δ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "δ"

Transcription

1 V 神 経 系 統 の 機 能 又 は 精 神 の 障 害 ( 第 9 次 改 正 全 部 ) 1 障 害 の 等 級 及 び 程 度 (1) 神 経 系 統 の 機 能 又 は 精 神 の 障 害 について 省 令 別 表 第 二 に 定 める 障 害 は 次 の とおりである ( 第 10 次 改 正 一 部 ) ア 神 経 系 統 の 機 能 又 は 精 神 の 障 害 ( 系 列 区 分 13) 第 1 級 第 3 号 神 経 系 統 の 機 能 又 は 精 神 に 著 しい 障 害 を 残 し 常 に 介 護 を 要 するもの 第 2 級 第 3 号 神 経 系 統 の 機 能 又 は 精 神 に 著 しい 障 害 を 残 し 随 時 介 護 を 要 するもの 第 3 級 第 3 号 神 経 系 統 の 機 能 又 は 精 神 に 著 しい 障 害 を 残 し 終 身 労 務 に 服 することができないもの 第 5 級 第 2 号 神 経 系 統 の 機 能 又 は 精 神 に 著 しい 障 害 を 残 し 特 に 軽 易 な 労 務 以 外 の 労 務 に 服 することができないもの 第 7 級 第 4 号 神 経 系 統 の 機 能 又 は 精 神 に 障 害 を 残 し 軽 易 な 労 務 以 外 の 労 務 に 服 することができないもの 第 9 級 第 10 号 神 経 系 統 の 機 能 又 は 精 神 に 障 害 を 残 し 服 することができ る 労 務 が 相 当 な 程 度 に 制 限 されるもの イ 局 部 の 神 経 系 統 の 障 害 ( 系 列 区 分 13) 第 12 級 第 13 号 局 部 にがん 固 な 神 経 症 状 を 残 すもの 第 14 級 第 9 号 局 部 に 神 経 症 状 を 残 すもの (2) 中 枢 神 経 系 に 分 類 される 脳 又 はせき 髄 の 損 傷 による 障 害 は 複 雑 な 症 状 を 呈 するとともに 身 体 各 部 にも 様 々な 障 害 が 残 すことが 多 いことから 中 枢 神 経 系 の 損 傷 による 障 害 が 複 数 認 められる 場 合 には 末 梢 神 経 による 障 害 も 含 めて 総 合 的 に 評 価 し その 決 定 に 当 たっては 神 経 系 統 の 機 能 又 は 精 神 の 障 害 等 級 によるもの とする ただし 脳 又 はせき 髄 の 損 傷 により 生 じた 障 害 が 単 一 であって かつ 当 該 障 害 について 省 令 別 表 第 二 上 該 当 する 等 級 がある 場 合 ( 準 用 等 級 を 含 む )には 神 経 系 統 の 機 能 又 は 精 神 の 障 害 の 障 害 等 級 によることなく その 等 級 により 決 定 するものとする( 後 記 3 参 照 ) ( 第 10 次 改 正 一 部 ) 2 障 害 等 級 決 定 の 基 準 (1) 脳 の 障 害 ア 器 質 性 の 障 害 脳 の 器 質 性 障 害 については 高 次 脳 機 能 障 害 ( 器 質 性 精 神 障 害 )と 身 体 性 機 能 障 害 ( 神 経 系 統 の 障 害 )に 区 分 して 障 害 等 級 を 決 定 するものとする また 高 次 脳 機 能 障 害 と 身 体 性 機 能 障 害 とが 併 存 する 場 合 には そ れぞれの 障 害 の 程 度 を 踏 まえ 全 体 病 像 を 総 合 的 に 評 価 して 障 害 等 級 を 決 定 す るものとする 29

2 (ァ) 高 次 脳 機 能 障 害 高 次 脳 機 能 障 害 については 意 思 疎 通 能 力 問 題 解 決 能 力 作 業 負 荷 に 対 する 持 続 力 持 久 力 及 び 社 会 行 動 能 力 の4つの 能 力 ( 以 下 4 能 力 とい う )の 各 々の 喪 失 の 程 度 に 着 目 して 評 価 を 行 うものとする ただし 高 次 脳 機 能 障 害 による 障 害 が 第 3 級 以 上 に 該 当 する 場 合 には 介 護 の 要 否 及 び 程 度 を 踏 まえて 決 定 すること その 際 複 数 の 障 害 が 認 められるときには 原 則 として 障 害 の 程 度 の 最 も 重 篤 なものに 着 目 して 評 価 を 行 うものとする なお 高 次 脳 機 能 障 害 は 脳 の 器 質 的 病 変 に 基 づくものであることから MRI CT 等 によりその 存 在 が 認 められることが 必 要 となる ( 注 ) 1 高 次 脳 機 能 障 害 とは 認 知 行 為 (の 計 画 と 正 しい 手 続 きでの 遂 行 ) 記 憶 思 考 判 断 言 語 注 意 の 持 続 などが 障 害 された 状 態 であるとされており 全 般 的 な 障 害 として 意 識 障 害 や 痴 呆 も 含 むとされている 2 4 能 力 を 評 価 する 際 の 要 点 については 後 記 の( 参 考 )の 高 次 脳 機 能 障 害 の 評 価 の 着 眼 点 を 参 照 のこと a 高 次 脳 機 能 障 害 のため 生 命 維 持 に 必 要 な 身 のまわり 処 理 の 動 作 に ついて 常 に 他 人 の 介 護 を 要 するもの は 第 1 級 とする (a) 重 篤 な 高 次 脳 機 能 障 害 のため 食 事 入 浴 用 便 更 衣 等 に 常 時 他 人 の 介 護 を 要 するもの (b) 高 次 脳 機 能 障 害 による 高 度 の 痴 ほうや 情 意 の 荒 廃 があるため 常 時 他 人 の 監 視 を 要 するもの b 高 次 脳 機 能 障 害 のため 生 命 維 持 に 必 要 な 身 のまわり 処 理 の 動 作 に ついて 随 時 他 人 の 介 護 を 要 するもの は 第 2 級 とする (a) 重 篤 な 高 次 脳 機 能 障 害 のため 食 事 入 浴 用 便 更 衣 等 に 随 時 他 人 の 介 護 を 要 するもの (b) 高 次 脳 機 能 障 害 による 痴 ほう 情 意 の 障 害 幻 覚 妄 想 頻 回 の 発 作 性 意 識 障 害 等 のため 随 時 時 他 人 の 監 視 を 要 するもの (c) 重 篤 な 高 次 脳 機 能 障 害 のため 自 宅 内 の 日 常 生 活 動 作 は 一 応 できる が 1 人 で 外 出 することなどが 困 難 であり 外 出 の 際 には 他 人 の 介 護 を 必 要 とするため 随 時 他 人 の 介 護 を 要 するもの c 生 命 維 持 に 必 要 な 身 のまわり 処 理 の 動 作 は 可 能 であるが 高 次 脳 機 能 障 害 のため 終 身 にわたりおおよそ 労 務 に 服 することができないもの 30

3 は 第 3 級 とする (a) 4 能 力 のいずれか1つ 以 上 の 能 力 の 全 部 が 失 われているもの ( 例 1) 意 思 疎 通 能 力 が 全 部 失 われている 例 職 場 で 他 の 人 と 意 思 疎 通 を 図 ることができない 場 合 ( 例 2) 問 題 解 決 能 力 が 全 部 失 われている 例 課 題 を 与 えられても 手 順 どおりに 仕 事 を 全 く 進 めることができず 働 くことができない 場 合 ( 例 3) 作 業 負 荷 に 対 する 持 続 力 及 び 持 久 力 が 全 部 失 われている 例 作 業 に 取 り 組 んでもその 作 業 への 集 中 を 持 続 することができず すぐにその 作 業 を 投 げ 出 してしまい 働 くことができない 場 合 ( 例 4) 社 会 行 動 能 力 が 全 部 失 われている 例 大 した 理 由 もなく 突 然 感 情 を 爆 発 させ 職 場 で 働 くことができな い 場 合 (b) 4 能 力 のいずれか2つ 以 上 の 能 力 の 大 部 分 ( 一 般 平 均 人 の4 分 の3 程 度 )が 失 われているもの d 高 次 脳 機 能 障 害 のため 極 めて 軽 易 な 労 務 のほか 服 することができ ないもの は 第 5 級 とする (a) 4 能 力 のいずれか1つ 以 上 の 能 力 の 大 部 分 ( 一 般 平 均 人 の4 分 の3 程 度 )が 失 われているもの ( 例 ) 問 題 解 決 能 力 の 大 部 分 が 失 われている 例 1 人 で 手 順 どおりに 作 業 を 行 うことは 著 しく 困 難 であり ひんぱ んな 指 示 がなければ 対 処 できない 場 合 (b) 4 能 力 のいずれか2つ 以 上 の 能 力 の 半 分 程 度 ( 一 般 平 均 人 の2 分 の1 程 度 )が 失 われているもの e 高 次 脳 機 能 障 害 のため 軽 易 な 労 務 のほか 服 することができないも の は 第 7 級 とする (a) 4 能 力 のいずれか1つ 以 上 の 能 力 の 半 分 程 度 ( 一 般 平 均 人 の2 分 の1 程 度 )が 失 われているもの ( 例 ) 問 題 解 決 能 力 の 半 分 程 度 が 失 われている 例 1 人 で 手 順 どおりに 作 業 を 行 うことに 困 難 を 生 じることがあり 時 々 助 言 を 必 要 とする 場 合 (b) 4 能 力 のいずれか2つ 以 上 の 能 力 の 相 当 程 度 ( 一 般 平 均 人 の4 分 の1 程 度 )が 失 われているもの f 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 高 次 脳 機 能 障 害 のため 就 労 31

