Taro-下関署(確定版).jtd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Taro-下関署(確定版).jtd"

Transcription

1 平 成 2 6 年 度 第 2 回 下 関 警 察 署 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 7 日 ( 木 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 45 分 まで 開 催 場 所 下 関 市 細 江 町 2 丁 目 3 番 8 号 下 関 警 察 署 5 階 講 堂 出 席 者 福 井 会 長 林 副 会 長 児 玉 委 員 松 村 委 員 松 浦 委 員 藤 原 委 員 委 員 井 上 委 員 高 山 委 員 成 瀬 委 員 和 崎 委 員 伊 藤 委 員 花 岡 委 員 計 12 人 署 長 副 署 長 地 域 官 刑 事 官 交 通 官 警 備 官 会 計 主 幹 警 察 署 警 務 課 長 警 察 安 全 相 談 課 長 留 置 管 理 課 長 生 活 安 全 課 長 地 域 第 一 課 長 刑 事 第 一 課 長 刑 事 第 二 課 長 外 事 課 長 計 15 人 1 業 務 説 明 議 題 2 諮 問 事 項 特 殊 詐 欺 対 策 の 推 進 について 1 会 長 挨 拶 本 日 は 大 変 お 暑 い 中 また 大 変 お 忙 しい 中 平 成 26 年 度 第 2 回 下 関 警 察 署 協 議 会 に 御 出 席 いただき 感 謝 申 し 上 げる さて 今 年 の 夏 は 台 風 の 当 たり 年 で 雨 も 多 く 比 較 的 涼 しい 日 が 続 いていたが 本 日 は 一 気 に 暑 さが 盛 り 返 し いよいよ 夏 本 番 といったところである 皆 様 方 には 熱 中 症 等 くれぐれも 健 康 管 理 に 御 配 意 いただきたい 現 在 地 域 でいろいろな 夏 祭 りが 開 催 されており 来 週 からは 海 峡 花 火 大 会 馬 関 祭 りと 下 関 でも 大 きなイベントが 控 えている 警 察 当 局 の 皆 様 におかれては 雑 踏 警 備 や 交 通 対 策 等 で 大 変 だと 思 うが 事 故 のないよう 万 全 を 期 していただきた い それでは これから 協 議 に 入 りたいと 思 うが 皆 様 の 御 協 力 をいただきながら 円 滑 なる 協 議 運 営 に 努 めてまいる 所 存 であるので よろしくお 願 い 申 し 上 げる 2 署 長 挨 拶 ( 省 略 ) 3 業 務 説 明 ( 署 長 ) 配 布 資 料 により 警 察 業 務 の 推 進 状 況 について 説 明 した (1) 生 活 安 全 課 関 係 犯 罪 抑 止 総 合 対 策 の 推 進 状 況 少 年 非 行 防 止 及 び 保 護 対 策 の 推 進 状 況 等 につい て 説 明 した 1

2 (2) 地 域 課 関 係 地 域 警 察 の 活 動 状 況 等 について 説 明 した (3) 刑 事 第 一 課 関 係 刑 法 犯 の 認 知 検 挙 状 況 諸 対 策 の 取 組 状 況 について 説 明 した (4) 刑 事 第 二 課 関 係 暴 力 団 情 勢 薬 物 事 犯 の 検 挙 状 況 特 殊 詐 欺 の 発 生 状 況 等 について 説 明 した (5) 交 通 課 関 係 交 通 事 故 の 発 生 状 況 交 通 違 反 の 取 締 り 状 況 速 度 取 締 り 指 針 の 策 定 等 につい て 説 明 した (6) 非 違 事 案 関 係 本 年 上 半 期 に 県 下 で 発 生 した 懲 戒 処 分 事 案 及 び 非 違 事 案 防 止 のための 取 組 状 況 について 説 明 した 4 協 議 生 活 安 全 課 長 が 配 布 資 料 特 殊 詐 欺 対 策 の 推 進 状 況 に 基 づき 説 明 した 後 生 活 安 全 課 員 が 管 内 で 発 生 した 高 齢 者 被 害 の 特 殊 詐 欺 事 例 を 基 にした 寸 劇 を 実 施 した 生 活 安 全 課 長 から 説 明 いただいた 特 殊 詐 欺 対 策 について 御 意 見 御 提 言 をお 願 いする 今 日 のことであるが 自 宅 に 何 とかいう 証 券 会 社 から 電 話 があり 奥 さんはいな いか 株 をやらないかと 言 うのですぐに 断 ったが 詐 欺 の 電 話 だったかもしれない 以 前 東 北 に 住 んでいる 叔 母 の 所 に 私 の 息 子 を 装 った 男 からお 金 を 貸 してほし いという 電 話 が 掛 かってきたことがあり 息 子 に 確 認 したら 詐 欺 の 電 話 だと 分 かっ た 叔 母 はお 金 を 振 り 込 むつもりだったらしいが 念 のために 私 に 電 話 をしてきた ので 被 害 に 遭 わずに 済 んだことがある 詐 欺 の 事 件 では 電 話 帳 を 始 め いろいろな 個 人 情 報 が 使 われている 先 般 企 業 の 個 人 情 報 が 流 出 した 事 件 はニュース 等 で 御 存 知 と 思 うが こうした 名 簿 も 売 買 さ れて 使 われている 例 えば 過 去 に 社 債 や 株 の 取 引 をした 方 の 個 人 情 報 や 高 齢 者 の 情 報 なども 売 買 されており 仮 に 詐 欺 グループが200 万 円 で 個 人 情 報 を 買 ったと しても 詐 欺 の 収 益 が 数 億 円 あれば 採 算 が 取 れる 今 こうしたことが 東 京 方 面 で 展 開 されており 詐 欺 の 司 令 塔 は 首 都 圏 にあって 現 金 を 受 け 取 る 者 は 地 方 で 動 く という 形 態 である 私 の 所 にも 多 い 時 には 勧 誘 電 話 などが1 週 間 に10 件 近 く 掛 かってくる 時 には 午 後 10 時 頃 に 掛 かることもあり 固 定 電 話 を 止 めようかという 話 を 妻 としている ような 現 状 である 先 ほどの 寸 劇 の 説 明 では 銀 行 の 方 が 高 齢 者 の 説 得 に 約 1 時 間 も 対 応 されたとい うことだが そこで さらに 一 歩 踏 み 込 んで 何 かすることはできないものかと 思 う 2

3 金 融 機 関 の 責 任 者 から 伺 った 話 だが 警 察 に 通 報 して 警 察 官 やパトカーが 来 たに もかかわらず 結 局 詐 欺 ではなかった 場 合 にはお 客 に 迷 惑 を 掛 けてしまうこと さらにはクレームになった 場 合 のことを 考 えると 通 報 を 躊 躇 してしまうとのことで あり 金 融 機 関 にも 相 当 の 葛 藤 があったと 聞 いている 警 察 に 通 報 して 大 事 になったら 困 るという 理 由 で 通 報 しないということであれば パトカーや 制 服 警 察 官 ではなく 私 服 警 察 官 の 配 置 などを 検 討 されてはいかがか 振 り 込 め 詐 欺 等 特 殊 詐 欺 の 被 害 防 止 には 金 融 機 関 に 御 協 力 いただくことが 必 要 で ある 被 害 が 疑 われる 取 扱 いがあった 際 に 警 察 に 対 する 通 報 をいただくよう 協 力 依 頼 を 行 っている 詐 欺 の 被 害 を 防 止 するために 金 融 機 関 などがバックアップしているということも 分 かったが 地 域 住 民 の 意 識 を 高 めることが 一 番 大 切 だと 思 う そのための 何 か 良 い 方 法 はないものか 伺 いたい 地 域 住 民 の 方 には 詐 欺 被 害 への 意 識 を 持 っていただくことが 一 番 であり その ためにも 留 守 番 電 話 大 作 戦 を 推 進 しているところである 高 齢 者 の 方 は 留 守 番 電 話 で 相 手 の 声 や 用 件 を 確 認 した 上 で 家 族 や 知 人 からの 電 話 であれば 出 るようにして いただきたい オレオレ 詐 欺 などは10 年 以 上 も 前 から 続 いているが 未 だ 市 民 の 方 に 浸 透 して いない 現 状 があり 自 分 には 詐 欺 の 電 話 は 掛 かってこないという 漠 然 とした 意 識 が あるものと 思 われる 詐 欺 被 害 に 対 する 意 識 が 広 く 市 民 に 浸 透 すれば 防 止 できるの で 引 き 続 き 広 報 を 推 進 してまいりたい 詐 欺 グループが 組 織 的 にあの 手 この 手 でだまそうとするのを 防 げるのか 不 安 もあ るが 私 としても 地 域 住 民 の 意 識 が 高 まるよう 努 力 したいと 思 う 一 人 暮 らしの 高 齢 者 をピックアップし 警 察 官 が 巡 回 して 詐 欺 の 手 口 を 説 明 した り 何 かあった 時 の 連 絡 先 を 教 えるなど 指 導 していただくか 近 くの 民 生 委 員 が 立 ち 寄 って 声 を 掛 けてもらうようにすれば 被 害 防 止 になると 思 う 高 齢 者 宅 への 立 ち 寄 り 防 犯 指 導 については この5 月 から 地 域 警 察 官 を 中 心 に 実 施 中 である 留 守 番 電 話 大 作 戦 を 展 開 するに 当 たり 市 内 の 民 生 委 員 連 合 会 の 協 力 を 得 て 各 支 部 の 代 表 者 にも 協 力 を 依 頼 し 各 地 域 の 民 生 委 員 による 立 ち 寄 りにつ いても 実 施 しているところである 被 害 の 防 止 策 として 留 守 番 電 話 にして 相 手 と 話 さないという 方 法 も 良 いと 思 う が 会 話 を 録 音 されていることが 分 かると 相 手 は 電 話 を 切 ってしまうと 聞 いたこと があるので 電 話 に 出 て ある 程 度 相 手 の 話 を 聞 いてから 警 察 に 通 報 するように 3

