Taro-弁護士報酬の目安暫定例 (

Size: px
Start display at page:

Download "Taro-弁護士報酬の目安暫定例 ("

Transcription

1 法 律 相 談 (1) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 40 分 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 5,400 円 法 律 相 談 (2) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 1 時 間 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 10,800 円 契 約 書 作 成 製 造 メーカーとして 卸 業 者 ( 法 人 )との 商 品 の 継 続 的 取 引 のための 基 本 売 買 契 約 書 を 作 成 したい 年 間 の 取 引 予 想 額 は3000 万 円 程 代 金 支 払 いに 手 形 決 済 の 予 定 あり 物 的 担 保 はないが 卸 業 者 代 表 者 が 連 帯 保 証 人 になる 予 定 契 約 書 作 成 に 打 ち 合 わせ に1 時 間 弁 護 士 による 文 書 の 作 成 に3 時 間 を 要 した 場 合 の 手 数 料 ( 顧 問 契 約 はな い) 作 成 手 数 料 円 60 分 30 分 =10,800 円 円 180 分 30 分 =64,800 円 ア+イ 75,600 円 金 銭 消 費 貸 借 知 人 に300 万 円 貸 したが 期 限 が 来 たのに 返 してくれないので 返 還 を 求 めることに した 当 初 本 人 名 での 内 容 証 明 郵 便 で 督 促 した ところが 知 人 からは 何 の 返 答 も なかったので さらに 訴 訟 を 提 起 し その 結 果 勝 訴 し 任 意 で 全 額 回 収 できた (1) 内 容 証 明 郵 便 の 手 数 料 21,600 円 + 実 費 (2,000~3,000 円 程 度 ) (2) 引 続 き 訴 訟 したとき((1)の 手 数 料 を 除 く) 着 手 金 259,200 円 (300 万 円 8.64%) 324,000 円 (300 万 円 10.8%) 実 費 数 万 円 程 度 売 掛 金 販 売 先 が 納 入 した 商 品 の 品 質 にクレームをつけて 代 金 2000 万 円 を 支 払 わない 品 質 に 問 題 はないので 代 金 を 回 収 したい 訴 訟 を 提 起 し その 結 果 勝 訴 し 任 意 で 全 額 回 収 できた 着 手 金 939,600 円 (2000 万 円 3.24%+291,600 円 ) 2,052,000 円 (2000 万 円 8.64%+324,000 円 ) 実 費 10 万 円 程 度 - 1 -

2 連 帯 保 証 債 務 離 婚 した 夫 が 婚 姻 中 商 工 ローンから500 万 円 を 借 り 入 れる 際 妻 の 印 鑑 を 無 断 で 使 用 して 勝 手 に 妻 を 連 帯 保 証 人 とした 離 婚 後 商 工 ローンから 妻 に 対 し500 万 円 の 請 求 がきたので 妻 の 委 任 を 受 けて 債 務 不 存 在 の 交 渉 をし その 後 訴 訟 を 提 起 して 勝 訴 した (1) 交 渉 のみで 解 決 したとき 着 手 金 108,000 円 540,000 円 (500 万 円 10.8%) 実 費 1 万 円 程 度 (2) 訴 訟 で 解 決 したとき 着 手 金 345,600 円 (500 万 円 4.32%+129,600 円 ) 540,000 円 (500 万 円 10.8%) 実 費 数 万 円 程 度 債 務 不 存 在 A 社 との 間 で 長 期 間 取 引 ( 借 入 と 返 済 を 繰 り 返 す)をしてきた 現 在 同 社 から 残 金 200 万 円 の 請 求 を 受 けている 領 収 証 等 を 精 査 したところ 若 干 の 過 払 いとなって いた そこで 債 務 不 存 在 を 求 めて 交 渉 し その 後 訴 訟 を 提 起 して 勝 訴 した (1) 交 渉 のみで 解 決 したとき 着 手 金 32,400 円 108,000 円 実 費 数 千 円 程 度 (2) 訴 訟 で 解 決 したとき 着 手 金 108,000 円 108,000 円 実 費 数 万 円 程 度 交 通 事 故 交 通 事 故 にあい 重 傷 を 負 った 被 害 者 から 損 害 賠 償 請 求 を 依 頼 された 訴 訟 を 提 起 し その 結 果 1000 万 円 の 勝 訴 判 決 を 得 て 任 意 に 全 額 回 収 できた 着 手 金 615,600 円 ( 争 いのある1000 万 円 3.24%+291,600 円 ) 540,000 円 ( 同 500 万 円 10.8%) 実 費 8 万 円 程 度 - 2 -