4 可 能 な 職 種 の 範 囲 が 相 当 な 程 度 に 制 限 されるもの は 第 9 級 とする 高 次 脳 機 能 障 害 のため4 能 力 のいずれか1つ 以 上 の 能 力 の 相 当 程 度 ( 一 般 平 均 人 の4 分 の1 程 度 )が 失 われているものが これに 該 当 する ( 例 ) 問 題 解 決 能 力 の 相 当 程 度 が 失 われている 例 1 人 で 手 順 どおりに 作 業 を 行 うことに 困 難 を 生 じることがあり た まに 助 言 を 必 要 とする 場 合 g 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 高 次 脳 機 能 障 害 のため 多 少 の 障 害 を 残 すもの は 第 12 級 とする 4 能 力 のいずれか1つ 以 上 の 能 力 が 多 少 失 われているものが これに 該 当 する h 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 高 次 脳 機 能 障 害 のため 軽 微 な 障 害 を 残 すもの は 第 14 級 とする MRI CT 等 による 他 覚 的 所 見 は 認 められないものの 脳 損 傷 のあるこ とが 医 学 的 にみて 合 理 的 に 推 測 でき 高 次 脳 機 能 障 害 のためわずかな 能 力 喪 失 が 認 められるものが これに 該 当 する ( 参 考 ) 高 次 脳 機 能 障 害 の 評 価 の 着 眼 点 高 次 脳 機 能 障 害 は 4 能 力 に 係 るそう 失 の 程 度 により 行 う 評 価 を 行 う 際 の 要 点 は 列 記 すれば 以 下 のとおりである 1 意 思 疎 通 能 力 ( 記 銘 記 憶 力 認 識 力 認 知 力 言 語 力 等 ) 職 場 において 他 人 とのコミュニケーションを 適 切 に 行 えるかどうか 等 について 判 定 する 主 に 記 銘 記 憶 力 認 知 力 又 は 言 語 力 の 側 面 から 判 断 を 行 う 2 問 題 解 決 力 ( 理 解 力 判 断 力 等 ) 作 業 課 題 に 対 する 指 示 や 要 求 水 準 を 正 確 に 理 解 し 適 切 な 判 断 を 行 い 円 滑 に 業 務 が 遂 行 できるかどうかについて 判 定 する 主 に 理 解 力 判 断 力 又 は 集 中 力 ( 注 意 の 選 択 等 )について 判 断 を 行 う 3 作 業 負 荷 に 対 する 持 続 力 持 久 力 一 般 的 な 就 労 時 間 に 対 処 できるだけの 能 力 がが 備 わっているかどうかについて 判 定 する 精 神 面 における 意 欲 気 分 又 は 注 意 の 集 中 の 持 続 力 持 久 力 について 判 断 を 行 う その 際 意 欲 又 は 気 分 の 低 下 等 による 疲 労 感 や 倦 怠 感 を 含 めて 判 断 する 4 社 会 行 動 力 ( 協 調 性 等 ) 職 場 において 他 人 と 円 滑 な 共 同 作 業 社 会 的 行 動 ができるかどうか 等 について 判 定 する 主 に 協 調 性 の 有 無 や 不 適 切 な 行 動 ( 突 然 大 した 理 由 もないのに 怒 る 等 の 感 情 や 欲 求 のコントロールの 低 下 による 場 違 いな 行 動 等 )の 頻 度 についての 判 断 を 行 う 32

5 (ィ) 身 体 性 機 能 障 害 脳 の 損 傷 による 身 体 性 機 能 障 害 については 麻 痺 の 範 囲 ( 四 肢 麻 痺 片 麻 痺 及 び 単 麻 痺 ) 及 びその 程 度 ( 高 度 中 等 度 及 び 軽 度 ) 並 びに 介 護 の 要 否 及 びその 程 度 により 障 害 等 級 を 決 定 するものとする 麻 痺 の 程 度 については 運 動 障 害 ( 運 動 性 支 持 性 巧 緻 性 及 び 速 度 に ついての 支 障 )の 程 度 をもって 判 断 するものとする なお 麻 痺 の 範 囲 及 びその 程 度 については 身 体 的 所 見 及 びMRI CT 等 によって 裏 付 けることのできることを 要 するものとする ( 注 1) 四 肢 麻 痺 とは 両 側 の 四 肢 の 麻 痺 片 麻 痺 とは1 側 の 上 下 肢 の 麻 痺 対 麻 痺 とは 両 側 上 肢 又 は 両 下 肢 の 麻 痺 単 麻 痺 とは 上 肢 又 は 下 肢 の1 肢 のみの 麻 痺 をいい 脳 の 損 傷 による 麻 痺 については 通 常 対 麻 痺 が 生 じることはない ( 注 2) 高 度 の 麻 痺 とは 障 害 を 残 した 上 肢 又 は 下 肢 の 運 動 性 支 持 性 がほとんど 失 わ れ 当 該 上 肢 又 は 下 肢 の 基 本 動 作 ( 上 肢 においては 物 を 持 ち 上 げて 移 動 させる こと 下 肢 においては 歩 行 や 立 位 )ができないものをいい 次 のようなものが 該 当 する (a) 完 全 強 直 又 はこれに 近 い 状 態 にあるもの (b) 上 肢 においては 3 大 関 節 及 び5の 手 指 のいずれの 関 節 も 自 動 運 動 によって は 可 動 させることができないもの 又 はこれに 近 い 状 態 にあるもの (c) 下 肢 においては 3 大 関 節 のいずれも 自 動 運 動 によっては 可 動 させること ができないもの 又 はこれに 近 い 状 態 にあるもの (d) 上 肢 においては 随 意 運 動 の 顕 著 な 障 害 により 当 該 上 肢 では 物 を 持 ち 上 げて 移 動 させることができないもの (e) 下 肢 においては 随 意 運 動 の 顕 著 な 障 害 により 当 該 下 肢 の 支 持 性 及 び 随 意 的 な 運 動 性 をほとんど 失 ったもの ( 注 3) 中 等 度 の 麻 痺 とは 障 害 を 残 した 上 肢 又 は 下 肢 の 運 動 性 支 持 性 が 相 当 程 度 失 われ 当 該 上 肢 又 は 下 肢 の 基 本 動 作 にかなりの 制 限 があるものをいい 次 のよ うなものが 該 当 する (a) 上 肢 においては 障 害 を 残 した1 上 肢 では 仕 事 に 必 要 な 軽 量 の 物 (おおむ ね500g)を 持 ち 上 げることができないもの 又 は 障 害 を 残 した1 上 肢 では 文 字 を 書 くことができないもの (b) 下 肢 においては 障 害 を 残 した1 下 肢 を 有 するため 杖 若 しくは 硬 性 装 具 な しには 階 段 を 上 がることができないもの 又 は 障 害 を 残 した 両 下 肢 を 有 するた め 杖 若 しくは 硬 性 装 具 なしには 歩 行 が 困 難 であるもの ( 注 4) 軽 度 の 麻 痺 とは 障 害 を 残 した 上 肢 又 は 下 肢 の 運 動 性 支 持 性 が 多 少 失 われて おり 当 該 上 肢 又 は 下 肢 の 基 本 動 作 を 行 う 際 の 巧 緻 性 及 び 速 度 が 相 当 程 度 損 な われているものをいい 次 のようなものが 該 当 する 33

6 (a) 上 肢 においては 障 害 を 残 した1 上 肢 では 文 字 を 書 くことに 困 難 を 伴 うも の (b) 下 肢 においては 日 常 生 活 はおおむね 独 歩 であるが 障 害 を 残 した1 下 肢 を 有 するために 不 安 定 で 転 倒 しやすく 速 度 も 遅 いもの 又 は 障 害 を 残 した 両 下 肢 を 有 するため 杖 若 しくは 硬 性 装 具 なしには 会 談 を 上 がることができない もの ( 身 体 性 機 能 障 害 については 以 下 の 基 準 により 第 1 級 ~ 第 12 級 の7 段 階 で 決 定 することとなる ) a 身 体 性 機 能 障 害 のため 生 命 維 持 に 必 要 な 身 のまわり 処 理 の 動 作 に ついて 常 に 他 人 の 介 護 を 要 するもの は 第 1 級 とする (a) 高 度 の 四 肢 麻 痺 が 認 められるもの (b) 中 等 度 の 四 肢 麻 痺 であって 食 事 入 浴 用 便 更 衣 等 に 常 時 他 人 の 介 護 を 要 するもの (c) 高 度 の 片 麻 痺 であって 食 事 入 浴 用 便 更 衣 等 に 常 時 他 人 の 介 護 を 要 するもの b 身 体 性 機 能 障 害 のため 生 命 維 持 に 必 要 な 身 のまわり 処 理 の 動 作 に ついて 随 時 他 人 の 介 護 を 要 するもの は 第 2 級 とする (a) 高 度 の 片 麻 痺 が 認 められるもの (b) 中 等 度 の 四 肢 麻 痺 であって 食 事 入 浴 用 便 更 衣 等 に 随 時 他 人 の 介 護 を 要 するもの c 生 命 維 持 に 必 要 な 身 のまわり 処 理 の 動 作 は 可 能 であるが 身 体 性 機 能 障 害 のため 労 務 に 服 することができないもの は 第 3 級 とする 中 等 度 の 四 肢 麻 痺 ( 上 記 aの(b) 又 はbの(b)に 該 当 するものを 除 く )が 認 められるものが これに 該 当 する d 身 体 性 機 能 障 害 のため 極 めて 軽 易 な 労 務 のほか 服 することができ ないもの は 第 5 級 とする (a) 軽 度 の 四 肢 麻 痺 が 認 められるもの (b) 中 等 度 の 片 麻 痺 が 認 められるもの (c) 高 度 の 単 麻 痺 が 認 められるもの e 身 体 性 機 能 障 害 のため 軽 易 な 労 務 のほか 服 することができないも の は 第 7 級 とする 34

