Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 逗 子 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 ( 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ) 策 定 に 向 けた ア ン ケ ー ト 調 査 結 果 報 告 書 平 成 26 年 3 月 逗 子 市

2

3 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 3 2 調 査 対 象 及 び 方 法 3 3 回 収 状 況 4 4 報 告 書 を 読 む 際 の 注 意 点 4 5 調 査 項 目 5 6 回 収 の 前 提 9 (1) 記 入 代 行 者 9 Ⅱ 調 査 結 果 及 び 分 析 1 回 答 者 の 属 性 13 (1) 性 別 13 (2) 年 齢 14 (3) 居 住 地 区 15 (4) 市 内 居 住 期 間 16 (5) 家 族 関 係 17 (6) 経 済 関 係 23 2 保 健 医 療 24 (1) 保 健 24 (2) 医 療 46 (3) 介 護 予 防 サービス 55 3 生 活 環 境 生 活 支 援 61 (1) 生 活 環 境 61 (2) 日 常 生 活 76 (3) 介 護 者 80 (4) 虐 待 93 (5)ケアマネジャーからみた 成 年 後 見 制 度 96 (6) 生 活 支 援 サービス 98 4 住 まい 108 (1) 住 居 社 会 参 加 112 (1) 人 的 交 流 112 (2) 地 域 活 動 116 (3) 仕 事 121

4 6 介 護 保 険 全 般 122 (1) 介 護 生 活 122 (2) 介 護 保 険 料 利 用 前 手 続 130 (1) 要 介 護 認 定 手 続 介 護 保 険 サービスの 利 用 133 (1) 介 護 保 険 サービス 利 用 の 有 無 133 (2)ケアプラン 138 (3) 居 宅 サービス 利 用 141 (4) 施 設 サービス 利 用 156 (5) 介 護 予 防 サービス 167 (6) 利 用 料 介 護 サービスの 提 供 171 (1)ケアマネジャー 171 (2) 介 護 サービス 事 業 者 211 (3) 介 護 保 険 制 度 円 滑 運 営 のために 市 に 必 要 な 取 り 組 み 施 策 全 般 250 (1) 市 の 高 齢 者 保 健 福 祉 サービスや 介 護 保 険 制 度 全 般 の 改 善 についての 意 見 250 (2) 国 県 市 に 対 する 意 見 等 263 Ⅲ 資 料 - 調 査 票 1 一 般 高 齢 者 要 介 護 認 定 者 介 護 者 サービス 提 供 事 業 所 介 護 支 援 専 門 員 326

5 Ⅰ 調 査 の 概 要 1

6 2

7 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 逗 子 市 では 平 成 27 年 度 以 降 の 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 を 策 定 するにあたり 基 礎 調 査 の 一 環 として サー ビスを 利 用 する 側 ( 要 支 援 要 介 護 認 定 者 介 護 者 一 般 高 齢 者 )と 提 供 する 側 (サービス 提 供 事 業 所 介 護 支 援 専 門 員 (ケアマネジャー))に 対 するアンケート 調 査 を 実 施 しました 市 民 が 安 心 して 心 豊 かに 過 ごしていくためには 地 域 の 中 で 自 立 的 に 生 活 や 健 康 づくりを 実 践 していけ るような 環 境 づくり 必 要 に 応 じて 相 談 やサービス 利 用 が 展 開 できるような 環 境 づくりが 望 まれます そのた め 介 護 保 険 制 度 では 介 護 医 療 住 まい 生 活 支 援 介 護 予 防 が 一 体 的 に 提 供 される 地 域 包 括 ケアシス テム の 構 築 が 求 められています そこで 平 成 24 年 3 月 に 策 定 した 現 行 の 逗 子 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 ( 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) の 見 直 しにあたり 高 齢 者 等 の 実 状 や 各 種 事 業 の 現 状 と 課 題 を 把 握 し 制 度 改 正 を 反 映 した 次 期 プランを 策 定 するための 基 礎 資 料 として アンケート 調 査 を 実 施 しました 本 報 告 書 は このような 意 図 に 基 づき 行 われたアンケート 調 査 の 結 果 を 報 告 するものです 2 調 査 対 象 及 び 方 法 (1) 調 査 対 象 及 び 抽 出 方 法 抽 出 数 種 別 調 査 対 象 及 び 抽 出 方 法 抽 出 数 一 般 高 齢 者 平 成 25 年 11 月 1 日 現 在 で 65 歳 以 上 の 方 ( 要 介 護 ( 要 支 援 ) 認 定 1000 名 者 を 除 く)から 無 作 為 に 抽 出 要 介 護 認 定 者 等 平 成 25 年 11 月 1 日 現 在 で 要 支 援 要 介 護 認 定 を 受 けている 方 か 1000 名 ( 調 査 名 は 要 介 護 認 定 者 と 総 称 ) ら 要 介 護 ( 支 援 ) 度 別 層 化 比 例 無 作 為 法 により 抽 出 介 護 者 要 介 護 認 定 者 等 個 別 調 査 票 を 送 付 した 方 の 介 護 者 1000 名 サービス 提 供 事 業 所 介 護 支 援 専 門 員 (ケアマネジャー) 逗 子 市 すべての 介 護 保 険 事 業 所 (ただし 居 宅 療 養 管 理 指 導 のみ 提 供 し ている 事 業 所 は 除 く) 鎌 倉 市 横 須 賀 市 葉 山 町 金 沢 区 平 成 25 年 7~9 月 に 給 付 実 績 がある 事 業 所 逗 子 市 鎌 倉 市 横 須 賀 市 葉 山 町 金 沢 区 居 宅 : 逗 子 市 介 護 保 険 被 保 険 者 の 担 当 をしているケアマネジャー 施 設 : 逗 子 市 介 護 保 険 被 保 険 者 が 入 所 している 施 設 のケアマネジ ャー 250 事 業 所 居 宅 :121 名 施 設 :119 名 計 240 名 3

8 (2) 調 査 票 の 配 布 回 収 方 法 及 び 調 査 の 実 施 時 期 1 調 査 票 の 配 布 回 収 方 法 : 郵 送 による 配 布 回 収 ( 督 促 1 回 ) 2 調 査 実 施 時 期 : 平 成 25 年 11 月 28 日 ( 木 )~12 月 18 日 ( 水 ) 3 回 収 状 況 調 査 対 象 者 配 布 数 回 収 数 無 効 票 白 票 有 効 回 収 票 数 回 収 率 一 般 高 齢 者 1, 要 介 護 認 定 者 1, 介 護 者 1, サービス 提 供 事 業 所 介 護 支 援 専 門 員 報 告 書 を 読 む 際 の 注 意 点 調 査 結 果 の 比 率 は その 設 問 の 回 答 者 数 を 基 数 (n)として 小 数 点 以 下 第 2 位 を 四 捨 五 入 して 算 出 しています 四 捨 五 入 の 関 係 で 合 計 が 100にならない 場 合 があります 複 数 回 答 形 式 の 場 合 回 答 比 率 の 合 計 は 通 常 100を 超 えます 選 択 肢 の 語 句 が 長 い 場 合 本 文 や 表 グラフ 中 では 省 略 した 表 現 を 用 いています 4

9 5 調 査 項 目 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 介 護 者 属 性 性 別 Ⅰ 問 1 性 別 Ⅰ 問 1 年 齢 Ⅰ 問 2 年 齢 Ⅰ 問 2 家 族 構 成 Ⅰ 問 3-1 家 族 構 成 Ⅰ 問 3-1 ひとり 暮 らしの 親 族 の 住 まい Ⅰ 問 3-2 ひとり 暮 らしの 親 族 の 住 ま い Ⅰ 問 3-2 同 居 家 族 人 数 関 係 Ⅰ 問 3-3 同 居 家 族 人 数 関 係 Ⅰ 問 3-3 普 段 誰 と 一 緒 に 過 ごし 普 段 誰 と 一 緒 に 過 ごして Ⅰ 問 3-4 ているか いるか Ⅰ 問 3-4 介 護 介 助 が 必 要 な 同 居 家 Ⅰ 問 3-5 族 の 有 無 介 護 介 助 が 必 要 な 具 体 的 Ⅰ 問 同 居 家 族 要 介 護 度 Ⅰ 問 4-1 介 助 介 護 が 必 要 か Ⅰ 問 4-1 要 介 護 度 Ⅱ 問 1-2 介 護 介 助 が 必 要 になっ 介 護 介 助 が 必 要 になった Ⅰ 問 4-2 た 原 因 原 因 Ⅰ 問 4-2 介 護 等 が 必 要 だが 要 介 護 認 定 申 請 をしない 理 由 Ⅰ 問 4-3 悩 み 相 談 ごとに 乗 ってく 悩 み 相 談 ごとに 乗 ってくれ Ⅰ 問 5-1 Ⅰ 問 5-1 れる 人 の 有 無 る 人 の 有 無 家 事 を 手 伝 ってくれる 人 家 事 を 手 伝 ってくれる 人 の Ⅰ 問 5-2 の 有 無 有 無 Ⅰ 問 5-2 災 害 緊 急 時 に 支 援 をし 災 害 緊 急 時 に 支 援 をして Ⅰ 問 5-3 てくれる 人 の 有 無 くれる 人 の 有 無 Ⅰ 問 5-3 具 体 的 援 助 者 Ⅰ 問 5-4 具 体 的 援 助 者 Ⅰ 問 5-4 保 健 福 祉 制 度 につき 相 談 しやすい 所 Ⅰ 問 6 保 健 福 祉 制 度 につき 相 談 しやすい 所 Ⅰ 問 6 現 在 の 心 配 事 困 りごと Ⅰ 問 7 現 在 の 心 配 事 困 りごと Ⅰ 問 7 収 入 のある 仕 事 への 従 事 の 有 無 Ⅰ 問 8-1 収 入 のある 仕 事 への 従 事 の 有 無 Ⅰ 問 8-1 世 帯 の 年 収 Ⅰ 問 8-2 世 帯 の 年 収 Ⅰ 問 8-2 暮 らし 向 き Ⅰ 問 8-3 暮 らし 向 き Ⅰ 問 8-3 市 内 居 住 期 間 Ⅰ 問 9-1 市 内 居 住 期 間 Ⅰ 問 9-1 居 住 地 区 Ⅰ 問 9-2 居 住 地 区 Ⅰ 問 9-2 住 居 の 種 類 Ⅰ 問 9-3 住 居 の 種 類 Ⅰ 問 9-3 住 居 の 形 態 Ⅰ 問 9-4 住 居 の 形 態 Ⅰ 問 階 以 上 住 まいでの EV 等 の 設 置 の 有 無 Ⅰ 問 9-5 住 まいは2 階 以 上 か Ⅰ 問 9-5 Ⅰ 問 階 以 上 住 まいでの EV 等 の 設 置 の 有 無 Ⅰ 問 健 康 主 観 的 健 康 状 態 Ⅱ 問 1 主 観 的 健 康 状 態 Ⅱ 問 1 治 療 中 等 の 病 気 の 種 類 Ⅱ 問 2 治 療 中 等 の 病 気 の 種 類 Ⅱ 問 2 服 用 薬 の 種 類 Ⅱ 問 3 服 用 薬 の 種 類 Ⅱ 問 3 治 療 中 か Ⅱ 問 4 治 療 中 か Ⅱ 問 4 通 院 方 法 Ⅱ 問 4-1 通 院 方 法 Ⅱ 問 4-1 通 院 場 所 Ⅱ 問 4-2 通 院 場 所 Ⅱ 問 4-2 通 院 頻 度 Ⅱ 問 4-3 通 院 頻 度 Ⅱ 問 4-3 通 院 に 介 助 が 必 要 か Ⅱ 問 4-4 通 院 に 介 助 が 必 要 か Ⅱ 問 4-4 精 神 的 健 康 状 態 Ⅱ 問 5 精 神 的 健 康 状 態 Ⅱ 問 5 転 倒 Ⅱ 問 6 転 倒 Ⅱ 問 6 骨 粗 鬆 症 予 防 対 策 Ⅱ 問 7 体 重 減 少 の 有 無 Ⅱ 問 7 体 重 減 少 の 有 無 Ⅱ 問 8 身 長 体 重 (BMI) Ⅱ 問 8 身 長 体 重 (BMI) Ⅱ 問 9 口 腔 機 能 Ⅱ 問 9 口 腔 機 能 Ⅱ 問 10 保 健 福 祉 制 度 につき 相 談 しやすい 所 Ⅵ 問 2 5

10 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 介 護 者 1 日 の 食 事 回 数 Ⅱ 問 10 1 日 の 食 事 回 数 Ⅱ 問 11 食 事 を 抜 くことがあるか Ⅱ 問 11 食 事 を 抜 くことがあるか Ⅱ 問 12 他 者 と 食 事 をする 機 会 Ⅱ 問 12 他 者 と 食 事 をする 機 会 Ⅱ 問 13 食 事 をともにする 相 手 Ⅱ 問 12-1 食 事 をともにする 相 手 Ⅱ 問 13-1 もの 忘 れ Ⅱ 問 13 もの 忘 れ Ⅱ 問 14 日 常 生 活 日 常 生 活 状 況 Ⅲ 問 1 日 常 生 活 状 況 Ⅲ 問 1 日 常 生 活 で 困 っている 事 Ⅲ 問 2 日 常 生 活 で 困 っている 事 Ⅲ 問 2 外 出 外 出 状 況 Ⅳ 問 1 外 出 状 況 Ⅳ 問 1 社 会 参 加 外 出 を 控 えている 理 由 Ⅳ 問 1-1 外 出 を 控 えている 理 由 Ⅳ 問 1-1 買 物 散 歩 の 頻 度 Ⅳ 問 2 買 物 散 歩 の 頻 度 Ⅳ 問 2 外 出 の 際 の 移 動 手 段 Ⅳ 問 3 外 出 の 際 の 移 動 手 段 Ⅳ 問 3 Ⅳ 問 4 人 との 交 流 の 程 度 Ⅳ 問 4 地 域 活 動 等 参 加 状 況 Ⅳ 問 5 友 人 等 と 会 う 頻 度 Ⅳ 問 月 で 会 った 友 人 等 の 数 Ⅳ 問 5-2 よく 会 う 知 人 等 との 関 係 Ⅳ 問 5-3 団 体 活 動 参 加 状 況 参 加 意 向 Ⅳ 問 6 福 祉 活 動 等 参 加 状 況 参 加 意 向 Ⅳ 問 7 介 護 保 険 介 護 保 険 料 負 担 者 Ⅴ 問 1 介 護 保 険 料 負 担 者 Ⅴ 問 1 一 般 納 付 額 認 知 度 Ⅴ 問 1-2 納 付 額 認 知 度 Ⅴ 問 1-2 介 護 保 険 料 負 担 感 Ⅴ 問 1-3 介 護 保 険 料 負 担 感 Ⅴ 問 1-3 介 護 サービスと 保 険 料 との 在 り 方 Ⅴ 問 1-4 介 護 サービスと 保 険 料 との 在 り 方 Ⅴ 問 1-4 要 介 護 者 の 日 常 生 活 自 立 度 Ⅱ 問 1-3 認 知 症 対 応 で 困 る 点 Ⅱ 問 適 切 な 値 上 げ 額 Ⅴ 問 適 切 な 値 上 げ 額 Ⅴ 問 今 後 充 実 してほしい 介 護 サ Ⅴ 問 2 ービス 希 望 介 護 方 法 Ⅴ 問 2 希 望 介 護 方 法 Ⅴ 問 3 必 要 時 に 要 介 護 認 定 申 請 をするか Ⅴ 問 3-1 現 在 の 生 活 場 所 Ⅴ 問 3-2 要 介 護 認 定 申 請 をしない 理 Ⅴ 問 由 現 在 の 生 活 場 所 Ⅱ 問 1-1 介 護 サービス 利 用 の 有 無 Ⅴ 問 4 今 後 充 実 してほしい 介 護 サ 介 護 サービス 利 用 の 有 Ⅴ 問 4 ービス 無 Ⅱ 問 2 利 用 していない 理 由 Ⅴ 問 5-1 今 後 利 用 を 考 えている 介 護 Ⅴ 問 5-2 サービスの 性 質 考 えている 在 宅 サービス Ⅴ 問 考 えている 入 所 等 の 施 設 Ⅴ 問 居 宅 ケアプラン 認 知 度 Ⅴ 問 ケアプラン 認 知 度 Ⅲ 問 1-1 サービス ケアプラン 不 満 点 Ⅴ 問 ケアプラン 不 満 点 Ⅲ 問 ケアマネとの 連 絡 者 Ⅲ 問 2-1 ケアマネ 等 に 対 する 不 満 点 Ⅴ 問 ケアマネ 不 満 点 Ⅲ 問 2-2 利 用 サービス 不 満 点 Ⅴ 問 事 業 所 選 択 の 際 の 重 視 点 Ⅴ 問 利 用 限 度 額 とサービス 利 用 Ⅴ 問 限 度 額 を 超 えて 利 用 してい る 理 由 Ⅴ 問 利 用 限 度 額 を 超 えて 主 に 利 用 しているサービス Ⅴ 問 利 用 サービス Ⅲ 問 3-1 6