4 した 方 が 良 いのではないか 相 手 と 話 をしてだまされるよりは 電 話 に 出 ない 方 が 賢 明 と 思 われる だまされ たふりをして 犯 人 を 捕 まえるという 捜 査 手 法 もあるが 間 違 って 本 当 にだまされる 場 合 のことを 考 えると 電 話 には 出 ないのが 一 番 で 仮 に 電 話 に 出 てしまった 場 合 で も すぐ 切 るようにしていただきたい 被 害 に 遭 わないことが 一 番 大 事 なので 留 守 番 電 話 での 対 応 をお 願 いしたい 私 方 の 近 所 に 詐 欺 の 被 害 に 遭 われた 女 性 がいる しっかり 者 として 近 所 でも 有 名 な 方 だが 3 人 の 男 が 入 れ 替 わり 訪 ねて 来 て 家 族 に 電 話 する 時 間 を 与 えないよう なやり 取 りをして だまされたと 聞 いている 先 ほどの 寸 劇 のほかにも いろいろなだまされるケースがあると 思 う 被 害 者 と 犯 人 グループとのやり 取 りをケース1 ケース2のような 形 で 寸 劇 に 取 り 入 れて 犯 人 がいかに 巧 妙 な 手 口 を 使 ってだますのかということを もっとPRしていただ きたい 寸 劇 はお 年 寄 りにも 非 常 に 分 かりやすいと 思 うので 是 非 お 願 いしたい 寸 劇 のケースでは 犯 人 が 高 齢 者 から 現 金 をだまし 取 る 口 実 が 偽 札 であるが そ の 他 のいろいろな 手 口 を 詳 細 に 公 表 してしまうと いささか 問 題 も 生 じてくる 現 金 を 手 交 させる 段 階 では 偽 札 のほか いろいろな 口 実 が 使 われているが 大 き な 流 れは 同 じであり 西 日 本 一 帯 で 発 生 している 詐 欺 は 警 察 官 の 氏 名 や 銀 行 協 会 を 名 乗 るという 手 口 で 共 通 している 偽 札 などという 話 で 本 当 にだまされるのかと 思 われるかもしれないが 最 初 の 段 階 で 相 手 を 信 用 し コントロールされてしまうと 後 は 全 て 相 手 の 言 いなりで 行 動 してしまうということである それはお 年 寄 り 特 有 の 感 覚 なのか 若 い 人 もだまされることはあるのか 出 会 い 系 サイトなどの 架 空 請 求 では 高 齢 者 に 限 らず 若 い 方 の 被 害 も 出 ている 今 の 情 報 化 社 会 で どうして 簡 単 にだまされるのか 不 思 議 に 思 っていたが 先 ほ どの 寸 劇 を 拝 見 して 経 緯 がよく 分 かった 留 守 番 電 話 での 対 応 を 啓 蒙 されているということだが どのようにPRされてい るのか 伺 いたい 寸 劇 を 見 た 上 で 留 守 番 電 話 が 必 要 であると 言 われれば 納 得 できる と 思 うが 振 り 込 め 詐 欺 があるから 必 要 というだけでは お 金 も 掛 かる 留 守 番 電 話 にしてもらうのは 難 しいように 思 う 当 署 では 留 守 番 電 話 に 関 する 広 報 を5 月 から 行 っているが この 取 組 を 報 道 各 社 にも 提 供 している 警 察 官 が 唐 戸 地 区 の 高 齢 者 宅 を 訪 問 し 留 守 番 電 話 の 効 果 や 対 応 要 領 について 説 明 する 様 子 が 山 口 新 聞 NHKで 報 道 されたほか 地 域 情 報 誌 に も 掲 載 されている また 継 続 して 地 域 警 察 官 が 高 齢 者 のお 宅 を 訪 問 し 一 軒 ごと 4

5 に 留 守 番 電 話 の 効 果 や 対 応 要 領 を 説 明 している 先 ほどの 寸 劇 は 先 月 開 催 された 下 関 市 の 金 融 防 犯 協 会 の 総 会 でも 披 露 してい る 詐 欺 の 手 口 と 高 齢 者 が 金 銭 をだまし 取 られる 経 緯 について 各 金 融 機 関 の 支 店 長 等 に 理 解 していただき 詐 欺 被 害 が 疑 われる 高 齢 者 が 窓 口 に 来 店 された 際 の 通 報 を 依 頼 している 留 守 番 電 話 の 効 果 などについては 今 後 も 各 種 広 報 媒 体 を 利 用 して 広 報 していくこ ととしている 寸 劇 についても 今 後 会 合 等 での 実 施 要 望 や 機 会 があれば 実 施 し ていきたいと 考 えている 寸 劇 のケースで 金 融 機 関 がお 客 の 説 得 に 一 時 間 も 対 応 されたということは お 客 の 言 動 に 何 か 不 審 を 感 じていたからだと 思 う 金 融 機 関 が 不 審 を 感 じてお 客 を 説 得 する 場 合 例 えば10 分 経 過 した 時 点 で 警 察 に 通 報 することについて 市 内 の 金 融 機 関 と 警 察 との 申 し 合 わせも 必 要 ではないかと 思 う 金 融 機 関 から 通 報 があった 場 合 に 犯 人 が 周 辺 に 潜 んでいる 蓋 然 性 が 高 い 場 合 は パトカーが 接 近 しないように 指 示 し 私 服 警 察 官 を 派 遣 している 他 にもいろいろ なケースがあるが 可 能 な 限 り 通 報 していただいた 金 融 機 関 の 立 場 に 配 意 し そ れぞれに 応 じた 対 応 をしていきたい 寸 劇 による 広 報 は 非 常 に 効 果 的 であるが いつも 寸 劇 をしていただく 訳 にもいか ないと 思 うので 各 ボランティアや 自 治 会 に 対 して 広 報 してほしいという 題 材 を 警 察 から 提 供 していただきたい 例 えば 寸 劇 を 撮 影 したものを 会 合 等 で 見 てもら うという 方 法 もあろうかと 思 う 広 報 材 料 については 今 後 とも 各 ボランティアの 方 にも 提 供 していきたい 御 意 見 は 今 後 の 広 報 活 動 に 生 かしたいと 思 う 5 質 疑 応 答 協 議 事 項 以 外 の 質 疑 御 意 見 等 があれば 発 言 願 う 地 元 に 一 方 通 行 の 道 路 があり パトカーもよく 警 戒 されている 所 であるが 最 近 通 行 した 時 に 違 反 している 車 を 二 回 ほど 見 た 結 局 は 運 転 者 の 自 覚 の 問 題 だと 思 う が 事 故 になってからでは 遅 いので 引 き 続 き 警 察 の 取 締 りをお 願 いしたい ( 交 通 官 ) 特 に 違 反 の 多 い 時 間 帯 を 主 とした 取 締 りを 強 化 し 今 後 も 継 続 してパトカーでの 警 戒 や 取 締 りを 実 施 する 青 年 会 議 所 の 代 表 として 馬 関 まつりの 開 催 に 伴 う 警 備 や 交 通 規 制 等 で 警 察 の 方 には 大 変 お 世 話 になっており 感 謝 申 しあげる 特 に 一 昨 年 から 会 場 周 辺 の 一 部 の 交 通 規 制 を 解 除 したが 警 察 の 御 協 力 により 事 故 も 無 く 安 全 に 推 移 している 今 5

6 年 も 引 き 続 き 御 協 力 をお 願 いしたい ( 交 通 官 ) より 良 い 街 作 りのためにも 主 催 者 の 方 と 協 議 しながら 市 民 の 皆 さんが 祭 りを 楽 しく 過 ごせるように また 事 故 の 無 いように 警 察 としても 協 力 させていだくので 今 後 ともよろしくお 願 いする 6 配 付 資 料 業 務 説 明 資 料 ( 警 察 署 作 成 ) 諮 問 事 項 資 料 ( 警 察 署 作 成 ) 振 り 込 め 詐 欺 等 被 害 防 止 チラシ( 警 察 本 部 作 成 ) 7 次 回 警 察 署 協 議 会 開 催 予 定 次 回 の 警 察 署 協 議 会 は 平 成 26 年 10 月 の 開 催 予 定 6

<5461726F2D8C788E408F908BA68B6389EF89EF8B63985E816993739387816A2E6A746463>

<5461726F2D8C788E408F908BA68B6389EF89EF8B63985E816993739387816A2E6A746463> 警 察 署 協 議 会 会 議 録 名 称 大 阪 府 都 島 警 察 署 協 議 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 3 時 15 分 までの 間 開 催 場 所 大 阪 府 都 島 警 察 署 柔 道 場 樋 口 会 長 江 後 副 会 長 松 田 委 員 宮 本 委 員 出 委 員 天 川 委 員 大 西 委 員 秦 委

