手引き 前編

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "手引き 前編"

Transcription

1 診 断 書 意 見 書 1 診 断 書 の 作 成 について 身 体 障 害 者 障 害 程 度 等 級 表 においては 肢 体 不 自 由 を 上 肢 下 肢 体 幹 及 び 乳 幼 児 期 以 前 の 非 進 行 性 の 脳 病 変 による 運 動 機 能 障 害 に 区 分 している したがって 肢 体 不 自 由 診 断 書 の 作 成 に 当 たっては これを 念 頭 に 置 き それぞれの 障 害 程 度 を 認 定 するために 必 要 な 事 項 を 記 載 する 併 せて 障 害 程 度 の 認 定 に 関 する 意 見 を 付 す (1) 総 括 表 について ア 障 害 名 について ここにいう 障 害 名 とは あることにより 生 じた 結 果 としての 四 肢 体 幹 の 障 害 を 指 すもの で 機 能 欠 損 の 状 態 あるいは 目 的 動 作 能 力 の 障 害 について 記 載 する 即 ち ディスファ ンクション 又 はインペアメントの 状 態 をその 障 害 部 位 とともに 明 記 することで 例 を 挙 げ ると 1 上 肢 機 能 障 害 ( 右 手 関 節 強 直 左 肩 関 節 機 能 全 廃 ) 2 下 肢 機 能 障 害 ( 左 下 肢 短 縮 右 膝 関 節 著 障 ) 3 体 幹 運 動 機 能 障 害 ( 下 半 身 麻 痺 ) 4 脳 原 性 運 動 機 能 障 害 ( 上 下 肢 不 随 意 運 動 ) 等 の 書 き 方 が 標 準 的 である イ 原 因 となった 疾 病 外 傷 名 について 病 名 がわかっているものについてはできるだけ 明 確 に 記 載 することが 望 ましい 即 ち 前 項 の 障 害 をきたした 原 因 の 病 名 ( 足 部 骨 腫 瘍 脊 椎 損 傷 脳 性 麻 痺 脳 血 管 障 害 等 )を 記 載 することである 例 えば 右 手 関 節 強 直 の 原 因 として 慢 性 関 節 リウマチ と 記 載 し 体 幹 運 動 機 能 障 害 であれば 強 直 性 脊 髄 炎 であるとか 脊 椎 側 弯 症 と 記 載 する さら に 疾 病 外 傷 の 直 接 原 因 については 右 端 に 列 挙 してある 字 句 の 中 で 該 当 するものを 印 で 囲 み 該 当 するものがない 場 合 にはその 他 の 欄 に 直 接 記 載 する 例 えば 脊 髄 性 小 児 麻 痺 であれば 疾 病 に 印 を 脊 髄 腫 瘍 の 場 合 にはさらにその 他 に 印 をした 上 で ( ) 内 に は 肺 癌 転 移 と 記 載 する なお その 他 の 事 故 の 意 味 するものは 自 殺 企 図 原 因 不 明 の 頭 部 外 傷 猟 銃 暴 発 等 外 傷 の 原 因 に 該 当 する 字 句 のない 場 合 を 指 すものであり ( ) 内 記 載 のものとは 区 別 する ウ 参 考 となる 経 過 現 症 について 初 発 症 状 から 症 状 固 定 に 至 るまでの 治 療 の 内 容 を 簡 略 に 記 載 し 機 能 回 復 訓 練 の 終 了 日 をもって 症 状 の 固 定 とする ただし 切 断 のごとく 欠 損 部 位 によって 判 定 の 下 されるもの については 再 手 術 が 見 込 まれない 段 階 に 至 った 時 点 で 診 断 してよい 現 症 については 別 様 式 診 断 書 肢 体 不 自 由 の 状 況 及 び 所 見 等 の 所 見 欄 に 記 載 された 内 容 を 摘 記 する エ 総 合 所 見 について 傷 病 の 経 過 及 び 現 症 の 結 果 としての 障 害 の 状 態 特 に 目 的 動 作 能 力 の 障 害 を 記 載 する 例 : 上 肢 運 動 能 力 移 動 能 力 座 位 起 立 位 等 なお 成 長 期 の 障 害 進 行 性 病 変 に 基 づく 障 害 手 術 等 により 障 害 程 度 に 変 化 の 予 測 さ れる 場 合 は 将 来 再 認 定 の 時 期 等 を 記 載 する オ その 他 参 考 となる 合 併 症 状 について 他 に 障 害 認 定 上 参 考 となる 症 状 のある 場 合 に 記 載 する (2) 肢 体 不 自 由 の 状 況 及 び 所 見 について ア 乳 幼 児 期 以 前 に 発 現 した 脳 原 性 運 動 機 能 障 害 については 専 用 の 別 様 式 診 断 書 脳 原 性 運 動 機 能 障 害 用 を 用 いることとし その 他 の 上 肢 下 肢 体 幹 の 障 害 については 別 様 式 診 断 書 肢 体 不 自 由 の 状 況 及 び 所 見 を 用 いる ただし 痙 性 麻 痺 については 筋 力 テ ストを 課 すのは 必 要 最 少 限 にすること イ 障 害 認 定 に 当 たっては 目 的 動 作 能 力 に 併 せ 関 節 可 動 域 筋 力 テストの 所 見 を 重 視 して いるので その 双 方 についての 診 断 に 遺 漏 のないよう 記 載 すること ウ 関 節 可 動 域 の 表 示 並 びに 測 定 方 法 は 日 本 整 形 外 科 学 会 身 体 障 害 委 員 会 及 び 日 本 リハビ リテーション 医 学 会 評 価 基 準 委 員 会 において 示 された 関 節 可 動 域 表 示 並 びに 測 定 法 に より 行 うものとする エ 筋 力 テストは 徒 手 による 筋 力 検 査 によって 行 うものであるが 評 価 は 次 の 内 容 で 区 分 す る 自 分 の 体 部 分 の 重 さに 抗 し 得 ないが それを 排 するような

2 体 位 では 自 動 可 能 な 場 合 ( 著 減 ) 又 はいかなる 体 位 でも 関 節 の 自 動 が 不 能 な 場 合 ( 消 失 ) 検 者 の 加 える 抵 抗 には 抗 し 得 ないが 自 分 の 体 部 分 の 重 さ に 抗 して 自 動 可 能 な 場 合 ( 半 減 ) 検 者 の 手 で 加 える 十 分 な 抵 抗 を 排 して 自 動 可 能 な 場 合 ( 正 常 ) 又 は 検 者 の 手 を 置 いた 程 度 の 抵 抗 を 排 して 自 動 可 能 な 場 合 (やや 減 ) オ 脳 原 性 運 動 機 能 障 害 用 については 上 肢 機 能 障 害 と 移 動 機 能 障 害 の 双 方 につき 一 定 の 方 法 により 検 査 を 行 うこととされているが 被 検 者 は 各 動 作 について 未 経 験 のことがあるの で テストの 方 法 を 事 前 に 教 示 し 試 行 を 経 たうえで 本 検 査 を 行 うこととする

