< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>"

Transcription

1 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 平 成 7 年 11 月 28 日 安 全 保 障 会 議 及 び 閣 議 決 定 )に 従 い 別 紙 のとおり 定 める

2 ( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 ) 1 計 画 の 方 針 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 平 成 7 年 11 月 28 日 安 全 保 障 会 議 及 び 閣 議 決 定 以 下 新 防 衛 大 綱 という )に 従 い 以 下 を 計 画 の 基 本 として 適 切 な 防 衛 力 の 整 備 に 努 めることとする 1 基 幹 部 隊 主 要 装 備 等 については 新 防 衛 大 綱 に 定 める 新 たな 防 衛 力 の 水 準 への 円 滑 な 移 行 に 配 意 しつつ 合 理 化 効 率 化 コンパクト 化 を 推 進 する 2 多 様 な 事 態 に 対 して 有 効 に 対 応 し 得 るよう 必 要 な 機 能 の 充 実 及 び 防 衛 力 の 質 的 な 向 上 に 努 める 3 養 成 及 び 取 得 に 長 期 間 を 要 する 要 員 及 び 装 備 を 教 育 訓 練 部 門 等 において 保 持 したり 即 応 性 の 高 い 予 備 自 衛 官 を 確 保 することにより 事 態 の 推 移 に 円 滑 に 対 応 し 得 るように 適 切 な 弾 力 性 を 確 保 する 施 策 に 着 手 する 4 日 米 安 全 保 障 体 制 の 信 頼 性 の 向 上 を 図 るための 各 種 施 策 を 引 き 続 き 推 進 する 5 より 安 定 した 安 全 保 障 環 境 の 構 築 への 貢 献 のための 各 種 施 策 を 推 進 する 6 その 時 々の 経 済 情 勢 格 段 に 厳 しさを 増 している 財 政 事 情 等 を 勘 案 し 国 の 他 の 諸 施 策 との 調 和 を 図 りつつ 節 度 ある 防 衛 力 の 整 備 に 一 層 努 力 する 2 基 幹 部 隊 の 見 直 し 等 1 陸 上 自 衛 隊 については 装 備 の 近 代 化 にも 配 意 しつつ 5 個 の 師 団 について 改 編 を 実 施 する その 際 2 個 の 師 団 については 旅 団 に 改 編 し このうち1 個 を 空 中 機 動 性 を 高 めた 旅 団 とするとともに 改 編 した 師 団 及 び 旅 団 のそれぞれについて その 一 部 の 部 隊 を 即 応 性 の 高 い 予 備 自 衛 官 を 主 体 として 編 成 する また 即 応 性 の 高 い 予 備 自 衛 官 に 係 る 所 要 の 施 策 を 講 ずる これらの 改 編 に 伴 い 陸 上 自 衛 隊 の 編 成 定 数 及 び 常 備 自 衛 官 定 員 を 計 画 的 かつ 段 階 的 に 削 減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね17 万 2 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 については おおむね16 万 7 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 について は おおむね5 千 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 の 常 備 自 衛 官 の 充 足 について は 定 員 の 削 減 を 踏 まえつつ 計 画 期 間 末 において おおむね14 万 7 千 人 程 度 をめど とする 2 海 上 自 衛 隊 については 護 衛 艦 部 隊 ( 地 方 隊 ) のうち2 個 護 衛 隊 を 廃 止 するとともに 潜 水 艦 部 隊 に 教 育 部 隊 を 新 編 するほか 機 動 的 に 運 用 する 掃 海 部 隊 を1 個 掃 海 隊 群 へ 集 約 化 する また 固 定 翼 哨 戒 機 部 隊 については1 個 航 空 隊 を 廃 止 するとともに 固 定 翼 哨 戒 機 部 隊 及 び 陸 上 回 転 翼 哨 戒 機 部 隊 のうちそれぞれ1 個 航 空 隊 を 搭 乗 員 を 専 門 に 養 成 するための 教 育 部 隊 とする 3 航 空 自 衛 隊 については 警 戒 管 制 部 隊 のうち2 個 方 面 隊 の 一 部 の 警 戒 群 を 警 戒 隊 とす るとともに 要 撃 戦 闘 機 部 隊 について1 個 飛 行 隊 を 廃 止 する 4 各 自 衛 隊 の 統 合 的 かつ 有 機 的 な 運 用 に 特 に 配 意 するとの 観 点 から 統 合 幕 僚 会 議 の 機 能 の 充 実 等 について 検 討 の 上 必 要 な 措 置 を 講 ずる