7 (a) 軽 度 の 片 麻 痺 が 認 められるもの (b) 中 等 度 の 単 麻 痺 が 認 められるもの f 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 身 体 性 機 能 障 害 のため 就 労 可 能 な 職 種 の 範 囲 が 相 当 な 程 度 に 制 限 されるもの は 第 9 級 とする 軽 度 の 単 麻 痺 が 認 められるものが これに 該 当 する g 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 身 体 性 機 能 障 害 のため 多 少 の 障 害 を 残 すもの は 第 12 級 とする (a) 運 動 性 支 持 性 巧 緻 性 及 び 速 度 についての 支 障 がほとんど 認 めら れない 程 度 の 軽 微 な 麻 痺 を 残 すもの (b) 運 動 障 害 は 認 められないものの 広 範 囲 にわたる 感 覚 障 害 が 認 めら れるもの ( 参 考 ) 1 軽 微 な 隋 意 運 動 の 障 害 又 は 軽 微 な 筋 緊 張 の 亢 進 が 認 められるもの 2 運 動 障 害 を 伴 わないものの 感 覚 障 害 が 概 ね1 上 肢 又 は1 下 肢 の 全 域 にわたって 認 められるもの イ 非 器 質 性 の 障 害 (ァ) 非 器 質 性 精 神 障 害 の 後 遺 障 害 脳 の 器 質 的 損 傷 を 伴 わない 精 神 障 害 ( 以 下 非 器 質 性 精 神 障 害 とい う )の 後 遺 障 害 が 存 しているというためには 次 のaの 精 神 症 状 のうち1 つ 以 上 の 精 神 症 状 を 残 し かつ bの 能 力 に 関 する 判 断 項 目 のうち1つ 以 上 の 能 力 について 障 害 が 認 められることを 要 するものとする a 精 神 症 状 (a) 抑 うつ 状 態 (b) 不 安 の 状 態 (c) 意 欲 低 下 の 状 態 (d) 慢 性 化 した 幻 覚 妄 想 性 の 状 態 (e) 記 憶 又 は 知 的 能 力 の 障 害 (f) その 他 の 障 害 ( 侵 入 回 避 過 覚 醒 感 情 麻 痺 の 状 態 ) 各 精 神 障 害 の 内 容 については 後 記 の ( 参 考 2)の(1) 精 神 症 状 参 照 b 能 力 に 関 する 判 断 項 目 (a) 身 辺 日 常 生 活 (b) 仕 事 生 活 に 積 極 性 関 心 を 持 つこと (c) 通 勤 勤 務 時 間 の 遵 守 35

8 (d) 普 通 に 作 業 を 持 続 すること (e) 他 人 との 意 思 伝 達 (f) 対 人 関 係 協 調 性 (g) 身 辺 の 安 全 保 持 危 機 の 回 避 (h) 困 難 失 敗 への 対 応 (ィ) 就 労 意 欲 の 低 下 等 による 区 分 a 就 労 している 者 又 は 就 労 していないが 就 労 意 欲 のある 者 現 に 就 労 している 者 又 は 就 労 意 欲 はあるものの 就 労 していない 者 につ いては 上 記 (ァ)のaの 精 神 症 状 のいずれか1つ 以 上 が 認 められる 場 合 に (ァ)のbの 能 力 に 関 する 判 断 項 目 ( 以 下 判 断 項 目 という )のそれぞ れについて その 有 無 及 び 助 言 援 助 の 程 度 ( 時 に 又 は しばしば 必 要 )により 障 害 等 級 を 決 定 するものとする b 就 労 意 欲 の 低 下 又 は 欠 落 により 就 労 していない 者 就 労 意 欲 の 低 下 又 は 欠 落 により 就 労 していない 者 については 身 辺 日 常 生 活 が 可 能 である 場 合 に (ァ)のbの(a)の 身 辺 日 常 生 活 の 支 障 の 程 度 により 障 害 等 級 を 決 定 するものとする なお 就 労 意 欲 の 低 下 又 は 欠 落 により 就 労 していない 者 とは 職 種 に 関 係 なく 就 労 意 欲 の 低 下 又 は 欠 落 が 認 められる 者 をいい 特 定 の 職 種 に ついて 就 労 の 意 欲 のある 者 については aに 該 当 するものとする 各 能 力 の 低 下 を 判 断 する 際 の 要 点 については 後 記 の ( 参 考 2)の(2) 能 力 に 関 する 判 断 項 目 参 照 (ゥ) 非 器 質 性 精 神 障 害 は 次 の3 段 階 に 区 分 して 障 害 等 級 を 決 定 するものと する a 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 非 器 質 性 精 神 障 害 のため 就 労 可 能 な 職 種 の 範 囲 が 相 当 な 程 度 に 制 限 されるもの は 第 9 級 とする (a) (ィ)のaに 該 当 する 場 合 には 判 断 項 目 のうち(b)から(h)までのいず れか1つの 能 力 が 失 われているもの 又 は 判 断 項 目 の4つ 以 上 についてし ばしば 助 言 援 助 を 必 要 とする 程 度 の 障 害 を 残 しているもの ( 例 ) 対 人 関 係 業 務 に 就 けないことによる 職 種 制 限 が 認 められる 場 合 (b) (ィ)のbに 該 当 する 場 合 には 身 辺 日 常 生 活 について 時 に 助 言 援 助 を 必 要 とする 程 度 の 障 害 を 残 しているもの b 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 非 器 質 性 精 神 障 害 のため 多 少 の 障 害 を 残 すもの は 第 12 級 とする (a) (ィ)のaに 該 当 する 場 合 には 判 断 項 目 の4つ 以 上 について 時 に 助 言 援 助 を 必 要 とする 程 度 の 障 害 を 残 しているもの 36

9 ( 例 ) 職 種 制 限 は 認 められないが 就 労 に 当 たりかなりの 配 慮 が 必 要 で ある 場 合 (b) (ィ)のbに 該 当 する 場 合 には 身 辺 日 常 生 活 を 適 切 又 はおおむねでき るもの c 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 非 器 質 性 精 神 障 害 のため 軽 微 な 障 害 を 残 すもの は 第 14 級 とする 判 断 項 目 の1つ 以 上 について 時 に 助 言 援 助 を 必 要 とする 程 度 の 障 害 を 残 しているものが これに 該 当 する ( 例 ) 職 種 制 限 は 認 められないが 就 労 に 当 たり 多 少 の 配 慮 が 必 要 である 場 合 (エ) 重 い 症 状 を 有 している 者 ( 判 断 項 目 のうち(a)の 身 辺 日 常 生 活 の 能 力 が 失 われている 者 又 は 判 断 項 目 のうち(b)から(h)までのいずれか2つ 以 上 の 能 力 が 失 われている 者 )については 非 器 質 性 精 神 障 害 の 特 質 上 症 状 の 改 善 が 見 込 まれることから 症 状 に 大 きな 改 善 が 認 められない 状 態 に 一 時 的 に 達 した 場 合 であっても 原 則 として 療 養 を 継 続 するものとする ただし 療 養 を 継 続 して 十 分 な 治 療 を 行 ってもなお 症 状 に 改 善 の 見 込 み がないと 判 断 され 症 状 が 固 定 しているときには 治 ゆの 状 態 にあるもの とし 障 害 等 級 を 決 定 するものとする ( 参 考 1) 1 非 器 質 性 精 神 障 害 については 症 状 が 重 篤 であっても 将 来 において 大 幅 に 症 状 の 改 善 する 可 能 性 が 十 分 にあるという 特 質 がある 2 業 務 による 心 理 的 負 荷 を 原 因 とする 非 器 質 性 精 神 障 害 は 業 務 による 心 理 的 負 荷 を 取 り 除 き 適 切 な 治 療 を 行 えば 多 くの 場 合 概 ね 半 年 ~1 年 長 くても2~3 年 の 治 療 により 完 治 するのが 一 般 的 であって 業 務 に 支 障 の 出 るような 後 遺 症 状 を 残 す ケースは 少 なく 障 害 を 残 した 場 合 においても 各 種 の 日 常 生 活 動 作 がかなりの 程 度 でき 一 定 の 就 労 が 可 能 となる 程 度 以 上 に 症 状 がよくなるのが 通 常 である ( 参 考 2) 各 精 神 症 状 能 力 に 関 する 判 断 項 目 (1) 精 神 症 状 精 神 症 状 については 抑 うつ 状 態 不 安 の 状 態 意 欲 低 下 の 状 態 慢 性 化 した 幻 覚 妄 想 性 の 状 態 記 憶 又 は 知 的 能 力 の 障 害 及 びその 他 の 障 害 ( 衝 動 性 の 障 害 不 定 愁 訴 など)の6つの 症 状 の 有 無 等 に 着 目 することとしているが その 内 容 は 以 下 のとおりである ア 抑 うつ 状 態 持 続 するうつ 気 分 ( 悲 しい 寂 しい 憂 うつである 希 望 がない 絶 望 的 であ 37

