は じ め に (1) この 取 扱 基 準 は 限 定 特 定 行 政 庁 としての 本 市 の 建 築 基 準 法 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 を 示 したものです (2) 本 基 準 によりがたい 場 合 は 法 の 趣 旨 に 照 らして 個 別 に 判 断 します (3) 本

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "は じ め に (1) この 取 扱 基 準 は 限 定 特 定 行 政 庁 としての 本 市 の 建 築 基 準 法 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 を 示 したものです (2) 本 基 準 によりがたい 場 合 は 法 の 趣 旨 に 照 らして 個 別 に 判 断 します (3) 本"

Transcription

1 霧 島 市 建 築 基 準 法 取 扱 基 準 ( 第 2 版 ) 霧 島 市 - 1 -

2 は じ め に (1) この 取 扱 基 準 は 限 定 特 定 行 政 庁 としての 本 市 の 建 築 基 準 法 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 を 示 したものです (2) 本 基 準 によりがたい 場 合 は 法 の 趣 旨 に 照 らして 個 別 に 判 断 します (3) 本 基 準 は 随 時 見 直 しを 行 い 必 要 な 改 訂 を 行 いますので 最 新 版 にて 確 認 してく ださい 改 訂 の 履 歴 第 1 版 第 2 版 ( 改 訂 ) 平 成 26 年 10 月 20 日 公 表 ( 同 11 月 1 日 適 用 ) 平 成 27 年 6 月 15 日 公 表 ( 同 7 月 1 日 一 部 10 月 1 日 適 用 ) (4) 次 の 刊 行 物 については 原 則 として その 考 え 方 に 準 じます 建 築 確 認 のための 基 準 総 則 集 団 規 定 の 適 用 事 例 編 集 : 日 本 建 築 行 政 会 議 発 行 : 一 般 財 団 法 人 建 築 行 政 情 報 センター 建 築 物 の 防 火 避 難 規 定 の 解 説 編 集 : 日 本 建 築 行 政 会 議 発 行 : 株 式 会 社 ぎょうせい 建 築 設 備 設 計 施 工 上 の 運 用 指 針 編 集 : 国 土 交 通 省 住 宅 局 建 築 指 導 課 日 本 建 築 行 政 会 議 発 行 : 一 般 財 団 法 人 日 本 建 築 設 備 昇 降 機 センター 建 築 行 政 実 務 必 携 監 修 : 鹿 児 島 県 土 木 部 建 築 課 ほか 発 行 : 公 益 社 団 法 人 鹿 児 島 県 建 築 士 会 鹿 児 島 県 浄 化 槽 設 計 施 工 ガイドブック 監 修 : 鹿 児 島 県 土 木 部 建 築 課 発 行 : 一 般 社 団 法 人 鹿 児 島 県 環 境 保 全 協 会 (5) 本 取 扱 基 準 において 使 用 している 略 語 のうち 主 なものは 次 のとおりです 法 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 令 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 昭 和 25 年 政 令 第 338 号 ) 省 令 建 築 基 準 法 施 行 規 則 ( 昭 和 25 年 建 設 省 令 第 40 号 ) 告 示 国 土 交 通 省 旧 建 設 省 告 示 県 条 例 建 築 基 準 法 施 行 条 例 ( 昭 和 46 年 鹿 児 島 県 条 例 第 33 号 ) 市 規 則 霧 島 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 ( 平 成 24 年 霧 島 市 規 則 第 5 号 ) 基 準 総 則 基 準 総 則 集 団 規 定 の 適 用 事 例 ( 日 本 建 築 行 政 会 議 ) 防 避 解 説 建 築 物 の 防 火 避 難 規 定 の 解 説 ( 日 本 建 築 行 政 会 議 ) 質 疑 応 答 集 建 築 基 準 法 質 疑 応 答 集 ( 建 築 基 準 法 研 究 会 ) 平 成 27 年 6 月 15 日 霧 島 市 建 築 指 導 課 - 2 -

3 目 次 Ⅰ 総 則 Ⅰ - 1 一 の 建 築 物 の 判 断 1 Ⅰ - 2 棟 別 増 築 の 場 合 の 既 存 不 適 格 建 築 物 に 対 する 制 限 Ⅰ - 3 住 宅 離 れの 扱 い Ⅰ - 4 開 閉 式 屋 根 の 扱 い 2 Ⅰ - 5 大 規 模 なひさし 等 の 床 面 積 の 算 定 Ⅰ - 6 小 屋 裏 物 置 等 の 扱 い 3 Ⅰ - 7 住 宅 納 戸 の 定 義 Ⅰ - 8 セットバックがある 場 合 の 申 請 地 番 4 Ⅰ - 9 建 築 基 準 関 係 規 定 に 係 る 関 係 機 関 Ⅰ - 10 土 地 区 画 整 理 区 域 内 における 確 認 申 請 5 Ⅰ - 11 棟 別 の 検 査 済 証 の 交 付 Ⅰ - 12 建 築 基 準 法 における 水 路 の 判 断 Ⅰ - 13 附 属 建 築 物 に 係 る 消 防 同 意 の 扱 い 6 Ⅰ - 14 面 積 算 定 時 の 端 数 処 理 Ⅰ - 15 手 数 料 の 減 免 Ⅰ - 16 建 築 行 政 事 務 に 係 る 手 続 き 7 Ⅱ 単 体 規 定 ( 構 造 設 備 除 く) Ⅱ - 1 一 体 のがけ 8 Ⅱ - 2 がけ 上 の 小 規 模 建 築 物 の 基 礎 の 根 入 れ Ⅱ - 3 採 光 計 算 における 軒 樋 等 の 扱 い Ⅱ - 4 採 光 換 気 規 定 における2 室 1 室 の 扱 い 9 Ⅱ - 5 有 効 採 光 面 積 の 算 定 方 法 Ⅱ - 6 屋 内 廊 下 等 を 介 しての 換 気 10 Ⅱ - 7 住 宅 台 所 の 居 室 の 判 断 Ⅱ - 8 住 宅 車 庫 の 内 装 制 限 Ⅱ - 9 道 に 面 する 長 屋 の 出 入 口 Ⅲ 集 団 規 定 Ⅲ - 1 土 地 区 画 整 理 事 業 により 築 造 された 道 路 の 扱 い 11 Ⅲ - 2 道 路 位 置 指 定 申 請 における 誓 約 書 を 必 要 とする 範 囲 Ⅲ - 3 既 存 建 築 物 に 影 響 する 位 置 指 定 Ⅲ - 4 建 ぺい 率 の 角 地 緩 和 の 適 用 Ⅲ - 5 集 団 規 定 を 適 用 除 外 するための 敷 地 の 設 定

4 Ⅳ 構 造 規 定 Ⅳ - 1 混 構 造 の 判 断 13 Ⅳ - 2 アルミニウム 合 金 造 の 建 築 物 の 扱 い Ⅳ - 3 耐 力 壁 とみなせない 壁 Ⅴ 建 築 設 備 Ⅴ 号 建 築 物 に 設 置 する 昇 降 機 14 Ⅴ - 2 建 築 物 に 近 接 した 部 分 駐 車 場 下 部 への 浄 化 槽 設 置 Ⅴ - 3 既 存 住 宅 における 浄 化 槽 の 緩 和 措 置 15 Ⅴ - 4 建 築 設 備 関 連 の 建 築 基 準 関 係 規 定 に 係 る 確 認 申 請 書 における 明 示 内 容 Ⅵ 工 作 物 Ⅵ - 1 他 法 令 で 築 造 された 擁 壁 の 扱 い 17 Ⅵ - 2 敷 地 内 に 複 数 の 工 作 物 を 築 造 する 場 合 の 申 請 単 位 Ⅵ - 3 確 認 申 請 における 地 盤 調 査 Ⅵ - 4 擁 壁 の 高 さ 18 Ⅵ - 5 水 路 等 に 隣 接 して 擁 壁 を 設 置 する 場 合 の 根 入 れ Ⅶ その 他 Ⅶ - 1 霧 島 市 における 区 域 指 定 等 の 有 無 及 び 各 種 規 定 値

5 総 則 Ⅰ-1 一 の 建 築 物 の 判 断 法 2 条 1 号 法 6 条 1 項 H 改 訂 (7.1 適 用 ) 一 の 建 築 物 は 社 会 通 念 に 照 らし 機 能 上 構 造 上 外 観 上 の 観 点 から 具 体 の 計 画 について 総 合 的 に 判 断 する なお 屋 根 や 庇 の 重 なりがある 場 合 は 原 則 として 一 の 建 築 物 として 扱 う この 場 合 法 6 条 1 項 各 号 の 適 用 は 次 による 〇 3 号 建 築 物 と4 号 建 築 物 の 場 合 :3 号 建 築 物 〇 4 号 建 築 物 と4 号 建 築 物 の 場 合 :4 号 建 築 物 参 考 東 京 地 方 裁 判 所 判 決 ( 平 成 11 年 行 ウ 第 156 号 ) 東 京 地 方 裁 判 所 判 決 ( 平 成 18 年 行 ウ 第 482 号 ) 総 則 Ⅰ-2 棟 別 増 築 の 場 合 の 既 存 不 適 格 建 築 物 に 対 する 制 限 改 訂 履 歴 H 公 表 (7.1 適 用 ) 同 一 敷 地 内 における 棟 別 増 築 の 場 合 の 既 存 不 適 格 建 築 物 への 遡 及 は 次 による 単 体 規 定 延 焼 の 恐 れのある 部 分 の 発 生 に 伴 う 開 口 部 の 措 置 等 を 除 き 原 則 として 遡 及 を 受 けない 集 団 規 定 用 途 制 限 建 ぺい 率 容 積 率 日 影 規 制 など 敷 地 単 位 に 対 する 制 限 については 現 行 法 令 を 適 用 する 道 路 斜 線 制 限 など 建 築 物 または 建 築 物 の 部 分 に 対 する 制 限 については 遡 及 を 受 けない 総 則 Ⅰ-3 住 宅 離 れの 扱 い 法 2 条 1 号 令 1 条 1 号 住 宅 の 離 れとは 隠 居 部 屋 勉 強 部 屋 等 を 指 し 居 室 台 所 便 所 浴 室 の4 点 がそ なわったものは 住 宅 としての 機 能 を 満 足 するため 用 途 上 可 分 として 扱 う 参 考 用 途 上 可 分 不 可 分 の 関 係 ( 質 疑 応 答 集 ) - 1 -