More information

Taro kyogikaigijiroku

Taro kyogikaigijiroku 石 巻 警 察 署 協 議 会 議 事 録 要 旨 協 議 会 名 開 催 日 時 開 催 場 所 宮 城 県 石 巻 警 察 署 協 議 会 平 成 26 年 12 月 19 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 宮 城 県 石 巻 警 察 署 会 議 室 出 席 者 等 1 協 議 会 以 下 7 名 2 警 察 署 側 署 以 下 12 名 議 事 概

More information

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 一 宮 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 00 分 までの 間 一 宮 警 察 署 講 堂 1 委 員 高 間 正 道 会 長 杉 本 昇 副 会 長 岩 田 武 志 委 員 小 川 典 子 委 員 大 塚 良 雄 委 員 川

More information

- 目 次 - 1 被 害 状 況 (1) 特 殊 詐 欺 ( 全 体 ) 1 (2) オ レ オ レ 詐 欺 4 (3) 架 空 請 求 振 り 込 め 類 似 詐 欺 6 (4) 還 付 金 等 詐 欺 9 2 検 挙 状 況 ( 都 内 ) (1) 本 犯 11 (2) 検 挙 被 疑 者 の

- 目 次 - 1 被 害 状 況 (1) 特 殊 詐 欺 ( 全 体 ) 1 (2) オ レ オ レ 詐 欺 4 (3) 架 空 請 求 振 り 込 め 類 似 詐 欺 6 (4) 還 付 金 等 詐 欺 9 2 検 挙 状 況 ( 都 内 ) (1) 本 犯 11 (2) 検 挙 被 疑 者 の 平 成 27 年 9 月 平 成 27 年 上 半 期 における 特 殊 詐 欺 の 状 況 について 警 視 庁 - 目 次 - 1 被 害 状 況 (1) 特 殊 詐 欺 ( 全 体 ) 1 (2) オ レ オ レ 詐 欺 4 (3) 架 空 請 求 振 り 込 め 類 似 詐 欺 6 (4) 還 付 金 等 詐 欺 9 2 検 挙 状 況 ( 都 内 ) (1) 本 犯 11 (2) 検 挙

More information

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先 会 議 録 平 成 26 年 7 月 30 日 作 成 平 成 30 年 3 月 末 日 廃 棄 会 議 名 京 都 府 東 山 警 察 署 協 議 会 ( 第 1 回 ) 開 催 日 平 成 26 年 6 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 時 間 午 後 2 時 から 午 後 4 時 05 分 までの 間 (125 分 ) 場 所 京 都 府 東 山 警 察 署 出 席 者 宮 野 会 長 加 藤

More information

Taro-第4回 三条署協議会開催概況【決定】

Taro-第4回 三条署協議会開催概況【決定】 第 4 回 三 条 警 察 署 協 議 会 開 催 概 況 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 25 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 までの 間 開 催 場 所 三 条 警 察 署 3 階 会 議 室 公 安 委 員 会 小 林 公 安 委 員 1 人 近 藤 会 長 濱 田 副 会 長 青 木 委 員 出 席 者 委 員 刈 屋 委 員 斎 藤 委

More information

1 開 会 のことば 2 署 長 挨 拶 署 長 から 本 年 第 2 回 目 となる 本 日 の 諮 問 は 高 齢 者 を 狙 った 振 り 込 め 詐 欺 被 害 の 未 然 防 止 方 策 です 特 殊 詐 欺 被 害 のうち 大 半 を 占 める 振 り 込 め 詐 欺 の 被 害 に 関

1 開 会 のことば 2 署 長 挨 拶 署 長 から 本 年 第 2 回 目 となる 本 日 の 諮 問 は 高 齢 者 を 狙 った 振 り 込 め 詐 欺 被 害 の 未 然 防 止 方 策 です 特 殊 詐 欺 被 害 のうち 大 半 を 占 める 振 り 込 め 詐 欺 の 被 害 に 関 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 西 尾 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 5 月 13 日 ( 金 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 00 分 までの 間 西 尾 警 察 署 講 堂 1 委 員 大 竹 玲 子 委 員 黒 部 和 美 委 員 外 倉 崇 委 員 寺 部 典 司 委 員 太 田 利 和 委 員 加 藤

More information

区 には 今 年 度 中 学 生 以 下 を 被 害 対 象 としたものだけで 62 件 もの 不 審 者 出 没 情 報 が 寄 せられています (4 月 ~11 月 末 時 点 ) 下 記 のデータを 参 考 にしていただき こどもたちが 危 険 な 目 に 遭 遇 しないよう 引 き 続 き

区 には 今 年 度 中 学 生 以 下 を 被 害 対 象 としたものだけで 62 件 もの 不 審 者 出 没 情 報 が 寄 せられています (4 月 ~11 月 末 時 点 ) 下 記 のデータを 参 考 にしていただき こどもたちが 危 険 な 目 に 遭 遇 しないよう 引 き 続 き 平 成 25 年 12 月 発 行 最 近 区 役 所 職 員 ( 福 祉 課 のヨシダ 保 険 課 のサイトウなど)を 名 乗 る 振 り 込 め 詐 欺 ( 還 付 金 詐 欺 )の 犯 人 から 区 内 熟 年 者 宅 に 頻 繁 に 電 話 がかけられています 中 には 実 際 にだまされてしまった 方 もいま す 十 分 ご 注 意 ください! 還 付 金 詐 欺 被 害 状 況 ( 平

More information

1 会 長 挨 拶 会 長 から 今 回 の 諮 問 事 項 は 自 転 車 利 用 者 のマナーアップ 方 策 についてで ある 交 通 事 故 抑 止 のため 活 発 な 意 見 をお 願 いする 旨 の 挨 拶 があった 2 署 長 挨 拶 3 管 内 の 治 安 情 勢 ( 署 長 説 明

1 会 長 挨 拶 会 長 から 今 回 の 諮 問 事 項 は 自 転 車 利 用 者 のマナーアップ 方 策 についてで ある 交 通 事 故 抑 止 のため 活 発 な 意 見 をお 願 いする 旨 の 挨 拶 があった 2 署 長 挨 拶 3 管 内 の 治 安 情 勢 ( 署 長 説 明 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 知 多 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 27 日 ( 水 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 10 分 までの 間 知 多 警 察 署 講 堂 1 委 員 出 席 者 2 警 察 署 員 宍 戸 由 明 会 長 竹 内 由 香 理 副 会 長 岡 戸 千 尋 委 員 篠 原 早

More information

署協議会議事録

署協議会議事録 平 成 28 年 第 1 回 仙 台 南 警 察 署 協 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 13:30~15:00 場 所 : 仙 台 南 警 察 署 3 階 大 会 議 室 1 会 長 挨 拶 本 協 議 会 は 年 間 4 回 開 催 される 予 定 で その 都 度 治 安 情 勢 や 懸 案 事 項 等 につい て 審 議 し 地 域 の 安 心

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 評 価 の 対 象 とした 政 策 等 1 第 1 振 り 込 め 詐 欺 対 策 1 第 2 評 価 の 対 象 とした 政 策 2 第 3 評 価 の 観 点 2 第 4 効 果 の 把 握 の 手 法 及 びその 結 果 3 第 5 学 識 経 験 を 有 す

目 次 はじめに 1 第 1 章 評 価 の 対 象 とした 政 策 等 1 第 1 振 り 込 め 詐 欺 対 策 1 第 2 評 価 の 対 象 とした 政 策 2 第 3 評 価 の 観 点 2 第 4 効 果 の 把 握 の 手 法 及 びその 結 果 3 第 5 学 識 経 験 を 有 す 総 合 評 価 書 振 り 込 め 詐 欺 対 策 の 推 進 平 成 2 4 年 3 月 国 家 公 安 委 員 会 警 察 庁 目 次 はじめに 1 第 1 章 評 価 の 対 象 とした 政 策 等 1 第 1 振 り 込 め 詐 欺 対 策 1 第 2 評 価 の 対 象 とした 政 策 2 第 3 評 価 の 観 点 2 第 4 効 果 の 把 握 の 手 法 及 びその 結 果 3 第

More information

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり CONTENTS No.39 2016.May ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とりわけ 暴 力 団 排 除 や 薬 物 乱 用 防 止

More information

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 会 議 録 1 日 時 平 成 22 年 8 月 2 日 ( 月 )15 時 00 分 から16 時 10 分 2 場 所 市 原 市 市 民 会 館 3 階 大 会 議 室 3 主 席 者 ( 委 員 ) 市 原 市 長 千 葉 海 上 保 安 部 長 職 務 代 理 警 備 救 護 課 長 千 葉 測 候 所 長 関 東 農 政 局 千 葉 農

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

三条市安全・安心な

三条市安全・安心な 三 条 市 安 全 安 心 な まちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) 三 条 市 1 目 次 第 1 章 計 画 の 基 礎 事 項 1 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 1 第 3 節 計 画 期 間 1 第 4 節 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 犯 罪 の 状 況 2 第 1 節 刑 法 犯 発 生 状 況 2 (1) 刑 法 犯 認

