表紙・1理事会

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "表紙・1理事会"

Transcription

1 千 葉 市 中 央 区 町 内 自 治 会 連 絡 協 議 会 第 4 回 理 事 会 次 第 日 時 : 平 成 26 年 12 月 19 日 ( 金 ) 午 前 10 時 00 分 ~ 場 所 : 中 央 区 役 所 4 階 会 議 室 1 会 長 挨 拶 2 議 題 (1) 平 成 26 年 度 要 望 事 項 の 回 答 について( 区 連 協 要 望 市 政 相 談 ) (2) 平 成 27 年 度 中 央 区 町 内 自 治 会 連 絡 協 議 会 通 常 総 会 の 日 程 について 3 そ の 他 (1) 市 連 協 あり 方 検 討 委 員 会 について (2) 千 葉 市 地 域 保 健 推 進 員 の 推 薦 について 今 後 の 日 程 について 第 5 回 理 事 会 平 成 27 年 1 月 日 ( ) 時 から 新 年 会 時 から

2 議 題 (1) 平 成 26 年 度 要 望 事 項 の 回 答 について 平 成 26 年 度 千 葉 市 中 央 区 町 内 自 治 会 連 絡 協 議 会 要 望 事 項 回 答 一 覧 ( 区 連 協 要 望 ) 地 区 要 望 件 名 ( : 継 続 要 望 ) 要 望 要 旨 担 当 局 部 課 要 望 事 項 に 対 す る 回 答 1 第 5 地 区 市 道 松 波 新 港 線 美 浜 区 側 下 水 の 早 期 拡 張 整 備 について 最 近 の 異 常 気 象 集 中 豪 雨 により 松 波 新 港 線 JR 西 千 葉 駅 付 近 の 線 路 地 下 道 路 冠 水 で 車 両 等 が 通 行 できない 状 況 や 春 日 町 の 住 宅 地 の 浸 水 が 頻 発 している これを 解 決 するため 千 葉 市 下 水 道 計 画 課 建 設 課 により 京 成 線 踏 切 周 辺 の 松 波 新 港 線 地 下 の 大 規 模 な 下 水 管 拡 張 工 事 が 平 成 26 年 度 中 に 春 日 登 戸 地 区 が 行 われ 下 水 管 通 水 用 量 の 拡 大 が 図 られる ことが 決 定 し 実 施 されるため 自 治 会 および 住 民 に 説 明 会 が 行 われ た しかし その 下 水 管 の 下 流 の 国 道 14 号 357 号 の 登 戸 4 丁 目 交 差 点 付 近 でも 最 近 相 次 いで 道 路 の 冠 水 住 居 の 床 下 浸 水 やマン ホールの 噴 水 が 起 こっている このままの 状 態 で 上 流 の 下 水 管 拡 張 工 事 が 行 われると 下 流 の 国 道 交 差 点 部 分 の 冠 水 による 交 通 遮 断 や 周 辺 住 居 の 水 害 状 況 がさらに 悪 化 することが 予 想 される このために 早 急 に 予 算 を 確 保 し さらに 下 流 も 美 浜 区 側 の 下 水 拡 張 工 事 計 画 を 前 倒 しして 実 施 することを 強 く 要 望 する なお 国 道 357 号 (14 号 )の 登 戸 地 区 の 拡 張 工 事 が26 年 度 末 に 完 成 予 定 であるが 国 土 交 通 省 国 道 事 務 所 とも 連 絡 を 密 にし て 将 来 に 禍 根 を 残 さない 下 水 計 画 を 早 急 に 立 案 し 実 施 してほし 下 水 道 建 設 部 下 水 道 計 画 課 下 水 道 建 設 課 今 年 度 実 施 しております 京 成 線 踏 切 周 辺 の 市 道 松 波 新 港 線 における 浸 水 対 策 工 事 につきましては 既 設 管 の 能 力 を 検 証 しつつ 下 流 側 への 影 響 を 考 慮 した 施 設 計 画 と なっております なお 国 道 357 号 登 戸 4 丁 目 交 差 点 付 近 においては 下 水 道 管 が 集 中 しているこ とから 分 散 化 などの 検 討 を 進 めておりますので 国 道 事 務 所 と 連 携 を 図 り 早 期 に 被 害 軽 減 が 図 られるよう 努 めて 参 ります い 1