6 総 則 Ⅰ-4 開 閉 式 屋 根 の 扱 い 法 2 条 1 号 開 閉 式 であっても 屋 根 の 効 用 を 有 するものは 建 築 物 として 取 り 扱 う 屋 根 の 効 用 とは 単 に 雨 覆 いとしての 効 用 によってのみではなく 雨 露 をしのぐ 等 の 効 用 のほか ある 程 度 の 永 続 的 な 屋 内 空 間 をつくり 出 すという 観 点 等 も 含 めて 判 断 する 参 考 法 第 85 条 第 4 項 の 仮 設 建 築 物 について( 昭 和 37 年 住 指 発 第 86 号 ) 開 閉 できる 屋 根 を 持 つ 工 作 物 ( 基 準 総 則 ) 総 則 Ⅰ-5 大 規 模 なひさし 等 の 床 面 積 の 算 定 令 2 条 3 号 改 訂 履 歴 H 公 表 (7.1 適 用 ) 工 場 や 倉 庫 等 に 設 ける 大 規 模 なひさしや 軒 は 荷 捌 き 等 の 作 業 に 供 することが 可 能 な ため 原 則 として 全 てを 床 面 積 に 算 入 する 参 考 床 面 積 の 算 定 方 法 について( 昭 和 61 年 住 指 発 第 115 号 ) - 2 -

7 総 則 Ⅰ-6 小 屋 裏 物 置 等 の 扱 い 階 とみなさない 小 屋 裏 物 置 等 は 小 屋 裏 天 井 裏 スキップ フロア 型 等 の 建 築 部 分 の 余 剰 空 間 を 利 用 するものであり 用 途 については 物 入 れ ロフト 等 に 限 定 される 部 分 的 に 天 井 を 低 くするなど 意 図 的 に 作 った 空 間 ( 右 図 参 照 )は 小 屋 裏 物 置 等 とは 認 めない 〇 開 口 部 の 制 限 外 壁 屋 根 に 開 口 部 (FIX 窓 を 含 む)を 設 ける 場 合 そ 法 92 条 令 2 条 令 23 条 令 25 条 H 改 訂 (7.1 適 用 ) の 開 口 部 面 積 の 合 計 は 小 屋 裏 部 分 の 床 面 積 の 1/20 を 限 度 とする 〇 階 段 の 扱 い 小 屋 裏 物 置 等 を 利 用 するために 設 置 する 階 段 等 で 固 定 式 のものは 令 23 条 及 び 同 25 条 の 規 定 を 適 用 する なお 階 段 部 分 の 面 積 は 不 算 入 とする 〇 外 部 からの 利 用 外 部 からのみ 利 用 する 空 間 は 小 屋 裏 物 置 等 とはみなさない 〇 横 使 いの 扱 い 横 使 いの 場 合 建 具 等 のない 一 体 空 間 は 小 屋 裏 物 置 等 とはみなさない 天 井 物 置 部 分 的 に 天 井 を 低 くする 場 合 参 考 小 屋 裏 物 置 等 ( 基 準 総 則 ) 総 則 Ⅰ-7 住 宅 納 戸 の 定 義 住 宅 納 戸 とは 次 の2 条 件 を 満 たすものとする 合 理 的 理 由 なく 単 に 採 光 が 不 足 す ることをもって 納 戸 とすることは 認 めない 1 床 の 間 書 院 ウォークインクローゼット 等 がないこと 2 広 さは6 畳 程 度 まで - 3 -

8 総 則 Ⅰ-8 セットバックがある 場 合 の 申 請 地 番 令 1 条 1 号 改 訂 履 歴 H 公 表 (7.1 適 用 ) 2 項 道 路 に 面 する 敷 地 でセットバック 部 分 と 一 筆 となっている 場 合 の 申 請 地 番 は の 一 部 とする 総 則 Ⅰ-9 建 築 基 準 関 係 規 定 に 係 る 関 係 機 関 令 9 条 改 訂 履 歴 H 公 表 (7.1 適 用 ) 建 築 基 準 関 係 規 定 については 必 要 に 応 じて 確 認 申 請 に 先 立 ち 次 の 関 係 機 関 と 協 議 すること 法 律 の 名 称 根 拠 条 項 内 容 関 係 機 関 消 防 法 9 ( 市 火 災 予 防 条 例 ) 9の2 ( 市 火 災 予 防 条 例 ) 屋 外 広 告 物 法 消 火 器 ( 県 屋 外 広 告 条 例 ) 火 災 の 発 生 のおそれのある 設 備 の 位 置 構 造 及 び 管 理 の 基 準 等 厨 房 設 備 ボイラー ストーブ 壁 付 暖 炉 サウナ 設 備 掘 ごたつ 及 びいろり 等 火 災 発 生 のおそれのある 器 具 住 宅 用 火 災 警 報 器 の 設 置 寝 室 寝 室 のある 階 の 階 段 上 端 150 m2 以 上 の 診 療 所 工 場 300 m2 以 上 の 神 社 寺 院 屋 外 広 告 物 条 例 の 許 可 市 消 防 局 〇 中 央 署 ( 国 分 中 央 ) 〇 北 署 ( 牧 園 町 高 千 穂 ) 市 都 市 計 画 課 内 2872 ガス 事 業 法 40の4 ガス 事 業 者 のガス 消 費 機 器 の 調 査 各 ガス 事 業 者 水 道 法 16 給 水 装 置 の 構 造 及 び 材 料 市 水 道 課 ( 隼 人 町 内 341) 下 水 道 法 1013 下 水 道 区 域 内 の 排 水 設 備 の 設 置 市 下 水 道 課 ( 国 分 広 瀬 ) 液 化 石 油 ガス の 保 安 の 確 保 及 び 取 引 の 適 正 化 に 関 する 法 律 38の 供 給 設 備 又 は 消 費 設 備 の 基 準 適 合 県 消 防 保 安 課 保 安 係 ( 鹿 児 島 市 鴨 池 新 町 10-1) 内 2263 都 市 計 画 法 2912 開 発 許 可 県 建 築 課 監 察 指 導 係 ( 鹿 児 島 35の 変 更 許 可 開 発 区 域 内 の 建 ぺい 率 等 の 許 可 42 予 定 建 築 物 以 外 の 建 築 許 可 531 都 市 計 画 施 設 の 区 域 市 街 地 開 発 事 業 の 区 域 内 の 建 築 許 可 浄 化 槽 法 3の21 下 水 道 処 理 区 域 外 における 浄 化 槽 以 外 からの 放 流 禁 止 市 鴨 池 新 町 10-1) 内 3737 市 都 市 計 画 課 内 2872 県 姶 良 保 健 所 環 境 衛 生 課 ( 隼 人 町 松 永 )

9 総 則 Ⅰ-10 土 地 区 画 整 理 区 域 内 における 確 認 申 請 法 6 条 土 地 区 画 整 理 事 業 の 施 行 中 の 区 域 内 における 確 認 申 請 においては 土 地 区 画 整 理 法 76 条 の 許 可 証 の 写 しを 添 付 すること 総 則 Ⅰ-11 棟 別 の 検 査 済 証 の 交 付 法 7 条 5 項 同 一 敷 地 内 に2 以 上 の 建 築 物 を 新 築 する 場 合 同 一 確 認 のものであっても 棟 別 に 検 査 済 証 を 交 付 することができる 総 則 Ⅰ-12 建 築 基 準 法 における 水 路 の 判 断 令 20 条 2 項 市 規 則 11 条 法 42 条 建 築 基 準 法 の 各 規 定 における 開 渠 の 水 路 ( 公 共 管 理 に 限 る)の 扱 いは 次 のとおりと する なお 改 良 工 事 等 により 現 況 と 地 籍 図 が 異 なる 場 合 は 別 途 個 別 に 判 断 する 〇 採 光 規 定 水 路 幅 員 が1m 以 上 の 場 合 令 20 条 2 項 に 規 定 する 川 とみなす 〇 建 ぺい 率 の 緩 和 水 路 幅 員 が4m 以 上 の 場 合 市 規 則 11 条 に 規 定 する 水 面 とみなす 〇 道 路 幅 員 水 路 幅 員 が1m 以 上 の 場 合 幅 員 に 含 めない 〇 2 項 道 路 の 後 退 水 路 幅 員 が1m 以 上 の 場 合 片 側 後 退 とする 水 路 幅 員 が1m 未 満 の 場 合 中 心 後 退 とする - 5 -

10 総 則 Ⅰ-13 附 属 建 築 物 に 係 る 消 防 同 意 の 扱 い 法 93 条 1 項 令 147 条 の 3 H 改 訂 (7.1 適 用 ) 一 戸 建 ての 住 宅 に 附 属 する 床 面 積 が 住 宅 の 延 べ 面 積 の 1/2 未 満 かつ 50 m2 以 下 の 自 家 用 自 動 車 車 庫 自 家 用 駐 輪 場 自 家 用 倉 庫 ( 自 家 用 農 業 用 倉 庫 を 含 む)については 一 戸 建 ての 住 宅 の 用 途 とみなし 別 棟 であっても 消 防 同 意 を 不 要 とする 総 則 Ⅰ-14 面 積 算 定 時 の 端 数 処 理 面 積 算 定 時 の 小 数 点 以 下 については 下 記 のとおりとする 令 2 条 H 改 訂 (7.1 適 用 ) 1 敷 地 面 積 は 小 数 点 以 下 2 位 までとし 3 位 以 下 を 切 り 捨 てる ( 単 位 :m2) 2 床 面 積 は 各 階 毎 に 算 定 し 小 数 点 以 下 2 位 までとし 3 位 以 下 を 切 り 捨 てる 延 べ 面 積 は 各 階 の 小 計 を 加 えたものとする ( 単 位 :m2) 3 その 他 の 面 積 についても 小 数 点 以 下 2 位 までとし 3 位 以 下 を 切 り 捨 てる ( 単 位 :m2) 建 ぺい 率 及 び 容 積 率 算 定 時 は 小 数 点 以 下 2 位 までとし3 位 以 下 を 切 り 上 げる ( 単 位 :%) 参 考 不 動 産 登 記 法 施 行 令 4 条 及 び 同 8 条 総 則 Ⅰ-15 手 数 料 の 減 免 市 規 則 4 条 次 の 場 合 は 手 数 料 減 額 ( 免 除 ) 申 請 により 確 認 申 請 等 の 手 数 料 を 減 免 することが できる 1 免 除 災 害 により 住 宅 を 滅 失 半 焼 半 壊 したとき( 災 害 発 生 の 日 から6 月 以 内 6 月 以 内 に 申 請 できない 合 理 的 理 由 がある 場 合 は 市 長 が 特 に 必 要 と 認 めたものとして 扱 い 免 除 する ) 2 減 額 (2 分 の1) 法 令 に 基 づく 行 政 庁 の 処 分 ( 土 地 区 画 整 理 事 業 の 伴 う 換 地 処 分 など 都 市 計 画 事 業 に 伴 う 移 転 がけ 地 近 接 等 危 険 住 宅 移 転 事 業 による 移 転 なども 同 様 に 扱 う ) - 6 -

