登 別 市 防 災 協 力 員 無 線 基 地 局 に 関 する 協 定 登 別 市 と 社 団 法 人 日 本 アマチュア 無 線 連 盟 登 別 オロフレクラブ( 以 下 オロ フレクラブ という )の 間 に 次 のように 協 定 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 協 定 は 登 別 市

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "登 別 市 防 災 協 力 員 無 線 基 地 局 に 関 する 協 定 登 別 市 と 社 団 法 人 日 本 アマチュア 無 線 連 盟 登 別 オロフレクラブ( 以 下 オロ フレクラブ という )の 間 に 次 のように 協 定 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 協 定 は 登 別 市"

Transcription

1 協 定 書 関 係

2 登 別 市 防 災 協 力 員 無 線 基 地 局 に 関 する 協 定 登 別 市 と 社 団 法 人 日 本 アマチュア 無 線 連 盟 登 別 オロフレクラブ( 以 下 オロ フレクラブ という )の 間 に 次 のように 協 定 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 協 定 は 登 別 市 防 災 協 力 員 無 線 基 地 局 ( 以 下 基 地 局 という ) をオロフレクラブの 社 団 局 とするに 伴 ない 関 連 する 事 項 について 定 めるもの とする ( 要 請 及 び 協 力 ) 第 2 条 市 長 は 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 する 恐 れがある 場 合 若 しくは 防 災 訓 練 のため 基 地 局 の 使 用 をオロフレクラブの 防 災 協 力 員 に 対 して 要 請 すること ができる 2 前 項 により 要 請 を 受 けたオロフレクラブの 防 災 協 力 員 は 協 力 しなければ ならない 3 オロフレクラブの 防 災 協 力 員 は 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 する 恐 れがある 場 合 基 地 局 の 使 用 を 市 長 に 申 し 出 て 協 力 することができる ( 通 信 統 制 ) 第 3 条 前 条 の 規 定 により 基 地 局 を 使 用 し 通 信 する 場 合 は 市 長 の 統 制 に 従 うものとする ( 通 常 使 用 ) 第 4 条 第 2 条 の 要 請 及 び 協 力 以 外 の 通 信 技 術 的 研 究 等 で 基 地 局 を 使 用 すると きは 事 前 に 市 長 へ 申 請 し 許 可 を 受 けるものとする ( 経 費 ) 第 5 条 基 地 局 を 社 団 局 にするに 伴 う 次 の 経 費 は 登 別 市 が 負 担 をする (1)オロフレクラブがJARL に 納 める 経 費 及 び 免 許 更 新 等 の 諸 経 費 (2) 基 地 局 に 備 え 付 けを 要 する 書 類 等 ( 無 線 業 務 日 誌 検 査 簿 等 )に 要 する 経 費 ( 協 議 ) 第 6 条 この 協 定 に 定 めていない 事 項 が 生 じたときは 登 別 市 とオロフレクラ ブが 協 議 して 定 める 1

3 この 協 定 の 成 立 を 証 するため 協 定 書 2 通 を 作 成 し 両 者 記 名 押 印 のうえ 各 1 通 保 有 する 昭 和 56 年 7 月 3 日 登 別 市 登 別 市 長 中 浜 元 三 郎 印 社 団 法 人 日 本 アマチュア 無 線 連 盟 登 別 オロフレクラブ 会 長 谷 本 健 一 印 2

4 北 海 道 広 域 消 防 相 互 応 援 協 定 消 防 組 織 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 226 号 ) 第 21 条 の 規 定 に 基 づき 北 海 道 広 域 消 防 応 援 協 定 を 次 のとおり 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 この 協 定 は 消 防 組 織 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 第 21 条 の 規 定 に 基 づき 北 海 道 内 の 市 町 及 び 消 防 の 一 部 事 務 組 合 ( 以 下 市 町 等 という ) 相 互 の 応 援 体 制 を 確 立 し 災 害 が 発 生 した 場 合 又 は 災 害 が 発 生 するおそれがあ る 場 合 に 有 効 に 対 処 することを 目 的 とする ( 対 象 とする 災 害 ) 第 2 条 この 協 定 の 対 象 とする 災 害 は 法 第 1 条 に 規 定 する 水 火 災 又 は 地 震 等 の 災 害 で 市 町 等 の 応 援 を 必 要 とするものとする ( 地 域 区 分 ) 第 3 条 この 協 定 による 相 互 応 援 を 円 滑 に 実 施 するため 市 町 等 を 別 表 に 掲 げる 地 域 に 区 分 する ( 代 表 消 防 機 関 の 設 置 及 び 任 務 ) 第 4 条 この 協 定 による 相 互 応 援 を 円 滑 に 実 施 するため 別 表 に 規 定 する 地 域 ごとに 地 域 代 表 消 防 機 関 を 置 き 地 域 代 表 消 防 機 関 を 総 括 する 総 括 代 表 消 防 機 関 を 置 く 2 地 域 代 表 消 防 機 関 及 び 総 括 代 表 消 防 機 関 の 選 定 は 市 町 等 の 消 防 長 の 協 議 により 行 う 3 地 域 代 表 消 防 機 関 の 任 務 は 次 の 各 号 に 掲 げるとおりとする (1) 総 括 代 表 消 防 機 関 及 び 当 該 地 域 内 消 防 本 部 との 連 絡 調 整 及 び 情 報 交 換 に 関 すること (2) 当 該 地 域 内 の 応 援 可 能 な 消 防 隊 等 の 把 握 に 関 すること (3) 応 援 の 要 請 時 における 当 該 地 域 内 の 応 援 可 能 な 消 防 隊 等 の 調 整 に 関 すること 4 総 括 代 表 消 防 機 関 の 任 務 は 次 の 各 号 に 掲 げるとおりとする (1) 北 海 道 との 連 絡 調 整 及 び 情 報 交 換 に 関 すること (2) 地 域 代 表 消 防 機 関 との 連 絡 調 整 及 び 情 報 交 換 に 関 すること (3) 北 海 道 内 の 応 援 可 能 な 消 防 隊 等 の 把 握 に 関 すること (4) 応 援 の 要 請 時 における 北 海 道 内 の 応 援 可 能 な 消 防 隊 等 の 調 整 に 関 すること ( 応 援 の 種 別 ) 第 5 条 この 協 定 による 応 援 の 種 別 は 次 の 各 号 に 掲 げるとおりとする (1) 陸 上 応 援 消 防 隊 救 助 隊 又 は 救 急 隊 による 応 援 (2) 航 空 応 援 回 転 翼 航 空 機 を 装 備 した 消 防 吏 員 の 一 隊 ( 以 下 航 空 隊 という )によ る 応 援 ( 応 援 隊 等 の 登 録 ) 第 6 条 市 町 等 は 応 援 が 可 能 な 消 防 隊 救 助 隊 救 急 隊 及 び 航 空 隊 ( 以 下 応 援 隊 と いう ) 並 びに 資 機 材 をあらかじめ 登 録 するものとする 3

5 ( 応 援 要 請 の 方 法 ) 第 7 条 応 援 の 要 請 は 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 市 町 等 ( 以 下 要 請 側 という )の 長 から 他 の 市 町 等 の 長 に 対 し 災 害 の 規 模 に 応 じて 次 の 各 号 の 区 分 により 行 う (1) 陸 上 応 援 要 請 ア 第 1 要 請 当 該 市 町 等 が 隣 接 の 市 町 等 に 対 して 行 う 応 援 要 請 イ 第 2 要 請 当 該 市 町 等 が 構 成 する 別 表 の 地 域 内 の 他 の 市 町 等 に 対 して 行 う 応 援 要 請 ( 第 1 要 請 を 除 く ) ウ 第 3 要 請 当 該 市 町 等 が 構 成 する 別 表 の 地 域 外 の 市 町 等 に 対 して 行 う 応 援 要 請 ( 第 1 要 請 を 除 く ) (2) 航 空 応 援 要 請 航 空 隊 の 応 援 を 必 要 とする 応 援 要 請 2 陸 上 応 援 要 請 は 第 1 要 請 第 2 要 請 第 3 要 請 の 順 に 行 うものとする ただし 要 請 側 の 長 が 特 に 認 めた 場 合 は この 限 りでない 3 前 項 の 陸 上 応 援 要 請 のうち 第 2 要 請 にあっては 要 請 側 の 地 域 代 表 消 防 機 関 を 第 3 要 請 にあっては 要 請 側 の 地 域 代 表 消 防 機 関 総 括 代 表 消 防 機 関 及 び 応 援 要 請 をされ た 市 町 等 の 地 域 代 表 消 防 機 関 を 経 由 して 行 うものとする ( 応 援 隊 の 派 遺 ) 第 8 条 前 条 の 規 定 により 応 援 の 要 請 を 受 けた 市 町 等 ( 以 下 応 援 側 という )の 長 は 特 別 の 事 情 がない 限 り 応 援 隊 を 派 遣 するものとする 2 応 援 側 の 長 は 応 援 隊 を 派 遣 するときは 要 請 側 の 長 に 対 し その 旨 を 通 知 しなけれ ばならない この 場 合 において 前 条 第 3 項 の 規 定 により 経 由 することとされている 代 表 消 防 機 関 を 経 由 した 応 援 要 請 にあっては 当 該 代 表 消 防 機 関 を 経 由 して 通 知 するもの とする ( 応 援 隊 の 指 揮 ) 第 9 条 応 援 隊 の 指 揮 は 要 請 側 の 長 が 行 うものとする ( 応 援 経 費 の 負 担 ) 第 10 条 陸 上 応 援 に 要 する 経 費 は 要 請 側 の 負 担 とする ただし 次 の 各 号 に 掲 げる 経 費 は 応 援 側 の 負 担 とする (1) 応 援 隊 員 の 出 動 に 係 る 旅 賞 及 び 諸 手 当 (2) 車 両 及 び 機 械 器 具 の 燃 料 費 ( 現 地 で 調 達 したものを 除 く ) (3) 車 両 及 び 機 械 器 具 の 修 理 費 4

6 (4) 消 耗 品 の 補 充 費 ( 現 地 で 調 達 したものを 除 く ) 2 航 空 応 援 に 要 する 応 援 隊 員 の 出 動 に 係 る 旅 費 及 び 諸 手 当 並 びに 回 転 翼 航 空 機 の 燃 料 費 は 原 則 として 要 請 側 の 負 担 とする 3 応 援 側 の 長 は 前 2 項 の 規 定 により 要 請 側 の 負 担 とされる 経 費 を 要 請 側 の 長 に 直 接 請 求 するものとする ( 損 害 賠 償 ) 第 11 条 応 援 隊 の 応 援 に 伴 い 発 生 した 事 故 の 処 理 に 要 する 次 の 各 号 に 掲 げる 経 費 は 要 請 側 の 負 担 とする ただし 応 援 側 の 重 大 な 過 失 により 発 生 した 損 害 賠 償 に 要 する 経 費 は 応 援 側 の 負 担 と する (1) 土 地 建 物 工 作 物 等 に 対 する 損 害 賠 償 (2) 一 般 人 の 死 傷 に 伴 う 損 害 賠 償 2 前 項 に 定 める 要 請 側 の 負 担 額 は 応 援 側 が 加 入 する 保 険 により 支 払 われる 金 額 を 控 除 した 金 額 とする ( 協 議 ) 第 12 条 この 協 定 に 定 めのない 事 項 又 は 疑 義 の 生 じた 事 項 については その 都 度 市 町 等 の 長 が 協 議 して 決 定 するものとする ( 委 任 ) 第 13 条 この 協 定 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 は 市 町 等 の 消 防 長 が 協 議 して 定 める 附 則 この 協 定 は 平 成 3 年 4 月 1 日 から 施 行 する 本 協 定 の 成 立 を 証 するため 協 定 書 72 通 を 作 成 し 記 名 押 印 のうえ 市 町 等 において 各 1 通 を 保 有 する 平 成 3 年 2 月 13 日 ( 注 道 内 72 消 防 本 部 の 長 が 記 名 押 印 略 ) 5

7 別 表 地 域 構 成 市 町 等 道 西 函 館 市 森 町 八 雲 町 長 万 部 町 渡 島 西 部 広 域 事 務 組 合 南 渡 島 消 防 事 務 組 合 渡 島 東 部 消 防 事 務 組 合 檜 山 広 域 行 政 組 合 地 域 道 南 室 蘭 市 苫 小 牧 市 登 別 市 伊 達 市 白 老 町 西 胆 振 消 防 組 合 胆 振 東 部 消 防 組 合 日 高 東 部 消 防 組 合 日 高 中 部 消 防 組 合 日 高 西 部 消 防 組 合 地 域 道 央 地 域 札 幌 市 小 樽 市 夕 張 市 美 唄 市 芦 別 市 江 別 市 赤 平 市 三 笠 市 千 歳 市 歌 志 内 市 恵 庭 市 広 島 町 上 砂 川 町 石 狩 北 部 地 区 消 防 事 務 組 合 羊 蹄 山 ろく 消 防 組 合 岩 内 寿 都 地 方 消 防 組 合 北 後 志 消 防 組 合 滝 川 地 区 広 域 消 防 事 務 組 合 岩 見 沢 地 区 消 防 事 務 組 合 深 川 地 区 消 防 組 合 砂 川 地 区 広 域 消 防 組 合 南 空 知 消 防 組 合 道 北 地 旭 川 市 増 毛 町 上 川 北 部 消 防 事 務 組 合 士 別 地 方 消 防 事 務 組 合 上 川 南 部 消 防 事 務 組 合 大 雪 消 防 組 合 上 川 中 部 消 防 組 合 富 良 野 地 区 消 防 組 合 北 留 萌 消 防 組 合 留 萌 消 防 組 合 稚 内 地 区 消 防 事 務 組 合 利 尻 礼 文 消 防 事 務 組 合 南 宗 谷 消 防 組 合 域 釧 路 市 帯 広 市 根 室 市 留 辺 蓁 町 網 走 地 区 消 防 組 合 北 見 地 区 消 防 組 合 紋 別 道 地 区 消 防 組 合 遠 軽 地 区 広 域 組 合 美 幌 津 別 消 防 事 務 組 合 斜 里 地 区 消 防 組 合 東 西 十 勝 消 防 組 合 北 十 勝 消 防 事 務 組 合 東 十 勝 消 防 事 務 組 合 池 北 三 町 行 政 事 務 組 地 合 南 十 勝 消 防 事 務 組 合 釧 路 北 部 消 防 事 務 組 合 釧 路 東 部 消 防 組 合 釧 路 西 部 消 域 防 組 合 根 室 北 部 消 防 事 務 組 合 6

8 北 海 道 広 域 消 防 相 互 応 援 協 定 覚 書 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 覚 書 は 北 海 道 広 域 消 防 相 互 応 援 協 定 ( 以 下 協 定 という ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 協 定 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 代 表 消 防 機 関 の 選 定 ) 第 2 条 協 定 第 4 条 に 規 定 する 地 域 代 表 消 防 機 関 及 び 総 括 代 表 消 防 機 関 は 別 表 1に 定 め る 消 防 本 部 とする ( 応 援 隊 等 の 登 録 ) 第 3 条 協 定 第 6 条 の 規 定 により 登 録 する 応 援 隊 及 び 資 機 材 は 別 表 2に 掲 げるとおりと する ( 応 援 要 請 の 方 法 ) 第 4 条 協 定 第 7 条 に 規 定 する 応 援 の 要 請 は 次 に 掲 げる 事 項 を 明 確 にし 電 話 ファク シミリ 等 により 行 うものとする (1) 災 害 の 種 別 発 生 場 所 及 び 災 害 の 状 況 (2) 応 援 隊 の 種 別 及 び 隊 数 並 びに 資 機 材 (3) 応 援 隊 の 集 結 場 所 (4) 航 空 隊 の 着 陸 可 能 な 場 所 及 び 給 油 体 制 (5) 航 空 隊 の 誘 導 方 法 (6) 災 害 現 場 付 近 の 気 象 状 況 ( 応 援 隊 派 遣 の 通 知 の 方 法 ) 第 5 条 応 援 隊 を 派 遣 する 場 合 の 通 知 は 次 に 掲 げる 事 項 を 明 確 にし 電 話 ファクシミ リ 等 により 行 うものとする (1) 応 援 隊 の 最 高 指 揮 者 の 職 氏 名 (2) 応 援 隊 の 出 発 時 刻 及 び 到 着 予 定 時 間 (3) 応 援 隊 の 派 遣 経 路 ( 総 括 代 表 消 防 機 関 及 び 道 知 事 への 連 絡 ) 第 6 条 地 域 代 表 消 防 機 関 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 は 総 括 代 表 消 防 機 関 に 直 ちにその 旨 を 連 絡 するものとする (1) 第 2 要 請 の 要 請 があった 場 合 (2) 第 2 要 請 に 係 る 応 援 隊 の 派 遣 の 通 知 が 会 った 場 合 2 総 括 代 表 消 防 機 関 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 は 北 海 道 知 事 に 直 ちにその 旨 を 連 絡 す るものとする (1) 前 項 第 1 号 に 規 定 する 要 請 の 連 絡 及 び 第 3 要 請 の 要 請 があった 場 合 (2) 前 項 第 2 号 に 規 定 する 派 遣 の 通 知 の 連 絡 及 び 第 3 要 請 に 係 る 応 援 隊 の 派 遣 の 通 知 があった 場 合 7