11 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 介 護 者 限 度 額 未 満 の 利 用 の 場 合 Ⅴ 問 限 度 額 の 何 割 の 利 用 か 限 度 額 まで 利 用 していない Ⅴ 問 理 由 施 設 施 設 入 所 等 希 望 の 有 無 Ⅴ 問 サービス 申 し 込 んでいる 施 設 Ⅴ 問 希 望 入 居 施 設 の 種 類 Ⅴ 問 入 所 入 居 希 望 理 由 Ⅴ 問 入 所 入 居 希 望 時 期 Ⅴ 問 入 所 待 機 期 間 Ⅴ 問 入 所 以 前 の 生 活 場 所 Ⅴ 問 もっと 利 用 したいサービ ス 利 用 しにくいサービ ス Ⅲ 問 3-2 今 後 の 希 望 生 活 場 所 Ⅴ 問 7-3 今 後 の 希 望 生 活 場 所 Ⅲ 問 2 施 設 内 要 介 護 認 定 調 査 立 ち 合 いの 有 無 Ⅲ 問 1-2 施 設 サービス 不 満 点 Ⅴ 問 7-2 施 設 に 対 する 不 満 点 Ⅲ 問 1-3 施 設 ケアプラン 認 知 度 Ⅴ 問 7-4 施 設 ケアプラン 認 知 度 Ⅲ 問 1-1 施 設 ケアプラン 満 足 度 Ⅴ 問 利 用 している 介 護 予 防 サー Ⅴ 問 8-1 ビス 利 用 できなくなった 場 合 に 支 障 を 来 たすサービス Ⅴ 問 8-2 利 用 料 負 担 者 Ⅴ 問 9-1 利 用 料 支 払 額 認 知 度 Ⅴ 問 9-2 月 当 たり 利 用 料 支 払 額 Ⅴ 問 9-3 介 護 者 利 用 料 負 担 感 Ⅴ 問 9-4 その 他 介 護 者 の 人 数 Ⅰ 問 1-1 同 居 介 護 者 の 人 数 Ⅰ 問 1-2 主 な 介 護 者 Ⅰ 問 4-3 主 な 介 護 者 Ⅰ 問 4-4 主 な 介 護 者 との 関 係 Ⅰ 問 2-1 主 な 介 護 者 との 同 居 の 有 無 Ⅰ 問 4-4 主 な 介 護 者 との 同 居 の 有 無 Ⅰ 問 主 な 介 護 者 の 同 居 の 有 無 Ⅰ 問 2-4 主 な 介 護 者 の 性 別 Ⅰ 問 2-2 主 な 介 護 者 の 年 齢 Ⅰ 問 4-5 主 な 介 護 者 の 年 齢 Ⅰ 問 主 な 介 護 者 の 年 齢 Ⅰ 問 2-3 主 な 介 護 者 の 到 達 時 間 Ⅰ 問 介 護 期 間 Ⅰ 問 3 主 な 介 護 者 の 状 況 Ⅰ 問 4-6 主 な 介 護 者 の 状 況 Ⅰ 問 困 っている 点 Ⅰ 問 4 高 齢 者 福 祉 サービス 等 利 用 状 況 利 用 意 向 Ⅵ 問 1 高 齢 者 福 祉 サービス 利 用 状 況 利 用 意 向 介 護 予 防 サービス 利 用 状 況 利 用 意 向 Ⅵ 問 1 Ⅵ 問 2 ふれあいサロン 参 加 意 向 Ⅵ 問 3-1 ふれあいサロンで 行 いたい こと Ⅵ 問 3-2 介 護 負 担 感 の 有 無 Ⅰ 問 5-1 介 護 負 担 感 相 談 の 有 無 Ⅰ 問 介 護 負 担 感 相 談 相 手 Ⅰ 問 介 護 負 担 感 相 談 しない 理 由 Ⅰ 問 高 齢 者 福 祉 サービス 利 用 状 況 Ⅴ 問 1 希 望 する 生 活 支 援 のサ ービス Ⅴ 問 3-3 利 用 している 福 祉 サービ Ⅵ 問 1 ス サービスにつき 相 談 しや Ⅵ 問 2 すい 所 自 由 意 見 Ⅵ 問 2 自 由 意 見 Ⅵ 問 4 自 由 意 見 8 問 3 7

12 介 護 支 援 専 門 員 サービス 提 供 事 業 所 性 別 Ⅰ 問 1 概 要 Ⅰ 問 1 年 齢 Ⅰ 問 2 市 内 での 介 護 サービス 提 供 の 実 績 と 予 定 Ⅰ 問 2-1 経 験 年 数 Ⅰ 問 3 新 たなサービスの 実 施 予 定 Ⅰ 問 2-2 他 の 保 有 資 格 Ⅰ 問 4 保 健 福 祉 関 連 サービス 実 施 状 況 実 施 予 定 Ⅰ 問 3 所 属 施 設 機 関 Ⅰ 問 5 地 域 密 着 サービス 実 施 状 況 実 施 予 定 Ⅰ 問 4 所 属 施 設 機 関 の 事 業 所 形 態 Ⅰ 問 6 利 用 者 希 望 どおりのサービス 提 供 の 有 無 Ⅰ 問 5 事 業 所 は 併 設 か Ⅰ 問 7 事 業 展 開 で 苦 慮 している 点 Ⅰ 問 6 併 設 サービスの 種 類 Ⅰ 問 7-1 有 効 な 情 報 源 Ⅰ 問 7 勤 務 形 態 Ⅱ 問 1 関 係 者 との 連 携 連 絡 Ⅰ 問 8 専 任 か Ⅱ 問 2 緊 急 事 態 対 策 マニュアル 作 成 の 有 無 Ⅰ 問 9 ケアマネ 業 務 の 割 合 Ⅱ 問 2-1 利 用 者 等 からの 苦 情 相 談 点 Ⅰ 問 10-1 兼 務 している 業 務 の 種 類 Ⅱ 問 2-2 苦 情 相 談 用 の 特 別 機 関 設 置 の 有 無 Ⅰ 問 週 間 の 実 労 働 時 間 Ⅱ 問 3 設 置 している 特 別 機 関 Ⅰ 問 キャリアアップを 考 えているか Ⅱ 問 4 設 置 していない 場 合 の 苦 情 相 談 対 処 方 法 Ⅰ 問 依 頼 主 の 居 住 地 Ⅲ 問 1-1 教 育 研 修 取 組 方 法 Ⅰ 問 11-1 依 頼 主 の 最 も 多 い 居 住 地 Ⅲ 問 1-2 研 修 会 講 習 会 のテーマ Ⅰ 問 ケアプラン 作 成 件 数 給 付 管 理 業 務 担 当 件 数 Ⅲ 問 2-1 良 質 なサービス 提 供 のために 市 に 期 待 すること Ⅱ 問 1 適 切 な 担 当 利 用 者 人 数 Ⅲ 問 2-2 移 送 サービス 実 施 状 況 実 施 意 向 Ⅱ 問 2 実 施 業 務 件 数 Ⅲ 問 2-3 介 護 保 険 制 度 円 滑 運 営 のために 市 に 必 要 な 取 り 組 み Ⅱ 問 3 給 付 管 理 業 務 実 施 方 法 Ⅲ 問 2-4 自 由 意 見 Ⅱ 問 4 ケアプラン 作 成 に 関 し 重 視 する 点 Ⅲ 問 3-1 ケアプラン 作 成 姿 勢 Ⅲ 問 3-2 所 属 事 務 所 による 経 営 的 観 点 からの 介 入 Ⅲ 問 3-3 作 成 にあたり 困 る 点 Ⅲ 問 3-4 困 った 時 の 相 談 相 手 Ⅲ 問 3-5 利 用 者 本 位 のために 心 がけていること Ⅲ 問 4 サービス 担 当 者 会 議 での 主 治 医 との 連 携 頻 度 Ⅲ 問 5-1 実 施 していない 理 由 Ⅲ 問 5-2 担 当 者 会 議 で 問 題 となる 点 Ⅲ 問 5-3 モニタリング 実 施 での 問 題 点 Ⅲ 問 6 サービス 担 当 者 間 の 連 絡 方 法 Ⅲ 問 7-1 緊 急 時 への 対 策 Ⅲ 問 7-2 地 域 包 括 支 援 センターとの 連 携 に 関 する 意 見 Ⅲ 問 7-3 不 足 している 介 護 サービス Ⅳ 問 1-1 質 の 悪 い 介 護 サービス Ⅳ 問 1-2 需 要 増 加 の 見 込 まれる 介 護 サービス Ⅳ 問 1-3 今 後 も 必 要 な 福 祉 サービス Ⅳ 問 1-4 サービス 利 用 に 関 する 意 見 Ⅳ 問 2 成 年 後 見 制 度 Ⅴ 問 1 高 齢 者 虐 待 把 握 の 有 無 Ⅴ 問 2-1 担 当 案 件 での 虐 待 の 種 類 Ⅴ 問 2-2 ケアマネジメントのために 今 後 必 要 と 思 われる 事 項 Ⅴ 問 3 良 質 なサービス 提 供 のために 市 に 期 待 すること Ⅴ 問 4 介 護 保 険 制 度 円 滑 運 営 のために 市 に 必 要 な 取 り 組 み Ⅴ 問 5 自 由 意 見 Ⅴ 問 6 8

13 6 回 収 の 前 提 (1) 記 入 代 行 者 問 最 初 にこの 調 査 にご 回 答 いただく 方 についておたずねします 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () ご 本 人 自 らが 回 答 ご 本 人 の 回 答 を 別 の 方 が 代 筆 ご 本 人 の 思 いを 想 定 し 別 の 方 が 代 理 で 回 答 全 体 (n) 要 介 護 認 定 者 調 査 では ご 本 人 自 らが 回 答 が 34.0で 最 も 多 く ご 本 人 の 思 いを 想 定 し 別 の 方 が 代 理 で 回 答 が 29.0 ご 本 人 の 回 答 を 別 の 方 が 代 筆 が 16.7で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では ご 本 人 自 らが 回 答 が 82.2で 最 も 多 く ご 本 人 の 回 答 を 別 の 方 が 代 筆 が 2.8 ご 本 人 の 思 いを 想 定 し 別 の 方 が 代 理 で 回 答 が 0.4で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 20.3 ご 本 人 自 らが 回 答 34.0 ご 本 人 の 思 いを 想 定 し 別 の 方 が 代 理 で 回 答 総 数 586 ご 本 人 の 回 答 を 別 の 方 が 代 筆 2.8 総 数 748 ご 本 人 の 思 い を 想 定 し 別 の 方 が 代 理 で 回 答 29.0 ご 本 人 の 回 答 を 別 の 方 が 代 筆 16.7 ご 本 人 自 らが 回 答

14 問 別 の 方 が 代 筆 代 理 で 回 答 とお 答 えの 方 におたずねします それは ご 本 人 からみてどなたですか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 配 偶 者 子 兄 弟 姉 妹 孫 親 その 他 全 体 (n) 具 体 的 に 記 入 を 代 行 した 方 につき 要 介 護 認 定 者 調 査 では 子 が 59.0で 最 も 多 く 配 偶 者 が 20.9 その 他 が 13.1 親 が 1.1で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 子 が 54.2で 最 も 多 く 配 偶 者 が 8.3 兄 弟 姉 妹 が 4.2 孫 が 4.2で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 親 1.1 その 他 配 偶 者 配 偶 者 8.3 孫 0.7 兄 弟 姉 妹 0.7 総 数 268 子 59.0 その 他 4.2 親 0.0 孫 4.2 兄 弟 姉 妹 4.2 総 数 24 子

15 Ⅱ 調 査 結 果 及 び 分 析 11

16 12

17 Ⅱ 調 査 結 果 及 び 分 析 1 回 答 者 の 属 性 (1) 性 別 問 あなたの 性 別 はどちらですか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 男 性 女 性 全 体 (n) Ⅰ 問 1 Ⅰ 問 1 要 介 護 認 定 者 調 査 では 女 性 が 67.7 男 性 が 31.1となっています 一 般 高 齢 者 調 査 では 女 性 が 61.5 男 性 が 38.1となっています 要 介 護 認 定 者 1.2 一 般 高 齢 者 0.4 男 性 31.1 男 性 38.1 女 性 67.7 総 数 586 女 性 61.5 総 数

18 (2) 年 齢 問 あなたの 年 齢 はおいくつですか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 40~64 歳 ~69 歳 ~74 歳 ~79 歳 ~84 歳 歳 以 上 歳 以 上 全 体 (n) Ⅰ 問 2 Ⅰ 問 2 要 介 護 認 定 者 調 査 では 85 歳 以 上 が 50.0で 最 も 多 く 80~84 歳 が ~79 歳 が ~74 歳 が 6.5で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 65~69 歳 が 29.5で 最 も 多 く 70~74 歳 が ~79 歳 が ~84 歳 が 14.6で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 ~69 歳 ~74 歳 ~79 歳 歳 以 上 ~89 歳 ~84 歳 ~84 歳 ~69 歳 歳 以 上 50.0 総 数 586 総 数 ~89 歳 ~79 歳 ~74 歳

19 (3) 居 住 地 区 問 お 住 まいはどちらですか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 逗 子 桜 山 沼 間 池 子 山 の 根 久 木 小 坪 新 宿 全 体 (n) Ⅰ 問 9-2 Ⅰ 問 9-2 要 介 護 認 定 者 調 査 では 久 木 が 17.1で 最 も 多 く 桜 山 が 16.6 沼 間 が 15.7 小 坪 が 14.2で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 新 宿 が 48.7で 最 も 多 く 小 坪 が 18.4 山 の 根 が 11.4 久 木 が 8.7で 続 きます 一 般 高 齢 者 総 数 = 逗 子 12.2 桜 山 沼 間 池 子 10.2 山 の 根 3.6 久 木 17.9 小 坪 13.8 新 宿 要 介 護 認 定 者 総 数 = 逗 子 13.7 桜 山 沼 間 池 子 10.9 山 の 根 5.3 久 木 17.1 小 坪 14.2 新 宿

20 (4) 市 内 居 住 期 間 問 あなたが 逗 子 市 にお 住 まいの 期 間 は 通 算 でどのくらいですか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 1 年 未 満 年 以 上 3 年 未 満 年 以 上 5 年 未 満 年 以 上 10 年 未 満 年 以 上 20 年 未 満 年 以 上 30 年 未 満 年 以 上 40 年 未 満 年 以 上 全 体 (n) Ⅰ 問 9-1 Ⅰ 問 9-1 要 介 護 認 定 者 調 査 では 40 年 以 上 が 59.2で 最 も 多 く 30 年 以 上 40 年 未 満 が 年 以 上 20 年 未 満 が 年 以 上 30 年 未 満 が 4.9で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 40 年 以 上 が 48.7で 最 も 多 く 30 年 以 上 40 年 未 満 が 年 以 上 20 年 未 満 が 年 以 上 30 年 未 満 が 8.7で 続 きます 要 介 護 認 定 者 総 数 = 年 未 満 1 年 以 上 3 年 未 満 3 年 以 上 5 年 未 満 5 年 以 上 10 年 未 満 10 年 以 上 20 年 未 満 20 年 以 上 30 年 未 満 年 以 上 40 年 未 満 年 以 上 一 般 高 齢 者 総 数 = 年 未 満 年 以 上 3 年 未 満 年 以 上 5 年 未 満 年 以 上 10 年 未 満 10 年 以 上 20 年 未 満 年 以 上 30 年 未 満 30 年 以 上 40 年 未 満 40 年 以 上