11 総 則 Ⅰ-16 建 築 行 政 事 務 に 係 る 手 続 き 確 認 申 請 など 建 築 行 政 に 関 する 手 続 き 業 務 は 建 築 士 事 務 所 に 所 属 する 建 築 士 また は 行 政 書 士 が 行 う 必 要 がある 申 請 者 本 人 以 外 の 者 で 業 として 代 理 業 務 ができる 者 以 外 が 各 種 申 請 書 を 持 参 した 場 合 は 宅 配 便 等 と 同 じく 使 者 として 受 け 付 けることは 可 能 であるが 申 請 者 に 代 わって 訂 正 等 の 行 為 はできない 参 考 行 政 書 士 法 19 条 建 築 士 法 21 条 - 7 -

12 単 体 規 定 Ⅱ-1 一 体 のがけ 法 19 条 4 項 県 条 例 3 条 上 下 に 分 離 されたがけがある 場 合 下 層 のがけ 面 の 下 端 を 含 み かつ 水 平 面 に 対 し 30 度 の 角 度 をなす 面 の 上 方 に 上 層 のがけ 面 の 下 端 があるときは その 上 下 のがけは 一 体 のものとする D G E H1>2m B C F A 30 度 H2>2m がけの 下 端 (CF)がAE 線 の 内 外 によって 判 断 する 断 面 ABCDEの 場 合 一 体 のがけとなり がけの 高 さはH1+H2となる 断 面 ABFGEの 場 合 ABFとFGEの2つのがけとみなし がけの 高 さはそれぞれH1 及 びH2となる 参 考 宅 地 造 成 等 規 制 法 施 行 令 1 条 4 項 単 体 規 定 Ⅱ-2 がけ 上 の 小 規 模 建 築 物 の 基 礎 の 根 入 れ 県 条 例 3 条 令 38 条 2 項 改 訂 履 歴 H 公 表 (7.1 適 用 ) がけ 上 における 住 宅 等 の 小 規 模 建 築 物 について 基 礎 を 立 ち 下 げることで がけに 側 圧 をかけないようにしている 場 合 安 全 上 支 障 がないものと 判 断 する( 市 取 扱 要 領 に 基 づく がけ 調 書 が 必 要 ) 基 礎 を 立 ち 下 げる 方 法 は 布 基 礎 などの 直 接 基 礎 杭 基 礎 ( 支 持 杭 )とすること( 地 盤 改 良 の 場 合 は 個 別 判 断 ( 砂 利 杭 による 改 良 は 不 可 )) なお 杭 基 礎 による 立 ち 下 げの 場 合 は 原 則 として 建 築 物 全 体 を 杭 基 礎 とすること 参 考 がけに 近 接 して 建 築 する 建 築 物 の 取 扱 要 領 3 条 2 項 3 号 ( 霧 島 市 告 示 ) 単 体 規 定 Ⅱ-3 採 光 計 算 における 軒 樋 等 の 扱 い 法 2 条 1 号 3 号 令 20 条 軒 樋 や 換 気 フードは 建 築 物 の 一 部 であり 採 光 制 限 における 計 算 については 軒 樋 等 を 考 慮 すること 斜 線 制 限 における 計 算 も 同 様 とする - 8 -

13 単 体 規 定 Ⅱ-4 採 光 換 気 規 定 における2 室 1 室 の 扱 い 法 28 条 4 項 H 改 訂 (7.1 適 用 ) 2 室 を1 室 としてみなせる 間 仕 切 りは 間 口 部 が1 間 (1.8m 程 度 ) 以 上 のふすま 障 子 引 き 戸 アコーディオンカーテンとする なお 原 則 として 倉 庫 など 非 居 室 (サンルームの 類 を 除 く)との2 室 1 室 は 認 めら れない 単 体 規 定 Ⅱ-5 有 効 採 光 面 積 の 算 定 方 法 令 20 条 2 項 居 室 の 採 光 補 正 係 数 を 算 出 する 際 その 居 室 が 他 の 空 間 を 介 して 外 部 に 面 している 場 合 次 の 係 数 により 採 光 補 正 係 数 を 低 減 する 1 屋 外 廊 下 ( 床 面 積 に 算 入 されない 吹 きさらしの 廊 下 に 限 る) 廊 下 幅 2m 以 下 :1.0( 低 減 なし) 廊 下 幅 2m 超 :0.7 2 屋 内 廊 下 廊 下 幅 0.9m 未 満 :1.0( 低 減 なし) 廊 下 幅 0.9m 以 上 2m 以 下 :0.7 3 外 気 に 開 放 されたピロティ 部 分 奥 行 き6m 以 下 :0.7 奥 行 き6m 超 :0( 無 効 ) 4 カーポート( 透 過 性 のある 屋 根 に 限 る) テラス( 透 過 性 のある 屋 根 に 限 る) 奥 行 き2m 以 下 :1.0( 低 減 なし) 奥 行 き2m 超 :0.7 参 考 床 面 積 の 算 定 方 法 について( 昭 和 61 年 住 指 発 第 115 号 ) - 9 -

14 単 体 規 定 Ⅱ-6 屋 内 廊 下 等 を 介 しての 換 気 法 28 条 4 項 改 訂 履 歴 H 公 表 (7.1 適 用 ) 屋 内 廊 下 に 面 した 開 口 部 は 原 則 として 換 気 に 有 効 な 部 分 とはならない 単 体 規 定 Ⅱ-7 住 宅 台 所 の 居 室 の 判 断 法 2 条 4 号 概 ね7m2を 超 える 住 宅 の 台 所 は 居 室 として 扱 う 参 考 サウナ 室 及 び 住 宅 の 台 所 に 関 する 防 火 避 難 規 定 上 の 非 居 室 扱 い( 防 避 解 説 ) 単 体 規 定 Ⅱ-8 住 宅 車 庫 の 内 装 制 限 法 35 条 の2 令 128 条 の 4 床 面 積 が 30 m2 以 内 で 壁 周 長 の 過 半 が 開 放 された 自 動 車 車 庫 ( 燃 料 の 保 管 給 油 を 行 わ ないものに 限 る)は 内 装 制 限 は 受 けないものとする 参 考 自 動 車 車 庫 の 解 釈 ( 昭 和 36 年 住 指 発 第 2 号 ) 単 体 規 定 Ⅱ-9 道 に 面 する 長 屋 の 出 入 口 県 条 例 8 条 2 項 長 屋 の 主 要 な 出 入 り 口 について 道 に 面 するとは 避 難 上 の 観 点 から 判 断 する 例 え ば 出 入 口 の 前 に 生 け 垣 やフェンスなど 避 難 上 支 障 があるものが 設 置 されている 場 合 は 道 に 面 するとは 言 えない

15 集 団 規 定 Ⅲ-1 土 地 区 画 整 理 事 業 により 築 造 された 道 路 の 扱 い 法 42 条 1 項 2 号 鹿 児 島 県 霧 島 市 H 改 訂 (7.1 適 用 ) 土 地 区 画 整 理 法 の 規 定 に 基 づく 換 地 公 告 がなされていない 土 地 区 画 整 理 事 業 の 施 行 地 区 において 同 事 業 により 築 造 された 幅 員 4m 以 上 の 道 路 で 法 42 条 に 規 定 する 道 路 から 連 続 しており かつ 一 般 通 行 の 用 に 供 されているみちは 法 42 条 1 項 2 号 道 路 として 扱 う 集 団 規 定 Ⅲ-2 道 路 位 置 指 定 申 請 における 誓 約 書 を 必 要 とする 範 囲 市 規 則 7 条 道 路 位 置 指 定 の 申 請 にあたっては 道 路 の 部 分 及 び 道 路 に 接 する 関 係 土 地 の 所 有 権 及 び 権 利 を 有 する 者 の 誓 約 書 を 添 付 すること なお 道 路 に 接 する 関 係 土 地 とは 計 画 区 域 内 のみで 可 とする 集 団 規 定 Ⅲ-3 既 存 建 築 物 に 影 響 する 位 置 指 定 法 42 条 1 項 5 号 道 路 位 置 指 定 により 既 存 建 築 物 が 道 路 斜 線 制 限 建 ぺい 率 容 積 率 など 法 の 規 定 に 抵 触 することとなる 場 合 は 原 則 として 位 置 指 定 はできない 集 団 規 定 Ⅲ-4 建 ぺい 率 の 角 地 緩 和 の 適 用 法 53 条 3 項 2 号 改 訂 履 歴 H 公 表 (7.1 適 用 ) 法 53 条 3 項 2 号 に 規 定 する 街 区 の 角 にある 敷 地 は 2 面 とも2m 以 上 接 する 必 要 がある 申 請 地 A A A 2m

16 集 団 規 定 Ⅲ-5 集 団 規 定 を 適 用 除 外 するための 敷 地 の 設 定 法 56 条 1 項 1 号 改 訂 履 歴 H 公 表 (7.1 適 用 ) 道 路 斜 線 制 限 などを 適 用 させないため 合 理 的 理 由 なく 道 路 と 敷 地 の 間 に 架 空 の 敷 地 境 界 線 を 設 定 することは 認 められない 参 考 道 路 と 敷 地 の 間 に 他 の 敷 地 がある 場 合 ( 基 準 総 則 )

17 構 造 規 定 Ⅳ-1 混 構 造 の 判 断 法 6 条 1 項 改 訂 履 歴 H 公 表 (7.1 適 用 ) 混 構 造 の 判 断 は 次 の 例 示 による 〇 堀 車 庫 既 存 堀 車 庫 の 上 に 増 築 する 場 合 車 庫 の 躯 体 と 建 築 物 の 基 礎 の 離 れが 概 ね 50 cm 以 上 あれば 混 構 造 としない 〇 斜 面 地 に 面 する 場 合 基 礎 上 部 を 鉄 骨 等 で 立 ち 上 げている 場 合 その 下 部 を 屋 内 的 用 途 としなければ 混 構 造 としない 〇 主 要 構 造 部 の 一 部 を 鉄 骨 とする 木 造 個 別 判 断 〇 浴 室 など 水 廻 りの 一 部 分 を 鉄 筋 コンクリートとする 木 造 木 造 構 造 規 定 Ⅳ-2 アルミニウム 合 金 造 の 建 築 物 の 扱 い 令 80 条 の 2 平 成 14 年 告 示 410 号 アルミカーポートなどのアルミ 合 金 製 の 工 作 物 は 建 築 物 として 建 築 基 準 法 の 適 用 を 受 け 告 示 410 号 の 技 術 的 基 準 に 従 った 構 造 としなければならない 確 認 申 請 では 構 造 関 係 図 書 の 添 付 は 不 要 とするが 告 示 に 適 合 している 旨 を 明 示 す ること 構 造 規 定 Ⅳ-3 耐 力 壁 とみなせない 壁 令 42 条 令 46 条 木 造 軸 組 の 筋 かい 壁 で 次 の 場 合 は 原 則 として 耐 力 壁 とみなさない 筋 かいの 上 部 に 横 架 材 がない 筋 かいの 下 部 に 基 礎 がない 幅 が 狭 い( 幅 900 mm 未 満 )

