 難 しいと 考 え 行 っていない 生 活 保 護 受 給 中 に 発 生 した 債 権 について 無 資 力 を 要 件 とした 債 権 放 棄 を 行 うことの 可 否 に ついて 確 認 する 必 要 があると 考 え D 少 額 の 回 収 により 最 低 限 度 の 生 活 維 持 ができなくなる 者 や 自 立 の 見 込 みが 著 しく 低 く 完 納 の 見 込 みがない 者 等 について 無 資 力 を 要 件 とした 債 権 放 棄 を 行 い 国 庫 負 担 金 の 精 算 が 認 め られる 余 地 があるか 厚 生 労 働 省 に 確 認 する 必 要 があ なお 仮 に 厚 生 労 働 省 が 認 めない 見 解 であるとすれば 当 該 事 案 について 地 方 自 治 法 等 を 踏 まえ 厚 生 労 働 省 がどのような 債 権 管 理 を 適 切 と 考 えているか 併 せて 確 認 する 必 要 があ 課 題 (6) 区 における 債 権 回 収 体 制 について 普 段 から 滞 納 者 と 接 触 している 保 護 係 職 員 が 納 付 指 導 を 行 うことが 効 率 的 であると 考 えられ るが 民 生 子 ども 係 と 保 護 係 の 具 体 的 な 役 割 分 担 が 明 確 になっていないことから 滞 納 者 に 対 して 充 分 な 納 付 指 導 ができていない 状 況 が 見 受 けられ 平 成 27 年 7 月 9 日 に 保 護 係 職 員 向 けに 債 権 に 関 する 研 修 を 行 い 納 付 指 導 を 行 うよう 周 知 徹 底 を 行 った また 監 査 の 際 にも2 年 以 上 未 納 の 続 くものがあれば 抽 出 し 保 護 係 職 員 から 納 付 指 導 を 行 うよう 保 護 係 長 に 依 頼 してい 研 修 に 関 しては 新 任 向 けも 含 めて 今 後 ますます 広 く 行 わなければならないと 考 えている が 債 権 管 理 に 関 するノウハウの 蓄 積 がなく 研 修 日 程 の 確 保 も 難 しく 効 率 的 な 実 施 を 図 る ことが 課 題 だと 考 え 債 権 管 理 を 適 正 に 管 理 するためには 民 生 子 ども 係 と 保 護 係 のより 一 層 の 連 携 が 必 要 であ C 納 付 指 導 を 行 うよう 保 護 係 職 員 に 研 修 や 監 査 において 周 知 するだけでなく 納 付 指 導 に 係 る 民 生 子 ども 係 と 保 護 係 の 役 割 の 明 確 化 計 画 的 な 納 付 指 導 の 実 施 ノウハウ 定 着 のための 効 果 的 な 研 修 の 実 施 等 を 行 う 必 要 があ