3 3 主 要 事 業 内 容 1 防 空 能 力 ( 1) 防 空 要 撃 能 力 については 将 来 における 技 術 的 水 準 の 動 向 に 対 応 して 現 有 の 要 撃 戦 闘 機 ( F-15)を 今 後 とも 有 効 に 活 用 するため 近 代 化 のための 試 改 修 を 行 う ( 2) 重 要 地 域 等 の 防 空 火 力 については 引 き 続 き 現 有 の 地 対 空 誘 導 弾 ( ペトリオット) の 能 力 向 上 を 行 うとともに 地 対 空 誘 導 弾 (ホーク) 改 善 用 装 備 品 を 整 備 する また 短 距 離 地 対 空 誘 導 改 善 用 装 備 品 近 距 離 地 対 空 誘 導 弾 高 射 機 関 砲 等 を 整 備 する 2 周 辺 海 域 の 防 衛 能 力 及 び 海 上 交 通 の 安 全 確 保 能 力 ( 1) 艦 艇 については 護 衛 艦 潜 水 艦 掃 海 艇 ミサイル 艇 等 を 建 造 する 護 衛 艦 の 建 造 に 当 たっては 護 衛 艦 部 隊 全 般 の 効 率 的 な 在 り 方 に 留 意 しつつ 更 新 近 代 化 を 推 進 する ( 2) 航 空 機 については 引 き 続 き 哨 戒 ヘリコプター( SH-60J)を 整 備 するとともに 将 来 の 技 術 的 水 準 の 動 向 に 対 応 して 現 有 の 固 定 翼 哨 戒 機 ( P-3C)を 今 後 とも 有 効 に 活 用 するため 所 要 の 能 力 向 上 のための 改 修 を 行 う また 固 定 翼 哨 戒 機 ( P-3c) の 後 継 機 に 関 し 検 討 の 上 必 要 な 措 置 を 講 ずる 3 着 上 陸 侵 攻 対 処 能 力 ( 1) 洋 上 水 際 撃 破 能 力 等 については 現 有 の 支 援 戦 闘 機 ( F-1)の 後 継 機 として 新 たな 支 援 戦 闘 機 ( F-2)を 整 備 するとともに 引 き 続 き 地 対 艦 誘 導 弾 ( SSM-1)を 整 備 する ( 2) 火 力 装 甲 機 動 力 対 戦 車 火 力 については 老 朽 装 備 の 更 新 近 代 化 を 主 体 に 火 砲 多 連 装 ロケットシステム 戦 車 装 甲 車 多 目 的 誘 導 弾 システムを 含 む 対 戦 車 火 器 等 を 整 備 するとともに 空 中 火 力 の 向 上 のため 引 き 続 き 対 戦 車 ヘリコプター ( AH-1S)を 整 備 する 4 輸 送 力 及 び 機 動 力 輸 送 力 及 び 機 動 力 については 引 き 続 き 輸 送 ヘリコプター( CH-47) 輸 送 艦 等 を 整 備 する また 輸 送 機 ( C-1)の 後 継 機 に 関 し 検 討 の 上 必 要 な 措 置 を 講 ずる 空 中 給 油 機 の 性 能 運 用 構 想 等 空 中 給 油 機 能 に 関 する 検 討 を 行 い 結 論 を 得 対 処 す る 5 情 報 指 揮 通 信 能 力 ( 1) 警 戒 監 視 等 については 引 き 続 き 固 定 式 3 次 元 レーダー 装 置 及 び 移 動 式 警 戒 監 視 システムを 整 備 するとともに 早 期 警 戒 管 制 機 の 運 用 態 勢 の 整 備 を 行 うほか 艦 艇 航 空 機 等 による 周 辺 海 空 域 の 監 視 態 勢 を 充 実 する また 警 戒 管 制 部 隊 の 効 率 化 合 理 化 を 図 るために 必 要 な 措 置 を 講 ずる ( 2) 情 報 については 戦 略 情 報 を 含 む 高 度 の 情 報 収 集 分 析 等 を 総 合 的 に 実 施 し 得 る 体 制 等 の 充 実 を 図 るため 既 存 の 情 報 組 織 の 見 直 しを 行 うとともに 中 央 情 報 組 織 を 新 編 しその 機 能 の 充 実 を 図 るほか 情 報 部 隊 の 効 率 的 な 体 制 の 整 備 を 行 う また 各 種 情 報 収 集 手 段 等 を 整 備 するとともに 能 力 の 高 い 情 報 専 門 家 を 確 保 する ( 3) 指 揮 通 信 については 中 央 において 適 時 適 切 かつ 総 合 的 な 観 点 から 指 揮 し 得 る 体 制 を 確 保 するため 防 衛 庁 本 庁 庁 舎 の 移 転 に 伴 い 新 中 央 指 揮 システムの 整 備 を 行 う

4 また 引 き 続 き 防 衛 統 合 ディジタル 通 信 網 ( IDDN)の 整 備 指 揮 機 能 の 充 実 衛 星 通 信 の 利 用 等 各 種 施 策 を 推 進 する 6 継 戦 能 力 及 び 抗 たん 性 継 戦 能 力 及 び 抗 たん 性 の 確 保 については 引 き 続 き 弾 薬 の 整 備 等 各 種 施 策 を 推 進 す る 7 教 育 訓 練 体 制 教 育 訓 練 体 制 の 充 実 及 び 効 率 化 合 理 化 を 図 るため 戦 闘 部 隊 において 保 持 する 装 備 と 同 様 のものを 教 育 訓 練 部 門 において 保 持 する この 一 環 として 要 撃 戦 闘 機 ( F-15DJ) 及 び 新 たな 支 援 戦 闘 機 ( F-2)を 整 備 する また 中 等 練 習 機 ( T-4) 等 の 航 空 機 訓 練 支 援 艦 及 び 各 種 の 教 育 訓 練 用 器 材 等 を 整 備 するとともに 訓 練 施 設 等 教 育 訓 練 環 境 の 改 善 を 図 る 8 救 難 体 制 救 難 体 制 の 向 上 及 び 効 率 化 を 図 るため 引 き 続 き 救 難 飛 行 艇 ( US-1A) 救 難 ヘリ コプター( UH-60J) 救 難 捜 索 機 ( U-125A) 等 を 整 備 する 9 人 事 及 び 衛 生 高 い 士 気 及 び 能 力 並 びに 広 い 視 野 を 備 えた 隊 員 を 保 持 するため 隊 員 の 処 遇 改 善 他 省 庁 民 間 との 交 流 等 各 種 の 人 事 及 び 衛 生 諸 施 策 を 引 き 続 き 推 進 する その 際 隊 員 の 生 活 勤 務 環 境 の 向 上 を 図 るため 地 域 や 勤 務 の 特 性 新 たな 体 制 への 移 行 等 に 配 意 しつつ 隊 舎 宿 舎 等 の 建 設 改 修 を 引 き 続 き 推 進 するとともに 厚 生 施 設 等 の 整 備 充 実 を 図 る 10 施 設 ( 1) 老 朽 建 物 の 建 替 を 推 進 するとともに 新 たな 体 制 への 移 行 をも 考 慮 しつつ 装 備 品 等 の 取 得 部 隊 の 編 成 に 必 要 な 施 設 を 整 備 するほか 弾 薬 施 設 訓 練 施 設 等 の 整 備 を 図 る ( 2) 周 辺 地 域 とのより 一 層 の 調 和 を 図 るため 引 き 続 き 基 地 周 辺 対 策 を 推 進 する 11 技 術 研 究 開 発 新 中 距 離 地 対 空 誘 導 弾 を 始 めとする 各 種 誘 導 弾 救 難 飛 行 艇 ( US-1A 改 )その 他 の 装 備 器 材 等 について ライフサイクルコストの 抑 制 に 十 分 配 意 しつつ 研 究 開 発 を 推 進 する また 技 術 研 究 開 発 体 制 の 充 実 を 図 るほか 技 術 進 歩 のすう 勢 等 を 十 分 に 勘 案 して 先 端 的 な 技 術 の 確 立 に 資 するため 技 術 実 証 型 研 究 を 含 む 各 種 研 究 を 行 う 12 日 米 安 全 保 障 体 制 の 信 頼 性 の 向 上 を 図 るための 施 策 ( 1) 情 報 交 換 政 策 協 議 等 の 充 実 を 図 る ( 2) 共 同 研 究 並 びに 共 同 演 習 共 同 訓 練 及 びこれらに 関 する 相 互 協 力 の 充 実 等 を 含 む 運 用 面 における 効 果 的 な 協 力 態 勢 を 構 築 する ( 3) 日 米 共 同 研 究 等 装 備 技 術 面 での 幅 広 い 相 互 交 流 の 充 実 に 努 める ( 4) 引 き 続 き 在 日 米 軍 駐 留 支 援 及 び 沖 縄 の 施 設 区 域 の 整 理 統 合 縮 小 を 含 む 在 日 米 軍 の 駐 留 を 円 滑 かつ 効 果 的 にするための 施 策 を 推 進 する 13 災 害 救 援 等 大 規 模 な 災 害 等 人 命 又 は 財 産 の 保 護 を 必 要 とする 各 種 の 事 態 に 対 して 適 時 適 切 に

