行動計画シート(下半期)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "行動計画シート(下半期)"

Transcription

1 シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方 8 下 半 期 及 び 17 年 度 を 通 して 具 体 的 な 取 組 の 自 己 評 価 建 設 政 策 課 石 澤 一 美 1 国 県 事 業 の 社 会 資 本 整 備 に 係 る 事 業 の 促 進 2 効 率 的 な 事 業 促 進 を 図 るための 予 算 人 員 等 の 総 合 調 整 3 建 設 事 業 に 係 る 市 民 の 窓 口 4 建 設 部 門 に 係 る 市 民 の 要 望 意 向 の 把 握 1 継 続 事 業 を 含 め, 進 めるべき 事 業 が 多 いが, 財 源 の 確 保 が 厳 しいことから, 事 業 の 促 進 が 図 れず, 事 業 効 果 の 早 期 発 現 ができない 2 市 町 村 合 併 という 特 殊 事 情 のため, 当 面 は 地 域 のバランス を 考 慮 しての 投 資 をしなければならない ( 費 用 対 効 果, 優 先 度 等 を 考 慮 しての 箇 所 選 定 が 難 しい) 3 後 半 については, 新 市 の 課 題 や 優 先 度 等 を 考 慮 した 選 択 と 重 点 投 資 を 行 い, 効 果 の 早 期 発 現 を 行 いたい 1 迅 速 な 行 動 2 常 に 業 務 を 振 返 り,ベターであるか 検 討 を 行 う 3 目 標 将 来 を 見 越 しての 業 務 の 遂 行 1 来 客 に 対 し, 積 極 的 かつ 丁 寧 な 対 応 を 行 う 2 声 かけ, 挨 拶 を 励 行 する 3 市 民 等 からの 電 話 問 い 合 わせに 対 し, 丁 寧 な 対 応 と 相 手 方 の 確 認 を 確 実 に 行 う 1 電 気 電 子 機 器 等 のこまめな 操 作 による 節 電 を 行 う 2 庁 舎 内 の 移 動 は, 可 能 な 限 り 階 段 を 使 用 する 3 出 勤 時 間 を 早 めることで, 余 分 な 時 間 外 勤 務 を 抑 制 したい 4 コピー 機 使 用 の 抑 制 を 行 いたい 上 半 期, 事 務 改 善, 接 遇 改 善, 経 費 節 減 については, 目 標 の 70% 以 上 達 成 したと 考 えている 下 半 期 は, 接 遇 改 善, 経 費 節 減 については,これまで 同 様 引 き 続 き 取 り 組 んでいくこととし, 事 務 改 善 については, 新 設 課 として, 新 たな 業 務 等 にも 取 り 組 んでいくこととなることか ら, 新 たな 基 本 的 な を 策 定 し, 取 り 組 んで いくこととした 南 九 州 西 回 り 自 動 車 道 関 係 のイベント 開 催, 国 に 対 する 予 算 要 求 資 料 作 成 など 本 来 の 業 務 を 的 確 に 遂 行 しながら,3~5の 計 画 を 実 行, 全 庁 的 な 組 織 改 変 財 務 事 務 の 一 部 集 中 等, 新 年 度 に 向 けて 部 内 調 整 課 としての 機 能 を 十 分 発 揮 したと 考 える

2

3 シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 建 設 整 備 課 前 迫 浩 一 1 新 市 の 一 体 感 の 醸 成 や 域 外 との 交 流 促 進 のため, 拠 点 施 設 と 新 市 外 とを 結 ぶ 幹 線 道 路 網 のネットワークの 構 築 を 図 る 2 市 民 要 望 の 高 い 生 活 道 路 を 整 備 し, 交 通 利 便 性 の 向 上 を 図 る 3 新 市 の 身 近 なレクレーションや 憩 いの 場 として,また, 新 市 域 内 の 住 民 の 交 流 拠 点 として, 公 園 緑 地 等 の 整 備, 充 実 を 図 る 1 道 路 整 備 について 新 市 全 体 として 捉 えると, 旧 市 町 村 間 では 整 備 率 等 に 格 差 がある 2 公 園 整 備 及 び 維 持 管 理 についても 旧 市 町 村 間 で 格 差 がある 3 新 市 の 一 体 感 の 醸 成 を 図 る 観 点 から, 整 備 の 遅 れている 路 線 の 整 備 や 公 園 の 整 備 を 行 う 4 幹 線 道 路 として 補 助 事 業 で 整 備 中 の6 路 線 のうち,4 路 線 に ついては, 平 成 18 年 度 までに 完 了 の 予 定 である ( 隈 之 城 高 城 線 駅 前 白 和 線 斧 渕 中 央 線 芝 町 2 号 線 八 重 線 市 の 浦 線 ) 1 工 事 事 務, 設 計, 監 督, 庶 務 について,これまでは 各 支 所 対 応 としていたが, 今 年 度 から100 万 円 以 上 については 簡 素 化, 旧 市 町 村 間 の 格 差 是 正 のため 本 庁 対 応 とする 2 市 民 要 望 に 的 確 に 対 応 するため, 生 活 道 路 整 備 については 地 区 コミで 対 応 してもらう 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 1 各 支 所 内 の 用 地 買 収 補 償 交 渉 については, 支 所 対 応 を 基 本 と するが, 極 力, 本 庁 から 課 長, 担 当 者 が 出 向 き, 新 市 の 前 向 き の 姿 勢 を 示 す 2 工 事 現 場 における 現 場 代 理 人 等 とのやりとりについては, 新 市 としての 接 遇 に 努 める 1 幹 線 道 路 整 備 については 補 助 事 業 等 を 導 入 し, 市 費 の 持 ち 出 しの 抑 制 を 図 る 2 生 活 道 路 等 の 整 備 については, 交 付 税 措 置 の 有 利 な 起 債 事 業 等 を 活 用 する

4 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 ま えた 下 半 期 の 進 め 方 8 下 半 期 及 び 17 年 度 を 通 して 具 体 的 な 取 組 の 自 己 評 価 1 3の 事 務 改 善 の12については, 計 画 のとおり 進 めている 2 4の 接 遇 改 善 の1については, 支 所 からの 要 請 がなく 計 画 ど おり 進 められなかった 2については, 計 画 のとおり 進 めて いる 3 5の 経 費 節 減 については, 計 画 のとおり 進 めている 1 4の1については, 今 後 も 引 き 続 き 支 所 と 連 携 を 取 りながら, 進 めていく 2 今 後 も 更 に, 上 記 のとおり 進 めていく 1 3の 事 務 改 善 の12については 上 半 期 同 様 計 画 のとおり 進 めることが 出 来 た 2 4の 接 遇 改 善 の1については 1 件 支 所 に 於 いてどうして も 理 解 を 得 られなった 案 件 ( 用 地 )について 対 応 した 2に ついては 言 葉 づかい 等 注 意 をして 取 り 組 むことが 出 来 た 3 5の 経 費 節 減 については 12とも 計 画 のとおり 取 り 組 むこ とが 出 来 た ( 建 設 整 備 課 )