3 請 負 代 金 下 請 負 契 約 を 結 び その 下 請 工 事 を 行 ったにもかかわらず 元 請 業 者 が 請 負 残 代 金 5 00 万 円 を 支 払 わない そこで 訴 訟 を 提 起 し その 結 果 勝 訴 し 任 意 に 全 額 を 回 収 できた 着 手 金 345,600 円 (500 万 円 4.32%+129,600 円 ) 540,000 円 (500 万 円 10.8%) 実 費 数 万 円 程 度 建 物 明 渡 と 強 制 執 行 AさんはBさんに1 戸 建 ての 建 物 ( 建 物 の 時 価 は1000 万 円 土 地 の 時 価 は150 0 万 円 )を 貸 していたところ 賃 料 (1か 月 分 で10 万 円 )の 不 払 いが 続 いていたの で 未 払 賃 料 を 請 求 したが 支 払 ってもらえなかった (1) 民 事 調 停 Aさんの 依 頼 を 受 けて 民 事 調 停 を 申 立 て 建 物 の 明 渡 しが 認 められたとき 着 手 金 230,400 円 (( 建 物 の 時 価 の 半 額 500 万 円 4.32%+129,600 円 ) 2/3) 360,000 円 (( 同 500 万 円 10.8%) 2/3) (2) 訴 訟 - 原 告 Aさんの 依 頼 を 受 けて 原 告 として 訴 訟 を 受 任 して 全 面 勝 訴 し 任 意 の 明 渡 があったと き 着 手 金 345,600 円 ( 建 物 の 時 価 の 半 額 500 万 円 4.32%+129,600 円 ) 540,000 円 ( 同 500 万 円 10.8%) 実 費 8 万 円 程 度 (3) 強 制 執 行 Aさんが 本 人 訴 訟 で 建 物 明 渡 の 勝 訴 判 決 を 得 たが Bさんが 建 物 を 任 意 に 明 渡 さない ので Aさんの 依 頼 を 受 けて 建 物 明 渡 の 強 制 執 行 をした 結 果 建 物 明 渡 が 完 了 したとき 着 手 金 108,000 円 216,000 円 境 界 争 い 隣 地 との 境 界 につき 隣 地 所 有 者 が 主 張 する 境 界 線 によると 土 地 の 面 積 が1 坪 分 ( 時 価 30 万 円 ) 減 るところ 境 界 確 定 訴 訟 を 提 起 して 全 面 勝 訴 した 着 手 金 432,000 円 ( 標 準 的 事 例 ) 432,000 円 ( 標 準 的 事 例 ) - 3 -

4 近 隣 環 境 ( 日 照 権 の 侵 害 ) 自 宅 の 南 側 にマンションが 建 ちはじめた このままでは 自 宅 の 日 照 に 支 障 が 出 るので マンションの 設 計 変 更 と 損 害 賠 償 請 求 をしたいとの 依 頼 があった そこで 工 事 続 行 禁 止 の 仮 処 分 申 請 を 行 った 結 果 双 方 審 尋 のうえ 和 解 が 成 立 し 設 計 変 更 はできなか ったが 解 決 金 として100 万 円 を 得 た ( 事 件 の 依 頼 者 は 1 人 とする) 着 手 金 324,000 円 108,000 円 離 婚 夫 の 暴 力 などに 耐 えられないので 離 婚 したい 3 歳 の 子 どもが1 人 いるが 自 分 が 引 き 取 りたい 慰 謝 料 として200 万 円 を 請 求 した 離 婚 が 成 立 し 慰 謝 料 200 万 円 の 支 払 いを 受 けた 子 どもの 親 権 も 得 たうえで 養 育 費 として 毎 月 3 万 円 の 支 払 いを 受 けることになった ( 着 手 金 ) (1) 離 婚 調 停 を 受 任 するとき 着 手 金 216,000 円 (2) 離 婚 調 停 の 不 調 後 も 引 き 続 き 離 婚 訴 訟 を 受 任 し 離 婚 が 成 立 したとき 着 手 金 324,000 円 (216,000 円 +108,000 円 ) (3) 離 婚 訴 訟 の 段 階 から 受 任 し 離 婚 が 成 立 したとき 着 手 金 324,000 円 ( ) (1) 離 婚 成 立 につき 10,8000 円 ~216,000 円 (2) 親 権 ( 監 護 権 )に 争 いのある 事 案 で 親 権 ( 監 護 権 ) 獲 得 できた 場 合 10,8000 円 ~216,000 円 (3) 養 育 費 や 婚 姻 費 用 2ヵ 月 分 + 消 費 税 (4) 年 金 分 割 0.5の 按 分 分 割 の 場 合 : 報 酬 なし (5) 財 産 分 与 受 けた 経 済 的 利 益 の10.8% (6) 慰 謝 料 受 けた 経 済 的 利 益 の10.8% (7) 面 接 交 渉 108,000 円 ~216,000 円 - 4 -