5 災 害 救 援 等 の 行 動 を 実 施 するための 各 種 施 策 を 実 施 する 14 より 安 定 した 安 全 保 障 環 境 の 構 築 への 貢 献 ( 1) 国 際 平 和 協 力 業 務 等 を 適 時 適 切 に 実 施 するための 各 種 施 策 を 実 施 する ( 2) 安 全 保 障 対 話 防 衛 交 流 を 引 き 続 き 推 進 し 我 が 国 の 周 辺 諸 国 を 含 む 関 係 諸 国 との 間 の 信 頼 関 係 の 増 進 を 図 る ( 3) 国 際 連 合 国 際 機 関 等 が 行 う 軍 備 管 理 軍 縮 分 野 における 諸 活 動 に 対 し 協 力 する 15 その 他 ( 1) 弾 道 ミサイル 防 衛 については その 有 用 性 費 用 対 効 果 等 に 関 し 総 合 的 見 地 から 十 分 に 検 討 の 上 結 論 を 得 るものとする ( 2) 調 達 価 格 等 の 抑 制 を 図 るため 情 報 化 等 に 対 応 しつつ 効 率 的 な 調 達 補 給 態 勢 の 整 備 に 努 める 4 整 備 規 模 前 記 3( 主 要 事 業 内 容 )に 示 す 装 備 品 のうち 主 要 なものの 具 体 的 整 備 規 模 は 別 表 のとおりとする 5 所 要 経 費 1 この 計 画 の 実 施 に 必 要 な 防 衛 関 係 費 の 総 額 の 限 度 は 平 成 7 年 度 価 格 でおおむね25 兆 1,500 億 円 程 度 をめどとする 2 各 年 度 毎 の 予 算 の 編 成 に 際 しては 一 層 の 効 率 化 合 理 化 に 努 め 極 力 経 費 を 抑 制 す るよう 努 力 するとともに その 時 々の 経 済 情 勢 格 段 に 厳 しさを 増 している 財 政 事 情 等 を 勘 案 し 国 の 他 の 諸 施 策 との 調 和 を 図 りつつ この 計 画 の 所 要 経 費 の 枠 内 で 決 定 する ものとする なお 将 来 における 予 見 し 難 しい 事 象 への 対 応 より 安 定 した 安 全 保 障 環 境 の 構 築 への 貢 献 等 特 に 必 要 と 認 める 場 合 にあっては 安 全 保 障 会 議 の 承 認 を 得 て こ の 計 画 の 所 要 経 費 の 他 1,100 億 円 を 限 度 として これらの 事 業 の 実 施 について 措 置 することができるものとする その 際 今 後 の 防 衛 力 整 備 について ( 昭 和 62 年 1 月 24 日 安 全 保 障 会 議 及 び 閣 議 決 定 )に 示 された 節 度 ある 防 衛 力 の 整 備 を 行 うという 精 神 は 引 き 続 きこれを 尊 重 す るものとする 3 この 計 画 については 3 年 後 には その 時 点 における 国 際 情 勢 技 術 的 水 準 の 動 向 経 済 財 政 事 情 等 内 外 諸 情 勢 を 勘 案 し この 計 画 に 定 める 所 要 経 費 の 総 額 の 範 囲 内 におい て 必 要 に 応 じ 見 直 しを 行 う

6 ( 別 表 ) 区 分 種 類 整 備 規 模 陸 上 自 衛 隊 海 上 自 衛 隊 航 空 自 衛 隊 戦 車 96 両 火 砲 ( 迫 撃 砲 を 除 く ) 45 門 新 多 連 装 ロケットシステム 45 両 装 甲 車 168 両 地 対 艦 誘 導 弾 24 両 対 戦 車 ヘリコプター( AH-1S) 4 機 輸 送 ヘリコプター( CH-47JA) 12 機 地 対 空 誘 導 弾 (ホーク) 改 善 用 装 備 品 2 個 群 護 衛 艦 8 隻 潜 水 艦 5 隻 その 他 18 隻 自 衛 艦 建 造 計 31 隻 (トン 数 ) ( 約 万 トン) 哨 戒 ヘリコプター( SH-60J) 37 機 要 撃 戦 闘 機 ( F-15DJ) 4 機 支 援 戦 闘 機 ( F-2) 47 機 輸 送 ヘリコプター( CH-47J) 6 機 中 等 練 習 機 ( T-4) 59 機

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 3 年 度 ~ 平 成 7 年 度 )について 平 成 2 年 12 月 20 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 3 年 度 から 平 成 7 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 3 年 度 以 降 の 防 衛 計 画 の 基 本 的 考 え 方 について ( 平 成 2 年