10 る 等 ) 何 をするのもおっくうになる(おっくう 感 ) それまで 楽 しかったことに 対 して 楽 しいという 感 情 がなくなる 気 が 進 まないなどの 状 態 である イ 不 安 の 状 態 全 般 的 不 安 や 恐 怖 心 気 症 脅 迫 など 強 い 不 安 が 続 き 強 い 苦 悩 を 示 す 状 態 で ある ウ 意 欲 低 下 の 状 態 すべてのことに 対 して 関 心 が 湧 かず 自 発 性 が 乏 しくなる 自 ら 積 極 的 に 行 動 せず 行 動 を 起 こしても 長 続 きしない 口 数 も 少 なくなり 日 常 生 活 上 の 身 の 回 りのことにも 無 精 となるなる 状 態 である エ 慢 性 化 した 幻 覚 妄 想 性 の 状 態 自 分 に 対 する 噂 や 悪 口 あるいは 命 令 が 聞 こえる 等 実 際 には 存 在 しないものを 知 覚 体 験 すること( 幻 覚 ) 自 分 が 他 者 から 害 を 加 えられている 食 べ 物 や 薬 に 毒 が 入 っている 自 分 は 特 別 な 能 力 を 持 っている 等 内 容 が 間 違 っており 確 信 が 異 常 に 強 く 訂 正 不 可 能 でありその 人 個 人 だけ 限 定 された 意 味 付 け( 妄 想 )などの 幻 覚 妄 想 を 持 続 的 に 示 す 状 態 である オ 記 憶 又 は 知 的 能 力 の 障 害 非 器 質 性 の 記 憶 障 害 としては 解 離 性 ( 心 因 性 ) 健 忘 がある 自 分 が 誰 であ り どんな 生 活 史 を 持 っているかをすっかり 忘 れてしまう 全 生 活 史 健 忘 や 生 活 史 の 中 の 一 定 の 時 期 や 出 来 事 のことを 思 い 出 せない 状 態 である 非 器 質 性 の 知 的 能 力 の 障 害 としては 解 離 性 ( 心 因 性 ) 障 害 の 場 合 がある 日 常 身 辺 生 活 は 普 通 にしているのに 改 めて 質 問 すると 自 分 の 名 前 を 答 えられな い 年 齢 は3つ 1+1は3のように 的 外 れの 回 答 をするような 状 態 (ガンザー 症 候 群 仮 性 痴 呆 )である カ その 他 の 障 害 ( 衝 動 性 の 障 害 不 定 愁 訴 など) そ の 他 の 障 害 に は 上 記 ア ~ オ に 分 類 で き な い 症 状 多 動 ( 落 ち 着 き の 無 さ) 衝 動 行 動 徘 徊 身 体 的 な 自 覚 症 状 や 不 定 愁 訴 などがある (2) 能 力 に 関 する 判 断 項 目 非 器 質 性 精 神 障 害 については 8つの 能 力 について 能 力 の 有 無 及 び 必 要 となる 助 言 援 助 の 程 度 に 着 目 し 評 価 を 行 う 評 価 を 行 う 際 の 要 点 は 以 下 のとおりであ る ア 身 辺 日 常 生 活 入 浴 することや 更 衣 をすることなど 清 潔 保 持 を 適 切 にすることができるか 規 則 的 に 十 分 な 食 事 をすることができるかについて 判 定 するものである なお 食 事 入 浴 更 衣 以 外 の 動 作 については 特 筆 すべき 次 項 がある 場 合 に は 加 味 して 判 定 を 行 う イ 仕 事 生 活 に 積 極 性 関 心 を 持 つこと 仕 事 の 内 容 職 場 での 生 活 や 働 くことそのもの 世 の 中 の 出 来 事 テレビ 娯 38

11 楽 等 の 日 常 生 活 等 に 対 する 意 欲 や 関 心 があるか 否 かについて 判 定 するものであ る ウ 通 勤 勤 務 時 間 の 遵 守 規 則 的 な 通 勤 や 出 勤 時 間 等 約 束 時 間 の 遵 守 が 可 能 かどうかについて 判 定 するも のである エ 普 通 に 作 業 を 持 続 すること 就 業 規 則 に 則 った 就 労 が 可 能 かどうか 普 通 の 集 中 力 持 続 力 をもって 業 務 を 遂 行 できるかどうかについて 判 定 するものである オ 他 人 との 意 思 伝 達 職 場 において 上 司 同 僚 等 に 対 して 発 言 を 自 主 的 にできるか 等 他 人 とのコミュ ニケーションが 適 切 にできるかを 判 定 するものである カ 対 人 関 係 協 調 性 職 場 において 上 司 同 僚 と 円 滑 な 共 同 作 業 社 会 的 行 動 ができるかどうか 等 に ついて 判 定 するものである キ 身 辺 の 安 全 保 持 危 機 の 回 避 職 場 における 危 険 等 から 適 切 に 身 を 守 れるかどうかを 判 定 するものである ク 困 難 失 敗 への 対 応 職 場 において 新 たな 業 務 上 のストレスを 受 けたとき ひどく 緊 張 したり 混 乱 することなく 対 処 できるか 等 どの 程 度 適 切 に 対 応 できるかということを 判 断 する ものである (3) 重 い 障 害 を 残 している 者 の 例 業 務 による 心 理 的 負 荷 を 原 因 とする 非 器 質 性 精 神 障 害 は 業 務 による 心 理 的 負 荷 を 取 り 除 き 適 切 な 治 療 を 行 えば 多 くの 場 合 概 ね 半 年 ~1 年 長 くても2~3 年 の 治 療 により 完 治 するのが 一 般 的 であるが 非 常 にまれに 持 続 的 な 人 格 変 化 を 認 めるという 重 篤 な 症 状 が 残 存 することがある 人 格 変 化 を 認 めるとは ア 著 しく 調 和 を 欠 く 態 度 と 行 動 イ 異 常 行 動 は 持 続 的 かつ 長 期 間 にわたって 認 められ エピソード 的 ではない ウ 異 常 行 動 は 広 範 にわたり 広 い 範 囲 の 個 人 的 社 会 的 状 況 に 対 して 非 適 応 的 であ る エ 通 常 職 業 社 会 生 活 の 遂 行 上 重 大 な 障 害 を 伴 う という 要 件 を 満 たすことが 必 要 とされており こうした 状 態 はほとんど 永 続 的 に 継 続 するものと 考 えられている (4) 障 害 の 程 度 の 判 断 非 器 質 性 精 神 障 害 の 後 遺 障 害 の 場 合 症 状 が 固 定 する 時 期 にあっても 症 状 や 能 力 低 下 に 変 動 がみられることがあるが その 場 合 には 良 好 な 場 合 のみ あるいは 悪 化 した 場 合 のみをとらえて 判 断 することなく 療 養 中 の 状 態 から 判 断 して 障 害 の 幅 39

12 を 踏 まえて 判 断 するのが 適 当 である (2) せき 髄 障 害 外 傷 などによりせき 髄 が 損 傷 され 対 麻 痺 や 四 肢 麻 痺 が 生 じた 場 合 には 通 常 広 範 囲 にわたる 感 覚 障 害 や 尿 路 障 害 ( 神 経 因 性 膀 胱 障 害 )などの 障 害 が 認 められる さらに せき 柱 の 変 形 や 運 動 障 害 ( 以 下 せき 柱 の 変 形 等 とい う )が 認 められる 場 合 も 多 い このようにせき 髄 が 損 傷 された 場 合 には 複 雑 な 諸 症 状 を 呈 する 場 合 が 多 いが せき 髄 損 傷 が 生 じた 場 合 の 障 害 等 級 の 決 定 は 原 則 として 脳 の 身 体 性 機 能 障 害 と 同 様 に 身 体 的 所 見 及 びMRI CT 等 によって 裏 付 けることのできる 麻 痺 の 範 囲 と 程 度 により 障 害 等 級 を 決 定 するものとする ただし せき 髄 損 傷 に 伴 う 胸 腹 部 臓 器 の 障 害 やせき 柱 の 障 害 による 障 害 の 等 級 が 麻 痺 により 判 断 される 障 害 の 等 級 よりも 重 い 場 合 には それらの 障 害 の 総 合 評 価 により 等 級 を 決 定 するものとする なお せき 髄 損 傷 による 障 害 の 等 級 が 第 3 級 以 上 に 該 当 する 場 合 は 介 護 の 要 否 及 びその 程 度 を 踏 まえて 総 合 して 障 害 等 級 を 決 定 するものとする ( 参 考 1) せき 柱 に 外 力 が 加 わることにより せき 柱 の 変 形 等 が 生 じることがあるとともに せき 髄 の 損 傷 が 生 じた 場 合 には 麻 痺 や 感 覚 障 害 神 経 因 性 膀 胱 障 害 等 の 障 害 が 生 じ る このため せき 髄 の 損 傷 による 障 害 に 関 する 決 定 基 準 は 麻 痺 の 範 囲 に 着 目 して 等 級 を 決 定 するものとなっているが 各 等 級 は 通 常 伴 うそれらの 障 害 も 含 めて 格 付 けした ものである ( 参 考 2) せき 髄 は 解 剖 学 的 には 第 1 腰 椎 により 高 位 に 存 在 し 第 2 腰 椎 以 下 には 存 在 しな いが 第 2 腰 椎 以 下 のせき 柱 内 の 馬 尾 神 経 が 損 傷 された 場 合 においても せき 髄 の 損 傷 による 障 害 である 下 肢 の 運 動 麻 痺 ( 運 動 障 害 ) 感 覚 麻 痺 ( 感 覚 障 害 ) 尿 路 機 能 障 害 又 は 腸 管 機 能 障 害 ( 神 経 因 性 膀 胱 障 害 又 は 神 経 因 性 直 腸 障 害 ) 等 が 生 じることから せき 髄 損 傷 に 含 めて 運 用 する また 広 義 のせき 髄 損 傷 には 馬 尾 神 経 損 傷 が 含 まれ る なお せき 髄 の 最 下 部 ( 第 3 仙 髄 以 下 )の 損 傷 では 下 肢 の 運 動 障 害 は 生 じない が 馬 尾 神 経 が 損 傷 された 場 合 には せき 髄 そのものとしては 第 3 仙 髄 以 下 が 損 傷 さ れたに 過 ぎない 場 合 でも 下 肢 の 運 動 障 害 が 生 じることがある ア せき 髄 症 状 のため 生 命 維 持 に 必 要 な 身 のまわり 処 理 の 動 作 について 常 40