9 3 航 空 応 援 の 要 請 を 受 けた 市 町 等 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 は 北 海 道 知 事 に 直 ちにそ の 旨 を 連 絡 するものとする (1) 航 空 応 援 要 請 を 受 けた 場 合 (2) 航 空 隊 を 派 遣 する 場 合 ( 応 援 隊 到 着 時 の 報 告 等 ) 第 7 条 応 援 隊 の 最 高 指 揮 者 は 当 該 応 援 隊 が 災 害 現 場 に 到 着 したときは 要 請 側 の 現 場 最 高 指 揮 者 から 直 ちに 次 に 掲 げる 事 項 を 確 認 するとともに 必 要 な 指 示 を 受 けるものと する (1) 災 害 の 状 況 (2) 活 動 方 針 (3) 活 動 中 の 消 防 隊 等 の 隊 数 及 び 活 動 概 要 (4) 応 援 隊 の 活 動 範 囲 及 び 任 務 (5) 使 用 無 線 周 波 数 (6) 安 全 管 理 上 の 注 意 事 項 ( 応 援 隊 引 揚 げ 時 の 報 告 ) 第 8 条 応 援 隊 の 最 高 指 揮 者 は 要 請 側 の 現 場 最 高 指 揮 者 から 引 揚 げの 措 示 があった 場 合 は 次 に 掲 げる 事 項 を 報 告 したのち 引 揚 げるものとする (1) 応 援 隊 の 活 動 概 要 (2) 隊 員 の 負 傷 の 有 無 (3) 車 両 機 械 器 具 の 損 傷 及 び 活 動 中 の 異 常 の 有 無 ( 応 援 活 動 の 報 告 ) 第 9 条 応 援 側 の 消 防 長 は 応 援 隊 が 帰 署 したときは 速 やかに 応 援 活 動 の 概 要 を 応 援 活 動 報 告 書 ( 様 式 1)により 要 請 側 の 消 防 長 に 報 告 しなければならない ( 経 費 の 請 求 ) 第 10 条 応 援 側 の 長 が 協 定 第 10 条 第 3 項 の 規 定 により 応 援 に 要 した 経 費 を 請 求 すると きは 応 援 経 費 請 求 書 ( 様 式 2)により 行 うものとする ( 協 議 ) 第 11 条 この 覚 書 に 定 めのない 事 項 又 は 疑 義 の 生 じた 事 項 については その 都 度 市 町 等 の 消 防 長 が 協 議 して 決 定 するものとする 附 則 この 覚 書 は 平 成 3 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 覚 書 の 成 立 を 証 するため 本 書 72 通 を 作 成 し 記 名 押 印 のうえ 市 町 等 において 各 1 通 を 保 有 する 平 成 3 年 2 月 13 日 8

10 別 表 1( 第 2 条 関 係 ) 地 域 代 表 消 防 機 関 及 び 総 括 代 表 消 防 機 関 消 防 本 部 1 地 域 代 表 消 防 機 関 地 域 地 域 代 表 消 防 機 関 道 西 地 域 全 国 消 防 長 会 北 海 道 支 部 道 西 地 区 協 議 会 区 長 所 在 消 防 本 部 道 南 地 域 全 国 消 防 長 会 北 海 道 支 部 道 南 地 区 協 議 会 区 長 所 在 消 防 本 部 道 央 地 域 全 国 消 防 長 会 北 海 道 支 部 道 央 地 区 協 議 会 区 長 所 在 消 防 本 部 道 北 地 域 全 国 消 防 長 会 北 海 道 支 部 道 北 地 区 協 議 会 区 長 所 在 消 防 本 部 道 東 地 域 全 国 消 防 長 会 北 海 道 支 部 道 東 地 区 協 議 会 区 長 所 在 消 防 本 部 2 総 括 代 表 消 防 機 関 総 括 代 表 消 防 機 関 全 国 消 防 長 会 北 海 道 支 部 支 部 長 所 在 消 防 本 部 9

11 室 蘭 市 と 登 別 市 の 北 海 道 広 域 消 防 相 互 応 援 協 定 に 基 づく 申 合 せ 事 項 室 蘭 市 消 防 長 と 登 別 市 消 防 長 は 北 海 道 広 域 消 防 相 互 応 援 協 定 ( 平 成 3 年 4 月 1 日 施 行 以 下 協 定 という ) 第 13 条 の 規 程 に 基 づき 相 互 応 援 の 実 施 に 関 する 必 要 事 項 につい て 次 ぎのとおり 申 合 せする 1 境 界 地 域 での 応 援 の 方 法 は 協 定 第 7 条 の 規 定 によるほか 次 のとおりとする (1) 別 表 に 定 める 区 域 内 に 発 生 した 火 災 等 を 受 報 又 は 覚 知 したときは 要 請 側 の 長 か ら 応 援 の 要 請 があったものとして 応 援 側 から1 隊 出 動 するものとする ( 以 下 こ の 応 援 を 認 知 応 援 という )ただし 自 己 の 行 政 区 域 内 災 害 が 発 生 し 出 動 中 の 場 合 又 は 特 別 の 理 由 により 応 援 隊 を 派 遣 する 事 ができない 場 合 は この 限 りではな い (2) 認 知 応 援 で 出 動 したが 現 場 に 近 付 くにつれ 認 知 応 援 区 域 外 であることが 判 明 した 場 合 であっても 認 知 応 援 として 応 援 するものとする 2 この 申 合 せ 事 項 は 平 成 3 年 4 月 1 日 から 施 行 する 3 この 申 合 せ 事 項 を 証 するため 本 書 2 通 を 作 成 し 双 方 が 記 名 押 印 のうえ 各 1 通 を 保 有 する 平 成 3 年 3 月 29 日 室 蘭 市 消 防 長 渡 部 源 吾 登 別 市 消 防 長 事 務 取 扱 登 別 市 助 役 菊 地 衛 別 表 認 知 応 援 の 区 域 室 蘭 市 側 が 応 援 す る 区 域 登 別 市 側 が 応 援 す る 区 域 登 別 市 美 園 町 鷲 別 町 1 丁 目 室 蘭 市 水 元 町 高 砂 町 鷲 別 町 2 丁 目 鷲 別 町 3 丁 目 日 の 出 町 2 丁 目 日 の 出 町 3 丁 目 鷲 別 町 4 丁 目 鷲 別 町 6 丁 目 10

12 災 害 時 における 相 互 援 助 に 関 する 協 定 書 登 別 市 ( 以 下 甲 という )と 白 石 市 ( 以 下 乙 という )は 大 規 模 災 害 時 における 甲 と 乙 の 相 互 援 助 について 次 のとおり 協 定 する ( 目 的 ) 第 1 条 この 協 定 は 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 )の 適 用 を 受 ける 大 規 模 な 災 害 又 は 甲 若 しくは 乙 が 援 助 を 必 要 とする 災 害 が 発 生 したとき 応 急 復 旧 のための 援 助 を 行 うことにより 市 民 生 活 の 安 定 をはかることを 目 的 とする ( 援 助 の 内 容 ) 第 2 条 災 害 の 内 容 に 応 じ 作 業 員 等 の 派 遣 及 び 資 機 材 食 料 品 及 び 医 薬 品 等 の 援 助 を 行 うほか 必 要 に 応 じ 被 災 者 及 び 被 災 児 童 等 の 受 入 れを 行 うことが できる ( 援 助 要 請 の 手 続 ) 第 3 条 報 道 機 関 等 の 情 報 により 被 災 があったことを 知 った 市 は 災 害 の 状 況 を 知 った 時 点 で 被 災 のあった 市 に 援 助 の 申 し 入 れを 行 うことができる 2 前 条 の 規 定 にかかわらず 援 助 を 受 けようとする 市 ( 以 下 被 災 市 とい う )は 電 話 等 により 援 助 を 要 請 し 後 日 速 やかに 文 書 を 提 出 するものと する ( 経 費 の 負 担 ) 第 4 条 援 助 に 要 した 経 費 は 援 助 を 行 った 市 が 負 担 する ただし 経 費 の 額 が 著 しく 大 きい 場 合 にあっては 甲 と 乙 が 協 議 して 定 めるものとする ( 情 報 資 料 の 交 換 ) 第 5 条 甲 及 び 乙 は この 協 定 に 基 づく 援 助 が 円 滑 に 行 われるよう 地 域 防 災 計 画 その 他 必 要 な 情 報 資 料 を 相 互 に 交 換 するものとする ( 連 絡 主 管 課 ) 第 6 条 甲 及 び 乙 は あらかじめ 相 互 応 援 に 関 する 連 絡 主 管 課 を 定 め 災 害 が 発 生 したときは 速 やかに 相 互 に 連 絡 するものとする 11

13 ( 覚 書 及 び 協 議 ) 第 7 条 この 協 定 に 基 づく 実 施 細 目 は 別 に 定 め 協 定 に 定 めのない 事 項 及 び 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 は その 都 度 甲 と 乙 が 協 議 して 定 めるものとする この 協 定 の 締 結 を 証 するため 本 書 2 通 を 作 成 し 甲 乙 記 名 押 印 の 上 各 自 1 通 を 保 有 するものとする 平 成 7 年 3 月 14 日 甲 登 別 市 長 上 野 晃 乙 白 石 市 長 井 川 定 一 12

14 室 蘭 市 登 別 市 伊 達 市 豊 浦 町 壮 瞥 町 洞 爺 湖 町 6 市 町 防 災 協 定 室 蘭 市 登 別 市 伊 達 市 豊 浦 町 壮 瞥 町 洞 爺 湖 町 ( 以 下 提 携 市 町 という )は 防 災 に 関 して 次 のとおり 協 定 する ( 目 的 ) 第 1 条 この 協 定 は 平 常 時 及 び 災 害 時 における 防 災 に 関 して 提 携 市 町 が 相 互 に 協 力 することにより 災 害 対 策 の 強 化 並 びに 災 害 が 発 生 した 場 合 における 迅 速 な 応 急 活 動 を 実 施 して 被 害 の 軽 減 と 被 災 者 の 救 護 を 図 り もって 提 携 市 町 住 民 の 福 祉 の 増 進 に 資 す ることを 目 的 とする ( 平 常 時 における 相 互 協 力 ) 第 2 条 提 携 市 町 は 平 常 時 における 災 害 の 予 防 その 他 防 災 対 策 の 充 実 を 図 るため 次 の 各 号 に 掲 げる 事 業 について 共 同 して 実 施 し 若 しくは 相 互 に 協 力 するものとする (1) 地 域 防 災 計 画 その 他 各 提 携 市 町 が 作 成 又 は 取 得 した 防 災 に 関 する 資 料 及 び 情 報 の 提 供 (2) 各 提 携 市 町 が 実 施 する 防 災 訓 練 への 協 力 参 加 (3) 情 報 伝 達 等 の 通 信 訓 練 その 他 の 訓 練 の 共 同 実 施 (4) 提 携 市 町 の 職 員 及 び 住 民 を 対 象 とした 研 修 会 講 演 会 その 他 防 災 に 関 する 催 事 の 共 同 開 催 (5) 災 害 時 医 療 体 制 その 他 広 域 的 な 対 応 が 必 要 な 事 項 の 調 整 及 び 調 査 研 究 (6)その 他 この 協 定 の 目 的 達 成 のため 有 効 な 事 業 ( 災 害 時 における 相 互 応 援 ) 第 3 条 提 携 市 町 において 災 害 が 発 生 し 災 害 を 受 けた 市 町 ( 以 下 被 災 市 町 と いう )が 独 自 では 十 分 な 応 急 措 置 が 困 難 な 場 合 においては 提 携 市 町 が 加 入 する 北 海 道 広 域 消 防 相 互 応 援 協 定 及 び 日 本 水 道 協 会 北 海 道 地 方 支 部 震 害 に 伴 う 水 道 施 設 被 害 復 旧 に 関 する 相 互 応 援 対 策 要 綱 に 定 めるもののほか 次 条 以 下 に 定 めるところによ り 他 の 提 携 市 町 に 対 して 応 援 を 要 請 することができるものとする 2 応 援 を 要 請 された 市 町 ( 以 下 応 援 市 町 という )は 自 己 の 区 域 内 の 災 害 に 対 する 応 急 措 置 を 実 施 する 必 要 がある 場 合 等 真 にやむを 得 ない 事 情 がある 場 合 を 除 き 救 援 に 努 めるものとする ( 応 援 の 種 類 ) 第 4 条 応 援 の 種 類 は 次 のとおりとする (1) 食 糧 飲 料 水 及 び 生 活 必 需 品 並 びにその 供 給 に 必 要 な 資 機 材 の 提 供 又 はあっ 旋 (2) 救 援 及 び 救 助 活 動 に 必 要 な 車 両 等 の 提 供 又 はあっ 旋 (3) 被 災 者 の 救 出 医 療 防 疫 並 びに 応 急 復 旧 に 必 要 な 医 薬 品 等 の 物 資 及 び 資 機 材 の 提 供 又 はあっ 旋 13

15 (4) 救 援 及 び 応 急 復 旧 に 必 要 な 職 員 の 派 遣 (5) 児 童 生 徒 の 受 入 れ (6) 被 災 者 に 対 する 住 宅 の 提 供 (7)ボランティアのあっ 旋 (8) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 要 請 のあった 事 項 ( 応 援 要 請 手 続 ) 第 5 条 被 災 市 町 が 応 援 の 要 請 をする 場 合 は 次 の 事 項 を 明 らかにして 第 9 条 第 1 項 に 定 める 連 絡 担 当 部 局 に 対 して 電 話 又 は 電 信 により 要 請 し 後 日 速 やかに 文 書 を 送 付 す るものとする (1) 被 害 の 状 況 (2) 前 条 第 1 号 から 第 3 号 までに 掲 げる 応 援 を 要 請 する 場 合 にあっては 物 資 車 両 資 機 材 の 種 類 品 名 及 び 数 量 (3) 前 条 第 4 号 に 掲 げる 応 援 を 要 請 する 場 合 にあっては 職 員 の 職 種 人 数 及 び 業 務 内 容 (4) 前 条 第 5 号 に 掲 げる 応 援 を 要 請 する 場 合 にあっては 学 年 及 び 人 数 (5) 前 条 第 6 号 に 掲 げる 応 援 を 要 講 する 場 合 にあっては 世 帯 数 及 び 人 数 (6) 前 条 第 7 号 に 掲 げる 応 援 を 要 請 する 場 合 にあっては 人 数 及 び 業 務 内 容 (7) 応 援 場 所 及 び 応 援 場 所 への 経 路 (8) 応 援 の 期 間 (9)その 他 必 要 な 事 項 ( 応 援 のため 派 遣 された 職 員 の 指 揮 ) 第 6 条 応 援 のため 派 遣 された 職 員 は 原 則 として 被 災 市 町 の 市 長 又 は 町 長 の 指 揮 の 下 に 活 動 するものとする ( 経 費 の 負 担 ) 第 7 条 応 援 に 要 する 経 費 の 負 担 区 分 は 次 のとおりとする (1) 第 4 条 第 1 号 から 第 3 号 及 び 第 5 号 から 第 7 号 に 掲 げる 応 援 の 経 費 については 原 則 として 被 災 市 町 の 負 担 とする (2) 第 4 条 第 4 号 に 掲 げる 応 援 の 経 費 については 応 援 市 町 の 負 担 とする ( 応 援 の 自 主 出 動 ) 第 8 条 災 害 が 発 生 し 被 災 市 町 との 連 絡 がとれない 場 合 又 は 緊 急 を 要 する 場 合 で 応 援 を 行 おうとする 市 町 が 必 要 と 認 めたときは 関 係 職 員 で 構 成 する 情 報 収 集 班 を 派 遣 し 被 災 地 の 情 報 収 集 を 行 うとともに 当 該 情 報 に 基 づき 必 要 な 応 援 を 行 うものとする 2 前 項 の 応 援 に 要 した 費 用 の 負 担 については 前 条 の 規 定 を 準 用 する ただし 被 災 地 の 情 報 収 集 に 要 する 経 費 は 応 援 を 行 おうとする 市 町 の 負 担 とする ( 連 絡 担 当 部 局 ) 第 9 条 提 携 市 町 は この 協 定 に 基 づく 相 互 応 援 のための 窓 口 として あらかじめ 連 絡 14

