はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部"

Transcription

1 兵 庫 県 マスコット はばタン 兵 庫 県 立 加 古 川 北 高 等 学 校 公 共 推 進 室

2 はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部 科 学 省 より 社 会 人 基 礎 力 育 成 カリキュラム 開 発 事 業 の 指 定 を 受 け 道 徳 教 育 キャリア 教 育 課 題 教 育 を 三 つの 柱 とする 教 科 科 目 公 共 を 設 置 し 生 徒 に 自 立 した 市 民 として 自 らを 律 していく 力 21 世 紀 の 主 役 として 主 体 的 に 未 来 を 切 り 拓 いていく 力 社 会 の 構 成 者 として 積 極 的 に 他 者 と 協 調 協 力 して いく 力 を 身 に 付 けさせる 取 り 組 みを 実 施 しています 今 回 の 職 場 体 験 活 動 は 平 成 24 年 度 から 公 共 におけるキャリア 教 育 の 一 環 として 1 年 次 生 全 員 を 対 象 に 実 施 しています 夏 季 休 業 中 の 職 場 体 験 活 動 では 従 来 から 広 く 行 われている インターンシップ( 職 業 体 験 ) 企 業 見 学 研 修 大 学 研 究 に 加 え 埼 玉 県 や 沖 縄 県 での 実 践 を 参 考 に 働 く 人 に 影 のように 付 き 従 って 察 し あとで 疑 問 点 等 を 質 問 する 活 動 をとおして 職 業 観 勤 労 観 の 育 成 をめざす ジョブシャドウイング を 県 下 の 公 立 高 校 では 初 めて 大 規 模 に 導 入 しています 今 年 度 の 職 場 体 験 活 動 における 最 大 の 課 題 は 300 人 を 超 える1 年 次 生 を 1 人 でも 多 く 職 場 体 験 させる ことと ジョブシャドウイングを 中 心 とした 職 場 体 験 活 動 の 受 入 先 を いかに 確 保 するか でした 結 果 として 昨 年 度 から 引 き 続 き 本 校 の 取 組 みにご 理 解 を 示 して 下 さった 事 業 所 に 加 え 地 元 加 古 川 を 中 心 として 新 しい 多 くの 事 業 所 の 方 々にご 理 解 とご 協 力 をいただき 昨 年 度 の2 倍 以 上 の 生 徒 が インターンシップ ジョブシャドウ イング の 職 場 体 験 活 動 を 経 験 することができました 当 初 は 本 校 の 不 手 際 もあり 様 々 にご 迷 惑 をおかけした 事 業 所 もありましたが 大 きなトラブルもなく 何 とか 無 事 に 本 年 度 の 事 業 を 終 えることができました ご 協 力 いただいた 皆 様 への 感 謝 の 気 持 ちを 込 めて 平 成 25 年 度 の 報 告 書 を 作 成 しました ご 一 読 いただければ 幸 いです 兵 庫 県 立 加 古 川 北 高 等 学 校 公 共 推 進 室

3 目 次 1 教 科 科 目 公 共 と 職 場 体 験 活 動 の 位 置 づけ 2 職 場 体 験 活 動 の 実 施 形 態 3 職 場 体 験 活 動 の 運 営 (1) 事 業 説 明 職 場 体 験 受 入 先 開 拓 (5 月 中 旬 ~) (2) 生 徒 希 望 調 査 体 験 先 調 整 (6 月 初 旬 ~7 月 上 旬 ) (3) 職 場 体 験 受 入 先 への 依 頼 (7 月 上 旬 ~ 中 旬 ) (4) 事 前 指 導 (7 月 12 日 5 6 限 ) (5) 直 前 指 導 (7 月 26 日 補 習 期 間 (70 分 )) (6) 職 場 体 験 (8 月 1 日 ~8 月 29 日 ) (7) 職 場 体 験 クラス 発 表 会 (9 月 5 6 日 ) (8) 職 場 体 験 活 動 発 表 会 (9 月 20 日 ) 4 職 場 体 験 活 動 の 成 果 5 職 場 体 験 活 動 の 課 題 参 考 資 料 ( 各 授 業 指 導 案 ) 19

4 1 教 科 科 目 公 共 と 職 場 体 験 活 動 の 位 置 づけ 教 科 科 目 公 共 の 目 標 とその 学 習 体 系 目 標 ( 生 徒 に 身 に 付 けさせたい 力 ) 自 立 した 市 民 として 自 らを 律 し ていく 力 21 世 紀 の 主 役 として 主 体 的 に 未 来 を 切 り 拓 いていく 力 社 会 の 構 成 者 として 積 極 的 に 他 者 と 協 調 協 力 していく 力 調 べ 学 習 体 験 学 習 グループ 協 議 発 表 会 等 をとおして 課 題 に 対 する 興 味 関 心 を 高 め 考 察 を 深 める 人 間 としての 在 り 方 生 き 方 を 探 求 し あ るべき 姿 に 向 けて 自 らを 律 していく 姿 勢 就 業 や 進 学 の 実 態 に 触 れ 自 らの 目 標 を 設 定 し 現 在 の 自 分 を 目 標 達 成 の 過 程 に 位 置 づけていく 姿 勢 自 他 を 尊 重 し 他 者 と 協 調 しつつ 積 極 的 に 社 会 に 参 画 してい く 姿 勢 道 徳 教 育 奉 仕 活 動 人 物 探 求 キャリア 教 育 キャリアプランニング 職 場 体 験 活 動 大 学 研 究 課 題 教 育 政 治 参 加 教 育 法 教 育 職 場 体 験 活 動 の 位 置 づけ インターンシップ ジョブシャドウイング 企 業 見 学 研 修 等 を 実 施

5 2 職 場 体 験 活 動 の 実 施 形 態 インターンシップ 企 業 などで 仕 事 を 体 験 する (H25 実 績 12 事 業 所 22 名 H24 実 績 4 事 業 所 6 名 ) ジョブシャドウイング 企 業 などで 働 いている 人 を 観 察 する (H25 実 績 29 事 業 所 165 名 H24 実 績 11 事 業 所 71 名 ) 企 業 見 学 研 修 企 業 などで 仕 事 を 見 る 知 る (H25 実 績 17 事 業 所 91 名 H24 実 績 18 事 業 所 126 名 ) 大 学 研 究 大 学 で 学 問 と 仕 事 の 関 連 を 知 る (H25 実 績 3 大 学 52 名 H24 実 績 1 大 学 116 名 ) 企 業 見 学 研 修 ~ 神 戸 製 鋼 所 加 古 川 製 鉄 所 ~ ジョブシャドウイング ~ 日 本 毛 繊 印 南 工 場 ~ インターンシップ ~ 加 古 川 海 洋 文 化 センター 図 書 室 ~ 大 学 研 究 ~ 甲 南 大 学 ~

6 3 職 場 体 験 活 動 の 運 営 (1) 事 業 説 明 職 場 体 験 受 入 先 開 拓 (5 月 中 旬 ~) 今 年 度 の 課 題 の1つは 職 場 体 験 活 動 の 受 入 先 事 業 所 の 開 拓 であった また 校 外 での 活 動 であり 出 費 を 伴 う 場 合 もあるため 保 護 者 の 方 の 理 解 も 必 要 であった さらに 1 年 次 生 全 員 (321 名 )が 不 特 定 の 日 程 で 個 別 に 動 くため 補 習 部 活 動 面 談 等 にも 大 きく 影 響 するので 教 職 員 全 員 の 理 解 と 協 力 も 必 要 であった 公 共 推 進 室 では 学 校 のホームページ 上 で 事 業 を 紹 介 することで あまり 馴 染 みのない ジョブシャドウイング 等 の 職 場 体 験 活 動 について 理 解 を 促 した また 本 校 はほとん どの 生 徒 が 大 学 等 へ 進 学 するため インターンシップ よりもふさわしいと 考 えられる ジ ョブシャドウイング について 加 古 川 市 内 を 中 心 とする 地 元 の 事 業 所 1 年 次 生 の 保 護 者 全 校 職 員 に 対 して 事 業 説 明 を 行 い 活 動 への 理 解 と 協 力 を 求 めた( 文 書 1は 事 業 所 向 け 依 頼 文 ) また これと 並 行 して 職 場 体 験 の 受 け 入 れを 電 話 で 連 絡 依 頼 と 訪 問 説 明 することにより 地 元 の 事 業 所 等 に 協 力 を 要 請 した( 文 書 は 事 業 所 等 へ の 事 業 説 明 と 生 徒 受 入 調 査 票 ) (2) 生 徒 希 望 調 査 体 験 先 調 整 (6 月 初 旬 ~7 月 上 旬 ) 職 場 体 験 で 受 け 入 れ 可 能 と 回 答 をいただいた 事 業 所 の 業 種 等 をもとに 生 徒 に 対 して 1 希 望 する 体 験 の 種 類 (インターンシップ ジョブシャドウイング 企 業 見 学 研 修 ) 2 希 望 する 業 種 について 調 査 を 行 った( 文 書 3) 大 学 研 究 は 日 程 等 で 職 場 体 験 活 動 の 都 合 がつかない 生 徒 がやむを 得 ず 行 う 体 験 と 位 置 づけ 予 め 希 望 調 査 の 対 象 から 外 した 調 査 後 の 調 整 は 生 徒 の 職 場 体 験 の 種 類 業 種 の 希 望 に 応 じて 1 事 業 所 の 指 定 する 日 程 に 都 合 がつく 生 徒 2 校 外 での 体 験 に 不 安 なく 取 組 める 生 徒 を 公 共 推 進 室 と 年 次 団 で 選 考 し インターンシップ ジョブシャドウイング 企 業 見 学 研 修 の 候 補 者 を 決 定 した 日 程 等 都 合 が 合 わなかった 生 徒 や 選 考 から 外 れた 生 徒 は 8 月 29 日 の 大 学 研 究 の 参 加 者 とした ( 大 学 研 究 にも 都 合 が 合 わなかった 生 徒 等 は 各 自 オープンキャンパス 等 に 参 加 することとし 事 後 は 報 告 書 の 提 出 を 行 わせた ) (3) 職 場 体 験 受 入 先 への 依 頼 (7 月 上 旬 ~ 中 旬 ) 職 場 体 験 の 受 入 先 には ジョブシャドウイングまたはインターンシップの 日 程 例 と 体 験 終 了 時 に 生 徒 に 渡 していただく 修 了 証 を 別 紙 として 添 付 した( 文 書 )

7

8

9

10

11 (4) 事 前 指 導 (7 月 12 日 5 6 限 ) 公 共 推 進 室 による 職 場 体 験 の 意 義 今 後 の 予 定 の 説 明 後 次 の 講 話 演 習 を 行 った 1 本 校 のアメリカ 人 実 習 助 手 による アメリカでの2 度 にわたる 職 場 体 験 (ジョブシャ ドウイング)とその 後 のキャリア 設 計 の 紹 介 2 チャネル 開 発 センター 万 代 純 三 氏 による ビジネスマナーの 意 義 の 紹 介 と 名 刺 交 換 等 ビジネスマナーの 演 習 アメリカ 人 実 習 助 手 による 職 場 体 験 (ジョブシャドウイング)の 紹 介 等 チャネル 開 発 センター 万 代 純 三 氏 による ビジネスマナーの 紹 介 演 習 (5) 直 前 指 導 (7 月 26 日 夏 季 休 業 中 ) 全 体 説 明 職 場 体 験 活 動 全 体 に 関 する 説 明 体 験 先 持 参 物 注 意 点 心 構 えの 説 明 誓 約 書 ( 文 書 5) 各 体 験 のメモ 用 紙 (ジョブシャドウイング 用 文 書 6) 配 布 大 学 研 究 についての 説 明 事 業 所 での 職 場 体 験 の 予 定 者 も やむを 得 ず 欠 席 する 場 合 は 大 学 研 究 に 参 加 するこ とになるので ここまでは 全 員 が 指 導 を 受 ける 体 験 別 説 明 インターンシップ ジョブシャドウイング 予 定 者 へ 事 前 準 備 の 内 容 体 験 の 大 まかな 流 れ 注 意 点 体 験 後 の 対 応 の 説 明 自 己 紹 介 シート( 文 書 7) 事 前 調 べプリント( 文 書 8) 配 布 全 体 配 布 物 最 後 に HR 教 室 で 名 刺 2 枚 ( 名 札 用 名 刺 交 換 用 ) 名 札 用 名 刺 フォルダ 等 を 配 布

