J④

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "J④"

Transcription

1 細 則 第 26 号 ペット 飼 育 管 理 細 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 男 山 第 4 住 宅 管 理 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 71 条 ( 細 則 ) の 規 定 により ペット 飼 育 に 関 わる 諸 事 項 を 定 める ( 定 義 ) 第 2 条 この 細 則 における 用 語 の 定 義 は 規 約 第 2 条 ( 定 義 ) 及 び 細 則 第 1 号 ( 総 則 前 文 )に 定 める 他 次 に 掲 げるところによる 一 ペット 等 身 体 障 害 者 補 助 犬 法 に 規 定 する 身 体 障 害 者 補 助 犬 ( 盲 導 犬 介 助 犬 および 聴 導 犬 )を 除 く 犬 ならびに 猫 および 伝 書 鳩 等 の 鳥 類 を いう 二 特 定 動 物 等 ( 東 京 都 動 物 の 保 護 および 管 理 に 関 する 条 例 より 抜 粋 ) ライオン 鷲 ワニ 蛇 その 他 危 険 な 動 物 をいう 三 観 賞 用 動 物 等 かごおよび 水 槽 等 でのみ 飼 育 する 小 鳥 や 観 賞 用 魚 類 をいう ( 飼 育 の 禁 止 ) 第 3 条 ペット 等 および 特 定 動 物 等 の 飼 育 は 男 山 第 4 住 宅 創 立 団 地 総 会 にて 決 議 承 認 された 規 約 に 従 い 専 有 部 分 および 共 用 部 分 の 如 何 を 問 わず 飼 育 を 禁 止 する ( 観 賞 用 動 物 等 の 飼 育 ) 第 4 条 ベランダを 除 く 専 有 部 分 内 で 小 規 模 の 観 賞 用 の 小 鳥 および 金 魚 や 熱 帯 魚 等 の 観 賞 用 動 物 等 は 近 隣 住 戸 に 迷 惑 をかけないことを 前 提 に 飼 育 は 許 される ( 飼 育 の 容 認 ) 第 5 条 理 事 長 は 総 会 の 決 議 においてペット 等 の 飼 育 容 認 が 議 決 された 場 合 には ペット 飼 育 規 則 を 定 め 飼 育 希 望 者 に 細 則 等 の 遵 守 を 誓 約 させ 飼 育 を 許 可 すること ができる 2 飼 育 希 望 者 は ペット 等 飼 育 に 際 し 近 隣 の 区 分 所 有 者 および 占 有 者 に 細 則 等 の 遵 守 を 誓 約 したことを 周 知 し 細 心 の 注 意 をもって 飼 育 し 苦 情 等 が 寄 せられたときは 細 則 等 に 従 い 誠 実 に 対 応 し 解 決 を 図 らなければならない 3 理 事 長 は 飼 育 に 関 しての 苦 情 処 理 は 細 則 等 に 基 づく 仲 立 ち 等 以 外 関 与 すること はできない 4 遵 守 義 務 違 反 者 への 罰 則 は ペット 飼 育 規 則 に 定 める 1

2 ( 飼 育 管 理 規 則 ) 第 6 条 理 事 長 は 飼 育 規 則 の 策 定 に 際 し 現 在 の 飼 育 状 況 や 飼 育 に 関 する 調 査 等 を 速 やかに 実 施 し 結 果 を 基 に 全 員 の 総 意 を 反 映 した 規 則 を 定 めることができる 2 前 項 の 検 討 用 参 考 資 料 として マンション 標 準 管 理 規 約 を 基 に 作 成 した 試 案 を 添 付 する 2

3 試 案 は 以 下 の 構 成 とする 第 1 章 策 定 主 意 第 2 章 管 理 規 則 [ 試 案 ] 試 案 第 1 章 策 定 主 意 平 成 16 年 1 月 に 国 土 交 通 省 かち 発 表 された マンション 標 準 管 理 規 約 及 びマンション 標 準 管 理 規 約 コメント におけるペットに 関 する 考 え 方 は 第 18 条 関 係 のコメント23 で 下 記 のとおり 記 載 されている ( 単 棟 型 複 合 用 途 型 団 地 型 とも 同 文 ) 第 18 条 関 係 1 使 用 細 則 で 定 めることが 考 えられる 事 項 としては 動 物 の 飼 育 やピアノ 等 の 演 奏 に 関 する 事 項 等 専 有 部 分 の 使 用 方 法 に 関 する 規 制 や 駐 車 場 倉 庫 等 の 使 用 方 法 使 用 料 等 敷 地 共 用 部 分 の 使 用 方 法 や 対 価 等 に 関 する 事 項 等 があげられ このうち 専 有 部 分 の 使 用 に 関 するものは その 基 本 的 事 項 は 規 約 で 定 めるべき 事 項 である なお 使 用 細 則 を 定 める 方 法 としては これらの 事 項 を 一 つの 使 用 細 則 として 定 める 方 法 と 事 項 ごとに 個 別 の 細 則 として 定 める 方 法 とがある 2 犬 猫 等 のペットの 飼 育 に 関 しては それを 認 める 認 めない 等 の 規 定 は 規 約 で 定 めるべき 事 項 である 基 本 的 な 事 項 を 規 約 で 定 め 手 続 き 等 の 細 部 の 規 定 を 使 用 細 則 等 に 委 ねることは 可 能 である なお 飼 育 を 認 める 場 合 には 動 物 等 の 種 類 及 び 数 等 の 限 定 管 理 組 合 への 届 出 又 は 登 録 等 による 飼 育 動 物 の 把 握 専 有 部 分 における 飼 育 方 法 並 びに 共 用 部 分 の 利 用 方 法 及 びふん 尿 の 処 理 等 の 飼 育 者 の 守 るべき 事 項 飼 育 に 起 因 する 被 害 等 に 対 する 責 任 違 反 者 に 対 する 措 置 等 の 規 定 を 定 める 必 要 がある 3 ペット 飼 育 を 禁 止 する 場 合 容 認 する 場 合 の 規 約 の 例 は 次 のとおりである ペットの 飼 育 を 禁 止 する 場 合 (ペット 飼 育 の 禁 止 ) 第 1 条 区 分 所 有 者 及 び 占 有 者 は 専 有 部 分 共 用 部 分 の 如 何 を 問 わず 犬 猫 等 の 動 物 を 飼 育 してはならない ただし 専 ら 専 有 部 分 内 で かつ かご 水 槽 等 内 のみで 飼 育 する 小 鳥 観 賞 用 魚 類 ( 金 魚 熱 帯 魚 等 ) 等 を 使 用 細 則 に 定 める 飼 育 方 法 により 飼 育 する 場 合 及 び 身 体 障 害 者 補 助 犬 法 に 規 定 する 身 体 障 害 者 補 助 犬 ( 盲 導 犬 介 助 犬 及 び 聴 導 犬 )を 使 用 する 場 合 は この 限 りではない 3

