建築基準法第43条第1項ただし書き許可

Save this PDF as:
Size: px
Start display at page:

Download "建築基準法第43条第1項ただし書き許可"

Transcription

1 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 許 可 申 請 マニュアル 平 成 17 年 4 月 作 成 ( 平 成 23 年 8 月 改 正 ) 特 定 行 政 庁 桑 名 市

2 目 次 許 可 制 度 と 手 続 き P. 1 許 可 手 続 きフロー P. 3 道 路 判 断 の 流 れ P. 4 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い P. 5 建 築 審 査 会 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 P. 7 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 の 解 説 P.15 関 係 法 令 P.23 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 建 築 基 準 法 施 行 規 則 第 10 条 の 2 の 2 建 設 省 通 達 ( 建 築 基 準 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 一 部 の 施 行 について) 建 設 省 通 達 ( 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 の 運 用 指 針 ) 法 第 43 条 ただし 書 関 係 Q&A ( 参 考 ) P.26 ~ 様 式 集 ~ P.28 許 可 申 請 書 ( 第 43 号 様 式 ) 管 理 者 との 協 議 経 過 書 分 筆 登 記 の 誓 約 書

3 許 可 制 度 と 手 続 き 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 制 度 について 道 路 がないところに 建 築 物 が 建 ち 並 ぶと 建 築 物 の 利 用 が 困 難 になるだけ ではなく 災 害 時 の 避 難 や 消 防 活 動 に 大 きな 支 障 をきたすこととなるため 建 築 基 準 法 では 法 第 43 条 第 1 項 により 建 築 物 の 敷 地 は 道 路 に 2m 以 上 接 しなければならない こととしています 建 築 基 準 法 上 の 道 路 は 同 法 第 42 条 に 定 義 されていますが 法 に 定 義 さ れる 道 路 に 接 していなくても その 敷 地 の 周 囲 に 広 い 空 地 がある 建 築 物 など については 通 常 敷 地 が 道 路 に 接 することにより 確 保 されるのと 同 様 の 安 全 性 が 確 保 される 場 合 があることから ただし 書 により その 敷 地 の 周 囲 に 広 い 空 地 を 有 する 建 築 物 その 他 建 設 省 令 で 定 める 基 準 に 適 合 する 建 築 物 で 特 定 行 政 庁 が 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないと 認 めて 建 築 審 査 会 の 同 意 を 得 て 許 可 したものについてはこの 限 りでない と 規 定 し 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 建 築 することができることとなっています 法 第 43 条 第 1 項 本 文 (P.21) 許 可 の 運 用 の 基 本 的 な 考 え 方 について 建 築 物 の 敷 地 と 道 路 の 関 係 は 法 第 42 条 に 定 義 される 道 路 に 2m 以 上 接 す ることが 基 本 であり 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 はあくまで も 例 外 的 に 適 用 されるものであることから 桑 名 市 及 び 関 係 行 政 機 関 等 との 連 携 個 々の 建 築 の 相 談 者 及 び 地 元 の 協 力 等 により 法 に 定 義 される 道 路 に していくことを 前 提 として 関 係 者 の 調 整 を 諮 る 必 要 があります なお 県 内 特 定 行 政 庁 共 通 の 取 り 扱 いとして 敷 地 と 道 路 との 間 に 公 有 水 路 等 ( 暗 渠 を 含 む)を 挟 んだ いわゆる 水 路 挟 み 敷 地 については 安 全 上 及 び 防 火 上 支 障 がなければ 接 道 しているものとみなし 許 可 を 必 要 とし ないこととしています 許 可 基 準 包 括 同 意 について 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 の 基 準 については 法 施 行 規 則 第 10 条 の 2 の 2 の 各 号 に 規 定 されています また その 主 旨 は 建 設 省 通 達 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 運 用 指 針 により 解 説 されています なお 法 施 行 規 則 第 10 条 の 2 の 2 の 各 号 に 該 当 する 典 型 的 なものについ ては 平 成 17 年 4 月 28 日 付 で 桑 名 市 建 築 審 査 会 において 建 築 審 査 会 に おける 取 り 扱 い として 一 括 して 同 意 を 得 ており 迅 速 な 事 務 処 理 を 図 るも のとしています ( 改 正 平 成 23 年 8 月 9 日 ) これを 受 けて 定 めた 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 に 関 する 建 築 審 査 会 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 に 適 合 する 案 件 については 包 括 同 意 案 件 として 取 り 扱 えることとなり 建 築 審 査 会 の 同 意 を 得 たものと して 許 可 通 知 書 の 交 付 を 行 うこととなります( 包 括 同 意 案 件 という) その 他 の 案 件 については 個 別 同 意 案 件 として 通 常 の 許 可 申 請 と 同 様 に 許 可 を 行 う 前 に 建 築 審 査 会 の 同 意 が 必 要 になります 施 行 規 則 第 10 条 の 2 の 2 本 文 (P.21) 建 設 省 通 達 (P.22) 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い(P.5) 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 (P.7~13) 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 の 解 説 (P14~20) - 1 -

4 事 前 相 談 から 許 可 までの 基 本 的 な 流 れについて (1) 事 前 相 談 前 面 道 路 の 取 り 扱 いについては 市 の 建 築 開 発 課 窓 口 での 道 路 に 関 する 相 談 により 法 第 42 条 に 定 義 される 道 路 に 該 当 するか 否 か また 該 当 し ない 場 合 は 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 が 可 能 かどうかについて 相 談 者 が 持 参 した 資 料 市 及 び 関 係 機 関 にある 資 料 相 談 者 への 聞 き 取 り 等 により 検 討 します また 相 談 により 法 43 条 第 1 項 ただし 書 きの 許 可 要 件 に 適 合 すると 判 断 した 場 合 には さらに 個 別 同 意 案 件 か 包 括 同 意 案 件 か 等 について 統 一 的 に 判 断 します (2) 許 可 申 請 事 前 相 談 により 許 可 要 件 に 適 合 すると 判 断 された 場 合 は 許 可 申 請 書 を 下 記 により 建 築 開 発 課 窓 口 へ 提 出 します 1 申 請 手 数 料 33,000 円 ( 振 込 みによる) 2 提 出 部 数 2 部 ( 正 1 部 副 1 部 ) 3 提 出 書 類 許 可 申 請 書 ( 法 施 行 規 則 第 43 号 様 式 ) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 第 21 条 第 1 項 に 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 である 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] その 他 必 要 な 書 類 * 第 43 号 様 式 (P.26) * 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 参 照 (P.7~13) (3) 許 可 通 知 書 の 交 付 1 個 別 同 意 案 件 に 該 当 するもの 建 築 審 査 会 の 同 意 を 要 するため 書 類 審 査 をした 上 で 建 築 審 査 会 に 諮 り 同 意 が 得 られた 後 に 許 可 通 知 書 を 交 付 します 2 包 括 同 意 案 件 に 該 当 するもの 建 築 審 査 会 に 諮 る 必 要 がないため 包 括 基 準 に 適 合 していることな どを 書 類 審 査 した 上 で 許 可 通 知 書 を 交 付 します 確 認 申 請 確 認 申 請 書 には 許 可 通 知 書 の 写 しを 添 付 し 申 請 書 第 三 面 14. 許 可 認 定 等 の 欄 には 許 可 条 項 許 可 日 及 び 許 可 番 号 を 記 入 して 下 さい 確 認 申 請 において 許 可 条 件 や 誓 約 事 項 についても 審 査 します - 2 -

5 < 許 可 手 続 きフロー> 事 前 ( 道 路 ) 相 談 相 談 申 請 者 情 報 共 有 相 談 関 係 機 関 建 築 開 発 課 許 可 要 件 適 合 個 別 同 意 案 件 包 括 同 意 案 件 事 前 協 議 事 前 協 議 許 可 申 請 書 の 提 出 申 請 者 許 可 申 請 建 築 審 査 会 諮 問 同 意 建 築 開 発 課 審 査 消 防 同 意 建 築 開 発 課 許 可 通 知 書 交 付 申 請 者 建 築 確 認 申 請 手 続 き へ - 3 -