18 建 築 設 備 Ⅴ-1 4 号 建 築 物 に 設 置 する 昇 降 機 法 6 条 法 87 条 の 2 法 12 条 5 項 4 号 建 築 物 の 新 築 に 併 せ 昇 降 機 を 設 置 する 場 合 は 建 築 物 の 確 認 申 請 に 昇 降 機 の 計 画 を 含 む 必 要 がある( 建 築 設 備 としての 確 認 申 請 は 不 要 ) ただし 建 築 物 の 申 請 時 に 昇 降 機 の 計 画 が 不 明 の 場 合 は 別 途 法 12 条 5 項 の 規 定 により 報 告 すること( 報 告 内 容 は 確 認 申 請 に 準 じる) 建 築 設 備 Ⅴ-2 建 築 物 に 近 接 した 部 分 駐 車 場 下 部 への 浄 化 槽 設 置 H 改 訂 (7.1 適 用 ) 浄 化 槽 を 建 築 物 に 近 接 して 設 置 する 場 合 原 則 として 建 築 物 の 基 礎 部 分 の 外 側 から 45 度 以 下 の 範 囲 を 鉄 筋 コンクリート 造 の 擁 壁 などで 保 護 するなどの 措 置 をとること 措 置 しない 場 合 は 設 計 者 としての 判 断 を 申 請 書 に 明 示 すること ただし 浄 化 槽 に 破 損 等 を 招 くおそれがないことが 構 造 計 算 等 により 判 断 できる 場 合 は この 限 りではない また 浄 化 槽 を 駐 車 場 下 部 に 設 置 する 場 合 原 則 として 支 柱 を 設 置 するなど 補 強 す ること ただし 日 本 建 築 センターのFRP 評 定 を 受 けた 浄 化 槽 については 評 定 書 の 写 し 及 び 支 柱 省 略 工 事 を 行 う 場 合 の 工 事 仕 様 書 を 確 認 申 請 書 に 添 付 することにより 補 強 を 省 略 することができる なお 浄 化 槽 上 部 への 車 載 の 有 無 を 申 請 書 に 明 示 すること 参 考 工 場 生 産 浄 化 槽 を 建 築 物 基 礎 部 分 や 駐 車 場 下 部 に 設 置 する 場 合 について ( 鹿 児 島 県 浄 化 槽 施 工 ガイドブック)

19 建 築 設 備 Ⅴ-3 既 存 住 宅 における 浄 化 槽 の 緩 和 措 置 延 べ 面 積 が 130 m2を 超 える 既 存 の 一 戸 建 て 住 宅 の 浄 化 槽 で 以 下 の 条 件 すべてに 適 合 する 場 合 は 5 人 槽 とすることができる 1 既 存 住 宅 であること 2 貸 家 でないこと 3 実 使 用 人 員 が3 人 以 下 で 将 来 的 にも 増 える 見 込 みが 極 めて 低 いこと 4 浴 槽 が1 箇 所 であること 5 台 所 が1 箇 所 であること 6 原 則 として 1 日 あたりの 実 際 の 水 道 使 用 量 ( 直 近 1 年 間 で 最 大 月 の 日 平 均 )が 1,000 リットル/ 戸 日 以 下 であること 参 考 既 設 住 宅 に 対 する 軽 減 措 置 の 適 用 について( 鹿 児 島 県 浄 化 槽 施 工 ガイドブック) 建 築 設 備 Ⅴ-4 建 築 設 備 関 連 の 建 築 基 準 関 係 規 定 に 係 る 確 認 申 請 書 におけ る 明 示 内 容 省 令 1 条 の 3 令 9 条 H 改 訂 (10.1 適 用 ) 建 築 基 準 関 係 規 定 である 他 法 令 に 係 る 建 築 設 備 については 次 を 参 考 に 確 認 申 請 書 に 必 要 な 事 項 を 明 示 すること 主 な 設 備 の 表 示 内 容 の 例 ( 次 頁 参 考 図 参 照 ) 〇 水 道 法 (16 条 )に 規 定 する 給 水 装 置 配 置 図 に 水 道 メーターの 位 置 給 水 管 の 材 質 口 径 を 明 示 する 〇 下 水 道 法 (10 条 1 項 )に 規 定 する 排 水 設 備 配 置 図 に 敷 地 内 最 終 汚 水 ますの 位 置 排 水 管 の 材 質 径 を 明 示 する 〇 ガス 事 業 法 (40 条 の 4)に 規 定 する 消 費 機 器 平 面 図 に ガス 調 理 機 器 ガス 瞬 間 湯 沸 器 ガス 貯 湯 湯 沸 器 などのガス 消 費 機 器 の 位 置 及 び 当 該 機 器 用 の 排 気 扇 の 位 置 を 明 示 する 〇 液 化 石 油 ガスの 保 安 の 確 保 及 び 取 引 の 適 正 化 に 関 する 法 律 (38 条 の 2)に 規 定 する 供 給 設 備 及 び 消 費 設 備 平 面 図 に LPG 充 てん 容 器 (ボンベ)の 位 置 及 びガス 調 理 機 器 ガス 瞬 間 湯 沸 器 ガス 貯 湯 湯 沸 器 などのガス 消 費 機 器 の 位 置 及 び 当 該 機 器 用 の 排 気 扇 の 位 置 を 明 示 する

20 〇 消 防 法 (9 条 の 2)に 規 定 する 住 宅 用 防 災 機 器 各 階 平 面 図 に 火 災 報 知 器 の 位 置 種 類 を 明 示 する( 凡 例 などにより 壁 からの 離 れ 吹 出 口 からの 離 れなど 具 体 的 な 寸 法 も 明 示 すること) 参 考 ガス 事 業 法 40 条 の 4 水 道 法 16 条 下 水 道 法 10 条 1 項 液 化 石 油 ガスの 保 安 の 確 保 及 び 取 引 の 適 正 化 に 関 する 法 律 38 条 の 2 消 防 法 9 条 の 2 霧 島 市 火 災 予 防 条 例 29 条 の

21 工 作 物 Ⅵ-1 他 法 令 で 築 造 された 擁 壁 の 扱 い 法 88 条 1 項 及 び 4 項 法 19 条 4 項 県 条 例 3 条 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 許 可 を 受 けて 築 造 された 擁 壁 は 確 認 を 受 けた 工 作 物 と 同 様 に 扱 う 道 路 法 河 川 法 等 に 基 づく 事 業 で 築 造 された 擁 壁 は 原 則 として がけとして 制 限 の 対 象 とする 土 地 区 画 整 理 事 業 により 築 造 された 擁 壁 は 確 認 申 請 が 必 要 過 去 に 築 造 された 擁 壁 については 安 全 上 支 障 がないと 判 断 できる 場 合 は がけとしての 制 限 を 受 けない 工 作 物 Ⅵ-2 敷 地 内 に 複 数 の 工 作 物 を 築 造 する 場 合 の 申 請 単 位 法 88 条 1 項 改 訂 履 歴 H 公 表 (7.1 適 用 ) 敷 地 内 に 複 数 の 工 作 物 を 築 造 する 場 合 の 確 認 申 請 は 工 作 物 の 用 途 構 造 上 の 独 立 性 構 造 種 別 の 同 一 性 などで 判 断 する 例 1: 異 なる 構 造 種 別 の 擁 壁 が 混 在 する 場 合 構 造 種 別 ごとに 申 請 例 2: 地 上 部 は 複 数 だが 基 礎 を 共 有 している 場 合 1 申 請 工 作 物 Ⅵ-3 確 認 申 請 における 地 盤 調 査 省 令 1 条 の 3 令 93 条 工 作 物 の 確 認 申 請 時 には 基 礎 地 盤 説 明 書 として 原 則 として 計 画 敷 地 内 で の 地 盤 調 査 報 告 書 を 添 付 すること なお 設 計 者 が 現 場 調 査 において 地 耐 力 を 50kN/m2 以 下 と 判 断 する 場 合 は 申 請 書 にその 旨 を 明 示 することで 報 告 書 の 添 付 は 省 略 できる

22 工 作 物 Ⅵ-4 擁 壁 の 高 さ 法 88 条 擁 壁 の 高 さは 擁 壁 前 面 の 地 盤 面 から 擁 壁 天 端 までの 垂 直 距 離 ( 下 図 のH H1)と する なお 擁 壁 の 天 端 を 地 盤 面 から 立 ち 上 げている 場 合 で 将 来 的 な 盛 土 の 計 画 もない 場 合 がけとしての 高 さは 擁 壁 前 面 の 地 盤 面 から 上 部 の 地 盤 面 までの 垂 直 距 離 ( 下 図 のH2) とする また 擁 壁 前 面 の 地 盤 面 に 水 路 がある 場 合 原 則 として がけの 高 さは 水 路 底 面 から とする GL GL H H1 H2 GL GL H>2mの 場 合 確 認 必 要 H1>2mの 場 合 確 認 必 要 がけ 規 制 はH2で 判 断 ( 将 来 的 な 盛 土 なし) 工 作 物 Ⅵ-5 水 路 等 に 隣 接 して 擁 壁 を 設 置 する 場 合 の 根 入 れ 法 88 条 改 訂 履 歴 H 公 表 (7.1 適 用 ) 河 川 水 路 等 に 隣 接 して 擁 壁 を 設 置 する 場 合 原 則 として 川 床 水 路 底 盤 から 必 要 な 根 入 れ 深 さを 確 保 すること 水 路 等 に 落 ち 蓋 がある 場 合 水 路 等 が 小 規 模 な 場 合 コンクリート 三 面 張 りの 場 合 等 の 必 要 な 根 入 れ 深 さは 水 路 等 の 状 態 により 個 別 に 判 断 する

23 その 他 Ⅶ-1 霧 島 市 における 区 域 指 定 等 の 有 無 及 び 各 種 規 定 値 鹿 児 島 県 霧 島 市 改 訂 履 歴 法 22 条 法 39 条 県 条 例 26 条 都 市 計 画 法 5 条 8 条 11 条 12 条 法 52 条 法 53 条 法 56 条 法 54 条 法 55 条 法 61 条 62 条 法 68 条 の 2 法 69 条 港 湾 法 40 条 土 砂 災 害 防 止 法 8 条 令 46 条 令 88 条 昭 和 55 年 告 示 1793 号 令 87 条 平 成 12 年 告 示 1454 号 令 86 条 県 規 則 19 条 の2 H 時 点 霧 島 市 内 における 区 域 地 域 の 指 定 各 規 定 値 は 次 のとおり 〇 22 条 区 域 指 定 なし 〇 災 害 危 険 区 域 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険 区 域 を 指 定 〇 都 市 計 画 区 域 名 国 分 溝 辺 横 川 牧 園 隼 人 区 域 指 定 ( 上 段 : 当 初 ) ( 下 段 : 最 終 ) S S S S S S S S S S 都 市 計 画 の 決 定 状 況 ( 土 地 利 用 ) ( 都 市 施 設 ) ( 市 街 地 開 発 ) 用 途 地 域 道 路 公 園 下 水 道 土 地 区 画 整 理 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 福 山 H 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ( 参 考 ) 道 路 判 断 の 基 準 時 は 建 築 基 準 法 施 行 (S ) 後 都 市 計 画 区 域 となった 時 点 となります 〇