13 に 他 人 の 介 護 を 要 するもの は 第 1 級 とする (ァ) 高 度 の 四 肢 麻 痺 が 認 められるもの (ィ) 高 度 の 対 麻 痺 が 認 められるもの (ゥ) 中 等 度 の 四 肢 麻 痺 であって 食 事 入 浴 用 便 更 衣 等 に 常 時 他 人 の 介 護 を 要 するもの (エ) 中 等 度 の 対 麻 痺 であって 食 事 入 浴 用 便 更 衣 等 に 常 時 他 人 の 介 護 を 要 するもの ( 例 ) 第 2 腰 髄 以 上 で 損 傷 を 受 けたことにより 中 等 度 の 四 肢 麻 痺 が 認 められ 神 経 因 性 膀 胱 障 害 及 びせき 髄 の 損 傷 部 位 以 下 の 感 覚 障 害 が 生 じたほか せき 柱 の 変 形 等 が 認 められる 場 合 イ せき 髄 症 状 のため 生 命 維 持 に 必 要 な 身 のまわり 処 理 の 動 作 について 随 時 他 人 の 介 護 を 要 するもの は 第 2 級 とする (ァ) 中 等 度 の 四 肢 麻 痺 が 認 められるもの (ィ) 軽 度 の 四 肢 麻 痺 であって 食 事 入 浴 用 便 更 衣 等 に 随 時 他 人 の 介 護 を 要 するもの (ゥ) 中 等 度 の 対 麻 痺 であって 食 事 入 浴 用 便 更 衣 等 に 随 時 他 人 の 介 護 を 要 するもの ( 例 ) 第 2 腰 髄 以 上 で 損 傷 を 受 けたことにより 両 下 肢 の 中 等 度 の 対 麻 痺 が 生 じたために 立 位 の 保 持 に 杖 又 は 硬 性 装 具 を 要 するとともに 軽 度 の 神 経 因 性 膀 胱 障 害 及 びせき 髄 の 損 傷 部 位 以 下 の 感 覚 障 害 が 生 じたほか せ き 柱 の 変 形 等 が 認 められる 場 合 ウ 生 命 維 持 に 必 要 な 身 のまわり 処 理 の 動 作 は 可 能 であるが せき 髄 症 状 のた め 労 務 に 服 することができないもの は 第 3 級 とする (ァ) 軽 度 の 四 肢 麻 痺 が 認 められるもの( 上 記 イの(ィ)に 該 当 するものを 除 く ) (ィ) 中 等 度 の 対 麻 痺 が 認 められるもの( 上 記 アの(エ) 又 はイの(ゥ)に 該 当 す るものを 除 く ) エ せき 髄 症 状 のため 極 めて 軽 易 な 労 務 のほか 服 することができないもの は 第 5 級 とする (ァ) 軽 度 の 対 麻 痺 が 認 められるもの (ィ) 1 下 肢 の 高 度 の 単 麻 痺 が 認 めらけるもの オ せき 髄 症 状 のため 軽 易 な 労 務 のほか 服 することができないもの は 第 7 級 とする 41

14 1 下 肢 の 中 等 度 の 単 麻 痺 が 認 められるものが これに 該 当 する ( 例 ) 第 2 腰 髄 以 上 でせき 髄 の 半 側 のみ 損 傷 を 受 けたことにより1 下 肢 の 中 等 度 の 単 麻 痺 が 生 じたために 杖 又 は 硬 性 装 具 なしには 階 段 を 上 がることができ ないとともに せき 髄 の 損 傷 部 位 以 下 の 感 覚 障 害 が 認 められる 場 合 カ 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが せき 髄 症 状 のため 就 労 可 能 な 職 種 の 範 囲 が 相 当 な 程 度 に 制 限 されるもの は 第 9 級 とする 1 下 肢 の 軽 度 の 単 麻 痺 が 認 められるものが これに 該 当 する ( 例 ) 第 2 腰 髄 以 上 でせき 髄 の 半 側 のみ 損 傷 を 受 けたことにより1 下 肢 の 軽 度 の 単 麻 痺 が 生 じたために 日 常 生 活 は 独 歩 であるが 不 安 定 で 転 倒 しやすく 速 度 も 遅 いとともに せき 髄 の 損 傷 部 位 以 下 の 感 覚 障 害 が 認 められる 場 合 キ 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが せき 髄 症 状 のため 多 少 の 障 害 を 残 すもの は 第 12 級 とする (ァ) 運 動 障 害 ( 運 動 性 支 持 性 巧 緻 性 及 び 速 度 についての 支 障 )がほとん ど 認 められない 程 度 の 軽 微 な 麻 痺 を 残 すもの (ィ) 運 動 障 害 は 認 められないものの 広 範 囲 にわたる 感 覚 障 害 が 認 められる もの ( 例 ) 軽 微 な 筋 緊 張 の 亢 進 が 認 められる 場 合 又 は 運 動 障 害 は 伴 わないもの の 感 覚 障 害 がおおむね1 下 肢 にわたって 認 められる 場 合 (3) 末 梢 神 経 障 害 末 梢 神 経 麻 痺 に 係 る 障 害 等 級 の 決 定 は 原 則 として 損 傷 を 受 けた 神 経 の 支 配 する 身 体 各 部 の 器 官 における 機 能 障 害 に 係 る 等 級 により 決 定 するものとする (4) 外 傷 性 てんかん 外 傷 性 てんかんに 係 る 障 害 については 発 作 の 型 発 作 回 数 等 に 着 目 し 次 により 障 害 等 級 を 決 定 するものとする なお 1ケ 月 に2 回 以 上 の 発 作 がある 場 合 には 通 常 高 度 の 高 次 脳 機 能 障 害 を 伴 っているので 脳 の 高 次 脳 機 能 障 害 に 係 る 第 3 級 以 上 の 決 定 基 準 により 障 害 等 級 を 決 定 するものとする ( 参 考 ) なお 書 きの 趣 旨 は 1ケ 月 に2 回 以 上 の 発 作 がある 場 合 には 医 学 経 験 側 上 そのような 症 状 で てんかん 発 作 のみが 単 独 で 残 存 することは 想 定 しがたく 通 常 は 脳 挫 傷 があり 高 度 な 脳 高 次 脳 機 能 障 害 を 残 す 状 態 でてんかん 発 作 を 伴 っているケ ースが 考 えられることによるものである ア 1ケ 月 に1 回 以 上 の 発 作 があり かつ その 発 作 が 意 識 障 害 の 有 無 を 問 42

15 わず 転 倒 する 発 作 又 は 意 識 障 害 を 呈 し 状 況 にそぐわない 行 為 を 示 す 発 作 ( 以 下 転 倒 する 発 作 等 という )であるもの は 第 5 級 とする ( 参 考 1) 転 倒 する 発 作 には 意 識 喪 失 が 起 こり その 後 ただちに 四 肢 等 が 強 くつっぱる 強 直 性 のけいれんが 続 き 次 第 に 短 時 間 の 収 縮 と 弛 緩 をくりかえす 間 代 性 のけいれんに 移 行 する 強 直 間 代 発 作 や 脱 力 発 作 のうち 意 識 は 通 常 あるももの 筋 緊 張 が 消 失 し て 倒 れてしまうもの が 該 当 する ( 参 考 2) 意 識 障 害 を 呈 し 状 況 にそぐわない 行 為 を 示 す 発 作 には 意 識 混 濁 を 呈 すると ともにうろうろ 歩 き 回 るなど 目 的 性 に 欠 く 行 動 が 自 動 的 に 出 現 し 発 作 中 は 周 囲 の 状 況 に 正 しく 反 応 できないものが 該 当 する イ 転 倒 する 発 作 等 が 数 ケ 月 に1 回 以 上 あるもの 又 は 転 倒 する 発 作 等 以 外 の 発 作 が1ケ 月 に1 回 以 上 あるもの は 第 7 級 とする ウ 数 ケ 月 に1 回 以 上 の 発 作 が 転 倒 する 発 作 等 以 外 の 発 作 であるもの 又 は 服 薬 継 続 によりてんかん 発 作 がほぼ 完 全 に 抑 制 されているもの は 第 9 級 とする エ てんかんの 発 現 はないが 脳 波 上 に 明 らかにてんかん 性 棘 波 を 認 めるも の は 第 12 級 とする ( 参 考 ) てんかん 及 びてんかん 発 作 の 医 学 的 事 項 等 てんかんは 反 復 するてんかん 発 作 を 主 症 状 とする 慢 性 の 脳 障 害 であり そのてん かん 発 作 とは 大 脳 のある 部 分 の 神 経 細 胞 が 発 作 性 に 異 常 に 過 剰 な 活 動 を 起 こし こ れがある 程 度 広 範 囲 な 領 域 の 神 経 細 胞 をまきこんで 一 斉 に 興 奮 状 態 に 入 った 場 合 に 生 ずる 運 動 感 覚 自 律 神 経 系 又 は 精 神 などの 機 能 の 一 過 性 の 異 常 状 態 のことである な お て ん か ん の 診 断 に つ い て は 発 作 の 型 の 特 定 や 脳 波 検 査 が 重 要 で あ り MRI CT 等 の 画 像 診 断 は 発 作 の 原 因 等 を 判 断 するのに 有 用 である (5) 頭 痛 頭 痛 については 頭 痛 の 型 のいかんにかかわらず 疼 痛 による 労 働 又 は 日 常 生 活 上 の 支 障 の 程 度 を 疼 痛 の 部 位 性 状 強 度 頻 度 持 続 時 間 及 び 日 内 変 動 並 びに 疼 痛 の 原 因 となる 他 覚 的 所 見 により 把 握 し 次 により 障 害 等 級 を 決 定 す るものとする ア 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 激 しい 頭 痛 により 時 には 労 務 に 43

