(Microsoft Word -

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(Microsoft Word -"

Transcription

1 第 2 節 脳 卒 中

2 1. 現 状 と 課 題 (1) 脳 卒 中 の 発 症 状 況 脳 卒 中 ( 脳 血 管 疾 患 )とは 脳 の 血 管 に 血 栓 が 詰 まって 起 こる 脳 梗 塞 脳 の 細 い 血 管 が 破 れて 起 こる 脳 出 血 脳 の 血 管 にできたこぶ( 動 脈 瘤 )が 破 れること 等 によって 起 こる くも 膜 下 出 血 等 の 症 状 をあわせた 総 称 です 奈 良 県 における 脳 血 管 疾 患 を 原 因 とする 死 亡 者 数 は 年 間 1,145 人 であり 死 因 別 の 割 合 としては がん 心 疾 患 肺 炎 に 次 いで 多 く 死 亡 原 因 の 約 8.8%( 年 間 死 亡 者 総 数 13,036 人 のうち 1,145 人 )を 占 めています 脳 血 管 疾 患 を 原 因 とする 死 亡 者 数 の 状 況 について 地 域 ごとの 年 齢 構 成 の 違 いを 調 整 した 死 亡 率 ( 年 齢 調 整 死 亡 率 )で 見 ると 奈 良 県 は 全 国 平 均 と 比 べてかなり 低 く 男 性 女 性 ともに 香 川 県 に 次 いで 全 国 で 2 番 目 に 低 い 死 亡 率 となっています 脳 血 管 疾 患 脳 血 管 疾 患 の 年 齢 調 整 死 亡 率 ( 人 口 10 万 人 あたり) 内 訳 くも 膜 下 その 他 脳 脳 梗 塞 脳 内 出 血 出 血 血 管 疾 患 男 性 女 性 奈 良 県 全 国 奈 良 県 全 国 (59.8%) (28.2%) (9.2%) (2.8%) (51.3%) (34.5%) (11.5%) (2.7%) (53.1%) (26.1%) (16.9%) (3.9%) (47.6%) (28.3%) (21.2%) (2.9%) 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 人 口 動 態 統 計 特 殊 報 告 ( 疾 患 内 訳 の 下 段 の( ) 内 は 脳 血 管 疾 患 全 体 に 占 める 割 合 ) 医 療 技 術 の 進 歩 等 により 脳 血 管 疾 患 の 年 齢 調 整 死 亡 率 は 全 国 的 に 減 少 傾 向 にあり また 奈 良 県 は 男 女 とも 全 国 平 均 よりも 低 い 率 で 推 移 していま す

3 脳 血 管 疾 患 の 年 齢 調 整 死 亡 率 の 推 移 ( 人 口 10 万 人 あたり) 男 性 女 性 S60 年 H2 年 H7 年 H12 年 H17 年 H22 年 奈 良 県 全 国 奈 良 県 脳 血 管 疾 患 65.2 の 年 齢 調 62.5 整 死 亡 率 の 42.2 推 移 全 国 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 人 口 動 態 統 計 特 殊 報 告 全 奈 良 国 県 ( 男 女 ) 25 0 S60 H2 H7 H12 H17 H22 奈 良 県 において 脳 血 管 疾 患 の 人 口 10 万 人 あたりの 受 療 率 は 192 で 全 国 平 均 250 を 下 回 っています 脳 血 管 疾 患 の 受 療 率 ( 人 口 10 万 人 あたり) 入 院 外 来 計 奈 良 県 全 国 ( 厚 生 労 働 省 平 成 20 年 患 者 調 査 )

4 2 5 奈 良 県 で 1 日 に 発 生 する 脳 卒 中 の 推 計 患 者 数 をもとに 患 者 の 状 態 に 応 じ て 行 う 治 療 の 内 容 とその 予 測 患 者 数 は 次 のとおりです 6 患 対 者 の 象 状 者 態 に 応 じた 予 測 患 予 者 測 数 1 初 療 脳 卒 中 が 強 く 疑 われる 患 者 平 ( 均 最 大 1119 人 患 / 人 者 日 / 数 日 ) 救 等 により 急 搬 出 送 算 典 2 処 置 データ 緊 急 手 術 1のうち 必 要 な 患 者 緊 急 手 術 や 緊 急 処 置 が (1の20~50%) 10 出 3 保 存 治 療 2 者 以 外 の 患 者 で 入 院 が 必 要 な 患 2 (1の20~80%) 人 ~ 最 大 15 人 程 度 4 早 再 期 発 リハ 予 防 早 4 を 日 期 行 以 う リハビリテーション( 内 患 が 者 望 ましい) 再 入 発 院 予 後 防 2 の 及 患 び3で 者 全 員 入 院 中 5 回 復 期 リハ 4のうち ョンを が 発 生 行 する う 回 患 時 復 者 期 期 を リハビリテーシ 急 終 性 わった 期 合 患 併 者 症 ) 120 (4の30% 人 / 月 予 合 データバンク 測 患 者 数 の 割 6 療 養 4のうち 必 生 要 する な 患 時 者 期 ( 療 を 急 養 終 ( 性 わった 医 期 療 合 患 併 介 者 症 護 ) が )が 2009 による は 脳 卒 中 発 80 (4の20% 人 / 月 程 度 ) 予 防 1 緊 初 療 急 処 置 3 緊 急 手 術 保 存 治 療 4 回 早 期 リ ハ 再 発 予 防 復 期 リハ 療 養 脳 血 管 疾 患 は 死 亡 を 免 れても 後 遺 症 として 片 麻 痺 嚥 下 障 害 言 語 障 害 認 知 障 害 などの 後 遺 症 が 残 る 場 合 が 多 く 寝 たきりに 移 行 することも 少 な くないことから 患 者 及 びその 家 族 の 日 常 生 活 に 大 きな 影 響 を 及 ぼす 場 合 が あるといえます

5 介 護 が 必 になった 人 のうち 24.1%は 脳 血 管 疾 患 が 原 因 であり 原 因 疾 患 の 第 1 位 となっています 特 に 介 護 を 要 する 度 合 いの 高 い 要 介 護 4 及 び 介 護 が 必 要 介 となった 要 介 護 度 護 5 の 人 のうち 約 3 人 に 1 人 は 脳 血 管 疾 患 が 原 因 となっています 主 な 原 因 (%) ( 別 脳 の 患 卒 血 介 ) 中 管 護 疾 が 必 要 となった 認 知 症 主 な 原 高 因 齢 の による 構 成 割 弱 衰 合 その 疾 患 他 等 () 骨 関 折 節 要 介 護 者 うち ( 全 要 体 介 ) 護 ( 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 国 民 生 活 基 礎 調 査 ) 脳 血 管 疾 患 患 者 の 在 宅 死 亡 者 割 合 は 全 国 値 の 18.7% に 比 べ 14.8% と 低 くなっています 脳 血 管 疾 患 患 者 の 在 宅 死 亡 者 割 合 県 全 体 全 国 14.8% 18.7% ( 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 人 口 動 態 調 査 ) (2) 医 療 提 供 体 制 県 内 において 従 事 する 主 たる 診 療 科 を 神 経 内 科 と 届 出 をした 医 師 は 52 名 です 人 口 10 万 人 あたり 3.7 と 全 国 値 3.2 に 比 べやや 多 い 状 況 です ( 厚 生 労 働 省 神 経 平 内 成 科 22 と 年 届 医 出 師 をした 歯 科 医 師 の 数 薬 剤 師 調 査 ) 人 数 人 口 10 万 人 あたり 奈 良 県 52 人 3.7 人 全 国 4,094 人 3.2 人 県 内 において 従 事 する 主 たる 診 療 科 を 脳 神 経 外 科 と 届 出 をした 医 師 は 74 名 です 人 口 10 万 人 あたり 5.2 と 全 国 値 5.3 に 比 べほぼ 同 じ 状 況 です