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0% 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 1 月 井 口 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%の

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 につい て 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について ( 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 12 月 堀 内 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を

More information

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表)

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表) 防 衛 省 表 20-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/portal/index.htm l)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の 結

More information

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って 平 成 28 年 度 防 関 係 費 について 主 計 局 主 計 官 堀 内 斉 1.はじめに 平 成 28 年 度 の 防 関 係 費 については 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 計 画 の 大 綱 について 及 び 中 期 防 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について ( 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 防 衛 予 算 案 の 概 要 防 衛 省 注 1: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 装 備 品 等 の 製 造 等 に 要 する 初 度 費 を 除 く 経 費 を 表 示 している 2: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 契 約 ベースである 3: 本 文 中 の 青 字 は 新 規 事 業 を

More information

資料6:事前分析表

資料6:事前分析表 第 6 回 防 衛 省 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 資 料 (4.8.0) 資 料 6 目 標 管 理 型 の 政 策 評 価 ( 事 前 分 析 表 ) 平 成 4 年 事 前 分 析 表 (FU 変 更 試 作 案 ) 8 月 7 日 調 整 達 成 手 段 は4 年 レビュー 時 点 平 成 4 年 実 施 施 策 に 係 る 事 前 分 析 表 ( 防 衛 省 4( 施

More information

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】 (お 知 らせ) 28.8.31 防 衛 装 備 庁 取 得 戦 略 計 画 の 策 定 について 防 衛 装 備 庁 では 平 成 27 年 11 月 にプロジェクト 管 理 重 点 対 象 装 備 品 (プ ロジェクト マネージャー 及 び 統 合 プロジェクト チームを 置 いて 重 点 的 にプ ロジェクト 管 理 を 実 施 する 装 備 品 )として 選 定 した12 品 目 の 装 備

More information

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト (

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト ( 事 業 開 始 年 度 大 臣 官 房 企 画 評 価 課 事 業 概 要 説 明 書 -1 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 根 拠 法 改 革 会 議 報 告 書 (20.7.15) 1 実 施 方 法 ( 該 当 項 目 にチェッ ク)) 直 接 実 施 業 務 委 託 補 助 金 貸 付 その 他 上 記 実 施 方 法 が 業 務 委

More information

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 自 衛 隊 法 施 行 令 ( 昭 和 29 年 政 令 第 179 号 ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 36 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 48 号 )の 全 部 を 次 のように 改 正 する 昭 和 40 年 3 月 20 日 防 衛 庁 長 官 小 泉 純 也 航 空 隊 及

More information

平成27年度防衛関係費の概要

平成27年度防衛関係費の概要 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 費 の 概 要 3 年 連 続 の 増 額 となった 防 衛 予 算 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 横 山 絢 子 1.はじめに 平 成 27 年 1 月 14 日 平 成 27 年 度 予 算 政 府 案 が 閣 議 決 定 され 防 衛 関 係 費 として 対 前 年 度 比 2.0%(953 億 円 ) 増 となる4 兆 9,801 億 円 が

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

untitled

untitled 防 衛 省 自 衛 隊 : 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 に 関 する 検 討 会 開 催 要 綱 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/kaihatsukokuki/kaisai/kaisai.html 1/1 ページ PDFページ 1/7 2010/04/25 文 字 サイズ よくある 質 問 サイトマップ 検 索 詳

More information

防 衛 省 表 19-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/seisaku_fusyou.ht ml)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の

More information

Microsoft Word - 20130308071.docx

Microsoft Word - 20130308071.docx 平 成 25 年 度 防 衛 関 係 費 の 概 要 11 年 ぶりに 増 額 された 防 衛 予 算 くつぬぎ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 沓 脱 かずひと いまい 和 人 今 井 かずまさ 和 昌 はじめに 平 成 25 年 1 月 29 日 平 成 25 年 度 予 算 政 府 案 が 閣 議 決 定 され 防 衛 関 係 費 として 対 前 年 度 比 0.8%(400 億 円

More information

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点 航 空 自 衛 隊 の 戦 闘 機 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 平 成 23 年 1 月 25 日 防 衛 省 航 空 幕 僚 監 部 1 目 次 1 我 が 国 の 航 空 作 戦 における 戦 闘 機 の 役 割 等 2 航 空 自 衛 隊 における 運 用 支 援 の 現 状 3 航 空 自 衛 隊 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 2 1 我 が

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

名称

名称 平 成 20 年 度 ライフサイクルコスト 管 理 年 次 報 告 書 装 備 施 設 本 部 平 成 20 年 8 月 27 日 目 次 次 期 固 定 翼 哨 戒 機 P-1 1 装 備 品 の 概 要 2 2 LCCグラフ( 累 積 ) 3 3 LCC 算 定 方 法 及 び 前 提 条 件 等 3 4 CBS 総 括 表 4 5 LCCに 影 響 を 与 えうる 要 因 5 戦 闘 機 F-2

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

<3233313232368DB782B591D682A6835A8362836794C581408A549776503194F78F4390B32E786477>

<3233313232368DB782B591D682A6835A8362836794C581408A549776503194F78F4390B32E786477> 平 成 24 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 23 年 12 月 松 浦 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 新 防 衛 大 綱 新 中 期 防 に 基 づき 防 衛 力 の 構 造 改 革 を 行 い 動 的 防 衛 力 を 構 築 このため (1) 南 西 地 域 を 含 め 警 戒 監 視 洋 上 哨 戒 防 空 弾 道 ミサイル 対 処 等 の 重 点 整 備

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 関 係 市 町 村 議 会 は 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 十 分 な 理 解 と 協 力 を 得 るため 生 活 環 境 の 整 備 や 住 民 福 祉 の 向 上 等 に 鋭 意 努 力 しているところである しかしながら 基 地 関 係 市 町 村 は 基 地 所 在 に 伴 う 特 殊 な

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

(2) 厚 木 基 地 の 沿 革 基 地 の 歴 史 は 1938 年 ( 昭 和 13 年 )に 旧 日 本 海 軍 が 航 空 基 地 として 定 めたこ とから 始 まり 1941 年 ( 昭 和 16 年 )には 帝 都 防 衛 海 軍 基 地 として 使 用 が 開 始 さ れた その