16 担 当 部 局 を 定 めておくものとする 2 連 絡 担 当 部 局 は 応 援 の 円 滑 化 を 図 るため 災 害 が 発 生 したときは 速 やかに 緊 密 な 情 報 交 換 を 行 うものとする ( 他 市 町 村 の 災 害 に 対 する 応 援 の 協 力 ) 第 10 条 各 提 携 市 町 は それぞれの 友 好 市 町 又 は 相 互 応 援 協 定 市 町 において 災 害 が 発 生 し 応 援 を 要 する 場 合 において 提 供 する 物 資 及 び 資 機 材 等 の 調 達 が 困 難 である 場 合 等 特 別 の 事 情 があるときは 提 携 市 町 に 対 して 協 力 を 求 めることができるものとす る (その 他 ) 第 11 条 この 協 定 の 実 施 に 関 して 必 要 な 事 項 及 びこの 協 定 に 定 めのない 事 項 は 提 携 市 町 が 協 議 して 定 めるものとする この 協 定 を 証 するため 本 書 6 通 を 作 成 し 各 市 町 の 市 長 又 は 町 長 が 署 名 の 上 各 1 通 を 保 有 する 平 成 23 年 9 月 2 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 登 別 市 長 小 笠 原 春 一 伊 達 市 長 菊 谷 秀 吉 豊 浦 町 長 工 藤 國 夫 壮 瞥 町 長 佐 藤 秀 敏 洞 爺 湖 町 長 真 屋 敏 春 15

17 室 蘭 市 登 別 市 伊 達 市 豊 浦 町 壮 瞥 町 洞 爺 湖 町 6 市 町 防 災 協 定 実 施 細 目 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 実 施 細 目 は 室 蘭 市 登 別 市 伊 達 市 豊 浦 町 壮 瞥 町 洞 爺 湖 町 6 市 町 防 災 協 定 ( 以 下 協 定 という ) 第 11 条 の 規 定 に 基 づき 協 定 の 実 施 に 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 応 援 職 員 の 公 務 災 害 等 ) 第 2 条 協 定 第 4 条 第 4 号 の 規 定 により 派 遣 した 職 員 ( 以 下 応 援 職 員 という )が そ の 応 援 業 務 により 負 傷 し 疾 病 にかかり 又 は 死 亡 した 場 合 における 公 務 災 害 補 償 に 要 する 経 費 は 応 援 市 町 の 負 担 とする ただし 派 遣 場 所 において 応 急 治 療 した 場 合 の 治 療 費 は 被 災 市 町 の 負 担 とする ( 損 害 賠 償 責 任 ) 第 3 条 応 援 職 員 が 業 務 上 第 三 者 に 損 害 を 与 えた 場 合 において その 損 害 が 応 援 業 務 の 従 事 中 に 生 じたものについては 被 災 市 町 がその 賠 償 責 任 を 負 う ただし 応 援 職 員 の 重 大 な 過 失 により 生 じたもの 及 び 被 災 市 町 への 往 復 の 途 中 において 生 じたものにつ いては 応 援 市 町 が 賠 償 責 任 を 負 う ( 経 費 の 負 担 方 法 ) 第 4 条 協 定 第 7 条 第 1 号 の 規 定 により 被 災 市 町 が 負 担 すべき 経 費 については 応 援 市 町 が 一 時 繰 替 支 弁 するものとする ただし あっ 旋 した 物 資 資 機 材 及 び 車 両 等 の 経 費 についてはこの 限 りでない 2 応 援 市 町 は 前 項 により 一 時 繰 替 支 弁 した 経 費 について 次 により 算 定 した 額 を 被 災 市 町 に 請 求 する (1) 物 資 及 び 貸 与 以 外 の 資 機 材 については 当 該 物 資 及 び 資 機 材 の 購 入 費 ( 備 蓄 して いるものを 提 供 したときは 再 調 達 価 格 ) 及 び 輸 送 費 (2) 携 行 又 は 貸 与 した 車 両 機 械 器 具 及 び 資 機 材 については 借 上 料 燃 料 費 ( 現 地 調 達 したものは 除 く) 輸 送 費 及 び 破 損 又 は 故 障 が 生 じた 場 合 の 修 理 費 ( 現 地 修 理 したものは 除 く) 3 前 項 に 定 める 請 求 は 応 援 市 町 の 市 長 又 は 町 長 名 による 請 求 書 により 関 係 書 類 を 添 付 して 被 災 市 町 の 市 長 又 は 町 長 に 請 求 する 4 前 2 項 の 規 定 により 難 いときは 応 援 市 町 及 び 被 災 市 町 が 協 議 して 定 める ( 応 援 職 員 の 身 分 表 示 等 ) 第 5 条 応 援 職 員 は 応 援 市 町 名 を 表 示 する 腕 章 等 の 標 識 を 付 け その 身 分 を 明 らかに するものとする 2 応 援 職 員 は 災 害 の 状 況 に 応 じ 必 要 な 被 服 装 備 及 び 当 座 の 食 糧 等 を 携 行 するもの とする ( 連 絡 担 当 部 局 ) 第 6 条 協 定 第 9 条 第 1 項 に 規 定 する 連 絡 担 当 部 局 を 定 めたときは 当 該 部 局 名 責 任 者 及 び 補 助 者 の 職 氏 名 並 びに 電 話 電 信 番 号 ( 勤 務 時 間 外 の 場 合 も 含 む)を あらかじ め 相 互 に 通 知 するものとする これを 変 更 した 場 合 も 同 様 とする 16

18 災 害 時 における 相 互 応 援 に 関 する 協 定 書 登 別 市 ( 以 下 甲 という )と 白 老 町 ( 以 下 乙 という )は 災 害 時 における 甲 と 乙 の 相 互 応 援 について 次 のとおり 協 定 する ( 目 的 ) 第 1 条 この 協 定 は 甲 又 は 乙 の 地 域 において 応 援 を 必 要 とする 災 害 が 発 生 し たとき 応 急 対 策 及 び 復 旧 対 策 のための 応 援 を 行 うことにより 住 民 生 活 の 安 定 を 図 ることを 目 的 とする ( 応 援 の 種 類 ) 第 2 条 応 援 の 種 類 は 次 のとおりとする (1) 食 糧 飲 料 水 及 び 生 活 必 需 品 並 びにその 供 給 に 必 要 な 資 機 材 の 提 供 (2) 救 援 及 び 救 助 活 動 に 必 要 な 車 両 等 の 提 供 (3) 被 災 者 の 救 出 医 療 防 疫 並 びに 応 急 復 旧 に 必 要 な 医 薬 品 等 の 物 資 及 び 資 機 材 の 提 供 (4) 救 援 及 び 応 急 復 旧 に 必 要 な 職 員 の 派 遣 (5) 被 災 した 児 童 生 徒 の 受 入 れ (6) 被 災 者 に 対 する 住 宅 の 提 供 (7) ボランティアのあっ 旋 (8) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 要 請 があった 事 項 ( 応 援 要 請 の 手 続 ) 第 3 条 甲 又 は 乙 が 応 援 を 受 けようとする 場 合 は 次 の 事 項 を 明 らかにして 第 8 条 に 定 める 連 絡 主 管 課 に 対 して 電 話 又 は 電 信 により 要 請 し 後 日 速 や かに 当 該 事 項 を 記 載 した 文 書 を 提 出 するものとする (1) 被 害 の 状 況 (2) 前 条 第 1 号 から 第 3 号 までに 掲 げる 応 援 を 要 請 する 場 合 にあっては 物 資 車 両 資 機 材 等 の 種 類 品 名 及 び 数 量 等 17

19 (3) 前 条 第 4 号 に 掲 げる 応 援 を 要 請 する 場 合 にあっては 職 員 の 職 種 人 数 及 び 業 務 内 容 (4) 前 条 第 5 号 に 掲 げる 応 援 を 要 請 する 場 合 にあっては 児 童 生 徒 の 学 年 及 び 人 数 (5) 前 条 第 6 号 に 掲 げる 応 援 を 要 請 する 場 合 にあっては 世 帯 数 及 び 人 数 (6) 前 条 第 7 号 に 掲 げる 応 援 を 要 請 する 場 合 にあっては 人 数 及 び 業 務 内 容 (7) 応 援 場 所 及 び 応 援 場 所 への 経 路 (8) 応 援 の 期 間 (9) その 他 必 要 な 事 項 ( 応 援 のため 派 遣 された 職 員 の 指 揮 ) 第 4 条 応 援 のため 派 遣 された 職 員 は 原 則 として 被 災 した 市 町 ( 以 下 被 災 市 町 という )における 長 の 指 揮 の 下 に 行 動 するものとする ( 経 費 の 負 担 ) 第 5 条 応 援 に 要 する 経 費 の 負 担 区 分 は 次 のとおりとする (1) 第 2 条 第 1 号 から 第 3 号 まで 及 び 第 5 号 から 第 7 号 までに 掲 げる 応 援 に 要 する 経 費 については 原 則 として 被 災 市 町 の 負 担 とする (2) 第 2 条 第 4 号 に 掲 げる 応 援 に 要 する 経 費 については 応 援 を 行 った 市 町 の 負 担 とする ( 応 援 の 自 主 出 動 ) 第 6 条 災 害 が 発 生 し 被 災 市 町 との 連 絡 がとれない 場 合 において 応 援 の 必 要 があると 認 めた 甲 又 は 乙 は 関 係 職 員 で 構 成 する 情 報 収 集 班 を 派 遣 し 被 災 地 の 情 報 収 集 を 行 うとともに 当 該 情 報 に 基 づき 必 要 な 応 援 を 行 うものと する 2 前 項 の 応 援 に 要 した 経 費 の 負 担 については 前 条 の 規 定 を 準 用 する ただ し 被 災 地 の 情 報 収 集 活 動 に 要 する 経 費 は 応 援 を 行 おうとする 市 町 の 負 担 とする 18

20 ( 情 報 資 料 の 交 換 ) 第 7 条 甲 及 び 乙 は この 協 定 に 基 づく 応 援 が 円 滑 に 行 われるよう 地 域 防 災 計 画 その 他 必 要 な 情 報 資 料 を 相 互 に 交 換 するものとする ( 連 絡 主 管 課 ) 第 8 条 甲 及 び 乙 は あらかじめ 相 互 応 援 に 関 する 連 絡 主 管 課 を 定 め 災 害 が 発 生 したときは 速 やかに 相 互 に 連 絡 するものとする ( 他 の 協 定 との 関 係 ) 第 9 条 この 協 定 は 甲 又 は 乙 が 別 に 加 入 する 北 海 道 広 域 消 防 相 互 応 援 協 定 及 び 日 本 水 道 協 会 北 海 道 地 方 支 部 震 害 等 に 伴 う 水 道 施 設 被 害 復 旧 に 関 する 相 互 応 援 対 策 要 綱 の 規 定 の 適 用 を 妨 げるものではない ( 協 議 ) 第 10 条 この 協 定 に 定 めのない 事 項 及 びこの 協 定 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 は その 都 度 甲 と 乙 が 協 議 して 定 めるものとする この 協 定 の 締 結 を 証 するため 本 書 2 通 を 作 成 し 甲 乙 記 名 押 印 の 上 各 自 その1 通 を 保 有 するものとする 平 成 8 年 5 月 28 日 甲 登 別 市 長 上 野 晃 乙 白 老 町 長 見 野 全 19

21 北 海 道 消 防 防 災 ヘリコプター 応 援 協 定 ( 目 的 ) 第 1 条 この 協 定 は 北 海 道 内 の 市 町 及 び 消 防 の 一 部 事 務 組 合 ( 以 下 市 町 等 という )が 災 害 による 被 害 を 最 小 限 に 軽 減 するため 北 海 道 の 所 有 する 消 防 防 災 ヘリコプター( 以 下 消 防 防 災 ヘリコプター という )の 応 援 を 求 めることに 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 災 害 の 範 囲 ) 第 2 条 この 協 定 において 災 害 とは 消 防 組 織 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 226 号 ) 第 1 条 に 規 定 する 災 害 をいう ( 応 援 要 請 等 ) 第 3 条 災 害 が 発 生 した 市 町 等 ( 以 下 発 災 市 町 等 という )の 長 は 次 のい ずれかに 該 当 し 消 防 防 災 ヘリコプターによる 活 動 を 必 要 と 判 断 する 場 合 に 北 海 道 知 事 ( 以 下 知 事 という )に 対 して この 協 定 に 基 づき 応 援 要 請 を 行 うものとする (1) 発 災 市 町 等 の 消 防 力 によっては 災 害 防 止 が 著 しく 困 難 な 場 合 (2) 災 害 が 隣 接 する 市 町 村 に 拡 大 し 又 は 影 響 を 与 えるおそれのある 場 合 (3)その 他 消 防 防 災 ヘリコプターによる 活 動 が 最 も 有 効 と 認 められる 場 合 2 応 援 要 請 は 北 海 道 総 務 部 防 災 消 防 課 防 災 航 空 室 に 電 話 等 により 次 に 掲 げる 事 項 を 明 らかにして 行 うものとする (1) 災 害 の 種 類 (2) 災 害 発 生 の 日 時 及 び 場 所 並 びに 災 害 の 状 況 (3) 災 害 現 場 の 気 象 状 況 (4) 災 害 現 場 の 最 高 指 揮 者 の 職 氏 名 及 び 災 害 現 場 への 連 絡 方 法 (5) 消 防 防 災 ヘリコプターが 離 着 陸 する 場 所 及 び 地 上 支 援 体 制 (6) 応 援 に 要 する 資 機 材 の 品 目 及 び 数 量 (7)その 他 必 要 な 事 項 ( 防 災 航 空 隊 の 派 遣 ) 第 4 条 知 事 は 前 条 第 1 項 の 規 定 による 消 防 防 災 ヘリコプターの 応 援 要 請 を 受 けた 場 合 において 災 害 現 場 の 気 象 状 況 等 を 確 認 し 飛 行 が 可 能 な 場 合 は 総 務 部 防 災 消 防 課 防 災 航 空 室 防 災 航 空 隊 ( 以 下 防 災 航 空 隊 という )を 派 遣 するものとする 2 知 事 は 消 防 防 災 ヘリコプターの 応 援 要 請 に 応 じることができない 場 合 は 20

22 その 旨 を 速 やかに 発 災 市 町 等 の 長 に 通 報 するものとする ( 防 災 航 空 隊 の 隊 員 の 指 揮 ) 第 5 条 前 条 第 1 項 の 規 定 により 防 災 航 空 隊 を 派 遣 した 場 合 において 災 害 現 場 における 防 災 航 空 隊 の 隊 員 ( 以 下 隊 員 という )の 指 揮 は 発 災 市 町 等 の 消 防 長 が 行 うものとする ( 消 防 活 動 に 従 事 する 場 合 の 特 例 ) 第 6 条 第 3 条 第 1 項 の 規 定 による 応 援 要 請 に 基 づき 隊 員 が 消 防 活 動 に 従 事 す る 場 合 には 発 災 市 町 等 の 長 から 知 事 への 応 援 要 請 をもって 隊 員 を 派 遣 し ている 市 町 等 の 長 に 対 し 北 海 道 広 域 消 防 相 互 応 援 協 定 ( 以 下 消 防 相 互 応 援 協 定 という ) 第 7 条 第 1 項 の 規 定 による 応 援 要 請 があったものとみなす ( 経 費 負 担 ) 第 7 条 この 協 定 に 基 づく 応 援 に 要 する 隊 員 の 出 動 に 係 る 旅 費 及 び 諸 手 当 並 び に 消 防 防 災 ヘリコプターの 燃 料 費 は 消 防 相 互 応 援 協 定 第 10 条 の 規 定 にか かわらず 北 海 道 が 負 担 するものとする ( 協 議 ) 第 8 条 この 協 定 に 定 めない 事 項 又 は 疑 義 を 生 じた 事 項 については その 都 度 知 事 と 市 町 等 の 長 が 協 議 して 決 定 するものとする 附 則 この 協 定 は 平 成 8 年 7 月 1 日 から 適 用 する この 協 定 締 結 を 証 するため 本 書 73 通 を 作 成 し 知 事 及 び 市 町 等 の 長 は 記 名 押 印 の 上 それぞれの1 通 を 保 有 するものとする 平 成 8 年 6 月 25 日 北 海 道 知 事 堀 達 也 21