5 (8) 離 婚 を 希 望 しない 事 案 で 相 手 方 の 離 婚 請 求 を 拒 絶 できた 場 合 216,000 円 本 事 例 では 着 手 金 調 停 216,000 円 報 酬 離 婚 108,000 円 親 権 108,000 円 慰 謝 料 216,000 円 養 育 費 64,800 円 合 計 496,800 円 遺 言 書 作 成 と 遺 言 執 行 定 型 的 な 遺 言 書 を 作 成 したい 資 産 は 不 動 産 預 金 と 株 券 で 評 価 額 の 総 額 は50 00 万 円 である その 手 数 料 はいくらか 公 正 証 書 遺 言 についての 作 成 手 数 料 遺 言 執 行 者 にもなっているときの 遺 言 執 行 手 数 料 129,600 円 1,080,000 円 (5000 万 円 2.16%) 遺 産 分 割 調 停 被 相 続 人 は 自 宅 不 動 産 山 林 株 券 預 金 など 総 額 1 億 円 の 遺 産 を 残 した 遺 言 書 はなく 相 続 人 は 妻 と 子 ども2 人 の 合 計 3 人 である 遺 産 の 範 囲 に 争 いはないが 遺 産 分 割 協 議 がまとまりそうになかったので 妻 の 依 頼 を 受 けて 遺 産 分 割 の 調 停 申 立 を した その 結 果 妻 は5000 万 円 相 当 の 法 定 相 続 分 に 従 った 遺 産 を 取 得 し 妻 の 納 得 する 分 割 となった 着 手 金 540,000 円 2,808,000 円 ((5000 万 円 6.48%+972,000 円 ) 2/3) 倒 産 金 融 会 社 などの10 社 から 総 額 で400 万 円 の 負 債 (ただし 利 息 制 限 法 で 引 き 直 す 前 )をかかえている 会 社 員 から 相 談 を 受 けた (1) 任 意 で 各 債 権 者 と 交 渉 した 結 果 会 社 員 の 親 族 の 準 備 した200 万 円 を 一 括 で 支 払 う ことで 解 決 したとき( 任 意 整 理 ) 着 手 金 324,000 円 (32,400 円 10 社 ) 108,000 円 (2) 個 人 再 生 手 続 を 申 立 て 3 年 で100 万 円 を 支 払 う 方 法 の 再 生 計 画 が 認 可 されたとき ( 民 事 再 生 法 の 個 人 再 生 申 立 ) - 5 -

6 着 手 金 270,000 円 108,000 円 実 費 4 万 円 程 度 (3) 個 人 破 産 を 申 立 て 同 時 廃 止 後 に 免 責 決 定 を 得 たとき( 個 人 破 産 ) 着 手 金 270,000 円 0 円 実 費 3 万 円 程 度 民 事 再 生 ( 企 業 ) 資 本 金 1000 万 円 年 間 売 上 高 は3 億 円 で 負 債 総 額 が10 億 円 ( 事 業 関 係 5 億 万 円 金 融 債 務 4 億 5000 万 円 ) 資 産 は 売 掛 金 を 回 収 した 現 金 3000 万 円 のほか 不 動 産 機 械 設 備 原 材 料 などの 合 計 1 億 5000 万 円 民 事 再 生 によ り 再 生 計 画 が 申 立 から10ヵ 月 後 に 認 可 された (1) 着 手 金 と 月 額 報 酬 を 併 用 しないとき 着 手 金 2,160,000 円 2,160,000 円 (2) 着 手 金 と 月 額 報 酬 を 併 用 するとき 着 手 金 2,160,000 円 (1,080,000 円 +(108,000 円 10 回 )) 2,160,000 円 ( 同 上 ) (3) 月 額 報 酬 だけによるとき 4,320,000 円 (216,000 円 20 回 ) 約 束 手 形 金 請 求 依 頼 者 A 社 は B 社 振 出 の 額 面 総 額 500 万 円 の 約 束 手 形 を 支 払 期 日 に 提 示 したとこ ろ 支 払 いを 拒 絶 され 手 形 訴 訟 を 提 起 した A 社 勝 訴 の 手 形 判 決 について 異 議 が 出 て 通 常 訴 訟 に 移 行 したが 任 意 に 全 額 回 収 した 着 手 金 230,400 円 ((500 万 円 4.32%+129,600 円 ) 2/3) 通 常 訴 訟 に 移 行 したあとの 追 加 の 着 手 金 230,400 円 ((500 万 円 4.32%+129,600 円 ) 2/3) 540,000 円 (500 万 円 10.8%) - 6 -

