東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 附 属 病 院 横 浜 市 立 大 学 附 属 病 院 横 浜 市 立 大 学 附 属 市 民 総 合 医 療 センター 明 石 医 療 センター 成 育 医 療 研 究 センター 心 臓 病 センタ ー 榊 原 病 院 都 立 墨 東 病 院 東 京 都

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 附 属 病 院 横 浜 市 立 大 学 附 属 病 院 横 浜 市 立 大 学 附 属 市 民 総 合 医 療 センター 明 石 医 療 センター 成 育 医 療 研 究 センター 心 臓 病 センタ ー 榊 原 病 院 都 立 墨 東 病 院 東 京 都"

Transcription

1 麻 酔 科 専 門 医 研 修 プログラム 名 順 天 堂 大 学 医 学 部 附 属 順 天 堂 医 院 麻 酔 科 専 門 医 研 修 プログラム TEL 連 絡 先 FAX 担 当 者 名 稲 田 英 一 プログラム 責 任 者 氏 名 稲 田 英 一 責 任 基 幹 施 設 順 天 堂 医 院 基 幹 研 修 施 設 順 天 堂 浦 安 病 院 研 修 プログラム 病 院 群 * 病 院 群 に 所 属 する 全 施 設 名 をご 記 入 くだ さい プログラムの 概 要 と 特 徴 順 天 堂 大 学 医 学 部 附 属 静 岡 病 院 同 練 馬 病 院 同 江 東 高 齢 者 医 療 センター 奈 良 県 立 医 科 大 学 付 属 病 院 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 附 属 病 院 横 浜 市 立 大 学 附 属 病 院 横 浜 市 立 大 学 附 属 市 民 総 合 医 療 センター 明 石 医 療 センター 関 連 研 修 施 設 成 育 医 療 研 究 センター 心 臓 病 セ ンター 榊 原 病 院 都 立 墨 東 病 院 東 京 都 保 健 医 療 公 社 豊 島 病 院 が ん 感 染 症 センター 都 立 駒 込 病 院 江 東 病 院 上 尾 中 央 総 合 病 院 東 京 都 保 健 医 療 公 社 東 部 地 域 病 院 越 谷 市 立 病 院 静 岡 県 立 こど も 病 院 聖 路 加 国 際 病 院 1) 豊 富 で 充 実 した 関 連 研 修 病 院 群 順 天 堂 医 院 を 責 任 基 幹 施 設 とし 基 幹 研 修 施 設 とし て 順 天 堂 大 学 医 学 部 附 属 浦 安 病 院 関 連 研 修 施 設 とし て 順 天 堂 大 学 医 学 部 附 属 静 岡 病 院 同 練 馬 病 院 同 江 東 高 齢 者 医 療 センター 奈 良 県 立 医 科 大 学 付 属 病 院 1

2 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 附 属 病 院 横 浜 市 立 大 学 附 属 病 院 横 浜 市 立 大 学 附 属 市 民 総 合 医 療 センター 明 石 医 療 センター 成 育 医 療 研 究 センター 心 臓 病 センタ ー 榊 原 病 院 都 立 墨 東 病 院 東 京 都 保 健 医 療 公 社 豊 島 病 院 がん 感 染 症 センター 都 立 駒 込 病 院 江 東 病 院 上 尾 中 央 病 院 東 京 都 保 健 医 療 公 社 東 部 地 域 病 院 越 谷 市 立 病 院 静 岡 県 立 こども 病 院 聖 路 加 国 際 病 院 を 含 む これらの 施 設 において 整 備 指 針 に 定 められた 麻 酔 科 研 修 カリキュラムに 基 づく 教 育 とトレーニング を 提 供 し 専 攻 生 が 十 分 な 知 識 と 技 術 そして 判 断 力 を 備 えた 麻 酔 科 専 門 医 となるよう 育 成 する 2) 全 診 療 科 における 十 分 な 手 術 症 例 数 とさらなる 拡 張 性 本 プログラムの 手 術 麻 酔 に 関 する 臨 床 トレーニング における 特 徴 は 心 臓 血 管 外 科 小 児 外 科 産 科 脳 神 経 外 科 呼 吸 器 外 科 などの 専 門 医 取 得 にあたって 必 要 な 必 須 症 例 を 十 分 に 経 験 できるだけでなく 麻 酔 科 全 般 におけるトレーニングを 広 く 受 けられることであ る 心 臓 血 管 外 科 小 児 外 科 脳 神 経 外 科 呼 吸 器 外 科 などの 症 例 数 は 全 国 の 大 学 附 属 病 院 の 中 でもいずれ もトップクラスにあり 先 進 的 な 医 療 を 多 く 行 ってい る 心 臓 血 管 外 科 や 小 児 外 科 の 症 例 数 は 国 公 立 の 循 環 器 病 センターや 小 児 病 院 と 匹 敵 するような 症 例 数 を 実 施 している 順 天 堂 大 学 附 属 病 院 群 だけでも 麻 酔 科 管 理 症 例 は 年 間 2 万 件 を 超 えており 麻 酔 科 学 およ び 全 般 的 な 麻 酔 管 理 を 学 ぶ 条 件 が 整 っている 全 関 連 病 院 群 の 2013 年 の 麻 酔 管 理 症 例 は 7 万 6 千 件 を 超 える 2017 年 に 順 天 堂 医 院 新 病 棟 が 完 成 した 際 には メイン の 手 術 室 は 現 在 の 17 室 から 23 室 に 増 加 し さらに 手 術 症 例 数 が 増 加 することが 確 実 である 心 臓 外 科 が 主 として 使 用 するハイブリッド 手 術 室 も 新 設 される 新 しく 開 設 するリプロダクションセンターには 帝 王 切 開 を 中 心 として 行 う 産 科 専 用 手 術 室 1 室 および 採 卵 室 無 痛 分 娩 を 行 う 陣 痛 分 娩 室 Labor,delivery,recovery (LDR)も 設 置 される さらに 広 い 分 野 における 麻 酔 科 研 修 を 効 率 よく 実 施 できる 体 制 が 整 う 予 定 である

3 年 に 新 病 棟 が 完 成 後 は 佐 藤 大 三 教 授 三 高 千 恵 子 特 任 教 授 を 中 心 に 集 中 治 療 のトレーニングが 行 われる 3) 経 験 豊 かな 教 育 陣 とサブスペシャリティ 領 域 のトレ ーニングの 充 実 本 プログラムの 手 術 麻 酔 以 外 の 特 徴 は 麻 酔 科 関 連 領 域 および 麻 酔 科 サブスペシャリティ 領 域 の 研 修 の 充 実 である 心 臓 手 術 は 林 田 真 和 教 授 小 児 麻 酔 は 西 村 欣 也 教 授 を 中 心 とした 指 導 体 制 の 下 にトレーニングが 実 施 される 産 科 麻 酔 は 角 倉 弘 行 教 授 を 中 心 に 産 科 麻 酔 チームを 形 成 し 帝 王 切 開 の 麻 酔 はもちろん 無 痛 分 娩 に 対 しても 365 日 24 時 間 対 応 している 呼 吸 器 外 科 では 高 度 な 手 術 が 多 く 実 施 されているが 川 越 いづみ 准 教 授 を 中 心 に 一 側 肺 換 気 気 管 支 ファイバー 技 術 などのトレーニングが 行 われている ペインクリ ニックでは 井 関 雅 子 教 授 を 中 心 に 豊 富 な 症 例 を 基 に 幅 広 い 臨 床 トレーニングを 行 っている 順 天 堂 医 院 にお けるペインクリニックの 症 例 数 は 全 国 有 数 である 平 成 25 年 度 の 初 診 者 は 863 名 透 視 下 ブロックは 531 件 超 音 波 ガイド 下 神 経 ブロックを 含 む 非 透 視 下 ブロック 総 数 は 1 万 3 千 件 を 超 えている また 脊 髄 刺 激 電 極 植 え 込 みなどの 先 進 的 な 医 療 を 行 うほか 漢 方 なども 取 り 入 れている 研 究 成 果 は 国 外 でも 高 い 評 価 を 得 て いる また 希 望 すれば 緩 和 ケアのトレーニングも 受 けることができる 小 児 の 複 雑 心 臓 手 術 や 小 児 集 中 治 療 については 成 育 医 療 研 究 センターなどの 関 連 研 修 施 設 で 受 けることができる 集 中 治 療 は 横 浜 市 立 大 学 附 属 病 院 横 浜 市 立 大 学 附 属 市 民 総 合 医 療 センターや 奈 良 県 立 医 科 大 学 病 院 を 含 む 関 連 研 修 施 設 での 研 修 が 可 能 である ペインクリニック 集 中 治 療 などの 麻 酔 科 のサブスペシャリティ 領 域 での 専 門 医 資 格 を 取 得 す ることも 可 能 である サブスペシャリティを 学 ぶこと により 麻 酔 科 全 般 の 知 識 や 技 量 も 広 く 深 くなる 関 連 研 修 施 設 では 専 門 的 に 培 った 能 力 を 広 く 一 般 的 に 応 用 するような 研 修 を 目 指 している それにより 異 なった 術 式 への 対 応 や システムへ 対 応 できる 柔 軟 な 能 力 を 身 につけることができる 3

4 4)Scientific mind をもった 麻 酔 科 専 門 医 の 養 成 本 プログラムでは scientific mind をもった 麻 酔 科 専 門 医 の 養 成 も 目 指 している 生 涯 教 育 のためには 論 文 や 教 科 書 を 読 みこなし 正 しく 評 価 するための 科 学 的 な 視 点 が 必 要 である 豊 富 な 臨 床 例 を 基 にした 臨 床 論 文 のほか 基 礎 研 究 室 における 基 礎 研 究 またそれら の 橋 渡 しとなる translational research のトレーニン グも 充 実 している 麻 酔 科 専 門 医 となるための 臨 床 的 なトレーニングに 加 え 医 学 博 士 の 学 位 を 取 得 するた めのプログラムも 備 えており 両 者 を 同 時 に 取 得 する ことも 可 能 とするようなシステムとなっている 順 天 堂 大 学 の 基 礎 医 学 教 室 だけでなく 星 薬 科 大 学 薬 理 学 教 室 などのほか 国 内 留 学 として 他 大 学 や 他 県 の 研 究 所 で 基 礎 研 究 の 指 導 を 受 けることができる 論 文 はイ ンパクトファクターの 高 い 国 際 誌 にも 掲 載 されてい る 5) 国 際 的 視 野 をもった 麻 酔 科 専 門 医 の 養 成 ECFMG 取 得 大 学 院 コースの 設 置 本 プログラムでは 国 際 的 な 視 野 を 得 るための 機 会 も 豊 富 にある また 大 学 院 に 進 学 し しかも 法 人 から の 給 与 を 得 ながら USMLE, ECFMG に 合 格 資 格 取 得 する コースも 準 備 されている 海 外 における 学 会 発 表 のほ か 希 望 者 は 研 修 終 了 後 に 海 外 留 学 も 可 能 である 大 学 院 ECFMG 取 得 コースの 場 合 には 在 学 中 に 半 年 程 度 の 短 期 留 学 も 認 められている 6) 法 人 の 麻 酔 科 医 の 重 要 性 についての 理 解 と 女 性 麻 酔 科 医 が 働 きやすい 環 境 麻 酔 科 医 の 仕 事 の 重 要 性 とハードさについては 法 人 も 理 解 しており さまざまな 優 遇 処 置 もとられている 大 学 院 生 に 対 しても 給 与 が 支 払 われる 女 性 麻 酔 科 医 に 対 しては 産 休 育 休 などの 確 保 当 直 など 夜 間 勤 務 の 免 除 軽 減 などを 行 っているほか 非 常 勤 医 とし ての 勤 務 など 産 休 育 休 後 の 復 帰 が 容 易 となるような 勤 務 体 制 もとっている 7) 個 人 の 求 めるキャリアパスに 応 じた 対 応 以 上 をまとめると scientific mind をもった 麻 酔 科 4

5 専 門 医 となるだけでなく さらにペインクリニックな どのサブスペシャリティの 専 門 医 資 格 を 得 たり 学 位 を 取 得 したり 海 外 留 学 をしたりするなど 各 人 の 求 めるキャリアパスに 応 じた 教 育 やトレーニングを 提 供 することが 本 プログラムの 大 きな 特 徴 である プログラムの 運 営 方 針 1) 責 任 基 幹 施 設 である 本 施 設 における 研 修 は 1 ~4 年 とし 基 幹 研 修 施 設 関 連 研 修 施 設 における 研 修 は 合 計 で 1~3 年 とする 2) 目 標 症 例 数 はローテーションする 診 療 科 の 麻 酔 ( 長 時 間 手 術 1~2 例 のものから 短 時 間 手 術 4 ~6 例 / 日 )や ペインクリニックや 集 中 治 療 のロ ーテーション 期 間 にも 影 響 されるが 年 間 300~ 450 例 とする 3) 麻 酔 科 専 門 医 取 得 に 必 要 な 症 例 数 は 本 施 設 で すべて 提 供 できる 個 々の 麻 酔 法 や 麻 酔 に 対 する 考 え 方 などは 施 設 や 外 科 系 診 療 科 の 方 針 により 異 なる 場 合 がある 必 須 症 例 を 満 たすだけでなく 幅 広 い 麻 酔 科 研 修 を 受 けられるよう 基 幹 研 修 施 設 関 連 研 修 施 設 とのローテーションを 行 う 順 天 堂 大 学 附 属 病 院 における 麻 酔 科 管 理 症 例 は 年 間 2 万 件 を 超 えており 十 分 な 麻 酔 経 験 を 積 むことが できる 4) 責 任 基 幹 施 設 および 基 幹 研 修 施 設 におけるロ ーテーションは1 年 単 位 を 基 本 とするが 関 連 研 修 施 設 における 研 修 は 原 則 として6か 月 を 基 本 単 位 とし 個 人 の 希 望 および 研 修 内 容 により6か 月 ごとの 延 長 を 行 う 5) 本 プログラムに 学 ぶすべての 専 攻 生 が 経 験 目 標 として 提 示 されている 特 殊 麻 酔 症 例 数 のトレー ニングを 受 けられるようにローテーションを 構 築 する 個 人 のトレーニングの 実 施 状 況 や 目 標 到 達 状 況 に 応 じた 教 育 とトレーニングが 受 けられるよ う 責 任 基 幹 施 設 基 幹 研 修 施 設 関 連 研 修 施 設 が 強 い 連 携 を 持 ってローテーションプログラムを 定 期 的 に 検 討 するとともに 専 攻 生 の 希 望 と 到 達 5

6 目 標 の 達 成 度 に 合 ったローテーションプログラム を 組 む 6) 臨 床 および 基 礎 研 究 を 行 い 国 内 国 際 学 会 で の 発 表 や 論 文 作 成 ができるように 指 導 する 7) ペインクリニック 緩 和 ケア 集 中 治 療 などの サブスペシャリティのトレーニングを 提 供 する 希 望 者 にはそれぞれの 領 域 における 専 門 医 取 得 が できるようにトレーニングを 実 施 する 8) 研 修 期 間 終 了 後 は 他 の 領 域 を 含 む 専 門 医 資 格 や 学 位 に 応 じて 大 学 病 院 スタッフとして 採 用 す る 道 が 開 けている 6

7 1. 本 プログラムの 概 要 と 特 徴 1) 豊 富 で 充 実 した 関 連 研 修 病 院 群 順 天 堂 医 院 を 責 任 基 幹 施 設 とし 基 幹 研 修 施 設 として 順 天 堂 大 学 医 学 部 附 属 浦 安 病 院 関 連 研 修 施 設 として 順 天 堂 大 学 医 学 部 附 属 静 岡 病 院 同 練 馬 病 院 同 江 東 高 齢 者 医 療 センター 奈 良 県 立 医 科 大 学 付 属 病 院 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 附 属 病 院 横 浜 市 立 大 学 附 属 病 院 横 浜 市 立 大 学 附 属 市 民 総 合 医 療 センター 明 石 医 療 センター 成 育 医 療 研 究 センター 心 臓 病 センター 榊 原 病 院 都 立 墨 東 病 院 東 京 都 保 健 医 療 公 社 豊 島 病 院 東 京 都 保 健 医 療 公 社 東 部 地 域 病 院 がん 感 染 症 センター 都 立 駒 込 病 院 江 東 病 院 上 尾 中 央 総 合 病 院 越 谷 市 立 病 院 静 岡 県 立 こども 病 院 聖 路 加 国 際 病 院 を 含 む これら の 施 設 において 整 備 指 針 に 定 められた 麻 酔 科 研 修 カリキュラムに 基 づく 教 育 とトレー ニングを 提 供 し 専 攻 生 が 十 分 な 知 識 と 技 術 そして 判 断 力 を 備 えた 麻 酔 科 専 門 医 とな るよう 育 成 する 2) 全 診 療 科 における 十 分 な 手 術 症 例 数 とさらなる 拡 張 性 本 プログラムの 手 術 麻 酔 に 関 する 臨 床 トレーニングにおける 特 徴 は 心 臓 血 管 外 科 小 児 外 科 産 科 脳 神 経 外 科 呼 吸 器 外 科 などの 専 門 医 取 得 にあたって 必 要 な 必 須 症 例 を 十 分 に 経 験 できるだけでなく 麻 酔 科 全 般 におけるトレーニングを 広 く 受 けられるこ とである 心 臓 血 管 外 科 小 児 外 科 脳 神 経 外 科 呼 吸 器 外 科 などの 症 例 数 は 全 国 の 大 学 附 属 病 院 の 中 でもいずれもトップクラスにあり 先 進 的 な 医 療 を 多 く 行 っている 心 臓 血 管 外 科 や 小 児 外 科 の 症 例 数 は 国 公 立 の 循 環 器 病 センターや 小 児 病 院 と 匹 敵 する ような 症 例 数 を 実 施 している 順 天 堂 大 学 附 属 病 院 群 における 麻 酔 科 管 理 症 例 だけでも 年 間 2 万 件 を 超 えており 麻 酔 科 学 および 全 般 的 な 麻 酔 管 理 を 学 ぶ 条 件 が 整 っている 全 関 連 病 院 群 の 2014 年 の 麻 酔 管 理 症 例 は 7 万 6 千 件 を 超 える 2017 年 に 順 天 堂 医 院 新 病 棟 が 完 成 した 際 には 手 術 室 は 現 在 の 17 室 から 23 室 に 増 加 し さらに 手 術 症 例 数 が 増 加 することが 確 実 である 心 臓 外 科 が 主 として 使 用 するハイブリッド 手 術 室 も 新 設 さ れる 新 しく 開 設 するリプロダクションセンターには 帝 王 切 開 を 中 心 として 行 う 産 科 専 用 手 術 室 1 室 および 採 卵 室 無 痛 分 娩 を 行 う 陣 痛 分 娩 室 Labor,delivery,recovery (LDR) も 設 置 される さらに 広 い 分 野 における 麻 酔 科 研 修 を 効 率 よく 実 施 できる 体 制 が 整 う 予 定 である 2016 年 に 新 病 棟 が 完 成 後 は 佐 藤 大 三 教 授 を 中 心 に 集 中 治 療 のトレーニ ングが 行 われる 3) 経 験 豊 かな 教 育 陣 とサブスペシャリティ 領 域 のトレーニングの 充 実 本 プログラムの 手 術 麻 酔 以 外 の 特 徴 は 麻 酔 科 関 連 領 域 および 麻 酔 科 サブスペシャリ ティ 領 域 の 研 修 の 充 実 である 心 臓 手 術 は 林 田 真 和 教 授 小 児 麻 酔 は 西 村 欣 也 教 授 を 中 心 とした 指 導 体 制 の 下 にトレーニングが 実 施 される 産 科 麻 酔 は 角 倉 弘 行 教 授 を 中 心 に 産 科 麻 酔 チームを 形 成 し 帝 王 切 開 の 麻 酔 はもちろん 無 痛 分 娩 に 対 しても 365 日 24 時 間 対 応 している 呼 吸 器 外 科 では 高 度 な 手 術 が 多 く 実 施 されているが 川 越 い づみ 准 教 授 を 中 心 に 一 側 肺 換 気 気 管 支 ファイバー 技 術 などのトレーニングが 行 われて 7