5

6

7 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 シート( 下 半 期 ) 建 設 維 持 課 前 田 孝 二 1 市 民 の 安 心 安 全 な 生 活 環 境 整 備 のための 市 道 及 び 河 川 の 維 持 管 理 に 努 める 2 災 害 時 の 迅 速 な 対 応 ( 公 共 土 木 施 設 の 災 害 復 旧 ) 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 合 併 後 の 各 地 域 の 道 路 河 川 の 現 状 を 把 握 調 査 する 危 険 度 優 先 度 等 考 慮 して 市 民 の 要 望 に 応 える 地 理 的 な 特 殊 事 情 があることから, 各 地 にあった 効 率 的 な 整 備 を 行 う 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 1 何 が1 番 必 要 なのか, 仕 事 の 見 直 し( 取 捨 選 択 )をする 2 報 連 相 の 徹 底 ( 報 告 連 絡 相 談 ) 3 支 所 との 連 携 をスムーズに 行 う 整 理 整 頓 積 極 的 に 清 掃 する 1 先 手 挨 拶 の 実 践 2 接 客 マナーの 向 上 に 努 める( 基 本 動 作 の 徹 底 )( 住 民 対 応 ) 3 電 話 応 対 を 丁 寧 にする 市 民 に 誠 意 を 持 って 応 対 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 ま えた 下 半 期 の 進 め 方 8 下 半 期 及 び 17 年 度 を 通 して 具 体 的 な 取 組 の 自 己 評 価 1 パソコン 等 長 時 間 使 用 しないときは, 電 源 を 切 る 2 再 生 紙 ( 裏 紙 )を 利 用 する 3 工 法 の 検 討 ( 経 済 比 較 ) 必 要 性 の 再 確 認 仕 事 は 濃 く 短 く をモットーに, 仕 事 のやり 方 を 見 直 し,できるだけ 残 業 しない 技 術 を 身 につけたい 事 務 改 善 については, 報 連 相 を 徹 底 することによって, 支 所 との 連 携 および 仕 事 の 見 直 しが 出 来 ていると 思 う 接 遇 改 善 については, 市 民 生 活 に 関 する 最 先 端 窓 口 ( 要 望 苦 情 )として, 挨 拶 接 客 マナー 電 話 応 対 など 徹 底 されていると 思 う 経 費 節 減 については, 職 員 一 人 一 人 が 常 に 心 がけ, 仕 事 に 取 り 組 んでいるが, 災 害 等 により 仕 事 量 が 増 大 したことで, 残 業 せざ るを 得 ない 状 態 です 1 今 後 も 市 民 への 応 対 は 誠 意 をもって 丁 寧 に 行 なう 2 各 人 が 仕 事 を 能 率 よく 進 めるように 努 力 する 1 事 務 改 善 については, 報 連 相 を 行 なうことにより, 仕 事 の 見 直 し( 仕 事 の 優 先 順 位 )が 出 来 てきた ただ, 整 理 整 頓 については,まだ 十 分 でない

8 2 接 遇 改 善 については, 挨 拶 接 客 マナー 電 話 対 応 など 良 くなっ ているが, 一 部 の 電 話 対 応 において, 課 名 だけを 述 べ 氏 名 を 名 乗 らないことがある 3 経 費 節 減 については, 職 員 一 人 ひとりが 常 に 心 がけており, 特 に 設 計 図 書 の 図 面 入 れについては 古 封 筒 を 使 用 することを 徹 底 し ている

9 シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 都 市 計 画 課 島 田 陵 一 1 都 市 の 健 全 な 発 展 と 秩 序 ある 都 市 づくりに 向 けて, 土 地 利 用 の 誘 導 や 規 制, 都 市 施 設 や 市 街 地 開 発 事 業 などの 都 市 計 画 行 政 に 関 する 企 画, 調 整, 都 市 計 画 法 及 び 屋 外 広 告 物 等 の 適 正 な 運 用 に 努 める 2 川 内 駅 周 辺 地 区 の 拠 点 地 区 としてふさわしい 都 市 基 盤 整 備 を 土 地 区 画 整 理 事 業 により 推 進 し, 交 通 結 節 機 能 の 強 化, 良 好 な 居 住 環 境 の 確 保 を 図 り, 質 の 高 い 都 市 環 境 の 創 出 に 努 める 1 新 市 誕 生 により,3 都 市 計 画 区 域 ( 川 内, 樋 脇, 入 来 )を 有 することとなったため, 合 併 前 に 各 都 市 計 画 区 域 で 定 められて いた 都 市 計 画 マスタープランを 薩 摩 川 内 市 まちづくり 計 画 に 則 して 整 合 調 整 を 図 った 上 で, 薩 摩 川 内 市 都 市 計 画 マスタ ープラン として 平 成 17~18 年 度 にかけて 新 たに 策 定 する 必 要 がある 2 平 成 16 年 3 月 の 九 州 新 幹 線 開 業 に 合 わせて, 川 内 駅 周 辺 地 区 は 北 薩 地 域 の 陸 の 玄 関 として 駅 西 側 を 中 心 に 都 市 基 盤 整 備 が 図 られてきた 現 在, 駅 東 側 で 施 行 中 の 区 画 整 理 事 業 では, 高 い 交 通 利 便 性 と 連 携 した 総 合 的 な 都 市 基 盤 整 備 を 平 成 19 年 度 まで に 進 める 必 要 がある 1 市 民 の 意 見 を 反 映 した 薩 摩 川 内 市 都 市 計 画 マスタープラン の 作 成 に 努 める 2 土 地 利 用, 都 市 計 画 法, 屋 外 広 告 物 法 等 に 関 する 各 種 協 議 申 請 等 に 対 して 適 切 かつ 迅 速 な 処 理 に 努 める 3 都 市 計 画 情 報 及 び 各 種 申 請 書 について, 市 ホームページを 通 じパソコンから 提 供 できるように 努 める 4 業 務 上 の 懸 案 問 題 は 共 通 の 課 題 として 捉 え,ミーティング 等 を 積 極 的 に 行 って 早 期 解 決 を 図 り, 事 業 推 進 に 努 める 1 協 議 申 請 者 や 問 合 せに 対 し, 親 切 かつ 丁 寧 な 対 応 に 努 め, 誠 実 な 市 民 サービスの 提 供 を 心 がける 2 来 庁 者 に 対 してはもちろんのこと, 職 場 内 における 挨 拶 を 積 極 的 に 行 う