3 別 記 第 4 号 様 式 ( 第 7 条 関 係 ) 身 体 障 害 者 診 断 書 意 見 書 総 括 表 ( 障 害 用 ) 氏 名 年 月 日 生 男 女 住 所 1 障 害 名 ( 部 位 を 明 記 ) 原 因 となった 2 交 通 事 故 労 災 事 故 その 他 の 事 故 戦 傷 疾 病 外 傷 名 疾 病 先 天 性 その 他 ( ) 3 疾 病 外 傷 発 生 年 月 日 年 月 日 場 所 4 参 考 となる 経 過 現 症 (エックス 線 写 真 及 び 検 査 所 見 を 含 む ) 5 総 合 所 見 障 害 固 定 又 は 障 害 確 定 ( 推 定 ) 年 月 日 6その 他 参 考 となる 合 併 症 状 [ 将 来 再 認 定 要 不 要 ] ( 再 認 定 の 時 期 年 月 ) 上 記 のとおり 診 断 する 併 せて 次 の 意 見 を 付 す 年 月 日 病 院 又 は 診 療 所 の 名 称 所 在 地 診 療 担 当 科 名 科 医 師 氏 名 印 身 体 障 害 者 福 祉 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 283 号 ) 第 15 条 第 3 項 の 意 見 ( 障 害 程 度 等 級 についても 参 考 意 見 を 記 入 ) 等 級 表 による 個 別 等 級 部 位 等 級 項 目 障 害 の 程 度 は 身 体 障 害 者 福 祉 法 別 表 に 掲 げる 障 害 に 上 肢 該 当 する ( 級 相 当 ) 下 肢 該 当 しない 体 幹 注 意 1 障 害 名 には 現 在 起 こっている 障 害 例 えば 両 眼 失 明 両 耳 ろう 右 上 下 肢 麻 痺 心 臓 機 能 障 害 等 を 記 入 し 原 因 となった 疾 病 には 角 膜 混 濁 先 天 性 難 聴 脳 卒 中 僧 帽 弁 膜 狭 窄 等 原 因 となった 疾 患 名 を 記 入 してください 2 歯 科 矯 正 治 療 等 の 適 応 の 判 断 を 要 する 症 例 については 歯 科 医 師 による 診 断 書 及 び 意 見 書 を 添 付 してください 3 障 害 区 分 や 等 級 決 定 のため 北 海 道 社 会 福 祉 審 議 会 から 改 めて 次 ページ 以 降 の 部 分 につい てお 問 い 合 わせする 場 合 があります

4 肢 体 不 自 由 の 状 況 及 び 所 見 1 神 経 学 的 所 見 その 他 の 機 能 障 害 ( 形 態 異 常 )の 所 見 ( 該 当 するものを 印 で 囲 み 下 記 空 欄 に 追 加 所 見 記 入 ) (1) 感 覚 障 害 ( 下 記 に 図 示 すること ) :なし 感 覚 脱 失 感 覚 鈍 麻 異 常 感 覚 (2) 運 動 障 害 ( 下 記 に 図 示 すること ) :なし 弛 緩 性 麻 痺 痙 性 麻 痺 固 縮 不 随 意 運 動 しんせん 運 動 失 調 その 他 (3) 起 因 部 位 : 脳 脊 髄 末 梢 神 経 筋 肉 骨 関 節 その 他 (4) 排 尿 排 便 機 能 障 害 :なし あり (5) 形 態 異 常 :なし あり 参 考 図 示 右 上 肢 長 センチメートル 下 肢 長 センチメートル 上 腕 周 径 センチメートル 前 腕 周 径 センチメートル 大 腿 周 径 センチメートル 下 腿 周 径 センチメートル 握 力 キログラム 左 計 測 法 : 上 肢 長 : 肩 峰 橈 骨 茎 状 突 起 前 腕 周 径 : 最 大 周 径 下 肢 長 : 上 前 腸 骨 棘 ( 脛 骨 ) 内 果 大 腿 周 径 : 膝 蓋 骨 上 縁 上 10センチメートルの 周 径 ( 小 児 等 の 場 合 は 別 記 ) 上 腕 周 径 : 最 大 周 径 下 腿 周 径 : 最 大 周 径 上 肢 の 状 態, 歩 行 能 力 及 び 起 立 位 の 状 況 ( 補 装 具 を 使 用 しない 状 況 で 該 当 するものを で 囲 む) (1) 上 肢 で 下 げられる 重 さ 右 : 正 常 (10kg 5kg) 以 内 可 能 不 能 左 : 正 常 (10kg 5kg) 以 内 可 能 不 能 (2) 歩 行 できる 距 離 正 常 (2km 1km 100m) 以 上 困 難 不 能 (3) 起 立 位 保 持 正 常 (1 時 間 30 分 間 10 分 ) 以 上 困 難 不 能 (4) 座 位 の 耐 久 性 正 常 10 分 を 超 えて 可 能 10 分 以 上 困 難 不 能 脳 血 管 障 害 の 場 合 にはブルンストロームステージを 記 載 してください 右 : 上 肢 ( ) 手 指 ( ) 下 肢 ( ) 左 : 上 肢 ( ) 手 指 ( ) 下 肢 ( )

5 2 動 作 活 動 自 立 半 介 助 全 介 助 又 は 不 能 ( )の 中 のものを 使 うときは それに 印 を 付 け ること 寝 返 りする 足 を 投 げ 出 して 座 る いすに 腰 掛 ける( 背 もたれ) 立 ち 上 がる( 手 すり 壁 つえ 松 葉 づえ 義 肢 装 具 ) 片 脚 立 位 右 左 家 の 中 の 移 動 ( 手 すり 壁 つえ 松 葉 づえ 義 肢 装 具 車 いす) 二 階 まで 階 段 を 上 って 下 りる( 手 すり 壁 つえ 松 葉 づえ) (はしで) 食 事 をする(スプーン 自 助 具 ) 右 左 コップで 水 を 飲 む 右 左 シャツを 着 て 脱 ぐ ズボンをはいて 脱 ぐ( 自 助 具 ) 顔 を 洗 いタオルで 拭 く タオルを 絞 る 歯 ブラシで 歯 を 磨 く( 自 助 具 ) 右 左 背 中 を 洗 う( 自 助 具 ) 洋 式 便 器 に 座 る 排 せつの 後 始 末 をする 屋 外 を 移 動 する( 家 の 周 辺 程 度 )(つえ 松 葉 づえ 歩 行 器 車 いす) 公 共 の 乗 り 物 を 利 用 する 注 身 体 障 害 者 福 祉 法 の 等 級 は 機 能 障 害 (impairment)のレベルで 認 定 されますので ( )の 中 に が 付 いている 場 合 原 則 として 自 立 していないという 解 釈 になります