6 < 道 路 判 断 の 流 れ> 平 成 17 年 4 月 28 日 改 正 平 成 年 月 日 計 画 敷 地 に 接 する 道 路 は 建 築 基 準 法 第 42 条 の 道 路? YES NO NO 計 画 敷 地 の 接 道 幅 は 省 令 第 10 条 の 2 の2 第 1 号 ~ 建 築 基 準 法 第 43 条 に 2 m 以 上 で す か? 第 3 号 に 該 当 し ま す か? ( 不 適 合 ) NO YES YES 建 築 基 準 法 第 43 条 に 建 築 審 査 会 包 括 同 意 要 件 の 建 築 審 査 会 の 個 別 同 意 ( 適 合 ) 運 用 基 準 に 該 当 し ま す か? ( 包 括 同 意 要 件 に 該 当 せ ず ) NO 包 括 同 意 要 件 省 令 第 1 0 条 の 2 の 2 第 1 号 に 該 当 す る 場 合 敷 地 の 周 囲 に 公 園 緑 地 広 場 等 広 い 空 地 を 有 す るもの * 解 説 (1) のイメージ 第 2 号 に 該 当 す る 場 合 敷 地 が 農 道 そ の 他 これらに 類 する 公 共 の 用 に 供 す る 道 路 * 解 説 (2) のイメージ ( 幅 員 4m 以 上 ) 第 3 号 に 該 当 す る 場 合 1 確 認 済 みの 敷 地 内 の 建 築 * 解 説 (3)1 のイメージ 2 既 存 建 築 物 の 建 替 等 * 解 説 (3)2 のイメージ 3 幅 員 4m 未 満 の 市 道 等 * 解 説 (3)3 のイメージ 4 幅 員 4m 未 満 の 農 道 等 * 解 説 (3)4 のイメージ 5 敷 地 と 道 路 の 間 に 里 道 等 が 介 在 する 場 合 * 解 説 (3)5 のイメージ 6 都 市 計 画 法 第 29 条 の 許 可 により 築 造 される 道 路 予 定 地 に2m 以 上 接 する 場 合 * 解 説 (3)6 のイメージ YES 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 た だし 書 き 許 可 - 4 -

7 建 築 審 査 会 における 取 扱 い ( 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 による 許 可 に 関 する 建 築 審 査 会 包 括 同 意 ) 平 成 17 年 4 月 28 日 桑 名 市 建 築 審 査 会 承 認 改 正 平 成 19 年 11 月 30 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 8 月 9 日 1 趣 旨 桑 名 市 長 が 建 築 基 準 法 ( 以 下 法 という ) 第 43 条 第 1 項 ただし 書 による 許 可 を 行 う 場 合 に 下 記 の 要 件 等 に 適 合 するものについては あらかじめ 建 築 審 査 会 の 同 意 を 得 たものとして 取 り 扱 う 2 適 用 の 範 囲 建 築 基 準 法 施 行 規 則 ( 以 下 省 令 という ) 第 10 条 の2の2 第 1 項 各 号 のいずれか に 該 当 するものについて 適 用 する 3 要 件 等 (1) 省 令 第 10 条 の2の2 第 1 項 第 1 号 に 該 当 する 場 合 敷 地 が 公 園 緑 地 広 場 等 の 安 定 的 日 常 時 かつ 継 続 的 に 利 用 可 能 な 状 況 にある 空 地 に2m 以 上 有 効 に 接 しているものであって 広 場 等 の 維 持 管 理 通 行 等 について 当 該 空 地 の 管 理 者 と 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 その 他 公 益 上 必 要 と 認 められる 倉 庫 に 限 るものとする (2) 省 令 第 10 条 の2の2 第 1 項 第 2 号 に 該 当 する 場 合 敷 地 が 幅 員 4m 以 上 の 農 道 そ の 他 こ れ に 類 す る 公 共 の 用 に 供 す る 道 ( 以 下 農 道 等 と い う ) に 2 m 以 上 有 効 に 接 し て い る も の で あ っ て 維 持 管 理 通 行 等 に つ い て 当 該 農 道 等 の 管 理 者 と 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 することを 条 件 とする (3) 省 令 第 10 条 の2の2 第 1 項 第 3 号 に 該 当 する 場 合 敷 地 が 次 のいずれかに 該 当 するもので 当 該 空 地 の 管 理 者 との 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 接 する 通 路 を 道 路 とみなして 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 し かつ 幅 員 4m 未 満 の 通 路 に あ っ て は 法 第 4 2 条 第 2 項 に 規 定 す る 道 路 ( 以 下 2 項 道 路 と い う ) と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 することを 条 件 とする - 5 -

8 また 3 4に 掲 げるものにあっては 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 に 限 る ものとする 1 過 去 に 建 築 確 認 を 受 けた 敷 地 における 建 築 増 築 等 であり 確 認 時 における 建 築 物 の 主 用 途 と 同 一 ( 他 の 用 途 から 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 への 建 替 を 除 く ) で か つ 敷 地 及 び そ の 周 囲 の 状 況 が 著 し く 変 わ っ て い な い も の た だ し 申 請 に 係 る 建 築 物 の 主 要 用 途 が 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 以 外 にあっては その 規 模 が 同 程 度 であるものに 限 るものとする 2 法 第 3 章 の 規 定 に 適 用 さ れ る に 至 っ た 際 ( 以 下 基 準 時 と い う ) に す で に 存 在 す る 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 と い う ) の 敷 地 に お け る 建 替 増 築 等 で あ り 基 準 時 から 当 該 既 存 建 築 物 と 主 要 用 途 が 同 一 で かつ 敷 地 及 びその 周 囲 の 状 況 が 著 しく 変 わっていないもの 3 幅 員 4 m 未 満 1.8m 以 上 の 道 路 法 第 3 条 第 二 号 か ら 第 四 号 に 掲 げ る 道 路 ( 法 第 42 条 第 2 項 道 路 は 除 く 以 下 市 道 等 という ) 又 は 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 1.8m 未 満 の 市 道 等 に2m 以 上 有 効 に 接 するもの 4 建 築 物 が 立 ち 並 ん で い る 幅 員 4 m 未 満 の 農 道 等 に 2 m 以 上 有 効 に 接 し 維 持 管 理 通 行 等 について 当 該 農 道 等 の 管 理 者 の 協 議 が 終 了 したもの 5 敷 地 と 道 路 との 間 に 里 道 又 は 畦 畔 等 が 介 在 する 場 合 で 関 係 機 関 との 協 議 が 終 了 したもの 6 都 市 計 画 法 第 29 条 の 規 定 による 許 可 により 築 造 される 道 路 ( 以 下 開 発 道 路 と いう)の 予 定 地 に 接 する 場 合 で 同 法 第 37 条 の 承 認 が 可 能 なもの ただし 当 該 開 発 道 路 予 定 地 を 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 することを 条 件 とする 4 建 築 審 査 会 への 報 告 特 定 行 政 庁 は この 包 括 同 意 要 件 により 許 可 をした 際 には すみやかに 建 築 審 査 会 にその 内 容 を 報 告 しなければならない なお 建 築 審 査 会 の 同 意 の 日 付 は 許 可 の 日 とする 附 則 この 基 準 は 平 成 17 年 4 月 28 日 から 施 行 する この 基 準 は 平 成 19 年 11 月 30 日 から 施 行 する この 基 準 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 基 準 は 平 成 23 年 8 月 9 日 から 施 行 する - 6 -

9 建 築 審 査 会 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 平 成 17 年 4 月 28 日 改 正 平 成 19 年 11 月 30 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 8 月 9 日 (1) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 1 号 該 当 敷 地 の 周 囲 に 公 園 緑 地 広 場 等 広 い 空 地 を 有 するもの 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 そ の 他 公 益 上 必 要 と 認 め ら れ る 倉 庫 の 用 途 に 限 る (2) 敷 地 の 周 囲 に 公 的 機 関 等 が 維 持 管 理 し 安 定 的 日 常 的 に 利 用 可 能 な 状 況 に あ る 公 園 緑 地 広 場 等 の 空 地 ( 以 下 空 地 という )があること (3) 申 請 敷 地 が 空 地 に 2 m 以 上 有 効 に 接 し ( フ ェ ン ス 等 が あ る 部 分 は 除 く ) 空 地 内 に 避 難 上 安 全 上 支 障 がない 通 路 が 確 保 されているもの (4) 空 地 の 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 に つ い て 当 該 空 地 の 管 理 者 と 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められるもの 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 である 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 当 該 空 地 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 についての 協 議 書 (3) 当 該 空 地 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (4) 当 該 空 地 及 び 申 請 敷 地 を 含 んだ 配 置 図 現 況 写 真 (5) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 当 該 空 地 の 管 理 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること - 7 -

10 (2) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 2 号 該 当 敷 地 が 農 道 そ の 他 こ れ に 類 す る 公 共 の 用 に 供 す る 道 ( 幅 員 4 m 以 上 の も の に 限 る ) に2m 以 上 接 すること 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 農 道 整 備 事 業 による 農 道 土 地 改 良 事 業 による 道 河 川 又 は 海 岸 の 管 理 用 道 路 な どの 公 共 機 関 が 維 持 管 理 する 道 ( 以 下 農 道 等 という )であること (2) 当 該 農 道 等 の 幅 員 が4m 以 上 あり かつ 申 請 敷 地 に2m 以 上 有 効 に 接 している もの (3) 当 該 農 道 等 の 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 について 当 該 農 道 等 の 管 理 者 との 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められるもの 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 当 該 農 道 等 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 についての 協 議 書 (3) 当 該 空 地 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (4) 申 請 敷 地 及 び 当 該 農 道 等 の 現 況 写 真 (5) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 当 該 農 道 等 を 前 面 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 に 適 合 すること (2) 当 該 農 道 等 の 管 理 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること - 8 -