21 (5) 家 族 関 係 1 回 答 者 の 家 族 構 成 問 家 族 構 成 についておたずねします 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () ひとり 暮 らし 配 偶 者 のみ(あなたと 二 人 世 帯 ) 配 偶 者 以 外 の 65 歳 以 上 の 方 との 世 帯 その 他 の 世 帯 ( 同 居 世 帯 ) 全 体 (n) Ⅰ 問 3-1 Ⅰ 問 3-1 要 介 護 認 定 者 調 査 では ひとり 暮 らし が 32.1で 最 も 多 く その 他 の 世 帯 ( 同 居 世 帯 ) が 27.6 配 偶 者 のみ(あなたと 二 人 世 帯 ) が 22.0 配 偶 者 以 外 の 65 歳 以 上 の 方 との 世 帯 が 10.4で 続 き ます 一 般 高 齢 者 調 査 では 配 偶 者 のみ(あなたと 二 人 世 帯 ) が 32.1で 最 も 多 く その 他 の 世 帯 ( 同 居 世 帯 ) が 32.0 ひとり 暮 らし が 25.8 配 偶 者 以 外 の 65 歳 以 上 の 方 との 世 帯 が 4.4で 続 き ます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 その 他 の 世 帯 ( 同 居 世 帯 ) 総 数 586 ひとり 暮 らし 32.1 その 他 の 世 帯 ( 同 居 世 帯 ) 総 数 748 ひとり 暮 らし 25.8 配 偶 者 以 外 の 65 歳 以 上 の 方 との 世 帯 10.4 配 偶 者 のみ(あ なたと 二 人 世 帯 ) 22.0 配 偶 者 以 外 の65 歳 以 上 の 方 との 世 帯 4.4 配 偶 者 のみ(あな たと 二 人 世 帯 )

22 2 ひとり 暮 らしの 方 で 近 所 に 親 族 がいるか 問 ひとり 暮 らし とお 答 えの 方 親 族 は どちらにお 住 まいですか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 7つまでの 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 二 世 帯 住 宅 にいるが 生 活 は 別 同 じ 敷 地 内 にいるが 生 活 は 別 近 所 ( 歩 ける 範 囲 )にいる 近 所 ではないが 市 内 にいる 県 内 ( 市 外 )にいる 県 外 にいる その 他 親 族 はいない 全 体 (n) Ⅰ 問 3-2 Ⅰ 問 3-2 要 介 護 認 定 者 調 査 では 県 内 ( 市 外 )にいる が 40.4で 最 も 多 く 県 外 にいる が 22.3 近 所 ( 歩 ける 範 囲 )にいる が 16.0 近 所 ではないが 市 内 にいる が 12.8で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 県 内 ( 市 外 )にいる が 37.3で 最 も 多 く 県 外 にいる が 28.0 近 所 ( 歩 ける 範 囲 )にいる が 15.5 近 所 ではないが 市 内 にいる が 8.3で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 総 数 =188 ( 複 数 回 答 ) 総 数 =193 ( 複 数 回 答 ) 県 内 ( 市 外 )にいる 40.4 県 内 ( 市 外 )にいる 37.3 県 外 にいる 22.3 県 外 にいる 28.0 近 所 ( 歩 ける 範 囲 )にいる 16.0 近 所 ( 歩 ける 範 囲 )にいる 15.5 近 所 ではないが 市 内 にいる 12.8 近 所 ではないが 市 内 にいる 8.3 二 世 帯 住 宅 にいるが 生 活 は 別 同 じ 敷 地 内 にいるが 生 活 は 別 その 他 親 族 はいない 二 世 帯 住 宅 にいるが 生 活 は 別 同 じ 敷 地 内 にいるが 生 活 は 別 その 他 親 族 はいない

23 3 自 分 を 含 めて 何 人 で 暮 らしているか( 配 偶 者 のみと 同 居 している 方 を 除 く) 問 配 偶 者 以 外 の 65 歳 以 上 の 方 との 世 帯 及 び その 他 の 世 帯 ( 同 居 世 帯 ) と お 答 えの 方 ご 自 分 を 含 めて 何 人 で 暮 らしていますか また それは あなたからみてどんな 方 ですか 要 介 護 認 定 者 調 査 では 3 人 が 30.5で 最 も 多 く 2 人 が 人 が 人 が 6.3で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 3 人 が 35.7で 最 も 多 く 2 人 が 人 が 人 以 上 が 8.8で 続 きます 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 2 人 人 人 人 人 以 上 全 体 (n) Ⅰ 問 3-3 Ⅰ 問 3-3 要 介 護 認 定 者 総 数 = 人 人 人 人 人 以 上 一 般 高 齢 者 総 数 = 人 人 人 人 人 以 上

24 4 具 体 的 な 同 居 者 ( 配 偶 者 のみと 同 居 している 方 を 除 く) 問 配 偶 者 以 外 の 65 歳 以 上 の 方 との 世 帯 及 び その 他 の 世 帯 ( 同 居 世 帯 ) と お 答 えの 方 ご 自 分 を 含 めて 何 人 で 暮 らしていますか また それは あなたからみてどんな 方 ですか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 父 母 ( 配 偶 者 の 親 も 含 む) 配 偶 者 息 子 娘 子 の 配 偶 者 兄 弟 姉 妹 孫 その 他 全 体 (n) Ⅰ 問 3-3 Ⅰ 問 3-3 要 介 護 認 定 者 調 査 では 息 子 が 39.0で 最 も 多 く 娘 が 36.3 子 の 配 偶 者 が 36.3 孫 が 21.5 で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 娘 が 41.2で 最 も 多 く 息 子 が 40.1 配 偶 者 が 39.7 孫 が 20.2で 続 き ます 要 介 護 認 定 者 総 数 =223 ( 複 数 回 答 ) 息 子 娘 子 の 配 偶 者 孫 21.5 配 偶 者 13.0 兄 弟 姉 妹 父 母 ( 配 偶 者 の 親 も 含 む) その 他 一 般 高 齢 者 総 数 =272 ( 複 数 回 答 ) 娘 息 子 配 偶 者 孫 20.2 子 の 配 偶 者 15.1 兄 弟 姉 妹 父 母 ( 配 偶 者 の 親 も 含 む) その 他

25 5 普 段 誰 と 一 緒 に 過 ごしているか(ひとり 暮 らしの 方 を 除 く) 問 配 偶 者 のみ(あなたと 二 人 世 帯 ) 及 び 配 偶 者 以 外 の 65 歳 以 上 の 方 との 世 帯 及 び その 他 の 世 帯 ( 同 居 世 帯 ) とお 答 えの 方 普 段 誰 と 一 緒 に 過 ごしていますか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 一 日 中 ひとりでいる 昼 間 ( 夜 間 )はひとりで 夜 間 ( 昼 間 )のみ 家 族 といる 一 日 中 家 族 といることが 多 い 一 日 中 家 族 以 外 の 人 といることが 多 い 近 所 の 親 族 親 しい 知 人 といることが 多 い 病 院 や 施 設 の 職 員 といることが 多 い 全 体 (n) Ⅰ 問 3-4 Ⅰ 問 3-4 要 介 護 認 定 者 調 査 では 一 日 中 家 族 といることが 多 い が 57.7で 最 も 多 く 病 院 や 施 設 の 職 員 といることが 多 い が 18.8 昼 間 ( 夜 間 )はひとりで 夜 間 ( 昼 間 )のみ 家 族 といる が 15.1 一 日 中 ひ とりでいる が 6.0で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 一 日 中 家 族 といることが 多 い が 51.4で 最 も 多 く 昼 間 ( 夜 間 )はひとりで 夜 間 ( 昼 間 )のみ 家 族 といる が 21.5 一 日 中 家 族 以 外 の 人 といることが 多 い が 7.4 近 所 の 親 族 親 しい 知 人 といることが 多 い が 6.4で 続 きます 要 介 護 認 定 者 総 数 =352 ( 複 数 回 答 ) 一 日 中 家 族 といることが 多 い 57.7 一 般 高 齢 者 総 数 =512 ( 複 数 回 答 ) 一 日 中 家 族 といることが 多 い 51.4 病 院 や 施 設 の 職 員 といることが 多 い 18.8 昼 間 ( 夜 間 )はひとりで 夜 間 ( 昼 間 )のみ 家 族 といる 21.5 昼 間 ( 夜 間 )はひとりで 夜 間 ( 昼 間 )のみ 家 族 といる 15.1 一 日 中 家 族 以 外 の 人 といることが 多 い 7.4 一 日 中 ひとりでいる 6.0 近 所 の 親 族 親 しい 知 人 といることが 多 い 6.4 一 日 中 家 族 以 外 の 人 といることが 多 い 2.8 一 日 中 ひとりでいる 4.1 近 所 の 親 族 親 しい 知 人 といることが 多 い 2.3 病 院 や 施 設 の 職 員 といることが 多 い

26 6 介 護 介 助 が 必 要 な 同 居 家 族 の 有 無 問 配 偶 者 のみ(あなたと 二 人 世 帯 ) 及 び 配 偶 者 以 外 の 65 歳 以 上 の 方 との 世 帯 及 び その 他 の 世 帯 ( 同 居 世 帯 ) とお 答 えの 方 同 居 のご 家 族 の 中 に 介 護 や 介 助 が 必 要 な 方 はいますか 区 分 一 般 高 齢 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () いる いない いる 全 体 (n) Ⅰ 問 3-5 総 数 512 一 般 高 齢 者 調 査 では いない が 84.2 いる が 7.6となっています いない 介 護 介 助 が 必 要 な 具 体 的 同 居 家 族 問 介 護 や 介 助 が 必 要 な 同 居 家 族 が いる とお 答 えの 方 それは どんな 方 ですか 区 分 一 般 高 齢 者 項 目 名 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 高 齢 者 障 がい 者 乳 幼 児 その 他 全 体 (n) Ⅰ 問 一 般 高 齢 者 調 査 では 高 齢 者 が 53.8で 最 も 多 く 障 がい 者 が 41.0 乳 幼 児 が 2.6 その 他 が 2.6で 続 きます 一 般 高 齢 者 総 数 =39 ( 複 数 回 答 ) 高 齢 者 障 がい 者 乳 幼 児 その 他

27 (6) 経 済 関 係 1 暮 らし 向 き 問 現 在 の 暮 らしの 状 況 を 経 済 的 にみてどう 感 じていますか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 苦 しい やや 苦 しい 支 障 はない ややゆとりがある ゆとりがある 全 体 (n) Ⅰ 問 8-3 Ⅰ 問 8-3 要 介 護 認 定 者 調 査 では 支 障 はない が 51.0で 最 も 多 く やや 苦 しい が 23.5 苦 しい が 11.8 ややゆとりがある が 4.9で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 苦 しい が 31.6で 最 も 多 く やや 苦 しい が 25.7 ややゆとりがある が 15.8 支 障 はない が 13.8で 続 きます 9 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 ゆとりがある 2.7 ややゆとりがある 総 数 586 苦 しい 11.8 やや 苦 しい 23.5 ややゆとりがある 8.0 ゆとりがある 総 数 748 苦 しい 7.4 やや 苦 しい 21.4 支 障 はない 51.0 支 障 はない

28 2 保 健 医 療 (1) 保 健 1 主 観 的 健 康 状 態 ( 自 分 が 健 康 だと 思 っているか) 問 普 段 ご 自 分 で 健 康 だと 思 いますか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 健 康 まあまあ 健 康 あまり 健 康 でない 健 康 でない 全 体 (n) Ⅱ 問 1 Ⅱ 問 1 要 介 護 認 定 者 調 査 では まあまあ 健 康 が 36.0で 最 も 多 く あまり 健 康 でない が 27.5 健 康 でない が 25.1 健 康 が 6.0で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では まあまあ 健 康 が 59.1で 最 も 多 く 健 康 が 22.2 あまり 健 康 でない が 11.1 健 康 でない が 4.3で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 健 康 でない 健 康 6.0 健 康 でない 4.3 あまり 健 康 でない 健 康 22.2 総 数 586 まあまあ 健 康 36.0 総 数 748 あまり 健 康 でな い 27.5 まあまあ 健 康

29 2 精 神 的 健 康 状 態 問 健 康 状 態 についておたずねします 思 い 当 たるものをお 選 びください 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () (ここ2 週 間 ) 毎 日 の 生 活 に 張 りあいがなくなった (ここ2 週 間 )これまで 楽 しんでやれていたことが 楽 しめなくなった (ここ2 週 間 ) 以 前 は 楽 にできていたことが 今 ではおっくうになった (ここ2 週 間 ) 自 分 が 役 に 立 つ 人 間 だと 思 えなくなった (ここ2 週 間 )わけもなく 疲 れたような 感 じがするようになった (ここ2 週 間 ) 睡 眠 が 不 規 則 で 十 分 取 れなくなった 全 体 (n) Ⅱ 問 5 Ⅱ 問 5 要 介 護 認 定 者 調 査 では (ここ2 週 間 ) 以 前 は 楽 にできていたことが 今 ではおっくうになった が 52.4で 最 も 多 く (ここ2 週 間 )わけもなく 疲 れたような 感 じがするようになった が 30.4 (ここ2 週 間 ) 毎 日 の 生 活 に 張 りあいがなくなった が 27.8 (ここ2 週 間 )これまで 楽 しんでやれていたことが 楽 しめなくなった が 26.3で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では (ここ2 週 間 ) 以 前 は 楽 にできていたことが 今 ではおっくうになった が 24.7で 最 も 多 く (ここ2 週 間 )わけもなく 疲 れたような 感 じがするようになった が 11.5 (ここ2 週 間 ) 睡 眠 が 不 規 則 で 十 分 取 れなくなった が 11.0 (ここ2 週 間 ) 毎 日 の 生 活 に 張 りあいがなくなった が 6.7で 続 きます 要 介 護 認 定 者 総 数 =586 ( 複 数 回 答 ) (ここ2 週 間 ) 以 前 は 楽 にできていたこと が 今 ではおっくうになった (ここ2 週 間 )わけもなく 疲 れたような 感 じ がするようになった 一 般 高 齢 者 総 数 =748 ( 複 数 回 答 ) (ここ2 週 間 ) 以 前 は 楽 にできていたこと が 今 ではおっくうになった (ここ2 週 間 )わけもなく 疲 れたような 感 じ がするようになった (ここ2 週 間 ) 毎 日 の 生 活 に 張 りあいがな くなった 27.8 (ここ2 週 間 ) 睡 眠 が 不 規 則 で 十 分 取 れ なくなった 11.0 (ここ2 週 間 )これまで 楽 しんでやれてい たことが 楽 しめなくなった 26.3 (ここ2 週 間 ) 毎 日 の 生 活 に 張 りあいがな くなった 6.7 (ここ2 週 間 ) 自 分 が 役 に 立 つ 人 間 だと 思 えなくなった 24.1 (ここ2 週 間 )これまで 楽 しんでやれてい たことが 楽 しめなくなった 5.2 (ここ2 週 間 ) 睡 眠 が 不 規 則 で 十 分 取 れ なくなった 21.2 (ここ2 週 間 ) 自 分 が 役 に 立 つ 人 間 だと 思 えなくなった

30 3 転 倒 問 転 倒 についておたずねします 思 い 当 たるものをお 選 びください 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () この1 年 間 に 転 んだことがある 転 倒 に 対 する 不 安 は 大 きい 全 体 (n) Ⅱ 問 6 Ⅱ 問 6 要 介 護 認 定 者 調 査 では 転 倒 に 対 する 不 安 は 大 きい が 52.4 この1 年 間 に 転 んだことがある が 40.3となっています 一 般 高 齢 者 調 査 では 転 倒 に 対 する 不 安 は 大 きい が 25.1 この1 年 間 に 転 んだことがある が 15.8となっています 要 介 護 認 定 者 総 数 =586 ( 複 数 回 答 ) 転 倒 に 対 する 不 安 は 大 きい この1 年 間 に 転 んだことがある 一 般 高 齢 者 総 数 =748 ( 複 数 回 答 ) 転 倒 に 対 する 不 安 は 大 きい この1 年 間 に 転 んだことがある