More information

Microsoft PowerPoint - 100621 0629慶應大学講義用(70m) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 100621 0629慶應大学講義用(70m) [互換モード] 2010 年 度 ( 財 ) 経 済 広 報 センター 寄 附 講 座 慶 應 義 塾 大 学 商 学 部 リスク 管 理 と 企 業 経 営 事 例 を 踏 まえて 影 響 と 問 題 点 を 探 る 2010 年 6 月 29 日 東 京 証 券 取 引 所 自 主 規 制 法 人 売 買 審 査 部 東 証 COMLEC 本 資 料 は, 作 成 日 現 在 のインサイダー 取 引 規 制 についての

More information

により 速 やかに 情 報 提 供 を 行 い 自 主 防 犯 意 識 の 高 揚 と 犯 罪 の 予 防 に 努 める 防 犯 協 会 のホームページの 改 修 (よりタイムリーな 情 報 提 供 と 防 犯 信 州 購 読 拡 大 も) (3) 防 犯 ポスターコンクールの 実 施 と 防 犯

により 速 やかに 情 報 提 供 を 行 い 自 主 防 犯 意 識 の 高 揚 と 犯 罪 の 予 防 に 努 める 防 犯 協 会 のホームページの 改 修 (よりタイムリーな 情 報 提 供 と 防 犯 信 州 購 読 拡 大 も) (3) 防 犯 ポスターコンクールの 実 施 と 防 犯 平 成 2 8 年 度 事 業 計 画 長 野 県 における 平 成 27 年 中 の 刑 法 犯 認 知 件 数 は 1 万 1, 503 件 で 前 年 と 比 べて 12.9 % 減 少 し 戦 後 最 少 となり 刑 法 犯 の 認 知 件 数 が 戦 後 最 多 を 記 録 した 平 成 13 年 の 34, 764 件 の 3 分 の 1 以 下 で 平 成 14 年 から 14 年 連

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A3133313132322091E63389F18C6F89638ED295DB8FD882C98AD682B782E9834B834383688389834383938CA48B8689EF8B638E9697768E7C2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A3133313132322091E63389F18C6F89638ED295DB8FD882C98AD682B782E9834B834383688389834383938CA48B8689EF8B638E9697768E7C2E646F63> 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 ( 第 3 回 ) 議 事 要 旨 1. 日 時 : 平 成 25 年 11 月 22 日 ( 金 ) 15:00~16:45 2. 場 所 : 銀 行 会 館 5 階 講 堂 3. 参 加 者 : 小 林 委 員 内 池 委 員 大 西 委 員 奥 川 委 員 新 井 代 理 ( 片 岡 委 員 ) 菊 池 委 員 新 名 代 理 ( 佐

More information

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録 平 成 25 年 度 第 1 回 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 25 年 6 月 28 日 ( 金 )10:30~11:30 開 催 場 所 恵 庭 市 役 所 3 階 第 2 第 3 委 員 会 室 出 席 者 ( 敬 称 略 順 不 同 ) 会 長 原 田 裕 ( 恵 庭 市 長 ) 副 会 長 鏡 貢 ( 恵 庭 市 交

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

2015/10/1 架 空 請 求 メールに ご 注 意 一 昨 日 (9 月 29 日 ) 和 歌 山 市 内 在 住 の 方 の 携 帯 電 話 に 調 査 事 務 所 を 騙 り サイトの 利 用 料 金 の 滞 納 で 現 在 も 延 滞 損 害 金 が 発 生 しています 訴 訟 の 手

2015/10/1 架 空 請 求 メールに ご 注 意 一 昨 日 (9 月 29 日 ) 和 歌 山 市 内 在 住 の 方 の 携 帯 電 話 に 調 査 事 務 所 を 騙 り サイトの 利 用 料 金 の 滞 納 で 現 在 も 延 滞 損 害 金 が 発 生 しています 訴 訟 の 手 2015/10/7 インターネット 詐 欺 に 注 意! 最 近 インターネットで 商 品 を 購 入 し 代 金 を 指 定 の 銀 行 口 座 に 振 り 込 んだが 商 品 が 届 かないという 相 談 が 増 えています 代 金 前 払 いでの 商 品 購 入 は 避 け 代 金 後 払 いで 購 入 するようにして 下 さい また 少 しでもおかしいなと 思 ったら 購 入 前 に 警 察

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

愛知県公安委員会活動概要

愛知県公安委員会活動概要 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 11 日 9 時 00 分 ~12 時 35 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 本 部 長 年 末 における 特 別

More information

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任 任 意 継 続 被 保 険 者 の 手 引 き 東 京 都 医 業 健 康 保 険 組 合 平 成 27 年 4 月 適 用 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特

More information

議 事 録 署 名 人 : 平 野 理 事 長 奥 村 副 理 事 長 本 元 副 理 事 長 書 記 : 安 西 第 1 号 議 案 : 第 2 期 事 業 報 告 及 び 決 算 報 告 承 認 の 件 奥 村 副 理 事 長 より 議 案 に 基 づきながら 第 2 期 事 業 報 告 を 行

議 事 録 署 名 人 : 平 野 理 事 長 奥 村 副 理 事 長 本 元 副 理 事 長 書 記 : 安 西 第 1 号 議 案 : 第 2 期 事 業 報 告 及 び 決 算 報 告 承 認 の 件 奥 村 副 理 事 長 より 議 案 に 基 づきながら 第 2 期 事 業 報 告 を 行 グロス ヴュー スクエア 管 理 組 合 第 2 期 定 期 団 地 総 会 議 事 録 1. 日 時 平 成 17 年 10 月 30 日 ( 日 ) 10:00 ~ 12:30 2. 開 催 場 所 グロス ヴュー スクエア 集 会 室 3. 組 合 員 総 数 及 び 議 決 権 総 数 組 合 員 総 数 :601 名 ( 公 社 分 1 人 含 む) 議 決 権 総 数 :608( 公 社

More information

2 多 重 債 務 者 対 策 平 成 18 年 12 月 に 改 正 貸 金 業 法 が 成 立 段 階 的 な 施 行 を 経 て 平 成 22 年 6 月 に 完 全 施 行 された 過 剰 な 貸 付 を 抑 制 するための 総 量 規 制 の 導 入 に 伴 い 潜 在 的 な 多 重 債

2 多 重 債 務 者 対 策 平 成 18 年 12 月 に 改 正 貸 金 業 法 が 成 立 段 階 的 な 施 行 を 経 て 平 成 22 年 6 月 に 完 全 施 行 された 過 剰 な 貸 付 を 抑 制 するための 総 量 規 制 の 導 入 に 伴 い 潜 在 的 な 多 重 債 資 料 1 Ⅰ 消 費 者 行 政 の 近 況 1 消 費 生 活 相 談 平 成 21 年 12 月 改 正 の 特 定 商 取 引 法 割 賦 販 売 法 平 成 23 年 1 月 改 正 の 商 品 先 物 取 引 法 などを 視 野 に 消 費 者 からの 相 談 を 受 け 付 け 助 言 あっせんを 行 っている (1) 相 談 件 数 ( 単 位 : 件 ) 年 度 月 4 5 6 7

More information

 

  資 料 3 論 点 4 26 条 防 犯 に 関 する 施 策 に 関 する 委 員 意 見 浅 倉 むつ 子 委 員 防 犯 に 関 し 収 集 すべきデータ 等 について 犯 罪 被 害 の 認 知 件 数 及 び 被 害 発 生 率 については 平 成 23 年 版 犯 罪 白 書 に 記 載 があり 男 女 別 の 被 害 発 生 率 も 示 されている しかし 障 害 者 がどの ような

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

所 属 ( 対 策 課 (H28).) 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 訓 令 指 定 保 存 期 間 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 例 規 指 定 保 存 期 間 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 訓 示 甲 指 定 保 存

所 属 ( 対 策 課 (H28).) 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 訓 令 指 定 保 存 期 間 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 例 規 指 定 保 存 期 間 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 訓 示 甲 指 定 保 存 所 属 ( 対 策 課 (H28).) 庶 務 総 括 総 括 総 括 警 察 職 員 宿 所 名 簿 継 続 庶 務 総 括 総 括 総 括 事 務 引 継 書 3 年 庶 務 総 括 総 括 総 括 業 務 引 継 書 継 続 庶 務 総 括 総 括 通 行 券 公 務 従 事 車 両 証 明 書 等 送 付 書 1 年 庶 務 総 括 総 括 通 行 券 公 務 警 察 自 動 車 通 行 証

More information

(3 月 14 日 から3 月 21 日 ) H28.NO.11 本 期 間 中 県 内 で 医 療 費 の 過 払 い 金 を 口 実 とした 還 付 金 詐 欺 目 的 の 電 話 がかかっ ています 今 回 の 例 では 市 役 所 職 員 を 名 乗 り 社 会 保 険 事 務 所 の 担

(3 月 14 日 から3 月 21 日 ) H28.NO.11 本 期 間 中 県 内 で 医 療 費 の 過 払 い 金 を 口 実 とした 還 付 金 詐 欺 目 的 の 電 話 がかかっ ています 今 回 の 例 では 市 役 所 職 員 を 名 乗 り 社 会 保 険 事 務 所 の 担 (3 月 22 日 から3 月 27 日 ) 今 回 は オレオレ 詐 欺 の 被 害 に 遭 わないための 家 族 の 愛 ( 合 ) 言 葉 作 戦 についてお 知 らせします 県 警 察 では オレオレ 詐 欺 対 策 として あらかじ め 家 族 間 でしかわからない 合 言 葉 を 決 めておく 対 策 ( 家 族 の 愛 ( 合 ) 言 葉 作 戦 )を 推 奨 しています オレオレ 詐

More information

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179>

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179> 平 成 23 年 岩 手 県 の 治 安 情 勢 平 成 24 年 1 月 岩 手 県 警 察 本 部 1 刑 法 犯 認 知 検 挙 ( 値 は 暫 定 値 です ) これまでの 推 移 刑 法 犯 認 知 は 平 成 13 年 の15,125 をピークに 概 ね 減 少 傾 向 平 成 23 年 は 平 成 22 年 の 戦 後 最 小 記 録 (7,4 )を 下 回 り 6,353 前 年 比

More information

目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度 3 Ⅳ. 金 商 業 者 の 事 業 年 度 規 制 の 見 直 し 4 Ⅴ.

