第1章 総則

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第1章 総則"

Transcription

1 派 遣 社 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 程 は 株 式 会 社 キイパーソン( 以 下 会 社 という)の 派 遣 スタッフの 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 2.この 規 程 および 付 属 規 程 に 定 めのない 事 項 は 個 別 の 就 業 条 件 明 示 書 兼 雇 用 契 約 書 ( 以 下 明 示 書 という)お よび 労 働 基 準 法 その 他 の 法 令 の 定 めるところによる 第 2 条 ( 適 用 範 囲 ) この 規 定 は 会 社 の 登 録 スタッフ 派 遣 スタッフに 適 用 する また 派 遣 スタッフのうち 明 示 書 にハウジングアド バイザー 特 約 を 適 用 する 旨 の 記 載 がある 業 務 に 従 事 するものには それも 適 用 する 第 3 条 ( 定 義 ) この 規 則 において 登 録 スタッフとは 会 社 所 定 の 手 続 きにより 会 社 に 登 録 した 者 をいう この 規 定 において 派 遣 スタ ッフとは 登 録 スタッフのうち 明 示 書 の 内 容 に 従 って 就 業 した 者 をいう 第 4 条 ( 規 則 の 遵 守 ) 派 遣 スタッフは この 規 則 を 守 り 互 いに 協 力 して 業 務 を 遂 行 しなければならない 第 2 章 派 遣 登 録 第 5 条 ( 登 録 ) 会 社 は 登 録 スタッフとしての 登 録 を 希 望 する 者 の 中 から 下 記 の 所 定 の 手 続 きを 終 了 したものを 当 社 登 録 スタッフと して 認 める 第 6 条 ( 提 出 書 類 ) 登 録 スタッフとしての 登 録 を 希 望 する 者 は 会 社 の 指 定 する 日 までに 次 の 書 類 を 提 出 しなければならない 1 履 歴 書 2 職 務 経 歴 書 3 登 録 カード 4 誓 約 書 兼 個 人 情 報 の 取 得 利 用 に 関 する 同 意 書 5 身 分 証 明 書 6 その 他 会 社 が 提 出 を 求 めた 書 類 第 3 章 雇 用 契 約 第 7 条 ( 雇 用 契 約 の 開 始 ) 派 遣 先 企 業 への 就 業 を 開 始 する 日 を 明 示 書 に 記 載 し その 日 を 雇 用 契 約 開 始 の 日 とする 2. 雇 用 契 約 の 開 始 にあたり 業 務 内 容 によっては 第 6 条 に 定 めた 書 類 の 他 に 身 元 保 証 書 等 の 書 類 の 提 出 を 求 める ことがある 第 8 条 ( 雇 用 契 約 期 間 ) 派 遣 スタッフの 雇 用 契 約 期 間 は 原 則 として1 年 を 越 えないものとし 派 遣 就 業 の 都 度 会 社 が 定 める 2. 前 項 の 期 間 は 更 新 する 場 合 がある 第 9 条 ( 試 用 期 間 ) 新 たに 派 遣 スタッフとして 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 については 採 用 の 日 から1ヶ 月 間 を 試 用 期 間 とする 2. 前 条 2 項 の 場 合 は 試 用 期 間 はないものとする 第 10 条 ( 雇 用 契 約 の 終 了 ) 派 遣 先 企 業 への 就 業 が 終 了 する 日 を 明 示 書 に 記 載 し その 日 を 雇 用 契 約 終 了 の 日 とする - 1 -

2 第 4 章 勤 務 第 11 条 ( 勤 務 時 間 休 憩 時 間 ) 派 遣 スタッフの 所 定 労 働 時 間 については 次 の 範 囲 で 派 遣 先 の 状 況 に 応 じ 個 別 に 明 示 書 で 定 める 第 14 条 の 変 形 労 働 時 間 制 を 適 用 する 場 合 にも 明 示 書 に 定 めるものとする 1 1 週 間 に 40 時 間 を 越 えない 範 囲 2 1 日 に 8 時 間 を 越 えない 範 囲 2. 派 遣 スタッフの 休 憩 時 間 については 次 の 範 囲 で 派 遣 先 の 状 況 に 応 じ 個 別 に 明 示 書 で 定 める 1 労 働 時 間 が 6 時 間 を 超 える 場 合 は 少 なくとも 45 分 2 労 働 時 間 が 8 時 間 を 超 える 場 合 は 少 なくとも 1 時 間 3. 派 遣 先 責 任 者 の 指 示 により 業 務 の 都 合 上 やむを 得 ないときは 労 働 時 間 休 憩 時 間 及 び 始 業 終 業 時 刻 を 変 更 す ることがある 第 12 条 ( 休 日 ) 派 遣 スタッフの 休 日 は 少 なくとも 毎 週 1 回 もしくは4 週 に4 日 とし 個 別 に 明 示 書 で 定 める 業 務 の 都 合 上 やむを 得 ないときは 派 遣 先 責 任 者 の 指 示 により 所 定 の 休 日 を 他 の 日 に 振 替 え 前 日 までに 通 知 するものとする 2. 休 日 の 振 替 えを 行 った 場 合 にも4 週 に4 日 は 法 定 休 日 とする 第 13 条 ( 時 間 外 勤 務 ) 業 務 の 都 合 上 やむを 得 ない 場 合 は 派 遣 先 責 任 者 の 指 示 により 所 定 時 間 外 に 勤 務 させることがある この 場 合 法 定 の 労 働 時 間 を 越 える 労 働 または 法 定 休 日 における 労 働 について 予 め 会 社 は 従 業 員 の 代 表 と 書 面 による 協 定 を 締 結 し これを 所 轄 の 労 働 基 準 監 督 署 に 届 け 出 るものとする 2.18 歳 未 満 の 者 には 時 間 外 勤 務 はさせない 第 14 条 ( 変 形 労 働 時 間 制 ) 会 社 は 業 務 上 必 要 のあるときは 全 部 又 は 一 部 の 者 について 派 遣 先 と 協 議 の 上 変 形 労 働 時 間 制 を 採 用 する 場 合 がある 変 形 労 働 時 間 制 は1ヶ 月 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 1 年 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 フレックスタイム 制 の3 種 類 とする 第 15 条 (1ヶ 月 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 ) 1ヶ 月 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 を 採 用 する 場 合 は1ヶ 月 の 法 定 労 働 時 間 の 総 枠 を 下 記 の 数 式 により 算 出 しその 範 囲 内 で 特 定 の 週 において40 時 間 特 定 の 日 において8 時 間 を 越 える 1ヶ 月 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 による 勤 務 をさせ ることがある 1ヶ 月 の 法 定 労 働 時 間 の 総 枠 :40 時 間 変 形 期 間 の 暦 日 数 7 2. 変 形 労 働 時 間 制 を 採 用 する 場 合 の 各 月 の 起 算 日 は 原 則 として 毎 月 1 日 とする 第 16 条 (1 年 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 ) 1 年 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 を 採 用 する 場 合 は 所 定 労 働 時 間 は 対 象 期 間 を 平 均 して1 週 40 時 間 以 内 とする また その 都 度 別 途 労 使 協 定 にて 下 記 の 事 項 を 定 める 1 対 象 労 働 者 の 範 囲 2 対 象 期 間 (1ヶ 月 を 超 え1 年 以 内 ) 3 労 働 日 労 働 日 ごとの 労 働 時 間 ( 労 働 時 間 連 続 勤 務 日 数 の 各 限 度 範 囲 内 ) 4 起 算 日 第 17 条 (フレックスタイム 制 ) フレックスタイム 制 を 採 用 する 場 合 は 始 業 及 び 終 業 時 刻 を 次 の 各 号 の 範 囲 内 で 従 業 員 の 自 主 的 決 定 にゆだねるものと する また その 都 度 労 使 協 定 により 下 記 の 事 項 を 定 める 1 対 象 労 働 者 の 範 囲 2 精 算 期 間 (1ヶ 月 以 内 ) 3 精 算 期 間 中 の 総 労 働 時 間 4 起 算 日 5 始 業 及 び 終 業 時 刻 につき 従 業 員 の 自 主 的 決 定 にゆだねる 時 間 帯 6 特 別 な 承 認 なき 場 合 に 必 ず 勤 務 すべき 時 間 帯 2.1 精 算 期 間 の 法 定 労 働 時 間 の 総 枠 は 下 記 の 式 で 算 出 する 40 時 間 変 形 期 間 の 暦 日 数 7 第 18 条 ( 事 業 場 外 労 働 ) 業 務 上 やむを 得 ず 事 業 場 外 で 業 務 に 従 事 し 労 働 時 間 を 算 出 しがたい 場 合 には 原 則 として 所 定 時 間 労 働 したとみなす - 2 -

