別表第1(第4条関係)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "別表第1(第4条関係)"

Transcription

1 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 6 節 異 動 ( 第 16 条 第 18 条 ) 第 7 節 休 職 ( 第 19 条 第 22 条 ) 第 8 節 退 職 及 び 解 雇 ( 第 23 条 第 32 条 ) 第 3 章 給 与 ( 第 33 条 ) 第 4 章 服 務 ( 第 34 条 第 42 条 ) 第 5 章 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 ( 第 43 条 第 44 条 ) 第 6 章 研 修 ( 第 45 条 ) 第 7 章 表 彰 ( 第 46 条 ) 第 8 章 懲 戒 等 ( 第 47 条 第 50 条 ) 第 9 章 安 全 衛 生 ( 第 51 条 第 55 条 ) 第 10 章 出 張 ( 第 56 条 第 57 条 ) 第 11 章 福 利 厚 生 ( 第 58 条 ) 第 12 章 災 害 補 償 ( 第 59 条 第 60 条 ) 第 13 章 退 職 手 当 ( 第 61 条 ) 第 14 章 職 務 発 明 等 ( 第 62 条 ) 第 15 章 雑 則 ( 第 63 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 教 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則 において 教 職 員 とは 教 員 助 手 及 び 職 員 をいう 2 前 項 に 定 める 教 員 は 教 授 准 教 授 講 師 及 び 助 教 の 職 にある 者 をいい 職 員 は 教 員 及 び 助 手 ( 以 下 教 員 等 という ) 以 外 の 者 をいう ( 適 用 範 囲 ) 第 3 条 この 規 則 は 常 勤 の 教 職 員 に 適 用 する 2 特 任 教 授 認 定 看 護 師 教 育 課 程 専 任 教 員 地 方 公 共 団 体 等 からの 派 遣 等 による 専 任 教 員 外 国 人 教 員 教 養 教 育 センター 任 期 付 教 員 及 び 契 約 職 員 の 就 業 に 関 する 事 項 については 別 に 定 める 1

2 ( 法 令 との 関 係 ) 第 4 条 この 規 則 に 定 めのない 事 項 については 労 基 法 その 他 関 係 法 令 の 定 めるところによる ( 規 則 の 遵 守 ) 第 5 条 理 事 長 及 び 教 職 員 は 誠 意 をもってこの 規 則 を 遵 守 しなければならない 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 採 用 ) 第 6 条 教 職 員 の 採 用 は 競 争 試 験 又 は 選 考 によるものとする 2 法 人 に 教 職 員 として 採 用 されることを 希 望 する 者 は 次 に 掲 げる 書 類 を 提 出 しなければならない (1) 履 歴 書 ( 顔 写 真 を 含 む ) (2) 資 格 及 び 免 許 を 必 要 とする 業 務 に 就 く 者 は 当 該 資 格 に 関 する 証 明 書 又 は 免 許 の 写 し (3)その 他 理 事 長 が 必 要 と 認 める 書 類 3 理 事 長 は 次 に 掲 げる 場 合 においては 臨 時 に 雇 用 する 職 員 ( 以 下 臨 時 雇 用 職 員 という )を 選 考 により 採 用 することができる (1) 緊 急 の 必 要 により 採 用 する 場 合 (2) 臨 時 の 職 に 採 用 する 場 合 (3) 出 産 休 暇 及 び 育 児 休 業 を 取 得 した 教 職 員 の 代 替 職 員 ( 以 下 産 休 育 休 代 替 職 員 という )として 採 用 する 場 合 4 前 3 項 に 定 めるもののほか 教 員 等 の 採 用 に 関 し 必 要 な 事 項 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 員 等 人 事 手 続 規 程 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 程 第 15 号 以 下 教 員 等 人 事 規 程 という )の 定 めるところによる ( 採 用 時 の 提 出 書 類 ) 第 7 条 教 職 員 に 採 用 された 者 は 次 に 掲 げる 書 類 を 速 やかに 提 出 しなければならない (1) 最 終 学 歴 の 卒 業 証 明 書 (2) 誓 約 書 (3) 健 康 診 断 書 (3 月 以 内 のもの) (4) 住 民 票 記 載 事 項 証 明 書 ( 外 国 籍 の 者 は 外 国 人 登 録 済 証 明 書 ) (5) 勤 務 ( 職 歴 ) 証 明 書 (6)その 他 理 事 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 試 用 期 間 ) 第 8 条 新 たに 採 用 した 教 職 員 については 採 用 の 日 から6 月 の 期 間 を 試 用 期 間 とする ただし 理 事 長 が 特 に 認 めたときは 試 用 期 間 を 短 縮 し 又 は 設 けないことができる 2 必 要 と 認 める 時 は 試 用 期 間 をさらに6 月 を 限 度 として 延 長 することができる 3 理 事 長 は 第 1 項 に 規 定 する 試 用 期 間 中 の 教 職 員 が 次 に 該 当 するときは これを 解 雇 し 又 は 試 用 期 間 満 了 時 に 本 採 用 を 拒 否 できる (1) 勤 務 成 績 が 不 良 なとき (2) 心 身 の 故 障 により 業 務 遂 行 に 支 障 があるとき (3)その 他 教 職 員 として 適 格 性 を 欠 くとき 4 前 項 第 2 号 の 規 定 に 該 当 して 解 雇 又 は 試 用 期 間 満 了 時 に 本 採 用 を 拒 否 する 場 合 は あらかじめ 医 師 2 名 の 診 断 を 行 わせなければならない 5 試 用 期 間 は 勤 続 期 間 に 通 算 する 2