6 3 関 節 可 動 域 (ROM)と 筋 力 テスト(MMT)(この 表 は 必 要 な 部 分 を 記 入 すること ) 筋 力 テスト( ) 関 節 可 動 域 筋 力 テスト( ) 関 節 可 動 域 筋 力 テスト( ) ( ) 前 屈 後 屈 ( ) ( ) 前 屈 後 屈 ( ) 右 頸 ( 体 ) 左 屈 幹 ( ) 左 屈 右 屈 ( ) 右 屈 ( ) 左 伸 展 ( ) ( ) 外 転 内 転 ( ) ( ) 外 旋 内 旋 ( ) 伸 展 ( ) ( ) 回 外 回 内 ( ) ( ) 掌 屈 背 屈 ( ) 母 伸 展 ( ) 示 伸 展 ( ) 中 伸 展 ( ) 環 伸 展 ( ) 小 伸 展 ( ) 母 伸 展 ( ) 示 伸 展 ( ) 中 伸 展 ( ) 環 伸 展 ( ) 小 伸 展 ( ) 母 ( ) 伸 展 肩 ( ) 内 転 外 転 ( ) ( ) 内 旋 外 旋 ( ) 肘 ( ) 伸 展 前 腕 ( ) 回 内 回 外 ( ) 手 ( ) 背 屈 掌 屈 ( ) 中 手 ( ) 伸 展 母 指 ( 節 ) 伸 展 示 (( ) 伸 展 中 M P ( ) 伸 展 環 )( ) 伸 展 小 近 位 ( ) 伸 展 母 指 節 ( ) 伸 展 示 (( ) 伸 展 中 P I( ) 伸 展 環 P ( ) ) 伸 展 小 伸 展 ( ) ( ) 伸 展 股 ( ) 外 転 内 転 ( ) ( ) 内 転 外 転 ( ) ( ) 外 旋 内 旋 ( ) ( ) 内 旋 外 旋 ( ) 膝 伸 展 ( ) ( ) 伸 展 足 ( ) 底 屈 背 屈 ( ) ( ) 背 屈 底 屈 ( ) 備 考 注 意 1 関 節 可 動 域 は 他 動 可 動 域 を 原 則 とする 2 関 節 可 動 域 は 基 本 肢 位 を0 度 とする 日 本 整 形 外 科 学 会 日 本 リハビリテーション 医 学 会 の 指 定 する 表 示 法 とする 3 関 節 可 動 域 の 図 示 は のように 両 端 に 太 線 を 引 き その 間 を 矢 印 で 結 ぶ 強 直 の 場 合 については 強 直 肢 位 に( )を 引 く 4 筋 力 については 表 ( ) 内 に 印 を 記 入 する ( た だ し 関 節 機 能 障 害 の 場 合 筋 力 ( M M T ) に つ い て は 0 ~ 5 の 6 段 階 で 記 入 す る ) : 著 減 以 下 MMT=0,1 いかなる 体 位 でも 関 節 の 自 動 運 動 が 不 能 な 場 合 著 減 MMT=2 自 分 の 体 部 分 の 重 さに 抗 し 得 ないがそれを 排 するような 体 位 での 自 動 運 動 が 可 能 な 場 合 : 半 減 MMT=3 検 者 の 加 える 抵 抗 に 抗 し 得 ないが 自 分 の 体 部 分 の 重 さに 抗 して 自 動 運 動 が 可 能 な 場 合 :や や 減 MMT=4 検 者 の 手 を 置 いた 程 度 の 抵 抗 を 排 して 自 動 運 動 が 可 能 な 場 合 正 常 MMT=5 検 者 の 加 える 十 分 な 抵 抗 を 排 して 自 動 運 動 可 能 な 場 合 5 (PIP)の 項 母 指 は(IP) 関 節 を 指 す 6 DIPその 他 手 指 の 対 立 内 外 転 等 の 表 示 は 必 要 に 応 じ 備 考 欄 を 用 いる 7 図 中 塗 りつぶした 部 分 は 参 考 的 正 常 範 囲 外 の 部 分 で 反 張 膝 等 の 異 常 可 動 はこの 部 分 にはみ 出 し 記 入 となる 例 示 ( ) 伸 展 屈 曲 ( )

7 脳 原 性 運 動 機 能 障 害 用 1 上 肢 機 能 障 害 (1) 両 上 肢 機 能 障 害 (ひも 結 びテスト 結 果 ) ( 該 当 するものを 印 で 囲 むこと ) 1 度 目 の1 分 間 本 2 度 目 の1 分 間 本 3 度 目 の1 分 間 本 4 度 目 の1 分 間 本 5 度 目 の1 分 間 本 計 本 (2) 一 上 肢 機 能 障 害 (5 動 作 の 能 力 テスト 結 果 ) ア 封 筒 をはさみで 切 る 時 に 固 定 する ( 可 能 不 可 能 ) イ 財 布 からコインを 出 す ( 可 能 不 可 能 ) ウ 傘 を 差 す ( 可 能 不 可 能 ) エ 健 側 のつめを 切 る ( 可 能 不 可 能 ) オ 健 側 のそで 口 のボタンを 留 める ( 可 能 不 可 能 ) 2 移 動 機 能 障 害 ( 下 肢 体 幹 機 能 評 価 結 果 ) ア 伝 い 歩 きをする ( 可 能 不 可 能 ) イ 支 持 なしで 立 位 を 保 持 し その 後 10メートル 歩 行 する ( 可 能 不 可 能 ) ウ いすから 立 ち 上 がり10メートル 歩 行 し ( 可 能 不 可 能 ) 再 びいすに 座 る 秒 エ 50センチメートル 幅 の 範 囲 内 を 直 線 歩 行 する ( 可 能 不 可 能 ) オ 足 を 開 き しゃがみ 込 んで 再 び 立 ち 上 がる ( 可 能 不 可 能 ) ( 注 意 )この 様 式 は 脳 性 麻 痺 ひ 痺 及 び 乳 幼 児 期 に 発 現 した 障 害 によって 脳 性 麻 痺 と 類 の 症 状 を 呈 する 者 で 肢 体 不 自 由 一 般 の 測 定 方 法 を 用 いることが 著 しく 不 利 な 場 合 に 適 用 する ( 備 考 ) 上 肢 機 能 テストの 具 体 的 方 法 (1) ひも 結 びテスト 事 務 用 とじひも(おおむね43センチメートル 規 格 のもの)を 使 用 する ア とじひもを 机 の 上 被 験 者 前 方 に 図 のように 置 き 並 べる

8 イ 被 験 者 は 手 前 のひもから 順 にひもの 両 端 をつ まんで 軽 くひと 結 びする 注 1 上 肢 を 体 や 机 に 押 し 付 けて 固 定 してはい けない 2 手 を 机 上 に 浮 かして 結 ぶこと ウ 結 び 目 の 位 置 は 問 わない エ ひもが 落 ちたり 位 置 から 外 れたときは 検 査 担 当 者 が 戻 す オ カ ひもは 検 査 担 当 者 が 随 時 補 充 する 連 続 して5 分 間 行 っても 休 み 時 間 を 置 いて5 回 行 ってもよい (2) 5 動 作 の 能 力 テスト ア 封 筒 をはさみで 切 るときに 固 定 する 患 手 で 封 筒 をテーブル 上 に 固 定 し 健 手 ではさみを 用 い 封 筒 を 切 る 患 手 を 健 手 で 持 って 封 筒 の 上 に 乗 せてもよい 封 筒 の 切 る 部 分 をテーブルの 端 から 出 しても よい はさみはどのようなものを 用 いてもよい イ 財 布 からコインを 出 す 財 布 を 患 手 で 持 ち 空 中 に 支 え(テーブル 面 上 ではなく) 健 手 でコインを 出 す ジッパー を 開 けて 閉 めることを 含 む ウ 傘 を 差 す 開 いている 傘 を 空 中 で 支 え 10 秒 間 以 上 まっすぐ 支 えている 立 位 でなく 座 位 のままでよい 肩 に 担 いではいけない エ 健 側 のつめを 切 る 大 きめのつめ 切 り( 約 10センチメートル)で 特 別 の 細 工 のないものを 患 手 で 持 って 行 う オ 健 側 のそで 口 のボタンを 留 める のりの 効 いていないワイシャツを 健 肢 にそでだけ 通 し 患 手 でそで 口 のボタンを 掛 ける 女 性 の 被 験 者 の 場 合 も 男 性 用 ワイシャツを 用 いる

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 第 4の3 体 幹 機 能 障 害 障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 立 ち 上 ることが 困 難 なもの 3 級 体 幹 の 機 能

More information

手引き 前編

手引き 前編 肢 体 不 自 由 (1) 上 肢 不 自 由 (2) 下 肢 不 自 由 (3) 体 幹 不 自 由 (4) 脳 原 性 運 動 機 能 障 害 上 肢 機 能 障 害 移 動 機 能 障 害 - 57 - - 58 - (1) 上 肢 不 自 由 身 障 者 福 祉 法 ( 別 表 ) 身 障 者 福 祉 法 施 行 規 則 別 表 身 体 障 害 認 定 基 準 ( 個 別 事 項 ) 身 体

More information

11 切 断 又 は 離 断 変 形 麻 痺 11 切 離 断 部 位 手 関 節 前 腕 肘 関 節 上 腕 肩 関 節 左 リスフラン 関 節 部 位 左 ショパール 関 節 足 関 節 下 腿 膝 関 節 大 腿 股 関 節 左 左 手 ( 足 ) 関 節 手 ( 足 ) 指 の 切 離 断