10 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 1 土 地 区 画 整 理 事 業 において, 建 物 等 移 転 計 画 と 造 成 計 画 との 整 合 を 図 りながら, 計 画 的 かつ 経 済 的 な 建 物 等 移 転 補 償 及 び 工 事 発 注 に 努 める 2 日 頃 より 超 過 勤 務 時 間 の 抑 制 を 意 識 した 業 務 遂 行 を 心 がけ る 3 節 電 の 意 識 を 徹 底 する ( 不 要 な 照 明 の 消 灯 帰 宅 時 にはOA 機 器 の 元 電 源 を 切 る 等 ) 4 コピー 及 びプリンター 印 刷 時 には 両 面 印 刷 を 心 がける 事 務 改 善 については, 職 員 間 のコミュニケーションを 密 にし, 概 ね 計 画 的 な 事 業 進 捗 に 努 めてきた 接 遇 改 善 については, 各 職 員 にて 親 切 かつ 丁 寧 な 対 応 に 心 がけ てきた 経 費 節 減 については, 日 常 業 務 において 各 自 対 応 しているが, さらなる 節 約 意 識 を 高 めていきたい 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 ま えた 下 半 期 の 進 め 方 事 務 改 善 については, 業 務 の 共 有 意 識 を 高 め, 計 画 的 かつ 適 切 な 業 務 遂 行 に 努 めたい また, 申 請 書 等 の 本 市 HP への 掲 載 を 促 進 させる 接 遇 改 善 については, 来 訪 者 への 親 切, 丁 寧 な 対 応 に 心 がけた い 経 費 節 減 については, 係 員 で 協 力 し 合 いながら 業 務 の 平 準 化 に 心 がけるとともに 各 種 経 費 削 減 に 努 めたい 8 下 半 期 及 び 17 年 度 を 通 して 具 体 的 な 取 組 の 自 己 評 価 事 務 改 善 については ミーティング 等 を 積 極 的 に 行 い 業 務 の 共 有 意 識 を 高 め 計 画 的 な 業 務 遂 行 に 努 めてきた また 申 請 書 等 の 本 市 HP への 掲 載 については 一 部 掲 載 を 実 施 した 接 遇 改 善 については 来 庁 者 への 親 切 丁 寧 な 対 応 はもちろん のこと 職 場 内 における 職 員 間 の 朝 夕 の 挨 拶 に 務 めてきた 経 費 節 減 については コピー 及 びプリンターの 両 面 印 刷 の 積 極 的 な 活 用 を 図 るとともに 退 庁 時 におけるOA 機 器 の 本 電 源 を 切 ることを 徹 底 した ( 都 市 計 画 課 )

11 シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 ま えた 下 半 期 の 進 め 方 天 辰 区 画 整 理 推 進 室 堀 ノ 内 美 年 土 地 区 画 整 理 事 業 により 一 級 河 川 の 改 修 とともに 都 市 計 画 道 路 の 新 設, 区 画 道 路, 公 園 等 公 共 施 設 の 都 市 基 盤 整 備 を 行 い, 災 害 に 強 く, 安 全, 安 心, 快 適 なまちづくり 及 び 拠 点 地 区 とし 機 能 的 で 居 住 環 境 良 好 な 新 市 街 地 の 創 出 を 図 ります 道 路 については, 県 道, 市 道 ともに 狭 隘 で 未 整 備 である 排 水 施 設 は 排 水 機 場 が 設 置 されているが, 大 雨 時 に 浸 水 被 害 を 受 ける 地 域 があり 河 川 改 修 を 含 め 浸 水 区 域 解 消 の 対 策 が 急 務 である さ らに 公 園 等 についても 未 整 備 である これらを 踏 まえ, 土 地 区 画 整 理 事 業 による 安 全 で 居 住 環 境 良 好 な 都 市 基 盤 整 備 を 計 画 的 に 実 施 します 各 種 申 請 証 明 等 の 事 務 手 続 きについて, 市 民 ニーズに 答 える べく 事 務 の 迅 速 化 に 心 掛 け,より 良 い 市 民 サービスに 努 めます 問 題 点 の 掘 起 こしのため 定 期 的 にミーティングを 行 ないます 来 庁 者 への 挨 拶 声 かけを 積 極 的 に 行 い, 親 切 丁 寧 な 接 客 に 心 掛 け, 誠 実 に 安 心 感 のある 電 話 等 の 対 応 に 努 めます 問 題 点 の 掘 起 こしのため 定 期 的 にミーティングを 行 ないます 建 物 等 移 転 計 画 と 造 成 計 画 との 整 合 を 図 り, 経 費 削 減 に 努 めま す 権 利 者 との 協 議 を 密 接 に 行 い, 良 好 な 信 頼 関 係 を 構 築 し, 早 期 の 事 業 効 果 の 促 進 を 図 ります 請 負 業 者 との 電 話 連 絡 については, 要 点 をまとめ 長 電 話 になら ないように 努 めます 問 題 点 の 掘 起 こしのため 定 期 的 にミーティングを 行 ないます 各 種 申 請 証 明 事 務 において, 一 部 について 即 時 交 付 できるよ う 改 善 した さらに 他 事 務 についても 迅 速 な 処 理 を 行 なった 建 物 等 移 転 について 協 議 を 密 接 に 行 い 仮 設 費 等 の 削 減 を 行 なっ た 毎 週 1 回 ミーティングを 実 施 し, 問 題 点 の 改 善 を 随 時 行 なった 職 員 の 意 識 改 革 により, 概 ね 実 施 できたと 考 える 上 半 期 の 状 況 を 踏 まえ,より 一 層 の 向 上 を 図 りたい 各 種 申 請 証 明 についてさらなる 迅 速 化 を 図 りたい 権 利 者 との 協 議 密 度 を 高 め,さらに 良 好 な 信 頼 関 係 の 構 築 を 図 りたい 問 題 点 の 掘 起 こしの 為 のミーティングの 更 なる 充 実 を 図 りたい 職 員 の 担 当 業 務 の 共 有 化 を 図 りたい

12 8 下 半 期 及 び 17 年 度 を 通 して 具 体 的 な 取 組 の 自 己 評 価 各 種, 申 請 証 明 事 務 において 即 時 交 付 等 を 含 めて 事 務 改 善 を 実 施 した 権 利 者 との 協 議 密 度 を 高 め, 良 好 な 信 頼 関 係 を 構 築 し, 事 業 の 効 果 を 高 めた 下 半 期 は,ミーティングの 充 実 により, 担 当 業 務 の 共 有 化 を 図 り,より 一 層 の 意 識 改 革 ができたと 考 える

13 シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 入 来 区 画 整 理 推 進 室 徳 重 勝 美 入 来 温 泉 場 地 区 の 市 街 地 環 境 整 備 や 入 来 温 泉 の 活 性 化 に 伴 う, 入 来 都 市 計 画 温 泉 場 土 地 区 画 整 理 事 業 (14.8ha)の 整 備 促 進 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する H12 年 度 に 都 市 計 画 決 定 を 行 い,H12 年 度 から 整 備 を 進 めて いるが, 地 区 の 現 状 から 整 備 にあたり,より 安 全 な 工 法, 施 行 計 画 及 び 建 物 等 の 移 転 計 画 について 検 討 を 行 い, 経 済 的 で 計 画 的 な 事 業 執 行 を 行 う 事 業 促 進 に 伴 い, 地 権 者 等 への 事 業 内 容 等 の 広 報 等 ( 区 画 整 理 事 業 だより)の 強 化 を 図 る 各 種 申 請, 証 明 等 の 事 務 手 続 きの 迅 速 化 に 心 がけ, 市 民 サー ビスに 心 がける 4 接 遇 改 善 に 関 する 事 業 促 進 に 関 する 事 等 についてミーティングの 強 化 職 員 の1 日 の 事 務 内 容 の 確 認 来 庁 者 への 親 切 丁 寧 な 接 客 や 電 話 対 応 に 努 める 5 経 費 節 減 に 関 する 電 気, 電 子 機 器 等 のこまめな 節 電 を 行 う 建 物 等 移 転 計 画 と 造 成 計 画 との 整 合 を 図 りながら, 経 済 的 な 建 物 等 補 償 契 約 及 び 工 事 発 注 に 努 める 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 ま えた 下 半 期 の 進 め 方 8 下 半 期 及 び 17 年 度 を 通 して 具 体 的 な 取 組 の 自 己 評 価 定 めた に 従 い, 業 務 を 遂 行 している に 沿 った 業 務 の 遂 行 を 目 指 す 定 めた については, 各 職 員 認 識 し 概 ね 遂 行 した 特 に, 毎 朝 の 職 員 の1 日 の 事 務 内 容 の 確 認 を 行 うことにより, 各 職 員, 事 務 の 進 捗 状 況 が 把 握 できた 電 気, 電 子 機 器 類 等 のこまめな 節 電 も 習 慣 化 してきた