7 刑 事 事 件 飲 酒 のうえで 自 動 車 事 故 を 起 こし 被 害 者 に 入 院 1か 月 の 傷 害 を 負 わせた 業 務 上 過 失 傷 害 道 路 交 通 法 違 反 被 告 事 件 ( 勾 留 中 の 事 件 )を 受 任 し 保 釈 請 求 し 保 釈 が 認 めら れ その 後 の 公 判 手 続 は 判 決 言 渡 しを 含 めて3 回 行 い 執 行 猶 予 の 判 決 となった 示 談 については 保 険 会 社 が 行 ったので 弁 護 人 は 関 与 しなかった 公 判 事 件 として 受 任 するときの 着 手 金 324,000 円 324,000 円 少 年 付 添 人 子 どもが 傷 害 事 件 を 起 こし 少 年 鑑 別 所 に 収 容 されている 段 階 で 少 年 事 件 の 付 添 人 を 受 任 した その 結 果 審 判 で 保 護 観 察 となった 着 手 金 216,000 円 216,000 円 欠 陥 住 宅 土 地 付 新 築 住 宅 を2000 万 円 で 購 入 したが 建 物 自 体 が 傾 く 欠 陥 住 宅 であること が 判 明 した 売 主 および 建 築 会 社 に 対 し 補 修 費 用 700 万 円 補 修 期 間 のレンタル 住 宅 費 用 70 万 円 宿 替 え 引 越 し 費 用 30 万 円 慰 謝 料 100 万 円 合 計 900 万 円 を 請 求 する 訴 訟 を 提 起 したところ 全 面 勝 訴 し 任 意 に 全 額 回 収 した 着 手 金 583,200 円 (900 万 円 3.24%+291,600 円 ) 972,000 円 (900 万 円 10.8%) 医 療 事 故 ( 患 者 側 ) 医 療 過 誤 事 件 について 証 拠 保 全 をしたうえ 1000 万 円 の 支 払 いを 求 めて 訴 訟 を 提 起 した 訴 訟 は 一 審 で3 年 かかったが 医 師 の 手 術 ミスの 過 失 が 認 められ 全 面 勝 訴 して 任 意 に 支 払 いを 受 けた ( 共 同 受 任 を 想 定 する 場 合 弁 護 士 1 人 分 ではなく 依 頼 者 から 支 払 いを 受 ける 総 額 ) 証 拠 保 全 費 用 ( 検 討 費 用 を 含 み 実 費 は 含 まない) 216,000 円 着 手 金 615,600 円 (1000 万 円 3.24%+291,600 円 ) 1,080,000 円 (1000 万 円 10.8%) - 7 -

8 財 産 管 理 成 年 後 見 ( 法 定 後 見 申 立 ) 認 知 症 高 齢 者 を 抱 える 家 族 から 相 談 を 受 け 成 年 後 見 開 始 の 申 立 の 依 頼 を 受 けた 手 数 料 実 費 129,600 円 数 万 円 程 度 任 意 後 見 契 約 1500 万 円 の 預 貯 金 と 年 金 の 財 産 管 理 とこれを 運 用 しての 介 護 支 援 契 約 を 依 頼 され た これを 受 任 し 毎 月 の 財 産 管 理 介 護 契 約 の 代 理 契 約 内 容 の 監 督 を 行 うとき 月 額 手 数 料 はいくらか 月 額 手 数 料 2 万 円 労 働 事 件 (1) 10 年 間 勤 務 し 30 万 円 の 月 給 を 得 ていたが 会 社 から 懲 戒 解 雇 を 受 けたので 懲 戒 解 雇 無 効 を 理 由 に 地 位 保 全 の 仮 処 分 を 提 起 した その 結 果 職 場 復 帰 を 果 たした 着 手 金 324,000 円 864,000 円 ( 経 済 的 利 益 算 定 不 能 の800 万 円 を 標 準 とする ) 労 働 事 件 (2) 10 年 間 勤 務 し 30 万 円 の 月 給 を 得 ていたが 会 社 から 懲 戒 解 雇 を 受 けたので 懲 戒 解 雇 無 効 を 理 由 に 地 位 保 全 の 仮 処 分 を 提 起 した その 結 果 労 働 者 は 懲 戒 解 雇 を 撤 回 されたうえで 任 意 に 退 職 し 会 社 都 合 を 原 因 とする 退 職 金 200 万 円 と 解 決 金 2 00 万 円 を 受 け 取 った 着 手 金 保 全 216,000 円 訴 訟 216,000 円 432,000 円 (400 万 円 10.8%) 労 働 事 件 (3) 中 小 企 業 に 長 く 勤 めていて 今 度 退 職 した 会 社 は 経 営 が 苦 しいと 言 って 退 職 金 3 00 万 円 の 支 払 いをしてくれない 勤 めていたときの 残 業 代 も100 万 円 ほど 未 払 い となっている 本 裁 判 を 起 こした 結 果 任 意 に 全 額 受 けとることができた 着 手 金 302,400 円 (400 万 円 4.32%+129,600 円 ) 432,000 円 (400 万 円 10.8%) 以 上 - 8 -

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約 2015 改 訂 版 税 理 士 業 務 書 式 文 例 集 収 録 書 式 一 覧 修 正 新 規 削 除 印 のある 書 式 は 解 説 が 付 いています 大 分 類 中 分 類 書 式 名 サイズ 種 類 挨 拶 通 知 文 例 編 案 内 挨 拶 文 例 事 務 所 移 転 のご 案 内 A4 Word 事 務 所 移 転 並 びに 電 話 番 号 変 更 のお 知 らせ A4 Word