4 ペットの 飼 育 を 容 認 する 場 合 (ペットの 飼 育 ) 第 1 条 ペット 飼 育 を 希 望 する 区 分 所 有 者 及 び 占 有 者 は 使 用 細 則 及 びペット 飼 育 に 関 する 細 則 を 遵 守 しなければならない ただし 他 の 区 分 所 有 者 又 は 占 有 者 か らの 苦 情 の 申 し 出 があり 改 善 勧 告 に 従 わない 場 合 には 理 事 会 は 飼 育 禁 止 を 含 む 措 置 をとることができる ペット 飼 育 細 則 は 管 理 規 約 に 基 づいて 規 定 することとなる ここでは ペット 飼 育 細 則 で 具 体 的 に 定 めるべき 事 項 について 記 載 する なお ペットを 巡 る 具 体 のトラブル 事 例 の 多 くは ペット 飼 育 が 管 理 規 約 で 禁 止 されているにもかかわらず ペットを 飼 育 している 区 分 所 有 者 等 が 存 在 すること から 発 生 しているのが 現 状 である この 解 決 策 の 一 つとして 現 在 飼 育 している ペットについてのみ 一 代 限 りで 認 め その 後 は 禁 止 するという 方 法 が 考 えられる この 場 合 には ペットを 特 定 するために 写 真 等 で 確 認 する 方 法 をとる 必 要 があ る 記 1. 動 物 の 種 類 飼 育 することができる 動 物 の 種 類 を 規 定 する 場 合 は (1) 犬 猫 等 種 類 を 特 定 する 場 合 (2) 種 類 を 特 定 せず 設 定 する 条 件 を 充 たす 動 物 のみ 許 可 する 場 合 の2つの 方 法 が 考 えられる (1)の 場 合 動 物 を 特 定 するだけでなく 成 長 時 の 体 長 を 制 限 する 規 定 を 設 けるこ とが 考 えられる (2)の 場 合 飼 育 できる 動 物 の 条 件 として 1 成 長 時 の 体 長 がマンションでの 飼 育 に 適 さない 大 きさでないこと 2 過 去 に 人 の 身 体 に 危 害 を 加 えたことのないこと 3 人 に 伝 染 するおそれのある 有 害 な 病 原 体 に 汚 染 されていないこと 4 毒 を 有 する 動 物 でないこと 5 各 地 方 自 治 体 の 動 物 飼 育 に 関 する 条 例 で 定 めている{ 特 定 動 物 でないこと 等 の 規 定 を 設 けることが 考 えられる 2. 動 物 の 数 飼 育 することができる 動 物 の 数 は そのマンションの 状 況 等 により 異 なるので 各 管 理 組 合 で 住 戸 1 個 につき 飼 育 できる 数 を 決 定 し 規 定 する 必 要 がある なお 多 頭 数 の 飼 育 はトラブルの 原 因 になりやすいので 配 慮 が 必 要 である 3. 飼 育 動 物 の 例 外 4

5 (1) 観 賞 用 魚 類 及 び 小 鳥 については 他 の 居 住 者 の 住 環 境 への 影 響 が 少 ないので 飼 育 動 物 の 規 制 の 例 外 として 申 請 や 届 出 等 を 必 要 とせずに 飼 育 を 認 める 規 定 を 設 ける 例 が 多 い なお 小 鳥 については 数 を 限 定 してトラブルを 未 然 に 防 止 する 必 要 がある (2) 身 体 障 害 者 補 助 犬 は 身 体 に 障 害 のある 人 のための 生 活 介 護 手 段 として 重 要 で あることから 飼 育 の 規 制 から 除 外 する 規 定 を 設 ける 必 要 がある なお 身 体 障 害 者 補 助 犬 であるかどうかは 使 用 者 証 等 で 確 認 することがで きる 4. ペットクラブ( 動 物 飼 育 者 組 織 )について 動 物 を 飼 育 する 住 民 が 必 ず 加 入 しなければならない 組 織 として ペットクラブ を 置 く 規 定 を 設 け 動 物 飼 育 に 関 する 諸 問 題 解 決 のために 活 用 することが 考 えられる ペットクラブ の 管 理 組 合 内 部 での 位 置 付 けについては 各 管 理 組 合 において 検 討 を 要 する 事 項 である ペットクラブ の 組 織 運 営 等 は 管 理 組 合 に 準 じることとなろう 具 体 には ペ ットクラブ 会 則 を 制 定 する 必 要 がある 5. 飼 育 の 開 始 と 終 了 ペット 飼 育 開 始 時 に 理 事 長 に 申 請 する 方 式 や 単 に 理 事 長 に 届 け 出 るだけの 方 式 が 考 えられる 飼 育 を 終 了 した 場 合 には 理 事 長 に 届 出 をさせる 規 定 を 設 けることが 考 えられる 飼 育 終 了 の 原 因 が 飼 育 動 物 の 死 亡 である 場 合 には その 死 体 の 適 切 な 処 置 をする 旨 の 規 定 を 設 ける 必 要 がある 具 体 的 に 記 載 するとすれば 動 物 霊 園 清 掃 事 務 所 市 町 村 の 清 掃 課 への 依 頼 となろう 6. 飼 育 の 明 示 他 の 居 住 者 に 動 物 を 飼 育 していることを 知 らしめると 同 時 に 飼 育 者 本 入 の 飼 育 に 関 しての 自 覚 を 促 すために 動 物 飼 育 をしている 標 識 を 玄 関 に 貼 付 することを 義 務 付 け る 旨 の 規 定 を 設 ける 必 要 がある 7. 飼 育 動 物 の 同 一 性 確 認 飼 育 動 物 が 管 理 組 合 の 許 可 を 得 たもの 届 け 出 たものとの 同 一 性 を 確 認 するために 年 に 一 度 写 真 を 提 出 させる 旨 の 規 定 を 設 ける 必 要 がある 8. 飼 育 動 物 の 健 康 診 断 マンションの 衛 生 環 境 を 維 持 するため 飼 育 動 物 に 定 期 的 に 健 康 診 断 を 受 診 させる 5

