<4D F736F F D208D E690B68B4C944F835A837E B>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D F736F F D208D E690B68B4C944F835A837E B>"

Transcription

1 サプライチェーンマネジメント 講 座 刊 行 記 念 セミナーのご 案 内 この 度 サプライチェーンマネジメント 講 座 ( 朝 倉 書 店 )の 刊 行 を 記 念 してセミナーを 開 催 することになりました この 講 座 は サプライチェーンマネジメント(SCM)の 基 本 理 念 に 基 づきサプライチェーンを 効 果 的 に 運 用 するために 役 立 つ 概 念 と 方 法 について 過 去 10 数 年 間 に 主 として 我 が 国 の 学 界 で 求 められた 知 見 をまとめ 解 説 したものです 主 な 読 者 とし て SCM に 係 わっておられる 実 務 家 を 対 象 として 執 筆 されており 抽 象 化 した 現 実 の 問 題 を 分 析 し 明 らかになった 分 析 結 果 の 現 実 的 な 意 味 や 意 義 が 記 されています 本 セミナーで は 上 記 講 座 ( 全 6 巻 )の 著 者 が 講 師 を 担 当 して 各 書 籍 のポイントとなる 部 分 を 詳 しく 説 明 した 上 質 疑 応 答 の 時 間 に 参 加 者 の 質 問 に 答 える 予 定 です SCM に 関 心 を 持 って 様 々の 分 野 で 活 躍 されている 実 務 家 また 関 連 分 野 の 学 生 諸 君 の 参 加 をお 待 ちしています 記 念 セミナーの 概 要 主 催 者 : サプライチェーンマネジメント 講 座 著 者 一 同 ( 代 表 黒 田 充 ) ご 参 考 サプライチェーンマネジメント 講 座 各 巻 の 書 名 と 著 者 巻 書 名 著 者 納 期 見 積 りと 生 産 スケジューリング~ 受 注 生 産 状 況 下 での 情 報 共 有 と 連 携 内 示 情 報 と 生 産 計 画 ~ 持 続 可 能 な 社 会 にお ける 先 行 需 要 情 報 の 活 用 生 産 発 注 の 平 準 化 ~SCM を 成 功 に 導 く 理 論 的 背 景 企 業 間 の 戦 略 的 連 携 ~マルチエージェント 交 渉 による 次 世 代 SCM サプライチェーン 最 適 化 の 新 潮 流 ~ 統 一 モ デルからリスク 管 理 人 道 支 援 まで サプライチェーンの 最 適 運 用 ~かんばん 方 式 を 超 えて 黒 田 充 ( 青 山 学 院 大 学 名 誉 教 授 ) 上 野 信 行 ( 県 立 広 島 大 学 教 授 ) 田 村 隆 善 ( 愛 知 工 業 大 学 教 授 ) 貝 原 俊 也 ( 神 戸 大 学 教 授 ) 谷 水 良 隆 ( 大 阪 府 立 大 学 准 教 授 ) 西 竜 志 ( 大 阪 大 学 准 教 授 ) 久 保 幹 雄 ( 東 京 海 洋 大 学 教 授 ) 大 野 勝 久 ( 愛 知 工 業 大 学 客 員 教 授 ) 開 催 日 時 : 第 1 回 11 月 19 日 ( 土 ) 10:20 ~ 17:00 ( 講 師 : 黒 田 充 上 野 信 行 田 村 隆 善 ) 第 2 回 11 月 26 日 ( 土 ) 10:20 ~ 17:00 ( 講 師 : 久 保 幹 雄 貝 原 俊 也 大 野 勝 久 ) 詳 細 については 末 尾 のプログラムをご 覧 下 さい 会 場 : 青 山 学 院 大 学 総 研 ビル 3 階 11 会 議 室 ( 渋 谷 キャンパス 正 門 脇 : JR 渋 谷 駅 徒 歩 10 分 地 下 鉄 表 参 道 徒 歩 5 分 ) 参 加 費 : 各 回 1 人 当 たり 10,000 円 ( 上 記 の 書 籍 3 冊 を 資 料 として 配 布 します )

2 申 し 込 み 方 法 : 下 記 の 参 加 申 込 み 用 紙 に 記 入 の 上 申 込 み 先 に 送 信 して 下 さい 氏 名 所 属 セミナー 参 加 申 込 み 用 紙 連 絡 先 E メールアドレス: FAX: 第 1 回 セミナー 参 加 不 参 加 第 2 回 セミナー 参 加 不 参 加 1 回 のみ 参 加 を 希 望 される 方 で 配 布 予 定 の 書 籍 を 現 在 お 持 ち 要 望 事 項 の 記 入 欄 の 方 は 他 の 回 で 配 布 が 予 定 されている 書 籍 をそれに 換 えて お 渡 しできますので お 持 ちの 書 籍 と 希 望 する 書 籍 を 記 入 し て 下 さい ( 記 入 例 ) 1 巻 6 巻 申 込 み 先 : 黒 田 充 (E メール: FAX: プログラムと 講 演 要 旨 受 注 生 産 企 業 における 情 報 共 有 と 連 携 11 月 19 日 10:20~11:50 黒 田 充 ( 青 山 学 院 大 学 名 誉 教 授 ) 受 注 生 産 企 業 において 納 期 遵 守 とリードタイムの 短 縮 は 一 般 的 な 課 題 であ る これまで 日 本 企 業 ではこれらの 課 題 は 製 造 現 場 の 問 題 として 取 り 組 まれて きた つまり 残 業 夜 間 操 業 などによる 生 産 能 力 の 柔 軟 性 に 依 存 して 処 理 が 行 われていたといえよう サプライチェーンマネジメントが 一 般 化 した 今 日 で は その 取 り 組 みに 大 きな 変 化 が 現 れている その 特 徴 としてコストの 削 減 が 一 層 重 視 され 企 業 間 部 門 間 の 情 報 共 有 によって 戦 略 的 効 果 的 な 取 り 組 み をすることが 必 要 になってきていることがあげられる 本 講 演 では これから 望 まれる 情 報 共 有 はいかなるものであるかについて いろいろな 問 題 の 定 量 的 な 分 析 結 果 を 示 しながら 述 べる 例 えば 顧 客 と 製 造 業 者 の 間 では メーカー 理 想 納 期 が 共 有 されるべき 情 報 であり 中 間 製 品 のモジュール 化 の 場 合 には それを 実 現 する 方 法 が 製 造 部 門 と 設 計 部 門 で 共 有 されなければならな い また 仕 様 未 確 定 の 顧 客 オーダーを 受 注 してリードタイムの 短 縮 が 期 待 で きる 場 合 多 くは 一 部 のコンポーネントが 仕 様 未 確 定 である 状 況 下 で 生 じる が コンポーネントの 望 ましい 仕 様 確 定 時 刻 が 製 造 部 門 と 設 計 部 門 の 間 で 共 有 される 必 要 がある 本 講 演 では 主 として メーカー 理 想 納 期 の 求 め 方 とその 共 有 によって 生 じる 経 済 的 効 果 を 具 体 的 な 数 値 例 を 用 いて 解 説 する 11:50~12:40 昼 休 み