(2) 厚 木 基 地 の 沿 革 基 地 の 歴 史 は 1938 年 ( 昭 和 13 年 )に 旧 日 本 海 軍 が 航 空 基 地 として 定 めたこ とから 始 まり 1941 年 ( 昭 和 16 年 )には 帝 都 防 衛 海 軍 基 地 として 使 用 が 開 始 さ れた その Ⅱ 厚 木 基 地 1. 厚 木 基 地 の 沿 革 と 概 要 (1) 人 口 密 集 地 に 所 在 する 厚 木 基 地 約 507 万 平 方 メートルの 広 大 な 敷 地 を 有 する 厚 木 基 地 は 大 和 市 の 南 西 部 に 位 置 し 本 市 及 び 綾 瀬 市 海 老 名 市 の 3 市 にまたがって 所 在 している 厚 木 基 地 の 滑 走 路 は 本 市 側 にあり

More information

積極的平和主義と統合機動防衛力への転換

積極的平和主義と統合機動防衛力への転換 積 極 的 平 和 主 義 と 統 合 機 動 防 衛 力 への 転 換 国 家 安 全 保 障 戦 略 新 防 衛 大 綱 新 中 期 防 平 成 26 年 度 防 衛 関 係 費 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 沓 脱 和 人 今 井 和 昌 はじめに 政 府 は 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 (NSC) 及 び 閣 議 において 中 長 期 的

More information

冊子21 表紙

冊子21 表紙 三 菱 重 工 を 分 析 す る 21 三 菱 重 工 のミサイル 戦 車 目 次 1 三 菱 重 工 のミサイル 生 産 2 三 菱 重 工 の 戦 車 生 産 1 7 2015 年 7 月 この 冊 子 は 三 菱 重 工 を 分 析 する のブログから 関 係 する 部 分 を 取 り 出 し 再 編 集 して 作 成 しました 日 本 共 産 党 三 菱 重 工 広 製 支 部 の ホームページからダウンロードできますので

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

資 料 1 防 衛 関 係 費 平 成 25 年 10 月 16 日 財 務 省 主 計 局 安 全 保 障 政 策 と 防 衛 力 整 備 我 が 国 の 安 全 保 障 をめぐる 環 境 が 一 層 厳 しさを 増 す 中 で 良 好 な 国 際 関 係 を 維 持 しつつ 豊 かで 平 和 な 社 会 を 発 展 させていくためには 安 全 保 障 政 策 をより 一 層 戦 略 的 体 系

More information

となる( 別 添 の2006 年 4 月 28 日 付 概 念 図 参 照 ) この 施 設 は 合 意 され た 運 用 上 の 能 力 を 確 保 するとともに 安 全 性 騒 音 及 び 環 境 への 影 響 という 問 題 に 対 処 するものである 合 意 された 支 援 施 設 を 含

となる( 別 添 の2006 年 4 月 28 日 付 概 念 図 参 照 ) この 施 設 は 合 意 され た 運 用 上 の 能 力 を 確 保 するとともに 安 全 性 騒 音 及 び 環 境 への 影 響 という 問 題 に 対 処 するものである 合 意 された 支 援 施 設 を 含 仮 訳 再 編 実 施 のための 日 米 のロードマップ 2006 年 5 月 1 日 ライス 国 務 長 官 ラムズフェルド 国 防 長 官 麻 生 外 務 大 臣 額 賀 防 衛 庁 長 官 概 観 2005 年 10 月 29 日 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 の 構 成 員 たる 閣 僚 は その 文 書 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 において 在

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

参 考 資 料 ( 防 衛 関 係 費 ) 我 が 国 周 辺 の 安 全 保 障 環 境 (2010 年 以 降 ) (13 年 10 月 1 日 現 在 ) 中 国 軍 事 力 水 上 艦 艇 潜 水 艦 等 の 増 強 空 母 遼 寧 の 就 役 (12 年 9 月 ) 第 4 世 代 戦 闘 機 の 増 強 次 世 代 ステルス 戦 闘 機 の 開 発 との 指 摘 中 国 による 我 が

More information

綾瀬市と厚木基地.indd

綾瀬市と厚木基地.indd 昭 和 13 年 年 月 日 事 項 旧 日 本 軍 が 航 空 基 地 として 建 設 に 着 手 16 年 帝 都 防 衛 海 軍 基 地 として 建 設 を 開 始 し 相 模 野 航 空 隊 高 座 海 軍 工 廠 を 設 置 20 年 8 月 15 日 太 平 洋 戦 争 終 結 8 月 30 日 連 合 国 軍 最 高 司 令 官 ダグラス マッカーサー 元 帥 が 到 着 し 占 領

More information

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を 平 成 25 年 6 月 4 日 新 防 衛 計 画 の 大 綱 策 定 に 係 る 提 言 ( 防 衛 を 取 り 戻 す ) 自 由 民 主 党 一 はじめに 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 が 策 定 されて 以 降 わが 国 周 辺 にお いては 北 朝 鮮 が 弾 道 ミサイル 発 射 や 核 実 験 を 強 行 し また 中 国 がわが 国 周 辺

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

通 信 大 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 飛 行 隊 ( 高 遊 原 ) 第 8 施 設 大 隊 ( 川 内 ) 第 8 後 方 支 援 連 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 特 殊 武 器 防 護 隊 ( 北 熊 本 ) 第 40 普 通 科 連 隊 ( 小 倉 ) 対 馬 警 備 隊 ( 対 馬

通 信 大 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 飛 行 隊 ( 高 遊 原 ) 第 8 施 設 大 隊 ( 川 内 ) 第 8 後 方 支 援 連 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 特 殊 武 器 防 護 隊 ( 北 熊 本 ) 第 40 普 通 科 連 隊 ( 小 倉 ) 対 馬 警 備 隊 ( 対 馬 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 係 る 災 害 派 遣 について(19 日 17 時 00 分 現 在 ) 下 線 部 は 前 回 報 告 からの 変 更 箇 所 数 値 等 は 速 報 値 であり 今 後 変 わることがある 1. 災 害 派 遣 の 概 要 要 請 日 時 要 請 元 要 請 先 要 請 の 概 要 発 生 場 所 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 木 ) 22 時