More information

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2-

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2- 平 成 18 年 度 CFP 受 験 対 策 ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング サンプル 版 ~ 途 中 でページが 省 略 されている 部 分 があります 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ CFP 試 験 頻 出 ポイント 集 株 式 会 社 住 まいと 保 険 と 資 産 管 理 http://www.fpcom.net http://www.mylifenavi.net

More information

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか,

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか, 個 人 再 生 手 続 申 立 てチェックリスト ver4,0 このチェックリストは, 申 立 書 の 作 成 にあたり, 各 項 目 をチェック( 確 認 調 査 検 討 )していくことにより, 申 立 書 を 正 確 に 作 成 するためのものです 各 チェック 項 目 は, 添 付 書 類 一 覧 表 で 提 出 すべき 資 料 としているにもかかわらず, これまで 提 出 忘 れが 多 かったものや,

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

Microsoft Word - ②募集要項.doc

Microsoft Word - ②募集要項.doc 県 営 住 宅 滞 納 家 賃 回 収 弁 護 士 業 務 委 託 提 案 募 集 要 項 静 岡 県 県 営 住 宅 の 退 去 者 の 滞 納 家 賃 回 収 に 係 る 弁 護 士 業 務 委 託 に 関 する 提 案 募 集 について は 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 募 集 要 項 によるものとする 1 業 務 概 要 (1) 目 的 静 岡 県 が 管 理 する 県 営

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

世 帯 預 貯 金 総 額 そ 他 資 産 ( 具 体 的 に) 負 債 負 債 総 額 毎 月 返 済 額 備 考 ( 滞 納 猶 予 減 免 有 無 等 ) 資 産 負 債 1 住 宅 ローン 2 公 的 融 資 ( 生 活 福 祉 資 金 以 外 ) 3 消 費 者 ローン カードローン 等

世 帯 預 貯 金 総 額 そ 他 資 産 ( 具 体 的 に) 負 債 負 債 総 額 毎 月 返 済 額 備 考 ( 滞 納 猶 予 減 免 有 無 等 ) 資 産 負 債 1 住 宅 ローン 2 公 的 融 資 ( 生 活 福 祉 資 金 以 外 ) 3 消 費 者 ローン カードローン 等 生 活 復 興 支 援 資 金 ( 東 日 本 大 震 災 特 例 ) 借 入 申 込 書 借 申 込 入 者 氏 名 男 女 生 年 月 日 市 区 町 村 社 協 受 付 福 島 県 社 協 受 付 民 児 協 コード 決 定 日 昭 和 平 成 年 西 暦 西 暦 貸 付 送 金 日 月 日 生 歳 世 帯 及 び 被 災 現 在 住 所 / 居 所 - 現 在 連 絡 先 電 話 番 号 固

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 26 年 8 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 26 年 1 月 10 日 上 場 会 社 名 ( 株 )クラウディア 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 3607 URL http://www.kuraudia.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 会 長 兼 社 長 ( 氏 名 ) 倉 正 治 問 合 せ 先

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 株 主 資 本 ( 単 位 : 千 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 期 首 残 高 2,049,318

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 株 主 資 本 ( 単 位 : 千 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 期 首 残 高 2,049,318 株 主 各 位 第 79 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 情 報 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 は 法

More information

(3) 職 員 の 昇 任 及 び 降 任 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 2 日 ~ 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 昇 任 部 長 級 課 長 級 主 幹 級 係 長 級 主 任 級 降 任 1 人 3 人 6 人 5 人 5 人 - (4) 職 員 数 の 状 況 職 種 別

(3) 職 員 の 昇 任 及 び 降 任 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 2 日 ~ 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 昇 任 部 長 級 課 長 級 主 幹 級 係 長 級 主 任 級 降 任 1 人 3 人 6 人 5 人 5 人 - (4) 職 員 数 の 状 況 職 種 別 岩 倉 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 岩 倉 市 の 人 事 行 政 を 運 営 していく 上 で より 公 正 で 透 明 性 を 高 めていくために 岩 倉 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 平 成 23 年 度 の 職 員 の 任 用 給 与 勤 務 時 間 そ の 他 の 勤 務 条 件 などについてお

More information

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保 賠 償 責 任 危 険 補 償 特 約 用 語 の 説 明 この 特 約 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 普 通 保 険 約 款 用 語 の 説 明 に よる 場 合 のほか 次 のとおりとします 用 語 説 明 財 物 の 破 損 財 産 的 価 値 を 有 する 有 体 物 の 滅 失 破 損 または 汚 損 を いいます ただし 滅 失 には 盗 難 紛 失 または 詐 取