3 内 示 情 報 と 生 産 計 画 : 不 確 実 な 需 要 環 境 における 先 行 需 要 情 報 の 活 用 11 月 19 日 12:40~14:10 上 野 信 行 ( 県 立 広 島 大 学 経 営 情 報 学 部 教 授 ) 生 産 内 示 は 日 本 の 製 造 業 界 の 伝 統 的 な 情 報 共 有 のやり 方 であり 問 題 解 決 志 向 の 協 調 的 な 企 業 間 連 携 すなわち 日 本 独 特 の 知 的 なサプライチェーン マ ネジメンである 生 産 内 示 により 確 定 注 文 情 報 が 伝 達 される 以 前 から 原 材 料 部 品 の 購 買 生 産 準 備 に 着 手 することができる しかしながら 多 くの 企 業 では 顧 客 企 業 からの 生 産 内 示 をうまく 活 用 できていない 本 講 演 では 生 産 に 先 立 って 入 手 できる 内 示 情 報 ( 先 行 需 要 情 報 )を 生 産 計 画 に 効 果 的 に 活 用 す る 理 論 とノウハウを 説 明 する 自 動 車 産 業 におけるメーカーとサプライヤーを 事 例 に 内 示 の 性 質 属 性 内 示 変 動 メカニズム 及 び 受 注 生 産 見 込 み 生 産 方 式 と 区 別 される 内 示 方 式 を 特 徴 づける そして 内 示 情 報 の 活 用 手 順 を 明 らかにし これらを 用 いて 生 産 計 画 を 立 てる 方 法 を 説 明 する Excelをベースに 簡 単 に 生 産 計 画 を 作 成 する ことができる 背 景 にある 数 理 モデルの 考 え 方 解 法 の 性 質 不 確 実 性 を 扱 う 新 しい 在 庫 充 当 指 標 生 産 情 報 システム 構 築 の 留 意 点 適 用 法 などについても 詳 しく 述 べる もともと 内 示 方 式 を 採 用 している 業 界 のみならず 内 示 情 報 と は 称 していないが 実 質 的 にこれに 相 当 する 情 報 の 提 示 を 受 けている 多 くの 企 業 に 有 用 である 14:10~14:20 14:20~15:50 製 造 サプライチェーンにおける 平 準 化 の 重 要 性 田 村 隆 善 ( 愛 知 工 業 大 学 経 営 学 部 教 授 ) 平 準 化 を 基 礎 とした 生 産 発 注 指 示 や 生 産 計 画 が メーカーとサプライヤー からなる 製 造 サプライチェーンの 管 理 ツールとして 有 効 であることを シミュ レーション 実 験 を 用 いて 定 量 的 に 示 す 平 準 化 は JIT の 基 礎 とされるが その 定 量 的 有 効 性 については 余 り 知 られていない そこでまず SCM の 視 点 から JIT 生 産 方 式 と 自 動 車 生 産 における 平 準 化 生 産 計 画 の 手 順 を 概 観 する 次 にいく つかの 生 産 在 庫 システムのモデルを 設 定 し シミュレーション 実 験 を 行 って 平 準 化 の 有 効 性 を 通 常 のかんばん 方 式 や MRP 方 式 と 比 較 検 討 する 実 験 結 果 より 単 純 な 平 準 化 であっても 3 工 程 からなら 生 産 在 庫 システムにおいて 通 常 のかんばん 方 式 よりシステム 全 体 の 在 庫 量 を 半 減 できることがあるなど 平 準 化 の 効 果 が 大 きいことを 示 す さらに 平 準 化 は メーカーがサプライヤー の 生 産 計 画 に 関 与 できない 状 況 下 において 有 効 な SCM ツールであること メー カーが 頻 繁 に 生 産 を 再 計 画 することの 問 題 点 在 庫 水 準 の 設 定 方 法 などについ てもふれる 予 定 である 15:50~16:00

4 11 月 19 日 質 疑 応 答 16:00~17:00 サプライ チェイン 最 適 化 の 新 潮 流 : 統 一 モデルからリスク 管 理 11 月 26 日 10:20~11:50 人 道 支 援 まで 久 保 幹 雄 ( 東 京 海 洋 大 学 海 洋 工 学 部 教 授 ) 東 日 本 大 震 災 の 後 雨 後 の 竹 の 子 のように サプライ チェインに 対 するリ スク 管 理 と 人 道 支 援 ロジスティクスに 関 連 した 講 演 会 が 開 催 された その 中 身 は 大 きく 分 けて 以 下 のものに 分 類 できる 旧 来 のリスク 管 理 や 事 業 継 続 計 画 に 携 わっていたものが それみたことか と 旧 式 の 方 法 論 を 展 開 する 新 聞 や 雑 誌 の 切 り 貼 りや 検 索 して 得 た 統 計 デ ータを 提 示 する あまり 関 係 ない 自 社 のソリューションを 宣 伝 する 旧 来 のサプライ チェインやリーン 生 産 方 式 を 擁 護 する サプライ チェイン やリーン 生 産 方 式 を 批 判 する(マスコミはこれが 多 い) サプライ チェイン リスク 管 理 は 新 しい 分 野 であり 旧 来 の 理 論 体 系 だ けで 解 決 できるものではなく 新 しい 理 論 体 系 が 必 要 である 拙 著 サプライ チェイン 最 適 化 の 新 潮 流 : 統 一 モデルからリスク 管 理 人 道 支 援 まで では, 助 走 としてのサーベイをしている 本 講 演 では その 内 容 について 解 説 する 11:50~12:40 昼 休 み 企 業 間 の 戦 略 的 提 携 :マルチエージェント 交 渉 による 次 世 代 SCM 12:40~14:10 貝 原 俊 也 ( 神 戸 大 学 大 学 院 システム 情 報 学 研 究 科 教 授 ) 企 業 におけるサプライチェーン(SC)は 大 きく 企 業 内 と 企 業 間 に 分 類 するこ とができ 相 互 への 取 組 みが 重 要 となる そして,SC の 全 体 最 適 化 を 実 現 する ための 具 体 的 な 方 策 として SC を 構 成 する 全 ての 企 業 を 連 携 させる 形 での 生 産 スケジューリングや 在 庫 管 理 などへの 取 組 みが 重 要 な 課 題 となり 本 書 では, これらの 全 体 最 適 化 への 取 組 みについて 中 心 的 に 取 り 扱 っている 一 方,グロ ーバル 環 境 下 では 個 々の 海 外 製 造 拠 点 が SC における 自 律 的 な 経 営 意 思 決 定 主 体 として 振 舞 うことが 求 められており 一 種 の 自 律 分 散 システムと 見 なすこ とができる そこで 本 書 では,SC を 構 成 する 各 企 業 を 意 思 決 定 機 構 を 内 包 し たソフトウエアエージェントととらえ マルチエージェントシステムとしての モデル 化 を 行 い 効 率 的 な SC の 構 築 を 実 現 するための 企 業 間 の 戦 略 的 提 携 方 策 について 生 産 スケジューリングや 在 庫 管 理 といった 技 術 要 素 に 着 目 し シ ステム 工 学 の 立 場 からの 接 近 を 試 みる 14:10~14:20