8 いる ペインクリニックでは 井 関 雅 子 教 授 を 中 心 に 豊 富 な 症 例 を 基 に 幅 広 い 臨 床 トレー ニングを 行 っている 順 天 堂 医 院 におけるペインクリニックの 症 例 数 は 全 国 有 数 である 平 成 25 年 度 の 初 診 者 は 863 名 透 視 下 ブロックは 531 件 超 音 波 ガイド 下 神 経 ブロッ クを 含 む 非 透 視 下 ブロック 総 数 は 1 万 3 千 件 を 超 えている また 脊 髄 刺 激 電 極 植 え 込 みなどの 先 進 的 な 医 療 を 行 うほか 漢 方 なども 取 り 入 れている 研 究 成 果 は 国 外 でも 高 い 評 価 を 得 ている また 希 望 すれば 緩 和 ケアのトレーニングも 受 けることができる 小 児 の 複 雑 心 臓 手 術 や 小 児 集 中 治 療 については 成 育 医 療 センター 研 究 所 などの 関 連 研 修 施 設 で 受 けることができる 集 中 治 療 は 横 浜 市 立 大 学 附 属 病 院 横 浜 市 立 大 学 附 属 市 民 総 合 医 療 センターや 奈 良 県 立 医 科 大 学 付 属 病 院 を 含 む 関 連 研 修 施 設 での 研 修 が 可 能 である ペインクリニック 集 中 治 療 などの 麻 酔 科 のサブスペシャリティ 領 域 での 専 門 医 資 格 を 取 得 することも 可 能 である サブスペシャリティを 学 ぶことにより 麻 酔 科 全 般 の 知 識 や 技 量 も 広 く 深 くなる 関 連 研 修 施 設 では 専 門 的 に 培 った 能 力 を 広 く 一 般 的 に 応 用 するような 研 修 を 目 指 している それにより 異 なった 術 式 への 対 応 や シ ステムへ 対 応 できる 柔 軟 な 能 力 を 身 につけることができる 4)Scientific mind をもった 麻 酔 科 専 門 医 の 養 成 本 プログラムでは scientific mind をもった 麻 酔 科 専 門 医 の 養 成 も 目 指 している 生 涯 教 育 のためには 論 文 や 教 科 書 を 読 みこなし 正 しく 評 価 するための 科 学 的 な 視 点 が 必 要 である 豊 富 な 臨 床 例 を 基 にした 臨 床 論 文 のほか 基 礎 研 究 室 における 基 礎 研 究 ま たそれらの 橋 渡 しとなる translational research のトレーニングも 充 実 している 麻 酔 科 専 門 医 となるための 臨 床 的 なトレーニングに 加 え 医 学 博 士 の 学 位 を 取 得 するため のプログラムも 備 えており 両 者 を 同 時 に 取 得 することも 可 能 とするようなシステムと なっている 順 天 堂 大 学 の 基 礎 医 学 教 室 だけでなく 星 薬 科 大 学 薬 理 学 教 室 などのほか 国 内 留 学 として 他 大 学 や 他 県 の 研 究 所 で 基 礎 研 究 の 指 導 を 受 けることができる 論 文 は インパクトファクターの 高 い 国 際 誌 にも 掲 載 されている 5) 国 際 的 視 野 をもった 麻 酔 科 専 門 医 の 養 成 ECFMG 取 得 大 学 院 コースの 設 置 本 プログラムでは 国 際 的 な 視 野 を 得 るための 機 会 も 豊 富 にある また 大 学 院 に 進 学 し しかも 法 人 からの 給 与 を 得 ながら USMLE, ECFMG に 合 格 資 格 取 得 するコースも 準 備 されている 海 外 における 学 会 発 表 のほか 希 望 者 は 研 修 終 了 後 に 海 外 留 学 も 可 能 で ある 大 学 院 ECFMG 取 得 コースの 場 合 には 在 学 中 に 半 年 程 度 の 短 期 留 学 も 認 められて いる 6) 法 人 の 麻 酔 科 医 の 重 要 性 についての 理 解 と 女 性 麻 酔 科 医 が 働 きやすい 環 境 麻 酔 科 医 の 仕 事 の 重 要 性 とハードさについては 法 人 も 理 解 しており さまざまな 優 遇 処 置 もとられている 大 学 院 生 に 対 しても 給 与 が 支 払 われる 女 性 麻 酔 科 医 に 対 しては 産 休 育 休 などの 確 保 当 直 など 夜 間 勤 務 の 免 除 軽 減 などを 行 っているほか 非 常 勤 医 としての 勤 務 など 産 休 育 休 後 の 復 帰 が 容 易 となるような 勤 務 体 制 もとっている 7) 個 人 の 求 めるキャリアパスに 応 じた 対 応 8

9 以 上 をまとめると scientific mind をもった 麻 酔 科 専 門 医 となるだけでなく さら にペインクリニックなどのサブスペシャリティの 専 門 医 資 格 を 得 たり 学 位 を 取 得 した り 海 外 留 学 をしたりするなど 各 人 の 求 めるキャリアパスに 応 じた 教 育 やトレーニン グを 提 供 することが 本 プログラムの 大 きな 特 徴 である 2. 本 プログラムの 運 営 方 針 9) 責 任 基 幹 施 設 である 本 施 設 における 研 修 は 1~4 年 とし 基 幹 研 修 施 設 関 連 研 修 施 設 における 研 修 は 合 計 で 1~3 年 とする 10) 目 標 症 例 数 はローテーションする 診 療 科 の 麻 酔 ( 長 時 間 手 術 1~2 例 のものか ら 短 時 間 手 術 4~6 例 / 日 )や ペインクリニックや 集 中 治 療 のローテーション 期 間 にも 影 響 されるが 年 間 300~450 例 とする 11) 麻 酔 科 専 門 医 取 得 に 必 要 な 症 例 数 は 本 施 設 ですべて 提 供 できる 個 々の 麻 酔 法 や 麻 酔 に 対 する 考 え 方 などは 施 設 や 外 科 系 診 療 科 の 方 針 により 異 なる 場 合 がある 必 須 症 例 を 満 たすだけでなく 幅 広 い 麻 酔 科 研 修 を 受 けられるよう 基 幹 研 修 施 設 関 連 研 修 施 設 とのローテーションを 行 う 順 天 堂 大 学 附 属 病 院 における 麻 酔 科 管 理 症 例 は 年 間 2 万 件 を 超 えており 十 分 な 麻 酔 経 験 を 積 むことができる 12) 責 任 基 幹 施 設 および 基 幹 研 修 施 設 におけるローテーションは1 年 単 位 を 基 本 とするが 関 連 研 修 施 設 における 研 修 は 原 則 として6か 月 を 基 本 単 位 とし 個 人 の 希 望 および 研 修 内 容 により6か 月 ごとの 延 長 を 行 う 13) 本 プログラムに 学 ぶすべての 専 攻 生 が 経 験 目 標 として 提 示 されている 特 殊 麻 酔 症 例 数 のトレーニングを 受 けられるようにローテーションを 構 築 する 個 人 のト レーニングの 実 施 状 況 や 目 標 到 達 状 況 に 応 じた 教 育 とトレーニングが 受 けられる よう 責 任 基 幹 施 設 基 幹 研 修 施 設 関 連 研 修 施 設 が 強 い 連 携 を 持 ってローテーシ ョンプログラムを 定 期 的 に 検 討 するとともに 専 攻 生 の 希 望 と 到 達 目 標 の 達 成 度 に 合 ったローテーションプログラムを 組 む 14) 臨 床 および 基 礎 研 究 を 行 い 国 内 国 際 学 会 での 発 表 や 論 文 作 成 ができるよ うに 指 導 する 15) ペインクリニック 緩 和 ケア 集 中 治 療 などのサブスペシャリティのトレーニ ングを 提 供 する 希 望 者 にはそれぞれの 領 域 における 専 門 医 取 得 ができるようにト レーニングを 実 施 する 16) 研 修 期 間 終 了 後 は 他 の 領 域 を 含 む 専 門 医 資 格 や 学 位 に 応 じて 大 学 病 院 スタ ッフとして 採 用 する 道 が 開 けている 9

10 研 修 実 施 ローテーション 例 以 下 に 研 修 ローテーションの 例 を 提 示 する 個 人 の 事 情 希 望 に 応 じて 対 応 するため バリエーションは 多 い 学 位 取 得 のための 大 学 院 入 学 や 海 外 留 学 などをする 場 合 には 研 修 期 間 は 入 学 時 や 留 学 期 間 などにより 変 更 する また 基 本 とする 研 修 施 設 で 研 修 中 も 関 連 研 修 施 設 等 で 週 1 日 勤 務 することも 可 能 である 1 年 目 2 年 目 3 年 目 4 年 目 A 順 天 堂 医 院 順 天 堂 医 院 順 天 堂 医 院 順 天 堂 医 院 B 順 天 堂 医 院 順 天 堂 医 院 順 天 堂 医 院 基 幹 関 連 研 修 施 設 C 順 天 堂 医 院 順 天 堂 医 院 基 幹 関 連 研 修 施 設 基 幹 関 連 研 修 施 設 D 順 天 堂 医 院 基 幹 関 連 研 修 施 設 基 幹 関 連 研 修 施 設 基 幹 関 連 研 修 施 設 E 順 天 堂 浦 安 病 院 順 天 堂 浦 安 病 院 順 天 堂 浦 安 病 院 順 天 堂 医 院 F 順 天 堂 静 岡 病 院 順 天 堂 静 岡 病 院 順 天 堂 医 院 順 天 堂 医 院 G 順 天 堂 練 馬 病 院 順 天 堂 医 院 順 天 堂 医 院 順 天 堂 練 馬 病 院 H 順 天 堂 医 院 順 天 堂 医 院 順 天 堂 高 齢 者 医 療 センター 順 天 堂 静 岡 病 院 I 順 天 堂 医 院 基 幹 関 連 研 修 施 設 奈 良 県 立 医 科 大 順 天 堂 医 院 学 付 属 病 院 J 順 天 堂 医 院 順 天 堂 静 岡 病 院 横 浜 市 立 大 学 付 順 天 堂 医 院 属 病 院 K 順 天 堂 医 院 順 天 堂 浦 安 病 院 順 天 堂 医 院 成 育 医 療 研 究 センター 静 岡 県 立 こども 病 院 L 順 天 堂 浦 安 病 院 順 天 堂 医 院 心 臓 病 センター 順 天 堂 医 院 榊 原 病 院 上 尾 中 央 病 院 M 順 天 堂 医 院 順 天 堂 医 院 明 石 医 療 センタ 順 天 堂 医 院 ー N 順 天 堂 医 院 順 天 堂 医 院 都 立 墨 東 病 院 駒 込 病 院 順 天 堂 浦 安 病 院 10

11 3. 研 修 施 設 の 指 導 体 制 と 前 年 度 麻 酔 科 管 理 症 例 数 1) 責 任 基 幹 施 設 : 順 天 堂 大 学 医 学 部 附 属 順 天 堂 医 院 ( 以 下 順 天 堂 医 院 ) プログラム 責 任 者 : 稲 田 英 一 指 導 医 : 稲 田 英 一 佐 藤 大 三 ( 集 中 治 療 ) 西 村 欣 也 ( 小 児 麻 酔 ) 井 関 雅 子 (ペインクリニック 緩 和 ケア) 林 田 真 和 ( 心 臓 麻 酔 ) 角 倉 弘 行 ( 産 科 麻 酔 ) 三 高 千 惠 子 ( 集 中 治 療 ) 山 口 敬 介 原 厚 子 竹 内 和 世 赤 澤 年 正 川 越 いづみ 工 藤 治 岡 田 尚 子 森 庸 介 千 葉 聡 子 専 門 医 : 大 西 良 佳 水 田 菜 々 子 山 本 牧 子 菅 澤 佑 介 石 川 理 恵 掛 水 真 帆 齋 藤 貴 幸 辻 原 寛 子 玉 川 隆 生 安 藤 望 11

12 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 :12 (1963 年 8 月 10 日 認 定 ) 2014 年 度 麻 酔 科 管 理 症 例 8,909 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 1219 症 例 1000 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 332 症 例 200 症 例 心 臓 血 管 手 術 の 麻 酔 675 症 例 475 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 522 症 例 400 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 528 症 例 400 症 例 2) 基 幹 研 修 施 設 1 順 天 堂 浦 安 病 院 研 修 責 任 者 : 神 山 洋 一 郎 指 導 医 : 神 山 洋 一 郎 大 和 田 哲 郎 専 門 医 : 渡 部 晃 士 神 山 具 也 上 原 優 子 前 田 剛 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 4,502 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 392 症 例 298 症 例 帝 王 切 開 の 麻 酔 288 症 例 200 症 例 心 臓 血 管 手 術 の 麻 酔 104 症 例 0 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 146 症 例 44 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 145 症 例 0 症 例 3) 関 連 研 修 施 設 1 順 天 堂 静 岡 病 院 研 修 責 任 者 : 岡 崎 敦 指 導 医 : 岡 崎 敦 尾 前 毅 12

13 専 門 医 : 洪 景 都 若 林 彩 子 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 : 3,442 症 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 49 症 例 0 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 335 症 例 150 症 例 心 臓 大 血 管 の 麻 酔 268 症 例 80 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 141 症 例 70 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 290 症 例 110 症 例 2 順 天 堂 練 馬 病 院 研 修 責 任 者 : 菊 地 利 浩 指 導 医 : 菊 地 利 浩 田 邉 豊 専 門 医 :なし 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 :3,273 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 6 歳 未 満 の 小 児 症 例 256 例 150 例 帝 王 切 開 症 例 220 例 50 例 心 臓 血 管 外 科 症 例 0 例 0 例 胸 部 外 科 症 例 123 例 0 例 脳 神 経 外 科 症 例 115 例 29 例 3 順 天 堂 東 京 江 東 高 齢 者 医 療 センター 研 修 責 任 者 : 光 畑 裕 正 指 導 医 : 光 畑 裕 正 水 野 樹 専 門 医 :なし 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 996 症 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 6 歳 未 満 の 小 児 症 例 0 症 例 0 症 例 帝 王 切 開 症 例 0 症 例 0 症 例 13

14 心 臓 血 管 外 科 症 例 0 症 例 0 症 例 胸 部 外 科 症 例 23 症 例 0 症 例 脳 神 経 外 科 症 例 98 症 例 0 症 例 4 奈 良 県 立 医 科 大 学 付 属 病 院 ( 以 下 奈 良 医 大 ) プログラム 責 任 者 : 川 口 昌 彦 指 導 医 : 川 口 昌 彦 安 宅 一 晃 ( 集 中 治 療 ) 井 上 聡 己 ( 集 中 治 療 ) 瓦 口 至 孝 田 中 優 阿 部 龍 一 惠 川 淳 二 野 村 泰 充 専 門 医 : 松 成 泰 典 渡 邉 恵 介 (ペインクリニック) 林 浩 伸 藤 原 亜 紀 (ペインクリニック) 西 和 田 忠 新 城 武 明 蓮 輪 恭 子 西 村 友 美 岡 本 亜 紀 寺 田 雄 紀 木 本 勝 大 福 本 倫 子 園 部 奨 太 紀 之 本 奨 史 植 村 景 子 紀 之 本 茜 1965 年 麻 酔 科 認 定 病 院 取 得 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 4,822 症 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 290 症 例 25 症 例 14

15 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 332 症 例 10 症 例 心 臓 血 管 外 科 症 例 193 症 例 25 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 241 症 例 25 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 458 症 例 25 症 例 5 国 立 成 育 医 療 研 究 センター 研 修 実 施 責 任 者 : 鈴 木 康 之 指 導 医 : 鈴 木 康 之 ( 麻 酔 集 中 治 療 ) 田 村 高 子 ( 麻 酔 ) 糟 谷 周 吾 ( 麻 酔 ) 専 門 医 : 佐 藤 正 規 ( 麻 酔 ) 小 暮 泰 大 ( 麻 酔 ) 山 下 陽 子 ( 麻 酔 ) 大 橋 祐 子 ( 麻 酔 ) 森 由 美 子 ( 麻 酔 ) 福 島 里 沙 ( 麻 酔 ) 丹 藤 陽 子 ( 麻 酔 ) 麻 酔 科 認 定 病 院 取 得 認 定 病 院 番 号 年 2014 年 麻 酔 科 管 理 症 例 5,086 症 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 2724 症 例 200 症 例 帝 王 切 開 の 麻 酔 649 症 例 30 症 例 心 臓 血 管 手 術 の 麻 酔 240 症 例 20 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 64 症 例 5 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 193 症 例 10 症 例 6 都 立 墨 東 病 院 研 修 実 施 責 任 者 : 鈴 木 健 雄 指 導 医 : 鈴 木 健 雄 田 川 京 子 専 門 医 : 高 橋 英 督 高 田 朋 彦 永 迫 奈 巳 後 藤 尚 也 平 野 敦 子 15

16 千 田 麻 里 子 桐 野 若 葉 佐 藤 千 穂 子 三 上 久 美 子 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 管 理 症 例 数 3,675 症 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 53 例 0 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 311 例 0 例 心 臓 血 管 手 術 の 麻 酔 74 例 0 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 166 例 0 例 脳 神 経 外 科 の 麻 酔 285 例 0 例 7 がん 感 染 症 センター 都 立 駒 込 病 院 研 修 責 任 者 : 佐 藤 洋 指 導 医 : 佐 藤 洋 鈴 木 尚 生 子 専 門 医 : 佐 藤 和 恵 田 島 明 子 大 橋 薫 木 村 光 兵 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 3,650 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 心 臓 血 管 手 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 324 症 例 75 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 110 症 例 35 症 例 8 特 定 医 療 法 人 医 療 法 人 社 団 明 石 医 療 センター( 以 下, 明 石 医 療 センター) 研 修 責 任 者 : 坂 本 元 専 門 医 : 坂 本 元 16

17 多 田 羅 康 章 永 井 貴 子 益 田 佳 世 子 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 2014 年 麻 酔 科 管 理 症 例 数 2,654 症 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 6 症 例 0 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 225 症 例 0 症 例 心 臓 血 管 手 術 の 麻 酔 252 症 例 20 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 132 症 例 15 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 9 東 京 都 保 健 医 療 公 社 豊 島 病 院 研 修 責 任 者 : 吉 岡 斉 ( 指 導 医 登 録 番 号 2749) 指 導 医 : 吉 岡 斉 (ペインクリニック 兼 任 ) 専 門 医 : 小 出 博 司 小 川 敬 篠 崎 正 彦 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 数 : 2,161 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 25 症 例 0 症 例 帝 王 切 開 の 麻 酔 99 症 例 0 症 例 心 臓 血 管 手 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 5 症 例 0 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 55 症 例 0 症 例 10 上 尾 中 央 総 合 病 院 研 修 実 施 責 任 者 : 平 田 一 雄 指 導 医 : 平 田 一 雄 神 部 芙 美 子 専 門 医 : 田 村 有 小 林 恵 子 松 岡 康 子 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 :