16 従 事 することができなくなる 場 合 があるため 就 労 可 能 な 職 種 の 範 囲 が 相 当 な 程 度 に 制 限 されるもの は 第 9 級 とする イ 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 時 には 労 務 に 差 し 支 える 程 度 の 強 い 頭 痛 が 起 こるもの は 第 12 級 とする ウ 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 頭 痛 が 頻 回 に 発 現 しやすくなった もの は 第 14 級 とする ( 参 考 ) 頭 痛 の 型 に 関 する 医 学 的 事 項 等 頭 痛 の 型 としては 次 のようなものがある (1) 機 能 性 頭 痛 ア 片 頭 痛 イ 緊 張 型 頭 痛 ウ 群 発 頭 痛 及 び 慢 性 発 作 性 片 頭 痛 エ その 他 の 非 器 質 性 頭 痛 (2) 症 候 性 頭 痛 ア 頭 部 外 傷 による 頭 痛 イ 血 管 障 害 に 伴 う 頭 痛 ウ 非 血 管 性 頭 蓋 内 疾 患 に 伴 う 頭 痛 エ 薬 物 あるいは 離 脱 に 伴 う 頭 痛 オ 頭 部 以 外 の 感 染 症 による 頭 痛 カ 代 謝 性 疾 患 に 伴 う 頭 痛 キ 頭 蓋 骨 頸 眼 鼻 副 鼻 腔 歯 口 あるいは 他 の 頭 部 頭 蓋 組 織 に 起 因 す る 頭 痛 又 は 顔 面 痛 ク 頭 部 神 経 痛 神 経 幹 痛 除 神 経 後 痛 (3) その 他 分 類 不 能 な 頭 痛 (6) 失 調 めまい 及 び 平 衡 機 能 障 害 失 調 めまい 及 び 平 衡 機 能 障 害 については その 原 因 となる 障 害 部 位 によっ て 分 けることが 困 難 であるので 諸 症 状 を 総 合 して 障 害 等 級 を 決 定 するものと する ア 生 命 の 維 持 に 必 要 な 身 のまわり 処 理 の 動 作 は 可 能 であるが 高 度 の 失 調 又 は 平 衡 機 能 障 害 のために 労 務 に 服 することができないもの は 第 3 級 とする イ 著 しい 失 調 又 は 平 衡 機 能 障 害 のために 労 働 能 力 の 大 部 分 ( 一 般 平 均 の 44

17 4 分 の3 程 度 )が 失 われているもの は 第 5 級 とする ウ 中 等 度 の 失 調 又 は 平 衡 機 能 障 害 めために 労 働 能 力 の 半 分 程 度 ( 一 般 平 均 人 の2 分 の1 程 度 )が 失 われているもの は 第 7 級 とする エ 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが めまいの 自 覚 症 状 があり かつ 眼 振 その 他 平 衡 機 能 検 査 の 結 果 に 明 らかな 異 常 所 見 が 認 められ 就 労 可 能 な 職 種 の 範 囲 が 相 当 程 度 に 制 限 されるもの は 第 9 級 とする オ 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが めまいの 自 覚 症 状 があり かつ 眼 振 その 他 平 衡 機 能 検 査 の 結 果 に 異 常 所 見 が 認 められるもの は 第 12 級 と する カ めまいの 自 覚 症 状 はあるが 眼 振 その 他 平 衡 機 能 検 査 の 結 果 に 異 常 所 見 が 認 められないものの めまいのあることが 医 学 的 にみて 合 理 的 に 推 測 でき るもの は 第 14 級 とする ( 参 考 ) 失 調 めまい 及 び 平 衡 機 能 障 害 の 原 因 する 医 学 的 事 項 頭 部 外 傷 後 又 は 中 枢 神 経 系 ( 脳 及 びせき 髄 )の 疾 病 に 起 因 する 失 調 めまい 及 び 平 衡 機 能 障 害 は 内 耳 機 能 によるのみならず 小 脳 脳 幹 部 前 頭 葉 又 はせ き 髄 など 中 枢 神 経 系 の 障 害 によって 発 現 する 場 合 が 多 いものである また けい 部 自 律 神 経 障 害 によるめまいも 少 なくない (7) 疼 痛 等 感 覚 障 害 ア 受 傷 部 位 の 疼 痛 及 び 疼 痛 以 外 の 感 覚 障 害 については 次 により 障 害 等 級 を 決 定 するものとする (ァ) 疼 痛 a 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 時 には 強 度 の 疼 痛 のため あ る 程 度 差 し 支 えがあるもの は 第 12 級 とする b 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 受 傷 部 位 にほとんど 常 時 疼 痛 を 残 すもの は 第 14 級 とする (ィ) 疼 痛 以 外 の 感 覚 障 害 疼 痛 以 外 の 異 常 感 覚 ( 蟻 走 感 感 覚 脱 失 等 )が 発 現 した 場 合 は その 範 囲 が 広 いものに 限 り 第 14 級 とする イ 特 殊 な 性 状 の 疼 痛 (ァ) カウザルギ については 疼 痛 の 部 位 性 状 疼 痛 発 作 の 頻 度 疼 痛 の 強 度 と 持 続 時 間 及 び 日 内 変 動 並 びに 疼 痛 の 原 因 となる 他 覚 的 所 見 などによ り 疼 痛 の 労 働 能 力 に 及 ぼす 影 響 を 判 断 して 次 により 障 害 等 級 を 決 定 す るものとする 45

18 a 軽 易 な 労 務 以 外 の 労 働 に 常 に 差 し 支 える 程 度 の 疼 痛 があるもの は 第 7 級 とする b 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 疼 痛 により 時 には 労 働 に 従 事 することができなくなるため 就 労 可 能 な 職 種 の 範 囲 が 相 当 な 程 度 に 制 限 されるもの は 第 9 級 とする c 通 常 の 労 務 に 服 することはできるが 時 には 労 働 に 差 し 支 える 程 度 の 疼 痛 が 起 こるもの は 第 12 級 とする (ィ) 反 射 性 交 感 神 経 性 ジストロフィ(RSD)については 1 関 節 拘 縮 2 骨 の 萎 縮 3 皮 膚 の 変 化 ( 皮 膚 温 の 変 化 皮 膚 の 萎 縮 )という 慢 性 期 の 主 要 な3つのいずれの 症 状 も 健 側 と 比 較 して 明 らかに 認 められる 場 合 に 限 り カウザルギ と 同 様 の 基 準 により それぞれ 第 7 級 第 9 級 第 12 級 に 決 定 するものとする ( 参 考 ) 疼 痛 に 関 する 一 般 的 事 項 等 外 傷 後 疼 痛 が 治 ゆ 後 も 消 退 せず 疼 痛 の 性 質 強 さなどについて 病 的 な 状 態 を 呈 す ることがある この 外 傷 後 疼 痛 のうち 特 殊 な 型 としては 末 梢 神 経 の 不 完 全 損 傷 によ って 生 ずる 灼 熱 痛 (カウザルギ-)があり これは 血 管 運 動 性 症 状 発 汗 の 異 常 軟 部 組 織 の 栄 養 状 態 の 異 常 骨 の 変 化 (ズデック 萎 縮 )などを 伴 う 強 度 の 疼 痛 であ る また これに 類 似 して 例 えば 尺 骨 神 経 等 の 主 要 な 末 梢 神 経 の 損 傷 がなくても 微 細 な 末 梢 神 経 の 損 傷 が 生 じ 外 傷 部 位 に 同 様 の 疼 痛 がおこることがある( 反 射 性 交 感 神 経 性 ジストロフィ(RSD)という )が その 場 合 エックス 線 写 真 等 の 資 料 によ り 上 記 の 要 件 を 確 認 することができる なお 障 害 等 級 認 定 時 において 外 傷 後 生 じた 疼 痛 が 自 然 経 過 によって 消 退 すると 認 められるものは 障 害 補 償 の 対 象 とはならない 3 その 他 (1) 脳 損 傷 により 障 害 を 生 じた 場 合 であって 当 該 障 害 について 省 令 別 表 第 二 上 該 当 する 等 級 ( 準 用 等 級 を 含 む )があり かつ 生 じた 障 害 が 単 一 である ときは その 等 級 により 決 定 するものとする ( 第 10 次 改 正 一 部 ) ( 例 ) 1 側 の 後 頭 葉 視 覚 中 枢 の 損 傷 によって 両 眼 の 反 対 側 の 視 野 欠 損 を 生 ずる が この 場 合 は 視 野 障 害 の 等 級 として 定 められている 第 9 級 第 3 号 により 決 定 する (2) せき 髄 損 傷 により 障 害 を 生 じた 場 合 であって 当 該 障 害 について 省 令 別 表 第 二 上 該 当 する 等 級 ( 準 用 等 級 を 含 む )があり かつ 生 じた 障 害 が 単 一 で 46

19 あるときは その 等 級 により 決 定 するものとする ( 第 10 次 改 正 一 部 ) ( 例 ) 第 4 仙 髄 の 損 傷 のため 軽 度 の 尿 路 障 害 が 生 じた 場 合 は 胸 腹 部 臓 器 の 障 害 の 等 級 として 定 められている 第 11 級 第 10 号 により 決 定 する 47

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

δ

δ Ⅸ 上 肢 ( 上 肢 及 び 手 指 )の 障 害 ( 第 9 次 改 正 全 部 ) 1 障 害 の 等 級 及 び 程 度 (1) 上 肢 ( 上 肢 及 び 手 指 )の 障 害 について 省 令 別 表 第 二 に 定 める 障 害 は 次 のと おりである ( 第 10 次 改 正 一 部 ) ア 上 肢 の 障 害 (ァ) 欠 損 障 害 ( 系 列 区 分 18 21) 第 1 級

More information

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増 上 肢 業 務 に 基 づく 疾 病 の 取 扱 いについて の 実 施 について 平 成 9 年 4 月 1 日 地 基 補 第 104 号 各 支 部 事 務 長 あて 補 償 課 長 第 1 次 改 正 平 成 16 年 4 月 19 日 地 基 補 第 105 号 標 記 の 件 については 下 記 事 項 に 留 意 のうえ その 実 施 に 遺 漏 のないように 取 り 扱 われたい なお