5 サプライチェーンの 最 適 運 用 :かんばん 方 式 を 超 えて 14:20~15:50 大 野 勝 久 ( 愛 知 工 業 大 学 客 員 教 授 ) サプライチェーンは 消 費 者 の 需 要 変 動 部 品 の 供 給 遅 延 交 通 渋 滞 等 々 様 々な 局 面 での 不 確 実 性 に 直 面 している このような 不 確 実 性 のもとでは 将 来 の 時 点 における 発 注 生 産 配 送 量 を 現 在 の 情 報 だけに 基 づいて 予 め 決 定 することは 合 理 的 ではない むしろ 将 来 のその 時 点 におけるサプライチェー ンの 状 態 に 応 じて 決 定 すべきであり かんばん 方 式 に 始 まるプル 方 式 はその 実 例 である この 最 適 運 用 問 題 は 基 本 的 にマルコフ 決 定 過 程 の 問 題 であるが 動 的 計 画 法 (DP)の 持 つ 弱 点 である 次 元 の 呪 い のために, 次 元 ( 拠 点 )が 増 え るにつれ 状 態 数 が 指 数 的 に 増 大 し 解 くことが 不 可 能 であった 本 講 演 では まず 各 プル 方 式 を 説 明 し 近 年 次 元 の 呪 い を 克 服 すべく 開 発 されてきた 強 化 学 習 アルゴリズムと 講 演 者 らによるニューロ DP アルゴリズ ムを 適 用 し 後 者 による 準 最 適 な 運 用 政 策 がかんばん 方 式 はもとより 全 ての プル 方 式 を 有 意 に 超 えることを 示 す 15:50~16:00 16:00~17:00 質 疑 応 答

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

https://irsolution.pronexus.co.jp/webapp/SubWindows/Editor/Html

https://irsolution.pronexus.co.jp/webapp/SubWindows/Editor/Html 四 半 期 報 告 書 ( 第 188 期 第 1 四 半 期 ) 自 平 成 28 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 6 月 30 日 日 本 車 輌 製 造 株 式 会 社 名 古 屋 市 熱 田 区 三 本 松 町 1 番 1 号 目 次 表 紙 頁 第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 1 2 事 業 の 内 容 1

More information

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421 この 試 験 は 文 化 芸 術 スポーツ 分 野 又 は 地 域 おこし 協 力 隊 等 での 経 験 等 を 活 かし 意 欲 を 持 って 本 県 の 地 方 創 生 元 気 づくりの 展 開 に 向 けた 取 組 に 貢 献 していただけるかた 鳥 取 県 へのIターン Jターン Uターンを 希 望 しているかた 民 間 企 業 等 で 培 った 経 験 を 活 かし 鳥 取 県 職 員 として

More information

論文テーマ:『衣料品SPA型企業のロジスティクス戦略の類型化に関する研究――効率性指向と反応性指向――』

論文テーマ:『衣料品SPA型企業のロジスティクス戦略の類型化に関する研究――効率性指向と反応性指向――』 衣 料 品 SPA 型 企 業 の ロジスティクス 戦 略 の 類 型 化 に 関 する 研 究 効 率 性 指 向 と 反 応 性 指 向 法 政 大 学 経 営 学 部 李 ゼミ 斎 藤 佳 美 鈴 木 貴 大 祁 睿 珊 榮 田 智 裕 1 はじめに 衣 料 品 市 場 の 特 性 1 ライフサイクルの 短 期 性 2 高 度 の 不 安 定 性 3 低 い 予 見 可 能 性 4 頻 繁 な

More information

既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 2 論 点 1 : 制 度 フレーム 1 性 能 向 上 / 長 期 優 良 化 リフォームについ て 市 場 が 現 実 的 に 動 く 仕 組 みとすること に 配

既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 2 論 点 1 : 制 度 フレーム 1 性 能 向 上 / 長 期 優 良 化 リフォームについ て 市 場 が 現 実 的 に 動 く 仕 組 みとすること に 配 既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 1 既 存 住 宅 に 対 する 既 成 概 念 や 評 価 を 変 える 既 存 住 宅 の 性 能 を 評 価 する ( 優 良 なものとそうでないものが 明 らかになる) 既 存 住 宅 は 新 築 住 宅 より 劣 る というイメージを 払 拭 する 1 性 能

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

目 次. 本 マニュアルの 概 要... 2. TRA について... 2. 概 要... 2.2 本 事 業 における TRA の 実 施 方 法... 3 3. TRL 計 算 ツールの 使 用 方 法... 3. 概 要... 3.2 TRL 計 算 ツールのシート 構 成... 6 3.3

目 次. 本 マニュアルの 概 要... 2. TRA について... 2. 概 要... 2.2 本 事 業 における TRA の 実 施 方 法... 3 3. TRL 計 算 ツールの 使 用 方 法... 3. 概 要... 3.2 TRL 計 算 ツールのシート 構 成... 6 3.3 TRL 計 算 ツール 利 用 マニュアル < 初 版 > 平 成 26 年 月 環 境 省 地 球 環 境 局 目 次. 本 マニュアルの 概 要... 2. TRA について... 2. 概 要... 2.2 本 事 業 における TRA の 実 施 方 法... 3 3. TRL 計 算 ツールの 使 用 方 法... 3. 概 要... 3.2 TRL 計 算 ツールのシート 構 成...