3 第 2 節 労 働 契 約 ( 労 働 契 約 の 締 結 ) 第 9 条 理 事 長 は 教 職 員 を 採 用 する 場 合 には 当 該 教 職 員 との 間 において 労 働 契 約 を 締 結 するものとする 2 理 事 長 は 前 項 に 定 めるもののほか 労 働 契 約 において 任 期 が 定 められた 教 職 員 ( 臨 時 雇 用 職 員 を 含 む 以 下 任 期 付 教 職 員 という )が 第 12 条 に 規 定 する 再 任 第 14 条 第 1 項 に 規 定 する 昇 任 及 び 第 15 条 に 規 定 す る 降 任 となった 場 合 は 新 たに 労 働 契 約 を 締 結 するものとする ただし この 場 合 において 第 6 条 から 前 条 まで の 規 定 は 適 用 しない 3 理 事 長 は 労 働 契 約 において 任 期 が 定 められていない 教 職 員 については 当 該 教 職 員 の 同 意 に 基 づき 任 期 を 定 めた 労 働 契 約 を 締 結 することができる ( 労 働 条 件 の 明 示 ) 第 10 条 理 事 長 は 前 条 の 規 定 による 労 働 契 約 締 結 の 際 に この 規 則 を 提 示 するとともに 次 の 事 項 を 記 載 した 文 書 を 交 付 するものとする その 他 の 労 働 条 件 については 口 頭 又 は 文 書 により 明 示 するものとする (1) 任 期 に 関 する 事 項 ( 任 期 付 教 職 員 にあっては 当 該 任 期 満 了 後 における 当 該 雇 用 の 更 新 の 有 無 及 びその 判 断 基 準 を 含 む ) (2) 就 業 の 場 所 及 び 従 事 する 業 務 に 関 する 事 項 (3) 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 所 定 労 働 時 間 を 超 える 労 働 の 有 無 並 びに 休 憩 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 (4) 給 与 に 関 する 事 項 (5) 退 職 に 関 する 事 項 ( 解 雇 の 事 由 を 含 む ) 第 3 節 任 期 ( 任 期 ) 第 11 条 任 期 付 教 職 員 の 任 期 については 別 に 定 める 2 臨 時 雇 用 職 員 を 雇 用 する 期 間 は 1 年 を 超 えないものとし 次 条 に 規 定 する 再 任 をすることができない ただ し 臨 時 雇 用 職 員 のうち 産 休 育 休 代 替 職 員 については 当 該 育 児 休 業 終 了 日 までの 間 再 任 により 雇 用 することが できる ( 再 任 ) 第 12 条 理 事 長 は 任 期 付 教 職 員 の 任 期 満 了 の 際 当 該 教 職 員 を 同 一 の 職 で 再 任 することができる 2 前 項 に 定 めるもののほか 教 員 等 の 再 任 に 関 し 必 要 な 事 項 は 教 員 等 人 事 規 程 の 定 めるところによる 第 4 節 評 価 ( 勤 務 評 定 ) 第 13 条 教 職 員 の 勤 務 成 績 について 別 に 定 めるところにより 評 定 を 実 施 する 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 昇 任 ) 第 14 条 教 職 員 の 昇 任 は 選 考 により 行 う 2 選 考 は 前 条 に 規 定 する 勤 務 成 績 の 評 定 に 基 づいて 行 う 3 前 2 項 に 定 めるもののほか 教 員 等 の 昇 任 に 関 し 必 要 な 事 項 は 教 員 等 人 事 規 程 の 定 めるところによる ( 降 任 ) 第 15 条 理 事 長 は 教 職 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 においては 降 任 ( 上 位 の 職 を 解 任 し 下 位 の 3

4 職 に 就 けることをいう 以 下 同 じ )をすることができる この 場 合 において 当 該 教 職 員 の 給 与 を 調 整 するもの とする (1) 勤 務 成 績 が 著 しく 不 良 な 場 合 (2) 心 身 の 故 障 のため 職 務 の 遂 行 に 支 障 があり これに 堪 えない 場 合 (3) 職 務 を 遂 行 するために 必 要 な 資 格 又 は 適 格 性 を 欠 く 場 合 (4) 本 人 が 希 望 し これを 理 事 長 が 認 めた 場 合 (5) 組 織 の 改 廃 若 しくは 過 員 を 生 じた 場 合 又 は 経 営 上 若 しくは 業 務 上 やむを 得 ない 事 由 による 場 合 2 前 項 第 2 号 の 規 定 に 該 当 して 降 任 する 場 合 は あらかじめ 医 師 2 名 の 診 断 を 行 わせなければならない 3 理 事 長 は 教 職 員 の 意 に 反 して 降 任 処 分 を 行 う 場 合 にあっては その 旨 を 記 載 した 書 面 を 交 付 して 行 わなけれ ばならない 4 前 3 項 に 定 めるもののほか 教 員 等 の 降 任 に 関 し 必 要 な 事 項 は 教 員 等 人 事 規 程 の 定 めるところによる 第 6 節 異 動 ( 配 置 ) 第 16 条 教 職 員 の 配 置 は 法 人 の 業 務 上 の 必 要 性 を 考 慮 して 行 うものとする ( 異 動 ) 第 17 条 理 事 長 は 法 人 の 業 務 の 都 合 により 配 置 換 及 び 兼 務 を 命 じることができる 2 教 職 員 は 正 当 な 理 由 がなければ 前 項 に 基 づく 命 令 を 拒 否 することができない 3 前 2 項 に 定 めるもののほか 教 員 等 の 配 置 換 及 び 兼 務 に 関 し 必 要 な 事 項 は 教 員 等 人 事 規 程 の 定 めるところに よる ( 赴 任 ) 第 18 条 赴 任 を 命 じられた 教 職 員 及 び 新 たに 採 用 された 教 職 員 は 直 ちに 赴 任 しなければならない ただし 住 居 の 移 転 を 伴 う 場 合 その 他 やむを 得 ない 場 合 で 理 事 長 の 承 認 を 得 たときは この 限 りではない 第 7 節 休 職 ( 休 職 ) 第 19 条 理 事 長 は 教 職 員 ( 試 用 期 間 中 の 者 を 除 く )が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 休 職 することが できる (1) 心 身 の 故 障 のため 長 期 の 休 養 を 必 要 とする 場 合 (2) 刑 事 事 件 に 関 し 起 訴 された 場 合 (3) 水 難 火 災 その 他 の 災 害 により 生 死 不 明 又 は 所 在 不 明 となった 場 合 (4) 学 校 研 究 所 その 他 これらに 準 ずる 公 的 施 設 において その 教 職 員 の 職 務 に 関 連 があると 認 められる 学 術 に 関 する 調 査 研 究 又 は 指 導 に 従 事 する 場 合 (5) 外 国 の 政 府 又 はこれに 準 ずる 公 共 的 機 関 の 招 きにより その 教 職 員 の 職 務 に 関 連 があると 認 められる 機 関 の 業 務 に 従 事 する 場 合 (6) 教 員 の 研 究 成 果 活 用 企 業 の 役 員 顧 問 又 は 評 議 員 ( 以 下 役 員 等 という )の 職 を 兼 ねる 場 合 において 主 として 当 該 役 員 等 の 職 務 に 従 事 する 必 要 があり 法 人 の 職 務 に 従 事 することができないと 認 められる 場 合 (7) 前 各 号 に 掲 げる 場 合 のほか 理 事 長 が 認 めた 場 合 2 前 項 第 1 号 に 規 定 する 場 合 の 休 職 ( 以 下 病 気 休 職 という )については あらかじめ 医 師 2 名 の 診 断 を 行 わ せなければならない 3 理 事 長 は 教 職 員 の 意 に 反 して 休 職 をする 場 合 にあっては その 旨 を 記 載 した 書 面 を 交 付 して 行 わなければな 4