9 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 課 題 (1) システムの 改 修 にあたっては 回 収 現 場 ( 区 役 所 民 生 子 ども 課 や 債 権 回 収 室 )の 意 見 を 取 り 入 れ 旧 システムにおいて 可 能 であった 処 理 ( 滞 納 金 明 細 の 出 力 等 )については 速 やかに 対 応 する 必 要 があまた 交 渉 経 過 や 面 談 等 の 記 録 については 研 修 等 のあらゆる 機 会 を 通 じ て 意 識 付 けを 行 う 必 要 があ 債 権 管 理 台 帳 の 整 備 について 民 間 保 育 所 徴 収 金 子 ども 青 少 年 局 保 育 企 画 室 滞 納 金 額 や 納 付 履 歴 などの 情 報 は 電 算 システムで 児 童 年 度 ごとに 管 理 されているため 複 数 の 児 童 に 係 る 保 育 料 を 複 数 の 年 度 にわたって 滞 納 している 滞 納 者 について その 滞 納 金 額 等 を 把 握 するには 児 童 年 度 ごとに 処 理 画 面 を 切 り 替 える 必 要 があることから 時 間 がかか る 状 況 が 見 受 けられ また 滞 納 者 との 交 渉 経 過 や 面 談 の 内 容 については 紙 媒 体 の 相 談 記 録 に 記 載 することとさ れているが 鉛 筆 で 記 載 している 事 例 一 部 のみを 記 載 している 事 例 や 全 く 記 載 していない 事 例 が 見 受 けられ 今 年 度 から 新 システムを 導 入 し 平 成 27 年 9 月 中 旬 には 新 システムへ 過 年 度 ( 平 成 27 年 3 月 分 以 前 )の 滞 納 情 報 を 移 行 した 滞 納 金 額 については 1 画 面 で 複 数 年 度 の 情 報 が 見 られるよ うになった 滞 納 者 との 交 渉 経 過 の 記 載 については 平 成 27 年 9 月 に 実 施 の 研 修 会 で 周 知 をしたところ であるが 来 年 度 以 降 事 務 指 導 等 で 各 区 へ 出 向 く 機 会 に 確 認 することを 考 えてい 効 率 的 にシステムの 運 用 ができるように 例 えば 滞 納 者 に 対 し 滞 納 金 明 細 書 が 出 力 でき るようにするなど システムについて システム 業 者 と 調 整 できた 部 分 から 随 時 改 修 してい く 課 題 (2) 文 書 による 催 告 について 保 育 運 営 課 では 債 権 回 収 実 施 計 画 において 段 階 的 に 文 面 等 を 強 めた 催 告 書 を 年 3 回 発 送 することとしているが 保 育 運 営 課 において 作 成 している 催 告 書 の 文 面 は 各 回 とも 全 く 同 じものとなってい また 区 によっては 電 算 システム 導 入 前 の 滞 納 分 ( 平 成 24 年 9 月 分 以 前 )について 催 告 書 を 送 付 していないなど 取 組 みが 徹 底 されていない 状 況 が 見 受 けられ 平 成 27 年 9 月 末 に 今 年 度 2 回 目 の 催 告 書 を 発 送 し 催 告 書 を 初 めて 送 付 する 人 と 前 回 から 連 続 して 送 付 する 人 では 文 面 を 変 更 して 催 告 書 を 発 送 してい 文 面 については 債 権 回 収 室 に 調 整 のうえ 作 成 してい また 平 成 27 年 9 月 中 旬 に 平 成 24 年 9 月 以 前 の 滞 納 分 のデータについて システムへ 移 行 し 平 成 27 年 9 月 末 に 送 付 した 催 告 書 については 平 成 24 年 9 月 以 前 に 滞 納 がある 方 にも 催 告 書 を 送 付 してい 文 面 を 変 更 したことなどによる 効 果 を 踏 まえ 今 後 の 文 書 催 告 について より 効 果 的 に 実 施 するため 債 権 回 収 室 や 区 役 所 の 意 見 も 聞 きながら 決 めていきたいと 考 えてい 文 書 催 告 の 実 施 時 期 に 合 わせて 電 話 催 告 を 行 うなど 入 所 事 務 における 繁 忙 期 の 中 でも 効 率 的 に 催 告 を 実 施 することができるように 保 育 企 画 室 が 適 切 に 支 援 する 必 要 があ

10 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 民 間 保 育 所 徴 収 金 子 ども 青 少 年 局 保 育 企 画 室 課 題 (3) 電 話 による 催 告 について 未 納 の 累 積 を 防 止 するため 平 成 26 年 7 月 分 の 保 育 料 から 各 月 分 の 未 納 者 に 対 して 督 促 状 を 発 付 する 前 に 委 託 先 の 民 間 事 業 者 を 通 じた 電 話 による 納 付 案 内 を9 月 から 行 っているが 督 促 状 の 発 付 後 に 職 員 による 電 話 催 告 は 計 画 されていない 督 促 状 の 発 送 後 も 未 納 となっている 方 に 対 し 職 員 による 電 話 催 告 が 必 要 であることを 研 修 において 周 知 はしているが 区 の 実 情 ( 年 度 末 にかけて 入 所 事 務 に 多 くの 時 間 を 割 かなけれ ばならない 等 )を 考 慮 すると 今 年 度 中 に 全 ての 区 において 大 量 に 実 施 することは 難 しいと 考 えてい しかしながら そのような 実 情 を 踏 まえながらも 少 しでも 電 話 催 告 を 実 施 できるように 12 月 中 に 各 区 に 電 話 催 告 用 のリストを 提 供 するなどし 支 援 を 行 っていく C 課 題 (2)に 対 する に 同 じ 課 題 (4) 保 育 企 画 室 の 区 保 育 所 に 対 する 働 きかけについて 民 生 子 ども 課 長 会 等 において 回 収 計 画 や 収 納 状 況 等 を 周 知 しているが その 状 況 を 受 け て 各 区 が 具 体 的 な 回 収 対 策 を 立 てる 取 組 みは 行 われておらず 現 状 把 握 に 留 まっている 状 況 が 見 受 けられ 回 収 対 策 を 立 てる 取 組 みの 必 要 性 については 研 修 会 にて 周 知 しているが 債 権 所 管 課 とし て 各 区 に 対 し 具 体 的 な 回 収 対 策 を 立 てる 取 組 みを 示 すところまで 現 時 点 では 至 っていな い 債 権 回 収 室 のノウハウを 活 用 し 早 急 に 対 応 す D の 後 半 で 触 れられているとおり 区 において 主 体 的 に 債 権 管 理 に 取 り 組 めるよう に 区 に 対 して 速 やかに 具 体 的 な 回 収 対 策 を 示 す 必 要 があ