3 第 5 章 休 暇 第 19 条 ( 年 次 有 給 休 暇 ) 会 社 は 6ヶ 月 以 上 継 続 勤 務 し 指 定 勤 務 日 数 の8 割 以 上 勤 務 した 派 遣 スタッフに 下 表 に 基 づき 休 暇 を 与 える その 上 限 は20 日 とする 継 続 勤 務 とは ひとつの 雇 用 契 約 の 終 了 日 とそれに 続 く 雇 用 契 約 の 開 始 日 との 間 が 原 則 として 1ヶ 月 以 内 の 場 合 であって 1ヶ 月 を 超 えた 場 合 は 年 次 有 給 休 暇 取 得 資 格 を 失 うものとする 2. 年 次 有 給 休 暇 を 請 求 しようとする 者 は やむを 得 ない 場 合 を 除 き 原 則 として5 日 前 迄 に 所 定 の 手 続 により 会 社 に 届 け 出 るものとする 3. 年 次 有 給 休 暇 は 業 務 の 都 合 上 やむを 得 ない 場 合 は 本 人 が 請 求 した 期 間 を 他 の 期 間 へ 変 更 することがある 4. 年 次 有 給 休 暇 に 対 する 賃 金 は 所 定 時 間 労 働 したものとして 通 常 支 払 われる 賃 金 を 支 払 う 5. 年 次 有 給 休 暇 の 有 効 期 間 は 付 与 された 日 より2 年 間 とする 6. 年 次 有 給 休 暇 の 付 与 日 数 は 継 続 勤 務 年 数 及 び 年 間 所 定 勤 務 日 数 を 元 に 下 表 の 通 りとする 1 採 用 から 6ヶ 月 経 過 日 を 初 回 とし その 後 1 年 を 経 過 するごとに 次 の 日 数 を 付 与 する 週 所 定 年 間 所 定 継 続 勤 務 年 数 日 217 日 以 上 日 169~216 日 日 121~168 日 日 73~120 日 日 48~72 日 にかかわらず 会 社 の 都 合 上 一 斉 に 付 与 する 必 要 性 のあるときは 毎 年 11 月 30 日 現 在 における 継 続 勤 務 年 数 に 応 じて 翌 12 月 1 日 に 次 の 日 数 を 付 与 する 週 所 定 年 間 所 定 継 続 勤 務 年 数 日 217 日 以 上 日 169~216 日 日 121~168 日 日 73~120 日 日 48~72 日 年 に 満 たないものは 入 社 月 に 応 じて 下 表 の 通 りとする 週 所 定 年 間 所 定 入 社 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 5 日 217 日 以 上 日 169~216 日 日 121~168 日 日 73~120 日 日 48~72 日 第 20 条 ( 生 理 休 暇 ) 生 理 日 の 就 業 が 著 しく 困 難 な 派 遣 スタッフから 請 求 があった 場 合 は 生 理 休 暇 を 与 える ただし 無 給 とする 第 21 条 ( 出 産 休 暇 ) 出 産 する 予 定 の 派 遣 スタッフには 産 前 は 請 求 により 予 定 日 から 遡 り6 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 )の 休 暇 を 与 える 産 後 は 請 求 を 待 たず 出 産 日 の 翌 日 から8 週 間 の 出 産 休 暇 を 与 える ただし 産 後 6 週 間 を 経 過 し 医 師 が 支 障 ないと 認 めた 場 合 は 就 業 させることがある 2. 前 号 の 出 産 休 暇 は 無 給 とする 第 22 条 ( 育 児 休 業 ) 育 児 休 業 の 取 得 を 希 望 する 派 遣 スタッフには 別 に 定 める 一 般 社 員 の 育 児 介 護 休 業 規 定 を 準 用 する 第 23 条 ( 介 護 休 業 ) 介 護 休 業 の 取 得 を 希 望 する 派 遣 スタッフには 別 に 定 める 一 般 社 員 の 育 児 介 護 休 業 規 定 を 準 用 する 第 24 条 ( 育 児 介 護 のための 勤 務 時 間 短 縮 等 の 措 置 ) 育 児 介 護 のための 勤 務 時 間 短 縮 等 の 措 置 の 適 用 を 希 望 する 派 遣 スタッフには 別 に 定 める 一 般 社 員 の 育 児 介 護 休 業 規 定 を 準 用 する - 3 -