12

13

14 (6) 職 場 体 験 (8 月 1 日 ~8 月 29 日 ) 神 戸 新 聞 社 ( 本 社 製 作 センター)への 企 業 見 学 研 修 (22 名 ) および 甲 南 大 学 への 大 学 研 究 (32 名 )については 教 員 が 引 率 し それ 以 外 の 体 験 では 生 徒 が 各 自 それぞれの 受 入 先 に 訪 問 して 体 験 を 行 った 今 年 度 はインターンシップ(22 名 )やジョブシャドウイング(165 名 )の 職 場 体 験 活 動 の 参 加 者 が 多 く 受 入 先 の 方 々にご 心 配 等 をおかけしたこともあったが 結 果 的 には 大 きなトラブルはなかった 本 校 では 生 徒 が 職 場 体 験 活 動 を 行 っている 間 予 想 される トラブルへの 対 応 を 念 頭 に 本 部 待 機 マニュアル を 作 成 し 必 ず 教 員 1 名 が 職 員 室 に 待 機 するとともに できるだけ 教 員 が 職 場 体 験 先 の 企 業 を 視 察 するようにした インターンシップやジョブシャドウイングでは 開 始 式 修 了 式 等 で 大 変 お 世 話 になっ たこともあり 受 入 先 に 対 して 生 徒 にはお 礼 のはがきを 出 させ あわせて 校 長 名 で 礼 状 と 職 場 体 験 活 動 に 関 するアンケート( 文 書 9) 職 場 体 験 活 動 発 表 会 の 案 内 を 送 付 させ ていただいた 受 入 先 に 職 場 体 験 活 動 アンケートを 依 頼 したところ 多 くの 受 入 先 のご 協 力 をいただけた アンケート 集 計 結 果 は 次 のとおりである 1 職 場 体 験 活 動 を 受 け 入 れて 大 いに 意 義 があった 14 少 し 意 義 があった 15 あまり 意 義 がなかった 2 理 由 として 仕 事 とは 何 かということを 考 える 良 い 機 会 だと 思 う メンタ ーを 含 め スタッフらも 自 らの 仕 事 を 見 直 す 機 会 となった 事 業 所 のこと を 知 ってもらう 良 い 機 会 となった 等 の 好 意 的 な 回 答 があった また 見 て 体 験 するのではなく 実 際 体 験 して 職 場 の 仕 事 を 経 験 した 方 がいい 短 時 間 の 観 察 体 験 でどこまで 理 解 できるのだろうか とのご 指 摘 もいただいた 2 今 後 の 職 場 体 験 活 動 を ぜひ 受 け 入 れたい 5 受 け 入 れてもよい 27 受 け 入 れは 見 合 わせたい 1 12の 事 業 所 から8 月 ( 夏 季 休 業 中 ) 以 外 の 受 入 も 可 との 回 答 があった 受 け 入 れは 見 合 わせたい との 回 答 の 理 由 は 生 徒 の 意 欲 の 温 度 差 等 を 挙 げてお られた

15

16 (7) 職 場 体 験 クラス 発 表 会 (9 月 5 6 日 ) 1 人 が 様 々な 職 場 を 体 験 することは 難 しいが 自 分 が 体 験 したことを 他 者 へ 紹 介 するこ とで 他 の 生 徒 と 体 験 を 共 有 し 成 果 を 分 かち 合 うことはできると 考 え 職 場 体 験 クラス 発 表 会 を 行 った まず できるだけ 異 なる 職 場 体 験 をした 生 徒 を 組 み 合 わせて 各 クラス5~6 人 のグル ープをつくり 体 験 時 のメモをもとに1 人 2 分 程 度 で 体 験 した 内 容 を 紹 介 し 合 った 次 に 各 グループから 他 のグループに 紹 介 したい 体 験 者 を1 人 選 出 し 体 験 内 容 とその 成 果 を 的 確 に 発 表 できるよう プリント( 文 書 10)に 記 された8 項 目 を 盛 り 込 んで グ ループ 内 で 協 力 して 発 表 内 容 を 充 実 させ 1 人 3 分 程 度 でクラス 全 員 に 体 験 を 紹 介 した 各 グループでの 体 験 紹 介 各 グループ 代 表 者 によるクラス 発 表 生 徒 たちは 他 者 の 体 験 を 聞 くことにより 自 分 ができなかった 体 験 や 自 分 とは 異 なる 視 点 での 体 験 成 果 を 知 り 新 たな 視 点 から 自 分 の 体 験 を 見 直 して 各 職 場 体 験 報 告 書 ( 文 書 )を 作 成 した

17

18 (8) 職 場 体 験 活 動 発 表 会 (9 月 20 日 ) 職 場 体 験 クラス 発 表 における 各 クラスグループ 発 表 者 の 中 から 同 じ 体 験 先 を 避 け イ ンターンシップ2 名 ジョブシャドウイング4 名 企 業 見 学 研 修 2 名 となるように 各 クラ ス1 名 の 代 表 者 を 選 出 し 約 1 週 間 発 表 内 容 の 充 実 と 発 表 用 のパワーポイントの 作 成 発 表 練 習 を 行 い 職 場 体 験 活 動 発 表 会 を 行 った 発 表 会 は 兵 庫 県 教 育 委 員 会 の 方 々をはじめ 職 場 体 験 活 動 にご 協 力 いただいた 事 業 所 や 有 識 者 の 方 々に 見 守 られ 緊 張 感 の 中 にも 温 かみが 感 じられる 雰 囲 気 の 中 で 進 行 した 各 クラスの 公 共 委 員 が 事 前 準 備 や 司 会 進 行 照 明 などを 担 当 し 発 表 者 にはパソコン 操 作 のための 補 助 者 がつき スクリーンにはさまざまな 職 場 体 験 の 内 容 や 画 像 が 映 し 出 さ れた 生 徒 たちは 代 表 者 の 発 表 から 未 知 の 体 験 と 新 たな 発 見 や 視 点 を 得 るとともに 自 ら の 体 験 を 思 い 返 し さらに 考 えを 深 めることができた さらに 発 表 者 の 発 表 内 容 や 発 表 の 仕 方 を 各 3 点 満 点 で 発 表 全 体 を 総 合 的 に5 点 満 点 で 評 価 した この 発 表 会 をとおして 教 科 科 目 公 共 の 学 習 で 身 に 付 けたい 力 の 一 つである プレゼンテーション 能 力 につ いて 考 えを 深 めることができたように 思 う 公 共 委 員 による 司 会 進 行 代 表 者 による 発 表 発 表 を 聞 く 生 徒 発 表 者 の 評 価 をする 生 徒 生 徒 が 評 価 した 結 果 は 発 表 の 内 容 平 均 2.7( 満 点 3) 発 表 の 仕 方 平 均 2.6( 満 点 5) 総 合 評 価 平 均 4.2( 満 点 5)で 総 合 評 価 1 位 の 発 表 者 の 得 点 は4.4であった

19 4 職 場 体 験 活 動 の 成 果 職 場 体 験 活 動 に 対 して 就 業 や 進 学 の 実 態 に 触 れ 自 らの 目 標 を 設 定 し 現 在 の 自 分 を 目 標 達 成 の 過 程 に 位 置 づけていく 姿 勢 (P.1 1 教 科 科 目 公 共 と 職 場 体 験 活 動 の 位 置 づけ 参 照 )の 育 成 につながったかを 知 るために 職 場 体 験 活 動 発 表 会 後 生 徒 に 事 後 アンケートを 行 っ た( 文 書 12) 事 後 アンケート 結 果 質 問 事 項 インターンシッフ 生 徒 の 回 答 シ ョフ シャト ウインク 企 業 見 学 研 修 大 学 研 究 1 あなたはどの 職 場 体 験 をしましたか 7.6 % 49.8 % 29.4 % 13.2 % 大 いに そう 思 う そう 思 う あまり 全 く そう 思 わない そう 思 わない 外 部 講 師 による 事 前 指 導 (ビジネスマナー) 等 は 職 場 体 験 に 役 立 ちましたか 直 前 指 導 ( 体 験 の 要 領 要 点 の 説 明 )は 職 場 体 験 に 役 立 ちましたか 職 場 体 験 の 発 表 会 は 自 分 の 職 場 体 験 を 整 理 し 他 の 職 場 体 験 の 成 果 や 職 場 体 験 に 対 する 他 者 の 視 点 を 共 有 するのに 役 立 ちましたか 事 前 指 導 から 発 表 会 までの 全 体 をとおして 職 場 体 験 活 動 は あなたの 進 路 開 拓 や 学 校 生 活 の 見 直 しに 役 立 ちましたか 今 後 また 職 場 体 験 の 機 会 があれば 参 加 したいと 思 いますか 29.7 % 60.7 % 8.6 % 1.0 % 29.7 % 62.7 % 7.3 % 0.7 % 41.4 % 56.3 % 2.3 % 0.3 % 36.1 % 56.4 % 7.2 % 0.3 % 37.4 % 52.1 % 9.8 % 0.7 % 7 6で 大 いにそう 思 う そう 思 う を 選 んだ 人 で 今 後 参 加 したい 職 場 体 験 は 何 ですか インターンシッフ シ ョフ シャト ウインク 企 業 見 学 研 修 大 学 研 究 25.9 % 25.9 % 16.4 % 23.0 %