14 シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 建 築 住 宅 課 松 元 康 博 1 良 好 な 公 営 住 宅 を 安 価 に 提 供 すること 2 既 存 の 市 営 住 宅 を 良 好 に 維 持 管 理 すること 3 他 課 所 から 執 行 委 託 された 施 設 の 建 設 営 繕 を 確 実 に 実 施 する こと 1 既 存 市 営 住 宅 の 大 多 数 で 老 朽 化 が 進 行 中 である 2 業 務 量 に 対 して, 職 員 数 が 少 ない 状 況 である 3ハイタウン 平 佐 住 宅 の 竣 工 ( 平 成 18 年 度 ) 4 市 営 住 宅 ( 特 公 賃 住 宅 一 般 住 宅 含 む)の 維 持 管 理 の 徹 底 5 前 田 住 宅 ( 上 甑 管 内 )の 建 設 6 今 村 住 宅 のトイレ 水 洗 化 砂 石 住 宅 の 大 規 模 改 修 の 実 施 7 新 たな 公 営 住 宅 の 建 設 手 法 の 検 討 1 緊 急 事 項 等 の 対 応 報 告 について, 簡 単 な 様 式 で 報 告 できるよう に 工 夫 する 2 朝 礼 終 礼 の 実 施 による, 課 内 の 情 報 共 有 制 度 の 確 立 3 執 行 委 託 元 との 事 前 協 議 の 拡 充 1 来 客 に 対 し. 積 極 的 かつ 丁 寧 な 対 応 を 行 う 2 市 民 等 からの 電 話 問 合 せに 対 し, 丁 寧 な 対 応 と 相 手 方 の 確 認 を 確 実 に 行 う 3 市 営 住 宅 の 受 付 等, 窓 口 で 丁 重 な 対 応 をする 1 電 気 電 子 機 器 等 のこまめな 操 作 による 節 電 を 行 う 2 庁 舎 内 の 移 動 は, 可 能 なかぎり 階 段 を 使 用 する 3 出 勤 時 間 を 早 めることで, 余 分 な 時 間 外 勤 務 を 抑 制 したい 4デジタルカメラ 活 用 により, 印 刷 製 本 費 を 軽 減 する 毎 日 の 朝 礼 終 礼 を 行 い 課 内 の 情 報 伝 達 に 努 める 等, 職 員 一 人 ひとりが 積 極 的 に 接 遇 改 善 経 費 節 減 等 に 取 り 組 み, 実 行 したと 考 えるが,コピー 用 紙 の 消 費 量 節 減 等, 今 後 も 経 費 節 減 に 努 める 必 要 がある 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 ま えた 下 半 期 の 進 め 方 大 まかな 改 善 計 画 は 実 行 されていると 思 えるが,より 細 かな 部 分 については, 今 後 の 課 題 と 考 える 1コピー 用 紙 使 用 量 の 節 減 ( 両 面 印 刷 の 推 奨 ) 2 電 子 機 器 等 の 不 在 時 の 節 電 ( 節 電 意 識 の 徹 底 )

15 8 下 半 期 及 び 17 年 度 を 通 して 具 体 的 な 取 組 の 自 己 評 価 1 朝 礼 終 礼 を 実 施 し 情 報 の 伝 達 共 有 に 努 めた 2 電 話 では 氏 名 を 名 乗 り, 市 民 への 丁 寧 な 対 応 に 努 めた 3 来 客 者 を 待 たせることがないよう 積 極 的 に 応 対 した 事 務 処 理 を 急 ぐことで, 経 費 節 減 に 欠 けることもあったが, 職 員 の 意 識 改 革 も 感 じられ, 今 後 より 一 層 の 作 戦 行 動 が 期 待 できると 考 え る 4 係 会 議 等 を 通 じ, 事 務 事 業 の 共 有 に 努 め, 事 業 の 執 行 に 遺 漏 がな いようにした

16 シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 用 地 課 湯 田 健 二 1 公 共 施 設 等 の 整 備 に 係 る 用 地 の 取 得 及 び 登 記 に 関 すること 2 未 登 記 土 地 の 処 理 に 関 すること 3 国 土 調 査 法 に 基 づく 地 籍 調 査 に 関 すること 4 不 動 産 登 記 の 基 礎 資 料 としての 情 報 提 供 1 合 併 後 の 新 市 での 未 登 記 について 把 握 し 早 期 に 登 記 まで 行 い たい 2 地 籍 調 査 事 業 については, 早 期 完 成 をめざしたいが 県 が 財 政 非 常 事 態 宣 言 を 出 すなど, 財 源 の 確 保 が 厳 しく, 計 画 どおり 完 了 しないものと 考 えられる 1 未 登 記 土 地 等 の 台 帳 を 再 度 整 理 し 正 確 な 状 況 把 握 を 行 い, 効 率 的 な 登 記 事 務 に 努 める 2 支 所 を 含 め 土 地 登 記 の 研 修 会 等 を 開 き, 職 員 の 能 力 向 上 を 図 る 3 地 籍 調 査 のしおり 等 共 通 文 書 については 支 所 と 協 議 の 上 本 庁 で 一 括 作 成 する 4 地 籍 調 査 の 実 施 方 法 について, 情 報 交 換 や 研 修 会 を 開 催 し 職 員 の 資 質 の 向 上 に 努 める 1 地 籍 調 査 や 用 地 交 渉 に 際 しては, 丁 寧 な 対 応 を 心 がけ, 十 分 に 説 明 し 所 有 者 の 理 解 を 得 ながら, 相 手 に 不 信 感 を 与 えないよう に 対 処 していく 2 来 客 に 対 し 迅 速 丁 寧 な 対 応 が 出 来 るように,カウンター 側 に はベテランの 職 員 を 配 置 してゆく 3 市 民 からの 問 合 せには, 丁 寧 な 対 応 を 行 い 相 手 方 の 連 絡 方 法 等 の 確 認 を 確 実 に 行 う 5 経 費 節 減 に 関 する 1 不 必 要 なコピー 等 は 止 める 2 節 電 に 努 める 3 公 共 嘱 託 登 記 協 会 への 委 託 事 業 については, 市 民 との 対 話 を 重 視 し 職 員 で 出 来 る 分 は 職 員 で 対 応 するものとし, 委 託 費 節 減 に 努 める 4 境 界 柱 や 消 耗 品 等 支 所 の 分 までを 一 括 購 入 することで 経 費 節 減 を 図 る