4 第 25 条 ( 公 民 権 行 使 のための 休 日 等 ) 派 遣 スタッフが 選 挙 その 他 公 民 としての 権 利 を 行 使 するための 時 間 を 請 求 した 場 合 には 会 社 はそれを 与 える ただ し 無 給 とし 公 民 権 の 行 使 を 妨 げない 範 囲 で 請 求 された 時 刻 を 変 更 することがある 第 26 条 ( 母 性 健 康 管 理 のための 休 日 等 ) 女 性 派 遣 スタッフの 母 性 健 康 管 理 のための 休 日 等 に 関 しては 別 に 定 める 一 般 社 員 の 母 性 健 康 管 理 規 定 を 準 用 す る 第 6 章 服 務 規 律 第 27 条 ( 服 務 規 律 ) 派 遣 スタッフは 規 律 を 守 り 秩 序 を 保 ち 派 遣 先 指 揮 命 令 者 の 指 示 に 従 って 勤 務 に 精 励 しなければならない 1 勤 務 中 は 職 務 に 専 念 し みだりに 勤 務 の 場 所 を 離 れないこと 2 許 可 無 く 職 務 以 外 の 目 的 で 会 社 や 派 遣 先 の 施 設 物 品 等 を 使 用 しないこと 3 会 社 や 派 遣 先 の 金 品 を 私 用 に 供 し 他 より 不 当 に 金 品 を 借 用 し 又 は 職 務 に 関 連 して 自 己 の 利 益 を 図 りもしく は 贈 与 を 受 けるなど 不 正 な 行 為 を 行 わないこと 4 酒 気 を 帯 びて 就 業 するなど 社 会 人 としてふさわしくない 行 為 をしないこと 5 会 社 派 遣 先 取 引 先 等 の 機 密 を 洩 らさないこと 6 その 他 会 社 や 派 遣 先 の 内 外 を 問 わず 会 社 や 派 遣 先 の 名 誉 信 用 を 傷 つける 行 為 をしないこと 第 28 条 ( 遅 刻 早 退 欠 勤 ) 派 遣 スタッフが 遅 刻 早 退 欠 勤 等 をする 場 合 は あらかじめ 派 遣 先 と 会 社 に 申 し 出 て 許 可 を 得 るものとする ただ し やむを 得 ない 事 情 により 事 前 に 許 可 を 得 られなかった 場 合 は 事 後 すみやかに 届 け 出 なければならない 第 29 条 (セクシュアルハラスメント 防 止 ) 派 遣 スタッフは 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 行 為 は 行 ってはならない また 派 遣 先 事 業 所 関 係 者 もしくは 会 社 の 他 の 従 業 員 等 から 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 行 為 を 受 けた 場 合 の 苦 情 申 し 立 て 先 は 派 遣 元 責 任 者 かそれに 準 ずる 者 とする 2. 会 社 は 本 項 についての 苦 情 申 し 立 てを 受 けた 場 合 迅 速 に 事 実 関 係 を 調 査 し 適 切 に 対 応 するものとする 1 相 手 が 嫌 がる 性 的 関 係 への 強 要 食 事 等 への 執 拗 な 誘 い 不 必 要 な 接 触 容 姿 や 私 生 活 に 関 する 性 的 発 言 な どの 行 為 2 1の 行 為 を 相 手 が 受 け 入 れるか 拒 絶 するかを 労 働 条 件 や 職 場 環 境 などに 反 映 させる 行 為 第 30 条 (パワーハラスメント 等 ) 派 遣 スタッフは 上 司 や 他 の 従 業 員 より 職 務 上 の 地 位 権 限 を 濫 用 し 本 来 の 業 務 の 範 疇 を 超 えて 人 格 と 尊 厳 を 侵 害 するような 行 為 (パワーハラスメント)やいじめを 受 けた 場 合 は 速 やかに 派 遣 元 責 任 者 に 連 絡 すること 第 7 章 賃 金 等 第 31 条 ( 賃 金 ) 賃 金 は 日 給 月 給 制 日 給 制 時 給 制 のいずれかとする 2. 賃 金 は 派 遣 スタッフの 従 事 する 職 種 本 人 の 能 力 および 経 験 等 を 勘 案 し 派 遣 先 企 業 との 契 約 に 準 じ 各 人 ご とに 決 定 し 明 示 書 で 明 示 する 第 32 条 ( 賃 金 の 締 切 日 支 払 日 ) 派 遣 スタッフの 賃 金 は 前 月 1 日 より 前 月 末 日 までの 分 を 当 月 末 日 に 支 払 う 2. 賃 金 はその 全 額 を 通 貨 で 本 人 に 直 接 支 払 う ただし 次 のものは 賃 金 より 控 除 する 1 法 令 に 基 づくもの 2 法 定 福 利 厚 生 保 険 料 の 非 保 険 者 負 担 分 3 会 社 と 派 遣 スタッフとの 書 面 契 約 によるもの 3. 賃 金 は 書 面 で 同 意 を 得 た 場 合 は 本 人 の 名 義 の 預 貯 金 口 座 に 振 り 込 むことによって 支 払 うものとする 第 33 条 ( 交 通 費 ) 交 通 費 は 各 明 示 書 に 基 づき 支 給 する 第 34 条 ( 時 間 外 勤 務 手 当 ) 派 遣 スタッフの 勤 務 時 間 が 法 定 労 働 時 間 を 超 え 又 は 法 定 休 日 に 勤 務 した 場 合 は 下 表 に 基 づき 時 間 外 割 増 賃 金 を 支 給 す る 1 日 給 月 給 制 の 場 合 - 4 -