3 2 第 5 地 区 京 成 西 登 戸 駅 利 便 性 改 善 に 関 する 要 望 について 京 成 西 登 戸 駅 は 戦 前 前 後 の 千 葉 海 岸 駅 以 来 西 登 戸 地 区 汐 見 春 日 地 区 の 発 展 とともにあり 住 民 が 千 葉 あるいは 東 京 方 面 に 出 る 際 の 重 要 な 交 通 機 関 です しかし 約 40 年 前 のホーム 延 長 に 伴 う 改 築 により 千 葉 方 面 に 出 る 場 合 登 戸 側 の 改 札 口 から 高 い 跨 線 橋 を 渡 って 反 対 側 ホームに 行 くことになりました このため 車 いす 使 用 者 や 障 害 者 高 齢 者 ベビーカー 使 用 の 幼 児 がいる 家 族 などには 大 変 不 便 で かなりの 人 たちが 利 用 を 諦 めて いるのが 現 状 です それでも 平 成 25 年 の1 日 利 用 客 数 は 2,3 00 人 を 超 え 年 々 増 加 しています 西 登 戸 駅 の 不 便 さを 改 善 するため 平 成 17 年 から 毎 年 京 成 や 市 に 強 く 改 善 を 要 望 し 続 けており 完 全 バリアフリーではなく 汐 見 春 日 側 に 簡 易 改 札 を 新 設 することなどを 提 案 し 交 渉 してきました が 進 展 はありませんでした 住 民 やこの 駅 を 利 用 するすべての 方 々の 署 名 を 集 めることを 決 意 し 平 成 24 年 近 隣 住 民 やその 家 族 近 隣 企 業 にご 協 力 をお 願 い し 約 6,800 名 の 署 名 を 頂 くことが 出 来 ました 同 年 末 にこの 署 名 を 京 成 本 社 に 届 け 25 年 11 月 にも 千 葉 市 の 交 通 政 策 課 中 央 区 地 域 振 興 課 長 などど 八 幡 本 社 鉄 道 本 部 に 伺 い 計 画 管 理 部 計 画 担 当 課 長 に 面 会 し 具 体 的 な 提 案 を 致 しましたが 千 葉 市 を 含 む 地 域 負 担 が 担 保 されなければ 公 式 の 費 用 見 積 もりもしな いという 回 答 でした 現 時 点 では まず 千 葉 市 が 地 域 負 担 に 踏 み 込 む 姿 勢 を 示 すことが 進 展 のカギと 考 えます 1 高 齢 者 障 害 者 育 児 者 周 辺 住 民 や 通 勤 者 のために 駅 利 便 性 改 善 を 京 成 に 働 きかける 2 西 登 戸 駅 の 千 葉 方 面 ホームの 改 札 新 設 のための 千 葉 市 を 含 む 地 元 負 担 を 明 確 にする 3 これらの 施 策 により 駅 の 利 用 者 を 増 やし 地 域 を 活 性 化 する 都 市 局 都 市 部 交 通 政 策 課 国 では 高 齢 者 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 91 号 )に 基 づき 移 動 等 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 18 年 12 月 制 定 平 成 23 年 3 月 改 正 )を 定 め 1 日 当 たり 平 均 利 用 者 数 が3,000 人 以 上 の 鉄 軌 道 駅 に 対 し スロープまたはエレベーターなどにより 移 動 の 円 滑 化 を 実 施 するとしております 鉄 道 会 社 においても これに 沿 ったかたちで 駅 のバリアフリー 化 を 進 めております 西 登 戸 駅 は 現 在 1 日 当 たりの 利 用 者 数 が3,000 人 に 達 しておりませんが 市 と しても 同 駅 下 り 線 ホームの 改 札 口 新 設 を 含 めたバリアフリー 化 を 京 成 電 鉄 に 要 望 し ており 今 後 も 引 き 続 き 要 望 していきます 3 第 13 地 区 塩 田 町 西 雷 踏 切 ( 両 側 )に 歩 道 の 設 置 について 平 成 19 年 度 より 同 要 望 を 提 出 し 昨 年 度 は 千 葉 市 とJR 東 日 本 が 協 力 し 安 全 対 策 を 推 進 すべき 踏 切 と 考 えているとの 回 答 をいた だきましたが いまだに 踏 切 両 側 に 歩 道 が 設 置 されていません 早 期 に 実 現 していただくよう 平 成 26 年 度 も 継 続 して 要 望 いた します 土 木 部 維 持 管 理 課 西 雷 踏 切 は 道 路 管 理 者 鉄 道 事 業 者 等 が 参 加 する 関 東 地 区 踏 切 道 連 絡 調 整 会 議 千 葉 県 分 科 会 において 踏 切 内 の 歩 道 の 整 備 を 行 うこととして 本 市 とJR 東 日 本 で 改 良 の 実 施 に 向 けた 協 議 をすべき 踏 切 と 位 置 付 けております 現 在 踏 切 内 の 歩 道 設 置 や 遮 断 機 の 移 設 方 法 などの 基 本 的 事 項 について JR 東 日 本 と 協 議 を 行 っているところです 早 期 着 手 ができるよう 引 き 続 き 関 係 機 関 と 協 議 調 整 して 参 ります 2

4 4 第 16 地 区 都 市 計 画 道 路 源 町 大 森 線 の 早 期 整 備 について 松 ケ 丘 小 学 校 東 側 の 中 央 区 松 ケ 丘 町 552 番 地 付 近 から 中 央 区 仁 戸 名 町 532 番 地 先 の 大 網 街 道 までの 区 間 は 一 方 通 行 であり 道 路 幅 員 も 狭 いため 同 地 区 で 火 災 や 災 害 などの 発 生 時 には 避 難 道 路 と しての 機 能 は 全 く 果 たせないものとなります さらに 大 網 街 道 沿 いには 近 年 大 型 ショッピングモールや 看 護 系 大 学 が 開 校 され 大 網 街 道 の 慢 性 的 な 渋 滞 となっており さらに 千 葉 県 がんセンターの 改 築 等 も 予 定 されていると 聞 いております 今 後 も 大 網 街 道 の 交 通 状 況 は 悪 化 するものと 予 測 されますので 渋 滞 の 緩 和 のためにも 都 市 計 画 道 路 ( 源 町 大 森 線 )の 整 備 を 早 急 に 実 現 されますよう 要 望 いたします 道 路 部 道 路 計 画 課 現 在 要 望 区 間 に 連 絡 する 宮 崎 町 の 青 葉 の 森 通 りから 京 葉 道 路 の 大 森 橋 を 通 り 大 森 町 と 松 ヶ 丘 町 との 境 までの 約 900m 区 間 について 都 市 計 画 道 路 南 町 宮 崎 町 線 と 源 町 大 森 町 線 の 一 部 の 事 業 を 進 めているところであります ご 要 望 の 区 間 は この 事 業 区 間 の 延 伸 部 にあたりますが 現 在 南 町 宮 崎 町 線 の 早 期 完 成 を 目 指 し 集 中 的 に 事 業 を 進 めているところでありますので この 事 業 完 了 後 に 源 町 大 森 町 線 の 一 部 事 業 区 間 と 併 せ 要 望 区 間 の 事 業 化 を 目 指 したいと 考 えており ます 今 後 も 現 道 内 で 安 全 対 策 が 可 能 なものがあれば 対 応 して 参 ります 3