17 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 ま えた 下 半 期 の 進 め 方 8 下 半 期 及 び 17 年 度 を 通 して 具 体 的 な 取 組 の 自 己 評 価 1 未 登 記 土 地 等 の 台 帳 を 整 理 しつつ 効 率 的 な 登 記 事 務 が 図 られ た 2 支 所 を 含 め 土 地 登 記 の 研 修 会 を 開 催 し 職 員 の 能 力 向 上 を 行 っ た 3 地 籍 調 査 のしおり は 支 所 と 協 議 の 上 本 庁 で 一 括 作 成 した 4 地 籍 調 査 の 実 施 方 法 について, 支 所 を 含 め 初 級 者 研 修 中 級 研 修 九 州 ブロック 検 討 会 等 に 出 席 し, 職 員 の 資 質 向 上 に 努 めた 5 地 籍 調 査 事 業 や 用 地 交 渉 市 民 からの 問 合 せ 来 客 に 対 して 丁 寧 な 対 応 ができた 6 コピー 及 び 光 熱 費 は 最 小 限 に 努 めた 7 公 共 嘱 託 登 記 協 会 への 委 託 事 業 については, 必 要 最 小 限 委 託 し た 8 境 界 柱 や 境 界 プレート 等 の 消 耗 品 については 支 所 の 分 まで 一 括 購 入 して 経 費 節 減 をした 1 事 務 改 善 に 関 する 点 では 引 き 続 き 係 りごとに 支 所 を 含 めた 職 員 間 の 連 携 を 密 し, 効 率 的 な 作 業 の 進 め 方 をしたい 2 接 遇 に 関 しては,さらに 迅 速 丁 寧 な 対 応 が 出 来 るよう 職 員 一 人 一 人 が 自 覚 して 行 動 出 来 るよう 努 めたい 3 経 費 節 減 についても 引 き 続 き 必 要 最 小 限 の 費 用 で 最 大 の 効 果 が 得 られよう 努 めたい 1 未 登 記 土 地 については, 各 支 所 毎 に 意 識 の 差 ( 特 に 林 道 )があ り,これを 平 準 化 することにより 正 確 な 未 登 記 土 地 の 把 握 に 努 める 必 要 がある なお, 各 支 所 の 林 道 については, 管 理 主 管 課 に 取 りまとめをお 願 いしたい 2 接 遇 に 関 しては, 用 地 買 収 地 籍 調 査 といった 個 人 の 権 利 に 係 わる 作 業 であり 丁 寧 かつ 迅 速 な 対 応 が 出 来 た 3 経 費 節 減 については, 各 とも 実 施 出 来 た 以 上, シートのとおり 概 ね 実 施 出 来 た ( 用 地 課 )

平 成 1 8 年 度 シ ー ト 企 画 政 策 部 行 政 改 革 推 進 課 の 長 課 長 今 吉 俊 郎 < 事 務 改 善 > 1 課 内 勉 強 会 を 定 期 的 に 実 施 し, 情 報 を 共 有 する ( 隔 週 実 施 ) 2 基 礎 的 データを 共 有 する ( 整 理

平 成 1 8 年 度 シ ー ト 企 画 政 策 部 行 政 改 革 推 進 課 の 長 課 長 今 吉 俊 郎 < 事 務 改 善 > 1 課 内 勉 強 会 を 定 期 的 に 実 施 し, 情 報 を 共 有 する ( 隔 週 実 施 ) 2 基 礎 的 データを 共 有 する ( 整 理 別 紙 2 の 長 平 成 1 8 年 度 シ ー ト 企 画 政 策 課 末 永 隆 光 1 グループ 制 導 入 による 柔 軟 な 事 務 処 理 体 制 の 構 築 平 成 18 年 7 月 改 善 定 例 的 な 事 務 改 善 検 証 : 現 場 研 修 等 2 挨 拶 の 励 行 実 施 中 毎 朝 始 業 前 に 職 員 輪 番 制 の 朝 の 挨 拶 実 施 全 課 員 元 気 よく

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 本 仕 様 書 は 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 に 基 づき 寒 川 町 ( 以 下 町 という )が 指 定 管 理 者 に 要 求 する 管 理 運 営 業 務 の 基 準 を 示 すものです 寒 川 総 合 図 書 館 ( 以 下 図 書 館 という

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

Microsoft Word - H27概要版

Microsoft Word - H27概要版 本 市 は 大 正 14 年 4 月 の 都 市 計 画 法 の 適 用 を 受 け 大 正 15 年 4 月 30 日 に 都 市 計 画 区 域 の 決 定 をしました 昭 和 6 年 には 都 市 計 画 道 路 翌 昭 和 7 年 には 用 途 地 域 昭 和 10 年 には 風 致 地 区 が それぞれ 計 画 決 定 され 本 市 における 都 市 計 画 の 礎 が 定 められました

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

平 成 2 3 年 度 行 政 監 査 報 告 書 松 江 市 監 査 委 員 監 第 1 2 7 号 平 成 23 年 9 月 5 日 松 江 市 長 松 浦 正 敬 様 松 江 市 議 会 議 長 林 干 城 様 各 行 政 委 員 会 委 員 長 様 松 江 市 監 査 委 員 小 松 原 操 松 江 市 監 査 委 員 児 玉 泰 州 松 江 市 監 査 委 員 加 藤 富 章 行 政 監

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

<3237944E9378328C8E95E290B3>

<3237944E9378328C8E95E290B3> 農 林 水 1 人 件 費 ( 農 業 委 員 会 費 ) 236,244 13,634 222,610 産 業 費 県 農 業 委 員 会 費 補 助 金 13,499 0 13,499 一 般 財 源 222,745 13,634 209,111 (1) 職 員 178,232 12,547 165,685 (2) 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 10,767 1,087 9,680 2

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象 平 成 27 年 度 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 委 託 仕 様 書 1. 事 業 名 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 2. 事 業 の 目 的 本 事 業 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 )に 基 づき 生 活 困 窮 者 が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援

More information

職員研修業務委託仕様書

職員研修業務委託仕様書 Ⅰ 基 本 的 事 項 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 仕 様 書 1 事 業 名 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 2 委 託 期 間 契 約 の 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 3 履 行 場 所 流 山 市 平 和 台 1 丁 目 1 番 地 の1ほか 流 山 市 指 定 場 所 4 業 務 の 目 的 本 業 務 委 託 は 民 間 事 業 者 (

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 27 年 新 庄 市 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 に

More information

クレーム 回 収 対 応 マニュアル 記 載 項 目 ( 例 ) 1.クレーム 対 応 ( 例 ) 項 目 参 考 (1) (2) (3) (4) クレーム 対 応 責 任 者 の 設 置 クレーム 対 応 方 針 対 応 方 法 回 収 判 断 の 方 法 体 制 クレーム 処 理 経 過 の 記