18 施 設 認 定 1996 年 1 月 8 日 2014 年 麻 酔 科 管 理 症 例 数 3,856 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 ( 6 歳 未 満 )の 麻 酔 34 症 例 0 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 132 症 例 0 症 例 心 臓 血 管 手 術 の 麻 酔 173 症 例 15 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 93 症 例 10 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 133 症 例 10 症 例 11 東 京 都 保 健 医 療 公 社 東 部 地 域 病 院 研 修 責 任 者 : 伊 藤 博 巳 指 導 医 : 伊 藤 博 巳 本 山 慶 昌 専 門 医 : 森 かおり 伊 藤 裕 子 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 1,879 症 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 183 症 例 0 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 心 臓 血 管 手 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 脳 神 経 外 科 の 麻 酔 83 症 例 0 症 例 12 越 谷 市 立 病 院 研 修 責 任 者 : 伊 藤 雄 策 指 導 医 :なし 専 門 医 : 伊 藤 雄 策 ( 麻 酔 ペインクリニック) 林 健 児 ( 麻 酔 ペインクリニック) 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 :1,747 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 17 症 例 0 症 例 18

19 帝 王 切 開 の 麻 酔 229 症 例 20 症 例 心 臓 血 管 手 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 117 症 例 25 症 例 13 社 会 医 療 法 人 社 団 順 江 会 江 東 病 院 研 修 責 任 者 : 三 浦 邦 久 指 導 医 : 三 浦 邦 久 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 認 定 病 院 取 得 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 1,296 症 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 4 症 例 0 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 心 臓 血 管 手 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 14 心 臓 病 センター 榊 原 病 院 研 修 責 任 者 : 石 井 智 子 指 導 医 : 石 井 智 子 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 1,016 症 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 心 臓 大 血 管 の 麻 酔 686 症 例 150 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 25 症 例 0 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 0 症 例 0 症 例 15 横 浜 市 立 大 学 附 属 病 院 研 修 責 任 者 : 後 藤 隆 久 19

20 指 導 医 : 後 藤 隆 久 山 口 修 川 上 裕 理 木 下 充 子 専 門 医 : 水 野 祐 介 佐 藤 仁 高 木 俊 介 西 村 祥 一 入 江 友 哉 辻 和 馬 山 口 嘉 一 原 田 紳 介 寺 端 昭 博 土 屋 智 徳 佐 々 木 誠 藤 本 寛 子 松 田 優 子 濱 田 貴 子 出 井 真 史 吉 田 輔 高 橋 雪 子 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 4,318 症 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 124 症 例 0 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 99 症 例 0 症 例 心 臓 大 血 管 の 麻 酔 94 症 例 0 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 94 症 例 0 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 172 症 例 0 症 例 16 横 浜 市 立 大 学 附 属 市 民 総 合 医 療 センター 研 修 責 任 者 : 三 浦 倫 一 指 導 医 : 三 浦 倫 一 大 塚 将 秀 20

21 藤 本 啓 子 倉 橋 清 泰 馬 場 靖 子 田 澤 利 治 後 藤 正 美 水 谷 健 司 岡 村 健 太 刈 谷 隆 之 専 門 医 : 菅 原 泰 常 柳 大 介 細 谷 奈 央 大 川 卓 巳 寺 田 祥 子 小 倉 玲 美 鈴 木 ちえ 子 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 :5,219 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 80 症 例 0 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 481 症 例 0 症 例 心 臓 大 血 管 の 麻 酔 399 症 例 0 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 202 症 例 0 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 161 症 例 0 症 例 17 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 附 属 病 院 代 表 専 門 医 : 槙 田 浩 史 3476 指 導 医 : 槙 田 浩 史 内 田 篤 治 郎 倉 田 二 郎 石 川 晴 士 遠 山 悟 史 舛 田 昭 夫 三 浦 泰 里 元 麻 衣 子 21

22 中 澤 弘 一 田 中 直 文 専 門 医 : 伊 藤 裕 之 伯 水 崇 史 大 森 敬 文 篠 田 健 深 川 亜 梨 紗 江 花 泉 丸 山 史 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 :4,426 例 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 79 症 例 0 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 153 症 例 0 症 例 心 臓 大 血 管 の 麻 酔 207 症 例 0 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 256 症 例 25 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 305 症 例 25 症 例 18 静 岡 県 立 こども 病 院 ( 以 下, 静 岡 こども 病 院 ) 研 修 実 施 責 任 者 : 奥 山 克 巳 指 導 医 : 奥 山 克 巳 ( 小 児 麻 酔 ) 梶 田 博 史 専 門 医 : 渡 辺 朝 香 石 田 千 鶴 波 多 野 俊 之 1979 年 麻 酔 科 認 定 病 院 取 得 認 定 施 設 番 号 年 麻 酔 科 管 理 症 例 2,724 症 例 症 例 領 域 区 分 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 1621 症 例 150 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 124 症 例 15 症 例 心 臓 血 管 手 術 の 麻 酔 283 症 例 30 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 18 症 例 2 症 例 22

23 脳 神 経 外 科 の 麻 酔 241 症 例 25 症 例 19 聖 路 加 国 際 病 院 プログラム 責 任 者 : 岡 田 修 指 導 医 : 岡 田 修 片 山 正 夫 宮 坂 勝 之 清 水 美 保 青 木 和 裕 専 門 医 : 篠 浦 央 橋 本 学 藤 田 信 子 北 條 尋 美 菅 波 梓 篠 田 麻 衣 子 林 督 人 麻 酔 科 認 定 病 院 番 号 : 年 麻 酔 科 管 理 症 例 5,332 症 例 症 例 数 本 プログラム 症 例 数 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 266 症 例 0 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 427 症 例 0 症 例 心 臓 血 管 手 術 の 麻 酔 187 症 例 0 症 例 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 135 症 例 0 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 92 症 例 0 症 例 4. 募 集 定 員 26 名 5. プログラム 責 任 者 問 い 合 わせ 先 順 天 堂 医 院 稲 田 英 一 東 京 都 文 京 区 本 郷 電 話 : ( 代 表 ) 5275( 内 線 ) 23

24 6. 本 プログラムの 研 修 カリキュラム 到 達 目 標 1 一 般 目 標 安 全 かつ 安 心 な 周 術 期 医 療 の 提 供 といった 国 民 のニーズに 応 えることのできる 麻 酔 科 およびその 関 連 分 野 の 診 療 を 実 践 する 専 門 医 を 育 成 する 具 体 的 には 下 記 の4つの 資 質 を 修 得 する 1) 十 分 な 麻 酔 科 領 域 およびペインクリニック 集 中 治 療 ペインクリニック 緩 和 ケア 救 急 などの 麻 酔 科 関 連 領 域 の 専 門 知 識 と 技 量 2) 刻 々と 変 わる 臨 床 現 場 における 状 況 に 柔 軟 に 対 応 するための 適 切 な 臨 床 的 判 断 能 力 問 題 解 決 能 力 3) 医 の 倫 理 に 配 慮 し 診 療 および 研 究 を 行 う 上 での 適 切 な 態 度 習 慣 4) 常 に 進 歩 する 医 療 医 学 を 則 して 生 涯 を 通 じて 研 鑽 を 継 続 する 向 上 心 2 個 別 目 標 目 標 1 基 本 知 識 麻 酔 科 診 療 に 必 要 な 下 記 知 識 を 習 得 し 臨 床 応 用 できる 具 体 的 には 公 益 法 人 日 本 麻 酔 科 学 会 の 定 める 麻 酔 科 医 のための 教 育 ガイドライン の 中 の 学 習 ガイドラインに 準 拠 する ガイドラインに 含 まれていない 最 新 知 識 についての 教 育 を 行 う 1) 総 論 : a) 麻 酔 科 医 の 役 割 と 社 会 的 な 意 義 医 学 や 麻 酔 の 歴 史 について 理 解 する さらに 今 後 麻 酔 科 医 が 果 たすべき 医 療 及 び 社 会 における 役 割 について 理 解 する 国 際 的 に 活 躍 する 麻 酔 科 医 として その 役 割 について 考 える 力 を 養 う 日 本 麻 酔 科 学 会 などの 学 会 において 学 術 面 だけでなく 運 営 面 でも 積 極 的 な 活 動 を 行 う b) 麻 酔 の 安 全 と 質 の 向 上 : 麻 酔 の 合 併 症 発 生 率 リスクの 種 類 安 全 のための 各 種 指 針 医 療 の 質 向 上 に 向 けた 活 動 などについて 理 解 する 感 染 対 策 に 関 する 基 礎 的 知 識 を 身 につけ 実 践 できる 手 術 室 の 安 全 管 理 環 境 整 備 について 理 解 し 実 践 できる c) 麻 酔 科 学 および 関 連 領 域 の 学 問 的 向 上 および 実 践 への 応 用 : 研 究 倫 理 に 基 づいた 質 の 高 い 臨 床 および 基 礎 研 究 を 実 施 できる 論 文 のEBMとしての 理 解 が 可 能 となる d) 麻 酔 科 学 麻 酔 科 および 麻 酔 科 関 連 診 療 における 教 育 者 としての 確 立 : 自 学 自 習 する 能 力 はもちろん 後 進 やメディカルスタッフの 教 育 をするための 教 育 力 を 身 に 付 ける 教 育 学 習 に 関 する 理 論 を 理 解 し 実 践 できる 2) 生 理 学 : 下 記 の 臓 器 の 生 理 病 態 生 理 機 能 評 価 検 査 麻 酔 の 影 響 などについ て 深 く 理 解 し 臨 床 に 応 用 できる a) 自 律 神 経 系 : 交 感 神 経 系 や 副 交 感 神 経 系 と 内 分 泌 調 整 系 との 関 連 麻 酔 薬 の 影 響 自 律 神 経 系 に 作 用 する 薬 物 神 経 伝 達 物 質 自 律 神 経 系 に 影 響 を 及 ぼ す 疾 患 の 病 態 生 理 心 拍 変 動 など 自 律 神 経 系 の 評 価 b) 内 分 泌 系 : 内 分 泌 系 におけるホメオスターシスの 維 持 手 術 や 麻 酔 薬 が 内 分 24

25 泌 系 に 及 ぼす 影 響 内 分 泌 疾 患 患 者 の 病 態 生 理 c) 中 枢 神 経 系 : 大 脳 小 脳 脳 幹 脊 髄 麻 酔 薬 の 影 響 痛 みの 伝 導 路 痛 み の 抑 制 経 路 発 生 から 成 長 に 伴 う 変 化 神 経 伝 達 物 質 麻 酔 薬 の 影 響 d) 神 経 筋 接 合 部 : 筋 弛 緩 薬 の 効 果 筋 弛 緩 薬 の 拮 抗 アセチルコリンの 動 態 アセチルコリン 受 容 体 コリンエステラーゼ e) 呼 吸 : 呼 吸 筋 肺 ガス 交 換 呼 吸 調 節 系 血 液 ガスの 評 価 呼 吸 機 能 の 術 前 評 価 手 術 や 麻 酔 の 呼 吸 への 影 響 f) 循 環 : 心 臓 や 血 管 の 解 剖 循 環 調 節 系 呼 吸 と 循 環 との 相 互 関 係 心 血 管 系 作 動 薬 の 作 用 機 序 g) 肝 臓 : 機 能 血 流 肝 機 能 の 評 価 肝 臓 で 合 成 される 物 質 代 謝 排 泄 され る 薬 物 h) 腎 臓 : 機 能 麻 酔 の 腎 血 流 に 及 ぼす 影 響 腎 障 害 物 質 腎 保 護 腎 機 能 の 術 前 評 価 腎 機 能 不 全 の 全 身 的 影 響 i) 酸 塩 基 平 衡, 電 解 質 : 異 常 の 鑑 別 診 断 と 異 常 への 対 応 j) 栄 養 : 栄 養 補 給 エネルギー 代 謝 : 術 中 及 び 術 後 集 中 治 療 における 栄 養 管 理 の 基 本 3) 薬 理 学 : 薬 力 学 薬 物 動 態 を 理 解 している 特 に 下 記 の 麻 酔 関 連 薬 物 について 適 応 作 用 機 序 代 謝 臨 床 上 の 効 用 と 影 響 薬 物 相 互 作 用 について 理 解 している a) 吸 入 麻 酔 薬 :セボフルラン デスフルラン イソフルラン 亜 酸 化 窒 素 ゼ ノンなど b) 静 脈 麻 酔 薬 :プロポフォール チオペンタール ミダゾラム ケタミンなど c) 鎮 静 薬 : 鎮 静 度 の 評 価 デクスメデトミジン プロポフォールなどを 用 いた 管 理 d) オピオイド: 術 中 管 理 術 後 鎮 痛 ペインクリニック 緩 和 ケアにおける 応 用 拮 抗 薬 e) 筋 弛 緩 薬 とその 拮 抗 薬 神 経 筋 モニタリングの 適 切 な 使 用 f) 局 所 麻 酔 薬 : 各 局 所 麻 酔 薬 の 薬 理 局 所 麻 酔 薬 中 毒 への 対 応 4) 麻 酔 管 理 総 論 : 麻 酔 管 理 を 含 む 周 術 期 管 理 に 必 要 な 知 識 を 持 ち 実 践 できる a) 術 前 評 価 と 面 接 : 病 歴 身 体 所 見 検 査 所 見 等 の 総 合 的 評 価 患 者 とのラポ ール 確 立 インフォームドコンセントの 取 得 麻 酔 のリスクを 増 す 患 者 因 子 の 評 価 術 前 に 必 要 な 検 査 術 前 に 行 うべき 合 併 症 対 策 について 理 解 する 診 療 録 および 検 査 所 見 を 理 解 し 疾 患 の 有 無 疾 患 の 重 症 度 を 評 価 できる 患 者 面 接 および 身 体 所 見 を 的 確 に 行 う 患 者 か ら 最 大 限 の 情 報 を 引 出 し 信 頼 を 得 るためのノンテクニカルスキルを 身 につ ける 周 術 期 管 理 について 必 要 な 事 項 について 外 科 医 と 討 論 できる ASAやACC/AHAなどの 学 会 ガイドラインを 理 解 し 個 々の 患 者 に 応 用 できる 25

26 患 者 の 予 後 や 麻 酔 管 理 に 関 係 する 事 項 を 重 要 度 順 に 整 理 し それぞれの 対 策 を 述 べることができる 術 式 に 関 連 した 術 中 及 び 術 後 の 注 意 事 項 を 理 解 する b) 気 道 の 評 価 ができ 適 切 な 気 道 確 保 法 について 立 案 できる 術 前 術 後 評 価 および 麻 酔 記 録 : 麻 酔 管 理 に 関 係 する 評 価 と 計 画 の 記 載 患 者 診 察 時 の 評 価 計 画 等 について 正 確 な 記 録 を 残 すことができる 麻 酔 記 録 を 正 しく 残 すことができる 他 の 麻 酔 科 医 が 残 した 麻 酔 記 録 から 正 確 に 情 報 を 読 み 取 ることができる 診 察 結 果 麻 酔 法 術 前 管 理 法 について 簡 潔 で 的 確 なプレゼンテーションができる 周 術 期 管 理 に 関 して エビデンスを 踏 まえた 質 疑 応 答 ができる c) 麻 酔 器 モニター: 麻 酔 器 麻 酔 回 路 の 構 造 点 検 方 法 トラブルシューテ ィング モニター 機 器 の 原 理 適 応 麻 酔 科 医 の 構 造 を 理 解 し 始 業 点 検 を 実 施 できる モニタリングによる 生 体 機 能 の 評 価 について 有 用 性 や 限 界 を 理 解 し 実 践 ができる シリンジポン プの 扱 いに 習 熟 し 安 全 に 使 用 できる 麻 酔 器 やシリンジポンプなどの 機 器 の 不 具 合 が 生 じた 場 合 の 早 期 発 見 トラブルシューティングができる d) 気 道 管 理 : 気 道 の 解 剖 気 道 評 価 困 難 気 道 への 対 応 気 道 の 解 剖 評 価 様 々な 気 道 管 理 の 方 法 困 難 症 例 への 対 応 などを 理 解 し 実 践 できる 困 難 気 道 への 対 処 するためのASAや 日 本 麻 酔 科 学 会 のガイド ラインを 理 解 する 困 難 気 道 に 対 処 するための 器 具 の 使 用 に 習 熟 する 気 道 確 保 のためのシミュレーショントレーニングを 受 ける 気 管 支 ファイバーの 扱 いに 習 熟 する 一 側 肺 換 気 を 的 確 に 行 うことができる e) 輸 液 輸 血 療 法 : 輸 液 輸 血 自 己 血 輸 血 危 機 的 出 血 への 対 応 輸 液 剤 や 輸 血 用 血 液 の 種 類 適 応 保 存 合 併 症 緊 急 時 対 応 などについ て 理 解 し 実 践 ができる 体 液 シフトが 大 きい 手 術 の 輸 液 輸 血 管 理 を 適 切 に 実 施 できる 厚 労 省 の 輸 血 指 針 日 本 麻 酔 科 学 会 が 関 与 した 危 機 的 出 血 への 対 応 ガイドライン や 産 科 危 機 的 出 血 への 対 応 ガイドライン につい て 理 解 する 危 機 的 出 血 発 生 時 にコマンダーとなる 資 質 を 身 につける 自 己 血 貯 血 や 回 収 血 など 自 己 血 輸 血 の 適 応 や 禁 忌 について 理 解 し 自 己 血 がある 場 合 の 対 応 について 理 解 する エホバの 証 人 やその 子 弟 における 輸 血 の 対 応 について 理 解 する f) 脊 髄 くも 膜 下 麻 酔 硬 膜 外 麻 酔 : 解 剖 実 施 手 順 穿 刺 困 難 時 の 対 応 術 中 の 麻 酔 法 の 変 更 局 所 麻 酔 薬 の 薬 理 オピオイドの 薬 理 適 応 禁 忌 関 連 する 部 所 の 解 剖 手 順 作 用 機 序 合 併 症 について 理 解 し 実 践 できる 脊 椎 変 形 などの 穿 刺 困 難 時 に 対 応 できる 脊 髄 くも 膜 下 麻 酔 や 硬 膜 外 麻 酔 に 伴 う 血 圧 や 心 拍 数 変 化 に 対 応 できる 脊 髄 くも 膜 下 麻 酔 や 硬 膜 外 麻 酔 の 神 経 合 併 症 発 生 時 に 的 確 に 対 応 できる 脊 髄 くも 膜 後 頭 痛 に 対 26