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という 要 綱 様 式 等 参 考 資 料 集 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 P.1 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 相 談 申 込 書 P.2 野 洲 市 市 民 相 談 総 合 推 進 委 員 会 設 置 要 綱 P.4 野 洲 市 自 立 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 P.6 野 洲 市 支 援 調 整 会 議 設 置 要 綱 P.8 野 洲

More information

【個人情報の取扱い】

【個人情報の取扱い】 リース 契 約 条 項 第 1 条 東 洋 自 動 車 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)は 契 約 書 (1) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 自 動 車 という)をお 客 様 ( 以 下 甲 という)に リースし 甲 はこれを 借 受 けます 第 2 条 リース 期 間 はリース 契 約 書 (2) 記 載 の 期 間 とします 甲 は 契 約 締 結 の 日 からリース 期 間 が

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 の 状 況 平 成 25 年 度 新 たに 採 用 した 職 員 数 は27 人 です 職 種 別 性 別 内 訳 は 以 下 のとおりです 区 分 一 般 事 務 ( 単 位 : 人 ) 土 木 電 気

1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 の 状 況 平 成 25 年 度 新 たに 採 用 した 職 員 数 は27 人 です 職 種 別 性 別 内 訳 は 以 下 のとおりです 区 分 一 般 事 務 ( 単 位 : 人 ) 土 木 電 気 平 成 25 年 度 今 治 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の2 及 び 今 治 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 今 治 市 条 例 第 313 号 )に 基 づき 今 治 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A>

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A> ライフプラン 関 係 1. 児 童 手 当 の 改 正 ( 平 成 19 年 4 月 実 施 ) 下 記 のように 3 歳 未 満 の 子 は 一 律 10,000 円 に 引 上 げられる 0 歳 ~3 歳 未 満 3 歳 以 上 小 学 校 修 了 前 まで 改 正 後 一 人 につき 10,000 円 第 一 子 第 二 子 は 一 人 につき 5,000 円 第 三 子 以 降 は 一 人

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 22 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

8 国 家 秘 密 保 護 法 実 施 条 例 9 政 府 情 報 公 開 条 例 ( 中 国 経 済 六 法 2010 年 版 に 収 録 ) 10 政 府 情 報 公 開 行 政 事 件 の 審 理 における 若 干 問 題 に 関 する 規 定 11 上 海 市 政 府 情 報 公 開 規 定

8 国 家 秘 密 保 護 法 実 施 条 例 9 政 府 情 報 公 開 条 例 ( 中 国 経 済 六 法 2010 年 版 に 収 録 ) 10 政 府 情 報 公 開 行 政 事 件 の 審 理 における 若 干 問 題 に 関 する 規 定 11 上 海 市 政 府 情 報 公 開 規 定 Ⅰ 憲 法 行 政 法 一 憲 法 国 家 機 構 1 改 革 の 全 面 的 深 化 における 若 干 の 重 大 な 問 題 に 関 する 決 定 2 法 による 国 家 統 治 の 全 面 的 な 推 進 における 若 干 の 重 大 問 題 に 関 する 決 定 ( 中 国 経 済 六 法 2015 年 版 に 収 録 ) 3 全 国 人 民 代 表 大 会 及 び 地 方 各 級 人 民

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他 別 冊 あっせんの 申 立 て 事 案 の 概 要 とその 結 果 ( 平 成 23 年 度 第 2 四 半 期 ) 1 その 他 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 事 案 番 号 22 年 度 (あ) 第 200 号 申 立 ての 概 要 外 国 為 替 予 約 が 延 長 されなかったことによる 損 害 賠 償 要 求 申 立 人 の 属 性 法 人 B 銀 行 との 為 替 予

More information

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874>

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874> 信 託 編 第 1 信 託 の 意 味 を 理 解 してしまおう 1 信 託 の 思 想 を 理 解 するところからはじまります 2 登 場 人 物 を 理 解 してください 3 委 任 と 信 託 の 違 い 4 信 託 の 成 立 原 因 5 受 託 種 には 誰 がなれるのだろうか 第 2 信 託 の 課 税 の 原 則 第 3 受 益 者 等 課 税 信 託 の 基 本 的 な 課 税 関

More information

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること 平 成 22 年 度 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 資 格 試 験 問 1 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 しいものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していない 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

問 題 1 ファイナンシャル プランナーの 顧 客 に 対 する 行 為 に 関 する 次 の 記 述 のうち 職 業 倫 理 や 関 連 法 規 に 照 らし 最 も 不 適 切 なものはどれか 1. 投 資 信 託 の 購 入 について 相 談 を 受 けたファイナンシャル プランナーのAさんは

