建築基準法第43条第1項ただし書き許可

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "建築基準法第43条第1項ただし書き許可"

Transcription

1 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 許 可 申 請 マニュアル 平 成 17 年 4 月 作 成 ( 平 成 23 年 8 月 改 正 ) 特 定 行 政 庁 桑 名 市

2 目 次 許 可 制 度 と 手 続 き P. 1 許 可 手 続 きフロー P. 3 道 路 判 断 の 流 れ P. 4 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い P. 5 建 築 審 査 会 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 P. 7 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 の 解 説 P.15 関 係 法 令 P.23 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 建 築 基 準 法 施 行 規 則 第 10 条 の 2 の 2 建 設 省 通 達 ( 建 築 基 準 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 一 部 の 施 行 について) 建 設 省 通 達 ( 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 の 運 用 指 針 ) 法 第 43 条 ただし 書 関 係 Q&A ( 参 考 ) P.26 ~ 様 式 集 ~ P.28 許 可 申 請 書 ( 第 43 号 様 式 ) 管 理 者 との 協 議 経 過 書 分 筆 登 記 の 誓 約 書

3 許 可 制 度 と 手 続 き 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 制 度 について 道 路 がないところに 建 築 物 が 建 ち 並 ぶと 建 築 物 の 利 用 が 困 難 になるだけ ではなく 災 害 時 の 避 難 や 消 防 活 動 に 大 きな 支 障 をきたすこととなるため 建 築 基 準 法 では 法 第 43 条 第 1 項 により 建 築 物 の 敷 地 は 道 路 に 2m 以 上 接 しなければならない こととしています 建 築 基 準 法 上 の 道 路 は 同 法 第 42 条 に 定 義 されていますが 法 に 定 義 さ れる 道 路 に 接 していなくても その 敷 地 の 周 囲 に 広 い 空 地 がある 建 築 物 など については 通 常 敷 地 が 道 路 に 接 することにより 確 保 されるのと 同 様 の 安 全 性 が 確 保 される 場 合 があることから ただし 書 により その 敷 地 の 周 囲 に 広 い 空 地 を 有 する 建 築 物 その 他 建 設 省 令 で 定 める 基 準 に 適 合 する 建 築 物 で 特 定 行 政 庁 が 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないと 認 めて 建 築 審 査 会 の 同 意 を 得 て 許 可 したものについてはこの 限 りでない と 規 定 し 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 建 築 することができることとなっています 法 第 43 条 第 1 項 本 文 (P.21) 許 可 の 運 用 の 基 本 的 な 考 え 方 について 建 築 物 の 敷 地 と 道 路 の 関 係 は 法 第 42 条 に 定 義 される 道 路 に 2m 以 上 接 す ることが 基 本 であり 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 はあくまで も 例 外 的 に 適 用 されるものであることから 桑 名 市 及 び 関 係 行 政 機 関 等 との 連 携 個 々の 建 築 の 相 談 者 及 び 地 元 の 協 力 等 により 法 に 定 義 される 道 路 に していくことを 前 提 として 関 係 者 の 調 整 を 諮 る 必 要 があります なお 県 内 特 定 行 政 庁 共 通 の 取 り 扱 いとして 敷 地 と 道 路 との 間 に 公 有 水 路 等 ( 暗 渠 を 含 む)を 挟 んだ いわゆる 水 路 挟 み 敷 地 については 安 全 上 及 び 防 火 上 支 障 がなければ 接 道 しているものとみなし 許 可 を 必 要 とし ないこととしています 許 可 基 準 包 括 同 意 について 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 の 基 準 については 法 施 行 規 則 第 10 条 の 2 の 2 の 各 号 に 規 定 されています また その 主 旨 は 建 設 省 通 達 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 運 用 指 針 により 解 説 されています なお 法 施 行 規 則 第 10 条 の 2 の 2 の 各 号 に 該 当 する 典 型 的 なものについ ては 平 成 17 年 4 月 28 日 付 で 桑 名 市 建 築 審 査 会 において 建 築 審 査 会 に おける 取 り 扱 い として 一 括 して 同 意 を 得 ており 迅 速 な 事 務 処 理 を 図 るも のとしています ( 改 正 平 成 23 年 8 月 9 日 ) これを 受 けて 定 めた 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 に 関 する 建 築 審 査 会 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 に 適 合 する 案 件 については 包 括 同 意 案 件 として 取 り 扱 えることとなり 建 築 審 査 会 の 同 意 を 得 たものと して 許 可 通 知 書 の 交 付 を 行 うこととなります( 包 括 同 意 案 件 という) その 他 の 案 件 については 個 別 同 意 案 件 として 通 常 の 許 可 申 請 と 同 様 に 許 可 を 行 う 前 に 建 築 審 査 会 の 同 意 が 必 要 になります 施 行 規 則 第 10 条 の 2 の 2 本 文 (P.21) 建 設 省 通 達 (P.22) 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い(P.5) 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 (P.7~13) 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 の 解 説 (P14~20) - 1 -

4 事 前 相 談 から 許 可 までの 基 本 的 な 流 れについて (1) 事 前 相 談 前 面 道 路 の 取 り 扱 いについては 市 の 建 築 開 発 課 窓 口 での 道 路 に 関 する 相 談 により 法 第 42 条 に 定 義 される 道 路 に 該 当 するか 否 か また 該 当 し ない 場 合 は 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 が 可 能 かどうかについて 相 談 者 が 持 参 した 資 料 市 及 び 関 係 機 関 にある 資 料 相 談 者 への 聞 き 取 り 等 により 検 討 します また 相 談 により 法 43 条 第 1 項 ただし 書 きの 許 可 要 件 に 適 合 すると 判 断 した 場 合 には さらに 個 別 同 意 案 件 か 包 括 同 意 案 件 か 等 について 統 一 的 に 判 断 します (2) 許 可 申 請 事 前 相 談 により 許 可 要 件 に 適 合 すると 判 断 された 場 合 は 許 可 申 請 書 を 下 記 により 建 築 開 発 課 窓 口 へ 提 出 します 1 申 請 手 数 料 33,000 円 ( 振 込 みによる) 2 提 出 部 数 2 部 ( 正 1 部 副 1 部 ) 3 提 出 書 類 許 可 申 請 書 ( 法 施 行 規 則 第 43 号 様 式 ) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 第 21 条 第 1 項 に 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 である 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] その 他 必 要 な 書 類 * 第 43 号 様 式 (P.26) * 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 参 照 (P.7~13) (3) 許 可 通 知 書 の 交 付 1 個 別 同 意 案 件 に 該 当 するもの 建 築 審 査 会 の 同 意 を 要 するため 書 類 審 査 をした 上 で 建 築 審 査 会 に 諮 り 同 意 が 得 られた 後 に 許 可 通 知 書 を 交 付 します 2 包 括 同 意 案 件 に 該 当 するもの 建 築 審 査 会 に 諮 る 必 要 がないため 包 括 基 準 に 適 合 していることな どを 書 類 審 査 した 上 で 許 可 通 知 書 を 交 付 します 確 認 申 請 確 認 申 請 書 には 許 可 通 知 書 の 写 しを 添 付 し 申 請 書 第 三 面 14. 許 可 認 定 等 の 欄 には 許 可 条 項 許 可 日 及 び 許 可 番 号 を 記 入 して 下 さい 確 認 申 請 において 許 可 条 件 や 誓 約 事 項 についても 審 査 します - 2 -

5 < 許 可 手 続 きフロー> 事 前 ( 道 路 ) 相 談 相 談 申 請 者 情 報 共 有 相 談 関 係 機 関 建 築 開 発 課 許 可 要 件 適 合 個 別 同 意 案 件 包 括 同 意 案 件 事 前 協 議 事 前 協 議 許 可 申 請 書 の 提 出 申 請 者 許 可 申 請 建 築 審 査 会 諮 問 同 意 建 築 開 発 課 審 査 消 防 同 意 建 築 開 発 課 許 可 通 知 書 交 付 申 請 者 建 築 確 認 申 請 手 続 き へ - 3 -