5 平 成 26 年 度 千 葉 市 中 央 区 町 内 自 治 会 連 絡 協 議 会 要 望 事 項 回 答 一 覧 ( 市 政 相 談 ) 地 区 要 望 件 名 ( : 継 続 要 望 ) 要 望 要 旨 担 当 局 部 課 要 望 事 項 に 対 す る 回 答 1 第 2 地 区 長 洲 二 丁 目 公 園 隣 接 地 の 使 用 許 可 願 いについて 現 在 取 り 壊 し 作 業 が 決 まっている 生 活 衛 生 課 長 洲 現 場 管 理 事 務 所 ( 中 央 区 長 洲 )の 隣 接 空 地 部 分 を 多 目 的 に 利 用 さ せていただきたい また 取 り 壊 し 後 跡 地 を 売 地 にする 予 定 は 決 まっているようで すが 隣 接 の 空 地 については まだどのようになるか 決 まっていな いようなので 売 地 にしない 場 合 は ぜひ 利 用 させていただきたい 具 体 的 な 利 用 としての 一 例 は 高 齢 者 が 多 くなり ごみステーシ ョンについての 問 題 が 重 要 な 課 題 となっております ぜひ ステーション 用 地 として 利 用 させていただきたい 保 健 福 祉 局 健 康 部 生 活 衛 生 課 長 洲 現 場 事 務 所 解 体 工 事 は 平 成 26 年 11 月 7 日 に 工 事 完 了 いたしました なお 解 体 工 事 前 にありました 空 地 は 売 却 地 及 び 公 園 用 地 となりますので 家 庭 ごみステーション 用 地 としてのご 利 用 はできません また 当 該 道 路 ( 空 地 脇 道 路 )の 幅 員 は ごみ 集 積 施 設 設 置 基 準 の 幅 員 5mを 満 た していないため 収 集 車 両 作 業 員 等 の 活 動 に 支 障 があることを 申 し 添 えます 今 後 も 千 葉 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をお 願 い 申 し 上 げます 2 第 9 地 区 京 成 千 原 線 花 輪 町 新 駅 設 置 の 要 望 について この 要 望 については 長 期 に 亘 り 要 望 してきましたが 全 く 進 展 し ていない 状 況 にあります この 新 駅 は 千 葉 南 高 校 や 県 がんセンター 等 の 病 院 の 最 寄 り 駅 と なり 地 域 住 民 の 利 便 性 向 上 にとどまることなく 広 く 活 用 が 期 待 され 大 網 街 道 の 混 雑 解 消 にもつながるものです また 千 葉 市 の 街 づくりの 観 点 からも 臨 海 部 にかたよりがちな 状 況 に 対 して 台 地 側 のインフラ 整 備 街 づくりとなるものです これまでの 要 望 に 対 する 回 答 が 京 成 電 鉄 に 伝 えております と のレベルにとどまっていましたが 千 葉 市 として 都 市 計 画 街 づく りの 観 点 からもっと 積 極 的 な 役 割 をはたすよう 要 望 します 都 市 局 都 市 部 交 通 政 策 課 本 市 におきましては 平 成 32 年 をピークに 以 降 は 人 口 が 減 少 すると 推 計 してお り また 高 齢 者 の 人 口 も 年 々 増 加 し 超 高 齢 社 会 が 到 来 する 見 通 しとなっています このようなことから 平 成 24 年 3 月 に 策 定 した 千 葉 市 新 基 本 計 画 では 市 街 地 の 拡 散 を 抑 制 し 既 存 施 設 を 活 用 した 集 約 型 都 市 構 造 への 転 換 を 目 指 すべき 都 市 の 構 造 としているため 花 輪 町 周 辺 においては 現 在 大 規 模 な 開 発 が 予 定 されて おりません また 京 成 電 鉄 より 新 駅 の 設 置 は 請 願 駅 となるため 地 元 企 業 等 に 新 駅 の 設 置 費 維 持 管 理 費 を 全 額 負 担 してもらうことになります という 話 もあることから 新 駅 の 設 置 は 難 しいと 考 えています 3 第 13 地 区 生 実 町 及 び 南 生 実 町 を 管 轄 とする 交 番 の 早 期 設 置 等 について 生 浜 地 区 を 管 轄 する 交 番 は 浜 野 駅 前 交 番 でございますが 生 実 町 及 び 南 生 実 町 は 同 交 番 の 所 在 地 から 離 れたところに 位 置 しておりま す そのため 生 実 町 及 び 南 生 実 町 で 事 件 事 故 が 発 生 した 際 交 番 に 詰 める 警 察 官 が 出 動 する 場 合 は 警 察 官 が 現 場 へ 到 着 するまで に 時 間 がかかっております したがいまして 住 民 の 暮 らしに 関 する 安 全 安 心 を 確 保 する 観 点 から 生 実 町 及 び 南 生 実 町 を 管 轄 とする 交 番 が 早 期 に 設 置 される よう 引 き 続 き 千 葉 市 から 千 葉 県 警 察 に 対 して 強 く 要 請 すること を 求 めます なお 仮 に 交 番 の 早 期 設 置 が 困 難 であるならば 改 善 の 手 当 て として 移 動 交 番 車 による 巡 回 パトロール 及 び 生 浜 公 民 館 での 移 動 交 番 の 開 設 回 数 を 大 幅 に 増 やすとともに モデル 事 業 として 実 施 さ れている コンビニ 防 犯 ボックス が 生 実 町 及 び 南 生 実 町 内 にも 設 置 されるよう 千 葉 市 から 千 葉 県 及 び 千 葉 県 警 察 に 対 して 強 く 要 請 することを 求 めます 市 民 局 市 民 自 治 推 進 部 市 民 サービス 課 生 実 町 及 び 南 生 実 町 への 交 番 設 置 要 望 につきましては 千 葉 市 警 察 部 へ 要 望 してお ります 千 葉 市 中 央 区 には 現 在 交 番 13か 所 が 設 置 されております 千 葉 県 警 察 では 交 番 の 新 設 については 厳 しい 財 政 状 況 の 下 その 管 内 の 事 件 事 故 の 発 生 状 況 等 の 治 安 情 勢 面 積 人 口 今 後 の 開 発 計 画 発 展 状 況 既 にある 交 番 や 駐 在 所 との 位 置 関 係 を 総 合 的 に 勘 案 して 判 断 をしております 4