11 課 題 (1) 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 償 還 指 導 強 化 月 間 の 取 組 みについて 母 子 父 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 金 子 ども 青 少 年 局 青 少 年 家 庭 課 青 少 年 家 庭 課 が 定 めた 債 権 回 収 実 施 計 画 により 7 月 中 旬 から10 月 末 までの 期 間 を 償 還 指 導 強 化 月 間 として 各 区 において 催 告 の 予 定 件 数 を 定 め 全 ての 滞 納 者 に 対 して 係 全 体 で 協 力 の 上 催 告 することとされてい 催 告 の 予 定 件 数 は 概 ね 達 成 しているが 嘱 託 員 である 母 子 自 立 支 援 員 による 文 書 や 電 話 に よる 催 告 が 中 心 であり 係 全 体 の 取 組 みとはなっていない 状 況 が 見 受 けられ 課 長 会 係 長 会 を 通 じ 各 区 の 償 還 指 導 強 化 月 間 における 組 織 的 対 応 を 監 督 者 に 対 し 依 頼 し た 償 還 期 間 強 化 月 間 を 迎 えるにあたり 係 全 体 で 償 還 指 導 に 取 り 組 む 実 施 体 制 具 体 的 な 実 施 内 容 等 について 事 前 に 各 区 支 所 に 計 画 書 の 提 出 を 求 め 組 織 的 な 催 告 を 行 うよう 意 識 付 けを 行 った 組 織 的 償 還 指 導 の 実 施 について 強 化 月 間 実 施 結 果 報 告 書 により 確 認 計 画 書 の 目 標 と 達 成 状 況 等 課 題 を 整 理 し 今 後 の 効 果 的 な 滞 納 整 理 に 繋 げ A 概 ね 改 善 されつつあるが 償 還 指 導 強 化 月 間 は 約 4 箇 月 と 長 期 にわたるため 月 間 終 了 後 に 報 告 を 受 けるだけでなく 途 中 経 過 にも 留 意 し 必 要 に 応 じて 計 画 の 見 直 しを 行 う 必 要 があ 課 題 (2) 償 還 者 以 外 の 償 還 義 務 者 への 請 求 について 名 古 屋 市 債 権 管 理 条 例 において 非 強 制 徴 収 債 権 について 督 促 した 日 から 相 当 の 期 間 を 経 過 しても 履 行 がない 場 合 には 保 証 人 に 対 して 履 行 を 請 求 しなければならないと 規 定 されている が 区 では 償 還 者 が 当 初 の 計 画 どおりに 償 還 しない 場 合 に 他 の 償 還 義 務 者 ( 特 に 母 子 家 庭 の 母 及 び 子 ではない 連 帯 保 証 人 )に 対 する 請 求 を 行 っていない 状 況 が 見 受 けられ 母 子 父 子 自 立 支 援 員 研 修 で 債 権 回 収 に 関 する 知 識 手 法 について 解 説 また 名 古 屋 市 債 権 管 理 条 例 により 償 還 金 の 滞 納 が1 年 継 続 した 場 合 借 受 人 の 償 還 能 力 の 明 らかな 欠 如 が 判 明 し た 場 合 については 連 帯 保 証 人 に 対 し 請 求 を 行 うよう 指 導 を 行 った 1 年 以 上 滞 納 継 続 しているケースに 対 し 償 還 者 を 変 更 し 連 帯 保 証 人 に 償 還 指 導 を 行 うことが できているか 調 べ 償 還 者 の 変 更 が 困 難 であれば 理 由 を 確 認 す 取 り 組 まれつつあるが 母 子 父 子 自 立 支 援 員 によっては 抵 抗 があり 積 極 的 な 請 求 は 行 われ ていない 管 理 監 督 者 が 心 理 的 支 援 を 行 うことにより 連 帯 保 証 人 への 請 求 を 行 いやすい 環 境 を 整 える 必 要 があ