問 題 1 ファイナンシャル プランナーの 顧 客 に 対 する 行 為 に 関 する 次 の 記 述 のうち 職 業 倫 理 や 関 連 法 規 に 照 らし 最 も 不 適 切 なものはどれか 1. 投 資 信 託 の 購 入 について 相 談 を 受 けたファイナンシャル プランナーのAさんは 学 科 学 科 試 験 解 答 に 当 たっての 注 意 事 項 試 験 問 題 については 特 に 指 示 のない 限 り 平 成 27 年 10 月 1 日 現 在 施 行 の 法 令 等 に 基 づいて 解 答 してください なお 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 対 する 各 種 特 例 については 考 慮 しないものとします 次 の 各 問 について 答 えを1つ 選 び その

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E D CA48B868C8B89CA95F18D908F B837D E703529>

<4D F736F F D2095BD90AC E D CA48B868C8B89CA95F18D908F B837D E703529> 調 査 研 究 報 告 書 マンションの 管 理 組 合 会 計 平 成 25 年 7 月 はじめに マンションの 管 理 組 合 の 会 計 処 理 については 企 業 会 計 と 異 なり 事 業 所 得 がほとんどないため 税 務 署 への 申 告 義 務 はありません したがって 管 理 組 合 毎 に 様 々な 会 計 処 理 が 行 われています 特 に 自 主 管 理 を 行 っている

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2092CA8BCE8DD08A51814591E68E4F8ED28E96914F947A95749770205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2092CA8BCE8DD08A51814591E68E4F8ED28E96914F947A95749770205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 24 年 度 専 門 研 修 会 ~ 通 勤 災 害 認 定 編 ~ 平 成 24 年 7 月 19 日 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 奈 良 県 支 部 本 日 お 話 しすること 1. 通 勤 災 害 の 認 定 要 件 通 勤 の 範 囲 ( 勤 務 のため) 通 勤 の 範 囲 ( 合 理 的 な 経 路 及 び 方 法 ) 通 勤 の 範 囲 ( 逸 脱 中 断 )

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30322D32342091E63130308AFA2098418C8B928D8B4C955CA58CC295CA928D8B4C955C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30322D32342091E63130308AFA2098418C8B928D8B4C955CA58CC295CA928D8B4C955C> 第 100 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての 法 令 および 定 款 に 基 づくインターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 から 平 成 27 年 12 月 31 日 まで) 東 洋 ゴム 工 業 株 式 会 社 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記

More information

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73>

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73> [ 経 常 費 用 ] 業 務 費 教 育 研 究 経 費 消 耗 品 費 備 品 費 印 刷 製 本 費 水 道 光 熱 費 機 構 の 業 務 として 学 生 等 に 対 し 行 われる 教 育 に 要 する 経 費 及 び 教 員 等 の 研 究 に 要 する 経 費 を 対 象 とする ただし, 教 育 研 究 支 援 経 費, 受 託 研 究 費, 受 託 事 業 費, 教 員, 職 員,

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

申 込 方 法 と 注 意 事 項 新 規 申 込 方 法 ( 手 順 ) 1 東 京 弁 護 士 会 会 員 専 用 ページへアクセスしてください 2 会 員 専 用 ページのトップページ 左 端 に 東 京 弁 護 士 会 ネット 研 修 のリンクバナーをクリックし 東 弁 ネット 研 修 サイ

申 込 方 法 と 注 意 事 項 新 規 申 込 方 法 ( 手 順 ) 1 東 京 弁 護 士 会 会 員 専 用 ページへアクセスしてください 2 会 員 専 用 ページのトップページ 左 端 に 東 京 弁 護 士 会 ネット 研 修 のリンクバナーをクリックし 東 弁 ネット 研 修 サイ 研 修 東 弁 ネット 研 修 のご 案 内 東 京 弁 護 士 会 弁 護 士 研 修 センター 運 営 委 員 会 では これまでに 当 委 員 会 で 実 施 した 研 修 会 の 映 像 をインターネットで 配 信 し パソコンで 研 修 を 視 聴 できるシステムを 東 弁 ネット 研 修 と 題 して 運 用 しております 本 研 修 の 映 像 配 信 対 象 となるのは 過 去 に

More information

看護師賠償責任保険

看護師賠償責任保険 組 合 員 の 看 護 師 准 看 護 師 保 健 師 助 産 師 の 皆 さまへ 平 成 25 年 7 月 千 葉 県 庁 生 活 協 同 組 合 看 護 師 賠 償 責 任 保 険 ご 加 入 のおすすめ 取 扱 代 理 店 千 葉 県 庁 生 活 協 同 組 合 保 険 係 千 葉 市 中 央 区 中 央 4-13-28 新 都 市 ビル8 階 TEL:043-227-8100

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

注 記 事 項 (1) 四 半 期 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 無 (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 有 2 1

注 記 事 項 (1) 四 半 期 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 無 (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 有 2 1 平 成 29 年 2 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 非 連 結 ) 平 成 28 年 10 月 7 日 上 場 会 社 名 和 田 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 8931 URL http://www.wadakohsan.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 高 島 武 郎 問