6 4 第 13 地 区 セットバックを 実 施 した 土 地 の 適 切 な 管 理 について 建 築 基 準 法 第 42 条 第 2 項 に 該 当 する 道 路 に 接 する 土 地 を 有 して いる 者 ( 以 下 土 地 所 有 者 といいます )は 当 該 道 路 の 幅 が 基 本 的 には4メートルとなるよう 当 該 土 地 に 建 物 を 建 築 するときに いわゆるセットバックを 行 うことになっております そして セッ トバックが 完 了 した 土 地 ( 以 下 セットバック 完 了 地 といいます )が 市 道 に 接 している 場 合 当 該 セットバック 完 了 地 は 千 葉 市 が 道 路 境 界 を 確 定 させた 上 で 管 理 することになっております しかし 浜 野 町 村 田 町 及 び 塩 田 町 地 区 においては 1セットバ ック 完 了 地 であっても 道 路 境 界 が 確 定 していない 場 所 及 び 2 道 路 境 界 が 確 定 したセットバック 完 了 地 であっても 排 水 用 側 溝 の 移 設 等 が 適 切 に 実 施 されていないため 道 路 として 機 能 していない 場 所 が 相 当 数 存 在 します(これらの 土 地 を 以 下 未 管 理 地 といいます ) そして 土 地 所 有 者 であった 者 は 未 管 理 地 の 維 持 管 理 を 行 う 必 要 が ないため 未 管 理 地 は 雑 草 が 茂 り ごみが 散 乱 するといった 状 況 になっています そのため 地 元 の 町 内 自 治 会 では 地 域 の 環 境 を 良 好 に 維 持 する ために 未 管 理 地 についても 雑 草 の 刈 り 込 みやごみの 除 去 を 行 って おりますが これらの 作 業 は 金 銭 的 にも 人 員 的 にも 町 内 自 治 会 にと って 大 きな 負 担 となっております したがいまして 千 葉 市 は 早 急 に 1 道 路 境 界 が 確 定 していな いセットバック 完 了 地 は 道 路 境 界 を 確 定 させ 2 道 路 境 界 が 確 定 し たセットバック 完 了 地 は 市 道 として 機 能 するように 必 要 な 措 置 を 採 るよう 要 望 いたします 土 木 部 中 央 美 浜 土 木 事 務 所 管 理 課 建 築 基 準 法 の 規 定 に 基 づき 同 法 第 42 条 第 2 項 に 定 める 道 路 に 接 して 建 物 を 建 てる 場 合 は 道 路 の 中 心 線 から2m 後 退 した 線 を 道 路 境 界 とみなし その 線 から 道 路 側 に は 建 物 や 門 塀 などは 作 れないこととなっており 市 道 の 境 界 と 道 路 の 中 心 線 から2 m 後 退 した 線 の 間 に 後 退 用 地 と 呼 ばれる 土 地 が 生 じます この 後 退 用 地 は 土 地 所 有 者 が 管 理 するものとなります 千 葉 市 では 狭 あい 道 路 拡 幅 整 備 事 業 を 行 っており 上 記 の 後 退 用 地 の 所 有 者 が 後 退 用 地 を 市 へ 道 路 として 寄 付 することを 希 望 する 場 合 に 市 が 境 界 確 定 測 量 分 筆 登 記 及 び 舗 装 側 溝 などの 整 備 を 行 い 市 道 として 維 持 管 理 する こととなります 現 状 では 土 地 所 有 者 が 寄 付 を 希 望 しない あるいは 希 望 する 場 合 でも 隣 接 者 の 同 意 が 得 られないなどの 理 由 により 境 界 が 未 確 定 で 分 筆 登 記 が 出 来 ないなど 土 地 所 有 者 が 管 理 している 後 退 用 地 が 多 く 存 在 しています また 寄 付 により 市 が 管 理 することとなった 後 退 用 地 については 必 要 に 応 じて 舗 装 側 溝 などの 整 備 を 実 施 しておりますので 不 具 合 がある 場 所 については 個 別 にご 連 絡 をいただき 現 地 を 調 査 のうえ 可 能 な 対 応 を 進 めてまいります 5 第 21 地 区 市 営 住 宅 跡 地 利 用 について 当 該 市 営 住 宅 跡 地 は 防 災 時 の 一 時 的 避 難 場 所 として 市 のご 協 力 により 利 用 させていただいているところです 防 災 訓 練 はもちろんのこと 子 どもの 健 全 育 成 老 人 の 健 康 維 持 地 域 での 催 し 等 多 目 的 に 活 用 させていただいており 地 域 として 欠 くことのできない 広 場 であります こうした 実 情 をご 理 解 いただき 地 元 管 理 により 今 後 も 継 続 して 当 該 土 地 が 利 用 できるよう 特 段 のご 配 慮 をお 願 いします 財 政 局 資 産 経 営 部 管 財 課 当 該 市 有 地 につきましては 平 成 20 年 度 に 売 却 処 分 という 基 本 的 な 方 針 が 決 定 し ております しかしながら 川 戸 中 学 校 区 町 内 自 治 会 連 絡 協 議 会 ( 以 下 地 区 連 協 という ) から 防 災 広 場 としての 活 用 要 望 があったため 暫 定 的 に 利 用 を 承 認 しているものであ ります さらに 今 年 度 地 域 の 方 々から 地 元 管 理 による 手 作 り 公 園 にしたい との 要 望 があり 現 在 事 業 化 に 向 けて 関 係 課 と 検 討 を 重 ねている 状 況 です 売 却 方 針 の 見 直 しに 当 たっては これら 地 域 の 意 向 動 向 を 踏 まえつつ 中 央 区 役 所 や 公 園 緑 地 部 等 の 関 係 部 署 と 協 議 する 必 要 があるものと 考 えております 5

7 6 第 27 地 区 旧 市 立 病 院 跡 地 に 総 合 的 な 福 祉 施 設 の 要 望 について 昨 年 に 引 き 続 き 要 望 します 総 合 的 福 祉 施 設 (1) 特 別 養 護 老 人 ホーム 急 速 な 高 齢 化 社 会 や 核 家 族 化 の 進 展 に 対 応 する (2) 世 代 間 交 流 ができる 児 童 施 設 工 作 室 や 老 幼 交 流 の 部 屋 や 読 み 聞 かせ 等 ができる 施 設 (3) 近 隣 住 民 の 集 会 できるコミュニティゾーン 近 隣 に10の 町 会 があるが 集 会 所 があるのは1 町 会 だけ 住 民 のコミュニティをはかる 集 会 所 がぜひほしい また 災 害 に 備 える 防 災 倉 庫 的 な 役 割 を 担 うロッカールームも 要 望 したい 市 は 跡 地 の 利 活 用 を 全 庁 的 にはかるために 跡 地 の 土 壌 汚 染 状 況 を 調 査 し それも 昨 年 調 査 が 終 わったとのこと 跡 地 利 用 の 次 の 病 院 局 経 営 管 理 部 経 営 企 画 課 旧 市 立 病 院 跡 地 につきましては 現 在 敷 地 の 一 部 を 青 葉 病 院 職 員 の 有 料 駐 車 場 と して 使 用 しています 病 院 事 業 としましては 跡 地 の 一 部 を 引 き 続 き 職 員 駐 車 場 とし て 利 用 する 必 要 があると 考 えております なお 病 院 局 では 跡 地 の 利 活 用 に 向 けて 昨 年 度 敷 地 内 の 土 壌 汚 染 状 況 調 査 を 実 施 した 結 果 ふっ 素 及 びその 化 合 物 が 基 準 値 を 超 えて 検 出 されたため 土 壌 汚 染 対 策 法 に 基 づく 対 応 が 必 要 となっています その 準 備 として 今 年 度 は 汚 染 の 深 度 方 向 分 布 及 び 地 下 水 の 汚 染 状 況 の 把 握 地 下 水 モニタリングのための 観 測 井 の 設 置 などを 行 っております 今 後 は まず 土 壌 汚 染 対 策 法 に 基 づいた 対 応 を 実 施 した 後 に 跡 地 の 利 活 用 に 要 す る 経 費 等 を 勘 案 しながら 全 庁 的 な 利 活 用 を 検 討 することとしております 検 討 段 階 に 入 るとのこと 是 非 本 地 区 連 の 要 望 をその 検 討 課 題 の 保 健 福 祉 局 土 壌 汚 染 対 策 法 に 基 づく 対 応 の 実 施 建 築 物 の 解 体 等 の 問 題 が 解 決 され 全 庁 的 で 高 齢 障 害 部 一 つとして 取 り 上 げていただきたい 高 齢 施 設 課 の 跡 地 利 用 の 検 討 の 枠 組 みの 中 において 特 別 養 護 老 人 ホームの 整 備 の 可 能 性 につい て 検 討 してまいります 7 都 地 区 都 町 3 丁 目 地 区 の 排 水 施 設 改 善 について 都 町 3 丁 目 地 区 は 都 川 の 北 側 に 添 っており 大 雨 になるとしばし ば 出 水 して 浸 水 被 害 が 発 生 しています この 地 域 は 以 前 水 田 地 帯 であり 埋 め 立 て 造 成 され 農 業 用 水 路 が 都 市 下 水 路 として 機 能 していますが 豪 雨 があると 水 路 の 雨 水 が 溢 れ また 都 川 に 排 水 する 排 水 ポンプ が 力 不 足 のためか この 地 域 一 帯 が 冠 水 被 害 をこうむります また 近 年 は 異 常 気 象 発 生 が 続 いており 想 定 外 の 豪 雨 が 発 生 し かねません 水 害 の 再 発 を 防 止 するため 水 路 と 排 水 ポンプ 施 設 を 見 直 して 水 害 を 未 然 に 防 止 する 適 切 な 措 置 を 要 望 します 下 水 道 建 設 部 下 水 道 計 画 課 下 水 道 管 理 部 下 水 道 維 持 課 わる 大 雨 に 対 して 雨 水 管 渠 やポンプ 等 の 公 的 施 設 整 備 だけでは 対 応 に 限 界 がありま す 近 年 市 内 各 地 において 発 生 している 局 地 的 集 中 豪 雨 等 のような 計 画 降 雨 を 上 ま しかしながら 床 上 浸 水 や 生 活 に 深 刻 な 影 響 を 与 える 浸 水 被 害 については 出 来 る だけ 軽 減 を 図 る 必 要 があることから 地 域 の 特 性 を 考 慮 した 対 策 を 検 討 して 参 ります また 地 域 の 皆 様 方 のご 協 力 を 頂 きながら 引 き 続 き 適 正 な 維 持 管 理 に 取 り 組 んで 参 りますので ご 理 解 とご 協 力 をお 願 いいたします 6