12 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 課 題 (3) 民 間 事 業 者 による 償 還 案 内 について 母 子 父 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 金 子 ども 青 少 年 局 青 少 年 家 庭 課 償 還 指 導 強 化 月 間 に 催 告 をしたが 話 をすることができなかった 償 還 者 を 対 象 に 委 託 によ り 毎 年 1 月 から3 月 にかけて 民 間 事 業 者 が 電 話 及 び 訪 問 による 償 還 案 内 を 行 っていこれに より 平 日 夜 間 や 休 日 に 償 還 者 と 接 触 できたり 最 新 の 連 絡 先 等 の 情 報 を 得 られたりする 場 合 があ しかし 償 還 案 内 後 に 償 還 又 は 相 談 がなかった 事 案 については 委 託 によって 得 た 情 報 を 活 かしきれておらず その 後 の 処 理 が 停 滞 している 事 案 も 見 受 けられ 今 年 度 の 委 託 は 平 成 28 年 1 月 ~3 月 に 約 180 件 実 施 予 定 委 託 によって 得 た 情 報 を 早 期 に 各 区 支 所 に 伝 えることができるよう 電 話 訪 問 調 査 票 を 毎 週 1 回 委 託 業 者 から 名 古 屋 市 に 提 出 するよう 業 務 委 託 仕 様 書 に 追 加 した 委 託 で 得 られた 償 還 に 結 びつく 情 報 ( 償 還 意 思 生 活 状 況 等 )を 毎 週 各 区 支 所 に 連 絡 し 委 託 結 果 を 活 かした 円 滑 な 償 還 に 繋 げ 委 託 で 得 た 情 報 を 各 区 支 所 が 有 効 に 活 用 できているかを 確 認 す 委 託 業 者 が 滞 納 者 と 接 触 できず 情 報 が 得 られなかった 場 合 については その 後 の 処 理 が 停 滞 することを 防 ぐため 処 理 方 針 を 事 前 にある 程 度 決 めておく 必 要 がある( 他 の 償 還 義 務 者 や 勤 務 先 への 電 話 催 告 住 民 票 の 収 受 等 ) 課 題 (4) 催 告 の 進 行 管 理 について 債 権 管 理 回 収 に 関 する 事 務 は ほとんど 母 子 自 立 支 援 員 1 人 で 行 っており 管 理 監 督 者 に 個 別 事 案 の 経 過 報 告 を 適 宜 行 っているが 管 理 監 督 者 による 滞 納 事 案 全 件 の 進 行 管 理 は 行 われ ていない 状 況 が 見 受 けられ 償 還 指 導 強 化 月 間 における 組 織 的 な 対 応 を 行 う 計 画 書 を 監 督 者 に 供 覧 した 全 滞 納 ケース( 全 区 支 所 合 わせ3,420 件 )に 対 する 償 還 指 導 強 化 月 間 の 実 施 結 果 ( 納 入 一 部 納 入 生 活 困 窮 状 況 把 握 等 )を 集 計 供 覧 し 管 理 監 督 者 に 滞 納 全 件 の 償 還 状 況 を 報 告 し てい 償 還 指 導 強 化 月 間 を 除 いた 期 間 においても 管 理 監 督 者 が 滞 納 事 案 全 件 の 進 行 管 理 を 行 うこと が 今 後 の 課 題 であるが 民 生 子 ども 課 区 民 福 祉 課 は 多 種 の 債 権 を 抱 えており 滞 納 件 数 も 多 い ため 個 別 の 滞 納 状 況 償 還 指 導 の 経 過 を 管 理 することが 困 難 であ C 当 項 目 を 指 摘 した 趣 旨 としては 処 理 停 滞 事 案 の 発 生 を 防 止 することであそのために は 管 理 監 督 者 は 滞 納 だけでなく 滞 納 者 ごとの 滞 納 状 況 を 定 期 的 に 把 握 する 必 要 があ その 把 握 の 方 法 として 例 えば 母 子 父 子 自 立 支 援 員 により 随 時 更 新 される 滞 納 者 全 件 リスト 等 を 定 期 的 に 確 認 するなどの 工 夫 は 可 能 であると 考 え また 管 理 監 督 者 が 処 分 票 から 今 後 の 方 針 を 導 き 出 せるよう 管 理 監 督 者 向 けの 研 修 等 を 行 うことが 望 ましい