31 4 骨 粗 鬆 症 予 防 対 策 問 骨 粗 しょう 症 予 防 のために 次 の 1~6 が 必 要 ですが 普 段 どのようなことを 心 がけて いますか 区 分 一 般 高 齢 者 項 目 名 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () カルシウム( 乳 製 品 小 魚 大 豆 製 品 など)を 十 分 に 摂 取 している たんぱく 質 ( 卵 肉 魚 大 豆 製 品 など)を 十 分 に 摂 取 している ビタミン D(きのこ 類 魚 など)を 十 分 に 摂 取 している ビタミン K( 青 菜 など) ビタミン C( 緑 黄 色 野 菜 果 物 など)を 十 分 に 摂 取 している ストレッチ ウォーキング 水 中 運 動 ラジオ 体 操 など なんらかの 運 動 をしている 禁 煙 したり また 過 度 の 飲 酒 を 控 えたりしている その 他 全 体 (n) Ⅱ 問 7 一 般 高 齢 者 調 査 では カルシウム( 乳 製 品 小 魚 大 豆 製 品 など)を 十 分 に 摂 取 している が 63.8 で 最 も 多 く たんぱく 質 ( 卵 肉 魚 大 豆 製 品 など)を 十 分 に 摂 取 している が 60.7 ビタミン K( 青 菜 など) ビタミン C( 緑 黄 色 野 菜 果 物 など)を 十 分 に 摂 取 している が 52.7 ビタミン D(きのこ 類 魚 な ど)を 十 分 に 摂 取 している が 47.7で 続 きます 一 般 高 齢 者 総 数 =748 ( 複 数 回 答 ) カルシウム( 乳 製 品 小 魚 大 豆 製 品 な ど)を 十 分 に 摂 取 している たんぱく 質 ( 卵 肉 魚 大 豆 製 品 など)を 十 分 に 摂 取 している ビタミンK( 青 菜 など) ビタミンC( 緑 黄 色 野 菜 果 物 など)を 十 分 に 摂 取 している ビタミンD(きのこ 類 魚 など)を 十 分 に 摂 取 している ストレッチ ウォーキング 水 中 運 動 ラ ジオ 体 操 など なんらかの 運 動 をして 禁 煙 したり また 過 度 の 飲 酒 を 控 えたりし ている その 他

32 その 他 記 入 内 容 : 主 なもの 運 動 足 が 悪 いのでウォーキング 不 足 がち なるべく 外 出 を 心 がけている 毎 日 の 散 歩 出 来 るだけ 歩 く 様 にしている 太 陽 によく 当 たる 無 理 のない 散 歩 買 い 物 はなるべく 徒 歩 で 行 くよう 心 がける 外 出 時 に 歩 くことが 大 切 だと 思 っている 何 事 も 自 分 で 動 いている 花 を 育 てる 水 泳 マイペースに 家 庭 菜 園 で 体 を 動 かしている ヨガを 実 施 ( 週 1 回 ) 薬 サプリ 病 院 からのクスリ 骨 粗 鬆 症 薬 飲 んでいる サプリを 飲 用 している 骨 粗 しょう 予 防 の 為 クスリを 飲 んでいる 食 事 栄 養 バランスには 気 を 付 けているが 運 動 はしていない( 出 来 ない) カルシウムは 十 分 ではないが とっている 自 炊 で 栄 養 素 には 関 係 なく 摂 取 しやすい 物 を 食 べる 特 別 なことはしていないが 気 を 付 けてバランス 良 く 食 べている 何 でも 食 べるように 心 がけている 他 生 活 習 慣 酒 タバコはたしなまない 体 に 悪 いことはしない 週 1 回 全 身 の 指 圧 治 療 を 受 けている ボランティアをしている 28

33 5 体 重 減 少 の 有 無 (6か 月 間 で2~3kg 以 上 の 体 重 減 少 があったか) 問 6か 月 間 で2~3kg 以 上 の 体 重 減 少 がありましたか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () はい いいえ 全 体 (n) Ⅱ 問 7 Ⅱ 問 8 要 介 護 認 定 者 調 査 では いいえ が 68.4 はい が 25.8となっています 一 般 高 齢 者 調 査 では いいえ が 83.2 はい が 11.5となっています 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 5.8 はい はい 11.5 総 数 586 総 数 748 いいえ 68.4 いいえ

34 6 BMI 問 あなたの 身 長 と 体 重 を 教 えてください 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 18.5 未 満 以 上 25 未 満 以 上 全 体 (n) 平 均 Ⅱ 問 8 Ⅱ 問 9 身 長 からみた 体 重 の 割 合 を 示 す 体 格 指 数 を BMI(Body Mass Index)と 呼 びます BMI は 体 重 (kg) 身 長 (m) 身 長 (m)から 求 められ 標 準 値 は 22 といわれています 日 本 肥 満 学 会 では BMI22 の 場 合 を 標 準 体 重 としており 25 以 上 の 場 合 を 肥 満 18.5 未 満 である 場 合 を 低 体 重 としています BMI の 小 さい 痩 せた 人 は 肺 炎 や 結 核 などの 感 染 症 の 発 病 率 が 高 く 厚 生 労 働 省 健 康 局 総 務 課 生 活 習 慣 病 対 策 室 に よれば BMI の 大 きい 太 った 人 は 高 血 圧 や 脂 質 異 常 症 糖 尿 病 動 脈 硬 化 などになりやすくなるとい われています 要 介 護 認 定 者 調 査 では 18.5 以 上 25 未 満 が 55.1で 最 も 多 く 18.5 未 満 が 以 上 が 10.6で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 18.5 以 上 25 未 満 が 71.3で 最 も 多 く 25 以 上 が 未 満 が 10.0で 続 きます 30

35 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 未 満 以 上 未 満 以 上 10.6 総 数 586 総 数 以 上 25 未 満 以 上 25 未 満 71.3 調 査 票 に 記 入 された 身 長 及 び 体 重 項 目 名 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 150cm 未 満 kg 未 満 cm 台 kg 台 cm 台 kg 台 cm 以 上 kg 以 上 全 体 (n) 全 体 (n) 平 均 平 均 Ⅱ 問 8 Ⅱ 問 9 Ⅱ 問 8 Ⅱ 問 9 31

36 7 口 腔 機 能 問 口 腔 機 能 についておたずねします 思 い 当 たるものをお 選 びください 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 半 年 前 に 比 べて 固 いものが 食 べにくくなった お 茶 や 汁 物 等 でむせることがある 口 の 渇 きが 気 になる 歯 磨 き( 人 にやってもらう 場 合 も 含 む)を 毎 日 している 定 期 的 に 歯 科 受 診 ( 健 診 を 含 む)をしている 全 体 (n) Ⅱ 問 9 Ⅱ 問 10 要 介 護 認 定 者 調 査 では 歯 磨 き( 人 にやってもらう 場 合 も 含 む)を 毎 日 している が 60.8で 最 も 多 く 半 年 前 に 比 べて 固 いものが 食 べにくくなった が 38.4 お 茶 や 汁 物 等 でむせることがある が 33.6 定 期 的 に 歯 科 受 診 ( 健 診 を 含 む)をしている が 30.7で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 歯 磨 き( 人 にやってもらう 場 合 も 含 む)を 毎 日 している が 62.7で 最 も 多 く 定 期 的 に 歯 科 受 診 ( 健 診 を 含 む)をしている が 41.6 口 の 渇 きが 気 になる が 17.0 半 年 前 に 比 べて 固 いものが 食 べにくくなった が 16.2で 続 きます 要 介 護 認 定 者 総 数 =586 ( 複 数 回 答 ) 歯 磨 き( 人 にやってもらう 場 合 も 含 む)を 毎 日 している 半 年 前 に 比 べて 固 いものが 食 べにくく なった お 茶 や 汁 物 等 でむせることがある 定 期 的 に 歯 科 受 診 ( 健 診 を 含 む)をして いる 口 の 渇 きが 気 になる 一 般 高 齢 者 総 数 =748 ( 複 数 回 答 ) 歯 磨 き( 人 にやってもらう 場 合 も 含 む)を 毎 日 している 定 期 的 に 歯 科 受 診 ( 健 診 を 含 む)をして いる 口 の 渇 きが 気 になる 半 年 前 に 比 べて 固 いものが 食 べにくく なった お 茶 や 汁 物 等 でむせることがある

37 8 食 事 a.1 日 の 食 事 回 数 問 1 日 の 食 事 の 回 数 は 何 回 ですか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 朝 昼 晩 の3 食 朝 晩 の2 食 朝 昼 の2 食 昼 晩 の2 食 食 その 他 全 体 (n) Ⅱ 問 10 Ⅱ 問 11 要 介 護 認 定 者 調 査 では 朝 昼 晩 の3 食 が 87.9で 最 も 多 く 朝 晩 の2 食 が 4.8 昼 晩 の2 食 が 2.7 その 他 が 0.7で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 朝 昼 晩 の3 食 が 90.0で 最 も 多 く 朝 晩 の2 食 が 5.6 昼 晩 の2 食 が 3.3で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 昼 晩 の2 食 2.7 朝 昼 の2 食 0.5 朝 晩 の2 食 食 0.2 その 他 昼 晩 の2 食 3.3 朝 昼 の2 食 0.0 朝 晩 の2 食 食 0.0 その 他 総 数 586 総 数 748 朝 昼 晩 の3 食 87.9 朝 昼 晩 の3 食

38 b. 食 事 を 抜 くことがあるか 問 食 事 を 抜 くことがありますか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 毎 日 ある 週 に 何 度 かある 月 に 何 度 かある ほとんどない 全 体 (n) Ⅱ 問 11 Ⅱ 問 12 要 介 護 認 定 者 調 査 では ほとんどない が 78.3で 最 も 多 く 月 に 何 度 かある が 7.5 週 に 何 度 かある が 7.0 毎 日 ある が 1.0で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では ほとんどない が 86.6で 最 も 多 く 月 に 何 度 かある が 6.6 週 に 何 度 かある が 2.8 毎 日 ある が 0.9で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 6.1 毎 日 ある 1.0 週 に 何 度 かある 7.0 月 に 何 度 かある 毎 日 ある 0.9 週 に 何 度 かある 2.8 月 に 何 度 かある 6.6 総 数 586 総 数 748 ほとんどない 78.3 ほとんどない

39 c. 他 者 と 食 事 をする 機 会 問 自 分 一 人 でなく どなたかと 食 事 をともにする 機 会 はありますか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 毎 日 ある 週 に 何 度 かある 月 に 何 度 かある 年 に 何 度 かある ほとんどない 全 体 (n) Ⅱ 問 12 Ⅱ 問 13 要 介 護 認 定 者 調 査 では 毎 日 ある が 55.8で 最 も 多 く 月 に 何 度 かある が 13.0 週 に 何 度 かある が 10.9 年 に 何 度 かある が 7.2で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 毎 日 ある が 58.3で 最 も 多 く 月 に 何 度 かある が 15.8 週 に 何 度 か ある が 10.8 年 に 何 度 かある が 7.0で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 年 に 何 度 かある 7.2 ほとんどない 年 に 何 度 かある 7.0 ほとんどない 月 に 何 度 かある 13.0 総 数 586 毎 日 ある 55.8 月 に 何 度 かある 15.8 総 数 748 毎 日 ある 58.3 週 に 何 度 かある 10.9 週 に 何 度 かある

40 年 齢 家 族 構 成 からみた 他 者 と 食 事 をする 機 会 要 介 護 認 定 者 調 査 :Ⅰ 問 2 Ⅰ 問 3-1 Ⅱ 問 13 人 / 区 分 毎 日 あ る 週 に 何 度 か あ る 月 に 何 度 か あ る 年 に 何 度 か あ る ほ とん ど な い 無 回 答 全 体 ( n) 年 齢 家 族 構 成 65~69 歳 70~74 歳 75~79 歳 80~84 歳 85~89 歳 90 歳 以 上 ひとり 暮 らし 配 偶 者 のみ (あなたと 二 人 世 帯 ) 配 偶 者 以 外 の 65 歳 以 上 の 方 との 世 帯 その 他 の 世 帯 ( 同 居 世 帯 ) 全 体 (n) 網 掛 けは 全 体 (n)の 構 成 比 より 高 い 数 値 年 齢 構 成 でみると 年 齢 階 層 が 低 い 方 が 食 事 をする 機 会 が 相 対 的 に 多 いという 結 果 になっています また 家 族 構 成 でみると ひとり 暮 らし の 方 で 食 事 をする 機 会 が ほとんどない 年 に 何 度 かある の 構 成 比 が 相 対 的 に 高 くなっています 36

41 年 齢 家 族 構 成 からみた 他 者 と 食 事 をする 機 会 一 般 高 齢 者 調 査 :Ⅰ 問 2 Ⅰ 問 3-1 Ⅱ 問 13 人 / 区 分 毎 日 あ る 週 に 何 度 か あ る 月 に 何 度 か あ る 年 に 何 度 か あ る ほ とん ど な い 無 回 答 全 体 ( n) 年 齢 家 族 構 成 65~69 歳 70~74 歳 75~79 歳 80~84 歳 85~89 歳 90 歳 以 上 ひとり 暮 らし 配 偶 者 のみ (あなたと 二 人 世 帯 ) 配 偶 者 以 外 の 65 歳 以 上 の 方 との 世 帯 その 他 の 世 帯 ( 同 居 世 帯 ) 全 体 (n) 網 掛 けは 全 体 (n)の 構 成 比 より 高 い 数 値 年 齢 構 成 でみると 年 齢 階 層 が 低 い 方 が 食 事 をする 機 会 が 相 対 的 に 多 いという 結 果 になっています また 家 族 構 成 でみると ひとり 暮 らし の 方 で 食 事 をする 機 会 が ほとんどない 年 に 何 度 かある の 構 成 比 が 相 対 的 に 高 くなっています 37

42 d. 食 事 をともにする 相 手 問 食 事 をともにする 人 はどなたですか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 家 族 近 所 の 人 や 友 人 デイサービスの 仲 間 その 他 全 体 (n) Ⅱ 問 12-1 Ⅱ 問 13-1 要 介 護 認 定 者 調 査 では 家 族 が 65.8で 最 も 多 く デイサービスの 仲 間 が 18.7 その 他 が 14.7 近 所 の 人 や 友 人 が 10.2で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 家 族 が 78.2で 最 も 多 く 近 所 の 人 や 友 人 が 27.5 その 他 が 9.5 デイサービスの 仲 間 が 0.4で 続 きます 要 介 護 認 定 者 総 数 =509 ( 複 数 回 答 ) 家 族 65.8 デイサービスの 仲 間 その 他 近 所 の 人 や 友 人 一 般 高 齢 者 総 数 =687 ( 複 数 回 答 ) 家 族 78.2 近 所 の 人 や 友 人 27.5 その 他 9.5 デイサービスの 仲 間

43 9 もの 忘 れ 問 もの 忘 れについておたずねします 思 い 当 たるものをお 選 びください 項 目 名 複 数 回 答 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 周 りの 人 から いつも 同 じことを 聞 く などの 物 忘 れがあるといわれる 自 分 で 電 話 番 号 を 調 べて 電 話 をかけることができない 今 日 が 何 月 何 日 かわからない 時 がある 分 前 のことが 思 い 出 せない その 日 の 活 動 ( 食 事 をする 衣 服 を 選 ぶなど)を 自 分 で 判 断 できない 人 に 自 分 の 考 えをうまく 伝 えることができない 全 体 (n) Ⅱ 問 13 Ⅱ 問 14 要 介 護 認 定 者 調 査 では 今 日 が 何 月 何 日 かわからない 時 がある が 48.5で 最 も 多 く 周 りの 人 から いつも 同 じことを 聞 く などの 物 忘 れがあるといわれる が 33.8 自 分 で 電 話 番 号 を 調 べて 電 話 をかけることができない が 33.1 人 に 自 分 の 考 えをうまく 伝 えることができない が 29.9で 続 きま す 一 般 高 齢 者 調 査 では 今 日 が 何 月 何 日 かわからない 時 がある が 10.2で 最 も 多 く 周 りの 人 か ら いつも 同 じことを 聞 く などの 物 忘 れがあるといわれる が 5.2 人 に 自 分 の 考 えをうまく 伝 えること ができない が 分 前 のことが 思 い 出 せない が 2.8で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 総 数 =586 ( 複 数 回 答 ) 総 数 =748 ( 複 数 回 答 ) 今 日 が 何 月 何 日 かわからない 時 がある 48.5 今 日 が 何 月 何 日 かわからない 時 がある 10.2 周 りの 人 から いつも 同 じことを 聞 く など の 物 忘 れがあるといわれる 33.8 周 りの 人 から いつも 同 じことを 聞 く など の 物 忘 れがあるといわれる 5.2 自 分 で 電 話 番 号 を 調 べて 電 話 をかける ことができない 33.1 人 に 自 分 の 考 えをうまく 伝 えることができ ない 4.3 人 に 自 分 の 考 えをうまく 伝 えることができ ない 分 前 のことが 思 い 出 せない 分 前 のことが 思 い 出 せない 29.5 自 分 で 電 話 番 号 を 調 べて 電 話 をかける ことができない 1.6 その 日 の 活 動 ( 食 事 をする 衣 服 を 選 ぶ など)を 自 分 で 判 断 できない 24.2 その 日 の 活 動 ( 食 事 をする 衣 服 を 選 ぶ など)を 自 分 で 判 断 できない