6 < 道 路 判 断 の 流 れ> 平 成 17 年 4 月 28 日 改 正 平 成 年 月 日 計 画 敷 地 に 接 する 道 路 は 建 築 基 準 法 第 42 条 の 道 路? YES NO NO 計 画 敷 地 の 接 道 幅 は 省 令 第 10 条 の 2 の2 第 1 号 ~ 建 築 基 準 法 第 43 条 に 2 m 以 上 で す か? 第 3 号 に 該 当 し ま す か? ( 不 適 合 ) NO YES YES 建 築 基 準 法 第 43 条 に 建 築 審 査 会 包 括 同 意 要 件 の 建 築 審 査 会 の 個 別 同 意 ( 適 合 ) 運 用 基 準 に 該 当 し ま す か? ( 包 括 同 意 要 件 に 該 当 せ ず ) NO 包 括 同 意 要 件 省 令 第 1 0 条 の 2 の 2 第 1 号 に 該 当 す る 場 合 敷 地 の 周 囲 に 公 園 緑 地 広 場 等 広 い 空 地 を 有 す るもの * 解 説 (1) のイメージ 第 2 号 に 該 当 す る 場 合 敷 地 が 農 道 そ の 他 これらに 類 する 公 共 の 用 に 供 す る 道 路 * 解 説 (2) のイメージ ( 幅 員 4m 以 上 ) 第 3 号 に 該 当 す る 場 合 1 確 認 済 みの 敷 地 内 の 建 築 * 解 説 (3)1 のイメージ 2 既 存 建 築 物 の 建 替 等 * 解 説 (3)2 のイメージ 3 幅 員 4m 未 満 の 市 道 等 * 解 説 (3)3 のイメージ 4 幅 員 4m 未 満 の 農 道 等 * 解 説 (3)4 のイメージ 5 敷 地 と 道 路 の 間 に 里 道 等 が 介 在 する 場 合 * 解 説 (3)5 のイメージ 6 都 市 計 画 法 第 29 条 の 許 可 により 築 造 される 道 路 予 定 地 に2m 以 上 接 する 場 合 * 解 説 (3)6 のイメージ YES 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 た だし 書 き 許 可 - 4 -

7 建 築 審 査 会 における 取 扱 い ( 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 による 許 可 に 関 する 建 築 審 査 会 包 括 同 意 ) 平 成 17 年 4 月 28 日 桑 名 市 建 築 審 査 会 承 認 改 正 平 成 19 年 11 月 30 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 8 月 9 日 1 趣 旨 桑 名 市 長 が 建 築 基 準 法 ( 以 下 法 という ) 第 43 条 第 1 項 ただし 書 による 許 可 を 行 う 場 合 に 下 記 の 要 件 等 に 適 合 するものについては あらかじめ 建 築 審 査 会 の 同 意 を 得 たものとして 取 り 扱 う 2 適 用 の 範 囲 建 築 基 準 法 施 行 規 則 ( 以 下 省 令 という ) 第 10 条 の2の2 第 1 項 各 号 のいずれか に 該 当 するものについて 適 用 する 3 要 件 等 (1) 省 令 第 10 条 の2の2 第 1 項 第 1 号 に 該 当 する 場 合 敷 地 が 公 園 緑 地 広 場 等 の 安 定 的 日 常 時 かつ 継 続 的 に 利 用 可 能 な 状 況 にある 空 地 に2m 以 上 有 効 に 接 しているものであって 広 場 等 の 維 持 管 理 通 行 等 について 当 該 空 地 の 管 理 者 と 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 その 他 公 益 上 必 要 と 認 められる 倉 庫 に 限 るものとする (2) 省 令 第 10 条 の2の2 第 1 項 第 2 号 に 該 当 する 場 合 敷 地 が 幅 員 4m 以 上 の 農 道 そ の 他 こ れ に 類 す る 公 共 の 用 に 供 す る 道 ( 以 下 農 道 等 と い う ) に 2 m 以 上 有 効 に 接 し て い る も の で あ っ て 維 持 管 理 通 行 等 に つ い て 当 該 農 道 等 の 管 理 者 と 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 することを 条 件 とする (3) 省 令 第 10 条 の2の2 第 1 項 第 3 号 に 該 当 する 場 合 敷 地 が 次 のいずれかに 該 当 するもので 当 該 空 地 の 管 理 者 との 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 接 する 通 路 を 道 路 とみなして 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 し かつ 幅 員 4m 未 満 の 通 路 に あ っ て は 法 第 4 2 条 第 2 項 に 規 定 す る 道 路 ( 以 下 2 項 道 路 と い う ) と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 することを 条 件 とする - 5 -

8 また 3 4に 掲 げるものにあっては 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 に 限 る ものとする 1 過 去 に 建 築 確 認 を 受 けた 敷 地 における 建 築 増 築 等 であり 確 認 時 における 建 築 物 の 主 用 途 と 同 一 ( 他 の 用 途 から 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 への 建 替 を 除 く ) で か つ 敷 地 及 び そ の 周 囲 の 状 況 が 著 し く 変 わ っ て い な い も の た だ し 申 請 に 係 る 建 築 物 の 主 要 用 途 が 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 以 外 にあっては その 規 模 が 同 程 度 であるものに 限 るものとする 2 法 第 3 章 の 規 定 に 適 用 さ れ る に 至 っ た 際 ( 以 下 基 準 時 と い う ) に す で に 存 在 す る 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 と い う ) の 敷 地 に お け る 建 替 増 築 等 で あ り 基 準 時 から 当 該 既 存 建 築 物 と 主 要 用 途 が 同 一 で かつ 敷 地 及 びその 周 囲 の 状 況 が 著 しく 変 わっていないもの 3 幅 員 4 m 未 満 1.8m 以 上 の 道 路 法 第 3 条 第 二 号 か ら 第 四 号 に 掲 げ る 道 路 ( 法 第 42 条 第 2 項 道 路 は 除 く 以 下 市 道 等 という ) 又 は 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 1.8m 未 満 の 市 道 等 に2m 以 上 有 効 に 接 するもの 4 建 築 物 が 立 ち 並 ん で い る 幅 員 4 m 未 満 の 農 道 等 に 2 m 以 上 有 効 に 接 し 維 持 管 理 通 行 等 について 当 該 農 道 等 の 管 理 者 の 協 議 が 終 了 したもの 5 敷 地 と 道 路 との 間 に 里 道 又 は 畦 畔 等 が 介 在 する 場 合 で 関 係 機 関 との 協 議 が 終 了 したもの 6 都 市 計 画 法 第 29 条 の 規 定 による 許 可 により 築 造 される 道 路 ( 以 下 開 発 道 路 と いう)の 予 定 地 に 接 する 場 合 で 同 法 第 37 条 の 承 認 が 可 能 なもの ただし 当 該 開 発 道 路 予 定 地 を 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 することを 条 件 とする 4 建 築 審 査 会 への 報 告 特 定 行 政 庁 は この 包 括 同 意 要 件 により 許 可 をした 際 には すみやかに 建 築 審 査 会 にその 内 容 を 報 告 しなければならない なお 建 築 審 査 会 の 同 意 の 日 付 は 許 可 の 日 とする 附 則 この 基 準 は 平 成 17 年 4 月 28 日 から 施 行 する この 基 準 は 平 成 19 年 11 月 30 日 から 施 行 する この 基 準 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 基 準 は 平 成 23 年 8 月 9 日 から 施 行 する - 6 -

9 建 築 審 査 会 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 平 成 17 年 4 月 28 日 改 正 平 成 19 年 11 月 30 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 8 月 9 日 (1) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 1 号 該 当 敷 地 の 周 囲 に 公 園 緑 地 広 場 等 広 い 空 地 を 有 するもの 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 そ の 他 公 益 上 必 要 と 認 め ら れ る 倉 庫 の 用 途 に 限 る (2) 敷 地 の 周 囲 に 公 的 機 関 等 が 維 持 管 理 し 安 定 的 日 常 的 に 利 用 可 能 な 状 況 に あ る 公 園 緑 地 広 場 等 の 空 地 ( 以 下 空 地 という )があること (3) 申 請 敷 地 が 空 地 に 2 m 以 上 有 効 に 接 し ( フ ェ ン ス 等 が あ る 部 分 は 除 く ) 空 地 内 に 避 難 上 安 全 上 支 障 がない 通 路 が 確 保 されているもの (4) 空 地 の 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 に つ い て 当 該 空 地 の 管 理 者 と 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められるもの 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 である 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 当 該 空 地 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 についての 協 議 書 (3) 当 該 空 地 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (4) 当 該 空 地 及 び 申 請 敷 地 を 含 んだ 配 置 図 現 況 写 真 (5) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 当 該 空 地 の 管 理 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること - 7 -