11 切 断 又 は 離 断 変 形 麻 痺 11 切 離 断 部 位 手 関 節 前 腕 肘 関 節 上 腕 肩 関 節 左 リスフラン 関 節 部 位 左 ショパール 関 節 足 関 節 下 腿 膝 関 節 大 腿 股 関 節 左 左 手 ( 足 ) 関 節 手 ( 足 ) 指 の 切 離 断 診 断 書 ( 肢 体 の 障 害 用 )[ 様 式 第 120 号 の3] 新 旧 対 照 表 ( 傍 線 部 分 は 改 訂 部 分 ) ( 表 面 ) (フリガナ) 氏 名 改 訂 案 現 行 ( 表 面 ) (フリガナ) 氏 名 昭 和 生 年 月 日 平 成 年 月 日 生 ( 歳 ) 性 別 男 女 昭 和 平 成 年 月 日 生 ( 歳 ) 男 女 住 所 住 所 地 の 郵 便 番

More information

級 別 4 級 5 級 6 級 7 級 肢 体 不 自 由 上 肢 下 肢 体 幹 7 おや 指 又 はひと さし 指 を 含 めて 一 上 肢 の 三 指 の 機 能 を 全 廃 した 8 おや 指 又 はひと さし 指 を 含 めて 一 上 肢 の 四 指 の 機 能 の 著 しい 障 害 1

級 別 4 級 5 級 6 級 7 級 肢 体 不 自 由 上 肢 下 肢 体 幹 7 おや 指 又 はひと さし 指 を 含 めて 一 上 肢 の 三 指 の 機 能 を 全 廃 した 8 おや 指 又 はひと さし 指 を 含 めて 一 上 肢 の 四 指 の 機 能 の 著 しい 障 害 1 級 別 1 級 2 級 3 級 4 級 障 害 程 度 等 級 表 肢 体 不 自 由 上 肢 下 肢 体 幹 1 両 上 肢 の 機 能 を 全 廃 した 2 両 上 肢 を 手 関 節 以 上 で 欠 く 1 両 上 肢 の 機 能 の 著 しい 障 害 2 両 上 肢 のすべて の 指 を 欠 く 3 一 上 肢 を 上 腕 の 2 分 の 1 以 上 で 欠 く 4 一 上 肢 の 機 能

More information

Microsoft Word - 04shitaifujiyu

Microsoft Word - 04shitaifujiyu 肢 体 不 自 由 障 害 程 度 等 級 表 肢 体 不 自 由 ( 上 肢 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 両 上 肢 の 機 能 を 全 廃 したもの 2 両 上 肢 を 手 関 節 以 上 で 欠 くもの 1 両 上 肢 の 機 能 の 著 しい 障 害 2 両 上 肢 の 全 ての 指 を 欠 くもの 3 一 上 肢 を 上 腕 の 2 分 の 1 以 上

More information

<4D F736F F D CC8FE18A518ED F918DEC90AC82CC8EE888F882AB816995BD90AC E82538C8E A81798FAC92B089FC90B3817A2E646F6378>

<4D F736F F D CC8FE18A518ED F918DEC90AC82CC8EE888F882AB816995BD90AC E82538C8E A81798FAC92B089FC90B3817A2E646F6378> 第 5 肢 体 不 自 由 77 78 第 5 肢 体 不 自 由 1 障 害 程 度 等 級 表 級 別 1 級 2 級 3 級 4 級 上 肢 下 肢 体 幹 1 両 上 肢 の 機 能 を 全 廃 したもの 2 両 上 肢 を 手 関 節 以 上 で 欠 くもの 1 両 上 肢 の 機 能 の 著 しい 障 害 2 両 上 肢 のすべての 指 を 欠 くもの 3 一 上 肢 を 上 腕 の 2

More information

第3 肢体不自由

第3 肢体不自由 第 3 肢 体 不 自 由 障 害 程 度 等 級 表 級 別 上 肢 下 肢 体 幹 乳 幼 児 期 以 前 の 非 進 行 性 の 脳 病 変 による 運 動 機 能 障 害 上 肢 機 能 移 動 機 能 1 級 1 両 上 肢 の 機 能 を 全 廃 したもの 2 両 上 肢 を 手 関 節 以 上 で 欠 くもの 1 両 下 肢 の 機 能 を 全 廃 したもの 2 両 下 肢 を 大 腿

More information

千葉県身体障害認定基準

千葉県身体障害認定基準 障 害 程 度 等 級 表 第 3 肢 体 不 自 由 - 47 - 第 3 肢 体 不 自 由 1. 総 括 的 解 説 (1) 肢 体 不 自 由 は 機 能 の 障 害 の 程 度 をもって 判 定 するものであるが 動 作 活 動 能 力 が 低 下 していることのみをもって 身 体 障 害 者 として 認 定 することはせず 原 因 疾 病 病 態 年 齢 などを 考 慮 したうえで 認

More information

Taro-⑥診断書作成の手引_肢体不

Taro-⑥診断書作成の手引_肢体不 第 5 章 肢 体 不 自 由 1 Ⅰ 障 害 程 度 等 級 表 級 別 上 肢 指 数 ( 全 体 各 関 節 ) ( 欠 損 ) ( 手 指 ) 1 両 上 肢 の 機 能 を 全 2 両 上 肢 を 手 関 節 以 1 級 廃 し た も の 上 で 欠 く も の 18 1 両 上 肢 の 機 能 の 著 2 両 上 肢 の す べ て の 2 級 し い 障 害 指 を 欠 く も の

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増 上 肢 業 務 に 基 づく 疾 病 の 取 扱 いについて の 実 施 について 平 成 9 年 4 月 1 日 地 基 補 第 104 号 各 支 部 事 務 長 あて 補 償 課 長 第 1 次 改 正 平 成 16 年 4 月 19 日 地 基 補 第 105 号 標 記 の 件 については 下 記 事 項 に 留 意 のうえ その 実 施 に 遺 漏 のないように 取 り 扱 われたい なお

More information

toukyuhyo

toukyuhyo 身 体 障 害 者 障 害 程 度 等 級 表 身 体 障 害 認 定 の 対 象 となる 障 害 は 次 の 表 に 該 当 となる 永 続 する 障 害 です 視 覚 障 害 1 級 両 眼 の 視 力 ( 万 国 式 試 視 力 表 によって 測 ったをいい 屈 折 異 常 のある 者 について は 矯 正 視 力 について 測 ったをいう 以 下 同 じ )の 和 が0.01 以 下 の 2

More information

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 第 1 節 肩 関 節 における 運 動 器 疾 患 に 対 する 理 学 療 法 症 例 1 交 通 事 故 により 左 上 腕 骨 大 結 節 骨 折 と 左 肩 関 節 腱 板 断 裂 を 受 傷 した 競 輪 選 手 の 一 症 例 12 8 1. 症 例 紹 介 34 X 9 5 12 12 X 11 1 8 2.