24 〇 形 態 規 制 区 域 ( 用 途 地 域 の 指 定 のない 区 域 内 の 容 積 率 建 ぺい 率 高 さの 指 定 ) 区 域 国 分 都 市 計 画 区 域 の 一 部 ( 霧 島 市 ) 1 国 分 都 市 計 画 区 域 の 一 部 ( 霧 島 市 ) 2 都 市 計 画 区 域 のうち 用 途 地 域 の 指 定 の な い 区 域 ( 上 記 以 外 の 区 域 ) 法 52 条 1 項 6 号 の 規 定 に よ り 定 める 数 値 容 積 率 法 53 条 1 項 6 号 の 規 定 に よ り 定 める 数 値 建 ぺい 率 法 56 条 1 項 2 号 二 の 規 定 に よ り 定 め る 数 値 隣 地 高 さ 勾 配 係 数 法 別 表 第 3(に) 欄 の 5 の 項 の 規 定 に よ り 定 め る 数 値 道 路 高 さ 勾 配 係 数 300% 70% % 60% % 70% 国 分 都 市 計 画 区 域 のうち 国 分 市 大 字 府 中 字 土 器 川 原 及 び 字 鼻 面 の 各 一 部 並 びに 府 中 町 の 一 部 並 び に 大 字 向 花 字 下 土 器 川 原 字 江 後 及 び 字 天 神 坊 の 全 部 並 びに 中 央 三 丁 目 の 一 部 並 びに 大 字 野 口 字 東 川 原 の 一 部 並 びに 野 口 東 の 一 部 ( 字 名 は 指 定 告 示 H 時 の 名 称 ) 2 国 分 都 市 計 画 区 域 のうち 国 分 市 大 字 府 中 字 鶴 川 原 及 び 字 松 元 水 流 の 各 一 部 並 びに 府 中 町 の 一 部 並 びに 大 字 野 口 字 高 見 堂 の 全 部 及 び 字 東 荒 野 の 一 部 並 びに 大 字 松 木 字 宮 畑 字 宮 ノ 後 字 加 治 木 畑 及 び 字 向 川 原 の 全 部 並 びに 字 西 越 倉 の 一 部 並 びに 中 央 五 丁 目 の 一 部 並 びに 大 字 福 島 字 曽 小 川 字 中 川 原 字 樋 ノ 本 字 丸 池 及 び 字 塩 入 川 原 の 全 部 並 びに 字 古 川 字 新 田 字 本 川 字 宮 前 及 び 字 山 下 の 各 一 部 並 びに 大 字 上 小 川 字 市 ノ 丸 字 本 池 字 高 田 及 び 字 池 ノ 上 の 全 部 並 びに 字 上 川 原 の 一 部 並 びに 大 字 広 瀬 字 羽 子 田 字 高 岸 字 垂 口 字 北 塩 入 及 び 字 南 塩 入 の 全 部 並 びに 字 町 ノ 後 字 塩 入 及 び 字 川 原 の 各 一 部 並 びに 中 央 六 丁 目 の 一 部 並 びに 広 瀬 二 丁 目 の 一 部 ( 字 名 は 指 定 告 示 H 時 の 名 称 ) 外 壁 の 後 退 距 離 ( 一 種 低 層 二 種 低 層 ) 指 定 なし 絶 対 高 さ( 一 種 低 層 二 種 低 層 ) 10m 〇 防 火 準 防 火 地 域 指 定 なし 地 区 計 画 なし 建 築 協 定 なし 臨 港 地 区 の 分 区 ( 建 築 規 制 ) なし( 全 て 無 分 区 ) 〇 土 砂 災 害 特 別 警 戒 区 域 (レッドゾーン) 9 箇 所 ( 急 傾 斜 4 箇 所 土 石 流 5 箇 所 ) 〇 木 造 軸 組 計 算 における 強 風 地 域 指 定 なし 〇 地 域 係 数

25 〇 基 準 風 速 36m/s 〇 地 表 面 粗 度 区 分 ⅡまたはⅢ(ⅠとⅣの 指 定 なし) 〇 垂 直 積 雪 量 旧 国 分 市 旧 溝 辺 町 旧 隼 人 町 旧 福 山 町 :0.3m 旧 横 川 町 旧 牧 園 町 旧 霧 島 町 :0.4m

26 問 い 合 わせ 先 霧 島 市 建 設 部 建 築 指 導 課 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 三 丁 目 45 番 1 号 TEL: FAX:

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 S E K I S A N 602 614 615 619 工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 外 装 変 更 内 装 仕 上 げ 口

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は 9 面 積 高 さ 空 地 9-1 小 屋 裏 等 利 用 の 収 納 庫 法 第 92 条 令 第 2 条 次 の(1)から(5)まで 又 は(6)に 掲 げる 条 件 を 満 たす 場 合 は 階 とみなさず 床 面 積 にも 算 入 しない なお 当 該 小 屋 裏 物 置 等 の 面 積 が その 存 する 階 の 床 面 積 の1/8を 超 える 場 合 は 平 成 12 年 5 月 23

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱

目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 平 成 27 年 度 版 目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 い(1) 7 6. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 い(2) 8 7.

More information

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営 設 計 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 度 1. 件 名 中 部 中 学 校 ほか14 校 武 道 場 ほか 吊 天 井 崩 落 対 策 工 事 設 計 業 務 委 託 2. 設 計 対 象 施 設 (1) 場 所 四 日 市 市 西 浦 二 丁 目 ほか14 町 地 内 (2) 既 存 施 設 概 要 記 号 施 設 名 称 構 造 規 模 等 RC 造 4 階 建 ( 対 象 部 分 3

More information

神戸市確認審査基準

神戸市確認審査基準 ⅲ. 集 団 規 定 ⅲ-01 道 路 内 の 建 築 制 限 法 第 44 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 制 限 のかかる 道 路 の 範 囲 は 法 第 42 条 第 1 項 に 規 定 され た 法 令 によって 道 路 区 域 に 位 置 づけられる 道 路 敷 も 含 まれ 道 路 の 上 下 空 間 も 対 象 となる 関 連 法 令 等 法 第 42 条 第 44 条, 令

More information

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 Ⅰ 業 務 概 要 1. 業 務 の 名 称 : 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 計 業 務 委 託 2. 業 務 の 場 所 : 四 日 市 市 大 字 羽 津 甲 地 内 3. 施 の 名 称 : 仮 称 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 4. 施 の 用 途 : 平

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20926D82C182C493BE82B782E98CC592E88E918E5990C582CC8E64916782DD2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20926D82C182C493BE82B782E98CC592E88E918E5990C582CC8E64916782DD2E70707478> 知 って 得 する 固 定 資 産 税 の 仕 組 み エース 鑑 定 コンサルティング( 株 ) 代 表 取 締 役 不 動 産 鑑 定 士 鈴 木 彰 1 固 定 資 産 税 の 種 類 土 地 田 畑 宅 地 塩 田 鉱 泉 地 山 林 牧 場 原 野 その 他 の 土 地 をいう 家 屋 住 家 店 舗 工 場 倉 庫 その 他 の 建 物 をいう 償 却 資 産 会 社 や 個 人 で 工

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

第 1 章 総 則 第 1 条 ( 趣 旨 ) 1ページ 第 2 章 災 害 危 険 区 域 第 2 条 ( 災 害 危 険 区 域 ) 1ページ 第 3 条 ( 建 築 の 制 限 ) 1ページ 第 3 章 建 築 物 の 敷 地 及 び 構 造 第 4 条 ( 崖 に 近 接 する 建 築 物

第 1 章 総 則 第 1 条 ( 趣 旨 ) 1ページ 第 2 章 災 害 危 険 区 域 第 2 条 ( 災 害 危 険 区 域 ) 1ページ 第 3 条 ( 建 築 の 制 限 ) 1ページ 第 3 章 建 築 物 の 敷 地 及 び 構 造 第 4 条 ( 崖 に 近 接 する 建 築 物 熊 本 市 建 築 基 準 条 例 と 同 解 説 平 成 25 年 4 月 熊 本 市 建 築 指 導 課 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 趣 旨 ) 1ページ 第 2 章 災 害 危 険 区 域 第 2 条 ( 災 害 危 険 区 域 ) 1ページ 第 3 条 ( 建 築 の 制 限 ) 1ページ 第 3 章 建 築 物 の 敷 地 及 び 構 造 第 4 条 ( 崖 に 近 接 する 建

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

Taro-1 建築基準法施行条例

Taro-1 建築基準法施行条例 福 島 県 建 築 基 準 法 施 行 条 例 昭 26. 8. 7 福 島 県 条 例 第 60 号 改 正 昭 35. 7.22 条 例 28 同 37. 7.31 同 36 同 44.12.10 同 66 同 46.10.20 同 55 同 52.10.21 同 45 同 59. 3.30 同 23 同 62.12.22 同 6l 平 4. 3.24 同 55 同 5. 3.23 同 3l 同

More information

第8章 消防施設に関する事項

第8章 消防施設に関する事項 第 8 章 消 防 施 設 に 関 する 事 項 1 消 防 水 利 の 設 置 消 防 水 利 は 次 の 基 準 により 設 置 するものとする 1) 消 防 水 利 の 種 別 消 防 水 利 は 消 防 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 186 号 ) 第 20 条 第 1 項 の 規 定 により 消 防 庁 が 定 める 消 防 水 利 の 基 準 ( 昭 和 39 年 消 防 庁 告

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

tebiki2806a

tebiki2806a 兵 庫 県 The Building Standard Law 建 築 基 準 法 建 築 確 認 申 請 等 の 手 引 平 成 28 年 6 月 ( 改 定 ) 兵 庫 県 Hyogo Prefecture 県 土 整 備 部 住 宅 建 築 局 建 築 指 導 課 Public Works & Development Department Housing Construction Bureau

More information

取扱基準 本文

取扱基準 本文 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 東 京 都 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 1 制 定 15 都 市 建 市 第 282 号 平 成 16 年 3 月 4 日 改 正 16 都 市 建 企 第 233 号 平 成 16 年 9 月 10 日 改 正 21 都 市 建 企 第 893 号 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 25

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc 既 存 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 ガイドライン 制 定 平 成 25 年 4 月 1 日 愛 媛 建 築 住 宅 センター 耐 震 評 定 委 員 会 1 - 目 次 - Ⅰ 総 論 A ガイドラインの 目 的 など B 適 用 範 囲 C 診 断 方 法 および 判 定 基 準 D 準 拠 する 基 規 準 E 参 考 とする 技 術 マニュアル 手 引 書 Ⅱ 現 地 調

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 地 区 計 画 の 区 域 内 における 建 築 物 の 用 途 敷 地 及 び 構 造 に 関 する

( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 地 区 計 画 の 区 域 内 における 建 築 物 の 用 途 敷 地 及 び 構 造 に 関 する 平 塚 市 地 区 計 画 建 築 物 条 例 及 び 同 解 説 平 成 20 年 7 月 1 日 作 成 平 成 27 年 10 月 1 日 改 訂 平 塚 市 まちづくり 政 策 部 建 築 指 導 課 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき

More information

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 練 馬 区 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 練 都 建 第 282 号 平 成 14 年 3 月 11 日 第 1 運 用 方 針 練 馬 区 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 規 定 による 機 械

More information

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2 第 5 章 植 物 工 場 の 法 規 制 等 -73- 概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2. 農 地 関 連 (1) 農 業 振 興

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 28 年 5 月 那 智 勝 浦 町 目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 範

More information

工 名 工 場 所 工 期 間 工 種 別 工 概 要 契 約 の 方 法 11 農 匠 の 郷 やくのほっこり 館 ミストサウナ 室 改 修 工 平 野 4ヶ 月 建 築 工 温 泉 のミストサウナ 室 改 修 1.0 式 プレハブ 冷 蔵 庫 改 修 ( 室 外 機 室 内 機 ) 2.0 基

工 名 工 場 所 工 期 間 工 種 別 工 概 要 契 約 の 方 法 11 農 匠 の 郷 やくのほっこり 館 ミストサウナ 室 改 修 工 平 野 4ヶ 月 建 築 工 温 泉 のミストサウナ 室 改 修 1.0 式 プレハブ 冷 蔵 庫 改 修 ( 室 外 機 室 内 機 ) 2.0 基 平 成 28 年 度 福 知 山 市 工 発 注 見 通 し この 資 料 は 7 月 1 日 以 降 の 予 定 価 格 が250 万 円 を 超 える 工 発 注 見 通 しです この 資 料 は 公 表 時 点 において 発 注 する 見 通 しがある 工 を 掲 載 しています 工 に 必 要 な 土 地 等 の 取 得 ができていないものや 地 元 関 係 者 等 との 協 議 調 整 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378> 小 金 井 市 風 致 地 区 の 手 引 き 風 致 地 区 は 自 然 的 景 観 を 維 持 するため 都 市 における 風 致 の 特 に 優 れた 区 域 を 指 定 する 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 7 号 に 定 める 地 域 地 区 です 東 京 都 風 致 地 区 条 例 第 3 条 の 規 定 における 許 可 等 について 小 金 井 市 内 では 武 蔵

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378> さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 平 成 25 年 4 月 さいたま 市 さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 目 次 第 章 総 則 () 目 的 第 2 章 内 訳 書 の 作 成 () 一 般 事 項 (2) 内 訳 書 の 構 成 第 3 章 内 訳 書 の 内 容 () 種 目 別 内 訳 書 (2) 科 目 別 内 訳 書 (3)

More information

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx 様 式 (7)~1 建 売 住 宅 共 同 住 宅 宅 地 分 譲 公 営 住 宅 公 共 施 設 関 係 1. 転 用 目 的 とその 内 容 イ. 建 売 住 宅 ロ. 共 同 住 宅 ハ. 宅 地 分 譲 ニ. 公 営 住 宅 ホ. 公 共 施 設 ( ) 転 用 敷 地 総 面 積 ( 内 農 地 面 積 その 他 ) 土 地 利 用 計 画 住 宅 用 地 店 舗 集 会 所 等 施 設

More information

( 田 村 高 等 学 校 ) 年 月 日 歴 代 校 長 昭 和 23. 4. 1 長 尾 輝 景 三 春 高 等 女 学 校 を 併 せ 県 立 田 村 高 等 学 校 及 び 県 立 田 村 高 等 学 校 併 設 中 学 校 三 春 高 等 女 学 校 併 設 中 学 校 となる 校 章 制

( 田 村 高 等 学 校 ) 年 月 日 歴 代 校 長 昭 和 23. 4. 1 長 尾 輝 景 三 春 高 等 女 学 校 を 併 せ 県 立 田 村 高 等 学 校 及 び 県 立 田 村 高 等 学 校 併 設 中 学 校 三 春 高 等 女 学 校 併 設 中 学 校 となる 校 章 制 3 及 び 歴 代 校 長 ( 田 村 中 学 校 ) 年 月 日 歴 代 校 長 大 正 12. 2.28 福 島 県 立 田 村 中 学 校 の 設 立 が 認 可 される 12. 3. 5 西 牧 三 郎 校 長 事 務 取 扱 いに 任 ぜられる 12. 3.31 唐 土 斉 治 第 1 学 年 募 集 定 員 100 名 (2 学 級 ) 12. 4. 1 二 階 建 校 舎 落 成 12.

More information

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13 平 成 24 年 6 月 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 での 留 意 事 項 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 の 説 明 用 資 料 の 作 成 にあたり これまでの 審 査 委 員 会 での 指 摘 の 多 い 事 項 について 以 下 の 通 りとりまとめましたので 留 意 願 います 1. 対 象 1-1. 耐 震 診 断 耐 震 改 修 計 画 評

More information

Microsoft Word - 価格調査書.doc

Microsoft Word - 価格調査書.doc 不 動 産 価 格 調 査 書 発 行 番 号 第 999 号 発 行 日 付 平 成 99 年 99 月 99 日 サンプル 株 式 会 社 御 中 サンプル 架 空 の 賃 貸 マンションの 価 格 調 査 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 会 員 札 幌 市 中 央 区 南 二 条 西 六 丁 目 14 番 地 メグロオフィス 株 式 会 社 代 表

More information

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 計 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 建 築 住 宅 課 佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 築 計 工

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

2-3.xdw

2-3.xdw 第 2 章 第 3 節 路 計 画 第 3 節 路 計 画 [ 幅 員 に 関 する 担 当 : 開 発 審 査 課 ] [ 構 造 に 関 する 担 当 : 各 区 役 所 建 設 センター] 路 の 基 準 は 都 市 計 画 法 の 技 術 基 準 により 幅 員 などに 関 する 具 体 的 な 基 準 が 定 められてお ります 本 市 では それらの 基 準 に 従 うと 共 に 小 規

More information

ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W プログラム 評 価 とは 木 造 住 宅 耐 震 診 断 プログラム 評 価 とは 財 団 法 人 日 本 建 築 防 災 協 会 が 実 施 している 制 度 です 木 造 住 宅

ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W プログラム 評 価 とは 木 造 住 宅 耐 震 診 断 プログラム 評 価 とは 財 団 法 人 日 本 建 築 防 災 協 会 が 実 施 している 制 度 です 木 造 住 宅 ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W プログラム 評 価 とは 木 造 住 宅 耐 震 診 断 プログラム 評 価 とは 財 団 法 人 日 本 建 築 防 災 協 会 が 実 施 している 制 度 です 木

More information

委 託 業 務 総 括 表 委 託 業 務 名 : 小 松 島 市 本 庁 舎 (S 棟 ) 耐 震 補 強 その 他 工 事 のうち 耐 震 補 強 工 事 設 計 委 託 業 務 委 託 箇 所 構 造 及 び 延 床 面 積 : : 小 松 島 市 横 須 町 1 番 1 号 (S 棟 ) 鉄

委 託 業 務 総 括 表 委 託 業 務 名 : 小 松 島 市 本 庁 舎 (S 棟 ) 耐 震 補 強 その 他 工 事 のうち 耐 震 補 強 工 事 設 計 委 託 業 務 委 託 箇 所 構 造 及 び 延 床 面 積 : : 小 松 島 市 横 須 町 1 番 1 号 (S 棟 ) 鉄 平 成 27 年 度 小 松 島 市 本 庁 舎 (S 棟 ) 耐 震 補 強 その 他 工 事 のうち 耐 震 補 強 工 事 設 計 委 託 業 務 小 松 島 市 委 託 業 務 総 括 表 委 託 業 務 名 : 小 松 島 市 本 庁 舎 (S 棟 ) 耐 震 補 強 その 他 工 事 のうち 耐 震 補 強 工 事 設 計 委 託 業 務 委 託 箇 所 構 造 及 び 延 床 面 積

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を 別 記 8 (その4) 非 木 造 建 物 Ⅰ 移 転 料 積 算 基 準 ( 通 則 ) 第 1 本 基 準 は 非 木 造 建 物 Ⅰ ( 以 下 非 木 造 建 物 という )の 移 転 料 を 積 算 するための 方 法 を 示 すものである なお 非 木 造 建 物 Ⅱ の 移 転 料 積 算 についても これを 準 用 するものとする ( 移 転 料 ) 第 2 非 木 造 建 物 の

More information

平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 15 仙 台 市 青 年 文 化 センター 天 井 脱 落 対 策 工 事 設 計 業 務 建

平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 15 仙 台 市 青 年 文 化 センター 天 井 脱 落 対 策 工 事 設 計 業 務 建 平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 1 石 積 埋 立 処 分 場 第 2 期 整 備 搬 入 道 路 改 良 測 量 設 計 業 務 土 木 設 計 黒 川 郡 富 谷 町 石 積 字 堀 田 6ケ 月 石 積 埋 立 処 分 場

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

開発許可審査基準

開発許可審査基準 開 発 許 可 審 査 基 準 大 田 区 平 成 27 年 8 月 使 用 上 の 注 意 この 審 査 基 準 は 都 市 計 画 法 第 29 条 第 34 条 の2 第 35 条 の2 第 37 条 及 び 第 45 条 の 規 定 により 申 請 された 開 発 行 為 の 許 可 等 に 関 して 法 令 の 定 めに 従 って 判 断 するための 基 準 を 定 めたもの である 以

More information

埼 玉 県 建 築 基 準 法 施 行 条 例 ( 昭 和 35 年 8 月 5 日 埼 玉 県 条 例 第 37 号 ) 改 正 (い) 昭 和 39 年 9 月 29 日 埼 玉 県 条 例 第 90 号 (ろ) 昭 和 46 年 6 月 7 日 埼 玉 県 条 例 第 48 号 (は) 昭 和

埼 玉 県 建 築 基 準 法 施 行 条 例 ( 昭 和 35 年 8 月 5 日 埼 玉 県 条 例 第 37 号 ) 改 正 (い) 昭 和 39 年 9 月 29 日 埼 玉 県 条 例 第 90 号 (ろ) 昭 和 46 年 6 月 7 日 埼 玉 県 条 例 第 48 号 (は) 昭 和 埼 玉 県 建 築 基 準 法 施 行 条 例 と 解 説 埼 玉 県 建 築 基 準 法 施 行 条 例 ( 昭 和 35 年 8 月 5 日 埼 玉 県 条 例 第 37 号 ) 改 正 (い) 昭 和 39 年 9 月 29 日 埼 玉 県 条 例 第 90 号 (ろ) 昭 和 46 年 6 月 7 日 埼 玉 県 条 例 第 48 号 (は) 昭 和 53 年 7 月 7 日 埼 玉 県 条