10 (2) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 2 号 該 当 敷 地 が 農 道 そ の 他 こ れ に 類 す る 公 共 の 用 に 供 す る 道 ( 幅 員 4 m 以 上 の も の に 限 る ) に2m 以 上 接 すること 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 農 道 整 備 事 業 による 農 道 土 地 改 良 事 業 による 道 河 川 又 は 海 岸 の 管 理 用 道 路 な どの 公 共 機 関 が 維 持 管 理 する 道 ( 以 下 農 道 等 という )であること (2) 当 該 農 道 等 の 幅 員 が4m 以 上 あり かつ 申 請 敷 地 に2m 以 上 有 効 に 接 している もの (3) 当 該 農 道 等 の 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 について 当 該 農 道 等 の 管 理 者 との 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められるもの 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 当 該 農 道 等 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 についての 協 議 書 (3) 当 該 空 地 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (4) 申 請 敷 地 及 び 当 該 農 道 等 の 現 況 写 真 (5) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 当 該 農 道 等 を 前 面 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 に 適 合 すること (2) 当 該 農 道 等 の 管 理 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること - 8 -

11 (3) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 3 号 該 当 敷 地 が 次 のいずれかに 該 当 するもので 当 該 空 地 の 管 理 者 との 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 接 する 通 路 を 道 路 とみなして 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 し かつ 幅 員 4m 未 満 の 通 路 にあっては 法 第 42 条 第 2 項 に 規 定 する 道 路 ( 以 下 2 項 道 路 と い う ) と 同 様 の 道 路 状 空 地 ( 1 ) を 確 保 す る こ と を 条 件 と する また 3 4に 掲 げるものにあっては 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 の 用 途 に 限 るものとする ( 1)2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 す る こ と と は 法 上 の 道 路 に 接 す る ま で 空 地 の 幅 員 を 1.8m 以 上 確 保 したうえで その 中 心 から2mセットバックすることをいう 1 確 認 済 みの 敷 地 内 の 建 築 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 当 該 敷 地 で 最 後 に 受 け た 確 認 時 に お け る 建 築 物 の 主 要 用 途 と 同 一 ( 他 の 用 途 か ら 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 へ の 建 替 え を 除 く ) で か つ 敷 地 及 び そ の 周 囲 の 状 況 が 著 し く 変 わ っ て い な い も の た だ し 申 請 に 係 る 建 築 物 の 主 要 用 途 が 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 以 外 に あ っ て は そ の 規 模 が 同 程 度 であるものに 限 るものとする 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 以 前 の 確 認 通 知 書 の 写 し 又 は 確 認 済 証 明 書 (3) 現 況 の 建 築 物 の 配 置 図 及 び 平 面 図 (4) 当 該 通 路 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (5) 申 請 敷 地 及 び 建 築 物 の 現 況 写 真 (6) 当 該 通 路 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 についての 協 議 書 (7) 当 該 通 路 が 私 有 地 である 場 合 には その 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 (8) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し 当 該 通 路 境 界 線 からの 後 退 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること (2) 前 項 の 道 路 状 空 地 を 前 面 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 に 適 合 すること (3) 当 該 通 路 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること - 9 -

12 (3) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 3 号 該 当 2 既 存 建 築 物 の 建 替 等 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 法 第 3 章 の 規 定 が 適 用 さ れ る に 至 っ た 際 ( 以 下 基 準 時 と い う ) に す で に 存 在 する 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )の 敷 地 における 建 替 え 増 築 等 であり 基 準 時 か ら 当 該 既 存 建 築 物 と 主 要 用 途 が 同 一 ( 他 の 用 途 か ら 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 へ の 建 替 え を 除 く ) で か つ 敷 地 及 び そ の 周 囲 の 状 況 が 著 し く 変 わっていないもの 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 基 準 時 における 建 築 物 や 周 囲 の 状 況 が 判 断 できる 資 料 (3) 基 準 時 の 建 築 物 の 配 置 図 及 び 平 面 図 (4) 当 該 通 路 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (5) 申 請 敷 地 及 び 建 築 物 の 現 況 写 真 (6) 当 該 通 路 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 等 についての 協 議 書 (7) 当 該 通 路 が 私 有 地 である 場 合 には その 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 (8) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し 当 該 通 路 境 界 線 からの 後 退 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること (2) 前 項 の 道 路 状 空 地 を 前 面 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 に 適 合 すること (3) 当 該 通 路 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること

13 (3) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 3 号 該 当 3 幅 員 4m 未 満 の 市 道 等 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 申 請 敷 地 が 幅 員 4m 未 満 1.8m 以 上 の 市 道 等 ( 国 道 県 道 を 含 む 又 法 第 42 条 第 2 項 に 該 当 するものは 除 く ) 又 は 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 1.8m 未 満 の 市 道 等 に2m 以 上 有 効 に 接 しているもの (2) 当 該 市 道 等 の 管 理 者 との 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められるもの 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 当 該 市 道 等 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (3) 申 請 敷 地 及 び 当 該 市 道 等 の 現 況 写 真 (4) 当 該 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 (5) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し 当 該 市 道 等 境 界 線 からの 後 退 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること (2) 前 項 の 道 路 状 空 地 を 前 面 道 路 とみなし 第 3 章 の 規 定 に 適 合 すること (3) 当 該 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること

14 (3) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 3 号 該 当 4 幅 員 4m 未 満 の 農 道 等 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 申 請 敷 地 が 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 4m 未 満 の 農 道 等 に2m 以 上 有 効 に 接 すること (2) 当 該 農 道 等 の 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 について 管 理 者 との 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められること 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 当 該 農 道 等 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 上 の 使 用 についての 協 議 書 (3) 当 該 農 道 等 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (4) 申 請 敷 地 及 び 当 該 農 道 等 の 現 況 写 真 (5) 当 該 通 路 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 (6) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し 当 該 農 道 等 境 界 線 からの 後 退 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること (2) 前 項 の 道 路 状 空 地 を 前 面 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 に 適 合 すること (3) 当 該 農 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること

15 (3) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 3 号 該 当 5 敷 地 と 道 路 との 間 に 里 道 等 が 介 在 する 場 合 1 許 可 要 件 (1) 敷 地 と 道 路 と の 間 に 里 道 畦 畔 又 は 公 的 機 関 等 所 有 の 公 衆 用 道 路 ( 以 下 里 道 等 と い う ) が 介 在 す る 場 合 で 当 該 里 道 等 の 管 理 者 と の 協 議 の 上 支 障 が な い と 認 められるもの 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 当 該 里 道 等 の 管 理 者 との 協 議 書 (3) 当 該 里 道 等 に 係 る 土 地 の 公 図 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (4) 申 請 敷 地 及 び 当 該 里 道 等 の 現 況 写 真 (5) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 当 該 里 道 等 の 管 理 者 との 協 議 の 上 定 められた 事 項 を 厳 守 すること

16 (3) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 3 号 該 当 6 都 市 計 画 法 第 29 条 の 許 可 により 築 造 される 道 路 予 定 地 に2m 以 上 接 する 場 合 1 許 可 要 件 次 の 各 項 を 満 たすもの (1) 申 請 敷 地 が 都 市 計 画 法 第 29 条 の 規 定 による 許 可 により 築 造 される 道 路 ( 以 下 開 発 道 路 という)の 予 定 地 に2m 以 上 有 効 に 接 しているもの (2) 都 市 計 画 法 第 37 条 の 承 認 が 可 能 なもの 2 添 付 書 類 (1) 桑 名 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 桑 名 市 規 則 第 28 号 ) 第 21 条 第 1 項 で 規 定 する 添 付 書 類 [ 付 近 見 取 図 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 設 計 者 が 建 築 士 で あ る 場 合 にあっては 建 築 士 免 許 証 の 写 し] (2) 当 該 開 発 道 路 の 予 定 地 に 係 る 土 地 の 公 図 の 写 し 及 び 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 (3) 当 該 開 発 行 為 の 許 可 書 の 写 し (4) 都 市 計 画 法 第 37 条 の 承 認 書 の 写 し( 承 認 前 の も の に あ っ て は 同 法 第 37 条 承 認 申 請 書 が 提 出 済 みであることが 確 認 できるもの) (5) 申 請 敷 地 及 び 当 該 開 発 道 路 予 定 地 を 含 んだ 配 置 図 ( 土 地 利 用 計 画 図 ) 現 況 写 真 (6) その 他 許 可 要 件 を 確 認 するために 必 要 な 書 類 3 許 可 条 件 (1) 当 該 開 発 道 路 の 予 定 地 を 前 面 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 に 適 合 すること