13 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 名 古 屋 市 入 学 準 備 金 教 育 委 員 会 事 務 局 学 事 課 課 題 (1) 催 告 について 文 書 による 催 告 は 行 っているが 反 応 がない 借 受 人 等 については 電 話 や 訪 問 による 催 告 を 実 施 していないため 返 還 指 導 ができていない 状 況 が 見 受 けられ 文 書 催 告 による 反 応 がない 借 受 人 に 対 し 30 人 に 電 話 催 告 を 行 った また 7 人 に 対 し 高 等 学 校 を 通 じて 学 事 課 に 連 絡 するように 働 きかけた 文 書 催 告 に 反 応 が 無 く 電 話 の 応 答 も 無 い 借 受 人 に 対 し 42 人 に 訪 問 催 告 を 行 った 12 月 以 降 再 度 訪 問 催 告 を 行 う 予 定 であ また 電 話 催 告 訪 問 催 告 により 借 受 人 と 接 触 した 時 には 生 活 状 況 を 確 認 し 適 切 に 返 還 指 導 を 行 ってい 課 題 は 概 ね 改 善 されつつあるため 今 後 も 継 続 的 に 実 施 する 必 要 があ 課 題 (2) 督 促 状 は 履 行 期 限 が 経 過 しても 履 行 されない 場 合 には 速 やかに 発 付 しなければならない が 入 学 準 備 金 の 返 還 期 日 ( 毎 年 9 月 1 日 )から6 箇 月 以 上 経 過 した 年 度 末 に 発 付 している 状 況 が 見 受 けられ 高 等 学 校 在 学 中 の 者 については 申 請 により 返 還 の 猶 予 を 受 けられることから 年 度 末 まで 猶 予 申 請 を 受 け 付 けてい そのため 督 促 状 の 発 付 は 年 度 末 の2 月 に 発 付 する 予 定 としてい D 督 促 状 の 発 付 時 期 を3 月 から2 月 に 早 めたが いまだ 返 還 期 日 ( 毎 年 9 月 1 日 )から 半 年 近 く 経 過 してからの 発 付 となっており 速 やかに 発 付 しているとは 言 い 難 い 状 況 であるため 早 期 に 改 善 を 図 る 必 要 があ 課 題 (3) 管 理 監 督 者 による 進 行 管 理 について 滞 納 金 額 や 納 付 履 歴 などの 管 理 については 担 当 者 がエクセルで 行 っているが 管 理 監 督 者 において 催 告 状 況 の 進 捗 管 理 には 活 用 されていないため 文 書 による 催 告 に 反 応 がない 借 受 人 等 に 対 して 適 切 な 返 還 指 導 をするよう 管 理 監 督 者 が 担 当 者 に 指 示 をすることはほとんど 行 われていない 状 況 が 見 受 けられ 文 書 催 告 に 反 応 がない 借 受 人 に 対 し 電 話 催 告 を 行 い 電 話 に 応 答 が 無 い 者 については 訪 問 催 告 をするように 管 理 監 督 者 から 指 示 を 行 った また 訪 問 催 告 の 結 果 会 うことができず 反 応 がない 借 受 人 については 再 度 訪 問 催 告 を 行 うように 指 示 を 行 った A 督 促 状 の 発 付 について 概 ね 改 善 されつつあるため 今 後 も 継 続 的 に 進 捗 管 理 を 行 い 処 理 の 停 滞 を 防 ぐ 必 要 があ

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社 写 監 査 結 果 報 告 書 宝 監 第 80 号 平 成 27 年 12 月 24 日 (2015 年 ) 宝 塚 市 長 中 川 智 子 様 宝 塚 市 監 査 委 員 徳 田 逸 男 同 井 上 芳 治 同 冨 川 晃 太 郎 定 期 監 査 ( 教 育 委 員 会 事 務 局 管 理 部 学 校 教 育 部 社 会 教 育 部 )の 結 果 について( 報 告 ) 地 方 自 治 法 第