8 8 都 地 区 防 犯 パトロールの 助 成 ならびに 総 合 化 について 現 在 千 葉 市 ならびに 警 察 署 が 中 心 となり 地 域 の 犯 罪 防 止 を 目 的 に 各 地 域 に 防 犯 パトロール 隊 が 結 成 され 日 夜 活 動 を 続 けてい ます この 活 動 は 無 補 償 のボランティアが 原 則 であり 隊 員 はみんな 承 知 して 自 らの 家 族 とともに 住 む 地 域 の 安 心 安 全 に 貢 献 することを 当 然 と 思 い 活 動 を 続 けています その 活 動 経 費 のうち 装 備 費 に 当 たる 帽 子 ジャンパー 拡 声 器 棒 灯 の 購 入 費 の 一 部 は 千 葉 市 から 交 付 されていますが 活 動 中 ま たは 終 了 後 にお 茶 を 飲 むなどの 運 営 費 については 自 己 負 担 か 町 内 自 治 会 の 会 計 から 支 出 しています 特 に 夏 場 は 熱 中 症 予 防 を 考 慮 するため 水 分 補 給 を 奨 励 していま す 長 期 に 亘 り 活 動 を 続 け 活 動 人 員 も 暫 増 するにつれ 負 担 が 増 し てきますので 公 費 による 補 填 を 要 請 します また 防 犯 パトロールは 防 犯 治 安 維 持 の 目 的 のみで 活 動 してい ますが 実 際 はゴミの 不 法 投 棄 や 可 燃 物 の 放 置 の 指 摘 高 齢 者 など の 見 回 りなど 気 のつく 限 り 行 っています 縦 割 り 行 政 のなかで 防 犯 のみにこだわらず 広 く 防 災 環 境 見 回 り 助 け 合 いの 目 的 も 入 れて 活 動 出 来 れば 地 域 としては 偏 らず に 全 般 的 に 効 果 が 挙 がるので 総 合 行 政 促 進 の 見 地 からも 改 善 してい ただくように 要 望 します 中 央 区 役 所 地 域 振 興 課 地 域 における 防 犯 パトロール 活 動 につきましては 安 全 安 心 なまちづくりのため に 欠 くことのできない 活 動 であり 日 頃 こうした 活 動 に 取 り 組 んでおられる 地 域 の 方 々に 感 謝 申 し 上 げる 次 第 です 区 では 防 犯 パトロール 活 動 に 対 して 活 動 物 資 の 支 給 を 行 うほか 見 守 り 防 災 環 境 美 化 など 様 々な 地 域 活 動 を 対 象 に 地 域 活 性 化 支 援 事 業 補 助 金 による 助 成 等 を 行 っております 今 後 も 地 域 課 題 の 解 決 にあたって こうした 制 度 をご 活 用 いただくよ うお 願 いいたします なお 制 度 の 活 用 に 当 たっては 公 金 の 適 正 な 執 行 の 観 点 から 一 定 の 制 限 を 設 けざ るを 得 ないことをご 理 解 いただくようお 願 いいたします 7

9 議 題 (2) 平 成 27 年 度 中 央 区 町 内 自 治 会 連 絡 協 議 会 通 常 総 会 の 日 程 について 1 過 去 の 開 催 日 平 成 26 年 度 5 月 10 日 ( 土 ) 第 2 土 曜 日 中 央 区 役 所 4 階 会 議 室 午 前 10 時 00 分 ~ 平 成 25 年 度 5 月 11 日 ( 土 ) 第 2 土 曜 日 千 葉 市 美 術 館 講 堂 午 前 10 時 00 分 ~ 平 成 24 年 度 5 月 12 日 ( 土 ) 第 2 土 曜 日 中 央 区 役 所 1 階 さや 堂 午 前 10 時 00 分 ~ 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 日 月 火 水 木 金 土 4/ / 1 2 昭 和 の 日 憲 法 記 念 日 みどりの 日 こどもの 日 振 替 休 日 参 考 市 連 協 総 会 平 成 26 年 度 平 成 25 年 度 平 成 24 年 度 5 月 30 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 ~ 6 月 19 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 ~ 5 月 30 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 ~ 8

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

平成17年3月22日

平成17年3月22日 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 設 備 協 会 会 員 の 皆 様 へ ( 一 社 ) 情 報 通 信 設 備 協 会 賠 償 責 任 保 険 制 度 のご 案 内 請 負 業 者 特 別 約 款 + 損 害 賠 償 請 求 ベース 特 約 条 項 財 物 損 壊 生 産 物 特 別 約 款 + 製 造 物 責 任 法 対 応 特 約 条 項 財 物 損 壊 の 範 囲 拡 大 に 関 する