17 包 括 同 意 案 件 運 用 基 準 の 解 説 (1) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 1 号 に 該 当 する 場 合 敷 地 が 公 園 緑 地 広 場 等 の 安 定 的 日 常 的 かつ 継 続 的 に 利 用 可 能 な 状 況 にある 空 地 に2m 以 上 有 効 に 接 しているものであって 広 場 等 の 維 持 管 理 通 行 等 について 当 該 空 地 の 管 理 者 と 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 その 他 公 益 上 必 要 と 認 められる 倉 庫 の 用 途 に 限 るものとする とは! 公 園 緑 地 広 場 等 内 に 計 画 する 建 築 物 広 い 空 地 [ 公 園 緑 地 広 場 等 ] 建 築 物 条 件 1 当 該 空 地 の 管 理 者 との 協 議 立 ち 並 んでいるか 否 かは 無 関 係 広 場 等 の 管 理 者 と の 協 議 の 結 果 支 障 なし 1 空 地 の 公 図 の 写 し 建 築 基 準 法 第 42 条 に 規 定 する 道 路 公 園 緑 地 広 場 等 に 接 する 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 添 付 書 類 2 空 地 の 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 3 空 地 及 び 申 請 敷 地 を 含 んだ 図 面 4 現 況 写 真 5その 他 必 要 書 類 建 築 物 広 い 空 地 [ 公 園 緑 地 広 場 等 ] 広 場 等 の 管 理 者 と の 協 議 の 結 果 支 障 なし 建 築 基 準 法 第 42 条 に 規 定 する 道 路

18 (2) 省 令 第 10 条 の 2 の 2 第 1 項 第 2 号 に 該 当 する 場 合 敷 地 が 幅 員 4m 以 上 の 農 道 その 他 これに 類 する 公 共 の 用 に 供 する 道 ( 以 下 農 道 等 という )に2m 以 上 有 効 に 接 しているものであって 維 持 管 理 通 行 等 につい て 当 該 農 道 等 の 管 理 者 と 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 することを 条 件 とする とは! 農 道 等 に 接 する 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 1 幅 員 4m 以 上 農 道 の 管 理 者 と の 協 議 の 結 果 支 障 なし 建 築 物 条 件 2 当 該 農 道 等 の 管 理 者 との 協 議 3 法 第 3 章 規 定 の 適 用 立 ち 並 んでいるか 否 かは 無 関 係 幅 員 4m 以 上 農 道 1 農 道 等 の 公 図 の 写 し 河 川 の 管 理 用 道 路 に 接 する 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 添 付 書 類 2 農 道 等 の 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 3 当 該 農 道 等 及 び 申 請 敷 地 を 含 んだ 配 置 図 4 現 況 写 真 5その 他 必 要 書 類 建 築 物 河 川 管 理 用 道 路 の 管 理 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 幅 員 4m 以 上 河 川 河 川 の 管 理 用 道 路 * 農 道 等 とは: 農 道 整 備 事 業 による 農 道 土 地 改 良 事 業 による 道 河 川 又 は 海 岸 の 管 理 用 道 路 公 共 機 関 が 管 理 する 道

19 (3) 省 令 第 10 条 の2の2 第 1 項 第 3 号 に 該 当 する 場 合 敷 地 が 次 のいずれかに 該 当 するもので 当 該 通 路 の 管 理 者 との 協 議 が 終 了 し 協 議 の 上 支 障 がないと 認 められる 建 築 物 ただし 接 する 通 路 を 道 路 とみなして 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 し かつ 幅 員 4m 未 満 の 通 路 にあっては 法 第 42 条 第 2 項 に 規 定 する 道 路 ( 以 下 2 項 道 路 という ) と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 することを 条 件 とするものとする また 3 4に 掲 げるものにあっては 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 の 用 途 に 限 るものとする とは! 1 過 去 に 建 築 確 認 を 受 けた 敷 地 における 建 替 増 築 等 であり 当 該 敷 地 で 最 後 に 受 けた 確 認 時 における 建 築 物 の 主 要 用 途 と 同 一 ( 他 の 用 途 から 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 への 建 替 を 除 く 2において 同 じ )で かつ 敷 地 及 びその 周 囲 の 状 況 が 著 しく 変 わっていないもの ただし 申 請 に 係 る 建 築 物 の 主 要 用 途 が 一 戸 建 て 専 用 住 宅 又 は 農 林 漁 業 用 倉 庫 以 外 にあっては その 規 模 が 同 程 度 であるものに 限 る(2において 同 じ )ものとす る 既 存 建 築 物 のある 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 の 増 築 1 過 去 に 建 築 確 認 済 既 存 建 築 物 2 通 路 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 条 3 法 第 3 章 規 定 の 適 用 道 路 状 空 地 の 管 理 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 増 築 件 4 建 築 物 の 用 途 が 変 わっていないもの 5 敷 地 及 び 周 囲 の 状 況 が 変 わっていないもの 通 路 既 存 建 築 物 のある 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 の 建 替 ( 既 存 建 築 物 が 確 認 を 取 っているものであり 同 一 用 途 に 限 る ) 立 ち 並 んでいるか 否 かは 無 関 係 セットバック 部 分 の 分 筆 登 記 1 以 前 の 確 認 通 知 書 又 は 確 認 済 証 明 書 2 現 況 の 配 置 図 平 面 図 3 通 路 の 公 図 の 写 し 通 路 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 と の 協 議 の 結 果 支 障 なし 既 存 建 築 物 ( 解 体 ) 建 替 添 付 書 類 4 通 路 の 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 5 敷 地 及 び 建 築 物 の 現 況 写 真 6 通 路 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 等 についての 協 議 書 7 通 路 が 私 有 地 である 場 合 には その 管 理 者 及 び 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 8その 他 必 要 書 類 通 路

20 2 法 第 3 章 の 規 定 が 適 用 されるに 至 った 際 ( 以 下 基 準 時 という )にすでに 存 在 する 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )の 敷 地 における 建 替 増 築 等 であり 基 準 時 から 当 該 建 築 物 と 主 要 用 途 が 同 一 で かつ 敷 地 及 びその 周 囲 の 状 況 が 著 しく 変 わっていないもの とは! 法 第 3 章 適 用 以 前 からある 既 存 建 築 物 の 建 替 増 築 1 基 準 時 に 既 に 存 在 した 建 築 物 の 建 替 増 築 既 存 建 築 物 2 通 路 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 条 3 法 第 3 章 規 定 の 適 用 道 路 状 空 地 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 と の 協 議 の 結 果 支 障 なし 増 築 件 4 建 築 物 の 用 途 が 変 わっていないもの 5 敷 地 及 び 周 囲 の 状 況 が 変 わっていないもの 立 ち 並 んでいるか 否 かは 無 関 係 セットバック 部 分 の 分 筆 登 記 通 路 1 基 準 時 の 状 況 が 判 断 できる 資 料 2 現 況 の 配 置 図 平 面 図 既 存 建 築 物 のある 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 の 建 替 ( 既 存 建 築 物 が 法 第 3 章 適 用 以 前 からあり かつ 同 一 用 途 に 限 る ) 道 路 状 空 地 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 既 存 建 築 物 ( 解 体 ) 建 替 添 付 書 類 3 通 路 の 公 図 の 写 し 4 通 路 の 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 5 敷 地 及 び 建 築 物 の 現 況 写 真 6 通 路 の 管 理 者 との 維 持 管 理 通 行 等 についての 協 議 書 7 通 路 が 私 有 地 である 場 合 には その 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 8その 他 必 要 書 類 通 路

21 3 幅 員 4m 未 満 1.8m 以 上 の 道 路 法 第 3 条 第 二 号 から 第 四 号 に 掲 げる 道 路 (2 項 道 路 は 除 く 以 下 市 道 等 という ) 又 は 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 1.8m 未 満 の 市 道 等 に2m 以 上 有 効 に 接 するもの とは! 第 42 条 第 2 項 道 路 以 外 の 幅 員 1.8m 以 上 4.0m 未 満 の 市 道 等 に 接 する 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 建 築 物 条 件 1 幅 員 1.8m 以 上 4.0m 未 満 2 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 2 法 第 3 章 規 定 の 適 用 3セットバック 部 分 の 分 筆 登 記 立 ち 並 んでいるか 否 かは 無 関 係 1 市 道 等 の 公 図 の 写 し ( 中 心 線 ) 2m セットハ ック 市 道 等 幅 員 1.8m 以 上 4 0m 未 満 添 付 書 類 2 市 道 等 の 登 記 に 係 る 全 部 事 項 証 明 書 3 当 該 市 道 等 の 現 況 写 真 4 市 道 等 の 管 理 者 及 び 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 5その 他 必 要 書 類 法 施 行 以 前 から 立 ち 並 びんでいる 場 合 は 法 第 42 条 第 2 項 道 路 で 扱 う 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し セットバック 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 1.8m 未 満 の 市 道 等 に 接 する 建 築 物 1 幅 員 1.8m 未 満 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 建 築 物 条 件 2 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 3 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 4 法 第 3 章 規 定 の 適 用 5セットバック 部 分 の 分 筆 登 記 1 市 道 等 の 公 図 の 写 し ( 中 心 線 ) 2m セットハ ック 幅 員 1.8m 未 満 添 付 書 類 2 市 道 等 の 登 記 に 係 る 全 部 事 項 証 明 書 3 当 該 市 道 等 の 現 況 写 真 4 市 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 既 存 建 築 物 の 敷 地 既 存 建 築 物 の 敷 地 5その 他 必 要 書 類 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し セットバック 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること

22 4 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 4m 未 満 の 農 道 等 に2m 以 上 有 効 に 接 し 維 持 管 理 通 行 等 について 当 該 農 道 等 の 管 理 者 の 協 議 が 終 了 したもの とは! 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 農 道 等 に 接 する 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 1 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 条 2 当 該 農 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 農 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 建 築 物 件 3セットバック 部 分 の 分 筆 登 記 4 法 第 3 章 規 定 の 適 用 1 農 道 等 の 公 図 の 写 し ( 中 心 線 ) 2m セットハ ック 既 存 建 築 物 の 敷 地 既 存 建 築 物 の 敷 地 幅 員 4.0m 未 満 添 付 書 類 2 農 道 等 の 登 記 に 係 る 全 部 事 項 証 明 書 3 当 該 農 道 等 の 現 況 写 真 4 当 該 農 道 等 の 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 承 諾 書 5その 他 必 要 書 類 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 状 空 地 を 確 保 し セットバック 部 分 については 市 への 寄 付 又 は 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 すること

23 5 敷 地 と 道 路 との 間 に 里 道 又 は 畦 畔 等 が 介 在 する 場 合 で 関 係 機 関 との 協 議 が 終 了 したもの とは! 敷 地 と 道 路 との 間 に 里 道 等 がある 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 建 築 物 条 件 1 当 該 里 道 等 の 管 理 者 との 協 議 立 ち 並 んでいるか 否 かは 無 関 係 里 道 等 の 管 理 者 との 協 議 の 結 果 支 障 なし 里 道 等 建 築 基 準 法 第 42 条 に 規 定 する 道 路 里 道 等 : 公 的 機 関 等 所 有 の 公 衆 用 道 路 を 含 む 添 付 書 類 1 里 道 等 の 公 図 の 写 し 2 里 道 等 の 登 記 に 係 る 全 部 事 項 証 明 書 ( 地 番 がない 場 合 は 省 略 ) 3 当 該 里 道 等 及 び 申 請 敷 地 を 含 んだ 図 面 4 現 況 写 真 5その 他 必 要 書 類

24 6 都 市 計 画 法 第 29 条 の 規 定 による 許 可 により 築 造 される 道 路 ( 以 下 開 発 道 路 と いう )の 予 定 地 に 接 する 場 合 で 同 法 第 37 条 の 承 認 が 可 能 なもの ただし 当 該 開 発 道 路 予 定 地 を 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 を 適 用 することを 条 件 とする とは! 都 市 計 画 法 第 29 条 の 規 定 による 許 可 により 築 造 される 道 路 の 予 定 地 に 接 する 敷 地 に 計 画 する 建 築 物 開 発 区 域 建 築 物 条 件 1 都 市 計 画 法 第 37 条 の 承 認 可 能 なもの 2 法 第 3 章 規 定 の 適 用 1 開 発 道 路 予 定 地 の 公 図 の 写 し 開 発 道 路 予 定 地 2 開 発 道 路 予 定 地 の 登 記 に 関 する 全 部 事 項 証 明 書 3 当 該 開 発 行 為 の 許 可 書 の 写 し 建 築 基 準 法 第 42 条 に 規 定 する 道 路 添 付 書 類 4 都 市 計 画 法 第 37 条 承 認 書 の 写 し ( 承 認 前 のものにあっては 同 法 第 37 条 承 認 申 請 書 が 提 出 済 みであるこ とが 確 認 できるもの) 5 当 該 敷 地 及 び 開 発 道 路 予 定 地 を 含 ん だ 配 置 図 ( 土 地 利 用 計 画 図 ) 6 現 況 写 真 7その 他 必 要 書 類

25 建 築 基 準 法 ( 敷 地 等 と 道 路 との 関 係 ) 関 係 法 令 通 達 第 43 条 建 築 物 の 敷 地 は 道 路 ( 次 に 掲 げるものを 除 く 次 条 第 1 項 を 除 き 以 下 同 じ )に 2 メートル 以 上 接 しなければならない ただし その 敷 地 の 周 囲 に 広 い 空 地 を 有 する 建 築 物 その 他 の 建 設 省 令 で 定 める 基 準 に 適 合 する 建 築 物 で 特 定 行 政 庁 が 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないと 認 めて 建 築 審 査 会 の 同 意 を 得 て 許 可 したものにつ いては この 限 りでない 建 築 基 準 法 施 行 規 則 ( 敷 地 等 と 道 路 との 関 係 の 特 例 の 基 準 ) 第 10 条 の 2 の 2 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 建 設 省 令 で 定 める 基 準 は 次 の 各 号 のいずれかに 掲 げるものとする 一 その 敷 地 の 周 囲 に 公 園 緑 地 広 場 等 広 い 空 地 を 有 すること 二 その 敷 地 が 農 道 その 他 これに 類 する 公 共 の 用 に 供 する 道 ( 幅 員 4 メートル 以 上 のものに 限 る )に 2 メートル 以 上 接 すること 三 その 敷 地 が その 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 及 び 構 造 に 応 じ 避 難 及 び 通 行 の 安 全 等 の 目 的 を 達 するために 十 分 な 幅 員 を 有 する 通 路 であって 道 路 に 通 ずるも のに 有 効 に 接 すること 建 設 省 通 達 抜 粋 平 成 11 年 4 月 28 日 建 設 省 住 指 発 第 201 号 建 設 省 住 街 発 第 48 号 都 道 府 県 知 事 殿 建 築 基 準 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 一 部 の 施 行 について 建 設 省 住 宅 局 長 第 4 接 道 義 務 の 特 例 等 の 許 可 化 について( 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 第 44 条 第 1 項 第 2 号 及 び 第 53 条 第 4 項 第 3 号 並 びに 施 行 規 則 第 10 条 の 2 の 関 係 ) 従 来 建 築 確 認 の 際 に 建 築 主 事 により 判 断 されていた 特 例 例 外 的 扱 いのうち 接 道 義 務 の 特 例 ( 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 ) 道 路 内 建 築 制 限 の 特 例 ( 法 第 44 条 第 1 項 第 2 号 ) 及 び 建 ぺい 率 制 限 の 特 例 ( 法 第 53 条 第 4 項 第 3 号 )については 特 定 行 政 庁 の 許 可 を 要 するもの として 再 構 成 することとした 今 回 の 許 可 化 の 趣 旨 は 改 正 法 により 建 築 確 認 検 査 事 務 が 民 間 開 放 されたことに 伴 い 民 間 機 関 が 実 施 する 建 築 確 認 検 査 事 務 は 技 術 的 な 基 準 への 適 合 性 について 判 断 可 能 なものに 限 定 し 一 定 の 裁 量 を 伴 う 審 査 判 断 を 要 するものについては その 判 断 の 公 平 性 客 観 性 を 担 保 するため 行 政 が 一 義 的 に 判 断 することとしたものである このうち 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 については 処 分 の 判 断 基 準 の 事 前 明 示 性 を 図 るため 施 行 規 則 により 基 準 を 定 めたところであるが その 運 用 については 別 紙 3 の 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 の 運 用 指 針 のとおり 定 めたので これを 踏 まえ 適 切 な 運 用 を 図 られたい