5 時 間 外 労 働 割 増 賃 金 基 本 給 1ヶ 月 平 均 所 定 労 働 時 間 1.25 時 間 外 労 働 数 休 日 労 働 割 増 賃 金 基 本 給 1ヶ 月 平 均 所 定 労 働 時 間 1.35 休 日 労 働 時 間 数 深 夜 労 働 割 増 賃 金 基 本 給 1ヶ 月 平 均 所 定 労 働 時 間 1.5 深 夜 労 働 時 間 数 2 日 給 制 の 場 合 時 間 外 労 働 割 増 賃 金 所 定 日 給 額 1 日 の 所 定 労 働 時 間 1.25 時 間 外 労 働 数 休 日 労 働 割 増 賃 金 所 定 日 給 額 1 日 の 所 定 労 働 時 間 1.35 休 日 労 働 時 間 数 深 夜 労 働 割 増 賃 金 所 定 日 給 額 1 日 の 所 定 労 働 時 間 1.5 深 夜 労 働 時 間 数 3 時 間 給 制 の 場 合 時 間 外 労 働 割 増 賃 金 時 間 給 1.25 時 間 外 労 働 数 休 日 労 働 割 増 賃 金 時 間 給 1.35 休 日 労 働 時 間 数 深 夜 労 働 割 増 賃 金 時 間 給 1.5 深 夜 労 働 時 間 数 第 35 条 ( 昇 給 ) 1 契 約 期 間 内 の 昇 給 は 原 則 として 行 わない 第 36 条 ( 賞 与 ) 派 遣 スタッフには 原 則 として 賞 与 は 支 給 しない 第 37 条 ( 退 職 金 ) 派 遣 スタッフには 退 職 金 は 支 給 しない 第 38 条 ( 遅 刻 欠 勤 等 の 取 扱 ) 遅 刻 欠 勤 早 退 私 用 外 出 等 で 勤 務 時 間 の 全 部 又 は 一 部 を 勤 務 しなかった 場 合 にはその 時 間 に 対 応 する 賃 金 は 支 払 わない 第 8 章 登 録 抹 消 制 裁 解 雇 第 39 条 ( 登 録 抹 消 ) 派 遣 スタッフ 及 び 登 録 スタッフは 次 の 各 号 の 一 に 該 当 した 場 合 は 登 録 スタッフとしての 登 録 を 抹 消 する 1 死 亡 したとき 2 登 録 手 続 後 1 度 も 勤 務 せず 2 年 経 過 したとき 3 最 後 の 雇 用 契 約 終 了 の 日 から3 年 経 過 したとき 4 本 人 が 派 遣 登 録 抹 消 を 申 し 出 たとき 5 刑 法 等 に 違 反 もしくは 抵 触 したとき 6 解 雇 もしくは 懲 戒 解 雇 されたとき 7 その 他 前 各 号 に 準 ずるとき 第 40 条 ( 登 録 抹 消 の 手 続 ) 派 遣 スタッフ 及 び 登 録 スタッフが 自 己 都 合 により 登 録 を 抹 消 しようとする 場 合 は 本 人 より 申 し 出 なければならな い 第 41 条 ( 制 裁 の 種 類 程 度 ) 制 裁 はその 情 状 により 次 の 区 分 により 行 う 1 訓 戒 始 末 書 を 取 り 将 来 を 戒 める 2 減 給 1 回 の 事 案 に 対 する 額 が 平 均 賃 金 の1 日 分 の 半 額 総 額 が1ヶ 月 の 賃 金 総 額 の10 分 の1を 超 えな い 範 囲 で 行 う 平 均 賃 金 の 算 出 方 法 は 次 の 数 式 による 平 均 賃 金 =3ヶ 月 間 に 支 払 われた 賃 金 総 額 3ヶ 月 間 の 3 出 勤 停 止 7 日 以 内 の 出 勤 を 停 止 し その 期 間 中 の 賃 金 は 支 払 わない 4 解 雇 第 43 条 による 予 告 期 間 を 設 け 解 雇 する 5 懲 戒 解 雇 第 43 条 による 予 告 期 間 を 設 けることなく 即 時 解 雇 する 所 轄 労 働 基 準 監 督 署 の 認 定 を 受 けたとき は 予 告 手 当 を 支 給 しない 第 42 条 ( 訓 戒 減 給 および 出 勤 停 止 ) 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は 減 給 又 は 出 勤 停 止 にする ただし 情 状 によっては 訓 戒 にとどめることがある 1 正 当 な 理 由 無 く 無 断 欠 勤 をしたとき 2 正 当 な 理 由 無 く しばしば 欠 勤 遅 刻 早 退 するなど 勤 務 を 怠 ったとき - 5 -