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機 関 3 保 証 会 社 (2) 建 物

目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機 関 3 保 証 会 社 (2) 建 物 リフォーム 市 場 活 性 化 のための 金 融 機 関 と 住 宅 関 連 事 業 者 の 連 携 に 向 けて 平 成 27 年 4 月 目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B>

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B> 判 定 調 整 員 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 判 定 調 整 員 が 行 うべきこ とについて 具 体

More information

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc No.10-001 No.13-063 2014.1 CSR トピックス CSR トピックスは CSR( 企 業 の 社 会 的 責 任 )およびこれに 関 連 する 内 部 統 制 コンプライアンス ( 法 令 等 遵 守 ) リスクマネジメント 環 境 品 質 CS( 顧 客 満 足 ) 労 働 安 全 衛 生 従 業 員 満 足 人 権 社 会 貢 献 CSR 調 達

More information

称号及び氏名   博士(経済学)小 沢 佳 奈

称号及び氏名   博士(経済学)小 沢 佳 奈 称 号 及 び 氏 名 博 士 ( 経 済 学 ) 石 井 康 夫 学 位 授 与 の 日 付 平 成 19 年 3 月 31 日 論 文 名 TIME SERIES ANALYSIS AND ITS APPLICATION TO MAINTENANCE ( 時 系 列 解 析 と 設 備 保 全 分 野 への 応 用 ) 論 文 審 査 委 員 主 査 竹 安 数 博 副 査 石 垣 智 徳 副

More information

今 後 調 査 担 当 委 員 の 私 の 下 に 九 州 電 力 第 三 者 委 員 会 でも 調 査 チームの 総 括 を 務 めた 赤 松 幸 夫 弁 護 士 梅 林 啓 弁 護 士 を 中 心 とする 弁 護 士 調 査 チームを 組 織 し 委 員 長 や 他 の 委 員 の 意 見 も

今 後 調 査 担 当 委 員 の 私 の 下 に 九 州 電 力 第 三 者 委 員 会 でも 調 査 チームの 総 括 を 務 めた 赤 松 幸 夫 弁 護 士 梅 林 啓 弁 護 士 を 中 心 とする 弁 護 士 調 査 チームを 組 織 し 委 員 長 や 他 の 委 員 の 意 見 も 激 変 する 環 境 思 考 停 止 する 組 織 ~ 郷 原 信 郎 が 斬 る 2011.12.14 オリンパス 監 査 検 証 委 員 会 設 置 の 目 的 と 今 後 の 課 題 12 月 12 日 午 前 10 時 から 新 日 本 監 査 法 人 の オリンパス 監 査 検 証 委 員 会 の 初 会 合 が 開 かれ 終 了 後 記 者 会 見 が 行 われた 委

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

Microsoft PowerPoint - カタログ_コンサルタント養成講座(生産管理).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - カタログ_コンサルタント養成講座(生産管理).ppt [互換モード] 情 報 システム 部 門 向 け コンサルタント 養 成 講 座 ( 生 産 管 理 ) ~アジェンダと 概 要 ~ 2014 年 1 目 次 1 アジェンダ 2 講 師 紹 介 3 講 習 の 概 要 3-1 生 産 管 理 とサプライチェーン 3-2 提 案 書 作 成 のポイント 3-3 システム 要 件 定 義 2 目 次 1 アジェンダ 2 講 師 紹 介 3 講 習 の 概 要 3-1

More information

Microsoft Word - 00定款.doc

Microsoft Word - 00定款.doc 定 款 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる

More information

Ⅰ 趣 旨 及 び 利 用 上 の 注 意 1. 趣 旨 この Excel ファイルは 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 による 平 成 23 年 度 の 被 災 地 に おける 復 興 円 滑 化 のための 土 地 の 所 有 者 情 報 の 調 査 支 援 業 務 により 市 町

Ⅰ 趣 旨 及 び 利 用 上 の 注 意 1. 趣 旨 この Excel ファイルは 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 による 平 成 23 年 度 の 被 災 地 に おける 復 興 円 滑 化 のための 土 地 の 所 有 者 情 報 の 調 査 支 援 業 務 により 市 町 利 用 案 内 土 地 所 有 者 情 報 データベース 用 土 地 所 有 者 情 報 簡 易 データベース 様 式 Excel ファイル 188 Ⅰ 趣 旨 及 び 利 用 上 の 注 意 1. 趣 旨 この Excel ファイルは 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 による 平 成 23 年 度 の 被 災 地 に おける 復 興 円 滑 化 のための 土 地 の 所 有 者 情

More information

1. 弊 社 のSCMへの 取 り 組 み カ ン パ ニ CI MG OD CDI OPT 他 事 業 と 商 品 の 関 係 カラーフィルム 医 用 フィルム 印 画 紙 印 刷 用 フィルム コピー 用 紙 インクジェット ペーパー 商 品 処 理 剤 処 理 剤 処 理 剤 トナー カメラ

1. 弊 社 のSCMへの 取 り 組 み カ ン パ ニ CI MG OD CDI OPT 他 事 業 と 商 品 の 関 係 カラーフィルム 医 用 フィルム 印 画 紙 印 刷 用 フィルム コピー 用 紙 インクジェット ペーパー 商 品 処 理 剤 処 理 剤 処 理 剤 トナー カメラ 創 発 活 動 デリバリー 保 証 方 針 管 理 評 価 制 度 改 善 活 動 画 像 材 料 機 器 製 造 業 のSCM 事 例 全 社 的 デリバリー 管 理 を 中 心 に 2 年 9 月 23 日 若 槻 直 1. 弊 社 のSCMへの 取 り 組 み 2. 全 社 的 デリバリー 管 理 の 考 え 方 3. 事 例 1 4. 事 例 2 5. 事 例 3 1 1. 弊 社 のSCMへの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043> 全 公 連 発 第 1 4 0 号 平 成 2 7 年 9 月 3 日 各 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 理 事 長 殿 全 国 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 連 絡 協 議 会 会 長 倉 富 雄 志 法 務 省 不 動 産 登 記 法 第 14 条 第 1 項 地 図 作 成 作 業 規 程 ( 基 準 点 測 量 を 除 く) 等 の