27 して 的 確 な 対 応 ができる g) 神 経 ブロック: 解 剖 実 施 手 順 各 種 神 経 ブロックの 適 応 禁 忌 関 連 する 部 所 の 解 剖 手 順 作 用 機 序 合 併 症 について 理 解 し 実 践 できる 局 所 麻 酔 薬 を 適 切 に 使 い 分 けることが できる 超 音 波 器 械 の 取 り 扱 いに 習 熟 し 超 音 波 ガイド 下 神 経 ブロックを 実 施 できる h) 薬 物 管 理 :ハイリスク 薬 物 の 管 理 麻 酔 管 理 や 周 術 期 管 理 で 使 用 するハイリスク 薬 物 や 麻 薬 筋 弛 緩 薬 など の 毒 薬 の 保 管 取 り 扱 いについて 理 解 し 実 践 する 薬 物 依 存 の 危 険 性 につ いて 理 解 する 5) 麻 酔 管 理 各 論 : 下 記 の 様 々な 診 療 科 の 手 術 に 対 する 麻 酔 方 法 について それぞれの 特 性 と 留 意 すべきことを 理 解 し 実 践 ができる a) 消 化 器 外 科 : 開 腹 および 腹 腔 鏡 補 助 下 手 術 開 胸 開 腹 による 食 道 手 術 内 視 鏡 下 腹 腔 内 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 食 道 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる ESDなどの 麻 酔 管 理 ができる 消 化 管 出 血 イレウスなどの 消 化 管 緊 急 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる b) 肝 胆 膵 外 科 手 術 : 肝 臓 切 除 術 生 体 および 脳 死 肝 移 植 術 膵 頭 十 二 指 腸 切 除 術 など 侵 襲 が 大 きな 手 術 正 常 肝 および 肝 硬 変 患 者 における 肝 切 除 術 の 麻 酔 管 理 ができる 生 体 およ び 脳 死 肝 移 植 術 のドナーおよびレシピエントの 麻 酔 管 理 ができる 膵 頭 十 二 指 腸 切 除 術 など 体 液 シフトが 大 きい 侵 襲 の 大 きな 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 腹 腔 鏡 下 胆 嚢 摘 出 術 の 麻 酔 管 理 ができる c) 呼 吸 器 外 科 : 胸 腔 鏡 補 助 下 手 術 肺 手 術 および 縦 隔 手 術 一 側 肺 換 気 胸 腔 ドレーンの 管 理 気 胸 手 術 悪 性 腫 瘍 や 良 性 腫 瘍 に 対 する 肺 区 域 切 除 術 肺 葉 切 除 術 肺 全 摘 術 の 一 側 肺 換 気 を 含 む 麻 酔 管 理 ができる 気 管 分 岐 部 再 建 術 気 管 形 成 術 スリーブ 手 術 残 存 肺 に 対 する 手 術 一 側 肺 切 除 後 の 肺 切 除 術 など 複 雑 な 術 式 の 麻 酔 管 理 ができる 術 中 の 低 酸 素 血 症 や 高 二 酸 化 炭 素 症 出 血 などに 対 応 できる 縦 隔 腫 瘍 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 重 症 筋 無 力 症 に 対 する 胸 腺 摘 出 術 の 周 術 期 管 理 ができる 間 質 性 肺 炎 などの 基 礎 疾 患 を 持 った 患 者 のハイ 手 術 に 対 応 できる 胸 部 硬 膜 外 麻 酔 に 習 熟 する 気 管 支 ファイバースコープ 二 腔 気 管 支 チューブ(DLT)の 使 用 に 習 熟 する 胸 腔 ドレーンの 管 理 を 理 解 す る 肺 保 護 戦 略 にのっとった 呼 吸 管 理 ができる d) 成 人 心 臓 外 科 手 術 : 弁 疾 患 冠 動 脈 疾 患 大 動 脈 疾 患 複 合 手 術 弁 手 術 冠 動 脈 バイパス 手 術 ( 人 工 心 肺 使 用 および 心 拍 動 下 手 術 ) 成 人 先 天 性 心 疾 患 手 術 弁 大 血 管 冠 動 脈 複 合 手 術 再 手 術 など 各 種 手 術 の 麻 酔 27

28 管 理 ができる 大 血 管 破 裂 急 性 冠 症 候 群 などに 対 する 緊 急 手 術 ができる 人 工 心 肺 の 原 理 を 理 解 し その 管 理 ができる 人 工 心 肺 からの 離 脱 困 難 症 例 に 対 して 対 応 できる ペースメーカやIABP PCPSなどの 管 理 ができる 大 量 出 血 例 や 長 時 間 人 工 心 肺 後 の 出 血 に 対 する 輸 血 管 理 計 画 を 立 て 適 切 な 輸 血 ができる 低 侵 襲 的 手 術 ( 大 動 脈 ステント 経 カテーテル 大 動 脈 弁 留 置 術 (TAVI) など スパイナルドレナージの 管 理 )の 管 理 ができる 肺 動 脈 カテーテル 中 心 静 脈 カテーテル 経 食 道 心 エコー 法 (TEE)などから 得 られた 循 環 系 情 報 を 統 合 し 適 切 な 対 応 ができる 近 赤 外 線 法 誘 発 電 位 などを 用 いた 脳 神 経 系 モニタリングに 習 熟 し 脳 保 護 に 留 意 した 麻 酔 管 理 ができる 術 後 人 工 呼 吸 循 環 管 理 および 鎮 静 管 理 ができる 心 血 管 系 作 動 薬 を 使 いこなすことができ る e) 血 管 外 科 : 大 血 管 手 術 および 末 梢 血 管 手 術 ステント 挿 入 術 人 工 心 肺 を 用 いた 胸 部 大 動 脈 瘤 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 超 低 体 温 循 環 停 止 症 例 の 管 理 ができる 開 腹 による 腹 部 大 動 脈 瘤 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 胸 部 大 動 脈 および 腹 部 大 動 脈 に 対 するステント 挿 入 術 の 麻 酔 管 理 ができる スパイナルドレナージを 適 切 に 管 理 できる 緊 急 大 血 管 手 術 に 対 応 できる 末 梢 動 脈 バイパス 術 の 麻 酔 ができる f) 小 児 外 科 : 新 生 児 手 術 乳 児 手 術 日 帰 り 手 術 腹 腔 鏡 下 手 術 小 児 の 正 常 な 成 長 発 達 について 理 解 する 全 身 状 態 が 安 定 した 小 児 の 泌 尿 生 殖 器 手 術 やヘルニア 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 重 症 合 併 症 をもつ 小 児 の 麻 酔 管 理 ができる 新 生 児 緊 急 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 日 帰 り 手 術 の 術 前 評 価 麻 酔 管 理 帰 宅 指 示 ができる 小 児 における 腹 腔 鏡 下 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 小 児 における 胸 腔 鏡 下 の 肺 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 小 児 におけ る 仙 骨 硬 膜 外 麻 酔 や 腰 部 胸 部 硬 膜 外 麻 酔 神 経 ブロックが 実 施 できる 小 児 患 者 において 末 梢 静 脈 や 動 脈 カテーテル 中 心 静 脈 カテーテルを 挿 入 で きる g) 小 児 心 臓 外 科 : 人 工 心 肺 を 用 いた 手 術 シャント 手 術 胎 児 循 環 移 行 循 環 について 理 解 する 未 熟 児 新 生 児 や 乳 児 の 心 臓 大 血 管 手 術 や 緊 急 手 術 に 対 応 できる 能 力 を 身 につける 人 工 心 肺 を 用 いた 先 天 性 心 疾 患 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる シャント 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 経 食 道 心 エコー 法 (TEE)を 用 いてのdecision makingが できる 静 脈 動 脈 中 心 静 脈 などの 血 管 確 保 ができる h) 脳 神 経 外 科 : 脳 手 術 脊 椎 脊 髄 手 術 awake craniotomy 脳 血 管 内 治 療 頭 蓋 内 圧 に 影 響 する 要 因 について 理 解 する 脳 血 流 量 に 影 響 する 要 因 につ いて 理 解 する 頭 蓋 内 圧 上 昇 の 内 科 的 治 療 ができる 脳 腫 瘍 や てんかん 手 28

29 術 awake craniotomy 経 蝶 骨 洞 手 術 などの 麻 酔 管 理 ができる 脳 動 脈 瘤 な どに 対 する 定 時 および 緊 急 脳 血 管 内 治 療 の 麻 酔 管 理 ができる 脳 腫 瘍 を 含 む 小 児 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 ができる 脊 椎 脊 髄 手 術 の 麻 酔 ができる CTや MRI 室 など 手 術 室 外 での 麻 酔 管 理 ができる i) 整 形 外 科 : 四 肢 の 手 術 脊 椎 手 術 腫 瘍 手 術 膝 肩 股 関 節 などの 置 換 術 や 内 視 鏡 手 術 の 麻 酔 ができる 特 発 性 側 弯 症 や 頸 椎 胸 椎 腰 椎 などの 脊 椎 手 術 の 麻 酔 ができる 強 直 性 脊 椎 炎 や 後 縦 靭 帯 骨 化 症 (OPLL) 関 節 リウマチによる 環 軸 椎 亜 脱 臼 などによる 挿 管 困 難 症 に 対 して 意 識 下 気 管 支 ファイバー 挿 管 などを 含 む 気 道 管 理 ができる 四 肢 の 骨 折 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 開 胸 による 脊 椎 手 術 の 麻 酔 ができる 側 臥 位 や 腹 臥 位 パークベンチなど 特 殊 な 体 位 を 安 全 にとることができる 自 己 血 貯 血 や 自 己 回 収 血 など 自 己 血 輸 血 の 管 理 ができる ターニケット 使 用 時 の 問 題 点 を 把 握 して 麻 酔 管 理 ができる 超 音 波 ガイド 下 神 経 ブロックを 用 いた 管 理 ができる 各 種 手 術 に 対 応 して 経 静 脈 自 己 調 節 鎮 痛 や 硬 膜 外 鎮 痛 持 続 神 経 ブロックなどの 術 後 鎮 痛 法 を 実 施 できる j) 形 成 外 科 手 術 : 小 児 および 成 人 長 時 間 手 術 への 対 応 挿 管 困 難 への 対 応 皮 弁 形 成 など 長 時 間 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 小 児 および 成 人 の 挿 管 困 難 例 を 含 む 麻 酔 管 理 ができる k) 泌 尿 器 科 : 内 視 鏡 手 術 ロボット 支 援 下 手 術 を 含 む 経 尿 道 的 手 術 前 立 腺 のほか 腎 臓 副 腎 膀 胱 に 対 するロボット 支 援 下 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 膀 胱 腫 瘍 前 立 腺 切 除 術 尿 管 結 石 などの 経 尿 道 的 手 術 への 対 応 ができる 硬 膜 外 麻 酔 のほか 閉 鎖 神 経 ブロックなどの 区 域 麻 酔 が 行 える 心 合 併 症 や 肺 合 併 症 中 枢 神 経 系 合 併 症 などを 持 つ 高 齢 者 の 泌 尿 器 科 手 術 へ の 対 応 ができる l) 産 科 : 緊 急 および 予 定 帝 王 切 開 妊 婦 の 非 産 科 手 術 胎 児 手 術 無 痛 分 娩 採 卵 妊 娠 高 血 圧 症 候 群 への 対 応 児 に 問 題 がない 予 定 帝 王 切 開 のほか 児 が 出 生 後 に 緊 急 手 術 が 必 要 な 帝 王 切 開 術 に 対 応 できる 緊 急 度 に 応 じた 緊 急 帝 王 切 開 への 対 応 ができる 妊 娠 高 血 圧 症 候 群 患 者 の 麻 酔 管 理 ができる 硬 膜 外 鎮 痛 や 脊 髄 くも 膜 下 麻 酔 を 用 いた 無 痛 分 娩 を 行 うことができる 妊 婦 の 非 産 科 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 胎 児 への 薬 物 移 行 や 麻 酔 や 血 行 動 態 換 気 などの 子 宮 胎 盤 循 環 を 理 解 した うえで 麻 酔 管 理 ができる m) 婦 人 科 : 腹 腔 鏡 下 子 宮 鏡 下 および 開 腹 手 術 腹 腔 鏡 下 および 子 宮 鏡 下 婦 人 科 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 侵 襲 の 大 きな 悪 性 腫 瘍 に 対 する 開 腹 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる n) 眼 科 : 小 児 および 成 人 網 膜 硝 子 体 手 術 斜 視 手 術 眼 外 傷 緑 内 障 手 術 29

30 眼 内 圧 に 影 響 する 因 子 を 理 解 して 開 放 性 眼 損 傷 や 緑 内 障 患 者 の 麻 酔 管 理 が できる 小 児 斜 視 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 網 膜 剥 離 や 角 膜 移 植 など 成 人 眼 科 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 眼 球 心 臓 反 射 への 対 応 ができる o) 耳 鼻 咽 喉 科 : 耳 咽 頭 喉 頭 甲 状 腺 手 術 レーザー 手 術 気 道 異 物 鼓 室 形 成 術 や 人 工 内 耳 植 え 込 み 術 など 耳 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 咽 頭 耳 下 腺 など 腫 瘍 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 喉 頭 レーザー 手 術 を 含 む 喉 頭 微 細 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 気 道 異 物 除 去 の 麻 酔 管 理 ができる 副 鼻 腔 耳 下 腺 顎 下 腺 手 術 甲 状 腺 切 除 術 頸 部 廓 清 術 などの 頭 頸 部 手 術 の 麻 酔 管 理 が できる RAEチューブ リーンフォースチューブ レーザー 用 気 管 チューブ 気 管 切 開 チューブなどを 使 いこなすことができる p) 口 腔 外 科 : 経 鼻 挿 管 などの 気 道 管 理 心 疾 患 などを 合 併 した 複 雑 な 口 腔 外 科 患 者 の 麻 酔 管 理 ができる 経 鼻 挿 管 に 習 熟 する q) 臓 器 移 植 : 生 体 肝 移 植 脳 死 肝 移 植 など 生 体 肝 移 植 のドナーおよびレシピエントの 麻 酔 管 理 ができる 脳 死 肝 移 植 のドナーの 全 身 管 理 およびレシピエントの 全 身 管 理 麻 酔 管 理 ができる 骨 髄 移 植 の 麻 酔 管 理 ができる r) 外 傷 患 者 : 多 発 外 傷 ショック 患 者 フルストマックへの 対 処 フルストマック 患 者 の 気 道 管 理 が 確 実 にできる 多 発 外 傷 出 血 性 ショッ ク 患 者 の 麻 酔 ができる 大 量 出 血 への 対 応 ができる s) 手 術 室 以 外 での 麻 酔 : 放 射 線 スイート 集 中 治 療 室 における 麻 酔 手 術 室 以 外 で 実 施 する 全 身 麻 酔 やMACなどの 麻 酔 管 理 ができる t) Monitored Anesthesia Care (MAC) 適 応 に 応 じて 鎮 静 およびモニタリングができる 的 確 な 鎮 静 度 の 評 価 がで きる 各 種 鎮 静 薬 を 的 確 に 使 用 することができる 6) 術 後 管 理 : 術 後 回 復 室 における 管 理 病 棟 集 中 治 療 室 における 管 理 術 後 回 復 とその 評 価 ができる 患 者 術 式 応 じた 術 後 鎮 痛 法 を 選 択 し 実 践 できる 術 後 回 復 室 などでみられる 呼 吸 抑 制 術 後 悪 心 嘔 吐 痛 みなどの 術 後 早 期 合 併 症 に 対 応 できる 術 後 集 中 治 療 室 における 重 症 患 者 の 治 療 ができる 術 後 の 麻 酔 合 併 症 および 手 術 合 併 症 とその 対 応 に 関 して 理 解 する 麻 酔 関 連 偶 発 症 が 起 きた 場 合 に 患 者 とのコ ミュニケーションを 保 ちながら 対 処 できる 7) 集 中 治 療 : 成 人 および 小 児 集 中 治 療 成 人 小 児 の 集 中 治 療 を 要 する 疾 患 の 診 断 と 集 中 治 療 について 理 解 し 実 践 できる 重 症 患 者 の 特 殊 性 について 理 解 して 管 理 ができる 侵 襲 の 大 きな 手 術 を 受 けた 患 者 の 術 後 呼 吸 循 環 管 理 ができる 術 後 の 呼 吸 不 全 や 腎 不 全 心 筋 虚 血 心 不 全 への 対 処 が できる ARDSなどの 呼 吸 不 全 や 多 臓 器 不 全 患 者 に 対 しての 長 期 人 工 呼 吸 血 液 浄 化 療 法 30

31 を 含 む 体 液 管 理 栄 養 管 理 感 染 管 理 などの 全 身 管 理 の 方 針 を 立 てることができる 各 種 人 工 呼 吸 法 の 適 応 応 用 について 理 解 する 人 工 呼 吸 に 伴 う 合 併 症 について 理 解 し 適 切 に 対 応 できる 鎮 静 法 のガイドラインを 理 解 し 安 全 な 鎮 静 と 鎮 静 度 の 評 価 がで きる 8) 救 急 医 療 : 初 期 対 応 心 肺 蘇 生 救 急 医 療 の 代 表 的 な 病 態 とその 評 価 治 療 について 理 解 し 実 践 できる トリアー ジができる それぞれの 患 者 にあった 蘇 生 法 を 理 解 し 実 践 できる AHA-ACLS また はAHA-PALSプロバイダーコースを 受 講 し プロバイダーの 資 格 を 取 得 する 大 規 模 災 害 発 生 時 のシミュレーションに 参 加 する 9) 術 後 鎮 痛 管 理 : 各 種 術 後 鎮 痛 法 の 習 得 周 術 期 の 急 性 痛 の 評 価 を 行 い 硬 膜 外 鎮 痛 法 経 静 脈 患 者 管 理 鎮 痛 法 などの 鎮 痛 法 な ど 患 者 にあった 鎮 痛 法 を 選 択 し 実 践 できる 術 後 鎮 痛 法 に 伴 う 副 作 用 合 併 症 に 対 処 できる 10)ペインクリニック: 慢 性 痛 患 者 の 痛 みの 機 序 評 価 治 療 法 を 理 解 し 実 践 できる 慢 性 痛 患 者 の 原 因 診 断 ができ 治 療 計 画 を 立 てることができる 代 表 的 なブロックに 習 熟 する オピオイドを 適 正 に 使 用 し 副 作 用 に 対 応 できる 向 精 神 薬 や 漢 方 などの 補 助 薬 を 適 切 に 使 用 することができる 癌 性 痛 の 治 療 計 画 を 立 てることができる 透 視 下 ブロックが 実 施 できる 超 音 波 ガイド 下 神 経 ブロックが 実 施 できる 11) 緩 和 ケア:がん 患 者 を 中 心 とした 緩 和 ケアを 理 解 し 実 践 できる 全 人 的 な 痛 みについて 理 解 する WHOのガイドラインを 理 解 して 実 践 できる 各 種 オピオイド 製 剤 の 特 徴 を 理 解 して 使 用 できる オピオイドローテーションを 安 全 に 実 施 することができる 目 標 2 診 療 技 術 麻 酔 科 診 療 に 必 要 な 下 記 基 本 手 技 に 習 熟 し 臨 床 応 用 できる 具 体 的 には 日 本 麻 酔 科 学 会 の 定 める 麻 酔 科 医 のための 教 育 ガイドライン の 中 の 基 本 手 技 ガイドラインに 準 拠 する 1) 基 本 手 技 ガイドラインにある 下 記 のそれぞれの 基 本 手 技 について 定 められたコー ス 目 標 に 到 達 する a) 血 管 確 保 : 新 生 児 を 含 む 小 児 および 成 人 における 血 管 確 保 末 梢 静 脈 路 中 心 静 脈 路 動 脈 路 の 確 保 骨 髄 穿 刺 のシミュレーション b) 気 道 管 理 : 新 生 児 を 含 む 小 児 および 成 人 におけるマスク 人 工 気 道 を 用 いた 管 理 各 種 気 管 チューブや 気 管 切 開 チューブを 用 いた 管 理 各 種 声 門 上 器 具 を 用 いた 管 理 声 門 上 器 具 を 利 用 した 気 管 挿 管 や 外 科 的 気 道 確 保 を 含 む 困 難 気 道 に 対 する 対 応 レーザー 手 術 への 対 応 ができる c) モニタリング: 基 本 的 モニタリングの 原 理 限 界 を 理 解 し モニタリングを 正 しく 使 い 得 られたデータを 正 しく 理 解 して 判 断 する 能 力 を 身 に 着 ける 31