44 10 日 常 生 活 自 立 度 ( 認 知 症 ) 問 要 介 護 者 の 心 身 の 状 況 はいかがですか 区 分 介 護 者 項 目 名 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 日 常 生 活 はなんとか 一 人 でできる 日 常 生 活 の 一 部 に 手 助 けが 必 要 日 常 生 活 のすべてについて 手 助 けが 必 要 認 知 症 の 症 状 が 少 しあるが なんとか 一 人 でも 生 活 できる 認 知 症 の 症 状 がかなりあり 一 日 中 目 が 離 せない その 他 全 体 (n) Ⅱ 問 1-3 介 護 者 調 査 では 日 常 生 活 の 一 部 に 手 助 けが 必 要 が 41.6で 最 も 多 く 日 常 生 活 のすべてに ついて 手 助 けが 必 要 が 24.0 日 常 生 活 はなんとか 一 人 でできる が 21.9 認 知 症 の 症 状 がかな りあり 一 日 中 目 が 離 せない が 17.6で 続 きます 介 護 者 総 数 =483 ( 複 数 回 答 ) 日 常 生 活 の 一 部 に 手 助 けが 必 要 41.6 日 常 生 活 のすべてについて 手 助 けが 必 要 日 常 生 活 はなんとか 一 人 でできる 認 知 症 の 症 状 がかなりあり 一 日 中 目 が 離 せない 17.6 認 知 症 の 症 状 が 少 しあるが なんとか 一 人 でも 生 活 できる 12.4 その 他 その 他 記 入 内 容 : 主 なもの うつ 病 があり 一 人 で 生 活 できない 買 い 物 重 たいものは 持 ってない 歩 行 の 時 体 のバランスが 悪 くなってきた 車 イス 生 活 重 度 の 糖 尿 病 であり インスリン 注 射 を 必 要 としており 低 血 糖 高 血 糖 の 危 険 時 が 何 回 かあり いつも 緊 張 状 態 が 続 き 気 の 休 まるときがない 認 知 症 の 症 状 が 少 しあり 家 ではほとんどベットに 横 になって 動 かないのでオムツを 使 用 している 一 人 では 食 事 もとれず 寝 返 りもできず 言 葉 すら 発 することができない 物 忘 れが 多 く 一 人 で 留 守 番 をさせることが 困 難 心 配 である 要 介 護 者 本 人 の 身 体 の 受 け 止 め 方 に 解 離 40

45 11 認 知 症 の 対 応 で 困 ること 問 認 知 症 の 対 応 について どのようなことでお 困 りですか 区 分 介 護 者 その 他 記 入 内 容 : 主 なもの 項 目 名 10 個 までの 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 介 護 の 負 担 体 調 が 悪 いと 一 日 中 目 が 離 せない 長 時 間 (3 時 間 ) 以 上 は 一 人 に 出 来 ない 会 話 が 成 立 しない 生 活 全 般 にケアが 要 る 認 知 症 と 思 われる 行 動 に 対 して 対 処 がわからない 万 事 気 まぐれでこちらの 予 定 がどんどん 狂 わされていく 日 中 の 見 守 りが 大 変 である 夜 間 の 見 守 りが 大 変 である 自 分 の 時 間 が 持 てない 対 人 関 係 夫 妻 二 人 とも 認 知 症 対 人 関 係 本 人 の 思 い 通 りに 話 を 聞 かないと 大 変 要 介 護 者 に 責 められたり 暴 力 を ふるわれたりすることがある 施 設 への 入 所 今 後 の 施 設 への 引 っ 越 しについて 要 支 援 要 介 護 認 定 にうまく 反 映 されていない その 他 特 養 にて 介 護 してもらっています 有 料 老 人 ホームにて 完 全 ケアされているので どこに 相 談 したらいいか わからない 介 護 者 としては 困 ることはない 日 常 の 事 は 分 かりません 月 2 回 の 面 会 で どこに 受 診 したらいいか わからない 話 すだけ その 他 とくに 困 ることはない 全 体 (n) Ⅱ 問 介 護 者 調 査 では 会 話 が 成 立 しない が 46.5で 最 も 多 く 自 分 の 時 間 が 持 てない が 40.1 日 中 の 見 守 りが 大 変 である が 38.7 夜 間 の 見 守 りが 大 変 である が 26.1で 続 きます 介 護 者 総 数 =142 ( 複 数 回 答 ) 会 話 が 成 立 しない 46.5 自 分 の 時 間 が 持 てない 日 中 の 見 守 りが 大 変 である 夜 間 の 見 守 りが 大 変 である 26.1 認 知 症 と 思 われる 行 動 に 対 して 対 処 がわからない 21.1 要 介 護 者 に 責 められたり 暴 力 をふるわれたりすることがある 14.1 要 支 援 要 介 護 認 定 にうまく 反 映 されていない 9.9 どこに 相 談 したらいいかわからない どこに 受 診 したらいいかわからない その 他 とくに 困 ることはない

46 12 介 助 介 護 が 必 要 か 問 あなたは 普 段 の 生 活 でどなたかの 介 助 介 護 が 必 要 ですか 区 分 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 介 助 介 護 は 必 要 ない 何 らかの 介 助 介 護 は 必 要 だが 現 在 は 要 介 護 認 定 を 受 けていない 現 在 何 らかの 介 助 介 護 を 受 けている 全 体 (n) Ⅰ 問 4-1 一 般 高 齢 者 調 査 では 介 助 介 護 は 必 要 ない が 86.8で 最 も 多 く 何 らかの 介 助 介 護 は 必 要 だ が 現 在 は 要 介 護 認 定 を 受 けていない が 3.1 現 在 何 らかの 介 助 介 護 を 受 けている が 0.4で 続 きます 一 般 高 齢 者 何 らかの 介 助 介 護 は 必 要 だが 現 在 は 要 介 護 認 定 を 受 けていない 3.1 現 在 何 らかの 介 助 介 護 を 受 けている 0.4 総 数 介 助 介 護 は 必 要 ない

47 13 要 介 護 度 問 あなたの 要 介 護 度 は 次 のどれに 該 当 しますか 区 分 要 介 護 認 定 者 介 護 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 要 支 援 要 支 援 要 介 護 要 介 護 要 介 護 要 介 護 要 介 護 わからない 全 体 (n) Ⅰ 問 4-1 Ⅱ 問 1-2 要 介 護 認 定 者 調 査 では 要 支 援 2 が 19.3で 最 も 多 く 要 支 援 1 が 16.9 要 介 護 2 が 16.4 要 介 護 4 が 11.4で 続 きます 介 護 者 調 査 では 要 介 護 2 が 16.4で 最 も 多 く 要 支 援 2 が 14.5 要 介 護 3 が 13.0 要 介 護 4 が 13.0で 続 きます 要 介 護 認 定 者 介 護 者 総 数 = 総 数 = 要 支 援 要 支 援 要 支 援 要 支 援 要 介 護 要 介 護 要 介 護 要 介 護 要 介 護 要 介 護 要 介 護 要 介 護 要 介 護 要 介 護 わからない 1.0 わからない

48 14 介 護 介 助 が 必 要 になった 原 因 問 ( 一 般 高 齢 者 介 助 介 護 が 必 要 な 何 らかの 介 助 介 護 は 必 要 だが 現 在 は 要 介 護 認 定 を 受 けていない 及 び 現 在 何 らかの 介 助 介 護 を 受 けてい る とお 答 えの 方 ) 介 護 介 助 が 必 要 になった 主 な 原 因 はなんですか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 高 血 圧 脳 卒 中 ( 脳 出 血 脳 梗 塞 等 ) 心 臓 病 糖 尿 病 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 呼 吸 器 の 病 気 ( 肺 炎 や 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 骨 関 節 の 病 気 外 傷 ( 転 倒 骨 折 等 ) がん 認 知 症 脊 椎 疾 患 ( 脊 柱 管 狭 窄 症 等 ) 心 の 病 気 その 他 全 体 (n) Ⅰ 問 4-2 Ⅰ 問 4-2 要 介 護 認 定 者 調 査 では 認 知 症 が 29.7で 最 も 多 く 外 傷 ( 転 倒 骨 折 等 ) が 19.1 骨 関 節 の 病 気 が 18.6 高 血 圧 が 16.7で 続 きます その 他 では リウマチ パーキンソン 病 との 回 答 が 目 立 っています 一 般 高 齢 者 調 査 では 骨 関 節 の 病 気 が 26.9で 最 も 多 く 高 血 圧 が 23.1 外 傷 ( 転 倒 骨 折 等 ) が 19.2 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) が 11.5で 続 きます 44

49 その 他 記 入 内 容 : 主 なもの 筋 骨 格 肝 臓 疾 患 腎 臓 疾 患 眼 の 病 要 介 護 認 定 者 パーキンソン リウマチ 加 齢 骨 粗 しょう 症 筋 力 低 下 歩 行 困 難 腰 痛 肝 機 能 障 害 肝 硬 変 腎 不 全 網 膜 症 緑 内 障 視 力 低 下 一 般 高 齢 者 前 立 腺 肥 大 転 んで 右 眼 怪 我 眼 病 抗 ガン 剤 の 副 作 用 肝 硬 変 直 腸 癌 でストーマ 装 着 一 般 高 齢 者 要 介 護 認 定 者 総 数 =26 ( 複 数 回 答 ) 総 数 =586 ( 複 数 回 答 ) 骨 関 節 の 病 気 26.9 認 知 症 29.7 高 血 圧 23.1 外 傷 ( 転 倒 骨 折 等 ) 19.1 外 傷 ( 転 倒 骨 折 等 ) 19.2 骨 関 節 の 病 気 18.6 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 11.5 高 血 圧 16.7 がん 11.5 脳 卒 中 ( 脳 出 血 脳 梗 塞 等 ) 14.7 脊 椎 疾 患 ( 脊 柱 管 狭 窄 症 等 ) 11.5 脊 椎 疾 患 ( 脊 柱 管 狭 窄 症 等 ) 11.6 脳 卒 中 ( 脳 出 血 脳 梗 塞 等 ) 7.7 心 臓 病 10.1 心 臓 病 7.7 糖 尿 病 9.6 糖 尿 病 7.7 呼 吸 器 の 病 気 ( 肺 炎 や 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 4.8 心 の 病 気 7.7 がん 4.6 呼 吸 器 の 病 気 ( 肺 炎 や 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 3.8 心 の 病 気 4.3 認 知 症 3.8 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 2.2 その 他 23.1 その 他

50 (2) 医 療 1 現 在 治 療 中 または 後 遺 症 のある 病 気 問 現 在 治 療 中 または 後 遺 症 のある 病 気 はありますか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 高 血 圧 脳 卒 中 ( 脳 出 血 脳 梗 塞 等 ) 心 臓 病 糖 尿 病 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 呼 吸 器 の 病 気 ( 肺 炎 や 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 骨 関 節 の 病 気 外 傷 ( 転 倒 骨 折 等 ) がん 認 知 症 脊 椎 疾 患 ( 脊 柱 管 狭 窄 症 等 ) 心 の 病 気 その 他 全 体 (n) Ⅱ 問 2 Ⅱ 問 2 要 介 護 認 定 者 調 査 では 高 血 圧 が 36.3で 最 も 多 く 認 知 症 が 29.9 骨 関 節 の 病 気 が 23.2 心 臓 病 が 18.8で 続 きます その 他 では リウマチ パーキンソン 病 との 回 答 が 目 立 って います 一 般 高 齢 者 調 査 では 高 血 圧 が 36.2で 最 も 多 く 骨 関 節 の 病 気 が 12.8 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) が 12.6 心 臓 病 が 10.4で 続 きます 46

51 その 他 記 入 内 容 : 主 なもの 要 介 護 認 定 者 パーキンソン リウマチ 一 般 高 齢 者 前 立 腺 肥 大 リウマチ 筋 骨 格 筋 無 力 症 筋 骨 格 骨 粗 鬆 症 腰 痛 腰 痛 肝 臓 疾 患 肝 炎 肝 臓 疾 患 肝 炎 腎 臓 疾 患 腎 不 全 腎 臓 疾 患 腎 不 全 腸 閉 塞 消 化 器 疾 患 逆 流 性 食 道 炎 泌 尿 器 疾 患 前 立 腺 肥 大 泌 尿 器 科 前 立 腺 肥 大 尿 路 結 石 神 経 痛 坐 骨 神 経 痛 眼 の 病 白 内 障 眼 の 病 白 内 障 緑 内 障 緑 内 障 網 膜 剥 離 一 般 高 齢 者 総 数 =26 ( 複 数 回 答 ) 骨 関 節 の 病 気 26.9 要 介 護 認 定 者 総 数 =586 ( 複 数 回 答 ) 高 血 圧 36.3 高 血 圧 23.1 認 知 症 29.9 外 傷 ( 転 倒 骨 折 等 ) 19.2 骨 関 節 の 病 気 23.2 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 11.5 心 臓 病 18.8 がん 11.5 脊 椎 疾 患 ( 脊 柱 管 狭 窄 症 等 ) 14.0 脊 椎 疾 患 ( 脊 柱 管 狭 窄 症 等 ) 11.5 糖 尿 病 13.8 脳 卒 中 ( 脳 出 血 脳 梗 塞 等 ) 7.7 外 傷 ( 転 倒 骨 折 等 ) 13.8 心 臓 病 7.7 脳 卒 中 ( 脳 出 血 脳 梗 塞 等 ) 12.8 糖 尿 病 7.7 がん 7.8 心 の 病 気 7.7 呼 吸 器 の 病 気 ( 肺 炎 や 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 7.0 呼 吸 器 の 病 気 ( 肺 炎 や 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 3.8 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 6.1 認 知 症 3.8 心 の 病 気 4.8 その 他 23.1 その 他

52 2 医 師 の 処 方 した 薬 を 何 種 類 飲 んでいますか 問 現 在 医 師 の 処 方 した 薬 を 何 種 類 飲 んでいますか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 1 種 類 種 類 種 類 種 類 種 類 以 上 飲 んでいない 全 体 (n) Ⅱ 問 3 Ⅱ 問 3 要 介 護 認 定 者 調 査 では 5 種 類 以 上 が 47.3で 最 も 多 く 3 種 類 が 種 類 が 種 類 が 8.5で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 飲 んでいない が 21.5で 最 も 多 く 5 種 類 以 上 が 種 類 が 種 類 が 13.4で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 飲 んでいない 総 数 種 類 種 類 8.5 飲 んでいない 種 類 総 数 種 類 種 類 種 類 以 上 種 類 種 類 以 上 種 類 種 類

53 3 治 療 中 か 問 病 気 やけがで 治 療 を 受 けていますか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 4つまでの 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 最 近 1 年 間 で 2 週 間 以 上 の 入 院 経 験 がある 現 在 入 院 中 現 在 通 院 中 現 在 往 診 を 受 けている 特 に 医 者 にはかかっていない 全 体 (n) Ⅱ 問 4 Ⅱ 問 4 要 介 護 認 定 者 調 査 では 現 在 通 院 中 が 57.0で 最 も 多 く 最 近 1 年 間 で 2 週 間 以 上 の 入 院 経 験 がある が 14.7 現 在 往 診 を 受 けている が 12.8 特 に 医 者 にはかかっていない が 7.5で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 現 在 通 院 中 が 54.1で 最 も 多 く 特 に 医 者 にはかかっていない が 23.1 現 在 往 診 を 受 けている が 2.4 最 近 1 年 間 で 2 週 間 以 上 の 入 院 経 験 がある が 1.9で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 総 数 =586 ( 複 数 回 答 ) 総 数 =748 ( 複 数 回 答 ) 現 在 通 院 中 57.0 現 在 通 院 中 54.1 最 近 1 年 間 で 2 週 間 以 上 の 入 院 経 験 が ある 14.7 特 に 医 者 にはかかっていない 23.1 現 在 往 診 を 受 けている 12.8 現 在 往 診 を 受 けている 2.4 特 に 医 者 にはかかっていない 7.5 最 近 1 年 間 で 2 週 間 以 上 の 入 院 経 験 が ある 1.9 現 在 入 院 中 3.4 現 在 入 院 中