6 規 定 を 設 ける 特 に 飼 育 動 物 が 犬 の 場 合 には 狂 犬 病 予 防 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 247 号 ) 第 4 条 で 定 められた 登 録 及 び 第 5 条 で 定 められた 予 防 注 射 を 義 務 付 ける 規 定 を 設 ける 必 要 がある 動 物 が 伝 染 病 に 感 染 している 場 合 には 治 癒 するまで 獣 医 師 等 に 預 けて 隔 離 する 必 要 がある 9. 飼 育 者 の 遵 守 義 務 マンションが 共 同 住 宅 であるという 特 性 から 他 の 居 住 者 の 迷 惑 とならないような 飼 育 方 法 を 動 物 飼 育 者 に 遵 守 させる 必 要 がある そのために 次 のような 具 体 的 事 項 を 規 定 することが 考 えられる (1) 飼 育 は 専 有 部 分 で 行 うこと (2)バルコニー 等 で 給 餌 排 尿 排 便 ブラッシング 等 は 行 わないこと (3) 身 体 障 害 者 補 助 犬 を 除 き 廊 下 等 の 共 用 部 分 では 抱 きかかえるかケージに 入 れて 運 ぶこと (4) 共 用 庭 等 の 敷 地 では 遊 ばせる 等 の 行 為 をさせないこと (5) 運 動 不 足 による 無 駄 吠 え 発 清 期 における 鳴 き 声 等 は 注 意 すること 上 記 以 外 に 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 及 び それに 基 づく 家 庭 動 物 等 の 飼 養 及 び 保 管 に 関 する 基 準 ( 平 成 14 年 環 境 省 告 示 第 37 号 )による 動 物 虐 待 禁 止 に 言 及 することが 考 えられる 10. 損 害 賠 償 責 任 動 物 の 飼 育 によって 発 生 した 損 害 については 飼 育 者 が 全 責 任 を 負 うという 旨 の 規 定 を 設 けて 責 任 を 明 確 化 する 必 要 がある また ペットクラブ を 組 織 する 場 合 には ペットクラブ の 全 会 員 が 連 帯 責 任 を 負 う 規 定 を 設 けることも 考 えられる 11. 理 事 長 の 勧 告 指 示 等 動 物 の 飼 育 が 不 適 切 に 行 われ 他 の 居 住 者 に 迷 惑 を 及 ぼしている 場 合 には 理 事 長 が 勧 告 指 示 等 の 処 置 をすることができる 旨 の 規 定 を 設 ける 必 要 がある ( 標 準 規 約 コ メント 第 18 条 関 係 3) 12. 飼 育 の 禁 止 動 物 の 飼 育 が 不 適 切 に 行 われ 理 事 長 の 勧 告 及 び 据 示 等 に 従 わない 場 合 に 対 処 するた め 理 事 長 は 動 物 の 飼 育 を 禁 止 できる 旨 の 規 定 を 設 ける 必 要 がある また この 飼 育 禁 止 の 指 示 を 受 けて 飼 育 者 は 新 たな 飼 主 を 探 す 等 適 切 な 措 置 をと らなければならない 旨 の 規 定 を 設 ける 必 要 がある 6

7 飼 育 禁 止 の 指 示 を 受 けた 飼 育 者 は 以 後 動 物 の 飼 育 はできない 旨 の 規 定 を 設 けること も 考 えられる 第 2 章 ペット 飼 育 規 則 [ 試 案 ] ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 男 山 第 4 住 宅 管 理 組 合 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 3 条 に 基 づき 円 滑 な 共 同 生 活 を 維 持 するため 男 山 第 4 住 宅 における 動 物 等 の 飼 育 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 定 義 ) 第 2 条 この 細 則 における 用 語 の 定 義 は 規 約 第 2 条 ( 定 義 ) 及 び 細 則 第 1 号 ( 総 則 前 文 )に 定 める 他 次 に 掲 げるところによる 一 ペット 身 体 障 害 者 補 助 犬 法 に 規 定 する 身 体 障 害 者 補 助 犬 ( 盲 導 犬 介 助 犬 および 聴 導 犬 )を 除 く 犬 ならびに 猫 および 伝 書 鳩 等 の 鳥 類 を いう 二 特 定 動 物 等 ( 東 京 都 動 物 の 保 護 および 管 理 に 関 する 条 例 より 抜 粋 ) ライオン 鷲 ワニ 蛇 その 他 危 険 な 動 物 をいう 三 観 賞 用 動 物 等 かごおよび 水 槽 等 でのみ 飼 育 する 小 鳥 や 観 賞 用 魚 類 をいう ( 使 用 細 則 の 効 力 及 び 遵 守 義 務 ) 第 2 条 この 細 則 は 区 分 所 有 者 の 包 括 承 継 人 及 び 特 定 承 継 人 に 対 しても その 効 力 を 有 する 2 占 有 者 は 区 分 所 有 者 がこの 細 則 に 基 づいて 負 う 義 務 と 同 一 の 義 務 を 負 うもの とし 同 居 する 者 に 対 してこの 細 則 に 定 める 事 項 を 遵 守 させなければならない ( 飼 育 を 認 められる 動 物 ) 第 3 条 この 細 則 で 飼 育 を 認 められる 動 物 は 一 の 専 有 部 分 につき 1 頭 羽 を 限 度 とする ただし 小 鳥 (2 羽 以 内 ) 及 び 観 賞 用 魚 類 はこの 限 りでない ( 承 認 申 請 の 方 式 ) 第 5 条 動 物 の 飼 育 を 希 望 する 者 は 申 請 書 を 理 事 長 に 提 出 しなければならない ただし 小 鳥 (2 羽 以 内 ) 及 び 観 賞 用 魚 類 はこの 限 りでない 2 前 項 の 申 請 書 の 様 式 は 別 記 様 式 第 1に 掲 げるとおりとし 法 令 規 約 及 びこの 細 7