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録 平 成 25 年 度 第 1 回 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 25 年 6 月 28 日 ( 金 )10:30~11:30 開 催 場 所 恵 庭 市 役 所 3 階 第 2 第 3 委 員 会 室 出 席 者 ( 敬 称 略 順 不 同 ) 会 長 原 田 裕 ( 恵 庭 市 長 ) 副 会 長 鏡 貢 ( 恵 庭 市 交

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

平 成 1 3 年 度

平 成 1 3 年 度 27 豊 建 維 第 33-3 号 平 成 27 年 7 月 31 日 豊 前 市 監 査 委 員 初 山 吉 治 様 豊 前 市 監 査 委 員 鈴 木 正 博 様 豊 前 市 長 後 藤 ( 建 設 課 ) 元 秀 定 期 監 査 等 の 結 果 について( 回 答 ) 平 成 27 年 5 月 に 実 施 されました 定 期 監 査 等 においてご 指 摘 いただきました 事 項 について 下

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3 東 京 都 の 動 き 及 び 運 輸 政 策 審 議 会 答 申 -1 1-4 今 後 の 進 め 方 -2 2-1 鉄 道 の 現 況 等

目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3 東 京 都 の 動 き 及 び 運 輸 政 策 審 議 会 答 申 -1 1-4 今 後 の 進 め 方 -2 2-1 鉄 道 の 現 況 等 公 共 交 通 機 関 対 策 等 特 別 委 員 会 資 料 平 成 26 年 5 月 29 日 世 田 谷 区 における 公 共 交 通 について 交 通 政 策 担 当 部 交 通 政 策 課 鉄 道 立 体 街 づくり 調 整 担 当 課 目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 15 仙 台 市 青 年 文 化 センター 天 井 脱 落 対 策 工 事 設 計 業 務 建

平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 15 仙 台 市 青 年 文 化 センター 天 井 脱 落 対 策 工 事 設 計 業 務 建 平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 1 石 積 埋 立 処 分 場 第 2 期 整 備 搬 入 道 路 改 良 測 量 設 計 業 務 土 木 設 計 黒 川 郡 富 谷 町 石 積 字 堀 田 6ケ 月 石 積 埋 立 処 分 場

More information

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc Ⅳ. 実 現 方 策 ここでは まちづくり 基 本 方 針 に 基 づき 地 区 計 画 の 導 入 を 前 提 に 分 野 別 方 針 を 実 現 し ていくための 方 策 を 明 らかにするとともに 住 民 と 行 政 の 協 働 で 取 り 組 むまちづくりの 進 め 方 と 都 市 計 画 の 見 直 しの 考 え 方 を 示 して います Ⅳ-1 分 野 別 の 実 現 方 策 ここでは

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E D CA48B868C8B89CA95F18D908F B837D E703529>

<4D F736F F D2095BD90AC E D CA48B868C8B89CA95F18D908F B837D E703529> 調 査 研 究 報 告 書 マンションの 管 理 組 合 会 計 平 成 25 年 7 月 はじめに マンションの 管 理 組 合 の 会 計 処 理 については 企 業 会 計 と 異 なり 事 業 所 得 がほとんどないため 税 務 署 への 申 告 義 務 はありません したがって 管 理 組 合 毎 に 様 々な 会 計 処 理 が 行 われています 特 に 自 主 管 理 を 行 っている

More information

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向 市 民 懇 談 会 市 民 との 懇 談 概 要 開 催 場 所 久 喜 総 合 文 化 会 館 平 成 23 年 7 月 3 日 ( 日 ) 開 催 日 時 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 12 分 まで 参 加 者 数 42 人 発 言 者 数 9 人 質 問 書 受 理 件 数 7 件 出 席 者 田 中 市 長 牧 副 市 長 吉 田 教 育 長 早 野 総 務 部 長 井

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録 平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会 議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会  議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般 山 形 県 議 決 算 特 別 議 録 ( 平 成 二 十 五 年 度 決 算 ) 平 成 二 十 六 年 十 月 八 日 ( 水 曜 日 ) 午 後 三 時 四 十 六 分 開 出 席 ( 四 十 名 ) 草 島 進 一 金 子 敏 明 菊 池 文 昭 石 黒 覚 矢 吹 栄 修 山 科 朝 則 小 松 伸 也 佐 藤 昇 島 津 良 平 渡 辺 ゆ り 子 吉 村 和 武 楳 津 博 士 髙 橋

More information

事 務 局 ( 中 村 係 長 ) 議 事 に 入 らせていただきます 議 長 でございますが 犯 罪 のない 安 全 で 安 心 なまちづくり 条 例 施 行 規 則 第 3 条 第 5 項 の 規 定 により 会 長 が 議 長 となるとさ れておりますが 本 日 の 議 題 におきまして 会

事 務 局 ( 中 村 係 長 ) 議 事 に 入 らせていただきます 議 長 でございますが 犯 罪 のない 安 全 で 安 心 なまちづくり 条 例 施 行 規 則 第 3 条 第 5 項 の 規 定 により 会 長 が 議 長 となるとさ れておりますが 本 日 の 議 題 におきまして 会 平 成 25 年 度 第 1 回 犯 罪 のない 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 協 議 会 開 催 日 時 平 成 25 年 11 月 25 日 ( 月 ) 15 時 から 開 催 場 所 君 津 市 役 所 6 階 601 会 議 室 出 席 委 員 栁 井 範 佳 委 員 奈 良 輪 政 五 委 員 榎 本 敏 男 委 員 石 井 武 委 員 岩 本 孝 史 委 員 定 岡 繁 委

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc 幸 手 駅 西 口 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 によるまちづくり - 幸 せを 私 たちの 手 から 未 来 へ- 幸 手 市 目 次 幸 手 駅 西 口 地 区 の 位 置 づけ 1. 都 市 計 画 からの 位 置 づけ 2. 上 位 計 画 からの 位 置 づけ ------------------------------------------------- 1 -------------------------------------------------

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号)

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号) 発 兵 庫 県 公 報 金 曜 日 第 2496 号 目 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 土 地 改 良 区 役 員 の 退 任 の 届 出 ( 農 地 整 備 課 ) 1 土 地 改

More information

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 540-8586 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 1-5-44) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

目 次 はじめに 諮 問 内 容 と 審 議 の 経 過 1 1. 杉 並 区 における 狭 あい 道 路 の 状 況 と 拡 幅 整 備 の 実 態 (1) 狭 あい 道 路 の 種 類 と 分 布 2 (2) 狭 あい 道 路 拡 幅 整 備 の 実 態 と 問 題 点 2 2. 狭 あい 道