32 動 脈 カテーテル 中 心 静 脈 カテーテル 肺 動 脈 カテーテルなどの 適 応 合 併 症 を 理 解 し 安 全 で 適 切 な 挿 入 管 理 ができる 経 食 道 心 エコー 法 (TEE)に 習 熟 し 認 定 資 格 (JBPOT)を 得 る 体 性 感 覚 誘 発 電 位 や 運 動 誘 発 電 位 などの 神 経 モニタリングの 原 理 それに 影 響 を 与 えない 麻 酔 管 理 を 理 解 し 実 践 で きる 鎮 静 度 を 評 価 し 術 中 覚 醒 を 防 ぐためのBISモニターやその 他 のモニタ ーの 原 理 限 界 について 理 解 する d) 治 療 手 技 :ペインクリニックなどで 実 践 されている 神 経 ブロックや 脊 髄 刺 激 電 極 留 置 などの 治 療 手 技 を 習 得 する e) 心 肺 蘇 生 法 :BLS, ACLSおよびPALS 心 肺 蘇 生 法 に 関 する 講 習 会 を 受 け プロバイダーの 資 格 を 得 る 定 期 的 に 資 格 の 更 新 を 行 う f) 麻 酔 器 始 業 点 検 および 使 用 : 麻 酔 器 の 構 造 を 理 解 する 麻 酔 器 に 備 わってい る 安 全 機 構 について 理 解 する 麻 酔 器 の 始 業 点 検 が 適 切 にできる 麻 酔 器 に 関 するトラブル 発 生 時 に 適 切 に 対 応 できる g) 脊 髄 くも 膜 下 麻 酔 :ペンシルポイントおよび 斜 端 針 を 用 いることができる 局 所 麻 酔 薬 およびオピオイドを 適 切 に 使 用 できる 低 血 圧 や 徐 脈 などの 合 併 症 に 対 処 できる 呼 吸 への 影 響 を 理 解 して 呼 吸 抑 制 に 対 応 できる 脊 麻 後 頭 痛 の 診 断 と 治 療 ができる h) 硬 膜 外 麻 酔 : 小 児 および 成 人 仙 骨 腰 部 胸 部 硬 膜 外 麻 酔 および 硬 膜 外 鎮 痛 脊 硬 麻 を 実 施 できる 局 所 麻 酔 薬 およびオピオイドを 適 切 に 使 用 できる 正 中 法 および 傍 正 中 法 を 実 施 できる 術 後 硬 膜 外 鎮 痛 ができる i) 神 経 ブロック: 超 音 波 ガイド 下 において 代 表 的 な 神 経 ブロックを 実 施 できる 単 回 投 与 および 持 続 法 を 適 応 に 応 じて 用 いることができる j) 鎮 静 : 鎮 静 の 評 価 と 適 切 な 鎮 静 薬 の 選 択 と 実 施 副 作 用 合 併 症 発 生 時 の 対 応 鎮 静 が 必 要 な 患 者 手 技 について 理 解 する デクスメデトミジンやプロポ フォールなどを 用 いた 鎮 静 をガイドラインに 従 って 安 全 に 実 施 できる 鎮 静 度 の 評 価 ができる 鎮 静 による 呼 吸 抑 制 などの 合 併 症 や 薬 物 副 作 用 に 対 応 できる k) 感 染 対 策 : 感 染 予 防 感 染 治 療 感 染 予 防 のために 麻 酔 科 医 がなすべきことについて 理 解 し 実 践 できる 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 について 理 解 する 集 中 治 療 などの 長 期 管 理 においての 感 染 予 防 および 感 染 治 療 対 策 を 理 解 し 実 践 できる 敗 血 症 患 者 の 周 術 期 管 理 ができる 目 標 3 マネジメント 32

33 麻 酔 科 専 門 医 として 必 要 な 臨 床 現 場 での 役 割 を 実 践 することで 臓 器 障 害 を 防 ぎ 患 者 を 救 命 できる 長 期 予 後 に 留 意 した 麻 酔 および 周 術 期 管 理 ができる 1) 患 者 の 状 態 や 予 定 術 式 集 中 治 療 室 や 日 帰 り 手 術 などの 術 後 管 理 を 含 めて 予 想 さ れうる 事 態 を 網 羅 的 に 整 理 し それらに 対 応 するための 対 策 を 立 てることができる 2)アナフィラキシー 悪 性 高 熱 症 などまれだが 予 後 が 重 篤 となる 病 態 について 的 確 にタイミングよく 対 応 できる 能 力 を 身 につける 3) 周 術 期 などの 予 期 せぬ 緊 急 事 象 に 対 して 原 因 を 分 析 し 適 切 に 対 処 できる 技 術 判 断 能 力 を 習 得 する 4) 他 診 療 科 の 医 師 看 護 師 や 臨 床 工 学 技 士 などのメディカルスタッフと 協 働 し 医 療 チームのリーダーとして 統 率 力 をもって 周 術 期 の 刻 々と 変 化 する 事 象 に 対 応 できる 5)フロアマネジャーとして 手 術 室 のオーガナイズができる 目 標 4 医 療 倫 理 医 療 安 全 医 師 として 診 療 を 行 う 上 で 医 の 倫 理 に 基 づいた 適 切 な 態 度 と 習 慣 を 身 につける 医 療 安 全 についての 理 解 を 深 める 1) 指 導 担 当 する 医 師 とともにon the job training 環 境 の 中 で 協 調 して 麻 酔 科 診 療 を 行 える 2) 他 診 療 科 の 医 師 看 護 師 臨 床 工 学 技 士 などのメディカルスタッフと 協 力 協 働 し て チーム 医 療 を 実 践 することができる 3) 麻 酔 科 診 療 において 適 切 な 態 度 で 患 者 に 接 し 麻 酔 方 法 や 周 術 期 合 併 症 をわかり やすく 説 明 し インフォームドコンセントを 得 ることができる ノンテクニカルスキル を 身 につける 4)インシデントやアクシデント 発 生 の 土 壌 となる 要 因 について 理 解 する インシデン トやアクシデント 発 生 時 に 適 切 に 対 応 できる 5)インシデントレポートを 原 因 分 析 や 対 策 など 適 切 に 記 載 し 提 出 できる 6) 針 刺 し 事 故 などに 対 して 的 確 に 対 応 できる 7) 初 期 研 修 医 や 他 診 療 科 の 医 師 メディカルスタッフ 実 習 中 の 学 生 などに 対 し 適 切 な 態 度 で 接 しながら 麻 酔 科 診 療 の 教 育 をすることができる 8) 薬 物 依 存 に 陥 らないための 精 神 衛 生 を 保 ち 過 大 なストレスを 回 避 する 生 活 習 慣 を 身 につける 9)スタンダードプレコーション マキシマムプレコーションの 適 応 内 容 を 理 解 し 実 施 できる 感 染 予 防 対 策 を 実 施 する 抗 菌 薬 を 適 切 に 使 用 できる 目 標 5 生 涯 教 育 医 療 医 学 の 進 歩 に 則 して 生 涯 を 通 じて 自 己 の 能 力 を 研 鑽 する 向 上 心 を 醸 成 する 1) 学 習 ガイドラインの 中 の 麻 酔 における 研 究 計 画 と 統 計 学 の 項 目 に 準 拠 して EBM 統 計 研 究 計 画 などについて 理 解 し 研 究 計 画 をたてることができる 33

34 2) 院 内 のカンファレンスや 抄 読 会 外 部 のセミナーや 研 究 会 カンファレンスなどに 出 席 し その 内 容 を 理 解 し 積 極 的 に 討 論 に 参 加 する 3) 順 天 堂 医 院 と 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 付 属 病 院 が 合 同 で 主 催 する 御 茶 ノ 水 麻 酔 フォ ーラム や 学 会 主 催 のハンズオンセミナー ワークショップに 参 加 し 手 技 をマスター する 4) 関 連 する 学 会 の 学 術 集 会 や 学 術 出 版 物 に 症 例 報 告 や 研 究 成 果 の 発 表 を 行 う 必 要 事 項 に 関 して 文 献 検 索 を 行 い 文 献 を 正 しく 理 解 することができる 5) 英 文 で 書 かれた 文 献 や 教 科 書 を 読 みこなす 読 解 力 および 英 語 で 討 論 する 英 語 力 を 身 につける 留 学 希 望 者 はTOEFLなどで 高 得 点 を 得 るような 語 学 力 を 身 につける 6) 臨 床 上 の 疑 問 を 見 出 すとともに その 問 題 解 決 能 力 を 身 につける 成 書 論 文 イン ターネットからの 情 報 を 的 確 に 取 捨 選 択 し 理 解 することができる 2 経 験 目 標 研 修 期 間 中 に 手 術 麻 酔 集 中 治 療 ペインクリニックの 充 分 な 臨 床 経 験 を 積 む 経 験 期 間 については 各 自 の 希 望 習 熟 度 などに 応 じて 決 定 する 定 時 手 術 および 緊 急 手 術 において 術 前 評 価 を 綿 密 にできるようにし 全 身 麻 酔 硬 膜 外 麻 酔 脊 髄 くも 膜 下 麻 酔 神 経 ブロックなどの 麻 酔 および 術 中 全 身 管 理 術 後 管 理 などについて 十 分 な 経 験 を 積 む 集 中 治 療 や 区 域 麻 酔 中 の 鎮 静 MACのトレーニング も 行 う 下 記 の 所 定 の 件 数 の 特 殊 麻 酔 を 担 当 医 として 経 験 する 帝 王 切 開 手 術 胸 部 外 科 手 術 脳 神 経 外 科 手 術 に 関 しては 一 症 例 の 担 当 医 は1 人 小 児 の 手 術 と 心 臓 血 管 手 術 につい ては 一 症 例 の 担 当 医 は2 人 までカウントするという 学 会 の 規 定 になっているが 本 プロ グラムでは いずれの 症 例 も 主 たる 麻 酔 科 医 として 経 験 することが 可 能 である ローテ ーション 期 間 によっては 規 定 症 例 数 を 大 きく 超 える 症 例 数 を 経 験 することが 可 能 であ る 産 科 麻 酔 ローテーションでは 無 痛 分 娩 のための 鎮 痛 法 の 経 験 もできる 小 児 (6 歳 未 満 )の 麻 酔 25 症 例 帝 王 切 開 術 の 麻 酔 10 症 例 心 臓 血 管 外 科 の 麻 酔 25 症 例 ( 胸 部 大 動 脈 手 術 を 含 む) 胸 部 外 科 手 術 の 麻 酔 25 症 例 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 25 症 例 ペインクリニックにおいては 外 来 診 療 に 加 え 入 院 患 者 の 治 療 も 実 施 する 緩 和 ケアは 希 望 者 が 選 択 をするが 院 内 院 外 講 習 会 への 参 加 緩 和 ケア 外 来 におけ る 診 療 院 内 癌 患 者 や 癌 以 外 の 予 後 不 良 の 重 症 患 者 の 緩 和 ケアを 行 う 集 中 治 療 ( 成 人 小 児 )に 関 しては 関 連 研 修 施 設 における 研 修 を 受 けることができ る 順 天 堂 医 院 においても 集 中 治 療 のトレーニングが 実 施 できる 34

35 7. 各 施 設 における 到 達 目 標 と 評 価 項 目 各 施 設 における 研 修 カリキュラムに 沿 って 各 参 加 施 設 において,それぞれの 専 攻 医 に 対 し 年 次 毎 の 指 導 を 行 い,その 結 果 を 別 表 の 到 達 目 標 評 価 表 を 用 いて 到 達 目 標 の 達 成 度 を 評 価 する 責 任 基 幹 施 設 基 幹 研 修 施 設 関 連 研 修 施 設 の 研 修 責 任 者 および 関 係 者 が 年 に 数 回 定 期 的 に 集 まり 専 攻 生 の 到 達 目 標 の 中 間 および 年 度 末 の 達 成 度 について 評 価 確 認 を 行 い 適 切 に 対 応 する 目 標 達 成 度 や 必 要 本 人 の 希 望 に 応 じてローテーションを 変 更 す る 場 合 もある 専 攻 生 の 弱 点 を 克 服 するとともに 長 所 を 伸 ばすようなローテーション とする 研 修 プログラム 自 体 の 評 価 や 専 攻 生 の 教 育 に 代 わるスタッフの 評 価 を 行 い その 質 の 改 善 に 努 める 会 議 は 定 期 的 な 開 催 に 加 え 半 期 ごとなど 別 途 開 催 する 35

36 順 天 堂 医 院 ( 基 幹 責 任 施 設 ) 研 修 カリキュラム 到 達 目 標 1 一 般 目 標 安 全 かつ 安 心 な 周 術 期 医 療 の 提 供 といった 国 民 のニーズに 応 えることのできる 麻 酔 科 およびその 関 連 分 野 の 診 療 を 実 践 する 専 門 医 を 育 成 する 具 体 的 には 下 記 の4つの 資 質 を 修 得 する 1) 十 分 な 麻 酔 科 領 域 およびペインクリニック 集 中 治 療 ペインクリニック 緩 和 ケア 救 急 などの 麻 酔 科 関 連 領 域 の 専 門 知 識 と 技 量 2) 刻 々と 変 わる 臨 床 現 場 における 状 況 に 柔 軟 に 対 応 するための 適 切 な 臨 床 的 判 断 能 力 問 題 解 決 能 力 3) 医 の 倫 理 に 配 慮 し 診 療 および 研 究 を 行 う 上 での 適 切 な 態 度 習 慣 4) 常 に 進 歩 する 医 療 医 学 を 則 して 生 涯 を 通 じて 研 鑽 を 継 続 する 向 上 心 2 個 別 目 標 目 標 1 基 本 知 識 麻 酔 科 診 療 に 必 要 な 下 記 知 識 を 習 得 し 臨 床 応 用 できる 具 体 的 には 公 益 法 人 日 本 麻 酔 科 学 会 の 定 める 麻 酔 科 医 のための 教 育 ガイドライン の 中 の 学 習 ガイドラインに 準 拠 する ガイドラインに 含 まれていない 最 新 知 識 についての 教 育 を 行 う 1) 総 論 : a) 麻 酔 科 医 の 役 割 と 社 会 的 な 意 義 医 学 や 麻 酔 の 歴 史 について 理 解 する さらに 今 後 麻 酔 科 医 が 果 たすべき 医 療 及 び 社 会 における 役 割 について 理 解 する 国 際 的 に 活 躍 する 麻 酔 科 医 として その 役 割 について 考 える 力 を 養 う 日 本 麻 酔 科 学 会 な どの 学 会 において 学 術 面 だけでなく 運 営 面 でも 積 極 的 な 活 動 を 行 う b) 麻 酔 の 安 全 と 質 の 向 上 : 麻 酔 の 合 併 症 発 生 率 リスクの 種 類 安 全 のための 各 種 指 針 医 療 の 質 向 上 に 向 けた 活 動 などについて 理 解 する 感 染 対 策 に 関 する 基 礎 的 知 識 を 身 につけ 実 践 できる 手 術 室 の 安 全 管 理 環 境 整 備 について 理 解 し 実 践 できる c) 麻 酔 科 学 および 関 連 領 域 の 学 問 的 向 上 および 実 践 への 応 用 : 研 究 倫 理 に 基 づ いた 質 の 高 い 臨 床 および 基 礎 研 究 を 実 施 できる 論 文 のEBMとしての 理 解 が 可 能 とな る d) 麻 酔 科 学 麻 酔 科 および 麻 酔 科 関 連 診 療 における 教 育 者 としての 確 立 : 自 学 自 習 する 能 力 はもちろん 後 進 やメディカルスタッフの 教 育 をするための 教 育 力 を 身 に 付 ける 教 育 学 習 に 関 する 理 論 を 理 解 し 実 践 できる 2) 生 理 学 : 下 記 の 臓 器 の 生 理 病 態 生 理 機 能 評 価 検 査 麻 酔 の 影 響 などについ て 深 く 理 解 し 臨 床 に 応 用 できる k) 自 律 神 経 系 : 交 感 神 経 系 や 副 交 感 神 経 系 と 内 分 泌 調 整 系 との 関 連 麻 酔 薬 の 影 響 自 律 神 経 系 に 作 用 する 薬 物 神 経 伝 達 物 質 自 律 神 経 系 に 影 響 を 及 ぼ す 疾 患 の 病 態 生 理 心 拍 変 動 など 自 律 神 経 系 の 評 価 36

37 l) 内 分 泌 系 : 内 分 泌 系 におけるホメオスターシスの 維 持 手 術 や 麻 酔 薬 が 内 分 泌 系 に 及 ぼす 影 響 内 分 泌 疾 患 患 者 の 病 態 生 理 m) 中 枢 神 経 系 : 大 脳 小 脳 脳 幹 脊 髄 麻 酔 薬 の 影 響 痛 みの 伝 導 路 痛 み の 抑 制 経 路 発 生 から 成 長 に 伴 う 変 化 神 経 伝 達 物 質 麻 酔 薬 の 影 響 n) 神 経 筋 接 合 部 : 筋 弛 緩 薬 の 効 果 筋 弛 緩 薬 の 拮 抗 アセチルコリンの 動 態 アセチルコリン 受 容 体 コリンエステラーゼ o) 呼 吸 : 呼 吸 筋 肺 ガス 交 換 呼 吸 調 節 系 血 液 ガスの 評 価 呼 吸 機 能 の 術 前 評 価 手 術 や 麻 酔 の 呼 吸 への 影 響 p) 循 環 : 心 臓 や 血 管 の 解 剖 循 環 調 節 系 呼 吸 と 循 環 との 相 互 関 係 心 血 管 系 作 動 薬 の 作 用 機 序 q) 肝 臓 : 機 能 血 流 肝 機 能 の 評 価 肝 臓 で 合 成 される 物 質 代 謝 排 泄 され る 薬 物 r) 腎 臓 : 機 能 麻 酔 の 腎 血 流 に 及 ぼす 影 響 腎 障 害 物 質 腎 保 護 腎 機 能 の 術 前 評 価 腎 機 能 不 全 の 全 身 的 影 響 s) 酸 塩 基 平 衡, 電 解 質 : 異 常 の 鑑 別 診 断 と 異 常 への 対 応 t) 栄 養 : 栄 養 補 給 エネルギー 代 謝 : 術 中 及 び 術 後 集 中 治 療 における 栄 養 管 理 の 基 本 3) 薬 理 学 : 薬 力 学 薬 物 動 態 を 理 解 している 特 に 下 記 の 麻 酔 関 連 薬 物 について 適 応 作 用 機 序 代 謝 臨 床 上 の 効 用 と 影 響 薬 物 相 互 作 用 について 理 解 している g) 吸 入 麻 酔 薬 :セボフルラン デスフルラン イソフルラン 亜 酸 化 窒 素 ゼ ノンなど h) 静 脈 麻 酔 薬 :プロポフォール チオペンタール ミダゾラム ケタミンなど i) 鎮 静 薬 : 鎮 静 度 の 評 価 デクスメデトミジン プロポフォールなどを 用 いた 管 理 j) オピオイド: 術 中 管 理 術 後 鎮 痛 ペインクリニック 緩 和 ケアにおける 応 用 拮 抗 薬 k) 筋 弛 緩 薬 とその 拮 抗 薬 神 経 筋 モニタリングの 適 切 な 使 用 l) 局 所 麻 酔 薬 : 各 局 所 麻 酔 薬 の 薬 理 局 所 麻 酔 薬 中 毒 への 対 応 4) 麻 酔 管 理 総 論 : 麻 酔 管 理 を 含 む 周 術 期 管 理 に 必 要 な 知 識 を 持 ち 実 践 できる a) 術 前 評 価 と 面 接 : 病 歴 身 体 所 見 検 査 所 見 等 の 総 合 的 評 価 患 者 とのラポ ール 確 立 インフォームドコンセントの 取 得 麻 酔 のリスクを 増 す 患 者 因 子 の 評 価 術 前 に 必 要 な 検 査 術 前 に 行 うべき 合 併 症 対 策 について 理 解 する 診 療 録 および 検 査 所 見 を 理 解 し 疾 患 の 有 無 疾 患 の 重 症 度 を 評 価 できる 患 者 面 接 および 身 体 所 見 を 的 確 に 行 う 患 者 か ら 最 大 限 の 情 報 を 引 出 し 信 頼 を 得 るためのノンテクニカルスキルを 身 につ ける 周 術 期 管 理 について 必 要 な 事 項 について 外 科 医 と 討 論 できる 37