クレーム 回 収 対 応 マニュアル 記 載 項 目 ( 例 ) 1.クレーム 対 応 ( 例 ) 項 目 参 考 (1) (2) (3) (4) クレーム 対 応 責 任 者 の 設 置 クレーム 対 応 方 針 対 応 方 法 回 収 判 断 の 方 法 体 制 クレーム 処 理 経 過 の 記 参 考 資 料 集 クレーム 回 収 対 応 マニュアル 記 載 項 目 ( 例 ) 1.クレーム 対 応 ( 例 ) 項 目 参 考 (1) (2) (3) (4) クレーム 対 応 責 任 者 の 設 置 クレーム 対 応 方 針 対 応 方 法 回 収 判 断 の 方 法 体 制 クレーム 処 理 経 過 の 記 録 管 理 方 法 ( 参 考 資 料 1)クレーム 対 応 2.(2) 自 主

More information

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書 平 成 26 年 度 港 区 立 図 書 館 窓 口 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 港 区 立 図 書 館 業 務 の 一 部 を 民 間 事 業 者 へ 委 託 することによって 柔 軟 で 効 率 的 な 図 書 館 運 営 を 行 い 図 書 資 料 の 充 実 など 利 用 者 サービスを 充 実 させることにより 区 民 サー ビスの 向 上 を 図 ることを 目 的 とする

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案)

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案) 佐 久 合 同 庁 舎 電 話 交 換 及 び 受 付 案 内 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 業 務 の 大 要 を 示 すものであって 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 であっても 佐 久 地 方 事 務 所 長 ( 以 下 委 託 者 という )が 業 務 遂 行 上 必 要 と 認 めた 場 合 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 という )は 速

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

目 次 第 1 章 工 事 の 機 構 第 2 章 施 工 に 関 すること 第 3 章 作 成 要 領 第 4 章 様 式 集 他

目 次 第 1 章 工 事 の 機 構 第 2 章 施 工 に 関 すること 第 3 章 作 成 要 領 第 4 章 様 式 集 他 高 崎 市 水 道 工 事 必 携 高 崎 市 水 道 局 目 次 第 1 章 工 事 の 機 構 第 2 章 施 工 に 関 すること 第 3 章 作 成 要 領 第 4 章 様 式 集 他 高 崎 市 水 道 工 事 必 携 趣 旨 1.この 高 崎 市 水 道 工 事 必 携 は 高 崎 市 水 道 局 が 発 注 する 上 水 道 管 の 布 設 工 事 の 適 正 を 期 するため 請 負

More information

マンション管理組合の業務と理事会の運営

マンション管理組合の業務と理事会の運営 マ ン シ ョ ン 管 理 組 合 の 業 務 と 理 事 会 の 運 営 1 マンション 管 理 組 合 の 組 織 と 業 務 はどうなっているの? 組 織 マンション 管 理 士 荻 原 健 業 務 (マンション 標 準 管 理 規 約 第 32 条 ) 1 管 理 組 合 が 管 理 する 敷 地 及 び 共 用 部 分 等 ( 組 合 管 理 部 分 ) の 保 安 保 全 保 守 清 掃

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

危 険 木 伐 採 市 道 歩 道 植 栽 の 管 理 は 業 者 依 頼 で 実 施 作 業 人 員 配 置 課 題 等 公 と 民 の 役 割 分 担 できないか? 調 整 の 具 体 的 内 容 自 治 会 等 の 道 路 維 持 修 繕 作 業 にレ ミファルト 等 の 支 給 事 務 手

危 険 木 伐 採 市 道 歩 道 植 栽 の 管 理 は 業 者 依 頼 で 実 施 作 業 人 員 配 置 課 題 等 公 と 民 の 役 割 分 担 できないか? 調 整 の 具 体 的 内 容 自 治 会 等 の 道 路 維 持 修 繕 作 業 にレ ミファルト 等 の 支 給 事 務 手 行 政 制 度 の 調 整 方 針 まちづくり 部 会 建 設 関 係 調 整 項 目 中 村 市 1 駐 輪 場 及 び 放 置 自 転 車 関 係 土 佐 くろしお 鉄 道 中 村 駅 前 駐 輪 場 を 対 応 していない 定 期 的 ( 年 2 回 )に 対 応 しているの 事 務 対 象 として 年 1 2 回 対 応 している は 中 村 市 のみ 1ケ 月 間 処 分 の 注 意 喚

More information

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2 佐 賀 市 文 化 交 流 プラザ 指 定 管 理 者 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 経 済 部 商 業 振 興 課 目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び

More information

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221)

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221) 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 仕 様 書 ( 委 託 業 務 の 名 称 ) 1 委 託 業 務 の 名 称 は 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 とする ( 趣 旨 ) 2 この 仕 様 書 は 志 摩 市 ( 以 下 市 という )における 水 道 事 業 の 検 針 及 び 徴 収 等 の 業 務 ( 以 下 本

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

タイトル

タイトル 8. 地 区 内 道 路 整 備 プログラム 8. 地 区 内 道 路 整 備 プログラム (1) 地 区 内 道 路 整 備 プログラムの 検 討 地 区 内 道 路 整 備 プログラムは, 目 指 すべき 地 区 内 道 路 網 の 各 路 線 を 対 象 に, 整 備 の 優 先 度 を 明 示 した もので, 整 備 優 先 度 の 考 え 方 に 基 づき, 優 先 整 備 路 線, 局

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

デイサービス 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 事 業 規 模 開 設 場 所 平 成 26 年 10 月 1 日 デイサービス 東 神 田 の 里 通 所 介 護 / 介 護 予 防 通 所 介 護 (デイサービス) 利 用 定 員 10 名

デイサービス 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 事 業 規 模 開 設 場 所 平 成 26 年 10 月 1 日 デイサービス 東 神 田 の 里 通 所 介 護 / 介 護 予 防 通 所 介 護 (デイサービス) 利 用 定 員 10 名 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 いわき 会 デイサービス 東 神 田 の 里 デイサービス 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 事 業 規 模 開 設 場 所 平 成 26 年 10 月 1 日 デイサービス 東 神 田 の 里 通 所 介 護 / 介 護 予 防 通 所 介 護 (デイサービス) 利 用 定 員

More information

1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表

1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表 1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表 4 1 実 施 計 画 の 趣 旨 ⑴ 計 画 の 定 義 実 施 計 画 とは 基 本 構 想 および

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

総務省は3 月28 日、「地方公共団体における行財政改革の推進のための新たな指針」を公表した

総務省は3 月28 日、「地方公共団体における行財政改革の推進のための新たな指針」を公表した 行 政 経 営 改 革 プラン 行 動 計 画 の 見 直 しについて 平 成 22 年 度 実 績 1 はじめに 本 市 では 昨 年 度 新 たに 平 成 22 年 度 から 平 成 26 年 度 を 計 画 期 間 とする 行 政 経 営 改 革 プラン を 策 定 しました 行 政 経 営 改 革 プランでは 1 成 果 コストを 重 視 した 組 織 制 度 への 転 換 2 持 続 可