54 4 通 院 方 法 問 現 在 通 院 中 とお 答 えの 方 どのような 方 法 で 通 院 していますか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 複 数 回 答 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 徒 歩 ( 自 力 歩 行 杖 歩 行 など) 車 いす 自 家 用 車 ( 家 族 が 運 転 ) 電 車 路 線 バス タクシー 民 間 による 移 送 サービス 特 殊 車 両 (ストレッチャー)や 車 いすで 乗 れるもの) その 他 全 体 (n) Ⅱ 問 4-1 Ⅱ 問 4-1 要 介 護 認 定 者 調 査 では 自 家 用 車 ( 家 族 が 運 転 ) が 36.2で 最 も 多 く 徒 歩 ( 自 力 歩 行 杖 歩 行 など) が 33.2 タクシー が 28.4 路 線 バス が 21.9で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 徒 歩 ( 自 力 歩 行 杖 歩 行 など) が 55.1で 最 も 多 く 電 車 が 35.6 路 線 バス が 25.4 自 家 用 車 ( 家 族 が 運 転 ) が 20.2で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 総 数 =334 ( 複 数 回 答 ) 総 数 =405 ( 複 数 回 答 ) 自 家 用 車 ( 家 族 が 運 転 ) 36.2 徒 歩 ( 自 力 歩 行 杖 歩 行 など) 55.1 徒 歩 ( 自 力 歩 行 杖 歩 行 など) 33.2 電 車 35.6 タクシー 28.4 路 線 バス 25.4 路 線 バス 21.9 自 家 用 車 ( 家 族 が 運 転 ) 20.2 電 車 18.3 タクシー 7.9 民 間 による 移 送 サービス 11.1 民 間 による 移 送 サービス 0.5 車 いす 4.8 車 いす 0.0 特 殊 車 両 (ストレッチャーや 車 いすで 乗 れる もの) 1.5 特 殊 車 両 (ストレッチャーや 車 いすで 乗 れる もの) 0.0 その 他 5.1 その 他

55 要 介 護 度 からみた 通 院 方 法 要 介 護 認 定 者 調 査 :Ⅰ 問 4-1 Ⅱ 問 4-1 人 / 区 分 全 体 ( n) ど ) 徒 歩 ( 自 力 歩 行 杖 歩 行 な 車 い す 自 家 用 車 ( 家 族 が 運 転 ) 電 車 路 線 バ ス タ クシー 民 間 に よる 移 送 サー ビ ス 車 い す で 乗 れ る も の ) 特 殊 車 両 ( スト レ ッチ ャー ) や そ の 他 無 回 答 要 介 護 度 要 支 援 1 要 支 援 2 要 介 護 1 要 介 護 2 要 介 護 3 要 介 護 4 要 介 護 5 わからな い 全 体 (n) 網 掛 けは 全 体 (n)の 構 成 比 より 高 い 数 値 徒 歩 ( 自 力 歩 行 杖 歩 行 など) 電 車 路 線 バス では 要 介 護 度 の 低 い 方 の 構 成 比 が 高 く 車 いす 民 間 による 移 送 サービス 特 殊 車 両 (ストレッチャー)や 車 いすで 乗 れるもの) では 要 介 護 度 の 高 い 方 の 構 成 比 が 高 いという 結 果 になっています 51

56 5 通 院 場 所 問 現 在 通 院 中 とお 答 えの 方 通 院 しているところはどこですか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 逗 子 市 内 神 奈 川 県 内 ( 市 外 ) 県 外 全 体 (n) Ⅱ 問 4-2 Ⅱ 問 4-2 要 介 護 認 定 者 調 査 では 逗 子 市 内 が 52.4で 最 も 多 く 神 奈 川 県 内 ( 市 外 ) が 35.9 県 外 が 0.9で 続 きます 一 般 高 齢 者 調 査 では 逗 子 市 内 が 55.3で 最 も 多 く 神 奈 川 県 内 ( 市 外 ) が 32.1 県 外 が 4.2で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 県 外 県 外 神 奈 川 県 内 ( 市 外 ) 35.9 総 数 334 逗 子 市 内 52.4 神 奈 川 県 内 ( 市 外 ) 総 数 405 逗 子 市 内

57 6 通 院 頻 度 問 現 在 通 院 中 とお 答 えの 方 通 院 の 頻 度 はどのくらいですか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () 週 2 回 以 上 週 1 回 程 度 月 に2 回 程 度 月 に1 回 程 度 その 他 全 体 (n) Ⅱ 問 4-3 Ⅱ 問 4-3 要 介 護 認 定 者 調 査 では 月 に1 回 程 度 が 47.0で 最 も 多 く 月 に2 回 程 度 が 20.1 その 他 が 12.6 週 1 回 程 度 が 9.0で 続 きます その 他 では 2か 月 に1 度 3ヶ 月 に 1 度 との 回 答 が 多 くなっていました 一 般 高 齢 者 調 査 では 月 に1 回 程 度 が 53.8で 最 も 多 く その 他 が 17.0 月 に2 回 程 度 が 14.1 週 1 回 程 度 が 7.4で 続 きます 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 その 他 週 2 回 以 上 5.7 週 1 回 程 度 9.0 その 他 週 2 回 以 上 5.4 週 1 回 程 度 7.4 総 数 334 月 に2 回 程 度 20.1 総 数 405 月 に2 回 程 度 14.1 月 に1 回 程 度 月 に1 回 程 度 53.8

58 7 通 院 に 介 助 が 必 要 か 問 現 在 通 院 中 とお 答 えの 方 通 院 に 介 助 が 必 要 ですか 区 分 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 集 計 値 構 成 比 () はい いいえ 全 体 (n) Ⅱ 問 4-4 Ⅱ 問 4-4 要 介 護 認 定 者 調 査 では はい が 58.4 いいえ が 35.3となっています 一 般 高 齢 者 調 査 で は いいえ が 95.1 はい が 3.2となっています 要 介 護 認 定 者 一 般 高 齢 者 はい 3.2 いいえ 35.3 総 数 334 はい 58.4 総 数 405 いいえ

59 (3) 介 護 予 防 サービス 1 介 護 予 防 サービス 利 用 状 況 利 用 意 向 問 介 護 予 防 サービスの 利 用 状 況 と 今 後 の 利 用 意 向 についておたずねします 利 用 状 況 一 般 高 齢 者 総 数 =748 単 位 : 利 用 したこ とがある 利 用 したこ とがない 知 らな かった 筋 力 アップ 教 室 水 中 運 動 教 室 男 性 の 健 康 料 理 教 室 運 動 器 の 機 能 向 上 教 室 口 腔 機 能 向 上 栄 養 改 善 教 室 利 用 意 向 一 般 高 齢 者 総 数 =748 単 位 : 利 用 し たい 利 用 した くない わから ない 筋 力 アップ 教 室 水 中 運 動 教 室 男 性 の 健 康 料 理 教 室 運 動 器 の 機 能 向 上 教 室 口 腔 機 能 向 上 栄 養 改 善 教 室

60 1 筋 力 アップ 教 室 をみると 利 用 状 況 は 利 用 したことがない が 60.7で 最 も 多 く 知 らなかった が 15.6 利 用 したことがある が 9.2で 続 きます 利 用 意 向 は わからない が 36.4で 最 も 多 く 利 用 したい が 32.5 利 用 したくない が 10.7で 続 きます 利 用 状 況 利 用 意 向 項 目 名 区 分 一 般 高 齢 者 区 分 一 般 高 齢 者 集 計 値 構 成 比 () 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 利 用 したことがある 利 用 したい 利 用 したことがない 利 用 したくない 知 らなかった わからない 全 体 (n) 全 体 (n) Ⅵ 問 2 Ⅵ 問 2 2 水 中 運 動 教 室 をみると 利 用 状 況 は 利 用 したことがない が 66.2で 最 も 多 く 知 らなかった が 12.7 利 用 したことがある が 4.8で 続 きます 利 用 意 向 は わからない が 36.1で 最 も 多 く 利 用 したい が 25.3 利 用 したくない が 15.2で 続 きます 利 用 状 況 利 用 意 向 区 分 一 般 高 齢 者 区 分 一 般 高 齢 者 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 利 用 したことがある 利 用 したい 利 用 したことがない 利 用 したくない 知 らなかった わからない 全 体 (n) 全 体 (n) Ⅵ 問 2 Ⅵ 問 2 56

61 3 男 性 の 健 康 料 理 教 室 をみると 利 用 状 況 は 利 用 したことがない が 47.1で 最 も 多 く 知 らなかった が 14.8 利 用 したことがある が 1.7で 続 きます 利 用 意 向 は わからない が 31.4で 最 も 多 く 利 用 したくな い が 14.3 利 用 したい が 11.9で 続 きます 利 用 状 況 利 用 意 向 項 目 名 区 分 一 般 高 齢 者 区 分 一 般 高 齢 者 集 計 値 構 成 比 () 項 目 名 集 計 値 構 成 比 () 利 用 したことがある 利 用 したい 利 用 したことがない 利 用 したくない 知 らなかった わからない 全 体 (n) 全 体 (n) Ⅵ 問 2 Ⅵ 問 2 4 運 動 器 の 機 能 向 上 教 室 をみると 利 用 状 況 は 利 用 したことがない が 62.3で 最 も 多 く 知 らなかった が 17.9 利 用 したことがある が 2.8で 続 きます 利 用 意 向 は わからない が 38.1で 最 も 多 く 利 用 した い が 29.0 利 用 したくない が 10.4で 続 きます 利 用 状 況 利 用 意 向 項 目 名 区 分 一 般 高 齢 者 区 分 一 般 高 齢 者 構 成 比 構 成 比 集 計 値 項 目 名 集 計 値 () () 利 用 したことがある 利 用 したい 利 用 したことがない 利 用 したくない 知 らなかった わからない 全 体 (n) 全 体 (n) Ⅵ 問 2 Ⅵ 問 2 57

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6 Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり -ⅰあなたの 健 康 づくり- 自 分 の 健 康 状 態 に 関 する 認 識 問 1 あなたは 現 在 のご 自 分 の 健 康 状 態 をどのように 感 じていますか 次 の 中 か ら あてはまるものに1つ をつけてください 全 体 (N=1372) 健 康 ではない 3.4% 0.5% 非 常 に 健 康 である 15.3% あまり 健 康 ではない 12.9%

More information

平 成 25 年 度 静 岡 県 における 高 齢 者 生 活 実 態 調 査 ( 第 2 期 ) 報 告 書 平 成 26 年 3 月 静 岡 県 健 康 福 祉 部 医 療 健 康 局 健 康 増 進 課 目 次 Ⅰ 調 査 概 要... 1 Ⅱ 回 答 者 属... 5 Ⅲ 調 査 結 果... 7 1 健 康 状 態 健 康 管 理 について... 7 2 運 動 習 慣 について...

More information

は じ め に 世 界 有 数 の 長 寿 国 となった 日 本 において 年 を 重 ねても いかに 健 康 で 充 実 し た 暮 らしをしてくことができるかが 最 大 の 課 題 です 山 形 県 の 健 康 増 進 計 画 とし て 平 成 24 年 度 に 策 定 された 健 康 やまがた

は じ め に 世 界 有 数 の 長 寿 国 となった 日 本 において 年 を 重 ねても いかに 健 康 で 充 実 し た 暮 らしをしてくことができるかが 最 大 の 課 題 です 山 形 県 の 健 康 増 進 計 画 とし て 平 成 24 年 度 に 策 定 された 健 康 やまがた 一 人 暮 らし 後 期 高 齢 者 の 食 と 生 活 習 慣 に 関 する 実 態 調 査 報 告 平 成 27 年 3 月 山 形 県 置 賜 保 健 所 は じ め に 世 界 有 数 の 長 寿 国 となった 日 本 において 年 を 重 ねても いかに 健 康 で 充 実 し た 暮 らしをしてくことができるかが 最 大 の 課 題 です 山 形 県 の 健 康 増 進 計 画 とし て

More information

(Microsoft Word - 002\221\3461\217\315\201A\221\3462\217\315.doc)

(Microsoft Word - 002\221\3461\217\315\201A\221\3462\217\315.doc) 第 1 章 調 査 の 概 要 とまとめ 第 1 章 調 査 の 概 要 とまとめ 1 調 査 目 的 これからの 高 齢 者 の 健 康 づくりの 一 環 として 食 と 健 康 に 関 する 実 態 を 把 握 し 練 馬 区 の 介 護 予 防 施 策 を 検 討 する 基 礎 資 料 とすることを 目 的 とし 実 施 しました また 2 年 後 に 同 様 な 調 査 を 実 施 し 食

More information

27477_Ł\”ƒ.ec6

27477_Ł\”ƒ.ec6 平 成 1 年 度 老 人 クラブ 生 活 モニター 活 動 高 齢 者 の 食 生 活 轄 高 齢 者 の 食 生 活 平 成 十 八 年 度 全 老 連 女 性 委 員 会 全 国 老 人 クラブ 連 合 会 女 性 委 員 会 Ⅰ モニターの 概 要 1 モニターの 主 体 と 目 的 全 国 老 人 クラブ 連 合 会 女 性 委 員 会 によるモニターは 高 齢 者 が 安 心 して 暮

More information

平成19年度 食育推進のための実態調査 調査内容(案)

平成19年度 食育推進のための実態調査 調査内容(案) 食 育 推 進 のための 実 態 調 査 票 複 数 回 答 の 記 載 がない 場 合 は あてはまるものを 選 んで1つに をしてください 問 1 あなたの 性 別 を 教 えてください 1 男 性 2 女 性 問 2 あなたの 年 齢 は 次 の 中 からあてはまるものを 選 んでください 1 0~5 歳 2 6~10 歳 3 11 歳 ~15 歳 4 16~19 歳 5 20 歳 代 6 30

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 在 宅 サービス 提 供 者 交 流 会 Copyright 2012 SAKURANOMORI All Rights Reserved. 株 式 会 社 さくらの 杜 代 表 取 締 役 ごあいさつ SAKURA 訪 問 看 護 リハビリステーション 昭 島 株 式 会 社 さくらの 杜 代 表 取 締 役 越 阪 部 修 一 自 己 紹 介 おさかべ しゅういち 越 阪 部 修 一 2000 年

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計 本 市 で は 国 の 健 康 増 進 計 画 で あ る 健 康 日 本 21 愛 知 県 の 健 康 日 本 21あ い ち 計 画 を 受 け て 第 1 次 健 康 増 進 計 画 を 策 定 し 平 成 15 年 度 から 平 成 25 年 度 まで また 食 育 推 進 計 画 についても 食 育 基 本 法 に 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 まで それぞれ

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

資 料 1 栄 養 食 生 活 脂 肪 やコレステロールを とり 過 ぎない 人 の 増 加 塩 分 を 控 える 人 の 増 加 色 の 濃 い 野 菜 を 食 べる 人 の 増 加 カルシウムを 多 くとる 人 の 増 加 体 重 コントロールを 実 践 する 人 の 増 加 児 童 生 徒 の

資 料 1 栄 養 食 生 活 脂 肪 やコレステロールを とり 過 ぎない 人 の 増 加 塩 分 を 控 える 人 の 増 加 色 の 濃 い 野 菜 を 食 べる 人 の 増 加 カルシウムを 多 くとる 人 の 増 加 体 重 コントロールを 実 践 する 人 の 増 加 児 童 生 徒 の 資 料 1 栄 養 食 生 活 脂 肪 やコレステロールを とり 過 ぎない 人 の 増 加 塩 分 を 控 える 人 の 増 加 色 の 濃 い 野 菜 を 食 べる 人 の 増 加 カルシウムを 多 くとる 人 の 増 加 体 重 コントロールを 実 践 する 人 の 増 加 児 童 生 徒 の 肥 満 児 の 減 少 / 小 学 校 4 年 男 子 / 小 学 校 4 年 女 子 / 中 学