6 3 過 失 により 会 社 又 は 派 遣 先 に 損 害 を 与 えたとき 4 素 行 不 良 で 派 遣 先 の 秩 序 又 は 風 紀 を 乱 したとき 5 この 規 則 の 服 務 規 律 に 違 反 したとき 6 その 他 前 各 号 に 準 ずる 程 度 の 行 為 を 行 ったとき 第 43 条 ( 解 雇 ) 会 社 は 派 遣 スタッフが 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は 雇 用 契 約 期 間 中 であっても 解 雇 することができる 1 勤 務 状 況 が 不 良 で 改 善 の 見 込 みがないと 認 められるとき 2 能 率 または 能 力 が 低 劣 のため 就 業 に 適 さないと 認 められるとき 3 指 示 命 令 にしたがわないとき 4 故 意 又 は 重 大 な 過 失 により 会 社 又 は 派 遣 先 に 損 害 を 与 えたとき 5 正 当 な 理 由 無 く 派 遣 先 及 び 職 務 の 変 更 を 拒 んだとき 6 身 体 又 は 精 神 の 障 害 虚 弱 疾 病 のため 業 務 に 適 さないと 認 められるとき 7 会 社 の 著 しい 経 営 悪 化 等 会 社 の 都 合 によりやむをえない 事 情 があるとき 8 その 他 前 各 号 に 準 ずる 事 由 があり 派 遣 スタッフとして 不 適 当 と 認 められる とき 第 44 条 ( 解 雇 予 告 ) 前 項 に 基 づいて 派 遣 スタッフを 解 雇 する 場 合 は 次 の 者 を 除 き 少 なくとも30 日 前 に 予 告 をするか 予 告 に 代 えて 下 記 の 数 式 による30 日 分 の 解 雇 予 告 手 当 を 支 払 う また 予 告 の 日 数 は 1 日 について30 日 分 の 解 雇 予 告 手 当 の 30 分 の1を 支 払 う 事 により その 日 数 を 短 縮 する 事 ができる 平 均 賃 金 =3ヶ 月 間 に 支 払 われた 賃 金 総 額 3ヶ 月 間 の 1 ヶ 月 平 均 勤 務 日 数 =3ヶ 月 間 の 3 30 日 分 の 解 雇 予 告 手 当 = 平 均 賃 金 1 ヶ 月 平 均 勤 務 日 数 1 日 々 雇 用 する 者 ( 引 き 続 き1ヶ 月 を 超 えて 使 用 した 者 を 除 く) 2 2ヶ 月 以 内 の 期 間 を 定 めて 雇 用 する 者 ( 定 められた 期 間 を 超 えて 就 業 した 者 を 除 く) 3 試 用 期 間 中 の 者 ( 雇 用 契 約 開 始 後 14 日 を 越 えて 使 用 した 者 を 除 く) 第 45 条 ( 懲 戒 解 雇 ) 会 社 は 派 遣 スタッフが 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は 懲 戒 解 雇 することができる 1 無 断 欠 勤 14 日 以 上 に 及 び 出 勤 の 督 促 に 応 じないとき 2 しばしば 遅 刻 早 退 又 は 欠 勤 を 繰 り 返 し 改 善 の 見 込 みが 無 いとき 3 経 歴 詐 称 その 他 詐 術 を 用 いて 雇 用 されたとき 4 本 人 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 派 遣 先 よりスタッフの 変 更 又 は 派 遣 の 中 止 を 申 し 入 れられたとき 5 業 務 の 正 常 な 運 営 を 阻 害 し 又 は 阻 害 しようとしたとき 6 不 正 行 為 又 は 社 会 的 に 非 難 を 受 けるような 行 為 により 会 社 または 派 遣 先 名 誉 信 用 を 毀 損 したとき 7 会 社 又 は 派 遣 先 の 業 務 上 知 り 得 た 秘 密 を 洩 らし もしくは 洩 らす 恐 れのあるとき 8 刑 法 に 違 反 もしくは 抵 触 したとき 9 故 意 又 は 重 大 なる 過 失 により 会 社 又 は 派 遣 先 に 重 大 な 損 害 を 与 えたとき 10 業 務 命 令 に 不 当 に 違 反 したとき 11 その 他 前 各 号 に 準 ずるとき 第 46 条 ( 損 害 賠 償 ) 1 派 遣 スタッフ 及 び 登 録 スタッフが 故 意 または 重 大 なる 過 失 により 会 社 または 第 三 者 や 派 遣 先 に 損 害 を 与 えた ときは 損 害 賠 償 を 負 わせることがある 2 当 該 賠 償 の 責 任 は 退 職 後 も 免 れることはできない 第 47 条 ( 退 職 ) 派 遣 スタッフが 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は その 日 を 退 職 の 日 とし 派 遣 スタッフとしての 地 位 を 失 う 1 雇 用 契 約 の 期 間 が 満 了 したとき 2 死 亡 したとき 3 本 人 の 都 合 により 退 職 の 申 し 出 があり 会 社 が 承 認 したとき 4 解 雇 もしくは 懲 戒 解 雇 されたとき 5 行 方 不 明 となり1ヶ 月 以 上 音 信 不 通 で 解 雇 手 続 きを 取 らないとき 2. 退 職 までの 間 は 業 務 に 誠 実 に 服 し 必 要 な 業 務 の 引 継 ぎを 行 わなければならない 第 48 条 ( 退 職 の 手 続 き) 派 遣 スタッフが 雇 用 契 約 の 期 間 が 満 了 する 前 に 自 己 の 都 合 で 退 職 しようとするときは 少 なくとも30 日 前 までに 申 し 出 なければならない 2. 会 社 の 承 認 があるまでは 従 前 の 業 務 に 誠 実 に 服 さなければならない 第 49 条 ( 貸 与 品 債 務 の 返 済 ) 退 職 等 により 派 遣 スタッフの 身 分 を 失 う 者 は 雇 用 契 約 終 了 日 までに 会 社 および 派 遣 先 から 貸 与 した 品 を 返 納 し 債 務 を 返 済 しなければならない - 6 -