目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度 3 Ⅳ. 金 商 業 者 の 事 業 年 度 規 制 の 見 直 し 4 Ⅴ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 44 号 )に 係 る 説 明 資 料 平 成 2 6 年 5 月 金 融 庁 目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度

More information

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす 平 成 23 年 10 月 第 1 版 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 金 貸 付 請 求 及 び 受 領 に 係 る 記 入 要 領 ( 貸 付 請 求 者 用 ) 共 済 金 貸 付 請 求 をするときは この 手 続 領 をよく お 読 みのうえ 請 求 および 受 領 の 手 続 きをしてください 1. 共 済 金 の 貸 付 請 求 手 続 きについて 1 ページ 2. 共 済 金

More information

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長 第 1 回 台 風 18 号 に 伴 う 大 雨 被 害 検 証 委 員 会 ( 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 被 害 検 証 委 員 会 ) 会 議 録 要 旨 野 木 町 総 合 政 策 部 総 務 課 1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3

More information

一般社団法人大阪府防災通信協会「定款の変更の案」

一般社団法人大阪府防災通信協会「定款の変更の案」 **************************** * * * 定 * * * * * * * **************************** 款 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災 通 信 協 会 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災 通 信 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災

More information

議 事 (2)について 事 務 局 から 第 2 次 成 田 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 に 基 づき 第 1 章 推 進 計 画 の 基 本 的 事 項 第 2 章 成 田 市 における 犯 罪 の 発 生 状 況 第 3 章 市 民 意 識 調 査 の 結 果 分 析 第 4 章 推

議 事 (2)について 事 務 局 から 第 2 次 成 田 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 に 基 づき 第 1 章 推 進 計 画 の 基 本 的 事 項 第 2 章 成 田 市 における 犯 罪 の 発 生 状 況 第 3 章 市 民 意 識 調 査 の 結 果 分 析 第 4 章 推 防 犯 まちづくり 推 進 協 議 会 概 要 1 開 催 日 時 平 成 25 年 11 月 8 日 ( 金 ) 午 後 3 時 ~ 午 後 4 時 2 開 催 場 所 成 田 市 馬 橋 8 番 地 -1 成 田 市 防 犯 事 務 所 会 議 室 3 出 席 者 小 泉 市 長 ( 委 員 )13 名 角 田 委 員 伊 藤 委 員 公 平 委 員 伊 能 委 員 岩 舘 委 員 今 津 委

More information

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談 女 性 のための 安 全 相 談 所 等 設 置 運 用 要 領 の 制 定 について( 例 規 ) ( 平 成 12 年 5 月 17 日 例 規 第 21 号 ) [ 沿 革 ] 平 成 13 年 12 月 例 規 第 55 号 改 正 この 度 地 域 警 察 部 門 における 女 性 の 安 全 対 策 を 更 に 充 実 強 化 するため みだしの 要 領 を 別 記 のとおり 制 定 し

More information

5. 政 策 目 標 の 達 成 ( 進 捗 ) 状 況 達 成 状 況 A 概 ね 順 調 犯 罪 に 強 い 安 全 なまちづくりの 推 進 については 住 民 自 身 の 防 犯 活 動 として 民 間 パトロール 隊 や 青 色 回 転 灯 装 備 車 両 によるパトロール 活 動 が 県

5. 政 策 目 標 の 達 成 ( 進 捗 ) 状 況 達 成 状 況 A 概 ね 順 調 犯 罪 に 強 い 安 全 なまちづくりの 推 進 については 住 民 自 身 の 防 犯 活 動 として 民 間 パトロール 隊 や 青 色 回 転 灯 装 備 車 両 によるパトロール 活 動 が 県 政 策 評 価 表 政 策 とりまとめ 課 : 知 事 政 策 局 防 災 危 機 管 理 課 TEL( 直 通 ):076-444-4124 政 策 の 柱 安 心 とやま 政 策 名 19 防 犯 交 通 安 全 対 策 の 推 進 による 安 全 なまちづくり 政 策 目 標 犯 罪 や 交 通 事 故 の 発 生 しにくい 環 境 づくりが 進 み 県 民 が 安 全 で 安 心 して 暮

More information

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては 不 正 防 止 リスク 対 策 Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1. 本 人 確 認 の 方 法 2.マイナンバー 提 出 を 拒 否 された 場 合 の 対 応 方 法 3 ガイドライン 変 更 点 4. 実 務 ( 人 事 労 務 編 ) 5. 実 務 ( 経 理 編 ) Ⅱ マイナンバー 漏 えいと 対 応 方 法 1. 漏 えい 時 の 会 社 の 報

More information

記 所 は 保 存 年 限 があり 古 いものは 所 有 していない 市 では 過 去 のものも 保 管 しているので よ りいい 保 存 方 法 があれば 検 討 していきたい 会 長 : 滅 失 証 明 に 関 しては 毎 年 現 場 を 見 ていて その 後 滅 失 したものを 現 場 確 認

記 所 は 保 存 年 限 があり 古 いものは 所 有 していない 市 では 過 去 のものも 保 管 しているので よ りいい 保 存 方 法 があれば 検 討 していきたい 会 長 : 滅 失 証 明 に 関 しては 毎 年 現 場 を 見 ていて その 後 滅 失 したものを 現 場 確 認 会 議 録 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 議 題 会 議 資 料 の 名 称 記 録 方 法 西 東 京 市 使 用 料 等 審 議 会 平 成 年 度 第 回 会 議 平 成 年 月 日 ( 木 曜 日 ) 午 後 時 から 時 まで 田 無 庁 舎 階 庁 議 室 委 員 : 小 藤 田 委 員 水 野 委 員 山 田 委 員 米 田 委 員 事 務 局 : 池

More information

平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 防 犯 意 識 の 向 上 と 地 域 交 流 の 強 化 (1) 安 全 安 心 なまちづくりと 防 犯 情 報 の 提 供 や 助 成 事 業 の 推 進 ア 安 全 安 心 なまちづくりの 推 進 本 年 4 月 1 日 に なくそう 犯 罪 滋 賀

平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 防 犯 意 識 の 向 上 と 地 域 交 流 の 強 化 (1) 安 全 安 心 なまちづくりと 防 犯 情 報 の 提 供 や 助 成 事 業 の 推 進 ア 安 全 安 心 なまちづくりの 推 進 本 年 4 月 1 日 に なくそう 犯 罪 滋 賀 平 成 27 年 度 主 要 行 事 予 定 ~ 公 益 社 団 法 人 4 年 目 ~ 第 1 四 半 期 新 会 計 年 度 理 事 会 通 常 総 会 の 開 催 4 月 13( 月 ) 14:00~ 県 県 警 との 合 同 担 当 者 研 修 会 ( 県 庁 )+ 知 恵 出 し 会 議 < 専 務 出 席 > 20( 月 ) 終 日 風 俗 環 境 浄 化 地 域 安 全 相 談 所 開

More information

<8E9696B195D28169483238944E378C8E816A2E786264>

<8E9696B195D28169483238944E378C8E816A2E786264> 市 町 村 職 員 の 退 職 手 当 の 手 引 き ~ 事 務 編 ~ ( 平 成 28 年 7 月 ) 福 島 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 ~ 事 務 編 ~ 目 次 第 1 職 員 関 係 の 報 告 等 事 項 1 職 員 を 採 用 したとき( 又 は 特 別 職 が 就 任 したとき) 1 (1) 特 別 職 (2) 一 般 職 2 退 職 したとき 2 (1) 特 別 職

More information

審 議 経 過 1. 開 会 (10:30) 欠 席 者 の 確 認 欠 席 : 兵 庫 県 川 西 警 察 署 川 西 保 護 区 保 護 司 会 川 西 市 青 少 年 補 導 委 員 会 川 西 市 PTA 連 合 会 川 西 市 子 ども 会 連 絡 協 議 会 川 西 防 犯 協 会 吉

審 議 経 過 1. 開 会 (10:30) 欠 席 者 の 確 認 欠 席 : 兵 庫 県 川 西 警 察 署 川 西 保 護 区 保 護 司 会 川 西 市 青 少 年 補 導 委 員 会 川 西 市 PTA 連 合 会 川 西 市 子 ども 会 連 絡 協 議 会 川 西 防 犯 協 会 吉 様 式 第 3 号 会 議 録 会 議 名 ( 審 議 会 等 名 ) 事 務 局 ( 担 当 課 ) 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 25 年 度 第 2 回 川 西 市 青 少 年 問 題 協 議 会 こども 家 庭 部 こども 家 庭 室 こども 若 者 政 策 課 内 線 (3442) 平 成 26 年 1 月 27 日 ( 月 ) 午 前 10 時 30 分 ~12 時 市 役 所