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

Microsoft Word - 第12回九州チャレ大会要綱.doc

Microsoft Word - 第12回九州チャレ大会要綱.doc 第 12 回 九 州 チャレンジ 陸 上 競 技 選 手 権 大 会 要 綱 1 主 催 熊 本 県 障 害 者 スポーツ 文 化 協 会 日 本 身 体 障 害 者 陸 上 競 技 連 盟 2 主 管 熊 本 陸 上 競 技 協 会 第 12 回 九 州 チャレンジ 陸 上 競 技 選 手 権 大 会 実 行 委 員 会 3 後 援 ( 予 定 ) 熊 本 県 熊 本 市 ( 財 ) 日 本 障

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

δ

δ Ⅸ 上 肢 ( 上 肢 及 び 手 指 )の 障 害 ( 第 9 次 改 正 全 部 ) 1 障 害 の 等 級 及 び 程 度 (1) 上 肢 ( 上 肢 及 び 手 指 )の 障 害 について 省 令 別 表 第 二 に 定 める 障 害 は 次 のと おりである ( 第 10 次 改 正 一 部 ) ア 上 肢 の 障 害 (ァ) 欠 損 障 害 ( 系 列 区 分 18 21) 第 1 級

More information

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料 労 災 診 療 費 算 定 基 準 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1. 単 価 昭 和 36 年 11 月 11 日 11 円 50 銭 ( 武 見 会 長 大 野 労 災 補 償 部 長 協 定 ) 昭 和 45 年 4 月 1 日 改 定 私 的 医 療 機 関 12 円 公 的 医 療 機 関 等 ( 非 課 税 医 療 機 関 ) 11 円 50 銭 2. 点 数 昭 和

More information

Microsoft Word - 方法及び技術的基準の補足的事項

Microsoft Word - 方法及び技術的基準の補足的事項 別 紙 児 童 生 徒 学 生 幼 児 及 び 職 員 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 の 補 足 的 事 項 について 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 56 号 ) 第 13 条 第 1 項 及 び 同 法 第 15 条 第 1 項 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 については 同 法 第 17 条 第 1 項 の

More information

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護 日 常 生 活 給 付 品 目 一 覧 表 種 目 品 目 対 象 者 障 害 の 種 別 及 び 程 度 対 象 年 齢 ( 原 則 ) 性 能 等 基 準 額 ( 円 ) 耐 年 数 等 介 護 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 寝 たきりの 状 態 にある 難 病 患 者 等 腕 脚 等 の 訓 練 ができる 器 を 備 え 原 則

More information

膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化

膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化 膝 痛 でお 困 りの 方 に! 人 工 膝 関 節 ってどんなもの? 友 愛 会 病 院 整 形 外 科 岡 本 卓 也 膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化 加 齢 的 変 化 による 膝 痛 の 原 因 い 年 を 経 て あるい は 関 節 の 使 いすぎによって 起 こる 関 節 の 変 形 変 性 お 歳 の

More information

6. クーベルタンが 提 唱 したオリンピズムは 教 育 思 想 であるとともになに 思 想 でもあるのか 正 しいものを1つ 選 びなさ い (A) 平 和 思 想 (B) 競 技 思 想 (C) 競 争 思 想 (D) 協 働 思 想 7. 屈 曲 および 伸 展 ができないのはどれか 1つ 選

6. クーベルタンが 提 唱 したオリンピズムは 教 育 思 想 であるとともになに 思 想 でもあるのか 正 しいものを1つ 選 びなさ い (A) 平 和 思 想 (B) 競 技 思 想 (C) 競 争 思 想 (D) 協 働 思 想 7. 屈 曲 および 伸 展 ができないのはどれか 1つ 選 2015 年 度 習 熟 度 テスト 1. 肘 関 節 を 構 成 するのは 上 腕 骨 と 橈 骨 の 他 はどれか 正 しいものを1つ 選 びなさい (A) 基 節 骨 (B) 尺 骨 (C) 手 根 骨 (D) 脛 骨 2. 2080 運 動 の 説 明 として 正 しいものを1つ 選 びなさい (A) 20 本 の 歯 を80 歳 まで 保 とうとする 運 動 (B)

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

第63回 診療放射線技師国家試験

第63回 診療放射線技師国家試験 第 65 回 診 療 放 射 線 技 師 国 家 試 験 エックス 線 撮 影 技 術 学 問 68 画 像 検 査 時 の 診 療 放 射 線 技 師 の 対 応 で 適 切 なのはどれか 1. X 線 造 影 剤 を 投 与 するために 静 脈 を 穿 刺 した 2. マンモグラフィの 際 に 圧 迫 板 で 乳 房 を 圧 迫 した 3. 胸 部 X 線 撮 影 の 際 に 義 歯 を 外 すように

More information

特定疾患医療受給者証交付申請書

特定疾患医療受給者証交付申請書 第 1 号 様 式 の1 申 請 種 類 特 定 疾 患 医 療 給 証 交 付 申 請 書 新 規 更 新 医 療 機 関 追 加 転 入 再 登 録 給 生 計 中 心 療 医 療 機 関 ( 給 証 に 記 載 ) 重 要 事 項 フリガナ 氏 名 疾 患 名 給 番 号 ( 新 規 転 入 以 外 ) 生 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 日 生 性 別 職 住 氏 住 業 所 名 所 収

More information

第○章 msゴシック16P太字

第○章 msゴシック16P太字 第 1 章 各 種 手 帳 制 度 第 1 節 身 体 障 害 者 手 帳 1-1 身 体 障 害 者 手 帳 とは 身 体 障 害 者 福 祉 法 ( 以 下 身 障 法 という ) では 法 の 目 的 を 身 体 障 害 者 の 自 立 と 社 会 経 済 活 動 への 参 加 を 促 進 するため 身 体 障 害 者 を 援 助 し 及 び 必 要 に 応 じて 保 護 し もって 身 体

More information

原稿

原稿 Gaihoren News Extra 暫 定 版 外 保 連 の 要 望 のうち 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 で 考 慮 された 項 目 ( 技 術 新 設 ) 2016.3.18 NO 名 称 要 望 内 容 要 望 点 数 改 定 内 容 1 緩 和 ケア 地 域 連 携 加 算 保 険 収 載 2 経 皮 酸 素 ガス 分 圧 連 続 測 定 (tcpo2 局 所 の 虚

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

8 競 技 種 目 及 び 開 催 日 等 個 人 競 技 競 技 種 目 対 象 者 開 催 日 時 会 場 陸 上 競 技 ( 総 合 開 会 式 ) 身 体 者 平 成 27 年 5 月 17 日 ( 日 ) (9:30 迄 受 付 10:30~15:00 予 定 ) デンカビッグスワン スタ

8 競 技 種 目 及 び 開 催 日 等 個 人 競 技 競 技 種 目 対 象 者 開 催 日 時 会 場 陸 上 競 技 ( 総 合 開 会 式 ) 身 体 者 平 成 27 年 5 月 17 日 ( 日 ) (9:30 迄 受 付 10:30~15:00 予 定 ) デンカビッグスワン スタ 第 16 回 新 潟 県 者 スポーツ 大 会 開 催 要 領 1 趣 旨 第 16 回 新 潟 県 者 スポーツ 大 会 の 開 催 及 び 運 営 については 新 潟 県 者 ス ポーツ 大 会 開 催 要 綱 によるほか この 要 領 に 定 めるところによるものとする 2 主 催 新 潟 県 新 潟 県 教 育 委 員 会 新 潟 市 新 潟 市 教 育 委 員 会 3 共 催 長 岡 市

More information

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A 平 成 27 年 10 月 ( 第 3 版 ) 兵 庫 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2)

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2) 15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト 運 動 器 障 害 学 Ⅱ 序 文 一 般 の 人 たち,あるいは 入 学 間 もない 学 生 がイメージする リハビリテーション といえば, 運 動 器 障 害 に 対 する 理 学 療 法 ではないでしょうか.たとえば, 牽 引 やホッ トパックなどを 受 け, 足 首 に 重 りを 巻 いて 膝 関 節 を 伸 展 させたり, 滑 車 運 動

More information

平成18年10月からの介護給付費等に係る支給決定事務等について

平成18年10月からの介護給付費等に係る支給決定事務等について 介 護 給 付 費 等 に 係 る 支 給 決 定 事 務 等 について ( 事 務 処 理 要 領 ) 最 終 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 目 次 第 1 支 給 決 定 等 の 実 施 主 体 ---------------------------------------------------3 Ⅰ 基 本 的 な 取 扱 い -----------------------------------------------------------3

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

症例紹介

症例紹介 リハビリってなんだろう はじめまして! 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 です 医 療 保 険 対 応 送 迎 車 サービス 有 そ~らの 家 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 共 催 西 東 京 市 富 士 町 西 武 新 宿 線 東 伏 見 駅 より 徒 歩 1 分 平 成 12 年 4 月 ~ 武 蔵 野 市 吉 祥 寺 南 町 4 丁 目 平 成 26 年 4 月 ~ 院 長 紹 介 リハビリテーションとは?