7 第 9 章 安 全 衛 生 および 災 害 補 償 第 50 条 ( 安 全 衛 生 ) 派 遣 スタッフは 派 遣 先 企 業 の 定 めた 安 全 衛 生 の 規 程 にしたがい 危 害 の 予 防 および 保 険 衛 生 の 向 上 につとめなけれ ばならない 第 51 条 ( 安 全 義 務 ) 許 可 無 く 会 社 及 び 派 遣 先 の 災 害 防 止 施 設 及 び 安 全 装 置 保 険 器 具 等 を 除 去 変 更 又 はその 効 力 を 失 わす 行 為 をしてはな らない また これらの 物 品 を 常 時 看 取 し 異 常 を 認 めたときは 直 ちに 応 急 処 置 をし 速 やかに 報 告 しなければなら ない 第 52 条 ( 健 康 診 断 ) 会 社 は 派 遣 スタッフに 法 令 の 定 めるところにより 1 年 以 上 の 勤 務 した 者 に 対 し 年 に 1 度 健 康 診 断 を 実 施 する 第 53 条 ( 伝 染 病 の 届 出 ) 派 遣 スタッフもしくは 同 居 の 家 族 又 は 同 居 人 あるいは 近 隣 に 伝 染 病 が 発 生 し 又 はその 疑 いがあるときは 直 ちに 医 療 機 関 で 受 診 し 会 社 に 届 出 指 示 を 受 けなければならない 第 54 条 ( 病 者 の 就 業 禁 止 ) 労 働 安 全 衛 生 法 の 規 定 による 病 者 もしくは 感 染 の 疑 いがある 者 は 直 ちに 医 療 機 関 で 受 診 し 医 師 の 許 可 が 下 りるまで 就 業 してはならない また この 就 業 禁 止 期 間 の 賃 金 は 支 給 しない 第 55 条 ( 業 務 上 の 災 害 補 償 ) 1 派 遣 スタッフが 業 務 上 または 通 勤 途 上 負 傷 し 障 害 を 負 い または 死 亡 した 場 合 は 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 の 定 めるところにより 補 償 給 付 を 受 ける 2 前 項 の 補 償 範 囲 は 法 令 及 び 行 政 官 庁 の 認 定 するところによる 3 派 遣 スタッフが 前 項 に 定 める 補 償 等 を 受 けようとするときは その 旨 を 会 社 に 申 し 出 るものとする 4 業 務 上 災 害 による 休 業 については 休 業 開 始 より 最 初 の3 日 間 について 会 社 は 平 均 賃 金 の 100 分 の 60 以 上 の 補 償 を 行 い 休 業 4 日 目 以 後 は 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 による 補 償 が 行 われる 5 通 勤 災 害 の 補 償 は 第 三 者 行 為 に 起 因 し 補 償 を 受 けられる 場 合 は 除 外 する 第 10 章 情 報 保 護 第 56 条 ( 個 人 情 報 保 護 方 針 ) 1 当 社 は 収 集 目 的 を 明 確 にした 上 で 目 的 の 範 囲 内 に 限 り 個 人 情 報 を 収 集 する 2 個 人 情 報 の 利 用 は その 収 集 目 的 から 逸 脱 しない 範 囲 とする 3 個 人 情 報 の 管 理 は 厳 重 に 行 うこととし 本 人 の 同 意 を 得 た 場 合 及 び 法 令 に 定 める 場 合 を 除 き 第 三 者 にデー タを 開 示 提 供 しない 4 個 人 情 報 に 関 する 不 正 アクセス 紛 失 改 竄 漏 洩 を 防 ぐ 為 の 適 切 な 処 理 を 行 う 5 会 社 が 保 有 する 個 人 情 報 に 関 して 適 用 される 法 令 規 範 を 遵 守 する 6 個 人 情 報 保 護 に 関 する 仕 組 みと 体 制 について 継 続 的 改 善 を 実 施 する 第 57 条 ( 個 人 情 報 等 取 扱 規 定 ) 派 遣 スタッフは 会 社 ならびに 派 遣 先 の 情 報 資 産 および 職 務 上 知 り 得 た 従 業 員 等 の 個 人 情 報 の 取 扱 について 下 記 の 事 柄 を 遵 守 履 行 しなければならない 契 約 終 了 後 も 同 様 とする 1 業 務 に 必 要 な 情 報 以 外 の 情 報 は 収 集 及 び 加 工 しない 2 業 務 上 知 り 得 た 個 人 情 報 等 を 第 三 者 に 開 示 しないとともに 勤 務 場 所 より 持 ち 出 し 複 写 複 製 をしない ま た 自 己 のために 供 しない 3 情 報 が 記 載 された 書 類 等 を FAX 送 信 する 場 合 十 分 な 番 号 確 認 を 行 うこと 4 情 報 が 記 載 された 書 類 等 を 破 棄 する 場 合 シュレッダーにかけるなど 派 遣 先 の 規 定 に 従 うこと 5 情 報 が 記 載 された 書 類 等 は 常 に 整 理 整 頓 に 努 め 紛 失 に 注 意 し 余 分 なコピーを 取 らないこと 6 派 遣 先 の 管 理 規 定 に 従 い 外 部 からの 問 合 せには 派 遣 先 指 揮 命 令 者 の 判 断 を 仰 ぐなど 慎 重 に 対 応 すること 7 自 己 のパスワードは 他 人 に 教 えないこと 8 インターネットやメールを 私 的 に 使 用 しないこと 9 ドアなどの 鍵 類 の 扱 いには 十 分 に 配 慮 し 紛 失 事 故 が 発 生 した 場 合 には 即 時 に 派 遣 先 及 び 派 遣 元 に 報 告 するこ と 第 58 条 ( 個 人 情 報 利 用 目 的 ) 会 社 の 個 人 情 報 利 用 目 的 は 別 紙 誓 約 書 兼 個 人 情 報 取 扱 同 意 書 の 通 りとする この 規 程 は 平 成 25 年 3 月 6 日 より 実 施 する 付 則 - 7 -

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

( 雇 用 契 約 期 間 ) 第 5 条 本 会 は 雇 用 契 約 の 締 結 に 当 たって 期 間 の 定 めをする 場 合 には 1 年 以 内 の 期 間 とし 契 約 時 に 本 人 の 希 望 等 を 考 慮 のうえ 各 人 別 に 決 定 する ただし 必 要 に 応 じて 健 康

( 雇 用 契 約 期 間 ) 第 5 条 本 会 は 雇 用 契 約 の 締 結 に 当 たって 期 間 の 定 めをする 場 合 には 1 年 以 内 の 期 間 とし 契 約 時 に 本 人 の 希 望 等 を 考 慮 のうえ 各 人 別 に 決 定 する ただし 必 要 に 応 じて 健 康 社 会 福 祉 法 人 精 華 町 社 会 福 祉 協 議 会 非 正 規 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 精 華 町 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 と いう )の 非 正 規 職 員 ( 以 下 職 員 という )の 勤 務 条 件 服 務 規 律 そ の 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものとする

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

NO2―

NO2― パートタイム 労 働 者 就 業 規 則 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 ( 以 下 法 人 という )のパートタイム 労 働 者 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものである 2 この 規 則 に 定 めない 事 項 については 労 働

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 2007 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき, 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

契約社員・アルバイト規程

契約社員・アルバイト規程 契 約 職 員 アルバイト 規 程 一 般 財 団 法 人 Rubyアソシエーション 平 成 23 年 7 月 27 日 作 成 施 行 平 成 26 年 6 月 12 日 第 2 条 及 び 第 8 条 改 正 第 1 条 ( 目 的 ) 第 1 章 : 総 則 1.この 規 程 は 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 契 約 職 員 およびアルバイトの 服 務 と 就 業 条 件 に

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

就業規則

就業規則 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアム TIES 職 員 就 業 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアムTI ES( 以 下 本 法 人 という ) 事 務 局 に 勤 務 する 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

( 勤 務 時 間 の 報 告 ) 第 5 条 派 遣 社 員 は 勤 務 した 日 時 間 について 派 遣 先 において 所 定 の 用 紙 またはシステム にて 出 勤 日 および 勤 務 時 間 の 確 認 を 受 け 所 定 の 期 日 までに 会 社 に 提 出 または 報 告 し なけ