More information

福 祉 貸 付 に 係 る 融 資 相 談 から 事 業 完 了 までのポイント(ガイドライン) 事 務 手 続 きの 流 れ 当 機 構 が 実 施 する 主 な 具 体 的 確 認 事 項 確 認 のポイント Ⅰ 福 祉 審 査 課 所 掌 事 務 計 画 ~ 借 入 申 込 1. 融 資 相 談 (1) 電 話 相 談 右 欄 に 記 載 する 事 項 のうち 電 話 に より 把 握 可 能

More information

福岡マンション管理基礎セミナー

福岡マンション管理基礎セミナー 福 岡 マンション 管 基 礎 セミナー 管 組 合 と 管 会 社 が 行 う 業 務 と 役 割 課 題 について ~ 管 会 社 上 手 な 使 い 方 ~ 中 島 法 律 事 務 所 弁 護 士 中 島 繁 樹 1.マンション 管 規 約 国 土 交 通 省 作 成 マンション 標 準 管 規 約 第 32 条 管 組 合 業 務 第 33 条 業 務 委 託 ( 業 務 ) 第 32 条

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

ア 超 過 勤 務 手 当 の 算 定 において 超 ア 超 過 勤 務 手 当 の 支 給 漏 れ 及 び 過 支 過 勤 務 時 間 に 係 る 計 算 誤 りが3 件 あっ 給 については 追 給 及 び 返 還 の 手 続 たので 過 不 足 額 を 返 納 又 は 追 給 を 行 った し

ア 超 過 勤 務 手 当 の 算 定 において 超 ア 超 過 勤 務 手 当 の 支 給 漏 れ 及 び 過 支 過 勤 務 時 間 に 係 る 計 算 誤 りが3 件 あっ 給 については 追 給 及 び 返 還 の 手 続 たので 過 不 足 額 を 返 納 又 は 追 給 を 行 った し 和 歌 山 県 監 査 公 表 第 9 号 平 成 24 年 9 月 26 日 付 け 監 査 報 告 第 11 号 の 監 査 結 果 に 基 づき 知 事 等 から 措 置 を 講 じた 旨 通 知 があったので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 199 条 第 12 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 26 日 和

More information

平 成 1 3 年 度

平 成 1 3 年 度 27 豊 建 維 第 33-3 号 平 成 27 年 7 月 31 日 豊 前 市 監 査 委 員 初 山 吉 治 様 豊 前 市 監 査 委 員 鈴 木 正 博 様 豊 前 市 長 後 藤 ( 建 設 課 ) 元 秀 定 期 監 査 等 の 結 果 について( 回 答 ) 平 成 27 年 5 月 に 実 施 されました 定 期 監 査 等 においてご 指 摘 いただきました 事 項 について 下

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか,

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか, 個 人 再 生 手 続 申 立 てチェックリスト ver4,0 このチェックリストは, 申 立 書 の 作 成 にあたり, 各 項 目 をチェック( 確 認 調 査 検 討 )していくことにより, 申 立 書 を 正 確 に 作 成 するためのものです 各 チェック 項 目 は, 添 付 書 類 一 覧 表 で 提 出 すべき 資 料 としているにもかかわらず, これまで 提 出 忘 れが 多 かったものや,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

平成20年7月25日

平成20年7月25日 学 校 私 費 会 計 事 務 事 故 防 止 検 討 委 員 会 報 告 学 校 私 費 会 計 事 務 事 故 防 止 検 討 委 員 会 平 成 20 年 10 月 1 経 緯 と 検 討 会 の 設 置 (1) 私 費 会 計 の 定 義 と 種 別 義 務 教 育 である 公 立 の 小 中 学 校 に 関 しては 日 本 国 憲 法 第 26 条 第 2 項 において 義 務 教 育 は

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

資料2-1

資料2-1 下 水 道 と 合 併 処 理 浄 化 槽 の 連 携 事 例 資 料 2-1 平 成 18 年 (2006 年 )1 月 31 日 広 島 市 Ⅰ 市 街 化 区 域 外 の 生 活 排 水 処 理 に 係 る 整 備 方 針 について 1 衛 生 的 で 快 適 な 生 活 環 境 の 実 現 と 良 好 な 水 環 境 の 保 全 を 図 るため 遅 れてい る 市 街 化 区 域 外 の