More information

事 務 局 ( 中 村 係 長 ) 議 事 に 入 らせていただきます 議 長 でございますが 犯 罪 のない 安 全 で 安 心 なまちづくり 条 例 施 行 規 則 第 3 条 第 5 項 の 規 定 により 会 長 が 議 長 となるとさ れておりますが 本 日 の 議 題 におきまして 会

事 務 局 ( 中 村 係 長 ) 議 事 に 入 らせていただきます 議 長 でございますが 犯 罪 のない 安 全 で 安 心 なまちづくり 条 例 施 行 規 則 第 3 条 第 5 項 の 規 定 により 会 長 が 議 長 となるとさ れておりますが 本 日 の 議 題 におきまして 会 平 成 25 年 度 第 1 回 犯 罪 のない 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 協 議 会 開 催 日 時 平 成 25 年 11 月 25 日 ( 月 ) 15 時 から 開 催 場 所 君 津 市 役 所 6 階 601 会 議 室 出 席 委 員 栁 井 範 佳 委 員 奈 良 輪 政 五 委 員 榎 本 敏 男 委 員 石 井 武 委 員 岩 本 孝 史 委 員 定 岡 繁 委

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc)

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc) 市 県 民 税 に 係 る 業 務 上 横 領 事 件 の 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 9 日 ( 金 ) 大 津 市 目 次 1 はじめに 1P 2 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 納 入 の 仕 組 み 1P 3 事 件 の 主 な 経 過 2P 4 元 職 員 の 経 歴 3P 5 被 害 額 4P 6 事 件 を 防 止 できなかった 組 織 的 な 問 題

More information

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生 2010 年 に 発 生 した 大 麻 事 件 に 関 する 報 告 書 ( 総 括 ) 2011 年 6 月 西 南 学 院 大 学 薬 物 問 題 等 対 策 委 員 会 目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁

More information

警 察 からの 支 援 などはあるのですか 警 察 では 交 通 事 故 の 被 害 者 やその 家 族 の 方 に 対 する 支 援 と 連 絡 を 行 う 制 度 があります 指 定 被 害 者 支 援 要 員 制 度 交 通 事 故 が 発 生 して 間 がない 精 神 的 に 動 揺 されている 被 害 者 やその 家 族 の 方 に 警 察 職 員 が 付 き 添 うなどして 交 通 事

More information

地域包括事業対策委員だよりvol

地域包括事業対策委員だよりvol 地 域 包 括 事 業 対 策 委 員 会 だより vol. 地 域 包 括 支 援 事 業 対 策 委 員 会 では 各 地 の 社 会 福 祉 協 議 会 および 地 域 包 括 支 援 センタ ーに 対 し 高 齢 者 虐 待 や 高 齢 者 の 消 費 者 被 害 についてどのような 取 り 組 みをしている かについてのアンケートを 行 いました 本 アンケートでは 現 場 で 司 法 書

More information

<5461726F2D8FAC9171966B8C788E408F908BA68B6389EF91E6825389F189EF>

<5461726F2D8FAC9171966B8C788E408F908BA68B6389EF91E6825389F189EF> 様 式 第 3 号 ( 第 5 第 6の1 第 6の2 関 係 )(その1) 警 察 署 協 議 会 会 議 録 小 倉 北 警 察 署 協 議 会 開 催 年 月 日 時 平 成 22 年 12 月 7 日 午 後 3 時 00 分 から 午 後 5 時 00 分 まで 開 催 場 所 小 倉 北 警 察 署 8 階 大 会 議 室 警 察 署 協 議 会 会 長 以 下 13 名 出 席 者 署

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

04 資料目次

04 資料目次 参 考 資 料 1 調 査 に 当 たった 委 員 48 2 活 動 経 過 49 3 包 括 罪 種 別 の 刑 法 犯 認 知 件 数 の 推 移 50 4 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 に 基 づく 広 報 啓 発 等 について 51 5 電 子 マニフェストを 利 用 した 解 体 自 動 車 等 の 不 適 正 輸 出 対 策 54 6 市 町 村 における 児 童 虐 待 の

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

債務整理をするとうたった電話勧誘に注意!

債務整理をするとうたった電話勧誘に注意! 報 道 発 表 資 料 平 成 21 年 12 月 2 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 債 務 整 理 をするとうたった 電 話 勧 誘 に 注 意! 多 重 債 務 に 関 する 相 談 は 年 々 増 え 続 け 2008 年 度 には 9 万 件 を 超 える 相 談 が 全 国 の 消 費 生 活 センターに 寄 せられている そのような 中 ここ 数 年 弁 護 士

More information

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条 = 尼 崎 市 職 員 労 働 組 合 との 交 渉 状 況 = 平 成 27 年 度 第 1 号 通 算 第 540 号 平 成 27 年 6 月 17 日 尼 崎 市 役 所 総 務 局 人 事 管 理 部 給 与 課 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 及 び 平 成 27 年 度 の 欠 員 等 について 6 月 8 日 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 中 央 公 民 館 小 ホールにおいて

More information

1. 事 務 局 挨 拶 本 日 の 欠 席 委 員 の 報 告 委 員 15 名 のうち 1 名 欠 席 過 半 数 出 席 のため 協 議 会 の 開 催 宣 言 ~これより 委 員 長 により 議 事 進 行 ~ 2. 委 員 長 進 行 委 員 長 前 回 の 協 議 会 にて 安 全 安

1. 事 務 局 挨 拶 本 日 の 欠 席 委 員 の 報 告 委 員 15 名 のうち 1 名 欠 席 過 半 数 出 席 のため 協 議 会 の 開 催 宣 言 ~これより 委 員 長 により 議 事 進 行 ~ 2. 委 員 長 進 行 委 員 長 前 回 の 協 議 会 にて 安 全 安 平 成 27 年 度 第 2 回 多 摩 市 安 全 安 心 まちづくり 推 進 協 議 会 要 約 日 時 : 平 成 27 年 10 月 19 日 ( 月 ) 会 場 :401 会 議 室 委 員 出 席 者 14 名 藤 本 哲 也 ( 委 員 長 )/ 山 田 祐 子 ( 副 委 員 長 )/ 上 野 博 / 小 川 太 一 / 溝 口 幸 夫 / 田 村 清 太 郎 / 山 田 美 音 /

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

自 分 らしい 人 生 を 送 るために 望 むこと 自 分 らしい 老 後 を 送 りたい 退 職 後 に 行 ってみたかった 場 所 へ 旅 行 したい 老 後 に 現 役 時 代 できなかった 趣 味 を 始 めたい 子 や 孫 に 幸 せな 人 生 を 歩 んでほしい ボランティアをして 地

自 分 らしい 人 生 を 送 るために 望 むこと 自 分 らしい 老 後 を 送 りたい 退 職 後 に 行 ってみたかった 場 所 へ 旅 行 したい 老 後 に 現 役 時 代 できなかった 趣 味 を 始 めたい 子 や 孫 に 幸 せな 人 生 を 歩 んでほしい ボランティアをして 地 金 利 情 等 によって 指 定 通 貨 据 置 期 間 には 販 売 停 止 期 間 がある 場 合 があります 100 自 分 らしい 人 生 を 送 るために 望 むこと 自 分 らしい 老 後 を 送 りたい 退 職 後 に 行 ってみたかった 場 所 へ 旅 行 したい 老 後 に 現 役 時 代 できなかった 趣 味 を 始 めたい 子 や 孫 に 幸 せな 人 生 を 歩 んでほしい

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引 平 成 26 年 度 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 概 要 1. 会 議 名 称 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 11 月 6 日 ( 木 ) 午 前 9 時 から 3. 場 所 議 事 堂 第 一 委 員 会 室 4. 出 席 者 委 員 米 澤 会 長 飯 田 委 員 中 尾 委 員 寺 本 委 員 石 﨑 委 員

More information

第 1 章 <目的>

第 1 章 <目的> 市 民 の 安 全 のための 指 針 ( 平 成 24 年 3 月 ) 東 大 和 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 < 目 的 > 2 第 2 章 < 犯 罪 の 起 きにくいまちづくり> 2 第 3 章 < 児 童 等 の 安 全 確 保 > 4 第 4 章 < 民 間 事 業 者 によるまちの 安 全 確 保 > 6 第 5 章 < 高 齢 者 障 がい 者 女 性 の 安 全 確 保 >

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 等 の 支 援 による 経 営 者 保 証 に 関 する ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 手 順 本 手 順 は 産 業 競 争 力 強 化 法 第 127 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 中 小 企 業 再 生 支 援 業 務 を 行 う 者 として 認 定 を 受 けた 者 ( 以 下 認 定 支 援 機 関 という )

More information

平成24年度市政懇談会 質問および回答の概要

平成24年度市政懇談会 質問および回答の概要 平 成 24 年 度 市 政 懇 談 会 質 問 および 回 答 概 要 < 開 催 : 平 成 24 年 7 月 15 日 ~8 月 26 日 > 羽 生 市 総 務 部 秘 書 広 報 課 羽 生 地 区 観 光 交 流 人 口 100 万 人 について 防 犯 灯 の 設 置 について 市 職 員 研 修 等 について 防 災 について 市 議 会 議 員 の 定 数 について 信 号 機 の