More information

P065.eca

P065.eca JournaloftheFacultyofManagementandInformationSystems, PrefecturalUniversityofHiroshima 2013No.5pp.65-75 論 文 不 確 実 な 需 要 環 境 における 販 売 生 産 部 門 連 携 生 産 計 画 システム 需 要 は 自 己 相 関 がある 場 合 上 野 信 行 呂 海 涛 ProductionPlanningwithUncertainAdvancedemandInformation

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030358F4893638E738CF68BA48CF092CA90AD8DF48372835783878393967B95D23039303332332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030358F4893638E738CF68BA48CF092CA90AD8DF48372835783878393967B95D23039303332332E646F63> 普 通 回 数 乗 車 券 ( 秋 田 中 央 交 通 ( 株 )) 100 円 から 10 円 刻 みで 200 円 まで それぞれ 11 枚 つづりで 発 売 されている(1 枚 分 割 引 ) 普 通 回 数 乗 車 券 (1,000 円 セット 回 数 券 ) ( 秋 田 中 央 交 通 ( 株 )) 10 円 券 10 枚 50 円 券 10 枚 100 円 券 5 枚 を 1,000 円

More information

解説シリーズ:収益認識「「顧客との契約から生じる収益に関する論点の整理」及び「我が国の収益認識に関する研究報告(中間報告)」について」

解説シリーズ:収益認識「「顧客との契約から生じる収益に関する論点の整理」及び「我が国の収益認識に関する研究報告(中間報告)」について」 顧 客 との 契 約 から 生 じる 収 益 に 関 する 論 点 の 整 理 及 び 我 が 国 の 収 益 認 識 に 関 する 研 究 報 告 ( 中 間 報 告 ) について 第 1 回 : 収 益 認 識 に 関 する 検 討 状 況 の 背 景 2011.06.24 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 ナレッジセンター 公 認 会 計 士 井 澤 依 子 I.はじめに 平 成 20

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社 写 監 査 結 果 報 告 書 宝 監 第 80 号 平 成 27 年 12 月 24 日 (2015 年 ) 宝 塚 市 長 中 川 智 子 様 宝 塚 市 監 査 委 員 徳 田 逸 男 同 井 上 芳 治 同 冨 川 晃 太 郎 定 期 監 査 ( 教 育 委 員 会 事 務 局 管 理 部 学 校 教 育 部 社 会 教 育 部 )の 結 果 について( 報 告 ) 地 方 自 治 法 第

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63> 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 平 成 17 年 3 月 23 日 理 事 会 決 議 平 成 19 年 10 月 24 日 一 部 改 正 平 成 22 年 2 月 24 日 一 部 改 正 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 取 扱 指 針 の 考 え 方 参 照 条 文 ( 目 的 ) 第 1 条 この 取 扱 指 針 は 個 人 情 報 の 保

More information

スライド 1

スライド 1 買 い 物 困 難 対 策 の 方 向 性 と 進 め 方 ( 農 林 水 産 省 平 成 26 年 度 食 料 品 アクセス 改 善 対 策 事 業 実 施 報 告 書 ) 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 流 通 経 済 研 究 所 102-0074 東 京 都 千 代 田 区 九 段 南 4-8-21 山 脇 ビル10 階 :03-5213-4532 Fax:03-5276-5457

More information

日 本 カイロプラクティック 師 協 会 (JSC) 会 則 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 会 は 日 本 カイロプラクティック 師 協 会 ( 英 名 ;Japanese Society of Chiropractic ;JSC) と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本

日 本 カイロプラクティック 師 協 会 (JSC) 会 則 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 会 は 日 本 カイロプラクティック 師 協 会 ( 英 名 ;Japanese Society of Chiropractic ;JSC) と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 日 本 カイロプラクティック 師 協 会 (JSC) 会 則 発 行 平 成 17 年 3 月 27 日 改 正 平 成 18 年 4 月 6 日 改 正 平 成 19 年 4 月 14 日 改 正 平 成 20 年 4 月 20 日 改 正 平 成 21 年 4 月 18 日 改 正 平 成 22 年 4 月 25 日 改 正 平 成 23 年 4 月 24 日 改 正 平 成 23 年 11 月

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

債務整理事件処理の規律を定める規程

債務整理事件処理の規律を定める規程 多 量 状 況 部 切 勧 誘 並 批 鑑 臨 措 置 勧 誘 遵 守 化 信 確 擁 図 義 語 義 ろ 融 個 総 住 宅 建 設 若 購 住 宅 供 土 地 借 地 得 住 宅 良 貸 分 証 証 償 抵 住 宅 設 総 千 万 円 工 鉱 運 送 種 商 サ ビ ス 属 営 常 従 ロ 商 サ ビ ス 属 営 常 従 渉 昭 百 率 点 ぼ 尽 破 再 調 停 類 随 調 停 率 支 価 質

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 及 び 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 で 共 同 実 施 している 栃

栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 及 び 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 で 共 同 実 施 している 栃 栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 平 成 26 年 6 月 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 60 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 61 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 60 期 会 計 期 間 自 平 成 24 年 12 月 1 日 自

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 60 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 61 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 60 期 会 計 期 間 自 平 成 24 年 12 月 1 日 自 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 東 海 財 務 局 長 提 出 日 平 成 26 年 4 月 10 日 四 半 期 会 計 期 間 第 61 期 第 1 四 半 期 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 2 月 28 日 ) 会 社 名 アスカ 株 式 会 社 英 訳 名 ASKA CORPORATION

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 仕 様 書 1 趣 旨 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 を よ り 効 率 的 効 果 的 に 遂 行 す る た め 業 務 の 一 部 を 委 託 する 2 業 務 委 託 の 内 容 (1) 業 務 名 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 (2) 委 託 期 間 平 成 29 年 2 月 1

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

Microsoft Word - WEB掲載 最終 2012-10-31_JMC アリックス 森氏原稿 後半.docx

Microsoft Word - WEB掲載 最終 2012-10-31_JMC アリックス 森氏原稿 後半.docx 移 転 価 格 における 最 近 の 無 形 資 産 をめぐる 議 論 後 編 アリックスパートナーズ アジア エルエルシー マネージング ディレクター 森 信 夫 日 本 機 械 輸 出 組 合 では 去 る 2012 年 10 月 23 日 に 平 成 24 年 度 第 5 回 国 際 税 務 研 究 会 を 開 催 し アリックスパートナーズ アジア エルエルシー マネージング ディレクター