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B> 第 4 章 医 療 情 報 等 の 分 析 による 健 康 課 題 1 医 療 費 の 状 況 (1) 医 療 費 の 経 年 変 化 平 成 24 年 度 から 平 成 26 年 度 の 本 市 三 重 県 全 国 における 医 科 の 一 人 当 たり 医 療 費 の 推 移 を 合 計 入 院 外 来 とそれぞれ 表 しています ( 図 4-1) 一 人 当 たりの 医 療 費 は 三 重 県

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

untitled

untitled 第 24 回 もしもし 医 学 セミナー 食 事 のポイント 延 ばせ! 健 康 寿 命! ~ がんも 糖 尿 病 も 予 防 は 食 生 活 から ~ NTT 東 日 本 関 東 病 院 栄 養 部 鈴 木 雅 子 男 性 79.55 歳 女 性 86.30 歳 平 均 寿 命 ( 平 成 22 年 ) 男 性 79.55 歳 女 性 86.30 歳 第 1 位 長 野 県 ( 男 性 80.88

More information

Taro-第1~4-2.jtd

Taro-第1~4-2.jtd 第 8 章 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 総 合 的 な 取 組 の 促 進 第 1 節 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 連 携 ( 現 状 及 び 課 題 ) 保 健 医 療 福 祉 は 相 互 に 密 接 に 関 わっており 医 療 連 携 体 制 の 構 築 にあ たっても 疾 病 の 予 防 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 各 種 の 相 談 治 療 リハビ リテーション

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

平 成 27 年 度 大 学 生 の 食 生 活 等 生 活 習 慣 調 査 結 果 1 目 的 平 成 25 年 3 月 に 策 定 された 健 康 日 本 21あいち 新 計 画 の 栄 養 食 生 活 分 野 の 目 標 項 目 では 2~6 歳 代 の 肥 満 者 の 割 合 と2~3 歳

平 成 27 年 度 大 学 生 の 食 生 活 等 生 活 習 慣 調 査 結 果 1 目 的 平 成 25 年 3 月 に 策 定 された 健 康 日 本 21あいち 新 計 画 の 栄 養 食 生 活 分 野 の 目 標 項 目 では 2~6 歳 代 の 肥 満 者 の 割 合 と2~3 歳 平 成 27 年 度 大 学 生 の 食 生 活 等 生 活 習 慣 調 査 結 果 平 成 27 年 12 月 愛 知 県 健 康 福 祉 部 保 健 医 療 局 健 康 対 策 課 平 成 27 年 度 大 学 生 の 食 生 活 等 生 活 習 慣 調 査 結 果 1 目 的 平 成 25 年 3 月 に 策 定 された 健 康 日 本 21あいち 新 計 画 の 栄 養 食 生 活 分 野

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 結 婚 妊 娠 出 産 育 児 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 文 京 区 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1. 調 査 目 的 3 2. 調 査 項 目 3 3. 調 査 設 計 3 4. 回 収 結 果 3 5. 報 告 書 の 見 方 3 Ⅱ 調 査 回 答 者 の 属 5 (1) 7 (2) 年 齢 7 (3) 同 居 者 8 (4) 現 在 の 暮

More information

目 次 調 査 の 概 要 ------------------------------------------------------------------ 1 調 査 の 目 的 調 査 方 法 回 収 率 報 告 書 を 見 る 際 の 注 意 事 項 Ⅰ. 基 本 的 な 事 項 について

目 次 調 査 の 概 要 ------------------------------------------------------------------ 1 調 査 の 目 的 調 査 方 法 回 収 率 報 告 書 を 見 る 際 の 注 意 事 項 Ⅰ. 基 本 的 な 事 項 について 健 康 に 関 する 意 識 アンケート 調 査 報 告 書 平 成 24 年 2 月 北 見 市 目 次 調 査 の 概 要 ------------------------------------------------------------------ 1 調 査 の 目 的 調 査 方 法 回 収 率 報 告 書 を 見 る 際 の 注 意 事 項 Ⅰ. 基 本 的 な 事 項 について

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 調 査 結 果 一 覧 0 目 次 調 査 概 要 P2 詳 細 スコア1 - 治 療 への 態 度 層 別 スコア- P35 回 答 サンプル 内 訳 P3 20, 糖 尿 病 患 者 の 治 療 への 態 度 ( 治 療 における 周 囲 との 関 係 別 ) P37 21, 糖 尿 病 患 者 の 治 療 への 態 度 ( 地 域 別 ) P39 各 項 目 スコア 一 覧 P4 詳

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

地域ケアネットワーク事業

地域ケアネットワーク事業 飛 鳥 晴 山 苑 地 域 包 括 支 援 センター 包 括 的 継 続 的 ケアマネジメント 事 業 地 域 ケアネットワーク 事 業 在 宅 医 療 を 支 援 しよう! 在 宅 医 療 基 本 のき 2011 年 1 月 14 日 祐 ホームクリニック 在 宅 医 療 連 携 室 室 長 高 橋 由 利 子 1 自 己 紹 介 虎 の 門 病 院 勤 務 2010 年 3 月 慶 應 義 塾

More information

Microsoft Word - 第6期計画書(グラフを画像で貼付)

Microsoft Word - 第6期計画書(グラフを画像で貼付) 長 井 市 老 人 保 健 福 祉 計 画 第 6 期 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 計 画 期 間 : 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ) 平 成 27 年 3 月 長 井 市 目 次 第 1 章 計 画 の 概 要 と 基 本 的 方 向 1. 計 画 策 定 の 背 景 と 趣 旨 1 2. 計 画 の 課 題 2 (1) 第 5 期 計 画 の 取 り 組 みからの

More information

(Microsoft PowerPoint - \223\234\224A\225a.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \223\234\224A\225a.ppt) 小 林 クリニック 外 来 看 護 部 糖 尿 病 糖 尿 病 とは 食 事 で 摂 った 糖 質 をうまくエネルギーとして 活 用 できず 血 液 中 のブドウ 糖 の 濃 度 ( 血 糖 値 )が 慢 性 的 に 高 くなる 状 態 を 言 います ブドウ 糖 を 細 胞 内 に 取 り 込 んでエネルギーに 変 えるには 膵 臓 から 分 泌 されるインスリンが 必 要 ですが その 分 泌

More information

(2) 生 活 習 慣 病 は 区 民 の 死 因 の 6 割 を 占 める また 介 護 予 防 には 生 活 習 慣 病 に 加 え 認 知 症 や 骨 折 の 予 防 が 大 切 である 生 活 習 慣 病 が 死 因 に 占 める 割 合 は 約 6 割 国 や 東 京 都 と 同 様 の

(2) 生 活 習 慣 病 は 区 民 の 死 因 の 6 割 を 占 める また 介 護 予 防 には 生 活 習 慣 病 に 加 え 認 知 症 や 骨 折 の 予 防 が 大 切 である 生 活 習 慣 病 が 死 因 に 占 める 割 合 は 約 6 割 国 や 東 京 都 と 同 様 の 1 データでみるせたがやの 健 康 発 行 のねらい 区 では 健 康 せたがやプラン( 第 二 次 ) ( 平 成 24 年 度 ~33 年 度 )を 策 定 し 基 本 理 念 の 下 区 民 の 健 康 づくりに 取 り 組 んでいます その 方 策 の 1 つとして 健 康 に 関 するデータを 活 用 して 区 民 の 健 康 状 況 を 明 らかにすると 共 に 区 民 が 自 分 自

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

<93EC89EF92C392AC8FE18A51959F8E C C9288EA8DEC90AC816A2E786C7378>

<93EC89EF92C392AC8FE18A51959F8E C C9288EA8DEC90AC816A2E786C7378> 目 次 各 種 手 帳 について 1 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 保 健 福 祉 手 帳 医 療 について 2~3 更 生 医 療 育 成 医 療 精 神 通 院 医 療 重 度 心 身 障 がい 者 医 療 費 助 成 人 工 透 析 通 院 交 通 費 助 成 事 業 手 当 について 4 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 制 度 特 別 障 害 者 手 当 障 害 児

More information

各論_1章〜7章.indd

各論_1章〜7章.indd 第 7 章 健 康 指 標 分 野 ( 糖 尿 病 循 環 器 疾 患 がん COPD) 1 推 進 の 方 向 糖 尿 病 (1) 糖 尿 病 の 発 症 を 予 防 するための 生 活 習 慣 の 改 善 あらゆる 機 会 に 多 様 な 伝 達 手 段 を 使 って 県 民 に 糖 尿 病 の 正 しい 知 識 や 糖 尿 病 発 症 予 防 のため の 生 活 習 慣 の 改 善 について

More information

01第1章表紙

01第1章表紙 第 章 概 況 Ⅰ 県 南 地 域 の 概 況 () 地 勢 県 南 地 域 は 福 島 県 中 通 り 地 方 の 南 部 に 位 置 し 栃 木 茨 城 の 両 県 に 接 し 白 河 市 ( 平 成 7 年 月 7 日 白 河 市 表 郷 村 東 村 大 信 村 が 合 併 ) 西 白 河 郡 及 び 東 白 川 郡 の 市 4 町 4 村 からなり その 面 積 は,233.24km2と 県

More information

目次

目次 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 ( 概 要 ) 医 療 経 済 研 究 機 構 では 社 会 保 険 庁 より 委 託 を 受 け 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 を 実 施 した 調 査 研 究 の 主 なポイントは 以 下 の 通 り Ⅰ. 調 査 研 究 の 背 景 と 目

More information

計 画 策 定 の 趣 旨 と 背 景 我 が 国 の 平 均 寿 命 は 生 活 環 境 の 改 善 医 学 の 進 歩 等 によって 著 しく 延 伸 しましたが 認 知 症 や 寝 たきりなど 介 護 を 必 要 とする 人 等 の 増 加 により 医 療 介 護 の 社 会 的 負 担 は

計 画 策 定 の 趣 旨 と 背 景 我 が 国 の 平 均 寿 命 は 生 活 環 境 の 改 善 医 学 の 進 歩 等 によって 著 しく 延 伸 しましたが 認 知 症 や 寝 たきりなど 介 護 を 必 要 とする 人 等 の 増 加 により 医 療 介 護 の 社 会 的 負 担 は - 0 - 計 画 策 定 の 趣 旨 と 背 景 我 が 国 の 平 均 寿 命 は 生 活 環 境 の 改 善 医 学 の 進 歩 等 によって 著 しく 延 伸 しましたが 認 知 症 や 寝 たきりなど 介 護 を 必 要 とする 人 等 の 増 加 により 医 療 介 護 の 社 会 的 負 担 は 深 刻 な 問 題 となって います また 食 生 活 や 運 動 など 生 活 習 慣

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

スライド 1

スライド 1 全 国 健 康 保 険 協 会 広 島 支 部 データヘルス 計 画 ~ 安 定 した 経 営 は 従 業 員 の 健 康 づくりから~ 概 要 版 ~ ヘルスケア 通 信 簿 に 基 づく 事 業 所 毎 の 健 康 課 題 の 把 握 と 特 徴 に 合 った 保 健 事 業 の 提 案 ~ ヘルスケア 通 信 簿 は 全 国 健 康 保 険 協 会 の 商 標 登 録 です 平 成 27 年

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

⑶ 受 動 喫 煙 防 止 さっぽろMU 煙 デー 受 動 喫 煙 のない 空 気 のきれいな 街 を 目 指 し 毎 月 3 日 を さっぽろMU 煙 デー と 定 め 受 動 喫 煙 防 止 キャンペーンを 実 施 している 平 成 26 年 度 実 績 :9イベント 等 でパネル 展 啓 発

⑶ 受 動 喫 煙 防 止 さっぽろMU 煙 デー 受 動 喫 煙 のない 空 気 のきれいな 街 を 目 指 し 毎 月 3 日 を さっぽろMU 煙 デー と 定 め 受 動 喫 煙 防 止 キャンペーンを 実 施 している 平 成 26 年 度 実 績 :9イベント 等 でパネル 展 啓 発 Ⅰ がん 予 防 札 幌 市 の 課 題 全 国 と 比 較 してがんによる 死 亡 率 が 高 い 他 政 令 市 と 比 較 して 喫 煙 率 が 高 い 若 い 世 代 の 運 動 習 慣 のある 人 の 割 合 が 少 ない 1 感 染 に 起 因 するがんへの 対 策 項 目 肝 炎 ウイルス ヘリコバクター ピロリ HPV (ヒトパピローマウイルス) HTLV-1 (ヒト T 細 胞 白

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

Microsoft Word - 2章.doc

Microsoft Word - 2章.doc 第 2 章 1. 人 口 の 構 成 と 動 態 (1) 人 口 総 数 と 年 齢 構 成 住 民 基 本 台 帳 人 口 及 び 外 国 人 登 録 人 口 による 平 成 21 年 (29 年 )9 月 末 現 在 の 本 市 の 人 口 総 数 は358,756 人 で 前 計 画 が 策 定 された 平 成 16 年 (24 年 )と 比 べる と 約 2,8 人 の 増 加 となっています

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

Microsoft Word - 概要版_130325_3

Microsoft Word - 概要版_130325_3 基 本 理 念 健 康 寿 命 を 延 伸 する 健 康 都 市 金 沢 金 沢 市 の 平 均 寿 命 と 健 康 寿 命 ( 平 成 22 年 ) 健 康 寿 命 とは 健 康 上 の 問 題 で 日 常 生 活 が 制 限 されることなく 生 活 できる 期 間 です 金 沢 市 の 平 成 22 年 の 健 康 寿 命 は 男 性 78.16 歳 女 性 83.17 歳 となり 平 均 寿

More information

ハンドブック表紙

ハンドブック表紙 6. 障 害 福 祉 サービス( 自 立 支 援 給 付 ) 自 立 支 援 給 付 の 概 要 障 害 福 祉 サービス( 自 立 支 援 給 付 )には ホームヘルプや 施 設 の 短 期 入 所 など 介 護 給 付 と 機 能 訓 練 や 生 活 訓 練 就 労 移 行 支 援 などの 訓 練 等 給 付 があります ( 次 頁 対 象 サービ ス 一 覧 参 照 ) それぞれのサービスを

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要 市 民 の 健 康 ~ が ん の 予 防 と 体 操 で 健 康 づ く り ~ 1 挨 拶 こ ん に ち は 長 久 手 市 役 所 健 康 推 進 課 の 伊 藤 と 申 し ま す 本 日 は よ ろ し く お 願 い し ま す 座 っ た ま ま で 説 明 さ せ て い た だ き ま す 今 回 の タ イ ト ル は 市 民 の 健 康 が ん の 予 防 と 体 操 で 健

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

Microsoft PowerPoint - ■食生活調査2014・150303完成版_.pptx

Microsoft PowerPoint - ■食生活調査2014・150303完成版_.pptx 1 牛 乳 食 生 活 動 向 調 査 2014 改 めて 確 認 されたこと 新 しく 分 かったこと ~ 最 終 公 表 版 ~ 2015 年 3 月 3 日 目 次 3 P4 調 査 の 概 要 1. 牛 乳 飲 用 に 関 する 行 動 や 意 識 の 主 要 な 変 化 (2012~2014) P6 (1) 牛 乳 類 飲 用 ( 利 用 ) 頻 度 の 変 化 P7 (2) 牛 乳 を

More information

資 料 2-2 第 6 次 長 野 県 保 健 医 療 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 (2012 年 )11 月 目 次 項 目 ページ 第 1 編 保 健 医 療 計 画 の 基 本 的 事 項 と 保 健 医 療 の 現 状 第 1 章 計 画 の 基 本 的 方 向 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 7 第 2 節 計 画 の 性 格 7 第 3 節 計 画 の 基 本 理

More information

chibuH27nittei

chibuH27nittei 平 成 27 年 度 健 康 診 断 日 程 表 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 受 けることから! 特 定 健 康 診 断 後 期 高 齢 者 健 康 診 断 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 5 月 20 日 ( 水 ) 午 後 1 時 ~ 午 後 3 時 4 月 21 日 ( 火 )

More information

Microsoft Word - 9-1 浴風会_設置要綱.docx

Microsoft Word - 9-1 浴風会_設置要綱.docx 平 成 24 年 度 調 査 研 究 2( 継 続 ) ( 別 紙 9-1) 認 知 症 の 人 に 対 する 通 所 型 サービスのあり 方 に 関 する 調 査 研 究 事 業 の 調 査 検 討 組 織 設 置 要 綱 1. 設 置 目 的 社 会 福 祉 法 人 浴 風 会 認 知 症 介 護 研 究 研 修 東 京 センターは 認 知 症 の 人 に 対 する 通 所 型 サービスのあり