More information

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 に 関 する 仕 様 書 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 の 実 施 については この 仕 様 書 の 定 めるところによる ( 総 則 ) 1 件 名 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 2 履 行 場 所 施 設 名 熊 本 市 立 熊 本 市 民 病 院 所 在 地 熊 本 市 東

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録 平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会 議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会  議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般 山 形 県 議 決 算 特 別 議 録 ( 平 成 二 十 五 年 度 決 算 ) 平 成 二 十 六 年 十 月 八 日 ( 水 曜 日 ) 午 後 三 時 四 十 六 分 開 出 席 ( 四 十 名 ) 草 島 進 一 金 子 敏 明 菊 池 文 昭 石 黒 覚 矢 吹 栄 修 山 科 朝 則 小 松 伸 也 佐 藤 昇 島 津 良 平 渡 辺 ゆ り 子 吉 村 和 武 楳 津 博 士 髙 橋

More information

はじめに これまで 本 市 においては 厳 しい 財 政 状 況 を 踏 まえ 強 固 な 行 財 政 基 盤 を 構 築 するため 鹿 屋 市 行 政 経 営 改 革 大 綱 とこれに 基 づく 集 中 改 革 プラン 等 の 計 画 により 行 財 政 改 革 に 取 り 組 み 総 人 件 費

はじめに これまで 本 市 においては 厳 しい 財 政 状 況 を 踏 まえ 強 固 な 行 財 政 基 盤 を 構 築 するため 鹿 屋 市 行 政 経 営 改 革 大 綱 とこれに 基 づく 集 中 改 革 プラン 等 の 計 画 により 行 財 政 改 革 に 取 り 組 み 総 人 件 費 未 来 へつなぐ 鹿 屋 市 新 行 財 政 改 革 プラン ( 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ) ( 素 案 ) 平 成 27 年 2 月 鹿 屋 市 はじめに これまで 本 市 においては 厳 しい 財 政 状 況 を 踏 まえ 強 固 な 行 財 政 基 盤 を 構 築 するため 鹿 屋 市 行 政 経 営 改 革 大 綱 とこれに 基 づく 集 中 改 革 プラン 等 の

More information

構 成 機 関 による 行 政 サービス 改 善 取 組 事 例 本 資 料 は 広 島 地 域 さわやか 行 政 サービス 推 進 協 議 会 の 構 成 機 関 からご 報 告 いただ いた 行 政 サービスの 改 善 事 例 ( 最 近 新 たに 実 施 した 取 組 のほか 従 来 から 継

構 成 機 関 による 行 政 サービス 改 善 取 組 事 例 本 資 料 は 広 島 地 域 さわやか 行 政 サービス 推 進 協 議 会 の 構 成 機 関 からご 報 告 いただ いた 行 政 サービスの 改 善 事 例 ( 最 近 新 たに 実 施 した 取 組 のほか 従 来 から 継 5 月 は さわやか 行 政 サービス 推 進 月 間 です 1 さわやか 行 政 サービス 運 動 とは さわやか 行 政 サービス 運 動 とは 昭 和 63 年 1 月 26 日 付 け 閣 議 決 定 に 基 づき 国 民 の 立 場 に 立 った 親 切 で 真 心 のこもった 行 政 を 実 現 するため 国 の 行 政 機 関 や 独 立 行 政 法 人 等 において 行 政 サービスの

More information

00政策評価調書【一覧表】

00政策評価調書【一覧表】 平 成 27 年 度 政 策 評 価 調 書 一 覧 表 平 成 27 年 10 月 作 成 政 策 評 価 調 書 一 覧 表 No 所 管 部 所 管 課 室 等 予 算 事 名 個 別 事 名 事 概 要 事 区 事 期 間 決 算 H27 決 算 見 込 H28 予 算 見 込 基 本 柱 政 策 施 策 総 額 総 額 うち 一 般 財 源 総 額 うち 一 般 財 源 目 標 績 達 成

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

限 られた 財 源 の 中 で 政 策 効 果 を 最 大 限 向 上 させるためには 政 策 の 遂 行 に 必 要 な 財 サービスの 調 達 を 費 用 対 効 果 において 優 れたものとすることが 不 可 欠 である こうした 調 達 改 善 の 取 組 は 各 府 省 庁 において 調

限 られた 財 源 の 中 で 政 策 効 果 を 最 大 限 向 上 させるためには 政 策 の 遂 行 に 必 要 な 財 サービスの 調 達 を 費 用 対 効 果 において 優 れたものとすることが 不 可 欠 である こうした 調 達 改 善 の 取 組 は 各 府 省 庁 において 調 平 成 25 年 度 上 半 期 調 達 改 善 の 取 組 に 関 する 点 検 結 果 平 成 26 年 1 月 20 日 行 政 改 革 推 進 会 議 限 られた 財 源 の 中 で 政 策 効 果 を 最 大 限 向 上 させるためには 政 策 の 遂 行 に 必 要 な 財 サービスの 調 達 を 費 用 対 効 果 において 優 れたものとすることが 不 可 欠 である こうした 調

More information

平成25年教育施策の概要091 教育環境整備課

平成25年教育施策の概要091 教育環境整備課 県 立 学 校 関 係 1 県 立 学 校 施 設 設 備 の 整 備 充 実 校 舎 体 育 施 設 産 業 教 育 施 設 等 の 新 増 改 築 等 を 進 めるとともに 既 存 施 設 の 延 命 化 を 図 る ための 大 規 模 改 修 及 び 情 報 教 育 機 器 等 設 備 の 充 実 を 計 画 的 に 進 める 校 地 等 整 備 事 業 (411,771 千 円 ) 教 :1-14

More information

①表紙

①表紙 平 成 24 年 度 点 検 表 その2 ( 経 済 局 独 立 機 関 ) 平 成 25 年 9 月 静 岡 市 目 次 点 検 について 点 検 表 の 見 方 1 点 検 表 (1 次 評 価 結 果 ) その1( 局 病 院 局 ) (1) 局 P1 (2) 企 画 局 P13 (3) 財 政 局 P21 (4) 生 活 文 化 局 P29 (5) 環 境 局 P71 (6) 保 健 福 祉

More information

1 物品管理の内部統制について

1 物品管理の内部統制について 22 高 行 管 第 135 号 平 成 22 年 6 月 30 日 高 知 県 監 査 委 員 様 高 知 県 知 事 平 成 21 年 度 行 政 監 査 結 果 に 対 する 措 置 について( 通 知 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 付 け 21 高 監 報 第 15 号 で 報 告 のありました 平 成 21 年 度 行 政 監 査 結 果 に 対 して 下 記 のとおり 措 置

More information

(2) 業 務 管 理 予 定 者 との 打 ち 合 わせ 業 務 管 理 予 定 者 が 委 託 業 務 の 任 務 を 履 行 するために 必 要 な 知 識 および 端 末 操 作 方 法 を 習 得 するため 次 の 内 容 を 目 標 とし 打 ち 合 わせを 行 う 1 業 務 内 容