38 ASAやACC/AHAなどの 学 会 ガイドラインを 理 解 し 個 々の 患 者 に 応 用 できる 患 者 の 予 後 や 麻 酔 管 理 に 関 係 する 事 項 を 重 要 度 順 に 整 理 し それぞれの 対 策 を 述 べることができる 術 式 に 関 連 した 術 中 及 び 術 後 の 注 意 事 項 を 理 解 する 気 道 の 評 価 ができ 適 切 な 気 道 確 保 法 について 立 案 できる b) 術 前 術 後 評 価 および 麻 酔 記 録 : 麻 酔 管 理 に 関 係 する 評 価 と 計 画 の 記 載 患 者 診 察 時 の 評 価 計 画 等 について 正 確 な 記 録 を 残 すことができる 麻 酔 記 録 を 正 しく 残 すことができる 他 の 麻 酔 科 医 が 残 した 麻 酔 記 録 から 正 確 に 情 報 を 読 み 取 ることができる 診 察 結 果 麻 酔 法 術 前 管 理 法 について 簡 潔 で 的 確 なプレゼンテーションができる 周 術 期 管 理 に 関 して エビデンスを 踏 まえた 質 疑 応 答 ができる c) 麻 酔 器 モニター: 麻 酔 器 麻 酔 回 路 の 構 造 点 検 方 法 トラブルシューテ ィング モニター 機 器 の 原 理 適 応 麻 酔 科 医 の 構 造 を 理 解 し 始 業 点 検 を 実 施 できる モニタリングによる 生 体 機 能 の 評 価 について 有 用 性 や 限 界 を 理 解 し 実 践 ができる シリンジポン プの 扱 いに 習 熟 し 安 全 に 使 用 できる 麻 酔 器 やシリンジポンプなどの 機 器 の 不 具 合 が 生 じた 場 合 の 早 期 発 見 トラブルシューティングができる d) 気 道 管 理 : 気 道 の 解 剖 気 道 評 価 困 難 気 道 への 対 応 気 道 の 解 剖 評 価 様 々な 気 道 管 理 の 方 法 困 難 症 例 への 対 応 などを 理 解 し 実 践 できる 困 難 気 道 への 対 処 するためのガイドラインを 理 解 する 困 難 気 道 に 対 処 するための 器 具 の 使 用 に 習 熟 する 気 道 確 保 のためのシミュレ ーショントレーニングを 受 ける 気 管 支 ファイバーの 扱 いに 習 熟 する 一 側 肺 換 気 を 的 確 に 行 うことができる e) 輸 液 輸 血 療 法 : 輸 液 輸 血 自 己 血 輸 血 危 機 的 出 血 への 対 応 輸 液 剤 や 輸 血 用 血 液 の 種 類 適 応 保 存 合 併 症 緊 急 時 対 応 などについ て 理 解 し 実 践 ができる 体 液 シフトが 大 きい 手 術 の 輸 液 輸 血 管 理 を 適 切 に 実 施 できる 厚 労 省 の 輸 血 指 針 日 本 麻 酔 科 学 会 が 関 与 した 危 機 的 出 血 への 対 応 ガイドライン や 産 科 危 機 的 出 血 への 対 応 ガイドライン につい て 理 解 する 危 機 的 出 血 発 生 時 にコマンダーとなる 資 質 を 身 につける 自 己 血 貯 血 や 回 収 血 など 自 己 血 輸 血 の 適 応 や 禁 忌 について 理 解 し 自 己 血 がある 場 合 の 対 応 について 理 解 する エホバの 証 人 やその 子 弟 における 輸 血 の 対 応 について 理 解 する f) 脊 髄 くも 膜 下 麻 酔 硬 膜 外 麻 酔 : 解 剖 実 施 手 順 穿 刺 困 難 時 の 対 応 術 中 の 麻 酔 法 の 変 更 局 所 麻 酔 薬 の 薬 理 オピオイドの 薬 理 適 応 禁 忌 関 連 する 部 所 の 解 剖 手 順 作 用 機 序 合 併 症 について 理 解 し 実 践 できる 脊 椎 変 形 などの 穿 刺 困 難 時 に 対 応 できる 脊 髄 くも 膜 下 麻 酔 や 硬 膜 外 麻 酔 に 伴 う 血 圧 や 心 拍 数 変 化 に 対 応 できる 脊 髄 くも 膜 下 麻 酔 や 38

39 硬 膜 外 麻 酔 の 神 経 合 併 症 発 生 時 に 的 確 に 対 応 できる 脊 髄 くも 膜 後 頭 痛 に 対 して 的 確 な 体 位 王 ができる g) 神 経 ブロック: 解 剖 実 施 手 順 各 種 神 経 ブロックの 適 応 禁 忌 関 連 する 部 所 の 解 剖 手 順 作 用 機 序 合 併 症 について 理 解 し 実 践 できる 局 所 麻 酔 薬 を 適 切 に 使 い 分 けることが できる 超 音 波 器 械 の 取 り 扱 いに 習 熟 し 超 音 波 ガイド 下 神 経 ブロックを 実 施 できる h) 薬 物 管 理 :ハイリスク 薬 物 の 管 理 麻 酔 管 理 や 周 術 期 管 理 で 使 用 するハイリスク 薬 物 ( 劇 薬 や 毒 薬 )の 保 管 取 り 扱 いについて 理 解 し 実 践 する 薬 物 依 存 の 危 険 性 について 理 解 する 5) 麻 酔 管 理 各 論 : 下 記 の 様 々な 診 療 科 の 手 術 に 対 する 麻 酔 方 法 について それぞれの 特 性 と 留 意 すべきことを 理 解 し 実 践 ができる u) 消 化 器 外 科 : 開 腹 および 腹 腔 鏡 補 助 下 手 術 開 胸 開 腹 による 食 道 手 術 内 視 鏡 下 腹 腔 内 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 食 道 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる ESDなどの 麻 酔 管 理 ができる 消 化 管 出 血 イレウスなどの 消 化 管 緊 急 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる v) 肝 胆 膵 外 科 手 術 : 肝 臓 切 除 術 生 体 および 脳 死 肝 移 植 術 膵 頭 十 二 指 腸 切 除 術 など 侵 襲 が 大 きな 手 術 正 常 肝 および 肝 硬 変 患 者 における 肝 切 除 術 の 麻 酔 管 理 ができる 生 体 およ び 脳 死 肝 移 植 術 のドナーおよびレシピエントの 麻 酔 管 理 ができる 膵 頭 十 二 指 腸 切 除 術 など 体 液 シフトが 大 きい 侵 襲 の 大 きな 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 腹 腔 鏡 下 胆 嚢 摘 出 術 の 麻 酔 管 理 ができる w) 呼 吸 器 外 科 : 胸 腔 鏡 補 助 下 手 術 肺 手 術 および 縦 隔 手 術 一 側 肺 換 気 胸 腔 ドレーンの 管 理 気 胸 手 術 悪 性 腫 瘍 や 良 性 腫 瘍 に 対 する 肺 区 域 切 除 術 肺 葉 切 除 術 肺 全 摘 術 の 一 側 肺 換 気 を 含 む 麻 酔 管 理 ができる 気 管 分 岐 部 再 建 術 気 管 形 成 術 スリーブ 手 術 残 存 肺 に 対 する 手 術 一 側 肺 切 除 後 の 肺 切 除 術 など 複 雑 な 術 式 の 麻 酔 管 理 ができる 術 中 の 低 酸 素 血 症 や 高 二 酸 化 炭 素 症 出 血 などに 対 応 できる 縦 隔 腫 瘍 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 重 症 筋 無 力 症 に 対 する 胸 腺 摘 出 術 の 周 術 期 管 理 ができる 胸 部 硬 膜 外 麻 酔 に 習 熟 する 気 管 支 ファイバー スコープ 二 腔 気 管 支 チューブ(DLT)の 使 用 に 習 熟 する 胸 腔 ドレーンの 管 理 を 理 解 する 肺 保 護 戦 略 にのっとった 患 者 管 理 ができる x) 成 人 心 臓 外 科 手 術 : 弁 疾 患 冠 動 脈 疾 患 大 動 脈 疾 患 複 合 手 術 弁 手 術 冠 動 脈 バイパス 手 術 ( 人 工 心 肺 使 用 および 心 拍 動 下 手 術 ) 成 人 先 天 性 心 疾 患 手 術 弁 大 血 管 冠 動 脈 複 合 手 術 再 手 術 など 各 種 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 大 血 管 破 裂 急 性 冠 症 候 群 などに 対 する 緊 急 手 術 ができる 39

40 人 工 心 肺 の 原 理 を 理 解 し その 管 理 ができる 人 工 心 肺 からの 離 脱 困 難 症 例 に 対 して 対 応 できる ペースメーカやIABP PCPSなどの 管 理 ができる 大 量 出 血 例 や 長 時 間 人 工 心 肺 後 の 出 血 に 対 する 輸 血 管 理 計 画 を 立 て 適 切 な 輸 血 ができる 低 侵 襲 的 手 術 ( 大 動 脈 ステント 経 カテーテル 大 動 脈 弁 留 置 術 (TAVI) など スパイナルドレナージの 管 理 )の 管 理 ができる 肺 動 脈 カテーテル 中 心 静 脈 カテーテル 経 食 道 心 エコー 法 (TEE)などから 得 られた 循 環 系 情 報 を 統 合 し 適 切 な 対 応 ができる 近 赤 外 線 法 誘 発 電 位 などを 用 いた 脳 神 経 系 モニタリングに 習 熟 し 脳 保 護 に 留 意 した 麻 酔 管 理 ができる 術 後 人 工 呼 吸 循 環 管 理 および 鎮 静 管 理 ができる 心 血 管 系 作 動 薬 を 使 いこなすことができ る y) 血 管 外 科 : 大 血 管 手 術 および 末 梢 血 管 手 術 ステント 挿 入 術 人 工 心 肺 を 用 いた 胸 部 大 動 脈 瘤 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 超 低 体 温 循 環 停 止 症 例 の 管 理 ができる 開 腹 による 腹 部 大 動 脈 瘤 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 胸 部 大 動 脈 および 腹 部 大 動 脈 に 対 するステント 挿 入 術 の 麻 酔 管 理 ができる スパイナルドレナージを 適 切 に 管 理 できる 緊 急 大 血 管 手 術 に 対 応 できる 末 梢 動 脈 バイパス 術 の 麻 酔 ができる z) 小 児 外 科 : 新 生 児 手 術 乳 児 手 術 日 帰 り 手 術 腹 腔 鏡 下 手 術 小 児 の 正 常 な 成 長 発 達 について 理 解 する 全 身 状 態 が 安 定 した 小 児 の 泌 尿 生 殖 器 手 術 やヘルニア 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 重 症 合 併 症 をもつ 小 児 の 麻 酔 管 理 ができる 新 生 児 緊 急 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 日 帰 り 手 術 の 術 前 評 価 麻 酔 管 理 帰 宅 指 示 ができる 小 児 における 腹 腔 鏡 下 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 小 児 における 胸 腔 鏡 下 の 肺 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 小 児 におけ る 仙 骨 硬 膜 外 麻 酔 や 腰 部 胸 部 硬 膜 外 麻 酔 神 経 ブロックが 実 施 できる 小 児 患 者 において 末 梢 静 脈 や 動 脈 カテーテル 中 心 静 脈 カテーテルを 挿 入 で きる aa) 小 児 心 臓 外 科 : 人 工 心 肺 を 用 いた 手 術 シャント 手 術 胎 児 循 環 移 行 循 環 について 理 解 する 未 熟 児 新 生 児 や 乳 児 の 心 臓 大 血 管 手 術 や 緊 急 手 術 に 対 応 できる 能 力 を 身 につける 人 工 心 肺 を 用 いた 先 天 性 心 疾 患 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる シャント 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 経 食 道 心 エコー 法 (TEE)を 用 いてのdecision makingが できる 静 脈 動 脈 中 心 静 脈 などの 血 管 確 保 ができる bb) 脳 神 経 外 科 : 脳 手 術 脊 椎 脊 髄 手 術 awake craniotomy 脳 血 管 内 治 療 頭 蓋 内 圧 に 影 響 する 要 因 について 理 解 する 脳 血 流 量 に 影 響 する 要 因 につ いて 理 解 する 頭 蓋 内 圧 上 昇 の 内 科 的 治 療 ができる 脳 腫 瘍 や てんかん 手 術 awake craniotomy 経 蝶 骨 洞 手 術 などの 麻 酔 管 理 ができる 脳 動 脈 瘤 な 40

41 どに 対 する 定 時 および 緊 急 脳 血 管 内 治 療 の 麻 酔 管 理 ができる 脳 腫 瘍 を 含 む 小 児 脳 神 経 外 科 手 術 の 麻 酔 ができる 脊 椎 脊 髄 手 術 の 麻 酔 ができる CTや MRI 室 など 手 術 室 外 での 麻 酔 管 理 ができる cc) 整 形 外 科 : 四 肢 の 手 術 脊 椎 手 術 腫 瘍 手 術 膝 肩 股 関 節 などの 置 換 術 や 内 視 鏡 手 術 の 麻 酔 ができる 特 発 性 側 弯 症 や 頸 椎 胸 椎 腰 椎 などの 脊 椎 手 術 の 麻 酔 ができる 強 直 性 脊 椎 炎 や 後 縦 靭 帯 骨 化 症 (OPLL) 関 節 リウマチによる 環 軸 椎 亜 脱 臼 などによる 挿 管 困 難 症 に 対 して 意 識 下 気 管 支 ファイバー 挿 管 などを 含 む 気 道 管 理 ができる 四 肢 の 骨 折 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 開 胸 による 脊 椎 手 術 の 麻 酔 ができる 側 臥 位 や 腹 臥 位 パークベンチなど 特 殊 な 体 位 を 安 全 にとることができる 自 己 血 貯 血 や 自 己 回 収 血 など 自 己 血 輸 血 の 管 理 ができる ターニケット 使 用 時 の 問 題 点 を 把 握 して 麻 酔 管 理 ができる 超 音 波 ガイド 下 神 経 ブロックを 用 いた 管 理 ができる 各 種 手 術 に 対 応 して 経 静 脈 自 己 調 節 鎮 痛 や 硬 膜 外 鎮 痛 持 続 神 経 ブロックなどの 術 後 鎮 痛 法 を 実 施 できる dd) 形 成 外 科 手 術 : 小 児 および 成 人 長 時 間 手 術 への 対 応 挿 管 困 難 への 対 応 皮 弁 形 成 など 長 時 間 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 小 児 および 成 人 の 挿 管 困 難 例 を 含 む 麻 酔 管 理 ができる ee) 泌 尿 器 科 : 内 視 鏡 手 術 ロボット 支 援 下 手 術 を 含 む 経 尿 道 的 手 術 前 立 腺 のほか 腎 臓 副 腎 膀 胱 に 対 するロボット 支 援 下 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 膀 胱 腫 瘍 前 立 腺 切 除 術 尿 管 結 石 などの 経 尿 道 的 手 術 への 対 応 ができる 硬 膜 外 麻 酔 のほか 閉 鎖 神 経 ブロックなどの 区 域 麻 酔 が 行 える 心 合 併 症 や 肺 合 併 症 中 枢 神 経 系 合 併 症 などを 持 つ 高 齢 者 の 泌 尿 器 科 手 術 へ の 対 応 ができる ff) 産 科 : 緊 急 および 予 定 帝 王 切 開 妊 婦 の 非 産 科 手 術 胎 児 手 術 無 痛 分 娩 採 卵 妊 娠 高 血 圧 症 候 群 への 対 応 児 に 問 題 がない 予 定 帝 王 切 開 のほか 児 が 出 生 後 に 緊 急 手 術 が 必 要 な 帝 王 切 開 術 に 対 応 できる 緊 急 度 に 応 じた 緊 急 帝 王 切 開 への 対 応 ができる 妊 娠 高 血 圧 症 候 群 患 者 の 麻 酔 管 理 ができる 硬 膜 外 鎮 痛 を 中 心 に 無 痛 分 娩 を 行 う ことができる 妊 婦 の 非 産 科 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 胎 児 への 薬 物 移 行 や 麻 酔 や 血 行 動 態 換 気 などの 子 宮 胎 盤 循 環 を 理 解 したうえで 麻 酔 管 理 ができ る gg) 婦 人 科 : 腹 腔 鏡 下 子 宮 鏡 下 および 開 腹 手 術 腹 腔 鏡 下 および 子 宮 鏡 下 婦 人 科 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる 侵 襲 の 大 きな 悪 性 腫 瘍 に 対 する 開 腹 手 術 の 麻 酔 管 理 ができる hh) 眼 科 : 小 児 および 成 人 網 膜 硝 子 体 手 術 斜 視 手 術 眼 外 傷 緑 内 障 手 術 眼 内 圧 に 影 響 する 因 子 を 理 解 して 開 放 性 眼 損 傷 や 緑 内 障 患 者 の 麻 酔 管 理 が 41

研修プログラム モデル例

研修プログラム モデル例 麻 酔 科 専 門 医 研 修 プログラム 名 東 京 女 子 医 科 大 学 病 院 麻 酔 科 専 門 医 研 修 プログラム TEL 03-3353-8112 ( 内 線 39312) 連 絡 先 FAX 03-3359-2517 e-mail ikyoku@anes.twmu.ac.jp 担 当 者 名 尾 﨑 眞 プログラム 責 任 者 氏 名 尾 﨑 眞 責 任 基 幹 施 設 東 京

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福 各 教 員 が 有 する 学 位 ( 平 成 27 年 5 月 1 日 現 在 ) 附 属 病 院 所 属 職 名 氏 名 学 位 消 化 管 内 科 講 師 舟 木 康 医 学 博 士 消 化 管 内 科 講 師 海 老 正 秀 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 井 澤 晋 也 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 柳 本 研 一 郎 消 化 管 内 科 助 教 伊 藤 義 紹 医

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

2

2 NEWS NEWS H26 年 度 東 北 ブロック DMAT 参 集 訓 練 2 平 成 26 年 度 東 北 AIDS/HIV 看 護 研 修 / 宮 城 県 総 合 防 災 訓 練 NEWS 東 西 南 北 4 9 月 管 理 診 療 会 議 報 告 / 地 域 医 療 連 携 室 だより 5 仙 台 市 医 師 会 主 催 第 26 回 病 院 親 善 野 球 大 会 / 第 3 回 仙 台

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

2010 年 3 月 号 Vol.70 1 月 28 日 ( 木 )に 楽 天 の 山 崎 武 司 選 手 が 小 児 病 棟 を 激 励 に 訪 れました 写 真 はサインボールを 手 渡 す 山 崎 選 手 です ( 関 連 記 事 P 6) 平 成 21 年 度 災 害 医 療 研 修 救 護 技 術 を 習 得 2 第 9 回 QCサークル 活 動 発 表 会 4 年 連 続 最 優 秀 賞

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

15byouinn.xls

15byouinn.xls 医 療 局 病 院 経 営 本 医 療 局 病 院 経 営 本 病 院 経 営 本 長 髙 橋 俊 毅 (67-480),408 病 院 経 営 ( 事 ) 城 博 俊 副 本 長 (67-4800) < 医 療 局 長 併 任 > 病 院 経 営 再 整 備 職 員 は 医 療 局 医 療 政 策 総 務 課 職 員 課 病 院 経 営 再 整 備 職 員 を 併 任 病 院 経 営 長 ( 事

More information

教 室 一 覧 一 般 教 養 自 然 科 学 語 学 基 礎 医 学 解 剖 学 生 化 学 分 子 生 物 学 1( 発 生 学 ) 生 理 学 1 微 生 物 学 分 子 生 物 学 2( 遺 伝 学 ) 生 理 学 2 薬 理 学 免 疫 学 応 用 医 学 衛 生 学 医 用 中 毒 学