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

世 田 谷 区 債 権 管 理 重 点 プラン ( 平 成 26~29 年 度 ) 1 区 民 負 担 公 平 性 公 正 性 確 保 ため P1 2 プラン 目 的 と 考 え 方 P5 3 これまで 取 組 みおける 実 績 と 課 題 P6 4 今 後 取 組 み P8 5 債 権 ごと 取 組 み P10~26 平 成 26 年 3 月 世 田 谷 区 1 区 民 負 担 公 平 性 公

More information

172713_広島市報(第1022号).indd

172713_広島市報(第1022号).indd 56 第 1022 号 平 成 27 年 7 月 31 日 支 出 のうち 公 費 負 担 相 当 額 項 目 金 額 ポスターの 作 成 円 ビラの 作 成 円 計 円 報 告 書 受 理 年 月 日 平 成 27 年 4 月 27 日 第 1 回 報 告 分 ( 別 紙 ) 候 補 者 氏 名 松 井 一 實 期 間 2 月 25 日 から 所 属 党 派 無 所 属 4 月 27 日 まで 出

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

目 次 Ⅰ. 監 査 の 概 要... 1 1. 監 査 の 種 類... 1 2. 特 定 の 事 件 ( 監 査 のテーマ)... 1 3. 監 査 対 象 年 度... 1 4. 監 査 対 象 部 局... 1 5. 包 括 外 部 監 査 人 及 び 補 助 者... 2 6. 外 部 監

目 次 Ⅰ. 監 査 の 概 要... 1 1. 監 査 の 種 類... 1 2. 特 定 の 事 件 ( 監 査 のテーマ)... 1 3. 監 査 対 象 年 度... 1 4. 監 査 対 象 部 局... 1 5. 包 括 外 部 監 査 人 及 び 補 助 者... 2 6. 外 部 監 平 成 25 年 度 船 橋 市 包 括 外 部 監 査 結 果 報 告 書 公 金 徴 収 一 元 化 と 関 連 する 収 入 事 務 に 係 る 財 務 に 関 する 事 務 の 執 行 について 平 成 26 年 2 月 14 日 船 橋 市 包 括 外 部 監 査 人 公 認 会 計 士 伊 藤 孝 明 目 次 Ⅰ. 監 査 の 概 要... 1 1. 監 査 の 種 類... 1 2.

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手 法 確 立

目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手 法 確 立 宗 像 市 税 関 係 システム 検 証 等 業 務 委 託 仕 様 書 宗 像 市 平 成 28 年 7 月 目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 に 係 る 公 募 要 領 1 総 則 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう)に 係 る 課 題 提 案 の 実 施 については この 要 領 に 定 めるところによるものとします 2 公 募

More information

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書 平 成 26 年 度 港 区 立 図 書 館 窓 口 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 港 区 立 図 書 館 業 務 の 一 部 を 民 間 事 業 者 へ 委 託 することによって 柔 軟 で 効 率 的 な 図 書 館 運 営 を 行 い 図 書 資 料 の 充 実 など 利 用 者 サービスを 充 実 させることにより 区 民 サー ビスの 向 上 を 図 ることを 目 的 とする

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という 要 綱 様 式 等 参 考 資 料 集 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 P.1 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 相 談 申 込 書 P.2 野 洲 市 市 民 相 談 総 合 推 進 委 員 会 設 置 要 綱 P.4 野 洲 市 自 立 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 P.6 野 洲 市 支 援 調 整 会 議 設 置 要 綱 P.8 野 洲

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206)

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206) 校 担 当 者 用 平 成 28 年 度 高 等 校 等 奨 金 抜 粋 異 動 補 導 事 務 の て び き この 冊 子 には 奨 生 採 用 後 の 奨 金 の 交 付 奨 生 の 異 動 及 び 補 導 に 係 る 事 項 につい て 校 における 事 務 及 び 留 意 事 項 について 説 明 したものです あわせて 終 了 時 及 び 終 了 後 の 手 きの 概 要 についても 記

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

Microsoft PowerPoint - 差し換え用

Microsoft PowerPoint - 差し換え用 資 料 2 平 成 2 5 年 6 月 2 4 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 日 本 年 金 機 構 平 成 24 年 度 の 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況 と 今 後 の 取 組 等 について 目 次 1. 平 成 24 年 度 の 納 付 状 況 等 について (1) 公 的 年 金 制 度 全 体 の 状 況 1 (2) 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況

More information

27.2 確定版.xlsx

27.2 確定版.xlsx Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 03-6892-0752) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378>