26 建 設 省 通 達 抜 粋 平 成 11 年 4 月 28 日 建 設 省 住 指 発 第 201 号 建 設 省 住 街 発 第 48 号 都 道 府 県 知 事 殿 建 設 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 一 部 の 施 行 について 別 紙 3 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 の 運 用 指 針 1 建 築 基 準 法 ( 以 下 法 という ) 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 は 接 道 義 務 の 特 例 許 可 であることから 避 難 及 び 通 行 の 安 全 性 道 路 に 接 することを 前 提 とした 建 築 規 制 である 前 面 道 路 幅 員 容 積 率 制 限 や 道 路 斜 線 制 限 が 適 用 されないことに 伴 う 総 合 的 な 市 街 地 の 環 境 への 影 響 について 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 及 び 構 造 等 を 勘 案 し 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないかどうかを 審 査 する 必 要 があるものであること 2 当 該 許 可 に 当 たっては 建 築 物 又 はその 敷 地 が 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 が ないものとするための 条 件 その 他 必 要 な 条 件 を 付 することができること 3 建 築 物 の 敷 地 は 法 第 42 条 に 規 定 する 道 路 ( 以 下 道 路 という )に2メートル 以 上 接 することが 原 則 であり 当 該 許 可 はあくまでも 例 外 的 に 適 用 されるべきものであること 4 当 該 許 可 に 当 たっては 建 築 審 査 会 の 同 意 を 得 ることが 必 要 であるが 建 築 審 査 会 の 効 率 的 な 運 営 や 開 催 回 数 の 増 加 等 を 行 うことにより 迅 速 な 事 務 処 理 に 努 めること 5 建 築 基 準 法 施 行 規 則 第 19 条 の 2 の 許 可 基 準 は 許 可 の 審 査 の 前 提 要 件 として 法 第 43 条 第 1 項 本 文 に 適 合 することにより 確 保 されている 市 街 地 の 環 境 と 同 等 の 水 準 が 確 保 されて いることを 基 本 として 定 めたものである 具 体 的 には 道 路 に 代 えて 将 来 にわたって 安 定 的 に 利 用 することができる 空 地 に 接 すること また 2 メートル 以 上 接 する ことに 代 えて 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 及 び 構 造 に 応 じ 有 効 に 接 することとして これを 類 型 化 し て 規 定 するものであり 各 基 準 ごとの 考 え 方 は 以 下 のとおりである (1) その 敷 地 の 周 囲 に 公 園 緑 地 広 場 等 広 い 空 地 を 有 すること 建 築 物 の 敷 地 の 周 囲 に 公 園 緑 地 広 場 等 広 い 空 地 があるものについては 道 路 に 直 接 接 しない 場 合 であっても 当 該 空 地 が 避 難 及 び 通 行 の 安 全 延 焼 の 防 止 等 の 防 火 日 照 採 光 通 風 等 の 衛 生 等 の 確 保 の 観 点 から 道 路 と 同 等 の 機 能 を 有 す ることに 鑑 み 基 準 とするものである この 場 合 当 該 空 地 は 安 定 的 日 常 的 に 利 用 可 能 な 状 況 にある 空 地 をいい 建 築 物 の 敷 地 が 少 なくとも 2 メートル 以 上 の 長 さを もって 当 該 空 地 に 接 するものとする (2) その 敷 地 が 農 道 その 他 これに 類 する 公 共 の 用 に 供 する 道 ( 幅 員 4 メートル 以 上 のものに 限 る )に 2 メートル 以 上 接 すること 農 道 港 湾 道 路 等 は 一 般 住 民 の 通 行 等 の 用 に 供 することを 目 的 とされているもので はないが その 状 況 から 道 路 と 同 等 の 機 能 を 有 するものについては 接 道 義 務 の 特 例 許 可 の 対 象 として 扱 うことができることに 鑑 み 基 準 とするものである

27 (3) その 敷 地 が その 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 及 び 構 造 に 応 じ 避 難 及 び 通 行 の 安 全 等 の 目 的 を 達 するために 十 分 な 幅 員 を 有 する 通 路 であって 道 路 に 通 ずるものに 有 効 に 接 するこ と 当 該 基 準 は (1) 及 び(2)の 定 型 的 類 型 に 該 当 しないものについて 一 般 的 にその 性 能 を 規 定 し 基 準 とするものであり 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないことを 個 別 に 総 合 的 な 観 点 から 審 査 判 断 するものとする なお 具 体 的 には (2)に 該 当 しない 農 道 等 の 通 路 がある 場 合 のほか 道 路 と 敷 地 との 間 にある 河 川 等 に 橋 などが 設 けられている 場 合 などを 含 み 得 るものとする この 場 合 建 築 物 と 道 路 の 間 には 道 路 に 代 わる 空 地 である 通 路 が 確 保 されることが 必 要 となるが 審 査 にあたっては 以 下 の 点 に 留 意 されたい 当 該 通 路 が 現 状 のみならず 将 来 にわたって 安 定 的 に 利 用 できるものかどうかについ て 土 地 の 所 有 状 況 占 用 許 可 等 を 勘 案 して 総 合 的 に 判 断 すること 通 路 の 幅 員 は 4 メートル 以 上 また 敷 地 は 2 メートル 以 上 の 長 さで 通 路 に 接 することを 原 則 とするが 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 及 び 構 造 等 建 築 計 画 の 内 容 や 周 囲 の 状 況 を 審 査 した 上 で 同 項 本 文 の 規 定 に 適 合 することにより 確 保 されている 市 街 地 の 環 境 と 同 等 の 水 準 が 確 保 されると 認 められる 場 合 には これによらないことができること なお 当 該 基 準 の 適 用 については 法 第 86 条 第 1 項 若 しくは 第 2 項 又 は 法 第 86 条 の 2 第 1 項 の 規 定 による 認 定 における 建 築 物 と 道 路 に 関 する 審 査 の 際 の 考 え 方 との 整 合 性 をもって 適 切 に 運 用 すること

28 法 43 条 第 1 項 ただし 書 関 係 Q&A( 参 考 ) Q.1 確 認 申 請 及 び 建 築 計 画 概 要 書 の 配 置 図 において 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 特 例 許 可 を 受 けた 道 路 状 空 地 はどのような 記 載 をすればよいか A.1 確 認 申 請 及 び 建 築 計 画 概 要 書 の 配 置 図 の 道 路 状 空 地 部 分 には 法 43 条 ただし 書 の 規 定 による 空 地 である 旨 記 載 し 許 可 年 月 日 と 許 可 番 号 を 併 せて 記 載 しておくこと が 望 ましい Q.2 セットバック 部 分 ( 法 第 42 条 第 2 項 道 路 と 同 様 の 道 路 上 空 地 を 確 保 した 部 分 )は 確 認 申 請 時 の 申 請 敷 地 面 積 に 入 るのか A.2 2 項 道 路 と 同 様 に 申 請 敷 地 面 積 に 入 れないようにし 将 来 道 路 が 拡 幅 された 際 に 建 ぺい 率 容 積 率 がクリアされるようにしておく Q.3 法 第 42 条 道 路 と 法 第 43 条 ただし 書 該 当 の 前 面 空 地 に 接 している 敷 地 (いわゆる 喉 元 敷 地 )の 取 り 扱 いについて A.3 法 第 42 条 道 路 と 接 している 喉 元 敷 地 については 法 第 43 条 ただし 書 の 許 可 申 請 は 必 要 ない ただし 下 図 のように 接 する 空 地 ( 通 路 )の 奥 に 現 に 建 築 物 が 立 ち 並 んでおり 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 特 例 許 可 対 象 空 地 として 扱 うことが 明 らかな 場 合 当 該 空 地 を 道 路 とみなし 法 第 3 章 の 規 定 に 適 合 するように 将 来 的 な 喉 元 敷 地 のセットバックについ ても 所 有 者 に 協 力 を 求 めていただく 様 お 願 いします 42 条 道 路 43 条 ただし 書 空 地 喉 元 敷 地 申 請 による 後 退 敷 地 協 力 依 頼 -26-

29 Q.4 北 側 斜 線 や 日 影 規 制 の 適 用 に 当 たって 道 路 状 空 地 は 建 築 基 準 法 上 の 道 路 に 準 じて 扱 うの か 隣 地 として 扱 うのか A.4 市 町 村 道 に 認 定 された 際 に 不 適 格 になる 建 築 物 が 生 じないようにする 必 要 がある また 認 定 される 見 込 みがなくても 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 で 認 めた 空 地 は 建 築 基 準 法 上 の 道 路 と 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 同 等 であると 認 められるものであり 道 路 と して 扱 うことにより 当 該 特 例 許 可 の 主 旨 が 達 成 されることから 原 則 として 道 路 に 準 じて 扱 う Q.5 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 申 請 を 不 動 産 業 者 等 が 行 い その 後 確 認 申 請 を 個 人 が 行 うことが 出 来 るか A.5 当 該 許 可 は 都 市 計 画 法 による 開 発 許 可 とは 異 なり 敷 地 にではなく その 敷 地 に 建 つ 建 築 物 に 対 して 行 うものである よって 原 則 として 建 築 行 為 を 行 う 建 築 確 認 申 請 の 申 請 者 が 許 可 申 請 を 行 うべきものであり 不 動 産 業 者 等 が 土 地 に 対 して 事 前 に 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 を 得 て 土 地 の 売 買 を 行 う 性 質 のものではない Q.6 承 諾 を 得 る 管 理 者 や 利 害 関 係 者 の 取 り 扱 いについて A.6 空 地 の 管 理 者 ( 所 有 者 又 は 機 能 管 理 者 ) 及 び 空 地 の 幅 員 が 1800mm 未 満 にあっては 確 保 すべき 空 地 範 囲 の 所 有 者 -27-