23 廃 棄 物 処 理 に 係 る 相 互 支 援 協 定 室 蘭 市 登 別 市 伊 達 市 豊 浦 町 壮 瞥 町 洞 爺 湖 町 白 老 町 及 び 西 いぶり 広 域 連 合 ( 以 下 協 定 市 等 という )は 一 般 廃 棄 物 処 理 に 係 る 総 合 的 な 相 互 支 援 の 実 施 について 次 のとおり 協 定 を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 この 協 定 は 協 定 市 等 の 一 般 廃 棄 物 処 理 における 総 合 的 な 相 互 支 援 を 図 るととも に 一 般 廃 棄 物 処 理 施 設 ( 以 下 処 理 施 設 という )の 使 用 に 関 する 必 要 事 項 を 定 め 災 害 時 等 における 一 般 廃 棄 物 の 円 滑 な 処 理 を 広 域 的 に 行 うことを 目 的 とする ( 対 象 となる 災 害 時 等 ) 第 2 条 相 互 支 援 による 処 理 施 設 の 使 用 の 対 象 となる 災 害 時 等 は 次 のとおりとする (1) 暴 風 雨 洪 水 地 震 津 波 噴 火 等 の 災 害 により 処 理 施 設 が 被 災 し 一 般 廃 棄 物 の 適 正 な 処 理 が 困 難 となったとき (2) 処 理 施 設 の 事 故 故 障 等 による 緊 急 かつやむを 得 ない 事 由 により 一 般 廃 棄 物 の 適 正 な 処 理 が 困 難 となったとき (3) 前 2 号 のほか 一 般 廃 棄 物 の 適 正 な 処 理 を 困 難 とする 特 別 な 事 情 があると 認 め られたとき ( 処 理 施 設 ) 第 3 条 協 定 市 等 における 施 設 とは 次 に 掲 げる 施 設 をいう (1) ごみ 処 理 施 設 (2) し 尿 前 処 理 施 設 し 尿 処 理 施 設 (3) 最 終 処 分 施 設 ( 支 援 要 請 の 方 法 等 ) 第 4 条 災 害 時 等 において 支 援 要 請 をしようとする 協 定 市 等 は 次 の 事 項 を 明 らかにして 第 6 条 の 規 定 により 定 める 連 絡 担 当 部 局 に 対 して 電 話 等 により 要 請 し 後 日 速 やかに 文 書 を 送 付 するものとする (1) 処 理 施 設 の 被 災 事 故 故 障 等 の 状 況 又 は 一 般 廃 棄 物 の 適 正 な 処 理 が 困 難 であ る 特 別 な 事 情 (2) 支 援 を 必 要 とする 一 般 廃 棄 物 の 種 類 及 び 量 (3) その 他 支 援 の 実 施 を 検 討 するために 必 要 な 事 項 ( 経 費 の 負 担 ) 第 5 条 支 援 に 必 要 とする 経 費 は 原 則 として 支 援 要 請 をした 協 定 市 等 が 負 担 するものと する 2 前 項 の 経 費 の 額 は 支 援 要 請 を 受 けた 協 定 市 等 が 定 める 一 般 廃 棄 物 の 処 分 に 係 る 手 数 料 相 当 額 とすることを 基 本 とし 支 援 要 請 を 受 けたことにより 特 に 必 要 となった 経 費 に ついては 双 方 協 議 のうえ 支 援 の 都 度 決 定 するものとする 22

24 ( 連 絡 担 当 部 局 ) 第 6 条 協 定 市 等 は この 協 定 締 結 後 速 やかにこの 協 定 の 実 施 のための 連 絡 担 当 部 局 を 定 め 他 の 協 定 市 等 に 通 知 するものとし これを 変 更 した 場 合 も 同 様 とする ( 情 報 の 交 換 ) 第 7 条 この 協 定 の 円 滑 な 運 用 に 資 するために 協 定 市 等 は 一 般 廃 棄 物 処 理 に 係 る 相 互 の 緊 密 な 連 携 及 び 情 報 交 換 を 積 極 的 に 行 うものとする ( 定 めのない 事 項 等 ) 第 8 条 この 協 定 に 定 めのない 事 項 及 びこの 協 定 に 関 し 生 じた 疑 義 は 協 定 市 等 が 協 議 し て 決 定 するものとする 平 成 22 年 2 月 1 日 室 蘭 市 幸 町 1 番 2 号 室 蘭 市 長 新 宮 正 志 登 別 市 中 央 町 6 丁 目 11 番 地 登 別 市 長 小 笠 原 春 一 伊 達 市 鹿 島 町 20 番 地 1 伊 達 市 長 菊 谷 秀 吉 虻 田 郡 豊 浦 町 字 船 見 町 10 番 地 豊 浦 町 長 工 藤 國 夫 虻 田 郡 壮 瞥 町 字 滝 之 町 287 番 地 7 壮 瞥 町 長 山 中 漠 虻 田 郡 洞 爺 湖 町 栄 町 58 番 地 洞 爺 湖 町 長 長 崎 良 夫 白 老 郡 白 老 町 大 町 1 丁 目 1 番 1 号 白 老 町 長 飴 谷 長 藏 室 蘭 市 石 川 町 22 番 地 2 西 いぶり 広 域 連 合 長 新 宮 正 志 23

25 災 害 情 報 の 通 報 に 関 する 協 定 書 登 別 市 ( 以 下 甲 という )と 室 蘭 ハイヤー 協 同 組 合 ( 以 下 乙 という ) は 登 別 市 内 において 災 害 等 が 発 生 した 場 合 における 情 報 の 通 報 に 関 し 次 の とおり 協 定 する ( 目 的 ) 第 1 条 この 協 定 は 登 別 市 内 において 災 害 等 が 発 生 した 場 合 に 乙 に 加 盟 す る 事 業 者 ( 個 人 組 合 を 含 む 以 下 同 じ ) 及 びその 乗 務 員 が 災 害 情 報 を 甲 へ 通 報 することにより 甲 の 迅 速 な 消 防 防 災 活 動 の 実 施 に 寄 与 し もって 被 害 の 防 止 又 は 軽 減 を 図 ることを 目 的 とする ( 災 害 等 の 種 類 ) 第 2 条 この 協 定 の 対 象 とする 災 害 等 の 種 類 は 原 則 として 次 に 掲 げる 場 合 と する (1) 震 度 4 以 上 の 地 震 (2) 台 風 又 は 豪 雨 等 の 自 然 災 害 (3) 火 災 又 は 人 身 交 通 事 故 (4) その 他 の 災 害 又 は 大 事 故 等 で 甲 から 乙 に 対 して 情 報 の 提 供 を 要 請 し たとき ( 災 害 情 報 の 通 報 ) 第 3 条 乙 ( 本 条 において 加 盟 する 事 業 者 及 びその 乗 務 員 を 含 む )は 前 条 に 規 定 する 災 害 時 において 発 見 した 災 害 情 報 を 別 記 に 定 める 災 害 情 報 通 報 要 領 に 基 づき 甲 に 通 報 するものとする 2 前 項 の 規 定 は 乙 の 自 発 的 な 協 力 により 行 うものであって 乙 に 対 して 義 務 付 けるものではない ( 有 効 期 間 ) 第 4 条 この 協 定 は 調 印 の 日 から 施 行 し 甲 又 は 乙 が 文 書 をもって 終 了 を 通 告 しない 限 りその 効 力 を 有 する ( 協 議 ) 第 5 条 この 協 定 に 定 めがない 事 項 及 び 疑 義 の 生 じた 事 項 については その 都 度 甲 と 乙 が 協 議 して 定 める 24

26 上 記 のとおり 協 定 したことを 証 するため 本 書 2 通 を 作 成 し 甲 乙 記 名 押 印 のうえその 1 通 を 保 有 する 平 成 9 年 12 月 16 日 甲 登 別 市 中 央 町 6 丁 目 11 番 地 登 別 市 登 別 市 長 上 野 晃 乙 室 蘭 市 東 町 5 丁 目 9 番 2 号 室 蘭 ハイヤー 協 同 組 合 理 事 長 三 浦 清 作 25

27 災 害 時 の 医 療 救 護 活 動 に 関 する 協 定 書 災 害 時 における 救 護 活 動 の 万 全 を 期 するため 登 別 市 ( 以 下 甲 という )と 社 団 法 人 室 蘭 市 医 師 会 ( 以 下 乙 という )とは 次 のとおり 協 定 を 締 結 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 協 定 は 登 別 市 地 域 防 災 計 画 に 基 づき 甲 が 行 う 医 療 救 護 活 動 に 対 する 乙 の 協 力 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 救 護 班 の 派 遣 ) 第 2 条 甲 は 登 別 市 地 域 防 災 計 画 に 基 づき 医 療 救 護 活 動 を 実 施 する 必 要 が 生 じた 場 合 は 乙 に 対 し 救 護 班 の 編 成 及 び 派 遣 を 要 請 するものとする 2 乙 は 前 項 の 規 定 により 甲 から 要 請 を 受 けた 場 合 は 直 ちに 救 護 班 を 編 成 し 災 害 現 場 等 の 救 護 所 等 に 派 遣 するものとする ( 災 害 医 療 救 護 計 画 の 策 定 及 び 提 出 ) 第 3 条 乙 は 前 条 の 規 定 により 医 療 救 護 活 動 を 実 施 するため 災 害 医 療 救 護 計 画 を 策 定 し これを 甲 に 提 出 するものとする ( 救 護 班 の 業 務 ) 第 4 条 救 護 班 は 甲 が 避 難 所 災 害 現 場 等 に 設 置 する 救 護 所 において 医 療 救 護 活 動 を 実 施 するものとする 2 救 護 班 の 業 務 は 次 のとおりとする (1) 傷 病 者 に 対 する 応 急 処 置 及 び 医 療 (2) 傷 病 者 の 収 容 医 療 機 関 への 搬 送 の 要 否 及 び 転 送 順 位 の 決 定 (3) 被 害 者 の 死 亡 の 確 認 及 び 死 体 の 検 案 ( 救 護 班 に 対 する 指 揮 命 令 等 ) 第 5 条 救 護 班 に 対 する 指 揮 命 令 及 び 医 療 救 護 活 動 に 係 る 連 絡 調 整 は 甲 が 指 定 する 者 が 行 うものとする ( 医 薬 品 の 補 給 等 ) 第 6 条 甲 は 医 薬 品 及 び 衛 生 材 料 の 補 給 救 護 班 の 輸 送 通 信 の 確 保 等 医 療 救 護 活 動 が 円 滑 に 実 施 されるために 必 要 な 措 置 を 講 ずるものとする ( 収 容 医 療 機 関 の 指 定 ) 第 7 条 乙 は 甲 が 傷 病 者 の 収 容 医 療 機 関 を 指 定 しようとするときは これに 協 力 する ものとする ( 医 療 費 ) 第 8 条 救 護 所 における 医 療 費 は 無 料 とする 2 収 容 医 療 機 関 における 医 療 費 は 原 則 として 患 者 負 担 とする ( 費 用 弁 償 等 ) 第 9 条 甲 の 要 請 に 基 づき 乙 が 医 療 救 護 活 動 を 実 施 した 場 合 に 要 する 次 の 費 用 は 甲 が 26

28 負 担 するものとする (1) 救 護 班 の 編 成 及 び 派 遣 に 要 する 費 用 (2) 救 護 班 が 携 行 した 医 薬 品 等 を 使 用 した 場 合 の 実 費 (3) 救 護 班 員 が 医 療 救 護 活 動 において 負 傷 し 疾 病 にかかり 又 は 死 亡 した 場 合 の 扶 助 金 (4) 前 各 号 に 該 当 しない 費 用 であって この 協 定 実 施 のために 要 したもの ( 北 海 道 及 び 北 海 道 医 師 会 との 調 整 ) 第 10 条 甲 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 233 号 )に 基 づき 北 海 道 の 行 う 医 療 救 護 活 動 が 円 滑 に 実 施 されるよう 必 要 な 調 整 を 行 うものとする 2 乙 は 前 項 の 規 定 により 北 海 道 の 医 療 救 護 活 動 が 円 滑 に 実 施 されるよう 北 海 道 医 師 会 に 対 し 必 要 な 調 整 を 行 うものとする ( 細 目 ) 第 11 条 この 協 定 に 定 めるもののほか この 協 定 の 実 施 のために 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める ( 協 議 ) 第 12 条 この 協 定 に 定 めない 事 項 について 又 はこの 協 定 に 関 し 疑 義 が 生 じた 事 項 に ついては 甲 乙 協 議 して 定 めるものとする ( 有 効 期 間 ) 第 13 条 この 協 定 の 有 効 期 間 は 協 定 の 日 から 起 算 して 1 年 間 とする ただしこの 協 定 の 有 効 期 間 満 了 の 日 の 1 月 前 までに 甲 乙 いずれからも 何 らの 意 思 表 示 がないとき は 有 効 期 間 満 了 の 日 の 翌 日 から 起 算 して 1 年 間 この 協 定 は 延 長 され 以 降 同 様 とす る この 協 定 を 証 するため 本 書 2 通 作 成 し 甲 乙 両 者 記 名 押 印 の 上 各 自 その 1 通 を 保 有 する 平 成 10 年 1 月 6 日 甲 登 別 市 長 上 野 晃 乙 社 団 法 人 室 蘭 市 医 師 会 会 長 斎 藤 修 弥 27

29 災 害 時 における 応 急 対 策 用 貨 物 自 動 車 の 供 給 に 関 する 協 定 登 別 市 ( 以 下 甲 という )と 社 団 法 人 室 蘭 地 区 トラック 協 会 ( 以 下 乙 という )とは 災 害 時 における 応 急 対 策 用 貨 物 自 動 車 の 供 給 に 関 して 次 のと おり 協 定 する ( 目 的 ) 第 1 条 この 協 定 は 災 害 が 発 生 し 救 助 が 必 要 な 場 合 に 甲 が 行 う 救 助 物 資 等 の 輸 送 に 対 して 乙 が 積 極 的 に 協 力 することにより 甲 は 円 滑 に 貨 物 自 動 車 の 調 達 を 図 り もって 災 害 時 応 急 対 策 の 迅 速 な 実 施 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 要 請 ) 第 2 条 甲 は 救 助 物 資 等 の 輸 送 のため 必 要 と 認 める 場 合 は 乙 に 対 して 災 害 時 応 急 対 策 用 貨 物 自 動 車 供 給 要 請 書 ( 別 記 様 式 1)により 車 両 の 提 供 を 要 請 する ものとする ただし 緊 急 を 要 する 場 合 その 他 やむを 得 ない 事 情 があるときは 電 話 又 は 口 頭 で 要 請 することができる ( 協 力 ) 第 3 条 乙 は 前 条 の 要 請 を 受 けたときは 別 表 に 掲 げる 登 別 市 内 に 事 業 所 を 有 する 加 盟 運 送 事 業 者 間 の 調 整 を 行 い 受 託 する 運 送 事 業 者 ( 以 下 受 託 者 と いう )を 決 定 して 甲 へ 通 知 する ( 運 賃 等 ) 第 4 条 甲 が 使 用 した 車 両 に 係 る 運 賃 又 は 料 金 ( 以 下 運 賃 等 という )は 受 託 者 が 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 ( 平 成 元 年 法 律 第 83 号 以 下 法 という ) 第 11 条 の 規 定 に 基 づき 運 輸 大 臣 に 届 け 出 ている 額 による ( 運 賃 等 の 支 払 い) 第 5 条 受 託 者 は 受 託 した 輸 送 が 終 了 したときは 運 賃 等 の 明 細 を 添 付 した 請 求 書 により 甲 へ 請 求 するものとする 2 甲 は 前 項 の 請 求 書 を 受 理 した 日 から30 日 以 内 に 受 託 者 へ 支 払 うものと する ( 受 託 者 の 責 任 等 ) 第 6 条 物 資 の 輸 送 に 関 し 受 託 者 が 負 うべき 責 任 等 は 法 第 13 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 受 託 者 が 定 めている 運 送 約 款 による 28