20 職 場 体 験 活 動 に 関 するアンケートにおける 生 徒 の 自 由 記 述 は 次 のとおりである 職 場 体 験 活 動 アンケート 自 由 記 述 集 約 生 活 面 において 挨 拶 笑 顔 明 るく 振 る 舞 うなど 他 者 とのコミュニケーションを 積 極 的 に 行 う 周 囲 への 気 配 り 思 いやり 感 謝 協 力 を 大 切 にする 相 手 の 立 場 気 持 ちを 尊 重 していく 行 動 や 言 動 に 責 任 をもって 行 動 する 時 間 や 期 限 を 守 り すばやく 行 動 する 他 者 と 協 力 し 社 会 のため 人 のために 役 立 ちたい 将 来 の 夢 ややりたいことを 早 く 見 つけ 行 動 に 移 したい 相 手 の 立 場 や 気 持 ちを 考 えながら 行 動 する 相 手 の 立 場 気 持 ちを 尊 重 していく 学 習 面 において 計 画 的 に 効 率 的 に けじめをつけて 学 習 に 取 り 組 む 苦 手 科 目 の 克 服 バランスよく 学 習 する こつこつあきらめない 粘 り 強 く 努 力 する 夢 目 標 を 持 って 全 力 で 取 り 組 む 提 出 物 などの 期 限 を 守 る 将 来 を 見 据 え しっかり 勉 強 したい 正 しい 言 葉 遣 いを 身 につけたい 進 路 に 向 けて 勉 強 を 頑 張 る 集 中 力 を 持 って 精 一 杯 学 習 に 取 り 組 む 知 識 を 広 げる 継 続 的 に 勉 強 する 日 々の 授 業 に 真 剣 に 取 り 組 む <アンケート 結 果 分 析 > 職 場 体 験 活 動 における 各 取 組 に 対 する 肯 定 的 評 価 が90%を 超 えていることから 全 体 的 な 計 画 運 営 の 上 で 実 施 する 価 値 があり 成 功 であったと 考 えられる クラス 発 表 や 全 体 発 表 会 に 対 する 肯 定 的 評 価 も90%を 超 えていることから 自 己 の 体 験 の 成 果 を 他 者 に 紹 介 し 他 者 の 体 験 の 成 果 を 聞 く 活 動 を 設 定 したことは 効 果 的 であったと 考 えられる 5 職 場 体 験 活 動 の 課 題 次 年 度 入 学 生 以 降 研 究 開 発 は 終 了 するが 教 科 科 目 公 共 で 得 たノウハウを 総 合 的 学 習 の 時 間 や 学 校 行 事 ロングホームルーム 等 に 取 り 入 れたいと 考 えている そのためにも 今 後 次 の4 点 の 課 題 の 改 善 をめざして 取 り 組 んでいきたい 1 職 場 体 験 活 動 の 受 入 先 事 業 所 の 確 保 新 規 開 拓 活 動 内 容 の 事 前 訪 問 説 明 等 を 充 実 する 2 職 場 体 験 活 動 の 内 容 や 時 期 について 校 内 職 員 へ 早 期 に 周 知 する 3 事 前 指 導 直 前 指 導 の 徹 底 を 図 る 4 体 験 成 果 の 共 有 を 充 実 する

21 1については 生 徒 の 希 望 する 職 種 で 体 験 ができるよう 受 入 事 業 所 特 にジョブシャドウイ ングの 受 入 先 の 確 保 やさらなる 開 拓 が 必 要 である 今 回 の 事 業 所 向 けアンケートから 夏 季 休 業 中 だけでなく 冬 季 休 業 中 や 春 季 休 業 中 にも 職 場 体 験 の 実 施 が 可 能 である とのご 意 見 をいただい たので 依 頼 対 応 や 実 施 時 期 についても 検 討 する また 1 年 次 の 夏 期 休 業 中 における 事 業 所 で の 職 場 体 験 は 働 くとはどういうことかを 体 験 する ことが 目 的 である 本 校 の 生 徒 は 進 学 希 望 者 がほとんどのため 当 初 関 心 がなくても 職 場 体 験 をしているうちに 興 味 が 湧 いてくることも あるため 必 ずしも 体 験 先 が 自 分 の 第 1 希 望 と 合 致 している 必 要 はないと 考 えていたが より 有 意 義 な 活 動 にするためには 生 徒 の 希 望 職 種 に 添 えるように 努 力 する 2については 本 研 究 開 発 は3 年 目 を 迎 えているが 職 場 体 験 活 動 だけでなく 教 科 科 目 公 共 に 係 わる 運 営 全 体 に 対 しても 1 年 次 団 と 関 係 教 員 が 生 徒 を 動 かして 何 かしている 他 の 活 動 に 支 障 があるようなことは 控 えてほしい という 指 摘 があった そこで 全 職 員 にこうい った 活 動 については 学 校 全 体 で 取 り 組 んでいくものであることをより 一 層 周 知 するとともに 補 習 や 部 活 動 の 公 式 試 合 等 への 配 慮 調 整 を 図 り 各 時 期 に 何 をするのかなどの 詳 細 な 情 報 を できるだけ 早 期 に 周 知 するよう 努 める 3については クラス 掲 示 や 事 前 指 導 直 前 指 導 において 文 書 や 口 頭 で 指 導 を 適 切 に 行 った つもりであったが 複 数 の 受 入 事 業 所 の 集 合 場 所 の 指 示 に 不 手 際 があり ご 迷 惑 をおかけするこ とがあった また 受 入 事 業 所 から 生 徒 への 連 絡 マナー 指 導 を 徹 底 してほしい との 要 望 も あった 今 後 は 必 要 事 項 を 記 入 したワークシートの 点 検 や 指 示 したことの 復 唱 確 認 わかりや すい 個 別 案 内 票 の 配 布 等 より 一 層 の 指 導 連 絡 の 徹 底 が 必 要 である 4については 生 徒 の 職 場 体 験 活 動 事 後 アンケート で クラス 発 表 や 全 体 発 表 会 に 対 す る 肯 定 的 評 価 は90%を 超 えており 自 己 の 体 験 の 成 果 を 他 者 に 紹 介 し 他 者 の 体 験 の 成 果 を 聞 く 活 動 を 設 定 したことは 効 果 的 であったと 考 える さらに 体 験 の 情 報 交 換 共 有 ができるよう 職 場 体 験 クラス 発 表 の 前 に 職 場 体 験 活 動 の 発 表 について ( 文 書 10)を 配 布 し 自 分 の 体 験 の 成 果 を 整 理 して 伝 えられるよう 準 備 時 間 を 十 分 に 確 保 するよう 努 める このたびは 本 校 の 教 育 活 動 に 対 しまして ご 理 解 ご 協 力 をいただき 誠 にありがと うございました 今 後 とも よろしくお 願 いいたします

22 参 考 資 料 ( 各 授 業 指 導 案 )

23

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

別 紙 A インターンシップ 事 前 計 画 書 項 目 期 日 指 導 内 容 備 考 担 当 者 履 歴 書 日 下 書 き 正 書 自 己 分 析 シート 日 下 書 き 正 書 アルバイトとインタ ーンシップの 違 い 日 アルバイトとは 何 か インターンシップの 意 義 と 内 容 科

別 紙 A インターンシップ 事 前 計 画 書 項 目 期 日 指 導 内 容 備 考 担 当 者 履 歴 書 日 下 書 き 正 書 自 己 分 析 シート 日 下 書 き 正 書 アルバイトとインタ ーンシップの 違 い 日 アルバイトとは 何 か インターンシップの 意 義 と 内 容 科 4キャリア 教 育 実 践 的 職 業 教 育 キャリア 教 育 就 職 支 援 等 への 取 組 状 況 特 別 講 義 としてキャリア 講 座 を 開 講 し 自 己 分 析 履 歴 書 エントリーシートの 書 き 方 から 面 接 指 導 まで 行 う さらにマナー 講 座 会 社 説 明 会 会 社 訪 問 等 のマナー 作 文 一 般 常 識 試 験 S PI 等 の 対 策 内 定 後

More information

苦情・相談

苦情・相談 苦 情 相 談 報 告 (かなおか 保 育 園 ) 平 成 25 年 度 時 期 申 出 人 苦 情 相 談 の 内 容 対 応 及 び 結 果 医 師 の 指 示 により 薬 を 不 十 分 な 説 明 で 不 快 にさせた 事 につ 預 けていたが 年 度 が 替 わ いて 主 任 が 謝 罪 する る 為 に 一 度 返 された 薬 の 乳 幼 児 期 は 成 長 が 著 しく 体 調 も 変

More information

< F2D91E F E682CC82C882A98BB38EBA817696CA>

< F2D91E F E682CC82C882A98BB38EBA817696CA> H27.10.29 行 事 名 第 5 回 よのなか 教 室 日 時 平 成 27 年 11 月 5 日 ( 木 ) 礼 法 指 導 14:10~16:00 場 所 体 育 館 各 教 室 対 象 者 9 年 生 生 徒 (101 名 ) ね ら い 日 向 市 の よのなか 教 室 の 授 業 に 参 加 することで, 生 徒 たちのキャリア 能 力 を 伸 ばす (1) 今 中 学 校 で 学

More information

5 分 アイスブレイク 10:05~10:10 <やってみよう!> テキスト P 1 回 目 : 何 も 考 えず7 本 の 線 を 自 由 に 書 いてみよ (こちらからの 指 示 は 一 切 ありません) 隣 で 見 比 べてみましょう 2 回 目 : 次 は 虹 を 書 くという 目 的 をも

5 分 アイスブレイク 10:05~10:10 <やってみよう!> テキスト P 1 回 目 : 何 も 考 えず7 本 の 線 を 自 由 に 書 いてみよ (こちらからの 指 示 は 一 切 ありません) 隣 で 見 比 べてみましょう 2 回 目 : 次 は 虹 を 書 くという 目 的 をも 事 前 学 習 ジョブシャドウイング 事 前 学 習 ~ 高 校 ~ 実 施 校 : 高 等 学 校 年 組 予 定 人 数 : 名 担 当 : 講 師 / ーディネーター/ 日 時 : 月 日 ( ) ガイダンス 自 己 紹 介 書 を 書 こう! マッチング マナーについて 教 室 レイアウト:セミナーハウス グループは2 列 で4 人 10Gp. 講 師 入 室 前 にくじ 引 き 事 前 にテキストを

More information

Ⅰ 階 層 別 人 材 養 成 コース 実 践 的 即 戦 力 を 育 てる 人 材 養 成 セミナー 階 層 別 目 的 別 のセミナーで 体 系 的 効 率 的 に 人 材 ( 人 財 )を 育 てることができます 今 年 は 経 営 者 向 けに 無 料 セミナー を 開 催 いたします 研

Ⅰ 階 層 別 人 材 養 成 コース 実 践 的 即 戦 力 を 育 てる 人 材 養 成 セミナー 階 層 別 目 的 別 のセミナーで 体 系 的 効 率 的 に 人 材 ( 人 財 )を 育 てることができます 今 年 は 経 営 者 向 けに 無 料 セミナー を 開 催 いたします 研 宮 城 県 商 工 振 興 協 同 組 合 経 営 者 層 管 理 者 層 中 堅 層 若 手 新 人 目 的 に 合 わせたセミナーでポイントを 説 明 し 実 践 力 を 養 います 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 当 組 合 では 毎 年 組 合 員 はもちろん 地 域 の 中 小 企 業 向 けに 各 種 セミナーを 開 催 しております 今

More information

業 の 予 習 や 復 習 をしている 生 徒 の 割 合 が 少 ないなどの 課 題 が 残 った 今 後 は 生 徒 に 学 習 課 題 を 与 えるなど 生 徒 が 家 庭 学 習 に 取 り 組 みやすいような 工 夫 が 求 められる ア ンケートの 取 り 方 についても 質 問 が 多

業 の 予 習 や 復 習 をしている 生 徒 の 割 合 が 少 ないなどの 課 題 が 残 った 今 後 は 生 徒 に 学 習 課 題 を 与 えるなど 生 徒 が 家 庭 学 習 に 取 り 組 みやすいような 工 夫 が 求 められる ア ンケートの 取 り 方 についても 質 問 が 多 2 各 分 掌 の 反 省 総 務 部 (1) 各 分 掌 学 年 間 の 連 絡 調 整 につとめ 各 種 行 事 の 円 滑 な 実 施 を 図 る (2) PTA 活 動 等 への 参 加 率 向 上 と 広 報 活 動 につとめ 学 校 家 庭 地 域 の 連 携 強 化 を 図 る (3) 全 職 員 の 共 通 理 解 と 連 携 を 深 める 職 員 会 議 の 運 営 に 努 める