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378> 2013 年 7 月 3 日 新 潟 大 学 職 員 組 合 委 員 長 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 原 告 団 長 世 取 山 洋 介 (よとりやま ようすけ) 本 日 新 潟 地 裁 に 提 訴 した 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 について 1. 給 与

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 に 関 する 公 正 競 争 規 約 及 び 施 行 規 則 公 正 競 争 規 約 第 1 章 総 則 第 1 章 景 品 類 提 供 の 範 囲 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 と いう )は 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 に 関 する 事 項 の 制 限 ( 平 成 10 年

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

Microsoft Word - 報告書 21年度.doc

Microsoft Word - 報告書 21年度.doc Ⅳ. 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 の 概 要 固 定 資 産 税 は 土 地 家 屋 及 び 償 却 資 産 (これらを 総 称 して 固 定 資 産 という)の 資 産 価 値 に 対 して 課 される 市 町 村 税 で 賦 課 期 日 である 毎 年 1 月 1 日 現 在 の 所 有 者 に 対 して 課 される 税 である 税 額 は 課 税 標 準 額 の 1.4%であり 課

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他 別 冊 あっせんの 申 立 て 事 案 の 概 要 とその 結 果 ( 平 成 23 年 度 第 2 四 半 期 ) 1 その 他 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 事 案 番 号 22 年 度 (あ) 第 200 号 申 立 ての 概 要 外 国 為 替 予 約 が 延 長 されなかったことによる 損 害 賠 償 要 求 申 立 人 の 属 性 法 人 B 銀 行 との 為 替 予

More information

200

200 Ⅳ 生 活 保 護 事 業 の 事 務 の 執 行 について 199 200 第 1 監 査 の 概 要 1 監 査 の 種 類 監 査 の 種 類 は 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 4 月 17 日 法 律 第 67 号 以 下 法 という ) 第 252 条 の 27 第 2 項 に 基 づく 包 括 外 部 監 査 である 2 監 査 の 対 象 と 選 定 した 理 由 (1)

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

外23

外23 包 括 外 部 監 査 平 成 23 年 度 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 報 告 ) 歳 入 ( 一 般 会 計 の 市 税 負 担 金 使 用 料 手 数 料 並 びに 特 別 会 計 の 国 民 健 康 保 険 税 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 について)の 賦 課 徴 収 収 納 並 びにこれら 債 権 の 管 理 について 監 査 の 結 果 個 人 市 民 税 未 申

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履 行 場 所 (1) 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 1-1 首 都 大 学 東 京 (

1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履 行 場 所 (1) 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 1-1 首 都 大 学 東 京 ( 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 ( 一 時 保 育 施 設 運 営 業 務 委 託 )に 関 する 要 求 仕 様 書 首 都 大 学 東 京 1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

監査の結果

監査の結果 柳 川 市 監 査 委 員 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 第 199 条 第 1 項 及 び 第 4 項 の 規 定 により 定 期 監 査 を 実 施 したの で 同 条 第 9 項 の 規 定 により その 結 果 を 公 表 します 平 成 28 年 4 月 28 日 柳 川 市 監 査 委 員 松 藤 博 明 柳 川 市 監 査 委 員 近 藤 末 治 平 成 27 年 度 (3

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

損害保険の保険金支払に関するガイドライン

損害保険の保険金支払に関するガイドライン 損 害 保 険 の 保 険 金 支 払 に 関 するガイドライン 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 協 会 2012 年 4 月 Ⅰ.はじめに ~ 本 ガイドラインの 目 的 ~... 2 Ⅱ. 保 険 金 支 払 にあたっての 基 本 姿 勢... 2 1.お 客 さまの 視 点 に 立 った 対 応... 2 2. 損 害 保 険 会 社 の 社 会 的 な 役 割 をふまえた 保

More information

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請 平 成 27 年 12 月 17 日 発 行 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 災 害 により 被 害 を 受 けられた 皆 さまへ 第 2 版 ( 給 付 減 免 支 援 制 度 などについて) 常 総 市 内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について...

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

兵庫県後期高齢者医療広域連合コールセンター業務委託仕様書(案)

兵庫県後期高齢者医療広域連合コールセンター業務委託仕様書(案) 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 コールセンター 業 務 委 託 仕 様 書 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 2 月 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 コールセンター 業 務 委 託 仕 様 書 1. 目 的 本 仕 様 書 は 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合

More information