30 ( 要 請 の 特 例 ) 第 7 条 甲 は 緊 急 を 要 する 輸 送 を 行 う 必 要 が 生 じた 場 合 において 休 日 夜 間 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 乙 と 連 絡 が 取 れない 場 合 は 第 2 条 の 規 定 にか かわらず 別 表 に 掲 げる 事 業 者 に 直 接 要 請 できるものとする ( 疑 義 の 決 定 ) 第 8 条 この 協 定 に 定 めない 事 項 又 は 疑 義 の 生 じた 事 項 については その 都 度 甲 乙 協 議 して 決 定 するものとする ( 有 効 期 間 ) 第 9 条 この 協 定 は 調 印 の 日 から 施 行 し 甲 又 は 乙 が 文 書 をもって 終 了 を 通 知 し ない 限 りその 効 力 を 有 する 上 記 のとおり 協 定 したことを 証 するため 本 書 2 通 を 作 成 し 甲 乙 記 名 押 印 のうえ 各 自 その1 通 を 保 有 する 平 成 10 年 1 月 17 日 甲 登 別 市 中 央 町 6 丁 目 11 番 地 登 別 市 登 別 市 長 上 野 晃 乙 室 蘭 市 日 の 出 町 3 丁 目 4 番 11 号 社 団 法 人 室 蘭 地 区 トラック 協 会 会 長 岩 倉 博 29

31 北 海 道 総 合 行 政 情 報 ネットワークの 管 理 運 営 に 関 する 協 定 北 海 道 ( 以 下 甲 という )と 登 別 市 ( 以 下 乙 という )とは 甲 の 設 置 する 北 海 道 総 合 行 政 ネットワークの 設 置 管 理 運 営 及 び 経 費 負 担 について 次 のとおり 協 定 する ( 目 的 ) 第 1 条 甲 は 乙 の 所 管 する 庁 舎 施 設 内 ( 以 下 庁 舎 等 という )に 北 海 道 総 合 行 政 情 報 ネットワークの 通 信 設 備 ( 以 下 通 信 設 備 という )を 設 置 し 災 害 対 策 事 業 並 びに 行 政 事 務 に 関 する 甲 と 乙 との 緊 密 な 連 携 に 資 するものとする ( 施 設 の 使 用 等 ) 第 2 条 乙 は 通 信 設 備 の 設 置 に 要 する 庁 舎 等 を 甲 に 無 償 で 使 用 させるものとする ( 通 信 設 備 の 利 用 ) 第 3 条 乙 は 第 1 条 の 範 囲 内 において 庁 舎 等 に 設 置 された 通 信 設 備 を 無 償 で 使 用 することができる 2 乙 の 地 域 を 管 轄 する 消 防 組 織 が 乙 の 電 話 交 換 機 に 内 線 で 接 続 されている 場 合 当 該 消 防 組 織 は 無 償 で 通 信 設 備 を 経 由 した 通 話 を 行 うことができる ( 通 信 設 備 の 管 理 ) 第 4 条 乙 は 通 信 設 備 の 端 末 装 置 等 を 利 用 者 として 適 切 に 管 理 するとともに コン ピュータウィルスの 持 ち 込 み 防 止 など 通 信 設 備 の 障 害 回 避 に 努 めるものとする 2 甲 は 通 信 設 備 を 確 実 かつ 安 全 に 運 用 するため 必 要 なセキュリティ 対 策 を 講 ずる ほか 定 期 的 に 通 信 設 備 の 点 検 を 行 うものとする 3 前 項 の 点 検 等 の 作 業 に 際 して 乙 は 作 業 に 要 する 範 囲 において 便 宜 を 供 するもの とする ( 経 費 の 負 担 ) 第 5 条 通 信 設 備 の 維 持 管 理 に 要 する 経 費 の 負 担 は 次 のとおりとする (1) 甲 が 負 担 する 経 費 ア 通 信 設 備 の 維 持 管 理 に 要 する 経 費 イ 機 器 の 故 障 復 旧 に 要 する 経 費 ウ 甲 の 都 合 により 通 信 設 備 の 変 更 工 事 をする 場 合 の 当 該 工 事 に 要 する 経 費 ただし ア 及 びイに 係 る 経 費 のうち 乙 の 責 めによるものの 経 費 は 乙 の 負 担 とする (2) 乙 が 負 担 する 経 費 ア 通 信 設 備 の 使 用 に 要 する 電 気 料 金 ただし 庁 舎 に 併 設 している 中 継 所 に 係 る 電 気 料 金 については 甲 の 負 担 とす る イ 乙 の 都 合 により 通 信 設 備 の 変 更 工 事 をする 場 合 の 当 該 工 事 に 要 する 経 費 ウ 乙 の 庁 舎 と 消 防 本 部 を 接 続 する 専 用 回 線 に 係 る 回 線 使 用 料 金 エ 通 信 設 備 の 使 用 に 要 する 消 耗 品 費 (ア) 用 紙 及 びトナーカートリッジ (イ) 可 搬 型 発 動 発 電 機 のエンジンオイル 燃 料 バッテリー 補 充 液 及 びプラグ (ウ) 一 斉 指 令 用 自 動 録 音 装 置 の 録 音 テープ 及 び 乾 電 池 30

32 (3) 前 2 号 以 外 の 経 費 については 甲 乙 協 議 の 上 決 定 するものとする ( 設 置 場 所 の 変 更 等 ) 第 6 条 乙 は 庁 舎 の 移 転 改 築 等 により 通 信 設 備 の 設 置 場 所 を 変 更 しようとする 場 合 あらかじめ 甲 に 協 議 するものとする 2 北 海 道 総 合 行 政 情 報 ネットワークが 提 供 する 機 能 の 利 用 を 目 的 として 通 信 設 備 に 乙 が 整 備 した 通 信 設 備 を 接 続 ( 拡 張 接 続 という )しようとする 場 合 は あらかじめ 甲 に 申 請 するものとする ( 協 定 の 期 間 ) 第 7 条 この 協 定 の 有 効 期 間 は 協 定 締 結 の 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 までとする ただし 協 定 期 間 満 了 の1ヶ 月 前 に 甲 又 は 乙 から 特 段 の 意 思 表 示 がないときは 協 定 期 間 満 了 の 日 の 翌 日 から1 年 間 なおその 効 力 があるものとし 以 後 同 様 とする ( 協 定 に 定 めない 事 項 ) 第 8 条 この 協 定 に 定 めのない 事 項 は 必 要 に 応 じ 甲 乙 協 議 して 定 めるものとする この 協 定 を 証 するため 本 書 を2 通 作 成 し 甲 乙 両 者 記 名 押 印 の 上 各 自 その1 通 を 保 有 する 附 則 この 協 定 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する 平 成 25 年 4 月 1 日 甲 北 海 道 北 海 道 知 事 高 橋 はるみ 乙 登 別 市 長 小 笠 原 春 一 31

33 生 活 必 需 物 資 の 調 達 に 関 する 協 定 書 登 別 市 ( 以 下 甲 という )と 登 別 商 工 会 議 所 ( 以 下 乙 という )との 間 に 災 害 発 生 に 際 し 生 活 必 需 物 資 ( 以 下 物 資 という ) 確 保 を 図 るため 次 の とおり 協 定 する ( 市 の 要 請 ) 第 1 条 甲 は 災 害 時 における 物 資 の 確 保 を 図 るため 必 要 があると 認 めたとき は 乙 に 対 し 物 資 の 調 達 を 要 請 するものとする ( 要 請 事 項 の 措 置 ) 第 2 条 乙 は 甲 から 前 条 の 要 請 を 受 けたときは 速 やかに 要 請 事 項 に 対 する 措 置 を 決 定 するとともに 物 資 を 調 達 する 会 員 ( 以 下 会 員 という )を 決 定 し て 甲 に 報 告 するものとする ( 物 資 の 範 囲 等 ) 第 3 条 物 資 の 範 囲 は 次 のとおりとする (1) 寝 具 (2) 外 衣 (3) 肌 着 (4) 身 の 回 り 品 (5) 炊 事 道 具 (6) 食 器 (7) 日 用 品 (8) 光 熱 材 料 (9) 食 料 品 (10) その 他 甲 が 指 定 する 物 資 ( 調 達 要 請 及 び 措 置 報 告 の 方 法 ) 第 4 条 甲 は 第 1 条 の 規 定 による 要 請 するときは 要 請 書 ( 別 記 様 式 第 1 号 ) によって 行 うものとする 2 乙 は 第 2 条 の 規 定 による 報 告 をするときは 報 告 書 ( 別 記 様 式 第 2 号 )に より 行 うものとする 3 前 2 項 の 規 定 にかかわらず 緊 急 を 要 するとき その 他 やむを 得 ない 事 情 が あるときは 電 話 又 は 口 頭 により 要 請 又 は 報 告 することができる ただし そ の 際 には 後 日 速 やかに 要 請 書 及 び 報 告 書 を 提 出 するものとする 32

34 ( 物 資 の 価 格 ) 第 5 条 物 資 の 取 引 価 格 は 災 害 発 生 時 直 前 における 適 正 な 価 格 とする ( 物 資 の 引 取 ) 第 6 条 物 資 の 引 渡 し 場 所 は 甲 の 指 定 する 場 所 又 は 会 員 の 店 頭 とし 甲 は 当 該 場 所 へ 職 員 を 派 遣 し 調 達 物 資 を 確 認 のうえ これを 引 取 るものとする ( 代 金 の 支 払 ) 第 7 条 甲 は 会 員 から 適 法 な 支 払 請 求 書 を 受 理 した 日 から 起 算 して30 日 以 内 に 支 払 うものとする ( 協 議 事 項 ) 第 8 条 この 協 定 の 実 施 について 疑 義 を 生 じたときはその 都 度 双 方 誠 意 ある 協 議 を 行 うものとする ( 有 効 期 間 ) 第 9 条 この 協 定 は 調 印 の 日 から 有 効 とし 甲 乙 協 議 のうえ 特 別 の 定 めをする 場 合 を 除 き その 効 力 を 持 続 するものとする この 協 定 を 証 するため 本 書 2 通 を 作 成 し 甲 乙 両 者 記 名 押 印 のうえ 各 自 その1 通 を 保 有 するものとする 平 成 10 年 9 月 22 日 登 別 市 中 央 町 6 丁 目 11 番 地 甲 登 別 市 登 別 市 長 上 野 晃 登 別 市 中 央 町 5 丁 目 6 番 地 1 乙 登 別 商 工 会 議 所 会 頭 鈴 木 実 33

35 災 害 時 の 歯 科 医 療 救 護 活 動 に 関 する 協 定 書 災 害 時 における 歯 科 救 護 活 動 の 万 全 を 期 するため 登 別 市 ( 以 下 甲 という )と 社 団 法 人 室 蘭 歯 科 医 師 会 ( 以 下 乙 という )とは 次 のとおり 協 定 を 締 結 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 協 定 は 登 別 市 地 域 防 災 計 画 に 基 づき 甲 が 行 う 歯 科 医 療 救 護 活 動 に 対 する 乙 の 協 力 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 救 護 班 の 派 遣 ) 第 2 条 甲 は 登 別 市 地 域 防 災 計 画 に 基 づき 歯 科 医 療 救 護 活 動 を 実 施 する 必 要 が 生 じた 場 合 は 乙 に 対 し 歯 科 医 療 救 護 班 ( 以 下 救 護 班 という )の 編 成 及 び 派 遣 を 要 請 するものとする 2 乙 は 前 項 の 規 定 により 甲 から 要 請 を 受 けた 場 合 は 直 ちに 救 護 班 を 編 成 し 災 害 現 場 等 の 救 護 所 等 に 派 遣 するものとする ( 災 害 医 療 救 護 計 画 の 策 定 及 び 提 出 ) 第 3 条 乙 は 前 条 の 規 定 により 歯 科 医 療 救 護 活 動 を 実 施 するため 災 害 医 療 救 護 計 画 を 策 定 し これを 甲 に 提 出 するものとする ( 救 護 班 の 業 務 ) 第 4 条 救 護 班 は 甲 が 避 難 所 災 害 現 場 等 に 設 置 する 救 護 所 において 歯 科 医 療 救 護 活 動 を 実 施 するものとする 2 救 護 班 の 業 務 は 次 のとおりとする (1) 歯 科 医 療 を 要 する 傷 病 者 に 対 する 応 急 処 置 (2) 後 方 医 療 施 設 への 転 送 の 要 否 及 び 転 送 順 位 の 決 定 (3) 避 難 所 内 における 転 送 困 難 な 患 者 及 び 軽 易 な 患 者 に 対 する 歯 科 治 療 衛 生 指 導 (4) 検 死 検 案 に 際 しての 法 歯 学 上 の 協 力 ( 救 護 班 に 対 する 指 揮 命 令 等 ) 第 5 条 救 護 班 に 対 する 指 揮 命 令 及 び 歯 科 医 療 救 護 活 動 に 係 る 連 絡 調 整 は 甲 が 指 定 す る 者 が 行 うものとする ( 医 療 品 の 補 給 等 ) 第 6 条 甲 は 医 薬 品 及 び 衛 生 材 料 の 補 給 救 護 班 の 輸 送 通 信 の 確 保 等 歯 科 医 療 救 護 活 動 が 円 滑 に 実 施 されるために 必 要 な 措 置 を 講 ずるものとする ( 収 容 医 療 機 関 の 指 定 ) 第 7 条 乙 は 甲 が 傷 病 者 の 収 容 医 療 機 関 を 指 定 しようとするときは これに 協 力 する ものとする ( 医 療 費 ) 第 8 条 救 護 所 における 医 療 費 は 無 料 とする 2 収 容 医 療 機 関 における 医 療 費 は 原 則 として 患 者 負 担 とする 34

36 ( 費 用 弁 償 等 ) 第 9 条 甲 の 要 請 に 基 づき 乙 が 歯 科 医 療 救 護 活 動 を 実 施 した 場 合 に 要 する 次 の 費 用 は 甲 が 負 担 するものとする (1) 救 護 班 の 編 成 及 び 派 遣 に 要 する 費 用 (2) 救 護 班 が 携 行 した 医 薬 品 等 を 使 用 した 場 合 の 実 費 (3) 救 護 班 員 が 歯 科 医 療 救 護 活 動 において 負 傷 し 疾 病 にかかり 又 は 死 亡 した 場 合 の 扶 助 金 (4) 前 各 号 に 該 当 しない 費 用 であって この 協 定 実 施 のために 要 したもの ( 北 海 道 及 び 北 海 道 歯 科 医 師 会 との 調 整 ) 第 10 条 甲 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 233 号 )に 基 づき 北 海 道 の 行 う 歯 科 医 療 救 護 活 動 が 円 滑 に 実 施 されるよう 必 要 な 調 整 を 行 うものとする 2 乙 は 前 項 の 規 定 により 北 海 道 の 歯 科 医 療 救 護 活 動 が 円 滑 に 実 施 されるよう 北 海 道 歯 科 医 師 会 に 対 し 必 要 な 調 整 を 行 うものとする ( 細 目 ) 第 11 条 この 協 定 に 定 めるもののほか この 協 定 の 実 施 のために 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める ( 協 議 ) 第 12 条 この 協 定 に 定 めない 事 項 について 又 はこの 協 定 に 関 し 疑 義 が 生 じた 事 項 に ついては 甲 乙 協 議 して 定 めるものとする ( 有 効 期 間 ) 第 13 条 この 協 定 の 有 効 期 間 は 協 定 の 日 から 起 算 して 1 年 間 とする ただしこの 協 定 の 有 効 期 間 満 了 の 日 の 1 月 前 までに 甲 乙 いずれからも 何 らの 意 思 表 示 がないとき は 有 効 期 間 満 了 の 日 の 翌 日 から 起 算 して 1 年 間 この 協 定 は 延 長 され 以 降 同 様 とす る この 協 定 を 証 するため 本 書 2 通 作 成 し 甲 乙 両 者 記 名 押 印 の 上 各 自 その 1 通 を 保 有 する 平 成 11 年 12 月 1 日 甲 登 別 市 登 別 市 長 上 野 晃 乙 室 蘭 市 東 町 1 丁 目 20 番 26 号 社 団 法 人 室 蘭 歯 科 医 師 会 会 長 古 谷 忠 雄 35