More information

伊勢崎市障害者社会参加促進事業実施要綱

伊勢崎市障害者社会参加促進事業実施要綱 別 表 第 1 日 常 生 活 給 付 事 業 重 度 障 害 者 の 日 常 生 活 の 種 目 等 区 分 種 目 対 象 者 性 能 耐 年 数 介 護 訓 練 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 ( 寝 返 りや 起 き 上 がりが 困 難 な 者 に 限 る ) 特 殊 マ ッ ト 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 1 級

More information

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金 この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 疾 病

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

36program

36program 介 助 犬 とは 肢 体 不 自 由 者 に 落 としたものを 拾 って 渡 す, 手 が 届 かないものを 持 って 来 る 等 の 動 作 を 行 なうよう 訓 練 され 自 立 と 社 会 参 加 促 進 をする 生 きた 補 装 具 である. 将 来 介 助 犬 使 用 者 になり 得 る 生 徒 がいる 特 別 支 援 学 校 の 教 師 に 介 助 犬 についての 理 解 度 を 調 査

More information

身体障害者日常生活用具要綱(1 6.4.1)

身体障害者日常生活用具要綱(1 6.4.1) 介 護 訓 練 用 自 立 生 活 用 種 目 対 象 者 性 能 基 準 額 特 殊 寝 台 特 殊 マット 特 殊 尿 器 体 位 変 換 器 移 動 用 リフ ト 訓 練 いす 入 浴 補 助 用 以 上 者 で 原 則 として 学 校 教 育 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 26 号 ) 第 18 条 に 規 定 する 学 齢 児 童 ( 以 下 学 齢 児 と い う ) 以 上 も

More information

筋肉解剖模型・関節模型

筋肉解剖模型・関節模型 関 節 3B Scientific の 筋 付 き 関 節 モ デルは 臨 床 教 育 両 方 の 現 場 で 愛 用 されています 解 剖 学 的 構 造 を 正 確 に 再 現 筋 骨 はリアルに 彩 色 筋 の 起 始 / 停 止 はペイントされた 上 に, 盛 り 上 がりをつけて 表 現 筋 の 取 外 しが 可 能 で 深 層 まで 観 察 可 能 耐 久 性 が 高 く, 人 体 に

More information

航空自衛官の体力測定実施基準について(通達)

航空自衛官の体力測定実施基準について(通達) 1 空 幕 教 第 129 号 例 規 20. 3.31 一 部 変 更 空 幕 教 第 84 号 (21.3.18) 一 部 変 更 空 幕 教 第 247 号 (21.8. 3) 一 部 変 更 空 幕 教 第 112 号 (23.3.31) 全 部 隊 長 全 機 関 の 長 殿 航 空 幕 僚 長 航 空 自 衛 官 の 体 力 測 定 実 施 基 準 について( 通 達 )( 登 録 報

More information

<93EC89EF92C392AC8FE18A51959F8E C C9288EA8DEC90AC816A2E786C7378>

<93EC89EF92C392AC8FE18A51959F8E C C9288EA8DEC90AC816A2E786C7378> 目 次 各 種 手 帳 について 1 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 保 健 福 祉 手 帳 医 療 について 2~3 更 生 医 療 育 成 医 療 精 神 通 院 医 療 重 度 心 身 障 がい 者 医 療 費 助 成 人 工 透 析 通 院 交 通 費 助 成 事 業 手 当 について 4 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 制 度 特 別 障 害 者 手 当 障 害 児

More information

点 数 表 に 定 義 された 副 傷 病 名 がある 場 合 に 限 らないようにすること ) 入 院 後 の 検 査 で 発 見 された 傷 病 であっても, 入 院 時 に 既 にその 病 態 があったと 主 治 医 が 判 断 できる 場 合 は, 入 院 時 併 存 症 として 扱 うこと

点 数 表 に 定 義 された 副 傷 病 名 がある 場 合 に 限 らないようにすること ) 入 院 後 の 検 査 で 発 見 された 傷 病 であっても, 入 院 時 に 既 にその 病 態 があったと 主 治 医 が 判 断 できる 場 合 は, 入 院 時 併 存 症 として 扱 うこと 4 診 断 情 報 ⑴ 主 傷 病 名,⑶ 入 院 の 契 機 となった 傷 病 名,⑸ 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 名 が 同 一 の 場 合,すべてに 同 一 傷 病 名 を 入 力 する 記 載 する 傷 病 名 は, 原 則 としてレセ 電 算 傷 病 名 マスターから 選 択 すること 病 名 については,ICD10へのコーディング が 適 切 に 行 えるように 入

More information

スライド 1

スライド 1 有 訴 者 の 状 況 65 歳 以 上 では 国 民 の 約 半 数 が 有 訴 者 : 腰 痛 肩 こり 手 足 の 関 節 痛 有 訴 者 率 ( 人 口 千 対 ) 体 がだるい 物 忘 れ 眼 のかすみ 咳. 痰. 鼻 汁 かゆみ 男 41.9 30.2 34.4 55.0 49.3 女 57.2 48.8 54.0 50.2 48.0 肩 こり 腰 痛 手 足 の 関 節 痛 足 のむくみ.ダルさ

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

柔 道 整 復 師 の 施 術 料 金 の 算 定 方 法 ( 平 成 22 年 6 月 1 日 改 正 ) 柔 道 整 復 師 の 施 術 に 係 る 費 用 の 額 は 次 に 定 める 額 により 算 定 するものとする 1 初 検 往 療 及 び 再 検 初 検 料 初 検 時 相 談 支

柔 道 整 復 師 の 施 術 料 金 の 算 定 方 法 ( 平 成 22 年 6 月 1 日 改 正 ) 柔 道 整 復 師 の 施 術 に 係 る 費 用 の 額 は 次 に 定 める 額 により 算 定 するものとする 1 初 検 往 療 及 び 再 検 初 検 料 初 検 時 相 談 支 あん 摩 マッサージの 施 術 料 金 の 算 定 方 法 ( 平 成 22 年 6 月 1 日 改 正 ) あん 摩 マッサージ 師 の 施 術 に 係 る 費 用 の 額 は 次 の 定 める 額 により 算 定 するものとする 1 施 術 (1) マッサージを 行 った 場 合 1 局 所 につき 260 円 (2) 温 罨 法 を 併 施 した 場 合 1 回 につき 70 円 加 算 (3)

More information

13_1304_ xlsx

13_1304_ xlsx 160-0017 東 京 都 新 宿 区 左 門 町 18 診 療 時 間 やアクセス 方 法 等 情 報 はこちら 機 能 区 分 選 択 状 況 (2014( 平 成 26) 年 7 月 1 日 時 点 機 能 ) 病 床 機 能 区 分 高 度 急 性 期 急 性 期 回 復 期 慢 性 期 未 回 答 機 能 区 分 選 択 状 況 (6 年 が 経 過 した 日 における 病 床 機 能