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

250128 1200_25予算パンフ(案)表紙あり【set】縛りなし

250128 1200_25予算パンフ(案)表紙あり【set】縛りなし 我 が 国 の 防 衛 と 予 算 ( 案 ) Defense Programs and Budget of Japan 平 成 25 年 度 予 算 の 概 要 防 衛 省 Ministry of Defense 余 白 目 次 我 が 国 の 防 衛 と 予 算 平 成 25 年 度 予 算 の 概 要 平 成 25 年 度 予 算 の 考 え 方 1 Ⅱ 日 米 同 盟 の 強 化 Ⅰ 各 種

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

Microsoft Word - H26年度年次報告書(公表版)_2015.04.17

Microsoft Word - H26年度年次報告書(公表版)_2015.04.17 平 成 26 年 度 ライフサイクルコスト 管 理 年 次 報 告 書 装 備 施 設 本 部 平 成 27 年 3 月 30 日 目 次 1 ライフサイクルコスト 管 理 の 目 的 1 2 経 緯 1 3 LCC 管 理 の 体 制 1 4 LCC 算 定 の 方 法 1 5 年 次 報 告 書 の 概 要 2 6 年 次 報 告 書 の 構 成 2 7 昨 年 度 年 次 報 告 書 からLCC

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

行政機関ガイド北海道(防衛省)

行政機関ガイド北海道(防衛省) 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

平成28年度防衛関係費の概要

平成28年度防衛関係費の概要 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 費 の 概 要 初 の5 兆 円 超 えとなった 防 衛 予 算 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 横 山 絢 子 1.はじめに 平 成 27 年 12 月 24 日 平 成 28 年 度 予 算 政 府 案 が 閣 議 決 定 され 防 衛 関 係 費 として 対 前 年 度 比 1.5%(740 億 円 ) 増 となる5 兆 541 億 円 が 計 上

More information

ずれの 年 度 においても これら 在 職 機 関 と 住 商 エアロシステム 株 式 会 社 との 間 で 締 結 された 契 約 の 総 額 が 当 該 年 度 における 住 商 エアロシステム 株 式 会 社 の 売 上 額 の 総 額 に 占 める 割 合 (いずれの 年 度 も0%)は 2

ずれの 年 度 においても これら 在 職 機 関 と 住 商 エアロシステム 株 式 会 社 との 間 で 締 結 された 契 約 の 総 額 が 当 該 年 度 における 住 商 エアロシステム 株 式 会 社 の 売 上 額 の 総 額 に 占 める 割 合 (いずれの 年 度 も0%)は 2 議 決 承 認 申 請 者 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 付 陸 将 補 荒 瀬 弘 毅 主 文 本 件 承 認 申 請 は 承 認 すべきものと 認 定 する 事 実 関 係 1 承 認 申 請 者 陸 将 補 荒 瀬 弘 毅 ( 以 下 申 請 者 という )は 平 成 26 年 4 月 21 日 付 で 自 衛 隊 を 退 職 し 平 成 26 年 6 月 10 日 付 で 住 商 エアロ

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

空 白

空 白 空 白 平 成 28 年 度 概 算 要 求 の 考 え 方 1 Ⅰ 各 種 事 態 における 実 効 的 な 抑 止 及 び 対 処 2 1 周 辺 海 空 域 における 安 全 確 保 2 2 島 嶼 部 に 対 する 攻 撃 への 対 応 5 我 が 国 の 防 衛 と 予 算 平 成 28 年 度 概 算 要 求 の 概 要 - 目 次 - (1) 常 続 監 視 体 制 の 整 備 (2)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

271030_表紙-2.xdw

271030_表紙-2.xdw 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 への 訓 練 移 転 に 係 るこれまでの 対 応 と 防 衛 省 との 協 議 について 平 成 27 年 10 月 30 日 鹿 屋 市 目 次 Ⅰ 鹿 屋 基 地 に 係 る 在 日 米 軍 再 編 について P1 P1 Ⅱ 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 に おける 訓 練 概 要 P4 P2 Ⅲ 防 衛 省 への 主

More information

内    閣

内    閣 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

<30312032323039303681798CFA90B689DB817A288E96914F81458E968CE32990528DB892B28F91816992A989E0929393D4926E8F688EC98C9A91D6816A2E786C73>

<30312032323039303681798CFA90B689DB817A288E96914F81458E968CE32990528DB892B28F91816992A989E0929393D4926E8F688EC98C9A91D6816A2E786C73> 予 算 執 行 事 前 審 査 等 調 書 ( 平 成 22 年 度 第 3 四 半 期 ) 防 衛 省 予 算 監 視 効 率 化 チーム 目 次 人 事 教 育 局 関 係 厚 生 課 公 務 員 宿 舎 整 備 ( 朝 霞 駐 屯 地 宿 舎 の 建 替 ) 1 公 務 員 宿 舎 整 備 ( 浜 松 基 地 宿 舎 の 建 替 ) 3 公 務 員 宿 舎 整 備 ( 練 馬 駐 屯 地 宿

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

県外行政視察報告(H16)

県外行政視察報告(H16) 基 地 対 策 特 別 委 員 会 行 政 視 察 報 告 平 成 25 年 11 月 29 日 狭 山 市 議 会 議 長 東 山 徹 様 基 地 対 策 特 別 委 員 会 委 員 長 栗 原 武 当 委 員 会 は 下 記 のとおり 北 海 道 千 歳 市 及 び 航 空 自 衛 隊 千 歳 基 地 陸 上 自 衛 隊 東 千 歳 駐 屯 地 の 視 察 をして 参 りましたので その 概 要

More information

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 十 五 日 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) E-1 航 空 法 ( 抜 粋 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 一 三 日 法 律 第 七 〇 号 (この 法 律 の 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 民 間 航 空 条 約 の 規 定 並 びに 同 条 約 の 附 属 書 として 採 択 された 標 準 方 式 及 び 手