37 災 害 時 における 葬 祭 用 品 の 供 給 に 関 する 協 定 北 海 道 ( 以 下 甲 という )と 北 海 道 葬 祭 業 協 同 組 合 ( 以 下 乙 という )は 災 害 救 助 法 の 適 用 があった 災 害 において 同 法 に 基 づき 埋 葬 の 委 任 を 受 けた 市 町 村 ( 以 下 丙 という )の 業 務 を 支 援 するため 次 のとおり 協 定 する ( 目 的 ) 第 1 条 この 協 定 は 北 海 道 内 において 災 害 が 発 生 した 場 合 において 北 海 道 地 域 防 災 計 画 に 基 づ き 甲 が 乙 に 葬 祭 用 品 の 供 給 について 協 力 を 要 請 するために 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 要 請 ) 第 2 条 甲 は 丙 からの 要 請 その 他 災 害 時 において 葬 祭 用 品 を 供 給 する 必 要 が 生 じたときは 乙 に 対 し 協 力 を 要 請 するものとする 2 乙 は 前 項 の 規 定 により 甲 の 要 請 を 受 けたときは 丙 の 指 示 により 指 定 された 遺 体 収 容 所 等 へ 葬 祭 用 品 の 供 給 等 について 速 やかに 措 置 するものとする ( 緊 急 要 請 ) 第 3 条 第 2 条 の 要 請 において やむを 得 ない 事 情 により 甲 が 乙 と 連 絡 が 取 れない 場 合 甲 は 乙 の 会 員 に 対 し 直 接 協 力 を 要 請 することができる ( 搬 送 ) 第 4 条 葬 祭 用 品 の 搬 送 は 乙 が 行 うものとする 但 し 乙 の 搬 送 経 路 の 確 保 について 甲 は 必 要 な 措 置 を 講 じるものとする ( 報 告 ) 第 5 条 乙 は 第 2 条 の 要 請 に 基 づいて 葬 祭 用 品 を 供 給 したときは その 実 施 内 容 を 丙 に 報 告 す るものとする 2 甲 並 びに 丙 は この 協 定 に 基 づく 葬 祭 用 品 の 供 給 が 円 滑 に 行 われるよう 必 要 と 認 めた 場 合 は 乙 に 対 し 葬 祭 用 品 の 確 保 可 能 数 量 等 の 報 告 を 求 めることができる ( 実 施 細 目 ) 第 6 条 この 協 定 を 実 施 するために 必 要 な 事 項 については 別 に 定 める ( 他 都 府 県 への 応 援 ) 第 7 条 甲 が 被 災 した 他 の 都 府 県 から 葬 祭 用 品 の 供 給 に 関 する 応 援 を 行 うために 乙 に 葬 祭 用 品 の 確 保 について 協 力 要 請 を 行 った 場 合 においても 乙 はこの 協 定 に 準 じて 可 能 な 限 り 甲 に 協 力 するものとする ( 協 議 ) 第 8 条 この 協 定 に 定 めのない 事 項 については 甲 乙 協 議 の 上 決 定 するものとする ( 適 用 ) 第 9 条 この 協 定 は 平 成 14 年 3 月 29 日 から 適 用 する 甲 と 乙 とは 本 協 定 書 2 通 を 作 成 し それぞれ 記 名 押 印 の 上 その1 通 を 保 管 する 平 成 14 年 3 月 29 日 甲 札 幌 市 中 央 区 北 3 条 西 6 丁 目 北 海 道 知 事 堀 達 也 乙 札 幌 市 中 央 区 南 16 条 西 9 丁 目 北 海 道 葬 祭 業 協 同 組 合 理 事 長 坂 下 成 行 36

38 災 害 時 における 棺 等 葬 祭 用 品 の 供 給 に 関 する 協 定 実 施 細 目 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 実 施 細 目 は 平 成 14 年 3 月 29 日 に 締 結 した 災 害 時 における 葬 祭 用 品 の 供 給 に 関 す る 協 定 ( 以 下 協 定 という ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 協 定 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるもの とする 2 この 実 施 細 目 の 用 語 の 意 味 は 協 定 の 例 による ( 葬 祭 用 品 の 範 囲 ) 第 2 条 協 定 第 1 条 に 規 定 する 甲 が 供 給 を 要 請 する 葬 祭 用 品 の 範 囲 は 次 のとおりとする (1) 内 張 り 棺 ( 衣 装 納 棺 セット 等 を 含 む) (2) 骨 つぼ 等 その 他 必 要 な 事 項 ( 要 請 手 続 き) 第 3 条 協 定 第 2 条 の 規 定 による 甲 の 要 請 は 次 に 掲 げる 事 項 を 明 らかにして 文 書 により 行 うも のとする ただし 緊 急 の 場 合 は 電 話 等 により 要 請 を 行 い 後 日 文 書 を 提 出 するものとする (1) 要 請 を 行 ったものの 職 氏 名 (2) 要 請 する 棺 等 葬 祭 用 品 の 品 目 数 量 (3) 丙 の 担 当 者 連 絡 先 (4) 履 行 の 期 日 及 び 場 所 (5) その 他 必 要 な 事 項 2 甲 が 乙 に 要 請 する 文 書 は 別 記 様 式 1 のとおりとする ( 業 務 計 画 ) 第 4 条 乙 は 甲 の 要 請 があったとき 適 切 に 措 置 できるよう 業 務 計 画 を 策 定 するものとし これ を 甲 に 提 出 するものとする ( 報 告 書 ) 第 5 条 協 定 第 5 条 第 1 項 に 規 定 する 報 告 は 次 に 掲 げる 事 項 を 口 頭 または 電 話 等 で 速 報 し 事 後 文 書 により 行 うものとする (1) 供 給 した 棺 等 葬 祭 用 品 の 品 目 数 量 (2) 従 事 者 の 氏 名 (3) その 他 必 要 な 事 項 2 乙 が 甲 に 報 告 する 文 書 は 別 記 様 式 2のとおりとする ( 経 費 の 額 ) 第 6 条 乙 が 供 給 する 葬 祭 用 品 の 額 は 災 害 救 助 法 に 規 定 する 埋 葬 費 用 を 限 度 とする 37

39 災 害 時 における 葬 祭 用 品 の 供 給 に 関 する 協 定 資 料 編 協 定 書 関 係 北 海 道 ( 以 下 甲 という )と 社 団 法 人 全 日 本 冠 婚 葬 祭 互 助 協 会 ( 以 下 乙 という )は 災 害 救 助 法 の 適 用 があった 災 害 において 同 法 に 基 づき 埋 葬 の 委 任 を 受 けた 市 町 村 ( 以 下 丙 とい う )の 業 務 を 支 援 するため 次 のとおり 協 定 する ( 目 的 ) 第 1 条 この 協 定 は 北 海 道 内 において 災 害 が 発 生 した 場 合 において 北 海 道 地 域 防 災 計 画 に 基 づ き 甲 が 乙 に 葬 祭 用 品 の 供 給 について 協 力 を 要 請 するために 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 要 請 ) 第 2 条 甲 は 丙 からの 要 請 その 他 災 害 時 において 葬 祭 用 品 を 供 給 する 必 要 が 生 じたときは 乙 に 対 し 協 力 を 要 請 するものとする 2 乙 は 前 項 の 規 定 により 甲 の 要 請 を 受 けたときは 丙 の 指 示 により 指 定 された 遺 体 収 容 所 等 へ 葬 祭 用 品 の 供 給 等 について 速 やかに 措 置 するものとする ( 緊 急 要 請 ) 第 3 条 第 2 条 の 要 請 において やむを 得 ない 事 情 により 甲 が 乙 と 連 絡 が 取 れない 場 合 甲 は 乙 の 会 員 に 対 し 直 接 協 力 を 要 請 することができる ( 搬 送 ) 第 4 条 葬 祭 用 品 の 搬 送 は 乙 が 行 うものとする 但 し 乙 の 搬 送 経 路 の 確 保 について 甲 は 必 要 な 措 置 を 講 じるものとする ( 報 告 ) 第 5 条 乙 は 第 2 条 の 要 請 に 基 づいて 葬 祭 用 品 を 供 給 したときは その 実 施 内 容 を 丙 に 報 告 す るものとする 2 甲 並 びに 丙 は この 協 定 に 基 づく 葬 祭 用 品 の 供 給 が 円 滑 に 行 われるよう 必 要 と 認 めた 場 合 は 乙 に 対 し 葬 祭 用 品 の 確 保 可 能 数 量 等 の 報 告 を 求 めることができる ( 実 施 細 目 ) 第 6 条 この 協 定 を 実 施 するために 必 要 な 事 項 については 別 に 定 める ( 他 都 府 県 への 応 援 ) 第 7 条 甲 が 被 災 した 他 の 都 府 県 から 葬 祭 用 品 の 供 給 に 関 する 応 援 を 行 うために 乙 に 葬 祭 用 品 の 確 保 について 協 力 要 請 を 行 った 場 合 においても 乙 はこの 協 定 に 準 じて 可 能 な 限 り 甲 に 協 力 するものとする ( 協 議 ) 第 8 条 この 協 定 に 定 めのない 事 項 については 甲 乙 協 議 の 上 決 定 するものとする ( 適 用 ) 第 9 条 この 協 定 は 平 成 17 年 11 月 1 日 から 適 用 する 甲 と 乙 とは 本 協 定 書 2 通 を 作 成 し それぞれ 記 名 押 印 の 上 その1 通 を 保 管 する 平 成 17 年 11 月 1 日 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 北 3 条 西 6 丁 目 甲 北 海 道 北 海 道 知 事 高 橋 はるみ 東 京 都 港 区 虎 ノ 門 3 丁 目 6 番 2 号 乙 社 団 法 人 全 日 本 冠 婚 葬 祭 互 助 協 会 会 長 吉 田 茂 視 38

40 災 害 時 における 棺 等 葬 祭 用 品 の 供 給 に 関 する 協 定 実 施 細 目 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 実 施 細 目 は 平 成 17 年 11 月 1 日 に 締 結 した 災 害 時 における 葬 祭 用 品 の 供 給 に 関 す る 協 定 ( 以 下 協 定 という ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 協 定 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるもの とする 2 この 実 施 細 目 の 用 語 の 意 味 は 協 定 の 例 による ( 葬 祭 用 品 の 範 囲 ) 第 2 条 協 定 第 1 条 に 規 定 する 甲 が 供 給 を 要 請 する 葬 祭 用 品 の 範 囲 は 次 のとおりとする (1) 内 張 り 棺 ( 衣 装 納 棺 セット 等 を 含 む) (2) 骨 つぼ 等 その 他 必 要 な 事 項 ( 要 請 手 続 き) 第 3 条 協 定 第 2 条 の 規 定 による 甲 の 要 請 は 次 に 掲 げる 事 項 を 明 らかにして 文 書 により 行 うも のとする ただし 緊 急 の 場 合 は 電 話 等 により 要 請 を 行 い 後 日 文 書 を 提 出 するものとする (1) 要 請 を 行 ったものの 職 氏 名 (2) 要 請 する 棺 等 葬 祭 用 品 の 品 目 数 量 (3) 丙 の 担 当 者 連 絡 先 (4) 履 行 の 期 日 及 び 場 所 (5) その 他 必 要 な 事 項 2 甲 が 乙 に 要 請 する 文 書 は 別 記 様 式 1のとおりとする ( 業 務 計 画 ) 第 4 条 乙 は 甲 の 要 請 があったとき 適 切 に 措 置 できるよう 業 務 計 画 を 策 定 するものとし これ を 甲 に 提 出 するものとする ( 報 告 書 ) 第 5 条 協 定 第 5 条 第 1 項 に 規 定 する 報 告 は 次 に 掲 げる 事 項 を 口 頭 または 電 話 等 で 速 報 し 事 後 文 書 により 行 うものとする (1) 供 給 した 棺 等 葬 祭 用 品 の 品 目 数 量 (2) 従 事 者 の 氏 名 (3) その 他 必 要 な 事 項 2 乙 が 甲 に 報 告 する 文 書 は 別 記 様 式 2のとおりとする ( 経 費 の 額 ) 第 6 条 乙 が 供 給 する 葬 祭 用 品 の 額 は 災 害 救 助 法 に 規 定 する 埋 葬 費 用 を 限 度 とする 39

41 災 害 時 における 応 急 対 策 等 に 関 する 協 定 登 別 市 ( 以 下 甲 という )と 登 別 建 設 協 会 ( 以 下 乙 という )とは 登 別 市 地 域 防 災 計 画 に 基 づき 登 別 市 が 行 う 災 害 応 急 対 策 に 関 する 応 援 について 次 のとおり 協 定 を 締 結 する ( 応 援 要 請 ) 第 1 条 甲 は 登 別 市 内 において 災 害 が 発 生 し 又 は 災 害 が 発 生 するおそれがある 場 合 に 行 う 災 害 応 急 対 策 について 必 要 があると 認 めるときは 乙 に 対 し 応 援 を 要 請 する ( 要 請 に 対 する 措 置 ) 第 2 条 乙 は 前 条 の 規 定 により 応 援 の 要 請 を 受 けた 場 合 は 原 則 として 甲 の 職 員 の 指 示 に 基 づき 災 害 応 急 対 策 に 協 力 する ( 状 況 報 告 及 び 協 議 ) 第 3 条 乙 は 甲 の 要 請 による 災 害 応 急 対 策 を 実 施 する 場 合 は 随 時 その 状 況 及 び 経 過 について 甲 に 報 告 する また 災 害 応 急 対 策 の 内 容 を 変 更 する 必 要 性 が 生 じた 場 合 は 甲 と 協 議 のうえ 災 害 応 急 対 策 の 内 容 を 決 定 する ( 体 制 の 整 備 ) 第 4 条 乙 は 前 条 に 規 定 する 災 害 応 急 対 策 を 速 やかに 施 行 するため 必 要 な 建 設 機 械 資 材 及 び 労 力 等 ( 以 下 建 設 資 機 材 等 という )の 確 保 による 体 制 の 整 備 に 努 める ( 経 費 の 負 担 ) 第 5 条 甲 の 要 請 により 乙 が 災 害 応 急 対 策 の 応 援 に 要 した 費 用 は 甲 が 負 担 する ( 連 絡 体 制 ) 第 6 条 甲 及 び 乙 は あらかじめ 災 害 応 急 対 策 の 応 援 に 関 する 担 当 者 を 定 め 速 や かに 必 要 な 情 報 を 相 互 に 連 絡 する 2 乙 は 平 時 から 連 絡 網 等 を 作 成 し 組 織 内 における 円 滑 な 連 絡 体 制 を 整 備 する ( 損 害 の 負 担 ) 第 7 条 応 援 の 実 施 に 伴 い 損 害 が 生 じたときは その 賠 償 の 責 めについて 甲 乙 協 議 して 定 める 40

42 ( 報 告 ) 第 8 条 乙 は 毎 年 4 月 に 組 織 内 における 連 絡 体 制 及 び 提 供 可 能 な 建 設 資 機 材 等 について 甲 に 報 告 する ( 協 定 の 期 間 ) 第 9 条 この 協 定 は 調 印 の 日 から 施 行 し 甲 又 は 乙 が 文 書 をもって 終 了 を 通 知 しな い 限 りその 効 力 を 有 する この 協 定 の 締 結 を 証 するため 本 協 定 書 2 通 を 作 成 し 双 方 押 印 のうえ 各 自 1 通 を 保 有 する 平 成 19 年 3 月 12 日 甲 登 別 市 長 上 野 晃 乙 登 別 建 設 協 会 会 長 草 塩 忠 幸 41