6 ( 厚 生 労 脳 働 神 省 経 平 外 成 科 22 と 年 届 医 出 師 をした 歯 科 医 師 の 薬 数 剤 師 調 査 ) 人 数 人 口 10 万 人 あたり 奈 良 県 74 人 5.2 人 全 国 6,695 人 5.3 人 脳 梗 塞 に 対 するt-PAによる 脳 血 栓 溶 解 療 法 の 実 施 可 能 な 病 院 脳 梗 塞 に 対 するt PA1による は 8 施 設 です 人 口 100 万 人 あたり 5.7 と 全 国 値 5.8 に 比 べほぼ 同 じ 状 況 です 県 全 体 全 国 施 設 数 人 口 100 万 人 あたり ( 厚 生 労 働 省 ナショナルデータベース ( 平 成 24 年 1 月 )) 脳 梗 脳 塞 梗 塞 に 対 するt PAによる するt-PAによる 脳 血 脳 栓 血 溶 解 栓 療 溶 法 解 適 用 療 患 法 者 適 への 用 同 患 療 者 法 への 実 施 件 同 数 療 法 実 施 件 数 は 平 成 22 年 度 下 半 期 に 84 件 でした 人 口 10 万 人 あたり 6.0 と 全 国 値 3.6 より 多 くなっており 適 切 に 脳 梗 塞 に 対 する 治 療 が 行 われていることを 示 しています ( 厚 生 労 働 省 ナショナルデータベース ( 平 成 22 年 10 月 ~ 平 成 23 年 3 月 )) 県 全 体 全 国 件 数 84 4,585 人 口 10 万 人 あたり t PAとは アルテプラーゼ( くも 膜 下 出 血 に 対 する 脳 動 脈 瘤 クリッピング 術 の 実 施 件 数 は 平 成 22 年 度 下 半 期 に 84 件 でした 人 口 10 万 人 あたり 6.0 と 全 国 値 5.0 より 多 くなっており 適 切 にくも 膜 下 出 血 に 対 する 治 療 が 遺 行 伝 子 われていることを 組 み 換 え) 注 射 剤 の 略 示 称 で しています 固 め いられています まり( 迅 速 血 に 栓 投 )を 与 できれば 溶 かす 薬 後 剤 遺 です 症 なく 血 回 管 復 が する 詰 まった 可 能 性 原 が 因 高 の くなります 血 栓 を 溶 かしてすぐに 注 脳 射 梗 や 塞 点 滴 心 で 血 臓 血 液 発 管 の 作 内 流 に れを 肺 注 血 入 再 栓 し 開 の できるた 治 血 療 液 に の用

7 ( くも 厚 生 労 膜 働 下 省 出 ナショナルデータベース ( 血 に 対 する 脳 動 脈 瘤 クリッピング 平 成 22 年 10 月 術 ~ の 平 成 実 23 施 年 件 3 月 数 )) 県 全 体 全 国 件 数 84 6,300 人 口 10 万 人 あたり 早 期 リハビリテーション 実 施 件 数 は 人 口 10 万 人 あたり と 全 国 値 に 比 べやや 少 ない 状 況 です 長 期 にわたり 寝 たきりになってしまうと 筋 力 低 下 や 関 節 の 運 動 制 限 など が 進 行 してしまいます リハビリテーションが 遅 れると 退 院 や 社 会 復 帰 が 延 長 してしまう 可 能 性 が 高 くなります ( 厚 生 労 働 省 ナショナルデータベース ( 早 期 リハビリテーション 平 成 実 22 施 年 件 10 月 数 ~ 平 成 23 年 3 月 )) 県 全 体 全 国 値 件 数 6, ,247 人 口 10 万 人 あたり 急 性 期 を 脱 した 患 者 であっても 重 い 後 遺 症 等 の 理 由 により 回 復 期 を 担 う 病 院 への 転 院 や 退 院 が 困 難 な 場 合 があり 結 果 的 に 急 性 期 の 医 療 を 担 う 医 療 機 関 における 救 急 患 者 の 受 入 に 支 障 をきたしている 場 合 があります リハビリテーションが 実 施 可 能 な 医 療 機 関 数 ( 脳 卒 中 等 リハビリテーショ ン 料 (Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)の 届 出 施 設 数 )は 医 療 圏 によって 違 いがあります 早 期 リハビリテーションにより 早 期 の 退 院 や 社 会 復 帰 の 可 能 性 が 高 くなる ので 脳 卒 中 の 患 者 を 受 入 れる 医 療 機 関 は 早 期 リハビリテーションを 提 医 療 供 機 できる 関 数 リハビリテーションが 奈 良 東 和 西 和 中 和 南 和 県 全 体 全 国 体 制 を 21 整 えておくことが 実 施 可 能 求 められます 人 口 10 万 人 あたり な 医 療 機 関 5.8 5数 ( 厚 生 労 働 省 診 療 報 酬 施 設 基 準 ( 平 成 24 年 17,107 月 5.6 )) 奈 良 県 の 病 院 における 脳 血 管 疾 患 の 退 院 患 者 の 平 均 在 院 日 数 は 日 で 全 国 平 均 (109.2 日 )よりは 短 いです

8 しかし 傷 病 分 類 別 にみますと 脳 血 管 疾 患 による 患 者 の 平 均 在 院 日 数 は 精 神 疾 患 を 除 くと 最 も 長 く 全 傷 病 平 均 の 37.4 日 を 大 きく 上 回 っています 脳 血 管 疾 患 の 退 院 患 者 平 均 在 院 日 数 奈 良 東 和 西 和 中 和 南 和 県 全 体 全 国 ( 厚 生 労 働 省 平 成 20 年 患 者 調 査 ) 2. 目 指 すべき 方 向 (1) 予 防 脳 卒 中 を 発 症 した 患 者 の 約 6 割 が 高 血 圧 の 既 往 のある 患 者 ( 平 成 21 年 度 奈 良 県 脳 卒 中 発 症 患 者 調 査 結 果 )であり 高 血 圧 は 脳 卒 中 にとって 大 きな 危 険 因 子 であると 言 われています また 高 血 圧 以 外 にも 脂 質 異 常 症 糖 尿 病 喫 煙 などの 生 活 習 慣 に 起 因 す る 危 険 因 子 の 改 善 も 非 常 に 重 要 であり そのためには 脂 肪 や 食 塩 の 摂 りすぎ などの 食 生 活 の 改 善 や 運 動 習 慣 の 定 着 化 等 による 県 民 の 健 康 づくりへの 支 援 が 必 要 です (2) 発 症 直 後 の 救 護 搬 送 等 脳 卒 中 は できるだけ 早 く 適 切 な 治 療 を 行 うことでより 高 い 効 果 が 見 込 まれ さらに 後 遺 症 の 危 険 性 が 低 くなることから 速 やかな 治 療 開 始 が 非 常 に 重 要 で す 脳 卒 中 を 疑 うような 症 状 が 現 れた 場 合 は 本 人 や 家 族 などの 周 囲 の 人 が 速 や かに 救 急 要 請 をする 必 要 があります また 救 急 隊 による 適 切 な 観 察 判 断 救 急 救 命 処 置 等 を 行 ったうえで 対 応 が 可 能 な 医 療 機 関 に 患 者 を 搬 送 することも 必 要 です (3) 診 断 問 診 や 身 体 所 見 の 診 察 等 に 加 えて CTやMRI 等 の 画 像 検 査 を 行 うことで より 正 確 な 診 断 が 可 能 となります これにより 治 療 法 の 選 択 や 治 療 後 の 状 態 についてある 程 度 の 予 測 をおこっ た 上 速 やかな 治 療 開 始 を 行 います

9 (4) 急 性 期 の 治 療 脳 卒 中 脳 卒 中 の 急 性 期 には 呼 吸 管 理 などの 全 身 管 理 とともに 脳 梗 塞 脳 出 血 く も 膜 下 出 血 等 の 個 々の 病 態 に 応 じた 治 療 を 行 います 脳 梗 塞 に 対 しては 発 症 後 4.5 時 間 以 内 に 組 織 プラスミノゲン アクチベ ータ(t-PA)の 静 脈 内 投 与 による 血 栓 溶 解 療 法 を 開 始 することが 重 要 です また 上 記 療 法 の 適 応 患 者 以 外 に 対 しても できるだけ 早 期 に 抗 凝 固 療 法 や 抗 血 小 板 療 法 脳 保 護 療 法 などを 行 うことが 重 要 です 脳 出 血 に 対 しては 血 圧 管 理 のほか 出 血 部 位 や 血 腫 の 状 況 等 により 必 要 に 応 じて 外 科 的 手 術 を 行 います くも 膜 下 出 血 に 対 しては 動 脈 瘤 の 再 破 裂 予 防 が 重 要 であり そのための 開 頭 手 術 等 の 外 科 的 治 療 や 血 管 内 治 療 を 行 います (5)リハビリテーション 患 者 の 状 態 に 応 じて 適 切 なリハビリテーションを 行 います 急 性 期 には 廃 用 症 候 群 や 合 併 症 の 予 防 や 患 者 の 早 期 自 立 を 目 的 としたリ ハビリテーションを 可 能 であれば 発 症 当 日 から 病 室 で 実 施 します 回 復 期 には 身 体 機 能 回 復 や 日 常 生 活 動 作 (ADL) 向 上 を 目 的 としたリ ハビリテーションを 訓 練 が 可 能 になった 時 期 から 訓 練 室 で 集 中 して 実 施 します 維 持 期 には 回 復 あるいは 残 存 した 機 能 を 活 用 し 歩 行 能 力 等 の 生 活 機 能 の 維 持 向 上 のためのリハビリテーションを 実 施 します なお 回 復 期 や 維 持 期 においては 摂 食 嚥 下 等 のリハビリテーションを 行 い 誤 嚥 の 防 止 や 咀 嚼 機 能 の 維 持 向 上 を 図 ることも 必 要 です (6) 急 性 期 を 脱 した 後 の 治 療 急 性 期 を 脱 した 後 は 再 発 予 防 のための 治 療 や 脳 卒 中 の 危 険 因 子 である 高 血 圧 症 脂 質 異 常 症 喫 煙 等 の 継 続 的 な 管 理 を 行 います