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874394AD955C8E9197BF81698ACD914495908AED89DB816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874394AD955C8E9197BF81698ACD914495908AED89DB816A2E707074> 資 料 1 装 甲 車 両 火 器 及 び 弾 薬 の 開 発 調 達 について 平 成 23 年 2 月 防 衛 省 経 理 装 備 局 艦 船 武 器 課 目 次 1 陸 上 自 衛 隊 が 保 有 する 装 甲 車 両 火 器 及 び 弾 薬 の 種 類 2-1 甲 類 ( 装 甲 車 両 火 器 ) 予 算 の 推 移 2-2 弾 薬 購 入 予 算 の 推 移 3-1 主 な 装 甲 車

More information

安 全 保 障 政 策 と 防 衛 力 整 備 我 が 国 の 安 全 保 障 をめぐる 環 境 が 一 層 厳 しさを 増 す 中 で 良 好 な 国 際 関 係 を 維 持 しつつ 豊 かで 平 和 な 社 会 を 発 展 させていくためには 安 全 保 障 政 策 をより 一 層 戦 略 的

安 全 保 障 政 策 と 防 衛 力 整 備 我 が 国 の 安 全 保 障 をめぐる 環 境 が 一 層 厳 しさを 増 す 中 で 良 好 な 国 際 関 係 を 維 持 しつつ 豊 かで 平 和 な 社 会 を 発 展 させていくためには 安 全 保 障 政 策 をより 一 層 戦 略 的 資 料 1 防 衛 関 係 費 平 成 25 年 10 月 16 日 財 務 省 主 計 局 安 全 保 障 政 策 と 防 衛 力 整 備 我 が 国 の 安 全 保 障 をめぐる 環 境 が 一 層 厳 しさを 増 す 中 で 良 好 な 国 際 関 係 を 維 持 しつつ 豊 かで 平 和 な 社 会 を 発 展 させていくためには 安 全 保 障 政 策 をより 一 層 戦 略 的 体 系

More information

年表・資料

年表・資料 目 次 第 1 章 千 歳 市 の 概 要 1 位 置 地 勢 1 2 世 帯 数 人 口 の 推 移 2 第 2 章 防 衛 施 設 の 概 要 1 防 衛 施 設 の 沿 革 3 2 防 衛 施 設 の 概 況 5 3 陸 上 自 衛 隊 東 千 歳 駐 屯 地 (1) 駐 屯 地 の 沿 革 7 (2) 陸 上 自 衛 隊 第 7 師 団 ( 機 甲 師 団 ) 8 (3) 陸 上 自 衛 隊

More information

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し) 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 共 同 発 表 変 化 する 安 全 保 障 環 境 のためのより 力 強 い 同 盟 新 たな 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 岸 田 外 務 大 臣 中 谷 防 衛 大 臣 ケリー 国 務 長 官 カーター 国 防 長 官 1. 概 観 2015 年 4 月 27 日 ニューヨークにおいて 岸 田 文 雄 外

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

第2章 防衛施設の概要

第2章 防衛施設の概要 第 2 章 防 衛 施 設 の 概 要 1 防 衛 施 設 の 沿 革 千 歳 市 は 支 笏 湖 (カルデラ 湖 )や 樽 前 山 などを 形 成 した 那 須 火 山 帯 の 火 山 活 動 により 全 体 が 火 山 礫 におおわれた 不 毛 の 地 と 化 していました 和 人 が 移 り 住 み 開 拓 がはじめられた 時 代 になって この 不 毛 の 地 をいかに 開 拓 するかについて

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

第2章 防衛施設の概要

第2章 防衛施設の概要 第 2 章 防 衛 施 設 の 概 要 1 防 衛 施 設 の 沿 革 千 歳 市 は 支 笏 湖 (カルデラ 湖 )や 樽 前 山 などを 形 成 した 那 須 火 山 帯 の 火 山 活 動 により 全 体 が 火 山 礫 におおわれた 不 毛 の 地 と 化 していました 和 人 が 移 り 住 み 開 拓 がはじめられた 時 代 になって この 不 毛 の 地 をいかに 開 拓 するかについて

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

0 法 令 海 戦 法 令 16 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 中 0 法 令 海 戦 法 令 17 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 下 0 法 令 海 戦 法 令 18 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国

0 法 令 海 戦 法 令 16 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 中 0 法 令 海 戦 法 令 17 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 下 0 法 令 海 戦 法 令 18 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )1 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )2 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )3 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )4 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )5 戦 時 国 際 法 規

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

航空隊等の内部組織に関する達

航空隊等の内部組織に関する達 平 成 10 年 12 月 2 日 海 上 自 衛 隊 達 第 32 号 航 空 隊 及 び 教 育 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 40 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 ) 第 32 条 整 備 補 給 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 平 成 10 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 28 号 ) 第 11 条 及 び 航 空 基 地 隊 の 編

More information

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム(

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム( 予 算 執 行 事 前 審 査 等 調 書 ( 平 成 23 年 度 第 1 2 四 半 期 ) 防 衛 省 予 算 監 視 効 率 化 チーム 目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

5月8日証言要旨

5月8日証言要旨 5 月 8 日 証 言 要 旨 2006 年 4 月 20 日 明 治 大 学 山 田 朗 Ⅰ 緒 論 戦 争 と 軍 事 を 解 析 す る 基 本 的 視 点 1 戦 争 と 報 道 (1) 戦 争 報 道 の 大 半 は 当 事 者 からの 発 表 であり 情 報 戦 心 理 戦 の 要 素 を 含 ん でいる (2)マスメディアによる 報 道 は 映 像 を 伴 うものであっても 実 態 を

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 資 料 3 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 平 成 21 年 4 月 9 日 北 海 道 千 歳 市 長 山 口 幸 太 郎 意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 北 海 道 ( 千 歳 市 )と 防 衛 施 設 自 衛 隊 の 係 わり 北 海 道 千 歳 市 大 正

More information

冊子19 表紙

冊子19 表紙 三 菱 重 工 を 分 析 す る 19 三 菱 重 工 の 戦 闘 機 生 産 目 次 1 戦 闘 機 生 産 の 再 開 2 三 菱 重 工 が 生 産 している 戦 闘 機 3 三 菱 重 工 における 戦 闘 機 生 産 の 事 業 戦 略 4 自 衛 隊 の 軍 用 機 の 生 産 と 輸 入 1 2 5 7 2015 年 6 月 この 冊 子 は 三 菱 重 工 を 分 析 する のブログから