More information

CWJホームページ提供サービス利用規約

CWJホームページ提供サービス利用規約 CWJ ホームページ 制 作 運 用 サービス(WEB-MATE) 契 約 約 款 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 株 式 会 社 サイバーウェイブジャパン( 以 下 当 社 という )は CWJ ホームページ 制 作 運 用 サービス (WEB-MATE) ( 以 下 本 サービス という )の 利 用 に 関 し 以 下 の 通 り 契 約 約 款 ( 以 下 本 約

More information

1 平成19年度の事業実績報告

1 平成19年度の事業実績報告 平 成 27 年 度 事 業 報 告 書 平 成 27 年 度 の 事 業 活 動 の 活 動 重 点 は 公 益 社 団 法 人 設 立 の 趣 旨 である 犯 罪 のない 明 るい 社 会 を 理 想 として 県 民 の 防 犯 思 想 を 高 揚 し 防 犯 活 動 並 び に 少 年 の 健 全 な 育 成 風 俗 環 境 浄 化 のための 活 動 等 を 効 果 的 に 推 進 する と

More information

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73>

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73> 5 職 の の 状 況 (1) 期 末 勤 勉 宮 城 県 1 人 当 たり 平 均 支 給 額 (22 年 度 ) - 1,691 千 (22 年 度 支 給 割 合 ) (22 年 度 支 給 割 合 ) 期 末 勤 勉 期 末 勤 勉 2.60 月 分 1.35 月 分 2.60 月 分 1.35 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65 ) 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65

More information

【3-6-11】シート

【3-6-11】シート 自 主 防 犯 意 識 の 醸 成 促 進 事 業 生 活 安 全 課 防 犯 対 策 推 進 室 問 合 せ 先 ( 電 話 番 号 ) 2333 計 画 番 号 95 警 察 市 町 村 と 連 携 を 図 り 特 定 の 罪 種 あるいは 特 定 の 被 害 者 層 に 的 を 絞 った 実 効 性 のある 効 果 的 な 広 報 啓 発 活 動 を 協 力 に 実 施 する また 高 齢 者

More information

自 転 車 盗 難 被 害 の 防 止 街 頭 犯 罪 の6 割 程 度 を 占 める 自 転 車 盗 は 駅 付 近 や 遊 技 施 設 大 型 スーパー 周 辺 で 多 く 被 害 が 発 生 しています 盗 難 被 害 を 未 然 に 防 止 するため 自 転 車 の 盗 難 防 止 対 策

自 転 車 盗 難 被 害 の 防 止 街 頭 犯 罪 の6 割 程 度 を 占 める 自 転 車 盗 は 駅 付 近 や 遊 技 施 設 大 型 スーパー 周 辺 で 多 く 被 害 が 発 生 しています 盗 難 被 害 を 未 然 に 防 止 するため 自 転 車 の 盗 難 防 止 対 策 第 2 次 朝 霞 市 防 犯 推 進 計 画 ( 案 )のコンセプト 本 市 では 平 成 18 年 5 月 に 朝 霞 市 防 犯 推 進 計 画 ( 現 計 画 )を 策 定 し 市 市 民 事 業 者 土 地 建 物 所 有 者 等 及 びその 他 関 係 団 体 が 一 体 となり さまざまな 防 犯 施 策 を 実 施 してきました また 朝 霞 警 察 署 においても この 間 犯 罪

More information

事 例 50 発 生 月 日 : 平 成 28 年 5 月 17 日 発 生 場 所 : 厚 別 区 発 生 状 況 : 本 日 15 時 ごろに 北 海 道 電 力 を 名 乗 る 男 性 から 電 話 があり 多 く 徴 収 してしまった1 月 分 2 月 分 の 電 気 料 金 を 返 金 し

事 例 50 発 生 月 日 : 平 成 28 年 5 月 17 日 発 生 場 所 : 厚 別 区 発 生 状 況 : 本 日 15 時 ごろに 北 海 道 電 力 を 名 乗 る 男 性 から 電 話 があり 多 く 徴 収 してしまった1 月 分 2 月 分 の 電 気 料 金 を 返 金 し ほくでん をかたる 不 審 者 にご 注 意 ください!6 事 例 45 発 生 月 日 : 平 成 28 年 4 月 28 日 発 生 場 所 : 恵 庭 市 発 生 状 況 : 北 電 の 女 性 の 担 当 から ご 使 用 量 のお 知 らせを 手 元 に 準 備 してもらい 説 明 したい と 入 電 あり 受 付 の 方 は 院 長 不 在 のため 対 応 を 終 了 した 院 長 より

More information

Taro-総会報告~平成27年度事業

Taro-総会報告~平成27年度事業 平 成 27 年 度 事 業 報 告 平 成 27 年 度 は みんなでつくろう 安 心 の 街 を 合 い 言 葉 に 事 業 計 画 に 基 づき 警 察 をはじ め 関 係 機 関 団 体 等 との 緊 密 な 連 携 のもと 地 域 安 全 活 動 をはじめ 幼 児 誘 拐 防 止 活 動 県 民 に 身 近 な 重 要 犯 罪 の 被 害 防 止 対 策 少 年 非 行 防 止 及 び 健

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

持 TFでの 検 討 を 踏 まえ 対 策 を 講 ずることといたしますが 貴 職 におかれまし ては 現 段 階 において 下 記 事 項 につきご 対 応 いただきますようお 願 い 申 し 上 げます 記 1. 貴 会 会 員 に 対 して 今 回 の 厚 生 労 働 省 からの 緊 急 要

持 TFでの 検 討 を 踏 まえ 対 策 を 講 ずることといたしますが 貴 職 におかれまし ては 現 段 階 において 下 記 事 項 につきご 対 応 いただきますようお 願 い 申 し 上 げます 記 1. 貴 会 会 員 に 対 して 今 回 の 厚 生 労 働 省 からの 緊 急 要 社 労 連 第 200 号 平 成 25 年 5 月 9 日 都 道 府 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 長 殿 全 国 社 会 保 険 労 務 士 会 連 合 会 会 長 金 田 修 ( 公 印 省 略 ) 厚 生 労 働 省 からの 社 会 保 険 労 務 士 の 不 正 行 為 防 止 に 係 る 緊 急 要 請 への 対 応 について 平 素 は 連 合 会 の 事 業 運 営 につきまして

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去 みどりと 子 どもを 育 むまち 箕 面 市 平 成 22 年 11 月 9 日 環 境 整 備 課 空 き 缶 等 の 持 ち 去 り 禁 止 にかかる 条 例 改 正 (1) 検 討 の 経 過 について 8 月 16 日 罰 則 付 きでの 資 源 物 の 無 断 持 ち 去 り 禁 止 の 条 例 化 に 向 け 検 察 庁 と 協 議 を 開 始 9 月 24 日 パブリックコメント 実

More information

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関 Ⅲ オブズマの 発 意 による 調 査 ( 平 成 25 年 度 ) 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 については 持 分 に 関 係 なく 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていますが 札 幌 市 の 場 合 共 有 代 表 者 のみに 納 税 通 知 書

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

270828 調査書(反映版)

270828 調査書(反映版) 平 成 27 年 9 月 犯 罪 収 益 移 転 危 険 度 調 査 書 国 家 公 安 委 員 会 凡 例 法 令 の 略 称 は 次 のとおり 用 いる [ 略 称 ] [ 法 律 名 ] 外 為 法 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 228 号 ) 資 金 決 済 法 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 59 号

More information

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社 各 位 2009 年 1 月 28 日 会 社 名 伊 藤 忠 商 事 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 社 長 小 林 栄 三 (コード 番 号 8001 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 広 報 部 長 中 山 勇 (TEL. 03-3497-7291) 三 国 間 貿 易 取 引 に 係 る 債 権 の 回 収 遅 延 及 び 物 流 を 伴 わない 金 融 支 援 取 引 について

More information

( 注 1) 事 業 を 開 始 とは 事 業 に 必 要 な 許 認 可 等 を 受 け 事 業 を 開 始 することです ( 注 2) 開 業 資 金 及 び 地 域 支 援 ネットワーク 型 の 限 度 額 は 合 算 されます 他 の 保 証 制 度 をご 利 用 の 場 合 利 用 可 能

( 注 1) 事 業 を 開 始 とは 事 業 に 必 要 な 許 認 可 等 を 受 け 事 業 を 開 始 することです ( 注 2) 開 業 資 金 及 び 地 域 支 援 ネットワーク 型 の 限 度 額 は 合 算 されます 他 の 保 証 制 度 をご 利 用 の 場 合 利 用 可 能 利 用 資 格 限 度 額 自 己 資 金 要 件 開 業 資 金 A( 創 業 ) 地 域 支 援 ネットワーク 型 A( 創 業 )/ 開 業 資 金 B( 創 業 等 ) 地 域 支 援 ネットワーク 型 B( 創 業 等 )をご 利 用 されるお 客 様 へ 大 阪 信 用 保 証 協 会 本 保 証 は 大 阪 府 内 における 適 正 かつ 健 全 な 事 業 を 営 もうとする 創 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

高 士 区 地 域 活 動 支 援 事 業 ヒアリング 日 程 表 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 午 後 1 時 30 分 ~ 資 料 No 1 場 所 : 公 民 館 高 士 分 館 中 会 議 室 時 間 提 案 団 体 名 事 業 名 士 -2 13:40~13:55 高 士