10 (7) 地 域 における 医 療 福 祉 介 護 の 連 携 脳 卒 中 急 性 期 から 回 復 期 維 持 期 ( 在 宅 療 養 支 援 を 含 む)までの 医 療 については 患 者 の 状 態 に 応 じてそれぞれの 時 期 に 必 要 な 医 療 機 能 も 異 なることから 1 つの 医 療 機 関 ですべてを 行 うことはできません 地 域 における 医 療 機 関 がそれぞれの 持 つ 医 療 機 能 に 応 じ 連 携 して 患 者 に 切 れ 目 なく 医 療 を 提 供 する 体 制 を 整 備 することが 重 要 です また 在 宅 で 療 養 する 場 合 は 再 発 予 防 や 危 険 因 子 の 管 理 のほかに 身 体 機 能 を 維 持 するためのリハビリテーションや 抑 うつ 状 態 への 対 応 福 祉 介 護 サービスとの 連 携 等 による 患 者 の 療 養 支 援 を 行 います 脳 卒 中 は 再 発 する 場 合 も 多 く また 後 遺 症 が 残 ることも 少 なくないこと から 患 者 及 びその 家 族 に 対 する 支 援 や 再 発 時 における 適 切 な 対 応 等 の 啓 発 等 も 重 要 です 発 症 救 急 救 急 門 ション 来 急 的 院 性 治 後 期 救 実 療 1 のリハビリテー 急 施 時 開 医 間 始 療 以 内 の 専 医 要 請 搬 送 脳 病 神 院 ( 経 救 外 命 科 センター) 病 院 転 院 時 連 療 携 実 回 再 身 危 施 険 リハビリテーション 復 発 体 期 予 機 のリハビリテ-ション 防 能 治 を 回 復 基 させる 脳 卒 中 に 対 する 医 因 子 療 の 管 の 理 流 礎 疾 れ 患 機 能 退 院 時 連 携 転 院 退 院 時 連 携 予 脳 防 発 卒 症 中 予 の 防 維 在 持 宅 期 等 のリハビリテ-ション への 復 帰 及 び 日 常 生 実 活 施 動 発 症 作 日 リハビリテーション 向 ためのリハビリテーション 常 上 生 病 院 の 活 ( 支 への 回 復 期 援 復 帰 及 病 棟 院 び ) 維 持 の 介 護 保 険 歯 施 科 設 医 在 希 宅 望 生 する 療 活 養 療 の 患 支 場 養 者 援 における 支 クリニック に 援 診 療 対 所 する 看 取 り 退 院 退 所 通 院 在 宅 療 養 支 援 時 間 の 流 れ 在 宅 等 での 生 活 ケアハウス 多 様 な 居 住 の 有 場 料 を 老 含 人 むホーム 等

11 3. 医 療 機 関 とその 連 携 (1) 急 性 期 医 療 を 行 う 医 療 機 関 の 機 能 1 目 標 患 者 の 来 院 後 1 時 間 以 内 ( 発 症 後 3 時 間 以 内 )に 専 門 的 な 治 療 を 開 始 する こと( 血 管 内 治 療 など 高 度 に 専 門 的 な 治 療 を 行 える 施 設 では 発 症 後 3 時 間 を 超 えても 高 度 専 門 治 療 の 実 施 について 検 討 することが 望 ましい ) 廃 用 症 候 群 や 合 併 症 の 予 防 早 期 にセルフケアについて 自 立 できるため のリハビリテーションを 実 施 すること 2 医 療 機 関 に 求 められる 事 項 次 に 掲 げる 事 項 を 含 め 該 当 する 医 療 機 関 は 関 係 する 診 療 ガイドライ ンに 則 した 診 療 を 実 施 していることが 求 められる 血 液 検 査 や 画 像 検 査 ( 単 純 X 線 撮 影 CT MRI 超 音 波 検 査 ) 等 の 必 要 な 検 査 が 24 時 間 実 施 可 能 であること 脳 卒 中 が 疑 われる 患 者 に 対 して 専 門 的 診 療 が 24 時 間 実 施 可 能 であるこ と( 画 像 伝 送 等 の 遠 隔 診 断 に 基 づく 治 療 を 含 む ) 脳 卒 中 評 価 スケールなどを 用 いた 客 観 的 な 神 経 学 的 評 価 が 24 時 間 実 施 可 能 であること 適 応 のある 脳 梗 塞 症 例 に 対 し 発 症 後 4.5 時 間 以 内 に 組 織 プラスミノゲ ン アクチベータ(t-PA)の 静 脈 内 投 与 による 血 栓 溶 解 療 法 が 実 施 可 能 で あること 外 科 手 術 及 び 脳 血 管 内 手 術 が 必 要 と 判 断 した 場 合 には 来 院 後 2 時 間 以 内 の 治 療 開 始 が 可 能 であること 呼 吸 循 環 栄 養 等 の 全 身 管 理 及 び 感 染 症 や 深 部 静 脈 血 栓 症 等 の 合 併 症 に 対 する 診 療 が 可 能 であること リスク 管 理 のもとに 早 期 座 位 立 位 関 節 可 動 域 訓 練 摂 食 嚥 下 訓 練 装 具 を 用 いた 早 期 歩 行 訓 練 セルフケア 訓 練 等 のリハビリテーションが 実 施 可 能 であること 回 復 期 (あるいは 維 持 期 )の 医 療 機 関 等 と 診 療 情 報 や 治 療 計 画 を 共 有 する などして 連 携 していること 回 復 期 (あるいは 維 持 期 )に 重 度 の 後 遺 症 等 により 自 宅 への 退 院 が 容 易 でない 患 者 を 受 け 入 れる 医 療 施 設 や 介 護 施 設 等 と 連 携 し その 調 整 を 行 うこと 脳 卒 中 疑 いで 救 急 搬 送 された 患 者 について その 最 終 判 断 を 救 急 隊 に 情 報 提 供 することが 望 ましい 3 医 療 機 関 の 例 救 命 救 急 センターを 有 する 病 院