More information

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード]

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード] 資 料 2 平 成 24 年 度 第 2 回 大 阪 府 建 設 事 業 再 評 価 監 視 委 員 会 H24.6.21 追 加 説 明 資 料 1 泉 佐 野 東 羽 倉 崎 住 宅 2 道 路 事 業 の 費 用 便 益 比 3 大 阪 外 環 状 線 連 続 立 体 交 差 事 業 4 大 阪 和 泉 泉 南 線 5 道 路 事 業 の 都 市 基 盤 整 備 中 期 計 画 の 位 置 付

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

産 事 業 山 林 所 得 )にも 繰 戻 し 還 付 請 求 を 可 能 にするべきである 今 回 の 災 害 では 廃 業 等 により 今 後 の 所 得 が 見 込 めない 人 も 多 く 税 務 上 救 済 されな い 事 態 が 考 えられるため 繰 戻 し 還 付 請 求 の 期 間 も

産 事 業 山 林 所 得 )にも 繰 戻 し 還 付 請 求 を 可 能 にするべきである 今 回 の 災 害 では 廃 業 等 により 今 後 の 所 得 が 見 込 めない 人 も 多 く 税 務 上 救 済 されな い 事 態 が 考 えられるため 繰 戻 し 還 付 請 求 の 期 間 も 近 畿 税 理 士 会 会 長 宮 田 義 見 殿 2012 年 4 月 18 日 近 畿 税 理 士 会 神 戸 支 部 支 部 長 安 原 武 志 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 室 室 長 大 原 利 弘 災 害 税 務 に 関 する 提 言 書 提 言 の 趣 旨 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 で 被 災 された 方 々にお 見 舞 い 申

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金 31,827,208 支 払 手 形 6,

貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金 31,827,208 支 払 手 形 6, 計 算 書 類 第 13 期 平 成 24 年 1 月 1 日 から 平 成 24 年 12 月 31 日 まで 楽 天 カード 株 式 会 社 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

区議会月報 平成19年4-5月

区議会月報 平成19年4-5月 し ぶ や 区 議 月 報 平 成 19 年 4~5 月 499~500 * 目 次 1 4 月 の 議 一 覧 1 2 4 月 の 委 員 活 動 のあらまし 等 (1) 議 運 営 委 員 2 (2) の 議 2 3 5 月 の 議 一 覧 3 4 平 成 19 年 第 1 回 臨 時 のあらまし (1) 概 要 4 (2) 議 決 等 件 数 4 (3) 議 決 等 の 内 容 5 5 5 月

More information

建 築 研 究 本 部 長 挨 拶 4 月 1 日 付 けで 北 総 研 に 異 動 になりました 石 塚 です よろしくお 願 いします 北 総 研 が 旭 川 に 移 転 して 早 12 年 そして 北 海 道 立 総 合 研 究 機 構 の 一 員 と して 新 たな 船 出 をしてから5 年

建 築 研 究 本 部 長 挨 拶 4 月 1 日 付 けで 北 総 研 に 異 動 になりました 石 塚 です よろしくお 願 いします 北 総 研 が 旭 川 に 移 転 して 早 12 年 そして 北 海 道 立 総 合 研 究 機 構 の 一 員 と して 新 たな 船 出 をしてから5 年 北 方 建 築 総 合 研 究 所 NEWS LETTER 北 方 かわらばん Mail Magazine VOL.56 2014/4/24 北 方 かわらばん は 地 方 独 立 行 政 法 人 北 海 道 立 総 合 研 究 機 構 建 築 研 究 本 部 北 方 建 築 総 合 研 究 所 ( 旧 北 海 道 立 北 方 建 築 総 合 研 究 所 )が 発 行 してい るメールマガジンです

More information

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー 新 しい 公 共 支 援 事 業 NPO 新 時 代 を 拓 く 組 織 運 営 の 力 量 アップ 支 援 事 業 1から 学 ぶ NPO 法 人 会 計 基 準 対 応 事 業 報 告 書 & 計 算 書 類 作 成 セミナー( 名 古 屋 会 場 ) 中 尾 さゆり( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ボランタリーネイバーズ 相 談 事 業 部 長 ) 1. NPO 法 改 正 の 概 要

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 4 章 水 位 放 流 方 式 適 用 性 の 検 証 と 改 良 4.1 水 位 放 流 方 式 と VR 方 式 の 必 要 性 第 3 章 で 述 べた WRF による 降 雨 予 測 を 利 用 したダム 洪 水 調 節 手 法 は WRF による 降 雨 予 測 誤 差 のリスク 管 理 が 極 めて 重 要 であり 一 定 の 数 の 洪 水 を 対 象 とした 解 析 を 試 み

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

FP技能士会員登録のご案内_6p_会費のみ修正.indd

FP技能士会員登録のご案内_6p_会費のみ修正.indd 国 家 資 格 1 級 2 級 3 級 ファイナンシャル プランニング 技 能 士 合 格 者 の 皆 様 へ ファイナンシャル プランニング 技 能 士 センター 会 員 登 録 のご 案 内 一 般 社 団 法 人 国 家 資 格 ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 (FP 技 能 検 定 )に 合 格 された 皆 様 へ ファイナンシャル プランニング(FP) 技 能 士 センターが

More information

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者 事 務 連 絡 平 成 25 年 2 月 14 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 ( 以 下 治 験 に 係 る 文 書 等 という )については 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について ( 平 成

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

Microsoft Word - 1122_最終_中国風険消息12月号.docx

Microsoft Word - 1122_最終_中国風険消息12月号.docx No.13-055 中 国 風 険 消 息 < 中 国 関 連 リスク 情 報 >12 月 号 中 国 語 で 風 険 はリスク 消 息 は 情 報 ニュースの 意 味 です 2013.12 中 国 風 険 消 息 < 中 国 関 連 リスク 情 報 > は 中 国 に 拠 点 をお 持 ちの 企 業 の 皆 様 にお 届 けするリスク 情 報 誌 です 中 国 における 種

More information

Microsoft Word - 201210613.docx

Microsoft Word - 201210613.docx 年 月 期 GDP 速 報 (1 次 速 報 )の 概 要 ~ 後 退 局 面 の 早 期 脱 却 の 可 否 を 占 う 世 界 経 済 底 打 ちのタイミング~ 調 査 情 報 担 当 室 竹 田 智 哉 1. 後 退 局 面 入 りしたと 見 られる 我 が 国 経 済 年 月 期 のGDP 成 長 率 (1 次 速 報 値 年 11 月 12 日 公 表 )は 名 実 ともに 0.9%( 年