5 らない 4 前 3 項 に 定 めるもののほか 教 員 等 の 休 職 に 関 し 必 要 な 事 項 は 教 員 等 人 事 規 程 の 定 めるところによる ( 休 職 の 期 間 ) 第 20 条 前 条 第 1 項 の 規 定 により 休 職 とする 期 間 ( 以 下 休 職 期 間 という )は 3 年 以 内 とする ただし 病 気 休 職 の 場 合 で 法 人 の 業 務 上 の 傷 病 によるときにあっては その 療 養 のため 必 要 な 期 間 とし 前 条 第 1 項 第 2 号 に 規 定 する 場 合 の 休 職 にあっては 刑 事 事 件 が 裁 判 所 に 係 属 する 期 間 とする 2 任 期 付 教 職 員 の 休 職 期 間 が 満 了 する 日 は 当 該 任 期 付 教 職 員 の 任 期 満 了 日 を 超 えることはできない 3 病 気 休 職 から 復 職 した 者 が 復 職 後 3ヶ 月 以 上 正 常 な 勤 務 をせず 同 一 の 事 由 により 再 び 休 職 を 命 じられた 場 合 の 第 1 項 の 適 用 については 復 帰 前 の 休 職 期 間 を 通 算 するものとする ( 復 職 等 ) 第 21 条 理 事 長 は 第 19 条 第 1 項 の 規 定 により 休 職 とした 事 由 ( 以 下 休 職 事 由 という )が 消 滅 したときは 当 該 教 職 員 を 速 やかに 復 職 させるものとする 2 理 事 長 は 休 職 期 間 の 満 了 前 であっても 休 職 事 由 が 消 滅 したと 認 める 場 合 には 復 職 させるものとする 3 教 職 員 が 病 気 休 職 から 復 職 する 場 合 にあっては 休 職 期 間 の 満 了 する 日 までに 医 師 の 診 断 書 を 添 えて 復 職 を 願 い 出 なければならない 4 休 職 とした 教 職 員 を 復 職 させる 場 合 においては 原 則 として 休 職 する 前 の 職 場 に 復 職 させるものとする ただ し 当 該 教 職 員 の 状 況 により 適 当 と 認 めるときは 他 の 職 務 に 就 かせることができる ( 休 職 者 の 身 分 及 び 給 与 ) 第 22 条 休 職 者 は 教 職 員 としての 身 分 は 有 するが 職 務 に 従 事 しない 2 休 職 者 の 給 与 については 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 程 第 18 号 以 下 給 与 規 程 という )の 定 めるところによる 第 8 節 退 職 及 び 解 雇 ( 退 職 ) 第 23 条 教 職 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 退 職 するものとし 教 職 員 としての 身 分 を 失 う (1) 教 職 員 が 退 職 を 願 い 出 て 理 事 長 が 承 認 した 場 合 (2) 第 25 条 に 規 定 する 定 年 に 達 した 場 合 (3) 任 期 付 教 職 員 について その 任 期 が 満 了 した 場 合 ( 再 任 又 は 昇 任 した 場 合 を 除 く ) (4) 休 職 期 間 が 満 了 し 休 職 事 由 が 消 滅 しない 場 合 (5) 死 亡 した 場 合 (6) 公 職 選 挙 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 100 号 ) 第 3 条 に 規 定 する 公 職 に 就 任 し 業 務 の 遂 行 が 著 しく 阻 害 される おそれのある 場 合 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 理 事 長 は 退 職 を 願 い 出 た 教 職 員 が 第 47 条 第 1 項 各 号 のいずれかに 該 当 し 同 条 の 規 定 により 懲 戒 処 分 の 手 続 きを 行 っている 場 合 にあっては 当 該 退 職 を 認 めないことができる ( 自 己 都 合 退 職 ) 第 24 条 教 職 員 は 自 己 の 都 合 により 退 職 しようとするときは 退 職 を 予 定 する 日 の1か 月 前 までに 文 書 をも って 理 事 長 に 申 し 出 なければならない ただし 理 事 長 が 特 に 認 めた 場 合 は この 限 りでない 2 教 職 員 は 退 職 願 の 提 出 後 も 退 職 する 日 までの 間 は その 職 務 に 従 事 しなければならない ( 定 年 退 職 ) 第 25 条 教 職 員 の 定 年 は 次 に 掲 げるとおりとする この 場 合 において 定 年 に 達 した 日 以 後 における 最 初 の3 月 31 日 ( 以 下 定 年 退 職 日 という )に 退 職 する 5

6 (1) 教 員 等 満 65 歳 (2) 職 員 満 60 歳 ( 定 年 退 職 の 特 例 ) 第 26 条 理 事 長 は 定 年 に 達 した 教 職 員 が 前 条 の 規 定 により 退 職 すべきこととなる 場 合 において その 教 職 員 の 職 務 の 特 殊 性 又 は 職 務 の 遂 行 上 の 特 別 の 事 情 から その 教 職 員 の 退 職 により 法 人 の 業 務 の 運 営 に 著 しい 支 障 が 生 ずると 認 められるときは その 教 職 員 に 係 る 定 年 退 職 日 の 翌 日 から 起 算 して1 年 を 超 えない 範 囲 内 で 期 限 を 定 め その 教 職 員 を 当 該 職 務 に 従 事 させるため 引 き 続 いて 勤 務 させることができる 2 前 項 の 期 限 又 はこの 項 の 規 定 により 延 長 された 期 間 は 3 年 を 超 えない 範 囲 で 延 長 することができる ( 再 任 用 ) 第 27 条 理 事 長 は 定 年 に 達 する 職 員 が 再 任 用 を 希 望 し 第 23 条 及 び 第 28 条 に 該 当 しない 者 については 1 年 を 超 えない 範 囲 内 で 任 期 を 定 め 別 に 定 めるところにより 再 任 用 するものとする 2 前 項 の 任 期 は 1 年 を 超 えない 範 囲 内 で 更 新 することができる 3 前 2 項 の 規 定 による 任 期 の 末 日 は 満 65 歳 に 達 した 日 以 後 における 最 初 の3 月 31 日 以 前 とする ( 解 雇 ) 第 28 条 理 事 長 は 教 職 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 は これを 解 雇 することができる (1) 勤 務 成 績 が 著 しく 不 良 な 場 合 (2) 心 身 の 故 障 により 職 務 に 支 障 があり 又 はこれに 堪 えない 場 合 (3) 前 2 号 に 規 定 する 場 合 のほか 職 務 に 必 要 な 適 格 性 を 欠 く 場 合 (4) 試 用 期 間 中 又 は 試 用 期 間 満 了 時 に 本 採 用 が 不 適 当 と 認 められる 場 合 (5) 事 業 活 動 の 縮 小 その 他 法 人 の 経 営 上 やむを 得 ない 事 由 により 解 雇 が 必 要 と 認 めた 場 合 (6) 天 災 事 変 その 他 やむを 得 ない 事 由 により 法 人 の 事 業 継 続 が 不 可 能 となった 場 合 (7)その 他 前 各 号 に 準 ずるものとしてやむを 得 ない 事 由 がある 場 合 2 理 事 長 は 教 職 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には これを 解 雇 するものとする ただし 職 員 が 第 2 号 に 該 当 する 場 合 でその 刑 に 係 る 罪 が 過 失 によるものであり かつ その 刑 の 執 行 を 猶 予 されたときにあって はその 情 状 により 又 は 職 員 が 第 3 号 に 該 当 する 場 合 にあっては 当 該 職 員 を 解 雇 しないことができる (1) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となった 場 合 (2) 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられた 場 合 (3) 日 本 国 憲 法 施 行 の 日 以 降 において 日 本 国 憲 法 又 はその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 で 破 壊 することを 主 張 する 政 党 その 他 の 団 体 を 結 成 し 又 はこれに 加 入 した 場 合 3 第 1 項 第 2 号 に 該 当 する 場 合 により 解 雇 をするときは あらかじめ 医 師 2 名 の 診 断 を 行 わせなければならない 4 理 事 長 は 教 職 員 の 意 に 反 して 解 雇 処 分 をする 場 合 にあっては その 旨 を 記 載 した 書 面 を 交 付 して 行 わなけれ ばならない 5 前 各 項 に 定 めるもののほか 教 員 等 の 解 雇 に 関 し 必 要 な 事 項 は 教 員 等 人 事 規 程 の 定 めるところによる ( 解 雇 制 限 ) 第 29 条 前 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 にかかわらず 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 期 間 は 解 雇 しない (1) 業 務 上 負 傷 し 又 は 疾 病 にかかり 療 養 のため 休 職 及 び 療 養 休 暇 が 与 えられた 期 間 及 びその 後 30 日 間 ただ し 療 養 開 始 後 3 年 を 経 過 した 日 において 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 ( 昭 和 42 年 法 律 第 121 号 ) 若 しくは 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 50 号 )に 基 づく 傷 病 補 償 年 金 を 受 けている 場 合 又 は 同 日 後 において 傷 病 補 償 年 金 を 受 けることとなった 場 合 はこの 限 りでない (2) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 程 第 31 号 以 下 勤 務 時 間 休 日 休 暇 規 程 という )に 基 づいて 産 前 産 後 の 女 性 である 教 職 員 が 休 暇 が 与 えられた 6