43 災 害 時 における 防 災 活 動 等 の 協 力 に 関 する 協 定 登 別 市 ( 以 下 甲 という )と 登 別 管 工 事 業 協 同 組 合 ( 以 下 乙 という ) は 地 震 風 水 害 その 他 の 災 害 ( 以 下 災 害 という )が 登 別 市 の 区 域 内 で 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがあるときにおいて 甲 が 行 なう 防 災 活 動 及 び 応 急 対 策 ( 以 下 防 災 活 動 等 という )の 協 力 について 次 のとおり 協 定 を 締 結 する ( 協 力 の 要 請 ) 第 1 条 甲 は 登 別 市 内 の 区 域 内 に 災 害 が 発 生 し 又 は 災 害 が 発 生 するおそれがあ り 乙 の 防 災 活 動 等 を 必 要 とするときは 乙 に 対 し 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 を 明 ら かにし 文 書 又 は 電 話 等 によりその 協 力 を 要 請 することができるものとする (1) 災 害 の 発 生 場 所 又 は 発 生 するおそれのある 場 所 (2) 災 害 の 状 況 等 (3) 必 要 な 防 災 活 動 等 の 内 容 (4)その 他 必 要 な 事 項 ( 要 請 に 対 する 協 力 ) 第 2 条 乙 は 前 条 の 規 定 により 甲 の 要 請 を 受 けたときは 特 に 業 務 上 の 支 障 その 他 やむを 得 ない 事 情 のない 限 り 他 の 業 務 に 優 先 して 当 該 要 請 に 応 じるものとす る ( 状 況 報 告 及 び 協 議 ) 第 3 条 乙 は 甲 の 要 請 による 防 災 活 動 等 の 実 施 にあたっては 随 時 その 状 況 及 び 経 過 について 甲 に 報 告 するとともに 防 災 活 動 等 の 内 容 を 変 更 する 必 要 がある ときは 甲 と 協 議 するものとする ( 体 制 の 整 備 ) 第 4 条 乙 は 防 災 活 動 等 が 終 了 したときは 当 該 防 災 活 動 等 に 係 る 次 に 掲 げる 事 項 について 実 施 結 果 報 告 書 により 速 やかに 甲 に 報 告 するものとする (1) 出 動 した 期 間 (2) 出 動 した 場 所 及 び 人 員 (3) 使 用 した 資 機 材 等 の 種 類 数 量 等 (4)その 他 必 要 な 事 項 42

44 ( 経 費 の 負 担 ) 第 5 条 甲 の 要 請 による 防 災 活 動 等 に 要 した 経 費 については 前 条 の 実 施 結 果 報 告 書 に 基 づき 甲 が 負 担 するものとする ( 損 害 の 負 担 ) 第 6 条 甲 の 要 請 による 防 災 活 動 等 に 従 事 し 損 害 が 生 じたときは その 賠 償 の 責 め について 甲 乙 協 議 して 定 める ( 連 絡 体 制 ) 第 7 条 甲 及 び 乙 は あらかじめ 防 災 活 動 等 の 応 援 に 関 する 担 当 者 を 定 め 速 やか に 必 要 な 情 報 を 相 互 に 連 絡 する 2 乙 は 平 時 から 連 絡 網 等 を 作 成 し 組 織 内 における 円 滑 な 連 絡 体 制 を 整 備 する ( 雑 則 ) 第 8 条 乙 は 毎 年 4 月 に 組 織 内 における 連 絡 体 制 及 び 提 供 可 能 な 建 設 資 機 材 等 について 甲 に 報 告 する ( 協 定 の 期 間 ) 第 9 条 この 協 定 は 調 印 の 日 から 施 行 し 甲 又 は 乙 が 文 書 をもって 終 了 を 通 知 しな い 限 りその 効 力 を 有 する この 協 定 の 締 結 を 証 するため 本 協 定 書 2 通 を 作 成 し 双 方 押 印 のうえ 各 自 1 通 を 保 有 する 平 成 19 年 3 月 13 日 甲 登 別 市 長 上 野 晃 乙 登 別 管 工 事 業 協 同 組 合 理 事 長 尾 形 勝 夫 43

45 災 害 時 における 応 急 生 活 物 資 供 給 の 協 力 及 び 緊 急 避 難 所 の 提 供 に 関 する 協 定 登 別 市 ( 以 下 甲 という )とイオン 北 海 道 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という ) とは 災 害 時 における 応 急 生 活 物 資 ( 以 下 物 資 という )の 供 給 及 び 緊 急 避 難 所 等 として 駐 車 場 の 提 供 に 関 して 次 のとおり 協 定 を 締 結 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 協 定 は 登 別 市 域 内 において 地 震 津 波 風 水 害 その 他 の 異 常 な 自 然 現 象 又 は 大 規 模 な 火 災 その 他 の 大 規 模 な 事 故 等 により 生 ずる 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがある 場 合 ( 以 下 災 害 時 という )に 甲 と 乙 が 相 互 に 協 力 して 災 害 時 における 市 民 生 活 の 早 期 安 定 を 図 ることを 目 的 として 消 費 生 活 の 安 定 及 び 物 資 の 供 給 等 に 関 する 事 項 を 定 めるものとする ( 協 力 事 項 の 発 効 ) 第 2 条 この 協 定 に 定 める 災 害 時 の 協 力 事 項 は 原 則 として 甲 が 災 害 対 策 本 部 を 設 置 し 乙 に 対 して 要 請 を 行 ったときをもって 発 効 する ( 協 力 の 要 請 ) 第 3 条 災 害 時 において 物 資 を 必 要 とするときは 甲 は 乙 に 対 して 保 有 商 品 等 の 供 給 についての 協 力 を 要 請 するものとする 2 甲 の 乙 に 対 する 要 請 の 手 続 きは 物 資 供 給 に 関 する 要 請 書 ( 別 記 様 式 )により 行 うものとする ただし 緊 急 を 要 する 場 合 は 口 頭 又 は 電 話 等 をもって 要 請 し 事 後 に 物 資 供 給 に 関 する 要 請 書 を 提 出 するものとする ( 協 力 の 実 施 ) 第 4 条 乙 は 前 条 の 規 定 により 甲 から 要 請 を 受 けたときは 一 般 消 費 者 に 対 する 商 品 供 給 や 被 災 店 舗 の 復 旧 などの 業 務 に 支 障 をきたさない 範 囲 で 保 有 商 品 の 供 給 に 対 する 協 力 等 について 積 極 的 に 努 めるものとする 44

46 ( 物 資 の 範 囲 ) 第 5 条 甲 が 乙 に 要 請 する 災 害 時 の 物 資 は 次 に 掲 げるもののうち 要 請 時 点 で 乙 が 保 有 する 物 資 とする (1) 別 表 に 掲 げる 物 資 (2)その 他 乙 が 供 給 可 能 な 甲 が 指 定 する 物 資 ( 物 資 の 引 渡 し) 第 6 条 乙 は 要 請 を 受 けたときは 甲 の 指 定 する 場 所 に 物 資 を 運 搬 し 甲 の 指 定 す る 職 員 の 確 認 を 受 けて 引 き 渡 すものとする ( 費 用 の 負 担 及 び 価 格 の 決 定 ) 第 7 条 乙 が 供 給 した 物 資 に 要 する 対 価 及 び 運 搬 の 費 用 については 甲 が 負 担 する 2 費 用 は 災 害 発 生 時 直 前 における 適 正 価 格 等 を 基 準 として 甲 乙 協 議 のうえ 決 定 するものとする ( 費 用 の 請 求 及 び 支 払 い) 第 8 条 乙 は 物 資 の 供 給 及 び 運 搬 を 終 了 した 後 費 用 を 甲 に 一 括 請 求 するものと する 2 甲 は 前 項 に 基 づき 乙 から 費 用 の 支 払 い 請 求 があった 場 合 は 速 やかに 支 払 う ものとする ( 緊 急 避 難 所 の 提 供 ) 第 9 条 災 害 時 において 緊 急 避 難 所 として 駐 車 場 等 を 必 要 とするときには 甲 は 乙 に 対 し 協 力 を 要 請 するものとする ( 協 定 に 定 めのない 事 項 ) 第 10 条 この 協 定 に 定 めのない 事 項 又 は 疑 義 が 生 じた 事 項 については その 都 度 甲 と 乙 が 協 議 して 決 定 するものとする 45

47 ( 有 効 期 間 ) 第 11 条 この 協 定 は 調 印 の 日 から 施 行 し 甲 又 は 乙 が 文 書 をもって 終 了 を 通 知 しな い 限 りその 効 力 を 有 する この 協 定 の 締 結 を 証 するため 本 協 定 書 2 通 作 成 し 甲 乙 両 者 記 名 押 印 の 上 各 自 その1 通 を 保 有 するものとする 平 成 20 年 1 月 28 日 甲 登 別 市 長 上 野 晃 乙 イオン 北 海 道 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 植 村 忠 規 46

48 災 害 時 等 における 北 海 道 及 び 市 町 村 相 互 の 応 援 に 関 する 協 定 北 海 道 と 各 市 町 村 の 長 から 協 定 の 締 結 について 委 任 を 受 けた 北 海 道 市 長 会 長 及 び 北 海 道 町 村 会 長 は 災 害 時 等 における 北 海 道 ( 以 下 道 という ) 及 び 市 町 村 相 互 の 応 援 に 関 し 次 のとおり 協 定 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 協 定 は 道 内 における 災 害 時 又 は 武 力 攻 撃 事 態 武 力 攻 撃 予 測 事 態 若 しく は 緊 急 対 処 事 態 ( 以 下 災 害 時 等 という )において 被 災 市 町 村 ( 災 害 時 に 被 災 した 市 町 村 又 は 国 民 の 保 護 のための 措 置 若 しくは 緊 急 対 処 保 護 措 置 を 実 施 する 必 要 のある 市 町 村 のみでは 避 難 救 援 等 の 応 急 措 置 又 は 国 民 の 保 護 のための 措 置 若 しくは 緊 急 対 処 保 護 措 置 ( 以 下 応 急 措 置 等 という )を 十 分 に 実 施 できない 場 合 に 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 67 条 第 1 項 及 び 第 68 条 第 1 項 又 は 部 両 区 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 16 年 法 律 第 112 号 ) 第 17 条 第 1 項 及 び 第 18 条 第 1 項 若 しくは 同 法 第 183 条 において 準 用 する 第 17 条 第 1 項 及 び 第 18 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 道 及 び 市 町 村 相 互 の 応 援 ( 以 下 応 援 という )を 円 滑 に 遂 行 するために 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 応 援 の 種 類 ) 第 2 条 応 援 の 種 類 は 次 に 掲 げるとおりとする (1) 食 糧 飲 料 水 及 び 生 活 必 需 物 資 並 びにこれらの 供 給 に 必 要 な 資 機 材 の 提 供 及 びあ っせん (2) 被 災 者 等 ( 避 難 住 民 並 びに 災 害 武 力 攻 撃 災 害 及 び 緊 急 対 処 事 態 における 災 害 の 被 災 者 をいう 以 下 同 じ )の 救 出 医 療 及 び 防 疫 施 設 の 応 急 措 置 等 に 必 要 な 資 機 材 物 資 の 提 供 及 びあっせん (3) 避 難 救 援 及 び 救 出 活 動 等 に 必 要 な 車 両 等 の 提 供 及 びあっせん (4) 避 難 救 援 救 護 救 助 活 動 及 び 応 急 措 置 等 に 必 要 な 職 員 の 派 遣 (5) 被 災 者 等 の 一 時 収 容 のための 施 設 の 提 供 及 びあっせん (6) 前 各 号 に 定 めるもののほか 特 に 要 請 のあった 事 項 ( 区 域 区 分 ) 第 3 条 応 援 の 円 滑 な 実 施 を 図 るため 市 町 村 を 別 表 の 支 庁 地 域 に 区 分 するものとする ( 道 の 役 割 ) 第 4 条 道 は 市 町 村 の 処 理 する 防 災 及 び 国 民 保 護 に 関 する 事 務 又 は 業 務 の 実 施 を 支 援 するとともに 市 町 村 との 連 絡 調 整 情 報 交 換 等 につき 総 合 調 整 を 果 たすものとする 47

49 ( 連 絡 担 当 部 局 ) 第 5 条 道 及 び 市 町 村 は 必 要 な 情 報 等 を 相 互 に 交 換 することなどにより 応 援 の 円 滑 な 実 施 を 図 るため 予 め 連 絡 担 当 部 局 を 定 めるものとする ( 応 援 の 要 請 区 分 ) 第 6 条 応 援 の 要 請 は 被 災 市 町 村 の 長 から 知 事 又 は 他 の 市 町 村 の 長 に 対 し 災 害 の 規 模 に 応 じて 次 に 掲 げる 区 分 により 行 うものとする (1) 第 1 要 請 被 災 市 町 村 の 長 が 当 該 支 庁 地 域 内 の 市 町 村 の 長 に 対 して 行 う 応 援 の 要 請 (2) 第 2 要 請 被 災 市 町 村 の 長 が 他 の 支 庁 地 域 の 市 町 村 の 長 に 対 して 行 う 応 援 の 要 請 (3) 第 3 要 請 被 災 市 町 村 の 長 が 知 事 に 対 して 行 う 応 援 の 要 請 ( 応 援 要 請 の 手 続 き) 第 7 条 被 災 市 町 村 の 長 は 次 に 掲 げる 事 項 を 明 らかにして 前 条 に 規 定 する 区 分 に 応 じ 知 事 又 は 他 の 市 町 村 の 長 に 対 し 応 援 の 要 請 を 行 うものとする (1) 被 害 の 種 類 及 び 状 況 (2) 第 2 条 第 1 号 及 び 第 2 号 に 掲 げるものの 品 名 数 量 等 (3) 第 2 条 第 3 号 に 掲 げる 車 両 等 の 種 類 規 格 及 び 台 数 (4) 第 2 条 第 4 号 に 掲 げる 職 員 の 職 種 別 人 員 (5) 応 援 場 所 及 び 応 援 場 所 への 経 路 (6) 応 援 の 期 間 (7) 前 各 号 に 定 めるもののほか 応 援 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 2 応 援 の 要 請 を 受 けた 知 事 及 び 市 町 村 長 の 長 は 応 援 の 要 請 に 応 じる 場 合 にあっては その 応 援 の 内 容 を 応 援 の 要 請 に 応 じることができない 場 合 にあってはその 旨 を 当 該 被 災 市 町 村 の 長 に 通 報 するものとする 3 前 2 項 に 規 定 する 応 援 の 要 請 及 び 応 援 の 可 否 に 関 する 通 報 は 第 1 要 請 及 び 第 2 要 請 にあっては 原 則 として 道 を 経 由 して 行 うものとする ( 応 援 の 経 費 の 負 担 ) 第 8 条 応 援 に 要 した 経 費 は 応 援 を 受 けた 被 災 市 町 村 において 負 担 するものとする 2 応 援 を 受 けた 被 災 市 町 村 において 前 項 の 規 定 により 負 担 する 経 費 を 支 弁 するいと まがない 場 合 には 応 援 を 受 けた 被 災 市 町 村 の 求 めにより 応 援 を 行 った 道 及 び 市 町 村 は 当 該 経 費 を 一 時 繰 替 ( 国 民 保 護 に 関 しては 立 替 え と 読 み 替 える 以 下 同 じ ) 支 弁 するものとする 3 前 2 項 の 規 定 により 難 い 場 合 については その 都 度 応 援 を 受 けた 被 災 市 町 村 と 応 援 を 行 った 道 及 び 市 町 村 が 協 議 して 定 めるものとする ( 自 主 応 援 ) 第 9 条 知 事 及 び 市 町 村 の 長 は 被 災 市 町 村 と 連 絡 が 取 れない 場 合 又 は 緊 急 を 要 する 場 48

50 合 であって 必 要 があると 認 めたときは 自 主 的 に 被 災 市 町 村 の 被 災 状 況 等 に 関 する 情 報 収 集 を 行 うとともに 当 該 情 報 に 基 づく 応 援 を 行 うものとする 2 自 主 応 援 については 第 7 条 第 1 項 の 規 定 による 被 災 市 町 村 の 長 から 要 請 があった ものとみなす 3 自 主 応 援 に 要 する 経 費 の 負 担 については 前 条 の 規 定 を 準 用 する ただし 被 災 市 町 村 の 情 報 収 集 に 要 する 経 費 は 応 援 を 行 った 道 及 び 市 町 村 において 負 担 するものと する ( 他 の 協 定 との 関 係 ) 第 10 条 この 協 定 は 道 及 び 市 町 村 相 互 において 締 結 している 北 海 道 広 域 消 防 相 互 応 援 協 定 北 海 道 消 防 防 災 ヘリコプター 応 援 協 定 その 他 の 災 害 時 の 相 互 応 援 に 係 る 協 定 を 妨 げるものではない (その 他 ) 第 11 条 この 協 定 の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 は 別 に 定 めるものとする 2 この 協 定 に 定 めのない 事 項 又 は 疑 義 が 生 じた 事 項 については その 都 度 道 及 び 市 町 村 が 協 議 して 定 めるものとする 附 則 この 協 定 は 平 成 20 年 6 月 10 日 から 施 行 する 平 成 9 年 11 月 5 日 に 締 結 された 協 定 は これを 廃 止 する この 協 定 の 締 結 を 証 するため 協 定 書 に 知 事 北 海 道 市 長 会 長 及 び 北 海 道 町 村 会 長 が 記 名 押 印 の 上 各 自 1 通 を 保 有 し 北 海 道 市 長 会 長 及 び 北 海 道 町 村 会 長 は 各 市 町 村 の 長 に 対 し その 写 しを 交 付 するものとする 平 成 20 年 6 月 10 日 北 海 道 北 海 道 知 事 高 橋 はるみ 北 海 道 市 長 会 北 海 道 市 長 会 長 新 宮 正 志 北 海 道 町 村 会 北 海 道 町 村 会 長 寺 島 光 一 郎 49