30 許 可 申 請 書 第 四 十 三 号 様 式 ( 第 十 条 の 四 関 係 )(A4) 許 可 申 請 書 ( 建 築 物 ) ( 第 一 面 ) 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 の 規 定 による 許 可 を 申 請 します この 申 請 書 及 び 添 付 図 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありません 特 定 行 政 庁 桑 名 市 長 様 平 成 年 月 日 申 請 者 氏 名 印 1. 申 請 者 イ. 氏 名 のフリカ ナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 設 計 者 イ. 資 格 ( ) 建 築 士 ( ) 登 録 第 号 ロ. 氏 名 ハ. 建 築 士 事 務 所 名 ( ) 建 築 士 事 務 所 ( ) 知 事 登 録 号 ニ. 郵 便 番 号 ホ. 所 在 地 ヘ. 電 話 番 号 手 数 料 欄 受 付 欄 消 防 関 係 同 意 欄 決 裁 欄 許 可 番 号 欄 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 第 号 第 号 係 員 印 係 員 印 公 開 による 意 見 公 告 欄 の 聴 取 の 期 日 欄 建 築 審 査 会 同 意 欄 市 都 市 計 画 審 議 会 欄 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 第 号 第 号 第 号 係 員 印 係 員 印 係 員 印 -28-

31 建 築 物 及 びその 敷 地 に 関 する 事 項 1. 地 名 地 番 2. 住 居 表 示 ( 第 二 面 ) 3. 防 火 地 域 防 火 地 域 準 防 火 地 域 指 定 なし 4.その 他 の 区 域 地 域 地 区 街 区 5. 道 路 イ. 幅 員 ロ. 敷 地 と 接 している 部 分 の 長 さ 6. 敷 地 面 積 イ. 敷 地 面 積 (1) ( )( )( )( ) (2) ( )( )( )( ) ロ. 用 途 地 域 等 ( )( )( )( ) ハ. 建 築 基 準 法 第 52 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 による 建 築 物 の 容 積 率 ( )( )( )( ) ニ. 建 築 基 準 法 第 53 条 第 1 項 の 規 定 による 建 築 物 の 建 ぺい 率 ( )( )( )( ) ホ. 敷 地 面 積 の 合 計 (1) (2) ヘ. 敷 地 に 建 築 可 能 な 延 べ 面 積 を 敷 地 面 積 で 除 した 数 値 ト. 敷 地 に 建 築 可 能 な 建 築 面 積 を 敷 地 面 積 で 除 した 数 値 チ. 備 考 7. 主 要 用 途 ( 区 分 ) 8. 工 事 種 別 新 築 増 築 改 築 移 転 用 途 変 更 大 規 模 の 修 繕 大 規 模 の 模 様 替 9. 建 築 面 積 ( 申 請 部 分 )( 申 請 以 外 の 部 分 )( 合 計 ) イ. 建 築 面 積 ( )( )( ) ロ. 建 ぺい 率 10. 延 べ 面 積 ( 申 請 部 分 )( 申 請 以 外 の 部 分 )( 合 計 ) イ. 建 築 物 全 体 ( )( )( ) ロ. 地 階 の 住 宅 の 部 分 ( )( )( ) ハ. 共 同 住 宅 の 共 用 の 廊 下 等 の 部 分 ( )( )( ) ニ. 自 動 車 車 庫 等 の 部 分 ( )( )( ) ホ. 住 宅 の 部 分 ( )( )( ) ヘ. 延 べ 面 積 ト. 容 積 率 11. 建 築 物 の 数 イ. 申 請 に 係 る 建 築 物 の 数 ロ. 同 一 敷 地 内 の 他 の 建 築 物 の 数 12. 工 事 着 手 予 定 年 月 平 成 年 月 日 13. 工 事 完 了 予 定 年 月 平 成 年 月 日 14.その 他 必 要 な 事 項 15. 備 考 -29-

32 建 築 物 別 概 要 1. 番 号 ( 第 三 面 ) 2. 工 事 種 別 等 新 築 増 築 改 築 移 転 用 途 変 更 大 規 模 の 修 繕 大 規 模 の 模 様 替 既 設 3. 構 造 造 一 部 造 4. 高 さ イ. 最 高 の 高 さ ロ. 最 高 の 軒 の 高 さ 5. 階 別 用 途 別 床 面 積 イ. 階 別 用 途 別 ( 用 途 の 区 分 )( 具 体 的 な 用 途 の 名 称 )( 申 請 部 分 )( 申 請 以 外 の 部 分 )( 合 計 ) ( 階 ) ( 階 ) ( 階 ) ( 階 ) ( 階 ) ロ. 用 途 別 ( 用 途 の 区 分 )( 具 体 的 な 用 途 の 名 称 )( 申 請 部 分 )( 申 請 以 外 の 部 分 )( 合 計 ) 6.その 他 必 要 な 事 項 7. 備 考 -30-

33 ( 空 地 又 は 通 路 部 分 が 官 公 庁 所 有 地 である 場 合 ) 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 申 請 に 係 る 管 理 者 との 協 議 書 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 申 請 をするにあたり 管 理 者 等 との 協 議 を 行 った 結 果 は 下 記 のとおりです 平 成 年 月 日 申 請 地 番 : 申 請 者 住 所 氏 名 管 理 者 協 議 事 項 回 答 ( 誓 約 ) 上 記 の 回 答 ( 誓 約 )については 厳 守 します 申 請 者 署 名 印 -31-

34 ( 空 地 又 は 通 路 部 分 が 私 有 地 である 場 合 ) 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 申 請 に 係 る 管 理 者 との 協 議 書 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 許 可 申 請 をするにあたり 管 理 者 等 との 協 議 を 行 った 結 果 は 下 記 のとおりです 平 成 年 月 日 申 請 地 番 : 申 請 者 住 所 氏 名 管 理 者 利 害 関 係 者 協 議 事 項 回 答 ( 誓 約 ) 承 諾 印 上 記 の 回 答 ( 誓 約 )については 厳 守 します 申 請 者 署 名 印 -32-

35 (その1) 分 筆 登 記 の 誓 約 書 下 記 の 敷 地 に 係 る 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 た だ し 書 の 規 定 に よ る 許 可 申 請 における 前 面 空 地 の 境 界 線 からの 敷 地 後 退 部 分 については 確 認 処 分 時 までに 分 筆 して 公 衆 用 道 路 に 地 目 変 更 を 完 了 し 登 記 完 了 後 の 土 地 登 記 簿 謄 本 を 提 出 す る こ と を 誓 約 し ま す 記 申 請 地 番 : 桑 名 市 長 様 平 成 年 月 日 申 請 者 署 名 * 敷 地 所 有 者 署 名 * 申 請 者 と 当 該 敷 地 所 有 者 が 異 なる 場 合 のみ 記 入 印 印 -33-

36 (その2) 分 筆 登 記 の 誓 約 書 下 記 の 敷 地 に 係 る 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 た だ し 書 の 規 定 に よ る 許 可 申 請 における 前 面 空 地 の 境 界 線 からの 敷 地 後 退 部 分 については 確 認 処 分 時 までに 分 筆 し 登 記 完 了 後 の 土 地 登 記 簿 謄 本 を 提 出 いたしま す なお 地 目 を 公 衆 用 道 路 に 変 更 することについては 下 記 の 理 由 により 早 急 に 変 更 することが 出 来 ませんが 当 該 敷 地 後 退 部 分 につ いては 障 害 事 項 がなくなるよう 最 大 限 の 努 力 をした 上 で 障 害 事 項 が な く な っ た 時 点 で す み や か に 地 目 の 変 更 を す る こ と を 誓 約 し ま す 記 申 請 地 番 : 地 目 変 更 出 来 な い 理 由 : 桑 名 市 長 様 平 成 年 月 日 申 請 者 署 名 * 敷 地 所 有 者 署 名 * 申 請 者 と 当 該 敷 地 所 有 者 が 異 なる 場 合 のみ 記 入 印 印 -34-

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63> 横 浜 市 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 25 年 5 月 横 浜 市 建 築 局 本 しおりで 引 用 した 主 な 法 令 名 は 次 のような 略 称 名 を 用 いました 法 : 建 築 基 準 法 令 : 建 築 基 準 法 施 行 令 条 例 : 横 浜 市 建 築 基 準 条 例 細 則 : 横 浜 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 目 次 第 1 章 位 置 指 定