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798267826F817A90B696BD8BA48DCF82CC82B28C5F96F18ED2976C82D6816995BD90AC3139944E82538C8E89FC92F982CC82B582A882E88163>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798267826F817A90B696BD8BA48DCF82CC82B28C5F96F18ED2976C82D6816995BD90AC3139944E82538C8E89FC92F982CC82B582A882E88163> 重 要 生 命 共 済 の ご 契 約 者 様 へ ~ 平 成 19 年 4 月 実 施 の 仕 組 改 訂 にかかるご 案 内 ~ < 目 次 > 1. 後 遺 障 害 共 済 金 等 の 支 払 事 由 の 改 訂 ( 重 度 要 介 護 状 態 の 追 加 ) 1 2. 別 表 [ 疾 病 重 度 障 害 状 態 ]の 改 訂 ( 臓 器 移 植 術 の 追 加 等 ) 3 3. 医 療 共

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

<5461726F2D30352D3197AF88D38E968D8092CA926D816995CA935982508145>

<5461726F2D30352D3197AF88D38E968D8092CA926D816995CA935982508145> 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 22 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

08_13分冊_H1

08_13分冊_H1 この 保 険 の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 保 険 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 保 険 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補

More information

Microsoft PowerPoint - 神経伝導検査の基本 - コピー

Microsoft PowerPoint - 神経伝導検査の基本 - コピー 神 経 系 とニューロン 神 経 伝 導 検 査 の 基 本 - 上 肢 を 中 心 に- 仙 台 医 療 センター 臨 床 検 査 科 鎌 田 真 知 中 枢 神 経 脳, 脊 髄 末 梢 神 経 ( 機 能 的 分 類 ) 体 性 神 経 系 運 動 神 経 感 覚 神 経 律 神 経 系 交 感 神 経 副 交 感 神 経 標 準 組 織 学 総 論 第 4 版 ( 医 学 書 院 )より 上

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

2003年  月  日

2003年  月  日 骨 髄 バンク 団 体 傷 害 保 険 で 後 遺 障 害 適 用 となった 事 例 について (2014.3 末 現 在 ) 2013.3 末 以 降 6 例 追 加 され 32 例 となっています 1 左 手 尺 骨 神 経 障 害 骨 髄 採 取 中 の 尺 骨 神 経 圧 迫 が 原 因 と 推 定 される 尺 骨 神 経 障 害 を 発 症 し 左 手 尺 側 ( 第 4 5 指 )に 知

More information

Microsoft Word - kimura-kenkyu.doc

Microsoft Word - kimura-kenkyu.doc 木 村 直 子 理 学 療 法 誌 24 巻 624-639 2007 年 マスターの 要 点 末 梢 神 経 系 の 機 能 解 剖 (5) 腕 神 経 叢 は, 多 くの 読 者 にとって 神 経 系 の 中 で 最 も 興 味 深 い 分 野 であろう. しかし, 解 剖 学 あるいはリハビリテーション 医 学 整 形 外 科 学 の 範 疇 に 留 まらず, 胎 児 循 環 や 癌 のリ ンパ

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

Taro-01 20120928 (完成版) 「

Taro-01 20120928 (完成版) 「 保 医 発 0928 第 1 号 平 成 24 年 9 月 28 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生

More information

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 (H 普 通 約 款 目 次 2. 金 の 支 第 2 条 金 の 支 第 3 条 金 の 支 に 関 する 補 則 第 4 条 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 金 支 方 法 の 選 択 第 6 条 金 の 請 求 支 期 および 支 場 所 3. 当 会 社 の 責 任 開 始

More information

整体講座

整体講座 経 絡 重 要 穴 自 習 用 新 潟 整 体 協 会 電 話 :025-222-7075 経 絡 働 症 状 経 絡 働 症 状 肺 経 外 気 取 入 交 換 肺 機 能 司 呼 吸 器 系 症 状 皮 膚 症 状 浮 腫 呼 吸 器 関 連 不 調 大 腸 経 肺 経 対 外 気 取 入 交 換 大 腸 働 司 便 秘 目 耳 鼻 歯 頭 顔 五 感 不 調 胃 経 気 取 入 消 化 消 化

More information

あなたのケアプリント: あなたのケアプリント: 今 のあなたと 理 想 今 のあなたと 理 想 のあなた 鏡 に 向 かうとき 背 筋 をスッと 伸 ばしていますか? 姿 勢 が 良 いと 外 見 もよくなるものです 姿 勢 にもっと 気 をつけましょう 長 年 にわたって 前 かがみの 姿 勢 を

あなたのケアプリント: あなたのケアプリント: 今 のあなたと 理 想 今 のあなたと 理 想 のあなた 鏡 に 向 かうとき 背 筋 をスッと 伸 ばしていますか? 姿 勢 が 良 いと 外 見 もよくなるものです 姿 勢 にもっと 気 をつけましょう 長 年 にわたって 前 かがみの 姿 勢 を 姿 勢 評 価 姿 勢 + 評 価 矯 正 + プログラム 矯 正 プログラム お 名 前 : お 名 前 : 北 原 有 希 様 北 原 有 希 様 2008 年 42008 月 2 日 年 4 月 2 日 あなたのケアプリント: あなたのケアプリント: 今 のあなたと 理 想 今 のあなたと 理 想 のあなた 鏡 に 向 かうとき 背 筋 をスッと 伸 ばしていますか? 姿 勢 が 良 いと 外

More information

本 稿 執 筆 の 直 接 の 理 由 である 今 回 の 課 題 はリハビリテーション 臨 床 実 習 におけるものであるか ら,ということは,その 対 象 となる 患 者 さんは 既 に 診 断 と 治 療 が 開 始 されている.だが,リハビ リテーションとは 疾 病 や 外 傷 により 失

本 稿 執 筆 の 直 接 の 理 由 である 今 回 の 課 題 はリハビリテーション 臨 床 実 習 におけるものであるか ら,ということは,その 対 象 となる 患 者 さんは 既 に 診 断 と 治 療 が 開 始 されている.だが,リハビ リテーションとは 疾 病 や 外 傷 により 失 矢 野 寿 リハビリテーション 臨 床 実 習 における 課 題 歩 行 評 価 の 方 法 についてまとめよ. 原 則 的 に 歩 行 分 析 機 器 を 用 いない, 目 視 での 観 察 について とする( 機 器 を 用 いる 歩 行 分 析 に 触 れても 構 わない).また,それに 基 づいて観 察 による 歩 行 評 価 を 行 え. 観 察 の 前 提 知 識 歩 行 運 動 は 下

More information

<5461726F2D91E68253816995E28F9E90BF8B8182C98AD682B782E98E9696B1>

<5461726F2D91E68253816995E28F9E90BF8B8182C98AD682B782E98E9696B1> 第 4 補 償 請 求 に 関 する 事 務 - 67 - Memo - 68 - 1 災 害 補 償 内 容 基 金 が 実 施 する 給 付 は 使 用 者 として 法 的 義 務 として 行 われる 補 償 とそれによっては 充 足 しきれない 領 域 を 使 用 者 立 場 でいわば 補 償 付 加 的 給 付 として 行 う 福 祉 事 業 とがあります (1) 補 償 種 類 基 金 が

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 基 本 方 針 患 者 さんそれぞれのニーズに 対 応 したリハビリテーションの 計 画 を 作 成 し 定 期 的 に 効 果 判 定 や 必 要 に 応 じた 方 針 の 変 更 を 行 い 思 いやり と 優 しさ のある 患 者 さん 中 心 のリハビリテーションを 行 います 各 専 門 職 種 が 常 に 連 絡 を 取 り 合 い チームアプローチを 実 践 し 質 の 高 いリハビリテーションを