目 次 はじめに 諮 問 内 容 と 審 議 の 経 過 1 1. 杉 並 区 における 狭 あい 道 路 の 状 況 と 拡 幅 整 備 の 実 態 (1) 狭 あい 道 路 の 種 類 と 分 布 2 (2) 狭 あい 道 路 拡 幅 整 備 の 実 態 と 問 題 点 2 2. 狭 あい 道 狭 あい 道 路 の 拡 幅 整 備 について 中 間 のまとめ 平 成 26 年 11 月 杉 並 区 狭 あい 道 路 拡 幅 整 備 に 関 する 審 議 会 目 次 はじめに 諮 問 内 容 と 審 議 の 経 過 1 1. 杉 並 区 における 狭 あい 道 路 の 状 況 と 拡 幅 整 備 の 実 態 (1) 狭 あい 道 路 の 種 類 と 分 布 2 (2) 狭 あい 道 路 拡

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

マンション管理組合の業務と理事会の運営

マンション管理組合の業務と理事会の運営 マ ン シ ョ ン 管 理 組 合 の 業 務 と 理 事 会 の 運 営 1 マンション 管 理 組 合 の 組 織 と 業 務 はどうなっているの? 組 織 マンション 管 理 士 荻 原 健 業 務 (マンション 標 準 管 理 規 約 第 32 条 ) 1 管 理 組 合 が 管 理 する 敷 地 及 び 共 用 部 分 等 ( 組 合 管 理 部 分 ) の 保 安 保 全 保 守 清 掃

More information

04 資料目次

04 資料目次 参 考 資 料 1 調 査 に 当 たった 委 員 48 2 活 動 経 過 49 3 包 括 罪 種 別 の 刑 法 犯 認 知 件 数 の 推 移 50 4 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 に 基 づく 広 報 啓 発 等 について 51 5 電 子 マニフェストを 利 用 した 解 体 自 動 車 等 の 不 適 正 輸 出 対 策 54 6 市 町 村 における 児 童 虐 待 の

More information

神 戸 市 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 に 係 る 都 市 機 能 の 調 和 に 関 する 条 例 を 平 成 18 年 4 月 1 日 より 施 行 します 大 規 模 な 小 売 店 舗 をはじめとした 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 により 周 辺 の 道 路 交 通 の

神 戸 市 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 に 係 る 都 市 機 能 の 調 和 に 関 する 条 例 を 平 成 18 年 4 月 1 日 より 施 行 します 大 規 模 な 小 売 店 舗 をはじめとした 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 により 周 辺 の 道 路 交 通 の 神 戸 市 大 規 模 小 売 店 舗 等 立 地 審 議 会 平 成 25 年 度 第 3 回 資 料 資 料 No. 1 提 出 年 月 日 H25.11.8 平 成 25 年 度 第 3 回 大 規 模 小 売 店 舗 等 立 地 審 議 会 資 料 届 出 内 容 審 議 案 件 (1) 第 179 号 案 件 ( 仮 称 ) 小 束 山 複 合 商 業 施 設 新 設 計 画 神 戸 市

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

<95CA8DFB825795C52E656337>

<95CA8DFB825795C52E656337> 1 各 会 当 初 予 算 の 概 要 町 には 一 般 会 のほか 3つの 特 別 会 2つの 企 業 会 があり 平 成 26 年 度 において は 3 月 6 日 開 会 の 第 1 回 定 例 町 議 会 に 提 案 され 3 月 13 日 に 可 決 成 立 しましたので そ の 内 容 をお 知 らせします はじめに 一 般 会 やそれぞれの 会 の 内 容 について 説 明 します 会

More information

学校跡地・跡施設利用基本計画(素案)

学校跡地・跡施設利用基本計画(素案) 学 校 跡 地 跡 施 設 利 用 基 本 計 画 平 成 21 年 3 月 高 松 市 目 次 はじめに 1 1 跡 地 跡 施 設 となる 各 学 校 の 施 設 状 況 について 2 2 高 松 市 としての 利 用 構 想 と 各 地 域 からの 要 望 等 3 (1) 高 松 市 としての 利 用 構 想 3 (2) 各 地 域 の 要 望 4 (3) その 他 4 3 学 校 跡 地 跡

More information

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49>

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49> 平 成 25 年 度 主 要 施 策 の 成 果 に 関 する 調 書 警 察 本 部 目 次 3 安 心 安 全 な 社 会 の 形 成 と 県 土 づくり 1 (1) 日 本 一 安 心 安 全 な 鹿 児 島 づくり 1 (2) 災 害 に 強 い 県 土 づくり 7 6 誰 もがいきいきと 活 躍 できる 雇 用 環 境 づくり 8 (1) ふるさとでいきいきと 働 ける 環 境 づくり 8

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

1 安 全 報 告 書 2010 年 熊 本 電 気 鉄 道 株 式 会 社 1. 利 用 者 はじめ 地 元 の 皆 様 へ 弊 社 の 鉄 道 事 業 に 対 して 日 頃 よりご 利 用 並 びにご 理 解 を 頂 きまして 厚 く 御 礼 申 し 上 げ ます 弊 社 は 鉄 道 を 基 軸 とする 交 通 事 業 の 展 開 が 基 本 方 針 でありますが 平 成 20 年 度 から 7 年

More information

大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 概 要 P.1 2.お 申 込 みから 土 地 引 渡 しまでのスケジュール P.2 3.お 申 込 みに

大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 概 要 P.1 2.お 申 込 みから 土 地 引 渡 しまでのスケジュール P.2 3.お 申 込 みに 改 訂 4 版 ( 先 着 順 販 売 区 画 ) さいたま 都 市 計 画 事 業 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 事 業 施 行 者 売 主 :さいたま 市 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 0 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

第 1 章 <目的>

第 1 章 <目的> 市 民 の 安 全 のための 指 針 ( 平 成 24 年 3 月 ) 東 大 和 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 < 目 的 > 2 第 2 章 < 犯 罪 の 起 きにくいまちづくり> 2 第 3 章 < 児 童 等 の 安 全 確 保 > 4 第 4 章 < 民 間 事 業 者 によるまちの 安 全 確 保 > 6 第 5 章 < 高 齢 者 障 がい 者 女 性 の 安 全 確 保 >

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務 細 胞 検 査 士 会 会 員 の 皆 様 へ 平 成 28 年 度 版 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 ( 正 式 名 称 : 臨 床 検 査 技 師 特 別 約 款 付 帯 賠 償 責 任 保 険 ) ご 加 入 のおすすめ 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 とは 団 体 割 引 20% 適 用 細 胞 検 査 士 が 業 務 の 遂 行 に 起 因 して 他 人 の 生