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション めまい 目 次 めまいの 原 因 種 類 めまいの 診 察 ( 問 診 身 体 診 察 検 査 ) 末 梢 性 めまいの 症 例 中 枢 性 めまいの 症 例 まとめ めまいの 原 因 めまい= 頭 か 耳?ではない! 他 にも 低 血 糖 起 立 性 低 血 圧 頚 椎 症 疲 労 やストレスなど 原 因 は 様 々 めまいの 種 類 末 梢 性 めまい( 内 耳 ) 40% 中 枢 性 めまい(

More information

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477>

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477> 静 情 審 第 2 1 号 平 成 26 年 9 月 30 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 付 け 医 疾 第 1330 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 第 4の3 体 幹 機 能 障 害 障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 立 ち 上 ることが 困 難 なもの 3 級 体 幹 の 機 能

More information

Microsoft Word - 本文

Microsoft Word - 本文 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 施 行 細 則 昭 和 四 十 一 年 五 月 十 日 規 則 第 二 十 五 号 改 正 昭 和 四 四 年 九 月 一 六 日 規 則 第 七 五 号 昭 和 四 八 年 三 月 九 日 規 則 第 九 号 昭 和 四 九 年 七 月 三 〇 日 規 則 第 五 四 号 昭 和 五 〇 年 九 月 九 日 規 則 第 五

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

椎 間 板 変 性 膨 隆 加 齢 によるもの or 疾 患 or 事 故 の 衝 撃 によるもの? 黄 色 靭 帯 の 変 性 肥 厚 加 齢 によるもの or 疾 患? * 後 縦 靭 帯 骨 化 症 ( 南 山 堂 医 学 大 事 典 CD-ROMプロメディカ) 本 症 は1960 年 にわが

椎 間 板 変 性 膨 隆 加 齢 によるもの or 疾 患 or 事 故 の 衝 撃 によるもの? 黄 色 靭 帯 の 変 性 肥 厚 加 齢 によるもの or 疾 患? * 後 縦 靭 帯 骨 化 症 ( 南 山 堂 医 学 大 事 典 CD-ROMプロメディカ) 本 症 は1960 年 にわが 交 通 医 療 研 究 会 レジメ テーマ: 脊 柱 管 狭 窄 平 成 18 年 2 月 5 日 山 本 大 助 第 1 脊 柱 管 狭 窄 脊 柱 管 が 先 天 性 ないし 発 育 性 に 狭 小 であったり, 後 天 性 に 狭 小 化 したもので, 種 々の 疾 患 にみられる 病 態 である 腰 椎 部,ついで 頚 椎 部 に 多 く, 前 者 では 間 欠 性 跛 (は) 行 や 根

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

はじめまして

はじめまして きし 整 形 外 科 内 科 痛 みの 外 来 院 長 医 学 博 士 岸 秀 行 茨 城 県 土 浦 市 大 和 町 9-2 ウララ 2-303 電 話 029-825-5200 HP http://www.kishi.or.jp/ 当 院 ではさまざまな 腰 痛 に 対 して 痛 みの 軽 減 を 行 っております 腰 痛 といっても 原 因 はいろいろありますし 治 療 法 も 多 方 面 に

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金 この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 疾 病

More information

08_13分冊_H1

08_13分冊_H1 この 保 険 の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 保 険 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 保 険 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798267826F817A90B696BD8BA48DCF82CC82B28C5F96F18ED2976C82D6816995BD90AC3139944E82538C8E89FC92F982CC82B582A882E88163>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798267826F817A90B696BD8BA48DCF82CC82B28C5F96F18ED2976C82D6816995BD90AC3139944E82538C8E89FC92F982CC82B582A882E88163> 重 要 生 命 共 済 の ご 契 約 者 様 へ ~ 平 成 19 年 4 月 実 施 の 仕 組 改 訂 にかかるご 案 内 ~ < 目 次 > 1. 後 遺 障 害 共 済 金 等 の 支 払 事 由 の 改 訂 ( 重 度 要 介 護 状 態 の 追 加 ) 1 2. 別 表 [ 疾 病 重 度 障 害 状 態 ]の 改 訂 ( 臓 器 移 植 術 の 追 加 等 ) 3 3. 医 療 共

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

第3 肢体不自由

第3 肢体不自由 第 3 肢 体 不 自 由 障 害 程 度 等 級 表 級 別 上 肢 下 肢 体 幹 乳 幼 児 期 以 前 の 非 進 行 性 の 脳 病 変 による 運 動 機 能 障 害 上 肢 機 能 移 動 機 能 1 級 1 両 上 肢 の 機 能 を 全 廃 したもの 2 両 上 肢 を 手 関 節 以 上 で 欠 くもの 1 両 下 肢 の 機 能 を 全 廃 したもの 2 両 下 肢 を 大 腿

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

Microsoft Word - 議事次第

Microsoft Word - 議事次第 平 成 25 年 6 月 28 日 金 10:00~12:00 厚 生 労 働 省 9 階 省 議 室 第 7 回 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 に 関 する 検 討 会 議 事 次 第 1. 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 について 2. その 他 配 付 資 料 資 料 1 特 定 機 能 病 院 及 び

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

特定疾患医療受給者証交付申請書

特定疾患医療受給者証交付申請書 第 1 号 様 式 の1 申 請 種 類 特 定 疾 患 医 療 給 証 交 付 申 請 書 新 規 更 新 医 療 機 関 追 加 転 入 再 登 録 給 生 計 中 心 療 医 療 機 関 ( 給 証 に 記 載 ) 重 要 事 項 フリガナ 氏 名 疾 患 名 給 番 号 ( 新 規 転 入 以 外 ) 生 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 日 生 性 別 職 住 氏 住 業 所 名 所 収

More information

3 介 護 の 基 本 ( 6 時 間 ) 1 介 護 職 の 役 割 専 門 性 と 2 時 間 介 護 環 境 の 特 徴 の 理 解 多 職 種 との 連 携 訪 問 介 護 と 施 設 介 護 サービスの 違 い 地 域 包 括 ケアの 方 向 性 介 護 の 専 門 性 重 度 化 防 止

3 介 護 の 基 本 ( 6 時 間 ) 1 介 護 職 の 役 割 専 門 性 と 2 時 間 介 護 環 境 の 特 徴 の 理 解 多 職 種 との 連 携 訪 問 介 護 と 施 設 介 護 サービスの 違 い 地 域 包 括 ケアの 方 向 性 介 護 の 専 門 性 重 度 化 防 止 介 護 職 員 初 任 者 研 修 カリキュラム 事 業 者 名 野 の 花 会 研 修 センター 研 修 事 業 の 名 称 野 の 花 会 研 修 センター 介 護 職 員 初 任 者 研 修 1 職 務 の 理 解 ( 6 時 間 ) 1 多 様 なサービスの 理 解 3 時 間 介 護 保 険 サービス( 居 宅 施 設 ) 介 護 保 険 外 サービス 2 介 護 職 の 仕 事 内 容

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

販売用自動車保険(人数方式・車両保険なし)のご案内

販売用自動車保険(人数方式・車両保険なし)のご案内 2015 年 10 月 1 日 保 険 始 期 以 降 適 用 販 売 用 自 動 車 保 険 ( 人 数 方 式 車 両 保 険 なし) 特 約 のご 案 内 Ⅰ. 販 売 用 自 動 車 保 険 ( 人 数 方 式 車 両 保 険 なし) 特 約 の 概 要 販 売 用 自 動 車 保 険 特 約 は 貴 社 が 販 売 の 目 的 をもって 輸 送 または 管 理 する 自 動 車 ( 販 売

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 (H 普 通 約 款 目 次 2. 金 の 支 第 2 条 金 の 支 第 3 条 金 の 支 に 関 する 補 則 第 4 条 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 金 支 方 法 の 選 択 第 6 条 金 の 請 求 支 期 および 支 場 所 3. 当 会 社 の 責 任 開 始

More information

36program

36program 介 助 犬 とは 肢 体 不 自 由 者 に 落 としたものを 拾 って 渡 す, 手 が 届 かないものを 持 って 来 る 等 の 動 作 を 行 なうよう 訓 練 され 自 立 と 社 会 参 加 促 進 をする 生 きた 補 装 具 である. 将 来 介 助 犬 使 用 者 になり 得 る 生 徒 がいる 特 別 支 援 学 校 の 教 師 に 介 助 犬 についての 理 解 度 を 調 査

More information

遺 伝 の は な し 1

遺 伝 の は な し 1 Ⅰ.てんかん てんかん はいろいろな 原 因 で 繰 り 返 しておこる 痙 攣 発 作 を 伴 う 慢 性 の 脳 疾 患 です 極 端 に 言 えば 症 状 であり 複 数 の 疾 患 が 含 まれているといえます 一 般 人 口 の 1~1.5%にあり 痙 攣 発 作 を 伴 わない 脳 波 異 常 だけもふくめると 約 5%といわれます 1. 痙 攣 発 作 の 分 類 2. 原 因 : 1)

More information

現 代 痛 み 医 療 の 問 題 点 高 い 発 症 率 再 発 率 慢 性 化 率 人 生 の 質 の 低 下 と 経 済 的 負 担 筋 筋 膜 性 疼 痛 症 候 群 の 概 念 が 知 られていない 栄 養 素 の 過 不 足 の 影 響 が 軽 視 されている 新 陳 代 謝 及 び 内

現 代 痛 み 医 療 の 問 題 点 高 い 発 症 率 再 発 率 慢 性 化 率 人 生 の 質 の 低 下 と 経 済 的 負 担 筋 筋 膜 性 疼 痛 症 候 群 の 概 念 が 知 られていない 栄 養 素 の 過 不 足 の 影 響 が 軽 視 されている 新 陳 代 謝 及 び 内 筋 筋 膜 性 疼 痛 症 候 群 と 分 子 整 合 栄 養 学 のセミナー ( 第 Ⅰ 部 ) 筋 筋 膜 性 疼 痛 症 候 群 と 分 子 整 合 栄 養 学 の 重 要 性 トリガーポイント 研 究 所 佐 藤 恒 士 2013.01.14 サンピアン 川 崎 現 代 痛 み 医 療 の 問 題 点 高 い 発 症 率 再 発 率 慢 性 化 率 人 生 の 質 の 低 下 と 経 済 的