More information

2

2 1 2 自 転 車 は 免 許 を 持 たずに 誰 でも 乗 れる 便 利 な 乗 り 物 です それゆ え 交 通 ルールを 知 らない あるいは 知 っていても 守 らない 利 用 者 も 多 くいるのが 実 態 です 本 区 では 自 転 車 交 通 量 の 増 加 に 伴 い 自 転 車 利 用 者 のマナー 改 善 や 自 転 車 通 行 空 間 の 整 備 を 求 める 声 も 多 く

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 148 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 149 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 148 期 会 計 期 間 自 平 成 25 年 3 月 1 日

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 148 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 149 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 148 期 会 計 期 間 自 平 成 25 年 3 月 1 日 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 関 東 財 務 局 長 提 出 日 平 成 26 年 7 月 15 日 四 半 期 会 計 期 間 第 149 期 第 1 四 半 期 ( 自 平 成 26 年 3 月 1 日 至 平 成 26 年 5 月 31 日 ) 会 社 名 松 竹 株 式 会 社 英 訳 名 Shochiku

More information

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 平 成 27 年 12 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 名 簿 ( 平 成 27 年 12 月 ) < 委 員 > ( 敬 称 略 五 十 音 順 ) 石 毛

More information

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について 高 速 道 路 の 有 効 活 用 に 関 する 個 人 向 け アンケート 調 査 について 高 速 道 路 は, 平 常 時 は 人 流 物 流 を 支 える 大 動 脈 として, 緊 急 時 は 被 災 地 への 救 援 物 資 の 輸 送 などを 支 える 命 の 道 として, 経 済 の 活 性 化 のみならず, 国 民 の 安 全 安 心 を 守 るインフラであり,その 機 能 を 最

More information

平 成 23 年 度 千 代 田 区 議 会 政 務 調 査 研 究 費 に 関 する 意 見 書 平 成 24 年 10 月 千 代 田 区 議 会 政 務 調 査 研 究 費 交 付 額 等 審 査 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 対 象 年 度 及 び 会 派... 1 (1) 年 度... 1 (2) 会 派... 1 3. 全 体 的 な 使 途 傾 向 について... 2 (1)

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

顧客需要の変動に対してグローバルで需給調整が可能となるクラウドサービス「サプライチェーンプランニングサービスSCPLAN」を提供開始

顧客需要の変動に対してグローバルで需給調整が可能となるクラウドサービス「サプライチェーンプランニングサービスSCPLAN」を提供開始 2012 年 4 月 17 日 株 式 会 社 日 立 製 作 所 顧 客 需 要 の 変 動 に 対 してグローバルで 需 給 調 整 が 可 能 となる クラウドサービス サプライチェーンプランニングサービス SCPLAN を 提 供 開 始 日 立 クラウドソリューション Harmonious Cloud の TWX-21 SaaS 事 業 支 援 サービス 上 で 稼 働 需 給 状 況 把

More information

野村資本市場研究所|新取引システムに移行したロンドン証券取引所 (PDF)

野村資本市場研究所|新取引システムに移行したロンドン証券取引所 (PDF) 電 子 金 融 証 券 取 引 新 取 引 システムに 移 行 したロンドン 証 券 取 引 所 10 月 20 日 ロンドン 証 券 取 引 所 は 新 しい 取 引 システム SETS を 導 入 した 7 月 23 日 に 大 口 取 引 の 出 来 情 報 開 示 について 最 終 決 定 を 行 ったことによって 導 入 に 向 けた 問 題 点 は 全 て 解 決 していた 9 月 6

More information

<91E682548FCD91E6825290DF503236375F323731>

<91E682548FCD91E6825290DF503236375F323731> 第 3 節 市 場 調 査 15 市 場 調 査 の 必 要 性 下 水 汚 泥 の 建 設 資 材 化 は 市 場 調 査 によって 一 般 市 場 での 利 用 の 可 能 性 等 を 的 確 に 把 握 したう えで 事 業 化 することが 必 要 である 下 水 処 理 に 伴 う 汚 泥 は 永 続 的 に 発 生 し 今 後 も 下 水 道 の 普 及 とともに 増 加 していく 近 年

More information

福岡マンション管理基礎セミナー

福岡マンション管理基礎セミナー 福 岡 マンション 管 基 礎 セミナー 管 組 合 と 管 会 社 が 行 う 業 務 と 役 割 課 題 について ~ 管 会 社 上 手 な 使 い 方 ~ 中 島 法 律 事 務 所 弁 護 士 中 島 繁 樹 1.マンション 管 規 約 国 土 交 通 省 作 成 マンション 標 準 管 規 約 第 32 条 管 組 合 業 務 第 33 条 業 務 委 託 ( 業 務 ) 第 32 条

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

インプライド・キャップレートによる不動産取引価格の予測可能性

インプライド・キャップレートによる不動産取引価格の予測可能性 インプライド キャップレートによる 不 動 産 取 引 価 格 の 予 測 可 能 性 REPORT 2011 年 11 月 11 日 投 資 調 査 第 2 部 研 究 員 川 村 康 人 本 稿 は 不 動 産 取 引 価 格 の 動 向 を 代 理 する 指 標 のうち J-REIT 運 用 不 動 産 の 継 続 鑑 定 価 格 や J-REIT のイ ンプライド キャップレートを 取 り

More information

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え 数 学 的 な 見 方 や 考 え 方 を 育 む 数 学 的 活 動 の 工 夫 ~ 資 料 の 活 用 領 域 におけるICT 活 用 を 通 して~ 研 究 のキーワード 統 計 的 な 見 方 や 考 え 方 統 計 ソフト stathist 表 計 算 ソ フト Excel 学 び 合 い 那 覇 市 立 首 里 中 学 校 教 諭 山 里 毅 目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理

More information

記者発表資料

記者発表資料 平 成 27 年 地 価 公 示 の 概 要 地 価 公 示 は 国 土 交 通 省 土 地 鑑 定 委 員 会 が 実 施 した 価 格 判 定 結 果 であり 本 資 料 は その 中 から 愛 媛 県 に 該 当 する 箇 所 を 抽 出 したものである 国 土 交 通 省 土 地 鑑 定 委 員 会 では 全 国 の 都 市 計 画 区 域 等 に 設 定 した 標 準 地 23,380 地