8 則 を 遵 守 することを 証 するため 申 請 者 がこれに 記 名 押 印 しなければならない ( 様 式 の 作 成 要 ) ( 申 請 書 の 添 付 書 類 ) 第 6 条 申 請 書 には 誓 約 書 を 添 付 しなければならない ただし 身 体 障 害 者 補 助 犬 は この 限 りでない 2 前 項 の 誓 約 書 の 様 式 は 別 記 様 式 第 2に 掲 げるとおりとする ( 様 式 作 成 要 ) 3 身 体 障 害 者 補 助 犬 の 飼 育 を 申 請 する 場 合 申 請 者 は 使 用 者 証 の 写 しを 添 付 しな ければならない ( 承 認 申 請 の 承 認 又 は 不 承 認 の 審 査 ) 第 7 条 理 事 長 は 申 請 書 を 受 け 取 ったときは 遅 滞 なく 理 事 会 の 決 議 を 経 て 承 認 または 不 承 認 の 決 定 をしなければならない この 場 合 において 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 の 一 に 該 当 する 動 物 であるときは 理 事 長 は 承 認 してはならない 一 成 長 時 の 体 長 ( 哺 乳 類 の 場 合 は 胸 骨 端 から 座 骨 端 まで)が cm 以 上 であ る 動 物 二 特 定 動 物 三 人 の 身 体 に 危 害 を 加 えたことのある 動 物 四 人 に 伝 染 するおそれのある 有 害 な 病 原 体 に 汚 染 されている 動 物 五 毒 を 有 する 動 物 六 他 の 居 住 者 に 不 快 感 を 与 えさせる 動 物 2 前 項 にかかわらず 理 事 長 は 身 体 障 害 者 補 助 犬 の 飼 育 についての 申 請 書 を 受 け 取 っ たときには 無 条 件 で 承 認 しなければならない ( 承 認 又 は 不 承 認 の 通 知 ) 第 8 条 理 事 長 は 承 認 又 は 不 承 認 を 決 定 した 場 合 には 遅 滞 なく ペット 飼 育 承 認 不 承 認 通 知 書 を 申 請 者 に 送 付 するものとする 2 前 項 の 通 知 書 の 様 式 は 別 記 様 式 第 に 掲 げるとおりとする ( 資 料 の 提 出 ) 第 9 条 飼 育 が 承 認 された 場 合 申 請 者 は 毎 年 一 定 の 時 期 にその 動 物 の 最 新 の 状 況 の 写 真 を 理 事 長 に 提 出 しなければならない 2 飼 育 を 承 認 された 動 物 が 犬 の 場 合 には 申 請 者 は 毎 年 狂 犬 病 予 防 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 247 号 ) 第 4 条 で 定 められた 登 録 及 び 第 5 条 で 定 められた 予 防 注 射 が 確 実 に 行 われていることを 証 明 する 書 類 を 理 事 長 に 提 出 しなければならない 8

9 ( 飼 育 の 明 示 ) 第 10 条 動 物 を 飼 育 する 者 ( 以 下 飼 育 者 という )は 別 に 管 理 組 合 が 発 行 する 標 識 を 玄 関 に 貼 付 し 動 物 を 飼 育 していることを 明 示 しなければならない ( 健 康 診 断 等 ) 第 11 条 飼 育 者 は 動 物 に 獣 医 師 による 健 康 診 断 を 年 1 回 以 上 受 けさせなければなら ない 2 理 事 長 は 必 要 に 応 じ 前 項 の 健 康 診 断 の 結 果 について 文 書 で 報 告 を 求 めることが できる 3 健 康 診 断 の 結 果 入 又 は 他 の 動 物 に 感 染 する 恐 れのある 病 気 が 発 見 されたとき 飼 育 者 は 伝 染 の 恐 れがなくなるまで 獣 医 師 等 に 預 ける 等 適 切 な 措 置 をとらなけ ればならない ( 遵 守 事 項 第 12 条 飼 育 者 は 他 の 居 住 者 の 迷 惑 となる 行 為 をさせないよう 動 物 を 適 正 に 管 理 するために 次 の 各 号 を 遵 守 しなければならない 一 飼 育 は 専 有 部 分 で 行 うこと ニ ベランダ 等 で 給 餌 排 尿 排 便 ブラッシング 抜 け 毛 の 処 理 をしないこと 三 身 体 障 害 者 補 助 犬 を 除 き 廊 下 等 の 共 用 部 分 等 では 必 ず 動 物 を 抱 きかかえ るかケージに 入 れて 運 ぶこと 四 共 用 庭 等 の 敷 地 で 動 物 を 遊 ばせる 等 の 行 為 をさせないこと 五 動 物 の 習 性 を 理 解 し 運 動 不 足 による 無 駄 吠 え 発 情 期 における 鳴 き 声 等 に 注 意 すること ( 飼 育 動 物 の 虐 待 防 止 ) 第 13 条 飼 育 者 は 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 上 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 及 び 家 庭 動 物 等 の 飼 養 及 び 保 管 に 関 する 基 準 ( 平 成 14 年 環 境 省 告 示 第 3 7 号 )に 基 づき 飼 育 動 物 を 虐 待 してはならない ( 飼 育 による 損 害 賠 償 責 任 ) 第 14 条 飼 育 動 物 による 汚 損 破 損 傷 害 等 が 発 生 した 場 合 には 理 由 のいかんを 問 わず 飼 育 者 が 全 責 任 を 負 わなければならない ( 理 事 長 の 勧 告 及 び 指 示 等 ) 第 15 条 飼 育 者 が この 細 則 に 違 反 した 場 合 理 事 長 は その 是 正 等 のため 必 要 な 9