More information

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正 輸 出 物 品 販 売 場 制 度 に 関 するQ&A 平 成 26 年 8 月 国 税 庁 消 費 税 室 凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による

More information

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F>

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F> 那 覇 市 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 平 成 8 年 4 月 目 次 第 1 総 合 設 計 制 度 1. 総 合 設 計 制 度 の 目 的 2. 許 可 取 扱 要 綱 の 制 定 第 2 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 1. 基 本 目 標 2. 運 用 に 当 たっての 基 本 姿 勢 第 3 技 術 基 準 1. 用 語 の 定 義 2. 基 本 要 件 (1) 法

More information

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 固 定 資 産 税 本 解 答 は 平 成 28 年 8 月 12 日 16 時 に 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 に 作 成 したもので 予 告 なしに 内 容 を 変 更 する 場 合 が あります また 本 解 答 は 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 の 見 解 で 作 成 / 提 供 しており 試 験 機 関 による

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43> 一 般 配 布 用 鎌 ケ 谷 市 道 路 位 置 指 定 関 係 法 令 集 平 成 15 年 4 月 1 日 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 訂 ) 鎌 ケ 谷 市 都 市 建 設 部 建 築 住 宅 課 Tel.047(445)1141( 内 )496 Fax.047(445)1400 目 次 1. 手 続 きの 流 れ 1 2. 添 付 書 類 2 3. 建 築 基 準 法

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 地 区 計 画 の 区 域 内 における 建 築 物 の 用 途 敷 地 及 び 構 造 に 関 する

( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 地 区 計 画 の 区 域 内 における 建 築 物 の 用 途 敷 地 及 び 構 造 に 関 する 平 塚 市 地 区 計 画 建 築 物 条 例 及 び 同 解 説 平 成 20 年 7 月 1 日 作 成 平 成 27 年 10 月 1 日 改 訂 平 塚 市 まちづくり 政 策 部 建 築 指 導 課 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令 国 家 公 務 員 等 の 有 料 宿 舎 の 使 用 料 の 算 定 について 昭 和 46 年 3 月 27 日 蔵 理 第 1289 号 改 正 昭 和 48 年 05 月 01 日 蔵 理 第 1922 号 同 50 年 01 月 24 日 同 第 5462 号 同 52 年 01 月 28 日 同 第 5438 号 同 54 年 04 月 27 日 同 第 1645 号 同 56 年 06

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ 豊 中 市 道 路 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 20 年 4 月 都 市 計 画 推 進 部 開 発 審 査 課 はじめに 建 築 物 の 敷 地 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 43 条 の 規 定 により 同 法 第 42 条 に 定 められる 道 路 に 接 しなければなりません その 道 路 として 認 められるものの 一 つとして

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

公文書非公開決定処分に関する諮問について(答申)

公文書非公開決定処分に関する諮問について(答申) 答 申 情 第 23 号 平 成 24 年 4 月 9 日 相 模 原 市 長 加 山 俊 夫 殿 相 模 原 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 公 文 書 非 公 開 決 定 処 分 に 関 する 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 23 年 8 月 18 日 付 FNo.0 4 5により 諮 問 のありました 事 案 に ついて 別 紙 のとおり 答 申 します 以 上

More information

03

03 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 文 京 区 決 定 ) 平 成 年 月 日 文 京 区 告 示 第 号 最 高 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 す 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 最 高 又 は 最 低 備 考 第 1 種 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さ( 地 盤 面 からの 高 さによる 以 下 同 じ )は 当 該 部 分 から 前 面 道 路 の 反

More information

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477>

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477> 豊 島 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 豊 島 区 都 市 整 備 部 平 成 25 年 10 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹 線

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79 静 岡 市 中 山 間 地 域 ( 市 街 化 調 整 区 域 等 ) 土 地 利 用 ガイドライン 平 成 21 年 10 月 静 岡 市 序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

柏 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 基 準 柏 市 平 成 10 年 10 月 制 定 平 成 24 年 4 月 改 正 目 次 第 1 総 則.........1 1 趣 旨...1 2 運 用 方 針...1 3 用 語 の 定 義...2 第 2 基 本 要 件.........3 1 一 般 総 合 設 計...3 2 市 街 地 住 宅 総 合 設 計...7 3 環 境 配

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実 施 体 制 について( 想 定 Ⅰ Ⅱ Ⅲ) 3 実 施 のフロー( 概 要 ) ( 省 略 ) Ⅳ 判 定 コーディ

愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実 施 体 制 について( 想 定 Ⅰ Ⅱ Ⅲ) 3 実 施 のフロー( 概 要 ) ( 省 略 ) Ⅳ 判 定 コーディ 愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 判 定 士 用 ) 愛 媛 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 連 絡 協 議 会 平 成 17 年 11 月 愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実

More information

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464>

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464> 徳 島 県 情 報 公 開 審 査 会 答 申 第 37 号 第 1 審 査 会 の 結 論 実 施 機 関 が 産 業 廃 棄 物 処 理 業 の 事 業 範 囲 変 更 許 可 申 請 書 ( 平 成 11 年 2 月 10 日 付 け) 平 成 11 年 度 分 のダイオキシン 類 測 定 結 果 報 告 書 平 成 11 年 度 分 の 産 業 廃 棄 物 の 処 分 実 績 報 告 書 に

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ 次 のとおり 条 件 付 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 広 告 平 成 28 年 9 月 16 日 契 約 責 任 者 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 岡 山 管 理 センター 所 長 稲 垣 博 記 1. 工 事 概 要 (1) 工 事 名 鴻 ノ 池 SAトイレ 改 修 工 事 (2) 工 事 場 所 自 ) 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 塩 生 字

More information

<5461726F2D824F8255817C8BDF8D5D94AA94A68E7381402E6A7464>

<5461726F2D824F8255817C8BDF8D5D94AA94A68E7381402E6A7464> この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところによる (1) 開 発 行 為 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 12 項 に 規 定 する 開 発 行 為 をいう (2) 建 築 行 為 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 2

More information

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378>

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378> 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 のQ&A 目 次 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 P イ 地 域 協 議 会 P () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3)その 他 P P 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 P 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 () 税 制 上

More information

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2 第 5 章 植 物 工 場 の 法 規 制 等 -73- 概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2. 農 地 関 連 (1) 農 業 振 興

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

Taro11-第5章.jtd

Taro11-第5章.jtd 第 5 章 法 第 43 条 令 第 34 条 令 第 35 条 令 第 36 条 規 則 第 34 条 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 以 外 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 法 第 四 十 三 条 何 人 も 市 街 化 調 整 区 域 のうち 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 以 外 の 区 域 内 においては 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477>

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477> 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 手 引 きQ&A 163 164 第 1 章 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 概 要 第 2 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 問 2) 認 定 等 を 受 けたいと 考 えていますが どこに 相 談 すればよいでしょうか

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する 上 場 準 備 会 社 における 資 本 政 策 上 の 税 務 の 留 意 点 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 木 ) 新 日 本 監 査 法 人 EYCベンチャーアカデミー アクティベートジャパン 税 理 士 法 人 代 表 社 員 公 認 会 計 士 税 理 士 尾 崎 充 目 次 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 Ⅱ 税 務 上 の 時 価 概 念 法 人 税 所 得 税

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

<8E9696B195D28169483238944E378C8E816A2E786264>

<8E9696B195D28169483238944E378C8E816A2E786264> 市 町 村 職 員 の 退 職 手 当 の 手 引 き ~ 事 務 編 ~ ( 平 成 28 年 7 月 ) 福 島 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 ~ 事 務 編 ~ 目 次 第 1 職 員 関 係 の 報 告 等 事 項 1 職 員 を 採 用 したとき( 又 は 特 別 職 が 就 任 したとき) 1 (1) 特 別 職 (2) 一 般 職 2 退 職 したとき 2 (1) 特 別 職

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303232328D5C91A290528DB88C9F8DB882CC895E977089F090E081698DC58F4994C5816A476F6A6F4B6F4F7381698D589056959495AA82CC90D48F9182AB816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303232328D5C91A290528DB88C9F8DB882CC895E977089F090E081698DC58F4994C5816A476F6A6F4B6F4F7381698D589056959495AA82CC90D48F9182AB816A2E646F63> 編 集 : 日 本 建 築 行 政 会 議 構 造 審 査 検 査 の 運 用 解 説 平 成 19 年 10 月 10 日 ( 修 正 : 平 成 20 年 2 月 22 日 ) 指 針 研 修 等 検 討 委 員 会 指 針 等 検 討 WG 目 次 本 書 について...4 1. 本 書 の 位 置 づけ...4 2. 本 書 の 取 扱 いに 関 する 留 意 事 項...4 3. 本 書

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information