7 期 間 及 びその 後 30 日 間 ( 解 雇 予 告 ) 第 30 条 理 事 長 は 教 職 員 を 解 雇 しようとする 場 合 は 少 なくとも30 日 前 にその 予 告 をしなければならない 30 日 前 に 予 告 しない 場 合 にあっては 平 均 賃 金 30 日 分 に 相 当 する 解 雇 予 告 手 当 を 支 給 するものとする 2 前 項 の 予 告 の 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 に 応 じて 短 縮 することができる 3 前 2 項 の 規 定 にかかわらず 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 予 告 することなく 解 雇 するものとする (1) 試 用 期 間 中 の 者 を 採 用 の 日 から14 日 以 内 に 解 雇 する 場 合 (2) 第 48 条 第 4 号 に 定 める 懲 戒 解 雇 をする 場 合 又 は 天 災 事 変 その 他 やむを 得 ない 事 由 のために 法 人 の 事 業 の 継 続 が 不 可 能 となった 場 合 で 所 轄 労 働 基 準 監 督 署 長 の 解 雇 予 告 除 外 認 定 を 受 けたとき ( 退 職 者 の 責 務 ) 第 31 条 退 職 しようとする 者 ( 解 雇 する 旨 を 記 載 した 書 面 を 交 付 された 者 を 含 む )は 在 職 中 に 得 た 法 人 の 情 報 教 職 員 及 び 学 生 の 情 報 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 個 人 情 報 保 護 法 とい う ) 第 2 条 に 定 める 個 人 情 報 等 を 法 人 の 指 示 に 従 って 破 棄 し 又 は 返 還 し 退 職 後 は 当 該 情 報 を 記 録 媒 体 として 保 持 してはならない 2 教 職 員 であった 者 は 在 職 中 に 得 た 法 人 の 情 報 教 職 員 及 び 学 生 の 情 報 個 人 情 報 保 護 法 に 定 める 個 人 情 報 等 を 一 切 漏 らしてはならない ( 退 職 証 明 書 ) 第 32 条 理 事 長 は 教 職 員 であった 者 が 退 職 証 明 書 の 交 付 を 請 求 した 場 合 は 遅 滞 なくこれを 交 付 するものと する 2 前 項 の 退 職 証 明 書 に 記 載 する 事 項 は 次 のとおりとする ただし 証 明 すべき 事 項 を 限 定 して 請 求 があった 場 合 は この 限 りでない (1) 勤 続 期 間 (2) 業 務 の 種 類 (3)その 事 業 における 地 位 (4) 給 与 (5) 退 職 の 事 由 ( 解 雇 された 場 合 にあっては その 理 由 を 含 む ) 第 3 章 給 与 ( 給 与 ) 第 33 条 教 職 員 の 給 与 については 給 与 規 程 の 定 めるところによる 第 4 章 服 務 ( 誠 実 義 務 ) 第 34 条 教 職 員 は 法 人 の 使 命 と 業 務 の 公 共 性 を 自 覚 し 誠 実 かつ 公 正 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 2 教 職 員 は 日 常 行 動 について 常 に 公 私 の 別 を 明 らかにし 職 務 や 地 位 を 私 的 な 利 益 のために 用 いてはならない 3 教 職 員 は 法 人 の 利 益 と 相 反 する 行 為 を 行 ってはならない ( 職 務 専 念 義 務 ) 第 35 条 教 職 員 は この 規 則 又 は 関 係 法 令 に 定 める 場 合 を 除 いては その 勤 務 時 間 及 び 業 務 上 の 注 意 力 の 全 てを その 職 責 遂 行 のために 用 い 法 人 がなすべき 責 を 有 する 業 務 にのみに 従 事 しなければならない 2 理 事 長 は 次 に 掲 げる 場 合 には 教 職 員 の 職 務 に 専 念 する 義 務 を 免 除 することができる (1) 勤 務 時 間 中 に 法 人 が 実 施 する 健 康 診 断 を 受 ける 場 合 7