More information

<5461726F2D4832328CA48F4395F18D908F9190D490CE2E6A7464>

<5461726F2D4832328CA48F4395F18D908F9190D490CE2E6A7464> 平 成 22 年 度 長 期 社 会 体 験 研 修 報 告 書 研 修 先 : 東 京 電 力 株 式 会 社 群 馬 支 店 群 馬 カスタマーセンター 長 期 社 会 体 験 研 修 員 赤 石 和 男 Ⅰ 東 京 電 力 群 馬 支 店 群 馬 カスタマーセンターにおける 研 修 について 1 研 修 内 容 (1) 研 修 先 の 概 要 東 京 電 力 は 2020ビジョンの 経 営 理

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

平 成 27 年 度 要 覧 神 石 高 原 町 立 来 見 小 広 島 県 神 石 郡 神 石 高 原 町 井 関 2696 Tel Fax URL

平 成 27 年 度 要 覧 神 石 高 原 町 立 来 見 小 広 島 県 神 石 郡 神 石 高 原 町 井 関 2696 Tel Fax URL 教 室 配 置 図 4 年 3 年 2 年 1 年 6 年 5 年 特 支 体 育 館 平 成 27 年 度 要 覧 神 石 高 原 町 立 来 見 小 720-1602 広 島 県 神 石 郡 神 石 高 原 町 井 関 2696 Tel 0847-85-2800 Fax 0847-85-2814 URL http://www.jinsekigun.jp/school/kurumisho/ E-mail

More information

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と 平 成 26 年 度 仙 台 市 確 かな 学 力 研 修 委 員 会 中 学 校 社 会 科 部 会 提 案 授 業 第 2 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 26 年 11 月 1 本 授 業 における 提 案 提 案 1 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 けた 指 導 の 工 夫 領 土 画 定 に 関 わる 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 け,

More information

1 開かれた教育行政の推進

1 開かれた教育行政の推進 平 成 28 年 度 太 田 市 教 育 行 政 方 針 太 田 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 4 月 1 開 かれた 教 育 行 政 の 推 進 (1) 教 育 行 政 の 点 検 評 価 の 実 施 と 情 報 公 開 教 育 委 員 会 が 実 施 した 施 策 の 評 価 を 自 ら 行 い 学 識 経 験 者 の 意 見 を 付 し 作 成 する 点 検 評 価 の 報 告 書

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 採 用 案 内 事 務 / 電 気 / 土 木 ( 平 成 26 年 4 月 採 用 ) 公 社 の 使 命 首 都 東 京 の 都 市 再 生 と 都 市 機 能 の 維 持 増 進 都 民 生 活 の 向 上 に 貢 献 する 道 路 行 政 推 進 への 貢 献 総 合 駐 車 対 策 の 推 進 収 益 の 都 民 社 会 への 還 元 公 社 の 事 業 の 仕 組 み 全 事 業 を 通

More information

目 次 目 次 01 普 通 科 特 進 コースⅠ AⅠ 02 普 通 科 特 進 コースⅡ AⅡ 03 普 通 科 進 学 コース U 04 普 通 科 スポーツコース P 05 国 際 科 特 進 コース K 06 国 際 科 進 学 コース E 07 女 子 生 徒 の 一 日 過 去 3 年

目 次 目 次 01 普 通 科 特 進 コースⅠ AⅠ 02 普 通 科 特 進 コースⅡ AⅡ 03 普 通 科 進 学 コース U 04 普 通 科 スポーツコース P 05 国 際 科 特 進 コース K 06 国 際 科 進 学 コース E 07 女 子 生 徒 の 一 日 過 去 3 年 平 成 27 年 度 入 試 資 料 集 ~ 入 試 説 明 会 オープンスクール( 本 校 主 催 )~ 10 月 4 日 ( 土 ) 10 月 25 日 ( 土 ) 26 日 ( 日 ) 11 月 15 日 ( 土 ) 12 月 6 日 ( 土 ) 第 1 回 入 試 説 明 会 オープンスクール 第 2 回 入 試 説 明 会 第 3 回 入 試 説 明 会 学 校 法 人 大 阪 産 業 大

More information

<4D F736F F D FC194EF8ED28BB388E78EC F18D902E646F63>

<4D F736F F D FC194EF8ED28BB388E78EC F18D902E646F63> 公 民 科 を 中 心 とした 消 費 者 教 育 の 取 組 愛 知 県 立 東 海 南 高 等 学 校 堀 田 庸 平 1 はじめに 本 校 では 2 3 年 生 全 員 が 公 民 科 の 現 代 社 会 を 履 修 し センター 試 験 の 受 験 を 意 識 した 授 業 を 展 開 している そのため 公 民 科 本 来 の 目 標 である 人 間 としてのあり 方 生 き 方 や 公

More information

生 徒 を 生 かすという 意 味 で 強 制 ではなく その 理 由 をもう 一 度 問 う 程 度 に 指 導 も 留 めている それ が 結 果 的 には 地 域 や 保 護 者 先 生 方 も 含 め 気 持 ちよく 挨 拶 ができる 集 団 として 成 長 をしている ところである (2)

生 徒 を 生 かすという 意 味 で 強 制 ではなく その 理 由 をもう 一 度 問 う 程 度 に 指 導 も 留 めている それ が 結 果 的 には 地 域 や 保 護 者 先 生 方 も 含 め 気 持 ちよく 挨 拶 ができる 集 団 として 成 長 をしている ところである (2) 生 徒 を 生 かし 心 を 鍛 える 部 活 動 経 営 について ふじみ 野 市 立 福 岡 中 学 校 篠 原 一 浩 1 主 題 設 定 の 理 由 部 活 動 は 学 級 とは 異 なり 同 じ 集 団 で2 年 半 という 所 属 機 関 に 属 することになる 教 員 にとって も 学 年 を 超 えて 同 じ 集 団 を 見 続 けられる 場 であり また 生 徒 の 成 長 に 長

More information

スライド 1

スライド 1 2014 香 川 県 庁 インターンシップ レポート 目 的 香 川 県 庁 でのインターンシップを 通 して 職 業 観 や 就 労 意 識 の 向 上 を 図 り 自 らの 適 性 適 職 を 考 えるとともに 県 職 員 の 仕 事 の 魅 力 に 触 れ 県 政 への 理 解 の 促 進 を 図 ることを 目 的 として 実 施 しました 参 加 者 36 校 (35 大 学 ( 大 学 院

More information

を 行 うことである オブザーバーという 形 で 3 回 ほど 本 会 議 に 出 席 したが 議 論 が 収 束 し なかったり 気 が 抜 けてしまったりしている 場 面 が 見 受 けられた そういったことのないよ うな 円 滑 な 会 議 を 行 いたい 2 つ 目 は 全 代 会 の 広

を 行 うことである オブザーバーという 形 で 3 回 ほど 本 会 議 に 出 席 したが 議 論 が 収 束 し なかったり 気 が 抜 けてしまったりしている 場 面 が 見 受 けられた そういったことのないよ うな 円 滑 な 会 議 を 行 いたい 2 つ 目 は 全 代 会 の 広 14007 全 学 学 類 専 門 学 群 代 表 者 会 議 第 一 回 本 会 議 議 事 内 容 報 告 作 成 者 : 榎 本 祐 季 日 時 2014 年 4 月 23 日 ( 水 ) 18:30~20:30 場 所 3A204 出 席 全 体 75 定 足 38 出 席 62( 遅 刻 2 名 ) 資 料 確 認 配 布 資 料 一 覧 14001 議 事 次 第 14002 議 案 の

More information

水 野 総 務 部 長 には これから 市 長 選 参 院 選 などで 選 挙 長 職 務 代 理 者 開 票 管 理 者 職 務 代 理 者 を 務 めていただくことになりますが これまでの 多 く 職 場 で 培 った 経 験 を 活 かし 選 挙 事 務 でもご 活 躍 いた だきますよう お

水 野 総 務 部 長 には これから 市 長 選 参 院 選 などで 選 挙 長 職 務 代 理 者 開 票 管 理 者 職 務 代 理 者 を 務 めていただくことになりますが これまでの 多 く 職 場 で 培 った 経 験 を 活 かし 選 挙 事 務 でもご 活 躍 いた だきますよう お 定 例 選 挙 管 理 委 員 会 議 事 録 下 記 のとおり 選 挙 管 理 委 員 会 を 開 催 したので 議 事 の 要 旨 について 記 録 する 1. 日 時 平 成 25 年 4 月 8 日 ( 月 ) 午 後 4 時 55 分 ~ 午 後 5 時 35 分 2. 出 席 者 ( ) 服 部 裕 子 ( 委 員 ) 尾 前 宣 男 村 山 義 信 前 田 早 苗 ( ) 山 本 書

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

「実習」学習指導案

「実習」学習指導案 商 業 科 課 題 研 究 学 習 指 導 案 学 校 名 : 沖 縄 県 立 具 志 川 商 業 高 等 学 校 対 象 : 情 報 システム 科 年 4 組 男 子 6 名 計 6 名 日 : 平 成 6 年 月 4 日 校 場 所 :プログラミング 教 室 単 位 数 : 単 位 授 業 者 : 教 諭 川 満 忍 指 導 者 : 研 究 主 事 與 那 覇 さゆり 単 元 名 市 場 調 査

More information

Microsoft Word - 資料内容2.doc

Microsoft Word - 資料内容2.doc 第 4 回 平 成 24 年 12 月 10 日 ( 月 ) 15:00~ 神 戸 市 総 合 教 育 センター 会 次 第 1 開 会 2 企 業 連 携 について 講 師 : 楽 天 株 式 会 社 執 行 役 員 黒 坂 三 重 様 3 議 題 (1) 新 商 業 高 校 の 基 本 計 画 作 業 部 会 からの 報 告 を 受 けて 1 コンセプト 2 教 育 目 標 3 重 点 目 標

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

意欲を育み 未来を拓く おおた教育振興プラン2014 平成26年度 平成30年度 大田区教育委員会 はじめに 大 田 区 教 育 委 員 会 は 大 田 区 基 本 構 想 に 掲 げる 区 の 将 来 像 の 実 現 をめざすとともに 国 が 掲 げる 教 育 の 目 的 理 念 にのっとり 平 成 21 年 6 月 に 教 育 目 標 を 定 め あわせ て この 教 育 目 標 を 実 現

More information

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊 日 韓 における 自 尊 心 競 争 心 見 栄 の 度 合 いによる 親 の 子 供 に 対 する 教 育 熱 の 度 合 い 著 者 朝 緑 明 子 井 本 拓 希 宋 熹 允 山 下 裕 一 朗 所 属 先 慶 應 義 塾 大 学 経 済 学 部 1 要 約 日 本 では 昨 今 熾 烈 な 大 学 受 験 戦 争 が 起 きている しかし その 戦 争 に 勝 利 して 有 名 大 学 に

More information

ご 挨 拶 平 素 はネパール 野 球 ラリグラスの 会 に 温 かいご 支 援 を 賜 りましてありがと うございます 2015 年 度 のラリグラス 通 信 の 発 行 にあたり 一 言 ご 挨 拶 を 申 し 上 げたいと 思 います さて 2015 年 は 当 会 にとって 波 乱 の 年

ご 挨 拶 平 素 はネパール 野 球 ラリグラスの 会 に 温 かいご 支 援 を 賜 りましてありがと うございます 2015 年 度 のラリグラス 通 信 の 発 行 にあたり 一 言 ご 挨 拶 を 申 し 上 げたいと 思 います さて 2015 年 は 当 会 にとって 波 乱 の 年 野 球 から 広 がる 笑 顔 の 輪 ご 挨 拶 平 素 はネパール 野 球 ラリグラスの 会 に 温 かいご 支 援 を 賜 りましてありがと うございます 2015 年 度 のラリグラス 通 信 の 発 行 にあたり 一 言 ご 挨 拶 を 申 し 上 げたいと 思 います さて 2015 年 は 当 会 にとって 波 乱 の 年 となりました ご 承 知 のとお り 2015 年 4 月 25