12 脳 卒 中 の 専 用 病 室 を 有 する 病 院 急 性 期 の 血 管 内 治 療 が 実 施 可 能 な 病 院 脳 卒 中 に 対 する 急 性 期 の 専 門 的 医 療 を 担 う 病 院 または 有 床 診 療 所 脳 卒 中 (2) 回 復 期 医 療 を 行 う 医 療 機 関 の 機 能 1 目 標 身 体 機 能 の 早 期 改 善 のための 集 中 的 なリハビリテーションを 実 施 するこ と 再 発 予 防 の 治 療 や 基 礎 疾 患 危 険 因 子 の 管 理 を 実 施 すること 2 医 療 機 関 に 求 められる 事 項 次 に 掲 げる 事 項 を 含 め 該 当 する 医 療 機 関 は 関 係 する 診 療 ガイドライ ンに 則 した 診 療 を 実 施 していることが 求 められる 再 発 予 防 の 治 療 ( 抗 血 小 板 療 法 抗 凝 固 療 法 等 ) 基 礎 疾 患 危 険 因 子 の 管 理 及 び 抑 うつ 状 態 や 認 知 症 などの 脳 卒 中 後 の 様 々な 合 併 症 への 対 応 が 可 能 であること 失 語 高 次 脳 機 能 障 害 ( 記 憶 障 害 注 意 障 害 等 ) 嚥 下 障 害 歩 行 障 害 な どの 機 能 障 害 の 改 善 及 び ADL の 向 上 を 目 的 とした 理 学 療 法 作 業 療 法 言 語 聴 覚 療 法 等 のリハビリテーションが 専 門 医 療 スタッフにより 集 中 的 に 実 施 可 能 であること 急 性 期 の 医 療 機 関 及 び 維 持 期 の 医 療 機 関 等 と 診 療 情 報 や 治 療 計 画 を 共 有 するなどして 連 携 していること 3 医 療 機 関 の 例 リハビリテーションを 専 門 とする 病 院 または 診 療 所 回 復 期 リハビリテーション 病 棟 を 有 する 病 院 (3) 維 持 期 医 療 を 行 う 医 療 機 関 の 機 能 ( 日 常 生 活 への 復 帰 及 び 日 常 生 活 維 持 のためのリハビリテーションを 実 施 ) 1 目 標 生 活 機 能 の 維 持 向 上 のためのリハビリテーションを 実 施 し 在 宅 等 へ の 復 帰 及 び( 日 常 生 活 の) 継 続 を 支 援 すること 再 発 予 防 の 治 療 や 基 礎 疾 患 危 険 因 子 の 管 理 を 実 施 すること 2 医 療 機 関 等 に 求 められる 事 項 次 に 掲 げる 事 項 を 含 め 該 当 する 医 療 機 関 は 関 係 する 診 療 ガイドライ ンに 則 した 診 療 を 実 施 していることが 求 められる

13 再 発 予 防 の 治 療 基 礎 疾 患 危 険 因 子 の 管 理 抑 うつ 状 態 への 対 応 等 が 可 能 であること 生 活 機 能 の 維 持 及 び 向 上 のためのリハビリテーション( 訪 問 及 び 通 所 リハ ビリテーションを 含 む)が 実 施 可 能 であること 介 護 支 援 専 門 員 が 自 立 生 活 または 在 宅 療 養 を 支 援 するための 介 護 保 険 サービスを 調 整 すること 回 復 期 (あるいは 急 性 期 )の 医 療 機 関 等 と 診 療 情 報 や 治 療 計 画 を 共 有 す るなどして 連 携 していること 3 医 療 機 関 等 の 例 医 療 療 養 病 棟 を 有 する 病 院 介 護 老 人 保 健 施 設 介 護 保 険 によるリハビリテーションを 行 う 病 院 または 診 療 所 4. 具 体 的 な 取 組 策 (1) 発 症 と 重 症 化 予 防 の 体 制 づくり 生 活 習 慣 病 である 脳 卒 中 の 予 防 は 高 血 圧 脂 質 異 常 症 糖 尿 病 喫 煙 とい う 危 険 因 子 の 改 善 が 基 本 となります この 4 つの 危 険 因 子 が 適 切 に 管 理 されれ ば 脳 卒 中 の 発 症 リスクを 低 減 することができます 1 知 識 普 及 意 識 啓 発 病 気 についての 正 しい 知 識 予 防 のための 生 活 習 慣 の 改 善 などの 普 及 啓 発 を 行 います 2 特 定 健 診 の 受 診 促 進 市 町 村 による 特 定 健 診 の 受 診 勧 奨 の 取 組 に 対 して 支 援 します 県 民 にとっ て 魅 力 ある 健 診 となることを 目 指 し 受 診 体 制 を 整 備 します 3 保 健 指 導 の 強 化 効 果 的 な 特 定 保 健 指 導 実 施 のため 保 健 指 導 担 当 者 の 人 材 の 育 成 及 び 資 質 向 上 に 努 めます 特 定 健 診 結 果 の 分 析 を 支 援 し ハイリスク 者 やコントロール 不 良 者 等 健 診 受 診 後 のフォローの 充 実 を 図 ります CKD( 慢 性 腎 臓 病 )の 早 期 発 見 早 期 治 療 に 向 け 保 険 者 医 療 機 関 と 連 携 し 体 制 を 整 備 します

14 4 望 ましい 食 習 慣 の 実 践 支 援 調 理 力 食 品 の 選 択 能 力 など 具 体 的 なスキルを 学 び 習 得 できるよう 多 様 な 取 組 を 行 います 5 食 環 境 の 充 実 健 康 を 意 識 したメニューやお 弁 当 の 提 供 を 飲 食 店 や 企 業 と 連 携 して 進 めます 6 禁 煙 支 援 体 制 の 充 実 禁 煙 のメリット 禁 煙 治 療 禁 煙 方 法 等 について 普 及 啓 発 を 行 います 禁 煙 について 気 軽 に 相 談 できる 窓 口 の 周 知 禁 煙 について 適 切 にアドバイ スできる 人 材 確 保 など 禁 煙 支 援 体 制 を 整 備 します 7 受 動 喫 煙 防 止 対 策 の 拡 充 行 政 機 関 医 療 機 関 教 育 施 設 をはじめ 多 くの 人 が 利 用 する 公 共 的 な 空 間 の 禁 煙 化 を 促 進 します (2) 発 症 直 後 の 救 護 搬 送 等 の 体 制 づくり 発 症 後 患 者 本 人 や 家 族 などの 周 囲 の 人 が 速 やかに 救 急 要 請 を 行 い 早 期 に 適 切 な 治 療 を 行 える 病 院 への 搬 送 ができるよう 以 下 の 施 策 に 取 り 組 みます 1 高 血 圧 症 等 の 危 険 因 子 のある 人 及 び 家 族 に 対 する 啓 発 により 脳 卒 中 の 疑 いがあるときの 早 期 受 診 の 促 進 健 康 診 断 受 診 者 への 啓 発 チラシ 配 付 2 脳 卒 中 の 予 防 早 期 発 見 早 期 の 救 急 要 請 等 の 重 要 性 に 関 する 啓 発 自 分 の 健 康 と 病 気 がよくわかるポータルサイト の 活 用 等 3 救 急 搬 送 ルールを 適 切 に 運 用 するとともに 必 要 に 応 じて 見 直 しを 行 い 搬 送 時 間 の 短 縮 を 図 ります (3) 急 性 期 ( 救 急 ) 医 療 の 体 制 づくり 脳 卒 中 の 急 性 期 医 療 ( 救 急 )の 確 保 と 医 療 機 関 相 互 の 機 能 分 担 及 び 連 携 を 推 進 するため 以 下 のような 医 療 機 能 を 有 する 脳 卒 中 治 療 の 中 核 的 な 病 院 を 県 内 に 複 数 箇 所 ( 北 和 中 南 和 等 の 複 数 圏 域 ) 整 備 するとともに これらの 中 核 的 な 病 院 と 地 域 の 医 療 機 関 とのネットワークづくりを 推 進 します ( 脳 卒 中 治 療 の 中 核 的 病 院 に 必 要 な 医 療 機 能 の 例 ) 24 時 間 体 制 で 血 液 検 査 や 画 像 検 査 等 の 必 要 な 検 査 が 可 能