More information

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 業 務 委 託 番 号 第 28 号 平 成 24 年 度 旧 免 田 中 学 校 施 改 修 工 事 計 業 務 委 託 仕 様 書 あさぎり 町 役 場 総 務 課 政 策 推 進 室 1 共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準

More information

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画 世 田 谷 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 (マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 号 ) 世 田 谷 区 平 成 28 年 4 月 目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2

More information

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 1 年 3 月 制 定 平 成 年 3 月 改 正 平 成 6 年 3 月 改 正 岡 山 県 土 木 部 都 市 局 建 築 指 導 課 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1

More information

耐震対策危険ブロック塀除却事業費補助金交付要綱(案)

耐震対策危険ブロック塀除却事業費補助金交付要綱(案) 平 成 27 年 度 山 形 市 住 宅 リフォーム 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 及 び 交 付 ) 第 1 条 市 長 は この 市 の 市 民 の 居 住 環 境 の 質 の 向 上 及 びこの 市 の 住 宅 関 連 産 業 を 中 心 とした 経 済 の 活 性 化 を 図 るため リフォーム 等 工 事 を 行 う 市 民 に 対 し 山 形 市 補

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43> 一 般 配 布 用 鎌 ケ 谷 市 道 路 位 置 指 定 関 係 法 令 集 平 成 15 年 4 月 1 日 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 訂 ) 鎌 ケ 谷 市 都 市 建 設 部 建 築 住 宅 課 Tel.047(445)1141( 内 )496 Fax.047(445)1400 目 次 1. 手 続 きの 流 れ 1 2. 添 付 書 類 2 3. 建 築 基 準 法

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

Taro 公表用表紙・トビラ

Taro 公表用表紙・トビラ 平 成 2 4 年 度 公 共 工 事 設 計 資 材 単 価 表 ( H 2 4. 4 月 定 期 改 訂 ) 島 根 県 農 林 水 産 部 土 木 部 公 共 工 事 設 計 資 材 単 価 表 に つ い て 1. こ の 設 計 資 材 単 価 表 は 島 根 県 農 林 水 産 部 及 び 土 木 部 が 発 注 す る 土 木 工 事 に 係 る 設 計 資 材 単 価 の う ち 県

More information

整 理 番 号 設 計 担 当 課 建 築 局 公 共 建 築 部 施 設 整 備 課 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 設 計 図 書 ( 金 額 入 り 金 抜 き ) 1 設 計 書 3 ページ 2 特 記 共 通 仕 様 書 一 式 3

整 理 番 号 設 計 担 当 課 建 築 局 公 共 建 築 部 施 設 整 備 課 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 設 計 図 書 ( 金 額 入 り 金 抜 き ) 1 設 計 書 3 ページ 2 特 記 共 通 仕 様 書 一 式 3 委 託 業 務 内 容 1 委 託 名 称 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 2 業 務 内 容 学 校 の 校 舎 は 経 年 劣 化 による 老 朽 化 等 により 不 具 合 が 生 じているため 安 全 性 の 確 保 及 び 適 正 な 維 持 保 全 施 設 の 長 寿 命 化 を 目 的 とした 外 壁 改 修 工 事 に 伴 う

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

18 18 18 18 18 18 18 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

建築基準法第43条第1項ただし書き許可 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 許 可 申 請 マニュアル 平 成 17 年 4 月 作 成 ( 平 成 23 年 8 月 改 正 ) 特 定 行 政 庁 桑 名 市 目 次 許 可 制 度 と 手 続 き P. 1 許 可 手 続 きフロー P. 3 道 路 判 断 の 流 れ P. 4 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い P. 5 建 築 審 査 会 包 括

More information

目  次

目  次 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 1 月 台 東 区 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 目 次 1 開 発 許 可 制 度 の 概 要 について 1 開 発 許 可 制 度 とは? 3 2 開 発 行 為 とは? 3 3 開 発 許 可 申 請 に 係 わる 手 続

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

荒 木 中 学 校 管 理 棟 便 所 内 部 改 修 機 械 設 備 工 事 荒 木 町 荒 木 90 管 工 事 便 所 のバリアフリー 化 ドライ 化 洋 式 化 に 伴 う 機 械 設 備 工 事 1/4 競 争 入 札 青 陵 中 学 校 校 舎 棟 便 所 内 部 改 修 機 械 設 備

荒 木 中 学 校 管 理 棟 便 所 内 部 改 修 機 械 設 備 工 事 荒 木 町 荒 木 90 管 工 事 便 所 のバリアフリー 化 ドライ 化 洋 式 化 に 伴 う 機 械 設 備 工 事 1/4 競 争 入 札 青 陵 中 学 校 校 舎 棟 便 所 内 部 改 修 機 械 設 備 高 良 山 神 籠 石 保 存 整 備 工 事 御 井 町 210 とび 土 工 工 事 法 枠 工 53 平 方 メートル カゴ 枠 工 150 平 方 メートル 1/4 競 争 入 札 草 場 団 地 解 体 工 事 三 潴 町 草 場 120 とび 土 工 工 事 老 朽 補 強 CB 造 平 屋 建 市 営 住 宅 33 戸 の 解 体 1/4 競 争 入 札 平 成 28 年 度 老 朽

More information

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成 合 同 宿 舎 の 維 持 整 備 について 昭 和 44 年 2 月 24 日 蔵 理 第 643 号 改 正 昭 和 46 年 10 月 20 日 蔵 理 第 4554 号 同 52 年 6 月 10 日 同 第 2513 号 同 56 年 6 月 24 日 同 第 2538 号 平 成 元 年 4 月 1 日 同 第 1668 号 同 4 年 6 月 19 日 同 第 2379 号 同 26

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

Microsoft Word - 07.doc

Microsoft Word - 07.doc 説 明 及 び 交 付 日 年 月 日 契 約 締 結 予 定 日 年 月 日 取 引 予 定 日 年 月 日 重 要 事 項 説 明 書 ( 区 分 所 有 建 物 ) 売 主 様 買 主 様 マンション 名 公 益 社 団 法 人 京 都 府 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 重 要 事 項 説 明 連 帯 責 任 証 明 書 ( 注 : 説 明 義 務 者 が 複 数 存 在 する 場 合

More information

財建技第  号

財建技第  号 構 造 設 計 指 針 平 成 28 年 4 月 東 京 都 財 務 局 目 次 第 1 章 総 則 P. 1 1.1 目 的 P. 1 1.2 適 用 範 囲 P. 1 第 2 章 構 造 計 画 P. 1 2.1 一 般 事 項 P. 1 2.2 構 造 形 式 及 び 種 別 P. 1 2.3 上 部 構 造 P. 1 2.4 基 礎 構 造 P. 2 第 3 章 構 造 材 料 P. 2

More information

ÿþ

ÿþ ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W 日 付 :3 年 4 月 7 日 8:3:3 耐 震 診 断 ( 一 般 診 断 法 ) 建 物 名 様 邸. 総 合 評 価. 上 部 構 造 評 点 3. 壁 の 耐 力 明 細 表 4. 柱 保 有 耐 力 明 細 表 ( 伝 統 的 構 法 のみ) 5. 耐 力 要 素 の 配

More information

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24 平 成 24 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 の 概 要 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) Ⅰ. 暮 らしの 安 全 安 心 確 保 関 連 税 制 1. 住 まいの 質 の 向 上 無 理 のない 負 担 での 住 宅 の 確 保 等 1 新 築 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 ( 戸 建 て3 年 間 マンション5 年 間 1/2)を2 年 間 延 長 2

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209379926E955D89BF8E9696B18EE688B5977697CC81698267826F9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209379926E955D89BF8E9696B18EE688B5977697CC81698267826F9770816A2E646F63> 鉾 田 市 土 地 評 価 事 務 取 扱 要 領 平 成 21 年 12 月 鉾 田 市 土 地 評 価 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 第 1 節 総 則 1 土 地 の 評 価 固 定 資 産 の 課 税 客 体 と な る 土 地 の 評 価 事 務 に つ い て は 地 方 税 法 第 388 条 ( 固 定 資 産 税 に 係 る 総 務 大 臣 の 任 務 ) に よ り

More information

上尾市開発事業指導要綱の見直しについて

上尾市開発事業指導要綱の見直しについて 開 発 許 可 申 請 の 手 引 き 平 成 22 年 6 月 版 上 尾 市 都 市 整 備 部 開 発 指 導 課 はじめに 平 成 12 年 5 月 に 都 市 計 画 法 と 建 築 基 準 法 の 一 部 が 改 正 されたことにより 開 発 許 可 制 度 につ いても 大 きな 改 正 が 行 われました 当 市 においては 平 成 15 年 6 月 1 日 付 けで 都 市 計 画

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80> 市 川 市 風 致 地 区 条 例 に 基 づく 許 可 の 審 査 基 準 第 1 章 総 則 第 1 通 則 1 本 基 準 は 市 川 市 風 致 地 区 条 例 ( 以 下 条 例 という )に 基 づく 建 築 物 等 の 行 為 許 可 の 統 一 的 運 用 を 定 め 事 務 の 円 滑 な 処 理 を 図 ることを 目 的 とする 2 条 例 第 4 条 ただし 書 の 適 用 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63> 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 平 成 27 年 4 月 静 岡 県 経 営 管 理 部 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 1 総 則 この 基 準 は 県 が 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業 務 ( 以 下 設 計 等 の 業 務 という )を 委 託 に 付

More information

別 表 3 補 助 対 象 上 限 単 価 及 び 補 助 率 区 分 補 助 の 内 容 補 助 対 象 上 限 単 価 補 助 対 象 面 積 等 1 補 助 率 除 却 費 老 朽 建 築 物 の 除 却 及 び 除 却 後 の 整 地 に 要 固 定 資 産 税 評 価 証 明 書 する 費

別 表 3 補 助 対 象 上 限 単 価 及 び 補 助 率 区 分 補 助 の 内 容 補 助 対 象 上 限 単 価 補 助 対 象 面 積 等 1 補 助 率 除 却 費 老 朽 建 築 物 の 除 却 及 び 除 却 後 の 整 地 に 要 固 定 資 産 税 評 価 証 明 書 する 費 別 表 1 耐 用 年 数 鉄 筋 コンクリート 造 鉄 骨 鉄 筋 コンクリート 造 レンガ 造 ブロック 造 鉄 骨 造 木 造 32 年 26 年 23 年 15 年 別 表 2 優 先 地 区 区 名 町 丁 名 福 島 区 海 老 江 2 丁 目 ~8 丁 目 大 開 1 丁 目 ~2 丁 目 城 東 区 今 福 西 1 丁 目 ~2 丁 目 今 福 南 1 丁 目 ~2 丁 目 蒲 生

More information

浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 蕨 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 部 という )が 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 とい う )に 対 し 委 託 する 中 央 浄 水 場 塚 越 浄 水 場 及 び 水 源 井 等 の 運 転 管

浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 蕨 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 部 という )が 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 とい う )に 対 し 委 託 する 中 央 浄 水 場 塚 越 浄 水 場 及 び 水 源 井 等 の 運 転 管 浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 蕨 市 水 道 部 浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 蕨 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 部 という )が 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 とい う )に 対 し 委 託 する 中 央 浄 水 場 塚 越 浄 水 場 及 び 水 源 井 等 の 運 転 管 理 業 務 ( 以 下

More information

各課集約①【7月以降分】

各課集約①【7月以降分】 1 生 見 林 口 線 道 路 改 良 工 事 宮 若 市 宮 田 字 林 口 90 日 間 工 事 長 L=60.0メートル 幅 員 W=2.5メートル 2 市 内 一 円 交 通 安 全 施 設 設 置 工 事 (1 工 区 ) 宮 若 市 内 一 円 100 日 間 交 通 安 全 施 設 一 式 安 全 施 設 7 月 指 名 競 争 入 札 3 釜 底 堤 防 線 道 路 改 良 工 事

More information

<5461726F2D48323793C18B4C8E64976C8F91816995B68BB392AC8251816A>

<5461726F2D48323793C18B4C8E64976C8F91816995B68BB392AC8251816A> 設 計 業 務 委 託 設 計 業 務 名 長 崎 大 学 ( 文 教 町 2) 中 部 講 堂 等 改 修 設 計 業 務 ( 建 築 設 備 ) ( 平 成 27 年 4 月 ) - 2 - 設 計 業 務 委 託 Ⅰ 業 務 概 要 1. 業 務 名 称 長 崎 大 学 ( 文 教 町 2) 中 部 講 堂 等 改 修 設 計 業 務 ( 建 築 設 備 ) 2. 計 画 施 設 概 要 (1)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63> 横 浜 市 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 25 年 5 月 横 浜 市 建 築 局 本 しおりで 引 用 した 主 な 法 令 名 は 次 のような 略 称 名 を 用 いました 法 : 建 築 基 準 法 令 : 建 築 基 準 法 施 行 令 条 例 : 横 浜 市 建 築 基 準 条 例 細 則 : 横 浜 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 目 次 第 1 章 位 置 指 定

More information

守口市総合設計制度許可実施基準

守口市総合設計制度許可実施基準 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 平 成 26 年 12 月 改 正 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 目 次 第 1 条 趣 旨 1 第 2 条 計 画 の 基 本 要 件 1 第 3 条 敷 地 の 条 件 等 1 第 4 条 配 置 計 画 2 第 5 条 その 他 所 要 施 設 3 第 6 条 住 宅 等

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

1 多 世 帯 同 居 住 宅 の 用 途 について 多 世 帯 同 居 住 宅 には 建 築 基 準 法 上 では A 一 戸 建 ての 住 宅 として 取 り 扱 うもの B 長 屋 として 取 り 扱 うもの C 共 同 住 宅 として 取 り 扱 うもの があります 建 築 基 準 法 上

1 多 世 帯 同 居 住 宅 の 用 途 について 多 世 帯 同 居 住 宅 には 建 築 基 準 法 上 では A 一 戸 建 ての 住 宅 として 取 り 扱 うもの B 長 屋 として 取 り 扱 うもの C 共 同 住 宅 として 取 り 扱 うもの があります 建 築 基 準 法 上 1. 建 築 物 の 制 限 (1) 建 築 物 の 用 途 皆 さんがお 住 まいの 地 域 には 用 途 地 域 というものが 定 められており それぞれの 用 途 地 域 では 建 築 基 準 法 第 48 条 により 建 てられる 建 築 物 の 用 途 が 制 限 されています (3. 参 考 資 料 参 照 法 -23ページ) 例 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 では 以 下

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

売 却 区 分 番 号 : 箱 9 執 行 機 関 / 箱 根 町 長 ( 土 地 の 表 示 ) 物 件 1 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 城 野 字 臼 井 下 地 番 819 番 1 地 目 山 林 地 積 363 平 方 メートル 物 件 2 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮

売 却 区 分 番 号 : 箱 9 執 行 機 関 / 箱 根 町 長 ( 土 地 の 表 示 ) 物 件 1 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 城 野 字 臼 井 下 地 番 819 番 1 地 目 山 林 地 積 363 平 方 メートル 物 件 2 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 執 行 機 関 / 小 田 原 市 長 売 却 区 分 番 号 : 小 3 不 動 産 の 表 示 ( 登 記 簿 の 表 示 による) ( 物 件 1) 所 在 小 田 原 市 千 代 字 吉 添 地 番 105 番 1 地 目 宅 地 地 積 456.19m2 ( 物 件 2) 所 在 小 田 原 市 千 代 字 吉 添 105 番 地 1 家 屋 番 号 105 番 1 種 類 居 宅 構 造

More information

Microsoft Word 秋田報告書3章

Microsoft Word 秋田報告書3章 第 3 章 学 校 施 設 の 老 朽 化 状 況 の 把 握 1. 構 造 躯 体 の 健 全 性 の 把 握 29 第 3 章 学 校 施 設 の 老 朽 化 状 況 の 把 握 1. 構 造 躯 体 の 健 全 性 の 把 握 老 朽 化 状 況 の 把 握 フロー 老 朽 化 状 況 は 1 躯 体 の 健 全 性 調 査 と2 躯 体 以 外 の 劣 化 状 況 調 査 の2つに 分 けて

More information

Taro11-第5章.jtd

Taro11-第5章.jtd 第 5 章 法 第 43 条 令 第 34 条 令 第 35 条 令 第 36 条 規 則 第 34 条 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 以 外 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 法 第 四 十 三 条 何 人 も 市 街 化 調 整 区 域 のうち 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 以 外 の 区 域 内 においては 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受

More information

目 次 第 1 章 開 発 許 可 基 準 1 開 発 許 可 基 準 の 法 規 定 技 1 2 技 術 基 準 の 主 旨 技 4 3 開 発 目 的 の 適 用 条 項 技 5 (1) 開 発 の 目 的 技 5 (2) 開 発 目 的 別 適 用 条 項 技 6 4 用 途 地 域 等 との

目 次 第 1 章 開 発 許 可 基 準 1 開 発 許 可 基 準 の 法 規 定 技 1 2 技 術 基 準 の 主 旨 技 4 3 開 発 目 的 の 適 用 条 項 技 5 (1) 開 発 の 目 的 技 5 (2) 開 発 目 的 別 適 用 条 項 技 6 4 用 途 地 域 等 との 技 術 基 準 編 目 次 第 1 章 開 発 許 可 基 準 1 開 発 許 可 基 準 の 法 規 定 技 1 2 技 術 基 準 の 主 旨 技 4 3 開 発 目 的 の 適 用 条 項 技 5 (1) 開 発 の 目 的 技 5 (2) 開 発 目 的 別 適 用 条 項 技 6 4 用 途 地 域 等 との 適 合 技 7 (1) 用 途 地 域 技 7 (2) 流 通 業 務 地 区

More information

はじめに

はじめに 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 といいます ) 現 在 で 土 地 家 屋 償 却 資 産 (これらを 総 称 して 固 定 資 産 といいます)を 所 有 している 人 が その 固 定 資 産 の 価 格 をもとに 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 町 村 に 納 める 税 金 です 1 課 税 の 対

More information

開発行為に関するご案内

開発行為に関するご案内 1 平 成 26 年 4 月 1 日 改 定 1 窓 口 相 談 の 手 引 き 窓 口 相 談 の 流 れ 開 発 行 為 事 前 相 談 カード 2 開 発 許 可 の 手 引 き 1 開 発 行 為 2 開 発 区 域 3 開 発 許 可 の 基 準 等 4 開 発 許 可 の 設 計 ( 技 術 的 基 準 ) 4-(1) 路 の 技 術 的 基 準 ( 抜 粋 ) 4-(2) 公 園 等

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

Microsoft Word - 9.17 消防・防災(アクアティクス)_160212.doc

Microsoft Word - 9.17 消防・防災(アクアティクス)_160212.doc 9.17 消 防 防 災 9.17.1 現 況 調 査 (1) 調 査 事 項 及 びその 選 択 理 由 調 査 事 項 及 びその 選 択 理 由 は 表 9.17-1 に 示 すとおりとした 表 9.17-1 調 査 事 項 及 びその 選 択 理 由 調 査 事 項 選 択 理 由 1 防 火 設 備 等 の 状 況 2 耐 震 設 備 等 の 状 況 3 津 波 対 策 施 設 等 の 状

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

3 対 象 となる 1 住 宅 の 増 築 改 築 模 様 替 え 補 修 設 備 改 善 ( 別 紙 の 例 を 参 考 ) 設 備 を 施 される 方 で 下 水 道 及 び 集 落 排 水 へのトイレ 管 路 のつなぎ 込 又 は 既 につな ぎ 込 みのされている 住 宅 で トイレ 管 路

3 対 象 となる 1 住 宅 の 増 築 改 築 模 様 替 え 補 修 設 備 改 善 ( 別 紙 の 例 を 参 考 ) 設 備 を 施 される 方 で 下 水 道 及 び 集 落 排 水 へのトイレ 管 路 のつなぎ 込 又 は 既 につな ぎ 込 みのされている 住 宅 で トイレ 管 路 飯 山 市 緊 急 経 済 対 策 平 成 25 年 度 飯 山 市 住 宅 リフォーム 支 援 業 住 宅 リフォーム 費 を 補 助 します Ⅰ 業 概 要 地 元 経 済 の 活 性 化 を 図 るとともに 市 民 の 住 環 境 の 向 上 のため 市 民 の 皆 さんが 行 う 地 元 業 者 による 個 人 住 宅 のリフォーム に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 します Ⅱ

More information

Taro-26都市計画パンフレット4

Taro-26都市計画パンフレット4 伊 勢 原 都 市 計 画 の 概 要 平 成 26 年 4 月 伊 勢 原 市 目 次 1 人 口 推 移 と 土 地 利 用 (1) 人 口 推 移 2 (2) 人 口 推 移 図 2 (3) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 3 (4) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 の 推 移 3 2 都 市 計 画 の 体 系 4 3 都 市 計 画 決 定 の 手 続 (1) 都 市 計 画 決

More information

<5461726F2D824F8255817C8BDF8D5D94AA94A68E7381402E6A7464>

<5461726F2D824F8255817C8BDF8D5D94AA94A68E7381402E6A7464> この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところによる (1) 開 発 行 為 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 12 項 に 規 定 する 開 発 行 為 をいう (2) 建 築 行 為 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 2

More information

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見 福 島 県 飯 舘 ( 基 本 方 針 ) インフラ( 道 路 水 道 集 落 排 水 等 )については の 復 興 に 必 要 な 社 会 基 盤 であ り 早 急 に 復 旧 をしなければならない では 避 難 をするまでの 間 に 道 路 水 道 集 落 排 水 等 は 応 急 的 に 復 旧 をし 一 時 帰 宅 等 で 必 要 な 最 低 限 の 生 活 基 盤 は 整 っている 状 況

More information