11 (3) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 3 号 該 当 敷 地 が 次 のいずれかに 該 当 するもので 当 該 空 地 の 管 理 者 との 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 接 する 通 路 を 道 路 とみなして 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 し かつ 幅 員 4m 未 満 の 通 路 にあっては 法 第 42 条 第 2 項 に 規 定 する 道 路 ( 以 下 2 項 道 路 と い う ) と 同 様 の 道 路 状 空 地 ( 1 ) を 確 保 す る こ と を 条 件 と する また 3 4に 掲 げるものにあっては 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 の 用 途 に 限 るものとする ( 1)2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 す る こ と と は 法 上 の 道 路 に 接 す る ま で 空 地 の 幅 員 を 1.8m 以 上 確 保 したうえで その 中 心 から2mセットバックすることをいう 1 確 認 済 みの 敷 地 内 の 建 築 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 当 該 敷 地 で 最 後 に 受 け た 確 認 時 に お け る 建 築 物 の 主 要 用 途 と 同 一 ( 他 の 用 途 か ら 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 へ の 建 替 え を 除 く ) で か つ 敷 地 及 び そ の 周 囲 の 状 況 が 著 し く 変 わ っ て い な い も の た だ し 申 請 に 係 る 建 築 物 の 主 要 用 途 が 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 以 外 に あ っ て は そ の 規 模 が 同 程 度 であるものに 限 るものとする 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 以 前 の 確 認 通 知 書 の 写 し 又 は 確 認 済 証 明 書 (3) 現 況 の 建 築 物 の 配 置 図 及 び 平 面 図 (4) 当 該 通 路 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (5) 申 請 敷 地 及 び 建 築 物 の 現 況 写 真 (6) 当 該 通 路 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 についての 協 議 書 (7) 当 該 通 路 が 私 有 地 である 場 合 には その 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 (8) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し 当 該 通 路 境 界 線 からの 後 退 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること (2) 前 項 の 道 路 状 空 地 を 前 面 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 に 適 合 すること (3) 当 該 通 路 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること - 9 -

12 (3) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 3 号 該 当 2 既 存 建 築 物 の 建 替 等 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 法 第 3 章 の 規 定 が 適 用 さ れ る に 至 っ た 際 ( 以 下 基 準 時 と い う ) に す で に 存 在 する 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )の 敷 地 における 建 替 え 増 築 等 であり 基 準 時 か ら 当 該 既 存 建 築 物 と 主 要 用 途 が 同 一 ( 他 の 用 途 か ら 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 へ の 建 替 え を 除 く ) で か つ 敷 地 及 び そ の 周 囲 の 状 況 が 著 し く 変 わっていないもの 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 基 準 時 における 建 築 物 や 周 囲 の 状 況 が 判 断 できる 資 料 (3) 基 準 時 の 建 築 物 の 配 置 図 及 び 平 面 図 (4) 当 該 通 路 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (5) 申 請 敷 地 及 び 建 築 物 の 現 況 写 真 (6) 当 該 通 路 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 等 についての 協 議 書 (7) 当 該 通 路 が 私 有 地 である 場 合 には その 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 (8) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し 当 該 通 路 境 界 線 からの 後 退 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること (2) 前 項 の 道 路 状 空 地 を 前 面 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 に 適 合 すること (3) 当 該 通 路 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること

13 (3) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 3 号 該 当 3 幅 員 4m 未 満 の 市 道 等 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 申 請 敷 地 が 幅 員 4m 未 満 1.8m 以 上 の 市 道 等 ( 国 道 県 道 を 含 む 又 法 第 42 条 第 2 項 に 該 当 するものは 除 く ) 又 は 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 1.8m 未 満 の 市 道 等 に2m 以 上 有 効 に 接 しているもの (2) 当 該 市 道 等 の 管 理 者 との 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められるもの 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 当 該 市 道 等 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (3) 申 請 敷 地 及 び 当 該 市 道 等 の 現 況 写 真 (4) 当 該 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 (5) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し 当 該 市 道 等 境 界 線 からの 後 退 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること (2) 前 項 の 道 路 状 空 地 を 前 面 道 路 とみなし 第 3 章 の 規 定 に 適 合 すること (3) 当 該 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること

14 (3) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 3 号 該 当 4 幅 員 4m 未 満 の 農 道 等 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 申 請 敷 地 が 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 4m 未 満 の 農 道 等 に2m 以 上 有 効 に 接 すること (2) 当 該 農 道 等 の 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 について 管 理 者 との 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められること 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 当 該 農 道 等 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 についての 協 議 書 (3) 当 該 農 道 等 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (4) 申 請 敷 地 及 び 当 該 農 道 等 の 現 況 写 真 (5) 当 該 通 路 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 (6) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し 当 該 農 道 等 境 界 線 からの 後 退 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること (2) 前 項 の 道 路 状 空 地 を 前 面 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 に 適 合 すること (3) 当 該 農 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること

15 (3) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 3 号 該 当 5 敷 地 と 道 路 との 間 に 里 道 等 が 介 在 する 場 合 1 許 可 要 件 (1) 敷 地 と 道 路 と の 間 に 里 道 畦 畔 又 は 公 的 機 関 等 所 有 の 公 衆 用 道 路 ( 以 下 里 道 等 と い う ) が 介 在 す る 場 合 で 当 該 里 道 等 の 管 理 者 と の 協 議 の 上 支 障 が な い と 認 められるもの 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 当 該 里 道 等 の 管 理 者 との 協 議 書 (3) 当 該 里 道 等 に 係 る 土 地 の 公 図 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (4) 申 請 敷 地 及 び 当 該 里 道 等 の 現 況 写 真 (5) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 当 該 里 道 等 の 管 理 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること

16 (3) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 3 号 該 当 6 都 市 計 画 法 第 29 条 の 許 可 により 築 造 される 道 路 予 定 地 に2m 以 上 接 する 場 合 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 申 請 敷 地 が 都 市 計 画 法 第 29 条 の 規 定 による 許 可 により 築 造 される 道 路 ( 以 下 開 発 道 路 という)の 予 定 地 に2m 以 上 有 効 に 接 しているもの (2) 都 市 計 画 法 第 37 条 の 承 認 が 可 能 なもの 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 当 該 開 発 道 路 の 予 定 地 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (3) 当 該 開 発 行 為 の 許 可 書 の 写 し (4) 都 市 計 画 法 第 37 条 の 承 認 書 の 写 し( 承 認 前 の も の に あ っ て は 同 法 第 37 条 承 認 申 請 書 が 提 出 済 みであることが 確 認 できるもの) (5) 申 請 敷 地 及 び 当 該 開 発 道 路 予 定 地 を 含 んだ 配 置 図 ( 土 地 利 用 計 画 図 ) 現 況 写 真 (6) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 当 該 開 発 道 路 の 予 定 地 を 前 面 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 に 適 合 すること

17 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 の 解 説 (1) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 1 号 に 該 当 する 場 合 敷 地 が 公 園 緑 地 広 場 等 の 安 定 的 日 常 的 かつ 継 続 的 に 利 用 可 能 な 状 況 にある 空 地 に2m 以 上 有 効 に 接 しているものであって 広 場 等 の 維 持 管 理 通 行 等 について 当 該 空 地 の 管 理 者 と 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 その 他 公 益 上 必 要 と 認 められる 倉 庫 の 用 途 に 限 るものとする とは! 公 園 緑 地 広 場 等 内 に 計 画 する 建 築 物 広 い 空 地 [ 公 園 緑 地 広 場 等 ] 建 築 物 条 件 1 当 該 空 地 の 管 理 者 との 協 議 立 ち 並 んでいるか 否 かは 無 関 係 広 場 等 の 管 理 者 と の 協 議 の 結 果 支 障 なし 1 空 地 の 公 図 の 写 し 建 築 基 準 法 第 42 条 に 規 定 する 道 路 公 園 緑 地 広 場 等 に 接 する 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 添 付 書 類 2 空 地 の 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 3 空 地 及 び 申 請 敷 地 を 含 んだ 図 面 4 現 況 写 真 5その 他 必 要 書 類 建 築 物 広 い 空 地 [ 公 園 緑 地 広 場 等 ] 広 場 等 の 管 理 者 と の 協 議 の 結 果 支 障 なし 建 築 基 準 法 第 42 条 に 規 定 する 道 路