10 勧 告 又 は 指 示 若 しくは 警 告 を 行 うことができる ( 飼 育 の 禁 止 ) 第 16 条 飼 育 者 が 前 条 の 勧 告 及 び 指 示 等 に 従 わない 場 合 理 事 長 はその 動 物 の 飼 育 を 禁 止 することができる 2 動 物 の 飼 育 を 禁 止 された 者 ( 以 下 飼 育 禁 止 者 という )は 新 たな 飼 い 主 を 探 す 等 速 やかに 適 切 な 措 置 をとらなければならない 3 飼 育 禁 止 者 は 再 度 動 物 を 飼 育 してはならない ( 飼 育 終 了 の 届 出 ). 第 17 条 死 亡 譲 り 渡 し 等 により 動 物 の 飼 育 が 終 了 したとき 飼 育 者 は 理 事 長 に 飼 育 終 了 の 届 出 をしなければならない 2 前 項 の 届 出 書 の 様 式 は 別 記 様 式 第 に 掲 げるとおりとする ( 動 物 が 死 亡 した 場 合 の 処 理 ) 第 18 条 動 物 が 死 亡 した 場 合 飼 育 者 は 動 物 霊 園 に 葬 る 等 その 死 体 を 適 切 に 処 理 し なければならない 10

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63> 広 島 県 動 物 愛 護 センター 犬 猫 譲 渡 要 領 第 1 趣 旨 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 第 35 条 及 び 広 島 県 動 物 愛 護 管 理 条 例 ( 昭 和 55 年 条 例 第 2 号 ) 第 11 条 及 び 犬 及 び 猫 の 引 取 り 並 びに 負 傷 動 物 等 の 収 容 に 関

More information

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後)

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 27 年 3 月 13 日 規 則 第 4 号 ) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 改 正 平 成 二 七 年 一 二 月 四 日 規 則 第 七 一 号 平 成 二 十 七 年 三 月 十 三 日 規 則 第 四 号 千 葉 県 動 物 の 愛 護

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63> 賃 貸 借 契 約 書 貸 主 ( 以 下 甲 という )と 借 主 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 ( 以 下 乙 という )と 入 居 者 ( 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 者 のうち 本 契 約 により 入 居 する 者 以 下 丙 という )とは 別 紙 の(1)に 記 載 する 賃 貸 借 契 約 の 目 的 物 ( 以 下 本 物 件 という )について 居 住

More information

(Microsoft Word - ROKU\227\230\227p\227v\215j.docx)

(Microsoft Word - ROKU\227\230\227p\227v\215j.docx) ボートレース 鳴 門 特 別 観 覧 施 設 ROKU 利 用 要 綱 平 成 28 年 4 月 鳴 門 市 企 業 局 1 ( 本 要 綱 の 範 囲 および 変 更 等 ) 第 1 条 本 要 綱 は ボートレース 鳴 門 特 別 観 覧 施 設 ROKU ( 以 下 RO KU といいます )を 利 用 する 際 の 鳴 門 市 企 業 局 長 ( 以 下 施 設 管 理 者 といいます )とROKU

More information

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数 山 梨 県 動 物 愛 護 管 理 推 進 計 画 ( 素 案 ) 平 成 26 年 月 山 梨 県 平 成 20 年 3 月 策 定 平 成 26 年 月 改 正 も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表)

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表) 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 活 動 細 則 ( 目 的 ) 第 1 この 細 則 は 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 対 策 要 領 ( 以 下 救 護 対 策 要 領 と いう )に 基 づき 被 災 した 動 物 の 救 護 活 動 を 円 滑 に 行 うための 具 体 的 な 対 応 につい て 定 める ( 対 象 動 物 ) 第 2 救

More information

<5461726F2D824F8255817C8BDF8D5D94AA94A68E7381402E6A7464>

<5461726F2D824F8255817C8BDF8D5D94AA94A68E7381402E6A7464> この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところによる (1) 開 発 行 為 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 12 項 に 規 定 する 開 発 行 為 をいう (2) 建 築 行 為 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 2

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は マンションの 管 理 又 は 使 用 に 関 する 事 項 等 について 定 めることにより 区 分 所 有 者 の 共 同 の 利 益 を 増 進 し 良 好 な 住 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 外 部 の 専

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は マンションの 管 理 又 は 使 用 に 関 する 事 項 等 について 定 めることにより 区 分 所 有 者 の 共 同 の 利 益 を 増 進 し 良 好 な 住 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 外 部 の 専 マンション 標 準 管 理 規 約 ( 単 棟 型 ) 及 び 同 コメントの 改 正 案 規 約 改 正 ( 見 え 消 し) コメント 改 正 ( 見 え 消 し) 全 般 関 係 1 マンションが 重 要 な 居 住 形 態 となっている 中 で マンションの 快 適 な 居 住 環 境 を 確 保 するため 区 分 所 有 者 は 具 体 的 な 住 まい 方 のルールを 定 めてお くことが