8 (2) 勤 務 時 間 内 の 労 働 組 合 交 渉 に 参 加 する 場 合 (3) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 兼 業 規 程 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 程 第 28 号 以 下 兼 業 規 程 とい う ) 第 7 条 第 2 項 の 規 定 により 理 事 長 が 勤 務 時 間 を 割 いて 兼 業 又 は 兼 職 することを 認 めた 場 合 (4) 前 3 号 に 規 定 する 場 合 のほか 理 事 長 が 適 当 であると 認 める 場 合 ( 服 務 心 得 ) 第 36 条 教 職 員 は 法 令 この 規 則 及 び 法 人 の 諸 規 程 を 遵 守 し 上 司 の 指 揮 命 令 に 従 い その 職 務 を 遂 行 しなけ ればならない 2 教 職 員 は 常 に 能 力 の 開 発 能 率 の 向 上 及 び 業 務 の 改 善 を 目 指 し 相 互 協 力 の 下 に 業 務 の 正 常 な 運 営 に 努 めな ければならない 3 上 司 は その 指 揮 命 令 を 受 ける 教 職 員 の 人 格 を 尊 重 し その 指 導 育 成 に 努 めるとともに 率 先 してその 職 務 を 遂 行 しなければならない ( 信 用 失 墜 行 為 の 禁 止 ) 第 37 条 教 職 員 は 法 人 の 名 誉 若 しくは 信 用 を 失 墜 し 又 は 教 職 員 全 体 の 名 誉 を 毀 損 する 行 為 をしてはならない ( 守 秘 義 務 ) 第 38 条 教 職 員 は 職 務 上 知 ることのできた 秘 密 を 漏 らしてはならない その 職 を 退 いた 後 も 同 様 とする 2 教 職 員 が 法 令 による 証 人 鑑 定 人 等 となり 職 務 上 の 秘 密 に 属 する 事 項 を 発 表 する 場 合 には 理 事 長 の 許 可 を 受 けなければならない 3 前 項 の 許 可 は 法 律 に 特 別 の 定 がある 場 合 を 除 く 外 拒 むことはできない ( 敷 地 又 は 施 設 内 の 遵 守 事 項 ) 第 39 条 教 職 員 が 法 人 の 敷 地 又 は 施 設 内 ( 以 下 法 人 敷 地 等 という )で 文 書 又 は 図 画 を 配 布 しようとするとき は 業 務 の 正 常 な 遂 行 を 妨 げない 方 法 及 び 態 様 において これを 配 布 しなければならない 2 前 項 に 定 める 文 書 又 は 図 画 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 理 事 長 が 認 めるときは 当 該 文 書 又 は 図 画 を 配 布 してはならない (1) 法 人 の 業 務 の 正 常 な 運 営 を 妨 げるもの (2) 第 37 条 に 規 定 する 行 為 に 該 当 するもの (3) 他 人 の 名 誉 を 毀 損 し 又 は 誹 謗 中 傷 等 に 該 当 するもの (4) 公 序 良 俗 に 反 するもの (5)その 他 法 人 の 業 務 に 支 障 をきたすもの 3 教 職 員 が 法 人 敷 地 等 で 文 書 又 は 図 画 を 掲 示 する 場 合 には 理 事 長 の 許 可 を 得 た 上 で あらかじめ 指 定 された 場 所 に 掲 示 しなければならない この 場 合 において 前 項 各 号 に 該 当 する 文 書 又 は 図 書 を 掲 示 してはならない 4 教 職 員 は 理 事 長 の 許 可 なく 法 人 敷 地 等 で 業 務 外 の 集 会 演 説 放 送 又 はこれらに 類 する 行 為 を 行 ってはな らない 5 教 職 員 は 理 事 長 の 許 可 なく 法 人 敷 地 等 で 金 品 の 貸 借 をし 物 品 の 売 買 を 行 ってはならない ( 兼 業 及 び 兼 職 ) 第 40 条 教 職 員 は 理 事 長 の 許 可 を 受 けた 場 合 でなければ 他 の 業 務 に 従 事 し 又 は 自 ら 営 利 企 業 を 営 んではな らない 2 教 職 員 の 兼 業 及 び 兼 職 の 許 可 手 続 等 については 兼 業 規 程 の 定 めるところによる (ハラスメントの 防 止 ) 第 41 条 教 職 員 は ハラスメントの 防 止 に 努 めなければならない 2 ハラスメントの 防 止 等 に 関 する 措 置 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ハラスメントの 防 止 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 20 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 程 第 29 号 )の 定 めるところによる 8

9 ( 職 務 に 係 る 倫 理 ) 第 42 条 教 職 員 は 職 務 に 係 る 倫 理 の 保 持 に 努 めなければならない 2 教 職 員 の 職 務 に 係 る 倫 理 については 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 倫 理 規 程 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 程 第 30 号 )の 定 めるところによる 第 5 章 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 ( 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 ) 第 43 条 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 については 勤 務 時 間 休 日 休 暇 規 程 の 定 めるところによる ( 育 児 休 業 育 児 短 時 間 勤 務 及 び 介 護 休 業 ) 第 44 条 教 職 員 のうち 3 歳 に 満 たない 子 の 養 育 を 必 要 とする 者 は 育 児 休 業 の 適 用 を 受 けることができる 2 教 職 員 のうち 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 の 養 育 を 必 要 とする 者 は 理 事 長 の 承 認 を 得 て 育 児 短 時 間 勤 務 の 適 用 を 受 けることができる 3 教 職 員 は 教 職 員 の 家 族 で 疾 病 等 のため 介 護 を 要 する 者 を 介 護 する 必 要 がある 場 合 は 介 護 休 業 の 適 用 を 受 けることができる 4 前 3 項 の 育 児 休 業 育 児 短 時 間 勤 務 又 は 介 護 休 業 の 手 続 その 他 必 要 な 事 項 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 の 育 児 休 業 及 び 介 護 休 業 に 関 する 規 程 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 程 第 33 号 )に 定 めるところによる 第 6 章 研 修 ( 研 修 ) 第 45 条 教 員 は その 職 責 を 遂 行 するために 絶 えず 研 究 と 修 養 に 努 めなければならない 2 教 員 には 研 修 を 受 ける 機 会 が 与 えられなければならない 3 教 員 は 授 業 に 支 障 がない 限 り 理 事 長 の 承 認 を 受 けて 勤 務 場 所 を 離 れて 研 修 を 行 うことができる 4 理 事 長 は 教 員 の 研 修 に 関 する 計 画 を 樹 立 し その 実 施 に 努 めなければならない 5 職 員 は 研 修 に 参 加 することを 命 じられた 場 合 には 研 修 に 参 加 しなければならない 6 理 事 長 は 業 務 に 関 連 し 必 要 な 知 識 及 び 技 能 の 向 上 を 図 るため 職 員 に 対 し 研 修 の 機 会 を 提 供 するよう 努 める ものとする 7 教 職 員 は 理 事 長 の 定 めるところにより 長 期 にわたる 研 修 を 受 けることができる 第 7 章 表 彰 ( 表 彰 ) 第 46 条 教 職 員 の 表 彰 については 理 事 長 が 別 に 定 める 第 8 章 懲 戒 等 ( 懲 戒 ) 第 47 条 理 事 長 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 懲 戒 処 分 を 行 うことができる (1) 正 当 な 理 由 なしに 無 断 欠 勤 をし 出 勤 の 督 促 をしてもなおこれに 応 じない 場 合 (2) 正 当 な 理 由 なしに 欠 勤 遅 刻 又 は 早 退 を 繰 り 返 した 場 合 (3) 正 当 な 理 由 なしに 業 務 上 の 指 示 及 び 命 令 に 従 わなかった 場 合 (4) 故 意 又 は 重 大 な 過 失 により 法 人 に 損 害 を 与 えた 場 合 (5) 刑 法 犯 に 該 当 する 行 為 があった 場 合 (6) 法 人 の 名 誉 又 は 信 用 を 傷 つけた 場 合 9