18 (2) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 2 号 に 該 当 する 場 合 敷 地 が 幅 員 4m 以 上 の 農 道 その 他 これに 類 する 公 共 の 用 に 供 する 道 ( 以 下 農 道 等 という )に2m 以 上 有 効 に 接 しているものであって 維 持 管 理 通 行 等 につい て 当 該 農 道 等 の 管 理 者 と 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 することを 条 件 とする とは! 農 道 等 に 接 する 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 1 幅 員 4m 以 上 農 道 の 管 理 者 と の 協 議 の 結 果 支 障 なし 建 築 物 条 件 2 当 該 農 道 等 の 管 理 者 との 協 議 3 法 第 3 章 規 定 の 適 用 立 ち 並 んでいるか 否 かは 無 関 係 幅 員 4m 以 上 農 道 1 農 道 等 の 公 図 の 写 し 河 川 の 管 理 用 道 路 に 接 する 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 添 付 書 類 2 農 道 等 の 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 3 当 該 農 道 等 及 び 申 請 敷 地 を 含 んだ 配 置 図 4 現 況 写 真 5その 他 必 要 書 類 建 築 物 河 川 管 理 用 道 路 の 管 理 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 幅 員 4m 以 上 河 川 河 川 の 管 理 用 道 路 * 農 道 等 とは: 農 道 整 備 事 業 による 農 道 土 地 改 良 事 業 による 道 河 川 又 は 海 岸 の 管 理 用 道 路 公 共 機 関 が 管 理 する 道

19 (3) 省 令 第 10 条 の2の2 第 1 項 第 3 号 に 該 当 する 場 合 敷 地 が 次 のいずれかに 該 当 するもので 当 該 通 路 の 管 理 者 との 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 接 する 通 路 を 道 路 とみなして 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 し かつ 幅 員 4m 未 満 の 通 路 にあっては 法 第 42 条 第 2 項 に 規 定 する 道 路 ( 以 下 2 項 道 路 という ) と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 することを 条 件 とするものとする また 3 4に 掲 げるものにあっては 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 の 用 途 に 限 るものとする とは! 1 過 去 に 建 築 確 認 を 受 けた 敷 地 における 建 替 増 築 等 であり 当 該 敷 地 で 最 後 に 受 けた 確 認 時 における 建 築 物 の 主 要 用 途 と 同 一 ( 他 の 用 途 から 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 への 建 替 を 除 く 2において 同 じ )で かつ 敷 地 及 びその 周 囲 の 状 況 が 著 しく 変 わっていないもの ただし 申 請 に 係 る 建 築 物 の 主 要 用 途 が 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 以 外 にあっては その 規 模 が 同 程 度 であるものに 限 る(2において 同 じ )ものとす る 既 存 建 築 物 のある 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 の 増 築 1 過 去 に 建 築 確 認 済 既 存 建 築 物 2 通 路 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 条 3 法 第 3 章 規 定 の 適 用 道 路 状 空 地 の 管 理 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 増 築 件 4 建 築 物 の 用 途 が 変 わっていないもの 5 敷 地 及 び 周 囲 の 状 況 が 変 わっていないもの 通 路 既 存 建 築 物 のある 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 の 建 替 ( 既 存 建 築 物 が 確 認 を 取 っているものであり 同 一 用 途 に 限 る ) 立 ち 並 んでいるか 否 かは 無 関 係 セットバック 部 分 の 分 筆 登 記 1 以 前 の 確 認 通 知 書 又 は 確 認 済 証 明 書 2 現 況 の 配 置 図 平 面 図 3 通 路 の 公 図 の 写 し 通 路 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 と の 協 議 の 結 果 支 障 なし 既 存 建 築 物 ( 解 体 ) 建 替 添 付 書 類 4 通 路 の 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 5 敷 地 及 び 建 築 物 の 現 況 写 真 6 通 路 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 等 についての 協 議 書 7 通 路 が 私 有 地 である 場 合 には その 管 理 者 及 び 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 8その 他 必 要 書 類 通 路

20 2 法 第 3 章 の 規 定 が 適 用 されるに 至 った 際 ( 以 下 基 準 時 という )にすでに 存 在 する 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )の 敷 地 における 建 替 増 築 等 であり 基 準 時 から 当 該 建 築 物 と 主 要 用 途 が 同 一 で かつ 敷 地 及 びその 周 囲 の 状 況 が 著 しく 変 わっていないもの とは! 法 第 3 章 適 用 以 前 からある 既 存 建 築 物 の 建 替 増 築 1 基 準 時 に 既 に 存 在 した 建 築 物 の 建 替 増 築 既 存 建 築 物 2 通 路 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 条 3 法 第 3 章 規 定 の 適 用 道 路 状 空 地 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 と の 協 議 の 結 果 支 障 なし 増 築 件 4 建 築 物 の 用 途 が 変 わっていないもの 5 敷 地 及 び 周 囲 の 状 況 が 変 わっていないもの 立 ち 並 んでいるか 否 かは 無 関 係 セットバック 部 分 の 分 筆 登 記 通 路 1 基 準 時 の 状 況 が 判 断 できる 資 料 2 現 況 の 配 置 図 平 面 図 既 存 建 築 物 のある 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 の 建 替 ( 既 存 建 築 物 が 法 第 3 章 適 用 以 前 からあり かつ 同 一 用 途 に 限 る ) 道 路 状 空 地 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 既 存 建 築 物 ( 解 体 ) 建 替 添 付 書 類 3 通 路 の 公 図 の 写 し 4 通 路 の 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 5 敷 地 及 び 建 築 物 の 現 況 写 真 6 通 路 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 等 についての 協 議 書 7 通 路 が 私 有 地 である 場 合 には その 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 8その 他 必 要 書 類 通 路

21 3 幅 員 4m 未 満 1.8m 以 上 の 道 路 法 第 3 条 第 二 号 から 第 四 号 に 掲 げる 道 路 (2 項 道 路 は 除 く 以 下 市 道 等 という ) 又 は 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 1.8m 未 満 の 市 道 等 に2m 以 上 有 効 に 接 するもの とは! 第 42 条 第 2 項 道 路 以 外 の 幅 員 1.8m 以 上 4.0m 未 満 の 市 道 等 に 接 する 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 建 築 物 条 件 1 幅 員 1.8m 以 上 4.0m 未 満 2 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 2 法 第 3 章 規 定 の 適 用 3セットバック 部 分 の 分 筆 登 記 立 ち 並 んでいるか 否 かは 無 関 係 1 市 道 等 の 公 図 の 写 し ( 中 心 線 ) 2m セットハ ック 市 道 等 幅 員 1.8m 以 上 4 0m 未 満 添 付 書 類 2 市 道 等 の 登 記 に 係 る 全 部 事 項 証 明 書 3 当 該 市 道 等 の 現 況 写 真 4 市 道 等 の 管 理 者 及 び 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 5その 他 必 要 書 類 法 施 行 以 前 から 立 ち 並 びんでいる 場 合 は 法 第 42 条 第 2 項 道 路 で 扱 う 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し セットバック 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 1.8m 未 満 の 市 道 等 に 接 する 建 築 物 1 幅 員 1.8m 未 満 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 建 築 物 条 件 2 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 3 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 4 法 第 3 章 規 定 の 適 用 5セットバック 部 分 の 分 筆 登 記 1 市 道 等 の 公 図 の 写 し ( 中 心 線 ) 2m セットハ ック 幅 員 1.8m 未 満 添 付 書 類 2 市 道 等 の 登 記 に 係 る 全 部 事 項 証 明 書 3 当 該 市 道 等 の 現 況 写 真 4 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 既 存 建 築 物 の 敷 地 既 存 建 築 物 の 敷 地 5その 他 必 要 書 類 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し セットバック 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること

22 4 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 4m 未 満 の 農 道 等 に2m 以 上 有 効 に 接 し 維 持 管 理 通 行 等 について 当 該 農 道 等 の 管 理 者 の 協 議 が 終 了 したもの とは! 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 農 道 等 に 接 する 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 1 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 条 2 当 該 農 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 農 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 建 築 物 件 3セットバック 部 分 の 分 筆 登 記 4 法 第 3 章 規 定 の 適 用 1 農 道 等 の 公 図 の 写 し ( 中 心 線 ) 2m セットハ ック 既 存 建 築 物 の 敷 地 既 存 建 築 物 の 敷 地 幅 員 4.0m 未 満 添 付 書 類 2 農 道 等 の 登 記 に 係 る 全 部 事 項 証 明 書 3 当 該 農 道 等 の 現 況 写 真 4 当 該 農 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 5その 他 必 要 書 類 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し セットバック 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること

23 5 敷 地 と 道 路 との 間 に 里 道 又 は 畦 畔 等 が 介 在 する 場 合 で 関 係 機 関 との 協 議 が 終 了 したもの とは! 敷 地 と 道 路 との 間 に 里 道 等 がある 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 建 築 物 条 件 1 当 該 里 道 等 の 管 理 者 との 協 議 立 ち 並 んでいるか 否 かは 無 関 係 里 道 等 の 管 理 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 里 道 等 建 築 基 準 法 第 42 条 に 規 定 する 道 路 里 道 等 : 公 的 機 関 等 所 有 の 公 衆 用 道 路 を 含 む 添 付 書 類 1 里 道 等 の 公 図 の 写 し 2 里 道 等 の 登 記 に 係 る 全 部 事 項 証 明 書 ( 地 番 がない 場 合 は 省 略 ) 3 当 該 里 道 等 及 び 申 請 敷 地 を 含 んだ 図 面 4 現 況 写 真 5その 他 必 要 書 類