More information

”ƒ.pdf

”ƒ.pdf 24. 脳 卒 中 退 院 患 者 からみた 在 宅 療 養 生 活 開 始 時 の 課 題 退 院 支 援 および 退 院 後 の 困 りごと キーワード: 脳 卒 中 在 宅 療 養 者 退 院 時 の 心 身 の 状 況 退 院 指 導 退 院 前 後 の 困 りごと 藤 野 美 代 子 ( 旧 所 属 公 立 高 島 総 合 病 院 現 所 属 大 阪 保 健 福 祉 専 門 学 校 ) 松

More information

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人 第 3 章 弟 子 屈 町 の 健 康 づくりの 推 進 第 1 節 健 康 づくりの 目 標 町 民 一 人 ひとりが 主 体 的 に 健 康 づくりに 取 り 組 み 健 康 的 な 生 活 習 慣 について 考 えることができるよう 行 動 指 針 として 食 育 栄 養 食 生 活 をはじめ8つの 生 活 習 慣 について わかりやすい 健 康 づくりの 目 標 を 設 定 しています また

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

白 紙

白 紙 第 6 期 ニセコ 町 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 ( 素 案 ) 平 成 27 年 2 月 北 海 道 ニセコ 町 白 紙 目 次 1 計 画 の 基 本 事 項... 1 1.1 計 画 策 定 の 趣 旨... 1 1.2 計 画 の 位 置 づけ... 2 (1) 計 画 の 根 拠 と 位 置 づけ... 2 (2) 関 連 計 画 との 整 合 性... 2 1.3 計 画 の

More information

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード] 運 動 における 安 全 管 理 バイタルサインということばを ご 存 じですか? ヒトの 生 命 に 基 本 的 な 徴 候 生 命 の 維 持 に 直 接 関 係 する 安 全 管 理 に 最 低 必 要 な 情 報 脈 拍 呼 吸 体 温 血 圧 意 識 状 態 など 脈 拍 をどこで 測 るかご 存 じですか? 脈 拍 を 測 ってみましょう 親 指 側 の 手 首 に 脈 を 触 れ ます

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

様 式 1 裏 面 写 し を 貼 付 し て く だ さ い こ の 面 に 介 護 保 険 被 保 険 者 証 の

様 式 1 裏 面 写 し を 貼 付 し て く だ さ い こ の 面 に 介 護 保 険 被 保 険 者 証 の 様 式 1 平 成 年 月 日 川 崎 市 特 別 養 護 老 人 ホーム 入 居 申 込 書 施 設 長 様 特 別 養 護 老 人 ホームに 入 居 したいので 次 のとおり 申 し 込 みます ( 今 後 郵 便 物 などはこの 連 絡 先 にお 送 りさせていただきます ) フリガナ 入 居 希 望 者 との 関 係 申 込 者 - 連 絡 先 電 話 番 号 ( ) 終 日 日 中 のみ

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

特定疾患医療受給者証交付申請書

特定疾患医療受給者証交付申請書 第 1 号 様 式 の1 申 請 種 類 特 定 疾 患 医 療 給 証 交 付 申 請 書 新 規 更 新 医 療 機 関 追 加 転 入 再 登 録 給 生 計 中 心 療 医 療 機 関 ( 給 証 に 記 載 ) 重 要 事 項 フリガナ 氏 名 疾 患 名 給 番 号 ( 新 規 転 入 以 外 ) 生 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 日 生 性 別 職 住 氏 住 業 所 名 所 収

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

Microsoft PowerPoint - 保健指導講義(H22)

Microsoft PowerPoint - 保健指導講義(H22) アルコール 指 導 のポイント 生 活 習 慣 病 対 策 室 アルコール 対 策 専 門 官 遠 藤 光 一 アルコール 問 題 の 特 徴 飲 酒 が 問 題 ではなく 多 量 飲 酒 が 問 題 原 則 として 完 全 にやめることを 目 的 にしない 身 体 的 問 題 だけでなく 社 会 的 問 題 がみられることが ある 問 題 を 指 摘 されることの 抵 抗 が 大 きい Jカーブ

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

健 康 アクション 佐 賀 21 県 民 議 構 成 団 体 実 行 宣 言 ( 平 成 26 年 度 ) 資 料 4 ( 一 社 ) 佐 賀 県 薬 剤 師 ( 公 社 ) 佐 賀 県 看 護 協 ( 公 社 ) 佐 賀 県 栄 養 士 薬 局 や 一 般 医 薬 品 販 売 所 において 対 面

健 康 アクション 佐 賀 21 県 民 議 構 成 団 体 実 行 宣 言 ( 平 成 26 年 度 ) 資 料 4 ( 一 社 ) 佐 賀 県 薬 剤 師 ( 公 社 ) 佐 賀 県 看 護 協 ( 公 社 ) 佐 賀 県 栄 養 士 薬 局 や 一 般 医 薬 品 販 売 所 において 対 面 健 康 アクション 佐 賀 21 県 民 議 構 成 団 体 実 行 宣 言 ( 平 成 26 年 度 ) 資 料 4 平 成 17 年 5 月 26 日 に 採 択 した 佐 賀 県 医 師 禁 煙 宣 言 を 推 進 1. 医 師 及 び 医 療 関 係 者 の 禁 煙 を 推 進 2. 県 内 の 医 療 機 関 及 び 医 師 関 連 施 設 内 での 禁 煙 の 推 進 3. 医 療 機

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

平成13年度調査研究

平成13年度調査研究 1-1 1-2 - 1 - 1-3 30 6 40-2 - (1) 122000 10 1 2,693 182006 1 2,774 252013 622050 1 60 (2) 3 014 481973 209 122000 119 014 1980 2,700 122000 1,851 152003 1,700 282016 1,600 622050 1,084 1564 1564 71996

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス 平 成 27 年 度 訪 問 看 護 ( 訪 問 看 護 ステーション) 集 団 指 導 資 料 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 寿 社 会 課 平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

3 実務研修内容【分野別】

3 実務研修内容【分野別】 6) 地 域 栄 養 分 野 地 域 栄 養 ( 項 目 番 号 :T21-101 T21-201) 科 目 名 生 活 習 慣 病 の 発 症 予 防 と 重 症 化 予 防 単 位 数 講 義 3 単 位 がん 循 環 器 疾 患 糖 尿 病 及 び COPD( 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 対 処 するため 一 次 予 防 に 重 点 を 置 いた 対 策 を 推 進 するとともに 合

More information

健康管理パンフ.indd

健康管理パンフ.indd 大 腸 が ん 大 腸 がんの 検 査 と 注 意 事 項 2 若 い 人 の 病 気 になりつつあります 気 づ い た と き に は 手 遅 れ だ っ た な ん て こ と を 予 防 す る た め に 子 宮 頸 が ん 検 診 を 受 け ま し ょ う! 20 ~ 30 歳 代 女 性 の 子 宮 頸 がん 患 率 死 亡 率 が 急 増 しています 20 ~ 30 歳 代 女 性

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと 老 化 を4 倍 抑 制 するビタミンCの 摂 り 方 東 京 都 老 人 総 合 研 究 所 薬 学 博 士 石 神 昭 人 ビタミン C と 老 化 老 化 のメカニズムを 世 界 で 初 めて 解 明! 老 人 総 合 研 究 所 では 今 から 15 年 ほど 前 に 丸 山 先 生 が 老 化 で 減 少 するタンパク 質 とし て SMP30 というタンパク 質 を 新 たに 発 見 した

More information

Microsoft Word - (H23 6 1)患者手帳&連携パスシート _3_.doc

Microsoft Word - (H23 6 1)患者手帳&連携パスシート _3_.doc C 型 慢 性 肝 炎 インターフェロン 治 療 患 者 手 帳 & 連 携 パスシート 1 この 患 者 手 帳 を 使 用 するにあたって 病 院 およびかかりつけ 医 受 診 の 際 に 必 ず 携 帯 して 下 さい 治 療 中 の 血 液 項 目 などはできるだけ 患 者 様 本 人 でご 記 入 願 います 治 療 および 副 作 用 について 重 要 な 説 明 がありますのでご 確

More information

病児保育室 ぞうさん

病児保育室 ぞうさん 病 児 保 育 室 ぞうさん お 子 さんが 病 気 で 保 育 所 への 通 園 等 ができず かつ 保 護 者 の 仕 事 の 都 合 等 で 家 庭 での 保 育 が 困 難 な 場 合 に 院 内 保 育 所 ぞうさんで 一 時 的 にお 子 さんをお 預 かりします 病 気 等 の 回 復 期 に 至 らない 病 状 からお 預 かりできます < 施 設 概 要 > 保 育 日 月 曜 日

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478> 資 料 1 ( 宗 片 委 員 提 出 資 料 ) 災 害 時 における 女 性 のニーズ 調 査 ~なぜ 防 災 災 害 復 興 に 女 性 の 視 点 が 必 要 か~ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 イコールネット 仙 台 宗 片 恵 美 子 はじめに 宮 城 県 沖 地 震 発 生 確 率 10 年 以 内 70% 程 度 20 年 以 内 90% 程 度 以 上 30 年 以 内 99%

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

Microsoft Word - 02市民健康意識調査アンケート_16以上_最終稿

Microsoft Word - 02市民健康意識調査アンケート_16以上_最終稿 あなたご 自 身 についておたずねします 市 民 健 康 意 識 調 査 アンケート(16 歳 以 上 問 1 あなたの 性 別 を 教 えてください 1. 男 2. 女 問 2 あなたの 年 齢 を 教 えてください 1.16~19 歳 2.20~24 歳 3.25~29 歳 4.30~34 歳 5.35~39 歳 6.40~44 歳 7.45~49 歳 8.50~54 歳 9.55~59 歳 10.60~64

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

(Microsoft Word - 1004_10\214\216\222\262\215\270\203\212\203\212\201[\203X_\215\305\217I\215e.doc)

(Microsoft Word - 1004_10\214\216\222\262\215\270\203\212\203\212\201[\203X_\215\305\217I\215e.doc) 10 月 8 日 は 入 れ 歯 の 日 - 口 腔 ケアと 体 の 健 康 に 関 する 意 識 と 歯 科 医 院 に 行 く 頻 度 の 実 態 調 査 - 2012 年 10 月 吉 日 歯 の 健 康 と 体 の 健 康 は 関 係 があると 思 う 人 は 94.5% しかし 同 じ 歯 科 医 院 に 定 期 的 に 通 っている 人 は 16.9% かかりつけ 歯 科 医 を 持 って

More information

調  査  票

調  査  票 調 査 票 Ⅰ. 回 答 者 ( 調 査 票 の 宛 名 の 方 )などの 状 況 について おうかがいします ( 該 当 するものに をつけてください) 問 1 あなたの 性 別 は どちらですか (1つ) 1. 男 2. 女 問 2 あなたの 年 齢 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 )は 以 下 のどれですか (1つ) 1.30 歳 未 満 2.30~40 歳 未 満 3.40~50

More information

11. 演 題 発 表 の 実 績 は 登 録 アカウント 毎 に 履 歴 として 管 理 されますので 必 ず 自 身 のアカウ ントでログインして 演 題 を 登 録 してください 12. 演 題 登 録 に 伴 う 各 種 電 子 メールでの 連 絡 は アカウント 登 録 の 際 に 確 認

11. 演 題 発 表 の 実 績 は 登 録 アカウント 毎 に 履 歴 として 管 理 されますので 必 ず 自 身 のアカウ ントでログインして 演 題 を 登 録 してください 12. 演 題 登 録 に 伴 う 各 種 電 子 メールでの 連 絡 は アカウント 登 録 の 際 に 確 認 こちらは 理 学 療 法 学 42 巻 5 号 掲 載 の 第 51 回 日 本 理 学 療 法 学 術 大 会 開 催 案 内 ( 第 2 報 )の 内 容 です 演 題 登 録 が 開 始 されましたら 登 録 画 面 記 載 の 注 意 事 項 を 必 ずご 確 認 ください 演 題 登 録 では 12 分 科 学 会 のいずれかを 選 択 する 必 要 があります 登 録 する 分 科 学

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

在宅生活ハンドブックNo.20 肥満予防のための食事内容

在宅生活ハンドブックNo.20 肥満予防のための食事内容 在 宅 生 活 ハンドブック No.20 肥 満 予 防 のための 食 事 内 容 別 府 重 度 障 害 者 センター ( 栄 養 部 門 2014) も く じ はじめに 1 Ⅰ 肥 満 とは 1 1. 肥 満 の 判 定 基 準 1 2. 肥 満 の 種 類 1 (1) 内 臓 肥 満 型 1 (2) 皮 下 脂 肪 型 2 3. 肥 満 の 原 因 2 (1) 食 べ 過 ぎと 運 動 不

More information

問 診 表 鎌 ケ 谷 総 合 病 院 健 康 管 理 センター 脳 ドック WEB 用 資 料 2/5 この 問 診 表 健 康 づくり 対 策 に 役 立 てることを 目 的 としております 秘 密 厳 守 たしますので 率 直 にお 答 えくださ ふりがな 氏 名 男 受 診 者 番 号 受

問 診 表 鎌 ケ 谷 総 合 病 院 健 康 管 理 センター 脳 ドック WEB 用 資 料 2/5 この 問 診 表 健 康 づくり 対 策 に 役 立 てることを 目 的 としております 秘 密 厳 守 たしますので 率 直 にお 答 えくださ ふりがな 氏 名 男 受 診 者 番 号 受 脳 ドック ご 案 内 書 鎌 ケ 谷 総 合 病 院 健 康 管 理 センター 脳 ドック WEB 用 資 料 1/5 ~ 脳 ドックをお 受 けになる 皆 様 へ~ この 度 人 間 ドッグのご 予 約 をただきありがとうござます 下 記 の 注 意 事 項 をお 読 みになって 指 定 された 時 間 に 遅 れなようご 来 院 くださ 1. 注 意 事 項 前 日 まで 1 2 食 事 前

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

施 設 所 在 地 東 海 九 州 北 海 道 東 北 関 東 近 畿 中 国 四 国 北 陸 沖 縄 49 47 119 157 63 114 45 92 設 置 形 態 単 独 設 置 特 養 と 併 設 その 他 と 併 設 302 237 139 定 員 30 人 以 下 31~50 人 5

施 設 所 在 地 東 海 九 州 北 海 道 東 北 関 東 近 畿 中 国 四 国 北 陸 沖 縄 49 47 119 157 63 114 45 92 設 置 形 態 単 独 設 置 特 養 と 併 設 その 他 と 併 設 302 237 139 定 員 30 人 以 下 31~50 人 5 平 成 23 年 度 居 住 型 施 設 ( 軽 費 ) 実 態 調 査 アンケート 報 告 書 Ⅰ. 調 査 概 要 1. 調 査 の 目 的 本 調 査 は 軽 費 の 会 員 施 設 における 実 態 を 把 握 することを 目 的 として 実 施 したものである 2. 調 査 対 象 軽 費 会 員 施 設 :1,148 ヶ 所 3. 調 査 実 施 時 期 平 成 23 年 12 月 2

More information

現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 健 康 強 み 健 康 への 意 識 が 高 い 病 院 が 多 い 6 8 年 間 を 通 して 健 康 づくり 活 動 を 行 なっている 高 齢 者 の 学 習 の 場 がたくさんある 運 動 意 識 が 高 い ( 高 齢 者 運 動 会

現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 健 康 強 み 健 康 への 意 識 が 高 い 病 院 が 多 い 6 8 年 間 を 通 して 健 康 づくり 活 動 を 行 なっている 高 齢 者 の 学 習 の 場 がたくさんある 運 動 意 識 が 高 い ( 高 齢 者 運 動 会 現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 福 祉 強 み 参 考 資 料 河 内 総 合 福 祉 センターまでのバスが 巡 回 ( 温 泉 入 浴 が 可 ) 福 祉 施 設 の 充 実 地 区 内 に 河 内 総 合 福 祉 センターがある 福 祉 の 拠 点 として,もっと 利 用 し よう 介 護 施 設 等 では 軒 先 まで 送 迎 してもらえるので,とても 便 利 に 思 います

More information