More information

平成15年3月定例教育委員会会議録

平成15年3月定例教育委員会会議録 平 成 28 年 5 月 平 戸 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 区 分 日 場 時 平 成 28 年 5 月 23 日 ( 月 ) 14 時 00 分 開 会 15 時 15 分 閉 会 所 平 戸 市 役 所 本 庁 4 階 小 会 議 室 出 席 委 員 出 席 者 中 島 善 治 委 員 末 吉 幸 德 委 員 松 本 美 穗 子 委 員 吉 田 あつ 子 委 員 小 川 茂

More information

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P 火 災 に 遭 われた 方 へ り さ い 火 災 罹 災 後 の 諸 手 続 について( 参 考 資 料 ) このたびは 思 いがけない 災 難 で 御 心 痛 いかばかりかと 心 から お 見 舞 い 申 しあげます どうか この 災 難 にお 力 落 しのありませんよう 一 日 も 早 い 御 回 復 をお 祈 り 申 しあげます この 冊 子 は 当 面 の 諸 手 続 に 関 しまして 概

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

天理駅前自転車等駐車場管理業務委託仕様書

天理駅前自転車等駐車場管理業務委託仕様書 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 9 月 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 趣 旨 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 等 については この 仕 様 書 による 1 自 転 車 等 駐 車 場 の 管 理 に 関 する

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

資 料 1 1-1 空 家 調 査 結 果 (1) 調 査 の 方 針 本 市 における 空 家 対 策 を 検 討 する 上 で まず 市 内 空 家 の 現 況 を 把 握 することが 必 要 で あるが 水 道 使 用 者 情 報 等 のデータによる 抽 出 が 難 しいことから 自 治 会

資 料 1 1-1 空 家 調 査 結 果 (1) 調 査 の 方 針 本 市 における 空 家 対 策 を 検 討 する 上 で まず 市 内 空 家 の 現 況 を 把 握 することが 必 要 で あるが 水 道 使 用 者 情 報 等 のデータによる 抽 出 が 難 しいことから 自 治 会 第 2 回 西 脇 市 住 宅 審 議 会 次 第 平 成 26 年 11 月 26 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 ~ 西 脇 市 生 涯 学 習 ま ち づ く り セ ン タ ー 2 階 会 議 室 2 1 開 会 2 議 事 等 ⑴ 本 審 議 会 の 審 議 内 容 に つ い て 報 告 事 項 ⑵ 空 き 家 の 状 況 と 対 策 に つ い て 資 料 1 ( 1 ~

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請 平 成 27 年 12 月 17 日 発 行 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 災 害 により 被 害 を 受 けられた 皆 さまへ 第 2 版 ( 給 付 減 免 支 援 制 度 などについて) 常 総 市 内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について...

More information

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成 第 1 章 作 成 の 経 緯 と 視 点 1. 作 成 の 経 緯 本 市 では 新 市 建 設 計 画 に 基 づき 公 共 施 設 等 の 整 備 を 進 めてきた 一 方 で 公 共 施 設 の 適 正 配 置 等 に 関 する 基 本 計 画 を 策 定 し 公 共 施 設 の 適 正 配 置 有 効 活 用 に 取 り 組 んできました また 国 から 各 地 方 公 共 団 体 に 対

More information

開発行為に関するご案内

開発行為に関するご案内 1 平 成 26 年 4 月 1 日 改 定 1 窓 口 相 談 の 手 引 き 窓 口 相 談 の 流 れ 開 発 行 為 事 前 相 談 カード 2 開 発 許 可 の 手 引 き 1 開 発 行 為 2 開 発 区 域 3 開 発 許 可 の 基 準 等 4 開 発 許 可 の 設 計 ( 技 術 的 基 準 ) 4-(1) 路 の 技 術 的 基 準 ( 抜 粋 ) 4-(2) 公 園 等

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378> 小 金 井 市 風 致 地 区 の 手 引 き 風 致 地 区 は 自 然 的 景 観 を 維 持 するため 都 市 における 風 致 の 特 に 優 れた 区 域 を 指 定 する 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 7 号 に 定 める 地 域 地 区 です 東 京 都 風 致 地 区 条 例 第 3 条 の 規 定 における 許 可 等 について 小 金 井 市 内 では 武 蔵

More information

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73>

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73> 特 記 仕 様 書 工 事 番 号 工 事 名 24- 農 -15 里 須 田 取 水 施 設 整 備 工 事 施 工 箇 所 木 津 川 市 加 茂 町 里 地 内 工 期 平 成 25 年 1 月 11 日 ~ 平 成 25 年 3 月 29 日 第 1 章 総 則 1-1 ( 総 則 ) 1 本 工 事 は 土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 24 年 3 月 農 林 水 産 省

More information

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3)

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3) 3) 計 画 容 積 率 設 定 の 考 え 方 計 画 容 積 率 は 見 直 し 相 当 容 積 率 に 評 価 容 積 率 を 加 えた 範 囲 内 で 計 画 内 容 の 優 良 性 当 該 区 域 及 び 周 辺 市 街 地 に 対 する 貢 献 度 道 路 等 の 都 市 基 盤 施 設 等 とのバランス 日 照 や 景 観 に 対 する 配 慮 周 辺 市 街 地 との 調 和 等 を

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

議 事 内 容 : 菅 国 務 大 臣 :ただ 今 から, 閣 議 を 開 催 いたします まず, 閣 議 案 件 について, 世 耕 副 長 官 から 御 説 明 申 し 上 げます 世 耕 内 閣 官 房 副 長 官 : 一 般 案 件 等 について, 申 し 上 げます まず, 都 市 再 生

議 事 内 容 : 菅 国 務 大 臣 :ただ 今 から, 閣 議 を 開 催 いたします まず, 閣 議 案 件 について, 世 耕 副 長 官 から 御 説 明 申 し 上 げます 世 耕 内 閣 官 房 副 長 官 : 一 般 案 件 等 について, 申 し 上 げます まず, 都 市 再 生 閣 議 及 び 閣 僚 懇 談 会 議 事 録 開 催 日 時 : 平 成 26 年 9 月 30 日 ( 火 ) 10:05~10:15 開 催 場 所 : 総 理 大 臣 官 邸 閣 議 室 出 席 者 : 安 倍 晋 三 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 国 務 大 臣 ( 副 総 理, 財 務 大 臣, 内 閣 府 特 命 担 当 大 臣 ) 高 市 早 苗 国 務 大 臣 ( 総 務

More information

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc)

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc) 資 料 4 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 集 団 指 導 ~ 居 宅 介 護 支 援 ~ 香 川 県 健 康 福 祉 部 長 寿 社 会 対 策 課 在 宅 サービスグループ 高 松 市 健 康 福 祉 局 介 護 保 険 課 平 成 25 年 3 月 18 日 - 0 - 1 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 実 地 指 導 等 における 主 な 指 導 内

More information