24 6 都 市 計 画 法 第 29 条 の 規 定 による 許 可 により 築 造 される 道 路 ( 以 下 開 発 道 路 と いう )の 予 定 地 に 接 する 場 合 で 同 法 第 37 条 の 承 認 が 可 能 なもの ただし 当 該 開 発 道 路 予 定 地 を 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 することを 条 件 とする とは! 都 市 計 画 法 第 29 条 の 規 定 による 許 可 により 築 造 される 道 路 の 予 定 地 に 接 する 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 開 発 区 域 建 築 物 条 件 1 都 市 計 画 法 第 37 条 の 承 認 可 能 なもの 2 法 第 3 章 規 定 の 適 用 1 開 発 道 路 予 定 地 の 公 図 の 写 し 開 発 道 路 予 定 地 2 開 発 道 路 予 定 地 の 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 3 当 該 開 発 行 為 の 許 可 書 の 写 し 建 築 基 準 法 第 42 条 に 規 定 する 道 路 添 付 書 類 4 都 市 計 画 法 第 37 条 承 認 書 の 写 し ( 承 認 前 のものにあっては 同 法 第 37 条 承 認 申 請 書 が 提 出 済 みであるこ とが 確 認 できるもの) 5 当 該 敷 地 及 び 開 発 道 路 予 定 地 を 含 ん だ 配 置 図 ( 土 地 利 用 計 画 図 ) 6 現 況 写 真 7その 他 必 要 書 類

25 建 築 基 準 法 ( 敷 地 等 と 道 路 との 関 係 ) 関 係 法 令 通 達 第 43 条 建 築 物 の 敷 地 は 道 路 ( 次 に 掲 げるものを 除 く 次 条 第 1 項 を 除 き 以 下 同 じ )に 2 メートル 以 上 接 しなければならない ただし その 敷 地 の 周 囲 に 広 い 空 地 を 有 する 建 築 物 その 他 の 建 設 省 令 で 定 める 基 準 に 適 合 する 建 築 物 で 特 定 行 政 庁 が 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないと 認 めて 建 築 審 査 会 の 同 意 を 得 て 許 可 したものにつ いては この 限 りでない 建 築 基 準 法 施 行 規 則 ( 敷 地 等 と 道 路 との 関 係 の 特 例 の 基 準 ) 第 10 条 の 2 の 2 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 建 設 省 令 で 定 める 基 準 は 次 の 各 号 のいずれかに 掲 げるものとする 一 その 敷 地 の 周 囲 に 公 園 緑 地 広 場 等 広 い 空 地 を 有 すること 二 その 敷 地 が 農 道 その 他 これに 類 する 公 共 の 用 に 供 する 道 ( 幅 員 4 メートル 以 上 のものに 限 る )に 2 メートル 以 上 接 すること 三 その 敷 地 が その 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 及 び 構 造 に 応 じ 避 難 及 び 通 行 の 安 全 等 の 目 的 を 達 するために 十 分 な 幅 員 を 有 する 通 路 であって 道 路 に 通 ずるも のに 有 効 に 接 すること 建 設 省 通 達 抜 粋 平 成 11 年 4 月 28 日 建 設 省 住 指 発 第 201 号 建 設 省 住 街 発 第 48 号 都 道 府 県 知 事 殿 建 築 基 準 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 一 部 の 施 行 について 建 設 省 住 宅 局 長 第 4 接 道 義 務 の 特 例 等 の 許 可 化 について( 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 第 44 条 第 1 項 第 2 号 及 び 第 53 条 第 4 項 第 3 号 並 びに 施 行 規 則 第 10 条 の 2 の 関 係 ) 従 来 建 築 確 認 の 際 に 建 築 主 事 により 判 断 されていた 特 例 例 外 的 扱 いのうち 接 道 義 務 の 特 例 ( 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 ) 道 路 内 建 築 制 限 の 特 例 ( 法 第 44 条 第 1 項 第 2 号 ) 及 び 建 ぺい 率 制 限 の 特 例 ( 法 第 53 条 第 4 項 第 3 号 )については 特 定 行 政 庁 の 許 可 を 要 するもの として 再 構 成 することとした 今 回 の 許 可 化 の 趣 旨 は 改 正 法 により 建 築 確 認 検 査 事 務 が 民 間 開 放 されたことに 伴 い 民 間 機 関 が 実 施 する 建 築 確 認 検 査 事 務 は 技 術 的 な 基 準 への 適 合 性 について 判 断 可 能 なものに 限 定 し 一 定 の 裁 量 を 伴 う 審 査 判 断 を 要 するものについては その 判 断 の 公 平 性 客 観 性 を 担 保 するため 行 政 が 一 義 的 に 判 断 することとしたものである このうち 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 については 処 分 の 判 断 基 準 の 事 前 明 示 性 を 図 るため 施 行 規 則 により 基 準 を 定 めたところであるが その 運 用 については 別 紙 3 の 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 の 運 用 指 針 のとおり 定 めたので これを 踏 まえ 適 切 な 運 用 を 図 られたい

26 建 設 省 通 達 抜 粋 平 成 11 年 4 月 28 日 建 設 省 住 指 発 第 201 号 建 設 省 住 街 発 第 48 号 都 道 府 県 知 事 殿 建 設 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 一 部 の 施 行 について 別 紙 3 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 の 運 用 指 針 1 建 築 基 準 法 ( 以 下 法 という ) 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 は 接 道 義 務 の 特 例 許 可 であることから 避 難 及 び 通 行 の 安 全 性 道 路 に 接 することを 前 提 とした 建 築 規 制 である 前 面 道 路 幅 員 容 積 率 制 限 や 道 路 斜 線 制 限 が 適 用 されないことに 伴 う 総 合 的 な 市 街 地 の 環 境 への 影 響 について 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 及 び 構 造 等 を 勘 案 し 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないかどうかを 審 査 する 必 要 があるものであること 2 当 該 許 可 に 当 たっては 建 築 物 又 はその 敷 地 が 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 が ないものとするための 条 件 その 他 必 要 な 条 件 を 付 することができること 3 建 築 物 の 敷 地 は 法 第 42 条 に 規 定 する 道 路 ( 以 下 道 路 という )に2メートル 以 上 接 することが 原 則 であり 当 該 許 可 はあくまでも 例 外 的 に 適 用 されるべきものであること 4 当 該 許 可 に 当 たっては 建 築 審 査 会 の 同 意 を 得 ることが 必 要 であるが 建 築 審 査 会 の 効 率 的 な 運 営 や 開 催 回 数 の 増 加 等 を 行 うことにより 迅 速 な 事 務 処 理 に 努 めること 5 建 築 基 準 法 施 行 規 則 第 19 条 の 2 の 許 可 基 準 は 許 可 の 審 査 の 前 提 要 件 として 法 第 43 条 第 1 項 本 文 に 適 合 することにより 確 保 されている 市 街 地 の 環 境 と 同 等 の 水 準 が 確 保 されて いることを 基 本 として 定 めたものである 具 体 的 には 道 路 に 代 えて 将 来 にわたって 安 定 的 に 利 用 することができる 空 地 に 接 すること また 2 メートル 以 上 接 する ことに 代 えて 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 及 び 構 造 に 応 じ 有 効 に 接 することとして これを 類 型 化 し て 規 定 するものであり 各 基 準 ごとの 考 え 方 は 以 下 のとおりである (1) その 敷 地 の 周 囲 に 公 園 緑 地 広 場 等 広 い 空 地 を 有 すること 建 築 物 の 敷 地 の 周 囲 に 公 園 緑 地 広 場 等 広 い 空 地 があるものについては 道 路 に 直 接 接 しない 場 合 であっても 当 該 空 地 が 避 難 及 び 通 行 の 安 全 延 焼 の 防 止 等 の 防 火 日 照 採 光 通 風 等 の 衛 生 等 の 確 保 の 観 点 から 道 路 と 同 等 の 機 能 を 有 す ることに 鑑 み 基 準 とするものである この 場 合 当 該 空 地 は 安 定 的 日 常 的 に 利 用 可 能 な 状 況 にある 空 地 をいい 建 築 物 の 敷 地 が 少 なくとも 2 メートル 以 上 の 長 さを もって 当 該 空 地 に 接 するものとする (2) その 敷 地 が 農 道 その 他 これに 類 する 公 共 の 用 に 供 する 道 ( 幅 員 4 メートル 以 上 のものに 限 る )に 2 メートル 以 上 接 すること 農 道 港 湾 道 路 等 は 一 般 住 民 の 通 行 等 の 用 に 供 することを 目 的 とされているもので はないが その 状 況 から 道 路 と 同 等 の 機 能 を 有 するものについては 接 道 義 務 の 特 例 許 可 の 対 象 として 扱 うことができることに 鑑 み 基 準 とするものである