More information

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢 平 成 27 年 9 月 0 日 関 係 者 各 位 学 校 法 人 工 藤 学 園 理 事 長 工 藤 典 子 平 成 26 年 度 愛 犬 美 容 看 護 専 門 学 校 自 己 点 検 評 価 報 告 書 の 公 表 について 平 成 26 年 度 の 自 己 点 検 評 価 結 果 をまとめましたので 公 表 いたします 今 後 は 結 果 にある 改 善 事 項 等 を 真 摯 に 受 け

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

(記載例2)仕事太郎(評価シート入)

(記載例2)仕事太郎(評価シート入) 記 載 例 (2 回 目 ) ジョブ カード 様 式 1 履 歴 シート 1 E-mail アドレス 昭 和 平 成 57 年 10 月 15 日 生 ( 27 歳 ) 男 女 現 住 所 職 務 経 歴 とうきょうとちよだくかすみがせき 100-8916 - 同 上 ( 電 話 ) 印 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1-2-2 ( 電 話 ) しごと たろう 氏 名 仕 事 太 郎 連

More information

( 学 校 )10 校 では 英 語 教 育 についてかなりクローズアップしている (TOEFL) ( 委 員 )TOEFLは 府 全 体 で 力 を 入 れているのか ( 学 校 ) 府 全 体 で 力 を 入 れている ( 学 校 )リーダー 育 成 においては 発 信 力 や 自 ら 考 える

( 学 校 )10 校 では 英 語 教 育 についてかなりクローズアップしている (TOEFL) ( 委 員 )TOEFLは 府 全 体 で 力 を 入 れているのか ( 学 校 ) 府 全 体 で 力 を 入 れている ( 学 校 )リーダー 育 成 においては 発 信 力 や 自 ら 考 える 平 成 25 年 度 第 1 回 大 阪 府 立 豊 中 高 等 学 校 協 議 会 記 録 日 時 平 成 25 年 6 月 26 日 ( 水 )16:00~18:00 場 所 校 長 室 出 席 者 ( 敬 称 略 ) 大 津 真 作 甲 南 大 学 教 授 高 原 勇 巳 塾 取 締 役 社 長 奥 井 泰 伸 上 野 小 学 校 校 長 事 務 局 校 長 教 頭 事 務 長 中 井 羽 柿

More information

<短期間(30日以下)の派遣就業を希望される派遣労働者の皆様へ>

<短期間(30日以下)の派遣就業を希望される派遣労働者の皆様へ> < 短 期 間 (30 日 以 下 )の 派 遣 就 業 を 希 望 される 派 遣 労 働 者 の 皆 様 へ> 保 管 用 平 成 24 年 の 労 働 者 派 遣 法 の 改 正 により 労 働 契 約 の 期 間 が 30 日 以 下 の 短 期 間 の 派 遣 ( 以 下 日 雇 派 遣 と いう ) が 原 則 として 禁 止 となりました 但 し 以 下 の 要 件 に 該 当 する

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

1 自 分 で 歯 磨 きをして 出 来 ないところがあったので 職 員 に 手 伝 ってほしいと 頼 んだのに 自 分 で 頑 張 るように 言 われた できないから 頼 んだのに どうしてしてもらえないのか? 不 快 な 思 いをさせてしまい 大 変 申 し 訳 ありませんでした 今 まで 歯 磨 きは 自 分 で 磨 いている 方 な ので ご 本 人 の 話 を 十 分 に 聞 かずに 出

More information

Taro-shakai.jtd

Taro-shakai.jtd 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 21 年 11 月 11 日 5 校 時 場 所 : 第 3 学 年 3 組 教 室 授 業 者 : 教 諭 梅 津 卯 1 単 元 名 わたしたちの 生 活 と 経 済 2 単 元 の 目 標 (1) 経 済 活 動 の 意 義 や 生 産 流 通 消 費 といった 経 済 のおおまかなしくみを, 身

More information

平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 ( 見 学 会 )のご 案 内 拝 啓 仲 秋 の 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます この 度 主 催 による 下 記 見 学 会 を 開 催 する

平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 ( 見 学 会 )のご 案 内 拝 啓 仲 秋 の 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます この 度 主 催 による 下 記 見 学 会 を 開 催 する 平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 送 付 のご 案 内 拝 啓 菊 薫 る 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます の 皆 様 には 平 素 は 格 別 のご 厚 誼 にあずかり 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 として 見 学 会 総 会 懇 親 会 を 開 催 いたしますの

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

趣 旨 学 生 が 国 際 社 会 の 中 で 社 会 人 としてのスキルを 身 に 付 け, 教 養 を 深 めて 高 い 見 識 を 持 ち, 豊 かな 人 間 性 を 培 うために 共 通 教 育 の 役 割 は 大 きい.そのため, 共 通 教 育 の 今 後 の 充 実 が 望 まれる.そ

趣 旨 学 生 が 国 際 社 会 の 中 で 社 会 人 としてのスキルを 身 に 付 け, 教 養 を 深 めて 高 い 見 識 を 持 ち, 豊 かな 人 間 性 を 培 うために 共 通 教 育 の 役 割 は 大 きい.そのため, 共 通 教 育 の 今 後 の 充 実 が 望 まれる.そ 平 成 25 年 度 新 しい 共 通 教 育 について 語 り 合 う 会 フクトーーク 報 告 書 主 催 福 山 大 学 大 学 教 育 センター ( 全 学 共 通 教 育 部 門 ) 平 成 26 年 3 月 趣 旨 学 生 が 国 際 社 会 の 中 で 社 会 人 としてのスキルを 身 に 付 け, 教 養 を 深 めて 高 い 見 識 を 持 ち, 豊 かな 人 間 性 を 培 うために

More information

スライド 1

スライド 1 調 査 方 法 :インターネットアンケート 調 査 期 間 :2009 年 1 月 23 日 ~2 月 5 日 調 査 対 象 :ぱど 読 者 モニター ぱどめいと 回 答 人 数 614 人 神 奈 川 県 在 住 の 高 校 生 以 下 のお 子 さまをお 持 ちの 20~50 代 の 女 性 未 入 園 ~ 小 学 生 以 下 の 習 い 事 通 塾 幼 稚 園 小 学 校 受 験 などなど

More information

Microsoft Word - しおり_修正.doc

Microsoft Word - しおり_修正.doc あなたの 職 場 のトラブル 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 に あっせん 申 立 てしてみませんか? 法 務 大 臣 認 証 厚 生 労 働 大 臣 指 定 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 徳 島 市 南 末 広 町 5 番 8-8 号 徳 島 経 済 産 業 会 館 ( KIZUNAプラザ ) 2 階 徳 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会

More information

静 岡 聖 光 学 院 11 年 東 京 入 試 要 項 Ⅰ 期 1 月 8 日 2 科 4 科 セントメリーズ インターナショナルスクール( 世 田 谷 区 瀬 田 ) Ⅲ 期 2 月 9 日 2 科 4 科 人 事 労 務 会 館 ( 品 川 区 大 崎 )

静 岡 聖 光 学 院 11 年 東 京 入 試 要 項 Ⅰ 期 1 月 8 日 2 科 4 科 セントメリーズ インターナショナルスクール( 世 田 谷 区 瀬 田 ) Ⅲ 期 2 月 9 日 2 科 4 科 人 事 労 務 会 館 ( 品 川 区 大 崎 ) NO.348 2010 年 9 月 25 日 アクセス 教 育 情 報 センター 目 次 学 校 情 報 学 校 情 報 公 開 模 試 情 報 教 育 情 報 その 他 浅 野 中 東 京 女 子 学 園 首 都 圏 模 試 9 月 土 曜 授 業 復 活 へ 名 言 迷 言 冥 言 海 陽 学 園 合 同 説 明 会 小 中 高 学 校 調 査 英 才 教 育 静 岡 聖 光 学 院 教 育 への

More information

琴平町立琴平中学校 外3校 報告書(要約)

琴平町立琴平中学校 外3校 報告書(要約) 37 香 川 県 琴 平 町 立 琴 平 中 学 校 外 3 校 21~23 平 成 23 度 研 究 開 発 実 施 報 告 書 ( 要 約 ) 1 研 究 開 発 課 題 郷 土 を 愛 し,まちづくりに 主 体 的 に 参 画 できる 子 どもを 地 域 と 一 体 となって 育 てることをめざした 研 究 開 発 2 研 究 の 概 要 小 中 学 校 9 間 を 通 して, 発 達 段 階

More information

9.島根大学グループにおける事例

9.島根大学グループにおける事例 島 根 大 学 におけるインターンシップの 事 例 授 業 科 目 名 : 就 業 体 験 (1 単 位 ) 実 習 先 企 業 等 : 株 式 会 社 めのや 実 習 場 所 : 島 根 県 松 江 市 参 加 対 象 者 : 法 文 学 部, 教 育 学 部, 生 物 資 源 科 学 部, 総 合 理 工 学 部 2~3 年 生 実 習 期 間 :8 月 実 習 日 数 :8 日 この 取 組

More information

20 年 7 月 に これから 10 年 の 基 本 計 画 を 策 定 したばかりです その 総 合 計 画 の 体 系 が 前 提 になると 思 うが そこのつくりによって 我 々の 評 価 のやり 方 も 書 き 方 も 変 ってくる 評 価 と 計 画 を 上 手 い 具 合 につなげる 必

20 年 7 月 に これから 10 年 の 基 本 計 画 を 策 定 したばかりです その 総 合 計 画 の 体 系 が 前 提 になると 思 うが そこのつくりによって 我 々の 評 価 のやり 方 も 書 き 方 も 変 ってくる 評 価 と 計 画 を 上 手 い 具 合 につなげる 必 平 成 20 年 度 第 1 回 行 革 推 進 委 員 会 会 議 録 日 時 / 平 成 20 年 9 月 16 日 ( 火 ) 午 後 3 時 ~4 時 40 分 場 所 / 文 化 会 館 3 階 中 会 議 室 出 席 者 / 北 大 路 会 長 和 田 副 会 長 淡 路 委 員 加 藤 委 員 宮 﨑 委 員 下 川 委 員 仲 澤 委 員 根 津 委 員 の 全 8 名 が 出 席

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

当 日 配 布 資 料 にて 説 明 会 見 第 二 小 学 校 計 画 訪 問 について 別 添 資 料 にて 説 明 法 中 校 区 のALT 交 代 について 平 成 27 年 7 月 27 日 から 交 代 中 学 校 職 場 体 験 について 別 添 資 料 P13の 説 明 4 人 権

当 日 配 布 資 料 にて 説 明 会 見 第 二 小 学 校 計 画 訪 問 について 別 添 資 料 にて 説 明 法 中 校 区 のALT 交 代 について 平 成 27 年 7 月 27 日 から 交 代 中 学 校 職 場 体 験 について 別 添 資 料 P13の 説 明 4 人 権 平 成 27 年 6 月 第 9 回 教 育 会 議 事 録 開 催 日 時 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 5 時 06 分 開 催 場 所 南 部 町 役 場 天 萬 庁 舎 2F 会 議 室 出 席 佐 藤 長 細 田 森 岡 井 上 永 江 説 明 員 板 持 教 育 清 水 総 務 学 校 教 育 書 記 渡 邊 欠 席 なし 開 会