(2) 業 務 管 理 予 定 者 との 打 ち 合 わせ 業 務 管 理 予 定 者 が 委 託 業 務 の 任 務 を 履 行 するために 必 要 な 知 識 および 端 末 操 作 方 法 を 習 得 するため 次 の 内 容 を 目 標 とし 打 ち 合 わせを 行 う 1 業 務 内 容 仕 様 書 1 件 名 練 馬 区 予 防 接 種 各 種 医 療 費 助 成 に 係 る 電 話 窓 口 受 付 等 業 務 委 託 2 委 託 期 間 (1) 準 備 委 託 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 ~27 年 4 月 30 日 (2) 委 託 期 間 平 成 27 年 5 月 1 日 ~28 年 3 月 31 日 土 曜 日 日 曜 日 国 民 の 祝 日 に 関 する 法

More information

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について ( 審 42) 資 料 2 地 方 公 共 団 体 等 からの 主 な 要 望 事 項 について 平 成 28 年 1 月 本 資 料 は 第 40 回 審 査 会 ( 平 成 27 年 1 月 28 日 ) 以 降 現 時 点 までに 文 部 科 学 省 に 寄 せられた 要 望 のうち 主 な 項 目 をまとめたものである 1. 精 神 的 損 害 に 係 る 賠 償 被 害 者 が 被 った

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

議 事 (1) 開 会 (2) 庶 務 事 項 ( 委 員 長 副 委 員 長 の 選 任 等 ) 1. 開 会 挨 拶 委 員 委 嘱 事 務 局 ( 経 営 事 務 局 ( 下 平 課 長 )による 議 事 進 行 企 画 課 ) 比 留 間 部 長 による 挨 拶 委 嘱 状 を 交 付 2.

議 事 (1) 開 会 (2) 庶 務 事 項 ( 委 員 長 副 委 員 長 の 選 任 等 ) 1. 開 会 挨 拶 委 員 委 嘱 事 務 局 ( 経 営 事 務 局 ( 下 平 課 長 )による 議 事 進 行 企 画 課 ) 比 留 間 部 長 による 挨 拶 委 嘱 状 を 交 付 2. 資 料 2 平 成 26 年 度 第 1 回 鎌 倉 市 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 評 価 委 員 会 議 事 概 要 日 時 : 平 成 26 年 10 月 20 日 ( 月 )10:00~12:00 場 所 : 鎌 倉 市 役 所 本 庁 舎 全 員 協 議 会 室 出 席 者 : 委 員 志 村 直 愛 ( 東 北 芸 術 工 科 大 学 建 築 環 境 デザイン 学 科 教

More information

2 結 果 基 準 及 び の ポ イ ン ト 配 点 1 有 効 性 施 設 の 設 置 目 的 の 達 成 に 関 する 取 組 み など 50 ----- 28 (1) 施 設 の 設 置 目 的 の 達 成 に 向 けた 取 組 み 1 事 業 計 画 に 従 い 施 設 の 管 理 運 営

2 結 果 基 準 及 び の ポ イ ン ト 配 点 1 有 効 性 施 設 の 設 置 目 的 の 達 成 に 関 する 取 組 み など 50 ----- 28 (1) 施 設 の 設 置 目 的 の 達 成 に 向 けた 取 組 み 1 事 業 計 画 に 従 い 施 設 の 管 理 運 営 指 定 管 理 者 の 管 理 運 営 に 対 する シート( 年 度 ) 所 管 部 課 対 象 期 間 市 民 生 活 部 交 通 防 犯 課 平 成 25 年 4 月 1 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 1 指 定 管 理 の 概 要 名 称 所 在 地 龍 ケ 崎 市 佐 貫 中 央 第 1 駐 輪 場 龍 ケ 崎 市 佐 貫 中 央 第 2 駐 輪 場 龍 ケ 崎 市 佐 貫

More information

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73>

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73> 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 の 概 要 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 ( ) 会 計 名 補 正 前 の 額 通 常 分 補 正 額 き め 細 か な 計 補 正 後 の 額 前 年 度 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 8 号 ) 54,617,600 1,446,638 621,062 2,067,700 56,685,300 2.0% 特 別 会 計 37,519,857

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

<95CA8DFB825795C52E656337>

<95CA8DFB825795C52E656337> 1 各 会 当 初 予 算 の 概 要 町 には 一 般 会 のほか 3つの 特 別 会 2つの 企 業 会 があり 平 成 26 年 度 において は 3 月 6 日 開 会 の 第 1 回 定 例 町 議 会 に 提 案 され 3 月 13 日 に 可 決 成 立 しましたので そ の 内 容 をお 知 らせします はじめに 一 般 会 やそれぞれの 会 の 内 容 について 説 明 します 会

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 仕 様 書 1 趣 旨 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 を よ り 効 率 的 効 果 的 に 遂 行 す る た め 業 務 の 一 部 を 委 託 する 2 業 務 委 託 の 内 容 (1) 業 務 名 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 (2) 委 託 期 間 平 成 29 年 2 月 1

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履 行 場 所 (1) 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 1-1 首 都 大 学 東 京 (

1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履 行 場 所 (1) 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 1-1 首 都 大 学 東 京 ( 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 ( 一 時 保 育 施 設 運 営 業 務 委 託 )に 関 する 要 求 仕 様 書 首 都 大 学 東 京 1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履

More information

平成18年7月21日~23日発生

平成18年7月21日~23日発生 平 成 18 年 7 月 鹿 児 島 県 北 部 豪 雨 災 害 後 の 取 組 み 川 内 川 流 域 では, 平 成 18 年 7 月 に 上 流 部 の 西 ノ 野 雨 量 観 測 所 で 総 雨 量 1,165mmを 観 測 するなど 各 地 で 記 録 的 な 豪 雨 となり, 流 域 の 15 の 観 測 所 のうち 11 箇 所 で 既 往 最 高 水 位 を 記 録 し, 上 流 から

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での 生 活 が 送 れるよ

平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での 生 活 が 送 れるよ 平 成 28 年 度 事 業 計 画 社 会 福 祉 法 人 福 角 会 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 み ら い 平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での

More information

Microsoft Word - 1地域経営.doc

Microsoft Word - 1地域経営.doc (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 (2) 広 報 広 聴 活 動 の 充 実 (1) 行 政 サービスの 向 上 (2) 健 全 な 行 財 政 経 営 の 推 進 (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 1 協 働 への 意 識 改 革 市 民 の 要 望 に 行 政 が 応 えるこれまでのまちづくり は 行 政 の 肥 大 化 を 招 き 多 様 化 複 雑 化 した 市 民 ニ ーズに

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 蕨 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 部 という )が 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 とい う )に 対 し 委 託 する 中 央 浄 水 場 塚 越 浄 水 場 及 び 水 源 井 等 の 運 転 管

浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 蕨 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 部 という )が 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 とい う )に 対 し 委 託 する 中 央 浄 水 場 塚 越 浄 水 場 及 び 水 源 井 等 の 運 転 管 浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 蕨 市 水 道 部 浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 蕨 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 部 という )が 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 とい う )に 対 し 委 託 する 中 央 浄 水 場 塚 越 浄 水 場 及 び 水 源 井 等 の 運 転 管 理 業 務 ( 以 下

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information