10 (7) 私 生 活 上 での 非 違 行 為 又 は 法 人 に 対 する 誹 謗 中 傷 等 によって 法 人 の 名 誉 を 傷 つけ 又 は 業 務 に 影 響 を 及 ぼ すような 行 為 があった 場 合 (8) 素 行 不 良 で 法 人 の 秩 序 又 は 風 紀 を 乱 した 場 合 (9) 重 大 な 経 歴 詐 称 をした 場 合 (10)その 他 法 令 及 び 就 業 規 則 その 他 諸 規 程 に 違 反 した 場 合 (11) 前 各 号 に 準 ずる 行 為 があった 場 合 2 管 理 監 督 下 にある 教 職 員 に 前 項 各 号 に 規 定 する 行 為 があったときは 当 該 管 理 監 督 者 をその 監 督 責 任 により 懲 戒 に 処 することができる 3 理 事 長 は 教 職 員 に 対 し 懲 戒 処 分 を 行 う 場 合 にあっては その 旨 を 記 載 した 書 面 を 交 付 して 行 わなければなら ない 4 前 3 項 に 定 めるもののほか 教 員 等 の 懲 戒 に 関 し 必 要 な 事 項 は 教 員 等 人 事 規 程 の 定 めるところによる ( 懲 戒 の 種 類 ) 第 48 条 懲 戒 の 種 類 及 びその 内 容 は 次 に 掲 げるとおりとする (1) 戒 告 始 末 書 を 提 出 させ 将 来 を 戒 めること (2) 減 給 始 末 書 を 提 出 させ 1 日 以 上 6 月 以 下 の 期 間 給 料 及 びこれに 対 する 給 与 規 程 に 定 める 地 域 手 当 の 合 計 額 の10 分 の1 以 下 を 減 ずること (3) 停 職 始 末 書 を 提 出 させ 1 日 以 上 6 月 以 下 の 期 間 職 務 に 従 事 させないこと この 期 間 中 いかなる 給 与 も 支 給 しない (4) 懲 戒 解 雇 予 告 をすることなく 即 時 に 解 雇 すること この 場 合 において 退 職 手 当 は 支 給 しない ( 文 書 訓 戒 等 ) 第 49 条 理 事 長 は 第 47 条 第 1 項 各 号 に 定 める 場 合 のほか 服 務 を 厳 正 にし 規 律 を 保 持 する 必 要 があるとき は 文 書 訓 戒 口 頭 訓 戒 又 は 所 属 長 注 意 ( 以 下 文 書 訓 戒 等 という )を 行 うことができる 2 教 員 等 の 文 書 訓 戒 等 に 関 し 必 要 な 事 項 は 教 員 等 人 事 規 程 に 定 めるところによる ( 損 害 賠 償 ) 第 50 条 理 事 長 は 教 職 員 が 故 意 又 は 重 大 な 過 失 により 法 人 に 損 害 を 与 えた 場 合 においては 前 2 条 の 規 定 によ る 懲 戒 処 分 又 は 訓 戒 等 を 行 うほか その 損 害 の 全 部 又 は 一 部 を 賠 償 させることができる 第 9 章 安 全 衛 生 ( 安 全 衛 生 確 保 の 措 置 ) 第 51 条 理 事 長 は 教 職 員 の 健 康 増 進 及 び 危 険 防 止 のため 必 要 な 措 置 をとらなければならない 2 教 職 員 は 安 全 衛 生 及 び 健 康 の 確 保 について 労 働 安 全 衛 生 法 ( 昭 和 47 年 法 律 第 57 号 ) 及 びその 他 関 係 法 令 のほか 理 事 長 の 命 令 に 従 うとともに 法 人 が 行 う 安 全 衛 生 及 び 健 康 の 確 保 に 関 する 措 置 に 協 力 しなけれ ばならない ( 安 全 衛 生 教 育 ) 第 52 条 教 職 員 は 法 人 が 行 う 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 教 育 及 び 訓 練 を 受 けなければならない ( 非 常 災 害 時 の 措 置 ) 第 53 条 教 職 員 は 火 災 その 他 非 常 災 害 の 発 生 を 発 見 し 又 はそのおそれがあることを 知 ったときは 緊 急 の 措 置 をとるとともに 直 ちに 上 司 その 他 関 係 者 に 連 絡 して その 指 示 に 従 い 被 害 を 最 小 限 にくいとめるように 努 めなければならない ( 遵 守 事 項 ) 第 54 条 教 職 員 は 安 全 及 び 衛 生 を 確 保 するため 次 に 掲 げる 事 項 を 守 らなければならない 10

11 (1) 安 全 及 び 衛 生 について 上 司 の 命 令 及 び 指 示 に 従 い 実 行 すること (2) 常 に 職 場 を 整 理 し 整 頓 し 清 潔 を 保 ち 災 害 防 止 及 び 衛 生 の 向 上 に 努 めること (3) 安 全 衛 生 装 置 消 火 設 備 衛 生 施 設 その 他 危 険 防 止 等 のための 装 置 等 を 無 断 で 移 動 させ 又 は 許 可 なく 当 該 施 設 に 立 ち 入 らないこと (4) 保 護 具 安 全 具 等 の 使 用 が 定 められているときは 必 ずこれを 使 用 し その 効 力 を 失 わせるような 行 為 をし ないこと (その 他 ) 第 55 条 安 全 及 び 衛 生 に 関 しその 他 必 要 な 事 項 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 安 全 衛 生 管 理 規 程 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 程 第 34 号 )の 定 めるところによる 第 10 章 出 張 ( 出 張 ) 第 56 条 理 事 長 は 職 務 上 必 要 がある 場 合 には 教 職 員 に 出 張 を 命 ずることができる 2 出 張 を 命 じられた 教 職 員 が 出 張 を 終 えたときには 速 やかにその 旨 を 上 司 に 報 告 しなければならない 3 教 職 員 は 出 張 中 業 務 の 都 合 又 は 病 気 その 他 やむを 得 ない 事 由 により 予 定 を 変 更 しなければならないときは 速 やかに 上 司 に 連 絡 し その 承 認 を 得 なければならない 4 教 職 員 は 上 司 に 随 行 した 場 合 を 除 き 出 張 終 了 後 復 命 書 を 作 成 し 理 事 長 に 提 出 しなければならない ただ し 特 別 な 事 項 又 は 軽 易 な 事 項 は 口 頭 により 復 命 することができる ( 旅 費 ) 第 57 条 第 18 条 に 規 定 する 赴 任 及 び 前 条 に 規 定 する 出 張 に 要 する 旅 費 については 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 旅 費 規 程 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 程 第 35 号 )の 定 めるところによる 第 11 章 福 利 厚 生 ( 公 舎 等 の 利 用 ) 第 58 条 教 職 員 の 公 舎 及 び 教 職 員 住 宅 の 利 用 については 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 公 舎 等 貸 与 規 程 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 程 第 36 号 )の 定 めるところによる 第 12 章 災 害 補 償 ( 業 務 上 の 災 害 ) 第 59 条 教 職 員 の 業 務 上 の 災 害 については 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 ( 昭 和 42 年 法 律 第 121 号 以 下 地 公 災 法 という )の 定 めるところによる ただし 臨 時 雇 用 職 員 で 地 公 災 法 の 適 用 とならない 場 合 にあっては 労 災 法 の 定 めるところによる ( 通 勤 途 上 の 災 害 ) 第 60 条 教 職 員 の 通 勤 途 上 の 災 害 については 地 公 災 法 の 定 めるところによる ただし 臨 時 雇 用 職 員 で 地 公 災 法 の 適 用 とならない 場 合 にあっては 労 災 法 の 定 めるところによる 第 13 章 退 職 手 当 ( 退 職 手 当 ) 第 61 条 教 職 員 の 退 職 手 当 については 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 程 第 37 号 )の 定 めるところによる 11