More information

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表 会 議 録 (1) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 平 成 26 年 桶 川 市 教 育 会 第 10 回 定 例 会 平 成 26 年 10 月 28 日 ( 火 ) ( 開 会 ) 午 後 2 時 00 分 ( 閉 会 ) 午 後 4 時 30 分 開 催 場 所 地 域 福 祉 活 動 センター 会 議 室 1 2 出 席 者 欠 席 者 6 名 なし 議 長 長 傍 聴 なし 職 員 職

More information

「いまどきの子供」が考えていることって?「小学生の生活意識」に関する最新報告

「いまどきの子供」が考えていることって?「小学生の生活意識」に関する最新報告 HAKUHODO Information Note VOL.7 2002.4.15 いまどきの 子 供 が 考 えていることって? 小 学 生 の 生 活 意 識 に 関 する 最 新 報 告 です 博 報 堂 子 供 マーケット 開 拓 プロジェクト( 通 称 K MAP)は 2000 年 10 月 より 子 供 た ちの 意 識 や 志 向 消 費 行 動 等 について 調 査 研 究 を 中

More information

187 家 族 249 家 族 がすべて 315 自 分 の 健 康 家 族 の 健 康 188 平 和 安 定 した 生 活 250 自 分 にかかわる 人 達 316 仕 事 お 金 友 人 189 家 族 251 友 人 両 親 317 家 族 190 自 分 と 家 族 の 命 と 幸 福

187 家 族 249 家 族 がすべて 315 自 分 の 健 康 家 族 の 健 康 188 平 和 安 定 した 生 活 250 自 分 にかかわる 人 達 316 仕 事 お 金 友 人 189 家 族 251 友 人 両 親 317 家 族 190 自 分 と 家 族 の 命 と 幸 福 問 49 あなたにとって 一 番 大 切 と 思 うものは 何 ですか (サンプルNo., 回 答 ) 1 自 分 63 家 族 125 2 家 族 64 命 126 3 両 親 65 家 族 127 身 内 4 家 族 66 命 128 家 族 5 家 族 67 家 族 129 命 6 自 分 の 心 68お 金 130 命 7 家 族 69 健 康 131 環 境 8ペット( 猫 ) 70 健

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303730348179837A815B83808379815B83578C668DDA9770817A89CE8DD095DB8CAF82CC934B90B382C895E58F5791D490A8939982C982A982A982E9935F8C9F8C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303730348179837A815B83808379815B83578C668DDA9770817A89CE8DD095DB8CAF82CC934B90B382C895E58F5791D490A8939982C982A982A982E9935F8C9F8C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 各 位 平 成 20 年 7 月 4 日 明 治 安 田 損 害 保 険 株 式 会 社 火 災 保 険 の 適 正 な 募 集 態 勢 等 にかかる 点 検 結 果 について 明 治 安 田 損 害 保 険 株 式 会 社 ( 社 長 山 本 和 雄 )は ご 契 約 にあたっての 適 切 な 業 務 運 営 をより 徹 底 する 観 点 から 平 成 18 年 12 月 より 火 災 保 険 の

More information

Microsoft Word - 会報(第14号).doc

Microsoft Word - 会報(第14号).doc 第 14 号 (2014 年 9 月 15 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 26 年 度 ( 第 5 回 ) 総 会 懇 親 会 の 開 催 状 況 について 2. 広 島 大 学 マスターズ( 東 広 島 )の 平 成 26 年 度 総 会 懇 親 会 に 出 席 して 事 務 局 幹 事 松 水 征 夫 3. 第 8 回 広 島 大 学

More information

Microsoft Word - 2012年度地震・防災訓練総括.doc

Microsoft Word - 2012年度地震・防災訓練総括.doc 2012 年 度 愛 知 大 学 全 学 地 震 防 災 訓 練 総 括 1. 目 的 と 概 要 2012 年 度 の 地 震 防 災 訓 練 は 東 日 本 大 震 災 を 教 訓 とし 名 古 屋 校 舎 は 授 業 中 の 大 規 模 地 震 及 び それに 伴 う 津 波 発 生 を 想 定 した また 車 道 校 舎 及 び 豊 橋 校 舎 は 授 業 中 の 大 規 模 地 震 及 びそれ

More information

先進的科学技術・理科教育推進委託事業

先進的科学技術・理科教育推進委託事業 様 式 1 学 校 名 愛 知 県 立 豊 田 工 業 高 等 学 校 平 成 26 年 度 スーパー プロフェッショナル ハイスクール 事 業 計 画 書 Ⅰ 委 託 事 業 の 内 容 1. 研 究 開 発 課 題 名 将 来 の 日 本 のものづくり 産 業 の 柱 となる 航 空 宇 宙 産 業 次 世 代 自 動 車 産 業 を 担 う 中 核 的 専 門 人 材 を 育 成 するため 地

More information

大地の恵みと海の幸、心ひとつに希望のまち

大地の恵みと海の幸、心ひとつに希望のまち 大 地 の 恵 みと 海 の 幸 心 ひとつに 希 望 のまち な か ど ま り ふ る さ と 納 税 Q & A 青 森 県 中 泊 町 総 務 課 Q1 ふるさと 納 税 とは 何 ですか A.ふるさと 納 税 制 度 は 自 ら 生 まれ 育 った 地 域 や 関 わりが 深 い 地 域 を 応 援 したいとい う みなさんの 想 いにお 応 えするもので 応 援 したいとお 考 えの 市

More information

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 各 部 局 の 具 体 的 な 取 り 組 み 行 財 政 改 善 懇 談 会 資 料 4 平 成 15 年 3 月 27 日 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 取 り 組 み 各 局 室 区 における 災 害 事 故 発 生 を 想 定 した 図 上 訓 練 の 実 施 危 機 管 理 研 修 の 実 施 危 機 管 理 公 正 さの 確 保 全

More information

Microsoft Word - N0912.doc

Microsoft Word - N0912.doc 日 本 骨 髄 バンクの 現 状 ( 平 成 21 年 11 月 末 現 在 ) 10 月 11 月 現 在 数 累 計 数 ドナー 登 録 者 数 4,345 3,110 352,047 449,049 患 者 登 録 者 数 179 243 2,527 29,002 骨 髄 移 植 例 数 107 126-11,178 20 歳 未 満 のドナー 登 録 者 数 11 月 237 人 合 計 11,126

More information

Taro-新20120327_第13回経営協議

Taro-新20120327_第13回経営協議 平 成 23 年 度 第 13 回 経 営 協 議 会 議 事 概 要 日 時 平 成 24 年 3 月 27 日 ( 火 )13:30~15:15 場 所 第 一 会 議 室 出 席 者 別 紙 のとおり 本 学 の 活 動 状 況 について 学 長 から, 議 事 に 先 立 ち, 前 回 会 議 以 降 の 本 学 の 活 動 状 況 について, 資 料 に 基 づき, 報 告 があった 議

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

4 派 遣 者 から 一 言 船 曳 文 洋 先 生 船 曳 先 生 は, 岡 山 市 教 育 委 員 会 から シニア 派 遣 としてコロンバス 日 本 語 補 習 校 の 教 頭 として 派 遣 されます 以 前 はバンコク 日 本 人 学 校 に 勤 務 し ていました 今 回 の 文 科 省

4 派 遣 者 から 一 言 船 曳 文 洋 先 生 船 曳 先 生 は, 岡 山 市 教 育 委 員 会 から シニア 派 遣 としてコロンバス 日 本 語 補 習 校 の 教 頭 として 派 遣 されます 以 前 はバンコク 日 本 人 学 校 に 勤 務 し ていました 今 回 の 文 科 省 平 成 27 年 度 海 外 派 遣 教 員 を 励 ます 集 い 平 成 27 年 2 月 28 日 ( 土 ) 平 成 27 年 2 月 28 日 ( 土 )に 上 記 の 会 が, 岡 山 アークホテル1Fレストラン ラ ペ ーシュ で 開 かれました 岡 山 駅 の 近 くで, 便 利 が 良 く, 貸 し 切 りでも 良 心 的 な 料 金 のた め, 本 会 の 行 事 としておなじみの

More information

平成21年2月23日

平成21年2月23日 Ⅰ 平 成 21 年 度 由 布 市 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 に 係 る 研 究 1 連 携 対 象 校 由 布 市 立 湯 布 院 中 学 校 由 布 市 立 庄 内 中 学 校 由 布 市 立 挾 間 中 学 校 大 分 県 立 由 布 高 等 学 校 2 連 携 校 のめざす 生 徒 像 確 かな 学 力 と 豊 かな 人 間 性 を 身 につけ 自 己 実 現 に 積 極 的 に

More information

平 成 1 8 年 度 シ ー ト 企 画 政 策 部 行 政 改 革 推 進 課 の 長 課 長 今 吉 俊 郎 < 事 務 改 善 > 1 課 内 勉 強 会 を 定 期 的 に 実 施 し, 情 報 を 共 有 する ( 隔 週 実 施 ) 2 基 礎 的 データを 共 有 する ( 整 理

平 成 1 8 年 度 シ ー ト 企 画 政 策 部 行 政 改 革 推 進 課 の 長 課 長 今 吉 俊 郎 < 事 務 改 善 > 1 課 内 勉 強 会 を 定 期 的 に 実 施 し, 情 報 を 共 有 する ( 隔 週 実 施 ) 2 基 礎 的 データを 共 有 する ( 整 理 別 紙 2 の 長 平 成 1 8 年 度 シ ー ト 企 画 政 策 課 末 永 隆 光 1 グループ 制 導 入 による 柔 軟 な 事 務 処 理 体 制 の 構 築 平 成 18 年 7 月 改 善 定 例 的 な 事 務 改 善 検 証 : 現 場 研 修 等 2 挨 拶 の 励 行 実 施 中 毎 朝 始 業 前 に 職 員 輪 番 制 の 朝 の 挨 拶 実 施 全 課 員 元 気 よく

More information

平成18年度学校経営計画(案)

平成18年度学校経営計画(案) 平 成 27 年 度 東 京 都 立 松 が 谷 高 等 学 校 学 校 経 営 報 告 28 松 が 谷 高 第 1352 号 平 成 28 年 3 月 31 日 校 長 平 野 篤 士 1 今 年 度 の 取 組 目 標 と 自 己 評 価 (1) 学 力 を 充 実 させ 生 徒 一 人 ひとりの 希 望 進 路 の 実 現 を 図 れる 学 校 学 校 経 営 計 画 に 基 づき 以 下

More information

日本赤十字社は、社法(日本赤十字社法)の中で

日本赤十字社は、社法(日本赤十字社法)の中で First Aid & Water Safety 平 成 26 年 4 月 改 訂 日 本 赤 十 字 社 京 都 府 支 部 は じ め に 平 素 は 赤 十 字 の 各 種 事 業 の 推 進 にご 理 解 とご 協 力 をいただき 誠 に ありがとうございます この 資 料 は 当 支 部 が 普 及 を 進 めております 赤 十 字 救 急 講 習 ( 救 急 法 水 上 安 全 法 )について

More information

志望校別特訓

志望校別特訓 ベテラン 講 師 によるTTC 指 導 でランクアップ 中 3 生 対 象 志 望 校 別 特 訓 少 人 数 指 導 で 志 望 校 合 格! 9 月 開 講 10 月 からの 受 講 も 承 っております 印 のコースは 会 場 模 試 の 偏 差 値 で 基 準 を 超 えていれば 受 講 できます ( 偏 差 値 を 示 す 資 料 をお 持 ちでない 場 合 は 選 抜 テストを 随 時