( 勤 務 時 間 の 報 告 ) 第 5 条 派 遣 社 員 は 勤 務 した 日 時 間 について 派 遣 先 において 所 定 の 用 紙 またはシステム にて 出 勤 日 および 勤 務 時 間 の 確 認 を 受 け 所 定 の 期 日 までに 会 社 に 提 出 または 報 告 し なけ 派 遣 ( 契 約 ) 社 員 就 業 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 アクト テクニカルサポート( 以 下 会 社 という )の 派 遣 または 契 約 社 員 の 服 務 規 律 労 働 条 件 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めたものである 2 派 遣 社 員 は この 規 則 において 明 示 する 就 業 条 件 などを 遵 守 し

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

<5461726F2D8BB3904588F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB3904588F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 京 都 教 育 大 学 教 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 3 月 28 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 京 都

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

ついては, 別 に 定 める 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 任 用 規 程 ( 平 成 17 年 規 程 第 44 号 )による ( 労 働 条 件 の 明 示 ) 第 7 条 学 長 は 職 員 の 採 用 に 際 しては, 採 用 する 職 員 に 対 し, 次 の 事

ついては, 別 に 定 める 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 任 用 規 程 ( 平 成 17 年 規 程 第 44 号 )による ( 労 働 条 件 の 明 示 ) 第 7 条 学 長 は 職 員 の 採 用 に 際 しては, 採 用 する 職 員 に 対 し, 次 の 事 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 10 月 3 日 規 則 第 5 号 最 終 改 正 平 成 26 年 3 月 18 日 規 則 第 2 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号

More information

第1条- (目

第1条- (目 契 約 社 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 スタッフクリエイトあすたむらんど 徳 島 ( 以 下 会 社 という ) の 社 員 就 業 規 則 第 3 条 第 2 項 に 基 づき 契 約 社 員 の 就 業 に 関 する 基 本 事 項 を 定 めたものである ( 契 約 社 員 の 定 義 及 び 適 用 範 囲 ) 第 2

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

第 10 章 災 害 補 償 及 び 傷 病 扶 助 ( 第 95 条 第 97 条 ) 第 11 章 福 利 厚 生 ( 第 98 条 第 99 条 ) 第 12 章 補 則 ( 第 100 条 第 102 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校

第 10 章 災 害 補 償 及 び 傷 病 扶 助 ( 第 95 条 第 97 条 ) 第 11 章 福 利 厚 生 ( 第 98 条 第 99 条 ) 第 12 章 補 則 ( 第 100 条 第 102 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 学 校 法 人 明 星 学 苑 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 7 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 8 条 第 14 条 ) 第 2 節 試 用 期 間 ( 第 15 条 ) 第 3 節 異 動 ( 第 16 条 第 21 条 ) 第 4 節 役 職 位 の 任 免 ( 第 22 条 ) 第 3 章 服 務 第 1 節 勤 務 上

More information

 

  雇 用 契 約 書 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 従 業 員 という )とA 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 本 日 会 社 による 従 業 員 の 雇 用 に 関 し 以 下 のとおり 契 約 した 第 1 条 ( 従 業 員 の 地 位 契 約 期 間 等 ) 1 会 社 は 従 業 員 を 会 社 の 正 社 員 として 採 用 し 従 業 員 は 平 成 〇 〇 年 〇 〇

More information

24 パートタイム職員就業規則

24  パートタイム職員就業規則 国 立 大 学 法 人 鳴 門 教 育 大 学 パートタイム 職 員 就 業 規 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 第 24 号 平 成 16 年 11 月 15 日 規 第 38 号 平 成 17 年 3 月 14 日 規 第 21 号 平 成 18 年 3 月 13 日 規 第 4 号 平 成 19 年 3 月 23 日 規 第 11 号 平 成 20 年 3 月 24 日 規 第

More information

(3) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 23 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (4) 定 年 退 職 時 にE 職 員 就 業 規 則 第 22 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (5) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 66 条 の(1)

(3) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 23 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (4) 定 年 退 職 時 にE 職 員 就 業 規 則 第 22 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (5) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 66 条 の(1) 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 定 年 退 職 職 員 再 雇 用 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 G 職 員 就 業 規 則 第 20 条 第 1 項 及 びE 職 員 就 業 規 則 第 19 条 第 1 項 に 基 づき 定 年 退 職 した 職 員 を 同 第 2 項 により 再 雇 用 する 場 合

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

社会福祉法人石鳥谷会職員就業規則

社会福祉法人石鳥谷会職員就業規則 社 会 福 祉 法 人 石 鳥 谷 会 職 員 就 業 規 則 社 会 福 祉 法 人 石 鳥 谷 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 3 年 4 月 22 日 施 行 )の 全 部 を 改 正 する 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 第 89 条 の 規 程 により 社 会 福 祉 法 人 石 鳥 谷 会 ( 以 下 本 法 人 という )に

More information

就業規則

就業規則 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ちば 市 民 活 動 市 民 事 業 サポートクラブ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ちば 市 民 活 動 市 民 事 業 サポートクラブ( 以 下 法 人 という )の 労 働 条 件 を 明 らかにすること 及 び 職 場 秩 序 の 維 持 を 目 的 とし て 短 時 間

More information

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その 福 岡 大 学 就 業 規 則 昭 和 31 年 4 月 1 日 制 定 第 1 章 総 則 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 福 岡 大 学 寄 附 行 為 並 びに 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 及 び 関 係 法 令 の 精 神 に 則 り 職 員 の 就 業 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を 定 めたものであって これにより 真 に

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

特 任 教 員 特 任 教 員 については 学 長 が 別 に 定 める その 他 学 長 が 必 要 と 認 めた 研 究 員 等 ( 権 限 の 委 任 ) 第 3 条 この 規 則 に 規 定 する 権 限 の 委 任 については, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 職 員 就 業 規

特 任 教 員 特 任 教 員 については 学 長 が 別 に 定 める その 他 学 長 が 必 要 と 認 めた 研 究 員 等 ( 権 限 の 委 任 ) 第 3 条 この 規 則 に 規 定 する 権 限 の 委 任 については, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 職 員 就 業 規 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 パート 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 岐 阜 大 学 規 則 第 64 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 契 約 職 員 就 業 規 則 第 2 条 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 雇 用