More information

Microsoft Word - 210202菊地

Microsoft Word - 210202菊地 中 耳 炎 の 病 態 と 予 防 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 耳 鼻 咽 喉 科 菊 地 茂 1.はじめに 中 耳 炎 とは 中 耳 に 生 じる 炎 症 の 総 称 で 中 耳 炎 には 急 性 中 耳 炎 慢 性 中 耳 炎 滲 出 性 中 耳 炎 真 珠 腫 性 中 耳 炎 癒 着 性 中 耳 炎 結 核 性 中 耳 炎 壊 疽 性 中 耳 炎 航 空 性 中 耳 炎

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

総 論 30 分 ~50 分 不 定 愁 訴 の 痛 みに 対 しての 根 源 的 な 意 見 を 紹 介 させていただきます それを 基 に 考 えて 実 践 している 電 気 治 療 の 説 明 になります 靭 帯 の 整 復 です 柔 道 整 復 師 は 何 の 専 門 家 ですか 骨 折 脱

総 論 30 分 ~50 分 不 定 愁 訴 の 痛 みに 対 しての 根 源 的 な 意 見 を 紹 介 させていただきます それを 基 に 考 えて 実 践 している 電 気 治 療 の 説 明 になります 靭 帯 の 整 復 です 柔 道 整 復 師 は 何 の 専 門 家 ですか 骨 折 脱 微 弱 電 流 の 通 電 柔 道 整 復 師 は 何 の 専 門 家 であるべきかと 言 う 課 題 に 対 して 微 弱 電 流 の 通 電 を 通 して 考 える 自 己 紹 介 岐 阜 県 の 田 舎 で 約 30 年 接 骨 院 をやってきています 私 は 独 自 の 施 術 法 を 確 立 してきています 柔 道 整 復 師 の 施 術 で 最 も 合 法 的 に 患 部 を 表 現 して

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス 平 成 27 年 度 訪 問 看 護 ( 訪 問 看 護 ステーション) 集 団 指 導 資 料 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 寿 社 会 課 平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増 地 域 医 療 連 携 のシステムを 利 用 した 腰 部 脊 柱 管 狭 窄 症 の 治 療 循 環 型 地 域 医 療 連 携 システムは 長 期 の 通 院 や 治 療 を 要 する 疾 患 の 患 者 を 維 持 期 には 診 療 所 で 診 療 し 精 密 検 査 や 入 院 手 術 が 必 要 になった 場 合 には 病 院 で 診 療 する さらに 症 状 が 安 定 化 したらまた

More information

平成20年3月○日

平成20年3月○日 2 補 装 具 費 支 給 に 関 するQ&A 133 補 装 具 費 支 給 に 関 するQ&A Ⅰ 共 通 事 項 Q1 補 装 具 に 係 る 告 示 については これまで 各 年 度 末 に 改 正 され 新 年 度 から 適 用 することとさ れているが 完 成 用 部 品 の 通 知 が 年 度 途 中 で 発 出 された 場 合 当 該 通 知 の 適 用 日 については ど のように

More information

第1 生活保護法のあらまし ~ 第4 指定医療機関等の届出事項

第1 生活保護法のあらまし ~ 第4 指定医療機関等の届出事項 生 活 保 護 法 及 び 中 国 残 留 邦 人 等 支 援 法 指 定 施 術 者 のしおり 平 成 2 8 年 1 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 生 活 福 祉 部 目 次 第 1 生 活 保 護 法 のあらまし 1 1 生 活 保 護 法 の 目 的 と 基 本 原 理 1 2 保 護 の 種 類 と 方 法 1 3 保 護 を 決 定 し 実 施 する 機 関 1 4 指 定 施 術

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション めまい 目 次 めまいの 原 因 種 類 めまいの 診 察 ( 問 診 身 体 診 察 検 査 ) 末 梢 性 めまいの 症 例 中 枢 性 めまいの 症 例 まとめ めまいの 原 因 めまい= 頭 か 耳?ではない! 他 にも 低 血 糖 起 立 性 低 血 圧 頚 椎 症 疲 労 やストレスなど 原 因 は 様 々 めまいの 種 類 末 梢 性 めまい( 内 耳 ) 40% 中 枢 性 めまい(

More information

4 ぼうこう又は直腸機能障害

4 ぼうこう又は直腸機能障害 第 9 章 ぼうこう 又 は 直 腸 機 能 障 害 第 1 障 害 程 度 等 級 表 解 説 1 等 級 表 1 級 に 該 当 する 障 害 は 次 のいずれかに 該 当 し かつ 自 己 の 身 辺 の 日 常 生 活 活 動 が 極 度 に 制 限 されるものをいう (1) 腸 管 のストマに 尿 路 変 向 ( 更 )のストマを 併 せもち かつ いずれかのス トマにおいて 排 便 排

More information

2 1 内 側 顆 2 3 脛 骨 粗 面 4 脛 骨 体 5 内 側 縁 6 外 側 縁 7 前 縁 8 内 側 面 9 骨 間 縁 10 内 果 11 内 果 関 節 面 12 下 関 節 面 13 外 果 14 内 側 面 15 外 側 面 16 腓 骨 体 17 骨 間 縁 18 後 縁 1

2 1 内 側 顆 2 3 脛 骨 粗 面 4 脛 骨 体 5 内 側 縁 6 外 側 縁 7 前 縁 8 内 側 面 9 骨 間 縁 10 内 果 11 内 果 関 節 面 12 下 関 節 面 13 外 果 14 内 側 面 15 外 側 面 16 腓 骨 体 17 骨 間 縁 18 後 縁 1 1 1 大 腿 骨 頭 2 大 腿 骨 頚 3 小 転 子 4 大 腿 骨 体 5 内 転 筋 結 節 6 内 側 上 顆 7 内 側 顆 8 膝 蓋 面 9 外 側 顆 10 外 側 上 顆 11 転 子 間 線 12 大 転 子 13 転 子 窩 問 1. 図 に 示 す 骨 の 名 称 を 日 本 語 と 英 語 で 書 きなさい 大 腿 骨 : femur 問 2. 左 図 の 骨 の 上

More information

Microsoft Word - 2章.doc

Microsoft Word - 2章.doc 第 2 章 1. 人 口 の 構 成 と 動 態 (1) 人 口 総 数 と 年 齢 構 成 住 民 基 本 台 帳 人 口 及 び 外 国 人 登 録 人 口 による 平 成 21 年 (29 年 )9 月 末 現 在 の 本 市 の 人 口 総 数 は358,756 人 で 前 計 画 が 策 定 された 平 成 16 年 (24 年 )と 比 べる と 約 2,8 人 の 増 加 となっています

More information

3 ) 骨 髄 炎 や 化 膿 性 脊 椎 炎, 化 膿 性 関 節 炎 ( 乳 児 化 膿 性 股 関 節 炎 を 含 む)などの 運 動 器 感 染 性 疾 患 の 診 断 と 治 療 について 述 べる 事 ができ 4 ) 腰 痛 症 の 原 因 について 心 因 的 な 側 面 も 含 めて

3 ) 骨 髄 炎 や 化 膿 性 脊 椎 炎, 化 膿 性 関 節 炎 ( 乳 児 化 膿 性 股 関 節 炎 を 含 む)などの 運 動 器 感 染 性 疾 患 の 診 断 と 治 療 について 述 べる 事 ができ 4 ) 腰 痛 症 の 原 因 について 心 因 的 な 側 面 も 含 めて Unit 1 臨 床 各 論 Ⅵ 運 動 器 コース 1. 教 員 名 責 任 者 赤 木 將 男 整 形 外 科 学 職 位 教 員 名 所 属 教 授 赤 木 將 男 柿 木 良 介 ( 整 形 外 科 学 ) 小 山 敦 子 ( 心 療 内 科 学 ) 准 教 授 三 井 良 之 ( 安 全 管 理 部 ) 講 師 宮 本 裕 史 朝 田 滋 貴 ( 整 形 外 科 学 ) 医 学 部 講 師

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information