More information

6 校 長 面 接 時 に 必 要 な 書 類 書 類 は 面 接 の 当 日 学 生 が 持 参 してください 大 学 から 事 前 に 実 習 校 へ 郵 送 する 場 合 は その 旨 を 実 習 校 にあらかじめお 伝 えください (1) 教 育 実 習 面 接 依 頼 書 様 式 は 任

6 校 長 面 接 時 に 必 要 な 書 類 書 類 は 面 接 の 当 日 学 生 が 持 参 してください 大 学 から 事 前 に 実 習 校 へ 郵 送 する 場 合 は その 旨 を 実 習 校 にあらかじめお 伝 えください (1) 教 育 実 習 面 接 依 頼 書 様 式 は 任 平 成 28 年 度 ( 平 成 29 年 度 実 施 ) 横 浜 市 教 育 実 習 システムガイド( 一 般 大 学 用 ) 平 成 28 年 度 ( 平 成 29 年 度 実 施 )の 教 育 実 習 の 申 請 手 順 は 次 のとおりです 学 生 への 周 知 及 び 御 指 導 をお 願 いいたします なお 前 年 度 とは 異 なる 部 分 もございますので 本 システムガイドをよく

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

には 学 院 創 立 記 念 130 周 年 2016 年 には 校 友 会 ( 卒 業 生 の 会 ) 山 桜 会 創 立 100 周 年 追 手 門 学 院 大 学 創 立 50 周 年 を 迎 えることになるのです まさに 周 年 事 業 が 目 白 押 しですね 学 校 は 生 徒 保 護

には 学 院 創 立 記 念 130 周 年 2016 年 には 校 友 会 ( 卒 業 生 の 会 ) 山 桜 会 創 立 100 周 年 追 手 門 学 院 大 学 創 立 50 周 年 を 迎 えることになるのです まさに 周 年 事 業 が 目 白 押 しですね 学 校 は 生 徒 保 護 追 中 通 信 ~ 共 に 高 めあい 共 に 学 ぶ~ 平 成 27 年 4 月 9 日 追 手 門 学 院 中 学 校 第 1 号 春 陽 の 候 保 護 者 の 皆 様 におかれましては 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 本 日 新 年 度 の 始 業 式 対 面 式 が 行 われました 第 49 期 生 を 新 1 年 生 として 迎 え 今 年 度 の 中 学 全

More information

調 査 概 要 1. 調 査 の 目 的 職 業 等 に 関 する 新 入 社 員 の 意 識 状 況 を 調 査 し 傾 向 を 把 握 すること 2. 調 査 期 間 平 成 28 年 3 月 18 日 ~4 月 20 日 3. 調 査 対 象 平 成 28 年 春 の 新 入 社 員 で 当

調 査 概 要 1. 調 査 の 目 的 職 業 等 に 関 する 新 入 社 員 の 意 識 状 況 を 調 査 し 傾 向 を 把 握 すること 2. 調 査 期 間 平 成 28 年 3 月 18 日 ~4 月 20 日 3. 調 査 対 象 平 成 28 年 春 の 新 入 社 員 で 当 平 成 28 年 5 月 30 日 2016 年 度 九 州 山 口 地 区 の 新 入 社 員 意 識 調 査 アンケート 結 果 ~ 安 定 志 向 ~ 西 日 本 シティ 銀 行 グループの NCB リサーチ&コンサルティングは 毎 年 新 入 社 員 を 対 象 とした 公 開 セミナー 及 び 企 業 内 研 修 を 実 施 しています 今 般 本 年 度 のセミナー 及 び 研 修 に

More information

学部生とは違う院生の 就職事情を知る

学部生とは違う院生の 就職事情を知る 震 災 後 の 就 職 活 動 の 進 め 方 ~ 大 学 院 生 の 就 職 活 動 と 研 究 活 動 の 進 め 方 ~ * 本 資 料 は2011 年 5 月 19 日 に 東 北 大 学 にて 開 催 されたセミナー 資 料 です 1 第 一 部 トラブル 発 生 不 測 の 事 態 発 生 時 の 対 処 方 法 ~ 就 職 活 動 と 研 究 活 動 両 立 のポイント~ 第 二 部

More information

4 県 立 山 形 北 高 等 校 ( 全 日 制 ) 音 楽 科 音 楽 に 関 しての 幅 広 い 興 味 と 関 心 を 有 し 向 上 心 を 持 って 習 する 生 徒 生 涯 に 渡 って 音 楽 を 愛 好 し 豊 かな 人 間 性 と 確 かな 実 力 を 備 えた 生 徒 明 確

4 県 立 山 形 北 高 等 校 ( 全 日 制 ) 音 楽 科 音 楽 に 関 しての 幅 広 い 興 味 と 関 心 を 有 し 向 上 心 を 持 って 習 する 生 徒 生 涯 に 渡 って 音 楽 を 愛 好 し 豊 かな 人 間 性 と 確 かな 実 力 を 備 えた 生 徒 明 確 2 県 立 山 形 南 高 等 校 ( 全 日 制 ) 理 数 科 理 数 科 の 習 に 対 する 強 い 意 欲 と 理 数 科 に 対 する 興 味 関 心 を 有 するとと もに 数 理 科 英 語 の 習 に 対 する 興 味 関 心 を 有 し 将 来 理 工 系 の 研 究 医 師 等 を 目 指 す 意 識 が 明 確 適 切 で 将 来 さらに 高 度 な 専 門 分 野 の 教

More information

構 成 機 関 による 行 政 サービス 改 善 取 組 事 例 本 資 料 は 広 島 地 域 さわやか 行 政 サービス 推 進 協 議 会 の 構 成 機 関 からご 報 告 いただ いた 行 政 サービスの 改 善 事 例 ( 最 近 新 たに 実 施 した 取 組 のほか 従 来 から 継

構 成 機 関 による 行 政 サービス 改 善 取 組 事 例 本 資 料 は 広 島 地 域 さわやか 行 政 サービス 推 進 協 議 会 の 構 成 機 関 からご 報 告 いただ いた 行 政 サービスの 改 善 事 例 ( 最 近 新 たに 実 施 した 取 組 のほか 従 来 から 継 5 月 は さわやか 行 政 サービス 推 進 月 間 です 1 さわやか 行 政 サービス 運 動 とは さわやか 行 政 サービス 運 動 とは 昭 和 63 年 1 月 26 日 付 け 閣 議 決 定 に 基 づき 国 民 の 立 場 に 立 った 親 切 で 真 心 のこもった 行 政 を 実 現 するため 国 の 行 政 機 関 や 独 立 行 政 法 人 等 において 行 政 サービスの

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

本 人 への 呼 び 方 で 下 の 名 前 を 呼 ばれている 人 と 名 字 で 呼 ばれている 人 とでは 職 員 の 方 の 思 い 入 れや 距 離 が 違 うのかと 思 うことがあります 貴 重 なご 意 見 ありがとうございます 当 事 業 所 ではご 利 用 者 様 に 敬 意 を

本 人 への 呼 び 方 で 下 の 名 前 を 呼 ばれている 人 と 名 字 で 呼 ばれている 人 とでは 職 員 の 方 の 思 い 入 れや 距 離 が 違 うのかと 思 うことがあります 貴 重 なご 意 見 ありがとうございます 当 事 業 所 ではご 利 用 者 様 に 敬 意 を 平 成 25 年 度 サービス 満 足 度 調 査 に 対 する 返 答 について 事 業 所 名 :ブルー.キャンパス 職 員 の 対 応 について 利 用 者 の 担 当 職 員 以 外 も 挨 拶 をするべきだと 思 います 大 変 不 愉 快 な 思 いをされたことと 思 います 誠 に 申 し 訳 ございませんでした 陳 謝 申 し 上 げます 今 後 職 員 の 指 導 育 成 により

More information

厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ の 手 続 き 解 説 等 について 問 4 何 か 手 続 きが 必 要 になりますか うぐいす 色 の 封 筒 が 届 きました 方 お 知 らせをご 確 認 いただき もれ や 誤 り がある 場 合 は 同 封 してお ります 年 金 記 録

厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ の 手 続 き 解 説 等 について 問 4 何 か 手 続 きが 必 要 になりますか うぐいす 色 の 封 筒 が 届 きました 方 お 知 らせをご 確 認 いただき もれ や 誤 り がある 場 合 は 同 封 してお ります 年 金 記 録 厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ の 概 要 について 問 1 厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ とは 何 ですか 厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ は 保 険 料 の 計 算 の 基 となる 標 準 報 酬 月 額 が 事 実 と 異 なっている 場 合 があるとのご 指 摘 があり 現 役 加 入 者 の 方 には ねんきん 定 期 便 でご 確 認 いただいているところですが

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F30365F834F838B815B837693A28B638C8B89CA8169837C8358835E815B94B282AB816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F30365F834F838B815B837693A28B638C8B89CA8169837C8358835E815B94B282AB816A2E646F6378> 大 学 評 価 担 当 者 集 会 2013 第 一 分 科 会 評 価 と IR: 活 用 編 計 画 2-2: 習 熟 度 別 学 習 を 充 実 させて 英 語 コミュニケーション 力 を 向 上 させる 一 方 で 本 学 では グローバル 化 を 踏 まえ 平 成 20 年 度 に 学 長 が 英 語 でのコミュニケーション 能 力 の 涵 養 を 重 視 する 方 針 を 打 ち 出 した

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業 平 成 27 年 度 第 3 回 宮 崎 県 立 図 書 館 協 議 会 議 事 録 期 日 平 成 28 年 3 月 23 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 から12 時 00 分 まで 場 所 宮 崎 県 立 図 書 館 2 階 研 修 室 委 員 議 長 : 根 岸 裕 孝 委 員 委 員 : 川 邊 英 樹 委 員 ( 副 議 長 ) 足 立 泰 二 委 員 江 田 正 和 委 員

More information

<313691B2834183938350815B836731353032288376838C8358838A838A815B83589770292E786C7378>

<313691B2834183938350815B836731353032288376838C8358838A838A815B83589770292E786C7378> 2016 年 卒 ブンナビ 学 生 アンケート(2015 年 2 月 [ 就 活 解 禁 直 前 ] 実 施 )の 調 査 結 果 を 発 表 就 職 解 禁 前 だが すでに 選 考 に 参 加 している 学 生 が3 割 株 式 会 社 文 化 放 送 キャリアパートナーズ( 本 社 : 東 京 都 港 区 社 長 : 竹 村 勝 彦 )は 2016 年 卒 業 予 定 の 学 生 を 対 象

More information

②(とけこみ)260930 キャリア形成促進助成金Q&A

②(とけこみ)260930 キャリア形成促進助成金Q&A キャリア 形 成 促 進 助 成 金 の Q&A 目 次 1 全 般 ( 概 要 ) Q1 Q2 キャリア 形 成 促 進 助 成 金 は どのような 事 業 主 が 対 象 ですか キャリア 形 成 促 進 助 成 金 の 申 請 手 続 きは 法 人 単 位 ですか 事 業 所 単 位 で すか Q3 Q4 キャリア 形 成 促 進 助 成 金 は どのような 助 成 が 受 けられるのですか

More information

情報モラルの育成に関するアンケート(保護者用)