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

就 業 規 則

就    業    規    則 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 株 式 会 社 世 田 谷 川 場 ふるさと 公 社 の 社 員 の 就 業 に 関 し, 必 要 事 項 を 定 めたも のである ( 法 令 等 の 適 用 ) 第 2 条 この 規 則 に 定 めのない 事 項 に 関 しては, 法 令, 諸 規 則 または 会 社 の 諸 規 程 による ( 社 員 の 定

More information

Microsoft Word - 01国立大学法人岐阜大学職員就業規則25.4

Microsoft Word - 01国立大学法人岐阜大学職員就業規則25.4 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 岐 阜 大 学 規 則 第 62 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 ( 以 下 本 学 という )の 理 念 と 目 標 を 確 実 に 実 現 させ, 社 会 から 期 待 される 使 命 や 機 能 を 果 たすため, 本 学 に 勤 務 する

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378> 規 程 第 16 号 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 4 月 1 日 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 理 事 長 坂 本 雄 三 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 第 1 章 総 則 ( 総 則 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 建

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

đ) 人 民 軍 事 専 従 の 士 官 軍 人 人 民 公 安 専 従 の 士 官 下 士 官 及 び 技 術 専 門 の 仕 官 下 士 官 軍 人 と 同 じく 給 与 を 受 ける 情 報 管 理 に 関 わる 業 務 に 従 事 する 者 e) 人 民 軍 事 および 人 民 公 安 の

đ) 人 民 軍 事 専 従 の 士 官 軍 人 人 民 公 安 専 従 の 士 官 下 士 官 及 び 技 術 専 門 の 仕 官 下 士 官 軍 人 と 同 じく 給 与 を 受 ける 情 報 管 理 に 関 わる 業 務 に 従 事 する 者 e) 人 民 軍 事 および 人 民 公 安 の 国 会 --------- 法 律 番 号 :58/2014/QH13 号 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 自 由 幸 福 ---------------- ハノイ 2014 年 11 月 20 日 社 会 保 険 法 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 の 憲 法 に 基 づき 国 会 は 社 会 保 険 法 を 公 布 する 第 1 章 総 則 第 1 条 適 用 範 囲 本 法

More information

一般社団法人 右京医師会育児・介護休業規程

一般社団法人 右京医師会育児・介護休業規程 一 般 社 団 法 人 右 京 医 師 会 経 理 事 務 細 則 平 成 16 年 8 月 26 日 制 定 平 成 17 年 7 月 21 日 変 更 平 成 18 年 2 月 16 日 変 更 第 1 章 総 則 第 1 条 この 細 則 は 経 理 規 程 及 び 役 員 用 事 務 規 則 に 定 めていない 経 理 事 務 に 関 する 事 項 を 補 足 するためのものである 第 2

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

懲戒処分の指針

懲戒処分の指針 懲 戒 処 分 の 指 針 第 1 基 本 事 項 本 指 針 は 代 表 的 な 事 例 を 選 び それぞれにおける 標 準 的 な 処 分 量 定 を 掲 げたものであ 具 体 的 な 処 分 量 定 の 決 定 にあたっては (1) 非 違 行 為 の 動 機 態 様 及 び 結 果 はどのようなものであったか (2) 故 意 又 は 過 失 の 度 合 はどの 程 度 であったか (3)

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 は 株 式 会 社 ブリッジクリエイト( 以 下 BC という)の 従 業 員 の 服 務 及 び 就 業 の 条 件 等 を 定 めることにより 企 業 の 円 滑 な 運 営 と 企 業 秩 序 の 維 持 確 立 を 目 的

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 は 株 式 会 社 ブリッジクリエイト( 以 下 BC という)の 従 業 員 の 服 務 及 び 就 業 の 条 件 等 を 定 めることにより 企 業 の 円 滑 な 運 営 と 企 業 秩 序 の 維 持 確 立 を 目 的 就 業 規 則 株 式 会 社 ブリッジクリエイト 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 は 株 式 会 社 ブリッジクリエイト( 以 下 BC という)の 従 業 員 の 服 務 及 び 就 業 の 条 件 等 を 定 めることにより 企 業 の 円 滑 な 運 営 と 企 業 秩 序 の 維 持 確 立 を 目 的 とするものです ( 共 有 したい 企 業 理

More information

QUỐC HỘI

QUỐC HỘI 国 会 -------- 法 No.: 10/2012/QH13 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 自 由 幸 福 ----------o0o---------- ハノイ 2012 年 6 月 18 日 労 働 法 国 会 決 議 No.51/2001/QH10 によって 修 正 補 則 された 1992 年 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 憲 法 に 基 づき 国 会 が 本 法

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

         労働条件通知書

         労働条件通知書 労 働 条 件 通 知 書 (パートタイム 労 働 者 ) サーバ 採 用 書 類 平 成 年 月 日 様 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 施 設 長 福 家 千 砂 貴 あなたを 次 の 条 件 で 採 用 いたしますので 通 知 します ( 承 諾 の 回 答 署 名 捺 印 については 本 書 受 領 後 7 日 以 内 にお 願 いします) 期 間 の 定 めなし( 平 成 年 月 日

More information

26年度給与公表様式(菰野町).xls

26年度給与公表様式(菰野町).xls の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 (25 年 度 末 ) A 25 年 度 人 千 41,329 1,767,541 実 質 収 支 千 54,695 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 千 2,467,197 22.9 22.8

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 規 程 規 則 平 成 25 年 5 月 目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

資 料 就 業 規 則 例 目 次 第 1 章 総 則 1 条 ~3 条 145 第 2 章 内 定 入 社 4 条 ~8 条 145 第 3 章 労 働 時 間 9 条 ~28 条 147 第 4 章 服 務 規 律 29 条 ~35 条 151 第 5 章 賃 金 36 条 153 第 6 章 退 職 金 37 条 153 第 7 章 休 暇 38 条 ~43 条 153 第 8 章 休 職 健

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

Microsoft Word - 3_懲戒処分の指針(H28.4

Microsoft Word - 3_懲戒処分の指針(H28.4 平 成 15 年 4 月 16 日 施 行 平 成 19 年 12 月 16 日 改 正 平 成 20 年 5 月 28 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 懲 戒 処 分 の 指 針 第 1 目 的 この 指 針 は 職 員 が 地 方 公 務 員 として 遵 守 すべき 義 務 に 違 反 した 場 合 の 責 任 を 明 確 にするとともに

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information