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

<5461726F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF>

<5461726F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF> 第 一 種 動 物 取 扱 業 の 遵 守 事 項 動 動 物 物 の 健 の 康 愛 及 護 及 び 安 び 全 管 を 理 保 に 持 関 するとともに 法 律 により 生 活 環 第 境 一 の 種 保 動 全 物 等 取 を 扱 図 業 るため 者 は 基 準 等 を 守 って 適 正 に 営 業 するよう 義 務 づけられています ( 表 犬 細 記 環 猫 目 境 等 ) 販 省 売 令

More information

札 幌 市 動 物 愛 護 のあり 方 の 検 討 について 構 成 イメージ 資 料 2 目 標 : 人 と 動 物 が 共 生 する 社 会 の 実 現 1 動 物 愛 護 精 神 の 涵 養 2 動 物 の 管 理 体 制 の 整 備 3 動 物 の 福 祉 向 上 課 題 と 要 望 ( 背

札 幌 市 動 物 愛 護 のあり 方 の 検 討 について 構 成 イメージ 資 料 2 目 標 : 人 と 動 物 が 共 生 する 社 会 の 実 現 1 動 物 愛 護 精 神 の 涵 養 2 動 物 の 管 理 体 制 の 整 備 3 動 物 の 福 祉 向 上 課 題 と 要 望 ( 背 札 幌 市 動 物 管 理 センターの 名 称 とその 体 制 資 料 1 札 幌 市 動 物 管 理 センターの 名 称 とその 体 制 について (1) 体 制 について [ 第 2 回 会 議 の 内 容 ] 現 在 の 施 設 は 研 修 室 などの 設 備 が 不 足 している 現 在 の 2 所 体 制 を 1 所 体 制 にしてほしい 開 かれたセンターがよい 犬 猫 の 命 のバトンを

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

2 職 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

2 職 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 の 給 与 定 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 平 成 24 年 度 末 ) A 平 成 24 年 度 144,543 42,978,315 実 質 収 支 2,354,861 件 費 B 6,317,67 件 費 率 B/A 14.7 ( 参 考 ) 平 成 23 年 度 の 件 費 率 13.8

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 年 度 末 ) A 千 239,272 62,594,887 実 質 収 支 千 2,514,423 件 費 B 千 12,997,986 件 費 率 B/A % 20.8 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました

動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 が 改 正 されました 動 物 取 扱 業 者 編 第 一 種 動 物 取 扱 業 者 の 義 務 犬 猫 等 販 売 業 者 の 義 務 犬 猫 等 健 康 安 全 計 画 第 二 種 動 物 取 扱 業 の 届 出 Pick UP Pick UP 幼 齢 動 物 の 販 売 規 制 現 物 確 認 対 面 説 明 の 義 務 化 人 と

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

主 催 者 は 以 下 の 各 号 の 一 に 該 当 する 者 に 対 し 入 場 券 の 販 売 をしない また その 者 が 当 該 事 由 にかかわらず 自 ら 又 は 第 三 者 を 通 じ 入 場 券 を 取 得 した 場 合 主 催 者 はその 者 に 対 し 第 6 条 に 基 づき

主 催 者 は 以 下 の 各 号 の 一 に 該 当 する 者 に 対 し 入 場 券 の 販 売 をしない また その 者 が 当 該 事 由 にかかわらず 自 ら 又 は 第 三 者 を 通 じ 入 場 券 を 取 得 した 場 合 主 催 者 はその 者 に 対 し 第 6 条 に 基 づき 試 合 観 戦 契 約 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 本 約 款 は 試 合 の 観 客 の 観 戦 に 関 する 事 項 を 定 め もって 円 滑 な 試 合 進 行 と 観 客 の 安 全 かつ 平 穏 な 試 合 観 戦 を 確 保 することを 目 的 とする (2 項 ) 本 約 款 において 以 下 の 用 語 の 意 義 は 特 に 文 脈 上 他 の 意 義

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 東 川 美 術 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 指 定 管 理 者 制 度 は 市 が 指 定 する 民 間 事 業 者 等 に 施 設 の 管 理 運 営 業 務 を 代 行 していた だく 制 度 で 民 間 事 業 者 が 有 する 発 想 やノウハウを 活 用 し サービスの 向 上 と 管 理 運 営 経 費 の 縮 減 を 図 るものです

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行)

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行) 凍 り 豆 腐 製 造 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 及 び 凍 り 豆 腐 の 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 と 施 行 規 則 規 約 施 行 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という ) は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 ) 第 31

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

銚子市斎場

銚子市斎場 銚 子 市 斎 場 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 25 年 7 月 銚 子 市 目 次 1 趣 旨 2 2 対 象 施 設 の 概 要 2 3 火 葬 状 況 2 4 斎 場 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 5 施 設 の 管 理 基 準 3 6 危 機 管 理 体 制 3 7 個 人 情 報 の 保 護 と 情 報 公 開 3 8 指 定 管 理 者 が 行 う 業

More information

記 載 要 領 1.シートの 選 択 方 法 選 択 項 目 が の 場 合 は 該 当 項 目 1 つを 選 択 し をつけてください ( 複 数 回 答 不 可 ) 選 択 項 目 が の 場 合 は 複 数 選 択 が 可 能 ですので 該 当 する 項 目 すべてに をつけてください 例 の

記 載 要 領 1.シートの 選 択 方 法 選 択 項 目 が の 場 合 は 該 当 項 目 1 つを 選 択 し をつけてください ( 複 数 回 答 不 可 ) 選 択 項 目 が の 場 合 は 複 数 選 択 が 可 能 ですので 該 当 する 項 目 すべてに をつけてください 例 の ( 財 マンション 管 理 センター 記 入 欄 マンション 名 申 込 受 付 番 号 登 録 番 号 マンションみらいネット マンション 履 歴 システム 新 築 マンション 情 報 登 録 シート 単 棟 このシートは 単 棟 型 ( 住 居 以 外 の 用 途 が 含 まれている 場 合 で 一 部 共 用 部 分 がないマンションを 含 む ) 専 用 です 単 棟 型 で 複 合 用 途