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

<5461726F2D91E68253816995E28F9E90BF8B8182C98AD682B782E98E9696B1>

<5461726F2D91E68253816995E28F9E90BF8B8182C98AD682B782E98E9696B1> 第 4 補 償 請 求 に 関 する 事 務 - 67 - Memo - 68 - 1 災 害 補 償 内 容 基 金 が 実 施 する 給 付 は 使 用 者 として 法 的 義 務 として 行 われる 補 償 とそれによっては 充 足 しきれない 領 域 を 使 用 者 立 場 でいわば 補 償 付 加 的 給 付 として 行 う 福 祉 事 業 とがあります (1) 補 償 種 類 基 金 が

More information

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護 日 常 生 活 給 付 品 目 一 覧 表 種 目 品 目 対 象 者 障 害 の 種 別 及 び 程 度 対 象 年 齢 ( 原 則 ) 性 能 等 基 準 額 ( 円 ) 耐 年 数 等 介 護 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 寝 たきりの 状 態 にある 難 病 患 者 等 腕 脚 等 の 訓 練 ができる 器 を 備 え 原 則

More information

千葉県身体障害認定基準

千葉県身体障害認定基準 障 害 程 度 等 級 表 第 3 肢 体 不 自 由 - 47 - 第 3 肢 体 不 自 由 1. 総 括 的 解 説 (1) 肢 体 不 自 由 は 機 能 の 障 害 の 程 度 をもって 判 定 するものであるが 動 作 活 動 能 力 が 低 下 していることのみをもって 身 体 障 害 者 として 認 定 することはせず 原 因 疾 病 病 態 年 齢 などを 考 慮 したうえで 認

More information

10分冊_表紙1

10分冊_表紙1 この の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 一 時 払 積 立 保 険 条 項 目 次 第 1 条 満 期 保 険 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 第 2 条 満 期 保 険 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 免 責

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63> 公 開 用 医 療 関 連 サービスマーク 制 度 調 査 内 容 ( 患 者 搬 送 業 務 ) 一 般 財 団 法 人 医 療 関 連 サービス 振 興 会 1. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 及 び 実 地 調 査 時 の 確 認 書 類 等 P 2 2. 調 査 内 容 P 3~P8 Ⅰ. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 1. 医 療 関 連 サービスマーク 認 定 申 請

More information

伊勢崎市障害者社会参加促進事業実施要綱

伊勢崎市障害者社会参加促進事業実施要綱 別 表 第 1 日 常 生 活 給 付 事 業 重 度 障 害 者 の 日 常 生 活 の 種 目 等 区 分 種 目 対 象 者 性 能 耐 年 数 介 護 訓 練 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 ( 寝 返 りや 起 き 上 がりが 困 難 な 者 に 限 る ) 特 殊 マ ッ ト 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 1 級

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

11 切 断 又 は 離 断 変 形 麻 痺 11 切 離 断 部 位 手 関 節 前 腕 肘 関 節 上 腕 肩 関 節 左 リスフラン 関 節 部 位 左 ショパール 関 節 足 関 節 下 腿 膝 関 節 大 腿 股 関 節 左 左 手 ( 足 ) 関 節 手 ( 足 ) 指 の 切 離 断

11 切 断 又 は 離 断 変 形 麻 痺 11 切 離 断 部 位 手 関 節 前 腕 肘 関 節 上 腕 肩 関 節 左 リスフラン 関 節 部 位 左 ショパール 関 節 足 関 節 下 腿 膝 関 節 大 腿 股 関 節 左 左 手 ( 足 ) 関 節 手 ( 足 ) 指 の 切 離 断 診 断 書 ( 肢 体 の 障 害 用 )[ 様 式 第 120 号 の3] 新 旧 対 照 表 ( 傍 線 部 分 は 改 訂 部 分 ) ( 表 面 ) (フリガナ) 氏 名 改 訂 案 現 行 ( 表 面 ) (フリガナ) 氏 名 昭 和 生 年 月 日 平 成 年 月 日 生 ( 歳 ) 性 別 男 女 昭 和 平 成 年 月 日 生 ( 歳 ) 男 女 住 所 住 所 地 の 郵 便 番

More information

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

手引き 前編

手引き 前編 診 断 書 意 見 書 1 診 断 書 の 作 成 について 身 体 障 害 者 障 害 程 度 等 級 表 においては 肢 体 不 自 由 を 上 肢 下 肢 体 幹 及 び 乳 幼 児 期 以 前 の 非 進 行 性 の 脳 病 変 による 運 動 機 能 障 害 に 区 分 している したがって 肢 体 不 自 由 診 断 書 の 作 成 に 当 たっては これを 念 頭 に 置 き それぞれの

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

2 熟 眠 障 害 睡 眠 時 間 は 十 分 なのに 朝 になって 疲 労 が 抜 けていなかったり 熟 睡 した 感 じがない 場 合 熟 眠 障 害 の 可 能 性 があります 熟 眠 障 害 とは 睡 眠 時 間 は 普 通 ですが 通 常 の 睡 眠 に 比 べ 眠 りが 浅 いことによっ

2 熟 眠 障 害 睡 眠 時 間 は 十 分 なのに 朝 になって 疲 労 が 抜 けていなかったり 熟 睡 した 感 じがない 場 合 熟 眠 障 害 の 可 能 性 があります 熟 眠 障 害 とは 睡 眠 時 間 は 普 通 ですが 通 常 の 睡 眠 に 比 べ 眠 りが 浅 いことによっ 睡 眠 障 害 とは 睡 眠 障 害 ( 不 眠 症 )は 現 在 成 人 の 約 20%で 認 められる 状 態 であり 夜 間 の 不 眠 ( 寝 つきが 悪 い 夜 中 に 眼 が 覚 める)により 日 中 の 眠 気 及 び 集 中 力 低 下 などの 精 神 運 動 機 能 の 障 害 を 生 じる 状 態 です 単 に 不 眠 を 認 める 状 態 であっても その 種 類 や 原 因

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63> 舟 状 骨 骨 折 の 一 症 例 ~ 肘 関 節 固 定 は 必 要 か?~ まつしま 整 骨 院 松 島 周 平 (はじめに) 舟 状 骨 骨 折 は 手 根 骨 骨 折 のなかで 最 も 発 生 頻 度 が 高 く 全 骨 折 の 75%を 占 める 我 々 柔 道 整 復 師 の 日 常 診 療 においても 遭 遇 しやすい 骨 折 の 一 つである 初 診 時 診 断 を 誤 れば 診 断

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

変 形 性 腰 痛 症 ある 程 度 の 年 齢 になった 人 が 腰 痛 になった 場 合 には このように 診 断 されることが 多 い 年 をとると 椎 間 板 の 水 分 が 少 なくなって クッションとしての 役 割 が 損 なわれるため 椎 体 にトゲのような 骨 ( 骨 棘 )ができ

変 形 性 腰 痛 症 ある 程 度 の 年 齢 になった 人 が 腰 痛 になった 場 合 には このように 診 断 されることが 多 い 年 をとると 椎 間 板 の 水 分 が 少 なくなって クッションとしての 役 割 が 損 なわれるため 椎 体 にトゲのような 骨 ( 骨 棘 )ができ 腰 痛 症 腰 痛 を 訴 える 患 者 のうち 最 も 多 い 症 例 病 院 で 検 査 をしてもなんら 原 因 らしきものが 見 当 たらない 場 合 につけられる 診 断 名 がこ の 腰 痛 症 である 医 師 の 間 でも 病 名 のくずかご と 呼 ばれ あま り 重 要 視 されてい ない 腰 痛 症 だと 診 断 されなくとも 椎 骨 が 椎 間 板 を 圧 迫 しているとか 椎

More information

整備受託自動車保険(人数方式)のご案内

整備受託自動車保険(人数方式)のご案内 2015 年 10 月 1 日 保 険 始 期 以 降 適 用 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 のご 案 内 Ⅰ. 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 の 概 要 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 は 貴 社 の 整 備 工 場 においてお 客 さまから

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

Microsoft PowerPoint - (中止バージョン)HPVリーフレット (2)

Microsoft PowerPoint - (中止バージョン)HPVリーフレット (2) 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 を 受 ける 皆 さまへ 資 料 4 けい 現 在 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 を 積 極 的 にはお 勧 めしていません 接 種 に 当 たっては 有 効 性 と リスク を 理 解 した 上 で 受 けてください 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 有 効 性 とリスクについて お 知 らせします ワクチンの 接 種 は その 有

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 死 亡 後 遺 障 害 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送 車

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

地域ケアネットワーク事業

地域ケアネットワーク事業 飛 鳥 晴 山 苑 地 域 包 括 支 援 センター 包 括 的 継 続 的 ケアマネジメント 事 業 地 域 ケアネットワーク 事 業 在 宅 医 療 を 支 援 しよう! 在 宅 医 療 基 本 のき 2011 年 1 月 14 日 祐 ホームクリニック 在 宅 医 療 連 携 室 室 長 高 橋 由 利 子 1 自 己 紹 介 虎 の 門 病 院 勤 務 2010 年 3 月 慶 應 義 塾

More information

身体障害者日常生活用具要綱(1 6.4.1)

身体障害者日常生活用具要綱(1 6.4.1) 介 護 訓 練 用 自 立 生 活 用 種 目 対 象 者 性 能 基 準 額 特 殊 寝 台 特 殊 マット 特 殊 尿 器 体 位 変 換 器 移 動 用 リフ ト 訓 練 いす 入 浴 補 助 用 以 上 者 で 原 則 として 学 校 教 育 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 26 号 ) 第 18 条 に 規 定 する 学 齢 児 童 ( 以 下 学 齢 児 と い う ) 以 上 も

More information