12 第 14 章 職 務 発 明 等 ( 職 務 発 明 等 ) 第 62 条 教 職 員 の 職 務 発 明 等 については 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 職 務 発 明 等 規 程 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 程 第 38 号 )の 定 めるところによる 第 15 章 雑 則 ( 雑 則 ) 第 63 条 この 規 則 に 定 めるもののほか 必 要 な 事 項 は 理 事 長 が 別 に 定 める 附 則 この 規 則 は 公 布 の 日 から 施 行 し 平 成 19 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 ( 平 成 19 年 10 月 13 日 規 則 第 13 号 ) この 規 則 は 公 布 の 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 20 年 3 月 8 日 規 則 第 19 号 ) この 規 則 は 平 成 20 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 規 則 第 9 号 ) この 規 則 は 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 規 則 第 3 号 ) この 規 則 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 26 年 3 月 26 日 規 則 第 3 号 ) この 規 則 は 平 成 26 年 4 月 1 日 から 施 行 する 12

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 2007 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき, 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

ついては, 別 に 定 める 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 任 用 規 程 ( 平 成 17 年 規 程 第 44 号 )による ( 労 働 条 件 の 明 示 ) 第 7 条 学 長 は 職 員 の 採 用 に 際 しては, 採 用 する 職 員 に 対 し, 次 の 事

ついては, 別 に 定 める 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 任 用 規 程 ( 平 成 17 年 規 程 第 44 号 )による ( 労 働 条 件 の 明 示 ) 第 7 条 学 長 は 職 員 の 採 用 に 際 しては, 採 用 する 職 員 に 対 し, 次 の 事 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 10 月 3 日 規 則 第 5 号 最 終 改 正 平 成 26 年 3 月 18 日 規 則 第 2 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号

More information

<5461726F2D8BB3904588F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB3904588F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 京 都 教 育 大 学 教 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 3 月 28 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 京 都

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

24 パートタイム職員就業規則

24  パートタイム職員就業規則 国 立 大 学 法 人 鳴 門 教 育 大 学 パートタイム 職 員 就 業 規 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 第 24 号 平 成 16 年 11 月 15 日 規 第 38 号 平 成 17 年 3 月 14 日 規 第 21 号 平 成 18 年 3 月 13 日 規 第 4 号 平 成 19 年 3 月 23 日 規 第 11 号 平 成 20 年 3 月 24 日 規 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

特 任 教 員 特 任 教 員 については 学 長 が 別 に 定 める その 他 学 長 が 必 要 と 認 めた 研 究 員 等 ( 権 限 の 委 任 ) 第 3 条 この 規 則 に 規 定 する 権 限 の 委 任 については, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 職 員 就 業 規

特 任 教 員 特 任 教 員 については 学 長 が 別 に 定 める その 他 学 長 が 必 要 と 認 めた 研 究 員 等 ( 権 限 の 委 任 ) 第 3 条 この 規 則 に 規 定 する 権 限 の 委 任 については, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 職 員 就 業 規 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 パート 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 岐 阜 大 学 規 則 第 64 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 契 約 職 員 就 業 規 則 第 2 条 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 雇 用

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

第1章 総則

第1章 総則 派 遣 社 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 程 は 株 式 会 社 キイパーソン( 以 下 会 社 という)の 派 遣 スタッフの 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 2.この 規 程 および 付 属 規 程 に 定 めのない 事 項 は 個 別 の 就 業 条 件 明 示 書 兼 雇 用 契 約 書 ( 以 下 明 示 書 という)お よび 労

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

Microsoft Word - 01国立大学法人岐阜大学職員就業規則25.4

Microsoft Word - 01国立大学法人岐阜大学職員就業規則25.4 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 岐 阜 大 学 規 則 第 62 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 ( 以 下 本 学 という )の 理 念 と 目 標 を 確 実 に 実 現 させ, 社 会 から 期 待 される 使 命 や 機 能 を 果 たすため, 本 学 に 勤 務 する

More information

( 雇 用 契 約 期 間 ) 第 5 条 本 会 は 雇 用 契 約 の 締 結 に 当 たって 期 間 の 定 めをする 場 合 には 1 年 以 内 の 期 間 とし 契 約 時 に 本 人 の 希 望 等 を 考 慮 のうえ 各 人 別 に 決 定 する ただし 必 要 に 応 じて 健 康

( 雇 用 契 約 期 間 ) 第 5 条 本 会 は 雇 用 契 約 の 締 結 に 当 たって 期 間 の 定 めをする 場 合 には 1 年 以 内 の 期 間 とし 契 約 時 に 本 人 の 希 望 等 を 考 慮 のうえ 各 人 別 に 決 定 する ただし 必 要 に 応 じて 健 康 社 会 福 祉 法 人 精 華 町 社 会 福 祉 協 議 会 非 正 規 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 精 華 町 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 と いう )の 非 正 規 職 員 ( 以 下 職 員 という )の 勤 務 条 件 服 務 規 律 そ の 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものとする

More information

就業規則

就業規則 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアム TIES 職 員 就 業 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアムTI ES( 以 下 本 法 人 という ) 事 務 局 に 勤 務 する 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する

More information

NO2―

NO2― パートタイム 労 働 者 就 業 規 則 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 ( 以 下 法 人 という )のパートタイム 労 働 者 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものである 2 この 規 則 に 定 めない 事 項 については 労 働

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

第1条- (目

第1条- (目 契 約 社 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 スタッフクリエイトあすたむらんど 徳 島 ( 以 下 会 社 という ) の 社 員 就 業 規 則 第 3 条 第 2 項 に 基 づき 契 約 社 員 の 就 業 に 関 する 基 本 事 項 を 定 めたものである ( 契 約 社 員 の 定 義 及 び 適 用 範 囲 ) 第 2

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その 福 岡 大 学 就 業 規 則 昭 和 31 年 4 月 1 日 制 定 第 1 章 総 則 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 福 岡 大 学 寄 附 行 為 並 びに 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 及 び 関 係 法 令 の 精 神 に 則 り 職 員 の 就 業 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を 定 めたものであって これにより 真 に

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

 