More information

平成25年度 事業報告書

平成25年度 事業報告書 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 平 成 2 6 年 5 月 2 3 日 理 事 会 評 議 員 会 学 校 法 人 八 戸 工 業 大 学 目 次 Ⅰ. 法 人 の 概 要 1. 設 置 する 学 校 学 部 学 科 等 の 概 要 P1 ( 教 職 員 の 概 要 含 む) 2. 役 員 評 議 員 の 概 要 P3 3. 設 置 する 学 校 の 教 育 研 究 等 の 概 要 P4

More information

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造-

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造- 活 力 ある 健 康 長 寿 社 会 の 実 現 - 新 たな 政 策 パッケージの 創 造 - 自 民 党 国 際 保 健 医 療 戦 略 特 命 委 員 会 委 員 長 参 議 院 議 員 武 見 敬 三 これまでの 教 訓 医 療 政 策 は 経 済 政 策 労 働 政 策 社 会 福 祉 政 策 など 包 括 的 な 国 家 運 営 の 中 で 計 画 実 施 される 必 要 がある また

More information

【論文】

【論文】 阪 神 高 速 道 路 におけるWEBベース 事 故 リスク 情 報 提 供 ツールを 活 用 した 安 全 運 転 支 援 阪 高 SAFETYナビ:SAFETY ドライブ スマートチョイス 小 澤 友 記 子 1 兒 玉 崇 2 藪 上 大 輔 3 大 藤 武 彦 4 1 正 会 員 株 式 会 社 交 通 システム 研 究 所 ( 532-0011 大 阪 市 淀 川 区 西 中 島 7-1-20)

More information

会社の規則規程速攻見直し!!

会社の規則規程速攻見直し!! 我 が 社 が ブラック!? 会 社 の 規 則 規 程 速 攻 見 直 し!! < 前 編 >( 前 号 ) 第 1 章 就 業 規 則 の 見 直 しだけで 労 使 トラブルは 防 げるのか 1. 労 使 トラブルを 抱 えた 会 社 の 実 態 2. 就 業 規 則 の 意 味 合 い 3. 就 業 規 則 の 適 正 化 が 労 使 トラブルの 防 止 につながる 4. 実 態 に 即 した

More information

2. 電 子 出 版 権 ( 仮 称 )の 内 容 インターネット 上 で 流 通 する 違 法 電 子 書 籍 の 問 題 については 著 作 権 者 であ る 作 家 個 々 人 で 対 処 することは 事 実 上 不 可 能 である 他 方 出 版 者 は 紙 の 違 法 出 版 物 に 対

2. 電 子 出 版 権 ( 仮 称 )の 内 容 インターネット 上 で 流 通 する 違 法 電 子 書 籍 の 問 題 については 著 作 権 者 であ る 作 家 個 々 人 で 対 処 することは 事 実 上 不 可 能 である 他 方 出 版 者 は 紙 の 違 法 出 版 物 に 対 資 料 3 電 子 書 籍 の 流 通 と 利 用 の 促 進 に 資 する 電 子 出 版 権 の 新 設 を 求 める 2013 年 2 月 19 日 一 般 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 1. 基 本 認 識 デジタル 化 ネットワーク 化 の 流 れのなか 従 来 紙 媒 体 であった 書 籍 や 雑 誌 が 電 子 媒 体 として 配 信 される 時 代 が 本 格

More information

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため 高 速 道 路 制 度 の 再 検 討 髙 橋 達 目 次 1.はじめに 2. 有 料 道 路 制 公 団 方 式 による 高 速 道 路 整 備 の 背 景 3. 償 還 主 義 4. 料 金 プール 制 5.おわりに 1.はじめに 2005 年 10 月 日 本 道 路 公 団 ( 以 下 道 路 公 団 )をはじめとする 道 路 関 係 四 公 団 の 分 割 民 営 化 が 行 われ ( 独

More information

「知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その2)監査結果

「知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その2)監査結果 平 成 28 年 7 月 15 日 問 い 合 わせ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 としてその 使 用 に 要 した 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その2) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉 倉 正 美

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 井 神 議 長 通 告 1 番 7 番 山 本 重 信 議 員 発 言 席 か ら 一 問 一 答 方 式 で 質 問 を お 願 い し ま す 山 本 重 信 議 員 山 本 議 員 7 番 議 席 の 山 本 で す 議 長 の お 許 し を 得 ま し た の で た だ い ま か ら 一 般 質 問 を 2 点 に わ た っ て さ せ て い た だ き ま す 1 点 目 が 岩

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

緩急接続

緩急接続 第 4 章 案 内 緩 急 接 続 の 旅 客 案 内 の 差 異 文 学 部 3 回 生 笹 木 高 史 1. はじめに 本 稿 ではまた 尐 し 違 った 側 面 から 案 内 を 考 えていこうと 思 う ここでは 民 鉄 における 緩 急 接 続 が 利 用 者 にどのように 案 内 されているか まず 関 東 の 大 手 民 鉄 のうち 小 田 急 東 急 西 武 東 京 メトロを 例 にとって

More information

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 平 成 27 年 10 月 22 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 26 年 (ワ) 第 6372 号 不 正 競 争 行 為 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 27 年 8 月 20 日 判 当 事 者 の 表 示 主 決 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 文 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 訴 訟

More information

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした 第 45 期 ( 対 象 期 間 214 年 8 月 1 日 ~215 年 7 月 31 日 ) 発 行 日 :215 年 12 月 1 日 建 設 株 式 会 社 第 三 丸 15 積 改 訂 日 :216 年 3 月 15 日 1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1.

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc 平 成 22 年 3 月 18 日 三 田 市 議 会 議 長 檜 田 充 様 予 算 特 別 委 員 会 委 員 長 厚 地 弘 行 予 算 特 別 委 員 会 審 査 報 告 書 本 委 員 会 は 平 成 22 年 3 月 4 日 に 付 託 された 議 案 を 審 査 の 結 果 下 記 のとおり 決 定 した ので 会 議 規 則 第 77 条 の 規 定 により 報 告 します 記 議

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 説 明 会 用 - 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 - 経 営 力 向 上 計 画 策 定 活 用 の 手 引 き 案 目 次 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 経 営 力 向 上 計 画 の 概 要 (1) 制 度 の 概 要 2 (2) 制 度 利 用 のポイント 2 (3) 中 小 企 業 中 小 企 業 者 等 の 範 囲 3 (4) 制 度 活

More information