27 (3) その 敷 地 が その 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 及 び 構 造 に 応 じ 避 難 及 び 通 行 の 安 全 等 の 目 的 を 達 するために 十 分 な 幅 員 を 有 する 通 路 であって 道 路 に 通 ずるものに 有 効 に 接 するこ と 当 該 基 準 は (1) 及 び(2)の 定 型 的 類 型 に 該 当 しないものについて 一 般 的 にその 性 能 を 規 定 し 基 準 とするものであり 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないことを 個 別 に 総 合 的 な 観 点 から 審 査 判 断 するものとする なお 具 体 的 には (2)に 該 当 しない 農 道 等 の 通 路 がある 場 合 のほか 道 路 と 敷 地 との 間 にある 河 川 等 に 橋 などが 設 けられている 場 合 などを 含 み 得 るものとする この 場 合 建 築 物 と 道 路 の 間 には 道 路 に 代 わる 空 地 である 通 路 が 確 保 されることが 必 要 となるが 審 査 にあたっては 以 下 の 点 に 留 意 されたい 当 該 通 路 が 現 状 のみならず 将 来 にわたって 安 定 的 に 利 用 できるものかどうかについ て 土 地 の 所 有 状 況 占 用 許 可 等 を 勘 案 して 総 合 的 に 判 断 すること 通 路 の 幅 員 は 4 メートル 以 上 また 敷 地 は 2 メートル 以 上 の 長 さで 通 路 に 接 することを 原 則 とするが 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 及 び 構 造 等 建 築 計 画 の 内 容 や 周 囲 の 状 況 を 審 査 した 上 で 同 項 本 文 の 規 定 に 適 合 することにより 確 保 されている 市 街 地 の 環 境 と 同 等 の 水 準 が 確 保 されると 認 められる 場 合 には これによらないことができること なお 当 該 基 準 の 適 用 については 法 第 86 条 第 1 項 若 しくは 第 2 項 又 は 法 第 86 条 の 2 第 1 項 の 規 定 による 認 定 における 建 築 物 と 道 路 に 関 する 審 査 の 際 の 考 え 方 との 整 合 性 をもって 適 切 に 運 用 すること

28 法 43 条 第 1 項 ただし 書 関 係 Q&A( 参 考 ) Q.1 確 認 申 請 及 び 建 築 計 画 概 要 書 の 配 置 図 において 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 特 例 許 可 を 受 けた 道 路 状 空 地 はどのような 記 載 をすればよいか A.1 確 認 申 請 及 び 建 築 計 画 概 要 書 の 配 置 図 の 道 路 状 空 地 部 分 には 法 43 条 ただし 書 の 規 定 による 空 地 である 旨 記 載 し 許 可 年 月 日 と 許 可 番 号 を 併 せて 記 載 しておくこと が 望 ましい Q.2 セットバック 部 分 ( 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 上 空 地 を 確 保 した 部 分 )は 確 認 申 請 時 の 申 請 敷 地 面 積 に 入 るのか A.2 2 項 道 路 と 同 様 に 申 請 敷 地 面 積 に 入 れないようにし 将 来 道 路 が 拡 幅 された 際 に 建 ぺい 率 容 積 率 がクリアされるようにしておく Q.3 法 第 42 条 道 路 と 法 第 43 条 ただし 書 該 当 の 前 面 空 地 に 接 している 敷 地 (いわゆる 喉 元 敷 地 )の 取 り 扱 いについて A.3 法 第 42 条 道 路 と 接 している 喉 元 敷 地 については 法 第 43 条 ただし 書 の 許 可 申 請 は 必 要 ない ただし 下 図 のように 接 する 空 地 ( 通 路 )の 奥 に 現 に 建 築 物 が 立 ち 並 んでおり 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 特 例 許 可 対 象 空 地 として 扱 うことが 明 らかな 場 合 当 該 空 地 を 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 に 適 合 するように 将 来 的 な 喉 元 敷 地 のセットバックについ ても 所 有 者 に 協 力 を 求 めていただく 様 お 願 いします 42 条 道 路 43 条 ただし 書 空 地 喉 元 敷 地 申 請 による 後 退 敷 地 協 力 依 頼 -26-

29 Q.4 北 側 斜 線 や 日 影 規 制 の 適 用 に 当 たって 道 路 状 空 地 は 建 築 基 準 法 上 の 道 路 に 準 じて 扱 うの か 隣 地 として 扱 うのか A.4 市 町 村 道 に 認 定 された 際 に 不 適 格 になる 建 築 物 が 生 じないようにする 必 要 がある また 認 定 される 見 込 みがなくても 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 で 認 めた 空 地 は 建 築 基 準 法 上 の 道 路 と 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 同 等 であると 認 められるものであり 道 路 と して 扱 うことにより 当 該 特 例 許 可 の 主 旨 が 達 成 されることから 原 則 として 道 路 に 準 じて 扱 う Q.5 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 申 請 を 不 動 産 業 者 等 が 行 い その 後 確 認 申 請 を 個 人 が 行 うことが 出 来 るか A.5 当 該 許 可 は 都 市 計 画 法 による 開 発 許 可 とは 異 なり 敷 地 にではなく その 敷 地 に 建 つ 建 築 物 に 対 して 行 うものである よって 原 則 として 建 築 行 為 を 行 う 建 築 確 認 申 請 の 申 請 者 が 許 可 申 請 を 行 うべきものであり 不 動 産 業 者 等 が 土 地 に 対 して 事 前 に 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 を 得 て 土 地 の 売 買 を 行 う 性 質 のものではない Q.6 承 諾 を 得 る 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 取 り 扱 いについて A.6 空 地 の 管 理 者 ( 所 有 者 又 は 機 能 管 理 者 ) 及 び 空 地 の 幅 員 が 1800mm 未 満 にあっては 確 保 すべき 空 地 範 囲 の 所 有 者 -27-

30 許 可 申 請 書 第 四 十 三 号 様 式 ( 第 十 条 の 四 関 係 )(A4) 許 可 申 請 書 ( 建 築 物 ) ( 第 一 面 ) 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 の 規 定 による 許 可 を 申 請 します この 申 請 書 及 び 添 付 図 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありません 特 定 行 政 庁 桑 名 市 長 様 平 成 年 月 日 申 請 者 氏 名 印 1. 申 請 者 イ. 氏 名 のフリカ ナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 設 計 者 イ. 資 格 ( ) 建 築 士 ( ) 登 録 第 号 ロ. 氏 名 ハ. 建 築 士 事 務 所 名 ( ) 建 築 士 事 務 所 ( ) 知 事 登 録 号 ニ. 郵 便 番 号 ホ. 所 在 地 ヘ. 電 話 番 号 手 数 料 欄 受 付 欄 消 防 関 係 同 意 欄 決 裁 欄 許 可 番 号 欄 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 第 号 第 号 係 員 印 係 員 印 公 開 による 意 見 公 告 欄 の 聴 取 の 期 日 欄 建 築 審 査 会 同 意 欄 市 都 市 計 画 審 議 会 欄 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 第 号 第 号 第 号 係 員 印 係 員 印 係 員 印 -28-

31 建 築 物 及 びその 敷 地 に 関 する 事 項 1. 地 名 地 番 2. 住 居 表 示 ( 第 二 面 ) 3. 防 火 地 域 防 火 地 域 準 防 火 地 域 指 定 なし 4.その 他 の 区 域 地 域 地 区 街 区 5. 道 路 イ. 幅 員 ロ. 敷 地 と 接 している 部 分 の 長 さ 6. 敷 地 面 積 イ. 敷 地 面 積 (1) ( )( )( )( ) (2) ( )( )( )( ) ロ. 用 途 地 域 等 ( )( )( )( ) ハ. 建 築 基 準 法 第 52 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 による 建 築 物 の 容 積 率 ( )( )( )( ) ニ. 建 築 基 準 法 第 53 条 第 1 項 の 規 定 による 建 築 物 の 建 ぺい 率 ( )( )( )( ) ホ. 敷 地 面 積 の 合 計 (1) (2) ヘ. 敷 地 に 建 築 可 能 な 延 べ 面 積 を 敷 地 面 積 で 除 した 数 値 ト. 敷 地 に 建 築 可 能 な 建 築 面 積 を 敷 地 面 積 で 除 した 数 値 チ. 備 考 7. 主 要 用 途 ( 区 分 ) 8. 工 事 種 別 新 築 増 築 改 築 移 転 用 途 変 更 大 規 模 の 修 繕 大 規 模 の 模 様 替 9. 建 築 面 積 ( 申 請 部 分 )( 申 請 以 外 の 部 分 )( 合 計 ) イ. 建 築 面 積 ( )( )( ) ロ. 建 ぺい 率 10. 延 べ 面 積 ( 申 請 部 分 )( 申 請 以 外 の 部 分 )( 合 計 ) イ. 建 築 物 全 体 ( )( )( ) ロ. 地 階 の 住 宅 の 部 分 ( )( )( ) ハ. 共 同 住 宅 の 共 用 の 廊 下 等 の 部 分 ( )( )( ) ニ. 自 動 車 車 庫 等 の 部 分 ( )( )( ) ホ. 住 宅 の 部 分 ( )( )( ) ヘ. 延 べ 面 積 ト. 容 積 率 11. 建 築 物 の 数 イ. 申 請 に 係 る 建 築 物 の 数 ロ. 同 一 敷 地 内 の 他 の 建 築 物 の 数 12. 工 事 着 手 予 定 年 月 平 成 年 月 日 13. 工 事 完 了 予 定 年 月 平 成 年 月 日 14.その 他 必 要 な 事 項 15. 備 考 -29-