15 患 者 の 病 院 到 着 後 1 時 間 以 内 に 外 科 的 治 療 を 含 む 専 門 的 治 療 が 開 始 可 能 脳 梗 塞 の 場 合 は 発 症 後 4.5 時 間 以 内 に 組 織 プラスミノゲン アクチベ ータ(t-PA)の 静 脈 内 投 与 による 血 栓 溶 解 療 法 が 開 始 可 能 発 症 後 4 日 以 内 に 急 性 期 リハビリテーションが 開 始 可 能 中 核 的 な 病 院 のあり 方 と 周 辺 病 院 との 連 携 等 について 検 討 する 枠 組 構 築 (4) 回 復 期 医 療 の 体 制 づくり 1 急 性 期 の 医 療 を 担 う 医 療 機 関 維 持 期 の 医 療 を 担 う 医 療 機 関 等 と 連 携 して 効 率 的 なリハビリテーションが 実 施 できる 体 制 を 構 築 します 医 療 圏 ごとに 医 療 機 関 福 祉 介 護 施 設 市 町 村 保 健 所 等 で 構 成 す る 協 議 の 場 を 設 けて 検 討 を 行 います 2 回 復 期 リハビリテーション 病 棟 入 院 料 届 出 医 療 機 関 脳 血 管 疾 患 等 リハビ リテーション 料 届 出 医 療 機 関 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 等 において どのよう な 機 能 を 担 っているのかを 明 らかにし 患 者 に 対 する 情 報 を 提 供 するとと もに 病 病 連 携 病 診 連 携 を 促 進 します それぞれの 医 療 機 関 が 担 っている 機 能 をホームページや 自 分 の 健 康 と 病 気 がよくわかるポータルサイト 上 で 情 報 提 供 します (5) 医 療 機 能 の 数 値 化 脳 卒 中 医 療 関 係 者 は 脳 卒 中 医 療 の 質 の 向 上 を 目 指 して 医 療 機 能 を 数 値 化 する 仕 組 みづくりを 進 めます (6) 奈 良 県 脳 卒 中 地 域 連 携 パス 医 療 関 係 者 と 行 政 とが 協 働 して 検 討 を 重 ね 奈 良 県 脳 卒 中 地 域 連 携 パス が 運 用 されています 運 用 の 状 況 や 結 果 について 定 期 的 に 関 係 者 で 検 討 し 奈 良 県 全 体 での 脳 卒 中 治 療 の 向 上 に 努 めます 5. 数 値 目 標 奈 良 県 の 脳 卒 中 の 年 齢 調 整 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )は 男 性 女 性 ともに 香 川 県 に 次 いで 全 国 で 2 番 目 に 低 い 死 亡 率 となっています 今 後 とも 全 国 トップクラスの 年 齢 調 整 死 亡 率 を 維 持 し さらなる 死 亡 率 の 低 下 ( 現 状 の 10% 減 少 )を 目 指 します

16 男 性 ( 現 状 )39.3 ( 目 標 )35.3 女 性 ( 現 状 )20.7 ( 目 標 )18.6 脳 卒 中 6. 脳 卒 中 の 医 療 を 担 う 医 療 機 関 の 例 (1) 急 性 期 医 療 を 担 う 医 療 機 関 奈 良 県 傷 病 者 の 搬 送 受 入 の 実 施 に 関 する 基 準 ( 平 成 23 年 1 月 策 定 )に おける 日 々の 医 療 救 圏 急 搬 送 病 院 リスト で 次 の1または2の 項 目 が 対 応 可 の 医 療 機 関 奈 1 意 識 障 害 脳 卒 中 県 医 療 機 関 名 称 t-pa 疑 いの 緊 急 手 術 2 意 識 障 害 脳 卒 中 市 良 医 療 センター 疑 立 いのt PA 奈 良 病 院 対 応 天 理 よろづ 相 談 所 病 院 東 高 済 井 生 病 会 院 中 和 病 院 西 和 近 畿 大 三 学 室 医 病 学 院 部 奈 良 病 院 白 県 済 庭 立 生 病 医 会 院 科 御 大 所 学 病 附 院 属 病 院 東 朋 香 芝 ( 病 平 院 成 22 年 8 月 地 域 医 療 連 携 課 調 べ) 奈 良 石 洲 会 病 院 郡 山 青 藍 田 阪 北 奈 病 中 院 央 病 院 中 和 平 成 記 念 病 院

17 医 療 圏 (2) 回 復 期 医 療 を 担 う 医 療 奈 機 関 市 医 療 機 関 名 称 1 脳 血 管 疾 患 等 リハビリテーション 東 良 立 大 春 奈 寺 日 良 福 祉 療 育 病 料 院 (Ⅰ)を 届 けている 主 な 医 療 機 関 奈 良 おかたに 吉 西 田 病 京 院 病 院 奈 の 良 原 医 東 中 療 央 センター 病 院 東 和 天 高 済 理 井 病 会 よろづ 院 中 和 病 相 院 談 所 病 院 白 川 分 院 山 東 の 辺 県 総 田 生 北 駒 病 合 院 リハビリテーションセンター 西 和 奈 阪 白 良 奈 庭 厚 中 生 央 会 病 院 中 和 県 秋 土 立 津 庫 医 鴻 病 科 池 院 大 学 附 属 病 院 西 東 平 大 朋 成 和 香 記 リハビリテーション 芝 念 病 院 病 院 医 奈 療 圏 良 県 立 奈 小 良 南 医 療 機 関 名 称 奈 済 西 良 生 奈 西 会 良 部 奈 中 病 良 央 院 病 院 ( 平 成 24 年 6 月 1 日 時 点 近 畿 厚 生 局 奈 良 事 務 所 の 資 料 ) 2 脳 血 管 疾 患 等 リハビリテーション 料 (Ⅱ)を 届 けている 主 な 医 療 機 関

18 沢 辻 井 村 病 院 脳 卒 中 東 西 国 郡 保 山 中 青 央 藍 中 県 橿 原 三 リハビリテーション 室 南 和 済 町 生 立 会 大 御 淀 所 病 病 院 院 病 院 ( 平 成 24 潮 年 田 6 病 月 院 1 日 時 点 近 畿 厚 生 局 奈 良 事 務 所 の 資 料 ) 医 奈 療 圏 良 大 奈 医 療 機 関 名 称 3 脳 血 管 疾 患 等 リハビリテーション 谷 倭 良 掛 病 東 整 院 九 形 条 病 院 料 (Ⅲ)を 届 けている 主 な 医 療 機 関 あすかホームクリニック 東 和 天 宇 理 陀 市 よろづ 立 病 院 相 談 所 病 院 宮 植 吉 城 田 医 井 整 社 院 形 会 外 保 科 険 医 病 西 倉 近 病 畿 院 大 学 医 学 部 院 服 奈 部 良 友 紘 会 病 院 奈 良 病 院 中 やわらぎクリニック 中 大 平 井 記 高 念 田 病 市 院 南 尾 和 病 院 立 病 院 南 ( 和 平 成 24 吉 県 年 野 立 6 町 五 月 国 條 1 民 病 日 健 院 時 康 点 保 険 近 吉 畿 野 厚 病 生 院 局 奈 良 事 務 所 の 資 料 )

19 医 療 圏 養 病 棟 沢 入 井 院 基 本 料 を 医 届 療 けている 機 関 名 称 主 な 医 療 機 関 (3) 維 持 期 医 療 を 担 う 医 療 機 関 奈 良 奈 西 バルツァ ゴーデル 良 春 京 日 病 院 小 済 南 生 会 東 和 山 高 の 宮 辺 中 和 病 院 奈 天 辻 良 理 東 よろづ 病 院 郡 山 青 藍 相 談 所 病 院 白 川 分 院 西 和 藤 阪 白 村 奈 中 橿 庭 原 病 リハビリテーション 央 院 中 和 秋 服 津 部 鴻 記 池 念 病 院 西 関 東 大 屋 朋 和 香 リハビリテーション 芝 病 院 病 院 南 和 吉 南 潮 野 和 田 町 病 国 院 民 健 康 保 険 吉 野 病 院 ( 平 成 24 年 福 6 西 月 クリニック 1 日 時 点 近 畿 厚 生 局 奈 良 事 務 所 の 資 料 ) 脳 卒 中

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

(Microsoft Word - \223\235\215\207\224\3053,4\217\315.doc)

(Microsoft Word - \223\235\215\207\224\3053,4\217\315.doc) 3 章 1 節 県 民 本 位 の 医 療 連 携 体 制 の 構 築 第 3 章 疾 病 事 業 ごとの 医 療 連 携 体 制 の 現 状 課 題 と 対 策 第 1 節 県 民 本 位 の 医 療 連 携 体 制 の 構 築 1 基 本 的 考 え 方 急 速 な 高 齢 化 や 人 口 減 少 などに 伴 う 疾 病 構 造 の 変 化 医 療 技 術 の 高 度 化 や 専 門 化 さら

More information

36program

36program 介 助 犬 とは 肢 体 不 自 由 者 に 落 としたものを 拾 って 渡 す, 手 が 届 かないものを 持 って 来 る 等 の 動 作 を 行 なうよう 訓 練 され 自 立 と 社 会 参 加 促 進 をする 生 きた 補 装 具 である. 将 来 介 助 犬 使 用 者 になり 得 る 生 徒 がいる 特 別 支 援 学 校 の 教 師 に 介 助 犬 についての 理 解 度 を 調 査

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

各論_1章〜7章.indd

各論_1章〜7章.indd 第 7 章 健 康 指 標 分 野 ( 糖 尿 病 循 環 器 疾 患 がん COPD) 1 推 進 の 方 向 糖 尿 病 (1) 糖 尿 病 の 発 症 を 予 防 するための 生 活 習 慣 の 改 善 あらゆる 機 会 に 多 様 な 伝 達 手 段 を 使 って 県 民 に 糖 尿 病 の 正 しい 知 識 や 糖 尿 病 発 症 予 防 のため の 生 活 習 慣 の 改 善 について