More information

<年表>

<年表> 目 次 第 1 章 千 歳 市 の 概 要 1 位 置 地 勢 1 2 世 帯 数 人 口 の 推 移 2 第 2 章 防 衛 施 設 の 概 要 1 防 衛 施 設 の 沿 革 3 2 防 衛 施 設 の 概 況 5 3 陸 上 自 衛 隊 東 千 歳 駐 屯 地 (1) 駐 屯 地 の 沿 革 7 (2) 陸 上 自 衛 隊 第 7 師 団 ( 機 甲 師 団 ) 8 (3) 陸 上 自 衛 隊

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について 平 成 26 年 9 月 防 衛 省 佐 賀 空 港 への 陸 自 ティルト ローター 機 の 配 備 について 佐 賀 空 港 への 配 備 について 今 後 のティルト ローター 機 の 運 用 に 際 して 同 機 の 配 備 先 につ いて 九 州 地 方 を 中 心 に 部 隊 運 用 の 実 効 性 強 化 日 米 協 力 の 強 化 配 備 のための 十 分 な 地 積 の 確 保 市

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

国民の保護に関する業務計画

国民の保護に関する業務計画 国 民 の 保 護 に 関 する 業 務 計 画 平 成 26 年 12 月 中 部 電 力 株 式 会 社 1 2 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針... 1 第 3 節 国 が 想 定 する 武 力 攻 撃 事 態 等 における 電 力 供 給 電

More information

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の 平 成 26 年 7 月 29 日 記 者 発 表 平 成 26 年 度 防 災 訓 練 について 災 害 対 応 力 の 強 化 に 資 するため 防 災 訓 練 の 更 なる 充 実 を 図 るとともに 実 践 的 な 訓 練 を します 訓 練 計 画 方 針 訓 練 計 画 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下

More information

untitled

untitled 野 田 内 閣 の 防 衛 政 策 防 衛 大 綱 沖 縄 米 軍 基 地 問 題 等 をめぐる 国 会 論 議 おかどめ やすふみ い ま い かずまさ たかふじ な お こ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 岡 留 康 文 今 井 和 昌 高 藤 奈 央 子 菅 内 閣 の 総 辞 職 を 受 け 平 成 23 年 9 月 2 日 野 田 内 閣 が 発 足 した 野 田 内 閣 総 理

More information

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台)

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台) 資 料 4 平 成 26 年 度 福 井 県 原 子 力 防 災 総 合 訓 練 実 施 結 果 1 目 的 福 井 県 原 子 力 防 災 計 画 および 福 井 県 広 域 避 難 計 画 要 綱 に 基 づき 国 県 関 係 市 町 防 災 関 係 機 関 および 地 域 住 民 が 一 体 となった 原 子 力 防 災 訓 練 を 実 施 し 緊 急 時 における 通 信 連 絡 体 制 と

More information

2. 普 天 間 飛 行 場 のヘリ 部 隊 がグアムに 移 転 することを 示 す 証 拠 が 幾 つもある 証 拠 その 1. 2006 年 7 月 の グアム 統 合 軍 事 開 発 計 画 で 海 兵 隊 航 空 部 隊 と 伴 に 移 転 してくる 最 大 67 機 の 回 転 翼 機 と

2. 普 天 間 飛 行 場 のヘリ 部 隊 がグアムに 移 転 することを 示 す 証 拠 が 幾 つもある 証 拠 その 1. 2006 年 7 月 の グアム 統 合 軍 事 開 発 計 画 で 海 兵 隊 航 空 部 隊 と 伴 に 移 転 してくる 最 大 67 機 の 回 転 翼 機 と 普 天 間 ヘリ 部 隊 のグアム 移 転 の 検 証 について 平 和 フォーラム ヒアリング 2010/02/18 伊 波 洋 一 ( 宜 野 湾 市 長 ) 1. 海 兵 遠 征 部 隊 31MEUが 沖 縄 に 駐 留 していないと 台 湾 や 韓 国 に1 日 で 展 開 で きないので 抑 止 力 の 致 命 傷 になると 主 張 する 学 者 や 評 論 家 政 治 家 がいるが 素

More information

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2 9 条 の 会 北 九 州 憲 法 ネット 結 成 10 周 年 記 念 憲 法 講 演 会 資 料 2014.11.29 渡 辺 治 ( 資 料 1) 九 条 の 会 の 発 展 と 世 論 の 変 化 年 結 成 数 活 動 状 況 備 考 内 訳 2004.04 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 65% 反 対 22.7% 2004.6.10. 九 条 の 会 呼 びかけ 2004.7.29.

More information

251223 2105 印刷用(最終セット版)

251223 2105 印刷用(最終セット版) 我 が 国 の 防 衛 と 予 算 ( 案 ) Defense Programs and Budget of Japan 平 成 26 年 度 予 算 の 概 要 防 衛 省 Ministry of Defense 余 白 我 が 国 の 防 衛 と 予 算 平 成 26 年 度 予 算 の 概 要 - 目 次 - 平 成 26 年 度 予 算 の 考 え 方 1 1 各 種 事 態 における 実

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D838A8341946895BA82CC8C6F89DF82C68A4391AF91CE8F88964082CC96E291E8935F89A18F9182AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D838A8341946895BA82CC8C6F89DF82C68A4391AF91CE8F88964082CC96E291E8935F89A18F9182AB2E646F63> ( 人 権 ソ マ リ ア 派 兵 の 経 過 海 賊 対 処 法 の 問 題 点 21 調 査 と 研 究 第 202 号 2009 年 10 月 号 ) 賊 ( 麻 の 一 生 襲 )はじめに 内 撃 閣 から は 三 船 月 舶 十 を 三 護 日 衛 するために 安 全 保 障 会 海 議 上 および 自 隊 閣 の 議 部 を 隊 開 を いて ソマリア 同 海 域 に 派 遣 することを

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information