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

一 部 が 含 まれていても 他 の 要 件 を 満 たせば 当 該 他 人 の 土 地 の 一 部 の 所 有 権 を 時 効 によって 取 得 することができる ( ) 3 時 効 期 間 は 時 効 の 基 礎 たる 事 実 が 開 始 された 時 を 起 算 点 としなければなら ず 時 効

一 部 が 含 まれていても 他 の 要 件 を 満 たせば 当 該 他 人 の 土 地 の 一 部 の 所 有 権 を 時 効 によって 取 得 することができる ( ) 3 時 効 期 間 は 時 効 の 基 礎 たる 事 実 が 開 始 された 時 を 起 算 点 としなければなら ず 時 効 2010 年 度 [ 問 1] 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 し いものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していな い 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同 意 は 必 要 な い ( ) 2 成 年

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

14061603_主要項目別索引.indd

14061603_主要項目別索引.indd 平 成 26 年 6 月 30 日 週 刊 税 務 通 信 ( 第 三 種 郵 便 物 認 可 ) No. 3317 主 要 項 目 別 索 引 法 人 税 減 価 償 却 耐 用 年 数 固 定 資 産 の 改 良 費 等 と 少 額 費 用 の 損 金 算 入 3294 消 費 税 率 引 上 げと 会 計 ソフト 修 正 費 用 3295 タックスフントウ 14 所 有 権 移 転 外 ファイナ

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63> 付 属 入 出 金 取 引 の 一 覧 表 (Version Version4.1 以 降 ) 第 1 章 出 金 取 引 の 一 覧 表 税 に 記 載 されているものは 消 費 税 の 課 税 情 報 です 課 課 税 仕 入 不 不 課 税 仕 入 非 非 課 税 仕 入 [ 資 金 移 動 ]--- 取 引 内 容 区 分 借 方 勘 定 科 目 税 青 色 決 算 科 目 預 金 の 場

More information

はじめに 民 事 法 律 扶 助 とは 主 として 資 力 の 乏 しい 方 に 対 し その 権 利 の 実 現 のため 弁 護 士 費 用 等 を 立 替 える 制 度 です 民 事 法 律 扶 助 制 度 は 日 本 司 法 支 援 センター(Japan Legal Support Cente

はじめに 民 事 法 律 扶 助 とは 主 として 資 力 の 乏 しい 方 に 対 し その 権 利 の 実 現 のため 弁 護 士 費 用 等 を 立 替 える 制 度 です 民 事 法 律 扶 助 制 度 は 日 本 司 法 支 援 センター(Japan Legal Support Cente ハーグ 条 約 事 件 民 事 法 律 扶 助 のしおり 20141208 版 ( 項 目 一 覧 ) はじめに 1. 民 事 法 律 扶 助 の 援 助 内 容 2.ご 利 用 いただくための 要 件 3. 資 力 基 準 ( 収 入 と 資 産 の 基 準 ) 4. 代 理 援 助 の 申 込 み 5. 立 替 金 の 標 準 額 6. 立 替 費 用 の 返 済 について 7. 援 助 開 始

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

は 住 宅 ローンを 組 む 場 合 購 入 物 件 の80%が 融 資 限 度 であることが 多 いためである また これ 以 外 にも 購 入 ( 取 得 ) 時 の 諸 経 費 がかかるため できれば30% 程 度 を 自 己 資 金 で 準 備 できるのが 理 想 である 2 住 宅 ローン

は 住 宅 ローンを 組 む 場 合 購 入 物 件 の80%が 融 資 限 度 であることが 多 いためである また これ 以 外 にも 購 入 ( 取 得 ) 時 の 諸 経 費 がかかるため できれば30% 程 度 を 自 己 資 金 で 準 備 できるのが 理 想 である 2 住 宅 ローン FP3 級 試 験 のポイント 1. FP と 倫 理 1 コンプライアンスとは ( 法 令 等 の) 遵 守 を 意 味 する 言 葉 であり 特 に FP には 社 会 的 に 重 要 な 専 門 的 職 業 としてコンプライアンスを 意 識 した 行 動 が 不 可 欠 である 2 FP は 常 に 顧 客 へのプランニングの 提 案 など プロとしての

More information

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378>

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378> 平 成 19 年 度 決 算 の 概 要 長 期 経 理 長 期 経 理 は 地 方 公 共 団 体 及 び 組 合 員 から 徴 した 負 担 金 及 び 掛 金 等 を 財 源 に 退 職 共 済 年 金 等 の 長 期 給 付 並 びに 資 産 の 運 用 を 行 う 経 理 である 前 年 度 繰 越 長 期 給 付 積 立 金 9,954,376,826 流 動 資 産 481,436,803

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 緑 会 定 款 ( 以 下 定 款 という) 第 59 条 の 規 定 に 基 づき この 法 人 の 運 営 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 第 2 章 役 員 選 挙 ( 役 員 選 挙 の 方 法 ) 第 2 条 この 法 人 の 役 員 の 選 挙 は 定 款

More information