More information

13_1304_ xlsx

13_1304_ xlsx 160-0017 東 京 都 新 宿 区 左 門 町 18 診 療 時 間 やアクセス 方 法 等 情 報 はこちら 機 能 区 分 選 択 状 況 (2014( 平 成 26) 年 7 月 1 日 時 点 機 能 ) 病 床 機 能 区 分 高 度 急 性 期 急 性 期 回 復 期 慢 性 期 未 回 答 機 能 区 分 選 択 状 況 (6 年 が 経 過 した 日 における 病 床 機 能

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 資 料 Ⅱ-2 救 急 搬 送 実 施 基 準 宮 城 県 平 成 25 年 X 月 1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 月 1 日 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

( 通 則 の 見 直 し) 6 鋼 線 等 による 直 達 牽 引 介 達 牽 引 又 は 消 炎 鎮 5 区 分 番 号 J117に 掲 げる 鋼 線 等 による 直 達 痛 等 処 置 を 併 せて 行 った 場 合 は 心 大 血 管 疾 患 リハビリテーション 料 脳 血 管 疾 患 等

( 通 則 の 見 直 し) 6 鋼 線 等 による 直 達 牽 引 介 達 牽 引 又 は 消 炎 鎮 5 区 分 番 号 J117に 掲 げる 鋼 線 等 による 直 達 痛 等 処 置 を 併 せて 行 った 場 合 は 心 大 血 管 疾 患 リハビリテーション 料 脳 血 管 疾 患 等 項 目 現 行 改 正 案 第 2 章 第 7 部 リハビリテーション 通 則 ( 通 則 の 削 除 ) 4の2 心 大 血 管 疾 患 リハビリテーション 医 学 管 ( 削 除 ) 理 料 脳 血 管 疾 患 等 リハビリテーション 医 学 管 理 料 運 動 器 リハビリテーション 医 学 管 理 料 又 は 呼 吸 器 リハビリテーション 医 学 管 理 料 につい ては 患 者 の 疾

More information

Taro-第1~4-2.jtd

Taro-第1~4-2.jtd 第 8 章 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 総 合 的 な 取 組 の 促 進 第 1 節 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 連 携 ( 現 状 及 び 課 題 ) 保 健 医 療 福 祉 は 相 互 に 密 接 に 関 わっており 医 療 連 携 体 制 の 構 築 にあ たっても 疾 病 の 予 防 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 各 種 の 相 談 治 療 リハビ リテーション

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

Microsoft Word - 2章.doc

Microsoft Word - 2章.doc 第 2 章 1. 人 口 の 構 成 と 動 態 (1) 人 口 総 数 と 年 齢 構 成 住 民 基 本 台 帳 人 口 及 び 外 国 人 登 録 人 口 による 平 成 21 年 (29 年 )9 月 末 現 在 の 本 市 の 人 口 総 数 は358,756 人 で 前 計 画 が 策 定 された 平 成 16 年 (24 年 )と 比 べる と 約 2,8 人 の 増 加 となっています

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料 労 災 診 療 費 算 定 基 準 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1. 単 価 昭 和 36 年 11 月 11 日 11 円 50 銭 ( 武 見 会 長 大 野 労 災 補 償 部 長 協 定 ) 昭 和 45 年 4 月 1 日 改 定 私 的 医 療 機 関 12 円 公 的 医 療 機 関 等 ( 非 課 税 医 療 機 関 ) 11 円 50 銭 2. 点 数 昭 和

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

脳卒中のリハビリテーション 七沢リハビリテーション病院脳血管センター の紹介と地域連携システム

脳卒中のリハビリテーション 七沢リハビリテーション病院脳血管センター の紹介と地域連携システム 神 奈 川 脳 卒 中 地 域 連 携 パス 記 入 方 法 と 手 続 き 製 作 平 成 22 年 12 月 8 日 神 奈 川 県 総 合 リハビリテーションセンター 七 沢 リハビリテーション 病 院 脳 血 管 センター 山 下 俊 紀 神 奈 川 県 共 通 脳 卒 中 地 域 連 携 パス( 試 行 版 )の 概 要 1 2 3 4 5 急 性 期 病 院 から 回 復 期 リハビリ

More information

001 表紙・目次 1-10

001 表紙・目次 1-10 中 部 保 健 医 療 圏 地 域 保 健 医 療 計 画 目 次 第 1 章 中 部 保 健 医 療 圏 の 現 状 1 人 口 230 2 人 口 動 態 233 3 予 防 保 健 に 関 する 状 況 235 4 受 療 動 向 236 5 酒 類 たばこ 消 費 量 の 東 中 西 部 の 比 較 237 第 2 章 疾 病 別 課 題 別 医 療 提 供 体 制 の 構 築 第 1 節

More information

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E>

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E> 第 5 節 糖 尿 病 の 医 療 体 制 1 現 状 (1) 罹 患 死 亡 の 状 況 北 海 道 では 糖 尿 病 が 強 く 疑 われる 者 は40~74 歳 の 男 性 で183,372 人 ( 14.8% ) 女 性 で98,903 人 (7.1%)で 合 計 282,275 人 と 推 計 され 糖 尿 病 の 可 能 性 が 否 定 で きない 者 は 男 性 で144,963 人

More information

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd 4 糖 尿 病 現 状 と 課 題 ア 糖 尿 病 の 現 状 管 内 における 糖 尿 病 による 死 亡 数 は, 平 成 21 年 は8 人 ( 男 性 6 人, 女 性 2 人 )で, 死 亡 率 は, 男 性 は 全 国, 県 を 上 回 っていますが, 女 性 は 全 国, 県 を 下 回 っています 死 亡 率 のここ 数 年 の 年 次 推 移 をみると, 全 国 や 県 を 上 回

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

鈴木隆雄委員資料

鈴木隆雄委員資料 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 58 回 ) 平 成 28 年 5 月 25 日 鈴 木 隆 雄 委 員 提 出 資 料 後 期 高 齢 者 の 保 健 事 業 のあり 方 に 関 する 研 究 (ポイント) 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 特 別 研 究 ( 班 長 : 鈴 木 隆 雄 ( 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 理 事 長 特

More information

Microsoft Word - 【11.生活期リハ】報告書_最終版

Microsoft Word - 【11.生活期リハ】報告書_最終版 平 成 24 年 度 介 護 報 酬 改 定 の 効 果 検 証 及 び 調 査 研 究 に 係 る 調 査 ( 平 成 25 年 度 調 査 ) (11) 生 活 期 リハビリテーションに 関 する 実 態 調 査 報 告 書 ( 表 紙 裏 ) ( 表 紙 の 次 ) ( 表 紙 の 次 裏 ) - 目 次 - 調 査 検 討 組 織 設 置 要 綱 調 査 研 究 の 概 要 第 1 部 調

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd 高 齢 医 学 科 科 長 のメッセージ 皆 さんが 活 躍 する10 年 後 20 年 後 には 65 歳 以 上 が 全 人 口 の35 40%となり 高 齢 医 学 のニー ズはより 高 まっていきます チーム 医 療 地 域 医 療 を 学 ぶために 最 適 の 環 境 を 提 供 しています 科 長 森 本 茂 人 (もりもと しげと) 教 授 老 年 病 学 高 血 圧 高 齢 者 肺

More information

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計 本 市 で は 国 の 健 康 増 進 計 画 で あ る 健 康 日 本 21 愛 知 県 の 健 康 日 本 21あ い ち 計 画 を 受 け て 第 1 次 健 康 増 進 計 画 を 策 定 し 平 成 15 年 度 から 平 成 25 年 度 まで また 食 育 推 進 計 画 についても 食 育 基 本 法 に 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 まで それぞれ

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス 平 成 27 年 度 訪 問 看 護 ( 訪 問 看 護 ステーション) 集 団 指 導 資 料 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 寿 社 会 課 平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修

More information

資 料 2-2 第 6 次 長 野 県 保 健 医 療 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 (2012 年 )11 月 目 次 項 目 ページ 第 1 編 保 健 医 療 計 画 の 基 本 的 事 項 と 保 健 医 療 の 現 状 第 1 章 計 画 の 基 本 的 方 向 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 7 第 2 節 計 画 の 性 格 7 第 3 節 計 画 の 基 本 理