32 建 築 物 別 概 要 1. 番 号 ( 第 三 面 ) 2. 工 事 種 別 等 新 築 増 築 改 築 移 転 用 途 変 更 大 規 模 の 修 繕 大 規 模 の 模 様 替 既 設 3. 構 造 造 一 部 造 4. 高 さ イ. 最 高 の 高 さ ロ. 最 高 の 軒 の 高 さ 5. 階 別 用 途 別 床 面 積 イ. 階 別 用 途 別 ( 用 途 の 区 分 )( 具 体 的 な 用 途 の 名 称 )( 申 請 部 分 )( 申 請 以 外 の 部 分 )( 合 計 ) ( 階 ) ( 階 ) ( 階 ) ( 階 ) ( 階 ) ロ. 用 途 別 ( 用 途 の 区 分 )( 具 体 的 な 用 途 の 名 称 )( 申 請 部 分 )( 申 請 以 外 の 部 分 )( 合 計 ) 6.その 他 必 要 な 事 項 7. 備 考 -30-

33 ( 空 地 又 は 通 路 部 分 が 官 公 庁 所 有 地 である 場 合 ) 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 申 請 に 係 る 管 理 者 との 協 議 書 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 申 請 をするにあたり 管 理 者 等 との 協 議 を 行 った 結 果 は 下 記 のとおりです 平 成 年 月 日 申 請 地 番 : 申 請 者 住 所 氏 名 管 理 者 協 議 事 項 回 答 ( 誓 約 ) 上 記 の 回 答 ( 誓 約 )については 厳 守 します 申 請 者 署 名 印 -31-

34 ( 空 地 又 は 通 路 部 分 が 私 有 地 である 場 合 ) 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 申 請 に 係 る 管 理 者 との 協 議 書 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 申 請 をするにあたり 管 理 者 等 との 協 議 を 行 った 結 果 は 下 記 のとおりです 平 成 年 月 日 申 請 地 番 : 申 請 者 住 所 氏 名 管 理 者 利 害 関 係 者 協 議 事 項 回 答 ( 誓 約 ) 承 諾 印 上 記 の 回 答 ( 誓 約 )については 厳 守 します 申 請 者 署 名 印 -32-

35 (その1) 分 筆 登 記 の 誓 約 書 下 記 の 敷 地 に 係 る 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 た だ し 書 の 規 定 に よ る 許 可 申 請 における 前 面 空 地 の 境 界 線 からの 敷 地 後 退 部 分 については 確 認 処 分 時 までに 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 を 完 了 し 登 記 完 了 後 の 土 地 登 記 簿 謄 本 を 提 出 す る こ と を 誓 約 し ま す 記 申 請 地 番 : 桑 名 市 長 様 平 成 年 月 日 申 請 者 署 名 * 敷 地 所 有 者 署 名 * 申 請 者 と 当 該 敷 地 所 有 者 が 異 なる 場 合 のみ 記 入 印 印 -33-

36 (その2) 分 筆 登 記 の 誓 約 書 下 記 の 敷 地 に 係 る 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 た だ し 書 の 規 定 に よ る 許 可 申 請 における 前 面 空 地 の 境 界 線 からの 敷 地 後 退 部 分 については 確 認 処 分 時 までに 分 筆 し 登 記 完 了 後 の 土 地 登 記 簿 謄 本 を 提 出 いたしま す なお 地 目 を 公 衆 用 道 路 に 変 更 することについては 下 記 の 理 由 により 早 急 に 変 更 することが 出 来 ませんが 当 該 敷 地 後 退 部 分 につ いては 障 害 事 項 がなくなるよう 最 大 限 の 努 力 をした 上 で 障 害 事 項 が な く な っ た 時 点 で す み や か に 地 目 の 変 更 を す る こ と を 誓 約 し ま す 記 申 請 地 番 : 地 目 変 更 出 来 な い 理 由 : 桑 名 市 長 様 平 成 年 月 日 申 請 者 署 名 * 敷 地 所 有 者 署 名 * 申 請 者 と 当 該 敷 地 所 有 者 が 異 なる 場 合 のみ 記 入 印 印 -34-

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

道路位置指定(位置指定道路)とは

道路位置指定(位置指定道路)とは 位 置 指 定 手 引 き 1. 位 置 指 定 ( 位 置 指 定 )とは.. 建 築 基 準 法 ( 以 下 基 準 法 という )では 建 築 物 敷 地 は に2メートル 以 上 接 しなけ ればならない と 定 めています 建 築 物 を 計 画 している 敷 地 が ( 種 類 は 下 表 参 照 ) に 接 していない 場 合 や 新 たに 小 規 模 な 宅 地 造 成 を 行 う

More information

佐渡市都市計画区域の見直し

佐渡市都市計画区域の見直し 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 について 佐 渡 市 建 設 課 都 市 計 画 とは 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 についての ルールをはじめ まちづくりに 必 要 なことがら について 総 合 的 一 体 的 に 定 め まちづく り 全 体 を 秩 序 だてて 進 めていくことを 目 的 と した 都 市 計 画 法 という 法 律 で 定 められた 計 画 です 住

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464>

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464> 第 2 開 発 行 為 の 許 可 第 1 節 許 可 を 要 する 開 発 行 為 1 面 積 要 件 ( 法 第 29 条 第 1 項 第 1 号 第 2 項 本 文 ) 下 表 のそれぞれの 区 域 ごとに 定 めた 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 法 令 により 許 可 不 要 及 び 協 議 が 必 要 とされるものを 除 く )を 行 おうとする 者 は あらかじめ 知 事 の

More information

1号店舗運用基準

1号店舗運用基準 市 街 化 調 整 区 域 における 都 市 計 画 法 第 3 4 条 第 1 2 号 の 規 定 に よ る 開 発 許 可 等 の 基 準 を 定 める について 法 第 34 条 第 12 号 及 び 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ハ でいう 開 発 区 域 の 周 辺 にお ける 市 街 化 区 域 を 促 進 するおそれがないと 認 められ かつ 市 街 化 区 域 内 にお

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評 別 紙 広 大 地 の 判 定 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 広 大 地 については 平 成 16 年 6 月 4 日 付 課 評 2-7 ほか2 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 の 一 部 改 正 に ついて( 法 令 解 釈 通 達 ) により その 評 価 方 法 を 改 正 し その 改 正 の 趣 旨 等 については 平 成 16 年 6 月 29 日 付 資 産 評

More information

<4D F736F F D E93788E7390EC8E738BB782A082A293B998488EE888F882AB81698DC58F49816A2E646F63>

<4D F736F F D E93788E7390EC8E738BB782A082A293B998488EE888F882AB81698DC58F49816A2E646F63> 市 川 市 狭 あい 道 路 対 策 事 業 の 手 引 き 平 成 25 年 5 月 市 川 市 街 づくり 部 建 築 指 導 課 1. 制 度 の 概 要 狭 あい 道 路 は 私 たちが 日 常 生 活 を 行 う 上 で 交 通 上 や 安 全 上 の 問 題 があるばかりでなく 緊 急 時 や 災 害 時 において 緊 急 車 両 の 乗 り 入 れが 出 来 ないなど 消 防 救 急

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

Microsoft Word - 建築基準法第42条第2項道路後退整備のあらまし

Microsoft Word - 建築基準法第42条第2項道路後退整備のあらまし 建 築 基 準 法 第 42 条 第 2 項 後 退 整 備 のあらまし 安 全 で 快 適 な 住 みよいまちづくりのために 高 石 市 はじめに 私 たちの 身 近 にある は 通 行 だけではなく 日 常 生 活 における 日 照 や 通 風 採 光 を 確 保 することや 下 水 水 ガス 等 の 埋 設 及 び 災 害 時 の 避 難 消 防 活 動 等 の 重 要 な 役 割 を 果 たしています