51 別 表 地 域 区 分 構 成 市 町 村 石 狩 支 庁 石 狩 支 庁 管 内 の 市 町 村 渡 島 支 庁 渡 島 支 庁 管 内 の 市 町 檜 山 支 庁 檜 山 支 庁 管 内 の 町 後 志 支 庁 後 志 支 庁 管 内 の 市 町 村 空 知 支 庁 空 知 支 庁 管 内 の 市 町 上 川 支 庁 上 川 支 庁 管 内 の 市 町 村 留 萌 支 庁 留 萌 支 庁 管 内 の 市 町 村 宗 谷 支 庁 宗 谷 支 庁 管 内 の 市 町 村 網 走 支 庁 網 走 支 庁 管 内 の 市 町 村 胆 振 支 庁 胆 振 支 庁 管 内 の 市 町 日 高 支 庁 日 高 支 庁 管 内 の 町 十 勝 支 庁 十 勝 支 庁 管 内 の 市 町 村 釧 路 支 庁 釧 路 支 庁 管 内 の 市 町 村 根 室 支 庁 根 室 支 庁 管 内 の 市 町 50

資 料 編 目 次 資 料 1 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 資 - 1 資 料 2 増 毛 町 防 災 会 議 条 例 資 - 4 資 料 3 増 毛 町 災 害 対 策 本 部 条 例 資 - 5 資 料 4 増 毛 町 防 災 行 政 無 線 放 送 施 設 の 設 置 及 び

資 料 編 目 次 資 料 1 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 資 - 1 資 料 2 増 毛 町 防 災 会 議 条 例 資 - 4 資 料 3 増 毛 町 災 害 対 策 本 部 条 例 資 - 5 資 料 4 増 毛 町 防 災 行 政 無 線 放 送 施 設 の 設 置 及 び 資 料 編 資 料 編 目 次 資 料 1 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 資 - 1 資 料 2 増 毛 町 防 災 会 議 条 例 資 - 4 資 料 3 増 毛 町 災 害 対 策 本 部 条 例 資 - 5 資 料 4 増 毛 町 防 災 行 政 無 線 放 送 施 設 の 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 資 - 6 資 料 5 災 害 時 における 北 海 道 及

More information

資 料 編

資   料   編 第 1.1 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ) 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づき 深 谷 市 防 災 会

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information

行政機関ガイド北海道(防衛省)

行政機関ガイド北海道(防衛省) 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

 

  滋 賀 県 防 災 会 議 条 例 1 滋 賀 県 防 災 会 議 運 営 要 綱 3 滋 賀 県 防 災 会 議 委 員 等 の 任 命 に 関 する 要 綱 4 滋 賀 県 防 災 会 議 地 震 対 策 部 会 運 営 要 綱 6 滋 賀 県 防 災 会 議 委 員 幹 事 7 滋 賀 県 防 災 会 議 地 震 対 策 部 会 委 員 幹 事 9 防 災 関 係 機 関 連 絡 窓 口 10

More information

Microsoft Word - ⑤地域防災計画資料編160713.docx

Microsoft Word - ⑤地域防災計画資料編160713.docx 第 6 編 協 定 等 一 覧 No 名 称 協 定 先 担 当 1 集 団 災 害 救 護 活 動 協 定 書 伊 勢 市 医 師 会 消 防 チーム 2 災 害 時 相 互 応 援 協 定 飯 田 市 ( 覚 書 同 日 締 結 ) 企 画 チーム 3 三 重 県 水 道 災 害 広 域 応 援 協 定 三 重 県 市 町 村 水 道 供 給 事 業 者 上 下 水 道 チーム 4 日 本 水

More information

yuuki-bousaikeikaku4

yuuki-bousaikeikaku4 結 城 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 総 則 1 1-1 結 城 市 防 災 会 議 委 員 名 簿 1 1-2 防 災 関 係 機 関 窓 口 2 1-3 結 城 市 防 災 会 議 条 例 7 1-4 結 城 市 防 災 会 議 運 営 規 定 9 1-5 結 城 市 災 害 対 策 本 部 条 例 10 1-6 災 害 時 の 配 備 体 制 11 2 協 定, 及 び

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087418E9197BF95D2816996DA8E9F816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087418E9197BF95D2816996DA8E9F816A> 目 次 ( 資 料 編 ) 1 各 種 協 定 覚 書 (1) 広 島 県 内 航 空 消 防 応 援 協 定 書 ( 広 島 市 ) 1 (2) 災 害 時 の 医 療 救 護 活 動 に 関 する 協 定 書 (4 医 師 会 ) 3 (3) 広 島 県 防 災 ヘリコプター 応 援 協 定 ( 広 島 県 ) 6 (4) 災 害 時 の 相 互 応 援 に 関 する 協 定 書 ( 県 内 市

More information

内    閣

内    閣 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

北海道広域消防相互応援協定

北海道広域消防相互応援協定 北 海 道 広 域 消 防 相 互 応 援 協 定 運 用 マ ニ ュ ア ル 全 国 消 防 長 会 北 海 道 支 部 北 海 道 広 域 消 防 相 互 応 援 協 定 運 用 マニュアル 目 次 ヘ ーシ 第 1 章 総 則 1 第 1 趣 旨 1 第 2 用 語 の 意 義 1 第 3 災 害 の 種 別 1 第 4 構 成 等 1 第 5 地 域 代 表 消 防 機 関 の 任 務 1

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

( 議 事 等 ) 第 5 条 前 各 条 に 定 めるもののほか 防 災 会 議 の 議 事 その 他 防 災 会 議 の 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 は 会 長 が 防 災 会 議 にはかつて 定 める ( 庶 務 ) 第 6 条 防 災 会 議 の 庶 務 は 環 境 防 災 課

( 議 事 等 ) 第 5 条 前 各 条 に 定 めるもののほか 防 災 会 議 の 議 事 その 他 防 災 会 議 の 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 は 会 長 が 防 災 会 議 にはかつて 定 める ( 庶 務 ) 第 6 条 防 災 会 議 の 庶 務 は 環 境 防 災 課 河 北 町 防 災 会 議 条 例 昭 和 38 年 3 月 20 日 条 例 第 4 号 注 平 成 8 年 6 月 から 改 正 経 過 を 注 記 した ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づき 河 北 町 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )の

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 条 例 規 則 要 綱 等... 1 (1) あわら 市 防 災 会 議 条 例... 1 (2) あわら 市 災 害 対 策 本 部 条 例... 3 (3) あわら 市 災 害 対 策 本 部 運 営 要 綱... 4 (4) 嶺 北 消 防 組 合 警 防 規 定... 16 (5)

More information

資 料 編 目 次 A. 条 例 参 考 資 料 1. 御 坊 市 防 災 会 議 条 例 A- 1 2. 御 坊 市 防 災 会 議 運 営 要 綱 A- 3 3. 御 坊 市 災 害 対 策 本 部 条 例 A- 4 4. 御 坊 市 災 害 弔 慰 金 の 支 給 等 に 関 する 条 例 A- 5 5. 御 坊 市 防 災 会 議 委 員 名 簿 A- 9 6. 防 災 関 係 機 関 一

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 25 年 度 水 巻 町 水 防 計 画 書 水 巻 町 水 防 協 議 会 文 書 分 類 コード A0 03 -- 04 目 次 第 1 章 総 則 1 第 2 章 町 における 水 防 組 織 並 びに 水 防 事 務 1 第 1 節 組 織 並 びに 事 務 分 掌 1~6 第 3 章 水 防 に 関 する 連 絡 及 び 水 位 雨 量 の 通 報 要 領 7 第 1 節 通 信

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

6 常 滑 市 地 震 災 害 警 戒 本 部 条 例 334 7 常 滑 市 地 震 災 害 警 戒 本 部 要 綱 335 8 災 害 応 急 対 策 又 は 災 害 復 旧 のため 派 遣 された 職 員 に 対 する 災 害 派 遣 手 当 に 関 する 条 例 337 9 知 多 地 域

6 常 滑 市 地 震 災 害 警 戒 本 部 条 例 334 7 常 滑 市 地 震 災 害 警 戒 本 部 要 綱 335 8 災 害 応 急 対 策 又 は 災 害 復 旧 のため 派 遣 された 職 員 に 対 する 災 害 派 遣 手 当 に 関 する 条 例 337 9 知 多 地 域 常 滑 市 水 防 計 画 第 1 章 総 則 301 第 1 節 目 的 301 第 2 節 用 語 の 定 義 301 第 3 節 水 防 の 責 任 等 301 第 4 節 安 全 確 保 302 第 2 章 水 防 組 織 302 第 1 節 水 防 組 織 302 第 2 節 水 防 管 理 団 体 302 第 3 章 水 防 施 設 303 第 1 節 水 防 施 設 303 第 2 節

More information

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関 参 考 資 料 -1 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 昭 和 38 年 6 月 25 日 条 例 第 6 号 改 正 昭 和 53 年 3 月 11 日 条 例 第 12 号 平 成 3 年 9 月 27 日 条 例 第 18 号 昭 和 55 年 7 月 2 日 条 例 第 21 号 平 成 12 年 3 月 30 日 条 例 第 20 号 昭 和 56 年

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

1 条 例 関 係 目 次 1 1 小 野 市 防 災 会 議 条 例 1 1 2 小 野 市 災 害 対 策 本 部 条 例 2 1 3 小 野 市 防 災 会 議 委 員 名 簿 3 2 協 定 関 係 2 1 災 害 協 定 等 一 覧 5 2 2 兵 庫 県 及 び 市 町 相 互 間 の

1 条 例 関 係 目 次 1 1 小 野 市 防 災 会 議 条 例 1 1 2 小 野 市 災 害 対 策 本 部 条 例 2 1 3 小 野 市 防 災 会 議 委 員 名 簿 3 2 協 定 関 係 2 1 災 害 協 定 等 一 覧 5 2 2 兵 庫 県 及 び 市 町 相 互 間 の 小 野 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 度 修 正 1 条 例 関 係 目 次 1 1 小 野 市 防 災 会 議 条 例 1 1 2 小 野 市 災 害 対 策 本 部 条 例 2 1 3 小 野 市 防 災 会 議 委 員 名 簿 3 2 協 定 関 係 2 1 災 害 協 定 等 一 覧 5 2 2 兵 庫 県 及 び 市 町 相 互 間 の 災 害 時 応 援 協

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する 第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 )の 適 用 申 請 及 び 救 助 等 の 実 施 を 適 切 に 行 うことを 目 的 とする 第 2 節 災 害 救 助 法 の 適 用 県 は

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

応急活動計画

応急活動計画 第 4 編 災 害 応 急 対 策 計 画 Ⅱ 共 通 事 項 編 第 1 章 救 助 救 急 医 療 等 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 大 規 模 災 害 発 生 時 には 建 物 工 作 物 の 倒 壊 交 通 施 設 の 損 壊 土 砂 崩 壊 等 の 災 害 が 広 域 に わたり 発 生 することが 考 えられ これらの 災 害 による 負 傷 者 等 の 発 生 も 多 数

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 鴻 巣 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 の 作 成 にあたって 1 本 編 鴻 巣 市 地 域 防 災 計 画 を 本 編 としている 2 資 料 編 本 編 の 関 連 情 報 を 受 けて 資 料 としている 3 資 料 編 の 見 出 し 番 号 と 本 編 の 関 係 資 料 編 に( 総 1-2)の 番 号 が 付 している 場 合 本 編 の 総 則 第 1 章 第 2 節 の

More information

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成 職 員 の 旅 費 に 関 する 条 例 の 一 部 を する 条 例 等 の 施 行 に 伴 う 旅 費 の 取 扱 いについて 平 成 18 年 3 月 29 日 17 高 教 職 第 1370 号 教 育 長 通 知 平 成 19 年 1 月 4 日 18 高 教 政 第 486 号 教 育 長 通 知 平 成 20 年 11 月 12 日 20 高 総 福 第 646 号 教 育 長 通 知

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

陸上自衛隊退職手当支給規則

陸上自衛隊退職手当支給規則 陸 上 自 衛 隊 退 職 手 当 支 給 規 則 昭 和 35 年 1 月 29 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 32 7 号 改 正 昭 和 36 年 5 月 22 日 達 第 122 32 号 昭 和 38 年 8 月 7 日 達 第 50 10 1 号 昭 和 42 年 9 月 5 日 達 第 32 7 1 号 昭 和 45 年 4 月 8 日 達 第 63 2 号 昭 和 45 年 10

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

夕 張 市 相 談 支 援 やコーディネート 機 能 充 実 のための 人 員 人 材 予 算 の 確 保 岩 見 沢 市 基 幹 相 談 支 援 センターの 設 置 と 障 害 者 相 談 支 援 に 携 わる 人 員 の 確 保 美 唄 市 三 笠 市 相 談 支 援 機 能 と 居 住 支 援

夕 張 市 相 談 支 援 やコーディネート 機 能 充 実 のための 人 員 人 材 予 算 の 確 保 岩 見 沢 市 基 幹 相 談 支 援 センターの 設 置 と 障 害 者 相 談 支 援 に 携 わる 人 員 の 確 保 美 唄 市 三 笠 市 相 談 支 援 機 能 と 居 住 支 援 圏 域 南 渡 島 市 町 村 名 函 館 市 北 斗 市 松 前 町 福 島 町 知 内 町 木 古 内 町 七 飯 町 市 町 村 別 地 域 生 活 支 援 拠 点 を 整 備 するための 課 居 住 支 援 機 能 及 び 地 域 包 括 支 援 機 能 のいずれも 受 け 入 れ 出 来 る 施 設 が 町 内 にないことが 課 指 定 特 定 相 談 支 援 事 業 所 については 今

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案)

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案) 市 場 調 査 展 示 会 等 支 援 事 業 費 助 成 金 交 付 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 山 梨 県 が 定 める 山 梨 県 市 場 調 査 展 示 会 出 展 等 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づいて 公 益 財 団 法 人 やまなし 産 業 支 援 機 構 ( 以 下 支 援 機 構 という )が 実 施 する 市 場 調 査 展

More information

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 十 五 日 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) E-1 航 空 法 ( 抜 粋 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 一 三 日 法 律 第 七 〇 号 (この 法 律 の 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 民 間 航 空 条 約 の 規 定 並 びに 同 条 約 の 附 属 書 として 採 択 された 標 準 方 式 及 び 手

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

1 防災関係機関及び関係条例・規程等

1 防災関係機関及び関係条例・規程等 資 料 一 般 地 震 1-1 いちき 串 木 野 市 災 害 対 策 本 部 条 例 1 防 災 組 織 に 関 する 資 料 1-1 いちき 串 木 野 市 災 害 対 策 本 部 条 例 ( 平 成 17 年 10 月 11 日 条 例 第 138 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 23 条

More information

鳴 門 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 鳴 門 市 地 域 防 災 計 画 目 次 地 域 防 災 計 画 資 料 編 番 号 資 料 名 ページ 1 鳴 門 市 防 災 会 議 条 例 1 2 鳴 門 市 防 災 会 議 運 営 規 程 3 3 鳴 門 市 防 災 会 議 委 員 名 簿 4 4 鳴 門 市 災 害 対 策 本 部 条 例 6 5 鳴 門 市 災 害 対 策 本 部 運

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章 維 持 管 理 業 務 P3 第 1 節 業 務

目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章 維 持 管 理 業 務 P3 第 1 節 業 務 山 形 空 港 航 空 灯 火 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 4 月 山 形 県 山 形 空 港 事 務 所 目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2 活 動 体 制 を 速 やかに 確 立 するために 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 の 方 針 大 規 模 な 地 震 が 発 生 したときは 速 やかに 市 災 害 対 策 本 部 を 設 置 し 全 市 を 挙 げて 災 害 対 策 活 動 に 従 事 する 必 要 がある 従 って 適 切 な 災 害 応 急 活 動 を 実 施 するに 当 たり 役 割 分 担

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information