高 士 区 地 域 活 動 支 援 事 業 ヒアリング 日 程 表 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 午 後 1 時 30 分 ~ 資 料 No 1 場 所 : 公 民 館 高 士 分 館 中 会 議 室 時 間 提 案 団 体 名 事 業 名 士 -2 13:40~13:55 高 士 平 成 27 年 度 第 2 回 高 士 区 地 域 協 議 会 次 第 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 会 場 : 公 民 館 高 士 分 館 2 階 中 会 議 室 1 開 会 2 会 長 挨 拶 3 議 題 地 域 活 動 支 援 事 業 について 高 士 区 の 提 案 状 況 について 提 案 事 業 に 関 する 概 要 説 明 及

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

<5461726F2D8341834E83568387839383768389839381698CF6955C94C5816A>

<5461726F2D8341834E83568387839383768389839381698CF6955C94C5816A> 犯 罪 防 御 京 都 ア ク シ ョ ン プ ラ ン ~ アンダー3 万 件 新 予 防 システム ~ 担 当 部 課 府 民 生 活 部 安 心 安 全 まちづくり 推 進 課 警 察 本 部 現 状 と 課 題 刑 法 犯 の 認 知 件 数 は 地 域 防 犯 活 動 の 活 性 化 と 警 察 力 の 強 化 により 平 成 14 年 (65,082 件 )をピークとして 減 少 傾 向

More information

損害保険商品販売時における「契約概要」「注意喚起情報」に関する表示ガイドライン

損害保険商品販売時における「契約概要」「注意喚起情報」に関する表示ガイドライン 損 害 保 険 商 品 販 売 時 における 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 に 関 する 表 示 ガイドライン ( 自 動 車 保 険 ) 本 ガイドラインは 会 員 各 社 が 損 害 保 険 商 品 の 募 集 に 際 し 使 用 する 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 を 作 成 する 際 の 参 考 の 用 に 供 するために 策 定 したものである 本 ガイドラインは 各

More information

委 員 の 皆 様 から 忌 憚 のないご 意 見 をいただきながら 改 めて 本 市 の 行 政 改 革 のあり 方 や 今 後 目 指 していく 方 向 性 について 検 討 を 行 っていきたい 3. 会 長 挨 拶 本 審 議 会 での 審 議 を 経 て 平 成 22 年 に 策 定 され

委 員 の 皆 様 から 忌 憚 のないご 意 見 をいただきながら 改 めて 本 市 の 行 政 改 革 のあり 方 や 今 後 目 指 していく 方 向 性 について 検 討 を 行 っていきたい 3. 会 長 挨 拶 本 審 議 会 での 審 議 を 経 て 平 成 22 年 に 策 定 され 平 成 26 年 度 第 1 回 荒 尾 市 行 政 改 革 推 進 審 議 会 議 事 録 要 旨 日 時 : 平 成 26 年 11 月 7 日 ( 金 曜 ) 午 後 2 時 ~ 午 後 4 時 場 所 : 荒 尾 市 役 所 市 長 公 室 議 題 :1. 荒 尾 市 の 行 政 改 革 の 経 緯 と 第 四 次 荒 尾 市 行 政 改 革 大 綱 の 総 括 について 2. 行 政 改

More information

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成 小 金 井 市 防 犯 指 針 に 基 づく 等 について 主 要 な 施 策 1 日 常 生 活 における 安 全 安 心 の 確 保 日 常 生 活 における 体 感 治 安 の 低 下 を 防 ぐために (1) 地 域 防 犯 力 の 向 上 CoCoパトロール 隊 による 地 域 パトロール 青 色 回 転 灯 を 装 備 した 庁 用 車 16 台 から 成 るCoCoパトロール 隊 で

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

<4D F736F F D A518AD68C578ED282C682CC90DA904782C98AD682B782E98E77906A E392E31292E646F63>

<4D F736F F D A518AD68C578ED282C682CC90DA904782C98AD682B782E98E77906A E392E31292E646F63> 利 害 関 係 者 との 接 触 に 関 する 指 針 制 定 平 成 16 年 4 月 9 日 最 近 改 正 平 成 23 年 9 月 1 日 この 指 針 は 横 浜 市 職 員 服 務 規 程 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 行 動 が 市 民 の 疑 惑 や 不 信 を 招 くことがない よう 利 害 関 係 を 有 するもの( 以 下 利 害 関 係 者 という )との

More information

目 次 1. 制 度 の 概 要 P.1 Q1 振 り 込 め 詐 欺 救 済 法 はどのような 法 律 なのですか Q2 どのような 方 が 振 り 込 め 詐 欺 救 済 法 の 対 象 となりますか Q3 手 続 の 流 れはどのようになっていますか Q4 手 続 は 誰 が 行 うのですか

目 次 1. 制 度 の 概 要 P.1 Q1 振 り 込 め 詐 欺 救 済 法 はどのような 法 律 なのですか Q2 どのような 方 が 振 り 込 め 詐 欺 救 済 法 の 対 象 となりますか Q3 手 続 の 流 れはどのようになっていますか Q4 手 続 は 誰 が 行 うのですか 振 り 込 め 詐 欺 救 済 法 Q&A 1. 制 度 の 概 要 2. 取 引 の 停 止 等 の 措 置 3. 預 金 等 債 権 の 消 滅 手 続 4. 分 配 金 の 支 払 手 続 5. 分 配 金 の 支 払 の 申 請 6. 決 定 及 び 分 配 金 の 支 払 7. その 他 申 請 書 等 様 式 の 記 載 例 用 語 の 解 説 目 次 1. 制 度 の 概 要 P.1

More information

CMリリース

CMリリース 2015 12 月 3 日 政 府 広 報 : 消 費 者 庁 警 察 庁 金 融 庁 振 込 め 詐 欺 始 め す 特 殊 詐 欺 の 被 害 高 齢 者 守 高 齢 者 詐 欺 被 害 の 未 然 防 止 啓 発 ャンペ ン 2015 年 12 月 3 日 木 スタ ト 高 齢 者 の 息 子 娘 世 代 の 代 表 してカンニング 竹 山 さ 高 齢 者 詐 欺 被 害 の 未 然 防 止

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6323689F190528B6389EF81408B638E96985E817948508CF68A4A9770817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6323689F190528B6389EF81408B638E96985E817948508CF68A4A9770817A2E646F63> 第 26 回 明 石 市 放 置 自 転 車 対 策 審 議 会 議 事 録 開 会 午 後 2:30 それでは さっそく 議 事 に 入 ります 本 日 の 議 題 は お 手 元 の 会 議 次 第 にありますように 報 告 事 項 3 件 です 審 議 事 項 はありません それでは 事 務 局 から 報 告 事 項 1について 説 明 願 います 事 務 局 A 報 告 事 項 の1 駅 別

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 都 税 についてのお 知 らせ 東 京 都 では 現 在 法 人 事 業 税 地 方 法 人 特 別 税 法 人 都 民 税 23 内 の 事 業 所 税 23 内 の 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 )について eltax( 地 方 税 ポータルシステム)を 利 用 した 電 子 申 告 等 の 受 付 を 行 ってい ます 東 京 都 で 現 在 利 用 できる 手 続 は 下 表 のとおりです

More information

Taro-6【セット版】事業評価書(子供女性安全対策班)

Taro-6【セット版】事業評価書(子供女性安全対策班) 事 業 評 価 書 子 供 女 性 安 全 対 策 班 の 設 置 平 成 2 7 年 3 月 国 家 公 安 委 員 会 警 察 庁 子 供 女 性 安 全 対 策 班 の 設 置 1 評 価 の 対 象 とした 政 策 (1) 政 策 の 背 景 目 的 及 び 内 容 子 供 や 女 性 を 対 象 とする 性 犯 罪 等 ( 子 供 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 犯 罪 及 び

More information

 

  平 成 26 年 第 4 回 吉 富 町 議 会 臨 時 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 26 年 7 月 11 日 ( 金 ) 午 前 10 時 00 分 開 議 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 について 日 程 第 2 会 期 の 決 定 について 日 程 第 3 議 案 第 37 号 京 築 広 域 市 町 村 圏 事 務 組 合 規 約 の 変 更 について

More information

3 矢 守 昭 男 一 般 4 轟 保 幸 一 般 1.プレミアムお 買 い 物 券 子 育 て 応 援 プレミアムお 買 い 物 券 について (1)プレミアムお 買 い 物 券 のプレミアム 分 20%と した 理 由 について (2)プレミアムお 買 い 物 券 のアンケート 調 査 結 果

3 矢 守 昭 男 一 般 4 轟 保 幸 一 般 1.プレミアムお 買 い 物 券 子 育 て 応 援 プレミアムお 買 い 物 券 について (1)プレミアムお 買 い 物 券 のプレミアム 分 20%と した 理 由 について (2)プレミアムお 買 い 物 券 のアンケート 調 査 結 果 発 言 通 告 表 ( 一 般 ) 6 月 17 日 ( 水 ) 18 日 ( 木 ) 19 日 ( 金 ) 個 人 平 成 27 年 第 2 回 定 例 会 発 言 発 言 発 言 議 員 順 位 種 別 1 柴 田 光 男 一 般 2 西 尾 孝 之 一 般 発 言 要 旨 1.びわ 湖 岸 の 景 観 を 活 かした 観 光 施 策 について (1)びわ 湖 岸 の 現 状 について 問 う

More information