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208EB8947382B582C882A2837D83938356838783938AC7979D303632368DC58F492E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208EB8947382B582C882A2837D83938356838783938AC7979D303632368DC58F492E70707478> 失 敗 しないマンション 管 理 ~トラブル 事 例 を 参 考 に~ 講 師 : 福 岡 マンション 問 題 研 究 会 弁 護 士 碇 啓 太 (いかり けいた) 1 講 師 自 己 紹 介 弁 護 士 碇 啓 太 (いかり けいた) 福 岡 県 弁 護 士 会 所 属 松 坂 法 律 事 務 所 810 0042 福 岡 市 中 央 区 赤 坂 1 丁 目 12 番 15 号 読 売 福 岡

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

Microsoft Word - 07.doc

Microsoft Word - 07.doc 説 明 及 び 交 付 日 年 月 日 契 約 締 結 予 定 日 年 月 日 取 引 予 定 日 年 月 日 重 要 事 項 説 明 書 ( 区 分 所 有 建 物 ) 売 主 様 買 主 様 マンション 名 公 益 社 団 法 人 京 都 府 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 重 要 事 項 説 明 連 帯 責 任 証 明 書 ( 注 : 説 明 義 務 者 が 複 数 存 在 する 場 合

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

<4D F736F F D20837D A815B92CA8BCE8AC7979D8B4B92F E1816A312E646F63>

<4D F736F F D20837D A815B92CA8BCE8AC7979D8B4B92F E1816A312E646F63> マイカー 通 勤 管 理 規 程 < 内 容 > マイカー 通 勤 管 理 規 程 マイカー 管 理 台 帳 マイカー 通 勤 許 可 申 請 書 事 故 発 生 記 録 簿 マイカー 業 務 上 使 用 許 可 申 請 書 通 勤 用 マイカー 駐 車 場 使 用 要 領 社 員 の 届 出 書 類 マイカー 業 務 使 用 申 請 書 マイカー 通 勤 申 請 書 誓 約 書 マイカー 通 勤

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

千代田区

千代田区 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 に 関 する 指 導 要 綱 良 好 な 近 隣 関 係 及 び 地 域 の 健 全 な 生 活 環 境 の 保 持 向 上 のために 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 を 建 築 される 方 へ 千 代 田 区 は 多 様 な 人 々が 住 み 働 き 集 う 心 豊 かなまち 千 代 田 の 実 現 をめざして 景 観 まちづくりを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837083758352838192F18F6F97708E868C9395F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837083758352838192F18F6F97708E868C9395F18D908F912E646F63> 岐 阜 市 健 康 福 祉 部 生 活 衛 生 課 ご 担 当 者 様 ( 仮 称 ) 岐 阜 市 人 と 動 物 の 共 生 社 会 の 推 進 に 関 する 条 例 骨 子 案 に 対 するパブリックコメント 勉 強 会 報 告 書 兼 意 見 提 出 用 紙 勉 強 会 意 見 とりまとめ 意 見 提 出 代 表 者 NPO 法 人 人 と 動 物 の 共 生 センター 理 事 長 奥 田 順

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件 イ 理 化 学 細 菌 学 的 検 査 等 1 理 容 所 美 容 所 暖 房 期 及 び 冷 房 期 における 作 業 所 内 の 空 気 検 査 ( 一 酸 化 炭 素 二 酸 化 炭 素 )を 実 施 し 換 気 方 法 について 改 善 指 導 し 事 故 防 止 に 努 めている 2 テトラクロロエチレン 使 用 クリーニング 所 ドライ 溶 剤 の 安 全 な 取 り 扱 いのため テトラクロロエチレン

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

平成16年11月29日

平成16年11月29日 試 合 観 戦 契 約 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 本 約 款 は 株 式 会 社 横 浜 DeNAベイスターズ( 以 下 当 球 団 という) 及 び 当 球 団 から 試 合 に 関 する 興 行 の 許 諾 を 受 けた 者 ( 以 下 当 球 団 とあわせ て 主 催 者 という )の 主 催 する 試 合 の 観 客 の 観 戦 に 関 する 事 項 を 定 め

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

Microsoft Word - 計画本編.doc

Microsoft Word - 計画本編.doc III. 安 全 安 心 な 生 活 環 境 の 確 保 63 安 全 安 心 な 生 活 環 境 の 確 保 1 健 康 危 機 管 理 体 制 の 推 進 現 況 と 課 題 危 機 レベル 別 組 織 体 制 食 中 毒 感 染 症 飲 料 水 薬 品 災 害 テロ 武 力 攻 撃 その 他 何 らかの 原 因 により 生 命 と 健 康 の 安 全 を 脅 かす 事 態 を 健 康 危 機

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 ( 主 席 令 第 22 号 ) 中 華 人 民 共 和 国 主 席 令 第 22 号 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 は 中 華 人 民 共 和 国 第 12 期 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 第 14 回 会 議 にて 201

中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 ( 主 席 令 第 22 号 ) 中 華 人 民 共 和 国 主 席 令 第 22 号 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 は 中 華 人 民 共 和 国 第 12 期 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 第 14 回 会 議 にて 201 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 2015 年 4 月 24 日 公 付 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 事 務 所 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した 情 報 などの

More information

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 2007 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき, 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

泡盛の表示に関する公正競争規約・施行規則

泡盛の表示に関する公正競争規約・施行規則 泡 盛 の 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 施 行 規 則 規 約 施 行 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 とい う )は 泡 盛 の 取 引 について 行 う 表 示 に 関 する 事 項 に 定 めることにより 不 当 な 顧 客 の 誘 引 を 防 止 し 一 般 消 費 者 による 自 主 的 かつ 合 理 的 な 選 択