教 室 一 覧 一 般 教 養 自 然 科 学 語 学 基 礎 医 学 解 剖 学 生 化 学 分 子 生 物 学 1( 発 生 学 ) 生 理 学 1 微 生 物 学 分 子 生 物 学 2( 遺 伝 学 ) 生 理 学 2 薬 理 学 免 疫 学 応 用 医 学 衛 生 学 医 用 中 毒 学 号 外 専 任 教 員 の 教 育 研 究 社 会 貢 献 業 績 ( 平 成 23 年 度 ) 川 崎 医 科 大 学 教 室 一 覧 一 般 教 養 自 然 科 学 語 学 基 礎 医 学 解 剖 学 生 化 学 分 子 生 物 学 1( 発 生 学 ) 生 理 学 1 微 生 物 学 分 子 生 物 学 2( 遺 伝 学 ) 生 理 学 2 薬 理 学 免 疫 学 応 用 医 学 衛 生 学

More information

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本 臨 床 研 修 指 導 医 一 覧 指 導 医 定 義 : 指 導 医 は 原 則 として 7 年 以 上 の 臨 床 経 験 を 有 する 者 であって プライマリ ケアの 指 導 方 法 等 に 関 す る 講 習 会 を 受 講 している 者 をいう 職 務 : 指 導 医 は 担 当 する 分 野 における 研 修 期 間 中 研 修 医 ごとの 臨 床 研 修 目 標 の 達 成 状 況

More information

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

参 考 資 料 第 7 次 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 の 策 定 経 過 ( 平 成 27 年 ) 3 月 23 日 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 策 定 協 議 会 同 地 域 医 療 構 想 部 会 の 設 置 協 議 会 : 保 健 医 療 関 係 者 住 民 代 表 学 識 経 験 者 及 び 行 政 関 係 者 29 名 地 域 医 療

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本 臨 床 研 修 指 導 医 一 覧 指 導 医 定 義 : 指 導 医 は 原 則 として 7 年 以 上 の 臨 床 経 験 を 有 する 者 であって プライマリ ケアの 指 導 方 法 等 に 関 す る 講 習 会 を 受 講 している 者 をいう 職 務 : 指 導 医 は 担 当 する 分 野 における 研 修 期 間 中 研 修 医 ごとの 臨 床 研 修 目 標 の 達 成 状 況

More information

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本 臨 床 研 修 指 導 医 一 覧 指 導 医 定 義 : 指 導 医 は 原 則 として 7 年 以 上 の 臨 床 経 験 を 有 する 者 であって プライマリ ケアの 指 導 方 法 等 に 関 す る 講 習 会 を 受 講 している 者 をいう 職 務 : 指 導 医 は 担 当 する 分 野 における 研 修 期 間 中 研 修 医 ごとの 臨 床 研 修 目 標 の 達 成 状 況

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山 委 員 会 委 員 名 簿 総 務 委 員 会 新 田 孝 作, 川 西 秀 樹, 衣 笠 えり 子, 篠 田 俊 雄, 峰 島 三 千 男, 森 石 みさき HP 電 算 機 小 委 員 会 峰 島 三 千 男, 山 下 明 泰, 川 崎 忠 行, 川 西 秀 樹, 芝 本 隆, 武 本 佳 昭, 花 房 規 男 ( 外 部 委 員 ) 田 代 嗣 晴 腎 不 全 看 護 師 栄 養 管 理 士

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本 臨 床 研 修 指 導 医 一 覧 指 導 医 定 義 : 指 導 医 は 原 則 として 7 年 以 上 の 臨 床 経 験 を 有 する 者 であって プライマリ ケアの 指 導 方 法 等 に 関 す る 講 習 会 を 受 講 している 者 をいう 職 務 : 指 導 医 は 担 当 する 分 野 における 研 修 期 間 中 研 修 医 ごとの 臨 床 研 修 目 標 の 達 成 状 況

More information

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 看 護 職 員 募 集 要 項 (2 次 募 集 ) 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 研 修 歯 科 医 師 募 集 要 項 募 集 職 種 研 修 歯 科 医 師 募 集 人 員 1 名 試 験 日 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 ) 受 験 票 試 験 日 の 案 内 を 応 募 期 間 終 了 後 別 途 送 付 選 考 方 法 筆 記 試

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

<9561894096BC95EB>

<9561894096BC95EB> 東 区 病 名 称 医 療 法 人 相 生 会 福 岡 みらい 病 813-0017 東 区 香 椎 照 葉 3 丁 目 5 医 療 法 人 相 生 会 病 名 簿 内 科 リウマチ 科 外 科 整 形 外 科 脳 神 経 外 科 リハビリテー ション 科 神 経 内 科 麻 酔 科 循 環 器 内 科 179 239 0 0 0 418 662-3001 平 成 27 年 6 月 1 日 石 束

More information

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 津 島 市 民 病 院 病 院 年 報 [ 平 成 22 年 度 ] 2 0 1 0 目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 10 年 度

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講 日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 第 1 回 南 和 地 域 病 診 連 携 研 修 6/1( 水 ) 14:00~16:00 南 奈 良 総 合 医 療 センタ- 講 演 14:00~14:30 最 近 の 大 腸 がんの 診 断 治 療 について

More information

原稿

原稿 Gaihoren News Extra 暫 定 版 外 保 連 の 要 望 のうち 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 で 考 慮 された 項 目 ( 技 術 新 設 ) 2016.3.18 NO 名 称 要 望 内 容 要 望 点 数 改 定 内 容 1 緩 和 ケア 地 域 連 携 加 算 保 険 収 載 2 経 皮 酸 素 ガス 分 圧 連 続 測 定 (tcpo2 局 所 の 虚

More information

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc 公 益 財 団 法 人 痛 風 財 団 平 成 21 年 度 事 業 報 告 書 事 業 の 概 要 1. 研 究 助 成 事 業 平 成 21 年 度 の 研 究 助 成 は 下 記 4 部 門 を 対 象 として 総 額 900 万 円 の 助 成 を 行 った 1 痛 風 高 尿 酸 血 症 に 関 する 臨 床 的 色 彩 の 濃 い 研 究 を 対 象 とした 鳥 居 痛 風 学 術 賞

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

腎 臓 内 科 直 通 番 号 竹 田 徹 朗 教 授 川 本 進 也 准 教 授 北 澤 篤 志 医 員 ( 再 来 ) 川 本 進 也 准 教 授 吉 野 篤 範 准 教 授 ( 新 患 ) 長 堀 克 弘 医 員 竹 田 徹 朗 教 授 ( 新 患 ) 予 約 検 査

腎 臓 内 科 直 通 番 号 竹 田 徹 朗 教 授 川 本 進 也 准 教 授 北 澤 篤 志 医 員 ( 再 来 ) 川 本 進 也 准 教 授 吉 野 篤 範 准 教 授 ( 新 患 ) 長 堀 克 弘 医 員 竹 田 徹 朗 教 授 ( 新 患 ) 予 約 検 査 糖 尿 病 内 分 泌 血 液 内 科 直 通 番 号 048-965-4920 竹 林 晃 三 准 教 授 岡 村 隆 光 准 教 授 竹 林 晃 三 准 教 授 犬 飼 敏 彦 教 授 犬 飼 敏 彦 教 授 原 健 二 講 師 岡 村 隆 光 准 教 授 原 健 二 講 師 土 屋 天 文 講 師 森 田 公 夫 教 授 森 田 公 夫 教 授 成 瀬 里 香 講 師 成 瀬 里 香 講 師

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区 1 頁 区 局 級 退 職 予 定 部 級 退 職 予 定 医 職 蔵 田 英 志 港 南 区 担 当 理 事 ( 福 祉 保 健 センタ ー ) ( 保 健 事 職 濱 陽 太 郎 旭 区 事 職 信 時 正 人 温 暖 化 対 策 統 括 本 部 環 境 未 来 都 市 推 進 担 当 理 事 事 職 岸 村 英 憲 政 策 局 大 学 担 当 理 事 技 職 中 島 徹 也 国 際 局 国 際

More information

三 品 尚 様 宮 城 県 林 拓 郎 様 - 鎌 田 周 重 様 愛 知 県 日 立 ツール 株 式 会 社 松 江 表 面 改 質 センター 様 - 本 多 晶 二 郎 様 - 松 田 知 枝 美 様 - 高 口 千 鶴 様 福 岡 県 唐 島 田 朋 広 様 神 奈 川 県 里 見 康 様 -

三 品 尚 様 宮 城 県 林 拓 郎 様 - 鎌 田 周 重 様 愛 知 県 日 立 ツール 株 式 会 社 松 江 表 面 改 質 センター 様 - 本 多 晶 二 郎 様 - 松 田 知 枝 美 様 - 高 口 千 鶴 様 福 岡 県 唐 島 田 朋 広 様 神 奈 川 県 里 見 康 様 - 大 森 巌 様 広 島 県 ユウベル 株 式 会 社 様 広 島 県 阿 部 慶 一 様 宮 城 県 清 水 保 様 - 匿 名 様 鳥 取 県 長 内 久 人 様 - 大 橋 道 雄 様 東 京 都 石 本 正 敬 様 - 匿 名 様 鳥 取 県 藤 原 立 嗣 様 - 井 山 恭 明 様 岡 山 県 匿 名 様 宮 城 県 小 久 保 裕 美 様 - 門 田 仁 様 北 海 道 北 垣 一 宏

More information

係長級

係長級 の 部 企 画 課 県 民 課 鳥 取 力 創 造 課 危 機 管 理 政 策 課 危 機 対 策 情 報 課 原 子 力 安 全 対 策 課 総 務 課 総 務 課 財 政 課 主 計 員 財 政 課 主 計 員 政 策 法 務 課 営 繕 課 営 繕 課 情 報 政 策 課 関 西 本 部 行 財 政 改 革 局 業 務 効 率 推 進 課 行 財 政 改 革 局 福 利 厚 生 課 行 財 政

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

市 民 病 院 医 療 局 皮 膚 科 部 長 ( 医 師 ) 秋 田 尚 見 市 民 病 院 医 療 局 皮 膚 科 部 長 ( 医 師 ) 棟 方 貴 子 市 民 病 院 医 療 局 ひ 尿 器 科 部 長 ( 医 師 ) 髙 橋 伸 也 市 民 病 院 医 療 局 ひ 尿 器 科 副 部 長

市 民 病 院 医 療 局 皮 膚 科 部 長 ( 医 師 ) 秋 田 尚 見 市 民 病 院 医 療 局 皮 膚 科 部 長 ( 医 師 ) 棟 方 貴 子 市 民 病 院 医 療 局 ひ 尿 器 科 部 長 ( 医 師 ) 髙 橋 伸 也 市 民 病 院 医 療 局 ひ 尿 器 科 副 部 長 市 民 病 院 院 長 遠 藤 正 章 市 民 病 院 副 院 長 福 井 康 三 ( 兼 市 民 病 院 心 臓 血 管 センター 長 地 域 医 療 連 携 室 長 事 務 取 扱 ) 市 民 病 院 副 院 長 川 﨑 仁 司 ( 感 染 管 理 室 長 事 務 取 扱 ) 市 民 病 院 副 院 長 森 康 宏 ( 兼 医 療 局 長 医 療 安 全 管 理 室 長 事 務 取 扱 ) 市

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

虚 血 性 心 疾 患 の 検 討. 臨 床 薬 理 3 1 : 3 1 3-3 1 4, 2 0 0 0. 1 5. 山 科 育 子, 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 木 内 要, 高 山 守 正, 清 野 精 彦, 高 野 照 夫, 田 島 廣 之, 隅 崎 達 夫, 池 崎 弘 之, 小

虚 血 性 心 疾 患 の 検 討. 臨 床 薬 理 3 1 : 3 1 3-3 1 4, 2 0 0 0. 1 5. 山 科 育 子, 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 木 内 要, 高 山 守 正, 清 野 精 彦, 高 野 照 夫, 田 島 廣 之, 隅 崎 達 夫, 池 崎 弘 之, 小 主 な 和 文 原 著 1. 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 福 間 長 知, 今 泉 孝 敬, 斎 藤 勉, 畑 典 武, 高 山 守 正, 宗 像 一 雄, 岸 田 浩, 早 川 弘 一. 急 性 心 筋 梗 塞 の 5 年 心 事 故 発 生 率 と そ の 予 後 規 定 因 子. T h e r R e s 1 2 : 2 1 9-2 2 4, 1 9 9 1. 2. 宗 像 一 雄,

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

11 理 事 会 評 議 員 会 総 会 のご 案 内 常 任 理 事 会 日 時 : 平 成 21 年 7 月 10 日 ( 金 ) 15:30~16:30 場 所 :ホテルンドパレス 3F 菊 理 事 会 日 時 : 平 成 21 年 7 月 10 日 ( 金 ) 16:30~17:30 場 所

11 理 事 会 評 議 員 会 総 会 のご 案 内 常 任 理 事 会 日 時 : 平 成 21 年 7 月 10 日 ( 金 ) 15:30~16:30 場 所 :ホテルンドパレス 3F 菊 理 事 会 日 時 : 平 成 21 年 7 月 10 日 ( 金 ) 16:30~17:30 場 所 10 日 本 高 齢 消 化 器 病 学 会 誌 日 程 表 7 月 11 日 ( 土 ) 9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 開 会 の 高 齢 者 の 消 化 管 出 血 治 療 と 対 策 加 齢 と 免 疫 消 化 器 疾 患 との 関 わり ( 共 催 大 塚 製 薬 株 式 会 社 ) ( 共 催 シェリン ウ 株 式 会 社 ) 14:00 15:00 高 齢 者

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28:

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28: ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 19 歳 以 上 39 歳 以 下 1 118 中 橋 秀 明 香 川 県 0:35:35.17 2 1:30:41.01 4 2:06:16.18 2 124 茶 屋 孝 三 広 島 県 0:44:02.95 10 1:25:27.58 1 2:09:30.53 3 109 久 保 真 一 鳥 取 県 0:39:58.90 6 1:30:10.43

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

2007 那 須 塩 原 大 会 記 録 ( 選 手 権 女 子 ) 2ページ 相 川 ちひろ 東 京 女 子 体 育 大 学 19 2:36:44 0:24: :20: :45: :51: 清 水 真 由 美 大 東 文 化

2007 那 須 塩 原 大 会 記 録 ( 選 手 権 女 子 ) 2ページ 相 川 ちひろ 東 京 女 子 体 育 大 学 19 2:36:44 0:24: :20: :45: :51: 清 水 真 由 美 大 東 文 化 2007 那 須 塩 原 大 会 記 録 ( 選 手 権 女 子 ) 1ページ 1 217 川 崎 由 理 奈 明 治 大 学 20 2:13:46 0:20:43 1 1:09:57 4 1:30:40 3 0:43:06 6 2 246 名 村 梓 明 治 大 学 22 2:14:11 0:20:43 2 1:08:33 2 1:29:16 1 0:44:55 13 3 225 佐 々 木 舞

More information

2/11 の 大 分 岡 病 院 大 分 協 和 病 院 大 分 市 大 字 宮 崎 953 番 地 の1 097-568-2333 大 分 市 西 鶴 崎 3 丁 目 7 番 11 号 大 分 記 念 病 院 大 分 市 羽 屋 9 組 5 大 分 健 生 病 院 大 分 市 古 ヶ 鶴 1 丁

2/11 の 大 分 岡 病 院 大 分 協 和 病 院 大 分 市 大 字 宮 崎 953 番 地 の1 097-568-2333 大 分 市 西 鶴 崎 3 丁 目 7 番 11 号 大 分 記 念 病 院 大 分 市 羽 屋 9 組 5 大 分 健 生 病 院 大 分 市 古 ヶ 鶴 1 丁 1/11 の 明 野 中 央 病 院 大 分 市 明 野 東 2 丁 目 7 番 33 号 097-558-3211 内 科 整 形 外 科 リウマチ 科 消 化 器 内 科 形 成 外 科 リハビリテーション 科 麻 酔 科 放 射 線 科 木 下 昭 生 内 科 H26.12.1 44 01 2 01714 中 村 英 次 郎 整 形 外 科 H26.12.1 44 01 2 01814 藤 川

More information

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報 氏 名 医 療 施 設 名 団 体 名 学 会 名 所 属 ( 診 療 科 / 部 課 / 教 室 ) 役 職 名 相 川 竜 一 地 方 独 立 行 政 法 人 桑 名 市 総 合 医 療 センター 桑 名 南 医 療 センター 循 環 器 内 科 副 院 長 青 木 勇 日 本 赤 十 字 社 秋 田 赤 十 字 病 院 循 環 器 青 山 信 和 国 立 大 学 法 人 神 戸 大 学 医 学

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 4 月 (1/11ページ) 1 匿 名 埼 玉 県 10,000 4 2 毛 利 学 様 北 海 道 10,000 4 3 嘉 手 納 一 彦 様 沖 縄 県 10,000 2 4 匿 名 兵 庫 県 10,000 1 5 牧 野 稔 海 様 埼 玉 県 10,000 1 6 藤 井 志 保 子 様 埼 玉 県 10,000 3 7 山 崎 弘 之 様 千 葉 県 10,000 3

More information

2014 14 12

2014 14 12 2014 26 2014 14 12 Ⅰ. 医 療 保 健 学 部 授 業 一 覧 (カリキュラム 表 ) (1)-1 看 護 学 授 業 (2009 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 2 (1)-2 看 護 学 授 業 (2012 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 4 (1)-3 看 護 学 ( 編 入 学 生 ) 授 業 (2014 度 以 降 に 入 学 した 学 生

More information

診 療 名 月 火 水 木 消 化 器 移 植 初 診 初 診 島 田 光 生 (FAX) 島 田 光 生 (FAX) (ドナー 来 ) (ドナー 来 ) (ドナー 来 ) TEL 633-7136 島 田 光 生 島 田 光 生 森 根 裕 二 FAX 633-7482 池 本 哲 也 肝 胆 膵

診 療 名 月 火 水 木 消 化 器 移 植 初 診 初 診 島 田 光 生 (FAX) 島 田 光 生 (FAX) (ドナー 来 ) (ドナー 来 ) (ドナー 来 ) TEL 633-7136 島 田 光 生 島 田 光 生 森 根 裕 二 FAX 633-7482 池 本 哲 也 肝 胆 膵 FAX 予 約 について 新 患 患 者 さんの 待 ち 時 間 の 短 縮 及 び 効 率 的 で 迅 速 な 医 療 の 提 供 のため FAXによる 診 療 予 約 を 実 施 しています (FAX)の 記 載 のあるにつきましてはFAX 予 約 が 可 能 です (なお, 先 生 同 士 でお 約 束 のある 場 合 や, 特 にご 希 望 のある 場 合 等 は,この 限 りではありません

More information

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd 高 齢 医 学 科 科 長 のメッセージ 皆 さんが 活 躍 する10 年 後 20 年 後 には 65 歳 以 上 が 全 人 口 の35 40%となり 高 齢 医 学 のニー ズはより 高 まっていきます チーム 医 療 地 域 医 療 を 学 ぶために 最 適 の 環 境 を 提 供 しています 科 長 森 本 茂 人 (もりもと しげと) 教 授 老 年 病 学 高 血 圧 高 齢 者 肺

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

岡 山 大 学 整 形 外 科 学 教 室 杉 本 佳 久 短 期 入 院 患 者 における 睡 眠 障 害 に 対 するラメルテオン 投 与 の 試 み 42 入 院 棟 西 5 階 緒 方 加 奈 子 池 田 牧 江 清 水 麻 央 入 院 棟 西 4 階 小 倉 妥 子 岡 山 大 学 病 院