  雇 用 契 約 書 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 従 業 員 という )とA 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 本 日 会 社 による 従 業 員 の 雇 用 に 関 し 以 下 のとおり 契 約 した 第 1 条 ( 従 業 員 の 地 位 契 約 期 間 等 ) 1 会 社 は 従 業 員 を 会 社 の 正 社 員 として 採 用 し 従 業 員 は 平 成 〇 〇 年 〇 〇

More information

第 10 章 災 害 補 償 及 び 傷 病 扶 助 ( 第 95 条 第 97 条 ) 第 11 章 福 利 厚 生 ( 第 98 条 第 99 条 ) 第 12 章 補 則 ( 第 100 条 第 102 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校

第 10 章 災 害 補 償 及 び 傷 病 扶 助 ( 第 95 条 第 97 条 ) 第 11 章 福 利 厚 生 ( 第 98 条 第 99 条 ) 第 12 章 補 則 ( 第 100 条 第 102 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 学 校 法 人 明 星 学 苑 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 7 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 8 条 第 14 条 ) 第 2 節 試 用 期 間 ( 第 15 条 ) 第 3 節 異 動 ( 第 16 条 第 21 条 ) 第 4 節 役 職 位 の 任 免 ( 第 22 条 ) 第 3 章 服 務 第 1 節 勤 務 上

More information

( 勤 務 時 間 の 報 告 ) 第 5 条 派 遣 社 員 は 勤 務 した 日 時 間 について 派 遣 先 において 所 定 の 用 紙 またはシステム にて 出 勤 日 および 勤 務 時 間 の 確 認 を 受 け 所 定 の 期 日 までに 会 社 に 提 出 または 報 告 し なけ

( 勤 務 時 間 の 報 告 ) 第 5 条 派 遣 社 員 は 勤 務 した 日 時 間 について 派 遣 先 において 所 定 の 用 紙 またはシステム にて 出 勤 日 および 勤 務 時 間 の 確 認 を 受 け 所 定 の 期 日 までに 会 社 に 提 出 または 報 告 し なけ 派 遣 ( 契 約 ) 社 員 就 業 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 アクト テクニカルサポート( 以 下 会 社 という )の 派 遣 または 契 約 社 員 の 服 務 規 律 労 働 条 件 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めたものである 2 派 遣 社 員 は この 規 則 において 明 示 する 就 業 条 件 などを 遵 守 し

More information

社会福祉法人石鳥谷会職員就業規則

社会福祉法人石鳥谷会職員就業規則 社 会 福 祉 法 人 石 鳥 谷 会 職 員 就 業 規 則 社 会 福 祉 法 人 石 鳥 谷 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 3 年 4 月 22 日 施 行 )の 全 部 を 改 正 する 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 第 89 条 の 規 程 により 社 会 福 祉 法 人 石 鳥 谷 会 ( 以 下 本 法 人 という )に

More information

(3) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 23 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (4) 定 年 退 職 時 にE 職 員 就 業 規 則 第 22 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (5) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 66 条 の(1)

(3) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 23 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (4) 定 年 退 職 時 にE 職 員 就 業 規 則 第 22 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (5) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 66 条 の(1) 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 定 年 退 職 職 員 再 雇 用 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 G 職 員 就 業 規 則 第 20 条 第 1 項 及 びE 職 員 就 業 規 則 第 19 条 第 1 項 に 基 づき 定 年 退 職 した 職 員 を 同 第 2 項 により 再 雇 用 する 場 合

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

契約社員・アルバイト規程

契約社員・アルバイト規程 契 約 職 員 アルバイト 規 程 一 般 財 団 法 人 Rubyアソシエーション 平 成 23 年 7 月 27 日 作 成 施 行 平 成 26 年 6 月 12 日 第 2 条 及 び 第 8 条 改 正 第 1 条 ( 目 的 ) 第 1 章 : 総 則 1.この 規 程 は 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 契 約 職 員 およびアルバイトの 服 務 と 就 業 条 件 に

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378> 規 程 第 16 号 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 4 月 1 日 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 理 事 長 坂 本 雄 三 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 第 1 章 総 則 ( 総 則 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 建

More information

就業規則

就業規則 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ちば 市 民 活 動 市 民 事 業 サポートクラブ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ちば 市 民 活 動 市 民 事 業 サポートクラブ( 以 下 法 人 という )の 労 働 条 件 を 明 らかにすること 及 び 職 場 秩 序 の 維 持 を 目 的 とし て 短 時 間

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

特定非営利活動法人 定款例

特定非営利活動法人 定款例 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys 定 款 平 成 26 年 3 月 13 日 変 更 平 成 25 年 5 月 15 日 変 更 平 成 23 年 6 月 29 日 変 更 平 成 22 年 12 月 12 日 作 成 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

国立大学法人富山大学職員給与規則

国立大学法人富山大学職員給与規則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 給 与 規 則 平 成 17 年 1 0 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 10 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 21 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日

More information

し 入 会 したものをもって 会 員 とし 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 法 人 法 という ) 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 必 要 な 書 類

し 入 会 したものをもって 会 員 とし 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 法 人 法 という ) 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 必 要 な 書 類 一 般 社 団 法 人 東 広 島 薬 剤 師 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 会 は 一 般 社 団 法 人 東 広 島 薬 剤 師 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 広 島 県 東 広 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 薬 剤 師 の 倫 理 の 向 上 及 び 学 術 の 振 興 を

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

第 6 条 この 法 人 の 会 員 は 次 の2 種 とし 正 会 員 を 持 って 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 以 下 法 と 言 う) 上 の 社 員 とする (1) 正 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 個 人 及 び 団 体 (2) 賛 助 会

第 6 条 この 法 人 の 会 員 は 次 の2 種 とし 正 会 員 を 持 って 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 以 下 法 と 言 う) 上 の 社 員 とする (1) 正 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 個 人 及 び 団 体 (2) 賛 助 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 セラピュ-ティック ティック ケア 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 セラピュ-ティック ケア 協 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 太 宰 府 市 五 条 2 丁 目 6 番 1 号 におく 第 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

26年度給与公表様式(菰野町).xls

26年度給与公表様式(菰野町).xls の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 (25 年 度 末 ) A 25 年 度 人 千 41,329 1,767,541 実 質 収 支 千 54,695 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 千 2,467,197 22.9 22.8

More information

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 平 成 28 年 8 月 1 日 現 在 第 一 章 総 則 ( 名 称 及 び 目 的 ) 第 一 条 この 組 合 は 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )と 称 し 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 百 九 十 二 号 以 下 法 という )に 基

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

Taro-H24年度.jtd

Taro-H24年度.jtd 石 井 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 ) 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 の 状 況 (H24.4.1) 一 般 行 政 事 務 4 人 幼 稚 園 教 諭 1 人 保 育 士 9 人 計 14 人 (2) 職 員 の 退 職 状 況 (H23.4.1~H24.3.31) 一 般 行 政 事 務

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

8月9月幹事会検討内容

8月9月幹事会検討内容 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 法 人 は 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 ( 略 称 社 団 法 人 電 管 協 )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 法 人 は 事 務 所 を 東 京 都 千 代 田 区 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 法

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information