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

(3) 登 録 後 において 市 が 指 定 する 研 修 会 等 に 構 成 員 を 参 加 させる 意 思 があり 動 物 の 適 正 な 飼 養 及 び 愛 護 の 推 進 について 自 己 啓 発 に 努 める 団 体 (4) 手 術 の 費 用 負 担 等 の 責 任 を 自 ら 負 うこ

(3) 登 録 後 において 市 が 指 定 する 研 修 会 等 に 構 成 員 を 参 加 させる 意 思 があり 動 物 の 適 正 な 飼 養 及 び 愛 護 の 推 進 について 自 己 啓 発 に 努 める 団 体 (4) 手 術 の 費 用 負 担 等 の 責 任 を 自 ら 負 うこ 飼 い 猫 等 避 妊 去 勢 手 術 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 )の 趣 旨 に 基 づき 猫 の 飼 い 主 及 び 所 有 者 不 明 猫 ( 市 内 に 生 息 する 所 有 者 及 び 飼 い 主 が 不 明 である 猫 をいう 以 下 同

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

20150207【ONOMICHI SHARE】メンバー利用規約

20150207【ONOMICHI SHARE】メンバー利用規約 ONOMICHI SHARE メンバー 利 用 規 約 株 式 会 社 ディスカバーリンクせとうち( 以 下 DLS という )は 尾 道 市 土 堂 二 丁 目 10 番 24 号 に 所 在 する 市 営 住 吉 浜 上 屋 ( 以 下 本 建 物 と い う ) 内 2 階 部 分 ( 以 下 本 施 設 という )において D LSが 運 営 するメンバー 制 シェアオフィス ONOMICHI

More information

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366)

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366) 運 行 管 理 規 程 平 成 制 定 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 規 程 は ( 事 業 者 名 ) 運 行 管 理 規 程 と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 この 規 程 は 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 運 輸 規 則 ( 以 下 運 輸 規 則 という ) 第 48 条 の2の 定 めに 基 づき 運 行 管 理 者 の 職 務 及 び 権 限 並 びに

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

福岡マンション管理基礎セミナー

福岡マンション管理基礎セミナー 福 岡 マンション 管 基 礎 セミナー 管 組 合 と 管 会 社 が 行 う 業 務 と 役 割 課 題 について ~ 管 会 社 上 手 な 使 い 方 ~ 中 島 法 律 事 務 所 弁 護 士 中 島 繁 樹 1.マンション 管 規 約 国 土 交 通 省 作 成 マンション 標 準 管 規 約 第 32 条 管 組 合 業 務 第 33 条 業 務 委 託 ( 業 務 ) 第 32 条

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

(適用範囲)第1条 この運送約款は、当社が経営する航路で行う旅客及び手回り品の運送に適用されます

(適用範囲)第1条 この運送約款は、当社が経営する航路で行う旅客及び手回り品の運送に適用されます 種 子 屋 久 高 速 船 株 式 会 社 運 送 約 款 旅 客 運 送 の 部 第 1 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 1 条 この 運 送 約 款 は 当 社 が 経 営 する 航 路 で 行 う 旅 客 及 び 手 回 り 品 の 運 送 に 適 用 され ます 2 この 運 送 約 款 に 定 めのない 事 項 については 法 令 の 規 定 又 は 一 般 の 慣 習 によります

More information

より 確 認 できること 同 時 に 近 隣 の 生 活 環 境 に 悪 影 響 を 及 ぼす 恐 れがないこと 5 譲 渡 動 物 を 保 管 する 団 体 等 は 11 に 規 定 するセンターが 実 施 する 講 習 会 を 修 了 しているとともに 新 しい 飼 い 主 に 対 して 譲 渡

より 確 認 できること 同 時 に 近 隣 の 生 活 環 境 に 悪 影 響 を 及 ぼす 恐 れがないこと 5 譲 渡 動 物 を 保 管 する 団 体 等 は 11 に 規 定 するセンターが 実 施 する 講 習 会 を 修 了 しているとともに 新 しい 飼 い 主 に 対 して 譲 渡 栃 木 県 収 容 動 物 譲 渡 実 施 要 領 1 目 的 この 要 領 は 命 ある 動 物 の 生 存 の 機 会 を 拡 大 するとともに 県 民 への 動 物 愛 護 精 神 の 醸 成 を 目 的 として 栃 木 県 動 物 愛 護 指 導 センター( 以 下 センター という )が 行 う 収 容 動 物 の 譲 渡 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 譲

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

委託契約書フォーマット02(精算払用)

委託契約書フォーマット02(精算払用) 16 規 総 第 XXX 号 平 成 28 年 度 事 業 名 に 関 する 委 託 契 約 書 ( テ ー マ 名 ) 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下 甲 という )は 再 委 託 事 業 者 ( 以 下 乙 という )と 甲 が 経 済 産 業 省 ( 以 下 丙 という )との 間 に 締 結 した 平 成 28 年 度 事 業 に 関 する 委 託 契 約 書 に

More information

1 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 と 病 院 の 概 要 業 務 名 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 履 行 場 所 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 駅 前 2 丁 目 39 番 地 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 病 床 数 198 床 一 般 病 床 165 床, 療

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % % 25 年 度 41,213 25,799,074 423,690 4,234,063 16.4 18.0 (2)

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 管 理 規 程 第 1 章 総 則 ( 事 業 所 等 の 名 称 など) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 若 杉 福 祉 会 が 設 置 するこの 保 育 園 の 名 称 及 び 所 在 地 は 次 のとおりにする (1) 名 称 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 (2) 所 在 地 那 覇 市 首 里 大 名 町 1 64 5 ( 施 設

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

県 民 局 次 世 代 育 成 部 次 世 代 育 成 課 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き ~ 新 設 編 ~ 平 成 27 年 10 月 目 次 はじめに 2 第 1 章 保 育 所 設 置 認 可 の 手 続 き 4 第 2 章 保 育 所 設 置 届 出 の 手 続 き 26 1 はじめに 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き~ 新 設 編 ~ は 児 童 福 祉 法 に 基 づく

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information