岡 山 大 学 整 形 外 科 学 教 室 杉 本 佳 久 短 期 入 院 患 者 における 睡 眠 障 害 に 対 するラメルテオン 投 与 の 試 み 42 入 院 棟 西 5 階 緒 方 加 奈 子 池 田 牧 江 清 水 麻 央 入 院 棟 西 4 階 小 倉 妥 子 岡 山 大 学 病 院 目 次 院 内 看 護 研 究 集 録 1 当 科 における 出 産 満 足 感 とその 関 連 要 因 2 岡 山 大 学 病 院 周 産 母 子 センター 牧 明 日 可 小 野 加 奈 江 岡 田 順 子 上 杉 明 子 高 取 佐 智 子 岡 山 大 学 病 院 産 婦 人 科 外 来 佐 藤 久 恵 岡 本 真 由 美 岡 山 大 学 大 学 院 保 健 学 研 究 科 安 川 純 代 岡

More information

男 子 シングルス C Dブロック Cブロック 44 上 野 正 皓 2 篠 ノ 井 45 宮 崎 大 輔 2 中 野 46 平 野 大 3 飯 山 南 47 竹 内 滉 樹 2 須 坂 園 芸 48 田 牧 諒 2 須 坂 49 高 波 紘 大 3 長 野 日 大 50 健 太 1 中 野 西 5

男 子 シングルス C Dブロック Cブロック 44 上 野 正 皓 2 篠 ノ 井 45 宮 崎 大 輔 2 中 野 46 平 野 大 3 飯 山 南 47 竹 内 滉 樹 2 須 坂 園 芸 48 田 牧 諒 2 須 坂 49 高 波 紘 大 3 長 野 日 大 50 健 太 1 中 野 西 5 男 子 シングルス A Bブロック Aブロック 1 長 谷 川 翔 3 須 坂 園 芸 2 大 口 悟 上 田 染 谷 丘 3 善 財 渉 2 長 野 日 大 4 長 井 彰 平 3 上 田 5 小 松 俊 彦 3 須 坂 東 6 秀 憲 3 篠 ノ 井 7 小 野 澤 経 太 1 北 部 8 寺 沢 弘 平 3 上 田 東 9 澤 田 成 3 飯 山 南 10 山 根 秀 太 2 岩 村 田 11

More information

12:10 13:10 LS-1 ランチョンセミナー 1 共 催 : 大 日 本 住 友 製 薬 株 式 会 社 座 長 : 二 木 芳 人 ( 昭 和 大 学 医 学 部 臨 床 感 染 学 ) これからのインフルエンザ 対 策 ワクチンと 抗 インフルエンザ 薬 菅 谷 憲 夫 ( 神 奈 川

12:10 13:10 LS-1 ランチョンセミナー 1 共 催 : 大 日 本 住 友 製 薬 株 式 会 社 座 長 : 二 木 芳 人 ( 昭 和 大 学 医 学 部 臨 床 感 染 学 ) これからのインフルエンザ 対 策 ワクチンと 抗 インフルエンザ 薬 菅 谷 憲 夫 ( 神 奈 川 プ ロ グ ラ ム 第 1 日 目 / 4 月 18 日 ( 木 ) 上 條 講 堂 8:55 9:00 開 会 の 挨 拶 有 賀 徹 ( 第 11 回 日 本 臨 床 医 学 リスクマネジメント 学 会 学 術 集 会 会 長 ) 9:00 11:00 S-1 シンポジウム 1 院 内 における 医 療 事 故 への 対 応 座 長 : 丹 正 勝 久 ( 日 本 大 学 医 学 部 救 急 医

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約●

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約● 15.7 終 身 定 期 総 合 医 療 / 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 終 身 定 期 総 合 医 療 のしくみ 年 定 期 型 終 身 型 入 院 金 金 退 院 金 通 院 金 ご 契 約 保 障 期 間 ( 年 ) 満 了 ご 契 約 保 障 期 間 ( 終 身 ) お 支 払 事 由 など(お 支 払 事 由 の 詳 細 およびお 支 払 いできない 場 合 等 については

More information

委員会委員一覧(2013年9月現在)

委員会委員一覧(2013年9月現在) 一 般 財 団 法 人 日 本 消 化 器 病 学 会 委 員 会 委 員 一 覧 (2013 年 9 月 現 在 ) 管 理 部 門 財 団 企 画 委 員 会 ( 職 務 ) 理 事 会 の 下 部 組 織 として 本 学 会 財 団 の 運 営 全 般 に 関 する 事 項 を 担 当 する 担 当 理 事 ( ) 菅 野 健 太 郎 委 員 岡 崎 和 一 金 子 周 一 木 下 芳 一 下

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

堀 内 尚 子 保 利 喜 英 水 本 茂 水 本 保 子 宮 川 幸 子 守 屋 亘 矢 野 寿 一 山 中 富 美 男 山 内 昌 孝 和 田 邦 雄 掲 載 を 希 望 されないご 寄 附 者 4 名 累 計 30 万 円 以 上 100 万 円 未 満 青 木 勝 也 青 木 誠 青 木 保

堀 内 尚 子 保 利 喜 英 水 本 茂 水 本 保 子 宮 川 幸 子 守 屋 亘 矢 野 寿 一 山 中 富 美 男 山 内 昌 孝 和 田 邦 雄 掲 載 を 希 望 されないご 寄 附 者 4 名 累 計 30 万 円 以 上 100 万 円 未 満 青 木 勝 也 青 木 誠 青 木 保 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 未 来 への 飛 躍 基 金 寄 附 者 ご 芳 名 ~ 平 成 28 年 8 月 までにお 申 し 込 みいただいた 方 ~ 平 成 28 年 8 月 31 日 現 在 ( 五 十 音 順 ) ご 寄 附 をいただいた 皆 への 感 謝 の 意 を 込 めまして ご 芳 名 を 掲 載 させていただきます 平 成 28 年 8 月 個 人 30

More information

<4832302D31322097B794EF8E788B8B8CF68A4A2E786C73>

<4832302D31322097B794EF8E788B8B8CF68A4A2E786C73> 3 月 出 張 分 旅 費 支 給 一 覧 氏 名 旅 費 ( 医 師 ) 学 会 等 支 援 費 氏 名 旅 費 ( 医 技 ) 学 会 等 支 援 費 氏 名 旅 費 ( 看 護 ) 学 会 等 支 援 費 氏 名 旅 費 ( 事 務 ) 学 会 等 支 援 費 1 石 丸 純 一 69,796 10,000 浅 井 勝 24,883 吾 郷 佐 代 子 25,603 16,000 市 原 聡

More information

団 体 戦 男 子 団 体 MT 茨 城 熊 本 福 岡 千 葉 島 根 鹿 児 島 宮 崎 北 海 道 神 奈 川 広 島 岐 阜 愛 媛 石 川 東 京 熊 本 愛 媛 愛 知 岩 手 女 子 団 体 WT 東 京 宮 崎 新 潟 神 奈 川 鹿 児 島 千 葉 静 岡 石 川 熊 本 岐 阜 男 子 成 壮 年 団 体 OBT 神 奈 川 愛 媛 広 島 宮 崎 青 森 山 口 長 崎 岡 山

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

かしわぎ Vol.43

かしわぎ Vol.43 東 京 医 科 大 学 病 院 総 合 相 談 支 援 センターだより 平 成 25 年 7 月 1 日 43 Vol. CONTENTS 小 児 科 就 任 挨 拶 2 脳 神 経 外 科 就 任 挨 拶 2 腎 臓 内 科 就 任 挨 拶 3 高 齢 診 療 科 就 任 挨 拶 3 神 経 内 科 就 任 挨 拶 4 2013 年 ( 平 成 25 年 ) 東 京 医 科 大 学 病 院 市 民

More information

<93A790CD814088EA94CA898991E848508C668DDA97702E786C73>

<93A790CD814088EA94CA898991E848508C668DDA97702E786C73> 10000 一 般 演 題 口 演 O-0661 長 見 英 治 無 酢 酸 透 析 -3 第 2 日 目 6 月 18 日 ( 土 ) 10:30 11:30 第 12 会 場 10001 一 般 演 題 ポスター P-5-059 橋 本 和 明 血 管 炎 第 3 日 目 6 月 19 日 ( 日 ) 14:30 16:05 ポスター 会 場 10002 一 般 演 題 ポスター P-2-056

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

73 1021 吉 田 展 也 29 男 1:50:05 430 70 男 子 29 歳 以 下 10 74 1042 曽 我 陽 介 32 男 1:50:08 190 71 男 子 30 歳 台 17 75 1319 小 松 洋 助 66 男 1:50:25 960 72 男 子 60 歳 以 上

73 1021 吉 田 展 也 29 男 1:50:05 430 70 男 子 29 歳 以 下 10 74 1042 曽 我 陽 介 32 男 1:50:08 190 71 男 子 30 歳 台 17 75 1319 小 松 洋 助 66 男 1:50:25 960 72 男 子 60 歳 以 上 1 1057 藤 原 孝 志 34 男 1:15:54 930 1 男 子 30 歳 台 2 1063 原 慎 弥 35 男 1:16:34 10 2 男 子 30 歳 台 3 1041 川 嶋 洋 平 32 男 1:17:01 670 3 男 子 30 歳 台 4 1074 野 村 茂 行 37 男 1:18:03 810 4 男 子 30 歳 台 1 5 1050 田 中 啓 佑 33 男 1:18:15

More information

11年11月 治験審査委員会 会議の記録の概要

11年11月 治験審査委員会 会議の記録の概要 2015 年 5 月 治 験 審 査 委 員 会 会 議 の 記 録 の 開 催 日 時 : 2015 年 5 月 20 日 ( 水 ) 16:00~17:45 開 催 場 所 : 獨 協 医 科 大 学 越 谷 病 院 第 3 会 議 室 委 員 名 簿 及 び 出 欠 氏 名 職 業 資 格 及 び 所 属 委 員 区 分 出 欠 委 員 長 鈴 木 利 根 医 師 眼 科 専 門 副 委 員

More information

平 成 27 年 1 月 1 日 泉 浩 太 郎 医 療 法 人 光 竹 会 大 橋 ごう 脳 神 経 外 科 神 経 内 科 クリニック 福 岡 市 南 区 大 橋 1-9-16 神 経 内 科 平 成 27 年 1 月 1 日 笠 原 郁 子 医 療 法 人 弘 医 会 福 岡 鳥 飼 病 院

平 成 27 年 1 月 1 日 泉 浩 太 郎 医 療 法 人 光 竹 会 大 橋 ごう 脳 神 経 外 科 神 経 内 科 クリニック 福 岡 市 南 区 大 橋 1-9-16 神 経 内 科 平 成 27 年 1 月 1 日 笠 原 郁 子 医 療 法 人 弘 医 会 福 岡 鳥 飼 病 院 指 定 医 一 覧 指 定 年 月 日 指 定 医 氏 名 医 療 機 関 名 医 療 機 関 住 所 診 療 科 平 成 27 年 1 月 1 日 稲 村 孝 紀 稲 村 脳 神 経 外 科 クリニック 福 岡 市 早 良 区 西 新 4-9-35 真 栄 ビル2F 脳 神 経 外 科, 神 経 内 科 平 成 27 年 1 月 1 日 髙 松 美 紀 医 療 法 人 あおばクリニック 福 岡 市

More information

H18全国選抜シングルス予選試合結果.xls

H18全国選抜シングルス予選試合結果.xls 第 34 回 全 国 高 等 学 校 選 抜 卓 球 大 会 シングルスの 部 滋 賀 県 予 選 会 日 時 平 成 9 年 月 3 日 ( 土 ) 午 前 9 時 30 分 ~ 場 所 競 技 役 員 競 技 委 員 長 堀 内 安 宏 副 競 技 委 員 長 乾 文 晃 審 判 長 目 片 康 人 副 審 判 長 高 橋 義 昭 進 行 委 員 長 村 井 正 博 進 行 ( 男 子 ) 前

More information

<90B68A558BB388E78D758DC08A4A8DC38FEE95F1955C>

<90B68A558BB388E78D758DC08A4A8DC38FEE95F1955C> 03 年 5 月 開 催 分 3040 第 5 回 出 雲 睡 眠 学 セミナー 03/05/08 9:00 ~ 0:5 工 藤 0 69 小 児 の 睡 眠 愛 媛 大 学 睡 眠 医 療 センター 准 教 授 岡 靖 哲 305 松 江 皮 膚 科 医 会 学 術 講 演 会 03/05/ 8:30 ~ 9:45 田 辺 三 菱 製 薬 ( 株 ) 松 江 テルサ 大 谷 9 73 リウマチ 性

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

平 成 5 年 度 宮 城 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 女 子 学 校 対 抗 常 盤 木 利 府 松 島 9 5 石 巻 5 名 取 多 賀 城 4 亘 理 5 仙 台 4 4 4 5 気 仙 沼 石 巻 好 文 館 6 仙 台 二 6 塩 釜 7 仙 台 一 7 仙 台 商 8

平 成 5 年 度 宮 城 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 女 子 学 校 対 抗 常 盤 木 利 府 松 島 9 5 石 巻 5 名 取 多 賀 城 4 亘 理 5 仙 台 4 4 4 5 気 仙 沼 石 巻 好 文 館 6 仙 台 二 6 塩 釜 7 仙 台 一 7 仙 台 商 8 平 成 5 年 度 宮 城 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 競 技 男 子 学 校 対 抗 学 園 9 5 登 米 5 名 取 利 府 4 仙 台 向 山 5 泉 5 4 4 6 学 院 榴 ヶ 岡 6 4 仙 聖 東 台 和 北 7 仙 台 一 7 大 河 原 商 8 黒 川 6 6 8 岩 ヶ 崎 9 佐 沼 4 9 石 巻 西 仙 台 三 多 賀 城 学 園 5 5 6 仙

More information

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73>

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73> 1R1 2 2-0 3 1R2 7 2-0 8 中 野 誠 2 石 井 諒 3 西 野 純 平 3 石 黒 慶 3 須 藤 雄 太 2 中 村 翔 3 玉 木 祐 介 3 河 野 太 郎 3 S1 今 田 利 希 3 石 渡 達 也 3 S1 見 目 悠 平 2 判 治 康 久 3 S2 藤 崎 勇 樹 3 磯 野 一 宏 3 S2 伊 藤 克 麻 2 尾 張 拓 也 3 1R3 10 2-0 9

More information

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭 人 事 異 動 新 小 樽 市 辞 令 部 ( 職 ) 公 営 企 業 管 理 者 ( 水 道 局 ) 小 樽 病 院 事 務 局 小 軽 米 文 仁 産 業 港 湾 部 港 湾 部 磯 谷 揚 一 生 活 環 境 部 経 済 部 次 小 原 正 徳 生 活 環 境 部 参 事 ( 北 しりべし 広 域 連 合 派 遣 ) 環 境 部 次 五 十 嵐 映 児 医 療 保 険 部 市 民 部 佃 信

More information

女 子 学 校 対 抗 1 横 浜 商 業 2 拓 大 紅 陵 樹 徳 4 明 秀 学 園 文 大 杉 並 6 和 洋 女 子 7 21 18 1 11 25 1 18 1 2 19 12 5 1 22 11 1 26 111 真 岡 女 子 8 41 42 星 野 吉 田 1 大 成 女 子 相

女 子 学 校 対 抗 1 横 浜 商 業 2 拓 大 紅 陵 樹 徳 4 明 秀 学 園 文 大 杉 並 6 和 洋 女 子 7 21 18 1 11 25 1 18 1 2 19 12 5 1 22 11 1 26 111 真 岡 女 子 8 41 42 星 野 吉 田 1 大 成 女 子 相 男 子 学 校 対 抗 栄 1 21 18 1 1 11 25 2 1 19 1 2 12 2 22 2 11 1 1 1 26 14 111 2 2 112 15 27 11 2 26 2 2 11 1 1 16 4 1 24 114 2 17 28 16 経 大 附 東 海 大 菅 生 2 17 高 専 商 大 付 日 大 豊 山 18 横 浜 商 業 4 19 伊 勢 崎 商 業 桐 蔭 学

More information

【8/28付 14題応募】

【8/28付 14題応募】 会 長 : 松 村 明 ( 筑 波 大 学 医 学 医 療 系 脳 神 経 外 科 教 授 ) 日 会 時 : 平 成 28 年 11 月 5 日 ( 土 ) 12:30~18:50 場 : 都 市 センターホテル 5 階 オリオン 東 京 都 千 代 田 区 平 河 町 2-4-1 TEL(03)3265-8211 http://www.toshicenter.co.jp/ 最 寄 駅 東 京 メトロ

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

男 子 () 4. 原 山 川 合 ペア( 山 口 大 学 ) 64 岡 田 山 内 ( 福 平 大 ) 片 山 林 ( 福 平 大 ) 落 合 池 田 ( 岡 県 大 ) 瀬 田 簗 瀬 ( 岡 山 大 ) 奥 嶋 水 田 ( 岡 山 大 ) 永 見 松 葉 ( 下 市 大

男 子 () 4. 原 山 川 合 ペア( 山 口 大 学 ) 64 岡 田 山 内 ( 福 平 大 ) 片 山 林 ( 福 平 大 ) 落 合 池 田 ( 岡 県 大 ) 瀬 田 簗 瀬 ( 岡 山 大 ) 奥 嶋 水 田 ( 岡 山 大 ) 永 見 松 葉 ( 下 市 大 男 子 () 藤 田 石 井 ( 吉 備 国 ) 夫 津 木 多 原 ( 岡 山 大 ) 濱 田 生 林 ( 福 平 大 ) 前 国 西 ( 広 工 大 ) 白 石 open ( 広 経 大 ) 野 津 本 田 ( 広 経 大 ) 4 4 日 高 村 井 ( 広 修 大 ) 山 片 守 江 ( 広 島 大 ) 5 5 向 田 前 川 ( 岡 山 大 ) 6 小 寺 加 藤 ( 川 福 大 ) 山 田

More information

NEWS NEWS శ Ŀ ڕ 9RO N.H.O Sendai Medical Center 平成22年4月26日 月 に 永年勤続職員表彰伝達式が行われました 写真は表彰式に出席された皆さんです 関連記事P03 基本理念 人に喜んでもらえるよう みんなでこの病院を良くしよう 基本方針 1 人を大切にする 2 安全 良質な医療の提供 3 高度総合医療の提供 4 地域医療への貢献と連携 5 国際レベルでの医療

More information

( 児 童 福 祉 係 長 ) 近 藤 広 之 原 田 幸 治 南 波 進 栄 知 ( 国 保 係 長 ) 服 部 一 広 農 政 課 営 繕 建 築 課 ( 公 営 住 宅 係 長 ) 鈴 木 彰 ( 現 業 事 務 所 長 ) ( 維 持 係 長 ) 小 林 崇 史 ( 工 務 1 係 長 )

( 児 童 福 祉 係 長 ) 近 藤 広 之 原 田 幸 治 南 波 進 栄 知 ( 国 保 係 長 ) 服 部 一 広 農 政 課 営 繕 建 築 課 ( 公 営 住 宅 係 長 ) 鈴 木 彰 ( 現 業 事 務 所 長 ) ( 維 持 係 長 ) 小 林 崇 史 ( 工 務 1 係 長 ) 平 成 28 年 4 月 1 日 付 燕 市 職 員 人 事 異 動 新 旧 氏 名 220 人 128 人 部 長 級 7 人 総 務 部 長 ( 再 任 用 ) 総 務 部 長 斎 藤 純 郎 企 画 財 政 部 長 企 画 財 政 課 長 田 辺 秀 男 産 業 振 興 部 長 商 工 観 光 部 長 堀 孝 一 議 会 事 務 局 長 議 事 課 長 幸 田 博 水 道 局 長 都 市 計

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information