情報モラルの育成に関するアンケート(保護者用) 情 報 モラルの 育 成 に 関 するアンケートご 協 力 のお 願 い 1 調 査 の 目 的 この 調 査 は 県 内 小 5 中 2 高 2の 任 意 抽 出 クラスの 児 童 生 徒 とその 保 護 者 を 対 象 に 児 童 生 徒 の 携 帯 電 話 とパソコンの 利 用 状 況 などについて 把 握 し 情 報 モラル 指 導 の 一 層 の 推 進 を 図 ること を 目 的 としています

More information

事 務 所 レポート かなり 早 い 段 階 で 合 格 された のですね 試 験 には 強 い 方 だったのだと 思 います 投 入 時 間 に 対 する 成 果 を 見 ると 割 と 効 率 の 良 い 勉 強 がで きていたのでしょう 独 立 まではどのくらい 勤 務 さ れたのですか? 6

事 務 所 レポート かなり 早 い 段 階 で 合 格 された のですね 試 験 には 強 い 方 だったのだと 思 います 投 入 時 間 に 対 する 成 果 を 見 ると 割 と 効 率 の 良 い 勉 強 がで きていたのでしょう 独 立 まではどのくらい 勤 務 さ れたのですか? 6 スタッフ 約 100 名 関 与 先 数 約 2,000 件 創 業 20 年 で 大 規 模 事 務 所 に 成 長 した SBCパートナーズの 軌 跡 大 阪 府 大 阪 市 税 理 士 法 人 SBC パートナーズ スタッフは 実 に 約 100 名 大 阪 を 中 心 に 東 京 横 浜 名 古 屋 浜 松 など 幅 広 いエリアに 拠 点 を 構 える 税 理 士 法 人 SBC パートナーズ

More information

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録 副 本 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 28 年 7 月 28 日 ( 木 ) 吉 川 市 教 委 告 示 第 7 号 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 を 次 のとおり 招 集 する 平 成 28 年 7 月 25 日 吉 川 市 教 育 委 員 会 教 育 長 染 谷 行 宏 1 日 時 平 成 28 年 7

More information

行動計画シート(下半期)

行動計画シート(下半期) シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

海外技術協力を経験して思うこと

海外技術協力を経験して思うこと 海 外 技 術 協 力 を 経 験 して 思 うこと あなたは どんな 技 術 を 用 いて 社 会 に 貢 献 できますか? 1.はじめに 福 岡 支 部 福 岡 県 土 整 備 事 務 所 田 尻 英 樹 私 は 1995 年 ( 平 成 7 年 )レバノン 共 和 国 への 技 術 協 力 をはじめとして 今 まで4 回 海 外 への 技 術 協 力 に 参 加 しました インフラ 整 備 に

More information

2 基 本 的 な 考 え 方 子 どもたちが 夢 と 希 望 をもち いきいきと 心 身 ともに 健 やかに 成 長 していくことは すべての 親 が 願 っていることです 市 では 長 浜 の 未 来 を 切 り 拓 き 次 代 を 担 う 大 切 な 宝 である 子 どもたちを 育 て 導 く

2 基 本 的 な 考 え 方 子 どもたちが 夢 と 希 望 をもち いきいきと 心 身 ともに 健 やかに 成 長 していくことは すべての 親 が 願 っていることです 市 では 長 浜 の 未 来 を 切 り 拓 き 次 代 を 担 う 大 切 な 宝 である 子 どもたちを 育 て 導 く 長 浜 子 どものちかい 及 び 長 浜 子 育 て 憲 章 について 1 策 定 の 趣 旨 全 国 的 に いじめや 虐 待 の 問 題 を 始 め 非 行 の 低 年 齢 化 児 童 生 徒 の 社 会 性 や 主 体 性 の 弱 さ さらには 忍 耐 力 や 集 中 力 規 範 意 識 や 公 共 の 意 識 等 の 欠 如 が 指 摘 されて 久 しくなります 社 会 構 造 や 生 活

More information

04siryou2.xdw

04siryou2.xdw 資 料 2 在 校 時 間 の 記 録 把 握 の 現 況 について 1 県 立 学 校 の 場 合 平 成 22 年 度 から 別 添 様 式 1により 各 教 員 に 記 録 するよう 通 知 している 自 己 申 告 制 2 公 立 小 中 学 校 の 場 合 上 記 の 県 の 通 知 文 を 参 考 として 市 町 村 教 育 委 員 会 に 周 知 するともに 適 正 な 在 校 時 間

More information

document

document 満 足 度 調 査 集 計 表 特 別 養 護 老 人 ホーム 仙 人 の 里 長 期 入 所 家 族 回 答 人 数 30 名 調 査 期 間 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ~6 月 30 日 問 1. 施 設 内 は 清 潔 ですか?( 玄 関 居 室 ホール 廊 下 トイレなど) 清 潔 27 名 普 通 3 名 汚 い0 名 どちらとも 言 えない0 名 未 記 入 0 名 新 しい

More information

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担 常 葉 大 学 浜 松 キャンパス 教 務 課 杉 浦 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 教 務 課 での 仕 事 教 務 課 の 仕 事 は 学 生 や 教 員 が 授 業 を 円 滑 に 行 えるようにサポートをすることです 私 は 主 に 実 習 関 連 の 業 務 に 携 わっており 学 外 での 長 期 間 の 実 習 の 際 には 宿 泊 施 設 の 手 配 をしたり 実 習 施 設

More information

平 成 26 年 度 活 動 報 告 日 付 項 目 備 考 1 月 12 日 連 盟 理 事 会 (H23 年 度 第 2 回 ) 1 月 23 日 佐 藤 のぶあき 議 員 と 面 談 1 月 24 日 佐 藤 茂 樹 厚 生 労 働 副 大 臣 と 面 会 2 月 24 日 大 家 敏 志 議

平 成 26 年 度 活 動 報 告 日 付 項 目 備 考 1 月 12 日 連 盟 理 事 会 (H23 年 度 第 2 回 ) 1 月 23 日 佐 藤 のぶあき 議 員 と 面 談 1 月 24 日 佐 藤 茂 樹 厚 生 労 働 副 大 臣 と 面 会 2 月 24 日 大 家 敏 志 議 平 成 26 年 度 第 2 回 日 本 臨 床 工 学 技 士 連 盟 議 事 録 日 時 : 平 成 27 年 1 月 25 日 ( 日 ) 13:00 ~ 15:00 場 所 : 新 宿 農 協 会 館 8F 中 会 議 室 理 事 出 席 者 : 上 野 関 川 小 林 ( 剛 ) 山 下 高 橋 長 尾 山 崎 肥 田 門 田 髙 山 山 田 小 峠 事 理 欠 席 者 : 高 橋 三 井

More information

週間情報(2644号)

週間情報(2644号) 週 間 情 報 2644 発 行 日 平 成 26 年 11 月 11 日 発 行 所 全 国 消 防 長 会 一 般 財 団 法 人 全 国 消 防 協 会 担 当 企 画 部 企 画 課 電 話 03(3234)1321 両 会 の 動 き 平 成 26 年 度 秋 季 全 国 消 防 長 会 救 急 委 員 会 常 任 委 員 会 の 開 催 全 国 消 防 長 会 救 急 委 員 会 平 成

More information

第3章 教員として 

第3章 教員として  第 3 章 教 員 として 1 服 務 (1) 出 勤 簿 ( 押 ) 出 勤 日 は あらかじめ 届 け 出 た 鑑 で 毎 朝 出 勤 時 に 出 勤 簿 に 押 します 鑑 を 忘 れたときは 忘 簿 に 記 入 し 後 日 押 します 届 け の 鑑 を 紛 失 したり 改 したりしたときは 直 ちに 副 校 長 に 届 け 出 ます 出 勤 簿 への 押 は その 日 の 自 分 の 勤

More information

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう 2013 年 (H25 年 )5 月 19 日 ( 日 ) 第 64 号 発 行 長 野 県 松 本 ろう 学 校 同 窓 会 同 窓 会 第 68 回 定 期 総 会 開 催 の 報 告 去 る 3 月 23 日 ( 土 ) 午 前 10 時 より 松 本 市 総 合 社 会 福 祉 センターにて 第 68 回 定 期 総 会 が 開 催 されました 出 席 者 ( 会 員 来 賓 賛 助 会 員

More information

問 5 貴 社 における 経 営 事 業 展 開 の 動 向 は 次 のそれぞれについて いずれにあてはまりますか (a ~e のそれぞれについて あてはまるもの1つに ) a 3 年 前 と 比 べた 売 上 高 の 増 減 1. 増 加 している 2.あまり 変 わらない 3. 減 少 している

問 5 貴 社 における 経 営 事 業 展 開 の 動 向 は 次 のそれぞれについて いずれにあてはまりますか (a ~e のそれぞれについて あてはまるもの1つに ) a 3 年 前 と 比 べた 売 上 高 の 増 減 1. 増 加 している 2.あまり 変 わらない 3. 減 少 している 資 料 企 業 アンケート 調 査 票 人 材 の 確 保 と 離 職 防 止 に 関 するアンケート 調 査 ご 回 答 にあたって 1. 本 調 査 は 商 用 データベースを 用 い 無 作 為 に 企 業 の 総 務 人 事 ご 担 当 者 様 にご 送 付 しています 貴 社 の 人 材 確 保 施 策 に 関 してお 答 え 下 さい 2. 本 調 査 の 数 値 の 記 入 は 特 に

More information

( 注 1) 事 業 を 開 始 とは 事 業 に 必 要 な 許 認 可 等 を 受 け 事 業 を 開 始 することです ( 注 2) 開 業 資 金 及 び 地 域 支 援 ネットワーク 型 の 限 度 額 は 合 算 されます 他 の 保 証 制 度 をご 利 用 の 場 合 利 用 可 能

( 注 1) 事 業 を 開 始 とは 事 業 に 必 要 な 許 認 可 等 を 受 け 事 業 を 開 始 することです ( 注 2) 開 業 資 金 及 び 地 域 支 援 ネットワーク 型 の 限 度 額 は 合 算 されます 他 の 保 証 制 度 をご 利 用 の 場 合 利 用 可 能 利 用 資 格 限 度 額 自 己 資 金 要 件 開 業 資 金 A( 創 業 ) 地 域 支 援 ネットワーク 型 A( 創 業 )/ 開 業 資 金 B( 創 業 等 ) 地 域 支 援 ネットワーク 型 B( 創 業 等 )をご 利 用 されるお 客 様 へ 大 阪 信 用 保 証 協 会 本 保 証 は 大 阪 府 内 における 適 正 かつ 健 全 な 事 業 を 営 もうとする 創 業

More information

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 アクションプラン 全 体 計 画 ( 平 成 23~27 年 ) H25 推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 当 取 組 年 H23 ~

More information

本 市 も7 月 1 日 より 臨 時 福 祉 給 付 金 を 8 月 1 日 からは 子 育 て 世 帯 臨 時 特 例 給 付 金 の 申 請 受 付 を 開 始 する 予 定 であります 今 後 も 国 政 や 景 気 の 動 向 を 注 視 しながら 市 政 運 営 を 行 ってまいります

本 市 も7 月 1 日 より 臨 時 福 祉 給 付 金 を 8 月 1 日 からは 子 育 て 世 帯 臨 時 特 例 給 付 金 の 申 請 受 付 を 開 始 する 予 定 であります 今 後 も 国 政 や 景 気 の 動 向 を 注 視 しながら 市 政 運 営 を 行 ってまいります 第 68 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 去 る4 月 23 日 に 安 来 市 立 中 学 校 教 員 が 懲 戒 免 職 処 分 を 受 けたことに 関 しましては 教 育 公 務 員 の 信 用 を 著 しく 損 なうもので あり 関 係 者 の 方

More information