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

09 愛媛県地域医療構想(案)(28.01.20修正).docx

09 愛媛県地域医療構想(案)(28.01.20修正).docx 愛 媛 県 地 域 医 療 構 想 ~2025 年 県 民 安 心 の 愛 媛 医 療 ~ (パブリックコメント 案 ) 愛 媛 県 目 次 はじめに 1 第 1 章 基 本 的 事 項 1 地 域 医 療 構 想 の 性 格 2 2 目 標 年 次 3 3 基 本 理 念 3 第 2 章 構 想 区 域 の 設 定 と 必 要 病 床 数 等 1 構 想 区 域 の 設 定 5 2 圏 域 別 人

More information

参 考 資 料 第 7 次 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 の 策 定 経 過 ( 平 成 27 年 ) 3 月 23 日 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 策 定 協 議 会 同 地 域 医 療 構 想 部 会 の 設 置 協 議 会 : 保 健 医 療 関 係 者 住 民 代 表 学 識 経 験 者 及 び 行 政 関 係 者 29 名 地 域 医 療

More information

Microsoft Word - 報告書最終(201203292020).doc

Microsoft Word - 報告書最終(201203292020).doc 平 成 23 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 ( 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 分 ) 介 護 老 人 保 健 施 設 が 持 つ 多 機 能 の 一 環 としての 看 取 りのあり 方 に 関 する 調 査 研 究 事 業 報 告 書 平 成 24 年 3 月 公 益 社 団 法 人 全 国 老 人 保 健 施 設 協 会 はじめに 昭 和 62 年 にモデル7

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

高 次 脳 機 能 障 害 教 室 今 後 の 予 定 日 時 : 毎 月 第 2 木 曜 日 * 教 室 13:30~14:30 * 交 流 会 14:30~15:30( 変 更 になることがあります) 場 所 : 福 井 総 合 クリニック 6 階 会 議 室 参 加 費 : 無 料 申 込 み

高 次 脳 機 能 障 害 教 室 今 後 の 予 定 日 時 : 毎 月 第 2 木 曜 日 * 教 室 13:30~14:30 * 交 流 会 14:30~15:30( 変 更 になることがあります) 場 所 : 福 井 総 合 クリニック 6 階 会 議 室 参 加 費 : 無 料 申 込 み 平 成 23 年 度 高 次 脳 機 能 障 害 教 室 高 次 脳 機 能 障 害 の 基 礎 知 識 ~ 用 語 の 解 説 ~ 福 井 県 高 次 脳 機 能 障 害 支 援 センター 平 成 23 年 6 月 9 日 高 次 脳 機 能 障 害 教 室 今 後 の 予 定 日 時 : 毎 月 第 2 木 曜 日 * 教 室 13:30~14:30 * 交 流 会 14:30~15:30( 変

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

湖北における在宅医療の現状と課題-15.09

湖北における在宅医療の現状と課題-15.09 湖 北 における 在 宅 医 療 の 現 状 と 課 題 ( 地 域 包 括 ケアを 進 めるために) 平 成 27 年 9 月 湖 北 健 康 福 祉 事 務 所 ( 長 浜 保 健 所 ) 滋 賀 県 の 人 口 推 移 75 歳 以 上 の 高 齢 者 が 増 加!! 超 高 齢 社 会 の 到 来 滋 賀 県 人 口 2010 年 (H22) 141 万 人 2035 年 (H47) 135

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 診 療 報 酬 改 定 説 明 会 講 堂 日 時 : 平 成 22 年 3 月 5 日 ( 金 )10 時 から16 時 30 分 場 所 : 三 田 共 用 会 議 所 講 堂 (1 階 ) 及 び 大 会 議 室 (3 階 ) 時 間 議 事 説 明 者 所 要 10:00~10:05 保 険 局 長 挨 拶 外 口 局 長 5 分 10:05~10:20 医 療 課 長 説 明 佐 藤 課

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

(\202g22\214\366\225\\.xls)

(\202g22\214\366\225\\.xls) 別 (1) 紙 3 区 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 分 住 民 基 本 (21 台 年 帳 度 人 末 口 ) 歳 出 額 A 人 件 費 別 海 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (2) 職 員 給 与 16,052 費 の 状 況 ( 普 14,873,338 通 会 計 決 算 ) 586,003千 円 2,316,507 千

More information

緊急消防援助隊の計画的な増強・充実

緊急消防援助隊の計画的な増強・充実 資 料 1 平 成 22 年 度 消 防 庁 予 算 の 概 要 平 成 22 年 度 予 算 額 128 億 73 百 万 円 (H21:132 億 円 ) ( 単 位 : 百 万 円 %) H22 予 算 額 a H22 要 求 額 b H21 予 算 額 c 増 減 額 a-c 増 減 率 (a-c)/c 総 額 12,873 13,237 13,200 327 2.5 事 業 費 等 5,057

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

3 介 護 の 基 本 ( 6 時 間 ) 1 介 護 職 の 役 割 専 門 性 と 2 時 間 介 護 環 境 の 特 徴 の 理 解 多 職 種 との 連 携 訪 問 介 護 と 施 設 介 護 サービスの 違 い 地 域 包 括 ケアの 方 向 性 介 護 の 専 門 性 重 度 化 防 止

3 介 護 の 基 本 ( 6 時 間 ) 1 介 護 職 の 役 割 専 門 性 と 2 時 間 介 護 環 境 の 特 徴 の 理 解 多 職 種 との 連 携 訪 問 介 護 と 施 設 介 護 サービスの 違 い 地 域 包 括 ケアの 方 向 性 介 護 の 専 門 性 重 度 化 防 止 介 護 職 員 初 任 者 研 修 カリキュラム 事 業 者 名 野 の 花 会 研 修 センター 研 修 事 業 の 名 称 野 の 花 会 研 修 センター 介 護 職 員 初 任 者 研 修 1 職 務 の 理 解 ( 6 時 間 ) 1 多 様 なサービスの 理 解 3 時 間 介 護 保 険 サービス( 居 宅 施 設 ) 介 護 保 険 外 サービス 2 介 護 職 の 仕 事 内 容

More information

001 表紙・目次 1-10

001 表紙・目次 1-10 第 5 章 地 域 保 健 医 療 計 画 東 部 保 健 医 療 圏 地 域 保 健 医 療 計 画 目 次 東 部 圏 域 で 取 り 組 む 主 要 課 題 と 対 策 170 東 部 保 健 医 療 圏 地 域 保 健 医 療 計 画 の 概 要 171 第 1 章 東 部 保 健 医 療 圏 の 1 人 口 173 2 人 口 動 態 175 3 予 防 保 健 に 関 する 況 178

More information

01第1章表紙

01第1章表紙 第 章 概 況 Ⅰ 県 南 地 域 の 概 況 () 地 勢 県 南 地 域 は 福 島 県 中 通 り 地 方 の 南 部 に 位 置 し 栃 木 茨 城 の 両 県 に 接 し 白 河 市 ( 平 成 7 年 月 7 日 白 河 市 表 郷 村 東 村 大 信 村 が 合 併 ) 西 白 河 郡 及 び 東 白 川 郡 の 市 4 町 4 村 からなり その 面 積 は,233.24km2と 県

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

地域ケアネットワーク事業

地域ケアネットワーク事業 飛 鳥 晴 山 苑 地 域 包 括 支 援 センター 包 括 的 継 続 的 ケアマネジメント 事 業 地 域 ケアネットワーク 事 業 在 宅 医 療 を 支 援 しよう! 在 宅 医 療 基 本 のき 2011 年 1 月 14 日 祐 ホームクリニック 在 宅 医 療 連 携 室 室 長 高 橋 由 利 子 1 自 己 紹 介 虎 の 門 病 院 勤 務 2010 年 3 月 慶 應 義 塾

More information

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する 資 料 2-2 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 に 関 する 意 見 書 ( 案 ) 平 成 28 年 1 月 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

地 域 のなかで 患 者 のために ~ 臨 床 医 一 筋 35 年 医 学 生 たちへのメッセージ~ 和 歌 山 生 協 病 院 附 属 診 療 所 所 長 小 西 教 之 - 小 西 教 之 医 師 - 1978 年 和 歌 山 県 立 医 大 卒 内 科 医 現 在 和 歌 山 生 協 病 院