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

1 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 について 1-1 はじめに 私 たちが 安 心 して 安 全 に 暮 らしていくうえで, 道 は 重 要 な 役 割 を 担 っています しかし, 道 が 狭 いと, 日 照 通 風 等 の 確 保 が 難 しいといった 住 環 境 の 面 だけでなく, 災

1 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 について 1-1 はじめに 私 たちが 安 心 して 安 全 に 暮 らしていくうえで, 道 は 重 要 な 役 割 を 担 っています しかし, 道 が 狭 いと, 日 照 通 風 等 の 確 保 が 難 しいといった 住 環 境 の 面 だけでなく, 災 京 都 市 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 に 関 する 手 引 目 次 1 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 について 1-1 はじめに 1 1-2 事 業 の 概 要 1 1-3 狭 あい 道 路 とは 3 2 狭 あい 道 路 整 備 申 出 について 2-1 狭 あい 道 路 整 備 申 出 の 手 続 の 流 れ 4 2-2 狭 あい 道 路 整 備 申 出 書 の 記 入 方

More information

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 の 背 景 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 ( 以 下 条 例 という )では 日 照 障 害 により 近 隣 の 生 活 環 境 に 支 障 を 及 ぼさないことを 目 的 に 建 物 高 さに 対 して 規 制 を 定 めております この 規 制 は 建 築 基 準 法 に 定 める 日 影 規 制 より

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx 様 式 (7)~1 建 売 住 宅 共 同 住 宅 宅 地 分 譲 公 営 住 宅 公 共 施 設 関 係 1. 転 用 目 的 とその 内 容 イ. 建 売 住 宅 ロ. 共 同 住 宅 ハ. 宅 地 分 譲 ニ. 公 営 住 宅 ホ. 公 共 施 設 ( ) 転 用 敷 地 総 面 積 ( 内 農 地 面 積 その 他 ) 土 地 利 用 計 画 住 宅 用 地 店 舗 集 会 所 等 施 設

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱 南 伊 豆 町 空 き 家 バンクリフォーム 等 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 27 年 4 月 16 日 要 綱 第 15 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 南 伊 豆 町 空 き 家 バンク 設 置 要 綱 ( 平 成 23 年 要 綱 第 14 号 ) に 定 める 空 き 家 の 有 効 活 用 をとおして 町 内 への 移 住 及 び 定 住 の 促 進 による

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す 篠 山 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 9 月 30 日 要 綱 第 55 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 民 が 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 目 指 し 自 主 防 犯 活 動 を 補 完 するため 防 犯 カメラの 設 置 に 係 る 経 費 の 一 部 を 補 助 することに 関 し 篠 山 市 補 助 金 交 付

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477>

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477> 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 ( 以 下 本 市 という )が 施 工 する 建 設 工 事 から 生 じる 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 いを 定 めることにより 資 源 の 有 効 な 利 用 及 び 廃 棄 物 の

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 固 定 資 産 税 本 解 答 は 平 成 28 年 8 月 12 日 16 時 に 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 に 作 成 したもので 予 告 なしに 内 容 を 変 更 する 場 合 が あります また 本 解 答 は 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 の 見 解 で 作 成 / 提 供 しており 試 験 機 関 による

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033899E95E5977697CC816994A8926E82A982F182AA82A2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033899E95E5977697CC816994A8926E82A982F182AA82A2816A2E646F63> 平 成 20 年 度 馬 淵 川 沿 岸 ( 二 期 ) 農 業 水 利 事 業 畑 地 かんがい 検 討 業 務 応 募 要 領 1. 業 務 名 平 成 20 年 度 馬 淵 川 沿 岸 ( 二 期 ) 農 業 水 利 事 業 畑 地 かんがい 検 討 業 務 2. 業 務 の 目 的 馬 淵 川 沿 岸 農 業 水 利 事 業 は 岩 手 県 北 部 を 貫 流 する 一 級 河 川 馬 淵

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63>

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63> 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 6 月 1 8 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 2 9 5 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 2 年 2 月 8 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 5 1 4 号 ) 事 件 名 : 法 人 課 税 部 門 における 消 費 税 還 付 申 告 に 係 る 事 務 処 理 手

More information

4 調 査 の 対 話 内 容 (1) 調 査 対 象 財 産 の 土 地 建 物 等 を 活 用 して 展 開 できる 事 業 のアイディアをお 聞 かせく ださい 事 業 アイディアには, 次 の 可 能 性 も 含 めて 提 案 をお 願 いします ア 地 域 の 活 性 化 と 様 々な 世

4 調 査 の 対 話 内 容 (1) 調 査 対 象 財 産 の 土 地 建 物 等 を 活 用 して 展 開 できる 事 業 のアイディアをお 聞 かせく ださい 事 業 アイディアには, 次 の 可 能 性 も 含 めて 提 案 をお 願 いします ア 地 域 の 活 性 化 と 様 々な 世 呉 市 有 財 産 事 業 者 提 案 型 (サウンディング 型 ) 市 場 調 査 実 施 要 項 1 調 査 の 名 称 呉 市 有 財 産 事 業 者 提 案 型 (サウンディング 型 ) 市 場 調 査 ( 以 下 市 場 調 査 という ) 2 調 査 の 目 的 等 (1) 背 景 目 的 呉 市 では, 行 政 目 的 のない 財 産 ( 土 地 建 物 )については 売 却 を 原

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4 資 料 1 土 地 区 画 整 理 事 業 画 書 ( 案 ) ( 仮 称 ) 箕 面 市 船 場 東 地 区 土 地 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸 大 阪 府 道 高 速 大 阪 池 田 線 等 に 関 する 協 定 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )と 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 高 速 道 路 株 式 会 社 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 99 号 以 下 道 路 会 社 法 という ) 第 6 条 第 1 項

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

Microsoft Word - 【事務連絡】居所情報の登録申請が間に合わなかった場合の取扱いの周知について.docx

Microsoft Word - 【事務連絡】居所情報の登録申請が間に合わなかった場合の取扱いの周知について.docx 事 務 連 絡 平 成 27 年 11 月 5 日 各 都 道 府 県 障 害 福 祉 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 企 画 課 長 期 入 所 者 等 がマイナンバー 通 知 カードを 入 所 等 先 で 受 け 取 るに 当 たっての 居 所 情 報 の 登 録 申 請 が 間 に 合 わなかった 場 合 の 取 扱 いについて(

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備*

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備* 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 公 営 住 宅 法 施 行 令 例 規 整 備 * 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 例 規 整 備 平 成 22 年 12 月 21 日 登 録 同 年 12 月 28 日 更 新 ( 主 な 変 更 箇 所 はアミカケとしています ) 公 布 年 月 日 番 号 平 成 22 年 12 月

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

第三十六号の二様式(第五条関係)(A4)

第三十六号の二様式(第五条関係)(A4) 第 三 十 六 号 の 三 様 式 ( 第 六 条 関 係 )(A4 ) 定 期 検 査 報 告 書 ( 昇 降 機 ) ( 第 一 面 ) 建 築 基 準 法 第 12 条 第 3 項 の 規 定 によ り 定 期 検 査 の 結 果 を 報 告 し ま す こ の 報 告 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありま せん 特 定 行 政 庁 上 田 市 長 様 平 成 年 月 日

More information

不 利 益 処 分 に 係 る 法 令 名 漁 港 漁 場 整 備 法 第 39 条 の2 第 1 項 工 作 物 建 造 許 可 等 の 取 消 無 許 可 行 為 の 中 止 復 旧 命 令 等 法 令 の 定 め 第 39 条 の2 第 1 項 漁 港 管 理 者 は 次 の 各 号 のいずれ

不 利 益 処 分 に 係 る 法 令 名 漁 港 漁 場 整 備 法 第 39 条 の2 第 1 項 工 作 物 建 造 許 可 等 の 取 消 無 許 可 行 為 の 中 止 復 旧 命 令 等 法 令 の 定 め 第 39 条 の2 第 1 項 漁 港 管 理 者 は 次 の 各 号 のいずれ 不 利 益 処 分 に 係 る 法 令 名 漁 港 漁 場 整 備 法 第 37 条 第 2 項 漁 港 施 設 の 原 状 回 復 命 令 法 令 の 定 め 第 37 条 第 2 項 漁 港 管 理 者 は 漁 港 の 保 全 上 必 要 があると 認 める 場 合 には 前 項 の 規 定 に 違 反 した 者 に 対 し 原 状 回 復 を 命 ずることができる 違 法 性 の 程 度 当

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

01.活性化計画(上大久保)

01.活性化計画(上大久保) 別 記 様 式 第 1 号 ( 第 四 関 係 ) か み お お く ぼ 上 大 久 保 ち く 地 区 か っ せ い か 活 性 化 け い か く 計 画 栃 木 県 鹿 沼 市 平 成 26 年 2 月 1 活 性 化 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 計 画 の 名 称 上 大 久 保 地 区 活 性 化 計 画 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 鹿 沼 市 地

More information