地 域 のなかで 患 者 のために ~ 臨 床 医 一 筋 35 年 医 学 生 たちへのメッセージ~ 和 歌 山 生 協 病 院 附 属 診 療 所 所 長 小 西 教 之 - 小 西 教 之 医 師 - 1978 年 和 歌 山 県 立 医 大 卒 内 科 医 現 在 和 歌 山 生 協 病 院 02 地 域 のなかで 患 者 のために ~ 臨 床 医 一 筋 35 年 医 学 生 たちへのメッセージ~ 04 和 歌 山 民 医 連 にズームイン! 05 奨 学 金 制 度 のご 案 内 06 夏 こそ 現 場 実 習 へ!! 地 域 のなかで 患 者 のために ~ 臨 床 医 一 筋 35 年 医 学 生 たちへのメッセージ~ 和 歌 山 生 協 病 院 附 属 診 療 所 所 長 小 西

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

Ⅰ Ⅰ 方 法 等 について 1 介 護 給 付 費 書 等 の 受 付 について (1) 直 接 ( 窓 口 ) 受 付 ( 国 保 連 合 会 へ 直 接 書 等 を 持 ち 込 む 方 法 ) (ア) 締 切 毎 月 1 まで (イ) 時 間 午 前 8 時 分 から 午 後 5 時 15 分 受 付 最 終 1 については 土 曜 曜 及 び 祝 に 関 わらず 受 付 を 行 います (ウ)

More information

スライド 1

スライド 1 全 国 健 康 保 険 協 会 広 島 支 部 データヘルス 計 画 ~ 安 定 した 経 営 は 従 業 員 の 健 康 づくりから~ 概 要 版 ~ ヘルスケア 通 信 簿 に 基 づく 事 業 所 毎 の 健 康 課 題 の 把 握 と 特 徴 に 合 った 保 健 事 業 の 提 案 ~ ヘルスケア 通 信 簿 は 全 国 健 康 保 険 協 会 の 商 標 登 録 です 平 成 27 年

More information

糖尿病の歯科病変

糖尿病の歯科病変 第 21 回 健 康 セミナー 糖 尿 病 の 歯 科 病 変 水 俣 芦 北 郡 市 歯 科 医 師 会 井 上 真 樹 歯 周 病 って どんな 病 気? 年 齢 別 に 見 た 歯 周 病 罹 患 率 100% 80% 60% 40% 20% 0% 15-24 歳 1.3% 4.2% 25.7% 46.3% 0.0% 0.0% 49.8% 21.2% 42.3% 48.9% 0.0% 7.3%

More information

人生の最終段階における医療に関する意識調査 結果の概要

人生の最終段階における医療に関する意識調査 結果の概要 資 料 1 人 生 の 最 終 段 階 における 医 療 に 関 する 意 識 調 査 集 計 結 果 ( 速 報 )の 概 要 1 人 生 の 最 終 段 階 における 医 療 に 関 する 意 識 調 査 について 調 査 方 法 : 郵 送 調 査 < 一 般 国 民 > 20 歳 以 上 の 男 女 から 層 化 2 段 階 無 作 為 抽 出 < 医 師 看 護 師 施 設 介 護 職 員

More information

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 津 島 市 民 病 院 病 院 年 報 [ 平 成 22 年 度 ] 2 0 1 0 目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 10 年 度

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

栄養管理手順について

栄養管理手順について 栄 養 管 理 手 順 について 平 成 27 年 6 月 29 日 管 理 栄 養 士 栄 養 管 理 の 意 義 患 者 様 の 病 気 の 治 癒 回 復 を 支 援 し 手 術 などの 合 併 症 の 予 防 に 貢 献 すること 栄 養 ケア マネジメント 平 成 17 年 に 介 護 保 険 制 度 に 導 入 給 食 の 提 供 者 栄 養 療 法 を 担 う 医 療 チームの 一 員

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 における 主 要 改 定 項 目 について( 案 ) 1 / 30 目 次 重 点 課 題 1 救 急 産 科 小 児 外 科 等 の 医 療 の 再 建 重 点 課 題 1-1 地 域 連 携 による 救 急 患 者 の 受 入 れの 推 進 について 救 急 入 院 医 療 の 充 実 に 係 る 評 価... 1 地 域 の 連 携 による 救 急

More information

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造-

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造- 活 力 ある 健 康 長 寿 社 会 の 実 現 - 新 たな 政 策 パッケージの 創 造 - 自 民 党 国 際 保 健 医 療 戦 略 特 命 委 員 会 委 員 長 参 議 院 議 員 武 見 敬 三 これまでの 教 訓 医 療 政 策 は 経 済 政 策 労 働 政 策 社 会 福 祉 政 策 など 包 括 的 な 国 家 運 営 の 中 で 計 画 実 施 される 必 要 がある また

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

<計画策定にあたって>

<計画策定にあたって> 南 足 柄 市 特 定 健 康 診 査 特 定 保 健 指 導 実 施 計 画 ( 第 2 期 ) 南 足 柄 市 平 成 25 年 3 月 もくじ Ⅰ 計 画 の 概 要 1 計 画 を 策 定 するにあたって 1 (1) 背 景 と 趣 旨 (2) メタボリックシンドロームに 着 目 する 意 義 2 南 足 柄 市 の 概 要 3 (1) 人 口 (2) 老 年 人 口 率 (3) 死 亡

More information

脳卒中に関わるケアマネージャーを始めとする在宅医療に関わる方々への資料

脳卒中に関わるケアマネージャーを始めとする在宅医療に関わる方々への資料 Ⅰ 脳 卒 中 とは 1 脳 卒 中 の 主 な 種 類 と 原 因 脳 卒 中 = 脳 血 管 障 害 Stroke Cerebrovascular disease 脳 卒 中 とは 脳 の 血 管 に 異 常 ( 破 裂 閉 塞 )が 生 じて 中 枢 神 経 系 に 障 害 が 生 じる 病 態 の 総 称 である 脳 卒 中 は 以 下 の3つのタイプに 分 類 できる (1) 脳 内 出

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 在 宅 サービス 提 供 者 交 流 会 Copyright 2012 SAKURANOMORI All Rights Reserved. 株 式 会 社 さくらの 杜 代 表 取 締 役 ごあいさつ SAKURA 訪 問 看 護 リハビリステーション 昭 島 株 式 会 社 さくらの 杜 代 表 取 締 役 越 阪 部 修 一 自 己 紹 介 おさかべ しゅういち 越 阪 部 修 一 2000 年

More information

Microsoft Word - 概要版_130325_3

Microsoft Word - 概要版_130325_3 基 本 理 念 健 康 寿 命 を 延 伸 する 健 康 都 市 金 沢 金 沢 市 の 平 均 寿 命 と 健 康 寿 命 ( 平 成 22 年 ) 健 康 寿 命 とは 健 康 上 の 問 題 で 日 常 生 活 が 制 限 されることなく 生 活 できる 期 間 です 金 沢 市 の 平 成 22 年 の 健 康 寿 命 は 男 性 78.16 歳 女 性 83.17 歳 となり 平 均 寿

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度 八 幡 浜 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 2 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (26 年 1 月 1 日 ) 37,38 出 額 A 18,314,46 実 質 収 支 36,717 件 費 B 2,86,4 件 費 率 B/A % 1.6 ( 参 考 ) 24 年 度 の 件 費 率 % 1.7 (2) 職

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要 市 民 の 健 康 ~ が ん の 予 防 と 体 操 で 健 康 づ く り ~ 1 挨 拶 こ ん に ち は 長 久 手 市 役 所 健 康 推 進 課 の 伊 藤 と 申 し ま す 本 日 は よ ろ し く お 願 い し ま す 座 っ た ま ま で 説 明 さ せ て い た だ き ま す 今 回 の タ イ ト ル は 市 民 の 健 康 が ん の 予 防 と 体 操 で 健

More information

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A 平 成 27 年 10 月 ( 第 3 版 ) 兵 庫 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必

More information

<4D F736F F D B8905F89C ED288E397C38AD A793788AEE C E646F6378>

<4D F736F F D B8905F89C ED288E397C38AD A793788AEE C E646F6378> 精 神 科 医 療 関 連 制 度 基 礎 テキスト 第 3 章 基 本 診 療 料 ( 特 定 入 院 料 と 他 科 受 診 ) Ⅰ. 特 定 入 院 料 1. 特 定 入 院 料 とは 基 本 診 療 料 特 掲 診 療 料 特 定 入 院 料 入 院 基 本 料 入 院 基 本 料 等 の 一 部 + + 入 院 基 本 料 等 の 一 部 特 掲 診 療 料 の 一 部 又 は 殆 どが

More information